5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

認知と行為 その2

1 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/15(木) 00:23:49 0
自己言及のような「解釈の無限ループ」は疑似問題である。なぜなら人は、「なんのために
生きるのか」と問う前にすでに生きている。このような疑似問題は過剰に「なんのために」と
問うことではじめて生まれる。

「解釈機械」としてのオタクは、一般的な社会から、「暗い」、「キモい」、「空気読めない」とい
うような悪いイメージで語られるのは、意味を求めすぎて過剰であり、ナイーブすぎるため
だ。オタクは、「空気が読めない」のではなく、過剰に空気に敏感であるために自然に振る
まうことが苦手なのだ。特に女性と接するなどの慣れない状況では過剰にナイーブに意味
を読み込もうと、「解釈の無限ループ」に陥る傾向がある。

では「自然な振るまい」とはなにか。たとえば「どのように歩いているか」と考えてみれば、
「自然な振るまい」と「過剰な解釈」の差がわかるだろう。歩くときにどのように歩くべきかは
考えない。ただ歩いているだけだ。「どのように歩いているか」と問うことは過剰をこえて異
常である。

人は基本的には世界とこのような「行為」によって関わっている。行為は連続性であり、死
ぬまで切れ目がない。だから「歩く」と言うとき、言語表現としてある動作を切り取って解釈
しようとしているのであって、実際に歩くという「行為」とは関係がない。

オタクは、行為系よりも認知系が先行しやすく内省的であるのに対して、「モテる男」は場慣
れして空気を読むのがうまいと言うだけではなく、考えすぎず、認知系よりも行為系を先行
させていくこで「自然な振るまい」がうまいのである。

前スレ http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1207529671/

2 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/15(木) 00:24:35 0
また、無駄な事を。

3 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/15(木) 00:25:46 0
しかし、次スレというのは、
通常950くらいでしょう?

また前スレが823しかいってないのに
立てるというのは少々早すぎですね。

4 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/15(木) 00:29:00 0
■なぜオタクはニコニコ動画を語れないのか 「ネット動画時代の芸術作品」
http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

・なぜマンガは子供が見るものなのか
・オタクというアイロニカルな運動
・「複写技術時代」の「現実(リアリティ)」
・オタクの驚異的な生産性
・セカイ系の形式化
・「認知系」のキモいオタクと「行為系」のモテ男
・決断主義はナイーブすぎる
・なぜオタクはニコニコ動画を語れないのか
・「ネット動画技術時代の芸術作品」
・ニコニコ動画は行為系の「オタク音楽カルチャー」

5 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/15(木) 00:31:35 0
>すなわちニコニコ動画は、オタク文化基盤を背景に、音楽と中心に据える
>ことで新たな動画投稿のムーブメント可能にしたのだ。

これも詭弁が感じられますね。
そもそも、ニコニコ動画はオタクしか使わない。

つまり、そもそもオタク用に用意されたサイトです。
だから、オタク文化がその背景にあるというよりも、
当初からオタクが使う用に作られたのです。

6 :考える名無しさん:2008/05/15(木) 04:23:18 0
解釈の無限ループをしている私はゼロアカ帝国
小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン肉便器タンポン生入れスカトロの女神あずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。

7 :考える名無しさん:2008/05/15(木) 07:09:02 O
あこがれ?それがアイロニーか?
世にいろんな人あれどお前に何が悲しくてあこがれねばならんのW
おまえの切実な願望だろ。つくづく哀れな奴だ。


8 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:11:20 0
■なぜオタクは「キモい」のか  「ネット動画時代の芸術作品」

1)メタレベルの認知系とオブジェクトレベルの行為系

@認知系と行為系

認知系と行為系についてのわかりやすい例が人工知能の「フレーム問題」に関するものが
ある。たとえば人工知能にある命令を遂行させる場合、チェスのようなゲーム上であれば、
最適解への算を収束させてそれを遂行することができる。しかしたとえば「ある状況で爆弾
を処理しろ」のような場合には、その過程で起こる可能性(フレーム)は無限にあるために、
計算を収束させることができず、フリーズしてしまう。このために人工知能は不可能であ
る、と考えられる。

では、なぜ人は「フレーム問題」に起こらないのか。これに対する一つの答えは、人は解を
求め(認知)して、行為をするわけではなく、認知とともに行為している、ということだ。

このような認知系とは、全体を俯瞰する<観察者>の位置にたち、現在→最適解への最適
コースを求めようとする。客観主義的、目的論的なものである。しかし行為はこれとは異な
る。行為は自立的に絶えず進行しているというオートポエティックなものである。行為するこ
とで状況は変化し、また行為する。(このような状況と行為の関係を構造的カップリングという。)

人は<観察者>の位置に立ち状況を認知することで予期しつつも、すでに行為している。だ
からフレーム問題にならない。

9 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:11:57 0
自然な振るまいと人工知能化

とはいえ、人は多々、フレーム問題に近い状況に陥ることがあるように思う。たとえば恋愛
である。人を誰かを好きになると、ちょっとしたパニックになる。「彼女は僕のことをどのよう
に思っているのだろう。」「あっ、いまちらっとこっちをみた。あれはどういう意味だ。たまた
ま?僕のことが好きなの?」などなど。告白すればわかるものを、妄想が暴走する。このよ
うな状況は行為の前で、認知しすぎてフリーズしている「フレーム問題」に近い状況だろう。

あるいは思春期に、「僕はなんのために生きているんだろう」「このことになんの意味がある
んだろう」となにかと悩んでしまうが、これも社会での経験が少ないが社会が見えてきたこ
とによるのか、ある種の「フレーム問題」である。

また仕事において、一担当社員やバイトが権限、マニュアル外の自体が起こると、どのよう
に処理をしてよいかわからなくなる。この場合には頭が悪く処理できないのではなく、職務
に忠実であるほど、権限を飛び越えて行為することを躊躇する。そして権限内で対処法を
いくら考えても解はないので、おどおどしてフリーズしてしまう。

世界が開放系である以上、本質的に認知は最適解を求めることができない。だから認知が
過多になった状況では、認知とは自立してた行為によって突破していくしかないという倫理
的な教訓が得られる。「自然な振るまい」とは認知と行為のバランスがよい状況といえる。
そして認知過多な状況は「人工知能化」しているといえるだろう。

10 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:12:29 0
メタレベルな言語認知

行為系は現前の状況に対して自立的に行為しているというオブジェクトレベルに近い。そし
て認知系は状況を俯瞰する<観察者>というメタレベルな位置に立つことを意味する。それ
てこのようなメタレベルを確保することは言語記号による認識が重要になる。

記号論では、<言語記号>とその<概念(意味)>の関係は、一対一ではなく、解釈項が介在
するといわれる。たとえば、「赤色」を見た場合に、それを「ハデ」ととる場合もあれば、「女
性的」と取る場合もあれば、左翼にとって「神聖」なものと取る場合は、それぞれの社会的
な<解釈項>に依存する。

あるいは恋人に「バカ!」というとき、オヴジェクトレベルの「頭が悪い」という意味ではなく、
<解釈項>を介して、「かわいいいやつだな」というような意味を込める。このようなレトリック
は<解釈項>を自覚的に操作するようメタレベルの位置に立っている。

すなわち<観察者>の位置から、世界を<言語記号>としてみるときにどのように認知するか
は<解釈項>という社会性に依存するとともに、その<解釈項>に自覚的になり、能動的に介
入していくことができる。

そしてまたこの<解釈項>という「遊び」故に、認知の前には無限の可能性がひろがり、解が
収束できない。突然、「バカ!」というれたとき、それがどのような意味であるのか、無限の
可能性がある。それはただ「なに?」と聞くというように行為すれば、よいだけのことかも知
れないが、片思いの人は「なんだ?もしかして僕のことが好きなの?」と妄想しフリーズして
しまうのだ。

11 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:13:01 0
<解釈項>への自覚

ポストモダン論で言う「大きな物語の凋落」という状況は、情報化社会では共同体内で<解
釈項>を同じように共有することがむずかしくなっていることを示すだろう。たとえば以前は
学校の先生は聖職者として共同体内で解釈されていたが、様々な情報によってそのような
神話は崩れ、様々に解釈される。あるいは様々に解釈することができるという<解釈項>に
自覚的になる。

だから、人々が集まった場では、共通した解釈項(空気)がないことに自覚的になり、あるよ
うに振るまうよう努力しろ、すなわち「空気読め」が重要視される。さらには「ショックの経験」
によって、驚き、笑い、感動などを共有し続けることでしか、共通基盤を維持できない。最近
のお笑いブームであり、それがヒステリックで、短時間で笑えるギャグ化している状況を重
ねることもできる。そしてそこには認知系の不安を行為系で埋め合わせしようという強引さ
があると言える。

12 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:13:33 0
オタクのマニア性

オタクが、一般的な社会から、「暗い」、「キモい」、「空気読めない」という悪いイメージで語
られるのは、認知過多で、「人工知能化」しやすいだ。オタクは、「空気が読めない」のでは
なく、過剰に空気に敏感であるために自然に振るまうことが苦手なのだ。

しかしそれ故にそのような状況を生産的に対処する方法を編み出した。たとえば一般読者
がマンガ、アニメという<言語記号>を一般的に解釈するのに対して、オタクはその認知過
多な嗜好から、「おっ、このマンガはこのような切り口できたか」、「最近のマンガの流れに
対して新鮮さがないな」などと、<解釈項>に積極的に介入する。それによって、単なるマン
ガの受容者ではなく、評論、二次創作などを生産する。そして他のオタクがその評論の<解
釈項>へ介入するという運動を繰り返すことで、オタクと特有の共通基盤(コンテクスト)を生
み出す。

しかしこのような傾向は、オタクというよりもマニアな傾向といえる。たとえば音楽マニアも
<解釈項>に積極的に介入し、評論し、二次創作する場合もあるだろう。では、マニアの中
でもオタク特有の「キモさ」とはなんだろうか。

13 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:14:25 0
2) 認知系のカルロス世界と行為系のクロノス世界 

オタクマンガ・アニメの認知系時間

斎藤環は、マンガ・アニメの中でもオタクのマンガ・アニメの特徴を、「視覚系による無時間
的な認知」と「カイロス時間の導入」に見ている。

ラカンは「無意識は言語のように構造化されている」といったが、人が認知するときの言語
の根深さを示している。言語記号のように「見る」のは当然としても、「音を聞く」とき、「味わ
う」とき、さらには「痛い」ときも言語記号が介入している。しかしその中でも人間にとって「視
覚」は特別である。人は「視覚」情報を中心に世界を認知し、目の前にあるという現前性に
よって、正しさを認知する。だから言語認知系は「視覚系」に代表される。

さらに<言語>-<解釈項>-<概念(意味)>という言語体系は、<解釈項>という社会性に依存
することで、時間とは関係しない。極論すればマンガの一こまのようなものである。そして
認知系による運動の把握は、マンガのコマが進むよう、あるいはパラパラ漫画のようなも
のである。

そしてマンガ・アニメの制作における「視覚系による無時間的な認知」の重視によって、一コ
マ一コマを独自の<解釈項>を介入させことで、連続するときに、オタク系のマンガ・アニメに
特有な「一瞬の出来事を高密度に」する、空間の強調などの、「カイロス時間」という主観的
な表現を可能にした。

14 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:15:15 0
アメコミ・実写の行為系時間

これに対して斎藤が上げるのが、アメ・コミなどの「「フレームごとの時間の流れはあくまで
均質」な「クロノス時間」である。これは行為系の時間といえる。

行為そのものは自立的な運動をもっているが、壁があればそれ以上進めないし、ポールが
飛んでくればその運動に合わせて行為することでキャッチすることが可能になるように、環
境と同期し続けている。すなわち「クロノス時間」=行為系の時間とは、空気が対流する、
物が落下するなどの主体に外在化した環境の時間である。だから「クロノス時間」のマン
ガ、アニメとは主観的な「情緒的な引き延ばしや誇張」はされずに、実写のように描かれる
ものをいう。

ベンヤミンは「複製技術時代の芸術作品」の中で、新たに登場した映画というメディアの特
徴もモンタージュ性に見ていた。その意味で、実写映画はそのはじめから、人々が生きる
行為系の時間に対して、スローモーションなど「カイロス時間」を生み出すことに驚きがあっ
たと言える。

それでも日本のマンガ・アニメの「集団的な夢の形象」に比べれば、実際に人が演技(行
為)する実写映像は、外在的な環境の制約を受ける。たとえば、古典的な例を上げれば、
「鉄腕アトム」はどのような構造においても頭の角がとがって見えているという指摘がある。
実写の「鉄腕アトム」では写す方向で頭の角は形をかえて、ある方向ではとがって見えなく
なるだろう。それは実写では鉄腕アトムの角が物理的に外在的に存在しているからであ
る。現在の日本独特なマンガ・アニメ表現が手塚手塚治虫に始まるという例だろう。

そしてその継承者として認知系を強調したオタク系マンガ・アニメが生まれる。そしてその
主観的な表現はまたオタクの主観的な没入(ナルシズム)呼び込む。そしてそれだけでな
く、<解釈項>へ介入することでオタクと特有の運動が生まれる。

15 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:18:06 0
3) 没入するオタクと陶酔する音楽マニア

音楽の行為系トランス(陶酔)

言語による認知は「視覚」だけではなく、五感すべてに介在するといった。たとえば電話の
音が「リンリン」なのは日本独特であり、日本語に依存している。あるいは音階も一つの記
号であるといえる。しかしこのようなパターン化された音とは異なり、創造されたリズムやメ
ロディのような連続する音に、物理的に外在し時間で現れることで、言語認知で捉えること
ができない。このような意味で、「視覚系」リアリティと「カイロス時間」に、「聴覚−運動系」
リアリティと「クロノス時間」が退避される。すなわち音楽そのものは外在化しており、それ
は行為系によって連続的に享受するしかない。だからその気持ちよさを表す言葉はない。

それでも面白いのは、ヒットチャートの上位がボーカルもので占められると言うことだ。歌の
ないインストゥルメンタルを聞くのは訓練がいる。たとえばバンドでも打ち込みでも一度音
楽を制作すると、音楽の聞こえ方が大きくかわる。ドラムがあり、ベースがあり、ギターがあ
り、などの音の構成が「見えること」で音楽そのものが詳細まで捉えられやすく、聞きやすく
なる。ボーカルは言語認知を導入することで、連続する音楽の中に、区切りをもうけ、さら
には物語りを作り出すことによって、一般な音楽リスナーに音楽を楽しみやすくする役割が
あるのだろう。

真に音楽の連続性によって快感を感じるための装置として、典型的なものは「祭り(カーニ
ヴァル)」である。終わりないリズムの連続に身をゆだね踊ることで、トランス(陶酔)状態に
入る。そこにはヴォーカルは言葉の意味ではなく、音として、叫びとしてある。さらに現代の
トランス系ミュージックは、現代でもハウスから派生した、その名前そのままの「トランス」と
いうクラブミュージックがある。繰り返される同じリズムに身をゆだねていくなかで、認知系
は希薄化し、行為の「陶酔(トランス)状態」に入る。

16 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:21:19 0
マンガ・アニのオタク的没入装置とダンスミュージックの行為系陶酔装置

オタク系マンガ・アニメと、マニアとしてのオタクの関係が、同じ認知系の次元にあり、同期
しやすい。それに対して、音楽マニアは、たしかにオタクのように<解釈項>に積極的に介入
し、評論し、二次創作するが、やはり音楽そのものは行為系を中心に享受されることで、音
楽マニアが音楽関連を認知系として語ることには「断絶」があるのだ。

たとえば音楽ファンの多くは、音楽を聴くことで演奏者(アーティスト)へ没入する。その熱狂
の根源は音楽そのものから来ているのだろうが、音楽そのものは認知系で捉えることがむ
ずかしい。そのたに迂回して、言語記号として演奏者(アーティスト)に殺到する。

それに対して、オタクのマンガ・アニメへの没入は、制作者よりも作品そのものへ向かう傾
向が強い。制作者が制作する作品群の系譜よりも、同様な作品分野群の系譜が重要にな
り、そこに評論、二次創作によって能動的に介入していく。ここにマニアと異なる、マンガ・
アニメを中心とするオタクという運動の特徴があるのではないだろうか。

だから音楽でもアイドル歌手ファンでは、もはや音楽そのものを楽しむよりも、オタクとして
認知系によって、アイドルという記号に「萌える」ことの方が重視されるだろう。

オタクは、マンガ・アニという装置によって認知系のカルロス世界を作りだし没入する。それ
に対して、音楽ファンは、ダンスミュージックという装置によって、行為系のクロノス世界の
連続性に陶酔する。

17 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:22:15 0
究極的な没入装置

確かにオタクは、マンガ・アニメという認知系のカイロス世界に主観的な没入を見いだした。
しかしこの程度のことは、日本のマンガ・アニメならば多かれ少なかれ行われているだろ
う。これだけでオタクの「キモさ」は説明できない。

オタクは、マンガ・アニメという技術に、ナルシズムな没入を可能にする認知系のカイロス
世界を見いだした。では、究極的な没入装置とはなんだろうか。それは人工知能がフリー
ズする地点、「フレーム問題」だろう。<言語記号>−<解釈項>−<概念(意味)>において、無
限の解釈過程において、<概念(意味)>が決定されない点においては、認知系は無限に没
入できる。

東浩紀はオタクのセカイ系を「象徴界の消失」を行った。象徴界とは広く社会に共有された
<解釈項>であり、無意識に社会基盤を支えている。斎藤環がいうように象徴界(無意識)は
言語の次元であり簡単に消失するものではない。それでも「象徴界の消失」というメタ
ファーによって表現されるのは、共同体において共有される<解釈項>が崩れつつあること
だろう。さらには<解釈項>が崩れつつあることによって、オタクは人工知能がフリーズする
地点、「フレーム問題」に向かう。

18 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:22:52 0
オタクはなぜ幼女に萌えるのか

たとえば子供はお出かけすると、テンションがあがってしかたないのだろう。回りを気にせ
ず「キャーキャー」叫びながら走り回っている。これをヒステリーという。社会的に未熟で天
真爛漫な子供、あるいは「箸が転んでもおかしい」女子中高生など、オタクが好む「美少女」
とはこのようなヒステリーのメタファーである。

あるいはオタクが好む「機械」もまたヒストリーのメタファーである。機械の特徴とは、命令(I
NPUT)に対して結果(OUTPUT)が同一であり、<解釈項>に悩むことがない。そしてただ
増幅された力が発生する。

斎藤環はオタク作品の特徴に「戦闘美少女」を見いだす。「戦闘美少女」は、解釈と無縁で
あり、脇役の内省的な男子に対して、どんな困難の前でも強く男子を引っ張っていく。そし
て機械によって増幅されたヒステリーによって、敵を気持ちよく殺戮する。

そして「戦闘美少女」は、認知系の極限(現実界)において見いだされる。オタクはその享楽
のイメージに魅了され、閉塞を一気に解放へ転倒する。それが「萌え」のエクスタシーだろう。

19 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/16(金) 02:23:45 0
すなわちセカイ系とは、マンガ・アニメの表現技術によって、オタクがもつ人工知能化を構
造化し、その極限に「戦闘美少女」を配置することで、閉塞を「萌え〜」と一気に解放へ転倒
する装置である。

>>
セカイ系での戦闘シーンは必ずしも多くない。多くは主人公が反省する静かで閉塞した
シーンである。そこに突然、敵が到来する。それはアンチヒーローのような社会性を背負っ
てはおらず、「エヴァンゲリオン」の使徒に象徴されるように、「漠然とした敵」である。そして
「戦闘美少女」はこの外部から飛来した不気味な敵を殺戮する。それはアンチヒーローを倒
すような決闘ではなく、「純粋」に殺戮するのである。

それは内部の敵ではなく、外部から到来する不気味なものである故に、内部の価値(倫
理)である罪悪感なく、殺戮できるのだ。これこそが斉藤がいう「享楽」である。「ファリック・
ガールが戦闘するとき、彼女はファルスに同一化しつつ戦いを享楽」する。そして「ファリッ
ク・ガールに対して、われわれは享楽のイメージ(リアリティ)に魅了され、それを描かれた
エロスの魅力(セクシュアリティ)と混同することで「萌え」が成立する。」ここに閉塞した日常
に対して、無垢な戦闘美少女を通路として外部が開かれ、エクスタシーが生まれる。

「セカイ系のエクスタシー(享楽)」 http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080304
<<

一般的にいえば、認知過多でうじうじせずに、自らの力で行為することで、力強く生きろ。そ
して女性をリードして、暖かい家庭を作り、家族を養い、社会的に貢献するべきだろう。なに
を認知過多の閉塞を、マンガ・アニメ上の子供のような「戦闘美少女」に「萌え」て、ごまかし
ているんだ。「キモ〜!」ということになる。何らかのマニアで非生産的な生活を送ってい
るよりも、「戦闘美少女」に「萌え」というのは、社会通念的にいえば、「キモい」ということ
になるのだろう。(つづく)

20 :真スレッドストッパー:2008/05/16(金) 02:49:21 0
このスレは終了しました。

21 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 22:50:48 0
>ちなみにもう童貞ではありません。

童貞から素人童貞に昇格おめでと!


22 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 22:52:50 0
次はこのスレですか?w

23 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 22:54:54 0
>>22
すっかり参加者きどりw

24 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 22:57:13 0
童貞って言ってなかったか? 週末に性転換でもしたか?

25 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 22:58:36 0
イジケは嘘をついてて生きていく悲しい動物だ。

26 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 23:01:42 0
なんだ、別のスレに行ったか
メタP一安心だな



























    
すぐまた戻ってくるだろうけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

27 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:02:07 0
>>26
参加者きどりw

28 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:22:02 0
陰気は、シェリングスレに移動か。
誰もついていかないのな。
確かにあの陰気はネット上でもつらいなw

29 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:33:16 0
◇共同体の構造

共同体には共通基盤を保とうとする力(権力)が作動している。
コミュニケーションは、このような安定した基盤を元に、レトリカルな小さな躓き
(解釈項のスリップ)、という、解釈の限界から「え!なになに?」と「問う」という
行為へ(せき立て)によって、駆動しつずける。

それが、静的なラングと動的なパロールの関係になる。

このような権力から、想像的な協働という生産様式を元にして、安定する。
そしてそこにうまれる閉塞性から、定期的な行為としての、戦い、祭り
(外部(自然、野蛮人)との関係)が生まれる。

30 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 23:49:47 0
皆が純一に期待してるのは、ぴかぁ〜叩きであって、
ポール叩きという名のスレ荒しじゃないはず。
気づいてくれよ。

31 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:53:33 0
◇近代化
生産様式は、想像的な協働から資本主義的な分業へ向かう。
それによって、社会的な関係は、貨幣商品の関係へと移行する。
人々は貨幣を通して社会的な関係を保つ、貨幣依存する。(物象化)

◇ポストモダン
これによって、社会的な共通基盤を保とうとする力(権力)が減退する。
さらに<解釈項>に「裂け目」が広がる。さらには広がることに自覚的になる。(アイロニー)
人々はリベラル・アイロニストとなる。アイロニカルな寛容故に決定が不可能となる。
儀礼的無関心が重視される。

人々は「裂け目」の前で、「せき立て」られながらも飛躍(行為)できない。
「え!なになに?」とさえいえない。すなわち認知過多から、人工知能化する。
そしてそれぞれ身近な物象化された関係に没入する。(商品マニア)
価値の多様化=共同体の分散

特にオタクは商品の二次創作性というレトリカルな小さな躓きをつむぎ、
オタク的な共通基盤を保とうとする。そこにはマンガ・アニメという
二次創作性の容易さ、没入しやすいカイロス時間。
その極限に、人工知能化の閉塞を没入装置まで作り上げた「萌え」がある。
ここには新たな生産様式がある。(協働→分業→)知価生産の形態がある。
新たな創造が価値をもつ。それだけではなく、さらに非金銭経済、
「プロシューマー(生産消費者)」の流れが見いだせる。

あるいは、追いつめられた「せき立て」から脅迫的な飛躍(行為)へ向かう。=行為系
瞬間的な共同体=祭りの日常化。たとえばナショナリズム、ありはエンターテイメント(お笑い)で
一時的に陶酔する。チャラ男系

32 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:55:24 0
>>30
純一もわかっているが、それだと
ぴかぁ〜あっても純一というのがいやなんだろう。
自らのカスさを認めて開き直れば良いんだろうが。

33 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/18(日) 23:57:01 0
>>30
そんな回りくどいことせずにガチでいけよ
なさけないなw

34 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/19(月) 00:10:24 0
◇ネット社会
コミュニケーションのパラダイムシフトが起こる。
ネットコミュニケーションは匿名性によって行為(発言)することが容易になる。
さらに解釈の小さな躓き(スリップ)によって、目的としてのコミュニケーション(発言)が
活性化する。ポストモダンな、リベラル・アイロニスト=寛容、他者回避の解体。
→過激な発言にも繋がるが、活性化される。

ネット上は、近代に生産手段を失った人々に生産手段が取り戻される。
生産コストが大幅に下がる。誰もが生産者となる。
貨幣を通した社会関係(物象化)から、想像的協働への回帰。
このために非金銭経済へ。「プロシューマー(生産消費者)」

しかし経済的には実社会の資本主義様式に依存しつづける。

実社会は資本主義分業様式を継続しながら、ネット上ではコミュニケーション非金銭経済へ
生産消費者でありつつ、発散の傾向をもつ。

オタクなど実社会での認知系の人の行為系の発散の場となる。(祭り、誹謗中傷)
没入装置(萌え)から、行為系の陶酔装置へ

35 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/19(月) 00:21:44 0
◇ネット主導社会
ネット上で起こった、ポストモダンなリベラル・アイロニスト(寛容、他者回避)の解体が
逆流し、実社会へ押し寄せる。

非金銭経済。「プロシューマー(生産消費者)」の傾向は、
人々に満足を与える。貧しくても創造をしたいという人々を増加させる。
貧しくても夢が持てばよい。

ある時間を資本主義に割り振り、適切な収入をもらう。→新たな労働組合活動
残りをプロシューマーに割り当て、生きる楽しさを得る。

オタクの逃避的な傾向から、ネットで培った行為系、活動的な運動へ←いまこのあたり


36 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/19(月) 01:09:59 0
■なぜオタクは「キモい」のか  「ネット動画時代の芸術作品」

1)メタレベルの認知系とオブジェクトレベルの行為系

@認知系と行為系

認知系と行為系についてのわかりやすい例が人工知能の「フレーム問題」に関するものが
ある。たとえば人工知能にある命令を遂行させる場合、チェスのようなゲーム上であれば、
最適解への算を収束させてそれを遂行することができる。しかしたとえば「ある状況で爆弾
を処理しろ」のような場合には、その過程で起こる可能性(フレーム)は無限にあるために、
計算を収束させることができず、フリーズしてしまう。このために人工知能は不可能であ
る、と考えられる。

では、なぜ人は「フレーム問題」に起こらないのか。これに対する一つの答えは、人は解を
求め(認知)して、行為をするわけではなく、認知とともに行為している、ということだ。

このような認知系とは、全体を俯瞰する<観察者>の位置にたち、現在→最適解への最適
コースを求めようとする。客観主義的、目的論的なものである。しかし行為はこれとは異な
る。行為は自立的に絶えず進行しているというオートポエティックなものである。行為するこ
とで状況は変化し、また行為する。(このような状況と行為の関係を構造的カップリングという。)

人は<観察者>の位置に立ち状況を認知することで予期しつつも、すでに行為している。だ
からフレーム問題にならない。

37 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/19(月) 01:21:56 0
>一般的にいえば、認知過多でうじうじせずに、自らの力で行為することで、力強く生きろ。そ
>して女性をリードして、暖かい家庭を作り、家族を養い、社会的に貢献するべきだろう。なに
>を認知過多の閉塞を、マンガ・アニメ上の子供のような「戦闘美少女」に「萌え」て、ごまかし
>ているんだ。「キモ〜!」ということになる。何らかのマニアで非生産的な生活を送ってい
>るよりも、「戦闘美少女」に「萌え」というのは、社会通念的にいえば、「キモい」ということ
>になるのだろう。(つづく)

これは違いますね。
ぴかぁ〜はエスパー伊藤っぽいルックスがキモイのです。

38 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/19(月) 01:38:04 0
くくくく、陰気は寂しくて帰ってきたw

