5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代の中国人は白人だったの?2

1 :世界@名無史さん:2007/06/07(木) 05:23:21 0
中華文明も白人がつくってたのかな

2 :世界@名無史さん:2007/06/07(木) 11:24:58 O
「白」っていうのは今の中国でいうとどこの省?

3 :世界@名無史さん:2007/06/07(木) 11:34:08 0
東大の汚物、教育学部を知っていますか?

\(^o^)/進振り平均点最低で東大最悪の馬鹿学部、
\(^o^)/留年や多浪だらけで新3年生の平均年齢は22歳を超え、
\(^o^)/学生は新興宗教の信者・カルト政治団体員・体育会系ヤリサーの性病DQNだらけ。
\(^o^)/「摂理」のチョン教祖に食われてた女子学生もやっぱり教育学部。
\(^o^)/もちろん十数年前はオウム真理教が大流行。
\(^o^)/教授は共産党・創価学会を多数を占めるかと思えば
\(^o^)/つくる会藤岡信勝というキチガイウヨクもかつて所属していたり
\(^o^)/幸福の科学の読書会をやるゼミがあったりと、まるで猛獣動物園の如し。
\(^o^)/学部の教育は圧力団体形成やプロ市民運動のノウハウ伝授。
\(^o^)/闘争、人権、9条の精神、文化のルネサンス…毎日こんな言葉が飛び交う講義。
\(^o^)/最高学府のくせに教員免許試験にすら落ちるゴミどもの掃溜め。
\(^o^)/予備校の採用試験ではMARCH以下の底辺に蹴落とされる、教育のプロ養成所。
\(^o^)/企業就職も宗教や左翼のコネに頼らないと無理、でなけりゃ下級公務員。
\(^o^)/昔から「使えない東大さん」は教育学部卒。メンヘル患者だらけのOB陣。
\(^o^)/大学院も精神障害者の隔離病棟と化し、外部試験の倍率も最低。
\(^o^)/一番真面目な教育心理学専攻の学生も院は文学部か駒場の認知科学か京大に逃げる。

\(^o^)/ 日本の教育の腐敗の象徴だぜ\(^o^)/


4 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 01:45:53 0
たしかにありそうな話

今の中国人の体格見てるとどことなく白人に近い雰囲気だよね

5 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 01:51:26 0
そうだな「白」兵戦とかいうもんな。
300?

6 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 01:55:32 0
前スレあまり延びてなっかたのにたてたか
確かこれは西洋人が主張してた学説だよな

7 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:10:19 0
考古学の分類かもれないが
前スレでは『ありそうな話』という意見は少なくなっかた

意見を纏めてみたい

いわゆる四大文明のなかで中華文明だけは
唯一黄色人種が作っている
中華文明も、またたった一つのよる文明である

しかし、西洋人からみて疑問に思うのは
それは人種差別的ではあるが、モンゴロイドは果して文明の担い手となりうるかと言うことである

もしここで、「ノー」とするなら
やはり、中華文明も黄河文明も白人によるものであるとするのが自然である

つまり古代の中国人は白人だったのかもしれない

以下、その根拠↓


8 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:24:55 0
http://www.arachina.com/heritage/bingmayong/2.jpg
言うまでもなく兵馬桶の画像である
こっrが発見されたとき欧米人は驚嘆した
この兵士と馬を形だった像はいうまでもなく殉死者の変わりに埋められた者であるが
その精巧さはローマの遺跡から発掘されるそれと何ら劣らず
写実的であり、しかも一つ一つ顔が異なろ

モンゴロイドがこのようなのを作れるか??
という素朴な疑問

モンゴロイドは仏像、抽象的な物のはつくるが
人の像はあまり作らない
むしろこういうのを作るのは白人である

9 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:32:59 0
白人がモンゴロイドの顔に似せて兵士の像を作ったとでも言うのか

10 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:38:19 0
史書に、「孫権は金髪碧眼の…」みたいなことが記されている

もしこれをそのままとるなら、孫権は白人ということになる
もし孫権がコーカソイドならあの世界的にも有名な兵法家までコーカソイドになることになるし
しかも、コーカソイドが国のトップになれるという事実から、全員とは言わない無いまでも
それなりに違和感が無い形で白人が混じっていた可能性が高い

ちなみに三国志の時代の歴史書には
とても、古代のモンゴロイドでは考えられない大柄の人物がおおい

程イク、関羽は身長2m

ちなみに儒教の始祖、孔子も身長は190を超えた大柄の人

いずれもモンゴロイドとは思えない体格である
しかも古代である

孫氏や孔子は東洋を代表する理論家は
白人なのかもしれない
白人は理論を考えるのが好きだ
あり得ない話では無い



11 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:44:58 O
このスレ中国人が読んだらファビョるな。
つか白人ってくくりがデカすぎね?
金髪碧眼ってゲルマンじゃん。
なんで一時代を築いたのにあんな蛮族に身をやつしてんだよ。

12 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:46:35 0
当然反論されるべきことがある

「今の中国に白人は居ない」という反論である

これについてはこのような反論がある
中国には今も色んな民族が居るし、昔もそうだっただろう
その色んな民族の中に全てとはいわないまでもいくらか
コーカソイドの民族が居てもおかしくないってことである

漢末期に中国大陸で空前の大量絶滅があった
このときに
漢末期に中国の人口が1/10以下まで落ちた事がある
この大量絶滅で白人が急激に数を減らしたのではないかと思われる

孫権は漢末期の人物だから、まだ白人が残っていた時期ではないかと思われるが
その後、インドと同じように諸民族との混血が進み区別がつかなくなってしまった
から現在は「白人がいない」となるのである



13 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 02:56:32 0
白人が消えたとは言っても、
今の中国人にも白人の遺伝子は残っているかもしれない

例えば、今の中国人の外見h日本人や韓国人のような純正モンゴロイドとはかなり外見に隔たりがある
今の中国のオリンピック選手をみてみよう。バレーでもバスケでもいいが
「こいつ本当に東洋人か」と首をかしげたくなる顔つきと体格の選手ばかりだ
女子バレーで平均身長2メートルなだというチームは日本や韓国、東南アジアではあり得ない

14 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 03:03:14 0
ひょっとしたら
古代の中国は、我々が想像する中国ではなく
白人が黄色人種を支配し、知的階級や将軍に多数の白人がい占めていた白人専制国家かもしれない
ひょっとしたら、秦の始皇帝も漢の武帝も白人なのかもしれない

15 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 03:20:03 0
孫権の風貌

眼が青く、髭が赤紫色だったことから「碧眼紫髭」と称えられ、

赤髪碧眼??
モンゴロイドじゃなさそうだが何人だ??

16 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 04:48:47 0
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12

17 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 10:14:26 0
>>13
オリンピックなどを見てると、欧米人より体格の良いスポーツ選手が大勢出て来るよね。

18 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 10:53:07 0
ソグド人と思われる住居跡が確認されているし、
古代中国にコーカソイドが居たというのはほとんど誰も否定しない。
だがコーカソイド=ヨーロッパ白人で、古代中国人はヨーロッパ白人だったなどという電波は流石に他では聞いた事が無いが。


19 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 10:58:08 0
いわゆる四大文明のなかで中華文明だけは
唯一黄色人種が作っている
エジプトは黒人の可能性濃厚だし、少なくとも純粋なコーカソイドでは無いし
ましてヨーロッパ白人などでは断じて無い。


20 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 14:59:31 0
>>15
中国の民族には目が青かったり灰色だったりする種族が今もいるし白人て決めつけなくてもいいんじゃない?

21 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 15:54:53 0
>>19
四大文明とか言っているのは日本だけなんだとさ

22 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 16:38:48 0
既に、ほぼ同時代に、世界各地で二十以上の文明が存在してたのが判っているからね。
「四大文明」なんてのは、発掘が行われていなかった前世紀半ば辺りの考え。


23 :世界@名無史さん:2007/06/08(金) 21:51:05 0
老子=サムエル
孔子=エリヤ
子路=エリシャ
孟子=アモス

壺丘小林=ソクラテス
列氏=プラトン
荘子=アリストテレス


24 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 00:52:09 0
>>22
でもモンゴロイドが担った文明って中華文明しか無いだろ

25 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 00:57:03 0
モンゴロイドが文明を作れるはずが無い→黄河文明は白人が作った
というのは循環論法にみえるかもだけど実際においてほぼ正しい

かつてヨーロッパを制覇したヒトラーも
黄色人種は文明を真似する事が出来ても作り出す事は出来ないと
的確な指摘を加えている

26 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 00:57:29 0
>>24
インダス文明のドラヴィダは?

27 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 00:58:05 0
ヨーロッパ白人が担った文明は一つも無い

28 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 01:00:00 0
インダス文明はコーカソイド

29 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 01:03:08 0
>>27
ヨーロッパ文明は世界を支配しているが何か

30 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 01:08:48 0
インダス文明はコーカソイドであってもヨーロッパ白人ではない
ヨーロッパ白人が築いた古代文明は一つも無い


31 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 01:09:20 0
エジプト文明はいつコーカソイド起源になったんだよ。

32 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 04:26:19 0
もう「黄色人種はみんな白人だった!」でいいよ。
そうすりゃすべて解決するんだろw

33 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 05:13:36 0
>>29
 尤も当のヨーロッパ人にとって、世界中で流行っているのは、
アメリカニズムと答えるだろうな。

34 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 09:15:03 0
孔子の描写「額が突き出て目が引っ込んでる」は
コーカソイド風の彫りの深い顔立ちを伺わせるし、
山東半島から、モンゴロイドでないコーカソイド系?の人骨が
大量発掘されたニュースもある以上、北方騎馬民族の侵入が盛んだった
中国北部の諸国はコーカソイド系の国家だった可能性が高いな。
具体的に言うと、普、斉、魯、燕、衛は、コーカソイドの国だったのかも。


35 :世界@名無史さん:2007/06/09(土) 10:09:14 0
真似るだけでもたいしたことだと思うぞ。ローマ人だって初めはDQN集団だったがギリシャ文化とか真似たりガリア人やフェニキア人にしばかれながら成長してあの偉大な文明を作ったんだからな。どの民族とは言わないが真似る事もできないDQNとは一緒にするな

36 :世界@名無史さん:2007/06/10(日) 15:14:58 0
28 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2006/03/22(水) 02:19:52 0
また立ったのか
古代中国人は白人だった。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1118561141/l50
39 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2005/06/14(火) 05:07:35 0
ほらよっと。
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal25.html
中国古人類集団のDNA分析 王瀝 中国科学院遺伝研究所
…… 
 その結果、3つの時代のLinzi人類集団が異なる遺伝的構成を持つことが明らかになった。
地理的分布と同様に、現代Linziの人類集団は東アジア人類集団とクラスターを形成して
現代ヨーロッパ人類集団とは離れた結果を得た。また、現代中央アジア人類集団はヨーロッパと
東アジアの中間に位置する。ところが、2000年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団と
現代ヨーロッパ人類集団の中間に位置しており、現代中央アジア人類集団に近かった。
さらに驚いたことに、2500年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団よりも、
むしろ現代ヨーロッパ人類集団や現代トルコ人集団と近い遺伝的背景を持つことが分かった。
 本研究により、2500年前にユーラシア大陸の東端に現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に近縁な
人類集団が存在していたことが明らかになった。また、2500年前から2000年前の500年間に
Linzi集団に大きな遺伝的変化が生じたことから、過去に人類集団の大規模な移動があったことを示唆している。
……

37 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 03:58:39 0
俺も孔子は白人だったと思う
白人って理論とか考えるのが好きじゃん

38 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 10:03:51 0
負け犬だけどな、孔子って

39 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 10:19:33 0
でも理論すら考えられないモンゴロイドよりましか
白人の理論が2000年もの間黄色人種にあがめられていた歴史的事実は
人種差別をより肯定する物へと動くだろうな
中国人は純正モンゴロイドとは言いがたいけど

40 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 10:47:32 0

秦代北西に居住していた「湖」と云う民族が金髪碧眼だったと
昔、読んだ本で見た事があり
その人々がその地を追われて、欧州で起こったゲルマン人大移動
の遠因になったような事が書かれていたような記憶がある


41 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 13:44:59 0
>>37
 素晴らしい論拠だな
>>39
 >歴史的事実
 2ちゃん限定のな

42 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 13:47:38 0
・ 漢民族の成り立ち
マケドニヤ王アレキサンダーの東征軍(ギリシャ、ユダヤ、ペルシャ人連合軍)が、中国大陸の先住民族・チュルク族(トルコ人の祖)、
メオ族(南海人の苗でヒクソス人、ウバイト人)を東北と西南に追い散らし、残ったものを農奴として支配下に置き洛陽(のちの西安)を
建設したのが第1段階。
東征軍の後身であるアケメネス・ペルシャ〜バクトリア王国(漢語で大夏、仏典で大秦)が誕生し、バクトリア人(ギリシャ、ユダヤ、
ペルシャ人)とチュルク・メオ族が混血して漢民族が発生。はじめて武帝による漢人国家「前漢」が成立した。

これは>>36によって実証されている

・ 「史記」のモデル
史記はオリエント古代史、ヘブライ史、ギリシャ史、ペルシャ史、及び周辺史をそっくりそのまま、武帝までの『シナ古代史』として
漢訳・移植したものである。
夏(ウルク)、殷(ヒクソス)、商(カルディア)、周(アッシリヤ)、東周(ペルシャの都市国家キュロポリス)、斉(マケドニヤ)、晋(バビロニヤ)、
楚(メディア)、魯(北朝イスラエル)、呉(リディア)、越(スキタイ、モンゴルの祖)、韓(キンメリ・スパルタ)、魏(マガン・ギリシャのテーベ)、
趙(ウラルトウ・ペルシャ・アテネ)、燕(フェニキア、エラム)、田斉(エジプト)、秦(バクトリア)

秦の始皇帝(バクトリア王ディオドトス)、項羽(エウチデムス)、孔子(ユダヤ教典「旧約」の予言者エリヤ、「論語」の内容は全て「旧約」にあり、
漢訳すると「論語」になる。)、子路(エリヤの弟子エリシア)、孟子(「旧約」のアモス・ギリシャ哲学者のイソクラテス)、老子(サムエル)、
荘子(アリストテレス)


43 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 13:48:52 0
>>42の続き
・ 司馬遷の正体
司馬遷は漢人ではなくユダヤ人−シュメール(祖ユダヤ)のバアル教神官であり、天文、占星術指導者である。
司馬遷は史記の父親の死にふれた同じ箇所で<この歳(前110年)天子(武帝)始めて漢家の封を立つ(始めて漢族の国家を作り上げた)>
と記し、「史記」が偽造・架空史であることを自らばらしている。
武帝の怒りを買い、投獄されたため、占星術者であった彼は、ユダヤ人のジュウ(漢訳して儒者、今のラビ)としての立場で、カバラ秘法
「500年周期」説を用い、偽造史を示すことで武帝に「この国(前漢)も同じ運命をたどって滅亡しますぞ」と警告した。

蜀王の系賦は『史記」が各王名を列挙してあるのに比べて極めて異質であり、王名を飛び飛びにのみ記しているが、
これは『桓檀古記』の檀君朝鮮の諸王と同じ書き方で、この方が原始の史書としては信じられるものである。
『史記』のように全部の王名を記すのは、それが外国の史書の翻訳だからであろう。
このような中国史の真実を語っている長江文明の歴史に比べると、黄河文明の歴史は真実を全く抹殺したものであり、
今に存在する史書は征服者がオリエント史を漢訳して中国の土壌に移植したものであった。

黄帝はアッカド王サルゴンであり、そのあと夏、殷、周、秦という諸国の歴史は「ウルク、ウル、ラルサ」、イシン、アッシリア、
アケメネス・ペルシアをモデルとした創作史であった。始皇帝はバクトリア王ディオドトスであり、始皇帝の秦帝国は
アレクサンダーが置いたグレコ・バクトリア王国の中国における植民地であった。

始皇帝がわずか一〇年で中国大陸を支配できたのは、秦の軍隊がアレクサンダーがバクトリアに残したギリシャ兵団で、
当時としては世界最強の戦力だったからである。

中国、西は珠江の口、安楽村(あんらくそん)はアレクサンダーが
各地に建設したアレクサンドリア市の1つであり、安楽村はアレクサンドリアの音訳。

44 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 13:53:08 0
で、JAPAN as NO.1は道義的に問題ありで、芽が摘まれて
当然だが、中国がNO.1になるのは、>>1スレタイの通りだから、
問題梨、ということでいいかな?

45 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 13:53:50 0
蛇足だが始皇帝とディオドトスの系譜の酷似

・始皇帝(帝国建設)→・二世皇帝胡亥(暗愚)→項羽(簒奪者)
・ディオドトス1世(帝国建設)→ディオドトス2世(凡愚)→エウティデモス(簒奪者)

46 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 18:54:51 0
・ 漢民族の成り立ち
>マケドニヤ王アレキサンダーの東征軍(ギリシャ、ユダヤ、ペルシャ人連合軍)が、中国大陸の先住民族・チュルク族(トルコ人の祖)、
>メオ族(南海人の苗でヒクソス人、ウバイト人)を東北と西南に追い散らし、残ったものを農奴として支配下に置き洛陽(のちの西安)を
>建設したのが第1段階。
>東征軍の後身であるアケメネス・ペルシャ〜バクトリア王国(漢語で大夏、仏典で大秦)が誕生し、バクトリア人(ギリシャ、ユダヤ、
>ペルシャ人)とチュルク・メオ族が混血して漢民族が発生。はじめて武帝による漢人国家「前漢」が成立した。

スキタイなど遊牧民相手に苦戦していたマケドニア軍がどうやって東アジアを征服できるのかと小一時間(ry

47 :世界@名無史さん:2007/06/14(木) 21:27:48 0
案の定、鹿島fの亡霊が現れたか。エセ同和弁護士が死んで
あっさりすたれるかと思ったら、意外にしぶといもんだね。

48 :世界@名無史さん:2007/06/16(土) 11:10:56 0
晋も漢も北側の国だな
昔は北に白人が多かったから北方が栄えていた

49 :世界@名無史さん:2007/06/16(土) 20:52:53 0
今現在キリスト教徒ヨーロッパ白人が忌み嫌っているイスラムイラン人の先祖に近いペルシャ系なのだが、
西欧優越を誇示したいヨーロッパ白人は絶対にペルシャ人とは言わずに「白人」と表して「ヨーロッパ白人」
という印象を与えようとする。
インドを征服したのはアーリア人だからイギリスがインドを支配するのは当然だとか吹いていた西欧優越主義がその典型。


50 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 01:46:42 o
古代中国人って、宇宙人だべ?
三皇五帝とか、夏とか、とても地球人とは思えない風貌なんだが

51 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 08:07:49 O
携帯よりゴメン。秦の始皇帝の兵馬ようの兵士に明らかにコーカソイドのモデルがいるのは有名な話だな。

52 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 13:04:26 0
>シュメール(祖ユダヤ)
はあ?
ばかぢゃねーの?ゲラゲラ

53 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 22:08:21 0
シュリーマンも最初は馬鹿にされた。
だが挫けず信念を貫き、自らの主張が正しいことを世界に知らしめた。

54 :世界@名無史さん:2007/06/19(火) 02:00:57 0
最初から最後まで馬鹿にされっぱなし、もしくはずっと無視され続けた
お笑い歴史家の方が何万倍も多いんだが、自分がそっちにいる可能性を
考えたりはしないんだなw。

55 :世界@名無史さん:2007/06/19(火) 11:01:05 0
>>10
度量衡は、同じ語・単位を用いていても、時代によって実際の大きさは違うものだからな、
2000年とか1500年とか昔のものを単純に換算してはダメだろうよ。
枡の現物の発掘することができた唐玄宗皇帝時代「李白酒一斗詩百篇酒」の“一斗”は今の
一升よりも小さかったりするしな。
ましてや、三国志の時代も諸子百家の時代もそれより昔で、しかも、国家分裂時代。度量衡
は出鱈目な時代だ。
もう一つ言えば、支那には、人徳の高い人物は体躯も髯も立派だとかいう固定概念がある。
偉人や王侯の功績を褒めるときには、必ず、容姿も大きく立派だったと改竄する。
関羽や孔子の骨が出てきてそれを実際に測ってでもみないかぎり、190cmとか2メートルとか
いうところに信憑性は全く無いのだよ。

56 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 00:04:45 0
光武帝(168cm)
は地味だな…

57 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 00:55:58 0
>>55
単位の基準もあるだろうが
それ以上に意識しなければいけないのは
当時の平均身長だ

古代のモンゴロイドは平均140もいってないぞ
孔子は190であれ170であれ
菊格外のでかさがあったことを考慮すべき

58 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 16:28:20 0
いいとこに生まれて栄養状態がよければ大男になるぞ
日本の戦国武将にもガタイのいい偉丈夫が結構多い

59 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 18:49:58 0
>古代のモンゴロイドは平均140もいってないぞ

日本の古墳から発掘される人骨からは身長190センチもの巨体が推定されるものが
ザクザク掘られているそうだが。


60 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 19:23:20 0
あれは骨が伸びてるだけなんだよ
長年地下で埋まってね

61 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 20:31:04 0
>>57
支那人の嘘コキの性質をちゃんと顧慮しろってんだよ。
別の偉人が身長●尺だと聞くだろ、ウチの御先祖様は、われらが大先生は、
あんなヤツよりもずっと徳が高いんだから体格も立派だったはずだ、伝記の
身長も嵩増ししちゃれ、ということをやりつづけて、孔子190センチ換算とか
いう按配なんだろ。
孔子の骨でも丸ごとありゃあ、別だが。

62 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 21:21:43 0
まあ当時の言論人がおおむね大男だったというのはあながち間違ってないと思う。
あんな時代だ、人と違うことを言って徒党を組むには、威圧的な容貌と個人的武力が必須。
言論やるには論理力のまえに暴力に屈しない有形力が問われるのよ。
そういやプラトンも大男だったみたいね。レスラーやってたとか。

63 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 21:23:19 0
まあとりあえず、平均を語ってすべてわかった気になってるやつはアホだと思う。

64 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 22:27:22 0
曹操の身長は161cm

65 :世界@名無史さん:2007/06/21(木) 01:33:22 0
>>61
正直この場合、嘘付く程の理由が見つからない
孔子については孔子自身が自分の書物を焼き捨てたために、弟子がまとめたものだが
論語の記載は概ね、孔子の行動、発言を事実にそって忠実に弟子がまとめている
それだけ忠実に記録しておいて、身長だけ、嘘をつく理由があるのか。それはない。

孔子の描写である「額が突き出て目が引っ込んでる」等があるが
こういうコーカソイドを思わせる描写まで嘘をつかなければいけない理由があるのか
という点は大いに疑問だ

孔子の描写については古代より記載があるため
改竄も不可能に近い。
大きく見せたい。誇張された数字というのは的外れな推測

66 :世界@名無史さん:2007/06/21(木) 01:55:26 0
ついでにいえば三国時代も同様
中国史学を勉強していれば、中国の資料特に史記と地理誌は概ね信憑性に足る資料、一級資料だという現実

その点は韓国とは全く違う。

中国の史記がいかにして作られるかはご存知の通り
皇帝すら史記官の書く内容には口出しできない。知る事もできない
史記官は皇帝の落ち度から何まで忠実に記録する。そんな連中が身長だけ嘘なのか?
もしそうだったら皇帝は軒並み身長が高くなくてはいけなくなる

そして構成の人間がその内容を改竄するのも難しい
なぜなら次の王朝のころにはあっという間に写本が出回り
周辺諸国まで輸出される有様なのだから

江戸時代初期の日本に明の史記が出回っていた事を考えると
一旦出回ればば、中国の資料は何人たりともその記録に尾ひれ背ヒレをつけるのことができなくなる
といってもよろしい

関羽の身長が史記に記載があれば、それはそのまま額面通りに受け取ってもいいだろう

67 :世界@名無史さん:2007/06/21(木) 02:36:06 0
孔子の身長は信用にたるんじゃないかな
つーか、孔子は色んな国を遊説していたせいで
色んな国の書物から記載がある
特に相当大きかったこともあって、「長人」とどこの国からも言われている


68 :世界@名無史さん:2007/06/21(木) 23:02:25 0
春秋時代の原本が残っているのか?
そうではないだろ。その時代では皇帝すら口を挟めなくとも、後代の王朝が
前の代のものを書き換えてしまうというのが、支那のやりかただよ。


69 :世界@名無史さん:2007/06/21(木) 23:52:30 0
学者の史記に対する評価は余りにも高すぎるんじゃないか。
国史で記紀を絶対視するのとよく似ている。記紀に記述があれば本当のこと、
記紀に記述がなければ無かったこと。日本史学者の麻痺しきった脳みそと
同じものを史記絶対論者には感じざるをえない。

はっきり言えば史記だって御用史書に過ぎない。漢朝に都合悪いことは書かないし、
よその歴史を盗んででも権威付けしようとする。
絶対統治者や征服者は歴史を捏造してでも自分の歴史を栄光で彩りたいと思うからね。

70 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:20:18 0
白登山の悲惨な敗戦はどーなるの?
読んでないやつ乙。

71 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:28:13 0
中国人は白人だったって馬鹿の巣窟がここか

72 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:31:13 0
逡巡時代の原本は残っているよ
論語もそうだし
その中には孔子を採用してない国の記録もあるが
やはりそうとうな身長であった腰は間違いない

前にも言われているが孔子を白人だと思わせる記述は身長だけじゃないんだ
白人風にみせるなんいのちの中国じゃあっちゃいけないのにそんな記録が残っている

捏造の要素はほとんどないのが孔子の記述

73 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:34:15 0
「額が突き出て目が引っ込んでる」とかも中国流の誇張なのか?
そんなはずがない

孔子の容姿に付いては信用性が高い
そしてその記述を鵜呑みにするなら
孔子は白人であることは疑いが無い

74 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:41:55 0
しかも孔子の後は秦という孔子に否定的な国じゃん
書き換えなら身長は低く設定されるだろ

漢の時代以降に書き換えられた??

そのころにはあっというまに写本が出回って回収不可能だよ

75 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:42:53 0
東洋人でも身長の高い人種と背の低い人種があるよ
中国では南方の楚地域は背が低い
逆に中原から朝鮮民族あたりは背が高い

76 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:46:46 0
モンゴロイドの身長が高いなんていってもたかが知れている

孔子の身長を鵜呑みにすれば2m

多少尺の違いを考慮しても190

どうかんがえてもモンゴロイドじゃない
その他の容姿も含めてな

77 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:57:14 0
>>76
中国じゃ2m近い身長もめずらしくない項羽だの関羽だの諸葛孔明もデカイ
容姿に関しては劉邦や項羽のように画が残ってるわけでもない
夢話レベル

78 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 10:35:32 0
基本的に史書は次の王朝が書く事になってる(三国志は例外だけど)だから皇帝なんかは悪く書かれがちだが他の人物は比較的覚めた目で書かれるいるかと

79 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 16:12:27 0
>>74
秦の次の漢は、秦のやったことについて全面マイナス評価な上に、儒教を国是にしている。
そりゃあ、書き換えられたものが、また書き換えられているだろうよ。


80 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 18:15:04 0
背が高いから白人なら、山岡鉄舟は確実にコーカソイドだな。

81 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 21:52:39 0
白人の血は普通に入ってたらしいけどな。
李白だって白人の血が入ってて色白だったから李「白」なんだろ?

82 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 22:44:54 0
李「太白」

83 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 22:46:32 0
孔子は身長だけじゃないだロ
白人独特の理論と抽象的思考そして顔つきそのものが白人

おまけに目も碧眼

そして最期のおまけで高身長が来るに過ぎない

84 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 23:43:04 0
孔子、孟子、祭リン、王陽明は白人だとおもう
朱喜だけはモンゴロイドなんだよね

85 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 00:31:19 0
まあ昔は白人も比例して小さかったから2cmだとすると突然変異体にかわりない

86 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 00:32:31 0
>76
いやあ、チェ・ホンマンがあの顔で白人だとは気づかなかったなあw

87 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 00:43:44 0
孔子の時代は人肉食の習慣があったから栄養過多で背が伸びたんじゃねーの?

88 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 00:47:08 0
>>87
人肉の塩辛が好物だったらしいな。
最愛のホモ弟子がそういう目にあわされてからは食わなくなったらしいが。

89 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 03:53:09 0
まあ俺も白人だと思う
モンゴロイドの知能では紀元前まえに抽象的思考ができるとはおもえないので
他の哲学者で黄色の哲学者が他にいればまだ救えるんだけどなあ

額が突き出て目が引っ込んでて瞳は蒼目てどう見ても別の新種だろ

90 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 04:00:15 0
tu-ka

孔子が白人なら
東洋のモンゴロイドは古代から現代まで
白人を拝んでたてことになるのかね

哀れっw

古代の中国のヨーロッパ系の骨がでている以上
あとは様々な状況を踏まえて黄色より白の可能性がぶっちゃけ高い訳よ

立正責任の転換という言葉がある
孔子がモンゴロイド種であるという根拠をお前等が提示しないと孔子は白人であることが確定することになる
孔子がモンゴロイド種であるという根拠なんて多分誰も提示できないだろ

91 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 04:43:14 0
子牛は朝鮮人並みの認定だなw

92 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 04:50:49 0
monngoroidotoha

inkabunnmeigaseizeinarennnchuudesu

93 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 05:28:31 0
孔子「だけ」が白人ってのも不自然な話で、
古代中国人の何割かは白人だったのだろう。

94 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 05:33:21 0
そうそう
多分頭の言い白人が古代の中華文明の基礎をつくったのだとおもう
孔子だけじゃ無いよ
その他の有名人だって下手すりゃ全員白人だったかも


95 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 11:25:22 0
ヨーロッパ系白人のDNAが出たのは山東半島あたりだろ。

96 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 11:48:10 0
>>69
日本史学者が記紀を絶対視してるなんてことはないだろ
机上の作文がある程度含まれているであろうことを前提とした上で参考にされている
当時の史料がほとんど残っていないんだから仕方ない
反証があるならそれについて議論になるし、絶対視されていると言うことはない

>>90
立証責任の転換はそっちが根拠を示してから、ということになるんだが
白人をそんなに凄いと思うなら、手続踏んだ上で研究した成果を論文にして発表しろよ
形式も整ってない憶測を提示して反証を求めるのはトンデモ科学者やトンデモ宗教家と同じ

97 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 11:52:19 0
紀元前の哲学者は全員コーカソイドだろ
古代中国の哲学者だけがグレーなんだが
こいつらだけはイエローというのは理論の飛躍だろう
他の哲学者が皆白なんだから孔子とかもきっと白なんだろうと思考するのは当然ではないか

98 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 11:54:09 0
というわけで孔子とかには白の推定が働いている
ディスカッションならば今度はそちらが孔子は黄色であると言う証拠を挙げる番だ
それがなけれは孔子は白で確定する

99 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:02:00 0
孔子が白であると思われる根拠は以下の通り

・古代の中国北部の先進地帯はコーカソイド系の民族の骨が多数
・孔子の容姿はコーカソイドの面立ちである
・白人独特の抽象的な思考と理屈。理屈屋
・紀元前にモンゴロイドが生み出した哲学者はいない→当時のモンゴロイドにまだこういう思考は不可能

といろいろ根拠があるわけだが

孔子が黄色であるという証拠は一切無い
あくまで先入観と期待だけで孔子はお前達と同じ黄色だろうと思い込んでいるに過ぎない

もう一度言おう
ここまでくれば立証責任は逆転する
孔子が黄色であると言う証拠を提示しろ

100 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:12:19 0
ディスカッションは口げんかではない
手続が守られていることが必要だ
それが守られていない主張はそれがより確からしいとしても採り上げられることはない
そこいら辺を理解できないバカが一般民衆相手に講釈垂れてトンデモ繰り返した挙げ句、
偉い学者は反証をもってくることも出来ない、などとうそぶくが、恥を知れ
そう言った意味で、こいつは学者相手じゃなく匿名の相手に吠えてるだけ身の程を弁えているようだが
それなら最初から言わなければいい

101 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:16:41 0
でもお前は反証を持って来れないんだよね

102 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:19:40 0
孔子と呼ばれていた人物がコーカソイド系であることについて、
なにも立証されてないからな
反証する対象が無い

103 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:22:14 0
このキチガイ、3っつのスレで独演してるな。

104 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:24:17 0
・古代の中国北部の先進地帯はコーカソイド系の民族の骨が多数 ←物証
・孔子の容姿はコーカソイドの面立ちである ←資料と記録に基づいている
・白人独特の抽象的な思考と理屈。理屈屋  ←生物学的(理系的)見地からの推論
・紀元前にモンゴロイドが生み出した哲学者はいない→当時のモンゴロイドにまだこういう思考は不可能←状況証拠

十分に立証しているが



105 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:26:10 0
・紀元前にモンゴロイドが生み出した哲学者はいない→当時のモンゴロイドにまだこういう思考は不可能←この一行だけでも十分妄想です><


106 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:27:24 0
じゃあ
一人でもいいから挙げてよ

勿論中国系はあげるなよ
循環論法になるからな

107 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:28:25 0
一つ聞くが、裁判外でどんなに物証、資料、推論、状況証拠を挙げたところで
それが何かを立証したことになると思うのか?
あと1項目目と3,4項目目は孔子と呼ばれた人物について直接的には何も言っていないのと同じ

108 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:28:55 0
>>99
> 孔子が白であると思われる根拠は以下の通り
>
> ・古代の中国北部の先進地帯はコーカソイド系の民族の骨が多数
それ以上にモンゴロイドの骨のほうが多数出土してるのでは?

> ・孔子の容姿はコーカソイドの面立ちである
会ったことあるのか?

> ・白人独特の抽象的な思考と理屈。理屈屋
論語を読んでもそう抽象的な話はでてこないと思うが

> ・紀元前にモンゴロイドが生み出した哲学者はいない→当時のモンゴロイドにまだこういう思考は不可能
現代の学問の体系自体が西欧の遺産を発展継承したものだから、仕方ない。


109 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:29:09 0
釈迦もプラトンもアリストテレスもソクラテスも皆白人だね

110 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:29:29 0
>循環論法になるからな
お前が無理やり循環だといいはってんだろ。無理やり白人だと言い張って。


111 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:30:11 0
釈迦はネパール系のシャカ族だからコーカソイドではない

112 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:33:35 0
>>107
なるよ
例えば、泥棒が捕まって
物証が見つからない場合

前科の有無というのは大きく裁判官の心象を左右する

「こいつは前も泥棒やってたんだから、今回も駄目だろ」

みたいな推論が働いて有罪になる場合もある

同じ理屈で
前回も白人前々回も白人
それなら今回も白人だろうね
となるわけ

113 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:35:19 0
>>112
お前バカだろ
もうご託は良いから、さっさと持論を撤回するか学会で発表しろ

114 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:37:25 0
>>112
推定無罪ってことをしらないのか?

115 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:37:49 0
とっくに西洋人が学会で発表している
骨も出土しているし
今はこちらの方が歴史の主流になりつつある

116 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:41:20 0
ハイハイw
じゃあ通説になったら教えてくださいね

117 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:44:37 0
>今はこちらの方が歴史の主流になりつつある
こいつは絶対近いうちになんかやらかすな。妄想が現実と入れ替わってる。真性のキチガイだ。

あれは臨淄などの北方でコーカソイド系の特徴をもつ人骨が見つかっただけで、全員じゃないだろ。
匈奴みたいな騎馬民族によるものか?って言われてるだけだ。

118 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:46:22 0
>>108
・古代の中国北部の先進地帯はコーカソイド系の民族の骨が多数
それ以上にモンゴロイドの骨のほうが多数出土してるのでは?

