5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アポロ11号月面着陸は大事件である。

1 :世界@名無史さん:2007/03/21(水) 05:27:17 0
アポロ11号は1969年7月16日にケネディ宇宙センターから打ち上げられた。
地球を1周半周回した後、司令・機械船がサターンVロケットの最終段から切り離されて逆向きに回転し、最終段の月着陸船アダプタに格納されている月着陸船とのドッキングを行なった。
1969年7月20日、地球から見て月の裏側に位置する月軌道上で月着陸船イーグルは司令船コロンビアから切り離された。
テキサス州ヒューストンにある NASA のミッション管制センターでは、スティーブ・ベイルズという若い管制官が、警告表示は出ているが降下を続けて問題ないことを飛行責任者に伝えた。
二人の飛行士は船外へと注意を戻すと、コンピュータが月着陸船を大きなクレーターの周囲に大きい岩石がたくさん転がっている場所へと誘導していることに気づいた。
この時点でアームストロングは月着陸船を手動操縦へと切り替え、7月20日午後4時17分 (EDT) に着陸した。
着陸した時、残りの燃料は30秒分以下だった。
月面上での最初の言葉はアームストロングによる
「ヒューストン、こちら静かの海基地。『鷲』は舞い降りた ("Houston, Tranquility Base here. The Eagle has landed")」というものだった。
実際には月着陸船の脚に取り付けられた接地センサーが作動した時にオルドリンが言った「接触ライト点灯 ("Contact Light")」という言葉だった。


952 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:39:18 0
>948
MIBも、もともとは白人ばっかりだったのが、
映画『MIB』が出たとたん「黒人のMIB」が現れだしたw。

ほんとオカルトってフィクションの真似っこばっかりする。

953 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:40:41 0
そういえば「アポロ陰謀論」も映画『カプリコン1』の
真似っこだもんなー。オリジナリティないよねー。

954 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:45:42 0
いやじつはカプリコン1も元ネタは

955 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:51:04 0
月面の建造物は、我々の御先祖様の作品ニダー♪
だから、月は我々の領土ニダー♪

               ノムヒョン 談

956 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:52:13 0
月面に建造物などありませんのでそれはないです。

957 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:52:51 0
世界史好きはアポロ好きが多いことが、このスレの速さで立証された。

958 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:53:14 0
擁護派は、そんなに月をアメリカの領土にしたいニダー?

                  ノムヒョン 談

959 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:56:58 0
>>957
擁護派も捏造派も、日本人は、真実がしりたいのです。
だから、これからも仲良く議論しましょ。

討論や憩いの場を与えてくれた、2チャンネルに感謝します。

960 :世界@名無史さん:2007/04/07(土) 23:59:29 0
ここは討論や憩いの場なんだそうです。
まあ憩いの場ってのは当たらずも、遠からずかもw
ここを見てると小さな言でくよくよしてるのが馬鹿らしくなりますから。

961 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:06:07 0
だからさ、俺は”The Disclosuer Project”のメンバーなんだけどよ
アポロの時うじゃうじゃUFOがいたわけでもないけど、でかい有機体みたいなもんがよー
飛んでるんだよーそれでよー機能はしてないが人工建造物があったんや。
俺は文学わからんし、演出も下手だからうまく言えないけど
ほいでおもんないかもしれんけど、それは事実やねん。ほんまやねん


962 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:12:52 0
いやーもりあがったねぇー実りがあったかどうかは別にして。
次のスレもワクワクするね!



963 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:16:34 0
いやもう間違いなくみんな十分理解しているから次スレは立てないでいいぞ。

まったく必要ないだろ?

964 :ラムズフェルドは船を降りた:2007/04/08(日) 00:19:07 0
http://moon.jaxa.jp/ja/popular/story03/van_allen.html
こんな小学生向けの記事を真に受けるとは。
ガンマ線及び中性子線は鉛と水を駆使しなければ遮蔽できない。

レントゲン検査時の一回のX線照射時間は体格にもよるが約0.02秒。
少なく見積もっても一回あたり0.1mSv(ミリシーベルト)被曝。
人間が一年間に20mSv以上被曝するのは好ましくないとされている。
短時間に7000mSvを超える放射線を被曝すると死亡する可能性がある。
極めて体への影響は軽いとされるレントゲン検査時のX線照射をヴァンアレン帯を抜ける一時間の間
浴び続ければ人間の体はどうなるのだ?
ちなみに実際のロケットの中ではガンマ線及び中性子線による被曝とする。

