5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蒋介石が戦後中国の実権を握っていたら・・

1 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 00:14:37 0
蒋介石率いる国民党が戦後中国の実権を握っていたら
戦後の国際情勢はどのように展開したか、また現在の中国・台湾、
そして国際情勢はどうなっていたかを考えよう。

2 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 00:34:26 0
アメリカに支援されて早く発展してたんじゃない?

3 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 00:38:03 0
(# `ハ´)

4 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 00:40:05 0
戦後、中国が西側陣営についていたら冷戦は起きなかったよ。

5 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守ジーモン ◆.5DV4fMpf6 :2009/04/25(土) 03:26:05 O
蒋介石時代と蒋経國時代前期は反共独裁が続いただろうが、
80年代後半から徐々に民主化し始めただろうね、ゴルビーの影響もあって。
台湾みたいなコンパクトな国じゃないから、急激には緩めなかっただろうが。
経済発展はしたよ、少なくとも中共の天下になるよりずっと。

6 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 08:35:38 0
でも結局ソ連が解体してロシアになってもたいして変わらなかったように
中国が民主化してたとしても今とあまり変わらない国家になった気がする。
それを考えれば発展が遅れただけ共産党の方が良かったのかも。
満州をどちらかの勢力が取って2つの国になってたら日本にとっては
良かったと思うんだが。

7 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 09:53:54 0
朝鮮分断はなかったかもしれんな。

8 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 09:56:16 0
スターリンは蒋介石を評価していたし、アメリカのジャーナリズムは毛沢東びいき
だったよねぇ。

9 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 10:31:27 0
ジャッキー・チェンが言っていたように中国人は独裁政権で管理される方があっている
国民党による独裁政権が現在までずっと続いていただろう

10 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 11:19:05 0
軍閥が跋扈していたんじゃないだろうか。

11 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 13:42:10 0
中国も民主化を進めるべきだろ。

12 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守ジーモン ◆.5DV4fMpf6 :2009/04/25(土) 16:04:47 O
>>11
火の粉が降りかかるよw
漢民族ましてやあんなデカい多民族国家に民主主義は無理。
国民党がやったであろう緩やかな民主化(ヘゲモニー政党制+法治化)程度で充分。
台湾や香港も民意が低いんだ。大陸は言わずと知れたこと。
それは中共や国府の独裁やイギリスの植民地統治の結果じゃなくて、民族性。
だから蒋介石が民主主義など考えなかったのは妥当。

13 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 16:13:31 0
ただなあ
中国の近代化の為には、あの大地主制をどうにかする必要があったと思うんだけど、
地主層をバックにもつ国民党では、どれぐらい出来ただろうか?

まあ、その辺の改革・・・農地改革、識字率・公衆衛生の向上、陋習の廃止などは、
アメリカの援助である程度はできただろうとは思うけど

14 :世界@名無史さん:2009/04/25(土) 16:16:42 0
ロシアやインドとの領土紛争は今より激化してただろうな

15 :世界@名無史さん:2009/04/26(日) 15:04:52 0
あと、共産党の残党をどうするか・・・
一度でも土地を分け与えた貰った農民は、黙っていないだろうし、
共産党の残党がゲリラ化して、泥沼になる恐れはなかったろうか?

それから、中国の近代化を進めるに当たって生じる利権を宋一族が黙ってみているとも思えないし、
元首の「外戚」をどう抑えるかが問題とならないか?

16 :世界@名無史さん:2009/04/26(日) 16:44:53 0
中国を滅茶苦茶に分断したかった・・・

17 :世界@名無史さん:2009/04/26(日) 18:04:19 O
国民党が政権とってたら
数千万人の命が助かった

18 :世界@名無史さん:2009/04/26(日) 18:30:24 0
そうだな
国民党が虐殺した台湾原住民の命も助かったよな

19 :世界@名無史さん:2009/04/26(日) 20:43:12 0
蒋介石ってさ、台湾の統治も失敗して、台湾では、
「アメリカは日本には原爆を落としただけだが、台湾には蒋介石を落とした」なんて言われているでそ
統治能力ってあったのかね?
なんか、マジメで清潔な人だったみたいだけど、それは小役人への褒め言葉だし

