5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東洋の一神教と西洋の多神教

1 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 21:45:54 0
東洋の宗教は多神教、西洋の宗教は一神教と言う
ステレオタイプな見かたをしている人はいないだろうか?
それは一面的な事実としては正しいが
より正確な見かたはしていない
なぜなら東洋にも一神教は存在して
西洋にも多神教は存在したからだ

東洋の一神教であるイスラム教と
西洋の多神教であるギリシャ神話と北欧神話の宗教観
について語ってみないか?

2 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 21:51:52 0
今日の西洋社会におけるギリシャ神話の存在感は
決して小さくない
また今日の東洋社会におけるイスラム教の存在感は
決して小さくない

英語における太陽系の惑星名が
ローマ神話に由来して
英語の曜日名が古代の多神教に根ざす曜日名もあるように
今日の英語圏にも過去の多神教が現在に根付いている
そしてイスラム教の信者がキリスト教やヒンドゥー教の信者と比較しても
無視できないほど信者数が多いように
世界におけるイスラム教の存在は無視できないものだ

3 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 21:53:55 0
一神教と多神教の対比の切り口として東洋西洋を使うのが適切かどうかから考えた方がいくね?

4 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:01:42 0
一神教にも天使だとか聖霊だとかいるでしょ。多神教ではあれらもまとめて神って呼んでるの

ピラミッド型の序列は一緒で、
頂点だけを神と呼ぶか、まとめて神と呼ぶかの違い。それだけ

5 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:02:30 0
>>3
西洋と言うともっぱらヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア諸国(+ロシア)を
指すのではないだろうか?
これら諸国で信仰されている宗教は
事実上、キリスト教かユダヤ教くらいしかない

東洋と言うともっぱらアジア47諸国をさすが
アジアで力を持つ典型的な三つの大国と言えば
日本、中国、インドをさすがこれら三つの国で信仰されている宗教は
仏教、ヒンドゥー教、道教、神道といい、
全部、多神教だ

東洋の宗教は多神教、西洋の宗教は一神教と言う見かたは
ある意味、ステレオタイプな見かたとしては正しい

ヨーロッパ諸国と北米ではキリスト教とユダヤ教が根強いし
東アジア諸国と南アジア諸国では仏教、ヒンドゥー教、道教、神道が根強い

6 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:08:50 0
>>4
ヒンドゥー教、道教、神道には
一神教で見られる絶対的な超越的存在が置かれていない
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教では
世界を創造して人類まで作った
絶対的な超越的存在が置かれている
一神教の神格と多神教の神格は違う

7 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:10:39 0
われわれアジア人に一神教を教えてくれた
ムハンマドはもっと偉大な英雄として評価されてよい
なにせ多神教社会で一神教をもたらしたのだから

しかしなぜか無名なムハンマド
その上、アジアの一神教であるイスラム教も
無視されているし
もっと注目されてよい存在だ

8 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:21:44 0
仏教、儒教、道教の神は実在した(とされている)人間
ヒンズー、神道、ギリシア&北欧&エジプト神話の神は行動理念がやたら人間臭く、子沢山
ユダヤ三兄弟の神は人間性ゼロのマジキチ

9 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:23:58 0
律法の為にデザインされた事と、エジプトから命からがら逃げ出してきた連中が作ったと経緯を考えれば
「他宗教の神は全部悪」「信じない奴は地獄行き確定」ってイカれた教義も理解できるけど、21世紀になってまで信仰する神じゃないよなぁ

10 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:26:39 O
東アジアと中東いっしょきたにすんな

11 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:35:28 0
>>10

いや、多神教ばかりのアジアにおいて
一神教を構築したことは
アジアの宗教史で考えると極めて異議がある
なにせアジアは多神教ファシズムだからな

※是は反対に欧米でも言える
 欧米は一神教ファシズム

12 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:56:07 0
イスラム教の信者が多い国=中東諸国(西南アジア諸国)と
考えている奴がいるのかどうかは知らないが
一番、イスラム教徒が多い国は東南アジアのインドネシア

世界史を学ぶとムハンマドはアラビア半島で布教活動して
オスマン帝国、ウマイヤ朝、アッバース朝が有名だから
イスラム教=中東(西南アジア)の宗教と考えがちだが
一番、イスラム教の信者が多い国は
東南アジアのインドネシア

13 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 23:06:49 0
>>12
人口が多いだけで危険度は別の国の方が高いかもね。

14 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 23:12:30 O
「真の一神教」なんて存在しえるのか?

