5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆決定論:脳は物質だから意識は必然に過ぎない142◆

1 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 01:12:58 0
人間の脳が「物質」であることには、誰も異論がありません。
しかし、脳内には物質以外の「何か」がある(筈)と考える人が居ます。
・・それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」です。
人間の脳を構成する千億個の神経細胞は軸索を伸ばし、突端から
分泌する神経伝達物質で、他の神経細胞に情報を伝えるだけです。
勿論、脳内には核分裂のような原子核反応もありません。
分子生物学と生理学の対象分野「分子レベルの現象」が全てです。
「この宇宙」で人間の脳だけが「特殊な物質」であるとする科学的根拠は
全くありません。人間の脳も地球上における「物質の進化」の一過程に
すぎず、人間の脳が造り出す『意識』も何ら「特別」ではありません。
『意識』は『クオリア』を持つ動物全部に生成する現象です。
「何を思うか何を意志するか」は、あらかじめ物理・化学法則により
決定されております。自由(意志)感は文字通り『感じ』にすぎません。
量子論の「不確定性」は意識には何の関係もない「単なる観測問題」です。
以上が「超・大統一理論」=量子論と相対性理論の統一後に残存し得る
『唯一の最終真理(思想)』の輪郭です。全宗教全観念論は徒労です。

前スレ(141)
◆決定論:脳は物質だから意識は必然に過ぎない140◆
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1226829984/
前前スレ
◆決定論:脳は物質だから意識は必然に過ぎない140◆
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1226553943/

過去ログ
http://www.emit.jp/ai/ai.html

2 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 01:13:59 0
決定論を否定するために、偶然などを持ち出して批判する事があるけども、このような批判は成立しない。
自由意志とは自己決定権の事であり、自分の意志で結果を決定できるという事である。
自分の意志が及ばない偶然に翻弄されて、結果が決まるとすると、自由意志は否定される。
因果性を否定して、結果が偶然に翻弄されて決まる、とすることを運命論といい、決定論とはいわない。

偶然の介在を認め、偶然性が存在するとすると、「偶然とは自由意志の及ばない要素」という意味であるから、
自由意志は否定されるのである。結果が自由意志とは無関係の要素によって決まるというのだから。
因果性を認める決定論は、不可知と両立し、この限りにおいて相対的に自由意志が認められるのである。

この指摘は数年前に西脇与作の論考で読んだ覚えがあるのだが、参考文献を幾つか挙げていたので、
同様の指摘をしている哲学者は他にもいると思われ、それほど特異な見解でもない。

カントを見れば判るように、純粋哲学と応用哲学(実践哲学)との間で齟齬があってもかまわない。
法哲学などの応用哲学で、刑法上の理由を挙げて自由意志を肯定する意見もあるが、
「法学上の範囲で自由意志の存在が要請される」と規定すればいいだけであり、
純粋哲学上の結論を、応用哲学に持ち込む必要も無く、両者が矛盾していても差し支えない。
従って、法学の要請を持ち出して、純粋哲学を論難しても無効であるし、応用哲学に純哲が翻弄されるいわれも無い。
ましてや、俗流人生論を持ち出して、感情的に反発する行為は言語道断であり、不当な要求は否定される。
決定論を、キリスト教神学の「予定説」と同一視するのも間違いだ。どちらかといえば仏教の縁起論に近い。
決定論を否定すれば縁起も否定され、龍樹も否定されるのである。

そもそも人生論など、哲学の範疇ではないのだ。純粋哲学だけが哲学である。
純哲は事実解明する営為であり、人生などに言及する応用哲学(実践哲学)ではない。
もちろん存在論たる唯物論や機械論、決定論も世俗から離れた存在論的考察であり、
人生や日常生活などに言及するものではないし、援用するのものでもない。
応用哲学たる法哲学や、俗流人生論などを振りかざして感情的反発しても、批判に成らないのである。

3 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 01:14:43 0
最高位専用スレはこちら
【私】を記述してください【私の存在性】27
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1225632442/

第2唯物論専用スレはこちら
第2唯物論についての議論スレ2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1225343362/

Hannibal専用スレはこちら
◆決定論:脳は物質だから意識は必然に過ぎない122◆
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1207584860/


4 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 01:16:14 0
■最高位氏の「私」は唯物論的「私」
そもそも最高位氏の「他の物体が私になる事はありえない」「私はこの体にある」という
主張自体が唯物論的制約によるものです。
この世界が唯物論的世界でないなら、多数のロボットを遠隔操作するように、
この世界とは別のところにある「私」が、この世界の「この体」だけでなくこの世界の「他の物体」
と繋がっていることがあってもいいでしょう。
ある存在性を特定の物体の存在の仕方に制限するのは唯物論の立場にほかなりません。

水分子Aの重力と水分子Bの重力は、その分子構造が同じでも、Aの重力はAの重力であり、
Bの重力にはなりません。唯物論では「私」はこの重力のように特定の物質に規定され従属するものです。
最高位氏の「私」もこれと同じであり、最高位氏はひたすら唯物論の正しさを唱えているわけです。

■最高位氏の問題点
・自分の考えをブログとかwikiとしてまとめて公開すればいいのにそれをしない。
・何度も繰り返して説明するのは面倒だけど、自分の考えをまとめておくのも面倒だとかいうワガママ。

■最高位氏は唯物論を理解できていない唯物論者
最高位氏は「私」の存在性を物理的に解明できるかどうかを問題にしていますが、
そもそも唯物論は、非物理的なものの説明や解明ができることを主張しているのではなく、
「非物理的なものは、(どういう仕組みでそうなっているのかはわからないが)物理的なものに従属し規定される」
という考え方であって、「他の物体が私になる事はありえない」「私はこの体にある」というように
物理的な「体」に「私」が制限されるのは、まさに唯物論の立場なのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E7%89%A9%E8%AB%96
唯物論(ゆいぶつろん、ドイツ語:Materialismus)とは、事物の本質ないし原理は物質や物理現象であるとする考え方や概念。
非物質的な存在や現象については、物質や物理現象に従属し規定される副次的なものと考える。

5 :飛べないカラス:2008/12/06(土) 02:55:27 0
数学法則、因果律、決定論には利便性がある。独我論には利便性は無い。事実を言い得ていない論は
利便性も無い。

6 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 05:27:47 0
決定論とは物理における、いわば「公理のようなもの」であり、物理法則を導くための、
さらには生活に役立つ近似を得るための便利ツール、と考えるべきである。
「機械的唯物論」者は、決定論をツールとして使う一方で、 最終真理として決定論を位置づけている。
決定論から遡行して、どうでもいい薀蓄(しばしば間違えている)を並べつつ、最終真理としての決定論に辿りつく。
どこに何がつながるのかわかりにくい、典型的な悪文に誤魔化されている人が多いが、 なんのことはない。
「機械的唯物論」者は、 「決定論が正しいなら、決定論は正しい」 ということしかいっていない。

もし決定論が公理であるとするなら、正しいかどうかは問えず、 当然のことながら真理とはなりえない。
では、「機械的唯物論」者が、 「決定論は公理であると同時に物理法則である」と述べているのは、どういうことか?
決定論が物理法則であるなら、実証する必要がある。 決定論が公理であるなら、正しいとはいえなくなる。
なぜ「公理としての決定論」を正しいといえるのか? → 「物理法則としての決定論」の正しさを問うことはできるから。
なぜ「物理法則としての決定論」を正しいといえるのか? → 「公理としての決定論」は実証不要だから。
まとめるならば、 なぜ決定論は正しいのか?→ 決定論は正しいから。
結局、彼は「決定論が正しいなら、決定論は正しい」という撞着に 舞い戻るしかないのである。

私の質問に答えなかったことで「機械的唯物論」者は、以上のような論理破綻を認めていると考えるべきである。
「機械的唯物論」者のいうような意味での決定論、乃至、機械的唯物論は徒労である。

7 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 12:25:00 0

わたしはその者に向かって顔を向け、

彼をしるしとし、

ことわざとして、

わが民の中から断つ。

そのときお前たちは、

わたしが主であることを知るようになる。

エゼキエル書14:8


8 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 12:32:08 0

神は、定められた時にキリストを現してくださいます。
神は、祝福に満ちた唯一の主権者、
王の王、主の主、
唯一の不死の存在、
近寄り難い光の中に住まわれる方、
だれ一人見たことがなく、
見ることのできない方です。
この神に誉れと永遠の支配がありますように、
アーメン。

テモテへの手紙一6:15-16

9 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 12:35:46 0

主のために、すべて人間の立てた制度に従いなさい。
それが、統治者としての皇帝であろうと、
あるいは、悪を行う者を処罰し、善を行う者をほめるために、
皇帝が派遣した総督であろうと、服従しなさい。

ペテロ2:13

10 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 12:38:20 0

愚かで無知な議論を避けなさい。
あなたも知っているとおり、
そのような議論は争いのもとになります。

テモテ二2:23


11 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 12:50:29 0

わたしは、世界をその悪のゆえに
逆らう者をその罪のゆえに罰する。
また、傲慢な者の驕りを砕き
横暴な者の高ぶりを挫く。

イザヤ書13:11


12 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 13:02:29 0
『説得力』は『洗脳力』と言い換えることができましょう。

13 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 14:05:21 0
説得力できたと思い込む。
洗脳力できたと思い込む。

つまり12は(ry

14 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 18:01:04 0
仏教には聖書がない。
真実の判断の手段としては現量と比量しか認めない。
すなわち五感による判断と思考による演繹推測だけだ。
偉い人の知識など当てにならない。

15 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 21:11:33 0
さーーーて、予習してきたぞ!

ところで女少禄の話の続きはどうなってるんだ?


16 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 21:37:43 0
>>16
加速度ベクトルで見ると納得がいくんじゃない?

17 :16:2008/12/06(土) 21:40:18 0
訂正
>>15でした

18 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/06(土) 23:26:09 0
        ┌┐
      んvヘゝ
      i   i
     ノ (,,゜Д゜) おたんこなすが来ましたよ
     ./ (ノ   |)
    |      !
     ゛:、..,_,.ノ
     U"U


19 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/06(土) 23:53:05 0
失敗運ぶバケツリレー
って回してくんないでいいのにね

20 :考える名無しさん:2008/12/06(土) 23:54:40 0

783 :TR-774:2008/08/16(土) 14:28:51 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=amCJ7z5yzl8

このビデオを見てもわかるように、クラフトワークの前身「オーガニゼーション」のライブで
ボンゴを叩きながら説教をしているのが、スナインコッコスマナラコッサーラ長老の息子なんだ。

すなわち、テクノの元祖といわれているコッサーラ長老はオーガニゼーションのメンバーでもあり、
これがクラフトワークが「テクノの元祖」と言われる由縁なんだよね。
つまり、正真正銘の「テクノの元祖」は、スナインコッコスマナラコッサーラ長老なんだ。





21 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/07(日) 00:10:29 0
最新号の(みなさんが馬鹿にしている)日本版サイエンス誌とニュートン誌が
それぞれ「小林・益川理論」について特集しておりますので「この世界(宇宙)の真の姿」
について「本当に知りたい」とお考えの方はお読みになった方が良いかと思います。
 なにせ、ノーベル物理学賞を日本人が(それも同時に3人も)取ることは
未だかつて一度もなかったばかりではなく「金輪際一度もない」ということだと思います。
 もっとも、その「超優秀な日本人の業績」が認められたのが「論文発表後40年以上後」
・・だったということも感慨を禁じ得ません。
 当時はクォーク自体の存在が「?」だったのに、その数が「3個ではなく6個である」と
「言い当て」・・・その後40年間にその「残りの3個のクォーク」が「実際に発見された」
・・というのは非常に「科学的にドラマティック」な事実だと思います。

22 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 00:15:46 0
>最新号の(みなさんが馬鹿にしている)日本版サイエンス誌とニュートン誌が

どうも勘違いしているようだが(あるいはそのフリだろうが)
馬鹿にされているのは
「その2誌その他で齧ったことを羅列して(場合によっては誤解して引用して)
文系人間相手に懇切丁寧に説明してやっているという気分に浸っている」
メンタリティーなのだよ。

23 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/07(日) 00:18:56 0
>>22
メンタリティーがどうのこうのおっしゃるならば
「サイエンス誌やニュートン誌が書いてることは全部俗流科学である」
と決めつける・・というメンタリティーについて・・私は「疑問です」
と申し上げているだけです。

24 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 00:19:28 0
クオークが六個なのは
六地蔵だからなんですよ

25 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 00:20:22 0
>>23
すっこんでろボケ

26 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 00:21:17 0
>「サイエンス誌やニュートン誌が書いてることは全部俗流科学である」

こういうふうに相手の主張していないことをさも主張しているように見せかける
薄汚い人間性が軽蔑されるのだよ。

27 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 00:28:59 0
>馬鹿にされているのは
>「その2誌その他で齧ったことを羅列して(場合によっては誤解して引用して)
>文系人間相手に懇切丁寧に説明してやっているという気分に浸っている」
>メンタリティーなのだよ。

翻訳してみる


馬鹿にされているのは
その二誌その他で仕入れた知識を場合には誤解して受け売りで
説明している気分に浸っている
メンタリティーなのです

つまりちくわのような知識伝授ですね

ということかな?


28 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 00:32:20 0
ま、お釈迦様が自分が悟りで諸法無我と言っちゃったから
見てるだけしか出来ないつまんない世界になっちゃったわけですよ


29 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/07(日) 00:33:06 0
>>26
そのとおりです。
ブルーバックスや中公新書にも良い本は沢山ありますので
読んでもいない人の「先入観」で最初から「読んでみることもしない」
という態度はその人の人生の知識を大幅に限定することになってしまいます。
これだけ情報化が進んだ社会においても「頑迷による無知」が未だに存在している
・・という事実について憂いているということだけです。
 「真理は1個しかない」ので・・「真理に近づく最短距離を行く道」もまた
「1個しかない」・・ということです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

30 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 00:36:20 0
>21 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q
>その「残りの3個のクォーク」が「実際に発見された」
>・・というのは非常に「科学的にドラマティック」な事実だと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Quark
Since quarks are not found in isolation, their properties can only be deduced from experiments on hadrons.[3]
An exception to this is the top quark, which decays so rapidly that it does not hadronize at all,
and instead is observed through the identification of the particles it has decayed into.
です。

機械さんの話はSFの話でしょう。
スタートレックでは確かにクオークは「発見された」ようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Quark_(Star_Trek)

31 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 00:54:53 0
「我思う。故に我あり。」

この事実だけで十分では?
たとえそれが物理・化学法則によって決定されたものでも。
でもそういった未知の研究を続ける人がいるから人間は進歩するのも事実。
頑張ってください!





32 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 01:02:01 0
kimiga gannbareyo

33 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 01:06:06 0
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_1.php?ID=16169

質量とエネルギーの等価性

34 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 01:07:10 0
「普段は地味なリーマンが深夜に二つの意味で泥酔し
嵐の如く大活躍する傑作コメディ『真夜中のサラリーマン』
2ちゃんねる哲学版自己陶酔系列スレ内にて大絶賛連載中!」

※この物語は勿論ネタです
【それどころかスレ主によるとこの世界自体(各々の人生自体)が
フィクションなのですw】

35 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 01:11:26 0
.              ____   
            /∵∴∵∴.\
            '‐=*ニ,>/.i <,ニ*=‐'      /  
    \   .ノ// |∵∴∵∴∵∴..| ,ミヽ    /
     \ / く .|::::/ ◎\:...| ゝ \    一部では遙かに一般受けしており
     / /⌒  .|:: | ト‐=‐ァ' |:| '⌒\ \  人工知能学会からも講演の依頼が 
     (   ̄ ̄⌒:: | ` `二´' |:.|  ⌒ ̄_)  プシュ化プシュワ化しとるんじゃよ?
      ` ̄ ̄`ヽ \____/  /´ ̄
.           \           |
            .(∴∵∵∵∴∵∴\  
           .  .\∵ _∴ _ ∵∴ヽ 
               ~\∴∵\\ ∴∵ヽ
                 ヽ∴∵) ヽ∴∵|
                 丿∴./  . ヽ∴ |
                 (∵/     |∵ノ


36 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 01:39:12 0
ヤぷーの作者と目される天野哲夫も惜しまれつつ死んだ。変態機械78歳も
もうすぐその齢だ。誰もおしまねーから心おきなく・・・

37 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 04:40:19 0
御釈迦様のおっしゃるとおりならば
見る夢の中が自動的に決定しているように
顕在意識化でも行動は自動的に決定されている諸法無我
なので罪と罰とか言われても仕方の無い事だと思うんですけどね


38 :あまのじゃく:2008/12/07(日) 04:54:17 0
唯物論も観念論も同じくらい正しい
ただ客観自体などという誤謬は子供じみている
この点で機械とラピさんがウザい

39 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/07(日) 04:57:09 0
デカルトを持ち出すくらいなら、決定論のスピノザを持ってくれば
いいと思うのに
心身平行論になるけど

40 :あまのじゃく:2008/12/07(日) 05:02:11 0
物質って働き、動的平衡なのであって
どうして主観的認識形式である時空ごとそれが結晶のように存在できるんだろうか
物質が客観自体であるわけがない


41 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 08:18:24 0
我あり、ゆえに我思う。
これが自然科学の常識だろう。
存在は認識に先行する。これが唯物論の常識だろう。

42 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 08:34:39 0
我在りが思わないと確認できないからです
精神統一で我在りになるんですね

43 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 08:38:43 0
>我在りが思わないと確認できないからです
 だから、我ありが先行する。
 我は無いと思うこともできる。

44 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 09:04:25 0
「我思う」を翻訳すると、
<我思っちゃった>
だ。
デカルトのあれは第一原理になっていない。
だから科学も思っちゃった(感覚)科学だ。

45 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 10:14:03 0
禅問答により時間稼ぎしているに過ぎないんですよ

46 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 11:22:24 0
如何に思っちゃったか?
↑これが解釈であり、カテゴライズであり、俗に
認識と呼ばれた結果論でしかない。

47 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 11:35:17 0
>>46
主体(との言い方が適切がどうかはともかく)をして解釈させ、
カテゴライズさせるのは何?

48 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 12:24:08 0
>>47

すべての支配は強度によるとは思うがね。

49 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 12:26:45 0
強弱があるから、そこに差異がある。

50 :やっと機械=NAS(純一)っぽい意見が出てきた:2008/12/07(日) 12:48:26 0
37 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 04:40:19 0
御釈迦様のおっしゃるとおりならば
見る夢の中が自動的に決定しているように
顕在意識化でも行動は自動的に決定されている諸法無我
なので罪と罰とか言われても仕方の無い事だと思うんですけどね

51 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 14:38:58 0
ヨヨイノ ヨイ!    ___   ドン!ドンドドン!     キタキター!     キタキター!
     П∧_∧.ミ __ ヽ:::..ヽドンドン!ドンドン!     ∧_∧     ∧_∧
     ∩(# ・∀・) //  i::::::: |Σ           ∩ ・∀・)    ∩ ・∀・)
ドドンガ ヾ冫祭 ⌒lつ  l:::::::::|            ヽ ⊂丿    ヽ ⊂丿
  ドン! (__.八 _._ノ._ノ            ( ( ノ ))   ( ( ノ ))
       )_)_) 凵凵 凵              し'し'       し'し'

52 :第2唯物論 ◆BN8ofhI8Eg :2008/12/07(日) 15:29:25 0
>>50 そんなことを釈迦が言ってるという妄想だな
アホが思うほど仏教は単純じゃない

53 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 15:38:02 0

 【このスレッドは ル・サンチマン™ の提供でお送りしております】




54 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 15:48:20 0
縁起の法だって要は過去からの因縁で自動プログラムという事でしょ

55 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 16:15:11 0
已につく「ば」は「もしも〜なら」未につく「ば」は「ので」「から」「ほかに」「のにけれど」
連体「を」「に」も「ので」「から」「ほかに」「のにけれど」・・・・・

56 :第2唯物論 ◆BN8ofhI8Eg :2008/12/07(日) 16:30:46 0
>>54 あまりアホ単純に考えなさるな

57 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 16:47:58 0
シンプルイズベスト
遺伝子の命令により成長するのは全て自動的です

58 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 17:17:52 0
なんだ結局遠心分離機とか月と地球とかの話はなかったのか。
9時からスタンバッててつかれて寝て、起きてからまとめてつっこんでやろうと期待してたんだがね。


59 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 19:18:42 0
進化論なんててんで話になりませんね
無目的進化ならばなぜ同種が出来るのか意味不明です


60 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 20:57:22 0
そりゃ理解力のない人間にはどんなことも意味不明だろうな

61 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/07(日) 20:59:07 0
>>60
ウケル冗談言いましょうか皮肉ですよ

そりゃそうだ


62 :考える名無しさん:2008/12/07(日) 22:56:20 0
「世界/内/存在」←私

63 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/07(日) 23:36:02 0
>>59
進化論は
@宇宙の殆どは「エントロピー増大系の支配下にある」
A太陽系は「産まれてあまり時間が経っていない」という特殊な「恒星系」である
B「産まれてあまり時間が経っていない恒星系」という特殊事情内においてはエントロピーは
 (その「系」内において)減少する・・という(非常に)特殊な現象が生じる
C「物質の進化」とは「エントロピー減少」と意味が同じである
D「物質の進化」とは
 無機物→有機物→アミノ酸→タンパク質→DNA→ウィルス→細菌→藍藻類→単細胞生物
 →多細胞生物→・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・→人類

ということであり、「それ(真理)以上でも以下でもない」・・ということです。

64 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/07(日) 23:55:09 0
要するに「物質の進化」とは「物質の複雑化」を意味するだけのことで、
「エントロピー減少系」である「今の太陽系における第3惑星としての地球」上で
それ(物質の進化)が起こっていることは「必然」だということです。
 それについて「神の意思」とかは全く必要がない・・要するに「必然である」
・・ということです。
 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

65 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 07:37:43 0
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \_____
      \____/

66 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 08:36:05 0
>>48
強度? 何の強度? 刺激、かな?
このあたりを、もう少し具体的にお願いしたい。


67 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 09:10:05 0
>>66

>強度? 何の強度?

すごくまっとうな質問ですがね、

しかし、何の強度かなんて答えられたのなら、
言い替えますと、[何]を答える事ができたのなら、
別に強度とか、どうでもいんですよね。
前も言ったんですがね、神を説明できたら
それは神じゃなかろ。神は構成された構造があるなら
その神は原因じゃないっすよね。


68 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 09:27:18 0
>>64
わかりやすそうで、実は肝心なことを曖昧にする文章。
たとえば「物質の進化」「物質の複雑化」との表現をとってみても、
『の』が主格なのか目的格なのか定かでなく、それを「必然」という
後づけ的にしか用いることのできない言葉に溶解させることで、
何かを論述したようにみせかけている。機械氏は「物質が進化した」
のか「させられた」のかを明言する必要がある。必然を云々するのは
そのあとだ。

物質とか進化、複雑化の意味はひとまず措く。それを問うと収拾が
つかなくなるだろうから。

69 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:00:30 0
>>68
常識的には進化は自動的だろうね
一部のカトリックは聖書に明記されちゃってるノアの箱船のことを忘れて
進化は神が起こしていると言いいたいだろうがw

70 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:06:21 0
廃人隔離スレ

71 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:09:35 0
>>69
聖書を文字通り受け止めるのはプロテスタントの一部。
カトリックは霊的世界の比喩ぐらいにしか思っていない。
カトリックは全存在を神としているから、実質、名前が違うだけの唯物論。

72 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:21:04 0
ダーウィンの進化論では突然変異自然淘汰だから
自然に起こるのが進化だろうね

73 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 10:22:14 0
キリスト教はカトリックもプロテスタントも三位一体の一神教ですよ
全存在を神としたら汎神論になってしまいます

74 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:29:38 0
>>73
>全存在を神としたら汎神論になってしまいます

そこは解釈や呼称の問題に過ぎない。
実際、カトリックの中でも汎神論的表現が使われている。
ただ、汎神論では、部分に注目するが、カトリックは全体に注目する。
人体で言えば「細胞がみんな生きている」のが汎神論的考えで、
「肉体が調和を一つの生命として生きている」のがカトリック的考え。
さらに、カトリックは汎神論的見方は否定しない。
ただ、それを超えた調和が存在すると主張する立場になっている。


75 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 10:45:08 0
>>74
ごく一般的に、ニカイア公会議以降、カトリックは三位一体ですよ
汎神論的見方は否定されます
あと「細胞がみんな生きている」は汎神論ではないですよ

76 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 10:55:27 0
>>75
もちろん三位一体だけど、汎神論的表現はあるよ。
ほとんどの神父は、汎神論的な見方も否定しない。
なんせ聖人の多くが汎神論的な発言をしているから。
要理を見ればわかるが、全存在を神とするのもカトリックの立場。

77 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:00:43 0
>>77
いえ、全存在を神とはしていません
3つのペルソナを崩したら、教義がおかしくなります
今でも、「父と子と聖霊の御名によりてアーメン」でしょう

78 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:07:40 0
>>77
全存在を神としてるよ。君が知らないだけ。要理の勉強も洗礼も受けてないんじゃない?
そもそも三位一体自体、苦し紛れに出してきた矛盾しているようなもの。
父と子と聖霊が何かわかってるの?

79 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:10:46 0
>>78
いえ、全存在を神とはしてません
全存在の創造主です
そもそも、汎神論はスピノザ以降の哲学上の言葉ですし

80 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:19:24 0
>>79
全存在を神としている。疑うなら要理の勉強して神父に聞いてみろ。
全存在の創造主であり、全存在自身でもあるんだよ。旧約では「在りて在るもの」だから。

>汎神論はスピノザ以降の哲学上の言葉ですし

その通りだし、それは否定していないけど。
現代カトリックはペルソナの一つとして、汎神論的な見方も許しているの。

81 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:24:14 0
いえ、全存在自身ではありません
内在神論だと汎神論→無神論のコースが普通です
超越神論のキリスト教とは全然違います


82 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:30:04 0
>>81
でも、実際にカトリックは全存在を神としているんだからしょうがない。
君がカトリックの要理を理解していないだけだよ。


83 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:36:12 0
スピノザとキリスト教

キリスト教については、スピノザとしては、キリストの復活は、信者達に対してのみその把握力に応じて示された出現に他ならないとし、
またキリストが自分自身を神の宮として語ったことは、「言葉は肉となった」(ヨハネ)という語句とともに、神がもっとも多くキリストの中に顕現したことを表現したものと解している。
また徳の報酬は徳そのものであるとする立場からは、道徳律は律法としての形式を神自身から受けているか否かにかかわらず神聖かつ有益であるとしており、
神の命令に対する不本意な隷属とは対置されるところの、人間を自由にするものとしての神に対する愛を推奨している。
また神をその正義の行使と隣人愛によって尊敬するという意味でのキリストの精神を持つかぎり、何人であっても救われると主張している。


84 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:36:39 0
>>82
いえ、カトリックは全存在を神としていません
例えば汎神論論争の説明がつきません
それ以降、カトリックが汎神論に鞍替えしたとは思いません

85 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:38:50 0
希代の自作自演スレ

86 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:40:31 0
>>84
君が知らないだけで、カトリックは全存在を神としている。
説明がつくつかないは実は関係がない。三位一体だってまともな論理じゃないし。
カトリックの立場は、汎神論ではないが、汎神論的見方は許している。

87 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:44:02 0
>>86
いえ、カトリックは全存在を神としていません
そうだと汎神論が問題化することの説明ができないでしょう
あらゆる宗教には汎神論的傾向がある、という言い方なら
受け入れられますけど

88 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 11:52:08 0
>>87
君が知らないだけで、カトリックは全存在を神としている。
汎神論が問題化したのは、単にイメージや言葉の定義の違いによる問題。
カトリックが当時汎神論を否定したのは、スピノザの汎神論には、無神論的イメージがあったから。
でも、スピノザが無神論というのは誤解で、本当は有神論(理神論)。

89 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 11:56:13 0
>>88
>カトリックは全存在を神としている
>カトリックの立場は、汎神論ではない

どっちなのですか?


90 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:00:01 0
>>89
カトリックは全存在を神としている。
そういう意味では、当時汎神論を否定したことがおかしいのだが、そこはイメージという政治的問題。

91 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:04:02 0
>>89
ちなみに、全存在を神としながら、汎神論ではないというのは矛盾だが、

三位一体でも同じことが言える。
父と子は違うのにどっちも神だというのは、矛盾しているという問題があったから、
父=神、子=神、でも父≠子という滅茶苦茶な論理が生まれた。



92 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:12:35 0
>>69
「神」の意味は、一神教のそれと汎神論のそれとでは異なる(と思っていた)。
図式化すれば、一神教は一切(全存在)をもたらした究極の原因、すなわち
創造主として世界の外に定立し、汎神論は全存在(全事象)=神とする、と
理解してきた。しかし、これはプロテスタント的な見方なのかもしれない…。

ところで機械氏は“物質”が一切であり、その外部を認めていない。つまり
物質が進化するわけだ。物質に主体性?ありとする考え方であり、主体性を
“神意”に措きかえれば、汎神論と親和する。
それに対して「物質(世界)から自立的に私は存在する」論は、一神教と同型
の世界観である。






93 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:18:45 0
>>92
物質に主体性がある訳じゃなくて、法則に従って進化する、ということじゃないの。

94 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:23:06 0
>>93
その法則なるものが“物質”に由来するのか、その外部からもたらされるのか
ということ。機械氏は物質由来では?

95 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:25:56 0
たぶんスピノザはよく分かってたと思うよ?
何がって?
原因だよ。

96 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:26:45 0
>>92
機械がそんな御大層なこと考えてるとおもってんのか?機械の意味する物質世界は
進化したり、合法則的に進化したりすんじゃなく、進化しねーんです。発展の要素を認めず
それ自体で完結する、つまり螺旋的になりえないのが、機械論の特徴でしょう。。

97 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:27:05 0
>>94
科学と宗教の類似性を探しても、科学と宗教は別物であることは明らかだと思うけど。

98 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:36:06 0
そろそろ一神教徒とおぼしきラビ先生がお出ましになられるのでは。

99 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 12:40:34 0
>>97
そんなことは自明じゃん。科学と宗教を素材に思惟をめぐらすwwのがこのスレの売り。

100 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 12:48:36 0
>>91
神が全存在であり、かつ汎神論ではない

この教義は具体的に誰が作ったのですか
それとも、原始キリスト教の頃からあったものですか

101 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:00:02 0
>>100
全存在を神としているのは教義だが、
汎神論ではないというは教義ではない。単なる政治的なもの。
カトリックは、無神論のイメージから汎神論でないと言っているだけ。


102 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/08(月) 13:01:20 0
その教義は、誰が作ったのですか

103 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:01:24 0
>>91
三位一体は苦し紛れの解釈だろうが、その種の権威ある諸解釈を無視して
キリスト教を一言で印象批評するなら、「父親殺し」とまではいえないが、
「父親追放の宗教」といえるのではないか。それは成功したといってよい。
父なる神は世界の隅に追いやられている。



104 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:05:34 0
>>101
全存在は、神の“被造物”ではないのか。

105 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:06:13 0
>>103
それはどちらかと言えば、プロテスタントの立場。
カトリックでは神に人間のような性別があるわけじゃないから、父か母かは実は関係なかったりする。
なお、カトリックはミサでも旧約と新約を両方使っているので、ほぼ対等。

106 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:09:27 0
>>104
全存在=神は、被造物という側面を持っているだけ。
聖体拝領は、その象徴でもある。

107 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 13:25:35 0
ユダヤ教やイスラム教はどうなんですか。
神は唯一で絶対超越で、「全存在が神」なんて温い言い方は認めそうも無いですが。
両教とキリスト教は同根の一神教だというのが普通の理解だと
思いますが、違うのでしょうか。

108 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 14:41:41 0

       /\ \
   __/  / ̄/
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧♪∧  ボクは人類の罪を一身に背負って
  \/__(;・ ∀・) ゴルゴダの丘を登っていくんだ
   /  と    ノ ハァ
   /  人  Y ハァ
   \/し'(_)

109 :ラプラスの魔:2008/12/08(月) 18:09:19 0
哲学的ゾンビに期待age

110 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 18:57:52 0
創造主と被造物がごちゃごちゃになるのがカトリック。
キリストとマリアもどっちが偉いのかわかりません。
一神教なのか汎神論なのか定かでないのがカトリック。
カトリックが主流のたいていの国家が中進国どまり。
日本人にこのズブズブのところが向いていそうなのだけど、
プロテスタントのほうが人気があるでしょう?

111 :ネオマトリクス:2008/12/08(月) 20:27:01 0
>ラビ 最高位 機械 ラプラス 名無し
貴殿らも『記憶』を妄信しまくってますね。
記憶を妄信して論を述べるのはやめたら?
なんせ『記憶を保証するモノは何も無い』んで。
貴殿らがアンドロイドやら、マトリクス内のプログラムかもしれんでしょう?
世界五分前創造仮説とか。

貴殿らの論は『自身の記憶が正しいならば』という、前提が無いと成立しない。
OK? DO YOU UNDERSTAND?

で。俺は、記憶がどうであれ成立する事を言っている。
『快苦』です。宇宙の始まりは、単純な構造で、単に
『無だと快がゼロなので、快を感じ苦を避ける為に全ては動くので、
 快を感じる為に無ではなく快が存在する有になった』
です。これが全ての第一原因。
で、次に、様々な種類の快(物質、色や音、自他など)が生まれた。
で、それらが変化し、今のようになった。

ビックバンとかね、量子論とかね、
『仮に〜であったならば』の元でしか成立しない。記憶とか。
つまり単に多数派だから
妄想ではないと言われてるだけ。記憶の正しさが証明できないのは万人に共通だ。
殆どが記憶原理主義者。

112 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 21:09:13 0
>>111
マトリクス内に記憶があるから、その記憶を信じている。
全然問題ない。
何が問題だと思っているのか?

113 :考える名無しさん:2008/12/08(月) 22:30:59 0
アホをさらしておく
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1228734547/625

652 名前:ラプラスの天使  ◆daemontaDA 本日のレス 投稿日:2008/12/08(月) 20:55:15 QdPR4+t50
久々の祭りじゃね。

/\ |  /|/|/|  ドドドドドドドドドドドド!!
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|     (´⌒(´⌒`)⌒`)
  |  /  /  |文|/ // /  (´⌒(´祭だ!!祭だ!!`)⌒`)
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/    (´⌒(´∧ ∧⌒`)`)`)⌒`)
/|\/  / /  |/ /     (´⌒(´(,゚Д゚ )つ `)`)
/|    / /  /ヽ  (´⌒(´⌒  (´⌒( つ |〕 /⌒`)⌒`)
  |   | ̄|  | |ヽ/|  遅れるな!!   ( |  (⌒)`)⌒`)
  |   |  |/| |__|/.   ∧_∧ ⌒`).ドし'⌒^ミ `)⌒`)ォ
  |   |/|  |/  (´⌒(´( ´∀` )つ  ド  ∧_∧⌒`)
  |   |  |/    (´⌒(´( つ/] /    ォと( ・∀・ ) 突撃――!!
  |   |/        ( |  (⌒)`)  ォ ヽ[|⊂[] )`)
  |  /         (´ ´し'⌒^ミ `)`)ォ (⌒)  |


114 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 08:44:49 0
脳に飽きた


115 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 08:58:30 0
欲望の否定をしていればそれで良いんです
なぜかというと欲望の充足のためですよ
美味しいものは最後にとっておきましょう


116 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 09:03:52 0
>>111
快(苦)の意味がわかりにくい。
快感、苦痛のこと? なら、それを感じているのは何?




117 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 09:51:39 0
ネオマトは「快苦」を、一旦、捨てたほうがいい。
その二字はネオの思考を停滞させるだけだろう。


118 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 10:02:03 0
一切皆苦ならば自殺が苦を離れる最善の方法になりますね
お釈迦様は自殺を勧めているんでしょうか?


119 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 10:21:49 0
機械的唯物論と宗教や観念論は普通に共存できるんじゃないかと思うのはオレだかだろうか。
別に対した問題じゃないように思うけどね。
>>1
>>全宗教全観念論は徒労です。
は、スレを喧伝するために機械氏が後代に挿入したんじゃなかろうか?

120 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 10:23:41 0
>>118
生きながら死ぬ、あるいは死にながら生きることでしょう。


121 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 10:27:12 0
>>119
ふつうに共生しているだろう?

122 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 10:45:42 0




要精神科通院スレ




123 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 11:33:21 0
2ちゃんねるに秋田。

124 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 11:55:32 0
真人間になってください。ご両親もお喜びになることでしょう。

125 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 12:04:47 0
無宗教だけど方法論として有効なものありましたよ。
快苦の対処だけど、その両面こみで「祝福」するってものです。
諦めと逆のカタルシス。

126 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 14:04:02 0
                ,...f``^ー'´:....: r'  ̄`:、      ..::::.l
        ,..:‐' ̄ ̄ ̄`` 'h..:::  : ::..  ,i'     !、   ノ   .::.i
      /         c'      __)'      )  /    ノ
    /         c' ,.、ノ`‐'イ、       `t':: :  /
.   ,.''          .」.:: ,. /´  \     ,.r'.>  イ―――――――ー―:.、
  /          r'´: ::/      ヽ、,.::‐r'' Y :..:::::ノ              l
  i´          .i , /         i   `i .l :: ./       ,.=―‐、   .h
 i'        .....::,,,,l :: ノ  、      ト.、  i lノ イ     ,..::''´  ̄ ̄`:、  F'┐
 !       ..::::::f r.':::,.イ   `ヽ、   .ノ ヽ r'~´..:: イ  ,...::‐''´ー――‐‐:...、ヽ_)r了)
 i    ,,.:   :::::ヽニ;i.ノ::: 田田田`ヽ、ノ   ,..::‐'〉. r'  ̄(_,,、        `ー''´
  !  ,.:'     """""`   .、田田田.トー‐'´  /:::.)`i    ,.へ_ノ
  l                `ー:.、田     i::..:::)┴:、  ヽ、
  l                   ` く  ,..:‐' ̄).ノ〈〉 〉‐、 ヽ.
  i                     \( (r.) r' y  l、 <  .)
 i'                       ヽ、   i. ∧ i、 l.  (     悲しいけどこういうことなんだな・・・
 l                        ヽ.  l. ∨ .i.ノ   `i
 l                         i  ヽ、   l    ./            
         ``ー――‐'´    `i

127 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:07:04 0

魔軍勢による攻撃が始まったようだ

128 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 14:18:11 0
                ,...f``^ー'´:....: r'  ̄`:、      ..::::.l
        ,..:‐' ̄ ̄ ̄`` 'h..:::  : ::..  ,i'     !、   ノ   .::.i
      /         c'      __)'      )  /    ノ
    /         c' ,.、ノ`‐'イ、       `t':: :  /
.   ,.''          .」.:: ,. /´  \     ,.r'.>  イ―――――――ー―:.、
  /          r'´: ::/      ヽ、,.::‐r'' Y :..:::::ノ              l
  i´          .i , /         i   `i .l :: ./       ,.=―‐、   .h
 i'        .....::,,,,l :: ノ  、      ト.、  i lノ イ     ,..::''´  ̄ ̄`:、  F'┐
 !       ..::::::f r.':::,.イ   `ヽ、   .ノ ヽ r'~´..:: イ  ,...::‐''´ー――‐‐:...、ヽ_)r了)
 i    ,,.:   :::::ヽニ;i.ノ::: 田田田`ヽ、ノ   ,..::‐'〉. r'  ̄(_,,、        `ー''´
  !  ,.:'     """""`   .、田田田.トー‐'´  /:::.)`i    ,.へ_ノ
  l                `ー:.、田     i::..:::)┴:、  ヽ、
  l                   ` く  ,..:‐' ̄).ノ〈〉 〉‐、 ヽ.
  i                     \( (r.) r' y  l、 <  .)
 i'                       ヽ、   i. ∧ i、 l.  (     悲しいけどこういうことなんだな・・・
 l                        ヽ.  l. ∨ .i.ノ   `i     これが食物連鎖の真の姿なのだよ
 l                         i  ヽ、   l    ./
         ``ー――‐'´    `i



129 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:25:44 0
↑神の軍と言えるでしょう。

130 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:39:30 0




要精神科通院スレ





131 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:42:45 0
>>128
性別が女性のようですね。

ということは世界は女性なんですか?

132 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:44:41 0
三六五日毎日昼夜を問わず自作自演に励む真性キティ

133 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:47:42 0
おっぱいって
























よくね?

134 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 14:49:29 0
>>128
あれがうんこだったら

























なんか嫌だな

135 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 15:45:12 0
三六五日毎日昼夜を問わず自作自演に励む真性キティ

136 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 15:48:23 0
>>119

機械は学問書を読んでないために、機械論も唯物論も誤解しているのだが、
宗教と普通に共存できるよ。無問題。(俺は無宗教だけど)

機械が稚拙な科学崇拝発言を繰り返すのも、科学哲学を知らないためだし、
科学理論についても、全く理解してないのは明白だね。
科学重視と科学崇拝を取り違える稚拙さは、全ては機械の無知による。

しかし、科学万能主義は正しい。
形而上学なども含め、神秘現象の解明まで目指す、真に徹底した科学万能主義だ。

唯物論という語は、無知な宗教家によって歪められているだけで、
専門書を読んでない文学趣味者や、無知な宗教家の偏見によって、勘違いする。

低質な俗流唯物論批判は全てわら人形論法で、虚偽の悪宣伝でしかないな。

137 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 15:52:36 0




要精神科通院スレ






138 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 16:19:24 0
>>136
だから科学は作られたおもちゃですよwww

139 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 16:21:34 0
このスレで低レベルな荒らし行為をしているのはNAS6だったのか。
荒らし行為の常習犯みたいだな。
まともに話出来るあいてじゃないな。

140 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 16:30:09 0




要精神科通院スレ






141 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 16:31:03 0
荒らしはしてませんよ
大体コテハンで荒らしってなんですか?