中国本土を支配した場合、そりゃ、文化大革命は起こさなかったろうが、
同じぐらいの混乱を起こしそうで・・・まあ、その場合、アメリカが付いていただろうから、大丈夫かな

20 :世界@名無史さん:2009/04/27(月) 23:30:23 0
>>19
そんなこたあない!
もしあのまま国民党が中国本土にいてもいずれは毛沢東派との果てしない内戦となったはず。
蒋介石にあの中国を押さえる統治能力があったか疑問。
アメリカが蒋介石の無能を見抜いて毛沢東サポートに早い段階で寝返っていただろう。

考えてもみい!
1972年、ニクソンが当時「中華民国を唯一の中国としていた(中共とは断交)」自民党政権日本の頭越しに共産中国と和平を結んだじゃないか。




21 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 03:42:43 0
北京政府承認は、
東側陣営切り崩しの一環だから蒋介石云々は関係ないような。

22 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 09:16:30 0
キューバもそうだけど、中国を東側にしてしまったのは、アメリカみたいな気がするな
革命直後は、中国共産党も。中国は近代化以前の段階であり、地主制の廃止、不正官吏の追放、
農業・工業の生産性の向上、識字率・公衆衛生の普及、悪習・陋習の廃止、と当たり前のことを言っていた

このとき、アメリカが支援策をとって、中国の民主化を支援していたら、
もともと現実的な中国人のこと、社会主義のお題目を唱えることのむなしさにさっさと気が付いたような気がする

もっとも、そんなことをしたら、中国をはさんで米ソの対立が激化して、中国が原因で第三次世界大戦になったかもしれないが

23 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 09:19:51 0
中国共産党も。→中国共産党も、

第三次世界大戦までは行かなかったかもしれないが、キューバ危機ならぬチャイナ危機や
ベトナムに代わって、泥沼の中国内戦が起こったかもな

24 :29:2009/04/29(水) 09:24:54 0
また、へました

>悪習・陋習の廃止、と当たり前のことを言っていた
            ↓
>悪習・陋習の廃止等を目指し、社会主義の建設は、近代化・民主化が達成してからの話、と当たり前のことを言っていた

25 :24:2009/04/29(水) 09:26:02 0
29じゃないです 22です

・・・ちょいっと、回線切って、朱徳に撃ち殺されてきまつ

26 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 10:00:13 0
>>22
えらく思い入れを感じるが、ケ小平、劉少奇みたいな人たちは
たしかにそう言った部類に属するだろうが、肝心の毛沢東の存在を忘れてませんか?

27 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 10:13:48 0
>>26
別に思い入れはないが・・・
まあ、去年、中国旅行したんで、そのとき、しみじみとそう思ったんだよなw

毛沢東は、大変な読書家・勉強家だったらしいが、その勉強は中国古典に限られ、
現代の政治化に必要な政治・経済・外交の本どころか、マルクス主義の本すら読んでなかったらしいし、
文化大革命だって、社会主義とは関係のない、毛沢東が自分の権力を守るための劉少奇落としのためだったから、
毛の地位さえ認めてやれば、さほどのことはなかったのでは?

28 :世界@名無史さん:2009/04/29(水) 10:14:35 0
またやったよ・・政治家だ

さっき、朱徳に歌レニ行くといっておいて・・
今度こそ本当に消え松 探さないでください

29 :ベム・ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2009/04/29(水) 14:09:27 O
毛自身も抗日戦争中は政権取った後よりも合衆国に敵愾心を持ってなかったとどっかで読んだ覚えがある

30 :世界@名無史さん:2009/06/02(火) 11:51:32 O
戦後間も無くの中国共産党は親米、反ソだから東側にしてしまったのはアメリカの失策ではあるな

31 :世界@名無史さん:2009/06/06(土) 08:08:25 0
実際アメリカはあえて蒋介石への援助を差し控えているじゃん。
でも中共幹部は腹の底ではどう思っていても、唯一神スターリンへの忠誠心をPRするために汲々してたし。
チトーが離反しフルシチョフがスターリン批判を行い、ようやくモスクワを舐めてもいいのだと思うようになった。

32 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 23:58:46 0
毛沢東率いるソ連の傀儡テロリストによって、60-70年のあたりは内戦状態だったんじゃなかろうかね。
何せ、日本でも共産主義ブームで、日本企業爆破とか起きてたし。