15 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 23:17:53 O
「アジア」というくくりがなんの意味もないと思うがそれはさておき。日本も天照なり阿弥陀如来を拝む一神教国になる可能性はあったのか?(中国や朝鮮なら天神かな?)

16 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 02:51:28 0
多神教ばかりのアジアにおいて
アジアの一神教を創始したムハンマドの
宗教的業績は、ブッタ以上のものがあると思う

筆者は熱烈なイスラム教徒ではないし
また一神教は好きではないが
純粋に宗教的な角度から見たら
アジアの一神教を創始したムハンマドは
アジアの宗教界において
超越的な偉人だと思うし
多大な貢献をした人物だ

筆者は同じアジア人と言うことで
ムハンマドには好感がもてるし
一神教嫌い、熱烈なイスラム教徒ではない筆者も
アジアの宗教界で一神教を興したと言う事実から
ムハンマドはアジアの宗教的な最高の偉人の一人だ

17 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 02:53:30 0
イスラム教はアジアの一神教なのに
なぜ日本ではアジアの一神教より
欧米の一神教であるキリスト教を根強く支持するのか?

18 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 03:36:35 0
>>17
キリスト教徒は韓国やフィリピンの方が多い。

19 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 15:13:07 0
日本はアジアの一神教支持者の方が多いな

20 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 15:52:07 0
>>8
いや、旧約聖書なんか読んでると一神教の神もなかなか人間臭いよ。
>>17
アジアなんてくくりがそんなに意味があるのか?
アラビア周辺の国々は文化的に明らかに日本よりヨーロッパに近い

実際日本人も中東をアジアとみなしていない節がある
日本人がアジアという場合東アジアか、せいぜいインドまでの範囲であることが多い

21 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:04:35 0
>>20
文化と地理はあくまで別
中東(西南アジア、あるいは西アジア)は地理的にはアジアに位置しているし
文化的にはヨーロッパに近くとも
トルコも地理的にはアジアに属している


22 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:28:48 0
>>21
じゃあなおさらアジアなんてくくりは意味ねーじゃん

23 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:50:20 O
地理的にって… じゃあ、ヨーロッパま地続きだからアジアだな

24 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:57:46 0
宗教進化論からすれば、日本の皇室神道は多神教から一神教に進化する一歩手前です。
八百万の神々が、天照の支配下に入ってゆくのは、多神教から一神教への進化の過程に他なりません。
事実上、戦前の日本の皇室神道は天照とその子孫である天皇を中心とした、一神教の世界です。


25 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:59:29 0
一神教と多神教についてですが、宗教を分類するときにしばしば用いられる用語ですが、
基本的に無意味だと私は思います。たとえば、インドにはシヴァやヴィシュヌなどの
たくさん神がいるので多神教のように思うかもしれませんが、根本には「ブラフマン」のような
一元的な原理を持っていますので、一神教とも言えます。
また、キリスト教は一神教の代表のように思われていますが、マリアや天使、あるいはさまざまな
聖人がいます。仏教についても、授業で紹介したように、無数にいる仏たちの一人がシャカにすぎない
という立場があると同時に、その背後に法身という絶対的な存在をたてます。
最近の風潮として、イスラム教は一神教で危険であり、日本のような多神教の国の方が寛容で、
優れているという説がまことしやかに語られますが、このような単純な二分法の方が、
はるかに危険でしょう。


26 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 14:05:50 0
儒教も天帝の一神教

27 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 15:18:36 0
>>25
あんね、ヒンドゥー教は複数の神を併存させているし
超越的な力を持つ神格がおかれているけど
他にも複数の神格を併存させているのであくまで多神教

>>マリアや天使、あるいはさまざまな聖人がいます。
マリア、天使、聖人は神格ではない
キリスト教は彼らを神格だと認めていない
あくまで神とは区別すべき神ではない異なる存在

28 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 15:23:33 0
>>22
今日の世界では
アジア、アフリカ、ヨーロッパ、
南北アメリカ、オセアニアと言う
くくりが用いられているし
アジアと言う地区が
位置づけられている
意味なくはないよ

>>23
あのね、ヨーロッパは
他の地区とは区別すべき
異なる存在として
位置づけられている

29 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 15:26:26 0
欧米人は聖書ばかり読んでいるから
多神教を理解できないという人がたまにいるけど
これは確実に大うそだな
ダーウィンやウェーゲナーが生まれてきたように
彼らはコテコテのキリスト教徒ではない
それ所か北欧神話やギリシャ神話の存在に見るように
彼らも独自に多神(多神教ではないが)的宗教観がある

