5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【鉄血】オットーフォン・ビルマルク【宰相】

1 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 22:40:55 0
なかったので立てて見ました。

2 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 00:10:20 0
名前間違えてる時点でもうね・・・

3 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 00:44:36 0
ごめんね確かに間違えてた。×ビルマルク→○ビスマルク

4 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 01:07:28 0
ビルマルクとかよく変換できたなw

5 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 11:57:34 0
偉大すぎる国家指導者は長期的に見ると国家に害を成す
という矛盾を教えてくれる人だな

6 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 12:54:10 O
区切るとこおかしい
一ヵ所で区切るなら
オットー・フォンビスマルクだ

7 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 13:03:20 0
「今、世界各国はみな親しく交わっているように見えるが、それは全く表面的なことで、

本当のところは弱肉強食であり、大国が小国を侮るというのが実情である。

例えば国際法というものがあっても、それは大国の都合で存在するものであり、

自国の都合のいいときには国際法をふりまわし、

自国に都合が悪くなるときには軍事を用いる。小国は実に哀れである。

国際法の条文を一生懸命に勉強し、他国に害を与えること無く自国の権利を守ろうとしても、

大国というものは国際法を破る時には容赦なく破る。」


ドイツ〔プロイセン〕首相・ビスマルクが大久保利通らに語った言葉。 参考文献・『米欧回覧実記』

8 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 14:24:00 0


9 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 14:57:12 0
ビスマルクとロスチャイルド

 ビスマルクの母ルイザ・メンケンはユダヤ人で、スルト元帥の愛人だった。(スルト元帥が
ビスマルクの実父かどうかは不明)
 18歳の時、ディズレーリを通じてジェームズ・ロスチャイルドと親交を結んだ。
 ジェームズは金に困っていたビスマルクをヨーロッパの未来の「保守系」指導者にしようと
考えた。
 1849年、ロスチャイルドとアルニム伯の支援を受けて、ビスマルクは第二プロシア議会の
議員となる。
 1866年、プロシア軍がオーストリア軍を撃破したサドワの戦い以降、ビスマルクによって
もたらされたドイツの自由主義的改革は、ユダヤ人に恩恵をもたらした。
 ウォルター・ラーテナウ(ドイツの外相)は「300人がこの世界を支配している」と言った。
 ディスレリーは「世界は裏の世界を知らない、世間一般の人々が想像しているものとは
ずいぶん違った人物によって動かされているのだよ」と言った。
 ビスマルクも、自分をナポレオン同様に政治の大天才として扱おうとした人々に対して、
自分の出世は外部の力に依るものであることを示唆する言葉を残している。
 「私は幸運な大人物というものを信じない。私が思うに、政界の名士は名声のお陰を、
偶然とは言わないまでも、少なくとも自ら予期さえしなかった環境のお陰をこうむっている」
 ビスマルクは、1876年にアメリカの南北戦争がヨーロッパの大金融権力によって誘発された
と話している。この記事は1921年『ラ・ヴィエーユ・フランス」で発表された。
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20070310

10 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 17:18:10 0
最強の指導者

11 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 17:20:31 0
伊藤博文が東洋のビスマルクを自称していたぐらい

日本にも多大なる影響を与えたな

12 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 17:21:27 0

オットー・フォン・ビスマルク 正確にはこうだろう?

13 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 14:28:55 0
 

14 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 14:57:33 0
高校の時進学校にいたんだけど
人名の解答欄を全てフルネームで書いたら二重丸もらった
今考えると超はずかしい、というか自分ながらやなヤツだw

15 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 15:09:07 0
>>14
そうか?
自意識過剰かどうかは知らんが、
自己PRとしては十分じゃん。無駄なこと書いて間違うリスクを乗り越えてるし。

16 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 15:22:00 0
なんとなくその恥ずかしい気持ちわかるよ

17 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 15:23:31 0
正確には
オットー・レオポルド・フォン・ビスマルクシェンハウゼンだ。
あー。確かにいやな奴かも。

18 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 00:14:04 0
伯爵位はビスマルクが生まれる以前のプロイセンにあったのですか

19 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 14:53:19 0
>>7

親切に教えてくれるあたり、心根はいい人だったんかな

20 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 15:00:00 0
資料何読んだらいいの?
本屋にはエーリッヒ・アイクの8巻本しか置いてないけど。



21 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 15:16:44 0
まあ、すごい人物だな

22 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 22:09:51 0
>>19
やはり基本的にはいい人で、あれは日本人への善意からの発言だと思う。
ヴィルヘルム2世が黄禍論をほざいた後年と違って、日本なんか海の物とも山の物とも付かない、存在しないも同然の時代だったから。
「将来の露仏同盟阻止失敗に備えて極東に対露同盟国の種をまいておく」なんて打算は無かっただろう。

23 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2009/02/11(水) 11:10:51 0
>>22
ビスマルクは個人的なホストとしては、気持ちのいい接待をする人物だったそうだからね。
さすがに外交官というか。一般論レベルでそういう話をするのに、計算とかはしてないと思う。

加えて、当時の日本とドイツは国同士が似た境遇(国家統一を達成したばかり)に
あったこともあって、親近感みたいな物を抱いていた可能性がある。


24 :世界@名無史さん:2009/02/12(木) 17:42:29 0
いまのドイツは親日反日同数
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/images/feb09/BBCEvals/BBCEvals_Feb09_graph7.jpg

反日がこれだけ多ければむしろ、反日国家としか言いようがない

25 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 23:44:36 0
まあ、日本から見て、ドイツというのも、ピンと来ない


26 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 00:05:38 0
>>25
そんなことないだろ
むしろ日本人はドイツ崇拝が行き過ぎて
ドイツのものなら商品でも思想でもなんでもとにかく素晴らしい、かっこいい

完全に批判精神を失っている
だれかが批判するようものなら猛烈に攻撃してくる

まるでカルト宗教状態

ようするに>>24を見ると、まあ日本とドイツについては日本人がドイツに片思い
というのがあきらかになったということで

27 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 00:34:08 0
ともあれ、いい加減ナチス崇拝とかよしてもらいたいよ
緑の党なんかの環境保護や菜食主義思想は、ナチスのSSの中にもあったようだが




28 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 00:37:23 0
法律学の世界で、だんだんとドイツ法の先生は駆逐されつつあるようです

29 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 01:45:58 0
誰かの発言で「ドイツ人はまず定義の話から始めるから嫌い」というのが有ったような・・・

30 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 02:04:01 0
>>24
戦後のドイツ人が反日的である理由は・・・

・2部リーグの首位チームを一番恐れるのは1部リーグの最下位チーム。
 敗戦で欧米リーグの最下位に位置づけられたドイツ人は、非白人・非キリスト教国のトップ国日本を深層心理で恐れ、憎み、嫌う。

・敗戦後の連合国による扱いの違いによる嫉妬。
 日本はドイツのように国家分割もされず、千島を除いて本土領土も奪われず、しかも北方領土返還を堂々と要求し続けている。
 これが、国家を分断され、父祖伝来の領土を大幅に奪われ、政府レベルでは領土返還も主張できないドイツ人の癪の種。
 また「俺たちは過去のナチズムを反省してユダヤ人や戦勝国に謝罪し続けているのに日本人は一度も謝っていない」と誤って信じ込み、羨ましがっている。

・シャーデンフロイデ(メシウマ根性)。
 シュプリンガー・コンツェルン系の大衆紙などは、60〜80年代にかけて、日本の公害問題、都市問題、通勤(痛勤)ラッシュ、ワーカホリック、ウサギ小屋、等々で「日本は地獄!」と決め付ける報道を繰り返して部数を伸ばした。
 とにかく叩ける者を見つけて悪い所だけを囃し立てて喜ぶドイツ伝統の悪い癖。

31 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 05:55:00 0
反日親日論争でこのスレも終わりなようだぜww

32 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 09:09:08 0
なーに、時々ビスマルクの政策、外交、個人的話題、生涯、背景がレスされればいい
それまでの延命措置

33 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 22:11:02 O
親日、反日論争は歴史板のガン。基本放置推奨
スレがその論争で埋まってしまったら、それはそのスレの寿命って事で。


外交面では非常にうまくいった感がするけど、アフリカ政策では横断政策ど真ん中にあるタンザニアを領有してしまい
イギリスの対独感情を悪化させる遠因を作ってしまったビスマルク。
後で売り払うにしても、進行予定地を領有されてしまっては相手に好い感情を持つはずも無い。
この時のビスマルクの真意は何だったんだろう

34 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 22:26:29 0
ビスマルクは独裁者じゃないからね
海外領土を求める軍や市場を求める資本家の
意向にはある程度応じざるを得ない
たとえビスマルクの国際秩序構想に反していたとしても

35 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 23:07:54 0
>>29
大陸のヨーロッパ人は西はスペインから東はポーランドまで
みんなそれは同じ

36 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 23:10:34 0
当時、イギリスが極東に進出していたので、日本をしてうまいことイギリスを妨害するのが目的<日本使節団に対するビスマルクの親切



37 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 20:20:59 O
>>34
そう考えるとヴィルヘルム二世の世界政策は結構国民(っても資本家だけど)の意志に適った政策だったのね

38 :世界@名無史さん:2009/02/17(火) 04:52:33 0
>>37
当然だろ、20世紀の王権帝権はブルジョア王政と言って経済界の要請を実現するのが王様皇帝の仕事。

ドイツの場合は、鉄鋼重化学財閥の力が強いのでクルップ財閥などの意向がかなり反映される。

39 :世界@名無史さん:2009/02/17(火) 04:58:38 0
つーかドイツなんて何度も敗戦してんやん
ヒトラーが出てきたのも敗戦して賠償金に苦しんだからだし

40 :世界@名無史さん:2009/02/17(火) 07:43:39 0
ロシア攻略に失敗して財政の疲弊したナポレオンに勝ってから夜郎自大で増長したのがドイツ
そして最終的には1945年に完全にそのキンタマを叩き潰され、メスとなったのである




41 :世界@名無史さん:2009/02/19(木) 22:03:11 0
メスになってからも、傭兵になる若者は90年代初頭まで輩出している。
戦後、フランスが捕虜の元ドイツ兵を植民地で使役もした。



42 :世界@名無史さん:2009/02/20(金) 10:30:57 0
それってカマ掘られてるってことじゃん
奴隷扱いだもの

43 :世界@名無史さん:2009/02/22(日) 19:39:12 0
2代目の百日皇帝が長生きして、ビスマルクの平和外交が続いていれば、こうはならなかったかもしれない運命の道筋

44 :世界@名無史さん:2009/02/22(日) 22:14:43 0
いや、ビスマルク以外ではとても維持できるような体制ではなかったのと、
ビスマルクの寿命がある以上、たとえ皇帝が長生きしようが早晩崩壊する罠。

45 :世界@名無史さん:2009/02/23(月) 15:17:15 0
日本とドイツは似すぎている運命共同体

1・両国の面積と人口がほとんど同じ

2・両国とも科学技術が突出している

3・両国とも文化大国である

4・両国とも自動車産業が国家基盤

46 :世界@名無史さん:2009/02/24(火) 21:04:34 O
日本の科学技術が突出し始めたのは1980年代だと思うが
しかもジャンルにかなり偏りが見受けられるけど

47 :世界@名無史さん:2009/02/25(水) 19:00:50 0
資源が少ないのも共通点だな。

48 :世界@名無史さん:2009/02/25(水) 22:54:47 O
昔はたくさんあったのになぁ

49 :世界@名無史さん:2009/02/26(木) 21:57:25 0
>>45
建国の背景は大きく違うけどな。

50 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 00:33:43 0
いかに名宰相といえども長くやりすぎだろ
後継者を育てられなかったのは減点

51 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 12:37:48 0
早晩ぼこられて、アメリカとロシアの台頭を招く運命だったと

52 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 12:57:56 0
>>45
両国とも世界の中心にはなれないところも

53 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 00:16:21 0
フランス文化は、それなりにアメリカに憧憬とコンプレックス植えつけたけど、ドイツはなぁ

戦前のドイツの人材なんて、科学者も建築家も芸術家も
戦後にはミサイル・ロケット博士のフォン・ブラウンまで
ごっそりアメリカ市民
ドイツ系市民も、誰もドイツの血なんて誇りに思ってないだろ

54 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 14:45:10 0
そりゃアメリカはドイツ系が1位だから

別の国と感じがあまりないんだろ

55 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 21:34:52 0
ドイツ帝国成立後も、多数の移民が南米に移住

56 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 05:19:54 0
なるほど

57 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 20:58:18 0
ドイツ・オーストリア文化は世界一だな
神の音楽を演奏する国だ

58 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 20:58:57 0
オーストリア人の方がドイツ人よりドイツ文化に

59 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 20:59:51 0
オーストリア人の方がドイツ人よりドイツ文化に誇りを持ってる

60 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 03:12:52 0
>>57
【ドイツ・オーストリア文化史】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209564508/


61 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 19:01:33 0
南米に移民が多いのも日独は共通

62 :世界@名無史さん:2009/03/13(金) 22:16:29 0
血液型A型最多も日独は同じ

63 :世界@名無史さん:2009/03/14(土) 00:30:47 0
>>61
明らかに規模が違うだろw
ドイツ系移民はブラジル南部3州を担う中核

64 :世界@名無史さん:2009/03/14(土) 00:33:07 0
ナチ残党も健在?

65 :世界@名無史さん:2009/03/14(土) 00:46:20 0
>>64
60年代まで実際に活動してた連中もいたが・・・・・モサドに摘発された

66 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2009/03/14(土) 02:38:14 O
>>63
その他にもチリ南部とかアルゼンチン中部では開拓の先駆者になったから、今でもドイツ系はかなり偉かったりする。
ブラジルでは日本人とドイツ人は規模は違えど、両者共にWW2までブラジル文化に同化しようとしなかった、
ほぼ二つしかない移民グループだったから、その点では共通点あり。
アラブ人でさえブラジルの習慣に同化したのに、
キリスト教でヨーロッパ出身のドイツ人が日本人並にとけこまなかったのはある意味凄い。

67 :世界@名無史さん:2009/03/14(土) 12:05:39 O
気難しい人たちだからねぇ

68 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2009/03/15(日) 13:12:38 0
ttp://www.amazon.co.jp/鮮烈・ビスマルク革命―構造改革の先駆者-外交の魔術師-前田-靖一/dp/4779114195/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1237090107&sr=1-4

この本買った人いる?

著者の経歴見てちょっと躊躇ってるんだが。




69 :世界@名無史さん:2009/03/15(日) 22:32:55 0

科学技術と芸術文化が両方1流の国は世界中見ても日本とドイツぐらいじゃないか?

70 :世界@名無史さん:2009/03/15(日) 22:34:24 0
アメリカなんか科学技術は1流でも芸術文化は3流だし
逆にフランスなんか芸術文化は1流でも科学技術は2流

71 :世界@名無史さん:2009/03/16(月) 19:50:37 O
イタリアがあるじゃないか

72 :世界@名無史さん:2009/03/16(月) 21:42:14 0
アメリカが芸術文化が3流?
なんじゃそれ

73 :世界@名無史さん:2009/03/17(火) 20:10:33 0
アメリカは文化が2流

74 :世界@名無史さん:2009/03/17(火) 20:21:38 O
優秀な奴はみんな空に行くからね

75 :世界@名無史さん:2009/03/18(水) 02:46:12 O
>>73
昔のハリウッドは一流だったんだぞ

76 :世界@名無史さん:2009/03/18(水) 13:29:11 0
しかし南米をここまで発展させたのって日独の両移民がいたからだな。

それまで南米を支配してたスペインやポルトガルなんて窃取しかしなかったし

77 :世界@名無史さん:2009/03/18(水) 22:39:51 O
だんだんスレの趣旨とずれてきてる

78 :世界@名無史さん:2009/03/19(木) 12:30:01 0
いいんじゃない?