39 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/19(月) 01:56:24 0
NHKで、なぜプロ野球選手は、人の判断速度を超えて、ボールを打てるのか、
ということをやっていました。それは予期が大きな要因を占めますが、
認知して最適値をだすようなことではなく、訓練によって身につけた経験から
認知思考よりも早く体(小脳)が対応するからと言うものでした。

これはそのまま、デリダの差延につなげる事ができます
<言語記号シニフィアン>−<解釈項シニフィアカシオン>−<概念(意味)シニフィエ>
において、デリダが差延として示したのは、<概念(意味)シニフィエ>の生き生きとして
現前性において、そこに<解釈項シニフィカシオン>が働いていると言うことです。
それだけではなく、無数に起こりえる現れ(コンテクスト、音など)が同一性を持つのは
なぜか、ということです。
そこに「同じもの」があるから、どのような場合にも同一性が生まれると考えます。

このような解釈は「〜として見る」という運動(行為)ですが、しかしこれは認知的な客観主義です。
行為はただ訓練によって身につけたように行為するだけです。
来たボールに対応して打つだけ、そこにうまし完成されたスイング形式(同じもの)があるわけではない。
<言語記号シニフィアン>=<概念(意味)シニフィエ>とつなげるだけです。

そこに同一性を見るのは、客観主義的な描写だけです。
行為系としてはただ一度の経験があるだけです。
差延の差異と遅延は、客観主義が転倒してものを開くことです。

40 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/19(月) 16:51:41 0
40

41 :考える名無しさん:2008/05/19(月) 18:38:57 0
【聖火リレー】タシィ・ツゥリンさんをいまだに釈放しない長野県警は日本の恥
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1209566645/

42 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:23:03 0
■人はなぜ人工知能化するのか

認知と行為

認知系と行為系についてのわかりやすい例が人工知能の「フレーム問題」に関するものが
ある。たとえば人工知能にある命令を遂行させる場合、チェスのような「閉じた」ゲームであ
れば、計算を最適解へ収束させることができる。しかしたとえば「ある状況で爆弾を処理し
ろ」のような場合には、その過程で起こる可能性(フレーム)は無限にあるために、計算を
収束させることができず、フリーズしてしまう。これを「フレーム問題」という。

では、なぜ人は「フレーム問題」に起こらないのか。これに対する一つの答えは、人は解
を求めて(認知)から、行為をするわけではなく、認知とともに行為している、ということだ。

このような「認知」は、世界全体を俯瞰する<観察者>の位置にたち、現在→最適解への最
適コースを求めようとする客観主義、目的論的なものである。しかし「行為」はこれとは異っ
た世界との関係をもつ。行為は自立的に絶えず進行しているというオートポエティックなも
のである。行為することで世界は変化し、また行為する。

人は<観察者>の位置に立ち世界を観察し予期するという「認知」をしつつ、止まることなく
「行為」している。だから最適解へ収束するまで立ち止まるということがない。すでに行為
してしまっており、「フレーム問題」に陥る事がない。

43 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:23:37 0
大きな躓きと小さな躓き

たとえばある人から「バカ」と言われたとする。それはどのような意味だろうか。「バカ」の
もっとも一般的なコンスタティブ意味は「頭が悪い」である。しかしどのような状況で誰が
いったかで、その意味は大きくかわるだろう。

いざこざの最中に言われれば「攻撃的な罵倒」であるし、先生に注意されている時であれ
ば「教育的指導」であるし、彼女に言われれば、「親しみの言葉」である。無限の可能性をも
つが、人はその状況から意味を獲得する。

あるいは見ず知らずの人に突然町中で言われれば、「誰?」、「なに?」と、ちょっとしたパ
ニックになる。

これを、図式化すると以下になる。「バカ」はレトリック(修辞)な使用であって、一般的なコ
ンスタティブ意味「頭が悪い」から乖離する。そこに「いかに解釈するか」という<解釈項>が
現れる。<見ず知らずの人に突然町中で>「バカ!」と言われれば、解釈の裂け目は大きく、
「大きな躓き」によって、「フレーム問題」に近い状態になり、ちょっとしたパニックになる。

>>
<言語記号>−<解釈項(状況)>−<概念(意味)>

<「バカ」>−<知らない人が突然町中で言った>・・・(大きな躓き)−<????(パニック)>
<「バカ」>−<彼女がじゃれている状況で言った>・・・(小さな躓き)−<おもしろい人>
<<

44 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:24:29 0
そしてこのような躓きを乗り越えるのが「行為」である。見ず知らずの人に突然町中で「バ
カ!」と言われれば、「は?なんだよ」、あるいはすでに殴りかかっている。このように場面
(フレーム)は進展する。

このような<解釈項>の躓きの存在は単に<概念(意味)>の獲得を躓かせるだけではない。
<彼女がじゃれている状況で言った>場合にも、「え?何?」という小さな「フレーム問題」が
起こっている。そしてその返答として「おもしろいだろう」といい、彼女が笑うことで、はじめて
コミュニケーションが成立する。そのときに<解釈項(状況)>が正しく、<概念(意味)>が共有
されていることが確認される。

このような「躓き」はほぼすべてのコミュニケーションで起こっている。だから逆に言えば、
発話はレトリカルな構造をもち、「え?何?」と小さな躓きをおこすことで、つぎの返答行
為への契機となる。すなわち「フレーム問題」は人をコミュニケーションへ向かわせる契
機になっている。

45 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:25:07 0
行為を恐れて認知過多になる=人工知能化

だから人は多々「フレーム問題」でフリーズするような状況に陥っている。たとえば恋愛であ
る。人を誰かを好きになると、ちょっとしたパニックになる。「彼女は僕のことをどのように
思っているのだろう。」「あっ、いまちらっとこっちをみたけどどういう意味だ。たまたま?僕
のことが好きなの?」などなど。彼女の動作、会話に隠された意味が含まれているようにレ
トリカルに受け取ることで妄想が暴走する。それは、思い切って、「え?オレのこと好きな
の?」と告白(行為)すればよいが、断られることが怖くて行為できずに、「フレーム問題」の
ようになる。

あるいは思春期に、「僕はなんのために生きているんだろう」「このことになんの意味がある
んだろう」となにかと悩んでしまう。社会の情報を理解することができるようになるが、社会
での(行為の)経験が少ないというアンバランスな状況が、行為の前でフリーズするような
「フレーム問題」を引き起こすのかもしれない。

>>
<言語記号>−<解釈項(状況)>−<概念(意味)>
<好きな人の些細な発言>−<様々な解釈の可能性>・・・(大きな躓き)−<終わりなき妄想>
<<

<言語記号>をいかに解釈するかという<解釈項>がわからないと、その<概念(意味)>が獲
得できずに「躓き」、「フレーム問題」に近い状況に陥ってしまう。これに対して、行為はこの
ような解釈の決定不可能を乗り越えて、「思い切って告白する」、「思い切って毎日を楽し
む」など、場面(フレーム)を進展させる力となるが、一度の行為で状況が乗り越えるわけで
はない。このような認知と行為という世界との関わり方において、認知が過多によって人工
知能の「フレーム問題」のような状況に陥ることは多々あるだろう。

46 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:25:43 0
認知、行為を回避し思考停止する=機械化

たとえば仕事において、一担当社員やバイトが権限以上の自体が起こると、どのように処
理をしてよいかわからなくなる。この場合には頭が悪く処理できないのではなく、仕事に忠
実であるほど、権限を飛び越えて行為することを躊躇する。そして対処法を権限内でいくら
考えても解はなく、おどおどしてしまう。

>>
<言語記号>−<解釈項(状況)>−<概念(意味)>
<問題発生>−<権限以上は行為しては駄目>・・・(大きな躓き)−<????>
<<

逆に<解釈項(状況)>の可能性を抑圧することで解釈することを停止してしまった状況だと
いえる。たとえば公共機関や古い組織が往々に形式ばった対応になるのは、職員が規則
重視に絡め取られて、レトリック行為を排除し、人工知能化することを回避することで、機械
的な対応しかできなくなる。このような拘束的な「権力」(認知)を飛び越えて「行為」するた
めのは、能動的な行為、さらに権限外行為の責任を負う「強さ」が求められる。

47 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/20(火) 11:26:18 0
人工知能化と機械化と野蛮化

現代は、多くにおいて社会的な抑圧が弱まることで「なんのために生きているのか」、「夢を
もとう」など、<解釈項(状況)>が自由度が高い。このために<概念(意味)>へと収束するこ
とが難しく、「フレーム問題」のように認知過多からフリーズしてしまう。「ニート」はその典型
だろう。

たとえばこの反動として、<解釈項(状況)>を社会的な権威や宗教などに依存し思考停止
することで、<言語記号>?=<概念(意味)>と短絡する。これは「機械化」といえる。機械は入
力(input)に対して出力(output)が決定されている。

さらにその他の反動傾向としては、<解釈項(状況)>が自由度が高すぎる現代を生き抜くた
めに、あまり考え込まずに、とにかく行為するということがる。典型で言えば、「チャラ男」な
ど、ここには逆に思考回避の脅迫性がある。

>>
・機械化
 <命令>−<権威による決定>・・・(躓きなし)−<遂行>

・人工知能化
 <「夢をもとう」>−<解釈の高い自由度>・・・(大きな躓き)−<決定不可能による退避>

・野蛮化
 <思いつき>−<行為先行>・・・(躓きなし)−<遂行>
<<

48 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/20(火) 19:36:20 0
48

49 :考える名無しさん:2008/05/20(火) 20:04:58 0
純一、またガソリンがなくなっちゃったのかい?
困ったねえ・・・


50 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/20(火) 20:05:34 0
50

51 :考える名無しさん:2008/05/20(火) 22:34:07 O
純一、手も足も出ませんw

52 :考える名無しさん:2008/05/20(火) 23:11:17 0
またスランプなんだろw 
こんな時の為にも統一理論を真面目に一から作ったほうがいいんじゃねーの?

53 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/21(水) 18:00:58 O
フッサールの現象学という生の哲学の問題は経験という実在性を、イデア性へと遡及したことによる。
デリダ的な現象学においてはそれを存在論的な運動に基礎付ける。
痕跡という運動する存在は決して実在的な文字ではないがまた観念的な何かではない。それは生を構成する代謝の運動そのものである。
たとえば身体の細胞は入れ替わるのに自己は同一性を保つだろうか。そこにあるのは運動と同一性へ還元する権力への意志のみである。

54 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/21(水) 18:15:05 0
54

55 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 23:15:38 0
    _ , ― 、
      ,−'  `      ̄ヽ_
     ,'            ヽ
    (              )    こんにちはbokuニーチェ
    (     ノ`ー'ー'ヽ     )
    (    ノ●  ●(     )
     (   〉 -――-(      )_  _
      `ー'l  ●    (    ノ    ヽ )
       、‘ー'ー’ _ノ`ー'      |
         ̄| ̄           |
         /  /7  / ̄ ̄/   /
         `ー´ `ー ´   `―´


56 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/23(金) 17:23:43 O
メタファーな音楽とはなんだろうか。典型的なものはバロディソングだ。原曲に対してずらすことで笑いをさそう。
そのような意味ではどの音楽もメタレベルで聞くことができる。
このあたりはあの曲に似せてるな。前の曲からひねってきたな、など。
これはその曲を聞くというよりさまざまな音楽文化との関係を相対化するようなものであって、本来のその曲を楽しむとは異なる。
では本来のその曲を楽しむとはいかなることだろうか。
しかしこの表現には現象学的な生き生きした現在性のような超越論性が見え隠れする。そこにそこに曲はすでにエクリチュールであると脱構築されかねない。

57 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 18:29:28 0
しかし男のヒステリーってのはどうしようもないな。
女々しいんでも他の所で女々しくなって欲しいもんだよ
お互いに。なあぴか純一よ。
これが二人の哲学を中途半端にしている原因かw

58 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/23(金) 23:02:48 0
ブログ人気上位だったよ!

id:pikarrr さんの順位
購読者数: 204
191 位 / 29091 人(上位 0.66 %以内)
ブックマーク数: 2440
109 位 / 29091 人(上位 0.37 %以内)


新シリーズも始まったよ。

■「陶酔する人工知能たち」

その1 なぜ人は人工知能化するのか 
その2 なぜ「フレーム問題」は錯覚なのか

http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

59 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 23:58:45 0
なぜダバダに名前かえたの?

60 :考える名無しさん:2008/05/24(土) 03:35:58 O
ブログ上位でもニートじゃ、しょうがなかろう

61 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 11:51:41 0
機械論、客観主義が挫かれるのは、単なるお喋りでさえ、そのようには不可能である
ということだ。そこには絶えず不確実性が忍び込む。これは時間と同じ意味だ。
時間が流れている以上、機械論、客観主義が挫かれる。
それでも人は普通にお喋りできし、かなり高度なコミュニケーションを可能にしている。
これはウィトゲンシュタインは「ただおこなっているだけ」といった。
客観主義にみるとそのようにしか見えないということだ。
そこには客観主義的な記述を逃れる行為がある。

ではこのような行為をいかに記述できるだろうか。
記述を逃れる行為を記述することは、とても難しい問題である。
その一つの方法は、ないことであることを示す方法である。
先のように、論理的には不可能であるお喋りが、普通におこなわれている。
そこにある記述さの欠如がある。
ラカンはこれを現実界といった。

62 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 13:49:43 0
ポストモダン社会では「大きな物語の凋落」というが、本来大きな物語は
新しい発明だ。近代の中で国家とナショナリズムが生まれたときに、生まれた。
というよりも、そもそもはじめから大きな物語は凋落によって支えられてたといえる。

このような近代の国家とナショナリズムが形成される原動力が資本主義社会である。
市場経済が世界へ広まって行く中で、近代の国家とナショナリズムが必要とされた。
国家は、貨幣等価交換システムを守り管理し、他の国家と資本の争奪をおこなうための
暴力装置として、さらにナショナリズムは貨幣等価交換に参加する均質化された人々が
疑似共同体を形成するためのイデオロギーとして、生まれた。

そして国家、ナショナリズムによって市場経済は発展し、人々に経済的な効果を
あたえることができた。だからそもそも「大きな物語」を人々がどこまで信じていたか、
も曖昧である。そして貨幣等価交換が重視された社会では、マルクスが指摘したような
物象化が進行することで、「大きな物語の凋落」として進行する。すなわち「大きな物語」の
普及と凋落は同時進行で進んでいるのである。

物象化とは人の社会的な関係が物の関係に置き換わることを意味する。人は社会的な
関係から開放され、自由で平等になるが、そのかわりに物の関係として拘束される。
物の関係とは貨幣等価交換の関係である。商品の価値は物そのものの使用価値ではなく、
社会的な関係(交換価値)で決定する。そして貨幣は超越的な特別な位置をしめる。
すなわち人は犯罪でなければ、何をしようが自由だからかってにすればよい。お金がすべて
なのだから、ということだ。人々は社会関係の煩わしさをお金に任せて、それぞれの「物語」を
楽しめばよい。

63 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 15:09:14 0
あなたはある用事である場所へ出向く。そこで「しばらくこの部屋でお待ちください」と部屋に通され、
椅子に座る。するとそこには、すでに一人の男がいて、二人きりで待つことになる。
その男はあなたから後ろ向きに座っている。あなたは「こんにちは」と声をかける。
しかし男から返答がなく、動く様子もない。

あなたはすごく不安にあるだろう。この男はなにもので、なぜ返事をしないのか。
「フレーム問題」のような状況に陥り、ちょっとしたパニックになる。

その緊張に耐えかねてあなたはなにか行動を起こすだろう。
もう一度話しかけてみる。「あなたも用事ですか?」、あるいは男に聞こえるように
咳払いをする。あるいは部屋からでていくなど。
これはその状況に耐えかねて、状況を変える行為である。
この行為には、必ずしも「男の正体をしる」というような論理性はない。
いたたまれずに体が動いている(行為している)ようなことである。

逆に、状況は変わらないことはありえない。
仮にあなたも何もせずに5分待っていたとしても、状況は変わっている。
その男は5分間も動かなかった、という状況の変化である。
それによってあなたの緊張はさらに高まらざる終えないだろう。

時間経過は必ず「その系の状態」を変化させる。
そして時間経過はあなたに行為をさせる。何もしないことも行為である。
だから厳密な意味での「フレーム問題」成立しない。

外在的な時間経過(正確には環境変化)はフレームを変化さえて、
人を行為させつずける。そこでは「フレーム問題」のような最適解を
求める問題自体が成立しない。


64 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 15:19:03 0
この場合に「男がなに者かしる」ことが目的として発生しているとすれば、
環境(状況)へとりあえず行為することで作用し続けて、少しずつ誘導していく。
「今日は暑いですね」と再度話しかける。それとなく近づいてみる。
「大丈夫ですか」と顔をのぞき込むなど。

ではなぜ人工知能にはこれができないのだろうか。

65 :考える名無しさん:2008/05/24(土) 15:26:14 0
>>64
認知する私はゼロアカ帝国
小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后
爆乳生熟女アニマル排便クレポン人工知能タンポン誘導デイープスロートの女神あずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。


66 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 17:38:43 0
ポイントは環境操作にあるだろう。
たとえば人工知能にレトリックは可能か、ということがある。

論理的にはAと言うときに、あえてBという。
ここでは「論理的にはAと言うことが正しい」ことが理解され、Bという。

67 :考える名無しさん:2008/05/24(土) 18:06:44 O
フ━( ´_ゝ`)━( ´_ゝ)━( ´_)━( ´)━(`  )━(ゝ` )━(_ゝ` )━( ´_ゝ`)━ン

68 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/24(土) 20:32:56 0
聴覚系 連続性    機能主義 運動
視覚系 無時間性  構造主義 言語記号

現象学
ありありとして明証性・・・声(聴覚言語)
嘘・・・文字(視覚言語)

人は聴覚系によって世界の確からしさ(リアリティ)を感じる。
現象学はそこからイデア性を抜き出す。
その視覚系への先鋭が抑圧する無時間性と他者性を暴露する事で、
差異と遅延へと開く。

69 :考える名無しさん:2008/05/24(土) 21:54:01 O
へ━( ´_ゝ`)━( ´_ゝ)━( ´_)━( ´)━(`  )━(ゝ` )━(_ゝ` )━( ´_ゝ`)━ェ















そらぁすんげーゃ

70 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 02:50:21 0
たとえばボクは椅子に座っている。少し離れたテーブルの上にりんごがおいている。ボクは
「あのりんごを取ろう」と思い、立ち上がり、テーブルまで歩き、りんごを手に取る。ミッション
成功である。

ここでとても不思議なことは、ミッションを達成するまでに、どのように体を使い立ち上がり、
どのように足をうごかし前進し、どのように手を動かしてりんごを取ったのか、「知らない」と
いうことだ。ボクが知っているのは「あのりんごを取ろう」と思い、見事に取ったことだけであ
る。その間の行為は考えるまでもないとても簡単ことであるが、もしこれを人間型ロボットに
やらせようと思うと、とんでもないことになる。はたしていまの科学でそこまでのことができる
ロボットを製作することは可能なのだろうか。

たとえばこのような困難さは二足歩行ロボットを作るまでの困難さを考えるとわかる。現段
階においても、少しの障害物があるとうまく二足歩行できないし、ものを掴むということも高
度な動作である。

71 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 03:11:27 0
無職はいいなぁ

72 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 09:29:04 O
シニフィアンはただの音ではなく、聴覚心象と言われる。
りんごという発音は無限にありにもかかわらず人はそれを「りんご」と聞くのである。
以前みた実験はよく聞き取れない音を文字をみせられるとそのように聞こえるようになる。そのようにしか聞くことができない。というものだ。
このような効果は視覚でも働く。人は対象を意味あるものとして理解しようとする。
意味あるものとは同一性への還元であり、同一性とは反復の記憶である。
これはオートポエティクな行為である。

73 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 09:37:10 O
デリダはこれをエクリチュールと呼ぶ。存在論のレベルにおいて、他者との関係による差異とかつて会った記憶としての遅延という運動がある。差延である。
これはアスペクト認知ににている。

74 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 11:26:30 O
再度、だまし絵。だまし絵の驚きはうさぎが鳥にもみえるということではなく、その二つにしかみえないことである。
そこに働く強制力が認知行為の不思議である。これは言語のように構造化された無意識以前の構造化ではないだろうか。これは行為の構造化だからだ。
歩く、物をつかむ、自転車にのるなど訓練によって身につけた運動のレベルで働いている。
言語を話すことも同様である。それは解釈という行為と切り離して存在しない。
イデア的な言葉は存在しない。それは認知系の幻想であるというより、認知そのものが幻想である。

75 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 11:34:00 0
>>74
認知そのものが幻想であるゼロアカ帝国
小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后
爆乳生熟女アニマル浣腸クレポンだまし絵タンポン解釈アナルの女神あずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。


76 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 12:09:34 O
デリダがエクリチュールとして言語の運動を問題にするとき、このような行為の構造化を問題にしている。

77 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 12:15:46 O
身体に刻まれた痕跡と社会に刻まれた痕跡という存在論

78 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 12:51:29 0
 教授資格論文として書かれた『ドイツ悲劇の根源』でベンヤミンは、ギリシア=ローマの
古典芸術と、近代への移行期に当たるバロック芸術を比較します。おそらく、「自然」と
「反省的自己意識」をめぐる彼自身の問題意識を投影したうえで、バロック芸術を理解
しようと企てたのだと思います。バロック芸術をやる人びとは、自分らは古典の世界の
ように神々しい自然を再現できないと開き直ったうえで、新しい美の基準を探究しようと
した、とベンヤミンは考えます。ルネッサンス期であれば、ミケランジェロのダビデ像に
見られるように、ギリシア人がつくった彫刻を自分たちなりに再現できるという希望の
ようなものがありました。だから、ルネッサンス=再生といっていたわけですね。

 だが、その再生の意識は、バロック期に入ると急速に後退していき、むしろ「自然」を
ねじ曲がったかたちで表象する、つまり近代人の反省的自己意識を投影しているような
作品がつくられるようになります。太陽が笑っていたり、自然風景の中に死に神が登場
したりと。騙し絵のようなものもたくさん書かれました。自然に回帰して、生き生きしている
気分になっていたとしたら、騙し絵のようなものはけっして描かれないでしょう。

79 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/26(月) 13:26:39 O
だまし絵は行為としてのオートポイエティックな自立性を暴露するとともにアフォーダンスなカップリングを暴露する。
だまし絵はだますために作られたということはだますことの他者との伝達であり、共有可能な同一性の運動がある。
だまし絵は媒介装置である。ここに言語記号一般の媒介性がある。

80 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 14:07:49 0
物事には構造と機能が表裏のように存在している。それは物質が運動と、また自然が
法則と切り離せないのと同様である。構造のない機能はなく、機能を持たない構造もない。
そして両者はそれぞれ質の異なったものなので、相手側に汲み尽くされるものではない。

81 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 14:51:14 0
■「構造化された行為」のエクリチュール

「運動自体の知覚」

>>
2008年5月5日に行われた第18回世界コンピュータ将棋選手権のエキシビションマッチにお
いては、優勝ソフトの激指がアマ名人の清水上徹を、準優勝ソフトの棚瀬将棋が朝日アマ
名人の加藤幸男をそれぞれ破るという快挙を成し遂げた。
<<

たとえばコンピュータと人との将棋を考える。コンピュータはある局面に対して数手先をす
べて計算し最適解を求めて指していく。それに対しては人はハード的な計算能力からすべ
て計算することができない。このためにいままでの経験と計算から最適と思われる解をさし
てゆく。そこには必ずカンが含まれる。カンとはなにかといえば、時間的な制約からのあき
らめのような飛躍とともに、一つは意識に上らないような経験からの最適化である。このよ
うな意識に上らない最適化は養老孟司が「運動自体の知覚」に近い。

たとえばアナタは椅子に座っている。少し離れたテーブルの上にりんごがおいている。アナ
タは「あのりんごを取ろう」と思い、立ち上がり、テーブルまで歩き、りんごを手に取る。ミッ
ション成功である。ここでとても不思議なことは、ミッションを達成するまでに、どのように体
を使い立ち上がり、二足で前進し、手を動かしてりんごを取ったのか、「知らない」ということ
だ。ボクが知っているのは「あのりんごを取ろう」と思い、見事に取ったことだけである。

その間の行為は考えるまでもないとても簡単ことであるが、もしこれを人間型ロボットにや
らせようと思うと、とんでもないことになる。はたしていまの科学でそこまでのことができるロ
ボットを製作することは可能なのだろうか。

たとえばこのような困難さは二足歩行ロボットを作るまでの困難さを考えるとわかる。現段
階においても、少しの障害物があるとうまく二足歩行できないし、ものを掴むということも高
度な動作である。これが「運動自体の知覚」だろう。

82 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 14:52:05 0
構造化された行為

再度、だまし絵。だまし絵の驚きはうさぎが鳥にもみえるということではなく、その二つにし
かみえないことである。そこに働く強制力が認知行為の不思議である。これは言語のよう
に構造化された無意識以前の構造化ではないだろうか。それは見方という行為の構造化
である。これは、歩く、物をつかむ、自転車にのるなど訓練によって身につけた運動のレベ
ルで働いている。そもそも言語行為自体が構造化された行為として行われる。

シニフィアンはただの音ではなく、聴覚象と言われる。「りんご」という発音は無限にありにも
かかわらず人はそれを「りんご」と聞くのである。以前みた実験はよく聞き取れない音を文
字をみせられるとそのように聞こえるようになる。そのようにしか聞くことができない。という
ものだ。このような効果は視覚でも働く。人は対象を意味あるものとして理解しようとする。
意味あるものとは同一性への還元であり、同一性とは反復の記憶である。これはオートポ
エティクな行為である。

たとえば先の発話においてもその以下に解釈するかというところで、構造化された行為が
働いている。

>>
<言語記号>−<解釈項>−<概念(意味)>
<「バカ!」>−<彼女がじゃれている>−×小さな躓き<親しみ>
<<

人は言語とは<言語記号>と<概念(意味)>が密接に結びついているように感じる。これは
先の「りんごをとる」例で現れている。「あのりんごを取ろう」=「りんごをとった」と認識され、
一連の行為は「りんごをとった」とのみ表象される。これはイデア性に繋がるだろう。そもそ
も純粋な言語記号認知というものが幻想なのである。ここにあるのは認知主義の誤謬であ
る。客観主義、目的論、そしてイデア性という形而上学の源泉である。

83 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 14:52:53 0
エクリチュールとしての「構造化された行為」

言語行為には「構造化された行為」が働いているというときに考えなければならないのは、
構造化とはなにかということだ。そこにには他者と歴史(時間)が働いている。デリダはこれ
をエクリチュールと呼ぶ。存在論のレベルにおいて、他者との関係による差異とかつて会っ
た記憶としての遅延という運動がある。

「構造化された行為」は伝承という形態をもつ。そしてそれを媒介するメディアをもつ。だか
らだまし絵は行為としてのオートポイエティックな自立性を暴露するとともに、アフォーダン
スなカップリングを暴露する。だまし絵はだますために作られたということはだますことの他
者との伝達であり、共有可能な同一性の運動がある。そしてだまし絵は媒介(メディア)である。

エクリチュールはその運動の中で、様々な躓きをおこし、回復される。それによって枝分か
れし、再生され、伝承される。

84 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 15:22:33 0
オートポイエーシスは基本的にはフィードバック機構であり,それ自体が必然的に逆説と
関わるわけではない。われわれが求めなければならないのは単なる外生的な攪乱要因では
なく,システムに内生的な逆説の縮退(疑似解決)効果ではないだろうか。

85 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 15:30:42 0
>>78

>>80
そうだね。
>>84


86 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 15:44:57 0
>>84は君には少し難しかったかな?
さらなる考察を続けたまえ。

87 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 15:48:30 O
コテ変えても過去は消せんと思うぞ。
辛いのはわかるけど。

88 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 15:57:07 O
誰かガチでいけよ。逃げ腰ばっかだからこいつちょうしのるんだよ

89 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 16:35:08 O
勘違いニートくんをからかうのが面白いんじゃね?
議論するのは時間の無駄だと思うが

90 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 16:39:02 O
このスレ主は考察なんてできないよ。

91 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:15:10 0
ウィーン…

ガチャガチャ

ガチャガチャ

…純一機械
…起動します…

92 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:16:43 0
…system
…os type lisa
…mode atack

…run!

93 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:17:40 0
ふふふ、

94 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:18:00 0
ふふふふふ

95 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:18:25 0
ふっ…

96 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:18:48 0
は〜っはっはっは!

