5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

食物と酒、嗜好品の歴史@世界史板 44皿目

1 :世界@名無史さん:2010/06/05(土) 18:52:47 0
古今東西、食文化の歴史について語りましょう。

前スレ
食物と酒、嗜好品の歴史@世界史板 43皿目
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1270915633/

関連スレ
飯の美味さと戦争の強さって反比例してね?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209528483/
トルコ料理の歴史
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1080197510/
香辛料の歴史。。。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078557888/
日史板
料理、菓子、酒 江戸時代の美味い物について語れ2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1223053977/


戦争・兵役を通じて広まった食事 23皿目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1267103517/
軍艦の食事について語るスレ・22食目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1272059528/
@ ワイルドでサバイバルな食事 @ 六日目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1256610577/
レーション(というか戦場での飯)メニューNo.26
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1272553976/




2 :世界@名無史さん:2010/06/05(土) 19:08:11 0
新スレ乙です。

3 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 02:32:18 0
乙カレー

4 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 02:51:50 0
丙シチュー

5 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 08:00:50 0
甲ラーメン

6 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 16:05:05 0
丁パスタ

7 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 19:12:51 0
671 名前:世界@名無史さん 投稿日:2010/05/21(金) 12:16:36 0
パンが2個かえる価格で股を開く貞操概念ゼロの倭女。 倭人右翼は売女の子孫w

678 名前:世界@名無史さん 投稿日:2010/05/21(金) 15:37:16 0
倭女はパン2個分の値段 満子大安売り 価格破壊や! ⇒パンパンガールwwwww

無知乙w
パンパンってパン2個って意味だと本気で思ってんのw違うよw
このスレずっと朝鮮人が住み着いてるけど
そんなに日本が嫌いなら早く祖国に帰れよ

8 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 19:20:51 0
白丁土人なんか相手にすんなよ。
自分のひい婆さん、婆さん、母親と三代続けて日本人相手に体売ってたの知って火病起こしただけなんだからそっとしといてやれ。

9 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 19:56:14 0
ジャガイモってアイルランド人みたいな被征服地の貧乏人の食い物なのに、
何でドイツみたいな先進地域の人間が主食にしているんだ。

10 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 20:27:53 0
>>9
英国人も、ジャガイモ食うぞ。
殆んど主食扱いだ。

11 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 20:46:28 0
むしろなんでわが国の東北人は
ジャガイモで生き延びようとしなかったのか

12 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 21:19:27 0
パンパンっていうのは馬鹿な女の子がすぐセックスさせて生だしさせて妊娠しておなかをぱんぱんにするからだよな。
売春婦のことじゃないぞ。

13 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 21:39:50 0
じゃあ、民青はパンパンだらけだとでも言いたいのか?

14 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:41:02 0
兵庫県三田市出身で「日本の化学の祖」と称される蘭(らん)学者・川本幸民(1810〜71)に
よって、1853年に日本で初めて醸造されたビールの復刻版の試飲会が5日、
市まちづくり協働センター(駅前町)の多目的ホールで開かれ、招待客約160人が
〈黒船来航〉の時代に思いをはせながら、香り高いビールを味わった。

*+*+ YOMIURI ONLINE 2010/06/06[22:36:41] +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100606-OYT1T00577.htm

15 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:41:15 0
ぱんぱんってのは世界中にいるんだよ。

16 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:42:35 0
>>12
パンが2個買える価格でjapがまたひらくから、パンパンと嘲られた(wiki)参照。
またしても酷使様の日本捏造歴史レスが失敗してしまったね。残念でしたーw

17 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:43:53 0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3
パンパン

酷使様はい大敗北〜〜〜息の根とめられちゃったねw

18 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:54:06 0
>>17
自分でうぃきに噓を書き込んでおいてなにをいうちょるかw
まっちぽんぷすんなよ

19 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 22:58:50 0
>>16
自国語でおk

20 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 23:29:02 0
>>18
酷使様の妄想がはじまったか・・・・。

21 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 23:30:04 0
特殊慰安施設協会(日本政府が進駐軍のために設置した公娼施設)

よかったなw おまえらが大好きな慰安婦の話題だよ〜〜 酷使様大憤死〜〜〜〜w

22 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 23:39:45 0
酷使様とかいいだしてなにこいつ〜w
きちがいじゃね???

23 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 23:59:30 0
よほど原に据えかねたんだね。酷使様w

24 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 00:18:19 0
>>16-17
wikipediaをソースとするなんて(呆)

何年か前、外国の大学のテストに誤答が続出
不審に思った教授が調べると、学生がwikipediaを見て回答したことが判明
wikiを確認すると誤った記述が
ちなみにその記述は
「天草の乱にはイエズス会の神父も参加した」とかいうトンデモないもの
wikiは誰でも編集できるから、証拠としては使えんよ
どうしてこんなスレで反日活動するかは知らないが、ぐうの音もでない
「確実な」ソースもなしに書き込むとは
そもそもスレチなんだが
そんなにwikiが信頼できるなら嘗糞は本当なんだな?
お前さんの同胞らしき輩がwikiなんて信用できない、捏造だ!と騒いでいたが
それは間違いなんだな?

25 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 00:26:42 0
酷使様はごまかそうと必死だが、出典が明記されている事実はスルーなんだね。

出典:米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 2006年 522頁

26 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 00:27:51 0
やっぱり、パンが2個買える金額で春を売る大和民族は一味違うねw

27 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 00:44:02 0
いい加減食い物の話に戻せや。

長崎県の郷土料理に、具をどっさり炊き込んだ雑煮「具雑煮」がある。
観光ガイドブックなどには「島原の乱の折、篭城した農民が陣昼食として作った」などと
書かれている。

しかし島原の乱の農民軍は、最終的に一人を除いて残らず虐殺された。
したがって、実際に場内で具沢山の雑煮が炊かれていたとしても、
それが伝承されたかはなはだ怪しいと言わざるを得ない。

乱の後、無人地帯となった島原半島には全国各地から移民が渡ってきた。
その移民が伝えた食文化が、「島原そうめん」である。

28 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 09:06:50 0
貝焼きと書いてかやきと読む

さっき吉田戦車のコラムで初めて知った
東北では普通なのかな

29 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 10:42:55 0
カフェインは注意力向上には効いていないようだ」という研究結果

朝、目覚まし代わりに飲むコーヒー。アロマの香りが一日の始まりを知らせてくれ、シャキっとする気がしますね。しかし、実はそれは「気のせい」かもしれない、という研究結果が明らかになりました。

ロイターでは、カフェインとヒトの体との関係について実験した、英ブリストル大学の、ある研究結果を採りあげています。

 

この研究では、半数がカフェインをあまり摂らない「ノンカフェイングループ」、残りの半数は定期的にカフェインを摂る「カフェイングループ」で成る、379人の成人を対象に実験。
16時間カフェインを断たせた上で、カフェインが含まれている錠剤と、偽の錠剤を、彼らにいずれかわからないように飲ませ、被験者の不安・注意力・頭痛のレベルを測定したところ、
偽の錠剤を飲んだ「カフェイングループ」は、注意力が下がり、頭痛がひどくなった一方、カフェインの錠剤をとった「カフェイングループ」は、いずれの兆候もみられなかったそう。

では、カフェインの錠剤を飲んだ「カフェイングループ」と「ノンカフェイングループ」はどうでしょう?

この実験によると、カフェインの錠剤を飲んだ「カフェイングループ」と「ノンカフェイングループ」とでは、注意力は同等だったとか。つまり、カフェインは、
普段カフェインを摂っている人の注意力を、ノーマルな状態に戻す程度の効果しかない、ということのようです。

この研究結果をみる限りでは、「コーヒー自体はあまり好きではないけれど、シャキっとさせるために、なんとなく飲んでいる」という人は、ノンカフェインの、別の飲み物に切り替えてもよさそうですね。
このほか、カフェインにまつわるプラシーボ効果については、ライフハッカーアーカイブ記事「プラシーボ効果でノンカフェインでも目が覚める!?」でも採りあげています。あわせてどうぞ。
http://www.excite.co.jp/News/column/20100607/Lifehacker_201006_100602morningcoffee_no_help.html

30 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 13:59:45 0
>フーコーによれば西洋では「固まりミルク」と称して村の少年たちが精液の飛ばし合いっこをしていた。
>民俗学者・伊藤堅吉の山梨県南都留郡道志村調査によれば、道志村には明治末期まで若者宿が残さ
>れており、気の合った若衆たちは娯楽場として若者宿に集い、ペニスの大きさを競い合ったり精液の飛
>ばし合いをしていたという(石川弘義・野口武徳『性』)

http://ja.wikipedia.org/wiki/オナニー


31 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 14:47:22 0
頭のおかしな人には気をつけましょう

利用者が増えるに従って、頭のおかしな人もそれなりに出没するようになって来ています。
頭のおかしな人に関わるとなにかと面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。


頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を見下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を見下すことで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないが
 プライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、
そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

32 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 22:12:56 0
カフェインが頭痛にいいとよく話にきくけどなぁ

33 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 23:31:27 0
カフェイン含有アルコール飲料の
安全性って結局どうだったの

34 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 00:51:00 0
>>25
とりあえずwikipediaでその出典の脇についてるa、bっていうのちょっとクリックしてみようね。

>>29
カフェインそのものよりコーヒーの苦味や香りのほうが、気分の転換に果たす役割は大きいんじゃないかな。

35 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 01:23:08 0
普通のコーヒー、
ノンカフェインで、香りや味や色はそのままのコーヒー、
特に味や香りのない水、
特に味や香りのない水にカフェインを添加したもの

で対照実験すればいいのに

36 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 06:05:35 0
サラダ味ってどうサラダなの?

37 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 09:29:53 0
29の話は、カフェインとってない人には意味はないが、
カフェイン中毒者には意味があると言ってるように読めるんだが。
なんだか記事がコーヒーに特化してるようなのが気になるが、普段お茶やコーヒーを常飲してる人は
注意力や頭痛などのために飲み続ければいい。タバコのような一種の中毒状態だけどなw

38 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 11:12:14 0
>>39
親切な人だな。
でもおかしな人には理解できないだろう。

>>25
その本はその使い方の出典じゃない。
脚注のつけ方を知っていたら恥をかかなかったのに。

以下、食欲がなくなるような話なので読みたくない人は飛ばしてください。





パン2個連呼してるヤツは、人糞を食する民族だからおかしいのだろうか?
唾液で酒の発酵を促したり、蛾の糞をお茶にしたり、小動物の排泄物に残ったコーヒー豆を
珍重したり、けったいに見える食文化はいろいろあるね。
でも糞で酒を造るやつらは見たことない。
自分が知らないだけか?

39 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 12:32:58 0
>>38
蒸し返すお前も朝鮮人

40 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 13:39:39 0
>>32
カフェイン切れによる頭痛に効くんじゃない?

41 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 16:38:17 0
ttp://adon-k.seesaa.net/article/125719799.html

42 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 21:14:02 0
コーヒー、紅茶大好きなんだけど。。
飲まない方がいいのかよ。。

43 :世界@名無史さん:2010/06/08(火) 21:19:50 0
そもそもパン助のスケはスケ番のスケであって「女」って意味だっちゅーの。。(ω)
その辺をわかっていないやつが編集したwikiなんかまるで信用できるかいな

44 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 00:32:07 0
カフェインといえば茶の類いよりコーラに多いそうだが、どのメーカーのが一番濃いんだろうか。

45 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 13:29:33 0
>>42
一ヶ月くらいカフェイン抜きの生活してみれば?
依存症から抜けると楽になるよ。
依存症でなかったとしても、カフェイン耐性がリセットされるから少量で効くようになるし。

46 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 15:05:22 0
>>38>>43
男根神社立てるほど、性器に餓えているニホンジンが必死だなw
こんな女に誰がしたって流行語まで出来ているというのに
パンパンガール民族はもう終わりw

47 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 15:35:38 0
スレ違いの話を見境なく続けずにはいられない
お里が知れるお方が一名いらっしゃいますね

48 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 16:25:07 0
倭人悔しいです。と素直になれよ。

49 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 18:15:00 0
流れをぶった切って悪いが、麦焼酎とウイスキーの違いって何なんだろうか
黒糖焼酎とラム酒の違い(ry
どっちも蒸留酒なのに何が違うのかと、飲むのは宴席くらいの私は思うのです

50 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 18:22:07 0
樽の違い?

51 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 18:34:40 0
ピート使ってるかどうか?

52 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 19:59:20 0
酒って樽の香りとか蒸留するときの燃料の煙のにおいとか。
そういうのがすごく大切。
ウイスキーをウイスキーたらしめているのはもちろん

53 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 20:02:21 0
じゃあ逆に、麦焼酎に人工的な色と香りを付けたら
ウイスキーになるんかな?

54 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 20:04:49 0
なる。
つぅか、ウイスキーと信じて飲んでるなかにはそんなのが結構混ざってる。とおもうw

55 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 20:07:45 0
第4のビールは麦の蒸留酒をもう一度発泡酒と混ぜることで
大麦らしいコクを出すんだそうだな

56 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 20:45:23 0
>>53
グレーン ウイスキー

>>55
うん、角でキックをつけると 美味いんだ
オススメw

57 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 21:54:38 0
http://akiba.keizai.biz/headline/1980/

美味しんぼ」海原雄山がTシャツに−「至高」の文字をプリント

58 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 23:25:07 0
黒糖焼酎とラムの違い?

「麹を使うか、使わないか」

59 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 23:29:49 0
その2つは違いあるのかな
漠然と同じものだと思ってたが

60 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 23:43:53 0
>黒糖焼酎とラム
どっちも麹は使って無いんじゃないの

原材料が、黒糖 と フレッシュジュースか廃糖蜜 の違いと
貯蔵の違いかと、

J・バリーの30年とか、天に上るかと思うほどの美酒

61 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 00:02:55 0
え?奄美大島の黒糖焼酎は米麹が使われているが?

一方、小笠原諸島では麹を使わない「ラム酒」が作られている。

62 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 00:26:21 0
>>53
昔々、戦後の混乱期にエチルアルコールと紅茶・砂糖でつくった偽ウイスキーを売りさばいた金を
事業資金にして大成功したと、手柄話のように語った企業人がいたな。

63 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 09:52:15 0
>>46 >>48

>>16-17 >>25-26

指摘>>34

出典としてあげるなら、必ず自分で目を通すこと
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

64 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 10:36:06 0
>>63
そんな能力があるもんか
無理な要求をしてやるなw

65 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 11:59:19 0
朝鮮ブランドの糞酒の人気はどうだってばよ?
このスレに潜んでいる在日君に偉大な民族の酒のあじわいを解説してほしいニダ

66 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 15:33:58 0
>>62
詳細希望

67 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 15:38:46 0
糞酒の詳細しりたいの?

トンスル(??)は、韓国において人、犬、鶏の糞を漬け込んだ薬用酒。トンスルとは韓国語で「うんこ酒」という意味だよ。

68 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 16:05:36 0
>>66
サントリー?

69 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 17:31:18 0
>>52
いつだったかウィスキーの樽にする木材が枯渇しだして
日本の原生林から買いつけようとしたブリテン島の業者があったとか
地元の環境保護団体だかどっかが反対してるとか出てた

70 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 19:00:06 0
【文化】 "たけのこの里はやや下" マヨネーズ、とんかつソース、きのこの山…米アマゾンで絶賛 "ニッポンの味"★3
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1276162830/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000508-san-soci

日本大勝利、韓国大敗北 ざまあw

71 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 19:23:13 0
宮崎また感染拡大! 民主党に投票した有権者は馬鹿ばかり。

72 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 20:23:45 0
>>70
ヤフーニュースのほうには、どこにも韓国のことは書いてないが

ここまできたら一種の芸だな
感心する もっとやってくれ

73 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 22:12:03 0
>>60
大島の黒糖焼酎が「ラム」とされてしまうと不都合が多いという事で
(焼酎とラムは税金が違うため)、区別して焼酎の税率を適用する
ための条件が「米麹を使うこと」だったということらしいです。

国税庁の通達ttp://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sake/2-02.htm
をみると、
>(しょうちゅうの定義)
>10 単式蒸留しょうちゅうの原料として砂糖を使用する場合の取扱い
>法第3条第10号ニに規定する政令で定める砂糖を単式蒸留しょうちゅうの原料
>として使用することは、大島税務署(鹿児島県)の管轄区域内において製造す
>る場合で、当該砂糖と米こうじとを併用するときに限り認める。
となっているんで、今でもこの定義でやっているようですね。

74 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 22:17:23 0
税金はどっちが上なの?
ってまあラムだよな

75 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 22:32:49 0
ダーリンのゆうとおりだっちゃ!

76 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 22:38:26 0
臭くなくて柔らかくておいしいのがラムだよねって言う馬鹿が多くてこまる
臭くて硬くてうまいのがマトンだ

77 :世界@名無史さん:2010/06/10(木) 22:40:32 0
確か小泉先生の本に出ていたはずだと思って読み直してみたら、
大島の日本復帰のときに決めた話だと書いてあります。
>>74にあるとおりラムの方が格段に税率が高いという事で、
そのままだと復帰により地酒の値段がはね上がることになるから、
ということだそうな。

78 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 00:02:19 0


79 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 23:46:14 0
“日本酒”にしても、新式の融米製法では、必要ないのに法律のために麹を入れているよね。
米で作ったコーンシロップを醸造するわけだから、別に醗酵に寄与していない。

80 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 07:53:14 0
>>79
米で作ったのに”コーンシロップ”とは?

81 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 08:35:43 0

 死人の箱には 15人〜
  やんれさほい〜
   おまけにラムが一壜よ〜

82 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 10:30:07 0
346 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 08:31:11 0
少し前に「仔犬譲ります」のチラシが入っていた。
何?無料で食糧配給してくれる人がいるのか。

今度は「仔猫譲ります」のチラシが入っていた。
全く美味しくないんだよね猫って。イラネ。

いまは「仔鹿譲ります」のチラシが入らないかwktkしている。


83 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 10:39:45 0
>>80
どうなんだろうな

そもそもcornはトウモロコシだけでなく穀物全体を指す言葉で、
アメリカ大陸ではトウモロコシが主要穀物だったから
アメリカ英語では一般的にcorn=トウモロコシという使い方になってしまったわけで
本来はトウモロコシはmaizeと言うらしい

あるいは片栗粉やくず粉みたいなもんで
従来はカタクリを使ってたかもしれないけど、今は違うとか
今も本来の作物を使ってるけど、そうでない物も含めてるとかのパターンかもしれん

84 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 10:54:22 0
猫は美味いって聞いたけど
「丘ふぐ」といって、戦前の陸軍で喜ばれたって

85 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:00:07 0
猫は比較的肉が固くて、それと独特の臭いがあるから
臭い消しに菊の花を入れて煮たとか、本で読んだことがあるな。

86 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:05:37 0
>>82
シカ肉は美味いからなー

といってもおれが食ったことあるのはエゾシカだから
普通のシカとは違うかもしれんが

87 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:13:46 0
害獣でもある鹿や猪を食べてしまおうという動きもあるね

ブラックバスやブルーギルやジャンボタニシ、アメリカザリガニ、アライグマもそれで退治できないかな
マンモスが全滅したのは、人間の乱獲が原因のひとつでもあるんだし



88 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:24:43 0
クラムチャウダーの貝(ハマグリではない貝)が
船の排水とかで運ばれて東京湾などに繁殖してるらしいね

食ってみたい


89 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 11:28:52 0
>>87
>ブラックバスやブルーギルやジャンボタニシ、アメリカザリガニ、アライグマ

アライグマ以外は元々食用として移入された。
でも、日本の既存の調理法ではおいしくないので普及しなかった。

90 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 12:35:06 0
>>88
おれはクラムボンをくってみたいわ。

91 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 12:39:11 0
そういやエチゼンクラゲ食用化ってのは軌道にのったのかな
食用にできても一般化しないと意味ないし

92 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 14:53:19 0
上海ではザリガニのから揚げが人気を呼んでいるらしい
ビールのおつまみにぴったりだって

日本でも、ひとつ工夫してくれんかね

93 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 15:05:57 0
ゴキブリでも臭さや病原性の心配がなく
かつ精神的に抵抗がなければ
けっこういい蛋白源だからな

94 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 16:51:32 0
>>85
沖縄の山羊の煮物にヨモギを添えるとかいうのを、ちょっと連想した。

95 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 16:53:53 0
>>80
穀物の澱粉を加圧しながら触媒と共に加熱して作るブドウ糖や、そのブドウ糖を
果糖に変性させたものを、「コーンシロップ」と言うんだけれど……?

96 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 17:44:12 0
コーンウォールってとこは、壁ができるほど穀物がとれたってことかな?