30 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 15:42:27 0
>>28
話の流れを読めよ
>>17がアジアなんていう地理上の区分を持ち出して
> イスラム教はアジアの一神教なのに
> なぜ日本ではアジアの一神教より
> 欧米の一神教であるキリスト教を根強く支持するのか?
なんてわけの分からない疑問を呈しているから
>>20
> アラビア周辺の国々は文化的に明らかに日本よりヨーロッパに近い
ことを挙げて>>17の設問が無意味であることを指摘したまでだが?
宗教というのは文化的なものだろ

31 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:03:01 0
本稿では、本書の他の論考とは異なって、あえて「シヴァ教」という表現を用いるが、
その理由は、この宗教が一神教であるからである。ヒンドゥー教は多神教であると
いうのが一般的な理解であるかも知れないが、それは信仰の実際の現れにしか
目を留めない理解であって、信仰の深いあり方を無視するものである。
カトリックにおいてマリアや諸聖人が信仰されているからといって多神教とは
呼べないように、ヒンドゥー教においても深い信仰(バクティ)が存在している場面では、
信徒は一神教的信仰を抱いているのである。
http://www3.aa.tufs.ac.jp/~tjun/articles/henyou6.html

ヒンズー教は一神教(シヴァ教徒とヴィシュヌ教徒に別れる)

32 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 23:29:20 0
中東はアジアだが東洋じゃない


33 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 23:31:24 0
東洋という言葉自体が曖昧
英語で言うとオリエントだし

34 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 23:35:24 0
昔は東洋史に西アジアも含めたが
今考えると馬鹿げた話だよな


35 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 13:59:05 0
でも文化的な話をし始めたら
フィリピンやモンゴルはどうなるんだ?
フィリピンはアジアに属するにしては
文化的にアジアではないし
モンゴルは東アジアに属するにしては
文化的には東アジアではない
モンゴルよりベトナムの方が
文化的には東アジアに近い

36 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 14:01:34 0
地理と文化は明らかに別もの
というか地理と文化は分けて考えるべき

一応、地理的には西南アジアは
アジアに属した地域だし
文化的な事情は抜きにしても
アジアという枠組みに組み込まれる

37 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 14:38:06 0
なんか話が噛み合ってないな・・・
別に誰も中東がアジアに属していることを否定してはいない
ただ、単に地理的概念に過ぎないアジアという枠組みにこだわって
>>17のような設問をすることに何の意味があるのかっていうこと

38 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 14:44:33 0
イスラム教徒の大部分はインド系・マレー系だ
彼らは東洋人だろう

39 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 23:10:20 0
アナトリア半島を小アジアというけど
日本人のいうアジアは極東アジアから中央アジアまでだろ


40 :梵阿弥:2009/08/03(月) 15:22:29 0
>>27
キリスト教の場合、YAWHとイエスと、神が2つ在りますね。
してみると、キリスト教は2神教ですか。
2神教であれば1神教では無くて、多神教だという事に成りますね。
私の場合は、いわゆる1神教と多神教に本質的な差を認めません。
>>4,>>25の人もそうらしいですね。
私には難しいことは解らないから。細かいことは気にしない。
しかし貴方の論法だと「キリスト教は多(2)神教」ですね。
そして、多神教は1神教者じゃない、とお考えな訳ですね。
すると「キリスト教は断じて1神教じゃ無い」という事ですか

41 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 10:21:04 0
キリスト教では父・子・精霊は一体とされているんだよ
それを否定したアリウス派なんかはイエスの神性を否定してるし

42 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 14:43:40 0
大天使ミカエルって神じゃないの?
不動明王は神らしいが?
天使と神の違いはなに?
漫画の明王伝レイだったか、
大天使ミカエルが不動明王に命令してるよ。
天使って神より偉いんだ。


43 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 14:49:18 0
大天使ミカエルと摩利支天は同一人物らしい。

44 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 18:37:33 0
個人的に神様の存在は信じているけれど。
政教分離が出来ていれば、神は唯一だろうが複数だろうが、
それは聖なる仕事の職務体系だから問題視する必要ないと思うよ。

