5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

近現代ドイツ・オーストリアの落ち度はなにか?

1 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 14:04:45 Q
フランス革命〜ナポレオン戦争時にドイツ全土がフランスに占領されて荒廃し神聖ローマ帝国滅亡。
その後のドイツ連邦の主導権とドイツ統一戦争でのプロイセン、オーストリア帝国の落ち度。
ビスマルクの功罪。
その後第一次大戦までの外交失敗とドイツ帝国敗戦オーストリア帝国崩壊による没落の始まり。
敗戦大恐慌の痛手のハンデをナチスドイツは埋められたかそして第二次大戦の完全崩壊と再起不能について。
後ドイツ・オーストリアの全盛期はいつごろなのか。

2 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 14:17:15 0
ドイツ統一頃

3 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 17:34:41 0
全盛期、それはホーエンシュタウフェン朝です

4 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 08:45:20 O



5 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 18:58:35 0
やっぱり同盟国の選択ミスでしょ
アメリカと同盟できなかったのは痛かった

ドイツ帝国のミスはロシアやアメリカのような大国と同盟できなかった点

もし米独同盟が成立して米英の離反に成功できていたら
また違った世界史の展開になったと思う
やっぱりドイツの政治家が同盟国の選択ミスを犯したからじゃね?

6 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 19:47:37 0
第一次世界大戦における独国の最大の失敗は低地諸国を侵犯し開戦に消極的な英国の参戦を招いたこと
露国は面積、人口がただでかいだけで西欧諸国と比べるとかなり見劣りし同盟とするには頼りない上に政情不安定
そもそも墺国との同盟を考えれば露国との同盟は不可能
米英の離反もほぼ不可能
米独同盟の可能性なんてあったのかどうか疑問

7 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 19:49:23 0
ファショダ事件が戦争に発展してれば英独VS仏とか
無理か

8 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 21:08:32 O
「アメリカが参戦してくるんじゃないか?」と、いらん心配をして
打たなくてもいい余計な布石を打った事

9 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 14:19:38 0
1990年代にオーストリア=ハンガリー=ユーゴスラヴィア三重帝国が崩壊して
民族紛争の地獄絵図になるIFものとか誰か書かないかね?

10 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 22:53:34 O
ドイツ第二帝国、イタリア王国が崩壊したロシア=ポーランド帝国、オーストリア=ハンガリー=ボヘミア=ユーゴスラビア帝国の内戦に介入してドイツ、イタリアが泥沼にハマるか。
背後から大英帝国連邦とフランスが攻撃して。

11 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 10:35:37 Q
オーストリア帝国の落ち度は、やはりプロイセンと妥協に失敗した。
イタリア半島で弾圧を繰り返して、イタリア人に嫌われたか。

12 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 11:05:11 0
ビスマルクは全盛期を作り敗北の要素も作ったので
俺はビスマルクから後の失敗の要因を作った人だと思うけどね

13 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 11:13:21 0
>>11
それは俺も思う
ウィーン体制下で大ドイツ的な連邦制を形成できてたら随分と違っただろうな
ビスマルク登場以前にこれを成せてたらドナウ-ライン-エルベを擁するまさに中欧帝国完成だったのになぁ
緩い連邦だとオーストリア諸民族、ハンガリーやチェコ等々にも随分可能性があっただろうし

やっぱり取っ掛かりとして関税同盟に墺が参入しなかったのが大きいね
ていうかこの時代面白すぎだろおい!鼻血とまらんのですよな

14 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 12:48:37 0
>>12
そうそう。戦争は勝ち過ぎるのが一番良くない
もっともビスマルクやモルトケは充分承知してたけど
後継者たちはそうは思わなかった
日本もそうで大正デモクラシーや軍縮条約を支持してたのは
日露戦争の薄氷の勝利(勝因が外交にあること)の
実態を知ってた将官たちだったらしいね

15 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 13:05:18 0
武田信玄も勝ちすぎるのはやばいと言ったからね

16 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 14:01:55 0

近代オーストリア最大の落ち度は第一次世界大戦の敗戦からハプスブルク=ロートリンゲン朝を死守しなかった事だ。
諸辺境地の独立や大きな改革は必至だったが帝国そのものを解体するべきではなかった。

17 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 14:27:18 0
ユダヤ人に優しすぎたこと?

18 :世界@名無史さん:2009/02/03(火) 18:58:21 0
>>16
というより第一次大戦前に緩やかな連合を作れなかったことだな
ハンガリーだけじゃなくチェコ、クロアチアとかどんどん進めるべきだった

当然余り物になるユダヤ人をオーストリアで受容できなかったドイツ人の政治的慢心は惜しい

19 :世界@名無史さん:2009/02/03(火) 22:53:08 0
>>14
日本の陸軍大学校で日露戦争での裏の外交や諜報活動を教育しなかったようなもん?

20 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 21:00:17 0
日露戦争で帝政ロシアは、その影響で崩壊したけど
日本も燃え尽きた感じだな

21 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 16:53:17 0
>>16
何でオーストリア人(南ドイツ人?)はハプスブルグを守ろうとしなかったんだろ?
ハンガリーやクロアチアやry  は守る義理も無いんだろうけど、何でオーストリア人は簡単にハプスブルグに見切りをつけたのかな?

22 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 17:50:38 0
>>1
落ち度は国民国家(ネーションステート)と民族主義
ナポレオン戦争から第二次世界大戦まではドイツ語圏にとって異常な時代


23 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 23:39:18 0
ドイツ系移民は、南北の新大陸に大勢いるのに、
ドイツ語にはフランス語のような高級感がない

24 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 23:52:33 0
>>21
ハプスブルクが君臨するってことは民族の結合として、超国家的な意味合いで必要だったんだと思う。
オーストリア人(ドイツ人)はその点で経済的に独立し得ていたし、政治的にも大ドイツ主義的な独立の方向があったし。
だからハプスブルク帝国なんてーのは必要なかったんだろうね。
チェコについても同様経済的に独立可能だったんだろうね、ただ政治的には独立に急進的ではなかった。
何故かと言うと独立すればプロイセンとロシアに挟撃されるのが目に見えているからだーね。
ハンガリーは経済的には農産物の競争力が圧倒的だよね。政治的には一番急進的だけど、うーん何でだろうね?

まぁ帝国を必要とするのはダレ?ってなるとやっぱり独立すると不安定になる民族かな?大ざっぱに言うと
チェコとかはWW1まで帝国に基本的に従順だよね
あと>>18にもあるけどユダヤ人
彼らにとっては多民族国家を崩壊させるメリットは薄いねー

25 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 03:24:35 0
>>21
1867年のアウスグライヒによってオーストリア帝国内には
1.オーストリア人 2.ハンガリー人 3.クロアチア人(ハンガリー人に取り入って、ブダペストで勢力拡大)
4.その他 という民族間での階級意識が生じてしまい、
マリア・テレジア以来オーストリアが必死に守ってきた民族固有の文化・信仰・教育の自由が
民族独立を推進するという皮肉な結果になってしまった。

さらに言えば、当時のオーストリア帝国ではボヘミアが工業地、ハンガリーが農業地
オーストリアは消費地という形になっていて、ボヘミアやハンガリーが独立したことにより
これまでのような自由な物資の移動ができなくなり、オーストリアはあらゆる物資を輸入する立場に追い込まれた。
そのため、オーストリアではドイツと合併してドイツ民族として再起すべしという考えが起こり
他民族との融和を唱えるハプスブルクは用無しとされた。

オーストリア帝国は多民族国家ゆえにイタリア戦線にイタリア人を投入できず
チェコ人を同じスラブ民族である対ロシア戦線には使えず
ハンガリー兵は1848年の独立運動弾圧もあって10万人単位で脱走したりと
他の国では見られない戦線の維持の困難があったのも事実だけど。
盟友のドイツが暗号文を解読されて敗北が決定的になるまでに
ハプスブルクは第一次世界大戦を停戦するタイミングを逸したし、
ドイツに無断で停戦交渉を開始した外交的な不手際があったりと
どう頑張っても帝国を縮小維持できる状況にはなかったというのが本当かもしれない。

26 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 09:39:20 0
>>25
オーストリア工業はチェコと、分野によってはそれ以上に生産力も競争力もあるよ
だからオーストリアが輸入一本道ってのは間違いだと思う
あとチェコは対ロシア戦線に志願してる

27 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 12:05:35 0
>>26
チェコに住んでいた人間がロシア戦線に投入されたのは
当時のボヘミアの一部(主にドイツ・ロシア国境付近)にドイツ人が住んでたからだよ。
オーストリアは士官の登用はもちろん、各部隊の(民族的)人員構成に至るまで
全ての戦線にわたって非常に気を遣っていて、チェコ人をそのままロシア戦線に登用したわけじゃない。
この辺については大都留厚著『ハプスブルクの実験−他文化共存を目指して』を参照されたし。

フランツ・フェルディナントの画策したボヘミアとの三重帝国化が実現しなかったこともあり、
ドイツを除くイタリア・チェコ・ハンガリーなどの民族で最も早く戦線離脱したのはチェコ人だった。

仮にオーストリアがチェコよりも工業的に生産力も競争力もあっても、
チェコよりも人口が多く物資の消費量そのものが大きいんだから
別の国になってしまったらこれまでのようにただ輸送してくるわけにはいかず、
いくらかの利益を乗せて『買う立場』に変わったことは見逃せない点だよ。

元々オーストリア帝国自体が工業力で他の欧州諸大国に大きく後れを取っていたわけで
実質的にはあらゆる物資においてオーストリアからボヘミアやハンガリーに輸出するよりも
輸入するほうが圧倒的に多かったので、『輸入一辺倒』と書いたまで。

28 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 15:55:16 0
輸入一辺倒っては疑問だなぁ
確かにオーストリアの輸入はハンガリーの農産品が7、8割だったはず(南塚信吾さんの著書だったかな、違ったらゴメン)
でも逆にハンガリー側から見ると工業製品の輸入はほぼ90%オーストリアに依存してるんだよ
佐藤勝則さんがこれについて両国の補完的な関係として指摘している部分もあるしね
だからハンガリーからの輸入一辺倒ではあるけどハンガリーへの輸出一辺倒でもあるんだよね
帝国内で経済が成り立っていたってことかもしれない

でもそうすると益々帝国の崩壊が惜しまれるよね
イデオロギーに弄ばれて瓦解した感が否めないなぁ

ああそれと帝国の貿易収支は1800年代通して大体±0だったはず

29 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 21:44:51 0
自国内で完結していたと

30 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:20:53 O
>>23
一応チリ南部じゃ今でもドイツ語を話すバイエルン移民の子孫がいるし、地理じゃドイツ系はちょっと優遇されてる

31 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 10:39:36 O
よき同盟国に巡り会えなかったのが痛いな?独敗戦確定の日まで同盟国であったのは日本だけだろ

32 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 12:41:35 0
なんでポーランド人を無視するの?ピウスツキとかシレジア工業地帯とか
オーストリア倒壊にとって一番大きな要素だろ
意図して過小評価しているだろ

33 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 13:23:44 0
>>32
オーストリア・ハンガリー二重帝国にとってポーランド人は人口構成比にして10%
(ドイツ系が25%、ハンガリー系が20%、チェコ・スロバキア系が17%)だったし、
シレジア工業地帯が失われたのはマリアテレジアの時代だからあまり影響がないんだよ。
軍隊に関して言えば、人口構成比と兵士の民族構成比がほぼ等しかった二重帝国において
例外的にポーランド系は人口構成比に比べ2割少なく、ハンガリーが1割増で補っていた。

ちなみにピウスツキって、ブロニスワフとヨゼフのピウスツキ兄弟のこと?
彼らはロシアで学んでいるから、あまりオーストリアと関係なくないか?

34 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 18:38:31 0
オーストリア帝国倒壊の要素として考えられるポーランドはガリツィアじゃないかな
ポーランドでも南東部の方だね
後はブコヴィナ、もうここら辺まで東方に行くとポーランドというよりは
ハンガリーやルーマニアの影響のほうが強そうだ

俺が思うにポーランド独立が大きな要素だったと言えるのは「オーストリア倒壊」じゃなくて
「ウィーン体制崩壊」じゃないかな
その点ではポーランドは過小評価なんてされていない
むしろオーストリア倒壊に関して無視されがちなのがウィーン会議以降オーストリア領から分離した南ネーデルラント
あとは1815年に新しく帝国に編入されたロンバルディア-ヴェネツィア王国の離脱(1866)だと思うよ
ここら辺はまだまだ研究が進んでいないね

35 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:46:25 Q
359 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:38:49 0
ビスマルクがいたころは
ドイツなんて辺鄙な農業新興国で、対外進出なんてとんでもないという流れにすぎなかった
しかし、20世紀になればイギリス、フランスも追い越し
議会や国民も、ドイツが世界に覇を唱えるのは責務だとかいう流れだったし
当時のドイツの力を考えれば理由はある。
ビスマルクがもし健在でも、この世論を無視して、ビスマルク体制を堅持していたかはわからんし
カイザーにしても、己の野心というより半ば世論に押された感すらある。
ビスマルクはいい時期にやめたよ。もし続投してたら晩節を汚してたかもな
360 :ビスマルク普三:2008/05/30(金) 23:41:12 P
このスレッドの誤り〜日露戦争の開戦を日本に焚きつけたのは明治政府の要請により初期の日本帝国陸軍を指導に来日したドイツ陸軍参謀総長モルトケの高弟のメッケル少佐。彼は《朝鮮半島は日本列島の横腹に突き付けられたKnife》と教えた。

36 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:49:53 Q
361 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 23:45:50 0
ヴィルヘルム2世に戦略なんてないだろ。ただ359のように拡張したがっただけ。
ビスマルク外交の基本はロシアとフランスを両方同時に敵にしないこと。
基本的にはフランスと対立してるのでロシアとは友好関係を維持する。
逆にロシアとの対立が不可避なら英仏対立を利用してフランスと結ぶなんてこともあり得たろう。
歴史が証明している通り二正面戦略は愚の骨頂
362 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 03:26:48 0
それはなかなかの瀬戸際外交だな。
英仏露で大同盟が成立したらどうするつもりなんだか。
「そうはならないようにする」って?
成立してしまった後を聞いているんだけどねw
フリードリヒ大王のように戦うのかね。

37 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:51:15 Q
363 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 03:29:28 0
>ビスマルク外交の基本はロシアとフランスを両方同時に敵にしないこと。
>基本的にはフランスと対立してるのでロシアとは友好関係を維持する。
>逆にロシアとの対立が不可避なら英仏対立を利用してフランスと結ぶなんてこともあり得たろう。
考えれば考えるほど綱渡り外交だ。
一角が崩れれば全部崩れるだろうに、どこまでそんなアクロバットを続けられるのやら。
364 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 03:33:28 0
ビスマルクって「オレだけにしかコントロール出来ない国際関係」
ってのが権力維持の鍵だと思ってたふしがあるからな。
365 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 11:31:28 O
日露戦争けしかけたのはドイツ人?
ロシアが弱くなったから第一次大戦が長引いたのかな


38 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:53:55 Q
366 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 12:20:12 0
>>362
ビスマルクはカイザーみたいに無意味な海軍増強策を
しなかったから、英国がドイツと敵対する可能性は少ない。
仏露が対独で同盟を組んだら、ヨーロッパの勢力均衡という
英国の伝統的外交戦略から、ドイツについたんじゃないのかな。
367 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 14:12:15 0
ビスマルク時代に海軍増強をしなかったのは、当時プロイセンを初めとするドイツが海外にほとんど利権を持たなかったからだろ。
その政策がずっと続くかわらない。
368 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 14:38:15 0
少なくともティルピッツみたいなリスク理論を基に
英海軍を刺激するほどの増強はしないと思うんだが?