97 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 17:45:58 0
さる県の博物館で日本充血宮中の展示コーナーがあったので見てきたよ
なんか変換もしないようなマイナーな存在になっちゃったけど
あれ大変だったんだな

98 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 17:56:58 0
語源的には、Corn-wall ではなくて、Cor-nwall なんだけれどね。


99 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 19:49:53 0
さる県って鹿児島?

100 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 19:51:37 0
猿県

101 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 20:14:34 0
コーンワル

102 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 20:19:32 0
ザリガニって意外と肉がすくないでしょ?

103 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 20:44:08 0
何と比べていってるのかが問題かな。
よくなにかにつけエビカニは身がないとか言う人いるが

104 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 20:55:34 0
シャコとくらべていってんぬ。

105 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 20:59:33 0
>>91
食用よりも生物由来の高分子ポリマーを作る方に力入れてるみたい。
その研究をしてある程度目処がたったとか。愛媛大学だったかな。

106 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 22:28:06 0
>>92
中国人は泥臭いような沼臭いような匂いは平気だからな。

107 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 22:37:10 0
フランス人も食べてるらしいぜ?

108 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 22:57:59 0
>>106
いや、日本人も美味いといっていた
から揚げだから、泥臭さはなくなるだろう

しかし、ウシガエルやモルモットも食用として日本に持ち込まれたわけだが、
こちらは、野生化したのが問題になっていない・・・のかな?
ウシガエルの合唱は今も外から聞こえるんだがw
野生のモルモットっているのかな

109 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 23:06:40 0
泥臭い言ったら淡水の魚介類はみなその可能性あるからな。
生息環境と調理次第だと思うが。

110 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 23:34:04 0
野生のモルちゃんは生きてゆけないだろうけど
ヌートリアはおりますがな。

111 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 00:03:12 0
>>ウシガエルの合唱は今も外から聞こえるんだがw
近くに池があるとみた。

112 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 06:09:42 0
加齢臭の原因物質はつきとめられてるけど
泥くささの原因物質ってなんだろうね

113 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 07:46:57 0
泥じゃないかな

114 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 07:52:27 0
泥の何?

115 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 12:08:43 0
カレー臭

116 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 13:57:05 0
>>112
ゲオスミン、イソ吉草酸、チグリン酸、セスキテルペン類。

意外なことに、泥臭さを出す物質と、レモン、セロリ、胡椒、ユーカリ、針葉樹
等の芳香の成分は、化学的にとても近い。

117 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 18:59:44 0
湿った泥の匂いがするハーブなんてものもあるくらいだからな。

>パチュリーの香りは、カビ臭い湿った土のようで、あまりよいものだとは言えません。
>パチュリーは、一度身体や衣類に付くと、なかなか香りがぬけないので注意して下さい。

パチュリーいいとこなしじゃねえか・・・

118 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 21:14:38 P
>>117
武器としてはじゅうぶんじゃないか

119 :世界@名無史さん:2010/06/14(月) 23:12:46 0
>>117
精油にすると良い香りになる。
そのままの葉は虫除けに使われたとか。

120 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 00:05:29 0
>>116
ウンコ臭さの物質が
薄めると香水に欠かせない芳香成分になるようなもんか

121 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 00:37:56 0
麦の刈りいれ時は梅雨
稲の刈りいれ時は秋雨に台風

何気に日本は穀物の栽培に向かない

122 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 00:56:41 P
そうは言うがな、
元々亜熱帯が原産のイネ科の植物を東北どころか北海道まで作れるようにしたんだぜ?

日本人って凄いよな

四季と情緒にあふれた自然があるのって素晴らしいとは思わんかね?

大陸は乾燥系の気候だし
亜熱帯はモンスーン
中東や中央アジアは灼熱の沙漠

日本は恵まれてるね

123 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 01:00:10 0
s

124 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 01:02:25 0
>>122日本が真に恵まれてるのは真水資源でしょう。雨が奥羽山脈に降り続ける限り、
真水が大量に湧き出す。こんな国はめったにない。日本に技術力がなくなったら、
宗主国・ダメリカは日本の真水資源を分捕るよ。やつら北米大陸の水は地下からくみ上げてるんで、
あと100年くらいで枯渇するらしい。

125 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 01:05:50 0
真水がなければ濾過すればよろしいのに

ロッキー山脈は湧水はないの?

126 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 02:13:34 P
アメリカはピボット農法で地下水組み過ぎて大問題ですがな。

中国も地下水組み過ぎでヤバイ

日本と似たような気候ってニュージーランドぐらい??

127 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 02:14:17 0
「まったくカップに入ってないし、第一焼いてないし、ましてやそばでもない」

                     カップやきそば

128 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 02:29:05 0
>>127
なにその神聖ローマ帝国

129 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 05:44:48 0
>>125「電子イオンろ過装置」みたいなのを開発しないと大量の汚水を
ろ過は無理だろう・・・・

130 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 06:31:06 0
>>127
自販機用の奴はカップに入ってるよ。カップヌードルみたいなタイプの。
それと最近エースコックから出た奴は、割とカップっぽい容器だよな。

131 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 06:32:19 0
>>129
海水を濾過した方が早そうだな。

132 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 11:33:49 0
>>130
いやなんつうか、これはカップだろと、入ってる奴を持ってきても127の反論にはあまりなってなくね?

133 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 12:45:36 0
要するにカップ麺の段階ですでにカップじゃないという立場だな
紙コップ的なのもカップとは言い難いと。

134 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 15:04:22 0
そういえば長崎名物の皿うどんて全くうどんじゃないような

135 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 16:15:36 0
そうだな。糞につけない酒なんてトンスルとは認めないようなものだ。

136 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 17:04:51 0
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-15827120100615
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-15827120100615?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

[1/2]
[ヨハネスブルク(南アフリカ) 14日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)
南アフリカ大会に出場する各国代表チームの原動力となるのが、やはり食事だろう。
なじみの味を本国から持ち込むケースが多く、各国の食事情からもチームカラーが伺える。

◎フランス
南部クニスナの海岸沿いにある高級リゾートホテルに滞在するフランス代表は、とにかく
バゲット(フランスパン)をよく食べる。
ホテルのヘッドシェフによると、1日に焼く本数は当初10本だったが、現在は80─90本。
最高で120本程度に増えると見込まれている。

◎ウルグアイ
ウルグアイ代表は、牧草で育てた高級牛の肉約1トンを本国から持ち込んだ。
広報担当によると、ラテンアメリカの伝統的デザートである液体状のキャラメル
「ドゥルセ・デ・レチェ」も大量に用意したという。

◎アルゼンチン
アルゼンチン代表もステーキ肉を本国から持ち込む計画だったが、南アフリカ当局からの
許可が下りずに断念。代表チームが滞在するプレトリア大学関連施設のシェフは、
マラドーナ監督には「求められたものを提供しており、これまでのところ特に問題はなく」、
何かと問題が多いという評判とは異なる印象だという。



137 :世界@名無史さん:2010/06/15(火) 17:05:48 0
-続きます-


2 名前:やるっきゃ騎士φ ★[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 16:22:15.83 ID:???0
-続きです-
[2/2]
◎イングランド
イングランド代表は、レオナルド・ディカプリオなどハリウッドスターを顧客に持つセレブシェフの
ティム・デアス氏が厨房を指揮。同氏によると、代表選手は最大限の力を発揮するために
適切な食事が求められる「競走馬」のようなもので、健康的な食事に加え、ホットチョコレート
なども午後の間食として提供しているという。

◎メキシコ
メキシコ代表は、同国の伝統的料理トルティーヤを南アフリカで手に入れるために一苦労している。
広報担当によると、製造業者が地元客を優先するためで、選手らはトルティーヤのために
列を作って待たなければいけないという。

◎ブラジル
ブラジル代表のチームシェフ、ジャイミ・マシエールは本国でグアバペーストを大量に仕入れ、
甘党の選手たちに提供している。

◎イタリア
イタリア代表も、ピザやパスタ、スパークリングワインを相当量持ち込むなどして、
自国と同じような食環境を実現している。

【サッカー】W杯勝利の秘密は「おふくろの味」、各国が食材を大量輸送[10/06/15]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1276586528/
4 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2010/06/15(火) 16:23:40.89 ID:VJRXnOURO
以下、ネトウヨによるキムチ批判
5 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2010/06/15(火) 16:24:31.37 ID:MdWXXNmx0
>>4
ホンタクとトンスルだろ!このエセネトウヨが。

138 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 02:39:03 0
>>131海水で真水ってのを昨日つらつら考えてみたんだけど、
今後地球の人口の10億くらいを海水→真水にした資源で養うとして
1いったん生活水として利用しても結局は下水にながれる
2海水の塩分濃度が薄まる
3湾岸地域の漁獲資源壊滅
4たまった塩はどうするの?
5汗などで蒸散した水分のうち雨となって70%くらいは海にいく
6やっぱり海が薄まる

どうしよう?魚さんが困っちゃうよ。

139 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 02:59:17 0
釣りも大変だな


140 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 03:04:27 0
塩が溜まるのと海が薄まるのを危惧する頭があるなら
塩を海に撒けばいいって思いつく頭はないのか?

141 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 03:13:03 0
残念ながらないんだろ


142 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 09:07:12 0
水分は世界的に循環するが、海水はそうでもない。だから濃度がイビツになる可能性が
高い。

143 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 09:27:21 0
つまり、海水は水分じゃないと。

144 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 10:58:11 0
>>143
>>142からはそういう結論は出ない

水分⊃海水 なだけ

連休中には人々は旅行しがちだが、病人はそうでもない
人々全体の傾向としては旅行することが多いが
人々の中でも病人に注目すると旅行しないことが多い
病人は人にあらずというわけではなく全体と部分ということなので、
同列にとらえて比べてはいけない


145 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 11:11:40 0
水分+塩分=海水

だから、海水は水分を含むが水分ではない

146 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 11:17:05 0
人間+病気=病人

だから病人は人間を含むが人間ではない

ですか

147 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 12:03:53 0
大漁ですね

釣りと言えば魚を釣って、その場で料理するならやっぱ、木の枝にさしてたき火で焼いて塩ふって
ワイルドにくうってのがよくあるが、やったことないな。

148 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 14:35:55 0
某ラノベで川魚をそのまま焼いて食う奴がいて、
エサにした虫が入ってるのに丸ごと食うなんてって言う奴もいたが
今思えばそれより寄生虫だな

149 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 19:07:19 0
>>148
あ、そのラノベ、読んだ事があるような気がする・・・

食欲魔人と天才的なバカが出てくる話じゃなかったか?

150 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 22:46:55 0
>>148
生焼けじゃなければ大丈夫だと思うが

151 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 17:11:58 0
>>149
貧乳魔法少女と金髪クラゲじゃなかったっけ?

152 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 18:43:28 P
外国人の質問「日本人は朝食に何を食べてるの?」
http://shirouto.seesaa.net/article/153488672.html
朝食のサラダ
http://blogs.yahoo.co.jp/m520t915/36972777.html

> それはそれとして、日本にくる外国人が、ホテルの朝食でわりと当惑するのが、
> セットについてくる小さなサラダ・プレート、あるいは、サラダバー。
> 「日本人は、朝からサラダを食べるのか?」と何回か聞かれたことがある。
>
> そういわれてみれば、海外のホテルで、朝食にサラダがついてくることはまずない。
> あってもせいぜい「フルーツサラダ」で、冷たい野菜のサラダは、
> ランチやディナーのエントリー、というのが常識なのかもしれない。
>
> 明らかに、欧米では朝にサラダを食べる習慣がないことがわかる。
>
> でも、伝統的な和風の朝食にサラダなんてついているわけないんだから、
> 「欧米人は朝食にサラダを食べる」とだれかが勘違いし、それが日本中に広まって、
> 「洋風の朝食にはサラダ」という、日本独特の習慣が出来上がったんでしょうね。

こう言ってるけど、日本人的には「おひたし」の一種、って感覚だよなあ、朝食のサラダって。

153 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 19:02:58 0
朝に限らずいつでも食うものだろサラダ

154 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 20:00:23 0
謎のサラダ味
塩と植物油味か

155 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 20:45:15 0
というか外人は朝から油脂やら糖分やら摂ってんのに
野菜が欲しくはならんのか

156 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:04:53 0
コンチネンタルならパンにヨーグルトくらいだろうし
イングリッシュやアメリカンでも+卵とトマトとジャガイモくらいでは
朝食物繊維取る方が調子悪くなるんじゃないの?ほら腸の長さがどーのこーのって

157 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:08:58 0
というより日本ではバランスを考えて、毎食野菜を食べるようにしていて、
洋食verだと、てっとりばやくサラダになったってとこがあるだろうな。

考えてみると、西欧風の朝食って野菜を採らない感じだな。
採ったとしても、ジュースかフルーツぐらいって感じ?

158 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:59:27 0
「これは何ですか」「皿だ」
っていうのを誤訳しちゃったんじゃないかな

159 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 22:05:35 0
朝食のサラダって、浅漬け 感覚かなぁ

毎朝飯を炊くことを考えると、炊飯器考えたやつに
拍手w

160 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 22:33:14 0
インド人のカレー屋に行ってみたけど
なんか日本人向けアレンジしすぎで
ああいうほうが儲かるのかなあ
俺はもう一度行かない

161 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 22:37:06 0
>>156
つ シリアル

162 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 00:11:05 0
>>156
新鮮な野菜がコンスタントに手に入りにくいんじゃないかな

それはそうと中国では受験生にサラダを出すことが法律で禁じられたらしいね
生野菜だと食中毒の可能性が高いってことで

163 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:03:20 0
【国際】「アラブ地区で豚肉を食べながら酒盛りをしよう!」 ネットでの呼びかけ広がる→警察が中止命令-フランス
1 :出世ウホφ ★:2010/06/16(水) 14:42:55 ID:???0
【パリ時事】パリ市内のアラブ系移民が多く住む地区の野外に集まり、イスラム教徒が忌避する豚肉を食べながら酒盛りをしようとの呼び掛けが、
インターネット上で広がっている。イスラム教徒を挑発し対立をあおりかねないとの声が上がる中、地元警察は15日、
「公共の秩序を著しく害する危険がある」として中止を命じた。

呼び掛けは、パリ北部のグットドール地区で18日夕、豚肉ソーセージを食べながらワインを飲もうというもの。
会員制交流サイト(SNS)「フェースブック」を通じて広がり、仏メディアによれば、15日までに7000人以上が参加登録した。

18日はイスラム教徒が集団礼拝する金曜日の上、
多くの移民のルーツであるアルジェリアがサッカーのワールドカップ(W杯)でイングランドと対戦する。
酒盛りには極右グループの参加も予想され、不測の事態が懸念されていた。 

6月16日14時22分配信 時事通信 アラブ地区で「豚肉に酒」=ネットで募集、警察が中止命令―仏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000093-jij-int




164 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:07:08 0
>>163
2chで言う事ではないが、こういうところで民度が知れるよな

165 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:32:23 0
フランス人の知り合いは嫌な奴しかいない
個人的には韓国人くらい嫌いだ

166 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:37:33 0
俺のフランス人の知り合いは
若い割にはちょっと腹が出て、頭がうすくなりかけてたけど
陽気で付き合いのいい、ナイスガイだったぜ

167 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:37:51 0
朝鮮人が多い地区では何を食えばいいのかな?

彼らには、日本の馬肉食文化が信じられないそうだが。

168 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:38:21 0
さてフランスを代表する食い物といえば何ですかね

やっぱフランスパン?

169 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 01:39:56 0
挑戦は肉食が発達してると思ってたのにな
モツとかでも子宮や胎盤までしっかり調理法編み出してるでしょ
そこは凄いと思う

馬は食わんのか
うまいし、量もあるだろうに
馬が育たんのかな?

170 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 02:27:30 0
「自動車は鉄を多く使ってるのに、なんで車で鋼材を作らないんだ?」
日本人らしいバカな質問だわな。

171 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 02:31:53 0
imifu

172 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 03:51:55 0
>>171
かの国ではいまだに馬が移動手段として重要ということでしょう。

173 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 04:54:46 0
>>160
もう一度行かないとか日本語怪しいな。
朝鮮人が日本人とインド人の仲を分断工作しようと必死だな。

174 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 10:30:12 0
正直誰がどうとかあの国がどうとか言ってたらさ

175 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 10:50:19 0
インド洋給油の再開検討を=菅首相は「現実主義者」−防衛政務官
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010061800208


176 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 13:28:39 0
>>162 
>それはそうと中国では受験生にサラダを出すことが法律で禁じられたらしいね
>生野菜だと食中毒の可能性が高いってことで 

中国の様な比較的平坦な大陸国というのは、 
日本の様に、降水量が多く、山地からの急流が扇状地で濾過されて、
清潔な井戸水が豊富な国とは正反対に、
池や湖の水にも赤痢菌等の病原体なんかが多そうだな。 

だから、伝統的に中国料理には、油で炒めたりするものばかりが多い。
日本で刺身や生寿司が発達しても、中国では発達しないのも無理は無い。

177 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 15:17:50 0
菌とか以前に色々ありそうだ

178 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 22:16:00 0
田舎に行くと未だに下肥をそのまま使ってるそうだから
ギョウチュウや回虫は普通にありそうね

日本にサラダが定着したのは進駐軍から始まるわけだが、
GHQは当時の日本が同様に人糞を肥料として使ってるのを見てうげえと使用禁止
何故なら連中の野菜の食い方と言えば、生野菜・サラダだったから
そんな野菜を生で食えるか!と
結局排泄物リサイクル・火を通して全て食べ切る習慣は廃れ
排泄物は排泄物・生野菜なのに生で食えない茎や汚いとこは捨ててしまえ、となりにけり

179 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 22:29:15 0
水不足に悩む中国が日本の山林を買占め、地下水をくみ上げて独占する!
などというデマ?がまことしやかに流れているが、事実だとしてもどうやって中国に水を持っていく?

地続きじゃないから用水路は引けないし、
タンクやペットボトルに詰めるのではコストが・・・

180 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 22:47:18 0
>>179
富裕層は一億人以上いるから、
普通にポリタンクやータンカーで持っていくと思うよ

金持ちとかは食の安全に敏感だから

181 :世界@名無史さん:2010/06/18(金) 22:56:57 0
>>179
そういう活動が仮にあるとしたら、有事の後方撹乱を見据えての話だろう。
というか、板ちがいだからほかでやれ。
 

182 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 00:33:10 0
>>176
伝統的と言ってもせいぜい南宋あたりまで(まあ、十分古いが)だという
ことだけどね。それまでは普通に生野菜や生肉/生魚を食べていたら
しい。
北宋の頃の料理書にある料理は、油もほとんど使わないさっぱりした
もので、懐石料理の一品として出ても違和感がないようなものだという
話らしいし。
(例えば、中をくりぬいた柚子の中に蟹肉と柚子の果汁等を詰めて、
柚子の上の所で蓋をして蒸し上げるという料理などが普通だとか。)

183 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 00:57:50 0
南宋で一旦文化の断絶がおきているのはモンゴルの侵入によるもの。
食文化のみならず服飾史においても大きく断絶しているし。



184 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 02:05:36 0
452 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/06/19(土) 02:03:19 ID:mTqHZl0G0 [8/8]
まぁ東南アジアの国なんか海にヒ素ぶっこんで
浮いてきた海老とって日本に輸出してるからねw


これマジ? 輸入バナナが検疫過程で青酸で蒸し上げているのは知っているけど。

185 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 07:59:34 0
【奈良】平城京のトイレが出土、当時の役人がウシやブタを食べていた事が判明
1 :出世ウホφ ★:2010/06/18(金) 23:39:25 ID:???0
奈良市の平城宮跡で、奈良時代の官庁があったとされる「東方官衙(かんが)地区」でトイレなどとみられる穴が6基見つかり、
堆積(たいせき)物から当時の人が牛や豚を食べていたことが、奈良文化財研究所の調査でわかった。

肉食は文献や木簡で知られるが、それを裏づける史料が平城宮跡で出土したのは初めて。

同研究所は「当時、何度も肉食禁止令が出されていたが、役人らが隠れて肉を食べていたのに違いない」としている。

穴は平城宮の警備を担当した役所「衛府(えふ)」の近くにあり、深さは最大約70センチ。
ウリなどの種や果実とともに、牛や豚に含まれる寄生虫の卵が検出された。

奈良時代は仏教が盛んで、殺生や肉食を禁じる命令が出されたが、荷札木簡には「イノシシ肉」を示すものも残る。
肉食の痕跡は福岡市の迎賓館・鴻臚館(こうろかん)跡などで見つかっている。

(2010年6月18日16時44分 読売新聞)天平役人が禁断の肉食…平城宮トイレ穴出土
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100618-OYT1T00241.htm
平城宮跡で出土したトイレなどとみられる穴=奈良文化財研究所提供 
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100618-880822-1-N.jpg




186 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 08:54:00 0
>>183
それもだけど、そもそも北宋〜南宋の時期あたりから油を
多用する料理や強火を利用する料理が増えてきていると
いう話らしい。
豊かになり、熱源もコークス利用等で改良されて…という
ことだとか。

187 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 10:50:01 0
>>152
ローマ人はサラダを良くたべてたんだぜ。
生野菜に酢をかけて食うってのは一番手軽で安くつく食いもんだったから。

今の欧米人がサラダを朝食わないのは?
知らん。

現代じゃ逆にめんどくさいからだろ。

188 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 10:53:07 0
>>186
古代中国では肉は膾にしたり干し肉にして食ったりしてたもんな。
脂脂!ってなったのは実は民族が途中で入れ替わったから。

189 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 11:35:31 0
>>187
それはローマだったからというのが大きいのでは?

