5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アダルトチルドレン(AC)について その2

1 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 11:43:19
アルコール依存症患者の子供として育ち、 現在は成人に達した人々
のことを英語でAdult Children of Alcoholics と言います。
頭文字を取って、ACOAとかACとも書きますが、こうした分類に
何の意味も無いことが学問的に明らかになりつつあります。

なによりもまずこの用語(アダルトチルドレン、以下AC)は、
1977年頃から米国のアルコール臨床にたずさわる心理療法家やソーシャル・ワーカーたち
の間で使われはじめましたが、その人達もそして後続の人達もなんら学問的根拠もなく
統計的調査をしたわけでもなくこうした「レッテル」を使用しはじめました。
その後この根拠の無い概念は大変に拡張され適用されました。
このスレはそうした状況に対して議論を重ねようとするものです。

前スレ アダルトチルドレン(AC)について
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1035617398/1001-1100


2 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:03:11
アルコール依存症患者の子供として育ち、現在は成人に達した人々のことを英語で
Adult Children of Alcoholics という。日本でも、ACOA、AC、または
そのまま英語読みで、アダルト・チルドレンという。

AC問題は1970年代からアメリカの専門家の間で注目されるようになり、
1980年代から一般に知られるようになった。酒害家庭の子供たちの一部は、
非行などの問題行動を起こすが、大部分は目立たずに混乱した家族システムに適応して少年時代を生きのびる。

しかしそのような子供たちも思春期以後に、特徴的な感情と行動の障害を起こしやすい。

3 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:07:37
酒害家庭の子供たちは、成長期に、歪んだ家族関係の中で、「生き方」を学ぶ。
「よい子」ほど、早くから、徹底して、酒害家庭の暗黙のルールを身につける。

たとえば酒害家庭では、不仲の両親が問題の本質について真剣に話し合うことはない。
その場限りの酒害対策が最優先課題になり、その他の家庭内の問題は無視または放置される。
子供たちは、「小船を揺らすな」と教えられる。
家庭の秘密を外に漏らしてはならない。
両親を困らせるような余計な質問をしてはならない。

4 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:08:39
やがて彼らは、自分の心配や悩みを話すことをやめ、問題に正面から立ち向かうことを避けるようになる。
また、両親も身近な大人たちの誰も救い出してはくれない苛酷な状況で、
彼らは、期待して裏切られるよりは、 誰も信用しないことを選ぶ。
さらに、不安になったり、悲しんだりして、余計に両親を困らせたり、惨めな思いをするよりは、
自分の感情自体を押し殺すことを学ぶ。

しかし、幼い彼らが自分に課す「しゃべるな。信じるな。感じるな」というその不文律は、
成人して後も不健康な感情、思考、行動の癖として残り、それ自体が彼らの人生を縛る。

5 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:11:12
一般に、ACは自分の感情を認めたり、表現することが苦手である。
また彼らは、考え方に柔軟性を欠き、過度に支配的である。
あるいは逆に他人に依存的で、自分の人生を主体的に選択することが
できない。しばしば罪悪感と恐れの感覚に脅かされ、抑うつ感に悩み、
他人を信頼する能力を欠いている。

大人になった彼らは、かつて体験したことがない「正常な対人関係」を
手探りで演じようとして、失敗を重ね、疲れて挫折する。

6 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:12:22
ACのこのような障害は、治療あるいは正しい対応によって、回復することができる。
また、親のアルコール問題に早くから対処することによって、その次世代の子供たちの
成人後に起こるこれらの問題の予防も可能である。
初め、アルコール関連問題として報告された「AC症候群」は、
その後、機能不全家庭で育ち、成人した人々に共通する問題として認識されるようになった。

7 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:21:03
とりあえず前スレよりコピペしました。
ただ、前スレは2002年からあるものなので、参考として
現在のwikipediaより最初の部分を引用します。

8 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:22:14
アダルトチルドレン−wikipediaより引用

アダルトチルドレンとは、人が機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持つ、
という考え方または人のことを指す。Adult Childrenの頭文字を取り、単にACともいう。
学術的な言葉ではないため、論者により定義が異なる場合がある。

日本においては、1990年代にマスコミや、精神医学、臨床心理学を知らない知識人たちにかなり誤用された
(→#語義と誤用を参照)ために、近年はその本来的な意味をあらわすのに
アダルトサヴァイヴァー(Adult Survivor)が使われるようになってきている[要出典]。

一般には、親による虐待や、アルコール依存症の親がいる家庭や機能不全家庭で育ち、
その体験が成人になっても心理的外傷として残っている人をいう。
破滅的であったり、完璧主義であったり、対人関係が苦手であるといった、いくつかの特徴がある。
成人後も無意識裡に実生活や人間関係の構築に、深刻な悪影響を及ぼしている場合も多いが、
日本においては2010年現在、未だ一般社会による認知度は低い。

9 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 12:27:54
Wikipedia 【アダルトチルドレン】 目次より

1 語義と誤用
  1.1 定義 発祥/発展/今日の用法
  1.2 誤用 誤用をめぐる事例
2 精神疾患との関連性
3 主な現象と注目点
    条件付きの愛情/虐待について/共依存
4 ACの特徴的な心理パターン
5 ACの習慣化された思考
6 ACの役割
7 ACの主なタイプの特徴
8 学術的立場
  8.1 AC理論と精神医学界
  8.2 ACと精神疾患
  8.3 ACと社会問題について
  8.4 著作活動による社会への理解
  8.5 ACへの批判
9 関連項目/10 外部リンク/11 脚注/12 参考文献

10 :没個性化されたレス↓:2010/07/02(金) 22:59:04
アダルトチルドレンと呼ばれる概念には根拠が何もありません。
客観的に追跡可能な研究や再現可能な研究は存在しません。
また統計的に有意な調査はありません。
また経過を観察したり治療に関する医学的な論文も存在しません。
こうした概念を心理的な疾病のように扱うことは極めて危険な事です。
即刻の使用の中止と同時に、
アダルトチルドレン概念は上記のごとき概念であるということが
一般に宣伝流布されるべきです。


11 :没個性化されたレス↓:2010/07/05(月) 21:58:01
アダルトチルドレン−wikipediaは非常に参考になると思われます。
もちろん、wikiの内容が100%真実であるという保証はありません。ただ、
このスレで議論されていることはwikiの足元にも及ばないということは確かでは。

Wikipedia【アダルトチルドレン】
◆学術的立場−AC理論と精神医学界
2010現在、全般的に日本の精神医学界ではAC理論とは距離を取っている。
それは前述のACの定義から、

【社会でACは多数派であり、ACであっても社会生活に当面支障のない人が大半である】

ことが理由とされている。心的苦しみが極度に進行し精神科治療が必要となった、
虐待や喪失体験による心的障害だけが治療対象とされる場合が多い。
したがって精神科の中にさえ「ACとは病気ではない」という見方をする医師もいる。

しかし一方では、一部にAC理論を正面から受け入れ、カウンセラーも兼任して
患者と向きあい治療を行っている医師もいる。

アメリカ・イギリス・フランスなどでは、日本よりはるかに進んだ
治療的取組みがなされており、またその方法論も洗練されている。

12 :没個性化されたレス↓:2010/07/05(月) 22:01:34
Wikipedia【アダルトチルドレン】
◆学術的立場−ACへの批判
AC問題は世間一般ではかなり誤解を受けており、批判も受けている。
簡単な誤解としては「子どものような大人」、
「大人になりきれていない未熟な人」などである。

批判としては【「いい年をして自分の未熟な部分を親のせいにするな」】が代表的
な例である(ただしこうした批判も、小此木啓吾や高橋龍太郎の著作によれば、
【一部のAC自称者に関しては的外れではない】)。

