5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史的に見ると日本はアメリカの属国だよね

1 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:00:11 0
ttp://scrapjapan.wordpress.com/2008/08/12/ndl/

ですよね?

2 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:03:58 0
宮城以外の県は暗君と愚民しかいないから妬む気持ちはわかる。
ただ、泰宗公は平成の世においても仙台市民の精神的支柱であり、仙台繁栄のシンボル。
仙台市民は皆歴代伊達家当主と泰宗公を敬愛しているよ。

3 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:06:47 0
今日アメリカの歴史があらたな局面に大きく変わりました。

4 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:09:05 0
復讐の機会はまだある、戦力と兵器を整えて出直そう。

まずは鎖国からだ。

5 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:20:42 0
都合の悪い文章が見つかったので隠蔽って
まるで韓国みたいな対応だな

6 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 16:54:44 0
空軍トップのクーデターないかな

7 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 17:46:08 0
攘夷派の志士なんかがアメリカ大使館の前で抗議の切腹しそうな話だな。
この密約をスルーした産経は非国民売国奴といわれてもしょうがない。
朝日と同列の扱いで充分。

8 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 18:15:42 0
いちおう世界NO2の経済国家だぞ

まあアメリカの属国みたいなもんだけどさ、実際は

9 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 18:22:48 O
アメリカの属国で豊かなのは日独だけ

10 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 18:37:21 0
ハワイ王国のように自らアメリカに加入すればさらに豊かになれるのかも

11 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 18:42:58 O
この理屈でいけば日独伊キューバイラクカナダオーストラリア韓国
みんな属国じゃん

12 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 19:15:51 0
世界史の本を下のスレで紹介してください。お願いします
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1207063863/

13 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 19:30:33 0
その世界帝国の皇帝にニガーが就任するとはな、いやはや呆れ果てた。

14 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 19:45:38 O
ニガー>ケトウ>ジャップ
アゴで使われる順

15 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 19:57:30 0
そのランキングだと誰に顎で使われるんだよ

16 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 20:16:57 0
こちらの板でどうぞ

国際情勢
http://society6.2ch.net/kokusai/

17 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 20:25:25 0
そっちの板とはまた違う議論の展開をしたいのでここに居座らせていただきます

18 :世界@名無史さん:2008/11/05(水) 22:58:05 0
・福田首相は中国講演で歴史認識について村山談話をかみくだいて語った。
・だがそれは、日本人に向かって言ったのでも、日本人が聞いていたわけでもない。
・こういう大事なことは、日本に向かってこそ語りかけるべきだ。

19 :世界@名無史さん:2008/11/06(木) 12:35:50 0
空爆長が国会に私服で乗り込む模様です

20 :世界@名無史さん:2008/11/07(金) 21:14:39 0
世界史的に見ると西欧、日本、台湾、オーストラリア、カナダはアメリカの同盟国だよね


21 :世界@名無史さん:2008/11/07(金) 21:41:16 0
同盟国っていうか舎弟だな。

とくに日本はレイプされて、そのまま情婦にされたメカケのような国。

22 :世界@名無史さん:2008/11/07(金) 23:37:45 0
そしていつの間にかしっかりアメリカ経済を内部から侵食し制圧してしまった

23 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 08:40:52 0
>>21があっという間に反撃されていてワロタww

24 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 12:11:52 O
アメリカはアジアを食いたくて食いたくて仕方なかった。
だから日本を滅ぼしてアジアを手に入れようとした。

しかしよく見てみると朝鮮人や支那人は奴隷にするぐらいしか利用価値のないクズだと分かった。
そして自国は奴隷制を廃止している。

さんざん懲りて日本と上手くやろうかと思ったものの、外交センスのない民主党大統領が支那と接触を繰り返す。
人間というものは忘れやすい生き物だ。アメリカ人も例外ではない。

25 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 18:14:55 0
また陰謀論ですか?
属国日本論って陰謀論のオンパレードだよね。


26 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 18:26:20 0
>>9
逆にアメリカと敵対して豊かか国なんてないじゃんか。


27 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 18:32:02 0
>>1
属国というより、アメリカ塾の優等生です。
日米関係は師弟の関係あたる。
もちろんアメリカが師匠で日本が生徒だった。
民主化でも科学技術でも野球でもアニメでも日米は師弟関係だった。


28 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 20:52:51 0
>>22
それほど、ご大層なもんじゃないだろ。
日本は食糧、資源、貿易の市場、あらゆる面でアメリカ経済に依存している。

日本がいなくてアメリカが滅亡することはないが、アメリカに見捨てられたら
日本人の大半は窮死する。

内側から制圧なんてエラそうなことは、日本に主導権がある場合に言えることで、
所詮はどこまでいっても日本はアメリカの舎弟、情婦、メカケ。

戦争に負けて軍事占領された上、食糧も自給できないようにされてしまった。
しかも戦後60年以上も半永久的占領が継続し、外交面でのフリーハンドもない。
ものの見事にレイプされて情婦にされてしまった属国だよ。

29 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 21:04:37 O
属国だ属国だとシニカルに話すだけなら誰でもできる。
まず行動してやり方を示してみろ。

30 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 21:20:51 0
属国らしい行動ねぇ・・・


31 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 00:26:27 0
>>28
食料なんて他から買えば良いだけだろw
日本経済が破綻すればアメリカ経済も破綻することに変わりない

32 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 02:20:10 0
他所から食糧買うからとか10年前ならともかく
最近じゃ自民党もそんなこと言わないぞ

33 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 08:55:35 0
ニガーの大統領の属国にまで落ちぶれた神国日本。

まあ、国土も女もニガーのGIの土足で蹂躙された時点で神の国ではなくなったがな。

34 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 09:36:42 0
>>1の意見が大正解だろ

マウリタニアやアルメニアもローマ軍団が駐屯してローマへの兵力供給が義務付けられて
軍事費支払いが貸された時点でローマ領扱い。

アメリカ軍の基地があって軍事費支払って…ってローマの例とまったく同じじゃねーか

日本だけじゃない
米軍が基地持ってるところはドイツでも韓国でも全部アメリカ領。
何百年後かの世界史の教科書にはそう書かれるだろ

35 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 14:00:10 0
>>33
つまりアメリカはニガーの属国になったのか

36 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 14:37:35 0
白人がニガーの足元にひれ伏す日がきたとはな。

いまや英国もドイツもアメリカの属国だが、チャーチルやヒトラーが生きてたら、
いまの状況を見てなんと言うだろうか?

37 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 15:07:42 0
ひれ伏してる演技だけかもしれないけどね

38 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 16:20:50 0
                       ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ
         ,ィヽ         /三三,/´: : : : :`丶ミ三ベ
           / /     .    /三三/: : : : : : : : : : : : : :` ヘ
        / /        __/三┌'': : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
.       / /        //ハ三/: : : : :ェエ≧ト: : :.j: : : : : : l
      / /     ,ィヽ  |'  j: : : : : : : :.ゞツヽ / /≦エト :リ     _________
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   lー-'l: : : : : : : : : : : : ,.': : l ムツ: : :,'    /
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐': : : : : : : : : : :/:l: : l: : : : : ,'   <   YES WE CAN
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ: : : : : : : : : : :'ー 、__,、): : : /     \
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l:.:.:. : : : : : : : :/:__,、: __: :_. l: . /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ:.:... . : . : : :/: :|‐'‐‐- -'リ./:.,.'
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  ヘ:.:.:.:. : : : :l: : :ヽ、ェェェン:./
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ:.:.:.:.ヽ: :ヽ: : : ー‐ "/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ:.:.:.:.:\: : : : : :ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\:..:...: / ー "!
::::::::::l   /:::lハ::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ: : ム__∧
::::::::::`ー'---.':/:::::::::::::::::::::l::::::l      l /  l /:::::\


39 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 16:56:01 0
クロンボの大将を戴く国の靴を舐める羽目になるとはね


40 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 18:34:03 0
黒人A「今までよくもやってくれたな!」
黒人B「今度は俺たちが威張る番だ!!」
黒人C「はは、白くて気持ち悪いな!!!」

こうして黒人初の大統領が誕生したのか・・・

41 :世界@名無史さん:2008/11/10(月) 05:59:50 0
http://www.youtube.com/watch?v=U9UI-m-Qd8s

これ知ってる?おもしろいよ

42 :世界@名無史さん:2008/11/12(水) 23:11:41 0
ま、弁髪の大将の靴を舐めるよりはクロンボの方がなんぼかマシだろう・・・

43 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 16:22:31 0
落ち目のアメリカは誰もいらんだろ

44 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 21:16:36 0
腹黒紳士の小間使いやってた時代が一番幸せだったな
貧しくとも成り上がれる夢があった

45 :神様:2008/11/13(木) 21:54:51 0
その願い聞き届けよう。>>44の来世は腹黒紳士の小間使いに決定じゃ。

46 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 23:08:29 0
せめてセバスチャンに。

47 :世界@名無史さん:2008/11/14(金) 09:02:43 0
無茶な派兵をさせられたうえに警備的に重要な技術情報を部分的にしか提供してもらえず、
自軍の師団は常に最前線に回され、戦費を膨大に負担させられたあげく、
ブッシュからの感謝の言葉ひとつもらえず、どころか首相に対して命令口調を貫かれ、
しまいには大量破壊兵器製造文書でっち上げのインチキ事件の責任を全部押しつけられたイギリスとかいう国に比べたら、
まあいくらかはマシなんだろうけど、属国と言えないこともないかなぁ・・・・・どうだろうなぁ

48 :世界@名無史さん:2008/11/14(金) 17:22:41 0
イギリスは舎弟、日本は情婦

49 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 00:20:21 0
イギリスは番犬
日本は貯金箱

50 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 09:58:58 0
クソツ、一回戦争に負けたくらいで、なんでここまでアメリカに威張られなきゃいけないんだ。
くやしいのお、くやしいのお。

現実見てたらネトウヨや天皇主義者の空威張りなんて虚しいだけだ。

51 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 10:00:30 0
クソツ、一回戦争に負けたくらいで、なんでここまでアメリカに威張られなきゃいけないんだ。
くやしいのお、くやしいのお。

現実見てたらネトウヨや天皇主義者の空威張りなんて虚しいだけだ。

52 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 10:50:22 0
We are a Benefactor of Japanese Culture.


53 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 12:26:36 0
核武装さっさとすりゃ良いんだよ

54 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 12:34:35 0
まあ、属国と言われればその通りとしか言えんが、日本の何倍もの国土と人口を
持つロシアや中国ですら、米国の科学技術やインフラ抜きではやってけないんだぜ?
米国はこの世界に対する影響力がでかすぎんだよ

55 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 15:09:27 0
アメが他国の技術やインフラ無いとの間違い、アメは金融バブルで食ってただけ

56 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 15:19:30 0
●09年版年次改革要望書のすごい中身

米政府の狙いは日本市場の開放にある。先月15日に出された09年版の中身について、
独協大教授で経済評論家の森永卓郎氏がこう言う。

「今回の要望書で、米国が日本の消費者を標的にしていることがハッキリしました。
その象徴が確定拠出年金、つまり私的年金制度の拡大です。米国は日本の年金制度崩壊を
見込んで、年金分野に参入しようとしています。また、個人の金融信用度を示す得点
『クレジットスコア』を金融機関に導入させようとしていて、消費者金融への進出も
考えているようです」

米国のデタラメな対日要求はそれだけではない。
国際政治学者の浜田和幸氏はこう指摘する。

「まずは医療業界の開放です。新薬承認や医療機器導入の規制を緩和し、米医薬メーカーが
参入しやすくなるよう迫っています。さらに農業分野では、遺伝子組み換え食品を導入する
ための制度改定、残留農薬や食品添加物の検査の緩和を求めている。ほかにも、NTTや
ドコモを分割して通信の競争促進を迫ったり、民営化後の日本郵政にはさらなるリスクを
取るよう要求している。経済の立て直しが急務のオバマ大統領が、圧力を強めてくるのは
間違いありません」

2008年11月11日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
http://news.livedoor.com/article/detail/3894981/

愚民のかたはまずこちらを先に

年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part1
http://jp.youtube.com/watch?v=lUqZIo3IEqY
年次改革要望書(フジTV サキヨミLIVE) Part2
http://jp.youtube.com/watch?v=4epePc5YksA

57 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 16:27:14 0
英国の植民地だったインドも、独立するまで自国が植民地だったことに
気づかなかったんだろうなあ

58 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 16:36:17 0
ガンジーの独立運動があれだけ盛んだったのに、それはないだろう。

59 :世界@名無史さん:2008/11/16(日) 17:47:15 0
近代以後の属国ってインド帝国とか満州国、大韓帝国末期
敗戦直後除けばあそこまでは行ってないだろ>戦後日本
高級官僚、中央銀行職員の殆どが米人とかならまだ分かるが・・・

あちらは日米関係を夫婦関係に喩えてくれるほど誠意示してくれてるのに、妻がこんなこと↓するか?
・独立回復後、真っ先に戦犯名誉回復決議、そして戦犯解放
・中東戦争時に従来の親イスラエル、親米を転回しアラブよりの姿勢を示す
・改革開放期の中国へ原発技術供与
・ソ連へ最先端工作機械を輸出
・独裁体制の批判が強かった、東南アジア諸国や中韓を大規模に支援
・明らかに自由主義とは程遠い中国のWTO加盟を真っ先に支持
・アメリカ製品に大規模な貿易障壁

それで、今回の金融危機。
アメリカは金融業への支援を要請してるのに聞く耳持たず優良な地銀や工業企業を片端から買収
宗主国様が可哀想でしょうがないです。もう少し誠意見せろよ属国民ども

60 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 21:33:42 0
日本みたいな小国はへたに独立するよりアメリカの傘の下にいたほうがいいんだよ
お前ら、日本がロシアや中国と互角に渡り合えるとか本気で思ってんのか?

61 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 22:49:51 0
昭和20年8/15から昭和27年4/28の平和条約発効までの間、日本はアメリカ進駐軍の支配下にあった。
この間、都内での進駐軍犯罪被害の届出318件、全国では25500件、ところがこの数字「氷山の一角」とされていた。

進駐軍犯罪被害で役所に届出を出すと、まず加害者が本当に進駐軍という証明書を要求される。
さらに市町村長の証明書、警察の証明書正副5通、少しでも不備があれば受理されない、これをようやく揃えて、やっと届出が受理される。
その数字が全国で25500件、であった。つまり届け出なかった、書類に不備がありつき返された、揉み消された、などの犯罪被害の件数は 25500件の中には入っていないのである。
届出が受理されても、その審理は粗末なものだった。子供が酔っ払いのアメリカ兵のジープに轢殺された母は被害届をようやくCID(陸軍犯罪調査部)に受理されるも、
何の連絡もなく放置され、呼び出されて「裁判でお前が負けた」と言い渡されて終わり。裁判があったのかなかったのか、あったとしたらどんな審理がされたのか、何も伝えられないというシロモノだった。
さらには仕事帰りにアメリカ兵にジープに拉致され、走行中に道に飛び降りて死んだ娘は「身元不明の売春婦」として処理され、家族が訴え出てもまともにとりあってもらえぬという酷さ。
あるいは突然、理由なくアメリカ兵に射殺されたり、道を歩いていて殴り殺されたり、強姦されたりなどの犯罪被害は総計3万4千件と言われたが、うち2万件は泣き寝入りしたとされている。
アメリカ兵による犯罪はどんな些細な事件でも新聞での報道は厳禁とされたので、総じて日本人のアメリカ進駐軍への感情は悪くはなっていない。


62 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 22:56:25 0
>>59白人を支配者に置くとバレちゃうから自民党を設置してるんだが。
自民党の工作員はもっと上手に工作しろよ

63 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 23:11:13 0
>>60
北朝鮮手度でも米国、ロシア、中国は何も出来ません

64 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 23:20:25 0
>>60
うん。だったら傘の下なんていわずに、正式に合衆国の准州か自治領にしてもらったらいいね。
天皇とか日の丸・君が代なんかもいらないよね。星条旗があればいいんだから。

65 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 23:21:40 0
よしさっそくオバマ大統領に請願書を

66 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 23:28:49 0
>>62
白人、自民党、工作員・・・・厨ワード満載ですなw
さっさとν速に帰れよ。
オカルトブームは90年代初頭にもう終わったんだよ

67 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 23:39:28 0
白人工作員、シナ工作員、在日工作員は馬鹿だからすぐ分かるよな

68 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 12:24:41 O
ま、覇権下にあるのは間違いないな
自虐的に事実上の属国と思うのも否定するのも勝手
けどこうしてもめてるうちは、
アメリカは覇権国家としてうまく君臨してるよ
被支配者に支配されていると実感させないのが支配の最上だからな

これは欺瞞という意味じゃない
実害を最小にとどめ、恩恵を与えるということだ
アメリカをつっぱねるより、仲良くやったほうが得策だと、
常識的な日本人は誰しも考えるだろうし、事実そのとおりだ

逆に、そう感じられなくなることはアメリカの政策的・戦略的失敗だし、
日本を軍事的庇護下に置く余裕をなくすことは、覇権国家としての衰退を意味する

69 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 15:44:11 O
アメリカの衰退か
生きてるうちに、そんなことがわずかなりとも
現実味を持って聞こえるようになるとは思わなかったな
世界の一極体勢崩壊の理由に、最近じゃアメリカの問題解決能力の低下まで挙げられてる
恐ろしいこった
なにが恐ろしいって、真実低下してるかどうかはさておき、
これが始まって衰退しなかった国家も、衰退から持ち直した国家も存在しないってことだ
不治の病を宣告されたと同じだよ         ちなみに日本はとっくの昔に死病人だと思うけど

70 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 19:22:32 0
まあ、ローマ帝国の覇権の下にあった地中海諸国をローマの属国と表現するのなら、
現代の日本をアメリカ帝国の属国と呼ぶのは、世界史的視点からは誤りではないな。

後世の史家からはそう評価されるのは、過去の帝国の実例から、まず確実だろう。

71 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 19:25:31 0
そうなると世界の主だった国がアメリカの属国になるが、スルーするんだろうなあ

72 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 20:09:38 0
なるれす

73 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 20:13:03 0
イギリスもドイツもアメリカの属国だよ。
でも属国の中でドイツと日本の属国度はとくに高いだろうな。
戦争が終わって60年たつのに、米軍の駐留数が突出して多いんだから。

74 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 20:15:42 0
今の世で一方が有利な関係はありえん、金融危機の連鎖があるように


75 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 20:30:17 0
アメリカ=武家、大名
日本=町人、商人

76 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 20:47:23 0
確かに町人、商人の方が偉かったからな良く分かる

77 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 21:39:51 0
2,30年ぐらい前だったらG7の他の国すべてに反対されても
天上天下唯我独尊で通せるぐらいの国力はあったけど
今のアメリカはかなり弱ったよなあ
ただ、向こう30年ぐらいはBRICsも日独も自由貿易でウハウハしたいだろうし
米国も当然覇権を維持したいから、現状維持で続くんじゃないのかな


78 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 22:02:11 0
多くの星があったとする。
引力の弱い小さい星は強い星の衛星になるしかない。
さもなくば暴走するのみ。それが自然の摂理だ。


79 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 23:13:15 O
現代にあってはなにをもって覇権とするかも難しいところだ
昔は地政学的に優位な土地をおさえて、その外側の国々を
友好的になるまで殴っとけば、それで覇権は確立できたんだが

覇権はその規模に比例して金がかかる
アメリカの悲惨なところは、グローバル経済や
戦略ミサイルみたいな代物がある時代に覇権を握っちまったことだ
「地球の裏側でどんな国が何していようが関係ない」
では済まされなくなった
世界警察じみた立場を自認するのも
強者の主義的傲慢ではなく、パクスアメリカーナにとって
真実それが必要なことだからだ

結果、世界の半分、後には全世界という
世界第一の超大国にしてなお重すぎる戦略防衛線を抱え、
ベトナム戦争以来すり減り衰退を続けている

80 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 23:17:16 0
しかし、アメリカが弱まったといっても自由・民主主義に変わる価値観を他の国が
提示できない以上はアメリカが世界の盟主であり続けるだろう
ロシアも中国も力を誇示するだけで、新しい価値観示してるわけじゃないし

81 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 23:35:29 O
自由も民主主義も、困難な生活に比べれば本当にどうでもいいものだよ
そして、民衆の生活を安んじられるのはまず平和によってだ
現在の覇権体勢がもし仮に崩壊したとしたら、
世界はそれに代わる平和の提供者に身売りする
主義主張は腹が膨れるまで脇に押しやられるだろう

82 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 02:53:17 0
日本は自衛隊が独自の行動も出来ないんだからアメリカに依存する度合いがかなり高いことは間違いない。
ただ、何でも言うこと聞かなきゃいけないかと言ったら「アフガン派兵」は拒否するだろうし、サボタージュの余地はある。

アメリカは日本に基地を置き続けることの負担を感じてるだろうが、全面的に撤収して日本の軍拡を許すわけにも行かない。

それに色々政治・経済的な要求を着き付けてるようだけど国民性は一朝一夕には変わらないからね。
或る意味最も厄介な属国かも。

83 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 09:26:14 0
そこで日本併合ですよ
アメリカ−日本連合国の成立を!

84 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 17:16:22 0
>>82
>或る意味最も厄介な属国かも。

ローマ帝国の覇権下にあったユダヤ王国みたいなものかな。
ユダヤ教という特異な宗教を持ち、ヘロデ王をはじめとする支配層を懐柔して
支配していたものの、やたら支配しにくい属国だった。

85 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 19:39:50 0
そもそも日米は契約関係が上手く行ってない

今までは金は日本、安全はアメリカが請け負うでやって来たが、日本からしたら米軍は役立ってるなぁ〜という印象もない
逆に米軍は平和な日本で日本国民の税金で良い飯食って犯罪犯してるぐらいのイメージ

小泉の時は北朝鮮問題とかあったけど、結局今はアメリカも苦しくて北朝鮮に妥協したわけで
だったら別に米軍なんてさっぱり役にたたねねーじゃんとなる

しかも日本国内も財政的に苦しく余分な出す金もない

86 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 20:08:19 0
もう敗戦から60年以上もたつんだから、いい加減アメリカ軍には穏便にお引取りいただきたい。
そろそろ米軍の駐留しない、本来あるべき姿の日本にもどしてほしいね。

87 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 21:40:46 0
アメリカ軍が駐留辞めても同盟関係は続くとは思うがな・・・
自衛隊はレーダーの運用システムから銃の口径に至るまでメイドインUSA
これを全部破棄して一からやり直すとか無理

88 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 22:31:02 0
でも米軍が駐留してなくても、米国の兵器を輸入してる国はいっぱいあるだろ。
米軍との同盟関係は継続して、定期的に共同訓練とかやればいいんじゃないの。

89 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 22:41:13 0
北朝鮮が滅びてからでいい。あともうすこしだ。

90 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 22:46:05 0
そんなこと言ってたら、百年後も米軍は居座ってるだろう。

91 :世界@名無史さん:2008/11/19(水) 22:53:04 O
●[朝鮮新報 2008.11.19] 〈論調〉 「核の傘提供」は先制攻撃論

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2008/05/0805j1119-00003.htm

 米国防長官はカーネギー国際平和財団で演説し、米国が「北朝鮮の核脅威」に対処して
南朝鮮と日本に自国の核抑止力に依拠するよう「核の傘の提供を続ける」と公言するとともに、
新核兵器の開発および生産計画を推進すべきであると力説した。これは絶対的な核の優位で
世界を牛耳り、朝鮮半島「有事」の際、朝鮮に対する核先制攻撃により侵略的な対朝鮮戦略を
実現しようとする危険な核戦争企図の発露である。

 米国は朝鮮を核攻撃の対象に名指しして任意の時刻に実践に移そうとしている。
最近も米国は、南朝鮮とともに膨大な侵略武力を動員して朝鮮に反対する大規模連合
上陸訓練を行って戦争熱を鼓吹した。

 われわれは、米国の執ような戦争挑発策動に対処して自衛的国防力強化に当然の力を
注いでいる。われわれの自衛的国防力強化の措置は徹頭徹尾、平和的性格を帯びており、
したがってそれは誰にも絶対に脅威とはならない。

92 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 00:56:47 0




コピペ馬鹿って一番痛いよな






93 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 01:00:03 0
>>88
本来はどちらの国にしてもそれが良い、が、日本は憲ポン9条のせいで独自防衛が制限されてるから難しい

94 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 01:49:19 0
属国日本人論とか、「日本はアメリカの属国だ」とギャーギャー言ってる文化人って、
妙に親中ポチだったり、国粋主義だったりするよね。
某評論家なんて日本は中共の属国になれと言わんばかりの論調だし。


95 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 02:09:06 0
>>94
や、アメリカの隷属を否定するなら親中か単独防衛になっちゃうだろ。
日本を中心にASEANやオセアニアを糾合した集団安全保障の見通しなんて立ってないんだし。

最低限の選択として日米同盟という名の隷属を受け入れてるんじゃないか。

96 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 02:12:14 0
色分けすると
親米派=日本の独自防衛だけでは信用できん、中露はさらに信用できん、アメリカがベターだ!

親中派=日本の独自防衛はいけない、アメリカもダメだ、なら中国だ!

国枠派=アメリカは信用できん、中国はなおさら信用できん、日本は独自防衛だ!

お花畑=非武装中立すれば安全だ!

97 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 02:17:42 0
ブラジル、ペルー、アルゼンチン、パナマ、コロンビア、ベネズエラ、
メキシコ、ウルグアイ、エクアドル、パラグァイ、ボリヴィア、
コスタ・リカ、グァテマラ、ホンデュラス、エル・サルヴァドル、
ニカラグア、ドミニカ、チリ

これに加えて今度はキューバがリオグループ入り
中米、南米は反米にシフトしたね
日本もアジアでブロック作ったほうが良いんじゃねーの?
少なくとも中国よりは周りから信用されてると思うのだが

98 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 02:22:00 0
>>97
アジア入れるなら当然中国も入るだろ、第一アジアは政治システム・経済的・軍事的に均衡じゃない
アメリカやロシア一国相手にASEAN合わせても勝てるか?

99 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 03:05:01 0
>>97
ゴミみたいな国ばかりだねw
このせいでアメリカのヒスパニックが苛められるよ。



100 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 03:06:35 0
因みにこの度の金融危機で、「アメリカ人が度を越えて浪費してくれてたお陰で世界経済が回ってた」ってのが白日の下に晒された(分かってる人間にはとっくに分かってたんだけど)。
アメリカ人が財布の紐を本当に締めたら当分の間世界経済は立ち直れないよ。

それくらいアメリカの影響力は大きかったわけだ。
原油相場が下がったロシアも外国からの生産受注が減る中国もアメリカの金融バブルのお陰で潤ってた。
現状何処の国もアメリカの代わりに消費しまくる経済力なんて持ってない。
かなり以前から「アメリカの時代は終わった」って吹いてる評論家がいたけど、実際終わってみたら世界経済も一緒に沈没じゃねーか。

アメリカ頼りだったくせに大口叩いてた連中は反省して隠遁すればいい。

101 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 04:20:00 0
>>100
アメリカの景気が良かったのは事実だが、バブルなんて必ずはじけるもの
火が大きくなったのは不良債権が世界に飛び火したから

消費力だけなら中国、インド、ブラジルとある

102 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 06:17:24 0
日本人の反米家のほとんどはレイシズムが背景にあると思う。
アジア人種至上主義みたいなものが見え隠れする。


103 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 06:19:46 0
日本のTV(特に朝日)なんて、イラク戦争は大々的に放送して、チベット問題はさっぱり放送しない。


104 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 18:18:47 0
>>96
何度もこのスレで、「米軍駐留なき、日英同盟型の日米同盟に移行すべし」という意見が出てるのはスルーかよ。

極論ばっかり併記してるけど、独立国として一番「普通」の外国軍隊の駐留しない対等の同盟という選択肢もあるんだぞ。
日英同盟も日独伊三国同盟も「駐留なき」対等の軍事同盟だろが。

105 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 19:29:16 0
そのためには独自防衛力無いとダメだろ、日本にはちんぽ9条があるため英国とはまったく事情が違う
英は自国での安全保障、核、NATO、と米頼り以外にも防衛体制は分散されてる

106 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 21:25:57 0
9条イラネって言ってる急先鋒の自民自体がアメリカ軍のケツの穴舐めて、
オカマ掘られていい気持ちの軍事的売国奴だもんな。

とくに石場君。

107 :世界@名無史さん:2008/11/21(金) 21:40:30 0
>>59
「夫婦関係」というよりはヤクザと情婦の関係

108 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 00:00:41 0
>>100
経済紙や雑誌に出るようなエコノミストでもデカップリング論を声高に叫ぶ奴が多かったが

>>101
残念ながら最終消費地はアメリカなんだよ
資源国→先進工業国→新興国→アメリカ
という流れになってただけ。その流れがアボンして今大変なことになっとる。
特に中国は貯蓄率が物凄いので、消費より設備投資で高度成長を続けていたことは明白。
まあ、未だ大部分の中国人は貧しいのでいずれ大量消費時代が来るとは思うけど

109 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 00:11:31 0
中国がアメリカ人なみに消費したら地球がもたんよ

110 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 14:00:50 0
212 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2008/11/22(土) 08:01:55
ガイトナーは、修士課程で東アジア研究専門だったから日本と中国に詳しい。
日本のアメリカ大使館にも何年かいたね。ウヨとかに言わせれば「反日」
だと思うけどねw 貿易障壁撤廃の交渉にもかなり絡んでた人だし。

それに絡んでちょっと思うんだけどさ。

バブル弾けて以降、クリントン時代含めても実際は日本政府ってほとんど
アメリカの経済的要求はねつけてるんだよ。アメリカの属国状態だとか
とんでもない話で。一部だけは受け入れて、あとは断固拒否。押されても
内閣、財務(大蔵)省、日銀、とたらい回しの刑でアメリカが疲れて
帰るの待ち。むしろ日本がアメリカ虐めてるんじゃないかって構図さえ
あったほど。一見はねつけるほどでもないような提案でも、日本の業界からの
圧力でさくっとはねつけている。で、その後は、アメリカに無断で
アジア方面で暗躍したり、中国と勝手に接触して貿易協力引き出したり、
ちょろちょろやってんだよね。アメリカの高官に「アジア以外の地域に
関わるつもりは毛頭ない」ってはっきり言ったという話もあるし。

全く逆に考えている人間が9割じゃないかな。このスレでフランスの
保護主義がどうの言ってたが、日本も立派に保護主義だよ。それを
最近はアジア保護主義に展開しようとしていた。だから、フランスの
悪口言うのは、自分の首閉めるのと同じなんだよね。

111 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 14:01:28 0
213 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2008/11/22(土) 08:13:54
あと、日本政府は、G7やIMFがらみで、アメリカの一極集中を削ごうという
ヨーロッパの試みに密かに同調したりもしてた。

米国債のクッションになる代わりに、好きにやらせてもらうってのが
日本の最近のスタンスだったという見方も出来ると思う。

だから、俺は日本がただドルと一緒に沈没していくとは思っていない。
少なくともアメリカの圧力でそうなるとは思わない。なるとしたら、
馬鹿な国内の輸出産業の圧力でしか有り得ない。

112 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 14:02:07 0
218 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 投稿日:2008/11/22(土) 08:47:07
>>212
筒井康隆もエッセイで書いてたな。
日本はのらりくらりと
「簡便してくだせえ」といいながら
厳しい要求をかわすのが得意な国家だと。

クリントン時代の自動車協議もよく言われてるのと違うみたいだよね
agree to disagreeだっけ?とか米国側が困って変なのあったなw
日本が折れないから産業から金融責めに行こうとして
ルービン財務長官筆頭にグローバルマネーつうのやったら
制御できなくなって今回の自滅・・
ちょっと見方変えるとおもしろいよね

113 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 17:31:48 0


親米厨のコピペ攻撃ウザス



114 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 23:26:16 0
とりあえず内容はごもっともだな。

115 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 01:29:22 0
コピペしないで自分の言葉に直すとか出来んのか、最近のガキは。

116 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 01:31:21 0
月末に空母帰ってくるんだっけ?
先月だっけ

117 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 08:45:47 0
いちおう世界NO2の経済国家だぞ

まあアメリカの属国みたいなもんだけどさ、実際は

118 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 09:52:47 0
敗戦から60年以上たつのに首都圏にいつまでも外国軍隊の基地があることの方が、
独立国として問題だろ。

119 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 10:20:48 0
属国が嫌だとかいうやつは独自防衛強化賛成なのかね〜
非武装中立とかだったら話ならんわ

120 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 10:38:41 0
駐留なき対等の同盟という、ごつ普通の発想がないのかよ。

永久占領と武装中立と非武装中立の極論ばかりしか思いつかないかよ。

121 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 10:48:31 0
2chなんてどこも極論ばっかじゃん
顔あわせないで自分の意見言い放題でおまけに匿名だから妥協点とか落としどころと言うものがないんだよな

122 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 11:11:12 O
平時には目障りにならない国外にいてください
非常時には即刻駆け付けてくださいってか

戦力としてまるであてにならない日本が対等軍事同盟?
笑わせんな
ことあるごとに法解釈でもめて身動きとれなくなるような欠陥品が

東アジアのイデオロギー的足掛かりと浮沈空母
これが日本の軍事的価値だ
高いだけで列島から出せもしないオモチャに
幻想抱いてんじゃねーよ

123 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 11:37:50 0
おまえはどこの国の人間か?
日本人なら、可能な限り日本の立場に立って日本の都合を主張するのが当然。
それが外交だろが。

はじめから、その努力も工夫も放棄して、アメリカ様に占領していただくってのは、
買弁=宗主国の手先になった商館の番頭の卑しい発想だ。

属国上等、属国で十分っていうなら、もうアメリカに併合してもらえ。

124 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 11:39:40 0
不沈空母なんちゃらはアメリカの都合。
日本が向こうの都合に合わせる義務はない。
ていうか、日本人のくせに向こうの軍部や権力者の考えに同調し、
思考を同一化させてる珍米って・・・

125 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 11:48:12 0
親米右翼=統一協会

126 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 12:24:51 O
現状を客観視しただけだ視野の狭いサルどもめ
日本のため?
戦略音痴な日本人の典型みたいなお前らがなに寝言ほざいてやがる

いいか、軍事面のみならず国家として自立したけりゃ
まず法的にも戦力的にも国防は独力でやれる体制を整えろ
金だけ払って他人に戦争やらせるのはよせ
昔のユダヤ人の真似か
これをやる連中ほど世界で嫌悪されるものもない

127 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 12:49:45 0
憲法改正による根本的な法整備や、日本の独自防衛力強化無しに米軍を駐留させないなんて危なくて出来ねーわw
共産党や社民党レベルのお話

128 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 13:32:41 0
アホくさ。
駐留ぬきの日米同盟を故意にスルーして、社民共産と意図的に混同して印象操作かよ。
これだから買弁親米厨は・・・

駐留米軍なんて冷戦期はソ連の脅威と経済復興のためには必要悪だったけど、
ソ連崩壊後(当時日本はバブル)には必要なくなっていた。
もはやアメリカさんが日本を押さえつけとくためのビンのフタでしかない。

共同訓練や軍事交流を続けて、駐留なしの同盟で十分だ。
(ま、社民とか抜かしてる奴は、肝心のここを故意にスルーするんだろうなw)

129 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 14:08:50 O
おシメつけたまま反抗期か
そういうクチは自分のケツ拭けるようになってから言えと書いたんだが
通じてないところを見ると日本語はお得意じゃないようだな?

自分の血を流すことの意味も必要も忘れてるくせに、
自尊心だけは知ってるつもりでいやがる、恥知らずめ

130 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 14:10:40 0
自分のケツを拭きたがらないお前よりましじゃねえ?

131 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 14:14:25 O
やっぱり日本語通じねー
母国語はなんだ、ハムニダか?