ローマ、イタリアは温暖な気候なので、昔でも生で食べられる野菜が栽培できた。
それに比べて他の地域、特にヨーロッパの北部の方では生で食べられる野菜の
栽培は難しく、根菜ぐらいしかとれなかったと。

イギリスのキューカンバー・サンドイッチという、キュウリを挟んだだけのサンドイッチが
あるが、そういった理由で昔は富の象徴のひとつだったらしい。

190 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 11:44:18 0
富の象徴だったのか
それはちょっと久しぶりに目からウロコ賞出すわ
http://eva.qee.jp/wp/wp-content/uploads/2009/12/b7bb04a3.jpg


191 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 11:49:38 0
そういや中国以外で炒め物って料理が一般的に食される国って
あったっけ?昔の日本料理には煎るというのはあるけど。

192 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 11:50:59 0
あぁそうなのかも。

ところでキューカンバーサンドをみておもったんだけど。
イギリスのサンドイッチってパンが主ではないんだよな?
主はジャムだったりキュウリだったりトマト。
それをのっけるお皿だよね、パンは。
だから薄くていい。

日本のおにぎりでたとえると、
海苔=サンドイッチのパン。
お米=ジャム、マーマレード、キュウリ
だろ?

最近気がついた。

193 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 12:24:39 0
>>184
ヒ素は知らんが東南アジアでは毒物を使った漁は結構行われてるよ
青酸カリとかのシアン化合物撒いて浮いてきた魚を獲るんで、サンゴとか稚魚は死ぬ。
そうやって獲ったのを食用の活魚とか熱帯魚として輸出するのよ。
まあ外見は何ともなくても中身がやられてるんで
飼ってもすぐ死ぬんだけどね。海水魚飼育者の間ではわりと有名な話

194 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 12:33:52 0
中身やられているってことは長期間そんなんでとったものくったりしていたら人体に影響あるんとちがうか。
ヒ素なんて蓄積系だし

195 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 15:11:04 0
青酸カリなんかは酸と反応して発生するガスが猛毒なだけで
海水に撒いても効果ないと思うけどなぁ。

196 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 15:44:14 0
川に毒を流して魚をとるのは昔からしてなかった?

むしろ問題にされていたのは根こそぎ生き物を殺しちゃうから、だったとおもう。

197 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 18:19:01 0
>>196
電気漁も同じ理由で禁止にされてるね。

198 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 18:47:25 0
手榴弾で爆音で気絶させて捕る漁なんてえのも
さる漫画家がラバウルでやったってさっき読んだw

199 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 21:04:51 0
女房が連ドラで話題になっている人か!

200 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 22:35:19 0
オランダの食べ物といえば?と話題を振ってみるか。

201 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 22:36:02 0
毒流し漁をモチーフにした昔話は多いな。

昔々、村の若者達が連れ立って、毒流し漁の準備をしていた。
魚を酔わせるための山椒の根を搗き潰していると、そこへ坊さんが通りかかって
「毒流し漁をするつもりらしいが、そのような殺生はならぬ」と皆を叱り付ける。
若者達はハイハイわかりました、と適当に相槌を打ちながら、坊さんに粟飯を食べさせた。

さて坊さんが立ち去った後、早速出来上がった毒を川の淵に流す。
毒に当たって浮いてきた魚を、総出でホイホイつかみ挙げる。
やがて淵の底から、人の背丈ほどもある大イワナが上がってきた。
願ってもない大物に、一同は狂喜。さっそくよってたかって引き揚げる。
とても一人では運べない大きさなので、この場で解体しようと腹を割いたところ・・・

大イワナの腹から粟飯が出てきた・・・

さっきの坊さんの正体は、この大イワナだった。
淵の命を守るために化け、村の衆を戒めたのだが・・・

ほどなく、村は祟りで全滅してしまったとさ。

めでたしめでたし。

202 :世界@名無史さん:2010/06/19(土) 22:55:03 0
>>200
フライドポテト、ニシン

203 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 00:05:31 0
>>198
ラバウルつったら>>199

204 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 00:24:48 0
大岡昇平の野火って小説にも手榴弾で池の魚を採る話があるよ。

205 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 00:36:09 0
ここまで釣りキチ三平の話題なし 

206 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 03:42:58 0
>>202
あと、チーズだろうか。

調べてて知ったが、FRISKやメントスはオランダの菓子なんだねえ。

207 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 07:41:23 0
ええゲゲゲです
爆発したら魚が気絶しているうちに両脇に抱えて持ってくるんだそうだが
あるとき調子のいい同僚が一匹口にくわえていたら魚が目覚めて
びっくりして同僚の口の中に入ってきちゃって
ひっぱり出そうとしたけどウロコが引っかかって出せなくて
結局窒息して同僚死んだそうだ

生きた魚が口ん中入ってきて窒息死っていやな死因だよな

208 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 07:49:57 0
>>200
ヴァンホーテン

209 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 13:22:16 0
オランダのサッカーのユニってオレンジ色なんだけど オレンジ公ウィリアムだからかぁ。。
国旗は赤青白のトリコロールだっけ?
フランスとは縞の向きがちがうんだね。

多分、フランスと区別する為にオレンジユニなんだろうけど。
もともとフランスの国旗自体がオランダの国旗を真似したんだってね。

210 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 14:32:49 0
英国王室がオランダやドイツにゆかりがあるというのは
百済王家が日本を征服した時に倭人奴隷に生ませた借腹の子に
日本を与えた故事とよく似ていますねぇ。

211 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 15:02:36 0
210みたいなことを書き込むのって、日本に優越感を持ちたい朝鮮人なのかね?
それとも日本人と朝鮮人との仲を険悪にしたいネトウヨなのかね?

212 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 15:18:06 0
実際、百済王家の子孫は朝鮮半島には残ってないわけだしなぁ
むしろ日本に亡命してきて関東にとけ込んでいったわけだから、日本人こそ百済の故地をよこせっていう権利があるのでは。

213 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 19:14:05 0
>>209
そもそもの名前の元であるオレンジ公領自体もフランスにある
(しかもベネルクス寄りの北方ではなく、フランスでも南寄りなところ)


214 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 22:07:18 0
>>200
アメリカでドーナッツになったやつの元祖・オリボーレン

215 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 22:16:17 0
>>200
家庭料理ならエルテンスープが有名かも
エンドウ豆と豚肉やソーセージ、根菜類なんかのごった煮スープ
寒い冬には欠かせないらしい

216 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 22:23:15 0
カステラ、金平糖。

217 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 22:28:30 0
フリスクもオランダじゃなかったっけ。
ところでハッカ系のスーッとするものも嗜好品だと思うけど
こういうのって昔から需要はあったと思うんだよね。もとは薬だろうけど。

218 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 23:28:29 0
ハッカと言えば北見名物ハッカ羊羹はうまい
だが緑茶には絶望的に合わないのが玉に傷だ

219 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 23:37:30 0
日本でも、昔は夜店でニッキの樹皮というか枝を売っていた

かじって、芳香を楽しむw

220 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 23:39:26 0
>>213
オランジュは元々は退役ローマ軍人の余生先としてオクタヴィアヌスの時代に作られた街じゃなかったかな。
神聖ローマ帝国フリードリヒ一世にオランジュ公に任命されたのが、後のオランダのオレンジ公の先祖にあたるはず。

221 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 11:20:13 0
>>209
国旗の赤はほんとはオレンジなんだ。
オレンジだと退色しやすいので赤になったらしい。

222 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 15:20:13 0
へぇ。。

南アフリカの前の国旗ってオランダ国旗の配色だったのか。。
そういやオレンジ自由国ってあったよね。

バナナ共和国もよくみかけるんだけど

223 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 15:28:29 0
オレンジ って、どうしてそんな、高貴なものになんだろうね

224 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 15:41:01 0
日本の国旗はダサイ。太極旗の方が素晴らしいな。

225 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 16:21:33 0
韓国「武士の起源は韓国」と主張し、2ch住人が激怒
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1277067672/
韓国メディアが「コリエイト」したため、隣国の日本人を怒らせた。
「古代高句麗人が製鉄と製紙の技術を日本に伝え、関東地方で武士グループを作り上げ、
それが日本の武士のルーツとなった」という報道を取り上げたのだ。この内容は、日本人を怒らせた。
韓国のテレビ局KBSが6/12に「武蔵野の開拓者――高句麗の王族の一人、光と、1799人の高句麗人が、西暦666年日本に渡来し、やがて埼玉に定住した」と放送した。
668年の高句麗滅亡後、日本の武蔵国(現東京都・埼玉県)一帯に1799人の高句麗人が分散居住し、「高麗郡」を作った。
この1799人は、それぞれが製鉄などの技術者であり、彼らの作った鉄製の農機具は、日本の
農耕の発展に大きく寄与した。さらに、製紙技術も彼らが日本に伝えた。
彼らは関東地方を中心に武士集団を形成し、これがのちの日本の武士の原型となった。
現在、関東で発掘される古墳で出土する鉄器具は、武器と農機具であるというのが端的な例証で、
しかも関東は駿馬の産地であり、これも高句麗人が駿馬を持ち込んで飼育したためである。
これに接して、即座に日本人の激烈な非難がわきおこった。
ねらーたちは、口を揃えて「バ韓国いいかげんにしろ!」とカキコした。

このような日韓の争いは、以前にも発生したことがある。
韓国のある研究者が「百済―偉大な国」という本を書いた。
本の内容は、「日本の中の百済文化」「天皇の祖先は朝鮮人」「百済人がかな文字を作った」など。
このとき、日本のネット住人たちは、韓国のサイトを攻撃する「聖戦」を行った。
http://news.sina.com.cn/w/2010-06-19/104620503882.shtml

226 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 16:43:43 0
>>224
最大の問題は、正しい太極旗のデザインと
旗の向きを誰も知らない事。

227 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 17:23:14 0
>>222
南アでイングランド対オランダを期待してたりするんだが、どうだかな

228 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 18:18:31 0
ボーア戦争勃発!

229 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 19:17:01 0
「世界最悪の料理はどこの国の料理か?」 結果発表
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1277113713/

1位:イギリス 24.6%(得票率)
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/f/5/f5dd48e8-s.jpg
2位:アメリカ 10%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/c/5/c588c3b7-s.jpg
3位:中国 3.8%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/d/8/d8cad337.jpg
4位:ロシア 3%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/b/4/b454b84d-s.jpg
5位:ドイツ 2.7%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/f/4/f4c0dbd4-s.jpg
6位:オーストラリア 2.2%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/5/f/5fdb9473-s.jpg
7位:アイルランド 1.9%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/5/05c670c2-s.jpg
8位:フィリピン 1.8%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/1/6/169e8662-s.jpg
9位:オランダ 1.7%
http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/9/d/9d6ebb45-s.jpg


230 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 19:18:09 0
アメリカの朝食
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/8/c/8c80b636.jpg

イギリスの朝食
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/a7/2e73c9cb0c2922d7d448f38d67455120.jpg

ロシアの朝食
http://www.rus.jp/EV/bw_uploads/64-15.jpg

ドイツの朝食
http://craftlabel.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/09/11/p8314080.jpg

モロッコの朝食
http://pds.exblog.jp/pds/1/200810/28/82/c0158082_14405145.jpg

中国の朝食
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/04/f4/4dca4bf72dc3d601f4159ec17ecd8a13.jpg

韓国の朝食
http://pds.exblog.jp/pds/1/201001/31/49/c0221649_091037.jpg

日本の朝食
http://dot.hobby-web.net/sb/img/img2103_hIMG_2836.jpg


231 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 19:32:10 0
http://ammr606.files.wordpress.com/2008/11/fish_and_chips.jpg
http://www.aaq.com.au/Fish%20and%20chips1.jpg
http://mserc.files.wordpress.com/2009/05/186861991_a6f943bdda.jpg



イギリス国民料理のフィッシュアンドチップス。

232 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 19:35:41 0
うまんじゃね?


233 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 22:02:52 0
さてデンマークですが
デンマークが酪農王国なのはわかっていますが
「デンマークバタークッキー」っていうあの丸い缶入りのバタークッキーは
誰が始めたものなんでしょう

234 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 23:10:46 0
デンマーク人て美人多いよねぇ

235 :世界@名無史さん:2010/06/21(月) 23:54:30 0
うちの街では去年デンマークのホットドッグ屋さんが大人気だったけどな。

236 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 01:42:19 0
>>233
ボーンホルム島産チーズを使用したチーズ鱈を愛用(愛食)している俺

237 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 01:45:18 0
>>230
韓国のは健康に良さそうだけどうまそうに見えない

この中では個人的にはドイツ>イギリス>日本の順だな

238 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 01:45:43 0
http://www.natori.co.jp/product/product_item.html?p_id=525740


なとりのチーズ鱈か

239 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 02:08:40 0
デンマークと言えばポークランチョンミート

240 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 02:10:59 0
オランダのベームスター干拓地とか
デンマークのボーンホルム島とか
なとりのチーズ鱈のおかげで地名を学んだよ

風味豊かな〜は
のうがきに%がいろいろ書いてあって面白い
一か所にまとめて書いてなくて、あちこちに書いてある

ボーンホルム島産チーズ○%使用
デンマーク産チーズ△%使用
ボーンホルム島のレガートチーズ□%使用など

(○-△)%はボーンホルム島以外のデンマークから輸入したのかなとか
(□-○)%はボーンホルム島でレガートチーズ以外のチーズも買ってるのかなとか

241 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 07:02:01 0
>>230
一番美味そうに見えたのがドイツで、あまりおいしくなさそうに見えたのがトルコ

ヨーロッパに加えて、トルコ・中国・韓国・日本はあまり美味しくなさそうだなあ
と思った私は反日でつか? 色合いのせいかな?

アメリカは朝からおやつみたい。糖分が多そう
まあ、目を覚ますのにはいいだろうが

242 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 07:04:09 0
>>211
単なる愉快犯だろう

そうやって、反応するから面白がってやってくるんだよ

243 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 07:45:44 0
>>240
http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/a/b/u/abusouba/20081120043105.jpg


244 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 13:37:24 0
ベ、ベムスターさん

ちなみにツインテールはエビの味

245 :↓ブックマーク推奨:2010/06/22(火) 21:12:15 0


NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?19
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1273991231/
次スレ
NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?20
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1276388465/









246 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 23:39:12 0
アメリカってシリアルに牛乳ぶっかけて朝昼晩すましちゃう家庭がけっこうあるんだぜ/

247 :世界@名無史さん:2010/06/22(火) 23:58:32 0
デンマークって大帝国だったんだぜ。

248 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 00:26:34 0
つうか日本でもゲロッグやシスコーン社がシリアル朝食普及させようと必死になっているじゃん。
まあ、米食やパン食ほどのシェアはないんだけどね。

ちなみにトリビアだけど、藤子不二雄は若い頃、シスコーン社とどっかの出版社が組んだ企画で
シスコーン王子というのがあってだな。その企画漫画書いていたんだぜw 結構単行本も出ていて
話題になってた。 

249 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 00:27:27 0
>>247
幸村誠のあの漫画とかか。 北海帝国つくる王子のお話ね。

250 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 02:47:43 0
>>247
軽丸同盟やってた頃か

251 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 06:09:50 0
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3626?page=3

スイスであんパンをヒットさせた日本人


スイスに来て高橋が学んだことは、日本にいては見えにくいことだった。

 スイスでは日本のようなふわふわの食感のパンは食べない。堅いパンが主流なのは、料理のソースをパンですくって食べる習慣があるからだ
。料理に砂糖を使わない代わりに、締めのデザートには濃厚な甘さが求められているのだと知った。

 また同じケーキでも、スイスのミルフィーユはパイ生地が少なくてクリームの分量がたっぷり。シュークリームは日本のようなカスタードクリームは
使わず生クリームであることも、実際に生活してみて初めて分かったことだった。

252 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 01:48:50 0
W杯と食の歴史ネタ

○○グアイとフットボールで食と言えばアンデスの聖餐だよな、
と思ったらあっちはウルグアイでしかもラクビーだったかー。

253 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 07:01:32 0
犬と食の歴史ネタ

キーセンとボシンタンで韓国観光といえば性と食の晩餐会だよな。
とおもったらあっちの夜の女実は男の娘でちんちんぶらぶらソーセージだったかー。

254 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 12:07:31 0
大企業のマッコリ市場参入相次ぐ
中小企業は反発

 韓国国内のマッコリ(韓国式濁り酒)市場への参入に興味を示してきた大企業が最近、
相次いで動きを見せ始めている。これら企業は、マッコリを製造する代わりに子会社を通じて
中小企業を買収したり、流通代行といった迂回的な手段を使うなど、あまり目立たない方法で
参入を試みている。こうした大企業の動きに対し、マッコリを製造する中小企業は、
「これまで苦労して市場を育ててきたのに、今度は大企業が介入して市場を乗っ取ろうとしている」
と反発している。

http://file.chosunonline.com//article/2010/06/27/788475462337187570.jpg


255 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 23:02:45 0
マッコリって自家製密造酒みたいなもんだろ
日本でも田舎とかでやってたりするけどべつに伝統とか秘伝とかこだわりとかあるような
たいそうなもんではないと思うんだが

256 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 23:46:47 0
素朴がウリなのに大企業とか引くわーみたいな感情はあるんじゃねえの

257 :世界@名無史さん:2010/06/27(日) 23:48:28 0
市場を乗っ取られるならそれまでってことでしょ
日本だって大手酒造メーカーが酒とか作ったりもしてるんだし

258 :世界@名無史さん:2010/06/28(月) 17:36:40 0
酒じゃ、海自のカレーみたいにはいかないか

259 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 01:22:53 0
韓国ネタとカレーで思ったのだが

日本の小学生を対象にして、
好きな給食のメニューのアンケートをとると、
どの学年でもカレーが上位に載っている
うち数学年ではトップをとっていると思う

ところが、朝鮮学校でのアンケートをみると、
このポジションにキムチが入ってくるのが面白い

韓国の小学校、海外の日本人学校でのアンケート結果が
どこかにあるようなら是非みて比較してみたいものだ



260 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 16:38:44 0
日本でもときどきいるじゃん。
キューちゃんでお茶漬ばっかりしていて脚気になったり、
沢庵の缶詰のために自衛隊が辞められない隊員が居たり。


261 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 16:42:39 0
>>231
アングロコートレットは本場ではパン粉まぶしてないんだな

262 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 20:01:31 0
あたりまえじゃん。
なんでぱんこまぶすんだよ

263 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 20:32:58 0
フランス料理でANGLAISって名前に入ってるヤツはパン粉をまぶして揚げたか炒めたものだぞ。
ANGLAISってっからには、イギリスの油料理にはパン粉まぶしだと思うじゃん。

264 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 22:17:45 0
キムチってなんでも使えるまさに半万年の英知ですね。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100608/chn1006081319003-n1.htm

キムチ容器に覚醒剤 北朝鮮通訳が中国で拘束か
2010.6.8 13:19

韓国の聯合ニュースは8日、中朝国境に位置する北朝鮮の新義州の貿易担当部署の通訳職員(33)が
3月2日に中国の丹東で、覚醒(かくせい)剤取引に関与した容疑で拘束されたと報じた。韓国の非政府組織
(NGO)の話として伝えた。中国当局はキムチの容器に隠された覚醒剤2キロも押収したという。
 同ニュースによると、通訳は新義州の中堅幹部。中朝国境の中国側都市、丹東の税関当局は事件後、通関検査を強化している。