97 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:20:36 0
しかし、ぴかぁ〜のブログを見ても、
おかしいというか、おもしろいのは、
案外、ブログでは会話が成り立っている、
つまり、ぴかぁ〜のいい加減さをブロガーは読めていない、
というのがおもしろいですね。

98 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:24:23 0
> pikarrr 2008/05/24 04:14
> こちらまでご足労いただきありがとうございます。
> 河本はオートポイエーシスを行為存在論と呼びます。
> 「神経回路も単に帰還と内部状態を持つ系」のような認識論とは本質的に違うと思います。
> ただいままでのところボクは「オートポイエーシス」そのものの話はしていません。
> フレームの話にもどります。人におって「フレーム問題」は客観主義的な錯覚でしかない、
> ということがやはり理解いただいていないように思います。

まともな事を書いてる様に見えますが、

> フレームの話にもどります。人におって「フレーム問題」は客観主義的な錯覚でしかない、
> ということがやはり理解いただいていないように思います。

人によって、を、人におって、と間違えるところがぴかぁ〜らしいですね。

99 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:27:01 0
> フレームの話にもどります。人におって「フレーム問題」は客観主義的な錯覚でしかない、
> ということがやはり理解いただいていないように思います。

しかも、これは煎じ詰めれば、

@ 人の話を聞いていない
A しかも、自分の説だけ喋る

という方式がぴかぁ〜方式である事が分かります。

100 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:29:28 0
> フレームの話にもどります。人におって「フレーム問題」は客観主義的な錯覚でしかない、
> ということがやはり理解いただいていないように思います。

@ 人の話を聞いていない
A しかも、自分の説だけ喋る

更に細かく煎じ詰めてみましょう。

@ 人の説が理解できないから → 人の話を聞いていない
A しかし、自分の説は認めてもらいたいので → 自分の説だけ喋る

という事です。


101 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:31:20 0
つまり、こういう帰結になります。

ぴかぁ〜は、

@ まず、他人の説を理解していないが、
  『○○という事が理解いただいていない様に思います』
   等と言って、誤魔化す。

A しかし、自分は天才と思われたいので、
  タームを使って喋る喋る。

という方式である事が分かります。

102 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:32:43 0
つまり、

『ぴかぁ〜は内容を理解していないのに、理解したフリをし、
 分かってる様に誤魔化しつつ、理解していないまま喋っている』

という事です。
これは何故可能なのでしょうか?

103 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:33:49 0
『ぴかぁ〜は内容を理解していないのに、理解したフリをし、
 分かってる様に誤魔化しつつ、理解していないまま喋っている』

これは何故可能か?
それは『専門用語』という点にあります。

以前、ポールとこんな会話をした事があります。

104 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:36:32 0
以前、ポールとこんな会話をした事があります。

純 一『純一理論に於いては、全てを意味に還元して喋ります。
    だから、専門用語の様に権威化しないのです。』

ポール『ハア?意味自体に還元できる筈ないだろ?
    馬鹿が!』

無論、馬鹿はポールなのですが、
こいつは専門用語が権威化し易く、
意味を理解していない様なぴかぁ〜がブログで
まともに会話している様に見せかけてしまえるという事の
深刻さをポールはしていない訳です。

105 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:39:05 0
例えば、ポールも専門用語をいっぱい使って喋りますが、
ところで、このポールの語る哲学は殆ど大森の口真似です。

一方で、私生活ではポールは風俗通いの一方で、
その堕落した生活はポールの思索の俎板には乗せられる事はない。
これが一層ポールの汚さを煽ります。

106 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 17:39:53 0
純一機械、今日こそはやっちまえwwww

107 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:40:54 0
> ところで、このポールの語る哲学は殆ど大森の口真似です。

偉い人間の口真似をしたところで、
その人間、つまりはポールやぴかぁ〜が偉くなる訳ではありません。

何故でしょうか?
それは単純に口真似をしたところで、
意味を理解していないからなのです。

ですから、私は専門用語を使わずに
意味に還元して考えろ、と言ってる訳です。


108 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:42:24 0
純 一『純一理論に於いては、全てを意味に還元して喋ります。
    だから、専門用語の様に権威化しないのです。』

ポール『ハア?意味自体に還元できる筈ないだろ?
    馬鹿が!』

ですから、この会話ではポールはまだまだ、
専門用語をぴかぁ〜レベルで並べているに過ぎず、
その用語を日常用語に還元して喋る事ができないので、
意味を理解していないのです。


109 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 17:42:45 0
いいぞ!純一!

110 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:45:01 0
ところで、ポールもほぼ大森の口真似ですが、
ぴかぁ〜がブログで会話が成立するのは、

『情報の送り手と受けてが、専門用語の意味を咀嚼せずに喋っているから』

なのです。
ぴかぁ〜はオートポイエーシスが何なのか深く考えた事もありませんし、
言ってしまえば、適当にその場限りの意味で使っている訳です。
ポールも口真似ができればそこで格好付けが目的なので、
そこで終わりです。
ですから、そこで止まった者同士で会話が進んでしまう訳です。

111 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:46:53 0
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/koto_shiomi_case/?1211785353

ところで、↑この犯人の星嶋容疑者を見て思いましたが、
服装とかアイテム、髪型等がポールや泰斗とかなり被りますね。

112 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:49:30 0
ぴかぁ〜もi-podを持っていましたが、
星島容疑者が持ってるのもおそらく同じものでしょうね。

そんでタートルネックは飲み屋メンバーのオフ会、
つまりは分析哲学徒の集まりで見られた服装、
そして、星島容疑者が使ってるイヤホン、
これは泰斗が持ってるアイテムと同じで、

つまりは、

『星島容疑者が哲学やってたら分析哲学やってた』

という事でしょう。
まあ、これは映像みればそういうキャラである事はわかるでしょう。

113 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:50:39 0
『星島容疑者が哲学やってたら分析哲学やってた』

つまりは、

『分析哲学やってながら、何故、こういう犯罪が犯せるのか?』

という疑問に変換できると思います。

114 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 17:51:17 0
>そんでタートルネックは飲み屋メンバーのオフ会、
>つまりは分析哲学徒の集まりで見られた服装、

なんとなくわかるわwwwww

115 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:53:21 0
『分析哲学やってながら、何故、こういう犯罪が犯せるのか?』

それはこういう理由に拠ります。

> <江東女性不明>「暴行目的で待ち伏せ」ドア音聞き侵入
> 東京都江東区潮見2のマンションに住む広告会社社員、東城瑠理香さん(23)が
> 行方不明になった事件で、住居侵入容疑で逮捕された同じマンションに住む派遣会社社員、
> 星島貴徳容疑者(33)が「東城さんの部屋の近くで待ち伏せし、帰宅したのを見計らって暴行目的で襲った」
> と供述していることが分かった。警視庁深川署捜査本部は、星島容疑者が周到に計画していたとみて追及している。

泰斗やポールといった分析哲学徒は、
こういう『犯行の計画性』を、『自分は分析ができるから頭が良い』
と解釈してしまいがちなのです。

116 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:55:32 0
ぴかぁ〜はおそらく、オタッキーな格好をしている事でしょう。
ところで、私は>>114も仮にポールが書いていたとすると、
おそろしいと思いますね。

つまりは、自分がこういう事をやってるのに反省しないのですから。

117 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 17:56:38 0
よくよく考えてみると、>>114の様な名無しが、
ポールを非難しないのも理解しがたいですね。

となると、やはり自演の可能性が…

118 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 18:02:45 0
純一の妄想も星島貴徳なみだわwwww

119 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 18:07:14 0
ニート達の狂宴

120 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 18:11:26 0
           ___          / ̄ ̄\            ___
          /⌒ ⌒\ おっ   :/   _ノ  \:おっ  ./⌒ ⌒\
    ♪  /( ●) (●)\ おっ :|   。(●)(●): おっ/(●) (● )\
      /:::::⌒(__人_)⌒::\.   :|      (__人):  /::⌒(_人__)⌒:::: \    クオリティ低いって
      |     |r┬-|   |   :|.......:::::    `⌒ノ:.  |    |r┬-|     |    自覚してるのかお?www
 __ _ \    `ー'´   /    |:::::::::::      }:   \   `ー'´   /__
 ヽ___         、`\     ヽ:::::::::      }:   / ヽノ     ___/
       /       /ヽ <   r "     r  ノ:    〉 /\    丶
      /      /    ̄   :|::|    :::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶
     /     /    ♪    :|::|    :::| :::|:            \   丶
     (_ ⌒丶...        :` |    :::| :::|_:           /⌒_)
      | /ヽ }.          :.,'    :(  :::}            } ヘ /
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´((
          ソ  トントン                             ソ  トントン

121 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/26(月) 18:29:00 0
なんだよ。寂しくて帰ってきたのかw
めんどくさいから、NGにするから、かってにやってろ。

122 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 18:30:45 0
果たして本当にそうかな?

123 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 18:35:51 O
今このスレが熱い!!

124 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 18:36:21 0
と言うポールですね。

125 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 18:44:15 O
果たして本当にそうかな?

126 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/26(月) 18:46:44 0
このスレにはポールが書き込むが、
シェリングスレ等の自分のスレは汚したくないので、
書き込まない訳です。

実にポールらしい、汚らしい方式です。

127 :考える名無しさん:2008/05/26(月) 19:20:39 O
純一死ね

128 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/27(火) 14:05:13 O
言語は社会的な構造物であり、人の根底から規定する。さまざまな社会的な規則から、私という存在から、痛みまでに関係する。
ウィトは私的な言語は存在しない、といった。

同様に行為は記述されないために他者の行為をまねるという伝承の形態をとる。
言語の構造化は行為の構造化の一部である。言語はいかに解釈するかという構造化された行為として機能する。
行為の構造化は単なる体の動かし方ではなく、コンテクストとの関係で構造化される。状況にあわせて体は動く。運動の知覚である。


129 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/27(火) 14:41:42 O
考え事しながら歩くとき状況の認知とあわせた歩く行為が行われる。
このような運動の認知は言語のように構造化しているのか
理化学研究所
動的認知行動研究 谷淳

130 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/27(火) 18:51:17 0
130

131 :考える名無しさん:2008/05/27(火) 22:28:48 O
顔騎放尿みました
これは見るものではない

やるものです

132 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 09:25:40 0
■行為とはなにか

「運動自体の知覚」

たとえばアナタは椅子に座っている。少し離れたテーブルの上にりんごがおいている。アナ
タは「あのりんごを取ろう」と思い、立ち上がり、テーブルまで歩き、りんごを手に取る。ミッ
ション成功である。ここでとても不思議なことは、ミッションを達成するまでに、どのように体
を使い立ち上がり、二足で前進し、手を動かしてりんごを取ったのか、「知らない」ということ
だ。ボクが知っているのは「あのりんごを取ろう」と思い、見事に取ったことだけである。

人にとってこれらの一連の動作は考えるまでもないとても簡単ことであるが、これらの動作
の難解さは、これら一連の動作ができる人間型ロボットをつくろうとすればわかるだろう。
「立ち上がる」「歩く」「掴む」それぞれが高度な制御技術が必要になる研究対象であり、現
時点で「立ち上がる」「歩く」「掴む」などこれら一連の動作を行えるロボットは製作できない
だろう。人はこのような高度な秩序をもった運動を適切に行っているのだ。

133 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 09:26:15 0
行為の特徴

このような意識に上らない運動を秩序たてる知覚を養老孟司は「運動自体の知覚」と呼ん
だ。これを参考に行為の特徴をあげてみたい。

・<目的論>と<無自覚>
「自覚」されるのは「目的(意図)」=「あのりんごを取ろう」と、「結果」=「りんごがとれた」だ
けであり、その間の行為そのものはどのように行われているかわからない。「ただ行なって
いる」としかいえない。

・<連続性>と<秩序性>
目的を達成したから行為が終わるわけではない。「りんごをとった」あと、ロボットのように立
ちつくすわけではなく、運動は続く、というか生きている限り運動をとめることはできない。
行為に「目的」がないからといって、適当に糸を引っ張られる操り人形のように身体がバラ
バラに動き出すわけではない。行為はある秩序をもって連続的に運動は続ける。

・<物理的環境>と<社会的コンテクスト>との関連性
連続的な秩序はその行為のみの独我的に行われるのではなく、環境(物理的な状況)との
関係性で行われる。「立ち上がる」行為は座っている椅子との関係、「歩く」のは床との関
係、「掴む」のは「りんご」との関係と調整しなければならない。さらにいえば、複雑には状況
はコンテクスト(社会的な状況)に影響する。その部屋にいるのが「えらい人」であれば、立
ち上がり方も歩き方もかわるだろう。

134 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 09:26:59 0
・<試行錯誤>と<訓練・経験による習得>
このような行為は、生まれたときからできるわけではなく、「立ち上がる」「歩く」「掴む」など
の当たり前の行為でも、失敗するかも知れないが、やってみるという試行錯誤を基礎として
いる。すなわち訓練・経験によって獲得される。そして訓練・経験の反復によって「飛び上
がる」「速く走る」「飛んでいるものをキャッチする」などさらに高度な行為につながっていく。
これらには筋力の向上も重要であろうが、スポーツ選手の例でわかるように反復された訓
練・経験が重要となる。

・<他者の模倣>と<伝承文化>
このような訓練・経験は他者を真似ることを基本にする。行為そのものは言語によって記
述されることができないために身近な他者の身振り手振りの観察から習得する。最近では
動画記録が可能になったが、「立ち上がる」「歩く」「掴む」などの基本動作は親などを真似
ることで習得されるだろう。すなわち行為は歴史的な連続性をもった伝承文化である。

135 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 09:27:28 0
視覚系と聴覚-運動系の逆理

養老孟司は「唯脳論」の中で、脳の観点からヒトの活動を視覚系と聴覚-運動系にわけて
いる。これはそれぞれ交わることがない光と音という外界情報に対応し、脳において連合さ
れるが、そこに生まれる難しさを示している。視覚系と聴覚−運動系の以下のような差異がある。

>>
視覚系
 「物事をひと目でみてとる」、無時間性、構造。
 コマ送りの形で時間=運動を構成する。映画。
 純粋な視覚は、瞬間か永遠かを表現する。

聴覚−運動系
 時間軸の上を単線で進む、機能
 リズムすなわち繰り返し単位が重視。音楽。
<<

これは、先に<目的論>と<無自覚>に関係するのではないだろうか。「目的(意図)」=「あの
りんごを取ろう」というときに、「結果」=「りんごがとれた」という無時間な視覚像が予期され
ている。実際の聴覚−運動系の連続性によって、その間の行為そのものは「ただ行なって
いる」としかいえない。

136 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 09:58:04 0
「フレーム問題」の逆理

さらにここに人工知能の「フレーム問題」の状況がある。先のダニエル・デネットの「フレー
ム問題の寓話」でいえば、先に無時間な視覚像として「結果」=「バッテリーを回収する」を
想定し、フレーム(副作用)の可能性をチャックすることで、無数のフレームによってフリー
ズしてしまう。

人が行為するときには、フレーム(副作用)の可能性をチャックする前にすでに行為してい
る。これは先の「りんごをとる」例でいえば、目的=「あのりんごを取ろう」、結果=「りんごを
とった」と無時間な視覚像が認知され、その間の行為は無自覚に行われる。

先の「寓話」の例を人が行う場合には、爆弾があることで、その行為は慎重になるだろう。
「バッテリーを回収する」までに、「結果」としての無時間な視覚像は多く作られるだろう。す
なわち状況を観察しては行為し、また観察し、行為することが繰り返されて、いく。

しかし爆弾のあまりの怖さから、行為するできなくなると、まるでに人工知能のように、様々
な可能性を考えすぎてしまい「フレーム問題」にかも知れない。

137 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 10:27:46 0
視覚系行為の無時間性

だまし絵は視覚系に対応する。どのように行われているか無自覚に、その絵(記号)が「う
さぎ(鳥)」のみに見える。その「結果」は無時間である。

だまし絵の驚きは「うさぎ」が「鳥にもみえる」というフレームシフトにあることではなく、この
二つにしかみえないということにある。それによって明らかになるのは、「うさぎとして見
る」、「鳥として見る」という「自立的な秩序維持(オートポエティック)」が働いていることが明
らかになる。

「だまし絵」は言語記号認知行為という視覚系行為の特徴を表している。たとえば日本人に
とって犬の鳴き声は「ワンワン」、英語は「Vowow」である。「ワンワン」は音ではなく日本語
である。これは表記上だけではなく、日本人には「ワンワン」と聞こえる。ここには「ワンワン
として聞く」という「自立的な秩序維持(オートポエティック)」が働いている。

ソシュールは言語記号を「シニフィアン」と「シニフィエ」に分離した。シニフィアンとは聴覚像
である。「り・ん・ご」という音である。しかしこれは単なる音ではない。たとえば「り」という音
は人によって物理的ことなる波長、音色で発音されるのに、人はそれを「り」として理解す
る。これは聴覚によって感知されるが、聴覚像といわれるように、無時間的な視覚系に対
応するだろ。

138 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 10:28:29 0
ラングの視覚系とパロールの聴覚−運動系

ソシュールは言語をラング(国語)とパロール(会話)にわけた。そしてラング(国語)を共時
的な差異の体系として表してた。ラングは無時間な体系であり、視覚系の言語認知という
ことができる。実は、言語記号認知そのものが、このような行為の典型的な構造をもってい
る。先に上げた言語論的図式をあげると、

>>
<言語記号>−<解釈項>−<概念(意味)>
<「バカ!」>−<一般的な解釈>−<頭が悪い>
<「バカ!」>−<彼女がじゃれている>−×小さな躓き<親しみ>
<<

「バカ!」という音を言語として聞く、シニフィアンとして聞き、シニフィエ「頭が悪い」として理
解するとき、そこで行われている解釈行為は、自覚されない。そこに残るのは共時的なラン
グ(国語)である。すなわち聴覚−視覚系の解釈行為は見えず、視覚系のラングのみが残
る。

しかし会話(パロール)の中で、彼女が「バカ!」といったときには、一般的でない<彼女が
じゃれている>という解釈行為が現れることで、一瞬「何?」つまずく。ラングが共有されてい
なければ、このような「バカ!」というレトリックは言葉の使用は成立しないが、日常会話の
ほとんどがこのようなレトリカルに行われる。そして会話(パロール)は解釈行為において、
「え?なに?」と「小さな躓き」が次の行為(発話)を生み出すことで繋がっていく。このため
にパロールは聴覚−運動系の言語なのである。

そして言語は<他者の模倣>した<訓練・経験による習得>されたものから習得される。それ
は<言語記号>=<概念(意味)>として習得されるのではなく、解釈行為、すなわち<社会的
なコンテクスト>との関係で習得される。どのようなときに、どのように使われるか。ラングに
おいて、「一般的な解釈の場合」という<社会的なコンテクスト>との関係で習得される。

139 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/28(水) 10:29:11 0
視覚系のイデアを導く

それでも言語は、ラングという共時的な体系をもつことで、視覚系の認知行為を特徴とす
る。「人は言語をもつ動物である」という言語の根源性は、知覚系の認知行為として働くこと
で聴覚−運動系の行為を管理することを意味する。

人が高等な行為を行えることは、聴覚−運動系の行為の前に立ち止まり、言語による知覚
系の行為によって、目的論的に結果とその過程を予期することによる。しかしこのような目
的論は「フレーム問題」のように決して解を導かない。目的論は実際に働く聴覚−運動系を
隠蔽しているという「転倒」がある。

解釈行為に無自覚になり、<言語記号>=<概念(意味)>という目的論的な転倒は、現代の
客観主義的な科学にまで繋がる人が根源的にもつ形而上学的思考である。その先先端に
「イデア性」がある。

イデア性の特徴はありありとして現前性であり、「自覚」してある、ということだ。自覚するこ
とを視覚系に突き詰めると、デカルトの「コギト」が現れる。すなわち「自意識」とは視覚系の
言語記号認知行為によって生まれる。ここでは解釈行為が隠蔽され、「私」というのは「ここ
にありありとある」と転倒されてる。

140 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 10:56:48 O
顔騎はやはり行為するものですね。

141 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 11:03:40 O
イデア性としての存在の規定は、逆説的にも、現前性としての存在の規定と一体になっている。
表ー象=前にー置くことが、視線に対する近さとして現前性の一般的形式てあるので、純粋なイデア性とはつねに、正面に向かい合って、反復作用の前に現ー前しているイデア的「対ー象」(面前にー投げられたもの)のイデア性だからというだけではない。
それはまた、まるで時間性の源であるかのように、生き生きした現在をもとにして規定されるような時間性、「源ー点」としての今をもとにして規定されるような時間性だけが、イデア性の純粋さを、つまり同じものの無限の反復の開始を保証することができりからである。120
声と現象 ジャックデリダ

142 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 11:30:14 O
水族館にいき色とりどりの魚をみていると、小さな水槽をもくもくと右から左、左から右と繰り返しまるでよくできたおもちゃのようでこっけいである。
彼らが滑稽なのはしゃべらないからである。水族館は視覚系の無時間な世界である。
言葉をもつものが〜として見ることでフレームをつくり、語らないものは像でしかない。
水族館は語る(視る)者が見やすいように無時間化されたフレーム、すなわち言語化された社会的なコンテクストをつくる物理的環境装置である。
魚は機械ではない。高度な運動の知覚をもつ存在であるが、水族館という無時間世界では運動知覚は意味をもたない。
実際の海においては運動知覚は思う存分発揮され彼らの高等さが明らかになる。それに対して人の海の中での運動知覚の低さは単なるうすのろでしかない。
広大で変化し続ける物理環境では知覚系の言語化はたいしたやくにはたたないだろう。

143 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 11:47:12 O
そのために人は自然環境に能力を拡張する機械をもちこむ。
カメラは変化する世界を言語記号、無時間化して取り込む。それは人の言語世界の侵入を意味する。
すなわちいかに言語化された物理環境により社会的コンテクストとしての構造化するか予期される。すなわち建築の設計図がかかれる。
つづいて設計図にそって拡張された運動系機械が導入され、制作されるだけだ。

144 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 12:04:56 O
自然環境を、言語記号化、視覚系化することで、世界は無時間化される。
舗装されない道は通行する意味へと還元しようとしても、でこぼこでつまずぐ、雑草が生えて自然に回帰するなどにより逆らい続けるために、ここはなんだと解釈行為が回帰し、無自覚にただ通行することができない。
アスファルトの道路という物理装置は、解釈を無自覚化し、ただ通行するというイデア的な意味を維持する。そして言語記号さえも無意識化する。もはやアスファルトの道路=通行さえ意識しなくなる。
外在化された世界とは無意識化された言語世界である。

145 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 12:14:27 0
>>143
自然環境での能力を拡張するゼロアカ帝国
小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后
爆乳生熟女アニマル排便クレポン無時間化タンポン設計図アナルの女神
あずまん古腐人淫乱に水族館で潮を噴くさなえ陛下です。


146 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 12:26:55 O
死ぬなよ、メタP

147 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 12:28:47 O
資本主義社会では主体は解放され、自分たちは中世的な宗教的迷信から解放されていると信じており、おのれの利己的な関心にのみ導かれた合理的な功利主義者として他者と関係する。
しかし、マルクスの分析の眼目は、主体ではなく、物(商品)それ自体がおのれの場所を信じている、という点である。
つまり、信仰や迷信や形而上学による神秘化は、合理的で功利的な人格によって克服されたかのように見えるが、じつはすべて「物どうしの社会的関係」の中に具現化されているのである。
人びとはもはや信仰をもっていないが、物それ自体が人間のために祈っているのだ。
これは同時に、ラカンの基本的な前提の一つでもあるように思われる。信仰(信念)は内的なものであり、認識は(外的な手続きによって確証しうるという意味で)
外的なものだ、というのが一般的な定式であるが、むしろ、信仰こそ根本的に外的なものであり、人間の実用的・現実的な活動の中に具現化されているのだ。55
イデオロギーの崇高な対象 スラヴォイジジェク

148 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 12:39:34 O
ツーラララツララツララツララツーラララツララツララヨー

149 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 12:42:48 O
おいかぴぃ パクらないで自分の言葉でいえないのか?低脳。

150 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 12:47:17 O
人によりデザインされた物理世界と人の言語記号によるイデア性を無意識化することで現前化される。


151 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 12:51:26 O
自分でわかってんの?

152 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 13:16:50 O
彼らギリシア人は、ポイエーシスとプラクシスを峻別していた。いずれわかるように、実践の中心にあるのが、行動においてじかに表明される意志という考え方であるのに対して、
ポイエーシスの中心にある経験は、現存へと向かう生産、つまり、そこで何かが非存在から存在へ、隠された闇から作品が発する充実した光へと移行するという事象だった。
要するに、ポイエーシスの本質的な性格とは、その実践的で意志的な過程の局面においてではなく、むしろその存在において、ヴェールを剥ぎとるという意味での真理の様態だったのである。・
一方、アリストテレスによれば、プラクシスは、生きた存在としての人間の条件それ自体に根ざしていた。いいかえるなら、生を特徴づける運動の原理にほかならなかった。
ギリシア人がポイエーシスとプラクシスを区別することによって意味しようとしたものは、まさしく、ポイエーシスの本質は意志の表現とは無縁であるということだ。
むしろポイエーシスの本質は、真理を生産すること、およびその結果として、人間の実在や行動への世界を開示することにある。

中味のない人間 ジョルジョアガンベン

153 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 13:39:40 O
すなわち現代はポイエーシスな空間に包囲されている。道路は疑えないほどに道路であって真理を開示しすぎて無意識化されている。
エスカレーターはエスカレーターであり、手摺りは手摺りである。
水族館において魚は魚であり、そして職場において身体は労働する身体である。

154 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 14:00:05 O
このようなポイエーシス空間の包囲は真理すぎて無自覚化することにある。
道路は道路以外なにものでもないわけだから、歩くことも無自覚化される。
ただはじめに目的の場所を設定すればあとは身体が歩いてくれる。
もしケモノ道のようだとそうはいかない。道がどこであるのか、障害はないか耐えず意識的に解釈する必要がある。
すなわちポイエーシス空間はハイウェイ空間なのだ。

155 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/28(水) 14:10:39 O
アガンベンが芸術作品の歴史として語るのはかつては芸術作品は創造的なプラクシスであるとともに、ポイエーシスでもあったということだ。
しかし近代においてポイエーシスが大量生産されることで、創造的であること、すなわち真理を解体することに先鋭化された。
これは論理学とともに重視されていた修辞(レトリック)学が近代以降、小説や詩などの芸術の分野に追いやられた事情と似ている。
ここにはマルクスがいう資本主義社会の物象化された商品集積世界というイデア的形而上学がある。

156 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 14:11:29 0
で?

157 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/28(水) 19:07:30 0
なるほど、ポイエーシスはアタラクシア的な
美が炉となり、信也は故郷の天竺へと旅立ったという訳ですね?

158 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/28(水) 19:11:02 0
問題なのは、環境的身体です。
これはアタラクシア的な場、つまり<コーラ>が美味しいという事でもあります。
コカ社の陰謀はレシピの秘密にあり、原液のレシピは副社長でも知らない、
こんな事があっても良いのでしょうか?