45 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 22:06:49 0
キリスト教のお祈りは、「天にましますわれらの父よ」で始まるが、
これは神と人とが、親子のように愛と信頼の関係で結ばれていることを示している。
自分を深く愛してくれる親がいてくれれば、それだけで子供は安心する。
生きる勇気が勇気が沸いてくる。だからキリスト教徒は安心と幸福を得ることができる。
だから神様は1人でなくてはならない。父親が大勢いたらおかしいもんね。むしろ怖い。
まあ、多神教の神々は畏怖の対象だから。
災害のときに生贄をささげて、「どうか怒りをお沈めください」って対象だ。


46 :世界@名無史さん:2009/10/23(金) 13:47:56 O
アジア=ユーラシア-ヨーロッパであり、ヨーロッパ中心の見方による区分であり文化的なまとまりではない。

西アジアは人種的にも文化的にも圧倒的に東アジアよりヨーロッパに近い。

ヨーロッパに対するのはアジアではなく東アジアや南アジアだ。

47 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 09:53:45 O
西洋の一神教に対する悪いイメージの由来は
ユダヤ教よりもギリシア哲学の、
更に言えばローマ帝国の宗教政策内の負の側面の影響の方が
ずっと大きいんじゃ無かろうか……と思っている今日この頃です。

皆様は如何でしょうか。

48 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 11:21:01 0
>>41
最近は聖母マリアも加えて聖四位一体とかいう話が公会議で持ち上がってるらしいけど
こうなってくるともう何でも有りだよな

日本人が何にでも神社立てるのと同じで何にでも神と一体認定しちゃえばいいわけだし
欧州も日本も田舎臭い多神教の概念を捨てきれないんだなあ

49 :世界@名無史さん:2009/11/30(月) 08:11:15 0
ヨーロッパとアジアと言われてもな。
ヨーロッパはユーラシアの西の方のほんのわずかの地域をヨーロッパとして
自分たちより東の地域を全て「アジア」、アフリカの北端を「アフリカ」と呼んだのが最初だしな。

アジアなんて本当は西アジア、中央アジア、シベリア、南アジア、東南アジア、北東アジアと
少なくともこれくらいに区分できるはず。
そして西アジアの文化とか考え方はヨーロッパに近いしなあ。
人種的にもコーカソイドたし。

50 :世界@名無史さん:2009/11/30(月) 08:16:38 0
>東洋の一神教であるイスラム教と

そんなこと言ってたらユダヤ教やキリスト教もアジアの宗教という事になるが?
パレスティナも区分的にはアジアだし、
イエス・キリストも主にパレスティナで活動したはずだが?

>欧州も日本も田舎臭い多神教の概念を捨てきれないんだなあ

いや多神教が田舎くさいとか古臭いとはいえないと思うが?
あらゆる物や場所に霊や神様が宿るという考え方はありだろう。



51 :梵阿弥:2009/12/16(水) 15:48:51 0
>>41
3位1体説ですか。それはキリスト教の中の1つの立場に過ぎません。勿論、最大派閥ですけどね。
そもそも「1体」とは一体どういう事なのか。
例えば、完全に同一の存在の別名、なら、何故YAWHに対しイエスが「父よ」と呼び掛けたのか。
イエスは自分に向かって「父よ」と呼ぶ、変な人?だったという事ですか。
ま、只の人じゃないんですけどね。「神と1体」だそうだから。
でも後世の見解ですよね。果たして自分で「神と1体」と思ってたんでしょうか。
また、「ロゴスが受肉した」というのは、私には「イエスは神の化身だ」と聞こえます。
こういうのは「陪神」と見るのが常識的な感覚だと思います。
精霊(聖紳)も、我等の中にも在るらしい。すると我等もYAWH/イエスと1体なんですか。
自分が全知全能だなんて、信じられません。貴方は信じられるんですか。
「1体」といっても、同一なのか、対等なのか、相似なのか、分業なのか、色々在る訳で。
その辺を考えないと、単に人から聴いて鵜呑みにするだけの人だ、と思われませんかね。
ついでに、貴方の主張だと「アリウス派はキリスト教では無い」
という事になりますね。何故なら
 >キリスト教では父・子・精霊は一体とされているんだよ
と在る。「それを否定したアリウス派」は「キリスト教では」無い、という事になりますね。
何でまた「非キリスト教」(少なくとも貴方にとって)の見解を紹介なさったのでしょうか
>>45
マリアを始めとする諸成人に捧げ物して祈ってますよね。無病息災とか。
あれは多神教的行為だとお考えな訳ですか。
ついでに、YAWHは怒りの神として畏れられてもいます。最後の審判、在りますよね。
マリアが人気なのも、父だけでは物足りないからです。
で、貴方はどうなんですか。YAWHとイエスと、どっちが父なんですか

