5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人類の揺籃期 第三紀

1 :世界@名無史さん:2008/12/10(水) 10:53:48 0
人類の揺籃期第一紀スレが嵐に遭遇して沈没してからはや1年。
この1年のあいだに人類史の新たな発見や書籍が続々登場している。
第一紀スレを引き継いで新たに第三紀スレをまた建てます。

人類の揺籃期(過去ログ)http://www.23ch.info/test/read.cgi/whis/973488772/

※第二紀スレは行方不明

2 :世界@名無史さん:2008/12/10(水) 11:04:02 0
NHKブックス
ホモ・フロレシエンシス  1万2000年前に消えた人類
上 http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=00911122008
下 http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=00911132008

3 :世界@名無史さん:2008/12/10(水) 16:24:06 0
>>1


時期は違うがこんなスレもあった
古代に生きた人々の暮らし
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1124498656/

4 :世界@名無史さん:2008/12/12(金) 15:06:01 0
フローレス原人の人口はどのくらいだったんだろう?

5 :世界@名無史さん:2008/12/14(日) 09:24:08 0
平成20年9月4日 NHK総合TVスタジオパークからこんにちは
暮らしの中のニュース解説「深まる小型人類の謎」


稲塚貴一アナウンサー「今から4年前の2004年にインドネシアのフローレス島で謎の小型人類
   ホモ・フロレシエンシスの化石が発見されました。この4年間でどこまでわかってきたのか、
   谷田部雅嗣解説委員とお伝えします。
    このホモ・フロレシエンシスというのはどういう人類なのでしょうか。」
谷田部雅嗣解説委員「ロード・オブ・ザ・リング、物語とか伝説とかに出てきそうな大変謎に満ちた
   人類なんですけれども、身長は1メートルくらいの小型であるということが一つの特徴なんですね。
   見つかったのがインドネシアのフローレス島というところなんです。//地図// 面積は四国より
   少し小さめというぐらいなんですけれども、そのフローレス島で見つかったということで見つ
   かった人類の化石はホモ・フロレシエンシスと」
稲塚 「地名をとっているわけですね」
谷田部「この山間にありますリアン・ブアという洞窟なんですけれども、これ最近出版された本で
   紹介された写真なんですね、間口が50メートルぐらい、高さが20メートル、大変大きな
   これがその頭蓋骨を模型にして実物大に作ったものです。//模型を出す//」
稲塚 「//身を引きながら//ハァーーッ、模型ですね」
谷田部「小さいですよね。」
稲塚 「小顔ですね。」
谷田部「この頭蓋骨の形とか、古い人類である、と、現代人ではない、というのがわかったんですし、
    この歯の大きさとかから大人のものであると。
   全部で7体見つかったんですけども、そのうちの一つが全身の骨格がみつかって、//骨格写真//
   この骨盤の形から女性のものであると。それから大腿骨の太さとか長さからだいたい身長が1メ
   ートルぐらい。で、そのどんな人類だったのかと、想像図を作ったのがこちらなんですね。//想像図//
   で、手が非常に長い。」
稲塚 「ホントですね、腕が非常に長い。」