132 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 14:24:34 0
反米厨の主張って、コヴァのそれと全く同じなんだよねw
そういえばコヴァが反米キチガイ化したのっていつ頃からだっけ。9/11からかな?

133 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 14:57:33 O
反米も親米もない
日本は日本の実情に則した政策をとればいい

そもそも無理に軍事的自立を得る必要はあるのか、
それによるメリットは本当にデメリットより大きいのか、
大きいとしてそれは国内世論が支持するのか、
したとして改めてしかるべき他国と対等な軍事同盟を結ぶに足る国家となるための
法整備と戦力予算の増強をどの程度行うのか、
国際世論も考慮してどの程度可能なのか

などなど、これら全てをひっくるめた日本の実情だ
幼稚な感情論で絶縁状叩きつけただけじゃ
片付かない問題が山とあるんだ
反米親米なんて単語が出てくる時点でまず話にならん

134 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 15:17:32 0
親米厨の歪曲は笑止だな。
米軍イラネは社民かさもなくば小林厨かwww


要するに米軍に永久占領してもらう選択肢以外は全部左右の極論扱いかよw
さもなくば2chお決まりのチョン認定w

何度も書かれてる、米軍駐留ぬきの同盟関係維持はとことんスルーかい?
そうやって見当違いのレッテル貼って、アメリカのケツの穴舐め続けるのか。

笑止だな。こんな調子じゃ100年たっても、全世界から米軍が撤退するようになっても、
日本にだけは米軍が居座り続けるな。
そんなに米軍好きなら、アメリカに移住するか併合してもらえよ。

135 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 15:49:27 O
スルーしてないんだが、日本語読めてないな
同じことは2度は書かんが、現状では正気の沙汰じゃないし、
日本でその手の狂人の集まりは知れてるから
レッテル貼られるのもまったく不当ではない

まあ、馬鹿に馬鹿と言っても無駄か

136 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 16:02:40 O
そうだな、百歩譲ってお前のアタマがまともだとして、
ならば米軍を追いだした後具体的に、戦力面戦略面等
どうする気なのか明らかにしてもらおうか
闇雲に無理無策に反体制をわめいて悦に入ってるようなバカガキでなければ、
穴埋め策はきちんと考えてあるんだろう?

137 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 17:21:18 0
「現物」の伴わない同盟なんて
相手にしたらいつでも破棄できるシロモノだよね

138 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 20:06:15 0
>>134
そういう
「なんとなく米軍基地があるのはかっこ悪い気がするから出てけ」
みたいな話じゃなくてさ
ちゃんと>>133みたいに戦略的必要性と実現可能性から考えられないの?
感情論ってね、為政者が既に固まった政策を
遂行するために民衆を扇動する手段であって、
お前みたいのが飛ばしてもただの電波にしかならないんだよ

139 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 21:16:36 0
むしろ併合してもらった方が関税の問題も食料自給率の問題も気にしなくてよくなるからいいんじゃないか?
自主外交厨は政治は民を食わせるためのものっていう金科玉条を無視して何をしたいんだ?
対等同盟なんてやったら、空母だの核兵器だの糞高い軍事費払わなくちゃならなくなるだろjk
「ウリはアジアの盟主ニダ、ホルホル」なんてモンの為だけに自主外交・重武装なんて論外
現状、儲かって儲かって笑いが止まらない状態なんだからそれを変えるのはおかしい

140 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 00:22:05 0
自国の防衛を他国に任せるのは衰退の始まり
これは迷信ではなく常識だ、歴史的なな
まあ、日本の衰退なんて新憲法で牙を抜かれた時点で決定的だったし
今さらどうでもいいけど

予想外なのは、すっかりフヌケにされて骨まで消化されて吸収されるより前に、
肝心のアメリカの権勢が雲行き怪しくなってきたことだ
アメリカは太平洋の支配権を喪失し、
もはや単独で自国のために戦う意志も気力も能力もない三流民族だけが残る
あとは、煮るなり焼くなり

141 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 00:42:00 O
日本はしたたかで名より実を取っているだけ
独自軍隊を持たないと言っても、自衛隊という名の世界第三位の軍隊を持っている
自衛隊とアメリカ軍が連携する限り世界のどの国も相手にならない。

さらに、アメリカ経済をこんなにしたのも日本
日本企業は政財一体となり、アメリカに輸出し、アジアの各地に工場を作り迂回貿易を行い、アメリカの製造業を死滅させ、金融に走らざるえなくさせ、ユダヤ詐欺が横行しついにはああなった
世界経済の表がアメリカなら裏は日本
総合安全保証で力を担当するのがアメリカならパンを担当するのが日本

属国というのは大きな過ちで日本は陰の覇権国家。

142 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 00:51:46 0
まるで韓国人が捏造でプライドを保ってホルホルしてるかのような言い草

143 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 01:35:49 0
>>142
世界に散らばる日本企業工場からの対米輸出割合見て見たら?
一見アメリカの最大貿易国は中国だけど、内実数十%を日本企業から輸入している。
しかもただ現地に工場を作るだけではなく、日本は部品を海外工場に輸出し、完成品をアメリカに流している。
例えば韓国の場合 対米黒字が増えれば増えるほどに、日本から部品を輸入せざるえなくなって、対日赤字が増える。
削減しようにも、日本からの部品が無いと完成品が作れない。他の各国も同じ状況。

144 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 01:36:13 0
日本がアメリカと対等になりたきゃ核もたんと話にならんよ
北朝鮮なんて貧乏で通常戦力が使い物にならない旧時代の国でも核持ったからアメリカに対して外交的優位を保てる

145 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 01:45:13 0
またチョン工作員のスレか

146 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:08:53 0
>>144
核は持つべきだな
問題はどうやって持つか だ

147 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:18:30 0
10年前の自衛隊は3位くらいに強かったと言ってもいいが今はたぶん5位くらい。
他が防衛予算を増額してるのに日本は減額中なので。

148 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:25:42 0
>>147
1年後には2位か先進国最下位になっているよ。
前者は戦争が起こらず世界経済破綻で軍隊が維持できない場合 あるいは大戦が起こり、日本が積極参加する場合
後者は世界大戦が起こる場合&日本が巻き込まれない場合

149 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:28:38 0
世界史的に見ると日本は中国の属国だった時代のほうが長いのだが。


150 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:34:22 0
>>149
日の沈む国の人こんにちわw

151 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 02:48:40 0
シナが属国だったの間違いだろw

152 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 03:57:40 0
足利義満


153 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 04:36:51 0
無理すぎw

154 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 04:45:48 0
古代を除くとシナの王朝から正式に柵封受けたの足利義満くらいじゃんか。

日本は推古帝の時代に隋の属国になることをきっぱりと拒絶してる。
大体、日本がシナの属国だったら「倭寇を何とかしてくれ」なんて泣き付いて来ないだろ。

155 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 05:25:09 0
貿易の便宜上だし天皇じゃなし

156 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 15:01:19 0
古代は朝貢してたが足利幕府を根拠にするのは無いな。
足利氏は日本の王でもなんでもない。ただの天皇の臣下。官僚に過ぎない。

157 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 18:27:34 0
南朝を降して以降は実質的な日本の支配者だったけどね

158 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 00:45:12 0
中華は海軍力が弱かったし、辺境蛮族は基本的にスルーだったから無視出来たけど
アメリカはそうはいかないよなあ。国際貿易の発達した現在、モンロー主義に戻るのは現実味が薄いし。
やっぱり面従腹背以外とれる政策はないよ

159 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 01:10:30 0
>>146
原子力発電所の隣にロケット発射場つくりゃいいべ。

160 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 01:25:44 0
有事にはダーティーボムでも大量に作るか。
幸いプルトニウムの備蓄もあることだし。

161 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 02:03:43 0
>>154
>大体、日本がシナの属国だったら「倭寇を何とかしてくれ」なんて泣き付いて来ないだろ。
その国書読んだことあるが、見事な華夷思想、上から目線でかえって爽快なくらいだったぞw

162 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 03:06:00 0
倭寇の元締めが皇族だったんだから止むわけない

163 :世界@名無史さん:2008/12/17(水) 23:36:58 0
まあ製造業ではアメリカは日本の属国ですけどね。おあいこってことで。
だいぶ古いデータだか1984年にアメリカの国防省が自国の兵器の中の半導体
を調べたら外国産半導体の94品目のうち93品目が日本製だったとか。
今調べたらかなり悲惨なことになるんでは・・・・衛星のレンズがニコン
だったり衛星のソーラーパネルがシャープだったり・・・そもそも当時と違って
半導体シリコン日本に押さえれれてるし下手するとまったく兵器がつくれんかもw
当時戦闘機の搭載されている液晶が日本製で「これくらい自国で作らんと国防上やばくねえ?」
ってことで大金だして国産化しようとしたが結局ぼしゃったって話もある。

164 :世界@名無史さん:2008/12/18(木) 00:36:24 0
>>156
義満の名目的主君だった北朝は実質的には王権を失っていた。
南北朝の動乱で南朝も北朝も荘園という財政基盤を失った上、
北朝は室町幕府に抱え込まれ、そのアクセサリーにすぎなくなった。

最後まで朝廷に残っていた実質的権限である京都市中の司法警察権も、
仏教における祭祀権も義満に取り上げられ、朝廷は何の権限もなくなり、
武家王権たる室町幕府に寄生する「飼い殺し」状態になった。

そして義満は妻を天皇の准母とし、自らはその夫ということで上皇同格となった。
また、息子の義嗣を親王格で元服させ、その祝宴で義満は天皇と対等の座に座った。

国内的にも足利氏による王権の簒奪はほぼ実現していた。
義満が急死しなければ、義満が治天の君となり、義嗣が即位したことだろう。

165 :世界@名無史さん:2008/12/18(木) 01:04:13 0
まあ、平家の二の舞だろうな

せっかく頼朝が幕府という画期的なものをつくったのに
義満はアホすぐるわ
たとえ偽天皇なるものがいっとき存在したところで
自分から簒奪の前例つくったら聖域として存在し続ける
その存在意味さえ失うだろうに
さらに自分が死んだ途端に離反が相次ぎ即崩壊
こんくらい馬鹿でも読めるだろ
秀吉もそうだったが一族安泰ってのは譜代家臣の信頼の部分が必要不可欠
言うなれば既存の体制にのっかるのがいいんだよ
秀吉もそうしたかったんだろうが
一代の才覚のみで成り上がっただけだから
人間関係のむすびつきが秀吉個人だけだったんだろうな

しかし、独裁者ってアホなん?
それとも何?自分の才覚は血によって遺伝されるものだと思っているのか?


166 :世界@名無史さん:2008/12/18(木) 03:00:45 0
秀吉に家康を陥れて滅亡させるだけの狡猾さがあったら豊家政権も存続したかも知れない。
悪どさで家康の方が一枚上手だったと。

167 :世界@名無史さん:2008/12/19(金) 21:45:24 0
まあ、いつまでも外国軍隊に占領されてる状況に甘んじてるアホばっかりの現状より、
足利義満や徳川家康の方がはるかにマシだな。

168 :世界@名無史さん:2008/12/19(金) 22:47:47 0
>>165
別に君主ってのは、必ずしも超優秀である必要はない
大体一国を興すような歴史的な英雄が、
次の代もその次の代もそうそう都合よく見つかると思うか?
世襲であろうとそうでなかろうと大した違いはないし、
現に君主制は必ずしも世襲制ではない
ただ、君臨するための正当性として血縁は主張しやすい要素なだけだ

169 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 04:39:59 0
「血統カリスマ」ってやつな。

170 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 13:42:00 0
>>168
基本的なこととしてさ
国制を名誉支配制、寡頭制、民主制、僭主支配制の4つに分けたときさ
幕府や独裁制は僭主支配制だな
天皇制はさしづめ名誉支配制というところだ

あと血縁を即正当性と結びつけるのは短絡的すぎ
昔は、支配層が血族集団で構成されることが多かったために
支配の権限は個人一代限りのものというより血族のものであり、血族全体が永続的に保つべきものという意識が高かった。
よって当主が血族より嫡子を選び、その子に嗣がせた。
つまり、血縁により正当性が担保されるには、それ以前に血族が君主の称号に値する家でなければならない。
秀吉のような一代限りの栄花は、支配の正当性がその人の才覚にあってもその人の家全体の力にはない
という性質のものであったため、秀吉死後にはその他諸々の人たちを説得するほどの正当性を保てなかった
要は譜代衆が少なかったために協力者がいなかったっつうことかな
義満にしても同じ。ぽっとでが一時の余勢を駆って権威を買収したところで
その権威にふさわしくなければその重みで自滅するまで

171 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 15:18:54 0
どこの世界もガチガチの氏族社会じゃないし
世襲の一般論的性質を述べるのにその事情を持ち出してくるのは適当じゃないだろ
「日本の世襲」と限るならそれでいいが

172 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 15:27:59 0
まーなー
そもそも、「昔は支配層が血族集団で構成されることが多かった」
というのが、
「どこぞの馬の骨に後を継がせるわけにはいかない」
あるいは、
「どこぞの馬の骨が継ぐと別の馬の骨が不満に思う」
という、いつの時代のどんな集団でも必ずある心理によるからな

特に後者は前任者、創立者の意向とは無関係に内紛の火種になる
「有能な他人」より「無能なジュニア」のほうが、世代交代はスムーズにいく
無能が無能ぶりを発揮した結果、その後の時代が荒れるのはまた別の問題だ

173 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 15:31:18 O
莫大な報酬を取る経営者を糾弾する動きがある

174 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 20:16:08 0
奴らの度を越えた搾取を許すな!つるし上げろ!

175 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 21:48:13 0
赤い

176 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 04:36:59 0
家康だって頼みは最終的には三河衆だけだろ。
豊臣恩顧の大名の方が総合的な国力はあったはず。
秀吉の股肱の臣だけでなく毛利や島津、上杉も家康相手にやり合ったわけだから。

せめて関ヶ原に秀頼とは言わないまでも輝元が出陣してれば西軍が勝った可能性は小さくない。
裏切り者の小早川秀秋は毛利の分家に養子として入ってたんだし。
総大将格が三成だったのが結局は敗因なのかも。

177 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 10:47:06 0
三成に人望がないとかどうでもいい
ひとえに豊臣家は織田家の旧臣連合の盟主にすぎなかっただけ

秀吉は譜代衆がいなかったので縁故関係にあったものをつぎつぎ抜擢していったが
そいつらはしょせん実力主義による契約関係にしかなかったために
豊臣家さえも実力や結果で判断したまで
藤堂、黒田、山内、堀尾、生駒、中村、福島、浅野、田中、加藤は子飼い大名
前野、蜂須賀、池田、前田は元同僚
彼らがすべて裏切った、というか大義名分上はねねの言葉に従った
毛利や上杉はもともと豊臣とは関係のない外様なので
たよるほうが筋違いです。

178 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 11:21:20 0
すべての悪の根源はアメリカのような気がするのだが…。
在日を叩いたところで俺らの祖先が犯しちまった罪は償いようが無いし、
そもそも手のひら返してアメリカにシッポ振ってんの俺ら日本人だし、(世襲制の政治家がメイン)
かといって終戦後の在日が本土で起こした数々の事件も当事者の人にとっては許すまじき行為だけど、
侵略を肯定は出来ないがそもそもあの戦争の発端はアメリカが発端の世界恐慌が原因だし、朝鮮が分断されたのも
アメリカがモロに関わってる。周辺の都市から徐々に空爆して一般の市民の逃げ場を無くした後に、中心都市まで徐々に焼き尽くした
本土空襲や、ただただ単に一般市民を実験台として落とした2発の原爆、
アメリカのやり方は当事者でない自分でも許すことは出来ない。
おまけに今度はまた金融危機を巻き起こす。



179 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 11:34:55 O
長文は結構ですが要点をまとめ、
論旨の明瞭な文章にするよう心がけましょう
中学生の作文でももう少しましです

180 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 11:40:48 0
冗長な駄文はイラね。

要するに、昭和のアホ指導者の無謀な戦争のせいで、
大日本帝国は国体を変革され、異民族の土足で国土を踏みにじられ、
いまだに軍事占領が続いてるってこと。

幕末明治の苦労は全部パーになった。

181 :世界@名無史さん:2008/12/21(日) 11:44:49 0
>俺らの祖先が犯しちまった罪は償いようが無いし、
意味不明
朝鮮に対して行った罪は存在しません
まさに第三国

182 :世界@名無史さん:2008/12/22(月) 03:27:36 0
>>177
北政所が東軍に味方したとの通説は最近見直されてるようだが?
毛利・島津・上杉は取り潰しを免れたことで豊家に好意を持ってたし、特に島津は藩政改革で三成個人に恩義があった。

豊臣恩顧で家康についた連中は関ヶ原で三成派を潰した後に何が待ってるのかも想定出来ない馬鹿。
特に加藤清正と福島正則の情勢判断のなさには呆れ果てる。
一時の個人的感情で主家滅亡の因を成したんだからどうしようもないよ。

183 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 09:28:00 0
自衛隊は警察軍である。

旧陸軍は敗戦をもって消滅し、その後誕生した自衛隊は旧内務官僚により
武装警察的な性格を持った警察の予備隊として編成した部隊であって、
組織的には旧軍とは何の関わりもない。
よって自衛隊は法制的にも事実上も警察軍である。
自衛隊も「フィリピン国家警察軍」とか「インドネシア国家警察軍」みたいに
「日本国家警察軍」と名乗るべきだろう。

184 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 12:51:27 0
戦争で負けたことがない国なんてそもそも世界にないだろ
一敗したぐらいで騒ぎすぎなだけ日本は

185 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 13:09:59 0
国歌の総力戦で初めて負けちゃったしな
しかも、その内容が先にもないほどの大戦争で

186 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 13:51:24 0
負け方が尋常じゃないしな。
国土を全面占領されて、政治体制から経済システムから教育制度にいたるまで、
国のあらゆる面にわたっていじくりまわされ、政府人事にも介入されまくり。
おまけに講和独立後もいつ終わるかわからない永久占領状態・・・

あれだけボコられたイラクでさえ、数年後には米軍撤退するのに、ハァ・・・

187 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 14:45:05 0
無条件降伏したにしちゃ扱いは最高にいいと思うがね
無論アメリカの慈悲ではなく戦略的な理由によるんだが
講和してりゃ多少はマシだったろうに自業自得

188 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 15:42:27 0
まあ、占領したのがナチスみたいなキティではなく、常識的なアメ公だっただけで、
やられたことはナチに占領されたデンマークとかノルウェーとかベルギーと同じだけどな。

敗戦で占領され、現地政府は残ってるけど占領軍には絶対逆らえず、その命令には絶対服従。

189 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 16:26:36 0
だからなんだ?
気に入らないなら命がけで抵抗してみろよ
射殺上等で逆らうほど虐げられてるわけでもなく、
ぐだぐだ意味どころか実体すらない不満を垂れるだけのクソブタが

190 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 17:18:32 0
>>186
じつは無条件降伏じゃない件

191 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 19:06:08 0
>>189
そういう意味じゃ、アメリカの占領政策は巧妙で絶妙だったのよ。
それまで軍部に抑圧されてた日本国民に言論の自由(占領軍批判は除く)を与え、
労働者には労働三権を、農民には土地を与えるなど、「解放者」の役割を果たした。

いままでがいままでだった上、米兵も終戦前に思ってたよりずっとマトモだったから、
国民もGHQ支配を封建的圧政からの「解放」として迎えたしな。

結局、圧倒的多数の日本人はアメリカにコロリと靡いてしまう結果に。

192 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 19:18:16 0
まあ、ウォーギルトインフォメーションだと思うけどなあ
官民の関係を分断させて分割統治ってのは常識だし
なにより学界や財界は元反政府勢力にすげかえられていた
共産勢力との仲違いでレッドパージが行われて
政界との反目が目立ち始めたけどそれまでは、ねえ・・・

193 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 19:21:10 0
1929年ウォール街発大恐慌のツケを戦争によって清算したアメリカ。
そしてその後の第二次世界大戦さえも日本が仕掛けたと都合のよい歴史観を広める学者。
実際にはアメリカの経済恐慌を処理できなくなったアメリカが苦肉の策として戦争を引き起こした。
なんだか今の時代と似ていますね。 (大恐慌以後の世界より)
外務省のなんでこの時期の?というリーク記事・タボの愛国心運動(別に悪いわけじゃないが)
・・・ヘんな情報には慎重になりましょう。
また日本が戦争を仕掛けるとか言われたらたまらないし。
きな臭い

194 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 19:41:17 0
核もてばなんとかなる


195 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 21:28:57 0
>>193
由緒正しい陰謀史観って感じだな

196 :世界@名無史さん:2008/12/23(火) 21:56:35 0
>>186
>国土を全面占領されて、政治体制から経済システムから教育制度にいたるまで、
国のあらゆる面にわたっていじくりまわされ、政府人事にも介入されまくり

でもドイツの負けっぷりに較べたらまだましなんだこれが。
ドイツは武力で占領されたが日本は占領を受け入れた。
良し悪しは別にして違ってはいる。

197 :世界@名無史さん:2008/12/24(水) 01:16:24 0
ドイツは最終的にはベルリンで激しい市街戦やってボロボロになってるからな…
陸つづりだとそういうことになりやすいのかな

198 :世界@名無史さん:2008/12/26(金) 14:39:52 0
アメリカは他国を武力で倒すと
たいていの場合、
ただちに傀儡政権を打ち立てて、この国を
リモート・コントロールしようと企てる。
しかし
そもそも傀儡政権に参加するような現地人は
祖国の民衆を裏切り、個人的な利益だけを優先する
モラルのないやつらが圧倒的に多いのだから
こういう政府はすぐに腐敗してダメになる。
とうていアメリカが期待するような永続的な拠点とはなりえない。
それが成功したのは、いまのところ
日本だけである。
というのも、日本には家畜しかいないからである。


199 :世界@名無史さん:2008/12/26(金) 20:55:38 0
ていうか日本の成功をモデルにして
その後の戦後統治をやってきたんだがな
残念ながらその後の戦争相手が
ことごとく無秩序な土人ばかりでまるで成功しなかったが

200 :世界@名無史さん:2008/12/26(金) 22:03:22 O
しかしドイツは戦争の責任はすべてナチスにあるとかぬかしてて賠償金やら出してないらしいな。それに比べて日本は…

201 :世界@名無史さん:2008/12/26(金) 22:04:27 0
極東アジアに大変なことが起こります戦争、株価大暴落、予見されていました。



http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=47221

202 :世界@名無史さん:2008/12/27(土) 00:05:56 0
>>199
民度よりも支配層の質が悪すぎる。
南ベトナムなんかがその典型。
仏教徒が圧倒的に多い国で仏教を軽視し弾圧するカトリックのフランスかぶれや、
権力闘争で内ゲバばっかりやってる軍人連中じゃ、どうもこうもならん。

日本の場合は、まあ官僚や政治家がよその場合より多少なりともマトモだったのと、
農地改革とか言論の自由を認めるとかやって、国民に歓迎されたのが大きい。

203 :世界@名無史さん:2008/12/27(土) 00:12:08 0
それに日本の場合、
大正デモクラシーで民主主義思想や民主政治に対する知識と経験が
多少あったのも大きかった。

204 :世界@名無史さん:2008/12/27(土) 00:13:16 0
実際にはアメリカは戦争末期には本土空襲や原爆で非戦闘員を無差別に虐殺して、
文字通りの鬼畜だったわけだが、戦後のケアが上手だったな。

悪いのは全部、軍部など日本の旧支配層だったことにして、
政治・経済の民主化を推し進めることで「解放軍」と思わせることに成功した。
確かに軍部がのさばってた戦前戦中よりは、大多数の日本人は自由になったから、
占領政策に表立って不満を持つ奴はいない。
(不満はあっても巧みな言論統制で封印されてたのもあるが)

205 :世界@名無史さん:2008/12/27(土) 01:35:34 0
>>198
個人的利益しか目にない奴らこそ家畜なんだよ
日本はそんなんじゃなかったので成功。アメリカの統治だから、ではない。

206 :世界@名無史さん:2008/12/27(土) 04:18:54 0
最近、反米ウヨに擬したシナの工作員が多いよな

207 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 05:22:44 0
大戦後のアメリカ政府の「日本を直接統治するか間接統治するか」の議論を一遍勉強しようや。

208 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 14:52:39 0
>>204
>戦後のケアが上手だったな。
>悪いのは全部、軍部など日本の旧支配層だったことにして、
>政治・経済の民主化を推し進めることで「解放軍」と思わせることに成功した。

それだけ戦前の日本が国民を騙し続けたからだよ。
日本が負け戦続きにも限らず、「勝った、勝った」とラジオで国民を騙し続け、
「日本は神の国だから絶対負けない」と国民に吹聴し続けた。
その日本政府への不信感の反動が、「アメリカの言ってることが正しい」につながった。
それに戦前の日本は小林多喜二を拷問して殺すなど言論の自由がなかった。


209 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 14:55:28 0
>>207
>大戦後のアメリカ政府の「日本を直接統治するか間接統治するか」の議論を一遍勉強しようや。

どうしておまえみたいなチンピラが、そんな情報を知ることができると思ってるんだ。
アメリカの情報公開の精神には感服するね。


210 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 15:09:53 0
>>208
戦争中はどこも普通そうだろ

211 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 15:15:52 0
戦時下でも言論フリーダムのアメリカはもう
ベトナム戦争以来まともに戦争できないね
なんかあれば即厭戦反戦

212 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 15:20:14 0
アメリカは余裕あるから言論統制する必要ないだけっしょ
外交的失敗もかなり多いけど、自国まで攻め込まれて荒廃した事もない
真珠湾程度で大騒ぎしてられるのは幸福だ

213 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 15:51:50 0
>>208
言論の自由?
当時のアメリカにもそんなものあったと思ってるの?

214 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 16:32:24 0
ふと思ったんだが、皇居の門の歩哨に米兵が立っていたり、
皇居前広場を米軍の隊列が行進してる光景って、なんか燃えない?

215 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 19:09:03 0
一度ぐらいは見てみたい気もするが、二度以上はいらないな
自衛隊との合同行進なら別だけど

216 :世界@名無史さん:2008/12/29(月) 23:04:50 0
>>213
当時の日本には、さらにそんなものはなかっただけの話だな。
ゲロとウンコどっちがマシか、という…w

217 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 02:02:30 0
赤には厳しかったがそれ以外じゃ厳しい言論統制なんか聞かないが

218 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 02:39:26 0
>>209
公開史料だけでもかなりあるはずだが。

219 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 09:11:28 0
>>217
愛国心(反戦思想をもたず国家に従順な者)を陰に陽に強制している。
一億玉砕を謳い、自由を束縛している。
アメリカはどうだったか。

220 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 09:59:54 0
実は方向は違いこそすれ現代でもそうだって気づいてるのかな?
社会の流れから外れた人間が冷や飯食っただけの話なんだよそれ

221 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 11:43:52 0
いつの時代でもその風潮はあるが、もっとも醜悪に露呈するには、逆境のとき。
そして一番割を食うのは、国民。
社会の真理だなw そこからなにが生み出されたか、を考えるべき

222 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 12:10:40 0
被害者ヅラするのが得意なのも民衆だが

223 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:09:00 0
被害者面が得意なのは一部のサヨクだろ
いいかげん、国民もバカサヨクと自分を弁別する証拠をあげてから
上にうったえる方法をとったほうがいいな
個別問題をいちいち解決してても、全体的な問題が最適化されるとはかぎらないわけだし
もっと理性的にかんがえるべきなのだがバカなやつらが多すぎる。

224 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:12:01 0
>>222
いや、国政に携わってる者も非常に被害者ヅラするのが得意。
しかもたいてい、押し通って責任を回避する。

225 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:12:14 0
役人を悪役にして善人被害者ぶるのが日本国民の伝統です

226 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:13:06 0
>>223
抽象的だ。
もっと具体的にかつ理論的に啓蒙してはどうだ?

227 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:15:16 0
>>225
国民主権の今でさえ、国民の声で役所や警察は動かないんだぜ。
社会的発言力を考えて、よりどっちが能動的に加害者なのか
考えるんだな。
でないと、いずれ自分の身に返ってくるぞ。

228 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:15:58 0
ほーら始まった
はいはい被害者被害者

229 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:17:04 0
被害者って便利だよね
なにせ言ってりゃ最強だから

230 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:20:13 0
自分のほうが弱い立場にいる

と主張したがる人間はすべからく信用できない
自分ではなにもしようとしない人間が大半であり、
自分の能力が足りないことを他者のせいにするからだ

231 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 14:22:53 0
サヨク論理の否定として、逆にサヨクに被害を訴えるというのは
皮肉的なよい攻撃だが、とくにメディアに対しては。
だが、もっと正常な人間に対しては、正攻法の改革案をだしたほうがいいよ

232 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 15:49:04 0
まともな人間はテレビの前でケツ掻きながら無責任なお上批判なんかしません

233 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 16:55:20 0
>>すべからく信用できない

こんな用法で文章書いてるヤツはもっと信用できない。
おまえらは自分以外はみんなサヨクだろ?

234 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:00:26 0
「すべからく」を、すべてとかあまねくとかと同じに思ってるゆとり多いよなw

235 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:02:13 0
なんで?

236 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:03:48 0
235は233へのレスな

237 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:27:16 0
なんで無理矢理サヨ批判にしたがるの?
サヨとか関係ないんだけど

自分で何にも責任負わないくせに政府だの官僚だのを
好き勝手批判する自分がまさか
真っ当な人間だとでも思ってるのかね

238 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:30:02 0
どこにでもいつの時代にもいるただの勝手な民衆です
自分は一番えらいと思いこませてうまくコントロールするのが政治の仕事なので
勝手にやらせておけばいいです

239 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:34:49 0
日本人はとくに政治的意識が希薄だとおもう
民主主義なんて持ち腐れだよ
貴族制、寡頭制になったってなんにも不都合ないでしょ
結局は他人事なんだもん

240 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:38:11 0
政治的意識って言うと語弊があるかな
こう、自分が政治の一端を担ってる、とか国家の一部分である
っていう意識が、全然ない人間があまりにも多いんだよね
選挙の意味だって、実感としてちゃんと理解してるようにはとても思えない
無理矢理民主化された途上国とかで、
なんだか意味がわからないまま原住民が形だけで投票してるとかたまにあるけど、
はっきり言ってあれと大差ないよ

241 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:42:48 0
日本は職人の国なのだよ
政治は政治職人にまかせとけばいい

242 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 17:51:22 0
政治は政治のプロフェショナルが行うべきだ

というのはマキャベリズムだが、考え方としては古代からある
人間社会に関する事柄の中でもっとも高度な活動が政治だからな
国内外あらゆる事象に通じている必要があり、
それゆえに素人ではなく生まれたときから
徹底して政治を叩き込まれた人間がするべきだと

これを突き詰めたのがヴェネツィアの共和政体
貴族は資産もなにも関係なくただ「国政を担う一族」とだけ定義された

243 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 18:06:54 0
>>242
そのプロフェッショナルの選定は厳しくないとね。
世襲とか事実上世襲とか、中世貴族制のようであれば社会は停滞する。
まぁ、働かざるもの食うべからずで、今ニートやひきこもりでいい生活している
連中は真っ先に死に絶えてくれるから、その意味では歓迎だがw
サヨクにいわせれば、非人道的なんだろうけどよ。

244 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 18:18:52 0
とりあえず在日は祖国に帰ってもらおう

245 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 19:17:55 0
アメリカの国債を買っている日本が本当はアメリカを支配している

246 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 19:30:41 0
という夢を見た

247 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 20:17:36 0
>>244
いや、やがては在日や外国人移民らの納税によって、我々もともとの日本人が
生活保護を受けて悠々と生活するのさ。
今のままでは、ニート・ひきこもりは人権すら与えてもらえないのだぜ。

248 :世界@名無史さん:2008/12/30(火) 20:19:13 0
結構です帰ってください

249 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 02:10:25 0
>>219
もしアメリカが日本と同じ状況になったらさっさと逃げ出すだろうなw

250 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 09:54:41 0
そらそうだろう
昔は強制で奴隷をむりやりつれてきていたが
今はアメリカンドゥリームなんつー胡散臭い夢をちらつかせて移民を招いている
あの国はバカで安い労働力がなきゃ国がまわらないんで
愚民共のごきげんをとりながら政治しなきゃいけないんだよ

さいきんじゃ日本も似たような経済構造になってるけどね

251 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 10:08:22 0
それが今の世のトレンドだろ?
バカなうえに働く意欲がないニートには、近々に強制労働の辞令がいくだろうよ。

252 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 10:28:00 0
日本はコミュニティが密で同族意識が高いから
相互の人材の信頼性が高い上に
教育レベルが昔より大分下がったとはいえ
世界的には比較的高い方であり、技術力の伝達が用意。
何より大学のレベルもかなり下がったとはいえ
昔からの蓄積があるために
広い分野で日本語による学問の理解が可能であり、
それは同時に、日本語による科学的思考が可能であることを証明している。

アメリカの下層階級たる移民とくらべてはるかに質の高い労働者をかかえている日本が
ものづくりでアメリカを圧倒したのは当然と言える。
構造改革といったわけのわからんトレンドを追っても意味がないよ

だが
移民をうけいれて国を壊すよりニートを動員したほうがはるかに日本のためになるのは確か

253 :世界@名無史さん:2008/12/31(水) 11:05:00 0
なんだか、過去の遺産を食いつぶしていっているだけのような論だな。
ただなぁ、移民を受け入れる意向は、企業経営者こそ強いから
ニートの動員といっても、難しいかもね。
税金払ってないし、人権放棄するなら、あるいは…

254 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 00:17:52 0
経験の無いk役に立たないニートなんかやとわないよ。
優秀な中国人を雇った方がコストも安く効率がよい。
経営者は十年二十年先しか見ない。
国家が困るなら国が何とかしろ。これが経営者。

255 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 02:18:54 0
>>242>>243
それ普通にプラトンだし。

256 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 02:21:24 0
支那人は金を稼ぎたいという意欲だけは強いが優秀とはとても言えん

257 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 09:45:11 0
やっぱニートとひきこもりは、朝鮮人襲来のときの、肉壁にしか役にたたないかなぁ。

258 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 10:07:50 0
>>256
まあ、支那支社で雇う分には問題ないが国内で働かれるのは危険だよ
自衛隊員と結婚している支那女はスパイ活動を行っていたし
企業に雇われた支那人は重要な技術を盗んだりする
こんな人材は信頼性の低い三流商品だわな 雇うな危険


259 :世界@名無史さん:2009/01/01(木) 10:22:42 0
そんな重要な役職に外国人労働者が就くのか?
日本人はなにをしているんだって話だな。
でも、中国人女性が重役の妻となってスパイとなる可能性はあるが
残念ながら、夫の自己責任だ。
自分の社会的立場をよく考えて、妻の管理くらいきちんとしろ。

手数のいる労働力としては、ニートやひきこもりよりは、はるかに物の役にたつはず
それを拒絶するなら、まずニートやひきこもりを、それにあてねばなるまい。
今、自公がやろうとしている自宅訪問って、それの兆しなんじゃないのか?