アメリカの支援があるからと言って、別に民主化されるかどうかとは別だしな。
フィリピンなんて、アメリカから支援されてたマルコス大統領の独裁が凄かったわけだし。


33 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:03:33 0
>>32
共産主義ブームってw

まあ、74,5年ごろの爆破事件は、もう追い詰められた過激派の悪あがきみたいなものだったが

34 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:07:45 0
>>32
前近代の中国はフィリピン同様の郷紳主導社会だったからな。
それを共産党が一掃した。よしあしは置いておいて。

35 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 11:53:03 0
アメリカは、日本は農地改革をしたが、フィリッピンでは地主制を温存した
それは、農地改革によってどのような変化が起こるかを見るためのアメリカの実験だった、って話があるね
本当かどうかは知らないけど

たかだか日本だって、豊かになるためには地主制度を解決する必要があった
あの中国の大地主制の元ではなおさらだろう
地主層を主な支持者とし、宋一族や青幇とも関係のあった国民党でどこまでそれが出来たかが、問題になるなあ

36 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 12:41:05 0
>何せ、日本でも共産主義ブームで、日本企業爆破とか起きてたし。
ヲイヲイ
そもそも、そういうテロ活動をエンゲレスは「一揆主義」と批判してやめさせたんだぞw

37 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 15:13:28 0
「民主化」したアキノも大地主だし、地主制と民主制の関連はちょっと不明だな。

日本の小作制は近代化後に拡大したものであり小作争議なども少なくなく
潰すのにそれほど抵抗は無かった。
軍部内閣+革新官僚の体制が続いていたらいずれ農地解放が行われたという見方もある。

一方、フィリピンの地主制は文化に深く根ざしたものになっていたので
そうそう簡単に手をつけられる代物ではなかっただろう。

38 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 11:57:52 0
来月からスカパーで毛沢東ドラマ放映(日本語字幕あり)。
『毛沢東 長征』
ttp://www.vpara.com/
主演
唐国強(毛沢東) 毛沢東俳優で有名な人
陳道明(蒋介石)

概要
ttp://wako-movie.jp/dvd/lineup05.html
感想
ttp://dubai.2ch.net/test/read.cgi/celebrity/1234908234/50-55 あたり


39 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 15:44:22 0
>>38
見たいけど、スカパーに入っていない

そういえば、横山光輝に「長征」って作品がある
横山作品だから、完全な娯楽作品だが、長征を娯楽作品にしたのは、世界でもこの人ぐらいではw?

40 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 20:24:56 O
中国の市場を餌にアメリカに取り入ってたと思う

41 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 21:28:08 0
>>40
それは超大国化への第一歩だな

42 :世界@名無史さん:2009/07/05(日) 13:37:46 0
>>18
虐殺されたのは原住民だけじゃないでそ

43 :世界@名無史さん:2009/07/05(日) 16:35:43 0
蒋介石が大陸に残りえたとしても満州は共産党の支配下に置かれる。


44 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 04:40:39 0
蒋介石て有能それとも無能?

45 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 04:57:56 0
無能だったんじゃねえのか?
台湾だって統治に失敗して、台湾人から
「アメリカは日本には原爆を落としたが、台湾には蒋介石を落とした」
なんていわれて、台湾が親日的であるのは、日本の方が蒋介石よりましだった、
という点もあると聞いたぞ

とりえは、美男子で、マジメな人柄だったという程度みたいだ
息子の蒋経国は優秀な人物だったらしいが

46 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 06:53:12 O
平均以上ではあるだろ
戦争も戦闘では負けまくりなのに外交でうまく立ち回って戦勝国の一角に食い込むし
台湾統治も先進国になる基礎を築いた訳だし

47 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 07:52:17 0
外交はまあ、奥さんの力も大きいし、
台湾が先進国になる基礎というのは、息子の功績

48 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 07:56:31 0
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1169875854/
ここの68ぐらいにどうも台湾の人らしい人が蒋介石について書いているが、
この人は無能と見ているみたいだな

49 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 19:10:41 0
蒋介石の新生活運動はもっと評価されて然るべきだな。


