5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?6

1 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 16:41:25 0
社会主義、共産主義が敗北したとされる一方、資本主義の敗北が確定的になった現在。
社会主義化が進むとされる、世界経済のこれからの展望を多角的に語って下さい。

過去スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1218621769/
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1194349395/
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1188353983/
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1185813799/
前スレ
なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1232288951/

2 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 17:09:40 0
>>1
立ててくださってありがとうございます。

3 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 20:28:55 0
次スレ

なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?6
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1244101285/

4 :共産主義 大劣勢:2009/06/04(木) 20:52:07 0
追記:第6回目のスレを立てました。
   過去1〜5回のすべてで社会主義、共産主義擁護側は苦戦というより惨敗を喫しています。
   理論面はもとより歴史的な諸問題、現実に生起しつつある問題の分析でも劣勢は否めません。
   皆さまの奮起を期待します。

5 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 20:57:37 0
>>4
はあ(溜息)。また印象操作を狙って大嘘を書くんですか。
サブプラ危機の炸裂後は完全に社会主義側優位でスレの情勢変わってるでしょう。
それで必死になって工作員続々投下してきた癖によく言うわ。

6 :テンプレ 統一創価常駐の動かぬ証拠:2009/06/04(木) 21:12:38 0
統一協会・創価学会批判に対し、
「微妙に宗教に対して偏見がある」などと絡んでくる人は、
統一協会員・創価学会員以外に存在しません。



769 :世界@名無史さん:2009/05/28(木) 19:24:20 0
>>765
霊感商法や合同結婚式、洗脳問題と人身売買疑惑がある統一協会、
そして実質的に統一協会である勝共連合、
やはり同様に様々な疑惑があり被害者の会まである創価学会、
そんな反社会的組織と係わっている自公こそが正真正銘のきわものなんだが。
創価学会なんかはフランスではカルト指定されてる危険集団だし、
統一協会に関しては上述したように既に犯罪を行っているし、
破防法が適用されないのが不思議なくらいの危険集団なんだぜ。

770 :民主は仏敵、菅が来る、仏敵を追い払え――創価学会www:2009/05/28(木) 19:28:21 0
民主党は仏敵だ、菅直人が来る、仏敵を追い払え。呪いのお経をあげたら、突然、突風と
大風が吹いてきて、大雨がきて、菅直人とその候補者は、粉々に退散した(学会員から拍
手が沸き起こる)
石井一(民主党)。2008年10月15日水曜日、参議院の予算委員会にて。
http://www.youtube.com/watch?v=WqpAEZjWa_I

771 :世界@名無史さん:2009/05/28(木) 19:43:16 0
>>769
微妙に宗教に対して偏見があるようなんで、指摘しておくな

なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1232288951/769-771

7 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 22:23:41 0
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1232288951/1000
訂正。鎮圧されて失敗に終わったのは1905年革命のほうね。
1917年の2月革命のほうは勝利している。
このときもレーニンはスイスのチューリッヒにいて不在だったw

8 :衝撃映像:2009/06/04(木) 22:30:22 0
社会主義国、共産主義国では、今日もどこかで天安門事件だ・・・
なんでこんなことになってしまったのか・・・<溜息>

http://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

共産党の地方幹部が、路上で一般国民を・・・<合掌>

9 :怖い:2009/06/04(木) 22:42:28 0

>>8

(((( ;゚Д゚)))(((( ;゚Д゚)))(((( ;゚Д゚)))
ガクガクブルブル がくがくぶるぶる

10 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 22:53:48 0

共産党、社会主義者、共産主義者の犯した犯罪、罪を考えると気が重くなる…



11 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:00:09 0
ここはそういうスレじゃないと思うが・・・

12 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:02:13 0
でもここは”なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?”を検証するスレであって
主義者の犯罪を糾弾するスレではないと思うんだなあ

13 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:13:06 0
>前987
警察や査察が正しく機能していればね。
警察や査察が企業に買収(直接的な買収だけでなく、政治家などを通じた間接的買収も含め)されたら終了。

>前990
そのためには最低でも教育とマスコミが国家機関や独占資本に支配されてなければいけない。


上二つが、逆に言えば、民主性が機能するかどうかの分岐点になると思う。

14 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:31:49 0
ローザはレーニンを批判したとして、彼女を持ち上げたい主義者どもが多いようだが、
所詮彼女もマルクスに毒された電波でしかない。

国家が行う戦争には反対だが国家転覆の暴力テロは肯定するというサヨクのダブルスタンダードの元祖だし、
プロレタリアートはこれを共産党が指導して初めてプロレタリア革命を起こすことが出来ると理論と予言だけは立派だが、
実際には水兵の反乱に思い切り虚を突かれ、その後も穏健社民主義が政権を取る流れが出来ていたのにあくまでも共産党主導の
革命にこだわり、反乱軍をそそのかす論文を書いて、穏健社民主義者を激怒させてワイマール共和国における政権の共産党排除の流れを作った。



15 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:58:05 0
>>12 それについてはこんな見解もある。(地球温暖化を信じない人向け?)

「共産主義国家」の破綻原因
 − 所有形態や計画経済にあらず
ttp://sun.ap.teacup.com/souun/346.html

ソ連崩壊の真相/the peak killed the Soviet Union.
ttp://www.the-commons.jp/commons/main/rick/2006/05/the_peak_killed_the_soviet_uni.html
ソ連崩壊は経済体制ではなく「石油危機」によるものだという説のようです。

東欧・ソ連などの社会主義崩壊の原因は、“不運”。
ttp://www.geocities.jp/kenjro232/genin.htm
これはいくらなんでもww 
たしかに、歴史には偶然の産物という要素があることも無視できません。
レーニンがロシア革命の中で権力を手にできたのも運が味方したところがある。

16 :世界@名無史さん:2009/06/04(木) 23:58:47 0
>>8-10
親米政権なら何やってもOK、共産党政権なら何やってもNG、
そんなカルト連中の戯言には付き合う気にもなれん。

>>14
また始まった。あんた本当は公安警察じゃないのか?
スレに常駐してる無知な勝共連合とレベルが違いすぎるし、
特殊な反共教育を積んだ人間の線が濃厚になる。

また、14の話は、当時のドイツの破滅的・無秩序状態を理解していないと、
全く実像を掴めないばかりか、誤った知識を手に入れる可能性がある。
ドイツ社民党がどういう対応を取ったのかの知識があれば、
全く違った反応になる事は間違いないだろう。

17 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:07:27 0
当時のドイツや社民党のやった事について知らない方へ。
この中でドイツ社民党やローザの話が出てくるんで参考にどうぞ。

やる夫がフューラーになるようです
http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1211.html

これを読めば14がどういう人間なのか理解が深まりますのでw

ヒント フライコール 虐殺

まあ、前からこのスレの自称反共主義者は共産主義者が相手なら
大量虐殺してもムショにぶち込んで拷問してもいいってノリの
危険な奴らだから、今更驚きはないが。
こんな奴らが旧社会主義国を批判するんだから笑える。
普通に資格ないです。

18 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:18:43 0
>>17
ローザを虐殺したことについては誰も正当化していませんが? 頭大丈夫アルか? 
まあ当時の社民党がやったことだから、どちらかというとサヨクの内ゲバに近いだろう。

帝政時代ですら命の保証はされていたのに、社民主義者の方が容赦なかったな。

いずれにしろ、社会主義政党から共産主義者は排除したほうが返って社会政策はうまくいく。
是古今東西の真理也。








19 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:30:00 0
>>14
レーニンやボリシェヴィキを批判したから全部マンセーという意味でないので悪しからず。
マルキストの中ですらもその思想をめぐってかなり論争や対立があったという史実を確認
しているだけです。ここではその思想の是非や賛否については言及していません。
史実について語っているに過ぎません。その種のイデオロギー論争は政治思想板へどうぞ。

20 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:33:55 0
>>18
>>14はどう読んでも、「ローザ=悪、ドイツ社民主義者=善」という一面的図式で
語っているように見えるけど。

21 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:49:07 0
>>18は、>>17のツッコミの意味を理解して返答しているのか? そうとは思えない。

要するに、>>17>>14を単に真似たツッコミなんだということが。

>>14の発言それじたいにも>>14が主張していることと同じことが言えるわけであって、
>>14は単に天に唾を吐いているだけだとね。
自分が書いていることの自己矛盾、ダブルスタンダードにお前のほうこそ気づけとね。

22 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 00:55:47 0
>>20
そう読んでしまうのはあんたの頭が単純だからとしか思えませんが?
あんたの頭からみえる世の中には容共か反共かのどちらかしかいないんだろ?w

社民党の共産党員虐殺を正当化する気はさらさらないしな。
政治犯として牢屋に入れて置く位で良かったんじゃないかな。
武力闘争を正当化し、国家転覆を扇動するマルクス主義運動家を閉じ込めておくのは、
社会の安寧のために必要だったろうね。

もしローザやリープクネヒトの共産党が何かの間違いで権力を握っていたら、理論を社会に適用しようとするが
結局理論がうまく立ち行かないことに焦ることになり、そのうち弾圧を始めたんじゃないかな。
何しろ、転覆するのに暴力を正当化するのだから、転覆してからも理論が全うするまで暴力を正当化するだろう。









23 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:02:10 0
>>21
bakaを相手にしても仕方が無いが、
>>14のどこが天に唾を吐く行為なんだ? 
頭の2行を除いて、後の4行は歴史上の事実。そしてここは世界史版。
頭の2行は俺の意見だけどな。

>>19も含めて、ここの「容共社民主義者」どもは、ここで史実を語ることも意見を語ることも許さないらしい。
だからあんたらの仲間に権力を与えるわけにゃいかない訳でね。平気で言論弾圧を始めるだろうね。

まあ現在はその怖れはないから自由にやっているが、そうでない赤化の危機の時代もあったので、
主義者を牢屋に入れるくらいは必要だったと言うわけだ。

24 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:09:46 0

共産主義者が次々と血ぬられた大量犯罪に手を染めるようになったのは
その教義、理論的欠陥によるところが多い。
その犯罪をきちんと総括して、理論・哲学・世界観の欠陥を究明し、
埋葬することが重要であろう。

25 :遊び?で殺人:2009/06/05(金) 01:21:57 0
僧侶を射殺する共産軍兵士 ヨーロッパ人が撮影成功
共産主義者=仏敵、法敵の証拠映像

http://www.youtube.com/watch?v=P5sWncFiYnA&feature=related

26 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:23:42 0
>>22-23
言論弾圧を容認するファシストのようですね。
正当化する為に詭弁を弄しているが全く説得力ないですよ。
虐殺を正当化している事も文章を読めばわかります。
もっともあなたのような言論弾圧魔に対しても
言論の自由を容認するのが民主社会なんですがね。

>>24
本当にこのスレの自称反共主義者って変な人ばかりですね。
おどろおどろしい取り合う気にすらならない事を書いてみたり。

27 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:41:21 0
>>17
そのリンク先のAA小説見る限り、暴動に対して過剰反応で虐殺をやった、という風に読めるが。
軍を取り込んでの革命を画策、実行しようとしたというのが事実なら、それだけで重罪だろうに。

少なくともピノチェト政権の弾圧みたいな一方的な虐殺事件とは同列に出来ないね。

まあそのAA小説自体、相当反共寄りの観点から書かれてるっぽいから、どこまで額面通りに
解釈していいのか分からんけどね。

28 :日本のローザ!:2009/06/05(金) 01:43:26 0
↑ 皮肉をつぶやいていないで前向きに語ろう!
  日本にもローザがいたんだ!
  55秒後の鏡の場面を見逃さないでね。

http://www.youtube.com/watch?v=r89FY14Ax38&NR=1

29 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:44:33 0
共産主義は本質的に悪だから。
日本でも米国でも最底辺のクズしか信奉者はいない。

30 :日本のローザ!:2009/06/05(金) 01:46:06 0
↑ 皮肉云々と言ったのは、>>26 に対してでした。

31 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:47:16 0
>>29
>共産主義は本質的に悪だから。
>日本でも米国でも最底辺のクズしか信奉者はいない。

自己紹介乙です。

32 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 01:49:57 0
>>29
そういうことだね。
少なくとも人間性では、クズだね。
理論の中に内在化された欠陥によるところが大きいんだろうね。



33 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 02:18:26 0
>>23
>>14はどう読んでも史実以上の価値判断によるイデオロギー的裁断をしているように読めるがね。
でなければ>>17に反論する理由がないだろう。


34 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 02:27:33 0
>>12 それについてはこんな見解もある。(地球温暖化を信じない人向け?)

「共産主義国家」の破綻原因
 − 所有形態や計画経済にあらず
ttp://sun.ap.teacup.com/souun/346.html

ソ連崩壊の真相/the peak killed the Soviet Union.
ttp://www.the-commons.jp/commons/main/rick/2006/05/the_peak_killed_the_soviet_uni.html
ソ連崩壊は経済体制ではなく「石油危機」によるものだという説のようです。

東欧・ソ連などの社会主義崩壊の原因は、“不運”。
ttp://www.geocities.jp/kenjro232/genin.htm
これはいくらなんでもww 
たしかに、歴史には偶然の産物という要素があることも無視できません。
レーニンがロシア革命の中で権力を手にできたのも運が味方したところがある。

35 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:04:06 0
>>33
>どう読んでも史実以上の価値判断によるイデオロギー的裁断をしているように読める

あんたの頭じゃしょーが無さそうだね。
悔しかったらどう読んでもじゃなくて、史実と論理に基づいて反論しろよ。



36 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:13:39 0
スレ違い。

>>34


37 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:18:19 0
>>14
> プロレタリアートはこれを共産党が指導して初めてプロレタリア革命を起こすことが出来ると理論と予言だけは立派だが、

これ、レーニンの間違いじゃないか? ローザはそのレーニンの共産党前衛主義に終始敵対的だったことで有名のはずだが。

38 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:20:03 0
科学技術が発達し、労働に占める人間の役割が極端に少なくなれば、
社会主義的な計画経済も全く不可能というわけではないでしょう。
農業や漁業などの食料関連分野が完全工業化され、
俗にいう肉体労働がロボットに代替される時代になれば。
大体、アンドロイドすら今世紀中に製造するのは難しいと言われてるのに、
その程度の科学技術力で社会主義が可能であるはずがない。

39 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:31:05 0

人間的要素も大きいのでは。
レーニン、スターリン、毛沢東、金日成・正日、ポルポト…
開明派と誤解されたケ小平も、天安門大屠殺の下手人。
大量殺人鬼のオンパレード。
毛沢東は、これに変態性欲魔が加わる。<主治医が暴露>
日本の共産主義者も同様。

40 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:41:39 0
ローザが国家による戦争はすべていかんと考えていた、というのは初耳だが。

41 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 03:42:02 0
>>39
そういうアホな事を書くから自称反共主義者と面が割れるんだよ。
あんたの脳内には金太郎飴の共産主義者しかおらんのかいw

42 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:01:34 0
ローザは、レーニンの共産党前衛主義に終始徹底的に反論しつづけた代表的論客として知られ、
ロシア革命はもちろん、当時のドイツでのあらゆる革命にもその立場から否定的だったとされ、
ドイツ共産党の武装蜂起の指示を出したのもリープクネヒトで、ローザはそれに反対したらしいが。
はて、これを覆す新説が出されたのかな?

43 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:12:43 0
>>37
あんたわざととぼけてるのかい? 

ローザはマルクス階級闘争論に基づいて、共産主義理論によるプロレタリアートの組織化と蜂起が
革命に絶対的に必要だと考えていた過激派でありテロ扇動者ですよ。>>14で言われているとおり。

レーニンと対立したのはプロ独の解釈であって、革命後の共産党独裁に反対し、
多党制と政権の敵対者(ブルジョワ)の選挙権を保証することを主張した点。

それにしても当時のドイツ社民党がやった共産党員虐殺は人数もやり方も尋常じゃないね。
まさに左翼のお得意技「内ゲバ」の走りだ。
ヘーゲル左派以来、彼らには宗教性が失われているから死体も物としかみないようだね。

比較で言えばだが、日本の特高のほうがはるかに紳士的だった。
小林多喜二も拷問死させたとは言え、亡骸は家族に返したし。
特高は転向させるのが目的だったので、反天皇制の共産主義者を取り締まったのであって、
転向さえすれば労働運動自体は認めていたし、河上肇などもそうした一人。

と言うとまたどっかの誰かが、反共の統一協会が特高による虐殺を正当化した! とか言い出しそうだなあ。

>>40
はいはい、「ブルジョワ国家によるすべての戦争」な。
当時のヨーロッパの国家とは(マルクス主義者によれば)「ブルジョワ国家」しかないんだから
国家によるすべての戦争だよ。革命後の共産主義国家がやる戦争なら善なのかもね。あと未開野蛮人の国家の戦争とか。








44 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:17:02 0
>>43
また言論弾圧魔のお出ましですか(嗤)

45 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:24:34 0
>>38
『ドイツイデオロギー』のなかで語られてもいる条件にもそれがありますね。
共産主義の物質的前提条件として。

一、人類の大多数がプロレタリアートになっていること (←要するにサラリーマンが大多数の社会か)
二、生産諸力の発展 (←これは絶対に必要な前提だと彼らはいう)
三、人類の普遍的交通(従って普遍的競争)の確立 (←生産手段のグローバル化のことか)

一は三の「世界市場」を前提にしているともある。
プロレタリアートは、共産主義同様、世界史的な存在でしかありえないという。

46 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:42:27 0
>>43
これ以上、嘘は書かないように。
ローザがレーニンと論争したのはそれだけではない。
民族自決論をめぐってもそうだし、レーニンの前衛党主義にも
メンシェビキとともにローザは反対した。
ドイツにおいてもプロレタリア革命は大衆政党が担うものであり、
当時のドイツにおいてこのような政党はまだないと彼女は考えていたようだ。

47 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 04:48:38 0
>>43
> 当時のヨーロッパの国家とは(マルクス主義者によれば)「ブルジョワ国家」しかないんだから
> 国家によるすべての戦争だよ。革命後の共産主義国家がやる戦争なら善なのかもね。あと未開野蛮人の国家の戦争とか。

かりに君のいうとおりとして、すべての国家戦争に反対しなかったということなら、
ローザは何も矛盾していないわけじゃん。君のダブスタという主張は覆る。

48 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 05:13:24 0
>>38
ロボットとは限らないよね。機械化でいい。
例えば、半導体の基盤を造っている工場はほとんど機械化されていて、
無人工場とまではいかないけど、いまではそこに人がほとんどいない。

あるいはテイラー主義的生産方式などの生産管理による効率化でもいい。
生産手段の効率化が可能な発展があれば、そのぶんだけ少ない人的労働力での
生産力が実現するので、マルクスも労働時間短縮の可能性に言及した。

49 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 07:17:47 0
国家主導資本主義こそ両者のいいとこどりをしたハイブリッド経済。
最強の国家体制。

50 :43は正論:2009/06/05(金) 11:16:14 0
>>43
冷静に客観的に世界的視野でみれば、43の言うとおり。
どうも左翼・共産主義者は、事実・真実はどうかでなく、
自分たちに都合良いか悪いかでものごとを決める。

都合が悪ければ、嘘言うな、言論弾圧、反動、謀略、権力の手先…。
歴史に学ぼうとしない、というより学べない。
で、カルトな議論にふけり、勝手に自分たちは人民の前衛だと思っている。
行きつく先は、収容所列島。
共産国に比べれば、日本の特高、憲兵ははるかに知的、良心的、紳士的。
これが歴史の真実だ。




51 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 11:31:56 0
万国の労働者よ、今こそ団結し行動を起こすのだ!

52 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 11:44:48 0
バンコク市民「やーだよ」

53 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 17:39:31 O
>>1
中国から天文学的借金をした結果、国を担保に取られた米国を見てると、「資本主義が勝利した」なんて思えないのだが?W

54 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 17:40:15 0
今の中国を何の国だと思ってるんだ?

55 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:02:14 0
バイエルン革命じゃ革命派によって「体制派」が惨殺されている。
革命派に性器を切り取られた男女の死体が出てきたり・・・
女の性器をどうやって切り取るのかは知らんがね。

56 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:24:24 0
>>54  今の中国を何の国だと思ってるんだ?
 → ソ連に代わる変態性共産帝国国家

>>55  革命派に性器を切り取られた男女の死体が出てきたり・・・
    女の性器をどうやって切り取るのかは知らんがね。
→ たぶん、そういうのが世界一番得意なのは支那人。
   彼らがドカドカ来るようになったら、そういう死体も増えるかも。
   食われてしまうこともあるだろうな。


57 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:24:25 0
>>54
国家主導資本主義の国
これ最強

58 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:29:00 0
後追い国として、何を作れば良いかが見えていれば政府主導も悪くない。
先進国になった時にその切り替えが出来なかったのが日本。
前車の轍を見た中国はうまくやれるか。

59 :支那人ってのは・・・:2009/06/05(金) 18:33:41 0
しかしヒドイな。コンクリートブロック、粉々だ。

http://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

革命のために、こういう連中の獣性を「解放」し利用したのが、共産党、共産主義者だ。
>>55じゃないが、共産主義者はただ殺すのでなく、殺しを楽しんでるようだ。


60 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:42:41 0

社会主義、共産主義、マルクス主義、社会民主主義…を熱く語ってる人達は、少し「キ印」ということですね。
それとすぐ、反共主義という人もアブナイ人ですね。


61 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:46:42 0

>>60
それ結論だよ。
きれいにまとまった。
今回は早く決まった。

ではこれで、               《 完 》

62 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 18:50:59 0
>>54  党・国家主導守銭奴の国 これ最凶 これ最低






63 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 19:42:49 0
共産主義公認のルイセンコ生物学によれば、
人も動物もシバけば遺伝形質に至るまで改良されることになっていました。
収容所は共産主義者からの愛です。
シバいたくらいで死んじゃうなんて、心がけが足らんのです。
革命精神があるなら愚公山を動かすのです。

64 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 20:42:09 0
>>63 ↑ハハこれ面白い。また公安だって書かれるよ。


65 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:24:58 0
>>60-61
あからさまな自演をする自称反共の勝共連合カルト統一協会員が一番のキチガイなんじゃないか?

>>64
へえ、きみって公安なんだ。だとしてもちっとも驚きはないが。
凄い国だね、日本って。もし勝共連合カルト統一協会員の仕業と思われてる
言論弾圧レスを書いてるのが公安なら、公安は14みたいな危険思想で動いてるんだ。
共産主義者なら虐殺しても言論を奪おうが構わないって危険人物が。
お〜コワ。中国や北朝鮮の国民虐殺弾圧魔と同じ志向を持ってるなんて。

66 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:29:03 0
>>60
>社会主義、共産主義、マルクス主義、社会民主主義…を熱く語ってる人達は、少し「キ印」ということですね。
>それとすぐ、反共主義という人もアブナイ人ですね。

でも、これでハッキリしたな。
社会民主主義もこのスレの自称反共が討伐対象に認定してるって事が。
もうこうなってくると反共でも何でもない。ただのカルト。

危険だねえ、勝共連合カルト統一協会員は。

67 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:36:10 0
AB団とか内人党とかでぐぐりゃ分かるが
「俺たちを批判する奴は"敵"の手先!」と叫ぶのが
共産主義者のお約束。

中国共産党も今ではそんな姑息な真似はしない。
やっているのは北朝鮮くらい。

・・・なんだが、伝統芸能と化した日本の共産主義者団体では
今でも忠実にやっているみたいなんだよなあ。

68 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:44:14 0
>>67
0点。あんたらなら前スレで自爆して常駐の事実が発覚したばかりだろう。
統一創価批判に「微妙に宗教に対して偏見がある」と絡む奴は統一創価だけだ。


769 :世界@名無史さん:2009/05/28(木) 19:24:20 0
>>765
霊感商法や合同結婚式、洗脳問題と人身売買疑惑がある統一協会、
そして実質的に統一協会である勝共連合、
やはり同様に様々な疑惑があり被害者の会まである創価学会、
そんな反社会的組織と係わっている自公こそが正真正銘のきわものなんだが。
創価学会なんかはフランスではカルト指定されてる危険集団だし、
統一協会に関しては上述したように既に犯罪を行っているし、
破防法が適用されないのが不思議なくらいの危険集団なんだぜ。

770 :民主は仏敵、菅が来る、仏敵を追い払え――創価学会www:2009/05/28(木) 19:28:21 0
民主党は仏敵だ、菅直人が来る、仏敵を追い払え。呪いのお経をあげたら、突然、突風と
大風が吹いてきて、大雨がきて、菅直人とその候補者は、粉々に退散した(学会員から拍
手が沸き起こる)
石井一(民主党)。2008年10月15日水曜日、参議院の予算委員会にて。
http://www.youtube.com/watch?v=WqpAEZjWa_I

771 :世界@名無史さん:2009/05/28(木) 19:43:16 0
>>769
微妙に宗教に対して偏見があるようなんで、指摘しておくな

なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗れたのか?5
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1232288951/769-771

69 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:46:56 0
   _人人人人人人人人人人人人人人人_______
   >  ゆっくりしていってね !!!   <
    ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ   ./;;,ィ''"´ ̄`゙゙ヾ;ミミミ;;、
  .i;}'       "ミ;;;;:} /ミミ/゙       ゙:::゙iミミミ:l
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:| iミミ′:     :  ..::::_;ミミ;ミ;リ
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;| .ヽ,! ゙ .,;;;..''  ''゙゙;;_ ゙:::ヾ;;;;;;/
  |  ー' | ` -     ト'{. .} :'゙::“:゙:. l::'゙.”:゙;.::'':;;゙irく
 .「|   イ_i _ >、     }〉}.  | ヽ .,r ..:::、   ..::::;;;トl;|
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'  |..  :' ''ー;^''::ヽ. :':::::;;;i::ソ
   |    ='"     |.    l、 ←‐'‐→、! ..::::;;;l゙´
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     ヽ.. `゙゙゙.,゙´ '":::';;;ハ、
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ   _,,/`i、 -:: -:::'::゙:::;;ツ'::::`;、_
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i-‐''" | ゙;、 i":;;:::::;,/':::::::::;!::::`::-、.._
   ヽ、oヽ/ \  /o/   .|  .l゙  ゙ヽ:;,ン'":::::::::::::/::::::::: : -


70 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 21:59:49 0
「敵」が連絡をとって自分を監視しているという妄想は統合失調症によくあるらしい。
なにかそういう精神傾向の人を引き付ける要素があるのかな、共産主義って。

71 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/06/05(金) 22:06:49 0
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

72 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 22:10:28 0
ソビエト崩壊したのに共産主義を信奉して何になる?
中国もロシアも実質的には国家資本主義だし
世界中に共産主義のシンパなんていねーっての。

73 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 22:13:05 0
>>70
全く相手にされてないねえ(爆)

74 :世界@名無史さん:2009/06/05(金) 23:03:02 0
>>14>>16-17
というか、ドイツ革命の後に権力を握った社民党から用済みになって切り捨てられ、
にっちもさっちもいかなくなって蜂起したらここぞとばかりにフライコールに潰された
というのが実情。

この点は明治維新後の赤報隊弾圧と似ている。

>>42
ローザも反乱軍に新聞社占拠を示唆するなど、結構微妙なことをしてるのは事実だけどね。

75 :日本のローザ:2009/06/06(土) 01:17:54 0
共産主義者の失敗は主体性放棄の外国物まねにある。
まずは、日本のローザに学ぼうじゃないか。

http://www.youtube.com/watch?v=r89FY14Ax38&NR=1

見よ、この革命精神。




76 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 03:49:55 0
共産主義者は、洋の東西を問わず狂ってる。

77 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 05:12:24 0
バーゲンのときのおばさんの醜い商品のうばいあいに共産主義を見る

そのこころは、大衆は本当は平等など望んでいない

78 :↓統一原理に洗脳された基地外の一言↓:2009/06/06(土) 06:44:30 0
共産主義者は、洋の東西を問わず狂ってる。

79 :↓統一原理に洗脳された基地外の戯言↓:2009/06/06(土) 06:45:13 0
バーゲンのときのおばさんの醜い商品のうばいあいに共産主義を見る

そのこころは、大衆は本当は平等など望んでいない

80 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 06:50:01 0
結論:
統一原理に洗脳された人間は、洋の東西を問わず狂ってる。
反共活動のときの統一信者の醜い笑みと罵詈雑言に統一協会を見る

そのこころは、カルトは本当に人間の心を殺す恐るべき存在である

81 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 06:54:05 0
↑ただの基地外の戯言↑

82 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 07:02:44 0
>>81
なんだ、正論すぎて反論できなくなったか(爆)

83 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 07:13:29 0
なにか論があったか?

84 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 10:30:04 0
とりあえず、ドイツ革命とか中国の国家体制とか、そういう社会主義・共産主義に直接間接に関係する話を
やるんでなかったらよそでやってくれ。

別に俺は共産主義者じゃないので(反共でもないが)共産主義をアカだの狂ってるだの罵倒されても怒らんけど、
(酔っ払ったチンピラが暴れてるのを傍目に見て呆れるくらいには不快に感じるが)
それでスレを埋められたら社会主義・共産主義の話がまともにできなくなる。

共産主義を罵倒するレスが出るたびに勝共がどうとか書いてる人、あんたも同様だよ。

85 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 11:00:20 0
勝共がどうとか書いてる人←反省しないに5000ウォン

86 :84:2009/06/06(土) 12:05:56 0
だから、そういうふうにここで書き込んでる人をわざわざ叩く必要があるのかって話してるんだよ。

お前ら本当はドイツ革命の経緯とか、中国の政体とか、そういうことはどうでもいいんじゃないか、
単に思想的敵対者を叩きたいだけなんじゃないかっての。

87 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 12:16:55 0
はいはい 身内にはやさしいね
自分は第三者のつもりかよ

88 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 12:21:02 0
共産主義者どもに一言言いたい
自分たちが何を話そうとしているかよく考えて話せ
共産主義国家が何をしてきたか、その現実をことわることなしに公共の掲示板にしゃしゃりでてくんじゃねえ
なにはなくとも、共産主義国家の悪事の反省を枕詞に書け 以上

89 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 13:29:52 0
>>88
>共産主義国家の悪事の反省を枕詞に書け

つまり総括か?
なら資本主義者や帝国主義者も
チリのピノチェトクーデターや韓国の光州事件、
イスラエルによるパレスチナ人虐殺
更に新自由主義による大量の自殺者
などに対して総括しろよ

90 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:00:19 0
>>86
あなたは

>共産主義を罵倒するレスが出るたびに勝共がどうとか書いてる人、あんたも同様だよ。

と言うが、実際には85みたいな輩が常駐してるわけ。どう考えても普通に勝共連合。
そもそも勝共連合が相手では議論が成立しないし、現にこれまでもそうだったじゃん。
当時主流派のマルクス主義者だったカウツキーのソ連批判、
ユーロコミュニズムの件、どれを出しても全部意味不明のレスしか返ってこなかった。
結局彼らはマルクス主義と民主主義が絶対に融合できないものだと決め付けたいだけ。

91 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:02:28 0
話が成立しない輩とは、敵か味方かという目でしか相手を見ない輩のことだな。

92 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:04:27 0
>つまり総括か?
そうだよ。散々おまえらが他人に強要してきたことだよ

>なら資本主義者や帝国主義者も
資本主義はつまるところ重商主義だし
帝国主義は自国自衛のための方法論にすぎない。
目的ではなく、手段
すなわち、この手段をとる人たちの存在意義は否定されない。

>チリのピノチェトクーデター
>韓国の光州事件
共産主義者の自業自得だろ

>更に新自由主義による大量の自殺者
は?聞いたことがない

93 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:07:21 0
あと、マルクス主義と議会制民主主義のセットは普通に可能です。
そして議会制民主主義が機能するかしないかは社会主義共産主義とは別次元の問題。
現に今の新自由主義体制では民主主義の機能不全が問題になっているし、
アメリカでは大資本家による国家の私物化がかなり深刻になってる。
エコノミックヒットマンなんて国家機関が大資本家の私兵として動いた証拠で、
正直、一体、いつの時代の話だと突っ込みたくなるくらいの後退だよ。

ただし、そうは言うものの、民主主義がまともに機能している国であれば、
社民主義政党が政権を頻繁に取っているし、共産主義政党も一定の議席を得ている。
共産主義政党が資本主義の批判者として君臨し、問題点に警鐘を促す社会では、
資本主義が比較的健全に運営されるので、結果的に民主主義も機能する。

社会民主主義政党が、現実の政権を担う政治勢力であるとすれば、
共産主義政党は、資本主義を健全に運営する為のよき批判者といった位置づけ。

94 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:10:33 0
>>90
>当時主流派のマルクス主義者だったカウツキーのソ連批判、
ユーロコミュニズムの件、どれを出しても全部意味不明のレスしか返ってこなかった。

やっぱ全然反省してねえwww
他人には総括しろとせまっておきながら、自分は差別されているってアホだな共産主義者どもは。
人権うったえているやつが一番人権ふみにじり、徹底的に言葉を利用しているだけってのは笑えるな
だから誰も信用しない。

まあ、おもしろそうから、このまま勝手にひきこもってろよwww
おまえみたいなアホがすべてを世の中のせいにしてのたれ死んでいく様を見てると
飯がうまいからなwww

95 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:11:57 0
>>93
市民が政府と対峙するにも経済基盤が必要。
政府に生殺与奪が握られている者が政府と戦えるか?
シンガポールはそのサンプル。

「よき批判者」とは噴飯
ナチズム政党だろうが神権政党だろうが機能的には一緒じゃないかw

96 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:12:07 0
>>91
勝共連合はただそれだけじゃないからな。
結論を決め付けて誘導し、更には反共思想のプロパガンダと引き込みを狙ってる。

>>92
>共産主義者の自業自得だろ

チリのアジェンデは民主的な選挙を経て政権を取ってるんだが?
このスレの自称反共さんは相変わらずだね。

97 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:13:45 0
>>86
94-95を読めばわかるでしょう。結局こういう奴らなんだよ。
94なんか中身すっからかんで何も書いてないのと同じ。

98 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:16:30 0
>>93
こんな馬鹿がいるのが理解できないな
妄想の世界に住んでいるとどうやら夢の世界のできごとを現実世界の延長で話せるらしい
またおもしろいサンプルがとれたよ


民主主義は特定の考え方を守護するものではない。
国民の意見を政治に反映させる方法にすぎない。

マルクス主義は宗教。
まず政教分離の原則に反するし
宗教は他の宗教を基本的に排斥する傾向があるために
現実的な組織運営に対して親和性がない。

99 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:19:30 0
>>96
だから合法的に人を殺すんだろ?ww

100 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:20:25 0
>>96
>結論を決め付けて誘導し、更には反共思想のプロパガンダと引き込みを狙ってる。

おまえが優奈w
反共の部分だけ書き換えれば自己紹介じゃねえか。

>>96
>チリのアジェンデは民主的な選挙を経て政権を取ってるんだが?

ナチスと同様にね。

101 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:20:38 0
で、資本主義者が資本主義の名目で人を殺したためしがあるかね?

102 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:23:39 0
アジェンデが大躍進のごとき大実験で経済を破壊しているときに
民主主義と国を心中させるべきか否かは難しい問題だわな。

103 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:33:56 0
>>97
分からないようじゃ、まだ反省が足りないんじゃね?
分かるまで反省してなさい
まともな反省文がでてくるまで誰も共産主義者を許しませんよ

まあ、あなたがたが民衆に押しつけてきたことを同じよーにされてるだけです。
共産主義者さん。健忘症ですか?


自由主義国ではちがう考えをもつ他人を認める自由があります。
しかし、どこまでも自由を認めているわけではありません。
相手も同じく、自由主義をうけいれてはじめて認められるのです。

たとえば、カルトは排他的ですが、われわれはカルトを許容できますか?
こちらは与え続け、カルトは貪るだけ。
こちらが被害をうったえても、意に介することもしません。
そして、こちらが怒り疲れ、だまってしまえば、これをいいことにどこまでも自分の家に進入してきます。
社会においては、その共同体内で和合する意志を持ってはじめて、その構成員は認められるのです。
和合しないものに自由は与えられません。唯一除かれるのです。
そして、この自由の制限は、カルトのそれとは異なります。
悪貨が良貨を駆逐するとき、良貨は一時悪貨とならなければなりません。


104 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:34:13 0
>>101
資本主義つうか反共の名目でならあるな。

105 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:40:27 0
>>103
なんか共産主義者の主張をそのまま裏返したような
紋切り型オルグ口調だな。
両方一人でやってるのか?
登場のタイミングも一緒だし。

106 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:56:23 0
だから、共産主義者がしたことを逆にしてやってるって言ってるだろ

107 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:00:55 0
おまえらがこの世からいなくなるまでやめない

なぜなら、おまえらが社会に対して、根本的に同じ気持ちで接しているから
そして反省の態度もとらない
みんな忘れたと思って、自分もみんなと平等の権利があると主張しても、誰も認めないぞ

108 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:04:29 0
>>88
で、その場合の共産主義者というのはどこからどこまでを言うので?

共産主義国家の悪事というのは、つまるところ、権威主義体制に他ならない。
で、実際にはその権威主義を否定する、明らかに共産主義国家の指導者とは
相容れない思想を持っている人物にまで共産主義のレッテルを貼って攻撃することが
行われたのだけどね。
そもそも、共産主義国家というのは実態としては国家資本主義というのは既に
何度も言われている通り。

>>889
これも同様で、チりや韓国、そのほか中南米や東アジアの軍政は
官僚的権威主義、国家資本主義と規定されるからな。

というか、東アジアの冷戦の歴史を語る上で、官僚的権威主義という概念は
不可欠の概念なのに、ここまで殆ど出てこないのがそもそもアレだけどな。

109 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:08:34 0
>>98-103、106-107
気持ちの悪い奴らだなあ、勝共連合は。
反論にもならん反論を書き、カルト教団の洗脳術丸出しの方法を取る。

>おまえらがこの世からいなくなるまでやめない

やっぱりファシスト勝共連合なんじゃないか。

110 :108:2009/06/06(土) 19:09:39 0
まあ、国家資本主義ということなら、アメリカこそ国家資本主義と言うべきだがな。

何もオバマ以降のアメリカの話をしてるんじゃなく、愛国者法やエコテロリスト法などで
反政府的な言論を弾圧しているし、諸外国にエコノミックヒットマンを送り込んでいるし。

111 :再投下:2009/06/06(土) 19:11:16 0
90 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:00:19 0
>>86
あなたは

>共産主義を罵倒するレスが出るたびに勝共がどうとか書いてる人、あんたも同様だよ。

と言うが、実際には85みたいな輩が常駐してるわけ。どう考えても普通に勝共連合。
そもそも勝共連合が相手では議論が成立しないし、現にこれまでもそうだったじゃん。
当時主流派のマルクス主義者だったカウツキーのソ連批判、
ユーロコミュニズムの件、どれを出しても全部意味不明のレスしか返ってこなかった。
結局彼らはマルクス主義と民主主義が絶対に融合できないものだと決め付けたいだけ。

93 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 18:07:21 0
あと、マルクス主義と議会制民主主義のセットは普通に可能です。
そして議会制民主主義が機能するかしないかは社会主義共産主義とは別次元の問題。
現に今の新自由主義体制では民主主義の機能不全が問題になっているし、
アメリカでは大資本家による国家の私物化がかなり深刻になってる。
エコノミックヒットマンなんて国家機関が大資本家の私兵として動いた証拠で、
正直、一体、いつの時代の話だと突っ込みたくなるくらいの後退だよ。

ただし、そうは言うものの、民主主義がまともに機能している国であれば、
社民主義政党が政権を頻繁に取っているし、共産主義政党も一定の議席を得ている。
共産主義政党が資本主義の批判者として君臨し、問題点に警鐘を促す社会では、
資本主義が比較的健全に運営されるので、結果的に民主主義も機能する。

社会民主主義政党が、現実の政権を担う政治勢力であるとすれば、
共産主義政党は、資本主義を健全に運営する為のよき批判者といった位置づけ。

112 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:12:08 0
>>108
共産主義者にいわせりゃソ連も中国もキューバも日共も革丸も中核も全部ニセモノで
今では自分のセクトだけが本物ということだからな。
しかしこれじゃ会話にならん。

「共産主義の悪」を言うなら、権威主義など枝葉の話であり
本質は、「絶対的な未来」を定義して
全ての人間がその実現のため奉仕しなくてはならず
それを阻む者は有害人間として抹殺されるべし、という思想にあると思うがな。

113 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:17:14 0
>>112
あの、一体、何回同じ詭弁を書けば気が済むんですか?

>共産主義者にいわせりゃソ連も中国もキューバも日共も革丸も中核も全部ニセモノで
>今では自分のセクトだけが本物ということだからな。
>しかしこれじゃ会話にならん。

ロシアで論争があったと散々書きましたよね。

メンシェビキ―共産主義は資本主義を経由しなければ到達できない
ボリシェビキ―ロシアは資本主義を経由せず共産主義に到達する事が可能だ

結局、メンシェビキの主張が正しかったわけで、そもそもマルクス主義は前者の立場でしょ。
こんなのセクトが何たらなんて話じゃない。ずっと昔から言われてたこと。

あなた方が古めかしい反共プロパガンダを成立させる為に都合よく共産主義を定義し、
それ以外を排撃したいという考えなのはわかりますが、そういう事がしたいなら他所に行きなさい。

自分のセクト(統一原理)だけが本物って姿勢なのはあなたの姿勢そのものですよ。

114 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:18:31 0
ソ連時代はパン一切れで一日中監視労働だったよ。
あんたらがいかに良い生活してるか・・・・・・

115 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:22:43 0
>>113
資本主義を経て共産主義に到達したケースなんて存在しましたっけか?

で、この人はメンシェビキですか。
普遍主義を唱えるに個々の共産主義者の主張は十人十色だから
面倒くさいことこの上ないなあ。

116 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:24:16 0
>>114
そこまでひどいのは政治犯とか戦時中とか。
国民の過半がそういう状況というのは
北朝鮮でもさすがにあり得ない。

117 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:33:40 0
>>108
だから、宗教教団が人類の平等を説きながら
上下構造をもってるのと同じだろ。
教義と実態が異なることはよくあること。
だからって教義は真実か?
おれの経験からいえば、どんな立派な教義があろうと、社会に与えられた恩を
仇で返すような手段をとるものは教義もカルトと見なされる
宗教国家は教義ゆえに必ず矛盾を含む。
宗教が日常になり、拘束力がなくなるまで、苦しみはつづく。

宗教は国家概念(共同体概念)の下におかなければいけないとは、なんども言ってきたこと。
そして、共産主義は国家概念の破壊を目的としている

118 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:33:51 0
>>92
>>チリのピノチェトクーデター
>>韓国の光州事件
>共産主義者の自業自得だろ

韓国の反政府運動は抑圧軍事体制への反乱であって共産主義運動ではないだろ。
チリのアジェンデ政権だって「オマエが言う『共産主義』」かどうかは?だ。

>>更に新自由主義による大量の自殺者
>は?聞いたことがない

は?小泉以来、日本では1日平均何人が自殺していると思っているの?