39 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:54:45 Q
369 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 14:59:36 0
海軍増強だけが英国を刺激したわけでなく、急速な工業伸長と輸出競争力の増加なども英国を十分警戒させるに足ると思うが。
海軍増強もヴィリーのわがままだけではなくて、国内資本家の声を反映したものじゃなかったっけ?
ビスマルクがユンカーの代表者で国内資本家の台頭や経済体制の変化を快く思わず圧迫すればわからんけど。
370 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 15:07:34 0
ビスマルクが自分の独裁的体制を維持するために我の強い政治家や官僚を潰し続けたので、第一次世界大戦前のドイツは意見を出さない消極的な政治家ばかりや極端な縦割り行政に陥っていたと言う見方もある。
371 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 16:17:15 0
>>362
英仏露大同盟をさせないのがドイツの生き残る道。
日露戦争後はむしろ英独より英仏の対立の方が数段激しかった。
ドイツが外交に巧みであれば一次大戦は仏露vs英独の同盟関係になっていたはず。
英国まで敵に回したのは外交の失策なにものでもない


40 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 19:56:42 Q
377 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 02:38:28 0
無理だろ。
一人の政治家の手腕で状況が変わるほど単純な情勢でもなかったし。
ビスマルクの活動も、モルトケやローンやヴィルヘルム一世の手腕や度量に支えられたものだったし。
なによりほとんどの列強と深刻な利害対立を持っていないと言うプロイセンの立ち居地が寄与している。
逆に言えば、対立を抱えているオーストリア特にフランスとは戦争以外に解決の方法が結局見出せなかった。
そしてなによりフランスとの対立はついぞ解消できずにそれがシュリーフェンプランの原因となって、最後は第一次世界大戦にドイツを追い込んでいる。
378 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 03:40:42 0
大恐慌以来戦争の泥沼にはまり込んでいった極東の某国とそっくりだな。

41 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 20:59:25 Q
379 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 04:17:00 0
そりゃそうだろ。
遅れてきてから、あらかた色分けされ尽くされた列強のパワーゲームの場に入り込もうと言う立場は同じだからな。
ちなみに同じような立場のロシアも方々に嘴を突っ込んでは追い返され続けて、その戦争の結果積もった社会的矛盾を更なる戦争で解消しようとする泥沼自転車操業の結果倒れるなどそっくり。
380 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 09:13:52 0
>>379
大局的に見るとロシアは近隣に陸の大国が出るまでは安泰だよ。
革命後も復活できたのは英国に対する日米のような海運国がなかったから。
英国は没落の一途を辿るがロシアが台頭復活できたのはドイツが最後は分断されたからだな。
ユーラシアレベルで見ると欧州が英仏独で対立している間にロシアは致命的な領土の縮小
までには追い込まれないわけだな。これは現在まで続いているな。
ロシア連邦なんて言うがシベリアにしてもカフカース地方にしても植民地の延長でしかない。
例えば清露や中ソの対立にしても相互が疲弊するほどの対立はしない。
年代だけ見れば日本もドイツも大差はないが、それまでの蓄積などの状況が全然違うのは周知の事実。
ロシアもギリシアにおけるマケドニアや戦国中国における楚秦のように文化的には劣った半モンゴルの国とされていたが、国力的にはアジア的停滞の国とは隔絶の感がある。

42 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 21:01:47 Q
隣国でありながら異常なくらい本格的な戦争はしないわけだ。
つーか1度も直接的な本格的な対立がない。
独仏、英仏、英独、日米、英米、と比較すると異常な程だな。
あれだけ国境線が長いのに国境紛争と代理戦争くらいしかない。
英国の植民地の消失過程はフランス、日本、米国とむしろかなり以前の同盟国が
実行させているわけだ。例えば米国の独立、アフリカでの対立、アジアの権益、
中東の権益、これらはロシアよりもむしろ仏、日、米が画策している傾向がある。
決定的なものが1956-7年のスエズ紛争で英仏の没落が決定的に露呈したものだが、
ソ連のみならず米国が嫌悪して撤兵させられイーデン内閣が短命で辞任した。
遠くは不平等条約体制だがこれもロシアやフランスは同調していたが米国が最も
柔軟に対処していた。日本が最初に改正できたのも米国だ。
米国は開国-不平等条約と言う過程を日本に強いてはいたが実は英国中心の
この体制には不満があった。米国よりは先に交渉していた英露は日本に米国ほどの
強行さと焦りでは対応はしてこなく、それが幕府の攘夷的鎖国の体裁を維持できていた
原因だな。

内陸或いは欧州辺境にあると言う位置がそれを可能にしているとも言えるけどね。
381 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 12:16:48 0
広汎な領土と豊富な資源や人口を持ちながら開発を行うよりもまず周辺に新領土を求めるのがロシア。
資源が無いため経済拡張のためには新領土を求めなければならなかったのが日本。
とりあえず領土拡張してみたドイツ


43 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 23:32:49 0
>>35-42
コピペするならメモ帳にしとけ

44 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 10:35:36 Q
421 :世界@名無史さん:2008/06/27(金) 15:27:42 0
ドイツが強大化するのって、ヨーロッパの国際体系の辺境に位置するロシアと
イギリスが弱体化したときだよな。
ビスマルクによるドイツ統一が成功したのも、クリミア戦争の敗北によるロシアの
弱体化、英仏の関係悪化(つまり、イギリスは大陸に同盟国が存在しない状態にあった)
が重なったことが大きい。
422 :世界@名無史さん:2008/06/27(金) 17:44:06 0
クリミア戦争からはじまって日露戦争までがひとつの時代なんだよな。
自由主義と旧秩序(オスマン帝国や日本の幕府含む)のせめぎあい。英露独仏の対立。
それからは社会主義やら別の問題がはじまる。



45 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 17:49:48 Q
19世紀末-20世紀初頭の英国は既にいくつかの工業データでは米独に抜かれる
途上だった。英国の経済的な全盛は19世紀後半まで。
この頃から英国は金融大国を目指す。
だから20世紀初頭の英国は日本への金融支援で日露戦争させたわけだ。
>>35
ドイツは20世紀初頭から英国を脅かす工業国になりつつあった。
56 :世界@名無史さん:2008/05/03(土) 16:30:31 0
>>53
>ドイツは20世紀初頭から英国を脅かす工業国になりつつあった。
第一次世界大戦の敗北で先端工業技術の結構な部分が奪われた。
一例では、第一次大戦前は英国を超える造船技術と生産数を誇りながら、戦後は日本にすら抜かれる嵌めになった。
戦艦の設計技術は大戦で止まり、空母に至っては日本から設計図を技術者ごと回して貰うというお寒いことに。
戦車や銃器もともすれば英仏より劣っていたが、チェコやポーランド他占領地の技術や設備を吸収しつつ運用思想の差であそこまで持っていった。

46 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 18:17:35 0
クリミア戦争期は
米≧英>>仏>普≧墺>露

47 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 02:46:05 Q
>>46違うな大国の興亡だと。

英(植民地含)>(露)>仏≧米>(清)>墺>普>(土)≧西>蘭>(日)
じゃないかなGDP、工業力、人口判断だと
( )の国は前近代の国。

48 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 18:46:10 0
何の順番かわからんが
そこに政治、地理的な問題を含ませると
米≧英>仏あたりが妥当だと思う
ウィーン体制崩壊後の列強の帝国主義にそのまま追随しなかったこの時期のアメリカの蓄財は半端ない

それにクリミア戦争後の露は軍事的、経済的な後進性が暴かれてるし、墺もそれは同様
すでにこの2国ではプロイセンを相手に苦しいだろう

49 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 19:24:54 Q
ロシア帝国には人口、資源と国土の広さと冬将軍があるし、オーストリア帝国だって多民族だが人口、資源とかはあるし。
プロイセンの場合、短期決戦や限定戦は得意でも
人口や持久力がないから長期戦だと行き詰まるし。
それに内戦とはいえあれだけの太平天国の内乱を戦った清帝国は人口、領土から持久力はあるとみた。

50 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 20:08:56 Q
>>48
モンロー主義も中国他の東洋人の鎖国ほどでは無いとはいえ。やはり他国との競争欠如の弊害、外交蓄積欠如、海外植民地経営と海運防衛と海軍ノウハウと、海外植民地から略奪や資源市場獲得が出来ないハンデなどがあるからな。
アメリカの場合は広大な国土内インディアン討伐と未開発国土の開拓が出来るし。
資本は欧州諸国から移転や欧州からの移民に頼ってただろ。
しかもあの南北戦争での国内ダメージはでかいはず。

51 :世界@名無史さん:2009/03/09(月) 13:43:59 Q
 東アフリカには、ダイヤ、石炭、鉄鉱石。
 南西アフリカには、ダイヤモンド、ウラン、銅、亜鉛、スズが採掘されています。
 ドイツ帝国が資本投下を継続できれば、近代化し、
 アフリカに近代国家が誕生する可能性もあるようです。

52 :世界@名無史さん:2009/03/23(月) 20:25:46 Q
保守

53 :世界@名無史さん:2009/03/30(月) 02:45:28 0
あの〜、大学の西洋外交史のレポート課題なのですが、
「戦間期のドイツ問題について論じなさい」というテーマで、
「ドイツ問題」というのが何を指すのかよくわからないのです。
どういった事が論点なのでしょうか?

54 :世界@名無史さん:2009/03/31(火) 13:29:49 O
>>48
アメリカ合衆国の興隆は南北戦争が終了し国家が一致して工業化路線を支持し
西部開拓が進行終了しつつある19世紀末から
確かにイギリスは同時期にアメリカや統一ドイツに工業力では抜かれるが
資本輸出では世界一をいじしていた
一人あたりGDPでアメリカ合衆国に抜かれるのは1920年代であり
国際決済の基軸通貨がポンドからドルになるのは第二次大戦中のブレトンウッズ会議から

55 :世界@名無史さん:2009/05/19(火) 02:11:28 0
アーミッシュとかみるとなぜスイスやドイツやオーストリアや
が落ちぶれるかわかるだろ

56 :世界@名無史さん:2009/07/04(土) 07:23:27 0
関連スレ
オーストリア=ハンガリー帝国って領土縮小されすぎだろ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1163421100/
◆ドイツはなぜ近代に適応できなかったのか?◆
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1177417938/
【プロイセン】 ドイツ帝国について 【第二帝国】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1219743172/
ドイツは過去の戦争責任を深く反省している
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1177936027/
大日本帝国VSドイツ第三帝国 世界史板3
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1189306184/
【卍】ドイツ第三帝国総合スレ【ナチス】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1240071183/
ドイツ人は愛国心が強いのでユダヤ人を殺した
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1187629337/
ヴァイマル共和政時代のドイツ国
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1215057059/
ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦【6】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1227437267/
ドイツ史の記述っておかしくね?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1242795516/
低脳ドイツ厨が暴れまくってる件
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1237350816/

57 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 15:17:16 0
  ,i´ /::゙l::ヽ:`-~ノ`::::::::::: : : : .,┐: : : : : : : : : : :   : : :::::::::::::::゙l
  /  ,!::::゙l、ヽ:::│:::::::::::::::::::::::.l゙ ゙l::::: : : : .........: .: : :::::::::::::::::::::::::|
  `゙'-l゙:-,.:゙l,:::゙∨::::::::::::,、::::::::,l゙ ゙l::::::::,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l
  .,/|::-,"'-/:::,、::::::,l゚!::::::::./  ,!:::::::/|:::::::::::ュ,:::::::::::::::::::'j,:::::::|
,/` |::::::゙'ッ":::./{::::::::| |:::::_,l―-(,--l゙ ←--/ ゙=,,,,,,,,,,-,u,り:::::,l゙
`\  |:_,,,::゙'ー/〔 .|::::::,! .゙‐'゛            `_,,,_,  ` `)/
  `-,i´ `\、:゙l .冖'" .,,┬''l ゙̄,{゙ヽ、 ヽ  ,/ ,X,,,,,√゙'‐  ゙l
   { ⌒''-,,゙'-|        ~^      {         l
    ゙l. ./^゙'i、゙l                         |
    .゙l゙l、 、,、` .|                │       l Kaiserin Aiko
    |:::ヽ、  .|              ゙'-―--‐       ,l
    ↓:::::゙"'''''"|!、            _ __、      /
    l゙:゙ヽ,::゙l、:::::゙lヽ            、_ニニニ,―ー    /
    |:::::::\:\:::::ヽ\、             --     ,/
   ,}:::|::::::::ヽ::`'、、:゙'-,,`ー-,,_           _,/
   ,l゙:::l゙::,:::,/¬'''"'―イ,,,_ `'''-、,_     ._,-'"
  ,l゙:::/::l゙:/   _,,,,,_    `゙''ーi、,,_ `゙''―ー'''"{
  ,l゙::::l゙::,!/._,/゙^  `゙'ー-,、    `゙''ー-,,,,、  |、
 /:::::l゙: |:|'"     ___,,,,ー、,,,,_    `゙'-,,|`゙''-,_
 |::::,l゙:./,i´,,,―''''"゙゙`    `゙''-、.~゙'''-、,,、  `'''┐ ゙'-,
: l゙:::,!│,|/`            `'ー-,,,,,_゙'-、,,,,__,ッ-,,,,У


58 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 16:05:15 0
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i   `ー'ノ  i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿   落とせ♪ 落とせ♪♪
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /  敵国を落とせ♪♪ しばくぞッッ♪♪♪♪
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;| 被害者の方


59 :世界@名無史さん:2009/07/26(日) 20:41:32 0
                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \ プロイセンとエステルライヒが
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ      喧嘩ばかりしてたからよ!
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |


60 :世界@名無史さん:2009/07/27(月) 20:54:20 0
          ヽ、__,..-:‐:‐-ィ':ヽ:-‐::-:.、_
        _,.-‐='ニ´: : : : : : : : :;{: : : : : : : : : :`ヽ、 .
       ´ ̄>: : : : : :/: : :/::/|: : :.::|: : : :`ヽ: : :ヘ ;
     .,ィ'/: : : : : : :/:: : :;j: :| ∨: :::|V: : :ヘ::.:\: :ハニ:=‐-.、 .
    ; 〈:/:.:,ィ´: : : : :j:: : ::/|: :|  V: ::| ∨: : ハ::: :ヘ:: :}:::\::::/ ;
      j/::j: : : : : ::|::__,ノ'|: j u V:.:|ヽ、:__: ::|:::: ::ヘ::|::::::::\   わ、わたしの使用済マスク
       \:|: : ::i: : ::|:.:/ __|:/    ヽ:|___ \:.:|::: : :ハリ:::::::::/;     5万円で買ってくれませんか?
          ; |: .:::|: : ::|;/ィチ弐" ....... ゛オ弐z∨:::: : : |:\:/
         : |:.;/:|: : :ハ\:゜:..   ,    ..:::/:∨:::.:ト:|::: :| :
         レi: ::|: ::|.-}:::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:u::;r-'|:.:|:::::: :| ;  ケホホッケホッケッホッ
         |: ::::ヽ:|:| ヽ|         ,|/|:::||/:i::::: .:|
          |i: : ::::|i:| : `,ニ=‐r--r‐<.   |::| |:|:::::: :|
         |:|: :::::|'|:|  /  r:j   {ア  \; |::| .||:::::: :|
         |:| : :::| |:l/    |-‐-/     \|:| |!::: : :|

第一次世界大戦に負けたのもスペイン風邪のせいよ。

61 :世界@名無史さん:2009/07/28(火) 21:14:27 0
                   _,,..:: .. ィr-=、
                ,::r''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
              ,,シ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
             彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i
             t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
              ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!
             ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l   お嬢ちゃん、お前は一体、何を言っているんだ?
             t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l
              ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
            ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :!
     ,,.. - ―イ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
  ,:ィ"´: : 〃:ノ: : : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、
''": : : : : 〃:f: : ノ: :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
: : : : !: : ,f: :i: :/ : : : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
: : : : : :fソ: : : i: : : 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\


62 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 18:25:16 0
.┌、       r┐ r┐ヾ> (_  /             ミ
 !. | ヾ>  || lニ コ   〈/`ヽ _               ミ
 |. !  ノ|   | レ! _| |.   ,イ,.- 、 |  ̄_ ̄丁 '' ー┬‐- -ミ
 ヽ二/   .ヽ/(___メ>   /,|.l  l ! (  ) ! (´ ) !  r‐
   ry'〉     ,、   /イ,! `ー' _L =- --┴-ニ二ト、_'ー'
  lニ', r三)   ((   |'J」-''_二 =-- ‐一 ー‐t‐-ト、 二__
    |_|       ))  レ'/´ィ 、_________  ヾミ| l
 _r┐ __      ((    V ,、 F≡三r一tァー,    | l:.:. .::
└l. レ',.-、ヽ    ))   |ノ^>、     '^ミ二´    | l:.:.:.::
 ノ r' __,! |     ((    V/イソ            .::ヽ、二_
└'!_| (_t_メ.>     ))    | / ,'    _        .:.:.:.::i|,)ノ
   r-、       ((     |.〈、 、 _〉 `丶、     ;:ィil| ノ
  ,、二.._       ))    |  笊yfミミミミヾ、     '!l|il|li!fj'
  ーァ /.    ((     ヽ |i''r ''_二二ニミ;ヽ、  ,|l||il|l|,「゚|
  ん、二フ     ))    |,l| V´ :::::::::;;/     トi|l|i|i|l|!Ll
  ,.-─-.、   ((     |i! ゞ=-‐''"     ,i||i|l|l|l|!|i{
 / /l .i^ヽヽ    `     |il!  ーォii|「、 ,,.,.ィi||l|i|l|l|i|l|シ'
. | .レ' /  l.| ヽ二ニ,ヽ  ,/i|l||livil|||l|i|l|l|lil|l|i|l|i|i|i|l|l|l|{'
. ヽ/   ノノ     <ノ   {l|!|l|i|l|i|l|i|||i|i|l|i|i|i|i|l|l|!|l|l!r'
 r┐,.─-、   / 7     ヾ!||i|i||i|i|l||l||i|i|l|l|l|l||l|l!イ
 ||し'^) ,! ┌‐' 'ー┐ト、   ``,ヘi|l|i|l|i|l|l|i|r''`''"´ i      ,
 |_|   l´r'  7 /_7 / 」__〉  (_~`^~"゙'ヾ     ノ   / ,
 [_]  [_]  〈_/ヽ_/      .ト─'     ノ      / /i