こうした誤解・批判がAC問題に悩む人にとって解決への大きな足かせと
なっている。専門家側からは概念の曖昧さが指摘されたり、
ACOAと非ACOAの差が見られないとする報告もなされており、
日本では主に精神分析に批判的な精神科医や臨床心理士が
AC概念の有用性を疑問視している。

13 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 00:05:49
ウィキペディアで何をどのくらい議論したのか知りませんが
元々何の根拠もないことをいくら議論しても何も産み出しません。

アダルトチルドレンには
客観的に信頼に足る論文も調査も研究も無いのですから。

「良心的に、明確に、最新最良の医学的な知見を用いる根拠に基づいた医療」、Evidence-Based Medecineの
重要性が医師からも患者の側からもますます認識されつつある現代においても、
いまだにアダルトチルドレン概念を診療に用いる
精神科医がいることは恐ろしい事実です。

しかしその事によってもやはりアダルトチルドレン概念に
何の根拠も無いという現実は変わらないのです。



14 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 00:35:04
やたらウィキペディアを張り付ける人がいるのは
アダルトチルドレン概念には参照できる論文も研究も調査も無いため
仕方なくやっているのでしょう。
ウィキペディアの記述以外に何もない
それがアダルトチルドレン概念の根拠なのです。

15 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 03:12:06
なんで自分でウィキ貼って自分につっこんでんだ?大丈夫か?

16 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 11:20:42
wikiが100%正しいという保証はなくとも、
自分の考えるAC理論の位置づけ、距離の取り方と通じるものがあると
考えたために載せたまでです。

このスレのテンプレを考えるにあたって、他のAC関連スレを参考にしましたが、
wikiからの引用もあったように思ったことがAC−wikiを見たきっかけです。

17 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 11:39:37
Evidence-Based Medecineが重要であることは確かであるが、
人にはそれぞれ個体差・個人差があることも確かなことではないだろうか。
私は、自分のことは自分で理解しなければどうにもならない部分があると考えている。

第一、確立されるのに100年かかるような根拠であるならば、
どんなに研究としては意味のあるものであっても、私にとっては何の意味もない。
得てして、意味のある研究ほど議論や長い歳月が必要なのかもしれないが・・・

このスレのテンプレが完全とも思わないけれど、
このスレのテンプレや他のAC関連書籍と自分の心理を比較検討し、当てはまるようであれば
「自分はACであるかもしれない」と考えても良いのでは、と思う。

ただし、
1)ACに学術的根拠が乏しいこと
2)ACというレッテルを自らに貼ったり、それに縛られることは無意味
  というよりむしろ害悪であること
などを踏まえた上で、AC理論を学ぶにあたっても、自己責任というものを
認識しておくべき、と思う。

18 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 11:57:21
自己責任、といえば。
古典的なAC関連書籍にも、AC自身の自己責任については
繰り返し述べられていると思う。
・・・ただ、それをAC自身が読み取れるかは別の問題である。そしてそれは
AC提唱者の責任ではなく、【読者(すなわちAC本人)の問題】ではないだろうか?

前スレ860では
>かの有名な【不幸にする親 人生を奪われるこども/ダン・ニューハース著】より
>“信頼する力をはぐくむには時間がかかりますが、あなたは何かに成功したり、困難の中を生き延びるたびに、
>少しずつ自分を信頼する力をつけていきます。そしてその過程で、自分の力で変えられることと変えられないことの違いも
>区別できるようになっていくでしょう” ・・・とある。これは、

>辛い時もあるだろうが、自分の経験が本人にとってはかけがえのない財産である、ということではないだろうか。
>とくにACを克服するにあったては、どんなに価値のある理論・学問も、自分の経験なしには何の意味もなさない、
>ということではないだろうか。

としたが、実はこれには続きがある(※載せるつもりでタイミングを逃した)

19 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 12:27:20
あ、気が変わってもうちょっと前から引用してみますね。
実は、この本の、最後の方のヤマから引っぱってます、
ホントはきちんと順番に読んでいくのがいいのでしょうが・・・セルフヘルプ系の本はとくに、
最初がつまらないからって、最後までつまらない、重要でない、ってことはないと思う。

最近自分で読み直していて思うんだけど(※自分のため及びこのスレのため)、
意外とこういう本って最後まで読んでなかったりってあると思う・・・
最初だけ読んで分かった/救われた気になったり、
既出の情報だと思って、きちんと読まずに投げ出す、みたいな。
あるいは耳の痛い部分は読んでるつもりで頭に入っていない、みたいな。

また、何度も読んでみないと自分のモノにできないし、それでは
セルフヘルプになってないよね。それこそ意味ないよね。

20 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 12:34:06
"9.他人や周囲の状況をコントロールしたがる欲求を減らす
 (あなたがコントロールできる唯一の人は、あなた自身だけである
            ―マリアン・ライト・イーデルマン)

"「コントロール」は「信頼」の反対です。
親の有害なコントロールによるトラウマを体験して育った人は、
将来に希望が持てず、落胆しないように状況をコントロールしたがります。

子ども時代の苦しみを生き延びるにはそれしかなかったとしても、
成長して大人になった時、それでは喜びに満ちた、挑戦のしがいのある
将来を描くことができません。"

21 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 12:38:25
"信頼する力は、感謝の気持ちを表現したり、失敗や困難にではなく
自分の強さや成功に気付くことによって、少しずつ育てることができます。

どんな人でも、精神性、高位の自我、持って生まれた意識、などと
いわれるものを持っています。呼び方は違っても、これらはみな同じ
ことです。それをどう呼んでもかまいませんが、

あなたを進化させる精神性を追及してください。(中略)

「精神性」は「誠実」や「信頼」に関係し、
「コントロール」は「恐れ」と「不信」に関係しています。”

22 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 12:41:49
"信頼する力をはぐくむには時間がかかりますが、
あなたは何かに成功したり、困難の中を生き延びるたびに、
少しずつ自分を信頼する力をつけていきます。そしてその過程で、
自分の力で変えられることと変えられないことの違いも
区別できるようになっていくでしょう"

"最後に、次の言葉を覚えておいてください"

"変えられることを変えることができる勇気を私に与えたまえ。
変えられないことを受け入れる心の安らかさを私に与えたまえ。
変えられることと変えられないことを見分ける知恵を私に与えたまえ。"

(不幸にする親 人生を奪われるこども/ダン・ニューハース著 玉置悟訳 p255-256より)

23 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 20:14:34
宗教は宗教板でどうぞ

24 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 23:06:55
>>23
このスレ、あんたが立てたんでしょ

25 :没個性化されたレス↓:2010/07/06(火) 23:48:14
違いますしそんな意味のない事を追及をしても
アダルトチルドレン概念並みに意味がないですよ。

自己責任だろうが他人の責任だろうが
お祈りをしようがアダルトチルドレン概念に
何か意義が生まれる事はありません。

百年研究をしなくとも統計的に有意な調査研究はできます。
意味があるアダルトチルドレン研究をしたいのなら
ぜひこれをなさっては。

26 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 00:14:57
>>25
嘘つき
あんた、前スレで暴れてたでしょ
次スレを立てたと書いてたでしょ

27 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 00:45:19
GOTO病院
統合失調症は薬飲んで治療しないと廃人
とにかく一度でいい
空気よめ
ACは空気よめなくなる病気か?違うだろ?