119 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:34:56 0
>これも同様で、チりや韓国、そのほか中南米や東アジアの軍政は
>官僚的権威主義、国家資本主義と規定されるからな。

だから、官僚は官僚的権威主義なんてものを信奉してないんだよ


120 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:36:28 0
>>92
>目的ではなく、手段
>すなわち、この手段をとる人たちの存在意義は否定されない。

出ちゃったねw
低学力丸出しの作文!w声に出して読んでみたら?
オマエ国語1だろ?w


121 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:36:48 0
>>111
ほら、ぜんぜん反省してないだろ
だから共産主義者はつぶすしかない

122 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:38:37 0
>>119
ふ〜〜〜ん
じゃあオマエは手段であれば何でも肯定できるわけ?
一応、「資本主義体制の中にあるもの」なら?



123 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:38:38 0
>>118
たとえば民主党政権になったら自殺者が減るのかねえ。
経済苦で自殺しているという説をとるなら
たとえばCO2排出25%減なんて採用したら恐ろしく人が死ぬのかねえ。
というか今自殺している人も小泉じゃなくて京都議定書のせいじゃないのかねえ。

まあ、悪いことが起これば全ては「敵」のせいということで。

124 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:40:36 0
>>123
>民主党政権になったら自殺者が減るのかねえ

民主党は堂々と新自由主義マンセーをしていましたけど、かつての党首岡田(イオンの息子)がw


125 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:40:36 0
>>113
だから、おまえらの自分勝手な論理で話すなよ
メンシェビキがそこまで批判してたなら、すぐボリシェビキ打倒すればよかっただろが
なんで、活動しなかったんだ?言ってみろ

126 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:40:55 0
ソ連末期にトラックから食料を供給される景色が思い出す
あのころはもうみんな不満が溜まって人知れずギスギスした空気が漂っていたわ。

127 :108:2009/06/06(土) 19:43:18 0
>>113
>あなた方が古めかしい反共プロパガンダを成立させる為に都合よく共産主義を定義し、

都合よく共産主義を定義し、その定義に基いて反共活動をやるならそれはそれで筋は通ってる。

問題は、明らかに彼らの定義する「共産主義」とは異なるもの(社民主義や自由社会主義など)にまで、
共産主義のレッテルを貼って排撃していること。

128 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:43:22 0
>>123
>まあ、悪いことが起これば全ては「敵」のせいということで。

これは勝共シンパの奴らにもあてはまりますが。
「戦後の教育をダメにしたのも低学力も日教組のせいだ」みたいなw

ちなみに八木某はどこかで「自分が東大に行けなかったのは高校にいた日教組教師のせいだ」みたいなこと言っていたっけw
ほんとは自分の頭が悪いだけなのにねw


129 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 19:49:03 0

>>115
この人はメンシェビキ、じゃなくて、そもそもマルクスが言ってるのはそういう話。

>>121
>ほら、ぜんぜん反省してないだろ
>だから共産主義者はつぶすしかない

反省するのは詭弁を弄して反論せず、人格攻撃ばかりしているあなたの姿勢では?
それにしても統一協会員は恐ろしいですねえ。ファシスト丸出しで。

>>125
反論らしい反論をしてね。あなたのは暴力団が一般市民に因縁つけてるのと同じレベル。
しかし段々とカルトの本性剥き出しになってきてるね。おまけにテレビドラマの警察の取調べみたい。
統一協会やば過ぎ。この人達、教団内部でこんな事ばかりやってるんだろうか?

130 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:00:14 0
>>129
でたよ、カルトの論理。
カルトはまず敵をつくる。で自分勝手なことをしておきながら反論しても自分たちの教義マンセー。
ちゃくちゃくと被害者をつくる。
で、おまえらなめてんのかというとやっぱ野蛮な人たちですねとくる
被害をとどけでても、それはうちの教義とはちがいますね
教えが分かってない半端者の仕業ですとトカゲのしっぽ切りww

北朝鮮と同じで、実力行使しかないんだよ、こいつらには

131 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:00:19 0
>>129
マルクスはいろんな事をいっている。
たとえば婦人を共有しろとか家族を廃止しろとか。

「科学的社会主義」であるならマルクスの託宣であろうとなかろうと
結論は演繹的に導出されるはず。
でも結局は都合のいい文だけ抜き出しては権威づけに使うだけ。
こういうのを神権主義という。

132 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:09:38 0
しかも、カルトは批判者を何か悪魔の使いのごとく扱うからな
批判者は徒党なんて組んでないっつうのw
勝手にすべて一組織のしわざにしてんじゃねーよww
反共は思想じゃねーだろ、準被害者の集いなんだよ

133 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:15:13 0
>>130-132
カルトは勝共連合=統一協会員のあなただけで十分です。
そもそも資本主義が行き詰まったその先に共産主義があるというのが
マルクスの主張なのだから、資本主義を満足に経過していない国が
共産主義に到達などできるはずがない。
旧社会主義国を自称とするのがマルクス主義者の見方でしょう。
もちろん非マルクス主義系の社会主義者にはそもそも関係ない話ですが。
また資本主義が行き詰まった後に必ずしも共産主義がくるとは言えない
というのがイマニュエル・ウォーラーステイン。

134 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:18:04 0
>>132
>しかも、カルトは批判者を何か悪魔の使いのごとく扱うからな
>批判者は徒党なんて組んでないっつうのw
>勝手にすべて一組織のしわざにしてんじゃねーよww
>反共は思想じゃねーだろ、準被害者の集いなんだよ

あーあ、お里が知れちゃいましたねえwww

>しかも、カルトは批判者を何か悪魔の使いのごとく扱うからな
>カルトは批判者を何か悪魔の使いのごとく扱うからな
>カルトは批判者を何か悪魔の使いのごとく扱う
>批判者を何か悪魔の使いのごとく扱う
>批判者を何か悪魔の使いのごとく
>何か悪魔の使いのごとく
>何か悪魔の使い
>悪魔

共産主義を悪魔呼ばわりしてるんでうっかり漏らしたようですね。
普通、日本人は悪魔なんて言葉を滅多に使いません。
政治の話をしてる時なら尚更こんな言葉は出てきませんよ。

馬鹿だねー、勝共連合=統一協会員。

135 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:19:21 0
そりゃ社民の保坂とかの切り口はおもしろいよ
もっとましなやつで同じ切り口考えられなかったのかよと罵倒したいこともしばしばある
だが、社民は切り口はおもしろくても、実現しようとしている世界がきもすぎなんだよw
まじこいつら撲滅しないと

136 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:23:00 0
ちなみにおれは宗教の有用性は認めているからな
共産主義がおとなしくしてれば、べつにおそってくやしないよ
あと、おれは統一、創価もつぶす満々だ

137 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:33:53 0
何を問われても「マルクス曰く」でしか応答できない訓詁学が
科学的なんちゃら主義とか名乗るなよ。
疑似科学的社会主義とでも名乗れ。

138 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 20:34:36 0
あと、おれは社会問題として、カルト宗教が共同体で興しているさまざまな害毒をたくさん見てきたが
同時に、カルト被害者が感情的に高まって、カルト的になる傾向も見てきた。
批判しているうちに、過激な言葉が過激な言葉をよび流れをとめようがなくなることがある。
こうなるといくら注意しても、実際に工作員もいることもあって
あいつらの差し金だろとなり、過激さはとまらない。



そうなると、良識もってるやつ多いから集まり悪くなってたいてい沈静化する
そういうとき中には、早く過去をスッパリ忘れて、もう関わるな、それが勝ち組という人もでてくる
ある意味、正解だ。
おれはそいつらを非難するつもりはないが、同時にカルト批判の大事さも認めさせることをこころがけている。
問題は批判者達が団結するために神聖不可侵な原理をつくること。

もしつくってしまうと、自分らがカルトと変わりない。
カルト批判者は、世の中をよくしようと活動しているわけで
自分たちのために世の中を動かそうとしているわけではない。

理性的な訴えをするにはどうすればいいか、考えろ
いまだ批判の声が現実的なかたちに反映されないことに疎外感を感じることはあっても
決してカルトになるんじゃねえぞ

おれが共産主義者が嫌いなのはそれが理由だ
こいつらは信者だ

139 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 21:21:09 0
>>100
ヒトラーとアジェンデを同一視するのか
もっと歴史を勉強してから書き込みぐらいしろ
おまえはピノチェトのクーデターを「天の声」(笑)
と賞賛したかつての某政党と同レベルの奴だな




140 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 21:55:33 0
ヒトラーの右翼社会主義と心中するのも
アジェンデの左翼社会主義と心中するのも御免だな

141 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 22:18:28 0
↑と文鮮明と心中しようとしているキチガイカルト勝共連合=統一協会員が申しておりますw

142 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 23:11:18 0
アジェンデやチャべスの社会主義はやや独裁・急進的な気もするが
現実問題、「アメリカの裏庭」と呼ばれた南米で米国の支配をはねつけ
自主独立の道を歩むためにはあれくらい必要だったのかもね

143 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/06/06(土) 23:43:25 0
     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

144 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 23:49:35 0
アメリカの軍産複合体国家資本主義と心中するのも
中国の共産党国家資本主義と心中するのも御免だな

145 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 00:31:05 0
米の強力なプッシュを得てアジェンデを倒したチリのピノチェト政権下で一体何人が虐殺されたと思っているんだ?
かつて反政府勢力と見なされて拘留され未だに消息不明な人も多いんだぞ。そのへんの事情はかつての暴虐ぶりが最近になって裁判沙汰にもなったよな。
世界中の人権団体(←見てみな!これ、ウヨ&勝共が大嫌いなものだからwこれを出すとあの馬鹿共が火病ること必至w)の非難を浴びたことは記憶に新しい。


146 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 01:01:15 0
>>128「戦後の教育をダメにしたのも低学力も日教組のせいだ」みたいなw
    ↓
   ほぼその通りじゃん。
ま、皆さんいろいろあるでしょうけど共産主義、主義者は撲滅せねばならない、
これが人類の得た教訓ですな。
共産主義者が悪魔?
神を否定する連中ですから、西洋的感覚で言えば、悪魔、これも正しいですな。

147 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 01:14:50 0
とりあえず、外国人参政権賛成しているキチガイサヨクどもと創価統一はつぶす

148 :天安門の真実:2009/06/07(日) 01:27:51 0
日本人はこれ見るあるよ!

http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml


149 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 01:31:58 0
>>113
>メンシェビキ―共産主義は資本主義を経由しなければ到達できない
>ボリシェビキ―ロシアは資本主義を経由せず共産主義に到達する事が可能だ

>結局、メンシェビキの主張が正しかったわけで、そもそもマルクス主義は前者の立場でしょ。


↑この人の脳内構成はこうです。カルト思想丸出しです。

1.マルクス主義は絶対に正しいという妄想がまず存在
2.メンシェビキとボリシェビキの解釈上の二者択一のうち後者は誤っていた。
3.だからメンシェビキが正しかった。

ボリシェビキが誤っていたことは確かとして、「メンシェビキが正しかった」とする根拠などどこにもありませんが、
アプリオリに正しいと断定できるところが、マルクス信徒のカルトたる所以です。




150 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 01:42:57 0
【北朝鮮】金一族の3代世襲、血の粛清始まるか 前回も25000人+6000人が粛清[06/05]

金総書記は、金(日成)主席死去後、一人立ちの過程でいわゆる「深化組事件」と呼ばれる血の粛清を
始めた。労働党農業書記の徐ェ熙(ソ・グァンヒ)が、スパイであるとされて、公開処刑されたことを
皮切りに、文聖述(ムン・ソンスル)中央党本部党書記が拷問で死亡し、徐允錫(ソ・ユンソク)
平安南道(ピョンアンナムド)党責任書記が政治犯収容所に連行されるなど、多くの被害者が出た。
脱北した北朝鮮高官は、この時に約2万5000人が粛清されたと証言した。後日、同事件を再審
すると言って、粛清に関与した安全員(警察官)約6000人が粛清された。注目する点は、当時、
安全部を使って深化調事件を総指揮した人物が、まさに金総書記の義弟・張成沢(チャン・ソンテク)
労働党行政部長だったということだ。今、張部長は、保衛部を再び掌握する動きを見せている。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2009060571528


151 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 06:13:10 0
>>146、149
だから統一協会はもう少しましな事書けって。
あと149の間抜けに言っておくが、113の話はマルクスの主張が
正しかろうが間違いだろうが通用するもので、
あんた自分で「私は馬鹿者です」と自己紹介してるだけだぞ。
洗脳されるとIQは低下すると聞いた事があるが、
統一協会の奴って本当に大丈夫なのか?
149みたいな事、恥ずかしくて普通の感覚なら絶対に書けない。

152 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 07:44:41 0
>>145
ピノチェト政権は手放しで賞賛されるものではないが
だからといってアジェンデの大失敗が免罪されるものではないな。
自民党を批判すれば自分達の政策の荒唐無稽ぶりと
党内政治の専横ぶりが許されると勘違いしている
どこぞの国の「確かな野党」同様の間抜けさであろう。

153 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 08:10:25 0
>>151
うむ。いよいよ論理どころか経典すらすっとばして
アプリオリな真理がそのまま目に映る
不立文字の境地に達したのかw

154 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 09:37:24 0
>>152
だからといってピノチェトの暴虐政治が免罪されるものではないだろ?
アジェンデとピノチェト、どちらが自国人を多く殺して投獄した?

155 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 09:42:39 0
>>146
オマエ、

「日教組がなければの頭はもう少しまともになったはずだ」
「日教組がなければオレの人生はもう少しまともになったはずだ」
「日教組がなければオレはもう少し女にもてたはずだ」
・・・

なんて考えているんだろ?w

むりむりむりむりむり・・・・・・wwwww

八木同様、日教組のせいにしている時点でもともとの頭の悪さ(自助努力する才能ゼロ)を露呈しているもんw

2ch脳(ネトウヨ=勝共シンパ)そのものw


156 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 09:47:31 0
日本おっかないから

157 :156:2009/06/07(日) 09:50:07 0
冗談です、俺バカなので気にしないでください

158 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 09:53:24 0
>>146 >>149
多分、メンシェビキとボルシェビキにつき自称本物共産主義者のカルト的解釈があるのだろうが
 >マルクス信徒のカルトたる所以
とする結論部分は全く正しいと思うよ。
より正確にいうと「狂的・暴力的カルト」だからね。

159 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 09:57:07 0
155は日教組センセイ?

センセイこれ見るあるよ

http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml

160 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 10:00:31 0
統一草加より日教組の方が、毒性有害性高いぞ。

161 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 10:01:05 0
良く読め
>>155は「何でも日教組のせいにする馬鹿」を批判しているだけだw
オマエは「日教組センセイのせいで低学力にされた」クチか?八木某みたいにw


162 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 10:19:43 0
>>154
人はメシが食えなくなれば死ぬからな。
経済崩壊とはそのことを意味する。
そういう意味で、現中国政権も一概には悪くないと思うよ。

163 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 10:26:43 0
教師はそうでもなかったが
配布される資料集の類があからさまに偏っていたので
ガキの頃から懐疑主義を身につけたのは確かだな。

164 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 11:06:31 0
>>152
アジェンデ政権の「大失敗」と
ピノチェト政権の「暴虐」
どっちが確信犯だ?

大体ピノチェト政権もシカゴから
連れてきた新自由主義のインチキ学者のおかげで
経済政策は滅茶苦茶だったと記憶してるが?

165 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 11:22:07 0
害の大きい狂信者とそれを復興した独裁者のどちらを取るかという話だな。
まあ、レーガン時代のサプライサイドのような
シカゴ学派からみれば異端も異端な方法ですら
ケインジアンが失速させた経済を立て直す効果はあったのに
ピノチェト時代の経済が「無茶苦茶」だったとは、一体どういうバイアスだw

まあ「新自由主義」が絡むものは全て悪にしないと自我が保てない方々の世界観は面白いですなあ。

166 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 12:08:14 0
>>153、158
ああ、つまり馬鹿だと認めるわけですね。

>>164
アジェンデの場合はアメリカからの制裁とかが原因じゃなかったっけ?
そういうのって失策とは言わないよ。

167 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 12:48:55 0
アジェンデは国内にはオウム真理教ばりに
「米軍によるサリン攻撃!」みたいな陰謀論を主張してましたね。
地上の天国では悪いことは全て「敵」「裏切者」の仕業なのです。

168 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 13:48:24 0
>>165
>ケインジアンが失速させた経済を立て直す効果はあったのに

そんなの数字の上での誤魔化しだろ
レーガンノミックスが今のアメリカのひどい格差社会生んだ
元凶であることは公然の事実じゃないか

>ピノチェト時代の経済が「無茶苦茶」だったとは、一体どういうバイアスだw
ウィキぐらい読めよ馬鹿
共産主義から資本主義を守る?とかいう新自由主義のインチキ経済学の
おかげでチリは失業率が10年間に22%に上昇して、
貧富の差は急激に拡大し、貧困率はアジェンデ時代の倍の40%に達したんだぞ
「大躍進政策」を行ったのはピノチェトのようだなw
最終的に新自由主義が間違いだったとピノチェト自身も認めてシカゴ学派を追放したじゃないか

>まあ「新自由主義」が絡むものは全て悪にしないと自我が保てない方々の世界観は面白いですなあ。
まあアメリカ以上に新自由主義に染まってる今の日本の惨状を
見てると新自由主義っていうのは共産主義に優るとも劣らない思想だったと気づく訳ですがwwww



169 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 13:50:58 0
>>167
まあアメリカが実際に裏で
暗殺やらクーデターやら麻薬の密売やら
色々しかけていたのは事実なわけなんですけどね


170 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 14:06:50 0
社会主義の失敗はアメリカの陰謀である。
俺が公然の事実だと言うんだから事実なんだ。
新自由主義が成果を上げることなど考えられない。
よって成果なるものは数字の誤魔化しである。
資本主義は張り子の虎である。

・・・ずいぶんと丈夫な張り子のようですが。

171 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 14:10:57 0
一度チリに行ってみるとわかるが驚くほど綺麗な国だぞ
風光明媚という意味じゃなくて町も家も公共施設も清潔なんだ
ピノチェトが社会のゴミを一掃してくれたからだよ

172 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 14:19:23 0
>>171
アジェンデ、ピノチェトが決意しなかったら
南米に、暗く、汚く、死屍累々の恐怖国家ができいていたわけだ。
プレデター第1作にでてくるような場面が共産主義者によって行われた。
勤勉な日系人の生命が危うかった。



173 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 14:31:09 0
>>162
現中国でも経済格差が拡大し、貧困層が増大してるわけだが。

結局、国家資本主義体制では格差が拡大し、また社会運動が弾圧されるために
格差拡大を是正する力が働かなくなってしまう。
中南米とかの軍事政権でも同様じゃないのかね。

東側でも現中国のような格差があったかは別として、社会運動への弾圧という点では
上記の国家の上をいっており、経済的・社会的な歪みを是正する力が働かなくなっていたのは
確かだからね。

174 :173:2009/06/07(日) 14:42:13 0
とは言っても、実際東側では「民主化」した後に新自由主義になって格差が
拡大してしまったがな。

前スレで、中国が民主化して共産党体制が崩壊したらその後に親米傀儡政権が出来て
権威主義独裁を敷くとかいう話が出ていたけど、歴史的に見れば必ずしも荒唐無稽な
話ではないわけだ。

だからといって、共産党体制が良いというわけではない。
権威主義独裁・国家主義に陥らない、本当の意味での民主化の道を
考えていくべきだと思うね。

175 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 14:48:45 0
格差格差と声高に叫んでいるのは
所得分配する政治プロセスによって権力を得る人々。

しかしそういう連中を飼う直接的な経費はもとより
そいつらの規制や恣意によってイノベーションが阻害されることが問題。

176 :173:2009/06/07(日) 15:04:03 0
>>175
そういうのは分配のルールを明確公正に定めればいいだけ。

問題なのは、官僚が恣意的に分配の仕方を決められるシステム。これは
格差がどうとかは関係ない話。

177 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:04:55 0
ちなみに現在の中国では格差是正として内陸部を優遇しているので
沿海部の経済がえらいことになっている。
格差是正主義者は「不当に儲けている一部の金持ち」から奪って
「一般庶民」に分配するのだと主張するけど、
文面通りそれが実現された例は史上一件もない。
分配利権にありついた人が富み、そうでない人々が貧しくなるだけ。
>>174が理想とする未来像はまさにその典型。

そもそも「奪う資本家」「奪われる労働者」という構図自体が特に根拠のない話。
資本論が似たような喩え話を何度も延々と繰り返しているのは
実体的な根拠がないから。

178 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:08:04 0
>>172
たしかに平和な町、村が共産党に支配されるってのは
ある日突然、プレデター、エイリアンに襲われるってイメージだ。

179 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 15:09:02 0
>>176
そのルールを決めるのは人。
「新自由主義者」が虚言を弄し詐欺的な枠組みを作っていると主張するのに
社会主義者は無私に明確公正なルールを作ると主張するのか?

180 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 16:11:26 O
公明正大な分配って、有史以来の政治的難問のひとつだからなー。パイもさほど大きくないし

181 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 16:23:33 0
「公正な分配」というのは、ババを声を出せない立場の人間に押し付ける分配のことだよ。

182 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 18:05:41 0
ところで、何故日共は日本の核兵器保有を推進しないんだ?
米軍を日本から追い出し、それと対峙する覚悟があるというのなら、絶対に必要なものだろう?

183 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 19:44:59 0
>>172
日本政府よ恐れるな! アジェンデ、ピノチェトを見習え!

184 :統一教会の皆さま:2009/06/07(日) 19:53:57 0
>>150
↑ 今こそ、ならでは、の北情報をお願いします。東亜日報の日本語版があるなんて知らなかった。

185 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 20:11:08 0
>>150
百済やら高句麗やらがあった時代から、朝鮮半島の政治中枢は、王様の代がわり毎に
大臣が殺されてたし、大臣が殺されたり王様が代わらなくても大臣が失脚すると大臣
以下数千の官人が何か罪を問われて殺されたり自殺させられたりしていたし、王様も
退位して子や弟や甥に位を譲るとなにか言いがかりがついて殺されてたし、朝鮮半島の
政権に要因が無くても本国の皇帝が代がわりすると王様も大臣も殺されたり自殺する
羽目になったりしたし。
要は、朝鮮半島で政治的要職に就くと、在位中に死ななけりゃまっとうな死に方はできない
という伝統なのさ。

186 :世界@名無史さん:2009/06/07(日) 21:50:37 0
私、ソ連末期から来たけど
殺伐としてた。

187 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 00:35:25 0
>>185
500年李氏朝鮮が続いて、単一化した朝鮮民族が戦後北と南に分かれていますが、
北のほうが人権状況がはるかに悪いのはどうしてなんでしょう。
百済や高句麗時代はよく分かりませんが、北は李氏朝鮮時代より明らかに悪化していますよね。
共産主義の体制が悪いとしか思えないのですが…


188 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 00:54:35 0
北朝鮮のかなりの国民が、封建時代より粗末な扱いを受けていそうだ。
洋の東西を問わず、共産党の支配時期が、その国の最暗黒時代なのか。

189 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 01:44:56 0
真の民主主義を実現するために働くのが共産主義者で
共産主義者は共産党員だからそれ以外の者は犬と同じ
犬を粗末に扱ってもおかしくはないわけだが

190 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 03:12:37 0
共産党のトップって働いていないけどな…どこでも。
安部元首相、福田はサラリーマン、田中の角サンは土建屋。
ところが共産党のトップは働かず、一般党員の搾取で食ってる。
勤労者の気持ちなんか知らない。
こういう奴が革命で偶然成功すれば、今度は国民全部を搾取だ。


191 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 07:31:30 0
>>171
>ピノチェトが社会のゴミを一掃してくれたからだよ

人命をただ左翼と言うだけで「ゴミ」、大量の殺害行為を「一掃」と正当化。
とことん怖いね、親米右翼は。

>>172
サイバーシンが本格起動した場合、社会主義経済が劇的に変化する可能性があった。

>サイバーシン計画 (Project Cybersyn) は、サルバドール・アジェンデ政権期間中のチリで
>1971年から1973年にかけて行なわれた実時間のコンピュータ制御による革新的な
>計画経済システムの試みである。 これは首都サンティアゴにあるコントロールセンターの
>単一のコンピュータとチリ各地の工場とをテレックスで接続しサイバネティックスに基づく
>制御を行うことを目指していた。 システムの基本設計はオペレーションズ・リサーチの
>研究者であり当時の経営へのサイバネティックス応用における教祖的存在でもあった
>イギリスのスタッフォード・ビーアにより行なわれた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB

これ、小売業のposシステムみたいなもので、計画経済の効率性・合理性が高まった可能性が高い。
社会主義経済が息を吹き返す可能性があったので、だからこそアメリカは潰したがった。
あなたが言うような事態にはなってない。

>>177
また親米売国新自由主義右翼か。再配分の話なら普通に欧州のケース出せよ。
なんでそういうわかりやすすぎるネガキャンやるかな。

192 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 08:10:03 0
>>191
サイバーシン計画ってコンピュータをもってしても
計画経済は効率化しないという社会主義の死亡診断書じゃねえかw

POSシステムというのは兵站と同じ。あらかじめ設定された「輸送」を効率化するためのシステム。
目標を自ら創出しながら資源を配分するという市場の機能を計画化するためのシステムではない。

サイバーシンが単に「アメリカの陰謀」で潰されただけだったら、
四苦八苦していたソ連が即座に飛びついただろうよ。

193 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 08:15:08 0
>>191
>再配分の話なら普通に欧州のケース出せよ。

コーポラティズムによって安定的に階級が固定し
労組利権によってオヤジの職が守れる一方で若年失業率が2桁という話をすればいいのか?

194 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 08:18:17 0
まあ、失業者が増えりゃ労働運動の兵隊も増えるんで
マッチポンプもいいところだな。

195 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 08:39:33 0
>>192-194
全然反論になってねえわ。

>サイバーシン計画ってコンピュータをもってしても
>計画経済は効率化しないという社会主義の死亡診断書じゃねえかw
>POSシステムというのは兵站と同じ。あらかじめ設定された「輸送」を効率化するためのシステム。
>目標を自ら創出しながら資源を配分するという市場の機能を計画化するためのシステムではない。
>サイバーシンが単に「アメリカの陰謀」で潰されただけだったら、
>四苦八苦していたソ連が即座に飛びついただろうよ。

ソ連でもオーガス計画という同様の計画があったが、ソ連共産党の連中がそれに反対した。
サイバーシンもオーガスもそうだが、計画経済を効率的・合理的にする優れたシステムである反面、
幹部連中が手にしていた特権を奪うものでもあったから、それで反対が出た。
それに「兵站と同じ」「あらかじめ設定された「輸送」を効率化するためのシステム」ってアホか。
そんな程度のものなら共産党の幹部連中が反対するわけないだろって話。
192みたいな馬鹿な話は一蹴できる。

>コーポラティズムによって安定的に階級が固定し
>労組利権によってオヤジの職が守れる一方で若年失業率が2桁という話をすればいいのか?

関係ない話を書いてないでさっさと出すんだな。
しかもお前のその話はアメリカの惨状が知れ渡ってから誰も書かなくなった話だ。

>まあ、失業者が増えりゃ労働運動の兵隊も増えるんで
>マッチポンプもいいところだな

反論できずにそんな事しか書けないお前はかなり恥ずかしい。

196 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 09:02:58 0
丸山ワクチン信者みたいな理屈だねえ。
「採用されないのは失権を恐れる幹部の陰謀!」かよ。
セクト内の陰湿な権力闘争じゃそういう理屈も通るのかもしれんが
ペレストロイカをやってのけたソ連共産党はもちっと真面目だよ。

197 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 10:14:08 0
共産主義もダメ、資本主義もダメ。
国家資本主義最強。新中国の躍進ぶりを見れ。

198 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 10:23:09 0
社会主義体制というスタートラインが低いから急成長しているし
図体が大きいからGDPも大きいけれど、
一人当たりGDPではまだまだ途上国なわけで。
先進国のステージに達するためには今のままじゃダメだろ。

199 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 12:44:01 0
>>197
中国の発展は言うならば満州国や植民地香港が
全土に拡大したような状態。

日本や欧米の資本無しには動かない。
外需頼みな経済なわけ。

200 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 13:43:26 0
南米ベネズエラの左翼のウゴ・チャベス大統領は、大企業を国有化していく
米国を見て「これは社会主義だよ、オバマ同志。フィデル
(キューバのカストロ)が右派に見える」と揶揄した。」

某ニュースレターより


201 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 14:09:34 0
キューバも北朝鮮も最近は部分的に市場経済を導入してるからな

202 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 16:01:33 0
結局、国家には資本主義のメリットも社会主義もメリットも同じように必要だ、ということじゃね?


203 :173:2009/06/08(月) 16:41:00 0
>>177
内陸というか、都市部と農村部の格差が酷いことになってる。

社会保障支出の大部分が地方財政で占められていて、結果として
社会保障の殆どが都市部の社会保障に集中してしまっている。

また、年金制度などは都市部では充実しているのに、農村部では
殆ど整備されていないという二重制度が根強く残っている。

その都市部にしても、社会保険が十分に機能していない。

実は中国は未だに「国の法律としての」社会保障関連の制度は殆ど未整備で、
党や国務院・省庁の指導で社会保障が実行されている状態。

王文亮「社会政策で読み解く現代中国」(ミネルヴァ書房)という本に
そのあたりの問題点が分かりやすく説明されてる。

204 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 17:05:16 0
>>203
ただあの国では、出版されたと言う事実自体がその内容に信をおけないんだよね。
著者が真面目に研究したとしても、そもそもの統計・データー自体が…

205 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 17:09:24 0
>>202
ニューディール以降は、西側も東側も互いの利点を少しずつ採り入れ合って
かなり接近してきたと言われているからね。

206 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 17:12:49 0
>>202
弱者救済は負の所得税で実現可能。
社会主義が必要な局面ってのは戦争とか天災とかの
本当の非常事態くらい。
もちろん、「百年に一度!」とか騒ぎまわっている
アジテーターの言うことろの「非常事態」のことじゃないよ。

207 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 17:18:16 0
>>204
結局、ソ連と同じで、共産党の国は潰れてからでないと本当のことがわからない。
最初から最後まで嘘で塗り固め。

208 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 17:38:32 0
支那の場合、社会主義云々は既に看板だけだし。
むしろ、国家の構造そのものや仕組が歴代中華王朝と大して変わっていないという事が素人目でも解るからなあ。

しかし、表に出た年間暴動発生件数が10万以上か。
人口比で言えば、日本なら年間約一万件、毎日300件くらいの暴動が起きているわけか。

209 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 18:23:28 0
資本主義国が収奪してきた国々を含めた全資本主義市場圏ではもっと起きているんじゃないか?
餓死者も。

210 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 18:30:20 0
>>209
旧植民地諸国が「収奪」から脱却すべく社会主義体制をとって全然発展せず
再度の外資導入の結果急成長し新興国と呼ばれていることは広く知れるところ。

211 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 18:52:43 0
中国は政治的には封建時代、日本の江戸時代みたいな段階にあるんじゃないか?
ttp://www2.ttcn.ne.jp/kazumatsu/sub229.htm

212 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 18:59:16 0
>>210
新興国はむしろ例外。それに、中南米の事例ではまったく逆だな。
ワシントン・コンセンサスにもとづき市場原理主義政策をとったがほとんど場合失敗に終わり、
かえって現在になって社会主義政権が誕生したりしている。

213 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:03:15 0
>>208
中国の場合、市場経済の導入が格差を拡大し、それらの事態の深刻化を引き起こしている面が大きくないか?

214 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:03:35 0
社会主義政権になってから全然発展してないけどな。

215 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:06:41 0
>>213
貧乏人と金持ちがいる社会と
ド貧乏人だらけの社会と、どちらが良いかという話だな。

216 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:15:02 0
>>210 >>212
新興国のおかげで、かえって先進国のなかで競争に敗れて貧困化する階層が出現しているからな。
けっきょく差し引き同じことになるんじゃないか? 半分以上の人間の極貧と引きかえに一部の富が築かれる。


217 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:19:20 0
日本のホームレスの方が北朝鮮の特権階級より良い物を食っている件について

218 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 19:54:49 0
20世紀も後半になって自国民から大量の餓死者を出してる・・・
ということをあの国もあの国も恥と思わないのか!?
で、原爆は開発・・・

そうか、意図的に餓死者を出してると国際機関の報告もあった。
ま、10年もすれば誰がこういう政権を弁護していたか出版物があふれ
汚名を残す新聞社や大学教授が続々出てくるのだろうが。

219 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 20:07:26 0
>>214 >社会主義政権になってから全然発展してないけどな。
>>217 >日本のホームレスの方が北朝鮮の特権階級より良い物を食っている

おびただしい流血の恐怖革命とその後の弾圧の結果、できた体制がこれだ…
分断国家じゃ、線一本で共産党の支配になるかならないか天国と地獄だった。
統一教会がどうこう言うが、共産主義の歴史評価は圧倒的に統一教会側に軍配があがる。

共産主義を擁護する者は統一教会をからかうが、自分達はそれ以下に見られていると知るべきだ。



220 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 20:16:09 0
>>217日本のホームレスの方が北朝鮮の特権階級より良い物を食って・・・

??? あの男は専属料理人に、喜び組、西側の映画三昧、贅沢し放題
北応援団美女軍団の香水、下着も自分で選んだとか、ついでに指導も・・・
この点、毛沢東も同じだ。

221 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 20:25:18 0

こういう連中の騙しの理論が共産主義だ。
なぜ敗れたのか?・・・当たり前だっての!

222 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 20:29:51 0
So many rash promises sincerly made
By people who believed that we were being saved
They made us all believe that we were acting white
But the truth is we've forgotten how we used to fight
Nobody knows why we fell so flat
We're impotent and neutered like whining cats
We've found the piper but we've lost the rats
But the kids are crying "Why'd I fall for that dad?"
Why did you fall?

223 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 20:47:06 0
ピョンヤンと地方都市って違いすぎネ。

224 :173:2009/06/08(月) 21:22:53 0
>>199
ピノチェトとかの軍事政権と同じで、中共一党独裁でも実質的に国家資本主義で
経済的にうまみがあれば日本や欧米の資本はそれを支持するというわけだろう。

反共新自由主義者の中には中共一党独裁の矛盾点をあげつらう人がいるが、
その中共一党独裁を支えているのは日本や欧米の財界だということを
捉えていなかったりする。

その上、左派の中にも一党独裁の問題を十分に考慮しないまま親中を唱える
連中がいるからどうにもならない。

225 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 21:44:18 0
>>216
再配分政策をきっちりやれば、人間らしい生活が送れる。
安全網としての共同体を破壊した上に成り立つ資本主義社会では
政府が共同体が担ってきた機能を代替するのは当然の話で、
それをしなければ多くの国民が資本主義以前より酷い生活を強いられる。
むろん、それをやれば大きな政府となり、社会主義寄りになるが、
そもそも社会主義は資本主義の欠陥を補うものだから当然なんだよな。
多くの犠牲者を出しながら一握りの人間だけが得をするおぞましい社会を作るか、
より多くの人間が人間らしい生活が可能な社会を構築するのか、
問題の核心はここにある。

>>219
だからつまんねえっての。

226 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 22:31:26 0
>>225
>政府が共同体が担ってきた機能を代替

家父長政府、ビッグブラザーってやつですな。
錦の御旗に掲げる「市民」を信用していないんだよね。

227 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 22:39:18 0
何が人間らしいのか、それを政府が規定して市民に強要(規制)する社会は非人間的な社会になるのが相場。
中国の共産党保守派が掲げるスローガンは「精神文明」。

228 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:11:48 0
>>226-227
新自由主義者丸出しですね。

229 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:15:29 0
>>228
「新自由主義」叩きを繰り広げている連中は
家父長主義者で統制主義者で前衛主義者で文化普遍主義者で精神主義者だという告白か?

230 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:16:24 0
「で」じゃないな。「か」だな。失礼。

231 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:16:43 0
私有財産制が明確に保障され、民間企業が存在する社会民主主義で、
なぜソ連と同じ現象が起きるのか226-227は説明すべきでしょうね。
どの様な手段を講じて226-227の様な現象を引き起こすのか、
そう主張する以上はきちんと自分の口で語るべきです。

さあ、お二方に熱弁を振るってもらおうじゃありませんか。
まさかレスせずに逃げるような卑怯な真似はしませんよね?

232 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:18:04 0
>>229
さっさと231の問いへの回答を願いますよ。

233 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:18:17 0
はい?

234 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:19:31 0
>>233
ではもう一度質問しましょうか。
私有財産制が明確に保障され、民間企業が存在する社会民主主義で、
なぜソ連と同じ現象が起きるのか226-227は説明すべきでしょうね。
どの様な手段を講じて226-227の様な現象を引き起こすのか、
そう主張する以上はきちんと自分の口で語るべきです。

さあ、お二方に熱弁を振るってもらおうじゃありませんか。
まさかレスせずに逃げるような卑怯な真似はしませんよね?

次は「はい?」で逃げられませんよ。

235 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:24:15 0
>「私有財産制が明確に保障され、民間企業が存在する社会民主主義で、なぜソ連と同じ現象が起きる」

別にソ連を想定しているわけでもないのだが・・・

>政府が共同体が担ってきた機能を代替

共同体というのは日本に存在していた共同体、つまりはムラ社会・家父長主義社会を指すんだろ。
その機能を代替させるべきだというあんたの主張をそのまま引用したまでのことだが??

236 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:59:36 0
>>202
そもそも社会主義と資本主義って区別してどんなメリットあるのか分からんくなってきたわ。
アダム・スミスの時代から見たら、単なる分裂のための分裂にしか見えんかもね。

>>212
中南米はむしろ「ひゃっはー!稼いだ成果を分配だぁ!」って感じだと思うがな。
国民の関心が経済発展から、その果実を堪能するための社会福祉重視に移行しただけじゃないかと。
先進国でも同じ政治現象起きたしな

237 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 00:06:24 0
グローバル化の世界では、勤勉を良しとする価値観が国民に根付いていない国(ラテンアメリカとかアフリカとか)
はますます脱落していくだろう。

238 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 00:10:58 0
勤勉に成果が伴わけりゃだれも働かないさ。
ようは正直者がバカを見ない社会めざせってことだわな

239 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 01:03:44 0
努力したものが成功するとは限らないが成功した者はすべからく努力している

240 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 01:53:20 0
>>235
>別にソ連を想定しているわけでもないのだが・・・
>共同体というのは日本に存在していた共同体、つまりはムラ社会・家父長主義社会を指すんだろ。
>その機能を代替させるべきだというあんたの主張をそのまま引用したまでのことだが??

馬鹿のふりして逃げるような卑怯な真似はよせよ。

241 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 01:59:10 0
>>234 >なぜソ連と同じ現象
質問者こそ何をもって「ソ連と同じ現象」と言ってるのか不明だよ。
質問された側は、多分これじゃ答えようがない。

242 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 02:06:35 0
>>238
話がループしてるなあ。基本中の基本じゃないの?

勝者分捕り社会だと極端な貧富格差がついて努力が報われない社会になる。
だから再配分して貧富格差を縮小する事は努力を報われる事にする事と直結してる。

自由主義者達が吐いた悪質な嘘は、実はこの部分なんだよ。
再配分機能を高める事で、より多くの人が「努力が報われたと感じられる」社会が出来たが、
それを「ごく一握りの突出して優秀な成功者達」が「努力の割りに報われていない」点だけを強調し、
社会が努力が報われない構造になっているかのような嘘をばら撒いた。

更に、努力すれば誰でも成功できる、成功すれば大富豪になれる、なんて嘘までばらまき、
欲望を増大させて催眠状態に陥らせ、大きな政府を破壊する新自由主義改革に賛成させた。

基本、自由主義者って言うのはただの詐欺師なんだよ。ペテン師。
嘘を吐き、欲望を煽って巧みに支持を集め、そして本質を隠蔽し、欺いて改革を実行する。

この格差社会を見て努力が報われる社会だなんて誰も思わないし、また不満も噴出しているが、
自由主義者達が言っていた「努力が報われる社会」とはまさに格差社会そのものだから。
事実、彼らが昔、主張したように、勝者分捕りで再配分を低下させた事により、
「ごく一握りの突出して優秀な成功者達だけが努力が報われたと感じる社会」になっている。

自由主義を思想的支柱とする社会が続く限り、
より多くの人が「努力が報われたと感じられる」社会に回帰する可能性は全くない。
自由主義の雄であるアメリカを見ればそんな事は一目瞭然の筈なんだけどね。

自由主義から社会主義に思想的支柱を転換しないと何も変わらないよ。

243 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 02:08:37 0
>>241
>>234 >なぜソ連と同じ現象
>質問者こそ何をもって「ソ連と同じ現象」と言ってるのか不明だよ。
>質問された側は、多分これじゃ答えようがない。

馬鹿のふりして逃げるなといってるだろう。
それともそんな馬鹿なレスを書けばロム専を誑かせるとでも思ってるのか?
そんな奴はどこにもいないから無駄だと覚えておけ。

244 :馬鹿なふりして言い逃れできないようにしてやる:2009/06/09(火) 02:12:52 0
>226 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 22:31:26 0
>>225
>>政府が共同体が担ってきた機能を代替

>家父長政府、ビッグブラザーってやつですな。
>錦の御旗に掲げる「市民」を信用していないんだよね。

>227 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 22:39:18 0
>何が人間らしいのか、それを政府が規定して市民に強要(規制)する社会は非人間的な社会になるのが相場。
>中国の共産党保守派が掲げるスローガンは「精神文明」。

ビッグ・ブラザー
偉大な兄弟 - ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する独裁者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B6%E3%83%BC

偉大な兄弟
偉大な兄弟(「ビッグ・ブラザー」、英語: Big Brother、B-Bと略称される)とは、
ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する人物。作中の全体主義国家オセアニアに
1984年時点で君臨する独裁者。オセアニアでは、社会を支配するエリート(党内局員)が
権力を維持するために国民(党外局員およびプロレ)に対して独裁権力を振るっているが、
「偉大な兄弟」はエリートたちの頂点にいるとされる。

オーウェルの描いた社会では、住民はテレスクリーンをはじめとする手段により、
当局の完全な監視下に置かれている。住民はいたるところに貼られたポスターに描かれている
「偉大な兄弟」の姿とその下のスローガン「偉大な兄弟があなたを見守っている」
(Big Brother is watching you)により、絶えずこのことを確認させられている。
ポスターやテレスクリーンでは、「偉大な兄弟」は、黒い髪に黒い口ひげを貯えた人物として描かれている。
これは、ソビエト連邦共産党の書記長でありソビエト連邦の最高権力者であった
ヨシフ・スターリンをモデルにしているといわれている。

245 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 02:51:15 0
共産主義社会のダメなところは
「能力に応じて働き必要に応じて受け取る」
誰が能力を測定し何が必要かを決めるのか

現実には工場の党委員会がノルマを決めた
多く生産すると翌年のノルマが強化されるので
罰せられない程度に少なく生産しようとした
 
現実には決められた生産物しか出回らないので
物はあるが欲しいものは何もない状態に
 
本当に欲しい物=西側からの輸入品は
働いて能力を発揮する者ではなく
能力を測定する側の人間=党員が独占した

246 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:11:30 0
>>239
板橋の殺されたジジイは親の不動産相続しただけで、生まれてから一度も働いた
ことがない、月の遊び代が300万と豪語してたぞ

247 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:17:03 0
>>238
ところが実際に平等なルールで競争が行われたとしても、その勝敗が見えてくると
負けが確定したほうが口々に今度は結果の平等を求め始めるんだよ。

俺が競争に負けたのは親が練習費用をくれなかったからだ、最初から本気になって
やらなかったからだ、こんな競争認められん、負けた奴にも勝った奴と同じ賞品
よこせってね。今の日本の状態見ればわかるでしょ?

