5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正史『三国志』 十七巻

411 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 23:26:36 0
>>409
>が、丞相府幹部集団の多くが荊州人によって占められ
これは思い込みでしょう。李邵は西曹掾になっている。

>諸葛亮死後、蒋エン・費イを筆頭に朝廷の実権部分に多くの荊州人が存在したことは事実。
劉焉の時代と劉備の時代の2度に渡って多量に荊州人が入ってきている。
これはおかしなことではない。

>彼らは当然、派閥として動いている。
そう言い切る論拠がわからないんだけどな。
たとえば杜微を敬慕する人物の中には荊州人の王連がいる。

>複数の派閥は必ずしも相対立するものではない。
派閥の定義には「排他性」があると思ったけど。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)