159 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/05/28(水) 19:14:40 0
そこで、イタリアの思想家、アントニオ・ネグリは、
この<帝国>に戦いを挑みました。

それこそが『オープン・ソース』思想に基づく、
『オープン・コーラ』です。誰にでも開かれた場、
そして、誰にでも作れるコーラです。

160 :考える名無しさん:2008/05/28(水) 20:35:53 0
オープンソースなゼロアカ帝国小説家モドキの淫乱なさなえ陛下です。

161 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 00:49:52 O
いまいち純一もつまんねー

162 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/29(木) 11:45:01 O
行為の構造化は文化から習得する。すなわち身体伝承より言語文化への依存が高まる。
より正確な言語記号伝達において重要であるのは、論理性とデザインである。

163 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 12:27:57 O
能書き垂れる前に働けおっさん

164 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 13:59:00 O
働く気などあるわけないしょ。
もっとも使い物にならんだろうし。
こんなぐにもつかないことにエネルギーを費やして喜んでる奴に居場所を設けるほど余裕のある社会じゃない。

165 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 14:12:35 O
ごもっともでごわす

166 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/29(木) 23:41:55 0
指示対象意味論
心的イメージ意味論
用法意味論

目の前に犬がいる。「これが犬だ。」というほどに、明らかな犬という言葉の意味があるだろうか。

 言語記号−解釈項−概念(意味)
 犬 −(ありありとしてた現前性)−この犬

それに対して、想起する「心的イメージ」であったり、「おまえは犬だ」という
言葉の用法としての意味では、解釈項が曖昧になる。

 犬−(想起)−心的イメージ
 お前は犬だ−メタファー−用法の意味



167 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/30(金) 00:20:08 0
このような現前の指示対象は、「眼前に−置く」という表象作用によって、イデアからコギトへと
つづく、形而上学を支え続けている。

>>
ハイデガーが暗に主張したように、ここで、形而上学の歴史に関するその思想史的な要約
に従うなら、存在が視覚との関係で考えられたのは、恐らく西洋哲学の端緒からであった。

自らを保つものは、安定し永続的な仕方で、光の開けの中に存在する。・・・この光の露呈
こそは、ハイデガーに従えば、またプラトンのイデア論の中でも輝いている。・・・これとは別
に、ハイデガーが付け加える所によると、プラトンのイデアによって導入されるのは、人間
の有する視覚へ存在の輝きを(そして眼差しの類似化と正確さと充全性としての真理へ、
アレーテイアとしての非隠蔽としての真理を)徐々に転換する両義性である。

ハイデガーによれば、この変容や「環帰」がデカルトのコギトを性格つけているばかりか、
一般的にはヘーゲルにおいて頂点に達する主体性の近代的な形而上学をも性格づけてい
る、と考えられる。・・・コギタチオ(デカルトはまた知覚作用あるいはイデアと呼んでいる)と
は、表象作用であり、もっと字義的には「眼前に−置く」ことである。ここから結果するの
は、コギトの確信がデカルトに到来するのは、やはり再び、コギトの可視性からである、と
いうことだ。P80-82


「ラカンの思想」 M・ボルク=ヤコブセン ()
<<

168 :阿修羅∞落とし(しゅらけん):2008/05/30(金) 03:10:01 0
ぴかぁ〜元気か?
俺は精神を病んで入退院を繰り返して死にそうだ。
俺のブログにも遊びにきてくれ。

しゅらけんブログ
http://syuramina.cocolog-nifty.com/(日記等)
http://blog.goo.ne.jp/syuraken_2008/(ラノベ)
http://syuraken.blogspot.com/(未定)

169 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/05/30(金) 18:27:03 O
あーちゃん…どないした…

170 :阿修羅∞落とし(しゅらけん):2008/05/30(金) 20:45:11 0
だって今の時代いちばんオモロイのって
一生懸命必死に働いている人でしょ?
松っちゃんが働くおっさん引き出してるのも
そねへんの認識があるからだし
もう、日本社会の基盤とか支柱とか本質が
茶番化してしまっている。

でも、世の中、日本人総体を眺めたときに
圧倒的に生真面目に生きたい人達が多い訳で
そうした真面目に生きたい人達のニーズを社会は適えてないんだよね。

僕みたいなふざけきった人間ほど社会で上の立場につきやすいような
イカレた状況、アメリカっぽい社会へ日本は向かいつつある。

アメリカは国の誕生の歴史自体がアレ過ぎなので、イカレていくしかないのであって
なんでそれに日本がお付き合いしてるんだろう? みたいな。
もう社会の生産力は飛躍的に向上しているんだから
労働時間は削りに削っていかなきゃ駄目なのに、別のものを削っていってるし
その削っているものこそが、本当に一番大事なものだったりする。

古い価値観の人達に合わせた言葉を使うならば
かつて、女子供を守っていた行為が
今では、女子供を傷つける行為にしかなっていない。
男ならそういう敵を倒すために頑張るのが甲斐性なんじゃないのかな? と。
こういうこと僕みたいな道化がやるんじゃなくて
アリーナ姫とクリフト、ブライ一行がやれば面白いのに…
今の時代の皆が望んでいるのはそういうストーリー。

まぁ、クッサイ脚本だと思って誰か出演者と監督決めてください、みたいな。
プロデューサーが必要。

171 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/05/31(土) 00:39:18 0
なにを言っているのかわからん・・・

172 :考える名無しさん:2008/05/31(土) 01:53:46 0
阿修羅は昔っから感性が卓越しすぎていて誰もついて来れなかったな(笑)

173 :阿修羅∞落とし:2008/06/01(日) 07:56:21 0
僕は統合失調症と発達障害の併せ技だそうです。酷いものですね。
何のために僕がそういう状況に陥ったのか、認知学の見地から分析をおながいします。

174 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/01(日) 16:35:11 0
しらんがなw

175 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:18:03 0
おお、久し振りですね。

176 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:19:04 0
しかし、ぴかぁ〜と言われて、
やはりメタPが答えたという事で、

今更ながらですが、同一人物だという事ですね。

177 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:22:20 0
ところで、私は時々考えてしまう。
それはこんな具合です。

ボカッ

ぴかぁ〜は殴られていた。
それもその筈、電車の中で痴漢を働いたからなのです。

ぴかぁ〜『ぉぉぉぉう!
     そんなに暴力が好きなんか?お前は?』

被害者の彼はこう答えます。

彼 氏『ハァ?お前俺の彼女の尻触っといて何言ってんだ?』

ぴかぁ〜『おまわりさ〜ん!このチンピラをとっ捕まえてください〜!
     ボクは善良な一市民なんです〜!』

178 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:24:15 0
そして、更にすっとぼけたので、
ぴかぁ〜の痴漢被害者の彼に殴られるぴかぁ〜

ぴかぁ〜『(ボカッ)うっ!
     わし、わし、何も悪い事してへんのに〜!』←さっき痴漢したばっか

この場面でのヘタレっぽさがぴかぁ〜のイメージにぴったりですね。

179 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:25:59 0
ボカッ

ぴかぁ〜は殴られていた。
それもその筈、電車の中で痴漢を働いたからなのです。

ぴかぁ〜『ぉぉぉぉう!
     そんなに暴力が好きなんか?お前は?』

被害者の彼はこう答えます。

彼 氏『ハァ?お前俺の彼女の尻触っといて何言ってんだ?』

ぴかぁ〜『おまわりさ〜ん!このチンピラをとっ捕まえてください〜!
     ボクは善良な一市民なんです〜!』

そして、更にすっとぼけたので、
ぴかぁ〜の痴漢被害者の彼に殴られるぴかぁ〜

ぴかぁ〜『(ボカッ)うっ!
     わし、わし、何も悪い事してへんのに〜!』←さっき痴漢したばっか

180 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:26:33 0
これがぴかぁ〜という人間のやりそうな事ですね。

181 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:27:29 0
しかし、この場面はリアル過ぎて笑ってしまいますね。

182 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:28:16 0
では、ポールの場合ではどうなるのでしょうか?

183 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:32:07 0
ボカッ

ポール(キャロル)は殴られていた。
それもその筈、電車の中で痴漢を働いたからなのです。

ポール『君、証拠も無いのに疑いをかけるなんて逆に犯罪ですよ☆』

被害者の彼はこう答えます。

彼 氏『ハァ?お前俺の彼女の尻触っといて何言ってんだ?』

ポール『警察の方、このDQNを捕まえて下さいよ☆
    証拠のレスも無いのに疑うんです☆』

184 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:33:22 0
この流れは凄いですね。

ポールは痴漢をしたのに、

ポール『君、証拠も無いのに疑いをかけるなんて逆に犯罪ですよ☆』

ポール『警察の方、このDQNを捕まえて下さいよ☆
    証拠のレスも無いのに疑うんです☆』

としらばっくれる訳ですから。


185 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:35:59 0
そこで、警官純一の登場です。

純 一『どうしました?
    私は警官成り立ての新人警官純一です。』

ポール『警察の方、このDQNを捕まえて下さいよ☆
    証拠のレスも無いのに疑うんです☆』

純 一『レス?痴漢を働いたのならポールさんは逮捕ですね』

ポール『ハァ?痴漢って何よ?』

純 一『えっ?』

続く。


186 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:39:04 0
続き。

ポール『ハァ?痴漢って何よ?』

純 一『えっ?』

ポール『お前の言う『痴漢の定義』って何よ?
    尻に何センチ何ミクロン何分何秒付いたら痴漢なのよ?
    言ってみろよ、ほら』

純 一『と、言われましても…』

ポール『ほーら、答えられないでしょう?☆
    定義できないなら、逮捕なんて不当な真似するもんじゃありませんよ☆』

純 一『……』

187 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:41:30 0
ポール『ほーら、答えられないでしょう?☆
    定義できないなら、逮捕なんて不当な真似するもんじゃありませんよ☆』

純 一『……』

純 一『ポールさんは、御自分のした事が『相手に悪い』とか思わないのですか?』

ポール『ハァ?悪いも何も触ってないんだから事実無根でしょうがー
    警察の不当逮捕もここまで来たか?☆』

188 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:42:58 0
純 一『ポールさんは、御自分のした事が『相手に悪い』とか思わないのですか?』

ポール『ハァ?悪いも何も触ってないんだから事実無根でしょうがー
    警察の不当逮捕もここまで来たか?☆』

純 一『なるほど、分かりました
    ポールさんは御自分のされた事すら反省できないのですね?』

ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

189 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:44:34 0
純 一『なるほど、分かりました
    ポールさんは御自分のされた事すら反省できないのですね?』

ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

純 一『まあ、確かに何ミクロンとか言われれば、
    明確な証拠は無いと言えるのかもしれません。
    しかし、貴方が哲学板でやってる自演、
    これもこの場面での痴漢のすっとぼけと同じ原理なのです。』

190 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:46:31 0
純 一『自演も確かに、ポールがどのキャラとどのキャラを
    演じているのかは明確には分かりませんが、
    つまりは、公正に議論をするつもり、
    つまり、痴漢でもそれを相手に悪いと思う心があるかを
    こうして警官に化けて問うていた訳なのです。』

ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

191 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:48:07 0
純 一『ふっ、流石は下衆ポール、
    まだ、反省できないらしいな』

ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

192 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:50:12 0
純 一『しょうがないので、糞ポールの甥に登場してもらいましょう。』

ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

 甥 『ボクの財布、返してよう…』

同級生『ハァ?俺がいつお前の財布を盗ったよ?
    何分何秒だよ?証拠を出せよ?』

193 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/01(日) 17:51:10 0
ポール『だから、証拠を出せって言ってんでしょーが!☆』

同級生『ハァ?俺がいつお前の財布を盗ったよ?
    何分何秒だよ?証拠を出せよ?』

↑この二つは同じ存在なのです。
ま、ポールは気付いていませんがね。

194 :クロノス(酔)短パン:2008/06/01(日) 18:12:56 0
相変わらず、悪酔いしてるな?
純一。

195 :クロノス(酔)短パン:2008/06/01(日) 18:14:14 0
というか、トリップ変えたのか?

196 :クロノス(酔)短パン:2008/06/01(日) 18:16:27 0
ハンニバルとか処刑ライダーとか生きてるン_?
最近此処来ていなかったから、そこら辺。よくわからない・・・

197 :阿修羅∞落とし:2008/06/01(日) 18:30:28 0
システムっていうのは、皆が幸せになるために
存在するものであって、力の代償行為をするものじゃないんだよね。

学校というシステムは、将来に社会全体を幸せにする為に
存在しているものだけど、そのシステムに参加する個々人の
幸せが損なわれている面が多過ぎた。
学校の教科書でも、クレヨンしんちゃんとかちびまるこちゃんとか
ドラゴンボールが出てくるようになって
システムの参加者である学生達の幸福感を汲み取るようになってきたし
それに合わせて大人社会のシステムも、内向きの幸福感を尊重する動きが出てきて欲しいというか…
会社組織の人間を外部に紹介するときに
呼び捨てにするような風潮があるけど
ああいうのは好きじゃないんだよね。古いんじゃない? みたいな。

世界の広がりをジグソーパズルのように
見立てたとしたとき…
外部の方は良く埋まっているんだけど
内部の方がガタガタというか…
なんだろうな、コレゎ…
ま、なんにせよ自分自身の力で解決していくべき問題で
他人は関係ない。
俺は障害者じゃない。
ぁ〜、なるほど。

似たように内部がガタガタの人間が
システムを利用して力の代償行為を行っているのが
嫌なのか。

内部のガタガタさというのは
家庭環境とか、学校教育とか
幼少期から人格形成期にかけての体験のあり方が
問題になってくる気がする。

198 :阿修羅∞落とし:2008/06/01(日) 18:34:05 0
男性は男性で男らしさの競争があるんだけど
女性は女性で可愛らしさとか優しさとか気配りの競争で
内面がドロドロしてたりするんだよね。
男性にも女性らしさを求めるべきだし
女性にも男性らしさを求めていくべき。
本来の男性性とか女性性とかと関係のないところで
男らしさとか女らしさを決め付けて、それを強要しているせいで
耐え難い労苦を背負わされている人達が沢山存在している。

星座ロマンになぞらえていえば
火星座の女の子は男らしさを発揮して水星座の男の子は
女らしさを発揮してもいいってゅ〜
男が彼女とかに対して『じゃあ働いてみろっ!』
って言ったときに、相手の方は『じゃあキレイになってみろよっ!』
って思ってるんだよね、心の中で。
ただ、それを言うと相手に対する配慮が無いというコトになるし
黙って働いてみるのが人間的な器として自分の方が勝ちだ、という判断が働いている。

女性の方が対人関係において、真摯に真剣勝負をしているのであって
その水準に合わせていかないとキツイものがあるし
また、彼氏が出来てそういうこと言われるようになった年齢の頃には
男の子に比べて20年前後くらいの損失ができている訳で
父親の意識改革がないと駄目だったりする。

まぁ科学もロマンだし、自然も宇宙もロマンの産物なんだよね。
そういう意味では、実存している以上は本質がロマンであれ
一定の意向を払っていく必要が絶対に必要だったりする。
星座性格のロマンなんて存在しないという人にとっては
確かに存在しないんだよね。
それは当に、星空を見上げたときに『嗚呼、世の中には死んで星になった人が沢山いるんだな』と感じる人も居れば
星空の無数の星々は恒星であり、幾千億年前の星の光が地球に届いているのだと感じる人も居る。

199 :阿修羅∞落とし:2008/06/01(日) 18:36:57 0
うわっ、ダルッ
『観る力』っていうのは、応援することによって選手が活躍する力を得ることができることを示唆している。
だから、応援することと、活躍することと限りなく等価なんですょ。
ってか、この程度のことをわかってなかったとゅ〜↓ しぉしぉ↓

活躍してる人ばかり『偉い、偉い』と褒められるのは
その人の方が、或いは活躍者を作り出すための舞台設定に
遥かに大きなリスクが存在していて大変だから。

バランスを取るためにリスペクトとか大金ゲトとかされるのであって
限りなくリスクを回避していこうというスタンスが尊敬されることはない。
例えば、持って産まれた気質が『リスクを買って出る』ものであった場合には
頑張っているという評価はされるかも知れないけど
偉いと褒められることはない。
社会的に偉いとされる立場に落ち着けば、偉いと評価されるかも知れないが
『リスクを買って出る気質のタイプ』と『社会的立場で人を優劣つけるタイプ』と
相容れることは無い。

それは、相容れることが無いという救われなかったロマンが
現実を形成しているからに他ならない。

繋げてみました。チン!

己(オレ)はエロゲー(麻薬)を摂取(リフレイン)し過ぎて
脳がおかしくなってしまっているようだ。
おーのー(大悩)
もうあんま人生の先行き、どうにもらない感もある。
困る固まる。
だが、なんとかせねぱ…
眠…
ね。

200 :考える名無しさん:2008/06/01(日) 18:47:01 0
・・・・

( ^ω^)ムシャムシャ
 っ○


201 :考える名無しさん:2008/06/01(日) 19:35:42 0
阿修羅は痩せるとかなりのイケメンなのになー。
90キロ超えはまずいでしょ・・・・

202 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/01(日) 21:02:19 0
廃人たちの集いかw

203 :考える名無しさん:2008/06/01(日) 22:14:17 O
お前を筆頭にな

204 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/01(日) 22:17:33 0
サブッ

205 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/01(日) 23:50:35 0
意味の形式

SはPである。

ここに目的論がある。

206 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 00:32:36 O
ダサッ

207 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 00:34:11 O
テンガ使ったかテンガ

208 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 01:18:16 0
純一vsぴかぁ〜は勝負がついたから、こんどは純一vs阿修羅だなw

209 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 02:35:20 0
阿修羅は超越者(笑)

210 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:36:30 0
>システムっていうのは、皆が幸せになるために
>存在するものであって、力の代償行為をするものじゃないんだよね。

システムに皆の幸せという項はないだろう。

>学校というシステムは、将来に社会全体を幸せにする為に
>存在しているものだけど、そのシステムに参加する個々人の
>幸せが損なわれている面が多過ぎた。

学校は資本主義へ参加する成員を作り出す装置。
だから幸せは資本主義的な幸せ。

>内部のガタガタさというのは
>家庭環境とか、学校教育とか
>幼少期から人格形成期にかけての体験のあり方が
>問題になってくる気がする。

世代論はあるよな。戦後世代、構造成長期世代、成熟期(ポストモダン)世代
その後、時代は止まっている気がするな。
永遠の子供達世代。
高度成長期世代が永遠の大人であるから、子供であり続けられる。子供でならないような。

211 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:45:01 0
>本来の男性性とか女性性とかと関係のないところで
>男らしさとか女らしさを決め付けて、それを強要しているせいで
>耐え難い労苦を背負わされている人達が沢山存在している。

日本は先進国でも遅れている部分は多々あるが、
一番は女性の社会進出でしょ。
日本の女性蔑視はかなり根強い土着性なのかな。
処女信仰とか、ロリコンとか。
最近、ロリコン作品の規制が問題になっていて、これも米国からの
ロリコン天国日本という倒錯性への圧力なんだけど、
日本人は土着的、このあたりの罪悪感がないというか、
女性に独特の封建主義があるね。


>社会的に偉いとされる立場に落ち着けば、偉いと評価されるかも知れないが
>『リスクを買って出る気質のタイプ』と『社会的立場で人を優劣つけるタイプ』と
>相容れることは無い。

改革者と保守者というのがあるけど、時間差もある。
ある時は改革者でも、成功すると保守者になる、というような。
改革というのはある種のコンプレックスを根にもつから、
継続は結構、むずかしくてね。

昼間寝ちゃって、眠れないや。

212 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:49:03 0
ちんこ太郎
阿修羅
純一
バレルゴン
しろうと

みんな病んでいく・・・

213 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:50:32 0
やあ、

214 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:51:38 0
>>211
>昼間寝ちゃって、眠れないや。

典型的なニート生活ですね。

215 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:52:48 0
ポール『純一vsぴかぁ〜は勝負がついたから、こんどは純一vs阿修羅だなw』

↑これがまた汚い

216 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:54:42 0
> 212 名前:ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:49:03 0
> ちんこ太郎
> 阿修羅
> 純一
> バレルゴン
> しろうと
>
> みんな病んでいく・・・

『みんな』って自分(ぴかぁ〜)は入ってないのかい?
それこそ病気だよ?

217 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:55:59 0
さて、音楽論でも考えようかね?

218 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:56:24 0
自スレ、でね?

219 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:57:02 0
粗方結論は出ているものだね。
ポールやぴかぁ〜と違ってね。

220 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 02:57:25 0
220

221 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:58:20 0
ある種の世代があるんだろう。
バカコテ世代というか。
2ちゃんねる第二世代(第一世代は正当派世代)
第三世代というのがない。
なぜならみんなブログに流れたからね。

2ちゃんねるは終わっている。
哲学板が終わっているという意味で。
ネットの楽しみは多様になってきたということかな。
ブログもすでに終わって、
最近はミニ雑誌ブームというのか、投稿ブームというか
その意味では上昇しているのかなしれない。
もはや2ちゃんねるどころか、ブログでも満足できない。

微妙に共産党が再起人気とか、
思想詩創刊ラッシュとか、
思想が回帰しているのかもしれない。

以前の、ニート世代の無関心、個人主義から、
決断主義とか、積極的な動きが出ている


222 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 02:59:15 0
まーボクには関係ないけどね。
そういえば、しろうとがあれ以来消えちゃったな。大丈夫かね。

223 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 03:05:13 0
> ある種の世代があるんだろう。
> バカコテ世代というか。
> 2ちゃんねる第二世代(第一世代は正当派世代)
> 第三世代というのがない。
> なぜならみんなブログに流れたからね。

モーニング娘には、辻派と加護派がいます、
ぐらいのレベルの話だね。


224 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 03:06:32 0
> 以前の、ニート世代の無関心、個人主義から、
> 決断主義とか、積極的な動きが出ている

後藤派から高橋派へ動いた、くらいのレベルの話だね。

225 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 03:18:17 0
以前も書きましたが、純一という人物から以前より様々な嫌がらせを受けており、
もういい加減、ずっと嫌がらせをしてくるのをやめて欲しい…orz
この人物の長年にわたる攻撃で、酷い心痛で、体調を崩しています。
純一氏の私に対する攻撃的な行動で、お腹も痛みますし、身体を壊していて、
どうかやめてくださいとお願いします。色んな嫌がらせ誹謗中傷で
人を傷つけることは、もうやめて欲しいです…。
最近は、何を書いても、純一氏が攻撃してくるんじゃないかと恐れていて、
本当に酷い苦痛で、ブログとサイトの閉鎖すら考えています…。
どんなことでも、難癖をつけて攻撃してくるので、もう、酷い心痛で…。
どうすればいいのか、困り果てている状態です…。
本当にどうすればいいのか…orz
体調を崩しているので、あなた(純一氏)に少しでも
良心があるなら、私に執着して嫌がらせをするのをもうやめてくれませんか。
警察の友達や法律関係の友達に相談したりしてますが、ネット上で
いやがらせはなかなか対処が大変みたいですね…。
今後もしつこく続くようでしたら、2ちゃんねるの方にも相談してみます。
少しでも良心があるなら、嫌がらせを、どうかやめて欲しいです。
私から、あなた(純一氏)に言及したり接触したりすることは、
あなたが嫌がらせをやめてくれたら、絶対にありません。
どうかお願いします…。

226 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 03:21:44 0
何度も言われていますが、
貴方の理論には非常にパクリ、つまり盗作が多いのです。

まず、その点を反省し、しろうと氏にも謝った上で、
再度、その被害者面をしていられるのでしたら私も何も言わずに
攻撃したいと思います。

227 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 03:25:16 0
まあ、どこにでも糞人間はいるってことだな。

ttp://d.hatena.ne.jp/kagami/20080601

228 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 03:33:26 0
そっ…それって…

229 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 03:41:18 0
状況がイマイチ理解できないんだが、ぴかぁ〜=メタP=ダバダなんだろうか。
純一はあの人か。最近ついてゆけないよ。何もかも劣化気味だよ僕。

230 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 03:48:20 0
>ぴかぁ〜=メタP=ダバダなんだろうか。

そうですよ。

231 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 03:52:50 0
やはりか。文体と思想の感じでぴかぁ〜ではないかとカマかけてここにカキコしてみた。
ぴかぁ〜のブログは引用が多すぎるよ。俺のは全部オリジナルであり、超越しているんだ。
ラノベは必読だよ。世界が変わるんだから。

232 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 04:15:42 0
やっぱ外国からの移民を受け入れるという
選択肢になってくるのかなぁ……
そしたらやっぱ階層社会か……

一番楽なのは、鎖国、だけど将来スゴイ不安。
ぅ〜ん……
逆に、海外から優れた移民を引き入れて
仕切ってもらうトカ…するとアメリカ化するか。。。

鎖国路線で、内部の環境を限りなく快適にしていって
海外からの観光客を積極的に取り入れ
外国が自発的に日本の真似をするように誘導していく……
コレか。

80年代の日本人、何が駄目だったカナァって
見た目が良くなかった! かっちょ悪かった。
あと、調子に乗り過ぎて外国の企業買収してたりしたのが
悪かった。今は反省している。
環境を限りなく利便で快適にしていくことと
個々人が自身を高めるために頑張っていくことと
その両立が必要かぁ… ふむふむ。

見た目をよくしていくっていうのは
限りなく他人の為に生きていくことに等しくて
環境の快適さと、個々人の自分磨きを両立させる為には
他者同士の信頼関係の強化運動が必要。
オタクとギャルがちゃんと成立する
コミュニケーション取れたり、トカ。
他者に対して、攻撃的態度をとって勝負して
それを互いに楽しめ合えるみたいな要素…
が、足りない気がする。

233 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 04:26:40 0
アジの干物もたくあんも素材を長時間かけて加工したもので
そんな加工品同士を更に組み合わせることで
この商品は成り立っている。ただこういう方向性での工夫って何か変だと思うんだよね。
新しい素材をつくりだす努力を軽んじ過ぎているんじゃないか? というのがある。
僕らの世代の人間が
ハンバーガーを蒸し焼きにして揚げたものと、フライドポテトを潰して香ばしく焼き上げたものとを組み合わせて
カナッペを新しくつくりました。
…といったときに、ハンバーガーとかフライドポテトをつくっていた人達は!? となるだろうし
じゃあ件の『アジの干物とたくあんのチャーハン』をロールキャベツしたおでんの新しいタネができました。
…といったときに、この新商品を考えた社長も!? となる筈なんだよね。

234 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 04:27:00 0
つまりは、こういう方向性で新規のものを考え出していったときには
素材であるものをつくりだしていった人達が
時代の経過につれてどんどんと下層に追いやられるような
『オリジナルがどんどんと毀損されていく』流れをつくっていくことになる。
オリジナルを開拓して、それを広げていった業績を
毀損していくことでしか、今後を開拓できないという構造に日本社会がハマりつつあるんだよね。
工夫するコストばかりかさんでいくと
『素材の質を保っていたもの』がどんどんと消失されていくことになる。
それを更に工夫することで補っていると、それは最終的には
『存在しないものを加工するプロセスだけでつくっていく』ということになる。
それを嫌っていて、加工することによる足し算を機能させ続けようとすると
結局は『素材をつくっている人達を低く安く見る』ようにしないと
生産コストが高まり過ぎて商品として通用しなくなる。
素材として美味しいものを自分達の手でつくりだしていってそれを加工する…という風にしていかないと
将来的に破綻をしていくことになる。
アリモノを加工する人は加工する人でそれはそれで必要なんだけど
そこにばっかり偏り過ぎていると全体の発達を阻害することになる。
そこにばっかり偏るのは、アリモノを上手く加工して上手く立ち振る舞っている人ほど
社会的に優遇されるという日本社会のあり方が存在しているからに他ならない。
天皇であったり、官僚であったり、安倍内閣であったり、トップ層のあり方の偏りが
全体に対して偏りを生じさせ、悪影響を与えている。 コアをマスにしていくならまだしも
マスなものを組み合わせ、コアに仕立てて、その成果で認められていくみたいなのは
過去の歴史の磨り潰しに等しい感がある。磨り潰された歴史の重さが何によって補われるかと言えば
下の人間達の膨大な労力によって補われていくことになる。

235 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 04:38:57 0
                 _,-r=Wiッ-、,,、         
               _/″;;;;;;;;;;,,--ヘ `゙'''┐       
              ,i´;;;;;;;;;;;;;;,,,r┴―ー--、,,,\      
              |;;;;;;.,,/"`        `゙''h、    
            ,,,――ー'゙l;:f゙‐'━=、,,_             
       ,/`;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-,、           
      丿;;;;;;;;;;;,/``;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、;`y           
      ,F;;;;;;;;;;.,i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;\;;゙t,         
     ,i´;;;;;;;;;;,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i´‘i、;;;/''ル`゙l、        
     .|;;;;;;;;;;;;;;;|/''ー,,、;_/ヽ;;,/ .r,゙ll゜ y,゙|;;;;;゙i、        
     |;;;;;;;;;;;;;;;;!| .li、゙‐'.,li、`" ,l゙ ゙l  / ゙l|;;;;;;;゙l        
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l. ゙l\ ,l゙ヽ、.l゙  .| .,il,,,-|";;;;;;;;|        
     |;;;;;;;;;;;,,,_,| .゙Vllllll"'''V′ .゚|l!!! |'|;;;;;;;,「'|、      
  ,,,,,、.゙l;;;;;;;;;\ ,,_ 'り―'"    .゙l.゙゚'"'″;;;|  l       
  ゙l .,レv゙l;;;;;;;;;;;ヽ ゙'广''┘      ‘i、 .,!;;;;;;;| : ゙l      
   ヽ|;;;;;;゙l、;;;;;;;_,」 `\、     .、--"/;;;,ハ,| .,、゙l      
.,---r<;'ド'=-,,゙l,,|,,,""゙゛ ,、,,,,,,,,,,,,,―'l"l゙;;;;l゙ .|ヽ|      
‘'-,,, 'tr!;;゙l    ` ‘ ̄''‐゙l,,゙l,-,,rvーjF,i´;;;l゙ |ヽ. |, ″     
  : .,フ.゙l、;|         ,゙l勹ニニ",广''''ヘ_,ミ,"       
 ,/ ,i´;;;;.|         ,i,,,   ,,i´    ._,,/゜       
.く,,,,,,,,,,i´,i´           llllllll冖'"    .,/         
   .,彡'°         'lllllliiii,,,、  _,,-く,、 :        
  .,,ぐ            ゙゙!!llllllllllliiii,,`゙'i、 `゙゙''-,,,,、     
 /゜                 ゚゙llllllllllllllil,、゙'-   `゙゙''''i、   