248 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:25:12 0
>>242
そう。「頑張ったら報われる(べき)」というのはむしろ社会主義の発想だわな。
自由経済は「成果を出したら報われる」社会。

まあ
「答えが間違っていても頑張って問題を解いたんだから認めてください」
「電車が止まったんだから試験に間に合わなくても救済措置をとってください」
というのはお子様の論理なんだよな。
給料取りはモノを作ってナンボ、売ってナンボでなければ社会は回らん。
仕事が出来ない言い訳だけ上手なプロ市民みたいなモンスター労働者が
ちゃんと仕事をする労働者よりいい目を見ることにことになる。

「がんばりを認める社会主義的価値観」では本当のがんばりが認められないというパラドックス。

249 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:26:44 0
>>239
>成功した者はすべからく努力している

「すべからく」を辞書で調べてすべからく正しく使うべし

250 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:37:13 0
しかし本来の用法の「すべからく」って要らないんじゃね?
「べし」だけで十分だろ。

251 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 09:52:12 0
労働者を搾取している王侯貴族と資本家を排除すれば世の中良くなるだろうと思ったら
貴族や資本家の代わりに権力者にしてやった共産党にもっと搾取されてしまったでござる

252 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 10:09:17 0
>>251
こういうことをいうとまた「シンジユウシュギシャめ!」とか喚かれるけど
搾取とは、競争に制限があるシステムにおいて発生する現象。
競争は利益を極小化する方向に働く。

つまり社民主義体制こそが搾取構造だというパラドックス。

253 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 10:28:00 0
>>250
「すべからく」を使った例文としてはこれが有名。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~netboki/kansi.htm
この8行目の「行楽須及春」の「須」を「べし」とだけには読みようがないので
「行楽すべからく春に及ぶべし」と二度読みする習慣になった、と漢文法の本には
書いてあった。

254 :173:2009/06/09(火) 11:20:09 0
>>231
>私有財産制が明確に保障され、民間企業が存在する社会民主主義で、
>なぜソ連と同じ現象が起きるのか

「社会民主主義」は「新自由主義」の間違いだと仮定するが、それらの国家で起こってるのは
資本家の利権防衛であって、家父長制とは形こそ似ていても全く別次元の問題。

社会に残存している家父長的要素(精神面も含めて)がそうした体制を作るために
利用されているのは確かだけどね。

これもまた、中国やアメリカの状況を見れば分かるわな。

255 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:22:51 0
資本家は全体の利益を損なう利権追求を行い
労組は全体の利益にかなう権利追求を行うものだという仮定なのかねえ。

256 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:25:59 0
全体の利益を損なう利権追求を行うことについては労使に違いはないのが性悪説

257 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:31:12 0
生徒会的形骸組織と化した日本の労組はともかく
実質的な闘争を行っている欧米の労組は家父長的組織。
成り立ちからしてマフィアと同根であり、現代でもその伝統は生きている。

陰謀論的な解釈されると困るので補足すると、マフィアという組織は
下層市民の互助組織という面が無視できない。
マフィア・マシーン・労組という3者はその成り立ちにおいて
家父長主義利権組織であり、互助組織である。

258 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:46:12 0
国民の年金を不当搾取した自治労。
挙句の果てに政権与党に責任転嫁。

259 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:51:29 0
自治労?

260 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:57:23 0
>>256
性悪説・性善説というのは「本来の」人間の性質が倫理規範にかなうか否かという立場であって
功利主義的に正しいかどうかという話ではない。
いずれにせよ「本来の」性質なるものが実在するのかどうかという問題があるわけだが。

社会科学も、人間「本来の」性質なるものを前提としたものは大抵行き詰まる。
共産社会というものがそうだし、一時期のシカゴ学派もそうだった。
現在のシカゴ学派は合理的人間という仮定は取ってない。

いずれにせよ、「本来の」人間像から外れた者を「人に非ず」とする本末転倒な方向に走る危険性を
多くの社会思想は有している。

261 :173:2009/06/09(火) 12:07:59 0
性善説→本来の人間の性質は善→善でないものは人に非ず→善でないものは排除する
性悪説→本来の人間の性質は悪→人間は信用できない→悪事を行わないように規制する

あれ?どっちにしても似たような結論になったような…w

262 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 13:30:35 0
市場性善説 市場性悪説

263 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 13:58:58 0
ポピュリズム・衆愚を排除する為の言論統制、基本的人権の抑制は必須ですね。
野放図な自由を諸手を挙げて賛美するのは、ブルジョワ資本家と愚民だけ。
民主主義や自由を絶対視するのは大変危険です。
意外に思われるかも知れないが、実は国家による管理・監視・統制こそが
人々の安寧な生活をもたらすんです。

264 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 14:31:36 0
ドイツは「戦う民主主義」を取ってるよな


265 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 16:15:23 0
国家資本主義も国家規模の大企業がグローバル市場に組み込まれていると考えれば、
普通の経営、普通の資本主義と違わない気がするけどな。国有と私有の違いはない。
中国共産党が経営のトップとなって剰余価値を労働者から搾取して企業経営している
と思えば、独占段階、寡占段階の資本主義と差がない。明らかに資本主義の一部だし。

266 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 21:06:26 0
国有企業も民間企業もありていにいっちまえば所有者が違うだけだしな。
役所のほうが株主より甘くて金も出しやすいから困る。

>>263
そのための公共の福祉・三権分立・硬性憲法ですよ

267 :>>245 凄い!:2009/06/09(火) 21:38:47 0
>>245

素晴らしい!
わかりやすい!
こういうふうに分かりやすく話してくれっての!
どうもここに生息する共産主義者たち、カルトな議論にふけり
欠陥を指摘されると、逆切れだ!
お粗末すぎるっての!
245と知能程度、違いすぎるぞ!



268 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 22:51:57 0
>>265
レーニンの言葉を改めて想起させるね。
資本主義および帝国主義は、いかなる政治形態によっても発展し、あらゆる政治形態をも支配する、と。
資本主義が民主主義を不可欠に育てるとしたカウツキーらの見解への反証になるのかどうか、今の中国は。

269 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 22:53:35 0
>>245
「共産主義国家」の破綻原因
 − 所有形態や計画経済にあらず
ttp://sun.ap.teacup.com/souun/346.html

ソ連崩壊の真相/the peak killed the Soviet Union.
ttp://www.the-commons.jp/commons/main/rick/2006/05/the_peak_killed_the_soviet_uni.html
ソ連崩壊は経済体制ではなく「石油危機」によるものだという説のようです。

東欧・ソ連などの社会主義崩壊の原因は、“不運”。
ttp://www.geocities.jp/kenjro232/genin.htm

270 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 23:20:16 0
>>269
要因の一つとしては面白いけど、どれも破たんの主要因にはならん希ガス。
ところでトランジスタの発明とそこからの派生技術をまとめて運で言いきってるのは流石にどうかと思うよ

271 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 23:29:31 0
今は恐慌だから統制経済にして国家が資本を増大させる必要があるな。
スターリンとかヒトラーみたいなのがいればいいんだけどなぁ
売国奴ばっかりだし無理かwwww

272 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 23:34:04 0
>>266
三権分立は衆愚政治の素ですよ
前衛党による指導が不可欠です

273 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 00:20:44 0
>>252
>つまり社民主義体制こそが搾取構造だというパラドックス。

新自由主義者の面白いところは共産主義者と結論だけは同じということ。
もっとも新自由主義者のは社民主義を貶める詭弁、
共産主義者のは途上国から搾取した富を吸い上げてるという主張だから
結論は同じでも内容は全く異なるものだが。

ただ、共産主義者の社民主義批判は、当たってる部分もあるから苦しい。
途上国を先進国が搾取する構造というのは確かにあるから。
しかし、それを無くす形で社民主義をやろうとすると、
世界政府でも作って全世界で社民主義をやるしかないというジレンマにぶつかる。

まあ、今回の恐慌を機にそういう方向に変わっていくという見解もあるにはあるが。

274 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 00:31:45 0
>新自由主義者の面白いところは共産主義者と結論だけは同じということ。


何いってんだ既知外。

新自由主義者は、需要の永遠の「変化と創造」を前提に、供給力への投資の自由を謳歌している。

共産主義者は、需要の永遠の「固定化・不変」を前提に、供給力への投資の自由をすすめている。

つまり前提が最も異なるもの同士。
それを、結論が同じ、って、こんな異常な議論はあとにも先にもきいたことがない。


275 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 00:32:59 0
>>245
幼稚すぎる。
需要というものが全くわかっていない。

276 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 01:47:35 0
>>274
新自由主義者も共産主義者も
社民主義体制こそが搾取構造だというパラドックス
と言ってんだから結論は同じで合ってるだろ。
はっきり言うがその他の立場から見ればどっちもどっちだ。

277 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 08:07:01 0
俺は中立だ。客観的視点の持ち主だ。
その俺から見れば右も左も一緒だ。
何故なら俺の思想を批判しているからだ。
よって俺の思想こそが中立であり客観。

278 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 09:08:01 0
>>273
独立にさんざん夢を見させて、いざ独立したらかえって暮らし向きが悪くなった言い訳として
「国際的搾取構造だ!新植民地主義だ!」と陰謀論を唱えた独裁者たちのお先棒を
いつまでかついでいるのかねえ。
いまどき、当の途上国でもちゃんと発展している国では唱えられてないっつうの。ベネズエラやジンバブエは知らんが。

279 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 09:23:46 0
共産主義はそろそろ人間の平等幻想やめたらどうかね?
だいたいい女も高級食材も人数分は無いのに平等に分配なんてできるわけなかろう。
そこにはどうしても個人間の競争が入る。負けたもんはブサい女と牛丼で我慢するしか
ない。

280 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 09:42:08 0
マルクスは婦人を共有せよと申しております。

281 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 10:23:23 0
>>279
まあ幻想でもそれをやめたら
今の日本は格差がもっと広がるだろうがね

282 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 11:17:27 0
>>281
競争の結果の格差なら受け入れるしかないと思う。
今、格差格差と騒いでるのは、競争で負けたもんが、今までの競争は無かったことにしよう、
勝った奴の賞品は没収してみんなで平等に分けようと言ってるのに等しい。

283 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 12:32:33 0
公正な競争の条件を整備するのが国家の役割となる。
しかし万全ではない。
そこで弱者への救済の手を差し伸べるのも国家の役割となる。
民間の慈善活動だけでは無理だ。
従って国家を排除しようとするウォール街的自由主義は日本では否定されるべきだ。
ましてや国家の消滅を謳う共産主義など論外だ。
結局共産党の支配は、党幹部の恣意的な独裁となる。
しかも共産国では、党は国家より上に位置するから救いがないものとなる。
現になった。


284 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 12:36:25 0
既にお役人の恣意的な利権分配に殆ど手をつけられない国なんですが。
それでも役人や利権団体は利権に飽き足らないというわけだ。
それを批判する奴は新自由主義者呼ばわり。

285 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 12:58:06 0
共産主義って資本主義とあまりかわらんきがするな。資本家が消えても
国が資本家になるからな。そんでもって国が労働者の財産を搾取します^−^b

286 :173:2009/06/10(水) 12:59:07 0
>>257
家父長的というなら、企業だって家父長的組織だからね。

で、冷戦崩壊前後から、一部の左翼・右翼の間に「市民が家父長的な企業組織と
その中心に位置する政官財トライアングルに搾取されている日本社会」という
議論が出てくるようになった。

そして、この流れが、急進自由主義的改革論へとつながっていく。

で、その流れを利用して家父長的な企業社会を破壊する、と言って出てきたのが
小泉などの構造改革勢力。

まあ、小泉改革というのは実際には政官財トライアングルに搾取されている構造は
温存したまま、家父長的な構造をそのまま単なる権威主義的な構造へと
シフトさせただけなのだが。

287 :173:2009/06/10(水) 13:02:05 0
>>257>>273
286で書いたことを踏まえ、社民主義が家父長的な要素を持っていることを
考えれば、その話はむしろ当然。

というか、社民主義に限らず、家父長的な体制、というか身内を助けて余所者を
切り捨てる体制全般に当てはまる。

「身内をも切り捨てる」か、「余所者をも助けようとする」かが新自由主義と
共産主義の違い、といえばそういえるな。

まあ現実の新自由主義者も(彼らにとっての)身内には甘いようだがw

288 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 13:44:15 0
小泉改革は優勢民営化が主眼でこれは政治的に達成されたものだといえるが
労働の流動化は家父長的な体制が共倒れする危険を回避するために社会的に
要請されたものであって、政治的に小泉改革のみによって進められたものではない
しかしこちらの方が社会的影響は大きかった
もともと家父長的な企業体制が一億総中流階級という社会主義的な目標を達成
された日本社会であったが、これがバブル崩壊によって根底から脅かされた
労働の流動化は家父長的な構造の持つ危険を回避したとも考えられる
共産体制の国家はどうか?北朝鮮はどうか?
国家主導の国家規模の家父長的構造によって国民総共倒れであったのではないか

289 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 14:50:23 0
役人の恣意的な行政は、アタマに来る。
今は批判が噴出している。
たまに小泉のような総理が出ると、既得権益をバッサリ切られる。
ところが、
共産党官僚には、批判が一切できない。
自由なマスコミもない。
考えると、恐ろしい社会だ。



290 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 15:13:51 0
毛沢東や金日成・正日は国民が飢餓状態でも平気だった。
むしろ人為的に飢餓を作り出した。

正日に至っては、飢餓映像を西側に流出させ、援助物資を詐取し
平壌のお気に入り軍党幹部、喜び組の忠誠への褒美に使う手法を編み出した。
人間とは言えないおぞましい連中だ。

291 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 15:20:36 0
>>283
国家資本主義では平等な競争までは保障するが、競争の敗者、もしくは競争につく能力
すらないものは放置する。もう国家に貢献できる期待がゼロなものに血税をつぎ込んで
面倒みるなんて馬鹿なことはしない。

ナチスドイツは障害者への援助を片っ端から止めたし、現中国においては年金・健康保険・
生活保護制度すらない。だから予算を経済復興につぎ込め短期間で経済大国になれた。

国家資本主義最強。



292 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 15:31:34 0
金体制を賛美していた日教組と日教組を支持母体とするミンスは潰れろ

293 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 15:48:12 0
社民主義は古典的なブルジョワ社会主義の最新版か?

294 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 16:06:26 0
>>291
国家資本主義なるものが、何回かの書き込みでようやく見えてきた。
最初は冗談かと思ったが本気?で毒餃子国を・・・

水爆を開発、スプートニクで米を抜き、ガガーリン、テレシコワが出た頃の
ソ連は(一部の人間には)もっとひかり輝いて見えたものだ。
毛沢東もあの男の前じゃ縮みあがっていたし。
その頃にも同じような論者がでた。


295 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 16:15:36 0
>>288 >共産体制の国家はどうか?・・・国民総共倒れであったのではないか

うむ、なるほどなるほど…
国民総共倒れでも、独裁者だけは逃げ切る…
ヒトラーのように自決することもしない。
やはり共産主義は、史上最低、最悪のイデオロギー。

296 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 16:19:46 0
自決すりゃ偉いのか
自決だってある意味逃げだろうよ

297 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 16:26:18 0

これ共産主義者の反論?
国家資本主義者の反論?
単なるショーグン患者?

298 :(−_−):2009/06/10(水) 16:53:12 0
役にたつのは人を殴れる人間だけだ byヒトラー

299 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 17:17:08 0
共産主義の根源思想は『働かざるもの食うべからず』だと思うのだが。
なぜか働こうとしない者にまで働いてる者と同等レベルの生活を保障しろという
日本共産党の矛盾。

300 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 17:24:12 0
>>299
それは共産主義じゃなくて社会主義。

もっとも「がんばって働いたら、成果が無くとも報酬があるべき」
ということにはなる。
そのため無駄な仕事が増やされていく。
公務員の肥大化の論理である。

301 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 17:51:04 0
>>282
今の日本の場合は競争する前から既に格差があるのが問題なんだよ
マラソンで言えばスタートラインから走るランナーとコースの途中から走るランナーが居たら
そりゃコースの途中から走るランナーが勝つに決まってるだろうが

302 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 18:03:04 0
>>301
親がDQNなのはどうしようもないがな。
それでも公営教育がちゃんと機能してりゃ救いはあるんだが、あのザマである。
全ての子供が私立教育を受けられるバウチャー制度を導入するほか解決策は無い。

303 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 18:19:14 0
>>302
バウチャー制度ねえ・・・
あれこそ教育格差を拡大させた最たる事例な訳だが


304 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 18:30:18 0
>>303
ダメ学校を潰さずに試験の点の悪い子供を強制的に行かせりゃそうなるな。

305 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 18:35:23 0
教職員組合は色々虚々実々の批判を受けているけど
奴らの最たる害悪は、「教育を受ける権利」を
「教員が自由に教育を施す権利」と勘違いしていることだな。
権利はあくまで子供と親にあるのであり、選択する権利もある。
教員に権利があるとすれば、その選択に従って生じる2次的な権利だ。

306 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 20:41:40 0
教職員組合も文部官僚も子供と親の権利を守らない。

バウチャー制度にしても、教職員組合や文部官僚に潰されたからな。
学校間の格差よりも教育を受ける側にとっての機会の格差のほうが問題だろうに。

307 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 21:31:33 0
日の丸を嫌悪し、国旗に敬意を払わない教師にばかり教わって育ち、
成長してある国に行ってそこで国旗掲揚の場面に出くわしたが、
周囲の人は直立して国旗を見つめているのに一人その日本人は
ふざけて大笑いしていた。
国旗掲揚が終わって袋だたきにされた。
悪いのは誰か。

308 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 22:06:44 0
>>302
あのねえ・・・、地方は行きたくたってろくな私立がないわけよ。東京の基準でもの
考えないほうがいいよ。地方は頭いい子は公立行って、ちゃんと受験参考書だけで
勉強していい大学入るから。


>>301
てか、受精の段階でできるDNAの格差はどう解釈すんの?それこそスタートライン
以前の段階ではげしくハンディキャップつけられてるじゃん。

309 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 23:51:16 0
学校教育がもともとブルジョワ的文化マンセーの教会制度だから、
そういうところでブルジョワジーの成績がよくなるのは当たり前。
そうでない階層の人たちははじめから不利なようにできている。

310 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 23:59:22 0
>>299
それは資本主義の根本原理。ただし資本主義における労働者階級に課された道徳規範。
ブルジョワジーがプロレタリアートを扱き使うためにその文句を利用した。
それについてはヴェーバー(プロ倫)に詳しい。
数ある社会主義思想のなかにあって、マルクス主義は「共産社会は資本主義の胎内から
産まれ出る」という考え方をしたので、共産党は「上からの資本主義化」を進めたのです。
これがいわゆる国家資本主義であって、資本主義の一形態にすぎません。

311 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 00:13:42 0
ヘンリー・フォードよりもロバート・オウエンのほうが先にフォーディズムを実践していたんじゃね?

312 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 00:14:44 0
そういや高校野球の特待生制度が問題になったときに一部のマスコミが
「貧しい家庭の子は野球をするなと言うのか」とか言って煽ってたなあ。

その特待生のための経費自体一般の生徒に負担させてんだろがw

313 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 00:47:31 0
>>299
ポール・ラファルグという、カール・マルクスの娘婿にして、
フランスの社会主義者を知らないのか?

314 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2009/06/11(木) 01:01:26 0
>>313
実はキューバ人(って言い方はこの時代は語弊があるかもしれないけど、キューバ生まれには違いないお)
で、マルクスの初孫は実は黒人の血も混じってたんだっけか。歴史はたまにこういうことがあるから面白いお

315 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 04:19:33 0
まずこの不況が回復した後、世界が資本主義をどう見るかに興味がある。


316 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 04:41:50 0
>>279、282
貧乏人が資本主義を続ける義務はない。
しかもあんたのレスは裏を返すと市場競争における勝者の既得権益を護持せよって話で論外。
自給自足的な資本主義以前の社会の方が貧乏人にとってはマシ。
あんたら市場競争の勝者とやらに貧者と辱められ勝者を映えさせる道具に成り果てるよりはな。

>>284
官僚・国家批判派が必ずしも国民の味方とは限らない。

>>291
そういうものは国家資本主義とは呼ばん。
それとナチズムは「国民社会主義」というのが正確な呼び名だ。

>>302、304
バウチャー制度が机上の空論って事だろ。馬鹿か。

>>315
恐慌の余波がどこまで社会を破壊するかによって違ってくる。
ただし自由主義や市場原理主義が完全に過去の遺物になる事だけは確定済み。

317 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 06:00:03 0
>>309
最近、文化系ドカタとか、そういうのが増えてきたけど
あーゆーのはどうなのw

318 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 07:55:42 0
勝利宣言なんぞつまらんから
お前の親分同志を呼んできて書かせろよ。
多少は言い訳できるだろ。

319 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 08:03:00 0
>>312
税金でのスポーツ振興など一切行わない国であれば筋が通った主張だ。

320 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 09:13:09 0
>>316
国家資本主義=現在の中国、ロシア
国家社会主義=ナチスドイツ?


どうもこの2つの違いがわからん。今の日本みたいな弱者利権が害虫扱いされるのは
どちらも同じようだが。

321 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 09:23:39 0
国家資本主義が中国やロシアとか変な話だな
そもそも資本主義は共産主義に到達する前段階の訳で
それを仮にも社会主義目指していた国家がやることになるとはw

322 :282:2009/06/11(木) 09:24:53 0
>>316
>市場競争における勝者の既得権益を護持せよって話で論外。自給自足的な資本主義
>以前の社会の方が貧乏人にとってはマシ。

おまえさんこそ競争否定?
スタートラインを平等にせよという理論はそれなりにわかる。それで競争に参加するものの
やる気が上がるからな。しかし、それなら相続税を強化せよだけでいいはずでそれ以上の
介入は要らない。
競争が活性化すれば国の経済も上がる。結果として勝者と敗者の格差は開くが、国全体
の富の総量が上がるから敗者も食うに困らない程度の仕事にはありつけるということ。
日本の負け組の生活>>フィリピンの平均的な生活ということを忘れてはいけない。

323 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 10:46:39 O
自給自足時代の貧乏人って、天災なりあるたびに大量死なり難民だしてたけど、いいとはおもえんが。
なにせ備蓄ないし、社会保障なんてあるわけない

324 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 12:38:43 0
>>320
国家資本主義は国が全てを丸抱えするシステム。
ナチスは障害者とかマイノリティーには差別的で厳しい反面、
労働者に対してはかなり大甘で文字通り丸抱えシステムだった。
だから「国民」社会主義という言葉が当てられる。

国家社会主義というのは、共産主義に対抗する為に生まれたイデオロギーで、
ナチスの様な差別主義的なシステムを必ずしも内包するものでないし、
統制色を非常に強めた左派社民と国家社会主義は近い部分がある。

もっと大雑把に、官と民との関係で語った方が判りやすいかもしれない。
官が強いのが社会民主主義的な資本主義、民が強いのが自由主義的な資本主義。
官の経済に対する介入が強いのが社会民主主義的な資本主義、
官の経済に対する介入が弱いのが自由主義的な資本主義。

官が強く、官の経済に対する介入が極端に強いのが国家資本主義。
官が強く、官の経済に対する介入が極端に強く、
差別主義的経済システムを内蔵しているのが国家資本主義。

>>322
ピントがずれてる。
実際、こうして自給自足の話を持ち出されると分が悪いでしょ?
と言うことは資本主義システムなんて正当化できないってこと。

325 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 12:50:42 0
>>324
>ピントがずれてる。
>実際、こうして自給自足の話を持ち出されると分が悪いでしょ?
>と言うことは資本主義システムなんて正当化できないってこと。

おまえは何をいっているんだ??
「自給自足の方がマシ」なら、底辺の連中はこぞってヤマギシにでも加入するなり
耕作放棄農地にコミューンを作るなりしてなきゃならんだろうに。

326 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 13:09:07 0
>>325
あんたさあ、どのレスから始まってるのか確認くらいしたらどうなんだ?

>282 :世界@名無史さん:2009/06/10(水) 11:17:27 0
>>281
>競争の結果の格差なら受け入れるしかないと思う。
>今、格差格差と騒いでるのは、競争で負けたもんが、今までの競争は無かったことにしよう、
>勝った奴の賞品は没収してみんなで平等に分けようと言ってるのに等しい。

もしもこんな傲慢な感覚で資本主義が運営されるなら、という話だ。
事実、282の感覚ならあなたが言うような現象が活性化して浸透してるだろうよ。

327 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 13:25:36 0
>>326
お前が誰を相手に喋っているつもりだろうが知ったことか。
それぞれのレスについて責任を持って書け。

ほんと結果責任を回避する言い訳ばっかりだなアンチ新自由主義者は。

それはそれとして、自分で稼いだ分であろうと
人数割りの配給であろうと、「正当な取り分」なんてものは
いずれにせよ政治的な概念でしかないわな。
功利主義的に最も優れた経済システム
市民の自由を最大化するシステム
政府の専制化や家父長主義的圧政を生みにくいシステム
という点において自由経済が優れているという話に過ぎん。

328 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 13:43:19 0
>>327
>お前が誰を相手に喋っているつもりだろうが知ったことか。
>それぞれのレスについて責任を持って書け。

レスに責任を持って書けというなら、どのレスが始まりかくらい確認しないと。
おまけにいきなり「お前」呼ばわりして「知ったことか」という言い草は。
そういうレスを読んだ人があなたについてどう思うかくらい考えた方がいいですよ。

>自由経済が優れているという話に過ぎん。

優れてるわけがない。あんなものは欠陥だらけの最悪の代物に過ぎない。
民主主義と同じ。欠陥だらけで最悪の代物だが、これ以外に使えるものがないので、
我慢して改良しながら使い続けていくしかないってだけ。

>功利主義的に最も優れた経済システム
>市民の自由を最大化するシステム
>政府の専制化や家父長主義的圧政を生みにくいシステム

それにしても何かの冗談ですか?
自由主義の雄であるアメリカは今では立派な警察国家ですよ。
国家も私物化されてますし。

329 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2009/06/11(木) 13:43:44 0
多くの第三世界のスラムで食うや食わずの生活をせざるを得ない人たちにとっては、
間違いなく、彼等が大都市のスラムに出る数十年前までには行えていたような、
農学的な基盤に裏打ちされた自給自足の中小農業の方が良いんだろうけど、
問題は高度に資本と労働が投入されて、補助金がたくさん出る
ダンピングされた北米や欧州の農産物には絶対に敵わないから、
一度貨幣経済に飲み込まれるとそうした自給自足的な生活すら続けられないってことであって。
自由競争したら大資本に零細資本が敵うわけがないんだから。

>「自給自足の方がマシ」なら、底辺の連中はこぞってヤマギシにでも加入するなり
>耕作放棄農地にコミューンを作るなりしてなきゃならんだろうに。

現在の日本(のみならず世界全体でも)じゃまだその条件はないかと。
でももうしばらくして界市場が条件を変えるならば、つまり公園でゴミを漁るよりも割が良いものになるなら
こういう生活の仕方も、失業と貧困に対する真剣なオルタナティヴになるでしょう。
もしやるなら適切な農学的知識と、厳重な関税障壁みたいなものが必要かも。
まあダメな人には本当に本人自身の性質がどうしようもなくダメな人もいますし、
そういう人がいつまで経っても文句言うだけなのは変わらないでしょうけど。

そういう意味でグローバル資本主義が酷いのは、
操作されて自由でも公正でもない市場をあたかもそうであるように
喧伝した上で、自由競争を強いるってことだと思う。

330 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 13:55:26 0
自給自足に関税障壁など必要ないがな。
商品を作るわけじゃないんだから。
なぜか「新自由主義」批判の連中が触れたがらない
イスラエルのキブツではそれが実現している。

それが出来ないのは、要するに社会主義シンパの動機が
「他人はどうあれ自分の暮らしをよくしたい」のではなく
「他人が自分よりいい暮らしをするのが許せない」という点だからだろうね。

331 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 14:15:20 0
>>330
0点。

332 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 14:27:09 0
マルクス主義者のレベルに合わせて解説してやると
資本を集積したものがより好条件で再生産をおこない
ぶるぢょわは際限なく富み続け、ぷろれラリアートは際限なく搾取されるというのが
マルクス主義者の固定観念。

奴らの想定する世界では本当の意味でのイノベーションは起きない。
せいぜい研究開発予算さえつぎ込めば時代の「進歩」についていけると信じている。
お役人の発想と同じ。当時のエリートを教えた大学アカデミズムの大罪だな。

333 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 14:35:19 0
そういうお役人など会ったこと無いど。
議員だったら居るがな。

334 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 14:40:31 0
>>333
経産省の産業プロジェクトがまさにその手の話。
まあ何度ぽしゃっても一向に反省せずに手を変え品を変えた企画を続けているから
分かってやっているのかもしれんがね。

335 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 15:05:44 0
>>319
そうじゃなく、>>312は「貧しい家庭の子」を特待生制度を擁護する口実に使うなって話だろう。

まあプロ野球というのは、高い年俸を払って選手を雇っては要らなくなったら
使い捨てにするシステムだからな。特待生制度や裏金問題もその構造の延長線上にある。
まさに新自由主義システムの典型といえる。

追い出された選手が再就職先に困るなんて話には事欠かないし、元プロ野球選手の犯罪も
後をたたない(これは一種のタブーになっていて、あまり報道されないが)。

そういう意味では、プロ野球の暗部を見れば機会だけ平等にして結果の平等を顧みなかったらどうなるか
ということが良く分かる、といえる。

336 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 15:12:20 0
>>335
ひとつの会社に一生面倒をみてもらおうというのか。
なんたる社畜根性。

プロ野球選手には契約金もあるし
再就職の際の職歴としては文句ないし
環境としてはかなり恵まれているだろ。
社民党をクビになった党職員は行き場がないだろうが
そんなのと一緒にするなよ。

337 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 15:25:22 0
プロ野球選手全部に契約金があるとでも思ってんの?w

338 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 15:30:28 0
18才にもなりゃいい大人なんだから
契約金無しとか育成選手とかでもプロに挑戦すべきかどうか
自分で決めることだろ。
>>335の主張は、新自由主義的なプロ野球などけしからんから
野球で身を立てる道など潰してしまえ、ってことだからな。
アンチ新自由主義者の本性が如実に分かるレスだ。

339 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 17:46:32 0
日本のサヨクやマルクス教徒は媚中反日だから嫌いです。

親北朝鮮だけはやっと無くなったが、それでも北マンセーしてた奴らが民主や社民に多数。

サヨクには政権を任せられないので、社会・労働政策「も」やってきたのが自民党です。

340 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 19:40:31 0
>>339
そしてアメリカの奴隷となり
派遣・日雇い労働やワープアを生み出してきたんですね
分かります

341 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 19:52:35 0
>>336-337
四国リーグの選手なんか契約金ゼロ・月給10万の月契約だぞ。
野球選手の待遇格差なんて一般人の比じゃない。まさに新自由主義の象徴みたいな
世界。勝ち組と負け組の差がせいぜい5倍程度のサラリーマンの格差なんて甘すぎ
ってもんだ。
その程度の差で結果平等を求めてる共産主義者は頭がおかしい。

342 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 20:16:55 0
>>324
官が強くても、その力が一部の私企業を利するために使われてたら、
それは社会民主主義とは言わないだろう。
官が強いのが社会主義というのは本末転倒というか、それこそ反共主義者の
プロパガンダに引きずられた一般化という気がする。

大雑把に言うにしても、官が強いということと社会主義を結びつけるのが
適切とは思えないね。
大体、もともと社会主義は国家の存在をむしろ否定する立場だからな。

といって、その用法が完全に定着した今となってはどうにもならんだろうけど。

343 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 20:42:48 0
ところで新自由主義シンパの諸君!

アメリカを見ればわかるけど競争至上主義で国民含めて社会全体(←ここ重要なポイントな!)が本当に活性化したのかな?
あれは活性化というよりはむしろ疲弊化ではないのかな?


344 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 22:38:53 0
>>338
>新自由主義的なプロ野球などけしからんから
>野球で身を立てる道など潰してしまえ、ってことだからな。
>アンチ新自由主義者の本性が如実に分かるレスだ。

アメリカ大リーグ的な出鱈目な年俸制には反対の人が多い。
しかも「アメリカ人でさえ」高すぎると普通に思ってたりする。

むしろ自由主義者の異常性を示すものでしかない。

>>341
つまらない。0点。

345 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 23:00:29 0
共産主義・社会主義というのは国家主導型の資本主義であり資本主義の一部
(これを広義の資本主義と呼ぶ)
一方西側自由主義諸国が展開している経済体制は市場原理に基づく資本主義体制
(これを狭義の資本主義と呼ぶ)でこれが共産主義・社会主義に対する対立概念である。

346 :世界@名無史さん:2009/06/11(木) 23:41:30 0
新自由主義の功罪
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/eco/1216793480/108
名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2009/02/01(日) 18:22:12

新自由主義もアレだが、社会主義も産業主義から分岐した新自由主義の亜種に過ぎん。
社会主義も新自由主義も、大量にもの作って、流通して、売って、消費しての社会構造は同じ。
今、起きてる現象は脱産業主義なんだよな。
だから、新自由主義も社会主義も枕を並べて死亡するといったトフラーの意見は当たってると思う。

347 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 00:09:10 0
>>339
そういう人は多いだろうね。
これまでのサヨクの言動を見ていたらとても信用がおけない。
サヨクはイデオロギー至上で捏造してまで平気で国を売るからね。

348 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 00:09:23 0
>>343
アメリカよりもヨーロッパ諸国の方がダメージ受けてるし、アメリカが世界で一番早く景気回復すると思うよ
競争至上主義が様々な人材を呼び寄せて、社会に活力を与えてるのは確かだろう
大学や企業での研究にしたって、スポーツリーグにしたって、アメリカに並ぶ国はない

349 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 04:42:14 0
なあに。あと1〜2年のうちに第2次朝鮮戦争が勃発してその軍事特需で
半島の周辺各国は一気に景気回復さ。

350 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 05:37:39 0
アメリカの奴隷云々と文句を言いながら、何故に東京裁判史観なんぞを錦の御旗のように扱うのか。
そんなもん振りかざす奴こそがアメリカの奴隷だろ?

351 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 08:15:11 0
>>348
今のアメリカは新自由主義から、中国型の国家資本主義に舵を切っていると思うの
だが。主要金融機関は実質、アメリカ政府の完全管理下だし。やはりあるレベルでの
国家主導型の自由主義経済が最強という結論にならざるをえない。

社会主義?共産主義?あ〜あ、昔、そんなお花畑理論があったな〜と懐かしく
思い出される日がじきに来るのであろう。

352 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 08:22:53 O
スポーツに限らず、娯楽産業ほど平等が馴染まないとこはないだろ。
年俸減らせばよそいくし、そうなりゃファンも減る

353 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 09:23:10 0
>>342
>官が強くても、その力が一部の私企業を利するために使われてたら

アメリカはまさにその状況で、それを揶揄して言われるようになったのが
「軍事ケインズ主義」「軍事社会主義」。

>>351
中国型の国家資本主義が問題なのは、党の腐敗と反対運動への弾圧だな。
まあその見地から言えば、アメリカも軍産複合体の癒着構造があるから
元々中国型の国家資本主義と似たようなものだろう。

354 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 12:32:09 0
>>339 >サヨクはイデオロギー至上で捏造してまで平気で国を売るからね。

サヨクの前科が左翼の言動を信じられないものにしている。
事実、今でも嘘八百並びたてている。
信なくんば立たず、だな。


355 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 12:47:34 O
軍事産業は顧客が政府しかないから、社会主義にいちばん近い形態だな。
他国も似たり寄ったりだけどね

356 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 13:38:22 0
>>345
宇野派あたりにいわせると、狭義の資本主義は、社会主義より先にとっくに死滅しているけどな。
生き残ったのはオウエン主義的な資本主義というか社会主義というか、その亜種だな。
それをフォーディズムと言って経済成長の黄金時代を築いたが、その時代も終わったようだし。

357 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 13:42:22 0
中国は、共産主義を放棄していないな。レーニン主義的な修正主義ではない、
正統なマルクス主義から言ったら、共産社会は資本主義の胎内から産まれる
というのがその理論的核心にあるものだから、中国はまず資本主義化を
進めなければならない。

358 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 13:47:21 0
>>348
> アメリカよりもヨーロッパ諸国の方がダメージ受けてるし、アメリカが世界で一番早く景気回復すると思うよ

それは、今のアメリカが社会主義化しているからだろw

359 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 17:00:32 0
>>358
あれを社会主義とは呼ばん。中国・ロシア型の国家資本主義だ。

360 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 18:03:09 0
えっ アメリカが中国・ロシア型の国家資本主義って言ったのかい?

361 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 18:40:40 0
アメリカを新自由主義と言ったり社会主義と言ったり、今度は国家資本主義か。
せめてどれかに統一しとけよw

362 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 18:45:15 0
>>361
社会主義とか共産主義、その国家や党派、思想集団の定義も十人十色なんだから仕方が無いw

363 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 19:00:16 0
>>362
バベルの塔かよw
よく議論続けられんな。いや、だから議論が続くのか?

364 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 20:38:47 0
まあ似たようなもんかもねw
「負けたのはあいつらだ。俺はまだ戦ってすらいない!俺が参戦すれば無双かましてやるぜ!」
と、まあみんなこんな感じだから。

365 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 22:09:13 0
>アメリカが世界で一番早く景気回復すると思うよ
>競争至上主義が様々な人材を呼び寄せて、社会に活力を与えてるのは確かだろう

え〜〜〜っ!
アメリカ人だって昨今の競争至上主義はおかしいと言ってるよ!

競争至上は所詮、究極的には勝者にしか利益・恩恵が行かない仕組みで勝者以外は全て敗者、
そして社会そのものが疲弊化して競争そのものも成り立たなくなってしまう・・

今のハゲタカファンド(虚業?)が社会基盤を成り立たせている正業を食い尽くしている。
あいつらには社会全体がどうなるかは一切関心が無くただ己の儲けのために正業である企業(メーカー等)をつぶしてくっつけて(M&A等)、
金を左から右へ動かしているだけだからな。おおよそ社会貢献度は皆無に等しい。





366 :世界@名無史さん:2009/06/12(金) 23:44:56 0
>>365
前半は同意。
後半は?
「絶対に」買収されたくないなら、株式会社にすべきではない。
ましてや上場しといて「絶対に」買収されたくないとか、アホかと。

51%以上の株式取得したら経営権獲得できるよ、
つー資本主義下における株式会社のありうるべき
公正なルール・原理原則をないがしろにしているのが今の日本。
社会貢献度とか関係ないから。株主をないがしろにしすぎ。

367 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:02:38 0
>>366
>株主をないがしろにしすぎ。

嘘付け!小泉以来、株主の配当は倍増しているじゃねえか!
それに反比例して従業員の人件費は下げられる・・

空前の好景気なんて言っても、ごく一部の金持ちや株主だけが極端に潤って、
中間層を含めてそれ以下の生活水準はさらに下落しただろ。

>社会貢献度とか関係ないから

ツンデレを気取ってもちっとも通でもかっこよくもないよw
企業の「社会貢献」の意味がわかるかな?
自社の儲けだけしか頭にない企業だらけになったら世の中どうなるか?
もうちっとまっとうな常識を働かせましょうw



368 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:04:40 0
企業は自社の儲けしか頭にないよ
それをどうにかするのが政府だろ

369 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:09:45 0
>>366
>>365が言っている「買収」って「敵対的買収」みたいなやつだろ?

ところで製造業なんか(正業)が物作りで稼いだ金がファンドなんか(虚業)に流れてマネーゲームの末にどっかに消えてしまう構図って、
サラリーマン(正業)が稼いだ金がキャバクラや風俗なんか(虚業)に流れて、ヤクザを初めてするアングラワールドに消えてしまうのに酷似しているな。




370 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:11:51 0
>>367
>嘘付け!小泉以来、株主の配当は倍増しているじゃねえか!
何言ってんだ?もうちょっと勉強しような。
後な、株ってのはノーリスクじゃないんだぞ。
この前のサブプラで大損こいてる機関・個人投資家も沢山居るんだよ。

あのね、株式会社ってのは株主がお金を出してるんだよ。
企業業績が悪くなったら、経営陣も労働者も給与減らされて
当たり前。当然配当も減らされる。

社会貢献云々は正直意味不明。企業は利潤追求するのが
当たり前。社会貢献は二の次。
まあでも大企業は大体、
寄付金とかやってるだろ、普通に。

371 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:17:00 0
>>370
企業の社会貢献=寄付金かよ?

っぷpw 貧しい発想だねw 

>株式会社ってのは株主がお金を出してるんだよ。

そうだよ。だけど儲けの源を作っているのは従業員だよね?
それともキミは株式会社の資金・資産が全て株主のお金で成り立っているとでも思うの?