ちなみに中国では麻薬犯罪は死刑もありえる。 2キロとかもうアウトw

265 :世界@名無史さん:2010/06/29(火) 23:25:48 0
>>263
フランス料理(に限らず)西欧料理の○○風、なんて全てに規則性があるわけでもないぞ
料理人がその時の客やノリで適当につけるもんだもの
ジャポネーズ(日本風)なんて抹茶使うからとか、チョロギ使うからとか、
エスコフィエの著書にあった日本風サラダなんてパイナップルが入ってるだけでどこが日本だか判らん
盛り付けがそれっぽかったのかもしれんが

鉄血宰相ビスマルクが半熟卵が好きだったから、それを乗っけたのを「ビスマルク風」って言ったり
パリの料理店がメッテルニヒの為にハンガリー産のパプリカ使って「メッテルニヒ風」の名を捧げたりと
個人の逸話に関するものは大体同じ特徴があるけども

266 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 02:59:59 0
ピーチメルバ メルバトースト
シャリアピンステーキ


267 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 06:44:40 0
>>265
フランスからみれば日本はいまだにエキゾチックなところだけれど、イングランドは目と鼻の先で旧知の仲。
海で隔てられていると雖も、どうかすると生身で泳いで渡れたりするような幅。
国がほとんど丸ごと取ったり取られたりもするし、王様にしても、フランスはカペー王朝以降すべてアルフレッド大王の
子孫だし、イングランドの方もそのアルフレッド大王からしてカール大帝の妹の孫だし、ノルマンコンケスタのウィリア王も
パリ伯を介してカペー王朝・アルフレッド大王の両方の子孫だ。

268 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 06:58:12 0
>>265
ぷりぷり県の県ずきんにしても
なんとなくアメリカ人はずきんをかぶってそうだという思い込みから始まったわけだしな。
遠くの文化のことは何を「それっぽい」と感じるかわからん

269 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 12:42:00 0
クレームアングレーズ(カスタードクリーム)
アシェットアングレーズ(コールドミート盛り合わせ)
とかパン粉関係ない

イギリス人が作ってたとかイギリス人が好きだったとかで「イギリス人の」と冠されただけの話

270 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 17:32:29 0
ジャカルタ芋やカンボジア瓜に至ってはただの経由地にすぎないという

271 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 19:34:09 0
>>264
驚くなかれ。

なんと、本場物のキムチを食した後で覚醒剤の簡易検査をすると、
覚醒剤の反応が出る事があるそうだ。

精密検査をすると、出てくる物が違うので
覚醒剤とは無関係だとわかるそうだが。

272 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 21:33:11 0
カプサイシンにそういう効果があるっていうのは
聞いたことあるね

273 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 21:57:51 0
つーことは唐辛子使うもの全般がヤバいってことか
簡易ってだけあっていい加減だな

274 :世界@名無史さん:2010/06/30(水) 22:07:50 0
>>271
ナムルでも陽性でるらしいよ

275 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 00:35:21 0
>>271
それは有名だね
オリンピックやスポーツ大会のドーピング検査では要注意だそうだ

>>274
それはしらんかった

276 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 00:44:03 0
つまり、カレーは駄目か

277 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 17:24:44 0
>>270
薩摩芋、オランダ水牛、羅宇竹、南蛮黍、渥美芥子……

278 :世界@名無史さん:2010/07/01(木) 23:37:13 0
南京豆 南京虫
胡桃 胡瓜 胡坐

279 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 01:01:23 0
http://tosi.iza.ne.jp/images/user/20080807/312635.jpg
>>277-278
全てのつながりは韓国起源。

280 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 14:58:57 0
胡瓜はインド原産で東南アジアを回って支那圏に伝わったのに「胡」なんかなあ。
瓜の方は東地中海原産で中央アジア〜河西回廊沿いに伝わってるから、よっぽど「胡」なのに。

281 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 16:37:16 0
胡瓜って中国じゃ水っけがあるからフルーツみたいな扱いなんだよな。
瓜やスイカとか切って食う感覚。

282 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 18:02:03 0
大根やエシャロットや玉葱や大蒜なんかも、果物感覚かどうかは知らんが、
オヤツ代わりに生で齧るけど……
菜っ葉は必ず油で炒めるのに、なんで根菜は生で食べるのやら。

283 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 20:13:05 0
それいうんならアボカドはどうなんだろ?
果物というけど野菜だよな。

284 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 20:32:38 0
マクワウリもそんな甘くないもんな。

285 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 20:44:52 0
>>280
ハミ瓜のことか?
ありゃ、甘くてうまいらしい。。
いっぺん食ってみたいなぁ

286 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 22:06:36 0
野菜と果物と区分って結局は線引きできないんではないの?


287 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 23:44:38 0
果物屋さんに売っているもの
またはデザートで提供できるものが
果物でありフルーツだ

288 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 23:50:18 0
なんとかベリーって一杯あるから一度調べてみたら
結局あいまいな定義しかなかった
ベリーはベリーという概念だとしか言いようがないっていうか

289 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 23:54:57 0
基本は漿果なんだろうけどな

動植物の名前なんてかなり非科学的だったりするからなあ


290 :世界@名無史さん:2010/07/02(金) 23:58:52 0
>>288

ベリー ディフィカルト と言えよう

291 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 00:07:09 0
>>287
循環定義は定義じゃあねぇよ。

292 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 00:19:54 0
>>285
甘くない マズイ!って最近こなくなった水が新疆ウイグルめぐった時の感想だったよ。
姿形は立派だけど、糖分の蓄養がさっぱりらしい。

293 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 07:02:10 0
マジで
日本語で【ry

294 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 22:31:42 0
水を知らないニワカ発見。

295 :世界@名無史さん:2010/07/03(土) 23:48:16 0
>>292
なんか電波文章ですね

296 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 00:49:02 0
おまえらが水というコテハンを知らず、彼が雑談スレで、新彊ルポしたの知らないとはわかった。

297 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 01:39:25 0
>>296
ようやく日本語としてかろうじて通用するレベルになって来たな

298 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 01:46:40 0
要するに実際に食った人の食後の感想で、現地で食べるハミウリや西瓜は不味かった。
思うほど糖度高くない。残念という話が既出なんだよ。

発祥地としては敬意は払われようが、伝来の過程で品種改良が続けられた結果、日本の
西瓜や瓜の方が質が上になったんだろう。

NHKなどで放映された西瓜や瓜は姿かたちが大きく、いかにもうまそうである。
水もあの番組をみて期待していったが、実際は質が高くなかった。 

まあ、選別品で無い可能性もあるだろうが、その辺の詳細までは本人が語らないと
なんともいえない。 とかくそういう話だ。くだらん煽りはよせよ。

299 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 01:57:56 0
最初からそう言ってればすむのに
自分から煽ってる馬鹿がいたからなあ…

300 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:00:48 0
水しらんニワカが増えて悲しいよ。 かつてこのスレの住民だったこともあるのに

301 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:02:34 0
言い訳じみたボヤキまできました

302 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:02:55 0
rDhngbng2Eでググレカス

303 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:03:47 0
なんでそんな一生懸命なの?

304 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:23:25 0
昔はよかった的な回顧厨か?

そう言えば古代ピラミッドの落書にもあったらしいなw

305 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 02:44:07 0
>>280
キュウリは中国では黄瓜または青瓜という。

306 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 08:50:22 0
マイナーなコテハンなんて知ってるほうが恥
共通に通じるつもりで使うのはさらに恥ずかしいこと

307 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 09:25:51 0
日本のスイカの様に糖度が高いと、水分の摂取の為に
大量に食べる事が出来ない。
とか、さる雑誌で読んだ事がある。

308 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 11:30:09 0
 食い物は体調とかも関係するし。
 期待して食いにいけばがっかりすることも多いし。。
 実際、半日ぐらいさばくでラクダに揺られてからオアシスで食えば甘くて冷たくて、うきゃぁ〜〜〜〜!!!
 てな感じじゃないのかなぁ。。

 水さんももち、冷房の効いたホテルのなかで食ったとはおもわないけど。
 
 でもスイカだって田舎でくわなきゃそんなうまい食いもんじゃねぇし。

309 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 11:33:12 0
あ、ハミ瓜のはなしな。

しかも、オレがいいたいのはつまり、おれのなかのハミ瓜への幻想をこわさないでね!ってことなんだろうけど

310 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 12:17:28 0

 瓜食めば 子供思ほゆ  って歌が山上憶良にあるけど もちろんこの瓜はハミ瓜ではない。

311 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 12:22:40 0
>>306
http://wiki.fdiary.net/worldhistory/?%CE%F2%BB%CB%C5%AA%C7%D8%B7%CA%A4%CE%A4%A2%A4%EB%BF%A9%A4%D9%CA%AA%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6

後期偽物がでてきたから、トリかえたそうだけど、元々このスレは「歴史的背景のある食べ物について」が発展解消されたものなんだぜ。

312 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 12:42:08 0
ん?悔しかったのか
まだ押してるよこの人

313 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 13:08:40 0
甘くない マズイ!って最近こなくなった水が新疆ウイグルめぐった時の感想だったよ。
姿形は立派だけど、糖分の蓄養がさっぱりらしい。



甘くなくてマズイらしいね、水 ◆rDhngbng2Eが新疆ウイグルめぐった時の感想で書いてた。
姿形は立派だけど、糖分の蓄養がさっぱりらしい。

292の文章が支離滅裂すぎなのが原因だろ…
〜氏とか〜さんとか無しに ただ単に『水』だけでローカルコテハンが理解出来るかよ!w
292は文章の主語述語はしょりすぎだろう常識で考えて

314 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 13:16:17 0
たしかに最近、新疆ウイグル地帯は水不足なのかぁ。。だからハミ瓜がまずくなったのかな。とおもいました。。

315 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 17:25:21 0
そういう気候で真価を発揮するのはウリ科なんでねえの?

316 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 18:05:21 0
既出ネタだしどうでもいいな

317 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 19:08:09 0
>>311
くやしいのうくやしいのう

空気読めないと苦労するぜ

318 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 20:27:12 0
このスレどうやら住民がほとんど入れ替わった上に、煽りしか出来ない低能が居着いてしまったようだな。
そりゃあ古参の住民が立ち寄らなくなる訳だわ。

319 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 20:34:25 0
煽られてむかつくのは分かるがスレとは関係ないこと
この辺で水に流してはどうか
コテ名水だけに

320 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 20:37:34 0
そういえば・・・中央アジアは水が不足しているから、ウリを食べていた
ウリは水分が多いので、水分の補給&小腹満たしにぴったりで、水筒代わりにみんな持ち歩いて食べていた

しかし、最近は、ペットボトルの水を飲むようになり、ウリを食べなくなり、水不足に弱者がかかるようになった、
って記事を読んだ記憶があるな

321 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 20:38:25 0
弱者じゃねえ・・・拍車だ

322 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 22:15:52 P
>>280
日本でも、きいろいうり だから キウリ それを
金田一のアホーが きゅうり としたんだよ

323 :世界@名無史さん:2010/07/04(日) 22:38:39 0
きいろくなったらたわしになっちまわない?

324 :世界@名無史さん:2010/07/05(月) 01:44:47 0
>>318
古参が空気を読めずお荷物扱いされるスレ

325 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 10:29:52 0
>>320 
果物から取る液体には、謎の成分が含まれてて、それが体を蘇らせると思うね。

「そりゃ〜、ビタミンが入ってるからだ」とか言っても、
例えば、幾ら水にビタミン剤を入れて飲んだって、果物の新鮮さには適わない。

それから、果汁にして保存してしまうと、また、謎の成分が失われる。
缶詰にした果物が新鮮な物に劣るのは明らかだし。

この「謎の成分」って、一体、何だと思う? 
新鮮な果物の繊維質を噛む事によって、エントロピーが捨てられるのかな。

326 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 11:42:07 0
オカルト板にいけ

327 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 20:20:59 0
>>298
夏場に日なたの市場でぽかぽかに生ぬるくなった西瓜や瓜をその場で切って
食べても、そりゃ、美味しくないだろうよ。

328 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 20:23:58 0
>>313
果糖・ブドウ糖の混成物はかなり冷たい温度で甘みが強く感じられ、
体温くらいの生ぬるい状態だと甘さがよく判らない。
蔗糖や麦芽糖だと逆。
果物を冷やして食べるのはそれなりに理に適ったことだ。

329 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:26:37 0
>>327
日なたはあれだけど、日陰で風通しの良いとこにおいておけば気化熱でかなりひんやりするんでしょ?

330 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:30:09 0
やっぱ夏場の果物は冷やして食わんとなw
昔の人も井戸でスイカ冷やして食ってたみたいだけど、これはいつ頃からなのかな?

331 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:32:34 0
>>329
気化熱ねぇ。
水気はどこから来るの?

乾燥地の果物は、クチクラ層が厚くて蝋質を吹いているから、中から水分が染み出しにくくできてるよ。

332 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:41:36 0
でもスイカとかって汗をかくよ!

333 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:45:42 0
井戸とスイカが両方登場以来じゃね

334 :世界@名無史さん:2010/07/06(火) 22:51:58 0
日照りの夏はおろおろ歩き、ではなくてスイカが甘くなるんだぞ

335 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 00:00:40 0
飴ニモマケズですか

336 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 01:05:22 0
井戸でスイカ冷やすとメチャうまいソースは俺。

337 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 01:06:43 0
ではカナートで冷やすと?

338 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 01:14:22 0
冷やしている奴いるのかな? 公共物だろ?  

339 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 11:38:50 0
農業用の用水路だよ

340 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 14:43:22 0
新彊に友人こさえている奴の1人や2人いねーのかよ。 
メール一つでウマイか、マズイかすぐわかるだろっ

341 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 16:38:58 0
>>340
あー、俺が今さっき新彊の友人(かわいい女の子)に確認したらウマイそうだぞ。よかったな

342 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 18:02:03 0
俺の知ってる新彊人はたいしたことないねって言ってた

343 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 18:29:34 0
>>334
あれは
”ひどりの”
だ。

ここだけは譲れない。

344 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 21:18:54 0
ほんとに美味いものなら輸入されてるだろうし日本でも栽培する人がでてくるだろうな

345 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 22:59:45 0
”ひどりの”ってなんだよ?

346 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 23:06:17 P
日照りの とかいて ヒドリノ と読む

347 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 23:08:15 0
本当かよw 嘘くせー

348 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 09:30:39 0
>>344
香港あたりで売ってるのはちょいちょい食う。
いわゆるメロンを期待して食えば物足りないだろうが、自分はあっさりしてて好きだ。

349 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 10:18:52 P
いちおうカネコ種苗で売ってるんだけどね
http://www.e-taneya.net/01yasai/03kasai-html/007melon/0103007004001.html

本当においしくても馴染がなければそう簡単にぽんぽん売れるもんじゃないし
ハミウリは大きいから現代の少人数の家庭にはあまり受けないだろう

350 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 16:49:33 0
ハミウリは日本ではシルクメロンって名前で売られてるよ。
当然原産国中国なわけだが。

351 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 17:04:00 0
なお、シルクメロンは元々韓国起源の食べ物です これ豆な。

352 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 17:09:32 0
>>345-346
ヒドリノトキハナミダヲナガシ

東北地方では、少し日照りぐらいの方が
作柄が良いそうで、それで涙を流すのはおかしい。
と言う事。

この場合の”ヒドリ”とは、日雇い仕事の事をさすのではないか?
というのが最近の説。

353 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 17:28:29 0
>>352
その説はマスコミが流布した間違った説なので
日照りと取るのが正しい。

ttp://www.kenji.gr.jp/library/qanda/hidori.html

354 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 18:07:55 0
大新聞ってアサ○?

355 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 19:19:52 0
 寒さの夏はって句がつづくんだから やっぱ日照りの夏でしょう
  宮沢賢治ってあの時代にして、変体少女文字を極めた様な悪筆でしたから 「で」 と 「ど」 の鑑別がむつかしいのだ。

356 :世界@名無史さん:2010/07/08(木) 23:40:25 0
普通に日照りだと思うな。 日雇い仕事をヒドリとはちょっと呼ばない。

357 :世界@名無史さん:2010/07/09(金) 00:06:28 0
>>354
読売(1889/10/9)

358 :世界@名無史さん:2010/07/09(金) 19:33:25 0
ハミ瓜って漬け物にしたらうまいかもね

359 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 12:54:47 0
ウリとかリンゴの漬物はあったような無かったようなw
ぐぐればそれなりにヒットするね。

360 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 14:56:56 0
普通に奈良漬とか誰でも知ってると思う。
というか奈良漬が大好物だ。

361 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:16:44 0
瓜の漬け物がうまいのはしってるよ。
スイカの漬け物もしってるよ。皮のとこな。
ハミ瓜ってのがシャキシャキしてるっていうからさ。漬け物むきなんだろうなっておもったわけさ

362 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 18:21:20 0
奈良漬の瓜は白瓜だろ?

363 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:57:17 0
そういえば、メロンの漬物が旬だな

364 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 00:29:18 0
江戸時代の漬物本である『四季漬物塩嘉言』に「西瓜粕漬」というものが載っている。

西瓜の花落若きうちに取て、丸のまゝ粕につけるなり。
是も花丸漬の仕法にしてつけるなり。紀州若山より出るを名物とす。


花丸漬が何かというと、「花丸瓜糟漬」として

花まる瓜ハ生にて直に粕に漬るなり。すべて生のまゝ粕二漬る物には二重底に桶を拵へ、
下に糠をいれ、水をおとすやうにせぬときハ粕のかわるものなり。糸瓜なども右の通にして粕につけるなり。

という記載がある。

365 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:14:00 0
>>364
熟れる前に採った小さい西瓜の粕漬なんか、今でも普通にあるでよ。
ちょうど今季節だから、贈答用の奈良漬のセットやらみてごらん。
鶏卵大の西瓜のつけたのがよく入ってるから。

366 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 10:31:43 0
>>365
????
なんか凄い勘違いをしてるようだね
団塊の世代でしょ

367 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 12:40:12 0
ヘチマもたしか沖縄?では食うらしい。
ひょうたんとか普通に食えるわけだから瓜の仲間はがんばってるな。



368 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:04:36 0
>今季節だから、
って、まともな奈良漬は、漬かるのに3年かかるんだろ
奈良漬に旬があるのか?


369 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 13:45:13 0
お中元の季節だからってことだろうとおもうw


370 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 14:40:31 0
まあ、お中元の季節なんてまったく知らずに暮らせている連中もいるからな

371 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 15:30:36 0
そいや、織田家の家門は瓜の断面だよな。他説もあるらしいが。
中世の人々にとって瓜は、日常的に接する親しみのある植物であり、かつ意匠化に値する美しいものだったんだろね。


372 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:14:46 0
あの、肥壷に浮かんだイチジク浣腸みたいなサンプル見てもなぁ



373 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 16:42:03 0
瓜子姫伝説って必ず食われて悲惨な最期遂げる類型化が多いように思われるが、
あれって何かの暗喩なのかな。

374 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:01:46 0
>>367
ひょうたんは普通は食えないよ
食用の品種はあるけど。

45.ひょうたん摂食による急性出血性胃十二指腸炎の1例
http://dept.md.shinshu-u.ac.jp/endoscopy/program/071117/45.html

375 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:10:43 0
瓜科で何気によく食べてたのは冬瓜だな。
きゅうり、かぼちゃについで冬瓜。
スイカ、メロンはたまに出てくるご馳走だったから、意外となじみがない。


376 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 17:28:11 0
スイカを食べた後に皮を煮物にするのも
冬瓜みたいで美味しいね
残った身の赤と皮の緑のコントラストが美しい

377 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:11:20 O
かんぴょう巻きもおいしい

378 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 21:14:03 0
>>377
そういやそうだ。干瓢も瓜だな。
きゅうりと干瓢が寿司の定番になったのはいつ?

379 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 00:25:22 0
>>368
干瓢を作る夕顔が、その世界に稀有な食用の瓢箪なんだがな。
どうやって伝わったかよく判っていないが紀元前のかなり早い時期に
新大陸を含む世界中に広まっていたが、容器用の品種でも真ん中が
括れるものは、箸漢字圏にしかない。

巻物の寿司も成立時期は元禄の頃。握り寿司とほぼ同時。

380 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 20:15:08 0
瓢箪て真ん中がくくれてなんの得があるんだろ?
人さまにとってはヒモをつけやすくていいのじゃが。。

381 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 20:25:13 0
瓜が比喩として砂漠の水筒と呼ばれることもある。
瓢箪は干してから水筒になるから面白いよな。

382 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 20:28:35 0
瓜ってのは実に水を蓄えていいことあるのんか?
ありゃ、食べてくださる動物様のためだけの努力だろ??
じつにけなげやなぁ
瓜ってええとこあるな

383 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 20:54:02 0
種があんじゃん。運子にメロンの種が残ってることよくあるし。
そうでなくても、スイカの種は地面に捨てるし。

384 :世界@名無史さん:2010/07/12(月) 21:11:04 0
>>383
うんこにメロンの種ぇ〜????
あんさん!そりゃあきまへん。
盲腸の原因になりまっせ。
種ははきだしなはれ

385 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 00:52:49 0
そりゃ迷信じゃないかい?
胡瓜なんて種ごと食べるけど、盲腸炎云々なんて聞かないし。

386 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 02:34:01 0
>>385
胡瓜は未熟な実をいただくわけだから、とうぜん種も小さくて柔らかい。

盲腸の話はいいとして、人や動物の糞の中に種子が残る。
養分と一緒に種子が運ばれることを狙って、あの水分豊富な実を瓜は実らせる。
アフリカの人々が半分に切った瓜の実を、短い棒でグシャグシャにかき回して食ってる様子を見たことがある。
本場の乾燥地帯ではワタだって貴重な水分だろう。
種を捨てるような食べ方をするのは、水に恵まれた地域の人々だけじゃないかな?