260 :世界@名無史さん:2009/01/02(金) 01:57:56 0
ニート問題って今の中国の都市部でも起こってんだよ
中国人にできる単純労働なんて機械化しやすい分野なんだから大して必要ない

261 :世界@名無史さん:2009/01/02(金) 09:58:57 0
は?
ニート・ひきこもりの問題ってのは、労働力確保以前に大きな問題があるだろ。
それを補填するために、外国人労働者の受け入れを余儀なくされているんじゃないか。
つまり、やつらの餌代だよ。
生きていくのに、なんら消費さえしなければ問題になどなるかw
メシも食わない、水も飲まない、息もしない、排泄させしない、となれば無問題なんだがな。

262 :世界@名無史さん:2009/01/03(土) 01:46:44 0
外人労働者は雇用コスト削減のためだろ
人間自体は足りてるんだよ
なのに外人採用するから日本人が余ってしまうんだろ

263 :世界@名無史さん:2009/01/03(土) 09:14:08 0
ニートやひきこもりらの役立たずが、外国人労働者なみの
低賃金と待遇で働けば、そんなもん導入する必要ないんじゃん
そんなヤツラでも権利だけは一人前に主張するからな、サヨクみたいにw

264 :世界@名無史さん:2009/01/03(土) 17:47:44 0
EU,アメリカカナダ,豪州NZと日本は、合併して一つ!
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1230641569/
より
EUとアメリカカナダと豪州NZと日本は、合併して一つの国になったほうが良いと真剣に考えています。

もともと日本は文明国でありながら、世界を知らない議員があまりにも多く、
教育・法律においてもあまりにも恥ずべき対策が成されています。

これからの世界は、福沢諭吉さんが目指した「真」の意味での脱亜入欧を真剣に考え、
日本が国民にとって自由でリベラルで住みやすいライフスタイルが確立できる国になるように
世界に対しても働きかけていくべきではないでしょうか?

そのためには、アメリカ、EU、カナダ、オーストラリア、NZおよび日本国で成る
連邦国家を建設すべきなのです。

この冬、私は視察のためにも1月中旬までEUを再び旅行してまいります。

共に歩む、文明国家連邦として。

米国の信頼回復のためにも、第3世界との協調を図るためにも、オバマさんにもメッセージを伝え、働きかけていきたい。

真の改革者へ注ぐ。




265 :世界@名無史さん:2009/01/03(土) 18:14:39 0
「捧ぐ」じゃなくて「注ぐ」んですか?

266 :世界@名無史さん:2009/01/03(土) 18:18:57 0
「告ぐ」

267 :世界@名無史さん:2009/01/04(日) 00:44:03 0
自分で立てたスレの宣伝してんだろ。アホか。

268 :世界@名無史さん:2009/01/09(金) 01:01:08 0
正直、日本は独立国家ではない

269 :世界@名無史さん:2009/01/09(金) 01:14:44 0
労働人口が、ピーク時の約半分となる日本。
その穴埋めが、韓国や中国人。
ニートは不要。

270 :世界@名無史さん:2009/01/09(金) 01:57:46 0
チョン乙

271 :世界@名無史さん:2009/01/09(金) 09:03:35 0
もと派遣とニートなら、もと派遣をとるだろうね。
外国人での穴埋めの前に、なんとかしろよ、そのへん。

272 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 04:14:41 0
>>269
人口規模が減ったら市場も縮小してGDPなんかも自然と低下する。
そういう環境に特亜人労働者なんか必要なものか。

日本は元経済大国としてオランダやベルギーやスウェーデンみたくなってくんだろ。
この先100年以上も日本が経済大国でいられるような幻想を抱いてるんじゃねえよ。

273 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 06:11:32 0
オランダもベルギーもスウェーデンも金融だのなんだの
右から左へ動かしてピンはねして栄えてただけだろ
日本とは違うな

274 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 09:03:11 0
という妄想を抱いたまま死ねるくらいにはもつんじゃねえ?
あと50年もしたら見る影もなく衰退してると思うけど

275 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 09:06:33 0
>>272
何勘違いしてんだ?
人口じゃねぇよ。労働人口だ。
経団連の考えていることってのは、市場はそのままで、労働賃金を極力安くできる
特亜労働者が欲しくて欲しくてしょうがないんだよ。
日本人は詞ねと思っているんだよ。
さらにその経団連は金という餌で与党自民党を己が意のままにできるんだ。
……あとはもうわかるな? 自分が何をすべきかも含めて。

276 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 09:26:43 0
だからっつって無い袖振れるわけもなし
余計な荷物しょってる余裕はいまの日本にゃない
無能は死んだほうがいいだろ

277 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 13:02:45 0
経団連の想定する死んだほうがいい無能は、日本人労働者だな。
だから移民をすすめようとしている。
人件費安くて済むからw ただそれだけ。
だから余計な荷物はこの際、日本人じゃねぇの?

278 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 13:39:07 0
日本から見たアメリカの労働者も無能の集まりにしか見えない
高コストで仕事は同じ単純労働じゃあ当たり前だよ

279 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 15:08:11 0
今の日本人が、低賃金、低待遇、高責任で、馬車馬のように働けば
特亜労働者の受け入れは必要なくなる。
しかしニートひきこもりがいる時点で終わり。

280 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 17:37:50 0
歴史上、日本ほど
アメリカ軍を痛めつけた国もないぞ。

映画パールハーバーに歓喜する中東の人々を見たか?

281 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 17:46:59 0
実はニート引きこもりは、出稼ぎの在日ブラジル人の子供や在日朝鮮人に多い。
出稼ぎブラジル人の子供は日本語も喋れない為、学校に行かず引きこもる子供が多いらしい。

しかも特別な日本語プログラムなどで、市や行政に特別負担をかけてる。
在日朝鮮人の生活保護の多さは言わずも知れた事。

282 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 18:04:19 0
>>280
ま、唯一のことだからな。
戦争全体にはなんら益をもたらさなかったが。
というか、あれもアメリカの作戦のうちという話もある。
手のひらで踊り狂っているイエローモンキーを見て冷笑していたのだろうな。
ま、証拠などないが、辛辣な戦略家ならその程度のことやりそうだし。

283 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 18:05:44 0
>>281
それでにゅーそく民には言語障害なやつらが多いのか

284 ::2009/01/12(月) 18:56:56 0
ホラこのように引きこもって2ちゃんしてるだろ。

285 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 19:01:16 0
製造業は求人ないけどほかの業種は充分にあるのに
この期に及んでなお自動車関連で再就職したいとかほざく派遣ども

これが無能でなくてなんなんだ
こんな連中まで生かしておく義理はないだろ

286 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 19:27:54 0
だから、それを殺した穴埋めが特亜移民だろうが。
移民を封じたいなら、経団連をぶっ潰さないとな。
自民でも民主でも、結局は経団連のご意向には逆らえないから
移民政策は施行され、中流階級以下の日本人は皆駆逐されるだろうな。

もと派遣よりも上のようなひきこもり2ちゃんネラとニートこそ
生かしておく義理も必要もないから、先に着手するのはソコだな。
もと派遣は働くヤツだけ使えばいい。できなきゃニートと一緒。氏ね、だなw

287 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 21:05:14 0
単純労働力は使い物にならず
知的産業はゆとりのせいで下降

日本ってw

288 :世界@名無史さん:2009/01/12(月) 23:41:41 0
経団連って言葉もバラバラな外国人労働者の上に君臨して生活して行けると思ってるわけ?
そんなのすぐに民族・宗教抗争で治安が悪化して社会の機能が麻痺するだけだろ。

一億人以上の単一言語を話す人口を持ってる世界でも希な国家のメリット殺して労働コスト下げるのがまともな経営だと思ってるなら経団連こそ阿呆の巣窟だ。

日本の強みはそれこそ「一億火の玉」が出来るところじゃないのか?

289 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 00:05:06 0
>>288
残念だが、その火の玉できる要素を潰しているのが
派遣よりもさらに働く意思のない、ニートひきこもりなんだ。
その辺りの問題を払拭するのに、経団連は外国人移民に夢をかけている。
それが嫌なら、ただでも働けって言っているんだから、言外に。むろん根幹部分は
自分たちの息のかかったもので、しっかり押さえた上でね。
自民も民主も、いや政権与党となれば、必ず経団連のいいなりに
ならざるを得ないシステムだから、どっちになっても同じ未来しかない。

290 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 00:11:05 0
成長期から安定期への移行に失敗した以上
破滅的に崩壊していくしか道は残されてない

291 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 00:13:29 0
いや、いっそ革命…

292 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 01:02:28 O
>>289
ニート、引きこもりはむしろ減っているんだが。
というか学生運動期〜バブルの流れのあのわけのわからない地に足のつかない夢を
持った思想的なニートが絶滅しているから、高度成長期やバブルに比べ人口に占める割合はかなり減少してる。

293 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 02:44:58 0
>>274
日本とまるで違う経済形態の国を一緒くたにする妄想してんのはお前だな

294 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 03:31:03 0
大体、「労働コストの引き下げ」こそが消費意欲の低下を招いて不況から脱出出来ない原因だろ。
外国人使ったって結局は同じこと。
日本国内で消費をしないことには市場としての日本は浮上しない。

労働者と消費者は殆ど同一の人間なんだから。

それって経済学の基礎だし、学んでなくても体感出来なきゃおかしいことだろ。
そういうことさえ理解出来ないのなら「経団連こそ阿呆の巣窟だ」って言うんだよ。

295 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 04:19:21 0
外人使ったってそいつらもじきに首切られるだけよ
無職の群れがあふれるだけ

296 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 08:36:38 0
>>294
心配しなくてもいいよ。
経団連、というか資産ある経営者にとって、もう日本には市場価値は少なくなっている。
国外への移転など、そのクラスにとってみれば、なにほどのこともない。
考えているのは日本の経済などではないことを知るべきだな。
それでも外国人移民を推進したり、国際競争力を言って煽ったりするのは
あくまで日本人から極限まで富を吸い上げようとの意思からきている。
明言はむろん、なされないが、やっていることは同じことだから。

297 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 10:43:56 0
いやそこは心配しろよ別にお前がそのごく一部の金持ちってわけじゃないんだから
なんで日本人から極限まで金を搾り取ろうとする側の心情に立って語ってるのかわけがわからねえ

298 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 11:40:21 0
>>292
ニートやひきこもりは減っている?
じゃあ、以前ニートやひきこもりしていた人らは、何してるのだろう。
死んだか、今騒いでる派遣労働者そのものか…

299 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 12:10:01 0
べつに、どーでもいーよ
年収150万だって人間生きてけんだよ
病気したら死ぬけどな
しょせんその程度の力しかない人間はその程度のことで死ぬんだよ
国に、世の中に余裕がなくなった以上
それが当たり前なんだっつーの、甘えんな
二流国家に転落してなおも衰退を続ける国の
庶民の暮らしをせいぜい味わえ、歴史的現場だからよ

300 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 13:48:50 0
>>299
150万w
ま、まぁその、がんばれ。
甘えたくないのは結構だが、他人は他人ということを弁えておけば
本人だけは望みどおり、美しく綺麗に死ねるだろう。
なにせ国家は国民を生かさねばならない責任と義務を背負っているが
今の大企業にそのモラルはない。
その企業団体が国政を左右する末期症状…
企業は社会(国民)の一部であって、王権国家(貴族)ではないんだがなぁ…

301 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 13:53:14 0
なに勝手に納得してんだ? 切られた派遣の話だbkk
自助努力もできない屑を生かしておけるのは
一流経済国の力があればこそだ
いまの日本にゃ無理、企業がワルイw
なんて責任押し付けたところで、
全体で衰退してるのはどうにもなんねーよ

302 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 15:11:29 0
>>301
なんか知らんが、まったく無思考なレスだなw
川の流れに身を任せ〜 か。 あ、時か? まぁいい。
浮くも沈むも他人任せというのも、一興だな。
おれはしたくないから、要求をつきつけるが、突きつけられもする。
だが、大企業はそのバランスに著しく欠けているのが現実だろ。
そこを指摘してなにが悪い?
中小企業経営者なら、とっくにご存知さ。

303 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 15:50:12 0
大企業が良識的(なんだかわからないが労働者にとって見ればということだろう)に振る舞いさえすれば
なにかが解決するとでも言いたいらしい
俺にはビッグスリーのような末路しか見えないが

304 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 15:59:18 0
んー、いや
これは現在の与党に労働党的性格を要求してるんだよ
無茶を言う
事実上の一党独裁が続いたせいで
選挙や政党政治の意味を理解できてない日本人の典型だな
お上批判はできても政治的な行動は一切取れないという

305 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 20:19:33 0
批判は政治的行動の最初の一歩だからな。
不平不満のないところに、政治的要求などうまれない。
そこで国家を生存させている国民の大部分の要求とは
自分たちの生活の保障だからな。
専制国家ならいざ知らず、民主国家において国家が存立する意味は
国内の貧困の撲滅が第一義。国際競争力など下水に流せば?経団連さん。
ま、ニート、ひきこもりなどの働く意思のないやつが今すぐ消えれば
多少は問題も少なくなるだろうが。消費しなくなる、という点で。

306 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 20:23:44 0
ここまで経団連のお先棒担いでいる人らが多いとは知らなかったよ。
風当たりが強いのに、増税を言わなきゃならない麻生総理が気の毒だ。
言って実現させないと、経団連の内申書が悪くなり、政治献金に響くって
つきあげられてるんだからなぁ…
まったく、壊国民の多いことで。

307 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 21:10:03 0
経済的に没落してでも福祉を充実させろってことか
赤いなあ、どうやって金をひねりだすつもりなんだろう

308 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 21:17:16 0
経団連がどうの言ってるけどなんのことはない、これって
デモクラシックパーティとリパブリカンパーティの対立なんだよ
基本構造としては古代からある構図であってどっちかを撲滅できるような話じゃない

309 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 21:20:32 0
問題は、自民党が明確に共和色であるのに対して
民主党がまったく民主色でない、ただのアンチ自民でしかないということ
二大政党とは単に規模が拮抗した二政党が争うものではないことを
日本の民主党は果たして理解してるのかどうか

310 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 21:29:16 0
革命といっても、革命成功直後ってのは、国家で担保されてた
各種サービスが機能しなくなるから、実は一層貧困になる
という、現実もある。
国民の貧困や国家主催の社会矛盾を是正するには、別の国家が必要で
民衆の怒りの暴動というのは、破壊には役立つが、再生にはむかない。
中国などで、国家を滅ぼす先鞭をつけるのは民衆反乱だが、再生をなすのは
いつも知識層という。ただし、前体制で中堅以下に甘んじらされていた知識層だが。

311 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 21:35:08 0
>>301
あんた年収150万で家族養っているから、言ってるんじゃないのかよw
違うとしたら、その断言口調はでてくるんだかなぁ。あほかと。

312 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 22:50:10 0
世帯所得と個人収入は違うだろ…そんなことにも思いいたらんか
どうもニートっぽいんだよなお前

313 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 22:57:01 0
上から見てきたが…
ホントバカばっかだな。

314 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 22:57:06 0
ま、共働きくらいは非人間的とは言わないかな

実情として追い込まれてるのは
ローン返済を抱えたまま失職した人間なわけで
こいつらは夫婦月250万程度では食えない

315 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 23:10:38 0
>>309が結論
民主が烏合の衆の無能政党なのが悪い
経団連はイカンと言う、結構
ならリパブリックな政党である自民ではない
もう一方を支持しようと、こうならない
自民も民主も大差なし、どっちがよりマシかと
こういう基準で比較されてるうちは全く話にならない

316 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 23:27:58 0
要はポリシーがないんだよねえ
野党も野党でさ、自民に対して
民意無視民意無視連呼したって、そりゃお門違いだよ
自民は支持基盤を貧乏庶民になんか置いてないんだから
そうじゃなくって自分は民衆派としてこうしますと明確にしないと
自民憎しで政治機能停止させたらかえって反感買うだけだってのに

317 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 23:39:32 0
綱引きになったならひとまず連立すればいい
目の前の事態は逼迫してるのに、政権よこせの一点張り
この姿勢が、しょせん権力が欲しいだけで
国のことを全く考えていない本音を露にしている
ひとまず協調して事態打開に当たりましょうと、
ただこの一言が言える人間がいまの日本では英雄だというのに

318 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 23:53:19 0
首相権限を米大統領並に強化すりゃ済む話なんだけどね…
ねじれ国会で機能不全なんて腐った事態はそも日本の政体の欠陥なんだよ
これまで問題にならなかっただけで、あってはならないものだ
本来なら最優先で改善すべきなんだけど、これがどれだけ深刻な欠陥なのか
認識できてる人間はあまり多くなさそうだなあ…

金融危機程度ならまだしも、
軍事的危機に陥ったときどうする気なんだろうね本当に

319 :世界@名無史さん:2009/01/13(火) 23:55:56 0
派遣や不定期雇用なんて欧米じゃ当たり前だろうが。
今までの終身雇用やら護送船団社会が世界的に稀有な
「恵まれた環境」だったんだよ。少しは自分を磨け

320 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 00:00:43 0
>>318
そもそもなんで見過ごされてきたんだ?
55年体制が磐石だったってのはわかるが、それ以前は?
帝国憲法下の政治制度は全く門外漢だが、
緊急意思決定機能は御前会議に任せてたのか?

321 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 00:03:53 0
だろうね
形式にしろ勅令は絶対だし、天皇の権限を喪失しながら
その代替を用意しなかったのはマズかった
日本の政体には最後の一手が決定的に欠けてる

322 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 01:36:01 0
外国なら上院・下院の多数派同士が互いに交渉してことを決するもんだ。
日本の問題は民主党が嘗ての日本社会党さながらの硬直した姿勢を続けてることだ。

あと、経団連が本当に日本のことなどどうでもよくってなけなしの資金を吸い取ることだけ考えてるってのが事実なら所属してる企業をみんなでぶっ潰せよ。
最早敵味方じゃねえか。

323 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 09:32:27 0
妄想にとりつかれてますな

324 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 12:18:45 O
とりあえずニートと引きこもりは死ねということて゛満場一致

325 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 12:51:48 O
自分より弱いものは叩いて叩いて叩かないとな。
でないと惨めな自分が浮き彫りになるからな。

326 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 13:18:45 0
ニートって自分のこと弱者だと思ってんだw 死ねw

327 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 13:21:48 0
★「ハマスを日本のように屈服させよ」=イスラエル極右党首

【エルサレム13日AFP=時事】
イスラエル紙エルサレム・ポスト(電子版)が13日報じたところによると、
極右政党「わが家イスラエル」のリーバーマン党首は12日、大学での
スピーチで、第二次大戦終結時に米国が日本を屈服させたように、イスラム
原理主義組織ハマスと戦い続けるべきだと主張した。

同党首は「第二次大戦中に米国が日本に対して行ったのと同様、ハマスとの
戦いを続けなければならない」と語った。日本は1945年、広島と長崎に
原爆が投下された後、降伏している。

同党首はまた、「イスラエルはハマスの意志を打ち砕かねばならない」と強調。
「ハマスが力を保持している限り、イスラエルは安全ではない」と述べた。
〔AFP=時事〕

2009年01月14日00時37分 / 提供:時事通信社

328 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 13:23:48 0
明快な完全勝利が二次大戦以降なかったってことですねわかります
めでたしめでたしで終わった素晴らしい戦争だからな、むこうにとっちゃ

329 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 19:40:21 0
欧州戦線も太平洋戦線も
緒戦の打撃を耐えて反撃ドーンだからな
退役軍人がいまだに威勢がいいのも当然だ

330 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 20:10:00 0
>>326
いや、本人は思ってないかもしれない。
しかし少なくとも、社会には不要の存在。
弱者とは違うかもしれないな…

331 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 20:17:23 0
就職すれば必要な存在になりますよ^^

それをやらねえから不要なんだろがクソニート
寝惚けてんなよ

332 :世界@名無史さん:2009/01/14(水) 20:21:10 0
>>331
だな。
派遣で騒いでるのも一緒だ。

333 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 01:05:33 0
職に就いてない人間を世界中で絶滅すれば貧困問題は解決ってわけですね。
何て素敵な解決策でしょう。

ニート叩いて悦に入ってる奴も同程度に屑だと思うが。

334 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 01:08:52 0
それが、国民の義務を果たしている人間と、果たそうとしない人間の差だよ、ニートくん
義務を果たさない人間は生きる価値がないんだよ

335 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 01:14:20 0
そーだな
日本国は日本国民の生存権を認め保護するが
国民の義務を拒絶して権利を主張するのは
法的云々以前に道理が通ってない

これだけで憎悪されるには充分だよ

336 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 01:25:37 0
まあ、ニートはここで単純に脊髄反射せず堪忍して思考しないとな
もち政府は余ってる労働力を市場に還元させる方法考えねーといけねーな

337 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 01:28:37 0
ニートになに言う権利もねえよ
働く意志がない
この一事でどう反論しようが説得力を持たない

338 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 02:39:09 0
ニート叩くやつは大抵ニートだったりする

339 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 02:51:56 0
職に就かなくても生きて行けるのは一種の特権だろ。
他人に迷惑掛けないうちは文句言われる筋合いなんてない。

日本の労働慣行の硬直性とか問題にしないで特定の集団を叩いても何も解決しない。
所謂先進国ではNEETの存在は普通のことなんだから社会全体で対策取る必要もあるだろ。

国内に受け入れた移民が失職して生活保護貰うようになったら全く無意味。

義務を果たすためには「生存権の保障」が先行しないと無理。
ちゃんと対策取らないと秋葉原無差別テロの再現は何度でも起きるよ。

そういう国家がお好みなら何を言っても無駄だけどさ。

340 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 07:20:58 0

本気で言ってんの?

もう何時までも社会のせいにするのやめなよ。
昨日、ゲバ棒もってヘルメットかぶった馬鹿が大学で
革命ごっこやってる映像見て笑っちゃったよ。

やる事やってから主張しような。

341 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 08:31:23 0
おれは精神の均質化が原因だと思うな
村でも生活できるのに、
子供のために都会へいくとか
都会に行って夢を掴みたいとか
土臭いのより、知的な労働したいとか
そう言うの見ていったとき、原因には
社会の流れというか、人の社会的欲求の方向性があると思うのな
市場も、生活基盤もそういったものについてくる
そして戦後は明らかにその流れを漫画やらTVやら映画やらの娯楽メディアがつくったと思う
情報、価値観が中央から全国に均質に流れるために全国が均質化したのではないかと
はじめは全国的なまとまりが出て、質のいい人材が地方から大量に中央に流れ込み
一気に景気が活性化した。
でも20年、一世代ぐらいでもうワンパターン化したんじゃないかと
惰性で同じ流れがつづいてしまって、理由も考えずに大学いくみたいな現象がおこって人材の質が低下して
使い古いしたようなパターン化された夢の残骸があるだけなんじゃないかと。
形骸化したそれまでの成功パターンをかかえたまま、ルーチンと化した地方から中央への人材の流れが
労働の澱(オリ)をつくり、それによって経済が地方からじわじわ死んでいき
それでも東京いかすために、その他が栄養すべてとられてるような状態になっている
アメリカンドリームっつって毎年奴隷のように安い労働力を移民としておびきよす
どこかの移民国家でもないかぎり、地方がじわじわ死んでいくのは目に見えてる
メディアを解体して地方ごとに独立させ、新しい成功の形を報道することで
地方民を牽引させたほうがいいと思うけどなあ


342 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 09:17:06 0
ニートやひきこもりが、食事せず水も飲まず、排泄もせず、息もしない、というなら
まだ存在を大目に見る余地はあるだろうな。
しかしもし人間がそうなら、そもそも労働が社会問題となる道理がない。
消費があるから、生産が必要なのであって。

343 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 10:14:24 0
つまり342は大目に見る余地がないと?

344 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 12:06:29 0
そう思うね。

345 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:16:14 0
世界史的に見ると、戦後、GHQが日本を軍事的に制圧して
その基地を一度も撤収せず、居座っている以上
どう考えても、疑いようの無い、占領体制。
日米安保なんて紙切れだけの事後法です。
日本に否定する猶予も権利も与えない。

首都の目の前に、大規模な軍事基地を作っておいて、同盟を結ぼうだなんて
馬鹿げてる。一度なりとも全ての米軍基地を撤収するか
自衛隊に返還した後、再度同盟を結ぼうと申し入れるならともかく。

例えるなら、女性を誘拐してこめかみに銃を突きつけておいて
強姦した後、籍を入れたから合法だと主張するようなものだ。
アメリカは何ら正当な手続きを踏んでいない。

346 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:20:00 0
日本語しゃべれや

347 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:21:46 0
無条件降伏するような戦争をした昭和初期の日本人が
破滅的にアホだっただけ。

あいつ等が先祖の財産を全て食い尽くした最悪の癌だ。

348 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:25:06 0
ま、完敗を喫するのは国家の歴史であって当然
日本は引き篭もってたおかげで味わったことがなかっただけ

そこから確実に問題点を把握し
改善し立て直すのが優秀な民族の特徴だ
日本はどうか?
たかが半世紀ではなんとも言えない
が、あまりいい方向へ向かっているとも思えない

349 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:28:14 0
>>348
>>347の論法をもってすれば、高度成長期の財産を
当事者とそのジュニアが食いつぶしつつある状態。


350 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:34:02 0
結局米軍基地をどうにかせんと状況は改善しないってことだな

村山談話を読めば、今の日本の政治体制がどういうもんなのかよく把握できる。
村山談話は、戦勝国に謝罪しているが、
軍部が日本国民を戦争に導いたとか、敗戦の責任とかには全く触れてない。
かの戦争で最も死んだのは他ならぬ日本人なのに政府は何ら謝罪しない。

様は、日本政府は戦前の体制と何ら変わっておらず、
その牙が外(外国人)から、内(日本人)に向かっただけということだ。

「国民が愚かだから負けた。」
日本政府は本気でそう思ってる。

351 :世界@名無史さん:2009/01/15(木) 21:52:33 0
>>350
ニートや派遣が愚かだから、日本経済が低迷する。
そういう認識はあるかもしれんね、昨今の下層叩きを見ていると。
で、それは日本国民にとって、損なのか益なのか

352 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 01:35:42 0
>>350
共産主義者や、革命戦士が復活してきたような認識だな
日本は戦前も議会政治政権交代もあった、戦後も一貫して民主主義だ

軍部が台頭したのは政治の腐敗で、国民の信頼が軍部にあったからだ
何も軍人だけのせいではない

353 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 05:03:41 0
今現在の景気の悪化はアメリカ人が借金してまでジャブジャブ消費して金を回して世界経済が潤ってたって構造が崩壊したせいだろ。
wwU以後の世界経済が根本的な転換期に来てるんだよ。

あと労働と消費の関係まで云々するんなら「人類はそもそも自然から搾取して生存してる」ってもっと根本的なことも考えようや。
「地球が静止する日」じゃないが「人類そのものが害悪である」可能性もあるんだぞと。

354 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 06:53:52 0
そんな事考えてるお人よしは日本人くらいのもんです。

355 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 08:44:50 0
>>353
地方と農業に風当たりのつよい日本政府ではねぇ。
銭は食えんのだよ、という基本的なことを忘れている。

356 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 08:50:11 0
>>352
>>戦後も一貫して民主主義

「も」ってなんだ、「も」って。「は」だろ、そこは。
たしかに、軍部に夢を抱いたのは国民かもしれんが
後半戦いに倦んだのも国民だ。
なんでやめなかったのか、という話になるじゃないか。
しかし当時は「民主主義」でもなんでもない。
都合の悪い部分ばかり他人のせいにするのなら、今のニートや派遣と一緒だなw

357 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 10:45:09 0
>後半戦いに倦んだのも国民だ
大嘘

358 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 20:53:12 0
戦前の日本は
世界で10本の指には入る民主国家だろ。

大正デモクラシーとか諸外国ではあり得ない。

359 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 21:31:44 0
>>358
民主主義の大前提はなんだよ? 言ってみ?

360 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 21:50:12 0
憲法があって
議会があって・・・

当時、世界のほとんどはそんなもんないから。

361 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 22:12:53 0
平穏な政権交代を受け入れる国民の存在も重要だど

362 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 22:21:13 0
>>360
人民主権はないんかいw

363 :世界@名無史さん:2009/01/16(金) 22:22:51 0
>>360
これはひどい

364 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 01:23:12 0
議会と無関係に内閣が成立して陸海軍の都合だけで崩壊する体制じゃなー。
天皇の不信任で倒れる内閣はあっても制度上議会の不信任で倒れる内閣はなかった。
予算が通過しないとか間接的に議会が内閣潰した例はあるけど。

ボロクソに言われるほど酷かったとも思わないが、胸張って「民主主義だ」とも言い難い。
「擬似民主政体」くらいの評価かなぁ。

365 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 01:28:12 0
べつに、民主政体が至高のものってわけでもないし
こだわる意味が全くないんだけどな
イデオロジストがぎゃーぎゃーやかましいから
なんとなく民主主義じゃなきゃいけない気がするだけで、
政治が上手く機能すればそれがベストなんだよ

366 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 02:25:24 0
だってジンバブエのムガベみたいのが君臨してたら実際困るだろー。

367 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 02:27:33 0
絶対権力の暴走に歯止めをかける手段はべつに民主主義だけじゃないし、
民主主義が暴走しないわけでもない

368 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 02:57:20 0
イスラエルなんか選挙対策で戦争してるぞ
民主主義でもこんなことが起こる

369 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 07:52:37 0
>>365
いや、上で戦争責任を軍部だけじゃなくって国民も悪いんだ
って責任分散する民主主義国家みたいなこと言ってるヤツもいるし
その割には、人民に政治的権利があったのかと。
軍部の文民統制はあったのかと。
国民の基本的人権の保護はあったのかと。
言論の自由はあったのかと。
「至高の政体」なぞあるわけがない。しかし「よりましな政体」ならあるだけのこと
大戦を経験して、それより民主主義のほうがいい、と当時の人らは考えただけだろ。
問題は、制度を悪用し政治屋が半貴族化してしまう現実と、国民が政治的無関心に
流れる政体とは関係ない、原罪みたいなもんがあること。
そこを制度で掣肘するのが民主主義のはずだが、現実はそうもいかないところ。

>>なんとなく民主主義じゃなきゃいけない気がするだけで

言論や個人の自由を、お上の慈悲(そのときの気分)にのみ保障されるのがいいってなら
そりゃ民主主義(制度で保障)じゃなくてもいいと思えるだろうけど…
おれはいやだな。

370 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 09:22:56 0
言論の自由は民主主義の専売特許じゃないよ…

洗脳されてんなあ

371 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 11:44:06 0
>>368
民主主義政権のほうがかえって戦争が起きるんじゃないの
ナチスは選挙で大勝して、民主的に政権についたし
イラクも選挙やったら、シーア派大勝利で、イランとくっつきそうだしw
民主主義が最良とかアメ公の幻想にすぎんよ


372 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 12:11:35 0
>>370
民主的多数決によって少数派の意見が
圧殺されることなんて珍しくもないしね

373 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 12:17:42 0
つまりより民意が反映されやすい昔の中選挙区制に戻すべきなんだよな
小選挙区なら得票率トップの票にしか意味がないが
中選挙区なら2位や3位の票も意味をなすんだから

374 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 12:41:05 0
民主制とは民衆の政治に参加したい欲求(おれならうまくやる妄想)を
うまく解消するための装置に過ぎない
民主的であれば優れた政治指導を行えるという保障はどこにもない

375 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:33:05 0
>>370
べつに専売特許と限定した物の見方はしていない
「より」だよ「より」
制度で保障されているってことは、政治家でない国民にも
建前が主張でき、政治家とか軍部を抑えるちからになる。
ただ、それを悪用して多数派を抱き込んだり、意識誘導すると
上にもあるように、少数意見の圧殺、簡単に威勢のよい指導者が
トップにたち戦争が始まってしまうという弊害がある。
それは別に民主政治だとかは関係ないが、かえって正当化されやすい
面はたしかにある。

それと優れてなくて別にいいんだよ。
ようは、自分の責任は自分でとる。誰かから何かを強要されない。
そういう精神が必要で、一方で政治機構に携わるものの自制が要求される。
それだけで、先の大戦の反省から得た、よりよい制度だと思うぞ?
あとは、国民が無関心を決め込まないことだけ。
これが非常に困難なんだが…

376 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:36:40 0
とまあ、自分が政治に参加してると錯覚できることが民主主義の意義なわけで

377 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:39:57 0
今の日本の現実が、中国宋代に良く似ていると思う。
宋代も、一応、文民統制、言論による死刑をしない、という
専制国家君主独裁政治にしては、開かれた社会だったけど
官僚が徐々に貴族化していくさまと、貧困なヤツは努力が足りないからだ!
との主張が非常に良く似ている。
宋が建国された当初は、課税の適正化と貧困層の救済だったわけだが
代を重ねると、こうなる。

ちなみにこのときの「言論によって死刑にしない」というのは、初代皇帝の「慈悲」
でしかない。一応、皇帝に代々守られるよう家訓とされたそうではあるが。

378 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:40:28 0
>>376
選挙もいかないのか?

379 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:40:57 0
表向きは民主政
内実は僭主政や寡頭政

民主国家がうまくやる秘訣はこれ

380 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:43:09 0
日本は寡頭政に近いんだよな
選挙で選んでる気になってるけど、現実は

381 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:46:18 0
>>379
露悪趣味だなぁ。
だが本質だw それを国民がやいのやいのとわめきたててこそ
ゆ〜くり現状維持が続くのが民主制なんだが、まぁいずれ崩壊はするだろうな。
どういう形で崩壊するのか、たいへん興味深い。
自衛隊が軍へ昇格して、軍部独裁か
それとも飢民の大量発生からくる、民衆蜂起か?
それとも、政府要人財閥の国外逃亡による無政府社会下での不毛な殺し合いか?
当事者になるのだけは勘弁…

382 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:46:22 0
政治は政治のプロがやれ

という発想で大昔から続いてきた日本はそういう発想のほうが自然

383 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:52:55 0
エリートは迷わず自民党に入る
順送りで各役職を歴任して総理に
総理経験後はご意見番として口を出す

このシステムは寡頭制そのものなんだよ
最近はだいぶガタがきてるが、
国民参加の民主政治がただの建前なのはちょっと考えればわかること
日本はこれで50年以上やってきた、今後改革が必要か否かは別として、
これでそれなりにやってきた
この現実の前には、ミンシュシュギを後生大事に奉る日本人が滑稽に思えてしかたない

384 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 13:55:25 0
>>370
言論の自由の意味合いによると思うが
そんなものは存在しないと思う
戦後、言論の自由が約束されたというが
そんなものは、アメリカと共産主義国によって
日本がいかに悪いか不平不満を言うお墨付きをもらっただけで
言論の自由でもなんでもない。
勝ち馬に乗って、それまでとちがう事が言えることを自由とはいわん。
体制がかわっただけだ。
もし、言論の自由を言うなら、占領軍下で占領軍がいかに悪いか書き立てられる自由を
与えられてこそ言論の自由だ。
事実は、GHQによってウォーギルトインフォメーションで一方的な情報の植え付けが行われただけだ。
今の時代、右翼と言われるだけで言論如何にかかわらず
一蹴される。そんなもの言論の自由とは言わない。
東京裁判はおかしいって公然と話させろ、クソサヨク共
本当に、言論に禁忌を設けないというのなら、どうどうと論理で勝負させろ

385 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 14:18:18 0
ネットじゃ右翼の声のほうが大きいと思うが
ウヨにしろサヨにしろ被害者ぶるのが好きだよな

386 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 14:25:31 0
>>385
はあ?俺は左翼の自己矛盾をついてるだけで
完全な言論の自由を与えろとは言ってないぞ
読解力もないゆとりか?

387 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 14:34:31 0
>>386
その一方で、南京事件を語りだしたりすると、ウヨクってのが一蹴しにくるじゃないか。
どうであれ、論拠を伴う批判は批判で存在価値があるんだ。
一方だけの言説に拠れば、歯止めがきかなくなるだろ。
だから、右翼と左翼の両翼が必要で、それをうまく調整できないとだめなんだ。

だが確かに完全な自由ではない。
あくまで、前よりは自由、とか、その幅が広がった、とか、あまり気を使わなくてよくなった
とかそんなレベルだが、それでいいと思っている。
その程度の歩みで。

388 :世界@名無史さん:2009/01/17(土) 15:43:21 0
中国人が南京で殺された同胞を
倍々ゲームで増やしていけば、普通キレるだろ。

389 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 00:14:54 0
民主主義はもっとも利益戦争を起こしやすい体制かな
歴史から見ると
侵略戦争も「まあしょうがないなぁ〜」で済む
ただ防衛戦争は民主主義でやろうって気概は起こらんし
守りに転じると糞弱い

390 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 00:28:44 0
利益戦争とかまたそういう妙な造語を・・・

391 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 01:02:33 0
>>373
中選挙区制なんていい加減な制度のせいで社会党がのさばってたんだぞ。
「少数意見を尊重する」って言えば耳当たりはいいが、「大して支持されてない連中のゴネ得を許す」制度でもある。
なあなあでやってるうちに政界全体が腐っちまったんじゃないか。
社会党は「自民党に抵抗してます」ってポーズだけでずっとやって来たんだから。

392 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 01:23:05 0
>>387
言ってる意味がわからんのだが
国際的に南京事件はどっちの言説が通ってるか考えろ
しかもサヨクの言論がふざけているから話になってないのを
論理だと?

