5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見★13

1 :考える名無しさん:2009/03/24(火) 22:30:16 0

人生最大の発見は「原則」である。

part1:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044789777/
part2:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1065376498/
part3:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1069867718/
part4:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084109863/
part5:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094496279/
part6:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102440116/
part7:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1106407926/
part8:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1113405217/
part9:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1125583570/
part10:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1143556084/
part11:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1163861990/
part12:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1185458410/

webページ(過去ログあり):http://www.gensoku.net/

格言集は>2-4

952 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 15:21:00 O
>>951

クソワロタww
同一人物なのが当たり前だろw

953 :逆韋駄天:2009/04/10(金) 15:29:38 O
>>953
逆韋駄天ワロスw

954 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 16:13:10 0
実際のところ1はいろいろ言ってるが
出版したらしたで読み手には原則は伝わらないんだろうな
今までのスレ見てて自分は意味不明だったし
他の多く方々も同様の感想をレスしている
(発見した方には申し訳ないが)

しかし本が出たら出たで買おうと思っている自分もいるw

955 :ミーター:2009/04/10(金) 17:34:37 0
>>949
ありがとうございます
忙しいのでレスあとでゆっくり読みます
今後ともいろいろ教えてほしいのであなたにレスするときはコテだしときます

956 :ミキ:2009/04/10(金) 18:17:58 O
はあ、4つくらいのスレで自演認定厨と戦ってて疲れた…

ほんというと、ネット詳しい系の人間と争いたくないんですがね
以前、マルチ商法まがいの悪どいことやってるキモオタのサイトで、そいつの手口を暴露して遊んでたことがあるんですよ。
そしたらパソコンをクラッキング(使い方あってる?)されましてね…
それ以来、あんまりネットでは調子乗らないようにしてるんだけど。
所詮は女ですから、機械系詳しい男性にはやられますねw

957 :ミキ:2009/04/10(金) 18:31:22 O
人のIDを変換(偽装)できるソフトってあるんですか?
パソコン全然詳しくないんで

958 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 18:35:17 0
>>949
哲学は、深く考察して先入観や偏見を取り除いて、対象を認識する方法だからさ
簡単に言えばその真実を。

もっと深く考えれば色んなものが見えてくると思うぜ。
ただの「無知」と、「無知の知」じゃ世界観の広がりに天地の差がある。
自分の世界に無駄なことなんて何一つ無いからね。
って、これも哲学的に物事を考えられる人間じゃないと違いがわからんのだけど。

ま、前に進むか、居所のいい場所に留まるかは個人の自由だ。
1ももっと哲学的考察ができたら、原則を他者にうまく認知してもらえたのかもな。
いや、もっと真実に近づけたかもしれないのにな。


959 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 18:45:59 O
そのさ、深く考えるってのが、もう自動的にできるくらい癖になっちゃわないと、
深く考えようとすることが面倒くさくて途中で投げ出しちゃう人いると思うんだよ

なんか「深く考える癖」がつくようなきっかけってないもんなのかなぁ

960 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 18:48:42 O
そのきっかけこそが哲学だ、とか原則だ とかいう答えはなしよw
日常にそういう題材が転がってないのか?って話

961 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 18:51:47 O
>>957
あるよ

962 :ミキ:2009/04/10(金) 18:53:11 O
あるんだ…
怖スw

963 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 18:56:06 0
>>959
自動的に癖になるっていうか、積み重なった哲学的思考の産物が
一つの認識における対象物の姿を、より鮮明に映像化、または言語化するわけで
その積み重ねが深い思考というものだとするならば、質と時間だとも言える。
もっとも、哲学してる人間には全く苦にならない、自然なできごとだけどな。
話せばわかるが、一言が思慮深さを感じさせる。
ま、それもわからんやつにゃ一生わからんが。
jazzの良さがわからんのと一緒で。


964 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 18:57:09 O
厳密にはソフトじゃないがな
まあ、それなりに大人しくしてれば大丈夫だ
そこまでやれる奴らは、数は多くない


965 :67:2009/04/10(金) 19:14:17 P
>>949
>MC550さん
自分に(も世の中にも)影響を及ぼしている原則を、自分にとっての幸せという観点から
探っていって分かったところからそれに則っていっているってことですよね。(?)
不要だったかもしれないですが横から解説らしきものを入れてみました。