387 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 20:00:29 0
http://allabout.co.jp/gm/gc/3482/
盲腸炎はいいすぎだがまるきりうそでもないんだよ

388 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 20:12:18 0
>>387
ほぇ〜!なるほど。
勉強になりました。サンクス。

389 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 20:22:22 0
つっても、何万年と繰り返された自然の摂理のひとつだ。
過剰に反応するのはよくないと思う。

390 :世界@名無史さん:2010/07/13(火) 20:30:28 0
そりゃそうだ。
種だってウンコに出してくれなきゃ困るんだから。

391 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 03:41:39 0
果物は子孫を残すため、果実を虫や鳥に食われるのが本来の姿。
だが、ニンゲンが駆除してしまうから本末転倒なんだよな。

同様に、

娘は、子孫を残すため、秘肉をもって男に食われるのが本来の役目。
たが、アグネスや田嶋がニホンジンオスを駆除してしまうから本末転倒なんだよな。
少子化解消にはババアをなんとかすべき。

392 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 04:39:32 0
>>391のドヤ顔が目に浮かぶw

393 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 11:36:19 0
どや

394 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 18:26:11 0
ドヤ街顔

395 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 19:01:59 0
>>394
やはり、眼帯した出っ歯のオッサン顔か

396 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 21:04:36 0
ドヤには美味いものがいっぱいあるぞ。

397 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 22:29:16 0
あれ?
昼間食い物の話題でちょっと面白いこと聞いたので
ここで話題にしよっと思ってたことなんだっけ?

398 :世界@名無史さん:2010/07/14(水) 22:31:52 0
茗荷だろw

399 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 11:19:33 0
今、生の桜桃を食べているんだけど、
親の話だと、生の桜桃がスーパーに並びだしたのは70年代初めで
それまでは缶詰だったそうだ(親は大阪出身)

http://www.sakuranbo-hatena.com/history/index.html
によると、生食の桜桃は戦前からあったみたいだが、
全国で食べられるようになったのは、交通網が整備された70年代以後なのかな?

今、調べているのですが、わかりません
どなたかご存じないですか?

400 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 15:03:10 0
西瓜といえば・・・・


192 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/02/02 09:03
もう一つ、実体験ではないですが昔からよく聞く登山者の話です。

秋になると登山シーズンです。
よく墜落が登山シーズンには起きるそうです。
そのご遺体は頭が割れている為スイカと呼ばれるそうです。
しかし秋に墜落事故をして逝かれても、ご遺体は雪のため春まで放置されるようなのです。
中には発見されることなく、忘れ去られているご遺体もあるそうです。
万年雪の中にもあるときがときたまあるようなのですが・・・

その登山シーズンの秋、登山部では
「スイカを見たら振り向くな。振り向いたら自分もスイカになる。」
ということがよく言われるそうです。
そしてこれは実際に体験した方の話なのですが・・・
山の尾根を歩いていると向こうから数人の集団が歩いてきました。
先頭の人間が「スイカだ!」と叫んだそうで、皆がその集団に向かって会釈をしました。
大学のサークルの1年だったその方は訳も分からず会釈をしました。
会釈をし終わってその集団が横を通り抜けようとすると、頭がクシャクシャに潰れていたそうです。
驚いたその方は慌てて振り向こうとしましたが、後ろの先輩が
「振り向くな!」
と大声で怒鳴るので何かあると感じたその方は興味を抑えて無事に山頂の宿舎にたどり着けました。
その方はスイカのことについては後から聞いたようです。もしもあのまま振り返っていたら・・・

前後を登山経験者の長い方で真ん中を経験の浅い方という並び方で登るのは、スイカのためでもあるようです。
先頭の方がスイカであることを知らせ、最後尾の方が振り向かないように監視をする為に。


既出かも知れませんね(汗 結構スイカ自体は有名話なんで(w

401 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 18:02:01 0
>>400
オカ板でやれ。
完全に板違い。

402 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 18:45:11 0
振り返ると、塩の柱になっちゃうよ


やっぱ、スイカには塩ですね。

403 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 21:14:38 0
妻を見捨て、娘を抱いた義人の話か

404 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 21:25:15 0
さくらんぼといえば缶詰だったなあ
いつごろか山形名産の生のものがあるがとても高い贈答品だと聞いて
そのうち店頭でも高級さくらんぼを見るようになって
やがてアメリカンチェリーの輸入と国産さくらんぼの値崩れと一般化
記憶だとこんな感じだな

405 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 21:42:45 0
さくらんぼとかパイナップルは、缶詰と生の物がもともとは同一のものとは到底思えなかったな
特にさくらんぼの缶詰は、かたい外皮を処理しているわ着色料で真っ赤にしてるわもちろん味も食感も違うわで、
「見た目は一応似てるけどもじつのところは全く別の何か」に違いないとずっと思っていたものだ

406 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 22:07:21 0
京都人です
今、祇園祭の真っ最中なのですが、路上でビールやスナックと一緒にきゅうりを棒にさしたものを売ってました
確かに、暑いときのきゅうりの丸かぶりは美味しいだろうな

407 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 22:22:11 0
伊勢神宮門前のおかげ横丁は結構前かrスティックきゅうり売ってる店あったが
http://photo1.ganref.jp/photo/0/de5ac07e9aee891a906d77ccea44602e/thumb5.jpg
http://kankou-rep.itp.ne.jp/XP/pics/feeds/192/9376/isejinnguu03.jpg

最近ちらほら他でも見るが素朴でうまい

408 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 22:38:04 0
>>405
パイナップルは、樹で完熟すると、カンズメより軟らかくジューシーだよ

409 :世界@名無史さん:2010/07/15(木) 23:36:27 0
>>376
うちでは西瓜の皮を一夜漬けにする。

410 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 00:20:43 0
>>405
アルカリで薄皮を溶かす処理をしている缶詰ミカンもな。>缶詰

水酸化ナトリウムで処理して自分で作ったときは感動したね
(あとでアルカリを中和させることを忘れないように!)


あと、根本的に品種がちがうせいもあるな
アメリカンと佐藤錦の違いとか、オレンジとブラッドオレンジの違いとか

411 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 00:46:41 0
二十年前には売ってたと思う、棒きゅうり@競馬場

412 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 05:44:02 0
>>403
そうじゃない。

塩の柱になった妻は見捨てるしかない。
しかし彼の場合娘を抱いたのでは無くて、酒を飲まされて人事不省になった所で
娘2人にさせられたんだよ。

413 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 06:29:41 P
>>407
きゅうりに棒を挿しただけで100円って、わりとボロいことしてんなw

414 :406:2010/07/16(金) 07:57:32 0
>>407、411
そうだったんですか(苦笑

上海万博のニュースで、会場には飲み物が持ち込めず、高い飲み物を買わなければならないので、、
中国の人は、きゅうりを持ち込んで、のどの渇きを癒している、ってやっていたんで、
中国にはなかなか野趣豊かな水筒ががあるんだな、と思っていたら、祇園祭で見かけたので、
そのニュースをみて、ひらめいたアイデアなのかね、と思ったんですが、
昔から日本でもあったんですね・・・俺が無知なだけだったか

415 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 08:45:27 0
祇園さんの期間中はキュウリ食べてはいけないんじゃなかたっけ?
何かキュウリの断面が神社の家紋と似てるからって。
あれは別の祭りだったっけ。

416 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 11:13:00 0
何でもネガティブに捉えず、体に取り込むため、逆に食おうという発想にはならないものか。

417 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 11:26:57 0
http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/0080324.shtml
祇園祭のときは、きゅうりを食べてはいけないらしい

まあ、もう、今の世代にとっては、そんなことはわからないだろうがw

ただ・・・10年ほど前になるが、祇園祭を見に行ったら、そこに貼ってあった鉾に、
「喪中の方、生理中の女性は、触らないでください」なんて、張り紙があったんで驚いた
今でも、そうなのかねえ。

418 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 12:49:57 0
>>416
ああ、死んだ酋長の力を取り込む為とか、倒した敵の勇者の力を取り込む為とかなら
食おうという発想に・・・

419 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 16:39:22 0
某女性冒険家は、北極いった時生理になったら血の臭い嗅ぎつけたのかシロクマが寄ってきて怖かったとかいってたな。
生理=穢れを嫌うのは、元々は人の群れに危険を呼び寄せるものだからなのかも知れん。

420 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 21:09:46 0
>>418
ネルソン酒とかな。

>>412
そんなの知ってる。
つか、天使とやりたくて集まった男たちに、娘を差し出そうとしたおっさんだよ。
旧約的世界観が最も色濃く出ている人物だね。

>>413
川越の御菓子屋横丁で100円でいっつも売ってる。
甘い駄菓子の後に食べたくなるんだけど、きゅうり一本はなかなか食いきれない。

421 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 22:39:40 0
ロト6か

422 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 22:42:28 0
そいや塩の柱ってイメージはどこから沸いてきたんだろ?
オリエントじゃ結構あるパターンの説話なんかな

423 :世界@名無史さん:2010/07/16(金) 22:43:59 0
メキシコだったらサボテンになるとこだな。


424 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:00:34 0
>>422
普通に死海じゃないのか?

425 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:11:24 0
>>424
そのとおりだよな。
あのあたりには人みたいな形をした塩の結晶の柱が林立してるらしいし。

426 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:15:19 0
>>425
なんか不気味だな

427 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:34:19 0
今、グレープフルーツに砂糖かけて食ってて思ったんだけど、いつのまにか砂糖のことを自然な甘さって言うようになったよな。

428 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:42:18 0
でも砂漠の人から見たら
木が林立してる(というか鬱蒼と茂っている)密林に踏み込んだら
五感すべてが彼らの日常的感覚からかけはなれすぎてて
不気味に感じるかもしれない

429 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 00:53:06 0
慣れとかいう問題ではなく、動物的本能から不安を感じるんじゃないかな

430 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:02:19 0
>>天使とやりたくて集まった男たちに、娘を差し出そうとしたおっさんだよ。

きっと日本人はこれをとてつもない美談ととらえたり、そこまでのことを要求しためす強力な神の存在に圧倒されたりするんだろう。
 でも違うからな。
 
 義人は人からみての義人だ。
 神からみればロトもアブラハムも義人ではない。
 ロトとかユダヤ人ってのは 別れ話になると手首を切ってみたりベランダに飛び出してゆく性ワル女なんだよな。
 「助けてくれなきゃ死んじゃうから!約束の土地くれなきゃ死んじゃうから!そしたらヤーベはん、あんたうそつきなっちゃうよ?」
 「天使のけつの穴守る為に娘を犠牲にするよ?いいの?そんなことさせて?」
 みたいな。

 ゆだや人は弱いように見えてじつは強い。神に対してつねに押しの姿勢でせめまくっているのだ。
 キリストも言うとるではないか。
 「貧しき人は幸いです」

431 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:06:03 0
はいはい、すてきないけんですね。

432 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:07:27 0
すてきな意見というか、画期的だろ。
あんたの目から鱗がぽろりんだろ〜

433 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:09:50 0
別に。
たいしたことでもないのに一般的な日本人の意見を持ち出した上で否定してる自己満足ぶりには
中二病くささを感じなくもないけど。

434 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:10:07 0
>>430
そもそも実話ではなく、説話だろ。
リアルのユダヤ人の性格を表現したものじゃない。
神への献身を説く教訓めいた話と素直に受けとめればいいだけ。
ただ、旧約の世界の話だから現代人の考え方からはかけ離れているだけ。

ちなみにレイプされた娘が死刑になったり、身分差の恋をした娘が家族に殺されたりなんてことは中東・インドあたりじゃよくあること。

435 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:11:28 0
つうかさ。
おまえ、マジレスでかえすなよ。。

436 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:13:36 0
>>435
つか余所でやれ。
気付いてなさそうだから言っておくがスレ違い。

437 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:14:33 0
なんでや〜
女も嗜好品やないか〜

438 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:14:35 0
>>435
>>436
すんまそんですた

439 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:18:55 0
てんさいからとれた砂糖と
さとうきびからとれた砂糖では
味は極端に違うのかな

440 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:20:20 0
>>427
ではもともとは自然な甘さというのは無いのか?
ないんだろうな。

おれは砂糖を食うたびに
「めっちゃサトウキビくさい甘さやわぁ〜。。」
ってちゃんと思うとったけどな。うんうん。

441 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:24:14 0
昔の日本人にとっては柿がいちばん甘いものだったらしいけど
当時の甘いものランキングってどんなもんだろう
ビワとか結構甘いと思うんだけどなあ。
はちみつや水あめ、ミリンなども甘いし


442 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:33:20 0
塩の柱ってエヴァが初出じゃないのか。トリビアだ。

443 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:36:51 0
キュウリに蜂蜜かけてメロンってことだろ。

444 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:40:35 0
>>442
初出って
どんだけ狭い世界で生きてるんだよw

445 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:41:20 0
間をとって砂糖の柱で

446 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:48:29 0
砂糖の柱なんかあったらなめまくるわ、おれ。

447 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:49:45 0
なめきれないし、のどがかわくと思う

448 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:50:05 0
群がる蟻で真っ黒になってそうだな

449 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:50:10 0
ぺろぺろ。
って。
でかいキャンデーじゃないか。

450 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:53:49 0
実はエヴァの死海文書にも元ネタがある

451 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 01:57:47 0
元ネタが無い部分なんてないでしょ。エヴァに

452 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 02:19:16 0
最近は無口でどこか陰ある美少女とか必ずヒロインの定盤としているが、
あれはレイが最初に定着させたんだろうな。
近いモノなら探せば昔からあるにはあったが、今の基本形としてはあれが最初ではないか

453 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 04:06:51 0
>>440
>「めっちゃサトウキビくさい甘さやわぁ〜。。」

しかし、現在市販されている砂糖のほとんどは、サトウキビからではなく
砂糖大根から作られていたりする。

454 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 05:55:09 0
>>439
匂いで判るじゃん。
本邦では甘蔗の方が圧倒的に好まれるから、わざわざ糖蜜を足したりしているし。

455 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 06:03:13 0
甜菜の甘みは天才にしかわからないのだ

456 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 08:53:37 0
>>452
アニメだけに限定してもヒルダ(太陽の王子 ホルスの大冒険)
白い服に赤い瞳というところまで原型

457 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 10:53:20 0
ヤンデレはやっぱ安珍清姫伝説の清姫かね。

458 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 11:00:48 0
イザナミもヤンデレ入ってるよ

459 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 11:20:06 0
>>アニメだけに限定してもヒルダ(太陽の王子 ホルスの大冒険)

あの後の宮崎アニメのヒロインがどんどん活発になって銃を撃ちまくって皿洗い撒くっておっさん蹴飛ばしまくって。
 そっちのほうが異端のヒロインだったんだぞ。
 
綾波型ヒロイン=病弱な深窓のお嬢様、は西欧文学には良くでてきていた設定である。
本邦でいえば伊勢物語から竹取物語からみ〜んなあの手の

 「あたし、おならなんてしたことありません。」型のヒロインなのだ

460 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 11:54:40 0
ヒルダは病弱の深窓の令嬢じゃない
それに西欧文学のヒロインが病弱の深窓の令嬢というのも間違い

「ニーベルンゲンの歌」のブリュンヒルトとクリエムヒルト
「アンジェリク」のアンジェリク
「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ

勇敢で強いヒロインなんて幾らでもいる

461 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 12:26:02 0
綾波がどうとかってアニメ板とかでやれよ…
スレ違いだし板違いだろ

462 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 12:30:12 0
アニメだって嗜好品の範疇だろ!

463 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:02:32 0
でも嗜好とか言う以前に452,459は無知すぎじゃね
無知で居られるって事は好きじゃないんだよ

464 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:25:25 0
はあ、452はそういった話を知ってて言ってるんだろ。
定着させたとか、それ以前からあるにはあったが、と言ってるのにそれは無視とか、
まともに日本語を読めないはよく分かったよ。

最近かならず綾波タイプを入れるようになった状況を言ってるのに。

465 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:25:49 0
無知でいられることだって人権の範疇だろ!

466 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:26:58 0
>>465はオルテガでも読むべき

467 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:27:30 0
すくなくともな。
ヒロインが包帯ぐるぐる巻きにしてるとかな。
あんなのはアタックナンバー1以来の衝撃やったわ!

468 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:33:49 0
昔は無口娘とか定盤ではなかったね。人にもよるが、元気娘に比べ、
あまり魅力的なキャラだとは思われてなかったんだろう。
ちなみに俺もどちらかと言えばその部類だからw、最近の、必ず入れる異常なくらいの流行り方には少々驚いてる。
エヴァがなければこれほどは流行らなかったか、もっと遅れていたと思う。

469 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:35:14 0
全ての物事は俺の好きなエヴァが起源!

470 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 13:44:54 0
若草物語でもベスが一番人気だったり、ハイジよりクララだったり、いくらでもあったよ

471 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 14:01:26 0
まもってあげ〜たい〜 だろ?
そんなのゆ〜みんが教祖だよ

472 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 18:03:34 0
>>471
それだと、女が男を”守ってあげたい”、という構図なんだよね。

473 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 18:51:41 0
うわぁ〜 
やさしいおなごだな!

474 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 21:07:11 0
最近はまた女に守ってもらう駄目男のパターンが増えてきたな。
歴史は繰り返すって感じ。

475 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 21:26:05 0
そもそも天使にはけつの穴なんかないやろ

476 :世界@名無史さん:2010/07/17(土) 23:59:10 0
旧約に出てくる天使は、相撲をとったり、人間の娘に欲情したりとかなり肉的性質が強い。
食物を口にするわけじゃないのに肛門があったり、子孫を残すわけでもないのに性器を持っているのはおかしいっちゃ、おかしい。

477 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 00:42:19 0
なるほど、居直り強盗風なスレ違い話題への固執は
夏休みのせいか

478 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:04:56 0
>>452
銀河鉄道999のメーテルとか
ガンダムVのシャクティとか
超時空要塞マクロスIIのイシュタルとか
姫ちゃんのリボンのエリカ王女とか
ピグマリオのオリエとか(両方とも)
ボスコアドベンチャーのアプリコットとか
天空の城ラピュタのシータとか
めぞん一刻の音無響子とか(年増だが)
スプーンおばさんのルウリィとか
とんがり帽子のメモルのマリエルとか
太陽の子エステバンのシアとか
1000年女王の弥生とか

結構あるような……

479 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:10:00 0
とりあえず、食欲をそそる話題に戻そう。
俺は今からスパゲッティをゆでるわけだが、誰かスパゲッティについて薀蓄を語ってくれ。

480 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:11:28 0
で、どれが一番美味いんだいw

481 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:18:34 0
>>479
茹でるときの塩一振りとゆであがりのバター。
そしてすぐ食べる。

それだけで十分うまい。

482 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:21:40 0
これはジャガイモでもおなじ

483 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:41:50 0
遠征中のエリトレアの砂漠でスパゲッティゆでて救援に来たドイツ兵に怒られてしまう
イタリア兵とか?