50 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 21:41:31 0
アメリカは戦後、蒋介石の味方だったよなー

51 :世界@名無史さん:2009/07/10(金) 23:38:19 0
アメリカは西欧と日本の援助で手一杯で蒋介石までは面倒見切れず援助を打ち切った。


52 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 11:45:32 0
蒋介石って、国民党内でもそんなに指導力がなかったっぽいね。
毛沢東は大戦後にはすでに絶対指導者だったのにな。


53 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 18:16:18 0
清後の中華民国じたい失敗だったからな

54 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 19:21:13 0
蒋介石は無能で有害
毛沢東は有能で有害

55 :世界@名無史さん:2009/07/11(土) 19:27:30 0
100点満点でいくと
蒋介石は軍事60点 内政60点
毛沢東は軍事80点 内政10点
ぐらいかな

56 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 00:02:32 0
国民党も共産党も
エリートが無知蒙昧な人民を導いていかなけければならない
っていうのが基本スタンスだったから大して変わんないと思う

この考え方に基づいてエリートによる革命を
目指したのがかの有名な孫文先生で中国共産党が
その革命を継承してるってのはあながち間違いじゃない






57 :世界@名無史さん:2009/07/12(日) 23:13:52 O
大陸が中華民国だったら日本の国際的な復帰は随分遅れて今のマレーシアくらいの国力だったろうな。

58 :世界@名無史さん:2009/07/13(月) 21:44:11 0
関係ないから

59 :世界@名無史さん:2009/07/14(火) 23:05:11 0
大陸が中華民国だったらアメリカは膨大な援助を続けているということであり、
共産党との内戦で安定しない中国にアメリカの膨大なリソースが食いつぶされていた。
アメリカが国民党に見切りをつけたのはある意味正解。

60 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 01:52:47 0
蒋介石は一応、常識人
毛沢東は変態、異常者

61 :素晴らしい亜細亜になった:2009/07/15(水) 02:15:40 0
蒋介石が戦後中国の実権を握っていたら・・・

つまり国共内戦に勝利した、ということが前提となる。
日支関係は、好転した可能性が強い。
本来、蒋は日本との戦争を避けたかったし、日本も早く止めたかった。
台湾に都落ちした後でも、日本と中華民国の蜜月時代ができた。
しかも大東亜戦争開戦時の大臣(岸)と蒋の関係が良かった。
ましてや大陸の実権を握れば、気持ちのユトリも出来、日支関係は良くなったろう。
官僚の腐敗とも取り組んだろう。(今の共産党の方が酷い。)

しかし一番の理想状態は、共匪が殲滅され
長城までの実権を蒋が握り、満洲帝国が残ることだった。
そうすれば、どんなにか素晴らしい亜細亜が生まれていたことか。




62 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 02:27:16 O
台湾人のカスッぷりをみると
シナは所詮シナ。

63 :素晴らしい亜細亜になったA:2009/07/15(水) 02:33:57 0
蒋介石が戦後の実権を握るためには…国共内戦の勝利が前提となるから

朝鮮の分断はなかった。
無論、スタ・毛・金の基地外三人組による朝鮮戦争もなかった。
ポルポトの大虐殺も無かった。
チベットやトルキスタンは…中共統治より酷いことはなかろう。
現在の中共より30年は早く経済発展したろう。
とすると日本との摩擦もあろうが、話し合い可能な相手であるはずだ。
…こう考えると、夢ではなく日米戦争が石原莞爾のいう最終戦争だった可能性も…



64 :世界@名無史さん:2009/07/15(水) 18:34:15 0
国民党歴代の指導者は毛沢東ほどのカリスマ性がなかったから、
少数民族、国民党の分派、共産党の残党との内戦に悩まされていたかも。
国境を接するソ連との小競り合いは日常茶飯事だったろうね。
国民党と対立する勢力をソ連が支援したり、共産党政権よりも国内の対立構造が複雑になったかもしれない。


65 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 21:58:42 0
実際ソ連は撤退する際に満州を共産党の支配下に置かせたが、
国民党は満州に進軍するまでは圧倒的に優位に立っていた。


66 :soopllofeiv:2009/07/19(日) 19:31:06 0
満州はなかったね(”

67 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 19:46:43 0
無論、蒋介石は亡くなったろうから…
李登輝総統閣下が全支那の指導者となった可能性も…

むむっ!…これは面白い展開だ。
日本人だった英明な知識人が中華民国総統就任。
これは、かつての大亜細亜主義者や石原莞爾の理想状態出現では。

とすると共産党による支配とは…最悪のシナリオが実現したわけだ。
世界史の悲劇!