236 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 04:43:43 0
例えば、乙女座の有名人だと松本人志、小林よしのり等が居るけど彼らの家族、
とりわけ母親との関係を判断していったときに少しは僕の書いているようなことが出鱈目には値しないと
判断できる筈なんだけど……上の世代は競争して勝った人間が『自分らしく振舞える』権利を手に入れていたけど
ミスチル以降の、僕らから下の世代は『自分らしく振舞える』程度の権利は
憲法第二十五条で保障されている『最低限度』に関わってくる程度の段階に達しているんだよね…。
言いたいことややりたいことがある人達が居たならそれを自由にさせてあげるような土台が既に
(少なくとも都市部の)若い世代の人達の中には出来上がっていて
どの道、そうした恵まれた環境下で生活送ってるお坊ちゃんお嬢さん方が
これからの世の中の仕組みを決定していくのだから
前倒ししておけばロスが少なくて済むのに……大体、そうした若い世代の子を持つ親が
家庭と会社で二枚舌、ダブルスタンダードを使っていれば、そりゃ子供から軽く扱われても
当たり前でしょうよ、と。 まず、今の社会の中で実権を握っている世代が
その世代の中で本当に実力がトップだった連中なのかどうか
非常に大いに怪しいところがあって、その辺のバランスの歪みが
幾多の企業内の人間関係の歪みや、ひいては家庭環境の歪みを生じさせている。
ただ、そんな風になってしまったのも結局は、日本が第二次世界大戦で敗戦したからであり
更には、その責任を軍部に押し付けて民間は騙されていただけだと
大嘘を真実だとして総括してしまっていたところにある。

237 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 05:27:48 0
純一は阿修羅には勝てんよww
 

238 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 12:38:45 O
目糞鼻糞

239 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 15:53:19 0
そうした嘘をつかないと戦後のアノミーに収集がつかず復興が困難だったという事情もあったり…
その辺まで考えが及んでくると、欧米圏と日本国との関係性を明確にしていこうというのが
自然な発想になってくる。 ここまで知っていても昭和一桁世代が強弁なのは
如何なる事情があったにせよ、幼い子供を大人の都合で傷つき過ぎたからであり
だから、子供を傷つけるなと何度も繰り返し書いている。最低限、
自分達が間違っているにせよその間違っていることを子供に説明した上で
負荷を負わせる必要がある訳で、嘘をついて上手くコントロールしよう
世情が変われば、矛盾していることであっても違う嘘をついて上手くコントロールしよう…
なんてことをしていれば、そもそも社会を社会として成立させている信頼関係が崩壊していってしまう。


240 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 15:54:19 0
>>237
体重なら勝てるぞ。

>>239
チソ粉。

241 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 15:55:13 0
あ、間違えた・・・

242 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 15:56:57 0
もともと従来の学歴社会というのは非常に内実が虚だったんだよね。
教えている内容は西洋発祥で、教えているのはその本質がサッパリ理解できない
脳味噌パーの日本人教諭達。
西洋社会からの目線が怖くて、学際機関の神輿担ぎが必要だったわけで
大衆社会が学歴社会化したのは、そうした政治背景を見越して
『旨みがある』と大人達が判断して、子供達の尻を叩いていたからに他ならない。

今は非常に分水嶺な時期であって
長かった虚の時代が終わりつつもある。
即ち、本当に国際レベルで活躍できる学会人も増えてきているし
大衆社会において、学歴が軽視されてきているのに反して
大学で学び取れ得る内実は向上してきてもいる。

80年代後半くらいから盛んになった大学改革論議から
大学という最高学府機関を学際人ではなくて
社会人(ビジネスマン)として高品質に仕立てていくような
流れもあって、やや錯綜のきらいもあるんだケド。
ただ、欧米の圧力から虚ってた大学という機関を
今更守り立て盛り立てする必要性って一体何処にあるのかな? ってゅ。
それこそ、青春時代に受験戦争などに励んできた世代のノスタルジーを
手前勝手に若い世代に押し付ける位にしか意味はないんじゃないのか? ってゅ。

社会が煮詰まってきたとき、戦争を以てスクラッチビルドを果たすというプロセスが
定石だったんだけど、そうしたコストを絶対的に嫌うような
幾多の前提条件が強く機能してきつつある。
ソフトランディングというのは、言わば名誉・権力・既得権益を持っていた人達が
自らの意思でそれを手放し、新現実の為に邁進することに他ならず
現状どうにも何処を見回しても、そんな気配が全く感じられないってゅ〜。
命がけで固執する連中ばっか。
老いたり病んだり、身に迫る脅威を感じたりして死鳥星が見えでもしないと変われないっぽい。

243 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 16:03:00 0
・・・・

( ^ω^)ムシャムシャ
 っ○


244 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 16:19:57 0
阿修羅∞落としさんは、なぜどのようにして太ったんですか?

245 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 16:30:12 0
>>244
言論人を目指す→挫折→創作家を目指す→挫折→出張ホストをやってみる→挫折
→色々やってみる→うまくゆかない→精神病む(おそらく元々病んでいた)→
食いまくる→太る

・・・

246 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 17:00:43 O
阿修羅少なからず応援する
頑張れもう少し
具体的に10年20年ともう少し

247 :阿修羅∞落とし:2008/06/02(月) 20:24:28 0
>>246
哲板辞めてから4年ほど言論活動してたんだが、誰もついてこなかった。
もう僕はだめです。あとは余生を平穏無事に過ごすことだけ考えて生きます。

248 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/02(月) 20:25:11 0
不幸ですね。

249 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 21:37:51 O
>>248黙れ

諦める
そこで終わり
諦めない
そこから始まり
これは命の形
執念確固たる命

受け取って誰かの詞

250 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 21:54:25 0
俺は結構面白いと思うぞ   >阿修羅

251 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 22:47:51 0
おまえはぴかのじゃまをするやつならだれでもいいんだろう

252 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:11:01 0

他者回避はその効率性を慮ってなされるというよりは、その人間の自信のなさ
に由来していると思います。現代人は皆傷つきやすいのですが、それは個室化、
核家族化に表象されているように、自分と異なる他者に対する免疫が社会環境的
な要素から低減していっているということ。
それと様々な人達の利害や思惑、方向が錯綜しているので、現実は誰にとっても
思い通りにならないのが普通なのに、それに我慢ならない耐性のないのが
現代人の特徴。

そういう他者回避する人間の向かう先が、小児的な全能感を虚構的に満たす
ゲームであったり、似た者同士が集うアニメ、コスプレ、ネットやブログで
あったりして、そこで更に他者回避の機制に拍車がかかります。
コンピュータースクリーンに映し出される他者など、本当の意味では他者ではない。

そうした現実逃避のアイテムに没頭しているうちに、精神はさらに未熟で
我が儘、幼稚になり、社会に出ても実力はない癖に、要求基準と脆弱な
プライドばかりは異様に高く、依ってすぐに社会からは放り出されるという
ごく当たり前の現実に陥って、さらに現実逃避のアイテムに没頭、そして
最後にはニーチェのように自己中心的な小宇宙観の中で発狂するか、
精神を病むか、この間の江東区のアキバ系?の人のように自棄になって
短絡的な殺人行為を犯すか、意味不明の宗教団体なり結社にでも入って、
自分の愚かさを集団的に誤魔化していくなど、とにかく行き詰まって
いかざるを得ないのでしょう。

ところで、私は、「現実こそが偉大な教師」だと思うのです。
あなたの狂いや誤りは、現実の方がちゃんと教えてくれます。
哲学は己の愚かさを糊塗するためにあるのではなく、
「本当のこと」を知るためにあるのだと思うのです。

253 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:14:15 0
>>251

254 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:15:35 0
>>251
少なくとも、ここのスレ主や純一よりは面白いだろ?

255 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:24:56 0

だからオタクが忌避されるのはある意味当然で、未成年ぐらいならいざ知らず
いい年して幼稚なゲームやアニメに夢中になれる(すなわち小児的全能感に耽溺出来る)
その拙さ、精神構造の未熟さに対して、普通の大人は生理的な拒否反応を示す
のだと思う。年齢が若くても、そういう感じる人はいると思う。

コテハンは病んでいる人達が多いというけど、この人達の主張はたいてい
可笑しいぐらい幼稚で自己中心的。言動も未熟。だから普段の行いも
そこから透けて見える。そういう人達には精神科よりも、むしろ
小児科へ行くことを勧めます。それで治ると思いますよ、本当に。

256 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 23:32:10 0
犯罪があるとオタクのせいにするのは魔女狩りに近いでしょ。
オタクではない性犯罪者の方が多い。

257 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 23:34:12 0
たとえばアナタは椅子に座っている。少し離れたテーブルの上にりんごがおいてある。アナ
タは「あのりんごを取ろう」と思い、立ち上がり、テーブルまで歩き、りんごを手に取る。ミッ
ション成功である。ここでとても不思議なことは、ミッションを達成するまでにどのように体を
使い立ち上がり、二足で前進し、手を動かしてりんごを取ったのか「知らない」ということだ。
アナタが知っているのは「あのりんごを取ろう」と思い、見事に取ったことだけである。

人にとってこれらの一連の動作は考えるまでもないとても簡単なことであるが、もしこれら
一連の動作ができる人間型ロボットをつくろうと考えたとき、これら動作の難解さがわかる。
「立ち上がる」「歩く」「掴む」、それぞれが先端のロボット研究のテーマとなっているような高
度な制御技術が必要となる。現時点で一連の動作が行えるロボットを制作することはとて
も困難だろう。

このような意識に上らない運動を秩序だてる知覚を養老孟司は「運動自体の知覚」と呼んだ。

258 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:37:33 0
ぴかぁ〜は、実社会では満たされない自尊心を満たすため
純一は、いつも馬鹿にされているポール似(w)の上司への鬱憤を晴らすため


これがこの人たちがネット依存の理由

259 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 23:42:15 0
いまどきぴかぁ〜と書くキミはw

260 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 23:48:46 0
再び、なぜ人は「フレーム問題」に陥らないのか

これら行為についての考察をもとに、先の「フレーム問題の寓話」を考える。まずこの問題
設定そのものが視覚系の思考である。先に無時間な視覚像として「結果」=「バッテリーを
回収する」が想定されてそこまでの「フレーム」の可能性が解釈されるという筋立てである。
しかしこの筋立てでは無数のフレームの出現するのは必然であり人工知能はフリーズする
ここには聴覚−運動系の思考が欠落している。

人が行為するとは、先の「りんごをとる」例でいえば、目的=「あのりんごを取ろう」、結果=
「りんごをとった」と「無時間な視覚像」が認知されたあと、事前に最適解が求められるので
はなく、行為は「試行錯誤」として行われる。しかしそれが「試行錯誤」でなく、最適解をた
どったように錯覚されるのは行為そのものが「無自覚」で行われて「りんごをとった」という
結果のみが自覚されるという、視覚系と聴覚−運動系の逆理による。

そしてこのようなスムーズな「試行錯誤」が可能であるのは「訓練・経験」のたまものであ
る。人は「立ち上がる」「歩く」「掴む」などの行為することに関して十年以上の訓練・経験を
つんだ超ベテラン選手なのだ。

261 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/02(月) 23:49:32 0
「フレーム問題の寓話」の例を人が行う場合も同様に考えることができるだろう。ただ「バッ
テリー回収する」だけならば「りんごをとる」ように鼻歌まじりにできるだろう。しかしロボット
を吹き飛ばすぐらいの「時限爆弾が仕掛けられている」と事前に知っているとそう簡単では
ない。その行為はかなり慎重にならざるおえないだろう。状況を観察しては行為しまた観察
し行為することが慎重に繰り返される。「バッテリーを回収する」までに「無時間な視覚像(フ
レーム)」は何度も何度も作り直されるだろう。

さらにいつ爆発するかわからないという「死への恐怖」から行為を継続することができなくな
るかもしれない。まるで「人工知能」のように運動する前に様々な状況(フレーム)を考えす
ぎて「フレーム問題」に近い状況に陥るかもしれない。

これを乗り越えるために重要なことは、爆弾に対処する事前の「訓練・経験」である。「訓
練・経験」はこのような状況でどのように振るまえば良いかを教えてくれる。さらには爆弾に
対処するための道具・装備などの「物理的環境」の使い方を覚えることで、爆弾がある状況
でも行為することを容易にするだろう。

さらに重要なことは、なぜ死をかけてまでこのような危険な作業をしなければならないの
か、という「社会的なコンテクスト」である。そこにその人の社会的な背景(仕事、家族)とい
う「ドラマ(劇)」をもとにした使命がなければ誰が引き受けるだろうか。(つづく)

262 :考える名無しさん:2008/06/02(月) 23:51:22 0
「ギルティ」
「ノット、ギルティ」
「つかこの犯人なんで名前晒しちゃわないの?」
「ギルティだ!」
「オタ弁護とかしつつ自分メンヘルアピールな訳でしょ?」
「ギルティ!ギルティ!」

263 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 02:20:25 0
ロリコンだぁよ


264 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 05:15:22 0
阿修羅いま入院中だろ?
ここに居るのは偽者だ

265 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 05:26:45 0
>>264
ぁ、何いってんだ。
俺は超越者だぞ。病院のベッドから念写しているに決まってるだろうが。

266 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 05:27:58 0
正確にいうと、肉体性を超越するために精神をネットにダウソしているとこなんだ、おれは。

267 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 05:39:59 0

あほ

268 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 05:56:21 0
あのスレに迷い込んだのは、ここから来た奴かw

少し前に相手してやったけど、メタPとか言う奴だったか、よりどころとしている雑学を奪われると仮面が取れたように途端に電波発言になってたしな。
論理武装のつもりなんだろうけど、所詮は裸の王様だろ。

ここの純一とか言う奴は早く病院行けよwまだ手帳持ってないんだろ?ww


269 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 06:01:19 0
http://www.youtube.com/watch?v=D8K90hX4PrE&NR=1
Daft Punk - Technologic

どこかのスレでも似たようなの紹介してたけど、おまえらにはこれぐらいで丁度いいだろw
これが真理だからよく勉強しとけww
なんで赤いのか?とか、特に目とか歯ぐきのあたりとか

270 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 06:10:25 0
でも、知能指数120以上は必要だけどなw

271 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 08:15:58 0
幼女の体内に自分の精子を流し込むのは確かに気持ちいいよな

272 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/03(火) 08:24:15 O
通報しました

273 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/03(火) 08:25:39 O
通報しました

274 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 08:27:17 O
おっさん働けや

275 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 08:35:51 0
そういえば、警視庁の苦情係に電話したことある?あいつら凄いよw
特にそこにいる女性(たぶん職員だろうから警察官じゃないの?)は凄いってうわさww
たぶん>>272-273みたいな電波なんかイッパツ?一撃?で殺されちゃうんじゃないかな。それほどって話だったw

276 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 08:37:31 0
あれ?苦情係じゃなかったかな?

277 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 08:50:36 0
お尻の穴にそのへんに落ちてるスプーンとか入れると気持ちいいんだよね。
特にグリグリがあwww

278 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 09:27:09 O
自慢話してるとき鼻が膨らむなW

279 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 12:01:37 0
タバコ吸ったり酒飲んだりガラス割ったりした程度の生徒が
停学処分喰らったり、また、もし仮にそれらを生徒に助長した教師が居たら
厳罰が下るに決まっているのに、いじめ行為に対して現行のままの処分を下せば
結局は、タバコ吸ったり酒飲んだりするよりも悪いことじゃないんだという
認識が組み上がっていってしまう。

いじめの加害者に対する処遇を無くしたがる連中は
普段の生活で後ろめたいいじめ行為をしている連中だっ!!
厳罰化に反対する奴らは吊るし上げてやれっ!!

厳罰化が根本的問題の解決に繋がらないというなら
窃盗しても殺人しても、無罪という風にすれば良い。
公共の福祉に反する行為に対しては、それに厳罰を下しつつも
根本問題の解決に当たっていくというのが定石な訳で
定石を打ち破った提言をしてくる人達の背景にどんな事情があるのか見抜く必要がある。

それはつまりは、理不尽ないじめ行為を許容・看過して自身の立場が成立している連中が
自己保身の為に、いじめの加害者やその責任者を保護しようとしているに過ぎない。

いじめの厳罰化に反対する奴らは首を切り飛ばせっ!!
いじめに抗議して死んでいった子供たちに対して無礼だっ!!
こんな結論を導いているようだったら、いじめで死んでいった子達に哀悼の意を表明したのが
場を丸く治める為だけのもので、全部インチキだということになる。

280 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 12:06:13 0
今の時代の大半の人達にとってのロマンというのは
『限りなく楽に娯楽を享受しつつ、他者からは偉く立派に思われたい』
という類だから、そのロマンを持つ人皆の願望を適えるように
社会環境を整備していけば良い。

それは例えばボタン一つ押せば美味しい食料品が出来上がる機械をつくることによって
達成可能になってくるし、同時に、食産業に対する規制を設ければ
ボタン一つ押す作業員をリスペクトせざるを得ない状況というものが形成されてくる。
他人から観て、どんなくだらないと感じられるロマンであろうとも
それがその人の産まれてきた存在意義である以上は、そのロマンの達成成就をさせる為に
皆が尽力をする必要がある。

産まれてきた理由(ロマン)を否定する権利は誰にもあっちゃいけないし
その邪魔をしていれば、自身の存在理由(ロマン)を邪魔されることになる。
ただ、互いの背負った存在理由(ロマン)が対立するようなケースがあって
そんな時には全存在を賭けて、勝負をしていくことになる。
僕にとっての影(シャドウ)は『知っていることを秘密にしたままにしておく存在』であって
実はこれは『全てを知ったときに同一化してくるもの』だったりする。
今はまだ敵同士であっても、互いの存在意義の延長線上には
同一化が待っているのであって、ロマンに生きる半ばにして死ぬよりは
完全な完結を目指すんだっ! ってゅ〜ね。

ただ、自らのロマンに生きることが他者のロマンを毀損する場合がままあって
だからこそ、毀損されている他者(ロマン)の手助けをする必要がある、と。
そういう話。
今はまだ、星座占いのロマンに呑まれているから
魚座以上に生きることはできない。

それは、人が空を飛べなかったり、宇宙空間で生存できない理由と同じだし
空を飛べたり、宇宙に飛び出る為には
飛べない青空のロマンを描いたり、悠然大なる宇宙空間のロマンを必要とした人達の
気持ちを解する必要がある。

281 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 12:53:00 0
ここは俺のスレなので、あまり荒らさないように。
荒らしはゴビ砂漠でラクダに逃げられて氏ね。

282 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 12:58:16 0
         j|          ノハ  }}`ヽ   }}ヘ
       ハ    />‐ '´  レ'´   ノ_ル 1     永
      〃 \ //      彡´ ̄  」      
 ト、    {{   〃 〃   /  / ̄``ヾ===彡ト      劫
 | `ー'⌒ヾ   ii jj ,ィ ,イ∠∠ __r-イイフ  ハ
 ト、 ` ̄ミへ从Yルソ /  〈\ヽ二フ ___ノ⌒!<<    回
  ヾ一⌒Y    、,,/_,, ,- 、,, > `=ゞ=〈〈   
、_爪ミY -=・=- 〈ヾ.-=・=-ミ ヽ   \\  、、、    帰
 iiソ  Yーii ̄´/`┬へ ` `   〈 L..  `┴イ
 ||  rン""  ノ `ー'^  ``ヽ   ∧|ァ ヽ、 /
  `=ッ7ハ、   , _--‐_¬、 !   ,イ Y^! | y'′
    { { ! i  〃´ ̄ ̄`ヾj    ! 〈一 ン′
    | ヽ| !  Y´ ̄`ヾ,     i  ト-rr1!
     `Y| }   /    iヽ、、 |iii L川ハ
     | ヽj ,xii|ィi1从iト、| 、__,  ル''″j| ハ
     | i `ヾ{| || ll llトトx!, -‐'"/       ヽ

283 :阿修羅∞落とし:2008/06/03(火) 13:15:02 0
    ,r´          `\
    | ,.-''" ̄ ̄ ̄ `"''-,,  .ヽ
    |./           ',   ',
    /-      -     i   .| メタPさんも純一さんも
    /⌒ヽ    /⌒     .|   |
   ,'  _ `  ´  _     |  .| リアルが寂しくて哲板に来たんやないんや!
   |.ノ-・、.〉 ,  /-・ヽ    .|/,⌒i
   |  ̄./     ̄       .>ノ.|  ワイらの同胞やから哲板に来たんやで!
    .',  .|   -、       .、_ノ  
    ヽ  `¨i⌒´      / / .| 彼女いなくて鬱憤晴らしに来とる名無し連中とはちがうんや!!
    .|ヽ,ヽlエlエlアヽ /   /  |  
    .ヽ、 .ヾ二ノ    /   .|  来期はびたみんさんとヤマトさん獲得で 
      i\  ‐    ./ /  |
      | ヽ___,/  ,'   .| 同胞打線完成するからお前ら覚悟しとくで娯JALダニ!!!

284 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 13:24:10 0
     , -''" ̄ ̄ ̄"''-、,,
   ./           .\
   /   ハ   i、       '、
   | ,ノリノ ノリノリノ )ノ、     .',
  ノリ _,,   ,,_   .リ      |
   |''"     `"''  ノ     ノ|
    .〉=・ 、  .=・-  リノ    .|
  . ノ|  ´/  ヽ      リ    |
  ン|.  ,'         ノ  从 .|
    |  i          ノ.,r'ヘ | |
   i  |   -、   i ノイ.l )>ノ |   パロ-リチュール
    .',. `フ⌒´       .リi__/ |   
    .'、 `Zエlア    .ノ  ミ  |    
     .\ `ー'´ ` /   シリノ
      .ヽ__/     人

285 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 14:38:15 O
やっぱ、イジメはいかんよね

286 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/03(火) 15:24:29 0
>>281
アホか。ワシのスレや。間借り代はらうか、
純一みたいにワシの靴舐めるか、しろ。

287 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 16:42:32 0
警察もヒマじゃないから、社会のゴミの相手なんかしないんだよね。
そっちの社会のごみの方が犯罪起こすんだし。君たちは常に警戒しておいた方がいいよ。

288 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/03(火) 17:04:58 O
名無しでいわれてもw

289 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 17:14:03 O
おっさん働けよ

290 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/03(火) 17:15:22 0
おっさんに言われてもw

291 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 17:19:46 0
少し上で紹介されてたけど、これも凄いね。
久々に心に残る物語をを見た。
守るべき大切なものは、今日しなければならないってことなんだろうね。
それで、prime timeってのはあなたのくつろぎの時間って意味。

Daft Punk - The Prime Time Of Your Life
http://www.youtube.com/watch?v=qUdNxuHr4Vc&NR=1


292 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 17:55:56 0
お尻の穴ってきつくてやらかくて気持ちいーよー☆

293 :江川達也:2008/06/03(火) 18:18:00 0
            .n:n     nn
           nf|||    | | |^!n
           f|.| | ∩  ∩|..| |.|
           |: ::  ! }  {! ::: :|
           ヽ  ,イ__ヽ  :イ
            ,r'     `ヽ、
           ,i"        ゙;
           !.(-=・=-)(-=・=-)    
           (|    ,.、    |)  びみょーん!!
           ヽ r‐-ニ-┐ /
            i  ヽ 二゙ノ  i 
           -===='='=====−
        ())》|||    Å   |||》
        // i...||  //||ヘヽ. ||\\
       //  |.. ||. // || ヘヽ||  \\
        Oニ .ヽ||/   ||  ヽ||   0ノ
       \ヽ  ||======= ||    //
         \ヘ ヘ( ⌒())(0) ()ヘ//
          <  \=====/   >
        //\/    \/
       //          \\
     0)⌒)            0)⌒)
      \\           //
        \\        //
       ( ((二0     ( ((二0
       [二二エ]    [エ二二]

294 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 18:26:58 0
オレを信じろ!ヤレ

295 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 18:32:36 0
知らなかったんだけど、ナースって実はパンツはいてないんだって〜

296 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 18:33:45 O
純一さんは来ないの?

297 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 19:01:39 0
Tバックだろ

298 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 21:57:27 0
>>269
>>291
超勃起したwww
ありがとうw

299 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 22:09:54 0
ダフトパンクは神の音楽

300 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 22:24:22 0
ここのメタPとか純一とか阿修羅とかのコテ名乗ってるやつらが、
この神を理解出来るか出来ないかが問われてるんじゃないの?

たぶん理解出来ないから何年も哲版で電波発生してるんだろうけど、
こういうやつらってさ、半年もすればコテ名の存在すら忘れらされるんだよね〜

301 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 22:30:09 0
ヤレ

302 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 22:33:26 0
かわいい女の子の渡したアレ美味しそうだよね〜

303 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/03(火) 22:36:49 0
ブログ界隈で罵倒発言議論が活発しているな。
オレもそろそろ純一を訴える準備でもしようかな。
資料も大量にたまったし・・・どれぐらい金取れるんだろうか

304 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 22:48:22 0
やっぱりさ「イソターネット」ってことなんでしょ?

305 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 23:02:15 O
>>303
ぴかぁ必死だなw
お前程度の中途半端な小物では純一には勝てんよww



















306 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 23:05:24 0
トマト

307 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 23:35:48 O
>303
一生やってろ

308 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 00:44:29 O
熟女はガードが固いのではなく自分に自信がないのである。
我輩がいつもハメている熟女はなかなか美人で評判の女が多いのであるが、
一様に「わたしのどこがいいの」と聞いてくる。


309 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 00:45:06 O
長年のつれあいとはSEレスは当たり前、子供の世話から、
仕事、家事、近所付き合い、学校の付き合いと忙しい毎日を続けてきて、
子供がある程度大きくなって
ふと自分に帰る…女である事を忘れていた…


310 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 00:46:35 O
まぁほとんどはなすすべもなくそのままなんだろが、
SEXという快感と浮気という背任行為のスリルなどと合わさって、
男たちの性欲処理機になる。
しかしこの熟女達は自らそれを望んでいるのであるよ。
だから我輩の相手は1年は続かない。
たいていそんな関係の馬鹿らしさ、虚しさに気付き、去っていく。
また賢い熟女とはそんなもんである。たまにずるずる続ける事はあるが、
そんときは、いろん
な手段を使って相手が気付かないように且つ相手から分かればなしを切り出させるように仕向ける。
しかし本音をいうとずーと続けたい熟女もいる。
そんときは延長です。

311 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 00:50:08 O
普段は普通の会社員だけど、ちんぽはこんなにいやらしぃ。
えっちなこと考えて、いやらしい女性に見てもらってることを想像して興奮してます。
同じようにいつもやらしぃこと考えてる女性の方、お返事お待ちしてます♪
ちなみに外見は良い方と思います。常識はわきまえておりますので失礼なことは致しません。


312 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 01:43:58 0
そうだ。
そうやって全ての精子を出しきるんだ。

313 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:02:51 0
映像見たぉ。
僕はPOPSが好きなのでちょっといいなぁと思った。
赤いロボットやドクロが人間の内向性の罠を示唆しているのだと感じた。
テクノポップを歌いながらパンク的なメッセージも篭められてるとか、
病気で直感が鈍ってるのでそれ以外はあまりよくわかりませんでした。

314 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:09:02 0
的外れですみませんでした。

315 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:12:13 0
お金くれ!
お金くれ!
お金くれ!


316 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:12:38 0
僕は病気ではない。
スーパー・メンヘラである。

317 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:24:18 0
ママー
ママー
僕は子宮の中ダヨーー〜!