484 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:43:18 0
塩入れんのおもいっきり忘れてた。
丼に入れてチンしたミートソースに麺をつけながら食ってる。
つけ麺パスタうまー

485 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 01:49:21 0
>>478
レイのキャラクターはそれらよりもかなり極端に無口だ。
言い方を変えれば、レイによってキャラクターのキーストーンができたとも言える。
レイに比べてどうかという評価軸が生まれたということだ。

486 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:03:39 0
>>485
非常に興味深いんだけど、ここは食べ物スレだから。
話題がアニメの話に占められて、食物に関する話題が止まっていることにイラだちを感じている

創作物の歴史みたいな別スレを立ててくれ。
古典的名作から現代視覚文化まで扱うようなスレにすれば、板違いじゃなくなるし。

487 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:10:20 0
でもさ。
小麦発見からスパゲッティ発明までどんだけ年数を無駄にしてきたんだ、イタリア人よ!と。
そういいたいね。

488 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:13:08 0
日本で言うならうどん発明までの遠回りな。


489 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:15:00 0
饂飩はもともと餅みたいな形状だったと記憶

490 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:21:39 0
まず小麦を粒で食ってたわけよ。
それを粉にすることに気がつくまで多分、一万年くらいかかったはず。
粉にしてから長らくクレープみたいな薄焼きでくってたんだぜ?
もしくはポタージュみたいなスープな。
で、何千年か前にやっとエジプトの母さんたちが小麦粉をこねあげてこねあげて〜
パンを焼きだした。
それにたねを入れだしたのはさらにおそい。

麺にするって食い方を発見したのがローマ滅亡以後だろ?

料理の進歩ってのはなかなかやな。
食の保守性ってやつやね。


491 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 02:34:30 0
つっても、ジャガイモやトマトはあっというまに世界を席巻したし。最初、抵抗はあったみたいだけど。

パンって一種のバイテクだろ。食に対する嗜好というより、技術的な問題がけっこう大きそう。

492 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 03:04:28 0
あっという間に世界を石鹸したい

くだらんしゃれはさておき、

あっという間というほどかなあ、結構どちらも時間かかったと思うが。
煙草の方がはるかにあっという間、というのに相応しいw

493 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 03:05:35 0
たらこが好みだな。特に手を加えなくてもシャレにならんほど美味い
バターと合わせ技で最高

コレステロールが高いかもしれんが。
うどんでやってもイケる。

>>490
小麦は粉にせざるをえないんじゃね?
表皮の硬さと中身のもろさの関係で。
麦飯だって小麦では出来ないだろ。

494 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 03:34:29 0
クスクスはどうなんだい? 粒状のパスタらしいけど。
もっとも実物見たことないし、記憶にあるのは古い映画に出てきた
さあみんなで食べよう、という時に鍋底に仕込まれた火薬が爆発してみんなクスクスまみれになるシーンくらいだけど

火薬といえば、ずっとかやくご飯のかやくは火薬だと思ってたな。

495 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 03:42:30 0
俺もカップラーメンになぜ火薬が入っているのか不思議だった

496 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 03:44:19 0
火薬ご飯は混ぜご飯、ふぐは鉄砲、マムシはウナギだっけ?


497 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 04:21:44 0
食えるのにクエン酸

クエンのほうが東洋名で
檸檬のほうが西洋名

498 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 07:06:38 0
>>494
>さあみんなで食べよう、という時に鍋底に仕込まれた火薬が爆発してみんなクスクスまみれになるシーン
フランスの映画”ザ、カンニング”とかいったかな?

499 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 08:54:31 0
で、ダイナマイトうまいって以前もでた話に

500 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 09:27:49 0
そう言うことを言いふらすから無知な自衛隊員が爆弾とかの火薬を他の隊員に食わせる事件がw

501 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 09:30:05 0
マジレスすると火薬じゃなくて加薬

502 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 09:43:40 P
けっきょく薬なんだな。なぜだろ

503 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 10:03:24 0
薬味を加えて加薬
じゃあなんで薬味と言うかといえば、
元々薬だから。そして薬の調合は味の調合だったから。


504 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 10:05:14 0
カレーとかそんな感じがあるな

505 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 10:22:43 0
かて飯との差別化のための造語が加薬御飯





506 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 14:12:51 0
米の弱点はマズイことじゃない?
やっぱり小麦の方がおいしい。日本も本格的に小麦の味を覚えてから
米の消費量は減る一方。

507 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 14:21:59 0
味は好みだから突っ込まないが、
むしろ小麦しか知らなかった国の奴らがどんどん米を作ってるだろう

508 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 14:36:57 0
>>507
どんどんって、例えば?

509 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 14:41:03 0
カツオ一本釣りピンチ 中国巻き網漁船が根こそぎ、中大型魚が激減
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100717/biz1007172101015-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100717/biz1007172101015-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100717/biz1007172101015-n3.htm
日本の食文化を支えるカツオの一本釣りが危機にさらされている。
中国の巻き網漁船が、黒潮に乗って日本近海に北上する前にインドネシア沖の太平洋中西部で、
「ツナ缶」用に稚魚や小型カツオを根こそぎ乱獲。
一本釣りで捕獲し、かつお節やカツオのたたきに使われる中大型魚が激減しているためだ。

510 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:31:58 0
>>509
けど日本は非難できないよなー。
同じことをずっとやってきてたんだし、今、大西洋でマグロとかタコとか鱈で
やってることがこのとおりだし。
200海里の経済水域の設定が1980年代に急に出てきたのも、日本の漁船が
やってきて地元で魚がとれなくなった、という切実問題からだったし。
自分らの乱獲には寛容で、あちこちで漁業資源を枯渇させてきたわけだから
日本の漁業の姿勢には世界中から根強い不信があるわけよ。
いまさら、そういう主張したところで、「自業自得」としか言われないよなあ。

511 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:46:48 0
>>508
ぐぐればわかるような事だけど態々聞くから例を上げると
一人当たりの消費量でアメリカ合衆国では戦後3倍に増加
日本で一人当たりの消費量が60kgを切っている時代に
マダガスカル95.4kg、コートジボアール63kg、キューバ71kg、ペルー48.9kg
世界全体の米の生産量も増加中

512 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:48:17 0
>>506
不味い米しか食べた事の無い人乙。
美味しいコメなら、塩をなめながらでも美味しくいただける。

コメの消費量が減っているのは、米国の穀物戦略に
日本が負けたせい。
まだ味覚が固まっていない幼少のころに、毎日のように
パンなんかを食べさせ続けられれば、米の味も忘れてしまう。

513 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:50:43 0
>>512
一番の害悪は学校給食だよ。
牛乳と白飯のマッチングの悪さは異常だと思わないか?

514 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:51:37 0
>>511
それは米も生産してる国であって、小麦しか知らなかった国ではないわなあ

515 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:56:56 0
今、貧乏な人の割合が増えてきているから、米の値段を国際価格並に
したらば、すぐ、消費量は増えるよ。
義務輸入分に乗せてる関税と課徴金、あわせて、1100%だよ。日本の米は
一番安いヤツで国際価格の普通の12倍ということだ。
玄米60キロ1万5千円を、2千円にしてみろ。随分、米飯にシフトしてくるぞ。

516 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:56:59 0
君の前の所は三食学校給食だったのかい?それとも家でご飯を食べさせて貰えなかったのかい?

517 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:58:53 0
で結論、米国の穀物戦略より日本政府が悪いとw

518 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 16:02:29 0
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cook/1206960182/

519 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 19:43:13 0
>>517
日本の食糧政策のどこが正しいの? 怠惰な農家の既得権益の為に、国民の大多数に
高価な農産物を買わせている。めちゃくちゃ悪だし。
アメリカの穀物政策は極めてまっとうじゃん。

520 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 19:52:44 0
正直話がだんだん関係ない方に。
同じ関係ないなら、アニメの話の方がまだ良かったかもしれない、なんてことはないように。

521 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 21:25:51 0
>>514
そういう国がどういう経緯で米を作り始めたかも知らないんだろう

522 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 22:05:37 0
今の米を作ったのは過去のアメリカ人

523 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 22:43:01 0
米国人の祖先たちのおかげで今の米国があるのはあたりまえ

524 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 22:49:36 0
バーモントカレーもインディアンのおかげ



525 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 22:49:57 0
で、あんたはどういういきさつで米を作り始めたと言うんだ?w



526 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 23:26:37 0
ウソ
バーモントカレーはインド人とリンゴとハチミツのおかげ

527 :世界@名無史さん:2010/07/19(月) 00:32:22 0
バーモントカレーは米バーモント州のバーモント健康法を取り入れたモノ

528 :世界@名無史さん:2010/07/19(月) 18:37:36 0
みんな米が食いたくて生まれてきたんだ。。

529 :世界@名無史さん:2010/07/19(月) 23:23:05 0
寿司って必ず酢飯じゃないとダメなのかな?
ネタによっては普通の御飯の方があうものもありそうだけど。
寿司屋のカウンターのツーンとした酢の香りの清涼感は好きだけど。

530 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 00:08:34 0
>>529
韓国風海苔巻キンパは?
ご飯に合うおかずを白米と海苔で巻いてて
寿司のようでいて寿司じゃない海苔巻。

仕事してるアナゴとかのネタは寿司飯が合うけど
これは・・・炊きたてご飯と海苔とワサビと醤油で
刺身として食べたかった・・・と思うネタ多いっす。

531 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 01:06:28 0
酢は元々超高級品。
日本の場合は酒造が軌道に乗り出した江戸時代ぐらいから
酢の醸造も増えだし一般化した。
そういう経緯があるから江戸前の酢を使った握り飯も発展したんだろうな。
他のアジア圏じゃ有り得ない歴史的展開。

532 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 02:05:15 0
マッコリなんて酒か酢か判然としないようなの造ってるところは、どうだったの?

533 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 23:29:00 0
保存的意味合いもあったでしょ。す

534 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 23:59:42 0
なんだこの話題の流れは
そもそも、すしのルーツを知ってるのか?

535 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 00:04:04 0
しってらい。
発酵させたなれ鮨のオマージュとしてインスタント寿司にも酢を混ぜてすめしにしたんだろ?

536 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 20:56:45 0
酢飯じゃない白飯で握ってくれる回転寿司できないかなあ。
甘ずっぱい酢飯の味が嫌い。

537 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 21:27:40 0
海苔巻きは酢飯でなくてもおいしいとおもう。
でもにぎり寿司はすめしのほうが。。。
すめしも美味いのから不味いのまであるもんな

538 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 21:47:33 0
>>536
飯がすっぱくなかったらそもそも鮨じゃない。
甘酸っぱいかどうかは、店によるが。昔は鮨の酢飯に甘みを
つけない方が普通だったということだし。

539 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 21:51:56 0
ほんとに美味い酢飯は酢飯ってことを意識させない。意識させるのはネタだからだ。
そういう酢飯でこしらえた握りは限りなく>>536さんの求めている「白飯で握った寿司」に近い。

540 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:10:20 0
寿司の起源がどうこうでは無くて純粋に美味しさのみを追求するなら
酢飯にこだわる必要はないだろう。白飯で握った寿司は食べたこと無い
のでわからないけど雲丹とかあいそうだな。

541 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:12:36 0
白飯で握ったらおにぎりだよ。
ウニとかっていうけど、天むすになっちゃうよ。
おいしいだろうけど?

542 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:15:20 0
>>539
「本当に美味いなんたら」って俺様定義じゃないかね
それに、ネタと白飯を一緒に食べるのと
ネタと酢飯と意識させない酢飯を一緒に食べるのは違うものだろ
ネタと白飯を一緒に食べるのは「白飯をネタとともに食べたい」意思がそこにある
「ネタのみを意識して食べたい」という意思はない
ネタ以外を排除したいんだったら刺身食うし

543 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:16:41 0
>>540
起源云々の問題じゃないよ。>>541の言うとおり、酢飯を使わないなら、鮨でなく
おにぎりだ。
うまいかも知れないが、「すし」ではないということ。

544 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:27:44 0
俺は江戸前の握り寿司以外の寿司が好きだな。

押し寿司のバッテラとか大好きだし
五目やちらし寿司も好きだ。
稲荷も好きだな

545 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:27:58 0
>>「ネタのみを意識して食べたい」という意思

なんでそうなるの?



546 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:30:17 0
焼き稲荷、うまいよな

547 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:30:59 0
一度試した事があるけど、酢飯じゃないと米粒同士がくっついちゃって、口の中がモサモサしてだめだった。

548 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:32:24 0
ワサビ稲荷 美味いよな

549 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:32:42 0
いや、いまのにぎり鮨のスタイルで酢飯がそのまま白飯に代わっても
それはおにぎりとは呼ばないと思うな。邪道だと言う人はいるだろうけど。

550 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:33:45 0
そんな寿司を握ってくれる大将が居る分けないだろう。

551 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:35:16 0
>>549
少なくとも「すし」と呼ぶ人はいないよ。>>549だけは別かもしれないが。

552 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:36:54 0
そういや、ジム・ロジャーズが日本の鮨店で、ライスを頼んだら、ライスは無いといわれ、
鮨からさかなを取って、ライスじゃないか?といったら、それでも、店員はライスは無いといった。
ジム・ロジャーズは、日本の教育が硬直化しているため、いかに日本人の発想が硬直化してしまっているかといいうことの
説明にこの話を紹介していたが・・・日本人にとって、鮨飯はライスじゃないんだよなあ

553 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:37:17 0
大将! とろ! 酢ぬきで!

 てやんでぃ!? ば、ばかにしやがって!!
 さぁ、かえってくんな!!
 けったくそ悪いったらありゃしねえよ!
 かかぁ! 塩だ!塩! 塩撒いとけ!

554 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 22:56:54 0
酢ぬきの寿司ぃ〜??
そんなもん、生臭くてくえるかぁ!!!!!

555 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 23:09:48 0
寿司から酢を取ったら、し、しか残らないではないか

556 :世界@名無史さん:2010/07/21(水) 23:23:09 0
>>552
ネタをはいで飯をよけて云々ってのを自慢げに書いているんだよね。
まあ、虚業屋がほざきそうなことだ。

557 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 08:40:55 0
別に鮨と呼べなくても美味しければそれでいいと思うけどなぁ、
本当に酢飯の方が美味しいと言い切れるのか?

558 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 09:09:53 0
酢飯ではなく銀シャリつかった寿司は一口海鮮丼か刺身をおかずにご飯食ってるようなもんだと思うんだが

となると寿司のイデアは酢飯に刺身が乗っている事になるんだろうか。

559 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 09:43:19 0
生魚以外なら酢飯でなくても、いける場合もあるかもね。
そういや、海鮮系のなんとか丼って首都圏だとまず酢飯を使うが、地域によっては酢飯でなく、
普通の白飯を使う場合もあるよな。ウニいくら丼や鉄火丼をそれで食ったことがある。

560 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 13:56:27 0
福岡県やら大分県の沿岸部では、普通に、お刺身がお茶漬の具になるよ。
普通より小さめに切った鯛とか鯖とかコチとかの刺身を、食べる直前に醤油で
和えて、柚子胡椒、すり胡麻、シソの粉、もみ海苔なんかをかけて、お茶漬に
載せながら食べる。

561 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 20:57:00 0
首都圏の住人ではないけど海鮮丼はもちろん丼って白飯を使うのが
普通なんじゃないの?首都圏では鰻丼も酢飯で食べるのかな?

562 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 21:22:42 0
選べる店なんかもあるよね
俺は鉄火丼やいくら丼なんかはあつあつの白飯でも全然OKだけど
白身やえびやイカやなんて乗るときは酢飯のほうがいいな

563 :世界@名無史さん:2010/07/22(木) 23:02:03 0
>>558
刺身に限らず、「酸味のある飯+魚」が基本形でしょう。起源
からしても実態からしても。

564 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 00:41:15 0
いわゆる江戸前の握り鮨が全国に広まったのは戦後、
冷凍技術が発達して鮮度のいいネタの確保が出来るようになってから。

握り寿司と乳酸発酵のなれ寿司を同一レベルが考えるのはおかしい

565 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 00:45:43 0
小僧寿しチェーン♪

566 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 00:47:05 0
>>564
その間にあまたある「すし」は、全て「酸味のある飯」を基本としたものだろ。

567 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 02:22:33 0
>>566
『寿司=なれ寿司』だけじゃないぞ、押し寿司もあるしな
酸っぱくない寿司の方が多い

568 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 07:53:56 0
>>566
めはりずし
はい論破

569 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:04:02 0
酢飯だから握りは生臭くないんでしょう。
ワサビ、酢。。
すべて生臭さをうま味に変える手段ですよ。

570 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:09:37 0
世の中には新鮮なネタにはワサビなんて要らない!とかいって刺身に何もつけずに食ったりする人もいる。
すきずきではあるが。

571 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:21:37 0
そもそも目はリ寿司ってのはよそいきの顔じゃ食えない。
すで食うもんだろ!

572 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:40:36 0
今の観光客向けのめはり寿司はおにぎり感覚だが、本来は葉緑素が分解しきるまで乳酸発酵が進んだ
高菜(地元ではからし菜と言う)の葉で包んだもんだから酢はいらない。

573 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:45:04 0
そうだそうだ!
押し鮨の代表!柿の葉鮨も酸っぱいもんだろ/

574 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 20:52:47 0
酸いも甘いも噛み分けて/
ぼくらは大人になってゆく。

575 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 22:42:49 0
俺はにぎり寿司は食えるけど、刺身は苦手。
酢飯あるなしで臭味が全然ちがう。

576 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 23:05:50 0
>>567
押し寿司は酢飯を使うのが基本だが。大阪寿司とか、食ったことないのか?
そもそも、江戸風の握りずし自体、「酢飯を握った上に魚を乗せて押しを
かけた押し寿司」を、押しをかけないように改良したのが起源だ。

>>568
めはりずしは、元々野菜のなれずしだよ。めはりずしのおにぎり部分は、
ふなずしをおかずに白飯を食べるのと同じ意味合いのものだ。

577 :世界@名無史さん:2010/07/23(金) 23:08:37 0
>>576
そうだそうだ!
兄ちゃん、がんばれ〜!

578 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 00:25:10 0
>>569
酢飯のおかげで生臭くないってのは結果論だろ。
生臭さをなくすための絶対条件が酢という理由で酢を入れてるわけでもなかろう

それに味覚や食文化ってのは習慣の影響が大きい

579 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 00:32:04 0
なにぃ?
あんちゃんの意見にケチつけるきかよ〜?こら〜

580 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 00:52:15 0
>元々野菜のなれずしだよ。

ほう、無塩で乳酸醗酵させているのかね







581 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 00:52:41 0
無塩の平茸でござる

582 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 01:15:40 0
>>580
ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2010071702000117.html
 「昔は何回も塩漬けをしたから、葉っぱが黒っぽかったけど、冷凍保存できるようになって、
青々とした色になったな」。めはりずしを握って四十四年の松山治さん(68)が、目を細めた。

583 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 01:17:47 0
目を細めちゃいかん
目をはれ

584 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 01:55:38 0
だから、もともと寿司でも、鮨でも、酸し でもないものを、スシ とよんでただけでしょ。

585 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 02:51:48 0
オランダだっけ?
家畜に成長ホルモンを投与した結果その肉を食ったオランダ人も異様に身長が伸びた国は

586 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 07:17:52 0
>>585
確か南米だったと思うが、成長促進の目的で牛に
女性ホルモンを投与していたそうだ。

すると、その肉を食った男が女性化したり、10歳未満の女の子に
初潮が来たりしたんだとか。

587 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 08:20:08 0
>>576
改良というよりは、上方の細工物が高価で、鮨を押す箱が入手難だったからなんだが。
あんな単純な箱がなかなか作れなかったったんだよ。

588 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 09:01:28 0
>>587

ウィキならまずこう聞かれる 「出典は?」

589 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 09:05:51 0
たとえ生で食べたとしてもホルモンは胃で分解されるから
人体に何らかの影響を与えるとは思えないけどなぁ。

590 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 09:21:50 0
むしろ豆くいすぎてったんだろ。

591 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 09:37:46 0
>>589
人体がそんな小学校の教科書通りなら、食物アレルギーなんか存在しないんだけどね

592 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 11:21:35 0
>>591
さすがに小学校の教科書レベルとは言わないけれど、それはTh2の活性化と肥満細胞とIgEとで説明できるな
簡潔に言うと「清潔な生活を送りすぎているから」の一言で済むが

593 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 11:23:03 0
まあつまりたまにはうんこくえってことだ

594 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 13:10:03 0
腸管から直接血管内にとりこむ仕組みもあったんだっけ?
まぁ、腸管粘膜はきずついてることもときどきあるからなぁ〜

595 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 15:22:33 0
>>593
糞ころがし乙

596 :世界@名無史さん:2010/07/24(土) 18:10:26 0
>>593
そんな意見なんてくそくらえだ

597 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 09:59:42 0
>>588
常憲院殿御実紀

598 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 19:36:02 0
536だけどスレが寿司定義で伸びてて驚いた。

東京だけど海鮮丼も酢飯で出すところと白飯のところとあって、
酢飯だとがっかりする。

飯と米酢のコンビネーションが元々あんまり好きでない。
ましてや甘味があるともっと嫌。
だから白飯+刺身の握り出すところがあったらいいなと思っただけ。
握るときの飯のモサモサ感については酒でもふったら解消できないかね。

599 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 20:07:15 0
寿司と言ったら
週刊大衆に連載してる寿し屋興兵衛が面白いな
寿司の黎明期の江戸時代と現代に話が行き来して面白い。
音やんも面白いな

600 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 20:17:41 0
ところで鮒寿司が食える奴はいるかい?俺はダメだ。

死んだ婆ちゃんが好物で土産に鮒寿司貰うと喜ぶので
定期的に誰かしらが買ってくるので家族の俺らも御相伴に呼ばれてた。
だがもうアノ臭いがもうダメ 臭くて臭くて仕方ない
シュールストレミングに匹敵するんじゃないかしら?