79 :世界@名無史さん:2009/03/19(木) 17:54:22 O
別にいいか

80 :世界@名無史さん:2009/03/20(金) 17:43:37 0
鉄の男ビスマルク

81 :世界@名無史さん:2009/03/21(土) 04:14:01 0
ドイツは19世紀から第一次大戦までに
製鉄量、鉄鋼産業を飛躍的に伸ばせたのに
燃料不足になるのは目に見えていたから海外雄飛に積極的になったの?
早晩に戦争になるのは当然の行く末だったのかな?
でも味方の作り方がヘタですよね カイザー時代は
オーストリアとトルコだと、体制の古臭さがプンプンだし
早々にアメリカと連携すべきだったのかな?
なんか満州権益を山分けしようと申し出たアメリカを袖にして泥沼化していく帝国日本と似てる ホントに

82 :1960年英仏合作:2009/03/21(土) 14:53:26 O

  ∧∧ ピコッ  ☆
 ( ^o^)っ―[] /
[HMS] (^o^) 映画《戦艦ビスマルク号を撃沈せよ》ビデオを280円で買ったぉ♪




83 :世界@名無史さん:2009/03/22(日) 18:56:45 0
鉄血宰相

84 :世界@名無史さん:2009/03/25(水) 10:06:06 0
鉄骨飲料

85 :世界@名無史さん:2009/03/28(土) 14:57:32 0
伊藤博文の尊敬の人

86 :世界@名無史さん:2009/04/01(水) 14:00:28 0
あげ

87 :世界@名無史さん:2009/04/03(金) 14:03:57 0
日本の鏡

88 :世界@名無史さん:2009/04/11(土) 16:27:42 0
ドイツって、統一後でも、新大陸に移民する人多かったんだね
意外だ

イタリアについては、以前から知ってたけど

89 :世界@名無史さん:2009/04/11(土) 19:03:29 0
南米の発展は日独のおかげである

90 :世界@名無史さん:2009/04/15(水) 16:21:43 0
>>54

アングロサクソン風の名前の人が多いし、ドイツ風の名前だと豚肉料理が食いにくい環境のようだぞ
ユダヤ系の政治力恐るべし

91 :世界@名無史さん:2009/04/17(金) 17:02:52 0
豚肉とジャガイモの料理とビールを作らせたら
ドイツ人の右に出るものはいまい

92 :世界@名無史さん:2009/04/19(日) 19:10:18 0
そうさ

93 :世界@名無史さん:2009/04/19(日) 20:08:12 0
豚肉とジャガイモとビールさえあれば幸せになれるのもドイツ人だけ。

94 :世界@名無史さん:2009/04/20(月) 15:30:02 0
たかがジャガイモをあそこまで繊細な料理にできるんだもんな

95 :世界@名無史さん:2009/04/22(水) 12:57:20 0
マッシュポテトにグレービーソースだけで生活できるのはアメリカ人だけ

96 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 19:45:19 0
自分もビスマルクを偉大な指導者だと尊敬してますが、現在のドイツではどのような評価をされてるのでしょうか?
ウィキではこのように書かれてて気になったので・・

2003年11月、ドイツのテレビ局 ZDF の番組「偉大なドイツ人」の視聴者投票で、アデナウアーは「ドイツの歴史を通じて最も偉大な人物」に選ばれた。
タブーであるヒトラーは言うに及ばず、侵略主義的なビスマルクへの忌避感も強い現在のドイツでは、まずまず順当な選出と言える。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC



97 :世界@名無史さん:2009/06/09(火) 23:52:16 0
148 :異邦人さん:2009/05/27(水) 12:03:01 ID:1TTv8DXa
あと、ポズナニにあるビスマルクの実家はいまはファッションブランドのKENZOが入ってます♪ 



98 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 09:42:34 0
ビスマルクはなぜオーストリア併合(大ドイツ主義)を推進しなかったのか?

99 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 10:17:41 0
>>97
それはすごいw

100 :世界@名無史さん:2009/06/13(土) 10:18:49 0
>>98
ハプスブルク帝国の多数派は非ドイツ人
主にスラブ人

大ドイツ主義では、より多くのスラブ人をドイツ内部に抱え込んでしまうことになる



101 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 17:51:48 O
ビスマルクの社会民主主義に対する注意深い批判が印象的だ。
のちにハイエクが『隷属への道』で展開する社会主義批判と全く
同じ論旨なのに驚かされる。それだけにビスマルクが社民主義に
対抗するために社会保障制度を創設した歴史の逆説というものを
強く感じる。社民主義の脅威こそがビスマルクに社会保障制度を
創らせたからだ。

102 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 21:18:05 0
普通なら
大衆の不満や社会民主主義には徹底した弾圧を加え続け
例え、大衆や社会主義者が反抗する意思を完全になくしても
情け容赦ない抑圧で彼らを圧殺し続ける
という印象を持ってしまいそうだけどね

それに、ドイツ統一以後、第1次世界大戦まで
ヨーロッパの中心部で大きな戦争が起きず
表面上ではあるが平和な時代が続いたのも
ビスマルクの手腕によるものが大きかったし

103 :世界@名無史さん:2009/06/17(水) 23:17:47 0
ビスマルク以降のドイツは悲惨だったよな

104 :世界@名無史さん:2009/06/18(木) 14:49:13 0
ヴィルヘルム2世の時代も第一次大戦の勃発までは良かったんじゃない?
外交的には孤立をしていったけれども

105 :世界@名無史さん:2009/06/19(金) 19:16:59 0
ヴィルヘルム2世が糞過ぎるんだよ。
ビスマルク信者だったフリードリヒ3世の治世が長引いていれば
ドイツの運命は違っていた。

106 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 00:09:55 0
そうは言ってもヴィルヘルム2世の軍官民からの支持は
大変なものがあったと聞くけどな
積極的な軍拡と海外市場の獲得は
誰にとっても利益が増えるドイツ人にとっては理想的な君主であり政策だった
特に普墺普仏戦争世代が現役を引退し弱いプロイセンを知らない世代
が国家運営を始めてからはますますドイツ人の夜郎自大ぶりが大きくなった
この辺は日清日露戦争に勝った日本と全く軌を一にしてる


107 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 01:09:52 0
全てが終わった今になって考えれば、19世紀末から20世紀のドイツは、既に世界帝国を樹立していたか樹立しつつあった英仏露米に遅れて割り込んでまで植民地帝国建設競争に参加すべきではなかった。
北欧の盟主程度の地位にちんまり納まっているかつての大帝国スウェーデンのように、中欧の盟主にこぢんまりと納まっているべきだった。

・・・しかしその後の歴史の展開を知っているから言えることであって、当時のドイツ人にそんなことを言ってもほとんど誰も耳を傾けなかっただろう。
失脚して失意のうちに死んでいったビスマルクは、どこまでその後の歴史を見通していたのだろうか・・・


108 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 01:38:09 0
8000万の勤勉な国民
3ヶ月でフランスを破った精強な軍隊
能率的な官僚組織
堅牢で安価な製品を作れる企業群
次々と注目すべき知的発見を行う大学、研究所
ドイツ人が世界を敵に廻しても勝つという信念を持ったのも理解はできるが
アドバンテージの多さはそっくりそのまま弱点にも変わることもある

109 :世界@名無史さん:2009/06/20(土) 01:57:49 P
>>106
921 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2009/06/20(土) 00:18:35 0
>>766
デイリーテレグラフ紙のインタビュー対する不用意な好戦的冒険主義的発言によりドイツ皇帝ウィルヘルム2世
の政治力は失墜し、皇帝権限の制限の議論が世論でも議会でも開始された。(デイリーテレグラフ事件)

この事件のためカイゼルは政治的にも精神的にも2度と立ち上がれなくなった。

特に政治的に痛かったのは、皇帝与党とも言えるドイツ保守党(ユンカーと重工業オーナーが支持する反ユダヤ右派政党)
までもがこの事件以後皇帝に背を向け始め、政治的には内閣に軍事的には参謀本部に実権が移行てしまった事。

このため三権分立の基本原則が機能しないまま、皇帝権限が空洞化したため
帝国内部の利害の調整が難しくなり、WW1が勃発するまでまともに総合的な
国家の方向性を調節する機能が無くなってしまった。

特に内閣に参謀本部を統制する機能が発揮されなくなった。

WW1開戦に関してもカイゼルは戦争回避を目指したが参謀本部の総動員令には逆らえず
追認してしまう。特にWW1の戦争期は政治全般だけでなく軍権も参謀本部が握ってしまい
実権の無い傀儡皇帝と化した。

欧州ではWW1期のドイツ皇帝と参謀本部の関係をかつてのフランク王国の国王と宮宰の関係に例える事が流行った。


110 :世界@名無史さん:2009/06/21(日) 19:05:12 O
ドイツでは「ビスマルクはドイツを偉大にし、
ドイツ人を小さくした」という厳しい評価が
主流みたいだね。ビスマルク政治の理解者は
ドイツの歴史家でも少数派らしい。

111 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 02:46:38 0
「ドイツ人を小さくした」ってどういう意味?

112 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 12:17:24 0
>>111
異民族異文化に異常に嫌悪感を持つ
自助努力よりも国家が敷くレールに乗ることを好む
現実よりも法規を重要視し思考停止に陥る

113 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 12:28:41 0
市場経済を重視し肉と牛乳の配給をやめて社会格差を広げ、
社会不安を防止するために渋々社会保障政策を導入したが限定的で、
ドイツ人の平均身長が7cmダウンした

ケーラーの1992年論文

114 :世界@名無史さん:2009/06/23(火) 12:36:35 0
>ドイツ人の平均身長が7cmダウン

これ本当?

115 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 06:48:41 0
信じられんね
それが本当だったらビスマルク以前は
ドイツ人の平均身長は180センチ近くあったことになる

116 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2009/06/25(木) 10:24:17 0
>>115

それが本当かどうかは知らんが、古代ゲルマニア人は
「主に乳とチーズと肉を食べて生き」、
それでいてガリア人より巨体だったという話(ガリア戦記など)もあるからね。
肉と牛乳の配給が実際にあったとすれば、必然的に子供の発育にも
影響を及ぼしただろうと思う。

晩年になってかなり基準が下がったとは言え、フリードリヒ・ヴィルヘルムが
巨人連隊なんてものを作ったということ自体、
それなりに当時のドイツにも背の高い男が多かった証明だろうし。


117 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 12:24:38 O
巨人より巨チンの方が羨ましい

118 :世界@名無史さん:2009/06/25(木) 18:41:44 P
>>116
いや、わざわざ「巨人連隊」なんてものをつくらにゃならんほど、当時のドイツ人は
背が低かったと考えるべきだと思うが。

119 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 09:41:32 O
>>109
戦争を引き起こすのは政治家でも軍隊でもなく民衆だったって事だね〜

120 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 00:54:39 0
 

121 :世界@名無史さん:2009/07/16(木) 23:35:57 0
>>101
戦前の日本の権力者達はドイツから多くの事を学んだが、社会保障制度だけは
学ぼうとしなかったと思う。これがビスマルクだったら治安維持法と並んで、
社会保険法を制定したかも。当時の日本の権力者は「弾圧しろ」の一点張りで
なまじ社会保障制度などは人民を怠惰にするから有害だとさえ思っていた。
この点さすがにビスマルクは偉い。まあ日本も国民を本格的に戦争に動員せざるを
得なくなった昭和13年にやっと厚生省を作ったけど。


122 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 00:39:26 0
>>106
夜郎自大と言ってもドイツと日本じゃ違いすぎる。土台歴史が違いすぎて比較が困難。

日本は日清日露の戦勝で傲慢にはなっても、第一次大戦でも老獪振りを発揮して
上手く立ち回ってドイツのように破滅はしなかったし、少ない犠牲で大陸やドイツを食ってさらに権益を増やし、
さらに強国化した。大国にフルボッコされたドイツと違い、日本は中立関係や日英同盟もうまく使った。

両者の違いは、ドイツは外交能力が日本より劣っていること、それにより無茶で破滅することだな。

123 :世界@名無史さん:2009/07/17(金) 01:15:05 0
んなことないよ。
日本の日清日露戦争指導世代は英米協調に細心の注意を払っていたし
ドイツの普墺普仏戦争指導世代は親露外交に細心の注意を払った
彼らが引退してのち新世代の指導者たちは先代が築いた遺産を全てブチ壊した
そのため両国とも二正面作戦を強いられ帝国は滅亡した

124 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 17:32:15 0
>>123
似てる所って第二次大戦で負けた所ぐらいじゃん。

普墺普仏戦争以後、ドイツは懲りずに二回も破滅したけど、
日本は日露以降は大きな敗戦は無い。

新世代といっても皇帝権力が強大なヴィルヘルム2世や
独裁者ヒトラーという二大馬鹿に引きずられて戦争突入。
対して日本は天皇の権力は制限され、戦争主導者から程遠い。
下克上の風潮や佐官クラスの冒険が元で、戦火が拡大。あちこちにミニ石原みたいなのが
統帥がばらばらになって結果として対米戦まで行った。

独裁的な体質が仇になったドイツと、非独裁的な組織が仇になった日本で対照的。

125 :世界@名無史さん:2009/07/24(金) 22:26:39 0
>>124
片や指導者の独裁により、片や軍人の独走により、「政治による戦争指導が機能しなかった」という側面なら、案外日独で共通しているのでは?