52 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 07:13:00 0
いわゆる
セム人の神っていうか旧約の神以外は一神教でわないのではないか?
われいがいに神無し
とかいってあれが宗教だとすると他は確かに宗教ではない感じがする
もしくは他が宗教ならあれは宗教では無いっていう

そしてそれは”西洋”じゃないしょ
アラビア半島発の変わった宗教で本当に”神”だったりして

53 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 09:36:20 0
旧約聖書にも偶像神ではあるけど神はいるわな
サタンは被造物かもしれんが神にヨブへの疑念を吹き込むぐらい近寄れるし

で、東洋と西洋の境目ってどこ?
アドリア海?ボスポラス海峡?ヨルダン川?ウラル山脈?
アフリカ大陸は東洋のうち?

54 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 10:54:31 0
精霊ってのがよくわからん。
教えそのもののことなの?
神の化身?
妖精みたいなもの?

55 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 16:42:52 0
聖なる御霊(みたま)、本来は神がアダムに吹き込んだ「生命の息吹(ルーアハ)」。
キリスト教的には使徒行伝で弟子たちに降り注いだ「炎の舌のようなもの」で、
これに満たされた者はあらゆる異邦人に通じる言葉で語ることができるらしい。
バベルの塔の事件より前は、人類は同じ言語を話していたというからそれだろうか。
まあ、神道的にいうところの分霊(わけみたま)とか鎮魂帰神とか。
あとイエスが洗礼を受けたときに鳩の姿で聖霊が降りてきたというが、
創世記のしょっぱなでは「神の霊が水のおもてを覆っていた」とある。

また、ユダヤ教の知恵文学では神のホクマー(知恵)が擬人化・女性化されて語っており、
ギリシア語でソピアー(知恵)やエクレイシア(集会)と呼ばれ、グノーシス主義と結びついた。
カバラではシェキナー(神の臨在)と呼ばれる女性的なエネルギーが存在するとされ、
これが神と結合することで宇宙的神人合一がどうたらこうたら。たぶんヒンドゥー教でいうシャクティ(女性原理のパワー)のことだろう。
どうせ三位一体も聖母崇敬も、イエスの磔刑から何百年も経った公会議で正式な教義とされたことで、
しかも主教らによる多数決だったので、論理的(理性的)な解決にはなっとらん。「信ぜよ、さらば救われん」だ。

56 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 17:13:36 0
>鳩の姿で聖霊が降りてきた
>神のホクマー(知恵)が擬人化・女性化
大ざっぱに言えば、神の化身・分身や妖精みたいなものでいいのかな。

57 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 18:51:33 0
とりあえず被造物である天使や、アニミズム的な妖精/精霊(スピリット)ではない。
まあなんちゅうか、「神自身の意思、働き、エネルギーの具現化」かな。化身・分身というのが近いかも。
イエスも「私のあとで、父なる神と人とを仲介する真理の御霊、助け主(パラクレートス)が遣わされる」と語ったとされるし、
人間もがんばれば聖霊が神からの恩寵として降り注ぐとかどーとか。

イエス自身がパラクレートス=聖霊ということではないらしい。
またイスラームではパラクレートスを読み替えて、これは最後の使徒ムハンマドを示すイエスの預言だとした。
ちなみに正教会では「聖霊(聖神゜)は父なる神から発する」としているが、
カトリックが9世紀ごろ「子(キリスト)からも聖霊が発せられる」と勝手に改変して大論争になった。

58 :エビちゃん親衛隊:2010/05/09(日) 14:35:03 0
中東・欧州
ユーラシアの中で最も一神教が発達した地域が砂漠気候の西アジア。
この影響を受けて独自の発達を遂げて、世界各地を制圧して中心となっていったのが、
北西部のヨーロッパ。
ここはまずキリスト教徒VS異教徒意識が先で、
他地域を制圧するに従い白人VS有色人種意識になっていったと思う。
東南アジア
モンスーン地帯ではあまりオリジナルでは一神教は発達しなかったが、
東南アジア南部のマレー系地域ではイスラムが多数派になった。
同じ東南アジアでも仏教徒が多数派のインドシナ系とムスリムが多数派のマレー系では
文化がかなり違うと思う。
インドシナは中国南部の少数民族が色黒の先住民と混血してできたものに対し、
マレー系は荒々しいメラネシア系文化の延長とインド・アラブからの影響が加わったものだろう。
インド
女性抑圧などメンタル面では非イスラム教徒でも中東・アフリカに近いように思う。
北・東アジア
日本人は北アジア文化+東アジア文化(中国・朝鮮)だろう。
中国・朝鮮は北アジア系の侵入を受けても、
文化は日本ほど北アジア的なほのぼのした家族的な雰囲気はないと思う。
日本人の方が他のアジアを広く「同じアジアの人々」とみなすのに対し、
非常に閉鎖的で自地域を中華、他のアジア地域を蛮族とみなす傾向が強い。
日本はハード面で東アジアの影響を受けても、メンタル面では開放的な北アジアの気風があるように思う。

