5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無政府主義(アナーキズム)の歴史

1 :世界@名無史さん:2010/05/08(土) 11:20:21 0
19世紀に生まれた社会主義思想の一派でありながらも、
科学的社会主義(マルクス主義)とは激しく対立し、散発的な暴動と
王族暗殺といったテロリズムの基盤となってきた思想、アナキズム。

プルードン、バクーニン、クロポトキンなどのイデオローグがいたものの、
はっきり言ってその思想的全貌は社会民主主義やマルクス主義に比べれば遥かに分かり辛く、
テロのための思想のようなところがありながらも、ウクライナではネストル・マフノ、
日本では幸徳秋水や大杉栄、中米ではアウグスト・サンディーノといったような
個性的な人物を世界各地で輩出し、スペイン内戦ではルセロナにて自治を実現したっきり廃れて
しまったかと思いきや、近年はチョムスキーのようなイデオローグを獲得し、
再び盛り上がりを見せているこの思想。

知識人のオナニーなのか?それともマルクス主義のような全体主義を退ける、
今の時代に合致した社会主義思想なのか?
はっきり言って捉え所のないこの思想の歴史について語って下さい。

2 :世界@名無史さん:2010/05/08(土) 11:23:27 0
チョムスキーってどうなのよ

3 :1:2010/05/08(土) 11:26:05 0
南欧(特にイタリアとスペイン)で強いのが何故なのか気になるところ。
ムッソリーニの父親がアナーキストだったのは有名だし、
19世紀末から20世紀初めに王族暗殺を繰り返した無政府主義テロリストも
多くはアナーキストだった。

アナーキストは理論を嫌い、ひたすら直接行動(テロ、ゼネスト)を追い求め、
国家権力や政党に対して容赦なく行動するが、そういう気風とカトリックに関係があるのだろうか。

4 :世界@名無史さん:2010/05/08(土) 11:44:25 0
>>3
カトリックうんぬんより、単に後進国だったからでは?

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)