6 :世界@名無史さん:2008/12/14(日) 09:24:59 0
谷田部「ただ現代人と比べるとやはり身長が低い、というのと、足が短い、というところがあって、
   こういう体の特徴からすると、走ったりというようなことではなくて、木登りのようなものが
   得意だったんじゃないか、というようなことがわかってきた。」
稲塚 「これは今までの人類進化の常識と比べるとどうなんですか。」
谷田部「かなり常識では割り切れないような」
稲塚 「割り切れない・・・」
谷田部「人類進化っていうのはざっとみますと、//人類の進化系統図//チンパンジーとかゴリラから
   分かれて、類人猿から分かれて猿人というのが出てきて、それから原人、それから旧人、新人と、
   現代人に進化してくると。この進化に伴って脳がどんどん大きくなって知恵が詰まってくると。」
稲塚 「この小さいマークは脳の大きさを示しているわけですね。確かに脳は大きくなってますね。」
谷田部「ですから進化したものが生き残ってしかも脳がどんどん大きくなってくるんだってのがこれ
   常識ですよね。」
稲塚 「え、常識ですね。」
谷田部「で、フロレシエンシスは実は1万8000年前の地層から見つかったんです。」
稲塚 「1万8000千年といいますと随分最近ですね。」
谷田部「現代人、ホモ・サピエンスでいくと、たとえば日本だと縄文時代になろうかと、ホントに最近
   なんです。ですから、ホモ・サピエンスの次に進化していた人類ということになります。ネアン
   デルタール人は10万年前に絶滅していますので、それよりも優れていたということになるんで
   すけれども、頭の大きさ400ccしかない、と」
稲塚 「脳みそ」
谷田部「ですから脳の大きさからすると猿人並みである、と。チンパンジーとあまり変わらない、と」
稲塚 「大きさ、そうですね。」
谷田部「ですから、いったいどこに属するのかっていうのがよくわからない。常識では判断できない、
   ということなんですね。
    で、頭が小さいから知恵が無かったのかというと、そんなことが無くてですね、これはこの洞窟
   で見つかった石器なんですね。//石器の写真//」
稲塚 「要するに石を磨いたりして道具にする」

7 :世界@名無史さん:2008/12/14(日) 09:25:55 0
谷田部「これは石そのままとかちょっと削ったぐらいのもので、ものを叩いたりするようなもので、
   そういった使い方をするんですけれども、このホモ・フロレシエンシスが作ったと見られる
   石器というのはかなり尖っていて」
稲塚 「鋭い」
谷田部「要するにナイフや包丁みたいなかたちで使ったり、そういうために要するに何に使うかって
   目的があって作ってると、知恵がある、と。ホモ・サピエンスの石器に相当するというくらいの
   精密さがあるということなんですね。」
稲塚 「かなり知恵があったんだろう、と」
谷田部「ま、火も使っていましたし、それから動物の化石も見つかっているんです。そういったものから
   見ると大型の動物を集団で捕らえて狩りをするような、そういった知恵もあった、と。」
稲塚 「チームワークですね」
谷田部「ですから、形からすると古いんですけども、知恵という面でもかなり発達していたというふうに
   考えられるんですね。」
稲塚 「ただこの常識から見ても外れているようなんですが、どうしてこのホモ・フロレシエンシスが
   最近まで生きていられたんでしょうか。」
谷田部「一つはですね、フローレス島というところの地理的な状況ですね。このアジア大陸があってイン
   ドネシア、いろんな島がありますけれども、氷河期時代みたいなときに海の水位が下がって陸続き
   になることがあるんですね。」
稲塚 「ずーっと陸が繋がっちゃうことがあるんですね。」
谷田部「陸伝いに移動することが可能になる場合もあるんですけれども、この辺は海が深くてそういった
   ことが起きない、と。孤立しているいうことで、孤立した島で独自の進化をした、と。しかも孤立
   しているんでほかからいろんなものが入ってこられない、ということで温存された、そういったこと
   も考えられるということなんですね。
    それからこの頭が小さくとも、脳ってのは進化がはっきりわかっていないのでもしかすると部分
   的な進化が起きたんじゃないかと」
稲塚 「部分的な進化」