確かにそうだが
頭のいい白人が知的階級や支配階級になるのが世の常
孔子とか始皇帝とか武帝、祭倫などは白人だろうと思う
出土されるモンゴロイドの骨は奴隷か貧民層の骨

> ・孔子の容姿はコーカソイドの面立ちである
当時の人の記録から述べている

> ・白人独特の抽象的な思考と理屈。理屈屋
論語を読んでもそう抽象的な話はでてこないと思うが

つ孝、礼、忠

> ・紀元前にモンゴロイドが生み出した哲学者はいない→当時のモンゴロイドにまだこういう思考は不可能
現代の学問の体系自体が西欧の遺産を発展継承したものだから、仕方ない

んなこたーない
東洋の釈迦や孔子だって公平に西洋で評価されている

119 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:47:50 0
>>118
こいつは釈迦や孔子も白人だって言い張ってるよ

120 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:50:39 0
>孝、礼、忠
これはどう見ても具体的な道徳だろ。
エートスだとか万物の根源のような観念とは全く違う。

121 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:59:34 0
286 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 12:13:25 0
事実としてインカ文明以上の文明は無かっただろ
モンゴロイド単独では

もう何度も言いたくないからあらかじめいっとくと
中華文明は白人起源だからな

中華がなかったらその周りも当然石器時代のままだったことになるからね
そうするとモンゴロイドがコーカソイドの影響なしに作れる文化で最も水準が高かったのは
インカ文明くらいじゃん

541 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 08:54:32 0
モンゴロイドってなんで数学が不得意なんですか

174 :世界@名無史さん:2007/06/20(水) 04:36:40 0
猿がついにプヒョッタか

反論できないよな

モンゴルという略奪国家が唯一の歴史に置ける自慢とは哀れ
モンゴロイド発祥の文明は存在してない
これが現実

一応断っておくが中華文明も白人が作っているからね

完全にナッシング

ネグロイドでさえエジプト文明を作ったのにな
猿に近いとは哀れだ

お前は生物学を習った方がいい
黄色に理系は酷な話かも知れないが

122 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 13:02:07 0
257 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 01:53:34 0
執拗にモンゴロイドを叩いているのは、おおかた母ちゃんが米兵に股開いて生まれた混血児だろ?
幼少期に周囲から受けたイジメへのルサンチマンをネカフェ辺りから書き込んで晴らしているのか?

264 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:00:38 0
>>257
混血は畜生の類だからな

267 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:16:10 0
比喩的な話だが
ゴキブリと恐竜の混血があったとしよう
純粋なゴキブリ一匹より竜の血が流れている方が当然強い種である事は疑いがない

268 :世界@名無史さん:2007/06/22(金) 02:18:53 0
>>267
レオポンはライオンどころか豹よりも弱いらしいぞ。
お前の頭が緩いのは母ちゃんの股が緩いのが遺伝してるのと同じで、遺伝とはいい所ばかりじゃなく悪いところも遺伝すんだろ?

123 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 13:44:28 0
www

124 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:00:08 O
誰か論理の飛躍の応酬を止めろwww

125 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:10:02 0
>>124

古代の中国人は白人だったの?2
1 :世界@名無史さん:2007/06/07(木) 05:23:21 0
中華文明も白人がつくってたのかな

スレタイやスレ立てからデンパ級の飛躍だからな。

126 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:10:28 0
半二で学んだことがある
2chは議論に適さず一人の明確な意図をもった荒らしに脆い
板関係なく雑談以上のものにはならない前提で利用するのが吉

127 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:13:41 0
古代アメリカ人はモンゴロイドだったんだよ
信じられる?

128 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:31:14 0
最近は、先史時代のアメリカ大陸にはコーカソイドもニグロイドもいたと言う仮説があるらしいな。
あくまで仮説だが。ディスカバリーチャンネルでやってた。

129 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 14:37:25 0
>>128
それをインディアンが虐殺したわけ。


130 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 23:04:22 0
アメリカ大陸の古代先住民はヨーロッパ白人よりアイヌに近いが、
白人優越主義者は意図的に誤謬しヨーロッパ白人がいたと強弁している。
西欧優越主義ではコーカソイドからイランやソグドを外し無理やりヨーロッパ白人と
繋げたがる癖がある。


131 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 23:16:24 0
南米のオルメカ文明の遺跡には黒人と白人、インディオとおぼしき人種がまとめてレリーフになっているのがあるらしい。

132 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 23:26:38 0
いくら個では優越性を誇る白人といえども
ゴキブリのように湧くモンゴロイドに飽きれて土地を捨てただけだろ
殺しても殺しても雲霞のごとく湧くモンゴロイドは確かに石器時代までなら
優位性を保てたかも知れないが

今のように科学技術がはったつした時代では
繁殖力などは大した長所ではなく
それよりもこの優越性が重要となってきた

133 :世界@名無史さん:2007/06/23(土) 23:47:14 0
派遣元からネカフェにご帰還おめでとうございます。

134 :世界@名無史さん:2007/06/24(日) 00:01:59 0
ここに行って

くっさいおまんこのくせして、偉そうにしてんじゃねえよ


ってレスするとあら不思議、女子高生が必死にレスしてくるよ

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/keitai/1181923243/

135 :乱世:2007/08/11(土) 15:37:03 0
人種別知能指数  ユダヤ人 北東アジア人 ユダヤ以外の白人の順

中華文明をモンゴロイドが創って不思議はない。

俺たちが教えられた世界史は、白人が世界を侵略し植民地化し収奪することを
正当化するためにねつ造した代物に過ぎない。

ではなぜ白人は世界を征服できたのか?
近代までを見ると、やせて生産性の低い土地、ヨーロッパ諸民族同士の絶えざる戦争
、宗教的争い、ペストの流行など、同時代の世界の民族のなかで一番貧しく不幸で惨めで
不安定で、民族内部でも他民族との関係においても、最も殺し殺され続けた特殊な
民族だったからだ。






136 :世界@名無史さん:2007/08/11(土) 15:48:07 0
ユダヤ人は「白人」じゃないだろー。ある意味もっとも遠いんじゃないのか?
そんなことより周代と古代ローマ帝国って似てるね。
西周も西ヨーロッパも北方からくる蛮族に滅ぼされて、
洛陽とコンスタンティノープルが長安とローマに代わって栄える
ところなんかそっくりじゃん。でもローマ帝国のほうはその後
一度もローマとイスタンブールを統一した帝国が生まれなかったねー。
欧州にとって帝国といえばローマ帝国しか思い浮かばないのも
無理はないのかも。

他に支那帝国とローマ帝国と似てる箇所ってあるかな?



137 :世界@名無史さん:2007/08/11(土) 15:51:25 0
それとその知能指数ってペーパーを解く能力だろ?
そんなの科挙と官僚制を創始したモンゴロイド諸国が
いい点とるに決まってるじゃん。
その代わり想像力は世界最低レベルだけどなー。
モンゴロイド帝国の発明品は科挙と官僚制の確立とともに
滅びつつあるだろ。
その代わりペーパー試験が重視されない欧州の、
なんと豊かな発明品!
科挙の民族性をなんとかしない限りモンゴロイドは
再び日の目を見られないぞー。

おしまい。


138 :◆TCygujgOWY @株主 ★:2007/08/11(土) 16:09:52 0
お前ら面白い議論してるな。

139 :世界@名無史さん:2007/08/11(土) 16:59:29 0
殷代の遺跡にコーカソイドの犠牲者(あのころ殷人は首狩族と一緒)が
見つかったそうで。

140 :世界@名無史さん:2007/08/11(土) 17:04:51 0
白い鳩がまっさきに標的にされるように、
古代中国の白人も、虐殺の時に集中的に狙われたんじゃね?

141 :世界@名無史さん:2007/08/11(土) 19:54:25 0
>>137
想像力?wwwさすが漫画脳(笑)

142 :世界@名無史さん:2007/08/12(日) 10:36:34 0
創造力のマチガイだー。ゆるせ。

143 :世界@名無史さん:2007/08/12(日) 10:46:31 0
欧州文明は古代ローマとメソポタミア、イスラム文明のごった煮だろ。
古代ローマ文明?はメソ、エジの混血だし。
そしてエジプトって壁画をみるかぎり、なんかインド人を力ずくで
モンゴロイド風にした感じじゃない?現代にああいう見かけの人っているかな?
「ハムナプトラ」で古代エジプト人女性を演じた人がいたけど、
あれはラテン人をちょっと色黒にし、さらに上品にした感じだよね。
でも支那文明だけは孤立した文明に見えるよね。もちろん、黄河や長江一帯に
多数の文化・文明があって、それが一元化されて支那文明になっているんだけどさ。
モンゴロイドが古コーカソイド(標準人類?)から分かれたのが2万年くらい
前でしょ?それから氷河期を抜けて、黄河一帯で独自に文明を開花させたんじゃ
ないかなあ。后稷とか支那世界に文明を運んできたのはメソポタミアからの
コーカソイドだったかもね。

で昔に欧州を荒らしまわったヴァイキングにモンゴロイドがいたって話し小耳に
はさんだけどほんとう?

144 :世界@名無史さん:2007/08/12(日) 11:30:16 0
>>137
「銃・病原菌・鉄」読んでみ。
遺伝的な人種に根ざした優劣議論がいかに無意味かわかるから。


145 :乱世:2007/08/12(日) 13:45:25 0
>>144
そのとおりだな。
人種なんてものは無いという考えが最近の主流。

人種問題は歴史同様、いわゆる白人達のねつ造の産物だ。

146 :世界@名無史さん:2007/08/13(月) 14:13:35 0
古代ギリシャ文明やらも怪しいしな

147 :世界@名無史さん:2007/08/13(月) 14:20:52 0
すぐれた文明は白人にしか創り出せないって?バカか!くだらねえこと
こいてんじゃねえよ。19世紀頃白人のどこかのアホが愚にもつかない
朦説をぬかしていたのを同調してんじゃねえよ。

148 :世界@名無史さん:2007/08/13(月) 21:12:19 0
>>147
19世紀白人じゃなくてこの人↓

植田信太郎(東京大学)
斎藤成也(国立遺伝学研究所)
王瀝(中国科学院遺伝研究所)

149 :世界@名無史さん:2007/08/14(火) 16:06:46 0
電車の中で日本人を侮辱するオーストラリア人
ttp://jp.youtube.com/watch?v=gb_RqwdblcA

山手線でハロウィンパーティー
ttp://www.youtube.com/watch?v=JeG8r76dnYY
ttp://www.youtube.com/watch?v=h99S44TRAXY

大阪で暴れるオーストラリア人
ttp://www.youtube.com/watch?v=hl43DXrTEA0

キセル乗車の方法を実演する外国人
ttp://www.youtube.com/watch?v=c_T3agVXoQ4
ttp://www.youtube.com/watch?v=9s2AkjqL9CQ
ttp://www.youtube.com/watch?v=B2efCLR-55A
ttp://www.youtube.com/watch?v=C7wr8mfs9jg

アメリカの白人が電車内で日本人をからかい馬鹿にする映像
http://www.youtube.com/watch?v=XfBOcCWXftc
ニュージーランド白人
http://www.youtube.com/watch?v=HZ-Oy5VP6_0

One reason I love japan
http://www.youtube.com/watch?v=L0SQayFXo2I&NR=1

Another reason I love Japan
http://www.youtube.com/watch?v=bcCf4WZ-qdk&NR=1

Canadian Assholes "Great Gaijin Ambassadors"
http://jp.youtube.com/watch?v=X2Ms08IQK4o



150 :民族派:2007/08/14(火) 23:43:03 0
あまり毛唐が日本国内で調子づいていたらシメてやろうぜ。

151 :世界@名無史さん:2007/08/14(火) 23:57:47 0
>>148日本人なのに愚かな学者もいたもんだ。

152 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 09:44:06 0
古代の中国人すべてが白人だったというのは嘘だけど、
古代中国の支配階級に白人的容貌の持ち主がいたことは事実だよ。
劉淵とかね。地続きで大なり小なり人口の流入・移動もあった時代だから、
西方からやってきた白人的集団が、商人、官僚、農牧をやっていても
なんら不思議ではない。
そして、そのことを学術的に証明するのが、例の山東半島人骨なわけだ。
2000年前の人骨DNAは現代の中央アジア人に近く、2500年前の人骨DNAは
トルコ・ヨーロッパ人に近いという。
果たしてその名残なのかどうなのか、いまも山東半島には東洋人離れした
骨格の持ち主が多い。参考までに山東省の男性の平均身長は175センチだ。
女性にしても非常に背が高く、頭の小さく、脚の長い、白人モデルを思わせる
後姿の体型の持ち主が当たり前のようにいる。

153 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 10:50:27 0
>>152愚劣な耄説をどこまでほざくのやら。

154 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 11:03:37 0
始皇帝の瞳が青かったってのは支那の「偉い人は外見からして
違うのだ」という描写の方法ってだけだろ。三国時代の
孫権なんて「碧眼、口が大きく、紫の髪で、手は腰より長い」
とか化け物みたいな風貌にされてる。

155 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 11:15:46 0
白人におもねっているばかが多数いるが、日本から出て行って白人のケツ
なめているかチンポコくわえるか奴隷でもなっちまえよ。

156 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 13:44:46 0
もうなってます

157 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 16:04:14 0
純粋な白人国なんて日本以下の国ばかりじゃねーか欧州なんざ2流ばっかだし

158 :世界@名無史さん:2007/08/15(水) 21:30:38 0
日本はGDPでしか国の価値を測れない池沼が住む国

159 :世界@名無史さん:2007/08/16(木) 16:57:05 0
人種論ほどくだらんものは無いと前置きした上で、
古モンゴロイドと古コーカソイドの差はあんまないらしいな。

160 :世界@名無史さん:2007/08/16(木) 22:38:40 0
鼻が高い、彫りが深い、ってゲルマン系よりラテンのが多いような希ガス。


161 :世界@名無史さん:2007/08/16(木) 23:06:36 0
ソグド・ペルシャを飛ばしてゲルマン・ラテンなどというのは無理がある。


162 :世界@名無史さん:2007/08/17(金) 01:45:27 0
>>160
おまえらがみてる白人のほとんどはケルト系だ

163 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 12:09:16 O
ベルクマンの法則

北と南では違う

北は背が高く大柄

南は背が低く小柄

ラテン系は彫りが深いがアングロサクソンに比べて背が低く小柄でコーカソイド地中海は背が低い奴多いじゃん

古代中国人がコーカソイドだったことにはならない

164 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 13:11:10 0
フンザの人たちはパキスタン人に見えないよね


165 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 21:05:21 0
>>163でも北に住んでるコーカソイド(欧州人)って
もとは暑い地方出身だったんだろ?
だから鼻が高く耳殻がでかく体が大きく、体内の熱を逃がしやすい構造に
なってるって。

166 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 23:09:05 0
age

167 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 23:18:05 0
イラン・アフガニスタンのあたりでは、セレウコス朝の時代からパルティア前半まで
ギリシア人文化が栄えた。兵馬俑同様、ギリシア風彫像が作られた。だが、古代イラン人を
イラン人がギリシア人だった、とは言わない。
兵馬俑では、明らかにアーリア系中央アジア人の容貌の像も見つかっているから
古代中国に西洋の影響があったことは間違いないと思われる。イランでも、
ギリシア風彫像は、ギリシア人の影響であり、ギリシア文化交替とともに、もとの
オリエント風に戻ってしまった。
また劉淵は、匈奴出身で、匈奴は多数の民族を従えていたし、匈奴の遺物から
西洋風の鬼瓦などが見つかっていることから、劉淵がアーリア系であった可能性は
ある。
秦の郡県制などアケメネス朝の官僚制との類似もあるし、
古代中国に、ギリシアや中央アジアの影響および人的流入があった
可能性が高い。よって印欧系の容貌をもった子孫がでてもおかしくはない。
だた、印欧系といっても、ゲルマン系の金髪碧眼と、地中海・イラン系では
容貌が異なる。古代中国に白人勢力の影響があったことは間違いないが、
中国人全体が白人だったとはいえないと思う。これは古代イラン人が
ギリシア人だったといえないのと同じである。

168 :世界@名無史さん:2007/08/18(土) 23:55:21 O
元はみんな黒人。

169 :世界@名無史さん:2007/08/19(日) 16:22:14 0
黒人に比べて白人というかコーカソイドの鼻が高くなったのは、積極的な遺伝子選択によるもの。
古代ゲルマンでは鼻が精力の象徴とされて大きいほうがもてた。
漫画で老人が鼻が長くかかれてるように、鼻は一生成長する。白人老婆は鷲鼻だ。
老け顔マンセーの文化といえる。


ぎゃくにモンゴロイドはネオテニー(幼形成熟)を意図的に選択した。
黒人や白人に比べ、アジア人は成熟ははやく、しかも成長も早く止まる。
早く子孫を残せればそれだけ有利。

いま欧米では幼児ポルノがうるさいから、子供モドキの童顔の白人女性を探して代用してるが
その供給源はロシアマフィアなのだという。やはりアジアの血の入った白人は幼く見える。

170 :世界@名無史さん:2007/08/19(日) 23:05:18 0
西域の先住民はインド・ヨーロッパ系だったと最近判明したし(発掘調査による遺骨の鑑定から)、
古代中国がインド・ヨーロッパ語族の文化的影響の下に成立したって説もあながち妄説じゃないと思う。
実際、色々分からなかった点がすっきりする。
たとえば中国における、戦車や車輪、青銅器や鉄器がどこからきたか?また、甲骨文字が突如と
して完成された文字として出現しているのは何故か?インド・ヨーロッパ語族特有の観念、"父なる天の神"
と中国における"天"の信仰が類似しているのはなぜか?おなじように抽象的な天を崇拝している。

人身御供に関する殷と周の違いも興味深い。殷は周知のように人間を生贄として捧げていたが、
これは南米の諸文明と同じで、モンゴロイドの社会は多くの地域で同じ様な風習を持っている。
実際、殷とインカやアステカの宗教儀礼とは結構似ていたと言っても良い。
ところが、周になったらこれらの儀礼は急激に衰退する(全くなくなったわけではないが)。
周は西方から来た部族ということで、元は遊牧民だったようだが。奇妙な一致を感じないだろうか?

171 :世界@名無史さん:2007/08/19(日) 23:36:09 0
>>169
つまり結論はコーカソイドのロリは萌えないって事でおk?

172 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 05:06:23 0
>>170
人身御供は、キリスト教化以前の古代ケルトやゲルマンでも、かなり盛んで
あったのではないか?
殷の王墓は、シュメールのそれに極めて酷似していたそうだが・・・

173 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 05:18:14 0
ロリってのは成長途上だから子供のうちはどの人種もさほど差が無い
鼻が高くなったり背が高くなったりする以前の段階だから
ゆえにモンゴロイドなど早く成長がとまる人種は、より大きくなるほかの人種から見ると
自分の子供に感じられる(マッカーサー元帥が日本人は10歳といったのが典型)

しかし逆だと怪物に見える、白人が黒人をモンスターよばわりしたように

実はエスキモーや南米インディアン、黒人など(文明の洗礼を受けてない)世界の未開部族に
美人とされるハリウッド白人女優をみせると「老けてる。こりゃ怪物の顔だ」と嫌悪感を示す。
ぎゃくに日本人女優はそこそこ可愛いという評価を得ている。

174 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 07:07:29 0
>>172
したら、むしろシュメール人が中国文明を作った可能性があるのかな?
漢字のルーツは楔形文字とか

175 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 09:57:51 0
>>174
唐代に陸路でイラン人が、海路でアラブ人が渡来したそうですが、イワユル
先史時代にも同様のことがあったのかもしれません。
周は印欧語族に関連があるようですが、殷は、シュメール、エラム、ディルムン、
インダス等インド洋諸国と既に交流があったのかもしれません。
山東半島の人骨は、印欧語族のものではなく、海路で渡来した人々のものでは
ないでしょうか。
印欧語族は、イワユル古代においては、中世のトルコやモンゴルらと同様の蛮族
であったとおもわれます。
クレタとミケナイ、エトルリアとローマ、エラムとペルシャ等、非印欧語族の
影響により、印欧語族は遊牧民から定住都市民になったようであります。
イスラム教をトルコ人が創ったのではないように、また、モンゴルのように征服する事
はありえたでしょうが、古代印欧語族が中華文明の起源そのものである事は、
極めて可能性が低いのではないでしょうか。

176 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 23:05:58 0
>>170
>戦車や車輪、青銅器や鉄器がどこからきたか?また、甲骨文字が突如と
>して完成された文字として出現しているのは何故か?

これは確かに謎だねぇ。でも、未だ伝播経路は明らかになっていない。中央アジア一帯
を掘り返す必要があるのだが、いずれも政情不安。ウーム。

177 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 23:31:20 0
自分も最初中国人白人説をトンデモ扱いしていたけど
最近は考慮に値する仮説だと思ってきた
つーかヨーロッパと古田中国には似ている部分が多過ぎる

178 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 23:36:26 0
普通に電波だっての常識あればそんなのにはかからない

179 :世界@名無史さん:2007/08/20(月) 23:46:22 0
だが遅くとも秦時代はすでにモンゴロイドだろ

だって兵馬俑のテラコッタウォーリアーズはみんなモンゴロイドの顔しているから

180 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:21:39 0
文化的伝播と人種的移住は、区別して考えましょうよ。

181 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:23:31 0
長頭のコーカソイドっぽい人骨なら、たぶん新モンゴロイドに進化する前の古モンゴロイド
オーストラリア原住民に近いとも言われてる。黒人だか白人だかよくわからない連中
縄文人の仲間
白人の長頭指数が100とすると縄文人も100だから、骨だけだと誤認する

滅んだ理由・
古モンゴロイド縄文人の精子は薄く、新モンゴロイドのほうが繁殖力が強かった。
たとえば雑居してると、古モンゴロイドの子種ではなかなか妊娠しない
新モンゴロイドの子種だと妊娠する、というような違いがあったらしい。
むかしは厳密な一夫一妻ではなかったから、なおさら滅亡が早まった。


182 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:41:34 0
中国の戦車が、最初から、スポーク付きの
車輪であることも謎だわ。
戦車の起源は、シュメール人らしいが、
スポーク付き車輪の発明は、ヒッタイト。
中国の戦車は、スポーク付き車輪の段階
からのものしか、見つかっていない。

183 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:45:33 0
>>173
>自分の子供に感じられる(マッカーサー元帥が日本人は10歳といったのが典型)

おまえ馬鹿だろ。
マッカーサーが「日本を12歳」と言ったのは民主主義の成熟度のことを言ったのであって
人種の外見を言ったのではない。別に東条英機や天皇陛下が子供に見えたわけじゃない。


184 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:49:20 0
>>179
あれは殉死の代わりの像だろ
だから、形作られるのは奴婢とかいった低身分の人が多いと思われる
モンゴロイドの顔つきが多いということは逆に
支配階級が白人で、奴婢がモンゴロイドと言う説の裏付けになるわけだが

185 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:51:28 0
お前ら本当に本を読んでるのか
酷いおしゃべりだ

186 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:52:38 0
しかし、殉死にあれだけ精巧な彫像を作ったんだ。始皇帝陵を
発掘したら、始皇帝像がでてくるかも。どんな容貌だったんだろうね。
赤く目が光ったとかいうけど。

187 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:52:43 0
>>173
>ロリってのは成長途上だから子供のうちはどの人種もさほど差が無い
>鼻が高くなったり背が高くなったりする以前の段階だから

白人の子供と日本人の子供を間違えるバカはいないよ。
12歳の少年でも日本人の大人より彫りの深い顔している。

188 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:53:12 0
>兵馬俑なんてまさに白人が作ったような像じゃん
もしモンゴロイドが殉死の代わりに納棺するような像を作れば
確実に埴輪のような出来になるはず

189 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:53:21 0
以下のサイトを見て頂きたい。
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/pithe/pithekan/sison/sison03.html
東西の原人の顔比較。右がアジアの平坦顔、左がヨーロッパの突出顔。
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/pithe/pithekan/sison/img/06.jpg
アジアの原人は平坦顔で、ヨーロッパの原人は突出顔だ。
なんのことはない原人の代から既にアジアは平坦顔でヨーロッパは突出顔なのだ。
現代人の頭蓋骨の違いも全て自然環境適応の違いだ。


190 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:54:49 0
歯のサイズは、エイプ>猿人>原人>インディアン>アボリジニ>弥生人>本土日本人>縄文人>アイヌ
ttp://www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJIN/132.html

アイヌは古モンゴロイドではない。
縄文人から独自進化した末裔だ。


191 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 00:59:16 0
>>169
>ぎゃくにモンゴロイドはネオテニー(幼形成熟)を意図的に選択した。

これではモンゴロイドの大顔と大きな歯冠は説明できない。
ネオテニー化した人種は小顔でなければならない。

↓超大顔だった頑丈型猿人
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/oogao/img/02.jpg

白人と日本人が顔を並べたら、大概は日本人のほうがエラのはった大顔をしている。
白人のほうがネオテニー化している証拠だろう。


192 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 01:03:12 0
>>181
>長頭のコーカソイドっぽい人骨なら、

コーカソイドにも短頭の民族はたくさんいる。
南フランスや東ヨーロッパの多くは短頭だ。


193 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 01:04:26 0
日本人が現在の短頭になったのは、比較的最近の話で、
明治時代あたりまでは中頭、鎌倉時代は頭示数74.9以下の長頭だった。
頭示数59なんて超長頭の人骨も発見されてる。
日本人は古墳時代から鎌倉時代まで長頭化現象が続き、一時期は現代のドイツ人より長頭だった。
そこから折り返して、今度は一転して700年間短頭化現象が続き、
日本人男性が頭示数80.0以上の短頭になったのは20世紀も半ばになってからだ。
これには日本全国で発掘された頭骨資料に基づく連続した統計がある。
因みに最近、日本人の短頭化が止まったらしい。以下の記事は2002年の新聞にも載った。
>産業技術総合研究所の研究員によると、鎌倉・室町時代から続いてきたとされる
>日本人の短頭化現象が、約700年ぶりに止まった可能性が高い。短頭化とは、真上から
>見た場合、横幅が広くなる傾向のことで、人類学や考古学上でも謎とされている。
>今後は、欧米人同様の長頭化(前後に長くなる)になる可能性もあるという。

実際に、最近の日本の若者は長頭化の傾向にあるそうだ。
tp://www.odori-kyousei.com/co.htm
脳研究で有名な川島教授も、最近の若者は長頭化の傾向があると言っている。
この日本人の長頭化・短頭化現象の原因については、未だ万人に納得のいく説明はなされていない。


194 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 01:07:04 0
一方的な妄想スレだな、顔がどうとかw

195 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 01:16:56 0
>>169
>黒人や白人に比べ、アジア人は成熟ははやく、

世界でもっとも早熟なのはポリネシア人で、
歯の萌出時期,初潮が世界標準より1〜2年早い。
だがポリネシア人は巨漢に成長し、オランダ人の平均身長が
160cmなかった18世紀に170cmを超えていた。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/amadis/1997/hawaii.html


196 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 01:40:26 0
まあ「欧州人がすべての航路を発見した」というのは大嘘だわな。
古代からメソポタミアあたりからの海路を使って支那にまで来たやつが
いたかもしれないし。明代に鄭和が通った海の道ね。
欧州人が開発したのは欧州の西端から喜望峰経由、アラビアと
大西洋経由アメリカ大陸だけだろ。

197 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 07:01:30 0
実は中国古代の神の概念はアーリア人のそれに以外と似てる。
アーリア人の神の特徴は天への崇拝。印度土着民の性器崇拝や蛇信仰と著しい対象をなした。
また、印度の護摩やゾロアスター教に見られるように、火を崇拝する傾向もある。

古代中国の神「帝」も天空神。単に太陽神とかいうのではない抽象的な天空神。
また、帝の古い字形は人が燃える薪を捧げる構図になっている。古代中国では火の崇拝もあったと見られる。
古代中国に唐突に発達した戦車が出現することを考えると、印度でのようにアーリア人の侵入・征服があり、
それが古代中国での文明発達を促した可能性はあると思う。
これまた印度のように土着民との混交が進んで、次第に人種的特徴は失っていったろうけど。

どうだろう。そう妄説と片づけたもんでもないと思うけど。とにかく中国での文明発祥については未解明の事が
多すぎる。甲骨文字の唐突な出現とかね。シュメールではトークンから文字への連続的な進化の過程が明かになっている
が、甲骨文字の出現はあまりにも唐突。

198 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 09:14:33 0
>>154
でもわざわざ
白人に似せるような描写をするかね

199 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 15:01:35 0
ペキン原人とか今の人類と何の関係もないんだが・・・
いまの全人類はアフリカで現生人類まで進化して、世界に広まった
なんか知識も何もなくて白人マンセーしたい馬鹿がいるな

白人とみれば股を開く肉便器のうんだ恥ずかしい混血児だろうか

200 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 21:41:37 0
黄河文明と長江文明・・・? 長江文明は白人に滅ぼされたのか?


201 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 23:32:08 0
北京原人って完全に滅んだんじゃなくて、
中原人と溶け込んでるってきいたことあるんだが。


202 :世界@名無史さん:2007/08/21(火) 23:51:18 0
古代中国人はムー大陸のものだった、その子孫が今の日本人である

203 :世界@名無史さん:2007/08/22(水) 00:06:08 0
ムー大陸の提唱者、チャーチワードによると、ムー大陸の支配階級は白人で、
日本人とマヤ人は白人の子孫で兄弟関係にあり、中国人もまた白人の子孫らしい。
彼らがモンゴロイドと言うのは間違っていると激論をぶち挙げている。

どんな顔を見て言ってるんだかw
あ、そうそう日本人とメキシコ人は互いに言葉が通じるんだって・・・!!!

204 :世界@名無史さん:2007/08/22(水) 04:00:01 0
>>201
バーカ

205 :世界@名無史さん:2007/08/22(水) 06:51:06 0
どうすれば中国は日本を征服できたか?
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1186291753/

206 :世界@名無史さん:2007/08/22(水) 12:11:47 0
>>203
メキシコにいる原インディオの一部には、ウラルアルタイ系と同じ文法の言語を
持つ集団がいるので(主語述語の語順が同じ)、おそらくその事を言ってるのではないか?

207 :世界@名無史さん:2007/08/28(火) 01:35:08 0
ゴビ砂漠が湖だった頃

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1087800821/

208 :世界@名無史さん:2007/08/28(火) 01:59:21 0
金髪碧眼の蛮族どもは古代文明コンプレックスが激しすぎ
お前らが一番オリジナリティーないんだよ
ギリシア・ローマのパクリ野郎

ttp://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040618
ギリシャ彫刻には色が残っていないが、
遺跡から発掘される陶器に描かれた古代ギリシャ人は
黒い縮れ毛に黒い瞳、それに褐色の肌で、
現在のギリシャ人と変わりがない。
たとえばこのサイトは古代ギリシャ人の人種に関する学術的考察。

http://www.geocities.com/dienekesp/hellenes.html

ところが「古代ギリシャ人は金髪碧眼に白い肌だった!」
と言い張る連中がいる。
白人至上主義者たちである。
彼らにとってヨーロッパ文明の源である古代ギリシャは
白人のものでなければならないのだ。
ナチス・ドイツは
「古代ギリシャ人は金髪碧眼だったが、
劣等人種と混血して現在のようなギリシャ人になった。
正統な古代ギリシャ人の子孫は我われドイツ人だ」
と主張し、そのためにベルリン・オリンピックを開催した。
そしてついにはギリシャを侵略、占領してしまったのである。
また、ナチスは「第三帝国」を自称してローマ帝国の後継者であると
勝手に主張した。
ドイツ第一帝国とはゲルマン人が
ローマの名前を無理やり引き継いだ神聖ローマ帝国である。

5世紀まで「野蛮人」だったというコンプレックスを抱えたゲルマン人たちは、
千五百年以上にわたってギリシャ・ローマの歴史を奪おうと奮闘してきたのだ。

209 :世界@名無史さん:2007/08/28(火) 05:40:06 0
紀元前800年頃の西域南道人のミイラ

http://inoues.net/china/silkload_uigr62.jpg

210 :世界@名無史さん:2007/09/24(月) 16:37:36 0
殷の発掘の本読んだが、なかなか凄じい。
最大1度に600人以上の生贄(もちろん人)。
年中祭日で、祭日の度に生贄の首を切り、その上に王宮等を建てる。
大量の生贄が必要なんで、戦争を仕掛けては人狩りをする。
政治はシャーマンに牛耳られ、占いのとおりに政治が動く。

アステカ、インカと全く違いはないわな。モンゴロイドのダークサイドに
堕ちた文明?と言う感じ。
周は西方から来たんだっけ。まあまあうまく矯正できた方じゃないの

211 :世界@名無史さん:2007/09/25(火) 11:54:03 0
今のヨーロッパと古代ギリシャを結び付ける事自体が、幻想なんだろうね。

212 :世界@名無史さん:2007/09/25(火) 13:05:06 0
>>208ところでこの前「古代エジプトのなんたらかんたら」なんて
テレビみてたら、エジプト人のミイラ、その隣になぜか完全に
ローマ顔をした粘土像?みたいなのが横たわっていて、それはミイラの
復元図といいたげな感じだったのだが、
あれってなんだったんだろ?

213 :世界@名無史さん:2007/09/25(火) 14:33:19 0
>>210そのころゲルマン人はなにしてたん?

214 :世界@名無史さん:2007/09/25(火) 19:19:37 0
>>213
セム系、ハム系、印欧系の生贄は大抵家畜。旧訳聖書に言う犠牲の山羊や犠牲の羊。
人が捧げられたのではないか?と疑われるミイラもあるが、少数で特殊な事例だし、
そもそも生贄だったがどうかも不明なものがほとんど。

>>210
兵馬俑も人身御供の文化があったればこそですな。

215 :世界@名無史さん:2007/09/25(火) 23:49:35 0
>>210
シュメールのウルの王墓も同様ではないか?

>>213
ウィッカーマンは人身供犠ではないか?


216 :世界@名無史さん:2007/09/27(木) 08:25:41 O
携帯からすいません
>>84
朱子の方が王陽明より理論的だと思うのですが。
朱子は抽象的な存在論から、それを基礎として人性論を展開しましたが、
陽明は朱子学が理解できず、流刑地で一種の悟りを開いて、ほぼ倫理的な部分でのみ朱子学を批判しました。

あとモンゴロイドがどうかは知りませんが
荘子や名家には抽象的な話が多いですし、
戦国末の墨家は自分たちの使う言葉を分析して定義していたらしいです。

詳しくもないのに携帯から長々とすいませんでした。

217 :世界@名無史さん:2007/09/27(木) 08:28:36 O
今更どうでもいいですよね。
すいません

218 :世界@名無史さん:2007/09/29(土) 10:44:12 0
http://mbe.oxfordjournals.org/content/vol17/issue9/images/medium/mbev-17-09-12-f03.gif
これは、斉の首都だったlinzi住民のDNAの解析結果なのだが、
2500年前のlinzi住民は、モンゴロイドではなく紛れもないコーカソイドだった
2000年前になると、コーカソイドとモンゴロイドの間になり、今現在はモンゴロイドである。
斉といえば中国の東端にある西ユーラシアからかなり離れたところの有力国だから、
同時期の中国人は、おそらくlinziだけでなくコーカソイドだっただろう
それが、次第に北の遊牧民族と南と農耕民族と混血し、現在の中国人になったのではないか。
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396




219 :世界@名無史さん:2007/09/29(土) 13:54:06 0
白人って最強だな
アメリカもヨーロッパ系だし

220 :世界@名無史さん:2007/09/29(土) 22:53:26 0
中国人って
他のアジアの人達と比べると
体格がすごくいいよね

やはり白人の遺伝子が有るの家も

221 :世界@名無史さん:2007/09/29(土) 22:55:34 0
>>218
凄いよ。決定的な証拠だと思う。
斉は西周時代からの有力諸侯国。あの太公望スースが開いた羌姓の国でしょ。
諸国の中で最も学問が盛んだったことでも有名だし(蜀下の学)。
殷の人達が羌の人達を虐殺したから周が殷を倒した。彼ら周の面々はもしかしたら
金髪碧眼の人達だったのかもしれない。ナタクちゃんとか(単なる伝説だっけ)。

222 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 03:08:46 0
結局
東アジアでおこった文明もまた白人がクリエイトしたんだな

モンゴロイドは残虐なだけがとりえで自ら文明をつくることができんとな

223 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 04:36:45 0
東の果ての文明でさえ白人によるものだったら、モンゴロイドの存在意義って・・・w


224 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 05:29:12 0
>>218
古代中国人は、スキタイのように、五胡十六国の時に滅亡したという事ですな。
古代中国の長江流域は、アマゾン河流域のような未開地だったそうだが・・・

225 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 08:14:31 0
>>221
斉は羌姓でなくて、姜姓。ま、羌と同族と言われてるけど。後、細かい
ことだけど「稷下の学」。

周から白人だったのか?殷から白人だったのか?二里頭(夏?)時代から白人
だったのか?と言うことだな。殷の末期に突然戦車と文字が現れるので、俺は
殷まではモンゴロイドの文明だったと思いたいのだが。周に代表される
白人部族がこれらを西方から持ち込んだのでは?

