5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルポ芹香病院事件;心理士はどう対処すべきか

1 :没個性化されたレス↓:2010/07/30(金) 13:34:54
http://news.ap.teacup.com/kinkohosp2003/1.html
1週間分聞くと、対面診察を一回もせず、看護詰所の机で書いただけのもの
だということがわかる。
 拘置支所で、「クレンザーがないので、ハミガキを便器を洗うときに使った」
との物資欠乏の話を聞き書きして、捻じ曲げて症状としているような話をならべ、
百日以上の拘置後を「統合失調症」に仕立て上げたのです。



2 :没個性化されたレス↓:2010/07/30(金) 13:37:00
芹香病院事件 カルテ検証 10.1以降.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=m0mynNHz5PM
http://www.youtube.com/watch?v=z9sEGLKdhKg
http://www.youtube.com/watch?v=NeOHsCc7rTc
http://www.youtube.com/watch?v=HQppqPy7lvU
http://www.youtube.com/watch?v=nYToj91cxSQ
http://www.youtube.com/watch?v=MCn9I-KrEDk
http://www.youtube.com/watch?v=gzST1XsSk9Y
診療録
http://love.ap.teacup.com/tsudukisho/10.html
 

3 :問題点:2010/07/30(金) 13:41:10
 1 事実上の無診察 (医師法20条)
   伝聞による症状記述と、挫傷部位等、事実関係の把握を懈怠
 2 保護者錯誤および不告知(精神保健福祉法20条)
   指定医である当事者に退院まで保護者確認せず。
 3 病院職員の症状把握
    看護計画どおりの型にあてはめればよいのか。
 4 誰かが間違ったら、そのまま放置してよいのか。
 5 違反を公益通報してはいけないのか。

4 :診療上の問題点:2010/07/30(金) 14:07:11
1 百日を越える拘置後であるのに、なぜ初日にX線撮影等、挫傷部位の確認を
しなかったのか?
2 拘置状況を聞き取りの上、結核やエイズなど感染対策をしなかったのはなぜか?
3 県庁と事務方の問題:処分取消訴訟の出訴期間の不告知(行政事件訴訟法改正前)
  
 ご意見をうかがいたい。

5 :十分な対面診察の不在の証拠:2010/07/31(土) 23:53:48
 4 逮捕時より所持していたキャッシュカードに、未確認の給与が振り込まれており、
   自費診療が可能であったのに、口座確認をせず、口座確認をさせることをしなかった
   のはなぜか?
  5 措置症状の成立を考える上で、肥満で、脚長差があり下腿の発達が悪い骨端症があるのに
    足を使って上体を回転する「引き倒す」「引く」ができるかどうか、考えないのはなぜか。
    当事者の粗暴行為の蓋然性を評価していないのはなぜか。
  6 浪人後の錯乱に由来する荷電行為(触法行為)の抑制のための便宜的な「精神分裂病」等の
    病名は本質的ではないので、なぜ、その事実を診察で確認しなかったのか?
  7 拘置支所での採血日およびその結果を知らないこと。
  8 事件前後の供述に相当する事実がひとつもないのはなぜか。
  9 本人ができなくなっている動作を確認していないのはなぜか。
  10 自費扱いの整形外科装具を持たせず、本人の焦燥、不安、易怒性が
     疼痛に由来すると考えず、湿布、消炎鎮痛剤ひとつも処方していないのは
     なぜか。
  11 骨が減っているのに、太陽に当てなくてよいと判断したのはなぜか。
  12 裁判で、証拠を本人が取りにいかないと取得できない場合があることに気づか
     ないのはなぜか。
  13 保護者が誰か当事者に告知していないのはなぜか。
  14 港南区の電話帳だけで、証拠の取り寄せができ、弁護士が勝手に証拠収集すると
      思い込んでいたのはなぜか。
  

6 :十分な対面診察の不在の証拠:2010/08/01(日) 08:23:02
芹香病院事件 カルテ検証 10.5.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=nYToj91cxSQ
 10月4日に、弁護士が控訴する旨、東京高等裁判所に申出ているのに、
 入院形態を変えず、証拠は弁護士が勝手に集めるものだと思い込んでいる
 のは常識で考えられない。(本人がいかないと文書は集められない。)
対面診察を一回も行わずに、先立つ鑑定医の「拘禁精神病」の診断を無視、
「拘置支所で物資が欠乏してクレンザーがないので、
 ハミガキを使ってトイレを洗った」との話を奇行だと決め付けた看護士からの
 伝聞を書いて事足れリとしています。この医師のカルテはなぜか、
 ほぼ全編にわたり、思い込みだけが記されており、同じ専門科の医師として理解できない
 代物です。

7 :十分な対面診察の不在の証拠:2010/08/01(日) 10:12:29
この医師は、現病歴を対面診察で聴取していないので、勤務先の病院で
 デポ剤を打ちながら勤務していたなどの初歩的なあやまりを記述している。
 対面して確認して診察をしないでよいと思い込んでおり、同様の事例が
 予想されるので、事態は重篤である。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)