5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中世〜近世ヨーロッパに黒人はいなかったの?

1 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 01:06:57 O
17〜18世紀頃に新大陸に黒人奴隷がいたのは知っているけれど、そもそも中世から近世ヨーロッパでは、黒人ってどう認識されていたのかな?
また、アラブ人はイスラムだから敵視されていたんだろうけれど、ヨーロッパに住んでる人っていなかったんだろうか。
カトリックになった黒人やアラブ人がヨーロッパ国内で生活してたりとかっていうのはなかったの?

それともヨーロッパ国内でも奴隷として生活してたりしたのかな?
調べてもわからなかったので、詳しい方、教えてくださいませ。

2 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 02:11:22 0
イスラム時代のアンダルスにはいたんじゃないの?
そこから更に売られてフランスやイギリスに行くとかありそう。

3 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 07:48:27 0
その昔、シェークスピアという人がオセロという作品を書いてな...

4 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 09:46:56 0
気の優しい黒人はアフリカでノンビリ過ごしてた
そんな中、17〜18世紀頃に新大陸に黒人奴隷といて拉致していった白人
暴力や武器を黒人に与えて内戦を起こさせ数々の国が出来た
白人はイギリスの一部にしか居なかったがゴキブリ同様に全世界に繁殖
白人は地球のガン細胞

5 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 09:50:38 0
デュマ将軍

6 :1:2010/06/13(日) 10:00:40 0
>>2
確かにアンダルスにはいましたよね、きっと。
明らかに敵と認識されていたアラブ人や奴隷として扱われている黒人がいた中で、英仏などでの国内での認識の仕方を知りたかったもので。

>>3
なるほど、盲点でした!
ざっとwikiで見ましたが、これで見ると対等(場合によってはそれ以上)の立場としてして扱われていたってことでしょうか。
宗教には触れていないというのが気になります…。

時代的には1602年ということなので、黒人奴隷貿易は始まっていますよね。
かたや人を物として扱う人々がいるのと同時に、貴族として扱われている人々もいたということなのでしょうか。
私の中で疑問が広がってしまいました(苦笑)

もし詳しい方がいましたら、ご教授ください!

7 :1:2010/06/13(日) 10:13:55 0
>>4
確かに白人が黒人に対してそういった事を行ったのは事実だと思うのですが、
その白人達の国の中での黒人の扱いが知りたかったもので。。。

>>5
知りませんでした、ありがとうございます!
彼はハーフなようですが、父親に奴隷として売られたり、その後認知されたり…。父親の複雑な感情を感じますね。

かつては奴隷を増やすために、混血の子を作ることが多かったようですが、そこには自分の子供に対する愛情は感じにくいように思います。
しかし彼のように認知される人もいるということは、本土でも混血は少数ながらいたということですかね。

また、黒人奴隷も本土にいたということなんでしょうか。。。


8 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:18:00 0
プーシキンが黒人の血を引いていたそうだ

9 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 15:34:31 O
>>1
アメージング・グレイスがどこでどう生まれた歌かぐらいは調べろと言いたい

10 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 21:02:33 0
>>1が聞いてるのは大航海時代より前の時期かと思ってたんだが、「近世」と書いてるな。
確か黒人の奴隷が初めてポルトガルに入荷したのが1444年だったと思う。

11 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 09:57:03 0
アラブ人についていえば、中世には南イタリアのルチェーラにアラブ人の
共同体があって、シチリア王国軍のエリート弓兵隊だったそう。

12 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 22:08:16 0
アブラム・ガンニバル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB

13 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 22:11:50 0
黒人様の偏差値

14 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:03:30 0
というか古代から地中海沿岸とかめちゃめちゃアフリカンの血が混じってるし
ヨーロッパと言ってもラテンの国々は白人の国とは言えないでしょ

15 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 02:00:26 0
ttp://www.nationalarchives.gov.uk/pathways/blackhistory/index.htm

16 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 00:10:48 0

バクリー「黒人たちは人間よりも動物に近く、彼らはもっぱら物欲に興味を持ち、しばしば食人を行い、
      ほとんど羞恥心を持たない」

イドリースィー「黒人たちは最も堕落した人々であるが、子供を生む能力は最もすぐれている人々である。
         彼らの生活はまるで動物のようで、彼らは物と女以外の欲求以外になんの関心もしめさない」