372 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:21:24 0
>>369
だからその「敵対的」つーのがおかしいの。
なんでルールに従って買収して敵対されなきゃならんの。
そんなに嫌なら事前に防衛策とるとか、企業価値を高めて
買収されないように上手い手段を取るとかしろって話。


373 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:23:27 0
>>370
>何言ってんだ?もうちょっと勉強しような。
>後な、株ってのはノーリスクじゃないんだぞ。
>この前のサブプラで大損こいてる機関・個人投資家も沢山居るんだよ。

リスクを覚悟で無ければ株やマネーゲーム(虚業)なんてやらないよな?
だから勝手にやらしておけばいいんだよ。
だけど正業労働者たる一般人の全てがその虚業で大損こいて負担を強いるようなリスクを負う必要も義務もない。
どこの国でも株をやる人間なんてごく一握りだ。
マネーゲームのリスクを進んで負う種類の人間を標準に考える必要は全くない。






374 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:27:50 0
>>371
何勝手に=で結んで貧しい発想云々言ってるんだ?
まあ貧しいかもしれんが、残念ながら君に経営を任せたら、
その会社は・・・。

>だけど儲けの源を作っているのは従業員だよね?
剰余価値のことを言っているのならその通りだよ。
でもお金を出してくれる株主がいなかったら、
そもそも会社が成り立たないわな。

375 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:29:06 0
>>372
「敵対的買収」って言葉はオマエがここでどうわめこうと世の中では認知されている言葉だよ。
hostile takeoberってfinanncial termsが向こうの経済紙誌にはよく出てくるじゃねえか。

この世に存在する言葉は全て意味があるんだよ。



376 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:31:26 0
>>373
どうやって関わり合いなくすんだ?
銀行預金や企業年金ですら金融市場での運用が大前提なのに。
だいいち、株式会社が厭なら有限会社なりがあるけど、資本の集めやすさや企業組織でどうも株式会社に比べて不利になるが

377 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:31:55 0
>>373
だからさあ、株買ってくれる機関や個人がいなかったら、
経済が成り立たないの。企業も成り立たないの。
どんだけ株価が大事かって分からないの?
株価が激減して日本にも失業者があふれているんだよ。

378 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:31:55 0
>>374
一知半解の典型だな、薄っぺらいんだよ!オマエはw
おっと、オレもこれを他山の石にしなければw

379 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:34:21 0
>>378
さっきから君はwとか罵詈雑言しか言えないんだな。


380 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:35:57 0
>>377
へえ〜、だったら利益を生み出してくれる従業員がいなければ株主に利益を生み出すこともできないよね?
キミの考えって著しくバランスに欠けているみたいだけどw

>株価が激減して日本にも失業者があふれているんだよ。

株価が激減しているのはあたり。
だけどもそれが(それだけが?)原因で失業者があふれているって・・


381 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:36:41 0
>>375
「敵対的買収」っていう言葉は当然ありふれてるけど、
価値中立的でないからね。
敵対的になってるのは備えをおこたってた企業側だけだから。

382 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:39:41 0
>>376
何?そのバランスの欠いたななめ上目線からの経済なんとかはw
ちっともリアルさがないね、キミの経済論もどきにはw

・・おっとwはいけないか?(笑)


383 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:39:50 0
>>380
何言ってんの?資本投下してんだからそれに見合う
利益を回収するのなんて当たり前じゃん。
別に労働者を貶めているわけでもないし。

それからさっきから(それだけが?)とか拡大解釈みたいなの止めような。

384 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:40:23 0
>>348
>アメリカよりもヨーロッパ諸国の方がダメージ受けてるし、アメリカが世界で一番早く景気回復すると思うよ

んなこたぁない。
ってかここまでのアメリカ信奉者は久々に見たよ。

>>351
アメリカのオバマ政権はヨーロッパの社会的資本主義に転換しようとしてるだけ。
ブルームバーグだったっけ、アングロサクソン型からヨーロッパ型に転換せよとか書いたの。
最近、ヨーロッパの社会民主主義を評価する情報が普通に書かれてるし、
あれはアメリカのエスタブリッシュメントがgoサイン出したっていうシグナルだよ。

>>361
新自由主義以外はどれも当たってる。
国家資本主義は国が主導して資本主義を運営する形の資本主義。
そしてアメリカは社会的資本主義への転換を図っているのだから、
その方面から捉えると社会主義とも言える。

385 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:49:29 0
>>383
>利益を回収するのなんて当たり前じゃん。
>別に労働者を貶めているわけでもないし。

だとしても株主資本主義は論外だけどな。
社会保障とあらゆる労働者保護政策を政府に撤廃させて、
労働者を奴隷化して最大限の利益を上げる。
そしてその金を投資機関が強奪する。
現実に新自由主義で起きた事はこれだから。

ベネズエラのチャベス政権が誕生したきっかけもこれなんだよ。
二大政党制で、社民政党が一翼を担っていたので、
実はベネズエラは先進国並みの労働環境が保障された国だった。
当然、中流層も厚く、非常に住み易い国だった。
ところがアメリカ資本と結託した二大政党がそれらを無力化し、
労働者を安価に使い捨てできる形にしてしまった。
その結果、中流崩壊が生じ、貧富格差の大きな社会に変わり果てた。
労働組合も大企業やアメリカ外資で潤う企業の利益ばかりを代弁し、
大多数を占める貧しい労働者を誰も守らなくなった。
その上で安泰であった二大政党体制の腐敗が進行して著しくなり、
国民から二大政党体制を破壊して欲しいという声が出たところで、
チャベスが現れ、国民はチャベスに希望を見出すようになった。

株主資本主義やアメリカの経済侵略策はろくな結果を招かない。

386 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:51:10 0
>>384
やっとまともに議論できそうなのが来たとちょっと感動してしまった。

そっち方面に向いてるというのと、そっちそのものとはぜんぜん別だろ。
その論理だと封建制と道州制を同一っていってるようなもんじゃないか?
ところで社会的資本主義ってどんな特徴ある?
イギリス病だの揶揄されたのとはやっぱ違うのか?

387 :名無さん:2009/06/13(土) 00:53:54 0
全員が、世界@名無史さんじゃ誰が何いってるかわからないっての。
自信があるなら、仮名ぐらいつかっては。

388 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 00:57:07 0
やっぱりスレタイがイカンのかなあ。
なぜソ連型社会主義〜の方が合ってると思う。
中国とかベトナムとかキューバもそれぞれ資本主義的なものを
導入しているけど、公式的には各々の政府に言い分もあるしな。
あとチャベスとかの社会主義や国家・国民社会主義もあるしなあ。

389 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 01:04:30 0
経済にとっちゃあ、結局は共産主義だの資本主義だの社会主義だのなんて程度問題でしかないからなぁ。
まあ、そこを線引きして議論してるわけだけど

390 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 01:08:52 0
>>384
IMF関係でググってみれば?
経済崩壊の危機に瀕してるのが欧州が多い

391 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 02:00:14 0
>>388
そういやビルマの軍政も社会主義を自称してるな。
これも欧米資本の侵略から経済を守るという建前があるから、国民社会主義の一種なのかな。

392 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 02:01:03 0
>>383
>資本投下してんだからそれに見合う
>利益を回収するのなんて当たり前じゃん。
>別に労働者を貶めているわけでもないし。

ん?
(1)資本投下の見返りで株主がそれ相応の利益を回収するのが当たり前
なら
(2)長時間重労働の見返りに労働者がそれ相応の報酬を要求するのも当たり前
だが。

小泉時のいざなぎ越えと呼ばれた空前の光景気時に、中間層以下の生活が苦しくなったのは、(1)は倍増したが、
(2)はそれに反比例して報酬が激減したため。もちろん原因はそれのみに求められないが。

だいたい株主なんてものは一時的でも利益が得られればいいのだから経営者や労働者ほどの会社でのこだわりや愛着なんてものはほとんど持っていない。
多くは目先でも短期的にでも利益を得たいがために、株主の会社への要求は「コスト削減」「人件費抑制」・・なんてみみっちい物が多い(極少数の例外もあるけど)

その株主(大規模ファンドなんか含む)の要求(コスト削減、人件費抑制等)に過大にこたえた企業の行く末は「技能・スキルが継承されない」「設備の老朽化」など、屍残骸のありさま。
つぶれたアメリカの大企業をよく見りゃそれくらいわかるだろ、結果的には競争に負けたんだから。


393 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 02:11:41 0
>>376
>>377

>>373のどこに「株取引廃止論」みたいなことが書いてある?
よく読め!被害妄想か?オマエは?


394 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 03:42:47 0
>>386
アメリカ型資本主義でもない、ソ連型社会主義でもない、
第三の道を模索する中で生まれたのが社会的資本主義で、
名前そのもので社会主義と資本主義との混合型だ。
歴史の浅い米ソ双方に組したくないという欧州の面子と、
非ソ連型社会主義を求めた社民勢力との合作だな。
ドイツやスウェーデンが代表格と言えば特徴は掴めるはず。
イギリスとはかなり違う。

>>390
それって新自由主義者が広めた典型的な詭弁なんだけどな。
旧社会主義経済圏の東欧を除くとどうなるかって話よ。
欧州は社会的資本主義の西欧と英米型資本主義の東欧に分かれていて、
東欧は新自由主義政策を推進し、海外からの投資で経済発展してきた。
親英米新自由主義の東欧と社会的資本主義の西欧とで対立があったくらい。
新自由主義が駄目になって投資が減れば東欧は当然ポシャるし、
東欧を持ち出して西欧の社会的資本主義が危機だと言うのは詭弁でしょう。
もっともアメリカより欧州の方がやばいというデマを広めたい人は
東欧が英米流を模して地獄行きになってる事自体を絶対に言わないけど。
危機に瀕してるのは普通に英米流資本主義です。

395 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 12:38:26 0
東欧投資の主力は西欧だから、投資が減るってことは結局は西欧がやばいからって話しになるわけだが。
それに東西の対立は、経済じゃなくて対ロ政策とEUの労働力移動や分担問題だしな

396 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 13:35:14 0
>>361
小浜のアメリカは社会主義ないし国家資本主義

397 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 13:37:52 0
>>390
米国もそれが間違えていると思って、小浜政権で社会主義へ転向。
大胆な社会主義的措置を自由経済に取り入れざるを得ないことを認めた。
それあっての米国経済の回復期待というべきだろう。

398 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 15:32:37 0
>>395
なんでやねんw
なぜ英米流資本主義で危機に陥ってる東欧の話まで
西欧社会的資本主義の責任にされなかんのやw

399 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 16:42:34 0
>>396
国家資本主義だろ。
現代中国=国家資本主義、北欧=社会的資本主義の典型と考えるなら、オバマの
アメリカのやり方は明らかに中国に近い。
主要企業の国有化&組合利権潰し。

400 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 17:28:12 0
>>399
しかしアメリカは中国みたいに人権度外視ってのはないぞ。
社会保障に関しても整備を進める方向で動いてるし。
ただイギリスみたいになっていくような気はするが。

401 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 17:57:05 0
肝心なこと聞き忘れた。
国家社会主義は1党独裁?

402 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 22:34:10 0
>>400
経済政策は人権政策とは無関係であると思われ。
マルクスにもハイエクにも共に、資本主義が人権思想ないし個人主義思想と不可分に結びついていて
互いにそれを推し進めるとする発想があったが、それはある意味では当たっている面があったとしても
ある意味では当たっていない。下部構造が上部構造を支配するという単純な対応関係はおそらくない。
全くないとは言いきらないが、機械的な相関関係にはないだろう。
近代的な資本主義的生産様式の下部構造に封建的な上部構造が乗っかったまま停滞することもある。
それが中国の例に見出される。
経済自由主義色が濃い米国よりも、経済社会主義色が濃い北欧のほうが人権先進国で十分ありえる。

403 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 12:54:42 0
>>400>>402
資本主義と結びついてるのは基本的に消極的自由の思想で積極的自由の思想ではない。
資本主義が生まれた当時の人権思想は消極的自由を中心としていた。
そもそも、当時の人権思想そのものが、ブルジョアの権利の封建支配層からの擁護という
時代的要請の中で生まれたもの。

そこから資本家の利害に純化し、自由経済のみを抽出して権威主義と接合したのが
古典的な資本主義。新保守主義もその一種。
ただし、そこからさらに資本家の利害に純化して自由経済も放棄すれば
国家資本主義になる。

一方で、現代の人権思想は積極的自由の側面も持ち合わせているし、北欧の社民主義もそう。
これは支配層が封建領主からブルジョアへと交代し、非支配層の中心がブルジョアから
プロレタリアートへ交代したことによるもの。

それらと反対に当初の人権思想から、消極的自由に純化したのがリバタリアニズムの思想。

要は資本主義(というか新自由主義)も人権思想も、ブルジョア革命の達成の結果、
当初のものから変容しているわけで、それらを混同するから間違えてしまう。
困ったことに、ソ連型社会主義が猛威を振るったことが、その間違いへと人の思考を
誘導する要素となってしまっているが。

404 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 16:05:46 0
>>401
無謬の前衛党による指導に従わなければ
社会主義の正しい発展はあり得ないだろ!

405 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 17:00:35 0
愛知のいじめ事件

発生件数
平成12年 1位愛知3,163 全国合計30,918
平成13年 1位愛知2,739 全国合計25,076
平成14年 1位愛知2,446 全国合計22,207
平成15年 1位愛知2,307 全国合計22,205
平成16年  統計なし
平成17年 1位愛知2,597 全国合計20,143

認知件数(この年度以降、発生件数から認知件数へと変更)
平成18年 1位熊本11,205、2位愛知10,571 全国合計124,898
平成19年 1位愛知10,951            全国合計101,127


406 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 21:16:48 0
国家資本主義は途上国では必要不可欠のものだからね。
発展途上国では国が産業を保護育成しないと経済が立ち行かないので
必然的に国家資本主義になるし、仮にそれを否定して普通の自由主義経済で
先進国と競争した場合、結局、金余りの先進国に食い物にされて地獄に落ちるだけだから。
そしてその地獄行きの最大の被害者になるのは途上国の貧しい国民。
新自由主義の猛威にさらされて地獄に突き落とされた途上国の国民は生き証人。
ただし途上国ではまだ資本主義が未発達の為に共同体が機能しているし、
多くの国民の生活は共同体の互助で成り立つ構造がある上で、
金持ち連中は会社を作って国に庇護してもらい、成長していくわけだけど。

中国の問題は、社会主義経済時代に共同体を徹底的に破壊してきた事と、
同じく同時代の権威主義的な体制で国民間の階層意識がこびりついてしまっていて、
身分が高いとされてる連中と成功して金持ちになった奴らが働く出鱈目を
その階層意識が助長してしまっていること(強い奴は横暴が許されるという感覚)、
資本主義体制での福祉制度が整備されていないこと、こういった点にあると思われる。
つまり国家資本主義が原因ではないということ。

どんな資本主義を選択するかはその国の経済発展の度合いに合わせれば良いのであって、
合いもしない不適切なものを選択すれば結局被害を蒙るのは国民だから。

407 :世界@名無史さん:2009/06/14(日) 22:53:55 0
新自由主義とソ連型や中国型の社会主義は共同体を徹底的に破壊してきたという一点では共通してるな。

408 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 00:59:43 0
前スレッドの下記の二つの投稿。これらの数値のソースはいずれも世界銀行によるもの。
World Bank, World Development Indicator 2001

872 名前:世界@名無史さん 投稿日:2009/05/31(日) 01:09:58 0
スティグリッツ氏によれば、ロシアの貧困層は1989年時には2%、
しかし、1998年には23.8%に拡大している。
彼によると、資本主義経済へ移行した旧共産圏のほとんどで
貧困層が拡大したそうだ。

876 名前:世界@名無史さん 投稿日:2009/05/31(日) 10:48:21 0
またスティグリッツ氏によれば、世界銀行の調査では、ロシアでは一日当たりの支出が
4ドル未満の者が人口の40%を占めた。子をもつ家庭の50%が貧困層となった。
社会指標の数値の多くが、ロシアの国民の平均的生活水準の低下を示しているそうだ。
一握りの富裕層がより富めるようになった反面、中産階級は貯蓄を無くし没落しはじめた。


409 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 01:06:00 0
また、ソビエト連邦が1920年代以降、アメリカ合州国以上の(日本なみの)経済成長を果たしていた
というサミュエルソンによる情報のソースは、ヘブライ大学のGur Ofer氏の文献とCIAによるもの。

410 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 02:01:22 0
>>332、334
統計学の授業でさ、
交通事故やサッカーの得点率は分布にしたがうって言ってたよ
人間はどんなに頑張っても頑張らなくても分布に支配されてるのさ
だから、君が頑張って産業開発しなくても
他の誰かが開発するんだよ
だから、産業づくりのために一定の資本をつぎこめば、必ず一定の成果は期待できる。
そういう思考なんでしょ
これぞ科学的進歩史観だ

411 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 09:23:31 0
>>406
その発展途上の段階で共産主義を選択した国はことごとく悲惨なことになっとるなあ。
共産主義は生産性が悪いからグローバル社会での国対国の経済戦争という観点で
見ると敗者になることがほほ確実。

要は
国が鎖国状態=共産主義
国が発展途上or経済危機=国家資本主義
国が強国で好況=新自由主義

が最強ということでは?あとはその3つを巧みに使い分けられる指導者がいれば。


412 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 10:06:19 0
旧ソ連は国家資本主義。いわゆる開発期独裁。
旧ソ連政府の公式見解でも、自国を社会主義とも、もちろん共産社会とも見なしていなかったのが事実。
社会主義への過渡期にある(国家資本主義)と見なして政策を行っていたにすぎない。

用語解説:ソ連=国家資本主義論
ttp://matsuo-tadasu.ptu.jp/yougo_soren.html

国家資本主義について
ttp://www.workers-2001.org/iijimakoltukasihonnsyugironn.htm

「共産主義国家」の破綻原因
 − 所有形態や計画経済にあらず
ttp://sun.ap.teacup.com/souun/346.html

たしかに、CIAによる"The Impact of Gorbachev's policies on Soviet economic
statistics : a conference report"などの情報によれば、ソ連の1928年から1987年までの
平均経済成長率はGNPにして4.2。これは同じ時期の米国3.0より高く、日本のそれに近かった。

413 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 10:21:12 0
ただしGNPやGDP指標による成長率が、国民の生活の豊かさや幸福度と等しいかというとそうは言えない。
特にソ連においては国民の生活、特に人権を犠牲に経済成長至上主義を追求したところに不幸があった。

これは、マルクス主義のなかにもともとあった史観、つまり、資本主義の胎内から共産社会は産まれる
という命題を教義として掲げるあまり、資本主義段階にすら達していなかったロシアを先進資本主義国と
肩を並べるレベルにまで急激に押し上げようとしたことにあった。そのため、軍事的な脅威もあってか、
戦時体制的な、強権的な政策が発動された。重商主義的でかつファシズム的な富国強兵政策がとられた。

これは中国にも見出せる。現代中国はさらに新自由主義化までもとりこんで資本主義化に懸命である。

414 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 11:12:59 0
1990年代崩壊したツケは
GDPが10年ぐらいで40%も大激減したことでも明らかだな

415 :世界@名無史さん:2009/06/15(月) 11:13:58 0
日本は失われた10年と言われたが実際には名目は横ばい
ロシアは恐慌の10年だったわけだ

416 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 02:22:08 0
>>403
こういう線形な世界観しか抱けないアホは死んで欲しいな

417 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 03:23:50 0
>>8
>>404
すると…共産党いや国家資本主義党員の幹部もこんな前衛的指導ができるのかな。
 ↓
http://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

それにしてもひでぇな。コンクリブロックが粉々だ。

418 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 11:38:06 0
社会主義に反する奴の末路か

419 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 14:37:23 0
>>413
人権といっても色々あるが
政治的自由があって貧しい生活と
政治的自由がなく豊かな生活では
大多数の人間は後者を選ぶんでないの。

そして政治的自由がなく貧しいのが社会主義なわけだが。

>>416
「線形」って直線的という意味じゃないぞ。

420 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 19:28:33 0
社会主義政権は、いずれも発展途上国で成立したので、資本主義であっても貧しかったわけだが。
それに社会主義政権=社会主義国とはかぎらない。
ソ連政府の場合は、社会主義以前の過渡期にある体制というのが彼らの見解だったようだ。

421 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 19:30:13 0
>>419
貧しいといっても、ソ連の場合は、社会主義をやめてからのほうが更に貧しい層が拡大したわけだが。
もちろん富裕層はもっと富裕になったそうだけど。

422 :世界@名無史さん:2009/06/16(火) 23:58:30 0
社会主義が社会構造をめちゃくちゃにしたから原始時代からやり直さなきゃ行けないんじゃないか?

423 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 00:12:32 0
0→1→2→3→4と段階を踏むはずが、2は3を否定して4へ向かおうとし、結果1へ移行。
後でまちがいに気づいた2は、3へと目標をもどそうとするが、自分は1になっているので、3へいけない。
それどころか社会は0へ向かおうとしてしまう。自分が2だと思っている1は、慌てて
3はやっぱり間違っていると判断し、もう一度4を目指すつもりで実は1へ回帰する行動に起こす。
これによって自称2は、4にいるという夢を見ながら1の状態に満足できる、すばらしいシステムを完成させた。

424 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 03:04:12 0

政治的自由が無く、貧しく、生命は軽く、幹部はメタボ
全く社会主義、共産主義ってのは…

跡取りが決まった三男は、長男を暗殺しようと…
基地外に愛されたイデオロギー=共産主義


425 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 04:16:30 O
国富の全てを搾取する共産主義者の共産主義国は、資本家の資本主義国以上の搾取国家だっただけだ。
努力して富を貯めた奴から暴力で富を略奪する共産主義思想を平等と主張する奴は頭がおかしい。

426 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 04:43:35 P
保守的立場からすれば社会は斬新的に変えて行かざるえないのが実情なので、
『現状からベターな状態に持って行きましょう』と言うのがデフォルトなんだが。
革新的思想に囚われちゃうと『現状=悪、旧体制の打破!』みたいな短絡思考になるんだよな。

自身の内省や現状の改善とかは考えないで、
頭の中の理想だけを具現化しようと考えちゃう。
多くの場合は社会科学的な裏付けも実験モデルも慎重に検討されずに実行に移されちゃう。
酷い例が大躍進。

キチガイに刃物じゃないけど、狂った理想主義者に権力与えちゃイカンね。歴史が証明してる。

427 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 04:56:19 0
漸次的に、だろ

428 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 06:21:24 P
スマン orz

429 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 07:53:13 0
マルクスの言う共産主義というものは、共産主義者自身がやろうとしても無理なのに、
ましてや人類に可能であるはずがない。それが可能であるというような間違った人間観に基づいて
政治を行おうとする輩は、本人は善意のつもりでも必ず失敗する。それどころか必ず酷い結果をもたらす。
本人は善意のつもりだからなおさら始末におえない。

430 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 08:52:26 P
ヒマ潰しにユートピア思想をひとつ。

理想国家を論じる事は、ある種の知性万能論(知性の勝利)だから、
人間社会は問題を克服すべきだと結ぶんだな。
手始めに『無知と貧困は人類の大罪』と考えるので、
貧困者が居るのは富裕層がいるのが原因だと多くのユートピア思想家は考えてしまった。
また厳格な管理主義が必要だと考え、必ず独裁者(英明な偉大な統治者)の治める理想国家を求める。
(トマスモアのユートピアやカンパネラの太陽の国とか色々ね。デストピアとかもだが)

結局のところ、
『知性の平等』は無理だし(教育機関があっても能力の差は必ず出てくる)
『能力の平等』もこれもまた無理(男女・老若・大小等個人のポテンシャルは皆違う)
『資源の平等も』これも無理、(理想的分配システムがないからね)
国家の土地は有限なので私有地の平等も無理。
つまり、平等な社会ではなくて公平な社会を築く方向性でしか現実性は有り得ない。
『公にみてこうである』とかの価値観は倫理観に依存しちゃうから
単純明快な社会解決策は存在しないと思う。
故にユートピアは語源通りどこにも存在しない。(理想の国も無い)

431 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 19:09:09 0
それにしてもまたアメリカが民主化の名の元に侵略行為を働いてるな。
場所は言うまでもなくイラン。例によって選挙に不正があったと喚きたてさせ、
アメリカに支援された売国奴どもが暴れまわってる。
むろん改革派の指導者連中の黒幕がアメリカだと知らずに動員されてる
人間のクズ(親米売国奴)どもに騙された若者も多いのだろう。

アメリカは人殺しだよ。大量虐殺魔と言っていい。
しかも善人面して裏で大量虐殺を働き、それを批判するマッチポンプやってんだから、
卑劣さや悪辣さでは旧ソ連などおよびでないほどの下劣さだ。虫唾が走る。

民主主義にとどめを指すのはアメリカ何じゃないかって気がしてきた。
イランでのアメリカの策謀は恐らく失敗するだろうが、
その時にはアメリカの悪事がこれでもかと言うくらい露見する事になるだろう。
そうなればアメリカも民主主義もどちらも終わりだ。

432 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 19:57:15 0
>>431
今回のイラン見てたら何年か前の東欧の
色の革命を思い出すな
あれも発端は「選挙の不正」だった
旧ソ連系の腐敗・汚職が蔓延してた国々で
体制側が不正を行い且親ロシア的だと
国民や諸外国は誰も信用しなくなる
それをアメリカの「選挙監視団」「民主化支援団体」が
「選挙に不正があった」と大騒ぎする
そして国際的なニュースとなり
迂闊に体制側やロシアも動けなくなくなる
結局晴れて「革命」「民主化」の名の下に反体制側が
権力を手に入れる
(実際は反体制側も不正をやっており、それらの組織は
大抵何らかの形でアメリカと関係があるケースが多い)
そしてアメリカは新しく出来た親米政府を資源獲得のために
利用する

まあイランの場合は国民の貧困が結構酷いようだし
一概には言えないが、今回の一件の背後にはイラク戦争の時と
違うパターンでネオコンの連中の野望が見え隠れしてると思う



433 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 23:02:58 0
今のアメリカは80年前より貧富の差が激しい



434 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 00:51:26 O
キューバの方が旧ソ連や中国よりまともだよな

435 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 01:05:50 0
>>432
前にソ連スレで騒いでた人?
カラー革命時の選挙監視団は「アメリカの」選挙監視団じゃない。
EU・欧州評議会・OSCE合同選挙監視団。これのどこが「アメリカの」選挙監視団
なんだか。

436 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 02:06:34 0
イランは格差がひどいんか?喜捨って言うイスラム教の教義があるから
格差酷くなさそうなイメージがあったんだが・・・・

437 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 02:12:15 0
>>403
それは要するに、ホッブスあるいはロックの政治思想における自然状態=消極的自由と見ていい?
しかし両者においては、その自然状態は野蛮と同じ概念であって、そこから脱することが近代化であり、
近代における人間の自由とか人権ということになっているはずだけど。
ルソーの場合は、「自然に還れ」だから、そうすると、「ルソー的=ブルジョワ的」って理解していいのかな?
まあ、ルソーのいう「自然」はもっと複雑な概念なんであれだけど。

438 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:02:34 0
>>435
アメリカが民主化の名の下に侵略行為を働いているのは知られた話ですよ。
民主的に選ばれたチリのアジェンデ政権を、(社会主義政権は民主的には誕生しない)という
アメリカが流布し続けてきた反共プロパガンダに不都合であるという理由で、
ピノチェトを支援して反民主的な手法で崩壊させるのがアメリカという国ですから。
南米ではアメリカ情報機関による暗殺が疑われる指導者の事故死も多々ありますしね。
アメリカみたいな事をやり続けると、誰も民主主義を信用しなくなる。

439 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:07:39 0
少々スレ違いですが、旧ソ連圏でのカラー革命のカラクリを
詳細に書いているサイトがあるので、アップしましょうか。


ウクライナ民主主義の戦いのウソ
2004年11月30日  田中 宇
http://tanakanews.com/e1130ukraine.htm

>欧米諸国で作る「欧州安全保障協力機構」(OSCE)や、アメリカ共和党系の選挙監視団
>(共和党国際研究所、IRI)は「ウクライナ政府は広範囲な選挙不正を行った」と発表したが、
>政府系でない独立系の人権団体であるBHHRGが派遣した選挙監視団は
>「ウクライナ政府が選挙不正を行った兆候はない」と主張している。

>▼記者を装って投票妨害する野党
> 政権転覆される前のユーゴスラビア、グルジアと、現在までのベラルーシ、ウクライナは、
>いずれもソ連時代からの幹部が政権の座にあり、公正な選挙を行うことに関しての信頼性は
>必ずしも高くなかった。そのため「政府が選挙不正をやった」と野党や欧米側が主張すると、
>内外の人々の多くは「きっとそうだろう」と疑わずに信じる傾向がある。
> しかし実際のところ、ウクライナで選挙不正を行ったのは政府側ではなく野党側だった
>可能性がある。少なくとも、政府側と同様に野党側も不正を行っていた。
>前出の独立系人権団体BHHRGの報告書によると、
>ユーシェンコ支持の野党機関紙「トーチカ・ゾラ」の記者と称する人々が各投票所に派遣され、
>記者の肩書きを使って投票所内部に入り込み、投票箱の近くに陣取って投票に来た人々を威圧した。
> 今回の選挙では、OSCEのアドバイスに基づいて「不正ができないようにする」と称して
>透明な投票箱が使われたが、これによって逆に各有権者が誰に入れたか、票を投じるときに
>投票箱の近くで見ていると分かってしまう。ユーシェンコ支持者とひと目で分かる「記者」たちは、
>投票箱の近くにいることで、ヤヌコビッチに対する投票を阻害することができた。

440 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:08:36 0
439の続き

ウクライナ民主主義の戦いのウソ
2004年11月30日  田中 宇
http://tanakanews.com/e1130ukraine.htm

> また、野党系の若者が投票所の入り口で与党支持の有権者を排除する行動も行われていた。
>ユーシェンコへの支持が強いウクライナ西部地域では、
>地元のテレビ局がユーシェンコ側に有利になるような報道を展開していた。
> 今回の選挙では、出口調査ではユーシェンコが優勢だったのに、
>選挙管理委員会はヤヌコビッチの勝ちと発表したため、この矛盾を理由に、
>政府が不正をやったのだと野党や欧米側が主張している。
>しかし、出口調査は野党側によって行われ、ひと目でユーシェンコ支持者と分かる若者が、
>投票所の出口で有権者にどちらの候補に入れたか尋ねていた。
> これには約4割の人が返事をしておらず、返答した人の8割はユーシェンコに入れたと答えた。
>ユーシェンコ支持者の若者から「誰に入れたか」と聞かれ「ヤヌコビッチに入れた」と答えたら、
>何をされるか分からないから、ヤヌコビッチに入れた人の多くは無回答だったのだろう。
>こうした偏向した出口調査では、ユーシェンコ優勢という結果が出るのは当然だった。
> (こうした報告書を発表したBHHRGは、昨年のグルジアの選挙後の政権転覆について
>「クーデターである」とする報告書を出したり、今年9月のロシア学校占拠事件に対する
>プーチン大統領の対応を支持する一方、欧米による東欧旧ソ連諸国に対する内政干渉を批判し続けており、
>アメリカによる政権転覆作戦に気づき、それに反対する姿勢をとり続けている)

441 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:26:26 0
>>436
イランは、イラクと似て国家社会主義的な経済運営をやってきたから、
自由化に伴って格差が噴出した、という話だったはずだよ。
あとはアメリカから受け続けている経済制裁で貧しい事もある。
おまけに経済の多角化を進める為に海外からの投資を募ってたから、
経済危機で国情が苦しくなるのは当然の話。

442 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:36:56 0
またスレ違いなイランの話だけど、

> 終盤に追い上げを見せたムサビ氏は、女性の権利や報道の自由拡大といった政策も掲げて
>都市部に浸透した。支持する若者らが毎夜、広場に集結して気勢を上げる光景は、
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>多くの欧米メディアに取り上げられた。
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
> が、こうした「自由拡大」に対する共感は、保守的な地方にまでは広がらなかったようだ。
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現職 庶民人気根強く 改革派主張地方に届かず 2009年6月13日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009061302000243.html

> 選挙戦の最大の争点は、大統領の「経済政策」への評価だった。過去4年、原油価格高騰を受け
>イランの石油収入が急増する中、「富の公平分配」を掲げた大統領は、低所得者層への現金支給や
>地方での公共工事などに膨大な資金を投入した。
> 大統領は「過去の大統領が見捨てていた」(大統領)という地方に月1〜2回の割合で訪問、
>そのたびに「臨時大統領室」を設置し、庶民の手紙や面談を受け付け、個々の生活支援などにも対応してきた。
イラン大統領選 庶民が経済政策支持 バラマキ批判かわす 6月13日 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000031-mai-int

> 選挙戦では大統領の外交政策や「ばらまき」と批判される経済運営が争点となり、
>ムサビ候補は、国際的孤立の脱却や社会の自由化を求める都市住民や若者に支持を広げた。
>しかし、「貧者の味方」を標榜(ひょうぼう)し、腐敗との対決を強調する大統領への地方や
>低所得層の根強い支持や、動員力で勝る保守派組織票の壁に阻まれた。
イラン大統領、現職再選 改革派に大差
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000508-san-int

要するにムサビは都市部の一部に支持されてただけ。しかし欧米のメディアは都市部で
ムサビを支持する人々だけを取り上げ、支持がイラン全土に広がっているかのような嘘を報道した。
まあ滅茶苦茶だわな。

443 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 07:45:12 0
もう一つ言っておくと、イラン関連の記事に出てくるラフサンジャニ、

> また、大統領は選挙戦のテレビ討論で、最有力対抗馬のムサビ元首相を支持したとされる体制の重鎮、
>ラフサンジャニ元大統領を名指しして、その「金権腐敗」を非難。国民のラフサンジャニ氏への「嫌悪感」を
>呼び覚ました戦術も功を奏したようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090613-00000031-mai-int

こういう事をやって国民から嫌われた指導者。ムサビは相当胡散臭い。

>▼宗教警察バシジの表と裏
> イランには「バシジ」と呼ばれる、宗教系の若者が作る政府肝いりの団体がある。彼らは街を
>パトロールして、女性の服装の「乱れ」を取り締まったり「カップル狩り」をしたりすることがある
> バシジはときどき、ショッピングモールの出入り口に立って、お客の服装を取り締まることがあるが、
>皮肉なのは、バシジを支援しているはずの保守派の宗教学者やその親族が経営しているショッピングモールには、
>バシジがいないということだ。
> イランは「イスラム共和国」で、イスラム法学者が権力を持ち、
>ナンバー2のラフサンジャニら何人かの宗教学者が石油収入を私物化して大金持ちになり、
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>余った金を投資してショッピングモールなどを経営している。
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>バシジが来てお客にうるさく言うモールは、敬遠されて客が来なくなる。宗教学者は自分が投資する
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>モールには傘下のバシジを来させず、ライバルのモールにバシジを行かせ、自分のモールが儲かるようにしているのだという。
> ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>宗教家が投資するモールには宗教警察が来ないという、革命後のイランらしい皮肉のこもった小話である。
イラン訪問記 2006年4月14日  田中 宇 http://tanakanews.com/g0414iran.htm

444 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 08:43:02 0
バニーサドル元大統領は今、何をしてる?

445 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 09:11:51 0
イランは産油国なのにガソリンを輸入しているという国

経済制裁で製油所がロクに作れないからだ


446 :なぜ殺されて当然なんだ?:2009/06/18(木) 11:56:43 0
>>417
>>418 :世界@名無史さん:>社会主義に反する奴の末路か

「反する奴」…ってのは殺した方か、殺された方か。
どうも「殺された方」を言ってるようだな。
なぜ、社会主義に反した「奴」は殺されて当然なんだ?
お前には答える義務があるだろ。普通の人にわかる言葉でな。
結局、社会主義者・共産主義者の本性はこれだ…と多くの人々が悟った。
だからもう社会主義・共産主義論などにはヘキエキしてる。
社会主義者・共産主義者の非人間性、非倫理性、それによる人心の離反。
これが敗北の最大要因だろう。
そうすると奴らは違う、と蒸し返しの議論になる。
が、政権を取る前なら何とでも理想論は言える。
政権奪取後は、パリやロンドンに行ってた連中もご存じの通りだ。
なぜそうなったかの解明が肝要だろう。


447 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 14:16:07 0
>>438
アメリカが「善なる存在」なんて一言も言ってないじゃん。
>>435に対する反論になってないよ。

>>439
まずもって、ここは確か学問板だったと思うが、田中宇をもってこなくても・・・。
田中氏のこの文章、「アメリカは陰謀をする」という前提の文章なので、
反論する気さえ起きないが一つだけ。
田中氏、OSCE・EU・NATO議員総会・欧州評議会が合同で出した報告書、
読んでないね。不正があったという根拠、出口調査のすれ違いだけじゃないよ。
一次文献を読まずに批判とは論外だね。

448 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 16:57:14 0
>>432
イランは実は中東の中ではマシなほうなんだけどね。
イラクのフセインも独裁者ではあるけど世俗主義的だった。

アメリカもこいつらに圧力をかけるとか原理主義勢力の片棒を担ぎたいのか?と問いたくなる。

449 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 17:07:04 0
厳格な戒律主義の立場とは距離をとっている比較的穏健なイスラム教団体で
かつ、反米的な政治団体ってのは、イランなどには存在しないのだろうか。

450 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 19:47:23 0
いずれにしろ「改革派」なんて名乗る連中は疑ってかかった方がいい
日本も数年前に「改革」を名乗る指導者に酷い目にあわされた訳だし

451 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 20:38:51 0
昭和戦前の頃、皇道派右翼は自分自身を「改革派」、政府を「保守反動派」と言っていたのだがな。

452 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 21:24:23 0
>>451
だからその暴力右翼が日本を戦争の道へ引きずりこんだろ

453 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 21:52:44 0
皇道派右翼はけっきょく弾圧されたんじゃない? 戦争は国民の拍手喝采の下ではじめられた。
右翼のせいにすべきじゃないよ。ってか俺は左翼だけど。

454 :(−_−):2009/06/18(木) 21:52:55 0
ハメイニー師によると今回の世界恐慌は新自由主義にしたために生じた
神からの天罰らしいな。イランは次から統制経済にするんやろうな


455 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 21:57:39 0
>>452
共産主義者も日本を戦争へ引きずり込み、敗戦革命へ導こうとしていた。

昭和天皇は英米との協調が戦争への道を避けるために必要であることを理解しており、そのためには
ナチスドイツと同盟を結ぶことなどは彼の考えではもっての外であったが、どうすることもできなかった。

ヒトラーも日独同盟を結んだ松岡も、英米との戦争をもちろん望んでいなかったが、彼らは世界情勢を
正しく認識していなかった。その松岡について、昭和天皇は、ナチスに買収されたのではないかと疑い、彼を忌んでいた。


456 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 22:21:53 0
>>455 (続き)

「世界情勢は複雑怪奇」と言われた世相にあって、「時のソ連に幻惑された人」(=共産主義者)や、
「時のナチスに幻惑されたされた人」(=松岡、白鳥、大島浩、陸軍の多く)などと違って、
戦争を避け日本の生存する道をはっきりと理解していた人こそ昭和天皇である。

戦争責任どころか、もし昭和天皇がそれだけ政治を動かすような実権を持っていたとすれば、
その卓越した世界情勢を判断する目によって、むしろ負ける戦争を避けることが出来ていたと見るのが適当である。

「ソ連に幻惑されていた人」(←当時の日本の共産主義者はほぼ100%コレね)の現代の末裔たちが、未だに
戦争責任を昭和天皇に被せ、廃位に導こうとする「結論ありき」の偏った歴史観によって、歴史に公正な判断を下せないでいる。
それどころか、マスコミや公教育に巣くって、捏造までして昭和天皇を、また日本を貶めようとしている。

もう一度言うが、当時の日本の共産主義者というのは、ほぼ100%が「ソ連に幻惑された人」であり、スターリン下の
ソ連・コミンテルンの指導によって日本を赤化しようとしていた連中である。



457 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 22:43:49 0
中東、特にカザフ、アフガン、パキはもうロシア中国に盗られただろ
麻生のリーダシップでも、これはくつがえらないかと
トルコとイランイラクは確保したいところだな
つーと、やはりイスラエルの治安は不可欠。
欧州とインドと組んで、アメリカ抜きでやりたいところ

458 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 11:23:40 0
>>455
所詮外交なんて大国同士の綱引き
そしてカッとなって戦争仕掛けた方が侵略者になる
悔しいけどそれが歴史の現実

>>457
価値観外交(笑)



459 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 11:25:27 0
>>455 >>456
けっきょく天皇の政治問題は、天皇が戦前から「象徴天皇」であったということになるのかな?
その象徴的な性格をして、政治的思惑によって好き勝手に利用されるだけ利用されつくした存在だと。


460 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 11:27:40 0
>>455
戦前戦中の共産主義者がそれほどの政治的力をもっていたとは知らんかった。

461 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 12:29:22 0
まあスパイが日本を戦争にひきずりこんだのなら
ロシア革命をおこしたのも日本軍のスパイだった訳だが
明石元二郎だっけ?


462 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 15:11:40 0
レーニンはドイツ帝国の工作員

463 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 19:40:41 0
>>461
あと、日露戦争での日本の勝利がロシア帝国の国民的信用失墜を招いてロシア革命を後押しした点もね。

464 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 00:40:41 0
>>460
大正時代〜昭和初期の東大京大生の8割が
マルクス主義者になったからね。
彼らは直接運動に携わらないまでも
当然エリートとして社会の中枢に入るから
社会主義にシンパシーを持つのは当然だろうね


465 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 02:15:09 0
>>438
結局、民主主義が機能する社会的基盤が不十分なまま民主主義が持ち込まれたら
金で票を買うシステムになってしまうのだろう。
政治的自由にしても、市民の中に政治的な基盤が十分に発達していなければ
金でメディアを買収して自分に都合のいい言説を垂れ流し、そうでない言説を
社会的に排除する結果になってしまう。

で、その金がまともなやり方で手に入れた金ならばまだしも、まともなやり方で
手に入れたのでない(具体的に言えば、他国の工作機関などから支援を受けているとか)場合
問題になる。
そこに「民主化」のカラクリがあるということなのだろうね。

まあピノチェトの場合は最初から反民主的なクーデターで政権を奪取したから
そういうのとは違うがね。

466 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 03:12:41 0
そもそも左翼運動にしろ右翼運動にしろ
他国の影響を全く受けていない「民主化」なんて存在しない
どこまでナイーブなんだよって感じだな

467 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 03:15:27 0
>>451 
>>453
おいおい皇道派は、昭和11年で一掃されたんだよ。
453の方が史実に近い。
大体、日本を戦争に追い込んだのはアメリカだぜ。

468 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 03:23:57 0
>>459 >けっきょく天皇の政治問題は、天皇が戦前から「象徴天皇」であった…

単なる象徴ではないから、一旦は戦争に決まっていたのを白紙に戻して
和平交渉を優先したり、二二六を収束したり、終戦時の御聖断となったんだよ。

469 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 07:10:17 0
http://www.youtube.com/watch?v=SiCFsjvPzs0&feature=related

470 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 12:31:13 0
>>468
本当にただの象徴だったら恐ろしすぎるな

471 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 15:55:17 0
>>447
>アメリカが「善なる存在」なんて一言も言ってないじゃん。
>>435に対する反論になってないよ。

そういう意図でのレスではありませんので。
435では432を否定するレスにはなってませんが、
やはりそういう意図で435を書かれたようですね。
私のレスは432を擁護する目的ですから。

>まずもって(中略)論外だね。

田中宇の記事には与野党双方が不正を働いていると書いてあるんですが。
「一次文献を読まずに」と言うからには当然読んでますよね。

まあ、アメリカが反政府勢力に、民主化を大義名分に資金援助してるのは事実ですし、
その反政府勢力が金と不正行為を働いても、与党に選挙で勝てなかったのですから、
はっきり言えば反政府勢力はさっぱり支持されてなかったと、それだけの話です。
そもそも反政府勢力にはろくでもない輩しかいないので当然ですが。
そしてそんな輩が、アメリカから授けられた政権転覆技術と金をフル稼働し、
また英米系メディアも支援して、ウクライナ政府を反民主的な手段で打倒した、と。

アメリカは善どころかただの巨悪w
イランに対する侵略行為といいいい加減にしないといけない。

472 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 15:59:11 0
>>466
>そもそも左翼運動にしろ右翼運動にしろ
>他国の影響を全く受けていない「民主化」なんて存在しない
>どこまでナイーブなんだよって感じだな

全く受けない、どころか、アメリカが主導してるんですがw
もうここまで来ると擁護や弁護というよりただの言い訳ですね。

反米諸国の反政府勢力は、アメリカから資金援助され、政権転覆技術も授けてもらい、
選挙ではきっちりと不正行為を働いて何が何でも選挙に勝とうと血眼になる。
そして旗色が悪くなると、自分達の不正を棚に上げて、与党の不正だけをあげつらう。
そこに欧米のメディアやら機関やらが殺到し、与党は不正を働いたの大キャンペーン。
そして反米政府はアメリカが主導する反政府勢力に倒され、親米傀儡政権ができる。

これって普通に民主化に名を借りた「侵略」ですよ。

473 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 16:10:36 0
>>468、470
ただ、当時の軍部は、昭和天皇が軍部にとって邪魔だと判断したら、
平気で退位させて都合のいい皇族を後釜に据えようとしかねない連中だし、
あまり天皇に力があったというわけでもないよ。
完全なお飾りではないが、そういう面が非常に強かったのも事実。
変なたとえかもしれないが、サッカーや野球の監督に近い。
選手を変える権利は持っているが、メンバーの入れ替えや起用法は
完全にフリーではなく、外部からの意見にかなり制約される。
そして選んだらあとはただ見守るしかない。
天皇の意向に沿わない動きをした人物も普通にいたからね。

474 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 16:21:53 0
>>465
民主主義は先進国でしか実現しない、という話もありますからね。
途上国で外国工作機関の援助で傀儡政権が樹立された場合、
経済植民地体制が固定化され、国民が弾圧される恐れがあります。
日本も戦後GHQの関与で民主国家としてスタートを切りましたが、
随所にアメリカが日本を制御する仕組みが存在していますし、
政界と官界はほぼアメリカの出先機関化していますから。
この問題は日本とも関係が深いものなんですよね。

475 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 17:31:21 0
>>464
そんなに戦前戦中の日本国(のお役人)が戦後に比べ共産主義思想や運動に寛容だったかなあ??