142 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 16:33:03 0
鳥に喧嘩を売ったら負けると相場が決まっているんです


143 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 16:58:57 0
>141
子供じみた罵り合いするのは無意味なんだよ。
君のような無知なディベートマニアの論破ゴッコじゃ、
低レベルな話に終始するだけだからつまらんよ。

「喧嘩を売る」とか「負ける」とか、このような発言が恥ずかしい行為であって、
他者から軽蔑され信頼を失う行為であることが理解できないらしい。

NAS6ような幼稚な精神をした人物とは、有意義な議論は望めないな。
俺は馬鹿を相手にしない主義だから、君にはもうこれ以上レスしない。

144 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 17:02:44 0
>>143
は?
そういう意味じゃありませんよ
論破とかじゃないんですよ
フウテンの寅さんでしょ
ニートです


145 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 17:09:04 0
>>141
AA貼って荒らしてるじゃん。ハンニバルと同類の馬鹿だ、お前は。

146 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 17:16:05 0
AAって荒らしなんですか?
>>128

食物連鎖の真の姿を表しただけですがね
微生物がウンコを食ってウンコをする
植物が微生物のウンコを食う
草食動物が植物を食ってウンコをする
肉食動物が動物を食ってウンコをする

酸素も植物の排泄物ですよ


147 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 17:31:43 0
>>145
だから昔からNAS=純一だといっておるのに

148 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 17:36:29 0
どうやら哲板には
有名コテ同士を関連づける
連結大魔神が住んでいるようだ・・・



149 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 17:52:30 0

寅さんってこんなに必至だったっけ?

150 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 17:58:03 0
>>146
真の姿かどうかは関係ないだろ。
他の表現もあるのに、あえて荒らすような手法を用い、よりによってそういう図柄を選んだのは、
お前の下劣な趣味と頭の悪さに原因がある。気違いに言っても無駄だろうけど。

151 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 18:18:48 0
パラドックスにいざなう画像を貼っといてやるよ
http://www6.uploader.jp/user/akahell/images/akahell_uljp01012.bmp

152 :考える名無しさん:2008/12/09(火) 18:35:57 O
暴力で、答えを出すことを延々と求められたらどうする?

153 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/10(水) 00:09:20 0
>>136
>機械は学問書を読んでないために、機械論も唯物論も誤解しているのだが、
>宗教と普通に共存できるよ。無問題。(俺は無宗教だけど)

機械論と唯物論・・要するに「機械的唯物論」は「唯一の真理」ですから
「当然に正しい」訳ですが、それを(「真理」から目を逸らすことを主とした
「目的」とする)宗教や観念論が「認める」とは到底考えられません。
 それが適えばそれに越したことはない・・ということです。
1998年になってやっと「進化論は正しい」と認めたバチカン(ローマカソリック教)
のように、いつか全宗教・観念論が「機械的唯物論(真理)は正しい」と認める日は来るのでしょうか?


154 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/10(水) 00:27:01 0
>>111
>『快苦』です。宇宙の始まりは、単純な構造で、単に
>『無だと快がゼロなので、快を感じ苦を避ける為に全ては動くので、
>快を感じる為に無ではなく快が存在する有になった』
>です。これが全ての第一原因。

快苦は動物(まあ高等動物としての哺乳類)の脳が「表現する」・・
「自分は環境に上手く適応してるよう〜感覚」=快
「自分は環境に上手く適応できてないよう〜感覚」=不快
・・・・ということであり、その個体が環境に適応する為に「現在の(適応)情況」
を適切に把握する「環境からのシグナルの受け止め方」にすぎません。
 その「シグナルの受け止め方」が楽観的すぎると(「快」だあ〜!て漬かりすぎると)
後で「きびしい「しっぺ返し」が来ることは通常ですし、そのまた逆も「日常茶飯事」です。
 要は「(祇園精舎の鐘の音 諸行無常響き有り 奢れる者も久しからず」・・
ということも「(歴史的)真実」だと思います。



155 :ネオマトリクス:2008/12/10(水) 00:36:21 0
>>117
思考の停滞はどうでもいいんですよ。
重要なのは
『強制的に存在させられ、様々な苦痛を感じる』
という、物理的な強制的な事。
宇宙の仕組みは、『強制』です。
思考やその他はどうでもいい。
快楽ならなんだっていいんですよ、例えばいじめだって
相手が超綺麗な女性キャラとかだったら快楽で求むでしょう?
快楽なら何だって良し。苦痛なら何だってダメ。

>>118
おそらく、お釈迦様は非存ですね。存在しない事。
物理的に存在すると、物理的に支配され、強制的に様々な感覚を感じる。
よって、宇宙から消える事。で、自分の、超リアルな錯覚や妄想に浸る。
100%自分の好きになる100%リアルな仮想って感じで。(自由な唯識)
そのために、物質に執着する
食欲やら性欲は消さないと。肉体という物質に束縛されるんでね。

156 :ネオマトリクス:2008/12/10(水) 00:44:41 0
>>154
貴殿にしては客観性に欠けた、常識に汚染された内容ですね。

>「環境からのシグナルの受け止め方」
違うでしょう、単に
『快感な事を求め、苦を避けた結果、今のような個体が残った』
でしょう。傷を苦と感じ避ければ、生き残りやすくなる。
結果論です。意味ではない。意味はまったく無し。

となると、自身にとっては全て快でないとまずい。
例えば虫を見たら「うまそうだ」痛みは「ああ気持ちいい」の法が、
生存に適さなくても快感でそっちのがいいんですよ。

>「(祇園精舎の鐘の音 諸行無常響き有り 奢れる者も久しからず」
これは同意ですが、こういうのはハンニバルみたいな
常識教徒に言う言葉ですね。決定論で言うまでもなく、すべては
物理的なんで、人間なんざ、物理的に老・病するんで、危険。
今は安全でも、すぐに『物理的に』さまざまな苦痛を感じる。

そこで、最高位のような、「この私」の探索をするのです。
これが解明されれば、苦痛から解放される。

157 :唯識 ◆Vidya0E1.s :2008/12/10(水) 01:32:37 0
>>156さん
その苦からの解放に執着する原因
つまり「煩悩」ある限り苦は永遠に続きます。

158 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 02:59:37 0
>>154
お前のトンチンカンな知識にはもううんざりだよ。すっこんでろタコ

159 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 05:30:44 0
機械には隔離スレが必要だな。

160 :飛べないカラス:2008/12/10(水) 06:35:56 0
>>153
宗教がそんなこと認めたら宗教否定になるからそれは無いな。

161 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/10(水) 07:54:10 0
>>1
>「何を思うか何を意志するか」は、
>あらかじめ物理・化学法則により
>決定されております。

人が何を思うかは悪魔によって決定されているですよ

162 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 07:55:26 0
>>160
機械的唯物論とかいうのも宗教なんですけど。

163 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 10:44:40 0
>>156
「腹を切れば痛い」が、この生理(物理)的苦痛を“快”に変えるのは
「信仰心」である。思想、観念、つまり確たる思い込みを持つことが
できれば「火もまた涼しい」らしい。“快”は「信仰心」という土壌に
実を結び、花を咲かせると言ってもよい。
このあたりの考察が君の「快苦」論には欠けている。



164 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 10:45:13 0
>>159
ここのスレがそうだろ。機械が気に入らないならお前が出ていくべきだ。

165 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 12:07:00 0
快と苦の振幅の幅と苦への耐性は比例する
幅が狭いから苦がいつも気になるんですよ

166 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 12:12:59 0





基地外カルト新興宗教スレ




167 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 14:14:40 O
ドンタコス

168 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 16:23:15 0
脈絡のまったくないものを組み合わせて一つの意味を作ることはいつの時代にも
新鮮だね

「基地外カルト新興宗教スレ」+「ドンタコス」=ww

「機械的唯物論者」+「78歳」=wwwwww

169 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 16:46:06 0


The カルトキチガイスレ



170 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 16:49:29 0
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'" .!    |'i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙ タケノコ生えた

171 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 16:57:24 0
また、馬鹿pikarrrが荒らし始めたwww

172 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 18:28:02 0
【Pikarrrの生態】

どこかでいやなことがあると縄張りのスレを渡り歩いて荒らし煽りAAコピペ長文連投をはじめる

落ち着いているときは現行コテ名のみで行動し、長文コピペや東へのおべっかを単発でポツポツだしてくる。

173 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 19:22:06 0
Pikarrr本人のスレにAA荒らしが極端に少ないのは、
Pikarrrが荒らしてる証拠だな。
このスレも、ひきこもりPikarrrのテリトリーなわけだ。
名無しでコテ叩きやAA連投をしてるのは、ほとんどPikarrrだよ。

174 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 20:05:07 0
まさかあのPikarrrが機械のスレの常連だったなんて!

175 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 20:24:09 0
Pikarrrねー、会話してるとことかに突然、内容のない煽りとか人格攻撃とか
内容のない長文レスするのは勘弁して欲しいよね。
はっきりいってそういうヤリトリって時代遅れだろw
本人はそういうのデフォだと思ってるみたいだがw

176 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 22:25:40 0
書いてることも全然面白くないし、
ほんとウザいわ、Pikarrrって。

177 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/10(水) 23:55:22 0
>>156
>単に『快感な事を求め、苦を避けた結果、今のような個体が残った』
>でしょう。傷を苦と感じ避ければ、生き残りやすくなる。

そのとおりです。
(特定の)個体にとっての「快」と「不快」は「自分にとって現在の環境が快適であるか否か」
しかない・・ということです。
 「個体の欲求」として「ほぼ99.9%が食欲」という遺伝子プログラムをされている生物は
実は「人間以外の殆ど全て」なのですが、例えば「プラナリア」というミミズに似た原始的な生物
は「触覚」で「ざらざらの表面を持ったパイプの方に行けば食料がある」という「学習」をする
・・ということが報告されております。
 すなわち「個体としてはひたすら快を求める」=「不快(苦)を避ける」行動を示すのですが
それ(プラナリアの行動)の選択を行っているのは、「殆ど神経細胞の末端」にしかすぎない
「プラナリアの脳」である・・ということです。
 人間の脳も当然(個体にとっての)快苦を基準に「突き動かされる」のは事実ですが、「少し賢明な脳」
は(人間の場合)「アルコールを飲むのは心地良いが、飲み過ぎると社会生活を上手く出来なくなるの抑制する」
・・という方向で働きます。
 「快の方向に突進する」という「自分の脳内で大脳皮質や前頭野の支配していない領域」に支配を委ねることは
「緩慢な自殺」に等しい・・ということです。
 まあ、それ(緩慢な自殺)がよければそれはそれで・・ということになるだけのことですが。



178 :考える名無しさん:2008/12/10(水) 23:59:14 0
>>177
プラナリアの脳の機械が自己紹介してどうすんの?

179 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/11(木) 00:02:34 0
>>178
ご自分の脳がどれだけ「プラナリアと比べて高等だと言えるのか?」という
(科学的且つ基本的)事項についてよくお考えになった方が良いかもしれませんね。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

180 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/11(木) 00:55:54 0
富を愛するものは全て自分で自分を突き刺した。
と聖書に書いてあるように
贅沢は自殺に等しい・・ということです。


181 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 05:36:55 0
さっき、初めて科学哲学なるものの説明を目にした。
量子力学、複雑系、確率、これらが哲学板で議論されてるのを見て、
今まで、物好きもいるなぁとか、面白いなとか、荒らしだろ、とか思ってたが、
哲学の科目として扱ってるものばかりだったのね。
何か、哲学板ってかなり自由きままにテーマ持ってきてると思っててそういうとこ
感心してたんだが、実は学校の科目の枠内だったと知って、ちょっと複雑な気持ち。
独自に哲学してる人が結構集まってるのかと思ってたけど、実はプラクティカルな
立場から議論してたのね。ちょっとoz。。。
夢やアウトローなコミュニティーなんて意外と少ないってことね。

182 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 06:12:02 0
?

183 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 08:53:40 0
>>181
機械の言ってる機械的唯物論とか決定論とかはちゃんとした科学哲学とはほど遠い宗教なんだから間違えるなよw

184 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 09:23:50 0
>>183
辻褄の合わないところは、充分アウトローなんだけど、
中身が素朴実在論+ニュートン力学だから陳腐なんだよな。

185 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 09:24:57 0
酒飲みをして、快をもたらす飲酒を抑制させる、つまり不快を選ばせるのは
「健康」とか「社会生活」のほうが“価値”と思い込んでいるから。
この思い込みが希薄ならアル中になるだろうし、同様の理由で麻薬中毒にも
なりうる。快の抑制、不快の選択が“善”の起源ではないか。

それにしても機械氏はすっかり唯脳論者だね。







186 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 11:26:38 0
心身症を唯物的に解明するのは不可能であります。

187 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 12:31:18 0
>>186
人間関係や社会への不適応で脳が正常に働かないまでにバグちまった症状でしょ
あるいはフリーズか

188 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 13:07:06 0
それかよっぽどの天才か。この選択肢は無視できませんよ。

189 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 13:54:02 0
>>185
最大多数の最大幸福を善とする功利主義(プラグマチズム)ってのはあったね

190 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 14:00:46 0
>>185それは言葉を言い換えると変わってしまう。

>機械氏がここで機械的唯物論を布教すること、つまり不快を選ばせるのは
>「機械的唯物論」とか「決定論」のほうが“価値”と思い込んでいるから。
>この思い込みが希薄なら普通の人として生きてるだろうし、同様の理由でアル中にも
>なりうる。快の抑制してまで機械的唯物論を棄教しない、不快の選択が
>“宗教”の起源ではないか。

となるだろう。



191 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 14:17:23 0
>>190
なんか余計わかりにくいですねw

192 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 14:29:41 0
>>191
いかに分かりにくく書くか?が観念論哲学者の腕の見せ所とも言うけどねw

193 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 17:30:56 0
心身症こそ唯物論でなければ説明できない病気だろう。
心の病が身体に現れるのだから。

194 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 18:22:10 0
すると、心(意識)に身体(物質)が影響されるということかな?
唯物論、敗れたり。w

195 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 18:41:35 0
>>194
でも、その心を脳と言う物質が作っているのなら、唯物論になるよ。

196 :Absalom ◆owNN8RDlXo :2008/12/11(木) 19:05:36 O
>>1
なぜ、機械氏の機械的唯物論を信じると安心するような誘惑に駆られ、一方では反発を覚える
のか考えてみました。まず、信じたいという気持ちは、人間の意識について様々な想像力
を使って、様々に考えて、とらえようとする我々の意識活動に、答えを与えることで、想像に一定の
方向を与えるところから来ているのではないだろうか。パスカルによれば、想像力は理性の方向を
誤らせ、誤謬に導くような働きを持っているから、そうしないで済めば人は安心する。
しかし、それだけでは、人間を説得するに十分でなく、理性の働きは、人間の意識を、ずっと自分
と一緒にいた意識を、一つの答えに閉じこめてしまうことに反発を覚えるように働く。これからの
研究によって、意識の解明を進めていくことで、人間の行動の理解が進むかもしれないのに、
先に答えを与えてしまっては、想像力の働きを一つの方向に定められてしまったことが、負の
遺産として働く。そのことに対する不安から、人は機械的唯物論に反発するのである。

197 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 19:05:47 0
わかりにくいのは、
外的影響が直接脳に及ばないと思うからだろう。

奇しくも、今日、脳の血流から人が見た図形を映像化する技術が報道されたぞ。
これなら寝てるときに見てる夢も映像化できるかもしれないわけだ。
これを応用すれば機械タンの哲学も真理になりそうだけど・・・。
問題がある・・・。唯物論と観念論の境界が消えることだよ。

「信じる」ということを物理的に解明する努力なしには唯物論が真理たる立場を
得る未来はないんだよ。機械タンが宗教を嫌っているのは理由があるんだよ。

宗教が唯物論に侵入してしまうという欠陥さ。いくら宗教が徒労と言っても
宗教は物理現象に食い込んでくるんだよ。何らかの聖典を読んで教育されたら唯物論なんか
相手にされないし弾かれてしまう。
創始宗教では殆どがキリスト教、イスラム教、ユダヤ教で覆われてるし、
アブラハムの宗教の分布(パープル)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%AE%97%E6%95%99

日本はほとんどキリスト教的原理を受け入れているのだから機械タンの活動は役に立たないお。
他の国でも受け入れられないよ。哲学板だけでやってられるんだよ。
もう頑張っても無駄だお。

198 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 19:31:15 0

ポケモンみてて思ったのですが、
マンモーが気球を揺らして気球を落としてましたよね。
あれは体内の食料を突進のエネルギーに変えて気球を揺らして
気球の運動エネルギーを高めてロケット団の支持力に打ち勝った
ということですね?

物理的には、エネルギー保存の法則はどう適用されるのでしょうか?

199 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 21:00:32 0
>>195
それが唯脳論。結局、唯物論は、唯脳論に回収される。
また唯脳論は、唯物論とは違うということだね。



200 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 21:05:22 0
>>195
物体としての脳は、通俗的にいえば単なる肉塊。
肉塊に心をつくることはできない。

201 :198:2008/12/11(木) 21:37:45 0
難しいですか?じゃあ、もう少し物理学的な場面で質問です。

その気球にコイル(磁石ポケモン)が乗ってて、近くの崖に別のコイルが弐
2体いる場合、コイルは合体して3体でレアコイルに進化するので、引き合います。

気球の籠が勝手に引き寄せられるわけですが、この場合、エネルギー保存の法則
は働いているのでしょうか?

202 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 21:39:44 0
>>194
心は身体の機能だから身体と一体なのは当然だね。
身体が病むとき心が病むでもかまわない。


203 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 21:42:50 0
>>199
唯脳論は身体一元論の唯物論だと唯脳論の言いだしっぺの養老先生
が言っている。唯脳論と唯物論は同じ穴の狢だね。

204 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 22:20:29 0
養老先生は唯脳論の徹底化を日和ったんだね。怯んだといってもいい。
唯脳論を推し進めれば、すべてが脳内現象になってしまう。
これは独我論ならぬ、独脳論である。
世界は『私(主観)』によって見出され意味づけられたとするかわりに、
世界は『脳(機能)』によって差異化されたとするのが独脳論。養老氏は
独脳論に陥るの恐れ、脳の外に“物質”世界を開いたのだろう。
しかし脳(とその機能)を基底に措くかぎり、何を語っても脳の自己言及
でしかない。



205 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 22:35:43 0
脳も物質に過ぎず、認識も知覚(意識)も物理現象、法則に過ぎません。
これは人間が生まれてから今に至るまでの経過を観測すればすぐにわかることです。
当時科学が進歩していない頃の唯心的な事象が覆されてきたわけです。

206 :吉田メロウ:2008/12/11(木) 22:44:53 O
心や霊的なものを説明するのに、物質としてみた人間から、そ
こから納得いく理屈が引き出せないとしたら、その考え方に一
理の非があるということだね。
(´-`;)y―゜

207 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 22:50:02 0
>>205
貴君の述べていることは常識です。私もその種の常識は持っています。w
ただし唯脳論に依拠すれば、その貴君の認識・言明は貴君の脳機能の産物です。
「経過を観測」したのも、唯心論的な世界像が覆されたのも貴君の脳内における
出来事です。違いますか?



208 :吉田メロウ:2008/12/11(木) 22:59:22 O
>>205
>>207
端的に言えば、人間ってのは、物質にも、心的なものにも説明
が欲しいわけだ。要は納得がいけば人は安心する。これが文明
ってやつだな。
(´-`;)y―~

209 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 22:59:45 0
唯物論者なら唯脳論に逃げたらだめだろう。


210 :考える名無しさん:2008/12/11(木) 23:15:56 0

 【このスレッドは ル・サンチマン™ の提供でお送りしております】





211 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/12(金) 00:07:05 O
心身症は身体の疾患ですけどね。
90年代から00年代にかけて、「心理学化する社会」の
キャッチフレーズの裏で「生物学化する精神医学」が
着々と進行したわけだけど、統合失調症はメジャーの
処方で寛解するとか、脳の器質的失調に何でも還元
すればよい、という事になってしまった。

でもそう簡単ではないんですね。
例えばうつ病なんかでは、モノアミン仮説はあくまで
仮説なのであって、抗うつ剤が選択されるのは、
統計的な有位性を満たすという理由に過ぎないんですね。
臨床はそれで構わないのでしょうけど。

最近、若者に増えている非定型うつとかになると、
三還系だろうとSSRIだろうと、たちまち治せなくなりますね。

まあ、節食障害からディスオーダーまで、だから
心脳問題って面白いんですけど。

212 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 00:18:33 0
>>199
唯脳論は、唯物論の一部だ。

213 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 00:19:10 0
>>200
できても問題ないし、できているから動物は心を持てるのだと思う。

214 :あまの:2008/12/12(金) 00:55:44 0
唯物論って客観自体を仮定することでどうしたって迷走するよ

215 :あまの:2008/12/12(金) 00:56:58 0
実際、機械のおっさん、もう何年も同じ町内ぐるぐる回ってるから

216 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 01:38:36 0
いわゆる「徘徊」ってやつね?

217 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 12:27:15 0
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !
      :! |    , l.     | .|  :,
    : v'" .!    |'i .ヽ,    ./ :!  .ヽ
 _, _/  /     .l  ゛ ._/ :l゙

218 :武田直 ◆YXVNsnwYQo :2008/12/12(金) 17:54:38 0
ひさしぶりに来ましたが、ここも寂れてきましたね。

219 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 18:28:44 0
ぴかぁより機械のほうが賢い。

220 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 19:21:06 0
機械もほとんどコピペのように同じことの繰り返し
それも書く日で1〜3レス
全くやる気なさそうだね

221 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 19:23:17 0
真性キティガイスレ

222 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 20:23:21 O
>>218
おまえが荒らしまくったからな。

223 :考える名無しさん:2008/12/12(金) 23:24:07 0
前スレでピンクのボールの書き込みをしたものです。

説明を補足させていただきますと,
基本的な私のスタンスは以下の通りです。(別スレの書き込みです。)

355 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2008/11/02(日) 10:30:28 0
机の上にりんごが1個あったとする。
このりんごを見ているときにまぶたを押すと,
このりんごが2個になる。

といってももちろん本当にりんごが2個になったわけではない。
2個になったように感じさせるメカニズムがあるだけである。

心の哲学も同じ話だと思う。
意識が本当にあるわけではなく,
あるように感じさせる何らかのメカニズムがあるだけである。

このように考える以外に,この問題を解決させる方法があるとは思えない。
この点,みんなはどのように考えてますか。


それで,このメカニズムは,
どうして人間は”あなたにはこのピンクのボールが見えていますか。”という問いに答えることができるのか
という問題と何らかの関わりがあると考えています。

一見答えることができるのは当り前にみえますが,意外と難しい問題です。

とりあえず視覚があるからというだけでは説明できません。
”このボールの色は何色ですか”という問いには答えられてもこの問いに答えることができないというのは
ありえる話です。

224 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/13(土) 00:04:46 0
>>223
・何が言いたいのかよー分からん。
誰でもいいから解説してくれ。

結局あれか、「見えていますか?」ってところにこだわってるのか?

225 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/13(土) 00:11:59 0
あと、意識があるように感じさせる「メカニズム」つったって、それは原子レベルの話では全然解決しねえぞ、多分。

226 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 00:27:11 0
Pikarrr=純一=つくだに=精神末期患者

227 :【日本の鬼才浅田彰が現代思想を牽引せよ】:2008/12/13(土) 00:41:23 0

今日もまた理系ドカタの嫉妬が炸裂しまくってるなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
2ちゃんしてないでサッサと土木作業に戻った戻ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
マジウケルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
          ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /            l
         l,r――――――、   l
         .l |=・=‐,  、-=・=-|   l    うおっppい1!i 発狂¥ウンコみれにして
        l |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, |  l    ヘラヘラwwそれはどうかな?マnコ!・・・猛稽古w
        l |   `-=ニ=- ' .:::l_.,l    まだやってるのかね? ∴.-=・=-  -=・=-|かな?
         ''\  `ニニ´  .:::::;;/'    プゲラウヒョー楽しいそうだね?うへhhhそいつはどうだい?
        /::::|___/:::\   よしよぷっwwぷっププ生と死を哲学プワプワラワぷっwwぷっww゚プワフ       
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i   ト‐=‐ァ' てろごろ∴.-=・=-  -=・=-| るだろってろるだろに
       ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i   ワプワプぷっwwぷっ生と死を哲学すってワぷっwwぷっww゚プのかw
       .i 、  /       ヽ ',;::'、|  ッツピックツクップッピパッピュカッ(●)(●)(●)してあげようかね?
       .|   〈         ヽ''  {   高尚な文系は人間の生活ヘラゲラ生と死を哲学する




228 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/13(土) 00:46:32 0
・・機械さん 来ないかもしれませんね。
 
ずいぶん前の話ですが、宇宙空間に浮かんでいる場合と水中に浮かんでいる場合、何が違うのかと話がありましたが、
宇宙空間で回る人工衛星には、それを剛体として考えれば、「万有引力」と「慣性力」が、どちらも「質量重心」に働いている。
水中で浮かんでいる場合は「重力中心」に万有引力が働き、「体積重心」に浮力の作用点があります。
なので、水中浮かんでいる卵は、密度の偏りがあれば「質量中心」と「体積中心」は別の点となって
重心が下になるように傾く・・・と思います。

流れと関係ないので、スルーしてください。さようなら。

229 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/13(土) 02:09:57 0
水中の場合、浮力により(例えば)卵の外形については「水中に漂う」という
可能性はあります(けれど卵の「比重」はたぶん水の比重より大きいため沈む結果になります。
宇宙空間では「基本的に重力フリー」ですから、四方八方からの「万有引力」が「釣り合う」
・・ということになりますので、「卵の殻の中の重心がどちらかの方向(例えば地球の重心)を向く」
・・という現象は起こらないので、卵の卵黄もまた卵白の中心に位置する」という結果になる
・・と思われます。

230 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/13(土) 02:18:05 0
ただ「遠心力」という「地球重力とは別(反対方向)の力」が作用することで
地球に落ちることも離れることもない「月」という物質が「常に地球表面に同じ面を見せている」
・・・という事実はある意味非常に興味深いことであり、私はその原因が「月内部の重心の偏向」
によるのではないか?という仮説を述べているだけです。
 天文学の専門家がその理由を説明しているのならば、私は素直にそれに耳を傾け「それが正しい」
と考えればその説に同調するだけ・・ということです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

231 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 02:30:50 0
>>230
そげなこと誰もわからんばい

232 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 02:56:42 0
>>230
変態機械78歳、なんしょんなw?

233 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 10:51:39 0
要通院スレ

234 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 11:10:22 0
>>228
来なくていいんだから、呼ぶなよw

235 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 11:59:40 0
機械が知ったか物理でまたいいかげんなこと言ってるようだから
誰か物理に詳しい奴が訂正してやる必要があるw

236 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 12:23:29 0
知ったか物理でいいかげんなこと言ってる奴を、
追い出しちまえばいいだけの話だよ。

237 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 12:54:50 0
空飛ぶスパゲッティ・モンスター教。

238 :考える名無しさん:2008/12/13(土) 19:25:41 0
今日税理士試験の簿財の結果きた。勉強の合間にここで頭の体操させてもらったが
簿記は合格したが財がちょっとね・・  ま来年は法人なのでこれからも出入りさせてもらい
ますよ、変態機械さん・・

239 :ネオマトリクス:2008/12/13(土) 22:21:36 0
ああもう(体感時間での)最近は英知ある賢人がいなくて苦痛だわ。

機械様は毎日、宇宙や意識の謎を探ってますが
最高位やラビはやっぱ正社員だね。
金>>>>根源的謎の解明
で、さほど『意識の存在の謎』の重大さを分かって無い感じだ。
(まあこのスレにいるだけ賢人ですがね)

快楽・苦痛を考えると、それらが『強制的に』発生し、
『自由にはならず物理法則に支配』されて、
自分の極限の苦痛も『訳の分からない宇宙やら何かの強制』
で存在するんだから、とてつもなくヤバい不条理だってきずくでしょ、知的生命体は。

『記憶すらあいまい』で、物理法則も一瞬後どうなってるか分からないんだよ、実際は。
記憶=無限通りの感覚(クオリア)の一種で、確信は無い。
もしかしたら実験用ラットの夢やマトリクスや天国かもしれない。
要は全て『思考と感覚の変化』だ。
何でこの思考と感覚がこうなってるのか。なぜ苦痛が消えないのか。
謎だ。『原因・結果』も感覚の一種?因果もあてにならない??

240 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/14(日) 00:50:57 0
>>239
>なぜ苦痛が消えないのか。

ネオマトリクスさんが、何故そこまで「苦痛」に拘るのか?よく理解できません。
通常の「(人間含めた)哺乳類の個体」にとって(精神的を含めた)苦痛とは
「この部分が生存を続けるために治さなければいけない部分ですよ」という
「身体から脳に発せられたメッセージ」ですから、健常な肉体や精神は
普通「苦痛は無い」状態にある(筈な)のです。
 ネオマトリクスさんの「苦痛」の内容はどういうものなのか?一度ご自分で
分析された方が良いように思います。
 マゾヒズムとか禁欲宗教とか苦行宗教がある以上、「苦痛を求める心」が存在
することはあるとは思いますが、「求める」ということになれば「苦痛を得られた
快感」というアンビバレントな関係が成立し、「苦=快」ということになって
「(第三者からは)何を求めているのか分からない状態」になるだけのことです。
・・・要するに「本人の心の中で勝手に解決してくれればいい問題」ということに
なってします。

241 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 01:05:28 0
>>240
レスの中身はどうでもいいけど、一応答えるあんたが居ることだけで安心できる
という一面はあるかもしれないこのスレが宗教だと言われるのは仕方ないだろうな。


242 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/14(日) 01:09:04 0
>>241
機械的唯物論は「(自然)科学の成果(進化)」を説明できる唯一の「思想」であって、
それ故に「宗教」であることはあり得ないと思いますが・・。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

243 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 01:26:05 0
機械の言い方は何か気に入らない機械がとにかく嫌いといことは真理とか
何とかのとにかくいつも上から目線で俺等を見てるばきゃろーということだw

244 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 01:45:38 0
オフ会やろうよ

245 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 01:47:29 0
>>244
機械が来るわけねーだろw

246 :あまの:2008/12/14(日) 01:49:29 0
機械的唯物論って思想じゃないよねえ

247 :あまの:2008/12/14(日) 01:50:05 0
観察の一手法だよね

248 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 01:53:16 0
機械的唯物論は思想と言うより哲学と言うべき

249 :あまの:2008/12/14(日) 01:59:04 0
貴様はプラトンに始まって、スピノザやカント、ショーペンハウアーそれら
賢人たちの観念論の道のりを小学生みたいなダダをこねてイヤイヤしてうれしいのか
構ってほしいのか、寂しいのか!!やい、言ってみろこの!!

250 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 03:49:59 0
>他の神経細胞に情報を伝えるだけです。
私はその情報こそが意識と呼べると思うんですよ。

>あらかじめ物理・化学法則により
確かに物理・化学反応的は情報を伝達する役割があり
意識を解明する上でそれらを解明することも不可欠でしょう。
しかし、意識の本質、すなわち情報そのものを解明するのは物理・化学的方法論ではなく
計算機学的な方法論での解明が研究されています。
私は脳における物質および物理反応は情報を生み出すための媒質であり、情報と同一にはできないと考えます。

例えば、この脳の情報の機能が解明されて、仮に意識をプログラムで生み出せるようになった場合
それは意識は物質と呼べのでしょうか?


251 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 05:13:30 0
故に、物理・化学的決定論では意識の情報がどのようにして生まれたのかは答えることはできません
仮に、物理・化学的決定論の結果、偶然その情報になったと言ってしまっては
結局は偶然性を認めることになってしまうからです。

またそれは、物理化学にも言えます。
物理法則や化学法則は何故その法則を持っているのでしょうか
この法則は一体どこから来たのでしょうか?

252 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 06:08:32 0
わかりにくかったかも知れませんのでもっと例えながら説明すると

物理的決定論の結果、丸っきり物理的には同じ構造の脳が二つできたとします。
しかしこの二つの脳はそれぞれ情報の法則が違ってます。

これでは脳の機能は大きく変わるでしょう
ではその情報の法則は一体どのようにして生まれたのでしょうか?





253 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 06:09:55 0
×これでは脳の機能は大きく変わるでしょう
○意識の機能は大きく変わるでしょう

254 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 10:27:32 O
>>242
説明できるという、その思い込みが宗教だよね。

255 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 13:23:17 0
>>254
世界を言葉で説明出来るわけがないという思い込みも宗教
世界を言葉で説明出来るという思い込みが哲学という試み


256 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 13:39:37 0

うーん。
世界を言葉で説明しようとする試みが哲学かな?
試みの中で「思い込み」も生ずるだろうが、やすやすと否定できるというものでもない。

257 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 16:53:48 0
必然か偶然かを人間が判断できないって言うのが結論では無いだろうか。
必然を証明するには科学の精度が100%にならなきゃ無理だけど、科学の精度は99.99・・・%にしかなりえないから。

258 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 19:57:29 0
>>257
精度という考え方自体が科学的思考を前提にしているので
そういう言い方は当たっているようで実は見当違いだな

259 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/14(日) 20:37:20 0
統合失調症
妄想型は、妄想や幻聴などが、病気の症状の中心となります。
妄想としては、つじつまのあう終始一貫したストーリーが見受けられます。
また、幻覚などもあるようです。
破瓜型は、解体型とよばれることもあります。
日常的にできていたことが、できなくなってしまいます。
緊張型は、理由もないのにいきなり興奮したり、落ち着きなくうろうろと動きまわったり、
大声でさけんだり、話し続けたりします。
残遺型は、表情がない、会話の内容があまりない、気力がない、
喜怒哀楽の感情表現が少ない、まわりの出来ごとに関心をしめすことがない、などです。

国の政策は統合失調症ですね
つじつまのあう終始一貫したストーリーで、日常的に出来ていたことが出来なくなり、
理由も無いのに興奮して戦争をし、他人には無関心
全てのタイプが当てはまります


260 :254:2008/12/14(日) 21:01:06 0
>>255
また、名無し機械は、そういう論理のすり替えをする。
言葉で説明できる云々ではなく、「機械的唯物論」とかいう
トンデモ理論で説明できるという思い込みに対して、
「宗教」という言葉を使ったんだ、馬鹿。

261 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 21:02:19 0
>>259

あの〜、
基本的に他人の痛みがリアルに分かったら、
人はとうの昔に絶滅してたでしょう。
そう言う構造なんでしょうから、それもいいこと
なんですよ。

262 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 21:10:50 0
他人の痛みがわからないから、
幸せなのかも知れない。

263 :吉田メロウ:2008/12/14(日) 21:23:33 O
人の痛みに寄り添うことは簡単なことなんだが、そいつに自
立する意志がないとわかると人は離れていく。救う救われる
という関係の固定化というのは人の関係に於いて存在しない
のだよ。共に歩む。これだよ。これが「痛み」を抱える人間
の本来的な在り方だ。「痛み」を持たない人は存在しないの
だから。
(*^^*)b

264 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 21:37:24 0
しかし、哲学の洗礼を受けたことの無い者は
ベースが無味乾燥で頂けない。
宗教過ぎる。

265 :飛べないカラス:2008/12/14(日) 22:17:59 0
現実世界を推測することは、それがひとつに決定していると思うから信仰するからである。
しかし非決定論では過去も未来もそして現在すらもひとつではなくたくさんあっていいのである。
たくさんあってほしいという妄想世界への逃避でありひとつの現実世界への好奇心を失って
いる。ただ原因から結果になる物だけの世界だということを認めず別の可能性の自分の世界を
探している。様々な可能性のあった過去の自分と別れ続け孤独になっていく。

266 :[:2008/12/14(日) 22:38:12 0
ただ原因から結果になる物だけの世界だということを認めず別の可能性の自分の世界を
探している。様々な可能性のあった過去の自分と別れ続け孤独になっていく。

267 :飛べないカラス:2008/12/14(日) 22:38:28 0
>>251
> 物理法則や化学法則は何故その法則を持っているのでしょうか
> この法則は一体どこから来たのでしょうか?

唯物論的には物しかないからすべて物同士の相互作用です。物以外に法則があるのではなく
物そのものの運動形態が法則を作り出しているということになります。

268 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 22:45:46 0
>物そのものの運動形態


ではその運動形態の法則はどこから来てるのでしょうか?
そして何故その相互作用がその法則になるのでしょうか?
物はどこから来たのでしょうか?


269 :武田直 ◆YXVNsnwYQo :2008/12/14(日) 22:50:15 0
■なぜ人は懐疑できないのか


目を閉じても目の前の世界があるといえるのか、という懐疑論があるが、これは懐疑では
なく、懐疑ゲームである。言葉ではいくらでもいえる。いまビックバンのはじまらりに立ち
合っていえないとなんでいえるのか。しかし本当は懐疑などしていない。目を閉じてもりん
ごがあることを信じ切っている。猟にほんとにそれを疑うなら世界そのものの信頼が揺ら
ぎ、精神が崩壊してしまうだろう。

だから懐疑にはいつも前段がついている。(そんなことほんとに疑っているわけではない
が)目を閉じても目の前の世界があるといえるのか。これが懐疑ではなく、懐疑ゲームであ
る。だから問題は懐疑ではなく、人はなぜ懐疑できないのか。独我はないのか、それが問
題である。

270 :飛べないカラス:2008/12/14(日) 23:01:57 0
>>268
世界全体に及ぶ法則なんて無い、なんでもありの世界。だから何故こんな法則があるのかといえば
そういう法則があるように振舞う物質のあるところにあなたがいるから。

>>269
懐疑する人としない人、どちらが生き残るのかな。これは戦争なのかもね。

271 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 23:21:07 0
>>267さんは物理現象と物理法則をごっちゃにしてませんか?

例えば音波は空気の粒子の相互作用でおきることが説明できますが
それで説明できるのはなぜ音波という物理現象が起こるのかを解明できるだけで

その音波の法則はどのように作られたかという物理法則の解明はできないと思います。



272 :武田直 ◆YXVNsnwYQo :2008/12/14(日) 23:22:21 0
精神分析的にいえば、懐疑ゲームが人間という症ということでしょう。

273 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 23:26:52 0
>>270
では我々がもし遠く離れた宇宙のかなたまで行けたとして
その彼方では我々はまた別の物理法則を使っているというわけでしょうか?

もし世界全体に及ぶ法則がないとすれば決定論の法則も破綻しますね

274 :考える名無しさん:2008/12/14(日) 23:37:27 0
法則だけでなく物理定数にも言えますね
なぜ光は最高速度が秒速30万キロメートルなのか?
この数値はどのように決まったのか?
それは唯物論では永遠に解明できないでしょう


275 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/14(日) 23:49:26 0
>>268
>ではその運動形態の法則はどこから来てるのでしょうか?

なるほど、観念論者さん達はそういう発想をされるのですか。
そもそも「運動」というか「モノの時系列軸における変化の法則」
とは「モノそのものの存在(そのもの)」なのです。
 一番解り易い例は「原子の半減期」というものがあります。
それは「半分の原子が放射線崩壊するまでの時間」を指しており
同じ「ウラン」という天然元素(一番原子量が大きい天然元素)
でもウラン235は自然界のウランでは0.72%存在し 7.038×108 年
の半減期を持ち、
ウラン238は自然界のウランの殆ど(99.275%)ですが半減期は
4.468×109 年・・と異なります。
 さらに(現代の原子力発電の原子炉内で起こっている)核分裂反応では
「核分裂生成物」という「今まで自然界に無かった元素(の原子)」が多数
生成されており、それら(新しい元素)の原子の「半減期」は1秒に満たない
ものも沢山ありますが、数十万年〜数十億年・・といったものまで「多種多様」
・・ということになってしまいます。 
 しかし、注目すべきことは、人類が「(人工)核分裂反応」を起こすまで
この世界(たぶん宇宙の果てまでも)存在しなかった「超ウラン元素」なるモノが
微量なりとも「この宇宙で初めて誕生」し、それが「今後数十万年間」放射能を
発し続ける・・ということです。
 それについて電力会社や経済産業省は「地中深く永久保存する」との主張の下に
青森県の耕作不適合地の地下深く埋めておくプロジェクトを推進しております。
 私は「十十万年後」まで生きるつもりはありませんので、「基本的にはどうでもいい」
・・とは思っております。

276 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/15(月) 00:02:25 0
ちなみに「物質粒子」には必ず「寿命」という物理量があります。
その寿命が「安定」・・・要するに「半減期を観測できていない」
粒子が「物質の基本粒子」としての「陽子・中性子・電子・ニュートリノ等」
・・ということ(だけ)のことであり、理論物理学では「粒子間に働く力」
もまた「別の粒子の仕業」であることが判明しております。
 そういう「理論物理学では基本的な真実」についてある程度の「基本構造
の予測」をして、その予測結果である「6種類のクォーク」が次々と発見された結果
晴れてノーベル物理学賞を受賞した小林・益川両博士が輩出したこの国で、
そういうことに全く無知・無関心な方々が(300年前にカントが創設した)観念論に
拘泥するのは「どうか?」・・と思います。

277 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/15(月) 00:17:22 0
観念論に固執したい方の気持ちが判らないというわけではありませんが、
観念論が300年間「ああだこうだ」といじくり回していた「簡単な事象」
が「大脳生理学」や「分子生物学」や「情報工学・・特にAI関連」によって
「既に明らかになりつつある」ことを直視することは重要なことだと思います。

本日は脳内睡眠物質に蓄積により就寝させて戴きます。

278 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:28:01 0
>>277
機械さんのブログとかホームページとかあるんですかね?