どう考えても致死量超えとるわ ボケ
高校生以上の人間がその手抜き記事に騙される時点で無能。

965 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:22:45 0
そうだね、良かったね。
良い子は寝る時間だからお休みなさいね

966 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:29:13 0
否定論にヴェリコフスキーに、さらに建造物まで出てきたのか。
このスレ、2代目作ってくれないかな?
陰謀論とかに染まっちゃうと、視野が狭くなって、反論とかまともに
受け付けられなくなるという怖さを示すのに、いい例だと思うんだけ
どな。これって、歴史学でも肝に銘じておかなけりゃいけないこと
だと思うし。

967 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:48:10 0
>>966
「異邦人=先史人類がすでに月に移住していた説」も忘れないで・・・。

968 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:49:38 0
どぞ。

http://academy6.2ch.net/whis/index.html#1

969 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 00:57:38 0
>>967
月はともかく、シュメールだかのコインに
南北アメリカ大陸が刻まれているとかはあるよね。
棒みたいな形してたけど、イギリスからアフリカまでの高さの陸地。
先史文明って結構やるよね。特に航海術。

970 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 01:06:46 0
過去の文明は核戦争やったらしいw
コンセントあったのかよ!!

971 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 01:09:52 0
>>967
月じゃない火星の地下だ。

972 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 01:59:58 0
>>959
>擁護派も捏造派も、日本人は、真実がしりたいのです。

真実が知りたいのなら、詭弁は言わず素直に専門家の意見に耳を傾けなさい。


973 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:05:57 0
専門家は世の常識しか答えません。
真実を知りたければ己の心に問いかけなさい。
そして学びなさい。

974 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:09:52 0
そして専門家の声に耳を傾けましょう^^

975 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:21:42 0
>>973
>専門家は世の常識しか答えません。

それが詭弁なんだよ。科学の新たな発見とは、常識を疑うことから始まるんですよ。
一般世間が考えているより科学者は疑り深いです。

常識とは、18才までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。(アインシュタイン)


976 :ラムズフェルドは船を降りた:2007/04/08(日) 02:22:01 0
>>965
お前だよ。俺はお前のような姑息な生き物が一番許せんのだよ。
写真、映像全て本物であると断言し、擁護派を中傷し続けたどうしようもなく
愚鈍なお前が今や中立を気取っている。


977 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:27:01 0
旅に出て
自分よりすぐれた者
自分に等しい者と
出会わなかったら
一人で道を行け
真実を知らない愚者を 道連とするな










「ダンマパダ」六

978 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:27:33 0
>>973
>専門家は世の常識しか答えません。

そして気に入ったトンデモの情報だけ妄信すると。
それが陰謀厨の常だけどね。


979 :ラムズフェルドは船を降りた:2007/04/08(日) 02:29:24 0
http://1234tora.fc2web.com/tuki.htm
福島氏はお前等の行動を予言していたようだ。

980 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:34:17 0
>>979
福島じゃない副島だヴォケ
副島の名前を間違えるとは、おまえモグリの陰謀厨だろ。


981 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:53:33 0
>>961
>だからさ、俺は”The Disclosuer Project”のメンバーなんだけどよ

もしかして:Disclosure

982 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:54:12 0
1000を超えたら、こちらまでどうぞ^^

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1175960915/

983 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 02:56:34 0
981正解。

984 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 03:33:23 0
>>964
ヴァン・アレン帯を通過する際に受ける放射線量は一時間で20mSv
確かに危険ではあるが、職業放射線技師が受ける一年間の量に過ぎない。

ちなみに急性被爆で1〜5日以内に死ぬ量は15Sv。致死量の1/1000だから
「許容された危険」であるのは確かでしょう。

985 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:23:04 0
月の内部に部分的に溶けた層が存在
 月では、部分的に溶けた状態の層が、中心核を取り巻いて存在するらしいことがわかってきました。
これは、月までの距離をレーザーで測り、月の潮汐変形を観測した結果に基づいて推定したものです。
  〜中略〜
地球から月までの距離は、地球からレーザー光線を発射し、それが月表面にある反射鏡で反射して
地球に戻るまでの時間を測って求めることができます。月面の反射鏡は約30年前のアポロ計画の際に
置かれたもので、今でも立派に機能するということです。
ジェット推進研究所のウイリアムズ(Williams,J.)たちのチームは、測定された月までの距離のデータを
解析して、潮汐変形により、月の表面が約27日周期で10センチほど上下していることを突き止めました。
ここから計算されたラブ数kは0.0266となり、地球の約0.3に比べてずっと小さいことがわかったのです。
こうして求めたラブ数と、アポロ計画の後1977年まで続けられた月の地震観測の結果を合わせ考えて、
ウイリアムズたちは、月の中心核の周りを部分的に溶けた層が取り巻いていると結論したのです。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/minorbody/news_naoj/naoj_130.html