結局、両国とも政治を軍事に優先させることができなかったために、軍事的に暴走して失敗した。
クラウゼヴィッツのいう「戦争は他の手段をもってする政治の継続である」「戦争を指導する最高の立場は政治的観点である」という原則を、ほとんど逆転させてしまった。

ビスマルクや伊藤博文のように意識的に政治を軍事に優先させようとした政治家が指導している時代はそういう危険はなかった。
山県、寺内(父)、山本、加藤のような、政治とは何であるのかを身をもって体験した世代の軍人が健在の間は軍部の盲目的自己運動は起こらなかった。

しかし日独ともそういう「指導者が政略的観点から軍事を統率する」あり方をシステムとして制度化できなかったために、激動期を生き抜いた名相・名将が死去または引退すると大局を誤った。

126 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 03:58:32 0
>政治による戦争指導が機能しなかった
>政治を軍事に優先させることができなかったために

まずこの辺が致命的におかしい。
政治が機能してるかどうかは、戦争をするしないじゃないくて、
政治による管制が機能してるか。大戦争を起こしてもそれが政治による正当な
手続きをへたものであるなら、機能してるわけ。
それはドイツを見れば分かる通り。ヒトラーも表面的なもので誤解されがちだが「政治家」なわけ。
ヴィルヘルム2世にも言えるが、正当な政府の代表者。
そしてドイツはこれら政治が強力なイニシアチブをとって戦争に突入し、
それが独裁的に服させたために破滅した。

対して日本は出先のしかも軍代表者でなく、中堅程度の連中が主体となって戦争に突入した。
政府や大本営までひきずる形になってるわけで、その個々が勝手に行動した事でめちゃくちゃになった。
一個の強力な独裁者が支配したのでなく、ばらばらに行動しミニ政府状態になってしまった。
軍人すなわち国防担当の軍官僚なんだから、それが政治家を引きずり回す羽目になったわけ。
ついこの間までもよい言われてたろ。官僚うんぬんが。日本はこの手の現象がおきやすい。
どっちにしろ強力な独裁的政治家の体制が原因だったドイツと大きく異なる。

127 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 09:10:10 0
優れた人材は都合よく続けて出てこないといういい例

128 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 11:38:56 0
ビスマルク級の優れた人材が出てこないと
戦争遂行が出来ない政治体制が
そもそも間違ってるわけで


129 :125:2009/07/26(日) 01:42:37 0
>>126
上で「政治による戦争指導」「政治の軍事への優先」と言ったのは、戦争を政治家・軍人のどちらが主導するかや、意思決定手続の問題でなく、戦争目的設定に関わる政治の優先性を言いたかったんだが。

普墺戦争の際、モルトケはオーストリアを完膚なきまでに叩き潰してウィーンへ堂々入城しようとしたが、ビスマルクは体を張って止め、領土割譲なしの寛大な条件で早急な講和を急いだ。なぜか?
ビスマルクにとってこの戦争はオーストリアを叩くこと自体が目的ではなかった。
来るべきフランスとの戦争にあたってオーストリアを身方につけて中立を保たせ、統一ドイツ建設にあたって口出しをさせないようにすることが目的の戦争だった。
そのためには、「手ぶら」に近い講和に甘んじてもオーストリアに強い復讐心や領土回復の野心を抱かせることは絶対に避ける必要があった。

ヒトラーは『わが闘争』で共産主義絶滅を公然と主張しておきながら、当初はソ連と組んでポーランドを攻め、その結果意外にも英仏に宣戦される羽目になった。
ここまでなら「見込み違い」ということで止むをえない。見込み違いは誰にもある。当面は最終目的を棚上げして英仏と全力で戦わざるを得ない。
しかし、では英国を屈服させられない状態のまま、何のためにソ連に攻め込んだのか?そしてスターリングラードで負け始めた時点で、三国同盟条約上の義務もないのになぜアメリカに宣戦したのか?
この時点でのソ連・米国との戦争目的は何だったのか?意味もなしに戦争をしたのか?戦争が自己目的か?米英ソと同時に戦って勝てるつもりだったのか?
戦争目的の設定に非常に大きな疑問符を投げかけざるをえない。(政治的手続上はさぞ正当だったのだろうが。)

「戦争を指導する最高の立場は政治的観点である」という見地を徹底させるならドイツはどうすべきだったか?
ソ連の殲滅という最終的な政治目的を実現する中間手段として、何をおいてもまず戦端を開いた英国を完全に屈服させなければならない。
それができないなら、どんな不利な条件を飲んででも英国と完全和平を達成しなければならい。
そして来るべき対ソ戦での米英の中立を勝ち取り、第一次大戦のような挟み撃ちの負けパターンを回避する。
ヒトラーはこれができなかった。その意味で、彼は政治主導による戦争指導ができなかった。

130 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 04:37:05 0
> しかし、では英国を屈服させられない状態のまま、何のためにソ連に攻め込んだのか?
答えは簡単。スターリンがイギリスと組んでドイツに攻め込もうとしていたから。
それに対しての先制攻撃だな。泥沼になったけど。

アメリカへの宣戦布告も、既に実態としてアメリカはイギリスに肩入れしていたんだから、
実態の追認以上の意味は無いでしょ。

131 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 18:30:13 0
感動した!!

丶丶丶丶丶丶温幽籬櫑櫑櫑櫑櫑幽厶雌櫑幽岱垉厶丶丶丶丶丶丶
丶丶丶当櫑欟欟櫑欟欟欟欟欟欟欟櫑欟櫑櫑翻麗謝叱丶丶丶丶丶
丶丶丶覇竃櫑櫑欟欟欟欟欟欟欟櫑欟櫑欟欟欟層櫑艶旨丶丶丶丶
丶丶丶層櫑欟欟欟欟欟欟欟欟欟嬲竃嬲竃竃欟櫑竃覇覇丶丶丶丶
丶丶丶灑嬲欟欟嬲嬲嬲嬲嬲鬻辧卻眉贈幗層欟欟櫑竃櫑廴丶丶丶
丶勹僧層櫑欟鬱綴綴局悦局局拇狐綴綴鋼幗幗竃欟竃櫑廬丶丶丶
丶湘嬲嬲櫑欟辧綴仰災欠災沼卻局綴綴掴綱幗櫑嬲幗櫑廳丶丶丶
丶勺覇欟櫑鬱即卻仰災災沿己卻凹句郊塀獅幗櫑櫑欟櫑勳丶丶丶
丶丶濁幗欟圓扼卻仰災災沱災可沼笳鏑櫑雌彌幗櫑欟櫑欟眦丶丶
丶丶層櫑櫑鬱狐猖旛幽迫己旧卻獅嬲嬲幗幗幗幗櫑欟櫑覇眇丶丶
丶丶櫑欟欟鬱掴嚴憫笥局仰可局綮当踏審綱燒幗層欟櫑欟廴丶丶
丶丶層覇櫑欟即尚旛籬籬枢叫猖鬱幣憫牒憫椹禰幗欟欟欟杉丶丶
丶丶層欟櫑欟抓儕凹沼珱卻旧塀簡紹笳綴僻綴掴幗欟欟鬱丶丶丶
丶丶丶層櫑欟仰卻旧突句己沒笵綴囹卻仰加仰塀禰層欟欟企丶丶
丶丶丶瀰欟欟仰旧句災沼卻卻卻獅雌扼卻卻狐綴綱層欟欟歡丶丶
丶丶丶湧欟欟紀凹句巡卻仰似局綴獅雌卻卻綴掴綱幗嬲覇黙丶丶
丶丶丶丶層眼眼句旧卻卻鍵輔禰層嬲幗囹卻綴掴囃幗櫑歉丶丶丶
丶丶丶丶勺龝圄句沒卻卻卻卻沺禰幗幗雌歳狐掴囃彌欟默丶丶丶
丶丶丶丶丶丶丶句沒卻笳僻把洞雄櫺櫑顧綴鋼囃讃幗嚶丶丶丶丶
丶丶丶丶丶丶丶勺句卻譲嬲霸嫻嬲幗難掴獅幗幗幗嬲艶二丶丶丶
丶丶丶丶丶丶丶丶句旧卻卻綴掴燒辧辧讃幗幗幗幗杉欟欟幽丶丶
丶丶丶丶丶丶丶丶丶刈皿狐卻仰瀉囃雌幗幗幗覇歉勺欟欟欟櫑幽
丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶勺牋綴燒雌幗幗幗幗幗鬱三儲欟欟欟櫑櫑
丶丶丶丶丶丶丶丶二旛櫑封贈簡幗難幗幗櫑鬱災三灑欟欟欟櫑欟
丶丶丶丶丶丶澁櫑櫑櫑櫑歡兆卻塀綱幗幗黙冖三消欟欟欟欟欟覇
丶丶丶澁籬櫑櫑櫑櫑櫑櫑置丶筍綴綴諜冖丶丶三瀰欟欟欟欟欟覇
丶誕櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑欟櫑置丶勺朔薪丶丶丶丶勺欟欟欟欟欟櫑櫑
灑櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑欟欟置丶俎幗雛止丶丶丶儲欟欟欟欟欟櫑櫑
欟櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑櫑欟置丶欟攜層櫑幽丶丶灑欟欟欟欟欟櫑櫑


132 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 20:53:08 0
                         (⌒)
                         r'-r'
                        / ̄1
                       ,′ i
                        i  ,′-─‐- 、
                         |  l彡'"¨``^ミタ、
                          |  j '゙゙゙` '゙゙゙ヽ1::',  
      (⌒)                |  | > , < .|:::ル' 絶対負けられない戦いがそこにある!!
      / ¨7                   |   |' ' r─┐' ' Nノ´
      〈.  |,. .:::.:-:::.、           |  |  ヽ__ノ ,.イノノ   
      |  |.:::从ノ l.:l:l:.ヽ           |  爪>ー<:/
      |  |/l/l/` H-lノl          /|:. //i L_Ll/ハ
      |  | > , < 1:ほいさっさあ 〈/|:::// L_ Vハ「
     ./|::./l ' 'r─┐' 'H        //1//   X_X、
   〃 レ'/ミ:、 `ー' ,.イノ        // 」/     / /^l_〉
   /⌒V  l1`エ´.:ノ{}       ,.イ⌒77ヽヽ     i |
  /  ∧  l:|  X´〈〉    / / //  iNi.    リ
  | | | | |} // /介}      /に7  |:|  | |    1L_
  | | | | リ.//   |      (淫) _,|」 __ノ _ノ_, ィくVノ⌒)
  | | | レ'_ノ.    |_ム    ヽ二二ニニ-y‐⌒7 l N_フ´
  `</¨ `ー-  〉_ソ      〈   _/   /  ,! l |
   /⌒ー-====ヘ          ト、/   _/   ,′ | |
  _ノ.:.:.:.:.:.::.:.:.:::::::::::1        ヽl\__/ _,′_ 」/
 ト、.:.:.:.:.:


133 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 23:17:24 0


   -ァ'´                'vl   / /┌┘└┐
  ァ′                     レl  | |  ̄| | ̄          ,.-──-、
  イ       厂`⌒^二`¬--―-、   イ  | |  _| |_    _     { ,.-─、  }
 'フ       ノ  .二ニ二ニニ  -ー-i   ソ  | |_, { c r、ゝ┌┘└┐    ̄  ノ ノ
 ス     ,.(  '´,.=ニ二、 J  ‐'ニ|   ン   ヽノ 'ー '     ̄| |_, ヘ     f´ r'´
 イ __   f` J ''"´ ̄`ー┘  lニ=| ソ           { c  }      ,ニ,
 'V/ハ. 〔`    _,..ニー、 、  ,. _ |/´             ' ー'7_/      'ー'
  { {.ヽリ( J'   ヽ.f:ユ>) リ { Krュフ{′    _________
  ヽ`' 仆      `ー‐'  ノ ヽヽニノ |.      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `ー| }r       ,.   {   u|..     .|  |
     |{ノ   ノ丿 /'ー、__,ハ   }       |  |
    | u   U/ , -ー---、} //     |  |
      :|    /,∠ ィエエZ_ノ //.      |  |        ____
     :ト、  ||ト、  } }A{ '〃        |  |        |\
   _,}    ||ヾトzェ元ダノ/'        |  |        |  |
´ ̄__/  \|   ヽニ二ノ/{.         |  |        |  |
          \     / ヽ.        |  |        |  |
  丶   |  l  `ー--‐'    ヽー--、_ |  |        |  |


134 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 01:30:11 0
>>129
それは戦争目的を達成する上での戦略ミスに過ぎない。
失敗しようが成功しようが政治による戦争指導であり、軍事は政治に従属している。

戦争の目的設定において政治が優先してるのに変わりは無い。
ただその目的達成における手順におけるミスが戦争目的、ひいては政治的な目的を達成するのを不可能にした。
このあたりが軍人が暴れてめちゃくちゃにした日本と大いに異なる。

135 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 22:42:16 0
         ________    
        _,,;';';';彡;彡'))_,,
     /::'彡彡:::::::::.::ミ,,,ミ';
   /::::::::::::::';;'      ';:ミi
  /.:.:.::::::::::彡        ミi 
 /.:.:.:::::::::彡 ,,,====   ,==,y
 |:.:.:::::::::::::i           !         ∧ ∧ ∧  /|  /|
 |.::::/ヽ)川   /tテゝ  /tッゝ     _|\/ ∨ ∨ |/  |/ /
 |:.:::.|(8i.         ヽ   )    \ ビスマルクのポスター、
  i:.:::ヽ.6          ヽ  i      > ・・・貼っちゃったのは
  i:.:::::し.       (.,,、_,.)  i     ∠ イルミナティの
   i:.:::::: |    ´  _   i     ∠      陰謀だったんだよ!
    i:.::::::: i    ´ ̄二 ̄ノ       |/\∧  /\∧\∧\∧
     i:.:::: \__      /            V
       |  ヽ\__ン'     ___,  ,=、 ___
      「\    ソ|    (( |‐、| |L..! {L..l ))
 ___/.\.\.   ./i\__  .l`´! l _,,,l | _,,|  , -,
    /    ヽ \__/ | \.\ |=; | |   | | .l / 〃 ))
     >  ヽ /iUハ |  厶 ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
      \  .ヽ/ 川 V  /  ヽ:::\::  ::::|  ::l /


136 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 19:10:08 0
    |
    |        /|  |ヽ
    |       / |  |:::ヽ
    |      / / /⌒ ヽヽヽ
    |     /  < | ο | >::::ヽ
    |     ヽヽ:⌒:: | /⌒:: /   ビスマルク首相がいると聞いてやってきた
    |     ヽヽ:::ノ ¥::::ノ/
    |      \∧ M ∧/
    |     // _ヽ::W::/ \
    |  __/_::ヽ__彡ミヽヘ
    |\:::::::\/━━─┐彡::::::::
    |ヽ\:::::::ヽ ::::::::::::::::::》《  ::::
    | \ \::| ::::::::::::: /::::\:::::::
    |/>/::ノ: :::::::::::::::/::::: :::\::
    |/::\:::::::>::::::::::/ :::::::::::::>::
    |ゝゝゝゝ\:::::\:::\::::::::::/::
    ||::::::::/ \::\::::::\::\/::ヽ:


137 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 12:59:53 0
ビスマルクが生きてたら、第一次世界大戦なんておこさなかっただろうし、
そうであれば、第二次世界大戦もなかった。
今頃ドイツは超大国だっただろう。

138 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 20:20:52 0
 どっかあああああああああんん!!!○    ゜
    o 。     ゜゚  ゚ .    o      ○o
         r⌒ヽ  (⌒⌒)  r⌒ヽ/,      こまんたれブ〜〜〜!
      、、;(⌒ヾ   ((⌒⌒))  /⌒) ),  , 。
   、 ヾ (⌒ ファビョ━ l|l l|l ━ン!⌒⌒);;)/. ,
  、\(⌒ゝ;(⌒ヾ   ∧_,,∧    ⌒)/)) .,/ ,,        ∧__∧
 ((⌒-丶(;;;(⌒ゝ;;(⌒∩#`Д´>'') ,⌒⌒);;;;;)))⌒)       (    )
  (;;;;(⌒(⌒;;;(⌒   ヽ    ノ / ))⌒));;;;)-⌒))    、_ノ   ,つ
 ゞ (⌒⌒=─      (,,フ .ノ    ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)  ∠_,,冫 ノ'
 ((⌒≡=─  人从;;;;  レ' ;;;从人─=≡⌒)丿;;丿ノ    レ''
 "''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`"'゙''` "'゙''`"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' ゙ ゚ ゙''`"'゙''` "'゙''`


139 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 13:35:19 0
              _.。ャぁて丕刀フ7ゎ。._
           ,.ィ炙ヲi≠┴⇒弍j込ス>。
.        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
.        ;夕フア´                \ホi心.
       んfiУ                ▽ij∧
       从j'Y                   ∨iハ
.       斤W                      kい
     |友カ                    }ソ川
.       い叭                   仄ガ
.     Wi从                  从ノリ
.      ∀t△                 ∧fリ/
       ゙マじへ、             /リiУ
        \夊id、_             ,.イ!刋/
         `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
           `゚'' ミ芝玉竺壬云=‐'´
                    ̄ ̄