393 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 02:57:54 0
全員参加型の民主主義なんて人口数十人〜数百人程度の小部族社会でしか成り立たないだろ

394 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 07:27:45 0
誰が直接民主制の話なんかしたよ
話についてけないからって知ってることを適当に口にするな

395 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 07:41:30 0
みなさん、自己の権利や尊厳かなぐり捨ててるんですか…
一瞬、北朝鮮の住人かとおもいましたわw

396 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 10:06:21 O
いや、それでいいんだよ
実際的な政治に関する論考をしない人間は
ミンシュシュギ教徒でいてかまわない
なにより国がそれを望んでる
人並のアタマで下手に疑うことを覚えるのはかえって毒だ
陰謀論好きもその害のひとつ
疑念は善人を惑わす、信じる者は幸いなれだ

397 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 16:04:08 0
>>疑念は善人を惑わす、信じる者は幸いなれだ
どこの宗教かとw

>>人並のアタマで下手に疑うことを覚えるのはかえって毒だ
ちょっと違うけど、小人閑居して不善を為す、という。
ニート、ひきこもりがいい例だ。
ところで、ネトウヨに限定すれば、その立場の人ら多いんじゃないの?
ソースは2ちゃんだが。

398 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 23:37:37 0
日本の自称左翼は胡散臭過ぎるからなー。
共感出来るか否かと問えば出来ないもの。

右翼は伝統的なものなんかに依拠出来るけど、左翼は何か口当たりのいいこと言いっ放しでスカスカな印象。
右翼だって時代に合わせて変化するけど、左翼が言うような綺麗な未来が一気に実現されるわけないからなぁ。

399 :世界@名無史さん:2009/01/18(日) 23:46:07 0
>>398
右翼にもいろいろあるように(たとえば、伝統的保守はネトウヨにはサヨク呼ばわりされることとか)
左翼にも、いろいろな種類があるかなら。
その一例をもって全体を決めたがる手合いは、どのようでも胡散臭い。

400 :世界@名無史さん:2009/01/19(月) 01:29:49 O
どっちも非現実的な理想屋であることは同じだ
その上在日ヤクザに利用されたおかげで誰からも見向きもされない
半ば気の触れたチンピラの集まりであって間違っても政治団体ではない
それが世間の認識

401 :世界@名無史さん:2009/01/19(月) 02:24:57 0
>>394
だからグダグダ言うんじゃねーっての

402 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 01:14:56 0
街頭右翼と自称市民団体はどっちも嘘臭いのは分かる。
ただ国会議員見ても左翼は空論ばっかなんだよなぁ。

民主党だって例えば中国の台頭に際してどう対処するのかとか、世界規模の不況にどういう実効的な対策を取るのかとか言わないからな。
総理の漢字読み間違いに突っ込んでる場合違うやろと。

403 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 05:26:35 0
どっちも空論だっつーの

404 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 08:38:41 0
自民は政権与党の立場で空論だからより罪は重い。
民主が政権与党になってもそれなら、重ねてバッシングすればいい。
そうして政治屋を監視するのも、人民主権の大きな義務のひとつ。
政治なんて誰がやっても一緒とか言ってるヤツは売国奴

405 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 08:45:26 0
え、右翼って自民のことだったの?


…ばかなの?

406 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 10:48:00 0
>>404
てめーが政治やれよ
クレーマーやるのは勝手だがそれで自分が偉い気になってるクズは死ね

407 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 11:46:30 0
>>406
選挙行けよwクズw

408 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 11:48:52 0
>>405
自民は保守だから、右翼じゃん。
街宣車なんかで走り回ってるのはただのキティで右翼でも何でもないじゃん。

409 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 12:27:50 0
>>408
自民は中道右派
右翼と中道右派は全く違うよ小僧

410 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 12:29:49 0
当然、ネトウヨも全然違うからな。
保守系の人でも、ネウヨにかかるとサヨク呼ばわりされるw

411 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 15:39:01 0
>>1 第二次大戦の敗戦国を米国の属国というのなら日本、ドイツ、イタリア、朝鮮、台湾は米国の属国になるな。

 分割された北鮮、東独はロシアの属国になるが。

412 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 18:03:55 0
自民は世界的にみれば右翼または右派。
日本の街宣右翼の類は世界的には極右になる。

日本では極右のことが右翼と呼ばれている。

413 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 18:06:07 0
>>411
>日本、ドイツ、イタリア、朝鮮、台湾は米国の属国
おおむね、それで間違いない。

とくに日本、ドイツ、韓国は完全にアメリカの属国ないしは軍事的従属国。
戦争が終わって60年以上たつのに、日独に駐留する米軍の数は突出して多い。

414 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 18:43:55 0
軍事基地があれば属国というのなら、イギリス、スペイン、イタリアも属国だな。アイスランド、モロッコ、トルコ、クウェート、イラク、シンガポール、ディエゴ・デ・ガルシア、キューバ、プエルト・リコ、ホンジュラスも米国の属国だ。

415 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 18:46:30 0
アメリカは世界の警察を名乗ってるから、まぁ本音は全世界属国扱いしたいんじゃないの。
属国同士の格付けはどうなるって話にするか。

416 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 18:57:19 0
日独に駐留する米軍の数は突出して多い。それが他の友好国との違い。

それにイラクは完全に米軍の占領下にある。
中米・カリブ諸国も米西戦争以来、事実上の保護国にされている。
(キューバなんて、革命後も居座って基地を返還してない)

417 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 19:32:54 0
イラクから撤退するくらいなら、日本からも撤退してほしいわ。
なんでいつまでもも居座られなきゃならんの?
日本はイラク以下かよ。

418 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 19:58:16 0
じゃあ代わりに自衛隊が国防を100%担うことにしよう
でも現状じゃ無理だから徴兵制にしますね

419 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 19:59:12 0
60年代からタイムスリップしたゲバ棒学生かよw

420 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 20:03:16 0
日本の戦力増強を前提としない米軍追い出し論者は
日本に対して軍事的野心のある国の工作と見ておおよそ間違いない
間接的にアタマお花畑にされちゃったやつも含めてな

421 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 20:07:35 0
角栄がイランでの石油開発をしようとしたら失脚したり、
中山北海道開発長官がソ連との経済協力を推進しようとすると何故か首吊り自殺するし
橋龍が米国債を売ると発言したらたちまちスキャンダルで辞任とか
アメリカに楯突こうとするとただでは済まない日本の仕組みをどうにか出来ないのか。
アメリカの第五列組織をどうにかして燻りださないと。



422 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 20:45:51 0
>>418
徴兵制か。
そういえば働く意思のない、なんとかってカタカナの存在と
家から出る服のない、マッパーがいたよな、日本には。
しかも、結構な社会問題となっている。
いっそ、そいつらを強制徴発して、一から鍛えなおせば、戦力になるかも。
だいたい生産に貢献しないようじゃ、軍備を増強したときの軍事費捻出にも
役立たないんだからなぁ…

いよいよとなったら、真剣に強制公共事業労働か、徴兵かどっちかしかないのと違う?
もと派遣も含めて…

423 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 20:54:00 0
なんかこう、災害時救援隊?
とかなんかそういう、事実上自衛隊の平時予備人員扱いの組織とか
そんなのならわりと現実味もあるんでないかね
いやあくまで雇用対策としてならな
国防面はしらん

424 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 21:31:47 0
右とか左とか関係なく、外国軍隊の駐留しない普通の国であってほしい。
今すぐは無理でも、せめて我々が生きてる間にそうなってほしい。

幕末明治の先人は、現状のような姿を望んでいなかったはず。
むしろ、そういう状況になることを回避するための明治維新であり近代化だった。

425 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 22:15:54 0
翻訳:アメリカが程よく衰退したときに備えて
    いつでも攻められるように、いまのうちに日本の防備を剥いでおきたい
    外からは軍拡反対とわめき、内からは米軍駐留反対をわめいて日本を裸にする
    日本はいつでも攻めこめる国であってほしい

426 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 22:18:46 0
でももう、日本にそれほど価値ないだろ?
オバマになってアジアの主路線は中国になるようだし
日本はすでにスルーされかけてるじゃん。

427 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 22:21:07 0
アホか
大陸側から見れば日本は沖合いにつけられた空母そのものだ
排除は容易になればなるほどいい

428 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 22:45:19 0
アホかといわれても、そんな使い捨てにされるの非常に腹立たしいのですが…

429 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 22:56:09 0
使い捨て? はあ?

だめだ、ここまで徹底的な戦略音痴にイチから理解させるのはあまりにもめんどくさい
お前は国内外あらゆる軍事的な事柄について一切考える必要はない、またその資格もない
幼児並の判断力で一人前の口をきくな

430 :世界@名無史さん:2009/01/21(水) 23:21:07 0
日本列島は西太平洋の覇権に不可欠な重要拠点だ
どこから攻めても制圧は困難を極める、空母というより海上の要塞
もともと島というのはそういうものなんだが、日本はその極めつきになる

アメリカがここを失えば中国に最も近い足がかりを失い、
中国やロシア、あるいは北朝鮮にとってはアメリカの覇権下にある限り
脇腹に刃物を突きつけられたような状況が続く

つまりどういうことかって?
いくらわめこうがアメリカが大国である限り日本から引き上げることはありえない
また、日本も戦略的価値を利用して軍事的庇護下に入っている
日米安保の実体とは、こういう関係だ
なんとなく腹が立つから、そんな稚拙な理由で動く事柄ではない
必要性の有無はともかく、日本が軍事的独立を取得しうるとしたら条件はふたつ、

アメリカが日本を覇権下におさめることさえできないほどに衰退すること
アメリカの庇護をもはや受けられないと自覚した日本国民が自国防衛の気概に目覚めること

これが揃って初めて軍事的独立は成る
とくに後者が成立しなければ、日本はアメリカの代わりに
違う国に擦り寄ることで国防問題を解決しようとするか、
さもなくば滅亡することになる

431 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 00:40:58 0
喚かれた結果フィリピンからはアメリカ軍撤退したけどな
アメリカ軍がいなくなったからって他国に侵略されると言うことはなかったけど

432 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 00:51:21 0
野蛮なアメ公が日本にした蛮行

東京大虐殺、長岡大虐殺
広島長崎核爆弾実験
アメリカ大統領命による日本民族ジェノサイド
艦載機による一般民間人機銃掃射殺人
捕虜へのブルドーザーひき殺し殺人
日本軍捕虜同士のフェラチオ強要
占領中黒人兵部隊を武装させたまま町を襲わせ老婆幼女問わずレイプの限りを行わせた

戦後民主主義極左勢力育成の為に共産党活動の合法化、党組織の育成を行う
資金援助を行う

反米日本人を威嚇する為に在日同和暴力団の育成、在日右翼の育成を行う
在日同和の反日枢米右翼への資金援助から反日崇米街宣車が作られる
初めての反日街宣車にはアメリカ国旗が掲げられ、日米安保反対の風潮のなか通勤通学の連中相手に
街宣車からの拡声器でアメリカ崇拝論がぶちかまされ反米日本人攻撃が行われた

朝鮮人犯罪者(殺人レイプ犯)を組織し暴力団をつくりに日本人支配に乗り出した

戦後の国際民主主義極左体制は常に犯罪組織とともに国家支配体制を形作っている
戦後のイタリア、日本は特に典型的

433 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 03:22:43 0
>>431
それ以後フィリピンはムスリム過激派ゲリラに悩まされっ放し。
あと、フィリピンも大陸から太平洋に進出するのにはどうしても押さえる必要のある地域だから侵略されたら米軍が駆け付けるだろ。

フィリピンは旧植民地だからリアルでアメリカの属国だぞ。

434 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 04:32:11 0
フィリピンからアメリカ軍いなくなったとたんに離島だかを中国に占拠されてなかったか?

435 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 07:32:03 0
ゲーム脳の軍オタがアメリカ軍上層部になったつもりで、
日本永久占領を肯定しているような奴が多いな。

もっと幕末維新の原点に返って、あるべき日本の姿を想起しろよ。
日本がアメリカの戦略に奉仕する義務なんてない。

436 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 07:35:34 0
肯定ってか可能不可能の話だろバカか
平和的(民主的)に追い出すのは無理
実力ではもっと無理

現実見ろ能なし

437 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 07:41:12 0
国防は自力で行うべきだ
って話ならできるかどうかはさておき一理あるが、
防衛力の穴埋めを一切考慮せず
気に入らないから出てけ云々はただの売国か工作

438 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 07:56:59 0
いまの日本が、いや日本だけじゃないんだが、
がアメリカの覇権下にあるのはまぎれもない事実だ
この覇権という概念がどういうものかは
歴史を知らないと理解はできないだろうが、
その中には庇護されるということも含まれる
親に生活を保障してもらう代わりに親の意向の前には
一定の範囲で自由が制約されるのに似ている

闇雲に親に歯向かうのは勝手だが、それで家を出て行った後
どうするのかまるで考えない子供の駄々をこねるほどには、日本は幼稚ではない

439 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 07:59:47 0
ああそうそう、親子なら子供は成長すればいずれ自立するが、
国家間では親が病み衰えでもしない限りこの関係は崩れない
これも歴史が示す事実だ

440 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 08:38:40 0
すげぇ売国奴の巣窟だな。
というよりアメリカの手先か。
「誰かに不当に支配されるのが腹がたつ」
というのは、歴史的に見て、独立の第一歩だけど、それを無視し
封じ込めようとするのは、それをされると都合が悪い立場の人間だから。
つまり、属米主義者。
属国というより、そいつらはアメリカの精神的奴隷なんだな。

441 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 08:53:13 0
>>432
米軍の戦闘機が水戸射爆場付近で畑仕事をしていた農家のおばちゃんを轢き殺した事件が抜けてるぞ

442 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 08:57:03 0
ちょっと記憶違いがあったが、これ
http://www.jcp-net.jp/ibahoku/toukou/tsujii051217.htm

443 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 09:24:22 O
日本の防衛力減衰を狙うシナチョンのいつもの手
米軍を追い出せと言いながら自衛隊の戦力増強は絶対に認めないのがなによりの証拠だ

444 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 11:04:41 O
>>438
プエルトリコの政治家みたいだな。独立したら他の南米諸国みたいに貧乏になるけど、正式にアメリカの一州にはなりたくない、と。
日本の国際的立場もプエルトリコぐらいなのが丁度良いのかもしれない。

445 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 11:51:06 O
文化、言語の浸透は凄まじい
国粋主義をうたう者でさえ、古人にとって見れば滑稽なほど変容した日本人だ
大統領選の熱狂を見て、日本が選挙権をもたず英語を公用語としないだけの
アメリカ内の一自治区であるかのような錯覚さえした

このままの関係があと150年も続けば、日本人自らが
進んでアメリカの一州になろうとするだろう
日本人自身が望むのであれば、それも良いと自分は思う
死後の国家体制の決定権までは我々の手にない

が、同時にそうはなりそうにないとも考えている
どうやら日本のアイデンティティの融解よりは
アメリカの衰退のほうが早そうだ

446 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 12:04:05 0
>>443
自衛隊の戦力増強や軍昇格を実行する、費用的な条件を満たす見通しがつかないからだよ。

上でも徴兵制を言ってた人がいたが、最終的にはそうなるだろう。
しかし、かの田中マキコの徴兵発言に、顔を真っ赤にして猛反対したのは
ネット内で、自衛隊の戦力増強や軍昇格すべきと謳ってたネット住民そのもの
ではなかったか。
それとも、ネット住人はシナチョンですか。

447 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 12:31:40 O
経済大国様が自国の防衛費を調達できない時点でお笑いだ
出そうと思えばいくらでも出る
自国の自主防衛が本来だというなら、その支出も当然本来あるべきものだ

もっとも、高いだけで非効率の固まりのような
自衛隊装備を見直せば多少の余裕もできるんだが
軍の効率再編には実戦経験が不可欠だ
飾りモノは高いのが当たり前

448 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 13:11:33 0
>>443
>経済大国様が自国の防衛費を調達できない時点でお笑いだ
中国に国債買ってもらって軍事費に充ててるアメリカ様のことですね!わかります!

449 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 14:14:30 O
戦時と平時の違いくらいわかれよ

450 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 17:26:50 0
>>449
三行以上で詳しく

451 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 18:34:40 0
この手のスレ見てたら、ネラーの親米ウヨが重度の対米依存症ってことがよくわかるな。
もうアメリカ人になっちゃえよw

452 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 19:22:38 0
>>451
アメリカ国籍になったら、エラそうに振舞えないじゃん。
アメリカ人からはしょせんはイエローモンキーと蔑まれるから。
同じ日本人に威張れるから、やってるんでしょw

453 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 20:17:57 0
角栄は日中国交回復やイランとの石油開発でアメリカとは一線を画した政策を行っていた。
アメリカは気に食わなかっただろうが、偶然にも田中角栄は失脚。
ロッキード疑惑による角栄の失脚に際してアメリカの高官が
「いずれ日本人は田中角栄を追い落としたことを後悔する日が来るだろう」
と言ったとか。



454 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 21:59:28 0
防衛戦力の話になると必死で話題そらすなー

米軍追い出して日本を裸にしてそれでどうする気?

って問いに一切答えようとしない
なんでだろうね?
党の指示かな?

455 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 22:18:23 0
>>454
だから、ニート・ひきこもり・もと派遣・ネカフェ難民らを
強制徴発で、沿岸警備、有事の際の肉壁だろ。
今の自衛隊をさらに増強するより、費用は安く済むのと違う?
国内経済が安定して、防衛費に回せるくらい工面できるような
政党が誕生したら、自衛軍もありかもな。
でも今は無理なだけ。

456 :世界@名無史さん:2009/01/22(木) 23:54:51 0
核武装及び原子力潜水艦の配備。アメリカと反日左翼が連携して絶対にさせないだろうが。


457 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 00:35:53 0
自衛隊と核武装さえおkなら共産党を支持してもいいな

458 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 00:53:59 0
アメリカからの日本の自立を目指せば角栄や橋龍が見せしめ的な憂き目に遭ったように、
もしめげずに目指そうとすれば国内の反日勢力とアメリカ(あるいは中国も)が連携して追い落とされる
危険があることを理解しておくべき


459 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 02:46:34 0
>>434
南沙諸島のフィリピンが領有を主張したとことだね。

460 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 03:08:04 0
>>446
>しかし、かの田中マキコの徴兵発言に、顔を真っ赤にして猛反対したのは
>ネット内で、自衛隊の戦力増強や軍昇格すべきと謳ってたネット住民そのもの
>ではなかったか。

ん?
現代では徴兵されてきた兵隊は大して役に立たないから反対って意見だったと思うが
ほんの数年の兵役では兵器の扱いを最低限覚えてきたところで除隊してしまうからな
自衛隊の倍率も高いし、徴兵制を導入する意味がない、てわけだ

461 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 05:39:13 0
志願制と戦時徴兵の二本立てでええがな

462 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 05:40:52 0
あ、ちなみに戦争始まったら辞めるっつーくそったれ自衛官が
一定の割合でいることを忘れてはいけない

463 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 06:17:50 0
徴兵で集められた兵隊なんて、もっとやる気ないだろ
頭数だけ集めりゃいいってもんじゃない

464 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 07:48:11 0
徴兵制の発祥の地フランスでさえ、廃止してるのに今更徴兵なんかいらんだろ。
国民皆兵なんて韓国や台湾みたいに国民の思想統制や精神教育に利用してる国くらいだろ。

465 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 08:30:31 0
自らの身で国を守るのは嫌だが、軍備は増強して欲しい
「他人」が。
なんというくそったれw

466 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 08:46:15 0
>>465
意味不明
国民皆兵になれとでも言うのかよ

467 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 09:15:04 0
>>466
いや、社会に役立たずがいるだろ?
それを使えと言っている。

468 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 10:14:10 0
ニートとかキモオタとかギャル汚とかになるくらいなら
いっそ隊に放り込んで中身を叩き直したほうがいい

と言いたいところだが、軍隊が折り目正しい背筋の伸びた
青年の集まりだなんてのは、日本人の幻想だ
チンピラはチンピラだし、オタはオタ

469 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 10:20:41 0
とりあえずそういうこと言った人がいて、それに対する自衛官のコメント

そんな役立たずはいらない



軍隊は職業訓練所でもなければ、厚生施設でもないんだよ、馬鹿

470 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 12:51:56 0
なんでだよ。
ネットで派遣とかニーは氏ねとか大々的に言ってるから無為に死なすよりは、
少しでも役立つ方向にと、廃物利用する精神からの対処なのに。
どうせ今でも役立たずなんだから、それよりはマシになるだろうよ。
別に規律正しくならんでも、盾として役立ってくれるだけでも、今よりよっぽどいい。
なんなら、自衛隊とは違う組織体形でもいいんじゃね?

471 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 13:00:33 0
>なんなら、自衛隊とは違う組織体形でもいいんじゃね?
普通に職業訓練所だな

472 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 13:13:28 0
>>471
あ。
まぁ、そうかなw ただし強制の。

473 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 13:48:29 0
タダじゃねえんだけどな、それ
誰が金出すんだか

474 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 14:07:10 0
>>473
そやつらが働いて得た成果。最初だけ痛みが伴う。あとで完済でおk
つか俺も暇だな、せっかくの休みにw

475 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 14:12:28 0
無能の寄せ集めで黒字経営になるとでも思ってんのかよ…
タダ同然でコキつかうならともかく

476 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 14:25:54 0
強制労働に給料なんかもらえるわけないだろ。
甘えるなって、みんなが言ってた。
ただしソースはにちゃん

477 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 16:51:25 0
自衛隊は軽武装の国境警備隊と丸腰の災害救助隊に再編すればよか。

478 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 17:09:28 0
ん!いいこと言う。それを主張して総理大臣になってくれ。

479 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 17:20:10 0
たぶん、そんなこというヤツが総理になったら、そのうち
終身執政官とか言いだし、軍国主義に走りそう。
当然、国民には兵役が課せられ、行き着く先は北朝鮮のような様に…
いやだなぁ、それは。
でもそれがネット世論だぜ。

480 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 20:30:06 O
つか、自衛隊って昔はシャブ中の行くところだったんだがな

481 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 20:46:35 0
志願制になるとアメリカのように移民・犯罪者・貧乏人の集まりに成る
平等を説く左翼ほど本来はどこでも徴兵を説く

482 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 20:50:38 0
兵卒は消耗品だから、社会的カスが集まったほうが都合がいいのかもな。
その意味では、日本のひきこもりやニートはいい素材。
むろん無職DQNも。
左翼よりもネトウヨが国防を強く説くのだから、やる気は人一倍だろ。
左翼はしょせん他人事だからなw

483 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 20:55:52 0
かわいそう

484 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 20:58:23 0
>>482
国の役に立たない左翼を送ればおk

485 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 21:03:30 0
在日・外国人労働者を戦地に送れば解決じゃね?

486 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 21:03:49 0
 もういっその事、アメリカでいいじゃん。
 野蛮な中国人よりも、アメリカのほうがましだよね。

 (朝鮮、ロシアは論外)

487 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 21:14:10 0
まぁ戦略核持てば通常兵力の兵隊などそれほど無用だけどね

488 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 22:01:00 0
>>484
ニートひきこもりもと派遣DQNの次の候補として左翼か。
それでもいい。
労働者を送り込むのは、国を疲弊させる元凶だから却下。
たとえ外国人であろうとも。
つうか、そんなガイジンより役立たないことを恥じて、せめて
お国のための盾になってもらいたいね。

489 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 22:03:02 0
>>487
軍備増強も核保有も、それなりに金がかかるからなぁ…
現状で、軍備を増強するなら、金かからない、しかも
消費するとより社会のためになる役立たずを投入するだろ。
日本経済が好転すれば、核の保有もありかな。

490 :世界@名無史さん:2009/01/23(金) 23:24:52 0
ウヨもサヨもニートもDQNも全部兵士にすればいいじゃん
ウヨだけとかサヨだけとか限定する必要ないだろ

491 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 01:30:16 O
戦時には戦時12個機動師団を集中させ8個師団の予備が欲しい
一個師団の戦時編成が1.5万人として、即応18万人、予備12万人の30万人が定員になる
今予備役は5万人程度しかいないから、これをなんとかして倍にしたいな 志願者はいるんだから、後は予算の問題

492 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 01:44:24 0
在日は不法滞在、生活保護家庭、日本人から不要→戦地
外国人労働者は仕事がほしい、日本人から不要→戦地
労働組合はニート、日本人から不要→戦地


493 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 02:03:22 0
普通の仕事が出来ない人間が軍務になんか就けるか。
脱走兵続出で逆に戦線に穴が開いて大変だろ。
員数揃えれば何とかなるみたいな幻想は捨てろ。

494 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 02:04:59 0
督戦隊だな
逃げる奴は後ろから射殺だ

495 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 03:13:40 0
>>465
頭の悪いやつだな
現代では頭数だけ集めたって戦力にならんって言ってんのにわからんのか

496 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 07:18:15 0
>>495
いやいや、正規の戦力なんて期待してないだろ。
クズは盾にしかならんから。
あとはせめて特攻隊かな。

497 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 07:20:03 0
>>490
ウヨが兵士になるのは当然の帰結じゃないのか?
普段から、シナチョン市ねとかなんとか言ってるんだから
その機会が到来したら、喜んで参加するだろう。

498 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 07:29:33 0
戦争になり人員が足りなければ当然兵士に参加する。
国内のサヨや在日は財産没収で、盾や囮や人間爆弾としての役目。

499 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 08:23:23 0
とりあえず民間人が戦争時に一番役立つことは何か教えておる



さっさと逃げろ

500 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 10:51:15 0
フランスは40%が移民

501 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 12:20:34 O
>>498
その前にニートらだけどな。労働してない寄生虫から先に消費しないとな。

502 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 12:21:21 0
主権保持者には国防の義務がある

503 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 14:32:18 0
>>495
頭数が足りなかったら戦争にもならんという現実を
そういう詭弁でごまかして自衛隊の規模を抑制しようとしてるんですねわかります

504 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 14:40:54 0
>>503
足手まといを大量に雇って自衛隊の戦力をガタガタにしようという工作ですね
分かります

505 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 15:56:49 0
それは違う
一般人を一般人でなくすことができなければ軍隊は成り立たない
身体機能に致命的な欠陥がない限り、
新兵訓練カリキュラムは一定の品質の兵士を作り出す

506 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 17:03:00 0
>>504
いや、足手まといは足手まといとして編成し、消費する。
自衛隊の精鋭部分は保持しさらに磨きをかける。
いっしょくたに混ぜるなんて、そんな馬鹿げたことはしないだろう。
それ以外に、ニートやひきこもりの使い道があるか?


507 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 17:34:53 0
いつから精鋭になったんだよ自衛隊( ´,_ゝ`)

508 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 19:04:03 0
一応、そう言わないと怖い人たちが家に押しかけてくるでしょ。

509 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 20:20:20 0
まあ、ここで勇ましいこと言ってるネトウヨとか国士どもは、
自分自身は志願するつもりはさらさらなく、評論家的立場で煽ってるだけなんだけどな。

510 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 20:33:16 0
戦うのはむしろやりたいけど、戦場でプロ並みの役に立つ自信はないなぁ
戦闘機で爆撃したい

511 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 21:27:01 0
>>510
ネウヨは、そういうありえない自分像に酔いしれる傾向があるよね。
まぁ、戦闘機を操縦したいっつのは、F1に乗りたい、ってのと
さほど差のない願望なのだろうけど。

512 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 22:41:42 0
どういう定義でネトウヨ言ってるのか知らんが
多分日本しか見えてない人なんだろうなぁ・・・


513 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 22:52:04 0
戦闘機よりなによりも、ニートやひきこもりなどの役立たずを
いかに効率よく処分できるか、が日本を健全化する鍵だろ
自衛隊がだめなら、やっぱ強制公共事業に従事かな。
政府はそういう受け皿作らんかな…
三食はあっても労働賃金はでないだろうけどw

514 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 23:18:22 0
自衛隊に入れろという意見も結構あるが、自衛隊もいい迷惑だよな。

515 :世界@名無史さん:2009/01/24(土) 23:25:30 0
>>514
いいストレス発散対象ができて、より健全化したりして…

516 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 00:30:14 0
ネットウヨがたくさんいる割には、中国や韓国人と違って
行動しないよね。さすが「ネット」ウヨ。

517 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 00:30:27 0
アメリカに対する神の大いなる裁き!「これからアメリカを没落させる」
http://www.prophecies.org/japanese/Book%208/18reap.htm
http://www.prophecies.org/japanese/japanese.htm

518 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 00:35:04 0
アメリカに贔屓にされている点ではイスラエルと同等に
思われているのだろうか。

519 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 00:49:56 0
>>516
だってネットやってる一般日本人に向かって、ネットウヨとか勝手に逝ってるのは在日だしw
福沢諭吉もお前ら在日からすればウヨになるんだろうなw

520 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 02:28:06 0
>>496
銃砲弾の前に人間が盾になるなんて意味がない
お前はなんか「脳内ウヨ像」みたいなもんを攻撃したいだけみたいだな
感情ばかりだ

521 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 08:10:45 0
>>520
ウヨを攻撃したいんじゃなくて、ニートとかひきこもりとか
今まさに社会になんの役にも立たず、食い扶持だけ増やしている
害虫を攻撃、いや排除したいだけ。
実際、ウヨサヨは二の次の話。
おまいらは、ニートやもと派遣らを擁護しているのかい?

522 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 11:59:16 0
ネトウヨ=ねらー=ニートとかひきこもりとか

523 :世界@名無史さん:2009/01/25(日) 23:14:28 0
ニートは多そうだからなあここ
ニート叩きはそりゃ必死回避してくるだろうよ

524 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 02:32:25 0
ニートだって消費はしてるだろ。
経済は生産や供給だけでは成り立たない。
消費する者がいて初めて供給する意味が生じる。
生活保護世帯だって(不正受給でない限り)経済の回転に寄与してるんだぜ。

労働に従事してるか否かで人間の価値を測るとか、マルクス主義の変な部分だけ受け継いでるみたいな思考だな。
消費者は生産者を、生産者は消費者を互いに必要とするのだよ。

ニート叩いてる連中は自分より社会的立場が弱い者を悪に見立てて溜飲下げてるだけじゃないの?
消費だけしかしない人間を問題視するなら「ローマ市民権」から後の人権思想全部洗い直さないと結論出せないぜ。
穀潰しが存在出来ること自体が社会の豊かさの証左だ。

525 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 02:51:56 0
徴兵が実際国防に役に立つかどうかって話してんのに、
お前は役に立つかどうかはどうでもよくてニート排除したいだけ、ってのかよ
話にならんだろうが

526 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 02:52:46 0
>>525>>521あてな

527 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 05:10:36 0
>>524
所得税払って言えよゴミクズ(#^ω^)

528 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 07:27:53 0
さいきんのサヨクはどうもよくわからない
ネトウヨなんてものを仮想して叩きまくっているが
論理で勝てないとなると、必死に人格攻撃に走る
ゆとりだ、ニートだ、フリーターだ、人間のクズだって。
ネット論壇の意見に耳を貸そうとしない。
でも、そうやって、ネウヨネウヨと、さもやさしい左を気取っているようで
自分たちの言ってることは差別発言のオンパレード。
人権とはほどとおい思考に駆り立てらているんだよな
彼らの守りたいものって一体何なんだろって思うよ
でも答えは意外とシンプル、戦後の左翼利権だよね
さらにサヨクってなに?っつうと、答えは特亜にやさしいサヨクなのね
朝鮮ウヨクなわけだよ

529 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 08:42:13 0
>>524
投資とかしてるというなら、別に文句いわれないだろ。
つうか、個人投資家とかならニートとはいわん。
消費はしている、というなら、まず消費する元手をどうしているか
それが問題。
生活保護も、「働けない」ならニートとは言わん。
あれは一時的な処置策であって、働けるヤツがそこに永住されては困る。
生産に従事せず、消費だけするから問題だといわれているんだ。
「働かざるもの〜」は、消費はするが作物を作ったりはしない
そんな存在が周りからどう扱われるか、想像の範囲内だろ?

530 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 08:42:50 0
>>525
そう。限りある資源を消費しないでいてくれたら、まぁいてもいいけど。
食わない、息もしない、排泄もしない、とかなら
社会貢献してなくてもいいけど。
そもそもニートってのは、「働けない」じゃなくて「働きたくない」だろ?
そんなヤツをなんで保護しなきゃならないのか。
ひきこもりもしかりだよな。

531 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 08:50:12 0
>>528
もと派遣とかぶっ叩いてるのって、左翼の仕業なんだ?
ニートもひきこもりも、元派遣の中のわがまま連中も
まとめて廃物利用に供せば、社会も少しは清浄化すると思う。
そもそも労働差別しているのは経団連だからなぁ
それにのっかってるだけだよ。
批判したら非難が飛んでくるからねぇ。
経団連を批判するとサヨク、擁護してもサヨク
弱者(派遣やニート)を保護するとサヨク、バッシングしてもサヨク呼ばわり。
いったいウヨクとは何を主張したいんだろうか?

532 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 09:10:09 0
>>530
消費しているっつうことは誰かに金が入っているわけなんだがな
まあ、親の金だわな
でその金で企業は儲けてるわけだ
どうでもいいが

でニートに働けっつうのは簡単なんだが
それが、自発行為を促してるっつうより単にスケープゴートつくりだして
自分がすっきりしたいだけがみえみえだから問題なんだろ?
もっと理性的に考えて批判しろよ

533 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 09:13:16 0
>>531
おまえが感情的で衆愚を煽ってるから
内ゲバでもしたいサヨクなんじゃないかと思っただけだ

534 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 12:24:08 0
>>533
どっちかってと、サヨク呼ばわりされる方が多いけど
サヨクに属した覚えもなければ、同類と見られるのも
正直抵抗ありすぎて反発する。

ニートや元派遣を叩くのは、日本人の労働力を奪っている
経団連様に対抗してもらうためのものだな。
やつらは、日本人を労働力としてダメにして、より安い外国人を
流入させることを考えている。
ニートやおれらが奮起しないと、シナチョンの天下になるのじゃないか?
問題というのはソコさ。
ニートらを擁護すると、どうしても企業や国に対しての要求が強くなる。
それはダメ、でもニートらは保護しろ、ではシナチョンあたりに
国を売るしか道がないじゃないか。
国防するにも、ニートらあまった人的資源を投入するのもダメ。
いったいどうしろと…

535 :世界@名無史さん:2009/01/26(月) 19:47:19 0
ニートは消極的売国奴か。
働かないことで国益を損ない、消費し国を疲弊させるのに役立つ。
朝鮮系の息のかかった存在。

536 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 02:59:45 0
労働環境の悪化には眼を向けないのか。
ギリギリのところで踏ん張れる人間もいれば脱落する人間もいるんだよ。

どうして労働者の絶対数や賃金が減少してるのに大企業の内部留保は増えてるんだ?
こういう企業の纏め役である経団連なんかが率先して消費拡大のための行動を取るのが当然だろ?
こんな馬鹿馬鹿しい世の中で食い潰す金があるなら食い潰すだろうよ。

派遣先を拡大したのは企業に余裕を持たせて労働者に還元出来るようにするためだったはずで、労働コスト削った分を内部留保に回すためじゃなかったろ?
就労意欲を失わせるような企業の行動に謂わばサボタージュで応戦してるのがニートじゃないのかね。

この歪な労働環境で「とにかく働け」ってのは「奴隷になれ」とどう違うんだ?
その日の食い扶持だけ確保して明日をも知れずってのが人生ならそんなものぶっ壊したくもならないか?