28 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 01:12:40
ごめん
脳内補完したけど、空気を読む以前に、あんたの日本語が読めないんだ

29 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 02:28:53
病院に行ったら何か不都合でもあるのか?
自己愛が肥大してるって自分でも理解してるんじゃなかったか
こういうスレの使い方や書き込みの仕方が
まともだと思っているところが空気よめてない

30 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 10:55:40
あんたの文章は、何度読んでも意味がわからない
特に下2行の意味がわからない
ちなみに、自分は「自己愛が肥大している」と書き込んだ人物とは別人

31 :名無しのAC:2010/07/07(水) 11:55:13
>>20-22を載せる気になった理由の一つは、
「AC概念に根拠がない、嘘である」と執拗に唱える人に
「コントロール」及び「恐れ」と「不信」の心理を見出したが故です。

あくまで、素人の私が、前スレ及びこのスレでの彼(彼女)の発言から判断して、ですが。

あるいは「考え方に柔軟性を欠き、過度に支配的である>>5」ようにも私には見えます。

そもそも、AC概念に学術的根拠が「乏しい」ことは言えても、
「根拠がない」と言い切ってしまうことは科学的な姿勢とは言い難いと思うのです。

AC概念の学術的根拠、ということを述べるには自己愛の病理に触れる必要がある、
と思っていますが、私は医師でも精神医学が専門な訳でもないから・・迷い中です。

32 :名無しのAC:2010/07/07(水) 11:56:34
>>23
ACに宗教っぽい側面があることには激しく同意。
AC理論、関連する自助グループやAC業者の怖さはそこにあるのでは、と思う。

今だから言えることかもしれないのだが、AC提唱者は、ACの依存的な心性
(宗教等にハマりやすい等)に対しても配慮が欠けていたのでは・・とは思う。
ACのそういった心性に気づかず/気づいた上で、それを利用していた業者もいたかもしれない。

33 :名無しのAC:2010/07/07(水) 11:57:37
しかし、AC業者への批判をこのスレのメインテーマにしたいとは私は思わない。
何の解決にもならないし(あるとすれば自己満足だけなんじゃない・・・?)、
ACのホントの意味で生きづらさが解消されることは決してないのだから・・・

ただし、前スレ986で
>「ACを知ったからこそ私の人生がある」と合理化をするようになる。
> AC商業主義の暴虐に晒された心に「ACには何の根拠も無い」と言われても
すぐには受け入れらないのはもっとなことだ。
>このスレも次スレもこうしたAC被害者のリハビリをどうするかという問題も検討されるべきだろう。
とありました。
これらは十分にこのスレのテーマになり得ると思います。議論が出来れば。

荒れるのはあんまり良くないけど、まぁそういう時もあるよね、ぐらいに思っています。
あんまり荒れたら私は逃げるんですけどね・・笑

34 :名無しのAC:2010/07/07(水) 12:06:26
ちなみに、>>22
「変えられないものを受け容れる心の静けさと、
変えられるものを変える勇気と、その両者を見分ける英知」
があるならば(徹底できるなら)、2ch的によく云われる【スルー(能力)】
とやらも自然に出来るはず、と思う。

つまり・・・多少の煽り?はスルーしながらも自分の心の平穏を保ちつつ、
また受け止めるべきところは受けとめ反省しつつ、
自分の分かる範囲については丁寧に答え、
何度も自分の考えを伝えることで相手に伝わるのを待ちながら、
その両者を判断する自分の能力、知力を鍛えていく・・みたいな?

これぐらいだと宗教とはいわないと思いますがね、賢く生きるための秘訣ぐらい?
実際、これを意識しながら生活すると、頭が良くなっていく・・のかも。
誰でも訓練すれば少しずつは身につくはず、実践あるのみと思います。

35 :名無しのAC:2010/07/07(水) 12:10:30
その2のスレを立てたのは私です。他>>1-9>>11-12>>16-22

前スレでも結構書き込んでいたけど、
>人格障害を疑うようになったら、AC概念はそんなに必要ないと思う、
と言って一度消えたもののあげた者です。
(でも、wikiにもACと人格障害及びその他精神疾患との関連が
述べられているのを知り、ちょっと自信を取り戻した、みたいな)

>>23がスレを立てたのではない、ことは分かってる気もするけど。

36 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 18:41:25
>>35
このスレを立てる時に、
前スレのテンプレをほぼ正反対に勝手に変えた理由について、説明してもらいたい

スレの趣旨を勝手に変えるぐらいなら、別のスレを立てるべきだ

37 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 19:09:35
>>35 自分の事をあらすじみたいに話すんですね

>>1(本人が書き換えたらしいテンプレ)
学問的根拠もなく統計的調査をしたわけでもなく
こうした「レッテル」を使用しはじめました。
その後この根拠の無い概念は大変に拡張され適用されました。

>>12-13 wikiと根拠無しは明らかに同一人物

38 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 19:42:58
>>37
AC業者だと隠しつつ、AC業者を駆逐しようとしているんですよね

39 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 19:44:10
>>37
あなたがこのスレを立てたんですよね
とぼけないでください

40 :没個性化されたレス↓:2010/07/07(水) 20:54:32
いやいや…
なんか面白いけどさ
同一人物だという証拠を示しただけなんだから
そんなんなるのおかしくない?

41 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 00:18:32
病気なら先に投薬治療だろ
じゃなかったら自己愛&境界例
悪い自分と善い自分その他わけてたら
矛盾もわからんだろな

42 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 00:19:55
>>41
あんたの文章だけは、何度読んでもよくわからん

43 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 00:28:48
俺にはアンタがこういう事繰り返す気持ちがわからんわ
こき下ろしたくもなるし、ありがとうとも言われたいんだろ?
書き込み内容だけ見ると回復しててもよさそうなのに
真逆突っ走るとか、矛盾だらけじゃねーか

44 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 00:40:39
アンタってどの人のこと?
「こういう事」ってどういうこと?
ありがとうと言われたいというのはどの文章を指しているの?
どの書き込みを読んで、ACから回復しててもよさそうだと判断したの?
何の真逆に突っ走っているの?
回復したり悪化したりすることを指して、矛盾するとは表現しないと思うんだけれども、そのことについてはどう思うの?

45 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 00:47:00
こうすれば回復しますよって言いながら
回復に向けての行動になっていないって事だよ
そこまでして他人をコントロールする必要あるか?
親は矛盾したメッセージを送り続けてこなかったか?

46 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 01:01:00
質問に一つずつ答えろ

47 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 01:08:28
見た感じ自分でわかっていてやめられないのかと思うが
他人を傷つけたり嘘をつくのが自由を得るって事じゃないだろ
親がした事は一体どういう事だった?
親と同じ事をして、それで回復すると思うか?
親と同じ事をしない為に、学ぶんだろが

48 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 01:29:19
>>47
それ、誰に質問してるつもりなの?

49 :名無しのAC:2010/07/08(木) 10:43:13
うわすごい荒れようだな。私の言ってること伝わってる気がしないけどw
せっかく事態の収拾をはかろうとHNつけたけどそれも果たして意味があるかどうか。
(“名無しのAC”イコール >>1及び>>35etc)

50 :名無しのAC:2010/07/08(木) 10:46:13
>>36
テンプレと言っていいのか分からないけど、前スレの>>1、3-5について、
その2の>>1-6で、「自分の判断で読みやすいように、改行、段落の変更」
ぐらいをした上で貼り付けました。【内容は段落、誤字等以外そのままです。】
ちなみに、前スレの>>1は2002年のものですが、あなた(>>36)の文章だったのですか?

とにかく、もう一度、「アダルトチルドレン(AC)について」を確認して欲しい。 
スレはもう落ちてるんだけどね。私は全文を自分のPCに保存してあるから。
そんなにこのスレに執着があるならそれぐらいしてるよね?