476 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 19:18:42 0
>>475
ボルシェビキがメンシェビキ嫌うようなもんじゃね?
もしくはナチスとドイツ共産党

477 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 19:38:58 0
>>475
1940年体制って言葉があったけど
生産手段の公的管理はある程度成功した
これを推進したのは大正デモクラシー時代に
マルクス主義にドップリ漬かった東大京大出の少壮官僚たち

478 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 20:06:10 0
>>476
ナチスとドイツ共産党って
ナチスが政権取る前は結構共闘してたらしいね
ヒトラーはハーケンクロイツのデザインするさい
ソ連国旗を参考にしたらしい



479 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 20:41:09 0
>>478
ヒトラーは元々マルクス主義者だったし、政権奪取後はソ連と色々やってたしw
(再軍備前に一緒に軍事演習とかね。)

480 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 20:55:58 0
>>479
ヒトラーはマルクス主義者というより
ボリシェビキのプロパガンダ技術を吸収して利用しただけの様な。

481 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 02:00:57 0
国有と共有とじゃ、ナショナリズムとアナキズムくらいの距離があるんだけどな。

482 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 07:02:40 0
共有ってww

まず自分らでやってみせろよw なんで自分でもできないことを社会に押し付けることができると思うんだ

483 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 07:07:39 0
地球はみんなのもの

484 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 11:30:47 0
>>464
渡辺昇一とかいう統一教会系のDQN学者が
「戦前の国粋主義右翼は共産主義者だった」とかいう
珍説を最近出したよな

485 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 11:51:52 0
北一輝とか共産主義じゃん

486 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 13:33:58 0
>>481
しかしこのスレの社民主義者を含め、社会主義者を自称する人々は国有を支持しているようだが。

487 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 15:00:50 0
>>485
まあ、ただの馬鹿だと思われたいならそう言い続ければいいが、
自由主義者や反共主義者はとことん薄汚いプロパガンダしかやらんのだな、
と勝共連合=統一協会原理研にマイナスを与えるだけだろう。
CIAや外資の犬となって新自由主義以外のイデオロギーを徹底して排撃し、
その為なら手段も選ばぬ異常性は、ただの狂信者でしかないからな。
あいつらもキチガイまで雇ってよくやるわ。

統制経済=共産主義とか思ってる馬鹿はさっさと失せるべきだ。

488 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 15:06:37 0
>>486
それはいわゆる生産手段の社会化という問題だな。
協同組合形式もある種の社会化であるし、国有もそう呼べなくもない。
ソ連については所有者が国に変わっただけだという批判もあるが、
果たしてそういう認識が正しいのかは疑問のあるところ。
ソ連崩壊は共産主義者には非常に衝撃的だったので仕方がないが、
結局、そういう認識は自由主義者を利しただけでないかと思う。
自由主義的な民営化賛美の嵐に結果的に加担したのは疑う余地はない。
ちなみにイギリス労働党は産業国有化を綱領に持っていた。

489 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 15:14:50 0
ただ国有化するだけでは社会化したとは言えない、と言うなら、
ならどうすれば社会化が達成できるのか、という話になってくる。
もともとこの発想はソ連崩壊とそれを乗り越える詭弁として
機能している面があるわけだが、そもそもその認識が正しいなら
社会化など実現不可能であると断言しても構わない。
生産手段の国有化に意味がないなら、社会主義の価値は揺らぐ。
むろん、社会主義には平等社会の建設という別の柱もあるので
全てが否定されるわけではないが、ソ連崩壊の衝撃によって
またソ連を否定する為の方便として国有化の全否定などをして
自由主義に舵を切るのは愚の骨頂だと私は思う。

自由化を推進し、民営化を進めた結果、社会は明らかに悪くなった。
結果は出ている。国有化という方向性そのものは間違いではなかったと。
これ以上、自由主義者の戯言や詭弁に付き合う必要はないだろう。

490 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 16:48:58 0
>>484
右と左がここまで対立するようになったのは戦後になってからの話だったりしてなw

491 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 17:22:00 0
>>490
487の

>統制経済=共産主義とか思ってる馬鹿

という言葉の意味がわからん間抜けは撤退した方がいい。
北一輝のどこに共産主義思想があるというのか指摘してみればいい。
ソ連型社会主義と酷似してるなんてアホ発言はすんなよ。

そういや渡辺昇一はDQNまがいの新自由主義賛美してたっけ。
典型的な社民主義ネガキャンもやってたし。

492 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 17:38:17 0
そういや、戦前に小林一三(阪急の創業者)が近衛内閣の商工大臣になったときに
岸信介が統制経済をやろうとしたのをアカだの共産主義だの噛み付いていたな。

493 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 17:59:29 0
良くも悪くも、あの当時のマルクス主義(この場合、ソ連・コミンテルン)の影響を受けなかった政治家、思想家はほぼ皆無でしょ。

494 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 18:25:15 0
>>492
岸は戦後親米に転向して自らが反共の旗手に立ち、ヤクザや在日を動員して左翼運動を弾圧したわけだが。
警職法改正案などを見るに、マジで朴正煕みたいな独裁者になろうとしてた面もあるし。

まあ危険人物だと見抜いたという点では小林に先見の明があったのだろうな。

495 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 22:28:47 0
>統制経済=共産主義とか思ってる馬鹿

なんだ、またこいつカキコミはじめたのか

496 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 22:39:50 0
吉田+岸=アデナウアー

497 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 23:44:54 0
北一輝という人は、大杉栄などと接触してしなかったっけ?
直接的ではないかもしれないけど、社会主義者との交流があったよね?

498 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 23:52:59 0
>>496
時代において適切に反共を選択した偉大な政治家たちですね。

499 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 00:06:47 0
>>483
世界市民 by 岩波『世界』

500 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 00:45:17 0
>>494
ふと思ったんだけど、岸信介とか松岡洋右とか笹川良一とか、当時大陸進出を煽って戦後親米に転向した
政治家やフィクサー連中って、実は戦前からアメリカのスパイだったんじゃね?

勝ち目のない戦争を進めて敗戦後アメリカに日本を占領させる(ついでに国粋派の軍人を
戦死させるか戦犯裁判で消す)ために行動したと考えたら辻褄が合うんだが。

今ことさらに特定アジアを叩いてる政治家も、統一協会との関わりとか、こいつらこそ
特定アジアの回し者じゃないか?と疑いたくなるような行動が目に付くし。

501 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 01:19:24 0
>>500
こういうスレ見るとソ連も遠くになりにけり
って感じがするね
当時極東ソ連軍の脅威ってのは大変なものがあったんだよ
今では張子の虎だったことが判明してるが


502 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 03:06:25 0
日本やドイツやイタリアを含めた後進工業化諸国というのは、全体主義化する傾向が強いんだよなあ。
遅れてやってきた帝国主義ってところがある。さらに後進的なロシアや中国や東欧諸国になってくると、
マルクスのいうように革命的な思想がナショナリズム化する傾向がさらに強くなる。
そういえば、ロシア革命は右翼革命だというのが吉本隆明氏あたりの見解だったな。

503 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 05:52:40 0
http://www.youtube.com/watch?v=n5K7U-TFDY0&feature=related

504 :435:2009/06/22(月) 15:32:08 0
>>471
まずもって「やはりそういう意図で435を書かれたようですね。」という決め付け、
レッテル張りはやめなよ。この一言で返答する気がうせるよ。ばかばかしい。
どう書いたらあなたが気に入るのかは知らないが、ここは学問板でしょ?
味方でなければ敵、というのは学問にもっともふさわしくない。

次に内容の吟味。
>田中宇の記事には与野党双方が不正を働いていると書いてあるんですが。
とあるが、私は別に与党だけが不正をしている、とは一言も言ってない。
よく読んでから突っ込みましょう。

>「一次文献を読まずに」と言うからには当然読んでますよね。
当然。あなたは田中宇しか読んでないかもしれないが。

ウクライナ選挙監視結果に関しては、http://www.osce.org/odihr-elections/14667.html
に、「Preliminary statement on the second round of the presidential election in Ukraine, 21 November 2004」
と題する報告書が出てるから読んでみな。
ちなみに、選挙監視結果の文書の公表に関しては、関係国の同意がいるから、与党側が不正を認めた、
ということになるね。(もちろん野党側がしてない、とはいわないが)。

というわけで、わざわざ田中宇をだしてこなくても、こういう一次資料がある。
あなたにしても、田中氏にしてもこれ間違いなく読んでないでしょ?
簡単な英語だから、読んで自分で考えてみな。
ただ、私的にはあなたが考えを変えるとは思わないし、時間の無駄なので
もう議論しないが。CIAの手先、とでも言いたければどうぞ。

505 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 21:14:16 0
>>504
>CIAの手先、とでも言いたければどうぞ。

うん、スレ住人はあなたとお仲間を除いてみんなそう思ってるから。
現にあなたは私以外から完全にスルーされてるでしょ。

506 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 22:07:43 0
>>505
ひとつだけ聞きたいんだけど、本気で思ってるの、それ?
「CIA」が極東の、国際政治に対して何の影響力も持たない国の、
しかもインターネットの、それもとあるスレをわざわざ監視している、って?

まったくスレチで申し訳ないが、ぜひ知りたい。CIAってそこまで暇なんかな?
そういう根拠のないきめ付けをする人って周りにいないから、
ぜひ教えてほしい。

507 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 22:24:02 0
>>505
あといい忘れたけど、貴方の相手をしてるのが私だけ、ということ
でしょうね。スルーというより。
>>504で書き込んだことに一つも答えず、罵倒だけ。ま、別に
いいですけど。

508 :世界@名無史さん:2009/06/22(月) 23:17:41 0
>>506-507
>ひとつだけ聞きたいんだけど、本気で思ってるの、それ?
>「CIA」が極東の、国際政治に対して何の影響力も持たない国の、
>しかもインターネットの、それもとあるスレをわざわざ監視している、って?
>まったくスレチで申し訳ないが、ぜひ知りたい。CIAってそこまで暇なんかな?
>そういう根拠のないきめ付けをする人って周りにいないから、
>ぜひ教えてほしい。

根拠も何も、アメリカ政府(国務省)がネット工作部隊を持ってる事実は
主要メディア(日経新聞)が報じてるんだけど。だから陰謀論でも何でもない。
工作機関であるCIAにしたらネットを通じて形成される世論は重大関心事で、
暇だからどころか介入して積極的に操作してると見るのが普通。
国務省が工作チームを持っているのに、
CIAが持っていないと言い張るならただのアホです。
根拠がないから持ってない、なんて子供でも言いませんよ。

それともアメリカの情報機関職員って本物の馬鹿なんですか?

>>>504で書き込んだことに一つも答えず、罵倒だけ。ま、別にいいですけど。

アメリカの裏工作はなかったという結論に誘導したいだけの工作員なんか誰も相手にしませんって。
早速「罵倒しかしない」という印象操作をしてるのは傑作ですが。

>あといい忘れたけど、貴方の相手をしてるのが私だけ、ということでしょうね。スルーというより。

あなたは完全にスルーされてますから。
そもそも私のレス438にはあなた以外にも返答のレス465がついてますしね。

509 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/06/23(火) 01:14:06 0
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'
       l   `___,.、     u ./│
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

510 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 03:41:31 0
なぜ社会主義・共産主義は資本主義に敗北したのか?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1185813799/

1 :世界@名無史さん:2007/07/31(火) 01:43:19 0
社会主義・共産主義の敗北の原因を哲学的に考察してください。

>>1に書いてあることがスレタイと違うんだが
てか逆になってるんだが
そういう趣旨なら別のスレを立てた方が良いんじゃないの?

511 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 03:42:29 0
part1と違う趣旨で語りたいならさ

512 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 05:32:57 0
相変わらず世襲制公務員の公安警察って腐りきってるなw

513 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 09:06:46 0
自治体や厚労省の公務員は叩いても司法機関の公務員は叩かない不思議w

514 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 14:53:03 0
>>509
ツマンネ

>>510
サブプラを境にスレの雰囲気ががらりと変わってね。
資本主義の危機により、社会主義や共産主義が資本主義に敗れた、という構図が
成り立たないという認識が急速に広まったので、今みたいになったんだよ。
既に1スレ目の提起ではスレが成り立たなくなってる。
経済板にあるアメリカバブル崩壊スレと同じ。

515 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 23:07:29 0
435=504=506=507

国務省がネット工作チームを作ってる記事が日経に出たのを知って
アメリカ情報機関のネット工作チームの存在自体は否定できなくなったんで
AAでおちょくって逃げる作戦に変更してやんの。
馬鹿だね〜アメ公

516 :訂正w:2009/06/23(火) 23:08:27 0
435=504=506=507=509

肝心なのが抜けてた。

517 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 01:20:05 0
なんか頭のよさそーな人たちが色々いってるけど、結局今架空のお金を
操作して一部の人たちにだけ流れるような、資本主義より共産主義の方が
いいのでしょうか?いっぺん国民の土地やら財産やら全部没収して定額給付
金みたいに皆にわけてほしいもんですわ。すんません、わけわからんこと言い
まして。どなたかわかりやすく教えてください。

518 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 02:16:54 0
>>517
サブプラ危機なんて歴史上何度も繰り返された
バブル崩壊現象の一つにすぎない
資本主義が終わっただのアメリカは崩壊するだの
くだらないお調子者の意見を鵜呑みにするのは止めたほうがいい

519 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 09:26:06 0
けっこう株価戻ってるよね

520 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 09:52:47 0
>>517
まあ、なんだ。農業国家にもどるなら、江戸時代にもどればいいんだが
それだと3000万人しか日本は養えないだろうね
じゃあ今、あとの一億人をどう養っているかっていうと
国際競争力によって付加価値をつくりそいつを売って外貨を稼ぎ円を強くして、
他国から安いものを買って生きているわけさ
いっときバブルがはじけたからって世界は共産主義へは後退しないね

521 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 10:10:21 0
>>520
そこだよね
日本経済の外需依存率は15%だから鎖国しろって言う
意見がいかにバカかってことだね

522 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 15:27:42 0
>>518
残念ながらこのスレではあなたの戯言に騙される馬鹿はいない。

>>520
>国際競争力

こんな事言ってる馬鹿がまだいたとは。

>いっときバブルがはじけたからって世界は共産主義へは後退しないね

おまけに頭の悪い勝共連合丸出しの発言。

>>521
あんたが一番馬鹿だと思う。
グローバリズムが幻想だった事に気づく人間は増えてる。
あんなものは英米金融資本が儲ける為に作り出した詭弁。
自国民の生活蔑ろにして破壊してまで行うグローバリズムなんぞに
価値があると思い込まされてた時代が異常だっただけの話だ。

もうきみらの時代は終わったんだよ。

523 :世界@名無史さん:2009/06/24(水) 18:45:02 0
518、520、521が幸福の科学だったら笑っちまうがw
アメリカがジャブジャブ刷ったドル、これがどうなるか考えてみろ。
しかもアメリカは財政破綻寸前、経済も破綻寸前。
持ち直したとかちゃんちゃら笑わせてくれるね。
どれだけ経済力の強い国々が努力して現状作ったと思ってんだか。
逆に言えばそれら国々が全力で協調しても
この程度の小康状態を保つのがやっとだって言うのに。
経済の正常化を、アメリカの崩壊で世界経済が破滅しないように
徐々に進めていくには何十年も掛かる。
その間、やり方を間違えてまた経済危機が噴出したり、
恐ろしい自体が出現する事が幾度となくあるだろう。
そんな現在を指して518みたいな事を平気で書くんだから笑わせる。
首の皮一枚で辛うじて資本主義が保たれてるだけだと認識できないんだからな。
また資本主義の代替となる経済システムを本気で考えなければならないほどの
大危機であるという事すらわかってないというのはかなり痛い。

524 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 01:38:20 0
そうだね、本気で考えないとね。
共産主義ならマルクスが考えてくれていたけど、それもダメなことが分かっている訳だからね。
やっと認めたのか。


525 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 09:36:45 0
>>518
同意。
経済は10年単位で循環する。日本のバブル崩壊も、アメリカのサブプラも、資本主義の
定期的なイベントにすぎない。どうせまた10年後には何とかバブルが起きて馬鹿な大衆が
昔を忘れて投資ブームに狂乱するのだろう。

たまたま景気の谷に自分の就職年がかぶってしまったりとか、会社が潰れてしまった奴
はお気の毒様だがw

526 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 10:47:27 O
共産主義によって中国の格差はアメリカ以上に広がった。

527 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 12:00:28 0
>>523
みたいに流行思想に乗ることが大好きな人間だけにはなりたくないもんだな

528 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 12:14:23 0
そもそもアメリカは破産しても全く平気だから
あの国をIMFが管理下に置くことなどできやしないし
食料自給率100%以上で中東油田地帯は事実上軍事占領してるから
ドルの価値がいくら暴落しても全く困らない
米国債を大量に保有してる日本といくつかの金融機関が破綻するだけだ

529 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 16:29:47 0
>>524
キチガイ勝共連合に口を挟む資格なし。

>>525、527
反論にもならん無知丸出しの戯言を書いた挙句に

>みたいに流行思想に乗ることが大好きな人間だけにはなりたくないもんだな

と最後っ屁か?
525の内容は「反論する価値すらない珍言」。

もっともアメリカ政府の糞馬鹿役人が破綻の先送りの為に
わざと出鱈目書いてるって言うなら、話の筋も通るがな。
そしてあんたらの情報に騙されて毎日文無しになって
首くくる人間が出てんだよ。
あんたらは仕事でやってると言い張るだろうが、
これはれっきとした殺人行為だからよく覚えておけ、この極悪人。

>>528
アメリカのネット工作役人の次はアメリカ信者かよ。
軍事力を支えるのは経済力であり、経済力を失えば軍事力も失う。
つまり経済が駄目になれば覇権も必然的に失うわけ。
アメリカがこけた後で中東産油国が大人しくしてるわけないだろ。

530 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 17:25:29 0
NHKと中核派の関係が暴露されたら完全にアウトだね。
なにしろ中核派は本物の殺人テロリストなんだから。

531 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 17:34:32 0
>>530
NTTやJRやNHKにはいくらでもいるだろ
中核や核マルや解放派が・・

532 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 20:26:04 0
【国際】 飢餓人口、今年は10億2000万人に達する予測・・・国連食糧農業機関(FAO)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1245421998/l50

533 :(−_−):2009/06/25(木) 22:01:08 0
議会制民主主義はいらないですよね〜

534 :日本@名無史さん:2009/06/26(金) 00:34:32 0
議会制民主主義と言っても
共産党や公明党のように党内序列が議員歴より優先する場合
そういう政党が政権を取ると形骸化してしまうわな

535 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 00:41:51 0
自民党は大企業の奴隷、民主党は労働組合の奴隷。どこが政権とっても形骸化してしまうか。

536 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 00:44:06 0
自民党はおまけに官僚主義の奴隷だしね。
いまのところ日本共産党ほど大きな既得権益からは程遠い弱小政党はいないよ。
弱小政党ゆえに利権が離れていってしまっているから、そのぶんクリーン。

537 :(−_−):2009/06/26(金) 00:55:46 0
5年ぐらい試しに共産党に政権をとらせたらどうかな。
刺激的な毎日が送れそうwww

538 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 02:12:27 0
共産はクリーンな代わりに民主集中制とか党体質に問題があるからな。
とりあえず次の選挙では民主が勝って社民・国民新と連立政権を作るだろうが、
民主連立政権がこけるとなると、共産にも可能性が出てくるってところかな。
ただし最低条件として、共産が民主集中制を放棄する事、打倒二大政党を掲げる事、
この二点が必要で、立場的にはイギリス自民党の様なものになってくる。
アメリカであの歪な二大政党体制が続くのは合衆国という名の独立国家共同体だからで、
日本の様な中央集権制の国では、アメリカ型二大政党制は構築できないだろう。
すると必然的にイギリス的な三大政党制になっていく事になる。
これはスレと何の関係もないレスだけどね。

539 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 05:47:11 0

論点先取で一般人にはついていけない
霊魂とか話す人ですか?

540 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 11:56:37 0
>>538
民主連立政権がこけたら共産政権??
自公政権に戻るだけだろ

541 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 16:34:07 0
>>540
>民主連立政権がこけたら共産政権??
>自公政権に戻るだけだろ

民主のこけ方にもよるが、もしも松下政経の連中が暴れ、
国民の期待とは真逆の新自由主義改革を実行する事にでもなれば、
民主は国民の信頼を一切失って解党的危機を迎えるだろう。

政権が自民に戻る、と言うのもどうかな。
民主連立政権は自民長期政権の闇をとことんまで追及するだろうし、
その為に自民は支持基盤をズタズタに破壊されてかなり弱体化するはず。
場合によっては、権力基盤の崩壊から、自民分裂→消滅もありうる。

民主が国民を裏切ったとして、裏切りが発覚し、国民の怒りが煮えたぎった時に、
自民にその受け皿となりうるだけの体力が残されているのか、
また国民が政治腐敗の問題で完全に見捨てた自民を再び支持するのか、
そういった事まで考えると、かなりのカオスが予想される。

次回は共産の議席増が噂されるが、更にその次でも議席を伸ばす可能性がある。
政権党側は共産の議席増や第三政党化を潰す動きを色々とやるだろうがね。

次々回は、自民と民主の残党が徒党を組んで政権を取る、という形になるかもしれん。

なお公明は民主連立政権が叩き潰して消滅する可能性がある。

542 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:16:17 0
なにやら香ばしい流れになってきたな。
自由民主党という政党が消滅しても、「保守=売国」勢力は新たな政党を
立ち上げるだけ。アメリカ様のお墨付きでな。
民主はただの第二自民党。自民と茶番をするのみ。

共産の躍進があっても一過性のもので、根本的には蟷螂の斧。
党組織維持のためのプロレスをやり続けるだけ。

とりあえず創価公明が政権から転落することぐらいかな、直近で期待することは。

543 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:20:45 0
いまどきめずらしいなこいつ

544 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:56:45 0
>>542
どうでもいいがスレ違いだな。

>なにやら香ばしい流れになってきたな。

香ばしい事は何もない。

>アメリカ様のお墨付き

そのうちアメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になるだろう。
そうなれば戦後一貫して続けられてきたアメリカによる日本支配は終わる。
そうすればきみら統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。
時代の流れというものを全く読めてない。

自民も民主も駄目になれば、共産が伸びるのは自然の成り行き。
自民と民主で茶番を繰り返そうにも出来なくなるだろう。

545 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 19:30:55 0
>>544
何で俺が統一教会認定?????
君は共産党員?????

共産の時代を夢見るのは自由だけど、どっからその自信が来るのか
分からん。宮顕時代ならまだ見るべきものもあったが、志位に何が出来るのか。
天皇問題は置いておいても、国防問題で致命的なお花畑なのが今の共産。


546 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 19:59:39 0
>>544はそろそろ薬飲む時間なんじゃないか?

547 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/06/26(金) 20:21:45 0
           ___                _
       / _勝共_ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ きみ頭だいじょうぶ?
       | _| -|○ | ○||         |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー っ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |

548 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 22:35:41 0
>>545
お花畑はあなただけで十分。
現在の日本政界の流れは二大政党体制の崩壊に突き進んでるよ。

549 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 23:45:59 0
衆愚政治に流れがちな民主主義より
賢人に指導される共産主義が優位

550 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 00:29:35 0
>>549
共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃない。
勘違いはしないで欲しい。
民主連立政権で自民が解党的ダメージを受け、場合によっては分裂して消滅し、
その後に最大政党化した民主までもが国民の信を失う事態となれば、
結果的に共産が最大政党化して国民の批判の受け皿になるという話だ。
現状、日本では近代的な組織政党は公明と共産しか存在していない。
だから地方保守と利権融合体に過ぎない自民が分裂すれば後には何も残らない。
郵政解散で大幅議席減となった民主が解党の危機に晒されたのも同様の理由による。
組織政党化がなされ、日本全土に支持者・党員・支援組織・支持組織があるなら、
選挙で議席を失ったところで政党として消滅の危機に陥る事はない。
現に共産は国会での議席は僅かだが解党の危機に直面などしていない。
イデオロギー的に水と油の勢力が反自民で結束しているだけの民主が
急速に組織政党に脱皮する事などありえない話で、そもそも不可能な話だ。
この危機的状況は今後しばらく続く事になるだろう。

551 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 01:00:13 0
じゃあ>>548ひとつ賭けをしようか。
俺の予想は「共産党は未来永劫与党になることはない。」だ。

お前は自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生でいいな?

552 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 01:14:38 0
>共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃない。
>勘違いはしないで欲しい。

好意的じゃない部分はどこですか?
共産の悪いところを挙げて下さい

553 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:00:51 0
>>551-552
キチガイ勝共連合には事実の列挙すら好意的に映るわけですか。
流石はカルトですね。面目躍如です。

554 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:17:15 0
念の為断っておくが

>自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生

とまでは言ってない。

>>次々回は、自民と民主の残党が徒党を組んで政権を取る、という形になるかもしれん。

と普通に書いてある。
キチガイ勝共連合は興奮しすぎて文章も読めなくなったのか?
まあアメリカの対日工作撤退で消滅する運命にあるきみらの焦りもわからんでもないが。

555 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:52:25 0
>>553->>554
言い加減しろよ糞カルト共産党員。
共産批判したら統一だの勝狂だの妄想こきやがってよ。
何が事実だ?馬鹿じゃネーの?
支持率1%台のカルト政党が政権取るわけネーだろ。
アメリカが対日工作撤退するわけねーだろ、アホか。
しかも自公・民主とも批判してるのによ。

共産党の国防問題を批判してるのに、二大政党云々とか糞カルト野郎、
病院池よ。

556 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:58:24 0
糞カルト野郎、テメー共産党の実態には頬かむりして、
志位みたいな連敗の責任もとらねー野郎崇めてよ。
確かに、既存政党の中では一番マシかもしれんが、
現実的には政権無理つってるだけなんだけどな。
糞カルトの共産党員が考えているほど体制側は甘くないんだよ。
それを踏まえて、オメーと同じ糞カルトの創価が政権転落することくらいが
希望ってこった、糞カルト。

557 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 04:36:37 0
>>554は中国人なみのしつこさと頭の悪さだ

こういうのがリチャードコシミズみたいな活動で喰っていけるんだろうな

558 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 04:54:09 0
>>557
コシミズはネタとして楽しめるからまあいいけどね。
ここの糞カルト共産党員にはあきれるしかないわw
糞カルト創価・統一・勝共ついでに幸福の科学と同じ思考回路。

以下ここの糞カルト共産党員は
党本部非公認工作員(イメージダウン担当)と見なす。

559 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 06:47:08 O
http://c.2ch.net/test/-/homealone/i?s=%8B%A4%8EY

560 :はじめてご覧になる方へ:2009/06/27(土) 09:42:25 0
◆はじめてご覧になる方へ

後半にはいりました。
過去5回続いていますが、議論のエッセンスは以下の通りです。
初めての方は、これをご覧になり、今までの流れをつかめます。
いずれも珠玉の書き込みであり、ほぼ本板の結論にあたります。

>>4 >>8 >>14 >>25 >>39 >>50 >>60 >>88 >>148 >>219 >>245 >>446

↑今までのエッセンスが簡単にわかります。

561 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/06/27(土) 11:15:08 0
     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /


562 :はじめてご覧になる方へ :2009/06/27(土) 11:43:26 0
◆はじめてご覧になる方へ

後半にはいりました。
過去5回続いていますが、議論のエッセンスは以下の通りです。
初めての方は、これをご覧になり、今までの流れをつかめます。
いずれも珠玉の書き込みであり、ほぼ本板の結論にあたります。

>>4 >>8 >>14 >>25 >>39 >>50 >>60 >>88 >>148 >>219 >>245 >>446

↑今までのエッセンスが簡単にわかります

563 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 16:23:02 O
今無いから将来も無いとかいうのはアホ。歴史は番狂わせの連続です。三河の一領主が数十年後に天下取るとか西ヨーロッパの一島国が世界リードするとか

564 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 16:56:26 0
>>555-558
>言い加減しろよ糞カルト共産党員。共産批判したら統一だの勝狂だの妄想こきやがってよ。
>何が事実だ?馬鹿じゃネーの?支持率1%台のカルト政党が政権取るわけネーだろ。
>アメリカが対日工作撤退するわけねーだろ、アホか。しかも自公・民主とも批判してるのによ。
>共産党の国防問題を批判してるのに、二大政党云々とか糞カルト野郎、病院池よ。
>糞カルト野郎、テメー共産党の実態には頬かむりして、志位みたいな連敗の責任もとらねー野郎崇めてよ。
>確かに、既存政党の中では一番マシかもしれんが、現実的には政権無理つってるだけなんだけどな。
>糞カルトの共産党員が考えているほど体制側は甘くないんだよ。それを踏まえて、
>オメーと同じ糞カルトの創価が政権転落することくらいが希望ってこった、糞カルト。
>>554は中国人なみのしつこさと頭の悪さだ
>こういうのがリチャードコシミズみたいな活動で喰っていけるんだろうな
>>557
>コシミズはネタとして楽しめるからまあいいけどね。ここの糞カルト共産党員にはあきれるしかないわw
>糞カルト創価・統一・勝共ついでに幸福の科学と同じ思考回路。以下ここの糞カルト共産党員は
>党本部非公認工作員(イメージダウン担当)と見なす。

こんな文章を書く一般人、日本国内、どこを探しても見つかりませんよ。
普通にカルト創価学会員・カルト統一協会員=勝共連合=原理研・売国親米右翼だとわかりますよ。
窮地に陥ると共産党とレッテルを貼って逃げるのもあなた方の特徴ですから。

本物のカルトって傑作ですね。
すぐこうやって人格破綻レスを書いて盛大に自爆してくれますから。

565 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:04:09 0
また妄想かw
>窮地に陥ると共産党とレッテルを貼って逃げるのもあなた方の特徴ですから。

窮地に陥るととレッテルを貼って逃げだしたのはお前。
>>544で統一認定、>>554で勝共認定。
レッテル貼り出したのはどちらでしょうか?
お前の言い方そっくりに真似してやるわ。
共産党を批判されると妄想カルト認定するのは日本全国に共産党員しかいませんからw


566 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:12:06 0
念の為に言っておきますけど、私はこう主張しているわけです。

>>ただし最低条件として、共産が民主集中制を放棄する事、打倒二大政党を掲げる事、
>>この二点が必要で、立場的にはイギリス自民党の様なものになってくる。

私が共産党員なら、民主集中制の放棄などと書くわけがないでしょうに。
それに550でも共産党支持者らしき549のレスに批判的なレスも書いてますから。
一体、これらレスのどこから共産党員という主張が出てくるのやら。
結局、554のレスに反論できないので、レッテルと罵声で誤魔化そうとしただけでしょう。

>>565
>お前の言い方そっくりに真似してやるわ。
>共産党を批判されると妄想カルト認定するのは日本全国に共産党員しかいませんからw

恥の上塗りですか。
555-558のようなレスを書いた後では手遅れですがね。
また懲りもせず「妄想」だとかとカルト丸出しの事を書いてますし。

567 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:14:25 0
ところで、

>共産党を批判されると妄想カルト認定するのは日本全国に共産党員しかいませんからw

とか言ってますが、具体的に批判レスを挙げてもらえませんか?
批判されたからレッテルを貼った、などという印象操作を許す気はありませんので。

568 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:15:45 0
しかも俺の批判というのは

1、政権を担えるほどの力量はない
2、国防政策がまずい
3、党首脳陣が責任を取らない

これだけ。異常な反共産主義や反共産党の言論をしたなら、勝共だの言い出しても
分かるがね。何が恥の上塗りだw
共産党員でも民主集中制に反対している者はいるんですが?
妄想してるのはお前だ、糞カルト共産党員。
墓穴を掘ってるのはお前。

569 :567:2009/06/27(土) 17:15:54 0
もちろん538以降のレス限定ですよ。

>共産党を批判されると妄想カルト認定するのは日本全国に共産党員しかいませんからw

などと批判されたからレッテルを貼ったと出鱈目言い張るなら、
きっちり答えてもらいますから。

570 :567:2009/06/27(土) 17:16:52 0
>>568
全然反論になってませんねえ。
具体的に批判されたからレッテルを貼ったところを指摘なさいよ。

571 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 17:20:08 0
538 :私:2009/06/26(金) 02:12:27 0
共産はクリーンな代わりに民主集中制とか党体質に問題があるからな。
とりあえず次の選挙では民主が勝って社民・国民新と連立政権を作るだろうが、
民主連立政権がこけるとなると、共産にも可能性が出てくるってところかな。
ただし最低条件として、共産が民主集中制を放棄する事、打倒二大政党を掲げる事、
この二点が必要で、立場的にはイギリス自民党の様なものになってくる。
アメリカであの歪な二大政党体制が続くのは合衆国という名の独立国家共同体だからで、
日本の様な中央集権制の国では、アメリカ型二大政党制は構築できないだろう。
すると必然的にイギリス的な三大政党制になっていく事になる。
これはスレと何の関係もないレスだけどね。


539 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 05:47:11 0

論点先取で一般人にはついていけない
霊魂とか話す人ですか?


540 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 11:56:37 0
>>538
民主連立政権がこけたら共産政権??
自公政権に戻るだけだろ


541 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 16:34:07 0
>>540
>民主連立政権がこけたら共産政権??
>自公政権に戻るだけだろ

572 :反論しやすいように関連レスの再掲2:2009/06/27(土) 17:20:50 0
541 :私:2009/06/26(金) 16:34:07 0
>>540
>民主連立政権がこけたら共産政権??
>自公政権に戻るだけだろ

民主のこけ方にもよるが、もしも松下政経の連中が暴れ、
国民の期待とは真逆の新自由主義改革を実行する事にでもなれば、
民主は国民の信頼を一切失って解党的危機を迎えるだろう。

政権が自民に戻る、と言うのもどうかな。
民主連立政権は自民長期政権の闇をとことんまで追及するだろうし、
その為に自民は支持基盤をズタズタに破壊されてかなり弱体化するはず。
場合によっては、権力基盤の崩壊から、自民分裂→消滅もありうる。

民主が国民を裏切ったとして、裏切りが発覚し、国民の怒りが煮えたぎった時に、
自民にその受け皿となりうるだけの体力が残されているのか、
また国民が政治腐敗の問題で完全に見捨てた自民を再び支持するのか、
そういった事まで考えると、かなりのカオスが予想される。

次回は共産の議席増が噂されるが、更にその次でも議席を伸ばす可能性がある。
政権党側は共産の議席増や第三政党化を潰す動きを色々とやるだろうがね。

次々回は、自民と民主の残党が徒党を組んで政権を取る、という形になるかもしれん。

なお公明は民主連立政権が叩き潰して消滅する可能性がある。

573 :反論しやすいように関連レスの再掲3:2009/06/27(土) 17:21:50 0
542 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:16:17 0
なにやら香ばしい流れになってきたな。
自由民主党という政党が消滅しても、「保守=売国」勢力は新たな政党を
立ち上げるだけ。アメリカ様のお墨付きでな。
民主はただの第二自民党。自民と茶番をするのみ。

共産の躍進があっても一過性のもので、根本的には蟷螂の斧。
党組織維持のためのプロレスをやり続けるだけ。

とりあえず創価公明が政権から転落することぐらいかな、直近で期待することは。

543 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:20:45 0
いまどきめずらしいなこいつ

544 :私:2009/06/26(金) 18:56:45 0
>>542
どうでもいいがスレ違いだな。

>なにやら香ばしい流れになってきたな。

香ばしい事は何もない。

>アメリカ様のお墨付き

そのうちアメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になるだろう。
そうなれば戦後一貫して続けられてきたアメリカによる日本支配は終わる。
そうすればきみら統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。
時代の流れというものを全く読めてない。

自民も民主も駄目になれば、共産が伸びるのは自然の成り行き。
自民と民主で茶番を繰り返そうにも出来なくなるだろう。

574 :反論しやすいように関連レスの再掲4:2009/06/27(土) 17:22:38 0
545 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 19:30:55 0
>>544
何で俺が統一教会認定?????
君は共産党員?????

共産の時代を夢見るのは自由だけど、どっからその自信が来るのか
分からん。宮顕時代ならまだ見るべきものもあったが、志位に何が出来るのか。
天皇問題は置いておいても、国防問題で致命的なお花畑なのが今の共産。



546 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 19:59:39 0
>>544はそろそろ薬飲む時間なんじゃないか?


548 :私:2009/06/26(金) 22:35:41 0
>>545
お花畑はあなただけで十分。
現在の日本政界の流れは二大政党体制の崩壊に突き進んでるよ。


549 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 23:45:59 0
衆愚政治に流れがちな民主主義より
賢人に指導される共産主義が優位

575 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:23:27 0
>>570
反論になってないのはお前だ。
>>544でいきなり「そうすればきみら統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。」

きみらってのは文脈上俺を含めてるんだろ?
妄想としか言いようがない。
で国防政策の話したら、二大政党云々。
お前が馬鹿すぎて泣けてくるよ。

576 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:25:11 0
>>574
>>546>>549は俺じゃネーよw
お前自分に反対してるのが俺一人だと思ってるの?

577 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:37:16 0
542 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/26(金) 18:16:17 0
なにやら香ばしい流れになってきたな。
自由民主党という政党が消滅しても、「保守=売国」勢力は新たな政党を
立ち上げるだけ。アメリカ様のお墨付きでな。
民主はただの第二自民党。自民と茶番をするのみ。

共産の躍進があっても一過性のもので、根本的には蟷螂の斧。
党組織維持のためのプロレスをやり続けるだけ。

とりあえず創価公明が政権から転落することぐらいかな、直近で期待することは。

544 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/26(金) 18:56:45 0
>>542
どうでもいいがスレ違いだな。

>なにやら香ばしい流れになってきたな。

香ばしい事は何もない。

>アメリカ様のお墨付き

そのうちアメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になるだろう。
そうなれば戦後一貫して続けられてきたアメリカによる日本支配は終わる。
そうすればきみら統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。
時代の流れというものを全く読めてない。

自民も民主も駄目になれば、共産が伸びるのは自然の成り行き。
自民と民主で茶番を繰り返そうにも出来なくなるだろう。


578 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:38:02 0
545 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/26(金) 19:30:55 0
>>544
何で俺が統一教会認定?????
君は共産党員?????

共産の時代を夢見るのは自由だけど、どっからその自信が来るのか
分からん。宮顕時代ならまだ見るべきものもあったが、志位に何が出来るのか。
天皇問題は置いておいても、国防問題で致命的なお花畑なのが今の共産。

548 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/26(金) 22:35:41 0
>>545
お花畑はあなただけで十分。
現在の日本政界の流れは二大政党体制の崩壊に突き進んでるよ。

579 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:40:01 0
>>549
共産主義者に賢人なぞ唯の一人も存在しないが?
「自称・賢人」ならたくさん居るけどな。

580 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 17:40:30 0
551 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 01:00:13 0
じゃあ>>548ひとつ賭けをしようか。
俺の予想は「共産党は未来永劫与党になることはない。」だ。

お前は自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生でいいな?

553 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/06/27(土) 03:00:51 0
>>551-552
キチガイ勝共連合には事実の列挙すら好意的に映るわけですか。
流石はカルトですね。面目躍如です。

統一だの勝共だの言い出したのはお前だ、共産党員w

581 :反論しやすいように関連レスの再掲5:2009/06/27(土) 18:09:30 0
550 :私:2009/06/27(土) 00:29:35 0
>>549
共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃない。
勘違いはしないで欲しい。
民主連立政権で自民が解党的ダメージを受け、場合によっては分裂して消滅し、
その後に最大政党化した民主までもが国民の信を失う事態となれば、
結果的に共産が最大政党化して国民の批判の受け皿になるという話だ。
現状、日本では近代的な組織政党は公明と共産しか存在していない。
だから地方保守と利権融合体に過ぎない自民が分裂すれば後には何も残らない。
郵政解散で大幅議席減となった民主が解党の危機に晒されたのも同様の理由による。
組織政党化がなされ、日本全土に支持者・党員・支援組織・支持組織があるなら、
選挙で議席を失ったところで政党として消滅の危機に陥る事はない。
現に共産は国会での議席は僅かだが解党の危機に直面などしていない。
イデオロギー的に水と油の勢力が反自民で結束しているだけの民主が
急速に組織政党に脱皮する事などありえない話で、そもそも不可能な話だ。
この危機的状況は今後しばらく続く事になるだろう。


551 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 01:00:13 0
じゃあ>>548ひとつ賭けをしようか。
俺の予想は「共産党は未来永劫与党になることはない。」だ。

お前は自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生でいいな?