63 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 18:39:15 0
二正面作戦に尽きる

64 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 23:16:25 0
           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、  \
     ,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,    日々進化を繰り返すアル
    ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\        
    {  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >=
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \
    /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \  
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    }
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/
        /{{ |   |===|    || |   __/


65 :世界@名無史さん:2009/07/29(水) 23:34:06 0
クソAAばっかつけやがって

66 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 12:33:29 0
クソAAとか言うな
クソなのはAAではなく、AAを貼り付けている馬鹿だ

67 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 21:58:36 0
>>53
端的にいえば、ドイツの領土はどこまでなのか?
敗戦で失われた領土やオーストリアはドイツ圏だけど、どこも新興独立国の領土になった。
ドイツ民族主義にしてみれば奪還・併合すべき土地なんだけど、そんなことすればヨーロッパ域内で人口・工業力が圧倒的な統一ドイツができちゃうから、周辺諸国はみんな反対。
で、生まれたのがドイツ問題。

でも実際にはワイマール時代でも圧倒的なんだけどね

68 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 22:53:55 0
        -、─- 、. , -─;-
      _. -─:ゝ  `′ ∠.._
       ,>           >
    ∠-ァ      /V 、    ゝ
.     /    ,.ィ./|/ニニヽト、  |    フフ…
     l/ 7_ /-!'ニコ  Lニキ‐! __!
    /「`i| || ==。= . =。== !|f l   見る人が見れば
    |_l_r'Ll|. `二 | | 二´ ||r!|    わかってしまう
    / ---}. r‐ '-l_l-' ー-、 |!;リ、    ことですよ…
.   /  二ニ!│ー‐──一│|.  |`''ー-
-‐''7   .ァ=ヘ! , , , ==, , , , ノ  |  そんな嘘をついても
/ヽヽ. ノ\ヾ:r`‐、----‐ァ'´|   |   始まらないじゃ
    \> | ヽ、 \i\./  |.   |    ないですか…
     .> |  ∫| ̄ /\.   !    |


69 :世界@名無史さん:2009/07/31(金) 20:37:14 0
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i   `ー'ノ  i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿   落とせ♪ 落とせ♪♪
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /   フランスを落とせ♪♪ しばくぞッッ♪♪♪♪
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;| 被害者の方


70 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 13:12:50 0
>>67

Deutschland,Deutshland über alles
über alles in der Welt,
wenn es stets zu Schutz und Trutze
brüderlich zusammenhält!
Von der Mass bis an die Memel,
von der Etsch bis an den Belt:
Deutschland,Deutshland über alles
über alles in der Welt!


71 :世界@名無史さん:2009/08/01(土) 19:43:13 0
           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、  \ >>66私のこと、なんだって?
     ,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,    もう一度言ってみなっ!
    ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\        
    {  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >=
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \
    /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \  
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    }
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/
        /{{ |   |===|    || |   __/


72 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 12:44:23 0

     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_  __ ,. _彡'ノリ _,.ゝ、  |         ∧
   `ゝf‐ゞ゙ujヾ二r^ァuj< y=レヽ.     l\ /
.    |fjl、  ̄.リj^ヾ.)  ̄  ノ レ リ   __|  `
    ヾl.`ー- べ!゙‐ ` ー-‐'  ,ン   \
      l    f,.ニニニヽ u /:|   _∠,   わかったぞ!
       ト、  ヽ.__.丿  ,イ |     /
     _亅::ヽ、 ー   / i :ト、    ´ ̄|
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、   l/、  ,ヘ
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l       ∨
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /


73 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 12:57:26 0
このAA荒らし、ポーランドスレでAA荒らししてるのと同一人物の荒らしだろ 

74 :世界@名無史さん:2009/08/02(日) 17:49:05 0
            ヽ、    ヽ     ヽ 、   ヽ
   )ヽ、_,,,..._    ヽ、_,   げえッ───────!!!
   iー-、::_: `、ゝ_,,-  ノ  (    ) 、     )
   ノ::`ー_-_ノ ノ ノ_,-"イ /    ` 、ノ  `i  (   l
,-、 |::::.ヽ _。ヽ:: /_。フ' |ノ   ヽ、      i、   ノ
|6`i/:::. ,,-.―'' /i|.ー-、. |
ヽ ::: i ::    ⌒  : |   オレの正体がバレバレか!?
ヽ`l | ::    /ニ`i   /
 `|:. ヽ、   i_,,,、/  /     ,へ___
  ,|:::._ヽ___/   _//`ー--、ニ=--―,
  | ̄ ̄ ̄ ̄||| ̄|    / / / __     ̄ ̄`¬
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ヽ | // /   / 三三三  /


75 :世界@名無史さん:2009/08/03(月) 21:16:32 0

          ヾミミ川//ヽ\\ヾ==‐-ヾミヽ
            `i ̄`~~´\ト、ト/ ̄´`iミ=-ヾミ゙i
            | '''二二_ ,,_     ト、ミヾニ┤
         ヽ   |,,,,,,,,_  ,、-──-、 ヾ、ミ三ミi
      \    |  i`二ニ! `´二二,`'''  `!彡ヾ,i
       i   !  ゝ-- ノ  ‐─‐‐    レ⌒Y
       ゙!  '、  | ""/    ''''"   彡!)) /
       ヽ   ヽ, ! /         '´ レ'/
         \  | i└=         人/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ,!  i ∠-,_       /| |   < 11000まできっちり回せ
           ヽェニニメニニィ'     、,/ / |    \________
              ヽ`   ,,、 ,、/  /  |_
               _\_,,,、-''´   /  ト, ヽ
             / ,r|::::''      /  ノノ \
            r┤ |;;;| ヾー   /  /    /\
           ノヘ|  ∨     ,r'_/__,,_   /イ´/`ヽ、
     ,,、-‐'''"~´-‐゙i,,ニ二!\  ,r''///-‐ヽ\/! / /  `゙''-`ヽ
 ,r‐''''"´‐''"´     ヾ彡|─\ /彳" /ミ/i !/ /
/〉           | ト、〃ヽ、 / /!  /ヽシ i | /
/            ヽ\ \i// /ヾ /  i| | !
               \〃\/ヾ/  i
                \/\/


76 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 21:03:05 0
     ,, - ―- 、                
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  
    |! ,,_      {'  }  <まだ地上でやるべきことが多くある
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |


77 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 23:00:25 0
>>55

近親結婚と過度の因習堅持が原因ね
パラグアイのゲルマニアも同様

金髪青い目って劣性遺伝だから、障害や知恵遅れと一緒に、継承されかねん

78 :世界@名無史さん:2009/08/04(火) 23:01:57 0
現在のドイツは、混血しまくってますよ

79 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 18:22:44 0
ドイツは国籍の血統主義やめたらしいが、EUにやめさせられたのか
それとも国内にトルコ人とか増えすぎて捨てざるを得なくなったのかどっちなんだ?

80 :世界@名無史さん:2009/08/05(水) 18:27:41 0
シュレーダー社民党政権のときだね。



81 :世界@名無史さん:2009/08/06(木) 22:42:45 0
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::ノ ̄ヘ::::::;―、::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::;-' ̄     ̄    ̄ヘーァ:::::::::i
          i:::::::::彡              ミ:::::::::::ヘ
          |:::::::メ   ........        ......,   ヾ:::::::::::|
          |:::ノ   /   ヽ    /   ヽ ミ::::::::::|
          |::| /    _       _    ヾ::::::l
          |::|    イ(:::)ヽ     イ(:::)メ    |::::::|
          |ノ i   `ー'ノ  i    ヽ` ~    イ::イ
          | j }    ~~  ノ;            い
          ゝ:.:.{: . : .    γ    ,、 )、      i丿   落とせ♪ 落とせ♪♪
          厶:.:.ヾ : .    ` ''`  ~   ヽ     ノつ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /   SPDを落とせ♪♪ しばくぞッッ♪♪♪♪
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;| 被害者の方


82 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 09:43:38 0
ドイツでも、フランス同様、黒人と白人の混血が増加中

東洋人とトルコ人はもてないけど

83 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 18:57:45 0
      -、ー- 、
   _. -─-ゝ  Y ⌒,.Z.._
    ,.>          <`
  ∠.._        ,     ヽ      白人と
.  /    , ,ィ ,ハ ト、    l
  /イ /   /l/‐K  ゝlへトi  |    黒人……
   レ'レf Y|==;=  =;==|f^!l
.     !6|| ` ̄ "||`  ̄´ ||6|!      Weissen……
      ゙yl、   、|レ   |y'
     _,,ハ.ト.` ̄ ̄ ̄´ ,イ/\_    Schwarzen……
    ̄:::;':::::゙! \.  ̄ / |'::::::::|::: ̄
  :::::::::l:::::::::l  \/   !::::::::::|:::::::::  Das Ende……
  ::::::::l:/ヽ:ヽ__    __/:/\:|::::::::
  :::::::‘:::::::::::o:ヽ`  ´/::::::::┌──┐


84 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 23:50:28 0
ビスマルク外交の基本はロシアとフランスを両方同時に敵にしないこと。
基本的にはフランスと対立してるのでロシアとは友好関係を維持する。
逆にロシアとの対立が不可避なら英仏対立を利用してフランスと結ぶなんてこともあり得たろう。


85 :世界@名無史さん:2009/09/05(土) 09:17:27 0
キャンピングカーのスレッドから紹介していただきました。
今度、ドイツに旅行に行くのですが、
キャンピングカーで旅行したいと思っています。
ドイツではキャンピングカー旅行も人気とネットで読みましたが、
こうした旅行は初めてです。
とても基本的なことだと思うのですが、
事前にキャンプ場の予約は必要でしょうか?
また、注意した方が良いことはありますか?
(当方、英語はできますがドイツ語はぜんぜん出来ません)
多分常識的にはダメだと思いますが
子供が寝台で寝ているときに、車の運転はできますか?
宜しくお願いします。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/oversea/1251898058/



86 :世界@名無史さん:2009/09/05(土) 17:38:42 0
         ∠     
      ∠ ̄                      ー_  
    ∠ ̄                            ゝ 
   ∠ ̄                             < ̄
  < ̄                    レ|/ノ)ヽミ    >
  ∠                 /NV        ヽ、)へゝ
  <         /⌒`ヽ, /             l
  ∠        ( /⌒ノ ^^                |
  ∠ ̄       | ヽ (              ヽ    |            
\  <       ノ、ノ               ||   /
 \/ /|/|/|/~^^^                , ⌒`V, /   >>85元のスレに帰れ!!!!
   \     /  /             `\_(/´/
    \  /   /|                 彡、       
      \    ||             __ (  __>
       |    ||          /   \>ゝ
       |     | \        /\  / 
        |    \         \ ,>
        |     \        ,ゝ
         |  /´⌒ \_  _/
          |/         ̄
          |
          |


87 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 13:20:52 0
ポーランドに住むドイツ人少数民族の調査へ、東海大など 2009年09月05日

【9月5日 AFP】
 東海大学(Tokai University)の小林公司(Koji Kobayashi)教授らは4日、ポーランドに
住むドイツ人少数民族の現状に関する調査を開始することを明らかにした。

 東海大学はポーランドに住むドイツ人少数民族500人の暮らしぶりや立場、
ドイツ人組織50団体の活動状況を調査することで大阪大学(Osaka University)
およびポーランドの非政府組織(NGO)と協定を結んだ。

 現在のポーランド領内にドイツ人が入植を始めたのは中世にさかのぼるが、
第2次世界大戦(World War II)によってドイツ人少数民族問題は緊張した。

 小林教授は、「ポーランドのドイツ人少数民族の問題は日本の在日朝鮮人の
問題と似ている。戦争によってもたらされ、現在も未解決の重要かつ深刻な問題だ」と語った。
(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2637838/4536354


88 :世界@名無史さん:2009/09/07(月) 21:42:38 0
1915年7月18日 オーストリア潜水艦U4(艦長ルドルフ・ジングレ)が南ダルマチ
アのグラヴォサ沖で、再びラグーサ・カッタロ間の鉄道を砲撃していたイタリア装
甲巡洋艦隊を急襲・旗艦ジュゼッペ・ガリバルディに対し魚雷攻撃を行いこれを撃
沈。これによりガリバルディの乗組員590名のうち50名が戦死しました。またこの
時イタリア軽巡洋艦マルサーラ(Marsala)、クアルト(Quarto)、駆逐艦3隻も別
のダルマチア沿岸部を砲撃していました。


89 :世界@名無史さん:2009/09/08(火) 21:14:51 0
【第一次世界大戦勃発前夜のオーストリア・ハンガリー海軍】
巡洋艦隊〔ポール・フィードラー提督〕
 装甲巡洋艦サンクト・ゲオルグ、カイザー・カール6世、カイゼリン ウント ケイニギン・マリア・テレジア、
 軽巡洋艦ツェンタ、アスペルン、シゲトヴァール(ツェンタ級3隻)
第1水雷艦隊
 軽巡洋艦サイダ、駆逐艦タトラ、バラトン、セペル、リカ、オルジェン、トリグラヴ(タトラ級6隻)他6隻
 水雷艇10隻 
第2水雷艦隊
 軽巡洋艦アドミラル・スパウン、駆逐艦6隻、水雷艇18隻
 
沿岸守備艦隊
 海防戦艦モナーク、ウイーン、ブダペスト(モナーク級3隻)[第5戦艦隊]防護巡洋艦カイザー・フランツ・
 ヨーゼフ1世、水雷巡洋艦パンター


90 :世界@名無史さん:2009/09/09(水) 21:50:08 0
・クラクフ蜂起について
1846年初頭、パリにあったポーランド民主協会ヴェルサイユ中央委員会は元中尉
のミエロスワフスキーをまずプロイセン領だったポーゼンに派遣
次いでミエロスワフスキーは2/21〜22にクラクフで国民政府を組織し、一斉蜂起
と農民に対する封建的義務廃止を一方的に宣言した
しかしつい昨日までシュラフタ(ポーランド人中小貴族)による過酷な搾取と虐
待を受けていたウクライナ人農民はそれを信用しなかった
彼等は保証なき怪しげなポーランド人貴族の空約束の自由より帝国の寛大な緩や
かな束縛の方を選択した、クラクフのポーランド人貴族の叛乱に呼応し、クラク
フ東方タルノフ県でウクライナ人農民が一斉に逆蜂起し、当地のかつての無慈悲
なシュラフタたちに対し彼等がかつて受けた行為を主人に報復した
ポーランド人貴族の画策はもろくも崩れ逃亡したミエロスワフスキーはプロイセ
ン当局に逮捕された


91 :世界@名無史さん:2009/09/11(金) 22:08:58 0
                                   ,, __
                                  (::,、::))=ヽ   
                                 (∀` ,, )     | 南チロル奪回!!!
                                   /   0)    l
                              ━==/二二二ヽ__,n_,,l!___
                  __    _,,_, - ,r--‐‐ '  ̄o ̄:lニニl!::l::Tl l]]`i
        iニニl二二二二二ill__,,_l二二|;;li:|:i!:l  8ゞ::. : ̄: ̄:     i__i,l ;;::: l
                            ̄`ヾヽ;;_________,,_, --- == ' ニニニ二二)
                    , --=======l二二二二二二二:l:::iニニニl)il二二l]ロ::l!、
                    ''ilγ⌒ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;;;;;;;;0;;;;;;;;;(:o:)~゙ _ヽ
                   `ヽ,,__ノ --------------------------------- (::@::)/
                    ヽ;;;;;;;γ⌒ヽ;γ⌒ヽ;;γ⌒ヽ;;γ⌒ヽ;;γ⌒ヽ;;γ⌒ヽ;;;;/
                    ヾ;;;;;;ヽ,,__ノ;;;ヽ,,__ノ;;;;ヽ,,__ノ;;;ヽ,,__ノ;;;;ヽ,,__ノ;;;ヽ,,__ノ/


92 :世界@名無史さん:2009/09/12(土) 14:05:35 0
数年間にわたる法廷闘争をへて、元ドイツ首相ヘルムート コール
(キリスト教民主同盟)に関する秘密警察の文書が初めて公開され
る。74歳のコールは、この好評に対する異議を当初表明していた
が、これを撤回した、とベルリンの秘密警察連邦文書館は昨日午後
発表した。過去数カ月にまとめられた文書は、法律で規定されてい
る通り、今年初めにコールに示されていた、とのことである。連邦
行政裁判所は2004年6月に、コールに関する文書の一部の公表を許
可したが、極めて限定的なものである。同文書館長マリアンネ ビ
ルトラーは、長年にわたる対立を経て、ようやくコールに関する文
書が公表できたのは喜ばしい、これにより(旧東独の)国家保安省
の活動の評価に大きな利益になる、と述べた。


