5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ南米とアフリカは発展しないのか

1 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:41:47 0
欧米の支配を早くから受けているのに
韓国以下の国ばかりなのはどうしてなのですか

2 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:43:23 0
ゴミみたいな黒んぼとヒスパニックしかいないからな

3 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:45:06 0
クロンボは世界のゴミ
エイズで早くしね!!!!!!!!

4 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:47:52 0
南アフリカでは殺人率が世界一、女の8割はレイプされるらしい
キムチよりすげー

5 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:49:28 0
>>4
キムチはあれでも大分マシな方だよww

6 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:50:02 0
南米とアフリカでは差がありすぎるだろ・・・

7 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:51:05 0
クロンボをみなごろしにしたあとに
日本人を植民させるというのはどうかなZ?.

発展するとおも

8 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:51:48 0
>>7
激しく同意します

9 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:54:48 0
中国の方ですか?
中国のアフリカ侵略を揶揄しているのですね?分かります。

10 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:56:41 0
クロンボ人じゃないから無占有地占有でいいんじゃねーの
白人もやってたし
日本も自衛隊派遣して占領すりゃいいよ

11 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:58:36 0
西欧に憧れるあまり、アイデンティティや誇りを失ってしまったから。
いや、マジで。

12 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:59:08 0
アフリカの豊かな鉱山資源はクロンボよりも日本人が有効利用すべき
ただちに自衛隊を派遣せよ

13 :世界@名無史さん:2008/04/05(土) 23:59:08 0
インドの方ですか?
インドのアフリカ進出を揶揄しているのですね?分かります。
アフリカに印僑沢山進出していて、影響力も大きいですもんね。

14 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:00:55 0
>>4
むこうでは処女をレイプするとエイズが治るとかいう都市伝説があるらしい

15 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:03:48 0
欧米諸国が、アジア型の開発独裁を絶対にやらせないようにしているから。


16 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:07:34 0
アフリカは疫病が蔓延する地だから、発展は無理じゃ!

17 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:13:03 0
エイズ蔓延率30%で平均寿命30代だもんな
その上スラム出身とかだと救いようがない
努力とんそんなもの精神論じゃ片付かない
彼らの精神構造を理解する上で大事な事は

絶望

この二文字に尽きる

18 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:15:05 0
アフリカ諸国の国境線がどのような経緯で引かれたのが分かれば、
"国"として発展しない理由など簡単に理解できる。

19 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:21:33 0
地域としても部族としても個人としても発展してないがね

なんでもかんでも欧米のせいという精神はおかしいとおもふ

20 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:32:20 0
>>1
おまえアルゼンチンの歴史を勉強してから出直して来い。
19世紀後半のGNPは世界一と言われている。
科学系のノーベル賞受賞者も何人もいる。

21 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:35:33 0
>19世紀後半のGNPは世界一と言われている。

ソースは?

22 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:36:38 0
欧米せいじゃなくて、大戦後の国際秩序のせいだな。

日本で北方領土や竹島が返ってこない、
チベットや東トルキスタンが独立できないのと同根の問題。

コソボ独立で風向きが変わったのかも知れんが。

>>21
自分が立てたテーマだろ
ちょっとは自分で調べろw

23 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 00:37:04 0
中南米が発展しないのは16世紀以降の植民地化により、
モノカルチャー経済の下で極めて歪に世界経済に組み込まれたことにより、
資本の本源的蓄積が妨げられたこと、人種対立が強められたこと、
バスク人を除いたスペイン人、ポルトガル人の文化が蓄財や商業を重視しなかったことなどに起源が挙げられる。

独立後は工業の育成を図る方向には動かず、自由貿易を進めて
産業構造をイギリス資本の開発により、植民地時代よりも一層モノカルチャーにしてしまったため、
民族ブルジョワジーの育つ余地がなく、さらに植民地時代から封建的大土地所有が続いたため、
土地が有効利用されないなどの事情もあり、これも産業の発展を阻害する要因となった。
こうして工業化しないままに、イギリスを中心とする世界経済の周辺国として発達を遂げたことなどが今に続く低開発の主な理由で、
複雑な民族構成やカトリック教会の扱いを巡って政治が安定しなかったこともこの傾向に拍車をかけた。
まあそれでも戦前のチリとかアルゼンチンの一人当たりのGNPは日本より上だったんだけどね。

朝鮮戦争後、プラスチックや科学繊維等現代技術の発達によるモノカルチャー製品(羊毛、皮革)の代替と、
アジア、アフリカの独立による競争の激化(アフリカでコーヒーとか作られたらブラジルのコーヒー価格が下がる)
大土地所有制度が解体されなかったことから来る政治の不安定化(ゲリラ、内戦、革命)により、
大体60年代ぐらいに日本をはじめとするアジア諸国に追い着かれ、追い抜かれた。

北米でも19世紀半ばまでは奴隷制農業によるタバコやらなんやらの生産が主要製品で、
特にアメリカ合衆国の南部はそんな感じだったが、
南北戦争以降は南部の推してた自由貿易主義は潰え、保護貿易で自国の工業を育成し、産業構造を工業国に転換。
合衆国北部のブルジョワジーがラテンアメリカよりも優秀だったのが幸いした。
正直北部からの投資で工業化が進むまでのアメリカ南部なんかブラジルと大して変わらない。
つーか宗教右派やらレッドネックやら人種差別やらの酷さはラテンアメリカより酷い。


アフリカは知らん。

24 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:40:57 0
アルゼンチンの経済が19世紀末でアメリカより上だったって本当ですか?


25 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:43:04 0
都市伝説


26 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:45:12 0
http://www2.uploda.org/uporg1353242.gif

明は〜スレの転載だがこれは酷いな
アメリカすら可愛く見える社会

27 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:45:42 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080405-00000100-mai-bus_all
<GDP>ブラジル、50年までに日本を抜く…監査法人予想
4月5日22時8分配信 毎日新聞


 【ロンドン藤好陽太郎】2050年までに日本経済はブラジルに抜かれる−−。
監査法人の英米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公表した50年
の世界の実質国内総生産(GDP)予想で、新興国の躍進と日本の後退が鮮明となった。


28 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:48:01 0
>>27
ブラジルの民度じゃ無理だろ
首都で襦激戦が日常差茶番事だし

29 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:48:29 0
ほれ。

http://www.ingle.co.jp/past/log59-3.html
十九世紀後半、アルゼンチンは一人当たりGNPが世界一だったといわれます。


30 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 00:52:40 0
>>21
別スレにちょっと前に書いたのを転載

685 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/04(金) 18:44:45 0
1995年に作成された1914年の一人当たりGDPデータを見てたら
スペインの2155ドルに対してイギリスは5038ドル、アメリカが4805ドル。
旧植民地のチリが2440ドルでアルゼンチンが3302ドル。日本は1276ドルだとか。
米西戦争は負けるべくして負けたんだな。これじゃスペイン人も新大陸に移住するわけだ。
ちなみにポルトガルのデータは無し。無くて良かったはず。


つーわけで、1914年の段階でアルゼンチンとドイツが大体同じぐらい。
第一次大戦でヨーロッパが没落すると、大恐慌の直前にはアルゼンチンは世界第五位の富裕国になる。
でも、アルゼンチンは鉄道も牧場も殆ど米英資本の農業国だったから、これじゃいけないってことで
戦後ペロンが国有化政策+高福祉政策+労働者保護政策+輸入代替工業化政策を思いつきでやってみたら
工業化したものの、全く競争力がなかったため(国産車の値段がアメリカ車の1.5倍とかそんな感じ)
やんなきゃ良かった的な状況になったまま、ペロニスタと軍が内戦始めたんで
後はグダグダになったまま投資も来ないし、土地改革もなされないし、
そこそこ学歴ある奴は海外に脱出しちゃうしってことで没落したまま現在に至ってる

チリはアジェンデ政権での土地改革と鉱山の国有化が結果的に大当たりで、
軍政期の経済成長にも大きな影響を与え、現在の準先進国な立場に至ってる。
ブラジルも軍政時代の外資導入政策が、貧富の格差を拡大しながらも一応成功したから
現在のBRICsの一角になってる。もっとも土地改革してないから、
今も土地無し農民と警察、地主が田舎で激しい戦いを行ってる。結構殺されてる人も多いとか。
ちなみにブラジル最大の地主ファミリーが所有する面積は20,000km²で大体イスラエルと同じぐらい。

戦前は両国ともアルゼンチンより格下だったのに、政治のミスのツケに
アルゼンチンは追い抜かれた。紛れもなくペロンのせい。

31 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:52:52 0
>>29
素人の投稿じゃん

32 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:52:58 0
>>23
オーストラリアは今もモノカルチャー経済の最たる国かと思うんだけど、
南米と違って今も発展しているのは、内部の対立が少なかったからですかね?

33 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:54:14 0
>>11
そのアイデンティティを構築する前に、シロンボ共が侵略してきたからだ。

34 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 00:59:28 0
>>32
当然政治の安定は大きいし、英連邦の一角として、
イギリス市場にアクセスできたのも大きい。
後は蓄財の観念や、起業のノウハウを持ったアングロサクソンが多かったのも有利に働いたと思う。

35 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 00:59:32 0
>>31

別宮暖朗
http://www.php.co.jp/fun/people/person.php?name=%CA%CC%B5%DC%C3%C8%CF%AF
1948年生まれ。東京大学経済学部(西洋経済史専攻)卒業後、信託銀行に入社。主にマクロ
経済などの調査・企画を担当し、英米のほか中国香港にて金融ビジネスを経験する。退社後、
ロンドンにある証券企画調査会社のパートナー。現在、歴史評論家。

36 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:01:40 0
「母をたずねて三千里」は1882年という設定だそうだが、
マルコの母ちゃんは貧しいイタリアから豊かなアルゼンチンに
出稼ぎに行ってたわけだ。


37 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 01:04:39 0
>>36
あの時代のイタリア北部のエンゲル係数が70だったのに対してアルゼンチンは40ぐらいだったからね。
ちょっと出稼ぎして帰ればいいやぐらいの気持ちで多くのイタリア人とスペイン人が海を渡った。
今は南米から逆流してるけど

38 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:07:35 0
アルゼンチンが発展ツーかまあまあ豊かなのは
土地が恵まれていた事、しかも季節がずれていたから欧米に作物を供給できていたからに過ぎない
あんな恵まれた土地ならばくろんぼですらそこそこ豊かになるよ

39 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:08:02 0
>>2-3
卑しい貴方の精神を象徴する様な書き込みですね。

40 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 01:14:16 0
まあ事実キューバみたいに砂糖生産に適してた上に、アメリカ市場にアクセスできたところは
黒人ばっかだったけど革命まで豊かだったからね。
1958年のキューバのテレビ台数が世界第九位ってぐらいだから。
牛肉売れなくなった後のアルゼンチン、ウルグアイの没落は必然だった・・・
肉売って貯めた金で産業構造転換できればよかったけど、それもペロンとペロニスタのせいで

41 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:16:44 0
>>38
それを言うならヨーロッパが豊かなのはたまたま南米大陸を発見できた
からに過ぎない。南米の金を使って世界中の富を買い漁ることができた
ことが発展の礎となった。

42 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:18:29 0
我々は>>1が何故このようなスレッドを立てたのかという
疑問を解決するため、1の故郷であるアディスアベバ郊外の寒村に向かった。
「まだ我がラス・タファリ帝の治世にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した兵士に失礼だと咎められた。

小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る農夫たち、
そして土着の小官吏達は身なりのいい我々を監視する様に見詰めている。
アドワの戦いだの、インジェラだの、パンとサーカスだので 浮かれていた我々は
エチオピア帝国の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「うちのバカが申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて>>1を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、この村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は母親から貰った干柿を手に
打ちひしがれながらアディスアベバへと帰路についた


43 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:18:49 0
>>40
俺もチェ・ゲバラがもとは豊かなアルゼンチンの医学生だと聞いて
意外に思った。

44 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:28:07 0
地理を発展させたのがアジェンデとはどこの時代の人かな
このコテハンは?


地理を経済発展させたのはピノチェトの新自由主義経済利導入によるところが大きい
アメリカからマネタリストを招いて、世界初の新自由主義経済はチリを発展させて
のちの先進国の模範となっている

45 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:28:29 0
なんでエチオピアは発展しなかったんだろう
誰か詳しい人教えて

46 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:29:07 0
>>41
ヨーロッパが南米を発見しなければ、南米は経済的にも文化的にも発展していただろうに・・・

47 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:36:40 0
しかし白人に「発見」されなければ、中南米はいまだに石器時代。
石仮面に生贄をささげていたであろう。

オサ!オサ!オサ!

48 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:49:08 0
>>47
おまえもトウモロコシもジャガイモも食ったことがなかっただろうな。


49 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:49:49 0
>>45
帝室が贅沢し過ぎ
国民がまずしすぎ

50 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 01:53:42 0
>>45
エチオピアもキリストの時代前後にはかなり繁栄していたよ。
となりのエジプトなんか4大文明の1つだし。

51 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 01:54:28 0
>>44
とりあえず、「地理を発展させたのがアジェンデ」とは書いてない。
結果的には大当たりとは書いたけど。

ピノチェト時代の新自由主義経済政策が多少なりとも上手く行ったのは、
アジェンデ時代の銅山の国有化、農地改革の影響が大きかった。
要するに農地改革で分配された農地がすぐに大地主の手元に戻ったものの、
結果的に大土地所有者に「粗放な大土地農場所有は危険」という認識を与えたので、
農業の近代化が進んだ。これがピノチェト時代の自由化と相まってチリの輸出農業
−今日本のスーパーでも売ってるチリ葡萄の生産に代表される−を加速させることになる。

52 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 01:55:07 0
(続き)
また、ピノチェト時代の新自由主義経済政策で企業がガンガン民営化されてた時も
アジェンデが国有化した銅山だけは民営化されなかった。なんでかといえば銅山収入がドル箱だったから。
今も銅輸出収入がチリの輸出の4割を占めてることはご存知の通り。
これだけでもアジェンデの銅山国有化政策は幾ら評価してもしすぎることはない。

要するにピノチェト(本当はピノチェなんだけどまあいいや)の新自由主義経済政策の成功は、
実はアジェンデ時代の諸改革とコインの裏表だったわけで。
さっき書いた
>結果的には大当たり
ってのはそういうこと。

他にも、「チリの奇跡」なんて言われてたピノチェト時代(1973年-1989年)の新自由主義経済政策期の
平均実質GDP成長率は2.9%で、これはアジェンデ時代(1971年-1973年)の1.2%に比べれば高いけど、
実はアジェンデ時代を含めた輸入代替工業政策時代(1940年-1973年)全般の3.83%を下回ってる。
後は経済構造が非常に脆弱になったこともピノチェトの失政の一つか。

>地理を経済発展させたのはピノチェトの新自由主義経済利導入によるところが大きい
ってことはない。むしろピノチェト以降のコンセルタシオン期の平均約6%成長の方が遥かに大きい。

というわけで
>どこの時代の人かな
そのまま返す。もっと勉強しとけ。

53 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 02:06:29 0
(1973年-1989年)

54 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 02:10:35 0
ミスった

ピノチェト時代は(1974年-1989年) が2.9%だ。
クーデター直後から民政移管までの(1973-1990)だと3.70%になる。
まあどっちみち輸入代替期以下なんだけどね。

よく言われるピノチェのインフレ抑制も、実際はハイパーインフレ起こしてたアジェンデ時代や周辺国より
マシってぐらいで、軍政期を通して平均80%ぐらいだからかなり高い水準で推移してる。

55 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:14:07 O
>>1

ん?アフリカや南米ですよね?流石に朝鮮よりは上でしょ????

56 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:28:05 0
残念ながら上を探す方が難しい
そういうレベル

57 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:33:54 0
南米はともかくアフリカは北より酷そうな、
これぞブラックジョークってレベルの国がちらほら・・・

58 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 02:35:11 0
せいぜいブラジルぐらいか。ただ、韓国の方が豊かなのに、
ブラジル、アルゼンチンに沢山韓国人が移住してるのが不思議。
アルゼンチンの韓国人はアルゼンチンをアメリカ移住のための資金集めの場所ぐらいにしか見てないけど、
なら韓国で金貯めて直接アメリカ向かえばいいのに。
ちなみにブエノスの韓国人街はブエノスで一番美人が少ないバリオ。

59 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:41:54 0
南アフリカは発展した。
モザンビークやジンバブエも白人国家の時はアフリカ有数の経済大国だった。

結局未開の部族に資本主義だの民主主義だの無理だったという訳。

60 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:45:41 0
南アは実質黒人国家になった今でも、発展し続けてるだろ。

61 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:55:24 0
南アフリカはあれでエジプトより豊かだからな
アパルトヘイトをもっとソフトランディングできれば色々変わってたはず
ただ、エイズで滅びそうなのが心配だけど

62 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 02:59:04 0
【ロンドン藤好陽太郎】2050年までに日本経済はブラジルに抜かれる−
−。監査法人の英米プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公表し
た50年の世界の実質国内総生産(GDP)予想で、新興国の躍進と日本の後
退が鮮明となった。「途上国は急成長し、先進国も輸出増で潤う」とするが
、世界の急激な構造変化は不安定要因との見方が強い。(毎日新聞)


63 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 09:26:09 0
ジンバブエなんか白人おん出して経済は滅茶滅茶だけど
最終的に黒人の黒人による黒人の為の国作りを考えたら、これは産みの苦しみなのかナー
なんて思ったりもする

64 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 09:33:45 0
いえ、韓国は駅に一人でのれる分、世界有すあの治安の良さとも言えなくもないぞw

アフリカで日本人が駅にのったらほぼ100%強盗に遭う。強盗は脅しから入ってくるならまだ可愛いレベルで
脅しとかまどろっこしい事せず殺した後で盗むというパターンが多い

俺の知り合いは南アの駅に入ろうとしたら、突然後ろから刺されて
荷物奪われた。で、強制送還

65 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 10:25:42 0
>>37
ポルトガルのテレビ番組はブラジルからの輸入ものも多い。
サッカーでも分かるように、ブラジル>>ポルトガルという図式になっている。

66 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 10:44:15 0
同じ「カスティリオーネ(カスティーリャ人)」でも国によって意味が違うって聞いたことあるな

67 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 11:25:50 0
>>64
微妙に日本語になっていないけれど、ホロン部のお方?

68 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 12:07:38 0
黒人の多い国は基本的に危険
マトモなのはキューバとドミ共ぐらい

69 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 12:17:13 O
>>67
ホロン部ではあるだろうが、内容は別に間違ってないだろ。

70 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 13:12:48 0
>>1
>韓国以下の国
北朝鮮くらいしかないよ

71 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 13:19:27 0
>>64
ちなみに、南米(ブラジル、チリ、ペルー、メキシコ)の地下鉄は
一人で安全に乗れるぞ。




72 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 13:24:50 0
>>71
リマに地下鉄なんてないだろ
サンティアゴの地下鉄は日本並み、綺麗で安全
ブエノスは汚いし、物売り、物乞いが多いけど、一応安全
リオとメキシコの地下鉄はヤバイ区間がある。

73 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 13:26:08 0
【経済政策】GDP:ブラジル、50年までに日本を抜く・新興国の躍進と日本の後退が鮮明に…監査法人PwC予想 [08/04/05]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1207405550/

74 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 14:13:20 0
一人当たりGDP (購買力平均)
42 モーリシャス
49 南アフリカ
50 チリ
59 タイ ブラジル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88#.E4.B8.80.E4.BA.BA.E5.BD.93.E3.82.8A.E3.81.AEGDP

75 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 14:27:11 0
                                 ,.-ー冖'⌒'ー-、
                               ,ノ______\
                              /__愛●国___ヽ
天皇陛下は世界で一番地位が高いお方     {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }
現存する最後の皇帝だしな            /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く ヽ
その歴史とか文化的な価値も計り知れないよノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ} ヽヽ
こういうのがある日本ってすごいよな    / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ  ヽヽ
嗚呼!!誇らしい我が大日本帝國ゥゥゥッ!,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、_ ̄
それはそうと日本のアニメって      人__/ー┬ 个-、__,,.. ‐'´ 〃`ァーァー\
世界中で好評だぜ             /   |/ |::::::|、       〃 /:::::/    ヽ
俺は日本人であることが誇らしい    /   |   |::::::|\、_________/' /:::::/〃

76 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 15:42:50 0
>>63
ジンバブエも黒人主導になってからも最初は融和してそこそこうまくやっていたんだよな。
めちゃくちゃになったのは最近のこと。

77 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 18:00:48 0
このスレッドは「なぜ日本人は南米の歴史を知らないのか」にしたほうが
良さそうだな。


78 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 19:12:54 0
「なぜ歴史を知らないのか」
「なぜ発展しないのか」
は別問題でしょ

79 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 20:35:08 0
従属論がラテンアメリカ諸国に悪い影響を与えたから。

80 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/06(日) 20:51:59 O
ウィリアムズもガレアーノも好きなんだけどねえ。南米史は従属論が一番理解しやすいし
てか従属論が流行った頃はもう手遅れだったと思う。
あの時代に自発的に輸入代替を放棄なんて思いもよらないだろうし
それこそ軍がクーデター起こさなきゃ新自由主義への移行もなかった
新自由主義も今の様子を見てると手放しでよかったとは言い難いけど

81 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:20:06 0
>>78
だからアルゼンチンは世界の経済システムのなかで強みを発揮して非常に
「発展」していた。その後没落したというだけで。

戦後はアメリカが南米の発展を妨害したという見方もできる。

82 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:30:50 0
東西冷戦の戦場にされて荒らされまくったからね。
おかげで反米感情を刺激して市場開放も遅れたし。

83 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:34:09 0
>東西冷戦の戦場にされて荒らされまくったからね

で?韓国はどうなの?

84 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:40:18 0
アフリカは誰も語れないのか?

85 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:46:31 0
>>72
大土地所有って悪いひとなのか??

大土地所有しまくっているアメリカは世界一の食料輸出国で
分割しまくっていてる日本や中国は輸入国なんだが

農業も工業と同じで資本家にすべての富を集中させた方がいいな

86 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:53:38 0
>>85
>>185
レス番をまちがえる人は悪いひとなのかも
話が分からん

87 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 21:53:40 0
最近、勘違いしてる人が多い。

×なぜ○○は発展しないのか(貧乏なのか)
○米英が反則技を使って、(共産圏も含めた)生活水準を無理矢理に引き上げている

反則技: 大量生産・大量消費・発明・強奪

 本来なら白人国は19世紀中番の暮らしをしていて、
 アフリカは原始人同然の狩りで暮らしており、
 南米はインカ帝国の暮らしをしている。

狩猟生活やインカ帝国よりは「発展」してるんじゃないの?
俺にもいい思いをさせろという、要は、妬み。

88 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:05:25 0
アフリカは川に恵まれてないよな
ナイル川はアフリカというより中近東の括りだろうし
ニジェール川はほとんど砂漠の中を流れる
コンゴ(ザイール)川は赤道直下の熱帯雨林の中
ザンベジ川、リンポポ川は台地を割った谷底を流れて
どれも流域に農業に向く肥沃な平野を造らなかった

89 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:07:17 0
イスラムを発展させるには?とかな
液晶テレビや車なんかを作ることが
「発展」だと思ってる奴の多いこと多いこと

90 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:14:02 0
南アフリカが肥沃だとでも?
中世にいたるまで現地人も進出できず、人類誕生後10万年間不毛の大地だったんだぞ。

それも白人の手に掛かるとあっというまに経済大国の出来上がり。

91 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:17:52 0
>>90
ダイヤモンドなんてものをとりわけ有り難がる妙な性癖のおかげだろ。


92 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:27:59 0
南米は単純に非白人系の国というわけでもなかろうに(国によるけど)


93 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:32:46 0
イスラエルは日本の四国程の面積、しかもその半分も不毛な乾燥地域。
それでもユダヤ人によってまたたく間に先進国となった。

94 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:42:56 0
アフリカ人って白人に奴隷とされる前の文明レベルってどうだったの?

95 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:43:42 0
>>93
シンガポールの発展は白人は無関係だな。華僑パワー。

96 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 22:54:22 0
どんな文明レベルだろうとカリブのように
民族がほぼ壊滅しちゃったら発展もクソもないな

97 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 23:28:47 0
>>90
>>93
つーか、その辺の理屈だと日本はどうなるんだよ


98 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 23:34:03 0
>>97
日本人は神の子孫の末裔だからな

99 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 23:53:33 0
クロンボとインディアンは人というより動物に近い

100 :世界@名無史さん:2008/04/06(日) 23:53:40 0
>>93
どんだけアメリカから金が注入されてきたと思ってんだ

101 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 00:00:07 0
>99
問1
1)白人 2)黒人 3)インディアン
このなかで、どのカテゴリーに日本人は入るか、もしくは近いでしょうか

102 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 00:15:37 0
むろん1

103 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 00:15:37 0
>>101
日本人>>>>超えられないムー大陸>>>白人>その他>黒人

104 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 00:40:35 0
米先住民にも蒙古班あるからな

105 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 01:06:08 0
たった1万年前まではアジアとアメリカは陸続きだったわけで。


106 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 01:38:47 0
>>99
 インディアンはモンゴルロードを渡って、北米に
移住した先住民。ユーラシア大陸の東方でグズって
いたのが日本人の祖先
>>105
 所謂モンゴルロードだな。でも、太平洋の孤島にも
少なからず先住民が在住しているのは、多くの犠牲を
出しながらも、太平洋を渡っての移動も珍しくなかった
わけだ

107 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 01:49:23 0
アフリカは
黒人差別撤廃→白人出て行け土地とか何もかも色々よこせ

な流れにならなければもっと豊かな地域になってたんだと思うけどな。ソマリアとかルワンダは知らん

108 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 01:53:28 0
アフリカは流石に国境の線引きが酷すぎるからな・・
アフリカの部族間の違いは民族の違い以上の開きがあるってのに。
それがバラバラだし。

109 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 01:55:01 0
南米は不勉強だからよくわからないけど
アフリカは向こう二世紀くらいは発展しなさそうだw

110 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 02:04:25 0
エジプトや南アフリカのGDPは世界で20位台だよね。


111 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/07(月) 02:46:02 0
>>85
土地所有において重要なのは
1.土地をどれだけ有効に、生産性を高く、持続して使えるか
2.農業労働者にどれだけ再分配できるか

の二点。ラテンアメリカでは、16世紀のスペイン、ポルトガルによる征服以来の構造的大土地所有の欠陥により、
1,2の両方を満たさないような土地の使用法が確立してしまった。
19世紀になってもこの傾向は続き、例えばアルゼンチンでは、
1878年にアルゼンチン政府がインディオに金払って安全を買ってたところを、
インディオの襲撃で家畜を盗まれてチリに売られたところから始まった「砂漠の征服作戦」では、
討伐されてほとんど抹殺されたインディオ(20万人が最終的に6000人にまで減少した)の住んでいた、
肥沃なパンパ南部やパタゴニアの可耕地は、一部の軍人や寡頭支配層に寡占的に分配された。
(このことや、折から進められていたガウチョやカウディージョの弾圧によって進められた
近代化=西欧化が今もアルゼンチン人に大きな心理的な傷痕を残してる。
ちなみに討伐軍を率いたフリオ・アルヘンティーノ・ロカは今もアルゼンチンの100ペソ紙幣の肖像になってて、
ブエノスのサンテルモと五月広場の中間ぐらいのところに大きな銅像が建ってる)
チリでも似た時期に同じようなことやってたし、今もブラジルがアマゾンでこういうことをやってるけど、
こんな地主貴族が奴隷農業や、封建的小作制度で生産性の低い農業を行い、
更にはそんな勢力が国政を動かしてるわけだから土地改革は、総合的な国民生活と生産力を上げるためには必須になる。
実際カストロやベラスコ、アジェンデが革命後に土地改革したのもこういう理由があったから。

一方アメリカ合衆国の農業は、18-19世紀にインディアンを抹殺して居留地に押し込めて奪った土地を、
1,2の要求に沿うように分配できたのが大きい。大土地所有そのものじゃんくて、
1,2の用件を満たせないのが悪いんだからね。
ただし、合衆国の農業の競争力はダンピングと、ある意味で粗放で
持続不能な使い方をしてるんで(農薬使用、連作、有限地下水の大量使用など)、
一概に良いともいえないけど。

112 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/07(月) 02:46:29 0
>>81
>戦後はアメリカが南米の発展を妨害したという見方もできる。
そういう見方もあるけど、やっぱり自滅したんだよ
アルゼンチンは政治が安定しなかったし、自前の資本家を育てれず、
国民、政府共にアイデンティティをヨーロッパに求めてたことが一番の原因じゃないかな。
アイデンティティをヨーロッパに求めてたから、ちょっと失敗したらすぐにヨーロッパ移住すれば良いって考えになりがちで、
実際に高学歴者や、アルゼンチンでの成功者、ユパンキ、ボルヘス、コルタサル、ベルナルド・ウサイ、
みんなヨーロッパに行くことばかり考え、ヨーロッパで死んだ。

>>11の言うとおり、アイデンティティを失ったのが最大の原因。
近代化=西欧化の図式が成立したのはどこでも一緒で、日本もその多聞に漏れなかったけど、
アルゼンチンの近代化はミトレやアルベルディ、サルミエントのような自由主義(欧化主義)者による、
インディオ、ガウチョに代表される民衆的、伝統的な文化を攻撃しての西欧化で、
さらにはヨーロッパから移民を導入して人種まで西欧化してしまったがゆえに
南米にありながら、ヨーロッパにアイデンティティを求めるマージナルな国民になってしまった。

日本は近代化に際して、アイデンティティの拠り所を天皇に置けたから、
あれだけ伝統文化を攻撃しながらもアイデンティティを失わずに上手く近代化できたけど、
日本も天皇がいなければ、アルゼンチンみたいに南米にありながら、
ヨーロッパにアイデンティティを求めるマージナルな国民になってたかもしれない。

113 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/07(月) 02:47:07 0
>>79のいうように、従属論は手放しでは賛成できない内容だけど、
歴史観とラテンアメリカ総体のアイデンティティの構築って側面では凄く大きな役割を果したと思うんだ。
特にガレアーノの『ラテンアメリカの切り開かれた血脈』に見れるような
ガレアーノ自身ウルグアイの白人移民出身でありながらも、メキシコからアルゼンチンまで
ラテンアメリカ全ての民族を、資本主義による収奪という見方で一つにまとめたレトリックは
アルゼンチン、ウルグアイのみならず、ラテンアメリカの白人、さらにはインディオや黒人までもを
包摂したアイデンティティのあり方を構築できたと思うんだとね。

実際、アルゼンチン人の56%にはインディオの血が流れてるって研究もあるし、
マルビーナス戦争でのヨーロッパへの敗北以降は、少しづつラテンアメリカへの回帰が進んでるんで、
将来的にアルゼンチン人がアイデンティティの置き方さえ解決できればアメリカより立派な国になれると思う。
いや、俺がアルゼンチン好きだから来る願望なんだけどね。

114 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 02:49:37 0
アフリカで一民族に一国家やったら何千もの国ができちゃうな。

115 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/07(月) 03:07:47 0
ラテンアフリカのアンゴラとかモサンビークには発展してもらいたいけど、
エイズやら地雷やらで酷いことになってるみたいだからあのまま終わりそうな気もする。

マダガスカルは米作出来て、民族的にも他のアフリカ諸国よりも激しい対立ないし、
島国で国土に統一性があるからもっと発展しても良さそうなんだけど、なんでか上手く行かないね。
エチオピアも戦前の独立国だった時代に産業化も農業の近代化も、
ラテンアメリカにあったような汎アフリカアイデンティティを刺激する独自の文学の創造もできなかった。

コートジボワールやカメルーンみたいに比較的上手く行ってたところも民族紛争が再燃し、
最大の地域大国になりそうなナイジェリアは、木を切りすぎたために森林がなくなりそうだとか
南部の優等生の南アやボツワナはエイズでボロボロ。ジンバブエは酷いことになってるし、
一個ぐらいコスタリカみたいなそこそこ成功した国があっても良さそうなのに

116 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 03:12:15 0
エイズって国にはどれくらいの影響をあたえたんだろう
30%〜40%の国もあるがこの国にはどんな将来があるのやら

117 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 03:33:26 0
>>116
それだけ強姦が多い証拠だろ。自業自得だ。

118 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 03:34:39 0
>>116
エイズよりも黒人国家の治安の悪さはなんなの。
ソマリアなんてリアル北斗の拳らしい。

119 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 03:45:21 0
どんなスレでも天皇万歳が出てくるのってどうよ。
流石に右翼がやってるのと同じ意図的なほめ殺しにしか思えんぞ。

120 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 03:56:21 0
国全体の利益を考えられないんじゃないの。
部族や家族の利益ぐらいで。
囚人のジレンマだっけ?そんなのあるじゃん、
みんなが自分の利益だけ求めて行動すると
全体では最悪な結果になるってやつ。

121 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 04:40:17 0
黒人国家が近代化できない理由の一つとして民族と言語が統一されていないことがある。
ナイジェリアは人口は日本とほぼ同じだが、民族数は250以上で
400種類以上もの言語があるそうだ。人口1400万人のカメルーンですら
200の言葉があって、1人の人が3,4言語を使い分けることも
珍しくない。だが考えてみれば日本のほうが稀な国なのかもしれない。
1億人以上もいて民族・言語が統一されている国なんて日本だけだ。
これはアフリカ人が平和主義者で、日本人が征服者の遺伝子を持っている証なのだろうか。
アフリカは始皇帝や信長のような暴君が誕生しなかったのだ。


122 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 04:44:56 0
>韓国以下の国ばかりなのはどうしてなのですか

朝鮮のハングル語なんて、かなり強力なリーダーシップがないと
民衆に根付かせることは無理だね。
先祖の伝統文化を守れといった抵抗勢力は必ず出る。


123 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 04:45:51 0
そういやアルゼンチンの不況てどうなったの今

124 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 06:55:38 0
内戦が起こりやすい国というのは国連の調査によると、
国が貧しく、主要産業が地下資源で、あとひとつなんだったかな、
民族対立があるとかそういうことだったかな、そういう国で内戦が
起こりやすいらしい。
最貧国に分類される国で世界の内戦の八割が起こっているらしい。

125 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 07:23:35 0
日本にも血みどろの戦国時代があったが、
信長、秀吉、家康といった暴君が天下統一して
日本列島に平和をもたらしたのだ。


126 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 07:39:47 0
ベネズエラはある意味世界最先端の実験をやってるよな。
うまくいくのかな。


127 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 07:45:13 0
>>125
フセインも信長のようなことをやっていたわけだが、それを叩き潰した
馬鹿なアメリカ

128 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 07:50:48 0
>>125
 ただ、戦国期は人口も増え、日本人の体格も良かった。
江戸幕末期の日本人の体格は戦国期に比べても、その後に比べても
最低。
>>127
 いいじゃないか。アメリカは、フセインが弾圧していた宗教間、
宗派間、宗派内部で殺戮し遭う自由をイラク国民に与えたじゃないか

129 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 07:52:31 0
>>121
>アフリカ人が平和主義者
 部族間で対立、殺戮や戦闘も珍しくないのに?