>>224
長江流域にも三星堆遺跡がありました。青銅器は非常に高度なものを作っています。

226 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 08:49:05 0
>>225
三星堆は、いわゆる古代、春秋戦国期まで存続していたのでしょうか?
インダス文明やモホスのように、いわゆる歴史時代まで持ち堪えられず、
漢代には長江流域は人口希薄地帯だったのでは?

227 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 11:52:06 0
>>42
>史記はオリエント古代史、ヘブライ史、ギリシャ史、ペルシャ史、及び周辺史をそっくりそのまま、武帝までの『シナ古代史』として
漢訳・移植したものである。

司馬遷は、とてつもない博学の持ち主だったことが分かった。ありがとう。
でも彼はどうやってこの膨大な外国の知識を得たんだ?



228 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 12:21:56 0
日本は正式に第4の大きい経済の体になります

2006年、日本GDP(PPP)はインドに上回られます。

1米国 13,201,819
2中国 10,048,026
3インド 4,247,361
4日本 4,131,195

世界銀行の統計
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29


229 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 12:25:39 0
>>218
ミトコンドリアの解析からでた結果ですばらしいの一語に尽きる。

ただ現代において、同じ塩基配列を持つミトコンドリアをもっている人が、アジア・
ヨーロッパ・その他の地域にいることも分かっている。

ミトコンドリアの分析と白人・黄人(黄色人種)・黒人の区別とは関係がない
のでは?

要は、2500年前のlinzi住民と2000年前のlinzi住民は現代のlinzi住民
と同じような黄人に近いものであった可能性もあるのではないか?

肌の色・眼の色と、人種と、ミトコンドリアの関係は現代の科学では明確になって
いるのか?

白人といっても黒い眼・黒い髪の人は多い。碧眼は白人を規定するものではないのでは?

疑問ばっかりですいません。


230 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 12:39:49 0
「※肌の色や風貌と実際の人種との関連性がないことは最近のDNA分析からも証明
されている。」 と書いているサイト。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%A8%AE

231 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 13:11:00 0
中国トゥーランドット

http://www.youtube.com/watch?v=QFhrY8fkIYQ

232 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 18:53:39 0
>>229
ミトコンドリアDNAは母親からしか受け継がれないので、系統関係をたどる上では
最適のツール。同じ塩基配列のミトコンドリアDNAを持つと言うことは、過去の
いずれかの時点で母親が同じだったということです。
>同じ塩基配列を持つミトコンドリアをもっている人が、アジア・ ヨーロッパ・その他の地域にいる
同じ母親から生まれた人達の末裔がアジア・ヨーロッパ・その他の地域にいると
いう事ですね。別におかしな事ではないです。

218の研究が正しいとするなら、2500年前(戦国時代後期の斉)の臨緇の人達は
現在のトルコ人よりもヨーロッパ人(=印欧語族)と近縁だったということになります。
古記録に言う姜族とは、印欧語族系遊牧民だったのでしょうか?そしたら太公望姜子牙も
また?
謎は深まりますね。

233 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 19:31:31 0
漢人が、バクトリアを大夏、ローマを大秦と呼んだのは、かの地こそが本国だからなのだろうか?

234 :世界@名無史さん:2007/09/30(日) 20:22:29 0
>>225俺もそう思ってる。支那に歴史時代が誕生する
数千年も前から「先進国」だったメソポタミア地方から
優れた文明をもった人々がやってきたのだと思う。
「白人」じゃなくてコーカソイドの一派。
アーリア人などと昔適当に括られてた人たち。

235 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 10:27:46 0
メソポタミアのアーリア人は凄いね

西洋文明も中華文明もどちらの起源でもあるとすれば
人類の文明はすべてメソポタミアが起源と言えちゃうよ

236 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 10:29:16 0
メソポタミアのアーリア人って何だよ

237 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 12:38:07 0
世界最初の文明を担ったのはシュメール人。これはアーリア系ではなく、
現在でも系統不明とされている。そのシュメール人を征服したのが
バビロニアでこれはセム系(ちなみにユダヤ人もセム系)。中東にアーリア系
が現れるのはずっと遅れて、ヒッタイトが最初のアーリア人国家。次いで、ミタンニ、
ペルシャと言ったアーリア人国家が続出するようになる。

238 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 13:56:56 0
長い歴史の中でみれば
世界の中心だった地域は
西洋でも東洋でもなく中東
人類の文明からペルシャの時期まで3000年近く世界の中心だった訳だが

239 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 14:26:02 0
中東>西洋=印度>東洋

240 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 14:49:19 0
GDP「欧州一」射程に ロシア経済指針 2020年までの実現強調

【モスクワ25日藤盛一朗】ロシア経済発展貿易省は、同国の国内総生産(GDP)が
二○二○年までに独英仏三カ国を抜いて欧州一となり、世界五強入りを果たすとした経済発展指針をまとめた。

世界銀行がまとめた、購買力平価で換算した二○○六年のGDP値によると、
ロシアは一兆七千億ドルで世界十位。
発展指針は米国、中国、インド、日本の上位四カ国には将来も及ばないものの、五位のドイツ(二兆五千七百億ドル)、
六位の英国(二兆千百億ドル)などは射程に入ったとの見通しを示した。

ロシア経済は輸出世界一位の天然ガス、同二位の石油がけん引役だが、
同指針は「エネルギー供給国から技術国への転換を図る」と強調。
先端技術産業の振興のほか、世界の金融センターの一角を占めることで、GDPが欧州各国を上回るのは可能とみている。

ジューコフ副首相は二十四日、プーチン大統領に今年上半期の経済成長率は前年同期比7・8%の高成長が続いていると
報告した。

同指針の評価について、ロシア国内の専門家の間では「少子化に伴う労働人口の不足を軽視している」
「ロシア経済の成長は予測以上のテンポで続く」など、悲観、楽観両論が交錯している。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/39897.html


241 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 16:24:07 0
>>238
1219年モンゴル軍によるホラズム滅亡以前、中東は有史以来世界の中心であり
続けたと言えましょう。

242 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 16:44:19 0
日本は正式に第4の大きい経済の体になります
2006年、日本GDP(PPP)はインドに上回られます。

1米国 13,201,819
2中国 10,048,026
3インド 4,247,361
4日本 4,131,195

世界銀行の統計
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29

上海
http://www.youtube.com/watch?v=AU2-iTDG4Hk
http://www.youtube.com/watch?v=KskDG1NeF68

廣州
http://www.youtube.com/watch?v=Enn_AjB6Iw8

中国
http://www.youtube.com/watch?v=wcxqctP_H5s

澳門
http://www.youtube.com/watch?v=UkiP2ZAv9u4&mode=related&search=


243 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 18:24:59 0
オスマン帝国だって中東でしょでしょ

244 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 20:58:04 0
>>241
それが何で今やこんな・・・・。モンゴルに破壊されてからこっちパッとしないな。

>>243
彼らは自称突厥の末裔だけど。トルコの建国紀元は522年が元年。これは突厥が柔然を
破って突厥帝国を建てた年だったりする。

245 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 22:10:05 0
中東人は腐ってもコーカソイド

モンゴロイドやネグロイドより遥かに優秀。今でもね。
日本や韓国のような白人の奴隷には勝てないが。
まぁ日本や韓国は歴史上の大半を中国に朝貢してきたゴミ国家だからね。
白人の奴隷になったところで、歴史的にとくに不自然ではない。中国の文化的奴隷が、白人の政治的奴隷になっただけ。

世界の平均所得(gdp per capita)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/09/GDP_nominal_per_capita_world_map_IMF_figures_for_year_2006.png

モンゴロイド・ネグロイドの地域は今でも圧倒的に低い。逆にコーカソイドの地域は、東欧でも中東でもそこそこ高い。
豊かなのは南ア・日本・韓国という白人の奴隷国家ばかり。
ちなみに戦前の日本の平均所得(gdp per capita)はアメリカの1/5だから、いまではかなりアメリカに近づいていることになる。

246 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 22:29:21 0
中国も遺伝子的に白人国家であるということが立証されれば
モンゴロイドの勝ち組は日本だけだね

247 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 22:30:37 0
そうだね
日本・韓国という国は白人に服従しないと文明化できないことを如実に表している国だ

248 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 22:34:54 0
その日本もとなりに中国がいなければ
いまでも縄文時代だったかもな

モンゴロイドが自力で文明を作れるとは思えないから

249 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 22:39:36 0
確かに日韓の近代化・欧米化というのは歴史的に見ると「中華様」が「欧米様」に入れ替わっただけ

250 :世界@名無史さん:2007/10/01(月) 23:04:00 0
>>248
南米古代文明は全て自力創造ですけど何か?
南米はモンゴロイドしかいませんでしたが何か?
ゲルマン人が山賊や難民やってた頃に、テオティワカンに大ピラミッドと当時世界有数の大都市を築いてましたが何か?
ゲルマン人なんて文明を作るどころか、栄光のローマ文明をほとんど断絶させてしまいましたが何か?
時代が後になるほどせっかくの技術力と知識が低下していった不思議!

251 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 00:07:33 0
漢字には聖書の話が隠されてるんだぜ。
たとえば西は、一人(一)の者(児)がエデンの楽園(口)にくらす所。
義は我が神へのささげものとして羊をささげてる様子。
造は神が土で人を作り、息を吹き込んで動くものにした様子。
船はノアの箱舟に乗った8人(八口人)を表してる。等等。

252 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 00:43:58 0
>>244モンゴルに壊滅、ってのは不適当なんじゃないの?
普通に考えればあの時代にモンゴル帝国によって
すべての文明に大きな「大陸商用路」が安全保障を得て、
東西の中間点にあったそれらの諸都市は
中間貿易等で空前の活況になったと思うんだけど。
欧州海洋帝国が勃興したから内陸国家が衰退しただけでしょ。

253 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 00:47:32 0
>>251漢字(甲骨文字)の成立は旧約聖書より早いんじゃないの?

ところで唐代の李淵の肖像画ってイラン人っぽいね。

254 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 06:57:20 0
>>250
生贄ささげまくりでも文明か?
いや、確かに文明だが、後世に残る知識も技術も一切ないぞ。あの辺りは。
モンゴロイドの汚点にはなっても、あまりモンゴロイドの栄光とは吹聴したくねぇ。
あんなのだったら土人やってた方がまし

255 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 08:44:09 0
16世紀にもなって石器文化だったインディアンをヨーロッパ人が文明化してやった
インディアンは今では鉄器どころか、化学物質すら使いこなせる
モンゴロイド・ネグロイドが文明を築いた事など一度もなし。日本・韓国・南アのように白人に統治されないと有色人種は近代化できない。
歴史が証明している。メソポタミア・エジプト・ペルシャ・ギリシャ・ローマ・アラブ・イスラム・西欧米国、すべてコーカソイドだ。
そもそも黄河文明なんか、他の文明に比べてかなり遅れるしね

>メソポタミア文明(紀元前3500〜3000年)、エジプト文明(紀元前3000年)、
>インダス文明(紀元前2500年)、黄河文明(紀元前1600年)
http://www3.nit.ac.jp/~ito/shagaku/book/324book92.htm

256 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 09:58:30 0
>>250
ケッツァルコアトルやビラコンチャの伝説は?

257 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 10:51:01 0
>>252
普通に考えれば、ウルゲンチ、ニシャプール、バクダード等主要都市が
破壊され、人口が激減している状況を、空前の活況と言うのでしょうか。
フラグ・ウルスが、百年もたずに分裂崩壊したので、イランとイラクの
人口は、1218年当時に回復できなかったのではないでしょうか。
かのローマ帝国の場合も、アントニヌス・ピウスの頃はまさにパクス・
ロマーナでありましょうが、オクタビアヌスの頃はガリア、イリリア等、
死屍累々のままであった事でありましょう。
大虐殺の後、人的資源が回復し文明が繁栄するためには、二百年以上の
治安の維持が必要なのではないでしょうか。

258 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 11:23:02 0
>>257
いや、そこまで壊滅的に殺してないと思うぞ・・・
普通に考えたら、これから支配する土地の人間を殺しすぎて無価値にする
なんてことはしない。

259 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 11:50:32 0
野蛮人のモンゴロイドは恐ろしい
モンゴルに支配されたあと、チグリス川は、二つの色に変わったらしい
殺された民衆の血で赤く染まったあと、学問や宗教の書物が流されたため青く染まった

モンゴロイドは文明を破壊できても、文明を築けない



260 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:05:35 0
>>258
確かに、現代的に考えれば、カンクリ族のみをターゲットとして、全イランを
無血占領、もちろん、バクダードも無血占領後、アッバース家もルーリック家
や高麗王家のように懐柔温存となったはずでありますが・・・

261 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:38:31 0
>>244
トルコ建国紀元は、やはり、1071年を元年とするのが、妥当でありますな。
イスラム暦元年の622年に対抗する為に、いささか無茶しているようですな。

262 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:38:42 0
>>259
何かの間違いで文明らしきものを作っても死屍累々。
人狩りをして、駆り立てた人間を大量に犠牲に捧げる変態倒錯文明が関の山。
>殷、アステカ、マヤ、インカ、その他・・・。
恐るべしモンゴロイド

263 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:49:52 0
>いわゆる4大文明、エジプト、インダス、メソポタミア、黄河文明について書くこと、
>そのうち代表例として黄河文明にふれること、という指導があるんですが、
>じゃあ、縄文文明はどうなるんだよ、と思うわけです。今言った古代文明よりも
>縄文文明の方がはるかに古いんですから。土器がメソポタミアは八千年前くらいですが、
>縄文はその倍くらいの古さがある。世界最古の土器文明なんですよ。
http://www.tsukurukai.com/02_about_us/04_pass_02.html

モンゴロイドにはろくな歴史がないから、歴史捏造に走るんだろうな。
都市社会も農耕社会も文字使用も金属使用も始まっていないのに文明だってさ(笑)

264 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:51:20 0
>古代の中国人は白人だったの?

人肉を食べると肌に何ともいえない不気味なツヤが出て、やがて真っ白になるんだそうな。



265 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 12:56:01 0
>>253
旧約聖書は、元来シュメールが起源では?

ノアの洪水は、ペルシャ湾ができた時の伝承では?

266 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 13:11:49 0
モンゴルの拡大というと頭ごなしに殺戮・破壊・略奪というイメージが強調されてきた。
もちろん本当に戦闘にいたった場合は避けがたい悲劇もたしかにあった。だが、その際で
も、従来言われてきた大虐殺などはほとんど確認できない。誤解の元には、モンゴルに
支配された側のあきらかに意図した叙述や曲筆、過大な表現なども多少あるが、やはり
おもには後世の人間特に近現代の歴史家達の思い込み、偏見にもとずくところが大きい。


267 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 13:29:43 0
初めトゥガイ・カンに率いられて降伏した兵達は,郊外の1ヶ所に集められ,生命だけは助けられるという期待は裏切られ,そこで全員殺されてしまったのである.3万人以上の兵と,20人の指揮者が含まれていたとも言われる.大量虐殺である.
それから,城から出された住民達も郊外の1ヶ所に集められたが,その内,技術者,職人の3万人は,チンギス・カンの一族に分け与えられるために遠く蒙古高原へ送られ,他に同数の3万の男達は攻城作業のために徴せられた.
残った物はどれだけあったか不明だが,恐らくは使いものにならない老人や女子供達許りであったのであろう.これらの者は20万ディナールの身代金を払うことによって,廃城となったサマルカンドの町へ戻ることを許された.
しかし,サマルカンドの町へ戻っても,徴発はなお次々に行われた.暫くしてサマルカンドは見る影もない無人の都に化してしまったのである.
(井上靖著「西域物語」,朝日新聞社,2003/6/1《オン・デマンド版》,p.95-96)

糞の土人モンゴル人
モンゴロイドの代表的存在だ


268 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 17:50:10 0
>>266
世界統一市場の実現の為には、いかなる犠牲も惜しんではならない!

モンゴル万歳! アメリカ万歳! グローバリズム万歳! 

269 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 17:59:52 0
野蛮人モンゴル人と文明人アメリカ人を同一視するな

270 :世界@名無史さん:2007/10/02(火) 22:34:41 0
古代メソポタミアやインドなどの文明を受け継いで発展させた「白人」は
彼らが欧州の物まね国家とさげずんでいる日本人と同じだよ。

271 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 02:35:06 0
>>263
縄文と弥生は、極論すれば、ビザンツとトルコ、アステカとスペインであると
言えましょうから、国粋主義者が縄文を自慢する事は、実に滑稽でありますな。
古代中国人の大多数が白人であったのならば、まさに、上に同様でありますな。

272 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 08:23:06 0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
アニメが一般に受け入れられなくなった最大の原因12 [アニメサロン]
それでもロボットアニメ!30 00 [アニメサロン]
エヴァ以降に放送されたヲタ向けアニメのほとんどは [エヴァ]
【避難中】超合金魂Vol.121【開店休業】 [おもちゃ]
2ちゃんねるで過大評価or過小評価されてるアニメ2 [アニメサロン

273 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 10:45:44 0
>>269
最近は、堺屋太一などモンゴルとアメリカを関連付ける主張が、目立つようでありますな。

274 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 11:09:17 0
>>270
ぜんぜん違う
ギリシャ文明やローマ文明は通常、中東の文明とは独立した文明とされるが、「日本文明」を独立した文明と考える学者などほぼ皆無。
(そういえば日本文明やらアフリカ文明やら言ってた政治学者がいましたな)
特に「近代日本」を独立した文明と考える主張するなんて滑稽そのもの。
影響を受けたのは事実としても、エジプトとギリシャの「断層」を認めて別のものとするのが通常
>>273
軍事力に優れた国家という点では共通していても文明という観点では全く共通しない

275 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 12:18:01 0
実は朝寝鼻貝塚からは6000年前の小麦とハトムギのプラントオパールも稲と
同時に検出されており、小麦が中国よりも数千年も前から、ハトムギが
江戸期伝来の通説よりも5500年以上も前から栽培されていた事になってしまい、
改めてプラントオパールの調査自体が極めて疑わしいと言わざるを得ない。


岡山市の縄文時代の貝塚「朝寝鼻(あさねばな)」を調査している岡山理科大の
考古学チームが1999年4月21日、「縄文前期の土壌から稲の細胞に含まれる
プラントオパールが見つかった」と、発表。約6000年前に「米作り」が
行なわれていたとする発見で、稲作の歴史が縄文前期にまでさかのぼることになった。
このプラントオパールはイネ科の葉の細胞内に含まれるケイ酸体の粒子で、同貝塚の
下層(深さ2メートルの土壌)からのサンプルを採り調査したところ、356点の
サンプルから10点、形状からジャポニカ(短粒種)とみられる稲のプラントオパール
が検出された。また、稲のほか小麦とハトムギのプラントオパールも見つかった。
http://www.local.co.jp/news-drift/agri-99kome.html

276 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 18:14:40 0
>いわゆる4大文明、エジプト、インダス、メソポタミア、黄河文明について書くこと、
>そのうち代表例として黄河文明にふれること、という指導があるんですが、
>じゃあ、縄文文明はどうなるんだよ、と思うわけです。今言った古代文明よりも
>縄文文明の方がはるかに古いんですから。土器がメソポタミアは八千年前くらいですが、
>縄文はその倍くらいの古さがある。世界最古の土器文明なんですよ。
http://www.tsukurukai.com/02_about_us/04_pass_02.html

モンゴロイドにはろくな歴史がないから、歴史捏造に走るんだろうな。
都市社会も農耕社会も文字使用も金属使用も始まっていないのに文明だってさ(笑)

277 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 18:16:34 0
>>276
縄文と弥生は、極論すれば、ビザンツとトルコ、アステカとスペインであると
言えましょうから、国粋主義者が縄文を自慢する事は、実に滑稽でありますな。
古代中国人の大多数が白人であったのならば、まさに上に同様でありますな。

278 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:10:42 0
>>274出たよ「無から文明を創り神に成り代わった白人」思想の人。
それ70年ほど前の思想だぞ。あんた何歳?

279 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:19:59 0
縄文先期の土器など、新人類がユーラシア大陸の東端に達して、やっと築いた
文明の記念碑的な遺物と言えないか。あ〜素晴らし!

280 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:37:11 0
>>278
それじゃあ、エジプト文明はメソポタミア文明のパクリだし、中華文明はインド文明のパクリだな
一定の断層が認められたら、別の文明として扱うのは当然
ギリシャ文明が中東やインドから少なからず影響を受けたのは事実としても、その断層は大きく独立した文明として扱うのは当然
>>279
ちなみに、縄文土器が最古の土器というのはウソ
>広西チュワン族自治区桂林廟岩遺跡、同柳州大譚遺跡では暦年代2万年前に遡る土器が発見されている。
>中国河北省虎頭梁遺跡などから、1万6500年前に遡る土器が発見されている。
http://masakawai.suppa.jp/encartaAA/bunka/saikonoinasaku/saikonoinasaku.html

281 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:44:44 0
>>280ウリナラ文明も支那とは断絶していたニダ!黒葡萄原人が無から
すべてを創ったニダ!彼らのIQは30000超えてるニダ!
・・・なに見てるニカ!!

282 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:50:57 0
>>281
それは妄想
朝鮮文明とか日本文明とか縄文文明とかはただの妄想です

283 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:52:07 0
日本とか朝鮮とか糞未満の歴史しかない属国に生まれると歴史捏造に走る可能性が通常の3倍以上になる

284 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 22:58:36 0
英語版wikipediaの文明(civilization)という記事の古代文明という項目に、
エジプト文明やインダス文明やメソポタミア文明・ギリシャ文明・ヴェーダ文明・黄河文明とならんでコリア文明なるものが書き込まれている。
http://en.wikipedia.org/wiki/Civilization

縄文文明といい、コリア文明といい、小中華思想は恐ろしいものだな。
そのうち琉球文明とかも言い出すかも知れん。

285 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 23:10:37 0
そーいや、中国に行ったときに、ガイドさんが真顔で「沖縄語って日本語ですか?」
って話していたっけ。

インドネシアの留学生も「沖縄の人って日本人と違いますね」とか言っていたっけ。

何言ってんだろかね?沖縄の文明は「沖」の縄文文明だよね?え、ちがう?

286 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 23:22:30 0
な わけねーだろ この素人童貞が!


287 :世界@名無史さん:2007/10/03(水) 23:33:29 0
>>280
その最古の土器製作者は、おそらく南方系古モンゴロイドであり、縄文人の
祖先、同胞ではないでしょうか。
印欧語族、アルタイ語族のような同じ語族だった可能性があります。
おそらく、氷河期において当時陸地であった東シナ海が、分布の中心であった
のでありましょう。海進により生息地の多くを失い、新モンゴロイドに駆逐
されていったのでありましょう。

288 :世界@名無史さん:2007/10/04(木) 07:09:49 0
>>284ギリシャ文明が独立した文明として入ってる時点でなあ。

289 :世界@名無史さん:2007/10/04(木) 12:17:27 0
はいかわらず日本人のヨーロッパコンプレックスは凄まじいな
日本の長年の宗主国・中国なんかヨーロッパや中東・インドからすればカスみたいな存在だもんな
黄河文明とかギリシャ文明より新しいし発展性もないし、カスみたいというかカス未満だな

290 :世界@名無史さん:2007/10/04(木) 12:24:34 0
古代の独立した文明のなかでもギリシャ文明とインド文明(インダス・ヴェーダ)は別格
なにより発展性が桁違い

291 :世界@名無史さん:2007/10/04(木) 23:55:58 0
>>290
インドはカースト制・・・
後にはサティー(寡婦の火あぶり)・・・

どうだか

292 :世界@名無史さん:2007/10/05(金) 08:07:51 0
無から発生した古代ギリシャ文明が欧州の祖先とかいうデンパはまだ生きてるのか?

293 :世界@名無史さん:2007/10/05(金) 08:15:09 0
俺もヨーロッパのような独自の文明を持つ世界有数の文明地帯に生まれたかった
ヨーロッパ生まれじゃなくてもいいからヨーロッパ系がよかった
文明人としてのアイデンティティを保てない、まさにイエローモンキーだ

294 :世界@名無史さん:2007/10/05(金) 22:49:02 0
文明の中から、原爆や水爆が生まれたのは考えさせられる。

295 :世界@名無史さん:2007/10/05(金) 23:54:26 0
美しい白人
http://handicap.scenecritique.com/20922.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21107.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20915.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20841.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20827.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21123.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21222.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20840.jpg

醜い中国人
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/08/img/m88428.jpg
http://www.minghui.jp/2007/03/26/m292289.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q101/q101-4.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q505/q505-4.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q110/q110-4.jpg
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/08/img/m19524.jpg
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/06/img/m11982.jpg

モンゴロイドのアジア人は何でこんなに醜いのか

296 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 03:14:52 0
外見は重要か?欧米か?

297 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 07:09:21 0
>293
つまり、自分には何の能力もないから、せめて何もしなくても
(できなくても)「白人だから偉いんだぞ」と威張っていたい、
というわけか。情けないですね。

298 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 08:41:35 0
欧州の植民地統治がアメリカが台頭するまで大成功だったのは
こういった「肌の色を省みない自称白人」という中間搾取をする
現地人の協力のおかげが大きかったとか。
で、こいつらはアメリカが植民地帝国を追い出すとそのまま
旧宗主国に逃げ帰り、現地で「中華街」とか形成してるんだよな。


299 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 16:33:50 0
自民党のことかっ!!

300 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 17:19:59 0
>>297
どんな能力があっても、所詮はキイロだからね
歴史に照らし合わせると滑稽そのもので、キイロ人が文明人のふりをしているのは、
キイロ人がHIPHOPをしているのと同じで滑稽
黒人が演歌を歌っているようなもの

301 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 17:32:03 0
白豚シロンボが威張ってる方が滑稽

302 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 17:36:00 0
ヨーロッパ人の唯一駄目なところは、黄色猿だけでなく中東やインドという文明地帯の人まで見下すところだね
黄色猿や黒色猿は見下してもいいが、北インド・西アジア・インドの人はちゃんとした人間なんだから見下すのはやめるべき

303 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 17:53:26 0
ヨーロッパって何十も国あるのに一国として日本より優れた国作れないね
所詮生まれながらに劣ってるんだろう

304 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 18:02:59 0
実質GDPランキング

1米国 13,201,819
2中国 10,048,026
3インド 4,247,361
4日本 4,131,195

世界銀行の統計
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29


305 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 18:05:49 0
モンゴロイドというのはコーカソイドに支配されることでしか文明化したことがない
有色人種で唯一、近代化できたのは白人に統治された日本・韓国・南アだけだ

>>304
人口が多い中国・インド・日本が異常に有利
繁殖力だけに優れる東アジア人

306 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 18:13:50 0
スタンフォード大学名誉教授のルイージ氏によると、古代エジプト人の人骨の形状は、
現代のエジプト人、要するにコーカソイドと共通し、モンゴロイドやネグロイドとは共通しないという。
The History and Geography of Human Genes. Princeton University Press.

モンゴロイドって5000年以上に渡ってコーカソイドに負け続けてるよな
一生釈迦でも拝んでろ

307 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 18:37:14 0
白人に統治されたら幸せになれる
日本人・韓国人は戦前には北米や西欧の30%以下の経済水準で生活してた糞未満の土人だが、
白人に統治された結果、今では北米や西欧の50%〜70%程度の経済水準だ。南アも白人に統治されたオカゲで豊かな国だ。
アメリカの黒人も、かなり高収入だ。アフリカ人の何十倍、何百倍の経済水準だ。コレも白人のおかげ。
アフリカ系アメリカ人というのは数百年前まではアフリカで土人として生活してたが今では世界有数の金持ちグループだ。
モンゴロイドは、歴史的にインド人を崇めてきたように、今度はヨーロッパ人を崇めればいいんだよ。


308 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 22:32:17 0
今さらヨーロッパはない、アメリカがあるから欧米とついでに評価されてるようなもの。
大体歴史的にインドなんて崇めてないし。

309 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 22:40:06 0
アメリカは自他ともに認めるヨーロッパ系の国で主要民族はヨーロッパ系民族ですから
有色人種は白人に統治されないと近代化できない

310 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 22:42:45 0
ヨーロッパ人は、モンゴロイドやネグロイドというコーカソイドより遥かに劣った存在にも人権を与えてくれる
コーカソイドはなぜ文明的で慈悲深いのか

311 :世界@名無史さん:2007/10/06(土) 23:27:09 0
>>310
慈悲深いと言うよりは、お人好し、愚かの極みでありますな。
余計な事をしなければ、日本は江戸時代のままであろうし、途上国の人口が
増大して移民問題や環境問題等が生じる事もなかったでありましょうな。

312 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 03:24:35 0
現在、始皇帝の墓とされる西安の兵馬俑は、調査したいから写真を取りたい
と申し出ても禁止になっている。理由は明らかではないが、中共政府が自分
たちの歴史の真実が暴露されることを恐れたのであろう。

実際、06年に始皇帝陵の陪葬墓から出土した人骨は、ペルシャ系のDNAが
見つかっている。このことから、秦の時代の軍隊は諸民族の混成隊だったと
思われているようだが、そうではないだろう。兵馬俑の兵士像の顔を見た
だけでも明らかなように、あれはギリシャ人だったと素直に考えるべきでは
なかろうか。

ペルシャの史書には、古代中国大陸はトルコ人が占拠しており、アレク
サンダー大王がバクトリアから洛陽に侵入して市民たちを殲滅したと書いて
ある。むろん中国史にはどこにもそんな記述はない。それは一つには隠した
からであり、全部を借史にしたからであろう。

秦陵墓や兵馬俑とは、実は漢民族の先祖の遺跡ではなく、バクトリアから
侵入したギリシア侵略軍(アレキサンダー軍)の遺跡だったのである。
これが世界にバレれば、当然支那の歴史は全部がデタラメになる。




313 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 07:52:46 0
このスレに70年前のドイツ人とイギリス人の思想が混じってるなw

314 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 10:31:03 0
>>312
いやそれは関係無いだろ
むしろ中国人にも白人の血が流れていると言うことを証明した方が
政治的に有利になるし、中国のアジア支配を肯定する宣伝材料になると思うけど

315 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 17:13:42 0
黄河文明はメソポタミア・エジプト・インダスより1500年近く遅れて成立する
恐らくは、既に文明化した中東かインドから少数の白人が渡来して、中国を文明化したのだろう。
それで、北は遊牧民族と、南は稲作民族と混血して現在の中国人(漢民族)のできあがり
実際、中国人からは僅かながら白人のDNAが見つかる


316 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 17:52:34 0
>>312
漢民族=ドイツ人をプロイセン民族と呼称するような事

項羽のみならず、劉邦らも楚人でありましたから、本来は楚民族と称するべき
でしょうな。
言うまでもなく、楚人は長江の民であり、黄河の民と元来異民族異人種であった
らしい。
周=エジプト  楚=クシュ

317 :世界@名無史さん:2007/10/07(日) 18:55:52 0
周=エジプトであるならば、楚=クシュ

周=ローマであるならば、楚=ビザンツ

318 :世界@名無史さん:2007/10/08(月) 06:34:13 0
というかコーカソイドが中原で文明を作って(農業)、
それを北方から来たモンゴロイドがぶんどったんじゃないの?

319 :世界@名無史さん:2007/10/08(月) 19:09:02 0
>>318
麦作と遊牧は、おそらくコーカソイド起源でありましょう。
稲作は、おそらく旧モンゴロイド起源なのではないでしょうか。
寒冷地出身の新モンゴロイドは、原住地から南下する以前はことごとくが、
狩猟民だったはずでありましょう。


320 :世界@名無史さん:2007/10/08(月) 21:32:15 0

●台湾ニグロ


http://www.tfjhs.ntct.edu.tw/album/gallery/011224_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B/122401_90%E5%AD%B8%E5%B9%B4%E6%A0%A1%E9%81%8B_1200x900_120.JPG


アハハハハハハ



アハハハハハハ



321 :世界@名無史さん:2007/10/08(月) 22:06:09 0
>>316
中国史オタであるワシの見解では、元からの中原の民=斉、魯、宋、晋、趙など
明かに異民族=楚(タイ系)、越(タイ系)、呉(苗族?)、秦(チベット系?)、
中山(北方騎馬民族)など。
漢民族の少なくとも半分は、当初から蛮族。

だが、元々の中原の民であるはずの斉の首都 臨シの住民は2500年前は白人系だったらしい。
となると、周人や殷人も白人だったのか?と疑いたくなる。
周の王族は「姫」姓だったが、姫と言う字の元々の字義は"おとがいが張った女性"。
おとがいが発達するのはコーカソイドの特徴でもある。

322 :世界@名無史さん:2007/10/08(月) 22:40:55 0
日本人よりはコーカソイドの血が入ってそうだけどな

323 :世界@名無史さん:2007/10/10(水) 18:25:58 0
欧州では「遠い混血は馬鹿になる」というが、遺伝的に劣ってるのかもな・・・

やっぱ遺伝距離の遠い二つの設計図をむりやり繋げていくのだし
脳の配線にまちがいがでてもおかしくない。

ましてや親は誰にでも股を開く池沼だし


324 :世界@名無史さん:2007/10/11(木) 01:55:01 0
>>321
始皇帝による統一以前、秦と楚を除く中華諸国は、印欧語を話していたのだろうか?

325 :世界@名無史さん:2007/10/11(木) 04:26:52 0
黄河文明すら白人かよ
白人>>>>>>>>>>混血>>>>>モンゴロイド=猿

326 :世界@名無史さん:2007/10/11(木) 06:26:23 0
黄河文明=コーカソイド +  長江文明=モンゴロイド ⇒ 漢帝国=混血    

327 :世界@名無史さん:2007/10/11(木) 12:33:15 0
比喩的な話だが

恐竜とゴキブリの混血があった場合
ゴキブリ×ゴキブリり子供より

当然に優等だろうな

328 :世界@名無史さん:2007/10/11(木) 13:38:30 0
>>327
日本語でおk

329 :世界@名無史さん:2007/10/14(日) 10:16:32 0
ピンク人種めがッ!!