140 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 20:49:29 0
         _,.=三三三三ミ、
         ,.=三三三三三三ミL_
        /三三三三彡彡==fミミヽ
      {三ミr'"        ミ三》
      l三ミl            ミミリ
        ',三ソ ==、─=ニ_ ミソ
      r、7={_,xぃ、r}¨{x ィぇ、 }¨リ7
      ヽi  l -‐_ンl lヽ、二ノ }j
       lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ
        ゙i     -'  、   /
        ヽ  { ゙ ̄ー ̄´  ,イ、  ドイツに対し青島の返還を要求する!
         ヽ ヽ__,. // 入
        _ノi゙、   ̄   / /::::ヽ、
   __,. -‐'"/::l `ヽ、__,/   ./:::::::::::i:::`::ー..、_
-'":::::::::::::::/::::::::l  /´゙ヘ.   /::::::::::::::l:::::::::::::::::`
:::::::::::::::/:::::::::/l`∨辷夕ヽ//\:::::::::::l:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::>'':::::::l.  /! ij',  ./::::::::\'¨´:::::::::::::::::::
::::::::::::::<´:::::::::::::::l /    i /:::::::::::::::\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|:::::::::::::::::| /    l./:::::::::::::ヾ:::/::::::::::::::::::::


141 :世界@名無史さん:2009/08/03(月) 21:21:11 0
                /::::::::シ': : : : : : : : : : : : : : :'、::::::::ヽ
                 /:::::::::::::,'  : : : : : : : : : : : : :  ',::::::::::ヽ
              /::::::::::::::::l     : : : : : : :      i::::::::::::゙,
              ,':::::::::::::::::::j             ノ:::::::::::::l
             ,':::::::::::::::r'´ _,..,_          ,、`ヾ::::::::::l
             l:::::::::::::::l  ィ==ミ三ヽ,  f_三三彡'  l::::::::::l
 ,. --z==、______l_::::::::::l  ヘ't苙ミ,`':  :'´ft苙=ミ,  l::::::::::l
'´;:;:;l´ f´: : : : : : : : : : : :`l:::::::::l   `"""´ ;  ; `"""´   l::::::::,:'
-―l ,--!_:_:_:_:_:__ト、:::::l        ,..i  i.、       l::ィ´
   lL_ノ:::::::: ハ,,ハ :::::::::::l―'、:l       ,:'、r;__;ュ.〉、     l' l  この9条が目に入らぬか!
、  `´、!::::: ( ゚ω゚ ) : :::::::|  ,ノ:'、     /  : :   ヽ    ,l!ノ
:;\〈 ̄ソ:: / 9  \:::::::| /l、^、     '、_, =ニ=ニ= 、_ ,' .:  ,'´
(⌒丶((⊂  )   ノ\つ)).!/ リ、丶 ヽ  `` ー‐一 '´    /
`丶、,r‐ト:::: (_⌒ヽ :::: :::|  /:.:ヽ ヽ '、 ':、     ,:' /,イ
、   `~|:::::: ヽ ヘ } ::::_,」 /:.:.:.:.:.:\\丶、___,ノ/ ト、
 ` .ε≡Ξ ノノ `J ::: :::lト、:.:.:.:.:.:.:.:\\`'  、__, '"  ハl l
  ノ | |::: ::: :::::: :::::: :: :: :::::l lミヽ、:.:.:.:.:.:.:.\\      /::::l ト- 、、


142 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 21:17:27 0
/イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト  まだ燃料投下すると思うよ
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'         //
         ! ぃ、     、;:==ヲ   〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ


143 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 22:15:24 0
ビスマルクは偉大な政治家だった
彼の言葉は常に大切にしている

144 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 22:06:47 0
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- Frankreich粉砕!!!
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐       
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


145 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 20:34:35 0
ビスマルク体制のもとでドイツ中心の同盟・協商の網が形成されて、フランスは見事に
孤立させられてますが、逆にこの時代、フランス外交はどうだったんでしょう?
ドイツに対して外交面で打つ手はなくて、完全に封じ込められていたのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E4%BD%93%E5%88%B6

146 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 22:55:45 0
ビスマルク体制
              ∧_∧
             (゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚)
             ( ’∀’) < 栄光ある孤立
             (    )
              |  |   |
             (__)_)

                                ∧         ∧_∧
            / ̄ ̄\          /⌒\        (゚∀゚  )
ドイツによる .  /____\        ( -∀Θ )      ⊂゚゚ノノ゚゚)
  意図的な孤立|/.(`∀´ )\|         ∪/+⊃| ̄ ̄ ̄ ̄ |  |  |
            (    )          |  |   | |     /(_(_)
             |  |  |          (__)_).|   /
            (_(_)  三国同盟/\     |  /三帝同盟
                   ∧_∧/   \   |/
                   ( ・∀・) ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧
                   (ノノ .♀⊃     ( -∀- )           、
                    |  |   |      ⊂ :│:⊃         | ̄ ̄|
                   (__)_)      |  |   |         (゚ー゚ )
                              (_(_)         (   )
                                            |  | |
                                           .(_(_)


147 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 23:58:05 0
>>145
第三共和制が確立すると、一方ではイギリスと競合対立しないよう慎重に植民地拡大策(大英帝国のフランス版建設政策)を進め、欧州で失墜した威勢を世界帝国建設で取り戻すことに努めた。

その一方で、ビスマルクが巧妙に避けてきた露仏提携(ドイツを東西から睨む体制)を懸命に模索し、ビスマルク失脚後ついにロシアと同盟締結に成功した。

148 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 18:33:54 0
いいすれ

149 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 19:45:03 0
ドイツ統一記念式典のパーティに出たビスマルクは
ある人物と会話して
「私はこのような強烈な個性を生まれて始めてみた」と感想を漏らした
さてこのある人物とは誰でしょう?

150 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 19:52:00 0
ドイツ統一記念式典って、ヴェルサイユ宮殿でやったやつ?

151 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 20:46:49 0
          ‐≠==ニ    \
         // //トv l |l l ∧
      -=ァイ/  / //_∧ lノ」| |l 、 ',
      -匕f ?/|//´/ レ'?`Y、? }   Einheit!!
       /,イ| ´/》Yソ⌒    ⌒Y// ∧
        |///|/∨ト、"" f'‐┐""イ//?丶  Deutsches Reich!!
         /  / ∨,ィ'/:フー七´W∧ヽ
          /mfY'レ从_/: :∧
         / {「ヽ ∧ノ|「 |: r'´⌒l
     r=≠´  {  ト: :フ¬/ /_/
ィm_/l | `ー_ノ{>/ >、: : :イ  /:}
{ / /  ヽ\ / __`Y´ ヘy'  /:人
Y 〈   /\\_r':::::/:\  j  /: :|::::ム
?¨ ̄      ーl:::/: : : :\_/|: :∧::ノ
      f^ー<ヒ: : : : : : : : : : :〉 : : : : 〉、
      |: : : :i : \: : : :`:ー:o/: : : :/:i :}
      } : : : : :_:_:_\: :_:_:_/:r:-: ´: }: :',:\
      / : : : : : : : : : : : : : : , |: : : : | : : : :/
      \ : : : : : : : : : : : : ' : |: : : : ヽ、: /
         \: : : : : : : : : ://: : : : : : :/
         `ヽー ―‐´、/: : : : : : :/
           ヽ     |  ̄ ̄/ ̄
            |   }   /
            |   |`ー‐'
            |   |
            {__|
            |:::::::::::|
                |:::::::::::|
              |:::::::::::|
            |:::::::::::|


152 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 00:56:41 0
>>149
ワカラネエ
教えてくれ!

153 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 12:26:29 0
もしフリードリヒ3世が長命していたら、ビスマルクの政治的立場や、その後
のドイツの歴史はどうなっていたかな?

154 :149:2009/09/03(木) 22:36:10 0
149の答えは
ドイツ楽劇の完成者にして19世紀最大の文化英雄
リヒャルト・ワーグナーでした

155 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 01:35:55 0
>>154
ヴァーグナーか!
漏れ時々クラシック聞くけど、ヴァーグナー好きだぜ!
そんなことは誰も聞いてねえよな。

156 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 23:20:28 0
                                   _   _ /
                                    /⌒ヽ>´ヽl
                                  /`ヽ/  / 打倒Frankreich
                              l _//  / Elsass奪回
                               /´:::/    |ヽ              /7
                            //::::::/   /  l/      ____//
                       , へ , -‐'´ _/ ::::/   /    ̄ ̄ ̄, -、  -‐_//
                    <_   \ / l::::/   /      _ , -‐ ` ´, - ' ´ ´
                      , - ヽ    / //:::/  /l-─ ' ´  , - ' "´
           〃   , -‐_' ´    ヽ  / //:::/  //_ , -‐ ' ´
         〃-‐ ' ´_ _ ー' --─ 二 ∨ //:::/   // //
        〃---------────¬´∨/_ /、  /` ー-、.. _
                       , -ゞ'7〃`Y- ′    \ _/
                   , ‐'/ /⌒ヽ /---── ' "´
                    , ‐' ´  //ヾ::::::::}ソ
                ∠_, -‐ ' ´   `¨´


157 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 12:10:05 0
                                  人          彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
                                 (         彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
                                 丿         彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
                              ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
 攻撃、攻撃♪                   人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)''"
  ∧_∧              ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)〜'')
√(  ・∀・)     _,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ 彡')彡"
| (:::..、===m==<|::::::゙:゙                     '"゙ミ彡)彡⌒;;イ;λ⌒)`)     Frankreich
|_= |:::. |::. | '    ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_          )  彡,,ノ彡〜''"´ ;゙#人⌒`)
  (__)_)              ゙⌒`゙"''〜-、,,     ,,彡⌒''〜''" ,,':('(⌒人;;从;;)`)⌒)`,.
                            "⌒''〜"  彡〜"   "''〜  


158 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 13:29:59 0
>>147
小党分立で政情不安定でも、長期的な視野をもち、しかも、好機を逃さない
優秀な外交官に恵まれていたんだな

159 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 13:51:25 0
>>158
え…?

160 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 13:57:24 0
当時のヨーロッパでドイツと対抗している以上ロシアと結ぶべき、なんてのは馬鹿でも解る話。
例えば今の日本が中国と関係悪化した場合、アメリカと関係強化した方がいいってのと
同じレベルの事。

そんな事は当のフランスだけじゃなくロシアもドイツも承知してて、その上で当事者全員が
流れの中でいろんな利害を計算した上である種仕方ないと判断してああなったのが露仏提携。

「優秀な外交官」とか夢物語。

161 :世界@名無史さん:2009/09/07(月) 21:45:03 0
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍              卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■              卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■        卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■  ■■■■■      卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍    ■      ■■■■■  ■■■    卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍  ■■■      ■■■      ■■■  卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍    ■■■  ■■■■■      ■    卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍      ■■■■■  ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍        ■■■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍        ■      ■■■        卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍              ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■■■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍          ■          卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍              卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍
卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍


162 :世界@名無史さん:2009/09/10(木) 20:45:07 0
        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!!    ━━┓┃┃
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ      ┃   ━━━━━━━━
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{         ┃               ┃┃┃
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ    。                       ┛
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′ ゚ 。
   ヾミ、`ゝ  ` ー--゚ 。   ≦ 三
     ヽ ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
        |  `、 ゚ 。≧         三 ==-
       |    > -ァ,          ≧=- 。
      ヽ_     イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
         ヽ _ ≦`Vヾ        ヾ ≧
            。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


163 :世界@名無史さん:2009/09/12(土) 12:35:24 0
資金力が乏しいにもかかわらず軍備の増強を図っていた18世紀のプロイセン
では低コストで大量の軍服を揃える必要が生じていた。そのため、布地を
節約するために上着を細身に仕立て、粗末な生地で作られた軍服を華麗に
見せるための縁取りや組紐等による飾りが付けられた。
そしてこれらの工夫が、安価でありながら実用的且つ見栄えがするドイツ式
の軍服を産んだとも言える。


164 :世界@名無史さん:2009/09/13(日) 21:07:39 0
Deutschland,Deutshland über alles
über alles in der Welt,
wenn es stets zu Schutz und Trutze
brüderlich zusammenhält!
Von der Mass bis an die Memel,
von der Etsch bis an den Belt:
Deutschland,Deutshland über alles
über alles in der Welt!


165 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 09:05:22 0
世界に冠たるドイツ

166 :世界@名無史さん:2009/09/17(木) 22:35:56 0
               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 何 :    /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´   : : :
: が :   //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\    : : :
: 何 :  /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   : : :
: だ :   |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   : : :
: か :   |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   : : :
:    :   }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   : : :
: わ :.  |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
  か     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
  ら      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
  な     r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
  い   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |


167 :世界@名無史さん:2009/09/18(金) 22:49:31 0
Melden Sie sich vor dem Arztbesuch zunächst telefonisch
bei der medizinischen Einrichtung und informieren sich
über Untersuchungszeiten,
Untersuchungsmethoden usw. Wenn Sie zur Untersuchung gehen,
sollten Sie einen Mundschutz tragen.
(Kleinkinder müssen nicht unbedingt telefonisch angemeldet werden.
Sprechen Sie vor einer Untersuchung mit Ihrem Hausarzt.)

168 :世界@名無史さん:2009/09/21(月) 14:18:35 0
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  逃げる奴はFranzosen Kopfだ!!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  逃げない奴はよく訓練されたFranzosen Kopfだ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |


169 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 17:12:20 0
Straßburg wurde unter dem römischen Kaiser Augustus
als Argentoratum gegründet.
Es war zunächst ein militärischer Außenposten
in der Provinz Germania Superior.
Straßburg war ab dem 4. Jahrhundert Bischofssitz
und wurde im 5. Jahrhundert durch Alemannen, Hunnen
und Franken erobert.

842 wurden hier die Straßburger Eide geschworen,
die das älteste Dokument in französischer Sprache darstellen.
Diese Eide sind zweisprachig (althochdeutsch und altfranzösisch)
überliefert.
Die Sprache von Stadt und Region war damals althochdeutsch.