イブン・バットゥータ「彼らの教養の無さや白人に対する無礼な態度をみて、つくづくこんなところまで
             来てしまったことを後悔した」

イブン・ハルドゥーン「黒人の大半は洞穴や密林に住み、草を食い、野蛮のままで社会的集団生活をせず、
             たがいに殺して食べる。
             黒人は一般に軽率で興奮しやすく、非常に情緒的な性格で、メロディを聞けば
             いつでも踊りたがり、また、黒人はどこにおいても愚か者とされている」

17 :1:2010/06/24(木) 02:34:42 O
ご無沙汰してました。

>>8
>>12
ロシアの方では、比較的黒人や、黒人の血を引く方もいるんですかねえ。
アブラム・ガンニバルという方は初めて知りました。

>>9
それはどちらかというと、アメリカの方ですよね。

>>10
私が気になっていたのは大西洋で奴隷貿易などを行って黒人を人間と認めないような事を行っていた時に、ヨーロッパ本土では黒人に対してどういう扱いをしていたのかが気になっていたのです。
大航海時代以前からの流れも気になります。
例えば中世では単に肌の色の違う人々という認識だったのが、途中から人間以下と見るようになったのか。
それとも、最初から偏見の目で見ており、1444年以降にそれが決定的になったのか。
そもそも、ヨーロッパ本土では黒人は激レアで、見かけることなどほとんどなく、伝聞や書物の中で見かける程度だったのか…などということです。

18 :1:2010/06/24(木) 02:39:13 O
>>11
アラブ人はイスラム系ということもあって、見方が異なっていたんですかね?
このエリート弓兵隊はキリスト教徒だったんでしょうか。

>>14
ありゃ、そんなに地中海沿岸では混血が進んでいたのですか。
ということは、偏見の目で見るようになったのは大航海時代以降なんですかね。それとも直接奴隷貿易に関わっていないヨーロッパ本土の人々からすれば、単に南方の国から来た肌の黒い人をたまに見かける、という程度のものだったんでしょうか。

>>15
おおっ、何やら詳しそうなサイトですね!
…英語がわからないのですが、頑張って目を通してみますね。ありがとうございました!

>>16
なるほど、イスラムの方からは明確に差別の目で見られていたということですね。
ということは、イスラムにも黒人奴隷がいたということでしょうか。

19 :世界@名無史さん:2010/06/24(木) 03:15:06 0
>>18
>イスラムにも黒人奴隷がいたということでしょうか。

アッバース朝では大量の黒人奴隷(ザンジュ)が使われている。

20 :世界@名無史さん:2010/06/24(木) 07:43:51 0
なんかフリードリヒ大王の幼少期の絵に黒人が書かれていた気がする。
幼い大王と姉が描かれていて、黒人の少年が傘をさしている様な絵。
URL忘れたからソース出せなくてすまん。

21 :1:2010/06/24(木) 19:33:55 O
>>19 なるほど。まあこれだけ差別の目で見られていたら、当然ですよね。
逆に奴隷じゃない黒人もいたんですかねえ。

>>20 色々調べたら出てきました。
http://dogactually.nifty.com/blog/2009/12/post-e105.html
こちらですね。
18世紀プロイセンには普通に召使として黒人がいたということですね。

>>15であげていただいたURLも頑張って読んでみましたが、どうやら想像以上に中世〜近世イギリスにも黒人が住んでいたようですね。
奴隷として扱われている同胞もいたということは、やはり偏見の目で見られていたんですかね。。。うーーーん。

22 :世界@名無史さん:2010/06/25(金) 02:58:35 0
>>21
王子と王女、それも次の国王の王子(兄二人が早世して実質長男)の側に仕えているってことはそんな蔑まれてもないんかね?

23 :1:2010/06/25(金) 05:57:33 O
>>22
ですよねえ。
当時の人々の心情はどんなもんだったんでしょうか。
実は奴隷という表現が悪いだけで、それほど酷い差別でも無かったんでしょうか…。

24 :世界@名無史さん:2010/06/25(金) 06:56:42 0
そういえばプロシアはアフリカに植民地持って商売してたな。
奴隷売買はあったのか知らないけど、現地に街も作ってドイツ人の移住もあったとかなんとか。
もっとも大王の父親の時代に売っちゃったらしいけど。

25 :世界@名無史さん:2010/06/25(金) 07:01:11 0
ああ、あの絵はまだ大王が小さいから父親の即位直後の頃か?
ならこの頃はまだあったかもな。

26 :世界@名無史さん:2010/06/25(金) 12:18:54 0
十字軍の開始によって、地中海商業圏が形成されて物産には宝石、絹、香辛料がもたらされたのは有名だけど、その中に象牙と黒人奴隷が物産に含まれてたはず。
ってことは12C末期にはいたのか。
でも、スペインなら黒人の小作農民ぐらいいたのかな?