537 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 03:07:25 0
いやぶっ壊しちゃ駄目だろ
合法的なクーデターが認められてるんだからとりあえず選挙行けよ

538 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 04:37:49 0
民主wwww

539 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 06:21:48 0
>>537
政治の問題じゃない。
自分の人生をぶっ壊すって話だよ。

その辺何処の政党も危機感全然足りない。

540 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 07:07:25 0
移民による労働者の水増しは、労働力の質低下で企業の技術力がおちる
安い労働力だけが売りのアメリカ型の企業競争力で生き残りは無理、日本の独自性を模索する必要性がある
さらに移民に技術教えても盗まれて帰えられるだけ、安全保障上の脅威も懸念される、いい事無しづくめ

しかし、国内のあぶれ労働者優先の企業では技術投資ができないため国際競争で負ける
結局、企業が生き残れなければ、経済破綻で国民は移民で海外に出るしかない、ちょうど今の韓国のようにね

単純に今必要なことは今までの民主導の経済任せの政治をやめて
官主導の一大政策転換が必要
ちょうど、鉄砲鍛冶が細工師にかわったように新たな雇用先を誘致しなきゃいけない
これを推進するにはまず人の意識をかえなきゃいけない
都会に夢を見るよう仕向けてきたメディア雑誌を統制するぐらいでいい
ジーンズ、ロック、ポップカルチャーを浸透させてきたGHQを見習うぐらいの覇気を見せてほしいものだ
これができなきゃ国としてもう危うい

とりあえず移民推進してる自民公明民主社民はつぶそう

541 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 07:49:35 0
>>540
政党つぶしても、経団連つぶさないと、その意思はなんら変わらんよ。
経団連は金で政権与党を操縦しているんだ。
政治献金の多寡をちらつかせるだけで、自民だろうと民主だろうと
従うしかなくなるって寸法だな。
ニートや派遣は、憎むなら第一に経団連、第二に自民だろう。今の段階では。

542 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 10:58:27 O
ニートは確実に逆恨みだろ
まあなにもかも他人のせいにする
アタマの腐った奴が多いんだろうがニートなんて

543 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 14:16:40 0
>>541
対立構造をつくってもだめ
ニート・派遣は全体から見れば少数派だし組織でもないのだから、煽ったところで
彼らの力で政権打倒はできないし、彼らの望みは絶対叶えられない
へたに大風呂敷ひろげてニート・派遣の面倒をみると言ってみても結局しわよせがくるだけ。
これで大企業がつぶれれば国民の怨嗟はさらにニート・派遣を襲うし
それどころか煽っておきながら職を確保できないなら、ニート・派遣にさえ恨まれるだろう
知識人をつぶしても決して経済がよくならないのは共産主義の失敗を見ても分かる

全体的に経済的に苦しくなっているのは事実
大企業はしばらく支援しなければいけない。
しかし、より大事なのは長期的な計画だよ、
今のニート・派遣はさておき、新たなニート・派遣を産み出さないことが先決で
教育と新事業の一大プロジェクトを立てたほうがいいね
ニート・派遣は移民がやってた、コンビニや受付を手当つきであてればいい。
在日特権あたえてたのをまわせばいいだろ

544 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 15:19:00 0
>>543
じゃあやっぱりニートひきこもりには、美しくその場で自害していただくのがいいのかね。
まぁ、フランス革命も、庶民の我慢の限界が、その先にある保障されない未知の
正義とやらの幻想によっておこり、しかも乱後、それは見事に空絵事として
彼らに叩きつけられたからねぇ。
学や能力ない庶民では、破壊はできても構築ができない。
ニートらに期待するのは破壊だが、数が少ないんじゃそれすら無理。
ほんと、社会のお荷物ですね〜。

自分としては企業がではなく国が、公共事業なりを用意すればいいんじゃないかとか
そう思ってたりするが、昨今の元派遣らの態度を見ていると、どうもね…
それにニートとはそもそも働く意思のない連中をさしており、無職者をいうのでは
ないから、それらをなんらかの労働に従事させるには、もはや強制しか…
在日特権は置いとくとしても、外国人労働者誘致は、それに無関係では
ないからなぁ。

545 :世界@名無史さん:2009/01/27(火) 15:42:21 0
>>544
社会のお荷物って意識はかえないといけない
統制経済によって経済をある程度国家の枠組みで囲むのだから
もちつもたれつの運命共同体として認識すればいい。
これで彼らの自尊心というか、社会的立場は確保される。
また、あるいみ失業難民を産み出した原因は戦後の平和ボケとゆとり教育にあるのだから
それを憎むべき対象とすることで彼らへの非難をやわらげることもできる
あと、処遇としては、ニート・派遣はほぼ強制的に雑多な仕事に従事させる、どんなに学歴があっても。
つまり、職の自由の制限。職の斡旋を一括管理してランダムに割り振る。
(もちろん、職にあぶれている人のみ)
それで一定の素質がみとめられれば、その他の人と同様の転職を許していく。

もちろん、これは一時的な措置で、新たなニート・派遣を産み出すようなことがあれば
これらのニート・派遣救援対策はかえって財政を圧迫することになるから
教育や事業の対策を第一にして、その補償としてつくらなければいけないと思うがね

546 :世界@名無史さん:2009/01/29(木) 02:36:27 0
大企業は「必要だから内部留保を維持してるんだ」って言い訳する。
だけど、どれだけその資金でいい物造ったって国民全体の可処分所得が減少してたら売れるものも売れないのは火を見るより明らか。
既に自動車や旅行業界が立ち行かなくなって来てるだろ。

資金は循環させなければ意味がない(経済の血液と呼ばれる所以)。
それをしない方向に企業を持って行く経営者ばっかりだからいつまで経っても不況が終わらないんだ。
強権的手法を用いてでも資金の循環を回復させないとどうしようもない。
既存の政党にその覚悟があるか?
国会での駆け引きや次期政権の行方を巡って行動してるだけの能無しに。

とにかくどうにかして1947年以降積み重ねられて来た政治・経済の仕組みを大転換しないと無理なところに来てるんだよ。
民主党が英労働党くらいまともだったら支持してもいいんだが。
あそこは利権政治家と極左の野合政党だろ。

今後20年のうちに日本がファッショ化してても俺は全然驚かないね。

547 :世界@名無史さん:2009/01/29(木) 06:54:24 0
金でしか経済を回せないってのもどうかしてると思うがな
人間お互いに普段から何かをかわしあって生きているもんだ
金のかわしあいだけが経済というのなら、それは一側面しか見て無さ過ぎる。
経済学というのは、ある仮定の上に成り立っているにすぎない
他の要因に仮定が束縛されない程度の範囲でしか応用されえない。
経済学は学問だが科学じゃない、疑似科学と言っていい。
人がそれを妥当だと信じている内でのみ機能する。
不況が気分でおこるというのも学問の研究の結果、知り得た結論というより
はじめから分かっていた当たり前の道理だ。
なんせ、経済学ではある賢明な経済人を仮定して組み立てられた理論なんだから。
人がほしくないものを経済回すためにわざわざ買うわけがない。
グリンピアなんていきたくもない子供をつれていけるわけがない
日曜は経済学教を信じてグリンピア教会に賛美歌でも歌いに通えってか
それこそ経済ファッショだろ

548 :世界@名無史さん:2009/01/29(木) 07:12:39 0
マクロで大衆を管理可能にするにはお金が手っ取り早い媒体だろうけどな


549 :世界@名無史さん:2009/01/30(金) 04:33:51 0
>>547
資金の話に絞って話してるんだよ。
欲しいものを買えるようにするために資金を回すんじゃないか。

主張が主客転倒してないか?

550 :世界@名無史さん:2009/01/30(金) 06:57:56 0
信用が減ったら、資金も膨らませられないんだが?

551 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 04:10:29 0
そもそもバブル経済はその起源(南海泡沫事件)がそうだったように、投機とそれに伴う信用の過剰な膨張が特徴。
日本の土地・株価のバブルだってそういうことだったじゃないか。

信用によって本来の価値以上の資金を回して利潤を追求するのが「バブル」なわけだ。
バブル崩壊で「何兆円が消えた」とかじゃなく単に「額面上の取引きが不可能になった」だけ。

今回のアメリカ発の信用バブル崩壊は「世界最大の経済大国に於いて信用取引が危険な行為になった」という点が深刻なんだよ。

で、労働者=消費者に資金を回すのは言ってみれば需要喚起のための投資じゃないか。
技術開発や設備投資に劣らず重要な意味を持つ「投資」なんだよ。
市場が縮小してるのを座視するような企業なら退場して貰って結構。
定額給付金だってそのための政策じゃないか。

一度信用に基づいた経済システムが崩壊した以上、実体経済の活性化によってそれを回復させる他はない。
特に生産業やサーヴィス業は苦しくとも経済の底支えをする責任があるし、政府もそれを支援する必要がある。

結局単純な理屈なのに(俺は経済学学んでない)誰も動かないから事態がズルズル悪化してるんじゃないか。
専門的な教育を受けた政治家や経済官僚や企業の経営者がこの程度の認識を持ってないとしたら問題だし、分かってて放置してるなら万死に値する。

百年に一度の経済危機なら百年に一度の解決策を実行しろよと。

552 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 09:00:07 0
できない
日本という国は、強い政策ほど強力な支持基盤が必要になるからだ
弱体化した自民党の、さらに立場の弱い麻生内閣が今できることはなにもない
ほかの首相や、野党に政権が移ってもこれは同じこと
挙国一致で事態に当たることがいまの日本にはまったくできない

日本の政治機能マヒは、誰かを叩いて降ろせば解決するほど
軽い問題ではないということだ
はっきり言って国家存亡の危機

553 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 10:09:45 0
>>百年に一度の経済危機なら百年に一度の解決策を実行しろよと。

そのとき、誰が百年に一度のリスクを背負うか、というところで
躊躇しているのだろう。
誰か一人が、ではなく誰が最初に、というところで。
従業員リストラで様子をみようとしているわけだが、これは
>>551の言う、消費の喚起とは真逆の行為。
これでは企業の一時的な倒産対策にはなっても、個人の生活保障には
ならない。収入源を奪っているわけだから。
それは長い目で見れば、消費の低迷を招く苗床。社会にいいはずはないが…
壊すのは簡単だが、再生するのは多くの人間の、つまり主体的意思の集合体
である人間社会そのものの、意思というものが必要になるのだけど
それは歴史的に見て、口でどうこう啓蒙しても、目覚めない場合がおおい。
そういうときは、基本、極貧の淵に立たされ、生きるか死ぬかを間近にしないと
得られないもの。
国家は滅びても、人がいればまた建てればいいが、人が餓死したら
国家も経済もなんの価値もなくなるからね。

そこまで今は行ってはいない。そのときの百年に一度の解決策とは… … …
誰も、自分だけ損したり割を食いたくないからそんな解決策など実行できないだろう。

554 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 12:13:07 0
>>551
もう結構見てる人いるがこれ見て
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1256333
長いよ

お金はもともと信用によって膨らんでいるもの
膨らませないと、我々は銀行でお金を下ろすことも借りることもできない
その不便さを受け入れるなら19世紀以降の人類の栄華を捨てなければならない
誰もそれに賛同しないだろう
経済危機ってのは生まれるべくして生まれる

要は音楽がなりやんだどき誰かが席に座れなくなるかだ
今まではたいてい戦争で債務を消してきた
イラク戦争で日本のイラクに対する債権もアメリカによって消されたらしい

でも戦争反対ってなっている今、誰が席に座れなくなるか
思うに世界の下層階級だよ。でなきゃ中国の90%の人民か

アメリカのマネーゲームは信用をあまりに軽んじたひどい政策だったけど
信用のあるものに投資する堅実な政策をしても結局はじわじわ経済は圧迫されていくんだよ
人はほしいものか安いものしか買わないからね


555 :世界@名無史さん:2009/01/31(土) 12:27:22 0
今必要なのは徳政令
っていってもアメリカの莫大な米国債をちゃらにされてよろこぶのは
アメリカぐらいだわ
国際的にどう徳政令を課していくか、それが大事だが
軍事によって決める(アメリカ有利)、
全人類による多数決によって決める(中国有利)、
主権を存する国の多数決によって決める(ブロック化がすすむ)
どれによって決めるか、みんなが一致した見解がないかぎり
なしくずしに力の外交によって決めれていくだろうね。
まあ、日本は絶望的です。世界の財布だからね

556 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 04:31:41 0
色々意見が出てるけど、信用経済の失墜が19世紀レヴェルの経済規模しか保障出来ないんであれば、そこからはみ出した国家は滅亡か衰退するしかない。
日本が生き残るためには他国を出し抜くようなドラスティックな変革しか道はない。
労働者の首を斬るのは次の決算には有益かも知れないが、それ以上の意義などない。

低額給付金がどうとか国会でやってる場合じゃないのに。
言ったらラムゼイ・マクドナルドの時みたいな挙国一致内閣が必要ですらある。
去年「自・民大連立」を蹴った連中はもう引退して欲しいね。

とにかくコスト削減の名目で労働者の数を減らすのは市場を縮小させて結局自分の首を絞める経営方針だってことを企業の経営者は弁えないと後々大変なことになるよ。
大戦争が起こった時にWWUのスウェーデンやスイスみたいにじっと耐え忍ぶ根気が日本人にあるかね。

557 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 08:02:47 0
>労働者の首を斬るのは次の決算には有益かも知れないが、それ以上の意義などない。
すべての労働者を保護しろと。
ということは企業は国際競争力を失って、国家経済が一気に破綻しかねないということだぞ?
国民は暴動をおこすだろうな
狂気の中、熱にうかされて他国に侵略なんてことも・・。

>大戦争が起こった時にWWUのスウェーデンやスイスみたいにじっと耐え忍ぶ根気が日本人にあるかね。
少しの犠牲はあっても堪え忍べと。
なら、少しの労働者くらいは切ってもより多くの利益を守らなきゃな
派遣・ニートごめんねということ。

矛盾してね?

558 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 08:20:03 0
先の大戦も、世界不況の煽りくらって貧困層が増えすぎて
売春や身売りをする人が増えまくって、それを見かねた青年将校が昭和維新だって暴発したのが原因だからな
そんでなんとか国民の生活を維持しようってんで満洲開拓だの南米移民だの打ち出して
満洲の国民の安全を守るための軍隊が派遣され、これまたやっぱり貧困の支那人を代弁するかたちで
日本軍にちょっかいをだして宣戦布告もないまま事変がつづいていってアメリカとの対立が深まったってかんじだからなあ

559 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 09:15:58 0
>>557
>>すべての労働者を保護しろと。

今現在ニートやひきこもりの役立たずには、華麗に切腹でもしてもらって
新たな労働難民としての受け皿を設けておけばいいよ。
ニートなどと違って、将来的にも働きたいと思っているだろうから
人手不足の予備員として。ああ、そのためには派遣労働法も多少
変えないといけなくなるが。
国際競争力? 国内が不安定でなにが国際か。
砂上の楼閣というんだよ、そういうのは。
他国の侵略?
国際国家なら外交折衝で乗り切れるだろ。外交官はそれだけの手腕と識見を
もっていて当然だからな。
それでも潰えるというなら、それまでの国家だったってことだ。
我々国民は、また新たな国家を作ればいい。

560 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 09:46:00 0
現状認識が甘すぎるんだよなあ

今までの日本はアメリカが湯水のように信用貸し付けをしまくったから
アメリカ国内に金が異常に溢れて景気がよくなったために、日本の輸出製品を買ってくれて
なんとかじわじわ景気回復できてたんだよ。よく内需があるといわれるが、国内中小企業の製品を
大企業が買ってくれたから市場として成り立っていたにすぎない。
もし中小企業が破綻すれば、ほとんどの庶民に金が行かない。
国内のPC市場だって携帯市場だって一気収縮する。

確かに、中国の安い労働力で製品をつくられなければそういった市場でさえ形成されないが、
そんな安い製品を買うにしても、買うための金はアメリカから流れてきたものであることにきづくべき。

つまり、大企業がつぶれれば、日本は終わりなんだよ。
大企業が海外で製品を売るには経済戦争をいきぬく開発費が必須。
なのに、労働者優先で開発費をきりつめてたら、とたんに製品がうれなくなる。
それでもさらに労働者を養ってたら破産だよ。
日本の国家予算を誰が払うんだよ。社会保障インフラ諸経費を誰が賄うんだよ
誰が一般庶民の給料を払ってくれるんだよ

日本の企業がつぶれても、外国がそれを買ってくれるから問題ない?
雇用は維持される?
わざわざ海外企業が優秀でもない国内の労働者雇うか?
さらに労働者は外国語話す能力が必須になるぞ
そんなんならはじめから海外に出て働けよ
なんで派遣ニートは国内で働こうとしてんだよってことだろが。
新たな国家つくる覚悟があるんなら、おまえが外国に出ろ

561 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 10:12:45 0
それとも何か
海外にでるのは優秀な日本の人材のほうだってわけか?
そりゃ優秀だから外国語も早くおぼえられて他国にとけこむのも早いだろうな
でも、それなら、金のない一般人しかいない日本市場に誰も興味をもたないな
つまり、就職先がない。金が入ってこないから文明的な生活なんて期待するなよ
馬鹿な人材でもできる仕事しかまわってこない。安い労働力化するだけだ。
戦後築き上げてきた日本の崩壊、江戸時代に戻る、いいすぎか、明治あたりにもどるだろうな
それで、戦力も持たない、弱小国家化して
尖閣諸島の領有権も主張できないままフィリピンのように絶対とられるな
沖ノ鳥島も領土をとりけされて、じわじわ国境線が狭くなってくると同時に
日本漁業関係者も漁獲量がへっていくわけだ。
おそらく、インドネシアなみの経済圏になって、中国人にこきつかわれる生活しかできまい。
商売できないだろ、日本人は。

562 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 13:30:56 0
>>経済戦争をいきぬく開発費が必須。 なのに、労働者優先で開発費をきりつめてたら
>>誰が一般庶民の給料を払ってくれるんだよ

労働者切っておいて給料もくそもないんだがな。
当然その分の収税にもかかわってくるし、なんか言ってること本末転倒してないか?
つまるところ、大企業を生かすためにお前ら肥やしになれ、ってことだろが。
それでいいじゃないか。
ニートひきこもり労働あぶれは、とりあえず消えてなくなれ、ということで。

あとに残る優秀な人材が、新生日本を引っ張っていけばいい。
残れないのは残れないヤツの自己責任だからな。
死ぬも生きるも自業自得だろ。

563 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 13:52:59 0
>労働者切っておいて給料もくそもないんだがな。

おいおい、全国民の何%だ?
失業率5%でもひどいと言われるがされど5%じゃないか
国家破綻したら、5%以下にとどまるか計算しなくても分かるよな


>ニートひきこもり労働あぶれは、とりあえず消えてなくなれ、ということで。

許されるわけがないだろ
強制といわれるかもしれんが、嫌な仕事かもしれんが無理矢理にでも働かせることは彼らのためであり全体にも資する
低能の彼らを歯がゆく思うのも仕方ないが未来志向でいかなければならん。


564 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 18:03:33 0
>>563
いや、あんたその5%をどうしたいのさ?
生きろというなら、収入が必要だし、収入のためには職が必要。
しかし労働者を優先してはいけないんだろ?
じゃあもう消すしかないじゃないか。
別に、積極的に消さなくても、収入がなければ食物は買えない道理。
農業といっても、日本は農地に恵まれてはいないし、できても
食すまでには時間がかかる。
ほっておいても消える存在だぜ?
無理やりに働かせる器を最初から提供せず、働け? なに言ってんの?

565 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 18:12:34 0
国会で青少年総合対策推進法案が提出されているが
ニートのような、そもそも働く意欲がまったくない人種に対しての
意識改革のためのものだな。結局。
働きたくなるよう説得するのだろうが、実際の働き場を提供したりはしない。
手足を縛ってさぁ歩け、といっているようなもの。
すごいサドプレイですね。

566 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 18:42:50 0
まずハロワに来てくれなきゃ実体すら把握できねえからだろうがバカ

567 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 18:59:52 0
なるほど、実態を把握してまとめて消すんですね。
さすがです。

568 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 19:01:30 0
あのさあ、その5%、本気で就職不可能だとおもう?
アフリカの労働者なみの待遇の最低の雇用口さえないの?
死ぬ気で働こうと思えばあるんだよ
働いて死ね
でなきゃ体でも売れ
おしりの穴でご奉仕するだけで一回につき万単位入るぜw

派遣もさあ、ほんとにその仕事やりたいのか?
競争社会じゃ定員があるんだ、人間あきらめが肝心、あきらめろよ
田舎じゃ若者が来ないってなげいてるのに
都会じゃイラナイ若者おおすぎだろ地方でいもでもつくれよ
それで生きていけるだろ

569 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 19:13:32 0
>>568
どっちにしろ、そうするハードルが高いことには違いないだろ。
自分がそれをできるか、と言われれば難しい。
多くのあぶれ者は、そんな高いハードル越える気概など持ち合わせてはいまいよ。
ならどういう行動を取るか。
生きるために、他人から奪う。これだろう。
なら、そんな社会秩序を擾乱する分子など、まとめて排除でいいじゃないか。
無理に働かそうとしても逆効果なら、そうするのが社会のためだ。
もっとも、お国がなにかの単純生産活動に従事できる器を設けられれば、
そこにまとめて放り込む、という解決策はあるが。
ボランティアがやっているようなことに、今更金はださんだろうし、肉体労働系も
派遣なりアルバイトなりがあるから、それらの場を奪うこともできまい。
結局、あぶれ者はあぶれ者として処理されなければならんのさ。

570 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 20:02:31 0
>>569
とりあえず、日本では毎年三万人自殺してるんだわ
毎年都市ひとつまるごとなくなってるようなものなんだね すごー ぃ
餓死者もあるよ
そのくせ移民をうけいれようとしてたり、在日特権なんてやってる
日本にゃ他国籍さまの面倒みるほど金はあまっちゃいないのにね
しかも出生率1切っちゃったってどんだけ日本人住みにくいんだよ日本www

とにかく、戦後教育であまやかされてきたできそこないどもは
はやいとこ間引かないといけないな、そいつらを作ったやつらの責任で

まあそんなことも言ってられないので
何かせないかんのだが、戦争はできないしってなると
国内で重労働か、ユダヤ・華僑のように世界に雄飛するしかあるまい。
心優しい日本人から、どんよくな商売人に変わらないかぎり生き残るのは無理。


571 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 20:31:24 0
>>570
つまり戦後の日本国にとって、日本国民は日本人でなければならない
という意識はないのだということだな。
日本の国土と政府と経済成長で得た企業という屋台骨さえ確保されれば、
日本人が生きようが死のうが、本音ではどうでもいい。
国民の人口が足りなくなれば、外国から誘致する。
そのとき、労働賃金を安くできるなら、なおおいしい。そんな時代だな。

572 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 21:16:35 0
>>571
おれはそんなこと言ってないからな

在日特権は日本のサヨクの組織票のせいだし
移民は相手国の市場にお邪魔しているせいで
向こうの無駄な人員をこっちにまわそうって取引してるだけだろ、どうせ。
まあ、これにもサヨクはからんでるけど。

戦後初期は思想家がいたが、60年代くらいから政治は企業の要請によって運営されてただけで
政治家は何も考えちゃいないよ。考えるとまた戦争か!て叩かれたからね。
企業が、戦争こりごり、生活をよくしたいっていう国民の願望にこたえるためにがんばってた。
でもバブルで経済崩壊、終身雇用制からリストラOKになっちゃったから
政治は戦争する度胸もなくペコペコ外交し、国民の生活すらめんどうみられなくなった。それだけ。


573 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 21:53:03 0
どうも今までもっともらしいことを言っていたようだが
その本性は、サヨクとかのせいにしたいだけだろw
どうりで、言っていることに定見がないと思ったわ。
サヨクやウヨクのせいにして事がすむなら、そんな安いことはない。
ところで聞くが、サヨクとはどんな人種を指して言うのか?
ネトウヨにニートが多いとは聞くが…
そのニートも在日がほとんどとか言うしなぁ。
まったく実態がわからんw

574 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:02:54 0
アホウはすぐ自分が理解できる単語だけで話をしようとするね

575 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:09:13 0
えっと、だれかのせいにするのが嫌なら
戦争を大日本帝国のせいにしてる今の日本はなんなの?

それに
サヨクのゆとり教育がスキなの?
だいじょうぶだよ、それでいいんだよ、そのままでいいんだよ
成績に順番つけるのは差別だ、かけっこもみんあ一番にすべきだ

こんな教育に税金つかってんだぜ?

サヨクつぶしてもたいして金は浮かないが
サヨクつぶさないとニート派遣が量産されるんだが。

576 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:18:32 0
>>575
だが、「派遣に職を」と言っているのはおまえらの言うサヨクなのだが…
派遣村のこと、もう忘れたのか鳥頭w
派遣やニートに痛烈な自己責任理論を押し付けているのはサヨクなのか?
ちゃんと目は開いているのか?
首の上にはかぼちゃでも乗っているのか?
生きろよ、ニートw 生きて仕事しろ。

577 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:24:35 0
サヨクとは大日本帝国と同列に並べていい組織でもあるのかね。
サヨクがかった〜〜という組織、団体というならまだしも
ひと括りにするとはお粗末だな。
まだ経団連が悪い、とか言っているほうが特定と問題を浮き彫りにできてよいわw

578 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:25:39 0
>>576
おまえは馬鹿か?
派遣村はサヨクの勧誘行為だって問題になってたろ
それに派遣に反対しているのがすべてサヨクだとおもってるとしたら
頭がめでたすぎるよ

579 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:30:00 0
子供は天使だとかいって感情のなすがままに猫かわいがりした結果
10年後にぶさいくの役立たずが完成
職もないままさ迷ってるのを今度は「労働者に職を」と乞食してるサヨクに迎合
どこまで報われないこどもたちなんだい君たちは
戦後教育の奇形児www生まれて来なきゃよかったね

580 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 22:55:28 0
おまえが?

581 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 23:04:21 0
>>578
べつに「すべて」なんて思ってもなければ言ってもいない。
だが少なくとも、行動にあらわしているのは、おまえらの言う「サヨク」だがなw
出汁にはしているだろうが、表向きは味方なんだぜ、おまえらニートの。
ウヨというか、一部の保守系の人らは、もと派遣やニートに何を言っている?
自己責任、自業自得だろ? 本音では消えてなくなれ、かもな。
おまえはそれに反対したいんだろ。
じゃあ、おまえの主張はその連中からしたら、なにに分類される?
サヨクだろうが! ばっかかw

582 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 23:10:53 0
>>581
そりゃ大人になったら自己責任は当たり前だろ
そう思うよ。でもほっといたらいけないとも思う。
自己責任とするのがおかしいといってすべて政府に責任転嫁のサヨクにはついていけないなあ
こいつら味方なのか?
耳障りのいい言葉についていって結局被害をこうむる、こういうのを
たいてい人は詐欺にひっかかるっていうよ

583 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 23:20:02 0
>>582
あれれ〜?
いつ自己責任がおかしいなんて言いましたか?
それを突き詰めて、働く意思の「ない」ニートには
静かに消えてもらうことを主張しているんだよ、国家のために。
でもあんたは、生かしたいと思っている。
しかし生かす方策はなきに等しい。
高いハードルを設けても、それを生かしたい人らが越えられなければ
消しているのと同じことだよ。
結局自己責任で、死んだら努力が足りないって言うのだろう?
それだけのハードルを越せられるものが、そうそうニートになどなるかw
サヨクは企業や政府に無理を言って、多くのもと派遣やニートが困難少なく
生かせるように仕向け、なろうことかその利権にあずかろうとしているが、
君の主張はやはり、手足を縛って歩けと言っているに等しい。
詐欺以前の無理難題だな。

584 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 23:30:55 0
>>583
できるかできないかやってみないと分からないと思うけどな
要するに派遣もニートもやってもないのに無理だ〜
現状維持したい〜って思ってる点ではいっしょだな
教育のせいかしらないけど
こういう無気力くんたちが最近多いらしいね
だから強制的に単純作業労働すればいいよ
いつか慣れるよ

585 :世界@名無史さん:2009/02/01(日) 23:40:55 0
教育によって君らももっと高度な人材になれたら、海外にいっても
諸手を挙げて歓迎されたんだろうけど、ただ生きたいってだけの家畜なみの根性だから価値がないんだよ。
学校で実力がすべてだと教わらなかったんだから仕方ないよね、ああかわいそう
自然界ってのは弱肉強食
生きたいって力が強くないと生きれないんだよ
去勢されて餌を与えてもらって生きてきたから生き方が分からないんだね
飼い主にかみついて殺されな

自分の価値が分かったら、明日からそんな自分でも
こんな単純労働させてもらえるなんてなんてすばらしい日本なんだと感謝しながら、精をだしてくださいな
ごはんがおいしいよ

586 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 00:02:13 0
高度な家畜になるための教育。
統一された家畜は、行動や思想を制御しやすい。
経済の復興と発展、そのもっとも簡単にして効率よい方法を世界に示した。

587 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 00:10:11 0
なら、君は家畜以下だ。ボウフラ?

588 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 00:46:44 0
家畜が嫌なら指導者になってみるかね
その気も能力もないくせに、不平と自虐はいっちょまえ
情けないことこの上ない

589 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 01:27:37 0
何か妙に伸びてるが、どこだかのレスで「内部留保増やしといて市場の縮小に直結する労働者削減は不合理じゃね?」ってことを俺は言ったんだけど。
「労働コストは或る意味消費を増やすための投資だ」とも書いた。

要するに企業の都合も労働者の都合も両立させる上手い方法を編み出さないとどうしようもないんだよ。
現状、企業の側が強者だから首切りで対応してるけど長い眼で見れば自分たち自身の首を絞めることになる。
それを理解出来ない経営者なら無能だと。

何か間違ったこと言ってる?

実体経済を浮揚させるためには多くの労働者を吸収し、尚且つ無意味な予算の垂れ流しでない将来に繋がる事業を国家レヴェルで立ち上げるしかない。
政治家がそれを思い付かなかったり実行出来なかったりするようなら日本は普通に沈没するだろうね。
日本だけでなく世界中で沈没する国が続出するだろうけど。


極論は誰かを挑発するのには役立つだろうけど実行なんて出来ないだろ。
議論のための議論は(するなとは言わないが)解決策なんて生み出さない。

第二次大戦後辺りの経済規模で世界が止まってれば環境問題も雇用問題もこんなに深刻にはならなかっただろうが、「豊かになりたい」で世界中の国が経済規模の拡大に努めて来たんだからもう「引き返し不能地点」を過ぎちゃったのかもね。

590 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 01:56:47 0
無意味な予算ねえ
実務に携わらない外野から見ればそりゃ
なんでもかんでも無駄で余計に見えるんだろうよ、そうだろうとも

いいんだよ、好き放題ケチつけて
せいぜい役所を貧乏所帯にしてやれば
それをする権利を、知識もなんにもない
無脳国民に与えるのがミンシュシュギだからな

けど、そうやって出血を恐れるあまり、
強く縛りすぎて壊死して死んだ国は数知れない
国家運営とは通常業務という
絶え間ない身体維持機能なくしては生きられない
目の前の危機に目が眩んでそのことを忘れた国は、
例外なく滅んできた

税金の無駄使いと口にするときは、そのことを忘れないでもらいたいものだ
それが無駄かどうか、自分はそれをどれほど理解していてなにをもって無駄とするのか
日本の存亡に関わることだからな
なにせこの国はミンシュシュギ国家だ

591 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 02:00:04 0
全部を無意味だといってるわけではなかろ
血税で簡保の宿建てて12億かかったのを1万で売るような使い方が無意味だってだけで
わざわざ曲解すんなや

592 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 03:24:28 0
>>590
君、もしや公務員?

593 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 04:03:22 0
>>590
そうそう、「無意味な予算の垂れ流し」が問題なのは、法人税も所得税も伸びが期待出来ない以上最低限の資金で最大限の経済効果を挙げる必要があるから、なんだぜ。
役所の仕事が全部無駄だという意味で書いたわけじゃないし、公共施設の必要性を否定したわけでもない。
「少なくとも国民の役に立つ最良の予算を組んでくれ」ってことだ。

それこそが霞ヶ関の偉い人に国民が望んでることじゃないのかね?
国民の生活を改善出来るなら少々の悪徳にだって眼を瞑る。
本来必要な政策さえ立案出来ないなら無能な公務員にも路頭に迷って貰いたいと思うのは当然だろ。

594 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 09:21:02 0
>>589
間違ってはいない。
ただ、現状でさえ、「おにぎり食べたい」と言って死んでいく人が在る以上
それが「今は」まだ多くなくとも、減らすではなく、なくす責務が国家にはあるんだ
ミンシュシュギならば、な。
しかし無能無知な国民が、国家に責任を負わすのがだめだというならば
そのような食い詰めのあぶれ者は、社会秩序を惑わす前に、消えてもらうしかない。
両立されるのが難しいなら、一方は消えるのが世の摂理。

595 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 10:41:10 0
>>589
> 実体経済を浮揚させるためには多くの労働者を吸収し、尚且つ無意味な予算の垂れ流しでない将来に繋がる事業を国家レヴェルで立ち上げるしかない。

日本全国に前方後円墳でもつくってみるか?

古代日本の一大事業、古代版ニューディール政策。
しかも労働者の集中による言語統一、文化浸透、物資搬入のためのインフラ整備。
などなど、いいこと目白押しだったと思うぞ。

ああ、つくらなくても現在残ってるのを上の木々を伐採して、きれいに石を葺きなおせば、それでまた古代同様輝いて見えると思う。

596 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 14:37:36 0
>>593
実際に路頭に迷うのは予算案にはなんの関わりもない下級役人で、
実際に支障をきたすのは国民に直接関わりのある
ライフラインやサービスなんだがな
交番が潰れたり地方道が地割れを起こしたり、
すでに抹消から崩壊し始めてる

ま、結局ない袖は振れないってことなんだけどね
潤沢な行政サービスを支えられる
豊かな日本はもう過去のものってわけだ
国土の隅々まで整備を行き渡らせることはもはやできない、
二流国への衰退が始まってるってことなんだろうね

597 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 20:00:05 0
>>590
知識もなんにもない無脳国民の中から、
君のように優秀な人が輩出されたことに希望を感じるよ。

598 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 21:43:35 0
日本の民主主義を否定したがっている、いや哂っている人がいるな。
国際調整も外交折衝と経済でおこなう庶民には平和な国でいいと思うがな。
つうか、兵役とか言い出すととたんに否定論起こるのに軍備の増強とか
言うんだもんな。
そんなわがまま言えるのも、民主主義ならではだなぁ。
民主主義のいいところってのは、無能無知な国民が
それぞれの義務を果たした上で、それぞれの権利を上に主張できるところにある。
庶民が政治に意見するのにスペシャリストである必要はない。
今自分がこれだけのことをしたから、こうしたい、こうすればよいと
意見でき、それを調整するのが政治家の役目でしかない。
政治家なんつうのは、それと、集めた税金を1円まで詳らかにしていればいいのさ。
それをせず、国民が意思を伝達せずにいるから、不当ともいえるような
富の偏りが生じ、そこに階層化が生まれる。
まぁ、民主主義の精神でいけば、お上を神聖視してまかせっきりにした
その責任は国民にある、といえるわけだな。
さぁ今こそ、立てよ国民。

599 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 22:01:52 0
義務を果たさず権利意識ばかり肥大させ続ける民衆が
あるとき堰を切ったように政治の領分に雪崩れこんだらどうなるか


日本の終わりはそう遠くはなさそうです

600 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 22:09:10 0
無いな
日本人は伝統的に政治的な民族ではないから
いや政治的な民族というのがそもそもそう多くないんだけどな

金持ちが儲けてるとむかつく
役人がやることなすことむかつく
誰かがなんか汚いことして儲けてるとむかつく
政治家はろくでもないことばっかりしててむかつく
得体の知れないやつらが集まってなんかしてるとむかつく

けど、自分ではなにもしない
そうだろう?