170 :世界@名無史さん:2009/09/25(金) 20:13:28 0
                  __,. -‐‐- ..
                    /.::::::::::::::::::::::`ヽ ドイツ万歳
                 /.::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   . -‐…‐-. .
              -イ:::从::ゝ:::::::::::::::::::,>:'": : : : : : : : : : :`ヽ
              从リヒハ:::::::::::::ー=彡. : : : : : : : : : : : : : : :ハ
                く ノハノハ::// . : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                人Yヽ   ///: !: : :从: : : : : i: : : : : : : :.}
             _     ハ二∠..ィ'/ 从: :/≦\: : ハ: : :i : : : ノ
         / ヽ }_  /  {∧ハ/厶イヒV´ じ'ヽ X: : : : ハ: : :ト、
            i _ヽソー'〉ノ V 〈 /ヽ/ iく  `=''厶ィノjノ ノ: :N \
            | ーく ノ   ヽ 〈,/  _∧、_      , }: :N厂 ̄ \
           |  ノ〈_    ∧ /  「 ヽ ∨__)     イ ノ⌒/     ヽ
         ヽ  / \‐一' く_/ー-  ゝニ .<\,/ //     ハ
          __V/    \_,∠./    ,xく`ヽ/`{トニ二.ィ∨ _      i
          /.::::∧     `ヽ      {///ハ  〃    V´ ̄     i
       /.:::::::/  ヽ     ノ    /`ヘ/// }\ 》    「 ̄    / ヽ
       〉.::::/  /.::\       /}   \/ ∧}`ヽ    /     /__}


171 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 11:56:36 0
自分もビスマルクを偉大な指導者だと尊敬してますが、現在のドイツではどのような評価をされてるのでしょうか?
ウィキではこのように書かれてて気になったので・・


172 :世界@名無史さん:2009/09/28(月) 21:13:42 0
>>171
      r'ff77"/////〃〃∠=:、       お前は… 大きく見誤っている…
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l       この世の実体が見えていない
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l       甘えを捨てろ お前の甘え…その最たるは
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、     今 口々にがなりたてたその質問だ
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \    質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か…?
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l   なぜそんなふうに考える…?
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |   とんでもない誤解だ
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<


173 :世界@名無史さん:2009/09/30(水) 09:45:46 0


   -ァ'´                'vl   / /┌┘└┐
  ァ′                     レl  | |  ̄| | ̄          ,.-──-、
  イ       厂`⌒^二`¬--―-、   イ  | |  _| |_    _     { ,.-─、  }
 'フ       ノ  .二ニ二ニニ  -ー-i   ソ  | |_, { c r、ゝ┌┘└┐    ̄  ノ ノ
 ス     ,.(  '´,.=ニ二、 J  ‐'ニ|   ン   ヽノ 'ー '     ̄| |_, ヘ     f´ r'´
 イ __   f` J ''"´ ̄`ー┘  lニ=| ソ           { c  }      ,ニ,
 'V/ハ. 〔`    _,..ニー、 、  ,. _ |/´             ' ー'7_/      'ー'
  { {.ヽリ( J'   ヽ.f:ユ>) リ { Krュフ{′    _________
  ヽ`' 仆      `ー‐'  ノ ヽヽニノ |.      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `ー| }r       ,.   {   u|..     .|  |
     |{ノ   ノ丿 /'ー、__,ハ   }       |  |
    | u   U/ , -ー---、} //     |  |
      :|    /,∠ ィエエZ_ノ //.      |  |        ____
     :ト、  ||ト、  } }A{ '〃        |  |        |\
   _,}    ||ヾトzェ元ダノ/'        |  |        |  |
´ ̄__/  \|   ヽニ二ノ/{.         |  |        |  |
          \     / ヽ.        |  |        |  |
  丶   |  l  `ー--‐'    ヽー--、_ |  |        |  |


174 :世界@名無史さん:2009/10/01(木) 21:43:15 0
       〜‐.              _―'' ̄ ̄|
                   ノルウェー┌─┤
 -〜                   /   |スェーデン
              -〜      |   |  / ヽ 
        _,,_          | /ヽ/   ,|
大西洋 / /           デンマーク  /\
     ヽ  ~)   〜-   .  r \___,,/ ̄ ./
  -〜__/   |          フ ̄ ̄    /
    ゝ大英帝国     オランダ      \     ロシア帝国
    〈     )    / ̄ベルギー      |
 〜‐ >   / / ̄   |  ドイツ帝国  \_______
    ~―─_/      |           | オーストリア|
    __j ̄        / ̄ ̄ ̄\___/ ハンガリー |
    ヽ     フランス  |  スイス  |      帝国    ./
     |           \_ _  / ̄ ̄ ̄|__,,,___/   ___
     |         ― 、_|_ ̄      |  セルビア|ルーマニア     ̄~\
    / ̄\__ ノ~        ̄\    \  |アルバニア |   〜-   )
  | ̄        (   地中海    \    ヾ ヽ ブルガリア> __,,,,,ー'~
  |─, スペイン   |       〜    \ イタリア  ヽギリシア < オスマン・トルコ帝国
  | │       ノ 〜-          \   \ /_/   \




175 :世界@名無史さん:2009/10/01(木) 22:24:41 0
8000万の勤勉な国民
3ヶ月でフランスを破った精強な軍隊
能率的な官僚組織
堅牢で安価な製品を作れる企業群
次々と注目すべき知的発見を行う大学、研究所
ドイツ人が世界を敵に廻しても勝つという信念を持ったのも理解はできるが
アドバンテージの多さはそっくりそのまま弱点にも変わることもある

176 :世界@名無史さん:2009/10/03(土) 12:40:56 0
ドイツ人の歌」が国歌となるまでの経緯

「すべてを超えたドイツ」が真に国民各層に浸透するには尚時間を要し、
ビスマルクによるドイツ帝国が設立された1871年になってからのことであった。
しかし当時はまだ国歌となるまでには至らなかった。
この時、この歌の中の「Die Wacht am Rhein (ラインの守り)」という歌詞が
「Heil Dir im Siegerkranz, Herrscher des Vaterlands! (勝利の栄冠を戴く故国の支配者万歳!)」
に変更された。その当時から既に、
第一節の歌詞が行き過ぎであるとの批判が絶えなかった。
なぜならマース川(フランス語のムーズ)の流れる地域は、
当時既に大半がフランスないしベルギー国内であり、
エッチェ川(イタリア語でアーディジェ)は
イタリア国内を流れていた。
ベルト海峡はデンマークにあり、
メーメルは今日イタリアの川である。

177 :世界@名無史さん:2009/10/04(日) 09:42:46 0
「人が一番嘘を付くのは、狩りの後と戦争の最中と選挙の前だ」 byビスマルク

178 :世界@名無史さん:2009/10/04(日) 13:42:56 0
     ̄ ̄         __  ̄ ̄      __            ,,,,,,,,        ,,,,,,,,,,   __               __
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   |    ̄ ̄ ̄`l   __|  |_/\      /  /      --┘  l----| | |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   |   ̄ ̄ ̄'''''';
  └─,―   ,,,/   _└===ー----.'、   |      `|、__ ヽ、   /  /       |_   __├┴┘ └──    /   _''',,,='''''ー--.┘
┌―''''    ' ̄ ̄ ̄l |    ___  ヽ  '''''l   ;''''''''|  |、/   /  ´‐、        |   |     ̄ ̄|   /    ̄''''ヽ、   |    __   ヽ
. |_,,,,,   , -―─‐┘└''''' ̄   `l   |   /   /_,,,,,,,|  |     /  _,   l  | ̄ l  ./   /゙-―''''''''''''''''  / ,,,-―-- 、   l  └''''''''    `l.  |
     |  l、           _,,,ノ  / /  /  _   \  /  / |  | /  / /   // `/       ヽ-´    , l   |      _,,,/  /
    ゝ、 ゙ ̄ ̄ |     l''''''''''   _/  ` 、/|、 ゙ー゙  ,、 __ヽ/  /  l  `´  ./ /  / ゝ   ̄ ̄ ̄|   | ̄'''''''''''   ノ   l ̄ ̄    /
      `ー--- .┘   . └-―‐''''''        ゝ-----゙ `   ‐--゙   ゝ----''゙゙ ヽ、/  `ー-----.┘  └------‐''''     └──''''''

179 :世界@名無史さん:2009/10/05(月) 18:21:06 0
IF論になるが、もしビスマルクが現在のドイツで宰相(首相)に
就任したらやっぱりうまく外交をするのかな?

180 :世界@名無史さん:2009/10/07(水) 21:03:34 0
>>179
するだろう。

181 :世界@名無史さん:2009/10/09(金) 22:27:37 0
団結と権利と自由を
祖国ドイツの為に!
我ら兄弟の如く挙りて
その為に努めようぞ!
団結と権利と自由こそ
幸福の証しなれ。
この幸福のもと栄光あれ、
栄光あれ、祖国ドイツよ!

Einigkeit und Recht und Freiheit
Für das deutsche Vaterland!
Danach laßt uns alle streben
Brüderlich mit Herz und Hand!
Einigkeit und Recht und Freiheit
Sind des Glückes Unterpfand.
Blüh' im Glanze dieses Glückes,
Blühe, deutsches Vaterland.


182 :世界@名無史さん:2009/10/09(金) 23:30:30 O
>>176
ミューズ川はベルギーとの国境
メーメルはイタリアなんかに無い。東の国境

183 :世界@名無史さん:2009/10/12(月) 00:01:54 0
>>176
バカか?

184 :世界@名無史さん:2009/10/14(水) 21:19:33 0
                                人
      ぬおおお超一斉射撃おおおおお      (  ソ (⌒ヽ
                              (( ⌒)"  ノ⌒))_ノし
                    ,-‐iニニニニi-、__,    从 ::_ノ) " ( :: _))  ──── ━    ──── ━  ──── ━
                  ┌/  :l     ヽ)ニ===) ((⌒ , ::⌒))=-  ──── ━    ──── ━  ──── ━
      ┌――┐   _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| ̄ ̄~ト、  ⌒`ヽ(::从,,⌒ ) )⌒ノ    ──── ━    ──── ━  ──── ━
      ,,l,,...、、-―;‐'''"":  :li ̄}ニ{ ̄{i_  |:     l }ニニニニニl  >  ::_)) 三=−    三 lニ>   三 lニ>  三 lニ>   三 lニ>
     /       |:      :li___,{i:. :|. 卍  lノ\r(i]  ::YY` (⌒ ):::))   三 lニ>   三 lニ>  三 lニ>   三 lニ>
   / 仁l二二l_|__________|、、-―'''"" ̄`ー-、 (_::  ))⌒ノ
    了'⌒'ヽ;==;==;==;==;==;==;==;==;==;゙゙'''ー―---、,___,}  (_ ノ
   {:::◎:::}:::::::;l :lニニl:::::::::::::::::;l :lニニl::::::::::::::::;l :l;::::::{:::◎:::}
   ヽ,,_,ノ'⌒[,_,]⌒ヽ了⌒[,_]⌒ヽ了⌒[,_]⌒ヽ,,_,ノ
    `ー-ヽ,_ノヽ,_ノ_ヽ,_ノヽ,_ノ_ヽ,_ノヽ,_ノ-−'´
   `"゙''`゙ `´゙`""""゙ `´゙`"゙''`゙ `´゙`´´´ `"゙''`゙ `´゙`´´´ ´


185 :世界@名無史さん:2009/10/16(金) 22:20:01 0
いかに名宰相といえども長くやりすぎだろ
後継者を育てられなかったのは減点


186 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 21:06:32 0
コールはビスマルクの宰相在任期間を抜きたかったみたいね。

187 :世界@名無史さん:2009/10/19(月) 22:08:36 0
 どっかあああああああああんん!!!○    ゜
    o 。     ゜゚  ゚ .    o      ○o
         r⌒ヽ  (⌒⌒)  r⌒ヽ/,      こまんたれブ〜〜〜!
      、、;(⌒ヾ   ((⌒⌒))  /⌒) ),  , 。
   、 ヾ (⌒ ファビョ━ l|l l|l ━ン!⌒⌒);;)/. ,
  、\(⌒ゝ;(⌒ヾ   ∧_,,∧    ⌒)/)) .,/ ,,        ∧__∧
 ((⌒-丶(;;;(⌒ゝ;;(⌒∩#`Д´>'') ,⌒⌒);;;;;)))⌒)       (    )
  (;;;;(⌒(⌒;;;(⌒   ヽ    ノ / ))⌒));;;;)-⌒))    、_ノ   ,つ
 ゞ (⌒⌒=─      (,,フ .ノ    ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)  ∠_,,冫 ノ'
 ((⌒≡=─  人从;;;;  レ' ;;;从人─=≡⌒)丿;;丿ノ    レ''
 "''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`"'゙''` "'゙''`"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' ゙ ゚ ゙''`"'゙''` "'゙''`


188 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2009/10/20(火) 11:25:28 0
>>185
長期政権の弊害とも言えるけどね。イエスマンしか残らなくなるから。
同世代や次の世代くらいの実力者は軒並み消えていくし。

でもビスマルク引退後も20年以上保ったんだから、ドイツはまだましだよ。
首相が5年強しかいなかったにも関わらず後継者にろくなのがいなくて
次々に交代した挙げ句3年で潰されたどっかの政権とか、
皇帝の遺言を宰相が守らずに数年で潰れたどっかの王朝とか、
歴史を探せば後継者問題でもっと悲惨な例は幾らでもある。


189 :世界@名無史さん:2009/10/22(木) 08:35:57 0
皇帝の遺言を宰相が守らずに数年で潰れたどっかの王朝とは、
もしかして首都が咸陽の奏のことかな。


190 :世界@名無史さん:2009/10/24(土) 15:00:03 0
                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -
  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
 '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _- Frankreich粉砕!!!
 - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐       
______,''___,;;"_;;__,,___________
///////////////////////


191 :世界@名無史さん:2009/10/25(日) 13:51:31 0
またごっついのを大臣に回してきたなタンテ・メルケル
 http://swiki.jp/w/kckbnd9gemex8nphdf4i5ebjed68466h
母の再婚相手がシャンパン屋の次男坊で、奥さんは大宰相のやしゃごですか
しかし貴族様ってやっぱ本名長いねーw


192 :世界@名無史さん:2009/11/07(土) 21:40:25 0
第一次世界大戦前ではドイツ領であったダンツィヒ地方は、ドイツの敗戦によって
国際連盟管理下に置かれていたものの歴史的に見ても明らかにドイツの領土であり、
また住民の96%はドイツ人。
ポーランド人その他は3%以下だった。

ポーランドが占領していたポーランド回廊は東プロイセン地方をドイツ本国から
切り離し、そのせいで極めて不安定な状態にあった。
さらに、ポーランドに在住するドイツ系住民は少数民族として、
迫害を受けていた。


193 :世界@名無史さん:2009/11/11(水) 16:53:52 0
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|        ドイツ帝国を復活する・・・・・!
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       復活するが・・・
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|       今回 まだ その時と場所の
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       指定まではしていない
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|       そのことを
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|       どうか諸君らも
    |  /    、          l|__ノー|       思い出していただきたい
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \    
.     |    ≡         |   `l   \__   
    !、           _,,..-'′ /l     | ~''' 
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |   
 -―|  |\          /    |      |   
    |   |  \      /      |      |


194 :世界@名無史さん:2009/11/13(金) 23:51:28 0
ヒトラー暗殺未遂の記念碑計画=ナチス総統官邸跡地−ベルリン
11月12日
ベルリン市当局は11日までに、ナチス・ドイツ総統ヒトラーの官邸跡地に、
ヒトラー暗殺未遂事件を起こしたゲオルク・エルザーの記念碑を建設する計画を明らかにした。
 エルザーは1939年11月、ヒトラーが演説するミュンヘンのビアホールに爆弾を仕掛けた。
しかし、ヒトラーは早めに演説を切り上げ、爆発直前に離れたため、難を逃れた。
捕らえられたエルザーは拷問を受けた末、45年4月に強制収容所で殺害された。 

195 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 19:44:06 0
さて、今度ベルリンに行くから
その跡地やらで
ヒトラーの墓参りしてこよっと。

196 :世界@名無史さん:2009/11/19(木) 21:45:55 0
90歳の男、ナチス親衛隊時代のユダヤ人殺害で起訴
11月18日

ドイツの元ナチス親衛隊員の男(90)が、
第二次世界大戦末期に強制労働に携わっていたユダヤ人の殺害に関与したとして、
58件の殺人罪で起訴された。
同国西部デュースブルクの裁判所が17日発表した。
身元は公表されていない。
男は1945年3月29日、現在オーストリア領になっている地域の森林で、
少なくとも57人のユダヤ人強制労働者を殺害した疑い。
ユダヤ人らは数グループに分けられ、貴重品を没収されたうえで、
溝にひざを入れる体勢で背後からナチス親衛隊に銃撃された。
男はまた同日もしくは翌日に、歩けないほど疲労しているユダヤ人らを隣町まで強制的に行進させ、
背後から銃撃したとされる。
裁判所は、男がナチスのイデオロギーに従い、
被害者らに対して極度に敵対的かつ非人道的な態度を取ったと指摘した。
男には2週間内の異議申し立てが認められている。

197 :世界@名無史さん:2009/11/22(日) 11:52:27 0
    |┃三      /三三ミミ::::`ヽ、
    |┃     /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
    |┃    /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
    |┃    /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
 ガラッ.|┃    i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
    |┃    {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}  >>195
    |┃三  ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ 線香の一本くらいあげてやっておくれよ!
    |┃     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
    |┃三   |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|     
    |┃     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
    |┃三   |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    |┃   ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
    |┃__,,/:::‖|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
    |┃ //゙‖人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }


198 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 22:18:39 0
>>197
逮捕されます。

199 :世界@名無史さん:2009/11/26(木) 21:39:52 0
>>198
黙祷!

