5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イスラムが世界を支配していたならば

1 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 21:53:12 0
世界は幸福だったのでは

2 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 21:54:52 0
例えばなんだが、イベリア半島はアンダルスの時代のほうが人々は幸せだっただろう
イベリア半島をイスラム勢力が支配していたとしたら
大航海時代も生まれなかったわけで新大陸は現在のような惨状になっていないだろう


3 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:14:40 0
キリスト教国家と違ってイスラム教徒は寛容である

4 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:26:49 0
アメリカの機転でイラクに侵攻していなければ
世界はイスラム支配の暗黒の歴史になっていただろう

5 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:30:58 0
>>3
当時としてはねw
しかも地域差があるし
>>4
んなあほなw

6 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:43:32 0
いやいや特にカトリック国家と比べてイスラム国家は寛容だった

大航海時代以降の進出で新大陸の文化は消滅した
イスラム教徒だったらムスリムに改宗すれば文化財も守っただろう

イスラムはギリシア、ローマの正統後継者である
メソポタミアやエジプトの文化を受け継ぐ先進国家であったのだ
カトリック国家は野蛮で文化程度も低かったから各地で虐殺を行った
スペインの異端審問しかり、新大陸での虐殺しかり、
中東も現在まで混乱している


7 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:46:48 0
バグダードは2度侵略された
1度目はモンゴル帝国によって
2度目はアメリカあによってである

モンゴル帝国の侵略でバグダードは破壊されてしまった
しかし結局はモンゴル人もイスラムに改宗する
後にイルハン国の君主はカリフを殺害したことをキプチャクハン国から激しく糾弾されている

アメリカはバグダードの文化財を破壊、収奪している
アメリカの国威がさらに低下すれば、すべてが明らかになるだろう

8 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:49:19 0
こう言うIFの場合、過去を改変しても疑いもなく現代文明の世の中が来ると信じているのが困る。

9 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 22:53:29 0
現代文明より発展していた可能性があるとは思わないのか


10 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:09:22 0
>>6
むしろ当時のカトリック国が飛びぬけて野蛮だったというべきか
文化的にはイスラムにも追いついてる時期なのにねー

11 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:11:27 0
欧州がイスラーム化していたら、東アジアと東南アジアの大陸部を除いて、イスラーム化していそう
新大陸とかはどうなるか分らないけど
それ以前に、「発見」されるかも知らんが

12 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:13:02 0
イスラム教はムスリムならば皆平等っていう思想だからな
かなり先進的だ


13 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:14:08 0
大航海時代まではイスラム圏のほうが優勢だろ
オスマン帝国の全盛だろ

14 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:15:08 0
まぁ普遍性なら、あるだろうな


しかし世界をイスラーム化って、欧州・東アジア・東南アジア大陸部・新世界・オセアニア
これらをイスラーム化するってこと?


15 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:23:38 0
世界がスラム化しそうだなw

16 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:27:55 0
また日本に潜伏してるテロリストの工作スレか。

17 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:34:12 0
ラマダンがなぜかアメリカで一大商戦祭りになり、日本ではセクース祭りになり、バグダードのカリフが
お前らラマダン勘違いしてるだろ?って怒る。

18 :世界@名無史さん:2008/10/11(土) 23:47:48 0
9歳とのセックルが全世界で合法化!


19 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 07:38:07 0
日本はダイエットにラマダンがいいとか
ラマダン後のセックスは最高とか、そんなノリだろな

20 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 12:52:46 0
結局指導者のお山の大将争いに発する宗派間対立で分裂するだけだよ
宗教で人類の性が統一されるなら誰も苦労しないっての

21 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 13:12:48 0
>>20
いや、ブハーリーのハディースにムハンマドが9歳の少女と結婚・セックスしたと
かいてあることから、本来のイスラームでは9歳女児とのセックス合法
ゆえにイスラームが世界を支配していたら、全世界で9歳女児との結婚・セックスが
合法化されていたはず


22 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:15:58 O
でも偶像崇拝禁止でアニメが見れくなるだろがクズ

23 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:22:18 0
なんでアニメが偶像崇拝にひっかかると思うんだ?
ちょくちょく見かける大間違いなだが、アニメ自体はなんにも問題ないぞ
宗教や性表現絡みの内容には規制が加わるが

24 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:34:00 0
>>23
人間や動物の絵を書くことすら禁じていたぞ、イスラームは。
だから植物文様ばっかり。

25 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:34:05 0
「神の姿を模した像や絵がいけない」
ってのが、なぜか「人物の像や絵がいけない」にされる
たぶん色んなところからの曲解なんだろう

26 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:34:32 0
>>24
だからその誤解どっから出てくるんだ?
禁止されていません


27 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:40:12 0
イスラムの人物画なんていくらでもあるぞ

なんかね、日本の教師でも結構間違ってんだよこれ
俺もそんなようなこと教えられた記憶あるし
ただ、例えば人物像とかは崇拝に繋がりやすいから
っていうんでなにを模したかに関わらずいっしょくたに禁止する大雑把な宗派はある

28 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:44:04 0
実際イスラム世界でも日本の漫画アニメ流通してるしね
公に放送販売されるのは規制がかかりすぎてつまらんから
ネットで落とすとか言ってるイラン人がいたよ

29 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 15:48:07 0
>>26
イスラームが教義として禁じていなくても、実質社会的に禁止されてたよ。
近代以前のイスラム圏の「画家」は、異教徒ばかり。

30 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 16:00:41 0
適当言い過ぎ
中世イスラム画家は名前を残してることのほうが稀だし
宗教画が残されない以上どうして異教徒とわかるのか

31 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 16:07:53 0
イスラム画家って中国系の画風だよな
顔立ちは西洋人と同じなのにのっぺりした漢字

32 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 16:13:50 0
モンゴルの影響はあるんじゃないかな

33 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 16:36:01 0
オスマン帝国がグラナダを救援していたら歴史は違っていたんだろうか
イスラム諸国は協力してキリスト教国にジハードしてればねえ
後ウマイヤ朝にしても内部分裂しなかったらカスティーリャに征服されなかったのに

34 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 18:06:00 O
ベーコンが食えなくなる

35 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 18:20:57 0
ああ、アニメやマンガは無理だろ。だって魔法禁止だもん。
そもそも今日においても違法に見たアニメのDIO様が(ryって騒いでるんだもん。

しかし、イスラムシンパってキモいのばっかだな。
9才の少女とセックスが合法だとか。

36 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 18:51:34 0
>だって魔法禁止だもん
意味がわかりません
あなたがそういう漫画しか読まないってことですか
知ったことじゃありません

37 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 19:28:50 0
ポケモンは進化論と偶像崇拝を肯定しているから禁止