130 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 08:58:38 0
>>129
ではなぜ部族が自然淘汰されない?



131 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 09:05:26 0
>>129
アフリカの内戦は近代になってパワーバランスが崩れたのが原因だろう。
多くの少数民族が同居するのは平和だった証拠だ。
中国は血みどろ歴史が漢字文化と漢民族を形成したのだ。


132 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 09:07:27 0
今でも「一つの中国」なんて言ってるしね。
「黄河は水溜りを笑わない」という諺があるが、実際の中国人はそうではない。
ヨーロッパは現代でも、サンマリノ、アンドラ、リヒテンシュタイン、モナコ、ルクセンブルクといった
小さな小国が点在するが、中国は台湾の独立さえ認めない。
琉球王国も独立を維持できなかった。


133 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 09:16:11 0
クルド人=フセインやトルコに殺されて当然wクルド殲滅を妨害するアメリカ氏ね!
チベット人=中国許せん!氏ね!

ネトウヨのダブスタww

134 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 09:36:17 0
>>131
 近代以前に部族間の抗争や軍事衝突、戦争は無かったのか?
確かに今日の部族間戦争は帝国主義国家が部族間を意図的に
分断して支配したのが、大きな原因だが平和だったかどうか?
 中国の場合は、「漢民族」への同化圧力と統合が周辺の
異民族に容赦なく及んでいったからな。無論、「漢民族」
内部でも、無数の戦乱はあったわけで。
>>133
 ネトウヨがクルドを認めないわけは?

135 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 10:49:22 0
>>125
アフリカの場合、全員が明智光秀だからなぁw

>>130
その前に国際社会が介入して止めるor勝ってる側が内ゲバで自滅するor隣国が邪魔するから

>>134
トルコが親日国認定されてるからじゃね

たまに、『トルコ人は日本人が大好きな文化的国民と聞いたが話が違う!イスタンブールでスリにあった!あいつら民度低い!』とかみっともなく逆ギレしてるのが・・・

136 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 11:29:56 0
そりゃ。文明レベルが縄文人レベルなら戦争はしないさ
戦争は少なくとも弥生人クラスの文明が必要

つまりアフリカは18世紀まで殷以下、夏以下、弥生以下


最近はレアメタルや宝石の採掘場を巡って
機関銃やロケットランチャーなど先進国武器を使って
泥沼の部族闘争だけどな

スーダンなんてつい最近までリアル北斗の拳の世界だったはず
なのに、中国の支援のおかげでようやく経済成長13%の安定国になれたわけ

クロンボに何かを期待しちゃ駄目だよ
平和などとんでもない。彼らの本質は略奪と闘争だ

137 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 11:31:40 0
>>134
> 近代以前に部族間の抗争や軍事衝突、戦争は無かったのか?
>確かに今日の部族間戦争は帝国主義国家が部族間を意図的に
>分断して支配したのが、大きな原因だが平和だったかどうか?

そりゃ、あったろうよ。そんなもん無い方がおかしい。
ただだよ?近代以前は多少の例外はあれど、ほとんど原始的な武器で
戦ってたんだ。そんなかに、いきなり銃みたいな近代的な兵器が出て来たら
パワーバランスが崩れるに決まってる。



138 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 11:35:49 0
まあ、アフリカ東岸部では部族争いだらけか
黒人同士で足の引っ張り合い。殲滅戦
負けた部族は全員奴隷にされて西洋人に売り払われた
黒人奴隷だって、西洋人が無理矢理攫ってきたというよりは単に
このままでは100%処刑される黒人部族の奴隷を可哀想だったから購入してあげただけで
本来は人道的なもの。

なんでもかんでも白人のせいというかれらのプロバガンタにのせられてはだめだよ
歴史を知るものにとっては彼らの悲しい歴史は実態は身から出た錆、自己責任もいいところ

こいつらは発展しないよ

139 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 11:42:50 0
>>138
確かに、奴隷商人達はアフリカ人を救ってるという意識を持っていたらしいね。

140 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 12:01:13 0
ちなみに奴隷を直接集めて売っていたのは西洋人でなくアラブ商人である事

141 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 12:09:10 0
アフリカ人は致命的にまとまりがない

部族紛争?国境の引きかたが悪い?そんなレベルじゃない。
同じ部族同士で殺しあうことは珍しくない
反政府勢力があっという間に10個くらいに分裂する。
だいたい武装勢力も難民もすぐ国境越えるんだから国境なんてあっても無くても一緒だ
どうせ大半の国が国境管理もまともに出来ない。


アフリカ人には組織がつくれない。
お店で人を雇う。そいつが商品を持ち逃げする。
会社で人を雇う。設備を壊して持ち逃げする。
軍隊を組織する。反乱がおきる。

(だがそもそも、黒人商店主は足し算も習ってないし商品数も把握しちゃいないが)

はっきりいってアフリカ人の社会性はゴリラにも及ばない
命の値段もなw

142 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 12:11:26 0
>>141
じゃあアメリカの黒人はどうなの?

143 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 12:19:36 0
パワーバランスが崩れたっつーか、資源を売ると金になるから、利権を巡って殺し合いになるんだよ

それに人が増えすぎて土地や水源が慢性的に足りないから、これも奪い合い

でも大半は国や州のポストを巡って殺しあってるね
税金を自分の物に出来るし援助も着服できる。
原始社会ならそんなに金儲けてどうするんだって話だが、現代なら大陸の外に贅沢がいっぱいあるからな


144 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 12:37:43 0
内戦→腐敗→内戦→腐敗→内戦

このループから抜け出す方法は・・・?
まともな人間が政権につくことは無いと仮定して。

145 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 13:11:30 0
アフリカってそれなりに文明もあったんだろ?

146 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 13:22:48 O
結局歴史的に商人がいないことに尽きるんじゃないか
資本家がいないから流通が発展しない。資本主義化できない。

147 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 13:42:20 0
>>144
 外国勢力の侵攻及び併合
>>145
 エジプトやエチオピア、カルタゴ辺りは習っただろ?
>>146
 アフリカとて世界的な国際分業の中には組み込まれているだろ?
民族資本は育成されずに、投資機会があれば外資が蚕食してくる。
自給自足で対外的に干渉しない閉鎖的な集団ばかりなら、貧困でも
戦乱が起きるかどうか?  

148 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 13:43:57 0
アフリカと一口にいっても、いわゆる西アジアに含まれる地域とエチオピアは除外して考えるべきだと思う。

149 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:01:22 0
そんなアフリカにまで進出して小商店主やってる中国人とレバノン人は凄い

150 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:22:38 0
逞しい
でも中国人やレバノン人のお陰でスーダンは今持ち直し始めてきているね
やっぱクロンボより黄色や白が植民した方がいいよ

151 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:27:59 0
エチオピアっていまは世界最貧国ナンバー2だろ
アフリカでも底辺クラス
クロンボに独立国家は負担が重すぎたというこった

152 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:30:22 0
せめて帝政は残しておくべきだったよな>エチオピア

153 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:36:42 0
粛清し放題、国民が貧困してた時期に贅沢三昧
国民から搾取するだけの帝室なんていらないと思う
帝政もまたクロンボに過ぎたもの。帝国というのは一定以上の文明レベルがないと
廃止それ自体は身の程を知っていただけでも評価に足りるがね

154 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:43:27 0
確かにエチオピアが今、アフリカ最低国なのは
エチオピアの皇室の失政と散財によるところが大きいから
帝政廃止はもったいないという人には悪いが、廃止は妥当と思う。

スワジランドなんてアフリカで残る唯一の王制国家だけど
ここも国民が貧困に飢えいでいる間に20人の妻をもって
そいつら全員に宮殿を立てたりして、もうめちゃくちゃ。

155 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:44:37 0
すごいね
まるで個人的にうらみでもあるかのような

156 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:44:51 0
国家ビジョンがないんだよね。誰にも
囚人のジレンマって上でも出てたけど、どういう産業構造で
どういう外交して、どうやって国民を食わせていくかってビジョンがない
ちょっとでもそれが実行できればボツワナみたいにそこそこ発展できるんだけどねえ

157 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 14:56:10 0
>>154
北の将軍に勝るとも劣らないよな。
もともとズール王国で、蛮族ごとぎが白人様に喧嘩を売った王族だわな
王というよりは酋長という言葉が的確か

王家を存続させてもらったイギリス様には感謝しないといかん

158 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 15:02:57 0
北の将軍は国際世論の漢詩が厳しい事もあってか
それほどの圧政者ではない。

アフリカいけば普通に凡君

ムスワティ三世は北の将軍以上の暴君だが、まだアレも
アフリカでは平均レベルよ

159 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 15:08:30 0
>>147
いや、マリとかスワヒリとかジンバブエとか
あとコンゴ王国なんかは文明といえるかな?

160 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 15:11:57 0
スワジランドの前国王は60人の妻に100人以上の子供
ああいう国では有力者すべてと婚姻関係を結ぶのが吉なんだよ
日本書紀を読めば天皇も大和の豪族や諸国の国造の娘を片っ端から

161 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 15:35:39 0
ブラジルに続きアルゼンチン経済も今後伸びるだろう。
昔はイギリスに農産物を輸出して儲けた先進国だったのだから。
農業国は今後伸びる。

162 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 17:28:57 0
>>145
ブラックアフリカだって、西暦以前にナイジェリアの
ノク文化のような鉄器文化まであった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%AF%E6%96%87%E5%8C%96
文明発達の萌芽は出ていた。
アフリカ大陸は大部分が堅い花崗岩で構成されていて農耕に不向きなのだ。
気候からいっても、人が集まるとすぐマラリアが大発生するし、イナゴも大発生するから、
集落は長くは続かない。川には住血吸虫って恐ろしい寄生虫がいる。
因みに世界のマラリア患者の9割はアフリカだそうだ。


163 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 17:40:01 0
「文化は宿命的なものである。西欧文化の素地がないところでは、
西欧型民主主義は成り立たないし、儒教文化の素地がないところでは、
開発独裁による経済成長はうまくいかない。」byシンガポール初代首相リー・クアンユー


164 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 17:45:21 O
キリスト教か東アジアってことか

165 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 17:45:23 0
儒教と言うより農耕民族かどうかだろ

166 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 18:22:23 0
>>112
>ヨーロッパにアイデンティティを求めるマージナルな国民になってしまった。

アジアでいえば、フィリピン共和国がまさにこのパターンにあてはまる。

167 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 19:24:39 0
まあ、とりあえずこのスレの連中は銃・病原菌・鉄を百回読んだ方がいい。

168 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 20:45:14 0
>167
良レスだ。

でも、過去は説明できても現在はどうなのって言われるべ。
そして未来も過去に従属するのだろうか。



169 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 20:46:09 0
>>112
>ヨーロッパにアイデンティティを求めるマージナルな国民になってしまった

近代以前の朝鮮半島は、中国にアイデンティティを求めるマージナルな国だった。
そして現在は“英語国家”を目指しているw


170 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 22:12:23 0
>>168
ヨーロッパ人が人類の中で異例に残忍だったのさ。


171 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 22:13:21 0
>>170
キリスト教と資本主義という、拡大志向のイデオロギーのせい。

172 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:26:50 0
アルゼンチンには「アングロ」と呼ばれるイギリス系移民もいる。


173 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:33:01 0
住血吸虫って日本にも昔はいっぱいいたけど・・・

特に甲府盆地

174 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:35:23 0
>>160
スワジランドの国王は別に有力者と婚姻してるわけじゃない

毎年国中の全ての処女を集めて集団裸踊りをさせ、その中から好みで選ぶのだ。

175 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:35:54 0
歴史を見ると愛国心や国家意識や組織意識がない国や薄い国は弱いためヤラレル


176 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:50:06 0
>>161
確かに、今後はエネルギー資源同様に農産物は儲かるだろうな
逆に工業は低賃金生産が世界中に拡散して儲からなくなりそうだ。

177 :世界@名無史さん:2008/04/07(月) 23:55:52 0
>>122
>朝鮮のハングル語なんて、かなり強力なリーダーシップがないと
>民衆に根付かせることは無理だね。

根付かせたの日本の朝鮮総督府だったりする。
それ以前はハングルは愚民文字とか呼ばれてほとんど相手にされてなかった。

178 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/08(火) 00:25:48 0
>>123
2002年に経済崩壊してからペソが暴落したことにより、
逆に輸出が伸びて2003年から8%成長を続けてます。
またメネムの時みたいになったら怖いんですが、一応今のところは安泰かと。
参考までに3月現在のブエノスの物価が200gのステーキが700円〜
ウルグアイだと1000円〜で、チリ、ブラジルも体感でアルゼンチンの1.3倍〜ぐらいなんで
観光でもアルゼンチンの方が有利ですね。
>>166
アルゼンチンとウルグアイは国民の8割ぐらいが白人ですが、
いくらヨーロッパにアイデンティティを求めてもEUに入れてもらえるわけでもなく、
ヨーロッパからはタンゴと牛肉の胡散臭い南米の国ぐらいにしか見てもらえないって厳然たる事実があるんですよね。
フィリピン人が幾ら英語話せようがカトリックを信じてようが、アメリカ行ってもスペイン行っても
東南アジアの後進国人としか扱ってもらえないわけですし。
それなのにヨーロッパ的だから偉いって自慢してるのはまさに奴隷根性も良いところ。
あと、アルゼンチンは一応今のところ白人国家ってことになってますが、
フフイとかサルタまで行くとアイマラ系の人が明らかに多くなります。
『エル・ウマウアケーニョ』のカルナバルで有名なウマウアカや、ティルカラ、プルママルカ、
イルーシャ辺りは白人=アルゼンチン人観光客、先住民系=地元のアルゼンチン人ってはっきり分かれて面白い。
>>167
>>168さんも言ってますが、『銃・病原菌・鉄』を百回読むよりも、
一回で済ませてエリック・ウィリアムズの『コロンブスからカストロまで』と、
エドゥアルド・ガレアーノの『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』を読んだ方が
ラテンアメリカが構造的に遅れてしまった理由が良く分かると思います。
両方とも従属論の代表的な本です。そもそも古い本で、
必要以上にラテンアメリカ人の被害者意識を強めてしまったって反省はもちろんありますが、
独自の物の見方を示してるんで、いろいろ批判しながらも読む価値はあると思います。
特にガレアーノの方はガレアーノ自身がキューバ時代のゲバラにインタビューした時のトピックなんかもあって面白いですし

179 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 00:36:38 0
>>173
マラリヤもだな
マラリアで死んだ天皇だっているし
天然痘では皇族公家武家庶民とわず氏にまくってる
病気はアフリカが発展できないことの理由にはならん

180 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 00:39:38 0
赤道直下の熱帯のマレーシアが上手く行ってるのに
同緯度のアフリカが駄目なのはなんで?

181 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 00:41:07 0
アジアの場合、日本の存在が大きかったと思われ。


182 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:16:44 0
日本が存在しなかったらマジにアジア・アフリカは今だ植民地だろ
日本の帝国主義時代の功罪は共にあるが、日本の帝国主義は破れかぶれでも歴史の上では欧米の帝国主義と相打ちした感がある

183 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:20:13 0
>>181
おいおい。
マレーシアで日本人は華僑を虐殺したわけだが、マレーシアの発展
を担ったのは華僑だぞ。


184 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:21:20 0
日本がなくても独立していたに100カノッサ

185 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:32:29 0
もういいよ日本凄いんだ論は、ここは南米・アフリカのスレだ。

186 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:43:20 0
アフリカの優等生「だった」コートジボワールの繁栄と没落の軌跡


鉱物資源が無く、フランスの閣僚を務めたウフエボワニ大統領のカリスマ的独裁政治の元で政情が安定

コーヒーやカカオの輸出で大儲け

西アフリカ経済の中心となり商業・軽工業も発展。一方で職を求めて外国人労働者が増加。


コーヒー・カカオの国際価格暴落。経済が低迷するも政治安定は維持。複数政党制の導入と選挙の実施。

ウフエボワニ死去(1993)。後任は無能。国民不満高まる。

軍事クーデター発生(1999)。安定の終わり。

民政移管に伴う選挙と、それに伴う騒乱(2001)。最終的にバグボ現政権成立。

北部の移民を中心にした国軍反乱の発生(2002)。恐らくはブルキナファソの支援を受けており、その後ろにはリビア。
コートジボワールは内戦化。フランス軍やナイジェリア平和維持軍の展開。ナイジェリア軍は都市ごとゲリラを砲撃で吹き飛ばして強引に停戦協定にこぎつける

今度は西部でリベリア(内戦が終わった)民兵が流入、略奪・支配を開始。

国の半分のコントロールを失い経済は壊滅したまま。国民の不満が高まると、ポピュリストのバグボ大統領は全部フランスが悪いと言い出して停戦監視の仏軍を爆撃する。

シラクがぶちきれて反撃。アビジャンで暴動がおきて外国人脱出。

以後もgdgd
砂漠化の進展を受けてブルキナファソやマリからは毎日新たな経済難民が北部に流入している

187 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 01:48:37 0
>>183
白人>華僑>マレー人

というカーストの下でじゃん。
結局華僑は白人の手先でしかない。

188 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:00:57 0
>>187
おまえいつの時代の話だ。


189 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:14:27 0
「今のところ」アフリカの優等生ボツワナの歴史

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%84%E3%83%AF%E3%83%8A%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2

でも今日の優等生が明日の優等生とは限らないのがアフリカ諸国の怖いところ。

190 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:18:12 0
マレーシアが独立して、マハティールがマレー優遇ブミプトラ政策をやってもマレーシア経済は華僑に担われているわけだが
あの一帯はイギリスが来る前から華僑やインド商人やアラブ商人や日本商人によって貿易で繁栄していたんだよ

マハティールがブミプトラ導入した理由が「マレー人は働かないから」

今のマレーシアは、
ビジネス→華僑
土木建設、農鉱業→インド人(マレー人への不満が強い
家事労働→インドネシア人家政婦(マレー人の虐待が多いと本国で問題化
公務員全般→優遇政策で入ったマレー系

カーストというならどう見てもマレーが一番上です

191 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:21:00 0
で、最近マレー人がやってることといったらイスラム法を導入して折角の経済を台無しにしようとする試みw

192 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:37:07 0
>>189
エイズ

193 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:41:55 0
南アでは男もレイプされるらしいが、別にそういう趣味の奴が多いんじゃなくて単にエイズを移してざまあみろってやりたいだけらしいね

194 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:43:05 0
>>188
ちょい昔の話

195 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 02:51:06 0
>>193
逆恨みと言うか
閉塞状態に追い込まれた人間の考えそうな事だな
んなことしても自分が死ぬのにはかわりはないのに

しかしエイズ率40%だとうかつに性行為もできんわな
観光客もよりかないし
発展しようがない気もする

196 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 03:33:30 0
>>159
>いや、マリとかスワヒリとかジンバブエとか
あとコンゴ王国なんかは文明といえるかな?

あと、エジプトを支配して黒人のファラオとなったスーダンのヌビア帝国とか
ポルトガルを駆逐して大英帝国と同盟を結んでインド洋を制覇し
スワヒリ文化圏を作った、タンザニアのザンジバルを首都とするオマーン帝国とか

南米だけど、あまり知られてないが
チリは日本と同じくノーベル文学賞作家を2人輩出している文芸大国で
ラテンアメリカ文学、スペイン語文学の中心地だったりする。



てか、またいつものごとく啓蒙スレになっている。。。

197 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 03:57:30 0
>>196
ワールドカップやるんだぜ・・・

198 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 06:59:35 0
日本の高度成長からバブル期をみて、大航海時代から始まったヨーロッパの
発展と開発(収奪)のフロンティアがついに消滅し、ヨーロッパ文明の発展が終了
したという見方をしている人がいて、欧米から見るとそういう風な見方も出来るんだな
と思ったが、日本が明治維新に成功していなかったら、世界はどうなっていたんだろうな。

199 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 07:03:26 0
>>195
エイズが蔓延している南アの売春婦の中に、エイズへの耐性を身につけている
人たちが現れはじめたというニュースがあったが、その後どうなっているのだろう?

200 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 07:43:33 0
>>198
いまだに白人支配の世界が続いていたと思う。
そして、世界は停滞していたと思う。

201 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 08:58:44 0
>>198
>日本が明治維新に成功していなかったら、世界はどうなっていたんだろうな。

朝鮮が代わりに近代化して西洋列強と戦っただろうw



202 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 08:59:38 0
>>200
>そして、世界は停滞していたと思う。

これはないw


203 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 09:03:08 0
>>198
マレーシアが上手く行ってるのは
イギリス人が勤勉な中国人やインド人を大勢つれてきたからさ。


204 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 10:04:43 0
>>200
 日本抜きで世界史を観ればそうなるかもな
>>201
 朝鮮自身が近代化する契機があればだな。何時、
事大主義を抜け出したのか? 

205 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 10:06:07 0
スカイクレイバーのサイトとかみると南米の都市は意外に発展してるし
アフリカもなんだかんだいって発展はしている
ただアフリカはちょっと郊外離れればサバンナやジャングルみたいな感じだけど

206 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 10:14:43 0
>>205
 中心都市の近代化整備は、見た目だけは大抵何処も立派だよ。
でも、インフラとなると保証の限りではない

207 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 11:19:30 0
スカイスクレイパーな。

208 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 13:16:58 0
ヨハネスブルクって高層ビルが建ち並んで
外見は全然地獄の街にみえん

209 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 15:13:26 0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Joburg_top.jpg

ヨハネスブルグ

210 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 15:39:27 0
>韓国以下の国ばかりなのはどうしてなのですか
これってさりげなく差別してるよな、アフリカと南米を

211 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 15:55:52 0
むしろ韓国を引き合いに出していることに違和感おぼえる。

世界全体?見渡せば、文句なしに韓国は発展している国。
サムソンやLGなど国際的に名の通っている企業もあるし。

212 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 15:56:17 0
>>209
wikiの写真って古いのが多くてあんまり参考にならなくね?
南アフリカの都市
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=602685
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=602685&page=2

213 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/08(火) 16:14:38 O
南米の都市は中心部は中産階級が住んでてどこもそこそこ安全
ボコタやサンパウロでも気をつけて歩けばなんとかなる
危険なのはバス、タクシーの中と郊外
特に郊外は富裕層の居住区とボロボロのスラム街にくっきり別れてる
ゴミだらけのスラムの壁に鎌とハンマーのマークが延々と描かれてる様子は圧巻

214 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 16:16:34 0
かっこいい!!
とても地獄に見えん
そこが恐ろしい

215 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 16:17:26 0
これのブラジルのいろいろな都市を掲載したスレだがソウルやプサンなんか話にならん
中国や日本の都市ですらショボくみえる
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=2
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=3
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=4
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=5
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=6
http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=549010&page=7
(特に3〜7スレあたりは圧巻な写真ばっかりだな)

おまえら中共の情報統制みたいなもんばっかりうけてるからで世界を全然しらねえんだろ
中国にいる中国人ですらもういまや中国はアメリカすら越えて世界一発展した超大国になったと
思い込んでる香具師も多いらしいからなww
ハリボテの上に別に世界的にみても凄いとはいえない部分も多いのに
アジアンはどうでもそう自意識過剰になり思いたがる香具師が多いようだ
おまけに南米はネットも整備されてスペイン語圏のネット人口は英語圏にせまるほど多くなっており
すでに世界2位の巨大なコミュニテイが形成されている

216 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 16:33:40 0
途上国でも、途上国とは思えない立派な都市があるとこは少なくない  …だからこそ問題なんだけどね


217 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 16:48:02 0
南米は北米の、アフリカは欧米と支那が「俺のシマに手を出すな」状態だから
発展しない。南米は最近北米支配を逃れようとあれこれ画策し、結構うまく
言っているようだ。日本の食料自給率は南米で、なんて話も出ている(自民党が
潰してるが)。

218 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 16:50:44 0
ブラジルはスペイン語圏じゃないが、言語別ネット人口(少し古い)

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6305.html
2003年 
http://www.glreach.com/globstats/index.php3
2004年


219 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 17:10:42 0
インフルエンザやゴキブリだって殺虫剤や抗生物質に耐性つけた新種が
毎年ゴロゴロ出てくるのに何で人間は数万年単位で一緒に存在する
病気とかに耐性ついた種族が出てこないの?
普通に考えたらそのうちエイズやエボラに耐性があるのが出てきてもいいのに・・・
人間が打ち勝った病気って天然痘だけ
しかも種痘という人工的な方法で生物的に打ち勝ったわけではない
ペストやなんかも感染率や死亡率は下がったけど存在しるし
下がった理由も人間が耐性ついたからじゃなくて感染経路をたたいただけ
極端な話風邪やマラリヤでさえ治癒させる薬も能力もない
もう人は動物として最低レベルのスペックしかないと考えざるをえない

アフリカ人もっとがんばれよ。東南アジアとならんで病気の坩堝なんだから
がんがん進化しろよ。人はアフリカで進化したんだろ?お前らのプライドはどこいったのだ?
病気なんかに負けるな。新人類になって文明を築け。進化した種はアフリカから生まれると信じてる

220 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 17:23:49 O
誰かもっとアフリカについて語ってくれ
特にマダガスカル

221 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 17:50:24 0
>>219
>がんがん進化しろよ。
マラリヤにかかりにくいといわれる鎌形赤血球とかじゃダメですか?

222 :世界@名無史さん:2008/04/08(火) 18:03:40 0
>>219
そういう進歩史観的発想自体が生物の原則に反している。
感染症も減り寄生虫もなくなったらやることのなくなった免疫系が暴走して
アトピーが増えたとか、抗生物質で人の命が救われるようになったら、
抗生物質の効かなくなってきたとか、生物も人間社会も常に生き残りをかけた戦いの歴史。
エイズに耐性を持った人間が出てきたらすべて解決するなどということはありえない。
企業や国にも盛衰があるように、その状況にうまく適応できたものだけが生き残り繁栄する。
感染症は他の種に移るよう突然変異を起こしたときに破滅的な致死率を示すが、
これは宿主なしでは生きられないウィルスにとってもうまく適応できていない証拠。
感染しても宿主を生かさず殺さず安定状態に置いたときにもっとも繁栄出来るわけで、
その状態に到るまでには時間がかかる。
どんなものにもひとつの問題が解決すれば別の問題が出てくるわけで、その永遠に
続く戦いと適応の繰り返しが生物の歴史。あれだけ世界を席巻した騎馬民族も、
近代に入り海とテクノロジーの時代になると見る影もなく征服されてしまった。
人間の天下だっていつまで続くのか分からないし、恐竜のように一億年以上も繁栄を
続けられるどころか、あと数百年もせずに滅びてしまう可能性だってある。
地球がだめになったら火星に移住すればいいと考える人もいるが、地球の環境を
維持できなかったのならば、火星の環境もすぐに破壊しつくしてしまうだろう。
そもそも人間こそが地球と自然環境を破壊している最悪の寄生虫なのではないかと
考えることも出来る。地球環境の平衡状態を崩している元凶ではないのか。
木を切りつくして海に漁にすら出られなくなったイースター島の住人のように
ならない保証がどこにあるのか。文明の歴史などたかだか一万年に過ぎない。
環境に適応し、次に進化する種が人間という保証はどこにもない。

223 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:05:17 0
いやいやいや、殆どの微生物と無事に共存してるだろ人間も。
ごく一部の最近出会ったばかりの微生物とは共生が進んでないだけ。

無論マラリアみたいな長年苦しめられてるのもいるがごく一部の例外。

224 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:06:06 0
>>215
木を見て森を見ず

225 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:11:43 0
>>219
細菌やウイルス、昆虫はサイクルが早いからじゃね。
短期間で大量に増殖できるから一匹でも耐性つけた個体が現れると急激に増える。
人間は何らかの病気に体制のある個体が現れても
全人類にその遺伝子が広まるのは難しいし、長い年月がかかる。

226 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:25:53 0
>>142
彼らは故郷と切り離されて選択の余地なく、欧米人が建国した「アメリカ」という国の社会体制にとりこまれていったからね。
共同体も白人のように出身国別のコミュニティでなく、ごちゃ混ぜにされて、〜系ではなくアメリカンブラックとしての
パーソナリティが独自に育ったからね。

逆に自由の国アメリカから来た解放奴隷が建国したリベリアなんか真っ先にした事は現地住民を力で支配し君臨することだったし、
今日のかの国の悲惨な状況をみれば悪い意味でアフリカ化してしまっているし。


逆に、オハマみたいにケニア移民二世で、かつ10歳までインドネシアにすんでいても、アメリカ的精神を後天的に身に着けたパターンも
あるし、いろんな意味でアメリカという国は特殊だよ。

227 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:33:56 0
マジでヨーロッパが南米から持ってきた金でヨーロッパの近代化が
起きたという説があるが、この説はメジャーじゃないの?


228 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/09(水) 00:46:30 0
>>227
メジャーです。金の他に銀とあと砂糖も
ブラジル、カリブ海、アンデス山脈の金、銀、砂糖は
スペイン人、ポルトガル人、ラテンアメリカのクリオージョの貴族的な浪費生活と、
イギリス、フランス、オランダの資本の本源的蓄積に大きく貢献しました

229 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:48:43 0
http://40anos.nikkeybrasil.com.br/jp/biografia.php?cod=527
貿易赤字の決済として、ミナスの金の殆どがロンドンに運ばれた。ポルトガル
王室の焼印の入った金塊が、イングランド銀行の地下室に蓄積されていった。
おりからイギリスは産業革命の前夜、貯め込まれた金が新興産業の旺盛な需
要をまかなって余りある資金供給源となった。産業革命に火がついた。18世
紀の世界の金生産量の85%も占めるブラジルからの金の大半をかすめとった
イギリスは、その莫大な金塊を担保に、今度は世界を相手に「金本位制」通貨
制度を認めさせた。世界の金の大半を握るイギリスにとって、「金本位制」は世
界の通貨の大半を握るに等しい制度であった。ロンドンの「シテイ」に集まる銀
行群が、巨額の資金の出し手となり、「シテイ」は世界の金融の中心となった。
ブラジルの金塊が産業革命の資金となり、「金本位制」の礎となり、イギリス
金融帝国の生みの親となった。

230 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 00:51:13 0
>>228
南米情勢の回顧と展望2
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1187220505/

102 名前:ウーゴ ◆eaYqa3SeLE [sage] 投稿日:2008/04/08(火) 02:42:07 ID:u+ORGJcL0
3月南米行ったらチャベス不人気が凄いことにな






三月にいったときのベネズエラ情勢の詳細や庶民感情について
よろしければ書き込み希望。

231 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 01:58:59 0
日本だって無尽蔵の金鉱が発見されれば今すぐにでも
リニア新幹線開通させたり月ロケット飛ばしたりできるんだよなあ。
うらやましい。


232 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 02:38:08 0
>>226
リベリアは200年経っても社会の上層には
アメリカ帰りの子孫が君臨し
元からの住民を虐げ続けてるからね

アメリカ帰りってのは血統的にはカポベルデから赤道ギニアに至る
アフリカ西部海岸地帯すべてに出自を持つごたまぜの連中

233 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 02:45:31 O
国旗がアメリカの猿真似だし、首都の名前もモンロー大統領から来てる
アメリコライベリアンがアフリカ着いたときには白人になった気持ちだったんだろうね
リベリアに限らず、アフリカのエリートは黒人奴隷を沢山かしづかえて贅沢な暮らしを送る
さながら白人のようなライフスタイルを望んでる

234 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 03:16:19 0
>>220
マダガスカルの歴史について語るスレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1107879989/l50

名スレだったが堕ちてるort

マダガスカルは19世紀初頭にマレー系メリナ王国のアンドリアナンプイニメリナという
やたらとクソ長い名前の王様が島を統一し、奴隷貿易禁止や官僚制を
採るなどして発展したが頻繁に王が変わり、親西洋派と攘夷派が対立して
衰退しフランスの植民地になった。
 あと、日本との関わり合いだと日露戦争のときバルチック艦隊が補給に手間取る様を
酒場を経営していた赤崎伝三郎という人が、その様子を日本に打電したとか、
太平洋戦争のとき軍港ディエゴスワレズを攻撃した特殊潜航艇四勇士慰霊碑が
あったりする。 (・∀・)ゞ

235 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 03:30:04 0
エチオピアはトロイ戦争にメムノン・エチオピア王が援軍として
トロイにやってくるぐらい古くから知られていた。
映画「トロイ」でデンゼル・ワシントンあたりでやってもらいたかった。。。

236 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 04:24:02 0
>>234
そのスレの>>1こと、ラノ・ボラーが話題振らずに途中で飽きたから寂れたんだよ。


237 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 05:20:43 0
>>215
大げさすぎだろ
その中でサンパウロとベロオリゾンテは凄いけど、他は中国すらショボく見えるというには無理がある。
これくらいの都市ならそれこそ世界中にある。

日本は建物の高層化が進んでないし、纏まって建てないから実際ショボく見えるがね

238 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 06:42:02 0
アメリカを悪魔、チャベスを正義の英雄のように思っている人がいるが、
どうにかならんのかな。全共闘世代らしいからしょうがないのかも知らんが。
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya.html
アメリカのご都合主義なんてはじめから分かっていることでしょ。
それが嫌ならなんで占領憲法改定と核武装でも主張しないの。

239 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 07:13:21 0
信長の小姓ヤスケはモザンビークの王子にして
モザンビークで名前が歴史に残ってる中で一番古い男

240 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 14:22:28 0
>>238
チャベスって「英語追放」運動まで推し進めてるんだよね。戦時下の日本と同じだ。
日本は4年後に小学校で英語が義務教育になるが、えらい大違いだ。


241 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 14:24:51 0
ヤスケって、日本で亡くなったんですかね?