200 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 23:07:41 0
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ'´|.:.:.:.:.:.:/     .|.:.l             l:.:!      ヽ.:.:.:.:.:l. l`:ー.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  |.:.:.:.:./     |.:!              l.:}       ∨.:.:.:l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   」:.:.:./ ̄゛二二|ナヽ           -‐レ'¨_ 二二ニ ,ェヤ=寸ヲ,l.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:/ラ三_F_テニヱエエニミェ、           ,zェニ斗-‐f┴¬弋.斗7 l.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.
:.:.:.:.:.:.:.:l ムィ'´ |:/  __,ノ:::::::::::::Y             i..-一T'":::::::::::::::∧,イ  l.:.:.:.:.:.:.:l:.:.
:.:.:.:.:.:.:/  \ lム./:::/| ::::::::/K:i /  /  /  / |::::::/l:::::::::lヽ::::::/ X|  ,l.:.:.:.:.:.::l:.:.
.:.:.:.:.:.:,'ヽ    ∨..._l ゝ:::イ ノ,(´)  /  /  /  (`)ム、ゝ:::イノ::::メ_....、 / l.:.:.:.:.:.:l.:.:.  ビスマルク首相のご冥福をお祈りします…
.:.:.:.:.:.l  O o (´   ,>-‐ i' ´    /  /  /  /  /  `i`''ー-(    )O ,l〇.:.:l:.:.:.
.:.:.:.:. lヽ 丶  `¨´  /U  /  /  /  /  /  / i    `i¨´ l  l l.:.:.:./:.:.:.
.:.:.:.:.:l  `l ',   i     i          '          i     i  l 丿.l.:./:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:l  ゝ、',  i     i                      i     i   !   ,l/.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.: l、_   l  i     i        ___        i     i  l__, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヽ:.:.:l.:l ,>ー┤  !      !    ,ィ'´ ̄      ̄`ヽ、    i     i / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:\l:.l| : : : : ゝ、i     i    (  _,. -‐‐-- 、_,ノ ノ  U     i,ィ'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.l|: : : : : : :>、,    i   ヽ `´               i   , < /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : :/: : : >、, i                   _,i イ´: : : : `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


201 :世界@名無史さん:2009/12/12(土) 23:26:58 0
Straßburg wurde unter dem römischen Kaiser Augustus
als Argentoratum gegründet.
Es war zunächst ein militärischer Außenposten
in der Provinz Germania Superior.
Straßburg war ab dem 4. Jahrhundert Bischofssitz
und wurde im 5. Jahrhundert durch Alemannen, Hunnen
und Franken erobert.

842 wurden hier die Straßburger Eide geschworen,
die das älteste Dokument in französischer Sprache darstellen.
Diese Eide sind zweisprachig (althochdeutsch und altfranzösisch)
überliefert.
Die Sprache von Stadt und Region war damals alth

202 :世界@名無史さん:2009/12/14(月) 03:54:35 0
ドイツ語のレスだね。

203 :世界@名無史さん:2009/12/15(火) 21:13:12 0
   -ァ'´                'vl   / /┌┘└┐
  ァ′                     レl  | |  ̄| | ̄          ,.-──-、
  イ       厂`⌒^二`¬--―-、   イ  | |  _| |_    _     { ,.-─、  }
 'フ       ノ  .二ニ二ニニ  -ー-i   ソ  | |_, { c r、ゝ┌┘└┐    ̄  ノ ノ
 ス     ,.(  '´,.=ニ二、 J  ‐'ニ|   ン   ヽノ 'ー '     ̄| |_, ヘ     f´ r'´
 イ __   f` J ''"´ ̄`ー┘  lニ=| ソ           { c  }      ,ニ,
 'V/ハ. 〔`    _,..ニー、 、  ,. _ |/´             ' ー'7_/      'ー'
  { {.ヽリ( J'   ヽ.f:ユ>) リ { Krュフ{′    _________
  ヽ`' 仆      `ー‐'  ノ ヽヽニノ |.      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `ー| }r       ,.   {   u|..     .|  |
     |{ノ   ノ丿 /'ー、__,ハ   }       |  |
    | u   U/ , -ー---、} //     |  |
      :|    /,∠ ィエエZ_ノ //.      |  |        ____
     :ト、  ||ト、  } }A{ '〃        |  |        |\
   _,}    ||ヾトzェ元ダノ/'        |  |        |  |
´ ̄__/  \|   ヽニ二ノ/{.         |  |        |  |
          \     / ヽ.        |  |        |  |
  丶   |  l  `ー--‐'    ヽー--、_ |  |        |  |


204 :世界@名無史さん:2009/12/19(土) 18:50:23 0
ビスマルクの社会民主主義に対する注意深い批判が印象的だ。
のちにハイエクが『隷属への道』で展開する社会主義批判と全く
同じ論旨なのに驚かされる。それだけにビスマルクが社民主義に
対抗するために社会保障制度を創設した歴史の逆説というものを
強く感じる。社民主義の脅威こそがビスマルクに社会保障制度を
創らせたからだ。


205 :世界@名無史さん:2009/12/23(水) 12:43:16 0
戦後の日本が、共産主義の脅威から
農地改革を行ったのと同じか。

206 :世界@名無史さん:2009/12/25(金) 15:28:56 0
.     l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄l
    l   , '⌒゙'''ー-----‐ ''⌒ヽ、  |
    |  /::    ` ー--‐ '´   ヽ、 |
     | ./::    ` ー----‐ ''´   ヽ│   オープンだっ・・・・・・・・!
     | レー- 、.._        _,,. -‐.、.| |
     | | ̄``''‐ .二ll   ll二 -‐''" ̄| |   もうすぐ始まる・・・・・・・・
    r‐、|:: ===。=~   l=。=== | r‐、
.   |l^|.|:: ` ー--‐1::   l ー--‐ ´ |.|、l l  ヒトラーやゲーリングそして大衆を入れての
    !l._||:::  ` ー-‐l:::    lー-‐ '   ||ノ,リ     狂宴の舞・・・・・・・・
   ヽ.|!: / , 一' l:::    l ー 、ヽ. |!ノ
    / | /   └‐^ー^‐┘   .ヽ. | ヽ.   パーティーの扉が開く・・・・!
   / │.!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  ヽ.
‐'''~|.  | |      ー─‐       |   |~`ー-  クククク・・・・
.   !   ト 、 ,.. -─rr─‐rr‐┬- 、, イ.   |
  |.   |r''´        __  ̄,ノ /|   |
  |    l ''  ,r=ニ二「~|    ̄./ .|.    |
  |.   |  ⌒   " | !~`'''‐-,、  .|     |


207 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 01:07:47 0
なるほどね。

208 :世界@名無史さん:2009/12/27(日) 15:21:50 0
179 :世界@名無史さん:2009/10/05(月) 18:21:06 0
IF論になるが、もしビスマルクが現在のドイツで宰相(首相)に
就任したらやっぱりうまく外交をするのかな?

もし、生きていれば、第一次世界大戦も第二次世界大戦も
起こらなかった。
今頃ドイツ帝国は超大国として君臨していただろう。

209 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 22:02:48 0
常任理事国は
アメリカ合衆国
大英帝国
ドイツ帝国
ロシア帝国
大日本帝國

210 :世界@名無史さん:2010/01/01(金) 00:58:10 0
        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /    大人は質問に答えたりしない
.      !  ,'::::::::::    、       ∨      それが基本だ
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ    そりゃあ・・・・かまわない
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |   おまえの質問に答えること
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│    それ自体は容易い 簡単だ
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'.|   負けた時の処遇はこれこれこう
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|    こういう施設に行き 何時間働き
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|     食事は・・・・・・? 終身時間は? 期限は・・・・?
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |      そんな話はいくらでもできる
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`  しかし 今 オレがそんな話を
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │       仮にしたとしても
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |   その真偽はどうする・・・・・・?

 真偽などどうでもいいから 聞きたいというのか・・・・?
  ククク・・・・・・
 すでにこの船に乗り込んでるおまえらには オレの話の裏をとる術はない
  オレが何を語ろうと 結局 ただそれを 盲目的に信じるしか道はない
 つまり どんないい話を聞いても それは単なる気休めにしかすぎないってことだ
  違うか・・・・・・?


211 :世界@名無史さん:2010/01/06(水) 20:22:12 0
>>209
拒否権使いまくり。

212 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 21:11:12 0
          /: : /: /:./: : : ,::ィ´   : : : : ./: :  : : :.i: : : : :ハ :ヘ : ハ
.        / : :/ :/ /: : . /,イ : : : /  ./  :./ : : :.i : : : :: :ハ :ヘ : i
      / : :/:./ 彡: : :彡' / : : : : :/ : .;イ   /    .|: : : : : : :i : :', .!
.      / : : ,-、: -‐ ':彡´ / : : : ./: / }: :./  /  ノ       i.  i |
      / : :./ィ^ ヽ 彡´ /::/: :/:::/  /:./:: :./: : ,' : : : |: :i : :i : :.i |       ふふ、
.    / : ::/ イ.::}. }/  ,ィ彡-- メ、./  ,/:./.:: :/ :/.:.| :i : : !: :| : :| : :| |         強がっちゃって、可愛い
   / : : :.{ r'⌒:i /  ´__壬≦_,/ヽ、   {: :.! : /|: :| : |: |: ::,' :.,': : :! :.,' :!
    i : :.:.|ハ 〈::    《´{r::じ::c!ヽ      Vヘ:.{ | : !: {{: !: :| : |: : /: /: :!
    l :!: :.i : l      ・ 乂z_;ン ’     ヽ X弌弌={:_!: :| :ノ::./ :/ :./
    | :| . :! :ハ、_,.ィ  ..::::::::::::::::        ´ ヾヾヾヾ |X :.{: / :/ :./
    | :|  ! :|:.|: |:.|  ::::::::::::              'チで今 、 ヾ: : }_!ノ|: :.|
    | ハ :.|:/: |: |::.!              i    乂z_;ジ ,》 Yソ }:. .| : |
   |:.:.ハ.|': : |: |:小            ノ    ..::::::ー '´ .//, -、!: .|
   | : :ハ!: :.:|: |.:.. ;ヘ    ヽ    ´      ::::::::. ∠_ / ,、 \!
    | : : ハ : ヘ !: /  、     `  . _,       /,- し'  ヽ  !
    '; : : :.ヽ:. ヘ/     、               ,. イ/{ { く   ./  .ハ
___ゞ、、、Yヘヘ      \      _, . イ :r'⌒ヽ \}\.) {    ヘ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:ヘ ヾ、_    ` ー ‐ 'T:´|: : :/:/:へ、 `ー'     ハ.   ヘ
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ              |: /: :/ /:./: /へ、      `    \
i:i:i:≪:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヘ             乂:.ノメ: /: ,':/ :/:へ、
V:i:i:i:i:i:i≪:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ--、           `メ/:メ:/ :/:.ソ {{`ー-- 、


213 :世界@名無史さん:2010/01/09(土) 23:44:36 0
こんな怖い顔した部下がいたら大変だろうな・・・・・
とおもったら皇帝の方がすっと顔が怖かったでござる

214 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 20:44:28 0
         _ -‐´/                \
       /  //      :.     ヽ、  \  ヽ
      //   /  /     :::.      \::...  ::::.. `:,
      l/l  .:/  l     .:.::::.       ヽ:::... :::::.. ::. ',     ・・・・・・・・。
       V、 ::l   | ::  .:: :::::::l人 ト、    ::::.::::::',:::::',:::::::',
        〉 ::|ヘ 1、ト、::. .::il:::::レー-y-\::.  :',:',:::::::l:::::l:::::::::l    ビスマルク・・・GJ。
       ハ ::::l-十ヘl'\:::lV´rz,ニ,,,,   \l:. :l::l:::::::|:::::l::::::::l
       {  ヽトャ'''n`  `'|  '"∩゙゙`ァ  /ヽ:.::l::l::::::l:::::::l:::::リ
       ', .l |:::ヾ L! l     └’ '’  ./ :/::ヽ!〉:::/:::::::l::::/
        ゙、::l :::::,'ヽ:.く    .:.:.:.:.:.::  //:::::::∧/:::::::l:l::/
         ';:l ::::{            // .:::::/|:/:::::::::レ'
         ヽ::::ヘ    -       // ::/::l::::::::::リ
          ヽ:::::\          /:/:::::/::::::/
           \l::::ヽ、    _..:イ//:::::://l/
             `'\lヽ -‐ ''´:::::::::::ノイ:i/
                 |      ::::レ'
                _l      .::::::',
              /:::/l    ..:::::::::::ゝ=ヘ
           _, -'´/:/ :l   _,..-‐'´ ̄   `ヽ、
          z〔   l/ ヽ_, -‐'


215 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 21:29:14 0
>>209
オーストリア=ハンガリー帝国を忘れてもらっては困る。

216 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 00:35:42 0
>>213
顔が怖いって言えば、ヒンデンブルクとかもすごいよな。

217 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 00:58:39 0
顔見ようと思ってビスマルクを画像検索したら
戦艦ばっかりひっかりやがる。
ヒンデンブルクも検索したが
飛行船ばっかりひっかかりやがる。


218 :217:2010/01/13(水) 01:02:07 0
もしやと思って
試しにJFケネディとかアイゼンハワーとか検索してみたら
空母も少しひっかかるけど本人の方がたくさんひっかかった。
なんだこの差別待遇は!