ミッキーマウスは鼠への親近感を育むから禁止

こんな宗教令を出す有力ウラマーが未だにいるのがイスラーム。

38 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 19:29:12 0
DIOの件はコーラン読んでたのが問題になったんじゃね?
「コーラン読むと悪党になるとでも言いたいのか!?」って、
正直、いいがかりっす。

39 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 19:50:55 0
もし、創価学会の学会員が『カーバは大作の魂が昇天した神聖な場所だからメッカは学会の聖地だ』
とか言いがかりを付けてメッカを占領してカーバを創価会館に改修しても
イスラム教徒が一切文句を言わなかったら、イスラム教は寛容な宗教。

40 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 20:28:19 O
>>30、イスラム教徒から文句の荒しだな創価がイスラム教徒につぶされるぞ。

41 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 20:29:11 0
日本語でおk

42 :世界@名無史さん:2008/10/12(日) 21:12:50 0
女性の解放、身分制度の撤廃など、社会の改革は、現実の中東諸国よりも
進むんじゃないかな。ほとんどイスラム教徒だから、教義に拘っている余裕がないでしょ。
いくら保守派が気に入らなくても、必要な仕事なら、それをする能力のある人材を一定数
育てざるを得ないから。

ただ「マリア様が見ている」は、どんなタイトルになるんだろうか。

題名は知らないけど、SF小説のなかで、イスラム教徒が世界を支配した改変ものがあった。



43 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 00:11:56 0
西欧文明に対する反動で保守化しているだけだからなあ
昔はもっと開放的だっただろ
都市の知識人のための宗教だから

44 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 02:16:10 O
怪狂徒曝しage!

45 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 02:50:40 0
世界がスラムになる

46 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 09:12:12 0
イスラムの方が静養よりも専制的じゃないかなーと思おう


47 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 09:16:35 0
それはイスラムというよりオリエントの伝統だろう
いや、西洋のほうが伝統的に共和的な状態を好むのかもしれない

48 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 09:45:34 O
276:世界@名無史さん :2008/08/22(金) 13:50:58 0
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080822_victim_of_rape_afghan_women_jailed/
レイプの被害者なのに投獄されるアフガニスタンの女性たち

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070718_teenage_maid_execution/
サウジアラビアにて10代のメイドさんが斬首刑になりかけている

女性にとっては悪夢だな。

49 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 09:48:05 0
斬首ならまだいい
イスラム法を厳格に適用すれば石打ちだ

50 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 11:33:58 0
未だにイスラム法を厳格に適応しようと言う勢力がたくさんいるのが不思議ではある。
キリスト教世界に、いまさらカノン法を厳格に適応しようって考えてる馬鹿はいないだろうに。

51 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 11:36:14 0
だって欧州やらには実力では太刀打ちできないから、それなら宗教で対抗しようと思っているんじゃね?
つか対抗するとき、宗教にすがるしか無いというのは何とも(偏見アリまくり)

52 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 11:39:24 0
石油でてなかったらもっと悲惨だったよなあ

53 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 11:40:35 0
むしろ石油が中東を不幸にした

54 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 11:43:01 0
しかし石油が無くても、スエズがあるんだよな・・・・
あと、インド洋に面しているとか
良くも悪くも、交通の要所・十字路的な空間でもある

55 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 13:48:07 0
サウジなんか石油が無きゃ中国や北朝鮮も蒼ざめる、独裁と人権無視の国だからな。
何故かネトウヨニートはダンマリだけど。

56 :世界@名無史さん:2008/10/13(月) 14:20:20 O
日本と関係が薄いから

57 :世界@名無史さん:2008/10/15(水) 15:54:59 0
親日無罪だから

58 :世界@名無史さん:2008/10/17(金) 00:57:02 0
豚肉が好きだからお断りだ!

59 :世界@名無史さん:2008/10/18(土) 23:18:35 0
酒好きとしてもイスラムは敬遠したい
しかし実際、こっそり酒を飲んだことがバレたらどうなるんだろう、イスラム社会では

60 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 00:40:55 0
つーか、イスラム教徒が酒飲まなくなったのなんて近代に入ってからだよ。
それまではよほどの狂信者以外は、普通に酒楽しんでるし。

61 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 01:55:44 0
イスラムが支配したらイスラム教を強制して反乱が相次ぐって所かな

62 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 02:30:37 0
ジェンダージェンダーうるさいババアを
石打にしてくれるのはなかなかいい

63 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 02:39:27 0
基本的変形菌権を尊守するように!

64 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 03:03:24 0
例としてイベリアを支配してた例を見ると
わりと穏健でよかった?んじゃないかな

65 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 03:07:59 0
鍋の下でコトコト燃えていた時のことを
カーテンの下に燃え移った規模と段階に演繹できる根拠は?

66 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 23:37:37 0
イスラム教徒は煙草と甘い珈琲を異常に好むような気がする。

67 :世界@名無史さん:2008/10/19(日) 23:44:42 0
近代以前のイスラム圏には酒屋、飲み屋、娼館などはもちろん、少年達を集めた男性用の男娼館まで
堂々と存在した。男娼の派遣サービスまであった。

前近代のイスラームは、今のイスラームとは相当に違った宗教だった。

68 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/10/20(月) 00:28:42 O
>>67
ジジェクと大澤真幸先生が似たようなこといってたな。
なんでもイスラーム復古主義やキリスト教原理主義は、多文化主義の対概念として存在する極めて近代的な宗教運動だと。
原理主義は宗教が力を持ってた時代には存在しえず、むしろニーチェ的な「神(ラカンの言うところの大文字の他者)は死んだ」以降の世界の産物らしい。

今日大澤先生にサインもらってきちゃったよ。噂に違わず素晴らしい人格者だった。

69 :世界@名無史さん:2008/10/20(月) 01:05:24 0
なんか勘違いしてるが近代でも酒屋、飲み屋、娼館などはもちろん、少年達を集めた男性用の男娼館まで
堂々と存在してたし、男娼の派遣サービスもあった、今現在も存在してるかも
フランスの作家のアンドレェ・ジッドの小説で植民地時代のアルジェでの男娼体験談を辟易とするぐらい延々と書かれてる
それも20世紀の話だ
西洋の影響はかなりあるけど
昔のイスラムが今に比べて自由だったかというとそう単純にはいえないね
西洋が自由になりすぎたおかげでイスラムが相対的に厳しく見えるだけだと思うけどね
学問が不毛になったのも12世紀の学問の大弾圧がきっかけで西洋とは関係ないし

それに厳格といってもイスラムは昔からなぜか同性愛に寛容で
その点からもキリスト教社会と比べて厳格な部分と寛容な部分にズレがある
もっとも今は西洋の影響を受けて女性の社会進出も盛んになって
イスラム社会でも昔に比べて自由になってるところもたくさんある