552 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 01:14:38 0
>共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃない。
>勘違いはしないで欲しい。

好意的じゃない部分はどこですか?
共産の悪いところを挙げて下さい

582 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:09:49 0
コピペで遊ぶなボケ

自分の言葉で語れ

583 :反論しやすいように関連レスの再掲6:2009/06/27(土) 18:11:49 0
553 :私:2009/06/27(土) 03:00:51 0
>>551-552
キチガイ勝共連合には事実の列挙すら好意的に映るわけですか。
流石はカルトですね。面目躍如です。


554 :私:2009/06/27(土) 03:17:15 0
念の為断っておくが

>自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生

とまでは言ってない。

>>次々回は、自民と民主の残党が徒党を組んで政権を取る、という形になるかもしれん。

と普通に書いてある。
キチガイ勝共連合は興奮しすぎて文章も読めなくなったのか?
まあアメリカの対日工作撤退で消滅する運命にあるきみらの焦りもわからんでもないが。

584 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 18:15:52 0
>>575、577-578、580、582
つべこべ言わずに

>共産党を批判されると妄想カルト認定

というレス、
つまり批判されたから認定したというレスがどこにあるのか具体的に挙げようね。
ちゃんと関連レスも再掲してあげたから。私による一連のレスには、
・民主連立政権下で自民が弱体化or複数に分裂して消滅
・民主が連立政権で国民を裏切り新自由主義政策を推進して選挙に大敗
・漁夫の利を得る形で残った最大野党の共産が躍進
・共産が大政党になる条件は民主集中制の放棄
というごくありふれた予測が書いてあるだけなんだから。
もちろんあなた方が私を共産党員に仕立て上げ為の胡散臭いレスや
薬を飲めだのと人格攻撃してくる常軌を逸したレスはありますがねw

まあ、普通にカルト創価学会員・カルト統一協会員=勝共連合=原理研、
売国親米右翼あたりがカキコしているのは、罵倒や中傷の異常性から明白ですが。

>統一だの勝共だの言い出したのはお前だ、共産党員w

こういう話のすり替えはいらないよ。
挙げられない事で自分を追い込んでる自覚は当然ありますよね。
挙げられなかったら私があなた方に貼ったものはレッテルでなく事実になります。
あなた方が挙げられない事を承知でこう書く私も結構意地が悪いですが。

>>576
今更手遅れ。あんな一般人が書かないレス555-558を書いた後じゃ。
こういうスレに来る人は、あなた方がすぐに相手を精神病患者扱いしたり
精神病院に行けと異常な暴言を吐く事くらい知ってますから。

585 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:21:37 0
>>584
俺をいきなり>>544で統一認定したのはお前。
つべこべ言ってないで、>>544で俺を統一認定、その後>>553で勝共認定した根拠を述べよ。

根拠を述べられないのならば、妄想だぞ?

586 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:25:48 0
既成政党+創価+アメリカ批判したら統一認定。
その後共産批判したら勝共認定。

妄想こいてんなよ。

587 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 18:27:35 0
>>585
自分が答えられないからって話をすりかえて誤魔化さないようにね。

>共産党を批判されると妄想カルト認定
=批判されたから認定したというレス

どこにあるのか具体的に挙げよう(爆)

588 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 18:30:54 0
レス投下したら新レスが増えてたが、585=586だね。
あんたら反共系のネット工作員には二連投する癖があるから。

585 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:21:37 0
586 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:25:48 0

ところで「共産党を批判されると妄想カルト認=批判されたから認定したというレス」ってどれ?
まさか存在しないなんて事はないですよねえ。散々、妄想がどうとかと罵倒してきたんだから。

589 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:31:35 0
>>587
話をすりかえてるのはお前。
一例を挙げると、

551 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 01:00:13 0
じゃあ>>548ひとつ賭けをしようか。
俺の予想は「共産党は未来永劫与党になることはない。」だ。

>>551
キチガイ勝共連合には事実の列挙すら好意的に映るわけですか。
流石はカルトですね。面目躍如です。

共産は未来永劫政権獲得できないと批判(予想)したら、
勝共認定されましたが。

さ、根拠を述べてもらおうか。

590 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:34:33 0
>>542
>自由民主党という政党が消滅しても、「保守=売国」勢力は新たな政党を
>立ち上げるだけ。アメリカ様のお墨付きでな。

↑上記の予測に対して(この予測は、今までアメリカが中南米などでやってきたことを
踏まえれば、全く出鱈目ではなかろう)、

>>544
>そのうちアメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になるだろう。
>そうなれば戦後一貫して続けられてきたアメリカによる日本支配は終わる。

ここまでは妥当な反論だが、

>そうすればきみら統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。

と、いきなり統一協会云々が出ている。

591 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:34:51 0
>>588
お次は「反共系のネット工作員」認定ですか?

罵倒?テメーがいきなり統一だの勝共だの言って侮辱してきたのはどうなんだよ!
ふざけるのも大概にしろ。

592 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:36:07 0
>>545
>天皇問題は置いておいても、国防問題で致命的なお花畑なのが今の共産。

上の天皇問題・国防問題に関する批判に対して、

>>548
>>545
>お花畑はあなただけで十分。

反論せずにお花畑呼ばわり。

593 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:53:23 0
538-558の解説:

538: 民主連立政権が崩壊すれば、「共産が民主集中制を放棄する事」などの条件下で
共産党にも可能性が出てくると発言。

540: 民主連立政権が崩壊すれば自公政権に戻るだけだろと発言。

541: 540に民主連立政権が成立したら、自民党は長期政権の闇を追及され、弱体化し、国民も
民主連立政権が崩壊しても自民党の復帰を望まないだろうと反論。

542: 541に対し、自民党が潰れても、アメリカは新たな親米売国勢力を立ち上げるだろうという
予測を述べ、反論。

544: 542に対し、アメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になり、アメリカによる
日本支配は終わるだろうと反論。
そこまではいいが、続いて542に対して「統一協会やらキリストの幕屋やら」とレッテル貼りして罵倒。

545: 共産党に対して「天皇問題は置いておいても、国防問題で致命的なお花畑」と批判。

546: 544への罵倒レス。おそらくこれはネット工作員か?

548: 545に対して「お花畑はあなただけで十分」と罵倒レス。

550: 共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃないと発言。

551: 共産党は未来永劫与党になることはないという予想を述べる。

552: 550を受け、「好意的じゃない部分はどこですか?」と質問。

553: 551-552に対して、「キチガイ勝共連合」云々と罵倒。

555-558: 553の罵倒レスを受け、キレて「糞カルト共産党員」云々と罵倒レスで返す。

594 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:54:05 0
>>592
カルト認定に続きそれにもムカって来たんだよ、俺は。
でも気を取り直して>>551を書いたんだ。
そしたら勝共認定w
あんまりにも人を侮辱してるんで>>555以下となったわけ。

カルト認定厨はテメーの罵詈雑言には頬かむりして「妄想」「罵倒」などと
言っておりますが。妄想してんのはオメーだ認定厨。
自分の意にそわないものは「反動分子」とレッテル貼りをし、弾圧してきた
過去の共産主義者そっくりだわ。

反共カルトっぽい言い方でごめん(爆

595 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 18:55:26 0
>>589-594
>罵倒?テメーがいきなり統一だの勝共だの言って侮辱してきたのはどうなんだよ!
>ふざけるのも大概にしろ。

さっきからあえて控えてましたけど、そう言えば言うほど、
自分で「私は統一協会です」と自己紹介している事に気がつきませんか?

何度でも書きますが、私による一連のレスには、

・民主連立政権下で自民が弱体化or複数に分裂して消滅

・民主が連立政権で国民を裏切り新自由主義政策を推進して選挙に大敗

・漁夫の利を得る形で残った最大野党の共産が躍進

・共産が大政党になる条件は民主集中制の放棄

というごくありふれた予測が書いてあるだけなんです。
ところが、

 共産党を批判されると妄想カルト認定=批判されたから認定したというレス

等とありもしない事を言い出して、共産党員に仕立て上げた。
こちらが言ってもいない事を書きたてて共産党員に仕立て上げるレスは551にもあるわけで、
あなた方がどういう意図でレスしているのかはハッキリしているわけですよ。

口汚く罵り続けて誤魔化して逃げ続けるのはあなたの勝手ですが、完全に自爆ですよね。

>カルト認定に続きそれにもムカって来たんだよ、俺は。

そんな嘘、通じると思ってるんですか?

596 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 18:58:18 0
>>593
>>540は俺じゃない。>>542から。
自公政権か保守的後継組織に戻る可能性が大だと思うが。

597 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 18:59:40 0
あなたが暴言を吐いたのは554に反論できなかったから。

>554 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:17:15 0
>念の為断っておくが

>>自民・公明・民主崩壊、共産政権誕生

>とまでは言ってない。

>>>次々回は、自民と民主の残党が徒党を組んで政権を取る、という形になるかもしれん。

>と普通に書いてある。
>キチガイ勝共連合は興奮しすぎて文章も読めなくなったのか?
>まあアメリカの対日工作撤退で消滅する運命にあるきみらの焦りもわからんでもないが。

↓これが常軌を逸した暴言w

言い加減しろよ糞カルト共産党員。共産批判したら統一だの勝狂だの妄想こきやがってよ。
何が事実だ?馬鹿じゃネーの?支持率1%台のカルト政党が政権取るわけネーだろ。
アメリカが対日工作撤退するわけねーだろ、アホか。しかも自公・民主とも批判してるのによ。
共産党の国防問題を批判してるのに、二大政党云々とか糞カルト野郎、病院池よ。
糞カルト野郎、テメー共産党の実態には頬かむりして、志位みたいな連敗の責任もとらねー野郎崇めてよ。
確かに、既存政党の中では一番マシかもしれんが、現実的には政権無理つってるだけなんだけどな。
糞カルトの共産党員が考えているほど体制側は甘くないんだよ。
それを踏まえて、オメーと同じ糞カルトの創価が政権転落することくらいが希望ってこった、糞カルト。
>>554は中国人なみのしつこさと頭の悪さだ
こういうのがリチャードコシミズみたいな活動で喰っていけるんだろうな
コシミズはネタとして楽しめるからまあいいけどね。ここの糞カルト共産党員にはあきれるしかないわw
糞カルト創価・統一・勝共ついでに幸福の科学と同じ思考回路。以下ここの糞カルト共産党員は
党本部非公認工作員(イメージダウン担当)と見なす。

598 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:02:25 0
>>595
反論不能になってまた妄想が始まったか・・・。

>そんな嘘、通じると思ってるんですか?
嘘ね、ハイハイ。

これからお前のことはカルト認定厨&糞カルト共産党員とのみ呼ぶこととする。
まともに相手はしない。

599 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:03:36 0
>>596
>550: 共産躍進を好意的に受け止めてるわけじゃないと発言。
>552: 550を受け、「好意的じゃない部分はどこですか?」と質問。
>553: 551-552に対して、「キチガイ勝共連合」云々と罵倒。

あのさあ、民主集中制の放棄が云々と書いてるのにどこが好意的なの?
二大政党は多分駄目になる、そうなれば漁夫の利で共産が伸びるだけだ、
と書いてるだけで、しかも政権は自民民主の残党が取るとまで書いてる。
あれら書き込みを見て「好意的」と解釈する事自体、普通じゃありません。

600 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:03:56 0
>>597
カルト共産党員元気か?

601 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:05:55 0
>>598、600
あの、ところで肝心の

>共産党を批判されると妄想カルト認定
=批判されたから認定したというレス

どこにあるんですか?具体的に挙げようよ(爆)
レッテルを貼ったの貼らないのとすり替えて逃げるんですか?

602 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:06:59 0
↓これがカルト認定厨の常軌を逸した暴言w

そうすれば「きみら」統一協会やらキリストの幕屋やらは親米右翼も含めて消滅だ。
キチガイ勝共連合には事実の列挙すら好意的に映るわけですか。
流石はカルトですね。面目躍如です。

603 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:10:05 0
>>601
今までさんざん挙げられているのに分からないのはお前だけ。
レッテルを貼って逃げてるのはお前(爆)
レッテル貼りしたのはお前。先に暴言吐いたのもお前。


604 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:12:05 0
>>602-603
すり替えてないでいいからさっさと答えてください。
カルト創価学会員orカルト統一協会員・勝共連合・原理研or売国親米右翼さん。

605 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:12:48 0
>今までさんざん挙げられているのに分からないのはお前だけ。

どこにも挙げられてませんよ。
嘘を書かないでください、カルト創価学会員orカルト統一協会員・勝共連合・原理研or売国親米右翼さん。

606 ::2009/06/27(土) 19:12:49 0
妄想が始まりました。
いいぞ、もっと言え。

607 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:14:39 0
>>606
今のところはあなたのヤクザ紛いの常軌を逸した暴言があるだけです。

555 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:52:25 0
>>553->>554
言い加減しろよ糞カルト共産党員。共産批判したら統一だの勝狂だの妄想こきやがってよ。
何が事実だ?馬鹿じゃネーの?支持率1%台のカルト政党が政権取るわけネーだろ。
アメリカが対日工作撤退するわけねーだろ、アホか。しかも自公・民主とも批判してるのによ。
共産党の国防問題を批判してるのに、二大政党云々とか糞カルト野郎、病院池よ。

556 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 03:58:24 0
糞カルト野郎、テメー共産党の実態には頬かむりして、志位みたいな連敗の責任もとらねー野郎崇めてよ。
確かに、既存政党の中では一番マシかもしれんが、現実的には政権無理つってるだけなんだけどな。
糞カルトの共産党員が考えているほど体制側は甘くないんだよ。
それを踏まえて、オメーと同じ糞カルトの創価が政権転落することくらいが希望ってこった、糞カルト。

557 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 04:36:37 0
>>554は中国人なみのしつこさと頭の悪さだ
こういうのがリチャードコシミズみたいな活動で喰っていけるんだろうな

558 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 04:54:09 0
>>557
コシミズはネタとして楽しめるからまあいいけどね。ここの糞カルト共産党員にはあきれるしかないわw
糞カルト創価・統一・勝共ついでに幸福の科学と同じ思考回路。以下ここの糞カルト共産党員は
党本部非公認工作員(イメージダウン担当)と見なす。

608 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:16:09 0
また妄想が始まりました。自分に反するものは一人だと思っているようですw

609 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:16:59 0
あれ、もう終わり?糞カルト共産党員さんw
思いのたけを語って下さい。

610 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:17:59 0
しかし、読めば読むほど、555、556って
創価学会員や統一協会員なら言いかねない下品な言葉ですよね。
この発言、絶対に一般人が書いたものじゃないです。
ノリとしてはこれ↓と全く同じだし(爆)

「民主党は仏敵だ 菅直人が来る 仏敵を追い払え」創価学会
http://www.youtube.com/watch?v=WqpAEZjWa_I
石井一(民主党)。2008年10月15日水曜日、参議院の予算委員会にて。

民主党は仏敵だ、菅直人が来る、仏敵を追い払え。呪いのお経をあげたら、突然、
突風と大風が吹いてきて、大雨がきて、菅直人とその候補者は、粉々に退散した
(学会員から拍手が沸き起こる)

611 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:19:10 0
それだけ?つまらないから妄想をもっと聞かせてくれよ、認定厨w

612 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:21:58 0
あれ?次は創価?
いったいいくつの団体に所属しているんでしょうか?この共産党員の妄想上の敵はw

613 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:23:36 0
>>608-609、611
>また妄想が始まりました。自分に反するものは一人だと思っているようですw

別に思ってませんよ。
カルト創価学会員orカルト統一協会員・勝共連合・原理研or売国親米右翼の
ネット工作は一人でやってるものじゃないでしょうし、レスの速度からして、
仲間で徒党組んで荒らしてる感じですから。

>あれ、もう終わり?糞カルト共産党員さんw
>思いのたけを語って下さい。
>それだけ?つまらないから妄想をもっと聞かせてくれよ、認定厨w

すみやかに
共産党を批判されると妄想カルト認定=批判されたから認定したというレス
がどこにあるのか、具体的に挙げてくださいね。
別に私に共産党員と偽りのレッテルを貼り続ければ本当にそうなるわけじゃないんだし。

ああ、そうそう。
聞いた話によると、層化学界では、嘘も100回言えば本当になる、と言ってるらしいですね。
あなたのやっている事は正しくそれと同じわけですが、
どうせ同じカルトなんだから統一協会も似通った事をやってるんでしょう。

614 ::2009/06/27(土) 19:24:56 0
パラノイアの標本w

615 :反論しやすいように関連レスの再掲:2009/06/27(土) 19:26:25 0
>>612
何度言っても、私が共産党員になる事はありませんよ。
あなた方の異常な粘着性と敵認定した相手に対する過剰な攻撃性はカルトそのものですが。

>あれ?次は創価?
>いったいいくつの団体に所属しているんでしょうか?この共産党員の妄想上の敵はw

あなた方の正体は、
カルト創価学会員orカルト統一協会員・勝共連合・原理研or売国親米右翼
この何れかで、それを特定する術までは流石に持ってませんよ。

それはそうと、すみやかに
共産党を批判されると妄想カルト認定=批判されたから認定したというレス
がどこにあるのか、具体的に挙げてくださいね。

616 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 19:32:43 O
次はユダヤ?フリーメーソン(爆

617 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 21:41:49 0
統一教会は、今じゃ民主党支持にまわってるのにねw
何せ党首の鳩山が統一教会信者。

618 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 22:01:53 0
まあ、

>>544
>そのうちアメリカは対日工作をする金にすら事欠く様になるだろう。

これの正否に関係なく、アメリカが自民党を切り捨てるのは既定路線だろう。
民主党への政権交代→自民長期政権の闇の追及、という流れが避けられないと見て
ダメージコントロールの為に自民への尻尾切りが始まっている、といったところか。

フセインみたいにはならないだろうが、朴正煕みたいに自民党の要人の誰かが暗殺される
可能性は非常に高いな。

あとは、民主の誰かを傀儡に据えるか、対日工作から撤退するかの選択でしかない。

619 :世界@名無史さん:2009/06/27(土) 22:29:11 0
>>617
鳩山と統一教会についてはあくまで
週刊誌ネタなんで信憑性に乏しい

大体民主云々以前に
自民党の方が統一教会に祝電送ったり
献金してもらった議員がゴロゴロいるんだから
自民党は既に統一教会に乗っ取られたと考えるのが正しい
だからネトウヨが必死に民主党を「サヨク」「在日」なんて叩いてるんだろ
なんで自民党が支配下なのに民主党まで手を伸ばす必要あるんだよw


620 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 00:39:45 0
自民が野党になったら、日教組の公務違反、専従組合員の問題、国民年金帳簿を回復不可能にした組織的な自治労のサボタージュ等々を徹底的に追及してほしい。


621 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 00:44:41 0
本当はかつてのドイツのように保革一致して押し付け憲法改正、自主憲法を作る位じゃないといけないんだが、今のままじゃ無理だ。
それこそ自民とミンスの売国勢力を一掃し、政界大再編の上、カルトを排除した新たな安定的な保守政権を作る流れになってほしい。
それこそ理想だが。

622 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 04:55:26 0
自主憲法とかw9条改正するだけで十分だろww

ってか、前のほうのレスでアメリカによる日本支配がどうとか言ってる奴がいるが、そのアメリカの
日本支配がなかったら未だにこの国の憲法は大日本帝国憲法のままだったんだからな。

623 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 06:52:46 0
湧いてるな

624 :共産主義者こそカルト:2009/06/28(日) 09:02:52 0
共産主義者は自分達こそが社会の進展から取り残されたカルトだと知るべきだ。
そのことを指摘してくれる人がいたら感謝すべきだろう。
ところが、逆キレしてに反共カルトなどと攻撃している。
かくて真(ま)人間となる機会を逸している。
平塚八兵衛じゃないが、最後は「真(ま)人間」になって
ポルポトや金日成やスターリンや毛沢東と同じ場所に逝って欲しい。


625 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 16:57:08 0
>>624
「共産主義者」を「統一教会」に置き換えると
しっくりくる

626 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 17:54:21 0
>>625
どちらでもしっくりくる。
どちらもカルト。

627 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 18:21:43 0
>>626
共産党はカルトじゃないが
層化や統一教会は海外じゃ
カルト認定されてるだろ

628 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 19:13:41 0
日本ではどれも国家からはカルト認定されていませんが、国民の大半はそれら全てをカルトだと認識しています。

629 :世界@名無史さん:2009/06/28(日) 23:59:02 0
マルクス主義の3大柱
唯物論哲学・・・最新の脳科学で揺らぐ
歴史学・・・「進化論」の誤読
経済学・・・誤謬に満ちた「資本論」
もう空っぽだなw



630 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 00:18:20 0
東欧共産化の流れ
ソ連軍兵士が銃を構える中で比例代表制選挙法を可決
人民戦線として統一候補者名簿を作るよう各政党に強制
当選後に難癖をつけては共産党以外の議員を議会から除名

631 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 00:32:09 0
所詮、共産主義国家など、資本主義国家の寄生虫でしかなかったからなあ・・。
最先端のはずの軍事技術でさえ、戦後にドイツから没収した技術や
スパイから得たもので造ったパチモンであった・・。
世界中が共産国になったら、何処からパクればいいんだ。


632 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 03:11:47 0

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1228538030/

633 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 08:30:29 0
>>628
そりゃあ統一や層化は政権与党と
グルだしね、カルト認定されるわけがない

634 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 20:36:58 0
>>631
そんなことを言い始めたら、日本だってモノマネ猿と呼ばれたわけだが。
後発工業化国というのは、共産主義であれ資本主義であれ、先進諸国の技術や
文化を取り込むことによって発展していくものだよ。

635 :世界@名無史さん:2009/06/29(月) 20:52:14 0
【調査/米国】「自由の国」米国で、資本主義への不信感高まる=20%が社会主義の方が好ましい経済システムと回答[09/04/10]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1239379754/

53% 資本主義のほうが社会主義よりベター
27% どちらとも言えない
20% 社会主義のほうが資本主義よりベター

20-30歳までの世代に限定すると
37% 資本主義のほうがベター
33% 社会主義のほうがベター
30% どちらとも言えない

米国の若者は左傾化?

636 :(−_−):2009/06/30(火) 02:02:28 0
社会主義は恐慌はないが豊かにならない。資本主義は豊かにはなるが突然
貧乏が襲ってくる。どっちがいいの・・・・OTZ

637 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 04:40:51 0
混合経済

638 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 04:51:55 0
政治は共産党による一元指導で
経済は自由放任にするのが最強

639 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 04:58:10 0
共産主義=理想主義

資本主義=現実主義



640 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 06:03:17 0
>>632
そういえば、コンクリ殺人事件は共産党党員の息子だったな。
当時の赤旗は、被害者の女の子の方を非難してたよなあ。

641 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 11:09:10 0
>>638
それ現在の中国

642 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 21:01:52 0
共産主義=労働者が支配階級になった社会=ユートピア
資本主義=資本家が支配階級になった社会=今ここ

643 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 23:24:32 0
共産主義=マルクス教カルト信者が独善的独裁を敷く恐怖政治

644 :世界@名無史さん:2009/06/30(火) 23:28:15 0
資本主義+普通選挙=衆愚政治だが共産主義よりはるかにまし=今ここ

645 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 00:44:38 0
革命の血統によって首領様を推戴し
代を重ねて社会主義の祖国を建設する

646 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 09:23:34 0
中国的な国家資本主義が経済においては最強ということなのだろう。
ただこの弱点は国家やどんどん豊かになっていっても、末端の国民はちっとも幸せに
ならないこと。

647 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 11:47:55 0
>>646
新自由主義も似たようなもんだろ


648 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 12:40:07 0
思うんだけど、このスレ、次スレから国際情勢板あたりに立てたほうが
いいんでは?
なんか学問から程遠いイデオロギー闘争の場になってるし。

649 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 14:56:46 0
>>643
それは国家資本主義。ソ連も中国も共産主義社会ではないと政府も言っている。
レーニンもロシア革命を社会主義革命であることを否定したまま亡くなっている。

650 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 15:15:37 0
>>649
でも共産主義社会をめざそうと思った社会なんだが・・・

651 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 20:03:06 0
つーか今のマスコミが煽ってる「新冷戦」って
中国やロシアが国家資本主義となると
つまり資本主義対国家資本主義になんの?



652 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 21:20:12 0
中国民主化運動〜BEFORE

                       ,,-‐''""''ーе
                    .|""       . .||
                   . ;;| 中共崩壊 ||
                  :: .;;|       ... ||
                  .:::::;:;|    ,ノ""" ||
                  .:::::;;:| ,/"""    ;n||
                    ""      / )     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    宗主国様に何をするニダー       / /
           ::∩:::::::::::::::::::::::::::      / /          うはー 夢がひろがりんぐ
      ∧_∧ ...| |            ( (     /⌒ヽ
     <ヽ`Д´>//        ∧_∧ ヽ ヽ  ノ_東_ヽ
     / 平壌       ∧_∧ ´ー`)   \\(´∀` )i     n   ∩
         ∧_∧   ( ´A `)日本i    ハ      \    ( E)||   ∧_∧   ∧_∧
         (  ´∀`)  /チベット \ ノ     | トルキス/ヽ ヽ_/ /. | .| . (丶´∀`)  (  `八´)
   ( ヽ,  /台湾  ヽ、/ ,   // ヽ,     | たん ノ  \__/   | .| /モンゴルヽ /法輪功ヽ、/

653 :世界@名無史さん:2009/07/01(水) 21:22:09 0
中国民主化運動〜AFTER

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは中国共産党の一党独裁に対してデモを
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        起こしたらいつのまにか米国の傀儡に弾圧されていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    共産主義だとかファシズムだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

654 :世界@名無史さん:2009/07/02(木) 00:51:29 0
そもそもマルクス自身が禁治産者の経済音痴だから、経済運営に関して全く糞だったから

655 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 01:18:17 0
>>650
> でも共産主義社会をめざそうと思った社会なんだが・・・

マルクス=エンゲルス主義唯物史観においては、
共産社会は資本主義をその前段階として持つことが大前提。
なので、それ以前の段階にあったロシアや中国や東欧にしろキューバにしろ、
マルクス主義に忠実であるのならば、まず、資本主義化こそが先決だったはず。

656 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 01:27:13 0
ソ連が共産主義段階に入るのはまだ先のこと。まだ革命は進行中。
一党独裁体制が終わったことをもって革命が終わったという話にはならない。
レーニンの史観では、封建主義→資本主義→社会主義→共産社会の順番で、
ソ連は発展していくことになっている。ロシア革命当時のロシアはまだ封建主義時代。
レーニンはまず、封建主義から資本主義への発展がソ連の任務だと考えたが、
その道は極めて困難になるだろうと言い遺している。
ソ連が社会主義段階にまで発展するためにはまだ何世代も要するだろうとも。

657 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 01:39:25 0
>>655
マルクスが予言者なら、別に予言しなくてもよかったんじゃないか?
まあ、予言しなくても台頭する資本主義に対抗勢力が立ち上がったろうけどさ
なら、共産主義国家こそがマルクスの最大の功績じゃんか

658 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:28:00 0
でもソ連は国家資本主義では無いぞ

659 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:29:26 0
ソ連が共産主義では無くても共産主義的ではあったな

660 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:30:49 0
ロシアは北欧をモデルにすれば良かったんじゃね?
そうせずに急進派のエリツィンらがアングロ型資本主義をモデルをしたがために
かえって経済を混乱させ、その後の反動化すら招いてしまった。
冷帯地方にあって北欧は早い段階から社民主義勢力が政権を握り成功した。
ただしロシアはソ連崩壊後でも大国なので北欧モデルが通用するかは分からないけど。


661 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:34:11 0
>>659
共産主義的では全然なかったよ。少なくともマルクス主義的な意味では。
マルクス主義的な定義からすれば、封建社会的段階と資本主義との混在した
段階からまだ脱していない段階にあった。

662 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:41:11 0
国家資本主義と定義する人もいるな
ただ資本主義と関係がほとんど無いのに
資本主義という名前を使うとはね

663 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:46:18 0
>>661
そういう段階の話じゃなくて
運営思想は共産主義的だったと思うよ

664 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 16:49:19 0
>資本主義の敗北が確定的になった現在
ここがまず違うんだが・・・

665 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 20:44:11 0
>>662
資本主義と関係がないことはないよ。ソ連は資本主義そのものじゃん。
国有はそもそもその死滅を唱える共産社会とは180度矛盾するから、
共産主義とはもっと関係がないのに、共産主義という名を当てることのほうがおかしいよね。

666 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 20:46:15 0
独占段階の資本主義をソ連はいちはやく実践しただけだよ。

667 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 20:50:24 0
>>666
経済的にいうと商品を統制価格で売ってる時点でもう資本主義経済とは絶対に
呼べない

668 :世界@名無史さん:2009/07/03(金) 23:19:59 O
中国はかつてのナチスドイツのように世界大戦の火種になりそうだ

669 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 00:55:39 0
>>667
日本なんか小麦のような基本的な穀物が統制価格だが。


670 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 02:14:16 0

共産主義の敗北を何としても認めたがらない、認めたくない、過去の連中が
例によって、ソ連は共産主義じゃなかった…と堂々巡りのつぶやきだ。
君達、自覚ないだろうが、もう四んでるよ。

671 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 05:12:09 0
資本主義は共産主義の後追いをするだろうよ
USAが詰んでることからも明らか

672 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 11:44:51 0
希望や願望を言霊にして並べたって現実は何も変わりませんから。>カルトなマルキストさん

673 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 13:09:16 0
>>671
資本主義というか新自由主義だろ
資本主義はまだ混合経済、社会民主主義となって
生き残る

674 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 16:35:44 0
資本主義というか、自由主義経済は、共産主義のような宗教的ドグマに
縛られていない。
従って、環境の変化に合わせドンドン修正していける。
米国の資本主義も修正を迫られていくが、それは共産主義者が期待して
いるような危機とは違う。

675 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 20:15:08 O
資本主義以前に戻すのはどうかな?

676 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 21:53:03 0
>>674
だから〜それが社会民主主義だろ、混合経済だろ
>環境の変化に合わせドンドン修正していける
何だリバタリアンにでもなるのか?
そもそも今回の経済危機なんぞ
無法図な自由主義経済が極限まで進んだ結果
おきたわけだろうが
米国はこの経済危機にこりて
当分は国家による市場介入を強める
経済政策に移行するよ
おまえみたいな勝共工作員がどうあがこうが現実は違うよ

677 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 23:32:09 0
新自由主義にしろ、混合経済にしろ、最大の失敗は主要産業・巨大資本を擁護した結果、
彼らによる政治の私物化を防げなかったことだろう。

新自由主義の場合、自己責任の原則を言いながら、何とかかんとか理由を付けて、
巨大資本を保護しようとする。しかも、その巨大資本が金融資本だったり外資だったりしたから、
余計に性質が悪いという話。

ソ連の社会主義の「国有化」にしろ、巨大資本による政治の私物化にしろ、順序が逆なだけで
最終的な結果は「政府と経済が一体化してしまう」ということになる。

678 :世界@名無史さん:2009/07/05(日) 01:50:58 0
新案検討
シャー・カイ主義:シャーとカイさんが牛耳る主義
ぎょうさん主義:なんでもぎょうさんの主義ですねん
ニホン主義:日本が一番

679 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 00:03:29 0
>>667
資本主義経済と市場経済とを混同していない? 区別がついている?

680 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 03:31:52 0
>>648 >このスレ、次スレから国際情勢板あたりに立てたほうがいいんでは?
    なんか学問から程遠いイデオロギー闘争の場になってるし。

もともと偽学問のマルクス主義、共産主義を扱うってんだから学問板にならない。
共産主義に一番ふさわしいのは、凶悪カルト板か狂的犯罪板だろうね。
コンクリ詰殺人事件やオウム大量殺人と並んでるのがふさわしい。


681 :歴史の審判:共産主義の評価:2009/07/06(月) 03:39:23 0
>>680
歴史の審判というのは、落ち着くところに落ち着くものだな。
結局、共産主義の評価は、こういうところに定まったわけだ。

>共産主義に一番ふさわしいのは、凶悪カルト板か狂的犯罪板だろうね。

コンクリ詰殺人事件やオウム大量殺人と並んでるのがふさわしい。

682 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 16:15:18 0
民主主義の最終形態が共産主義だという事実について

683 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 16:44:05 0
共産主義は未だ実現していない。
中国もロシアも北朝鮮もみんな失敗作。

 理想の共産主義が実現したとき、地上に楽園が出現するのである。

684 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 16:58:41 0
理想の共産主義、未だ成らず!!


685 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 19:17:12 0
社会主義・共産主義は学問・理論上の研究対象としての有意義性を失っていない。
最近は世相を反映してか関係書の出版も相次いでいる。
が、それと共産党・社民党・中核派・革マル派・・・みたいな存在を肯定的に
評価するのとは別。これらは真っ当な「コミュニスト」かどうかさえも怪しい団体。

686 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 19:37:34 0
つか。
人類そのものが進化し、よりすばらしい何かにかわってゆかなければ共産主義も資本主義もくそもねえわ。

所詮は手段だからさ。
原子力と一緒。

うまく使いこなせないのさ。今の人類は理想を堕落させちまう。



687 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 19:45:38 0
マルクス主義唯物史観のテーゼ

一、歴史を動かすのはイデオロギーではなく、人間の物質的生活基盤の生産構造である。
すなわち経済的基盤である。

ニ、資本家的生産様式が支配的になった社会は、常に変革を迫られる変化多き社会である。

三、雇う側の利害と雇われる側の利害とは、基本的に対立しているがゆえに、どちらかの
利害を最大限にしようとすれば、片方の利害が犠牲になるという矛盾をもつ宿命にある。

四、したがって、両者の利害は妥協によってか、あるいはそれが依拠する経済システムを
根本的に変革することによってのみ調整される以外にない。

ということでOK? で、これらは完全に反証され尽くしたと考えてよいのでしょうか?

688 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 20:08:15 0
【調査】 18〜34歳の半数が「子供欲しくない」。結婚しない理由は「いい異性がいない」「経済的に不安」など…京都市調査★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1246868152/

資本主義に不可欠なプロレタリア人口の再生産に危機?

689 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 21:17:12 0
思想家の晩年の行き着く先は人間教育、ですわ。

690 :世界@名無史さん:2009/07/06(月) 23:09:55 0
共産主義革命の暁には少子化も解決
女子1人当たり強制的に4人産ませればいい
子供は国立乳児院が引き取って養育する

691 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 01:37:25 O
墾田永年私財法

692 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 05:56:02 0
国歌が養育した子供は才能に応じて
オリンピック選手にもなれるしノーベル賞学者にもなれる
肉体労働者にも小学校教師にもなれるわけだ

693 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 09:55:26 0
ニッポンのサヨクは「希望者は全員を公立高校に入れるようにすべき! エリート校を作るな! 習熟度別クラスなんてトンでもない!」
という連中だから無理だね。サヨクの言うとおりの教育をやっていたら日本はいよいよダメなサヨクだらけの国になっちゃうよ。

694 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 17:51:50 0
例えばフィンランドはダメなサヨクの国か?

695 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 18:14:11 0
理想だユートピアだ何だと子供じみた寝言騙っている時点でカルト決定だろ。
そんな夢物語は実在しないし、今後も実現しない。
人の世にそんなものは必要無い。
幸福だとか不幸なんてものは相対的指標であって、絶対的なものではない。
まあ生きるために最低限必要だと思われるものはあるけどな。

696 :世界@名無史さん:2009/07/07(火) 22:01:25 0
そんな事言ってると、また例の人が来て○○認定されるぞw

697 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 12:04:49 0
フィンランドはそれなりに実現させているのではないか。

698 :ウイグル 血の弾圧:2009/07/08(水) 18:59:27 0

何で共産主義者って、人間を人間として扱わないのだろ。

何言っても、ダメだね。

699 :はじめてご覧になる方へ:2009/07/08(水) 19:24:06 0

いよいよ後半です。
今回の議論のエッセンスは以下の通りです。
初めての方は、これをご覧になり、今までの流れをつかめます。

>>4 >>8 >>14 >>25 >>39 >>50 >>60 >>88 >>148 >>219 
>>245 >>446 >>629 >>630 >>670 >>681

↑エッセンスが簡単にわかります






700 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2009/07/08(水) 20:55:31 0
=========/ ̄ ̄ ̄ ̄\
======== (  人____) ハァハァ                __ウワァァァァ!
======== |./  ー◎-◎-)                   /  /\    _______________
======== (6     (_ _) )        ガガガガガガカ 「===回l  /
======== | .∴ ノ  3 ノ         人人 ____ [(゚Д゚ ; □l < く…来るな! このバケモノ!
=========ゝ       ノ        <   □===∩ll≡[⊂_ノ   \_______________
========/         \          ∨∨  ̄ ̄ヽ[ 日=_」
=======(_ノヽ     ノ\_)                /__l/ [  ll
========= (  ⌒ヽ´                    □ l  l □
==========ヽ ヘ  ) ズンズンズン             「=_」   [=¬
==========ノノ `J

701 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 22:59:53 0
>>698
人間を人間として扱わずに労働機械として訓育し、競争させ、雇っているのが
資本主義なわけだが。
そしてその資本主義化を国家権力を使って上からやろうとしたのが社会主義=国家資本主義。

702 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 23:11:44 0
おれが中学生の頃、日教組じみた教師がこう授業で言っていた。

「がんばれる人は多く働いて。
 がんばれない人は少しだけ働いて。
 でも出来たものはみんなで同じように分け合う。

  これが共産主義ですよ!
  すばらしいではないか!!」

てね。

ぜんぜんすばらしいと思えなかった。

703 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 23:33:51 0
>>702
その種の日本型糞サヨクが教育現場に巣くってどれだけ日本のレベルを下げたか、計り知れないものがあるな。

704 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 23:34:42 0
>>702
そのとおりなら「すばらしい」と言えないこともないと思うけど
 
現実には誰にどれだけの労働ノルマを与えるか決める人がいて
誰にどれだけの労働対価を分け与えるか決める人もいて
そういう人、つまりは党官僚に権力が集中するスタイルなんだよね

705 :世界@名無史さん:2009/07/08(水) 23:40:04 0
>>702
リアル共産主義はこんな感じだったな。

「がんばれる人も少しだけ働いて。
 がんばれない人は少しだけ働いて。
 でも出来たものはみんなで同じように分け合う。(ただし党の指導者や幹部連中は別)

  これが共産主義ですよ!
  すばらしいではないか!!(異議は認めない)」

706 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 00:13:19 O
本当の社会主義や共産主義は高度に発展した資本主義国からしか生まれないというのだから失敗例としてロシアとか出してもナンセンス

707 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 02:06:19 0
よく働く人もあまり働かない人も同じように分け合う社会って不公平そのものだよな。


708 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 02:09:36 0
だからそういう社会ではほとんどの人が最低限食えるだけしか働かなくなります。

709 :共産主義ってのは・・・:2009/07/09(木) 02:17:33 0

隣の国では、また血の弾圧

まったく共産主義者とか共産党ってのは・・・

早くこんな忌まわしい人達、消えて欲しい。

710 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 02:26:16 0
蟹工船ってロシア=ソ連が労働者の夢の国などというプロパガンダ発するを毒電波小説だよな

あんな共産プロパガンダ・バカ小説に日本人は騙されないだけの知恵があって本当に良かった。

711 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 02:33:02 0
×プロパガンダ発するを毒電波小説  ○プロパガンダを発する毒電波小説

712 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 02:42:40 0
>>710
小林多喜二は超エリートだからね
学校でマルクス主義を勉強した人が書くプロレタリア小説の典型
 
徳永直の「太陽のない町」は面白いよ
本物のプロレアリアが字の書き方を学んで書いた小説
 
時勢が進むとプロレタリア出身の作家は皆転向したけど
エリート作家の多くは筋を曲げず入獄十年とか獄死とか
その意味でマルクスを真面目に学んだ者の意志は強固だ

713 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 03:48:51 O
共産主義の理念は素晴らしいのに指導者が腐ってるから駄目

714 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 06:03:35 0
理念がダメなことにいい加減気付け

715 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 11:04:45 0
『共産主義を崩壊させた人びと』というタイトルの本が出されて
10年後に『資本主義崩壊の首謀者たち』というタイトルの本が
注目されている現実について勝共の方々はどう思っておられるかな

716 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 11:42:13 0
>>702
共産党宣言を読んでいない奴の典型的な発言だなw

717 :世界@名無史さん:2009/07/09(木) 23:54:12 0
いま真面目に社会主義を実践してる国なんてキューバしか残ってないだろう。
そのキューバだってスカトロが死ぬか引退したらもう社会主義は続けられなくなりそうだ。


718 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 01:26:31 0
フィデル・カストロは事実上引退してるが?
数年前から弟のラウル・カストロ体制になってる

719 :笑っちゃう:2009/07/10(金) 02:44:22 0
>>712 >マルクスを真面目に学んだ者の意志は強固

( ´,_ゝ`)プッ

麻原・松本を最後まで信じ込んでいたのにも「エリート」がいた。
自慢することか。
ドップリと自分の思考・良心を無くして洗脳されきってしまったことが。

今も現役であることを威張ってるならサッサと北に行ってくれ。

720 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 06:06:16 0
正しい思想が成功するのではない。成功した思想が正しいのだ。
間違った思想が失敗するのではない。失敗した思想が間違いなのだ。

それは資本主義だろうと社会主義だろうと同じこと。

721 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 06:34:11 0
「正しいor間違っている」の二元化はガキの思想。

722 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 09:12:30 0
>>719
何がプッだよ低能
>>712>>710 (蟹工船はプロパガンダ)に対するレスだぞ

多喜二はマルクスを学んだエリート
本物のプロレタリアが書いた小説は面白いよ
しかしそういう人は転向していった
むしろエリートほど転向せず入獄した
「その意味で」エリートの意志は強固だ

頭から入った共産主義者=自ら洗脳された者

723 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 11:40:17 0
でも獄中転向した知識人は結構多いんだろ。
無名のプロレタリアートは転向しなくても、そもそも存在自体が
知られていないだけじゃないの。

多喜二の蟹工船は、軍隊から何からが地方のブルジュワの手先みたいな
内容でちょっとプロパガンダが過ぎる気がした。


724 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 13:15:07 0
>>内容でちょっとプロパガンダが過ぎる気がした。

確か佐藤春夫もそんなこと言ってたな。

725 :朴訥:2009/07/10(金) 23:44:43 0
適応能力、現実感の欠如

726 :(−_−):2009/07/11(土) 02:06:23 0
共産主義者に聞くが共産主義者たちは、最終的には古代ギリシアみたいな
民主政にしたいの?