27 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 20:07:38 0
アンダルスにはいてもおかしくない。
ムラービト朝(11世紀末にアンダルス進出)が西サハラ起源の王朝で、セネガル附近の黒人部族も従えていたからね。

28 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 21:04:19 0
このスレの対象外だけど古代ローマ時代にも当然いた

29 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 21:43:57 0
>>3
この時代にも、人種差別というか肌の色で判断してはいけないという意識はあったんだな

30 :世界@名無史さん:2010/06/28(月) 22:00:21 0
と密入国者の子孫である在日がだから外国人参政権をよこせと本国の指令をうけて日本を今日も征服しようと必死ですね。

31 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 09:02:07 0
必死なのはスレタイも板違いも理解出来ないお前だ。
差別の話をしててるのになんで参政権がでてくるんだよ。
それは国民と外国人の区別の話で肌の色による差別とは関係ない。
そもそもこのスレッドは忠誠ヨーロッパにおける黒人を語るスレッドなんだから有色人種観や差別に話が及ぶのは当たり前。
外国人参政権反対を訴えたいなら適当なスレッドに池。
そういうことすると反対派が馬鹿の集まりみたいに思われて逆効果なんだよ。

32 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 10:21:14 0
>>14
先史時代のイタリア半島には黒人がいたらしいな
グリマルディ夫人という名前の人骨化石が発掘されている
彼女の骨格を見ると、黒人の特徴を如実に表していた


33 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 19:53:34 0
そういや映画「アレクサンダー」のプトレマイオスが口述筆記させているシーンで
筆記を担当していたのが黒人じゃなかったっけ?

あれって史実の考証ではどうなんだろうか?

34 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 23:44:48 0
>>32
確か、古代ローマの支配を受けていたころのイギリスの上層階級らしい女性の骨を発掘したら、
アフリカ人の特徴があったという記事を読んだ記憶あり

35 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 00:17:33 0

【海外】チャリティ活動参加の女性5人、強盗に強姦される。ケニア[8/1]

先ごろ、ケニア西部州の学校でチャリティ活動を行っていたオランダの女性5人が強盗に襲われ、
強姦されるという事件が発生した。

地元メディアは7月29日、西部州の警察当局担当者の話を引用して、次のように伝えている。
「このオランダ人女性はいずれも17-26歳。
彼女達は24日、首都ナイロビから250キロ離れた西部州の州都・カカメガの学校で強盗に襲われた」。

同担当者によると、10人の強盗が彼女達のカメラ、現金、貴重品を奪っていったという。
チャリティー活動運営組織に所属していた警備員2人も、強盗と通じていた容疑で警察に逮捕されている。

    ■■■■■
   ■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■     ________
  ■■ ■ ■■ ■ ■■  /       
 ■■■■■ ■■■■ < 白人をレイープ?黒人がよくやること
 ■■■■■ ■■■■  \            
 ■■■■   ■■■     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■    ■■
   ■■■■■■■
     ■■■■■

36 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 03:39:41 O
>>32
あれは遺骨がぶっ潰れていてネグロイドのように見えただけで、
そうではなかったらしいよ。遺伝学が今ほど進歩していなかった
形質人類学中心の時代だったとは、あまりにお粗末な研究とその発表だったそうな。

>>1
それはそうと、古代ローマ・ビザンティンには黒人奴隷がいたし、
中世のアル・アンダルス、14世紀以降のポルトガルにも黒人奴隷はいたよ。
ベネチアやジェノバにもいたと読んだ記憶があるけどうらおぼえ。

更に17世紀・18世紀にはヨーロッパ各地の大都市や港町に奴隷・解放奴隷の黒人が
少数ながらいたが、同じ貧民の中に吸収されて19世紀半ばには消えていった。
プーシキンの曾祖父みたいに出世したのは極めて稀な例だけど、
ロシアやグルジアにも黒人の奴隷・解放奴隷が少数ながらいたし、
オスマン帝国にも黒人奴隷はいた。首都コンスタンティニーエの王宮では
カンガン(←ケータイなもんで字が出ない)だったけど。

37 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 03:40:45 O
遺骨って言い方は変だな。人骨ね。