242 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 17:00:58 0
>>237
世界に例を見ない人工都市として世界遺産に登録されたブラジリアもあるぞい

243 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2008/04/09(水) 17:30:34 0
数年前にアジアの開発独裁を集中的に勉強したことがあって、
その時に比較対象としてラテンアメリカについてちょろっとやったときの話だと、

ラテンアメリカは輸入代替工業化だから、製品に競争力がつかなくてダメで、
アジアは輸出志向の工業化だったから競争力がついて上手くいった。
また、ラテンアメリカは初等教育を軽視して、支配層の子息が行くような
高等教育に金を注ぎ込んだからダメで、
アジアは初等教育を重視したから上手くいったという説明だったね。



244 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 17:41:47 0
つまりラテンだからしかたがな(ry

245 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 18:50:22 O
南米の支配層はアンデスのインディオやスラムの黒人に教育を普及しようなんて思ってなかったからね
本気でやろうと思ってたのはペルー軍ぐらい

246 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 19:18:22 0
>>245
それはチリ、アルゼンチン、ウルグアイが発展しない理由にならんだろw


247 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 20:39:51 0
だから衰退したんだってば。

248 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 22:44:52 0
>>241
ヤスケは本能寺のあと行方不明
本能寺で信長に殉じたとも
(奴隷から解放してくれたうえに士分にしてもらって感謝していたらしい)
脱出後に明智軍に捕らえられて光秀に
「黒人は人ではないから殺すに及ばず」っていわれて
方面された後東南アジアに送られて奴隷に復帰したとも言われる

249 :世界@名無史さん:2008/04/09(水) 22:55:13 0
>>246
コーノ・スール諸国は域内では発展してるだろ。初等教育の普及率も南米では上位で、識字率も戦前から、
少なくとも同時代の東南アジアよりは高かった地域だったことを考えれば、
また、輸入代替工業化が失敗したことに、所得格差の大きさから来る国内市場の
狭さを挙げてないことなどを考慮してない時点で>>243は極めて皮相な見方だ
コーノ・スールに限らずラテンアメリカの失敗は、植民地時代から続く資本の本源的蓄積の不足や、
政治文化、法文化の歪み、国民諸集団の不統合に焦点を当てないと見えてこない

250 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 00:12:49 0
各国のビジネスタイムを比較すると日本は9時半〜5時半が多い
アメリカは8時半〜4時半が基本
ウルグアイに行ったら1時〜7時だった
これじゃ発展なんかするわけない

251 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 00:21:28 0
そもそもビジネスに参加できるのは、組織を重んずるまとまりある社会じゃないと
個人個人が勝手気ままな社会は、ビジネスに参加もできず近代化できないのは歴史が証明してる

252 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 00:57:58 0
納得↑

253 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 01:33:36 0
>>250
北欧諸国は?

>>251
なぜ勝手気ままなわけ?


254 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 01:47:37 0
>>251

ブラジルのエンブラエル社は世界第4位の航空機メーカーで、日本航空
グループが国内線用の新小型機として、ERJ-170(70人乗り)を10機導入
(オプション5機発注)する方針と発表しているそうだ。

255 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 02:33:55 0
>>253
国や社会や組織にまとまらない要素が色々な理由であるからだろ
人種、宗教、言語、文明レベル、公私の分別の概念、利己主義、などさまざま

ビジネスや近代国家と言うのは、ある目的に向かって個人の力では到底できない事を大勢が力を結集し、それぞれが役割を分担化し必要な技術を習得し自己を組織の一部として歯車のように機能化すること

これが嫌だからとかいって個人が好き勝手なら、どんなに優れた個人でも所詮個人芸で小さなことしかできない

256 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 07:32:11 0
>>255
で、なんでそんな国に世界第4位の航空機メーカーがあって
日本航空が発注してるわけ?

257 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 07:38:21 0
>>250
南欧諸国だって似たようなもの。シエスタで夕方近くまで休んでそれからまた仕事。
夕食は深夜。

258 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 07:56:57 0
フランスは週36時間労働だったろちょっと前まで
ドイツも似たようなもん

時間当たりの生産性は日本が先進国最低・・・(特に第三次産業が足を引っ張っている

259 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 11:25:28 0
チャベスの終身制を拒否したベネズエラ国民に拍手をおくりたい。


260 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 12:10:29 0
>>251
>そもそもビジネスに参加できるのは、組織を重んずるまとまりある社会じゃないと
>個人個人が勝手気ままな社会は、ビジネスに参加もできず近代化できないのは歴史が証明してる

ではなぜ南米はサッカーが強いのだろう?


261 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 18:23:45 0
>>260
サッカーなんかと一緒にすんなよ、より高度な組織性と高い専門性が要求されるのが近代産業
サッカーは原始的スポーツで個人頼りな面大きい、今は機械のほうが人間より性能が全然高い
産業革命と手工業の差のようなもの

262 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 19:24:43 O
航空機は?

263 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 19:31:13 0
世界三位 カナダ ボンバルディア 三菱重工が共同開発 鉄道車両大手
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9
世界四位 ブラジル エンブラエル 川崎重工が共同開発 フランスのダッソーが20%の大株主
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB

264 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 20:20:47 0
大航海時代の主導だったスペインの無敵艦隊は、より組織性と規律を重んずるイギリス海軍に破れ覇権を失った

265 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 20:34:15 0
>>261
これも恣意的なんだなw


266 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 21:00:17 0
ドイツのサッカーが英国に勝てるようになるには半世紀にわたる時間を要したものだ。
原始的なスポーツなんて言ってる奴はバカだよ。


267 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 22:14:24 0
サッカーが原始的スポーツとはな
まあ、運動音痴のニートの戯言としておくか

268 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 22:32:18 0
ボンバルディア>>>>>三菱重工
エンブラエル>>>>>川崎重工

269 :世界@名無史さん:2008/04/10(木) 23:29:53 0
原始的で野蛮なスポーツだろ >サッカー
殺した敵の生首蹴って遊んでたのが起源なんだから

270 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 00:32:00 0
サッカーが単純ならば監督はコンピューターにすりゃいい
チェスのように

271 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 00:45:04 0
野蛮人の動きをコンピューターで予測できるのか?

272 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 00:47:27 0
サッカーは素手同然の肉体でするスポーツだから原始的だろ
昔の人間でさえ狩をするのに槍使ったり道具を使ってたわけだから

273 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:27:15 0
はあ。。
現代のサッカーってのは戦略、トレーニング。テクニック一つ一つ
本を書いていくと、ダンボール一箱じゃたらなくなるよ。
つーかお前サッカーしたことないの??

274 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:30:11 0
あほくさルールが狭く限られてるサッカー持ち出す馬鹿が居る

275 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:35:33 0
んじゃ、お前がサッカー選手になればいい。
誰でもなれるんだろ?


ジーコ(監督) 年棒 五億四千万
ベッカム(選手) 年棒 九億
Jリーグ選手平均年棒 2000万

トヨタ技術者 平均1200万

276 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:37:06 0
年収というのは無論一つの基準でしかないが
少なくとも技術者よりサッカー選手の方がなるのがハードルが高く、年収も高い

277 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:38:47 0
>>275
やめとけ。サッカーは生首を蹴ったところから起源とかいっていっている
スポーツ蔑視のヒッキーになにいっても無駄

278 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:41:36 0
トヨタやソニーの会長でさえ年棒一億いくかいかないか。
ヨーロッパでやっている選手は一億からスタート

279 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 01:47:12 0
誰でもなれるなんていってない罠。
野蛮人に向いたスポーツってだけだ。

>>276
サッカー会のトップと一般技術者比べてどうすんだよ。

280 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:24:29 0
トヨタの社長とベッカムくらべたら??

281 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:27:59 0
結構サッカーって難しいよ
年棒もらっている奴は(才能もあるが)
そこらの技術者よりよっぽど努力しています。

個人的には野球の方が頭使わん気がするな
守備大変そうだが

282 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:37:22 0
クロンボやインディオは確かにゴミだが、サッカーに罪はない
ヨーロッパのスポーツだし

だからサッカーを馬鹿にするのはやめてね
一応俺サッカー部やしw
野蛮とか見られると、何一点の? このオタクが?ともいいたくなるww

283 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:41:32 0
ヨーロッパのスポーツだから野蛮なんだろ。馬鹿か。
首蹴り遊びなんかありがたがってやってんじゃねーよw

284 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:43:08 0
当のヨーロッパでもサッカーは低所得者層の娯楽

285 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:44:01 0
282じゃないが
個人の経験として
スポーツ(特にサッカーやバスケのようなアクティブな球技)が得意な奴は
はっきりいって仕事も出来る。

逆に、運動音痴の奴は仕事が出来ない傾向にある。
東大出てても運動音痴の人って仕事では使えない傾向が多いようだ。
もちろん全てじゃないけど。

そういう意味じゃ、サッカーが出来るというのは意外と伸びる要素かもしれんな

286 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:46:25 0
>>282
同意
運動音痴は脳味噌の瞬発力がなく、鈍い。
運動音痴は仕事は出来ない。満足な研究も出来ない

287 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:50:45 0
また運動が出来ない奴はいじめられやすく、叱られるとすぐ会社をやめる奴など
変な人が多い。根性がないとまでいわないが、すくなくとも企業で力を発揮するには不向きなのでは??

288 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:52:29 0
サッカー部とバスケ部の奴ら見るとなぜかそろいもそろって
成績下から数えたほうが早いやつばっかだったけど。

289 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:53:21 0
アメリカのプロバスケ選手なんて黒人ばっかじゃん

290 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:55:14 0
>>288
成績が良くても企業で生き残れないタイプだろ? 文科系は?

企業中心社会でどうやって実力発揮するの??

291 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 02:58:06 0
スポーツと仕事の関係の調査データとかないの?

292 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:00:07 0
>>290
馬鹿が生き残ったってしょうがない罠。

293 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:00:40 0
俺は社会人じゃないが
確かにバイト先でも、運動音痴で仕事できる人見た事がない
フットワークがトロイのは我慢できるが、要領が悪い部分はある。注文もすぐ忘れるし

294 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:01:19 0
あまり頭を必要としない仕事なら体育会系のほうがいいだろうな。

295 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:04:40 0
>>292
勉強はやればできるんだよ
要は知識を詰め込むだけだから、スポーツできる人は
勉強は後詰めでもok

でも、知識よりもっと大事な
コミニケーション能力や反射神経みたいな脳の自律神経みたいな部分。これはどうにもならない。

296 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:06:46 0
石原都知事は一橋サッカー部 スポーツ万能

297 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:08:00 0
知識詰め込むだけのレベルならそりゃ誰でもできる罠。

298 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:10:56 0
>>297
知識詰め込んで、そこから脳味噌の瞬発力が重要になるとすれば
ますます運動系有利かと

ついでにいえば、根性ある人が多いから勉強の伸びも早い

299 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:12:51 0
イタリアのオリンピックだかの野球チームに指導に行った日本人コーチのドキュメント番組で
イタリア人はバントを嫌ってやろうとしないので困る、的なこといってた
何で他人のために自分が犠牲にならきゃならないんだ、と考えるんだとか
民族性みたいなのもあるんだろうな

300 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:13:53 0
イチローなんか高卒なのにあっという間に英会話マスターとしたしな
東大でもそうそう話せないというのに


記者に問われたら
一日18時間くらいは勉強してたとケロリ

301 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:14:57 0
イチローひとり例に出されても・・・

302 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:15:59 0
んじゃ引退したプロ野球やプロサッカー選手を会社員で雇ったらその会社の業績は上がるのか?

303 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:17:31 0
>>コミニケーション能力
日本を代表するIT企業と学生達が集まったイベントがあった。

学生達からどんな人材を求めるか聞かれて、
企業側は「コミニュケーション能力」「技術はどうでもいい」のお約束な回答だけ
学生側はそれでgoogleにどうやって対抗するんだと呆れ返って、会場は白けムードに

大体コミュや運動神経が重要なら南米やアフリカが貧しい訳ないだろと、
文型脳乙と、そういうことだな。

304 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:18:19 0
>>302
そこらの中途よりよほど

305 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:19:29 0
営業職なら向いてるだろな

306 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:20:13 0
つーか。本当に運動系の奴の方が仕事できるよ

これは頭使わないとかいわれる仕事だけの話ではなく
技術系、専門系もそんな傾向

307 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:23:41 0
じゃなんでアフリカは貧しいままなの?

308 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:23:43 0
>>303
おいおい、だからこそ
日本有数のIT企業になったという発想はないのかな


googleもコミュ力、運動神経っていうと思うぞ

309 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:25:53 0
>>307
おそらく環境と初等教育のせいかと

あと別にアフリカの人が運動神経高いとも言ってない
一部に凄いのはいるが、底辺層のスポーツはそれこそ児戯に等しいし

310 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:27:36 0
だいたい、コミュ力無し、運動音痴はすぐ会社やめるじゃん
企業やめた後一人で才能を発揮できるの??

311 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:34:22 0
文科系の方がよっぽど個人プレーなのかもな。
全てとは言わないけど家でやっても基本的に自己完結する部活動だし

312 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:35:08 0
コミュ力と運動音痴関係なくネ?

313 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:36:52 0
個人プレーでやれるやつを会社側がうまく使えば済むじゃん

314 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:37:56 0
>>312

関係あるよ


文科系の活動は自己完結する個人プレーの活動ばかりでしょ 科学部の連中見ていると音痴のKY多いよ
運動部は基本的に集団プレーが要求されるから、アイコンタクトや空気読むのが上手い

315 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:40:03 0
スポーツによっても違うのかな
黙々と走るマラソンとサッカーで

316 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:40:33 0
>>313
5:1でいれるくらいはいいかもね。ぶっちゃけ無理していれなくても殆どの企業は成立しますが
使う人は当然運動系だしね。

それより運動はでない人は漫画家や小説家の方が向いてそう

317 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:41:28 0
俺は5歳のころから水泳やってたけどコミュ能力はお世辞にも高いとは言えん

318 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:43:46 0
陸上、水泳はあれは言ってない
お欲だけならうちの80近いジジイでもやっている

319 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:46:26 0
お前等の学校にも科学部は有ると思う

ここの理屈なら、科学部の部員は成功する人材のはずだが

実際はその逆みたいな人が多いと思う

どうかな? うちの学校だけかなーーーーーー

320 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:48:26 0
陸上、水泳はコミュ力はあまり必要としないが
体力と根性があるので、企業に務め続けることは可能と思う

無駄ではない。まあ頑張れ。

321 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:51:13 0
>>319
ここの理屈って何だよ。
成功する人材なんてどこも少ない罠。

322 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:52:45 0
「若い時に汗を流さなかった人は、年取った時に涙を流すことになる
野球に限った事ではない」
野村克也 楽天イーグルス監督

323 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:55:26 0
それは単純にスポーツのことを指してるわけではないと思う。

324 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:56:08 0
>>322
まさに格言

325 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 03:59:06 0
勉強だけっていうのも困り者か
まあ、そんなの理系のごく一部でしか使えんしな

326 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:05:10 0
>>325
一番困るのは日本社会の上層に、貴方のような体育系思考をもっている人がいる事ですね。
「運動音痴は仕事できない」というデータもない迷信を信じ続けている人間が
日本を駄目にしたのだと思いますよ。

327 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:06:30 0
なんかスポーツ万能論者が涌いてんのか?

328 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:07:23 0
体育会系は逆に空気読めないってか空気押し付ける風があって嫌いだな。

329 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:09:01 0
>>326
逆の発想はないの?
そういう人が日本を引っ張ってきたという発想

330 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:10:19 0
戦前の軍国時代は体育会系だな。

331 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:14:58 0
戦前の道を誤った革新官僚、汚職政治家が日本を駄目にした
東条はカタワで杖をついた文科系

332 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:18:05 0
東条、辻、牟田愚痴
みんな頭でっかちで、運動音痴だな

333 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:20:15 0
体育会系が国引っ張るとそうなるということか。

334 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:20:48 0
軍人が文科系かよw

335 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:21:41 0
日本を一番駄目にしたのは近衛と汚職政党政治家でしょ

336 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:23:50 0
最早、気に食わないやつを文科系で役立たずと決め付けてるだけだな。

337 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:27:41 0
文系と理系のケンカみたいで馬鹿らしい。どっちもどっちじゃ。

338 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:28:50 0
ま、運動できない奴は仕事できないというのは事実だ
全ての仕事が無理という訳でないが、個人業の方が向いている

339 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:31:33 0
個人業は仕事じゃないというのか。

340 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:51:40 0
アメリカってスポーツ万能の大統領多いよな
今の大統領はジョギングとゴルフが趣味だっけか

ロシアの大統領も成功の秘訣は文武両道だからか

ノムヒョンなんかもあんな国でも一応一国の宰相になれたのはジョギングを日課としていたからだな



341 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 04:55:17 0
まあ、若い頃に身体鍛えておかないと
えらく離れないってのはあるね。仕事してすぐ疲れがたまるんじゃ、頭脳以前の問題だし

342 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 05:16:36 0
お前ら何くだらない話してるんだよ

343 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 05:53:34 0
ラテン社会は個人主義かなぁ。あまりそうは思えんのだが。

アフリカは治安は悪い教育は無いで、組織がどうとかいうレベルじゃないだろ
ナイジェリアじゃ、選挙が近づくと鉈や斧が売れまくるんだぞw

344 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 06:45:11 0
>>314
球技と格闘技を一緒にしちゃいかん。連携が要求される球技は苦手だが、
一人でやる格闘技が得意というタイプいるだろ。

345 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 06:53:49 0
>>299
>イタリアのオリンピックだかの野球チームに指導に行った日本人コーチのドキュメント番組で
>イタリア人はバントを嫌ってやろうとしないので困る、的なこといってた
>何で他人のために自分が犠牲にならきゃならないんだ、と考えるんだとか
>民族性みたいなのもあるんだろうな

むしろイタリアの組織サッカーのほうが黒子にてっしたり個人が犠牲にならなければならない戦術が多い。
野球は個人成績がつくが、サッカーは個人タイトルが少ないので組織重視のスポーツとも言えるだろう。


346 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 07:01:04 0
>>269
>原始的で野蛮なスポーツだろ >サッカー
>殺した敵の生首蹴って遊んでたのが起源なんだから

起源がどうのこうで原始的って日本語がへんじゃない?
そもそも「生首ボール説」って珍説の一つにすぎないよ。

>>283
ヨーロッパのスポーツだから野蛮なんだろ。馬鹿か。
首蹴り遊びなんかありがたがってやってんじゃねーよw

サッカーには中国起源説もあるよ。


347 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 07:26:40 0
ところで、なんで日本には組織重視の伝統文化がないのだろう。
ラグビー、サッカーのような組織スポーツもそうだが、
オーケストラといい、分業されたチーム医療といい、
組織的な文化はみんなヨーロッパで大きく発展した。
大勢で集まって一つのことをやろうって文化はヨーロッパが多い。


348 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 15:27:26 O
日本の組織は擬似的な家に還元されるから

349 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 18:43:37 0
昔の日本人は、大勢で集まって田植えをしていた

350 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 19:05:04 0
>>342
駄目駄目、ここ子供多過ぎ。

351 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 22:25:32 0
で、航空機は?

352 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 22:54:09 0
>>340
>今の大統領はジョギングとゴルフが趣味だっけか

そういっとけば国民からの支持が得られるからだろ。
一応やってたってだけで「万能」はいいすぎw

353 :世界@名無史さん:2008/04/11(金) 22:56:48 0
>>346
ボール蹴って相手陣地に入れるってすごくシンプルで原始的じゃね?

354 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 00:15:00 0
>>347
西欧のスポーツも貴族がやるのは割と個人だよな。
西欧の近代スポーツは戦争の代替物なんだろう。
近代西欧はナポレオンから国民軍を組織してきたからな。


355 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 00:37:00 0
ラクビーはどーなん?

356 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 01:00:33 0
>>355
いわゆるラグビーは19世紀前半から始まった新しいスポーツで、
サッカーをベースにしている。

357 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 01:06:24 0
というより19世紀のフットボールは多種多様
学校ごとにルールが違ったりした
そこからアソシエーション式(サッカー)、ラグビー、
アメリカン、カナディアン、オーストラリアンなどが分かれ
ラグビーは更にユニオン式とリーグ式に分かれた

358 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 02:21:08 0
>>353

「なんだあの相撲とかいうのは?
肥満のデブが裸で踊っているだけだろ。あんなのは野蛮人のスポーツ」

フランス大統領 サルコジ

359 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 02:52:47 0
まあ実際力士なんて野蛮人だしな

360 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 03:31:08 0
>>347
日本ほど組織重視の国はないだろ、村社会だの言われるくらい
健全な資本主義ができたのは、全て個人より組織重視でまとまりがある社会
イギリス、ドイツ、日本、アメリカとかね

361 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 05:59:01 0
最近の子供は本当に読解力が無いんだな・・・

362 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 06:14:18 0
基本的には暑いからなんだよね。

363 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 06:53:18 0
欧米から赴任してきた人でも働く気がなくなるっていうからね

364 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 07:28:43 0
>>356

>>354がいう<西欧のスポーツも貴族がやるのは割と個人だよな。に反応したレスだよ
貴族がやる団体スポーツとしてラグビーがあげられるんじゃないかと
そういう話。

365 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 07:34:46 0
>>351
産経新聞のコラムで、BRICSなどともてはやされているが、ロシアとブラジルは航空機の
ような先端機器も作れる国であり、中国やインドとは区別すべきという主張があった。

366 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 08:17:23 0
ブラジルにおける対日世論調査(概要)/外務省
平成20年4月11日
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/4/1178957_906.html

 外務省は、平成20年1月にブラジルにおける対日世論調査を行ったところ、概要以下のとおり。今回の調査は、本年1月に
日本ブラジル交流年・日本人ブラジル移住100周年(ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/brazil/jb2008/index.html)が開始した
機会を捉え、同国一般市民を対象として実施したものである。

1.結果概観
 (1)今次調査結果においては、74%が日伯関係は友好的であると回答し、約9割が今後両国関係は維持・強化されると
   認識しており、ブラジルにおいて日伯関係に対する肯定的なイメージが広範に存在していることが改めて確認された。

 (2)他国との比較においても、良く知られている国として日本は米国(78%)に次ぎ第二位となり(58%)、また、将来有望視
   できるアジアの国として第一位に日本が挙げられ(46%)、中国(45%)やインド(11%)よりも高い期待感、親近感が示さ
   れた。さらに、大多数(75%)が日本の国連安保理常任理事国入りを支持しており、民主主義・人権等の価値観の共有、
   国際平和・安全への貢献等、国際貢献の面からも肯定的な回答が示された。

 (3)このような日本に対する高評価の背景として、日本のブラジルの経済発展への貢献(72%が肯定的回答)及び日系人の
   ブラジル社会における貢献(81%が肯定的回答)が大きな要因であることが示された。また、日本に対する関心・期待分野
   については科学技術が第一位に挙げられた。
(後略)

367 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 11:36:44 0
>ロシアとブラジルは航空機のような先端機器も作れる国
むしろロシアは航空機産業の最先進国なんだが。
第一次大戦前にすでに当時として大型航空機を完成させている。


368 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 12:28:03 0
ロシアは国権であって民間の力が弱い

369 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 12:32:13 0
なぜ南米とアフリカは発展しないのか? などと言ってる間に
ブラジルに追い越されている日本哀れ

370 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 13:07:05 0
むしろ、明治から戦時中にかけての日本や、高度成長からバブルまでの日本が
かなり異常だったわけで。

もっと肩の力抜いて楽になれよ、と言いたい。

371 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 13:33:35 0
またハッテン病か

372 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 14:14:29 0
バイオエタノールが本格化したら自動車産業すら
ブラジルの方が上になる可能性あるしなー

373 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 17:00:20 0
資源がない国は必死に若者に教育してやらないと立ち行かないのに、
「自己責任」などとほざいて安楽を貪った結果がこれだ。


374 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 17:36:34 0
血を吐きながら続ける悲しいマラソンは、もうごめんだ。

375 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 17:55:34 O
ブラジルの高校の歴史教科書には、1995年にジニ係数がボツワナに追い抜かれて世界最下位になったことと、
ブラジルが公正な社会造りでボツワナに追い抜かれたことへの容赦ない批判がされてる

ガレアーノの影響が強く見てとれる辺り従属論のインパクトの強さが伺える
日本史もこういう歴史教科書で学べたらもっと面白かっただろうに

376 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 19:21:24 0
日本は、もう追いつけ追い越せの時代じゃない。
なにがなんでも一番をめざす必要などない。
どうせアメリカの子分なんだし。

377 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 19:28:36 0
最後の一文が余計な気が・・・

378 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 19:50:14 0
追いつけ追い越せでなくてもいいだが、
ジニ係数追い抜かれてもいかんだろ


379 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 19:56:08 0
日本の場合常にがんばり続けないと簡単に中朝に国を乗っ取られてしまう罠

380 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 20:03:51 0
中朝韓のことが気になって気になって仕方ない人がいまつねw

まあ、中国が日本に攻めてくるなんて本気で考えてるなら、アホとしか言いようがない。
仮想戦記やゲームに脳をやられたか。

381 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 20:13:49 0
>>380
 ただ、日本の領土に向けて核弾頭ミサイルが常備されている
事位は踏まえて話をして欲しいな。対する、アメちゃんの中国
本土向けの核弾頭ミサイル常備で平和が護られているのだとい
う事も含めて。


382 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 20:21:39 0
労働人口が大幅に減っているので、中朝から労働力を
輸入している分際で

383 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 21:54:52 0
>>380
それは今も本気で日本が攻めてくると考えている
中韓の政府に言ってくれ

384 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 21:56:56 0
>>296
亀レスですまんが・・珍太郎は運動音痴です。
サッカーやっててスポーツ万能ってのはあくまで本人が語った妄想的理想の自画像です。

だって珍太郎は高校の時は今で言うヒキコだったんですよw


385 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 22:01:32 0
アフリカの話も南米の話も出てこなくなったな…

386 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 22:27:34 0
経済低迷
  ↓
民主躍進
  ↓
親中離米
  ↓
不況加速
  ↓
日本没落
  ↓
西蔵同様・・・というシナリオも無いとは限らんと思うが

387 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:00:48 0
>>380
はぁ?馬鹿でねーの?なんでアジアの友好国同士がせめたりせめられたりしなきゃいけねーの?
核とかは自衛の権利だからどこの国にも向けててもいいし
中国の敵対国はインドとアメーリカでーすよーw
大体この平和な時代になにいってんだか・・・
あんだけODAあげて攻めるとか馬鹿すぐるw
常識的に考えてありえなーーいw
本当に危なかったらもっとTVや学校でやかましく言うだろ・・・
有識者や知識人政治家たちのどこに中国おそれる人がいますカー?一人もいませーん。
日本の安全は世界的にも憲法にも認められてますよ?もっとお勉強をしてから発言しましょうね?
これだからブヨク(不細工右翼の略だよーん)は被害妄想強すぎ。ぷぷぷぷっぷぷぷぷww

388 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:09:02 0
アフリカの話や南米の話はどこいったんだ?
ドンデ・エスタ?
エステ・エス・すれ・パラ・スダアメリカ…

389 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:14:25 0
暑いから働く気なんておきないから

390 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:14:40 0
>>387
 >中国の敵対国はインドとアメーリカでーすよー
 核保有国同士は核戦争は愚か通常戦争すら避けるのが
核保有時代の決まり。だから代理戦争を冷戦時代、非
核保有国で散々行って来たかと

>あんだけODAあげて攻めるとか馬鹿すぐるw
 北朝鮮にも散々無償援助を貢いでいるね。中国への
無償援助は流石に中止される予定。後、経済援助じゃないけど、
ラッパロ条約はご存知だよね?

>この平和な時代になにいってんだか・
 基本的には上記の「恐怖の均衡」に基いて成り立っている平和。
非核保有国や地域がいかに核保有国に蹂躙され続けているかは
嫌と言うほど、ニュースで見てきたかと



391 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:18:30 0
>>388
板住民に目をつけられると雑談スレ化する
No me gusta esta moda

392 :世界@名無史さん:2008/04/12(土) 23:51:01 0
>>385
 じゃ、やってくれ。どうしてアジアで開発独裁が成功を
治め、アフリカや中南米では発展無き独裁が横行したのか、
資本の原始的蓄積が進展する事無く、精々外資によるモノ
カルチャー経済に組み込まれるだけとなったのか‥。
 このスレ、ウーゴ氏が結構、頑張ってくれていただけに
惜しい‥。

393 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 00:01:42 0
>>389
全般的には暑い所が多いということは言えるが・・・
高地もあってそこそこ涼しい所もあるよ

394 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 00:07:17 0
アステカ文明やインカ帝国が栄えてた高地は涼しいね

395 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 00:15:58 0
メキシコシティ、キト、ボゴタなど
現代の首都のいくつかも標高たかいね

396 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 00:29:17 0
>>392
つーか、一字下げやレスの特徴からすると、392=390=381 な人でしょたぶん。
自分でも書いておいて、このスレ・・・惜しい、ってどうよ。



397 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 03:51:08 0
特徴も何も目欄に0とか入れてるようだがw

398 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 04:03:39 0
アフリカはまず紛争を止めて治安を安定させなきゃどうにもならないでしょ
国民を教育しようにも学校が焼かれ教師が殺されてはね。
貧困と無知と紛争の無限ループに入ってて手遅れな気がしないでもないけど。

アフリカの独裁者ってどうしようもない連中ばっかりだしさぁ・・・
かといって民主主義が機能するような状態でもないし、
まともな指導者が出てくればいいんだが、その土壌が皆無に近いんだよね・・・

サヘル地帯だとイスラムの布教で殺人が減っただとか、それまで殺したり奪ったりするのが悪いことだと思われてなかったなんて話まであるくらいだし、
まぁインドネシアにも首狩り族とかいたんだから驚くには値しないのかもしれないが。

399 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 13:42:22 0
最近はアフリカを題材にした映画が多いな。

『ホテル・ルワンダ』『ナイロビの蜂』『輝ける夜明けに向かって』
『ラストキング・オブ・スコットランド』『ツォツィ』

と俺が知っているだけでもこれだけある。
そういや、リオかサンパウロだったかの60年代を描いた
シティ・オブ・ゴットって誰か見た?