330 :世界@名無史さん:2007/10/15(月) 05:05:37 0
黄色人は劣等人種
ろくに文明も築いた事がない
それに対してコーカソイドは優秀すぎ

331 :世界@名無史さん:2007/10/15(月) 16:33:47 0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
┃・三次元の女達は低収入混血デブのお前に微笑んではくれない。
┃  あくまでも高収入純血イケメンに対して微笑んでいるのである。
┃・三次元の女には温もりが無い。
┃  いざというときにお前を助けてもくれない。
┃・二次元の世界とは、現実を忘れさせ、                   -――- 、
┃  且つ永遠の幸福へと旅立たせてくれる至高の世界である。  , ‐'´         \
┃                           人          /            、 ヽ
┃                          .<. 。>         |l l /〃 ヽ ヽ} |  l  ',
┃                      バシ!! 彡V \          ljハ トkハ  从斗j │ ハ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━  彡 \         .l∧}ヾソ V ヾソ !  ! ヽ \
                                 \ __  __ リ.人  v‐┐ /" ト、  ヽ ヽ
                                   {心下ヽ /"  >ゝ-'<{   Vl   } }
                                   ゝ<}ノ \  (:::::Y Y:::::!   ヽヘ  { {
                                      7´ ̄ )   )::∨::__::ヽ   }::\ \丶、
                                     /  /  /ィ'´ヽ:::::::::ノ  /:::::::::ヽ ヽ `ヽ
                                     ! ≦∠__ノ:::| /ハ::::/   ゝ、:::::::::`、 リ ノ

332 :世界@名無史さん:2007/10/16(火) 02:42:41 0
麦作と遊牧は、ステップのコーカソイド起源でありましょう。
稲作は、亜熱帯の古モンゴロイド起源なのではないでしょうか。
寒冷地出身の新モンゴロイドは、原住地から南下する以前は
ことごとくが、狩猟民だったはずでありましょう。


333 :世界@名無史さん:2007/10/23(火) 01:10:19 0
中国人直系の祖先といえるのは隋唐だけか。秦漢ぐらいは中国人だと思っていたけど。

334 :世界@名無史さん:2007/10/23(火) 07:47:49 o
ウィキで「白人」検索すると、コーカソイドに転送される
それで、本文には「白人とコーカソイドは同義ではない」というようなことが書かれてある
俺は白人の定義が知りたいんだよ
インド人やイラン人を、コーカソイドだから白人でいいのか

335 :世界@名無史さん:2007/10/23(火) 11:32:27 0
>>334
広義の白人はコーカソイド、狭義の白人はそのうちヨーロッパ人を指す。

336 :世界@名無史さん:2007/10/23(火) 11:35:57 0
白人とは
ゲルマン系(ドイツ・イギリス)国家出身の風貌は北方コーカソイドであって
キリスト教信者であり思想的に西側の国に住んでいる&その国出身の人たちのこと。

見かけが白人以上に白人の金髪碧眼のロシア人は白人じゃない。共産圏に住む人たちも。

便宜上フランス人とユダヤ教徒の北方コーカソイドも「白人」に含まれる。

ラテン系国家(イタリアやスペイン系統)はどちらかというと非白人か
二流白人という扱いらしい。

見た目がアラブ人であるとか黒人の本来のユダヤ教徒などは「白人」から除外。




337 :世界@名無史さん:2007/10/23(火) 11:38:53 0
もう少しいえばゲルマン系のイングランドとドイツと北欧までが「純粋白人」らしい。
ほかのケルト人やアイルランド系の人たちは「1,5流」の白人で、
ラテン系は二流白人、
スラブは非白人。

フランス人とドイツやイギリス出身のユダヤ教徒も白人だが、
これらの格付けは不明。

338 :世界@名無史さん:2007/10/24(水) 23:45:49 0
北欧人って顔立ちが鋭くあまり美しいとはいえないな。

339 :世界@名無史さん:2007/10/24(水) 23:52:10 O
>>338
だがそれが良い

340 :こんな感じ?:2007/10/25(木) 07:21:30 0
最上級白人:ブッシュなどの欧州貴族系アメリカ人(カペーやハプスブルクの家系)、欧州貴族
上級白人:欧州の没落貴族、アメリカの大富豪白人
標準白人:WASP、プロテスタントのドイツ人、北欧人、フランス人
二流白人:カトリックの白人、アイルランド系
亜白人:ラテン系

アンタッチャブル:ユダヤ教徒

非白人:ロシア人、東欧人

下層:東洋人、インド人、混血(カラード)
黒人:黒人

黒人は独特の地位を持っているので。


341 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 09:05:09 0
ところでビル・ゲイツはロシア系移民だけど、彼は白人なのかな?

342 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 13:22:09 0
アメリカや西欧ではスラブ人って白人じゃないんだ。
経済的に西欧レベルに追いつけば白人とみなされるのかな?
外見はどう見ても白人、コーカソイドだから

343 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 13:33:36 0
>>342
クリミア戦争と日露戦争における英仏米のロシアへの対応からすると、
まさにその通りだったのでありましょう。

344 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 15:43:38 0
「白人」ってのは「欧州の貴族」って意味だから。
東欧やルーシは欧州じゃないからな。

345 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 15:48:27 0
スラブ=SLAVE=奴隷っていうのがスラブ民族の由来らしいからな。
英仏独のアングロサクソンから見たらロシア人はいまだに奴隷民族って
わけなのかな?

346 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 16:24:12 0
逆だ、馬鹿

347 :世界@名無史さん:2007/10/25(木) 23:57:36 0
実際イラン人は白人だという自負があるの?インド人は白人の末裔を自負しているらしいが。

348 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 01:00:03 0
そんな自負なし

349 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 05:11:22 O
インド人にだってねーよw

350 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 05:19:44 o
前から思っていたんだが
ウィッキーさんって、おもっきり日焼けしたコーカソイドなの?

351 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 06:45:13 0
スラブはスラブ語で「高貴な」って意味の形容詞で、スレイブとは関係ないよ
ゲルマン人もスラブ人からすれば日本人や韓国人は猿だけど

352 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 06:49:17 0
ゲルマン人やスラブ人からすれば、って意味ね

353 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 11:11:13 0
その「スラーバ!スラーバ!」言ってたやつに奴隷が多いから
奴隷という意味の英語がスラブになったんだろ?

354 :世界@名無史さん:2007/10/26(金) 21:44:19 0
>>351-352
某スレに帰れ

355 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 05:01:51 O
某スレ浸透してるなw

356 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 14:13:33 0
そういえばアフリカのマサイ族ってコーカソイドなんだって

357 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 15:44:17 0
>>356
アラビア半島から渡ってきたコーカソイドと混血しているんだろ。


358 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 15:47:44 0
ケニア、ソマリア、エチオピアは北アフリカからきたコーカソイドと
混血しまくりだ。
逆にエジプト人、リビア人、モロッコ人も黒人とどっぷり混血している。
古代エジプト人も混血だった説がある。




359 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 15:53:50 0
そりゃ混血だろ。欧州人の髪がもじゃもじゃだったり、波打っているのは
黒人と混血している証拠だそうな

360 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 16:35:15 0
>>359
日本人は北京原人と混血したから剛毛なんだよ。


361 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 16:38:24 0
>>360
それは一昔前まで真面目に言われていた説で、
日本人と北京原人は歯の形で共通点が多い。


362 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 16:46:27 O
>>361
今では完全に否定されてるけどね。
ゴリラとチンパンジーの交配が出来ないのと同じ。

363 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 18:06:33 0

普、斉、燕、衛、魯 = コーカソイド
秦 = トュルク系
楚 = 漢人
呉、越 = 漢人、ベトナム系

364 :世界@名無史さん:2007/10/27(土) 20:58:53 0

月氏、匈奴、周、普、斉、燕、衛、魯 = コーカソイド
丁零、東胡 = アルタイ系
秦、羌、氐 = チベット系
楚 = 漢人
呉、越 = 漢人、ベトナム系




365 :世界@名無史さん:2007/10/28(日) 18:37:36 0
兵馬庸がモンゴル顔なのは秦が特殊で、モンゴロイド系だったからということか。
でも兵馬庸を作ったのはもちろんコーカソイドの職人たちだったろうな。
ああ、斉が中国を統一した歴史だったなら、東亜の情勢ははるかにマシになってたろうに。

366 :世界@名無史さん:2007/10/28(日) 20:43:35 0
殷周あたりはコーカソイドというか現在のウイグル自治区にいるような
人たちが大多数だったんじゃないの?それから段々北方の純モンゴロイドというか
なんというか新モンゴロイドに押されて現在の支那の大多数の人種が
形成されたんのでは?

367 :世界@名無史さん:2007/10/28(日) 21:08:55 0
>>364
匈奴は蒙古の先祖だと思う。後のモンゴルのクリルタイに似た風習が記録されてる。
呉、越は明らかにタイ族でしょ(古書にある越歌がチワン語で解読できるそうな)。
後、斉と羌は多分同族。羊に人→羌。羌の女性→姜。姜子牙→いわゆる太公望で斉の開祖。
ちなみに周の王家は当初姜族からずっと奥さんをもらってた。周と姜族は近親の部族と思われる。
つまり、羌・姜・周はそのルーツは同じで、ともに元は遊牧民族だったと思われる。


368 :世界@名無史さん:2007/10/28(日) 21:42:16 0
>>365
某スレに帰れ

369 :世界@名無史さん:2007/10/28(日) 21:51:31 0
>>367
月氏、羌、周、斉 = コーカソイド

羌は、従来の学説とは異なり、チベット系ではないという事なのですな。

370 :世界@名無史さん:2007/10/30(火) 03:58:16 0
>>365
秦人は、項羽による虐殺で、中東のアッシリア同様に、ほぼ絶滅したのではないだろうか。
斉人らは、漢代を通して存続したであろうが、黄巾や五胡の戦乱により、結局は自滅して
しまったと言えないだろうか。

371 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 15:36:54 0

本物の白人見たことあるのか?
白人は、こんなに美しいんだぞ?

Corinna Kinga Femjoy
http://corinnakingafemjoy.blogspot.com/


372 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:20:51 0
中世にイスラム商人がアフリカの黒人を奴隷として売るようになり、15世紀後半になると、
ポルトガル商人が黒人奴隷をヨーロッパに売り込み始めた。
欧米の資本主義の原始的蓄積は、黒人奴隷労働を利用することによって強行された。

オリエント世界のイスラム商人は世界中で交易していたから当然アジアにも来た
げんざい中国でもイスラム系は多く住んでおり回族という。
南中国では、四世紀半ばから南海の黒人奴隷が数多く輸入された。
そのせいか中国南部の顔立ちは鼻が広がっていて黒人に似てるといえなくもない。

中国王朝は奴隷をほしがったが、その供給元になっていたのは周囲の異民族だった。
モンゴルに対し、金は「夷をもって夷を制す」政策を取り、モンゴル部族を互いに戦争させ
さらに荒野に軍隊を送り、人を殺しさらう「減丁」政策もとった。
華北の裕福な家庭の殆どはモンゴルの下男を買っていたというから格好の収入であった。

ジンギス=カンの親族も父親をはじめ多く殺され、さらわれており、モンゴル民族の恨みは
ここにはじまる。悪とされるジンギス=カンの戦いは同胞を救う戦いでもあった。
もちろん中国貴族の奴隷供給源はモンゴルだけではない、チベットなど西方、朝鮮など東方
南方は黒人が流れ込んできた。

日本も戦国時代は、いくさに負けた領民は戦勝国に連れ去られ、奴隷にされ売られた。
NHK大河ドラマの主役・武田信玄は戦争を始めるときに多くの縄を用意するので有名だった。
義将上杉謙信は、戦争が終わると城下で先頭に立ち、声をからして奴隷の叩き売りした。
これら日本人は商人に買い集められ、堺など港に集められ中国商人や宣教師に叩き売られた。

この元凶であるキリスト教と奴隷売買をたちきり、おおくの日本人を奴隷を救った偉人が
NHK大河ドラマでつねに貶められてる秀吉公だ。(これは彼も下層の出のためとされる)

373 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:22:28 0
モンゴル帝国は中国を南人・北人におおきくふたつに分けた。
人口比とは南人が85%、北人は15%とされる。
モンゴル人が一番上で、つぎは色目人北人で、南人は一番下とされた。

明の洪武帝は豊臣秀吉とおなじく乞食同然の坊主の出であり、とうぜん奴隷を解放して
農民を手厚く保護する重農政策を取った(フランス重農主義も中国の影響といわれる)
明の洪武帝が元を北に追いやった時、優遇された色目人やモンゴル人の約100万人、
中枢いたものは虐殺された。
モンゴル人や色目人は同民族との婚姻が禁じられ漢民族としか出来なかった。
法を破った者は鞭打ち刑を受けた末、奴隷にされた。

これは注目すべきことで同民族との婚姻が禁じられれば混血して滅ぶしかない。
げんざいの中国のウイグルやチベットへの混血政策に似てる。

ようするに白人・アラビア人だの黒人だのの村があったとしても、この時点で消える。
ルーズベルトも日本占領して日本人を混血消滅させる計画だったというが似たようなものだ。
毛沢東は洪武帝を尊敬していたとされる。
明の大航海で有名な鄭和も、宦官であり、明に献上され去勢された異民族とされる。

これでわかることは中国には多くの黒人奴隷がきていた。
アラビア商人もすんでいた。しかし混血消滅を余儀なくされたということだ。
南中国では、四世紀半ばから南海の黒人奴隷が数多く輸入された。
そのせいか中国南部の顔は鼻が広がっていて黒人に似てるといえなくもない。

374 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:27:26 O
>>372-373
そうだね、偉大な秀吉公は農民を他国に売るのをやめさせて、国内で奴隷同然にこき使い、これ以上取れない所まで搾取したんだよね。

375 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:33:14 0
光武帝は史上初の「奴隷解放令」を出したんだよ。
オゲレツ帝国やアメリカなんかが出すはるか以前に支那世界では
奴隷が解放されていたんだね。古代極西帝国のように条件付じゃないし。
これはすごいことだと思う。だけど支那って制度がなかなか続かないんだよな。


376 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:49:06 0
>>374
無知は罪だな

377 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 21:55:09 O
ふ〜ん

378 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:14:47 0
村が権力基盤だった戦国大名が百姓を苛め抜けばどうなるかわかってんのか>>374

379 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:23:22 O
そうか、秀吉は天下人になった後も戦国大名だったのかw

380 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:30:49 0
村が基盤にある点で何も変わらないんだぞ。

381 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:36:46 O
まあ、秀吉の農民政策についてじっくり調べてみな。
それと、秀吉の出自が農民だったってのも間違いだな。

382 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:44:23 0
大名や武士は農民をその足として成り立っているのだから、
農民の機嫌を損ねたらやっていけないんだが。
大昔からそうなんだよ。民百姓の方が本当は王や兵隊より
大切にしなければならないんだよ。

383 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:47:37 O
>>382
それは正論だな。
だから秀吉は失敗したんだよ。


384 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:49:58 0
年貢高も村役との交渉で決まっていたってのに。
一方的に秀吉が決めてたんじゃないんだぞ。
災害で被害が出れば減免したりしなけりゃみんな逃散しちまうわい。

>>383
奴隷同然にこき使って搾り取ったんじゃなかったのか?

385 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 22:59:43 O
>>384
年貢だけが搾取の手段だと思ってるのか?
戦国期→豊臣政権期→江戸期の農民政策の変化をちゃんと調べてみなよ。

それと>>383については、はしょり過ぎて判らんかったかな?
>>382の正論を無視した事が秀吉の失敗の一つだって事だな。

386 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:03:14 0
>>374
海外に売られてったほうが幸せだったとでもいうのか

387 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:06:39 0
農民から搾取、ってなにが取れるんだよ?
米か?米を搾取して、それでどうすんだよ、それ。
大量に奪ってきた米を、誰がそれだけ食うんだよ?
その保管庫や害虫、野盗からの防衛などの維持管理費は
どっから捻出すんだ?そんで保管してどうすんだ?米なんて。
外国に売るのか?ポルトガル人や明人はそんなに米食うのか?
彼らはノシメマダラメイガなのか?
結局農民から搾取なんてできないと思うよ。
労役なんていったって、彼らを地方から引っ張ってなにがしかの
仕事をやらせるより、そのまま農作業やってもらった方がはるかに
金がかからないし。

388 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:07:18 O
>>386
極論乙。

389 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:11:10 0
>>388
いんや374だとそういってるように思えたんで

390 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:17:21 O
>>387
ちゃんと調べろって何回言わせるつもりだ?
豊臣政権下での各地の普請の件数とか、逃散した農民の数とか、検地高と実収穫量の差とか、検地高に対する年貢率が実収穫量の何割になるかとか、そう言った辺りをちゃんと調べて来い。
公立の図書館でも充分資料は揃ってるはずだ。
脊髄反射で噛み付くな。


391 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:22:13 O
>>389
俺が言いたいのはただ一点。
「秀吉だってそんなに褒められたもんじゃ無いよ」
これだけだ。

人身売買云々に関しては、許せないって意見に異論は無いよ。
あくまで今の価値観においてはね。

392 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:32:10 0
>>390俺に指図すんな。お前が調べて来い。いますぐ!

393 :世界@名無史さん:2007/10/31(水) 23:35:33 O
>>392
んじゃ勝手にしろ、アホ。

394 :世界@名無史さん:2007/11/01(木) 00:24:46 0
武田信玄のような田舎大名は人売るしか現金収入なかったからしょうがないですね。
避妊がなかった当時はまびきして人口調節していたから
たしょう人をさらっても、そのぶん赤ん坊まびきしなくなるので実害はなかった。
金山も奴隷が必要だし
とはいえ、その事実を伏せてるNHKはおかしいですね。
意図的な意識操作ではないでしょうか?

聞く所によるとNHKは韓国が大好きで、半島ではえらく秀吉公が憎まれていてるそうです。

これも意図的な意識操作ではないでしょうか?

395 :世界@名無史さん:2007/11/01(木) 00:49:24 0
古代中国人は白人だった、それはそれは夢もありますが

中世近代以降の中国人は完全なモンゴロイドだったのは確実で
モンゴル帝国当時もベトナム・タイ民族に近い南人が全体の85パーセントを
すでにしめていた。
これではかりに北中国人の先祖が白人であったとしても消えるのは確実であります。

例えば春秋戦国時代、周の古代王国が孔子の言う民族理想なのですが
周の貴族の生活は、毛皮をまとい肉を食うもので、
羊飼いに極めて酷似してます。また周じたい西方から来た征服王朝でもあります。
かれらがコーカソイドの血を持ってきたことは考えられる。

しかし春秋戦国時代、ベトナム・タイ民族に近い農耕民族がすでに楚として南方にあり
圧倒的な大人口をもっていた。その農耕民族血が常にたっぷりと北ながれこむことで
近世となってはその羊飼いの血は殆ど残らないのではないでしょうか。

現代では中国人には羊飼い白人の血より、アラビア商人の売りさばいた黒人奴隷の血
のほうがより濃厚であるでしょう。


396 :世界@名無史さん:2007/11/01(木) 01:11:06 0
なぜ商人はそれほどおびただしい数の奴隷商品が得られるのか?
それは商人が意図的に奴隷を「生産」していたからに他なりません。
つまりセックス工場、牛の種付け牧場のようなものです。

これは白人やアラビアの奴隷商にかぎったことではなく
古代中国でも奴隷を「生産」するセックス工場は常識化していました。
ただし白人ご主人様が黒人女にまたがるような嬉しいものではなく
最下層の男奴隷がやる仕事だったようです。

中国ではよく「あしきり」の刑罰がありました。
中国戦国時代の兵家孫ピンは、この刑に処せられている。
足を切る、あるいは腱を切り走れないようにするのものですが
もともとは奴隷の逃亡防止のための処置です。
このように逃亡した反抗的な奴隷を鎖でつなぎ、あるいは腱を切り
種付け牧場の奴隷として使用していたのですね。

まあ、フランク王国(フランス)ではフランク貴族が征服した土地の人間を
奴隷化して、逃亡を防ぐために耳に穴を開けていたというから、西洋も
中国と似たようなものでありますが(西洋の家畜の印はこれがルーツ)
いずれにしても日本では考えられない野蛮人ですね。

397 :世界@名無史さん:2007/11/03(土) 17:13:47 0
ドイツ兵もソ連の民間人のガキの頬の皮膚星型に剥いだりしてるしな

398 :世界@名無史さん:2007/11/04(日) 20:47:40 0
古代中國的發明
(運河、スパゲッティ、ロケット、サッカー、チェス、傘、犂、地動儀、紙、
指南針、印刷、造紙、造船、等等)
http://hk.youtube.com/watch?v=Z9sbV924Z6I
http://hk.youtube.com/watch?v=eqBEmmLgRsQ
http://hk.youtube.com/watch?v=KEQliKrEYYs
http://hk.youtube.com/watch?v=k-derIFLQfk
http://hk.youtube.com/watch?v=_Cwd_nG1ArQ


399 :台灣:2007/11/04(日) 22:04:17 0
古代中國的科技(ロケット、小銃、大砲、手榴弾、地雷、照明彈、等等)
http://hk.youtube.com/watch?v=0bpOzW7gihw
http://hk.youtube.com/watch?v=H8QIFvW4d60
http://hk.youtube.com/watch?v=eZTJrs3_0b4
http://hk.youtube.com/watch?v=ZvK6Yb3MGVk
http://hk.youtube.com/watch?v=OS50_Cd9vog


400 :世界@名無史さん:2007/11/05(月) 07:51:52 0
スパゲッティーってw
俺の知識ぐらいだとそれに加えて
地球儀、キールのある船、地雷、は支那起源じゃないことくらいしか分からないな。
というか支那はもともと文明の中心地帯(メソポタミア、エジプト、インドの三角地帯)
から相当遅れて文明化したんだし、そんなに発明できるわけないじゃん。

401 :世界@名無史さん:2007/11/05(月) 07:58:39 O
>>400
いや、確かに>>398-399で挙がってるものの大方は中国起源だよ。
ただ、それらを発展させたのは中国人じゃなく西欧だがw

402 :世界@名無史さん:2007/11/05(月) 08:14:15 0
まじで?

403 :世界@名無史さん:2007/11/05(月) 12:33:37 0
地動儀って地球儀の大陸読みかとばかり。地震計みたいなものなんだね。

404 :世界@名無史さん:2007/11/05(月) 22:10:39 0
>>400


405 :世界@名無史さん:2007/11/07(水) 15:03:28 0

【中国/東トルキスタン】 「ウイグル女性40万人を域外就労」〜労務対策に名を借りた「同化政策」として警鐘 [11/01]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1193918439/

明の洪武帝のころからシナ豚の民族浄化政策は変わらんなあ・・・
もし、日本が占領されたら、俺たちは殺されて、女の子は大陸に連れ去られるのかな?


406 :世界@名無史さん:2007/11/07(水) 15:49:39 0
神舟五號
http://hk.youtube.com/watch?v=BsGkkaRBZwc
神舟六號
http://hk.youtube.com/watch?v=Gi8CdLclTp0
嫦娥一號
http://hk.youtube.com/watch?v=DIs7hFckkiM


407 :世界@名無史さん:2007/11/08(木) 12:55:39 O
白人って黄色人種より絶対的に頭がいいの?

408 :世界@名無史さん:2007/11/08(木) 17:54:48 O
>>407
んなもんに人種による差異は無い。
先天的な障害や疾患でも無い限り、後天的な環境と教育で決まる。
人種に関係無く、狼に育てられれば「狼少女(少年)」になるし、高等教育を受ければそれなりにはなれる。

409 :世界@名無史さん:2007/11/08(木) 20:04:03 O
>>408
でもここで孔子は白人だとか言ってる人はそういう考えみたいだよね

410 :世界@名無史さん:2007/11/08(木) 20:26:29 O

そういう、って>>407みたいな考え、ってことね。
日本語変だ

411 :世界@名無史さん:2007/11/08(木) 21:34:40 0
その人は各板で迷惑かけてる電波だから。

412 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 13:46:28 0
そんなに「白人」なるものが生物学的に知能が高いのだったら、
とっくの昔に人間は白人だけになってるはず。

413 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 20:55:08 0
>>398-399
朝鮮人みたいなもんだな、中国人も。
これらがすべて中国の発明だとしても、全部あわせてインドの0の概念一つにも勝てないショボいものばかりだが。

414 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 21:09:21 0
運河:エジプトのPepi I Meryreが紀元前2000年には作っている。中国ははるか遅れる。
スパゲッティ:論外。恐らくは中国に似たようなものがあるから、それが起源だと言いたいのだろう。
ロケット:論外。恐らくは中国に似たようなものがあるから、それが起源だと言いたいのだろう。
サッカー:論外。恐らくは中国に似たようなものがあるから、それが起源だと言いたいのだろう。
チェス:論外。これは、インドのチャトランガが起源である。
傘:どこにでもあるだろ。
犂:これはインドから中国に伝わったもの。
地動儀
紙:これは事実。古代中国の四大発明
指南針:これは事実。古代中国の四大発明
印刷:これは事実。古代中国の四大発明
造紙:これは事実。古代中国の四大発明
造船:どこにでもあるだろ。縄文人ですら船で移動してたというのに。


415 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 21:41:08 0
>>408
それは、客観的な事実ではなく、思想的なもの。
人種によって能力に差異があるのは明らか。(個人差があるのも明らかである)
歴史を見れば明らか。文明を築いてきたのは、常にコーカソイドと、コーカソイドに近似する人種である。
モンゴロイドやネグロイドがマトモな文明を築いたことは歴史上にほとんどない。
中華文明という、中東/欧州/印度から1000年以上も送れた低度な文明ですら、コーカソイドによるものという説が有力である。
>>409
http://mbe.oxfordjournals.org/content/vol17/issue9/images/medium/mbev-17-09-12-f03.gif
2500年前の斉の住民は、紛れもないコーカソイドです。
これは、東大の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、中国科学院遺伝研究所のWANG Liらによる研究結果です。
そして、孔子は、約2500年前の斉に囲まれた魯出身の人物です。
2500年前の斉の住民がコーカソイドなので、それに囲まれた同時期の魯出身の孔子もコーカソイドであることは
簡単に推測できます。孔子がモンゴロイドというほうが、トンデモ説なのです。孔子はコーカソイドです。

わかりますか?東アジア人は、釈迦や孔子という非モンゴロイドに、何千年もひれ伏してきたのです。
恐らくは、すでに文明化していた中東/欧州/印度(さすがに欧州はないか)から、
中国に渡来したコーカソイドが中華文明を築き、次第に現地でモンゴロイドと混血していき、現在の中国人になったのでしょう。
モンゴロイドって本当にゴミだな
モンゴロイドに人権を与えるのは、チワワに警察犬としての職務を与えるようなもの。

416 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:01:44 0
DNAの見るとこまちがってて、調べなおしたらモンゴロイドでしたってやつだろ。

417 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:05:10 0
違うよ
2500年前の斉の首都linziの住民のDNAは、コーカソイドだが、
2000年前の斉の首都linziの住民のDNAは、コーカソイドとモンゴロイドの間になり
現在のlinzi住民は、モンゴロイドである、という論文。
2500年前の斉の住民がコーカソイドなら、同時期の魯出身の孔子もコーカソイドだろうね
孔子がモンゴロイドだとかトンデモ説を信じている人は、現実を受け入れるべき
君たちが崇めてきた孔子や釈迦は、非モンゴロイドです。

418 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:11:04 0
>>415
名誉白人くんには悪いが、こんな大陸の吹き溜まりの匿名掲示板じゃあなくて、
当の黒人や中国人に披露してこそ価値があるんじゃないのかな?
ヨハネスブルクとは言わん、ニューヨークや北京でやってみてくれ。

419 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:15:09 0
人肉大好きの野蛮人・孔子君がねぇ。
欧米が「アジア的停滞をもたらした元凶」と呼んだ孔子君がねえ。
すごいねぇ。

420 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:19:03 0
>>418
薄汚いモンゴロイドのジャップは自殺しろゴミ
雑種も同じ。白人に逆らうな雑種とキイロは。

421 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:20:56 0
>>417
ソグド人のような異国人の遺体である可能性はないであろうか?
本当に当時の人々の大多数が、コーカソイドであったのであろうか?
そもそも、いったいどれくらいの数の遺体を調査したのであろうか?

422 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:26:02 0
一人でも外人がいればその国の住民みんな外人です。

423 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:26:44 0
>>420
いい火病だw
その調子だがんばれーw

424 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:39:53 0
>>423
反論できないのですか。
悔しいでしょうねモンゴロイド土人は。
コーカソイドを1000年以上にわたって拝み続けてたんですから。
やっぱりモンゴロイドは劣等だね。
ゴミの土人に再び原爆が落とされますように。

425 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:40:57 0
孔子と同じコーカソイドに殺される分には納豆民族もキムチ民族も本望だろう
コーカソイドやインド人は東アジア人や東南アジア人を殺しても許される


426 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:42:18 0
エクアドルの“縄文土器”について考察
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1066535201/

169 名前:出土地不明 投稿日:05/02/13 01:29:36 ID:gaydYPwe
そういえば、また一つ思い出した。
中国の山東半島といえば、朝鮮半島と渤海湾において、ちょうど
反対側にある半島なんだが、ここの春秋時代の墓や漢代の墓をあばい
いて、その骨のmtDNAをしらべたら、「なんと白人」という結果が
出た、というので話題になって、いまでも、斉藤成也氏のページなど
ではそのむねがかかれているんじゃないかと思うが、最近これが否定
されて、どうも、この地域に、紀元前500年ごろいたのは、
ハプログループMの人々だったということがわかったというわけ。
配列の解析場所が違ったために、どうやら、最初は白人系のなにかと
思ったのだろうが、ハプログループから考えたら、Mだったということ。
つまり、ここでわかるのは、山東半島もふくめて、朝鮮半島も、
日本も、紀元前500年ごろは、ハプログループMがたくさんいた
ってことだろう。つまり、極東アジア全体がハプログループMだった
ことになる。現在では、A,B,C,D,Fが多いが、これらはあとから、
南下してきたものと思う。氷河時代までは、Mばっかりだったと思うな。
-----------------------------------------------------------

だそうでつ。終了。

427 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:43:39 0
情報古いよ名誉白人君は。

428 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:52:35 0
>>415はオックスフォードジャーナルに掲載された学者をソースにして
>>426は2ちゃんねるに掲載された情報をソースにした

429 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:52:41 0
その人はどうせ人の話聞かないよ。
んでコピペ荒らししておわり、だろうな。

430 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 22:55:36 0
モンゴロイド自殺しろ

431 :世界@名無史さん:2007/11/09(金) 23:05:12 0
2chのレスがソースになると思ってんのか?
これだからモンゴロイド脳は困るんだよ

432 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 06:21:47 O
>>431
ググれカス

433 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 06:32:35 O
>>415
脳みそとか調べたの?
歴史だけじゃ証明できない

434 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 08:26:16 O
>>415
ワロタw
客観性の意味解ってんのかこいつw

435 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 09:22:21 0
>>432
せっかくだからググって見たが、灯台の植田先生らの研究が間違っていたという
ソースは出てこないぞ。どういうワードでググったんだ。

古代中国で言ったら、彩陶、青銅器、戦車、文字などあらゆるものが中近東に後発
して発生している。しかし、不審なことはそれらが、最初からかなり発達した状態で
出てくることだ。殷の甲骨文字なんてその典型。最初から数千字もの体系が完備
した文字が出土する。シュメール文明でのようにトークンから文字が発達した、というような
文字の発達段階を考古学的に跡づけることがまったくできない。
何で誰も不審に思わないんだ。
しかも、戦車の出土時期と甲骨文字の出土時期はほぼ同じだ。

436 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 09:51:41 0
>>426
ウソコピペを貼るな。
パブログループとか用語一つを入ってるとコロリと騙される素人まるだしだな。



437 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:14:08 0
>>435
稲作は、元来亜熱帯固有のものであるから、畑作が渡来するまでは、
華北一帯が、明治以前の北海道のように、未開地であった可能性がある。

438 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:15:25 0
哀れだねモンゴロイドくん
学術的に中華文明までコーカソイドによるものだと証明されて。
孔子がモンゴロイドなんてトンデモ説を信じる阿呆民族。
孔子どころか釈迦がモンゴロイドだったとか言ってるキチガイもあるが。
まぁ、モンゴロイドのような哀れな歴史・文化しかもっていないなら、妄想に走るのも仕方ないか。
また機会があれば、原爆で焼肉にしてあげるよ。
あ、焼肉は日本の文化だっけ?韓国の文化だっけ?原爆焼肉は日本特有のものですが。

439 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:27:06 0
>>1
トンデモしょ?
昔のヨーロッパ人は、ヨーロッパ以外の地域で遺跡を見つけると、ローマ人がここまで来ていたなんて思ったらしいね。

440 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:39:16 0
トンデモはお前。科学的にコーカソイドだと証明されたのに、同胞認定するな。
モンゴロイドが文明を築いたことなんか皆無なんだよ。中華文明という下等な文明ですらコーカソイドによるもの。
その下等な文明すら築けなかったゴミ人種がモンゴロイドだ。
モンゴロイドは何でもモンゴロイドに認定するからな。

441 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 10:59:46 0
コーカソイドは「白人」という意味じゃないんだが・・
つまるところ欧州のゲルマン地区、ロシアのスラブ地区、
それ以東のモンゴロイド地区はすべてコーカソイドの発明なり
文明なりを受け継いでいる「劣った人種」なわけで。
ゲルマン人と古代メソポタミアにいた人々は「民族程度の違い」で
モンゴロイドとネグロイドを「違う人種」と分けるような
人類の分類方法って18世紀くらいの欧州人が言い出したことじゃないの?
現在は結局のところ「分類学的に人種は存在しない」ということになっているし。

442 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 11:05:08 0
はぁ。モンゴロイドってダウン症みたいな顔してるけど本当にダウン症みたいですね。


443 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 11:12:56 0
>現在は結局のところ「分類学的に人種は存在しない」ということになっているし。
そんな有色人種や人権屋むけのうたい文句を信じる馬鹿がいるとは驚きますね
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf111-6/p832-839L.pdf
MTDNAなどの科学的概念によって、人種は明らかに区別できます。
そして、その区分によると、いわゆるコーカソイドに分類される人種は高度な文明を有しており、
モンゴロイドやネグロイドやオーストラロイド(サフール人)は低度な文明しか有していない。
モンゴロイド土人はコーカソイドに殺されても文句いうなよ。
モンゴロイドがゴキブリを殺すのと一緒

444 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 11:18:29 0
コーカソイドでも後期コーカソイド(ゲルマンやスラブ)はどうなんだろ?
あの人たちも2000年ほど前ならモンゴロイドとどっこいどっこいの文明しか築けてないよ。

445 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 11:33:48 0
>>419
歴史のひもを徳と孔子が悪いというより
その後のモンゴロイドが悪かったんじゃない寸と思う

いくら白人様のありがたい教えとはいえ
2000年も守っていたらそりゃ停滞するよ

446 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 11:45:03 0
>>444
北方蛮族が、文明化しようとすると、より未開な蛮族に妨害される事が繰り返されてきたようだ。

スキタイによるラウジッツ文化の滅亡  フン族によるチャルニャコフ文化の滅亡

アングロ・サクソンによる属州ブリタニアの滅亡   キルギス族によるウイグル帝国の滅亡

キエフ・ルーシーによるカザール帝国の滅亡

447 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:08:30 0
>>445
孔子が白人だったら
白人の教えをアジア圏のモンゴロイドは
白人と知らずに200年以上をあがめていたことになるな


白人からしてみればハライテーゲラゲラもいいところの
赤っ恥だろう。

448 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:10:54 0
>>445
古代中華白人?は互いに殺し合って自滅、モンゴロイドの鮮卑族らが漁夫の利を得た。

449 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:28:43 O
>>443
>いわゆるコーカソイドに分類される人種は高度な文明を有しており、
高度な文明を有しているだけでコーカソイドが優れているとは断定できない。
たまたまかもしれないじゃん。
"知能が優れてる"ことを証明してよ。

450 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:38:20 0
白人や黒人と完全に分化する前の古モンゴロイドは精子が薄い問題があったそうで
新モンゴロイドは子種が濃く妊娠させやすかったそうな。

東南アジアの原始部族では女を取り合って亭主はどんどん変わるというし
日本も母系というか、ちゃんとした夫婦ではなく男が女の家に通うという方式だった。
Aさんが毎日せっせと子種を注いでもBさんがいっぱつやったら妊娠してしまう
それくらい性能差があったのだろう
これが日本において縄文系は弥生系に駆逐されてしまった理由である。

ちなみに全白人は7種のミトコンドリアしかないが(日本人よりはるかに少ない)
事実は1種が他を圧倒してる。これは比較的新しい設計の遺伝子と考えられ
酸素エネルギー変換効率ははるかにたかく
このミトコンドリアをもつ精子はほかのものより強く高速に泳ぐという。

古代中国白人とやらは古いタイプの活力にとぼしい人種で子種が薄く
新モンゴロイドの強い子種に押し流されてしまったのだろう。
もとが弱い。
したがって現代に復活させてもまた数代で滅んでしまう。
ミトコンドリアといえばエンジンみたいなものだが白人も入れ替わりが激しい。

451 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:47:06 0
ちなみにミトコンドリアは母系でしか遺伝しないものだから
南米のように白人男性×現地インディオ(モンゴロイド)でどんどんふえても
あいかわず南米の支配するミトコンドリアはモンゴロイドのもので大勢は全く変化しない。

白人や黒人が父親で、母親がモンゴロイドのばあい、父のほうのミトコンドリアは
受け継がないということだ。
日本によくある白人混血は、ただ顔つきが似るだけで中身はモンゴロイド

452 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:48:41 0
>>447
その白人の「救世主」が黒髪でゴツ顔の生粋ユダヤ人だった、ということの方が
科学的にはよっぽど確実なんだが。

453 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 12:57:42 0
生粋ユダヤ人もコーカソイド

454 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 13:06:40 0
>>447アメリカやイギリスなんかの「白人」国家に「孔子は白人だった」なんて
言ったら大笑いされると思うぞ。「孔子だって?あの時代はせいぜい団子鼻の古代ユダヤ人の
ような顔つきだろ」って。白人はコーカソイドというよりは新しい人種といった
概念であり、インドや北アフリカ、中東などに住まう人々とコーカソイドとして
一緒にされると怒るんじゃないか?