70 :世界@名無史さん:2008/10/23(木) 11:03:19 0
いまも特に敬虔じゃなければ飲酒するらしいよ。

71 :世界@名無史さん:2008/10/24(金) 09:14:07 0
般若湯かい

72 :世界@名無史さん:2008/10/25(土) 21:35:45 0
9歳に突っ込めるのはイスラムだけなんだぞ!
イスラムこそ解放と寛容の宗教

73 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 00:57:12 0
ビデオに撮らせてくれないんじゃなんの価値もねえよ

74 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 01:44:22 0
>>24 ホメイニ以後のイランの坊さんたち、フセイン 肖像画が街にあふれてました

75 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 02:09:49 0
現代見てりゃあ悲惨な結果にしかならなそうだとわかりそうなもんだがな
イスラムは退化していく宗教だ

76 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 02:36:56 0
しかし、イスラム教徒は減っていないという現実。

77 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 05:10:48 0
そりゃ改宗は死罪だもん

78 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 17:20:58 0
マレーシアのイスラム評議会、女性同士の性行為を禁止 男性風衣服着用もご法度

マレーシアでイスラム教の教義を決める最高会議に当たる全国ファトワ評議会は23日深夜、
女性が男性風の衣服を着用したり、男性のように振る舞ったり、他の女性と性行為をすることが
教義に違反するとして禁止すると発表した。国営ベルナマ通信が伝えた。

全国ファトワ評議会は2日間の会議で、若い女性が男性のような身なりをして同性愛傾向を
あからさまにする風潮について話し合っていた。

同評議会のAbdul Shukor Husin議長はベルナマ通信に対し、若い女性の多くが男性風の衣服を着用して
男性のように行動したり、男性のように社交的交際をすることに好感を持っているが、これは摂理への
違反と女性らしさの否定にあたると述べた。

同評議会の決定に法的効力はない。マレーシアでは男性同士の性行為は自然の摂理に反しているとして
違法となっているが、弁護士らによると女性同士の性行為を禁止する法律は存在しないという。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2532199/3467242

79 :世界@名無史さん:2008/10/26(日) 22:33:38 0
宝塚涙目www

80 :世界@名無史さん:2008/10/30(木) 00:03:01 0
貧乏子沢山だしね

81 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 19:26:25 0
世界最多のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアの国会は30日、あらゆる媒体のポルノの
販売や所持などを禁止する反ポルノ法案を賛成多数で可決、同法は成立した。違反者は
最高で禁固15年または75億ルピア(約7000万円)の罰金が科される。

同法案をめぐっては、日本人観光客が多いバリ島で肌の露出が多い伝統的なバリ舞踊が
禁止されると危惧する声が高まり抗議デモが展開されたほか、キリスト教徒が多いパプア州
(ニューギニア島西部)などでも反対の声が上がるなど論議を呼んだ。バシュニ宗教相は30日、
「すべての民族の伝統や儀式は尊重される」と述べ、伝統芸能などは除外されるとの認識を示した。

同法で禁止されるのは、公衆の面前での裸や児童ポルノのほか、映画や写真、絵画、アニメ、
文章などあらゆる媒体のポルノの販売や所持、インターネットからのダウンロード。

共同通信
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008103001000711.html


日本もこうなるわけだな>>1

イスラムが支配しなくて本当によかった!

82 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 19:28:42 0
>>69
http://gayjapannews.com/news/news385.htm
イラン 同性愛者2人が死刑に 2005年



83 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 19:33:19 0
http://gayjapannews.com/news2007/news181.htm
亡命イラン人レズビアン女性とのインタビュー 「拷問を受けたのは私がレズビアンだから」<上>


http://gayjapannews.com/news2007/news183.htm
亡命イラン人レズビアン女性とのインタビュー 「拷問を受けたのは私がレズビアンだから」<下>


84 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 19:46:41 0
>>68
しかしイスラム原理主義のはじまりは中世後期のイブン・タイミーヤ(光栄の「チンギスハーンW」にも出てくる)
あたりとされてたような気がするが・・・

85 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 22:20:46 0
しかしタイミーヤは投獄されたりするんす

86 :世界@名無史さん:2008/10/31(金) 23:33:45 0
今の原理主義の連中も投獄されているの多いよ。
かと思えば、原理主義だけどシーアとスンニの絡みもあってイランとアルカイダみたいに双方が不倶戴天の敵になっている所もあるし

87 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 00:48:16 0
よく知らんけどアイユーブ朝やマムルーク朝の社会ってのは原理主義を唱えたくなるほどユルかったんかね?

88 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 01:02:42 0
>>82,83
イランが同性愛に厳しいのは
最近になってからか昔からかはわからんけど
アラビアンナイトに男色の話はごく自然に出てくるし
最近まで男色が盛んだったのは事実だよ
スンニ派やシーア派で違うのかもな



89 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 01:10:22 0
WIKIにこんな長い項が
イスラーム世界の少年愛
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%84%9B


90 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 01:37:58 0
ほんとに退化して行ってるんだな

91 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 09:02:39 0
アイユーブはクルド人王朝で、マムルークは戦闘奴隷の集団が権力もってこさえた王朝だ。
マムルークはおもにカフカースからの民があてられた。
ようするに非支配者であるアラブ人と民族がちがう。
イスラムはコスモポリタンな宗教であるが、実際は今日の社会でもわかるように
部族社会を克服できてない。
預言者ムハンマドの「理想」を挙げる事で、時の権力者と戦う「大義」を掲げたと
みるのは穿ちすぎだろうか。

92 :エゥーゴ:2008/11/01(土) 14:46:32 0
>>68
「近代天皇制」における天皇崇拝は一見時代に逆行しているように見えて
実はそうではない、というのと同じことか。

オスマン帝国がカリフをつぶさずにカイロかイスタンブルかバグダードに存続させていたら
近代にアラブ民族の民族主義高揚期に担ぎ出されていたんだろうか。


93 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 15:05:59 0
コーランにはヤっちぁいけないエッチの組み合わせが列挙してあるけれど、
その中に、レズビアンは無いんだけれどな。


94 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 15:13:39 O
だって見ていてたのしいからね
それがアッラーのおぼしめし

95 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 16:23:17 0
まあ、イスラム教は悪の支配者がどうにでも解釈できる宗教だ。
これは、一神教一般に言えることで、一神教とは人を悲惨な状態に陥れるための装置。
一神教の布教がなぜ犯罪にならないのか、不思議だ。
現在では、その最たるものがイスラム教。
ヨーロッパでは、今世紀末には、
人々が悪であると気付いた一神教の一つ、キリスト教は消滅するだろうと言われている。
どうしても宗教にすがりたい人々は、ヨーロッパとか日本の本来の宗教の多神教を信じることになるはず。
仏は、人それぞれが良心に従って心の中に育てるもの、という多神教的考えがアジアでは一般的。
一神教のように異教とか過激思想に対抗できるものではないけど、それだけに人々の自由を保障する。