279 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:29:09 0
>>278
ねえよw

280 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:30:27 0
>>278
検索しても結局無いようだね

281 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:35:36 0
>そもそも「運動」というか「モノの時系列軸における変化の法則」
>とは「モノそのものの存在(そのもの)」なのです。

これはキャッチボールでのニュートン力学の説明に例えると
「運動の第2法則とは、ボールと人間なのです。」って言ってるようなもので詭弁にしか聞こえないのですが。

>原子の半減期
これも何が言いたいのかわかりませんね。
なぜ原子の半減期が起きるのでしょうかなんて
物理学でやってればいいことで、哲学で話すことじゃないでしょう。

282 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:38:38 0
当然のことだけど、ウラン235とウラン238は違う物質だと言いたいんじゃないかな

283 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:40:56 0
>>282
放射性同位元素は違う元素ではない。違う物質だと言われればそうかもしれない。

284 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 00:56:56 0
どいつもどいつも物理に付いては小学生以下の知識しかないのが現代の文科系だからしょうがないけどw

285 :ネオマトリクス:2008/12/15(月) 00:57:38 0
>>240
>ネオマトリクスさんが、何故そこまで「苦痛」に拘るのか?よく理解できません。
単に『肉体的苦痛』という、超絶ヤバい強制的なモノがあるからですよ。
疲れ、眠気、暑さ寒さ、痛みなど。
仕事中は眠いやら面倒やらだるいやら、
冬は寒いし夏は暑いし、歯医者は痛いし家事は面倒。
こういう、
『生物が感じる強制的な苦痛』
は、深いテーマだと思うんですよ。

精神的苦痛は、人間自身が作ってますが、この寒さや眠さはそうではない。
つかれとか、勝手に脳から意識が発生し、強制的に感じさせられてる。
で、俺はその原因とかを調べてますが
脳と意識の関係やクオリアや心の哲学を研究してる人は
とてつもなく少ない。
クオリアの謎があまり解けない。どうすれば自由に苦痛が消せるのか。

286 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 01:14:02 0
>>285
うつ病
要するに脳内セロトニンの代謝不足だと思う

287 :宣教師:2008/12/15(月) 01:41:05 0
つまり現代は機械の唯物論の時代に末期なのだと思う。
19世紀末期から20世紀初頭はニーチェなどがもてはやされて唯物論が
知識階級に知られたりした。

でも、人間の厭世主義と退屈と絶望、理想主義の喪失であらたな時代に突入したのであった。

だから機械の唯物論も通過点に過ぎず、
俺はイエス・キリストより有名になったと昔にはしゃいでいた
ビートルズの誰かさんとほとんど同類なのである。

288 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 01:53:13 0
キリストより有名で人気あったという事実を時分で言っただけで
袋だたきにするアメリカっていうお馬鹿が多い保守的は頑固爺の支配する国が
何の生鮮物も造れずに偉そうにしているのは軍事力が世界1だからだけだろ。
 刑事力世界1の日本は軍事力なんて持てるけど持ちたくないだってアメリカが
監視してるから。。。。でなんにも出来ないで周辺諸国からお尻の穴に突っ込まれるだけだなw

289 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 02:03:08 0
機械さんは相変わらず、小学生なみの論理も通じないのですか?

>「既に明らかになりつつある」ことを直視することは重要なことだと思います。

そのご自身の言明を直視して、「決定論」を語って下さい。
誤認逮捕みたいな主張なんですよ。

290 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 02:05:14 0
裁判じゃ無罪ですぜ、機械の旦那。

291 :宣教師:2008/12/15(月) 02:34:50 0

ずばり言う。
人々が本当に神を信じていて、
口先だけでゴチャゴチャ言ってないなら
唯物論的世界秩序に置いて、
不可能としか思えない多くの事が
当然のことになる。

292 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 02:36:30 0
>>288
そんなアメリカに科学技術で劣っていて
あっさり崩壊した唯物論の国がありましたなw
唯物論者って神を信じない俺って科学的で偉いって思ってそうだが
社会主義国家って科学技術全然ダメだったよねw

生鮮物も造れずって言うがお前が今使ってるインターネットもアメリカが開発したものなんだがw



293 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 02:43:34 0
大躍進政策
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96

これまたずいぶんと科学的(笑)な政策だことw

294 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 03:28:54 0
>>276
ですからね、それらボース粒子やフェルミ粒子の機能が解明されて
時間や空間、質量などの物理量の性質が解明されて、
新しい物理法則が発見されたり、物理現象の説明もできるようになったとしても

その物理法則や物理定数はなぜ一定の式や値を持っていて
それらはどこから生まれたのか?

哲学で考えなきゃいけないのはこの点で、貴方のその指摘は物理学でやるべきことです。

295 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 13:39:55 0
ウィキペディアからの輸入ばっかじゃねえか。

296 :考える名無しさん:2008/12/15(月) 15:37:05 0
>>295
哲学を問うのに知識が必要だろうか?

297 :飛べないカラス:2008/12/15(月) 20:11:03 0
>>271
解明は原因から結果への関係を示すことだから、関係を調べたところまでの範囲です。常に未知の
事象があり、それを解明することができる。いつまでもどこまでも科学は進んでいけるのです。

>>273
> もし世界全体に及ぶ法則がないとすれば決定論の法則も破綻しますね

決定論の問題は私たち自身の理解の問題なのです。私たちが決定論者であろうと非決定論者であろうと、
その論の対象である世界の性質は変わらないです。

298 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/16(火) 01:08:57 0
>>294
>その物理法則や物理定数はなぜ一定の式や値を持っていて
>それらはどこから生まれたのか?
>哲学で考えなきゃいけないのはこの点で、貴方のその指摘は物理学でやるべきことです。

全ての事象が「どこから生まれたか?」という疑問に答えられる訳ではない
・・ということが「真理」である・・という思想が「(機械的)唯物論」なのです。
すなわち「物理の世界」は「ただ永遠の過去から不変に『そうある(あった)』ということを
前提にその「そうあった」ことの「そう」とは何か?を究明することが「真理の究明」であって、
「ただそうあること」の「原因が存在するはずだ」という発想は「世界が有るならばその創造主が無ければならない」
・・という「キリスト教的(観念論的)ドグマ」が前提になっている思考方法であり、それを
「観念論的自己欺瞞」と呼んであります。
 「(機械的)唯物論あるいは科学主義」の世界観は「世界は『ただそうあったし(現在も)そうある』ので、(当然に)
「未来も『そうある』であろう」という「この世界(この宇宙)」の「ただそうあるということの真理」を私達人類の
「希望的観測」で変更することは出来ない・・という世界観です。
 言い換えれば「世界(宇宙)の(人類という存在に対する)壮大な無関心」という「真理」を見つめること
・・という思想の態度なのです。

299 :あまの:2008/12/16(火) 01:28:09 0
形而上学=希望的観測だと初歩的勘違いをしている疑いがあるが
もうこの年になったらほっとくしかないのかもしれんな

300 :あまの:2008/12/16(火) 01:38:19 0
大体、真理真理ってトップレベルの単語使いすぎなのが怪しすぎなんだよ
人間の知性は真理とかに到達するようには出来ていないからみんな悩んでるんだよ
自分の考えが絶えず否定され続けるしかない
その方向が観念論だったり唯物論だったりするだけなのに

301 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 01:46:40 0
哲学板の連中の関心事を、そのレベルの真理に向けることが目的だろう。
思考の磁極となっている。魂胆は未だ不明だ。プロファイリングを続ける。

302 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 03:17:02 0
使う単語がトップレベルの割には、レスの内容が最低レベルなんだよなw

303 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 03:47:51 0
全ての事象がどこから生まれたか?という問いに答ることはできない、という思想が唯物論であり、
また、「現象Aを究明する」という試みは、前提が観念論的自己欺瞞(矛盾があってはならない)によるものなのです。
これらは今ある現状を私たちの力「希望的観測」で変更することはできず、
宇宙が「なにものにも達し得ない」という「真理」を見つめる態度である。ということです。

304 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 03:58:09 0
>>303
矛盾が存在するのが真なのか偽なのか、それを解明するのが科学で、
現時点で、答えを急ぎすぎるのはどうかと思います。

305 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 04:06:09 0
だからオートポイエーシスですよ。
機械論はアトポーシスですよ。念仏唱えている間に消えて無くなる。霧散する。


306 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 04:17:18 0
>>296
語義から知識が大事なのは明白だし知識の源泉なのでは?

307 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 04:19:22 0
>>298
どの次元について語っているのかわからない。
人間の認識はどこまで行っても決定論と非決定論の重層構造が貫かれている。
だから考える余地が生まれる。

決定論者に夢も希望もないかと問われれば答えはNOなのは論争を見れば明白。

308 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 08:30:43 0
自分が自由に選んだ意志こそが運命となるのです。
つまり最初から決まっていたのは自由だということなのですよ。

309 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 08:36:15 0
>>308
最初から自由が決まっていればそれは法則に沿って動く機械にすぎない。
唯物論はそれを語ってるよね。

310 :308:2008/12/16(火) 08:43:22 0
「決めてある」のではなく、
「決まっている」ものと捉えればわかりやすいでしょう。

我々が最終的にした判断は決定されていたわけでした。
しかしそれは自由です。判断に何の影響もない。

311 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 09:54:34 0
>>301
魂胆を知りたきゃ、外から分析してるだけじゃ難しいんじゃないかな。
本人と同じ行動が出来て初めて気付くことがある。
物事、特に人の気持ちを知りたきゃ、同じ世界に入って同じ行動をとってみないと
わからない事がおおい。

というわけで、機械の魂胆をガチで知りたきゃ、第二機械というコテでもつけて深夜に機械と同じような性質のレスをし、日中は名無しでこれまた機械と同じようなレスをすることを勧める。


312 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 09:56:57 0
>>298
これは不可知論。それなら文句はない。
その不可知論者が「機械的唯物論が唯一の真理」などと嘯くから笑えるのである。
機械氏も「思想は相対的」ということがわかってきたとみえる。
このスレを長くやってきた甲斐があったというもの。めでたし、めでたし。


313 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 10:26:00 0
自分は他人の認識さえも決定し得ないという事実
我々が経験的に現実と呼ぶそれ自体も世界のごく一部を見て取った一面にしか過ぎず
それがたまたま他者と合意を得るに至ったのは現実が唯一無二なる存在であるが故でのことではなく
たまたま我々の認識の大部分を司る圧縮としての言語が一致を熱望して発せられているに過ぎない。
決定論はその枠組みを超えて世界は決定しているはずだと主張しているしその信念こそが
科学研究に於いて唯一無二なる拠り所なのだと主張するのは正しいが哲学する者にとって
そういう信念に縛られるべきとする態度は愚かとしか言いようがない。
人間は認識の枠を越えて断定できない。

314 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 12:10:26 0
認識。
視覚において遠近は、近くのモノは大きく
遠方のモノは小さく見える。
これは獲物を狩猟する難易度をあらわすのかな?

315 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 12:20:22 0
いや、遠近法なんて間違った認識で時代遅れだと思うんだ。
やはり対象物の大きさは正確に知られなきゃ。
しかし、その際の問題は対象物の大きさよりも、
我々の大きさによると思うんだよ。
だってそれは反照による記述でしかないもの。

316 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 16:16:51 0
>>301

魂胆なんてあるわけない。
なんでも運動体質を持ち込んで、勝手に解釈する運動脳はやめとけ。
これだから陰謀脳はたまらないね。

機械に影響力などないし、このスレが影響することはあり得ない。

317 :考える名無しさん:2008/12/16(火) 17:22:32 0
>>316
いやいや、数人は影響を受けてるように見えるw
社会に対してはもちろん無力だけど
そんなのは機械に限ったことしゃなくて哲板全部がそうwww

318 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/16(火) 21:08:32 0
>>276
>>298
>(300年前にカントが創設した)観念論に拘泥するのは「どうか?」

近代科学が成立したときに、「科学的真理の保証付け」をどうするかが
哲学上の課題として先鋭に問われたわけです。その課題に真面目に
取り組んだのがカントです。簡単に言えば、ヒュームによる因果律の
否定は、理論的に正しいと思えるが、一方でサイエンスというのも
どう考えても正しいと思える、これをどう調停するか、と。

タームが異なるだけで、実はこの問題はいまだに問われます。
より現代的には、科学的真理は反証可能性を有する命題として、
暫定的仮説として真理とみなされる、という言い方などです。
こうしたポパーの反証主義は、やはりヒュームの影響が根底に
あります。ある科学的命題を証明する実例は、その命題を検証して
いるとは言えないと。

つまり、「機械的唯物論」なるものが、その正統性を科学的真理に
依拠しているならば、そうした科学的命題の真理性をどう担保するかは、
実は哲学の仕事なわけです。従って、決定論と言うにはまだ留保が必要
でしょう。

ちなみに後期カントは、仰られるように観念論的になってしまいます。
ポパーの反証主義にはすでに批判がありますが、ポパーは次第に
進化論的な方向へ向かってしまいました。

319 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 08:09:04 0
>>312
>>298
>これは不可知論。それなら文句はない。

不可知論というより無目的論だろう。
世界(宇宙)が存在することも進化することも目的があってのことでなく、
それらに特別な意味は無いという主張だろうと思われる。
不可知なのは目的。無いから。

320 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 08:57:02 0
>>313
そのとおりだけど、このスレに集う機械氏をはじめとする決定論者、
唯物論者は熱き信仰の徒。何を言っても馬事東風。
救いなのは社会的影響力が皆無という点だね。

321 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 09:35:10 0
>>320
社会的影響力って言うけどさ、真理より目先の定額給付金1万数千円貰えるのかどうかの方が興味がある国民だし、
空気読めない・漢字読めない・解散よく出来ないの3kじいさんが首相に選ばれるような国の「社会」なんてなんぼのもんだ?
とは思うけどねw

322 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 09:38:26 0
>>321
空気読めない・漢字読めない・解散時期読めないの3KYじいさんでしょ?

323 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 11:05:57 0
>>321
そのオッさんの言動に一喜一憂する連中が多いのも事実。
この糞社会に君が棲息しているのも事実。
君が糞社会から捨てられることはあっても、君に糞社会を捨てることはできまい。

324 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 13:44:36 0
人格障害がたてたスレ

325 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 15:14:10 0
>>317
>いやいや、数人は影響を受けてるように見えるw

いやいや、影響を受けてる人は一人もいないよ。
このスレには機械と別人の唯物論者や科学主義者が複数人いるけども、
機械とは無関係に、影響を受けることも無く、科学主義的な思考に基づいている。

機械は全ての分野で初学レベルの内容も吸収してなくて、
無理解から来る失言が多過ぎるから、影響を受けるわけない。
機械が科学を語っても科学の印象が悪くなるだけだから、科学に対する冒涜になるだろう。

ラビだってもともと科学主義者だっただけで、機械の影響ではないでしょ。
俺も科学主義者の一人だけど、科学主義者なんて、いくらでもいるでしょう。

機械が科学理論についても、科学哲学についても、全く理解してないのは明白だから、
機械に影響力などあるわけない。社会的影響力は皆無。

だから、機械を叩いても無効なんだよ。

326 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 16:31:23 0
>>325
どちらでもいいけど、時々機械礼賛のレスを見るので数人はそうかなと思ってる
さすがにその全部が機械の自演だとは思っていないのでw
科学主義者は機械とは全く別の思考の持ち主なので、影響などないだろう
影響を受けるのは、むしろ宗教なんかに影響をうけやすいような人々だと思うけどw

327 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 16:35:25 0
機械の相手してるのは、ほら、鎖につながれた犬をてがったりすることある
でしょ、あれと同じ感覚。
デアルカとして変態の所業の数々を尽くしてきた機械をつつくのおもろいでしょ。。

328 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 17:13:14 0

そういや、今じゃ哲学板に科学主義者向けのスレ無いな。

真理が雑誌ニュートンの内容って言うのは、ここじゃ、

あまりにも痛い。

329 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 18:53:43 0
機械はブルーバックスやニュートンさえ自分だけが読んでと信じてるらしいよ

330 :考える名無しさん:2008/12/17(水) 19:16:59 0
>>258
ここで言う科学は、言葉に内包される物と言う認識なんだが。
哲学は言葉が重要な道具なので、前提にせざるを得ないのでは?


331 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 00:22:20 0
いやね、遠近法に
縛られているかぎり、実際の空間が
どうなってるのか誰ひとり見たとき
ないとおもうんだぁ。

332 :ネオマトリクス:2008/12/18(木) 00:45:59 0
つーかこのスレくらいしか実用的なことはないっしょ、世間の中でさ。
物質と意識の関係を探るという、人生の根源的なテーマを探ってるのが
このスレなんですよ。

人間は(というかあらゆる生物は)
快楽苦痛しか重要でないですが、それが発生する根源的原因は不明。
つまり、なぜ生まれてしまって、なぜ肉体的苦痛を感じるか、
その『第一原因』は不明。
曖昧な、脳があると意識がある、程度しか説明してない。

この万人の根源的な重要な問いを延々と、数年も探ってるのがこのスレです。
世間でいうことは、就職以外は単なる一時的な快楽だし、
就職も『死んだ後、この私の意識がどの物質と関連しどう存在するか』
などは扱わず、目先のことにしか過ぎない。

まあ、人間の本能上、この手の問いは重大とすら感じないと思うので
機械や私は軽んじられますが、この手の問いは
身近な日常でも、人生の深遠な万人共通の悩み
『なぜ金持ちの子に生まれなかったのか』
といった事と関連するので、この手の問いを探るのは
とてつもなく賢明で、英知に満ちてますね。

いや、皆さんが(私もですが)、意識のない哲学的ゾンビのくせに(物理現象だけなのに)
やれ心だの他人の気持ちや意識があるような事を
日常から述べてるので、少々、極論を語りました。

333 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 00:47:21 0
「つーかこのスレくらいしか実用的なことはないっしょ、世間の中でさ。」wwwwww
 ネオ、芸人決定

334 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 01:17:18 0
>>332

>身近な日常でも、人生の深遠な万人共通の悩み
>『なぜ金持ちの子に生まれなかったのか』

万人共通の悩みではありません。


335 :唯識 ◆Vidya0E1.s :2008/12/18(木) 01:40:46 0
>>332さん
それでは最高位さんの焼き直しバージョンですよ。

336 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:16:12 0
>>332
機械は就職活動とか仕事の苦痛とかは無縁な高踏遊民だと思う。
発想とか感性はかなり若いから78歳じじい説をしつこく主張してるハンニバルより実際は若いと思う。

337 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:32:22 0
>>336
真夜中にしか出現しないんだからま、当然まともで堅実なリーマンではないわなw

338 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:37:49 0
機械氏の理屈はみんなうすうす感じてるけど健常な社会に対して何故か勇気出して言えない
暗黙の無意識下の共通了解深い闇のような世界観だと思う
宇宙や世界や生物や人類の進化に全く目的などは無いと断じているとこはニヒリズムに近いのかも

339 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:38:18 0
ハニまる、ラビたん、元気?

340 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:42:48 0
内側と外側を能動的に分ける作用が「私」だと説明すれば「私」を記述したことになってしまう。
作用はそれ自体対象化してなくても問題ないしそもそも固化した「私」など存在しないのだから。
作用停止、つまり死んだら死体で「私」じゃないし誕生するまでは「私」はない。

341 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:44:09 0
>>338
努力に努力を重ねても運悪く絞首刑にされてしまった仲居演じる「私は貝になりたい」
の主人公は理不尽な運命を背負って死んだ。が死んだからこれから回復することは
ありえない。
 かたや、機械(がどうだか知らんが)親の財産があって働かなくて食って奴も居る
世の中は不条理だということが「真理」なんだよ。

342 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:49:18 0
>>339
中途半端に口が立つけど自尊心だけが異常に強い能力のない奴要はバランスを欠いた
低脳が一番の害悪だからあいつらを呼び込むようなことは止めて欲しいな。

343 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:51:23 0

84 :【日本の鬼才浅田彰が現代思想を牽引せよ。】:2008/12/12(金) 16:42:37 0
頭が悪いうえに努力もしないクズどもが
空気は読めるからと、自分の勉強嫌いを
正当化してんじゃねーぞこらうんちょりーな乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
いいか?人文や社会学は運知思想の実践である肛門性交をするための思考法だよ
ただ毎日毎日目の前にクラゲやら何やらを置いてそれを調べるだけの
ミスターベルトコンベヤー工場勤務の理系BOYには分からないかな?wwwwwwwwww
摩羅つかえwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



344 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 02:55:15 0
思えば出て来るコテハンはいつもいつも機械の敵ばかり
ラビだって機械にさんざん修正されて出てってしまった
このスレが何で何年も続いてるのかが理解できんよw

345 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 03:06:16 0
認識の限界を超えて世界は決定しているに違いないというそこから何も導き出せない信仰がどこから来てどこへ行くのかが興味深いから続いている?


346 :オカルト君:2008/12/18(木) 03:21:25 0
おれは、信仰はしていない(神

信じるのは存在とその相性だけ、言葉も教えも信じない(謎
無駄に積み重ねてきた経験の積み重ねを信じるのよ(冥


347 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/18(木) 07:58:10 0
自分で隠して自分で見つけていって
やっぱ見るんじゃなかったとまた自分で隠すのですよ


348 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/18(木) 10:03:21 0
>>344
出て行っていませんし、私や他の人が機械氏のおかしいところを指摘してきたのであって、
機械氏が修正したようなことはほとんどないでしょう。


349 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 12:34:23 0
>>345
>そこから何も導き出せない信仰

何かを導き出すことが最終目的ではないだろう?それなら宗教に走るしかないだろう
哲学は宗教は勿論経済学や社会学とか物理学とか他の学問と違うのだから
一見価値がないと見えることでも真理の探究にひたすら取り組むことが大事なのではないか?

350 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 12:44:48 O
人間の精神に物質界の現実が合っていない
人間の正直な精神は自由でエロティックで残酷で優しくて気持ちがいい世界を求める。

351 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 12:49:54 0
ほう、ラビは無事だったのか。
女にしては珍しく平地に乱を起こすタイプだけに
トラブルか何かに巻き込まれ、後始末にでも追われているのかと思っていた。
よかった、よかった。


352 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 13:08:07 0
だからラビはおっさんだって

353 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 13:25:54 0
ラビて老女だからな。これバレバレ

354 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 13:48:11 0
>>349
形而下なのか形而上なのか。

355 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 15:54:43 0
>>352
あのなぁ、兄さん。
ときたまアタマにきて相手をののしるときでも彼女は敬語(丁寧語)を崩さないんだぜ。
男女の差がもっとも顕著なのは礼儀正しさ。
この国の男は、正体がバレないとなると最高学府をでていても、下品そのもの。

丁寧語の罵倒って、なかなかオツだよな。


356 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:01:28 O
いくらでも名無しで罵倒出来るんでっせ

357 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:23:08 0
>>355
慇懃無礼という言葉を知っているか?

358 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:35:34 0
>>349
>一見価値がないと見えることでも真理の探究にひたすら取り組むことが大事なのではないか?

俺も哲学の営為というものは、事実解明や事象の真相究明にあると考えているのだが、
どうも日本で哲学に関心を持つ人の大半が、人生論を求めているにすぎないようだ。
彼らにとっては、本当は事実などどうでもよくて、感動を求めているだけで、
叙情的な文に陶酔したいだけの人々なのだ。

情緒的な感動しか求めない文学趣味者は、哲学者のなした営為に無理解で、
詩や文芸作品としてしか理解しようとしないのだ。
哲学と自然科学の密接な関連性を見ようとせず、科学性を排除することが正しいと思っているらしい。

古代、自然の解明をなした営為が自然学となり、近代においても、
数学や自然学による自然の探求が、哲学の基礎を与えてきたのであって、
欧米では科学畑の人が哲学者になる事がよくあるが、哲学の歴史を見ればこれは当然の事だろう。

日本で哲学に関心を持つ人の大多数が、俗流人生論だけを求めているだけ、
俗流カウンセリングを求めているだけなのだが、俺の志向と真逆なのだ。

359 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:37:58 0
慇懃無礼は常に下品さ以上に憎しみと憎悪をかきたてるものである。。

360 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:38:20 0
>>358
何も導き出せないというのは検証不可能という意味ですよ。悪しからず。
だから形而下なのか形而上なのかと改めて問うたのにまさか営為とか短絡されるとは…トホホ

こういうのを投影というのではないかなと勘ぐりたくなる。

361 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:39:05 0
彼女は恥を知っているので、名無しになりすますことはあっても、
万一、素性がバレて恥をかくようなレスはしないよ。


362 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:44:11 0
ラビ氏と議論してたときも決定論は信仰に関しては別に異論なかったみたいだが
しばらく見ない内に更に低俗化が進んでいて恐れ入りました。

問題は「決定論は肯定し得るものなのか、また決定論は否定し得るものなのか、結論はどこに」だったはず。

営為がどうとかではなく論理的連関を記述し得るかが問題なわけで独立した真理なら人間にはどうにもならんわけ。
だから認識の外にあると言ってる。


363 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:47:55 0
>>358 は哲学のようなまどろこしいことに血道をあげずに、科学やればいいじゃん。
事実やら真相やらがが知りたいのだろう? ww


364 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:50:19 0
>>362 は、だれ向けのレスですか。

365 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:53:57 0
>>362
結論などないよ。信仰なんだもん。

366 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 16:57:10 0
唯識さんとか超絶さんは元気ですか?

367 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 17:04:31 0
唯識さんは最高位が顔をみせないと、ほぼ存在感ゼロ。
超絶先生は、一瞬、姿を現したのだが… 神さんは気まぐれですので。

368 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 17:06:42 0
超絶はゴミ屋敷撤去で転居を余儀なくされた。よっていま2ちゃんどころではない。
唯識は生臭坊主のうえ、奥さんに手だして謹慎中

369 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 18:12:46 0
最近、このスレ関連の過去ログ見てるんだが
SYNと最高位の絡みは最高におもろいなw
思わず爆笑してしまった

ところで
SYN=ラビだろ?w
前も誰か聞いてて否定してたが
もし本当ならなぜ隠すんだ?

ラビとSYNの共通点

1.すぐ人を馬鹿と罵る
2.普段は敬語だが突然キャラが変わってタメになる
3.このスレの過去ログを管理してるとゆう噂がある
4.説明する為の比喩が似てる(ゲームのキャラ云々)
5.「決定論は今のところ否定は出来ない」とか中途半端な主張をすぐ言う
6.反論パターン収集の為にスレに来てるとかゆうようなことを言ってた

いくら何でも共通点が多すぎないかね?w

370 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 19:09:44 0
>>369
そんなの常識だろう? いまさらコトゴトしく騒ぐなよ。w
厳密に言うと、両者は別の物体。w 通俗的には同一人物。

タメにはならないだろう? 「です、ます」調でバカ呼ばわりする。
貴君も議論をふっかけて、丁寧口調の罵りを浴びてみたまえ。

彼女は決定論者ではなく“事象主義者”つまり不可知論者だ。


371 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 19:34:39 0
>>369
SYNは決定論者だったから、信仰に過ぎないとするラビとは立場が違うと思われ。
同一人物の別キャラかもしれんが、共通点はそんなにない。
突然キャラが変わるのや罵るは、第二とかネオマトとかもそう。
機械もハンドルと名無しで変わるし、最高位も状況によって変わる。
1、2はコテハンの多くに当てはまる。
3、6はラビには当てはまらない。

372 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 20:31:13 0
YOU白状しちゃいなよw

373 :ネオマトリクス:2008/12/18(木) 21:16:18 0
>>334-335
それは貴殿らが現代日本の裕福層だからですね。
原始人や産業革命期の労働者だったら
馬鹿げてると感じ、苦痛に悩み、意識と物質の謎を探るでしょう。

つか、唯識殿、貴公の考えでは苦は消え難いのは確かかもしれないですね。
最高位氏は、議論中心になってますが
一応、根源的な神秘的な最大の謎のように思ってるので、見込みがあります。
そもそも、貴公らの言う物理的な事は全く当てにならないんで。
『記憶』という、単なるクオリア(感覚)の一種を盲信して
論を述べてるだけなんで。世界五分前やマトリクスの場合を思考してない。
量子力学とか、脳科学や、何百年前の書物とかは、全て
『世界五分前の可能性を考慮してない、限定された場合だけ』の正確さでしかない。

それ以前に、俺も機械も最高位もラビもハンニバルも唯識もNASも名無も、
書き込みする理由は
『それが快感だから』
であり、万人は快楽苦痛から逃れられないんですよ。

真理だから書くのではなく、快感だから書く。


で、快苦以外の唯一の真理は、決定論以上に強い論
『意識は証明できてないので、万人に存在せず、
 人間は誰もが哲学的ゾンビである』です。
これこそが『独立した真理』だ。
他は無根拠。OK?貴殿らの論は全てが妄想。意識は存在しないからね

374 :飛べないカラス:2008/12/18(木) 21:22:32 0
このスレの前身は心と宗教板の宗教否定スレだったらしいね。当時はまだIDが表示されなかった。そのスレの1は自演を
くり返したので反感を持たれてIDが表示されるようにされたので自演しづらくなりID表示の無い哲学板に引っ越して来た。
宗教を観念論に置き換えて同様のスレをはじめたということらしいよ。

375 :飛べないカラス:2008/12/18(木) 21:31:33 0
意識という言葉が存在する以上それは何かを指していると思われる。意識を計算に還元して機能として理解するべき。

376 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/18(木) 21:46:28 0
世界五分前の可能性がどうとか よく真剣に語れるな。
五分前に世界が始まったら それ以降の世界では本当の時間があったとして了解すんのか?
もしかしたら四分前に世界がまた無くなって三分前に世界が復活したかもしんねーな。
そしたら五分前から四分前まではあったことにするのか?なかったことにするのか?
カッカ・・・くっだらんね。

377 :飛べないカラス:2008/12/18(木) 21:48:00 0
我々が理解しているような世界は本当にそのように存在するのか。因果や物という概念ですべてを理解できるのか。
事実は本当にひとつしかないのか。このような懐疑論が思考して知能を賢く使っているようには思えない。
懐疑論は理解をあきらめ思考停止している。

378 :飛べないカラス:2008/12/18(木) 21:51:19 0
>>376
五分前にはじまったことを裏付ける観測結果があるかどうかじゃないかな。

379 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/18(木) 21:55:44 0
>>378>飛べないカラス
貴方は科学主義っぽいですね。
しかしそれじゃあ ネオマトリクスの思う壺じゃねーかしら。
100億年前の痕跡が5分前に作られたってー話なんだろーからな。
貴方の話をぶった切ったようでスンマソン。俺のことなど気にするな。

380 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 22:01:56 0
この進化の果てには一体何があるのだろうか?
少し気になるね。

381 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 23:31:49 0
5分間という時間を計るのはどうやったんだ?

382 :考える名無しさん:2008/12/18(木) 23:40:37 0
やっぱここは一発サードインパクトの誘発しかねーか

383 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/19(金) 00:16:33 0
>>360
何も導き出せないというのは検証不可能という意味ですよ。

それは違うと思います。
たぶんあなたがおっしゃっている「検証」とは「(自分にとって)インパクトのある証明」
のような意味合いなのでしょうが、「自分にとって」という部分については全く無反省に
(あるいはアプリオリに)設定しているところが問題なのです。
 「検証」は間違いなく(自然)科学の根幹に関わる重要事項です。
 従って(自然)科学では「検証の方法」についても厳密に「学の対象」となっております。
 すなわち(自然)科学ほど「検証」について「厳密に査定する」学問は他に存在しない
・・ということです。

384 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/19(金) 00:23:46 0
>>381
確かに「過去は永遠に不在となった『現在』」ですから、「今から過去5分間」
という「存在」も言い方を変えれば「永遠の不在である過去の集積」にすぎなく
なりますので、それはある意味「無」と等価になります。
 中島義道氏がおっしゃるとおり、「未来は完全な無である」ということならば、
「過去も完全な無である」といわざるを得なくなります。
 ただ、中島氏に欠けているのは「4次元時空連続体」の中で存在している「自分の主観」
が「私」である・・という「客観的(物理学的)視点」なのです。

385 :ネオマトリクス:2008/12/19(金) 00:23:57 0
>>374-379
俺は科学主義も宗教も既存の哲学も論破できる、不可知論でもない
『独立した真理』というのを見つけてるんですよ。

要は『記憶は無限通りで、全く当てにならない』
『科学もデタラメ』『常識も宗教もオカルトも妄想も同じ(信者数の違い)』
『証明も観測もできてないので、意識は万人に無く、
 人間は心の無い哲学的ゾンビ。単なる物理現象』
これ。

>もしかしたら四分前に世界がまた無くなって三分前に世界が復活したかもしんねーな。
だから、過去だとかそういう
『記憶を参照して演繹すること』は屑ゴミ、妄想、非知的生命体の思考、電波と同じ
ってことですよ。
貴殿のおっしゃるように、過去だとか時間のスタートとかは、
『理論上は無限通り』です。で、どれなのか、どういう過去が・どういう記憶が
事実なのかは、証明不可。記憶で記憶を証明するのは不可。

だから。記憶は、当てにならないのに、それを妄信してる
『記憶原理主義者』が多いだけなんですよ。
実際、俺は記憶は一切参照せず、単に快楽苦痛で動いた結果、
キーを打って、このような文章になttだけで、思考も記憶の参照もゼロ。

386 :あまの:2008/12/19(金) 00:29:18 0
記憶原理主義って現象に名前付けちゃうだけで安心しちゃう人が多いよね

387 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 00:34:15 0
「生活が第一」ですから

388 :ネオマトリクス:2008/12/19(金) 00:35:00 0
>>386
いやあ、そうでしたか。おやすみなさいませ^^

(俺の今この瞬間のクオリアだと、
 記憶原理主義=昨日見た私
 って=夢 現象に=面白い 名前付けちゃうだけで=SFファンタジーの
 安心しちゃう=ますように 人が=貴殿も 多いよね=ゲームの夢を
 と感じてるので、
 「いい夢をどうぞ」的な会話と判断し、それに見合った文を打った筈です)


389 :あまの:2008/12/19(金) 00:39:57 0
>ただ、中島氏に欠けているのは「4次元時空連続体」の中で存在している「自分の主観」
>が「私」である・・という「客観的(物理学的)視点」なのです

やはり機械氏は時間や空間(時空)が実在するもののように語ってしまうね
あくまでも「時空の中に描かれた私」のみからスタートすることしか出来ない
からここの連中と反りは合わないわなあ

390 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/19(金) 00:41:05 0
>>358
>俺も哲学の営為というものは、事実解明や事象の真相究明にあると考えているのだが、
>どうも日本で哲学に関心を持つ人の大半が、人生論を求めているにすぎないようだ。

私もその点については同感です。
「自分にとって意味がある」という「主観的価値」と、「(自然)科学ではこうなっている」
という「客観的価値」のどちらが「重要な価値」であるかは明らかなのに、それを逆転して
いる方が「哲学をしている」と勘違いする・・というのが「現代日本国の哲学事情」なのだと思います。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。


391 :あまの:2008/12/19(金) 00:43:23 0
「私」からも出発できないと全貌は見渡せないよ

392 :あまの:2008/12/19(金) 00:45:29 0
今夜もどうでもいい所に見事に着地しましたね

393 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 00:47:19 0
科学は独占欲の産物だからな。

394 :あまの:2008/12/19(金) 00:50:42 0
哲学って実利とは無縁で役立たず呼ばわりされても甘んずるしかない
言ってみれば並外れた常識整理欲求だよね
もう見事に整理整頓してみたいっていう

395 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 00:52:45 0
>>394
実利って何よ?お金に換算するといくら所得になる?ということ?

396 :あまの:2008/12/19(金) 00:53:43 0
お金とか利便性

397 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 00:54:33 0
利便性ってお金で買えるよね?

398 :あまの:2008/12/19(金) 00:56:07 0
お金と言い切れるかも
でもそんなのどうでもいいが

399 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 00:57:51 0
>>398
お金や利便性はどうでもいい

と確認!

おやすみなさいw

400 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 01:08:58 0
おらのアイドル中島義道教授が機械に一蹴された記念日として覚えておくわ
機械も覚えておけよw

401 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 01:26:41 0
>>383
そうじゃないだろ。

決定論は何らの論理展開の出発点にも根拠にならないということだ。
決定論は素朴に独立を保っているだけ。
そしてその起源は決定、若しくは因果というものを無謬に前提してる。無謬にしかも無説明にと言っておけばより正確か。

402 :あまの:2008/12/19(金) 01:43:47 0
Zipファイルの中に時空そのものも冷凍された状態ですね

403 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/19(金) 02:14:45 0
>>385>ネオマトリクス
貴方は知覚も記憶も無限通りとしてるでしょ?桶の中の脳とか世界5分前創造説とかね。
今 見えてるのが虚像だとすると、それとは別の「本当の世界」があるってことでしょ?
貴方は「本当の世界」があるって信じてるわけですよ。でもそれが「この開闢する世界」とは
同じである保証は無いと言うわけです。もちろんそうでしょう。貴方と私の開闢世界が
同じである保証がないですから。しかしその本当の世界とはいかなる意味で本当と思います?
この「開闢する世界」が虚像かもしれない、などというのは実は貴方の言葉を借りれば
演繹の演繹ですよ。見たこともない本当の世界を妄想してるんだから。
世界記述など知覚から演繹される相対関係と最大公約数で十分記述可能で、その先のことは
個人個人で勝手に世界観をでっち上げて無問題です。だから世界は無限通りでもOKですよ。
無限世界の一つに自分がいることで十分なのです。
記憶もですね、記憶とは違う「本当の事実」なんてもんがあると信じてるから
「記憶は当てにならない」と言うわけです。記憶・記録・痕跡・およびその演繹以外に
事実など無いと考えればいいのですよ。その結果がこの世界であると。
認識一元主義はシンプルであり、貴方の快苦主義には全然抵触しません。
むしろほとんど同じようなものです。だから知覚・記憶を毛嫌いしないで。

ああ眠い。

404 :走召 糸色 文寸 ネ申:2008/12/19(金) 08:44:46 0
>>403
久しぶりだな、抄録。
しかし、なんだそのわけのわからん素朴実在論もどきは?
そんな状態で本当の事実の根拠をどう求めるのだ?
くっくっく。

405 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 10:41:07 0
>>403

>世界記述など知覚から演繹される相対関係と最大公約数で十分記述可能で、その先のことは
>個人個人で勝手に世界観をでっち上げて無問題です。だから世界は無限通りでもOKですよ。
>無限世界の一つに自分がいることで十分なのです。

上は技術論的な話で、その基礎が一切語られていないんだな。
つまり、君の話もでっち上げの無限数の一つでありうるわけ
なのだから、上の文章が自身を解体してるだろ。
何目線なのか不明。無自覚な神目線?
唯物論系は終始こんな感じ。

406 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/19(金) 12:11:24 0
>>404
んふ。神ー出てきたか〜。天岩戸だな〜カッカ。

本当の世界も 本当の事実も 求めるのだ。
求める作業自体も過剰進化かもしれんが、まあしかたない。
しかし 求めて求めて、求めたあげくにだ、
「あれ?これって全然、夢で妄想で、本当の世界は他にあるんじゃ・・・?」
なあんて 世界を「虚」と「実」に分裂させる作業は金魚のフンだ。
分裂した世界をどこに持っていくのか考えずに「とりあえず分裂さしとけ」みたいな
実に無責任な話で、まったくけしからん。
分裂した世界はどこにも行けずに浮遊してるだけ。おまえさんがそいつを鎮魂慰霊しろ。

あと、「素朴実在論」とかの哲学用語は、ワシよー知らん。スンマソン

>>405
ん〜?
すまんけど ワシ忙しい。

407 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/19(金) 12:59:14 0
本当の世界とは
誰も居ない場所に水の入ったバケツ(地球)が一個置いてある
という事です
誰も居ません


408 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 14:08:25 0
>>390
「価値」がどうのと、これって典型的な“人生論的”感慨の表白だろう?
あるいは>>389 の指摘のごとく、時空を超越させてしまっている。
機械さんは依然として“ニュートン”だね。

彼がバカにするヘーゲルのほうが、ずっと現代的。w


409 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 14:14:46 0
>>407
それも本当の世界ではなかろう。場所とか水とかバケツといった
“言語(概念)”に依存している。
むろん「本当」も「世界」も消失する。それをどう表すの?