93 :世界@名無史さん:2009/09/13(日) 19:29:09 0
ドイツもオーストリアも駅の看板はどっちも濃い青地に白で表記だけだから、
通過駅の表示を見ても、国境を越えたって感触がないんだよね。
イタリア側の回廊区間なら下地の色が薄いから分かりやすいかもしれないね。

http://www.youtube.com/watch?v=hPVZhmq9uhg
http://www.youtube.com/watch?v=L6bRhVtO2Bg
http://www.youtube.com/watch?v=cxJsngwHemQ
ウィーン地下鉄自動放送。
まるでお経を読むかのような暗さ。その前のチャイムも暗い。
市電やバス番号の乗り換え案内が多く、数字の羅列が不気味。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/ice/1171111652/

94 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 10:29:32 0
この調査する学者の意図がまったく理解できない。

ドイツ人(ゲルマン人)は昔からヨーロッパ各地に移民や殖民しているから、
ポーランドだけでなく、ロシアをはじめとする東欧全体やオランダにも少数
民族としているし、領土も変動しているから周辺国には必ず少数民族もしく
は地域民としてとしている。

ポーランドにいるゲルマン人は大昔の移民&殖民+第2次世界大戦時の
領土変更で意図せずにポーランド人になった人達。

ポーランド領から追い出された人もいるが、その辺の歴史をちょっとでも
知っていたら在日朝鮮人とまったく違うなんてことはすぐわかる。

この教授、メチャメチャ偏向&歪曲した論文書きたいのか、ここら連の
歴史を全く知らないかのどちらかですな。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1252224966/

95 :世界@名無史さん:2009/09/14(月) 10:36:44 0
実はドイツはもとから反ポーランド主義だったのではなく、
ドイツには20世紀になるまで親ポーランド派と反ポーランド派の
2つの勢力があった

旧ドイツ領のポーランド人は18-19世紀を通じてドイツへの
同化が進んでいて、旧ロシア領のポーランド人も「オストフルフト」で
ドイツへの同化が進んでいて、ドイツでも「カトリック中央党」
(メルケル首相率いる現在の「キリスト教民主党」の前身)の党員や
代議士(帝国議員の「ヴォイチェフ・コルファンティ」など)だったが、
19世紀末にビスマルクがやった「文化闘争」で
ビスマルク本人をはじめドイツ国内の反ポーランド主義者が
政治力を持ってポーランド人を激しく弾圧し始めたので、ポーランド人が
ドイツへの同化をやめてドイツ国民統合から分離した

文化闘争のときの「ドゥジマワのバン」事件がドイツで報道されると
一般のドイツ人はポーランド人に同情的でさえあったらしい
ということは、反ポーランド主義はそのころのドイツでは
声の大きい少数派だったとわかる

ドイツ帝国にはポーゼン公国(ポズナニ公国)からポーランド人の
ためのポーランド王国を再興しようとする動きさえあったが、それもドイツが
敗北して革命で帝政が消滅したので頓挫

以上、俺の理解
ソースはウィキw
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1252224966/

96 :世界@名無史さん:2009/09/18(金) 21:35:45 0
                                   / ノ     /_,.イ
┏━━━┳┳┓  ┏━━━━┓               ∀ {       | f´
┗━━┓┣┻┛  ┗━━━┓┃ ┏━━━━━━━ V∧━━ ! | ━━━━━━━┓
  ┏━┛┃              ┃┃ ┗━━━━━━━━'V \━':l  !.━━━━━━━┛
┏┛┏┓┗┓    ┏━━━┛┃                  Y   〉 |  |
┗━┛┗━┛    ┗━━━  /v/}/ノy!      _ト,   /  //  /
                    /   ィ    イ ,ィ   | ア!-<`><.  /
              |\,、  ト| / |    /∠∠イ__|_/ > '⌒ヽ  V/__
             |\、| | ̄ ̄ヽ  ,r─ < ̄ _/  ヾヾ \. ノ /三≦ ̄
             ヽ_| | ̄ ̄ ̄ ̄     ) ̄      } }/ 〈<三三三三三三ニ


97 :世界@名無史さん:2009/09/19(土) 22:54:49 0
ゲオルグ・フォン・トラップ Georg Ritter von Trapp (1880/04/04 - 1947/05/30)は
旧オーストリア=ハンガリー帝国海軍軍人。少佐(映画の大佐は間違い)。
同海軍潜水艦のエース。マリア=テレジア騎士十字勲功章を授与される。その
栄誉で男爵(Ritter)となる。最初の妻アガーテの実家が裕福であったので、敗戦後も
仕事をする必要もなく、執事や家政婦などを置いて暮せた。(妻は1922年死去)
 マリアは1926年秋にトラップ家の次女マリアの家庭教師としてやってきた。
 翌年11月マリアはゲオルグと結婚した。二人の間には3人の子供が生まれた。
 1938年のナチ・ドイツによるオーストリア併合後、一家はイタリアに亡命した後、
アメリカに移住した。


98 :世界@名無史さん:2009/09/20(日) 22:00:30 0
1914年6月24日、オーストリア・ハンガリー帝国の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公は、
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ地方で行なわれる陸軍大演習視察のため
当時帝国の外港だったトリエステからド級戦艦「ヴィリブス・ウニーティス」に乗り込んで
ダルマチア沿岸部のネレトバ川河口まで行きました。
大公はここで汽船「ダルマト(Dalmat)」に乗り換えて、川に沿って内陸部へと進みました。

サラエボ近郊のイリッツェで陸軍大演習を3日間視察した後、フェルディナント大公はサラエボ入りし、
ウイーンから汽車で来た妻のゾフィーと再会しました。
しかし6月28日に、大公夫妻はサラエボ市街でオープンカーに乗っている時に
セルビア人の学生ガブリロ・プリンチップに撃たれて死亡しました。
大公夫妻の遺体はサラエボからネレトバ川へと移され、
そこから汽船「ダルマト(Dalmat)」によって河口へと運ばれました。

フェルディナント大公暗殺の訃報を受け、
オーストリア・ハンガリー帝国海軍長官&艦隊総司令官を務めていたアントン・ハウス提督は、
ただちにポーラ軍港で汽船「ラクロマ(Lacroma)」に乗り、
護衛艦2隻(ド級戦艦「テゲトフ」 軽巡洋艦「アドミラル・スパウン」)とともに
ネレトバ川河口へと急ぎました。
かけつけた護衛艦隊に見守られながら、大公の遺体は戦艦「ヴィリブス・ウニーティス」に移され、
その後このオーストリア・ハンガリーの艦隊はゆっくりとトリエステに移動しました。
艦隊が沿岸部のまちや村を通過するごとに、教会の鐘は祈りの文句を歌い、
住民も去り行く艦隊に対し敬意を払いました。


99 :世界@名無史さん:2009/09/21(月) 21:10:25 0
1939年9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵攻。9月17日にはソ連も侵攻を開始し、10月にはドイツ軍とソ連軍がポーランド全域を制圧した。
占領下に置かれたポーランドからは、迫害を恐れたユダヤ人難民が国外へ逃亡をはじめる。
在リトアニアの日本領事館にも通過ビザを求めてユダヤ人が殺到した。
外務省はビザ発給の条件として、「行き先国の入国許可手続きの完了」と「十分な旅費、及び滞在費の所持」などを定めていた。
だが、杉原は形式通り、本国に指示を仰いだのだが、本国からの訓令は「規則の通りに」というものだった。
杉原は独自の判断でユダヤ人にビザを大量に発給する。


100 :世界@名無史さん:2009/09/23(水) 14:56:33 0
フランクフルト国民会議

神聖ローマ帝国の崩壊後、統一ドイツの枠組みを決めるため
ドイツ連邦諸国から選ばれた商工業者・官吏・大学関係者などが一堂に集まり
ドイツ人のドイツ人によるドイツ人のための新しい帝国が模索されていた─────



101 :世界@名無史さん:2009/09/25(金) 20:36:19 0
               .██████                             ██████
               .▓▓▓▓▓▓                        |       .|
             |________|                         ▓▓▓▓▓▓
           __|__                         __|__
         /     \                      /     \
        /  ::\:::/::  \                    /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \                 /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |                     |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /                  \    ` ⌒´    /

ドイツ連邦旗(1848〜1866)およびドイツ国旗         ドイツ帝国旗(1871〜1918)


102 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 12:02:11 0
■商船(定期客船)「カイザー・フランツ・ヨーゼフ1世」
第1次大戦終結まで、オーストリアは海への出口と小さな海運を保有していた。
1903年にコジルーヒ兄弟が創設したウニオネ・アウストリアカ社である。本船は同社の主力船であった。
移民をアメリカに輸送する目的で建造され、一度南アメリカへの往復航海を行った。
19年に戦後賠償としてイタリアに分配され、コジルーヒ・ラインの手に渡った。
船名を「プレジデンテ・ウィルソン」「ゴング」「マルコ・ポーロ」と変えて運航。
その後ロイド・トリエスティノ社、アドリアティカ社へと所有が移った。
第2次大戦末期の44年、ラ・スペツィアで船体に穴を開けて沈められた。

トン数:12567総トン、主要目:145・55m×18・35m、機関:2軸 4段膨張式蒸気機関 12500馬力
巡航速度:17ノット、航路:トリエステ〜ニューヨーク、収容人数:1等125人 2等550人 3等1230人
造船所:トリエステ海軍 モンファルコネ、材質:スチール


103 :世界@名無史さん:2009/09/27(日) 12:04:33 0
>>101
ワロタ

104 :世界@名無史さん:2009/09/30(水) 23:45:40 0
     /: : : : : __: :/: : ::/: : ://: : :/l::|: : :i: :l: : :ヽ: : :丶: : 丶ヾ    ___
     /;,, : : : //::/: : 7l,;:≠-::/: : / .l::|: : :l: :|;,,;!: : :!l: : :i: : : :|: : ::、  /     ヽ
    /ヽヽ: ://: :!:,X~::|: /;,,;,/: :/  リ!: ::/ノ  l`ヽl !: : |: : : :l: :l: リ / そ そ お \
   /: : ヽヾ/: : l/::l |/|||llllヾ,、  / |: :/ , -==、 l\:::|: : : :|i: | /   う う  前  |
.   /: : : //ヾ ; :|!: イ、||ll|||||::||    ノノ  イ|||||||ヾ、 |: ::|!: : イ: ::|/   な 思 が
   /: : ://: : :ヽソ::ヽl |{ i||ll"ン    ´   i| l|||l"l `|: /|: : /'!/l     ん う
 ∠: : : ~: : : : : : : :丶ゝ-―-      ,  ー=z_ソ   |/ ハメ;, :: ::|.   だ ん
   i|::ハ: : : : : : : : : : : 、ヘヘヘヘ     、  ヘヘヘヘヘ /: : : : : \,|.   ろ な
   |!l |: : : : : : : : :、: ::\    、-―-,      / : : :丶;,,;,:ミヽ   う  ら
     丶: :ハ、lヽ: :ヽ: : ::\__  `~ "      /: : ト; lヽ)   ゝ
       レ `| `、l`、>=ニ´        ,  _´ : :} `   /
         ,,、r"^~´"''''"t-`r、 _  -、 ´ヽノ \ノ   /    お ・
       ,;'~  _r-- 、__     ~f、_>'、_         |  で  前 ・
      f~  ,;"     ~"t___    ミ、 ^'t         |  は  ん ・
      ,"  ,~         ヾ~'-、__ ミ_ξ丶     |  な  中 ・
     ;'  ,イ ..          ヽ_   ヾ、0ヽ丶    l         /
     ( ;":: |: :: ..          .`,   ヾ 丶 !    \____/
     ;;;; :: 入:: :: ::      l`ー-、   )l   ヾ 丶
     "~、ソ:: :い:: :     \_  ノ ,    ヾ 丶


105 :世界@名無史さん:2009/10/03(土) 12:38:16 0
ホフマン・フォン・ファラースレーベンは、
当時夢物語とされていたドイツ民族の統一を願い、この歌詞を作った。
1815年以降、主にドイツ語が話されていた地域は39の国家
(帝国1、王国5、選帝侯国1、大公国7、公国10、侯国11、自由都市4)から成り、
ウィーン会議では、これらの諸国家が結集し、ドイツ連邦を結成することが決まった。
しかしドイツ連邦にはその全てを束ねる国家元首も全体を統括する役所や法律もなく、
また共通の経済・関税制度も軍隊もなかった。
そのため、批判的知識人はこうした小邦乱立と領邦君主権の撤廃
並びにドイツ民族の統一国家建国を公然と要求していた。

106 :世界@名無史さん:2009/10/03(土) 22:11:50 0
              _人人人人人人人人人人人人人人人_
             >  姐さん!おかえりなさい!! マリア・テレジア様!!
               ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ォ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                 γ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   !::::/~~~~~~~~~\:::::::::::!                ノ:::::〜〜〜〜ヽ:::::::ヽ
    !:::/        ヾ::::::::!               /::::::ノ       ト::::::::}
   ∧二二ゝ ノ二壬/:ヘ/               /::::ノ    ! .!___ィェ\::::::i
   ! \_  /´\_ _/ !i }               l::::::! 三≡ソ_ゝ≡≡イ:::::::l
   } l   ̄(.。。)    ! /               |:::::::! 弋__/l \___/ {:::::::}
   ヽ!  /  u  \   ν                !::::::l    (。。)    ト:::::::! 
     !  イ二二ヽ .ノ ノ                  ト::::!  ,,,,iiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄``'' 、..,,_
   _ト\       /lヽ_                ヽ::::ヽ γー-/         〆\
 ̄ ̄\ \こ 二 .イ /   ̄"''-,._            \/\  /ノl / / ノ`ーーく/ 
    \ 7弋   イ             _,,..-一='''"~´| \`ー-、| |\\ソ  \ 
      V  )  !ヽ/          / ̄   /    | /\  /\/ ̄  \ \
         \/            /\    \    i/   i i   /     /


107 :世界@名無史さん:2009/10/05(月) 21:49:14 0
>>105
ドイツの歌

108 :世界@名無史さん:2009/10/07(水) 23:09:52 0
オーストリアは寛大といえば寛大だったが、民族による分け隔ては厳然とあった。
ドイツ民族とハンガリー民族とスラブ民族その他を分けていたので、社会の風通しが悪いから硬直化した上、
それまで(特に重要なのは産業分野で)社会的な上昇を抑えられていた民族、特にスラブ民族に属する
各民族が独立運動を起こした。
民族運動の指導者は逮捕されると銃殺されたから、これがかえって火に油を注いだ。



109 :世界@名無史さん:2009/10/10(土) 23:05:00 0
   /                             ヽ
    |      /  /                    |
    | /    /  〃 /  /    /   /小、  r‐¬¬」
    |/|    |i 〃 / ̄/ ̄/ ̄/ ̄ ̄//八ト  \ニニニー 、
     彳    || /| 〃/ / 〃 //   〃/ | llヽミ二フ`Tュ-、  `
     ||‖   ハ ハ {{ |/l /l / |   /| /  ヽト、___ルく/ \\
     ||ハ  ト┼┴ミトトヽH /ー| リ─|/一≦⌒ィ i 厶 ヽ  \   うわぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!
     l! }   i ッ'´丁:(゙ヾ、|/ jヾ{{  ,ィf_テ_,⌒´ !| 〉}   ||\
    ___/   ヽ  ヾKゾ ^`´  ` ̄ ヾhンノ / レ'   ||  \
''"´ ̄   /   ハ__` ̄ ̄´ "////"" ` ̄´  /  ||   |ト、
      //   | | ト=       .:j       ー彳川 |   |l \
     //    川ハ      _`_´_     / N| |    |l
     //|   トト」 \    /7"⌒⌒ヽヘ   /// | |    | !
    //ハ    || | { ヽ \ ヽヽ、___// / / / | j|  |  | !
    〃 | !ト、 {{ l |  \ `ヽ、`ニニ ´/ //   リ| /| ii | |
    |  | || \|トヽヽ  \  |` ー イ //     |/ |ハ│ |


110 :世界@名無史さん:2009/10/12(月) 19:30:34 0
ヴィルヘルム2世は軍の貴族連と結託してまた王権を取り戻そうと戦争して敗北、ドイツ革命で追い立てられて
政治制度ではプロイセン的なものはそこで終わり。
ただし貴族の利権とその軍国思想はナチスドイツの国防軍へ受け継がれた。
それも第二次大戦でほとんどが終了。

111 :世界@名無史さん:2009/10/14(水) 21:21:22 0
                .. ≧ー‐: : : : : :/ : : : : : : : : : : : :>、
           イ: : : : : : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : \
.         /: : : / : : : : : : : :/: │: : : : : : : : : : : : : : : : : \ プロイセンとエステルライヒが
      /: , -/ : : : : /: : : :/ : : ,|: :|: : : : : :| : : : : ヽ : : : : : :ヽ      喧嘩ばかりしてたからよ!
      /: //: : :/: : :/: : : ,イ: : :/ |: :|: : : : : :| : : : : : :', : : : : |_ 」__
    /: / .': : : :/ : : /.: : :/ |: : イ |: :|', : : : : | : : : : : : ',ニ/⌒ヽ.:.:>、
.   //  /: : : :/: : : .': \/ |: /:|  ',: ',ヽ: : : :|', : : : : : : ',/ ̄.:ヽ}___.:.:.:.\
  /    /: : : :/|: : : :|: : :/\.|/ |   v ', \斗―: : : : : :|.:.:.:.:.:.:.\:ヽ.:.:.:.:|
      |: : : /.:.|: : : :|: :f≧x、ヽ |   ヽ{ /ヽ| ', : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:.:|
      |: : ∧.:.|: : : :|: :|! {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.| :|.:.:.:.:|
      |: :/ ヽ!: : : :!:ハ Y::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.:.:.:.:.:.:.:| :|.:.:.:/
      |:/    V: : :|{: :ハ ヽzソ        vトーイ/      /.:.:.:.:.:.:.:.:| :|ー '
      |{r=≠ニヘ : ∧/ {.:.:.:.:.  、     ヽzxV     /____」 :|
        }    |V : : :个 、   f⌒ヽ  .:.:.:.{      ′: : : :/ : : : |
        { \ー‐|: : : : : |: /「 >- 、___ノ__ ... -',    {: : : :/: : : : │
        |  `ー|: : : : : |/ :| | |  ヽ x-- 、/ }    |: /:}: : : : : : |
       ヽ.ヽ、 ヘ : : : :∧/| | . >ー{   ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ. |: : : : : :│
         {ヽ.__ム: : : {-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.>、   {       ',ヽ: : : : : |
        ヽ.ー―ヘ: : :|-/ヽ   〉ーく /ヽ  ヽ/⌒    | ',: : : : |
         }ー―ヘ : |/ ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :}  {        }ヽ.} : : : |


112 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 10:57:48 0
やっぱり同盟国の選択ミスでしょ
アメリカと同盟できなかったのは痛かった

ドイツ帝国のミスはロシアやアメリカのような大国と同盟できなかった点

もし米独同盟が成立して米英の離反に成功できていたら
また違った世界史の展開になったと思う
やっぱりドイツの政治家が同盟国の選択ミスを犯したからじゃね?