601 :599:2010/07/25(日) 20:18:06 0
ちなみに寿司は韓国起源だそうですよ。世界史の住人なら常識以前でしょうが。

602 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 20:30:41 0
>>601
人のレス番騙るなボケ

603 :599:2010/07/25(日) 21:12:01 0
あなた誰ですか?ネトウヨの嫉妬困りますねぇ・・・・

604 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 21:16:47 0
j韓国依存症は病気です(以下略

605 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 21:38:20 0
下手くそな夜釣りですね。

606 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 21:50:59 0
唐揚げにレモンふるのと一緒じゃんかよ。

607 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 22:40:36 0
【在特会】行動する保守のオフ22【主権回復】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1279840269/
【在特会】行動する保守のオフ22【主権回復】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1279840269/


608 :世界@名無史さん:2010/07/25(日) 22:42:46 0
>>601
腐ったものを喜んで食う、糞尿に漬けて食う

計画的に醗酵して食う
とは、全く別だから。

609 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 00:50:23 0
なんでもいいが、ここは学問板であってその辺の有象無象が
ヘイトスピーチする場ではないんだけどね。
要するにうざいからくんなってことだよ。 

610 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 12:38:26 0
韓国なんて、文化も歴史もお寒い限りのところの話題を出すなよ

611 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 14:18:42 0
と、お寒い脳ミソの持ち主が申しております

612 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 19:21:11 0
>>611
自分の御国について、そんな事言って良いんですか?

613 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 19:24:27 0
>>596
すし屋ですしを食べていたら、江戸時代のすしの屋台にタイムスリップするの?


すしの一番古い形は、米が発酵して魚を保存させるというものだよね
ルーツは東南アジア?

614 :613:2010/07/26(月) 19:25:24 0
間違えました
>>599です

615 :613:2010/07/26(月) 19:26:28 0
ありゃりゃ、
米が発酵して魚を保存させる→米を発酵させて魚を保存する

616 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 19:48:52 0
魚は発酵しないの?

617 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 19:55:03 0
>>612
韓国依存症は病気です。この病気に罹ると、このように意味不明のレスを返します

618 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 19:58:09 0
なあ?
とある漫画でさ。
リンゴジュースにパンの耳を浮かべて室温のとこにいれときゃアップルシードルができちゃう!ってのを読んだんだがまじですか?

619 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:11:04 0
発酵って環境だね。
前にどなたかがかきこしてたがパック牛乳を放置しときゃ勝手にヨーグルトになる国があるんだとか。
日本なら腐って黴びるよね。


620 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:14:01 0
腐ってヨーグルト状になることはあるぞ
古い飲みかけ牛乳を捨てようとしたら
乳清がしゃーってこぼれたあとぶるるんって固まりが

621 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:15:42 0
それはヨーグルトではない。
オレも経験有るけど、豆腐みたいなのができるんだが食ってはいけんよ。くさってますぅ〜!

622 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:16:01 0
>>613
主人公は与兵衛(与兵衛寿司、江戸前の創始者)と関係があるらしく、
突然寿司が握れるようになったり、
寿司の事で難問にぶつかると、
夢の中で与兵衛が江戸前寿司の創意工夫をしてるのを追体験します。
そうして得た江戸前の原型的な工夫方法を現代的にアレンジしています。

【お寿司屋さんの歩き方】 寿司の歴史
http://www.sushiwalking.com/history/

週刊大衆に連載されてますから読んでみるのが一番判り易いです

623 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:18:24 0
突然寿司が握れるようになったり、 ?????

そんなの寿司屋の大将がきいたらおこりだすぞ〜!


624 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:24:32 0
江戸前寿司みたいな高度で洗練された食い物が与兵衛とかいうおっさん一人の発明でできただなんておれは信じない!
そんなの神が人間をよいしょといきなりこさえました。みたいなウソっぽい話じゃんか。
ながいながい進化の歴史があったはずだ!江戸前には!

625 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:29:45 0
猿江戸前寿司→原江戸前寿司→現生江戸前寿司→ニュータイプ江戸前寿司。

 この過程を認めないことにはダーウィンは承知しない。

626 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:38:15 0
屋台やら煮売りとかも沢山いたから別に不思議ともなんともないよね。
ゲテモノと言うかその時代のニューウェーブ的なものだったんだろうと考える。

鬼平犯科帳とか読んでると江戸の風俗とかむかしの食べ物とか出てて面白い。
鰻の蒲焼も当初はただ単にぶつ切りしたものを串に刺して焼いてただけらしい、
肉体労働者とかに好まれたが脂っこ過ぎただろうなぁ…

627 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 20:42:55 0
うなぎの脂を捨てていい時代はもうすぐ終わる。

628 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 21:45:11 0
>>619
モンゴルでは数年間保存できる硬質チーズを、日本に持って帰って来たら二週間で黴びだらけになったそうだぞ

629 :世界@名無史さん:2010/07/26(月) 23:40:16 0
576に書いたけど、華屋与兵衛のひ孫の方の書によると、もともと
握ったすしに三四時間押しをかけてから供するすしはあったとい
うことらしい。
で、これだと、日持ちする代わりに時間もかかるし油も抜けてしま
うのを嫌った初代与兵衛が、「握早漬」を工夫したんだとか。
この書では、俳諧と芭蕉の関係にたとえている。

しかし、明治43年の書の全文が読めるというのはいいね。
ttp://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=40069115&VOL_NUM=00000&KOMA=1&ITYPE=0

630 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 00:00:43 0
>>618
検証おねがいしまーす。

631 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 01:53:28 0
>>618
理屈的には合ってるよ。
でもその『パン』ってのは欧州風のちゃんと酵母を使ったパンだろうな。
日本やアメリカの大量生産ラインのパンだとイーストを使う比率が低くて
きちんと酵母が再活動出来るとは限らない。

余談だが、
古代エジプトではどちらも酵母発酵を経て作られるので
パンとビールが同じ供給扱いだったらしい。
パンとビールが同祖扱いなのは欧州では当然の事らしく、
ホームブリューワー(家庭内醸造)も一般的だ。

632 :613:2010/07/27(火) 07:01:08 0
>>622
さっそく、どうもすみません

633 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 07:20:42 0
ビールはパンを発酵させてつくってたんだっけ?エジプト

634 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 08:11:58 0
>>618
じゃあ、アップルジュースにドライイースト菌を入れたら、アップルシードになるのかな?
でも、家庭でやる場合は、他の雑菌が入らないような処理とか温度の管理とかで、うまくいかないんじゃないかな?

635 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 08:40:22 0
>>634
数年前、料理板でジュースにイーストぶち込んで作る通称「猿酒」ブームがあった。
難しいこと考えずに簡単に作れるぞ。

636 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 13:12:53 0
猿酒の話はこっちでやろうな

★☆★▼自家醸造総合▲★☆★【猿酒26】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sake/1271948598/
自家醸造/蒸留総合@ウィキ
http://www8.atwiki.jp/brewing/

637 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 13:21:21 P
>>636
『食物と酒、嗜好品の歴史』のスレなんだからここで展開してもいいだろ
スレタイ道理の話題じゃねえか

エバがどうとかアニメの話題延々やられるよりか遥かにマシ

638 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 13:34:53 0
>>637
歴史の話だったらいいんだけど
現代の家庭で簡単に作る方法の話になりそうな気がしたので

639 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 13:54:25 0
歴史的に有名なのはミード(蜂蜜酒)だね
新婚さんはこれを醸造して飲むものだったらしく
ハネムーン(honey mooon)の語源とも言われる。
新婚さんにも作れるぐらい簡単に醸造出来て美味いかららしい。

>歴史の話だったらいいんだけど
>現代の家庭で簡単に作る方法の話になりそうな気がしたので
酒の醸造は歴史とは不可分だからまぁいいのではないかと思う。
古代エジプトのビールの話書いてみたりしたし・・

640 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 13:58:25 0
古代エジプト、ビールは食べ物の象徴だった | 世界のビールの歴史 | アサヒビール
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/history/asia/egypt01.html

641 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 17:38:25 0
徳川家康の時代に江戸を開発した際、干拓によって多くの泥炭湿地が出来、そこに鰻が住み着くように
なったため鰻は 労働者の食べ物となったが、当時は蒲焼の文字通り、蒲の穂のようにぶつ切りにした
ウナギを串に刺して焼いただけ、という 食べ方で、雑魚扱いだった。(労働階級者のタンパク源)
なおウナギの血液にはイクシオトキシンという毒が含まれるため、生で食べることはできない。

きれいな水に1日〜2日入れて、臭みを抜いたものを料理しないと臭くて食えないものを
日本人好みの 砂糖しょうゆ という調味料を使いこんな労働者階級しか食わなかった毒入りの臭い魚を 
蒲焼という形で江戸時代に何者かが金儲けの為に仕組んだようだ。

うなぎ商法に騙されてお前ら死ぬまで泥魚食ってろ
最後に一言 美味いと勘違いしてるのは しょうゆと砂糖が美味いだけ
悔しかったら刺身でも食って毒でしんでみろや


642 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 17:59:34 0
蕎麦と鰻は江戸っ子がこよなく愛し様式美にまで昇華させた。

鰻の蒲焼は注文してから捌くのが常なので、当然待ち時間も長く、
これをせかすのは野暮だと言われた。
注文を受けて鰻屋は香の物をまずだすので、
それを肴に冷や酒をつつきながら時間を潰すのが粋なやり方だとされた。
だので鰻屋は香の物にも気を配っているのが本物だと言われていた。

鰻のどんぶりと吸い物と肝の串焼きが喰いてえ…

蒸して余分な脂を落として更に炭火で炙るとか昔の人は偉いねぇ

大阪風のまむし丼はまだ喰った事がないなぁ…

643 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:04:01 0
次は河豚で書きなされ

毒性のある材料をちょっと工夫でこの美味さ、にしてる食べ物って何があるんかね

じゃがいもの芽をとるくらいしか思いつかんが、毒のある部分を取り除くって意味なら
ふぐ捌くのと似たようなもんか

644 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:08:07 0
>江戸時代に何者かが金儲けの為に仕組んだようだ

源内にキャッチコピーたのんだうなぎ業者だろ。
あのオッサン 一流のコピーライターだよな
平成の今でも土用のうなぎところっと日本人が騙されているんだから。

本当にうなぎがうまい季節は晩秋から冬。 油がのってとてもうまい。
よく天然物は油がのってないから養殖モノがおいしいと頓珍漢な
自称グルメがいるが、季節外れの天然物を食ってウマイ道理がない。

天然物の「旬」が晩秋から冬だと知らない阿呆がこういう事を吹聴するから
おかしな話になる。

645 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:10:27 0
河豚は俺 あんまりこだわり無いんだよ…
フグ刺しは旨めえと思うが、
あの食感とポンズのタレで喰うから美味いんだよな
鍋の方はイマイチだ。
鍋ならスッポンだね 生き血はチンコがギンギンに勃起ちまくるぞマジに

北陸の方で河豚の卵巣を毒抜きして喰う郷土料理があったよね?確か。
とてもじゃないが怖くてムリポ

俺のとこの郷土料理はタコとママカリだな

646 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:15:42 0
>>643
つ ソテツ地獄

>>644
それまでは夏にうなぎは売れなかったらしいからねい。

647 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:27:40 0
>>645
元々のジャガイモは毒性を含んでいで
(芽に含まれるソラニンではなくて、原種には青酸が含まれていた)
アンデスの高地ではその標高からくる朝晩の温度差から
『チーニョ』と言われる乾燥イモの加工食品に仕立てて毒抜きしてから食していた。
夜中の寒さで凍ってしまい 日中に溶け出すとブヨブヨになり
それを踏みつけて水分を絞りだし また夜中に放置する。
この繰り返しを経て乾燥させると毒性が抜けて初めて食用になる。
人間の英知ってのは素晴らしいねぇ

ちなみに麦類も微毒は有るね。
サツマイモもヒルガオ科なので多分原種に毒性はあったのだろうな
イネ類はどうだったのかなぁ

648 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 18:47:57 0
原種ネタといえば、茶の原種はラオス発祥説が出ている模様。

http://shokubutsunews.seesaa.net/article/140876770.html

649 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 19:00:23 0
>毒性のある材料をちょっと工夫でこの美味さ、にしてる食べ物って何があるんかね
・フグの卵巣の味噌漬け
今は、技術が確立して、無毒化させることができるわけだが、その技術ができるまで、どの程度の人柱がたったことやら

・ベニテングダケあたりの毒キノコを干してダシをとる

・生の梅の実は有毒だが、酒や酢に付けて無毒化する

この程度しか思いつかないな

650 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 19:04:20 0
大伴家持にのころから、一応、ウナギは食べられていたんだよな
石麻呂に吾もの申す夏やせによしといふ物そむなぎ取り食せ

このコロは、どんな食べ方だったんだろう

651 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 19:06:05 0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BA にあるように
大豆には水溶性の毒性があるので、加工して毒抜きをしている。

652 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 19:22:33 0
>>650
スタミナがあるものとして当時から認識されていたんだな。

653 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:19:41 0
ローマ人も喰ってるだろ、ウナギ。

654 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:37:23 0
>>649
青い梅は有毒だけど黄色く熟れた梅の実は毒が抜けているよ。
青梅の毒はまだ熟してないよ、食べてくれるな。という梅のまごころだよ!

655 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:45:20 0
>>649
アクヌキして食べる野菜、木の実はいっぱいあるじゃんか。
ジャガイモだってそうよ。

656 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:46:43 0
ローマ人はウツボなんかも食ってるな
彼らの食への情熱は凄まじい

657 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:46:55 0
割とあったのね・・・
ところでウナギで思い出したんだが
グロいと評判のウナギのゼリー寄せ、食べた感想を見るに実は美味いんだろうか
ttp://allabout.co.jp/gm/gc/79322/2/

658 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:53:01 0
うなぎのゼリーよせか!
そんなもん食ったこと無いわ!

 でも皮付きなのがいいね。うまいだろ!?

うなぎパイのほうはうなぎの皮は剥いて捨てちゃうんだよな。もったいない!

659 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 20:57:50 0
ウツボってうまいのかな?
うまいんだろうな。
このあいだ、よいこの浜口が銛で突き刺してつかまえて丸焼きにしてくってた。

 とったど〜!! うめぇ〜!!

って叫んでたもん。

660 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:19:52 0
うなぎって実は夏バテするんだぜ。
養鰻池では夏やせさせないようにニンニクを池に放り込んでる。


661 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:22:58 0
>>659
高知に行って『ウツボのたたき』なるものを喰ったが割と旨かったよ。
カツオのたたきみたいに皮の側を炙ったか湯引きにしたような感じのもので、
ムチムチした食感の淡白な白身魚系の味だった。
とびきりの極上の美味と言うほどでもないが、まずい部類でもない。
唐揚げにしたら美味いと思う。
ウツボは一夜干しみたいな干物にしたものも美味いらしい、
これを鍋に入れたり唐揚げにしたりする。

俺的には下津井産タコのイボの唐揚げが最高だな。
タコの吸盤の部分をこそいで唐揚げにして食す。食感がとても良い。
岡山はサワラも美味いねぇ サワラのこまい奴をサゴシって地元で言うんじゃが
コイツを昆布締めにした奴でこいつを入れた岡山のばら寿司は最高じゃけぇ

662 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:27:20 0
>>656
ウツボ、普通に高級魚だろ?これだから東夷は・・・

663 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:29:01 0
ウツボってタコくってんだぜ?
そのままでもうまいタコを食ってるウツボはさらにうまいわけだ。

664 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:36:49 0
>>649
野良犬に毒見させてたとか

665 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:41:01 0
いや。
食った人間がいたんだろう。そして大抵がしんでいったんだろう。
わざわざ台風のときに海を見に行く人間がいるんだもん。
毒ってどんな味なんかな?って好奇心だけで食ったやつがいたんだよ。

666 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 21:45:54 0
そりゃそうだろ。 毒キノコとかじゃがいもの芽に毒があるってのは
鮮人の知恵。 くいたいらげて死人がでてあーこりゃ駄目だと
経験が蓄積される道理だからな

667 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 22:03:54 0
食ってみて死ぬやつとそれを見ていて語り継ぐやつ。二人必要なのだ。
もしくはダイイングメッセージをのこせたやつとか。

668 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 22:09:05 0
ふぐとかもろにそれ系だよね。 世界中で知らずに食って死んだ奴 何千人もいそう。

669 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 22:13:26 0
何千人?
いやいや。
何十万人レベルだとおもう!

670 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 22:19:32 0
それほどフグはうまいんだから

671 :世界@名無史さん:2010/07/27(火) 22:25:45 0
性病こわくて風俗いけるか!
毒がこわくてフグがくえるか!

 おなじようなもんやな

672 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 01:01:27 0
>>641
肉がとけたりするんだっけ?>生のウナギ

中華一番で巨大ウナギが出てきてた

673 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 01:09:29 0
>>665
いろんな民族の神話に
何が食えるかたしかめた先人を神格化した神が出てくるね
中国だと神農だっけ

>>647
ソテツ以外で
デンプン系で干したり加工しまくるのが何かあったと思ったけど
元祖ジャガ芋だったか

毒じゃないけどコンニャクなんかも加工だね

>>643
ぷりぷり県名物じゃが芋の芽料理か

674 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 01:19:09 0
神様が鼻や口から食べ物を出すのが我が国の神話
きったねえモン食わせやがってとの怒りを買ってその神様殺される。
その死体がまた食物になる。

食物とは動物や植物の死体そのものなんだと、思ったり思わなかったり。

675 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 01:41:36 0
あれは日本に限らんでしょ
なんとかウェレ型神話とかいって
太平洋の島国とかには同じタイプの神話が多いらしいよ

676 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 01:52:45 0
http://maokapostamt.img.jugem.jp/20090529_439803.jpg

677 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 07:05:01 0
インパール作戦

兵士が飢えのあまり、種籾をそのまま口にいれ、死んでしまった
死んだその兵士の口から稲が生えた・・・

678 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 07:43:50 0
天南星

679 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 15:57:38 0
>>613
遊離アミノ酸の味が好ましいと感じる感覚が普遍的に存在する以上、東南アジアだなんだ関係なく
人類の拡散前にそういう感覚が備わっていると考えるのが妥当だろう。
で、遊離アミノ酸の味を好むのは、腐肉を食べていたからだ。
これが、人の手で加工して腐られば醗酵だし、そうでないのはただの拾い食い。でも、その境界は
結構曖昧だ。

680 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 16:03:13 0
>>641
京阪神方面の古墳時代や飛鳥時代の遺跡からも鰻の骨が出るそうな。
どうも酒か酢に漬けて加熱せず食べていたらしい。


681 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 19:24:04 0
こんにゃくなんて何のカロリーもないような食い物を
なぜ作って売って食ったのだろう
俺それほどうまいとは思わないんだが
みんなはおいしいの?

682 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 19:30:35 0
おいしい

683 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 19:43:14 0
便秘対策に食物繊維を摂るんだからカロリーはない方がいいだろ

684 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:08:23 0
日本人って海藻を食べるぐらい貧しかったんだから、こんにゃくだって腹の足しに
なるだろ。
あんまり飽食の現代人の感覚で語るな。

685 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:25:15 0
それはちがうだろ

コンニャクイモは収穫まで3年かかる。
食料が足りていて、初めて栽培する嗜好品の類だ。



686 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:33:25 0
ちょっとでも傷がついたら腐ったそうだし
なおさらソバかジャガイモのほうがまだマシじゃん
まあカロリーとか消化吸収って概念はなかったろうから
栄養があるとかないとかは考えなかったというのはあるかもしれん

687 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:34:09 0
飢饉のときに何でもくったんだろうな。
そうしてこんにゃくって食い物になって行ったんじゃないかな。
栄養があるかないかなんて考えずにくうだろう。
そもそも、こんにゃく畑は田んぼに成らない様なとこにつくるんだし。

688 :山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2010/07/28(水) 20:43:50 0
>>675
ハイヌウェレ型ですね。瓜子姫伝承にも関連があると見られています。
あまのじゃくに殺され、血が酒に、指が山芋になったという。
岡山県などにも見られますが、西日本では木に縛り付けられたというものが
多く、東日本の方に多い様です。
根菜文化の名残でしょう。

689 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:52:54 0
そういう神話のある部族ってやっぱ豊作を祈って人間を生け贄にする習慣があったりするの?