318 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:25:22 0
>>1
解釈を行う前におれは死んでいる
なぜなら、宇宙誕生以前に死兆星を見たからだ

319 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:37:50 0
にょほほほほーー
みんなしあわせになれー

320 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 02:39:22 0
ジャックデリダ「エロリチュール」


321 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 04:02:35 0
薬はなに飲んでるの?

322 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 05:01:48 O
女の排便をみたいのはなぜか?


323 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 06:48:46 0
>>313-320
おまえの精神じゃ無理か。
まあ、それがおまえの本性なんだろうな。
ここのメタPとかヘタレのションベン小僧だし、おまえは頑張って感想を書いてるだし少なくとも奴には勝ててるから気にすんな

324 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 07:02:55 0
すげー
オレのおケツの穴に長い棒を入れたくなったよ
白い

325 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 07:28:41 0
start formatで少し止まるところが絶妙だよね
これ、世の中のことを本当に分かってないと出来ないよ
メタさん純一さんもテクノロジーを勉強しなおさなければならないと思う

326 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 07:41:32 O
ぴかぁは人間を知らなさすぎる

327 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 07:59:35 0
いつのまにか大事なチンポを食いちぎられちゃったしなww

328 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 08:25:06 0
行為としてのスカトロを知りすぎている私は

ゼロアカ帝国小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン長い棒タンポン薬アナルの女神

排便のあずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。



329 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 09:14:29 O
さあ、盛り上がってまいりましたw

330 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 10:02:27 0
ラルクこのスレでも荒らしやってたのか

331 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 10:11:32 0
ヒロキモナ〜

332 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 12:43:06 0
少なくとも、ポップジャンルの価値というのは
今の時代性においてどれだけの価値があるか否かで
計られることになる。

視聴率至上主義的な発想と、それを維持する視聴者を
アウフベーヘンさせていくような構造が必須であって
でなかったら、今の時代の権威足る人物達に媚びていくような
世界像を表象していかないと、立ち位置の確立というものが
困難になってくる。

物語の消費行為と、人間的成長を結びつけていたのは
日本の敗戦以降の歴史性がそうさせていたのであって
これからはそれを本来在るべき姿へ戻していくような
試みが評価されてくるのだと思われる。

333 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 12:46:31 0
思想的に中庸というのは意味がないんだよね。
偏りのある思想からの主張じゃないと
間接民主主義制度において世論を集積していく意味が無い。

ただ、少なくともその仕組みとか意味合いを
支持してくれている人達に説明しないと
駄目なんじゃないかと思う。

また仮に支持者が居なくなっても
別に生活を維持するのに支障がないように
自分で手を打っておくのも必要かなぁ、と。
為にしていると、どんどんと見た目が不細工になってきて
もう現在の世論の支持というのは得られない。

また、そうした認識前提に立って
環境を整備していこうという振る舞いも
既に見抜かれるような段階に達している。

自然な出会いから展開されるストーリーじゃないと
支持されないような段階に達している。

政治とか思想とかの支持基盤が弱くなっているのは
別にアノミーだけが問題じゃなくて
世論の水準の圧倒的な高まりに対して
その集積者が対応し切れていないという側面がある。

334 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/04(水) 17:19:34 0
■再び、なぜ人は人工知能化するのか 「陶酔する人工知能たち」その4  

言語と視覚系の関係

先の行為論において重要なことは、行為と言語の関係である。人においては世界を関係す
る上で言語は決定的に重要である。そして先の行為論の説明でもすでに言語が重要な位
置を占めている。

>>
行為において「自覚」されるのは「目的(意図)」=「あのりんごを取ろう」と、「結果」=「りん
ごがとれた」だけであり、その間の行為そのものは「どのように」行われているかわからな
い。「ただ行なっている」としかいえない。

<目的論>と<無自覚>という特徴は、視覚系と聴覚−運動系の差異に関係するだろう。「目
的(意図)」=「あのりんごを取ろう」というときに、「結果」=「りんごがとれた」という無時間
な視覚像が予期されている。そして聴覚−運動系の連続性によって、その間の行為そのも
のは無自覚に「ただ行なわれる」。

「陶酔する人工知能たち」 その3  http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080529
<<

ここにおいての「目的(意図)」=「あのりんごを取ろう」と「結果」=「りんごがとれた」は言語
記号によって可能になっている。視覚系の無時間性は言語記号認知と深く関係する。それ
に対して、聴覚−運動系は言語によって表すことがむずかしい。言語は視覚系の無時間
性を自覚することに深く関係していると考えられる。

335 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/04(水) 17:21:01 0
百科事典的意味論

たとえば言語記号の認知過程を記号論的に記述すると、

>>
音(声)−<解釈行為>−シニフィアン(聴覚像)−<解釈行為>−シニフィエ(概念(意味))
inu              イヌ                    犬の概念
<<

男女、大人子供など多様な声という物理的に異なる様々な音が、言葉として解釈されるた
めには、「だまし絵」のような音を「言葉のように聞く」という自立的な解釈行為が作動してい
る必要がある。このような解釈行為を人々は全く意識せず、最初から「聴覚像」として聞く。
このような「聴覚像」をソシュールはシニフィアンといい、そしてシニフィアンに対する意味を
シニフィエと呼んだ。

イヌというシニフィアンから、その概念(意味)へも解釈行為は働いている。意味とはなにか
というのはとても難しい問題であり、様々な意味論が提案されている。たとえば意味とは指
示する対象である。あるいは心的イメージである。さらにそのシニフィアンの文中の用法上
で現れるというものがある。

エーコの記号論では、言語のレトリカルな使用も含めて、意味をもっとも広く解釈することで
「多元的網状」の「百科事典的意味論」を示した。

336 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/04(水) 17:22:16 0
意味(シニフィエ)とは「視覚系の目的論的な錯覚」

言語記号はどのような意味においても、絶対的に正しい(真理)というものはない。そこに
は何らかの<解釈行為>が働いている。しかしもし仮に言語記号を使用するたびにいかに解
釈するか、ということが自覚されれば、多大な負荷がかかる。それ以上に解釈が無限に可
能であれば、先の「フレーム問題」と同じことが起こる。誰かに「イヌ」と言われても、それを
解釈する無限の可能性の前に意味を決定することとができなくなる。

しかしこのようなことはほとんど起こらない。それはまさに解釈が無自覚に行われるような
聴覚-運動系行為であるからだ。このために自覚されるのは視覚系=言語のみであり、解
釈行為気にすることなく、コミュニケーションが可能になる。

>>
シニフィアン(聴覚像)=シニフィエ(概念(意味))
イヌ               犬の概念
<<


言語コミュニケーションにおいて、「フレーム問題」に陥らず、当たり前のように可能である
のは、まさに先の「なぜ人は「フレーム問題」に陥らないのか」と同じ原理が働いている。先
の説明を「言語コミュニケーション」にそのまま使うことができる。

「意味とはなにか」と考えれば、「そもそも意味は存在するのか」といえるだろう。そのはじめ
に意味があるということが、聴覚−運動系の<解釈行為>が無自覚されてた「視覚系による
目的論的な錯覚」である。言語コミュニケーションは訓練・経験によるその都度の「試行錯
誤」によって試みられているのであって、意味が伝わるのはあくまで事後的な確認でしかない。

これはまさにウィトゲンシュタインが「言語ゲーム」と呼んだものに繋がるだろう。

337 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/04(水) 17:23:18 0
「表象主義的なイデア」

意味が「視覚系による目的論的な錯覚である」ということをハイデガーあるいはデリダは、
西洋哲学の端緒からある「表象主義的なイデア」であるという。「表ー象=前に-置くこと」こ
そが疑いえない真実=意味であると考えられてきた。

ソシュールは言語について、ラングとパロールをわけた。ラングとは日本語なら日本の国語
のような「抽象的なコード体系」である。パロールは具体的なコミュニケーションで使われる
言葉である。パロールが可能になるためには、ラングのようなコード体系がなければならな
いだろうということで「抽象的」ということである。

そしてソシュールがパロールが通時的といわれるとき、<解釈行為>が前提とされた聴覚−
運動系に対応するだろう。またラングは共時的(無時間的)な差異の体系をもつと言うと
き、聴覚−運動系の<解釈行為>が無自覚されてたあとの「視覚系による目的論的な錯覚」
による言語体系であるといえる。

構造主義ではソシュールのラングという共時的な差異の体系という思想を前提に思考され
た。たとえば主体はラングにおけるシニフィアン=シニフィエの結びつきが疑いえない当た
り前のことであると信じる。そしてみなが(無意識に)信じているということによって、ラングと
いう体系をつり上げる点に神的な存在が必要となる。それが「大文字の他者」であり、「言
語のように構造化された無意識」である。ラングが「視覚系による目的論的な錯覚」である
ということは、構造主義もまた「形而上学」の一つといえるだろう。

338 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/04(水) 17:23:57 0
構造主義的「神経症」と「人工知能化」

しかし錯覚であるから意味がないということを意味しない。先にもいったように人は人工知
能のように「フレーム問題」に陥るときがある。ラングという錯覚が示すことは、言語コミュニ
ケーションがいかにもろい基盤の上に立っているかということだ。言語コミュニケーションに
おいて<解釈行為>に躓き、どのように解釈するのかと懐疑してしまえば、とたんのコミュニ
ケーションが不可能になってしまう。ボクはこれを「人工知能化」と呼んだ。

>>
人は多くにおいて、「フレーム問題」のような状況に陥っている。たとえば恋愛の場面であ
る。誰かを好きになると人はちょっとしたパニックになる。「彼女は僕のことをどのように思っ
ているのだろう。」「あっ、いまちらっとこっちをみたけどどういう意味だ。僕のことが好きで合
図を送っている?」などなど、彼女の動作、会話の隠された意味を解読しようと妄想する。
思い切って、「好きです。つき合ってください」と告白すればすっきりするだろうが、怖くてで
きない。

「陶酔する人工知能たち」 その1  http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080522#p1
<<

慣れない状況であり、死をかけた状況であり、恋に落ちたときであり、悩める思春期であ
り、社会的な抑圧(ストレス)で行為できない時であり、そしてこのような先に「神経症」があ
る。ラカンが「神経症」を構造主義的に分析したのは、神経症が「人工知能化」のような状
況にあるからと言えるだろう。そしてそのような状況は現代のようなストレス社会では誰も
が日常に遭遇するような状況である。

339 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 17:29:01 0
このロボットはまた再起動したか。
このスレは隔離スレだから、ほかのスレにお邪魔したり覗いたりすんなよ(怒)
荒らしとかもってのほかだ(怒)

340 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/04(水) 17:30:39 O
人の視覚優位性において言語が重要な意味をもつ。視覚−言語系は、高度な思考を可能にする。
実際の世界との関係する前に計画性を可能にする。

341 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 17:39:59 0
そういえばあのPVはどう思ったんだろう。
認知系からでも感想書いて欲しいなぁ…

342 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 17:41:51 0
俺のスレが荒らされている・・・
俺は頭が悪いのでガクジュツテキな単語を羅列されてもさっぱり理解できないのですわ・・
そろそろPOPSを目指したまえ。

343 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 17:44:25 0
製作者のスタンスに立ったとして、現状
背反する二つの手法の融合バランスみたいなのがネックになっている。
つまりは、明確な企画意図に基いて計画的生産活動を行う手法と
現状の自分達にとって面白いと感じるキャラクタを生成して
その操作を行っていく場当たり的ライブ活動な手法と
時代の経過と共に後者に対する比重が高まってきていて
それは言わば消費者との対話感覚、共有感覚を重視していく様な
状況を招こうとしている。

じゃあ、では、だったら、対話だけで商売するような
かつての日本人の感覚からしての虚業…との線引きが形骸化を果たし
社会秩序を形成するヒエラルキーのドラスティックな変革が必須となってくる。
既に、エンタメ業界に限らず、大企業の仕事というのはライブ感、対話感に基いた
『ちょっと思いつきました』『ちょっと考えました』といった程度の企画を生成し
それを低コスト重視の観点から外注して生産を達成し、労を少なく利を多く得ていくようなスタイルが
定着しつつある。

解答まで書いておくと、既に皆さん感じているように
ルックスの良い人間が偉い…というヒエラルキーを現実は欲している。

上司として相応しいのは、ルックスが良くて背が高くて
より細かく指定するなら、顔が長くて小鼻だけど鼻筋が通っている様なヒト。

344 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 18:01:16 0
ブタみたいな人が上司だと、うんたらかんたらよりも、直観でどう思うかじゃないの?

もんだいは、そういう会社が悪いというよりも、そういう悪っぽい会社からいかに金を搾り取るかなんだけどね。
お国も悪の事情を知ってる分、結構大変なんですわ

345 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:11:14 0
>>344
ただルックスだけで判断すると
上層と下層を分けないと社会運営が不可能に陥ってくる。
下層はルックス至上主義でオッケーなんだけど
上層がそれだと全体が無茶苦茶になってしまう。

まぁその辺のバランスの取り方もいちいち勝ち組とか負け組みとか分けない方向性で
既に折り込み済みなんだけど
それは言論や批評の存在意義から外れているという感も強い。

346 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:14:18 0
デリダとラカンは俺の弟子。
よく頑張った方だ、誉めてつかわす。

347 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:15:19 0
ぴかぁ〜!
ぴかぁ〜!

348 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 18:17:44 0
>>345
あれ?話はルックスに行き着いたんじゃないんですか。
そういうのを論理矛盾というんですよw

349 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:22:07 0
>>348
下層向けに柔く説いてあげただけの話さ、ジョニー。
馬鹿にはいい目くらましになるだろ。

350 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:24:52 0
例えば、起業するという行為の動機は金権で他者より沢山楽しみたい、或いは
他者を縛り痛めつけたいというところに起因している。
起業という行為自体、人間として腐っている訳で起業して儲けを出していく営みというのは
腐った自己中心的な動機を他者への福祉行為へと繋げていく為の道程であったりする。
実際に働いている現場の人達の意識がどうあるにせよ
少なくとも、起業という行為を社会システムとしてコミットメントさせている立場の人達の
認識はその辺に存在している。
企業内でのヒエラルキーは腐った経営責任者を頂点として
様々な階層、主として縦の人間関係によって秩序付けされている。
企業内で出世していく人間には2パターンが存在していて
一方は、腐った経営者と同類項な腐った人間であり
もう一方は、腐った経営者の『腐ってしまった原因』を理解して
その補助をしていこうという人格者だったりする。
腐れた経営者としては、縦の人間関係システムを利用して
本来なら相容れることのない腐れタイプと人格者タイプと
互いに競わせるような図式を仕立て上げ、己の金権欲求を最大限満たしつつ
更なるステップアップなり足場固めを目論んでいたりする。
強い企業の経営者の如く優れた謀略者は、自分が腐れてしまった原因を十分に理解している。
そしておぞましいまでに保守的。アレやコレやと策を尽くし
自分の身を守ろう守ろうと必死だ。

そうした謀略者にとって最も恐ろしいのは
自身の都合を解されつつ、尚且つ底辺でも安穏としていられる人間だ。
自分は間違っているという自意識を持った人間にとって最も恐ろしいのは
自分という存在を必要としない他者、に他ならない。
だからこそ婉曲的に部下にプレッシャーをかけ
底辺層がもがき苦しむように、またそれを悟られないように狡猾に仕事の割り振りをしてくる。

真の狙いは何処にあるかと言えば、持続的に苦しさを与え続けることによって
『苦しさから逃れたい』という人格を底辺層に形成させ
底辺層が産む子供の育成方針を『自分が苦しい状態からの脱却』にハメ込むところにある。

351 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 18:26:54 0
まぁ、コレは全体的な話ではなくて
幾つかの大企業に当てはまってくる話かな。

底辺層の苦しい状態からの脱却……即ち、お金、社会的立場が欲しい。
というテーマで子育てをすることは、子供を痛めつけることに他ならない。
別に、お金持ちになりなさいとか、社会で偉い人間になりなさいとか言って無くても
『自ら親が苦しんでいることを察知して、それを助けて一緒に側に居て愛されようと頑張るのが子供』
であり、その持って産まれた尊い気質を捻じ曲げ腐らせることによって
優れた起業家というものが育ってくることになる。

352 :阿修羅∞落とし(実はぴかぁ〜の自演):2008/06/04(水) 20:15:21 0
       | |    , -‐-、     ノ |
       ', ',   /:.:.:.:.:.:.l  ,ィY  /
        ', /^V:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.ノ::l::::',ノ
        Y::::/{:.il.:.,i、.:.:.ィ:l:::::::l:::::l
        ヽ:/:::',::ヾ:::Y:/:ノ:::::::l/
         }:::::::丶::::ノ/:::::::::j
         l:::::::::::::`'":::::::::::::/
         ,}:::::::::::::::::::::::::::::i′
         ゝ==ニニ==く、
        /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`'i
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ノ:l
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::,!
        l::::::::::::::::::::,,:ィ:"´:::::::{
        ゙7'―‐ ''"::lーァミ7-‐'
        /:::::::::::::::::::l {^l l
        〈:::::::::::::::::::::l l l !
        丶、::::::::::::ノ `-'′
          亡',}~´

353 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 22:39:47 0
そういうのいいからさ、金持ってる奴いるでしょ(商売上手な奴ら)、
そいつらから金を搾り出す方法考えてくれないかな?

それも合法じゃなくていいから。
あまり極道だとエセ同和(それも善良な役所相手に(泣))になっちゃうんだよね〜



354 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 22:42:31 0
最近、長く証券向け政治(リートとか)が続いたから、大企業とか調子に乗りすぎていてウザイでしょ。
大企業のサポートに電話しても、電話おね―ちゃんとか調子乗りすぎているし
名も無き電話オペの分際なのに、私って神?みたいな高圧的態度をとるでしょ?

草加っぽいのも従業員一同が宗教だし、何とかそういう資本家(と経営者)から金を搾り取る方法考えてよ。


355 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 22:43:29 0
上手くいったら300円ぐらいは分け前やるからw

356 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 22:45:54 0
>>353
商売上手なヤツは相応に頭使ってるだ炉。
そいつらを越える頭のよさを発揮するか、そいつらが何故そういう風になっていったのか
理解して背景から壊して行くかでもしない限り無理だな。
それができないならまぁ己が無力だったのだと諦めてください。

357 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 22:47:09 0
死刑反対!
死刑反対!



358 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 22:52:38 0
おめーらせめて俺以上に頭よくなれ。

359 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 23:29:37 0
恋愛に挫折したならお見合いでもいいからさっさと結婚し炉!


360 :阿修羅∞落とし:2008/06/04(水) 23:30:22 0
綾波レイの抱き枕なんてさっさと処分するのだ


361 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 09:15:54 0
english版で面白いコテ見つけたよ。

金玉儿
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%87%91%E7%8E%89%E5%84%BF&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

たぶん親とか家庭環境に強く問題があって、女じゃないか?
妄想虚言癖がありそれも非常に強い。平気で使うからオレも危うく騙されそうになった。

このスレのノホホンコテにとっては、一回騙されてみれば何か悟るんじゃないの
哲版にはキモイAAやる女いるだろ?いい勝負じゃないかな
英語版は、他にもアホがいるからちょっかい出してみるのもいいけどね。
(質問への回答は英語の方がはるかに答えるけど、哲版は、本当にマヌケだ)


362 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 09:34:34 0
人を殺してはいけないとか、いけるとか言う以前に、
人を「殺す」の本当の意味(哲学・倫理上とかじゃなくて)が分かるんじゃないか?

363 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 10:23:28 0
そういうのってさ、そのうちヤクザに殺されるんじゃないのかな。
警察を怒らせるとすぐ裏切ぎるけど、ヤクザを怒らすとすぐに肉ミンチにされてハンバーグにされちゃうからなw


364 :阿修羅∞落とし:2008/06/05(木) 10:45:46 0
偉そうなことを書いてすみませんでした

365 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 11:11:41 0
ペッパーランチw

366 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 11:12:59 0
> ・・・してはいけないとか、いけるとか

すげぇ日本語だなぁ!

367 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/05(木) 11:38:32 O
ラカンの思想は視覚主義であると言えるがまた、神経症としての人間の視覚主義を分析したともいえる。

368 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 13:43:12 O
うるせーよ
スレ荒らすんじゃねぇ!



369 :阿修羅∞落とし:2008/06/05(木) 16:56:26 0
(^д^)えくりちゅ〜る(^。^)

370 :阿修羅∞落とし:2008/06/05(木) 17:11:45 0
声と現象読んでるぉ^^

371 :考える名無しさん:2008/06/05(木) 22:28:10 O
そろそろ既知害が戻って来る頃かな〜
ぴかぁ〜涙目w


372 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 01:18:32 0
ぴかぁ〜のブログを読むことが最近の趣味です。
どうもありがとうございました。

373 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 02:48:53 0
ぴかぁ〜愛してる。
結婚しよう。
俺とぴかぁ〜と純一と、性転換したビタミンと中卒のヤマトとの
五人で支え合って生きていこう。
資本主義に挫折したもの同士で仲良くさー。

374 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 02:49:52 0
DE呉JALダニ!



375 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 02:51:16 0
哲板戦隊メタレンジャーでも作ろう。
特撮ヒーローになろう。

376 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 02:55:31 0
哲板キチガイ五人衆の歪んだ性生活を動画で流して
POPSになろうではないか。

377 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 03:00:23 0
よし、とりあえず俺の存在をブログに取り上げるんだ!
何よりも、知名度が大事だ!

378 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 03:21:08 0
阿修羅は女子高生
ハアハア

379 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 08:49:51 0
>>378

>>367

行為として女子高生を

渋谷でナンパするダーリンの浩紀に嫉妬する私はゼロアカ帝国

小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン視覚タンポン神経アナルの女神

スカトロ好きなあずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。



380 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 09:21:44 0
       /.⌒ヽ
      /    .\
    ../      ヽ. \
    (./       ヽ. )
    /        l"    
   .ノ ぴ   か   l
   l    ぁ      ..|  
   l    〜     |
   ヽ.._____       _,ノ
.   丿ノ ノ 丁丁 ̄l\
  . く_(__(_(_._」____)ノ

381 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 09:32:07 0
           ,、
          ノソi゙ヽ
         <,ノ.::i __`ゝ
         /.:::/´
      / .:::,/
     ./ .:::/
    / .::,/
   /,.:::〆
  ,;彡;ヾ'´
 ノノ{!ヽ.
ノj|||! し.
Jljjiし

382 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 09:42:15 0
なんだバカヤロウ中国舐めんな。
百歩神拳打つぞ。天津飯と梁師範も同意している。
がしかし、中国四千年のSMパワーも洋モノには勝てなかったアル。
凹むナ〜

383 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 09:53:31 0
今日はテレビで風の谷のナウシカがあるね。
確か、ダイオウグソクムシの変異種と戦争マニアの人間とが意思疎通を交わす変態映画だと記憶している。
しかも作ったのが共産思想に挫折したロリコンオヤジだってゅ〜。

384 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 10:04:33 0
青い宇宙と虹色の髪(2) 阿修羅普遍宇宙学の要綱
シュR∀=エンペラー・ドラゴン著/江川達也、鋼屋ジン・たにし、ほか訳
ラーメン大学出版局7月下旬 税込価格:5000円
syura:3756437564
過去、現代、未来、異次元、あらゆる思想界に変革を齎した
阿修羅∞落とし主著の邦訳第2巻。
世界存在の核心が展開され魔法世界や神性超越が論及される。

385 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 10:29:24 0
>>384
ん?書いた覚えねーぞ、そんな本。
宮台を超える名作なら2chにたくさん残してるが、また
無意識にやっちゃったのかな・・・やっぱ俺って天才だな・・・

386 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 10:58:46 0
いろいろなスレに書き込みして時間つぶしする毎日なんですか?
それよりも少しでもお金を稼ぐことを考えて方がいいですよ。
みんな頑張って小銭稼ぎをしているし、君は日々何をしてるんですか

387 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:21:01 0
視覚−言語記号系の無時間性

「だまし絵」は以下のようにして見ることになる。ここでは、解釈行為は無自覚に行われるの
で、一気に「うさぎ(or鳥)」として見える。

>>
「だまし絵」→解釈行為→「うさぎ(or鳥)」
<<

「だまし絵」の驚きは「うさぎ」が「鳥にもみえる」というフレームシフトにあるのではなく、この
二つにしかみえないということにある。そこには「うさぎとして見る」、「鳥として見る」という
「自立的な秩序維持(オートポイエーシス)」が無自覚に働いていることが自覚させられる。

そして通常の「見る」ことにも同様に「〜として見る」という解釈行為が無自覚に働いてい
る。それは多くにおいて、1フレームしか持たないために、解釈行為が自覚されることはない。

たとえば日本人にとって犬の鳴き声は「ワンワン」、英語は「Vowow」である。「ワンワン」は
音ではなく日本語である。これは表記上だけではなく、日本人には「ワンワン」と聞こえる。
あるいは日本人が英語の「L」と「R」の発音の違いに苦労するのは、日本語ではともに「ラ」
行になるからだ。これらは「だまし絵」と同じように、「〜として聞く」、「〜として言う」という
「自立的な秩序維持(オートポイエーシス)」が働いている。

388 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:21:44 0
これは以下のような記号論の図式と対応するだろう。視覚系の特徴として上げられる「物
事をひと目でみてとる」という無時間性は、視覚において特徴的であっても、その本質は言
語記号認知と深く関係する。「言語のように見る」、「言語のように聞く」、「言語のように味
わう」ことで、解釈行為は無自覚化され、<言語記号>=<概念(意味)>として一気に、無時
間に与えられる。

>>
記号論  <言語記号>−<解釈項>−<概念(意味)>
      「だまし絵」→解釈行為→「うさぎ(or鳥)」
      「犬の鳴き声」→解釈行為→「ワンワン」
<<

これを聴覚−運動系に対比して、「視覚−言語記号系」と呼べば、視覚系行為と言語記号
の密接な関係は先のエントリーの例からもわかる。

>>
行為において「自覚」されるのは「目的(意図)」=「あのりんごを取ろう」と、「結果」=「りん
ごがとれた」だけであり、その間の行為そのものは「どのように」行われているかわからな
い。「ただ行なっている」としかいえない。

<目的論>と<無自覚>という特徴は、視覚系と聴覚−運動系の差異に関係するだろう。「目
的(意図)」=「あのりんごを取ろう」というときに、「結果」=「りんごがとれた」という無時間
な視覚像が予期されている。そして聴覚−運動系の連続性によって、その間の行為そのも
のは無自覚に「ただ行なわれる」。

「陶酔する人工知能たち」 その3  http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20080529
<<

ここにおいて目的論は、聴覚−運動系の運動が無自覚で行われ、「あのりんごを取ろう」=
「りんごがとれた」という「視覚−言語記号系」が自覚化される短絡によって成立している。

389 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:22:30 0
「視覚−言語記号系」の形而上学

人の認知における「視覚−言語記号系」重視を、ハイデガー、あるいはデリダは形而上学
の歴史として暴露する。すなわち「真実」とは目の前に見ることなのであり、そこに純粋なイ
デア性があるということが、人の認知行為における形而上学なのである。

このような「視覚−言語記号系」重視の形而上学の特徴は、目的論とともに客観主義であ
る。「見る」ことに真実を求めることで、<観察者>の位置に立ち、対象とは切り放されて、全
体と俯瞰する位置にたつ。そこには行為者の解釈行為という対象との関係は隠蔽される。

客観主義は現代の科学の基礎にもなっている。科学は自然環境に対して<観察者>の位置
に立ち、現前にさらけ出し言語記号化することで絶対的な「真実」を見いだす。そこでは科
学技術の「真実」も一つの解釈の結果であることは隠される。

先の人工知能の「フレーム問題」はまさに科学技術に潜む形而上学が暴露されたことを意
味する。先に無時間な言語記号として「結果」=「バッテリーを回収する」が「見られ」、そこ
までの「フレーム」が「計算」されるが、認知においては解釈行為は排除できない。

390 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 11:22:37 0
好きなことやってて何が悪いんだ?