68 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 19:52:39 0
>>67
李登輝は台湾人だから日本の総理大臣になってただろう
松本総理だな

69 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 19:54:03 0
共産党一派を根絶するなんて出来るのかね
第二次長征とかやりかねんぞ奴らは

70 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 20:03:58 0
第一、解放区になって、一度でも農地を分けてもらった農民達が黙っているとは思えない
その連中を全員粛清するわけにも行かないだろうし、相当共産ゲリラに悩まされることになるだろうなあ

71 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 22:23:44 0
満州・外モンゴル・ウイグルはソ連のバックによって共産党支配は揺るがない。
この地域におけるソ連の権益はヤルタ協定でも認められている。

72 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 23:32:56 0
>>45
蒋介石の孫は高身長のイケメン揃いだよな。
毛沢東の孫は豚なんだけどww

73 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 23:35:08 0
>>61
そんなこと言ったって、共産党の相手に専念したい蒋介石に
手出ししまくって、それをさせなかったのは他ならぬ日本じゃん。

74 :世界@名無史さん:2009/07/19(日) 23:45:13 0
>>72
蒋介石自身が美男だったからなw

75 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 10:54:09 0
>>72
毛沢東の孫って誰?

76 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 13:38:34 0
>>67
蒋介石が中国の実権を握れば台湾は中国の一部でしかなくなるわけだが

77 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 20:38:04 0
>>75
毛新宇。↓に三枚ぐらい写真が載ってる。
http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/93df82123e1b2d4f42a14b831b35939c

ちなみに蒋介石の曾孫どもと毛新宇の写真が揃ってるとこ。酷い格差ww
http://chinabbs.blog40.fc2.com/blog-entry-396.html

78 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:33:53 0
蒋家圧勝wwww

79 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 21:35:34 0
でも蒋介石の孫、平井堅に似てるな

80 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 02:04:51 0
>>77 謝謝!

イケメン!…と思ったら蒋介石の孫だった。
何だよ、毛の孫のあの軍帽のかぶり方は。
ビンタ食らわないのか。
単なるチンピラだな。


81 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 02:07:57 0
 ↑
おっと訂正、曾孫か。

82 :ヤバイ支那人:2009/07/21(火) 02:14:56 0
注目!
6月17日付けヘラルドトリビューン紙は「中国では成人の17%が精神障害を煩っており、
従来の報告で中国の精神患者は1%からせいぜい9%とされた(1984-2004年の調査)が、
これらの数字をはるかに凌駕する脅威のデータが飛び出した」。

コロンビア大学と北京、山東、浙江省、青海、甘粛省の精神病医師らが協力し合い、
実に16000名の精神科医が、63000人の住民に面接調査したものを『LANCET』誌がまとめた。
(同誌は世界四大医学雑誌のひとつ)。
これは、国連WHOが財政支援をなした本格的医学・学術調査である。
 http://www3.kmu.ac.jp/medicine2/topics/lancet.html

毛沢東など完全に異常者だったんだろう。こんな奴が空前の独裁をやった。

83 :世界@名無史さん:2009/07/21(火) 05:50:32 0
>>79
蒋介石のひ孫は白人(ロシア人)の血が入ってるからね

84 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 09:09:35 0
>>46 >台湾統治も先進国になる基礎を築いた訳だし
>>47 >台湾が先進国になる基礎というのは、息子の功績

台湾は戦前時点において、アジア基準では既に超先進国。
何せ大日本帝國だ。
戦後進駐した国民党軍が、日本軍と比較され、台湾人から
がっかりされ、軽蔑されたくらいだ。

85 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 12:56:37 0
>>84
だから、それを蒋介石がめちゃくちゃにして、立て直したのが息子