455 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 13:24:57 o
コーカソイドという概念で、人種主義言う奴
白人でいるのか?

456 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 13:53:28 0
いないだろうね。
彼らはラテンやスラブだって白人とみなさないし、
ましてやイスラム教徒の中東や印度人を白人になんか
みなすわけがない。
白人とコーカソイドを混同しているやつが多すぎないか?

457 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 14:03:24 O
>>456
その方が電波飛ばすのに都合が良いからじゃないの?
まあ、未だに3人種法や4人種法で人種区分してるバカばっかりだから、本気でそう考えてるのかも知らんけど。

458 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 14:08:45 0
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/diet/1194436345/
【老けたら】これほど醜い日本人女性277【妖怪】

まとめサイト(白人女性の画像満載)

http://handicap.scenecritique.com/

http://korehodominikui.blog59.fc2.com/

http://genetic.hyperphp.com/

http://uglyjap.150m.com/index5000.html

http://twilightmirage.blog96.fc2.com/


459 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 14:13:49 0
白人=コーカソイドならありそうな話
中国人と呼べるかどうかは微妙だが、中華文明以前に農耕をはじめた民族が
コーカソイドと言うのは十分にありえる。根拠となる遺跡・遺物はいまのところないが

華北の文明は、メソポタミアから中央アジアにかけてのオアシス農耕につながる麦作だし
当時中央アジアに広く分布してオアシス農耕していたやつらは、コーカソイドだから
都市国家形成以前の農耕文化は、中央アジアから農耕文化を持って入り込んだ
コーカソイドと言うのは、ありえない話じゃない

中華文明の基層になった農耕文化は、中央アジアのオアシス農耕文化が
まったく人の移動なしで開始された、とするのはむしろ考えずらい
ただ、中華文明と呼ばれる頃には混血が進んで、コーカソイドの血は
限りなく薄まってしまっていただろうが

460 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 15:50:19 0
>>459
典型的なトンデモさんだな。騙されて壷でも買えばいいのに。

461 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 17:27:48 0
植民地時代以外で、れっきとした白人が中国に集団移住した例か…
うろ覚えで申し訳ないが、確か四川省あたりの山奥に、ローマ帝国崩壊時
に移住したイタリア系難民の子孫、を自称する人々が住んでいたような。
本当にローマ式?の祭天儀式とかやってるんだ。

462 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 18:34:33 0
そのくらいで支那に定着するなら
モンゴル帝国時代にかなり欧州に流入しただろうな=モンゴロイド

463 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 18:41:03 0
中国功夫
http://www.youtube.com/watch?v=qwSY6OhLEWg
詠春拳
http://www.youtube.com/watch?v=qaP1X-lEtgc&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=vTZUibPr6kU&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=ZM676yGD_5w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=5q9kYKtvYU0

詠春拳寸止
http://www.youtube.com/watch?v=l7wDsaMsypk&mode=related&search=

詠春拳實戰
http://www.youtube.com/watch?v=NZ3-Hi-kMNo&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=Glv1xm8Vk8g&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=xlRPDhuX1DY


464 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 19:04:14 0
>>461
ローマ帝国崩壊時と言う事は、五胡十六国の大乱を経て、古代中国人らの激減後でありますな。



465 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 19:14:27 0
>>461
それ10年以上前に新聞に出てた記憶あるけど
ローマ帝国崩壊時じゃなくてパルティアの捕虜になったあと
流れ着いたっていう話じゃなかったっけ?

466 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 21:02:52 0
>>465
カルラエの会戦で敗れたクラッスス軍将兵?

467 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 21:28:21 0
螳螂拳
http://www.youtube.com/watch?v=L0wRqR9J8WA
http://www.youtube.com/watch?v=mlInJFHw5mQ&mode=related&search=httphttp://www.youtube.com/watch?v=Ede9OzH1HnA
螳螂拳教授
http://www.youtube.com/watch?v=PAiAnMFtCxU
螳螂拳の形
http://www.youtube.com/watch?v=mSBiM4WW__U
MMA螳螂拳
http://www.youtube.com/watch?v=bBJUcc8QCPk
螳螂拳の練習
http://www.youtube.com/watch?v=eB6rKkeIQ5w
http://www.youtube.com/watch?v=5FlPNrSDuqs
Kung Fu Fighting
http://www.youtube.com/watch?v=qwSY6OhLEWg
http://www.youtube.com/watch?v=iX-K9cNiUD0


468 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 21:44:03 0
反論できないから誹謗中傷ばかりだな
学術的に古代中国人がコーカソイドだと証明されてモンゴロイドの苛烈さがまた証明されてしまった。
クズモンゴロイド自殺しろ。孔子もコーカソイドなんだよ。

469 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 21:46:13 0
クルセーダーか?

470 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 21:57:20 0
よくわからんが、白人にしては日本語が上手ですね。

471 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:02:21 0
>>470
白人にしてもアメリカ白人だったら笑う。

472 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:09:15 0
今の中国人の容姿や体格がアジア人離れしているのも
白人の遺伝子から何でしょうか

473 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:12:31 0
辛亥革命まで、古代なんだけれど……

474 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:14:40 0
>>472

まぁある意味人間離れしてるが。

475 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:28:38 0
アメリカ白人>ヨーロッパ白人>準白人>中東〜インド>>>>>>>>>>>モンゴロイドってところか

476 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:33:41 0
>>472
たしかに中国人はバレーとかみていると
おしなべて高身長だな
白人並

477 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:36:41 0
中華文明という下等な文明ですらコーカソイドによるもの。
モンゴロイドが築いた文明は皆無。ああ、一応インディアンもモンゴロイドに分類されることが多いから、
16世紀にもなって石器文化だった究極のなんちゃって土人文明はモンゴロイドによるものかなw
メソポタミア・エジプト・インド・ペルシャ・ギリシャ・ローマ・イスラム・西欧米国、それに加えて中華も、
全部コーカソイドによるもの。ほんとモンゴロイドってゴミだな。

478 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:41:45 0
とりあえず白人の血はこんな感じの序列で流れていると見ていいかな

アメリカ白人>ヨーロッパ白人>スラブ>混血>中東>インド>中国>東南アジア>日本>韓国

479 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:45:37 0
>>475
名誉白人は何番目くらい?

480 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:47:07 0
>>476
あの国は人口ばっか多いから各地から国策でデカイ奴集めているんだよ。

481 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:48:10 0
>オリエント・インダスなど西方文明の影響は、BC2000年頃東アジアに波及し黄河文明の華を咲かせた。
>やがて、BC16C頃洪水の危険を避けて黄河の丘陵地帯を中心として都市国家の連合体である殷王朝が成立した。
http://globaleye.jp/_co/pdf_t_d/t_jinbun.pdf

やっぱり、殷はすでに文明化していた中東かインドからの渡来人が作った征服王朝なんだろうね。
モンゴロイドは、コーカソイドに服従しないと文明化できないんだよ。

>>479
名誉白人とは南アでの、日本人・韓国人・アメリカ黒人のことですか。
そんなの一番下です。ゴミのゴミです。お前らモンゴロイドが原爆おとされても、レイプされても
ひたすらコーカソイドに服従すればいいんだよ。それがモンゴロイドのためになるんだ。



482 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 22:56:30 0
>>7
>もしここで、「ノー」とするなら

なんだそりゃw

483 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:00:48 0
そもそも四大文明なんて中国人が言い出した自作自演だからw四大文明なんか日本と中国でしか言われていない
イラクエジプトインドがだいたい紀元前3000年には文明化するのに、黄河文明は、紀元前1500年からだ
http://en.wikipedia.org/wiki/Four_Great_Ancient_Civilizations

で、黄河文明というゴミ文明ですら、コーカソイドによるものなんだ。
モンゴロイドって何なのマジで。お前らコーカソイドに服従するために生まれてきたようなもんじゃん。
神がそうしたのか物理法則がそうしたのかは知らないけど、お前らはゴミ人種なんだよ。ゴミ死ね


484 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:07:54 0
>>483
で、君は何人さんなのかな。髪はブロンドかい?膚は白いかい?
眼は蒼いのかい?教えてよ、偉大なる白人様のお慈悲でさあ。

485 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:10:10 0
現代中国人もワキガで臭いヤツ多いからなあ、やっぱり毛唐の子孫なんだろう

486 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:10:19 0
何?この議論と俺の人種がなんか関係あるの?
モンゴロイド脳はこれだから困るんだよ。
悔しければ反論してみろよモンゴロイド土人


487 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:11:29 0
モンゴロイドは見た目がダウン症なだけでなく、議論のレベルもダウン症レベルだ
反論できなくなると、すぐに人格攻撃に走る


488 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:15:50 0
7世紀から16世紀までの主要な数学者の一覧
http://www-history.mcs.st-and.ac.uk/history/Timelines/TimelineB.gif
赤:インド
黒:イスラム
青:その他(ほとんどはヨーロッパ人)

アジア人でもコーカソイド系の地域は優秀・・・なのにモンゴロイド系の地域になると急に文明のレベルが低くなる・・・
アフリカ人でもコーカソイド系の地域は優秀・・・なのにネグロイド系の地域になると急に文明のレベルが低くなる・・・

なぜモンゴロイドやネグロイドは数学すらできないのか?モンゴロイドやネグロイドは、数学の公式や解法を暗記することはできても、
創造することはできない。数学でも社会でも、創造することができるのは、歴史的に見てコーカソイドだけである。
要するに、モンゴロイドやネグロイドは、コーカソイドが創造したのを、模範することしかできないゴミ人種であり、
コーカソイドに服従するのがもっとも効率的といえる。

489 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:28:20 0
またいつものコピペ開始かw

490 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:29:52 0
>>486
ありすぎw
人種にこだわるお前にだけな。

491 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:35:06 0
>>490
俺が何人だろうがモンゴロイド=下等というのは客観的な事実。俺の人種は関係ない。
これだからモンゴロイド脳は困る。

492 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:37:04 0
>>491
ありすぎw
自分で自分を下等と言ってることになるじゃん。

493 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:39:42 0
そういう感情論はいいので。別に自分で自分を下等だといったところで何が問題ですか。
モンゴロイド=下等という客観的な事実を示しているだけです。

494 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:43:12 0
ゲルマン系プロテスタントで先祖は旗本で一流国立大生だけど
6年通っててまだ3年生になれない留年組だって言ってたな。

495 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:43:49 0
>>493
そのモンゴロイドにただ今現在経済的にも人口的にも圧迫されてる白人ww
君は中世の西洋がどれだけ野蛮だったか知ってるのか?
まさに非寛容、迫害、殺戮の歴史。
古代中世の中国のほうがまだ洗練された文化を持っていたぞ。

496 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:47:26 0
>>480
単に人口の問題じゃないだろ
平均2mだぜ女子バレーの選手が

多分全部のモンゴロイドの国家が集まっても
おそらく中国のチームより方いいのは揃えられない

497 :世界@名無史さん:2007/11/10(土) 23:58:04 0
黄色は文明の担い手にはなるが、創造主となれない
by アドルフ ヒトラー

498 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:02:34 0
>>496
一番でかいので196cmぐらいだったぞ。

499 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:04:18 0
どっちにしろ他のモンゴロイド国とはかなり別次元っす

500 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:05:27 0
世界で一番身長の高いギネスの持ち主が中国人だったな

501 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:08:06 0
>>499
人口がね。

502 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:10:46 0
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kokuko/shanghai/topics/04/tp0410_2.htm

■ 中国人の体型
中国人の体型は欧米型で、男女問わず足が長い。
おしりからスラリと足が生えているようで、
歩いたり立ったりしている時の姿勢がいい。
特に都市部女性の格好の良さは、街を歩けば確かに納得できる。
戦後、日本人が胴長短足なのは肉を食べず
、畳の上に座る生活だからだとよく言われたことがある。
それから50年以上が経過し、畳に正座という日本人の生活スタイルは大きく変化し、
椅子に座る文化が根付き、若者の身長はどんどん伸びている。にもかかわらず依然として胴長短足であるから、
欧米人/中国人と、日本人の身長に対する違いは、少なくとも食生活や生活スタイルから来るものではなく、もっと遺伝的要素の強いものと考えられる。
胴長短足は韓国の若者にも傾向が見られるから、日韓特有の現象らしい。


やはり遺伝的要因で欧米型に近いみたい

503 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:13:54 0
姚明とか肌が黄色いだけで普通に白人に見える
実際色々なな中国人とリアルであって居るが
白人の遺伝子があるかといわれれば
あるといわれても納得する部分はある

504 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:16:31 0
>>502
どうも参考になった。
やはり中国人は日韓と体格が違うのか。
とくに女性は顕著やね。ありがとう

505 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:18:31 0
>>495
そうですね。日本・韓国・南アなどの有色人種の先進国は決まって

              白人に統治された

という属性を持っている。日本やアメリカ黒人は、いい例です。
白人に従えば日本人や黒人でも先進国水準の生活を送れるのですから。
まぁ、でも人口的にはモンゴロイドが圧倒的な有利ですから。
普通は、モンゴロイドがかっているのは「当然」なんですけどね。
しかし、その圧倒的な人口をもってしても、少数のコーカソイドに何千年も負け続けたのがモンゴロイドなんだよね
コーカソイドに服従すればいいんだよ。原爆おとされてもレイプされてもコーカソイドに服従すれば、必ず豊かになれる。


506 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:19:40 0
どうも俺が見る中国人とは違うようだなw

507 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:21:39 0
>>505
ないないw

508 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:21:56 0
クメール王朝ってすごいなぁ


      モンゴロイドのカンボジア人でも、インド文明を受け入れたからアンコールワットみたいな大遺跡を築けるんだよ


モンゴロイドは、コーカソイドに服従しないと文明的な生活は送れない
5000年の歴史が証明している。
>>507
反論できないの?土人モンゴロイド

509 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:23:40 0
>>502
こういう部分でも
古代中国人=コーカソイドというのが裏付けられるよね

510 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:24:12 0
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1194703125/
中国人はすごい進化してる

511 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:25:53 0
>>505
白人に統治された国は今でもほとんど後進国のままでつ。
略奪しか知らぬ野蛮人のせいで。

512 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:27:03 0
>>511
それは白人を追い出したから
独立以後より、白人統治下の経済成長率の方がはるかに高かった
白人を追い出したフィリピンと、日本・韓国を比較してみろ。

513 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:27:58 0
いや
そういうところは殆ど独立した後が問題で発展しなくなっている

例えばインドネシアなんて
オランダが統治していた時代は世界10位の経済大国だったんだぜ
ちなみに9位はイタリア、8位は日本

514 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:32:03 0
日本の1人あたりGDP(購買力平価)
1940年:2,874 ←戦前の最高値(当時西欧の最貧国と呼ばれたアイルランドより低く、ポルトガルよりは若干高い)
1945年:1,346 ←戦前の最低値
1956年:2,948 ←戦後わずか10年で戦前の最高値に回復。もちろんアメリカ主導。
1966年:6,506 ←アメリカ主導での脅威の近代化。
OECD発行のThe World Economyより

戦前には、フィリピンとほぼ同水準だった日本や韓国の経済水準だが、今ではすっかり差がある。
それはなぜか。白人に統治された国と、統治されなかった国の違いだ。
フィリピンというのは、独立後まったくといっていいほど経済成長していない。

>>513
そうなんだよ。民族自決とかほざいて独立した国が貧困国になって、
白人に統治された日本や韓国が富裕国になっているという現実を受け入れるべき。
アパルトヘイトの南アと、それ以外のサハラ以南アフリカを比較してみろ。

515 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:34:03 0
>>513
同意
馬鹿右翼が日本のアジア解放を正当化する為に
蘭印はあたかも地獄のように説明されているが
実態はかなりオランダ人の良政のお陰で発展していた

今のインドネシアがあれなのは白人を追い出した後の
戦後の内乱と内戦。あとは経済政策の失敗

つーか殆どの被植民地はこのパターン

戦前の日本と植民地下の東南アジアは一人当たりのGNPは大差無し

516 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:41:10 0
1位

|   アイルランド(西欧の最貧国)

7位
8位  日本
9位  イタリア
10位 インドネシア

11位以下ポルトガル?

よくわかんねえ世界だな戦前って。

517 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:42:58 0
>>512
ラテンアメリカでもスペイン人追い出したら流通業が崩壊してた国があったな

518 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:44:53 0
流通や技術にぎってるのを追い出したら困るのは当然だが、
それが白人だろうと華僑だろうと日本人だろうと同じことじゃないか。

519 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:50:12 0


ちなみに日本の戦後の発展は
ここが一番単的だ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/story/1_2.html
ガリオア・エロア資金なかりせば
 第二次世界大戦直後の日本は、まさに灰燼の中にあった。その混乱と疲弊から立ち直り、経済大国への道を歩む上で
、アメリカからの資金援助である「ガリオア・エロア資金」(注)の果たした役割は計り知れないものがあった。
 1946年から51年にかけて、約6年間にわたり日本が受けたガリオア・エロア援助の総額は、
約18億ドルであり、そのうちの13億ドルは無償援助(贈与)であった。
現在の価値に換算すれば、約12兆円(無償は9.5兆円)となる膨大な 援助であった。
この援助がなければ日本の復興は考えられなかったのである。
 日本が現在、1年間に1兆5000億円のODAで世界の約160カ国を支援していることと比較すると、
アメリカが日本1国に対し援助した今の価値で12兆円(1年では2兆円)がいかに多額な援助であったかが理解できよう。

 わずか数年前の1990年7月、日本はついに開発途上国を“卒業”した、と言ったら驚く人が多いに違いない。
 戦後間もない1953年から導入されはじめた世界銀行(国際復興開発銀行)からの低金利の融資は合計8億6,000万ドル
(当時の日本円では3,200億円、現在の額に換算すれば約6兆円)に達し、インドに次ぎ2番目の大きな金額であった。
つまり日本は世界でもっともお世話になった被援助大国の一つであったのである。
 当時の日本の経済力はアメリカのわずか数%に過ぎず、正に、開発途上国そのものであった。

520 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:50:48 0

1936年の各国の実質GDP
国名 GDP(1990年ゲアリー
ケイミス$)
アメリカ合衆国 7,992.59億
中国 4,200.90億
ソヴィエト連邦 3,613.06億
イギリス 2,712.97億
インド 1,975.99億
ドイツ 1,929.41億
フランス 1,761.87億
日本 1,515.14億
イタリア 1,308.66億
インドネシア 711.95億

http://www.warspite.jp/


521 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:51:16 0
戦時中にインドネシアあたりに行ってた軍人の手記なんか読むと
流通は華僑がにぎってたっけな。現地人が中国人を追い出してくれと
日本軍の軍政担当参謀に懇願しに来たが、華僑を追い出したら
生活必需品をどうやって調達するのか、と説得したって話を読んだことがある。

522 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:58:43 0
あ、どういう奴が頑張ってるのか分かったわw

523 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:59:09 0
>>516
1人あたりGDPと、総GDPの違いわからないの?
総GDPは、人口が多い国ほど高くなるから、1人あたりの経済水準を示すには総GDPより1人あたりGDPの方が重要なんだよ
>>520
これを見ればわかるとおり、戦前の日本というのは人口はフランスの約2倍だったのに、
GDPでは、日本はフランスに負けてるんだよ。
人口7000万の日本が、人口4000万のフランスにGDPで負けてるんだぞ。
それが、白人に統治されたら、今では1人あたりGDPでもフランスとほとんど変わらない。
一方、中国やインドネシアは、今でもフランスの10%未満の1人あたりGDPで生活している
日本人や韓国人は、フランス人とほぼ変わらない経済水準だっていうのに。。。
やっぱりモンゴロイドは白人に統治されないと文明化できないんだよ

524 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:08:22 O
>>522
kwsk

525 :521:2007/11/11(日) 01:28:24 0
いい暮らしをしてるのはオランダ人ばかりだとも書いてて、
現地人の生活は良くはなかったみたいだ。
現地の王様を人質に取ったりしてて、取られた領地を返してあげたりしてた。

526 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:32:58 0
>>497
んなことは無い。
東アジア人は人間の失敗作だと俺も思うが
中国の北京とかは創造力が集中しているだろう。
それ以外の中国や日本や韓国や東南アジアは駄目だな・・

527 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:37:53 0
>>497
そもそもヒトラーってアーリア人種至上主義の変人だからな。
ドイツってそんなに凄い国でも無いだろう?
白人の中でも創造力に溢れているのはダントツでイギリス人だけだろ。

528 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:48:10 0
>526
なんだそりゃw

結局、中南海の中共幹部だけがアジア人で優秀、
って言いたいだけだったのかいな。クソな人。

529 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:52:59 0
>>528
残念ながらそうと言わざるを得ない。
日本やチョンはどう考えてもパクリ民族だし。
それにひきかえ中国の王朝や政府ってのは昔から
世界に大きな影響を及ぼしてきた。
今でも北京には様々な建築物があるし。

530 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 01:54:28 0
まぁモンゴロイドと
コーカソイドの優劣はともかく

中国人が元々白人で
今も結構体格とかにそういう面影が残っていることは間違い無さそうだね

531 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:01:13 0
>>530
もしも古代中国人が白人だったというなら
黄色人種は完全に劣等民族ということになるね。認めたくないが。
しかし中国人が白人だったとはどうしても思えないんだが

532 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:05:23 0
モンゴロイドはインドと古代中国という非モンゴロイドの文明を受け入れることでしか文明化できなかった
まさにゴミ人種

533 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:06:16 0
特に孔子が白人だったらお笑いだな
黄色の白人崇拝は2000年もの歴史があったことになる

こうなると孔子の教えが悪いというより
停滞の原因を作ったのはその後のモンゴロイドの運用面に問題があったような気がする

534 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:09:09 0
2000年も同じ教えを守っていたら孔子の教えでなくても停滞するよ
孔子より上に行けなかったモンゴロイドという人種に問題がある気がする

535 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:13:02 0
>>534
>2000年も同じ教えを守っていたら孔子の教えでなくても停滞するよ

キリスト教だって同じでしょ。
中世で眠りが破られるまで土人同然だった。
宗教時代は巨大な文明を作り上げるまでの助走期間。

536 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:14:06 0
モンゴロイドしなねーかなー

537 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:19:53 0
ちなみに俺はお前等と違って白人の血が流れている
支那人やインド人より白人に近い人種といっておこうか

538 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:22:49 0
日本人と韓国人はどちらが白人の血が濃いの?


539 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:23:51 0
>>537
日本に住んでいて白人崇拝するのはキモいよ。
君みたいなのがお隣の国の人みたいにキリスト教に改宗するタイプだと思う
自国の文化を捨ててすぐ外国に憧れて真似ばかりしてるから結局何も残らない。

540 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:24:30 0
日本人や朝鮮人の言う自国の文化=中国・インドからのパクリ文化www

541 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:25:44 0
>>537
さすがゲルマン系プロテスタントで先祖は旗本で一流国立大生だけど
6年通っててまだ3年生になれない留年組だな。

542 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:28:58 0
自国の文化だっていってもさ
中国が白人文明だった以上
日本人のモンゴロイドが自力で作れた文化と言ったら
縄文時代までだろ?


いや、実際中国が隣でなければ19世紀まで縄文時代だっただろう
そんな文化を誇れるのか
縄文土器でもつくってろや

543 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:30:42 O
はいはいわろすわろす

544 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:33:42 0
>>538
日本人の方が白人の遺伝子は多いと思う
南方系アーリア人が日本へ上陸したそうだから

インド人>中国人>東南アジア>日本>朝鮮

545 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:34:27 0
とりうえずチョンには勝ってる

546 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:36:56 0
>>544
日本語の起源はタミル語って奴でしょ。
日本人ってそういうバカな学者が多いから困る

547 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:38:47 0
どうせ
東の端のビリ争いだから
大目に見てやれ

548 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 02:51:41 0
汚い白人の血なんか入ってるわけ無いだろw

549 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:01:01 0
>>497
さすが現代のナポレオンといわれ
ヨーロッパを支配したアドルフだけあるな
その先見は恐れ入る

550 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:08:23 0
なんだかんだで我が闘争(原文、日独同盟前)は的確に的を得た分析しているよ

さりげなく、黄色人種の中で中華文明と支那だけは敬意を払っていて
「ちょっと黄色人種に作れたとは思えないんだが‥‥」
みたいな彼の心境が読み取れるのよね

で、みてのとおり
彼のその推論は今的中していたことが証明された訳

551 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:19:25 0
どこが証明なんだか

552 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:20:09 0
MtDNAという近代科学の概念で、古代中国人がコーカソイドだったと証明されたんだから仕方ない
もちろん孔子もコーカソイドだろうね。

553 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:26:03 0
アホな。
一人でも居ったらみんな外人かい。

554 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:30:01 0
帰納主義と反証可能性も知らないのか
これだからモンゴロイド脳は困る


555 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:38:36 0
可能性が無くもないってだけだな

556 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:52:39 O
>>477
ゴミだのクズだの誹謗中傷ばっかしてないで、"コーカソイドはモンゴロイドより絶対的に知能が高い"ことを証明してよ。

557 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 03:59:30 0
絶対的に知能が高いとか意味不明な言葉を発さないでください
いつ知能が高いといったのですか。そもそも知能という言葉自体、客観的な定義ができない言葉でしょう
コーカソイドが文明的な人種で、それ以外がそうではないといっているのです。
歴史を見ればコーカソイドが文明的なのは明らかです。5000年の歴史が証明しています。
モンゴロイドや釈迦や孔子という非モンゴロイドを1000年以上拝み続けてきたんだよ。
そういえば東南アジアではじめての文明国家・扶南はインド出身のバラモンが作ったらしいですね。伝説によると。
モンゴロイド土人は、インドのバラモンでも崇めるのがお似合い。

558 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:03:14 0
モンゴロイドやネグロイドは自分たちの哀れな歴史を直視するべき
クロやキイロは、コーカソイドの文明を受け入れることでしか文明化した例がないんだよ
クロやキイロは、コーカソイドに服従して、コーカソイドさまに頭を下げて、
コーカソイドの文明を模範させてもらうのがお似合いだ。

559 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:03:25 O
>>557
歴史の方が客観的なものじゃないけど。
必ず主観が入る。
それともあんたは神様かなんかですか?

560 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:06:10 0
これほど主観的な奴が客観的云々言うのは滑稽だ。

561 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:06:48 0
残念。歴史(文化史・文明史)は学問として成立していますが、知能に関する研究は学問として成立していません。
そういう試みがあるのも事実ですが、人種と知能に関する学説を発表しても学術的な反論か政治的な圧力が
出てくるので、今現在知能と人種に関する研究は、学問としてはほとんど成立していません。

562 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:07:52 0
日本に白人のレイプ犯を100万人うけいれて、中絶を違法化し、日本人種を改良しよう

563 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:10:20 O
>>561
学問として成立している=客観的な定義ができる だと思ってんのか。
お笑いだ。
歴史を客観だと思っちゃってるのがやばいな。

564 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:15:51 0
>>563
あなたは、薄汚い日本人なのに日本語も不自由なのですか。
歴史学とはドイツのランケによって定義されましたが、それは史料に対する批判的考察によって、
客観的な歴史的事実を推知しようとするものです。
哲学者ポパーによる科学の定義(反証可能性と帰納主義)と似た構造です。
これだからモンゴロイド脳は困ります。薄汚いモンゴロイドくん。

565 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:18:15 0
モンゴロイドは自殺しろ
お前らは劣っているんだよ。コーカソイドに服従しないと文明化すらできないゴミ人種
自殺しろゴミ

566 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:23:25 0
そして、客観的な歴史学の知見によると、文明を築いてきたのは常にコーカソイドであり、
その事実からコーカソイドが文明的な人種であることは明らか
逆に、モンゴロイドやネグロイドは野蛮な人種であり、文明化するためには、
コーカソイドに服従し、コーカソイドの文明を受け入れることでしか文明化できない

567 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:23:36 O
>>564
歴史を"なるべく"客観的にみることはできるけど"完全に"客観的に見ることはできない。
神様はいないんだよ。

568 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:24:14 0
白人がいたとかいう調査には無批判なんだな。

569 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:28:08 0
>>567
完全性を求めるなら、すべての科学を否定することになりますよ。
反証可能性って理解できてますかね。
本当にモンゴロイドを相手にすると疲れるね。

570 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 04:58:41 O
そもそもね、文明>文化という価値観が絶対的なものじゃないんだから、常にコーカソイドが文明を築いてきたとかそんなことはコーカソイドが優れてるという理由にはならないんだよね。
生物学的に証明してくれ。

571 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 05:02:10 O
>>569
完全と絶対は違う。
歴史は絶対ではないしあんたの価値観も絶対じゃない。相対。

572 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 07:13:44 O
>>568
当時の科学誌読んでたけど、調査結果に懐疑的な論文が多かったね。
日本だけで無く欧米の論文も大方は懐疑的。


573 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 08:02:35 0
>>550
的は「得る」もんでねーよ、恥ずかしいなあ。
そんな君の支持する推論なんてとても支持できん。

574 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 08:08:33 0
>>537
じゃあ名誉白人じゃなくてバナナ君と呼んであげよう。
?それとも逆バナナか、まあどっちにしろ黄色入ってるし勘弁ね。

575 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 09:05:51 0
このスレの構造読めたわ。長々と自演を繰り返してるだけだな。

コピペで白人優越ネタを振る

それに対する煽りを自分で書く

それを自分で叩く

「反論できなくなったようだな」と勝利宣言
(以下繰り返し)

で、歴史知識はほとんど0なのが笑えるね。



576 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 10:31:56 0
            / ̄ ̄⌒γ⌒ヾ
         / ________人   \
        ノ::/━━     ヽ    ヽ
        |/-=・=-  ━━  \/   i
       /::::::ヽ―ヽ -=・=-_ ヽ   i
      |○/ 。  /:::::::::     /⌒)
      |::::人__人:::::○    ヽ )
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \ ヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪
みんなもっと本気でかかってきて欲しい。
ここを訪れても何も書き込まずに立ち去ってしまう人、いると思う。
どうしてかな。すごくもったいないよ。
誰でも参加できるスレなんだ。ためらわずにどんどん書き込んで欲しい。
批判でもクソレスでもいいんだ。本気でかかってきて欲しい。


577 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 10:57:42 0
>>572
具体的な反論を、信頼できるソースつきで出してみろ
2500年前の斉の住民はコーカソイドだったんだよ
斉といえば中国の東端にある有力国だ。そして孔子の出身地・魯は斉に囲まれている。
これらの事実から、孔子もコーカソイドであることは簡単に推知できる。
そして、これに対する反論は存在せず、ましてや、孔子がモンゴロイドである論拠など何一つ存在しない
お前らはモンゴロイドは、何千年も前からコーカソイドに服従してきたんだよ。

578 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 11:21:31 0
>>577
お前が言っているのは10万年前に人類はエイリアンによって改良されたというのと同じだぞ
お前の説の論拠を先に示せよwww
>2500年前の斉の住民はコーカソイドだったんだよ
この説を「信頼できるソースつきで」証明してみろよwwwwwwwwwwwwww

579 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 11:42:13 O
>>573
今気づいた
すげー恥ずかしい間違いwww

580 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 11:47:01 0
世界のありとあらゆる文字の起源はメソポタミアの古代文字か漢字(甲骨文字)の
いずれかだという。

581 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 11:59:24 0
>>578
2500年前・2000年前・現在の斉の首都linzi住民のDNAの解析結果
http://mbe.oxfordjournals.org/content/vol17/issue9/images/medium/mbev-17-09-12-f02.gif
http://mbe.oxfordjournals.org/content/vol17/issue9/images/medium/mbev-17-09-12-f03.gif
これを見れば分かるとおり、2500年前の斉の首都linzi住民は、
日本人や韓国人や(現在の)中国人とは近似せず、ヨーロッパ人に近似する。
2000年前の同住民は、ヨーロッパ人と東アジア人の間になり、現在の同住民は、東アジア人と近似する。
要するに、2500年前はヨーロッパ人と同じDNAを持っていた同住民が、時代を経るに連れて、
モンゴロイド化しているのである。そもそも黄河文明を発見した考古学者・アンダーソンは、その遺跡を
西アジアのものと極めて類似しているとして、西アジアから中国へ渡ったものが築いた文明だとしている。
(今日では彩文土器に関しては、西アジアのそれとは対応しないとして、否定されている)
このDNAの研究結果は、アンダーソンの説を支持する形になっている。

ちなみにこの論文を発表した研究者は、
Li Wang、Hiroki Oota、Naruya Saitou、Feng Jin、Takayuki Matsushita、Shintaroh Ueda、であり、
日本人と中国人の専門家によるものである。



582 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 12:19:28 0
>>581
古代中国人がコーカソイドなんていったら笑われるよw
それトンデモ説だからw

583 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 12:22:19 0
要するに黄河文明の時代から現在まで、モンゴロイドというのはコーカソイドなしでは文明化した例が一度もないんだよ
>>582
反論できないのか?古代中国人がモンゴロイドっていう方がトンデモ説なんだよ。
これは客観的な事実。遺伝学的にも考古学的にも証明されている。
孔子がモンゴロイドだったとかいってるモンゴロイド脳を見たら笑ってやりましょう

584 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 12:32:35 O
>>583
まあ、当時の科学誌読んでみな。
まともな学者からはほとんど相手にされてないのが現状だ。
それと、メソポタミアとの類似性が指摘されたのは 1 9 世 紀 の話だ。
現在の考古学のデータは、メソポタミアと黄河文明の相関については否定的だ。
これも関連書を読めばすぐ判る。

585 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 12:36:38 0
>>584
はぁ〜またそうやって逃げるんですかモンゴロイド脳の方は。
それにアンダーソンは20世紀の人物ですよ。黄河文明が発見されたのは20世紀の話ですよ。
何が「19世紀の話」「当時の科学誌・関連書を読めば分かる」ですか。相手になりませんね。
反論できないからすぐそうやって逃げる。モンゴロイド脳の典型例ですね。おそろしい。

586 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 13:02:43 0
外人英語教師の本性

「おいオマイラ!日本にどんな嫌がらせしてる?俺はちょっと変わったやり方でジャップが
驚く顔を見るのが好きだ」
「電車の中で女の胸や尻を公共の面前で触る」
「年寄りを叩いてどかす」
「日本人やっつけるために日本に行くぜ」
「俺、女児殺したい。そんで他のせいにする」
「おまえら素晴らしいよ!」




http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/50349593.html
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/cat_50007004.html
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/cat_50007004.html?p=2
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/cat_50007004.html?p=3

587 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 13:12:13 0
>>586
これは許されるな
たとえるなら、これは中国への朝貢。
日本の天皇や将軍が中国へ朝貢するというかわりに、中国の文化を受け入れる。
東アジアにおける朝貢というのは経済的に得するのは朝貢する側だ。朝貢という侮辱的行為を受け入れて
中国への服従を形式的に示す。これと一緒。
白人が悪態を行っても、日本人は反抗してはいけない。そうすることで、日本人は白人に服従していると示すのだ。
もし日本人や韓国人が白人に反抗するようになったら、原爆でヒロシマ風焼肉にしてやればよい。
そのほうがモンゴロイドのためになる。


588 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 13:14:21 0
白人というのは、釈迦のようなものだ。釈迦を拝むように、白人を拝みたまえ。