96 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 16:50:19 0
それは一神教のマイナス面しか見ていないような

97 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 18:53:05 0
>>96
一神教にはマイナス面しか無いから。
18世紀以降、ヨーロッパではキリスト教の汚れた歴史、
キリスト教に汚されたヨーロッパがあぶりだされ、
現在では、キリスト教を信じることは若い世代では軽蔑される。
そのキリスト教以上にけがれているイスラム教は、
ヨーロッパ人の憎悪の的。
かつて、ヨーロッパ人は、一神教のユダヤ教を恐れた。
しかし、実は、ヨーロッパ人自体が一神教のキリスト教に汚染されていたのに気付いた。
さらに、今後、イスラム教の脅威が迫っていることに戦々恐々としている。
イギリスのある社会研究機関によると、今世紀末には、イギリスにおけるキリスト教信者は仏教以下に減少し、
その存在が無意味になるだろうと予測している。
そして、ヨーロッパのかつての人間性豊かな神々も見直されてきている。

98 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 19:26:52 0
一神教には民族などを超越して人々をまとめる力がある
キリスト教はヨーロッパをまとめる文明を築き、
イスラム教は東南アジアからアフリカにいたる巨大な文明圏をつくりあげた

99 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 19:59:46 0
科学が発展したのも一神教世界だよな
中世イスラムの科学者、近世キリスト教圏の科学者は聖職者だらけ
もっとも当時学問は科学に限らず学問は聖職者が独占してたけど

100 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:03:28 0
訂正
誤 もっとも当時学問は科学に限らず学問は聖職者が独占してたけど

正 もっとも当時は、聖職者が学問を独占していた


101 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:09:39 0
イスラームやキリスト教は、普遍性を持っているのは重要でしょ
だから拡大した

102 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:09:57 0
それは言いがかりだ
古代の学術成果の重要性を認識し、
それを収集し修復し再編するのに必要な
組織力を備えた機関がほかになかっただけだ

さらにキリスト教圏で言えば、学問を扱うのに適した
完成された言語があいかわらずラテン語かギリシャ語しかなく、
それぞれ教会の実質専売特許だったこともある

103 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:12:12 0
一神教世界のみで科学が進歩ねぇ
ローマ時代は多神教だけど・・・・

それと南宋とかどうするんだろうね・・・・

104 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:25:57 0
異教徒の文明であれ、ひとまず自己の発展に役立つものは
利用することを知っていたイスラム圏はともかく、
ローマ以前を邪教文明と断じ、ただ神のみを信じるがために
自然科学がまるで発展しなかったキリスト圏は、
ルネサンスが始まるまで科学の発展とはまったく無縁だった


105 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:38:27 0
>>102
>古代の学術成果の重要性を認識し、
>それを収集し修復し再編するのに必要な
>組織力を備えた機関がほかになかっただけだ
たとえばキリスト教がなければ
それすらもなかったと思うが
カロリング・ルネサンスもおこらず、ヨーロッパは完全な暗黒時代となっていただろう
まあミトラ教あたりがキリスト教の役割を果たすかも試練が
>>103
たしかに科学の進歩は多神教世界でも十分起こりうるが、
しかし多神教世界のもとではいずれ行き詰まり、停滞する運命にあると思う
中国なんかも結局科学の進歩は明・清で停滞し、西洋に負けたし
>>104
古い歴史観だな
中世ヨーロッパなめすぎ

106 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:43:04 0
>>105
> 古い歴史観だな
> 中世ヨーロッパなめすぎ

そういって中世ヨーロッパを過大評価するのですねわかります。

107 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:44:07 0
>>106
いいやあんたはなにもわかっていない

108 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:47:24 0
中世たって、10世紀か11世紀ぐらいで、分けて考えてないと・・・・
いわゆる中世盛期以降の欧州は、新興勢力として成長を遂げるし
日本と軌を一にしている気もしなくは無い

109 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 20:53:57 0
中世西欧を持ち上げるのって、甲冑騎士にお熱上げるヲタだけだろ
あんな土人どもが闊歩する後進地帯と化した時代に科学なんて笑わせる

110 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:05:28 0
イメージだけで語るなよw
ゲームとかのイメージで中世ヨーロッパは進んでると思ってる奴と五十歩百歩だぞw

111 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:05:50 0
ローマの文明を全く継承しないまま、なにもかも忘れて700年過ごしたからな
事実上1000年、文明が後退したようなもんだ

112 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:06:55 0
>>110
へー
じゃ、ローマ時代の科学水準を西欧は独自に回復してたってわけっスか
すごいっスねあんぐろさくそんはじめゲルマンのみなさん、天才じゃね?

113 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:14:35 0
ゲルマン人が馬鹿とは言わんが(賢いとも思わんが)、
文明崩壊イチから出直しじゃ後進地帯になるのも仕方ない
しかもキリスト教の教義として、知的探求が著しく制約され続けてきた

結果ありとあらゆる分野で、ルネサンス期まで西欧がローマを越えることはなかった
キリスト教神学を除いてな

114 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:15:55 0
>>112
だれもそんなこといってないよ
ただ単に科学の発展とはまったく無縁というのは言い過ぎというだけ
カロリングルネサンスとか12世紀ルネサンスとか聞いたことない?

115 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:18:28 0
そもそもルネサンスの始まりに明確な定義はないんだが
カロリング朝のは目立った成果を残さなかったし、
12世紀から始まったとすることもできる

どちらにせよ、それはキリスト教下の恩恵による
独自の科学発展では断じてないわけだが

116 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:20:19 0
キリスト教が役立ったことと言えば、写本を黙々と書き残してたことくらいだ
これがなければルネサンスはなかったし意義はあるんだが

117 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:22:28 0
「神だけを見る」キリスト教と、「人間自然を見る」科学の相性がいいわけがない
西欧文明が遅れに遅れたのはこれが原因だ

118 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:25:09 0
>古代の学術成果の重要性を認識し、
>それを収集し修復し再編するのに必要な
>組織力を備えた機関がほかになかっただけだ
重要なのはここなんだよ
そうした機関は多神教より一神教のほうが得意だろ?