86 :世界@名無史さん:2009/07/23(木) 13:16:02 0
多分、書いたのは台湾の人だろう

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1169875854/
78 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2007/11/14(水) 22:00:48 ID:TXEGFtWB0
第二次世界大戦前、台湾の経済や教育などは日本本土と同じレベルだった。
そして、日本はアメリカ軍に爆撃されて全国は貧しくなった。
でも、台湾は違う。こんな大きな爆撃を受けるのは少なかった。

日本戦敗した後で、国民党は台湾へ乗り込んだ
結局、国民党の下手糞の統制のせいで、台湾人は反乱した。
この反乱は鎮められたものの、このときから、台湾独立の意識が生まれた。

国民党政府が崩れた後で、たくさん資金は中国大陸から台湾へ届けられた。
これ以外、アメリカからの援助は35億ドルくらいだった。
この大きな資金は台湾のような小さいところにとって豊かだな。
しかし、60年代まで台湾は貧乏であった。

蒋経国は経済建設の成果があったにもかかわらず、今の台湾は日本と比較にならない。

87 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 04:18:07 0

台湾大好き \(^O^)/ 台湾大好き \(^O^)/ 台湾大好き \(^O^)/



88 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 10:59:54 0
蒋介石は人間の屑
無抵抗な日本人に奇襲爆撃を加えたり
戦前から悪さばかりしている極悪非道の悪人

89 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 11:33:31 0
日本がファシズム体制だったかというのは当てはまるような当てはまらないような感じでしたが、
中華民国はファシズム体制でしたから。

90 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 21:19:18 0
カイロ会談の折りに、「九州と四国をもらいたい」と言って、ルーズベルト
とチャーチルに「報酬の話はマトモな仕事をしてから言えや」と鼻で笑われ
た無能なハゲが居たっけな。w
このタコ野郎とタコ嫁にとっては、「国っちゅうもんは食い潰す対象」でし
かなかった罠。(ミニチュア二番煎じがマルコスとイメルダ。)
台湾に渡ってからもゲス根性丸出しで、「がっついた豚が来た」と恐れられ
たもんだ。

91 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 21:55:13 0
アメリカの援助もこの人の懐に消えちゃいました。

92 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 22:01:22 0
>>89
>中華民国はファシズム体制でしたから。
みんなドイツ軍のコスプレしてるしなw

93 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 01:47:46 0
>>51
あれは面倒見切れずというより、中国に深く関わってもろくなことがないと悟ったからだろ。
実際に日本やイギリスに前例が山ほど積み重なってたしね。

軍事的にも大陸に直接介入すると数万以上の陸軍を常時展開しないとどうにもならないってのもある

94 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 02:21:59 0
>>93
今また世界中の国がすっかり忘れて中国と経済的に関わってる
歴史は繰り返すのか!?

95 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 02:43:37 0
20世紀最大の狂気と災難をもたらした
基地外夫婦第1位は、何と言っても毛沢東・江青だ。

96 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 06:02:36 0
>>91
蒋介石個人は、質素な人だったらしいぞ
金まみれだったのは、嫁のほうw

97 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 09:19:25 0
嫁を制御できなかったから叩かれるんだよ
江青を制御しきれなかった毛沢東も同じ

98 :96:2009/07/25(土) 12:20:19 0
>>97
まあ、確かに外戚の専横wを防げなかったら、元首失格だなw

99 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 14:31:26 0
>>94
現代でも韓国・台湾・日本以外の国って対中投資はそれほどじゃなかったりする。
日本はホント歴史をまなばねぇなwって思われてるんじゃね?

100 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 20:33:23 0
しかし世界中が不況だってのに中国だけは景気が良い不思議

101 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 01:51:07 0
>>100
中国の経済指標はかなりの部分が「大本営発表」。
それに今の経済成長が本当だとしても、大量に新規参入する若年労働力を吸収するにはまだまだ不足。
その意味で中国は社会の維持が可能な程度の経済成長を実現しているとはいえない。

102 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 22:31:24 0
>>100
50兆円もばら撒いてるんだってさ。
日本のばら撒きが少なすぎ断続的過ぎ、
さらに財政再建とか言って増税に舵を切ったりした失敗から学んでるんだってさ。

103 :世界@名無史さん:2009/10/08(木) 23:17:45 0
蒋介石が中国の実験を握ってたら、GNPで日本を追い越すのに
建国から60年も要らなかったろうな。


