5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グラウンデッドセオリーアプローチ

1 :没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 03:24:43
教えて

2 :没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 04:15:31
Grounded Theory(GT)とは、社会学者のBarney Glaser and Anselm Strauss(グレイザーとシュトラウス)によって提唱された、質的な社会調査の一つの手法である。
まずアメリカの看護学において定着した。グラウンデッド・セオリー・アプローチ (Grounded Theory Approach ; GTA) とも言われる。
彼らは、分析の最終目的として、社会現象を説明するための実証分析で役立つような、明確な理論を作ることを、とくに重視した。
定性的研究の多くは、データを取った後は各自が自分で考え、印象批評をするのみで、取った後のデータの処理方法や、具体的な分析手法はない。
単に結果を記述することのみを重視するものも多い。しかしこの手法は、データを文章化した後の、分析法を提示しようと試みている点に特徴がある。

この手法の特徴は、患者へのインタビューや観察などを行い、得られた結果をまず文章化し、特徴的な単語などをコード化しデータを作ることである。
その上で、コードを分類し分析することになる。ただ、得られたデータが少数でもそれはやむを得ないこととしてしまっており、研究法として限界があることも否定できない。
あまり少数では、そもそも分類自体が不可能だからである。研究を始める段階で、問題設定や仮説探索目的で使う上では有用なこともあり、おもしろいと感じることが多い手法だが、
以下の短所があり、分析法は直感に頼る部分が多い。したがって、分析結果としての結論(あるいは理論構築)にたどり着かないことも多いため、実証研究で用いるには十分な注意が必要である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC

3 :没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 17:48:23
あまり少数では、そもそも分類自体が不可能だからである。
研究を始める段階で、問題設定や仮説探索目的で使う上では有用
なこともあり、おもしろいと感じることが多い手法


結局、サンプル数が少ないと駄目なんだね

4 :没個性化されたレス↓:2007/09/06(木) 17:49:27
ジエン

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)