>>954
読み手に“原則を伝える”本というのではなくて、読み手に“原則の存在を意識してもらう”本
なんだと思います。
あとはその存在が気になった人それぞれが、この世の中から原則を見出そう動き出し始めると。
出版されて広く読まれるようになったら、きっと僕みたいな分かり方(?)をする人は
結構多く出てくるんじゃないかなと僕は思っています。
また、既に色々知っている人が原則の存在を意識できたらいきなり発見に近い位置に
いくと思うので、自分の賢さに自信を持っている人にこそ上手く(?)読んで欲しいなと
ヲッチャーとしてはそう思っております。


Part13はスレの消費も展開も速かったですねー。

966 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 19:34:40 O
>>963
質と時間、か。確かにそーかもな

何かを感じる、または考える時に、それから派生する連想の量と質が重要そう。
こないだ頭良さそーな奴が言ってた、連鎖ってやつかな

ジャズ、ロック、テクノ、クラッシックとか、そのジャンルをあんまわかってない奴が聴くと全部同じに聴こえるみたいだな
なんかそーゆーの面白い。

967 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 19:52:24 0
>>966
幸福の質感も、あるいはそうかもしれないね。

こんな話がある。

時代性の中、知識を持った教師は、世の中は平等であるべきだと生徒に説く。

一方、知識より、多くの教養を持つ教師は、思想は空しい、と生徒に呟く。

これがわかる人は教養がある人だそうだ。



968 :1:2009/04/10(金) 19:53:58 0
書き込める状況になったので、一旦書き込みます。
またあとで、part14のスレ立てします。


>954
>実際のところ1はいろいろ言ってるが
>出版したらしたで読み手には原則は伝わらないんだろうな
>今までのスレ見てて自分は意味不明だったし
>他の多く方々も同様の感想をレスしている
>(発見した方には申し訳ないが)

ちょうど良いタイミングで67さんに書き込みして頂きましたが、
実のところ、今現在「どうしても「原則」を知りたい!でも分からないし、納得できない!」という方は絶滅したようです。w

どうやら「原則」は発見できなくても、その存在を知ることができるようですし、
その存在を自分の考え方に取り入れることが可能なようです。

参考になるのは、ha○net氏や67氏の書き込みですね。

一応著者としての説明ですが、その本にはですね、
「原則」にはとんでもない可能性が秘められている!そして、そのことを余すことなく盛り込んだ内容にしたつもりです。

「原則」があることを知るというのは、そのような枠組み(「原則」)によってこの世界は動いているということを知るということ。

「原則」を発見するというのは、そのことを自らが直接理解することに値しますが、
発見していない者でも、「原則」の指しているものの存在を知ることは可能ですし、
それによって初めて、その発見に向けて動き出すことが可能になるものだったというわけなのです。

969 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 19:58:19 0
悲しいかな
何も知らない生徒は、どちらが重いのか知らない。

970 :1:2009/04/10(金) 19:59:21 0
繰り返しになりますが、

「原則」の位置づけが分かれば、「原則」を発見する必要はないということなんですね。
しかし、それでいて「原則」が利用できるというわけです。

あとは、どこまで「原則」を深く理解していくか、どこまで理解力を上げていくかであり、
それによってさらなる能力が得られるのだろう、ということなんですね。

「原則」を知るというのは、この世界の原理が自分とどのような関わりがあるのか、自分はどんな存在なのか、その位置づけを知るということ。
「原則」を知るだけであれば、決してその発見が必要になることはないというわけなのです。

私の場合は、先に「原則」を発見してしまったということですね。
「原則」って何だ?と考える前に、それによる考え方を発見し、さらにはほぼ完全にものにしてしまったということです。

ここで、様々な人と語り合うことで、ようやく他の人がどのように「原則」を考えているのかを理解してきたというわけです。

どうやら、各々が納得できるまで「原則」を突き詰められそうだと私には理解できました。
そもそもは、「原則」という存在はこの世界から自らが見出すものですしね。

もっとも、本書が出版され、さらにその理解を進めたい人はこのスレにもアクセスしてくるでしょう。
様々な人が討論していくことによって、さらにその理解は深まっていくものであると考えている次第です。

971 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 20:05:16 O
>>967
教養がある人間は、平等、って概念が観察する人間の立場によって変わることを知っているし、
思想も、別の思想に属した集団から見ると普遍的なものではないことを知ってるって感じか。

だがそれだけじゃなさそうだ。思想の虚しさ という部分は恐らく別のことも匂わせようとしているし、
そもそも、知識型の人間の特徴を考えることから考察を進めることも可能そう。

972 :逆韋駄天:2009/04/10(金) 20:12:02 O
>1さん

私が言わなくてもそうするつもりだったかもしれませんが、
他のスレッドから人をひっぱってくるというのはどうか?という提案がありましたが、次スレのほうでも1さん自身からその提案がなされたほうがいいかもしれませんね