589 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 14:24:36 O
きもい

590 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 14:54:28 0
この議論、これまでのスレを読んでいるわけではないので、その前提でコメントを。
1.まず、白人とコーカソイドの定義について。現代欧米人は、中東やインド、南米、ヒスパニックなどは
 白人だとみなしていない。このスレの白人の定義は、中東、インド含むコーカソイドという定義でOK?
2.古代中国といっても広く、夏王朝時代は、今のタイやベトナムあたりに連なる人々が
 中原地帯にいたとされている。この時代の事については、「白人が作った」とは言えないだろう。
3.殷の文化は狩猟民文化で、北方系。周は更に西方系要素があるとされる。
  特に前10世紀前後に遊牧民が誕生してからは、東西交流が盛んになった。
  中山王墓には、バビロニア天文学の影響を受けているとされる遺物が見つかっている。

思うに、前10世紀〜3世紀くらいの間は、中国に西方の影響があったのは何の不思議もないでしょう。
当時のトルキスタンの住民はイラン系だったとされているし、スキタイ=スク=サカ=塞 として、スキタイ系
民族が中国戦国時代の資料にも登場している。アケメネス朝遺民が移住してきていたとしてもおかしくはない。

西方から多数の民族が流入していたと推測されるので、西方遺伝子が持ち込まれていたとしても
何の不思議はない。
ただし、可能性は高いとしても、割合や影響度の分析がまだ進んでいないので、
臨シのデータだけを持って古代中国人が白人だったと言い切ることは言えない。
3-10世紀頃にトルコ系民族が部族ごと大挙して中原地帯に流入した事例もあるし、
山東あたりの民族が、民族移動によって西方から来ただけで、中原全部だったか
どうかはまだわからない。他のスレで、「すでに中国古代は白人だと証明されている」と
書いている人がいたが、それは言いすぎであろう。しかし近年指摘される新規資料は、
従来予想されていた以上に前10-紀元前後の西方の影響は大きかったことを示唆しているといえる。

591 :台灣之光:2007/11/11(日) 15:05:58 0
太極拳(日本VS中国)_(解穴法)
http://www.youtube.com/watch?v=UmEOR6a68OE&mode=related&search=
太極拳実戦(爆笑)
http://www.youtube.com/watch?v=0W1ym3yggR4&mode=related&search=
氣功
http://www.youtube.com/watch?v=S6KxA6H4aUg&mode=related&search=
太極拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=AnriAOgAYqo
螳螂拳+洪家拳+太極拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=fOYIOdUW9HE&mode=related&search=
醉拳(地尚拳)+螳螂拳+詠春拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=CW0QRpWkwy4

太極拳の形
http://www.youtube.com/watch?v=0Y_GULVhJmM&mode=related&search=


592 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 16:10:47 0
中国の土着民がモンゴロイドだったとしても、中華文明がコーカソイドによるものだということは、
黄河文明の発見者・アンダーソンが言うように明らか

593 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 17:31:23 0
科学が歴史をひっくり返す例だな。

594 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 17:36:25 0
中国木人
http://www.youtube.com/watch?v=tlKtEeqdSzA&mode=related&search=
詠春拳
http://www.youtube.com/watch?v=vTZUibPr6kU&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=qaP1X-lEtgc&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=ZM676yGD_5w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=liIOQFI9DyI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=S3xZoVq1J2s&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=EzwbsUSkmkI&mode=related&search=
詠春拳の実戦
http://www.youtube.com/watch?v=Glv1xm8Vk8g&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=NZ3-Hi-kMNo&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=ynyypQ-wa2Q&mode=related&search=
詠春拳の寸勁
http://www.youtube.com/watch?v=l7wDsaMsypk&mode=related&search=
詠春の形
http://www.youtube.com/watch?v=glsJLfDRlWI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=LEF1J7_cs-I
詠春拳の出演
http://www.youtube.com/watch?v=--hP6vXuuLM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=wG_XR37bwm4&mode=related&search=


595 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 20:17:37 0
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこの糞スレ・・・・

もうね、金融工学を学んでる自分からすると馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
高卒とか文系の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・

っつーことで落ちるわw あとは高卒&文系の諸君で楽しんでくれやノシ

596 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 21:18:09 0
また敗走か
これだからいつまでたっても文系にこき使われる立場なんだろうね

597 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 21:25:00 0
確かに理系の人ももう少し客観的な議論ができるようになれば給料も地位もあがるだろうに
医学部なら脳みそのデキも違うが

598 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 21:26:56 0
神舟五號
http://hk.youtube.com/watch?v=BsGkkaRBZwc
神舟六號
http://hk.youtube.com/watch?v=Gi8CdLclTp0
嫦娥一號
http://hk.youtube.com/watch?v=DIs7hFckkiM


599 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 22:56:01 0
戦車、騎馬、鉄、漢字

どれも殷にはなく
西方にはあり
周になって突然出てきたものなのだが

古代中国人はコーカソイド(or白人)説を
とると成る程スッキの説明出来る

600 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 00:16:25 0
出来てない。
強引すぎるんだよ。

601 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 01:54:56 0
じゃあ
突然、周が鉄や騎馬や戦車を使いだしたのを説明してみろよ

602 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 02:14:38 0
それ以前からあっぺ。突然じゃねーよ

603 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 04:03:08 O
まあ可能性はでかいにしても言い切るのは…
もっと決定的な証拠がないと確定しないな
完璧白人の王の遺体が発見されるとか



604 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 06:32:21 0
後世のゲルマン人やモンゴル人の例を出すまでも無く、支配者=文明と決めつける事は出来ない。
青銅器時代のヒッタイトやミタンニでも、生産活動はハッティやフルリら先住民らが担い、少数の
支配民族は専ら軍事のみを担っていたようだ。
元来蛮族出身であっても、後世の耶律楚材のような教養人もいない事はないが、これは例外的な事
であり、かの孔子らもその例外の一つの可能性が大きいと言えよう。

605 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 07:33:38 0
古代中國的發明
(運河、スパゲッティ、ロケット、サッカー、チェス、傘、犂、地動儀、紙、
指南針、印刷、造紙、造船、等等)
http://hk.youtube.com/watch?v=Z9sbV924Z6I
http://hk.youtube.com/watch?v=eqBEmmLgRsQ
http://hk.youtube.com/watch?v=KEQliKrEYYs
http://hk.youtube.com/watch?v=k-derIFLQfk
http://hk.youtube.com/watch?v=_Cwd_nG1ArQ

古代中國的科技(ロケット、小銃、大砲、手榴弾、地雷、照明彈、等等)
http://hk.youtube.com/watch?v=0bpOzW7gihw
http://hk.youtube.com/watch?v=H8QIFvW4d60
http://hk.youtube.com/watch?v=eZTJrs3_0b4
http://hk.youtube.com/watch?v=ZvK6Yb3MGVk
http://hk.youtube.com/watch?v=OS50_Cd9vog

神舟五號
http://hk.youtube.com/watch?v=BsGkkaRBZwc
神舟六號
http://hk.youtube.com/watch?v=Gi8CdLclTp0
嫦娥一號
http://hk.youtube.com/watch?v=DIs7hFckkiM


606 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 09:17:14 0
昔のスレの白人より黄色人種の方が精子が濃いという話が面白かったな。

607 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 11:50:58 0
>>559
殷時代の、戦車遺物は発掘されているよ。今勤務先なので資料がないが、
鶴間さん編集の中国古代文明という中国遺跡の本などに、博物館に
展示されている遺物が掲載されているので、比較的ポピュラーかと。

>>592
DNAの話は、土着民の話なんじゃないの?それとも当時の支配層の埋葬者
だけを分析したのでしょうか? 「古代中国は白人だった」と「古代中国
文明は白人が築いた」ということと「古代中国の支配層に白人がいた」ということは、
一部相関関係があっても、イコールではない。理系の方の主張?というわりには、この辺の論理が
曖昧なんじゃないでしょうか。



608 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 12:40:59 0
>>607
でも殷も末期になってからでしょ。周の勃興と軌を一にしてるんじゃないかな。
最初からスポーク付き車輪のタイプしか出てこないのも変だし。
シュメール文明頃に使われて戦車は単なる木の円盤を車輪にしたもの。
より軽快なスポーク付き車輪がアーリア人によって開発されるまで、何百年も
かかっているのだよ。なんで初期段階のタイプをすっ飛ばしたものしか出土しないのか。
これは戦車に限った話ではない。

609 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 13:01:19 0
戦車の件は確かに。戦車は印欧族の発明という説があったな。
騎馬は遊牧民族の出現とほぼ同一という説があり、戦車の発明より遅いとされていよね。
遊牧民族は、前10世紀前後に登場したという説があるので、南ロシアから
西トルキスタンあたりの平原から、東西に広がった。担い手はイラン系。
騎馬も、軍事力として使い出したのは趙の武霊王から。それ以前から、個別騎乗はあったかも知れないが。

漢字が西方起源というのは、トンデモ説以外で聞いたことがないな。詳しく教えて。

鉄については証明されてはいないが、西方起源が有力かも。このあたりは、
文化伝播論と内的発展論の決着はついていなかったと思う。
ガラスは、完全に西方起源だよね。5世紀の北魏に技術者が移住して、価値が下落した、
との記載が出てくる。
漢時代の星辰崇拝も、バビロニア天文学の影響かも知れない。
漢代長安の宮殿近くには、上林苑という狩猟場があり、これが古代イランと類似している。
西方起源か、北方遊牧民の影響か、まだ明確になっていない。
秦帝国の官僚制は、西方の影響を受けている可能性があるとされる。ここまで来ると
フィクションの世界だが、アケメネス朝遺臣が秦に亡命し商央から昭襄王の時代の集権化に
影響したのかも知れない。

まぁ、いづれにしても古代中国文明における西方文化の伝播と、その担い手の移住は
あったと思うが、「古代の中国人は白人だった」とまでは言えるかどうか。

610 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 13:04:08 0
>漢字が西方起源というのは、トンデモ説以外で聞いたことがないな。
ハンブラビ文字と漢字の共通点を見てみると枚挙に暇が無いんだよね

象や人という文字は完全にハンブラビ文字が由来としか思われない程

611 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 14:22:11 0

●台湾の人種


台湾原住民=フィリピン顔
http://www.saintmarys.edu/~rjensen/mongol.GIF

華南移民=タイ・ベトナム・ラオス顔
http://www.ftps.kh.edu.tw/%B2%A6%B7~%A5%FA%BA%D0/12/Images/41%B3%AF%BA%D1%B2%DC.jpg


顔面から東南アジアのスラムにただよう屎尿のニオイがしてきますねえw

612 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 14:29:20 O
>ハンブラビ文字
ワロタwwwww

613 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 15:22:55 0
つうか世界のすべての文明は古代メソポタミア・エジプト・インドの
古代文明を受け継いでいるんでないの?
19世紀あたりに出現した「白人」という概念の人たちもそうだし、
モンゴロイドもそうだしね。

614 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 16:31:45 0
中国木人
http://www.youtube.com/watch?v=tlKtEeqdSzA&mode=related&search=
詠春拳
http://www.youtube.com/watch?v=vTZUibPr6kU&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=qaP1X-lEtgc&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=ZM676yGD_5w&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=liIOQFI9DyI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=S3xZoVq1J2s&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=EzwbsUSkmkI&mode=related&search=
詠春拳の実戦
http://www.youtube.com/watch?v=Glv1xm8Vk8g&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=NZ3-Hi-kMNo&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=ynyypQ-wa2Q&mode=related&search=
詠春拳の寸勁
http://www.youtube.com/watch?v=l7wDsaMsypk&mode=related&search=
詠春の形
http://www.youtube.com/watch?v=glsJLfDRlWI&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=LEF1J7_cs-I
詠春拳の出演
http://www.youtube.com/watch?v=--hP6vXuuLM&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=wG_XR37bwm4&mode=related&search=


615 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 16:42:06 0
次スレ
古代のヨーロッパ人は黄色人種だったの?

616 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 18:30:27 0
日本人とキルギス人のルーツはお互いユダヤの10支族

結構有名な話だお
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/Kyrgyz.htm




617 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 18:38:47 0
太極拳(日本VS中国)_(解穴法)
http://www.youtube.com/watch?v=UmEOR6a68OE&mode=related&search=
太極拳実戦(爆笑)
http://www.youtube.com/watch?v=0W1ym3yggR4&mode=related&search=
氣功
http://www.youtube.com/watch?v=S6KxA6H4aUg&mode=related&search=
太極拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=AnriAOgAYqo
螳螂拳+洪家拳+太極拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=fOYIOdUW9HE&mode=related&search=
醉拳(地尚拳)+螳螂拳+詠春拳x氣功
http://www.youtube.com/watch?v=CW0QRpWkwy4

太極拳の形
http://www.youtube.com/watch?v=0Y_GULVhJmM&mode=related&search=


618 :ぴちくま ◆pie/udH5yU :2007/11/12(月) 18:55:10 O
ハンブラビ文字なんて初めて聞いたわ
φ(・_・ )メモメモ

619 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 19:08:33 0
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/diet/1194438792/
【顔デカ】これほど醜い日本人女性277【寸胴】


まとめサイト(白人女性の画像満載)

http://handicap.scenecritique.com/

http://korehodominikui.blog59.fc2.com/

http://genetic.hyperphp.com/

http://uglyjap.150m.com/index5000.html

http://twilightmirage.blog96.fc2.com/


620 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 21:12:36 0
チョン乙

621 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 21:21:23 0
ハンブラビ文字は世界史板の質の低下を嘆かせるには十分な書き込みだな

622 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 21:51:46 0
ほれw


ウンコ色でウンコみたいなツブレ広鼻の台湾半ニグロw

http://www.slps.ttct.edu.tw/picture/90.JPG


つかウンコそのものw

623 :世界@名無史さん:2007/11/12(月) 23:30:31 0
ハンブラビ バビロン 王 -ガンダム

で検索すると9件ありますた

624 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 00:16:25 0
>>618
氏ね

625 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 01:11:43 O
>>624
ハンブラビワロスwwwww

626 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 01:34:36 0
ネタが無いな。
過去ログに同じスレが二つあったが過疎ってdat落ちしてた。

627 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 01:51:16 0
ごめん無学なもんでハンムラビ法典とか楔形文字しか分からんわ。
ハンブラビって言ったらこれしか知らん↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%93

628 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 07:26:56 0
で、結局ハンブラビ君は何が言いたかったのかな?

629 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 14:17:54 O
ハンブラビの存在を伝えたかったんだろ

俺を含めこのスレがハンブラビもしらない無知の集まりだったんだろうw

630 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 19:33:08 0
>>610
比較言語学関連の本だったと思うが、一定量は必ず、まったく無関係の言語でも、
偶然的に意味が近い語句があるそうだよ(英語のSoと日本語のソウとか)。

これに対して「ママ」という言葉が、中国語と
欧米言語を同じなのは、人間の口蓋の構造上、生まれたての赤ん坊が発音
し易い音なのだそうだ。だから、モとかマの発音が母親を示す言語があるのは、
生物学上の要素が強いらしい。

ハンムラビの時代には、楔形文字は、既に表音文字だったから、数語似た言語があるから
といって、同根とするのはどうだろうか。研究の余地はあると思うけど。

ところで、楔形文字に象という語があるのは知らんかった。
イラクあたりに象の知見が入ったのは、アレクサンドロス以降だと思っていた。
これは、所謂メソポタミア-ディルムン-インダス交易を実証する痕跡かも。

631 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 19:45:42 0
>>630
アッシリア時代までは、中東にも象がいたらしい。アジア象に近縁で、研究者にはシリア象と呼ばれているそうな。

632 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 19:54:15 0
おお、サンクス。

633 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 19:55:06 0
中国語て無生物主語がある点など、実は結構英語みたいな所がないか?
主語−動詞なんて語順もそうだし。

ところで、おもしろいサイトを見つけた。
>ttp://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-61.htm
>ttp://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-8.html

古代中国人白人説を唱える学者はアンダーソン一人にとどまらないようだね。
いずれも中国政府の抗議で自説を撤回しているようだが。

黄河文明と長江文明の戦いか、なるほどと思わせる。


634 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 20:49:00 0
サイトを見たよ。おもしろいけど、ちょっと荒い考察かなあ。
ちなみに例の西方起源説は狩野直喜による反駁があるね(『中国哲学史』岩波書店)。

635 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 21:54:40 0
>>633
電波くん御用達サイトじゃないか。

636 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 23:01:02 0
ヨーロッパ人はモンゴリアンに犯された混血人種

637 :世界@名無史さん:2007/11/13(火) 23:05:18 0
>>1
お前が醜いのは人種のせいじゃないんだぞ

638 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:02:14 0
そもそも発見者・アンダーソン自身が中東の人間にもたらせれた文明だっていってるからね
現時人がモンゴロイドだろうが、中華文明の初期を担ったのは間違いなくコーカソイド
アンダーソンが指摘した中華文明と中東の文明との類似性、文明の成立に必要不可欠な発展途上の遺跡が見つかっていないこと、
そして、DNAの解析結果、明らかだね。
どの時代まで、混血せずにコーカソイドと現地人が区別されてたのかは知らないが

639 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:06:33 0
まぁ、人類の最底辺を構成するモンゴロイドくん、とくに中華文化圏に分類される中国人や日本人や朝鮮人が、
中華文明を、モンゴロイドによるものだと信じたい気持ちは分かるよ。


640 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:34:17 0
ハンブラビ再来

641 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:38:31 0
私はハンブラビくんではありませんよ。それにそういうミスしか指摘できないなんて哀れなもんですね。

642 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:45:54 0
モンゴロイドは人口多いのにホントごみだな


643 :ぴちくま ◆pie/udH5yU :2007/11/14(水) 03:50:30 O
>>641
確かにくだらないミスだけど、あまりにもインパクトの強いミスだったから指摘してるんだよw

644 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 03:55:20 0
ハンブラビ文字への興味が涌いた。

645 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 04:06:37 0
パラノイア

646 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 04:35:39 0
アンダーソンを否定するなら、黄河文明の存在そのものを否定することになるな。


647 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 07:57:57 O
アンダーソンは仰韶早期文化(6800〜5800年前)から寺窪文化(3400〜2600年前)までのかなり長い期間の様々な文化遺跡で彩文土器を発見している。

西アジア最古の土器が発見されるのは、シリアのテル・エル・ケルク2号丘で、全12層の内、第6層において初めて土器が出現する。
西アジアでは新石器時代に入っても土器は長い間製作されず、この間は先土器新石器時代(紀元前8300〜6000年頃)と呼ばれ、ケルク2号丘の第6層より下の層がこれに相当する。
ケルク2号丘に人々が居住していたのは、紀元前6000年前後の500年間ぐらい(先土器新石器時代B期後半〜土器新石器時代初頭)と考えられる。
この土器は黒色研磨土器と呼ばれるもので、彩文土器の登場は後続のハラフ土器を待たなくてはならない。

彩文土器の登場する年代には、東西においてさほどの差異は無く、この点がアンダーソンの提唱した西方からの伝播説に対する反証の材料となっている。

648 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 08:35:06 0
>>581を参照

649 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 10:00:00 0
臨シのどの部分を調査したか、ソースの場所を教えてくれ。詳しく知りたい。
その情報がないと、斉の首都をちょっと調査したからといって、中国古代全体に
適用でき、更には中国古代文明が西方起源との証明することには、ならないと思うよ。
この間に大きな論理的ギャップがあることに、どうして気がつかないのか不思議。
まず、そこを埋めるデータと論証を望む。別に西方起源説を否定しているわけではない
ので、念のため。ただし、論証が甘いと感じている。

650 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 10:20:55 0
ヨーロッパ人はコーカソイドじゃないとか言い出しそうな勢いだな

651 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 11:39:20 0
そうですね。論証が無ければ、そうなります。それが学問的態度というものでしょう。
「既知の事実」とか「高名な学者がいっている」「皆そう思っている」というのでは、
実は何も言っていないものと同じです。

652 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 11:57:45 0
>>649
どうぞ。
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

653 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 11:59:35 0
もっと詳しく知りたければ著者に直接メールしてもいいんじゃね。

654 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 12:21:39 0
容姿上は中国人のほうが見栄えが遥かにいいよな

655 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 14:05:48 0
>>654
西洋的価値観に毒されてるな・・・

656 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 17:08:41 0
>>653、654
ありがとうございます。今業務中なので、後で読んで見ます。
しかし、このスレで要約を解説できないようでは、
ここで臨シの件で古代中国人は白人だったと、主張し続けている人は、
詳細な内容を把握もせずに、結論部分だけ、貼り付けて主張していたわけですか。
と思ってしまいました。人に言われたことを鵜呑みにしているだけですね。

657 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 17:19:30 0
そりゃ研究者でないと無理だろ。

658 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 19:40:19 0
>>657
確かに、細かいところはそうですね。
なので、先に、この論文に対する反響・及び支持・反支持の意見を探してみました。

まず、今読んだのは、

http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/20/2/214
(2003年)

です。研究者は殆どが雲南省昆明の人で、一人ドイツ ハンブルク研究者が入っています。
結論は、植田助教授たちの研究に対して、
「Our results highlight that the interpretation of ancient DNA should begin with sufficient data and not draw conclusions on too limited a data set. 」
「it is thus important to take (pre)historic knowledge and archaeological assemblages into full consideration.」
としています。限定されたサンプルは難しいということと、歴史や考古学の知識も必要、ということです。
中国人にこういわれると、少し憎らしいですが、指摘は間違いではないでしょう。

しかし、今回の件では、古代DNA学という分野が存在し、電波ではなく、まじめに
研究が進みつつあることを知りました。植田助教授の研究も、間違いだとか、意味がない、
と思っているわけではなく、また新たな研究とサンプルの増加で、コーカソイドが
古代中国に占めた割合が多かった、との研究が出てくるかもしれません。

他にも、本スレと同じ議論をしているサイト(下、2006年)がありますが、典拠は植田さんの論文となっています。
http://www.stormfront.org/forum/showthread.php/whites-shandong-china-before-asians-351070.html
しかし、前386田氏による斉の王家簒奪以降、中国人化が進んだという説も面白いですね。

あと、調べていてわかったことは、コーカソイドという言葉は、学術界では段々使われなく
なってきているということもわかりました。よく言われるところの白人とは、帝国主義時代の
列強側の国々で、中東ヤイラン人は白人ではありませんから、このようなズレを是正するために、
コーカソイド=白人という用語ではなく、European となっていて、植田さんの論文にも
Causasoidは使われていませんね。Causasoidは、もともとのコーカサス人を指すことに
移りつつあるそうです。

659 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 19:45:17 0
書き忘れてましたが、
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/20/2/214
は、古代中国人は、現代ヨーロッパ人よりも、現代中国人に近い、
という結論です。どちらの記事も、同じ雑誌掲載となっています。
どちらが正しい、というよりは、今いえることは、今後の研究の余地が大きい、ということと、
植田さんたちの研究は、こうした研究を刺激する材料としては、大きな
貢献をした、ということでしょうか。

660 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 19:51:05 0
人種や血液型で人間の優劣が決まると思ってるタイプに当てはまりそうな
オワッテル奴がいるな。

661 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 20:02:59 0
そもそも、古代臨淄の人骨の解剖学的な所見は、どうなっているのでしょうか。

662 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 20:10:49 0
古代臨シの人は、DNA的に見て、寧ろイラン人に近いのではないか、という論文も見つけました。
ま、色々なことを考える人が出てきてもおかしくない、というところでしょうか。
http://findarticles.com/p/articles/mi_qa3659/is_200608/ai_n17171074
Bennett, Casey C.
Kaestle, Frederika A.
Reanalysis of Eurasian Population History: Ancient DNA Evidence of Population Affinities
Human Biology - Volume 78, Number 4, August 2006, pp. 413-440
共同研究者
Casey C. Bennett Department of Anthropology, Indiana University, Bloomington, IN. Frederika A. Kaestle Department of Anthropology, Indiana University, Bloomington, IN. Institute of Molecular Biology, Indiana University,


663 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 21:17:57 0
まぁ、昔はともかく、今の中国は、明らかに白人が作った、と言えそう。
技術・物質的・生活スタイルは殆ど欧米化。共産党が頑張らねば、
欧米映画・ドラマに汚染され、そのうち精神も白人化してしまうだろう。
結局最後は白人に一元化して終わり。これが歴史の運命かも。

664 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 21:33:15 0
その「白人」だって古代メソポタミアやローマ化した民族だろ。
お互い様さ。

665 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 22:23:05 0
そして100年後にはアキハバラ文明が世界を席巻してるからな

666 :世界@名無史さん:2007/11/14(水) 22:41:15 o
>>663
共産党が、文革で無理矢理、欧風化させたと思うが

667 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 10:12:31 0


DNAの二重らせん構造を発見し、1962年のノーベル医学・生理学賞を共同受賞した
米コールド・スプリング・ハーバー研究所会長のジェームズ・ワトソン博士(79)が
「黒人は知能で白人に劣る」と発言
政治、宗教、人種問題をめぐる歯にきぬ着せぬ発言で知られる同博士は、14日付の英日曜紙
サンデー・タイムズのインタビューで「アフリカの人々(黒人)の知能はわれわれと同じという
前提で社会政策がつくられているが、すべての知能テストがそうではないことを示している」と
発言。「今後10年内に遺伝子が人間の知能に差をもたらしていることが発見されるだろう」


668 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 10:45:52 O
ワトソン博士って有名なDQNじゃん。

669 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 10:55:14 0
中国「世界第2の大国」として認知!民間調査による大国ランキング―フランス
11月14日16時7分配信

2007年10月、フランスのハリスインタラクティブ社はドイツ・フランス・スペイン・イタリア・イギリス・アメリカで民間調査を実施、世界の大国ランキングを策定したところ、中国がアメリカに次ぐ第2位にランクインした。

同調査はフランスのテレビ局フランス24とアメリカ紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンの依頼によるもの。各国の16歳から64歳までの6645人の回答を集めた。ほとんどの回答者が世界最強の国家としてアメリカを挙げた。

意外だったのはアメリカに次ぐ第2位に中国の名が挙げられたこと。フランスで93%、アメリカで90%、ドイツとイギリスで87%と大多数の回答者が中国を2位に挙げている。3位はロシア、4位はイギリスとなっている。(翻訳・編集/KT)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000014-rcdc-cn



670 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 11:06:38 0
人類発祥の地は、アフリカ。その祖先が、エジプトから西アジア中央アジア
と移動してるから遺伝子もミトコンドリアも中東の人間の遺伝子が、交るのは
当たり前。白人の遺伝子は、中東や北アフリカから北上したから共通の遺伝子
やミトコンドアが中国人に有っても不思議は無い。ゲルマン民族は、フン族に
追われて東ヨーロッパや西アジアからの移動だから元はエジプト経由。
移動中に骨格や肉体の特徴が、変っただけ。白人崇拝も此処まで来れば、唯の
馬鹿。


671 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 15:50:35 0
美しい白人
http://handicap.scenecritique.com/20922.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21107.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20915.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20841.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20827.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21123.jpg
http://handicap.scenecritique.com/21222.jpg
http://handicap.scenecritique.com/20840.jpg

醜い中国人
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/08/img/m88428.jpg
http://www.minghui.jp/2007/03/26/m292289.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q101/q101-4.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q505/q505-4.jpg
http://www.suiunkan.com/image/q110/q110-4.jpg
http://jp.epochtimes.com/jp/2006/08/img/m19524.jpg
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/06/img/m11982.jpg

モンゴロイドの中国人は何でこんなに醜いのか


672 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 16:10:12 0
日本人よりは見た目がいいじゃない

673 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 17:57:55 0
骨格だけにしたら大した違いは無い。

674 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 21:26:54 0
というより、チャイナドレスの中国人のねーちゃんは割と美人では?

675 :世界@名無史さん:2007/11/15(木) 22:24:43 0
>>671はいつもの美容板のアホだろ

676 :世界@名無史さん:2007/11/16(金) 00:03:27 0


リチャード・ギア中国政府を批判


1 03/30(水) 04:08:40


米俳優リチャード・ギア(55)が中国政府への怒りを爆発させた。
ギアは28日、都内で行われた映画「Shall we Dance? 」
(ピーター・チェルソム監督、4月23日公開)の会見に出席。
終了後、にこやかに写真撮影に応じていたが、突然、
壇上から降りて司会者のマイクを奪った。
「映画に関係ないけど」と前置きした上で
「中国で反国家分裂法が制定されたことに強く反対します。
小泉首相の見解と同様、中国に武器が輸出されることを絶対反対します! 」。約600人の取材陣を前に、
最後は胸の前で両手を合わせて訴えた。同法は、台湾が中国からの独立を宣言した
場合に武力行使を容認するというもので、
台湾で反対運動が起きている。
 ギアはこれまでも中国政府批判を繰り返してきた。
93年にはアカデミー賞授賞式にプレゼンターとして出席し
「中国政府がチベットを抑圧している」と発言。

 今日29日、ギアは小泉首相を表敬訪問する。一部で「似ている」
といわれた小泉首相との初対面に
「すごく楽しみにしているよ」とコメントした。
(日刊スポーツ) - 3月29日9時53分更新






677 :世界@名無史さん:2007/11/16(金) 00:44:39 0
コピペしか能が無いのか。

678 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 02:45:32 0
古代インドの偉人も白人だったの?

679 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 03:02:56 0
No

680 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 10:31:10 0
人が美しいと感じる顔=その種族の平均値に近い顔
平均値に近ければ近いほど遺伝子が正常であり
逆に平均からかけ離れているほど遺伝子に異常があるため
本能的に正常な遺伝子を残そうとする人間は醜い顔の異性を避け
美しい顔の人間は異性から好かれる。

さて、混血は日本人の平均値からも相手国の平均値からもかけ離れているわけで
混血がもてない理由は科学的に解明された現実。


681 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 10:54:30 0
>>680
>混血がもてない理由は科学的に解明された現実。
現実は、ハーフやクワォーターのタレントがモテモテ。
そんなに単純じゃないだろ。遺伝子の組み合わせさえ良ければ
優秀な子孫を残す。
元々、日本人は、ミトコンドリアDNAから判断しても混血種。


682 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 11:33:31 0
お〜い、めでたく多数の日本人が「美意識覚醒」をはたしたとして、オマイら
のゴツイ混血娘の面倒は誰がみるわけ?
まさか、ダンナになる男だけは覚醒してはいけない、なんて言わないよな。
当たり前だろ
外人と結婚する奴なんて頭おかしいんだよ

683 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 11:34:06 0
同じ日本人でも男女の好み・視点は違う。
たとえばオタ男性向け漫画のヒロイン、理想の女性はロリ顔の巨乳宇宙人。
腐女性向け漫画のヒーロー、理想の男性になると10頭身宇宙人。

どっちも宇宙人だが、男女の好みは同じ方向ではない。180度違う。

目の青い金髪女性が日本来て、日本女性からの崇拝の視線をかんじたが
日本男性は興味なさげだったと書いていた。

日本男性の理想は大柄な白人ではない。
体格がごつい男顔の女は、まるで男を抱いてるような嫌悪感があるからだ。

それゆえに日本女性の白人への飢えるような憧れは日本男性に理解出来ないと思う。
まさにつぼにはまったというやつ
鼻の尖った精悍な男顔の男女がくっ付く。ホモ好き腐にはたまらない世界
だから現実に海外でアニメ漫画好き腐女子が肉便器化してるわけで

日本の便器女が多い理由は、金髪青い目などの白人という人種にコンプレックスを
もってるあこがれているから。
腐女子は、日本男も便器女と同じ視点だと確信してる。男の嗜好が理解できない。
日本男性の好みなど劣っていて美しくないから理解する気がないのだという。

白人崇拝する日本女に現実の外人は汚いしデブで美形じゃない、というとまさに逆上する。


684 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 14:00:44 0
古代中国と関係ないですが。

685 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 14:30:04 0
第4大経済体の日本

2007年日本GDP(PPP)はインドに上回られます。

1米国 13,543,330
2中国 11,606,336
3インド 4,726,537
4日本 4,346,080

国際通貨基金の統計http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28PPP%29#fn_1


686 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 14:48:25 0
まじめな話、混血はどこでも純血から差別される。ワキガ臭いしね。それがいやなら
ここをみてる混血君はさっさとアメリカ移住をお勧めする。

日本社会を洗脳しよう、混血を高等と錯覚させようと日本語でかきこむことは無駄
どこでも混血児を異人種より見下しきらってる。真実はすぐばれる。
雑種だらけのアメリカに行けば自然にすごせるし、そこで努力して高い地位につけばよい。
日本語で罵倒を書き込むより英語でイイコトかきこんであっちの地位を高めなさい。

しかし、成人してからではおそい。できるだけ早くだ。
むこうでは英語もロクに聞き取れないようなものは、顔や人種以前に差別対象。
仕事しようとしても電話でききかえすとガチャンときられる。仕事にならない。
だから日本の会社は現地人になって古い日本人もしくは、外人雇ってるんだけどね。
よく混血が夢見てるように日本で成人、仕事でカネためてから欧米へすむ、じゃ遅すぎる。
学生なら今すぐ学校やめて飛行機でとべ。


687 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 16:13:54 0
中国の資源獲得外交が成功、年100万ガロンの原油輸入に合意―ベネズエラ
11月17日12時1分配信 Record China
2007年11月16日、ベネズエラは中国とのエネルギー領域の共同計画協議に合
意した。計画では2010年に年50万ガロン、2012年には100万ガロンの原油を
中国に輸出するという。

ベネズエラの石油相・石油公社総裁のラファエル・ラミレス氏によると、
中国とベネズエラは合資により運輸企業を設立、仲介業者を通さずに原油
を直接中国にまで輸送する計画だという。また、中国がベネズエラに石油
精製工場を建設する計画も持ち上がっている。【 その他の写真 】

今回の協議では原油輸出以外に、中国石油集団(ペドロチャイナ)とベネ
ズエラ企業の合資による石油開発企業の設立、採掘技術の供与も合意され
た。また、両国は共同で60億ドル(約6660億円)規模のファンドを設立、
ベネズエラ国内への投資を実施するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000004-rcdc-cn


688 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 19:36:04 0
>>686
混血に限らない。日本人は異質な人間を排除しようとする傾向が強い。
(日本人だけがそうだとは言っていない。他の比較はここではする
つもりはない)
なので、周りと異質な奴がいたら、排除する理由を探すわけだ。混血は
人目でわかるから標的にされやすい。混血でなくても、帰国子女も同じ。
最悪なのは、元住んでた国の言葉も、そこで就職する程できず、かといって
思考だけは、その国の影響をうけた奴。日本で溶け込めず、元の国にも
移住できない。元の国の言葉が問題ない奴は、結構Uターンする奴が多い。
漏れの会社は、10月採用の帰国子女(全部US)が多いけど、2/3くらいは、
平均4〜5年後、USに戻っていく。残りの1/3も、その半分は会社を辞める。
最後まで居残るのは最後の1/6くらい。

異質なものを排除するのは、集団の維持の為の方策でもあるから、「混血」
そのものが問題なのではない。この手の集団にとっては「排除」すること
こそが重要だからだ。

因みUSが雑種だらけというのも、日本と比べればその通りだが、これも
あくまで比較の問題で、大抵の民族は、棲み分けしている。
日本の帰国子女も、親しい友達は、台湾や香港の留学生だったりする。

689 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 19:50:04 0
欧米人、アラブ人、インド人、黒人の血が入ったハーフは
容姿体格に秀でるので羨望の的となる。

コリアンの血が入ったハーフは、コリアンの悪行と卑しき精神性による来歴から
卑下される傾向があるが、法律では過剰に保護されるので
それがなおさら一般人の怒りに火を付けている。

そして、日本社会で一番レイシズム思想をばらまいてるのは、朝鮮系韓国系の人間。


690 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 20:09:03 0
それまで白人サマがアジア猿を殲滅するといきまいていたのに、混血の自分を排斥されそうになると
泣き言ですかw

691 :世界@名無史さん:2007/11/17(土) 23:57:03 0
白にすこしでも他の色がまざればもう白じゃない

692 :世界@名無史さん:2007/11/18(日) 06:36:45 0
06年に発表の科学技術論文数、世界第2位に―中国

2007年11月15日、中国の科学技術研究者が国内外で発表した論文の統計分析
を行ってきた中国科学技術情報研究所の発表によると、2006の年中国人が国
際的に主要な科学技術定期刊行物や研究会で発表した論文は17万2000本に上
り、世界全体の論文総数の8.4%に当たると中新社が伝えた。この数は全世
界で第2位。
主に基礎研究分野の情況を反映するとされる『科学文献引用索引』(SCI)
では、2006年は7万1000本の中国の論文を収録しており、前年と比べ4.3%
の増加、全体の5.9%を占めており、その数は世界第5位となっている。工
学分野の科学研究情況を反映するとされる『工学文献索引』(Ei)では、
2006年は中国の論文が3万6000本収録され、世界全体の14.6%、アメリカに
次いで世界第2位だった。【 その他の写真 】

また、2006の年中国の科学技術研究者が主要な国際会議で発表した論文数
は3万6000本で、世界全体の9%。これもアメリカに次いで世界第2位となっ
ている
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000024-rcdc-cn


693 :世界@名無史さん:2007/11/18(日) 12:11:16 0
コピペはいいから。

694 :世界@名無史さん:2007/11/23(金) 22:58:21 0
金融工学wwwwwwwwww理系の落ちこぼれwww

695 :White Crow:2007/11/23(金) 23:26:27 0
なぜ、欧米人の古代史が封印されて、現在に至るまであまりよく知られていないのはなぜであろうか?
それには、いろいろな文献や海外の滞在や科学的な検知から推測すると、答えがだんだんと出て来るのである。あくまでも、私個人による
研究や推測ですが、大昔、白人は世界中に存在していた。しかし、いろいろな差別や迫害などにより、環境の苛酷な寒冷地に逃げ住んで
集まったのが、ヨーロッパ人の始まりだと推測する。アフリカなどでは、大昔、白子(アルビノ)の子供が生まれると
すぐに処分していたのである。日本でも先祖で何かすごく悪いことをした家系にアルビノの子供が生まれるという、認識が
この現在まで続いている地方などもある。寒くて、日のあたりにくい地域に何千年も住むと髪の色が白や金髪や銀髪になるという
科学的根拠はまったくないのである。肌の色は白くなっても髪の毛や目が白系の色などになることはない。実際、ヨーロッパ地方は、とても寒い場所であるが
昔から日照率は良い地域である。ヨーロッパ人よりはるかに昔から北欧に住んでいる、イヌイット人(エスキモー)は、真っ白ではないのである。
顔や体系は、雑種であればあるほど、美男、美女になることは、コンピューターよって明らかである。とにかく、差別されて生きてきた民族が欧米人である。
よって、現在はその報復なのか、もしくは、また差別が自身に降りかかってくるのを恐れているのか、
もっとも凶暴で冷酷な民族になってしまったのである。これは、タブーな話かな?白人は、ユダヤ人以上に冷酷で残酷な人種である

696 :世界@名無史さん:2007/11/24(土) 16:34:18 O
>>695
日本語で桶

697 :世界@名無史さん:2007/11/25(日) 04:58:03 0
「白人は人に非ず」

698 :世界@名無史さん:2007/11/28(水) 05:57:38 0
白人は中国にとって蛮夷だろ

699 :世界@名無史さん:2007/11/28(水) 13:08:10 0
支那世界が発明した大砲を改良した欧州に負ける支那哀れ

700 :世界@名無史さん:2007/12/05(水) 09:39:12 o
中国の建造物で有名なのって、明や清等の近世のものが殆どじゃない
紫禁城とか万里の長城とか
それ以前のものって、実は今と全く違う様式の建物だったりして
衣装や文化だって、三国志時代の古代と、中世の明の時代の衣装が殆ど変わってないのは、後世をもとに前世を再現したからとしか思えない。

701 :世界@名無史さん:2007/12/05(水) 22:20:06 0
あほ

702 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 09:05:13 0
支那の建造物って本当に残ってないよね。大体が明代の寺院なんかを現代になって
復元したものばかり。

703 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 10:45:10 0
モンゴルとかの破壊がそれだけ凄まじかったのだろうな。

704 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 12:33:04 O
確かに。精々最古レベルで唐代の頃のが僅か残っているくらいだね。


705 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 12:35:01 O
>>703
文化大革命の時に相当数破壊されているんじゃなかったっけ?