8 :世界@名無史さん:2008/12/14(日) 09:27:04 0
谷田部「実際この前頭葉とか側頭葉といわれる部分ですね、ここが少し大きいと。ですから部分的に知恵が
   発達した、全体としてはそんなに知恵が発達していないんだけれども生活に必要な部分の知恵が
   あった、ということなんじゃないか、と」
稲塚 「前頭葉といいますと聞いたことがあるのは理性を司るとか大事な部分ですね。」
谷田部「記憶力とかですね、そういう道具を作ったり狩りをしたり、ということ、部分的な脳の発達では
   ないか、ということですね。」
稲塚 「これからこの小型人類の研究、どうなって行くんでしょうか。」
谷田部「この洞窟にはまだまだこういった化石が残っている可能性があります。こういったものを調査し
   ていくと、これは進化的に特殊なものなのか、あるいは人類進化はもっといろいろなことがあるん
   だよ、というのがわかるのか、これからの研究でわかってくるんじゃないかと、いうふうに思うん
   ですけどね。」
稲塚「注目ですね。えー、谷田部解説委員とお伝えいたしました。」

9 :世界@名無史さん:2008/12/15(月) 14:10:45 0
九月?

10 :世界@名無史さん:2008/12/17(水) 11:18:10 0
やったべーだな

11 :世界@名無史さん:2008/12/19(金) 08:39:30 0
ウイルス進化で疑問に思うんだけど、
ウイルスに感染して突然変異が起き、進化するということについて、

そのウイルスは体全部の細胞に潜り込むんだろうか、それとも一部なのだろうか。
もし生殖細胞に感染していなければ次世代には継承しないと思うんだが。

12 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 11:01:13 0
遺伝子治療http://www.imasy.or.jp/~hsdl/mnd/gene/

13 :世界@名無史さん:2008/12/22(月) 10:50:50 0
サイエンスZERO ヒトの謎に迫るB 実験で解き明かす!心に潜む仕組み
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp238.html
再放送予定
12月25日(木)  3:10〜 3:54 BS2
12月26日(金) 19:00〜19:44 教育

14 :世界@名無史さん:2008/12/25(木) 07:01:04 0
オランウータンの口笛、言語の起源か?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081224-00000001-natiogeo-int
アメリカのワシントンD.C.にあるスミソニアン国立動物園には、器用に口笛を吹くオランウータンがいる。

国際霊長類学会http://nouko.at.webry.info/200808/article_4.html

15 :世界@名無史さん:2009/01/10(土) 10:28:00 0
ハイビジョン特集 フロンティア ネアンデルタール人の謎 〜最新報告・ゲノム解読の試み〜
1月12日(月) 午後8:00〜9:41  1月20日(火)14:00〜15:40
●ハイビジョン特集(国際共同制作)人類誕生 最古の化石 トゥーマイの物語(再)
BShi 1月11日(日) 午後7:00〜8:30 1月19日(月)午後2:0〜3:30
●ハイビジョン特集 ホモ・サピエンス物語 〜はるかなる20万年の旅(再)
BShi 1月13日(火) 午後8:00〜9:31 1月21日(水)午後2:0〜3:35
●ハイビジョン特集フロンティア(国際共同制作) 文明社会の夜明け〜ホモ・サピエンス はるかなる旅〜(再)
BShi 1月14日(水) 午後8:00〜9:35 1月22日(木)午後2:0〜3:35
●ハイビジョン特集 フロンティア 言葉の誕生 〜私たちはいかにして人間になったのか〜
BShi 1月15日(木) 午後8:00〜9:15 1月23日(金)午後2:0〜3:15

16 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 21:00:37 0
雑談の中でアクア人類説にちょっと触れたら同僚が興味がありそうだったので
それから1時間、熱く説明した。
「ふ〜ん。ま、今の俺にはどうでもいいことだな。さ、仕事仕事!」


・・・・・・喝!