>>8-9>>11-12にwikiを貼った意図については、>>7において
>ただ、前スレは2002年からあるものなので、参考として
現在のwikipediaより最初の部分を引用します。
とお断りしてあります。wikiを貼ったのがスレを立てた者(私)であること、
及びそれが私自身の判断であることを配慮したつもりだったのですが・・

51 :名無しのAC:2010/07/08(木) 11:01:02
>>37
【※参考>>7-16で流れを確認してみてください】
>>8-9>>11-12(wiki)を書き込んだのが私です。>>13-14は別の人。

おそらく、>>15>>13-14への書き込みだったようですね。
15さんは12-13を同一人物と言い切っていますが、実際は別人ですよ。

>>16も私で、>>15への断りのつもりの書き込みでした。
私(8-9、11-12、16)は、>>15をてっきり、
>アダルトチルドレン−wikipediaは非常に参考になると思われます。
>もちろん、wikiの内容が100%真実であるという保証はありません。ただ、
>このスレで議論されていることはwikiの足元にも及ばないということは確かでは。
へのツッコミと思って書き込んだ訳なのです。

>>40
私もそう思うんですけど(ガクブル)

52 :名無しのAC:2010/07/08(木) 11:12:01
>>37
> >>12-13 wikiと根拠無しは明らかに同一人物
とありますが(同一人物でないことは51に記載済)、
>>1がwikiを貼った意図はむしろ、

「ACに学術的根拠が乏しいことは言えても(つまり全くないわけではない)、
根拠がないと言い切ってしまうのは、思い込みなのではないか」

でした。【※参考>>7-17で流れを確認してみてください】

53 :名無しのAC:2010/07/08(木) 11:17:51
※前スレ「アダルトチルドレン(AC)について」1-5

>1 :没個性化されたレス↓:02/10/26 16:29
アルコール依存症患者の子供として育ち、
現在は成人に達した人々のことを英語で
Adult Children of Alcoholics と言います。
頭文字を取って、ACOAとかACとも書きますが、
適当な日本語訳がなく、日本でもこれらの略語で呼んだり、
またはそのまま英語読みで、アダルトチルドレン(1人ならアダルトチャイルド)
と言ったりします。この用語(アダルトチルドレン、以下AC)は、
1977年頃から米国のアルコール臨床にたずさわる心理療法家やソーシャル・ワーカーたちの間で
使われはじめました。

>2 :ロボ ◆lSiROBOsc. :02/10/26 16:33
既出スレッドです。
ただちに削除依頼を出し、しかるのち首を吊ってください。

アダルトチルドレン PART2
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1008306421/

>3 :没個性化されたレス↓:02/10/26 16:38
アルコール依存症患者の子供として育ち、現在は成人に達した人々のことを英語で Adult Children of Alcoholics という。日本でも、ACOA、AC、またはそのまま英語読みで、アダルト・チルドレンという。
AC問題は1970年代からアメリカの専門家の間で注目されるようになり、1980年代から一般に知られるようになった。酒害家庭の子供たちの一部は、非行などの問題行動を起こすが、大部分は目立たずに混乱した家族システムに適応して少年時代を生きのびる。
しかしそのような子供たちも思春期以後に、特徴的な感情と行動の障害を起こしやすい。

54 :名無しのAC:2010/07/08(木) 11:19:28
>4 :没個性化されたレス↓:02/10/26 16:42
酒害家庭の子供たちは、成長期に、歪んだ家族関係の中で、「生き方」を学ぶ。「よい子」ほど、早くから、徹底して、酒害家庭の暗黙のルールを身につける。
たとえば酒害家庭では、不仲の両親が問題の本質について真剣に話し合うことはない。その場限りの酒害対策が最優先課題になり、その他の家庭内の問題は無視または放置される。
子供たちは、「小船を揺らすな」と教えられる。
家庭の秘密を外に漏らしてはならない。
両親を困らせるような余計な質問をしてはならない。やがて彼らは、自分の心配や悩みを話すことをやめ、問題に正面から立ち向かうことを避けるようになる。
また、両親も身近な大人たちの誰も救い出してはくれない苛酷な状況で、彼らは、期待して裏切られるよりは、
誰も信用しないことを選ぶ。さらに、不安になったり、悲しんだりして、余計に両親を困らせたり、惨めな思いをするよりは、自分の感情自体を押し殺すことを学ぶ。
しかし、幼い彼らが自分に課す「しゃべるな。信じるな。感じるな」というその不文律は、成人して後も不健康な感情、思考、行動の癖として残り、それ自体が彼らの人生を縛る。
一般に、ACは自分の感情を認めたり、表現することが苦手である。また彼らは、考え方に柔軟性を欠き、過度に支配的である。

>5 :没個性化されたレス↓:02/10/26 16:48
あるいは逆に他人に依存的で、自分の人生を主体的に選択することができない。しばしば罪悪感と恐れの感覚に脅かされ、抑うつ感に悩み、他人を信頼する能力を欠いている。
大人になった彼らは、かつて体験したことがない「正常な対人関係」を手探りで演じようとして、失敗を重ね、疲れて挫折する。
ACのこのような障害は、治療あるいは正しい対応によって、回復することができる。
また、親のアルコール問題に早くから対処することによって、その次世代の子供たちの成人後に起こるこれらの問題の予防も可能である。
初め、アルコール関連問題として報告された「AC症候群」は、その後、機能不全家庭で育ち、成人した人々に共通する問題として認識されるようになった。

55 :名無しのAC:2010/07/08(木) 11:28:30
前スレついでということで(また、13、16あたり結構的を得ていると思う)

>6 :没個性化されたレス↓:02/10/26 17:57
共依存とアディクションを手掛かりにして後期近代社会における自己と人間関係の変容について知るにはギデンズ「親密性の変容」
野口裕二「アルコホリズムの社会学ーアディクションと近代」

>7 :没個性化されたレス↓:02/10/27 00:39
アダルトチルドレン?ハァ?
ACの正式名称はアル中だろ?
早く削除依頼出せヴォケが

>8 :没個性化されたレス↓:02/10/31 20:37
嫌アダルトチルドレン厨=回復できないAC

>10 :没個性化されたレス↓:02/11/24 01:07
ACは、治りますか?

>13 :没個性化されたレス↓:02/11/24 07:36
自称ACしてるヤシは、カミング・アウトすること自体に酔ってるように思われ。
ま、ホントのACってヤシは、自分のことをACとは思いもしない人のことかもな。

>16 :没個性化されたレス↓:02/11/28 19:06
自助にはまってどんどん人格障害者化するケースも多い
あとよくわからん療法にはまって金むしり取られたり

AC唱えている奴=悪徳商法の犠牲者
気の毒なことだが


前スレの最初もたいがい荒れているみたいですね。
このスレではそれ以上の議論が出来ると良いとは思うのですが・・・

56 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 11:54:43
>>50
大嘘つき過ぎる。

57 :40:2010/07/08(木) 12:09:34
あのさ………すごいね
スレ立てした人がwikiをコピペしていったんですよね
スレ立てした人と>>13の言っている事(根拠無し)が同じ
なのに13は>>12(wiki)に対して

『ウィキペディアで何をどのくらい議論したのか知りませんが
元々何の根拠もないことをいくら議論しても何も産み出しません』

って別人みたいに書き分けして言ってるんだよ
書き分けしきれてない部分もあるけど
それ指摘しただけで
立て続けに>>38-39の反応がまたおかしいってだけ
荒れるも何もこのスレ機能してないと思うけど…
普通スレタイ見ただけで機能してないなと思うよ

58 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 21:46:26
>>57
つまり、スレ立てた人とwikiを貼りつけた人と
「…」を多用する人の3人を書き分けているってことですよね

AC業者叩きの芸風を捨てたと思ったら、今度は書き分けの芸風ですか


59 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 21:55:27
スレでまともな議論をさせないためのテクニックって
色々あるんですね

60 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 21:59:37
そうですよ
自演認定している人は、大体あやしい
自分も自演をしているか、自演を隠すために自演を指摘しているか

61 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:00:30
とてもいいスレだと思います。
今は荒らしがいるようですが
おさまったら参加したいと思います。

62 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:01:43
>>59
このスレでまともに議論させないようにする利益なんかないし、
このスレで無理にまともな議論をする必要もないのに、どうしてこだわるの?