400 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 14:07:02 0
シダージ・ジ・デウスは音楽(バツカーダ)がかっこいい
テンション上がる

401 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 16:00:19 0
現代の平和条約というのは大戦前の不可侵条約よりずっと強力な内容を持つもの。
記憶する限り平和条約が破られた例は歴史上無く、その分簡単に結ばれるものではない。

だから日本とロシアの間ですら成立していない。
一方、日中は平和条約を結んでいる訳だが。

402 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 16:51:20 0

なぜ南米とアフリカの話をしないのか

403 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 17:13:18 0
>>401
大戦後に大国間の戦争が起こっていないだけの話だろ。

404 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/13(日) 18:09:00 0
北米の資本主義と近代的な生産様式の発達に対する面白い説を。
最初に断っておくが、北米についてはあまり詳しくなく、自分でも無理があると思う箇所が幾つかあるので、
これは一つの珍説、奇説として読まれることをお奨めする。

19世紀のアメリカ大陸にて自立的にに工業化を達成したのは北アメリカ北部と、南アメリカのパラグアイだけだった。
両者の工業的な発展の仕方にはかなりの隔たりがあったものの、とにかく曲りなりとも成功したのはこの二地域だけだった。
この傾向は1860年−1870年の間に起きた二つの戦争により、域内での均衡が図られることになる。
即ち、アメリカ南部でのイギリス資本による従属的資本主義形成は、南部連合の独立失敗と、
南北戦争による南部の徹底的な破壊により、北アメリカ北部によって阻止され、
他方パラグアイの自立的な発展、工業化政策は、背後にイギリス資本を抱えた
アルゼンチン、ブラジルの寡頭支配層により、三国同盟戦争の大虐殺を以て阻止された。


北アメリカ北部もパラグアイも、土地は決して豊かではなかった。
そこには、豊かな土壌も、豊かな鉱山も、奴隷として大量使用できる先住民を供給する先住民古代文明もなかった。
本国イギリスと同様に豊かでない土地で、本国と同じ生産様式が移入されることにより、
奴隷制による商品作物農業や、先住民を酷使した鉱業は発達せず、結果的に産業を多角化することができた。
一方豊かな土地だったアメリカ南部で、アングロ・サクソンと黒人奴隷が作り上げた綿花王国は、
イギリス資本によって開発されたものであり、それは本質的にブラジルのコーヒー王国や、
ボリビアの銀王国などと同じような構造的な脆弱さを抱えていた。
事実、植民地時代を通して北アメリカのイギリス領の重要性としては、
バルバドス、ジャマイカで生み出されるサトウキビプランテーションの富の方が圧倒的であり、
イギリス帝国内で北アメリカ13植民地の生み出す富はインド、カリブ海植民地に比べれば遥かに劣っていた。
アメリカ合衆国の独立後も1789年にフランス革命が始まるまでは、ニューヨークではなく、
フランス領サン・ドマング(現在のハイチ)の奴隷制砂糖王国が、北アメリカ・カリブの経済的な中心地だった。

405 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/13(日) 18:09:57 0
事実は人種的な優劣などではなかった。
そこにあったのは、重要な生まれでないことが、如何に重要であるかということであり、
北アメリカ北部とパラグアイは、奴隷制農業では割の合わない貧弱な土壌、
奴隷的労働力として使用できる先住民が密集していた先住民文明の不在、
安価な労働力で採掘できる豊かな鉱山の不在など、不運という幸運を持っていた。

これに対し、北アメリカ南部とカリブ海、ラテンアメリカは、遠くアフリカから奴隷を輸入しても採算の取れる豊かな土壌、
奴隷的労働力として使用できる先住民が密集していた先住民文明の存在、
安価な労働力で採掘できる豊かな鉱山の存在など、幸運という不運を持っていた。
彼等は、彼等の住んでいる大地が豊かだったからこそ、自らの自立的な運命を切り開くことが出来なかったのである。

406 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/13(日) 18:13:36 0
突っ込みどころありすぎるけど、多分今の知識では突っ込まれても反論できないので悪しからず。

407 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 22:10:56 0
もう、あんただけがこのスレのオアシスだ・・・。

408 :世界@名無史さん:2008/04/13(日) 23:02:13 0
アフリカは国民意識を担う中層階級やエリート集団の
育成に失敗したような・・・。
17世紀から進出を始めたのに、ほとんどの地域で支配を確立したのが
20世紀に入ってからだったインドネシアと比較すると面白いかも。

409 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 02:49:18 0
>>405
それって日本の成功の理由付けに似てるね。


410 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 03:43:57 0
中層階級なんざ存在してるのは日本ぐらいでしょ(もうすぐなくなるがね?)
おおまけにまけて先進国のいくつか
ない国のほうがはるかに多いよ

411 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 06:42:38 0
歴史を知らずに適当に語るスレなのかね?

南米はともかくアフリカについては、
アフリカの歴史本を一冊すら読んでえるとは思えないレスばかり。

もともとアフリカのスレは植民地以前の王国についての超過疎スレと、
食人大統領とかのネタスレ程度しかないのに、
発展を考察するなんて無理だろ。

412 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 07:27:45 0
>>399
ブラッド・ダイヤモンドを抜かすとは

413 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 07:36:11 0
日本の場合、世襲的官吏・軍人階級である武士が、中層階級として
大名と一般農民の中間に存在していた歴史があるからな。

414 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 08:37:13 0
中緯度で、封建制があったところに近代国家が生まれるという説があったな
中国は郷紳層が太平天国で全滅したからダメだったとする

415 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 10:01:10 0
>>411
アフリカの歴史に関する本でおすすめってあるの?
新書アフリカの歴史は買ってまだ読んでいないけど。

416 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 10:43:27 0
>>414
ヨーロッパも日本も、中世に封建制を経ることによって部族社会が
解体されてしまったからな。

417 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 10:59:53 0
UAEやシンガポールは?

418 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 13:55:58 O
トランスバールとオラニエ共和国はクレオール(アフリカーナー=クリオージョ)が作った国で、
この点でペルー、ボリビアと良く似てるけど
もしイギリスに征服されてなかったらどうなってたか気になる

関係ないけどアフリカが絶望的なのはエイズだよね。
ボツワナ、南アがエイズで崩壊したら他のアフリカ諸国の発展への希望なんて消し飛ぶ

419 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 14:01:45 0
つエイズに免疫を持つ売春婦

420 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 14:22:08 0
>>419
都市伝説だろ
その売春婦はどうなったんた?
話題になってお沙汰がないが

421 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 14:51:07 O
>>415
ちょっと古いけど岩波新書の勝俣誠『現代アフリカ入門』
あとは南アとエチオピア以外の研究がほとんどないのが我が国の特徴らしいので、
適当に山川から出てる通史を読むのが一番じゃ

422 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 15:31:56 0
川田龍平がアフリカ行って種付けに励めば
エイズに耐性のある子が生まれるんじゃない?
治ったらしいよ

423 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/14(月) 15:46:06 O
去年ブラジルが債務国から債権国になったとか
チリはもう安定してるし、後はアルゼンチンとメキシコか
この四か国でラテンアメリカを引っ張ってければ、21世紀は20世紀程ひどくならないだろう
後はベネ、キューバ、ニカラグア、ボリビア、エクアドルの反米左派組と、さらに親米のコロンビア、中米と、
どうやってアルゼンチン・ブラジルが折り合いをつけるかにかかってる

424 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 15:51:28 0
>>420
このワクチンはナイロビで性産業に携わっている女性に見られた特有の結果をもと
に開発された。調査の対象になった2000人の売春婦のうち5%が自然にできた
抗体をもっていた。「こうした女性の場合、HIVとの最初の接触が感染につながらず、
反対に体内の免疫力を呼び覚ますことになった」と、アンザーレ氏は言う。さらに、
こうした女性たちの例では、HIVとの接触後、体内のT細胞(免疫反応を高める細胞)
が急激に増加していることを指摘した。
http://www.asyura2.com/sora/bd8/msg/215.html

425 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 16:11:58 0
>>420


川田竜平
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%8B

強力な免疫機構を持ち、エイズが発病してかも、重篤な感染症はほとんど発生しない。現在参議院議員。新婚妻と悠々SEXライフである
1998年に彼の血液中のいくつかの抗体がペニシリンに耐性をもってしまった黄色ブドウ球菌などを殺菌することが報告され
彼の血清はHIV(エイズウイルス)を無力化する能力をもつことも明らかにされている。


426 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 16:20:32 0
川田に限らずエイズがしばしば治ることがある例は報告されている
彼は美形の彼女と同棲しているし、多分ゴムつけずにやっているとおもう

427 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 16:21:47 0
川田さん、まだ治ってないだろ。勝手に決めるなよ。
なぜかお達者だけど

428 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 18:05:20 0
完治はしないよ。
治療薬の開発されて発症進行を抑えることができるようになった。
あと、AIDSとHIVは同義じゃない。

アフリカでもAIDS/HIVについての正しい知識の普及の必要性が
言われているけど、日本でも、だね。

429 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 18:25:44 0
HIV保菌者が発症したのがAIDSだろ?

430 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 18:27:19 0


なぜ南米とアフリカの話をしないのか

431 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 18:35:16 0
>>429
細菌でないから、保菌者という言い方も厳密には的確ではない。

>>430
ごめんね…

432 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 19:13:45 0
なんでアフリカって凄い病気だらけなん?
他の大陸よりひどいの?
偶然?それとも何らかの要因があったの?
日本とか病気なくてよかった
破傷風ぐらいだし

433 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 19:14:46 O
アフリカの民族資本でこれは凄いって感じのある?国営企業以外で

434 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 19:28:36 0
>>432
日本にも酷い病気が多かったがほぼ根絶した。


435 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 19:33:03 0
アフリカは新種の病気が発生しやすい環境がそろっている

436 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 19:52:10 0
でも昔からあったんでしょ>病気
にもかかわらず帝国とか存在してた
今のアフリカ人にそれが出来ない理由にはならない
病気だって隕石に乗ってきたとかで突然発生したわけじゃないんだから

437 :世界@名無史さん:2008/04/14(月) 21:14:40 0
「病気」という言い方がおおまかすぎ。
癌から精神疾患まであるんだから。
ここで指しているのは「感染症」とか「伝染病」と言った方がよいのでは。

で、たしかに隕石に乗ってやってきたわけではないが、
昔からずっと存在していたと思うのは認識不足。
ある日突然ではないが(歴史的に考えれば突然かもしれない)、
発生のメカニズムはあり、発生しやすい条件はある。


438 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 00:01:05 0
エボラ出血熱とかギャグみたいにヤバイ病気てんこもりだもんな
次は何が出てくる事やら


人類破滅病とかが生まれる場所も恐らくここからだろう。今のうち隔離でFA

439 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 00:23:36 0
アフリカは部族間や地域間の隔絶が長年極端に多かった。
中央部〜南部への進出に新人誕生から10万年もかかったように自然環境の極度の厳しさ、
それに極端な閉鎖性から部族間結婚が極端に少なく、混血が進まなかった。

そのためいまだ人類が出会っていないor出会っても辺境内に止まっている感染症が多い。
でもいったん拡大に勢いがつくとエイズみたいに酷い事になる。

440 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 00:45:45 0
アフリカって人類発祥の地なのに自然環境厳しいの?
ジャングルとかなら南米にもある。

南極を除いて人類が一番最期に到達したところはコンゴ奥地?

441 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 01:02:49 0
衛生が飛ぶまでの世界地図で白かった部分(わかんない)は三つ

コンゴの奥地、アラビア半島内陸部、アマゾンの奥地

南極ですら踏破してたのに砂漠と森林が残っていたといのは意外

442 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 01:05:32 0
厳しいからこそアフリカから拡散したんじゃね?
そこで満足だったら広がろうとは思わないだろ
イギリス人だってあまりの飯の不味さに「もっと美味いものが食いたい」と
世界に乗り出し大英帝国を築いた
アフリカが豊かだったら人類の生息地はアフリカだけだったかもしれない
アフリカより厳しいところに住んでる人類はあれだ、なんかのミスでババ引かされたんだ

443 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 01:06:13 0
コンゴ奥地といえばスモーキーマウンテン
犬の王国があるんだぉ

444 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 01:06:38 0
シベリアは毛皮という動機があったため早いうちに探索は完了した

445 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 01:11:13 0
>>443
あの当時は世界最後の秘境として残ってたんだよな

たしかにあそこが一番入りにくい
安塀はアマゾン川に沿えば奥地に行ける。
しかしコンゴは道なき道を渡るから


446 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:14:25 0
運が悪かった





終了

447 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:14:57 0
南米とアフリカで一番豊かな国はどこ?

448 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:25:43 0
GDP世界9位のブラジルじゃね?無論韓国より上。
メキシコは12位くらい。


449 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:34:08 0
>>448
そこって国としては大きいけど豊かじゃないよ

450 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:37:13 0
>>449
一人当たりなら、ガボン、赤道ギニア
あと、本命はガタフィ大差のおわすところ

451 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:38:50 0
>>450
リビアはわかるが
残り二つはどこだよそれw

452 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:40:41 0
アフリカ西海岸にある。
一人当たりのGDPが高いところは南米よりアフリカの方が多いよ

453 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:40:56 0
国が豊かなら国民なんてどうでもいいんだよ。


454 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 02:49:13 0
中国が日本より豊かという事になるけどそれでいいの?

455 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 03:15:13 0
やはり南米、アフリカ共に豊かさにおいては韓国より上は存在しない??

456 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 03:19:33 0
そんざいしないよ。韓国は仮にも人間の作る国の分類だが
南米とアフリカは人間というより猿だろ?

猿が人間を追い越す事はありえない

457 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 03:22:45 0
チョンは人科最低だが
南米と黒人は猿科だもんな

458 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 04:33:01 0
>>451
赤道ギニアの繁栄を知らないとは

12 赤道ギニア $ 44,1002007 est.44,100


参考
34 日本  $ 33,800 2007 est

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29_per_capita
一人当たりのGDP

459 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 04:44:27 0
嘘くせー。そんな豊かなはずねーだろう
つい最近まで大虐殺やってたくらいの印象しかないが

460 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 04:56:50 0
>>459
うそじゃないって。

一人当たりのGDP(CIA調べ)

12 Equatorial Guinea $ 44,100 2007 est.

https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/rankorder/2004rank.html

9 Equatorial Guinea $44,100 2007 est. (世界銀行調べ)
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29_per_capita

ほれ。どっちも
世界9位、14位で44100万ドル




461 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 04:59:56 0
そんな馬鹿な。世界9位って
ぐぐっても繁栄しているとかそういう記事がないし

462 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 05:00:52 0
GDPって豊かさと関係なくね?
どういう基準の豊かさか知らん

463 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 05:03:23 0
>>462
今はなんだかんだで世の中経済成長だからね
GDPは豊かさや国の実力、民度を見る上で重要な数字

464 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 05:24:51 0
GDPってだから何を基準に計ってんの?

465 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 05:59:19 0
アフリカのエイズ耐性患者からエイズ薬が出来ても、アフリカ人には買えないだろ。

>>733
南アにはいっぱいあるんじゃね
>>438
最近イランとパキスタンを脅かしている小麦を全て枯らしてしまう黴もアフリカ発祥だしな

466 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 06:07:35 0
>>450>>458
赤道ギニアなんて北朝鮮並の独裁国家でGDPの99%は大統領個人と側近の懐だよ
ガボンも長期政権で一般国民は貧しい
どっちも産油国。

アフリカで一般国民まで含めて所得が高いのはモーリシャスとセイシェルだろう、インド洋の離島だけど。
大陸だとエジプト〜モロッコの地中海沿岸諸国と、南ア、ボツワナ、ナミビアがなんだかんだいって豊かな方
というかあとがゴミ杉
ケニア、ガーナ、コートジボワールあたりが続くか

467 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 06:11:06 0
超インフレのジンバブエと、政情不安のケニア、内戦になったジボワールが共に下がっていくだろう
内戦が終わって、石油の出ているアンゴラ、
ジンバブエを追い出された白人を誘致しているモザンビークなどは今後期待できるかもしれない

468 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 06:14:47 0
スラムで殺しあってるようなのがエイズで死んでも経済的にはマイナスどころかプラスかもしれない
中世ヨーロッパもペストで人口が激減したことで慢性的食糧不足から解放された

469 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 08:30:45 0
マダガスカルはもっとがんばればいいのに・・・
他の大陸諸国に比べたら発展できそうな素養はあるのに・・・
島国だから楽だし

470 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 08:42:45 0
縄文人レベルの社会に近代国家の経済を説いても無駄なこと。


471 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 08:57:28 0
アステカ王国は人間の生贄とかやっていたけど、
スペイン人に征服されなかったら現在でもやってただろうか?


472 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 11:23:03 0
>>450
>>452
アフリカ西海岸が豊かなのも石油のおかげだろ。

473 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 12:10:59 0
ttp://www.47news.jp/CN/200804/CN2008041501000082.html
330億バレル大油田発見か ブラジル沖、史上3位規模 04/15 08:06 【共同通信】

【リオデジャネイロ14日共同】ブラジル石油監督庁のリマ長官は14日、同国南東部沖
の大西洋海底で推定最大330億バレルの巨大油田が見つかったと明らかにした。「非公
式情報で確認が必要」としながらも「過去30年間で最大の発見で、史上3位の規模だ」
と述べた。地元メディアが報じた。

国営石油会社ペトロブラスは同日、「確認にはさらに掘削と調査が必要だ」と発表。確認
されれば、政府発表の現在の確認埋蔵量(約140億バレル)は3倍以上となる見込みで、
ブラジルが「石油大国」に転じる可能性もある。

ブラジル南東部一帯は海底油田が多く、今回の油田は、ペトロブラスが試掘中の最大の海
底油田「ツピ」の西側に位置する鉱区で発見された。深さなどは不明。同社は昨年11月、
ツピの採掘可能な埋蔵量は50億−80億バレルに達する見込みだと発表した。

474 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 13:12:16 O
>>456-457
まあそれでも多くの韓国人が国を捨てて南米に移住してるんだけどね

475 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 13:19:52 0
南米なんて通過点だろ最終目標はステイツ

476 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 13:31:01 0
韓国人には早く出てってもらいたいとボリビア人が言ってたよ

477 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 16:14:06 0
>>465
人間の方がエイズ耐性になるより、おそらく治療薬耐性のHIVが出現する確率が
遥かに高いだろうな。鳥インフルエンザのように。

それはともかく、実際に抗AIDS薬が途上国の低所得者層は購入できないことは以前からの問題。
薬が高価なのは特許のライセンスのためで、ブラジル、インドなどでは政府の方針で比較的安価なコピー薬を製造したり輸入したりするようになった。
製薬会社の知的所有権を保護したいアメリカと時々もめたりするが、以前より途上国ではコピー薬を使用できる方向になってきている。


478 :世界@名無史さん:2008/04/15(火) 23:49:16 0
>>476
日系人なんかは最初もっとひどいことしてて
アメリカ中で排斥運動が起きてた。自業自得だがそれよりマシかな
まあ、最初はどこも嫌われるよ

ところで、韓国にしてみれば底辺層が海外へいってくれるのは大歓迎
悪質な遺伝子を排除できるし、貧乏人を餓死させるよりは人道的で、国にとってはむしろ利益

日本人とて、底辺
つまるところニート、障害者、生活保護者、ワーキングプア、フリーター、ネカフェ難民などは
南米の方に跳んでいってもらった方が国益になろうし、本人もそれなりに幸せになるのではないか
いつまでも「日本人」という誇りのみで日本国籍にとどまる理由もあるまい
いずれは日本もこいつら寄生虫に風当たりが強くなる日もこよう
今から海外へ移住する事が真の愛国になる
少しは韓国の底辺を見習いたまえ

479 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:29:28 0
いや実は、日本人のブラブラ層も海外に結構いっているよ。マニラとか。
ロス周辺には日本領事館も把握していないような、何しに渡米してきたというような手合いが数千人いるらしい。


480 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:29:29 0
>>478
アメリカ中というか北米とペルーとブラジルぐらいだろ
ついでに言えば南米に行く韓国人は最初からそこそこ資本を持った階層が殆どなので
(中国人やシリア人みたいに身一つで行ったりはしない)
底辺層は今も韓国にいる

481 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:34:24 0
まあそういうのも一部にいるが
ほとんどの移民は負け組だろ


韓国の移民は別に叩かれる要素などない
日本も底辺をどんどん移民させるくらいで丁度いい

482 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:43:02 O
「ほとんどは負け組」なんてことはない。学歴と金がある韓国人が母国を見限ってるのが問題なんであって
僻地開拓のための戦前の日本の農業移民なんかとは最初から性質が違う

483 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:43:40 0
日本は国益よりも人道を優先する国民柄なので移民はさせないよ

484 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:46:22 0
>>482
ふーんじゃあ
その割合をしめしたソース提示してよ


まあ今も昔も移民というのは底辺層だな
アメリカにいくやつはとともすく南米に行く奴なんて負け組だよ
ソース提示でなっとくすんよ

>>483
そういう点がいずれかんこくにあしをすくわれるとおもふ

485 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:53:53 0
>>484
ほれ
http://migration.ucdavis.edu/mn/more.php?id=847_0_2_0

まあ北米への通過点として南米を通るにせよ、そこそこ金がないと
南米にすらいけない罠。韓国の負組みは韓国国内でホームレスだろ。

486 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 00:56:45 0
>>483  日本は政策で南米移民やったわけだが


487 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:03:52 0
>>485

なるほど
だがこの記述は割合を示したものでないし

むしろ
「韓国人は高い教育水準と資金をもってくるから強い」ととしかよめん

南米より遥かに豊かな国の移住者は
まさに底辺層でも↑のような要素があるからなんだよ

わかりやすく日本で例えれば、高卒フリーター資本金100万程度の負け組が
物価の安いフィリピンで移住すれば
「日本人フリーターは高い教育水準と資金をもってくるから強い」
みたいな記述になる訳


じゃあ、ここで韓国の高学歴層が逃げているとソースになるには
「韓国の移住者は韓国内でもエリート層であったものが多く強い」と普通は記事にするね


つまりお前の記事は逆に韓国人の移住者が負け組であることの証左であるわけ

墓穴乙

488 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:06:22 0
さすがに「日本は〜移民させないよ」は違うよな

489 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:06:30 0
>>486
今は日本はそんな事するまでも豊かです。
底辺層も、フリーターも餓死させる国ではありません。
韓国とは違います。



490 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:06:57 0
ちなみに赤道ギニアはつい最近石油が出たので急に豊かになったんだよ。
1人あたりGDPが多いのはそのため。

491 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:09:29 0
>>489
韓国も餓死させてねえよ。移民させているだけ
しかも底辺でもそこそこ成功できる教育と資金を与えて移民させているきわめて人道的な手法だ

492 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:12:03 0
>>489
そりゃ今はやっていないが、かつては国策(=国益)として大規模にやっていたのだから
「日本は国益よりも人道を優先する『国民柄』なので移民はさせない」というのは、
引っ掛かるというか、率直に言ってまちがいでしょ

べつに韓国はどうでもよいよ

493 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:13:25 0
>>485の記事見みりゃわかるが
韓国の底辺が強者になるレベルなわけね。南米ってとこは

もとい南米は義務教育を受けている存在すらほとんどないから韓国底辺でも
言語の壁をとりはらえばまず知識層だし、勤勉ツー事もあって
仕事にこまることはないよな

494 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:15:20 0
>>492
つまり、日本は
昔は人道よりも国益を優先する国民柄だったので移民させてたけど、
今は国益よりも人道を優先する国民柄になったので移民させません、
と言いたいらしいよ。483な人は。

495 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:18:44 0
>>492
豊かになっても底辺層を追い出すメンタリティーの韓国よりマシ。
日本は今は障害者福祉も力を入れている。ネカフェ難民とかもそこそこやれているし、同情している人も多いよ。

496 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:26:38 0
>>495
韓国との比較の話ではない。
だったら最初から、日本の国民柄と移民を関連づけるようなこと言わなければいい。
数十年で国民柄は簡単に変わらないだろうし、簡単に変わるようなら初めからそれは国民柄でないんだろう。


497 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:27:59 0
>>495
俺は障害者にもネカフェ難民も国のお荷物にしかおもってないからな
南米行ってくれ。頼む。税金の無駄。
俺から見れば日本に留まる乞食より韓国の底辺のほうがよっぽどマトモ

498 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:29:28 0
どうでもいいが、このスレって

南米やアフリカが発展した例はないダメダメ
 ↓
南米やアフリカでも繁栄していた、繁栄している国の実例が出る
 ↓
信じられん、嘘クセー、ソースは?
 ↓
歴史書の記述や統計が出る
 ↓
( ゚д゚)ポカーン
 ↓
とたんに韓国や日本の話に飛ぶ

この流れはなんとかならんのかw

499 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:30:51 0
>>496
仕方なしにやった戦前日本の移民と今の韓国の移民を一緒にするな

>>497
お前は在日だろ?

500 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:33:06 0
>>495
ネカフェ難民って国はとりあえず調査しただけでしょ
具体的に何かやったかな(やれと言っているわけではない)

障害者福祉のほうは近年策定された障害者自立支援法って
当事者や関係者のあいだでは相当批判があるよ

501 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:36:34 0
>>499
わかったわかった。日本人は優しい民族。韓国は非道な民族。
それでいいよ。俺在日じゃないしww

ただ底辺を棄民させる韓国の政策を国益面から評価したいだけ
むろん戦前日本もな
それに韓国の移民は成功しているのならさして非人道的と思わん


まあ、そろそろアフリカの話に戻ろうか

>>490
赤道ギニアが世界9位だったのには驚いた
名前も知らなかった人が殆どだろ。急速に発展したには違いないと思った
急速に発展したその理由なんて、自ずと予想つくわな。油田発掘以外ないだろうとは調べるまでもなく思った
さて、国は確かに豊かになったし、毎年10〜30の化け物成長を遂げているひの国はアフリカのダークホースになるかね
まあ一応期待しておくか


502 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:39:53 0
>>499
わるいけど基本的な事実関係をまるで把握していないで言っている。
そこまで移民や移住を語りたかったら少しは勉強してからしたほうがいい。

日本政府は戦後にも大掛かりな移住政策をおこなっている。
海外移住事業団(現在のJICAの前身組織のひとつ)などつくってやっているくらい。

503 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:51:52 0
赤道ギニアは繁栄してないだろ。
ブルネイやアラブ国と違って、石油の恩恵が庶民にまわってこないのが問題

504 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 01:54:19 0
赤道ギニアはネタだろ

国民の所得10ドルでも、国王が数兆億ドル稼いでいればそりゃ
一人当たりGDPは高くなるよな。
それだったらボツワナの方を議論してくれ

505 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:02:14 0
日本も韓国と同じで今も底辺移民に積極的だよ
ただ日本人底辺が韓国人程逞しくないだけ


506 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:04:36 0
>>505
今は違う。一緒にするな。

507 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:07:34 0
事実だろうが。
ネカフェ難民やニートなんて救済する気もないよ
国民が反対するわww


さっさと南米行け。多分今の境遇よりマシになるかもしれんぞ
すくなくとも白い目で見られたりどなりつけられたり、笑われたりする事も
あるまい。

日本国籍に誇りを持つなら、それを汚すな
韓国人を非難するより、日本国籍をすてて見習うべき

508 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:07:43 0
>505-506
もうその話はいいよ
戦後移民がなかったと思う人に話してもしょうがない

ここは、
なぜ南米とアフリカは発展しないのか [世界史]

509 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:13:01 0
日系人は在日のように人の国で朝鮮人ニダと言ってないよ
ブラジルならブラジル人として生きてるし

510 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:13:32 0
>>507
>すくなくとも白い目で見られたりどなりつけられたり、笑われたりする事も
>あるまい。

韓国人は弱者をそういう風に扱って、居場所をなくさせるのが得意だね。
在日も元々、そういった差別から逃げて日本にやってきた。
在日子弟は、未だに韓国の国籍を捨てずに、日本に迷惑をかけている。

511 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:16:50 0
なんで日本の国益になる事を行っているのに在日扱いなんだかww
戦前戦後問わずに国益のための移民だろうに。
底辺の移民が多い国というのはそれだけ人口政策をしっかりやっているということだ。

512 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:19:07 0
>>511
底辺の日本人を追い出す前に、在日を追い出すのが先だよ。
在日がいなくなった後で、日本人だけで国益なり人口政策なりを論じればいい。

513 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:20:50 0
>>509
またおかしなことを言う。知らないのにいい加減なことを言っている。
ブラジルに日系人のための日本語学校はいっぱいある(別にそれはわるいことではない)

514 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:22:03 0
>>512
それなら在日も底辺も一緒にでてけでおしまいなんだよ
つーか、さっき韓国の底辺が成功しているっておまえの墓穴記事
あれみておもったことなんだが、日本人も発展途上国に移民した方がいいと思う
国益とかいぜんに底辺層の皆さんのことをかんがえてなんだがw

515 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:25:09 0
>>514
なぜ日本人とザイニチが同じ扱いなんだ??
先に在日を追い出すのが当然だろ。

516 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:27:21 0
>>509
少しは勉強してくれ


日系ブラジル人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B3%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E4%BA%BA
ニッケイ新聞(ブラジルの日本語紙)
http://www.nikkeyshimbun.com.br/
海外日系人協会
http://www.jadesas.or.jp/
http://www.jadesas.or.jp/link/index.html
ブラジル日本都道府県人会連合会
http://www.kenren.org.br/
海外移住資料館
http://www.jomm.jp/


517 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:28:09 0
さあ? 在日の中にはワープア一万人分の税金治めている人もいるからなあ?

518 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:29:00 0
>>517
パチンコ、サラ金で稼いでいるだけだろ

519 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:30:21 0
なぜ南米とアフリカは発展しないのか

というより、

なぜ南米とアフリカの話をしないのか

だな。まるで。

520 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:31:11 0
パチもサラ金も借りる方、やる方に責任がないとはいわせないよ。
サラ金で事業起こす人もいる。パチの台を作って飯を食っている職人さんの家族もいる
追い出したら真面目に働いている日本人のかたも困るよ

底辺はでていっても誰も困らんね

521 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:32:08 0
>>516
なにが?日系人は日本人じゃないぞ?
出稼ぎで日系人多く来てるが皆本国人として認識してるし


522 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:35:17 0
>>520
スレ違いだから、これをリー信者に対する最期の警告とする。

在日が大きい顔をしていられるのも今のうちだ。
いずれネットの力を結集して、日本から在日を全員追放する。
その頃になって、今ここで日本人を馬鹿にしていることを悔んでももう遅いからな。

523 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:37:01 0

そういやフジモリは日系人だったのか日本人だったのか

こういう流れではまともなレスは望めないかもしれないが

524 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:37:50 0
>>522
構わんよ。勝手にやってろ。

525 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:40:04 0
>>523
日本は血統主義だから
父か母日本人なら、届け出すれば日本国籍を取得できる
フジモリもその口
理屈的にいえばずっと日本国籍を維持できる

526 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:45:47 0
デカセギに来た日系南米人なども、かなり日本に定住、再移住しているし
単純に本国人として認識とはいかないな

527 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:49:09 0
>>525
それは知っていて、実際に届け出があったんだから日本の選挙に立候補できたのだろうが、
外国の、それも大統領経験者が、日本の選挙に出れてしまうことは直感的に違和感は残ったな


528 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:51:14 0
>>523
ペルーで大統領にまでなった人を「日本人」と呼ぶのはどうかねえ。
都合のいいときだけ日本人になってるぽい気がするけど。

529 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:53:46 0
フジモリはメンタリティも大統領としての政治手法もペルー人だった。
大統領選挙では勤勉な日本人イメージも使ったけど。

でも、日本の国籍があり国政選挙に立候補したんだから、一応日本人とも言えなくもない。

530 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:54:10 0
でもフジモリの親父さんの届け出がなけれがなければ
フジモリの命が危うかった。

531 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 02:55:58 0
>>529
なんだかんだで、アジア流開発独裁の手法に近かった気もする
南米にしては珍しく成功していたらしいし

532 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:01:09 0
都合のいいも何も、一国の最高責任者まで務めた人間としては情けない限りだと思う。左翼ゲリラ日本大使館占拠事件の顛末も含めて黒過ぎる。

第一、日本人は二重国籍が認められてないはずでは?