17 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:27:30 0
ネアンデルタール ゲノム公開
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090213-00000002-natiogeo-int
2月12日、ネアンデルタール人のドラフトゲノム解析が終了した。
まだ最初のドラフト版だが、この絶滅したヒト属が乳糖不耐症であったことや、
現生人類と同等の基本的言語能力を備えていた可能性があることが示された。

18 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:29:35 0
乳糖不耐症 http://www.yhoken.jp/htm/info/info12.htm

19 :世界@名無史さん:2009/03/13(金) 22:55:27 0
北京原人もっと古かった…80万年前、ジャワ原人並み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000344-yom-sci
北京原人の化石が発掘された中国周口店の地層が、これまで考えられていた年代より20万〜30万年古く、約78万年前にまでさかのぼることが、中国・南京師範大学や米パーデュー大学の研究でわかった。

20 :世界@名無史さん:2009/04/16(木) 20:59:44 0
進化あげ

21 :世界@名無史さん:2009/05/05(火) 20:19:50 0
北京原人の洞窟再発掘へ=72年ぶり本格調査−中国科学院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000059-jij-int
北京市郊外の周口店にある北京原人洞窟遺跡の発掘調査が、今月中旬から7月にかけて、中国科学院古脊椎動物・古人類研究所などによって行われることが分かった。

22 :世界@名無史さん:2009/05/07(木) 09:06:58 0
いままでなにをやってたんだ?
恐竜よりこっちが先だろ

23 :世界@名無史さん:2009/05/13(水) 22:30:38 0
【図解】「ホビット」にまつわる議論
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2600309/4123854

フローレス原人の事をホビットなんて呼び始めてるらしい・・・( ̄ロ ̄ll)アウー


24 :世界@名無史さん:2009/05/14(木) 06:57:32 0
Hobbit:Tolkienの作品に登場する架空の小人
【コンピュータ】high order bit of a byte

25 :世界@名無史さん:2009/05/18(月) 15:33:23 0
人類の揺籃期ネタとはちょっと違うけど

哺乳類の進化 大陸分裂→3系統に分岐
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000529-san-soci
1億年以上前の初期の哺乳類の進化は、大陸移動と密接に関係していることが東京工業大の研究で明らかになった。
当時の地球を覆っていた超大陸が3つに分裂したことで、人類の遠い祖先でもある高等哺乳類は3グループに分かれたとする新説だ。
ゲノム分析と地質学の融合で、従来の常識を覆すダイナミックなシナリオが描かれた。

26 :世界@名無史さん:2009/05/20(水) 14:35:31 0
ヒトとサルの共通の祖先?=NY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000014-jijp-int.view-000
ドイツの約4700万年前の地層から、初期の霊長類化石としては最も完全な全身骨格が発見され、ノルウェーの研究者らが19日の米国の専門誌(電子版)に発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000380-yom-sci

27 :世界@名無史さん:2009/06/08(月) 15:42:49 0
文春新書 「人類進化99の謎 」河合信和:著
http://www.bunshun.co.jp/book_db/6/60/70/9784166607006.shtml   
人類学の最新成果をふまえ、99のキーワードで、我々現生人類の進化の謎にせまる。
明快で平易な解説は、どこから読んでも面白い

28 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 09:35:41 0
>>25
ええと、なんというか、何を今さら的な。

29 :世界@名無史さん:2009/06/26(金) 18:33:47 0
>25がロールアウトしてしまったので
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090518/scn0905180837000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090518/scn0905180837000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090518/scn0905180837000-n3.htm

30 :世界@名無史さん:2009/08/10(月) 10:20:29 0
>>1
その過去ログURLは、不通だぞ。
”Internet Explorer ではこのページは表示できません”
人類の揺籃期
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/973488772/

>>3
引用URLが、誤記だぞ。
古代に生きた人々の暮らし
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1237753623/

31 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 10:33:37 0
>>15>>17
氷河期にネアンデルタール人が絶滅し新人が生き残った差因は、何だったの?

32 :世界@名無史さん:2009/09/06(日) 12:38:55 0
言語能力の有無だとNHK様が仰せである

33 :世界@名無史さん:2009/09/08(火) 21:47:57 0
有無っていうか高低なのでは?

