5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正史『三国志』 十七巻

888 :世界@名無史さん:2010/07/20(火) 19:42:08 0
230年に蔣琬が留府長吏になり、
侍中の董允と共に成都で劉禅のそばにいた時点で、
ある程度後継者の話は纏まっていたのでは?

李厳がちょうど仕事もしないで、要求ばかりするように
なってた時期だったし。諸葛亮の後継には相応しくないという
判断が内々で固まってたと思う。李厳を漢中に留めたのも、
蜀の本土にいさせず、不慮の時には後継にさせない処置だった
ように思う。

費褘と姜維で中央軍と漢中を監察させ、李厳・魏延が勝手なこと
をしないように見張っていたように思う。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)