533 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:03:07 0
基本的には日本は二重国籍を認めていない。
ただ強制力はないから。上にでてくるウィキペディアのリンクに詳細が書いてある。


534 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:05:01 0
日系は日本人じゃない、フジモリなんて典型だろ
あいつは日系と云う強みを最大限使っただけで
日本人から見てもアメリカなんかの日系は親近感ないし

535 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:11:42 0
>>532
たしか降伏したゲリラも容赦なくぶっ殺したと噂され
唯一死んだ人質もフジモリの政敵だったから暗殺ではとまで噂があるよね

ちなみにフジモリは前者の方でペルーから指名手配を受けて今に至る

536 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:15:08 0
日本人をどう定義するだろうな。
フジモリは日本人でないというのも正しいが、
国籍あれば日本人という考え方にたてばフジモリは日本人だったというのも正しい。

両親とも日本人だったから見た目や人種的には日本人だが、
日本の世間一般の感覚の多数派だとペルー大統領をした外国人か。


537 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:23:57 0
>>536
フジモリは日本、ペルー両国の国籍もっているから、法的な意味では日本人でもあり、ペルー人でもある。
日本語もスペイン語も話せるし

538 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:47:35 0
どちらでもないとも言える

539 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 03:55:51 0
話が逸れちゃうけど、件の大使館占拠は本当に劇的な事件だったなぁと思う。
白亜の大使館。皇帝の誕生日を祝賀して開かれたパーティー。集う政財界の面々。そこへ武装した左翼ゲリラが。慌てふためく腰抜け大使。平和裏に事件の解決を図ろうとする大司教。ここぞとばかりに表へ出る大統領。。。

540 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:00:05 0
いつも見ていると
リー信者の方がいつも正しい理屈で述べているんだよな
在日在日とさわいでいる方の方は学問板よりハン板向きな人

541 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:01:49 0
>>539
青木さんは腰抜け大使なんかじゃなかったよ。
ウィキペディア【在ペルー日本大使公邸占拠事件】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E5%85%AC%E9%82%B8%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

542 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:04:59 0
>>540
きちんとソースを出して、さらに要求してくる人だね
理屈は正しい。反日スタンスなんだが、格差を肯定したり、死刑廃止を非難したり、独裁を賞賛したり
思想的には右寄りww

543 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:07:52 0
人種差別も肯定するところとかも

544 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:17:03 0
正しいことを言っていれば自然と右寄りになる
俺は決して韓国を賞賛してない。まあ最低と主思ってないがね
他に下なんていくらでもいるよ

韓国人が人間最低でもいいんだが
南米とアフリカは人というよりありゃ猿だ

545 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 04:22:34 0
>>539
なんか海外で小説化されたよね。

546 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 06:18:18 0
>>536-538
国民と民族をごっちゃにして考えるからそういうことになる。
日本政府自体がごっちゃにしてるのだが


とはいえ、カルロス・ゴーン(レバノン人とフランス人のハーフで本人はフランスとブラジルの二重国籍)のような人間も世界にはいっぱいいる。
今後は加速度的に増えるだろうな。

547 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 11:06:23 0
在日非難する奴は創価学会を完全完璧スルーな時点で正体バレバレ。

548 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 13:33:51 0
>>546
寧ろ、国民とか民族とか決して普遍的固定的な概念はなく
実は元から「ごっちゃ」になる性格を孕んでいる。
だから、法律的にはどうのとかこういう考え方だとどうなるとか
前提=定義づけをして話さないとごっちゃになる。


549 :世界@名無史さん:2008/04/16(水) 14:32:04 0
こんなとこで噂してたら・・・

フジモリ被告、有罪確定=違法捜索で禁固6年−ペルー
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080416-00000029-jij-int

550 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 01:01:08 0
クロンボの歴史ってほんとになにもないよね

551 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 01:20:47 0
>>1
カイカクが足りないから

552 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 02:10:45 0
>>550
ジャズやってる人が聞いたら怒るぞ

553 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 03:35:12 0
それ以前に人としてドーかと思う発言だな

554 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 03:59:50 0
典型的なレイシストの意見だな。
語句をいれかえるとハン板あたりでよくみられる

韓国の歴史ってほんとになにもないよね

と同じ類の妄言でしょう。

555 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 04:07:10 0
>>546
日本は国家と民族が一致してる奇跡的な世界最古の素晴らしい国だからね
人種、宗教なんていう余計な内乱要素がないため明治維新もあっさりでき
思想的に違う場合でも同じ日本人という意識があるため外国のように自国民に対し凄惨な虐殺とかない

556 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 19:02:31 0
北朝鮮と韓国は5000年の歴史を誇る世界最古の国家と民族が一致する国だ。
なぜ日本人は平気でうそをつくの?

557 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 19:26:02 0
日本の偉大な歴史に比べ
クロンボの歴史は劣っている

558 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 20:31:41 0
自国の歴史に偉大とか言い出したらその国はもう終わり

559 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 20:40:16 0
>>558
極めて日本人的な考えだな。
フランス人やアメリカ人は自国は偉大だ偉大だと叫びながら引っ張る人物を好む。
日本人は黒船が来るぞ来るぞと煽るのを好む。

560 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 21:32:20 0
>>552
ジャズというか全てのポピュラー音楽は黒人の影響なしに生まれてないな

561 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 21:40:18 0
>>559
どっちにして度が過ぎると
ろくなことにならんな


562 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 21:57:21 0
文化や経済の発展にはやはり段階があると思う。アフリカは日本で例えたら
縄文時代から近代化してるようなものだろう。そんなの旨くいくはずが無い。
だから、まず古代化なんて目指したらどうだろうか。

563 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 22:01:28 0
せめて中世化くらいと飛び級はみとめられないのか

564 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 22:03:10 0
アフリカに留まった連中より
奴隷として売られた連中の子孫の方が勝ち組

565 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 22:49:37 0
クロンボに生まれた時点で負け組だろ、常考

566 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 23:26:25 0
>>563 ときどき戦国時代に飛び級

567 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 23:30:39 0
>>559
日本だって石原慎太郎みたいな男が支持されてるじゃん

568 :世界@名無史さん:2008/04/18(金) 23:35:23 0
>>559
>フランス人やアメリカ人は自国は偉大だ偉大だと叫びながら引っ張る人物を好む。

多民族国家のフランスやアメリカと違って日本はほぼ単一民族国家だから、
「日本は偉大だ」なんて言ったら選民思想が芽生えるのだよ。


569 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/19(土) 00:03:28 O
エクアドル史はあっちいったりこっちいったりで面白い
コロンビア史は閉塞感が強すぎて色々絶望
ベネズエラ史は石油なんか出なかった方が良かったんだろうねあれは
メキシコ、中米史は対米従属が続くのが見てて嫌になる
キューバ史は社会主義で真赤
カリブ海諸国は小国ばかりであまり面白くない

というわけでやっぱり大好きアルゼンチン史

570 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 00:08:21 0
中央アジアスレたったな。
残るは太平洋諸島か。パラオとかも叩かれるんだろうな
「なぜ〜か」系スレどんな糞スレでも伸びるからな

571 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 00:52:45 0
なぜって意見を聞かれている以上誰が答えても問題ないですからね

572 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 11:59:27 0
>>567
石原慎太郎は国全体が左翼偏向している日本では右翼のように言われているが、
世界的基準で見れば単なる中道。

573 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 13:16:13 0
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!
世界史板で諸外国(韓国朝鮮以外)へのネガティブなスレ立てを続ける在日コリアン子弟よ。いい加減にしろ!!

574 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 17:43:48 0
チャベスはサヨクだけどウヨクっぽくもあるな

575 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 19:11:14 0
最近右派を装った釣りが多すぎる。
いかにも戯画的な右翼を装ったテンプレ文しか書けないからすぐ判るのに
みんな釣られるのな。スルーしろよ。

まさか本当に右翼思想の持ち主が信念書き込んでるとでも思ってるのか?

576 :世界@名無史さん:2008/04/19(土) 21:31:56 0
チャベスはウヨクだけどサヨクっぽくもあるな

577 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 05:12:26 0
彼は民族社会主義なんじゃね?

578 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 13:07:50 0
日本が国全体が左翼偏向しているというのは…   見方は次第だけど、少なくとも世界的基準でないだろうな

579 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 14:00:50 0
テニオハがへんだったな・・・

日本は国全体が左翼偏向しているというのは…   見方次第だけど、少なくとも世界的基準でないだろうな


580 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 15:23:51 0
>>579
意味が分からん。
GHQ史観を抜け出せば、左翼偏向していることが明確に理解できるし、
どの外国と比べてみても、明らかに左翼偏向している。
日本と同程度の国があるというならば挙げてみれくれ。
軍隊とスパイ防止法がない国もあれば。

581 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 15:38:52 0
そんなに左傾化しているんだったら、
一回くらいは左翼政党がまともに政権とっているだろうに・・・
短命の片山政権や自社さ連立などでなくて。
単に日本の左翼政党が単細胞で能力が無かったからという理由もあるかもしれないが
西欧諸国はそこそこ社会民主系の政党が政権とったりしている。


582 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 15:52:43 0
>>580
何を指して「世界的基準」と言うかは兎に角、
外国人は日本を左翼偏向している国とは看做さないのが普通と言っていい。
日本人や貴方がどう考えるかは自由だけど。

更に、軍隊の有無と左翼右翼は本質的には関係ないし
それこそ「世界的基準」だと日本には軍隊はあり、それだけの話。

気に障る言い方になるかもしれないが、
貴方のカキコは世界的基準どころかむしろ大いに日本人的感覚だと私には感じる。
繰り返しになるが、貴方がどう考えるかは自由だけど。


583 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 16:00:54 0
>>569
でも白人国家アルゼンチンはある意味南米らしくない

メキシコや中米は地理的に
よりアメリカの影響が強く出るのはしょうがない…
と言うか、そもそもアメリカが出てこない中南米近現代史なんてあり得ないしな…



584 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 16:03:50 0
右翼は日本的感覚でいいんじゃね? 世界的基準とか言わなければね

585 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 17:16:17 0
右翼・左翼というのは国内での線引きでしか無い。
日本人だって外国を見てあの国は左翼だの右翼だのなんて言わない。
政権や政党を見てあれはリベラルだ左派だ右派だ言うだけ。

またそういう線引きで見れば日本では自民も民主も左派とは見られていない。
また石原は右派とみなされている。

586 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 17:42:37 0
左翼って共産主義者の事を言うんだろ?
日本の反戦平和教徒は単なる馬鹿であって左翼じゃないだろ。

587 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 17:56:00 0
中南米の左傾化は最近よく言われることだな
左派政権になればそう見られる

どうでもいいが、580の日本は「どの外国と比べてみても、明らかに左翼偏向」は
どの国と比べたんだろう、と思ったりする

どうでもいいけど

588 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 18:01:25 0
>>586
そうそうそれでいいよ。左翼も共産主義者も反戦平和教徒も単なる馬鹿も
日本では多数派になることはなかったので、国全体が左翼偏向しているとは言えない。が結論。


そんなことより、アフリカと南米の話をすべし。


589 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/20(日) 19:04:48 0
>>583
まあ確かに合衆国のないラテンアメリカ史なんて存在しないんだけど、
中米は合衆国に支援された極右政権がインディオや農民を虐殺とかばっかりで
見てて辛いのですよ。グアテマラではちょっと前まで大土地所有者が領地の警察権を行使する権利を認める法律
(つまり、私有地では何しようがオッケー。インディオを攫って奴隷化しても、
反対者を処刑しても、何しても罪に問われない)があったぐらいですし。
当然外資系のバナナ産業やコーヒー産業がやりたい放題なわけで。
バナナ好きですが、これは辛い。
革命起こしたニカラグアも結局ボロボロになっちゃったし。

アルゼンチンは一見南米らしくなく見えても、あれで意外と南米っぽいところも多いです。
あの独特の個人主義はスペイン由来なんだろうけど、
それでも政治文化や食文化はスペインとは異質の発展を遂げてます。
マテ茶みたいな日本人にとっても苦すぎるのを好んで飲む国民はやっぱなんか違う。

590 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 20:10:25 0
NYですら大規模な反戦デモをしてるし、
大統領選候補のオバマも明確にイラク戦争の開戦自体を間違いとしている。

一方日本では反戦デモなんてキチガイ扱い。
外国からは右傾化してるとしか見られないのが当然。

591 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 20:15:32 0

なぜ「なぜ南米とアフリカは発展しないのか」なのか?

なぜ「なぜ中南米とアフリカは発展しないのか」ではないのか?

なぜなの?

592 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 20:44:49 0
え、向こうの親戚が送ってくれたマテ茶普通に飲んでるけどうまいですよ?
向こう式のストローじゃなく、急須で入れてるけど。

593 :世界@名無史さん:2008/04/20(日) 20:48:31 0
>>591
中南米って言ったらコスタリカも入っちゃうからさ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AB

594 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/20(日) 21:01:25 0
>>591
もっと良い用語は中南米よりもラテンアメリカだと思うんだけど、中々定着しない。
>>592
俺も毎日ボンビーシャ使って飲んでますが、
家族や友人に薦めてもちっとも飲んでくれないのでついあんなことを書いてしまいました。
沢山飲んで日本にもマテ茶を広げてください
>>593
俺が書き始める前は歴史の項が五行ぐらいで終わってたのが凄く印章に残ってる。
コスタリカの歴史にも文化にも全く興味がない癖に、やたらと非武装だのなんだの持ち出して
持ち上げる日本の基地外ブサヨが日本のラテンアメリカ学最大の敵だと思う

595 :名無しの権瓶:2008/04/20(日) 23:27:42 0
でも内戦してるから貧乏なのは原因の一つではあるし。
昔と違って今の戦争は金がかかるから。

596 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 00:09:14 0
>>590
戦争しまくってるアメリカと戦後全くしていない日本で単純に比べる
お粗末な脳みそと思考回路しか持たないナメクジ未満の臭い下等生物。

597 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 01:50:22 0
イギリスの友人がいるが
日本は右翼の巣窟と欧米人にみられているだとさ


靖国とか結構ヨーロッパでも報道されている
トーンはこっちのマスコミと変わらん


日本は左すぎるなんていってたら
外国にわらわれるだけ

598 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 02:32:56 0
そりゃ欧米にとっちゃ日本はそういう国であってくれた方が叩きの理由になるからだろ。
中国も同じことやってんじゃん。

599 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 02:34:20 0
実際の日本なんかどうでもいいんだよ。彼らにとっては。
彼らにとって都合のいい日本像を信じたいだけなんだから。

600 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 03:01:55 0
例えば英じゃ国営放送がガンガン政府を批判して揉めてるしな。
日本でNHKが反戦報道なんて考えれるか?

米はともかくEUから見たら日本はとんでもない過激派右翼国家にしか見えないよ。

601 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 03:31:18 0
反戦ばっかじゃね。

602 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 05:05:18 0
>>600
NHKは反戦左翼報道じゃねーかw
日本じゃ右翼扱いされる石原なんて世界基準なら中道でしかない、サルコジなんぞ日本規準で言えば超極右だしな

フランス語しゃべれない奴はでて毛といい、しかも口だけじゃなく政策化して実際にもやるし
日本にもサルコジのような極右がほしいもんだ

603 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 10:14:13 0
>>597
靖国なんて全く知られてないよ。
日本駐在の欧米の記者が靖国問題を記事にしようとしても
デスクに「そんなものを書いても本国の読者は何がなんだか分からないからダメだ」
と断られるとボヤいてた。

604 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 10:21:12 0
>>595
戦争に金がかかるのは関係ないだろ
国内で銃弾飛び交ってるのにどうして経済発展できようか

でもコロンビアや南アの経済は意外にいい線いってるか

605 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 12:55:13 0
「世界基準で」日本は左翼偏向しているなんて言うからおかしくなる。
だって普通に外国人や外国からそう見られていないんだからしかたない。
そんなに言いたければ、
はじめから「俺基準」で日本は左翼偏向していると堂々と言えばいいだけ。




606 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 13:11:10 0
つづき
戦後、日米同盟基軸の大枠でやってきたのは間違いなく
国民は積極的であれ消極的であれ支持してきた。それは現在も継続している。
「世界基準で」左翼偏向しているわけがない。

やたら左に偏向していると強調する意見は
いかにも自虐的な日本人的な見方だと個人的には思うな(それこそ自虐史観)


607 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 13:11:38 0
そもそも外国は日本が右翼か左翼か判断出来るほど日本に対する知識が無い

608 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 13:15:43 0
だったらそれでもいいよ
その理屈でも世界基準で日本が左偏向ってことはおかしいでしょ
知識ないんだから

609 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 13:17:30 0
日本が世界基準で左翼偏向って言ってるのは日本国内だろ?
それは正しいと思うがね。

610 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 13:23:23 0
そうだな、それでもいいよ
左も右も自虐史観が大好きでそれが正しい日本人
それこそ自虐的だがしょうがないな

611 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 14:13:20 0
それよりも日本が自虐史観という基準がわからない

612 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 14:15:52 0
アジア諸国では日本は靖国参拝をする軍国主義国だと非難されている。
ドイツも日本は戦争の反省をしていないとメディアが良く主張している。
アメリカも慰安婦決議を下院で採決して、反省の足りない日本を批判した。

日本が左も右も自虐史観だなんて、諸外国はまったく認めていない。

613 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 14:27:07 0
外国が認めるとか認めないとかそういうことでないでしょ

さほど左翼偏重でないのに日本は左翼偏重だと強調するのは自虐的
逆もまた然り

>>607 >>609
あと、日本が世界基準で言う、と言っても
そもそも日本人も世界基準を判断出来るほど外国や世界に対する知識が無いかもね

614 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 15:11:31 0
外国が認めるとか認めないとかそういうことでないでしょ

さほど自虐史観でないのに日本は自虐史観だと強調するのは右翼的
逆もまた然り


>>605 >>606
あと、外国が世界基準で言う、と言っても
そもそも外国人も世界基準を判断出来るほど日本や世界に対する知識が無いかもね

615 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 15:44:14 0
どーでもいいけど、
ウヨクにしたって日本を自虐的に見ているというのは
おもしろい見方だな
日本人はMなのか

616 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 15:51:26 0
別に自虐的に見てないよ

617 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 15:56:53 0
>>603

この前ロンドンタイムズみてたら

中国人監督が作った映画「靖国」に対して
日本人の右翼勢力が不当な圧力をかけてきた。
戦後になってもう60年たとうとしているのにこの国は未だに世界大戦を反省してない

ちなみに「靖国神社」とは
バンザイアタックや戦争を美化したり、あまつさえ捏造をおこなうフィナティクな宗教集団である

という感じの記事があったがww
外国のマスコミも日本のマスコミとトーンは変わらない
日本の右翼が外国からみて標準か、支持されているかは外国行けば肌で感じる
台湾も同様だ。李登輝みたいなのがむしろ特殊といっていい。他の台湾人は
植民地支配を肯定しまくるネトウヨに対していい感情を抱いてない

618 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 16:00:24 0
別に外国なんぞどうでもいい
「戦争は正しかった!ビシ」
わかったかいキムチ君

619 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 16:05:06 0
>>617
日本特派員とか日本に詳しい者ほど反日度が高い傾向にあるんだよ。
外国人記者クラブなんか反日記者の巣窟だ。

620 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 16:06:21 0
相変わらずの自演・・・

621 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 16:11:31 0
靖国を狂信集団と叩くあたりは極左新聞とかいわれている朝日でもやらないよ


622 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 16:19:39 0
だから、超極左新聞朝日でさえも
そこまで左傾化しかしていない日本は左翼偏重していない立派な国だぜ
でいいだろ


このあとは南米とアフリカの話をしような

623 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 17:38:43 0
そもそも極左ていうのは急進的な共産主義のことなんだが
それを分かってない奴が多すぎ

624 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/21(月) 17:40:07 O
ケベックよりマルティニークの方が豊かだった時代があったそうで
砂糖ってすごい

625 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 20:26:12 0
>>623
もともと体制派と反体制派が意味
ソ連じゃ体制派である共産主義が右翼で自由主義が左翼
日本の場合は愛国と売国の意味合いもある

626 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 21:51:57 0
ウヨサヨ論争どうでもいい

627 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/21(月) 22:27:36 O
1816年7月9日のトゥクマンの議会で、アルゼンチンが独立を宣言した時に、
トゥクマン議会はブエノスアイレスの大地主がイギリスとの自由貿易を推進するために、
五月革命以来続いてきた、一連の貿易自由化政策の流れを決定付けたと言われており、
そのことが植民地時代に存在したアルゼンチンの国内産業を壊滅させたのは事実なんだけど、
このような内陸部の土着勢力に対して敵対的な措置であると同時にインカ帝国の復興と、インカ皇帝の復活を詠ってるのが興味深い

マヌエル・ベルグラーノはどう評価すればいいんだろうか
ガレアーノの言うように、国内産業の自主的な発展の芽を潰したブエノスアイレスの寡頭支配層の一人なのか、
それともインディオ知識人のワンカール言うように、アルト・ペルー解放とインカ帝国復興に尽くしたインディオの解放者か

ベルグラーノはアルティーガス、サン=マルティンと同じぐらいに扱われても良いような気がする

628 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 22:56:21 0
>>626
そうだ、アフリカや南米に関係ない話はいらん
でも、パラグアイでは左派の大統領が誕生したそうで

【パラグアイ】大統領選で左派候補ルゴ氏が勝利 - 農地改革や社会福祉をかかげ、貧困層からの支持集め当選[080421]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1208784864

「パラグアイ大統領選で左派候補が勝利 貧困層からの支持集め当選」

南米パラグアイの大統領選が20日、行われ、野党連合が支持する元カトリック神父で
中郷左派のフェルナンド・ルゴ氏(58)が、同国初の女性大統領を目指した与党候補、
ブランカ・オベラル前教育相(50)を破り当選した。
パラグアイでは軍政時代も含め、中道右派のコロラド党が61年間にわたって政権を
握ってきたが、ルゴ氏は農地改革や社会福祉重視をかかげ、貧困層からの支持を集めて
歴史的な勝利を収めた。

ルゴ氏は首都アスンシオンで支持者を前に、「今日、パラグアイは自らの意志を示した」
と勝利を宣言した。中南米では近年、1990年代に進められた新自由主義経済で
貧富の差が拡大したことなどの反動から各地で左派政権の誕生が続いているが、
パラグアイでのルゴ氏勝利は、中南米で左傾化の勢いが収まっていないことを印象づける
結果ともなった。

中南米の左派政権の中には、ベネズエラのチャベス大統領を筆頭に強硬な反米路線も
目立っているが、ルゴ氏は「チャベス氏は軍人だが、私は宗教者だ」と述べるなど、
距離を置く姿勢を打ち出している。

引用元:MSN - 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/ (2008.4.21 11:43)
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080421/amr0804211141011-n1.htm


629 :世界@名無史さん:2008/04/21(月) 23:09:09 0
>>625
もともと体制派と反体制派が意味

元の意味は保守派と革新派だろ。
体制反体制ってw

630 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 01:39:38 0
日本人→日本は右傾化してる×日本は左翼偏向だ!
外国人→日本は右翼偏向だ!で大勢一致

単にそれだけのこと、こういう自国の評価だけ二分するのはどこの国も全く同じ。
例えば米国内では「米は弱腰外交だ、日本の圧力に屈している」という主張は普通に行わている。
日本人からは信じられないだろうが「弱腰外交論」はどんな国でも米国でさえあるものだ。

内から見るのと外から見るのとでは違って見えるというだけのこと。

631 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 03:58:55 0
韓国もあれだけマスコミや政府が反日キャンペーンしているのに
韓国人右派からみると、うんざりするほど弱腰に見えるらしい

632 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 05:56:07 0
おまえらスレタイに沿った話しろよ

633 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/22(火) 11:56:37 0
>>628
3月に訪れた時はコロラド党への不信と凄いルーゴ人気を感じたが、やっぱりルーゴ勝ったのか。
ニカノル・ドゥアルテは選挙不正するとかなんとか言ってたけど、やらなかったのは偉い
というか、ウゴ・チャベスといい、フェルナンド・ルゴといい、シモン・ボリバルといい、ソラノ・ロペツといい、
スペイン語の名前の日本語表記がなんか変なのはどうにかならないものか

634 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 12:05:08 0
ボクシングを見る限り
sめりか>>>>>>>メヒコ>>>>イギリス>>>>ドイツ(のジム所属の旧ソ連圏ボクサー)>>>>その他EU

635 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 12:06:41 0
訂正
アメリカ>>>メヒコ>>プエルトリコ>イギリス>>>ドイツ(のジム所属の旧ソ連圏ボクサー)>>>>その他EU

636 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 12:09:49 0
さらに訂正
アメリカ>>>メヒコ>>プエルトリコ>イギリス≒ドイツ(のジム所属の旧ソ連圏ボクサー)>>フィリピン≒タイ>日本>その他EU

637 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 12:38:28 0
パラグアイの新大統領、ブラジルのルーラ大統領と風貌が似ている気が…
中道左派だとみんなあんな雰囲気になるのかいな

638 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 15:21:08 0
>>631
そーいえば、小泉が首相だったとき、特定アジアに甘すぎると評するネット右翼なんて
腐るほど居たもんな。
中国や韓国から見たら、小泉なんて地獄から甦ってきた日本軍の亡霊にしか
見えなかっただろうけど。

639 :世界@名無史さん:2008/04/22(火) 16:09:43 0
ナショナリズムは、より過激な主張がより正しい、となってしまう法則が
あると佐藤優だったかも言っていたな

でも日本のウヨサヨ話はもういいべ
途上国のウヨサヨならともかく

パラグアイ大統領選挙 Fernando Lugo の勝利宣言
http://www.youtube.com/watch?v=p_h7uFnPKAg

与党候補 Blanca Ovelar の敗戦会見
http://www.youtube.com/watch?v=OQSQ0n2VvGM

3位のオビエド候補も結構票を伸ばしていて
彼はどちらかと言えばタカ派で右派

640 :世界@名無史さん:2008/04/23(水) 14:28:07 0
6月12日、日本武道館にて、日本ボクシング界が新たなる一歩を踏み出す・・。

現在の日本人世界王者の中で、実力ナンバーワンとの評価を不動のものとしているWBCバンタム級王者長谷川穂積。
5度の防衛に成功した現在、更なる栄光を求め、本場ラスベガスへの進出を熱望している。
南米ウルグアイからクリスチャン・ファッシオを迎えて行われる6度目の防衛戦は、いわば「夢」への最終テストであり、結果は当然のこと、内容とKOも求められる重要な一戦だ。
ベルトと栄光を奪い取らんとする若き挑戦者と、円熟の時を迎えようとしている王者の激突は、どのような結末が待っているのか?
また、ベネズエラのKOマシーン、23戦全KOのレコードを誇るエドウィン・バレロも登場。WBAスーパーフェザー級王座4度目の防衛戦に臨む。
世界王座獲得後も、当然のようにKO勝利を重ねるバレロに挑むのは、対照的なスタイルを持つ技巧派の嶋田雄大だ。キャリア11年、36歳にして遂に世界挑戦のチャンスを掴んだ苦労人である。
この試合の見所は明快だ。バレロのパワーが嶋田のテクニックを粉砕するのか?はたまた、嶋田のテクニックがバレロのパワーを翻弄するのか?
世界最高峰の戦いが始まる・・・。


6月12日(木)日本武道館 WORLD PREMIUM BOXING VOL6

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者:長谷川穂積(真正)12R 9位:クリスチャン・ファッシオ(ウルグアイ)

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者:エドウィン・バレロ(帝拳・ベネズエラ)12R 8位:嶋田雄大(ヨネクラ)

641 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/24(木) 12:44:59 O
チャベスは50年遅れて出てきたペロンにしか見えない。
石油なんか出ない農業国だった方がベネスエラ人ももっと幸せだったろうに

642 :世界@名無史さん:2008/04/25(金) 00:16:53 0
裏庭ほっとくと、大変なことになるよー。
USA

643 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/25(金) 10:30:13 O
昔コントラやエルサルバドル軍、グアテマラ軍を支援して
サンディニスタ政権やFMLNをボロボロにするような真似はもうできないでしょう
ほっとく訳にはいかないと言っても、これだけ全ラテンアメリカ的な自立の動きが生まれてるなかじゃ
どの道北米によるアメリカ支配なんて無理です。
せいぜい中米取り込めればいいところって感じじゃないでしょうか。
後はペルーとメキシコとコロンビアぐらいか。こっちも時間の問題だと思うけど

644 :世界@名無史さん:2008/04/25(金) 19:59:01 0
米国にとっての優先順位も相対的に低下したしね
例えば中東などと比べると

それに冷戦時代なら東側陣営への接近を阻止する必要もあったけど
すっかり昔話

645 :世界@名無史さん:2008/04/27(日) 19:20:23 0
似たスレ

何で南米に先進国が無いの?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1044206702/l50

646 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 21:16:57 0
元々南米ってアメリカにとって重要だったかという嫌疑もあるがな
モンロー宣言のときくらいかもね
パナマ運河以降はどうでもよさげ

フォークランド紛争もアルゼンチン無視してイギリス支持したね
南米の島をとりかえすだけだったから南米諸国はアメリカはOS支持してくれると思って落胆したそうな

647 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 21:19:50 0
アラブ諸国に抜かされるのも時間の問題

648 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 21:45:46 0
米国にとって重要→南米支持、というのも違う気が。
中南米に対する干渉史を見ていると。



649 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 21:52:16 0
でもモンロー主義って言うのは
「新大陸は俺の庭。欧州諸国が干渉してくるのは断固反対!」
ということではなかったっけ

650 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 21:55:29 0
重要視してたならキューバ革命は無かったはずだが

651 :世界@名無史さん:2008/04/28(月) 22:23:27 0
中南米は米国の庭、欧州の庭でもないけど、中南米自身の庭だとももっと思ってなかったってことかいな


652 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 01:27:11 0
そもそもアフリカも中南米(ついでにいうとオーストラリアも)も人が住むには適さない土地
そんなところに無理やり国作っても発展できるわけがない
なんだあの環境

653 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 02:38:50 0
また馬鹿が出た。

654 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 03:17:45 0
実際人が住むのに向いてない土地はそうだろ。
北欧なんて発展したの極々最近だし。

655 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:05:58 0
一番すみやすい国は人類の宝石日本でまちがいないだろう。
なんせ黄金の国ジパングは金がざくざくとれたが、武士が強すぎて
スペインもポルドガルも攻めてこれなかったからね。
もし鎖国をしていなかったら、信長が世界を制圧していただろう。

656 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:11:41 0
>>464
簡単な話だよ。
南米はスペインによる侵略国家。
それに大してアメリカはWASPユダヤ連合によるカースト国家だからね。
イギリスはそれに対してロスチャイルドが牛耳っているユダヤ王国なんだ。
たとえば、ジョージ三世はブッシュの8世代前のご先祖様なわけ。
それらは赤い盾に明記されていて公然の秘密となっている。
イスラエルがなぜアラブ人に正義があるのに、なぜアメリカはイスラエルに味方するのか?
アパルトヘイトを実施していた南アを西側が支持していた理由はダイヤモンドが取れるからで、
ユダヤ人はソ連やキューバ兵がアンゴラを経由して南アを制圧する事をおそれていたからだとか
現代史に本当の歴史をあてはめると全て理解できる仕組みになっているんだね。

657 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:18:15 0
そして、そういう欧米のタブーであるユダヤ人の陰謀にきがついていた国がいわゆる枢軸国家だった訳だ。
ヒトラーがユダヤ人の脅威を説き、戦前の日本で石屋の陰謀について国会の秘密討議でわざわざ石屋の陰謀と
暗喩をもちいて国際情勢を説いた理由はなぜか。
そこがわからないと世界の仕組みは見えてこない。
若干話が横道にそれたが、なぜ南米とアフリカは発展できないという命題の本当の答えのひとつはここにある。
つまり、ユダヤ人やWASPが利権目的で発展しないように介入して情勢をコントロールしているからだ。
たとえば、ベルギーにアントワープという有名なダイヤモンド加工の街がある。
そこは全世界のダイヤモンド加工の80%がここで加工され、世界に出荷されていく訳だ。
で、ここへ入るダイヤモンドの山地は「南アフリカ」「ザィール」(今はコンゴ)と呼ばれる地域だ。

ここまで言及すればピンとくるだろう?

658 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:24:15 0
ザイールは元々ベルギー領コンゴといわれた地域だ。
詳細ははぶくが、ザイールはベルギー王室の私有地として
長年収奪されてきた地域だ。ここで象牙やダイヤモンドを村落に割り当てられ
従わないものは容赦なく射殺された。
労働条件も過酷そのもので、私領時代の30年足らずで人口が半減したというから
搾取の程度もスペイン支配のキューバやカリブ海ほどでないにせよ(なんせ全滅したからね)
世界有数の過酷な搾取地域であったことは疑いない。
ここでかりあつめられた象牙やダイヤモンドはアントワープにあつめられ、「必ず」ユダヤ人の
が取り扱いをし切って売りさばいた。
ダイヤモンドの取引はロンドンへ流れ、ユダヤ商人によって世界中にはこばれていくんだ。
ユダヤ人はアフリカの人々がかせいだものをただ取りして金を蓄財し、イスラエルをアラブ人の
土地にかってにつくって因縁をつけて侵略していくがそれは後世の話になる。

659 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:36:46 0
あまりに悪辣な手法は世界から批判されてボードワン一世の死亡後、ベルギーは国有化を決定し、
王室の私領からうつされるが、ダイヤモンドは国策会社によってその後もつくられた。
国策会社の名前はデビアス社。 
いわゆる国際ユダヤ資本の一角を占めている。
しかし表舞台に出ることはほとんどない。
ロシア革命の頃からすでにユダヤ人はメディアコントロールのすべを知っていた。
シオン長老の議定書にその辺のくだりが伺える。
念をおしておくと、
いわゆるシオン長老の議定書は偽書認定されているが、それについて検証されることはない。
メディア支配の方法が当時から言及されているにもかかわらずね。
なぜなら、ヨーロッパではユダヤ人の迫害につながるとしてナチスや彼らに関する言及は禁止されている
カナダでも事情は同じで自由な言論ができない異常事態となっている。
ロシア革命の結果誕生したソ連や、ナチスドイツや石屋の陰謀に気がついていた大日本帝国のいずれもが、
冷戦や第二次世界大戦でユダヤ人とWASPが牛耳っているアメリカに滅ぼされたのだから無理もないがね。

長くなりすぎたからひとまずペンを置くが、なぜ発展しないかという理由の一端は理解できるだろう。
用はラテン民族が侵略して牛耳った南米はアングロサクソンやユダヤ人には好ましくない地域だし、
アフリカとなるとこれは昔から搾取の対象だったからだ。
コンゴ動乱についてしらべてみると面白いよ。そしてこないだからつづいているアフリカ大戦の内情もね。
ひとことでいうとダイヤやレアメタル・・・・これをどこがあつかっているか、また扱おうとしているか
調べてみるとわかってくる真実がある。
そして、今中国もレアメタルの宝庫であるチベットを手ばなしたくない・・・欧米はなぜチベットを独立させようとしているか。
その理由も考えてみると良いだろう!