219 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 10:36:14 0
だってマイナーなんだもん

220 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 14:15:42 0
>>137
ビスマルクって生まれたばかりのドイツ帝国を守るという目的のほかに
キリスト教徒の白人同士が殺し合うことを心底嫌っていたらしいね
そのため戦争抑止に知恵をしぼった


221 :世界@名無史さん:2010/01/13(水) 19:08:17 0
>>217
「オットー」「パウル」を追加するだけで劇的に変わる

222 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 20:19:18 0
ロンメル元帥の息子は戦後も人気があって
西ドイツで国会議員かなんかをやってた筈。

戦後は悪の権化みたいな扱われ方だった武装SSの名将
ヨゼフ・ディートリッヒ上級大将の1966年の葬儀には
7000人が参列したらしい。


223 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 13:48:13 0
>ヨゼフ・ディートリッヒ上級大将の1966年の葬儀には
>7000人が参列したらしい。

ブサヨに被れたかに見える現代ドイツにも
ゲルマン魂の持ち主は生きているということだな。

224 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 13:50:30 0

ハンス・ルーデルはそれを超える

225 :世界@名無史さん:2010/01/21(木) 21:47:23 0
      ./..::::             i    ヽ
     /.:::::::::::.            /     ヽ
     .i::::::::::::::        i  ./      |、
     |::::::::::::::         i .人ェュ、_    )、
    丶:::::::::::     ノ   .レ'´ /´:::::    / ヘ    
     i':::::ヽ::   ''''´ ヽ .,イ  i::::::    _  V.i
   ┌-t::::::::::::  .___ X ! /:::  _,,ィク´  .i |  お?喧嘩すっか?お?
    .!ヽ:ヽ:::::/ ̄´;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ヽ ::::::: fエィ'´   ノノ.  
    i ヽ |:::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ノノi  :::::::::     ィヽヽ
     !`゙イ、::ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::ヘ  i::_::: -‐‐</ ヽヘ
     `ヽ(ヽ、__`>─'''´ ,r  .ゝ (. `)‐-クi ):  i:::ヘ
      .i.ヽi-‐'ヽ/ ,:::-‐'´ゝ‐-、_,,ィ'´==ッ' 〉ノ /::: iニヽ
      .| ::::i   i (ヽ、__,, -‐=ニ''´  ̄// // !::::  ./|ヾ゙\
     ,,イ、:::ヽ、 ヽ\ `゙‐`''‐--─''´/ / i/i::::  :::||>メミノ三
    i'´゙〈::ゝ::::::::`'ヽヽ::::::..  ̄` ´ ̄   ノ:::/:::  ::ノノ爻》彡
  ノ´) 《ム、:::::...  ``ヽ、:::..       /:::::!:::: /ミ矢父<
三タ〈 父メミ`ヽ::::::::..  `'-、..__,,.--‐'´ :::/:::./爻爻ノ.ノミ


226 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 20:59:31 0
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡゙´ : : : : : : : : : : : : : : : :.゙沁彡彡ミ}
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :゙沁彡彡゙
彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.゙沁彡゙
彡彡彡彡彡彡彡彡彡/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,x=孑゙
彡彡彡彡彡彡彡彡ミ゙ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,ィ'´、: : ゙,
彡彡彡彡彡彡彡彡ミ : : : : : : : : : : : : : :`:.、: :{ .:,、x孚ラ .》、: :,
沁彡彡彡彡彡彡彡ミ: : : :.:.x.-===ミx.ハ ヾ.:.`=゙¨´.: : .:.:!
  沁彡彡彡彡彡彡ミ゙: : : : :.:.,、x弌歹=、》: : : : :.`ー‐‐: : : : .}
   沁彡彡ミ{⌒ヾ;;;《:: : : :.:::.``:.ゞ=¨´/: : i : ::、 : : : : : : : :.:/!
     沁彡八:.一ル゙: :\: : : : : : : : : : : : : : : : ::.、 : \.: : : : ::|
      沁彡\::ゞ : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : ::.、 : ,ノ\: : :.|
        >《八:丶:、: : : : : : : : : : : : : ,: : : : : : ; /.: : : ::.: |
       ////{ \__\ : .: : : : : : : : : / .`⌒`ー,彡三=ミ、:!
        {////\///(:.\ :.: : : : : : : : :,彡三=≠__ノ_xヽ::}i:|
       }//////\//\_ハ :.: : : : : : 〃/ィエエ´≠゙ .ツ ハ}、
      /////////\///\ :..: : : : : ゙ミ{:.`====''"´/ リ/\
       ////////////`゙''ー-、ミ、 : : : : ゙ミ`ー─‐‐‐彡´、. ////:\
      >////////////////`\:. : :. ゙ミ三三三≠彡゙〃/////ハ
    ////\////////////////>、  ゙ミ三三三彡'゙:::::}////{l|}
   ////////:\//                              /{ll}
 /\/////////  人に聞くんじゃねえ!てめえで考えろ! /{|l}


227 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 16:18:09 0
>>223
ゲルマン魂


228 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 23:11:46 0
こんな怖い顔した部下がいたら大変だろうな・・・・・

229 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 23:30:34 0
これを偶然の一致で済ましてしまっていいのか?

ttp://gryphonscry.files.wordpress.com/2009/02/bismarck.jpg
ttp://seapara.jp/see/creature/images/%E3%81%99%E3%81%AE%E3%83%BC%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%B7.bmp

230 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 01:22:04 0
「ドイツ第二帝政構造の考察」
http://www.geocities.jp/ponite99/deutsch_kaiserreich_repo.htm
     ↑
これ、ナカナカおもろいよ。

231 :世界@名無史さん:2010/02/04(木) 23:20:05 0
>>229
ウケタけど、ただの偶然だろ

232 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 00:49:38 0
フリードリヒ3世の后とは仲が悪かった。
『男たちの帝国』で知ったんだが、「后は夫君に性病をうつした」
ってひどい中傷をしていたそうな。
かなりビスマルクに幻滅した。

233 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 01:29:32 0
>>229>>231
まあどっちも哺乳類だから。
顔周辺の気流・水流の変化を感知するとか、小さな危険物接近を感知するとか、口周りを保護するとか、性的ディスプレイとか、機能はそこそこ共通しているわけで・・・

>>232
ヴィクトリア皇后はイギリス王室出身でイギリス式の教育を受け、プロイセン人に比べれば合理的な思考が出来る聡明な人物だったし、フリードリヒ皇帝もリベラルな人物だったから、夫婦そろってビスマルクからは邪魔者扱いされた。
ビスマルクならその程度の誹謗中傷は平気でやったかもしれない。
しかしビスマルクの性質を若い頃から知り尽くしていたアウグスタ皇后(ヴィルヘルム1世の后)は、生涯にわたってもっと激しくビスマルクと憎み合い、足を引っ張り続け合った。(ビスマルクの圧勝だったが。)

王国・帝国を維持・発展させるためには、臣民、貴族、皇族はもちろん、国王・皇帝までも単なる手段と見なして扱う怪物宰相を、不快を我慢して祖国のために重用し続けるという荒技は、それなりの度量がある君主でなければできない。

234 :世界@名無史さん:2010/02/05(金) 01:37:06 0
ところで、なんでこのセイウチは胸甲騎兵の兜かぶってるの?
ペリクレスは頭でかすぎ、カエサルははげ隠しで月桂冠かぶってたけど

第二帝国のドイツといえば角突きヘルムだが、それはこのおっさんが元?

235 :世界@名無史さん:2010/02/07(日) 16:56:51 0
>>233
上司というものは、そういうもの。

236 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 23:32:13 0
          〃:::::::::::::::::::::::::::: ;;; -ー`;::::::::::::::::::::::ヽ ξ
        /::::::::::::::::::: ,,  '":::::::,;ッ,::::::::::::::::::.、::::::ハ
        /::/:::::.::::/:::::::::::./ /::::::::::、::::::::::i:::::::::::i
       /.:::::::::/:::::,//    l/l::::从:::;::::::: l::::::::: l
     /;ィ   / ././      `゙  \  l    ゙   / ̄ ̄ ̄
     i/'l::::::/::::::/ー/-─ "  `゙_ー‐-- 、ヽ::::!::::::::::l | い ち え
    |!゙ .!:::/::::::/ ,;r==ニ、    ,rッ==:、 ゙V:::::::::: |  | い. ょ え
.   |゙ | /::::,.ヘ 〈 {っ:::::i丶     " iっ::::::゙}ヽ,l::::::::::: | | じ っ. l
    ! {/::::::::l゙ !  '、 cj         '、 .c,/ ";::::::::::::: !  | ゃ. と 
     ヽ::::::::゙、l    ̄         ̄   /:::::::::: /  |. な く
      \ ::::::'  """   ´    """ /::::::::::::/  <  l  ら
.          ヽ;:八     ,_──-、  /:::::::::: /:/     |. い .い
         }::i:::::>.、  l/ ̄ ̄`j  {::::::::::: l゙:{    \___
     __/:::|:::::::::l>,、` ー ‐ '  イゝ、::::: |:::\_
   /゛  /:::;:j :::::ソ :.ハ` ー-- "  |ヽ;.i}:::::| ̄ ̄ ̄` 、
  /   /彡''゙/::::::/. /  !        '  ソ:::::: |        ヽ
  i   (   {::::::/ :/ー-、       _,/ :::::::ノ        ゙
  l      乂/ :/    ヽ  / /::::::::/:.|         |
  |    、   /: '!       `     (ハ/l/|: : :.|       |
.   |     ヽ. /: : !          `   |: : : l   ;     |
.  |      ! / : :.|               |: : : :i  /    l
   l       l/: : : |        ,        !: : : :.l /     |
   |      /: : : :.!         /       i: : : : ゙i|      |
.   !     {: : : : :{      y'       /: : : : : }       |


237 :世界@名無史さん:2010/02/16(火) 19:33:54 0
            、_    _
          <⌒ヽ ``v''´/-ーz._
          ∠⌒,`.-─----─- 、 `ゝ
        7´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ
       1 /:::::::: ̄``:ー--‐':´: ̄::::::::ヽ. !
       l ,'::::::::: ̄``:ー---‐:':´: ̄:::::::::i. l
        | {::: ̄ ̄`~ヽ::::::::: ,@"~ ̄ ̄:::} :|
      r‐、.}: :,,: ===、 : : : ,. === :、: :{ , ‐、
.      { f、|.!: :`゙==’ヲ  , ヾ;‘=='" 。 |.l'^i }    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ! L|| %',ニニ=',ゝ@ aく `=ニニ@、||う'リ     | ドイツに行かずに……
      ゝヽー-----‐ゝ_@ , 'ノー-----ーッ'人  <
      ノ ~ト`モェェ:ェ:ェ壬王E゙ェ:ェ:ェェラ´1~  ゝ  | ピシピシ送るべしっ……!
     / /!ヽ; : .    ____   。 . : :/ !\ ヽ  \__________
    ,ノ/  ! ヽ; : : .゚  ̄ ̄ . : : :'/ }   \.゙、
  ,. イ´     :|:、   `''ー-------‐'''´   ,イ    ヽ:、
''"´  l:.     ::| ヽ!            レ' ,|:.     :|.`''ー-
... .:..:.:.!::..:.:..: .:..:::ト、 \i、      ,ィ/ /.!::..: ..:..:. .:|:.:..:. .:


238 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 22:10:33 0
ところで、なんでこのセイウチは胸甲騎兵の兜かぶってるの?
ペリクレスは頭でかすぎ、カエサルははげ隠しで月桂冠かぶってたけど

第二帝国のドイツといえば角突きヘルムだが、それはこのおっさんが元?


239 :世界@名無史さん:2010/02/26(金) 18:34:43 0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | ちょ、ちょっと待って!!今>>235が良い事言った!!
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.  ヽ─y──────────────   ,-v-、
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / _ノ_ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ


240 :世界@名無史さん:2010/02/28(日) 20:52:20 0
上司というものは、そういうもの。


241 :世界@名無史さん:2010/03/04(木) 22:41:50 0
それなりの度量がある君主でなければできない。


242 :世界@名無史さん:2010/03/04(木) 22:42:39 0

http://jbbs.livedoor.jp/study/10701/
世界史ちゃんねる

※2ちゃんに書き込みなくなったときの避難所として利用してください。


243 :世界@名無史さん:2010/03/06(土) 12:16:40 0
>>242
ロシアだのポルトガルのスレしかないぞ。

244 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 20:02:56 0
>>241
王国・帝国を維持・発展させるためには、
臣民、貴族、皇族はもちろん、
国王・皇帝までも単なる手段と見なして扱う怪物宰相を、
不快を我慢して祖国のために重用し続けるという荒技は、
それなりの度量がある君主でなければできない。


245 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 23:06:38 0
ビスマルクは極東の島国から来た視察団にこう言った。

「万国公法(国際法)は力のある国が弱小国に守らせる
 法律に過ぎ無い。現に英仏等強国は都合の悪い時には
 無視している。これが現実だ」

これを聞いた視察団の岩倉具視以下、大久保利通、伊藤博文らは
以降、殖産興業、富国強兵推進に邁進することとなってゆく。

246 :世界@名無史さん:2010/03/09(火) 22:55:30 0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 | ちょ、ちょっと待って!!今>>245ビスマルクが良い事言った!!
     , ,-;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.  ヽ─y──────────────   ,-v-、
    /;:;:;:;:;:;:ミミ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、                          / _ノ_ノ:^)
    /;:;:;:;:彡―ー-、_;:;:;:;:;:;:;:;|                           / _ノ_ノ_ノ /)
    |;:;:;:ノ、     `、;;:;:;:;:;:i                        / ノ ノノ//
    |;:/_ヽ ,,,,,,,,,,  |;:;:;:;:;:;!                      ____/  ______ ノ
    | ' ゚ ''/ ┌。-、  |;:;:;:;:/                     _.. r("  `ー" 、 ノ
    |` ノ(  ヽ  ソ  |ノ|/               _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
_,-ー| /_` ”'  \  ノ   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
 | :  | )ヾ三ニヽ   /ヽ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
 ヽ  `、___,.-ー' |   /   /                __.. -'-'"
  |    | \   / |   l   /            . -‐ '"´
  \   |___>< / ヽ


247 :世界@名無史さん:2010/03/12(金) 22:02:55 0
「万国公法(国際法)は力のある国が弱小国に守らせる
 法律に過ぎ無い。現に英仏等強国は都合の悪い時には
 無視している。これが現実だ」

248 :世界@名無史さん:2010/03/15(月) 21:48:43 0
         ハ、 ∧ ハ           /\   /\   /\
        ,{! ヾ } / !i ヽ    ___/\/   \/   \/   \/ |_
.      |ソハ   !}   jレi   \
        } !/¨  〃  '{   /
       ト{´{ .ハ} r'"´} !{   \  皆占領とかがめんどいとか言ってますが
      FY'弍{ }' 斥ァ`}ハ   /
      ヾ{:i  /ノ〉` !rソ    ̄|/\/\   /\   /\
.        ヽ /'f=ヘ  ハト、         _/\/   \/   \/
       ,ノ´f\='/ノ!ヽ\._      \
    /ノ !|`ヽ三イ  ヽノノ `'ー-、._ /  ぼくは
  / r'/   | /::|,二ニ‐'´イ -‐''"  /´{ \  フランスの領土が大好きなのでどうでもいいです!
  {  V   ヽ.V/,. -‐''"´ i   /  |/  もらえませんが!
  ヽ {    r‐、___     i  /     ∩  ̄| /\/\   /\ /\
   } .ゝ二=、ヒ_ソ‐-、   i__,. '| r‐、  U          \/
.   |  〉 ,. -',二、ヽ. `ニ二i___ |:| l|   |
    |'}:} ,/|毒|\丶   i ,::'| 'ー'  {
    |ノノ  |,ノ:::::|ト、 \ヽ ! i }`i´  r|
    |_>'ィ毒::::ノ  丶 ハ し-' | !  | |
 ┌≦:::::::::::::/      lハ     | ) U
 /ィf冬::::::イ |::.. j:    }lハ.   |∩  '゙}


249 :世界@名無史さん:2010/03/19(金) 22:03:45 0
1860年代にオーストリアは2つの重要な海戦を経験しました。
まずは1864年5月9日にデンマークとの間で行なわれたヘルゴランド沖海戦で、
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン領をめぐる紛争で
プロイセンと同盟したオーストリアは北海に艦隊を派遣して戦い、
苦戦を強いられたものの最終的に戦略的勝利を収めました。
これは木造艦隊同士の最後の海戦となりました。
続く1866年7月20日に行なわれたリッサ海戦は、
上記領土の処理をめぐる普墺戦争で
プロイセンと同盟したイタリアとの間で行なわれ、
テゲトフ提督の指揮するオーストリア艦隊は衝角(ラム)を用いた大胆な戦術により
優勢なイタリア海軍を打ち破りました。
これは初の装甲艦隊同士の海戦であるとともに、
以後各国の海戦術や軍艦設計に大きな影響を及ぼしました。