63 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:02:40
>>61
荒らした本人がよく書きますね…

64 :40:2010/07/08(木) 22:19:07
しれっと私が自演したことになってる…
このスレだけの話ならいいけど他スレでもやってるから厄介なんでしょ


65 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:21:08
>>64
あら、口調が変わってるわよ
もう少し丁寧な物腰の人物だったわよね
書き分けは丁寧になさいよ

66 :40:2010/07/08(木) 22:29:50
こうやって相手の言葉を利用して加害者にすり替えるとか
AC関係なくまともじゃないよ

67 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:43:04
加害者扱いされたという被害妄想で、
こちらを加害者扱いする手ですよね
それは、確かにまともではないですね…

68 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:46:05
>>66
温厚な人物のめっきがはげてますよ…
他人を自演認定しておいて、自分が自演認定された途端に、
被害者意識を丸出しにするのは、温厚な人物のやることではありません
人格の書き分けは適切にね…

69 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:52:09
>>66
わけわからないことになっているこのスレで、
何がまともで何がまともじゃないという話を延々としているのは、無駄だと思う。

70 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 22:55:43
はぁ…そうですか…
この人いつまでAC関連スレに居座るのかな
自助会がある意味危険って意味がわかった気がする


71 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 23:00:03
あ69さんにじゃないです
こういう人にかまうのって私がACだからかな
でももうやめときます

72 :没個性化されたレス↓:2010/07/08(木) 23:00:13
変な人に粘着するのも同じぐらい変な人とよく言われるよ。
素性のわからない変な人に粘着するよりも、スルーした方がいいと思うけどね。

73 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 01:06:08
病院をすすめるのが一番穏便なんだよ
真面目に相手したら自分の方がおかしい事にされる
自分の方がおかしかったのかもと思い始める
人格障害者の使う手だまともな話は通じない
身内にいるが統失&自己愛&境界例の破壊力はすごいぞ
病気だからと我慢し続けたらただ腹黒いだけのように感じる
なぜこう似通った感じになるんだろうな不思議だ

74 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 01:29:04
まあとりあえず落ち着いて
ここは学問板であるという事を思い出していただきたい。
学問と言うのは自分一人の思いつきや、宗教的な決まり事にはなじまない。
色々調べて皆が納得できるというのが学問だ。

アダルトチルドレンという概念が誰でもが納得できるか
そしてその根拠について重大な疑念があるなら
それについて話すのが
建設的なそしてエコな地球資源とスレの
使い方ではないでしょうか


75 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 01:45:45
誰が人格障害か
誰が統合失調症か
そんな事をスレの書き込みで判断する事を
医師法は許していません。
私たちはこうして無名性と書き込みの不連続性が許される
匿名掲示板に集いました。
学問板らしく客観的にアダルトチルドレ概念を
検討できれば思います。

私たちの前には無限のスレとアダルトチルドレン概念が許さなかった部分を疑う自由があります。

76 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 02:08:08
アダルトチルドレン概念は客観的に研究検討されたアカデミックな根拠は全くありません。

しかしいまだに一部の精神科医やカウンセラーが
この概念を用いているのは誠に悲しむべき事です。

エビデンスに基づいた医療と言うのは
患者の側からも納得できる医療という側面もあります
アダルトチルドレン概念に対する疑念をこうしたスレで積極的に話し合うべきでしょう

77 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 02:54:00
アダルトチルドレン概念に全く根拠がないという
誰でも調べられる真実を書いたり
そうした事を利用している出版社の事を書いたり
根拠もないのに患者を騙している精神科医の事を書けば
個人攻撃を受けるのは当然です。
彼らは反論できないので個人攻撃かスレを荒らすか混乱させるかしか手がないのです。


78 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:02:29
>>56>>57
そうですか・・>>50は私からの事実を述べたつもりですが、伝わらなかったのですね。
何を言っても伝わらないのなら、私が一旦消えるとはっきりするのかもしれませんね。
現時点では誰が誰で何人いるのか謎、私がトリップをつけてもHNつけても意味なしw

まぁ、2スレ目なんだし、テンプレにしても、何をテーマにすべきかにしても
議論はこれからだと思うけどね。

こんだけ書き込んでおいて恐縮なのですが、
このスレが結構負担で不眠が悪化してきてキツいので今日でちょっと離れますノシ
夜、仕事が終わった後は見ないようにしてるんだけど・・考えて寝付けない、みたいな。
私も暴走しやすいところがあるし(前スレ参照)、言い過ぎたところはあると思っています。
たまに荒れるのは必要悪な面があるかもと思いつつ・・疲れた時は休むのも大切かな。

79 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:06:05
>>75
そもそも、このスレは誰が○○障害だとか病気だとかといった個人攻撃をする所ではないはず。

それは荒れてさえなければ、普通は誰もが分かっていることと思う。
でも、荒れた時や意見が衝突した時、攻撃されていると思ってしまうことがあるのかも・・と思う。
他者の意見に対して自分の意見を述べることと、攻撃とは違うはずだけど、実践は意外と難しいと思う。

議論を深める中で、ACの醜い部分が暴かれていくのかも・・とか言ってみるw
でも自分のそういった部分と向き合うことこそ、ACの克服に必須なのかもしれない。

いや別に欠点なんて誰にでもあることなんだろうけど、
自分で自分の欠点を把握できないことが問題だと思うのです。
把握できてるつもりなだけ、ってよくあると思う、それだけ意外と難しいことなのでは。

80 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:08:30
しつこいようだけど>>22は、単なる祈りじゃないと思っている。
この文は、実は何度か他にも見かけるものであり、有名な“祈り”のようなので、
個人的に最も好きな引用より、再度紹介させていただきます。

>・・・山登りの場合と同じように、最も素晴らしい瞬間は、全景が一望できる見晴らしのよい
>高台にたどり着いたときです。上を見上げればめざす頂上がくっきりとそびえ、下を見れば
>自分の到達した高みが実感できる、そんな場所へ到達したとき、ようやく一息ついてあたりを
>見回して眺めを楽しむことができるのです。そのような体験には、
>【めざす目標は山頂に到達するだけではなく、ひたすら上に向って歩みを進めることにある】
>という認識も求められます。
>【そうして頂上をめざして歩き続けていくことこそが、人生というもののすべて】なのです。

>【精神的な健康とは】、その大部分がアッシジの聖フランチェスコの
>「主よ、変えられないものを受け容れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、
>その両者を見分ける英知を我に与えたまえ」
>という言葉に象徴される、【現実を受け入れ、その旅路を慈しむ姿勢に拠っているものなのです】。

−境界性人格障害BPDのすべて−
ジェロルド・J・クライスマン医学博士著/白川貴子訳、星野仁彦監修 p166より

81 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:21:55
ちなみに、出典に境界性人格障害(ボーダー・BPD)とあるから今頃になって載せたけど、例えば
同著はACでも十分に共感できると思うし、AC関連本より専門的な内容かつ分かりやすいと思う。
BPDはACを別の視点から見た感じになるんじゃないかな?但し、知識を得たからといって、