601 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 22:20:33 0
そんなだから日本はいわゆるデモクラティックパーティーが育たないんだよな
ミンスみたいなアンチ与党なだけのまがい物や、社民みたいな白痴の集まりばかりで

共産? アカはおひきとりください

602 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 22:22:51 0
>>600
>>けど、自分ではなにもしない

一応、民主主義(くどい)なら納税と社会生産の貢献が義務か。
普通に就労していれば、その双方は果たしていることになる。
一応、文句をいう権利wは得ることになる。
話は戻るが、ニートはその義務を自ら放棄していることになる。
つまり、日本国民でなくていい、と言っているから
社会のお荷物となるんだ。
そいつらはなにも主張できないんだが、一般の国民はそうではない。
そこを掣肘しようとするのは傲慢でしかない。
もっとも、民主主義でなく北朝鮮のような独裁色が強くなってしまえばいざ知らず。

603 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 22:45:50 0
底辺のくせに上から目線で議論ってのが笑えるよな

604 :世界@名無史さん:2009/02/02(月) 23:33:23 0
>>603
納税者なら一介の庶民でも一応、政治家よりは立場上だよ。
あくまで建前で、発言力など個々人にはないが。
発言力を得るためには衆にならないといけなく、
衆となるには、建前を武器にするしかない。
でも、その建前でコントロールしない、つまり政治的無関心
に陥ると、結局痛い目みるのは自分らになる。
そうなってから、政治が悪いとか…w

605 :世界@名無史さん:2009/02/03(火) 02:33:18 0
上流下流って言い直さないと駄目か?

606 :世界@名無史さん:2009/02/03(火) 02:54:07 0
物事を弁えてニートやってる人間なら「義務を拒絶する」が「権利を放棄する」と表裏一体だってことくらい分かってるだろ。
食い扶持がなくなったら首縊る覚悟くらいはあるだろ。
そういうのには別に言うことないだろよ。

怠け放題で、終いにゃ他人の税金で養って貰おうなんて輩には何か考えて欲しいが。

607 :世界@名無史さん:2009/02/03(火) 08:44:51 0
>>605
Winnyかよ。
言いたいことがあるなら、エスパー会話してないで、書けば?

608 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 04:33:07 0
日本という国自体は属国に近い扱いを受けているかもしれない
しかし天皇だけは違う
アメリカ合衆国大統領は天皇と接する際
イギリス国王・ローマ教皇と同様の世界最高級の礼遇を行う
それは昭和天皇―マッカーサー会談の際にアメリカが天皇の正体を
知ってしまったからである

詳しくはアカシャ美術館
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

609 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 05:09:23 0
でもアメリカってやっぱスゲーや・・・・だってあのモンゴル帝国も大英帝国も歴代中国王朝も倒せなかった神国日本を
木端微塵に粉砕して占領しちまったからな・・・
日本史知ればつくづく思うが日本が最も関わりを深めた国はアメリカだろうな

610 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 05:38:13 0
ま、実際侵略しつくそうとするとえれー大変なのは事実だよ日本は
前近代的な軍事力では日本を攻め滅ぼすのは不可能に近い
日本鎮定は長距離爆撃機があって始めてできたことだ

611 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 07:06:46 0
関連スレ
EU,アメリカカナダ,豪州NZと日本は、合併して一つ!
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1230641569/
より
EUとアメリカカナダと豪州NZと日本は、合併して一つの国になったほうが良いと真剣に考えています。

もともと日本は文明国でありながら、世界を知らない議員があまりにも多く、
教育・法律においてもあまりにも恥ずべき対策が成されています。

これからの世界は、福沢諭吉さんが目指した「真」の意味での脱亜入欧を真剣に考え、
日本が国民にとって自由でリベラルで住みやすいライフスタイルが確立できる国になるように
世界に対しても働きかけていくべきではないでしょうか?

そのためには、アメリカ、EU、カナダ、オーストラリア、NZおよび日本国で成る
連邦国家を建設すべきなのです。

この冬、私は視察のためにも1月中旬までEUを再び旅行してまいります。

共に歩む、文明国家連邦として。

米国の信頼回復のためにも、第3世界との協調を図るためにも、オバマさんにもメッセージを伝え、働きかけていきたい。

真の改革者へ注ぐ。




612 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 08:38:12 0
>>610
逆に出て行くのも難しいから、航路封鎖で干上がらせることができる。
太平洋戦争末期は、それに近い状態にされたな。
現代の日本が、国際社会からハブられて、貿易路をおさえられてしまうと
篭城中のように、人が人を食う阿鼻叫喚になるだろうな。
なんせ自給自足できない国土だから。
その意味では、田舎人が生き残るかも。
そうならないよう、必死でアメリカの尻をなめるのさ

613 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 13:34:33 0
制海権を握るってのはそういうことだ
本土内でのエネルギー自給が不可能な以上、
日本独力での存立には太平洋の制海権は必須だった
侵略戦争だなんだと言うが、少なくとも
戦略的に無秩序な行動ではない
資源獲得は副次的な問題だ

結局、ヴェネチアをそのまま拡大したような版図しか
日本のとりうる形態はありえなかった
すなわち、各島嶼を拠点にし、西太平洋全域を
「我が海」として通商航路を確保し、
支那だか満州だかを「本土」として食料、鉱産資源をまかなう
日本本土はもっぱら頭脳として機能すると

まあ、いまとなっては実現しなくてよかったと俺は思うがね
制海権は死活問題だが、それを維持するために
ヴェネチアは数百年の歴史を対外戦争で埋めた
莫大な犠牲と綱渡りの外交でようやく得る繁栄に比べれば、
いまの米覇権下のぬるま湯は決して悪くない

614 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 17:19:48 0
たしかに太平洋戦争に至る前までの、日本の戦略構想は
かなり広域で綿密で、理にかなっていたけど
それを確保するための実行面がおそまつを極めたな。
海軍の要望にはほとんど応えず仕舞いだったし。

>>米覇権下のぬるま湯は決して悪くない

まったくだね。
だからこそ、兵役なんてうっとおしい賦役を課せられなくてすむ。
でもだからといって、アメリカの機嫌を損ねないために
日本人が日本人を貶めるような風潮はよろしくない。
言うべきところでは言うという、不羈の精神が欲しいもんだ。

615 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 19:43:56 0
漢民族もモンゴルもアメリカも撃退したベトナムだが大して強くないフランスに植民地にされてしまった。
古代から近代まで独立を保っていたエチオピアに至ってはあのヘタリアに占領されてしまうという
信じがたい現実。


616 :世界@名無史さん:2009/02/04(水) 20:36:45 0
でも撃退したんだよな
でぃえんびえんふーふぉーる

米にしても最初から侵略されないのが是なのにやたら強そうだ

617 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 01:35:52 0
>>614
そうかなぁ。
日本軍の行動って殆ど行き当たりばったりじゃん。
大陸では国府軍を追い掛けて無駄に戦線を拡大。
仏印占領では話がついてたのに現地軍が勝手に武力進駐。
で、アメリカの経済制裁に晒されて無理筋の作戦を山本五十六が計画。
それも航空機の大幅増産を前提にしないと成立しない計画で、山本自身軍令部に却下して欲しかったんだろうけど「戦争出来ません」とは公言したくない海軍首脳が真珠湾攻撃にGOサイン。

そもそも陸大・海大では戦略論教えてなかったんじゃないかってくらい泥縄。
「日本軍は階級が上がるほど無能になる」って評は噛み締めないとな。

618 :世界@名無史さん:2009/02/05(木) 07:27:15 0
だから細かいところはしょうもないって言ってるじゃん
お前が指摘してるのがその細かい部分だろ

619 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 01:58:40 0
これで細かいの?
俺的には細かいって言ったら局地的な戦術の話になっちゃうんだけど。
これ以上大雑把に纏めるのって却って難しくないか?

近衛内閣の書記官長だった風見章ですら「陸軍は行き当たりばったりの作戦ばかりやってた。もし早くからシナ征服の計画立ててたらこんな面倒なことにならなかったのに」みたいなこと書いてるのに。

620 :世界@名無史さん:2009/02/06(金) 05:38:50 0
国家のグランドデザインの話をしてんだろ
俺的とか知ったこっちゃねえんだよ

621 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 03:47:45 0
だから大戦略の話をしてるのに。

あんたの「グランドデザイン」って何?

622 :世界@名無史さん:2009/02/07(土) 06:15:23 0
上の流れ100回読み返せ文盲

623 :世界@名無史さん:2009/02/08(日) 02:24:22 0
お答えが頂けないようなので、ノイズとして処理します。

624 :世界@名無史さん:2009/02/08(日) 06:57:03 0
意思の疎通ができないバカって嫌だね
これで本人は一人前に会話してるつもりでいるんだから

625 :世界@名無史さん:2009/02/08(日) 10:20:33 0
>>623
いったいなにを問題視しているのか、よくわからんが
日本の戦略構想とその実行に乖離があった、というのは了解してる?
日本は初動のとき、東南ア近辺からの、石油やボーキサイトを運搬し
戦争の長期化にも耐えうる海上輸送路の想定と、それを実現する海域の確保、という構想は、なくてはならないものとしてかなり綿密に詰めていた。
しかし大本営が、海軍の要求した輸送船団の半分も用意できなかった。
ひとつに、アメリカそのものが遠いからということで、軽視していたこととドイツが当時精強であったことによる楽観。
また陸軍、つまり大陸の方に重きを置いていたこと。

その輸送船団がアメリカによって、集中攻撃を受け、日本の補給線がほぼ寸断されたことは周知のとおり。
その一方で、陸軍の戦域は拡大し、前線に物資が不足する。
そうすると、国内から吸い上げ、国内はどんどん貧乏になる。
武器弾薬の消費をできるだけ抑えた戦術がとられる。
ガダルカナルの銃剣突撃は有名でしょう。
野戦築城して待ち構える織田鉄砲隊に突撃する武田騎馬隊よろしく日本軍は兵を消耗物としてみたが、何も得られなかった。

このようなことが続いていくのは、「実行面のお粗末さ」を露呈している。
あるいは、統御のとれない「指導力の欠落」か。
海軍のアウトレンジ戦法も、当時の日本では有効な戦術だったろう。
しかし、レーダー兵器、VT弾によって粉砕された。
国内の貧乏さ(人的、物的ともに前線への供給限度を超えていた)からくる、新兵器開発の余力がなかったためである。

ま、グランドデザインを満たすための行動を為さなかった、あるいは、為そうとしたが、手足がついていかなかった、という意味合いだな。
意味がないじゃん、というだろうがそのとおり。
しかし「殆ど行き当たりばったりじゃん」というのは、一面ではそのとおりだがそれですべてを説明していないことも、またわかってほしい。
旧日本はとかく非難されがちだが、こと戦時ということに置けば、ある程度見るべき点もある。ただ反省すべきことが、それをはるかにうわまわっているだけのことなのだ。

長くてすまんね。

626 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 04:25:42 0
こっちに言わせて貰えば「実行の段階で早々に齟齬を来たすようなグランドデザインなど出来損ない」。
見解の相違と言えばそれまでだが。

627 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 05:49:43 0
出来の良し悪しの話なんて誰もしてないだろうに
話についてこれないなら黙ってろよバカが

628 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 08:52:40 0
>>626
だからそれも指摘していて、見解の相違どころか
同じこと言っているように見えるんだが?

つまり626は「出来損ない」だから、それをもって全否定したいわけだ。
それは単なる思考の硬直でしかない。

629 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 09:43:12 0
ってか出来がいいも悪いもないだろ
日本には資源がない、制海権取られたら詰む、
だから日本が単一国家として軍事的に成り立つには
大陸と太平洋を制するしか道がない

これのことを言ってるんだろ? どこにも隙なんかねえよ
可能不可能じゃない、近代日本が突きつけられた、
乗り越えざるを得ない問題だったんだ

ここで、同盟を結べばいいとかいうバカでお花畑な話はよしてくれよ
同盟相手に生命線握らせたらそれはもう同盟じゃないんだよ

630 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 13:02:15 0
>>609
日本史をなにわかっちゃいない…
たしかに今、日本はアメリカにもっとも係わり合いが大きいが
史上でいうなら、それは疑いようもなく中国なのだ。
近かったからな…
この先何千年後は知らんが

631 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 21:16:22 0
はいはい日本史板へどうぞ

632 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 21:52:30 0


633 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 22:15:34 0
>>629
「制海権」「大陸資源」という意味で
イギリスも詰んでるかな?



634 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 22:28:34 0
私はこれまで論じていた者ではなく、
単に無学で、皆さんの意見を聞きたいだけなんですが・・・

>日本には資源がない、制海権取られたら詰む、
>だから日本が単一国家として軍事的に成り立つには
>大陸と太平洋を制するしか道がない

よく聞くこれは、誰も疑わない事なんでしょうか?
当時の日本に生き残る道は無かったんでしょうか

635 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 22:29:49 0
まず、そちらが思う、あると思える方策を聞こうか。
こちらには、対案は提示されていないので…

636 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 22:42:34 0
例えば当時の太平洋の国々が滅びたかと言えばそんな事はない。
結果論ではあるが、特に何もしなくても良かったのではないか。

637 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 22:46:10 0
一旦、植民地化されてから独立する。
既に植民地の維持が難しくなっていた当時、宗主国の弱体化、
植民地でありながら国力をつける可能性がある

638 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:05:22 0
知能低い奴らだ、日本がなきゃ今頃世界は独立戦争してんだよ
日本が居なきゃ極東はロシアが取ってたからな

北朝鮮のような国が大勢増えただけ

639 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:16:06 0
大変申し訳ないことに、
その裏づけを示す事はできないが

640 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:17:31 0
大した論述も出来ずに見下す輩の知能には期待できないわなw

641 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:18:01 0
>>636
太平洋戦争で日本がイギリス、フランス、オランダの勢力を駆逐したから独立できたんだが?

642 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:27:01 0
フランスの撤退は寧ろドイツか
オランダにしても結果論だが、
日本軍はもっと遅い段階まで待つ事はできなかっただろうか

643 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:41:13 0
日本も侵略国だったけどな。

644 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:47:44 0
侵略国も何も日本は独立できてた国を取ったわけではない
満州や朝鮮もロシアや清国の勢力に入っていて危険だった

645 :世界@名無史さん:2009/02/09(月) 23:53:05 0
中国や朝鮮が独立国としてやっていけてたら、日本がわざわざロシアと戦う必要なんてなかったし満州まで出てく必要もなかった

646 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:00:41 0
ルール変えられちゃっただけだろ
独立させるためや代わりに守ってやる為なわけねーだろ
本気でそういうつもりで戦争したんなら逆に軽蔑するわアホか

647 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:11:00 0
満州はロシア軍の占領下になり、さらに朝鮮にまで進出してきたから、
自国の防衛の為にわざわざ満州に進みロシアと戦争したんだよ

幕末以来はじめは朝鮮を自立させ自分で守らせる為、開国させたりいろいろやってる、
独立して自分の国は守ってくれないと日本の安全上も困るんだよ

ところが朝鮮は始め清国につき、次は日本につき、次はロシアについてロシアの南下を招いたり任せて置けなくなっただけ

648 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:13:02 0
そんなの日本の都合だろ。
朝鮮やロシアのしったことじゃない。
日本の都合で侵略したことに変わりないわい。

649 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:18:17 0
ロシアを引き入れるという事は、日本を窮地に追い込む行為なんだから
当然日本は防衛上危険な勢力を駆逐する権利がある

650 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:22:23 0
侵略=不正義
なんてのはあの当時でほざいたら殺されるんじゃないか。
伯夷、叔斉でも止めはしない。

651 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 00:32:33 0
なぜ日本が勝ち目が薄いロシアと滅亡を賭けて戦い大陸に進出したのか、日本自体が制圧される手前だったからやらざる得なかった

これみりゃ分かる
http://www.youtube.com/watch?v=nt-E7kLZcy0


652 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 01:08:22 0
>>634
日本だけをみるんじゃなくて
当時の西欧列強がどんなことをアジアに対してしてきたか自分で調べろ。
ネットがあるんだから。
ちなみに戦前アジアで植民地にされてなかったのは日本とタイのみ


653 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 01:35:10 O
>>652
上から目線なのに、あまりアタマが良くないのですね。
少し悲しいです。

654 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 02:00:58 0
>>629
>同盟相手に生命線握らせたらそれはもう同盟じゃないんだよ
別に同盟結ばなくったって商売は出来ますけどねぇ
まぁその肝心の商売相手の利益を損なう行為さえしなければという前提ですが

655 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 02:23:47 0
>>652
英露の脅威を跳ね除けたアフガニスタンはアジアじゃないんですよねわかります

656 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 03:22:07 0
戦前の日本は総合的に正しかっただろうね
他にあれよりましな道なんて無いよ

657 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 03:58:59 0
>>628
すっごく遅くなったが、「出来損ないなもの」を否定しちゃいかんのか?
当時の事情を加味しても失敗作だとしか評価出来ないんだが。

658 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 04:39:06 0
>>656
ああ、海外領土をすべて奪われ、陸海軍は瓦解、日本全土は焼け野原で国民は飢餓一歩手前
戦争による死者は推定三百万にのぼる状況に陥ったのが総合的に正しかったわけですな

659 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 04:51:37 0
>>658
対案出してみ

660 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 08:20:17 0
>>654
お前頭悪いだろ
いまの日本がそれだろ
それに不満がないならこんな話最初からどうでもいいんだよ
言ってるだろ、「軍事的に日本独力で」
わかる?「軍事的に日本独力で」
もう一度言うぞ、「軍事的に日本独力で」だ

わかったかボケナス


661 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 08:47:36 0
>>657
…あまり真剣に自分のレスを読んでもらえなかったということか。
否定的評価は別に構わないが、それのみを強調して、なおかつ
断定的な「だけ」という口調は「全否定」となる。
全否定の意味はわかるでしょ。
それ以上の研究発展の余地が残されていない、もっとも愚かしい評価だ。

ところで話は変わるが…
旧日本は否定の対象とするより、反省の対象とするべきで、だからこそ
戦争を人類でもっとも愚かな行為と位置づけ、軍事力を持たない、という矜持が
今の日本を形作った。
これは近代民主社会にとっては、理想形とも言うべき形なんだが
国際社会における外交に、非常な荷重を課してしまうので、外交がヘタレだと
たちまち弱小国と侮られる。
そうすれば、外交官は自分の能力で覆せないものだから、軍事力を背景に
強硬論を唱えたがり、結果、軍事の増強となる。
で、近代以前の歴史がまたまた繰り返される。
矜持を損なったものの、愚かしさというかなんというか…

662 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 10:37:00 0
>>659
ハルノート飲めばよかったじゃん
もしくは昭和15年中に行うとされてた支那からの撤兵を行っていれば
日米関係の致命的な決裂は防げたわけだしナ

663 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 10:39:14 0
>>659
支那からの撤兵を行えば、米英との致命的な決裂を避けれたわけだが?
実際昭和十五年中に撤兵を開始するという考えもあったんだがなぁ

664 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 19:11:20 0
結果論であったり、たらればなのは皆、十分承知の筈だが、それでも

>海外領土をすべて奪われ、陸海軍は瓦解、
>日本全土は焼け野原で国民は飢餓一歩手前
>戦争による死者は推定三百万にのぼる状況に陥った

の対案って無いか、或いは否定されるものなんだろうか?

少なくとも結果を知っている現代人には
「こうすべきであった」は言えるような気がするのだが。

665 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 20:15:50 O
中国と戦争しながら南部仏印に進駐(笑)
蘭印を舐めくさって石油を買わない(笑)
日独伊三国同盟(笑)

666 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 20:30:50 0
>>665
>>中国と戦争しながら南部仏印に進駐(笑)

ネタにマジレスすると、だねぇ。
究極的には、南アジア経由の物資を大量運搬できない日本に
そこまで広範囲な作戦展開は荷が勝ちすぎている。
海上輸送には艦船がいるし、それを得るためには鉱物がいる。
また距離も遠く、往復の燃料もとんでもないうえ、時間がかかる。

普通に考えたら、大陸の橋頭堡である朝鮮半島や中国沿岸部を平和裏に
収めなければならないので、断然抑圧支配などしていては立ち行かないし、
穏便にやっても抵抗されるなら、それはもう日本という立地と国力の限界としかいいようがない。

中国進出とその統治失敗はともかく、海上輸送を軽視した日本は、
負けて当然のフラグを自ら立てるに至る。

667 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 20:33:41 0
軽視か?
沈められてたんじゃないの

668 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 20:36:15 0
沈められて維持できなかったと言うのは軽視とまではいかなくても
見積もりが甘かったとは言わざるをえないかな

669 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 21:16:23 0
…というか、普通に制海権の喪失だろ
アメリカ全力の造船能力を侮ったところで既に失敗と言えばそうだが

そうだな、どこで勝負つける気だったんだろな
緒戦から叩いて叩いていいところで講和
ってのは日露戦争で味をしめた戦略かね
長期戦になったら手に負えないのはわかりきってたろうに

670 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 21:25:05 0
>>667
違うって。
海上輸送を満たす艦船を用意するより、大陸の方に目がいってたんだ。
それは軽視であって、維持できなかったのはその結果。
どっちにしろ、失策だけどね。
アメリカを侮ったのは、ガ号作戦のときに如実だけど、ある意味
その頃くらいまでは、アメリカもこっちを侮っていたんだ。
そこまでは、ドロー。でもそのあとの対処のしかたに、大きな開きが…

>>669
>>日露戦争で味をしめた戦略かね

大艦巨砲主義とよく言われるが、それだね。
あと、乃木大将の銃剣突撃(だっけかな。ごめん、ここはうろ覚え)。
古い戦術に固執したのは、日本の頭の固さを証明している。

671 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 22:11:43 0
ロシアは内政不安があったから講和に応じたけど、アメリカは…
負けがこんで厭戦って流れを期待したんだろうか
西部との二正面で反抗するのは諦めるだろうと踏んだんだろうか
植民地利権を持たない西太平洋地域にはそこまで頓着しないと予想したんだろうか

可能性はないわけでもない、けどそうならなかった時、
総力戦をやって本当に勝てるつもりだったんだろうか
陸軍には聞かない、海軍はどういうつもりだったのか

672 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 22:20:57 0
大東亜戦争のときは誰が権限あったのか?東条がNOと言えば回避できたわけでもないだろう

673 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 22:23:02 0
>>672
そんな単純な組織などない。
ゆとりが考えそうな構図ではあるな。

674 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 23:10:57 0
暗号を解読されてたのはわかりきっていたんだから、
それを踏まえての真珠湾攻撃ならわかるんだけど
なんだかどうにもハクチっぽいやり口。
日本に先制攻撃させたかったアメリカの思惑どおりのことを
していたように思える。
すでに属国だったから?

675 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 23:10:58 O
>>670
戦前日本が誰が偉いのかわからない組織しか作れなかったのは、
近代化のために国家神道を作り出して天皇を担げば何やっても許されると思う基地外国民を生み出した明治政権の富国強兵政策のツケだから

676 :世界@名無史さん:2009/02/10(火) 23:37:20 0
>>675
と、いうか。
日本高官の気質そのものが、虎の威を借る狐状態だからね。
天皇の名を出して高圧的に、天皇の名を出して批判を逸らす。
でも、天皇が何か言おうとすれば、それを掣肘する。
日本の歴史を鑑みれば、それの繰り返しだから…

指導力のある皇帝…天皇だと強力なんだが、世界史的に見てね
でも、皇帝権力が微弱だと、党派の利益や意思に簡単に揺れ
結果、定見のない為政が行われてしまう。
日本はそれに陥ったのではないか。


677 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 00:05:52 0
>>673
ゆとりが無かった時代のことを、ゆとりを持って再考しよう

678 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 00:15:13 0
というか、今のゆとりが一元的にモノを考えていることを揶揄ってるんじゃないのだろうか

679 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 02:50:35 0
>>662-663
経済終了するじゃねーの

680 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 06:47:05 0
>>661
価値観としての否定と研究対象としての評価は別次元でしょ。
失敗の原因について考究するなとまでは言わないよ。
むしろ推奨したい。

ただ、「時代的に仕方なかった部分」と「当事者の傲慢や短慮に基づく決定」には大きな隔たりがある、と。
それをまた考究するのも歴史家の努めでね。

681 :世界@名無史さん:2009/02/11(水) 23:10:17 0
>>679
昭和十四年の時点でも、日本の貿易は対米英ならびに英蘭植民地相手の貿易が対満州貿易と並んでメインでしたがなにか?

682 :世界@名無史さん:2009/02/12(木) 03:21:18 0
>>681
アホほど高い保護関税でどうやってやってくの

683 :世界@名無史さん:2009/02/12(木) 13:40:47 0
>>682
ん?綿花貿易に関してはポンドブロック内に食いこんでいたわけだが?

684 :世界@名無史さん:2009/02/12(木) 19:16:13 0
>海外領土をすべて奪われ、陸海軍は瓦解、
>日本全土は焼け野原で国民は飢餓一歩手前
>戦争による死者は推定三百万にのぼる状況に陥った

1941年の段階で満州事変以前の状況にもどっても、
これよりひどい状況にはならんだろう。

まあ、陸海軍はいっぺん潰れたほうが日本のためにはなったけど。

685 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 02:34:31 0
>>684
実際その通りになったから俺たちは本当幸福だよ
マッカーサーGJ

686 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 02:42:32 0
駄目なサムライだった陸海軍が潰れて
ヒャクショーの自民党とアキンドの経団連が
やりたい放題やってる時代になってしまたぞ

687 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 03:01:16 0
>>683
それだけでやっていけるかよ

688 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 08:36:37 0
>>686
元ヒャクショーだな
今は特権貴族化している。

689 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 17:25:52 0
でも経団連は日本を経済大国へ押し上げた功績があるから許せるぜ

690 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 17:40:44 0
>>689
経団連は、たとえば
豪勢な料理を自分でつくって ←経済成長
今、おいしくいただいている ←経済格差
という感じ?
この後は、食べ残しとか、ツマの処分だけ。

691 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 18:11:16 0
戦後日本はもともと三者が入り混じりながらもそれぞれに機能してきた
ひとつは財界
ひとつは政界、しかも55年体制による実質の一党独裁
そして官僚、戦略的な能力を持たない政治家の代わりに国家戦略を組んできたのは官僚だ

これは日本に適応した政治の形であって、
たとええ「民主主義」に対する欺瞞であっても
大半が参政権なんかに興味はない日本人では、
きちんと機能しているうちはなにも問題なかった

692 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 18:35:16 0
日本は、属国である方が、平和で暮らしやすいのかね

693 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 19:34:38 0
どこだってそうだ
他国の庇護を受けて俺は苦労してるなんてどの口で言える
アメリカの傘の下にいなけりゃこんな
ママゴトみたいな対外政策でやっていけるもんかよ

694 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 19:56:00 0
>>693
でもさぁ。
中国の庇護だと… 文句言うヤツいっぱいいるんじゃね?
にちゃんには。

695 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 19:59:56 0
長期に渡る統治を成功させたければ、
支配者は被支配者の好感を得る努力を怠ってはならない

696 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 20:07:19 0
>>695
政府擁護者の急先鋒に聞かせてやりたいセリフですね。
日本では、自己責任論が蔓延してまして、被支配者の好感度は下がる一方。
また、米兵による被害もハニートラップとか。
被支配者層には冷淡なのであります。
あ、民主社会だから支配、被支配という概念はないのか。

697 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:07:03 0
単なる言い方ではあるけど
アメリカの庇護である一方、日本を支配するアメリカのメリットは計り知れず、
アメリカ側についてやってるんだ。ぐらい言っても良いのではないか。
どっちに付くかを上手く利用した小国みたいな真似は出来ないまでも・・

納税義務の代わり、政治家や警察の庇護の下、我々は生かされている
と、言う人が2ちゃんねるにどれだけいるだろうか。

698 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:13:48 0
にちゃんには、そもそも納税義務をまっとうしている人が少ないかもしれず。
その場合、生かしてもらっている政府などを悪くは言えない。
自分のために。

699 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:43:30 0
しかし自分がそういう立場の奴ほど同じ立場の奴につめたいのが2ちゃんねら

700 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 21:55:19 0
>>699
現実に面と向かって、じゃなくてあくまでパソコンのモニターを
通して、ってところが真相なんだろうけど。
他人を蹴落としておかないと、自分の余地が少なくなるから不安なんだろうね。
むろんそれだけが理由ではなかろうが

701 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 22:37:35 0
あー、まっとうに働いてる俺はここでは用なしのようですね
ニート同士仲良くやっててください

702 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 22:44:49 0
>>696
>>695はあくまで武力を伴うような異民族支配の場合の言葉だよ
最近ではイラク、ないし中東と米軍の関係なんかが典型的だけど

通常の国家運営は「アメ」ばかりでは立ち行かない
人気取りもいいけど必要なことはしなければならない
選挙のために人気を損なう恐れのある政治を果断に行えないのは
民主制の欠陥のひとつだ

以上は日本の現状にはまったく関係ない話なのであしからず
いまの日本はそもそも政治が機能してない

703 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 23:28:48 0
イラクからさえ米軍は撤退するというのに、
日本は敗戦から何十年、占領され続けなきゃならんのだ?


せめて、俺たちが生きてるうちには外国軍隊のいない日本にもどってほしい。

704 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 23:42:34 0
そして公然再軍費をするのだ。

705 :世界@名無史さん:2009/02/13(金) 23:51:24 0
>>703
今、ネット世論(笑)では、アメリカが国土から撤退すると
すぐさま中国が攻めてくるという強迫観念に捉われているようす。
ネットに住まう国士さまたちが、それを許すはずがない。

706 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 04:55:21 0
別に米軍基地いても困らんがな周辺地域の人間が騒いでるだけで
その代り田母神が主張したように核発射の決定権を日本に判断させることが必要だな

707 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 09:50:48 0
>>706
そりゃ、現地の中には、とくに迷惑がるようなのもいないだろうが
それにしても、関係ない地域のやつらからの風当たりが強いと思う。
とくに沖縄。
それは不当だろ。
あなたのように、現地に暮らしているなら説得力も伴うのだがね。

708 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 12:05:56 0
>>705
防衛力の弱体化と中国脅威論を都合よく混同しないでくれるかなボク?

709 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 12:10:38 0
>>708
混同しているのは国士さまがたです

710 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 12:58:34 0
区別がついてるならちゃんと区別して話せや
ツッコまれてからぼぼ、ボクはわかってますよ? か?
白痴が

711 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:03:09 0
日本語でおk


712 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:07:50 0
バカは黙ってろと言ったんだ

713 :705:2009/02/14(土) 13:14:25 0
もっとくわかりやすく話してくれませんかね?
なにを憤慨なさっているのか、至らぬわたしには、皆目。
まず、要点をまとめてもらえますか?

・アメリカの庇護にあるを善しとする。
・その米軍基地で、主に問題となる沖縄
・沖縄で米軍基地の撤退が要求される
・沖縄は身勝手だ。米軍が撤退すれば、中国が沖縄を占領しにやってくると恐怖を煽る。
>>703の言う、外国軍隊のいない日本になるには、その手の似非国士が邪魔している。
どこか矛盾でも?
そこまで説明しないとわからないほど、低迷な読解力でしたか?失礼しました。

714 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:22:24 0
ああわかった
お前の脳内にあるのは全てネット上の
ウヨだのサヨだのの煽り合いがソースなわけだ

どうでもいいわ、現実から乖離しきってる
ハン板の現状と同じくらい話にならない

715 :705:2009/02/14(土) 13:25:22 0
全然説明になってない…
どうぞご勝手に
ネットのソース?
当たり前だろ。
そういうネット内で、現実と乖離している連中を嗤っていることすら、読み取れないとは…
情けない日本人もいたもんだな。


716 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:26:02 0
沖縄の米軍は沖縄を防衛するために居るんじゃないんだけど
こんな低次元の軍事知識では本当に話ができないんだよ悪いけど

717 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:26:55 0
>>715
だから、お前はそういう連中とは違うんだろ?
ならなんでそういう話をしないんだ? できないんだろ?

718 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:29:32 0
>>713は、議論についていけない奴が必死に要約を試みただけ
実際には話の本質を少しも理解できてないせいで大間違いであることに
本人は気づいていない


719 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:30:59 0
>>716
そうだな、沖縄叩いてるやつらに聞かせてやれよw
>>717
してるだろ?
じゃあネタ振れよw
おまえこそ、なにも話できてないじゃないか。


720 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:32:16 0
とりあえず現地民の話はやめてくれないかな
将来的なエネルギー源に原発は必要か否かの議論に
建設地周辺住民の感情や理解度はとりあえず全然関係ない

721 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:32:18 0
>>718
本質は米軍にいてもらっていいんだな?
そういうことだな。
了解。

722 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:34:36 0
>>721
バカは黙ってろと言ったろー? きこえてないのかな、自覚症状ないのカナー?

723 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:35:55 0
自己矛盾を指摘されるとこれだ。
おまえ、もしかして… いやw
じゃあの

724 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:38:07 0
現地住民が嫌がるから追い出す

というのは論外だ、住民には悪いけどな
むろん、用地の選択や犯罪等の諸問題は無視できないが、
それは言わば「詰め」の問題であって、
米軍駐留の必要性に影響を与えるものではない

725 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:39:58 0
>>723
はい、とうとうわけわからなくなって逃げましたーw

726 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:47:48 0
まず問題は、国家の防衛力というものをまったく軽視する日本人の性質だ
これがあるせいで、国防に関する議論が成り立たない
安保というアメリカの手をふりほどいて自衛隊は現状維持、
それで日本がいままでどおりなにごともなくやっていけると、
そういう前提でやられては話が通じない

次にアメリカの太平洋戦略における日本の地理的重要度
これは日本人が考える以上に、アメリカにとって重大だ
日本が攻撃されたとき、米兵が日本のために命がけで戦うはずがないと、
そういうことを言う人間をたまに見かけるがお笑いだ、これも自意識過剰と言うのか
アメリカはアメリカの国益のために、日本を攻撃する敵と戦うだろう

727 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 13:55:52 0
>>726
逆に言えば、中国… 東アジアの奇跡が手中に落ちれば
日本は用済み?

728 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 14:00:26 0
>>726
急進派は、自衛隊を軍昇格させて、アメリカの手を借りるのを終わらせたい
と思ってるんだろう。
だが、アメリカがそれを容易に許すはずもなく。
いみじくも、そちらのレスの後半部分がそれを補う要素だし。

729 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 14:36:40 0
だから、日本の軍事的独立は容易ではない
容易でないどころか現実的でさえない
少なくともあと1度か2度の戦争を経るハメになるだろう
穏便に済ませるには日本はあまりに良い位置にある
人類が太平洋を渡れるようになった時、日本は世界の果ての島国でなくなった
太平洋を挟んだ両大陸間で翻弄される宿命にあることをまず認識すべきだ
気に入らないから、自分で全部やりたいからやらせろ、
というのは子供の駄々でしかない

もちろん、戦前の日本が夢見たように自らが軍事的に大国になる選択肢はあるが
どうせそれも嫌だというんだろうしな

730 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 14:42:01 0
大体日本がまだ国家として残ってることのほうが不思議だよ
どこまでツイてるんだと思うくらい
日本人がもう少し無能ならとっくの昔にどこかの植民地にされるか
戦後の混乱の収拾がつけられず完全にアメリカに支配されるかしてたろうに

731 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 14:43:31 0
>>729
>>軍事的に大国になる選択肢はある

それをするのに、数度の独立戦争が必要なのだろう。
嫌、とかいう以前に、戦争も他人(職業軍人)がしてくれる
と主張し、自らは動かないのだろう。
独立すべし、と言っている連中は。
と、いうことは残された道は、まさに軍国しかないのだが。

従属でいいと思うがなぁ… なんで固有の武力を持ちたがるのか。

732 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 18:09:38 0
>>730
日本を「国家として残した」策略が上手く行っただけでアメリカに支配されたろうに
日本人がもう少し有能なら完全に独立している。

733 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 18:34:06 0
有能だったら、戦争には勝ってるんじゃ?