250 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 20:51:52 0
さて、ビスマルクの死については不思議な伝説が残っている。
ビスマルクがまさに臨終を迎えたほぼ同じ時刻にドイツ各地で
橋を渡るビスマルクが目撃されたという。橋を渡るビスマルクを認め、
敬礼をしたところビスマルクは一瞥して無言で去っていった。
というこの伝説、真相は謎である。

251 :世界@名無史さん:2010/03/22(月) 17:54:09 0
    __」.└―┐    「ヮ /ゝ '=ノ      .っ イ,,、_ | |
    ヽ-‐, ヽ ̄`'    | ヮ.|c' =、ヾ,,._   ,-''''', 「 | 'i | |
      ノ入ヽ      |.「| |ノi' ,,''',,,、_ヽ  `''/ ,i i` `'' | |
    ,,-''ノ ヽ、`ー; ,,,  ノ/ ] | ノノ| /     イノ'i' |   ,| |
          ```''' '  `'' ' ヽ/        ト'    `-'
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :,::::.:.:.:}
       /|:.:.:.:.:.:.〃/.:.:.:.:.// }:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'::::.:.:.|
.        / |:.}:.:.:./{:.:{:{:.:.:.〃   {:.{:.:.:リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::.:.:l
      / |リ:.:.:」⊥」ハ:./ {    いv' .:.:.:.:.:.}:.:.:.:.::ノ.:.:.:.:;
       { ,ハ:.:.:.:{ l{  {{     ̄`ヽ |:.:.:.:.:.:/.:.::/:::. .:.:/
         V{:.{ '=ミ `     __   |:.:.:.:.:厂ヽ::::::.:.:.:./
          い、  ,    "⌒ヾ イ:.:リ/{^ /.::::/.:.:/
              {   ′         ノノ (. ン.::::/.:.:.:′
            ヽ   ー- 、       ム7.:::::〃 .:.:'
               \ ヽノ   ,.   ′i:::::,:.:{:.:.:.::!
               ヽ _,.   ´   |  !::::i.:.:!:.:.:.:|
                 |        |  i:::::!:.:!:.:.:.:|


252 :世界@名無史さん:2010/04/01(木) 21:55:09 0
普仏戦争は結果的には「鉄血宰相」ビスマルクの手腕によってアルザス=ロレーヌ地方の割譲、
50億フランの賠償金などプロイセンに有利な講和条件で終結したが、フランスは多額の賠償金を
7年で完済し国力はまだ侮れないことをモルトケは感じていた。成立したドイツ帝国はヨーロッパ
中央部に位置し、西に普仏戦争で敵愾心を植え付けたフランス、東には潜在的に敵視している
ロシア帝国がありドイツ帝国は常に二方面から侵攻される脅威に晒されることになる。ビスマルクの
手腕を間近に見たモルトケはもし戦争が開始された場合、純軍事面だけでこの状況を打開することは
不可能と判断していた。モルトケは熟慮しドイツ帝国の執るべき戦略を策定する。
それはもし軍事衝突が起こった場合、ロシア帝国に対し限定的な攻勢、フランスにしてはもっぱら防御戦闘を行い、
外交交渉による調停で事態を収拾すべきとの判断であった。
この戦略はビスマルクの「フランス孤立化」の外交方針とも一致し、政治にビスマルク、軍事に大モルトケが
健在な間ドイツ帝国は安定した時代を送ることになる。

253 :世界@名無史さん:2010/04/07(水) 20:50:25 0
              ∧_∧
             ( ・∀・)
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,                Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''          Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´             ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン             (#ξρ。;,;。∵ ←フランス軍
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤                 '.:; *,,,,: ;・∵:;゚
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                  ( つ つ "〆
     ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ;*;∵                し(_)


254 :世界@名無史さん:2010/04/10(土) 13:33:29 0
ドイツよ、全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツよ!
マース川からメーメル川、
エッシュ川からベルト海峡まで
護りの為めに いつも
兄弟の如く団結せば
ドイツよ、汝は全てに冠たる、
世界に冠たる我がドイツなり!

Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt,
Wenn es stets zu Schutz und Trutze
Brüderlich zusammenhält,
Von der Maas bis an die Memel,
Von der Etsch bis an den Belt
Deutschland, Deutschland über alles,
Über alles in der Welt.



255 :世界@名無史さん:2010/04/13(火) 22:55:48 0
>>253
なぜ植民地の1つや2つ分捕らなかったんだ?

256 :世界@名無史さん:2010/04/17(土) 18:10:07 0
>>255
>>252のまちがいだろ?
ドイツが調子に乗ってフランスの植民地を要求したら、
ドイツを全面支援してたイギリスが黙ってなかっただろうな。

「誰のおかげで勝てたと思ってるんだ???」

257 :世界@名無史さん:2010/04/22(木) 23:44:05 0
アルザス・ロレーヌの割譲よりは植民地いくつか貰ったほうがフランスに
大きな恨みを買わないという点でよかったかも。

258 :世界@名無史さん:2010/04/23(金) 22:34:47 0
そいじゃあ、
アルジェリアに
モロッコに
それからコンゴあたりももらっとこうか

259 :世界@名無史さん:2010/04/25(日) 23:23:53 0
ポリネシアやニューカレドニアあたりも
もらっとこおう。

260 :世界@名無史さん:2010/05/01(土) 19:11:45 0

              i´` ー- 、_
              |ツ     `'' ー- 、 _
              |メ   __       `''' ー- 、_
              ヾ´ ̄     ̄`''ー‐- 、 _    `''ー、          愛
               ,!≡≡≡口C三∃     `''ー 、 _,,ノ
              r'´~~ ̄ ̄_フ ̄`'''ー- 、._    /´            国
             /_,,. -‐'''´         `''ー 、l
            (二__/;;;=-        /´゙l! :::::::::/             心
                / ',‐        ,ムノ/  :::::/
                (_ノヽ      、_,ノ   ::::!              を
               杉_,,,             l
                ヽ `            _, ‐'´゙ゝ             侮
                |        , -'´  /  \
                ゝ- 、_   /   /    , -''ヽ           る
                    `7´   /   /    \
                    /',  /   /  , - ‐ -、 \        な
                     /、rヽ/    / / / /  `ヽ \
                  // ,〉'´    /  / / /  ///ヽ, ヽ      よ
                  | /  /`ヽ''゙  / /  /     '/ / lヽ.!
                  /   /    //  /     / // l i      !
                    /  /    // /      /  // l l |
                  / ,イ   , -─ ,/ //    /  // l ! i
                 /'/-/'´ ̄,   / //     /  / /  l l  l
                / /    O, -、 /_, -''',ニニ、 ‐- 、 / /  l |  |


261 :世界@名無史さん:2010/05/03(月) 09:41:00 0
                  ,.、ゝ 〜-≦仁
                 、f巛彡vy     ヾ
                 /^    ⌒ゝ巛彡 ヽ
                〃       イ巛彡 >
               / _  _,,,,,,_   ソ巛彡 彡
              .|!_ニ_ ".━-   》巛彡  <
               |         ∫从Y 彡 もし、今生きとったら・・・
               ',  、_,,_      ∬_ノ  〆
                 ',  _ _      ミ三从   国家社会主義労働者党でもはいるぜよ
                 ' ご”''   ィ彡 |≪
                ヽ    ,;彡'   |三ヽ
                ,ィヘ'''''''' ´   /三三ニ、
              _,.イ三|!ミ     /三三三三ヽ
            イ三三/!|     /三三三三三三≧、


262 :世界@名無史さん:2010/05/05(水) 17:33:06 0
>>257
自分の土地を取り返したら、うらまれるとは・・・。

263 :世界@名無史さん:2010/05/07(金) 21:37:38 0
規制

264 :世界@名無史さん:2010/05/09(日) 20:21:15 0
               . -―…―-=ニ.
             /      「 ̄`丶.丶
.             /  /     _r'′     \
            /   '  〃 |ト、\   \  \
               '    | l  l/  | ヽ_\\   \ハハ
           | l / | l / l八|'´,ニ,_ ヽ\ 、 } } }
           | l/⌒l l   | _」ィ:し「`   ,ニヽハl ハ
           |八 爿   | 〈弋::ノ     んハ! ∨
           |  ヽ.| |   | , ,,       ゞ゚ ハ ,′
           | l l/| |   l         〉'' : ,′
           | l/从 l   l        从l  …アタシたちにも責任あるよね。。
              八'//ハl   l      '⌒ イ' i |
            ,∠二::..< l   l>     .イ l l |
          / ̄`丶、::::.\  l   爪 八 l l |
        /        \:::::::Y l   {` ¬ lヽl l八__
.       {        \::|l ト 、    人  {   `ヽ、
       ',         ` <       \、\__   ` ‐-  . _
        ',              ` ‐- . _`ヽ.__):\\:::ニ=-‐      ̄`丶
          ∧ > .            ` ー=ニ二.  _             }
.       / ∧    ` r- .                       ‐-----く
       ' i:::ハ       }::::::::_> .                        \
      i  |::{::::.、__,/.::::// ,    `  . _______ .  --―-.、    \
      | l人::ー―ァ'.::::/.7 { l    /-―,―――‐--=ニ二::::::::::::::ヽ      ヽ
      | l l 「 「{く:::::〃:::人__、__、_/__/   ノ  、    ノ.:::::::::::::::::: -‐r}     }
      | l l | 八 ハ::{{:/               「二ニ=-‐ ´    ヽ_ ノ-'‐くノ
      | l l | ハ }:::〈                 |八|


265 :世界@名無史さん:2010/05/15(土) 00:23:58 0
>>257
ヴェルサイユで戴冠式は不味かったわ。
当時から反対があったんだよな。
ビスマルクはこれは止めたんだっけ?

266 :世界@名無史さん:2010/05/18(火) 21:59:18 0
                   、、、 , , _
     ,. -┬i^i、._     ィ`,、,、,、,、,.、'、
.   /    | | .|=ゞ=、 __l/\ v~/!|
   l.    l l l \\{f‖ミゞ, ,ィ≪:lf^i      もういい…!
 /ヽ.   ノ「,ト、「.lヘ‐iヾ|rー~r〉〉,こlレ'
/    `ヽ//| ト、ヽlイ| |/|{王王王王}ト、
|      レニ| lニゝ冫! l!L_, , ,ー, , , ,_」シ’、    もう…
ヽ    __|ーL|┴^ーヽ>'^ヾ二三シ´\\
 ,ゝ,/  .}二二二二二二二二二lヽ.  ヽ \   休めっ…!
l/ |ト、./´\             ||. レ'´ ̄`ヽ
  || !    、\            ||. /      :|
  || |.l l゙!.|i |ヽ)          |l/       /  休めっ…!ビスマルクッ…!
  || `ヘ)U'J           /-─   ,イ.|
  ||     _           /-─   / ヽ|
  ||  r‐-゙=っ`ヽ,.--r-─ ''"´ ̄`ヽ   /   }
  ||. {三二    | │          /   /
  ||.  ヾ=--一'`ーゝ        _,. く   ノ|


267 :世界@名無史さん:2010/05/23(日) 23:43:53 0

        ,.. :-─‐- .、
      /: : : : : : : : : : :\      なんだぁ?  この人……!
     /.: : : : : : : :_; :-‐_:''ニゝ、
.      i : : : :, :-_'ニ-''´, -‐-、_ハ      異常者……!
     l : /, < u  ′r‐-、 /
     レ'./ /,ニニニニニ(  i 「|    おかしい……
.     Y   Yr‐l.|  v  ひ‐ U:\
     |.  {.に||   ij    r_u_)   おかしいって………!
     |.  ヾニ|!ij ,ィTT''i'┬┬r`
     |     /:| に二ニ,二士′   言う事がいちいち………
  ,. -‐┤   / :| vヾェエTェエ{_
 .ハ.二⊥.._/   !    u   v r-'    常軌を逸している………!
./::ヽ:::::::::::::::::::`:::、 \.___,jjリ
'::::::::::`::ー--:::、::::::::::\ ::::/        関わりたくねぇ〜〜〜
>-─‐-::、::::::::\:::::::::::Y
: : : : : : : : : :\:::::ヽ::::::::::}         こんなフランスと……!


268 :世界@名無史さん:2010/05/25(火) 10:48:43 0
このスレ見てげんなりしてる奴はこっち来いよ。
世界史板荒らしにうんざりした人が管理人として作った掲示板だ

世界史ちゃんねる。
http://jbbs.livedoor.jp/study/10701/#9

269 :世界@名無史さん:2010/05/28(金) 18:49:17 0
                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l   右に、左にずれようと
             l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ    ずれてならぬがナチスの道
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´        ですう〜
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
            ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
           ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
           ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
          / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
          / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
          / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
         / / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
         / /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri〜l^l '、
       ,/ /  /  ,| ,| {l) ヾ'、三三ミYハ,.」}、'、ヽ
    ,. --イ /  /   / '、 {l)   入_  ゙ー'^ー'`丶ミヾ、
   ,'´、  / /  /   l  ノ人  ノイム、  丶、  ヽ`ヘー- 、
   l  ヽ/ /  /    l / {l`´ ^'く, , ,)    ヽ  ', //7 ヽ
  ノ!  /\      ノ!イ   し=〜'´゙"´`丶、   ヽ  ,'/ノ`ヽ. ヽ
 / r,/、  \  ,.ィ" '´          `'ーt、    l lj   丶ヽ、
i´   メ `二ニ>'´                 `丶ニ'ノ     }ヽj`ヽ.
リ⌒ヾ),'"´ーxメ、  ,.                、       //ノ丶ヽ


270 :世界@名無史さん:2010/06/01(火) 22:40:21 0
       , -;:ァ─=ー:、- 、
      /  /      ヽ. ヽ.
     i  |           |  :!
.     {.  |_____.!  }
   _ i.`<´        `>'7- 、   お前は何もしゃべるなよ
<´  `ゝ |`rー。-:ァ=ィ-。ー<´!.h  ヽ
  `ヽ  {. } !. `ー‐' l´Y ー‐'、.|.{ l   ヽ_ ナチス電波が強過ぎる
'"´ ̄i.  !_)l.   `ー-‐'    .l(ノノ , -ゝ
.    ヽ. ゝ !  ‐-----一 ,l_,ラ /
     ヽ`"ヽ._、  ̄  ,__/./
      ` ‐-ゝ ̄ ̄ ̄/'´


271 :世界@名無史さん:2010/06/04(金) 21:00:26 0
ドイツ第二帝政とはどのような国家であったのか、
ビスマルクの帝国なのかカイザーの帝国なのかという問題ではなく、
その構造を広く把握することで、
世界大戦が勃発する要因の考察における一助としたい。
そのため、第二帝政というよりも、
その核となったプロイセン国家から広く見ていきたい。





272 :世界@名無史さん:2010/06/09(水) 22:52:24 0
どっちだっていいよ。

273 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 17:10:10 0
>>271
それで?

274 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 22:56:22 0
質問者は、満足な回答が得られたらお礼を欠かさないようにしましょう。
スレッドでの回答が得られる前に自己解決した場合には、
「自己解決しました」で済ませずに自分で調べた結果まで書くと、他の閲覧者への貢献になります。



275 :世界@名無史さん:2010/06/16(水) 23:14:15 0
マルチポストは2chに対する迷惑行為です。

報告されているのは全て複数板/スレに対するコピペ爆撃です。
一回毎に、自分の言葉で書いている方々は何一つ(エロや犯罪予告を除く)
規制されていませんよ。

自分の言葉で相手を説得出来ずにコピペに頼るから規制されるのです。


276 :世界@名無史さん:2010/06/20(日) 21:30:54 0
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や. ナ  帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ チ  り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て ス  道 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  支 地 に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た 部  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の に  る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ 
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__



130 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)