いや、多神教でもそれは可能だが
そういった組織力を持った宗教はすでに>>95が理想化するような多神教と違い
一神教のような排他性、非寛容性を持ってしまう

119 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:25:58 0
ま、実際ルネサンス終息とともに反動的宗教改革の嵐で
また一歩西欧の科学は後退したしな
キリスト教が原理に走ると科学は死ぬしかない

120 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:33:06 0
ブッシュが保守層に日和っってるせいで遺伝子工学が進まないのもそれですね、わかります

121 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 21:59:08 0
>>99
科学を進歩させたのはローマ帝国の遺産。
キリスト教がぶっ壊して1000年も停滞していたのが中世。
回教徒世界にはローマやバビロニアの遺したものがヨーロッパよりも沢山保存されていたから
少しの間はヨーロッパよりも先進地帯でいられただけ。
その後、ヨーロッパではキリスト教が弱体化し、市民革命期に信仰を持たない選択が許される
ようになり科学は飛躍的に進歩した。
中近東はいまだに中世ばりに宗門のシバリがあるから後進地帯に転落した。

122 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 22:44:18 0
だから99で近世の科学者は聖職者だらけと書いたんだが
ベーコン、コペルニクス、ブルーノ、ガリレオのパトロンは教皇
メンデル、気球の発明者も聖職者
ちなみにデカルトはイエズス会の学校を卒業してるが
イエズス会は当時もっとも優れた教育機関だった
科学は修道会で研究されそれが近代科学につながってる
デカルトのいくつかの発見や思想は中世(後期)の頃に既にある程度着想はなされてた

さらに古代ローマにおいてヨーロッパは科学の中心地ではない
当時の科学の最先端はエジプトのアレキサンドリアとシリアのギリシャ諸都市
イスラムはそこを占領したから科学の先進地域でいられた
ローマ時代でもヨーロッパの先進地域はギリシャとイタリアの一部だけ
先進地域のほとんどは今のイスラム圏に属していた
つまりヨーロッパは一部を除いて古代から田舎で
中世盛期以降新興勢力として台頭してきたと考えるほうが正しいように思う

123 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 22:51:44 0
>>121
イスラムでよく保存されたのはもちろんアラブ人の努力もあるが
当時の先進地域のエジプトやシリアがたくさんの文献を保持していたからだと思う
ちなみにギリシャ語からアラブ語への大翻訳時代が8世紀に始まるが
その時活躍したのがシリアのキリスト教徒
ほとんどの本は彼らによって訳された
初期のイスラム世界ではキリスト教徒の学者も多かったが
改宗によりイスラム教徒の比率が高まり学問はほぼイスラム教徒の独占状態になる
12世紀以降神秘主義などが出てきてギリシャの学問は外来の学問として弾圧され
同時期にアラブからヨーロッパへの大翻訳時代が始まる


124 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 23:07:57 0
連投スマン
確かに近代以降科学の発展は宗教のくびきからの脱出は大きい
しかし近世のニュートンの時代までは宗教と科学はつながりがあった
宗教にとっても宗教的世界観を構築するため科学や哲学は必要なもので
宗教は学問を弾圧もした反面、手厚く保護もしてたわけで
全面的に弾圧しまくったり全面的に科学と敵対関係にあったわけでもない
昔は聖職者は知的階級、インテリに属していたわけで
粗野な一般庶民に比べればはるかに理知的
魔女裁判もごかいされてるが、あれは一般庶民の暴走が原因で宗教とはほとんど無縁


125 :世界@名無史さん:2008/11/01(土) 23:16:36 0
訂正
122の「シリアのギリシャ諸都市」はアレキサンドリア同様
ギリシャ化された都市ね

126 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 00:03:05 0
>>122
架空のお話。田中芳樹の『銀河英雄伝説』
皇帝の側妾にと姉を取られたシスコン少年のラインハルトは、帝国打倒・帝室に仕返しを心に誓って
どうしたか。
まず士官学校に入って、帝国軍に入隊して、軍功をあげて、出世を目指した。
ぱっと見は皇帝の覚えめでたくなるべく、帝国のために粉骨砕身で働き、宰相に任じられた。
帝国の軍機構や政治機構の外から帝国打倒なんてやってると、トッ捕まって処刑されてしまう
から、宰相になって国を好き勝手に動かせる身分になってから、簒奪。

似たようなもので、キリスト教がはびこっている世の中で、科学的な手法で得た真理とやらを
迂闊に発表すると、異端審問にかけられて火炙りにされてしまう。
そういう時代で科学的に真理を追究するには、宗門に取り入って、そのなかでやるしかない。
身内の恥はさらしにくいし、教義にこじつけていれば、頭の腐ったホンモノの宗教家くらい
たやすく騙せるから、身は安全だ。
オマケにローマ時代やヘレニズム時代の、中世よりもよっぽど科学的な文献だって、
宗門が禁書・要注意図書としてしまっているので、市中には出回らず、衆道僧にでもなって
寺社の書庫で読むしかないわけだし。

127 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 00:15:48 0
おさらい
・キリスト教世界での前近代で、狂信者の攻撃をかわすために、研究者は狂信者の一味に
 擬態するしか方法がなかった。
・ローマ時代やヘレニズム時代の文献を参照するには、キリスト教の番兵を演じて、市中
 でり流通を禁じ保管しているものをキリスト教の施設で読む以外に方法が無かった。

128 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 01:17:07 0
しかし、ローマから失われた偉大な概念である市民を近代に西欧が再発見出来たのに対して
イスラム圏ではソレが出来なかったんだろうね。

129 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 01:25:00 0
>>123
ウマイヤ朝時代は、ムスリムの大部分がアラビア半島出身者であったらしい。
アッバース朝の全盛期において、ようやく帝国総人口の10%ぐらいに信者が
増大したそうだ。
ローマがキリスト教化ともに衰退したように、オリエントもイスラム教化が
進行するにつれて衰退したようだ。

130 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 02:09:17 0
>>128
色々要因はあると思うけど、モンゴルやトルコといった異民族による支配がそれを抑制した、
ってのが大きいと思うよ。

131 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 03:29:15 0
市民ったって、どちらかというと、北東地中海の一部地域の、ギリシャ人とラテン人に
あった、農地を持つ者が都市の運営に全員が対等に近い形で発言権を持つという特殊な
形態だろ。
今で言う市民だの民主主義とは違い、結局は、一定以上の生産力・資産を持つ特権層の
合議だし。

132 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 05:33:40 0
別に農地に経済基盤なんか置いてないが
ここが、農耕民族たる日本人がナチュラルに勘違いするところなんだよな

133 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 10:54:25 0
>>126
中世の科学は古代より発展してるよ
イスラムやインドからの知識も重なってより精度が上がってる
そもそも中世の科学=アリストレスの科学だからな
カトリックが採用したのはアリストテレスやプトレマイオス
ちなみにローマはギリシャと違って科学への貢献は何もしていない
ローマ崩壊後、科学の文献が西欧に残らなかったのは
ローマの科学への無関心からだろう