金稼ぎなんてしたら人生負けかなって思ってるしw

391 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:23:20 0
意味の無限の生成

男女、大人子供など多様な声という物理的に異なる様々な音が、言葉として解釈されるた
めには、「だまし絵」のような音を「言葉のように聞く」という自立的な解釈行為が作動してい
る必要がある。このような解釈行為を人々は全く意識せず、最初から「聴覚像」として聞く。
このような「聴覚像」をソシュールはシニフィアンといい、そしてシニフィアンに対する意味を
シニフィエと呼んだ。

このような「視覚−言語記号系」の認知過程を記号論的に記述する。音をシニフィアンとし
て解釈し、概念意味として解釈されるが、解釈行為は無自覚に行われ、言語記号(シニフィ
アン)に対して概念(意味)が決定されているように短絡される。

>>
記号論    音(声)−<解釈行為>−言語記号(シニフィアン)−<解釈行為>−概念(意味)(シニフィエ)
短絡     言語記号=概念(意味)
<<

ここでいう概念(意味)とはなにかというのはとても難しい問題である。様々な意味論が提
案されている。たとえば意味とは指示する対象である。あるいは心的イメージである。さら
にそのシニフィアンの文中の用法上で現れるというものがある。しかし意味(概念)を捉えよ
うとすること自体が、「視覚−言語記号系」の形而上学であるといえる。

エーコの記号論では、言語のレトリカルな使用も含めて、意味をもっとも広く解釈することで
「多元的網状」の「百科事典的意味論」を示した。ここでは意味は無限であり、生成しつず
けるイメージで語られる。

392 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:24:08 0
「言語コミュニケーション」と訓練・経験

もし仮に言語記号を使用するたびにいかに解釈するか、ということが自覚されれば、多大
な負荷がかかる以上に、解釈が無限に可能であれば、先の「フレーム問題」と同じことが起
こる。誰かに「イヌ」と言われても、それを解釈する無限の可能性の前に意味を決定するこ
ととができなくなる。

しかし実際にはそのようなことはほとんど起こらない。それはまさに解釈が行為であるから
だ。言語コミュニケーションにおいて、「フレーム問題」に陥らず、当たり前のように可能であ
るのは、まさに先の「なぜ人は「フレーム問題」に陥らないのか」と同じ原理が働いている。
先の説明を「言語コミュニケーション」にそのまま使うことができる。

>>
まずこの問題設定そのものが視覚系の思考である。先に無時間な視覚像として「結果」=
「シニフィエが伝わる」が想定されてそこまでの「フレーム」の可能性が解釈されるという筋
立てである。しかしこの筋立てでは無数のフレームの出現するのは必然でありフリーズす
る。ここには聴覚−運動系の思考が欠落している。

人が行為するとは、目的=「シニフィアン」、結果=「シニフィエ」と「無時間な視覚像」が認
知されたあと、事前に最適解が求められるのではなく、行為は「試行錯誤」として行われ
る。しかしそれが「試行錯誤」でなく、最適解をたどったように錯覚されるのは行為そのもの
が「無自覚」で行われて「りんごをとった」という結果のみが自覚されるという、視覚系と聴
覚−運動系の逆理による。

そしてこのようなスムーズな「試行錯誤」が可能であるのは「訓練・経験」のたまものであ
る。人は「言語コミュニケーション」などの行為することに関して十年以上の訓練・経験をつ
んだ超ベテラン選手なのだ。
<<

393 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:25:11 0
意味は存在するのか

「意味とはなにか」と考えれば、「そもそも意味は存在するのか」といえるだろう。そのはじめ
に意味があるということが、「視覚−言語記号系による目的論的な錯覚」である。言語コ
ミュニケーションは訓練・経験によるその都度の「試行錯誤」によって試みられているので
あって、意味が伝わるのはあくまで事後的な確認でしかない。

これはまさにウィトゲンシュタインが「言語ゲーム」と呼んだものに繋がるだろう。コミュニ
ケーションにおいて、解釈はその意味を決定しないが、人は「規則に従う」ことで、コミュニ
ケーションを成立させている。「規則に従う」という慣習は、実践、訓練によって習得される
ということだ。

ここでは、「視覚−言語記号系による目的論的な錯覚」が指摘されている。コミュニケーショ
ンには規則があり、それに従って、コミュニケーションが成立していると考えるのは、「錯覚」
である。たとえば「バカ!」と言われても、その解釈は無限にあり、決定されない。それでも
コミュニケーションが可能なのは訓練をもとにした試行錯誤の結果である。

だから「言語ゲーム」は絶えず失敗の可能性にさらされている。言語コミュニケーションにお
いて<解釈行為>に躓き、どのように解釈するのかと懐疑してしまえば、とたんのコミュニ
ケーションが不可能になってしまう。「バカ!」と親密の表現として行ったつもりが、相手が
悪意にとり、怒り出す、ようなことは絶えず起こっている。

394 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 11:25:40 0
難しい言葉を使ったり、人をバカにして憂さ晴らししたりしてま。ガンバしてます!
フリタなんて小金稼ぎするよりも、ニーとの方が楽ですよw

395 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:26:30 0
「視覚−言語記号系」の形而上学

先のエントリーのまとめを参照に、視覚−言語記号系/聴覚−運動系の特徴を表す。 

>>
視覚−言語記号系 
・自覚的
・無時間性(コマ送りの時間)
・形而上学的に「理性的、イデア性、真実を表す」と考えられてる。

聴覚−運動系 
・無自覚的
・時間軸の上を単線で進む(リズム)
・形而上学的に「動物的、不確か」と、考えれている。
<<

人の認知は「視覚−言語記号系」を重視するということは、単に「錯覚」ということではかた
づけられない。人の「現実(リアリティ)」そのものが「視覚−言語記号系」によって作られる
からだ。先にもいったように人は「聴覚−運動系」が抑圧され、「視覚−言語記号系」に陥る
と、人工知能のように「フレーム問題」に陥るときがある。ボクはこれを「人工知能化」と呼んだ。

慣れない状況であり、死をかけた状況であり、恋に落ちたときであり、悩める思春期であ
り、社会的な抑圧(ストレス)で行為できない時であり、そしてこのような先に「神経症」がある。

ラカンは「神経症」を構造主義的に分析することで、シニフィエの問題と考えた。私は何者で
あるのかという問いに対する答え、すなわち「私の意味」が獲得されないこと、「承認されな
いこと」によって人は神経症に陥る。

396 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:27:50 0
>>
ラカンの有名なテーゼ・・・無意識とは「言述」であり、「言語として構造化されている」という
テーゼである。・・・無意識が言語であると言うこと、このことがまずもっと意味するのは、欲
望の主体は「他者の言述」の外では何ものでもなく、主体はこの「他者の言述」の中で、「そ
の固有名詞という形においてであっても」常に既に語られ、名づけられ、あらかじめ記載さ
れている、ということである。今やラカンは主体を無意識の主体として定義する。

しかしながら、問題なのは、この主体の真実は、常に既に語られているとしても、必ずしも
承認されているわけではないということ、これである。・・・「フロイトの言っていることを言い
換えて、次のように言おう−無意識は言語である、と。無意識は言語として分節化されてい
るということ、このことは、だからといって、無意識が承認されているということを意味するも
のではない(ラカン)」

ラカンの説明する通り、神経症は、「個人的神話」として、すなわち集団的神話によって定
義された象徴界の機能障害が引き起こした象徴的な下位システムとして理解される必要
があることになる。こうして、例えば、私の境遇を支配する象徴的な言語の契約は非常に
多義的な仕方で定式化され得たために、その契約の中では、私は、容認された規則に従っ
て自らを承認すること(承認させること)ができないことになろう。P229-233

「ラカンの思想」 M・ボルク=ヤコブセン (ISBN:4588006363)
<<


397 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 11:34:56 0
オシッコちびっちゃったww

398 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:39:40 0
水族館という「物理的環境i装置」

水族館にいき色とりどりの魚をみていると、小さな水槽をもくもくと右から左、左から右と繰
り返しまるでよくできたおもちゃのようで滑稽である。彼らが滑稽なのはしゃべらないからで
ある。水族館は視覚系の無時間な世界である。言葉をもつものが「〜として見る」ことでフ
レームをつくり、語らないものは像でしかない。水族館は語る(視る)者が見やすいように無
時間化されたフレーム、すなわち言語化された社会的なコンテクストをつくる「物理的環境
装置」である。

魚は機械ではない。高度な運動の知覚をもつ存在であるが、水族館という無時間世界で
は運動知覚は意味をもたない。実際の海においては運動知覚は思う存分発揮され彼らの
高等さが明らかになる。それに対して人の海の中での運動知覚の低さは単なるうすのろで
しかない。広大で変化し続ける物理環境では知覚系の言語化はたいしたやくにはたたない
だろう。

399 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:40:05 0
人は自然環境に拡張機械をもちこむ

そのために人は自然環境に能力を拡張する機械をもちこむ。カメラは変化する世界を言語
記号、無時間化して取り込む。それは人の言語世界の侵入を意味する。すなわちいかに
言語化された物理環境により社会的コンテクストとしての構造化するか予期される。すなわ
ち建築の設計図がかかれる。つづいて設計図にそって拡張された運動系機械が導入さ
れ、制作されるだけだ。

自然環境を、言語記号化、視覚系化することで、世界は無時間化される。舗装されない道
は通行する意味へと還元しようとしても、でこぼこでつまずぐ、雑草が生えて自然に回帰す
るなどにより逆らい続けるために、ここはなんだと解釈行為が回帰し、無自覚にただ通行す
ることができない。アスファルトの道路という「物理環境装置」は、解釈を無自覚化し、ただ
通行するというイデア的な意味を維持する。そして言語記号さえも無意識化する。もはやア
スファルトの道路=通行さえ意識しなくなる。外在化された世界とは無意識化された言語
世界である。人によりデザインされた物理世界と人の言語記号によるイデア性を無意識化
することで現前化される。

>>
資本主義社会では主体は解放され、自分たちは中世的な宗教的迷信から解放されている
と信じており、おのれの利己的な関心にのみ導かれた合理的な功利主義者として他者と関
係する。しかし、マルクスの分析の眼目は、主体ではなく、物(商品)それ自体がおのれの
場所を信じている、という点である。つまり、信仰や迷信や形而上学による神秘化は、合理
的で功利的な人格によって克服されたかのように見えるが、じつはすべて「物どうしの社会
的関係」の中に具現化されているのである。人びとはもはや信仰をもっていないが、物それ
自体が人間のために祈っているのだ。これは同時に、ラカンの基本的な前提の一つでもあ
るように思われる。信仰(信念)は内的なものであり、認識は(外的な手続きによって確証し
うるという意味で)外的なものだ、というのが一般的な定式であるが、むしろ、信仰こそ根本
的に外的なものであり、人間の実用的・現実的な活動の中に具現化されているのだ。P55

「イデオロギーの崇高な対象」 スラヴォイ ジジェク
<<

400 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/06(金) 11:41:42 0
資本主義社会におけるポイエーシス世界

現代はポイエーシスな空間に包囲されている。道路は疑えないほどに道路であって真理を
開示しすぎて無意識化されている。エスカレーターはエスカレーターであり、手摺りは手摺
りである。水族館において魚は魚であり、そして職場において身体は労働する身体である。

このようなポイエーシス空間の包囲は真理すぎて無自覚化することにある。道路は道路以
外なにものでもないわけだから、歩くことも無自覚化される。ただはじめに目的の場所を設
定すればあとは身体が歩いてくれる。もしケモノ道のようだとそうはいかない。道がどこで
あるのか、障害はないか耐えず意識的に解釈する必要がある。すなわちポイエーシス空
間はハイウェイ空間なのだ。

アガンベンが芸術作品の歴史として語るのはかつては芸術作品は創造的なプラクシスで
あるとともに、ポイエーシスでもあったということだ。しかし近代においてポイエーシスが大
量生産されることで、創造的であること、すなわち真理を解体することに先鋭化された。こ
れは論理学とともに重視されていた修辞(レトリック)学が近代以降、小説や詩などの芸術
の分野に追いやられた事情と似ている。

資本主義社会は商品の集積として、ポイエーシス空間を形成する。ここにはマルクスがい
う資本主義社会の物象化された商品集積世界というイデア的形而上学がある。

401 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 11:45:30 0
>>397

>>396
しーちゃんの無意識の失禁は

言語として構造化されているゼロアカ帝国

アダルトモドキの皇女縛乳生娘アニマル放尿クレポン象徴界タンポン契約ワギナの女神あずまん子潮吹きパイパンのしおね内親王です。


402 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/06(金) 12:02:47 O
すなわち意味を過剰に求めることが症候なのである。
恋愛、学問など限定された場であればよいが、それが自らの存在そのものにかかわる場合に神経症となる。
たとえば「なんのために生きているんだろう」は純粋な問いとしてはありえない。ここには目的論的短絡の中で隠されているものがある。
なぜ視覚言語系への過剰は運動系の抑圧がある。この問いの裏には閉塞した環境が隠されている。
そして行為できないほどに抑圧されることで、人工知能のようにフリーズしている。

403 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 12:03:47 0
390 名前: 考える名無しさん 投稿日: 2008/06/06(金) 11:22:37 0
好きなことやってて何が悪いんだ? 

金稼ぎなんてしたら人生負けかなって思ってるしw 

394 名前: 考える名無しさん 投稿日: 2008/06/06(金) 11:25:40 0
難しい言葉を使ったり、人をバカにして憂さ晴らししたりしてま。ガンバしてます! 
フリタなんて小金稼ぎするよりも、ニーとの方が楽ですよw 

397 名前: 考える名無しさん 投稿日: 2008/06/06(金) 11:34:56 0
オシッコちびっちゃったww 

404 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/06(金) 12:11:33 O
抑圧された運動系(現実界)は回帰しつづけ、そのたびに視覚言語系へ逃げ込まなければならない。
フロイト的にいえばそれが夢であり、いいまつがいなど無意識の現前化である。
だからラカンは自分の欲望をあきらめるな、という。

405 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 12:12:30 0
ぴかぁあは、どこに行ってもスルーされて、誰にも相手にされないとここにくるんだな。
それで淋しさをまぎらわすために…オシッコちびっちゃうんだなww

406 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/06(金) 12:20:33 O
抑圧は欲望を抑圧するのではなく、抑圧そのものが欲望をうみだす。そこに抑圧される何かがあるわけではない。
人のそのはじめから視覚言語重視であり、意味の欠如への欲望を内包する。

407 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 14:40:28 O
ニートすれ

408 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/06(金) 15:34:57 O
すると、意味はまったな不思議な特性があらわれる。ある時は真理となり、また存在しない。
このような特性は超越的といえるだろう。


409 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/06(金) 16:03:42 O
形而上学の二つの側面がある。
一つは形而上学は言語操作上の錯覚であるということ、もうひとつが言語により人の認知が作動している以上、人間の作動原理の一部としてある、ということだ。
たとえば超越的な存在といえば神であるが、神はどこにあるのか

410 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 16:08:32 0
ニートが神を論じるなよw

411 :阿修羅∞落とし:2008/06/06(金) 16:08:58 0
欧米圏がロリコンを禁止しているのは
意図的に親が子供を挫折させるように躾けているからなんだよね。
挫折感覚を得た時点から精神の欠落感が生じるようになり
それを埋めるために恋愛対象を求めるようになるから
欧米人というのは、本質的には皆、ロリコン気質。
でもしかし、何故に幼少期に挫折をさせるかといえば
随時挫折し続けるぐらいに、自身を険しく鍛え上げて
世界で冠たる人種として降臨し続ける為だったりする訳で
ロリコン気質を維持したままそれを許容するというのは
研鑽を続ける行為を怠っていることを意味し
それは、子供を挫折させる行為を形骸化することになるから
欧米圏では、ロリコンに対して極めて厳しい対応を取っている。
ただ、先のマイケル・ジャクソンに対する判決など見る限り
また、欧州の保守志向など見る限り、だいぶ変わっていている感もある。

日本の場合は、親が子供の育て方を失敗したら
厳しい教育機関にブチ込んで、無理やりに挫折させて
人格矯正を施すという手法を取っていた。

これはどうやら幾らなんでも、子供に負荷を負わせ過ぎているんじゃないかということで
最近では、厳格な矯正作業を施す学校というものは減ってきている。

その代わりに、企業がコレを代行するような側面がでてきていて
しかしどうやら既に、大半の現在の新社会人達は
この仕組みを見抜いているんだよね。
だから、幾ら厳しくしても人格矯正なんかはされない。
労災・死人が出る前に辞めた方が良いと思うんだよね。
このままだと大変なことになっていってしまう。

412 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 16:16:02 0
日本の親はなんでもかんでもアウトソーシングなんだなぁ
自分たちには能力がないから

413 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 17:51:15 0
―――――v――――――――――――――――
     ,.r―‐----、_
    _/ /rィr __  \_
   / ,r''"゙'''"''^~ ゙ヽ、= ヽ
  i 彡'         ゙ミ`i
  !ソj jiiii=‐、  ,.=iiiii .)jリ
  トーrr=====、_r====v'レ、
  frレハ'j'.&,>.ハ<.& >ノ ト,!
  ヽ.lN ー‐'r,、 ,),、‐‐ イ/
   トj ト、  " _ _ `  .ノ
   .∧ヽ  '"=='゙`  /
 ,..:'f'  \ヽ丶、_,.ィ ,ハ-、
'"  l   ヾヽ、    .ハ `ー-、
   !    \`ヽ-'く .l

414 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 22:09:56 0
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212740190/

415 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 23:42:13 0
そろそろ既知害が戻ってきますな、ぴかぁ〜さんw

普通の奴だったら、あんな異常者に粘着されたら、
2ちゃんをしばらく止めるなりしてほとぼりが冷めるまで
待つものだが、さすがは真性ニートのぴかぁ〜さん。
、実社会と接点のないネット依存症の君にとっては、
それはできないよなw

重度のアル中と同じ。
自分ではわかっててもどうしようもない。
施設に入って、強制的にネット環境から遮断されるしか
更生の方法はない。
まあ、ぴかぁ〜自身、百も承知なんだろうがな。

ネットで存在感を出そうとがんばればがんばるほど、
実社会から隔離されていく。


人生ってつらいよなぁ、ぴかぁ〜さんw


416 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 23:44:33 0
ちなみに阿修羅は文章はうまい。
内容は運子だけどw

417 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 23:48:42 O
(;゚Д゚)やってみてぇ

418 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 23:49:22 0
ニートが真性の神なんだろ。フリーターは普通の神だけど。

419 :考える名無しさん:2008/06/06(金) 23:58:32 0
コテ変えても、過去は消せないと思うぞ  >P

420 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 00:04:50 0
え?やっぱりさ、働いたら負けでしょ?

421 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 00:06:18 0
>>417
そういう時はね、紙コップにドロドロ状のウンチを入れて眺めるといいよ

422 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 05:08:03 0
魔法使いハピィの方がハウルより上。

423 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 05:27:34 O
オハヨー
アッシュ君、今日は何を語るんだい?
ハウル?ジブリ?

424 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 05:32:07 0
>>423
       ___r'◎ ◎ヽ  
     r'"ヽ   t、 v  /  おまえらも何か語るんだ!!
    / 、、i    ヽ_,,/_
    / ヽノ  j ,   j |ヽ  ここは哲板ダゾ!!
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

425 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 05:35:21 0
よく考えたらここはぴかぁ〜のスレだった。
思い込みはよくないよね・・

426 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 05:40:38 0
世論は核武装賛成・戦争賛成、体制は反対。
実際により強く頑張っているのは、民間より官僚。

そこを維持し続けることが大事かなぁ。。

あとは移民受け入れをしていって、領土拡大路線を声明。
国際社会から非難を受けつつ、アメリカの世界戦略をアシスト。

アメリカの世界制覇がほぼ確定してくる時点でEUと共同して
アメリカと併合。

この辺が落としどころカナ。。
対中戦略は現状維持で
領土拡大をある程度許容しつつ、融和を図っていけば良い。

つまりは、現状の路線でほぼベストなんだよね。

民族個々人の水準を上げていくための
アシストアイテムが足らないという感じで。


でもこんな認識だと駄目なので記憶を抹消。。
己の立ち位置から生き死にを賭けねばならぬっ!!!!

ということでエロゲがんばろ☆

427 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 06:40:02 0
と云いなしののりしののり・∀・)∀・ワラウム返し数ら放ら放ら放が少なの意味もない
バ゙ラ数が少なゲラゲラしり??悪いほどバカというんだよな・∀・)あワラあハァーイ(´∀`
・∀・) )放が少なの意カラケ多いラウ最ンクの校ので募数が少なく気が無い・∀・)
らかに定員割放が少なの意エズオドットコ放が少なの意放が少なの意放が少なの意・∀・)
定員願者数ぼがらエズオドットコ放らしいラゲラゲララウラウ割放が少ラウラウラウラウ割放が少アユは
DQNだからエズオドットコ放置ハァーイ(´∀`な(wラゲララウララゲララウ

オブクソップティをして
パイラいんじゃないか?w
グラマっていろいろ哲学ってずいぶんと簡単、っていうか楽。
哲学不能でもかまわない、ってのが楽でいいよね。
わかんないものはテキトーに概念定義してごまかせばOK。
グラナンボだから、実証不能なものはレベログラカルシキングじゃね?
プグマリプキンペルガー症候群なだけだろww

揉んでえ〜
揉んでえ〜
揉まれてえ〜
揉んでえ〜
揉んでえ〜揉みつぶれて眠るまでえ〜

揉んでえ〜

428 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 09:35:04 0
>>427

>>426

間男の太田ちゃんに揉んでえ〜揉まれてる私はゼロアカ帝国

小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン体制タンポン官僚アナルの女神あずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。


429 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 09:51:17 0
ホアどぶちゃドホアどぶちゃドエズットコち^゚)^゚)゚。プ。フぢっぷぷらだお!
ほほほ、ほーっほ、ほーっぷープゲラレンチョピピーッ!!
アーッ!! ホアーッ!! 、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! 
ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! っ、ホアほほ、ほーっ
エズットコち^゚)^゚)゚。プ。フぢっぷぷらだお!
ほほほ、ほーっほ、ほーっぷープゲラレンチョピピーッ!!
アーッ!! ホアーッ!! 、ほーっ、ホアホアどぶちゃドホアどぶちゃドエズットコち^゚)^゚)゚。プ。フぢっぷぷらだお!
ほほほ、ほーっほ、ほーっぷープゲラレンチョピピーッ!!
アーッ!! ホアーッ!! 、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! 
ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! っ、ホアほほ、ほーっ
エズットコち^゚)^゚)゚。プ。フぢっぷぷらだお!
ほほほ、ほーっほ、ほーっぷープゲラレンチョピピーッ!!
アーッ!! ホアーッ!! 、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! 
ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! っ、ホアほほ、ほーっ
アーッ!! ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! 
ホアーッ!! ーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!! っ、ホアほほ、ほーっ


430 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 17:24:29 0
       ,ィZ三三二ニ== 、、
 :.    ,. --{シイィ彡彡三三三ミ丶、 :.
   ,イィ三ミ>'"´ __,,  ̄`丶ミミミミヽ
   /シ彡シ'´ _ ,ニ_二 三‐`、 `ヾミミミヽ
:. ,'ilif'彡' ,' _,..-ュ ̄ fニ三三ミヽヾミミミヽ :.
  jlリイ彡! :,ィ彡'"´ :.  :. .:'   `゙' ヾミミミミ',
  l{i{l{lノリ ,'fi´    _, i  :. ';=―一   ',ミミミミ! :.
:. {lilili/{  ' ,.-‐'"´,:,!  ' 、ー-‐ '     Nlハ⊥    
  |lilifリハ  .: '、 _,.ノ,'   ,. }、     tf{´i, l|
    '''l^^~~~   __,,,ノ( 、_, )。_、  -‐‐‐--l-
     ヽ、 ,,,,  `'ー=ニ=-イ    ~^'‐..,,_/
           ,〉  ,,    ",〉__
          〈 _ _  , /,t    ̄, '゛`ヽ、
           `ー--‐''"  '      i , ,  |
              /| ,   、      !    |
             |  、   \ ゛、__〉' ⌒|
              |  ヽ、_, -ー" ̄    }
              !, -‐(_____,,,-く
                 i       _../   i
               `ー--‐ "´        |  

431 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 17:59:04 0
ぴかぁ〜を認知シュロ!

432 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 18:10:01 0
ぴかぁ〜はアスペルガーか高機能自閉症じゃないか?
それで会社でスポイルされていまニートやってる

433 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 18:12:57 0
ぴかぁ〜は行為で頑張れ!


434 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 18:17:26 0
認知が壊れてて行為が清らかなんて、
ありえないだろ
こいつの頭地獄だぜ

435 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 18:29:38 0
>>434

地獄の黙示録をゼロアカ道場で

間男の太田ちゃんに語らせる私はゼロアカ帝国

小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン認知タンポン行為お口でしてあげる女神あずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。


436 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 19:03:23 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はいてはるかね?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)


437 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 20:06:38 0
行為としてのエロぴかぁ〜

438 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 20:09:28 0
エロアカ・サピエンス。

439 :殊羅研介 ◆zux.LiRqWQ :2008/06/07(土) 20:19:58 0

の阿修羅はみんな偽者です。
マジでかんべんしてください ><
僕はこんなに頭のおかしい人じゃないしっ ><汗

440 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 20:23:24 0
ショボーン(゚.゚)

441 :絵里万:2008/06/07(土) 20:35:11 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はいてはるかね?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)


442 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 21:42:23 0
純一にーちゃんのパンツをはいて立ちしょんの練習をしてるあずまん子潮吹きパイパンのしおね内親王です。


443 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 22:01:27 0
行為としてのエロピカーに目覚めたゼロアカ帝国小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后スカトロ好きあずまん古腐人淫乱に潮吹くさなえ陛下です。


444 :絵里万:2008/06/07(土) 22:01:48 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はんはまだですのん?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)

445 :考える名無しさん:2008/06/07(土) 22:06:44 0
阿修羅∞落とし=純一の自演ということでok?

446 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 22:09:54 0
>>445
OKです
更にぴかぁ〜も俺だし。

447 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 22:11:46 0
同 属 嫌 悪 は 同 化 願 望 の 裏 返 し ! !

こ の ス レ は 愛 に 溢 れ て い る ! !

448 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 22:15:46 0
↓ぴかぁ〜が言葉で相対化

449 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 22:18:07 0
みんな、ぴかぁ〜先生を応援しよう!
ぴかぁ〜の本が有名になって売れっ子になってからオフ会でも開いて
みんなでぴかぁ〜から、金をむしりとろうではないか!
みんな資本主義に疲れているんだ!

450 :阿修羅∞落とし:2008/06/07(土) 22:28:08 0
そんなことより、仕事ください!

451 :阿修羅∞落とし:2008/06/08(日) 00:50:07 0
>>450=本物

452 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 00:59:01 0
>>444-451
↑プグマリプキンペー症候群の安倍沈だな?www

みっともないよw
どのつらさげて登院できるのか
美しい国に逃亡した方がいいんでないかな



453 :阿修羅∞落とし:2008/06/08(日) 01:12:31 0
それじゃあピカァ〜スレを独立国家として宣言してください。
俺が美しく変えて行きますサカイな〜。

454 :ビーストキラー・ダンディ浅野:2008/06/08(日) 01:38:58 0
913 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 01:02:52 0
>>912
単純に「ナチスの悪」というが、
歴史的事実としての「ホロコースト」(民族絶滅)の犯罪とは
ユダヤ人や連合国のでっち上げの要素が強い。
ガス室での殺戮については疑問が多い。
ロシアや中国のコミュニズムによる大量殺戮に比べれば、
ヒトラーの人種隔離政策(強制労働収容所)はまだ程度がよい。
まあ、収容所でのチフス伝染による大量死は弁護の余地はないが。
ハイデガーは単にドイツ国民の義務として、時の政権のナチスを
支持したに過ぎない。
彼の思想にホロコーストの思想はない。


914 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 01:34:18 0
>ハイデガーは単にドイツ国民の義務として、時の政権のナチスを
>支持したに過ぎない。
それが駄目だって言ってんだろw

455 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 01:54:26 0
最近思うのですが、大学の財政全体への放射性物質のことはすぐに
今から「あいつらは嘘つきです」と泣きいれて
左翼はこれで馬鹿釣って、まず10代にはモラルが書き殴った
酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」について私は無神論者で
場違いと思われますので貴乃花を神格化したくて 絶対に
先入観や世間的イメージや意味を流行もんでしかも自分の症状と
あらゆる哲学者からわれわれの情報の把握の不完全性に
この世界は素晴らしいと思えることで物事を理解し、己の良心の
小便臭い魔婿に執着する阿須満w

456 :江川達也:2008/06/08(日) 01:58:57 0
みんな生きてる動機がおかしいよ!

457 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 02:51:52 0
んなこたーない
みんな生きる意味必死で探してる途中www

458 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 02:59:21 0
狂乱家族日記面白いぉ

459 :びたみん ◆26UbmOEElc :2008/06/08(日) 03:51:32 0
はあぁ?何いってんの?
早く結婚しなさい!