660 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:44:07 0
ダイヤの何が綺麗なのかわからん
単なる透明な石じゃねーかガラスと変わらん
サファイアやエメラルドのがまだしも美しいわ

661 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 05:53:17 0
>>644
>米国にとっての優先順位も相対的に低下したしね
例えば中東などと比べると

いやいや、
ベネズエラやブラジルはレアメタルや油田の宝庫。
まだ答えを出すには早すぎる。
われわれにとっては現時点がゴールでも歴史は
これからも続いていく。
20−30年後の南米は再びHOTな地域となるでしょう。



662 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 06:15:19 0
>>660
ダイヤは埋蔵量が多く、新しい鉱山も続々と発見されているが、デビアスが
流通量をコントロールすることにより値段は高値で安定してきた。
また人工ダイヤの方が品質が高いので工業分野で使われているが、
品質の劣る天然ダイヤの値段はべらぼうに高い。
ダイヤの値段が高いのは人工的に操作されているから。
サイトホルダーと呼ばれる忠実な業者がデビアスの言い値で買うしかない。
しかしダイヤがゲリラの資金源となり、アフリカの内戦を激化させているなどとして
デビアスにも批判が高まり、カナダロシア等で大鉱山が発見されるなど、
流通のコントロールが難しくなってきたことから、デビアスは直接販売と
マーケティングに乗り出した。

663 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 11:19:34 0
ラッキールチアーノらがかけた報奨金もそろそろ効力失うな。

664 :世界@名無史さん:2008/04/29(火) 13:45:13 0
>>654
はいはい、もっと世界史を勉強しようね。

665 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/29(火) 19:19:00 O
モンロー教書があっても19世紀の間はドミ共がスペイン領に戻ったり、
メキシコにハプスブルク家を戴いたフランス軍が攻めこんで来たり、
スペインがペルーに砲撃してきたりしたのをスルーせざるを得なかったんだから
あれはやっぱり出した当初は単なるブラフというかハッタリとみなすべきなのでは
合衆国がモンロー教書を出したのと同時期にコロンビアの大統領のシモン・ボリーバルが
パナマ会議やってパナマ宣言みたいなのを出してた。
パナマ会議は失敗したけど、採択された当初ならモンロー教書よりはこっちの方がよっぽど実行性あったと思う。

666 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/29(火) 19:43:14 0
何か変な日本語でスマソ。疲れてるな

667 :世界@名無史さん:2008/05/04(日) 14:20:54 0
>>655
信長は鎖国するよりずっと前に死んでいるわけだが

それにしても秀吉は海外出兵失敗したわけだが信長だったら上手くやっただろうか

668 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/04(日) 20:41:57 O
アルゼンチンとベネスエラ、共に南米独立の旗手となった国なのに、
その後両国が辿った道にかなり差があるのが興味深い。

独立運動を起こしたクリオージョの知的レベルはかなり高く、
ベネスエラの国土は、山がちで地域対立が深刻なコロンビア、エくアドル、ペルー、ボリビアよりも
相対的にまとまりやすい国土だと思うけど、何が両国の明暗を分けたんだろう。
これもカカオ、コーヒーと牛馬の価格差ってことか?

チャベスは嫌いだけどベネスエラは結構好きなので書いてみました。石橋純先生凄いよ石橋純先生。
ボリビア、エクアドルの初代大統領はベネスエラ人だし、
ドミニカ共和国の独立運動にもベネスエラ人が深く関わってたりするので南米史的には石油以外においてもかなり重要な国なのに、
中々そうは見てもらえないのが残念。

669 :世界@名無史さん:2008/05/05(月) 01:43:16 0
>>661
そりゃ将来は別として
現時点では以前と比べると相対的に低下しているという話だろう


670 :世界@名無史さん:2008/05/05(月) 10:45:42 0
>>668
>ドミニカ共和国の独立運動にもベネスエラ人が深く関わってたりするので南米史的には石油以外においてもかなり重要な国なのに、
>中々そうは見てもらえないのが残念。

最近、ドミニカ共和国の留学生と飲みましたが、
チャベスは苦手、ベネ人は好きという感覚でしたね。
それより、チベット問題に非常に関心をもっているのに驚きました。

有能な人は、反米ながらもアメリカ留学を選ぶというのもなかなかしたたか。

671 :世界@名無史さん:2008/05/05(月) 15:10:17 0
帝拳にエドウィン・バレロとホルヘ・リナレスというベネズエラ人世界王者が
所属しているが、チャベスのことどう思っているのだろうか・・・。

672 :世界@名無史さん:2008/05/05(月) 17:12:56 0
中南米のたいがいの国では富裕層は米国に留学したい(させたい)と思っているのはおおい。
お金がないけど優秀な人間がいたとしたら、
なんらかのチャンスをつかんで行きたいと思っている。
そりゃ勉学の環境も将来性もまるっきり違うから、当然と言えば当然で
したたかとかそういうのは、ちょっと違う気がする。


673 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/06(火) 02:02:18 O
>>670
>>672さんの仰るように、英語を理解できるぐらい優秀な人は本国で腐った政治家の下について安月給もらうよりも、
北米かヨーロッパに流出した方が確実に得ですからね。
下手に学費が安くて教育レベルが高い割に良い仕事先がないアルゼンチンとかウルグアイだと、
かれこれ50年近く優秀な人が引っこ抜かれ、あるいは自発的に国を出てます。

ラテンアメリカではインテリや中流層が一番過去の軍事政権の人権侵害で割を食ってたから
他人事として無視できないってこともあるんでしょうか。ここら辺はよくわかんないです。

674 :世界@名無史さん:2008/05/07(水) 06:22:44 0
米国留学の可否は、英語できるくらい優秀かどうか、より
上流階級かどうかの経済格差が大きいと思うよ。
20歳くらいまでだったらよほど出来が悪くない限りは
留学してそれなりに勉強すれば英語力はつけることできる。

反米、ということで言えば、
そんな富裕でない層が行く南米国内の大学は反米色が強くなることも多い。
パナマ大学なんかも反米運動の拠点だった。

675 :世界@名無史さん:2008/05/07(水) 06:24:46 0
む、パナマを例に出すんだったら、南米→中南米 だな・・・

676 :世界@名無史さん:2008/05/11(日) 15:45:36 0
関係あるようで関係ない話だけど、
途上国を含めた外国って一般的には学歴社会。
大卒とそうでないかで着ける職が全く違ったり社会階層になったりする。
(大卒でも職が無い国も結構あるにしても)
それと比べたら日本は必ずしも学歴社会とは言えない。

しかし単純に、日本は学歴社会、途上国は学歴社会でない、
と思っている人間のなんて多いことか。

677 :世界@名無史さん:2008/05/11(日) 15:50:15 0
>>676
学歴というか階級社会ということでしょ。
外国には厳然とした階級があるが、日本ではそのような区別は曖昧で、
社長が社員と一緒に飯食ったり親しく交わるのが美徳となっていたりする。

678 :世界@名無史さん:2008/05/11(日) 15:55:34 0
それも間違っていないし、
社会階層がそのまま学歴の階層になることもあるが(お金持ちの子供はやっぱり高学歴になる)
やっぱり学歴も大きな要素だよ。



679 :世界@名無史さん:2008/05/12(月) 02:12:24 0
社食自体が欧米にあるのか?

680 :世界@名無史さん:2008/05/12(月) 03:03:14 0
学歴社会でない日本は頑張っても這い上がれないってことなんだけどな
超学歴社会の米じゃ、そのへんの使用人でも有名大学卒業すれば
超一流企業の幹部コースに未経験の既卒でも乗れる

日本じゃ社会人になってから大学入るとか変人扱いでしかないだろ

681 :世界@名無史さん:2008/05/12(月) 04:02:30 0
米では大学卒業者があぶれまくり
社会問題化してるんだが

682 :世界@名無史さん:2008/05/12(月) 13:33:00 0
学歴は十分条件ではないが必要条件なのは確かでは?

所謂勝ち組系一部上場企業の入社式にはマーチクラスすらお目見えできないって話だがな

もっとも有名大を卒業しても馬鹿はいるし必ずしも成功しない
どこの国も似たような者だが
>超一流企業の幹部コースに未経験の既卒でも乗れる
新卒じゃないとだめっていうルールは日本のみしか適用されないルールで外国を見ているやつになにいっても無駄か

683 :世界@名無史さん:2008/05/12(月) 17:44:09 0
最後の1行は分かりにくいな
日本語の問題だが

684 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/12(月) 23:53:07 0
>>674
留学ではなく、国内大学の卒業者の頭脳流出を念頭に置いてました。失礼しました。
>>679
イギリスにはないみたいなことを高尾慶子が言ってたような気がします。

685 :世界@名無史さん:2008/05/17(土) 02:41:35 0
先住民を綺麗さっぱり抹殺した北米と
先住民と混血した南米の違いでしょ、根本は。
先進国はどこも徹底的に民族浄化やった結果発展してる訳だから。

チベットが話題だが北海道なんてアイヌの人口は1%に満たないからね。
中国や他の途上国みたいに何十も少数民族いたり自治区があったり、
そんなグダグダじゃ発展の足を引っ張るに決まってる。

686 :世界@名無史さん:2008/05/17(土) 04:31:50 0
マオリ族が大量に残ってるNZは?
カナダの先住民比率はアルゼンチンとそんなに変わらんぞ
フランス系は積極的に混血していたし

687 :世界@名無史さん:2008/05/23(金) 14:17:21 P
遺伝子学によると欧州民族と黄色人種の共通の祖先は人類発祥地に住み続けている黒人種です。ここにスレッドの答と米国が進化論を捨てた真の理由が存在すると思います。

688 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/23(金) 21:15:21 0
ちょっと・・・勝手に答えを人種論に摩り替えられては困るのですが・・・

689 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 06:28:30 0
なんとというかカリブのたくさんある島国(アンティル諸島とカのとくに)は独立してる意味がわからねぇ
たいした産業も資源も文化もなんもねーのになんで島ごとに独立してるんだよ・・・
こんなの発展できるわけねーし偉人出にくいだろうし「ここ出身です」とかいっても
はぁ?だろうし独自の首長がいるわけでもねぇしなんなんだあいつら・・・

690 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 06:46:55 0
隣の島に支配されるのが嫌だからバラけてる

国中の発展を均衡させるなんて奇特なことするのは先進国ですら日本くらいだからな
首都のおかれてない島なんて放置されるに決まってる。

アンティグア・バーブーダのバーブーダ、
セントキッツ・ネーヴィスのネーヴィス、
セントヴィンセント・グレナディーン諸島のグレナディーン諸島、
トリニダード・トバゴのトバゴ、
全部独立運動ありだし、
仏領や蘭領の島も別々の自治領にバラける傾向がある。
米領ヴァージン諸島でも島ごとに別の自治領にしてと要求がある。

アンギラみたいに英領に戻れと思わないでもないw
特に英女王を君主にしてる国・・・

691 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/25(日) 15:20:11 0
そういやオセアニアとかミクロネシアのちっちゃい島もバラバラに独立してますね。
西インド連邦復活なんて今更無理だろうし、イギリス植民地に戻るのも、
ちっちゃい島に個別にお金使わなきゃいけないイギリス側が嫌がるだろうし、
案外今のままが一番いいのかも

692 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 15:31:17 0
チリには東西分断して欲しい

693 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 16:51:19 0
海に面した西チリはまだしもアンデスと西チリに隔絶される東チリに未来はない

694 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 18:07:38 0
ホーン岬まできっちり東西に分割すべき
ならば東チリも海への出口は確保される

695 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 18:13:42 0
あんな細長い国土自体に無理がある

696 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/25(日) 18:40:25 0
南チリだけでマプーチェ自治区とかなら実現性はかなり高いと思ってみたり

697 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 19:11:20 0
東西にきちんと分けると
じつは首都の大都市サンティエゴは東チリになる可能性が高いんだ
東チリは侮れない


698 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 21:06:21 O
日本の格付けはチリより下なんだよな
南アフリカよりは上だっけ?

699 :世界@名無史さん:2008/05/25(日) 22:22:03 0
格ツケってw
アホに多いよな意味不明な格ツケが好きなの

700 :はましま ◆i6ohY99pvM :2008/05/25(日) 22:44:43 0
チリの東西が分かれたら、
北も分かれるだろう、きっちりと。
南も分かれるだろう、みっちりと。

チリがちりぢりになって、残ったフエゴ島は、とばっちり。






ほんの出来心でし。航海はしてないす。スレ汚スマソ。







701 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/25(日) 23:00:24 0
おお、はましまさん、こちらにもいらしてたんですか!
こっちも向こう同様いつもネタがないので、暇なら何か書き込んでみてください

702 :はましま ◆i6ohY99pvM :2008/05/25(日) 23:07:37 0
>>701
あっちもこっちもずっといましたよ、ROM専ですがw
世界史板・地理板・国際情勢板などよくROMってるのです。
介入は今回(先日かw)が初ですが。
また、ちらほらと参加します。

703 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/26(月) 00:08:08 0
おお、ずっといたのですか!じゃあ今となっては恥ずかしいような昔のレス群も見られてしまってるわけだwお恥ずかしいw
俺もあんまり面白い話ができるわけじゃありませんが、いつも寂しいんで是非ラテアメネタ振ってください

704 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 02:42:19 0
今のチリ首相
ぽっちゃりしているけど、結構ハアハアできるよな
つーか。小さい頃。拷問うけてたって話だろ…なんかくるもんあるな。不謹慎だが

705 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 02:53:47 0
アルゼンチンも女性大統領になったし、
パラグアイも解放の神学が万年与党破って大統領当選しちゃったし、
なんと言ってもモラレスもインパクトあるし、
いま南米南部の首脳はキャラが立ってるのがおおい。


でも俺はバチェレでは立たないし萌えないんだよ。


706 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 06:58:29 0
スペイン国防相>バチェレ

707 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 14:57:28 0
>>673
アラブだろうが、アフリカだろうが、人材は欧米にいってしまう構造だからな。

708 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 15:01:00 0
>>674
こないだのナイジェリア人米兵による暴行事件が英語話せないヤシだったが米兵になれた。
そんなんでも、退役したら奨学金もらえるわ、市民権もらえるわで本国に比べたらハッピーなこと
この上ないときてるから玉石混淆あれど、教育受けたいが資本がないヤシにも公表だったりするね。

709 :世界@名無史さん:2008/05/26(月) 15:12:38 0
南米諸国連合:発足、12カ国が署名
ttp://mainichi.jp/select/world/news/20080525ddm007030124000c.html
 【サンパウロ庭田学】南米12カ国の首脳は23日、ブラジルの首都ブラジリアで南米諸国連合(UNASUR)の
設立条約に署名した。政治・経済的な地域統合を目指し、中米・カリブ海諸国など他のラテンアメリカ諸国にも加
盟を呼びかけている。UNASURの前身は04年に発足した南米共同体。欧州連合(EU)のような地域統合を目
指してきたが、これまで大きな成果は出ていない。毎日新聞 2008年5月25日 東京朝刊

710 :世界@名無史さん:2008/05/28(水) 22:56:11 0
・かつては国中地雷原と言われたアンゴラも経済発展
しかし労働者が全員中国人ってどういうことよ
だがそんな情報とっくに知ってた
アフリカじゃ良くある事

・ジャトロファ、あるいはナンヨウアブラギリと呼ばれる植物を栽培させるNGO
この種子からバイオディーゼルが取れる。人間が食うと酷い下痢で死ぬ
連中には「とにかく植えといたら金やる」方式で繋いでやってるらしい
今のところ、薪にしたりはしてない
・・・アフリカでは良くある事

・トーゴで、援助金を使い市民に小資金を融資する銀行作った。
利子も含めて返済してくれる人が、アフリカの悪評?に反して、意外にも多いらしい?

・・・・・5段階、いや8段階ぐらい裏の裏の裏??????を考えようと試みた後で、

「アフリカではよく有ること」


711 :世界@名無史さん:2008/05/28(水) 23:52:01 0
レアメタルやら石油資源も豊富にある、アフリカが
工業国の仲間入りをして、自国採掘資源を自国で
消費し始めたら、あんまり資源の無い日本・アメリカ
なんてどうなるの?
 輸入品の武器・工業製品で満足してもらい、その対価は
内乱に明け暮れる専制君主に金をつかませ、2足三文で
資源を先進国に売り渡しくれた方がよっぽどいいと
思うけど。
 

712 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 00:31:59 0
アフリカ全土に満遍なく資源があるわけじゃあるまいし

713 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/29(木) 00:55:19 0
>>711
経済には素人なのですが、誰がどんなことを考えてようと、
アジアが生産拠点として価値がなくなったら、
必然的に今度はアフリカに資本が流入するのでは
上手いこと誘致の条件さえ整えば、資本が流入したアフリカの優等生は
コスタリカみたいにバナナ共和国からパジャマ共和国にランクアップできるかも

714 :711:2008/05/29(木) 01:06:30 0
 資源とは限らず外貨獲得のための、商品作物
を大量に作って輸出させる。
 昔は、軍隊を使って植民地を直接支配。
今は頭も使って間接支配。

 

715 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:12:28 0
>>713
>必然的に今度はアフリカに資本が流入するのでは
しない
立地条件が違いすぎる
巨大な市場から余りにも離れている
北アフリカは立地的には可能性あるが土地自体が余りにも不毛

716 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:14:41 0
昨日のZEROでソマリア特集やったが、無残なものだった・・・・民衆がエチオピアとの戦いで
戦死したエチオピア兵の遺体を損壊させて無茶しとる。
米映画ブラックホークタウンの頃と何も変わってはない
死体損壊している件から判断しても、イスラム教もまともに教えられていないと思われ。
言っては何だが、未来が何一つ感じられない
NHKのアフリカ零年放映の頃よりもっと酷くなっているとおもう。

717 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/29(木) 01:15:06 0
そこは・・・今急成長してるアラブ市場とかじゃ・・・ダメかなやっぱ

718 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:19:08 0
アラブ市場が将来でかくなっても投資の行く先はロシアと東欧、中央アジアだな

719 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:32:06 0
どこか一つアフリカで先進国が出来なきゃアフリカ全土がジリ貧。

720 :711:2008/05/29(木) 01:37:23 0
アフリカには世界から資本が集まっているみたいです。
その中で中国が頑張っているみたいです。
 つい最近までは、中国もアフリカ同様経済発展が止まっていたのに、
世界が安い人件費に注目して、資本を投下して
工場を建設したら、めまぐるしい経済発展をとげました。
 アフリカも平和になったら同じようになるかもしれません。
ただ、中東やロシアと違って、技術をパクリ独自生産を
始め、世界各国の資源・食糧に触手を伸ばしてきた中国は
先進諸国にとって目ざわりな存在になってくるんじゃないかと思います。



721 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:44:04 0
安いだけでなく質がいいから資本が集まった
黒人と、中国人が同じ価格なら皆中国人やとうよ


まあ。ここは中国関係無いからスレチだけどな


その中国以下のゴミどもをどうやって発展させるかが論点

722 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 01:45:24 0
>>179
もっとも、GNPが高いといわれた南アフリカでさえ、あの惨状で、外国人排斥も盛んになってる。
従来のような対白人対インド系対ズールという構図をこえて近隣から押し寄せる不法移民の犯罪激増が
一因になっとるんだろうけど。

723 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 02:01:19 0
>>721
中国が経済発展して中国人の人件費が黒人よりも遥かに高くなったら
アフリカに行くんじゃないか。

724 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 02:14:37 0
>>723
アフリカ人を飼い慣らせるんだろうか。
今ですら、アンゴラの現地の人々が使い物にならずに
シナから直接人員もってくるしかない状況なのに
使うにはせめて義務教育程度の教養がなければ
どうしょうもない。
カラシニコフの手入れ方法なんぞいくらうまかろうが、
文字は読めん。

725 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 02:20:12 O
別にアンゴラみたいなずっと内戦してた後発発展途上国をわざわざ選ばなくても、
開発独裁で強権的に治安を維持する親米軍事独裁政権の優等生国家を選べばいいんジャマイカ

726 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 02:38:06 0
具体的にどこよ?
とりあえず中国が力いれているのはアンゴラ、スーダン、ジンバブエといった資源系国家ばかりなんだが
裏を返せばそういう国でないと食い込めなかったということだろう。
何百年も欧米の支配が続いていて、基本的に今でも西欧の国々はアフリカを裏庭と認識して
ガッチリ キープしつづけているんだからとりわけヤバい国しか残ってないし。

727 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 02:57:01 0
国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は27日、ワールドカップ(W杯)2010年大会
を開催する南アフリカで周辺国から移住した外国人が地元住民から暴行を受け多くの
死傷者が出ている事件について「強く懸念する」と発言した。

南アのW杯開催については、以前から治安の悪さが心配されてきた。
同国ではジンバブエなどから職探しに移住した外国人が失業率や犯罪率を引き上げてい
るとして不満を募らせた地元住民の一部による暴動が多発している。

自然災害を除いて南アのW杯開催を阻むものはないとしているブラッター会長は「自然災
害は人力で避けられないが、この問題は違う。事態が収拾したという南ア政府を信じるが、
注視していく」と述べた。 (共同)

ソース:http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20080527046.html

728 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 03:46:43 0
ぶっちゃけ
アフリカの人件費が中国の1/10になっても工場立てんよw
日本より遥かにアフリカに近くて中国に遠い欧米がアフリカスルーしてんのみりゃあきらか

人件費安ければいいっていうなら黒人よりチンパンジーや猫でも雇った方が
よほど役立つし、安いわな

729 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:01:02 0
下手な日本人より中国人の方が仕事できるしな
この前、ニート日本人やとったらとんでもない事になったよ
まだ中国人の方が使える

アフリカの黒人とかはその日本人のニートとかいうのより劣るんだろ

730 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:15:55 0
アフリカで中国並の民度の国なんて無いだろ
具体的にあげると。チェニジアやエジプトとか?
正直そこですら微妙な気はする

サハラ以南じゃ中国どころか
とりあえず義務教育レベルの水準の国すらあげんの難しいな


韓国以上の国は皆無

731 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:20:13 0
>>729
はい乙

732 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:22:15 0
>>729
アンゴラの場合、シナから出稼ぎにいっている連中は内陸部の農村戸籍の連中が大半です。
シナは今経済が発展しているが、農村戸籍の連中は都市部への居住が自由に許されておらず
湾岸部の福建人みたいに蛇頭経由で日本に入る手も難しい(莫大な借金背負うしな)
じゃあどうするかというと、アフリカにいって一稼ぎしてくる訳です。
シナは内陸部もだんだん賃金が上昇していますが、それでもまだまだ格差が激しい。
市長でも日本円に換算すると月に三万円程度なんてザラ。ましてや農村部のパンビーと
なるとおしてしるべし。
そういう人らでもアフリカにくれば内陸部での彼らの年収分がほぼ月収で稼げるのです。
当然モチベーションも高いです。勤労意欲ありまくりです。
多少暑いとか、治安が悪い程度では挫けません。
シナも問題点多々ありますが、一応この60年で識字率が格段に向上しました。
義務教育もまず受けてます。
シナ人もできれば言葉が通じる方が良いし、実際読み書き程度は最低限でないと
使い物にならないしでどんどん中国人がいってます。

以前NHKでも彼らの日常生活が取り上げられていましたけど、すごいですよ。
地の果てまで中華鍋をもっていって、現地で中華料理に使う野菜を栽培して
文字通り骨を埋める覚悟でアフリカにきているのが何万人もいるときてる。
50年後、100年後にはマレーシアやシンガポールのようになる「かも」しれないですね。

733 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:36:01 0
鼠だな中国人は

734 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:51:48 0
東欧ではオモシロい事が起こってる。
冷戦崩壊後、アルバニア人が今に至るまでイタリアやオーストリアに不法移民してそこを起点に
欧州の他に国々に職を求めて移民してしまい三分の1ちかくが国外に流れた。
そこに国内の労働力不足を埋めるように中国人がアルバニアで急増してそこから
他のギリシャルーマニアなどに流入しはじめてる。

西欧にアラブ系や東欧系の移民が急増しつつあるように、東欧には中国からの移民が
急増しつつある。
かつて中国は内乱がある度に膨大な移民を新大陸や近隣諸国に排出し続けてきたが、21世紀の今では
もはや彼らの移民規模はワールドワイドなモノとなりつつある。


735 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:56:30 0
どうせ大陸は大昔から民族移動ばっかだったんだし慣れっこだろう

736 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 04:58:23 0
まあ、黒人が統治するよりは良さそうだな

737 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 05:03:31 0
>>735
50年後、100年後、民族紛争や暴動がアフリカや東欧、西欧で多発する悪寒。
まあ、アメリカもヒスパニックが急増しているから50年後はなかなかエロい事に
なっているんだろうが。


738 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 05:05:21 0
スーダンなんて中国人が来るまでは失敗国家ナンバー1だもんな
中国人が音頭をとって10%大の経済成長してるたけど

739 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 05:11:55 0
>>738
http://fishmountain.accela.jp/mt/archives/2005/08/post_302.html

4500億円投資+マンパワー注入だそうだ。
すさまじいね

740 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 05:41:13 0
農村出身といっても
そこそこ優秀で数があって、バイタリティがあるからクロンボやムスリムじゃ現実問題歯が立たん

741 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 07:20:13 0
>>716
特集を見てなかったのでなんともいえないが、
エチオピア兵もレイプや殺戮などやりたい放題やっているようなので「どっちもどっち」なのでは。

まあこれも「アフリカではよくあること」で済んでしまうのだが。

742 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 07:26:43 0
>>737
人種や民族絡みの暴動なんてヨーロッパやアメリカじゃ昔から多発してる罠

743 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 07:30:20 0
中国人がらみだと101年前のヴァンクーヴァー暴動とか

744 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 07:45:45 0
>>728
欧米の場合そもそも労働集約的な製造業を切り捨ててるような。

745 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 09:02:11 0
いや黒人が劣っているだけだろ
人種的に

746 :あたご:2008/05/29(木) 10:41:54 0

南米諸国連合(ウナスール)の設立と二人のゴンザレス

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page122


747 :711:2008/05/29(木) 12:46:22 0
 アフリカ国民には、共通の近代的な倫理観、価値観
経済観念が無いので、まずは、義務教育の改革から始めないと
先進国入りするのは、難しいということ?

 

 

748 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 16:23:36 0
言語の多様性も発展を阻害しているな

749 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 20:40:40 0
日本で走ってるベンツ・BMW・VW車のほとんどは南アフリカ製だけどな。
ドイツの自動車メーカーは南アが好きだな。


750 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 21:09:50 0
>748
欧州なども言語が多様な地域
逆にラテンアメリカは、先住民系の言語はあるものの
同一言語(スペイン語)が国境を越えた広い範囲で通用する世界でもまれな地域

751 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 21:14:35 0
673 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2008/05/29(木) 21:04:22 ID:???
>>670
ただでさえ、国鉄が絶望的な予算不足で全面廃線になる国もある南米諸国、
ただでさえ、地方によって軌条幅がバラバラなために直通列車が走らせられないインド・・・。

そういえば「国鉄立て直すからODAちょーだい」と日本におねだりしてきたのはパラグアイだったっけ。


679 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2008/05/29(木) 21:10:50 ID:???
>>675
パラグアイ国鉄の場合、
「何せ予算不足なもんで、駅舎の一部をスーパーマーケットに賃貸してたら、
列車もめったに来ないんで、いつの間にか建物全部スーパーに占拠されちゃいまして。
列車をマトモに走らせてお客さんを乗せようと思えば駅舎を買い戻さないと・・・ついては、でへへ」なんておねだりもあったもんねえ。

752 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/05/29(木) 21:25:27 0
鉄道の廃線は旧式の鉄道よりバスの方が便利だから
わざわざ立て直す気がないって事情もあるんじゃないでしょうか
特に長距離鉄道に関しては長距離バスの方が融通が利くだろうし、
大都市と郊外を結ぶ路線と都市内交通は地下鉄で十分だとか。
全部推論ですが

753 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 21:30:09 0
中東の油土人とシナ人と中南米のインディオとクロンボは地球上に不要。


754 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 21:43:03 0
http://www.u-canshop.jp/shasou_dvd/09/

アルゼンチンとパラグアイの国境駅エンカルナシオンから首都アスンシオンまで、370キロ。
パンパと呼ばれる大草原をなんと平均時速20キロの速さでゆっくりと走る蒸気機関車があります。
パラグアイ国鉄の急行列車は、16時間もかけて見渡す限りの草原が続く大地を動物たちとともに
走ってゆくのです。そののんびりした風情は見物。他の国ではまずお目にかかれない、ほのぼのとした情景です。


平均20キロ! 

755 :はましま ◆i6ohY99pvM :2008/05/29(木) 22:37:21 0
やっぱり「時刻表?なにそれ?」みたいなw

756 :世界@名無史さん:2008/05/29(木) 23:08:33 0
ラテンアメリカは発展する要素が沢山あったのにねえ


757 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 00:06:27 0
何回か発展しかけてたのに、その都度丁寧に躓いてる印象があるなw>南米

758 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 02:02:33 0
大半の国で中間層の厚みが出ずに、ごく少数の富豪と大半の貧民がしめる国が多すぎるからな

759 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 03:31:58 0
>>754
> 平均20キロ!

別に南米に限らず、USAの貨物列車だってそんなもんだ。その気になれば飛び乗れる。
大陸鉄道のように路線がバカ長いと、鉄道会社にとって保線・事故対策が非常に重荷になる。
スピードを落として保線基準を緩くして、事故も減らす。列車を速く走らせるとなると
日本のように、安全のために線路をフェンスで囲まなければならない。
鉄道ってのはスピードが速いほど脱線の危険が2乗で増える。ゆっくり走れば、
少々レールが傷んでても脱線しないし、事故も起らない。線路をフェンスで囲う必要もない。
貨物列車が時速100km以上でぶっ飛ばしてる国なんて日本ぐらいだ。

760 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 03:45:21 0
じゃあアレか、宮崎アニメの欧州っぽい風景でルパンやシータ、バズーあたりが列車から飛び降りても平気なのは
そういうことなんかな。

日本人の感覚でみると100キロからとびおりたら死ぬわ、ありえねーけどアニメだからとなるが、
他の国ではリアルティある話ということになるのかな

761 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 07:13:39 0
>>750
多様のレベルが・・・

>>752
普通に考えて鉄道は設備の保守が面倒だな
大量の貨物を運ぶなら便利だが、あそこには水運もあるし

762 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 08:21:24 0
>>753
白人もいらん
日本人だけでいい
この星は僕らのものだ

763 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 08:27:17 0
>>759]>760
そんなぐっちゃぐちゃしてっから後進国なんだよ
人生は60年しかねーんだのたくそやってて発展できるか
ハリハリハリハリハリー!!もっと働けさらに働け時間を惜しめ時は金なり
この精神があるからわが本邦は世界に大躍進したのだ生活を向上できたのだ
シェすたとか馬鹿じゃねーの

764 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 08:42:20 0
そのシエスタのあるスペインより貧しくなってしまった日本

765 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 14:29:54 0

One of South America's few remaining uncontacted indigenous tribes has
been spotted and photographed on the border between Brazil and Peru.
The pictures, taken from an aeroplane, show red-painted tribe members
brandishing bows and arrows.
More than half the world's 100 uncontacted tribes live in Brazil or Peru,
Survival International says.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7426794.stm

発見された未知の部族
http://newsimg.bbc.co.uk/media/images/44701000/jpg/_44701396_pixone.jpg
飛行機に向かって矢を放とうとする部族の男たち
http://newsimg.bbc.co.uk/media/images/44701000/jpg/_44701307_tribe_zoom_226ap.jpg

67 名前: 古代都市ワクテカ(四国地方)[sage] 投稿日:2008/05/30(金) 10:22:56.35 ID:nC4hoSre0
アマゾン奥地のジャングルに守られて外界とほとんど接触を持つことがなかった
インディアンの小さな部族が先週発見されたとブラジルのリオデジャネイロから
AP電が昨日伝えた。全員で87名ほどの集団の部族で、
メティクティア一族(Metyktire tribe)と名乗る、
近くに川の流れのないリオデジャネイロの北西1200マイルの密林で
生き延びてきた人たちだという。この小部族はすでに居留地を与えられている
カヤポ族(Kayapo tribe)の下位集団にあたるらしいが、
これまでまったく外界と接触を持たないできた。

おそらく1950年代のインディアン調査団の手を逃れて奥地に逃げ込んだ集団と推定されている。
サバイバル・インターナショナルという非政府組織(NGO)の推定では外界と接触のない
先住民の集団はまだ100以上もあるらしい。
ブラジルにはおよそ70万人のインディアンがアマゾン川流域で暮らしていて、
そのうち居留地では40万人が自分たち独自の伝統文化と言語と生活様式を保っているという。

まだ未開人がいるとは・・・南米ってどんだけ〜

766 :世界@名無史さん:2008/05/30(金) 14:31:33 0
http://en.wikipedia.org/wiki/Metyktire

wiki様にはこう書かれている

767 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 00:46:12 0
>>764
脳味噌検査したほうがいいな

768 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 08:35:24 0
>>764
一人当たりGDPは、ドルベースでも購買力平価でも、まだ日本の方が上だぞ

769 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 11:06:15 0
しかしそうやって発展してきて本当に幸せになれたのだろうか
到達したのが過労死と自殺三万人ではないのか
一部の者は肥えたが彼らはそれ以前からある程度肥えていたので元手があった
シエスタや夏休み3か月(日本は先進国ダントツ最短)の国の
中流国民のほうが幸福ではなかろうか
雨が降ったらお休みだった江戸の大工のほうが幸せではないだろうか
ワインと女のことでいっぱいなマンモーニのほうが人生を謳歌しているのではないか
もちろん最低限の豊かさは必要だから途上国民は幸せではないが
もう日本は世界のなかで埋もれていってもいいのではなかろうか

それはそれとして中南米やアフリカには生まれたくない

770 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 17:01:25 0
>> 68

771 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 17:04:37 0
>>768
遠からずスペインには抜かれる方向だけどね(2,3年後)。ちなみにイタリアには一人当たりGDP既に抜かれている。

ハリハリハリハリハリー!!もっと働けさらに働け時間を惜しめ時は金なり

この調子で死ぬ気でやってきた日本より、シエスタだのバカンスだの言ってる欧州諸国の方がいい生活してるって、
どんだけ無能だよ日本

772 :世界@名無史さん:2008/05/31(土) 23:56:17 0
ヒント 税金・社会保障の負担が大きすぎ

773 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 01:25:04 0
>>771
ヨーロッパは移民奴隷がバリバリ働いてくれるからねw
で元からの国民は高い失業率にあえいで外人排斥とかやって憂さ晴らししてる
数字上のGDPは上がっても国民の多くは低所得者

774 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 02:28:28 0
日本ももうじき大量移民受け入れはじまるから、欧州みたいになるお

775 :世界@名無史さん:2008/06/01(日) 04:21:31 0
現代日本の税率が江戸期だったら間違いなく筵旗があがって一揆になってる

776 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/02(月) 00:05:58 0
アルゼンチンの歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
ようやく書き終わったので宣伝しときます。大体10万バイトぐらい書いてますが、長かった。
¡Me gusta mucha la Argentina! ¡Viva la Argentina! ¡soy Argentino Trucho!