科学の本の禁書に関して言うと
もちろんカトリック公認のアリストテレスやプトレマイオスの本は一度も禁書になっていない
ガリレオの本も一時的に禁書になっただけですぐ禁書が解かれてる
コペルニクスは一度も禁書になってない
ブルーノは完全に禁書になったけど
このブルーノって人はどこへ行っても問題を起こし敵を作る人間で
火あぶりにされたのは科学よりも敵を作りすぎたのが原因


134 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 11:14:43 0
そもそも当時科学の本を読めるほど知識のある人間はほんの一握りだけだから
どうしても聖職者の独占状態になるし
教会もいちいちこまかく科学の本を検閲してたわけでもない
政治的に影響が出そうだったらコントロールしたという感じだろう
それに当時の科学の本は市中の流通が禁じられたというちゃんとした証拠はあるわけ?
ケプラーやフランシス・ベーコンのように
聖職者でなくても科学的貢献をしてる人間はいる
科学が教会の独占、門外不出だったわけでもない

近世の15世紀あたりになると科学、技術、航海の発展で
古代のアリストテレスの考えじゃ説明つかないことがたくさんでてくる
古代の再発見は科学においては12世紀ルネサンスで既に行われていて
15世紀〜17世紀は古代の科学観の再発見でなくむしろ破壊する時代
どっちにしても近世までは思想の自由なんでどこの世界でもなかったし
学問は政治にコントロールされるのが当たり前なんだから
宗教ばっかり攻めるのは不公平だな
現に一神教世界で科学は発展したわけだし
中国でも文字の獄とか滅茶苦茶なことやってたわけで


135 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 12:40:21 0
アリストテレス哲学の導入が始まったのは13世紀からなんだが…
13世紀つったら初期ルネサンスがすでに始まってる
カトリックにしろキリスト教徒にしろ時代によって態度が全く違うのに
お前なにもかもいっしょくたにするなよ
ガリレオもコペルニクスもルネサンス人だ

136 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 13:15:56 0
まず中世という言い回しはよせ
何世紀の、地域まで明確にしないと話にならない
10世紀のフランスと14世紀のイタリアは全く別世界だ

ルネサンスがいつ始まったのかを定義するのは難しい
あるとき教会が学問を解禁することによって爆発的に発展したわけではないからだ
教会はあるときを境に態度を変えたわけではない
変わったのは人間だ
12世紀ルネサンスを盛んに強調してる奴がいるが、
それも結局は、後の時代の呼び水に過ぎない
ルネサンスは12世紀から13世紀、あるいはそれ以前から徐々に、そして加速度的に
人々が宗教でなく、科学的、哲学的真理に目を向け始めた現象だ

137 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 20:38:23 0
ガリレイが異端審問にかけられて火炙りに怯えて地動説を捨てることを宣誓したことは
有名な話。


138 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 20:41:37 0
>>134
15世紀〜17世紀っちゃあ、もう宗門の権威もガタ落ち、カトリックとプロテスタントが
血みどろの争いをやったことで、どっちつかずのユダヤ教徒や無神論者や無信仰者が漁夫の利を
得たというような時代じゃん。特に、17世紀、ウェストファリア条約以降は、もう
キリスト教の時代ではないよ。

139 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 21:15:18 0
こないだブッシュがイラク戦争を「十字軍発言」していたのに・・・・・すぐに訂正していたが、アメリカの支配層の本音が
「異教徒征伐」であると世界中が知ってしまっているのに138は頭がおかしいのか?
かつてソ連とも冷戦をしていたが、その時も宗教を敵とするソビエトは不倶戴天の敵と位置づけていた。
レーガン大統領はそんなソ連を悪の帝国と名指しした。

140 :世界@名無史さん:2008/11/02(日) 22:12:47 0
すぐに訂正しなければ、国内が荒れる、民主主義のタテマエで戦争の予算も議会との
折衝が要るのに、「異教徒征伐」では予算がとれない。
というふうに、キリスト教的価値を振りかざすことが困難な国なんじゃないか。

141 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 00:42:20 0
たとえば、ガチで戦争してボロ負けした日本を何年も占領して内政に口出ししまくっていた間、
アメリカは、議会制民主主義だの、自由主義経済だのは押し付けたけれど、キリスト教は全く
押し付けてきてないで。
経済覇権は重要だから特産品を売りつけるための予算はたっぷり出る。占領中のアメリカも例外
ではなく、パンとミルクと牛肉の味を覚えこませるために小麦粉、脱脂粉乳、冷凍肉の援助物資を
たっぷりくれたり、下請工場として使う為に技術支援なんかもした。アメリカ議会もほいほい金を
出した。
しかし、キリスト教化するための予算なんか出るどころか、議会に諮られたことも無いよ。


142 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 01:03:21 0
>>139
ちょーあたまわりー、米国内の宗教事情も知らずになに言ってんの?
アメリカ支配層が右派プロテスタント? ばかじゃねーの
共和党の支持層に保守プロテスタントがハバ効かせてるのは事実だが

143 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 20:01:01 0
>>139
未だにんな事いってる奴の方が頭おかしいと思うぜ
異教徒討伐って・・・

144 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 20:13:50 0
十字軍発言の真意はどうかんがえても異教徒征伐だろう
それ以外にどう解釈しようがあるんだよ。

145 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 21:08:00 0
天皇を中心とする神の国発言と同種のものです

146 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 22:36:01 0
まぁ欧米では社内美化運動とかでも社内美化十字軍とか言うしね



147 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 22:38:34 0
ムスリムがジハードジハードうるさいからついつい口から出ちゃったんだろう
あとソ連との冷戦を宗教とつなげて考えるのは死ぬほど頭悪いと思うぜ

148 :世界@名無史さん:2008/11/03(月) 23:12:53 0
>>145
ああいうあからさまな失言はわざとやってるとしか思えない
それで喜ぶ支持者が必ずいるし

149 :世界@名無史さん:2008/11/04(火) 17:03:30 0
アッシリア、ペルシア、イスラム帝国あたりは専制的な印象だな

150 :世界@名無史さん:2008/11/04(火) 17:05:16 0
専制的
初期明朝が最強じゃない?と思わなくも無い

151 :世界@名無史さん:2008/11/06(木) 22:11:06 0
アフガニスタン情勢を語る 3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1222698706/

245 名前:ロボ-7c7c ◆Robo.gBH9M [sage] 投稿日:2008/11/06(木) 19:48:03 ID:???
>>244
┏┫ ̄皿 ̄┣┛<【ナイルの風 中東のまつりごと】シリーズ。俺もたいへん興味深く読んでます。
ttp://sankei.jp.msn.com/world/mideast/081103/mds0811030813001-n1.htm