113 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 22:37:22 0
>>112
まったくもって同盟は大事だね
米英は複雑だけど親密だし
争うように見えても争うことはないだろうね

114 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 23:34:47 0
国際連盟への参加さえ拒否したアメリカが
ドイツと同盟を結べたとはとても思えないが

ビスマルクのように英露の両方、最悪でも片方と親密な関係を結んでおけば
ドイツ側有利の国際体制にできただろうに

115 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 13:58:24 0
在学者総数に占める世界各国からの外国人学生の割合は、チェコ共和国、アイスランド、
韓国、ニュージーランド、スウェーデンでは60%以上増加しています。
対照的に、オーストリア、アイルランド、スイス、米国では、
外国人学生の増加割合は8%〜13%にとどまり、ポーランド、英国、
トルコでは外国人学生の割合が減少しています。
http://www.oecdtokyo.org/theme/edu/2004/20040914eag2.html

学生の数は再び増加に転ずる

オーストリアの大学は、学生数が際限なく増加するのに直面してい
る。今年度の冬学期には、約28万8千5百人が、オーストリアの21
の大学に登録している。これは昨年の23万3千46人より2.4%の増
加である。また初めてオーストリアの大学に登録した学生数の増加
も、2.3%である。この数は昨年の3万4,963人から、約3万5千8百
人に増えている。これは11月末の登録期間終了後の大学の報告に
基づくもので、科学省はこれをAPA通信の照会に答えて発表した。
学生数は2001年から比べて22%の増加である。
http://page.freett.com/germtopnews/20081215oe.html


116 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 14:05:51 0
医学部のシステム。。
ウィーン大学は毎年3000人が医学部に入学するそうな。
ちなみにうちの大学は100人・・・。日本全体では8000人程度・・。
この数をみればウィーン大学の学生の数はけた違いだということがわかるでしょう。
従って講義室の大きさもけた違い・・・。
「一番小さな講義室だよ」って案内されたところがうちの大学の一番大きな講義室より大きかった・・。
では」一番大きな講義室はというと・・・「ここは劇場か!!」って言いたくなりました(爆)。

ただこの3000人がみんな卒業するわけではなく、多くは途中でドロップアウトするそうです。
だから病院をまわっている実習生は最後に残った精鋭たちだけなのです。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei8t-mzi/austriauniv.html

117 :世界@名無史さん:2009/10/18(日) 15:04:14 0
>>114
正解

118 :世界@名無史さん:2009/10/21(水) 21:46:28 0
>>112
              し 7/:::::::;>;::_-=ニノ:_:::ヽ:/_:::::ヽ:‐-:::::::ー┐    ヽ   -┼丶 -┼丶
   -┼丶. l コニ   (_////-'::__;:::lヽニフヽニ:ハヽァ-r、:::ヽ:::ア    l  f_フ ̄) f_フ ̄)
   f_フ ̄) l rナ    /-:;∠!:;! `ー'′         ̄´ ヽー:ァ、:::ヽ、 .i J
                iァ:l`ー ´                 ̄ ヽム〈  l   l ‐┼゙ l ‐┼゙
   l ‐┼゙  /       ├'                            ヾl  l   l rナ  l rナ
   l rナ  /7_,    l  /     /            l   l    ヽi J
              ! !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い.   -/┐l -/┐l
   -/┐l ヽ/     〉 l  !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l   / 」  / 」
   / 」  (_   _ l  ! l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
            l ヽ!  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l   ‐┼   ‐┼
   ‐┼   l -‐  rt、!    トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/   ヽ__   ヽ__
  ヽ__   l 、__  !ノ    l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ    あ    あ
    あ       ,、!ヽ l、   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l    /    ./
.   /      /! .! ヽlヽ. ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l   /7_,  /7_,   ,
  /7_,      ! l l    \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ. [l  [l   .-v′
        _ ヽl l       l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l o  o.   /
  l] l]   // : : ̄ヽ! |     l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/ ̄`ヽ/
_ o o ./:;ノ: : : : : : : l  l   l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>


119 :世界@名無史さん:2009/10/24(土) 22:21:18 0
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz,
Hoch als Herrscher, hoch als Weiser,
Steht er in des Ruhmes Glanz;
Liebe windet Lorbeerreiser
Ihm zum ewig grünen Kranz.
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz!

神よ、皇帝フランツを守りたまえ、われらが良き皇帝フランツを!
皇帝に長寿あれ、幸運の輝かしき栄光のうちに!
皇帝も行くところ、月桂樹の一枝も栄誉の花輪に繁れり!
神よ皇帝フランツを守り給え、われらが良き皇帝フランツを!


120 :世界@名無史さん:2009/10/26(月) 22:17:09 0
。『ロンドン・デイリー・テレグラフ』紙1916年3月22日7頁は、次のように記しています。

セルビアでの虐殺
犠牲者70万
わが社の記者より
ローマ、月曜日(6時45分)

連合国政府は、オーストリアとブルガリアがセルビアでの恐ろしい犯罪――アルメニアでのトルコによる虐殺よりも邪悪な虐殺――
に責任があることを証明する証拠と資料を確保しており、それはまもなく公表されるであろう。
オーストリア軍は女、子供、老人を教会に閉じ込め、銃剣で刺殺するか、窒息ガスで窒息死させている。
ベルグラードのある教会では、3000名の女、子供、老人が窒息死させられた。

http://revisionist.jp/lectures/140.htm



121 :世界@名無史さん:2009/11/07(土) 17:25:30 0
墺(オーストリア)海軍と日本との接点についてはこんなエピソードがあります。

リッサ海戦(1866年)以前より、オーストリア政府は東洋の諸国・諸地域と通商条約を
結ぶ事を計画し、1869年にはトリエステを出航した2隻のオーストリア軍艦ドナウ、エル
ツヘルツォーク・フリードリヒが日本に渡来し、両国間で友好通商条約が締結されました。
2隻の軍艦は中国・シャムなどにも立ち寄って、1871年初頭にようやく本国へ戻ったようです。

それでこのプロジェクトを担当したのがペッツ提督(海軍少将)で、彼はリッサ海戦では
オーストリア非装甲艦隊を指揮しており、自らの乗る大型戦列艦カイザーをイタリア装甲艦
レディ・ポルトガロに体当たりさせてこれを大破させるなどの奮闘を見せました。

122 :世界@名無史さん:2009/11/10(火) 20:27:37 0
       .    :     .'      , '       ,. ' ´
          _,,.. -──-- 、.,_  . '     ,. ' ´      
        , '´           `' 、    ´         i`ヽ
      , '                `' ,      く`ヽ  / ./
     ,.'   ,     ,   ;   ,       `:、 r、     `'´/∠.. -、 r─--、.,______
     ,'  ./ ,:'  /  /!  /!.  ;   i  _ンヽ.ヽ  r'´__,,..-, /  ` ー-、.,_______|
   .,'  /  /  / `メ、/ | / |. ,'i   !  i<:::::::i |   ̄ //
   i  ,'  .,'  /!,ゝ-‐'-、レ'  ! /-!‐ァi   !\::::::!_!    '、 `ー┐
   .|  |   | //  ,'´'i    レ',ァ;‐'、,| ,ハ ! ̄   __   ` ̄´          __
   .!  i ./レ'| !   !_り     !l| .!レ'i ,ハ|   / /____              | |  くヽ.
   |   V| ⊂⊃-         `' ノ .!/ |   l二´ ,.-‐‐' ,、,          l二´ _二`ヽ i .!  __________
   i    .!  !     ,.-──‐、┐  ⊂⊃   / / ;┐ ヽ、> ,. -‐─- 、     | | | | .!_| |___________|
   |  : .',  .ト.、,  ,'      `i   ノ! !   くノ __| |    / ,.-┐「`ヽ.ヽ.  / /  _| |
   |  ! ハ.  i  i>,'、.,__________,ノ,. イ /! |     ,' ,-、 `ヽ  i ! / ,'   l i く/  [__.ノ
.   ', i ,' ', |イ\ `\,___/ !、/ | レ' ヽ!     '、'ー'ノ`'´  '、'ー'ン  ノ ノ
   ヽ,.ヘ./'ヽ! !:::::::\ /ムヽ/::::iヽ/        `´     `´   `´
    / __  `i::::::::::::`'/ハ':::::::::! ',
  ./    `ヽ,'i:::::::::::::::`Y´:::::::::::!. i      `"'  、.,_  
. /        /イ:::::::::::::::::::;':::::::::::::!  ',           `"'  、.,_  
'        /`´:::::::::::::::::::::::::::::::::::!  ',                `"'  、.,_
        ,.'ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!  `ヽ、


123 :世界@名無史さん:2009/11/12(木) 21:30:50 0
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz,
Hoch als Herrscher, hoch als Weiser,
Steht er in des Ruhmes Glanz;
Liebe windet Lorbeerreiser
Ihm zum ewig grünen Kranz.
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz!

神よ、皇帝フランツを守りたまえ、われらが良き皇帝フランツを!
皇帝に長寿あれ、幸運の輝かしき栄光のうちに!
皇帝も行くところ、月桂樹の一枝も栄誉の花輪に繁れり!
神よ皇帝フランツを守り給え、われらが良き皇帝フランツを!


124 :世界@名無史さん:2009/11/12(木) 21:50:50 0
来年の春にウィーンの軍事史博物館に行く予定があるのですが、
そのトリエステの海軍博物館とやらにもいつか足を運んでみたいですね。

125 :世界@名無史さん:2009/11/15(日) 12:54:25 0
>>124
トリエストの海軍博物館ってトリエストにあるんですか?

126 :世界@名無史さん:2009/11/18(水) 21:21:57 0
「トリエストの海軍博物館」?

トリエストの「海軍博物館」?

127 :世界@名無史さん:2009/11/21(土) 22:04:57 0
          ,';;;;;,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;゙;
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,       ヽ l;;l"゙l
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l 
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/その なんだね だれか答えてやったらどうなんだね?
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノ ノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/  /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,     `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


128 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 17:33:48 0
>>124
答えたまえ。

129 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 17:52:18 0
433 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 19:57:17 0
スロベニアなんて、そのままオーストリアに残留してた方がよかったのにな。

434 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 08:24:38 0
>>433
帝国解体時、スロベニア国内では地域によって
オーストリアに残留するかスロベニアに帰属するかの住民投票が行われた。

また冷戦後のユーゴスラビア解体時、スロベニアはオーストリアへ、
合併を打診したがオーストリア側が拒否したらしい。

435 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 10:01:37 0
スラブ民族主義の結果、セルビアなどと一緒になった結果が旧ユーゴだから、
オーストリアへの再統合を望んだ気持ちもわかる。

やっぱり氏より育ちというか、民族的出自より文化や経済だよな。

440 :世界@名無史さん:2009/01/08(木) 12:28:20 0
>>434
カランタニア住民はオーストリアを選択したからスロヴェニアに入らなかった
オーストリア領にもクロアチア領にもならなかったスラヴ人地域がまとまってスロヴェニアになった

441 :世界@名無史さん:2009/01/08(木) 12:29:40 0
>>435
ただしもしその地域がオーストリアになっていたら、今のオーストリアの支配民族はスラブ人になっていた

130 :世界@名無史さん:2009/11/23(月) 17:57:25 0
469 :世界@名無史さん:2009/07/25(土) 18:06:18 0
>>434

>また冷戦後のユーゴスラビア解体時、スロベニアはオーストリアへ、
合併を打診したがオーストリア側が拒否したらしい。

オーストリアとしては「国内に他民族をかかえるのはもう勘弁してくれ!」
といった感じだったのだろうか?

もしこの時スロベニアがオーストリアと合併したら、オーストリアは
スロベニア領のアドリア海に面した領土を獲得することになったのに残念!!

131 :世界@名無史さん:2009/11/25(水) 23:48:30 0
               ,.、-rァァァァァ‐-,.、
               ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ     わたくし‥‥‥‥
            lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl     このスレッドのマスターを
            || へ、_`ー '_,._へ ||     おおせつかっております
               rョl ,.=。=゙ '=。=、 h      利根川といいます。
               |ヒ|. `二} {二´ :|j.|     早速このスレッドのルールを
.             ,ゞ|   人__人   |く           説明しましょう。
     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
   /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ  説明は一度のみ。
   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l  繰り返しませんので
  ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉  どうか皆様
.  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }  集中力を持って
  ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ  お聞きください。
  〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


132 :世界@名無史さん:2009/11/28(土) 14:00:36 0
>>430
オーストリア海軍の再建の暁には
フィウメが主力海軍基地か?

133 :世界@名無史さん:2009/11/30(月) 21:33:07 0
>>130
オーストリアとスロベニアの合併は
オーストリアにとってもいい話しじゃないか。
首都をリュブリアナ(ライバッハ)に移しても
いい位じゃないか?

134 :世界@名無史さん:2009/12/09(水) 09:10:59 0
>また冷戦後のユーゴスラビア解体時、スロベニアはオーストリアへ、
合併を打診したがオーストリア側が拒否したらしい。

あんたら、バカ?そんな事実あるはずないだろ。
ソース出してみろよ。

135 :世界@名無史さん:2009/12/12(土) 04:40:31 0
たしかにスロベニアがオーストリアに自主的に統合を希望していたなんて
ありえないはずだが、いったい何のためにこんな捏造情報流してるんだ?

136 :世界@名無史さん:2009/12/12(土) 09:47:31 O
スロベニアがオーストリアに合併することを望んだという話は初耳だが

オーストリア・ケルンテン州に住んでいるスロベニア人が
2回の大戦後、併合を目論むユーゴスラビア軍に対し二度にわたり武装抵抗したのは事実
1次大戦後はオーストリア・ハンガリー帝国軍に所属していた在ケルンテン・スロベニア人帰還兵が
2次大戦後はドイツ軍に所属していた在ケルンテン・スロベニア人帰還兵が
それぞれ市民軍を組織してオーストリアへの帰属を守るため、侵攻してきたユーゴスラビア軍と戦った
それを記念したイベントは今でも行われ続けている
ケルンテン州に在住するスロベニア人たちは民族(ネーション)より
オーストリア国民である共同体意識(エトノス)の方が重要だったのだろう

137 :世界@名無史さん:2009/12/12(土) 10:48:40 0
クラインのスロベニア人は、なんであっさりセルビア人と組んじゃったんだろう?
ケルンテンもクラインも旧オーストリア帝国の一部で、隣同士なのに。

138 :世界@名無史さん:2009/12/14(月) 22:33:25 0
>>137
よりによって
ってかんじだな。

139 :世界@名無史さん:2009/12/15(火) 20:22:15 O
>>137
それはやむを得ないだろう
第一次世界大戦後のオーストリアは軍隊を3万に制限された600万人の小国
かたやユーゴスラビアはチェコスロバキア、ルーマニアと反オーストリア、反ハンガリーの小協商国でいわば地域大国


そんなこと言ったらクロアチア人もハプスブルク帝国に忠誠心高い民族だった
10倍のオスマン軍に一歩も引かずに帝国のためセゲド守備隊とともに玉砕したズリンスキー
フリードリヒ大王を苦しめたクロアチア人部隊パンドゥール
1848年春の革命内戦で窮地に立った帝室に忠誠を示し奮戦したイェラチッチ

しかし大戦後は連合国に盾突くことはできないからね

140 :世界@名無史さん:2009/12/15(火) 20:52:51 0
当時はスロベニア人という民族性が薄くて、
むしろそれぞれケルンテン人(カランタニア人)、クライン人(カルニオラ人)という
民族アイデンティティのほうが強かったんだろ?