727 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 02:11:23 0
共産党中央に民主を集中し全国民を善導する理想政治制にしたい

728 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 03:12:37 0
このスレまだあんのかよ。。
社会主義・共産主義が資本主義に敗れたんではなくて、
資本主義というのは本来、昔からある日常的な個人の経済活動であり、
それをマルクスが自分の考えた共産主義という概念と対峙させるために
普通の人間の営みを資本主義と名付けただけだろ。

そしてマルクスはその資本主義から高度に管理される共産主義を理想時代の
到来を説いた。

そしてその壮大な実験はうまくいかなかった。

要は何千年と続いてきた人間の営みは役所仕事で管理すると
うまくいかないという事が証明されただけで、べつに勝った負けたの
はなしじゃないだろ。

729 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 03:16:11 0
だが近年の自由経済のいきすぎは自由放任すぎると
破綻を迎えるということで、ある程度の共産主義的な管理も必要だと
いう流れにある。

要は資本主義、共産主義どちらが良いということではなくて
自由経済も管理経済も両極端はダメ。

バランスってこった。

730 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 10:40:34 O
マルクスがいっていた通りだとすると… 近いうちにアメリカで革命が起きるな。 岩波新書で「貧困社会アメリカ」みたいなほんもあったな

731 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 14:35:49 0
マルクスの言っていた資本主義、といっても資本論の中にはこの言葉は一つの例外を除いて使われていない。
キャピタリズムという言葉が唯一使われている箇所でもその意味は今日一般に普及しているそれと異なる。

資本主義という言葉を使ったのはマルクスではなく、マックス・ヴェバーとかだな。

ところで、マルクスの言う資本家的生産様式ないしそれが支配的になったブルジョワ社会に、例えば日本が
なったのはついつい最近といえば語弊があるだろうか、せいぜい戦後の高度成長期以後のことなんだよな。

このことはあまり指摘されていないし、そもそもマルクスの名は知られていても、その考えについてはほとんど
正しく知られていないのが現状で、せいぜい共産主義、社会主義の本家みたいに見なされている程度で、
その共産主義、社会主義の定義もせいぜいのところ、スターリニズムのソ連がプロパガンダしたものが西側でも
そのまんまそっくり鵜呑みにされちゃっているのが現状だからなあ。

732 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 16:32:51 0
>>730
アメリカで革命なんておきるわけないだろ
日本で言えば皆保険制度に当たるものさえ
「社会主義」と言われる国なのに

733 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 20:12:37 0
メンタルが違うんだよね
日本だと選挙のたびに候補者が福祉の充実を訴えるが
アメリカでは福祉の削減を叫ばないと当選しない
 
「俺の金を怠け者に配る」のが福祉だと思われてる国

734 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 21:26:27 O
>>729
かつての日本の規制型資本主義経済が最高だったのかもね
「最も成功した社会主義」と皮肉られてたんだっけか

735 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 21:51:05 0
>>733
合州国で異常に犯罪率が高いのは、銃保有率のせいじゃなく、そのせいかもな。

736 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:20:58 0

 とある村に働き者のメンドリがおりました。
 ある日、彼女は一袋の小麦を手に入れました。

 さて、どうしようかな。ポタージュにして食べようかしら。。いや、もったいない、我慢我慢。
 これで麦畑をつくってやろう、そして小麦をいっぱい収穫しておいしいパンを焼いてやろう。

 彼女は自分の家の裏の空き地に畑をつくることにしました。

737 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:28:15 0
  
  彼女が空き地を耕していると隣の家の豚さんがとおりかかりました。
  「なにしてるんだい?」とききました。
   
  「いや、ね。小麦の畑をつくってね、おいしいパンをいっぱい食べられるようにしようとおもってね。
   豚さん、いっしょに畑をたがやそうよ〜」

  「いやだよ。しんどいことは。」

  メンドリは仕方なくひとりきりで畑をたがやしました。

738 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:32:04 0
 
  彼女が種まきしていると同じ村の牛さんがとおりかかりました。
  「なにしてるんだい?」とききました。
   
  「いや、ね。小麦の畑をつくってね、おいしいパンをいっぱい食べられるようにしようとおもってね。
   豚さん、いっしょに種をまこうよ〜」

  「いやだよ。しんどいことは。」

  メンドリは仕方なくひとりきりで種まきしました。

739 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:36:29 0
さて小麦が豊かにみのりました。
彼女が麦刈りしていると同じ村の猫さんがとおりかかりました。
  「なにしてるんだい?」とききました。
  以下略


740 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:39:23 0
彼女が刈り取った麦を脱穀していると同じ村の犬さんがとおりかかりました。
  「なにしてるんだい?」とききました。
  以下略

741 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:42:57 0
彼女が石臼で小麦を粉にひいていると同じ村のロバさんがとおりかかりました。
  「なにしてるんだい?」とききました。
  以下略

742 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 22:53:30 0
さて小麦粉を練って発酵させていよいよパンを焼きました。
それはそれはすてきなにおいがしました。

すると豚さん、牛さん、猫さん、犬さん、ロバさん、いやネズミさんまでがやってきました。
「うまそうだな〜 どれ、わしらにもわけてくんろ。」

メンドリはいいました。
「なんでよ!? こけーっ! こりゃあたしが畑耕して種まいて刈り取って粉にしてつくったパンよ?? あんたらなんの関係があんのよ?」

するとかれらはびっくりして相談をはじめました。

しばらくすると町から党局員がやってきました。
「これ、メンドリよ。収穫したものはみんなで分け合って生活する。それが共産主義なのだぞ!」


しかたなく、メンドリはみんなとわけあってパンをたべました。
パンはおいしかったですしメンドリは村人たちとなかよくくらしました。







でも二度とメンドリはパンを焼こうとしませんでした。
村人たちは不思議がっていましたが。。

743 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 23:53:18 O
社会主義共産主義に一番最初になるのは北欧でなければアメリカで間違いないと思う。全てにおいて最先端で世界の富が集まっており、かつ貧困に苦しむ人間がおおい

744 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 00:02:09 0
ユダヤ震撼www
ユダヤが退去したあとにゴミ同士が殺し合いしそうではあるが

745 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 01:44:49 0
>>727 >共産党中央に民主を集中し >理想政治制
→ 日本語としておかしくない? 言い直してもイイよ。

共産党内での直接民主制ではないわけだ。
党中央とは、中央委員会? 書記局? それとも個人?

746 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 02:01:11 0
>>734
日本では、国家が家族のように考えられていた。
日本の企業もかつては、家族的要素が強かった。
日本的経営の特色(企業内組合等)と言われたものも、日本での会社が
拡大した家族のように考えられた事と関連している。
ひとつの家族であれば、その中で弱肉強食的な政策が受け入れられる
はずもなかった。
これは、日本が 皇室を中心として発展してきた事と大いに関連して
いる。
かつての多少とも良心の残った共産主義者が、結局 皇室の問題で、
マルクス・レーニン主義のドグマに疑念を持つに至ったのは故なし
としない。

747 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 02:03:37 0
>>745
主権は国民にあるが全員が国政に関与することは物理的に不可能
そこで代議制が作られたが反動者や煽動者や無能者が当選しては
衆愚政治に陥って国政を正しく動かすことができない

従って民主主義の最終形態である共産主義を党是とする前衛党が
立候補者を選定して国民の代表とする <前衛党への民主の集中
党内では最も正しい理論を身につけた党員の集団である政治局が
一般党員を指導して民主の発揚を測る <政治局への民主の集中
同様に局内では最高指導者に全員が従う <領袖への民主の集中
 
共産党の基本原理は ⑴ 少数は多数に従う ⑵ 下級は上級に従う
このうち民主集中の原理から ⑵ が優先することは言うまでもない

748 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 03:13:03 0
>>743
>社会主義共産主義に一番最初になるのは北欧でなければアメリカで間違いないと思う
>>747
>従って民主主義の最終形態である共産主義を党是とする前衛党

あんたたち相変わらずカルト丸出しですね。
マルクスにも有用性があるかもしれませんが、人間が作った様々な思想の中の一つに過ぎないという相対主義を身に付けましょうね。
間違い無いのは、未来のことではなく、過去に起こったことです。歴史に対し謙虚になりましょう。カルトでないというのなら。
そして間違いないことは、マルクス思想のそそのかされて革命に走った国がいずれも圧政と虐殺の悲惨な経験をしなければならなかったことです。


749 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 03:17:54 0
>従って民主主義の最終形態である共産主義を党是とする前衛党

まあ、何の根拠もないのにこのようなカルト思想を信じている人々が何かの間違いで政権をとり、
「下級は上級に従う」ことが当然として政治を始めたら、民主主義とは正反対のことになるのは常識で分かりますね。


750 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:16:01 0
>>732
移民国家。黒人奴隷だった名残もあるだろう

751 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:22:12 0
資本主義の欠陥はバブルが起きてしまう。バブルを防げないっていう最大の欠点があるな
小さなバブルは20,30年置きに、大きなバブルは100年単位でやってくる
北欧のような社会民主、日本のような統制経済でも資本主義の亜種である以上、バブルは避けれなかった

社会主義でバブルが起きたことあったっけ
中国のような共産党が支配しているが実は市場原理主義というのは無視して

752 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:25:24 0
現在の経済学では、バブル発生、バブル崩壊という流れは防げないけど
バブル崩壊後の建て直しはだいぶ経済学の発達で過度な恐慌は防げるようになってきた
ケインズに感謝。1929年の教訓に感謝

753 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:29:02 0
>>734
そんな日本もアメリカより先に
バブルを作り、バブル崩壊で失われた10年というものを作り出してしまったな
デフレ経済からはいまだ脱却できず。デフレの10年というのもいずれ話題になるのかもな
デフレスパイラル発動

754 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:32:39 0
ソ連のような国には株式市場、
土地の私有化を認めてないから
株バブル、土地バブルは起きにくいよね

755 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:36:26 0
>>752
財政出動
低金利政策
公的資金注入

は、バブル崩壊処理として
今や常識になったな
1929年はこれが出来なかった
ばっかりに本物の恐慌に

756 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:36:35 0
今回のリーマンショックって100年に一回とか騒いでいるけど、大恐慌に比べりゃ全然たいしたことないしな。
ここ10年間でダウをみりゃ凄いことになったと思うが、100年間のダウ平均でみりゃ、
何十年もかけてこんなけ株価が上がったんなら、この位下がっても普通だろって感じ。
失業率も大恐慌時の比ではない。もちろんバブル崩壊は起こらないように仕組みを作っていくべきだけどな。
次の100年に一度とかいうのが来たら、もっと大したことなくなっていると思うわ。

757 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:49:36 0
日本の規制型資本主義経済でもバブルが起き
北欧の社会資本主義経済でもバブルが起き
アメリカの新自由主義でもバブルが起きた

バブルだけは本当にやっかいだぜ

758 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 06:57:49 0
貨幣の流通をコントロールしている以上
間違えればバブルが起きやすくなる
そしてそのコントロールは本当に難しい

かといって、これを放棄してしまったら
景気のコントロールも放棄することになるから
殆ど不可能

だからバブルのコントロールは難しいね

日銀も間違ったし、グリーンスパンも判断を誤った
人間だからどうしても間違える

759 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 07:21:38 0
アメリカの経済学者 Rogoff などの見方によると、
日本は15年以上経っても不況から抜け出せなかったと言っている
失われた15年を続行中ってことだな

760 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 07:45:41 0
>>747 >共産主義を党是とする前衛党が立候補者を選定して国民の代表とする…

何だよ、それ〜っ???
結局、党の選んだ人物だけが「立候補」して、国民は「信任投票」するだけ。
>>748じゃないが呆れてものも言えないね。

「指導者」への投票率が100%を超える!こともあったソ連や北朝鮮では
信任しない者はそのまま白紙を持って退室、信任する者のみが票を函に投ずる
というやり方が採られた。→つまり信任しない者は一目でわかる。

都合が悪いとソ連やドコソコは共産主義じゃない、とか言うが全く変わらないじゃないか。
進歩ゼロ。


 

761 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 08:53:16 0
自由主義経済では周期的にバブルが起こるのは宿命みたいなもんで逃れようが無い。

景気曲線ってもんがあって景気は必ず数年、数十年単位で好景気・不景気を繰り返す。
好景気に乗ってる企業が、じゃあそこで事業規模縮小して従業員も解雇できるかって
話。現実にはそんなことは誰もできない。

762 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 10:00:05 O
もし社会主義や共産主義が実現される日がくるならどこで最初に実現されると思います?
北欧?フランス?それともアメリカ?

763 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 10:53:30 0
>>743
>>762
だから北欧じゃ社会民主主義という形で社会主義は成功・実現してるだろーが

>社会主義共産主義に一番最初になるのは北欧でなければアメリカで間違いないと思う。
>全てにおいて最先端で世界の富が集まっており、かつ貧困に苦しむ人間がおおい

しかし皮肉にもアメリカの貧困層は
旧ソ連や北朝鮮の国民よりはまだ良い生活をしているがね




764 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 20:31:28 0
日本も共産主義国と似たようなものなんだな
閣議には前日の事務次官会議で了承された議題しか提出されないからね
大臣だの議員だのは利権を漁るだけのお飾りですべては高級官僚が決めてる
高級官僚の人事は数人に1人の「大物」次官経験者が協議して決めるんで
これが日本の政治局と言えるが各省ごとだから国全体のものはない

765 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 20:33:24 0
制度とか思想の問題ではない。
上に立つものの賢さと志の有無がすべてなんだ

766 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 20:56:13 0
競争原理だよなぁ

767 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 23:39:05 0
>>760
「出たい人より出したい人を」という言葉があるでしょう
今の日本やアメリカのような選挙制度だと出たい人ばかりが立候補して
本当に国民のためを考える人が出られなくなっちゃうんだよ
前衛党による独裁にすれば候補者全員が党による篩にかけられた
国民のために働く人ばかりだから誰もが安心して国政を託せる

768 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 03:16:55 0

そういう国知ってるよ。
ソ連、中共、北朝鮮・・・
実際には、前衛党の「出したい人」になるわけだ。
そもそも何でそこまで「独裁」の用語にこだわるんだ?
もう先進国では、君のレベルに納得させられる国民はいないよ。
可哀そうに。今でも、大月書店やら三一書房、岩波の本に囲まれて暮らしてる?

769 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 03:30:24 0
「出したい人」にこだわるなら共産党が選ぶより、昔の貴族院の方がマシだろ。
美濃部達吉など、「出たい人」ではなかったろ。
そもそも宮本顕治やら不破なんか、誰も出したいなんて思わなかったろ。
それがほぼ終身、権力を握り続けた。
こんなこと自民党でもないよ。
要するに、どっからどう考えても共産主義は、「民主」やら「出したい人」
やらと最もかけ離れた思想ってことだ。


770 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 03:36:15 0
共産主義者の人、>>767みたいな本音をどんどん言っちゃってください。
それこそ「人間動物園」を見ているようで楽しいから。

771 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 06:41:26 0
共産主義者≠共産党員・支持者を前提として・・・

都議選大敗乙カレー。
お花畑の脳内にあるような天変地異が起きない限り、
「永久に政権獲得は無理」でしょう。

まあ、なにはともあれ自公が過半数取らなくて良かったね。
次は国政から創価が転落するのが見ものですね。
恥知らずな志位に率いられた共産党は連敗記録を更新して下さい。

以下参考
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/kenichi.htm

772 :出したい人?:2009/07/13(月) 17:36:08 0
たまに共産主義者の本音が出る。>>767みたいな。
前衛党の「出したい人」のみの選挙だから、出たい人は出れない。
出たい人を出さないわけだから、強大な独裁権力が必要となる…

岩波の古本や朝日ジャーナルの古雑誌ばかり見てないで、
ウイグルで血に飢えた共産主義・漢人が何をやってるか、
ユーチューブでも見て、たまには21世紀の世界でも知ることだ。



773 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 17:42:43 0
なんか共産党、公明党、オウムってのは体質が同じだな。
自民の方がはるかに民主的だぞ。
自民のような総裁選びってのは、彼らには絶対できない。

774 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 18:34:29 0
気持ち悪いスレ・・・

775 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 18:52:50 0
たしかに…
共産主義者の生き残りが集まってんだもん。

776 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 20:44:51 O
いま共産主義を主張する人間ってあくまで北欧区型社会主義がさらにハイテク化されたみたいなのを考てるのであって、中国共産党の賛同者なんかいないだろ

777 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 20:54:17 0
北欧型社会主義に転向するなら、そう宣言すれば良いのに、
いまだにマルクス・レーニン主義に未練たらたらみたいのが
時折湧いてくる。


778 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 21:42:51 0
マルクス・レーニン主義の要点は権力の独占だから
北欧型社会主義なんて何の魅力もないでしょ

779 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 23:58:10 0
レーニンの社会革命史観から言ったら、共産社会の前の段階に北欧的な社会主義があるはずなんだよ。
しかしそれは共産社会へ移行するまでの未熟な段階とされているけどね。

780 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 00:00:46 0
マルクス、レーニンらの革命史観によれば、資本主義->社会主義->共産社会という段階を歴史は辿る。
すなわち、野蛮な資本主義から、調整された資本主義へ、そして資本主義の矛盾が克服された共産社会へ。

781 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 00:03:10 0
この段階を経ずに一気に共産社会を実現するのは無理(ユートピア主義)であると主張したところに、
他のコミュニストやソシアリストたちと異なるマルクス主義の特徴があったんだよ。

782 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 00:50:10 0
要するに、北欧型社会主義なんてのは、共産主義に至る前段階であり、
克服されるべき旧体制だと言いたいわけ?

783 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 01:33:44 0
北欧型社会主義って農業主体の超ローカルな生活だろ。
子供は成長したら仕事が無いから、自由主義経済の国(イギリスとか)
に行きたがるんだよ。

784 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 09:10:37 0
北欧主義になった時点で共産革命の主力になる底辺労働者層が所得保障で
牙抜かれてしまいもう革命の意志なんか無くなると思うんだが。
革命の標的になる金持ちも重税に耐えかねて海外逃亡済みだし。

785 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 09:31:27 0
>>782
克服されるべき段階じゃなくて、共産社会の未熟な段階、発展途上の共産社会ということ。

786 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 09:57:49 0
まあ、マルクスにいわせると、一国共産主義は無理があるということになるから、
そういう意味では、北欧主義も修正された社民主義であり、オウエン主義的な
ユートピア主義の一つの形態ということになるのかもしれない。
で、ユートピア社会主義はけっきょく資本主義によって駆逐されちゃう運命にあると。

ただしオウエンの場合は一個人事業主だったけど、北欧の場合はもう少し規模が
デカいわけで、オウエンの実験よりはもっと持ちこたえるだろうという予測は成り立つ。
オウエンは労働者の教育に力を入れ、雇用待遇の改善に力を入れ、それで業績を伸ばした。
一種のフォーディズムであり、フォーディズムの先駆みたいなことをやった人だよね。
それで資本主義のなかの成功者ブルジョワジーになって、英国で多大な名声を得た。
北欧もそういう意味では成功してきたわけで、それがたとえ革命にしても革命は急がないで
着実にすすめたほうがいい。世紀単位の革命を考えたほうがいい。

>>784
ブルジョワジー打倒の狭義の「暴力革命」というのは、マルクスは比較的初期の段階で放棄して
しまったと思う。あの『共産党宣言』は、義人同盟とのかかわりのなかでその検閲を受けて
世に出されたもの。その段階ではマルクスもまだユートピア社会主義者の一人に過ぎなかった。

そういう種類の革命というのは、野蛮な時代の資本主義というかブルジョワ社会を対象としていて、
いわば革命への最悪のシナリオに属していると思う。労働者が困窮して困窮して生死にかかわる
必要性から革命に自らの生き残る望みを託す以外になくなる過程を辿る道はそれだけ犠牲が多い。
だから革命というのはもっとスムースに緩やかにいけばそれに越したことはない。

787 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 10:10:45 0
しかし本当に労働者の困窮がやってくるのは、資本主義の初期の段階じゃない。
資本主義がその度重なる恐慌的情況を何度か克服して成熟した資本主義の段階に
到達した段階にこそ、やっと現実味を帯びてくる。資本のグローバル化の進展とともに。

義人同盟のなかにもそう考える者がいた。プロレタリア革命は自分たちが生きている
うちに起こることではなく、自分たちが死んだ後の、もっとずっと先の話だと考えていた
人たちが。自分たちの役割はただ、そのための啓蒙活動を地道に続けることしかない。
革命の第一段階はあくまでブルジョワ革命を成功させるであり、われわれの役割は
ブルジョワジーを助けるためにあるのだとw 資本主義を成功させるためにあるのだとw

義人同盟のなかにはその考えに対峙した者もいた。ワイトリングという人物がその代表。
彼は思った。そんな下支えの役割を俺たちがやらされるなんてまっぴらご免だw

788 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 11:04:11 0
>>785 >(北欧型社会主義は)…共産社会の未熟な段階、発展途上の共産社会ということ。

北欧型社会主義は発展途上の共産社会なんだ。
王様はいてもいいんだ。
北欧の「プロレタリアート」は失うべきものは、鉄鎖のみの状態?
武装蜂起、武力革命を起さないといけない?
その後は、前衛党の一党独裁にしなければならない?
王制はどうする?
その結果、どこがどう良くなるんだい?

789 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 13:43:12 0
北欧は金融バブルでヤバイジャン
今後ずっと借金返していくんだろ

790 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 16:12:22 0
前衛政党なる共産党による統治の結果はこれです…
http://www.youtube.com/watch?v=Xk7to7QlNYs

791 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 16:17:30 0
中共に洗脳された若者たちがよってたかって一人のウイグル人を蹴り殺しています
http://www.youtube.com/watch?v=IBhi8HWsX8g&feature=fvw

792 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 18:31:35 0
>>789 で、共産革命が必要? これは>>779氏の回答なのかな?
北欧の人は、多少の景気変動があっても、>>790>>791みたいな
社会は望まないと思うけどな…

793 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 19:11:52 0
前衛党の理念はレーニンが持ち出したもので、いわゆるボリシェビキズムだよね。
封建的な段階からまだまだ抜け出せずにいた帝政ロシア時代に、レーニンは、
民衆が革命の積極的な主体になるとする人民主義には否定的だった。

当時のロシア革命思想のなかでは、マルクス主義者も含めて人民主義が支配的だったけど、
人民主義運動は数々の失敗を経てきていて、一種の絶望感もひろまっていた。
そんななかでレーニンは、前衛党主義的な考えを打ち出し、現実味を帯びない人民主義を批判した。
農民が人口のほとんどを占める後進地域ロシアで人民がおのずから革命の主体になることはないと。

ところがところが、レーニンの予想は外れた。前衛党として革命を指揮するはずだった
レーニンらボリシェビキの思惑とはべつに、ロシア革命は瞬く間に民衆のなかから沸き起こった。

794 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 19:19:31 0
マルクス主義者がロシアの革命の必要性として意図したのは、何度も言うけど、ブルジョワ革命だった。
しかしロシアではブルジョワジーが脆弱だった。革命の主体にはなりそうになかった。
ブルジョワジーよりも大土地所有者や自作農たちが利権をもっていた封建的な支配構造がまだ健在だった。
だからブルジョワジーに期待するというわけにもいかなかった。

それでもロシアのマルクス主義者、社民主義者たちは、ロシア革命が成功した暁にはブルジョワジーを
その政権の座につかせようと考えていた。ロシア社民党は野党の座に甘んじ、資本主義の発展をじっと待つ。
これがマルクス主義の本道だった。封建時代にあったロシアをまず資本主義化に成功させる必要があったからだ。

795 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 20:11:35 O
北欧社会主義は「豊かになりたい」という貧乏人と、「金よりも安心が欲しい」という金持ち、どちらが主体なんだ?勿論富があるから社会主義を建設できたわけだが

796 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 20:25:58 0
金よりも安心が欲しいという小作人が大半だろ。

797 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 20:31:15 O
エゥーゴ

798 :エゥーゴ:2009/07/14(火) 20:33:21 O
どんなうまい魚でも骨が刺さることを気にしてたら全く楽しめない。同じようなことを北欧人も考えたということか

799 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 20:56:48 0
北欧で王侯貴族らしきものがいないのはフィンランドくらいなもんだがw

800 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 00:08:31 0
階級は、共産社会の最高段階というか最終段階で消滅すると展望されているに過ぎないから、
そこまで行き着くまでの長い道のりの過程で階級が存在してもべつに構わないのだよ。

801 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 01:05:07 O
王家のタイトルだけなら残っても不思議はないな 上下がなくなるだけで

802 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 01:12:03 0
北欧諸国は、断固拒否するだろうな。
共産主義を進歩だと思ってる日本人がいると知れたら
軽蔑されるから、2チャンの中だけの妄想にしておいてくれ。

803 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 01:13:55 0
朝鮮民主主義人民共和国では階級と言わず成分と言ってるが
20種類以上の階級によって国民を序列づけている
勿論金日成を祖とする革命家階級がトップに来てこれは永遠に変わらない
革命家の子は革命家だからね
日本から帰国した僑胞は仕送りのお蔭で経済的には上位にいるが
階級としては最低に近いランクとして軽蔑されているらしい

804 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 03:11:59 0
 ↑
前衛党のつくった社会は、ほとんどこうなった。
権力を握るまでは「平等」「上下がなくなる」と騙したが。
歴史の流れとともに身分制度は消えるように思われているが、
20世紀になってから新たに身分制度をつくる国家群が登場した。
共産主義国家だ。
中共では、黒五類というのがあった。
赤の広場の、クレムリンと反対側にあった百貨店の三階は
党員しか入れなかった。
こんなことは欧州の人間は日本人より知っている。
その欧州を題材に共産主義を論ずるなど正気かと言いたい。

805 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 23:35:53 0
どんな社会にだって階級はある。
みんながみんな平等にいきている社会なんてありえないのだ。

 だが、そんな階級分けが親の資産やコネやよくわからない党の権力者の推薦だったりするのはいただけないな。
 チャンスが公平に与えられる社会。それが希望をもって生きることのできる社会だ。

 希望があれば貧乏でもみんな幸せなのさ。

 資本主義であろうが社会主義であろうが。

806 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 11:33:56 0
>>805
>  だが、そんな階級分けが親の資産やコネやよくわからない党の権力者の推薦だったりするのはいただけないな。

どういう家の出身かでその人の宿命がかなり決まる。そういう社会をまさしく階級社会っていうんだよ。
で、それがなくなる社会が階級が消滅した社会。
階級が消滅した社会はイコール格差ゼロの社会という意味じゃない。
ただし、階級が消滅した社会を共産社会、共産社会の成熟した段階と呼ぶにしても、
それで社会のヘーゲル的進歩がストップするとは限らない。
マルクスが理想とした社会以上の社会を人類は求めつづけることだろう。それが資本主義が産んだ欲望の本性ならば。

807 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 16:44:55 0
ははは・・・
ごまかすなよ。
共産主義者の詭弁もそこまでか。
避けられない格差を論じているのではないだろ。
共産党が人為的につくりだした階級格差の話だろ。

808 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 17:54:11 0
>>805
”チャンスが公平に与えられる社会”になってもやっぱり負けた人間はは不平等だと言う
んじゃないのかな?

今の日本見てみな。国立大の入試なんて明らかに公平なチャンスを与えられてると
思うんだが、親がかけた教育費が違う、親の収入が1000万以上無いと東大に入れない
なんて不平等とか何とか。だいたい、そこまで言うなら受精の時点で遺伝子という
どうにも平等じゃない条件をつけられてるんだから公平にしようが無い。

結局、平等な競争なんてありえないんだから、敗者にも勝者にも同じ報酬を”平等に”
与えろって結論に陥ってしまう。


809 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 19:04:03 0
>>808
君のその理屈はゼロにできなければゼロに近づける一切の努力を否定するというものだな。
犯罪をゼロにすることは無理なのだから、法律を一切なくせ、犯罪を合法化し、市場に任せろ
という理屈といわば同じだ。

ところで、君がそこで例として挙げていること、つまり、親の収入が子の教育にどれだけ投資できる
かを決定して、それが社会階層による大きな格差を産んでいるといった事柄を、まさしくリベラリズム
(特にロールズ以降のそれ)と近しい分析的マルクス経済学者はまさにそれを論じているんだなあ。

しかし、分析的マルクス経済学者は、いわゆる正統派のマルキストとは一線を画している。
それはむしろブルジョワ・リベラリズムの系譜に属していて、マルクスならブルジョワ社会主義者と呼ぶだろう。
マルクスは平等という概念には至って冷たかった。平等という言葉をほとんどの場合否定的に使っている。
その点についてはまたね。

810 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 19:05:15 0
まさにそれを論じている → 真面目にそれを論じている

811 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 22:57:16 0
平等即差別
差別即平等

812 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 23:41:29 O
北欧型社会主義や未来の共産主義の可能性とかについて語っているときになんでなんの関係もない北朝鮮やソ連の話だすかな?だいたいこれらの国は「資本主義の成熟した形態」とはほど遠かった

813 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 02:10:50 0
負けた言い訳ばかり言う奴は次も勝てない。
勝つつもりなら、何故負けたのか本気で考えろ。

814 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 09:07:33 0
>>813
共産主義者というか、北欧型社会主義者の目指すところは競争の無い社会、勝ちも負けも
無い社会、全員が結果平等な社会。

815 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 11:46:32 0
誰から聞いたんだそのデタラメは?

816 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 12:50:18 0
>>815
ロバート・オーエン

817 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 12:56:15 0
北欧は自殺が多いよ。


818 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 14:19:34 0
>>812
関係ありだよ。
当たり前じゃないか。
権力掌握前には、理想状態の可能性を語るものだ。
民主党の公約や幸福実現党の公約だ。
三国志前段階の黄巾の乱も。
重要なのは、権力掌握後に何をやったか、だろ。
彼らが現実に権力を握った姿を見るのは当然だ。
彼らは、口を開けば民主、民主というが、
彼らの党首選びで、複数の候補者が、政見を語って、
党員の自由な投票で選び…何て話、聞いたこともない。
そんな連中が北欧をまねるわけがないだろ。
行き先は北朝鮮だよ。
報道されっこないが、自殺者も北朝鮮が断トツじゃないのか。

819 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 14:35:56 0
権力掌握後にどうなるって?
こうなる。

http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml




820 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 20:44:48 0
>>817
今の日本もだろ

821 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 20:58:21 O
ソ連社会主義が北欧型社会主義に与えた影響はあったのか

822 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 06:55:21 O
>>806
共産主義よりも先の段階があるのだろうか?まあ、技術も今とは比較にならんほど進んでるだろうしそんな未来のことを考えるのは難し過ぎるけど。

823 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 07:26:48 O
よーするに、真の社会主義・共産主義を実現するには「先進国であること」が最低条件だな。後進国の人間にとってあまり救いはないが。この原則を無視するとソビエトや北朝鮮になる。

824 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 07:53:45 0
>>817
キューバも中南米では一番自殺が多いらしいね

825 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 12:13:46 0
しかしそのキューバや北欧よりも日本や韓国の自殺率はさらに高いからなあ

826 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 13:12:06 O
マルクスの時代から20世紀初めまでは順当に英米から社会主義化すると思われてたんだろう

827 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 18:05:52 0
>>825
キリスト教国での自殺統計は鵜呑みにしないほうがいいよ。
宗教上、自殺は大罪なので、日本じゃ自殺で処理されるような例も病死(心不全、鬱病
etc.)で処理されるから。

828 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 18:16:35 0
日本も家族主義的な風土から家族の体面上、事故死や病死で処理している場合も多いんじゃないか?

829 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 20:48:14 O
私の聞いた限りでも明らかに自殺の人が事故死で処理されてるれいがいくつもありました。そういえば実際の自殺数は三倍以上といっていた人がいましたね

830 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 22:09:10 0
首くくっても練炭炊いても遺書が無けりゃ「変死」だってね
飛び降り飛び込みは「事故死」。樹海に入ったら「行方不明」

831 :世界@名無史さん:2009/07/18(土) 23:01:49 0
ヒント:急性心不全

832 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 13:44:01 0
>>823
先立つものがなければ何もできないのは社会主義も資本主義も他の何もかも変わりなしってことか

833 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 15:35:36 0
チミタチも70年代に革命が成功していれば、ノーメンクラツーラとして、
人民を搾取して、別世界の特権に囲まれ優雅にやっていたろうにな。

しかし何れ、大陸や半島から幹部がやってきて交代させられたろう。
チミタチは、↓こうなったんじゃないか。 彼らの趣味だ。
【18禁】 
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2c/43/7604ddb86274dea4be726f370121c2d6.jpg



834 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 01:13:43 0
南ベトナム民族解放戦線の幹部は戦争終結後揃ってパージされた
戦ってる間は前に出されて民族解放の英雄
用がなくなれば裏山にポイ

835 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 04:03:14 0
語れ

836 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 04:16:55 O
>>832
超高税率でも国民生活崩壊しないほど豊かでかつみんなが納得するほどモラル高いというのが条件な。日本ですらまったくみたしていない

837 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 06:47:21 0
>>827
逆に日本は殺人もみんな自殺で処理する。


838 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 11:07:08 0
>>834
統一後にまた同じことされたら目も当てられないからね。
南ベトナムは俺らが倒したって自負も相当あっただろうし

839 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 18:12:07 0
ロシアは自殺率が世界有数の高さなんだよね
離婚率も世界トップクラスだが

840 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 18:57:46 0
ロシア人は孤独に慣れず集団に属したがる、みたいな話を聞いたことがある

841 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 19:23:58 O
ロシアにとって一番生活がよかった時代はいつなんだろうか?

842 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 19:46:07 0
モスクワ公国初期ぐらいが一番マシだったかもね。

843 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 20:51:43 0
>>837
共産主義者ってのは、なぜかくも自分の国を恨み罵り続けるのか…
ミジメでインザンでドスグロイ心象風景が感じられる。
あ〜あ、共産主義に染まらなくて本当に良かった!
日本は、世界で最も人間を長生きさせることに成功した国だという
事実を視るべきだろ。


844 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:08:53 0
自殺率の話題:
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
ここに掲載されている世界地図を見ると、地域的な因果関係もありそうに見えるけど、
旧ソ連や東欧諸国は高いね。韓国と日本もやはり高い。
2008年のデータということだからソ連崩壊後も高い。
中東とラテン系諸国は比較的低いね。ただしガイアナとウルグアイの急上昇はいったい?
年齢的には、日本は55-64歳がもっとも多く、ロシアや韓国では75歳以上がもっとも多い。

ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2774.html こちらは主要国の自殺率の長期推移。
日本は、意外にも、高度経済成長がはじまったとされる1955年にピークを記録している。
ただしその後は激減。

次は、自殺率と失業率とがどうやら密な関係にありそうだというデータ。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html
日本の自殺は1998年にどの世代でもグッと上がっている。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html これは失業率の推移。1998年に急増している。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-1.html 失業と自殺との相関。

ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2772.html 男女比を統計したもの。
これを見ると、中国本土は男女がほとんど等しく自殺している相対的に異例の国だと分かる。
その他の多くの国では、男性の自殺が多いほうに偏っている。
とくに旧ソ連諸国では男の自殺が著しく多い。

最後に興味深いデータ。自殺と他殺の負の相関性。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2775.html
自殺の少ない南米諸国ではむしろ他殺が多く、自殺の多い国では他殺が少ない傾向にある。
ただしロシアは例外。

845 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:10:15 0
>>835 >語れ→プッ、皆語ってるだろが。

>>821 >ソ連社会主義が北欧型社会主義に与えた影響はあったのか
   →ないない、せいぜいソ連みたいにはなりたくない、という負の影響だ。

>>823 >真の社会主義・共産主義を実現するには「先進国であること」が最低条件…
   →つまり完全に共産主義復活の芽は消えた。
    良かったね。
    眼の黒いうちに共産主義の死滅を確認できて。
    周囲からは、先見性の無さで嘲笑をかってるだろうけど。
    弁解するとミジメだよ。
    オイラの身近にもいるのでアドバイス。

846 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:18:56 0
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html
ここに掲載されている年齢別自殺者数の年次推移のグラフ。
50歳代がいちばん高いけど、30歳代に下がる傾向がないのも気になるなあ。
30歳代はいわゆるロストジェネレーションと言われている世代よね。

これは職業別の自殺率。
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740-2.html
無職の人の自殺率がやはり圧倒的に高いね。対して自営業者と主婦は低い。
経済的な安定との関連は確実だね。ここでもやはり1998年に急増が。

847 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 17:48:27 0
>>841
ソ連のブレジネフ時代だろ

848 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 21:09:05 0
多少でも希望が持てたのは、スターリンがくたばって、
スプートニクが上がって、ガガーリンが帰還した頃では。

849 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 01:01:10 0
すべては日露戦争で日本に負けたことがロシアの悲劇を生んだ。

850 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 02:17:26 0
弱肉強食の獣の世界が現れる資本主義がいいのか
搾取のないプロレタリア独裁の共産主義がいいのか

851 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 02:44:42 0
搾取の無い資本主義で。

852 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 11:54:12 0
>>850
その中間という方法もある

853 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 14:47:03 0
グローバル資本化、労働組合の弱体化、新自由主義の台頭・・・
資本主義から社会主義へと進化しつつあった時代への反動化が起こったからね。

854 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 19:43:32 0
これからフォーディズムの見直しが起きるかもね

あのナチスドイツはフォーディズム国家だったが

855 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 21:36:41 0
>>852
国家資本主義でつね。中国最強。

856 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 21:49:08 0
商工会青年部http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/manage/1244111175/
↑このスレの220あたりからイデオロギー論争になっています。
共産主義者を叩きのめしてください。

857 :世界@名無史さん:2009/07/22(水) 22:50:18 0
>>852
経済は自由放任
政治は党中央に一任

858 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 01:50:36 0
>>850 → お粗末杉、軽蔑! 今一番プロレタリア革命が必要なのは、中共・北鮮の共産国だろ。
>>855 → 毒餃子食って、鉛のオモチャで遊んでくれ。
>>856 → ここは共産主義者の残党が集まってるスレだが…

859 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 02:22:37 0
政治さえ党中央に民主を集中すれば
経済社会文化は何でもいいと思う

860 :共産主義国の実態:2009/07/23(木) 02:27:52 0
こんな男がトップになれるのは共産主義国だけ。
◆例えば金正日
 偽札、麻薬…次々犯罪発覚。ばればれ、でもまたやる。
 息子は偽造パスポートでデイズニーランド見物。
 イタリアでは乗りもしない豪華ヨットが没収。
 夏に軍隊を視察、流れた写真は防寒コート。
 国民の飢餓映像が全世界で放映、でも平気。
 部下が勝手に拉致を実行したと無責任発言。
 将軍専用の喜び組ストリップビデオ流出。
 だせぇジャンパー姿を本人はいいつもり。
 モスクワ時代の不良素行証言続々。
 家庭内バラバラ。
 実父の暗殺疑惑。

 世界最低クズ独裁者。

861 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 02:31:00 0
 ↑
これを主義者は民主集中と言う。

862 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 02:36:30 0

主義者がデタラメな用語で人民を騙せる時代は終わった

…ということを、まだ気づいていない。哀れ、ミジメ。

863 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 06:23:22 0
金体制を絶賛していた旧社会党の奴らがミンスやミズポ党にたくさんいるんだが…

864 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 08:38:47 0
残りは9条の会とかに逃げ込み、
大学生をナイフで刺しまくっている。

865 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 12:09:50 P
日教組が天下取るわけだからなー
またもや教育は自虐傾向に戻ると思われ

866 :■■■■■:2009/07/23(木) 14:30:27 0
>>828
日本は家族主義か?

外国人はよく、日本の家族の関係の希薄さが奇妙だといってるよ。

867 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 03:55:13 0
そうなんだ…
日本の国家や社会やかつての会社には家族主義的な要素が濃厚だった。
ところが肝心な家族は…

日教組の変態労働者どものエロ・猥褻授業が児童にトラウマを与え続けた
害悪の影響を指摘する声もある。

868 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 11:37:33 0
>>857
そんな資本主義と社会主義の悪いところ取りした中国みたいな体制はいやだ。

869 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 17:29:41 0
北欧みたいにすればいいだろ
税金は高そうだがな

870 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 20:41:42 O
戦前の「日本の家族」はそんなに素晴らしいもんだったのか?

871 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 20:44:56 0
なんだかんだで日本の家族はいろいろと戦前よりはマシになったよ

872 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 02:23:53 0
戦前は、明らかに家族だった。
それも大家族。
今は家族未満が多い。
DINKSなんてのがもてはやされたこともあった。
家族の崩壊につながる考えだった。
新聞広告に、お年寄りが家の中で一人ポツンと座ってる写真があった。
で、キャッチコピーにいわく、
【 オレオレを待っている人がいる 】
・・・
財政赤字の拡大は、家族・地域共同体の相互扶助機能の崩壊と表裏をなす。
「戦前よりはマシ」などとは思えない。

873 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 06:38:39 0
マルクス主義に依拠するサヨクフェミは家族の解体を目指して日々活動しています。
婚姻形態と家族の崩壊にまで遡って彼らの最大の敵であるブルジョワ国家とやらを叩き潰したいと考えているわけです。
日教組も過激性教育をやって青少年に性交と未婚の出産を推奨しています。




874 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 08:55:53 0
>>872
家族の崩壊といえば先に欧米で始まってた



875 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 10:00:35 O
今にも問題はおおいが、父親のアル中・暴力、姑の執拗な嫁イビリ、男尊女卑とか昔のほうが問題盛りだくさんだろ

876 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 13:59:57 0
今って家族自体が空中分解だから。
孤独死してる老人とか昔なら子供と同居してるはず。

877 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 15:15:04 0
>>873
勝共脳丸出しですよ
統一教会さん

878 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 20:23:49 0
>>877
今はもう勝共・統一教会=民主党・日教組・旧社会党右派だってばw
いつまでも古いデータ使ってんじゃないよ。

879 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 21:38:42 0
時代遅れのマルキストが時代遅れのデータをいつまでも引きずっていても違和感は無いなw
マルキストの辞書に「新しい知識を取り入れる」とか「データ更新」という言葉は無い。

880 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 21:52:46 0
>>874
家族を崩壊させているのは資本主義。マルクスも資本主義が家族を解体に向かわせると
否定的にも肯定的にも言っている。

881 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 23:04:43 0
>>878
社会党や民主党が何で統一教会なんだよw
ネトウヨの妄想は凄いな

882 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 00:08:40 0
>>875 >昔のほうが問題盛りだくさんだろ

いいかげんなこと言わない方がいい。
核家族で育ち、親戚づきあいもあまりなかったのか? 
つい最近まで日教組労働者の授業を受けていた年齢か?
DV、家庭内暴力、児童虐待…戦前どころか、2・30年前より悪化している。


883 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 00:14:55 0
日教組凄いな
何でもできるのか
ネトウヨの頭の世界だと

884 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 00:20:50 0
共産主義イデオロギーは、国家、民族、宗教、家族軽視。
確かに異常者が集まってくるわけだ。
共産国を見るまでもなく、国内の共産主義者=連合赤軍
も、民主集中の指導者が、夫に妻を、弟に兄を殺させた。
70年安保期の左翼連中が家庭を持った頃から家庭崩壊の
現象が出てきた。今にして思えば当然だったか。

885 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 00:37:28 0
>>883
凄かないが、少数の基地外でも世の中に与える悪影響は大きい。
オウムがそうだろ。わずかな人数だが流した害毒はひどかった。

886 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 00:47:39 0
>>884
>共産主義イデオロギーは、国家、民族、宗教、家族軽視。

だね。要するに自分が未来人だと勘違いしている大バカってことで

887 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 01:42:46 0
低能の銭ゲバばかり立候補する現状と
賢人に民主を集中する共産主義社会と
どちらが優れているかは一目瞭然だが

888 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 02:36:15 0
オウムも団塊ジュニアが多かった

889 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 05:47:32 0
>>881
統一教会信者の鳩山兄が党首になってりゃ、それを支持しているのが統一教会認定されても仕方が無いだろう。

890 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 12:44:42 0
帝政時代のロシアは大家族主義だったけどソ連時代に家族崩壊が起こった

中国も一人っ子政策の影響で核家族化が起きて家族崩壊が起こってるような気がする


891 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 13:02:52 0
>共産主義イデオロギーは、国家、民族、宗教、家族軽視。

家族中心の民族性だから、共産主義になるのか、
共産主義だから家族を大事にするのか?