973 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:18:08 0
>>971
そうそう。
誰もが知っている、自由、平等、平和、この言葉
思想の根本がすでに矛盾した言葉の連なりであることを知っているか否か。

そもそも何かを批判したり肯定したりするには、そのこと自体について
深く知っていなければならない。というか、本質がわかってないとそれができるはずも無いのだからね。

知識型人間は、与えられた筆で世界を描く。

深い教養が内にある人間は、懸命に探し出した筆で世界を描く。




974 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:22:54 0
人間社会に暮らしている限り
自由なんてものは無いからね。
もし誰もが自由に生きたら、平和ではなくなる。
また、平等になれば自由は無くなる。

975 :1:2009/04/10(金) 20:28:48 0
そろそろスレ立てしないとですね。
ちょっと待っててください。


>972
>他のスレッドから人をひっぱってくるというのはどうか?という提案がありましたが、次スレのほうでも1さん自身からその提案がなされたほうがいいかもしれませんね

そうですね。

ちなみに、新しいスレでの進行が落ち着いた頃にしたいと思います。
私が初めから書き込みすると、また荒れる原因になりますからね。(^^;

976 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 20:28:56 O
>>973
教養型の人間が、知識型の人間をうまく誘導していくようなことができると理想だと思うんだよ。
後者は、所謂「頭が固い」といわれるような人間かな。イメージ的には

「自由」「平等」といった概念は、個人的には、より悪い状態との比較 くらいに考えておいたほうがいいと思うかな。
例えば北朝鮮と比較してこの国は自由で平等だが、間違ってもこの国が自由で平等な国ではないw

977 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:34:41 0
>>948
例えばこの書き込み

嘘をつく→後で嫌な気持ちになる→嘘をつくのをやめる

この行間と、先が見えるようになる。

嫌な気持ちになるのは、そこに人格の根本となる価値観が存在しているからだ。
そしてそこを自分で傷つけるという行為が自己と他者への不信へと繋がり
行動が卑屈になっていく。
また、それによって周囲に悪影響を与え、そしてさらに他者から自分へと
不信の目が向けられるのだ。
そして心が荒んでいく。
さらに言えば、その自己を自己防衛するためにまた嘘をつく。
最初についた嘘が、また更に重なっていく理由とは、つまり最初に嘘をついた
精神の弱さだ。一度嘘をついたら、その弱さを肯定し続けるしか無くなる。
そしてそれを繰り返していくうちに、他者へ嘘をつくと行為に罪悪感が湧かなくなる。
湧けば自己否定なんだからね。で、罪悪感が無くなることで他者に対して
冷徹になる。
嘘つきは泥棒の始まりとはよくいったものだ。哲学的だ。

これがわかってれば嘘はつかない。

978 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:38:18 0
「イメージの詩」 吉田拓郎

これこそはと 信じれるものが この世にあるだろうか
信じるものがあったとしても 信じないそぶり
悲しい涙を流している人は きれいなものでしょうネ
涙をこらえて笑っている人は きれいなものでしょうネ

男はどうして女を求めて さまよっているんだろう
女はどうして男を求めて 着飾っているんだろう
いいかげんな奴らと口をあわせて おれは歩いていたい
いいかげんな奴らも口をあわせて おれと歩くだろう

たたかい続ける人の心を 誰もがわかってるなら
たたかい続ける人の心は あんなには 燃えないだろう
傷つけあうのがこわかった昔は 遠い過去のこと
人には人を傷つける力があったんだろう

吹きぬける風のような 俺の住む世界へ 一度はおいでヨ
荒れはてた大地にチッポケな花を一つ 咲かせておこう
俺もきっと君のいる太陽のあるところへ 行ってみるヨ
そして きっと言うだろう 来てみて良かった 君がいるから

長い長い坂を登って 後を見てごらん 誰もいないだろう
長い長い坂を下りて 後をみてごらん 皆が上で 手をふるサ
きどったしぐさがしたかったアンタ 鏡を見てごらん
きどったアンタが映ってるじゃないか アンタは立派な人サ
いつものように 慰めあっている

979 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:39:24 0

空を飛ぶのは鳥に羽があるから ただそれだけのこと
足があるのに歩かないおれには 羽も生えやしない

激しい激しい恋をしているおれは いったい誰のもの
自分じゃ 言いたいのサ 君だけのおれだと 君だけのものだと
裏切りの恋の中で 俺は一人もがいている 
はじめから だますつもりでいたのかい 僕の恋人よ