777 :世界@名無史さん:2008/06/02(月) 13:40:21 0
>>776


778 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 11:31:06 0
国名 Argentina に、la をつけるのはスペイン語的にはいいのしょうか
スペイン語初心者なのでまじめに質問なのですが
誰かおしえてください

779 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 12:29:41 0
http://www.toyokeizai.co.jp/pub/recommend/211691/index.html

もともと中南米は資源豊富で豊かな国でした。
アメリカは意図的にこの地域を。
貧しい国にして、資源や国富を搾り取ることにしました。


780 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 12:33:03 0
アメリカの陰謀だ。

781 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/03(火) 15:26:27 0
>>778
あんま良くないけど、一応La Argetntinaという用例は、ないことはないので。
国名としての用例を含意しない使い方で、思いっきり気取った言い方になりますが。
Buenos AiresをわざわざBuen Ayreって言うようなものかな(ちょっと違うかも)

782 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/03(火) 15:35:25 0
どうしても気になるなら、¡Viva la (Republica) Argentina!のRepublicaが
省略されてると考えて下しあ。
もっと気になるなら外国語板行って下さい。
仮に間違っててもこれで通じるから直す気がしません。

783 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/03(火) 15:44:47 0
RepublicaじゃなくてRepúblicaでした。恥掻きすぎて申し訳ない

784 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 16:12:35 0
ありがとうございます
念のためですが間違いを指摘したというつもりはなく(スペイン語習いはじめなので)
後学のために知りたかったのです


785 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 21:12:06 0
今のブラジルは経済成長が続いてもうそろそろ新興国の域だろう?
はっきりいって日本より将来性あるよ。10年したら中南米に対する見方は
変わってると思う。ブラジルが牽引役になるからね。

日本は人のことよりもっと自分たちの足元を見た方が良いんでないかい。
戦後最長の好景気の割にはアメリカやヨーロッパとの差がどんどん開いているように
感じるが。貧困層は増えてるし、順調に転落しつつあるね。

786 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 21:27:16 0
>>785
技術者の軽視、職業訓練の不十分さ、ゆとり教育、名ばかりの高卒・大卒・・
ゾンビ大企業を支援する反面、技術力ある中小企業を支援せず、外資の買収にまかせた

この辺りが原因?

もっとも、アメリカやフランス、イギリスも、そんなに好調なのかどうかわからん
具体的にどういう側面で、日本より進んでいるのでしょうか?
ネットでの在宅勤務、金融工学、ロボット、航空科学、電子政府・・
今まで騒がれたのは、こんなところですが

787 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 21:31:40 0
>>785
ブラジルの場合、人口規模が大きいのと、鉱物資源に恵まれているのが、強みだけど、
コロンビアも同じことが言える
それで、株価も結構高い

反面、ジャングルの面積が急激に減少して国土が沙漠化している。
アマゾンの先住民や貧乏人は、現地の動植物を食べているから、どうにか暮らしていられるのに

だから、ちょっと予想しづらい



788 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 21:38:40 0
>>785
オランダで盛んというエンジニア・コンサルティングって事業は、日本じゃ振るわないんですか?
そうだとすれば、原因はどこに?
えしゅろんや中国が技術を盗んでいったから?

789 :世界@名無史さん:2008/06/03(火) 21:54:46 0
>>787
>ブラジルの場合、人口規模が大きいのと

「それで、エンジニアなどの人材が豊富」という意味合い

790 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 00:33:27 0
>>785
ブラジルはほんの20年前まで国家財政が破綻してたのだから
あと20年かけてまた破綻していくんだろう
それがラテンクォリテイ

791 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 01:27:35 0
順調に転落していってんのはダメリカだわな

792 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 04:07:23 0
>>791
先進国中の人口増加率第一位、1人当たりGDPもG7で第一位
どうみてもアメリカ1人勝ちです、ありがとうございました

793 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 04:14:08 0
過去と現在のデータだろそれはw

794 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 04:34:14 0
ダメリカと誹っている反米主義者って軍事、経済共に密接している日本をはじめとした西側や露中ふくめて世界の大半の国々がコケるんだが

そういうこと理解してないんだろうなw

北朝鮮ですら、アメリカの援助なければ窒息しかねないのにw

795 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 10:28:29 0
つーか、どの国も単独で生き残れないよ

サブプラ問題が各国に波及しガソリンが高くなる時代だ

なんかのときは、自給自足度が高い未開社会が生き残る

796 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 14:01:17 0
ラテンアメリカが発展しないのはやっぱあの国民性のせいだろうな

・時間という概念がない(交通機関が時間通りにくることなどまずありえない)
・約束事が守られない(まず口約束は守られない。書面でも守られない)
・自己中心的(良くも悪くも自分の事しか考えない。献身や奉仕という考えがあまりない)
・楽天家、他力本願(暮らしが苦しくなったら誰かがクーデター起こしてくれればいいと思ってる)

これらは仕事でラテンアメリカ諸国に行くと痛感する。

797 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 14:10:22 0
世界の誰かが低賃金で必死で働くという事をしなければ、
先進国の人は生活できない。
つまり・・・
黒人の役目は世界の誰かがしなくてはならない事なのだ。
世界中の一握りの先進国の人間の儲けのために底辺の国の人たちはあのような生活をしなくてはならない。

でもさ・・・昔文明が栄えた所、ナイル、インダス、メソポタミア、黄河など・・・
は、今は(中国やインドはチョット前まで)発展途上国。
もしかしたら、何千年単位で発展途上と先進国は回転してるのかもしれないぞ。

798 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:31:08 0
>>796
すれ違いになるが、アラブ諸国の大半が伸びない理由と共通点がありすぎるよな。
沖縄もそういう所あるみたいだしのびない国や地域って共通性大杉。


799 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:35:34 0
>>797
文明・文化の外縁部でnext powerが生み出されていく類の文明論は
もはや古典で常識の範疇。
この類の話題は耳にタコができるほど聞き飽きて食傷気味なんだ
悪いなw


800 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:44:58 0
>>797
サハラ以南アフリカはずっと発展途上国じゃん。

801 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:50:56 0
先進国の成長は限界に達している。一番最初に限界に達したのは、一番早く
経済が発展したイギリスで、戦後の経済低迷はその証。だから戦後経済発展が比較的
遅れていたイタリアドイツ日本の高度経済成長が起こった。しかしこれも80年代で限界
に達した。そこでまずアメリカで経済成長に伴い皆の給料が増えるモデルを捨て、弱肉強食で
豊かになれるものとなれないものを選別した経済が始まった。それと同時に、移民や発展
途上国の安い労働力を利用した工場移転も勢いを増す。この恩恵を一番受けたのが中国
であり、途上国の平均所得が上がるにつれ、GDPや購買力が増す。その市場を狙って
世界の大企業が参入する。途上国が豊かになると資源や食料が不足してくる。
中国が買い漁り、アメリカがバイオ燃料倍増をぶち上げたところにヘッジファンドが参戦し
値段をさらに吊り上げる。原油や資源価格が高騰すると資源国に莫大なドルが蓄積する。
この金は今までイギリス等を経由してアメリカに還流していたが、その流れに変化がおきつつある。
国家ファンドもその一環であり、その富を利用して自己主張し始めた。
途上国が豊かになれば、先進国と比較し、人口の多いそれらの途上国の影響力が高まる
のは自然な流れ。先進国は人口の多寡ではなく、その生産性によって世界を席巻して
きたのだから。かといって先進国の影響力が衰退するかといえばそうともいえない。
ヨーロッパの戦略は環境であり、そのうち環境基準等を理由に締め出しを始めるであろう。
温暖化問題で日本は一人負けであり、洞爺湖サミットで京都議定書のようにまた金と技術
を供出奉仕させられる役割を一手に引き受けることになるだろう。
アメリカは軍事とドルで制してきたが、その覇権に翳りが見え始めてきた。とはいえ、
まだまだアメリカとドルの威光は持続するだろう。

802 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:54:26 0
>>800
グレートジンバブエやニジェールやマリは結構イケていたぞ。
欧米が干渉してグチャグチャになっちゃったけど。

マダカスカルもアフリカやアジアとも異なる独自の文化圏を持っていた。
フランスに滅ぼされてしまったけども・・・・

803 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 16:57:28 0
>>799
その古典あるいは代表的著作を紹介してもらえないか?

804 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 17:02:34 0
>>802
イケていたけど、「先進国」といえるほどじゃないでしょ?

805 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 17:18:46 0
>>803
ポール ケネディの大国の興亡嫁

806 :803:2008/06/04(水) 17:21:44 0
>>805
それは読んだけどそんなこと書いてあったか?
近代以降の歴史を通り一遍なぞってみましたみたいな感じがするから
そんなに評価したい本ではないが。

807 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 17:34:57 0
>>806
外縁部に位置づけられていたイギリスやオランダ、ロシアの興隆、没落を
みて何も感じないなら何いっても仕方ないな。

808 :803:2008/06/04(水) 17:41:38 0
>>807
ポールケネディがそのような点を明示していたわけじゃないだろう。
そのような視点から大国の興亡を書いたわけでもないだろう。
俺は外縁部発展論に強い興味を抱いているが、大国の興亡から
そのようなインスピレーションを感じた覚えはない。

809 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 17:48:38 0
周縁部発展理論だと、中東やインド中国で文明が発展した後、西欧や日本がその
影響を受けてあとを追いその後追い越す。そしてさらに外れのロシアとアメリカが
スーパーパワーとなるわけだが、その後の展開はどうなるのだろうか。
資源は途上国に偏在しているわけだが、資源価格の高騰とともに途上国の
影響力も上昇を続けるのではないだろうか。
以前は石油メジャーが支配していたが、最近では産油国の力が強くなり、
部分支配、技術協力という形でしか入れなくなりつつある。

810 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 17:54:38 0
また、周縁部発展理論のような話は、日本でもアメリカとソ連の脅威を語る中で
戦前から主張されていたようだ。

811 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 18:07:46 0
>>791-792
アメリカの個人破産
http://video.google.com/videoplay?docid=-4896448479819549272

借金しまくっては自己破産で踏み倒しの浪費経済
もう20年以上前から

812 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 18:11:02 0
>>803
イブン=ハルドゥーンはどうよ?

813 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 20:39:33 0
>>809
>その後の展開はどうなるのだろうか
未来世紀ブラジル という可能性も結構あるよ。

意外な展開としてはタイ・ベトナム・マレーシア・インドネシアがタッグを
組んで東南アジアの世紀となる可能性もある。人口も多いし、資源も実は豊富。
交通の要衝でもある。政治的にも民主化が定着しつつある(まだ不安定だけど)

814 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 21:36:11 0
>>803 イマニュエル・ウォーラースタインはどうだ。
正確には中枢と辺境の間の半辺境がNext Powerの揺籃って説だがね。

815 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 21:41:22 0
>>813
>タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシアがタッグを
>組んで東南アジアの世紀となる可能性もある。

チャイナの世紀よりか、日本には遥かにマシです

>未来世紀ブラジル という可能性も結構あるよ。

20世紀にも、そうなるって言われてたけど実現しないね。
アルゼンチンも、アメリカより豊かな国だった時代があったのに、しょっちゅうつまずいてきた。


816 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 21:55:29 0
>>813
キッシンジャーがなぜかインドネシアに注目しているというので、その理由は
なにかなと思いつつ注目している。

817 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 21:59:00 0
>>816
ロックフェラーの子飼いだよね?
石油メジャーや軍事産業絡み?



818 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 22:28:54 0
軍事産業とか石油メジャーという語句を厨は好むとまで読んだ

819 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 22:48:58 0
うーん、でも沖縄が日本でも勉強最下位のように、
やっぱり暑い国では集中力が付かなくて脳が働かないから、
1次産業しか発展しないのかにゃん。

820 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 23:30:44 0
>>819
ブラジルとコロンビアががんばってるから、望みはある
シンガポールも

821 :世界@名無史さん:2008/06/04(水) 23:56:55 0
沖縄よりさらに南にあるシンガポールや台湾は発展しているけどな。

822 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 00:04:03 0
ジンバブエの現状

調達コストよりも遥かに安値で売らないといけなくなったので、当然のごとく利益が出ないから国内企業が次々と倒産する

安定していた経済が、脅威の失業率 & ハイパーインフレ になるのを一年も経たずして達成。おめでとう。

失業者があらゆる物資を強奪し、社会不安が増大、交通機関や警察機関も機能しなくなる。政治も収拾がつかず無茶苦茶に。

米ドル換算21ドル以上の通貨の所持を禁止。でも中央銀行は通貨供給止めない

遂に外資系企業の株を半分所持する法律施行へ

失業者があらゆる物資を強奪し、社会不安が増大、交通機関や警察機関も機能しなくなる。政治も収拾がつかず無茶苦茶に。

大統領の責を問う大統領選挙が実施されるも投票結果未発表(大統領側が落選阻止で圧力?)

野党が結果発表を求めて大規模スト

大統領が中国から大量の武器弾薬を輸入(野党勢力弾圧が目的?)

アメリカとアフリカ周辺国が圧力をかけたため、荷下ろし予定の南アフリカから入港拒否された中国輸送船が沖合をウロウロ

大統領「英国がジンバブエ経済を低迷させた」と非難(←今ここ)

823 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 01:50:08 0
当地の食糧農業機関(FAO)本部で開かれている「食糧サミット」で3日、
イランのアフマディネジャド大統領とジンバブエのムガベ大統領が演説し、
現在の危機的状況は西側諸国に原因があるとの持論を展開した。

アフマディネジャド大統領は、食糧価格の高騰はドル安や世界的インフレ、環境の変化や干ばつ、消費量増加、
不適切な農耕法、低い生産性などが原因だと述べ、市場を統制する独立国際機関の創設を提案した。

ムガベ大統領は、英国がジンバブエ経済を低迷させたと非難。
白人4000人近くが所有していた土地を再分配する政策の報復措置として、
英国が西側各国を説得してジンバブエに「違法な経済制裁」を発動し、
開発支援を全面的に打ち切って政権交代を図ったと主張した。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200806040012.html

しかし馬鹿な指導者ほど演説大好きだよな

824 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 02:36:56 0
ジンバブエの簡単な解説

今までずっと少数派の白人が政治の実権を握っていたが、民主的な選挙で、黒人政治家が増える

とうとう初の黒人大統領が誕生

何を思ったか「植民地時代に強奪された白人の土地資産を黒人へと無償かつ強制的に権限を委譲しなさい」法案を提出

大半の白人が安値で土地資産を売り払って外国へ。

今度は外資系企業に対して「保有株式の過半数を譲渡するように、逆らったら逮捕」法案を提出

外資系企業が国外逃亡する

別に国連もアメリカも、どこの国も経済制裁してないのに、経済制裁と同じ状態に陥る

何もかもの物資が国内で不足するので、
「市場に出回っている物資が不足するなら、物資を持つ物は絶対に市場に売らないといけない」法案を提出

物資の強制売却で、さらに物資不足が深刻化。当然需要と供給バランスが崩れて高値になる。

物資が高値に成り過ぎて買えない人が続出

「物資を絶対に安値で売らないといけない」法案を提出

調達コストよりも遥かに安値で売らないといけなくなったので、当然のごとく利益が出ないから国内企業が次々と倒産する

安定していた経済が、脅威の失業率 & ハイパーインフレ になるのを一年も経たずして達成。おめでとう。

失業者があらゆる物資を強奪し、社会不安が増大、交通機関や警察機関も機能しなくなる。政治も収拾がつかず無茶苦茶に。


825 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 06:05:22 0
>>809
石油メジャーは最近どころかOPECが出来た頃からかつての支配力は無くなってるだろ。
今の支配力は生産量の1割程度

最近は非エネルギー資源メジャーの合併の動きが急だ。
ともに英豪資本のBHPビリトンとリオティントが合併に向けて動いているが、実現すれば一旦ポシャったブラジルのヴァーレとスイスのエクストラータの合併も必至だ。
そうすると中露以外に埋蔵されてる大半の鉱物資源・・・鉄、銅、ニッケル、金、銀、白金、アルミ、ウラン、マンガン、タングステン、チタン、コバルト、クロム、モリブデン、レアアース、ダイヤ、石炭の各々4〜9割がたった2社によって支配される。
(この4社に英・南ア資本のアングロアメリカンを加えた5社が現在5大鉱物メジャーとかいわれる。)

826 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 06:13:37 0
>>823
アフマディネジャドは、西側が結託してドルを弱くして利益を得ようとしているんだ!と演説したらしいが、
自分が石油のユーロ決済とか円決済とかで少しでもドルを弱めようと必死だったことは忘れたらしいw

以前にも、ナチスによるホロコーストは完全な捏造ってのが持論のくせに、「ユダヤ人は自分たちがナチスにされたホロコーストをパレスチナ人にしている!」と演説したこともある。
彼は多分健忘症なんだろうな。

827 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 17:54:53 0
>>794

消費市場としての比重は、現在進行形で低下でしょう
できるだけ自家用車でのショッピング控えて、
肉の消費も減らして、自家栽培の野菜でサラダ作ってる現状

828 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 18:00:39 0
>>796
やはりラテンアメリカにはプロテスタントの倫理が必要なのだろうか。

829 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 18:26:03 O
消費市場としてのブラジルは今が歴史上で一番発展してるよ。
中でも情報機器関連はかなり売上があるので、航空業界も、今ブラジルに一番力を入れてる。
何より資源輸出国なので経済力も付いてきたしね。

ただ、ブラジル人の仕事が適当だし、今のところ空輸の場合帰りに積むものがないんだよね。
このままだと、結局今の好況は続かないだろうなぁ。

830 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 18:42:12 0
自宅でサラダつくっているから米市場の重要性が落ちてくるってどんだけお花畑なんだ
米市場なかったら日本含む西側の主要企業はおろか、中ロも飯くえなくなるんだが。

831 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 18:50:24 0
本来なら、まず外資系メーカーが工場進出して、現地資本が外資から技術を吸収して
工業化に成功するんだろうけど、南米各国は過去余りにもクーデターが多発したからなあ。

クーデターに成功した軍事政権は、国民への人気取りもあって、クーデターの翌日、
外資系工場に部隊を派遣して、経営者の外国人に「今日からこの工場を国有化する。
鍵を渡しなさい。君達はもう必要ない。2日以内にこの国から出て行きなさい」だからな。

中南米に進出した欧米日の企業のほとんどがこれを経験している。
30年ぐらいはクーデターのない年月を経ないと、外資の工場進出なんてないと思うよ。

832 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 19:08:14 0
ジンバブエあたりはもう信用なくしたからな。
企業ももう、戻らないであろう

833 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 20:39:15 0
何でアルゼンチンはブラジルと並ぶ大国なのにタンゴばかり踊っているのでしょうか?

834 :名無史さん:2008/06/05(木) 22:26:37 0
>>1 >【なぜ南米とアフリカは発展しないのか】

アフリカに限らず発展しない国には共通公がある。それは【時は金なり】
という概念がない。例えば、あなたがウガンダから日本に置物を郵送しよう

としたとする。商品を持って郵便局に行く、しかしダンボール箱は売ってい
ない、のりもない、ハサミもない、ガムテープもない、置いていないし売っ

てもいない、郵便局で用意するか近くで売っていれば【時間にムダがない】
という発想はアフリカにはない。さらに置物を郵送するには切手を貼らなく

てはいけないが、必要な切手は値段別にそろえていない、分厚いファイルの
中にデタラメに入れてある。それを職員が順番にではなくデタラメにめくっ

て切手を探す。よって【時間がかかる】。当然窓口には長蛇の列、だが昼休
みや終了時間になると情け容赦なく窓口は閉まる。郵便局だけではなくビジ

ネスも工場も小売り業も全部そうだ。だいたい日本で30分で終わる仕事は
アフリカでは一日仕事だと思えば間違いない。

835 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 22:28:43 0
タンゴばかり踊っているから現在のアルゼンチンになった
サンバばかり踊っているブラジルと同じようなものだ


836 :世界@名無史さん:2008/06/05(木) 22:56:54 0
これ。かなり前の本
>>ttp://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k50105378

ブラジルってサンバに踊り狂った時ってあった?カーニヴァルって話じゃなくて

837 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/05(木) 22:58:15 O
>>831
何か勘違いされてるみたいですが、所謂官僚主義的権威主義体制はむしろ外資に便宜を図るためにクーデターを起こしてます。
ブラジル(1964〜1985)、アルゼンチン(オンガニーア、ビデラ〜ガルティエリ政権)、チリ(1973〜1990)、ウルグアイ(1973〜1985)、ボリビア(バンセル政権等)、ペルー(ベルムデス・モラレス政権)
基本的に上記の全ての国で、これらのクーデター政権によって輸入代替工業化モデルから、外資導入工業化路線への転換が行われました。

クーデター直後に外国資本の国有化を発表したっ政権というと、
ペルーのベラスコ政権とエクアドルのロドリゲス政権ぐらいしか良い例がないのですが、
ベラスコ政権がIPCを摂収したのは、クーデター直前にタララ協定が明らかにペルーの不当な不利を容認するようなものだった(「消えた最終ページ」)
というスキャンダルがあり、国民的なIPCへの反発があったことを考慮すべきでしょう。
そしてこれら二か国の、全体からみればイレギュラーに過ぎない革新的軍事政権の政策を以て

>中南米に進出した欧米日の企業のほとんどがこれを経験している。

とするのははっきり言って不勉強としか言い様がありません。

>>833
あの日本にも通じる独特の暗い国民性じゃ、ペルー以北みたいにサルサは根付かないからではないでしょうか。
かといってブラジルみたいにアホノリのノルデスチっぽいのは流行んないし、タンゴ、ロックが主体になるってことだと思います。
あと内陸部だとタンゴよりもクンビア、レゲトン、諸フォルクローレで踊ることが多いです。

838 :831:2008/06/06(金) 00:20:52 0
わかりました。もう書き込みません。
ウーゴさん1人でずっと授業していてくださいね。

839 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 00:40:46 0
>>837
>所謂官僚主義的権威主義体制はむしろ外資に便宜を図るためにクーデターを起こしてます。

あのさあ、当たり前の話だが、外資に便宜を図るためにクーデターを起しているんじゃないんだよ。

発展途上国のテクノクラートは「自国を工業国化したい」という思いが非常に強い。
そのための手段として外資を優遇するんだが、外資はその国の市場目当てに工場を建てる。
自動車工場なら当然ノックダウン生産から始める。すると工場資材や自動車部品を
大量輸入することになり、経済も活性化するから貿易収支は赤字になる。
すると輸入品価格が上がってインフレになって国民の不満が溜まり、軍事政権や左翼政権が
クーデターを起す。新政権は外資優遇策を一気に廃止したり、工場の国有化を行う。
すると今度は経済が一気に不況になり、貧乏になる。経済活性化策を打ち出すテクノクラートが
政権を取り戻し、また外資優遇をやり、インフレになり、クーデターが発生するの繰返し。
「南米名物=インフレとクーデター」ってのは、この循環のこと。

840 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 00:41:26 0
基本的に南半球はダメ

841 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 00:46:58 0
>>839
横レスだが、タイもクーデターが頻発する国だが、あの国はまた南米とは構造が異なるの?
国王や華僑の存在が南米とまた事情がちがうとかそういうこと?

842 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 01:13:02 0
>>841
長年インドシナの共産政権の脅威から、軍が国を守ってきたから、
どうしても軍の発言権が強くなるんでしょうな。

しかし、基本的に強力な国王が存在する立憲君主制国家だから、
選挙で国会議員が選ばれ、国会で内閣が選ばれる。
反軍的な政権が出来ると軍がクーデターを起す、選挙で軍事政権が倒される、
の繰返しなんでしょうね。
92年の革命の時は、軍事政権の強権政治に学生が反発して、国王が軍事政権を
解体したね。現在はまた軍事政権がクーデターで政権を掌握しているが。

843 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 01:59:28 0
どっちかというと左派系政権に対して軍部がクーデター発動ってイメージだった南米



844 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 03:02:43 0
一方、中国では軍事政権を学生が非難すると天安門・・・・あれ以来、あの国は拝金主義へと大きくシフトした。
ケ小平はホント老害以外の何者でもなかったな

845 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 06:47:42 0
>>842
この前の軍事政権はもう潰れただろ
今はサマック政権

846 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 06:48:34 0
グァテマラやエルサルバドルの軍事政権は普通にアメリカの子分じゃないの

847 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 09:57:56 0
>>846
伝統的に共産勢力が強い地域だから、まあ仕方ない。
民主的な文民政権だと共産ゲリラに倒されちまう。

848 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 10:14:39 0
なんかへんなのがまじってきちゃったな

849 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 12:18:26 0
>>848
へんな人乙

850 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 14:00:00 0

 ブラジルのサルヴァドール・デ・バイア近郊のシモンエス・フィーリョでマンガン鉱床が発見され、
不法盗掘で一山あてようともくろむ人々が大挙して押し寄せている。地元当局が明らかにした。

 人口10万人の町に押しかけた老若男女約500人は、シャベルや素手で地面を掘り返している
という。地表近くで産出されるマンガンは、業者に1キロあたり40セント(約42円)で売られ、その後、
鉱産企業に10倍以上の値段で売却されているもようだ。

 地元当局者はAFPの電話取材に対して「関係省庁の許可なしにマンガンを採取することは
違法だ」と述べたが、不法採掘には何の対策も取られていないのが実情で、地元の水道には
赤土の泥水が混じるようになった。

 地質学者は同地で掘り出されている鉱物が確かにマンガンであることを確認しているが、鉱床の
規模や価値については、更なる調査が必要だとしている。

 ブラジルは、南アフリカに次いで世界第2位のマンガン産出国だが、大規模な鉱床が発見される
ことは珍しい。

http://www.afpbb.com/article/economy/2400945/2997486

ゴルゴ13で、ゴルゴに狩られてたガリンペイロみたいな連中かな

851 :sage:2008/06/06(金) 18:10:03 0
アフリカ人は残忍で非道だ。現代世界でもっとも残虐で悪辣な人種のひとつがアフリカ人だろう。
アフリカ人はかつて、自分たちの同胞を奴隷として売った。そして今では、援助をねだるために同胞の飢餓を撮影させて、餓死していくさまを売り物にしながら
のうのうと生きている。日本のアフリカ人は黒塗りのベンツに乗ってぶくぶくと太って、10万以上するような高級スーツをきている。

アフリカ人は、緑が豊かで水や資源が豊富で作物が取れる土地に住んでも、戦争をして貧しくなって飢餓に陥る。そしてその飢餓の映像を売り物して援助をもらって
働かずに、一部のものがぶくぶくと太る。アフリカ人の伝統はすさまじいものだ。このような劣等人種が発展するはずがない。

アフリカ人には人間の心がまったくない。同胞が飢餓で死んでいく映像を見せながら、ぶくぶくと太って、日本の都市を高級車に乗りながら走り回っている。
このような怠惰で悪辣な人種は、まさしく世界最悪の民族といっても過言ではない。

アフリカ人のような悪辣な人種がまともな国家を作って、クリーンな政治を行えるはずがない。
それなのにわずかの不正に目くじらを立てて、不公平を怒って、戦争を起こす。
しかし、どこのくにでも多少の腐敗はあるし、不公正はあるものだ。
秩序を維持して、ある程度は我慢して、教育を受け、文化や産業や歴史そのものを気づかなければならない。
それなのに、この怠惰で傲慢で悪辣な人種は、秩序を守らずに、些細なことで戦争を起こす。

しかし、しらないだけで、アフリカ人は強欲な搾取や非道な悪政をおこなっているのかもしれない。
それはわからない。しかし、内戦を繰り返しても無意味だ。

これは日本でも同じだ。政権交代だかなんだかしらないが、お題目で政争を繰り返して懲りもしない。
ほんとうにひどいことだ。怒ってくるって争ってなにが生まれるのかと問いたい。

自分たちが悪辣で強欲で傲慢で怠惰だということを認めて、少しずつでも改善して
我慢もしながら、まともな国家を少しずつ、いきなりでなく、築くほかない。
悲惨な過去の自分たちの過ちに負けずに、善い国家をつくってほしいものだ。

そしてアフリカ人が人種として残虐なのではなく、悲惨な歴史をもっていたにすぎないと行いによって証明してほしい。


852 :sage:2008/06/06(金) 18:11:38 0
アフリカ人は残忍で非道だ。現代世界でもっとも残虐で悪辣な人種のひとつがアフリカ人だろう。
アフリカ人はかつて、自分たちの同胞を奴隷として売った。そして今では、援助をねだるために同胞の飢餓を撮影させて、餓死していくさまを売り物にしながら
のうのうと生きている。日本のアフリカ人は黒塗りのベンツに乗ってぶくぶくと太って、10万以上するような高級スーツをきている。

アフリカ人は、緑が豊かで水や資源が豊富で作物が取れる土地に住んでも、戦争をして貧しくなって飢餓に陥る。そしてその飢餓の映像を売り物して援助をもらって
働かずに、一部のものがぶくぶくと太る。アフリカ人の伝統はすさまじいものだ。このような劣等人種が発展するはずがない。

アフリカ人には人間の心がまったくない。同胞が飢餓で死んでいく映像を見せながら、ぶくぶくと太って、日本の都市を高級車に乗りながら走り回っている。
このような怠惰で悪辣な人種は、まさしく世界最悪の民族といっても過言ではない。

アフリカ人のような悪辣な人種がまともな国家を作って、クリーンな政治を行えるはずがない。
それなのにわずかの不正に目くじらを立てて、不公平を怒って、戦争を起こす。
しかし、どこのくにでも多少の腐敗はあるし、不公正はあるものだ。
秩序を維持して、ある程度は我慢して、教育を受け、文化や産業や歴史そのものを気づかなければならない。
それなのに、この怠惰で傲慢で悪辣な人種は、秩序を守らずに、些細なことで戦争を起こす。

しかし、しらないだけで、アフリカ人は強欲な搾取や非道な悪政をおこなっているのかもしれない。
それはわからない。しかし、内戦を繰り返しても無意味だ。

これは日本でも同じだ。政権交代だかなんだかしらないが、お題目で政争を繰り返して懲りもしない。
ほんとうにひどいことだ。怒ってくるって争ってなにが生まれるのかと問いたい。

自分たちが悪辣で強欲で傲慢で怠惰だということを認めて、少しずつでも改善して
我慢もしながら、まともな国家を少しずつ、いきなりでなく、築くほかない。
悲惨な過去の自分たちの過ちに負けずに、善い国家をつくってほしいものだ。

そしてアフリカ人が人種として残虐なのではなく、悲惨な歴史をもっていたにすぎないと行いによって証明してほしい。


853 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 18:50:23 O
>>851
同朋を商品として売るなんて、世界中のどこでもやってるだろ。

初期のシルクロード交易において、輸出する資源も文化も技術も無かった
ヨーロッパの主力商品は奴隷だし

日本だって農村の子供の売買は大正時代まであったし、性奴隷も明治まで売り買いされてた。
外国相手というなら、南蛮貿易において秀吉が禁止するまで
上記のヨーロッパと同じ理由で、主力商品はさらってきた日本人だよ?

854 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 19:24:16 0
上杉、島津、武田の捕虜売り飛ばしや大阪の陣後の捕虜海外売り飛ばしとかな

855 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 20:18:48 0
>>830
いきなりなくなるとかじゃなくて、比重の低下ということ。

特に石油消費は減らしてもらわないと困る。
なにしろ、新興国の消費量が増加中。

家畜は、穀類消費の元だからね。これだけ、穀物の価格が急騰すると、
肉類の消費を減らさざるを得ない。

856 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 20:55:03 0
セネガルで、海外援助を受けて、稲作はじめてるけど、成功するかな?
フランス植民地時代からの落花生栽培よりも生産効率はいいのかな?