皮肉なことに共産圏って家族の絆が強いやね。

892 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 14:02:08 0
>>889
自民党は統一教会に祝電送った奴が
総理大臣や幹事長になってますがね

893 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 00:09:43 0
>>892
うん、そうだね。
爺さんからの付き合いだからね。
でもその時、既に彼らは民主党支持に回っていた。
時代はどんどん変わっているのにね。

社民党と仲の良かったはずの総連は在日外国人参政権に反対。
しかし、社民党はそれを完全に無視して在日外国人参政権に賛成。
昔の社会党なら、総連の意向を無視するなんてありえなかった。
どこかでズレが生じているね。
これも時代の変化かな?

894 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 00:40:43 0
統一教会と日教組、自治労は水と油なのに
同じ政党の支持母体とか言ってる右翼ってw

895 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 00:46:08 0
実際にその通りなんだから仕方ない。
そもそも、従軍慰安婦がどーのこーのだって、元は統一教会が言いだしっぺだからな。
(この辺の毒電波は、アンチ勝共・統一教会やってた昔の左翼の方が詳しいはずだぞ。)

896 :■■■■■:2009/07/27(月) 00:56:37 0
そもそもさ、ソ連が日本に慰安婦だの南京だの靖国だのと難癖つけてきたことが一度でもあったか?

ないんだよな。
この辺の毒電波はほぼ全て、韓国か中国か、またはアメリカ発なんだよ。

日本軍に肯定的な親米ウヨクとか馬鹿らしくてやってられるかよ。

897 :■■■■■:2009/07/27(月) 01:02:26 0
ソ連が日本に慰安婦だの南京だの靖国だのと難癖つけてきたことが一度でもあったか?

この問題がわかれば、おのずと答えは出るはず。

そもそも日本軍の敵は、ソ連軍じゃなくて中国軍や米英軍だったのだから。

ちなみにソ連は中国や米英とも仲が悪い。

「敵の敵は味方」だから当然ソ連は日本軍の強い味方だった。

898 :■■■■■:2009/07/27(月) 01:13:31 0
ソ連が慰安婦だの南京だの靖国だのと日本に難癖つけてきたことが一度でもあったか?

親米ウヨクとやらはよく調べてみることだ。

899 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 01:56:27 0
>>887 >低能の銭ゲバばかり立候補する現状と
→共産国では、低能の銭ゲバに加えて、流血の戦ゲバだ。

>>891 >皮肉なことに共産圏って家族の絆が強いやね。
→朝日新聞とあと何を読んだらそこまで洗脳されるんだ?
 スターリン、毛沢東、金正日…寒々しい家族関係だ。
 日本でも陰惨な家庭事件が共産党一家に目立った。

>>897 >ソ連が日本に慰安婦だの南京だの靖国だのと…
→当たり前だ。
 ナターシャが慰安婦にされたと騒いで、世界の誰が本気にするか。
 何で露助に南京のことがわかる、と言われてそれでおしまいさ。
 語れば語るほど恥かくぞ。

900 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 16:29:49 0
>>895
知るか
俺は二十歳前後の人間だし昔の左翼の事情なんぞ

901 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 17:30:44 0
>>900
な〜に、知らない事ばかりじゃあない。
沖縄戦から極東軍事裁判あたりの日本の左翼の意見は、今でもだいたい次の通りだろw

アメリカ軍は正義の軍隊。
非道なことは一切しませんでした。
アメリカ様は常に正しい。
アメリカ様が間違ったことを言うはずがない。
アメリカ様を疑う奴は氏ね。

反日の看板見かけりゃ何にでも尻尾振ってるだろ?w

902 :■■■■■:2009/07/27(月) 17:51:22 0
おまえら、「敵の敵は味方」って格言を知ってるか?

そもそも日本軍は米英軍を敵にして戦ってたのであって、ソ連軍相手に戦ってたのではない。

米英の敵であるソ連は日本の味方だったんだよ。実際。

903 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 18:45:40 0
>>902
最後に火事場泥棒やらなきゃね

904 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 18:50:06 0
民主党が政権をとる日本は、資本主義の勝利とは到底

905 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 19:10:24 0
もう社会主義と資本主義の対立軸は終わった。だって、勝負ついたのだから。
これからはキリスト教右派(ハルマケドン)とイスラム原理主義(ジハード)
の直接対決だ。がんばれ、アメリカ。イランをやっつけろ。

906 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 19:56:58 0
なにこのキリスト教原理主義者は。
つかマジで勝共野郎と共産党員がいるなここ。

907 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 20:39:20 0
>>899
>>>891 >皮肉なことに共産圏って家族の絆が強いやね。
>→朝日新聞とあと何を読んだらそこまで洗脳されるんだ?

「共産主義者」じゃなくて「共産圏」だってば・・
貧農ほど家族中心になるだろ?

908 :世界@名無史さん:2009/07/28(火) 02:07:12 0
>>895
出てらめいうなよ。
従軍慰安婦&強制連行は日本共産党員吉田清次が言いだしっぺ。後に捏造であることを自ら認めた。
現在も日共は何の反省もなく捏造に基づく反日を垂れ流している。
日共はソ連中共を批判できる自主独立の党などと謳っているが、中共の捏造反日を垂れ流し、
中共によるチベットや東トルキスタンへの蹂躙を無視し、NHKによる台湾人の人心を蹂躙を正当化するような連中だから
いざとなったら日本より中共に寝返って日本人に向かって銃口を向けるだろうな。そういう精神構造の連中だと自ら態度で示してくれている。

>>897
>「敵の敵は味方」だから当然ソ連は日本軍の強い味方だった。
アメリカルーズベルト政権下でハルノートを書いたのは、コミンテルンのエージェントであるハリー・ホワイトだが。

共産党員や新左翼などの共産主義者、ようするにサヨクは捏造と自己弁護だけには長けているな。







909 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 00:43:29 0
>>900 >俺は二十歳前後の人間だし昔の左翼の事情なんぞ

若いのに左翼なんかやめとけ。右翼の方が将来性あるぞ。

910 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 00:57:45 0
左翼は弱者の味方ではないし

911 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 02:31:53 0
>>909
どっちもねえよw

912 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 02:53:27 0
右翼左翼っていう対立軸自体が冷戦崩壊とともに消え去った軸なんだ。
それはつまり近代産業社会の終焉でもあって、その意味で、旧来的な右翼にも左翼にも
将来性なんてない。
今世界を動かしてるのはアルカイダや米共和党右派に代表されるようなファンダメンタリズムと、
EUやアルテルモンディアリスムに代表されるようなコスモポリタニズム。
このうちアルカイダとアルテルモンディアリスムは国家を志向しないという点では似てるし、
共和党右派とEUはその逆に国家志向という点で共通してる。
つまり今世界を動かしてる軸は4つあるってことだ。
あとどうでもいいことだけど、いわゆる右翼って、左翼がいないと成り立たないんだよね。
その意味で、彼らも左翼に十二分に影響されてるわけだよね。
まぁそれが冷戦構造が成り立ってた所以なんだけど。

913 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 03:04:23 0
左翼はサヨクでしかないが、保守≠右翼

戦後、田中を除く大平までは日本も真っ当なる保守がサヨクから日本を守ってくれていたが、その後は…

914 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 10:45:37 0
>>912 >右翼左翼っていう対立軸自体が冷戦崩壊とともに消え去った軸なんだ

消えてないよ。
依然として議論を進めるうえで基本的な分りやすい軸だ。
そもそも北東アジアでは、冷戦は継続中だ。
言ってることに自信があるなら、
ファンダメンタリズム/コスモポリタニズム/国家志向/国家非志向
の4軸で、本スレのテーマか日本の政治地図・政党の立場をわかりやすく分類して欲しい。

915 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 10:52:09 0
中南米でもね。

916 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 10:54:45 0
ロシア革命というのは、まあ、レーニンやトロツキーらの功績というよりは日本の功績。
日露戦争での敗戦が招いた歴史的な必然みたいなもので、
レーニンはそれにうまく乗っかって自分たちの功績のように見せ、うまいこと利用したに過ぎない。
レーニン主義者は日本に感謝すべきだろう。

917 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 12:12:19 0
>>912
自分は右翼左翼の論争に加わるつもりは毛頭ないが、それは違うと言い切っても構わない。
結局のところ、旧社会主義経済圏とソ連共産主義体制の消滅によって対抗馬が消えただけで、
対立軸が表向き消えただけ、というのが実像だろう。
統制経済vs自由主義経済・市場原理主義=という対立軸は相変わらず有効であるし、
対立軸がないと言い張る人の主張を聞くと、大体、後者の立場が多い。
つまり対立軸がない事にして自由主義経済・市場原理主義防衛したいという事なんだな。

現状としては、中道に自由主義経済・市場原理主義があり、
その中道を挟む形で、右の統制経済派である共同体主義者と国家社会主義者、ネオナチがおり、
左の統制経済派である社会主義者、共産主義者がいる、という形になっている。
まあナチスとは違った意味で頭の逝ってる極右リバタリアンや極左アナキストもいるわけだが。

近代産業社会の終焉とか言うのもやはり同様に胡散臭い言葉だ。
資本主義ベースでしかものを見れないからそういう発想になる。

918 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 12:18:51 0
ついでだから言うと、これからの対立軸は、
統制経済が中道になり、中道右派に共同体主義者と国家社会主義者、中道左派に社会主義者、
極右がネオナチで、極左が共産主義者、というようなものに変わっていくものと思われる。
資本主義以外の選択肢はないと絶叫していた市場原理主義者と自由主義者は消える。
リバタリアンもアナキストも、無視可能なレベルの弱小勢力にまで衰退するだろう。
既存の右翼や左翼の定義の変更と勢力としての再構築は起きるだろうが、
912が言うような右翼左翼の消滅なんて絶対に起きない絵空事。
フランシスフクヤマの「歴史の終焉」と同レベルの馬鹿馬鹿しいお話。

919 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 21:10:41 O
ナチスとか戦前の日本は「極右」で北朝鮮や中国は「極左」なんだろ。違いはわからん

920 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 22:19:10 0
極右も極左も独善的で閉鎖的で暴力的な点は似てるよな
新風と共産党とか

921 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 01:35:16 0
>>919
極右でも極左でもなく、いずれも帝国主義ナショナリズムだと思う。
ただしナチスと日本は一周遅れの、北朝鮮と中国は二周遅れの。

922 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 04:42:56 0
>>884
>共産主義イデオロギーは、国家、民族、宗教、家族軽視。

共産主義を究極的に具現化したのがポルポト。
キチガイの『頭の中だけに』存在する理想郷を現実に実行しようとしてるのがマルクス主義者。

『理性万能主義で社会が良くなる』と単純に彼らは考えた。

優れた指導者が統治するのが相応しい(単純な効率主義思想)

例外無く全体主義で独裁者が君臨。(独裁主義こそが効率的)

絶対権力は絶対的に腐敗する

地上の楽園

923 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 10:05:12 0
マルクス的にいう恐慌というのは資本家的生産様式が成功した結果だからね。
資本主義が失敗して破綻し、社会主義に取って代わるというイメージではないんだよね。

むしろ逆に、資本主義が成功すればするほど社会主義の可能性が開かれるイメージ。
資本主義が大成功したから社会主義が遠のいたね、というのはマルクス主義史観じゃない。
通俗的には、それがマルクス主義史観だと思われているけど、そうじゃないんだなあ。


924 :世界@名無しさん:2009/07/31(金) 16:37:07 0
っつーことは、世の中をひっくり返す革命がなくても
このまま資本主義がすすめば自然に社会主義になるのか?
だとしたら革命政党もいらないね。

925 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 18:02:32 0
スターリンの一国社会主義以降のソ連共産党なんて、
ナショナリズムの一党独裁なんだから、極右以外の何物でもないだろう。

それは現在の中国共産党も同様。

926 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 21:52:04 0
>>924
社会民主主義政党やそれに準ずる政党は必要。
また、資本主義が継続するから変化が起きるわけではなく、
産業革命を幾度となく繰り返し、経済構造と社会構造が激変し、
その行き着く先に社会主義はあるものだと思う。

例えば、現代社会にしてもそうだと思わないか?
科学技術の水準が300年前のレベルで停まっていたとして、
現在の様な高度な福祉国家を構築できたかというと無理でしょう。
高い生産力と豊かな生活を実現する現代の科学技術力、
この二つが高度な福祉国家を成立させている。

また、科学技術の恩恵を特定階層に限定して与えようとする勢力、
こういう勢力とは戦って潰していかなければならないだろう。
全体主義的な体制でも科学技術は発達していくわけで、
科学技術の恩恵が国民の全階層に行き渡る様にしなければ、
豊かな社会を築くことはできない。
折角の科学技術力が台無しになってしまうと言っていいだろう。

統一協会を筆頭とするカルトはこの観点からも潰すべき。

927 :世界@名無しさん:2009/07/31(金) 22:17:28 0
なるほど!

928 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 00:53:44 O
でも社会主義=「高度福祉国家」と考えれば実現可能とおもうが、共産主義って「自己進化ロボット」でもないかぎり社会が停滞するので実現不可能だとおもうのだが?

929 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 01:17:34 0
革命家階級には高度福祉が必要だが
労働者階級は死ぬまで働かせればいい

930 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 06:53:48 0
昔の、年功序列=悪 能力給(笑)=正義と思われて、
さらにみんなが能力給によって自分の給料が上がる(笑)と勘違いしていたように、
共産主義によるみんなフラットより、
自分は勝ち組になれる!と信じて資本主義を歓迎する人が多かったんじゃないかねえ。
まあ今でも自由競争は正義だと信じられているし。

931 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 18:26:38 0
>まあ今でも自由競争は正義だと信じられているし。

本当にね。
バカばっかりで資本化には有難いよね。

932 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 11:14:11 0
>>657
> どうもレーニンやソ連を全否定したい気持ちが強いようだけど
> あれは十分な前提条件の揃っていないロシアで社会主義革命を起こすなら、
> 誰がやろうと「そうする以外に成功の道はなかった」必然的形態だと思うな

ちょっと待った。そのレーニンでさえ、ロシア革命がブルジョワ革命でも社会主義革命でもなかった
としていたことも忘れちゃいけない。この点についてはトロツキーが指摘している。

さらにレーニンは1920年の時点で、今のソ連に社会主義的秩序を導入することは適わず、
我々の子、否、我々の孫の世代になってそれが達成されるようになることを望むとも言っていた。

レーニンのいう「社会主義」がマルクスのいう「共産主義の低次の段階」を指しているとすれば、
ソ連がその低次の段階に達するのは、少なくとも三代はかかるとレーニンが考えていたことになる。
願わくばという希望的観測の話だから、それも順調に行けばのこと。

いっぽう、レーニンよりもずっと著名で、ロシアマルクス主義論壇の大御所であったプレハーノフは、
メンシェヴィキに近い立場からボリシェヴィキを批判していた。
資本主義の萌芽期に達したばかりで、最高段階に達するのにまだまだ程遠いロシア国内において、
労働者や農民に対し資本主義打倒を煽動するなどナンセンスだ、というのがプレハーノフの主張。

プロレタリアート独裁は、雇用労働者が人口の大多数を占める社会ではじめて実現可能なものであって、
そうならないうちから政権を奪取したのは歴史の不運で、内戦を引き起こし、結局は歴史的後退を招くと。
その政体は共産主義の看板を掲げた専制国家体制になるだけだとプレハーノフは以前から警告していた。

整理しよう。
一、
レーニンは、ロシア革命が社会主義革命であることを否定していた。
二、
レーニンは、1920年の時点で、ソ連に社会主義体制を導入するのはまだ時期早々で、
少なくとも孫の代までそれは無理であろうと考えていた。


933 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 12:07:37 0
>社会主義、共産主義が敗北したとされる

アメリカ合衆国共和党政府の国内向けレーガノミックスと、軍備拡張競争の作戦に巻き込
まれた旧ソ連は、GDP がアメリカ合衆国の 1/15 しかないにも拘らず、全経済力を消耗させ
る形で、核開発を行った。石油プラントの保守・維持は後回しとなり、エネルギー危機によ
り、特にチェルノブイリ原発事故を契機としてエネルギー危機が突発した。かねてより石油
パイプラインの老朽化によりエネルギー危機は、最悪となった。ゴルバチョフは、グラスチ
ノフ等の自由・情報公開等を行い社会主義の危機的状態を知った市民は、共産党政権の信頼
を無くし、軍部も給料の遅配・石油・武器の遅配となり共産党の中央の権威を無視するよう
になり、瓦解した。一方、レーガノミックスというブーヅ経済は、まやかしであり、経済は
危機的になったが、ソ連の崩壊後に封じ込め政策によって安い賃金労働地帯として潜在的な
流用価値が高まっていた、旧ソ連の衛星というか東欧と、トウショウヘイ後の中国は、工場
を受け入れる体制ができており、大量の良質の製品の安価な供給が可能になっていたが、工
場を失った資本主義先進国は、購買力が漸減してきた。没落するの断末魔として、アメリカ
合衆国民主党大統領クリントンは、修正資本主義の基礎である銀行と証券を分離する法律を
60年ぶりに解禁して、資本主義は先祖返りした。そのため暴走した資本主義は、カジノ化
し最終的には、サブプライムローンの焦げ付きを持ってクレジットクランチに陥ったため、
大恐慌の再来を恐れた、世界各国(日本、ユーロ、イギリス)の協調融資により一時期、世
界恐慌が遠のいた。CDS 等の企業生命保険(倒産後に倒産した会社の債権の支払いを約束す
る空手形)を証券化して、融資の元本保証に絶対の信頼を期待していたが、乱脈経営でカジ
ノ化を更に進めただけで、計画倒産するアメリカ合衆国の金融業・大企業が広範囲になった
だけであった。
アメリカ経済は、
になったが、

>一方、資本主義の敗北が確定的になった現在。
社会主義化が進むとされる、世界経済のこれからの展望を多角的に語って下さい。

934 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 12:38:54 0
>932
>レーニンは、1920年の時点で、ソ連に社会主義体制を導入するのはまだ時期早々で、
>少なくとも孫の代までそれは無理であろうと考えていた。
元に政権の交代、革命が生じたために、トロツキーの意見を入れてロシア軍将校を
監視する目的で、政治局制度と政治将校を導入した。此れは、ナポレオン革命を見本
としたものであった。経済的には、国家資本主義を導入した。此れは、私有財産を認
める制度であった。しかしながら、レーニンなどは国家・経済運営を知らないため、
ネップ経済に移行するしかなく、ユダヤ金融資本のクーン&ローブ商会等の意見も入
れたが、市場経済の国際化が遅れ、農業商品の商品作物の買付、税金の取り立てなど
で紛糾し、地主の台頭を恐れた共産党政府は、農業の公有化を決定する手段に出た。
これが、必然的であったのは、皮肉であった。マルク・レーニン主義の教義と現実の
離開が甚だしく、農業の市場経済を無視しために、農民は働く気概を無くし、共産主
義者の教義を唱えなければ、シベリア送りになる事態に迄深刻化した。
結局は、ロシアの国力を絶望的な段階にまで下げようとしたライバル国家(日本の
明石大佐の資金援助など、革命家の資金援助)による共産党政権の樹立が、悲劇を
生むことになった。各国のレーニンに対する資金援助が無ければ、ソ連は樹立できな
かったからだ。しかしながら、ソ連は、共産党一党独裁の下で激しい戦時下経済を
追求し、歪な共産主義国家観が世界中に染み込んでしまい、思想的にも。経済学説
的にも誰も関心を寄せなくなってしまった。つまり、マルクス・レーニン主義は、
伝説になってしまった。


935 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 12:39:39 0
>934
つまり、古代史の分野である。此れを、現在に適用すると、
カンボジア共産党等のポルポト・イエンサリの様な悍ましい結果が続出するため、
カルトないし宗教的な信条となってしまった。現実には、そのような200年前の
理論が一部の経済現象を解析するための比喩として使われることがあっても、
それをそのまま取り入れることはできない。なぜならば、修正資本主義制度によっ
て、資本主義の制度が現実的に適用ないし、改造・Canivaliztion できたからであ
る。マルクスレーニン主義は教義であり科学ではない。それは、ベーズ確率論の
信奉者という意味ほどの皮肉を言っているのではなくて、結論から言えば、
宗教家しているのである。貧困から救済は、結局は経済的な救済というよりも、
平均値・中央値への集中化ではなくて、機関車の理論、つまり、動輪となるところ
から、引っ張り出されるものであるという配分比の問題に行き着くだけで、
コモンとか、共有財産という概念はあっても、どの技術と分野の何が度の期間
共有でありつづけるかは、イノベーションの進展問題であって、イノベーション
が果てしなく進み陳腐化するスピードが速くなれば、コモン、共有化の問題は
決定的の意味を持たなくなってしまうのである。中世的な停滞経済であれば、
コモンとか、共有財産論が有効となってくることもあるだろう。

936 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 17:11:01 0
政治局や秘密警察、あるいは政治将校のようなものが無ければ、チリのアジェンダ政権のように軍事クーデターを招き入れることになる。
あれば、旧ソ連的戦時社会主義体制にしかならない。
どちらを選択するにせよ、社会主義体制の敗北は必至。

皆が無能と言って憚らない自民党政権でさえも、何度か自衛隊のクーデターを未然に阻止しているといわれている。
政権をとってもそういうものを簡単に許すようでは、無能以下の危機管理能力しかない無能以下の政権と言うことになるだろうね。

937 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 18:38:48 0
まあ逆に秘密警察が力を持ち過ぎると
大粛清や文化大革命などを引き起こすわけだが


938 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 05:33:49 0
>>936
>軍事クーデターを招き入れることになる

起させたのアメリカだぞ。
外国による工作を封じ込める手さえあればなんともない。

939 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 13:00:32 0
歴史的経緯、伝統、慣習により
人類は性別、信仰、人種、国籍、階級など様々な区分階層を作ってきたわけで
左翼運動の歴史ってのはそのような障壁をフラットにしていくという性質を
持っている。しかしフラット化が完成すると最後に残るのは
剥き出しの純粋な遺伝子格差によるある意味市場主義的な徹底した競争実力社会。
共産党の幹部が理系高学歴と粗暴犯しかいない理由はそこにある

940 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 17:29:30 0
>>934
マルクス主義史観にとっては、資本主義を通過しない社会主義は、ユートピア的であるにすぎず、
現実的すなわち唯物論的たり得ない、ということなんだよ。そして歴史はその史観どおりになった。

941 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 03:01:45 0
>>939
なんか怖いな、それ。

942 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 18:41:02 0
>>939
『平等』と言うのは理念としてはかく有りたいものだが、
実務問題としては公平に努めるしかなく現実的ではないんだよね・・。
『男と女』は区別しないとダメだし幼い子供と大人と老人は一緒くたには出来ない。
体格のよい青年と小さな子供を、『平等』に同じ様な環境に押し込めて、
『平等』に同じ分量の食事を与えてもそれが社会通念上適切だとは思えない。

言語や環境・文化の違いが固有に偏在している現状で、
人類の均質化を行おうとするのは狂気でしかないように思える。
(これを行ったのはポルポト)

現状を正しく認識して、現実に則した対処を考えようとすればマルクス主義は非現実的にしか思えない。

943 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 19:21:15 0
>>938
んな事はあらためて言われなくても誰でも知っているよ。
要は、火薬が入っていなければ火をつけても爆発しないって事。
いつでも導火線を切ったり、信管を除去できる人間がいれば、爆弾は爆発しない。
爆弾に火薬を詰めたまま放置するのか、爆弾処理の専門家を雇ったりするのかどうか。

944 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 01:38:23 0
スティグリッツ氏あたりに言わせると、グローバル化経済のなかで中国が唯一成功しているのは、
中国が管理経済だかららしい。バブルの発生と崩壊、グローバル化を管理してきたからだとか。

945 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 04:33:51 0
>中国が唯一成功しているのは、

頭がおかしいんじゃね?

『中国製品』の輸出に成功してるとは思うが、中国の経済が成功してるとは思えないんだが。
『桁違いの公害問題』に年金制度も無いし健康保険も無い『社会主義』とか聞いたこと無いよ。
既に賃金の面で「世界の工場」と言われる様な製造コストのメリットもないし、
なによりエネルギー問題で課題が多すぎだろ・・

946 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 10:54:18 0
経済学者とかお偉いさんはたまたまその時上昇してるところに、
成功した理由だのなんだの難癖つけるイメージ。

実際に成功してるかどうかはまだわからないと思うんだけどなあ。
日本のバブル崩壊〜リーマンショックの間くらいでも見かけじょう上向いてた時に
景気が回復してる〜とか無責任なこといってたくらいだし。

947 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 00:18:12 0
沿岸部とか経済特区のごく一部の人達が『経済的成功』とやらの恩恵に浸れるだけか。
残りの十数億は満足な生活も出来ない訳だが。

ブラジルやインドみたいな農業での充実も有り得んだろうし、
技術立国や工業立国みたいなもんもこのまま持続出来るとは思えん。
軍事費も増強せざるえんだろうし、
大多数を貧民みたいな状況でやっていくんだろうな・・
なんだ昔と一緒か。

948 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 00:37:07 0
>>945
> 頭がおかしいんじゃね?

って、スティグリッツ氏が?

949 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 01:13:37 0
そう言えば20世紀初頭にも進歩的知識人達が『社会主義は素晴らしい!』とか騙されてたね。

950 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 02:31:50 0
>>944は別板にマルチしてるしサヨク工作員だと思われ。
ソースが不明だし原文の唯一ニュアンスを正確に伝えてない可能性大。
「グローバル経済の中で成功」とか皮肉にしか聞こえんが。
得々とマルチするとか相変わらずサヨクキチだね。

アメリカのクラッシュばかり大げさに伝えられるが、中共の貧富の差はアメリカどころじゃないし、
貧農による暴動をいくら共産党が力で抑えても毎日のように頻発している国。


951 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 02:33:54 0
↑「唯一」を入れた場所が変だったw

×「唯一」ニュアンス (唯一を一行下へ)
○「唯一」成功

952 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 07:35:26 0
中国は技術投資して技術開発してもすぐパクられるから、高度な独自技術は開発しない。
今は金があるから、グローバル経済(笑)で音を上げた企業を買収してブランド化できるが。
国内の賃金も高くなってきて、さらに安い国に工場建てたりするようになってきてるっつー。

技術をパクって伸し上がってきたけど、今度はそのパクられのせいで頭打ちになるんじゃない。

953 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 10:17:36 0
>>950
>アメリカのクラッシュばかり大げさに伝えられるが、中共の貧富の差はアメリカどころじゃないし、
>貧農による暴動をいくら共産党が力で抑えても毎日のように頻発している国。

資本主義といっても、大雑把に、

・英米に代表されるアングロサクソン型資本主義

・欧州に代表される社会的資本主義(ヨーロッパ型型資本主義)

・中国に代表される権威主義的国家資本主義

と、この三つがあるわけで、日本にしたらアメリカも中国も「糞」なわけよ。
日本は本来は欧州型と英米型の中間に位置するから(国民皆保険もあるしね)。
中国型資本主義は論外だが、アメリカ型の資本主義も滅んだ方が良いわけで、
あの二つの国は世界的に見て普通に「異常」なんだな。

954 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 10:19:41 0
今の日本は、英米型の導入を目論む輩と、欧米型の社会的資本主義への転換を目指す奴らがやりあってる。
前者が小泉清和会自民一派(+創価公明)と民主の前原野田G、後者は民主左派と社民。
国民新党と自民左派は、混合経済派で後者に近いので、やや後者が優勢の流れになってる。

アメリカが潰れてヨーロッパ型資本主義が優勢になってくれたら、日本としては万々歳なんだがな。
アメリカが日本にアングロサクソン型の導入を強要して嫌がらせする事もなくなるしさ。

955 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 12:29:11 0
>>950
原文引用されて逃げるなよw

956 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 12:30:35 0
てか、>>950は、ステグリッツの本を一冊も読んだことがねえだろ。


957 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 17:34:34 0
自分の疑問点をありていに言わせてもらうと、
このスレでマルクス主義を語っている人達の話を是とするなら、
産業の国有化や企業の協同組合形式への改変など
冷戦時代の社民政党左派の主張を現実的に実現させれば、
そのまま社会主義への移行期とも呼べる体制を構築できる、
というように感じるのだが、どうなんだろう?

また、そうであるならば、それこそ共産党は不要という事になるし、
マルクス主義を放棄する前のドイツ社民党の様な民主的の政党でも
マルクス主義的には十分な対応が取れるという結論に達するのでは?

もう一度、社会民主主義勢力と共産主義勢力を再統合し、
民主的なマルクス主義政党を結党した方が健全と思えるのだが。

958 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 17:41:00 0
ついでにもう一つ思った事を。

レーニンの思想は、現実的にソ連の悲劇を引き起こした。
これはもうどうしようもない現実であり、共産主義者は受け容れるべきだと思う。
既にソ連が崩壊して20年近くも経っているのだし、
また資本主義の危険性がサブプラ以降の世界経済危機で再認識されたのだから、
これを機にレーニンらソ連の共産主義は一切過去の遺物として捨て去り、
同時に悪しき教訓として刻むだけ刻み、
その上で、ソ連的ではない、もっと別な共産主義像を考えるべきでないか?
現在ほどポスト資本主義が模索され、意識されている時代は滅多にないわけで、
自由主義者や資本主義を妄信的に支持する人達は防戦一方になっているし、
マルクス主義者達が新ポスト資本主義像を提供できたら受け容れられると思う。

これだけの好機に何も出てこないと言うのは非常に勿体無い。

959 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 19:57:43 0
在日朝鮮韓国人が凶悪犯罪を犯すと被疑者、犯人の名前が報道されない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%89%9F%E7%94%B04%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6


960 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 05:20:54 0
>グローバル化経済のなかで中国が唯一成功

ここ嗤うところ?

961 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 15:54:13 0
>>960
唯一ってところに引っかかるの? それを無くせば同意してくれる?

962 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 16:01:54 0
>>957
例えば現在の日本共産党あたりの政策とか思想とかを見ると、
事実上、社民主義と違わないと思うよ。

ただし移行期と呼ぶからには、将来的な展望として共産社会の
実現がなければいけない。共産党が不要というそのあなたの真意は
その将来的なヴィジョンももはやいらないという意味なのですか?

963 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 19:40:13 0
>>962
ロシアで社会民主労働党から共産党に党名を変える際の悶着、
共産党という党名の由来を知っていれば必要ないという結論に達すると思うよ。
共産党というのはレーニン主義の党であり、ボリシェビキの事であるから。
社会民主党や社会民主労働党で十分で、「共産」を冠する必要はないとなる。

964 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 00:20:45 0
>>961
唯一があろうとなかろうと関係ない。
「中国が経済的に成功している」といいたい人は、共産主義者の狂った本質を表していると思うけど正直。

965 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 00:27:33 0
だいたいなんで同意してあげんといかんの?
せめて自分たちが特殊な思想の持ち主だという自覚は持ったら?
中国が唯一経済的に成功しているとほざきながら、はるかにマシな経済を築いてきた日米と貶めるのに血道を上げる人たちは
どうみても特殊だよね。



966 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 00:28:52 0
あんたたちが拘る貧富の差にしろ、日米英のほうが中国よりはるかにマシだからね。
いつまでも管理経済共産党独裁が最善だとほざいてろキチガイ

967 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 01:26:22 0
>>965
中国経済をグローバル経済のなかでの成功例として挙げているのはスティグリッツ氏。
文句があるなら彼に言ってこい。メールでも出せば?

968 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 01:32:13 0
>>963
なんでそこでロシア? マルクスエンゲルス主義はロシアの専売特許じゃないよ。
ロシアマルクス主義がマルクス主義の正統派だというのはスターリニズムの遺産。
それを率直に反省するなら、ボリシェビキ=共産党という認識を改めなければならない。
てか、北朝鮮の場合は、共産党ではなく労働党ではなかったかな?

969 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 02:10:30 0
>>967
今度はお得意の責任転嫁か。相変わらず最悪だな。早く原文引用しろよ。

中国が成功などと言うのは、発言の意図としては皮肉だろうね。
アメでグローバリゼーションの名で市場万能を押し付けた者らへの皮肉が大きいだろうな。
誰も中国の経済実態が成功とは思っていないと思われ。

>唯一ってところに引っかかるの? それを無くせば同意してくれる?

成功と信じちゃうのは、こういうお花畑読みしかできない某サヨクぐらいだろ。
「中国も含めて成功」とかワロスしかないw
>>950で当たりとつけたところに突っかかってくる辺り図星か。これがサヨクの狂った本質って訳だ。


970 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 02:30:44 0
ソ連でかつてあったのは本物の奴隷強制労働だが、
現在の中国も人権無視の奴隷労働と収奪をやって、かつての貧しさとの比較、人口メリット、恫喝資源外交等の
お陰で指標的には経済が成長しているが、
それを管理経済による「成功」なんていうのも皮肉がきついわ。

971 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 02:33:10 0
昔からソ連の奴隷労働を見てみぬ振りして労働者の夢の国と吹聴していたのが
共産党員だもんな。栄えある歴史だわ。

972 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:17:10 0
どこの国でも豊かになれば社会主義的になってくる。
日本のように。国民皆保険もない資本家原理主義みたいな方がおかしい。
中国もロシアは急ぎすぎて、プロレタリアート革命という名の暴力革命を是とした
のが間違い。

資本主義→社会主義→共産主義 の基本的な流れはあながち間違ってはいないよ。
ヨーロッパは各国、重商経済(資本主義)→福祉政策重視(社会主義)→EU憲章(共産主義)
の流れだし。

973 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:20:51 0
>>972
原文はやく引用しろよ。楽しみにしているぞ。

974 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:30:50 0
>>972
>EU憲章(共産主義)

デンパ垂れ流しはいい加減しろ。精神障害者に向かってキチガイは差別用語だから禁忌だが、
脳が正常なのにデンパを垂れ流すのは要するに「気が違っている」から文字通りキチガイそのもの。

EU憲法
>平和の推進、自由で歪曲のない競争がなされる単一市場の創設、経済成長、価格安定性、
>社会的市場経済、環境保護、社会正義、文化の多様性、世界規模での貧困の撲滅、国際法の発展が挙げられている。

共産主義は私有財産の否定、階級の否定、相続権の否定、王権の否定などなど。
ごまかすなよ。
EUが共産主義なわけないだろが。

975 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:31:06 0
>>973
あたまおかしいのか?俺はそいつじゃないぞ。

976 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:39:10 0
>>973
同一人物じゃないとしても似たようなもんだ。
別人のキチガイが登場しただけだ。

>EU憲章(共産主義)

マトモな頭ならこんなデタラメを大真面目に書ける訳無いな。洗脳されてないとな。

977 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:39:40 0
>>974
お前がキチガイなんじゃないのか?

第二段階は、もっと高度な、完全な共産主義である。
それは、生産力と人々の道徳が高度に発展し、個人が完全に解放される社会であり、
国家にかわる自主管理の組織が社会を管理し、個人への生産物の分配は、各人の必要に応じて行われ、
したがって生活における平等が実現する。
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9/

978 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:43:45 0
>>976
俺は共産主義の国家にかわる自主管理の組織が社会を管理するという点に
着目している。

イデオロギーや思想といったものが、教科書通り一字一句ピッタリ重なって
実現しないと理解できないのか?教条主義はこれだからアホに見える。

979 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:50:04 0
>>978
で? 理解していないようだからもう一回言うわ。

>EU憲章(共産主義)

マトモな頭ならこんなデタラメを大真面目に書ける訳無いな。洗脳されてないとな。

980 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:52:02 0
>EU憲章(共産主義)

最近の共産主義者は、こんなトンデモプロパガンダを流すようになったのか。
世もマツだな。共産主義の世もマツだ。

981 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:53:56 0
>>979
はいはい。じゃあ日本を最も成功した社会主義だと呼ぶのも、
中国を国家資本主義というように呼ぶのもおかしいのか?

こういった社会学的なことはお前の思うほど単純じゃないんだよ。
ドイツでもまだ社会主義が理想だと思っている人はいるし、
マルクスをよく理解しているヨーロッパは共産主義をそこまで毛嫌いしない。
理想の一形態として、マルクスの言葉どおりではなくとも、新しい形の
共産主義を目指しているともとれるわけだが。

982 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:55:02 0
俺はアメリカのような資本原理主義みたいな方がおかしいと思うがな。

983 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 03:59:08 0

>第二段階は、もっと高度な、完全な共産主義である。
>それは、生産力と人々の道徳が高度に発展し、個人が完全に解放される社会であり、
>国家にかわる自主管理の組織が社会を管理し、個人への生産物の分配は、各人の必要に応じて行われ、
>したがって生活における平等が実現する。

これらの聞こえのいい高度で完全な共産主義の実現には、あんたが教条主義と罵倒した
>共産主義は私有財産の否定、階級の否定、相続権の否定、王権の否定などなど。
という条件が必要だよな。理解できないの?  バカだなあ。マルクスはそれを隠しはしなかったし誠実だったなあ。


984 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:02:28 0
>>983
じゃあ共産主義的なニュアンスと一致する部分がある方向に
結局はEUも進んでいる。
そしてそれは何主義と言われるようになるのかは
時代が先に進まないとわからない。
ぐらいに書いておけば納得か?

985 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:03:14 0
>>981
>福祉政策重視(社会主義)→EU憲章(共産主義)

>ドイツでもまだ社会主義が理想だと思っている人はいるし、
>マルクスをよく理解しているヨーロッパは共産主義をそこまで毛嫌いしない。
>ドイツでもまだ社会主義が理想だと思っている人はいるし、

こうやって意図的だか社会主義と共産主義を並べて、共産主義の前段階として社会主義を位置づけるとは
それこそ教条主義で古いマルクスレーニン主義だね。単純な社会学を脳内打ち立てているのはお前。

986 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:05:37 0
マルクスは昨今の共産主義者より誠実だな。ゴマカシがひどいわ。

987 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:05:39 0
>>985
学問はいろんな見方が有り得るのもわからん奴とは話にならん気がしてきた。
とくにこういった分野は結論は先にならないとどの見方が正しかったのか
結果は出ないよ。

988 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:11:06 0
>>983
そりゃ共産主義も簡単に全否定されるような代物だったら、洗脳される奴もいないしな。
社会主義とは一部重なっているが、共産主義へと回収されるとみる歴史観はカルト信者しかいない。

989 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:15:57 0
違った。
>>988>>984>>987宛。

共産主義は社会主義と一部重なっているが、社会主義が共産主義へと回収されるとみる歴史観をもつ者はカルト信者しかいない。

990 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:22:16 0
>>988
何言ってるのかさっぱりわからん。
この世界に競争原理もありつつ、国家に代わる管理組織のようなモノが出現しようとしている
のは別にカルト信者でなくても感じるだろ。


>第2章は、共産主義者の運動の目的・性格づけが行われている。
>正義者同盟をバブーフ的なものからマルクス的なものへ変えるという当初のねらいからすれば、
>重要な意味をもつ箇所だった。とくにあらゆる財貨を共有し、完全平等を図るというバブーフ的な共産主義
>(そして今日でも広く共産主義はそういうものだと思われている)
>を「粗野な平等化」(第3章)と批判し、所有一般の廃絶ではなく「ブルジョア的所有の廃止」
>が目標化された。
>そして、共産主義社会では国家権力が「政治的性格を失う」という見通しを述べた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E5%AE%A3%E8%A8%80

991 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:26:55 0
ちなみにマルクスは国際連盟ができるよりもはやく、世界規模の管理組織の
必要を考えている。
ちなみにジョージ・ソロスというい資本主義の権化、ヘッジファンドで成功した
人物もこういった世界的な管理組織は最終的に必要だと主張している。

さりゃあ俺もマルクス主義のその主張すべてが正しいとは到底思わないけどな。

992 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:27:40 0
暴力(強力)革命や反動抑圧機関の設置を否定する者は共産主義者名乗るな。
修正社会主義者ぐらいで十分。
国内外の強大な反動体制を打倒もしくは無力化するためには、
実力をもってそれらを抑圧する必要がある。
例えば赤軍やチェーカーなどによって階級敵を粉砕するのだ。
これぐらいの覚悟がない奴はマルクスだのレーニンだのスタ・毛(ryだの言い出すな。
革命ごっこでもやってろ。


993 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:35:09 0
>>992
もはや自分で何言ってるのか理解できてないようだけど大丈夫か?
>>991で書いたような事もアメリカではリベラルと捉えられる。
それをわかってるか?

994 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:36:09 0
>>990
やれやれ。共産主義は私有一般を否定しているのではないと、得々として持ち出すんだよな。
生産手段の共有とか言い出すんだろ? 破綻しているんだが。

>EU憲章(共産主義)

こういうトンデモプロパガンダ垂れ流しキチガイ。話すだけムダだ。
EU憲章に共産主義など全く必要ない。
宗教の存在を社会の欠陥によるものとして、キリスト教を貶めておきながらキリスト教の理念だけ横取りか。
真っ当な社会主義者にも嫌われていることを自覚しとけよ。


995 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:41:24 0
>>994
はあ?お前宗教はアヘンだとか言わないと共産主義じゃないってか????

もういいから、アメリカやイギリスのリベラルや、中道左派の意味とか
もうちょっと勉強してから出直してこいや。

996 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:47:23 0
>>995
>アメリカやイギリスのリベラルや、中道左派の意味とか
>もうちょっと勉強してから出直してこいや。

共産主義からはもっとも遠いね。よく知っているけど。

997 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:48:31 0
修正主義者は反動主義者と同様に人民の敵。
いずれは完膚なきまでに粉砕する必要がある。
これら修正分子がいかに革命を破壊してきたかは歴史が証明している。
平和念仏教徒など革命の前衛にはいらない。己の墓穴でも掘ってろ。

998 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 04:51:45 0
>>992
だね。
マルクスはgewaltsam と書いているから明らかに暴力的という意味。

この頃岩波やら日共やらは「強力的」だと言うが、もしそういう意味なら
マルクスはgewaltigという形容詞を用いていただろう。

ドイツ語を知っているインテリが「暴力的」だと不都合だからと古典を意図的に改竄して訳し、
知識の無いバカが騙されて信じる。

999 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 05:03:25 0
>>996
リベラルが共産主義の対極だとか笑わせるなって。
初期のリベラルはアメリカではマルクス主義者の隠れ蓑だろうが。

リベラルという思想が一点の曇りも無い、崇高なものだと
思ってる知識不足はリベラル批判でも読んどけよ。
http://doujibar.ganriki.net/translations/4-3,tyrannyliberalism.html

1000 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 05:08:23 0
>>999
コミンテルンの手先でハルノートを書いていた共産主義者とかいたよな。
マッカーシズムはある程度までは正しかったな。ケネディも愛国者だと称えているし。


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

386 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)