【経験を積んだ精神科医でない素人が、自分及び他者を人格障害と自己判断してはいけない!】

中途半端な知識が役に立たないどころか害になり得る、というのは普遍的なことと思う。


境界性人格障害って「親へのこだわりがある」「愛と憎しみ」の病気とか言われたりもする。
大部分のACはBPDよりは大人しい(行動化がない)のだろう。程度の問題は重要と思われる。
とにかく、ACにもBPD関連書籍は参考になるのでは、と言いたいのであって、
ACはBPDである、と言っている訳ではない。

さらに、よりACのイメージと一致するのは、人格障害の中でBPDよりも依存性人格障害や
(過剰警戒型)自己愛性人格障害になるかと思う。この三者は同根、すなわち
原因が同じところにある(その多くは親との関係か)といわれており、参考になるのでは。
また後者2つよりBPDに関する著者が内容、数ともに優れていることがある。

82 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:26:06
境界性人格障害  Borderline Personality Disorder (BPD)
自己愛性人格障害 Narcissistic Personality Disorder (NPD)
依存性人格障害  Dependent Personality Disorder (DPD)

ちなみにBP(Bipolar)が双極性障害(躁うつ病)とか、BPDは結構見るけど
NPD、DPDはあんまり使われていない感じ・・とか慣れるまでは分かりにくい面はある。しかし、
2chでボーダー/ボダって言うと煽りにしか見えず、あんまり使いたくない派なので載せてみた。

ACと人格障害の関連はこの3者に限ったことではないはずだが、代表的なものと思う。

83 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:39:25
話を>>80に戻し、これ(22、80の祈り)を今度はAC概念的に解釈すると、

“AC本人がどんな親のもとに生まれ、どのような子ども時代を過ごし、どんな思いをしたか
(=変えられないもの)を受け容れる心の静けさと、”
“自分がACであることをいかに克服していくか(=変えられるもの)を変える勇気と、”
“その両者を見分ける英知を我に与えたまえ”

ぐらいになると思う。単なる祈りというより、AC自身がそのような努力をすることを誓う、
というか。古典的なAC本のいくつかはこれを意識しながら書かれているのでは?
また、私はそう読むべきと思う。日本語等、改善の余地があると思うけど、個人的には
次スレ以降のテンプレ候補です。>>80等も含め。

84 :名無しのAC:2010/07/09(金) 09:47:45
>>81 最終行は「著書」の間違いです・・

最近考えた中で私が一番言いたかったことを言ってみました。
とくに>>80は、ACとか人格障害に限った話をしている訳でないことが
お分かりかと思います(そう伝わることを願う)。

85 :没個性化されたレス↓:2010/07/09(金) 10:38:31
鼻毛出てるよ

86 :没個性化されたレス↓:2010/07/10(土) 02:19:46
他ACスレには書き込まないんだよ
俺はね
印象って確かに大事だろう

87 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:20:07
確かに
鼻毛出ている人と出てない人では、滑稽さという印象で大きな違いがあるね

88 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 20:02:50
>>86
鼻毛は切っておいた方がいいよ

89 :没個性化されたレス↓:2010/07/13(火) 12:37:19
どうみても糖質の住人が一人で頑張っているスレだよな

90 :没個性化されたレス↓:2010/07/15(木) 19:32:36
もともとアダルトチルドレンは根拠の無い概念なので治療のしようもない。
アダルトチルドレンの治療をうたう療法も多数あるが
もともと根拠の無い物をどのように治療するというのだろうか。
詐欺に金をだまし取られるようなものである。

多数あるアダルトチルドレンの治療法に関しても根拠、エビデンスのある研究報告は一切無い。
ただ治療を施す側がその治療を宣伝するのみである。

「私はその治療で治った」という方もいるかもしれないが
それでは全ての人に効く治療とは言えない。少々難しいかもしれないが以下の説明を聞いて欲しい。

ある治療法(や薬)に明らかに効力があるという事を証明するには
二重検盲法という検査をパスしなければいけない。
治療する側とされる側が効力のある治療法と効力のない似たような治療法の
効力を知らないまま試さなければいけないのだ。
(この説明では分かりにくいかもしれない希望があれば詳述する)
アダルトチルドレンに対する療法で二重検盲法をパスしたものはない。
つまりあなたがアダルトチルドレンの治療法を受けて「よくなった」と思ったとしても
それは「あなた自身の力で自然によくなった」という可能性があるのだ。

二重検盲法をパスした心理療法の代表としては認知行動療法がある、
アダルトチルドレンの治療法はこの検査を受けるべきだろう。

91 :没個性化されたレス↓:2010/07/15(木) 19:40:25
指毛が生えてるよ

92 :没個性化されたレス↓:2010/07/15(木) 21:04:12
指毛じゃなくて、手毛というんだよ

93 :没個性化されたレス↓:2010/07/16(金) 01:34:37
どっちでもいいけど、手入れして置いた方が好印象だよ

94 :名無しのAC:2010/07/22(木) 09:52:04
復帰しにきましたヾ(´∀`*)ノオヒサシブリデス
別にこのスレだけが負担な訳では全くなかったのだが。
仕事なり治療なり主治医との関係なりが大変だった。
でも私にも優先順位というものがある訳で。

実際、以前のペースでこのスレに書き込むのは負担でした。
自分に余裕がないと、無駄に荒らしの相手をしそうになるのがちょっと、と思う。
疲れていたのかもしれない。しんどい時に限ってやたらと書き込んでしまう・
オーバーワークな私なのですが・・ぼちぼち行きたいですね。

95 :名無しのAC:2010/07/22(木) 10:20:36
>>90
アダルトチルドレンの「治療法」に対する根拠はないことに同意。
ただ、私はアダルトチルドレンの「存在」に対する根拠はあると思う。
ただ、これに関してはおそらく、AC理論だけでなく愛着障害等の愛着の問題、
及び人格障害等を学ぶ方が良いかと思う。

さらに、愛着の問題や人格障害に関する研究・統計結果は多くあるはず。
私が読んだ書籍の中にもいくつかあるし(どうやって紹介するか悩み中)。

>>二重検盲 二重盲検と呼ぶ方が一般的では。

>>つまりあなたがアダルトチルドレンの治療法を受けて「よくなった」と思ったとしても
それは「あなた自身の力で自然によくなった」という可能性があるのだ。
私は、AC理論は、【きちんと活用することが出来れば】
「あなた自身の力で良くなる」ことを助ける手段になるのでは、と考えています。
AC理論をどう活用すべきか、逆に何に注意すべきかは、このスレでの重要なテーマと
考えています。

96 :名無しのAC:2010/07/22(木) 10:42:37
>>二重検盲法をパスした心理療法の代表としては認知行動療法がある、
アダルトチルドレンの治療法はこの検査を受けるべきだろう。

AC理論について例えば二重盲検法を用いた統計的研究が必要かについては
私はあまり興味がありません。ACに理解があり、かつ統計的研究にも
精通している研究者が現段階ではいる気がしないので。何となく。
AC理論をクライアント(他人)に対して用いようとする人って
宗教っぽい人が多いような気がする。なんてゆうか、理想ばっかり
高いけど、現実的・常識的な視点が欠けているタイプなんじゃないかな。
それに私は研究者ではないので(研究者よりは臨床家に共感するタイプで
研究者になりたいとも思わない)。

私はAC理論はACを自覚する者が「自分に対して」用いるべき、と思う。

ただ、AC理論は認知行動療法的な側面をもつ概念だと思うので、わざわざ
AC理論について研究しなくともそれなりに根拠があると思ってもいいのでは。

ただし、AC理論単独よりも、認知行動療法の理論を理解した上でAC理論を学ぶ
方が断然、AC克服につながると思う。努力する方向を間違えないで済む、というか。

97 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:15:15
臨床家が好き、と言ってみたのでついでに。
別のスレより精神科医(と思しき人)の発言をコピペ。

