5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会人とは何なのか

1 :名無しさん@社会人:2010/03/07(日) 23:53:09
会社に入ったらこれからは社会人なんだからうんぬんとよく言われる。
よく考えたら人を歯車として従順に機能するように洗脳するどこか怖い言葉だ社会人。
無職人は社会が生み出した立派な社会の一員だが社会人では無いのか。
いったい誰が最初に言い出したのか社会人。

2 :名無しさん@社会人:2010/03/08(月) 02:08:33
宮台一族滅亡祈願d=(^o^)=b

3 :名無しさん@社会人:2010/03/08(月) 10:47:22
社会人という言葉が日本ではイコール『会社人』の謂であることは一般論として自明。
なのに社会学はなかなかそれを認めてこなかった奇っ怪な学問。

4 :名無しさん@社会人:2010/03/08(月) 12:04:03
社会人(しゃかいじん)とは、社会に参加している人のことである。一般に社会で責任を持って生活している人を指すことが多いが、社会人=労働者と言った意味合いも強い。類義語として、職業に従事していることを強調した用語である職業人(しょくぎょうじん)がある。

現代日本のような会社社会(会社と社会が同一視されるような社会)にあっては、社会人になることは会社員になることとほぼ同義化されており、会社組織に所属して一定の雇用上の地位を得ること(例えば正社員となること)を指し示すことも多い。

社会人は、実社会で権利と義務の主体といわれている。人格が完成しているものとみなされる。意思が尊重される反面、故意や過失などに対しては、多くの場合制裁を受け、個人の事情が特に配慮されて許されることは比較的少ないといわれている。

一般に社会人の始期は学校を卒業・修了し、就職した時点であることが多いが、何らかの事情で学業の途上にあっても、同世代がほぼ全員大学を卒業する20代半ばには、社会人として待遇されることが比較的多い。

社会人の終期は、60歳程度であることが多く、一般的に定年に達することなどによって退職を迎えた時点である。しかし、60歳を超えても、再就職して社会人であり続ける人もいる。

社会人の場合、ある程度責任ある仕事(職)を持ち、家族の生活を支え、現実的な思考をしている姿が歓迎されるといわれている。 社会人は利益を求めて働くものである。よって専業主婦は社会人には含まれないことが多い。

もともと「社会」というのは欧米からの翻訳語である。それに日本独自のニュアンスが加えられた。日本語以外の諸外国語では日本で言うところの“社会人”をさす言葉はほとんど見られない。

たとえば英語では労働者(worker)や成人(adult)、市民(citizen)という単語はあるが、”社会人”そのものを指す単語はない。

("socialist"という単語は社会主義者、社会党員という意味であり、用例が異なる。)そもそも「社会」とは、人と人との繋がり、人々の集団と言う意味であり、

子どもや学生、高齢者、退職者でも他人との何らかの繋がりがある限り社会に参加している人=社会人である。つまり人間である限り社会人であると欧米人は考えるためである。

5 :名無しさん@社会人:2010/03/08(月) 23:03:06
夢もあきらめ、人生半分なげだした老人にはなりたくない。
オレは、かならず、自分が生まれてきた意味を見出したい。
人生をかけて、何かを残したい。

6 :名無しさん@社会人:2010/03/10(水) 23:34:04
自分で働いて稼いだことのある人

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)