59 :世界@名無史さん:2010/05/20(木) 15:43:46 0
ぬっちゃけ。、アジアとヨーロッパとの区分っちゃあ、
ユーラシア大陸で、中世までにローマ帝国及びキリスト教の文化的影響の強かったところがヨーロッパ、
ヨーロッパでない部分がアジア、くらいのものだ。
地形で判り易い区分をとると、ボスポラス・ダーダネルス海峡、カフカス山脈、ウラル山地、が境。
多少の例外はあって、アジアにはみ出したキリスト教圏のアルメニアとか、ヨーロッパにはみ出した、
イスタンブール市域、アルバニア、ボスニアなんかがあるけれどね。

世界の西の果てのはずの中世にカトリック圏だったところを世界の中心に据えて、そこからみた東の
世界を、近い順に、近東(ローマ帝国が支配したことのあるところ)、中東(アレクサンドロス三世の
攻略した範囲)、極東(中世までにカトリック圏人が到達しなかったところ)に、区分。
中世末期に西向きに出航して到達したアメリカ大陸、再“発見”したグリーンランドなんかは、
西向きに出て到達する極東(意味的におかしいが、要は、カトリック圏・中近東のほかは全て“インド”)
=西インドだったり、意外に大きな陸地(南北米州大陸)の存在を知り「西半球」だったりする。


60 :心ある右翼:2010/05/22(土) 13:02:11 0
<1
もっと宗教の事を調べてからスレたてないとまったくかみあっていませんな。




61 :世界@名無史さん:2010/05/24(月) 21:04:43 0
一神教みたいな胡散臭いもの、開明度が高いと受け入れられないわな。
インドシナはインドに近い、インドと江南との通商路のあったから、インドの文明が
早くから到達した。イスラム教やなんかが到達する前には、相応に開明どの高い社会
になっていたわけよ。
島嶼の方は、開明化するかしないかの時期に運悪くイスラム商人が入ってきてしまった。
ちょっとのタイミングの差なんだよ。本格的に外部と接触する前に統一国家を形成できた
マダガスカルなんかは人種はアジア島嶼部と近いのに、イスラム教もキリスト教も
根付いてないだろ。

62 :世界@名無史さん:2010/05/24(月) 22:17:10 0
マダガスカルの人口の4割はキリスト教徒だが。(ムスリムは7%、伝統宗教が5割)
統一国家を形成したのもせいぜい19世紀初めで、ハワイ王国と同じ頃。
西欧化政策を進めたがキリスト教禁令で頓挫し、結局フランスに植民地化された。

あと、韓国人は3割がキリスト教で、仏教より多い。儒教は0.2%。

63 :世界@名無史さん:2010/05/24(月) 22:26:26 0
宗教進化論からすれば、日本の皇室神道は多神教から一神教に進化する一歩手前です。
八百万の神々が、天照の支配下に入ってゆくのは、多神教から一神教への進化の過程に他なりません。
事実上、戦前の日本の皇室神道は天照とその子孫である天皇を中心とした、一神教の世界です。


64 :世界@名無史さん:2010/05/25(火) 03:04:38 0
宗教進化路って、キリスト教のプロパガンダじゃねえかw

65 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 03:57:32 0
アジアって西アナトリアのことだろ。

66 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 07:01:40 0
>>62
>あと、韓国人は3割がキリスト教で、仏教より多い。

仏教はキリスト教には絶対に勝てない。
時の権力者の庇護がないと信者を取られる。
日本も檀家制度の強制で葬式仏教が根付いた。


67 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 12:37:38 0
ベトナムはフランス領だったのにカトリックはあんまり根付いてなくて
国民の大半は大乗仏教だが

68 :世界@名無史さん:2010/05/27(木) 01:18:53 0
>>67
ベトナムは社会主義国だろ。


69 :世界@名無史さん:2010/05/27(木) 01:29:13 0
社会主義国では伝統宗教は必ず根絶されるのか?

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)