人の命が絶える時が来て 人は何を思う
人の命が生まれる時には 人はただ笑うだけ

古い船には新しい水夫が 乗り込んで行くだろう
古い船をいま 動かせるのは 古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように 新しい海へ出る
古い水夫は知っているのサ 新しい海のこわさを

いったい 俺たちの魂のふるさとってのは どこにあるんだろうか
自然に帰れっていうことは どういうことなんだろうか
誰かが言ってたぜ 俺は人間として 自然に生きているんだと
自然に生きるって わかるなんて なんて不自然なんだろう

孤独をいつの間にか さびしがりやと かんちがいして
キザなセリフをならべたてる そんな自分を見た 
悲しい男と悲しい女の いつもひとりごと
それでも いつかは 

980 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:42:27 0
>>977
さらにこの事をわかっていると
嘘をつく人々に対しての気持ちも変わる。

なぜ嘘なんかつくんだ
という気持ちが
嘘をつくしか無い精神の弱い人なんだ

そして、嘘をつく人は実は苦しんでいるんだと言う事をわかってあげることができる。

これを知らなければ、ただ単に嘘つきに対して腹を立てるだけ。
だけどそのストレスは悪影響として自分に返ってくる。
嘘つきと、無知は結局因果応報として、ストレスとなり、自分に返ってくる。
考えないと言う事は、人間に授けられた機能を否定してるのと同じだからな。

981 :1:2009/04/10(金) 20:43:26 0
次スレ立てました。
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1239363550/

よろしくです。

982 :67:2009/04/10(金) 20:49:26 P
>>968
>1さん
> 実のところ、今現在「どうしても「原則」を知りたい!でも分からないし、納得できない!」という方は絶滅したようです。w
おお!凄いw
一気に進みだした感が……!

スレ立て乙です。

983 :ミキ:2009/04/10(金) 20:51:46 O
今拓郎が投下されるとは思ってなかったW
最近のポップスよりフォークのが歌詞がいいね


984 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:53:56 0
ふいに思ったんだが。
もっとシンプルに説明できないか?
簡単に、とかそういう意味じゃなくて。もっと単純に表せる言葉があると思うんだ。

985 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 20:56:21 0
1がこのスレで、そのイメージが伝わらないことでストレスを感じるのも
それは1が他者へそれを伝える為の努力を怠っているからだと言える。
さらに言うと、途中で考えをやめてしまった事で、その中途半端なイメージ
に固執してしまい、またそれを根拠が無いにも関わらず妄信することで
より他者からの理解から遠ざかっている、という事実。

自己批判をやめると言う事は、思考の死を意味するんだよ。
これを根拠も無し否定するのはその現れでもある。
人は自分の中の材料をもとに思考を造り上げる。よくも悪くも日常的な会話の中にそれが現れる。
これは本人には気付く事ができない事だから余計悪い

986 :1:2009/04/10(金) 20:59:47 0
>982
>おお!凄いw
>一気に進みだした感が……!

ですね!

ようやく軌道に乗り始めたということでしょうか。
ここまで来るのに6年がかかりましたが、お楽しみはこれからです。w

ちなみに、67さんとha○netさんは、「原則」を知るまでは正反対に位置する立場の人だったとも言えると思います。

67さんはやはり「原則」を分からなかった人、w
そしてha○netさんは、実は初めから「原則」を知っていた人(>191さんと同じ立場)だったのではと。

67さんは、ある時「原則」の意味するものを自分の考えに取り入れることが出来た(「原則」を理解した)。
ha○netさんは、初めから「原則」を知っていたのだが、ようやく「原則」の位置づけを理解できたということですね。


やはりこの世界に住む人々は、「原則」を中心にして点在しているとも言えるのでしょうね。

987 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:02:25 0
>>984
誰に言ってるのかわからんけど

つまり全ての生命が、「生きる」という宿命を背負っていてそのために存在する
そこを基に人間、その他の意識があり、全ての個が繋がりをもってこれを維持している。
だからそれに反する事は全体の意識に、つまり生命の存在に反することなのだ。

その連鎖に反すれば、意識から除外される。端的に言えばこんなところか。


988 :1:2009/04/10(金) 21:05:23 0
>984
>ふいに思ったんだが。
>もっとシンプルに説明できないか?
>簡単に、とかそういう意味じゃなくて。もっと単純に表せる言葉があると思うんだ。

私宛かな?