>一度、精神科にかかると良くなる率より悪くなる率の方が高い。行くまでは特別どうこう言うような状態でもない人までが
>行ったら本当におかしくなってしまう(されてしまう)。
>これらの原因は簡単だ。本来、薬など必要のない人間にまで適当な病名を付けて安易な投薬をするものだから
>薬のせいで脳に異変が生じてしまう。その結果薬剤性の精神病症状を呈するようになる。
>薬のせいで生じる異常(異変)人格レベルの低下などに対してこともあろうか新たに病名を付けてさらに薬を増やす。
>その結果、完全な薬物依存状態にされ廃人化してしまう。
>最悪の場合は精神病院→更なる薬漬け→薬物性ショックで死亡(病院側は心不全で済ます)こういう結果になりかねない。
>いや実際のところこれが現実に起きている。
>退院できたとしても普通の人生を送ることは到底不可能。悔しいが世間では精神科に罹っていたという履歴は犯罪の前科に等しい。
>くれぐれも安易な気持ちで精神科に関わってはダメだ。一生を棒に振ることになる。

>一度、精神科にかかると悪くなる率の方が高い。何故その事実をマスコミは報道しないのか?氷山の一角のようなうつからの生還者や
>精神医療を肯定するような番組や記事ばかりを報道している。
>全国から薬物被害者の声を聞くなり向精神薬被害の実態を調査する術はないのか?
>いくらでもありそうに思うのだが…。意図的に取りあげたくないのか、取り上げられないのか?どうなんだろう。

精神科医は単なる薬売りpart5 (92)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1259266788/

98 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:42:18
また、同スレ:精神科医は単なる薬売りpart5 (194)より、

>軽度から中程度のうつ病には、抗うつ薬治療はほとんど効果がなく、
>別の治療をした方が良いとの研究結果が、5日の米内科学会誌
>「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」に発表された。
>
>米ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のジェイ・フルニエ(Jay Fournier)氏の
>研究チームは、一般的に処方される抗うつ薬(ADM)と偽薬(プラセボ)の治療効果の比較
>のため、ハミルトンうつ病評価尺度(Hamilton Depression Rating Scale)で重度から軽度の
>うつ病と評価された成人718人を対象に6つの研究を実施した。
>
>研究の結果、抗うつ薬は、症状の重篤度に応じて、効果が大幅に変わることが分かった。
>
>JAMAに掲載された論文によれば、非常に重度の症状を伴った患者には大きな効果があった一方で、
>軽度から中程度、重度のうつ病に対して、抗うつ薬治療の効果はまったくないかごくわずかだった。
>
>論文は、抗うつ剤に対する研究の大半が重度のうつ病患者に対する治療効果を調べるものであり、
>重度以下のうつ病治療に対する効果を証明するためには証拠が十分でないと述べた。(c)AFP
>
>http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2679872/5127812
>
>
> 軽度から中程度、重度のうつ病に対して、抗うつ薬治療の効果はまったくないかごくわずかだった。

99 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:43:59
コピペの意図は、
>>97
AC理論による治療だけでなく、精神科における治療も、現段階では問題が山積
らしいのです。ご注意を。このスレでも、精神科への誘導が時々あるので。
どっちにハマりこむ・依存してしまうのも危険を伴うということ。

>>97
「疾患の重さにより薬物療法、精神療法のどちらに重点を置くべきかは異なる」ことを示したいこと。
ACで精神障害を抱えているタイプは、疾患の重さとしては軽度〜中等度となると思う。
この研究も二重盲検法を用いているからその例としてもいいかなと。

この記事に限らず、私のネット遍歴の経験から言って
軽度〜中等度の精神疾患については薬物療法より精神療法(認知行動療法など)
が有効であること(薬物療法はむしろあまり効かないらしい)、
軽度〜中等度の精神障害を抱える者には、自己愛性人格障害等の人格障害の問題を
抱えた者が相当数いること(とくに若年者)
が最近、よく言われているらしい。

そして人格障害は愛着や育ちの問題と関連が強いことも言えると思う。

以上より、私の個人的な(とりあえずの)結論は、
「軽度〜中等度の精神障害を理解する上でアダルトチルドレン問題を考慮する
ことは実は結構重要なのでは、と考えます」です。

100 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:48:37
とりあえず100げっと

101 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:52:03
最後に同スレ208より、
>妄想性人格障害 統合失調質人格障害 非社会性人格障害 反社会性人格障害
>情緒不安定性人格障害 衝動型人格障害 境界型人格障害 演技性人格障害
>強迫性人格障害 不安性(回避性)人格障害 依存性人格障害 自己愛性人格障害
>受動攻撃性人格障害 抑うつ性人格障害 統合失調症 統合失調症型障害
>持続性妄想性障害 急性一過性精神病性障害 統合失調感情障害 感応性妄想性障害
>気分障害 双極性障害 鬱病 神経症性障害 ストレス関連障害 身体表現性障害
>不安障害 恐怖症 パニック障害 全般性不安障害
>強迫性障害 重症ストレス障害 急性ストレス障害 心的外傷後ストレス障害
>適応障害 解離性障害 解離性同一性障害 身体表現性障害
>転換性障害 心気症 疼痛性障害 身体醜形障害
>摂食障害 神経性無食欲症 神経性大食症 睡眠障害
>          ↓
>          ↓
>          ↓
>          ↓
>          ↓
>たった一言で表すと、アダルトチルドレン
>          ↓
>          ↓
>          ↓
>要するに、
>機能不全家族の中で育った子供たち
>きちんと甘えられなかった子供たち
>家族の中で何らかの役割を演じてきた子供たち
>心の自覚できないほど奥深いところに親(親代理)への恨みを抱えている子供たち
>親に甘えたい、抱きしめられたいという欲望が満たされなかった結果、渇望を抱え続けている子供たち
>          ↓
>          ↓
>          ↓
>子供を生きられれば大人になれる
>今からでも遅くない、心の癒しに取り組もう

102 :名無しのAC:2010/07/22(木) 11:57:11
さすがに私が書き込んだ訳じゃないよw
でもACスレ以外にもACを取り上げる人はいるんだね、ってことを言いたい。

ちなみに、上記のスレでも208の後には
「自己中過ぎて笑えた」「甘えんな クズ」等たたかれるという流れだけど。

103 :没個性化されたレス↓:2010/07/22(木) 18:34:33
また鼻毛出てますよ
今度はボーボーですが

104 :名無しのAC◇:2010/07/26(月) 09:08:03
>>103
鼻毛ぐらいなら処理すればいいのですが、
あいにく私の手持ちの鏡では鼻毛は見えないようなのです。

中身のない批判?(あげあし取り?)には一般的にはスルーが吉と思うけれど、
あえて一つ言わせてもらうとすれば、

「寝ていて転んだためしはない」ということわざを知っていますか?
何もしなければ、しくじることもない。そりゃそうだ、という意味。

私はこのスレでたとえ滑りまくり&転びまくりでも、
批判や他者の意見を取り入れながら次第に、
自分の考えなどが洗練されていくことを期待しています。

105 :i.l.d.? ◆fiUrwjw.Gs :2010/07/26(月) 09:31:56
トリップ失敗wハンドルも変えます。

Is life delicious ?