38 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 18:48:16 0
アブハジアの黒人コミュニティは
未だに健在だよ

39 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 18:50:39 0
ポーランド王アウグスト2世 の数多い(庶子300人以上ww)愛人の中には黒人がいたらしい。
トルコ人女奴隷もいるし、好みが幅広いなww

40 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 04:51:23 O
>>38
それは聞いているけども、彼らはアブハジア人・グルジア人と混血した人
の末裔が多いのかな?今度PCでググれば英語版wikiあたりにありそうだけど。

グルジア・アブハジアやロシアの黒人奴隷はオスマン経由やペルシア経由が
大半だったそうだけど、エチオピア・エリトリア・ソマリアあたりの出身者が
多かったのかな。もっともアラブ人・トルコ人・ペルシア人・ユダヤ人は
アフリカで手広く奴隷取引をしていたから、マグリブ南部や西アフリカの
黒人もコンスタンティニーエに連れて行かれたようだけど。

41 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 10:50:58 P
イスラーム帝国時代のアラブの旅行家たちも述べているが、
黒人は人間じゃない。
そんな昔から今に至るまで変わらず。血だな。

42 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 21:22:11 0
アブハジアニグロは
黒人趣味だったグルジア貴族の奴隷が
解放されて住み着いたもの
しかしアブハジアの黒人の話は
古本屋で見つけた1958年刊のガンサーの本以外見たことないけど
ネットの時代だと検索で一発だからなあ
全く便利な時代だよ

43 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 23:37:42 0
>>33
口述筆記できるほどの学識があるってことは奴隷じゃないんかね

44 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:23:36 0
>>43
優秀な人材を奴隷として買うんだから、その表現は見当違いかと

45 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 17:07:37 0
シェークスピアがオセロを書いてるんだから、いたんだろ。
でなきゃ、悲劇の主人公を黒人にするはずがない。


46 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 18:20:43 0
>>43
アメリカ南部へ奴隷として連れて行かれた黒人のイスラム教ウラマーがいて
何とか西アフリカへ戻った後体験談を書き残してる

47 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 22:41:00 0
魔笛にもモノスタートスが出てくるからな。

あれこそ黒人の本性そのものと言っていい。

48 :世界@名無史さん:2010/07/09(金) 16:38:16 0
アメリカ南北戦争以前のアメリカで、黒人男と寝たり結婚したりする白人女って居なかったのかな?
アメリカのポルノとか観てると白人女って言われてるほど黒人を拒絶してないよな・・・

白人男が黒人嫌いなのはガチだが

49 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:03:05 0

昭和25年7月11日深夜、国鉄・小倉駅から南へ4キロメートルにある米軍・城野(じょうの)
補給基地から完全武装した黒人米兵が4〜5人ずつに分かれて基地の金網を
乗り越えて200〜250人が集団脱走した。
この黒人米兵は前日の10日、岐阜から移送されてきたばかりで近日中に
朝鮮戦争(前月の6月25日に北朝鮮軍が38度線を越境し韓国側に進撃した)の
最前線に送られることになっていたため黒人米兵は極度の緊張と不安、恐怖の中にあった。

折りしも、小倉市では「祇園祭り(7月12日〜13日)」の準備で街の中心から祇園太鼓の
《ドンドコドンドコ》という太鼓の音が基地にまで聞こえてきた。
このリズムが黒人米兵達に刺激を与えたのだろうか?
基地から脱走し逮捕されれば軍法会議で極刑もあることを知りつつ集団脱走を敢行した。

−小倉市民は恐怖のどん底に−
集団脱走した黒人米兵は太鼓の音がする街中とは反対の方向へ逃走した。
完全武装した黒人米兵は土足で民家になだれ込み略奪、傷害、夫・子供の前で
婦女暴行の限りをつくした。
一方、米軍基地では集団脱走が発覚するとMP(米軍警察)が現場に急行し翌12日の
夕方までに全員を逮捕し基地へ連行した。
この黒人米兵は14日に朝鮮の前線に移送され、その殆どが戦死したという。

これだけの大事件でありながら警察への届は僅かに70件で、新聞などのマスコミも
記事としては大きく扱わなかった。当時のGHQが報道管制をしたことは想像がつく。

50 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:22:03 0
最低だな黒人。何が差別だ

51 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 19:38:26 0
>>49
スレち互いじゃね?
中世〜近世ヨーロッパの話だろ?

52 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 20:41:43 0
ニガーは生まれながらの犯罪者

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)