410 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/19(金) 14:22:11 0
>>409
だから子宮のなかでしょ


411 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 14:49:16 0
>>406
時間スレで素朴実在論ネタをさんざん荒らしてたのはどこのどなたでしたかね?

412 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 16:24:33 0
科学主義者専用スレが必要だ。

学際的な検討を目的とするスレが一つくらいあっていいでしよう。
真剣に専門的な検討しようと試みていると、
「難しい話するな」といいだして排除する人もいるし。
同じ立場の者同士で検討しなければ深い話に入っていけないし、思索も深まらないよ。

413 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 16:46:46 0
可能性はいくつもあるけど真実は一つしかないと思うよ。
それは時間がたてば分かることだと思うけどね。

414 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 16:57:54 0
本当の世界とは無限の中から一つに絞られた世界なんじゃないかな。
つまり、いま実在しているもの以外は偽りだと捉える必要があるし、
どうして、前提とは前提である、などと当然のことを思索しているのだろうか。

415 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 17:07:36 0
結局、世界はひとつしかないんだな。

416 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/19(金) 17:16:51 0
>>411
ん〜?待てい。それは「時空間の実在性を語れ」のスレか?
俺は名無しで書く時も「素朴実在論」なんて用語を使ったことはないし、絡んだことも荒らしたこともないと思うがな。
「素朴実在論」の意味も字面から想像するだけしかできない。事典でも読めば少しは分かるだろうけどよ。
荒らすほどのパワーねえよ。

417 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 18:34:35 0
>>410
だれもいないのに、子宮は存在するわけだ。w

418 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 18:38:51 0
>>416
素朴実在論かどうかは知らないが、少し前に“地球の重心”とか言っていなかった? 
地球の重心は実在するの?

419 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/19(金) 19:01:24 0
>>418
地球の重心の話なんぞした覚えはねえ。それは機械とラビと飛べないカラス(敬称略)とかじゃないの?
卵と風船の話はしたと思う。

地球の重心が「実在」するかどうかなんぞ知ったこっちゃねえ。
便宜上の仮想っちゃーそうだけど、使えるもんは使えばいいんじゃねーの?重心が無いと計算が不便だし。

420 :考える名無しさん:2008/12/19(金) 19:08:02 0
抄録は斜に構えてトリックスターを演じたいだけだからスルーした方がいいよ。
いちいち勘違いや見当外れの間抜けなレスに親切に説明してあげると粘着される。
基本的にこやつはレス小僧だから。


421 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/19(金) 22:37:14 0
>>420
トリックスター上等だね。
俺はほとんどスルーされてるだろーが、何を今さら。
心配せずともお前さんなんかに粘着しないよ。自意識過剰だろ。
てか名無しに粘着なんかできるかよ。
あと何だ「レス小僧」てのは?君の私的言語かね。ま、それはどーでもいいがな。

422 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/19(金) 23:54:25 0
>>408
>機械さんは依然として“ニュートン”だね。

「観念論者の信仰対象」であるカント氏とほぼ同時代人のニュートンの時代に
「4次元時空連続体としての『この世界(宇宙)』」を構想できている人間が居たら
たぶん「誰もその世界観を理解できないので歴史上に記述は一切残らない」という結果に
なったに違いありませんね。
 勿論その時代(ニュートン世界観の時代)に「4次元時空連続体」という構想を抱くことが出来た
人類(の個体)が1人でも存在した・・ということは「考えにくい」と思います。
 ニュートンとアインシュタインの(世界観の)隔絶は実はそれほど大きいものではないのです。
20世紀に起こった「量子論革命」の方が「世界(宇宙)の姿」を描き出す為にはよほど大きい「革命」
であった・・ということは50年後には「自明」になると思います。
 本年度ノーベル物理学賞に輝いた「小林・益川理論」は実は「世界(宇宙)の真の姿」を人類の「現前」
に顕す・・という意味では「非常に重要な発見」であった・・ということがその時(50年後)には
「当たり前の科学史」となっていることでしょう。

423 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/20(土) 00:15:28 0
ニュートンとカント氏が「ほぼ同時代人」と言うのは雑駁すぎたかもしれません。

ニュートンが死ぬ3年前に産まれたのがカント氏ですから世代としては
「ニュートンおじいさんと孫カント」ということになります。
 しかし、両者とも日本の歴史と照合すると「江戸時代中期」に生きていた人達なのです。

 江戸時代最後期に平賀坂内が「エレキテル」という装置を作って「電気」という「実在物の証明」
を行ったことは有名ですが、ニュートンやカントの時代に「電気というモノがある」などと主張したら
「狂人」というレッテルを貼られて一生「狂人矯正所」に閉じこめられるはめになっていたことでしょう。


424 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/20(土) 00:19:07 0
すみません
「平賀坂内」はあんまリでした。
当たり前ですが「平賀源内」でした。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

425 :あまの:2008/12/20(土) 00:22:39 0
どうして素朴な唯物論から一歩も離れられないんだろう
まるでいつも抱いているぬいぐるみを頑として手放そうとしない子供のようだ

426 :あまの:2008/12/20(土) 00:26:53 0
ニュートンの絶対空間、絶対時間はアインシュタインに完全に上書きされたわけだが
アインシュタインは青年のときにカントを読んで多かれ少なかれインスピーレーション
を得ているんだよ、因みに

427 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/20(土) 00:36:21 0
アインシュタインがニュートンより「新しいから今後も有効だ」と
いう浅い「(理論)物理学」解釈で止めにしておき「さて哲学の世界観構築は・・」
とお考えになるから、哲学が(かつてのように)重要視されなくなってしまうのです。
今や「世界観」は「宇宙観」とリニアに接近していることに気づかない
(昔ながらの)「文科系(だけ)の秀才」はもはや哲学(思想)の分野においても
「やっかいな頑固じじい」という存在になりつつあることをご自分で「自覚」しなければ
ならないのですが・・その「(精神的)老人(であることの)の自覚」ができないのが
「観念論に永年親しんできた30代以降の人々」であることがこの国の「哲学(思想)界」
の「根本問題の一つ」・・だとは思います。

 本日は就寝させて戴きます。

428 :あまの:2008/12/20(土) 00:40:00 0
カッコが多いんだよ

429 :あまの:2008/12/20(土) 00:49:43 0
観念論的にいうと世界は何かの影なのであって
影があるのは誰も否定しないんだよ、なにしろ影の中で暮らしてるんだからね
影は影と見抜くのが哲学に必要な素質なのであって、そのことを見抜けない様は
飼い犬が飼い主のいたずらで動かされる影を一生懸命追っているようなものだよ
その犬は影を実在していると思って必死に追っているんだよ

430 :あまの:2008/12/20(土) 00:57:38 0
この世界では影に当たるものが物質なのであり
物質が客観自体であるなどと全くなってない結論を下す様は
この動物の知性のようにとぼけたものそのものなんだよ
物質は客観自体ではなく勿論物自体であるわけがなく
言ってみれば形式に縛られた働き、機能のようなもの

431 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:06:50 0
>>429
それって観念論は基本的に間違ってるという機械の主張を裏付けるような言い方に見えるぞw

432 :あまの:2008/12/20(土) 01:10:27 0
寝たんじゃなかったの?
機械はねえ視線を影のほうに固定された犬みたいな状況なんだよ
飼い主のほうを振り向くという動きができないんだよ

433 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:19:01 0
物質の本質が機能だと断じた瞬間に唯物論と同化するわけだがな

434 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:22:24 0
あまのが気になっておちおち寝てられん。

435 :あまの:2008/12/20(土) 01:23:28 0
確かに唯物論的側面は否定できない、でもその物質を含めた一切の現象のお膳立てである時間と空間(時空)が
実在しないものなんでその時点で素朴唯物論は破綻するんだよ

436 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:23:33 0
「ニュートン」を馬鹿にして読まない連中の馬鹿は死ぬまで終わらないw

437 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:25:27 0
>>435
そもそも「実在」って何ですか?
誰が何を「実在」って認定するんですか?

438 :あまの:2008/12/20(土) 01:27:15 0
馬鹿にしてないし、馬鹿にするというすり替え攻撃とかもういいって

439 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:27:57 0
時間と空間の非実在は証明できないよ

440 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:29:13 0
>>439
そもそも「証明」って何ですか?
誰が何を「証明」だって認定するんですか?

441 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:35:17 0
>>440
本当っぽいって言うしかないだろうねw

442 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:45:59 0
言葉なんて証明の必要ないからな。
オレオレ詐欺みたいなもんだ。
誰だか知らないが誰かが日本語らしき音声系列を駆使してで知り合いのように話してる現象。

443 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:46:10 0
>>436
「ニュートン」を読んだだけで利口になったつもりの馬鹿は死んでも治らないけどなw

444 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 01:46:58 0
ドットで構成された画面を見て文字らしきものを認識し文字列として読んでやりとりするここもあやふやな実在だ。

445 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 02:08:52 0
>>443
表紙見たこともない奴に言われたくもないけどねw

446 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/20(土) 07:31:43 0
>>427
>「文科系(だけ)の秀才」はもはや哲学(思想)の分野においても
>「やっかいな頑固じじい」という存在になりつつある

>>318をもう1度言うけど、科学的真理の保証付けは、哲学の仕事です。
機械的唯物論なるものが、その正当性を科学の真理性に依存させるなら、
それは最終審級において、思弁的な哲学によって正しさを担保されます。

447 :しろ ◆3IKizwPD8k :2008/12/20(土) 08:07:55 0
>>422

>「観念論者の信仰対象」であるカント氏

カントを観念論者の代表に見立てて批判的に位置づけるのは見当違いです。

批判期のカントは、深刻な懐疑論に直面して、何とかして近代科学の
正当性を防衛しなければならなかった。平たく言って、科学の擁護者
です。どうしても観念論と言いたいのなら、遺稿となった『オプス・
ポストムム』など、晩年のカントに絞るのが公平です。

ちなみに『純粋理性批判』は、感官に対する物自体からの触発を
想定しているので、理論的にも観念論とは言い切れません。
(本当は第1版と第2版の差異問題がある)

通俗的な、そこらへんの哲学史のテキストは、「ドイツ観念論」
という章立てで、カントからヘーゲルまでを記述してしまうもの
があるので、やはり原典に当たってみることは大切です。

448 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/20(土) 08:59:37 0
自分が得た現実が自分の首を絞めます
自業自得です
ですのでキリストは
アガペーです
敵が飢えていたら食べさせ渇いていたら飲ませろ
そうすれば彼の頭の上に燃える薪を置くことになる
と言った訳です


449 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 09:25:47 0
言葉を読む人と、
言葉の指す先を読む人


ある未知の領域を指す言葉は、未知故にない。(当たり前だけど。。。)
よって必然的に後者であらねばならない。

450 :449:2008/12/20(土) 09:55:04 0
哲学は、言葉の本来無い領域を取り扱わねばならない。
よって文学的でも、何でもあり。

451 :飛べないカラス:2008/12/20(土) 14:09:33 0
科学否定する観念論者は科学の恩恵を受けないで山篭りしていたらいいのに何で人里に降りてくるんだろうね。

452 :飛べないカラス:2008/12/20(土) 14:17:40 0
時間が流れるものだというのは現在という主体から見た主観でしかないです。
時間の矢を進むのではなく世界はただあるだけなのです。

453 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 14:33:17 O
君が宗教の恩恵を知らないのと一緒じゃね。
先祖に聞いてみろ。

454 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 14:48:17 0
男女が愛し合って子供が生まれてそれでどんどん仲間が増えるのも科学の恩恵なんでしょうか。

455 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 15:54:03 O
かいく

456 :449:2008/12/20(土) 16:55:01 0
我が仏教国においても、旧約聖書における天地創造
から日曜日という大変ありがたい思想が導入され、
そして、今日に至るこの恩恵は。。。。
この恥知らずども!

457 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 17:02:48 0
>>454
子孫を残す行為に愛なんて必要ない。卵子に精子が結合すればよいだけのこと。
100万年の人類の歴史で10万世代くらいは殆ど事実上の強姦で産まれてきた。
実に人類の歴史の99.9%以上は強い男の強姦力で子孫を残してきたということだ。
ご先祖様の強姦力が強かったからこそその子孫である我々現代人が居るということだ。

458 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 17:06:04 0
その約10万回の強姦行為の連鎖の一つでも欠けていたらあんたも存在しない訳だな。


459 :449:2008/12/20(土) 17:12:14 0
日曜日によって、人口も増えたに違いない。
むふ。

460 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 17:38:40 0
>>459
日曜の朝、教会に行って「汝姦淫するなかれ」なんつー説教聴いた後では
強姦する気にはなりにくいだろう。
そういう意味では禁欲的なことを言う宗教は人類を滅ぼす原因になるかモナ
山本モナみたいな姦淫大好き女ばっかだったらいいのかモナ


461 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 17:43:07 0
>>458
最高位に聴いてみなよ
ご先祖様が性行為しなかったとしても「私の存在性」は絶対にあるのか?って

462 :449:2008/12/20(土) 17:46:40 0
人の欲望は果てしないかもな。
その欲望さえ、押さえようと欲望するだからな。



463 :449:2008/12/20(土) 17:47:51 0
失礼。

人の欲望は果てしないかもな。
その欲望さえ、押さえようと欲望するからな。


464 :449:2008/12/20(土) 17:50:17 0
禁欲は、欲望の拡大だな。

465 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 17:52:22 0
>>462
生きてるのが嫌になって自殺する人間がこの国には毎年3万人以上居る
1日に約100人が自ら命を絶ってるのだから1時間に約4人、15分に一人が
自殺してる計算になる。
自殺も欲望の産物だと言えるのか?欲望が残ってれば自殺なんかしないんじゃないかな?

466 :449:2008/12/20(土) 17:54:44 0
>>465

生きるのが楽か、死ぬのが楽かの判断だな。
自殺はその告白になる。

467 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 18:02:40 0
>>465
しかもそれが10年連続だよな。
11年目の来年は4〜5万人に達するんじゃないか?

468 :ネオマトリクス:2008/12/20(土) 18:07:43 0
>個人個人で勝手に世界観をでっち上げて無問題です。だから世界は無限通りでもOKですよ。
>事実など無いと考えればいいのですよ。
いえいえ私はですね、貴殿のような者に対してではなく
『妄想か否か・間違ってるか否か』
に執着し、それらを絶対的に神のように崇める、言わば
『物理的な異端審問官』
に対し(ラビや第二唯物論やハンニバルなど)、述べてます。

貴公とは、根源的な信仰は同じ
『無限通り・何でもあり原理主義』であり、ただ、好き嫌い(何で快感を感じるかの違い)で
・無限通りの中の、日常的な唯物論を神と崇める
・無限通りの中の、SFファンタジーを神と崇める
という、細かな宗派に分かれてしまうだけです。

なので、貴殿の英知あるレスに対しては、殆ど、同意致します。

ただ。そうでない輩が多数、この『マトリクス内』にはNPCとして存在するので、
そいつらに対し
『宗派のひとつ(科学や記憶など)を絶対化するな』
と述べてるだけです。

なので、細かな宗派の違いは、例え唯物論でも、スピリチュアルでも、儒教も、
血液型星座占いでも、スイーツも、全て、
『無限通りの一つとして、存在を認めて』ます。

が、どれか一つだけを絶対化する宇宙検閲官が多いので、愚かだと、述べてるのですよ

469 :ネオマトリクス:2008/12/20(土) 18:14:56 0
失礼。>>468>>403殿に対してでございます。

>>466
>生きるのが楽か、死ぬのが楽かの判断
そこで私は、マトリクスを発見し、マトリクスからの
『脱出』と感じ、生死という生物の本能的な感覚は消せました。
つまり単なる『物理的な変化』だけで、
生物の抱く感覚は、データの存在でしかないと確信すれば
『なんだ、無限通りの感覚の組み合わせが生死の違いか』
と納得し、違和感も無い。

ただ、私は更に調べ、なぜ痛みといった苦があるか調べたら、
NAS殿の仰ってたような上位的存在でしょうか。
すなわち『美しき神々』がいて、ゲームのキャラのLVアップのような思考で
人間の魂を鍛えるべく、私をこのような人間にさせたらしいので、
『脱出後はエージェントスミス以上の強敵が大勢待ってる』
という心構えで、魂を鍛えた方が、後後いいと思い、労働に励んでます。

470 :449:2008/12/20(土) 18:22:14 0
葉隠れで、言えば、
「武士は、死ぬことと得たり。」

主君の為に、この命を使うという、
崇高な志のもとでは、ちょっとやそっとの事では、
かえって死のタイミングが訪れないなら、
布団の上で死ぬことになる。

471 :449:2008/12/20(土) 18:26:51 0
まったく、現代は皮肉なこってす。

472 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 18:49:32 0
ということで日本は禁欲してでも子供は作らない方が我が身の幸せという変わった社会

473 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 19:02:10 0
自殺に変死はカウントされない。事実は何かと隠蔽される。
公表するととんでもない数字になっちゃいますからw

>ネオトマリクス
動画サンクス

474 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 19:07:29 0
( ´,_ゝ`)プッ

>ネオマトリクス○

ネオ と マリクス ばぁ〜つ!w

475 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/20(土) 19:23:20 0
今夜はレボリューション。



476 :スレをざっと全部見たが、:2008/12/20(土) 20:37:06 0
よくわからん。

ところで、宇宙といえば、時はビッグバンから今まで流れてるらしいが、
宇宙の成長自体は今が開闢でビッグバンが終焉らしいよ。>時空争奪

477 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/20(土) 20:55:12 0
終焉はビッグクランチ。



478 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/20(土) 20:55:17 0
>>468>ネオマトリクス
貴方から初めてまともにレスいただきました。大事にします。

479 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/20(土) 21:15:00 0
ちがった、レボリューションじゃなくてマトリックスだったw。


480 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 21:19:08 0
数式で話せ
抽象的でさっぱりダ

481 :ネオマトリクス:2008/12/20(土) 21:27:55 0
>>473
感無量です。

自殺=暗い、というイメージが余計に窮屈さという苦痛を生んでますね。
仮に俺だったら、常識教という狂信から解放された代表みたいな感じで、非常識に、
部屋中にゲーム積んで、2chのニートの画像Tシャツに貼って、
マトリクスから脱出しますとでも携帯に打って(映画みたいに)、
『不眠不休ゲームで心身を極度に弱め、(女キャラ系の)敵キャラの攻撃で
 主人公が全滅と同時にショックししてた』
を狙うね。これなら暗くない事間違いなし。

つか、473様、今は短時間で一番いいシーンだけ見れるんで
動画が最高ですよね?俺はどんな映画の衝撃より
ttp://jp.youtube.com/watch?v=rkQx3RkTTkk&feature=related (脊髄骨折)
のような、日常でありうる『物理的恐怖』の方が凄いから、こういうのを
一日に何十回か見て、
『新しい映画やゲームの誘惑』に負けないようにしてます。

↑のような、生々しい痛々しさというか身近な、『物理的な』苦痛・危険性を思うと、
『常識教という、物理的に自他に制限をかける宗教』
は、屑ゴミでしかないと感じます。

常識・唯物論・一般論よりも、物理的な肉体の破損のが重大だって。

>>480
要は、全て、無限通り。−∞+∞=0みたいな感じ。

482 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 21:35:59 0
時空争奪理論によると

川が河口部から形成され
その上流の先端にある水源が成長,変化していくように
宇宙もビッグバンに向けて成長し
時系列では先に起こったはずのビッグバン自体もあれこれ変化している
らしいよ。

以前見た映画を見直した時、アレ?ここってこうじゃなかった?という経験はないだろうか?
それは水源や軌道が川の成長とともに上書きされるように、
記憶もあたらしい時空(川の流れ)によって上書きされている
らしいよ。

旧約聖書の天地創造が世界の始まりという時空が、紀元前10世紀以上前に誕生した世界(バラモン教)の時空を飲みこんだ
らしいよ。

483 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/20(土) 21:37:49 0
ようこそ、現実の世界へ。

ただいまCM中・・・


484 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 22:20:24 0
世の中すべて決定してるけど決定してないことにしてじたばたしないと科学の恩恵は享受できないのだ。


485 :考える名無しさん:2008/12/20(土) 23:09:39 0
多分、「センス」というヤツなんだろう、と、よく思う。
その答えが見えるヤツにはどうしたって「見える」
例え、「見たくない!」と、拒否したとしてもそんなことでその能力は失われない。
そういう意味では、「お化けが見える」とかいうのも同じようなものなんじゃないんかな。
下手をすれば、能力者というのはその能力に囚われざるを得ない。

穿った見方をすれば、能力者というのはこの部分では不遇とも言える。
(大抵の者は、そこにまでは至れない。なので、端からはシアワセ者にも映るのか・・・)


486 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 00:13:45 0
>>445
>表紙見たこともない奴に言われたくもないけどねw
普通に本屋に行けば、表紙ぐらい見るだろ。馬鹿じゃねえのwwww

487 :485:2008/12/21(日) 01:28:35 0
勿論此処にそんなレベルの存在が居ない事は、既に自明であるがw

488 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 02:02:36 0
おまえ、自分自身がセンスないやつなんだから、
センスがあるとはどういうことかなんて、
空想しても無駄だよ。阿呆だなあ。

489 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 07:08:19 0
げぇ
どーでもいいレス返されちまったよwww

サイアクだぜ。

490 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 07:09:36 0
>>486
こいつ古本屋でニュートンの表紙を見たことがあるって本気で主張してる
表紙も見たことないくせにという日本語の表現を文字通りにとっちまった訳かw
救いようのない本当の馬鹿ってこういうのを言うんだな

491 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 07:12:32 0
わざわざ古本屋つーのがなんか貧乏くさいなw

492 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 07:19:17 0
というか
>>488
おまえを見れば
>>487
が立証されているという確たる証そのものなんだが、、、
アホだねぇwプ

493 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/21(日) 09:30:54 0
キューブ(映画)ですよ
下々の者には何を作っているか
全体像が見えないの
で、知恵を使って罠をかわすけど出口が見当たらない
言えることは
「恐れず光の方へ歩みなさい」
ということでしょ


494 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/21(日) 09:36:36 0
人間の初めての神頼みが
「悪魔が天使に見えますように」
だから仕方ないね


495 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 10:07:02 0
頭かてーな

496 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 11:18:25 0
かっちんかっちんやぞw

497 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 14:23:36 0
>>490
どこに「古本屋」って書いてあるんだ?

救いようのない本当の馬鹿ってこういうのを言うんだな

498 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 15:20:16 0
ここでサイエンス派が一言↓

499 :コナン:2008/12/21(日) 15:43:46 0
ぼくちょっとトイレ

500 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 16:11:46 0
人格障害がたてたスレ

501 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 16:13:30 0
真性キチガイスレ

502 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 18:34:48 0
キチガイではないだろう。

言ってることは凡庸で、面白くもなんともない。
まあ、受け答えを見てるとアルツハイマーっぽいが。

503 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/21(日) 22:54:57 0
>>482
>川が河口部から形成されその上流の先端にある水源が成長,変化していくように

なるほど「川が河口部から形成されていく」という「事象の表面」だけを観測して
「結果の方が先に観測されるから結果が原因に先立つ」と主張する発想は典型的に
「観念論的」ですね。
川が河口部から上流方向に「発達して」行くように見えるのは「川の下を流れる伏流水」
のことを全く知らずに「地表面」だけを観測してああだこうだと考える・・という
観念論的「表象主義」のような考え方から起こる浅慮です。
 川の最上流にはさらにその上流に流れる地下の伏流水が存在するのであって、それが海の
近くで地表に「溢れだしたモノ」が「川」である・・・という科学的な観測を怠って机上の
空論を重ねると、このように奇妙な(幼児的な)発想が生まれる・・ということです。

504 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 23:00:57 0
ひとりでなにやってるのw

505 :449:2008/12/21(日) 23:02:00 0
恐竜の化石の話は一応科学なんだろ。

506 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 23:07:53 0
>>503
おまえは何かを「観測」したことあるのか?
ニュートンか何かを読んで、何も観測せずに、
ああだこうだと机上の空論をかさねてるだけだろうが。
挙句、>>1 のような幼児的な発想が生まれたわけだ。

507 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/21(日) 23:14:10 0
>>506
私も小学生ではありませんから「河原で貝の化石を探しましょう」
「プランクトンネットでプランクトンを採取して観測・分類しましょう」的な
「観測」はかなり前に「卒業」しております。
 あなたがまだその域を出ていないとすれば、たぶんお亡くなりになるまでに
(自然)科学とは何なのか?ということを理解できる処まで到達することはない
でしょう。


508 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 23:28:45 0
>>507
質問に答えてない。また、はぐらかしですか?

お ま え は 何 か を 「 観 測 」 し た こ と あ る の か ?

509 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/21(日) 23:43:56 0
「中生代」に栄えた(というか地球をほぼ支配していた)生物が所謂「恐竜」です。
ウィキペディアによると・・
三畳紀:約2億5000万年前〜約2億1200万年前
(地球誕生を元旦として現在(21世紀)を大晦日のカウントダウンとすると
 だいたい12月10日〜13日頃)
爬虫類から、恐竜が出現。
単弓類は哺乳類の系統とわずかの小型種を除いて絶滅。
ジュラ紀:約2億1200万年前〜約1億4300万年前
(地球誕生を元旦として現在(21世紀)を大晦日のカウントダウンとすると
 だいたい12月13日〜19日頃)
恐竜が繁栄、原始的な鳥類の出現、被子植物の出現。

白亜紀:約1億4300万年前〜約6500万年前
(地球誕生を元旦として現在(21世紀)を大晦日のカウントダウンとすると
 だいたい12月19日〜25日頃)
恐竜の繁栄が継続。
白亜紀末(K-T境界)に地球規模の大絶滅が起こり、恐竜類は鳥類を除いて絶滅した。
ということです。( )の「地球カレンダー」はご参考までに書いておきました。

ちなみに人類は100万年前に誕生したとして上記「地球カレンダー」では
(地球誕生を元旦として現在(21世紀)を大晦日のカウントダウンとすると
 だいたい12月31日の22時頃)となり、
「文明が発生した」と考えられる「歴史時代の最初・・約3000年前」となると
(地球誕生を元旦として現在(21世紀)を大晦日のカウントダウンとすると
 だいたい12月31日23時59分30秒頃)
・・となります。

 要するに「地球の生命史の大部分の時代は恐竜が支配する時代であった」
ということになります。その化石が多数発見されても何の不思議はないということです。


510 :考える名無しさん:2008/12/21(日) 23:54:08 0
>>509
うん、その話は昔、学研の「6年の科学」で読んで知ってる。
それで?

511 :449:2008/12/22(月) 00:00:49 0
よく新しい化石が発見されて、学説が一新されたりするから
大変だよな。
生物学とか医学系とかも。。。。

512 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/22(月) 00:06:50 0
>>510
貝の化石を見つけて観測することは結構コツが要り難しいでしょうから、
アンモナイトの化石なら化石屋さんで数百円からありますのでそれをご購入になり
「観測したい気持ち」を満たされたら宜しいかと思います。
しかし、生物化石一つだけ取ってもあなたの短い一生でははとても
観測しきれない程の膨大な種類がある・・ということは
あなたにとってとても残念なことだと思います。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

513 :449:2008/12/22(月) 00:12:23 0
そういう意味では電磁気学系は安定してるよなぁ。

514 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:20:58 0
>>507-512を総合すると、機械は小学校のころ、河原で貝の化石を観測したが、
その後、観測は止め、今は「ニュートン」等の通俗科学誌を読むだけの生活に入り、
ああだこうだと机上の空論を重ねた挙句、 >>1 のような幼児的な発想を2ちゃんで晒し、
おまけに恥まで晒してる人間であるにもかかわらず、これといった資格も理由もなく、
>>503のような、上から目線の書き込みをしていると。そういうことだね。


515 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:28:19 0
>>514
おまけに変態です。

50 名前:爆乳大佐 ◆Wrk8395W0I mailto:sage [05/01/02 19:18:15 ID:ld9OJMvA]
ttp://www.secretarycity.com/tempplanetuniform/CAMELIA.jpg
ttp://www.ultimateuniforms.com/tgp/22/images/06_ANDHERC_05.jpg
どないだ?

51 名前:爆乳大佐 ◆Wrk8395W0I mailto:sage [05/01/03 00:27:21 ID:WtYlNg5U]
ttp://galleries.filthynurses.com/hg/alina/images/2.jpg
ttp://www.oliversgalleries.com/tgp/tina/0/360769/images/tina/full_size/006.jpg
どないだ?

58 名前:爆乳大佐 ◆Wrk8395W0I mailto:sage [05/01/04 19:15:52 ID:DcE7bnR7]
ttp://russianmistress.femdomworld.com/15/05/img01.jpg
ttp://dspace.dial.pipex.com/town/street/zh84/other/featured-63/way2tight02.jpg
ちょっと違うかも知れんがどないだ?

59 名前:爆乳大佐 ◆Wrk8395W0I mailto:sage [05/01/04 19:34:49 ID:DcE7bnR7]
ttp://www.eliseerotic.com/vidsamples/p01010726.jpg
どないだ?

516 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:29:04 0
>>514
そういうことだよ同志w
で、おまえ完全に痛すぎるから消えた方がいい
おまえ最高位とかラビとかともレベルが違いすぎるんで
これ以上何ともいいようがない

517 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:31:00 0
おっ、粘着卿ハンニバルの久方ぶりの登場だw

518 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:32:28 0
>>516
第2よりひどいのは少ないしなw

519 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:33:36 0
>>516
おまえが消えろ、ヴォケ。

520 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:35:07 0
名無しがコテハン批判するのは負け犬の遠吠えだと思われw

521 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 00:39:48 0
勝ったとか負けたとか、関係ないね。
何ら科学的な観測もせず、科学とは無縁の生活を送ってるだけの変態爺ぃが、どうして、
>近くで地表に「溢れだしたモノ」が「川」である・・・という科学的な観測を怠って机上の
>空論を重ねると、このように奇妙な(幼児的な)発想が生まれる・・ということです。
みたいな書き込みができるんだ? ってことだ。

522 :ネオマトリクス:2008/12/22(月) 01:46:59 0
化石がどうとかの話しになってますが
そういう学説は権力者のいいように裏で合わせて変化するので
全くあてになりませんね。

近時代では国を超えた財閥同士の派閥とかで、その都合で
生物学や宇宙学や化学や物理学も変わるので、
機械殿だけでなく名無しの皆様もそういうのを妄信しきってるのは
ちょっと非科学的ですね。

例えば、超高エネルギーや新しい技術があっても、石油が枯渇するまでは
都合がいいという派もあるんですね。要は記憶とかあてにならない。
量子力学なんかもそうですね、ああいうのは人間の心理に作用するんで
実験結果を変えられた方が都合がいい。よって結果=多数決

523 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 02:08:39 0
どうやらウンコの機械は悔しくて涙をぬぐいながら就寝した模様w

524 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 02:18:38 0
>>523
小学生はウンコもいいけど寝た方がいい時間だ

525 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 07:09:46 0
決定論と私を記述してくださいは後出しの条件がどんどん出て来て終わらない件

526 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 07:43:14 0
>>521
なんか逆に晒されちゃってるみたいなのが気の毒なんで、
いま、観測氏は何を観測しているのとか教えてくれる?
あんまり価値無い観測するくらいだったら意義のあるものが色々ある
例えばだけど渋谷円山町付近で廃棄される使用済みコンドーム内に
残留する精子数とそのタンパク質組成とDNA分子構造の傾向及び
エイズウィルスの含有率についての観察とかやればノーベル賞
は無理でも厚生労働大臣賞くらいは貰えるかもよ


527 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 08:18:55 0
>>503
482です。回答ありがとうございました。
そこまで知識がありながら、482の要旨、本質を理解されていないことが残念でなりません。

>>川の最上流にはさらにその上流に流れる地下の伏流水が存在するのであって、それが海の
>>近くで地表に「溢れだしたモノ」が「川」である

川に対して、水源は実はあらゆるところにある。しかし人々は水源は1つであり、
川の最上流の点であり、それは川の誕生時からそこにあり、そこから流れ出た
水が水路をつくり、川を作り、海に達した、と勘違いしているんですね。
ところが実際は実は無限ともいえるように複数の水源がその形成に寄与している
川の形成期には水路が水路を争奪し、最も大きく、最も長くなった目視可能な
水路の最上端を水源であると、人はしているわけですね。そこだけを重要視する。
そこだけしか気にかけない。

機械さんはそこまで知識を集めていながら、それを活用できていないのが残念です。
ニュートンに記載された、およそ137億年前のビッグバンが今の宇宙の唯一の源
であるという知識に、どうして疑問を抱かなかったのか、不思議です。



528 :521:2008/12/22(月) 16:04:50 0
>>526
気の毒がらなくていいよ。
本当に馬鹿なんだなあ、この変態爺ぃは。
俺は、482に対しても、誰に対しても、
>近くで地表に「溢れだしたモノ」が「川」である・・・という科学的な観測を怠って机上の
>空論を重ねると、このように奇妙な(幼児的な)発想が生まれる・・ということです。
なんて書き込みはしていないんだが?

529 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 16:15:51 O
討論を楽しむスレ
1:ジョウ◆VU6hOZukT2 :2008/12/22(月) 15:18:57 ID:???
『どちらでもよろしい、義不義、口の先で自由自在、君が義士と言えば僕は不義士にする、
君が不義士と言えば僕は義士にして見せよう、サア来い・・・』
by福沢諭吉

テーマは自由。思想にこだわらず、まぁ気を張らずに・・・

11:名無しさんの主張 :2008/12/22(月) 16:06:12 ID:???
>>1
で、その言葉に影響されて、自作自演やって両側から攻撃して精神病になったのか?お前は。
「観念は具現化する」「第三の波平」「純一」「あこがれ」その他
複数のコテハンを使い分けて両サイドから自演やって
煽ってたまに釣られた奴をいじって遊んでるんだな。

530 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 16:20:36 0
106 名前: 「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q 投稿日: 2008/10/13(月) 01:36:04 0
私、「機械的唯物論」者のように、哲学や科学に関する、
「まともな知識」のない者にとっての「まともな議論」とは、
「人の時間を奪って、そいつが発狂するのを待つ」ことに他なりません。
まるで関係のない>>1>>2>>3をセットで張っている理由も、議論を混乱させ、
不必要に長引かせ、スレを存続させるためなのです。
いや、私にとって議論を混乱させることこそ、「まともな議論」なのです。
もちろん、一見、意味のないスレを存続させることの意味とは、
「人の時間を奪って、そいつが発狂するのを待つ」ことに他なりません。

さあ、では議論を始めてくださいwww

531 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 17:50:02 O
それは偽物

532 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 18:26:17 0
主張は本物

533 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 18:45:38 0
おまえの物は俺の物♪

534 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 18:50:50 0
んまい☆
お〜ぃ山田君、座布団一枚持ってきてやって

535 :考える名無しさん:2008/12/22(月) 18:51:51 0
以上、自演でお送りしました☆

536 :無職無能低学歴の自省:2008/12/23(火) 01:07:47 0



312 名前:考える名無しさん :2008/12/23(火) 00:59:05 0
一度本気で人生に立ち向かったらどうや。そうしないとこのまま親が死ぬまで泣かせ続けることになるぞ。




537 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/23(火) 02:02:04 0
「この(4次元時空連続体)としての宇宙(「世界」)」は「たった1個だけ実在する」
ので、「他の宇宙(世界)の歴史」はまやかしにすぎません。
 しかしいくら科学が発達しているとは言え「微妙な差異・誤謬」が一部混在することも
それはそれで「やむ終えない」としか言いようがありません。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。


538 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/23(火) 02:11:38 0
>>537
「微妙な差異・誤謬」とは「科学的観測の誤差」という意味です。
科学的観測内は必ず「誤差」が反映された「事象の分布」が存在します。
しかし、「事象の分布とはどこの誰が起こしているのか?」という
根本的疑問にお答えすることが出来るのは『機械的唯物論」しああり得ません。

本日は就寝させて戴きます。

539 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 02:45:51 0
糞スレ上げんなよ、抜け作!!

540 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 08:09:53 0
>>527
>ニュートンに記載された、およそ137億年前のビッグバンが今の宇宙の唯一の源
>であるという知識に、どうして疑問を抱かなかったのか、不思議です。

それはニュートン一誌ではないぞ。米版英版サイエンス誌他世界中の宇宙物理学誌全部だよ。
今や例外はない。
もっともビッグバウンスとかいうビッグバンとビッグクランチを際限なく繰り返すという理論はあるけど。

541 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 08:16:49 0
>>540
ミステリーサークルなんぞで騒いでいたカルト系科学誌では宇宙論は色々出てる。
いつも読んでる奴は本気じゃないんだろうけど、SFだと思って読んでみると面白い。

542 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 08:19:12 0
>>540
米版も英版もサイエンス誌は物理学専門だとw

543 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 10:44:20 0
>>527
>ニュートンに記載された、およそ137億年前のビッグバンが今の宇宙の唯一の源
>であるという知識に、どうして疑問を抱かなかったのか、不思議です。

ビッグバンはニュートンという雑誌が初めて書いた宇宙論ではないだろう
今の天文学ではビッグバン宇宙論が主流だからそれ以外の宇宙論があるなら紹介して欲しい


544 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 11:09:49 0
>543
定常宇宙論

545 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 11:15:55 0
恒星がそれぞれ遠ざかりつつある現在の情況を見て時間を巻き戻すとビッグバンしかないことになるね
定常宇宙論ではそれが説明できない

546 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 12:02:43 0
>>545
時間を巻き戻したら、こういう風に考えることができるよ、
という「仮説」だけどね。

547 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 12:29:42 0
>537 名前:「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/23(火) 02:02:04 0
>「この(4次元時空連続体)としての宇宙(「世界」)」は「たった1個だけ実在する」
>ので、「他の宇宙(世界)の歴史」はまやかしにすぎません。

機械のいう真理ってのは、ニュートンで紹介される定説が変われば変わるのか?
それとも定説の変化にかかわらず不変なのか?

137億年±2億年という今の定説が20年後に変わったら、いま現在
機械が真理と主張している「たった1個だけ実在する」
「この(4次元時空連続体)としての宇宙」、137億年前のビッグバンにより
発生した宇宙は、
20年後の「たった1個だけ実在する」「(4次元時空連続体)としての宇宙」
にとって、「まやかしにすぎない」宇宙として扱われるのか?どうなのか?


548 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 12:49:22 O
過去の出来事が見えるということは
空間の広がる速度は高速を超えてる

549 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 12:49:23 0
>>547
>機械のいう真理ってのは、ニュートンで紹介される定説が変われば変わるのか?
>それとも定説の変化にかかわらず不変なのか?
まあ、例によって誤魔化すだけでしょ。
たかだか2ちゃんで、何をどう誤魔化しても意味ないんだがw

550 :549:2008/12/23(火) 12:52:09 0
訂正

たかだか2ちゃんで、何をどう誤魔化しても意味ないんだがw ×

たかだか2ちゃんで、科学者でも何でもない単なる変態オヤジが ○
何をどう誤魔化しても意味ないんだがw

551 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 13:10:43 O
過去の映像が見えてるから、
時間を巻き戻すと未来が見える。

552 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 13:19:59 0
>>540 >>543
>>527は、ビッグバン仮説がニュートン一誌に書かれている、
という意味ではないだろ?
機械が読んでるのが、ニュートン一誌。
機械が米版英版サイエンス誌なんて読むわけないだろwww

553 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 16:22:56 0
人格障害スレ

554 :第2唯物論 ◆BN8ofhI8Eg :2008/12/23(火) 20:15:02 0
>>518 俺のどこがどうひどいって??

このスレでは群を抜いてまともだろうがwwwwwwwwwwwwww

555 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 20:54:39 0
>>554
>俺のどこがどうひどいって??
糞スレを上げちゃうところ。

556 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 23:03:01 0
あほんだら教の教祖こと、機械的唯物論者はまだかね?

557 :考える名無しさん:2008/12/23(火) 23:10:29 0
いってることは狂信者っぽいけど、「教祖」っていうほどのカリスマ性はないよ

558 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 01:50:42 0
>>547
>137億年±2億年という今の定説が20年後に変わったら

機械が誕生した40年前には150億光年±20億年だったからある意味間違ってはいないことにはなるw


559 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:07:28 0
ニュートンを文科系が理解したと思うのは通俗誌だという先入観から言ってるだけで自分で読んだという
意味ではないということを告白しなければいけないということから哲学は始まる

560 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:11:47 0
「ニュートン」は表紙見ればパスだって誰でも分かるだろw

561 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:15:40 0
>>560
ああそうかい?ミュートンの記事のどこがどう間違っていたことがあるか
1個でも具体的に指摘しろ!馬鹿がw

562 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:17:38 0
ムートンはふかふかの敷物だろが?!ミュートンってのは?w

563 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:21:21 0
教祖基地外敵唯舞津論様の一般参賀はクリスマスイブに延期されました。

564 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 02:24:50 0
真理が厳しい場合に今の自分の惨めな暮らし続ける理由が知りたい
それだけなんだがw

565 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 04:58:22 0
数ゼミとサイエンス読んでるからニュートンはどうでもいい。
懸賞問題とかあるなら買ってみるがニュートンは創刊号の頃から懸賞がなかったのが致命傷だった。

566 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 06:30:59 0

 あの ル・サンチマン™ が訊くんです。


   こなこなろってるり?

   ろってるり?




