5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【越中】金沢市民の富山蔑視【狩り】

1 :没個性化されたレス↓:2008/11/20(木) 21:57:21
岐阜県東濃出身ですが大学進学で金沢に来ました。
たまに耳にするのが越中狩りという言葉。
「富山ナンバーのアベックを襲撃して女性を○イ○して捨てた」
「内灘海岸に遊びに来ていた富山のグループを襲撃してボコボコにした」
若かりし頃の武勇伝なのか、それとも嘘なのかはわかりません。
金沢の繁華街である片町の裏ぶれたスナックで、
酔いつぶれた中年男性が自慢げに大声で喋る姿を目撃すること数度。

社会心理学的に、このような他地域の人々に増悪を燃やすというのはどう解釈すれば良いのでしょう。
地域のライバル心を逸脱した、ちょっと異常な心理状態のように思えます。
心理学的な分析をよろしくお願いします。

146 :没個性化されたレス↓:2009/01/06(火) 23:39:45
富山(越中)という地域は、金沢の町が開かれる遥か以前からほぼ現在と同じ姿だったわけ。
当然ながら富山の人間としては、加賀藩統治下の一時期が異常だったと考えてる。
対する金沢(加賀)から見ると、富山というのは最初から加賀藩の支藩として存在したと。

金沢人の言動を見ると、旧加賀藩の版図を回復したいという深層心理が垣間見えるんだよね。
今も昔も金沢が北陸の中心であるのが当然であると。
富山人というのは明治期に独立して版図を削った、金沢にツバ吐く不届きな連中だと。

147 :没個性化されたレス↓:2009/01/06(火) 23:42:11
これが一方の富山人から見れば全く話が違ってくる。

金沢というのは藩政期に散々富や文化の収奪を続けた挙げ句、やっとの思いで縁を切った仇敵。
今でも手前勝手な中華思想で慣れ慣れしく干渉したり、見下してみたりとハタ迷惑な存在。
それでも今ではある程度わだかまり無く付き合ってるんだから、
そっちも普通に付き合えんのかと。
昔を引きずって奇妙な覇権主義を続けてないで、普通に話のできる大人になれよと。

248 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)