152 :世界@名無史さん:2008/11/07(金) 10:41:31 0
今の中東の経済情勢を簡単にまとめると、先月の中頃から明らかにエジプト市場が
あぼんぬの兆候を見せ始め、徐々に周辺国へ波及していった。はきゅーん。

ドバイが倒れるのはある意味必然だったが、あそこの脅威の経済成長が停止すると
残るのは超インフレだけとなる。

要するにイスラム世界も恐慌の波から逃れることはできない。

153 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 02:06:43 0
>>1ドナルドモフィットが21世紀以降にイスラムが大復興して
銀河帝国となっていく未来像をえがいていたはず・・
ほかにもモンゴルの時代にペスト災で欧州が絶滅し
イスラムと中国が世界の中心となっていく塩と砂のなにがし
とかいう話もあった。

してみると白人も結構自虐的な話が好きなのかもしれないね。
ほかにも地球の半分を黒人が支配する世界で
野蛮な未開の欧州を独立させようとターザンみたいな英雄が
地球の残り半分を支配する黄色人種の協力を得ようという話やら

ドイツの小説だったか・有色人種と異星人が絢爛たる銀河文明を誇っている
なか地球だけがスラムみたいな田舎で白人だけが、そこで未開な野蛮人とされ
中世差ながらの暮らしをしているのとか

白人がほかから支配されるという話が結構好きなように思えるね。

154 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 02:19:33 0
なるれす

155 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 06:54:19 O
金持ち喧嘩せずって事で、案外穏健で寛容になってたりして

156 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 09:23:18 0
>アナトリアのトルコ化を決定的にしたアンドロニコス2世パレオロゴス

あの時点でニカイアの旧版図ならともかく小アジアの諸君候国をどうしろと

157 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 09:23:59 0
↑失礼 誤爆

158 :世界@名無史さん:2008/11/08(土) 09:39:00 0
>>153
で、欧米の中で最も自虐的なオルタネート・ヒストリーを書くのがアメリカ人。
要するに成功の裏返しでしょう。

「世界を支配する日独枢軸」とか「21世紀まで生き残った南部連合」とか
「ラテン系の超大国」とか、オルタネート・ヒストリーで栄えてるのは
基本的に史実で負けた側ばっかりだね。

159 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 17:09:18 0
蛮族の宗教なんぞに日本は屈しないでしょうよ!

160 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 18:01:57 0
>>158 なるほど アジアの某民族が、「古代は大帝国だったニダ」とか書いてる(というか信じ始めてる)のは、敗北の裏返しですな



161 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 18:19:48 O
>>160
ウガヤフキアエズ王朝が古代地球を支配していた文献は
日本に公式に(裁判のだが)あるが、
韓国の文献のソースは?

162 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 19:27:59 0
>>161
かの有名な亡国軍隊認定の歴史教科書「大朝鮮帝国史」
のことを指し示しているのでは?
たしかにあれを上回るオルタネート・ヒストリーは、そうそうないでしょう。
しかもどこぞでは正当な歴史として教科書にされているという代物ですから。

163 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 19:39:32 0
>>162
いや、それは朝鮮+中国東部だけの王朝だろ。
そんな小さな王朝じゃなくて、
竹内文書みたいな五大陸すべての王朝とか、
エジプトのピラミッドも日本人が作ったとか、
そんな世界帝国の文献は?

164 :世界@名無史さん:2008/11/09(日) 20:16:04 0
>>160
そういうのはオルタネート・ヒストリー(基本的にパラレルワールドを扱う)ではなく
シークレット・ヒストリーという。
世間一般に流布している世界歴史は勝者の側の視点によって歪められているなどと主張し
史料の拡大解釈などによって「真の歴史」を再構築しようと試みたりする。

165 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 11:44:02 0
【芸能/社会】ランディ・マッスルさん大活躍 渋谷の爆発火災で男性を救出も、「救助せず携帯カメラを向ける人にショック」[11/12]★2
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1226539145/

150 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/11/13(木) 10:52:34 ID:BIoOFCDh0
イラン人のマッスルはイスラム教の人かな?
デブやでは、トンカツやトン汁やビールを美味しそうに飲み食いしてたけど、
大丈夫なのかいなw


172 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2008/11/13(木) 10:59:45 ID:wtIY4Gc90
>>150
知り合いのイスラム教徒は
「人間は完全じゃない。欲求に呑まれてしまう自分を認めることも大事」
と言いながらトンカツ食ってた…

166 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 12:59:29 0
ビンラディンにチクる必要があるな

167 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 19:56:06 0
つーかまあ、熱心な土地の信者になると我慢するどころか
豚肉見ただけで吐くからな
生まれ育った地域差が大きい


168 :世界@名無史さん:2008/11/13(木) 21:00:17 0
日本人も今やムスリムの土人に非難されるレベルか・・・


169 :世界@名無史さん:2008/11/14(金) 22:09:00 0
毛の非常に少ない羊だ
足の短い角の無い牛だ
というふうにごまかして食う。

170 :世界@名無史さん:2008/11/17(月) 07:17:30 0
戒律ってのはまわりに迷惑をかけるDQNが多い地域ほど厳しくなる
女癖や酒癖が悪い地域ほど道徳としての戒律は厳しくなる
周囲に迷惑を与えない程度に「ほどほど」があるような民度が保たれている地域
民族においては戒律の適用はゆるく世俗的になる。

171 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 14:02:37 0
>>126
>衆道僧

アッー!

172 :世界@名無史さん:2008/11/18(火) 19:45:07 0
ナチュラルすぎる単語warata

173 :世界@名無史さん:2008/11/22(土) 08:21:12 0
【サッカー/日本代表】玉田圭司「しかしカタールの選手は汚かった…。眼球を殴られたし、足も思いきり蹴られました」
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1227306874/

1 名前:すてきな夜空φ ★[sage] 投稿日:2008/11/22(土) 07:34:34 ID:???0
みなさん、どーもです!
朝早かったですが、カタール戦見てもらえましたか??
勝ちましたよー!! 
予選の中で一番よかったゲームではないでしょうか?!

すごく重要な試合だというのはわかってましたが、
それに気負わずプレーができてたと思うし、
チームとしてすごく機能していたと思います。
やっていて楽しかったです!

しかし、カタールの選手は汚かった…。すごかったです。
眼球を殴られたし、足も思いきり蹴られました。
眼球を殴られると、ピチャッと鳴ることがわかりました(笑)

この試合で僕は、MVPに選ばれました。
うれしく思います。

http://www.tamada-goal.com/blog/08112101.jpg
これが賞品ですが、使うのかな俺…。
使わないかな・・・。。。

この勢いをJリーグでも続けていきます。
頑張りまーす!

玉田圭司オフィシャルブログより 
http://www.tamada-goal.com/blog/2008/11/post_45.html
これもアラーの思し召しってやつか?