690 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 20:55:19 0
うなぎに関しては、北大路魯山人も「本当にうまいのは
冬だが、なぜか夏に食べたくなる」といったことを書いて
いるね。

691 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 21:01:40 0
こんにゃくは、育てるのに時間がかかるだけでなく、加工しなければ
到底食えないという代物らしいね。
「こんにゃくの中の日本史」の著者が、生のイモを試しにほんのひと
かけら口にしてみたら、あまりにもあくが強烈なので、すぐに口から
出したと書いていたように記憶している。
何度うがいしても違和感が取れないほど強烈だったとか。
そういう意味でも、本当に嗜好品なんだろうね。

692 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 21:01:45 0
豚だってうまいのは冬だけど夏もおいしいじゃん

693 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 21:18:56 0
コンニャクイモ、マムシ草(天南星)。
すごい外観だよな

694 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 21:37:23 0
http://www.miharu-e.co.jp/ja7fyg/hana/konnyaku/kon_0062.jpg
こんにゃくのはな

695 :世界@名無史さん:2010/07/28(水) 21:42:31 0
花って臭いんでしょ
なんかテレビか新聞で見た
いわゆるこんにゃく臭と同じにおいかな

696 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 00:19:35 0
そういえばラフレシアって蒟蒻の仲間だっけ

697 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 00:23:21 0
違った
ラフレシアよりでかく、ラフレシア同様くさいので有名なスマトラオオコンニャクと勘違いしてた

698 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 00:32:51 0
>>695
このテの花は、魚が腐ったような匂いがして、金蠅がたかって花粉を運ぶ。


699 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 00:59:17 0
>>696
ラフレシア - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%82%A2
スマトラオオコンニャク - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%82%AF

スマトラオオコンニャクと勘違いしてね?

700 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 01:01:24 0
>>699
はい、そのようです
>>697

701 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 08:24:13 0
>>679
しかし、その割には、発酵食品って好き嫌いが大きいね
チーズにしても馴鮨にしても、駄目な人はまったく駄目
そのほか、ここで何度も出てきた、シュールストレーミング、キビヤック、臭豆腐、腐乳・・・

702 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 08:53:30 0
まあ、アミノ酸以外にもいろんな物が出てくるからねえ

703 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 10:50:26 0
その割にはつうか、味はともかく、臭いはひどいのが大半だからな。あれで味が良くなければ誰もくわんよ。

704 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 11:02:56 0
>>701
そりゃそうだろ。
後天的な学習で、安全か食用不適かを判別する基準を会得するんだから。
お猿さんと変わらないよう時代にも、程よく腐って美味しい屍肉と、腐りすぎて
危ない屍肉と、判別していたろうし。

705 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 11:17:23 0
栄養もない食い物をなぜというと、キュウリもそうだなぁ。
大量に食えばミネラルの類を摂取できるけど、普通に食うぶんには
ただの水と僅かな食物繊維だけ。

706 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 11:20:24 0
飽食現代人への皮肉的に考えるなら、へたに栄養のある食品より体には遙かに良いかもしれないなw

707 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 11:20:43 0
必要もないものを嗜好するのは文化の証

708 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 11:59:52 0
>>705
でも、上にもあるように
昔の良質の飲料水が確保できない時代には、いい水筒代わりという役目もあったんじゃないかな?

きゅうりとかウリ類には

709 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 12:05:30 0
生水よりはるかに安全だろうしな

710 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 18:15:07 0
【調査】胸の小さい女性とコーヒーは明らかに関連性が 胸の小さい女性の半数以上がコーヒー好き 
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1280374428/


要するに巨乳スキーは彼女に牛乳飲ませろということか。じゃあ自前のミルクを・・・・。

711 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 18:18:58 0
冷やして食べるとうまいからな
冷房のない時代に冷気を取り込む的な意味合いもあると思う

712 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 19:24:54 0
茄子も栄養なんてほとんどないだろ

713 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 20:33:03 0
現在では、栄養も何も無く、ただ単なる嗜好品や伝統食材となっているだけのものだが、
それが食べられ始めたときは、なんらかの機能があった、という食材って結構ありそうだな

714 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 21:13:30 0
クラゲってカロリーあるのかな

715 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 21:45:56 0
カロリーなけりゃあマンボウがこのんでくわないだろう
まさか食感のためだけにマンボウがくってる?

716 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 21:53:45 0
>>713
何を言っているんだ。
蒟蒻は海水浴には必須の高機能食材ぢゃないか

717 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 22:06:39 0
アルビノの子供殺し生き血を飲んだ男に絞首刑 
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1280408132/

先日タンザニアの高等裁判所はアルビノの子供の脚を切り落とし出血死させ、
生き血を飲んだた男に対して死刑を宣告した。

この50歳になる男は、タンザニアで民間信仰されているアルビノの人を殺害し、
体の一部分を所持すれば裕福になり長生きが出来ると信じた男であった。

少女の殺害はタンザニアで数年の間で、20万人あまり殺されているだろうと
見積もられている。犯行は主にタンザニア北部のビクトリア湖周辺で行われている。

アルビノハンターと呼ばれている者達は殺人を何度も繰り返し、アルビノの体を
需要に応じられるようパーツ毎に別けたり血を収集する。
タンザニアの一部地域ではアルビノの体は重宝されており、
呪術医が風習を助長していると言われている

タンザニアでは2年の間に把握されているだけでも60人のアルビノが
体のパーツを欲しがる人間達に殺されている。

http://allafrica.com/stories/201007280139.html


718 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 22:29:51 0


719 :713:2010/07/29(木) 22:39:31 0
別に個別の食材については何も言っていないが?
そういうものも「多いだろう」といっているだけ

720 :世界@名無史さん:2010/07/29(木) 23:56:49 0
カレー味の食欲喚起能力すげー

単純に「カレーが好き」という刷り込み効果もあるんだろうけど

721 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 00:38:52 0
>>720
使ってる香辛料、蕃椒の他は、全部、漢方薬では健胃剤ではないか。

722 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 01:19:35 0
日本人って何でカレーが好きなんだろうね

脂っこいのが苦手なお年寄りでもそこそこ食べてもらえれるメニューだし、
家路に着いて鼻先に漂ってくるあの芳香で期待感が高まる料理ってそうないと思う。
汁掛け飯の系譜としているからカレーは人気があると指摘したひとは居るが、
日本人が大好きな『ご飯(白飯)』をドカ喰い出来るからこそカレーは魅力的なんじゃなかろうか。
米色文化圏以外じゃカレーはそれ程愛されないような気がする…

723 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 02:04:33 0
アメリカナイズドとカレーは関係ないと思うが……

724 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 03:27:05 0
米食、米飯食 変換間違いです orz

725 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 07:25:16 0
戦前の女工さんの労働争議の記録を読んだことあるが、
ある女工さんが演壇に上がれといわれ、上がったのはいいが何を言ったらいいのかわからない
そしたら、委員長が「○○くん、そこは突っ立っているところじゃないぞ、なんか言え」

そこで、「食べ物が悪すぎて、力が出ません。もっといいものを食べさせてください」
といったら、なんか、茶色いもののぶっかけ飯がでた
猫の反吐みたいで気持ち悪かったが、食べたらおいしかった
すると、その翌日、「こら、演説語りいるか お前のせいでみんな腹を壊したぞ」

おなかを壊した女工さんたちを診察したお医者さんがみんなを診察して、
「それはカレーライスだ。普段ろくなものを食べていないから、
急に油ものを食べて、腹がびっくりしたんだ。これからは、もっといいものを食べさせてもらいなさい」

726 :725:2010/07/30(金) 07:26:49 0
「みんなを診察して」を削除

727 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 08:40:05 0
イギリスでもカレーは人気だと聞いた

日本風カレーも外国人に人気で、帰国した外国人が、カレーが食べたいと思って、近所のインド料理店に行って、
「これじゃない、日本のカレーが食べたい」と思うこともしばしばとか?

なんでも、ココイチがインドに出店するらしいんだが、ルーにヘッドやラードを入れるわけにいかないだろうし、
日本の味の再現にはならないような気がするな

728 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 08:41:08 0
ヘットだったw

729 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 09:24:04 0
>>727
日本だってカレールーに使ってるのはパーム油から作る硬化油ではないか。

730 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 09:29:45 0
中国でも日式カレーは人気らしいね。
カレールーで作るのが一般的で無かったところ、
経済発展してる中国に日本の食品会社が売り込み掛けたら
都市部を中心に人気が出たらしい。

アジアの家電製品の炊飯器が普及した地域では、
それまで主流だったインディカ米の調理や保存が上手くいかず
ジャポニカ米の人気が高まってるらしい(日本の家電だから当然か)
日本風のおかずが流行するのも時間の問題かも。

731 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 09:44:35 0
数年前に、味の素のうまみ調味料に豚の酵素が入っているということで、大騒ぎになったね
そのときは、イスラムの高僧がそれは食べても戒律を犯したことにはならないということで、一件落着したが

日本にいるイスラム&ヒンドゥー教徒で興味あるのは、牛・豚肉を食べないとしても、
シチューやインスタントラーメンなどのインスタントやレトルト食品、各種ルーや○○の素の類に牛や豚のエキスが入っているだろうに、
それはどうしているのだろうということ

お菓子のゼリーだって、豚や牛のコラーゲンを使っているのもあるし、風味付けに酒を使っているのもあ

まあ、イスラム教も本来は寛容な宗教で、豚を食べてはいけないとか酒を飲んではいけないとかも
宗派によって違い、外国で知らずに食べた場合は大丈夫らしいから、いいのかもしれないが

これから、イスラム圏が経済発展して、異文化の交流が増えたら、その辺、大変だろうな

732 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 10:06:31 0
回教徒の食べていい虫は四種類のイナゴだけなんだけれど、
インドネシア人、蚕だのカブト虫の幼虫だのセミの子だの、食べるよな。

733 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 10:20:05 0
ユダヤ教徒やイスラム教徒は、海老やかになんかを食べてはいけない
世界一の魚消費国である日本人から見たら、おいおい、って感じだが、
まあ、あの人たちは砂漠の人たちで、海の幸が食べられなくても困らない

でも、インドネシアみたいな海国では、そのへん、どうなのかな
食に関する戒律が、砂漠国のものだと、いろいろ困ることも多かろう

734 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 10:31:24 0
>>733
海老を禁止してるのはユダヤ教でイスラム教は禁止してなかったと思うが。
イスラム教で禁止してるのは『ウロコの無い魚』で、
かってはウナギがタブーとされたが、
最近の研究で鰻にごく小さな鱗がある事が判りめでたく解禁となった。

735 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 10:38:27 0
あ、ホント 失礼
http://ameblo.jp/persian-cooking/entry-10038040006.html
中東のエビ料理

昔、リビアのカダフィ大佐をエジプトあたりがもてなして、
ディナーにエビ(だったような)を出したら戒律に触れるということで食べなくて、
そのときの、エジプト側が
「このような無知な若者が指導的立場にいるとは・・・」と思ったという話を読んだことがあるんで
エビではなかったのかな ウナギ料理だったのかな

736 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 10:39:38 0
海外での日本式カレーというと、やっぱりこの記事だな

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』
ttp://wiredvision.jp/news/200805/2008050121.html

737 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:01:05 0
>>734
禁止している。正確には許容していない。
イスラム教で食用の戒律では、許容しているもの以外は禁止、明確に禁止しているものも禁止。
水産生物で食べてようのは、明確に鰭と鱗と鰓蓋のある魚。
エジプトとかの緩いところではウナギは許容だが、サウジのような厳格なところでは鱗が明確でないので禁止。
マレー人は、遠洋航海が得意な割には、海辺には住まず、海産資源の利用も少なかった、インドネシアでも
海峡の影響の少ない小スンダ以東では割と海産物を獲るが、回教徒マレー人の住むカンポンは大抵海岸から
数キロ川を遡ったところにある。

738 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:08:30 0
鱗のない魚ってのはユダヤ教もだろう。
それにどちらにしても、エビやカニは食ってよい場合があるはずだが。
見ようによっては鱗はあるとも言えるからな。

739 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:09:14 0
>>737
イスラムの戒律は地域差があり過ぎると思う。
中東厳格な地域も有れば東南アジアとかだと割と緩い、
革命前のイランも革新的な方だった。

740 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:12:14 0
豆知識

南米産で最大の齧歯目のカピバラだが、
カソリックでの食材での分類は『魚』扱いなので僧侶が喰ってもよい。

741 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:14:42 0
中東と東南アジアでは、気候風土が違いすぎて、
中東発祥の宗教戒律を厳密に守ることは難しいだろうしねえ

742 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:17:21 0
>>740
ビーバーもそうじゃなかったか?
tp://www.ku-rpg.org/column/knight/knight03_c.html

743 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:19:01 0
ヨーロッパのビーバーは肉を喰いたい修道士達によって絶滅寸前まで乱獲された。
(尾びれが有るので『これは魚だ』と理屈を付けて喰ってた)

744 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:25:08 0
>それにどちらにしても、エビやカニは食ってよい場合があるはずだが。
昔読んだユダヤ・ジョーク集

ユダヤ人とキリスト教徒が汽車に乗ったら、コンパートメントで一緒になった
キリスト教徒は、ワインをちびちびやりだし、ユダヤ人にも奨めたが、
異教徒から注がれたワインを飲んだらいけないという戒律があるからと断った

その後、昼食でハムサンドを出して、ユダヤ人にも奨めたが、当然断られた

キリスト教徒:のども渇いたり、おなかがすいても戒律を守らなければならないのですか?
ユダヤ人:例外はあります
キリスト教徒:どんなときです?
ユダヤ人:命の危険があるときとか

すると、キリスト教徒は、やにわにピストルを取り出し、食べないとぶっ放すぞ、と言ったので、ユダヤ人は仕方なく食べた

汽車から降りるとき、キリスト教徒は、先ほどは失礼した、とユダヤ人に謝った。すると、ユダヤ人
いや、気にしてませんよ。でも、なんで、もっと早く脅かしてくれなかったんですか?

745 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:27:31 0
HAHAHA

746 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:28:03 0
正確には、
奨めたのではなく、「おすすめしたいが、ハムは食べてはいけないのですね」といったんだった

747 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:28:54 0
ああそうだった、
イスラエル軍では緊急の場合は豚を喰ってもよかったね確か。

748 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:36:12 0
正直緊急の場合ってあるんかいな。他はいっさいなくて豚だけ食べられるとか、殆ど有り得ない。

749 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:50:58 0
戦場で捕虜になったところで、敵軍も食料が無くなり、
「悪いが、豚肉しかなくなってしまった・・・」とか

750 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:57:04 0
いやそれありえないだろ。豚肉しかないとか。

751 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:57:53 0
今だったらアメリカも米飯食が普及してるからカレーも流行するかも。
普通の日本食と違ってアメ公が好きなガッツリメシも可能だし

752 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 11:59:14 0
>>750
加工食品とかしか残されてないとかなら充分あるんじゃないの?
レトルトカレーとかさ

753 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 12:55:44 0
捕虜虐待で、ハム・ベーコン・ソーセージみたいなものばかり出されたとかな

754 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 14:52:19 0
美味しんぼに植えつけられたダメ知識40
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/food/1277271121/

755 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 17:52:38 0
豚に限定しなくても親子丼とかうろこのない魚とかもあんでしょうに

756 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 18:24:26 0
あれはユダヤ教だったっけか・・・
乳と肉を同時に調理した物を食べてはいけない、と言う戒律を持っているのは。

だからチーズですら、凝固剤に植物性の物を使っているとか。

757 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 19:09:42 0
凝固剤が何の関係が?
牛乳とビーフのチーズバーガーとかは駄目なんだろうな

758 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 19:14:27 0
>>756
ヘブライ語は語彙が乏しくて表現が拙い。


759 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 19:15:14 0
乳と肉を同時に調理した物を食べてはいけない
 ↓
乳の取れる牛や羊はまだ肉にしてはならない


760 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 19:53:18 0
>>757
普通のチーズには、凝固材として”レンネット”と言う物が使われるが、
これは子牛の胃袋から取り出した物である。

761 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 20:07:18 0
おおそうなのか!
全然知らなかったよ
ためになるなここは

762 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 20:18:21 0
大草原の小さな家にでてくるじゃないか。。

763 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 20:28:56 0
つまり子牛はミルクを胃の中で固めてから消化するのである。
ふしぎじゃないか。。

764 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 23:36:41 0
>>760
子牛殺して作るんなら結構貴重なんではないか?
春から夏一杯かかって毎日作るのに、足りるの?


765 :世界@名無史さん:2010/07/30(金) 23:50:49 0
>>763
そうか
なんかすげえ


766 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 01:12:53 0
>>756
出エジプト記に「仔ヤギをその母の乳で煮てはならない」ってのがあったな
鶏+卵とか親子全面禁になったのはその拡大解釈で、割と最近らしいが

767 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 03:24:34 0
>>727
チキンティッカマサラが生まれるぐらいだしな。

768 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 13:37:54 0
>>764
つい最近までものすごい数の子牛が
レンネットのために殺されていたけど、
1962年に同じ作用を持つカビが発見されて
今は世界の7割のチーズがこっちを使ってるそうです。

ソースは「もやしもん」1巻

769 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 14:02:31 0
じゃあ、のこり三割は孔子の胃からとった奴なんだね。

770 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 21:05:46 0
>>766
>鶏+卵とか親子全面禁になったのはその拡大解釈で、割と最近らしいが

とすると、ユダヤ教では親子丼が食えないんですね。

771 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 21:54:06 0
チーズバーガー論争というのがあってしばらくゴタゴタグダグダしてたと思ったけどようやく決着ついたんか。

772 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 22:14:46 0
豚インスリンをどうするか?
なんてごたごたもあった様子。

773 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 22:50:51 0
一緒に料理するのがダメだとしても別々に調理されたものを
一緒に食べるのはOKなのかな?フライドチキンとゆで玉子とか。

774 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 23:42:37 0
>>770
記紀にもあるよ、
国津掟の七番目と八番目。「母と子と犯せる罪」「子と母と犯せる罪」って。
神道の戒律、天津掟が八つと、国津掟が十三あるよ。
十戒の倍だ。勝ったぜ。

775 :世界@名無史さん:2010/08/01(日) 03:20:37 0
 

776 :世界@名無史さん:2010/08/01(日) 11:53:31 0
16 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:38:27 ID:Hoi1QKqj
中国人は冷たいものは食べないそうだ。

だからおにぎりとかそー麺とか喰わないらしい。

17 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:40:36 ID:cKkKkdYV
>>16
冷やし中華は?
18 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:42:19 ID:BSN8Xu6q
それは韓国冷麺が起源。
19 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:44:24 ID:NyOcPWJd
>>16
おにぎりはコンビニで売ってるし、サラダなんかも食うんだがw
20 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:49:51 ID:lOEtNodM
>>18
冷やし中華は冷拌麺/涼拌麺から来てるから、中国からの発祥だろ。

具材・スープが似てはいるが、コチュジャンを使って辛みを付ける韓国冷麺と
ゴマと酢をアクセントとする冷やし中華は違うものだぞ。
21 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:51:12 ID:cKkKkdYV
>>20
韓国人はどう言ってるだ?

22 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 00:53:20 ID:lOEtNodM
>>21
奴等に喋らせると全ての物は自分達起源だろ。

23 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2010/07/30(金) 00:54:19 ID:GobRfHHu
>>21 中華料理の起源は韓国なんじゃね?

777 :世界@名無史さん:2010/08/01(日) 21:50:11 0
やっぱ中国人て途中でいれかわったんかな。
食文化とか途中でかわり過ぎ。。

778 :世界@名無史さん:2010/08/01(日) 22:42:12 0
>>777
なにいってんの?
江南の稲作文化も、鮮卑も女真もぐるっとまとめて中国文化だろ。

779 :世界@名無史さん:2010/08/01(日) 23:03:38 0
そんな汎中華主義、お前が認めてもオレはゆるさん。
このサクラ吹雪がゆるさんのぢゃ!

780 :世界@名無史さん:2010/08/02(月) 02:32:03 0
琉球も台湾もチベットも日本も含めて中華文化。
さあ、ひとつの国になれば争いごとがなくなる
まずは自衛隊を廃止しよう!

781 :世界@名無史さん:2010/08/02(月) 06:57:01 P
そんな外野をセンターひとりに任せるような暴挙は
監督が許してもファンが許さんぞ

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)