どうやら"世界の原理"という言葉で多くの人が納得したようなので、
それを取り入れることにしました。

テンプレートにも導入しました。

989 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 21:05:47 O
>>985
思想的なものを伝えようとする時、他者に「根拠」を提示する、代表的な方法ってなんだろうな?
数学や論理学では、明確な証明の方法論がありそうだけど
(当方文系なもんで、よく知らんw)

990 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:07:11 0
そうだね
人間の「意識」も「反応」だし特別なものではないしね。
この宇宙の原理のなかの一つでしかない。物質の反応ね。
個人の意識なんて脳が死ねば無くなるものだからな。

991 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:12:11 0
>>989
例えば偉い学者は一つの分野だけでなく、広い範囲で知識を有するよね
1の場合、論拠が「自分の感覚」だけだということ。
もし原則なるものが存在するなら、宇宙の原理は数学でほぼ説明できるものだから
単に数学で証明できるはずだが、ま、1からすると、まだ発見されてない
というだろうな。
しかしそれは逆に無根拠だと自分で吐露しているのと同義だ。
思想的なものを伝える、とは別の次元のお話だね。
1は思想ではなく、「原則」の存在自体を言っているのだから。

992 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 21:21:48 O
もっとより複数の学術的な視点からの考察がなされてないと説得力ないってことか?
それぞれの穴を他方からのアプローチで補うような

数学のくだりはよく理解できなかったから補足が欲しいかな
そこの「連鎖」が俺におきなかった、ってことだw

993 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:23:21 0
利用できるとかいうから胡散臭くなってる。
単に、原則みたいなもんがあるから、それを感じてみんな生きよう、って言えばいいだけだと思うんだがな。

>>989
思想の根本である中心の存在性を証明する事だ。それは思想によって異なる。
無根拠の代表例としては例えば神とか魂だとかそういったもん。
こんなもんはなんとでもいえる。
天皇制で言えば天皇の血脈とかかな。
世にある政治思想で言えばおそらく経済だろう。

994 :1:2009/04/10(金) 21:26:31 0
>991
>例えば偉い学者は一つの分野だけでなく、広い範囲で知識を有するよね
>1の場合、論拠が「自分の感覚」だけだということ。

正確に言えば、私の中に蓄えられている知識が「原則」をその拠り所としているということですね。
これは感覚ではないのです。

私は世界に存在していた事実によって、
「原則」がどういう役割を果たすのかを理解することができたので、それをまとめて本にしようとしている。

そして、この「原則」の役割を知ることができたら、
それを今度は感覚的なものを通してこの世界に反映させることができるようになるということ。


>993
>利用できるとかいうから胡散臭くなってる。
>単に、原則みたいなもんがあるから、それを感じてみんな生きよう、って言えばいいだけだと思うんだがな。


991のように勝手な解釈が始まってしまうと、
993のような勝手な理解が始まってしまう。

自称原則理解者にはならないようにして頂きたい。

995 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:26:38 0
>>992
1の場合はな。内容の中心が原則とかいうものだから。
身近な例で言えば、2ちゃんでもそうだが情報を提示する事だ。
信用できるソースをね。様々だから一概に言えんけど

例えば塩分を取りすぎると胃癌になる
って言ってる奴がいれば、じゃあ科学的な論拠くれとなる。
で、証明には多方面からの解答がいる。
科学的なものから統計学からいろいろ

996 :心ここにあらず:2009/04/10(金) 21:26:44 O
>>993
経済ってのはどうして?他はなんとなくは感じれるけど

997 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:28:42 0
>>994
知識とは論理的なものだ。
君のは違う。自分で説明できないのだからね。
理解とか、使い方間違ってるよ。

で、君は論理的反論ができないので詭弁を使う。
因果応報だよそれも。
勝手な解釈とか、全く反論になってない。

998 :考える名無しさん:2009/04/10(金) 21:31:58 0
>>996
経済が社会に於ける人間の生活を支配している。
つまりそれが破綻するか成長するかで、正否がほぼ決まる。
ただ、経済は生き物だから、究極的には仮定でしか語れないものだが
貨幣制度や資本についても考察する必要がのこってる。
現時点では所詮思想、ある程度までしかわからん。が、指標になる程の
説得力は持っている。それの根拠は経済の場合統計だったりもする。
経済については話が多岐にわたって難解になる。

999 :1:2009/04/10(金) 21:32:16 0
>単に、原則みたいなもんがあるから、それを感じてみんな生きよう、って言えばいいだけだと思うんだがな。

"原則みたいなもん"ではなくて、私は「原則」そのものを発見したのです。

1000 :1:2009/04/10(金) 21:33:13 0
原稿にはその拠り所をしてしているわけです。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

481 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)