567 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 13:35:54 0
人格障害だらけ

568 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 18:54:05 0
なに?このすれ?ばかなの?しぬの?

569 :法学士 ◆Ag3iXIDZUk :2008/12/24(水) 19:01:40 0
主イエスキリストの名において、
メリークリスマス。

このスレをきっかけにキリスト者たらんことを。
毎年お伺いしていましたが、最終的には
キリスト教に帰依することになりそうです。
真に哲学的疑問を助けてくれるのはキリスト教だけでした。
他の宗教ではダメでした。
許されて生きることのつつましさをあなたがたにも。

570 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 19:04:04 0
  ↑
偽善者

571 :考える名無しさん:2008/12/24(水) 20:31:06 0
>>568
「『機械的唯物論」しああり得ません」とか、「ミュートン」とか、
呂律も回ってないし、お迎えももうすぐだろうなw


572 :考える名無しさん:2008/12/25(木) 05:28:28 O
我と宗教と罠
ラスボスはウルージさんです

573 :考える名無しさん:2008/12/25(木) 05:53:54 0
どんな物質があったならば、意識を調べようと考えるんですか。

574 :考える名無しさん:2008/12/25(木) 08:28:26 0
>>562
違う。
ムートンとはマトンのことであり、一般的には、その毛皮を指している。w

575 :考える名無しさん:2008/12/25(木) 17:13:41 0



  この世に尾獣は全部で9体おる。




576 :ネオマトリクス:2008/12/25(木) 22:14:35 0
機械殿、英知ある貴殿の論説を俺はリアルでも
職場の人に語ってますが、こういう
『生物学的な、物理的な不動の事実』
を、リアルでも分かり易く説明するにはどうするか?を話し合いませんか?

いえ、信仰する説が違えど、貴殿とは
快楽苦痛で目的が一致してると思う。
つまり脳と意識を厳密に、徹底的に考えていった先の不動の事実
『決定論&哲学的ゾンビ』これ。
これはリアルの私生活でも大いに役立つ。
かつ、意識が物理的に物質に干渉しない事で、意識は
自由であるような説を創れた。

が、リアルでは『常識教という過激な原理主義』により、
人間は物理的に特別な存在だ、第五の力のようなモノでヒトは自由になってる、
という説が通ってるので、
貴殿や私は昔のガリレイのような扱いを受ける。で、目的が似てるので
分かり易い、説得力のある、表現や例を思索しませんか?という話です。

なんせ、俺は記憶すら根拠なしの妄想と気づいたんでね。後は肉体的感覚を消せれば
マトリクスから脱出できる。

577 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/26(金) 01:44:35 0
>>576
>快楽苦痛で目的が一致してると思う。

それは違うかもしれません。
私は「真(理)」をひたすら求めてしまうという「哲学病」に罹っているので、
たぶん中島義道氏に近いメンタリティの持ち主ですから、「快を求めるのは当然であろう?」
という考え方は「哲学的ではない」と考えてしまいます。
 すなわち「自分にとって『真理を知る』ということがいかに過酷であり不快であっても
それ『真理を知る』ということ以上の『人生の目的を想定することが出来ない』という『病』」
・・・それが「哲学病」なのだと思います。

578 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/26(金) 01:55:23 0
>>576
>『生物学的な、物理的な不動の事実』
>を、リアルでも分かり易く説明するにはどうするか?を話し合いませんか?

それについては全面的に同感ですし、話し合いでも協力でも何でも惜しみませんが、
それは実践に移してみると「かなり困難な長く続く道」になるとは思いますよ。
何しろ「普通の人々」は(無意識的に)「真理など自分の幸福に益がないなら知りたくもない」
・・という「基本的な人生観」で過ごしておられるからです。
 その方達に「(せっかく知的生物に生まれ落ちたんですから)『真理』についてもっと深く
突き詰めて考えてみませんか?」・・と言っても、彼らはその「真意」を理解することは殆ど(の%で)
ありませんから。
 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

579 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 01:57:25 0
真理とは不変・完全なものであり、
人間は真理を利用したり理解することはできるが、
人間が真理を操作したり創造することはできないものであるとき、
人間はただ真理には服従するのみであり、
人間を服従させる対象が真理であるという考えに繋がる。

不変・完全であり人間を服従させる対象は果たして真理だけなのか。
それ以外のが現在迫っている。人間はそれを真理として受け止めることしかできない。

580 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/26(金) 02:02:35 0
>>579
真理は「ただそうある」ということだけで「何故そうあるか?」については
「不感」であることにより「絶対者(真理の創造者)」の存在を(真理という
存在がアプリオリに存在するという強烈な「事実」において)「絶対者(神)の不在の証明」
・・になっている・・ということです。
 本日は就寝させて戴きます。

581 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:05:53 0
>>580
まあ「完全な存在=神」という前提では言うとおりかもしれん、がしかしなw

582 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:06:51 0
であるので、
仮に小作人の地主がロボコップであった場合、
ロボコップの指令は小作人にとっての真理となる。

583 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:09:23 0
そうか「神」が存在するとしたら「何故真理はこうなっているのか?」を
説明できる存在でなければなんないのにそういう存在は存在しないから「神」は存在しないということか

584 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:16:11 0
>>579
>それ以外のが現在迫っている。人間はそれを真理として受け止めることしかできない。

人間は必ずいつか死ぬという「(絶対的)真理」を認め、それについて考え尽くすことが出来ない奴は
「哲学」に近づくべきでないと思う。

585 : ◆TANPanX3xc :2008/12/26(金) 02:31:38 0
あー。
勝手に終身に服するといいぞ、機会w

586 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:40:07 0
死について、どう話に繋げるかで悩んでしまったよ。
哲学に近づく条件が、
1.死が真理であると認めること。
2.死について考え尽くすことが可能であること。
話が、この2つの条件が哲学に近づくということにどう関係しているのか
という問題に移ってしまったと捉えた。

587 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:47:39 0
>>536
その2つは哲学そのものと言っていいと思う


588 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:48:31 0
高尚な文系は人間の生活と
苧疾呼玖差亥苧饅湖にしゃぶりつきながら〜
うう旨過ぎwwwwwwwwwwwwwwww
ヘラゲラ生と死を哲学するのだよwwwwwwwwwww



589 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 02:53:15 0
無から発生しいつかは死によって無に帰る人間の「私」って何のために存在するのか?
全然判らない俺に誰かその答えを教えてくれる奴が居るのか?

590 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 07:48:59 0
人間は無から発生しない。
人間は人間から発生する。
人間が無になることはない。
特定の個人が忘れ去られて無縁になるだけ。

591 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 08:37:13 O
>>587
だとしたも、>>1は哲学でも何でもないけどなwww

592 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 12:01:16 0
>2.死について考え尽くすことが可能であること。

対象化されたモノはそれ故、思考可能である。
逆に生は不可能である。生は対象化できない。
つまり、死を対象化しないで考える状態は、
考えられない。死んでから考えろと言われても
困る。

593 : ◆TANPanX3xc :2008/12/26(金) 12:05:40 0
自分のポジションが解らなくなって、
「どぅしたらいいんですか><?」
とか、ほざいておいて。
今更「神」とか許されるとでも思っている?



ばかばかしいよね?

594 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 12:52:04 0
2ちゃんねるでは面白い現象が起きている。
リアルであれば、4人が議論しているときには4つの異なる個人を想定するが、
2ちゃんねるでは、4人が議論していたとしても誤って3つの異なる個人を想定したりする。
すると、合計7人の異なる見解が生まれる。(現実の4人+推測上の3人)

595 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 21:31:05 0
>>592
死んだら何もかも終わるという意味で人間は究極的に平等に出来ている。
世界中に別荘を持っていて気が向くままにご当地の愛人とSEXできる大富豪と
寒風に曝されながら空き缶集めて一日100円ぽっきり稼いでコンビニの一番安い
おむすび家って食うことが生き甲斐の50歳ホームレスも、いつかは死という共通の精算様式で
平等になるということだよ。歴史上の偉人も凡人も死という平等の取扱いのなかで沈黙して語ることはない。

596 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 22:56:42 0
>>595
うん。だから今更、そんな平凡なこといって、どうなるの?

597 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 23:25:52 0
>>595
精算様式は共通だが、失うものは遥かに差が大きい。
だからこそ平等なんだよ。

598 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 23:33:19 0
>>597
大富豪もホームレスも

産まれてから得るもの−失うもの=ゼロ

だから同じになる

平凡なことこそが真理なのだ。意味あることなどをもとめてはならない。

599 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 23:38:26 0
>>598
LESS THAN ZEROって映画思い出した。(確かアメリカ映画)

600 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 23:52:55 O
そう、キノコも人間も、発生している事に意味は無い。

意味を見いだそうとするから、江原等の詐欺師に騙されるんだ。

601 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 00:00:18 0
レス ザン ゼロ 
の深い意味は
どうせみんな死んでしまうのだから人生に意味は無い

602 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 00:29:20 0
>>601
不老不死を望んでるみたいだけど
あの温泉、冬は寒いよ?

603 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/27(土) 00:49:03 0
>>602
不老不死ですか?
人間の肉体が(脳を含めて)物質である以上
「適切なメンテナンス技術」でメンテナンスが可能であれば
不老不死は別に「不可能なこと」ではないと思われます。
ただ、今現在の医学・生理学・細胞学・分子生物学の最先端の成果を
もってしても「細胞の若返り」はもとより「細胞の老化の停止」さえ
(技術的に)は出来ません。
 細胞は時間を経れば必ず老化する(故に人間の肉体は必ず死ぬ)という
「事実」が現時点で操作可能ではないことは事実ですがそれが「未来永劫操作可能ではない」
ことを意味しないこともまた「事実」なのです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

604 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 00:58:06 0
機械さんは自分の不老不死については興味がないように書いてるけどそれは疑わしい

605 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:00:54 0
>>603
>医学・生理学・細胞学・分子生物学
が進歩したら人間というか人類の不老不死が可能になるということを言いたいのが機械的唯物論かいな?

606 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:02:37 0
脳を若い肉体に移植できるよ〜になるっていってるの?
でも脳自体の老衰を止めないといけないよね?
細胞の再生を永久に行なえるよ〜に遺伝子操作をするって事なんだろけど
その可能性があるとはまだ聞かない、、

607 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:03:28 0
機械が目指すのは自分だけの不老不死だということが分かってしっまったw

608 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:04:02 0
>>603

いつもハジッコの方に、レスお疲れ。

609 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:07:39 0
>>608
一応機械が「スレ主」だということは10年間揺らいでないことは「事実」w


610 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:15:03 0
>>609
で、あいつが言いたいことは結局何なの?w

611 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:21:04 0
>>610

機械が「スレ主」だということは10年間揺らいでない
ってことじゃない。

612 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/27(土) 01:26:18 0
たっらいまぁーーーーっ。

今年も終わりかぁ。


613 :ラプラスの天使  ◆daemontaDA :2008/12/27(土) 01:34:10 0
♪ テロメアー また一つ 星が消えるよーっ

♪ 赤く 赤く燃えて 銀河を流れるように

♪ 銀河を流れるように



チンポを伸ばさず、テロメアを伸ばせば人類は不老不死にゃり。

わかったか、奇天烈。


うぃーっぷ、今日は覚醒物質の減少により就寝いたします。


614 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 01:51:54 0
pikarrrあるいは純一の発する奇妙な単語はクラ板発。



405 :名無しの笛の踊り :03/02/14 00:15 ID:???
エズオドットコリ〜モナ〜♪
エズオドットコリ〜モナ〜♪




406 :名無しの笛の踊り :03/02/14 00:16 ID:???
キチガイ ヴァカモト 惨めだねえ


407 :名無しの笛の踊り :03/02/14 00:21 ID:???
ワラウム返し数ら放ら放ら放が少なの無しエズオドットコリ〜モナ〜
エズオドットコリ〜モナ〜と云いなしののりしのの〜と云いなしののりしののり
ワラウム返し数ら放らエズオドットコリ〜モナ〜と云いなしののりしのの〜と云いなしののりしののり

ケッ
一生うらんでやる 一生さらしてやる



408 :名無しの笛の踊り :03/02/14 00:31 ID:???
正気か。


615 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 02:18:18 0
>>600
だったら意味のない書き込み、やめてくれるかな?
サーバーの負担だから。

616 :考える名無しさん:2008/12/27(土) 18:03:12 0
>>615

まったくだよ。機械氏は。

617 :ネオマトリクス:2008/12/27(土) 21:00:57 0
>>577
>「真(理)」をひたすら求めてしまうという「哲学病」
いえ。私達がしてる思考や書き込みすらも
『単に、そうしたいから(快)』
という真理でそうしてるだけ。

『決定論か?非決定論か?真理があるのか?ないのか?
 真理は一つなのか?無数なのか?そもそも何が真理なのか?』
という事すらも、
『快楽を感じる・苦痛を避ける』
により判断される。

理論は快楽苦痛で無限通りに変わるんですよ。貴殿のはその中の一つ。

で、 >実践に移してみると「かなり困難な長く続く道」になるとは思います
これは『万人は哲学的ゾンビ』で終わりです。
他人のやってる、「物質以外のモノの存在の肯定」を否定するのです。
つまり、
神や悪魔や精霊や天使や情報生命体や呪いやオーラやマトリクスと同等な、
『意識(心)という、物理的に観測も証明も出来てないモノ』
を、世間の一般人が認めてるのを否定する。
方法は、単純に、
『物理的に観測も証明も出来てないだろ』で終わり。

『実際、俺に意識は無い』しね。↑も全て文章ですらない。
文章もそれではない。とある空間にある物質の集合が、これ。

これは独我論の弱点を克服した、絶対的なモノだ。

618 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/27(土) 23:58:07 0
>>617
あなたの「快苦」はどうも分析が足りないように思います。
古代ギリシア時代から
エピキュロス派=快楽主義者派
ストア派=禁欲主義者派
の2大潮流があり、それぞれ「快(楽)の処理の仕方」について
正反対の立場を採っております。
 現代の高度資本市議社会ではどちらかというと「快楽至上主義」が優勢に見えますが、
その中で「禅の精神」とか「茶道の心」とか「わびさびの世界」とかの「清貧の思想」
により心引かれる方も多いかと思います。
 それは日本だけではなく欧米の人々も同じだと思います。
 すまわち(表面的な快苦)を超越したところで成立する「高度な快苦」が存在するのであり、
「哲学」(真理を「知る」ことに至上の価値を見出す思考)・・もある意味では「ストイックな姿勢」
であるということは言えるかと思います。

619 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:00:24 0
どこが決定論なんだよ。


620 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/28(日) 00:06:19 0
>>619
あなたがエピキュロス的思想に傾倒し実践するかあるいはストア派的思想に傾倒し
実践するかは、今までの@あなたの過去の経験(要は脳内に記憶物質として蓄積されたアミノ酸配列)
とA今後遭遇する「あなたの個人的な経験(運不運)」によって「決定される」のですが、
@もAも既に「決定されている」のであなたが快楽主義者になるか禁欲主義者になるか?それが死ぬまでに
変わったりするのか?も「既に」決定されている・・ということです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

621 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:14:19 0
運不運も決定論のうち?
のんきだな。

622 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:16:27 0
>>621
あんたが不運なのはあんたの日頃の行いが良くないからだと誰かに言ってもらいたいのか?

623 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:19:00 0
アルコールを飲むのは俺にとって止められない快楽だからね
だけど二日酔いで翌日苦しい思いをすることもセットだしw

624 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:21:34 0
>>622

のんきでいいな。

625 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:24:22 0
>>624
毎年3万人が自殺する日本国では15分に1人だから、
あんたも今日の100人の中に居ないだけのんきだと思えよw

626 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:27:15 0
>>620
今後遭遇するであろう運不運とは、機械論で説明できますか?

627 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:32:42 0
>>626
過去の歴史で2億年栄えた恐竜が1個の山手線内くらいの彗星の衝突で
6500万年前に絶滅したという過去と同様に人類にもいろんな運命が
待ちかまえ得ているし、それが都合の良い運命であるかどうかはわかんないけど、
決まっているんだろうね。過去が1個に決まっていたことを考えと。

628 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:34:02 0
>>625

おれものんきなお仲間に入れてくれるの?
ありがてぇ。


629 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:36:56 O
>>627

結果論。

630 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:37:50 0
一日24時間毎日100人が自殺してる統計では、実際にはその数倍だろうと思われる。
要するに数分に1人自殺を完了している国で、2ちゃんであああだこうだカキコしてる奴は
「悩みなんかない」部類に入るんじゃないか?

631 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:40:34 0
>>629
科学は実際に起きた結果を最重要視するしそれ以外の個人的想像なんぞは重視しない
要するに「結果が全て」なのである。

632 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:41:17 0
創価大学4年生で「森の聞き書き甲子園」2期生の江部弘樹さんがNHK
テレビ「一期一会」に出演します。創価学会同志の活躍を応援しましょう。
「一期一会」は、対極な立場にいる若者が出会い、対談する番組です。
これまでの放送では、「結婚に踏み切れない女の子」と「10代で結婚した
女の子」、「フリーター」と「起業家」といったように、異なる価値観・
ライフスタイルを持つ若者が、お互いの思いをぶつけてきました。
そんな出会いによる心の変化を描いた番組です。
今回江部くんは、農家の長男でありながら、故郷を離れ、東京で創価学会
職員として就職することになったものの、不安や罪悪感を抱える若者とし
て、故郷・島根で自然放牧業を営む若者と向き合います。
我ら創価ファミリーの活躍を応援しましょう。ぜひご覧下さい。

【放送日時】12月27日 22時25分〜(30分)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/index.html

633 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:41:24 0
>>627
なに名無しになって、どーでもいい数字書き込んでんだ?
馬鹿じゃねえのか、機械は?

634 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 00:43:20 O
>>631

じぁ結果論ってことで。

635 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:27:54 0
人生って結果論以外何があるのか?
ある人の人生って結局結果論以外に何もない。


636 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:35:14 0
結果は、どうでもいい。
プロセスから何を学ぶかが重要。
当然の話だ。

637 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:40:36 0
学んでもそれが結局結果に結び付きませんでした残念でした!
ということも沢山あるから「重要」であったか否かは一概には言えない。

638 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:42:28 0
だから、結果はどうでもいいといってるんだが?

どうして、こう頭が悪いんだろう。機械は。

639 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:45:21 0
>>638
結果はどうでもいいならあんたが永遠の地獄暮らしになるとしてもどうでもいい
ということだね。あんた以外がそう確信してるのは当たり前だけど・・

640 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:48:46 0
>>639
全然? けっこう優雅に暮らしてますが?

641 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:51:10 0
>>637
ハイハイ。機械さんも株で大損こいて、
結果が出せなくて残念でしたwwwwwww

642 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:52:11 0
>>640
肉体死のあと永遠に精神的肉体的に苦痛が日常であるという世界「地獄」
に「永遠」に閉じこめられることに同意・・と認定されました。
 しばらく(数年)お待ち下さい。

643 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 01:56:40 0
>>637
どこまでを持って結果を見るかによるだろう。
プロセスは区切るタイミングが重要。

644 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 04:59:51 0
>>642
意味不明の戯言には、同意も拒絶もできないなあ。アホらし。

645 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 14:19:42 0
なんかアホがいっぱいだね、このスレ

小さい悪さを100回やってそれぞれに事あるごとに精神的に悩むくらいなら
ひとくくり1つの大悪事をやる方が精神的にも軽いよね。地獄にもおちない。
資本主義で大儲けしている俗に言う勝ち組みはこれだよね。

646 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 15:44:24 0
資本家=悪。なんだろ、この古臭い発想。

647 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 15:51:42 0
悪だってw 古過ぎもいいとこw

648 :ネオマトリクス:2008/12/28(日) 17:59:48 0
>>618
快苦は確かにそうですが(つうか存在し無いんで無限通りですが)
『万人が哲学的ゾンビ』
これは、永遠不動の絶対的な、あらゆる問いや矛盾を全て打ち消す
単純な解です。俗に言う真理。

つまり
「検証も証明もできないんだから、意識や心は存在しない。
 神や悪魔や天使や霊と同じようなモノ。
 色も硬さも大きさもない物質しか存在しない。」
という単純な論。

これは、独我論の弱点を克服した、最強の真理です。
なんせ『相手に、物理的に証明させる論』なんでね。
で、
『俺は意識が無いし、ただ物質がこう動いてるのが俺で、
 君らもそうだし』
という、徹底した現実主義・唯物論。

これが真理だ。これの前では
貴殿らの論は全て
『信仰・言いたい放題・何でもあり・無限通りの定義や公理』となる。

なんせ『俺に意識は無い』んでね。実際にね。
とてつもなく現実的で、事実。君らの
「私には心があるよー」の方が、妄想っつうか信仰っつうか多数決というか
不可知論を越えられないと言うか・・・

俺は意識が無いし、物質しか観測できないんで、いやあ万人が哲学的ゾンビが絶対的な事実だ。

649 :考える名無しさん:2008/12/28(日) 19:21:50 0
>>648
もう寝ろ

650 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/29(月) 00:00:47 0
>>648
>検証も証明もできないんだから、意識や心は存在しない。

証明とか検証(方法)とかはあくまで(科学の)手段にすぎません。
それにいかなる(物理・化学的)事象も「未来永劫証明や検証は出来ない」
と断定することも実は「間違い」になります。
 今年ノーベル物理学賞を受賞した小林:益川理論の根幹は要約すれば
「物質(原子核)の根源的粒子であるクォークは3種類ではなく6種類有る筈である」という
「机上の議論」で導き出されたものですが、その「残り3種のクォーク」が
その(机上)議論の後40年間に次々と「実際に発見された」ことによって
今回の受賞があった・・ということです。
 逆に言いますと「クォークが6種類有るなんて議論は観測結果のつじつまを合わせるための机上の空論である」
という説が「次々に行われた実証(実験)で覆された結果」が今回の3名の日本人のノーベル物理学賞受賞に繋がった
・・ということです。
 小林:益川理論が唱えられた40年前にはその理論が「真理を言い当てている」とは誰も思わなかったので
ノーベル賞候補どころか日本学士院賞の候補にさえなり得ませんでした。
 「真理への接近」とはそのようなプロセスを経ながら進行していく・・ということです。

651 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:17:08 0
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | <うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \_____
     \____/

652 :あまの:2008/12/29(月) 00:20:51 0
異なる見解を一層高い見地から見るということが出来ないから
読み応えが無いんだなこの男の長文は

653 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:24:53 0
>>650
>小林:益川理論が唱えられた40年前にはその理論が「真理を言い当てている」とは誰も思わなかったので
おまえだって「真理を言い当てている」なんて思ってなかったんだろうが。
ノーベル賞でも取ってなければ、「観念論的自己欺瞞です」なんて馬鹿なこと、
言ってたはずだぞwww


654 :あまの:2008/12/29(月) 00:25:41 0
たまたま知ってることを長々と書きやがってこの空けもの

655 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/29(月) 00:26:29 0
>>651
つい覗きたくなるお気持ちは理解できますが、あなたのようなメンタリティは
実は哲学には向いておりませんので、哲学があなたの人生を毀損する事になりますので、
この板だけではなく哲学板自体を覗くことがあなたの「不運の始まり」になると思われます。
簡単に言い換えますと「あなたの人生にとって哲学は百害あって一利無いことなのでできる限り忘れる」
ことをお勧めします。
 哲学は場合によっては『死に至る病』(キルケゴール)になってしまうこともあり得る「病気(哲学病)」
である・・ということです。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。


656 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:30:41 0
>>652
スレに巣食って、どーでもいい長文を書いてる寄生虫みたいな奴だから、
あぼーん設定しておくといいと思うよ。

657 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/29(月) 00:31:43 0
>>653
物理学には物理学のプロトコルがあるので、それを知らない「野次馬マスコミ」
の下品な「浅慮」が意味を成すことなど・・実際はあり得ないということが
40年間の世界中の科学者の地道な「観測・検証」の価値であり、それについて
下世話なジャーナリスト的観点からしか理解できないマスコミ・・が真に(その価値を)
理解することなど出来ない・・理解するつもりもない・・理解しても意味がない
・・ということです。

658 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/29(月) 00:33:18 0
本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

659 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:34:48 0
>>654
>たまたま知ってることを長々と書きやがってこの空けもの
いや、知らなかったことを一所懸命、どこかで調べてコピペしてるんだ。

660 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:38:24 0
実証不可能か可能か、人類が滅びるまで分からないとなると、
哲学はただの人生観ということですか。

661 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 00:46:26 0
>>655
>この板だけではなく哲学板自体を覗くことがあなたの「不運の始まり」になると思われます。
>簡単に言い換えますと「あなたの人生にとって哲学は百害あって一利無いことなのでできる限り忘れる」
>ことをお勧めします。
「哲学は」じゃなくて、「哲学板は」だな。
なるほど哲板は、このスレも含めて、ほとんど哲学とは無縁だ。

この板だけではなく哲学板自体を・・・?
あれ? この板って哲学板じゃなかったんだけ?

662 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 01:03:43 0

人格障害スレ

663 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 01:43:38 0
物理学の豆知識を披露することで機械的唯物論の正しさを示したことになる
という錯覚はどこから来るのか
単なる自己欺瞞じゃないか?

664 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 02:19:48 0
>>663
「観念論的自己欺瞞」だなwww

665 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 15:01:10 0
>>657
だから、>>653は、おまえも、その下品で下世話、浅慮のマスコミと一緒で、
科学を理解してるつもりで理解してない、出来ないってことを言ってんだろ?
ほんと頭悪ぃんだな、このおっさんだけは。

666 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/29(月) 15:10:39 0
西暦2008年はもう駄目駄目なので
西暦8年として生きていく事にしますよ


667 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 17:45:00 0
>>655

>ジャーナリスト的観点からしか理解できないマスコミ・

雑誌ニュートンはどうなん?

668 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/29(月) 18:02:38 0
幼い頃の自分に自分が殺される恐怖
まさにどうしようもないという事ですな


669 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 18:14:47 0
>>657
「観測や検証」は周囲がそれを理解してもしょうがないということです。
40年にもわたり研究した結果、それが実を結んだのは「年月」なのではなく
偶然、40年まえ提唱した仮説が正しかった、ということなのですから。

670 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 20:51:15 0
>>669
その仮説が真理を言い当てていたからこそ、正しいことが検証されたと言えるようになって
初めてノーベル賞授与の対象になったということでは?

671 :ネオマトリクス:2008/12/29(月) 21:00:28 0
>>650
貴殿は重大な事を理解していない。(ハンニバルやラビもそうですが)
俺からすると貴殿も世間一般人も○×今日も全て
『何でもあり無限通り多数決定義次第自由言いたい放題好き勝手教』
の信者にしか過ぎない。
なぜなら
『物理的に、観測できず、証明もされていない事の妄信』だからだ。

>いかなる(物理・化学的)事象も「未来永劫証明や検証は出来ない」
>と断定することも実は「間違い」になります。
ここが貴殿の思考のミスだ、事実への。
確かに、素粒子・ダークマター・地球外知的生命体といった
『物理現象・物質の集合』
は、時間が経過すれば観測され証明される可能性はある。
俺はこれは否定しない。貴殿のおっしゃる通りだ。

が。意識・心・クオリアってのは、そもそも、
『物理現象・物質ではない』ので、存在しないんですよ。
何をどうやったら、そういう存在しないモノが存在する事になるのか、
俺には全く理解できない。
なんせ観測も証明もできないんだからね。10の16130321403216541320321894516555555212414乗年経っても無理。

つまり、この世には『物質があり、変化している』これしかない。その他はカスゴミ。皆無。
で、『実際に、俺に意識は無い』んだよ。自身が哲学的ゾンビ。
痛いとかは言っても、意識・心は無い、素粒子の集合。
貴殿らもそう。単に、
「俺に意識がある」「俺に意識が無い」という、いくつもの哲学的ゾンビ(素粒子の集合)
があるだけだ。意識は無い。これが俗に言う不動の真理。

672 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 21:01:46 0
科学理論はいつまでも仮説でしょ。
究極の真理など人間には考えられないことだろ。

673 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 21:43:06 0
>>671
>貴殿は重大な事を理解していない。

一番理解していないのは貴方だと思われます。

所詮貴方が勝手に重大な事だと思っているに過ぎないのに、
それを自覚しないで、相手に「重大な事」と言うは馬鹿だと思います。

貴方は自分の妄想を垂れ流しているだけということを自覚した方がいいです。
貴方の主張は、貴方の妄想世界の中で言えることであって、
その妄想を共有していない他人に言っても無駄ですし、愚かなことです。

>その他はカスゴミ。皆無。

それも貴方にとってに過ぎません。貴方はゴミに囲まれて生きている馬鹿です。
ゴミだと思うなら、ゴミのない世界に行けばいいのにそれすらできない臆病者ですね。



674 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 21:49:07 0
>>673
>貴方の主張は、貴方の妄想世界の中で言えることであって
>妄想垂れ流し
>愚か
>馬鹿です
>臆病者ですね

ヒント:同じ過ち

675 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 21:56:08 0
>>674
単なる事実です。ネオマトにとっては、妄想かもしれませんが。

676 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 22:16:07 0
>>675
>単なる事実です

アホかw

>愚か
>馬鹿
>臆病者

全部、形容詞じゃんよw

677 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 22:22:45 0
>>676
形容詞ではありません。日本語の文法から勉強しなおした方がいいでしょう。

678 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 22:41:47 0
>>677
オマイどんだけ間抜けなんだよw

>愚かな
>馬鹿な
>臆病な

形容’以外のナニモノデモナイじゃんよw
形容の何処が事実だよタコw

679 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 22:52:03 0
>>678
で?
それが私とネオマト氏との議論に関係あるのですか?
くだらない突っ込みはやめた方がいいですよ。

680 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:07:22 0
>>679
あんたの負け

681 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:07:36 0
>>679
おまえ見苦しいよ。どうせ中身空っぽなんだから黙ってろよw

682 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:07:57 0
>>679
>それが私とネオマト氏との議論に関係あるのですか?

馬鹿かw

おまえの脳内とおまえのカキコの関係だろがw
おまえとネオのじゃなく
誤魔化してんじゃね〜よw

683 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:09:55 0
またネオマトが暴れているようだなw

684 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:10:51 0
>>680
勝ち負け以前に、勝負なんてしていません。

685 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:12:19 0
>>682
そうですか。好きなように思っていればいいと思います。

686 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:12:51 0
>>683
今度はネオマト自演説とか
お前、ラビだろ?wwwww

687 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:15:48 0
機械とラビには対話能力が欠落しているという共通点がある
これは相手の発言の意味を正しく読み取れないことに起因する

688 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:16:34 0
>>686
違います。
それに誰も自演だなんて言っていませんよね。
誰も言っていないのに、そのように考えるということは・・・

689 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:18:43 0
>ラビ ◆TpMvFQlvVk
興味の無い対象ならはじめからスルーしとけ!
人格批判オンリーで中身がない。それがおまえ!

690 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:19:04 0
>>688
あほの考え休むに似たりwwwww

691 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:22:53 0
>>689
人格批判はしていません。特に他の人とはちゃんと議論していますよ。
ただ、ネオマト氏の論説は聞くだけ無駄でしょう。彼自身、妄想だと言っているのですから。
妄想に過ぎないと自分でわかっているものを、他人に聞かせるのは愚かだと思います。

692 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:32:44 0
>>688
>それに誰も自演だなんて言っていませんよね

バカタレw

他の者が何と言ってるかをオマイが代弁するなんて
できない相談だっつの!
オマイはオマイのその糞発言に専念すりゃいいのよ
人様を代弁するなんて138億年ほどはやいぞタコw

693 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:34:30 0
>>692
>他の者が何と言ってるかをオマイが代弁するなんて

言ってないのは見ればわかる事実でしょう。必死すぎて笑えます。

694 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:34:34 0
>>692
                ___
              /∵∴∵\
            /= =-:',:.-= =-\   
           │  "ー=〓=-.'` │  運知饅の入れ知恵じゃな?
            \       /
            /       \
          , -‐';:;:;:;::;:;::;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
         /ヾ-=・=-.: '' ::´-=・=-:;:;:ヘ、
放ら放がらがらがぼがらエズオドットコリ〜モナ〜ワラウム返し数ら放ら放ら放 ,;';,.!レのョョ!
らがぼがらがらがぼがらがらがぼがらがらがぼがらがエズオドットコリ〜モナ〜ぼがぼがぼがらが
数_.!レのョョ!らがぼがらがらがぼがらワラしののりそだかまだのいっつのワラ
放ら放がらがらがぼがらエズオドットコリ〜モナ〜ワラウム返し



695 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:34:41 0
>>691
>人格批判はしていません

わははw

>愚かな
>馬鹿な
>臆病な


  ↑人格批判’以外のナニモノデモナイじゃんよw



696 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:36:23 0
>>693
ラビ、







      他人を代弁できるとでも思ってるのか?








答えてみ?

697 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:36:29 0
>ラビ ◆TpMvFQlvVk
おまえがしゃしゃり出てきてスレが汚れてんの。

698 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:36:44 0
機械氏を馬鹿にしてもこうはならないですね。つまり、そういうことですね。

699 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:54:28 0
>>698
機械とオマイ自身を較べるのはヤメとけ、、惨めさ1万倍に増幅w
オマイのくだらないっつ〜か頭悪いとこは
カキコに何の理屈もないとこなんよ・・糞ってことw

700 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/29(月) 23:58:00 0
>>699
>>685

701 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:02:44 0
>>699
????
機械がくだらなくなくて、何らかの理屈があり、
糞ではないように読めるけど?

702 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:13:02 0
>>701
まあラビに比べれば、電波なりの理屈はあるだろw

703 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:15:02 0
ちなみに、名無しでコテ叩きしてるレスのうち、一部は機械だけど、
ほとんどは不登校から引きこもりになったpikarrだよ。

704 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:15:57 0
>>702
ないね。目糞と鼻糞だ。

705 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:18:36 0
>>703
純一乙
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

706 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:20:50 0
>>705
ずいぶん激しい反応だね?

それぐらいのエネルギーがあれば、登校できたんじゃないか?

707 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:23:21 0
純一乙
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
純一乙
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
純一乙
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
純一乙
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


708 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:56:46 0

.         ...-ー、,-─ 
        ‐=*ニ,>/.i <,ニ*=‐   
       ..   / ー-' ヽ   . .    現代思想は頭の悪いぴかぁ〜の学問 
          .. -=ニ=-        ゴッコじゃよ。カリカリすんなお(^ω^)
           .`ニニ´ 
        / ̄ヽ -  `ー、
        / :        ヽ.
        i ノ   :    i  i
        |. ゚、 _ ノ ヽ_゚ ノ,、  |
        |. |      | |  |
        |  !        ! |  |
        | /   ;   V  /
        |/       `、/
       /   .((i))   \
     /    ./~\    \


709 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/30(火) 01:11:20 0
>>671
>『物理現象・物質ではない』ので、存在しないんですよ。

@そもそも「存在するか否か」という判断は「判断」に尽きる
A「判断」は「『私』の判断」以外の判断としてしかあり得ない
B『私』とは脳内で(常にインプット「されつつある」感覚的クオリア)
 について「(常に)対応している指向的クオリア」のことである

という「事実の『構造』」が大脳生理学と分子生物学で解明された場合は
コンピュータの作動原理が「情報工学で解明された」ことと同じ意味合いに
なる・・・ということです。
 
 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。
 

710 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:14:27 0
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | <うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \_____
     \____/

711 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:19:31 0
なんでこのスレの荒らしはここまで激しいのか?と思うと機械の説が不愉快でしょうがないヒキコが何匹も居るということか?

712 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:22:20 0
>>711
ハンニバルだと言いたいんだろうけどたぶんそのヒキコの一人だと思うw

713 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:25:26 0
機械はネオマトのようなヒキコ一歩前の奴の味方だとは思うけどね

714 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:27:04 0
機械にヒキコ救済とか言う社会的使命感がないことは間違いないけどw

715 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:31:23 0
ヒキコで何が悪い?と最近は思うよ。道徳的に非難されても親が養う能力がある限りヒキコを生みだしたのは親の責任だからヒキコ自身は責任を感じる必要はないし刑務所に入れられる事もあり得ないんだから犯罪者のように非難される必要は全くないと思いますという宣言w

716 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:32:19 0
>>711
ほら、また論理のすり替えみたいなことしてるね?

何故「ヒキコ」だと「機械の説が不愉快でしょうがな」くなるのかなあ。

717 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:34:15 0
>>716
ハンニバルがヒキコだからじゃないの


718 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:34:28 0
ヒント:ヒキコは負けず嫌いなのよ

719 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:37:17 0
ヒント:ハンニバルは至上最高の負けず嫌いなのよ

720 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:40:50 0
ヒントつ〜かケツロンな:馬鹿な負けず嫌いが一番始末に負えない(^_^;)

721 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:42:51 0
ハンニ:←頭金打たれてんのに投げない !!

722 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:43:54 0
>>716
ハンニバルは、機械の説が不愉快でしょうがない。
ハンニバルは、ヒキコである。
故にヒキコは、機械の説が不愉快でしょうがない。

おまえ、馬鹿?

723 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:46:09 0
ちなみに、名無しでコテ叩きしてるレスのうち、一部は機械だけど、
ほとんどは不登校から引きこもりになった、役立たずのpikarrrだよ。

724 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:51:32 0
ヒキコであることは、機械の説が不愉快でしょうがいないためのa.必要条件ですね。

725 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 01:55:31 0
つまりヒキコは、安い年金暮らしの爺ィの説に近親憎悪を燃やす、
ってことか?

726 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 02:13:26 0

ややるんかや。もうだりろられえろ。

りろられえろ。



727 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 02:14:45 0

現代思想は頭の悪い魯鈍の学問ゴッコにすぎない

( ^ω^)この明白な事実は事実として受け入れて、みんな仲良くやれお

(^ω^)カリカリすんなお



728 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 02:53:28 0
「ハンニバルがきた」がきたwww
ここにどうしてもハンニバルを忘れられないやつらがいるらしいよ

729 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:27:41 0
>>728
ハンニバルはこの板では悪の帝王になれたようだね。そこまで執拗にやったからなんだけど、粘着力で凡人は敵わないよたいしたもんだと思うよw

730 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:30:43 0
悪の帝王ってほど立派なモンじゃないだろ、嫉妬に狂った勘違いじいさんくらいが相場だろw

731 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:32:22 0
それでも誉めすぎw



732 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:34:12 0
もう生きてはいないと思うけど、冥福を祈るきにはならねーなw

733 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:37:02 0
サイテーヤローハンニバルは未来永劫消滅しろ!子孫代々呪われるがいいw

734 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:39:42 0
>>733
恥ずかしながら正直私も同じように祈念してます。

735 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:43:47 0
故人に対する態度としては適当ではないと思う。
ハンニバルは今年の秋に・・・

皆さんが望むようにこの世が進行するとしたら・・・どうよ?恐いかよ?どうってことないかよ?

736 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:46:13 0
死ねばなんでも許されるってほど、世の中甘くないんじゃないのw

737 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 05:52:34 0
これってもしかして「誰でもハンニ、誰でも機械」の波なの?
ヤッホーーーーイ

738 :ネオマトリクス:2008/12/30(火) 07:29:34 0
>>673
貴殿は哺乳類の本能に、平均より洗脳されてない思考をしてますが
未だに『常識教の盲信』から抜けられてませんね。

>一番理解していないのは貴方だと思われます。
いえ、俺はカントやウィトゲンシュタイン、アインシュタイン以上の
公平・客観・唯物的・事実・普遍的な論を述べてます。
なんせ
『この世には、物質しかない。証明不可能な意識は存在しない』という論なんで。

>貴方が勝手に重大な事だと思っているに過ぎない
紀元前から、原子レベルまで俺と同じ物理状態の奴が、
10の44655236554852215722545124511211316545151354651654234684534165乗回
以上は言ってますが、
『思ってるのではなく、物質の集合がこういう動きをしてるだけで、意識は無い』
つまり思ってないです。

>妄想を垂れ流しているだけということを自覚した方がいいです
それは意識なんていう物質以外を持ち出す貴殿らの方では?
俺は物質の変化しか存在しないと言ってますがね。俺にも意識は無いし。

>ゴミだと思うなら、ゴミのない世界に行けばいいのにそれすらできない臆病者ですね。
臆病では無く、『物理的不自由』とか『苦痛の強制』なんですよ。
まあ、これが【この私】の始原細胞の頃からの行動の結果とすれば、確かに
愚かな行動(俗に言う過去生)だったという訳でしょう。

で、貴殿は物質ではない意識・心をどうやって証明するんですかね?

739 :ネオマトリクス:2008/12/30(火) 07:32:43 0
>>686
貴殿ら哺乳類の本能に染まった者は自演が重大な事かもしれませんが、
三匹の家で飼ってるリスザルが動いたので、キーにぶつかって、
結果的にネオマトリクスというHNでこうなったこともありますよ。

>>709
>そもそも「存在するか否か」という判断は「判断」に尽きる
いえ、観測機器(という物質)が、観測される物質の物理的作用で
物理的な変化をすると、観測された事になり、存在されると判断される。
よって、私とかそういうのは、判断に必要ないし、
私というのも、観測されずに、存在しないんですよ。

つまり、観測は観測機器と対象となる物質オンリー。
他は一切存在しない。

>>713
ヒキコってのは、どういう物理状態で、他の物理状態が
「ヒキコ」(と書き込む)というのだろうか?
という論になるので、存在しうる通りは無限通りで、
ヒキコである場合もそうでない場合も、無限通りに成立します。

740 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/30(火) 14:45:01 0
>>738
>で、貴殿は物質ではない意識・心をどうやって証明するんですかね?