141 :世界@名無史さん:2009/12/18(金) 21:37:26 0
>>134
今からでも遅くはない。

142 :世界@名無史さん:2009/12/21(月) 14:20:52 0
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz,
Hoch als Herrscher, hoch als Weiser,
Steht er in des Ruhmes Glanz;
Liebe windet Lorbeerreiser
Ihm zum ewig grünen Kranz.
Gott erhalte Franz den Kaiser,
Unsern guten Kaiser Franz!

神よ、皇帝フランツを守りたまえ、われらが良き皇帝フランツを!
皇帝に長寿あれ、幸運の輝かしき栄光のうちに!
皇帝も行くところ、月桂樹の一枝も栄誉の花輪に繁れり!
神よ皇帝フランツを守り給え、われらが良き皇帝フランツを!

143 :世界@名無史さん:2009/12/21(月) 15:15:31 0
>>141
EUに入りたいからそう打診しただけであって、もはやEUである今ではもう意味がない


144 :世界@名無史さん:2009/12/21(月) 20:27:25 0
>>143
 打診したという事実があるのならソースだしてね。あるわけないけど。

 基本的にスロヴェニア人は未だに親南スラヴだよ、大まかに言って。
かなり若い世代でも未だにセルボクロアート出来るし、逆にスロヴェニア人
(オーストリアに残っちゃった人以外で)でドイツ語話せるってのはもの
すごく少数。まあ英語話せりゃオッケーっていうのはどこでもそうだけど、
意外とここはイタリア語解る人が多い。

 オーストリアやらドイツなんかの区別あまり彼らにとって重要じゃないし
出来てないし(スラヴ系諸民族がよく一緒くたにされるのと同様)、ゲルマ
ン系に対して心理的にかなり疎遠。ユーゴ時代の歴史教育も影響してる
んだろうけど、まあ結局言語の親近度が影響してるんだろうね。ユーゴに
ついては未だに盛んに語られてるけど、ハプスブルクがどうこう、という
観念は一般人は全く持ってないよ。

145 :世界@名無史さん:2009/12/23(水) 02:51:07 O
オーストリアに居住するスロベニア人は全てドイツ語を話せるし共同体意識もオーストリアに帰属している
オーストリアに居住しているスロベニア人がユーゴスラビアや独立スロベニアに統合されたいと運動したことは今だかつて一度もない

また教育カリキュラムでスロベニア語は勿論、ドイツ語もオーストリア人として国内どこにおいても就労できるよう教育されている
ウィーンに多く住むチェコ人でドイツ語話せない人がいないのと同様、郷里でなく都会でそれなりの就労するにはドイツ語のマスターが必然であるからだ

146 :世界@名無史さん:2009/12/24(木) 07:28:39 0
>>145
あたりまえじゃん

147 :世界@名無史さん:2009/12/24(木) 15:56:54 0
だから、ケルンテンのスロベニア人とクラインのスロベニア人に、
なんでこういう意識の差が生まれたのかが疑問なんだが。

現代の視点でなら、オーストリア領内のケルンテン住民はオーストリアに、
旧ユーゴのスロベニア領内のクライン住民はスロベニアに帰属意識があるのは当然だが、
1918年以前のオーストリア帝国では、ケルンテンもクラインも隣り合った州同士で、
同じようにハプスブルク家やドイツ系官僚の支配を受けていた。
にもかかわらず、敗戦に際してケルンテンとクラインに大きな差が生じたのはなぜなのか?

148 :世界@名無史さん:2009/12/24(木) 20:37:56 0
まあ、隣のシュタイエルマルク州も南半分はスロベニア領になったし、
ケルンテンのスロベニア人がよほどオーストリアに同化してたのかね。

149 :世界@名無史さん:2009/12/24(木) 23:13:16 O
>>147
第一次大戦後→民主化されたオーストリア共和国>セルビア中心主義、権威主義的なユーゴスラビア

第二次大戦後→資本主義のオーストリア>共産主義のユーゴスラビア

冷戦後→一人あたりGDPが世界でも上位、欧州の中では低失業率のオーストリア>
旧東欧では断トツの一人あたりGDP、低失業率でもオーストリアには及ばないスロベニア

150 :世界@名無史さん:2009/12/24(木) 23:40:57 0
それはケルンテンのスロベニア人がオーストリアに帰属意識を持ち続けた説明にはなっても、
クラインのスロベニア人がセルビアとともにユーゴに加わった理由の説明にはなってない。

クライン住民が、なぜ、あえてケルンテンのスロベニア人と違う道を選んだのか、それがわからない。

151 :世界@名無史さん:2009/12/25(金) 22:55:21 O
>>150
ユーゴから西側に出稼ぎは出来ても
共産主義国家から郷里に親族がいれば“籍”を抜くというのは困難だろう
ユーゴ政府も出稼ぎ者がもたらす外貨が目当てなんだからそうやすやす手放さない

まあスロベニアはユーゴの5共和国の中では裕福だからそれも作用するかも
ましては西ドイツ行って出稼ぎでマルク稼いで持ってたら当時東欧では無敵の通貨だったからな

152 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:07:17 0
そうだとすると、クラインのスロベニア人達も
俺たちもって言わなかったのか?
それとも無理矢理押さえつけられたのか?

153 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:23:09 0
>>144
スロベニアが民族主義に拘れば拘るほどカランタニア問題は避けて通れないからな
民族意識が高まるほど、自分たちの先祖の王国があったカランタニアをドイツ人に盗られたという感覚が強まる



154 :世界@名無史さん:2009/12/26(土) 20:25:13 0
カランタニアとはドイツ語で言うところのケルンテンのラテン語の名前な
あのあたりのスラブ人の呼び方ではカランタニヤ(Kalantanija)になる


155 :世界@名無史さん:2009/12/28(月) 23:32:33 0
>>153
そうだとすると、ケルンテンのオーストリアを
選んだスロベニア系の人たちは、立場がないな。

156 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 11:07:44 0
Wikipediaでの記述からすると、
ケルンテルン州=スロベニア系の人達だけ住んでいるって訳でもないようだ。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E5%B7%9E
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Carinthia_%28state%29
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Carinthian_Slovenes

157 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 12:19:17 0
ケルンテンのスラブ人が独立でなくオーストリアを選んだ当時は、
スラブ人の間で自決派と発展優先派の2つがあり、
当時はオーストリアやスロベニアだけでなく、西スラブ人と南スラブ人の地域では、
ほとんどがこの二派の対立があった。

発展優先派については、ロシア領でポーランド・リトアニア共和国の復活を
すぐに実現しようとした自決派による一月蜂起が鎮圧された後に、
プロイセン領とオーストリア領のポーランド人が進めた「有機的労働」運動が有名だろ。
ケルンテンのスラブ人もそういう考えでオーストリアを選んだ。

158 :世界@名無史さん:2009/12/29(火) 12:21:19 0
付け加えるとポーランド人の場合は、求めたのはスラブ人のというより、
かつてのポーランド・リトアニア共和国と同様、多民族の立憲国家だけどね。


159 :世界@名無史さん:2009/12/31(木) 18:21:44 0
>>157
両派は地理的にうまく別れていたんでしょうか?

普通に考えると、モザイク状になってるんじゃないかと思うのですが?

160 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 10:19:36 0
>>154
正しくは "kaRantanija"
「あの辺りのスラヴ人」とか言っといて間違わないようにwww

ところでスロベニアがオーストリアに編入させて!と打診したという事実
のソース、まだすかw?

161 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 10:39:30 0
>>149
>第一次大戦後→民主化されたオーストリア共和国>セルビア中心主義、権威主義的なユーゴスラビア
第二次大戦後→資本主義のオーストリア>共産主義のユーゴスラビア

冷戦後→一人あたりGDPが世界でも上位、欧州の中では低失業率のオーストリア>
旧東欧では断トツの一人あたりGDP、低失業率でもオーストリアには及ばないスロベニア

これって、あまりにも調査不足じゃない?

「共産主義」のユーゴスラヴィア?

GDP?失業率?とかww

じゃあなんでスロヴェニア人はオーストリアに出稼ぎに行かないの?



162 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 10:46:01 0
>>149
まあ、あと「権威主義」とか「民主化された」とか、笑い所だけど…
あの時代のオーストリアが本当に「民主的」だったのか?
あの時代のユーゴスラヴィアが本当に「権威主義」だったのか?


163 :世界@名無史さん:2010/01/04(月) 11:44:11 0
合併を打診して断られたからやっぱりスロベニア人はオーストリア人から嫌われてるのでしょうか?

164 :世界@名無史さん:2010/01/07(木) 21:31:23 0
                | ̄``''- 、
                |      `゙''ー- 、  ________
                |    ,. -‐ ''´ ̄ ̄`ヽ、_        /
                |, - '´ ̄              `ヽ、     /
              /               `ヽ、ヽ   /
             _/                    ヽヽ/
           / / /   /  /  /            ヽハ
          く  / /!   |   〃 _/__ l|   | |   |  |  | | ||ヽ
           \l// / |  /|'´ ∧  ||   | |ー、||  |  | l | ヽ
            /ハ/ |  | ヽ/ ヽ | ヽ  | || /|ヽ/!  |/ | ヽ
            / |  ||ヽ { ,r===、   \| _!V |// //  .!   |
            | ||   |l |ヽ!'´ ̄`゙   ,  ==ミ、 /イ川  |─┘
            | ハ||  || | """ ┌---┐  `  / //  |
            V !ヽ ト! ヽ、    |     !    / //| /
               ヽ! \ハ` 、 ヽ、__ノ    ,.イ/ // | /
    ┌/)/)/)/)/)/)/)/)/)/)lー/ ` ー‐┬ '´ レ//l/ |/
    |(/(/(/(/(/(/(/(/(/(/│||      |\  〃
  r'´ ̄ヽ.              | | ト    /    \
  /  ̄`ア             | | |  ⌒/     入
  〉  ̄二)気に入らないから | | |  /     // ヽ
 〈!   ,. -'                | | ヽ∠-----', '´    ',
  | \| |    外国語は     | |<二Z二 ̄  /     ',
  |   | |               _r'---|  [ ``ヽ、      ',
  |   | |  当分使用禁止   >-、__    [    ヽ      !
  \.| l.              ヽ、      [     ヽ    |
    ヽ|              \    r'     ヽ、    |


165 :世界@名無史さん:2010/01/08(金) 21:29:21 0
オーストリア人はドイツ人にふくまれるか?という問題は

普墺戦争以前   質問の意味がわかりかねるほど自明の話
以降ヒトラーまで 強く肯定する人が多数
戦後       別に考えるべきが主流化
最近       また肯定意見が増え始めた

という感じだろうか。


166 :世界@名無史さん:2010/01/10(日) 20:50:21 0
         _,.=三三三三ミ、
         ,.=三三三三三三ミL_
        /三三三三彡彡==fミミヽ
      {三ミr'"        ミ三》
      l三ミl            ミミリ
        ',三ソ ==、─=ニ_ ミソ
      r、7={_,xぃ、r}¨{x ィぇ、 }¨リ7
      ヽi  l -‐_ンl lヽ、二ノ }j
       lj   ̄ /(_,、_,. )ヽ   lノ
        ゙i     -'  、   / >>165
        ヽ  { ゙ ̄ー ̄´  ,イ、  オーストリアはドイツ帝國の国内問題である!
         ヽ ヽ__,. // 入      統一を乱す分離主義者は許さない!
        _ノi゙、   ̄   / /::::ヽ、
   __,. -‐'"/::l `ヽ、__,/   ./:::::::::::i:::`::ー..、_
-'":::::::::::::::/::::::::l  /´゙ヘ.   /::::::::::::::l:::::::::::::::::`
:::::::::::::::/:::::::::/l`∨辷夕ヽ//\:::::::::::l:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::>'':::::::l.  /! ij',  ./::::::::\'¨´:::::::::::::::::::
::::::::::::::<´:::::::::::::::l /    i /:::::::::::::::\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|:::::::::::::::::| /    l./:::::::::::::ヾ:::/::::::::::::::::::::


167 :世界@名無史さん:2010/01/11(月) 21:33:43 0
>>195
事実上、一体化しちゃってるじゃねえか。

168 :世界@名無史さん:2010/01/12(火) 13:07:37 0
>>167
皇帝陛下、38歩分先走りしておられます。
双六のマス目を御戻り下さい。
メッテルニヒより

169 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 00:00:22 0
ゲイ大王といいヴィルUといい伍長といい
ドイツ人は周辺国にフルボッコされたい欲望でもあるのか?

170 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 15:27:46 0
>>167は、ひょっとして
>>166へのレスか?

あほくさ。

171 :世界@名無史さん:2010/01/16(土) 15:39:32 0
       -ーv,_r 、
    ,-‐彡彡彡i川i;ミヽ
   i'彡彡    ヾ、ミi、
   lミ'' 二__ニ__ 二 ヽミ!
   ト;_,,,,,,__ __,,,,,,_  ;ミミ|      ________
   f|. =・= H =・=~iー6)リ    /
    'ヒ______.ハ、_____ノ !!|    |音楽界も人材不足といえよう!
    |'  ,-ムー、   ` ノ    |十九世紀生まれの巨匠たちは次々と姿を消し、マタチッチや
    ヽ rrrrrrri > . /     <ザンデルリンクのような伝統を受け継ぐ名匠も楽壇から退いてしまった。
     ヽ, ̄  ̄、ヽ._ノ      |僕はムーティ、メータ、小澤、アーノンクールなどちっともよいとは思わない。
      ゝ----一´ヘ      |今度の期待はティーレマンとウェルザー=メストだけなのだ。
     人,_______/ / ̄\  \
    /|/<::-()-::入/     |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

宇野珍ポーコー 音楽評論家ww指揮者ww (1930〜)

172 :世界@名無史さん:2010/01/17(日) 20:57:24 0
連合国側は「ヒトラーが侵略戦争をした」ということにしておかないと
論理的整合性がとれないからそう主張しているんだろうけど、
実際は1939年10月の段階でドイツ側からイギリス側に和平申し込みをしている。
1939年9月に宣戦を布告したのは英仏であってドイツではない。

173 :世界@名無史さん:2010/01/18(月) 00:11:50 0
ポーランドのために始まったはずの戦争なのに戦後にはポーランド(笑)だからな

174 :世界@名無史さん:2010/01/22(金) 22:12:54 0
ハプスブルクが君臨するってことは民族の結合として、
超国家的な意味合いで必要だったんだと思う。
オーストリア人(ドイツ人)はその点で経済的に独立し得ていたし、
政治的にも大ドイツ主義的な独立の方向があったし。
だからハプスブルク帝国なんてーのは必要なかった。
チェコについても同様経済的に独立可能だった、
ただ政治的には独立に急進的ではなかった。
何故かと言うと独立すればプロイセンとロシアに
挟撃されるのが目に見えているからだ。
ハンガリーは経済的には農産物の競争力が圧倒的だよね。

175 :世界@名無史さん:2010/01/26(火) 01:54:57 0
1913年の各地GDP
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_regions_by_past_GDP_(PPP)

世界全体        2,704,782百万ドル
大英帝国        *,570,406〃 (以下、カッコ内は一人当たりGDP)

米国           *,517,383〃 (5,330ドル)  アメリカ
中国           *,241,344〃 (*,670ドル)  中国現領域
独現領域         *,237,332〃 (3,730ドル)  ドイツ現領域                       ←←←
露             *,232,351〃 (2,060ドル)  ロシア帝国(旧ソ連の領域とほぼ同じ)
英国本土        *,224,618〃 (5,280ドル)  イギリス本土
印             *,204,241〃 (*,780ドル)  インド現領域
仏             *,144,489〃 (3,480ドル)  フランス本土
露以外東欧合計    *,121,559〃 (1,850ドル)  ロシア以外の東欧全域(トルコは除く)
日中印以外東亜    *,120,462〃 (1,000ドル)  日本・中国・インド・シベリアを除く東アジア及び東南アジア
伊半島          *,*95,487〃 (2,900ドル)  イタリア現領域
阿弗利加大陸     *,*72,948〃 (*,700ドル)  アフリカ(エジプト含む)
日本本土        *,*71,653〃 (1,400ドル)  日本
加&豪 合計      *,*68,249〃 (7,000ドル)  カナダとオーストラリアの合計値
西             *,*45,686〃 (2,470ドル)  スペイン
中近東合計       *,*35,248〃 (1,650ドル)  西アジア
白耳義          *,*32,347〃 (4,260ドル)  ベルギー(当時の人口はベルギー761万>オランダ603万)
墨             *,*25,921〃 (2,810ドル)  メキシコ
蘭             *,*24,955〃 (4,160ドル)  オランダ
墺本土          *,*23,451〃 (3,470ドル)  オーストリア現領域                   ←←←
瑞             *,*17,403〃 (3,180ドル)  スウェーデン
丁             *,*11,670〃 (4,190ドル)  デンマーク