34 :世界@名無史さん:2009/09/08(火) 22:35:04 0
排他的で残虐な方が生き残る

35 :世界@名無史さん:2009/09/09(水) 00:00:37 0
というか仲間内では協調し、仲間以外に対しては一致して対抗する
メリハリのあるグループ行動が生き残りに有利


36 :世界@名無史さん:2009/10/01(木) 14:24:58 0
ブルーバックス「新しい霊長類学 人を深く知るための100問100答」
編著者: 京都大学霊長類研究所
定価(税込):1,239円
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2576511
サルにも、美女、美男がいるのですか?

人間とは何か?人間とはどこからきたのか?そのような問いに対するひとつの答えが本書です。
人間を含めたサルの仲間のことを「霊長類」と言います。本書は、霊長類に関する素朴で愉快な疑問を100問集め、それぞれの専門家がわかりやすく答えました。最新の霊長類学による興味深い答えの中から、人間を考える新しい視点が浮かび上がります。

37 :世界@名無史さん:2009/10/02(金) 08:52:08 0
最古の全身骨格化石 440万年前の猿人
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091001/scn0910012344000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/science/science/091001/scn0910012344000-n2.htm
440万年前に生息したラミダス猿人(学名=アルディピテクス・ラミダス)のほぼ全身にわたる化石がアフリカ・エチオピアで発掘され、米国、日本、エチオピアなどの国際研究チームによる分析結果が2日付の米科学誌「サイエンス」に掲載された。

38 :世界@名無史さん:2009/10/02(金) 09:55:24 0
絵は男か女か?

39 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 17:39:12 0
NHK教育 10月17日 22:00〜22:35
サイエンスZERO「衝撃の発見!身長1メートル・小型人類の謎」

よく考えるとフローレス原人って資源消費が少なくてエコだな。
今世紀中に人口100億を超えて地球の資源を食い尽くす勢いの現生人類も、
遺伝子操作で体躯の小型化を図ってはどうかな。


40 :世界@名無史さん:2009/10/17(土) 21:22:17 0
それじゃピグミーも・・・

41 :世界@名無史さん:2009/10/22(木) 15:30:58 0
on サイエンス・ゼロ
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1205477352/434-

42 :世界@名無史さん:2009/11/15(日) 22:09:24 0
インドネシアから企業研修に来ている人といろいろ世間話をした。
「ホモ・フローレシエンシスに興味を持っている」とおれは話を振ったけど、
彼はその言葉を聞いたことがあるという以上の知識はなかった。

43 :世界@名無史さん:2009/11/16(月) 09:14:43 0
「Homo Floresiensis」を言うのに日本風発音では伝わらない。
ちゃんと伝わるように発音するのはむつかしい。

44 :世界@名無史さん:2010/02/28(日) 21:17:59 0


45 :世界@名無史さん:2010/03/25(木) 10:28:11 0
4万年前、中央アジアに「未知の古人類」生息 化石DNA分析
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100325/acd1003250925003-n1.htm
現生人類の進化系統樹 約4万年前、中央アジアに「未知の古人類」が生息していたとする研究成果を、ドイツ、米国、ロシアなどの国際研究チームが、25日付の英科学誌「ネイチャー」(電子版)に発表した。

46 :世界@名無史さん:2010/03/27(土) 06:42:18 0
あ、ゆうべBS・hiで「謎の小型人類」やってたんか・・・
再放送いつだ?

47 :世界@名無史さん:2010/04/09(金) 21:35:12 0
ヒト属祖先? 南アフリカで新種の猿人化石を発見
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100408/scn1004082323014-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/science/science/100408/scn1004082323014-n2.htm
 南アフリカの洞窟で、190万年前ごろの猿人の化石が発見された。
この化石は猿人から原人への進化の過渡期的な特徴を持ち、現生人類
(ホモ・サピエンス)を含むホモ(ヒト)属の祖先にあたる可能性が
あるという。南アフリカ、米国などの国際研究チームは新種の猿人と
して「アウストラロピテクス・セディバ」(セディバ猿人)と名付け、
8日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。


48 :世界@名無史さん:2010/05/04(火) 11:58:17 0
あげ

49 :世界@名無史さん:2010/05/07(金) 07:28:07 0
ネアンデルタール人のゲノム解析が意外な展開をみせています。

<ネアンデルタール人>ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析 − 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000008-mai-soci


50 :世界@名無史さん:2010/05/07(金) 08:22:16 0
で、女はどっち?