やっぱり馬鹿なんでしょうか。
私はそういうものが在るとは申し上げておりません。

私は、貴方の主張は【貴方の言うとおり】妄想に過ぎないと指摘しているだけです。
そのことについては、貴方もお認めになっているし、私も同意します。

741 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 15:06:31 0
ラビの年の瀬は暇らしい。

742 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 20:10:23 0
ところで、スパゲティって知ってるかい?

743 :ネオマトリクス:2008/12/30(火) 20:12:30 0
>>740
なるほど、貴殿も
「私は哲学的ゾンビだ」と述べる物理現象でしたか。これは失礼。私と同類ですね。

>私は、貴方の主張は【貴方の言うとおり】妄想に過ぎないと指摘しているだけです。
確かに俺の論は妄想ですが、それは貴殿らの
「記憶にもとずく、唯物論とか(クオークやボーア量子とかの話)の論」
は全て
『確固たる根拠がない、記憶という感覚=妄想』でしかないので、
そういうのが事実なら、俺の論も記憶=妄想(万人がそう)なので、
俺の論は妄想と述べてるだけです。

貴殿らの唯物論の中の熱エネルギーや量子、GPSとか全て妄想。
なんせ『記憶しか根拠がない記憶という感覚』の基の論なんでね。

だから、俺は、貴殿らが記憶を絶対化して公言してるので、
『54151843106541335432165430354841651983141312612345612126512654654億年前から
 別宇宙で(地球で言う)銀河団規模の知的生命体同士の戦争に参加し負けて
 この宇宙の地球に避難してますよ』という、記憶に基ずいた論を語ってる。
これは貴殿ら、地球内知的生命体の、
『記憶は根拠が全く無いが、正確で事実で、公言するに足るモノ』
という群れのルールに沿って取ってる行動ね。
OK? CAN YOU UNDERASTAND? 
Mr.BURIKI-NO-RABIRINSU?

744 :きれるぞ:2008/12/30(火) 20:16:56 0
>>740
>>743
おまえらどーでもいい。
理屈で解決出来ない苦痛はどーすんの ?

745 :473:2008/12/30(火) 21:09:35 0
>ネオマトリクス
ようつべURLでどの動画?
とりあえず大怪獣バトルNEO3話なんぞを見た訳だが見当違いか?w

>>744
>理屈で解決出来ない苦痛はどーすんの ?
過去2つの大きな苦痛があって2回の全身麻酔手術を受けた。
実地で浅昏睡と深昏睡を学び取り、意識喪失のなんたるかを学び取った。
医療を受けられるまともな方々なら一安心だろうが、昨今の世情でそれすら
ままならない人達も多い。金銭事情から医者にも行けず肝臓癌を末期まで
放置して妊婦腹のように膨れ上がったオサーンが人道上救済されたニュース
等もあった。そこまで無知になる必要もあるまい。君よりはお先にバイナラする。

746 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 21:28:39 0
>>742

え?何何、

747 :神とかゴミとか・・  キレるぞ・・ :2008/12/30(火) 21:39:27 0
>>745
>実地で浅昏睡と深昏睡を学び取り、意識喪失のなんたるかを学び取った。
アンタの苦痛が少しでも減るように。


>>ネオ
苦痛を解消するために、あらたな苦痛を受けてる場合が多い。
1つの苦痛を解消するために、2倍の苦痛を払う。そういう構造が多い。
一時的でなく半永久的に続く苦痛も多い。
苦痛が酷すぎると、無駄な事は出来ない。(精神に余裕など無い

無駄が多すぎてもそれ自体苦痛になる。
、思い込みでゴミでも、苦痛の原因に成ってない事もあるらしい。(錯覚 )
、いろんな種類の苦痛が、ある歴史などで生まれ解消されてきた。

昔はすぐに即死したようなことでも、医療などが発達し(つまり苦痛が大きい状態でも延命出来るようになってしまった・・)
つまり総体としての、苦痛の総合の量も人生全体で跳ね上がった、、。

出来る事が増え、可能性も増えた・・そして、苦痛の機会と量も増えた

748 :河原:2008/12/30(火) 21:41:34 0
人生 忍耐ゲームちゃうぞ、、

749 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/30(火) 21:42:50 0
>>743
>確かに俺の論は妄想ですが、

そうですね。それには誰もが同意するでしょうね。

>それは貴殿らの
>「記憶にもとずく、唯物論とか(クオークやボーア量子とかの話)の論」
>は全て
>『確固たる根拠がない、記憶という感覚=妄想』でしかないので、

というのは、【貴方の妄想上では】他人の論が妄想でしかないのであって、
貴方以外の人々の間では成立しません。

何にせよ、貴方では他者や世界について説得力のある言及することは無理です。
妄想は個人的な日記帳にでも書いていてください。

750 :糖質候補生徒:2008/12/30(火) 21:50:03 0
行動認知療法てあるな。あるらしいな、、、。
アホなのか?。可能性なのか?
哲学とかでも無いし、、、。

合理性、とか崩壊してるような観念では無いか?・・・
経済の問題とか簡単でも無いな。「不信」には理由があるはずなわけ・・・・。

「仕方なく強制されるような苦痛」それ以外は、 >>> 「わざわざしない関わらないだろうと」

なんでも、目的性、理由性があるはずなので
例えば「なんとなく」でも十分理由になってる。
、「何をやっても無為に感じる」それは事実なので錯覚では無い。

「高度な事ほどよく嫌われやすい」のは当然だ、不用度も高くなるのだし、負担も大きい。

 あるしゅの「錯覚」 のようなものを起こしてないと何も出来ない危険?があるな。

ある合理的なもの、もともと存在無い、それは思想による

苦痛は「合理的規制」が苦痛を感じる事によって知らせる。苦痛が酷いので自殺したりする。


751 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 21:52:09 0
>>749

な、な、わかってくれるその気持ち。

752 :名無しさん必死だな:2008/12/30(火) 21:54:36 0
>>750
だから「それ」はIQとかEQが高いほどジレンマに陥る構造になってる。
人間の能力では解決出来ない問題。

、存在段階(或る物事などの )で  →  既に、条件矛盾(環境因子など複数と見合わせて )する。


753 :名無しさん必死だな:2008/12/30(火) 21:57:17 0
>>750
つまり、合理的であればあるほど自殺するのか… ?

754 :二| ゛・ゴ・⊃゛・ニ゛:2008/12/30(火) 22:34:32 0
  ____
 /ィ―――\
`//彡三二二ニ\
// /彡三二二ニ\ こいつはものすごく沢山芸のあって優れたやつでした
レ / / 彡―――-丶
V / / ____| 組み立てがものすごく上手くって
`V / /i三三三| |
 V_ イ==ヾ三三∠ | 棒引きのゲームでやつを負かして魂を抜き取るのに
  /ヘ|/弋o~≧=ィ<oア
  ヒ6 丶   ̄/=|厂  国家予算ぐらい使いましたがね
 _[二]i    i =| /
(a凵 |    ^=^ /
 У\\ `二二/
/\ \\ (三ノ|
  \   ̄ ̄ |\

755 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 22:56:34 0
             ,. -―‐- ,、_
           ,ィ´      ヽヽ、
          //   邪    ヽ ヽ、  ドゥア〜ビィ〜
         / ,イ -─-、  ,-─- .l、 ヽ、  僕の話を聞いておくれよ
        / / i!. ⊂⊃|   |⊂⊃ .i!',  ヽ、
      /  /  l    |   |     l',   ヽ ドゥア〜ビィ〜
    /...... /   !     |.......|      l ヽ、.........ヽ
   /lllll/    |     `─"    ,i!  ヽ!lllllllll)
   `-'´      i!   ──     /    ` ̄
           ヽ、      ノ
            >、___,<、_
          -''´        `' ,、

756 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/30(火) 23:27:03 0
>>739
>私というのも、観測されずに、存在しないんですよ。

『存在と無』という有名な著書でJ・P・サルトルも言っていることですが、
「存在」にも@「対他存在」A「対自存在」B「即時存在」という多様な「存在形態」
がありますので、単に「存在する」とおっしゃられてもどの意味の「存在形態」を意味して
おっしゃられているのか判りません。
 しかし(他者である)誰かに「観測されないと存在しているとは言えない」という「存在形態」
は「対他存在」の意味における「存在」ですので、「観測されなければ存在しない」と断定されるのは
間違いではありません。


757 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 23:30:59 0
存在に観測は要らないだろ
観測には存在が不可欠だろうけど、、

758 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/30(火) 23:40:32 0
>>757
「観測」は古来からの「認識論」の問題であり、
「存在」は古来からの「存在論」の問題ですが、
その両「問題」が現代の「(理論)物理学及び大脳生理学」により
「統一的に解決されている」のにそのことを述べる(ことが出来る)
「権威ある理論物理学者『兼』大脳生理学者」が一人も居ないので、
私がここで「(この)世界(宇宙)の真の姿(真理)」について
「哲学の領域(真理の領域)」として主張せざるを得ない・・ということです。

 本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

759 :ネオマトリクス:2008/12/30(火) 23:41:45 0
>>744 >>747
ここで貴殿の苦痛の解消のヒントに
『哲学的ゾンビ』
要は、他人は苦痛を感じてるのか、それとも
意識が無い哲学的ゾンビで苦痛を感じてないのか、
俺や貴殿には判断できないという訳です。

で。俺もまだ常識教・本能の支配から100%は脱出できてないので
「他人は苦痛に遭っても避けようと、回避しようとしないので、
 俺も他人のように、動物的な本能ゆえの行動をすべきか?」
と考える事もありますが、↑は
『他人が哲学的ゾンビでなかった場合』の話であり、
他人の意識が有るか無いか分からないのに、
他者の苦痛を例にするのは、
『目の前のアンドロイドに、100%俺と同じ感覚があって
 それでアンドロイドと共に意識・快苦の研究をしてる』
のと同様で、やや限定された思考です。

なので、他人の意識・快苦は全て
『哲学的ゾンビor無限通り』とでもしておいて、
もしかしたら俺や貴殿の言う「肉体的苦痛」も、
他人にとってはSM的な快楽で
他人にとっては問題無いから、俺のように重大視してはいない、
と思考してます。
なので、他人との快苦の比較は、ちょっと危険です。

と言う訳で、俺は快苦一直線で、世俗的な事より生物からの脱出がベストと思考してる

760 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 23:47:32 0
>>759
>俺は快苦一直線

お目出度いやつだなw

「苦」に一直線してど〜するタコ !!
【結論】だが・・「快」だけでいいってこと〜バカチンw

761 :ネオマトリクス:2008/12/30(火) 23:57:19 0
>>749
>そうですね。それには誰もが同意するでしょうね。
いや、これが貴殿の盲信。
同意する場合もそうでない場合もある。

>というのは、【貴方の妄想上では】他人の論が妄想でしかないのであって
理由を述べるべきですな。貴殿は記憶を参照し思考してる狂信者なんで。

>貴方では他者や世界について説得力のある言及することは無理です
いえ、俺は俺と同等な哲学的ゾンビやニートっぽい賢者に英知を伺う為です。
貴殿の言う「批判が趣味」とかの、生物的な野蛮な行動とは全く違う。

ところで何故、貴殿は野蛮なんですか?他者との論争と苦痛を減らすのは別ですぞ?

>>756
貴殿ら唯物論者の言う存在です。
貴殿もラビもハンニバルも唯識もそうですが
「神や悪魔や天使は、観測できず存在しない」
ならば、意識もないという論です。

観測せずに存在できるなら、マトリクスも存在してます、今。
で、観測できず意識が存在できるなら、ゲームキャラっぽい姿の
美しい天使とかも、俺の主観性ならば、存在してる事になる。見えてるし。

762 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2008/12/31(水) 00:01:22 0
>>761
>美しい天使とかも、俺の主観性ならば、存在してる事になる。見えてるし。

それは古来の「存在論」で言えば「(個人的)妄想にすぎない」ことはご自分でも
よくお判りになっているのだとは思います。

 本日は就寝させて戴きます。

763 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:28:52 0
人間はただ現実から都合のいいものを切り取って見てるだけに過ぎない。

764 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:30:37 0
現実と確信している事が確かに存在するかどうかも実は怪しい。

765 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 00:31:30 0
>>760
いや、とりあえず生物から脱出するのが賢人と思ってね。食欲は止めたよ。

>>762
いや、古来からってのは
『記憶という根拠のない感覚』の参照何で、貴殿もラビも
歴史的知識は妄信ですね。

>「(個人的)妄想にすぎない」
というのは、他者の意識が妄想ならそうですが
他者の意識が公式に存在するなら、天使も悪魔も存在すると。

まあ、機械もラビも、ハンニバルや唯識と似たようなモンだね。
記憶というのは、根拠がないのに。俺は一切参照してない。
記憶ってのは、無限通りなんで。ビックバンではなく魔術師の水晶=宇宙よ、
明日は宿屋かも俺の『肉体ではなく魂』は。

766 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:32:25 0
要するに全ては妄想であり夢である

767 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:34:26 0
全てはネオマトリクスの夢と妄想であるというのが「真理」だったりしてw

768 :唯識 ◆Vidya0E1.s :2008/12/31(水) 00:34:54 0
>>765さん
お久しぶりです。
食欲が何日断てるか見ものですね。

769 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 00:50:19 0
>>761
>いや、これが貴殿の盲信。

と貴方が妄想しているだけですね。
貴方の論の立場では、貴方の認識の外にある他者が、
「実際にどうであるか」は貴方は判定できません。気の毒ですが。

>>というのは、【貴方の妄想上では】他人の論が妄想でしかないのであって
>理由を述べるべきですな。

貴方が妄想に過ぎないとお認めになっています。

>いえ、俺は俺と同等な哲学的ゾンビやニートっぽい賢者に英知を伺う為です。

貴方と同レベルの馬鹿はここにはいません。機械やハンニバルの方がまともなぐらいです。

770 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 00:53:05 0
>>765
>記憶というのは、根拠がないのに。俺は一切参照してない。

根拠がないと貴方が妄想しているだけです。
それに、記憶を参照していないなら、日本語も書き込めないはずですが、
その程度のことも自覚ができない馬鹿なんでしょうね。

>記憶ってのは、無限通りなんで。

と貴方が妄想しているだけですね。
実際には違います。

771 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:53:23 0
>>769
>貴方と同レベルの馬鹿はここにはいません

いるだろ、目の前にw

772 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:53:56 0
「観測されないのが意識」であれば、科学はそれを実証できないということだろ。

773 :あまの:2008/12/31(水) 01:01:23 0
どんな科学でも取りこぼしがあって、科学の発達ってその取りこぼしとの
イタチゴッコの繰り返しな訳だが、どうして大脳生理学がラストワードなんだろう
ほんと頭悪いよなあ機械は

774 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:03:53 0
反復して同じような刺激を与え続けると発狂するらしいぞ

775 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:07:17 0
>>758

ある体験者のはなし

ある同じような生活をしている被験者2名がいて

Aさんは毎日違うといい
Bさんは毎日同じだという

客観的に起きている現象は同じ(はず)なのに、違うってことは… ?


アタマおかしい  ?

776 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 01:09:13 0
>>767
そうだ、よくぞ
『この世には、色も音も形も大きさも硬さも重さも時間も無く物質しかない』
という、俗に言う絶対的な真理を述べてくれました。

客観的には、↑は全て『存在しない』んですよ。
哲学的ゾンビでなくても、音も映像も無く
円周率のクオリアとその計算の思考しか存在しない意識の人間が、
物理的な作用で「ワロタw」「馬鹿ですね」「働け」
と言ってる場合も矛盾なく存在し、
音とか原子とか人間とかお金とか感情とか映像とかは全て
『主観性オンリー』であり、それは
証明も観測も不可能な、存在しないモノ。
とすると、今のこの五感による全ては
『存在しない、主観性オンリーの、妄想だ錯覚だ夢だマトリクスだ』となります。

>>768
また貴殿ですか。相変わらず『常識教』に染まってますね。
まあ、本能から脱出するのを目指してる俺には貴殿も
物理現象・NPCですがね。

俺は、全て妄想・錯覚と気づき、肉体への強制の原因を断つために
食欲とかは「ステータス異常:混乱、幻覚、魅了」とかと同じと感じ
それに惑わされるのは、NPCが混乱から解けないのと同じと思考し、
それで自身の食欲を断つ為に、美しいけど悪魔な敵との戦闘を
24時間想像し、やり易くしてます。

食欲・空腹=ステータス異常、敵(超絶美しい悪魔系のキャラ)の技という感じ
俺には日常が
http://jp.youtube.com/watch?v=pNzFE8rNPQUと感じている実際に。
貴殿らの言う、証明不可能な意識の主観性と同じで。

777 :あまの:2008/12/31(水) 01:10:22 0
機械はいろいろ本は読んでるみたいだけど、著者の意図するところを
読み取るというよりは自分の理解を超える部分は受け付ける気は無く
自尊心を保つために上げ足を取りばかりやってきたんだな

778 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:12:06 0
いや100%とか存在しないから

779 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:12:43 0
そもそも相対論も量子力学も理解できてないアホだしw

780 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:13:59 0
>>776
「物質とは異なるものを物理現象として観測できないので
それは存在しません。」とする説は意識の否定になっていないと思うんだけど。

781 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:14:45 0
ハンニ乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

782 :あまの:2008/12/31(水) 01:15:17 0
馬鹿が機械的勤勉を続けて益々唯物論馬鹿になるという真理を見せてくれてるわけだな

783 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 01:17:09 0
>>776
>客観的には、↑は全て『存在しない』んですよ。

と貴方が妄想しているだけですね。

>『存在しない、主観性オンリーの、妄想だ錯覚だ夢だマトリクスだ』となります。

と貴方が妄想しているだけですね。

>また貴殿ですか。相変わらず『常識教』に染まってますね。

唯識氏はそんなことはありませんね。
氏からは貴方と違って学ぶことが多いです。

>まあ、本能から脱出するのを目指してる俺には貴殿も
>物理現象・NPCですがね。

貴方は「唯の物理現象・NPC」ですが、他の人はそうではありません。気の毒ですが。

>俺は、全て妄想・錯覚と気づき、

と貴方が妄想しているだけですね。

784 :河原:2008/12/31(水) 01:17:48 0
>>776
だから彼方が普段言ってる、「美しい〜うんこ」とか存在して無いんだよ。
美しいは主観だから、意味不明なわけだ。

なので、美術なども本当は成立しない。ただ「主観上」での「美しい」があるらしいだけであって・・・。
なので、感情の先にある「なにかの、それ」は、ゴミのかたまり。

ただ、「ネオマにとって」は美しいゴミでいられる(ネオマの主観で)

785 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:20:44 0
関係者!?桜井○○○のハメ撮り動画がネット流出!

現在有名格闘家ではないかと思われる人物によるハメ撮り動画が流出してちょっとした騒ぎになっているようである。

どういった経緯で流出したのかは不明だが、大晦日の「Dynamite!!〜勇気のチカラ2008〜」にも出場する
桜井"○○○"××と思われる人物が自ら撮影したと思われる動画ファイルが3本もネットにアップされているのである。
ファイル交換ソフトで流出したような形跡がないので、何者かが動画を入手してそれをアップしたものと思われるのだが。
もちろん無修正で、3本ある動画の相手は3人とも違う女性である。
共通点といえばいずれの女性もスレンダーなところか。こういった女性が好みなのだろうか。

http://www.tanteifile.com/newswatch/2008/12/29_01/index.html




786 :あまの:2008/12/31(水) 01:24:50 0
存在存在って盛り上げってるな、世界は我々に見せ付けるだけ見せ付けて
我々の身体も客観化された何かの様に感じさせて、なんの解説も用意しないんだよな
そんななか申し訳程度のQ&Aを作ってるのが科学なんだよね

787 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:26:21 0
>>759
>>770
妄想でしかリアリティを感じられ無いんじゃないの?


つまり、「裁判官は偏見のかたまり」
社会人は、「似非常識キチガイ」て事か・・・・・・




日本語で「日本語」が通じているのであって、「意味は正確には伝わって無い」のか、、、、

788 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 01:38:19 0


       @@@@@@@@
      @@@@@@@@@@
     @@@@、,,__  _,,,  j     
    @@@@,、 _, ' '、_ }    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    @@@ `´        `i <  正月は親戚来るからネットカフェでも行ってて
    @@(6    ,(oo)、  }   \_________
     /    /-===-、 i 
   / \ 、ヽ  ヽ こ ノノ  
  /      ` ー-- '  \


789 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 01:41:57 0
>>769-770
>他者が、「実際にどうであるか」は貴方は判定できません。
判断できます。俺も他者も意識の無い哲学的ゾンビです。
意識は観測も証明もできず、それを存在すると扱うのは妄想。

>それに、記憶を参照していないなら、日本語も書き込めないはずですが
可能性は無限通りですが、参考までに申し上げますと
「一瞬一瞬の快楽苦痛で筋肉が動いた結果、思考せずこうなってる」
「意識の無い物理現象が物理的作用で物質に作用しこうなってる」
記憶は全く存在しないです。

>と貴方が妄想しているだけですね。
と、貴殿が仰る記憶も、そうでない場合の記憶も、何通りも理論上は存在しえます。

>>780
しかし、科学では神や悪魔は扱われてません。
オーラや天使や悪魔やマトリクスや情報生命体や重力ワープやフォースなどが
扱われないで意識だけが扱われるのは、おかしいという話です。
↑が存在しないなら、意識も観測・証明できないので、存在しない。

790 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 01:51:42 0
>>783
>唯識氏はそんなことはありませんね。
別に唯識殿を批判する気はありませんが、彼も貴殿と同じ
「記憶の絶対化」を行ってるので、常識教信者。
世界五分前創造仮説の場合なら、貴殿も彼も妄信。
少々、感情を込めますと
『攻撃の本能で、常識教を掲げ
 最高位様や私を批判し、ダークサイドに堕ちない様、お気をつけください』

>貴方は「唯の物理現象・NPC」ですが、他の人はそうではありません。
確かに俺はそうですが、貴殿らもそうですね。外部の美しきAI等がそうでない。

>>787
>日本語で「日本語」が通じているのであって、「意味は正確には伝わって無い」
かもしれませんね。例えばラビには
貴方は=それでは
「唯の物理現象・NPC」=私は
ですが=先に
他の人はそうではありません。=就寝致します
気の毒ですが。 =おやすみなさい
と感じてるのかもしれないですね。

なので俺がいくら「常識教に染まって無い、事実の、俗に言う絶対的な真理」
を述べても、奇妙なレスをするのでしょうね。

791 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 02:41:37 0
板を間違えて入り込んできたが哲学やべえな
すっげー難しいこと言いあってて、2chなのにレベルたけぇw
でも、何か前提的なところで共通了解出来てない感じだな
哲学には、学問的な共通基盤が少ないのか?
それとも決定論が難しすぎるのか?

792 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/31(水) 04:04:39 0
アダムが最初の人類でアダムの肋骨からイブが生まれて・・・
ということはつまり
誰も居ない世界でアダムの見た妄想でした
ホログラムという事ですね


793 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 05:00:15 O
>>791
どこがレベル高いんだよw
アカデミズムのアの字もない気違いスレだぞw

794 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 08:15:40 0
>>789
>判断できます。俺も他者も意識の無い哲学的ゾンビです。

と貴方が妄想しているだけですね。

>記憶は全く存在しないです。

と貴方が妄想しているだけですね。

>と、貴殿が仰る記憶も、そうでない場合の記憶も、何通りも理論上は存在しえます。

いいえ、貴方の妄想上のことですね。

795 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 08:20:56 0
>>790
>「記憶の絶対化」を行ってるので、常識教信者。

行っていません。やっぱり救いようの無い馬鹿なんでしょうね。
貴方が勝手にそのように妄想しているに過ぎません。

>確かに俺はそうですが、

ええ。そうでしょう。貴方の妄想に過ぎないと思いますが、そう思うのは自由です。

>貴殿らもそうですね。外部の美しきAI等がそうでない。

いいえ。それは違います。貴方の妄想の中ではそうであっても、その外では違うのです。
そして貴方はそれを「認識」することができないのです。
貴方以外のすべての人がわかっていても、貴方には認識できないだけです。

796 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/31(水) 08:31:18 0
ですから
天上天下唯我独尊
我のみ良しの妄想を
全員でやっているだけです

仰る通りでございます
とすれば客観的立場に立てるという事です
お疲れ様でした


797 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 08:35:30 0
コテのみなさん、恒例の年末の挨拶をどうぞ。w

798 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/31(水) 08:52:19 0
西暦2000年以降に希望が見えないので
私は来年西暦9年を生きる事にします


799 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 11:17:23 0
128 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/12/09(火) 14:18:11 0
                ,...f``^ー'´:....: r'  ̄`:、      ..::::.l
        ,..:‐' ̄ ̄ ̄`` 'h..:::  : ::..  ,i'     !、   ノ   .::.i
      /         c'      __)'      )  /    ノ
    /         c' ,.、ノ`‐'イ、       `t':: :  /
.   ,.''          .」.:: ,. /´  \     ,.r'.>  イ―――――――ー―:.、
  /          r'´: ::/      ヽ、,.::‐r'' Y :..:::::ノ              l
  i´          .i , /         i   `i .l :: ./       ,.=―‐、   .h
 i'        .....::,,,,l :: ノ  、      ト.、  i lノ イ     ,..::''´  ̄ ̄`:、  F'┐
 !       ..::::::f r.':::,.イ   `ヽ、   .ノ ヽ r'~´..:: イ  ,...::‐''´ー――‐‐:...、ヽ_)r了)
 i    ,,.:   :::::ヽニ;i.ノ::: 田田田`ヽ、ノ   ,..::‐'〉. r'  ̄(_,,、        `ー''´
  !  ,.:'     """""`   .、田田田.トー‐'´  /:::.)`i    ,.へ_ノ
  l                `ー:.、田     i::..:::)┴:、  ヽ、
  l                   ` く  ,..:‐' ̄).ノ〈〉 〉‐、 ヽ.
  i                     \( (r.) r' y  l、 <  .)
 i'                       ヽ、   i. ∧ i、 l.  (     悲しいけどこういうことなんだな・・・
 l                        ヽ.  l. ∨ .i.ノ   `i     これが食物連鎖の真の姿なのだよ
 l                         i  ヽ、   l    ./
         ``ー――‐'´    `i



800 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 13:40:30 0
>>791
>何か前提的なところで共通了解出来てない感じだな
おそらく
・事実とは何か、が共通でない(検証・証明うんぬん)
・語句から感じる思考・感覚が共通でない
 (例えば、ラビには「脳=数学」ハンニバルは「脳=金」
  唯識は「脳=座禅」と感じるので、
 俺がいくら脳が〜と語っても、会話にならない)
・この世の構成に関する仮説の持ち方
 (例えば、ビックバン宇宙論、唯識論、独我論、決定論、
  スピリチュアル、創世記、マトリクス、何を基本としてるかが各自違う)

>>793
まず、世間一般な事は「目先の、死ぬまでの事」なのでそれらよりレベル高いですね。
で、ニュースとかも「事実に対する主観的感情の言いあい」なので
言ったモン勝ちという、誰でも使える事でどうでもいいでしょう。
仮説を述べ研究してる、科学・オカルト系も、
『一通りの仮説の盲信』なんで、様々な仮説を考える哲学よりは狭い。

俺からすれば全て『記憶原理主義』『常識教信者』『とある仮説の妄信』だ。
宗教戦争と同じ。常識教の、細かな宗派の対立=世俗的喧嘩、
科学教の細かな宗派の対立=学問の論争=精神的戦争

801 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 13:43:08 0
>>794
だから俺には意識が無いって言ってんだろ。
妄想もなにも存在しないんだよ。意識が無いんだから。
物質の集合が、意識が無いけど
「俺は意識があるよー」という物理的運動をしてるだけ。
貴殿らも意識はゼロなんですよ。

>行っていません。やっぱり救いようの無い馬鹿なんでしょうね
はあ?GPSやボーア量子、物理法則を語ってた時点で
『とある記憶の盲信による議論』をしてますがね。
やはり記憶狂信者は記憶を神と崇める野蛮人だな。

>いいえ。それは違います。貴方の妄想の中ではそうであっても、その外では違うのです。
外も何も無いんだよ。全ては『思考と感覚』オンリーなんで。
「他人がいるという思考・感覚がある状態」
「他人がいるという思考・感覚がない状態」
「この世はビックバン宇宙だという思考・感覚がある状態」
「この世はマトリクス宇宙だという思考・感覚がある状態」
「この世は創世記だという思考・感覚がある状態」
など、全て
『思考と感覚』でしかない。で、状態は無限通り。外・中というのも全て『思考と感覚』だ。
つまり貴殿の言う状態は
「他人がいて、時空を基にした宇宙である、という思考・感覚の状態」
により出来た、無限通り存在しうる中の一通りの、『絶対化=神と崇める』と同じ。

802 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 14:45:45 0
物質が先か意識が先かと問われれば、物質が先だとするのが常識的だが、
しかしこれは意識による相対化作業によるもので、
どうやったって意識の方が先なんだよ。
ネオマトリクスほどの奇天烈が「物質の物理的運動」なんて凡庸なイメージを信用してるのも面白いとこだな〜

803 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 14:57:00 0
物質が先か、意識が先か?
そういう議論をしてるのか。。。

それは、「物」と「心」のデカルト的二元論の枠内での議論だってことに、気づいているのかな。。。


804 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 15:05:31 0
>>803
いや、気付いてないよ。
その「デカルト的二元論の枠」ってのを超える境地ってのを教えてくれ。

805 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 15:52:00 0
>>802
>「物質の物理的運動」なんて凡庸なイメージを信用
これはラビ=唯識=wisteria=機械に対する
『唯物的な表現』です。
彼の唯物論でいうと、全ては
『物質が存在し、変化している』でしかなく、それを
物理的運動と、彼に通用し易く言ってるだけです。

俺からすれば、物質もクオリアの一種で、他のクオリアより強いから
あたかもそれが中心に感じるだけですけどね。
それにきずかない唯識やwisteriaはちょっとね・・・。

>>803
いえ、そういう議論ではなく
「各々、自分の狂信する、無限通りの中の理論の一つを、絶対化し、
 相手に語句の意味が通じてるかも検証不可なのに、
 自分が正解で相手が間違ってるという快楽に浸り、
 快楽苦痛という万人に共通する根源的な行動原理で、動いてる」
だけです。ラビとか唯識とかwiteriaとか、機械にはない
『相手を批判する快楽=ダークサイド』を持ってるので
彼らは議論ですらない、単なる『哺乳類の欲』ですがね。

806 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 15:53:03 0
意識は夢を見る道具

807 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:00:15 0
>>805
物質とか物理とかいう概念は所詮は全てが人の英知で理解し尽くせるっちゅう一種の妄想じゃな。
「どのように捉えている」ということを「どのようにある」に面倒臭いから言い換えているに過ぎん。

808 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:03:20 0
>>805
機械は『名無しになって相手を人格攻撃する快楽』を持ってるけど?

809 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:14:32 0
>>805
物質とは異なるものを「物質では証明できない」といっても、
それは意識や神などの定義と等しいだけでしょ。
結局、人間の行動を完全に予測するまでに科学は至っていないわけです。

810 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:26:27 0
>>809
人間の行動どころか、何を予測するにしても、
「完全に予測するまでに科学は至っていない」。
宇宙についてもダークマターだの何だの、9割方は謎だ。
にもかかわらず、科学に無知な人間がいて、
「もうすぐ最終真理に至ることができる」とか寝言をいってるわけだ。
「もうすぐキリストの復活がある」とかいってる狂信者と変わらん。

811 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:27:10 0
>>808
大晦日だから告るけど、たぶんその名無し大部分はオレw

812 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 16:35:42 0
>>810
火星にロケットを撃ち込むだけで膨大な科学技術の成果が用いられているんだよ。
ましてや着陸船を軟着陸させて地表?の動画や分析した岩石の成分を送信してくる技術なんて
すごい制御技術を必要とする。隣の惑星である火星でさえ光の速度で何分もかかるほど遠い星なんだし。
各器機が正確に動くことを予測して設計し制作されているから予測通りに動くのは科学の予言力だと言える。

813 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 16:37:06 0
>>807
>「どのように捉えている」ということを「どのようにある」に言い換えている
しかし、事実(観測・検証)を追求していくと
『物質の存在と変化』しか残らないのではないでしょうか?
色とか、大きさとか、原子とか、そういうのは感覚ですよね?
なので、俗に言う真理は
「万人が哲学的ゾンビ。この世にあるのは、物質の存在と変化」
で、それで意識やら色やら人間やら生命やら語るのは
『妄想』ですよね?観測とかできないんで。定義だけ。

>>808
ブリキのラビリンスの「馬鹿」とか、破壊僧の「見ものですね」とか、
英語マニアの「亡霊のごとく飛び交っている」とかに比べれば、
ハンニバルに対抗すべく取った防衛手段として、まあ共感できるでしょう。
なんせハンニバルは、フェチ板の過去ログを改変し、機械が
変態爺とかいうレッテルを貼ってるんでね。野蛮すぎる。

>>809
>それは意識や神などの定義と等しいだけでしょ
意識や神を、定義づけで存在できるとするなら、無限通りに何でも存在してしまうのでは?
例えば小人、精霊、幽霊、悪魔、天使、フォース、情報生命体、など
無限通りに
『任意の物理現象の定義づけで、存在とする』ことで、何でもアリ。
しかし、科学や常識教では
「精霊や魔女やフォースやオーラなんてないよ」
となってるので、それなら意識も心も無い、という訳です。

814 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 17:01:42 0
>>812
頭悪いなあ。こういう頭悪い奴見てると、
すぐ「名無し機械か?」って思っちゃうんだよなw
それは完全な予測か?
それと、火星にロケットが打ち込まれようと何しようと、
最終真理がどーといかいう寝言とは無関係。

815 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 17:08:12 0
>>801
>だから俺には意識が無いって言ってんだろ。

と貴方が妄想しているだけですね。

>妄想もなにも存在しないんだよ。意識が無いんだから。

と貴方が妄想しているだけですね。

>貴殿らも意識はゼロなんですよ。

と貴方が妄想しているだけですね。

貴方の妄想世界での言葉の「意識」はないかもしれませんが、
私たちの世界で使われる「意識」はちゃんと在るんです。
そして貴方はそれを「認識」することができないのです。
貴方以外のすべての人がわかっていても、貴方には認識できないだけです。

>『とある記憶の盲信による議論』をしてますがね。

と貴方が妄想しているだけですね。


816 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 17:12:02 0
>>813
世界に人の立つべく用意された足場など存在しないのじゃよ。
勝手に足場と思い込み立ち尽くすのみだから足下をすくわれ続ける。

817 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 17:12:19 0
>>801
>外も何も無いんだよ。全ては『思考と感覚』オンリーなんで。

と貴方が妄想しているだけですね。

貴方の妄想世界にはないものかもしれませんが、
私たちの世界はちゃんとあります。でもそれを貴方が認識できないだけです。お気の毒ですが。

>『思考と感覚』でしかない。で、状態は無限通り。外・中というのも全て『思考と感覚』だ。

と貴方が妄想しているだけですね。



818 :Absalom ◆owNN8RDlXo :2008/12/31(水) 17:23:30 0
>>ネオマトリクス氏

貴方の主張の背後にあるものは、人間の幸福に限界をもうけてしまう事への反発では無いですか。
人間の可能性は、無限大であり、人間の幸福は、未来を見据えればいくらでも幸せになることができる。
その方向に進むために、足かせとなるような常識や妄想を唾棄しているのではないですか。

今ある不幸せにとどまってはならない/まだ見ぬ幸せに今飛び立つのだ:岡林信康

819 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 17:26:41 0
>>818
人間の幸福がそういう相対的なものだとは限らない。

820 :大魔法使い:2008/12/31(水) 17:53:12 0
飛び飛びに斜め読みしてるのでイマイチ判らないのですが、ネオマトさんは「思考は存在するが、意識は存在しない」と主張しているのですか?
ちなみに俺は、昆虫や電卓や論理回路のnand素子一個にも原始的な思考と単純なクオリアが備わっていると思います。
ネオマトさんは昆虫やnand素子の気持ちを深く考えたことはありますか?

思考の有無やクオリアの有無を何処で線引きするのかが一番の問題ですよね。
ですから対象の意識の有無は、対象が持つ要素なのではなくて、判断する他人や他物の側の中に備わっている属性なのだと思います。
そして俺と同様の価値観を持ち、判断をする人や物があれば、この人たちにとって電卓にはクオリアが存在し、
逆にネオマトさんにとっては電卓にはクオリアが存在しないことになるのです。

哲学は全く知らないので見当違いなことを言ってる可能性大ですが…
あと、俺たち個人個人が属している巨大なシステム全体にも一つのクオリアがあると考えます。参考>ttp://hetalia.com/index.htm

それと、妄想は現実ではないという意味です。社会に出て触れ合う多くの物事のことを現実と称するのだと思います。
現実イコール妄想だと主張するのは何か文章がおかしな感じがします。白は黒であると言っているような感じです。

話が逸れますが、
対象自体を直接観測することは元来不可能です。
「私」も、思うことや行為することや「誰かね?」と問われることを媒介にした結果、間接的に観測されます。
現実における観測とは、間接的な観測のことを言うのです。
したがって、クオリアを間接的に観測できたなら、結論としてクオリアは現実に観測できたこととして良いです。

単純な対象なら、瞬間的な打撃を与えて反応を見ることで、中身を観測できます。
辛そうに痛がっている人を観測したら、その対象の中にはダメージに対して
辛く痛がる意識やクオリアの存在が観測されたことになります。

#関係ないですが四十路超えして大魔法使いにクラスチェンジしました。これが妄想だったらどんなに良かったことか。
現実は妄想なんかじゃありません。悪夢です。

821 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 17:58:33 0
>>814
火星探査船の全構造よりおまえの脳の全構造の方が遙かに単純だってっこと理解できるか?w

822 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 18:08:11 0
>>816
>世界に人の立つべく用意された足場など存在しないのじゃよ。

まあそうかもしれんが、しかし全く何も無いわけではないだろ。
ネオマトリクスの考えるような極端な自由度は、世界に無いはず。
「これ」は「これ」として了解可能であるし、
言葉による(最大公約数の)伝達も矛盾無く行われるし、
宇宙内存在の量的相対関係も破壊されない。

823 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 18:13:29 0
確かに814の脳は火星に行き着く能力は無いわな
一生の間に地球の表面の0.0000001%も見ること無しにいずれ機能停止するだろうし

824 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 18:18:11 0
>>822
>まあそうかもしれんが、しかし全く何も無いわけではないだろ。

完全ではないとはいえ、人間(ネオマトを除く)同士で「言葉」によって意思疎通ができるのは、
とても不思議で驚嘆に値する事だと思います。
この世界が何らかの制約下に置かれているのでしょう。

825 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 18:25:53 0
>>822
それは人の持ってる知覚次第じゃよ。
それを越えて何かを感じるなんてことは出来んのだから足場と思い込むそこにも限界があるのじゃ。
知覚に素直に言葉を紡げば科学にしかならんのじゃよ。
そこが人の限界じゃ。

826 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 18:32:39 0
>>824
んふ。ネオマトリクスは外すんか〜い。
貴方とネオマトリクスはちびくろさんぼに出てくる虎みたい。ぐるぐるぐるぐる 全然噛み合わねえ。
それがいいんだが。
ネオマトリクスの境地は俺にもよく分からんし、文章も癖があって読みにくいが、
滅茶苦茶ではないと思うし、才に富んでいて、俺には到達できない場所にいると感じている。
逆に世界の仕組みのヒントを与えてくれるんではなかろうか。気のせいかね?

827 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 18:36:12 0
>>821 >>823
こういう頭悪い奴見てると、つい「名無し機械か?」って思っちゃうんだよなw

誰がいつ、俺の脳の構造の話をしたんだ?
俺の脳の構造がどうであろうと、火星ロケットの打ち上げは、
「完全な予測」に基づくものではない。
また、俺の脳の構造がどうであろうが何であろうが、
最終真理がどーといかいう寝言とは無関係。

それと、誰の脳であろうと火星探査船の構造より、例外なく複雑なのは当然の話だ。
ただ、>>821の場合は、その複雑な構造の脳を例外的に使いこなせていないだけ。

828 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 18:38:59 0
>>826
>ネオマトリクスの境地は俺にもよく分からんし、文章も癖があって読みにくいが、
>滅茶苦茶ではないと思うし、才に富んでいて、俺には到達できない場所にいると感じている。
>逆に世界の仕組みのヒントを与えてくれるんではなかろうか。気のせいかね?