176 :世界@名無史さん:2010/01/30(土) 05:23:39 0
オーストリア人とドイツ人は同言語同民族なんだってね。
だからヒトラーはオーストリア人なわけね。


177 :世界@名無史さん:2010/02/03(水) 21:17:11 0
         ,.-,‐''¨゙''''''‐-:.、
       /.::::',',',ゞ、:::::::::::::::::`ヽ、
     /:::::::::::ハ',::::',::::::::::::::::::::::::::ヽ      ______
    /::::::::::::::ノノ'i',',::::',::::::::::::::::::::::::::::ヽ    f´
    ,'::::::::::::::// ||',\::',ヾ;:::::::::::::::::::::::i    |
   ,':::::::::::ノ彡ミ !! ', \彡;:::::::::::::::::::::|    |
   i::::::::c''",二,,¨ヽ=,.-'"二,,¨゙ァ、::::::::::::|.   |
   |::::イ!¨ゝ_¨゙´`ノ  ヽ´_゙゚¨ノヾ',::::::::::::}   |
   ',:::::|     ̄ '  -、  ̄   ',::::::::::!  ノ
    {::::{     ゞ‥'ン     |:::::::/   ̄|
     !:ノ,    __ニ___      !/V,'   |       ボクはベルリン市とベルリン空港と歴史的建造物総統官邸をブッ壊します。
    ノ'气   ´ ‐−‐ `     i'¨7ゞ   |
     !||' ,           ,イ||/    |
       !|||',-、   ' -‐  ,. ' .|〈.      |
      !!!' i ' ,,   ,,..  /ヽ'.,     ゝ‐─────‐
       /'i      ,.-'"  /:::::ヽ
     / :::|   _,.-'"    ,'::::::::::::ヽ- 、_
 _,,..-‐ャ゙ ̄',-、! r'"´ `ヽ.  , '::::::::::::::::|::::::::::::
¨::::/::ヾ',  ,'ヽ /     ,' , ':::\::::::::;:-ャ:::::::::
::::/::::::::::',         ,'/::::::r-;゙=''":;: ':::::::::::


178 :世界@名無史さん:2010/02/06(土) 23:27:28 0
「大阪市と伊丹空港と歴史的建造物大阪府庁」が
どうのこうのと・・・・・。

179 :世界@名無史さん:2010/02/11(木) 16:11:08 0
>>175
日本はイタの半分しかなかったのか。

180 :世界@名無史さん:2010/02/15(月) 23:36:57 0
    /          /ヽ\//ヽ\
   /     /       l/ミNM∠Zト  ',
   |  /   | / | | | |      `|l\ |
    | |/l    |/|l  |__∧| 」___  _|ト、 |
   |/ │  | /|l|/|/「_|ヘ|_ ̄  / ̄| |∧|
    }     r-、|l -Xv厂`     1i厂〉リハ|
   ノl    |/r    "'´     i `.ト、
  //  ..:::::::ト。、         _ ゝ /トヽ
  /  /:::::::::|::◇      _.--z /l:::::| |  <ナチスとのシンクロ率、100% 完全なナチストね 
  |/| :/:::::/::::::::| \      ̄ .イ::::::/|/  <北部フランス占領地だったかしら?南部ビシー政権?ただのフランス人?
   |/|/|/|/l「`‐-、_` -..__/イ|/|/
          |:::::::::::::::::: ̄:::::|「:7
        r┘:::::::::__\:::::__||:/、
     /|   \::::::--ヘ::::::》/ \
    /  |    \:::::::::r´⌒ヽヘ ヽ


181 :世界@名無史さん:2010/02/19(金) 22:03:25 0
>>179
外地を含めるともっと数字は下がる。

182 :世界@名無史さん:2010/02/26(金) 14:26:03 0
>>181
恐ろしい数字になりそうだ。

183 :名無し募集中。。。:2010/02/28(日) 09:18:19 0
List of countries by GDP (nominal) per capita

International Monetary Fund (2009)

Rank Country US$
1 Luxembourg 94,418  2 Norway 76,692
3 Qatar 75,956      4 Switzerland 66,127
5 Denmark 55,942    6 Ireland 51,128
7 Netherlands 47,042  8 United Arab Emirates 46,584

9 United States 46,443

10 Finland 45,876    11 Austria 45,090
12 Sweden 43,147    13 Belgium 42,965
14 France 42,091     15 Australia 41,982

★16 Japan 39,573

17 Germany 39,442      18 Canada 39,217
19 Iceland 36,873       20 Brunei 36,681
21 United Kingdom 35,728  22 Italy 34,955

23 Singapore 34,346

★38 Korea, South 16,450

★40 China, Republic of (Taiwan) 15,373

オーストリアってなんで日本よりも豊かなの?
産業あった?????

184 :世界@名無史さん:2010/03/02(火) 22:17:26 0
                    ∩00  ∩         │ やられた……
                 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、       |   テロだ……!
                   ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     |
                    ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O│ オレたちが東のロシアを
                 ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' ` z.  |    ウザがってる間に
       _   _         /  yWV∨∨VVv` │
       >  `´  <        |  i' -== u ==ゝ.   |  西のフランスが……
.     /     M   ミ       |r 、| , =   =、 !   |  しかけて来やがったっ……!
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ      |!.6||v ー-゚ l   l゚-‐' |  ` ー──────────y─
      |  |「((_・)ニ(・_))!      |ヽ」!  u' L___」 v |   ,'       // イノ  \ ヽ  ゝ
     |(6|! v L_.」 u リ      | /l.  ,.-─--‐-、 |   /      /`/ィ'__> u /∠ヽ! .!
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\     | / l  ー-─‐-‐' ! /     /⌒y' ==== _  ,'== レ、 !
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  /l/   ヽ.   =   /ト7    l.{ヾ!,'  `ー-°' ゙゙ 〈ー°.y/ i
  /  |         |. ⊥ -‐'1_|\   ` ー--‐ ' ノ /      ヽ,リ   u u  r __ ヽ. ,'/ !
    ∩00  ∩   ,イ´     l__l  \     /_,. '-‐''7!     ト、   v  ___ーY1  |
 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、     ヽ、,ゝ、 _,,.ゝ-‐'''"´     /.!     !. \.   └-----' / |\.|
  ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     ヽ/ヽ          /, ! i    |   \.    ー /  |.  \
. ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○ /   l         / 1|! l  |     \    ,イ   !
  ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'      /    |         /   !| ‖ |\    \, ' | ‖|


185 :世界@名無史さん:2010/03/02(火) 22:33:00 0
              ,,rー-ー―:::::::ー::::、
            ノ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          _rー'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐.;イ
        iイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
        ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l_
      /::::::::::::::::::::::::::::i:::_:::r-イス:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      ノ::::::::::::::::::::::::ノ/  ー- 、\レ、::::::::::::::::::::::::::::::::Y
     {:::::::::::,r‐ 、::::/   __ヽ、   l`l::::::::::::::::::::::::::::!、_
     }:::::::Y r-、ノ:l`     、l::::ノ` \ 、└-‐ イ:::::::::::::::Y、
     }::::::::| .l ソ::::「        ̄`_  ` !  ___>ノ:::::::::|ノ
     {:::::::::\ `ー"            ' 7:::ヽ Y::::l::l ̄
      l::::::::::::T                、 `ー' ./ノノ'
       `Yrー┘         __ " ノ  ./
  ___/`ヽ  l       /ー-、ヽ    ./
_/  rー/.     l       l_::::::::::/    /       ふざけるな!たかがフランス人一人ガンダムで押し出してやる!
    \:\      \       、_ ̄    /
      \:\   l   \         /
       \:\. |    \      _,,-'"
,,         \:\     `T √
;;;\        \\:\____ノヽヽ
;;;;;;;;\      \`ー――-、__) ゝー―- 、
;;;;;;;;;;;;;\       l         |  ヽ ヽ `ー-、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    /         |   ヽ ヽ   `ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  /         |    l .|     `ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y'"____      ノ      | |        |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      ̄`ー-イ      | |      |


186 :世界@名無史さん:2010/03/02(火) 22:57:48 0
       r-、                         ___
       」 l    (⌒ー⌒) rー―--へ (^ヽ   {⌒_   _ ̄} >>184
     { ̄   ̄ゝヘ ツ ∠_ ゝ [[ー-u┐ヽ } 、 `ゝ  !j!´∩ ̄ノ ノ
     j !コ に}(i レ'´ ⌒_ ,)i i   i i⌒ヽjイ i⌒)  i ⌒_イj
    /`,、 _、 r、 .iJ、/7 /´ !! .ii i   i i iiヽ、 )/ /  ヽ i´
    { ヽiiノ .ノ ノ ノ ij{ ヽ、  ノ └ー-J !ij__ツ /ij   ノ ノ!
    `ー、 , r'ヽイj  !!ヽ、  ̄)1∩ へ、._j( _  _ノ  (⌒ /
      ∪j  ij       i ii υ }}  ij ij i ii   1i⌒ij
       ij         ^ij  !  !      !!    !!
    _                                  ( ̄,\
 / \     ,へ                          二   ヽ
/ /`>、ヾ二ニン ,、 \                      |r、`ー-┴-、__
/  / // ̄`ヾ、!、`ゞ--‐‐┐        ___  ._      | レ´__   ヾ7/
   //_ノ-/´ヾ、l |│ _,, -┘  ┌-、   |  |  |    ̄`ヽ、 |-/|/| /ヾi !゙/
   |了l|仗j  庁|lV .|  |_,,,,.   |  \ |. │  .| | ̄ ヽ .l|,イ仞   広i'| r|
  / `l|、._ r┐ _ノ、. │ _,, -┘  |  |ヽ ヽ| |   | |  ノ _ノ_|,i、 r┐ /./ノ
  ノ / i〈 ケ''─'゙{7'|7 .|  l__,, -┐  | .| \ │   |  ̄ ∠l二) `ヾi⌒Y/_ゝ
='イi(`ヽ}'`'i─v'ヽ/i゙│   __l.  |__.!   `ー'  └‐''''゙´ └-゙7┬‐〈_ノ┐
  |_/-┴i_、l`_゙|、 iノリ └''' ̄                    __{ /`゙| ,!、 _〉
  >‐-∠__ ゙i  \`ヽ、                       〉_〉、_/_,〈ヽ、 ̄_>
 〉/rf/_/ ̄l_''i ̄ ´                        r´ヽ!゙ヽ/\ ∨
 ´ /(.ノi ヾ|-<>、                           >.‐〈  ヽr‐'‐、
   `ー''゙  `'ー'ー''゙                        ゙ー-''゙   ゙ー‐'"


187 :世界@名無史さん:2010/03/05(金) 21:23:58 0
        i l l            ヽ    ヽ\\
        ヾy ‐- ̄ ̄ ̄ ヽ、    \    ヽ ヽ
         ィ   ヽ ̄\    ヽ        ヽ `、
        /         ー-、      \     `、
        /   ヽヾヽ\ ヽ\  ヽ、          、
       // /  |\      ヽ、   ヽ ヽ  |   l`、
       / |  |   l , 、\\\\       \  |   l 丶
       | l   |.   、! \ \ ー '''' ヽ、ヽ     l  |  | `
.      |.l  |  r'} 、 \,,、  、__,,、-‐''`ヽ  | |  |  |
       l.l  |  ( {  `ー''丶   '''ー- '´  |/ヽ | | | ii  |
        l   |  ヽ;      |         |' i| l | | |  i
       ヽ  .l   `i.     i       ノ, / / ///  /
         \. l   ヽ.    ヽ      /`" / // | ̄ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ.    ヽ  _,,,,,,_     /r、 / /  |   |  < Hitler殿・・・仇は必ず拙者が取る・・・
           \ /llヽ  ‐-、`'   /1| ヽ / /|   |    \_________________
            /  ||∧.      / | |  \-‐'   |   |
        _ ,、 -/l   ||{ ヽ,,,,,,,,,/  .| |   |ヽ、、 |   |
    _,、- ' ´    |.   ||{        | |   |ヽ、 ゛|   |、,,_




188 :世界@名無史さん:2010/03/06(土) 14:29:37 0
>>174
超国家、すなわち現在のEUにつながる。

189 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 02:08:08 0
ドイツはビスマルクとモルトケと言う
政治・軍事的天才以降
斜陽となる運命が決定していた
そもそもビスマルクとモルトケを絶頂期に
ドイツの政治と軍事は斜陽の傾くことに
なっていたんだと思う

ドイツに限らずモンゴルにしろ
フランスにしろ
スペインにしろ
政治・軍事史上の偉人が出現すると
斜陽になるなんて数多くある
ドイツもその例外ではなく
アメリカやソ連の時代であったため
ドイツの活躍の場なんてどこにもなかった

190 :世界@名無史さん:2010/03/07(日) 02:11:21 0
ドイツはビスマルク・モルトケ時代を絶頂期に
斜陽を迎えたんだと思う
しかしこんなことは世界史上に
数多くある
アレクサンドロス大王の出現を最後に
斜陽を迎えたマケドニアや
チンギスカン・フビライを頂点に
斜陽を迎えたモンゴルや
東郷平八郎を頂点に斜陽を迎えた日本海軍や
世界史上には数多くの
世紀の英雄を出現を境にして
落ちた国や民族なんて
数多く存在する
ドイツもまたその一つにすぎなかったのだ



191 :世界@名無史さん:2010/03/09(火) 22:11:28 0
ドイツやフランスでは普仏戦争で兵士や下級士官
第1次大戦では師団長や軍司令官の人が多いね。

昔NHKの日本賞のベルダン戦ドキュメンターを見たけど、

ドイツ軍で歩兵小隊でベルダン戦を生き延びて
バルバロッサ作戦を戦い戦後も生き残った人が
いたらしい。


192 :世界@名無史さん:2010/03/11(木) 23:09:50 0
:.:.:ノ:.i:.:l:.:.:l::.:.:.:ノ:.:.:.:/:.:./:.:.:..:../:.:./:ノヾ  ヽ:.l: |:.:lヾ|:i
.:..::丿:.:i.:.:.:.l:.:/:.:.:.:.:./:/:.:.:.:/:.:.:./:.l:/./    ヽ !:|: /:ノ
:.l:.ハ:.:l:.:,−-、i/.:/.l:.:.:/:.:.:.i:.:ノ゛:.         ヽ,
:l:.i:.|:.:.l´/ゝ-//:.:.i:.:.i:.:./:..    ,,;:;;:;,,..   ,.,.:;
:i:.:.:i:.:.:| ( ⌒1 ヽ:.|:.i:."     __、.:"' _ニィ
ヽ:|:.:i:l.ヽ、ヾ〈:  .:l:|:.:l:.      ̄`‐""ノ.:' ( "´ノ
.:ヾ:i:.:.l:. ヽ_   "   :.     '"´´,'  ヽ"l 
 ゝヾヾ      ::..   :..      , '   〉ノ 
/:l:." :.               /` - 、_ノ
::::ヽ、 :..            /:,_=--"-/     <侵略しろ侵略しろってうるさいんだよ
::::::::\ ::..          /:.(エl┼┼"´       簡単に言いやがって・・・!
::::::::::::::ヽ          "  ヽニ二)
:::::::::::::::::::\:...           ´":j
::::::::::::::::::::::::::\ ..::::.....:.. ` .:..、_:ノ:.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、""´/ー'"::::::::::::::::::::::\


193 :世界@名無史さん:2010/03/13(土) 21:14:26 0
ヴィルヘルム2世は軍の貴族連と結託してまた王権を取り戻そうと戦争して敗北、
ドイツ革命で追い立てられて
政治制度ではプロイセン的なものはそこで終わり。
ただし貴族の利権とその軍国思想はナチスドイツの国防軍へ受け継がれた。

194 :世界@名無史さん:2010/03/17(水) 22:57:10 0
しかし、ヒトラーにずたずたにされた。

195 :世界@名無史さん:2010/03/18(木) 22:23:42 0
まぁ上の方に書いてあるが英米露3つ敵にまわしたら勝てないよな



196 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 22:47:11 0
2つでもきついぞ。

197 :世界@名無史さん:2010/03/20(土) 22:57:45 0
国力はおちるけど
統一ドイツを作らずに北部はプロイセン、南部はオーストリアでわけたら
パワーバランスくずさないし
2度の大戦で悲惨な目にあうこともなかったかもね
オーストリアもドイツ系住民が多数派になってもっと安定したかもな