706 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 12:56:22 0
文革のときに破壊されたのが仏教寺院や儒教の廟堂などだったと思う。
>>704唐の建築物が残ってるの?

707 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 21:26:00 0
宋は結構残ってるよ。でも寺と塔とか、代わり映えしないものが多い。
モンゴル破壊説は成り立たないと思う。

唐代は、石やレンガの塔なら、結構残っている。
木造建築は、4つだけ。全部山西省にある。日本の奈良時代の現存物の方が多いのではないかと思う。

唐以前が残ってない理由は、2つ、
基本的に木造だったのと、資材の再利用が多かったため。

だから、墓だけは、漢代だけでも、2000程残っているようだ。墓は再利用しようが
ないからね。以前 中国考古文物年報のような本に載っていた記憶がある。

708 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 21:33:02 0
>>700
衣装や文物は、墓から出土しているから、残っているし、漢代以降は、カラー壁画も
残っているので、ほぼ判明している。衣装はそのまま現物が出土
しているし、軍装や車馬などは、兵馬俑で出ている。

建築物も、一応壁画やミニチュア模型が墓から出土しているので、
宮殿の土台などの調査から、これも「ある程度」は様子が分かるが、
細かいところとなると、明清の建築物からの推測、と感じられることも
なくはない。

早く始皇帝陵が発掘されて、カン陽宮殿の模型でも出土すれば、
ほぼ確実に分かるようになるはず

万里の長城も、一部は秦、漢、戦国の時期のものが残っているから、
これも判明している。

709 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 21:40:50 0
唐代木造建築

五台山 南禅寺(782年)と仏光寺(857年)
天台庵 と广仁王庙(広仁王廟)

710 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 21:59:32 0
中国での建築材再利用って言うのは凄いです。古い家でも買取業者がいて
買い取って再販売する。レンガなども新品と中古が売られている。浙江省他
最近のプレハブ住宅も分解した物が売っていた江蘇省、噂では少し空家とか
にすると分解され盗まれるとか、、さすが中国、そう言う資源再利用文化と
言うかパクリ文化のせいでしょう。長城は国境を示す物で、後生に歴史を残
す意味合いで作られ中国流の作る歴史のハードウエアーの意味が深い、実際
北方民族は其れを越えてその内側で遊牧生活していた。一説にある警防用の
物ではない。人里はなれている事と長城を壊す事は古くから禁じられていた
ので残っている、、もちろん日乾しレンガの所は殆ど残っていない。

711 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 22:01:27 0
>>3
そうかな?外資系金融のエリートリーマンは東大の教育学部卒が多いよ。

712 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 22:22:35 0
【写真】東北工程:変貌を遂げる「中国」と「辺境」の概念
http://www.chosunonline.com/article/20070327000053

【写真】中国の東北工程に‘レッドカード’
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79850&servcode=400§code=400

713 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 23:33:12 0
>>711教育じゃなくて教養学部じゃないの?

714 :世界@名無史さん:2007/12/06(木) 23:42:36 0
匈奴はコーカソイド?

715 :世界@名無史さん:2007/12/07(金) 00:01:26 0
突厥(「とっくつ」と訓のが正しいとか)は今で言うトルコ系だから
コーカソイドじゃないの?

716 :世界@名無史さん:2007/12/07(金) 12:59:17 0
>>715
 >>658の記載によれば、最近は、コーカソイドという用語は使われなくなってきているそうです。
19世紀帝国主義時代の概念なので、学問的厳密性はあまりないようです。

717 :世界@名無史さん:2007/12/07(金) 16:14:39 0
むしろ学術的には白人と言う言葉の方が使われにくい
生物学的にはコーカソイド他三種という形式で人類が分類されている
言うまでもなく今は歴史も科学的な要素を取り入れつつあるから
コーカソイド他三種による人類区分はむしろ今の主流

718 :世界@名無史さん:2007/12/07(金) 23:18:50 0
感情的反捕鯨国筆頭の豪州ってこんな国なんですよ?

残酷なハクジンの作り方
http://www.asyura.us/hks/hks_outline.php?kiji_id=0601_social3_msg_428



719 :世界@名無史さん:2007/12/09(日) 03:04:06 0


緑色だったんじゃねぇか?








720 :世界@名無史さん:2007/12/11(火) 07:03:43 o
>>708
パルテノン神殿みたいなの出てきたりして>始皇帝陵

721 :タイイツ:2007/12/15(土) 13:26:07 O
商も白人だったのかもな…
案外ヒッタイトだったりして?
車の軸受けは青銅でも熱で焼けたり変形するだろ?
だから鉄を扱えた民族だったのかもな?

722 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 13:44:26 o
金や元が来るまで、白人が主要民族だったりして
日本に渡来帰化したのはその白人
だから日本には、白人の特徴を多く有する者が結構いる
だいたい、今の半島人なんか、モンゴルのウルスの一つだなんて言っているから
連中の言っている事が本当なら、以前に住んでいた人たちとは、全く別の人種ということになる

723 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 14:20:04 0
三国時代の後の五胡十六国時代は欧州で言えばゲルマンに占領されて
ローマが滅んだのと同じような時代。このときに大幅に人種や民族が
総入れ替えになったといわれている。

724 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 21:14:42 0
>>721-723
電波乙

725 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 22:31:04 o
>>723
三国志の英雄たちは、やっぱり白人だったのだな

726 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 22:36:39 0
いい加減にしとけ

727 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 22:38:32 0
シロンボが中国人なはずねーだろ低脳どもがw
イラン人ですら古代中国ではイラン人として歴史に残ってんだから

728 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 22:45:57 0
>>724
具体的には?

729 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 23:18:52 0
日本には白人の特徴を多く有する者が結構いる

ってとこからして電波w
そんなら中国は完全に白人じゃないとおかしいだろ
色目人が外人扱いだったんだから

730 :世界@名無史さん:2007/12/15(土) 23:50:36 0
にんげん進化考 第12回 春秋戦国時代に欧州人?(2002年6月23日・日本経済新聞 Sunday Nikkeiに掲載)
著者:斎藤成也(国立遺伝学研究所・教授)

 中国古代人のDNA研究からは、当時の人々のダイナミックな動きが浮かび上がった。
 東京大学の植田信太郎さんと中国科学院遺伝研究所の王瀝さんらが調べたのは春秋戦国時代、斉の都「臨シ(りんし)」
があった山東半島の付け根あたりの遺跡の人骨から得た細胞内小器官ミトコンドリアのDNA。私も研究にかかわった。
 研究グループは約二千五百年前の春秋戦国時代中期と、それより約五百年新しい前漢末期、現在、同地に住んでいる人
々のDNAを比較した。
 現在、臨シ跡に住む人々は日本や韓国など現代東アジアの集団と近かった。ユーラシア大陸の人類集団は欧州と中央ア
ジア、東アジアに大きく分かれ、DNAで類似性を見ると、中央アジアの集団が東アジアと欧州の集団との中間に位置する。
こうした全体状況を考えれば、この結果は、各集団がいる地理的な位置と合っており、予想通りだった。
 ところが古代人の方は意外な結果を示した。約二千年前、前漢末期に臨シにいた人々は、中央アジアの人類集団との間
で高い類似性を示した。約二千五百年前の春秋戦国時代の同地の人々と一番近かったのは、なんと欧州の人類集団だった。
 この結果は中国古代、現在とは遺伝的にかなり異なる人々があちこちに移り住んでいた可能性を示している。特に欧州な
ど西ユーラシアからの影響を考える必要がある。
 漢の高祖となった劉邦や項羽が争った約二千二百年前の秦末の戦乱では、おびただしい人命が失われた。こうしてできた
人口空白地帯に周辺の別系統の人間が入りこんだのかもしれない。
 一方、古代から現代に至るまで周辺の少数民族が中国文明を受け入れて社会的に漢民族化する現象は常に生じている。
こうした過程で遺伝子は混ざり合ってゆく。
 一部の遺伝子だけからの結果なので決定的なことは言えない。しかし、この結果が中国の他の地域や他の時代の集団で
も確かめられたなら、中国古代史を担った人々について、新解釈を迫ることになるだろう。
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12


731 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 00:12:50 0
それ中国人が白人だったってことになってないじゃねえの

732 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 00:17:19 0
トンデモだよそれ。

733 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 00:41:47 0
そのトンデモがおまいらの税金で東大の教授やってる件。

734 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 00:49:12 0
トンデモ教授は意外と多いんだよ

735 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 01:02:48 o
元から明になるとき、白人に対する大量虐殺があった
それで現在の中国には、一部の少数民族以外に白人はいなくなった
今の中国人に白人的特徴が無いのは、モンゴルがアパルトヘイト政策をしていたため

736 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 01:20:45 0
>>735
またまた電波乙

737 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 01:22:08 0
O=ケータイ
0=パソコン
o=???

738 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 02:37:07 0
502 :世界@名無史さん:2007/11/11(日) 00:10:46 0
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kokuko/shanghai/topics/04/tp0410_2.htm

■ 中国人の体型
中国人の体型は欧米型で、男女問わず足が長い。
おしりからスラリと足が生えているようで、
歩いたり立ったりしている時の姿勢がいい。
特に都市部女性の格好の良さは、街を歩けば確かに納得できる。
戦後、日本人が胴長短足なのは肉を食べず
、畳の上に座る生活だからだとよく言われたことがある。
それから50年以上が経過し、畳に正座という日本人の生活スタイルは大きく変化し、
椅子に座る文化が根付き、若者の身長はどんどん伸びている。にもかかわらず依然として胴長短足であるから、
欧米人/中国人と、日本人の身長に対する違いは、少なくとも食生活や生活スタイルから来るものではなく、もっと遺伝的要素の強いものと考えられる。
胴長短足は韓国の若者にも傾向が見られるから、日韓特有の現象らしい。



739 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 02:57:00 0
だから、全然根拠になってないんだよそれ

740 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:04:34 0
トンデモ 

741 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:07:52 0
>>735
そんなに民族入れ替わってたら日本の歴史書かなんかに記録があってもよさそうなもんだw

742 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:11:12 0
>>738
お前は中国人の平均身長が日本より低いの知らないのか

743 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:20:36 0
>>742
日本人の方が数センチ低いのなら知っているけど

744 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:26:43 0
日本人のが高いけど

745 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:27:02 0
一方、同調査によると、国民平均の栄養摂取状況は大幅に改善されたものの、
農村部においては栄養不良が依然深刻化しており、農村部の乳児用食品や青少年の栄養摂取についてさらなる改善策が必要であるとしている。

日本人の平均身長は、男性が170.0cm、女性が157.8cmであり、日中比較では、
男性はほぼ同じであるが、女性は中国人の方が若干高い。
韓国政府も国民の身体測定を定期的に行っており、2002年の数字で見ると、
韓国人の男性の平均身長は日本人よりも約3cm高いと報告されている。
ただし、今回の調査にはデータ処理の仕方、測定年月等について地域ごとに゙不統一あるらしく、完全に信頼の置けるものではないことを付け加えておく。
いずれにしても、これらデータはともかくとして、上海で生活している我々が日頃見る中国人は、細身/長身の格好いい若者が多いということは確かである。

まあ俺は高い身長の人間にコンプレックスを抱かないからどうでも良いが


746 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:27:45 o
>>737
ピッチじゃね? ↑これはそうだけど

747 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:32:17 0
んー、まあ確かに
中国人の体格は日韓のそれを比べると確かに隔たりがある印象は受けるね
全てとは言わないけど。

身長は栄養の多価である程度は違ってくるけど
胴長短足を典型的な日本人とするなら
すらりとした体格をもつ江南系、満州系とかは遺伝的な要素が強くない?

748 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:34:49 0
てか身長は関係ないけどな

749 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:36:19 0
日韓の女の場合なんか
着物とかスタイルが悪くても可愛く見えるような工夫が多いじゃん

チャイナドレスってあれ、スタイルがモロに出るよね
欧米型のスタイルによく合う前提の造りだ

750 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:37:05 0
平均身長日本人より中国人が1cm低い

751 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:39:11 0
チャイナドレスは蒙古系の服だろ
ここで白人がモンゴル人に殺されたから入れ替わったとかいう主張と食い違うな

752 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:41:39 0
>>745
なにそのグダグダなデータは

753 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:42:33 0
>>738
によると

身長はおいておくにしろ

中国人のスタイルと日韓のスタイルは隔たりがあるというのは
なかなかに面白い資料だと思う。

日本人が中国人より1cm高いというのについては正確な資料が無いのでコメントは避けるが
ぶっちゃけ身長についてはどうでも良いよ
栄養がまともにまわっていない中国の農村部とかより日本人の方が身長高いという場合もあるだろうし


754 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:44:16 0
>>751
チャイナドレスは満州系ですな

755 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:44:34 0
自演w

756 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:45:03 0
>>753
それは中国がお得意のプロパガンダで一方的に作った記事だろどうせ
隔たりがあるとか書いてる時点で資料でもなんでもないでしょw

757 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:46:25 0
自分であげて自分で同意するのはいつもどおりだな

758 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:49:42 0
>>756
日本語でok

別にどうでも良いじゃん
体格の話でプロバガンタもくそもないだろ
日韓型が悪、欧米型が善なんて
決めつけじゃないんだしさ

759 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:49:43 0
中国人留学生見てても別に体格ちがうとは感じないが。

760 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:51:33 0
善悪だの何だの関係無しに、
中国人の発表する「数字」は全く信用できない。

761 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:52:10 0
どっちかつーと
中国人は体格が白人に似ているなんて言ったら激怒する方だろ
古代中国白人説を一番否定しているのは中国共産党

762 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 03:58:27 0
支那人やシロンボと同じ体格と見なされるなら
胴長短足の方がいいよ

763 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:02:06 0
今の日本に外人がいるみたいなもんで
中国に外人がいるぐらいどってことないわけだが、
「中国人は白人だった」ってなァぶっ飛びすぎなんだぜ

764 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:06:10 0
>>747
満州系は完全にアジアだろ

765 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:08:32 0
満州系は東北アジアなのでコーカソイド系では?

歴史的に見れば、朝鮮とかと全く違う歴史を歩んできているし
韓国史観でみないにな

766 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:09:04 0
<丶`∀´> 中国人は韓国人起源ニダ

767 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:10:49 0
何でツングースがコーカソイドなんだよw

768 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:12:02 0
東北アジアなのでコーカソイド系って理屈がわけわかめ。

769 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:15:30 0
過去レス読めよ

コーカソイド系の骨は東北アジアから一般に良く出土されているんだよ
満州系はコーカソイド系の血を強く受けていても不思議じゃない

770 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:19:07 0
アホな。
「不思議じゃない」じゃなくてちゃんと根拠出せ。

771 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:20:07 0
アイヌがコーカソイドだって信じてるくちか

772 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:22:00 0
月氏、匈奴、周、普、斉、燕、衛、魯 = コーカソイド
丁零、東胡 = アルタイ系
秦、羌、・ツ = チベット系
楚 = 漢人
呉、越 = 漢人、ベトナム系



773 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:23:06 0
電波放出中

774 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:28:59 o
大陸にいた白人は日本に移り
日本人と混血同化していった
日本人に白人の特徴である、薄い頭髪、強い体臭の者がいるのは、そのためである

775 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:37:01 0
白人の血は

中東>インド人>漢人>江南人>東南アジア>日本>朝鮮

776 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:39:51 0
大体こんな感じでは?

西欧>東欧>北米>南欧>南米>中東>インド人>漢人>江南人>東南アジア>中央アジア>日本>朝鮮

777 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 04:53:43 0
>>760
その中国の主張は信用に値しないと言っている連中こそが
中国人白人説の人だけどね

中国白人説の主張者はほぼ全員欧米系の学者

778 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:05:20 0
蒙古斑の謎。

>昨日、ある方のブログに蒙古斑について書いてあったので、
>もしや? と思って息子達のお尻を確認すると、
>
>「やっぱり?!!」 Σ(゚д゚;)
>
>・・・ないんです。
>そういえば、2匹とも産まれた時からなかったぞ!
>4年も母親やっていて、今さら気付きました。
>
>父親=中国人、母親=日本人なので、
>ものすごくモンゴロイドな見た目なのに・・・。
>青いケツがすごい似合いそうなのに・・・。
>
>夫に聞いてみると、(「蒙古斑」と言って分かるはずもないので、「赤ん坊のお尻が青いヤツ」と説明。)
>「あ〜、それ、聞いたことあるね〜。」
>「でも僕なかったよ。普通ないでしょ。」
>という意外な返事。
>
>ん?
>私、ありましたけど?
>
>気になったので、しつこくネットで調べてみたら、
>意外な事実が!
>
>モンゴル人や韓国人、日本人には95%以上の割合であるらしい蒙古斑、
>なんと 中国人にはない らしいんです。



779 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:05:53 0
>>774
薄い頭髪=どこにでもいるだろハゲ、日本人に薄毛が多くなったのは食生活が変わった近年の話
体臭=外人の体臭と日本人じゃレベルが違うよ、臭も肉食が多くなると強くなるしね

780 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:08:16 0
>>771

アイヌがヨーロッパ人に近い
遺伝子を持っていたなんて、一度も実証されたことはないよ。
むしろ、一見ヨーロッパ人に近い形質を持っていたとされていたのが、
遺伝子によって否定されたというのが真相。
古代中国人白人説とは根拠がさかさま。
で、古代中国人白人説は一定の根拠があり、多分孔子はソクラテスのような顔をしていたのだろう。

781 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:09:01 0
東京大学公開講座『ヒト・人・人間』
「驚いたことに、2500年前の山東省の人類集団は、現代ヨーロッパ集団と同じクラスターを形成した。
(中略)以上のことから現代ヨーロッパ人集団や現代トルコ人集団に遺伝的に近い集団が、今から2500年前には、
はるか東方の山東省に存在していたことが明らかとなった」


782 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:25:52 0
>>780
>一定の根拠があり、孔子は白人
孔子は朝鮮人説の次はこれですかw

783 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:34:44 0
なんだそりゃ180度違うじゃん

784 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 05:42:34 0
逆だな

中国人白人説をとなえる人ほど孔子朝鮮人説を否定する
当たり前だ

その逆だな

785 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 07:07:02 o
アイヌ=コーカソイドは、欧米では戦前からの定説
日本と特亜でのみモンゴロイドにカテゴリーされている
遺伝子のサンプルを提供した者が、本当にアイヌなのかも疑問視されている
自称アイヌのアイヌ支援者の遺伝子だったのでなないかとも言われている
アイヌの自主的な行動と見せかけるよう工作する者にとって、アイヌに化けるためには、アイヌ=コーカソイドの定説を覆す必要があった
そうなれば、同じモンゴロイドということで、アイヌのふりをするのが容易になるからだ

786 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 10:15:27 0
日本語でok
てか、中国人白人説を否定する奴は意味の分からない文章が多過ぎる

787 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 10:38:46 0
古代中国人というか春秋時代の斉の国は白人の国かもしれないという学術的に根拠のある論文*が示されてるのに、
否定派はソースも示さず電波電波とわめくだけ。

*Li Wang*, Hiroki Oota*, Naruya Saitou, Feng Jin§, Takayuki Matsushita|| and Shintaroh Ueda
"Genetic Structure of a 2,500-Year-Old Human Population in China and Its Spatiotemporal Changes"
Molecular Biology and Evolution 17:1396-1400 (2000)

788 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 10:44:11 0
始皇帝は赤い髪に青い眼という白人みたいな記載がある
孫権も同様

789 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 11:18:41 O
赤い髪に青い目、もしかして古代中国人の一部は
ローマ人やギリシア人より色素薄かったりして。

790 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 11:34:40 o
なんで、古代中国人が白人であることを否定するんだ?
白人だったら、なんか都合の悪いことでもあるのか?
今の中国人が、侵略者の末裔であることが、バレることとか?

791 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 12:33:07 0
白人コンプレックスから中国人白人説を否定する右翼か
人種差別否定から白人説を否定する左翼かどちらだが

どっちかというと上の方だろうな
根本に白人コンプレックスがあるとしか思えない書き込み
俺は日本と韓国は胴長短足で、中国は欧米型だと言ったら
胴長短足を悪とは言って無いのに、ムキになって反論するやつがでてきたし
胴長短足はむしろ寒冷地に適した体格なんだが

792 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 12:39:37 0
胴長短足は
大事な内臓がより地表に近いところにあるから
極めて寒冷地に適した体格

モンゴルがあっさりロシアを征服出来て
ヨーロッパが悉く失敗しているのは実はそういう理由

793 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 12:42:58 O
商の後裔の宋は美男美女が多かったとゆうからなぁ…

794 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 12:53:56 0
俺なんか白人コンプレックスがないから
中国人の残虐性は毛唐ゆずりかww
さまあwwなんだけどな

795 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 13:39:58 0
モンゴロイド諸君。がっかりするなw
まだ長江文明があるではないか?
しかも稲作文明だぞ。

796 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 14:51:55 0
古代中国人が白人だったとか言ってる奴らってさ、要はあれだろ
三国志以前の中国は素晴らしい!それ以降は野蛮な遊牧民の血が混じったから糞だ
とか言ってる三国厨と同じだろ

797 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 15:06:37 o
>>786
なんだよ。補完してやっているつもりだったのに
もういいわ

798 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 15:25:21 0
>>796
ノストラダムスの予言信じてたちの奴らだよ

799 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 15:42:43 O
素直に孔子や呂布の容貌を想像したら白人が浮かんできただけだろ?
素直じゃない奴にはわからないんだよなぁ…

800 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 15:49:25 0
孔子や両夫の画なんて残ってるでしょ

801 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 16:06:19 O
生きているときに描かれたものがあると…
すごい!

802 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 16:09:07 0
ウィキペディアなんかに載ってる白地に黒で書かれた諸葛孔明なんかの
肖像画は明代に描かれた想像図でしょ?

803 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 16:21:09 0
劉邦や項羽や張良の画でさえ残ってる

804 :おぎまる ◆JJi5gOTcvk :2007/12/16(日) 17:21:02 0
孔子の画像で有名なものは、唐の呉道子が想像で書いたものです。

>ウィキペディアなんかに載ってる白地に黒で書かれた諸葛孔明なんかの
肖像画は明代に描かれた想像図でしょ?
そういうことです。明の王析(正しくは土偏)の「三才図会」に出てくるものですが、当時から
「歴史事実と違うやん」と批判が多いものでした。

>素直に孔子や呂布の容貌を想像したら白人が浮かんできただけだろ?
呂布の画像は最もさかのぼりうるものでせいぜい元代ですがね、
普通の中国人のオッサンでしかないですよ。つうか、正史三国志に呂布の容貌について
何か特異な記述があったかなあ。

そういえば白人風の呂布の絵がありますねえ、本宮ひろ志御大の漫画ですが。
まあ、このスレの住民がまさかいい加減なジャンプの漫画を歴史を語るときの史料として
使うなんてこたぁねえでしょうが・・・

805 :雲黒齋:2007/12/16(日) 17:40:35 O
なにがいいたいのやら。
商の湯王も白人ぽいなぁ…
時代は下がって李世民も混血みたい!

806 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 17:44:43 0
また混血の哀れな妄想始まっちゃった

807 :雲黒齋:2007/12/16(日) 17:46:02 O
妄想上等!
ロマンですよ!

808 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 17:54:51 0
>>807
中国人と白人の混血が何で日本の掲示板でスレ立ててんだよお前わw

809 :雲黒齋:2007/12/16(日) 17:56:40 O
どこに出没しようがいいだろ?

810 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 18:11:31 0
>>809
いや素朴な疑問なんだが華僑か?

811 :雲黒齋:2007/12/16(日) 18:14:19 O
いいえ

812 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 18:28:15 0
>>811
日本語できる以上日本にすんでんだろ

813 :雲黒齋:2007/12/16(日) 19:24:53 O
Porque no te callas

814 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 21:12:58 0
>>804三国志演技の肖像画というか想像図は「天地を食らう」が一番しっくりくる。
孔明も「努力家のまじめっ子」に厚い情熱を混ぜた青年の顔だし、
劉備も「正義の好青年」という格好。
関羽も張飛も想像にピッタリとくる。
で、呂布なんかゲルマン人だもんwでもなんか違和感ないし。


815 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 21:54:06 0
>>791
どこが「ムキになって」なんだか。

816 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 21:56:19 0
白人だった派は漫画がソースなのか

817 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 22:04:17 0
>>816
脳内妄想のみ

818 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 22:25:01 0
感情的反捕鯨国筆頭の豪州ってこんな国なんですよ?

残酷なハクジンの作り方
http://www.asyura.us/hks/hks_outline.php?kiji_id=0601_social3_msg_428



819 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 22:26:09 0
「殷墟」並み、21世紀最大の発見か?5000年前の「良渚」古代都市、高度な文
明物語る―中国

2007年11月29日、浙江省杭州市良渚文化区で、約5000年前の古代の都市の遺跡
が発見された。その規模は290万平方キロメートルを超えると見られ、「殷墟
」に匹敵する大発見だと見られている。チャイナフォトプレスが伝えた。

良渚文化は5000―4000年前に長江下流域で栄えていたとされる中国の古代文明
。黒陶を主とした陶器をはじめ、玉器・銅器・シルクなどさまざまな文物が発
見されており、高い文化を築いていたと推測される。

今回発見された遺跡は良渚文化の古代都市としては最大のもの。都市は1500か
ら1900mの正方形を象っており、街は南北の軸に平行になるよう建設されてい
る。発見された城壁の下部には幅40mにわたり石が敷き詰められていた。当時
はその上に黄土を突き固め、高さ4m程度の城壁にしていたと見られる。関係者
はこの大規模な遺跡の発見は良渚文明の文明の高さを証明するものになると話
し、20世紀の「殷墟」発見に匹敵する考古学界の一大ニュースだとコメントし
た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071130-00000005-rcdc-cn

写真
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707829.jpg
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707826.jpg
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707823.jpg


820 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:10:36 0
>>788
秦はチベット系とされるが、始皇帝は趙の血統らしいから、ありえない事ではないな。

821 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:19:08 0
>>816-817
ソース読んでから出直してくれ。

*Li Wang*, Hiroki Oota*, Naruya Saitou, Feng Jin§, Takayuki Matsushita|| and Shintaroh Ueda
"Genetic Structure of a 2,500-Year-Old Human Population in China and Its Spatiotemporal Changes"
Molecular Biology and Evolution 17:1396-1400 (2000)
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

822 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:20:08 0
白髪三千条の国だから

823 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:34:07 0
>>658>>659>>662あたりでも言われてるけど、
要はまだ良く分かってないし様々な説があるって段階じゃん。

824 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:35:43 0
横浜の外人墓地の骨を調べたら白人だったので昔の日本人は白人ですた

825 :世界@名無史さん:2007/12/16(日) 23:59:20 0
安六山なんてイランとの混血と史実にでてる
古代中国人が白人だったらもっと有名だったてのw

826 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 00:18:51 0
英語が読めないのかww

827 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 00:38:35 0
兵馬俑の土人形見ても外人にゃ見えんな

828 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 01:26:43 O
>>827
いやモンゴロイドだとしても外人なんだが。
それともオタク、シナ人?

829 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 01:36:16 0
兵馬俑の人形は一部のみが公開されているが
残りは中共によって隠蔽されている
中共の隠している人形はなんであろうか

830 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 01:49:04 0
隠しているも何も
人形の中からすでにペルシャ系とおぼしき顔のDNAのものがでて話題になっている
ちなみに人形の平均身長は平均身長は180センチ

831 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 01:58:47 0
古代中国人が白人だという根拠にはなってないよ

832 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 02:01:06 0
西アジア原産の麦が中国に伝播してるわけだから交流があったのは当然なのだが
それを以って中国人が白人だったということにはならんな

833 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 02:18:31 0
>>824
明治以降、日本では火葬が普及した為、核戦争で日本が全滅したら、数千年後の人々は、
幕末に欧米人によって日本人が殲滅されてしまったと、誤解するかもしれんな。

834 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 13:57:26 0
黄河の河口に欧州人がいた
2500年前 DNA分析で判明

 DNAレベルで弥生人の骨などの分析を続けてきた東大大学院理学研究科の植田信太郎助教授らが、黄河の河口に近い
山東省ツーポー市で実施した調査で、同地域に二千五百年前、欧州人ともいえる集団が住んでいたことが分かった。当
時、予想外に大規模な人類集団の移動があったことを示しており、日本人やアジア人の起源を知るための手掛かりにも
なりそうだ。
 ツーポー市は、春秋から戦国時代にかけて戦国七雄の一つ「斉」の国の都があった場所。斉は秦の始皇帝に滅ぼされた。
 調査は、中国山東省考古学研究所の協力を得て同市で発掘された約二千五百年前の春秋時代の遺跡の人骨三十四体、同
じく約二千年前の漢時代の遺跡の人骨十三体、さらに現在住んでいる漢民族の人たちから血液を採取してDNAを分析し、
比較した。
 分析は、細胞の中にある小器官「ミトコンドリア」の環状DNAのうちDループと呼ばれる配列を調べた。この部分は六つ
の領域に分かれており、これまで世界各地の人類集団のデータが調べられているため、さまざまな比較ができる利点がある。
 配列の違いから系統樹を作った結果、二千五百年前の春秋時代の人たちと、現代漢民族のグループはきれいに分かれ、
二千年前の漢時代の人たちはその中間に位置した。
 さらに六つの領域に分かれている部分の出現頻度を詳しく調べると、これらの三集団で大きな差が見られ、特に、二千
五百年前の春秋時代から二千年前の漢時代の間に、遺伝的に大きな変化があったことが分かった。この変化は同じ人類集
団に五百年という期間で生じた突然変異では説明できないほど大きなもので、人類集団の入れ替わり(移動)があったこ
とを示していた。


835 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 13:57:57 0
 では、二千五百年前に住んでいた人たちはどんな人だったのか。植田助教授らは配列のデータから集団間の遺伝的距離
を求め、現代の各地の人類集団を含めた系統樹をつくった。
 すると、この人たちは、現代中国人からははるか遠く、現代ヨーロッパ人やトルコ集団に近い集団と判明。大きな動乱
の時代だった当時、ユーラシア大陸にまたがる大規模な集団の移動が生じていたらしいことが明らかになったという。
 植田助教授は「ヨーロッパ人に近い集団が、今から約二千五百年前に太平洋に近い中国の東部にいたことが分かった。
常識を覆す発見だった」と話している。
(中国新聞 平成13(2001)年7月15日朝刊29面より)

836 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 17:59:09 0
日本にも百済系の移民だのアイヌ人がいたけどだからどうしたという話

837 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 20:35:14 0
将門の乱で百済王が出てきたけど、その後百済王はどうなったのだろう。

838 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 20:41:50 0
まあヨーロッパとは陸続きだし移民や民族移動等での混血により、
中国人のDNAにコーカソイドのものが含まれてても何の不思議もないが、
それと古代中国人=白人と結びつけるのは別問題。
人種の分布をみるとベースはあくまでもモンゴロイドだと思う。

839 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 21:08:43 0
はじめは日本人みたいな旧モンゴロイド系統の国だったんじゃないの?
それが北方の、いわゆる騎馬民族にどんどん占領されてきて、
今のような顔つきになってきた、と。
殷周あたりは旧モンゴロイドだったんじゃね?

840 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 21:26:23 0
元々コーカソイドの方が古い。
斉も当初は東夷と呼ばれていたそうだし、そうした古い白人の先住民がいたのだろう。

841 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 21:29:39 0
ケネウィック・マンの例もあるしな。
古モンゴロイドを新モンゴロイドが駆逐したという。

842 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 21:44:04 0
欧州で言うと
古モンゴロイド=イラン、ラティーノ
新モンゴロイド=ゲルマン、北欧、スラブ
こんな感じ?