986 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:26:22 0
>>985
アポロ計画のレーザー反射器や地震計の統計は
今も若手科学者たちによって研究に使われているのだ。
フォン・ブラウンやカール・セーガンが死んだ後も。


987 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:28:49 0
>>877
「ようするに、今現在、たまたま同じ大きさに見えてるだけ。」

偶然と言うことですか?それにしては、衛星として大きすぎますし、珊瑚の化石と言っても
化石は数百年でできる事があります。地層から割り出す年代は、現在見直さなければいけません。
ましてや、放射性炭素14法はかつての地球環境が、現在とは違うと言うことを考えていません。
放射性炭素14法の信用度はせいぜい1-2万年程度ではないでしょうか?

と言うことで、珊瑚では年代測定は信用できません。

なお、常識の中からは学問は発展しません。


988 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:32:26 0
こちらまでどうぞ^^

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1175960915/

989 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:34:03 0
>>986
カールセーガンは、「プラズマ生命体が実在できるか」の可能性に触れて
「充分可能」と発言してます。
宇宙は、神秘です。

990 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:36:48 0
>>978
だから、妄信してるわけじゃないでしょ。それで、議論してるだから・・・・・。
頭から否定してる人は、貴方よ。

991 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:38:43 0
捏造捏造と・・・否定ばかりする、権威の権化スレはここでつか?

992 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:41:19 0
>>975
そのアインシュタインは、ヴェリコフスキー理論を再考しました。


993 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:43:17 0
>>974
権威主義の貴方の声には、耳を傾けたくありません。

994 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:45:34 0
>>973
貴方が、学ぶべきです。
なお、教育の専門家の学校の先生に性犯罪者が多いのはナゼ?
人格波状してませんか?

995 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:49:49 0
>>987
大きすぎはしないでしょ
冥王星-カロン系よりはよっぽど小さい。

996 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:50:30 0
>>971
太陽系は、本当は先進文明らしき遺跡にあふれてる。

997 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:51:04 0
>>970
イラクの遺跡物に電池の壷が発見されてますよね。
鍍金に利用されたとか・・・・エジプトのピラミッド内部の照明に利用したとか。

998 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:51:50 0
月の内部に部分的に溶けた層が存在
 月では、部分的に溶けた状態の層が、中心核を取り巻いて存在するらしいことがわかってきました。
これは、月までの距離をレーザーで測り、月の潮汐変形を観測した結果に基づいて推定したものです。
  〜中略〜
地球から月までの距離は、地球からレーザー光線を発射し、それが月表面にある反射鏡で反射して
地球に戻るまでの時間を測って求めることができます。月面の反射鏡は約30年前のアポロ計画の際に
置かれたもので、今でも立派に機能するということです。
ジェット推進研究所のウイリアムズ(Williams,J.)たちのチームは、測定された月までの距離のデータを
解析して、潮汐変形により、月の表面が約27日周期で10センチほど上下していることを突き止めました。
ここから計算されたラブ数kは0.0266となり、地球の約0.3に比べてずっと小さいことがわかったのです。
こうして求めたラブ数と、アポロ計画の後1977年まで続けられた月の地震観測の結果を合わせ考えて、
ウイリアムズたちは、月の中心核の周りを部分的に溶けた層が取り巻いていると結論したのです。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/minorbody/news_naoj/naoj_130.html


999 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:52:28 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと
断言できるでしょう。これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、
ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、
両生類のイクチオステガが初めて海から上陸して陸地を歩いたぐらい地球生命38億年の歴史で
画期的な出来事と言えるでしょう。
アームストロング船長は謙虚に「人類にとっては巨大な跳躍」なんて言ってるけど、人類じゃなく
地球生物にとってですよ。人類の大偉業ではなく地球生物38億年の大偉業です。


1000 :世界@名無史さん:2007/04/08(日) 04:52:50 0
1000ならアポロ計画は、捏造されている♪

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

334 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)