セネガル人はなかなか勤勉だし、国として政情も安定している。
韓国など海外資本が工場を建設してもいる。
でも、識字率がまだ低いみたいだね。

857 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 20:59:26 0
>>850

マダガスカルのエメラルドのときにも、見られた光景
貧乏で秀才でなくて特技がなくても、一山当てられるとなれば、殺到するわな

858 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:02:23 0
>>639
色々あるんですが

>発展途上国のテクノクラートは「自国を工業国化したい」という思いが非常に強い。
ここは同意しますが、

>そのための手段として外資を優遇するんだが、
いきなり飛びすぎです。50年代60年代ペルーの例外的な状況に対する説明としては正しいですが、
これじゃブラジルのヴァルガス体制やアルゼンチンのペロン体制で推進された、
国家主導での上からの工業化について説明できません。

ラテンアメリカのテクノクラートが本格的に工業化を志向するのは、
ポプリスモ体制の確立、つまり階級同盟により、
それまでの寡頭支配層から工業プロレタリアートと工業ブルジョアジー主導権を握った後で、
最初に行われたのは農鉱業から上がる収益を基盤にした、国家主導での輸入代替工業化政策なんで、
そもそもの前提がかなり間違ってるんですが、続けます。
ちなみに亜伯のテクノクラートが工業化の手段として外資導入を考えるのは、ポプリスモ路線が明確な失敗にぶつかった後です。

>外資はその国の市場目当てに工場を建てる。 自動車工場なら当然ノックダウン生産から始める。
>すると工場資材や自動車部品を 大量輸入することになり、経済も活性化するから貿易収支は赤字になる。
>すると輸入品価格が上がってインフレになって国民の不満が溜まり、
ここでもポプリスモ体制崩壊後としての説明としては基本的には間違いじゃありませんが
一般にもう一つの大きなインフレ要因として説明される、外資導入によって各国にもたらされた
巨額の対外債務について一切触れないのは片手落ちではないでしょうか。
また、国民の不満についても、都市の工業プロレタリアートにばっかり目が行ってて
社会主義の影響を受けて農地改革を要求する貧農の存在に目が行ってないのは片手落ちだと思います。

859 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:02:58 0
間違えた、>>839でした。
(続き)

>軍事政権や左翼政権がクーデターを起す。
ここも、1970年のチリのアジェンデや、1973年のアルゼンチンのカンポラのように
左翼はポプリスモを綱領にして自由選挙やれば、
大抵の場合はわざわざクーデターなんか起こさないでも政権取れるんだから、
左翼政権はクーデターを起こしてません。

>新政権は外資優遇策を一気に廃止したり、工場の国有化を行う。
>すると輸入品価格が上がってインフレになって国民の不満が溜まり、
>すると今度は経済が一気に不況になり、貧乏になる。
例えばチリではアジェンデ政権成立後、一端は1970年にフレイ時代のインフレが収束した後に、
需要不足と合衆国の「見えざる経済封鎖」を主な原因として1971年から再びインフレが悪化したんで、
国有化政策→物価上昇とは、あなたが考えてる程上手くことは進まなかったんですが、まあこれは大筋で同意です。

>経済活性化策を打ち出すテクノクラートが政権を取り戻し、
(国内各セクター成長のための)外資導入に便宜を図るために
この過程は往々にしてテクノクラートの意思以上に、国家安全保障を重視する軍保守派の
主導権によるクーデターによって実現され、テクノクラートが登用されます。
外資導入のために、その妨げになる勢力、具体的には各国の労働組合や、
人民連合や都市ゲリラを抹殺しにかかるわけですが、
この極めて内側に抑圧的、外側に開放的な体制を官僚主義的権威主義体制と呼ぶわけで。

860 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:03:43 0
(続き)
>また外資優遇をやり、インフレになり、クーデターが発生するの繰返し。
二度目の官僚主義的権威主義体制が崩壊し、民政移管した後に
再びクーデターが起きた国の存在を、ペルーとエクアドルを除いては寡聞にして知らないのですが
この説明だと官僚主義的権威主義体制による外資導入、インフレの後に
またクーデターが発生したかのように書いてあるのですが、
1983年のアルゼンチン、1985年のブラジル、ウルグアイ、1990年のチリの民政移管を
クーデターによる非合法なものであり、選挙による合法的なものではなかったと仰るのでしょうか?
(ここでパラグアイのストロエスネル体制崩壊を持ち出すかも知れないのであらかじめ書いておきますが、
あれは官僚主義的権威主義体制ではなく、あくまで個人独裁なので、この場合の反証にはなりません。)
アルゼンチンやブラジルが1980年代末に酷いインフレになっても、
アルゼンチンのクーデターが三回とも全て未遂で終わったようにクーデターの試みは失敗した訳です。
まあもし「南米だと選挙で政党が勝つことをクーデターと呼ぶのだ!」
と開き直られたらこちらもお手上げですが。

>「南米名物=インフレとクーデター」ってのは、この循環のこと。
というわけで、どこがどう循環してるのか全く理解できないのですが、
「この循環」って何ですか?全体的に理解が大雑把すぎて穴が多すぎます。

で、最初に戻るんですが、
>あのさあ、当たり前の話だが、外資に便宜を図るためにクーデターを起しているんじゃないんだよ。
この行も多分官僚主義的権威主義体制って言葉を知らなかったからこう書いたんでしょうが。
説明し申し上げたように、官僚主義的権威主義体制は明らかに
「外資に便宜を図るためにクーデターを起している」んだから明確なミスリードですね。
こういう突込みが入らないようにわざわざ>>837で官僚主義的権威主義体制は〜って前置きしたんですが。ああ、疲れる。

861 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:05:19 0
>>838
別に間違えることはいいんですよ。知らなかったことはまた勉強すればいいんだから。
ただ、一応学問板なんだから、科学的な根拠が全く無いことを自信ありげに言えば、
それ相応の恥を掻くことは当然だと思うんですよね。
そここそが、どれだけ無知でもとりあえずの冷笑的な姿勢やイデオロギーだけで好き勝手言える
ニュース系の板、軍事板、国際情勢板と世界史板の違いでしょうから。
誰だって間違えるんだからそう卑屈にならないで下さい。
それに、俺もそろそろ>>44さんや>>739さんみたいな手合いを相手にするのは面倒なんで、
そろそろこのスレに書くのやめようと思ってますから、
これからは何を好き勝手に書いてもらっても干渉しません。

862 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:09:51 0
>859
訂正
×需要不足
○需要増大

アジェンデ政権の諸政策で一般人の購買力が上昇し、
国内市場の成長が進んだことにインフレの要因の一つがあったってことです。
申し訳ありません。


863 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 21:16:35 0
ウーゴさん、辞めないでくれ。

864 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/06(金) 21:21:36 0
あ、ごめんなさい。>>861のも>>739さんじゃなくて>>839さんでした。
>>739さんにお詫び申し上げます。これで本当に最後です。さようなら。

865 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 21:51:13 0
あれれ…残念。自分で言っちゃったら、すぐには戻りにくいかもしれませんが…
しばらくして気が向いたら復活してください。

866 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 22:06:43 0
>>853-861
お前は文章短く出来ないのか? ここはお前のチラシの裏じゃないんだよ。
それから、都合の良い時期だけをピックアップするな。お前の長ったるい下手な文章を読んでると、
まるで南米にクーデターがほとんどなかったようだが、例えばアルゼンチンでは、1955-1983年に
クーデターが5回、反クーデターが3回、露骨な不正選挙が2回も行われている。その後民政移管したが
2001年にはデフォルトだ。クーデターやデフォルトが起きると外資排除や輸入ストップが行われて、
アルゼンチンが工業化できない大きな原因になってるんだよ。反論があったら簡潔に書け。

867 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 22:10:38 0
ウザス

868 :世界@名無史さん:2008/06/06(金) 22:18:51 0
捨て台詞はいてウーゴが出て行ったか、人を不愉快にする発言できないおっさんだったな。

869 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 04:03:02 0
クーデターならトルコとかも何度もしてる、問題は経済政策と治安と行政の安定
中南米は親米右派と反米左派の綱引きで右から左に極端に政策がぶれ続けた

また旧態依然たる輸入代替路線から市場経済路線に転換することが中途半端な左派の強さで困難だった。

870 :あたご:2008/06/07(土) 04:40:27 0


アフリカと言えば鈴木宗男

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page125


871 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 06:36:43 0
>>855
石油消費を減らすためにバイオ燃料に勤しんでる

アメリカの肉類の消費が減少してるかは知らんが、中国や東南アジアやインドでは急増中。

872 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 06:53:46 0
>>866
普通に君の態度のほうが不愉快だ

>>839でぶち上げた循環理論に対して、そういう循環は成立していないという反論が入ったのだから、
循環が成立している実例を挙げて再反論すればいい。
もちろんクーデターが複数回起きているだけでは循環論の立証にはならないが、クーデターの間の政治や経済の流れを示して>>839に符合すればとりあえずその国では論が成立する
あとは南米名物と言うことだから南米でその流れが普遍性を持つことを示せばいい。半分くらいの国が当てはまればいいんじゃないか?

10レスくらい必要かもしれないが問題ない。昔の世界史板は長文10レス単位のレスが飛び交ったものだ。
面倒というなら参考文献を示せばいい。
俺は無理だが、ウーゴ氏はスペイン語読めるだろうから、あっちの文献でも多分問題ないんじゃないか?
あぁでも入手性の問題があるか。アマゾンで数万円するとかブエノスアイレスの図書館にしか置いてないとかは勘弁してやれw

873 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 08:14:52 0
ウーゴ名無しで必死だな きんもっー★

874 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 09:36:31 0
>>872
コテハンと匿名を使い分けるなよ、オツムの弱い野郎だな。
卑怯なマネするんじゃねーよ
それから、ちゃんと要点を絞って、簡潔に書き直そうね。


875 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 12:04:39 0
イデオロギー臭が強いところ、単純な左翼ぎらいで
論理を組み立てている時点でオレは最初からスルーしてるんだけど
みんなよくやるわ。


876 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 14:07:22 0
最近の世界史板の厨房化を象徴するようなやり取りだ。
ウーゴさん帰ってきてくれ。

俺もこのスレを見るのやめる。
これからは874あたりが半可通な知識で議論をミスリードすることに
なるんだから、南米について知識のない俺にとっては害になる。

877 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 15:58:45 0
>>876

838 :831:2008/06/06(金) 00:20:52 0
わかりました。もう書き込みません。
ウーゴさん1人でずっと授業していてくださいね。

俺は831だが、もちろん838は俺じゃない。
836や876とか、全部ウーゴのナリスマシかよwwwwww
まったく、どこまでも腐ってるゴミ野郎だな。
恥ずかしくないのか?

878 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 16:52:58 0
疑心暗鬼になって喚き散らす恥ずかしいよ

879 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 17:41:48 0
>>878
コテハンで「これで最後にする、さようなら」と書いて
すぐに見え透いた無名で自己フォロー書くなんてキモ過ぎだぜ、ウーゴ

880 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 18:05:57 0
論理的な反論ができないからって
主観的なレッテル貼りしかしないほうが気持ち悪いよ?

881 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 18:23:28 0
ほっとけば?
みっともない奴は放置するのみ。

882 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 18:56:59 O
>>866
俺、>>853だけど、そんなに長文にみえちゃったか。すまんかった。

…と書こうとしたら>>866のほうが長いことに気付いた。
アンカーミスなの?

883 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 19:13:14 0
スレ読み直すと、ずっとウーゴにマンセーしてるキモイのがいるが
これみんなウーゴの自作自演かよ・・・
ウーゴは病院行った方がいいぜ、分裂症だよ、いやマジで。

884 :世界@名無史さん:2008/06/07(土) 19:37:47 0
ウーゴたたいてるのも独りだろ。

885 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 03:06:31 0
なぜこのスレと世界史板は発展しないのか

886 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 05:10:50 0
世界史板は衰退した

887 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 09:02:46 0
>>885-886
自作自演やるコテなんてキモ杉、みんな近寄らない。


888 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 14:25:43 0
>>842
立憲君主制と、強力な国王と、すげえ矛盾

889 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 15:14:28 0
なぜ南米とアフリカの話をしないのか

890 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 20:23:11 0
>>887
うざい
最悪板にでも行けよアホ

891 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 21:11:30 0
ウーゴきもいぞウーゴ
コテと匿名使い分け、匿名でコテをマンセーしたり、
ナリスマシやったり、きんもー


892 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 21:53:25 0
>>889
アフリカの場合、まず中世に移行させることを考えたほうがいいのではなかろうか。


893 :世界@名無史さん:2008/06/08(日) 23:23:01 0
ひとり粘着質なのがいるなw
無視して南米とアフリカの話しようぜ

894 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 03:16:28 O
>>846
あそこら辺の国の軍人はパナマの米州学校で対ゲリラ戦や効果的な拷問のやり方を教育されてるけど、
グアテマラの内戦中にグアテマラに派遣されたアメリカ軍の軍人は
グアテマラ軍の対ゲリラ戦術がドキュンすぎてドン引きしたらしい
国内南西部マヤ系の村を文字通り完全殲滅し、住民が皆殺しにされて1980年代に消滅した村が沢山あるとか

895 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 08:10:56 0
>>894
いわゆる「死の部隊」ってやつですかね。

組合を組織するなどの方法で農民の多くの状況を改善しようとしたり、
あるいは、ただたんにゲリラを支援していると疑われただけで、人々は
標的となった。・・・武装した正体不明の男たちが家に押し入り、どこか
分からない場所へと人々を連れ去った・・・こうした人々の、拷問を
受けたり手足を切断されたり焼き払われた遺体が、大量墓地から発見
されたり、ビニール袋に入れられて湖や川に浮かんでいるところを発見
されたり、後ろ手に縛られて道ばたに転がっているのが発見された・・・
遺体が飛行機から太平洋に捨てられることもあった。グアラン地区では、
誰も、魚採りをしなくなったと言われた。あまりに多くの死体が網に
かかったためである。こうした遺体は、バラバラに切断されていたり、
性器を切り取られていたり、目に針が刺さっていた。・・・ゲリラに
人員や食料や情報を提供していると疑われた村の人々は一斉に狩り出され、
大人たちは全員、家族の前で連れ去られ、二度と目撃されることはなかった。
あるいは、全員が虐殺された後に、痕跡を隠すために村全体がブルドーザで
更地にされることもあった。犠牲者たちが、実際にゲリラの一員であることは、
ほとんどなかった。

896 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 10:29:48 0
ゲシュタポがルーマニア軍のユダヤ狩りにドン引きしたとか、その手の話って多いな

田舎モノは暴力的だからなぁ

897 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 19:14:40 0
>グアテマラの内戦中にグアテマラに派遣されたアメリカ軍の軍人は
>グアテマラ軍の対ゲリラ戦術がドキュンすぎてドン引きしたらしい

自分達もベトナムで似たようなことをやってたくせによく言うわw

898 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 21:24:25 0
倭人だって韓半島や中国ででやったろお互い様
何億人文化ある人々が倭人に虐殺されたと思ってるんだ?
奥平先生のようにしっかり教育しないからいかん
奥平先生!奥平先生!!奥平先生!!!先生!!!!くぅはかぁはぁ奥平先生!!!!!!!!!

899 :世界@名無史さん:2008/06/09(月) 22:05:56 0
ゲリラ戦してくる相手を皆殺し、そんなの昔から日常茶飯事
米軍もアフガン攻撃で村ごとAC-130で消滅させるとかよくやってたし


900 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 00:13:22 0
チリ南部は西岸海洋性気候で、気候もヨーロッパと同じ。
先進国は温帯にしか存在できない。 そしてその中でも西岸海洋性気候は最も恵まれた気候。
この気候を持った他の国は全て先進国になっている。
だから、チリは長い目で見ると、必ず発展する。 
あとは、太平洋側の国は大昔から何度も大地震で壊滅状態になっているから、
それをどう乗り越えるかが問題。


901 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 00:32:54 0
ワインが取れそうだな
だが南アフリカの内陸部も欧州と似たような気候と聞いたが・・・

902 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 01:14:37 0
>>898
占領地で横暴働いたのは軍属チョンばっかだったりと、ほんと田舎者は始末に困るね

903 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 07:03:30 0
南アは沿岸が地中海性気候、内陸(トランスバールのあたり)が西岸海洋性気候だな
ジンバブエもそうだから小麦輸出で潤っていたんだがな、ムガベがアホなこと始めるまでは

904 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 07:10:53 0
>>902
バカ言うんじゃねえよ。
大陸戦線じゃ徴発というな略奪は日常茶飯事だぞ。
なにしろ補給物資が届かないもんだから現地調達はどうしようもない。

905 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 07:11:38 0
徴発というな略奪→徴発という名の略奪

906 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 07:34:06 0
ムガベも独立したころは「自由の戦士」と呼ばれていたのにな。

907 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 10:18:14 0
ポルトガルではブラジルのドラマなどがガンガン流れているようだ。

【ポルトガル】国語改革でブラジル風に“旧植民地”に合わせる
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212654489/

リスボンからの報道によると、ポルトガル議会は国語のポルトガル語の単語を、ブラジルで使われている
スペルに合わせ変更することを柱とした言語改革をこのほど承認した。

ポルトガル語を使う約2億3000万人のうち、8割以上がブラジルに住むが、旧宗主国が旧植民地に
歩み寄ることに抵抗感も強かった。しかし、同じスペルの方がインターネット検索で便利な上、
ロシア語やアラビア語、中国語などと並ぶ国連公用語に採用されるという悲願の達成には、言語を統一し
各国間で使いやすくすべきだとの声が上回った。

議会は、ポルトガルでは使われずブラジルで使われてきた「K」「W」「Y」の3つのアルファベットを
使うことにし、発音しない子音を単語から省くなどして、数百の単語をブラジルと同じスペルにすることを承認。
6年かけて実行に移す。(共同)

2008.6.5 16:53
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/080605/erp0806051653003-n1.htm

908 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 12:46:45 0
重要スレ

909 :世界@名無史さん:2008/06/10(火) 13:07:08 0
実際にゲリラの基地であることはほとんどなかったと書くプロ市民の作文は秋田よ

910 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 00:23:27 0
>>904-905
徴発は略奪ではないぞ
後でちゃんと代金支払うんだから
そのために軍票発行してたわけだが、
戦後QHQが軍票の支払いを無効にする
決定をしたことで紙屑化した

911 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 01:01:00 0
>>907
23文字しか使ってないなんて、どんだけ簡単なんだポルトガル語は!
日本語は文字多すぎ。サタンの言語。

912 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 02:24:28 0
ABDEGHIJKMNOPRSTUWYの20文字だけだけあれば十分だろ。

913 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 03:30:58 0
アクセント記号というものを知らないゆとりですか?

914 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 03:39:47 0
必要ないべ。
字の上に横棒とか点とかつけときゃいいだろ。

915 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 04:57:37 0
日本の徴発はちゃんとした商行為です。
元々、アジアの解放戦争という崇高な目的ではじめたものです。
そのためには中国を苦しめている国民党政府や、共産党を退治しなくてはならない。
一方、国民党や共産党は互いにテロをしたり、ゲリラという国際法上みとめられない
戦争行為をとっているわけです。
たとえてみれば、日本人はマナーが良いのに、中国人はチートばかりしていたし、
アメリカは原爆をつかって30万人大虐殺し、ソ連は中立条約を破って日本侵略しているわけです。
その挙句が玉音放送ですからね。
真の歴史を国士がつたえないとこの国は駄目になります。

916 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 06:37:13 0
釣りはよそでやって

917 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 06:57:08 0
挑発の是非は別にしても、旧日本軍が兵站・後方支援を軽視していたのも敗因のひとつ
どっちにしても誇れることでない

釣られてマジレスするのも何だが

918 :世界@名無史さん:2008/06/11(水) 17:36:43 0
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200806100027.html
ビジネス

イランと関係深めるチャベス大統領、「原子力自転車」で批判一蹴

「原子力自転車」に乗るチャベス大統領=8日、同大統領のテレビ番組で

カラカス(AP) 強硬な反米路線を敷く南米ベネズエラのチャベス大統領が8日、イラン企業と共同事業で生産した「原子力自転車」に乗り、イランとの深まる関係への批判を一蹴した。


「原子力自転車」は通常の自転車だが、イランとの共同事業によることから、チャベス大統領による冗談めかした呼称。8日に出演した自分のテレビ番組で、この自転車の「放射能」について言及し、「爆弾のようにも見える」として、米ブッシュ大統領への寄贈を提案した。


米国は、ベネズエラの動向が南米を不安定化させ、核開発計画を進めるイランと関係を持つことに、懸念を抱いている。


しかし、チャベス大統領は、こういった懸念を招く理由はないと主張し、共同事業による自転車生産台数は年間10万台だと述べている。


919 :世界@名無史さん:2008/06/12(木) 00:25:24 0
>>917
誰も日本軍の敗因についてなんか話してはいないんだが

920 :世界@名無史さん:2008/06/12(木) 12:38:38 0
アフリカはともかく南米が黒人だらけってのは
原住民の人口を追い抜いてしまう黒人の繁殖力!

921 :世界@名無史さん:2008/06/12(木) 13:21:35 0
>>920
単に伝染病への抵抗力があっただけですから。

922 :世界@名無史さん:2008/06/12(木) 13:42:09 0
 この作品は,第三世界(画面を見る限りアフリカ)の農民をモデルにした経営シミュレ
ーションである。プレイヤーは天災・病気・内戦・難民問題・銀行の倒産といった困難を
抱えつつも,農作物を育て家を経営していかねばならない。
 1ターンは1年。農作物を植えたり家畜を購入したり,家族の健康のために薬を購入
したり,自分の家の近くのインフラに投資したりといった行動をプロット(事前入力。た
だし投薬や購入関係は即時適用)し,「次のターン」ボタンを押せば1年が経過して結
果が表示される。ゲームはこの繰り返しで進行していく。
 プレイの目標は,ある程度の資金を貯めてプレイヤーの農家がある地域に対する
政治家の庇護を得,収穫保険(crop insurance)を確保することだ。財政的にボロボロ
でも,保険さえ確保してしまえば勝ちである。
http://www.4gamer.net/specials/thirdworldfarmer/thirdworldfarmer.shtml

923 :世界@名無史さん:2008/06/12(木) 16:51:58 0
>>920-921
でもアルゼンチンは黒人や混血児や先住民をほぼ駆逐したよ
おかげで民族問題はほぼ「解決」しましたお^^

924 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 01:00:10 0
でも相変わらずうだつの上がらない三流国家だよね。

925 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 06:35:50 0
道義的問題を別にして民族問題の解決策としては成功すれば悪くないんだよな
日本が大陸から引き上げる時に女は散々レイプされてはらみまくったので行政指導で全部おろさせた
これやらなかったら今の日本には軽視できない大量の混血児が発生し社会問題となっていたのは間違いない。
混血児の対する差別や混血コミュが出来て地下化とか擁護団とか社会運動とか
物事の根絶ってのは問題消去になってしまうんだよな

926 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 06:50:33 0
>>922
これはいいマゾゲーですね

927 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 06:53:16 0
民族浄化は現代ではやり辛いな
中国みたいな国でさえ徹底できない
出来るのはアフリカの奥地くらいか

そして外国人の流入に頭を悩ませずに済む国も、破綻国家か北朝鮮くらいになった

928 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 09:29:06 O
>>924
でもアルゼンチンより酷い国なんていくらでもあるからマシな方でしょ。領土も広いし人口もそこそこ。
あれが三流だったら白人旅行者の植民地みたいになってるタイとかがなんなのかわからなくなる

929 :世界@名無史さん:2008/06/13(金) 16:19:01 0
アルゼンチン人は有色計の自国民をほぼ根絶やしにした後、南米諸国の国々に対し
「わが国は南米のヨーロッパ」と自国を誇りに思うようになりました。

930 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 01:04:21 0
>>928
虐殺しまくってやっとあの程度。
結局三流だよ。

>>929
それ誇りと違うような気がw
なんか事大主義的だ。

931 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 01:13:11 0
ウーゴが他所の板で書いてたのを転載しとこう。
どれだけ理由があろうと、好きな国を悪く言われるのには胸が悪くなる模様。まあ当然か。

317 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/11(水) 03:34:17 ID:NsGJ4eB2
もう見てないでしょうけど

>>167さんへ

>ラテンアメリカの国々で唯一Bアイレスの人たちは感じ悪かったな。
>よく言われる以上に自己チュウでナルシスト揃い、笑いました。
まあ確かにポルテーニョにはそういうところはありますが、
(そもそもあなたがどれだけスペイン語でコミュニケーションを取れる人なのかについての疑問はあるのですが)
>CD買ってみたけど、南米らしさがないから、いまゴミになってます。
フォルクローレはまさにあなたが言う意味での「南米らしい」音楽ですし、
ロックもバンドネオン使いながらやってるようなのは「南米らしい」と思いますが。

>この「らしさ」がない音楽というのは、
>ミラノやパリあたりに住んでるひとと自分たちは同じだなと
>思いたがっているというか、仲間に入れてもらい、同じだよと
>言ってもらいたがってるようなひとたちがやる音楽。
相当皮相な見方、聴き方をなされてるようですが、
あなたにCDを選ぶ目と聴く耳がないからゴミになってるだけだと思います。

「南米らしさ」についても
>ハイブリッドであることへのこだわり(とその肯定)。
コリエンテス州でグアラニー語が公用語になってたり、
サルタやフフイやトゥクマン散見されるようにブエノス以外じゃこれは強いです。

あと1980年代後半からインディヘニスモやメスティサッヘ、
人種民主主義(ブラジル)といった神話に対してラテンアメリカ諸国での反省が始まり、
混血性の肯定から人種や民族性への尊重の方が大きなテーマになってることも繁栄されてない、
かなり時代遅れな思考なのが気になりますね。

932 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 01:13:47 0
>ラパンパで牛の大放牧事業をはじめるにあたり、先住の狩猟民だった
>ひとが数万の単位で虐殺掃討されたことは知っています。
ロカ将軍の掃討作戦についてはかなり賛否があり、
否の側面は当然強いのですが、賛の方に当時危惧されていたフランスとチリによる
パタゴニアの植民地化を未然に防ぐという側面があったことも事実です。
フランス人はアラウカニア・パタゴニア王国を建国し、
同時期にチリもマプーチェ族相手に似たようなことやってたわけですから。

とまあ賛の側面だけを取り出しても肯定できるような性質ではないのですが、
上述のチリの話はまさに、アルゼンチンと同じような話だし、
エクアドル、ペルー、ボリビアではシエラの先住民に対してここまで徹底的ではないものの、
独立以来十数年前までこういった虐殺、弾圧は行われてましたし、
ブラジルでもアマゾンに住む人々に対して現在進行形でかなり酷いことをやっているのに、
アルゼンチンの例だけを持ち出して「南米らしくない」ことの根拠にするのはどうなのかなと。

ポルテーニョがヨーロッパに対して奴隷根性を持ってるって言いたいのは分かりますけどね。皮相すぎます。

>そんな蛮民の血は確かにいまのARGのみささんには薄いのでしょう。
アルゼンチン人の56%には先住民の血が流れています。

>でも、その血が濃いことに同情的じゃないどころか、全面見下す
>みたいなところが、どうにもアルジェンティンなんだよな〜
北西部やグラン・チャコに一度も行かれたことがない(あるいは行っても良く観察してない)
ことと、あなたがアルゼンチンの文化に全く通じてなく、
上っ面のイメージだけで好き勝手に語ってることは良くわかったので、
とりあえず『マルティン・フィエロ』やガウチョ文学の一冊や二冊読まれることをお勧めしますが、
多分もう見てないだろうな。気に障ったんで一応。

933 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 01:15:49 0
どんだけ粘着してんだよ

934 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 02:04:51 0

http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200806130004
チェ・ゲバラ生誕80周年に明らかになる、暗殺を企てた謎の男の正体とは?

935 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 03:54:18 0
ウーゴってなんか意見のおしつけが目立つよね。
スペイン語離せなかったらよその国の評価しちゃけないみたいな
ニュアンスを感じる。

936 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 04:41:17 0
一方日本はアイヌをほぼ絶滅させたのであった

937 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 04:44:43 0
>>936
おや、こっちも涌いたかw

938 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 05:35:58 0
32 :ドン・ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2007/08/27(月) 00:55:11: そうですね。最近どこ行ってもベムベム言われてて まあキモメン喪男です


妖怪人間ベムに似てるそうだぞ。

939 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 11:30:21 0
やれやれ
┐(´д`)┌

940 :世界@名無史さん:2008/06/14(土) 12:23:29 0
>>935
いい加減にしろよ

941 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 00:29:28 0
一気に過疎ったな

942 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 01:20:42 0
変なのが沸いたせいだろうな

943 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 05:53:06 0
まぁあと50レス強だしちょうどいいかな

944 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 16:40:05 0
ウーゴがそれみたことかとほくそえんでいるだろうね。

945 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 17:42:42 0
★アルゼンチン 食品不足でデモ

 世界有数の穀物の輸出国、南米のアルゼンチンでは、穀物の国際価格の高騰をきっかけに、
国内市場で食料品が不足する事態となっており、全国各地で問題の早期解決を求める
市民のデモが行われました。

 世界的な穀物の価格高騰を受け、アルゼンチンでは、政府がことし3月、穀物が海外に流出し
国内市場への供給が不足するのを防ごうと、輸出にかかる税金の税率を引き上げたのに対し、
各農業団体が高い税率は認められないとしていっせいに反発し、食料品の流通を止めたため、
逆に都市部で食料品が不足する事態となっています。これを受けてアルゼンチンでは、16日、
全国で市民がデモを行い、鍋の底を棒でたたきながら行進したり、「市民の声を聞け」などと
叫んだりしながら、政府に対し、問題の早期解決に向けて農業団体側と協議するよう訴えました。

 アルゼンチン政府は、先月末、事態打開に向けて、輸出税率の引き上げ幅を抑えるなどと
発表しましたが、農業団体側は税率はまだ高すぎるとして引き続き反発し、事態収拾の
メドは立っていません。農業団体側は、輸出で正当な収益を得るのを政府が妨害するのは
認められないとしており、アルゼンチン政府は、生産者側の要求と、安い価格で穀物を
十分確保できるよう求める消費者側の間で、板挟みの状態になっています。

NHK http://www.nhk.or.jp/news/k10015314421000.html


アルゼンチン大好きなウーゴセンセの自分語りまだ〜?

946 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 22:36:39 O
粘着しすぎでしょ。そんなに気に障ったのか知らないけど、そこまで粘着されたら出てけないっての。

947 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 23:06:24 0
歴史難民板で、ブツブツこのスレをヲチし続けている誰かさんがどうしたって?

948 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 23:14:54 0
134 :ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/04/02(水) 21:49:41
ただのニート学生です。
年齢考えれば結構頑張ってる方だと思っております。

949 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 23:16:09 O
わざわざそんなとこまでチェックしてる辺りお前も相当暇なんだな。よっぽど悔しかったのか?

950 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 23:40:26 0
多分小学生レベルの精神年齢なんだろう

951 :世界@名無史さん:2008/06/18(水) 23:55:14 0
ウーゴさん奈々氏でおつかれーす^^

952 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 00:03:51 0
人格攻撃しかできないガキが…

953 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 00:06:13 0
ウーゴさん奈々氏でかかないでくださいよ^^

954 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 00:15:10 0
んじゃ、俺がウーゴだという証明よろしく

955 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 00:21:53 0
いや、俺がウーゴだよ。

956 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 00:31:47 0
ウーゴでござる。

957 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 01:04:49 0
ウーゴですにゃん☆

958 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 06:03:58 0
ウーゴを名乗っていいのは俺だけだ

959 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 07:07:12 0
ウゴウゴルーガ

960 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 08:17:47 0
俺たちがウーゴだ!!1!

961 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 08:23:45 0
うがいします ウゴッウゴッガーペッペッペッ

962 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 13:24:45 0
アルゼンチンにも黒人はいるけど
少ないと言っても6千人はいるし

963 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 13:28:44 0
俺だ! 俺だよ! ウーゴだよ!

964 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 15:40:45 0
ウーゴでござるよの巻

965 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:05:24 0
965

966 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:10:09 0
 

967 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:10:56 0
 

968 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:12:12 0
 

969 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:13:12 0
 

970 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:14:30 0
 

971 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:15:12 0
 

972 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:17:10 0
 

973 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 22:18:55 O
次スレは無しで

974 :世界@名無史さん:2008/06/19(木) 23:26:36 0
んなこたわかってる

975 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 06:26:47 0
>>962
それだと日本の1/5もいないということに

976 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 09:22:26 0
 

977 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 09:23:35 0
 

978 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 09:24:12 0
 

979 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 09:25:41 0
 

980 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 09:27:33 0
 

981 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:31:40 0
 

982 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:32:58 0
 

983 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:33:29 0
 

984 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:34:24 0
 

985 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:36:05 0
 

986 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:37:44 0
 

987 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:38:39 0
 

988 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 21:39:10 0
 

989 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:06:34 0
 

990 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:08:11 0
 

991 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:09:13 0
 

992 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:11:38 0
 

993 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:12:46 0
 

994 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:14:06 0
 

995 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:16:16 0
 

996 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:20:32 0
 

997 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:23:08 0
 

998 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:24:07 0
 

999 :世界@名無史さん:2008/06/20(金) 22:48:44 0
 

1000 :ベム・ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2008/06/20(金) 22:52:34 0
昨日辺りに久々に見てみたら凄いことになってて驚きましたが、これにてこのスレもおしまいです。
やっぱり知識ないからっていじめすぎたのが結果的によくなかったみたいです。
いじめすぎてごめんね>叩いてた人
まあそれもこれも今となっては昔の話。みなさんお疲れ様でした。またどこかで会いましょう。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

289 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)