843 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 21:55:12 0
無理があるわ。

844 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:20:38 0
>>840
だから電波飛ばすなと

845 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:33:50 0
シベリア南部では新石器後期から青銅器時代にかけてアルタイ山麓、バイカル湖西岸
にかけてコーカソイドが進出していた、ということは出土した人骨からかなり確か
らしい。
ただ、その後、紀元前後くらいからはおそらく匈奴を中心とする、現在の中国北部・
モンゴルの人々に良く似た形質の人骨がその地域から出土するようになるらしい。
それから、現在の新疆ウイグル自治区一帯は、8〜9世紀(だったかな)にウイグル人
が進出するまではイラン系の白人が居住する地域だったらしい。
つまり紀元前後くらいまでは中国北西部にコーカソイドがかなり広い範囲で居住して
いたわけでそれらの地域からごく小さい集団が流れ着いて山東省に住み着いた可能性
なんかは考えられるかもしれない。

846 :雲黒齋:2007/12/17(月) 22:40:13 O
俺は古代中国人はすべて白人とは書いてないがなぁ…
商民族の成り立ちは兵車の使用や遊牧的な部族構成だったみたいだから
ヒッタイトみたいな遊牧民族が東方に流れ着いて来たのではと考えているだけ。

847 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:48:07 0
「中国人」とは誰か

http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-61.htm

サイト主は医者らしいが興味深い。

848 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:51:02 0
同じやつがやってんのは分かってる

849 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:52:36 0
>>845
〜らしい
〜らしい
〜だったらしい
〜かもしれない

850 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:54:37 0
wikipediaの日本人バイカル湖畔起源説ってどうなの?

851 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 22:55:21 0
そりゃ確かなことは言えんだろ。

852 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:00:33 0
ソース読んでから出直してくれ。

*Li Wang*, Hiroki Oota*, Naruya Saitou, Feng Jin§, Takayuki Matsushita|| and Shintaroh Ueda
"Genetic Structure of a 2,500-Year-Old Human Population in China and Its Spatiotemporal Changes"
Molecular Biology and Evolution 17:1396-1400 (2000)
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

853 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:04:48 0
↑だから、同じサイトにも違う意見が出てただろ。

854 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:14:07 0
たしかなことはいえないけど中国人は白人だった・・ってバカ?

855 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:15:00 0
52 名前:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2006/03/22(水) 15:09:45 0
>>49
>お前は遺伝子の差だけで人種が区分出来るとでも思ってんの?だったらかなりの笑いものだね。

そういう批判とファビヨリはあって当然で>>28の「DNA考古学研究会」では
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Menu1.html
「古代DNA分析の問題点」
植田信太郎 東京大学大学院理学系研究科分子人類学・分子進化学研究室
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal23.html
「モンゴロイドとコーカソイドの区別はどの程度可能か」
梅津和夫・山形大学医学部法医学、湯浅勲・鳥取大医学部法医学
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal18.html
など研究発表されている。ちなみに
>…今回分析した14個のSNPの分析だけでもドイツと日本の集団に限定して考えると
ほぼ両者の所属を識別できた。このような単純な方法によっても、ある集団における
モンゴロイドとコーカソイドの識別および混血率が推定できることが明らかになった。……
だそうな。

856 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:17:12 0
>>854
これはトンデモではなく学会でも論議されている真面目な学説ですよ。

857 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:18:14 0
ある地域の民族がごっそり入れ替わるのは世界史上珍しいことではないだろ。

858 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:25:22 0
地理学誌111(6) p.832-839 2002
遺伝子から見た東ユーラシア人
斎藤成也
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf111-6/p832-839L.pdf


859 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:26:56 0
どこの学会だ?

860 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:38:17 0
>>857
中国でそれが起こったかどうかの話だろ

861 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:38:22 0
これはアレか、日ユ同祖説とか、日本はシュメール人の末裔とかと同じような話か。
つーか、今だって中国異民族だらけじゃん。
一部いてもおかしくはないが、全部白人だったらそいつらどこ行ったんだよ。
そして今の漢民族の元になった奴らはどこから来たんだ?
それがわからん限りトンデモ説の域は出ないと思うが。

862 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:40:44 0
>>842
欧州で言うと
古モンゴロイド=バスク人
新モンゴロイド=印欧語族

863 :世界@名無史さん:2007/12/17(月) 23:58:00 0
>>861
今の漢民族の元になった奴ら=鮮卑族らしい

古代漢帝国と匈奴は、コーカソイドとモンゴロイドの混血だったそうだ。

864 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:07:40 0
>>859
真上

865 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:09:38 0
全部白人とは言ってないだろ。
あくまでLinziの2500年前の古人骨。
ちなみに2000年前は現代中国人と近いという結果が出たそうな。

866 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:09:46 0
>>855欧州だと北欧抜かしてどこが一番混血率高いんだろ?女系は抜かす。

867 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:11:24 0
とりあえずリンク先の論文嫁。
否定する論文もあるし。

868 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:12:17 0
真面目に議論すれば結構面白いと思うが。

869 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:23:29 0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
ロマンシングサガ-ミンストレルソング 430曲目 [家ゲーRPG]
【単車・鉄パイプ】暴走族vsアフリカ部族【弓・槍】 [軍事]
日本に居る中国人はどーしてアンナに行儀が悪い? [中国]

870 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:51:29 0
>>863
だから妄想で語るな

871 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:53:42 0
骨で人種がある程度わかるなら今までなんでわからなかったのかと

872 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:56:02 0
幾つか人骨調べてハイ中国人は白人ですってなぁ乱暴だナ
2000年後に外人墓地の骨発掘して調べて白人だったから
日本人は白人だったなんて後世の研究者が言ってたら笑える

873 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 00:57:46 0
結局多数派に飲み込まれていくんだから、
白人系がいたとしてもちょっとだろうな。

874 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 01:00:45 0
>>869
それ専ブラだとカウントされないんだってよ。

875 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 01:16:09 0
同時代の日本の縄文人と弥生人の外見がちょっと違うって事はわかってたのに
中国人の骨から復元して外見が違うとか、そういう研究がなかったの?

876 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 01:28:24 0
 三 | /iilllllii.   oillllliiヽ|    三
.三  |y =・= r ‐、 =・= V アイッ 三 ヒデキ、本当におめでとう。
三. r-r'    i   i .  | i   三 お前はもう日本だけの疫病神ではない。
三 { / ; ∵; |. : : 人; ∵| {   三 今や世界の疫病神になったんじゃ。
三 しi| `''" `ー- '' 'ー | _)  三 それも焼肉あり草野球ありの厳しい記者接待の道を
三  |.〈、_____〉 |r   三  ひたすら歩み続けたからこそ、今日のブーイングがあった
  三/ヽ \+┼┼+/ /ヽ   三  しかし、おこぼれの道はこれで終わったわけではない。
   三 . `ー‐‐'´ / |.  三    これから尚厳しい帳尻道が待っている。
    三三三三三三三三     ヒデキよ、トレードの山がいくつ阻もうと
                     構想外の谷に何度落ちようと、ゴロを打て!
                     最後に 本当にマッスイ、サック !

                     元ヤンキース監督 ジョー・トーリ

877 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 11:11:08 0
↑馬鹿?

878 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 12:11:42 0
一体何と戦ってるの?
分子生物学?

879 :世界@名無史さん:2007/12/18(火) 18:27:52 0
中国なのに白人に近い人種の地域って・・・。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1132405771/l50

880 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 00:07:18 0
資治通鑑に匈奴を高鼻、多須(体毛が多い)と形容しているからモンゴロイドではないだろう。
一種のスキタイ系遊牧民だろう。
大月氏はコーカソイドだったということが確定している。大月氏のインド征服直前の都城アイ・ハヌム跡からは
典型的な彫りの深いコーカソイド系の彫像が多数発掘されている。
で、そのような大月氏や匈奴と付き合って、あまり人種的な違和感を感じてないかに見える漢も
相当コーカソイド人口がいたんじゃない。知識階級の中枢には。
日本の学者でも鳥越先生のように黄河文明の担い手はコーカソイドだったと考えておられる人は
珍しくない。海外に眼を転じても仰韶文化の発見者アンダーソンなどたくさんの学者が同様の説
を唱えている。

881 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 01:19:05 0
電波乙

882 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 02:04:06 0
孫権だの安六山だのも夷の血が混じってるとかあるんだから
白人がいたらはっきり書いてあるだろ

883 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 02:54:28 0
中国人から見て匈奴が自分らと違うというなら中国人はコーカソイドじゃないわな

884 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:03:16 0
内モンゴル、遼寧省紅山史前文明 紀元前2900-4700年(東夷系 韓國起源主張)

玉人
http://www.lnhongshan.com/Article_Show.asp?ArticleID=21
http://www.panhongshan.com.cn/pics1-3.htm
玉龍
http://www.zgcy.gov.cn/hswh/33.htm
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:C-shaped_jade_dragon.jpg
http://www.panhongshan.com.cn/pics2-1.htm
玉宇宙人
http://www.panhongshan.com.cn/pics5-4.htm
http://www.panhongshan.com.cn/pics8-1.htm
熊、人性交玉飾
http://www.panhongshan.com.cn/pics7-3.htm
神、人性交玉飾:
http://www.panhongshan.com.cn/pics7-2.htm
玉鷹
http://www.panhongshan.com.cn/pics3-1.htm


885 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:05:42 0

凌家灘文明 長江中下游文明 紀元前 3300-3500 (東夷系 韓国起源主張)

玉亀
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625663.html
玉虎
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625702.html
http://www.m6789.com/mbbs/UploadFile/2006-10/200610221924578984.jpg
玉豚
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00649543.html
玉鷹
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625650.html
玉龍
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625628.html
玉戈
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625706.html
玉八卦
http://www.huaxia.com/zt/whbl/07-043/2007/00625652.html
玉勺
http://www.m6789.com/mbbs/UploadFile/2006-10/2006102218482160575.jpg
玉釜
http://www.m6789.com/mbbs/UploadFile/2006-10/2006102218333434276.jpg
玉環
http://www.m6789.com/mbbs/UploadFile/2006-10/2006102218361239110.jpg
玉人 (蒙古人種)
http://www.m6789.com/mbbs/UploadFile/2006-10/2006102218375247967.jpg

凌家灘城市の遺跡 (長:2 km ェ0.8km)
http://pic.anhuinews.com/0/01/27/56/1275619_906553.jpg


886 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:09:31 0


内モンゴル、遼寧省紅山史前文明 紀元前2900-4700年(東夷系 韓國起源主張)

玉人 (蒙古人種)

http://www.lnhongshan.com/Article_Show.asp?ArticleID=21
http://www.panhongshan.com.cn/chapter01.htm
http://www.panhongshan.com.cn/pics1-3.htm
http://www.panhongshan.com.cn/pics2-2.htm


887 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:13:37 0
内モンゴル、遼寧省紅山史前文明 紀元前2900-4700年

玉人(蒙古人種)

http://www.panhongshan.com.cn/pics1-2.htm


888 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:38:16 0
>アイ・ハヌム跡からは典型的な彫りの深いコーカソイド系の彫像が多数発掘されている。

アイ・ハヌムはグレコ・バクトリアの遺跡なんだから
当たり前もいいとこ。

889 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 03:52:32 0
民族の話なら意味もあるだろうが人種の話しって世界史的に意味あんの?

890 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 04:09:31 0
良渚文明(長江下游文明) 紀元前2300-3500 (韓国起源主張)

玉鐲
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=261
玉j
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=259
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=258
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=257
玉錐形器
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=40
玉璧
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=27
玉鉞
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=22
玉黄
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=60
玉塊
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=61
玉冠
http://www.lzsite.gov.cn/picshow.asp?ID=28

良渚都市の遺跡 (規模は290万平方キロメートル)
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707829.jpg
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707826.jpg
http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=cfp390707823.jpg


891 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 04:55:17 0


河南賈湖文化 黄河下游文明 紀元前5800-7000年 (東夷系 韓国起源主張)
http://en.wikipedia.org/wiki/Jiahu


賈湖契刻文字 紀元前5800-7000年
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%88%E6%B9%96%E5%A5%91%E5%88%BB%E6%96%87%E5%AD%97
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/2956925.stm


賈湖骨笛 世界已存最早の類現代楽器‧紀元前5800-7000年 (東夷系‧韓国起源主張)
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Neolithic_bone_flute.jpg
http://www.bnl.gov/bnlweb/pubaf/pr/1999/bnlpr092299.html


賈湖古酒 世界現存最早の釀酒遺跡 紀元前5800-7000年
http://en.wikipedia.org/wiki/Jiahu




892 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:09:17 0

内モンゴル、遼寧省紅山史前文明 紀元前2900-4700年(東夷系 韓國起源主張)

玉宇宙人
http://www.panhongshan.com.cn/pics8-2.htm
http://www.panhongshan.com.cn/pics8-3.htm
http://www.panhongshan.com.cn/pics8-4.htm
玉環
http://www.panhongshan.com.cn/pics9-3.htm
玉精靈
http://www.panhongshan.com.cn/pics7-4.htm
玉杯
http://www.panhongshan.com.cn/pics9-2.htm
玉牛
http://www.panhongshan.com.cn/pics4-2.htm
玉カバ
http://www.panhongshan.com.cn/pics4-3.htm
玉セミ
http://www.panhongshan.com.cn/pics5-2.htm
女神像 (蒙古人種)
http://www.gmw.cn/content/2007-07/25/content_645238.htm



893 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:15:55 0
内モンゴル、遼寧省紅山史前文明 紀元前2900-4700年(東夷系 韓國起源主張)
玉梟目
http://www.panhongshan.com.cn/pics3-2.htm
玉鳳
http://www.panhongshan.com.cn/pics3-3.htm
玉牛
http://www.panhongshan.com.cn/pics4-2.htm
玉カバ
http://www.panhongshan.com.cn/pics4-3.htm
玉セミ
http://www.panhongshan.com.cn/pics5-2.htm
玉蜂
http://www.panhongshan.com.cn/pics5-3.htm
玉亀
http://www.panhongshan.com.cn/pics6-1.htm
玉イルカ
http://www.panhongshan.com.cn/pics6-2.htm
雲紋形玉
http://www.panhongshan.com.cn/pics9-1.htm


894 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:21:59 0
古蜀國三星推文明 長江中上游文明 紀元前1000-1600年 (東夷系 韓国起源主張)

銅人頭像(宇宙人種)
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-25/2057593232.shtml
http://www.cs.iastate.edu/~jia/pictures/2005/sanxingdui/sx39.JPG
金面青銅像(宇宙人種)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/Sanxingduimasks.jpg
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-25/2023593218.shtml
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-25/2034593222.shtml
縱目青銅面具(宇宙人種)
http://de.wikipedia.org/wiki/Bild:Masque-de-bronze-Sanxingdui.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/8/8b/Sxd_ornate.jpg
http://www.tourunion.com/UUFile/Pic/20066251735345263_b.JPG
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-15/0958583758.shtml


895 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:24:07 0
古蜀國三星推文明 長江中上游文明 紀元前1000-1600年 (東夷系‧韓国起源主張)

青銅立人像(宇宙人種)
http://www.tobikan.jp/museum/2004_shisen/p3.htm
http://www.cs.iastate.edu/~jia/pictures/2005/sanxingdui/sx44.JPG
http://news.sina.com.cn/w/2003-10-15/0621920552s.shtml
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-25/2121593241.shtml
青銅器
http://www.cs.iastate.edu/~jia/pictures/2005/sanxingdui/sx24.JPG
http://www.cs.iastate.edu/~jia/pictures/2005/sanxingdui/sx25.JPG
銅鳥頭(宇宙鳥種)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/d/dc/Sxd_eagle.jpg
數百支象牙(宇宙象種)
http://tech.sina.com.cn/d/2005-04-25/2115593238.shtml



896 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:44:09 0
金沙文明 長江中上游 紀元前750-1200年 (東夷系 韓国起源主張)

金面具(宇宙人種)
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=金器&Pro_ID=454
太陽神鳥
http://www.chinaculture.org/img/2006-10/18/xinsrc_3010031817323172689268.jpg
金冠帶
http://www.jinshasitemuseum.com/nye/zpInfo.asp?LX=Gold+ware&Pro_ID=449
http://www.jinshasitemuseum.com/nye/zpInfo.asp?LX=Gold+ware&Pro_ID=448
魚紋金帶
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=金器&Pro_ID=161
金蛙
http://www.jinshasitemuseum.com/nye/zpInfo.asp?LX=Gold+ware&Pro_ID=444
銅人(蒙古人種)
http://www.minpo.jp/pub/former/special/sisen/sisen06.html
銅虎
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=青?器&Pro_ID=201
銅鳥
http://city.finance.sina.com.cn/city/2007-04-03/84590.html
銅牛首
http://www.jinshasitemuseum.com/nye/zpInfo.asp?LX=Bronze&Pro_ID=366
銅螺器
http://www.jinshasitemuseum.com/nye/zpInfo.asp?LX=Bronze&Pro_ID=365
銅眼
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=青?器&Pro_ID=194


897 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 05:46:30 0
金沙文明 長江中上游 紀元前750-1200年 (東夷系 韓国起源主張)
玉j
http://www.chinaculture.org/img/2006-10/18/xinsrc_5410031817357392612071.jpg
玉環
http://city.finance.sina.com.cn/city/2007-04-03/84595.html
玉璋
http://www.chinaculture.org/img/2006-10/18/xinsrc_551003181735161062772.jpg
玉戈
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=玉器&Pro_ID=333
玉矛
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=玉器&Pro_ID=332

石人(蒙古人種)
http://travel.sohu.com/20060619/n243818400_3.shtml
石虎
http://city.finance.sina.com.cn/city/2007-04-03/84588.html
石蛇
http://www.jinshasitemuseum.com/ny/zpInfo.asp?LX=石器&Pro_ID=167&names=
青銅獸面
http://www.chinaculture.org/img/2006-10/18/xinsrc_3610031817346731785669.jpg



898 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 10:52:13 0
分子生物学が電波ってかwwww

899 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 10:57:57 0
分子生物学を丸々電波扱いとはなんという思考停止

900 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 15:25:45 0

夏商文明 黄河中游文明 紀元前2070-1000 (韓国起源主張)

龍虎紋尊 紀元前 1251-1450
http://www.bronzes.cn/img_nb/shang2/1%C1%FA%BB%A2%CE%C6%D7%F0.jpg
獣面紋尊 紀元前 1251-1450
http://www.bronzes.cn/img_nb/shang2/2%CA%DE%C3%E6%CE%C6%D7%F0.jpg
獣面紋三足壺 紀元前 1251-1450
http://www.bronzes.cn/asp/photo/display.asp?id=78
侯器 紀元前 1192-1250
http://www.bronzes.cn/img_nb/shang3/wd/4%D6%B9%BA%EE%F3%FE.jpg
婦好方尊 紀元前 1192-1250
http://www.bronzes.cn/img_nb/shang3/wd/8%B8%BE%BA%C3%B7%BD%D7%F0.jpg
龍紋器 紀元前 1102-1191
http://www.bronzes.cn/img_nb/shang3/3%C1%FA%CE%C6%F6%A1.jpg

人面鼎(蒙古人種) 紀元前 1102-1191
http://www.bronzes.cn/asp/photo/display.asp?id=95

獣面紋觚 紀元前 1046-1300
http://www.bronzes.cn/asp/photo/display.asp?id=110


901 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 15:33:19 0
あんまりコピペばっかしてると焼かれるよ。

902 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 16:52:34 0
まともな学術論文を示しているのに電波扱いかい。

903 :霰黒齋:2007/12/20(木) 20:36:24 O
自由な発想ができない人々はお馬鹿さんですからね!
許してあげましょう、

904 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 22:32:25 0
まともじゃねーし

905 :世界@名無史さん:2007/12/20(木) 23:52:41 0
>>904
社団法人 東京地学協会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/tokyogeo/

がまともではないという根拠は?

906 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:00:12 0
まともだという根拠は?

907 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:09:12 0
>>906
つリンク先

908 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:09:45 0
普通の学会だと思うが違うのか?

909 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:12:21 0
>>906
地学雑誌に投稿してる学者全員電波とでも?

910 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:42:42 0
極端だな

911 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 00:53:57 0
学者全員が電波じゃないってもんでもないが

912 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 10:19:19 0
学会誌は実績のある研究者から選ばれた審査員の審査あるし専門家でも審査に落ちることもある。
その審査に通った論文を電波と一蹴するのもどうかと思うが。

913 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 22:58:24 0
つまり全員電波なんだな。

914 :世界@名無史さん:2007/12/21(金) 23:43:35 0
低学歴乙

915 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 00:11:15 0
が、学歴?
ええーっ、そんなん電波と何の関係もないよ?

916 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 00:47:34 0
ドキュン乙

917 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 00:48:20 0
学問板なのに学会そのものを否定かwww

918 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 00:57:38 0
電波否定な

919 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 00:59:21 O
>>915
高学歴の電波の方が
低学歴の電波よりはマシ

920 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 01:01:13 0
>>919
どっちもおなじだよ。
つーか電波って認めたのなw

921 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 01:07:39 0
で、具体的には何処から電波入ってると思ってるの?
mtDNAの存在が電波?

922 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 01:11:42 0
いやw
電波って時点ですでに学歴は無に帰している。
むしろ高学歴の電波の方が社会に与える害は大きいかもしれんw

923 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 01:21:03 0
電波の話題はこっちでやって下さい。

電気・電子
http://science6.2ch.net/denki/

924 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 01:38:53 0
白人が白くなったのは6000年前?

新華社ボン(ドイツ):ドイツ「ヴェルト・アム・ゾンターク」紙は先ごろ、アメリカ・アリゾナ大学のノートン教授が率いる研究チームが「欧州人の肌の色が白くなったのは6000年前」とする研究結果を発表した、と伝えた。
これまでの研究では、欧州人の肌の色が白く変化したのは4万年前とされてきた。この研究チームは、肌の色の白さを決める遺伝子に着目し、この遺伝子の進化の過程を追跡。この遺伝子の進化が終わったのは、これまでの予測よりずっと遅い新石器時代であることを発見した。
ノートン教授は先ごろアメリカで開かれた学会で、「紀元前4000年頃まで、欧州人の肌の色は白くなかった可能性が高い。バルカン半島から北欧にかけての人々の肌の色は比較的濃い」と強調した。
研究チームによると、欧州人の肌色を決める遺伝子は、すべての欧州人が同じ配列を持ち、突然変異のあとが見られない。そこから、この遺伝子は比較的新しい遺伝子で、6000年以上経過していることはない、という結論を出した。
ノートン教授は「白い肌は、人々が欧州に移ってから長い時間を経て形成されたものだろう。欧州は緯度が高く日照時間が少ない。肌の色が薄い方が、色が濃い人よりも、さらに多くの日光を吸収し、人体に必要なビタミンDを生成することができる」と語っている。
http://news.livedoor.com/article/detail/3194722/

925 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 03:28:30 0
>>875

926 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 03:35:29 0
>>924



古代の白人は中国人だったの?

927 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 04:04:52 0
最近白くなった白人より、古代中国人のほうが先に白人だったって?

928 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 04:36:15 0
そもそも白人じゃないが結論です

929 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 11:13:17 0
中国科学院遺伝研究所と東大によるmtDNAの調査結果では斉の首都臨シで発掘された2500年前の人骨は現代のヨーロッパ系に近かったらしい。
ttp://mbe.oxfordjournals.org/content/vol17/issue9/images/large/mbev-17-09-12-f03.jpeg
ttp://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

一方、インディアナ大の調査ではイラン系と出た。
Bennett, Casey C.
Kaestle, Frederika A.
Reanalysis of Eurasian Population History: Ancient DNA Evidence of Population Affinities
Human Biology - Volume 78, Number 4, August 2006, pp. 413-440
ttp://findarticles.com/p/articles/mi_qa3659/is_200608/ai_n17171074

どっちにせよ白人

930 :世界@名無史さん:2007/12/22(土) 12:57:15 0
イラン系か

931 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 00:30:17 0
だから外人墓地の骨を(略

932 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 00:59:48 0
>>931
だとしても2500年前

933 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 01:28:16 0
2500年前だと何?

934 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 02:23:47 0
まずは、
「過去のある時点に於いて、純粋なコーカソイド、純粋なモンゴロイド、純粋なネグロイドが存在した」
というような前提を持っているとすると、見誤るぞ。
所謂「人種」は地域的な傾向に過ぎず、遺伝子プールや形質の差異は集団間で連続している。

もう一つ、民族というものは、文化的なものであって、遺伝とは全く別の次元のもの。
人種の下位の分類に民族があるわけではない。


935 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 04:04:39 0
2500年後に外人墓地の骨を発掘して白人だったから
当時の日本人は白人だったと結論付ける奴がいたら電波だろ

936 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 08:03:58 0
また電波か。

937 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 08:29:38 0
63体というのは結構な数だと思うが。
それ以上の精度を求めるのは考古学的に限界だろうな。

938 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 09:08:34 0
63って少なすぎだろw
旅行者団体かよ

939 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 09:34:49 0
斉に着いたら死んでしまったってことか。

940 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 10:51:26 0
ロマみたいのが古代にいたって事か?
そういやどっかで大規模な飢饉?が起こってそれが原因でコーカソイド系の人種が少数だが中国方面に移動したとか書いてるのみた覚えがあるな。
ソースは忘れた

941 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 13:13:11 0
ディスカバリーチャンネルであったね。

942 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 14:03:50 0
2500年前の欧州白人多数の中国への旅は
巨大文明に憧れての単なる「上京」移民だ。

山東省の古代白人墓地は、現代の
カリフォルニアにプエルトリカンやメキシカンの
墓地があるのと同じだと考えると理解しやすい。

943 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 14:07:39 0
電波乙

944 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 20:54:58 0
甲骨文字とかあれだけ見つかってるんだから人骨とかはないの?

945 :世界@名無史さん:2007/12/23(日) 23:39:09 0
殷墟とかにありそうだけどな。

946 :世界@名無史さん:2007/12/24(月) 01:11:19 0
だからよ、縄文人と弥生人の違いが見た目で分かるのに
同時代の中国人の骨の見た目で見分けつかなかったのかよ?

947 :世界@名無史さん:2007/12/24(月) 09:56:15 0
素人にはわからないだろうな。

948 :世界@名無史さん:2007/12/25(火) 00:09:30 0
研究は玄人がやるもんだろ。

949 :世界@名無史さん:2007/12/26(水) 12:37:49 0
電波乙

950 :世界@名無史さん:2007/12/26(水) 22:39:31 0
トンデモかと思いきや俺らの母校東大の調査結果かよ・・・。

951 :世界@名無史さん:2007/12/27(木) 00:09:07 0
東大大丈夫?

952 :世界@名無史さん:2008/01/09(水) 19:04:21 0
インディアナ大もイラン系と言ってるしな。

953 :世界@名無史さん:2008/01/09(水) 23:11:50 0
「中国にイラン系住民がいた」と「中国人はイラン系だった」の区別がつかないアホ

954 :世界@名無史さん:2008/01/10(木) 10:15:30 0
まあいたのは間違いない。

955 :世界@名無史さん:2008/01/10(木) 15:09:50 O
呉はモンゴロイド
一番日本と関係あるぞ

956 :世界@名無史さん:2008/01/10(木) 16:32:50 0
中国人は白人だったってのはこのHPからもってきたのか?

http://www.nazotoki.com/mu.html


957 :世界@名無史さん:2008/01/10(木) 18:02:13 0
>>956
:::::::::::/  バ        ヽ::::::::::::
:::::::::::|  カ  じ  き  i:::::::::::: 
:::::::::::.ゝ じ   つ   み  ノ::::::::::: 
:::::::::::/  ゃ  に  は イ::::::::::::: 
:::::  |  ね        ゙i  :::::: 
__\_ |       ,,-'  
∴∵∴,ヽの。 _,,-''   
∵≡==、 ,)ノ       _,,...- 
∴|‐==・ナ=|==・|     ∠_:::::::::
/ `ー ,(__づ、。|     ,-、ヽ|:::::::::
/ 三´ : : : :三ノ     |・ | |, -、::
|    _;==、; |    ゚r ー'  6 |::
|     ̄ ̄`ソ  ,..   i     '-
|   `ー--‐i'´(__ )  ヽ 、   
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;


958 :世界@名無史さん:2008/01/10(木) 23:12:23 0
>>954
いた→中国人がイラン人

と直結するのがバカ。
まぁいたかどうかも怪しいが。

959 :世界@名無史さん:2008/01/11(金) 01:10:23 0
その時代は中国なんて無かったしな。

960 :世界@名無史さん:2008/01/13(日) 15:13:52 0
960

961 :世界@名無史さん:2008/01/13(日) 15:15:21 0
 

962 :世界@名無史さん:2008/01/13(日) 23:19:32 0
 

963 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 00:59:44 0
sage

964 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 14:10:06 0
 

965 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 14:11:43 0
965

966 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 14:12:24 0
 

967 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 14:13:08 0
 

968 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 14:14:01 0
 

969 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 17:36:41 0
まじで基地外だな。
レスするなよ、低脳。
お前が読んだ文献を示してからここの住人に相手してもらえ。

970 :世界@名無史さん:2008/01/14(月) 17:44:08 0

西洋人、中国人、ほかの姓について
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1073653487/
中国人死に過ぎ 一日に数十万とかありえなくね?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1179970800/


971 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 11:21:57 0
 

972 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 11:22:19 0
 

973 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 11:23:21 0
 

974 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 11:24:05 0
 

975 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 11:24:48 0
 

976 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 13:52:49 0
 

977 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 13:53:41 0
 

978 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 13:54:30 0
 

979 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 13:55:07 0
 

980 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 13:55:28 0
 

981 :世界@名無史さん:2008/01/15(火) 15:10:05 0
怒らないでマジレスして欲しいんだけど、
なんでこんな時間に書き込みできるわけ?
普通の人は学校や会社があるはずなんだけど
このこと知った親は悲しむぞ?
現実見ようぜ


982 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 00:30:02 0
クルだからしょうがない

983 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 03:28:48 0
 

984 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:40:53 0
グルだからしょうがない

985 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:42:16 0
 

986 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:46:45 0
ゲルだからしょうがない

987 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:47:07 0
 

988 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:49:13 0
 

989 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 21:58:02 0
1985年、紅山文化に属する遼寧省西部の凌源・建平の県境にある牛河梁(ぎゅうかりょう)遺跡で、
紅焼土に埋まった堆積層から、珍しい「女神廟」と積石墓群が発見された。今から5575±110年前
の数価を持ち、問題の女神廟は遺跡の最も高い場所にあり、数多の泥質彩塑女神像や動物塑像
のほか、この地独特の彩陶の祭器や建築材なども見つかっている。

それらの中でも特に注目されるのは、廟の円形主室の西側で発見された一体の彩塑女神の尊像
である。総体的に見ると、方円形の平たい顔で、頬骨が突起し、目は斜めに吊り上り、目のくぼみ
は浅く、鼻すじは低くて短く、鼻先と鼻翼はは円頭状で低平であり、鼻孔はやや上に反っている。
以上の容貌から明らかなように、モンゴロイド系人種に属するものと判断されている。ところが女神
像の目は驚くことに青い玉がはめ込まれているのである。そのことをどう理解したらよいのであろう
か。

少なくとも女神像の目が青いのは、中央アジアの人種の血をうけていることを示している。しかし、
容貌は明らかにモンゴロイド人種である。そのことは、混血の女性をモデルにしたといえるが、当
時の社会に混血の女性が多く、違和感がなかったからであろう。それだけに混血に時期は遠く遡
るものとみてよかろう。

中国東北部の女神像の分布からみて、その信仰は広域にわたっていたといえる。しかも地母神と
しての女神像の信仰が新石器時代早期から見られるので、そのことから中央アジアからこの地へ
の渡来、その時代まで遡らせる可能性もあるであろう。というのは、女神信仰がメソポタミアに起源
し、それが中央アジアに広く波及したからで、アナウ文化に女神像を部屋に祀る習俗がみられるの
もそのためである。そこで、コーカソイド種族がこの信仰をもたらしたと考えることもできるであろう。

鳥越憲三郎『古代中国と倭族』

990 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 22:08:42 0
古代中国人は白人だったということだな。
http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

991 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 22:10:50 0
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal25.html
中国古人類集団のDNA分析 王瀝 中国科学院遺伝研究所
…… 
 その結果、3つの時代のLinzi人類集団が異なる遺伝的構成を持つことが明らかになった。
地理的分布と同様に、現代Linziの人類集団は東アジア人類集団とクラスターを形成して
現代ヨーロッパ人類集団とは離れた結果を得た。また、現代中央アジア人類集団はヨーロッパと
東アジアの中間に位置する。ところが、2000年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団と
現代ヨーロッパ人類集団の中間に位置しており、現代中央アジア人類集団に近かった。
さらに驚いたことに、2500年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団よりも、
むしろ現代ヨーロッパ人類集団や現代トルコ人集団と近い遺伝的背景を持つことが分かった。
 本研究により、2500年前にユーラシア大陸の東端に現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に近縁な
人類集団が存在していたことが明らかになった。また、2500年前から2000年前の500年間に
Linzi集団に大きな遺伝的変化が生じたことから、過去に人類集団の大規模な移動があったことを示唆している。
……

992 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 22:28:47 0
臨?の人口は、約五,六十万人をかぞえていたわけで、これは、古代においては驚くべき
巨大都市である。この臨?の市民には富裕なものが多く、町は市場を中心にして娯楽、演
芸が盛んで、音楽・闘鶏・ドッグレース・博打・蹴球・曲芸その他あらゆる種類の娯楽が盛
行していた。大道には車がぎっしり詰まって停滞しており、街路は遊行の人々が互いに肩
と肩とが触れ合うばかりであった。そして、このような臨?のにぎわいに匹敵するような都
市が何ヶ所かあったというから、戦国時代の中国における都市の繁栄は驚くべきものであ
る。(古代中国 講談社学術文庫より

993 :世界@名無史さん:2008/01/16(水) 22:42:44 0
 東京大学大学院理学系研究科の植田信太郎と筆者と中国科学院遺伝研究所の
王瀝らの日中共同研究グループが,東アジアにおける古代DNAの研究で,最近興
味深い結果を得ている(Wang at al., 2000)。この研究では,500年ほどへだたった中
国のふたつの歴史時代(前漢末期と春秋戦国時代中期)について,春秋戦国時代を
通じての有力国のひとつ「斉」の都があった臨?(山東半島の付け根のあたりに位置
する)という同じ地域の遺跡から人骨標本を得て,ミトコンドリアDNAの塩基配列を決
定した。同じ地域から現代中国人のDNAサンプルも得て,同一地域の三時代(現代,
約2000年前,約2500年前)の比較を行なった。残念ながら,塩基配列を決定した領
域が縄文人の場合と少し異なるので,縄文人は分析には加えられていない。
 図5に示した集団を系統樹は意外な結果を示している。現代の臨?集団は,現代の
東アジアの集団と遺伝的に近い関係にあるが,これは期待された結果である。アイヌ
集団と沖縄集団がひとまとまりになっているのも,図2や図4の結果と同様である。さら
に,中央アジアの各集団がこれら東アジア集団とヨーロッパ集団の中間にくるのも,彼
らの地理的位置とその歴史を考えれば,混血がもたらしたものとして,納得がゆく。こ
のように,現代の集団には不思議はない。問題は中国の春秋戦国時代と漢代の2集団
である。前漢末期の臨?集団は,明確にヨーロッパ集団と近い関係となっている。この
集団の遺伝的近縁図についても,いろいろな解釈がありえるだろうが,当時の中国には,
現在とは遺伝的にかなり異なる人々があちこちに移り住んでいた可能性がある。もっと
も,ミトコンドリアDNAというひとつの遺伝子だけの結果であり,また地域も限られている
ので,中国全体にあてはまることかどうかは,今後の研究の進展にかかっている。

地学雑誌111(6) p.832-839 2002
遺伝子から見た東ユーラシア人
斎藤成也
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf111-6/p832-839L.pdf

994 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 00:00:23 0
>>989
こじつけ乙w
象の目に青い玉がはめ込まれてるだけで白人だ!とは短絡的すぎて笑える

995 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:35:27 0
うめ

996 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:39:59 0
うめ

997 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:42:48 0
うめ

998 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:46:46 0
うめ

999 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:47:45 0
うめ

1000 :世界@名無史さん:2008/01/17(木) 03:48:24 0
うめ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

297 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)