51 :世界@名無史さん:2010/05/07(金) 15:16:26 0
ミトコンドリアにはネアンデルタール人からの混入がないことがわかってるので、
どっちかっつーとヒトがヤられた可能性が高い。
単にネアンデルタールの女系子孫が絶えただけかもしれんけど。

52 :世界@名無史さん:2010/05/08(土) 08:02:28 0
ネアンデルタール人の方がクロマニヨン人より戦争が強かったってこと?
なんか従来の歴史観からすると釈然としないなー

53 :世界@名無史さん:2010/05/09(日) 09:01:05 0
ネアンデルタール人 ぬけるような白人 体格良く腕力強く両津顔
クロマニヨン人 黒人もしくは浅黒 体格は劣るが軽快

クロマニヨン人 逃げ回りニッチを拡大 石器を改良、肉食中心
ネアンデルタール人 クロマニヨンの女を奴隷として子孫減少 
最終的に絶滅

合うじゃん

54 :世界@名無史さん:2010/06/07(月) 20:17:24 0
男系としては脈々と現代のオスに受け継がれているんだ。
というか遺伝子の数パーセントの違いというとチンパンジーと
人類との差もそんなもんじゃない?

・・・8万年前以降にアフリカを離れた後、ユーラシア大陸に広がる前に中東近辺で
ネアンデルタール人と混血した可能性がある・・・・

55 :世界@名無史さん:2010/06/23(水) 20:10:42 0


56 :世界@名無史さん:2010/06/24(木) 11:33:42 0
二足歩行の獲得は通説よりも早かった?
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100622001&expand
現生人類の直接の祖先と考えられるアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)のオスの化石が新たに発見された。
その分析から、人類が直立二足歩行を始めた時期が従来の学説よりもさらに過去へさかのぼる可能性があるという。

57 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 21:07:23 0
ハイビジョン特集 フロンティア「発見!ラミダス猿人〜440万年前の“人類”〜」
http://www.nhk.or.jp/frontier/
アメリカの科学雑誌「サイエンス」が発表した2009年最大のニュースは、エチオピアで発見された猿人の化石「ラミダス猿人」だった。
約440万年前に生きていたとされるラミダス猿人の化石は、人類がどのような足跡をたどってきたのか、謎の部分に光を当てるものだった。
番組では、国際調査チームがこの大発見を突き止めるまでのプロセスに密着取材。
その経緯を克明に追い、人類史研究の上での位置づけをわかりやすく伝える。

58 :世界@名無史さん:2010/07/07(水) 21:09:12 0
あ、放送日わすれた・・・

チャンネル :NHK・BShi
放送日   :2010年 7月10日(土)
放送時間  :午後8:00〜午後9:30(90分)

59 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 06:28:18 0
ほとんどの現代人、ネアンデルタール人とのつながりが明らかに
http://topics.jp.msn.com/life/article.aspx?articleid=337607
最新の研究により、ほとんどの現代人がネアンデルタール人とのつながりを持っていることが明らかになった。
遺伝子構造の少なくとも1〜4%はネアンデルタール人に由来するものだという。


やっぱりねー・・・・

60 :世界@名無史さん:2010/07/18(日) 15:30:55 0
周囲の人の「ネアンデルタール」の発音をそれとなく聞いてみると、「ネアン/デルタール」と切っているのがほとんどだなー

61 :世界@名無史さん:2010/07/31(土) 19:25:58 0
こう暑いと ヒトはどうやって耐えてきたのか思いをめぐらす・・・

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)