オカルト板にはあーゆーのはいくらでもいるので、珍しくも無いです。
現状に不満で脱出できない馬鹿が、ネオマトみたいになってしまうのは
あの板ではよくあることです。そういう連中は取るに足らない屑です。

829 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 18:44:28 0
>>825
知覚・・・かね?・・・・まあ知覚か・・・な。

人間の認識範囲には限界がある、と常識的には予想されるが、しかしだ、
その「限界」があるとの思いから、「世界には絶対に知覚されない裏がある」と考えるのは、俺は間違っていると思う。
知覚され得ない存在は、間接的にも人間と相互作用しないのか?
いかなる様式にても認識されないのなら、それは「無い」とすべきなのだ。
それを「有る」としてしまってはいかんのだ。
そのような「桶の中の脳」的な世界を分裂・重複させる作業は全の無意味だ。

830 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 18:45:14 0
人の価値を値踏みするほど偉くなったのか。

831 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 18:46:21 0
>>829
そんなこと考えるのはあんたの自由だわい。
共通認識にたどり着く術がない以上それ以上は語れんではないか。
それが現実だ。

832 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 18:55:00 0
>>829
>知覚され得ない存在は、間接的にも人間と相互作用しないのか?

相互作用していても、知覚できないものがあってもよいと思います。

>いかなる様式にても認識されないのなら、それは「無い」とすべきなのだ。

それは貴方の考えに過ぎないです。そんなべき論はありません。
相互作用がないなら「無い」とすべきというのであれば個人的に同意ですが。

>そのような「桶の中の脳」的な世界を分裂・重複させる作業は全の無意味だ。

貴方がそう思っているに過ぎませんね。寧ろそういう世界の方が、普通であるという立場もあります。
また私は二重スリットの問題は、世界が重複して相互作用しているとしか説明ができないと思っています。

833 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 18:59:36 0
>>828
ぬふー。あんたきっついな〜。
俺もオカルト大嫌いだが、オカルト呼ばわりされることもある。
非常に心外だが、そこは一応、素直に反省。

しかし貴方はオカルト板なんか覗くのかね?
オカルト板はずいぶん前に記憶喪失君の様子を見に行ったことはあるが
書き込める雰囲気ではなかったな〜
ネオマトリクスを罵倒したくなるのは意外と近親憎悪かもしれんぜ。気のせいですか。

834 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 19:04:23 0
>>832
>また私は二重スリットの問題は、世界が重複して相互作用しているとしか説明ができないと思っています。
ここがよくわからないな。パラレルワールドとかがあって相互作用してるってことか?

>>813
ラビは、いちおう論理的に応えてると思うよ?
機械は名無しじゃないときも、くだらない「レッテル貼り」か「人格攻撃」、
それと方向違いで、まったく論理的ではないレスしかしていない。

835 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 19:07:33 0
>>833
>ネオマトリクスを罵倒したくなるのは意外と近親憎悪かもしれんぜ。気のせいですか。

自覚していないだけで、そうかもしれませんね。
以前ネオマトにそっくりなオカルト板の人に、好きなスレを荒されて潰されたことがあったので、
そのせいだと私は思っていますが。

836 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 19:14:04 0
>>832
>相互作用していても、知覚できないものがあってもよいと思います。

んー。俺の言葉が適切ではなかったですかね。
知覚は五感ではなく、認識一般として考えたのだよ。
人間と相互作用可能な世界内存在は、全て認識(知覚)可能だとしたのだが、
それでも駄目かね?

>それは貴方の考えに過ぎないです。そんなべき論はありません。
>相互作用がないなら「無い」とすべきというのであれば個人的に同意ですが。

これは、反論してるのか、同意してくれてるのか、よー分からんが、
なぜ「べき」かと言うかというと、それが無意味だと考えているからだよ。

>私は二重スリットの問題は、世界が重複して相互作用しているとしか説明ができないと思っています

んー。干渉と世界分裂をリンクされると話が面倒だな〜
俺が世界を分裂させるのは駄目だというのはね、認識され得る世界とは不干渉なる実体があるかもしれない、
と思考することは無駄だ、と言いたいのだが。駄目ですか?

二重スリットの問題は、粒子性と波動性の認識の空隙に発生しているのであり、
世界が分裂・重複していることを示唆してるとは俺には思えないが、詳しい説明があるなら訊きます。

837 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 19:14:43 0
>>834
>ここがよくわからないな。パラレルワールドとかがあって相互作用してるってことか?

パラレルワールドでもいいですし、根源的世界でもいいと思いますが、
我々が知覚してる世界とは、違う世界による作用や影響と考えないと、
コペンハーゲン解釈にしろ、エヴェレット解釈にしろ、説明がつかなく、
そういうもの(不思議な現象)を「原因はない」ことしてしまうのは逃避だと思います。

838 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 19:23:25 0
>>836
>人間と相互作用可能な世界内存在は、全て認識(知覚)可能だとしたのだが、

であるでしたら、

829で
>知覚され得ない存在は、間接的にも人間と相互作用しないのか?

わざわざ聞いている意味がわかりません。

それはともかく、
例えば、円周率の真の値は存在するでしょうか。そしてその桁の値は全て認識可能でしょうか。

>認識され得る世界とは不干渉なる実体があるかもしれない、
>と思考することは無駄だ、と言いたいのだが。駄目ですか?

如何なる相互作用も存在しないものということなら、同意です。

839 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 19:38:28 0
>>838
>わざわざ聞いている意味がわかりません。

「知覚しないもの」てのは相互作用も無いものとの意味か?(だとしたら同意できねえな)とわざわざ訊いたんだよ。
不自然かね?・・・貴方の反論の意図がよー分からんが、もういいでしょう。

あと 
な、なんだ?円周率?
円周率πが「実在」するかって話?円周と半径が実在するなら、実在するだろ。
十進法で表記できるか、って話なら よー知らん。
整数と円周率の組合せの問題じゃねえのかな。
円周率から見れば、整数が超越数に見えるってことかもしれん。オカルトだがね。
意図がよく分からんが、貴方が円周率に関して言いたいことがあるなら訊かせて下さい。

840 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 19:44:00 0
知覚できないもんでも仮定は当然できるじゃろ。
その仮定が知覚できる相互作用とかいうのと整合してればこのように捉えたとは言える。
それが科学じゃろ。
科学は永劫普遍の真理を解き明かすことを目的にしてるわけじゃなかろ。
帰結する必要はないんじゃから。

841 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 19:48:55 0
>>840
>その仮定が知覚できる相互作用とかいうのと整合してればこのように捉えたとは言える。

その通りだ。
しかし、永劫普遍の真理など想定するだけ無意味なのだよ。
世界を「実」と「虚」に分裂させる作業にしかならんのだ。

842 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 19:56:59 0
>>839
>円周率πが「実在」するかって話?円周と半径が実在するなら、実在するだろ。
>整数と円周率の組合せの問題じゃねえのかな。
>円周率から見れば、整数が超越数に見えるってことかもしれん。オカルトだがね。
>意図がよく分からんが、貴方が円周率に関して言いたいことがあるなら訊かせて下さい。

存在するが、 全て認識(知覚)可能では無いものの例として出しました。

843 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:11:19 0
円周率は抽象的な概念だから知覚できんのは当然じゃろ。
認識っちゅうのはできるがそこらへんは些末な話でツッコミどころでもないから気にせんが。

844 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 20:13:27 0
>>820
ラビとかいう、攻撃の本能むき出しの野蛮人が
ヒステリックに、前の俺のレスに対し恨みという
ダークサイドのヤバい感情でレスしてきてますが、そういう
抑えきれないどうしようもない動物的な欲求に邪魔されないように神に願いつつ
貴殿に誠意をもって申し上げます。

>「思考は存在するが、意識は存在しない」
いえ、>>813通りですが
『神や悪魔が、証拠がないから存在しない扱いなら、意識もそうだし、
 意識が、証拠がないのに存在する扱いなら、神や悪魔だけでなく
 無限通りに何でも存在できる』です。
ですが、客観的には、確かに、証拠・観測結果が必要なので、
神や悪魔・意識も心も存在しない、という論が真理と述べてます。

>社会に出て触れ合う多くの物事のことを現実と称するのだと思います
これは定義次第ですよね?で、確かに貴殿の定義は矛盾なく正解ですが
定義次第なので、俺はブリキのラビリンスのヒステリーのように
『自分の定義で、他人を妄想と称する』
事はしません。
定義は無限通りなんで、何でも定義次第で事実・妄想です。

>対象自体を直接観測することは元来不可能
なので、唯物論に都合がいいように、俺は
『万人が哲学的ゾンビ。俺も貴殿らも意識が無い物質の集合の運動だ』
と述べてます。ヒスラビはこういうの理解できてない様ですがね。

>辛そうに痛がっている人を観測したら
その「辛そうに」が主観で俺は自分の主観を証拠にはしないので、
やはり『自他が哲学的ゾンビだ』が一番理にかなってると思います。

845 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:19:21 0
>>844
他人に意識があるかないかなんて直接的に観測することは不可能なんじゃよ。


846 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:41:46 0
>>845
重要なのはわたしに意識がある・・ということ
他人に意識があるかないか二束三文屁の河童♪

847 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:47:44 0
我思う故に我ありの「私」の域をでないわけだ。

848 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:49:23 0
>>846
そう考えるからダメなんじゃよ。
意識は後天的なもんじゃろ。
誰からも授かることなく自分一人が意識してるっちゅうても意味なかろ。
要するに意識なんちゅうもんは他人の真似なんじゃよ。

849 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:49:52 0
>>847
>我思う故に我あり

いつまでそんな糞話を引き摺ってんだよタコw

850 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 20:50:24 0
>抄録様
ヒスラビが、何か月も俺の論を妄想とか馬鹿とか屑とか言ってますが、ああいうのは
『単なるヒステリー、芸の無い粘着攻撃一行レスストレス発散』なんで、
唯識やハンニバルやwisteriaと同じで、あまり聞かない方がいです。
アレの言う
「二重スリットの問題」とか、全て引用元(根拠)が無いし。
単に、他の賢人の実験結果を、内容を改変して
相手の批判に使ってるだけ。
好きなスレを荒されて潰されたとか、もろに私怨だろ?
こーゆーやつだから、本能むき出しの、一通りの論の妄信なんですね。

>世界が重複して相互作用しているとしか説明ができない
とか、まさにそう。説明は無限通り可能なのに。
ラビには知性が無いか、ヒステりーで視野が狭いだけ。

>コペンハーゲン解釈にしろ、エヴェレット解釈にしろ、説明がつかなく
とかもそう。理解できてないor勝手にラビが定義してるだけ。
科学を『知ったふり』『知ったと勘違い』してる、
科学の名を掲げて相手を批判する、実に野蛮人だよ。

>存在するが、 全て認識(知覚)可能では無いものの例
これはラビの状態(本能むき出しで野蛮な思考しかできない状態)では無理って事。
ああいうのに惑わされない方がいいです。
物事の状態は無限通りであり、ヒスラビも、機嫌が極端に良いときは
「神も天使も円周率の最後も認識可能かもしれません」
というでしょうね。『機嫌が悪いだけ』で脳の状態で論も変わる。

851 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 20:53:32 0
無限通りの状態が真ならば、思考は一通りしかないという理論は正しいとなるはずです。
つまり、誰か一人が「物理的運動が全てだ」と真理を定義することは出来ないということです。

852 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 21:12:18 0
>>851
だからこそ、「私」の域をでない。

853 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 21:18:37 0
>>850
ラビに自分の考えを妄想呼ばわりされたのが、よほど「不快」「苦」だったんだろうね。
無限通りあるはずなのに、どうしたの? 妄想呼ばわりされてない世界だってあるんだろ?
そもそも妄想呼ばわりされたのだって、妄想呼ばわりされたという「記憶」に頼っての判断だよね。
無限通りあるっていうのは、ひょっとして…



妄想なんじゃないの?


854 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 21:19:00 0
一人が言おうが全人類が定義しよ〜が
そんなことに真理は影響されない

おまいら真理を多数決で決める気かコラ

855 :大魔法使い:2008/12/31(水) 21:27:21 0
>>844
異議あり!
ネオマトさんへの恨みというダークサイドのヤバイ感情、そして
抑えきれないどうしようもない動物的な欲求を
ネオマトさんを介して間接的に観測しました。
これは意識が存在する間接的な証拠であります。
したがって意識は存在する、という論が真理です。

>定義は無限通りなんで、何でも定義次第で事実・妄想です。

定義は無限通りなんですが、事実と一致する定義は限定されます。
「現実は妄想である」
この定義は事実とは無関係な仮定でゴミです。
「現実は妄想ではない」
この定義は事実と一致する仮定です。非常に有用で重要な定義です。

>その「辛そうに」が主観で俺は自分の主観を証拠にはしないので、
>やはり『自他が哲学的ゾンビだ』が一番理にかなってると思います。
それこそがまさしく主観そのもののように思えます。

俺はネオマトさんよりも狂っていて、
素粒子の作用や電気回路やガイアや自動車や、ありとあらゆる相のシステムの制御を意識と定義して良いと思います。
そして意識や自動車やガイアを伝達関数や状態空間など類似の手法で分析し、大変な利益を得ることができるはずです。
全てをゾンビとして解釈するのでは、何も得ることができないです。

それから、俺には直感があります。確実な真理は使い物にならない。
不確実なことこそが重要な真理だと思うのです。

実在を証明できないことこそ、追及すべきです。
バネの振動を実数軸上の反転運動としてだけ扱うのと、
バネの運動軸上には実在しない複素平面上の回転運動を本質として想定し、
実数軸上に射影したものとして捉えるのとでは、理論の、あるいは技術の到達点がまるで違うのです。

856 :大魔法使い:2008/12/31(水) 21:38:27 0
>>855を一部訂正させてください。

>俺はネオマトさんよりも狂っていて、
あたかもネオマトさんが狂っているかのような表現をしてしまったことをお詫び致します。

857 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 21:58:53 0
>>851
なら、俺の
『この世は神や悪魔や精霊や天使やフォースや情報生命体がいる』
も何でも、全て真です。
が、ラビや唯識やwisteriaや常識教者は唯物的証拠を好むので俺は妄想らしいですが、
それなら、俺も貴殿らの論も妄想で
「物理的運動が全てだ」となる。意識は物理的証拠が無いんで。

>>853
>妄想呼ばわりされてない世界だってあるんだろ?
有るんですが、問題点は、『この私』の意識は、そうでない宇宙に、
今のところあるって状態。だから、ラビや唯識やwisiteriaの煽りとかに
対抗すべく、名誉ある行動を取ってます。

>妄想呼ばわりされたという「記憶」に頼っての判断
ではなく、家にいる三匹のリスザルが、デタラメに動いた結果、キーにぶつかり
こうなった場合もあります。

あと俺は記憶に頼らずに、一瞬一瞬の快苦で
筋肉が条件反射的に作用してる場合もありますよ?
ただ、貴殿らがそうでなくても、記憶ってのは各々
『根拠が無いっしょ』という話です。

858 :Absalom ◆owNN8RDlXo :2008/12/31(水) 22:01:56 0
>>819
どこが相対的なのか具体的に示していただけませんか。。限らない、と言うのも訳がわからないです。
文全体が無意味のような気がしますが。。なにを考えているのかわからないと言うことですが。

859 :ネオマトリクス:2008/12/31(水) 22:03:00 0
>>855
まあそう熱く意義とか言いなさるな。ヒステリーオカルト私怨と同じですよ?

>ネオマトさんを介して間接的に観測しました
それならば、俺が言う
『無限通りの可能性』も、観測したことになりますね。なるほどね。
俺と同じ立場でしたか^^

>事実と一致する定義
だからその事実ってのが曖昧でしょう。なんていうか
『記憶原理主義者』が、てきとうに、
『記憶しか根拠の無い、記憶(という数あるクオリアの一種)』
を基に、事実と『(根拠が無いけど)感じる』記憶と定義が一致してるかで述べてる。
まあ、
>非常に有用で重要な定義
は貴殿の快苦ならばそうなので、有用性は貴殿の快苦という主観オンリーならそうですが。

>利益
この辺もそう。利益・得る事は、主観性オンリー。定義次第、無限通り。
貴殿の論は矛盾なく正解ですが、無限通りなので、敢えて
『事実・客観性を好む、唯物論者に合わせると』
万人がゾンビが、主観性を消した論でしょうという話。

>俺には直感があります
そうですか。いいですね。まあ、快苦の感じ方も無限通りなんで成立するとは思いますが
『一個人の主観性を述べるならば、
 神や悪魔や精霊や呪いや占いやチャネリングという主観性』も何でもアリって話ね。

>実在を証明できないことこそ、追及すべきです
俺と同じ同類でしたか。別宇宙の銀河間戦争や、素粒子内の微小知的生命体、
周囲の美しき天使や精霊のイタズラ、人工知能にオーラ、自由意思の増大とか?

860 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 22:07:53 0
>>858
理解力無い御仁と判断できるんで華麗にスルー

861 :Absalom ◆owNN8RDlXo :2008/12/31(水) 22:11:01 0
>>860
じゃあはじめからからんでくるなよ。

862 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 22:25:46 0
>>844
>なので、唯物論に都合がいいように、俺は
>『万人が哲学的ゾンビ。俺も貴殿らも意識が無い物質の集合の運動だ』
>と述べてます。

述べるのは自由ですが、その主張は貴方が妄想しているだけですね。

貴方の妄想世界での言葉の「意識」はないかもしれませんが、
私たちの世界で使われる「意識」はちゃんと在るんです。
そして貴方はそれを「認識」することができないのです。
貴方以外のすべての人がわかっていても、貴方には認識できないだけです。 お気の毒ですが。

863 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 22:33:27 0
>>842>ラビ
>存在するが、 全て認識(知覚)可能では無いものの例として出しました。

あ、なるほど。ちょっと話の流れからは遠いような気もするが。
じゃ「認識」はやめて「認知」にするか。その方がいいかも。いや、どっちでもいいか。

あとよ、
コペンハーゲンでもエヴェレットでもいいんだが、これはよ、数学的には記述可能な訳だ。
だからこれを「違う世界からの影響」とするのは俺は違うと思う。
この「違う世界」てな何だ?認知不可能か?違うだろ。観測可能だし、数式で記述可能なんだから。
これはさ、「絵に描ける世界」に限界があることを示してるだけだと思うぞ。
それか人間の時間と空間を認識する力(≒描画能力)に問題があるのであり、
「違う世界」なんてもんを想定するのは行き過ぎだと思う。
でないと、「違う世界」でない「この世界」の範囲はどこまでだ、ってー話になるだろ。
そうすると「違う世界」なんてもんは無いってことになる、と思う今日この頃。

>>850>ネオマトリクス
ふむむ。。。。

864 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 22:34:04 0
>>857
>『この世は神や悪魔や精霊や天使やフォースや情報生命体がいる』
>も何でも、全て真です。

貴方の妄想の中の世界では「真」でしょうが、
貴方以外の、私たちの世界では「真」ではありません。

>あと俺は記憶に頼らずに、一瞬一瞬の快苦で
>筋肉が条件反射的に作用してる場合もありますよ?

つまり、記憶に頼っている場合もあるんですね。爆笑。

765 名前:ネオマトリクス 本日のレス 投稿日:2008/12/31(水) 00:31:30 0
記憶というのは、根拠がないのに。俺は一切参照してない。

頭が悪すぎます。

865 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/12/31(水) 22:50:42 0
>>863
>この「違う世界」てな何だ?認知不可能か?違うだろ。観測可能だし、数式で記述可能なんだから。

「現代科学」では不可能ですね。
コペンハーゲン解釈なら、波束の収束の起こる仕組みの世界、
エヴェレット解釈なら、多世界(この文では干渉する場合に限定)、
これらは我々の世界に干渉してくるものの、観測不可能な世界です。

それ以外にもコンピュータの仮想現実世界と、我々の現実(と呼んでいる)世界は
相互作用しているものの、仮想現実世界からは、外の「現実世界」が知りえない場合があるように、
我々の世界を作っている根源的世界があっても、認知不可能ということはありえると思います。

仮想現実世界の内側から、その世界がビットとクロックによって作られていることがわかるのでしょうか。
もしかしたら、わかるかもしれませんが、それは我々が量子の世界を知ったときと同様の、
その世界の常識から乖離した、理解し難いものではないでしょうか。

しかし、それでも、それらが半導体で作られていることなどは思いもよらないと思います。
根源的なそこはもはや原理も法則もまるで異なる世界です。

866 :Absalom ◆owNN8RDlXo :2008/12/31(水) 22:55:34 0
>>860
死ね死ね団とかキチガイとか言われるわけがわかりました。まあ、がんばってください。

867 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 23:03:13 0
>>866
まずおぬしの幸福が数量化できて他者と幸福指数を比較できるもんだとかいう無謬な妄想を捨てる事じゃ。
それが幸福への近道じゃて。

ところで何で幸福論なんて話題が出てくるのかが甚だ疑問じゃ。

解釈は無意味かどうかじっくり読み比べればよかろ。

868 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 23:08:17 0
>>863
コペンハーゲンだとかエヴェレットだとかわざわざ持ち出さんでも全ての論述は解釈の一つの帰結じゃろ。
それを妄想だと言うは易いが言う権利はそうじゃなくてかくかくしかじかなのじゃと論証せにゃ話にならん。
よりよい解釈はたくさんの賛同が得られるじゃろうという信仰がそこにある限りの。
超自然的な論述にしたところで信じるもんもたくさんおるのだから。

869 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 23:25:22 0
>>865
だからよ、「波束の集束」も「波束」ってイメージが先行する話だろ?
「多世界」も分岐してしまったら不干渉で、あってもなくてもいい。
「絡み合い」となどという「イメージ」を説明するための仮想にすぎない。
そんなものを想定しても仕方ないだろ。

>仮想現実世界の内側から、その世界がビットとクロックによって作られていることがわかるのでしょうか。

完全に不干渉であれば、それは知ることはできない。しかしだ、
ここで「ビットとクロック」などという仮想世界を構築することは無意味なのだ。
そのような「根源的世界」なんてもんを考えると、「その何がいかなる意味で根源なんだ」て問題になるだろ。
それは結局、意識に作用しているのは何かってことだろ。意識に作用しているのが、常識的に考える物質世界なのか、
それともビットとクロックなのか、って話に収斂される。しかし物質をビットとクロックに入れ替えただけで、
何の解決にもなっていない。
”ただ、無駄に、世界を分裂させて、浮遊させただけ”なんですよ。

>根源的なそこはもはや原理も法則もまるで異なる世界です。

だから、こんななんでもありの分からないこと言っちゃいかんて。

870 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 23:42:12 0
>>869
個々の信仰の領域に足を踏み入れても議論にはならんじゃろ。
それが限界というものじゃ。
たまたま同じ現実を見ているらしいから議論ができるだけのことじゃ。
おんしは限界はないというがラビは限界が明確にあるんだぞというとるからラビの方が適切なのじゃ。

お互い他人の信仰の領域を共通の足場にして議論しても収拾せんわ。

サイエンスとしての科学的な常識はどんどん変わっていくがこの信仰だけは上手くできていれば
割と長く残るからおもしろいんだろうのう。

871 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 23:45:42 0
>>868
>全ての論述は解釈の一つの帰結じゃろ。

もちろんそうだ。俺はね、世界を分裂させて浮遊させるのは、無意味だ、と言いたいのだ。
そんなことすると、そこに無駄な属性がくっついて、おかしな世界観が発生するよーな気がする。
そこにストーリーを作る余地が生まれてオカルトになるのが俺にはどうにも。。余計なお世話だがな。

872 :大魔法使い:2008/12/31(水) 23:49:31 P
>>859
>>実在を証明できないことこそ、追及すべきです
>俺と同じ同類でしたか。別宇宙の銀河間戦争や、素粒子内の微小知的生命体、
>周囲の美しき天使や精霊のイタズラ、人工知能にオーラ、自由意思の増大とか?

実在性や理論の正しさを証明できないが、広い範囲の事実を、極小の情報量で、
簡潔に、美しく、精緻に説明できる理論こそ追及すべきだと考えています。
俺は量子論、超ひも理論、ループ量子重力理論等やそこから先の理論を望んでいます。

しかし、銀河間戦争、神、悪魔、天使、精霊、呪い、占い、オーラ等は今のところ追求する価値が無いと考えています。
それらの妄想はあまりに複雑で、醜く、例外が多く、適用範囲が限定されており、
俺の記憶と経験上、
鉄球と木球のどちらが先に落ちるかとか、電磁波の仕組みという初歩的な問題にさえ、
整合性のある説明ができていなかったからです。

ネオマトさんの記憶では、木球のほうが鉄球よりも早く落ちていましたか?
そしてその理由はどう説明できますか?
経験がないのであれば、今から実験してみることをお勧めいたします。

もうすぐ新年ですね。皆様、今年も色々お世話になり有難うございました。
来年も良いファックをお願い致します。ではでは

873 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2008/12/31(水) 23:49:36 0
>>870
ん〜?俺がどこで「限界がない」などを口にした?
知覚の限界などと言いだしたのは貴方だろ?
これは信仰の問題とは思わんね。

874 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 23:59:37 0
>>873
仮想コンピュータ世界や桶の中の脳は限界を超えておるということじゃよ。
それに意味があるかないかはそれぞれの人の中の信仰の問題と一緒で足を踏み入れようもない以上
否定の対象でも肯定の対象でもない。信じるか信じないかだけの話だ。
意味があるから信じるとか意味がないから信じないっちゅうもんでもなかろ。

観測できなくともとりあえず解釈はできる。そういう世界と信仰の領域は更に分けねばならんわな。

議論のベースになってるのもとりあえずここでは言語への信仰でしかなかろ。
それが足場になっておるのじゃ。

875 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2009/01/01(木) 00:11:56 0
>>874
んふ〜。。。
仮想コンピュータ世界が信仰の対象かね?そして解釈もできると。
 
その仮想コンピュータを含んだ世界は無為自然に存在するのかね?
そりゃそうだろう。そいつを認識できる奴がいたら、そいつの意識を開闢させているのは何だって話しになる。
しかし、そいつを想定すること無しには仮想コンピュータを出してきた意味がない。
なぜなら、その仮想コンピュータは常識的に考える無為自然に存在する物質世界と見分けが付かないからだ。
なら、そのコンピュータを自らの開闢世界内存在として認知しているそいつの意識は何によって開闢するのか。
こうして世界開闢の無限螺旋が発生する。実に不経済だ。

しかし、まあいいよ。納得してもらえんよな〜。遅くまでお付き合いありがとう。

あけましておめでとうございます。今年こそ良い年でありますように。おやすみ。

876 : 【だん吉】 【440円】 :2009/01/01(木) 00:20:12 0
>>875
それこそ自由なんじゃよ。
見えんもんはいくらでも想像できるからおもしろいんじゃなかろうか。

ということで
あけおめことよろじゃ!
お正月休みで1年ぶりに舞い降りたが話題があまり変わっとらんから懐かしかったぞよ。
健勝でな。ラビも超絶も文句垂れのよくわからん不思議なコテはんも。


877 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2009/01/01(木) 00:22:26 0
>皆様

中島義道氏流の考え方では「時の区切りなど何の意味もない」ということでしょうが、
それに半分同意しつつ「明けましておめでとうございます」

>>872
>俺は量子論、超ひも理論、ループ量子重力理論等やそこから先の理論を望んでいます。
>しかし、銀河間戦争、神、悪魔、天使、精霊、呪い、占い、オーラ等は今のところ追求する価値が無いと考えています

「全くその通り」だと思います。

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。


878 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 00:27:08 0
>決定論:脳は物質だから意識は必然に過ぎない



        だからなに?







879 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 00:28:44 0
>>869
>そんなものを想定しても仕方ないだろ。

貴方はそのように考えるということなら問題はありません。
ただ、貴方以外の他者にそれが適用できるとは思わないことです。
「想定」することで、新たな発見があるかもしれないのですから。

>完全に不干渉であれば、

この文脈では、そんな場合を議論しているのではありません。

>ここで「ビットとクロック」などという仮想世界を構築することは無意味なのだ。

貴方にとって無意味だということなら、問題ありません。
ただ、貴方以外の他者にそれが適用できるとは思わないことです。

>何の解決にもなっていない。
>”ただ、無駄に、世界を分裂させて、浮遊させただけ”なんですよ。

それは違いますね。貴方がそう認識しているに過ぎません。
宇宙が物質による物理現象であることと、
宇宙が量子コンピュータである(という説は実際あります)ことは、
ある面では入れ替えただけかもしれませんが、本質的にはやはり違いがあります。

無意味だとか仕方が無いとか貴方が思うのは勝手ですし、認められるべきだと思いますが、
そのような主張は貴方の信仰に過ぎません。

880 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 00:31:39 0
>銀河間戦争、神、悪魔、天使、精霊、呪い、占い、オーラ等は今のところ追求する価値が無いと考えています

価値とは「わたし’の利益」以外にその意味はありませんが
あなたの口調からは「あなた’の利益」にまで言及しているように感じられます

訂正するなら今のうちですが・・

881 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 00:45:39 0
>>875
>仮想コンピュータ世界が信仰の対象かね?そして解釈もできると。

私が持ち出したコンピュータ内の仮想現実は、
現実世界に対する根源的超越的世界の可能性を説明するための比喩に過ぎません。
また、そういった超越的世界をどんな手段でも認識できないとも申し上げていません。
例えばこの世界でも「瞑想」によってできるかもしれません。
もちろんそんな可能性を信じているわけではありませんが、あくまで例です。

>こうして世界開闢の無限螺旋が発生する。実に不経済だ。

その無限構造が世界の本質だと考える人たちもいます。
どこにも境界がなく、どこまで行っても根源も末端もない、そういう考えです。

また、我々が規模はともかく、将来シミュレーションによってある意味での宇宙を作れるのであれば、
現実世界とシミュレーション宇宙の比率(1:無数)から、我々の現実世界もまたシミュレーションである
可能性が無限に高くなると考える人たちもいます。そしてそれは理論上まったく正しいでしょう。

882 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2009/01/01(木) 00:48:37 0
>>879>ラビ
あなたが「貴方にとって・・過ぎません」「貴方が思うのは勝手です」と言いだしたら、その先には進まないのです。
貴方は最高位にもネオマトリクスにも同じこと言ってました。相手の言葉を理解しようとするのを放棄しているのですか?
だとしたら実に不誠実です。物理屋なら知識で俺を圧倒してもいいですし、あるいは俺の言葉の不具合を修正するなど
やり方は他にもあるはずです。

ま、しょーがねーけどさ。またな〜。

883 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 00:49:26 0
>>881
そう考える人達も居ます
とそしてそれは理論上全く正しいでしょう
との関係は?
おまえは自分が断定的な意見を述べる自信がないので誤魔化してるな?

884 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:00:33 0
>883
ラビは機械のエイリアスにすぎないんだからある程度大目にみてあげないといけないよね。

885 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 01:03:31 0
>>862
あの、先に深く頭を下げますので、どうか、馬鹿とか言わず
道徳をもった対応を願います。心から願います。『苦痛』です。

>私たちの世界で使われる「意識」はちゃんと在るんです
これが全く分からないです。
証明も観測も不可能なモノをどうやって存在すると扱うんですか?

確かに、俺は認識できませんが、証明も観測もできない何かを
特別視し、科学的に扱うのは宗教や妄想と同じと思ってます。
それとも、存在の証明は全く必要ないのですか?

>>864
>貴方以外の、私たちの世界では「真」ではありません。
だから全て『無限通り』こそが真では?
世界AではXは真、世界BではXは真ではない、
それが世界A〜無限通りに、対象Xも無限通りに。
要は『全て無限通り』です。

>記憶に頼っている場合もあるんですね。爆笑。
すみません、家の三匹のリスザルが動いた結果、キーにぶつかり
こうなりました。なので爆笑は撤回願います。

あの、揚げ足取りでないので聞いてください。
貴殿の>>835を読むと、やはりストレス発散で罵倒してる様に思えますが、
こういうのは道徳に反しないですか?止めてください。
俺は記憶原理主義とか言いますが、一個人には言わず
万人がと言ってます。

886 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:08:14 0
>>885
結局いつもの「観念論者どおしの禅問答」で今年も始まるわけだ。めでたいめでたいw

887 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:13:42 0
>>886
ラビは観念論者だと言うこととラビは唯物論を破壊しようとしているということは
正しい選択だと確信するということには賛成だね。
機械的唯物論など風上にも置けないクソ理論だからね。

888 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 01:15:34 0
>>872
>広い範囲の事実を、極小の情報量で、簡潔に、美しく、精緻に説明できる理論
やはり『無限通り』ではないでしょうか?
物事の状態は、AもBもCも無限通りに、矛盾なく存在する。
なので、今はその中の一つ、Xという状態で存在する。

理論=変化の原因だと思いますが、やはりこれは
『快苦』だと思います。あらゆる生物は、
『快楽を感じ、苦痛を感じない』
為に行動する=物理的に変化する
と思うので、全ての物理現象・宇宙もそうでは?

>追求する価値が無いと考えています
この辺は、俺と貴殿の『快楽苦痛を感じる構造』が違うので、
何に価値を感じるか、全く違い、
主観の述べあいになるので、両方とも
「個人の主観ならば成立する」となり、あまり
客観性の、事実ある論にはならないでしょう。

>それらの妄想は
妄想か事実かは定義次第では?
価値の有無は主観ですが、妄想か事実かは定義次第で
断言しない方がいいと思います。

>ネオマトさんの記憶では、木球のほうが鉄球よりも早く落ちていましたか?
俺は記憶はあてにしてませんが、どちらの場合もあります。
理由は説明できませんが、敢えて言うなら
『物事の状態は無限通りなので、どちらが先に落ちても、
 落ちなくても、飛んでっても成立する』からだと思います。

889 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:17:20 0
今年は完全に正しい観念論がクソ唯物論を完全駆逐する輝かしき元年にしようぜ!!!!!

890 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:21:12 0
>888
あらゆる生物は、『快楽を感じ、苦痛を感じない』
為に行動する=物理的に変化すると思うので、全ての物理現象・宇宙もそうでは?

そうだよ。当たり前だろがwおまえの脳がその原理に逆らうことなど不可能なんだよw


891 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:26:44 0
歯が痛いから歯医者に行く人と痛い歯を治療する苦痛を知っていて避ける人の違いは?

892 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:29:54 0
>>891
苦痛を先送りしてもより大きな苦痛が来るという二者択一をどう選択するか?
にすぎないだろう。
 今日の一善飯と明日のご馳走のどちらを採るか?という理性的「我慢」の
修行レベルの問題。

893 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 01:42:27 0
え!!!
機械的唯物論とかいうアレ、「理論」だったの!?

894 :唯識 ◆Vidya0E1.s :2009/01/01(木) 01:57:44 0
明けましておめでとうございます。

895 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 02:16:10 0
>>894
唯識様、以前、記憶狂信者とか言ったのを謝りますので
どうか、ラビ様が
『無限通りは妄想である』と言う事について、お聞きください。

唯識論に私は同意致しますが、唯識論ならば、もしかしたら
『貴方の言う事は妄想です』というのも、
無限通りのクオリアの中の一種で、
ラビ様(というクオリア)が、あたかも
『現実的(と感じる)』な論を、『述べてると感じてる』だけですか?

つまり
『思考と感覚は無限通りに存在しうるから、
 その中の一種の、ラビ様が妄想とか言うクオリア』
も、存在するのですか?つまり妄想ではないと?

要は、事実は「物質の存在と変化」しか無いが、
思考と感覚は無限通りなので、あたかも
何か月も粘着し罵倒されてるように感じる、と?

貴殿なら、こういう罵倒されるクオリアは、どういう方法で消去しますか?
どうか、お答えください。新年早々、ストレスで胃が痛いです。

896 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 02:34:34 0
>>877
>「全くその通り」だと思います。
いや、だから実用性ならば、もしかしたら
電気の発明と同様に、重量ワープが可能性があるので
俺は追求すべきと思考してます。

また、主観性で意識が証明できるなら、主観性でオーラが存在できて、
それでオーラを応用すれば
『電気を応用して機械が使えた』のと同様に、
何か革命的な発見になるかもしれず、妄想と罵倒されようとも、
オーラやチャネリングは貴殿の言う科学の革新の希望ですよね?

>>890
だから、以前から申し上げてましたが
『妄想と称するも、しないも、快楽苦痛で、
 全ては無限通りで、快楽苦痛こそ変化の原因』であり、
複雑な宇宙論とか、事実とか、どうでもいいのでは?
答えは『無限通り』『個人の主観』で済ませば、どの論も成立し、
苦痛が無いでしょう。

なぜ俺が妄想と延々と罵倒されるのですか?

897 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 03:41:38 0
>>1-896
素直になれ。
分からないのなら、分からないと言えよ。

898 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 03:55:09 0
>>896
思想の衝突を避けるべきだとする思想もまた衝突するのでありました。
全ての戦争の原因は結局は思想なのです。
思想がなければ戦争も起こせない。

899 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 04:12:47 0

ISOS5以降のアルバムはギャル男専用仕様だけあって、老人たちには好まれないようだ。


老人たちはISOS1〜4が好き


Tiestoどんどん良い方向に行ってる。トランス・ハウス界の
王者だね。誰も到達できないだろうな。





900 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 04:44:21 0
理屈はわかった。苦痛がなくならない

901 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 10:29:40 0

>脳は物質だから意識は必然に過ぎない

意識は存在する・・と断じてる訳ね?
実際そのとおりだし多分小学生でもそれぐらい知ってると思うけど

それがなに?



902 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 11:19:04 O
腐女子の逆襲ハジマタ
ガチョーン

903 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 13:13:06 0
>>901
不思議なことに女にはそのような命題が全然不思議でも疑問でもないらしい。
だから女の哲学者はただの一人も居ない。

904 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 13:41:10 0
>>882
>相手の言葉を理解しようとするのを放棄しているのですか?

理解したからこそ、取るに足らないと棄却したわけです。
しかし、貴方がそのように思う自由はあると申し上げているわけです。

>やり方は他にもあるはずです。

ですからそうしています。全体を読めば他の指摘もしているのはわかると思います。


905 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 13:42:37 0
>>883
>そう考える人達も居ます

そういう考えの紹介です。

>とそしてそれは理論上全く正しいでしょう

こっちは、シミュレーション宇宙の話のほうです。

>との関係は?

別の話なので関係ありません。読解力が不足しているようです。

906 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 13:49:38 0
>>885
>あの、先に深く頭を下げますので、どうか、馬鹿とか言わず
>道徳をもった対応を願います。心から願います。『苦痛』です。

私は誠意をもって、貴方のために馬鹿なことには「馬鹿」と申し上げているだけです。

>これが全く分からないです。
>証明も観測も不可能なモノをどうやって存在すると扱うんですか?

それは貴方にとってですので、分からなくても構いません。
他の人との間では、証明も観測もされていますから、存在します。
貴方はそれを「認識」することができないのです。
貴方以外のすべての人がわかっていても、貴方には認識できないだけです。 お気の毒ですが。

>確かに、俺は認識できませんが、証明も観測もできない何かを
>特別視し、科学的に扱うのは宗教や妄想と同じと思ってます。

貴方の妄想世界では証明されるものなんて何もないでしょう。
でも他の人の世界は違うのです。

>だから全て『無限通り』こそが真では?

貴方の妄想の中の世界では「真」でしょうが、
貴方以外の、私たちの世界では「真」ではありません。

>すみません、家の三匹のリスザルが動いた結果、キーにぶつかり
>こうなりました。なので爆笑は撤回願います。

嘘つきは嫌いです。

907 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 13:50:21 0
>>885
>貴殿の>>835を読むと、やはりストレス発散で罵倒してる様に思えますが、

違います。害虫駆除です。



908 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 13:56:04 0
>>885
>これが全く分からないです。
>証明も観測も不可能なモノをどうやって存在すると扱うんですか?
証明も観測も不可能な、無限通りの可能性だか何だかを、
をどうやって存在すると扱うんですか?

909 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 14:05:30 0
>証明も観測も不可能な、無限通りの可能性だか何だかを、
>をどうやって存在すると扱うんですか?
思考できる物事は存在するとしているだけだろ。
矛盾する物事以外は存在するという考え方だろう。



910 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 14:12:26 0
>>909
ハア?
「意識」も思考できますが?

911 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 14:16:12 0
>女の哲学者はただの一人も居ない

だからなんじゃい!
正月早々ボケかますなや

912 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2009/01/01(木) 14:35:55 0
>>904>ラビ
>理解したからこそ、取るに足らないと棄却したわけです。
>しかし、貴方がそのように思う自由はあると申し上げているわけです。

貴方は理解できてないと思う。なぜなら、>>879

>宇宙が物質による物理現象であることと、
>宇宙が量子コンピュータである(という説は実際あります)ことは、
>ある面では入れ替えただけかもしれませんが、本質的にはやはり違いがあります。

などと言ってしまっている。本質的な違いを認知できないと俺は主張しているのだ。
貴方は本質的な違いを示して反論するほうが良いだろーと思う。

>>881>現実世界に対する根源的超越的世界の可能性を説明するための比喩に過ぎません。

当たり前だ。

>また、そういった超越的世界をどんな手段でも認識できないとも申し上げていません。
>例えばこの世界でも「瞑想」によってできるかもしれません。
>もちろんそんな可能性を信じているわけではありませんが、あくまで例です。

可能性すら信じていないような例をなんで書いてんだ?意味ねえだろ。

>その無限構造が世界の本質だと考える人たちもいます。 ・・・・・

同じように「このように考える俺」もいるわけだよ。俺はね、それなりに筋道立てて頑張って書いたつもりなのよ。
お前さんは自分に都合の悪いところは読んでないようだがよ。有効な反論などまるでなく、
君の気分で「同意します」「違います」と言ってるだけだもん。時には俺を唸らすような掣肘を加えたまえよ。

しかし「取るに足らない」と判断されたわけだから、俺の力不足だ。しょーがねえ、それも受け止めるよ。
つーか懲りずにてめえなんかと絡んだ俺もどうかしてたぜ。あとは頑張れ〜ネオマトリクス。
さらばだ。

913 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 14:55:49 0
>>912
>本質的な違いを認知できないと俺は主張しているのだ。

ですから、それは貴方にとっての本質でしょう。
貴方以外の人にとっての本質が貴方にわかるのですか?