734 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 18:43:41 0
少しどころの有能さでなんとかなるかよ

そうだな、
国家戦略を論じる基盤を速やかにつくり、
憲法をいまの硬性から柔軟に変更可能なようにし、
アジアの例の国のヤジを聞き流して国防軍を増強し、
アメリカとうまく交渉して安保体制を再構築するか

問題点はそうだな、
冷静で現実的な視点にたっての軍事的議論がいまの日本では不可能なこと
憲法十九条の改正が現時点で議論のかけらすらないこと
国内の外国勢力云々以前に、周辺国を刺激してまで軍拡に走る理由も根性もないこと
橋頭堡として重要極まる日本を手放したくないアメリカに日本が提示できる交換条件がないこと、
またそのような交渉をする能力が日本の外務省にないこと

戦後日本がどうあがこうが無理だね、戦前からうまくやってなきゃあ

735 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 18:51:21 0
ああもうひとつあったな
アメリカ傘下の半世紀で、日本人の、
武力面での非常事態に対応する感覚が完全に失われたこと
これが大きい
俺が心底それを実感したのはペルーの日本大使館襲撃事件だ
日本はなにもできなかった
ペルー政府よりはるかに無能で無力だったよ

736 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 19:04:09 0
>>735
外務は無能の集まりだからね…
だが、それらに日本の国際社会での命運をかける外交を任せているんだから
本国の我々も、アメリカの庇護に狎れきっているのは事実。
しかし、平和でいいじゃないか。

737 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 19:20:14 0
ペルー大使館の件は日本政府の仕事だよ
外務省ではなく日本が行動できなかったんだ
警視庁管轄の特殊部隊くらいなら待機させる権限も法根拠もあったのに、
話し合いで解決をなんて寝言をのたまってるうちにカタはついてしまった
ペルーの情報局スパイが人質に紛れて内部情報を送ってるあいだも、
日本は内容どころかその事実すら知らされなかった
GDPが1/60にも満たない途上国に、
しかも自国の大使館で、自国領内で起きた問題で、
「こっちでなんとかするからお前らみたいな平和ボケの役立たずは黙ってろ」
と言われたに等しい

俺はこれで、日本の危機管理能力には愛想が尽きた
外国の庇護なしでは、滅びるときは一瞬で瓦解するだろうよ

738 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 19:42:30 0
自虐でもなんでもなく、危機対応力だけをとって見れば
アメリカの1州というのは正しいな
到底主権国家のそれではない
米軍は出ていけなんていっちょ前の口を利く前に
まずそこのところを見つめなおすべきだろうに

739 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 20:18:22 0
>>738
だから、見つめなおした結果が、自衛隊の軍昇格と核保有なんでしょうよ。

740 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 21:22:51 0
そんな小手先の問題じゃないよ
いっぺん軽い戦争か、恒久的なテロでも仕掛けられなきゃ
日本人の意識、というより性根は入れ替わらない

741 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 21:43:24 0
そんなん嫌だから、アメリカの庇護でいい。

742 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 22:44:40 0
いい加減、アメリカとの腐れ縁はスパッと断ち切って、
フィンランドとかスウェーデンくらいのスタンスになりたいよな。

もうアメリカの情婦みたいなパンパン国家は真っ平だ。

743 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 22:56:01 0
>>742
北欧信仰て左翼だけでなくアホ国士にもあるんだww

744 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 23:10:29 0
戦後60年以上ずっと占領され続けてるのは二大戦犯国の日本とドイツ。
その状態を嬉々として受け入れてるアホ親米ウヨに北欧を笑う資格はないな。


ぶっちゃけ、軍事・外交面のフリーハンドのない事実上の「保護国」。
ていうか、同盟国とかリップサービスされて喜んでるだけの「保護観察処分」の国だろ。

745 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 23:18:57 0
その保護観察処分の国が経済大国2位と4位という事実
無駄な防衛費を回さないでむしろ幸運
だから田母神の主張した核発射の決定権を日本に握らせる
一部の国士馬鹿の自己満足のための自立とかアホくせぇーわw

746 :世界@名無史さん:2009/02/14(土) 23:49:51 0
>>田母神の主張した核発射の決定権を日本に握らせる

守ってもらっているのに、そんな権限よこせなんてどの口で言うんだ?
それじゃあアホ国士とさほど変わらんよ。

747 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:14:35 0
>>745
核武装か米軍常駐か、両極端の選択肢しかないのかよ。

ま、日本の場合、いきがかり上、完全にアメリカと距離をおくのは困難だから、
とりあえず米軍の駐留しない形での協力関係とかをめざすべきだな。

無謀な戦争さえやってなければ、いまでも日本には米軍など駐留してないし、
あたりまえのことだが防衛も全部自前でやらなけらばならなかった。
だが、よく考えたら、それは独立国なら当たり前のこと。
それをバカにするような発想しかできないなら、いっそアメリカに移住しろや。

748 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:21:05 0
>田母神の主張した核発射の決定権を日本に握らせる

これならアメリカじゃなくても何とかならんのか
どっかの国に金やって核兵器を配備させて、日本が管理

749 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:23:53 0
無謀な戦争ねぇ。
残念だが、歴史は変えられない。
先人が無能だったとあきらめるよりない。

しかし、日本がふつうに独立国であった場合、今のような経済大国には
なれなかったろうな。
なにせ、軍事支出が減った分、そちらにまわせた寸法だからな、簡単に解釈して。

750 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:24:08 0
>>745>>746
日本はいまだに占領状態同然で、旧戦犯国の「保護観察」状態とはあるが、
誰も核武装しろなんて言ってないのに、勝手にタモガミ認定して国士呼ばわり?

イラクからも米軍が撤退していくんだから、いい加減日本からも出て行ってほしいね。
なんで日本は半永久的に占領されなきゃならん。
友好国なら、いつまでも占領される必要ないだろ。

751 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:29:32 0
いちばん、穏当なのは安保条約を日英同盟型の対等の同盟に切り替え、
米軍が駐留しない同盟関係にすること。

日本はアメリカの同盟国であることに変わりはないし、
軍事交流、共同訓練はいままでどおり行う。

オキナワの機能なんてグアムやマリアナ諸島で十分つとまるだろ。
そんなに距離も位置も変わらんし。

752 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 00:58:21 0
>>750
いや俺はタモガミの主張に賛同しているだがw
独立国なら当たり前というが世界見渡しても米軍基地が駐留している国なんて腐るほどあるぞ
それを一部のニート国士の誇り(笑)だとか腐った事情で捻じ曲げられてもねw

753 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 01:52:42 0
>>750 占領は5年で終わっているだろう。あとは日米安保条約による米軍基地存続だ。

 占領が続いていたのは沖縄だが、1970年頃にこれも終わっている。


754 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 02:40:22 0
戦略核を配備すりゃ防衛は事足りること
通常戦力の方が金を食うだろ、特に人件費は

755 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 02:51:02 0
核の維持には金銭的なコストより放射能を管理するリスクのコストがかかる。
アメリカはコンピュータでシミュレーションによる核兵器の管理技術が可能だが、
中国などは実際の核実験で核兵器の維持管理をして放射能汚染のリスクを冒している。
今現在の技術では放射能汚染というリスクは金銭的コストではどうにもならない。
四川地震で核施設がかなり崩壊したようだが、放射能汚染の危機は全く報道されていないが
結構深刻なのではないのだろうか。




756 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 02:53:25 0
>>751
むしろ逆で、アメリカが一方的に日本を守ってくれるだけの不平等条約。
アメリカに自衛隊の戦力が必要になるわけがない。せいぜい、
補給・物資調達のための基地提供しかない。

757 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 04:39:57 O
おまえらそんなに議論せんでも今年中に日米安保はなくなるから心配すんな。
民社連立政権が日米安保廃止、アジア安保共同体条約成立をやってくれるから。
まあ親米ポチは日本から今のうちに出て行った方がいいよ。

758 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 04:49:23 0
Kの法則発動?

759 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 09:35:06 0
アメリカ大好き、米軍大好きって連中はどうしようもないな。

米軍の常駐は実質的占領の継続で、冷戦時代のやむをえない選択だった。
むしろ選択の余地はなかった。

経済効率と防衛を天秤にかけて、主権を犠牲にするような発想は復興期の発想で、
高度成長後までそんな発想でいるのは、ただの「買弁」根性だろ。
外国の軍隊なんかが国内にいない方がいいに決まってる。

駐留なき同盟、日英同盟のような同盟になって、はじめて対等のパートナーだ。

760 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 09:46:14 0
それどころかその駐留費用を日本が負担してるぐらいだからな

761 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 10:58:54 0
在日米軍に対する警察権・司法権に日本の主権が及んでいない。
在日米軍に対する日本の法律が施行されれば最低限の日本は独立国の条件を満たしたと言えるのではないか。



762 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 11:44:37 0
馬鹿国士の言う主権なんざただの誇り(笑)とかそんな感情論だろどうせw
在日米軍は米大使館とセットなんだよ、それが嫌なら国交断絶以外ないな

763 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 14:12:34 0
沖縄の事件をハニートラップとかなw
花岡某氏は、間違いなく売国奴。

764 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 17:53:10 0
>>762
国士様から感情論とったら何も残りませんがな

765 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 18:06:45 0
そう考えたらそうだな。
こんな資源の乏しい島国が、自国を成り立たそうと思っても無理だ。

てか、そんなもんどの国も同じだろうが。
庇護下に入るというより協力しあうべきなんだよ。

特にアジアは。

隣の国の文句をつけるよりも、手を取り合ったほうがいいよな


766 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 21:36:45 0
なるほど手を取り合うのは悪くない
だが国家間で成立する「手」というのは、「利害」のことだ
外交の世界にお花畑の入り込む余地はない
一銭の得にもならない相手と手を結んでも共倒れだぞ

767 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 21:56:15 0
>特にアジアは
少なくとも中国は無理。
クリントンの日本たたきに便乗した江沢民の反日プロパガンダの呪縛に囚われている。
江沢民は日本とアメリカを離間させたつもりのようだが結果的には
中国がアメリカの日中離間策に嵌って日中関係を悪化させただけ。


768 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 22:05:13 0
マ”ーもともとあの国はアジア諸国との軍事的な同盟関係なんて必要としてないんだけどネー
心配なのはロシアにカマ掘られることと西の不安定化で資源供給ラインが止まることカナ
良識的云々とは、つねに弱い立場にたたされた者のすることなのですよ
主導権を握る者は常に非良識的に振舞うものです

769 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 22:11:07 0
必要なのは経済関係だけだな
昔は援助、今は投資
それもこのたびの金融危機で懲りて
少し改めるつもりみたいだし

770 :世界@名無史さん:2009/02/15(日) 22:16:07 0
経済のグローバル化の失敗は、結局単独での国力がものを言う世界に逆戻りすることを意味する
日本には打撃だ

771 :世界@名無史さん:2009/02/17(火) 03:32:04 0
単独でやっていけないのは他の多くの国も一緒だろ。
ASEAN辺りと経済共同圏作りゃ何とかなりはせんか。
台湾やインドなんかも巻き込んで。

中共は我が儘だしガタイが大き過ぎてコミットするのは危険。
あれと朝鮮半島は放置の方向だね。

772 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 04:26:48 0
アセアンになんで中共入れたんだって思うわおれも

773 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 20:04:23 0
今更核武装はさすがにだめだ。
アメリカの航空母艦ですら、実質使用出来ない兵器と断定し、
兵装から外してしまっている。
今後、使わない・使えない兵器は抑止力にならなくなっていくだろう。
あと、軍事支出にについてだが、日本軍(陸海空自衛隊)は
シュミレーション的な戦力では既にNo.2の位置にある、隠れ軍事大国なんだが、
他国の兵器や戦力までちゃんと調べてるか?
他国に比べ、人員や兵器の総数で遥かに劣りはするが、
現代戦においては、兵器の性能とその運用する兵士の質が全て。
制空・制海能力においては既にNo.2という事は
少なくとも自衛戦争においては完成された軍隊だ。
あとは何が足りないか。経験からはいると、
海軍は言うに及ばず訓練も実戦も「経験済みである」
それは海上自衛隊を作り上げた幕僚が旧日本海軍出身者だからだ。
ノウハウは既にあるのだからあとは海外派遣の機会・・も経験済みだ。
現在、対潜(潜水艦運用、探索・駆逐能力の総合)においては世界一である。
掃海艇の技術運用においても有名で、現在世界一。
空軍はアメリカ本土にて定期的に実戦に近い訓練も行っている上に
実に数限りないほどのスクランブル発進等の経験を経て、充実している。
これは、旧日本軍とアメリカ軍が共同で育てた組織と断言できる整然とした増強だ。
陸軍においても海軍ほどではないが、旧日本軍の流れを色濃く引き継いでいる。
その統制の取れた指揮や兵士の教育レベルの高さは先の海外派遣で内外に証明済み。
これほどの軍事大国に育ったのは、日本よりむしろアメリカが望んだ事だ。
これがこのスレにおいて、アメリカの属国という枠に入る国の現実だ。
アジア方面のアメリカ軍の維持や日本の安保に有利という点で、
日米の利害が一致しているので現在も在駐しているだけの事。
ウヨには悪いが、日本側からしてみれば、このほうが「両国」にとって
一番有益な策だ。結果的に焦ることなく、精鋭を揃える事ができたのだから。

774 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 20:34:14 0
シュミレーションてなんだっけ

775 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 20:53:13 0
趣味なんだろ

776 :世界@名無史さん:2009/02/18(水) 23:20:51 0
戦争に対する国家の戦略が無いじゃん
だから継戦能力が

777 :世界@名無史さん:2009/02/19(木) 04:34:57 0
継戦能力は数日で決着つくからいらんよ。
豆鉄砲撃ってた時代とはわけが違うし、揚陸はまた別問題だしな。
海上では勝負にならないほど圧倒的に優勢なので、それより開戦時の対応だろう。
両国政府の対応よりアメリカ海軍とスクランブル発進した自衛隊機が
先に交戦する事になるだろうが、このときの対応力で受ける被害に差が出るのが心配だ。
だが、こうやって普段から継戦能力の心配してたほうが、いざってときにいいかもな。
あまり過剰になってもだめだけど。

778 :世界@名無史さん:2009/02/19(木) 04:44:47 0
実際先に餌食になりそうなのは台湾だからな。
台湾攻略のために沖縄始め日本の空軍基地に手を出すほどの軍事力を備えるのは容易じゃない。
中共は軍備が破綻しないうちにと台湾侵攻を企てるだろうか?
それやったら連中の自滅だろうな。

軍備を支える経済力と純粋な軍事力とが理想的なバランスになる時期なんてそうそうあるもんじゃない。
経済的な衰退が始まったらやけっぱちで台湾に攻め寄せるかもだけど、その時にはもう遅いんだよな。

779 :世界@名無史さん:2009/02/20(金) 12:27:31 0
敵まで増やしたのでは・・・言う通りだな。

780 :世界@名無史さん:2009/02/20(金) 20:37:49 0
ああ・・・空自からは中国軍は迎撃無理だ。
周辺の基地に配備されてる機種にそれらしいのがいなかった。
なんでだろう?米軍がいるからか?

781 :世界@名無史さん:2009/02/20(金) 22:21:30 0
>>772
シンガポールとかが熱心に中共を入れるように熱心に、
言ったからかな。

782 :世界@名無史さん:2009/02/25(水) 20:45:58 0
華僑はほんとくそだな
マラッカ海峡の通行税とか考えると
マレー人優遇させるような運動支援した方がいいんじゃね?

783 :世界@名無史さん:2009/02/26(木) 03:41:10 0
たしかマレーシアでそういう政策やってて、インド系や華僑がデモ起こして暴れてたような希ガス

784 :世界@名無史さん:2009/02/26(木) 07:20:46 0
デモは支那の18番

785 :世界@名無史さん:2009/02/26(木) 09:12:25 0
属国にはならない国民性なんだね。
日本は奴隷根性染み付いているから、反抗なんてそもそも思いもよらない
サボタージュは一人前だけどね。ニートとかひきこもりとか。

786 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 03:30:06 0
日本も前は学生運動だので散々暴れてたがな
あんなのただの馬鹿のする事だって理解したからな

787 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 19:13:19 0
学生運動の時もノンポリ(1960-70年代の日本の学生運動に参加しなかった学生)
もいたしね。


788 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 19:28:35 0
>>786
あれは共産党のさしがねだとおもうが・・・。
信濃町の支那人デモというより暴動は記憶に新しい。
そろそろデモが一般人には難しいて気づいた方が良い

789 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 21:53:38 0
アカが敗北した時代しかしらない子には
ただのキチガイ騒ぎにしか見えないだろうが、
あの当時はまだどうなるかわからなかったんだ
未来を知る立場から過去を批判するのは
歴史への対し方としてよろしくない

790 :世界@名無史さん:2009/02/27(金) 22:00:23 0
だから共産党のさしがねだろww
洗脳された馬鹿が負けた。それだけだ

791 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 03:34:05 0
学生運動だの安保闘争だの、当時の警察は「世間知らずのガキが騒いでるだけで、
大人になれば収まる」って見抜いてたな

792 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 04:18:53 0
>>785
奴隷根性とかじゃなくて柔軟なんだろ。
まあ昭和憲法で牙を抜かれたのも事実だが。

アメさんも「牙を抜かれた狼」がどんだけ役に立たないか考えれば良かったのにさ。

793 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 04:34:50 0
ちょっと前NHKで学生運動やってた人のドキュメンタリーやってたな。
「あなたにとって学生運動とはなんだったのですか?」と質問されて、
「うーん、なんだったんだろう・・・うーん・・・」とか、困ってて、
やっぱアホだったんだなと思ったわ。

794 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 04:54:46 0
ネトウヨに情熱を注ぐのも似たようなもんだ

795 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 04:58:43 0
何で急にウヨとか言い出すんだ

796 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 05:00:37 0
別にそれ以外でもいいけど?
この板で一番無駄な活動してるのがネトウヨだと思っただけで

797 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 05:25:15 0
人間、正しいと信じたことをするとき行動のタガが外れるものだ
なにせ正しいことをする以上、妨げるものは即ち悪だからな
抑制が効くはずがない

そして、なにが正しいかは結果が決定するものであり、
原理がいくら無矛盾であっても
しょせん結果が失敗であれば意味がない
逆にまったくずぼらな前提の上での結果であっても、
それが成功ならばそれこそが正しい
これが歴史の冷酷なところだ
努力賞なんてものは存在しない

こうして、後世から非難される類の熱狂が生まれる

798 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 05:27:57 0
なんでもウヨサヨに結びつけるのやめれ

799 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 07:17:54 0
まあ、いまの日本の体たらくならオージーに占領してもらって、
もう一度民主化してもらう必要はあるけどな。

財務大臣が「あのお・・・オバ、オバマ・・・アウアウ・・・」って何よw

800 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 07:26:58 0
>>799がオーストラリアに移住すれば済む話。

801 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 07:34:39 0
理論は実証によってはじめて認められる。
それにもかかわらず仮説を信じて熱狂的に行動をおこす人間がいる。
なぜか。
その人物たちは現状に不満でその理論こそ理想を実現させると信じ込んでいるからだ。
身に差し迫った問題であり、人の倫理にかかわった問題であるからこそ
理論の検証は棚上げされ、社会悪の弾劾を行う。
裏には自己の世界観によって世界を支配する優越感が隠されている。
それゆえ政治的な出来事は、当然の帰結として人々の世界観(宗教)とかかわりあうことになる。

科学とは、理論と実証である。
いつでもどこでも理論が実証されることでより理論の確からしさは保証される。
つまり、再現性こそが科学にとって命なのである。

政治理論を考えたとき、科学的な手法をおしすすめることは可能であろうか?
答えは「不可能」である。
政治は己をふくむ人の社会を対象にする。
理論によって、自分の行動を予想した瞬間、人は予想を裏切ることができるからだ。

しかし、人は欲望によって行動に非対称性をもち、これをてがかりに確率統計的に、マクロに、
行動を予測することは可能だと言う人もあるかもしれない。
一万円をただでやると言われて、いらないと答える人間は限りなく少ないからだ。
しかし、現実は複雑である。
一万円をうけとることで身内の人間が死ぬとなれば受け取る人間は皆無となる。
政治理論ともなると、ちょっとした社会の構造の変化で人間の行動確率の変動がおこり理論が
破綻するということなどいくらでもおこりうるだろう。
たとえばマスコミの報道がそれである。

結局、政治理論などいうものを科学として議論し、理論通り実践しようとしている輩は
すべからく思想家である。

802 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 09:02:15 0
政治の世界では、思想を思想として認めず、あたかも科学のように見せることもまた思想であると疑わねばならない。
俗にもうイデオロギーにしばられてはならないと嘯くひとたち。
彼らの実現する社会は自分たちの世界観に賛同することが正しいとする社会でしか成り立たない。
つまり、彼らがしていることは、彼らの宗教への勧誘。そしてそのための自教義の宣揚以外のなにものでもないと知らねばならない。

では、政治はおのおの自分教にしたがって思うがままにおこなわれるべきなのか?
当然、ちがう。
理論(思想)において、なにより優先されるべきは実証である。

政治は社会現状の認識とその認識に応じた改革を行うことになるため、
認識の方法によって当然理論とよびうるものが構築されることになるが、
(当然それを恒常の真理として扱うことはゆるされない)
結局、既存体制こそが実証されている最大の理論の原型なのである。
政治は、所詮、そのときそのときの社会の様相をみて、
欠けていると思われるものを見つけて補うだけでよいのである。
理論ありきで、理想から現状を省みることはあまりに現実を度外視した夢物語にすぎない。


803 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 12:28:30 0
小沢が第七艦隊だけで充分発言で
軍事的見識ゼロと袋叩き

804 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 18:03:48 0
まあ、駐留なき日米同盟には第七艦隊の寄航だけで十分だがな。

いつまでもアメリカの被占領状態、保護国状態にある現状から脱却しなきゃ、
幕末の志士や明治の元勲が草葉の陰で泣くぞ。
明治維新や富国強兵は外国軍隊に常駐されるような国をつくるためにじゃなかったはず。
外国軍隊が常駐するのを許すようでは、清朝末期の中国となんもかわらん。

805 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 18:38:03 0
さっそく小沢並の痴呆症患者が現れました

806 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 19:01:48 0
首都に外国の軍隊が駐留しているのは異常。

807 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 19:26:58 0
幕末や明治の人間を勝手に、国際政治も軍事バランスも
現実的に見られないバカに仕立てないでくれるかな
クソくだらない国粋主義なんか誰も標榜してないんだよ

808 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 20:39:06 0
単純な意味での攘夷論も非現実的で廃れたしな
>>804みたいなバカは、明治になってもずっとジョーイジョーイ言って
日本の西洋化に反発してたけど、ただのバカでしかない

809 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 22:41:41 0
米軍に出て行けとは言わないけど駐留に関する諸経費は払って欲しいね
日本のためじゃなくてアメリカの事情で日本に居座ってるんだから

810 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 23:04:57 0
まあ、交渉の余地があるのはそのあたりだな
思いやり予算が事実上の税金であることは
よほどのアホでない限り理解してる
税金は払うものだ、それによって還元される利益がある以上は

日本本土の防衛およびアジア地域の覇権秩序維持、
これがこれが日本にもたらされる利益であり、
それに納得して予算を支出しているのが現在の政治だ
対価に見合った価値を得られているかどうかを議論することはできる

個人的に言えば、アメリカの支配重圧から解放された中国は
日本の手に負えるものではないし、そうでなくとも
アジア各国の政治不穏が噴出することで日本が被る不利益を考えるだけでも
アメリカの西地中海覇権を支える見返りはいまのところ充分にあると考える
ちなみにこれは、現在の政府や主要な専門家の意見とも完全に合致する

811 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 23:06:28 0
あ、やべ
×西地中海
○西太平洋

812 :世界@名無史さん:2009/02/28(土) 23:15:15 0
連日新聞の一面は、アメリカ大統領がどうしたこうした
アメリカ経済がああしたどうした
日本政界が死に体なのも加わって、
まるでワシントンにこの国の政府があるようだよ
こうなると、事実上あそこが本国であるという現実に
なんの違和感もなく納得できる

日本政府の瓦解というきっかけによって、
戦後塗り重ねてきた欺瞞もようやく剥がれてきたわけだ

813 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 03:51:31 0
>>806
首都に米軍基地なんてないんだがw

814 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 03:52:10 0
民主党員の工作か?w

815 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 04:19:50 0
>>813
強いて言えば横田基地。

小沢が自衛隊増強とか国軍復活の含みで発言したのか、それとも「国防放っぽらかし」の意味で言ったのかで評価は正反対だよな。
願わくば前者であって社会党崩れに踏み絵を踏ませますように。

816 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 04:33:23 0
もち放っぽらかし

817 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 05:41:55 0
小沢は権謀家だから実際政権取ったらどうなるか知れたもんじゃない
自民党と大連立持ちかけたのも小沢だし

818 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 09:56:40 0
小沢一郎は自民党の吉田茂・佐藤栄作・田中角栄の直系だということをお忘れなく

819 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 11:20:28 O
首相の椅子で死ぬしかすでに頭にないくたばりかけ
この国難の時期にあんなのが首相なんて悪夢以外のなにものでもないが、
かといって自民も人材はすでに枯渇

結局、日本そのものが駄目なんだよねもう

820 :世界@名無史さん:2009/03/01(日) 11:44:08 0
オザワ以外を民主から見繕おうぜ。

821 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 03:13:04 0
それが出来たらこんなに心配しない。
どいつもこいつも自前の政策は出さずに与党の揚げ足取るだけ。

もお天皇親政でもいいや。

822 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 03:46:43 0
小沢はもう完全にだめだろw


【民主】小沢氏「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かくださ
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235930990/

【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/situation/090302/stt0903020008000-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/situation/090302/stt0903020008000-p2.jpg

2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。

「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゆうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる−。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

 外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。

823 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 05:20:59 0
「政治生命を賭して政権交代を目指す」という、
政争のための政争しかやらない真性の政治屋
政策の実効性も実現可能性も知ったことじゃないから全部適当
とにかくテッペン極めるまでは意地でも引退しない妖怪

824 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 05:46:13 0
失われた10年も小沢のせい、元々小沢が自民党から出たのも自民内の派閥闘争で負けたためだけ
政権与党倒すという手段が目的化して、その後どういう政権を作るかとか無いんだよな

権力奪取と云う目的を掲げ野党の烏合の衆を集め、奪取したら利権争い初めてバラバラになるのが日本の野党
明治の隈板内閣からのパターン

825 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 07:38:15 0
自民党と民主党が合併して民主自由党でも結成すればいいのに。

826 :世界@名無史さん:2009/03/02(月) 10:20:05 0
大政翼賛会になっちゃう。

827 :世界@名無史さん:2009/03/03(火) 22:04:48 0
民主党の代表が大変なことになってます。
もしかしたら角栄みたいに米政府の意向も絡んでるかも?
こないだのヒラリーとの会談が決定打になっちゃったかな。

あの壊し屋さんも脇が甘いんだなあ。

828 :世界@名無史さん:2009/03/03(火) 23:14:04 0
よし、オザワが消え、民主がまともになる。

829 :世界@名無史さん:2009/03/03(火) 23:16:55 0
鳩山がまともかどうかについて

830 :世界@名無史さん:2009/03/03(火) 23:26:39 0
長妻

831 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 03:12:13 0
757 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2009/03/04(水) 00:32:40 ID:TCNZ/AT40
364 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/12(月) 00:35:40 ID:/6bH0rJS0

15〜16年前、
西松建設と野中広務が金丸金脈で北朝鮮のインフラの整備に1兆円との試算をしていた。
テレ朝の椿事件に先立つこと1年ほど前ね。
その後、ゼネコン大手による突然の訪朝団とかやらかすわけだが、その中心だったのも西松。
西松建設へのガサ入れってのはつまり、北朝鮮〜西松ルートの捜査ってことだよ。
安部と麻生がやってるのはそういうこと。
そうなるとマスゴミの中人が中々解散しない麻生総理を 「テロリスト」 呼ばわりするのも、違う趣を持って聞こえてくる。
たかが解散時期を探ってるぐらいで何をそこまで?って違和感覚えなかった?


17 :渡る世間は名無しばかり:2009/03/03(火) 23:13:29.01 ID:IcmBdm0w

おまえら よくわかってない人がいるみたいだから言っとくと、
これって単なるヤミ献金事件じゃないぞ・・・
西松建設っていうのは、政財界なら誰でも知っている、金丸時代からの有名な 「北朝鮮とのパイプ役」。
だから、安倍と麻生は西松を叩くように指示を出していた。
マスコミの安倍&麻生バッシングの影にはこういう理由があるの。
そして、当然の如く、小沢は以前から甘い汁を吸っていた張本人。
「カネを出して何人か返してください」 は、小沢だから言えたわけ

832 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 03:17:30 O
>>824
宮澤の債権調査&公的資金注入案を、党を追い出された私怨で叩き潰したのが小沢だったしな。
宮澤案があの時通っていれば、その後の長期大不況もなかったろうに。

833 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 08:27:15 0
民主党も駄目、自民党も駄目となったらやはり共産党しかないな

834 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 14:53:13 0
実は、逆だってば!

835 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 18:23:58 0
自民党が一番ましなのは歴史が示してる

836 :世界@名無史さん:2009/03/04(水) 18:46:39 O
にしてもハズレ首相を出す頻度がいい加減高すぎる
危急の時に必要な人材を出せずにますます混乱するのは、
衰退する国家の典型症状なんだが・・・はぁ

837 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 03:48:51 0
麻生は大当たりだな

838 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 12:55:41 0
>>835
自民党系列以外ずっっっと国政担って着てないじゃないか。
民主なんかの野党ってのは永遠に野党であり続けてきたわけで、
国政を担う基盤も能力が欠けているのはしょうがない。
ありとあらゆるところが自民系列が政治を取りやすいようにセッティングされているわけだし。

んで、日本人が選択するのは、
腐敗はしていても国の運営能力がある自民党政権を国が末期になるまで続けるか?
それとも、しばらくは混乱するだろうが違う政党に国を任せて、期待してみるか?
ってところだと思う。

どこの国だって、永らく支配してきたトップが交代した後は政治的に混乱するのは仕方ないだろ。

839 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 13:01:43 0
交代する前から大混乱ですがな
小沢必死擁護するあまり検察叩きしちまった鳩山も、
こりゃあ吊るされるぞ

840 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 13:14:23 0
正直、つまんない揚げ足取りとか審議ボイコットとかショボイやりあいよりは
こういう陰謀のほうがいい、少なくともこんなことをやれる程度にはまだ力があるってことだし

「自民党は政権与党でいるためならなんでもやる。
 どんなに駄目そうに見えても、選挙の直前になると魔法のような手管を繰り出してくる。
 その名人が、野中であり亀井だったが、小泉総理(当時)が彼らを追い出してしまい、
 いまの自民党にはそういう策士が欠けてしまっている」

なんて誰かが言ってたが、現実はごらんの有様だよ

841 :世界@名無史さん:2009/03/05(木) 15:05:57 0
小沢擁護するのはそれはそれで政治的態度としてアリだとは思うが、
闇金に小沢が関与してることが確定的になったとしたら、
一緒にやめるくらいの気概は持って欲しい。

まあ検察叩きはねーよなあ。
検察の独立性は一応尊重して別の言葉使えばいいのに。

842 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 02:12:12 0
外人男と日本女のsexに興奮する人のスレ
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/avideo/1215204035/
より
ALTは小学生から導入すべきだと思うよ。もっと外国人に親近感を持たせるべき。
教師っていう子どもにとっては神聖な職に外国人がいることで憧れを持たせたり
在日米軍ももっと増やして、全国まんべんなくアメリカ人がいるようにしたり
修学旅行は韓国の学校と合同で船のクルーズ、国際交流したり

もっとこういう政策を進めてくれ。民主党でも日教組でもいいから。移民10000万受け入れてくれ。

843 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 03:49:46 0
どう考えても民主のが腐敗してる罠

>>842
変な工作してんじゃねーよキチガイ

844 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 07:00:54 0
叩いて埃の出ない政治家はいない、
けど尻尾をつかまれていた時点で小沢の敗北
捜査開始の時期は明らかに陰謀だが、
地検が証拠不十分のまま動くわけはない
つまり、裏がとれたところで待ったをかけて、
使うタイミングを計っていた切り札というわけだ

ここで失脚となればもはや小沢の首相就任は生涯絶望、
危機のまっただなかにある日本の政治を、
政権ほしさに2年も機能停止させた落とし前をつけることになる

845 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 10:30:47 O
くだらないボロを出したものだな
政権よこせ一点張りの政治姿勢も三流なら、コケかたも三流
やっぱりモウロクしきってたということか

小沢も衆院選もなるようになれという感じだが、
あんな痴呆代表でも担がないとまとまっていられない民主には、
傷は刻々と致命的になる
既に小沢を切るか擁護かで党内はまったく統一できてないが、
一刻も早く必要だったのは党内意見の集約であって、場あたり的な火消しじゃない
衆院選への波及を恐れて、深くも考えずに
小沢の完全擁護に回った鳩山は早計と言うほかない
党内の亀裂を深める効果しかなかった

最悪なのは、衆院選は勝っておきながら民主がそのまま空中分解することだ
最短で再選挙を行っても、さらに1年の政治空白は避けられなくなる
日本は終わりだ、建て直せない

846 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 13:46:03 0
自民の議員たちが慌てて金を返しますとか言い出してて笑えるな
小沢嵌めるんなら身内が泥を被らないようにしてからやればいいのに

847 :世界@名無史さん:2009/03/06(金) 14:38:00 O
献金引き揚げてるのは森派
麻生の身内ではありません

誰が考えたか知らないが、いい手だよ

848 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 03:48:04 0
麻生外交 ぱねぇっす


■ここ数日間の日本政府の動き
日「尖閣に手を出す奴とは一緒に戦うって言え」→米「安保適用します」
日「領土問題の返事もってこねぇと協力関係構築しねぇぞ」→露「検討します」
日「ミサイル撃ったら国内の北資産、総連も含めて凍結な」→北「、、、、」

【政治】 「尖閣諸島が侵攻されたら、日米安保条約適用」…米国務省が公式見解★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236237124/
【北方領土】麻生首相、ロシア大統領に強硬姿勢 「具体的進展なければ関係つくれぬ」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236099921/
【政治】麻生首相「日本、アメリカ、インドの3カ国で連携強化を図っていきたい」★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236178026/
【政治】日本政府、北朝鮮がミサイル発射した場合、朝鮮総連など在日関係団体の資産を凍結する方針を固める★4
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1236289838/

849 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 03:50:24 0
>>844
陰謀て
検察に挙げられたのは自民も同じなのに
時効が3月末だからそれまでにやんなきゃってんでやったんだろ

850 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 06:27:39 0
物事の理由も目的も常に単一とは限りません

851 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 06:32:10 0
妄想だなw

852 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 07:34:36 0
>>849
うん、それ信じとけば?