104 :世界@名無史さん:2009/10/11(日) 15:04:12 0
真の漢奸は汪ではなく蒋だろ
大東亜戦争で欧米列強&アカの側にいったから民国まで巻き込んであんな仕打ちを喰らう・・・
支那カワイソス(´・ω・`)

105 :世界@名無史さん:2009/10/12(月) 14:34:37 0
3年後はRepublic of China建国100周年らしいけど何か起きるのかな

106 :世界@名無史さん:2009/10/12(月) 20:19:48 0
記念に超大型花火が大陸から届きます

107 :世界@名無史さん:2009/10/20(火) 23:59:32 0
北伐で各地の軍閥を平らげ、共産党も奥地に追いやった蒋介石の軍隊。
国共内戦では一転して急に弱くなったように感じる。
やはり日本との戦いで消耗してしまったのが原因だろうか。


108 :世界@名無史さん:2009/10/21(水) 00:31:42 0
蒋介石のやり方だと、中国は今よりもはるかに分権的な状態だったのでは
ないだろうか?
毛沢東は明王朝の再来といわれているが、
蒋介石は漢の郡国制に近い体制になるのではと思うのだ、
当然、地方では暴動、反乱が頻発して、新疆やチベットは独立国として
ふるまい、満州もソ連の衛生国になるだろうが、
宋帝国並みの版図は、アメリカ、日本の協力で何とか維持して、
経済的はわりと発展して、90年代以降民主化も進み
中華連邦になっているではと思うのだ。

109 :世界@名無史さん:2009/10/24(土) 12:41:06 0
辺境を切り捨てたほうが中国は発展したと思うがね
それが世界の利益になるかどうかはわからん

110 :世界@名無史さん:2009/11/15(日) 09:15:23 0
大躍進や文化大革命は無いが、
そのかわり国民党の統治能力じゃ慢性的に群雄割拠、内戦状態が続いて泥沼。

>>103
日本のGNPが中国を抜いたのは1960年代ですよ。
大躍進も文革も無けりゃ日本がGNPで中国を抜くことは無かっただろう。


111 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 23:49:54 0
国民党の本部で毎年元日に

 「大陸反抗の準備が整いました」
 「まだ早い」

という儀式が行われてたら面白いな。
蒋介石が生きてた時代なら本当にそんなことやっててもおかしくない。

112 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 23:58:19 0
長州藩はそれで成功したけど、台湾は成功する見込みなしだな。

1970年代に独立できる状況にあったんだから、さっさと独立しちゃえば良かったのに…。
でも、今みたいなちゅうぶらりんの状況を利用して、大陸で一稼ぎってコトはできなくなるけどね。

113 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 00:07:11 0
蒋介石と毛沢東の時代なら民国も人民共和国もどっちも酷いものだったが、
経国以降なら確実に民国の方が良かったと思う。
ケ小平は偉大だったと思うし、経国がケより優れてるとも思わないけど、
国の体制として共産党支配よりは国民党支配の方がましだろう。
もし大陸が民国だったら経国時代後に民主化してたはずだ。

114 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 12:56:33 0
経国は中国共産党員で、クートベ出身
ソ連に行って、社会主義体制に失望した組

まあ、20世紀の指導者としてはめずらしくないが<元共産主義者

115 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 12:58:07 0
>>110
まじ?
それは単に人口が多かっただけじゃなくて?
あおりじゃなくて、興味あるから、適当な本か資料を教えてください

116 :世界@名無史さん:2010/04/10(土) 03:49:03 0
最終的には今の中国と似たような国になったに違いない
そもそも大陸で民主主義は可能なのか?

117 :世界@名無史さん:2010/04/29(木) 15:22:40 0
大陸で民主主義は無理。中国に必要なのは自由でも民主でも人権でもなく、力。

118 :世界@名無史さん:2010/04/30(金) 02:11:03 0
>>117
「物質的な力は物質的な力によって打倒されなければならないが、理論といえどもそれが大衆を把むや否や物質的な力となる。」 カール・マルクス


119 :世界@名無史さん:2010/05/30(日) 16:47:26 0
近衛文麿みたいなヘタレ政治家から「対手せず」とか言われた蒋介石には同情する。


29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)