5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【イナゴ】サイバーカスケード【炎上】

1 :名無しさん@社会人:2009/11/10(火) 03:26:19
ネットには、同じ考えや感想を持つ者同士を結びつけることをきわめて簡易にする特徴がある。
人々は、ネット上の記事や掲示板等を通じて、特定のニュースや論点に関する考え、特定の人物・作品等に関する反発や賛美などの感想を同じくする者を発見することができるようになる。 
その一方で、同種の人々ばかり集結する場所においては、異質な者を排除する傾向を持ちやすく、それぞれの場所は排他的な傾向を持つようになる。

そうした環境の下では、議論はしばしばもともとの主義主張から極端に純化・先鋭化した方向に流れ、偏向した方向に意見が集約される。
そして、かような場所では、自分たちと反対側の立場を無視・排除する傾向が強化され、
極端な意見が幅を効かせるようになりやすい。
そして、小さな流れも集まれば石橋をも押し流す暴流となる道理で、ささやかな悪意や偏向の集結がえてして看過し得ぬ事態を招来してしまう。
サイバーカスケードとは、こうした一連の現象に与えられた比喩的な呼称である。

2 :名無しさん@社会人:2009/11/10(火) 08:37:24
フラッシュモブ

政治的な意味合いを持つものは狭義には含まず、現代芸術的な様相を呈する場合もある。

2003年5月にニューヨークでビルと呼ばれる人物が始めたのがきっかけと言われる。

匿名掲示板2ちゃんねるの祭、大規模オフと呼ばれる行為(例えば吉野家オフやマトリックスオフ)と類似しているが、

2ちゃんねるではフラッシュモブと比べてもかなり前からこのような行為が行われ話題となっているし、

そもそもオフ会と呼ばれるものはインターネット普及以前のパソコン通信の時代から行われていた。

一部欧米でマトリックスオフが「日本にフラッシュモブが波及した」と捉えられたことについて不快感を表明した者もおり、

両者は区別する必要があると考えている2ちゃんねる利用者も存在する。そのような人々が主張する言説では「一般に見知らぬ人間同士が親密にやりとりをすること自体が新鮮な出来事となる欧米と、

多人数が匿名状態のままで騒ぐ(≒騒擾)日本の違いについても見逃してはならないだろう。」としている。

3 :名無しさん@社会人:2009/11/10(火) 08:42:21
アビリーンのパラドックス

アビリーンのパラドックスとは、集団が構成員の実際の嗜好とは異なる行動をおこすという状況をあらわすパラドックスである。実際には構成員が望まないことであるにもかかわらず、構成員が反対しないがために、集団が誤った結論を導くという現象である。

ある八月の暑い日、アメリカ合衆国テキサス州で、ある家族が団欒していた。そのうち一人が53マイル離れたアビリーンへの旅行を提案した。誰もがその旅行を望んでいなかったにもかかわらず、皆他の家族は旅行をしたがっていると思い込み、

誰もその提案に反対しなかった。道中は暑く、埃っぽく、とても快適なものではなかった。提案者を含めて誰もアビリーンへ行きたくなかったという事を皆が知ったのは、旅行が終わった後だった。

このパラドックスは集団思考の一例として、しばしば用いられる。

4 :名無しさん@社会人:2009/11/10(火) 08:45:35
アメリカの憲法学者キャス・サンスティーン (Cass Sunstein) が提唱

http://www.amazon.co.jp/dp/4620316601/

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)