853 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 07:45:12 0
角栄と同じく、アメリカの陰謀という人間もいるそうな

でも小沢に社会正義もくそもないのに
陰謀をさわぎたててまで味方するほどの玉か?

854 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 07:55:05 0
>検察に挙げられたのは自民も同じなのに
誰も検挙されていない

>時効が3月末だからそれまでにやんなきゃってんでやったんだろ
時効成立直前まで立件を先送りしてきた意味がわからない
「たまたまこの時になって証拠がそろった」と言ってるのと変わらない
しかも今年度の時効成立は献金総額の一部にすぎない


なんの反証にもなってないな

855 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 07:58:09 0
グラフにすると大差ないのに小沢だけ狙われたのってどう考えても不自然だよな
ttp://up2.viploader.net/pic/src/viploader941150.jpg

856 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 08:24:10 0
今の政治混乱は全て参院で民主がかったため
また政治混乱=経済対策の混乱=失われた10年の再現になる

857 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 08:24:51 0
自民も検挙してくれていいよ
売国系議員じゃん

2回てww
あいつまだえらばれてんのかよwww

この際、献金した議員みんなやめさせて欠員、再選挙させろ

858 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 08:26:50 0
>>856
すべて粗大ゴミが誘導したことだろ

ちがったマスコミだったww

859 :いちけん:2009/03/07(土) 11:43:55 0
日本総督ジョセフ・ナイがくる
こやつは日本と中国とを紛争を起こさせて
双方が疲弊したところで
仲裁という形でアメリカが介入してきて
日本海、東シナ海の海底資源の利権を
アメリカ企業がかっさらえるように画策している輩である。

小沢騒ぎもその一環であると考えるが
みんなはどう思うか?

こやつの言動には注視してないとかなりやばい

860 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 11:53:49 0
アメリカにそんなヒマ(オザワを消すとかゆー(笑))はないと思う

まあ、こんなわかりやすい陰謀論の出方を考えると
木の葉を隠すのには森の中といった手の込んだものではないことはまるわかり
メディアが陰謀論をけなすおもしろニュースを流し始めたときこそあやしまねばならんよ


861 :世界@名無史さん:2009/03/07(土) 11:56:05 0
本当に陰謀論なら、そうとうインテリジェンスの低い機関の謀略だな
考えられてせいぜい自民党だわ

862 :世界@名無史さん:2009/03/08(日) 03:48:48 0
>>852
お前はお馬鹿な陰謀説信じとけば?w

>>854
おいw
真紀子の親父はどうなんだよw
政局に影響を与えないようにやるってのが検察の流儀だろ
だから先延ばしにしてたんだろうが

863 :世界@名無史さん:2009/03/09(月) 01:19:15 0
暫く総選挙はないって雰囲気だから東京地検に特別な意図はないでしょ。
二階の首なんかはくれてやっても構わないし。

小沢は角栄・金丸の件で意地になってるのかも知らんが、3人目の容疑者になるかもね。
真紀子は擁護してるようだが、検察への恨みってことでは同じような感じだろうし、一遍金絡みで辞職に追い込まれてるしね。

小沢退場はいいとしても、その後にジャスコやらお遍路が座ってしかも選挙勝っちまったら大変だぞ。

864 :核心 ◆F0BnXIzFsY :2009/03/21(土) 19:52:08 0
防衛研究所戦史部も未公開資料がいくらでもある。

情報公開が遅れているのは米軍関係だけではない。

戦後日本はアメリカが作った国です、が、戦史部には大日本帝国陸海軍が生き残ってしまったのです。

アメリカの失策です。

お陰で自衛隊が有事の際に使い物にならなくなってしまった。

自衛隊員が死んでも国民は全く悲しめない、憐れむだけだ。

865 :核心 ◆F0BnXIzFsY :2009/03/21(土) 19:55:47 0
アメリカの属国というのは間違い。

北朝鮮が言うようにアメリカの属州でしょう。

自衛隊が全く機能しないのだから、皇国史観で戦いたい、といまごろ言われてもねえ。

866 :世界@名無史さん:2009/03/22(日) 01:48:13 0
>自衛隊が全く機能しないのだから、皇国史観で戦いたい、といまごろ言われてもねえ

は?
意味が分かりませんが。

867 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 12:01:24 0
【芸能】『SPEEDを解散に追い込んだ人物』島袋寛子とのスキャンダル、元ジャニーズ・高橋直気がブログ開始!
1 :ホピ族の洛セ▲φ ★:2009/07/18(土) 08:48:20 ID:???0
かつて滝沢秀明や今井翼、櫻井翔らとともに「Jr.の黄金時代」を支えた元ジャニーズJr.の高橋直気。
整った顔立ちと小悪魔的な魅力を併せ持ち、将来を嘱望されていた彼だが、
98年ごろいきなりジャニーズ事務所を退所してしまう。

「99年春には『純情学園男組』(関西のみの放送)や『クレアラシル』のCMにも出演し、
一時芸能界に復帰するかと思われましたが、10月にSPEEDの島袋寛子とのスキャンダルが発覚。

『SPEEDを解散に追い込んだ人物』として芸能界を追われ、
その後の消息は分からなくなっていました」(ジャニーズに詳しいライター)

そんな彼が、今年6月30日よりアメブロで「高橋直気のROCK STA LIFE」と題したブログをスタート! 
ファンの間で話題を呼んでいる。

「何を食べにいったよ、とか友達と遊んだとか、なんてことのない日常を綴っているだけなんですが、
写真やプリクラもたくさんアップしてくれていて、当時と変わらない美形ぶりにうっとり。
相変わらずカッコいいですよー」(当時からのファン)

内容を見ただけでは、現在どんな職についているかは不明だが、少なくとも芸能活動などは行っておらず、
単純に趣味で始めたブログのよう。現役時代から10年、26歳となった彼の姿が見たい!という方はぜひチェックを。
http://www.cyzowoman.com/2009/07/post_730.html#more
http://ameblo.jp/rockgalliano


868 :世界@名無史さん:2009/07/20(月) 14:43:26 0
SPEEDは劣化っぷりが酷いね
ファミマに貼ってあるポスターとか見るとどんな苛めだと思うわ
もう解散したままにしといたほうが良いよ

869 :世界@名無史さん:2009/07/30(木) 05:56:07 0
>>867>>868
スレと無関係の話題は厳禁。

870 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 10:29:47 0
フランス国営テレビ!?が日本の実態について解説します。
日本の危機的状況が、この1本ですべて分かる入門用動画です。
お子様は両親に見せてあげてね。美人アナが好きそうな団塊世代のオヤジどもに大量拡散して下さい!
奥様方もヨロシクです!みんなで日本を 守りましょう!
http://www.youtube.com/watch?v=R6cP05l5HWw&feature=channel



871 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 10:43:38 0
属国じゃなくて保護国でしょ
属国と言うのは昔のフィンランドみたいに
横暴な宗主国からいかに自国の利益を守るかと言う
安全保障的にシビアな対応が必要だけど
日本の場合宗主国との関係はモナコ対フランスや
アンドラ対スペインみたいな感じだな

872 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 10:49:49 0
世界史の本でよくみかける「事実上の保護国」というのが、妥当だな。
国際的には主権国家だけど、実質的(軍事的外交的)に首根っこ押さえられて、
フリーハンドがないって点で。

873 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 22:36:02 0
果たして日本人以外もそう思ってんのかな

874 :世界@名無史さん:2009/08/08(土) 23:24:24 0
日本人以外がそう思ってるよ

875 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 04:14:23 0
↑朝鮮からお疲れ

876 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 04:16:53 0
関係の薄い第三国から見たほうがそう見えるってことだよ
なんでも朝鮮に結びつけるほうが客観性に欠けるよ

877 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 05:12:59 0
韓国だってアメリカの事実上の保護国だけどね。
ノムヒョン政権の間に失ったものは大きいと思うよ。

878 :世界@名無史さん:2009/08/09(日) 05:39:25 0
だいたい軍事的自由だのなんだのは憲法問題なんだから国内問題

879 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 00:37:29 O
>>876
あいつら朝鮮好き過ぎて夜も寝れないからな。
>>877とかも。
もはや病気

880 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 04:30:14 0
ここにいるのが韓国人だかどうだか知らないが、
以前からそういうレスばっかしてた韓国人にも疑われる原因はある。

881 :877:2009/08/11(火) 05:22:52 0
>>879
何処が病気なのか説明宜しく。
アメさんに見捨てられたらやって行けないのは日本も韓国も一緒だろ。

中共が海洋覇権を追求し出したらフィリピン、ヴェトナム、タイも一層アメリカ依存を強めるぞ。

882 :世界@名無史さん:2009/08/11(火) 08:05:40 0
日本とアメリカの関係の話してんのに韓国も日本の仲間!
て言い出すからあー韓国好きにも困ったもんだといわれてんだろ
説明されなきゃわかんねーの?それともわからないふり?

883 :世界@名無史さん:2009/08/12(水) 05:29:25 0
>>882
類似の事例を出して説明するのが禁止だとは存じませんでしたな。
アメリカの世界戦略の中では同じようなもんだろと。

ここでは日米関係「しか」話題にしちゃいけないの?

884 :世界@名無史さん:2009/08/15(土) 19:09:54 0
中国の犬よりマシだろ


885 :щ(・∀・_):2009/08/15(土) 19:21:47 O
パールハーバーは真珠湾と呼ばれているが、港である。
日本軍は宣戦布告したのではなく、宣戦布告を受け
戦艦アリゾナに攻撃し、沈没させた

だが、アメリカは日本軍じゃなく
執拗に民間人を狙い。殺戮した。

強国じゃなく卑劣なんだよ

886 :世界@名無史さん:2009/08/15(土) 19:39:59 0
いいじゃねえか、上にもある「アメリカがいないとアジアは壊滅する!」
なんて言ってる自民党信者がいるような国は滅んだほうがいいだろ

887 :世界@名無史さん:2009/08/15(土) 20:35:29 0
いろいろな意味でアメリカの傘下に入るのは別にいいんだが
戦争で負けてから、と言う点では、そうじゃない国よりも属国色強いかもな。

そうじゃない国は選択したに過ぎない訳で

888 :世界@名無史さん:2009/08/15(土) 20:59:26 0
日本の場合、選択の余地なく、占領統治からずるずるべったりだからなあ。

冷戦終結時とかを上手に利用できなかったし。

889 :世界@名無史さん:2009/08/15(土) 22:08:22 i
国連決議でもマーシャル諸島やイスラエル同様のアメリカの集票マシンだからね
キューバのカストロって爺さん(勝新の座頭一ファン)がアメリカの方を向いてない日本が欲しいっていってた

890 :世界@名無史さん:2009/08/16(日) 06:59:26 0
>>889
1945年以前に言うべき台詞だ。
国土をほぼ焦土にされた経験もなしにアメリカ相手に突っ張ってる自称革命家が何を言うか。

891 :世界@名無史さん:2009/08/16(日) 09:43:06 0
アメリカ相手にキューバもぎとったんだからたいしたもんじゃねーか
つかバティスタ倒されて以降のアメリカの対応がお粗末
わざわざカリブ海の要衝キューバをソ連の方に押しやっちゃってる

892 :世界@名無史さん:2009/08/16(日) 12:10:15 0
>>890
国土を焦土にしたあげく属国に転落することが、そんなに威張れることか?
あれだけ経済的にしめあげられても、国土を焦土にすることなく、政治的自立を保って、
突っ張ってる方が自爆戦争やって国民を大量死させるよりマシだろう。

893 :世界@名無史さん:2009/08/16(日) 12:52:22 0
>>892
そう言われるとぐぅの音も出ない。
俺が間違ってました。スミマセン。

ただ一つだけ信じて欲しいのは、焦土にしたのは俺じゃない。

894 :世界@名無史さん:2009/08/17(月) 05:01:35 0
>>892
ソビエトが後ろにいたから突っ張ってられたんだろ
ピンでやってかにゃならんかった日本とはまるで事情が違うぞ
国力差もな

895 :世界@名無史さん:2009/08/17(月) 08:12:11 0
戦力としてはなんら日本に寄与しなかった独伊と同盟結んだ日本とは大違い、と言うことですな

896 :世界@名無史さん:2009/08/17(月) 08:16:28 0
他に相手がなかったからな。周辺は敵ばっかだし
当初の日本は対ソビエトを意識しての同盟だったようだ

897 :世界@名無史さん:2009/08/17(月) 21:54:59 0
アメリカには日本本土の防衛義務がある一方で、日本にはアメリカ本土の防衛義務がないので常識的に考えて属国です
そんな当たり前のことに気付いてる人が皆無という現実

898 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 04:42:28 0

あふぉ
アメちゃんが日本に武装させることを恐れてただけなのに

899 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 08:18:19 0
日本に武装させることを恐れてて
実際アメリカが恐れるほどの軍備をさせて貰えてないと言うことはやっぱ属国じゃん

900 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 08:37:20 0
軍備は日本の国内問題。アメリカに決定する権限はないのになに言ってんだか

901 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 08:45:43 0
ですよね
権限無いはずなのにアメリカに決定されてるなんて屈辱ですね

902 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:05:42 0
なんかおかしな妄想癖のある人みたいだな
法律の改正は日本国民次第
大多数がもし認めたとして、それをアメリカが潰してくるようなことがあれば
完全にアメリカは己の民主主義という大義名分を無くすだろ

903 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:10:18 0
年次改革要望書とか毎年押し付けられてるじゃん

904 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:18:55 0
何それwwwそんなもん聞いたこともねえよwwww

905 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:21:23 0
法案は議会通らんと施行できないんだっての
わからんやっちゃな

906 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:27:26 0
お前らの大好きなマスゴミも報道しないもんね
さすがに年次改革要望書知らないとかいわれると煽る気もうせるわ
さいなら

907 :世界@名無史さん:2009/08/18(火) 09:32:12 0
年次改革要望書があろうとなかろうと、法案は議会通らんと施行できないんだっての
どうせ最近知ったんだろ >要望書

908 :897:2009/08/18(火) 10:15:10 0
>アメリカには日本本土の防衛義務がある一方で、日本にはアメリカ本土の防衛義務がないので常識的に考えて属国です
まぁこの一言に尽きますね

基本的には「アメリカは日本の武装を止めるような意図を持っていない」のに何言ってんだか・・・

909 :世界@名無史さん:2009/08/19(水) 04:40:04 0
結局日本の国内問題だから当然な
つか防衛義務で属国だのどうだの決められるとおもっとるのがおかしいわな
それを決める権限があるっちゅーのにねえ

910 :世界@名無史さん:2009/08/19(水) 08:19:16 0
法案は議会通らないと施行できないなんてのはどこの国でも当たり前のことであって
こういう法律を成立させろよと言ってくるのが既に内政干渉、属国の証だと思うけどなあ

911 :世界@名無史さん:2009/08/19(水) 08:32:59 0
だから成立するもしないも結局その国次第なんだから属国も糞もない
他国に文句つけるだけで宗主国だって?
随分属国の定義が拡大していってるね

912 :世界@名無史さん:2009/08/19(水) 17:54:18 0
実質的な属国、事実上の保護国だろ。
少なくとも軍事・外交面に関してはアメリカの従属国だよ。

もちろん、そんな国は他にもあるけどな。

913 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 05:05:07 0
>>912
またエラく都合のいい「実質」だな
外交権もあり、自衛権もあり、それらを改正する権限もあるのにな

914 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 05:20:46 0
>>913
で、アメさんの意向に反した外交・軍事政策が実際可能なのか?
東南アジアはまだしも、極東諸国に協調出来る国家など存在しないじゃないか。

このままだと日本は大陸勢力に対して「フィンランディゼーション」を強いられるぞ。
アメさんは細かいことが理解出来ない困ったちゃんだけど、中共ほど極悪非道じゃない。

915 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 06:43:25 0
>>914
反するならそういう道を選ぶ権限が日本国民にはあるし、
それをどうこうすることはアメリカには出来ない
日本とアメちゃんの利害が一致するなら反する必要もないんじゃないの?
それを属国だというのは無茶だ
フィンランディゼーションを属国化の意味で言ってんのか、
それとも大国に隣接する小国家の中立維持の意味なのか定かじゃないが

916 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 07:30:24 0
国民の意思とアメリカの意思、どちらがより反映されてるかと言えばアメリカの意思だが

917 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 07:52:41 0
しつこいな
最終的に決定する権限は日本にあるってのに
そして利害一致での同調を属国呼ばわりするのも無茶だっての

918 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 09:32:52 0
国家の意思決定の最終権限があっても属国だが

919 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 09:47:13 0
まあかの大韓帝国にも議会はあったし日本への併合は大韓帝国議会が承認したんだよね

920 :世界@名無史さん:2009/08/20(木) 13:33:12 0
占領期から安保改訂くらいまでの日本は、
日本の保護国だった頃の大韓帝国と実質的に大差ないしな。

921 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 02:36:09 0
議会議会言ってた人は逃げ出しちゃったのかな?

922 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 03:02:54 0
日本は防衛用の兵器もほぼ全て米国産を買ってるんだし、小麦とトウモロコシも主に米国産を輸入してる。
これで首根っこ押さえられてないって考える神経に感心するわ。

923 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 03:48:59 0
世界史板も中国の工作員が増えたなw


924 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 04:38:25 0
自分と違う意見の奴はみんなよその工作員かおめでてーな
誰も中国の話なんてしてないのに一体誰と戦ってるつもりなんだか

925 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 05:23:49 0
>>918
どこまで属国の定義を拡大する気なんだか。こじつけがひどすぎる

>>920
あんた占領期とそれ以外の区別つかんのか

>>922
兵器はアメリカも外国のものをたくさん使ってるんだけど
全ての兵器を国産品だけでしめてる国のほうが少ない、ってか存在するのかな
今度は農産物まで持ち出し始めたし。日本製品がないとアメリカの製造業も
成り立たないんだが

926 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 06:03:56 0
>>924
ん、自分のこと言われたと思ったの?


927 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 07:35:30 0
どうひいき目に見たって、アメリカが親分で日本は子分、舎弟。

それをダイレクトに表現したら、日本はアメの属国ってことだろ。

928 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 07:40:59 0
だからどこまで属国の定義を拡大する気なんだと

929 :世界@名無史さん:2009/08/21(金) 20:08:57 0
世界史的に見ると、なんだろ


ま、後世の外国から見たら属国にしか見えんだろうなorz

930 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 03:16:25 0
「日本人のあなたにはぜひ愚痴を言っておきたいわ」

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで、ある家庭に招かれた時のこと。
その家には上は10歳から、下は2歳までの4人の子どもたちがいたのだが、
その子ども部屋はカラフルなポケモン・グッズで埋め尽くされていた。
母親は苦笑しながら、
「日本人のあなたにはぜひ愚痴を言っておきたいわ。
『ポケモン』のせいで、グッズをせがまれるわ、
テレビを観せないと大泣きするわ、毎日大変なのよ。
まったく困ったものよ」

言葉とは裏腹に、母親の顔には平和と幸福を取り戻した
サラエボ市民の安堵の色が見て取れた。
一万人以上と言われる死者を出したサラエボ市民が、
やっと手にしたかけがえのない平和な日々の中に、
日本のアニメも存在していた。

世界で愛される"Japan Cool"より

931 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 04:30:26 0
言いたい事はわかる。ほんわかとしたヌクモリティを感じもする。
けどサラエボの平和とポケモンの間には何の因果関係もねえよな。
ポケモンが無かったら他のものを子供が欲しがるだけだし。
一オタとしてこの記事はちょっと露骨過ぎて引く。

932 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 05:05:03 0
>>929
だから、どこまで属国の定義を拡大する気なんだと

933 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 12:50:47 0
いいんじゃないの、従属してる国に変わりないんだし。

934 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 13:08:38 0
ポケモン>>>>>>>>>アメリカ合衆国

935 :世界@名無史さん:2009/08/22(土) 21:01:39 0
と、でも思っていないとやりきれない所が、属国。

936 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 04:59:30 0
>>933>>935
もう無理矢理だな

937 :世界@名無史さん:2009/08/23(日) 12:19:51 0
外から属国だと思われたらそんなもん
無理矢理でも言わんことには否定できないでしょ
ポケモンとかさ

「見て」属国ならしゃーない。定義とか言って粘ろうぜ。
無理矢理くらい見逃せよ。

938 :世界@名無史さん:2009/08/24(月) 05:22:02 0
>>937
何だ属国云々はポケモン並のネタで言ってたのか
つまらんぞ
ただの感情で属国属国言いつづけたって意味がないぞ

939 :世界@名無史さん:2009/08/26(水) 04:08:08 0
ポケモンは外敵から日本を護ってくれないからなぁ。
ピカチュウが某国の潜水艦を全滅させてくれるなら大歓迎だが。

940 :世界@名無史さん:2009/08/26(水) 04:49:24 0
また振り出しか?
どういう道かを選ぶ権限が日本国民にはあるし、
それをどうこうすることはアメリカには出来ない

941 :世界@名無史さん:2009/08/27(木) 03:56:39 0
アメさんには「孤立主義」って奥の手があるのだが。
欧州からも中東からも極東からも撤兵して引き籠もる。

その場合日本人はどういう選択があり得るのかな?
まさか中共と組むわけに行かないだろーが。

942 :世界@名無史さん:2009/08/27(木) 05:14:10 0
それがどう属国云々に結びつくんだ?


943 :世界@名無史さん:2009/08/27(木) 11:17:30 0
>>940
>どういう道かを選ぶ権限が日本国民にはあるし、
>それをどうこうすることはアメリカには出来ない

>>919
>まあかの大韓帝国にも議会はあったし日本への併合は大韓帝国議会が承認したんだよね

944 :世界@名無史さん:2009/08/28(金) 04:48:07 0
何が言いたいのかわかんね

945 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 04:37:11 0
>>942
日本国は自主防衛が不可能であれば米軍にいて貰わなければ困るんだよ。
中共の好き勝手より米軍の好き勝手の方が千倍もましだ。

946 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 06:13:59 0
>>945
それが日本の国益にかなうと、とりあえず今の日本が選択してるわけで、
それが何で属国になるのかと

947 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 07:05:52 0
なるだろ

948 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 07:15:27 0
ならんよ
どのような道を選ぶか、その権限は日本にあるんだから

949 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 12:57:49 0
つまり属国になる道を選んだって事だろ
昔の大韓帝国のように

950 :世界@名無史さん:2009/08/29(土) 13:04:57 0
未成年みたいなもんよ。日々どんなに自分の意思で好きに行動していても
安全保障上は親の保護下にある

951 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 04:43:16 0
>>949-950
韓国などは外交権も何もかも日本にゆだねてしまったので
属国といえるが日本はそうじゃないね
利害一致で同道を行くことを属国呼ばわりしてるだけ

952 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 20:12:21 0
新憲法は、英文草稿があり、その直訳という形式を執っている。従って、キリスト教
新約聖書のバイブルの日本語版を以って日本のキリスト教団をローマ法王の傀儡という
ことはないが、実質的には、ローマ法の配下にある。そういう意味では、日本はアメリ
カ合衆国の属州と考えるアメリカ合衆国の政治家が多い。ブレジンスキーなどがそうだ。

953 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 20:32:59 0
他の国からどう見たって日本は属国
在日米軍に頼っている防衛戦略、アメリカに脅かされると何もできない経済戦略
歴史の世界でも弱肉強食、強い国が我が物顔に振舞える
属国が嫌なら力をつけないと駄目だ

954 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 20:39:53 0
別に日本がアメリカの属国であろうとなかろうとどうでもいいです。

955 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 20:53:50 0
どうせなら、ハワイみたいに米国の一州にしてもらえよ。

956 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 21:01:24 0
戦後続く自民のままだったら、ちょっと怪しかったのだが、
アメポチ党以外も選択できることが確認された。
今後アメポチ化さえしなければ、もはや属国ではない。

957 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 21:40:56 0
民主党の真の支配者オザワは、自民党の大幹部(幹事長)だった20年前、
バリバリの親米ポチだったわけだが。

958 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 21:48:47 0
じゃ属国なのか

959 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 23:04:31 0
ま、でも有力者とは言え党首でも無い者が、しかも20年前、ポチだからと言って、今の与党がそうだと言う根拠にはなるまい。
戦後、日本はアメリカに隷属したからといって、ずっとそうだって訳でもないし。

960 :世界@名無史さん:2009/08/31(月) 23:33:18 0
日本は第二次大戦でのファシズム陣営の一員として、連合国から断罪された戦犯国であり、
GHQによる占領統治というのは、要するに国ごと収監されて矯正されてたようなもの。
サンフランシスコ条約で独立したといっても、安保条約は実質的には占領の継続だったから、
前科者国家として保護観察処分を受けてたようなものだ。

日本は外交・軍事の面では、禁治産者かつ保護観察処分中の身の上なんだよ。

961 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 03:44:18 0
単純に「日本を簡単にアメリカが手放すか」つったらそれはないだろ。
半島の偉い人みたいに「不慮の事故で」落命する政治家が続出するかもね。

それでも尚北京の狗になるよりはましだという…。

962 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 04:57:32 0
>>952-953
何を言おうと日本国民自身に全てを決する権限があるんだから
アメリカのほうが経済的に日本の属国状態といえる

963 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 07:26:14 0
>>962
こういうオナニー的な日本オタは、日本の置かれている立場を全然わかってないな。
それこそ阿Qの精神的勝利法とかいうやつと変わらない。

964 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 07:41:53 0
日本国民自身に日本の歩む道を決する権限があるんだっていってるのに
なんでもかんでも属国にこじつける精神的敗北法?みたいなのに陥ってるんじゃないの?


965 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 08:37:36 0
>>952>>960
面白い。どういう教育を受ければそんな頭ができるのか解剖してみたい。

966 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 11:26:58 O
>>965
アカヒ流日教組狂育

967 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 11:42:01 0
GHQは靖国神社を潰さなかったが、
中国だったら間違いなく焼却しただろう。


968 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 19:42:32 0
まあ、日本って微妙な立場の国だよな。
まともな国とか普通の国にはほど遠いわ。

969 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 20:21:32 0
正直、日本本土から米軍出ていってくれるなら、
オキナワ本島くらいアメリカにくれてやっても惜しくない。

ていうか、別にオキナワ復帰しなくても困らない。
もともと、あそこ琉球王国で別の国だし。

970 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 21:03:51 0
米軍が出て行ったらすぐに北京が奪いに来るぞ

971 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 21:11:50 0
さすがに現代にそれはないわw
被害妄想強すぎだろ。

972 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 21:13:05 0
>>970
気に入らない国に難癖つけて武力侵攻するのは、
むしろアメリカだろ。

973 :世界@名無史さん:2009/09/01(火) 23:51:47 0
>>972
ロシアも中共もだけどね。
どんな理由があろうとも去年グルジアから南オセチアとアブハジア毟り取ったロシアの行為は侵略だし、日本だって中共に強いられて従属的な防衛協定や経済協定結ばされるかも知れない。

強くて安全な相手に擦り寄るのなら当然相手はアメさんだろ。
ノドンが日本に撃ち込まれても北京は何もしてくれないだろうし。

974 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 05:18:01 0
>>968
日本がまともじゃないとなるといったい世界のどこにまともな国があるんだ?

>>971
とっくに中国はちょっかい出してる
沖縄は中国領だってはっきり言ってるしね中共は

975 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 07:32:27 0
自業自得とはいえ、ポツダム宣言受諾してGHQの占領統治下に入った時点で、
独立国としての日本は滅亡した。

日本終了。

976 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 13:49:45 O
>>975
滅亡どころか日米二重帝国の様相を醸し出し
こともあろうに経済で米国滅亡させることも可能ですがなにか?

977 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 14:41:53 0
アメリカ経済が死ぬ時は日本経済も一緒に死ぬのに何が経済で米国滅亡だアホか

978 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 15:50:06 O
>>977
可能なのとこちらも巻き込まれるのは背反しませんがそれが何か?

979 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 19:47:32 0
日本がなくなってもアメリカはたいして困らないが、
アメリカがなくなったら日本は滅亡する。

輸出市場や食糧輸入でアメリカに完全に依存してるからな。

980 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 19:52:30 0
アメリカにとって日本は、数あるパシリ・舎弟のひとつにすぎないが、
日本にとってアメリカは唯一無二の親分で経済的にも頼みの綱だからなあ。

981 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 20:44:10 0
歴史板的にいえば、いまの日本の立ち位置って、
織田信長の従属的同盟者だった徳川家康みたいなもんだな。

一応、タテマエでは同盟者だけど、格下の弟分で、
いざとなればひねりつぶされるような存在。

982 :世界@名無史さん:2009/09/02(水) 22:52:23 0
アメリカの背後の背後か・・・。そうするとアメリカは靖国神社肯定派ということだな。


983 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 05:48:17 0
10にとっての2や3の価値がわからない奴は戦略を知らない
関係としてこれほど安定を得られるバランスはない
同等かそれに近い力関係であれば、
その間には敵対しなくとも常に緊張をはらまずにはいられない
10に対し2ないし3というのは、歯向かうには到底及ばず、
しかし軽んじて捨て置く、自ら敵に回すのは明らかに愚であり、
理想的な信頼、協力関係はまさにここに生まれる

かつての黄禍論は人種差別思想から出たが、戦略思想としては普遍的な正しさをもつ
強大で己に対抗しうる相手などというものは、しょせん仮想敵にしかなりえない

いま危うく思うのは、民主党の唱える「対等な日米関係」とやらだ
物理的に日本がアメリカに遠く及ばないのは明らかでありながら、
精神的に対等を主張しようとしている
これは、国内左派の非現実的な誇大妄想というだけの問題では済まない
「不均衡ゆえに成り立つ安定」という国際社会の常識を解する知能を失えば、
日本はもはやいかなる国とも理解の通じない、猿の国として孤立する
たちの悪い、身の程を弁えない猿は、ちょうど北朝鮮がそうであるように
現実も理論も無視してありとあらゆる相手に噛みつくのであり、
そうなれば全ての世界は、日本の力を削ぎにかかるだろう

984 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 05:54:21 0
>>975
占領期とその後が区別できないのかな

>>977>>979-980
アメリカ人の借金繰り返してまでの大量消費に依存してるのは何も日本に限ったことじゃあない
実際ヨーロッパの方がサブプライムローンバブル崩壊の被害がずっと大きいわけだしね
食糧等の場合は価格面で対抗できないだけであって、今アメリカで問題になってるように
地下水の枯渇で農業が壊滅するようなことになれば、他のアフリカなどの農産物がずっと
競争力を持つようになるだけのこと
アメリカが崩壊したときは損失も大きいだろうが代替がきかないわけでもない

985 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 07:23:32 0
大日本帝国(笑)が滅亡し、GHQによる異民族統治を経て、
講和独立後もズルズルと事実上の占領状態が継続。

露骨な占領統治からタテマエ上は独立国で内政自治権のある従属国になっただけのこと。
いわば「事実上の保護国」だ。

986 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 07:48:45 0
まだ言ってるのか。壊れたレコードプレーヤーか
外交権も何もかもあって、日本国民自身に権利があるんだっていってるのに

987 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 07:50:24 0
こじつけがひどすぎる

988 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 08:10:07 0
>>985
つまりNATO諸国、オーストラリア、中東諸国、フィリピン、韓国なども「事実上の保護国」なのですね、わかります。

989 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 08:12:30 0
985の言う「事実上の保護国」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:US_military_bases_in_the_world_2007.PNG

990 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 17:48:10 O
 今日の読売の一面トップの見出しが、

  「対等な日米関係」明記提案。 民主、社民・国民新へ。
というものです。米国はもちろん、世界中が唖然とする筈です。自国の防衛を
全面的に依存しながら、「対等な関係」などと云うことが通用すると考えるところに
民主党の度し難い愚かさと幼稚さが如実に現われています。
 いわば、小学生が父親に、「僕とお父さんは対等だ」と言うようなものです。
親子であれば、「そうだ、それくらいの元気で勉強・運動に頑張れよ!」と笑いながら
励ますことになるのでしょうが、国家間の関係では心底から呆れ果てられるだけです。
 日本の政治家には、「世界の中の日本」が全く理解できないということですね。

991 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 17:49:25 0
>>988
NATO諸国でもドイツは日本同様、アメの属国だが、
フランスは自立性が高いな。

中東の産油国なんてアメリカの武力に依存してなりたってるわけだし、
イラクにいたっては日本同様ボコられて舎弟にされたわけだしw

韓国やフィリピンなんて、独立後の経緯からみても当然アメの属国。

992 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 17:51:16 O
 米国は、小沢氏や他の民主党有力幹部の情報を把握しているようであります。
 米国にたてつけばどうなるか、田中角栄の二の舞になる恐れ大です。
 小生はかと行って、この日本がいつまでも米国追従であってはいけないと思います
 本日、ホテルで白人と友人になり、「米国人か」と尋ねたら、
「日本人は白人を見たらすぐ米国人かというが、おれはれっきとしたドイツ人だ、米国と2回も戦ったんだぞ」と誇りにも似た精神を見ました。
 欧州で我々が仮に中国人かと尋ねられたら、こう自信をもって反論できるでしょうか?

               恵 隆之介拝

993 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 17:59:13 0
>>992
滅茶苦茶な論理展開だが、要するにそいつ自身が
勝手に必要以上に劣等感の塊になってるわけだ

ほんと、感情で政治なんかやられちゃ困るんだがなあ

994 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 18:42:33 O
>>992
同じドイツ民族同士で殴り合ったのを自慢されても…
って思っちゃうのは大人気ないですかそうですか

995 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 19:26:17 0
日本はアメリカの属国なんかじゃない。
史実とか事実はどうでもいいんだよ。
要は日本人として誇りの持てる歴史を書けってこと。

いいか、よく聞けよ。
一番大事なことは、歴史的事実がどうであったかということではなく、
日本にとって望ましい歴史とはどうあるべきかってことだ。

愛国心のある日本人なら、そこんとこわかるだろ。
問題なのは事実がどうだったかってことじゃない。
日本人にふさわしい日本に誇りを持てる歴史を書くってこと。

996 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 19:30:20 0
実体の伴わない誇りほど端から見て無様なものもない
中身もないのに粉飾して自己満足に浸るなんて、
戦時下からなんにも進歩してねえのな

997 :世界@名無史さん:2009/09/03(木) 20:16:10 O
 哀しいことですが、仰る通りの展開になるのでしょうね。
「対等を表明するということは、リスクを引き受けること」という極々最低限の常識さえないのです。
 10年程前でしたかブレジンスキーが「日本は“de-facto protectorate”(実質的な保護国である」と言いました。日本人以外は、その通りだ、と
思った筈です。なぜなら、国家権力の基盤たる武力は完全にアメリカの統制下にあるのですから。
本来ならば、その時点で日本の朝野で議論が沸き立ち、「そんなことを言わせないためには、日本は何をすべきか」を考えるのが普通の国です。
 もちろんなすべきことは、ドイツ並みの防衛体制を構築することです。憲法を改正し防衛義務を謳い、核のシェアリングを交渉することです。
ところが実際は、国防などは全く考えないことが平和だ、などという世界の非常識と言いますか、幻想の世界に彷徨っているだけです。
 恐らくアメリカに「お前はバカか」と言われてもキョトンとしている
のでしょうね。「いや、日本は世界の平和のため、人類の生存のために頑張っています」「非核三原則を法制化します。温暖化ガスの削減目標は
世界断トツと致します」「敵に攻撃されたら、無抵抗の方針です」などと大真面目に答えるかも知れません。
 言葉も無いですね。


998 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 07:10:19 0
>>991
アメリカの影響が少しでもありそうならなんでもかんでも属国扱いか。ひどいな

999 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 07:15:37 0
覇権下にある

という事象はその時点ですでに属国と呼んで支障はないわけだが
当事国は違うということにしたいわな
中東やドイツがアメリカの覇権下にあるかっつったらそんなわけねーんだけど

1000 :世界@名無史さん:2009/09/04(金) 07:51:56 0
少なくとも日本はそうじゃないからな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

293 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)