私の好きな言葉の一つより。元ネタは内緒。
deliciousは他の単語でも良さそうだけど、食についても
歳を重ねるにつれて例えば苦味のあるものもおいしく感じるように
なりますよね、などの意味もこめて。

106 :i.l.d.? ◆fiUrwjw.Gs :2010/07/26(月) 10:00:05
>>86=103と仮定すると、
もしかして私は他のACスレにも書き込んでいると思われているのかな?
そういうことは可能性として十分に考えられるけれど、
残念だけどハズレです。多分、世界はあなたが思うよりは広いよ。

例えばアダルトチルドレン回復過程・克服後スレ かな?
例えば682さんは私の考え方と似ているような気がしますが私ではないです。
このスレが機能していないのを見て、他の関連スレに流れた人は結構いるかも、
なので、これからはチェックはします。ネタ探しのためにも。

書き込みはこのスレだけでいっぱいです。
一応私が>>1(=>>35=名無しのAC=i.l.d.?◆fiUrwjw.Gs)なので。
人がいないからって私は自由すぎるかなぁ・・とは思いつつ、
次スレのテンプレでも考えておきます。

107 :i.l.d.? ◆fiUrwjw.Gs :2010/07/26(月) 10:09:44
ACスレにはACスレの役割があると思う。ただ、ACスレにばかりいると
気付かぬうちに視野狭窄に陥ってしまう面はあると思う。
ACスレに限らず、メンヘル板や心理学板全般に言えることだろうけど・・

まだまだ十分でないのに、ACを克服した気になれてしまう、だとかね。

他のスレなら例えば、精神科(医)のスレが興味深いと思う。
治療者側の視点をぜひ知りたいのです。自分が通院中なこともある。
AC同士では得られない視点が存在するのかもしれない。

ACばかりが集まるスレにおいてACに寛容であるのは当然だと思う。
このスレではあえてACの痛いところをついてみたい、と思っている。
痛いところ=問題の本質、核心ということもあるかもしれないから。

108 :没個性化されたレス↓:2010/07/30(金) 16:04:29
ACを克服するのに親と話し合ったり、対決したりしても意味はないと思う。
そこで自分の非を少しでも認めるような親なら子供はACになんかなってないと思う。

ACは親を恨みながら、親の影響を気にしながらも、普通に家族で楽しく過ごしたりしてる。(おれがそうだった)
これじゃあ一向によくならない。

だから親に気を許すのをやめる。気の合わない隣人のように接する。

縁を切るとか、絶対口利かないとか、そういう極端なことをしようとしても
失敗するし、逆に親への恨みを意識することになる。

だから、他愛もない話、世間話、一緒にどこかへ行く、こういうことをやめる。
必要最小限の会話しかしないようにする。
干渉してきてもできる限り無視する。相手もリアクションがなければその内やめる。

実行1ヶ月だが、かなり効果は出てきている。
精神は安定してるし、自信もつき、対人恐怖もだいぶなくなった。

最近、親が妙にこっちに気を使うようになった。少し一人の人間として認められたような感じがする。
これは単純に親離れかな?とも思う。しかし気分はいい。

でも、まだ気は許さない。このまま実行する。
意識しなくても、これが普通の状態になるまでは。

109 :没個性化されたレス↓:2010/07/30(金) 19:51:57
自分も2年前ぐらいから同じことをしてる
親との接触を最小限にすることで、
自己評価をちょいちょい下げられることを避けられるから、
無駄にヘコむことが少なくなった

>最近、親が妙にこっちに気を使うようになった。少し一人の人間として認められたような感じがする。
>これは単純に親離れかな?とも思う。しかし気分はいい。

親は、強者としてコントロールすることができなくなると、
弱者としてコントロールしてくることもあるよ
その一つの手として、周囲の人間を取り込んできたりもする

自分の場合は、病気を口実に親戚や近所の人間を取り込まれ、
大げさに嘆き悲しまないことを遠回しに責められたりした
(目先の家事とか先のことを考えると、嘆き悲しんでなよなよしている余裕なんてないことを、
 守られてる中高年女性など、わからない人が割といるんだよね)

コントロールをほとんど受けなくなった自分は、
親殺しのニュースが流れるたびに、親からこそこそと距離を置かれてる
自分のこれまでの言動からすれば、
暴れる方向に行かないことぐらいわかりそうなもんなんだが…
それがわからんからACを育ててしまうんだが

ACを育てた親は、本当に「一筋縄でいかない」んで、
何とかしてこちらの首に縄をかけてこようと執着することもあるんで、心から健闘を祈る

110 :i.l.d.? ◆fiUrwjw.Gs :2010/07/31(土) 10:02:08
次に何をテーマにしようかと考えてはいて(私はのんびりしているけど)、
愛着障害に関する文献の中で目にした「虐待的きずな」という言葉が以前から
気になっていて、後日にこのスレで取り上げたいなと思っています。

以下は自分の経験やいろんな書籍等にあたって得た、私の考えの一つであり、
正しいかは分からないし、キツイ言いかたかもしれないけれど、

毒親と子どもの関係って、「支配」と「被支配」の関係なんだと思う。
親(支配者)はその権力をもってして
「子どもに自分(親)に忠実であることを執拗に/当然のこととして求める」
のではないか。もしかすると、そこには
「親には子どもの人格の尊重するという意識が最初からない」
のではないか・・と思っている。
親自身が当然のことと思っていれば、悪気がないということであり、
それこそ「一筋縄でいかない」理由の一つかなぁと思う。
自覚がないだけにタチが悪いっつーか。

子供の頃、親が私を愛してくれない(?←愛されるということが未だによく分からないので)
理由を必死で自分の中に探した私だったけれど、今では、もしかすると、
それは親自身の問題なのかもしれない、と思う。
次第に、このことを罪悪感を感じることなく確信を持てるようになってきている
(と思う)が、それは親と距離を取れるようになったことを意味するのかもしれない。
あるいは「自他境界」を認識できるようになってきたのかもしれない。

111 :i.l.d.? ◆fiUrwjw.Gs :2010/07/31(土) 10:07:50
支配と被支配の関係は依存の関係ともいえる。
被支配者が支配者に依存しているように見える一方、
実はもしかすると被支配者以上に「支配者は被支配者に依存している」。
つまり共依存ってこと。

被支配者が支配者に依存しているように見えるのは、
支配者が権力を持っているためかもしれない。
権力を持っていることと、その人にそれに見合う能力があるかは別と思う。
(親が親としての責任を果たせなくとも、子どもを持てば社会的に親となるのと同じかもね)。
また、被支配者に逃げられた(※支配者的には裏切られたと思うらしい)時の
支配者っていうのは案外と弱いと思う。

かといって、被支配者の方も支配者を失うと「自由」にはなるが、
それは心の支えがなくなるとも言え、
結局、以前とは違う人ではあっても別の支配者的な者を自ら求めてしまう
こともおそらく一度は経験するのではないかな。
それは、今まで経験がなかったために自由ってものが重過ぎるのためかもしれないし、
コントロールしきれずに躁状態的になってしまうためかもしれない。

・・・これは家を出て、親以外の者から親ほどの愛情を求めようとして
(つまり愛情を求めすぎたのだろうか)ボーダーライン化した自分の実体験に基づいています。

112 :没個性化されたレス↓:2010/08/01(日) 11:59:01
厳密言えばACだと気付いていない、抑圧されたACの可能性が高い
言い分がACの親と似ているのに気付くだろう

抑圧した感情を他者に見るのは反動形成として心を不安定にさせる
ACの親と直接対決を避けなければならない理由でもあるし
気付きは必要だが、目的ではないからそれをやる必要性もない

今も気付いてなければこの先どうなったか
抑圧した感情を他者(子供)に見た時、同じように責めるだけだったはずだ
そして気付けない負の連鎖が繰り返されていた

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)