貴方がミカンとオレンジの味の違いを認識できなくても、
認識できる人もいるのです。
認識できる人からみれば、「ミカンとオレンジの味に本質的な違いがない」
なんて意見は取るに足らないですし、認識できない人にさせようとも思わないでしょう。

914 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 15:00:13 0
>>897
いや、分かったんですよ、無限通りと。
つまり、物事の状態は理論上、全て成立するから、
無限通り。しかし妄想と呼ばれます。

>>998
>思想がなければ
しかしこれは野生動物と同じでは?
本能や肉体的欲求で、何も考えず
快不快で行動する。すると、野生動物並みの激痛を感じたり、
とても知的生命体とは呼べないでしょう。

が、普遍性のある思想ならいいかもしれませんね。俺は
http://jp.youtube.com/watch?v=YTGlD2Uz0LY&feature=related
のような人なら、罵倒されても動揺せず、この人のように
『宇宙とかには執着しない』『宇宙普通ヤバくない』という
無執着の道を探すべきかと思った。

>>906
分かりました、貴殿の誠意は理解できましたので、どうか、何卒、
『馬鹿』のような語句を用いないでくださいませ。
深く頭を下げますので、宜しくお願い致します。
「貴方のために」とありますが、例え間違っていても
『賢者だ』『高次元知的生命体だ』と言われる方が、快な人もいます。

>それは貴方にとってですので、分からなくても構いません。
では、どうか、分かる方法を教えてください。
「他の人との間では、証明も観測もされていますから」の証明・観測結果を、
未だ一度も見た事がありません。どこに載ってますか?
俺は意識が観測されるなら、魂や神や霊もオーラも観測されると思う。

915 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 15:08:43 0
>>914
思想とはそういう普遍化への運動だから他と軋轢を生み結果極端な場合には戦争を引き起こす。
そういうのが人類の歴史。
まさにあなたが普遍的な思想ならいいでしょと言ったその信念こそがくせ者。
他を許容しているように見せかけてはいるが片方で普遍的ではない思想を徹底的に排除すべきと宣言しているのと同じ。
普遍的な思想(理想)は決して実現しないにも関わらずに。


916 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 15:09:53 0
そして相対主義へ。

917 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 15:11:23 0
>>906
>貴方の妄想世界では証明されるものなんて何もないでしょう
これは、俺の見て聞いてる事が全て妄想という事でしょうか?
上司の言葉とか全て?
要は
『思考と感覚が全てだから、思考と感覚=妄想なので、全て妄想』ですかね?
それなら助かりますが、この
>他の人の世界
というのも、思考と感覚の一種で、全て妄想では?
それか全て思考と感覚で、自他も無い、と。

>貴方以外の、私たちの世界
これと俺の妄想世界の違いは、マトリクス内と外部の違いですか?

>嘘つき
しかし確率論から言うと、全て無限/無限となり、
生命発生の確率もビックバン宇宙論の確率も、
三匹のリスザルの確率も同党では?

まあ、嘘と感じるなら嘘を付いたのを先に謝るので、
どうか爆笑を撤回して頂けないでしょうか?

>害虫駆除
なぜ俺が害虫なんでしょうかね。俺は
『科学も、宗教も、カルトも、個人宗教も、妄想も、全て
 多数決で、基本は同じだ』と言ってるだけですがね。
どの辺が害虫なんですか?万人が哲学的ゾンビってのは、
観測・証明が不可ならそうですし、オカルトも、少数派なだけで
別に矛盾なく存在しますよ?実際、俺はオーラが見えるし。

918 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 15:34:22 0
>>914
>いや、分かったんですよ、無限通りと。

と貴方が妄想しているだけですね。

>つまり、物事の状態は理論上、全て成立するから、 無限通り。

と貴方が妄想しているだけですね。

>『馬鹿』のような語句を用いないでくださいませ。

いいえ。馬鹿なことには馬鹿と言い続けます。
見るのも嫌ならフィルタすればよいでしょう。私のハンドルもフィルタするのもお勧めです。

>では、どうか、分かる方法を教えてください。

馬鹿には無理です。昔から馬鹿につける薬はないといいます。

>俺は意識が観測されるなら

意識が観測されないなら、医者は意識不明の重体などのような判断ができませんね。

919 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 15:42:08 0
>>917
>>他の人の世界
>というのも、思考と感覚の一種で、全て妄想では?

いえいえ。精神が正常な人間と、精神が異常の人間がいて、
その精神異常者が妄想しているからといって、精神が正常な人間が妄想していることにはなりません。
もちろん、その精神異常者から見れば、他の正常な人間も異常であったり、妄想しているように見えることはあるでしょうが。
ですが、それはその精神異常者の世界に過ぎません。他の正常な人に適用するのは無理です。

>しかし確率論から言うと、全て無限/無限となり、
>生命発生の確率もビックバン宇宙論の確率も、

そんな確率はありません。貴方の妄想世界の妄想用語に過ぎません。

>まあ、嘘と感じるなら嘘を付いたのを先に謝るので、
>どうか爆笑を撤回して頂けないでしょうか?

大爆笑。

>なぜ俺が害虫なんでしょうかね。俺は

なぜ、害虫が、ただの虫や益虫ではなく、「害虫」と呼ばれるか考えた方がいいですね。

920 :飛べないカラス:2009/01/01(木) 15:53:30 0
もし現在のこの世のすべての運動エネルギーを知ることができるならば、未来も過去も完全に推測可能だろうか。
それとも過去は熱力学の第二法則によってかき消されてしまって記録をとっていなければわからないのだろうか。
未来を記録して過去に伝えられないのは(当たり前だが)何故なのだろう。何故時間の矢は未来へと進んでいるように
感じられるのだろうか。

921 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 16:07:08 0
>>908
いや、だから
『意識が思考できるから存在できる扱いなら
 神やオーラや銀河間戦争や別宇宙の機関や精霊や小人もOK』でしょう?
それが妄想なら、意識もそうという話です。

>>912
>あとは頑張れ〜ネオマトリクス
ええ。ま、ここの中での精神的な小競り合いは、
マトリクス外部のスミスとの戦争の1/無限程度の労力なんで。
『井の中の蛙大海を知らず 天の上の神様大宇宙を知らず』

貴殿はおそらく、マトリスク外部で少し知りあいだったんでしょうね。久しぶりだ。

>>915
貴殿の論に深く納得しました。なるほどね。
定義づけが問題ですね。
要は
『人間は物理現象だから、戦争という物理現象になるのも
 全くおかしくない、矛盾なく存在しうる』ですね。

ラビが煽るのは物理現象だからか。だからどんな現象も有りと。なるほど。
では俺は物理現象から脱出するのがベストですね。
やはり空腹に負けず、食欲という生物特有の欲を消し、
生物でなくなれば、戦争も、物質に依存する論争も無い。

思想を目指すなら『自身の感覚を快のみにする、魂を鍛える思想』ですか。

922 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 16:20:43 0
>>918
>見るのも嫌ならフィルタすればよいでしょう。
いえ、実は親・職場・常識といった物理現象に影響されないように
ここの賢人と話してましたので、貴殿も
性格がEvilだろうと、一応は
『似たような志の賢者』なので、伺う価値はあります。

要は貴殿は単に性格がEvilか、もしくは既に
何らかのデーモン(中級〜上級?)に影響されてるか。

>馬鹿には無理です。昔から馬鹿につける薬はないといいます。
この言い草は、昔の天動説批判と同じでは?
要は貴殿は異端審問官と同じ。野蛮ですぞ?ガリレオ批判と同じ。

>意識が観測されないなら、医者は意識不明の重体などのような判断ができません
いえ、定義だけなんで、脳の状態で定義と関連し照らし合わせれば
意識が不明という定義と一致すれば可能です。

>精神が正常な人間と、精神が異常の人間がいて
これが貴殿の論の落とし穴だ。
↑は『定義づけ』オンリー。無限通り。要は定義によれば、
例えば昔の魔女狩り時代なら、貴殿も俺も異常者。
よって、定義次第=無限通り=全て妄想or全て事実

>そんな確率はありません
だからビックバン宇宙論とか数ある(無限に)論の一つは
確率が1/無限だからてことですよ!
俺からすれば、150億年も、物理法則が普遍だった方が変な確率ですねえ

>大爆笑
なんでそうダークサイドに走るんですかね。ダークサイドは己の負の欲求で
破壊の道で危険ときずかないかな?まあ、ダークサイドなら強いですがね、確かに。

923 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 16:48:58 0
新春大爆笑ネオマトリクス的無限世界論w

924 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 17:27:17 0
>>922
>要は貴殿は異端審問官と同じ。野蛮ですぞ?ガリレオ批判と同じ。

全然違います。
別に私は貴方が妄想してはいけないとは申し上げません。
貴方の論は妄想なのに価値がないと申し上げているだけです。

>↑は『定義づけ』オンリー。無限通り。要は定義によれば、

と貴方が妄想しているだけですね。

>よって、定義次第=無限通り=全て妄想or全て事実

と貴方が妄想しているだけですね。

>だからビックバン宇宙論とか数ある(無限に)論の一つは
>確率が1/無限だからてことですよ!

と貴方が妄想しているだけですね。

貴方の妄想世界と私たちの世界は違います。お気の毒ですが。

925 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 18:02:20 0
機械さんは反宗教の無神論者なのが残念ですが、
文章がパウロの書簡のようで好感が持てます。
彼は人徳と人間性と知性に溢れていると思います。
しかしその意味で、不幸に陥ったときに依り頼む神を持たないことが心配でなりません。

926 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 18:21:38 0
>>920
>何故時間の矢は未来へと進んでいるように感じられるのだろうか
おそらく『時間も感覚(クオリア)の一種』だからでは?
つまり我々の使う、感じる時間は全て
『体感時間』であり、体感時間だから、主観的なので
未来への変化しか感じられない。

宇宙の時間というのは、俺が前から言ってた
『時間も空間も無く
 色も形も重さも無い物質の存在と変化』で、
それ(変化)をとある物質(人間)が『体感時間(未来への変化)』と感じるのでは?

だから、時間の最初とかも、体感時間で考えるから不思議に感じる。
敢えて言うなら一瞬なんですよ、時間なんてない。

過去も『時間というクオリア』で、要は感じ方なので無限通りでしょう、
それこそ、五分前〜無限やら一瞬前とか今がスタートとか。
自分たちの体感時間・記憶では何十億年前とかなってる。

時間も、空間も、原子分子素粒子も、そういうのは全て『感覚』とすれば
謎はとけやすいと思う。

>>923
「無限世界論」これが俺は真理だと思うんですよ、なんせ
『理論上は全て成立する』んで。ただ、日常の『クオリア』には、
神や悪魔は無いから、いないように感じるだけ。
全て思考と感覚で、それが無限通りに存在する。

927 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 18:24:00 0
>>921
>神やオーラや銀河間戦争や別宇宙の機関や精霊や小人もOK』
それらは空想でしょうね。妄想とは違う。妄想とは空想の存在が実際に
あると信じることだから。
意識は妄想を生み出す事もあるが妄想でも空想でもない。
意識は昨日だから。意識によって生み出されるものが空想や妄想や
真実などだろ。


928 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 18:26:02 0
>>925
ああ、口語訳聖書は悪訳だからねえ。
機械の悪文に、ちょっと似てるかもしれないね。

929 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 18:27:40 0
>>926
>「無限世界論」これが俺は真理だと思うんですよ、なんせ
>『理論上は全て成立する』んで。ただ、日常の『クオリア』には、
>神や悪魔は無いから、いないように感じるだけ。
>全て思考と感覚で、それが無限通りに存在する。

貴方がそのように妄想することは自由です。
ですが、貴方の以外の他の人の世界は、そうではありません。

貴方は妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間なのでしょうか。

930 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 18:31:12 0
>>927
>それらは空想でしょうね。妄想とは違う。妄想とは空想の存在が実際に
>あると信じることだから。

彼の場合、妄想でしょう。
「別に矛盾なく存在しますよ?実際、俺はオーラが見えるし。」って言ってますから。
脳に障害があるのでしょうけど。

931 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 18:47:27 0
>>927
>意識は昨日だから
しかし、意識は
『物理的に、観測も証明も不可能』なので、
科学的な定義によると、存在しない扱いでは?
神や悪魔や霊やオーラが、観測不可能で
存在しない扱いなのと同じ。

「俺の主観性が証拠だ」というならば、仮に
『俺は意識が無い哲学的ゾンビだ』と語るモノがいたら
証拠にはならなくなりますよね?

なので、意識だけを『観測できなくても存在する』とするのは、
少々、非科学的だと思ってます。
『万人が意識の無い哲学的ゾンビ』の方が、科学的では?

>>929
>貴方は妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間なのでしょうか
いえ、俺は意識が無い哲学的ゾンビなので、
物理法則にしたがってこうなりました^^

>「別に矛盾なく存在しますよ?実際、俺はオーラが見えるし。」って言ってますから。
失礼。↑は、意識の無い物質の集合が、物理法則で動いた結果です。

ラビ殿こそ、「意識が存在する」というのは、おかしいですよ?
感情論でない場合は、『意識は検証不可能で存在しない』です。
つまり、貴殿の方が、障害が存在するかも

932 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 19:18:18 0
物質によって構成されるのが意識なのではないかね?
俺には、どうもネオマトリクスがこの掲示板に書き込めるのは
意識があるからにしか見えないんだが。

933 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 19:34:16 0
>意識があるからにしか見えないんだが。

いいえ、既に彼は死んでいるそうです。(つまり霊体)
だから3匹のリスザルが代わりにキーボードを打っているそうですよ。

934 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 19:57:39 0
>>929
すみません全て白状します、単に家で2chの、機械スレしか
やる事が無かったからです。
学校、職場、どこでもイジメにあい、哲学で
人間を脳と見る事で何とかしのいできましたが、いざ
親が入院し、家事とか自分でやると
哲学も決定論しか役に立たづ、それで
徹底した妄想で、全て錯覚と思い回避してきました。

が、いざ、宇宙とか生物を考えると
日常よりも、輪廻とかが重要に思えて、常識もどうでもよく感じ、
少しでも理性のある物質と精神の仕組みを探る人を探そうと思い
それで恥も捨てて消して、機械スレで食欲を断つ運動をしてました。
なんせ輪廻を考え、宗教的思考をすると、
イジメとかやった方が野蛮で愚者で負けに思えるんで。
こう、全て放棄したので、快苦・輪廻しか重要でなく
自身を知的生命体と認識してるので
野蛮人と他人を思い、学生時代のイジメも全て肯定した哲学的ゾンビです。
典型的な、2chコピペの代表に邪気眼の肯定が加わった、
『常識的には既に救いの無いネカフェ難民にもなれない者』で正解です。

OK? DO YOU UNDRESTAND?

------------------------------------------------------------------
↑は全て『部屋にいる三匹のリスザルが動いた結果』ですので。←も。

935 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 20:00:01 0
>>931
>>貴方は妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間なのでしょうか
>いえ、俺は意識が無い哲学的ゾンビなので、

貴方の妄想世界での、ネオマト語の「意識」はそのとおりでしょうが、
私たちの世界で使われている「意識」は、ネオマト語の「意識」とは別であり、
在りますし、哲学的ゾンビでもありません。

>失礼。↑は、意識の無い物質の集合が、物理法則で動いた結果です。
>『意識は検証不可能で存在しない』です。

ネオマト語の「意識」は無いのかも知れませんが、
私たちの日本語の「意識」はあります。
貴方が馬鹿だから、それが分からないだけです。気の毒に思います。

936 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 20:06:42 0
>>934
>やる事が無かったからです。

そういう判断と行動をするような人間だから、そのレベルの人間に成り下がるのです。
リア充になってからこのスレ来て、くだらない議論をしなさい。



937 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 20:29:41 0
>>935
>貴方の妄想世界
この文を読むと、世界の基本は『自身の思考と感覚』に思えます。
簡潔に言うと
『今見てるラビの文は、全て、ネオマトの思考と感覚=妄想』で、
俺が妄想でも正常者でも、結局は
『思考と感覚でしか物事を知れない』から、
妄想も何も関係ないのではないか?と。

で、これだと独我論なので、その回避で
『俺は意識が無い物質だ。君らもそうだ。
 意識が無く、物質オンリーなら、妄想とか事実とかも
 全て物理現象で片づけられて、簡単じゃないか』
と思い、延々と意識は観測できないとかの理由で
哲学的ゾンビを語ってます。

かなり真理では?

>ネオマト語の「意識」
だから、貴殿の語句とネオマトの語句と、他の皆さんの語句の示す『クオリアの検証』は
誰でも、どうやっても不可能でしょう?
もしかしたら、機械やハンニバルの会話で
「機械は変態爺w ワロス」「粘着ハンニバル働け」を
「機械は=こんにちは」「粘着=どうも」
「変態爺=今日も」「ハンニバル=こちらこそ」
「ワロス=がんばりましょう」「働け=よろしくね」
と感じてるかもしれないじゃないですか。
それで、第三者の私や貴殿らが
「あー荒れた議論でくだらない」とか思ってるかも?という話です。
別にあり得無くないですよね?

938 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:32:28 0
>>935

別も何も、唯物論上は同じ物質からでなければなるまい。

939 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:46:48 0
ネオマトリクスは本当に意識がないのだったら、
「意識」という言葉が何を意味するかどうやって知ったのだ。
知りようがないはずだ。意味がわからないものが「ない」と、
どうしてわかるのだ?

940 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 20:47:55 0
>>937
>かなり真理では?

全然。下らない戯言です。

>だから、貴殿の語句とネオマトの語句と、他の皆さんの語句の示す『クオリアの検証』は
>誰でも、どうやっても不可能でしょう?

そういう問題以前に、貴方がそれを不可能だと認めるなら、
「誰でも不可能」ということは他者に対しては論理的に言えません。
言えるのは、その検証はネオマトにはできないということだけです。
ネオマトが馬鹿で不可能だからといって、誰だって不可能というのは論理的飛躍です。
その主張はせいぜい、他者が貴方と同レベルの場合に言える話であって、
一般人より著しく劣る貴方が言えることではありません。

また、不可能と言うためには、不可能たらしめる何かが確実に存在している必要があり、
無限通りなんて馬鹿なことを言っている間は、
不可能たらしめる原因について言及するのはそれこそ【不可能】です。

941 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:50:42 0
書き込みは意識的な行為だと思うんだがなあ。
霊媒まがいの自動書記でもあるまいし


942 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:52:14 0
クオリアは仮想のものなので検証は要らんだろう。
説明するためにクオリアという概念を仮定して話を進めているだけなのは常識の範疇だと思われるが。

943 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:54:00 0
>>940

不可能でない証明をラビくんがすれば、一発じゃないか?


944 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 20:57:38 0
ぐっ・・・!

945 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 20:59:30 0
>>943
「不可能」と断定することが間違っていることは十分示しています。
ネオマトには理解できないかもしれませんが。

946 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 21:06:51 0
>>939
つまり、意識が無くても、
『物理法則に従った結果、肉体という物質がこう動けば』
「意識があるという書き込みを」出来るという話です。

知った訳では無く、『「知った」という書き込みを物理現象がしてる』だけです。

>>940
>全然。下らない戯言です
しかし、俺が妄想でも事実を見てても、それは
俺の思考と感覚でしかなく、結局は全て思考と感覚で、
自他というのも、感覚の一種では?
例えば自分とか他人という感覚が無く、映像だけあれば
自他は無いけど(つまり世界は一個)、世界・クオリアはある。

>誰だって不可能というのは論理的飛躍
>不可能と言うためには、不可能たらしめる何かが確実に存在している必要
それこそ、文字から感じるクオリアの存在の仕方は
『無限通り成立する』からです。
仮にラビ様がAさんの書き込みを見て何か感じても、
Aさんは日本人でなく、エイリアンでエイリアンの語句の映像が
日本語の映像と一致してた、とかそういった可能性もあるので
つまり
『他人の感じるクオリアの観測は不可能だから』という単純な理由です。

それの応用で、意識は無限通りor万人が哲学的ゾンビ

947 :抄録 ◆xOLbFG9QNU :2009/01/01(木) 21:10:19 0
>飛べないカラス
スレッドを開いて上から下まで息が詰まりそうなパソコン画面の中で、貴方の>>920の書き込みだけが俺にとってオアシスでしたわ。カッカ。
思うに、世界を記述するのに時空連続体の形式だけでは不足なのだ。
と言って、それを突破する妙案も俺には無いのだが。

948 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 21:10:33 0
>>945

ラビくんの論理は論理というのかい?
ん〜
だって>>940の主張のラビくんの論理では
ネオくんが、馬鹿でなければ成り立たない。
その馬鹿である証明をくりかえしているのだが?

当該の問題とは無関係に。。。
まぁいいや。

949 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 21:14:13 0
>>946
>つまり、意識が無くても、

と貴方が妄想しているだけですね。

ネオマト語の「意識」は無いのかも知れませんが、
私たちの日本語の「意識」はあります。
貴方が馬鹿だから、それが分からないだけです。気の毒に思います。

>『無限通り成立する』からです。

と貴方が妄想しているだけですね。

無限通り成立するのに、言葉の意味を限定して使うのは自己矛盾です。
無限通り成立するなら、ネオマト用語の意識もあるとないとも言えるわけです。
何でもかんでも、あるとも言えるし、ないとも言える、
そんな下らない戯言には何の価値もありません。お気の毒です。

950 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 21:16:36 0
>>948
>ネオくんが、馬鹿でなければ成り立たない。

違います。馬鹿でなくても成立します。
指摘されているような主張をするのは馬鹿というだけです。

951 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 21:20:50 0
やってろヴォケナスどもw

952 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 21:25:33 0
ネオマト君は、(完全ではないとはいえ)何故言葉が通じるのか考えた方がいいでしょう。
言葉が通じるのが「約束」に過ぎないとしても、その約束を破り、
無限通りなどと主張することは、コミュニケーション手段の破壊行動に過ぎません。
そのように考えるのは自由ですが、公共の場でテロ行為はしないでください。
家に引きこもって、自分だけの世界で主張しててください。

953 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 21:33:01 0
>>942
意識も、仮想のモノではないでしょうか?
『脳がこういう状態なら、意識はこうである』という定義だけで
意識がある訳ではないと思います、検証と観測によって
モノが存在になるなら。

>>949
>ネオマト語の「意識」は無いのかも知れませんが
いや、そうではなく
『ネオマトが哲学的ゾンビでも、書き込みは成立する』ので
それは貴殿らにも当てはまり、誰がゾンビかとか検証不可能で、
やはり
『万人が哲学的ゾンビ』が一番物理的では?

>無限通り成立するなら、ネオマト用語の意識もあるとないとも言えるわけです
はい、なので『意識があるなら、神も悪魔も精霊も天使もいる』と
語ってます。で、
>下らない戯言には何の価値もありません。
これは主観なので、スレで扱ってるような
『真理』『事実』『この世の構造』とは違いますね?一般論・常識の話で。

調べてったら、無限通りだった。で、何が役立つかとかは、個人個人なので
それぞれでいいんじゃないですか?という話です。
別に、オカルト批判をしなくてもいいのでは?
彼らには見えて聞こえて役立ってるんだから。

954 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 21:42:13 0
>>953
>>ネオマト語の「意識」は無いのかも知れませんが
>いや、そうではなく

いや、そうでしょう。
貴方が使用する「意識」は、ネオマト語の「意識」です。
それが、貴方以外の人間が使う「意識」と一致している保障はどこにあるんですか?

>それは貴殿らにも当てはまり、

ですから、それはせいぜい貴方の妄想世界内での話です。
貴方が認識できていない、貴方以外の世界では当てはまりません。


955 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 21:42:43 0
>>953
前段で意識は作用だということになっていなかったか。
クオリアはそういう意識を物質の作用として分析するときに用いられる概念でそれ自体は
意識等の精神活動(言語活動等)を物質に還元できるとする主張の為に仮定されたものでしょ。
例えば赤と言えば赤のクオリアが後天的に学習されずに事前に先天的に備わっている等。

956 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 21:45:55 0
>>953
>調べてったら、無限通りだった。

と貴方が妄想しているだけですね。

なぜ自分の妄想世界で黙っていられないのでしょうか。
妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間なのでしょうか。

>で、何が役立つかとかは、個人個人なので

貴方のくだらない論が他人に役立つことはありません。
馬鹿は黙っていなさい。

957 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 21:56:51 0
>>954
>それが、貴方以外の人間が使う「意識」と一致している保障はどこにあるんですか?
不明ですね。なんせ
『全て物理現象か、無限通り』何で。
ただ、貴殿らの
『人間に、意識や心がある』というのも、同様という話ですよ。
以前、ラビ様が語ってた『リアルでの会話』とかも
相手と内容が一致せず、各々が自分語(ラビ語とか)を
語ってるのかもしれません。そうでない保証はX%です。

>貴方が認識できていない、貴方以外の世界
しかし、貴殿が「思考し感じる」ことで何かを認識するとしたら
貴殿もそうでは?俺は自分も貴殿らも皆そう(妄想世界)か、もしくは
万人がゾンビと語ってます。

>>955
それは定義ですよね?確固たる、観測でき証拠のあるモノではなく
『とある物理現象を、意識と定義する』
であり、それなら、意識は存在しますが
定義次第で無限に、神も悪魔も霊も小人もオーラも何でもOKという話です。

>>956
>貴方のくだらない論
少なくとも、貴方様の馬鹿とかの罵倒よりはマシと思ってますけどね。
オカルトとか、見える人は見えチャネリングできる人は可能。
貴殿の以前の主張
「そう考えてる人もいます」を当てはめればOKじゃないですか。

958 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 22:05:50 0
>>957
>不明ですね。なんせ

なら他者について言及するのは無理です。

>『全て物理現象か、無限通り』何で。

ですから、それはせいぜい貴方の妄想世界内での話です。

>ただ、貴殿らの
>『人間に、意識や心がある』というのも、同様という話ですよ。

いいえ。貴方が認識できていない、貴方以外の世界では当てはまりません。

>万人がゾンビと語ってます。

と貴方が妄想しているだけですね。

959 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 22:07:12 0
>>953
>調べてったら、無限通りだった。

と貴方が妄想しているだけですね。

なぜ自分の妄想世界で黙っていられないのでしょうか。
妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間なのでしょうか。

960 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 22:15:42 0
>>957
たぶんクオリアという用語を理解していないんじゃないかな。

それと意識していないのであれば他人の書き込みを理解する術もないしレス付けることもできない。
逆説的に言えばチューリング機械がこのような書き込みレスが出来ているのならばそれは意識がある機械ということになる。

961 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 22:26:48 0
>>959
>妄想を共有して欲しくて、書き込んでいる寂しい人間
ではなく、物事は無限通りとか、
万人は科学的に言えば哲学的ゾンビとか理解できても、
ラビ様が延々と何か月も罵倒してきたから説明したのです。

お言葉を返すようで悪いですが、そんな俺みたいな貴殿の言う害虫相手に批判するのが趣味なんて
まさに底辺の趣味ですね。

>>960
>チューリング機械がこのような書き込みレスが出来ているのならばそれは意識がある機械ということになる
物理法則に従った結果とか、そういうのではダメですか?
意識がある=特定の物理現象を引き起こせる=語句の羅列ができる
という事ならば、
↑は定義なので、定義次第でやはり
神や悪魔や精霊も存在できるのではないかと考えてます。

962 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 22:29:31 0
赤クオリアは、各人、何色に見えているか?
ってことか?
もちろんそうだとすると答えられない。
理由:色が決定できない。

963 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 22:32:54 0
>>961
>ではなく、物事は無限通りとか、

と貴方が妄想しているだけですね。

>お言葉を返すようで悪いですが、そんな俺みたいな貴殿の言う害虫相手に批判するのが趣味なんて

害虫の被害にあわないように、馬鹿を露見させて駆除しているわけです。

964 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 22:33:13 0
>>957
>不明ですね。なんせ

なら他者について言及するのは無理です。

>『全て物理現象か、無限通り』何で。

ですから、それはせいぜい貴方の妄想世界内での話です。

>ただ、貴殿らの
>『人間に、意識や心がある』というのも、同様という話ですよ。

いいえ。貴方が認識できていない、貴方以外の世界では当てはまりません。

>万人がゾンビと語ってます。

と貴方が妄想しているだけですね。


965 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 22:42:33 0
>>961
定義するためには意識は前提条件ですね。
意識が前提で定義次第で意識を定義し直せると言ってもそれは無理でしょう。
ところでクオリアという仮想の概念と意識という概念の違いはご理解頂けましたでしょうか。

物理法則に従った結果と言ってもその過程に物理法則で目下説明し切れない事柄が含まれていますが
それは無視するというのでしたら意識を無視すると単に言えばよろしいのでは?


966 ::2009/01/01(木) 22:44:36 O
恐いことばかり考えてないで時間合わせろ。そんなに恐いか?静岡

967 :唯識 ◆Vidya0E1.s :2009/01/01(木) 22:50:19 0
>>895さん
すみません。何を仰りたいのか分からないのですが。

968 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 22:52:02 0
次スレ↓
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1230817821/

969 ::2009/01/01(木) 22:52:02 O
平家にあらずんば人にあらず

970 :ネオマトリクス:2009/01/01(木) 22:56:13 0
>>962
だから、神や霊とか全て断言しなくていいでしょう?と語ってます。
いない、と決めず、意識と同様に扱う。
つまり、主観性で存在すればOK.

>>963
>貴方が妄想しているだけですね
いや、妄想かどうかは、無限通りで、貴殿のそれも
『定義次第で』妄想です。定義次第です。OK?

>害虫の被害にあわないように、馬鹿を露見させて駆除しているわけです
こういうの、ハンニバルと機械の笑い物になるだけってわかりませんか?
お互い、変な事に執着してる馬鹿に見えるでしょう。

>>965
>意識が前提で定義次第で意識を定義し直せると言ってもそれは無理でしょう
哲学的ゾンビなら可能ではないでしょうか。
哲学的ゾンビが、意識があると主張する人に
「俺も貴殿らも意識は無い」と語る。

>それは無視するというのでしたら意識を無視すると単に言えばよろしいのでは
いえ、別に意識を無視してるのではなく、
・神や霊や悪魔を無視するなら、意識も同じだ
・意識を肯定するなら、神や悪魔や霊も同じだ
となります。

>>967
レスに感謝致します。唯識論なら、妄想も現実も、全て感覚で同じでは?です。

971 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/01(木) 22:59:28 0
>>970
>いや、妄想かどうかは、無限通りで、貴殿のそれも

言葉のラベリングが無限通りなんて主張なら、そんな主張は無意味です。

ネオマト君は、(完全ではないとはいえ)何故言葉が通じるのか考えた方がいいでしょう。
言葉が通じるのが「約束」に過ぎないとしても、その約束を破り、
無限通りなどと主張することは、コミュニケーション手段の破壊行動に過ぎません。
そのように考えるのは自由ですが、公共の場でテロ行為はしないでください。
家に引きこもって、自分だけの世界で主張しててください。


972 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 23:02:44 0
>>970
哲学的ゾンビを仮想するためには意識が前提になっておりますよ。
何かそこらへんの用語を単純に勘違いして使用されていませんでしょうか。


973 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 23:38:12 0
ネオマトは打たれ強いなあ

974 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 23:39:34 0
>>973
次スレのカキコといい、なんかハンニバルっぽい

975 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2009/01/01(木) 23:46:48 0
>>934
大変なご苦労をされていることはよく理解できます。
しかし「決定論」とは言え、「何でこんな嫌な籤を俺がひくはめになるのか?」
という「もっともな疑問」に対して「世界(宇宙)」は答えることはありません。
要するに「宇宙の壮大な無関心」の前では、どんな個人でも抵抗することは不可能なのです。
ホームレスで終わろうが、総理大臣経験者として終わろうが、「たった50年後」には
「皆同じ」・・ということ・・・それが「真理」なのです。
 歴史を顧みれば「過去の全ては必然であり、未来の全ても必然である」ということを
理解できると思います。
 「運が良くて人生の後期に最大限の『快』を味わった」という人生もあります。
あなたの「快苦が重要だ」というメッセージは少なくともこの時代の2ちゃんねるの哲学板
において、「重要な思想」であった・・ということは「記憶(記録)」されることは間違い
ありません。
 あなたのレスにより「快苦は(結構)重要である」と気づかされた人もかなり多いのかと思います。




976 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 23:48:38 0
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < うるせー馬鹿!
   \|   \_/ /  \_____
      \____/

977 :「機械的唯物論」者 ◆FUmCW.hN/Q :2009/01/01(木) 23:52:26 0
>>976

反真理主義者=ハンニバルさん 
それでもお元気なのですか?

本日は脳内睡眠物質の蓄積により就寝させて戴きます。

978 :考える名無しさん:2009/01/01(木) 23:54:38 0
量子力学は理解できたのかな?pppp

979 :年末年始タイマン大怪獣バトル:2009/01/02(金) 00:01:49 0
お屠蘇呑みながら勝手に評価。うい〜(*`ε´*)ノ▽

大晦日序盤戦 勝者ネオマト。敗者ラビ。敗因勇み足w
元旦序盤戦  勝者ラビ。敗者ネオマト。敗因:妄想ウンザリ攻撃でダメージw
元旦中盤   勝者ラビ。敗者ネオマト。敗因:ダメージ残存w
元旦終盤   勝者ネオマト。敗者ラビ。勝因:ダメージ解消!僅差だが主張にバリエーション戻る

980 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:04:06 0
          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′    「男」との「肌の触れ合い」をもっと持つことです。
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、       私でよければいつでもですが、私側からの「欲求」は全くありませんので、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、      誤解しないでください。ハンニバルさん、それでもお元気なのですか?
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /

981 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:08:57 0
>>972
哲学的ゾンビが
「意識の無い人間を、哲学的ゾンビと称しよう」と語ってるならば
意識が前提でなくてもいいでしょう。

>>973
まあ、「肉体的苦痛」「輪廻」といった、平等な
精神的苦痛以外の苦を考える事で
イジメもラビの煽りも、平然と感じられます。
なんせ
肉体的苦痛・死んで実験用ラットに生まれる苦(人類みな平等)>>越えられない壁>>>精神的苦痛(俺だけ)
なのでね。

>>975
>要するに「宇宙の壮大な無関心」の前では、どんな個人でも抵抗することは不可能
しかし、俺は哲学的ゾンビの論から、希望を見出しました。
他人には、俺がゾンビかどうか不明だし、物理的にもどうでもいい話。
なので、明日こそ、
『この私の意識が、別人の脳で発生してもおかしくない』という希望です。
なんせ、そうなっても
『物理的には全く矛盾も問題も無い』んで。

なので、哲学的ゾンビの論や独我論や無限通りの論の追及、記憶の壁の克服に走ってます。

982 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:10:16 0
有名なハンニバルのAAでた〜!

983 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:12:26 0
>>980
m9(^Д^)プギャー
意思のオブクソップティすら理解できないハンニバルがきたぁぁぁぁwww

984 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:15:24 0
>>982>>983
ばかめ、結局ハンニバルの居場所なんてここしかあるわけないだろw

985 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:17:00 0

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |) ○ ○ ○ ○ (|
         |∵-=・=- -=・=-∵|    
         (⌒ `   (・・)   ´⌒)
         \_/ ̄ ̄\_/   いないのかね〜?
         /″   ν.    \  
  (( (( (  /________\  ウィンウィン
         ̄ \_\__/_/   ウィンウィン




986 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:17:58 0
>>984
m9(^Д^)プギャー
意思のオブクソップティすら理解できないハンニバルの白々しい自演きたぁぁぁぁwww




987 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:18:13 0
寄生虫居なくなれ!と言い続けられてもこのスレに粘着するしかないハンニバルの心はかなり寂しいんだろうな

988 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:20:14 0
人間のクズというよりむしろ寄生虫のクズと言うべき

989 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:21:13 0
まともな議論ができないハンニバルのような人間は、こういう関係のないところにツッコミいれてくる。
俺はそういう奴と遊びたいだけだからw
君がハンニバルだったら最高wそうでなくても同レベルの馬鹿でもいいよw
そういう人間の時間を奪って、そいつが発狂するのを待っているだけw
意思のオブクソップティすら理解できないハンニバルの心はかなり寂しいんだろうな


990 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:24:59 0
>>989
馬鹿の心が寂しいことは社会的に良いことだと思う。
馬鹿はまともな人間の生存のために一瞬でも早く死ぬことが社会的善になる。

991 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:26:26 0
          /  -=・=-∴-=・=-i 
         /            |
        (_ )   ・   ・   ノ   
           |.∵∴∵∴∵∴.|   こなこなろってるり?
           |::::/ ◎\: .|   ろってなこなろってるり?
           |:: | ト‐=‐ァ' |:|   ろってり?
           |:: | ` `二´' |:|
          / ″   ν.    \  
  (( (( ((  /_  ヽ、__炎_,ノ_  \  ウィンウィン
         ̄ \_ \(U)/_/ ̄   ウィンウィン




992 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/02(金) 00:28:08 0
>>981
コテハンやめたんですか?
名無しで書き込んで戻すのを忘れたのでしょうかね。

>>970
>いや、妄想かどうかは、無限通りで、貴殿のそれも

言葉のラベリングが無限通りなんて主張なら、そんな主張は無意味です。

ネオマト君は、(完全ではないとはいえ)何故言葉が通じるのか考えた方がいいでしょう。
言葉が通じるのが「約束」に過ぎないとしても、その約束を破り、
無限通りなどと主張することは、コミュニケーション手段の破壊行動に過ぎません。
そのように考えるのは自由ですが、公共の場でテロ行為はしないでください。
家に引きこもって、自分だけの世界で主張しててください。

993 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:28:19 0
>>991
全世界の為になるべくなるべく早く死ねよなハンニバル

994 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:28:25 0
杜玖椀すら理解できない
堵虞慧螺すら読んでいない
こんな輩こそ学問とは徹頭徹尾無関係な蛆虫
馬鹿の心が寂しいことは社会的に良いことだと思う。
馬鹿はまともな人間の生存のために一瞬でも早く死ぬことが社会的善になる。
高尚な文系は人間の生活と
苧疾呼玖差亥苧饅湖にしゃぶりつきながら〜
うう旨過ぎwwwwwwwwwwwwwwww
ヘラヘラヘヘラゲララゲラゲラゲラ生と死を哲学ヘヘラゲラララするのだよwwwwwwwwwww




995 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:30:14 0
          /  -=・=-∴-=・=-i 
         /            |
        (_ )   ・   ・   ノ   
           |.∵∴∵∴∵∴.|   こなこなろってるり?
           |::::/ ◎\: .|   ろってなこなろってるり?
           |:: | ト‐=‐ァ' |:|   ろってり?
           |:: | ` `二´' |:|
          / ″   ν.    \  
  (( (( ((  /_  ヽ、__炎_,ノ_  \  ウィンウィン
         ̄ \_ \(U)/_/ ̄   ウィンウィン





996 :ネオマトリクス:2009/01/02(金) 00:35:58 0
>>992
>言葉のラベリングが無限通りなんて主張なら、そんな主張は無意味
俺が言ってるのは、無意味かどうかも、
意味は無限通りで、無意味も成立するし逆もそうってことです。

だから、神も悪魔も創世記もすべて成立し、月の公転と自転が同じなのも
意味があります。

>家に引きこもって、自分だけの世界で主張しててください
先に、神や悪魔や精霊や小人を批判した、貴殿の方が先に辞めるべきでしょう。
俺はそういうの批判されたから、無限通りで返してるだけ。

997 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:38:12 0
>>981
先ず実在の哲学的ゾンビなる代物を示して頂けますか。


998 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/02(金) 00:38:37 0
>>996
ですから、貴方の妄想世界の中で無限通りと思うことは
自由ですし、問題ありません。

ですが、貴方以外の世界ではそれは通用しません。気の毒ですが。

999 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2009/01/02(金) 00:39:46 0
>>996
>先に、神や悪魔や精霊や小人を批判した、貴殿の方が先に辞めるべきでしょう。

そもそも、これはいつ批判しましたか?
貴方の妄想の中に概念としてあることを否定したことはありませんよ。

1000 :考える名無しさん:2009/01/02(金) 00:39:55 0
↓これも、pikarrrです。

991 名前:考える名無しさん :2009/01/02(金) 00:26:26 0
          /  -=・=-∴-=・=-i 
         /            |
        (_ )   ・   ・   ノ   
           |.∵∴∵∴∵∴.|   こなこなろってるり?
           |::::/ ◎\: .|   ろってなこなろってるり?
           |:: | ト‐=‐ァ' |:|   ろってり?
           |:: | ` `二´' |:|
          / ″   ν.    \  
  (( (( ((  /_  ヽ、__炎_,ノ_  \  ウィンウィン
         ̄ \_ \(U)/_/ ̄   ウィンウィン


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

375 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)