174 :エビちゃんファン:2008/11/23(日) 17:30:01 0
もはや今現在もしイスラムが世界を支配するようになれば、
凄まじい事になるだろう。
米英の財閥と諜報機関と軍がイスラムの支配下に入るのだ。
今の支配層がそのまま中世さながらのイスラム復古主義に改宗する事になったら・・

175 :世界@名無史さん:2008/11/23(日) 18:09:49 0
イスラム圏が栄えてた時代は飲酒には寛容だった



176 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 01:56:33 O
マレーシアのイスラム教徒はヨガ禁止になったらしい
ヨガってはいけないのか

177 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 11:51:08 0
お前の恋人がイスラム教徒にヨガらされてもいいかい?
禁止した方がいいだろうw

178 :世界@名無史さん:2008/11/24(月) 13:30:23 0
>>176
マレーシアはインド系移民とマレー人との摩擦が大きくなっているから、マレー人の
インド系文化への反発が今回の措置だろ。

宗教じゃなく民族問題だよ、あれ。

179 :世界@名無史さん:2008/11/25(火) 10:54:34 0
そもそもヨガなんで別にどうでもいいだろ。
ヒンズー教徒はヨガよりイスラムに寛容をしめすべきだ。

180 :世界@名無史さん:2008/11/27(木) 14:27:19 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000560-san-int

ムンバイ同時テロで101人死亡200人超負傷 高級ホテルで立て籠もり

またイスラム過激派か・・・・イスラム教徒怖すぎ。
近くにいてほしくないよ。

181 :世界@名無史さん:2008/11/28(金) 07:59:43 0
イスラムの聖職者って世襲制なの?
若者が苦学して聖職者になったって話聞かないけど。

182 :世界@名無史さん:2008/11/28(金) 08:32:14 0
>>181
世襲のわけねーだろ。マサドラで学んで段階を踏んで初めてウラマーになれる。

あとイスラム「聖職者」じゃなくて、イスラム「法学者」な。ウラマーはあくまでイスラム法を解釈する存在。
イスラームには他宗教における僧や聖職者といった存在は無い。

183 :世界@名無史さん:2008/11/28(金) 13:59:32 0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC

ウラマー(アラビア語: ????? ?ulam??)はイスラームにおける知識人のこと。
イスラーム教における実質的な聖職者(建前としては異論が多い)。
アラビア語の「知る」(???: ?alima)の能動分詞「知る者」(????: ??lim)の複数形である。通

常、集団として扱うため術語として原語、欧米語、日本語とも複数形のウラマーを用いる。
法学や神学、哲学、あるいはハディース学、アラビア文法学など、伝統的イスラーム的学問を
修めた人々に対して用いる。概念範囲は広く、社会的あり方から中国史における士大夫との
比較もなされる。ただし一般にウラマーとして示される人々は大部分が法学者である。

日本の報道などではシーア派ウラマーを中心に聖職者と紹介されることが多いが、
司祭やラビのような聖職者とは厳密には区分されることもある。これはイスラム教での
聖職者との意味はイスラム設立期に対立した多神教における神と人間の間を仲介するものとの
意味があるからである。イスラーム教では、建前の上では全ての信者は同列とされる。
実態としては、礼拝の指導やファトワーの発布などの役割を担うだけで宗教教育における先生にもあたり
一般の信者にとってウラマーは敬意と尊敬(崇拝ではない)の対象になるなどイスラム教徒の共同体を
導く役目を持っているだけでなく大抵は信者の援助で生活を賄っているため日本語の感覚からいえば聖職者といえる。
ただし教徒が小数の場合は他の世俗的職で生活を賄いながら週末はウラマーという場合も存在しえる。
またイスラム教でも聖人が存在するがこれらの聖人の聖廟に対する礼拝や巡礼が単なる敬意にあたるのか
(偶像)崇拝にあたるのかは一部の宗派で問題になっている。サウジアラビアの国教であるサラフィー主義・
ワッハーブ派ではこのような行為は処刑の対象である。


とあるな。>>182の解釈もシッタカでしかなかったか。

184 :181:2008/11/28(金) 20:50:55 0
>>182 >>183
お二方様、ご教示誠にありがとうございます。

185 :世界@名無史さん:2008/11/29(土) 01:56:49 0
>>183
Wikiソースで勝ち誇ったようにwww

186 :世界@名無史さん:2008/11/29(土) 11:24:04 0
君のソースは何?しょうゆぐらいは提示してくれるのかいw

187 :世界@名無史さん:2008/11/29(土) 12:13:21 0
インドのテロすごいな
ただの自爆じゃない、訓練された兵士が死ぬまで戦ってる
自爆テロは安直かつ効果も大して上がらない無為な行動としか見てなかったが、
これは有効だ、インドは信頼面で相当な打撃を受ける
是非はともかくジハドを名乗るのにはふさわしい

188 :世界@名無史さん:2008/11/29(土) 17:58:14 0
イスラムとヒンズーが敵対して利益をうけるのは米中露だよ。

189 :世界@名無史さん:2008/12/01(月) 14:35:54 0
【ロンドン30日時事】ナイジェリアからの報道によると、
中部の都市ジョスで発生したキリスト教徒とイスラム教徒の衝突が激化、
30日までに計300人以上が死亡し、数千人が家を追われた。

ソース:時事ドットコム(2008/11/30-20:26)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008113000190

190 :世界@名無史さん:2008/12/01(月) 20:00:49 0
>>188
日本もなw


191 :世界@名無史さん:2008/12/01(月) 20:03:36 0
イスラムはやっぱり世界の癌だ。
科学の発展にも貢献しない。
人口ばかり増えてテロばかりやっている。


192 :世界@名無史さん:2008/12/02(火) 10:50:19 O
そう思うならもっと対テロ戦争に協力しろよ
口先だけのジャップが

193 :世界@名無史さん:2008/12/03(水) 01:59:56 O
>>192
それはそのとおりだと思う。
給油程度の貢献はすべきだわ。

194 :世界@名無史さん:2008/12/19(金) 01:18:05 0
無神論者は斬首?

195 :世界@名無史さん:2008/12/19(金) 10:33:05 0
>>194
今でも死刑になる可能性が高い

196 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 11:28:27 0
イスラムが世界を支配したらイスラム万歳じゃないと許されないだろう
つまりイスラム自体が近代に対応できなかったわけだ
中華思想も同じく対応できない

197 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 13:12:29 0
思想、言論の自由が近代技術産業の発展に欠かせないことを言いたいのか?
小学生じゃないんだからもうちょっと言葉を選んだらどうだ

198 :世界@名無史さん:2008/12/20(土) 13:36:40 0
思想、言論の自由が近代技術産業の発展に欠かせないな

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)