198 :世界@名無史さん:2010/04/02(金) 21:34:51 0
強いもの同志が隣り合わせになったら
南北戦争が起きる。

199 :世界@名無史さん:2010/04/09(金) 21:51:48 0
         ___________
      . _| \\\\ヽ ヽ\ヽ、\ヽ、ヽ、_
    .  ,-‐ヽ、|l\ \丶\\ヽヽ\ヽ、\ヽ\ヽ、
    ./ / --|l ||l\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ,\ヽ、ヽ、ヽ、
   // ̄‐---|l |l\\ \ヽ\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、 、|、
   |/ //|/ ̄l |l |l\\ ヽ、\\ヽヽ\ヽ 、ヽ、ヽ、ヽ|、
   | / /. //      \ \ヽ \\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、l|l
   ヽ/ / /|         \ \\\ヽヽ\ヽ、ヽ、ヽ、ヽ|
    丶|. / /|          \ \l \\ヽヽ\,ヽ,ヽ、||   こんなもんじゃない
     ヽ_l,―― 、l_    |  _\|ヽヽ | |l_| l l ヽ、|.|
       | |, -‐‐‐-、ヽ  | --― _-|| | | l| | | i |.|   もっとだ!!・・・もっと酷くなる!!
      〃l      ヽ====,-‐~(’)  / | | |/| l//|ノ| |
       |       |lノ=|l  ̄ ̄~~   |-|/‐|/‐||,| ||/
       \__//'  ' \___/      i/ |
       |     \  _              | /
       |       `-― ̄`    __      |レ;
       |、 'ー============ー-' l      /l
        |    )==========/       / | ̄' ̄\
         ヽ、   ー――一,       /  /   / ̄ ̄ ̄ ̄
  ――/ ̄ ̄/|`ヽ、.          ._,. '  ,' /   /
    /     /  | ` ‐――― '  _    /   /_


200 :世界@名無史さん:2010/04/11(日) 10:14:44 0
>>197
少なくともナチスが北ドイツにまで波及することは避けられたのかなあ。

201 :世界@名無史さん:2010/04/15(木) 21:20:47 0
いずれ決着するときがきたはず。

202 :世界@名無史さん:2010/04/22(木) 21:02:10 0
         / /      '" /    / ,,-、 /、ヽ\  ゙i;,-''"   / ./  /─''''" ̄ ,,/
   おい・・・ /  ./ /   ,,,-‐'"-/   / ./ ゙" "\  ゙i;,  | 、// /   "    ,,,/
       / ,-''/ /    ,,-''"_ /   //       ヽ  l /  レ'/~       /‐/
      / /  | l|  ,,-'"/゙/,」|    /    ..::;;;,,,  }  /   |~ ,,-‐,,,-'''  //~
      / /-'''''| | /l /‐'''/'' .人   i'    .:: :;'" / / l  ノ゙i// ,,-‐'"──==
     //'"   ゙i;: | /‐' ./,, ,,ノ ゙i;,.  |     _,,-ヾ.// ノ ,-''" l |  ‐'"   ,,,-‐二
     レ'     ヽl:i' ./  )'、‐,\゙i;: | ,,,-‐二-┬ナ" /‐'"‐ 〉 ,i'───'''" ̄~-''"
          ,-‐',ヽ|'"  ./゙ヽ-ゝ='\゙i,'''ヽ -゙=‐'   '" ,‐'ノ,, /‐''" ,,-‐'''"~
         / / ;;:.  ──ヽ, ゙i;'''''' , ゙ "-‐'''''"""    〔_,/ ゙ヽ'-'"~   私はしっかりこれを検査しなさい
        / /   / ,; ,,_}_  ゙、 ./__,,  _,,       /      \
      ,;'  / ,;;;:;:/;: ,,   ~ ヽ ヽ.  ヽニ‐'、     / /       ゙i,_    
     ./        ''  ,l,,,,,,/ 〉  ゙ヽ、 '''' :;l  ,,-''" /        ゙i.\



203 :世界@名無史さん:2010/04/24(土) 14:00:45 0
>>198
アメリカの南北戦争は
雨降って地固まる、だったけど
ドイツじゃあ
南北戦争やったら
フランスだのデンマークだのロシアだのが
ちょっかい出すのは目に見えてるからな。

204 :世界@名無史さん:2010/05/01(土) 00:01:10 0
                                  r‐、rつ(⌒)(⌒)(⌒)r‐、      /⌒\
                                 r_つ,(⌒),(⌒)(⌒),(⌒)(⌒)(´`)   {  チ  }
                               l:::::::ll:::::::l:::::::ll::::::l.l::::::l':::::/::::::/ __  {   ッ   }
                                   l;;;;;;;ll;;;;;;ハ;;;;;ハ;;;;ム;;;;ィ;;;;ノ;;;/´:::::) {  ♪  }
         _      _               {ニ==-ミ丶<.._‐ - 二二ニぅ"´    \  /
       r ⌒ヽ ̄ ̄     ̄ r'⌒ヽ         {ニ =,、‐''">- .._`丶、= = ニ}      ソ  >えーえー、わかってますとも
    -+‐=キ― - = ==|     l         'r<¨'( (r―――`''ッ、``ー--}     /⌒\
   ‐=キ‐  ノ,  ___ ‐= =l、   |           K弋・〉 ¨7¨で・ラ> l ``>‐〈      {  チ  }
     -=',== 〒‐ ‐=≡≡l ` ー ´|         │フ/   ヾ、 ̄   ``'イリ}       {   ッ   }
    -= キ‐=-ハ __  ― l、. ___ , |             | j〈{__ ノ  `i     r_ノ-、     {  ♪  }
     -‐=l=‐  l ̄ - = ==|    |   _      |ノ `"    `i   l(ヾoソ)      \  /
      _l   ノ`r‐、‐-、ノl`  ‐'´l`r‐ァ ′ `ヽ ,r‐- l r=‐==-  `i  lノ>ー <        ソ
    ___ ̄ ノ ¨ '' - .._  / ` ‐- .._  / __  /(ヾoソ | `ー---‐'′  ゙/ /(ヾoソ)、
  - == r'゙= ‐    l´⌒      ){ (  `)/  >ー < l         /   / >‐-<〃\
  _ ノ  ̄ ¨ ''' ‐-ノ    `¨ '' ‐ 、′ヽ、二ノ‐ /=o =} '、ー― - /   / /=o =}//`7'' ‐-
  三〈 二 =-   l⌒       /   / ̄   ヽムノ /| ` ̄´   // ヽ.ムノ //


205 :世界@名無史さん:2010/05/02(日) 11:48:33 0
>>203
事実そうなった。

206 :世界@名無史さん:2010/05/02(日) 22:00:19 0
そういうわけでなかなか統一できなかった
そこを思い切って統一したらヨーロッパ最強のポテンシャルをもつ国になるわけで
かえって孤立しちゃうんだよね

207 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 10:19:12 0
              ,,, ,, __,,,,_,,、、_
             /川リ/彡彡彡ヽ、
           r`ミミ/彡彡三三彡ミヾ、
          /三ミ(彡ミミ三三三彡彡ヽ
           フ彡ミ;'"ヾ、彡ミミミミ彡彡彡、
          f三ミl      `ヾ、三彡彡ミ!
              /彡j ィzx- -z=x  ヾ三三l    >>206
             `7/! ィニミヽ :.:ィニミ 、_ `ーr y 本日は総統がPrag入りしますから
             ! '"´,: l:_:. ̄`    9/  出力上げて最強のポテンシャルで電波しますよ
                 !、__∧__,、-'ヽ   ; .ノ_     
                , ハ l 、,,___,,, ! i / /////> .、
.           , <///ヘ  `ー '  /////////////> 、
      , </////////∧     / .////////////////> 、
     //////////////∧  ̄   ////////////////////
      l/////^l////////∧.    /////////////////////
     |/^)! j/////////∧_ //////////////////////
    ,ィ'''つ  l////////,‐-ゝ,,,_ ヽ////////////////////
    ゝ'´    !////////''‐-、   \//////////////////
    (二つ  ////////と'''‐- -`ヽ  ヽ/////////////////
    |( ヽ  i////////  ~''‐- .,,_    ヽ///////////////
   //ヽ_つ/|///////こ二二  ̄      \/////////////
   l.||   / j///////こ二二 ,,,,,_     ノ|\//////////


208 :世界@名無史さん:2010/05/07(金) 22:05:57 0
>>206
3日に合併が決まったドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国は今後、
重複官庁の整理やコスト削減で厳しい国家経営環境の克服を図る。
世界の帝国主義業界は金融危機が峠を越した後も原油高騰などに悩まされており、
今後も大規模提携や国家統合が活発化することは必至だ。

両国はベルリン、ウィーン、ブダペストなど国内ハブ(拠点)を8カ所に広げる。
海外植民地は、ドイツが太平洋、アフリカ、オーストリアが東欧州、
に強みを持っており、合併による相乗効果に期待している。
両国は大日本帝国が加盟する「お星様」アライアンスの構成メンバーでもあり、
他の国際的な帝国主義連合との競争も一段と激しくなる見通しだ。


209 :世界@名無史さん:2010/05/17(月) 20:36:42 0
                 /´          `V´
                  |  だ. し せ >>1  >>1
                  |   め な. つ  か   か
                  |  か い め  ら    ら
                  |   ?. と. い.     か
                 ヽ、         ,、   ?
                   ` ー――――‐'´, ゝ、  _,ノ
      、 、     _,. -‐ ''"゛´ ̄ ̄ ゛" '' ‐- .,_ // ,/ |/:: ::
  、―- .,_ヽ\, '"                  `'く/ :: :: :: :: :
   >   `>゙          /\  ヽ. 、  、  / :: :: :: :: ::
  <    ,'    ,i   /|  /   \  ', ヽ ヽ./ :: :: :: :: :: ::
   >    i   /| /|,/    `"''、┼‐-\/ :: :: :: :: :: :: :
  ∠=--―| ; /-‐|/'''"|/        ●  ;゙:: :: :: :: :: :: ::
       |∧/   ●             | :: :: :: :: :: :: :
        ,'゙|                     | :: :: :: :: :: :: ::
        ||         ,. -―‐- 、     !:: :: :: :: :: :: ::
        ゙、|       , '゙       ゙',  |:: :: :: :: :: :: ::
         ',      i        j   i:: :: :: :: :: :: :: :
         〉、      ヽ.__ ,,. -‐ ' "´   ヽ;: :: :: :: :: :: :
           /  丶.             ,. イ `ー―‐┬‐
        //|   ` ,ー―;-、-  -‐ '' "´ノ::ノ_,,.. -‐ ''('ー
        ´  レ'! / /,.ゞ-―..''.."".. ̄ ̄:: :: :: :: :: :: :: :
             ´,-‐i゙ '´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          i´`i、_ノ             :: :: :: :: :: :: :: :
           ,'´i、_ノ 


210 :世界@名無史さん:2010/05/19(水) 21:49:18 0
それにしてもドイツ史は、ザクセン、ニーダーザクセン、ザクセン=アンハルト、
ザクセン=ヴァイマール、ザクセン=コーブルク=ゴータと、似たような名前の
領邦や家名が出てきて混乱するな。


211 :世界@名無史さん:2010/05/20(木) 16:41:24 0
おまえらこっちに移れば?
AA荒らしとかうんざり

http://jbbs.livedoor.jp/study/10701/#9

212 :世界@名無史さん:2010/05/26(水) 21:46:00 0
       <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
        \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ
         /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/
        /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
       〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___
       ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
         \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/
          }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\ >>211
          /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`   おい、ナチスしろよ。
.         /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
        /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト
.       //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ
             , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |
           /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」
          /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ
          / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \


213 :世界@名無史さん:2010/05/27(木) 18:37:59 0
>>5


214 :世界@名無史さん:2010/05/29(土) 20:50:12 0
余は青年諸君に訴える。
我らの突撃隊に参加せよ、諸君がこれに参加して、
たといいかに多くの誹謗と讒謗とを聞かされようとも、
突撃隊は我々の保護のため、諸君の保護のため、
また同時に我らの運動のみならず、
また将来のドイツの保護のために形成されたものであることは
諸君のすべてが知っているところである。


215 :世界@名無史さん:2010/06/03(木) 21:23:48 0
         ,.-,‐''¨゙''''''‐-:.、
       /.::::',',',ゞ、:::::::::::::::::`ヽ、
     /:::::::::::ハ',::::',::::::::::::::::::::::::::ヽ      ______
    /::::::::::::::ノノ'i',',::::',::::::::::::::::::::::::::::ヽ    f´
    ,'::::::::::::::// ||',\::',ヾ;:::::::::::::::::::::::i    |
   ,':::::::::::ノ彡ミ !! ', \彡;:::::::::::::::::::::|    |
   i::::::::c''",二,,¨ヽ=,.-'"二,,¨゙ァ、::::::::::::|.   |
   |::::イ!¨ゝ_¨゙´`ノ  ヽ´_゙゚¨ノヾ',::::::::::::}   |
   ',:::::|     ̄ '  -、  ̄   ',::::::::::!  ノ
    {::::{     ゞ‥'ン     |:::::::/   ̄|
     !:ノ,    __ニ___      !/V,'   |       ベルリンにシェーネフェルト空港、テーゲル空港、テンペルホーフの3つの空港は必要ありません。
    ノ'气   ´ ‐−‐ `     i'¨7ゞ   |
     !||' ,           ,イ||/    |      シェーネフェルト空港に集約してハブ空港にすべきです。  
       !|||',-、   ' -‐  ,. ' .|〈.      |
      !!!' i ' ,,   ,,..  /ヽ'.,     ゝ‐─────‐
       /'i      ,.-'"  /:::::ヽ
     / :::|   _,.-'"    ,'::::::::::::ヽ- 、_
 _,,..-‐ャ゙ ̄',-、! r'"´ `ヽ.  , '::::::::::::::::|::::::::::::
¨::::/::ヾ',  ,'ヽ /     ,' , ':::\::::::::;:-ャ:::::::::
::::/::::::::::',         ,'/::::::r-;゙=''":;: ':::::::::::


216 :世界@名無史さん:2010/06/06(日) 20:52:37 0
旧ドイツ領のポーランド人は18-19世紀を通じてドイツへの
同化が進んでいて、旧ロシア領のポーランド人も「オストフルフト」で
ドイツへの同化が進んでいて、ドイツでも「カトリック中央党」
(メルケル首相率いる現在の「キリスト教民主党」の前身)の党員や
代議士(帝国議員の「ヴォイチェフ・コルファンティ」など)だったが、
19世紀末にビスマルクがやった「文化闘争」で
ビスマルク本人をはじめドイツ国内の反ポーランド主義者が
政治力を持ってポーランド人を激しく弾圧し始めたので、ポーランド人が
ドイツへの同化をやめてドイツ国民統合から分離した


217 :世界@名無史さん:2010/06/12(土) 12:26:45 0
     〆 ̄TTTTTTTTTTTTTTT7
     | =|  ̄ ̄ ̄┴┴┴ ̄ ̄ ∨
    |=|  ̄ ̄――― ̄    |
     | =| 巛lllllllllllllllii ̄ ̄iillllllllllllll|
     | =|  ___llll  lll___|
    |=\人   o > /   o フ<
    |i⌒i| へ ̄ ̄,  \ ̄ ̄ , .| >>216
    ||  |.|     ̄    \ ̄ | その場合、すでに同化した
    ||  ‖  //  (      | ヽ |   ポーランド系は、どのようにふるまったのか?
    | \| イ_   ^  ̄ ̄   |      教えてもらおうか。
     | ≡ ./|  \王I王I王I王I王フ|     
    /| =/ |           |
   /  |/ 人    =≡≡=  ノ
― ̄|  \ へ _      イ
   |    \     ̄ ̄ ̄


218 :世界@名無史さん:2010/06/13(日) 21:06:43 0
ドイツ人として立派に振る舞った。

219 :世界@名無史さん:2010/06/17(木) 21:52:30 0
ドイツ帝国にはポーゼン公国からポーランド人の
ためのポーランド王国を再興しようとする動きさえあったが、
それもドイツが敗北して革命で帝政が消滅したので頓挫


220 :世界@名無史さん:2010/08/02(月) 10:14:24 0
ttp://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080201000158.html
ハイダー氏、50億円隠匿か オーストリア政界に衝撃

【ウィーン共同】オーストリアの週刊誌、プロフィルは2日までに、
ナチス擁護発言で物議を醸し、2008年に事故死した同国の極右政治家イエルク・ハイダー氏が
かつて計約4500万ユーロ(約50億円)の資産を銀行の秘密口座に隠し持っていたと伝えた。
報道内容には同氏の知人らの証言も含まれ、地元政界は衝撃に包まれている。

同誌によると、資産はタックスヘイブン(租税回避地)として知られる
隣国リヒテンシュタインの複数の銀行口座に預金されていた。
多くは投機で失われたとみられ、現在は500万ユーロが残るのみという。

オーストリア司法当局は事態を注視、各政党も事実解明を求めている。
ハイダー氏の知人は、同氏がリビアの最高指導者カダフィ大佐の次男と親交があったため、
大佐から選挙資金として1回当たり15万〜20万ドル(約1300万〜1700万円)を
何度も受け取っていたと証言した。

2010/08/02 10:04 【共同通信】

ttp://img.47news.jp/PN/201008/PN2010080201000161.-.-.CI0003.jpg

142 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)