460 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 09:01:59 0
行為としての結婚を早くしたいしーちゃんはゼロアカ帝国アダルトモドキの美少女エロぴか理論の皇女縛乳生娘アニマル放尿クレポン尿瓶タンポン肉便器ワギナの女神失禁のあずまん子潮吹きパイパンのしおね内親王です。

461 :絵里万:2008/06/08(日) 09:10:53 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はんはまだですのん?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)

462 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 09:22:37 0
        ッツmmmmmmミッ
      ッmmmmmmmmmミッ
     mmmmmmmmmmmm
    mmmmmmmmmmmmm
   mmmm"゙        ゙"mmm
   mmmミ      ・      mmm
   mmm 丶/|::/!!!    ミ;= mmm
   mm::::: :r",,ゞィ    ヨ ●ヾ mm
    m::::::::: イ●ノ /  、"'ーヘヽ  m  阿修羅君、うちの会社に来ないかね?!
    |:::::::::::::::::"" ,.゙・ ・'' ヽ、""    |
    ヽ:::::::: " ( "'-三-''" )    ノ        , --、
       ゙゙'''‐-...,,,,,,,,,,,,,,,,,,....-‐-‐''':l:\       ,イ`´ ̄ヽ   ビシッ
         ,イ}       / /::::::l::::::\    ノ ヽ、__ノ
        /::ハ   /  /:::::::::l:::::::r'´ ̄ ̄    /⌒ソ⌒ソ⌒j
      /::::::{  〉ー<   /::::::::::::l::::::ヽ_      /  /  /  /
     /::::::::::::l ∧  ∧ /:::::::::::::::l::::::::::::::::`ヽ、  `ー'^ー'^ーイ
      /:::::::::::::::l/  厂l ∨::::::::::::::::::l:::::::::::::::::,イ:/`ー---一ァf'´
    /:::::::::::::::::::l /  ∨:::::::::::::::::∠::::::::::::::/ヾ<      / }

463 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 11:58:49 0
>>1

行為としてのエロぴか理論のリアリズムを認知している私はゼロアカ帝国

ダーリンの浩紀の浮気に悩む皇后

爆乳生熟女アニマル排便クレポン慰謝料タンポン離婚アナルの女神

嫉妬に狂うあずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。


464 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 13:25:35 0
哲学板のコテハンといえば、不自然なほどにお互い関知しない感じがあったけど、
最近の絡み合いは尋常じゃないな。誰が最初に不安定になったんだろう。

465 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 14:29:00 0
>>464
お前だよ

466 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 14:39:29 0
>>465
俺は名無しですよ。

467 :阿修羅∞落とし:2008/06/08(日) 15:09:00 0
秋葉に第二の宅間を目指すイカレポンチが現れたらしい。

468 :阿修羅∞落とし:2008/06/08(日) 15:10:28 0
俺が彼を裁けるとするなら、懲役3年くらいが妥当だろうか。
あとは被害者遺族にあだ討ちでもさせておくといい。

469 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 15:53:18 0









         ...-ー、,-─ 
        .-=・=- i、-=・=-   
.       /    ((i))   \ 
          .. -=ニ=-        本当にそうかな?
           .`ニニ´













470 :ジェノサイダースズキ:2008/06/08(日) 22:52:18 0
ここはピカっと純一な行為としてのゼロアカ阿修羅帝国
同性同士で妊娠するまでオナニーしまくって皆ハッピーで早漏

471 :江川達也:2008/06/08(日) 22:56:24 0
東京大学物語を読みたまへ。
そして腑に落ちないとおもへば、日露戦争物語をよみ、それでも不服なら
家畜人ヤプーに親和性を示そうとしたのち、それでも怒りが込み上げるなら
すべて私にぶつけたまへ。


472 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 22:59:13 0
メタルギアでらりるれろ

473 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 00:48:34 0
認知されるエロぴか理論!

474 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 01:17:27 0
ぴかぁ〜は認知系のセックスを目指しているのか。


475 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 01:18:56 0
浮気の言い訳「行為としての異性を超克せしめんと我の言語中枢が謀反を起こしたのだ」

476 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 01:24:36 0
アホかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

477 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 02:15:50 0
純一が来ないといまいちスレが盛り上がらんなぁ

478 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 02:33:05 0
哲学が終わっているとは言い切れないが、ここしばらく停滞している。

日本では担い手が事実上絶滅しつつある(まともな人材が他に流れていく)。

そこでポモにかぶれる奴をはじめ、

アインシュタインマチガットル厨,現代思想厨,ソカ厨,セコ厨,添え厨が

ありもしない仕事を捻出してねばっている。

これは否定の仕様がない事実である。


オブクソップティをして
パイラいんじゃないか?w
グラマっていろいろ哲学ってずいぶんと簡単、っていうか楽。
哲学不能でもかまわない、ってのが楽でいいよね。
わかんないものはテキトーに概念定義してごまかせばOK。
グラナンボだから、実証不能なものはレベログラカルシキングじゃね?
プグマリプキンペルガー症候群なだけだろww

揉んでえ〜
揉んでえ〜
揉まれてえ〜
揉んでえ〜
揉んでえ〜揉みつぶれて眠るまでえ〜

揉んでえ〜

479 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 03:35:42 0
純一さんは現在、鬱状態なのでしばらく来れないそうです。

480 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 03:42:21 0
まぁアレだろ
ないあつが高まるとセックスよりも喧嘩祭りだろ
戦争でもいいじゃまいか

481 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 04:17:18 0











         ...-ー、,-─ 
        .-=・=- i、-=・=-   
.       /    ((i))   \ 
          .. -=ニ=-        本当にそうかな?
           .`ニニ´













482 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 04:20:34 0
純一さんは現在、鬱状態なのでしばらく来れないそうです。

483 :ゼロアカなんてクソくらえだ馬鹿め:2008/06/09(月) 04:47:39 0
46歳中卒ニート
両親死去
40歳までバイトしてたが愛想つかされクビになる。

6年間モヤシと段ボールだけを食って生きている。
おれが新世代の神になる。

484 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 04:48:43 0
またヤベェやつが哲板に参入してきましたね。

485 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 05:31:46 0
>>483
ぴかぁ〜?

486 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 06:07:52 0
おれのじいちゃん、金持ちの息子で82年間一度も働かずに
あの世にいったんだゼ
これはうらやましい


487 :東ひろき:2008/06/09(月) 07:41:09 0
そんなバカな。

488 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/09(月) 09:00:32 O
なんか荒れてるな。どうした?

489 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/09(月) 09:27:54 O
またきちがいラルクか

490 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 10:15:26 0
ヒロキモナ〜

491 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/09(月) 12:31:01 O
そして現代の訓練はこのような全面化したポイエーシス空間で行われる。

492 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/09(月) 12:32:02 O
見る、聞く、触るなど

493 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 12:51:17 O
なにもしらないくせに













えらそうに

494 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 14:40:33 0
そして失禁の訓練はお触りから始まるゼロアカ帝国アダルトモドキの美少女放尿のあずまん子潮吹き開脚パンチラのしおね内親王です。

495 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/09(月) 15:37:37 O
アフォーダンス 行為空間
ポイエーシス 視覚空間

視覚重視の人にとってアフォーダンスはポイエーシス的であり、行為はポイエーシスの中で訓練される。

視覚 目的論的
行為 無自覚的

このような折り合いはポイエーシスという媒介により行われる。

行為を言語記号的な規則にそった慣習として訓練する媒介としてのボイエーシス言語記号空間


496 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 16:04:58 O
ニートは死ね

497 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 16:28:11 0
開脚パンチラのあずまん子潮吹きパイパンのしおね内親王モナ


498 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:35:09 0
■なぜ世界は言語記号のようにポイエーシス(制作)されるのか

なぜ「言語コミュニケーション」は可能なのか

たとえばある人から「バカ!」言われる。「バカ」のコンスタティブな意味は「頭が悪い」であ
るから、「なんだと!」と怒るべきだろうか。いや、「バカ」は「親しみ」の意味で使われること
もある。なにかへまをやってので「慰め」の意味かもしれない・・・

これは人工知能の「フレーム問題」に近い状況であると言える。人工知能に「正確な意味を
獲得し、的確に返答する」ことを命ずれば、「バカ!」の前でフリーズしてしまうだろう。しか
し人は「フレーム問題」に陥らず、当たり前に言語コミュニケーションをおこなえているの
は、まさに先の「なぜ人は「フレーム問題」に陥らないのか」と同じ構図がある。先の説明文
を「言語コミュニケーション」にそのまま使うことができる。

499 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:35:43 0
まずこの問題設定そのものが視覚系の思考である。先に無時間な視覚像として「結果」=
「意味が伝わる」が想定されてそこまでの「フレーム」の可能性が解釈されるという筋立てで
ある。しかしこの筋立てでは無数のフレームの出現するのは必然でありフリーズする。ここ
には聴覚−運動系の思考が欠落している。

人が行為するとは、目的=「意味を理解しよう」、結果=「意味が理解した」と「無時間な視
覚像」が認知されたあと、事前に最適解が求められるのではなく、行為は「試行錯誤」とし
て行われる。しかしそれが「試行錯誤」でなく、最適解をたどったように錯覚されるのは行為
そのものが「無自覚」で行われて「りんごをとった」という結果のみが自覚されるという、視覚
系と聴覚−運動系の逆理による。

そしてこのようなスムーズな「試行錯誤」が可能であるのは「訓練・経験」のたまものであ
る。人は「言語コミュニケーション」などの行為することに関して十年以上の訓練・経験をつ
んだ超ベテラン選手なのだ。

「意味とはなにか」と考えれば、「そもそも意味は存在するのか」といえるだろう。そのはじめ
に意味があるということが、「視覚系による目的論」思考である。言語コミュニケーションは
訓練・経験によるその都度の「試行錯誤」によって試みられているのであって、意味が伝わ
るのはあくまで事後的な確認でしかない。

500 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:36:18 0
「視覚−言語記号系」の無時間性

<目的論>とは、聴覚−運動系の運動が無自覚で行われ、「あのりんごを取ろう」=「りんご
がとれた」という「視覚系」のみが自覚化されることで成立している。このような視覚系の特
徴として上げられる無時間性は、視覚において特徴的であっても、その本質は言語記号と
使用した認知と深く関係している。

すなわち無時間性とは、「言語のように見る」、「言語のように聞く」、「言語のように味わう」
ことで、その間の行為は無自覚化され、<言語記号>=<概念(意味)>として一気に、あたえ
られることによる。これは聴覚−運動系に対比して、「視覚−言語記号系」と呼べるだろう。

501 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:37:05 0
ウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」という行為論

このような行為論はウィトゲンシュタインが「言語ゲーム」と呼んだものに繋がるだろう。言
語コミュニケーションにおいて、「解釈をいくら連ねても意味は決定しない」。人はただ「規則
に従う」ことで、コミュニケーションを成立させている。「規則に従う」とは規則を解釈すること
ではなく、訓練によって習得された慣習の実践である。

ウィトゲンシュタインは、解釈は意味を決定しないことから、「規則に従う」という行為を抽出
する。しかしそれがどのような原理によるものであるか、までは言及していないが、先の人
がもつ「視覚−言語記号系」による目的論指向の特徴を指摘といえる。

そしてウィトゲンシュタインは「規則に従うと言う事・・・は慣習([恒常的]使用、制度)であ
る。」ということで、「言語ゲーム」の成立を救うが、「慣習([恒常的]使用、制度)」とはなん
だろうか。

言語コミュニケーションにおいて<解釈行為>に躓き、どのように解釈するのかと懐疑してし
まえば、とたんのコミュニケーションが不可能になってしまう。「バカ!」と親密の表現として
行ったつもりが、相手が悪意にとり、怒り出すようなことは絶えず起こっている。「言語ゲー
ム」が絶えず失敗の可能性にさらされている。

502 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:37:53 0
「視覚−言語記号系」の形而上学

人における「視覚−言語記号系」による目的論指向は、行為が訓練による「試行錯誤」であ
ることを忘れさせて、先に「規則」があり、「意味」があるという錯覚を生み出す。それは、
<言語記号>=<概念(意味)>として一気に、あたえられる。

たとえばハイデガーはイデア論からデカルト、そしてヘーゲルの近代的な形而上学にいた
るまで、西洋哲学の端緒から、視覚が真実の在処であったことを指摘する。「意味」とは突
き詰めれば「光の開けの中の」イデアに行き着くと言うことだ。それは、「表ー象=前に-置く
こと」という表象主義である。

そして「視覚−言語記号系」の形而上学の特徴は、「見る」ことに真実(イデア)を求めること
で、<観察者>の位置に立ち、対象とは切り放されて、全体を俯瞰する位置にたつという目
的論とともに客観主義である。

このような客観主義的な形而上学は、現代の科学の基礎にもなっている。科学は自然環
境に対して<観察者>の位置に立ち、現前にさらけ出し言語記号化することで絶対的な「真
実(イデア)」を見いだす。科学技術の「真実」も一つの「試行錯誤」であることは隠される。

503 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:38:29 0
水族館という「視覚−言語記号系のイデア装置」

たとえば水族館にいる色とりどりの魚をみていると、小さな水槽をもくもくと右から左、左か
ら右と繰り返しまるでよくできたおもちゃのようで滑稽である。水族館は「視覚−言語記号
系」の無時間な世界である。言葉をもつものが「〜として見る」ことでフレームをつくり、語ら
ないものは像でしかない。水族館は語る(視る)者が見やすいように無時間化されたフレー
ム、すなわち言語化されたコンテクストをつくる「視覚−言語記号系のイデア装置」である。

魚は機械ではない。実際の海においては彼らの運動系の知覚は思う存分発揮され彼らの
高等さが明らかになるが、水族館という無時間世界ではその運動系の知覚は無意味化さ
れる。それに対して人は海の中での運動系の知覚の低さは単なる「うすのろ」でしかない。
広大で変化し続ける物理環境では「視覚−言語記号系」はたいしたやくにはたたないだろう。

そのために人は自然環境に能力を拡張する「機械」をもちこむ。カメラは「視覚−言語記号
系」の拡張であり、未知の世界に言語記号世界の侵入を意味する。そしてその瞬間に、
「設計図」がひかれ、設計図にそって運動系を拡張した動力機械が導入され、環境は制作
される。それは自然環境をイデア的に無時間することを意味する。

たとえば舗装される前の道は、でこぼこでつまずぐ、雑草が生えて荒れる。荒れた道を歩く
とき、ただ無自覚に歩く(行為する)ことはできない。足下を気にして、いかに歩くかという行
為を自覚化しなければならない。それを舗装することで、歩く行為に無自覚になり、考えご
とをしながら、またお喋りをしながら通行することが可能になる。すなわち舗装された道は、
道の意味=「通行する」という真実(イデア)を開示する。そしてあまりに真実でありすぎても
はや疑うことも忘れられるのだ。世界を無時間化することでイデアを開示するのである。

504 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:39:28 0
「真理を生産する」ポイエーシス空間

ここで、再度、「意味とはなにか」と考えれば、意味が「視覚−言語記号系」による形而上学
的な「錯覚」であるとしても、現に意味は外部に開示されている。ギリシア人はこのような
「真理(イデア)を生産すること」、それによって「人間の実在や行動への世界を開示する」を
ポイエーシス(制作)と呼んだ。

ポイエーシス空間の特徴は、真理すぎて無自覚化することにある。道路は道路以外なにも
のでもないわけだから、歩くことも無自覚化される。ただはじめに目的の場所を設定すれば
あとは身体が歩いてくれる。すなわちポイエーシス空間は「ハイウェイ空間」である。

椅子は疑えないほど椅子であり、手摺りは手摺りである。水族館において魚は魚であり、
そして職場において身体は「労働する身体」である。そしてその先には「私(コギト)」は限り
なく「私」でなければならない。

そして、「真理を生産する」ポイエーシス空間は、行為を無自覚行うようにアフォードする。
椅子は椅子であって、座っても大丈夫か?というような懐疑は排除される。そして見方、聞
き方、触り方、歩き方など、行為はそのようなポイエーシス空間との関係で<訓練・経験によ
る習得>が行われる。行為はかつての自然環境で習得されたものかわっているだろう。

505 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/09(月) 17:40:01 0
「物象化」された「商品の集積」世界

現代は「視覚−言語記号系装置」が全面化することでポイエーシスな空間が包囲してい
る。たとえばアガンベンによるとかつては芸術作品は創造的な「プラクシス」であるととも
に、「ポイエーシス」でもあった。しかし近代の資本主義社会において、ポイエーシスが「大
量生産」されることで、芸術作品は創造的であること、すなわち真理を解体する創造という
「プラクシス」に先鋭化された。

さらに現代のポイエーシス空間の特徴を指摘したのは、マルクスだろう。現代のポイエーシ
ス空間とは、「物象化」された「商品の集積」世界である。すなわち商品の世界とはイデオロ
ギーが外部へと具現化された世界であり、その中で人は行為の訓練を重ねることで「実用
的・現実的な活動」を行っているのだ。

>>
資本主義社会では主体は解放され、自分たちは中世的な宗教的迷信から解放されている
と信じており、おのれの利己的な関心にのみ導かれた合理的な功利主義者として他者と関
係する。しかし、マルクスの分析の眼目は、主体ではなく、物(商品)それ自体がおのれの
場所を信じている、という点である。つまり、信仰や迷信や形而上学による神秘化は、合理
的で功利的な人格によって克服されたかのように見えるが、じつはすべて「物どうしの社会
的関係」の中に具現化されているのである。人びとはもはや信仰をもっていないが、物それ
自体が人間のために祈っているのだ。これは同時に、ラカンの基本的な前提の一つでもあ
るように思われる。信仰(信念)は内的なものであり、認識は(外的な手続きによって確証し
うるという意味で)外的なものだ、というのが一般的な定式であるが、むしろ、信仰こそ根本
的に外的なものであり、人間の実用的・現実的な活動の中に具現化されているのだ。P55

「イデオロギーの崇高な対象」 スラヴォイ ジジェク (ISBN:4309242332)
<<
(つづく)

506 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 17:45:46 0
それで?

507 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 18:19:23 O



能書きはいいから、働けニート

















508 :宮台∞シンジ:2008/06/09(月) 20:47:24 0
俺のスレを荒らすなぁ〜っ!

509 :考える名無しさん:2008/06/09(月) 21:02:07 0
商品の集積であるゼロアカ帝国アダルトモドキの美少女ぴかっと閃くエロぴか理論の皇女あずまん子潮吹き開脚パンチラのしおね内親王です。


510 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 22:06:02 0
梱包が無垢の生産装置なんて嘘ですよ。
梱包とは自然回帰願望なんですよ。

511 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 22:07:27 0
処 女 膜 を 破 る の が 男 の 仕 事 な ん で す か

512 :阿修羅∞落とし:2008/06/09(月) 22:09:06 0
今こそ一つになろう!!
セックスしよう!
俺はぴかぁ〜とアナルセックスがしたい!ただそれだけの為に、生きている!

513 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 01:19:17 0
阿修羅は退院したのですか。
この様子だと更なる入院が必要ですね。

514 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 01:23:30 0
阿修羅とキキキがうpした写真がそういえばあったな。
こう見ると、ぴかぁ〜が一番個性無いな。それが実体なのかもしれないが。

515 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 01:56:34 0
それで?

516 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 02:00:47 0
なんでも続いていくとでも思ってんの?バカじゃねーの?

517 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 02:22:10 0
仕事を紹介してけろ

518 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 02:25:40 0
こんな時間くるなよ!!

519 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 02:28:56 0
>>518
http://syuramina.cocolog-nifty.com/about.html
メール待ってるニョ☆

520 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 07:30:38 0
しーちゃんも認知されたいので
行為としてのメールくださいゼロアカ帝国
アダルトモドキのぴかっと閃くエロぴか理論の皇女
縛乳生娘アニマル放尿クレポン否定神学タンポン信仰ワギナの女神
失禁のあずまん子潮吹き開脚パンチラのしおね内親王です。


521 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 08:17:56 O
本物の阿修羅?

522 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/10(火) 08:29:59 O
純一の演技らしい

523 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:10:05 0
自演シュテル!

524 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:21:10 O
間違っても他人を巻き込む事件はおこすなよ、ぴかぁ〜

525 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:25:05 0
>>524
ぴかぁ〜と呼ぶお前はw
落ち着け。梅雨に入っていらいらするだろうが、
たまには外に出て深呼吸な。

526 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:29:37 0
ワイドショーみたいが、まあ真面目すぎるタイプだが、
良くいるタイプで、ここ数日に疎外感が発酵した感じだな。

オレでもうっとくるぐらいだから、純一みないが奴らは
やばいだろうな。隣のヤツは大丈夫か?と考えると、
電車とかのるのも怖くなるよ。

527 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:31:04 O
コテ変えても、ここに常駐してる事実は変わらんよ。悲しいことだが…

528 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:31:36 0
ヒロキモナ〜

529 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:36:43 0
>>527
友達になりたいのか。悲しいヤツだな・・・

530 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:41:10 0
やはりポイントは孤独、と言うことになるんだろう。
疎外感が発酵した。

派遣社員の孤独感は大きいんだろうな。
切ったりはったりされる「労働する身体」としてのみ扱われて。
精神は徒労する。

彼女がほしい、というのもそれに対するものだろう。
どこかに支えがほしかった、ということ。
それでも派遣社員のような不安定には彼女はできにくい。



531 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:41:26 O
派遣社員 加藤
バイト 純一
ニート ぴかぁ〜



自分が社会の最低辺ではないということに加藤も気づけばよかったのだが

532 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:43:29 O
ともあれ、被害者の方々のご冥福をお祈り致します…

533 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:47:51 0
地元という場から切り放されると、残る根は家庭。
家庭をつくるまでなくても、「彼女」をよりどころにするというのはある。

しかし日本では女性の社会進出は少ないし、
地元を離れるにしても東京とか、都会の事務処理とかね。

地元に根付くか、都会に住むか、どちらにしろ女性は
或る程度の「場」が確保されやすいし、
その中で男を選ぶから、ハードルが堅くなる。

それに比べて、男は日雇い、派遣など、単発の労働力化されて、
場から切り放されている。彼女もできない。

534 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:49:48 0
>>531
よくネタにできるな。

535 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 09:50:30 O
おまえがなW

536 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:53:50 0
日雇い、派遣というのも、正社員の年功序列的雇用を守るためだし、
女性の社会進出を妨げるのも、同じ。
日本型の会社システムの限界なんだろうけど、
でもそれを崩したからどうなるものでもないんだよな。

グローバルで考えれば、日本の競争力が劇低下しているわけで、
追いつめられるから。

537 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:54:44 0
>>535
大丈夫か?

538 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 09:59:18 0
人工知能化しちゃったのかね・・・


「陶酔する人工知能たち」シリーズ http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/

その4 なぜ世界は言語記号のようにポイエーシス(制作)されるのか
その3 再び、なぜ人は「フレーム問題」に陥らないのか
その2 [解説]なぜ「フレーム問題」は錯覚なのか
その1 なぜ人は人工知能化するのか

539 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 10:17:05 O
おまえは全然大丈夫じゃないな
入院したらどうだ?

540 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 10:18:33 0
>>539
それだけいえれば、まだ大丈夫だな。

541 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 11:10:20 0
世の中に疲れたような顔してましたね。ちょっと痩せ気味で。
純一さんは今回の秋葉の事件にはめずらしくノータッチですが、
やっぱり自分に似てる人はさすがに批判できないのでしょうか?

542 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 12:43:26 0
純一さんが今回捕まった犯人(下等?)だそうですけど本当ですか?

543 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 12:45:26 0
秋葉原の加藤と言う人らしいですけど。それは、もしかして純一さんですか?

544 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 12:56:40 O
純一じゃないにしても、奴も予備軍の一人には間違いない。
純一とメタPは外にでるな
今のままネットに引き籠もってろ!

545 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 14:11:12 0
日本は巨大な精神病院。

546 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 14:24:38 0
加藤はあほだな。
どうせ殺すなら、社会に害悪を垂れ流してる上層とかにしてクレや。
弱い者同士で殺しあって何になる。

547 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/10(火) 14:31:48 O
派遣など腐るほどいるわけで逆に耐えれなかった部分、それが秋葉にあったような気がする
彼にとっては秋葉への道が閉塞から抜ける通路だったんだろう。そして秋葉についてしまいとその先は突入しかない。
秋葉ってオタクにとってそんな場所なのかね

548 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 14:40:57 0
癒しを提供して人が満足するかっていえば
そうでもないんだよね、鞭があるから飴に価値がでてくるのであって
鞭も飴も他人に振ってもらうのではなくて、自分で振えばいいのであって
足りない鞭や飴を他人に求めるときには、代価を支払うというのが
自立した個の成立と成熟を促していくのだとも思う。

簡単に人に嫉妬したり、卑下したり
そういうのめんどくさいウザったいという一方で
人から必要とされるのが安易というのがある。

そういう安易さを廃していかないと全体の水準が低く押し留められてしまう。
生きていくに必要不可欠なものを得ることを高度にしていかないと
強く育っていくことが出来ない。

549 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 14:43:24 0
例えば、仮に人間の全能力を偏差値で表現できたとして
僕の人間偏差値が70だったとしよう。
そんなに高くねぇ訳だけど、見栄張りたいので70だと言わせておくれよっ! ハァハァ

で、今の社会で目立って上の立場に立ってる人達の偏差値って50チョイくらいなんだよね。
かつては『演じて半歩先、50チョイ』だった面もあるんだけど
今では完全に50チョイだったりする。下手すれば50以下。

ちゃんと偏差値75の人がトップに立って
そこからトップダウンの構造にまずすべきであって
それが現状できてないんだよね。

そこまで達成してから棲み分け構造が見えてくる訳で
現状の歪みを矯正していかないと、次のステップを踏んでいくことが困難だったりする。

偏差値50前後の上の人達が70前後の人達をピックアップして
それを利用し、その威を借りる形式が大手を振ってまかり通っている
現在社会というのに相当分に問題があるのではないか? と。

都合の良い実力者の威を借りる行為がまかり通り
内部から育つ実力者を認めず潰すような作用が働いてしまうのは
先に再三書いているように、日本社会の構造が、欧米など列強国の威を借りて
秩序を形成しているからだったりする。

一番上に位置する人間が、外部から実力者を引っ張ってくる形になっているので
その子分達というのも親分の真似をするようになる。
またそれは多くの場合、無自覚だったりする訳で、自覚するためには
誰かに啓蒙されるのではなく、自分で自分の力の底上げをしていくしかない。

550 :江川達也:2008/06/10(火) 14:47:47 0
.               ...-ー、,-─      
.             .-=◎=- i、-=◎=-    俺は偏差値95!
.             ..   / ー-' ヽ   . .  ほーっほほほっほほー 
.                .. -=ニ=-      
.                 .`ニニ´ 
               | 、  ー- " ノヽ     / ̄\
              /   ゙ー―   ヽ._/ .,入  \
               l  i   ' Y  /  /l \/  `ヽ \
              l   ̄ヽ・. ・/  / l _ )___ . `ー' ゝ
      ── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
       ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
          ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、 
         (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
      ─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
               ノ /          \ ヽ   
       ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
          ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r´

551 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 14:49:27 0
整理整頓が好きなのか。
まずは部屋の掃除から始めてみよう。

552 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 14:53:49 O
偏差値50の上層部がどの人たちを指しているのか不明だが、だいたいにおいて、総合的に能力ある奴が支配者階級だよ。日本は。政・官・民とも。



553 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 14:54:11 0
鞭、飴という時点ですでに、がんばればむくわれる、というのがあるわけ。
問題はがんばってもむくわれないということ。

格差社会というのはいま格差がある社会ではなく、がんばっても乗り越えられない
格差=階級がある社会ということ。

人間の全能力を偏差値で表現しても意味がない。
階級で決定される分けだから。

派遣は派遣、日雇いは日雇い、正社員とは「人間」が違う、ということが、
いまの労働にはあるわけだ。

554 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 14:54:43 O
認めたくないのはわかるけど

555 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 14:57:31 0
ちがう。欧州の資本家連中や、上層と日本のそれを見比べてみるんだ。
動機が問題なのだよ、動機が。

556 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 15:02:18 0
日本は先の大戦に負けたことによって
正しいことを表立って主張できる人格というのが育たない土壌になったんだよね。
何故かっていうと『アメリカを倒すぞっ!!』ってリーダーが正しい宣言すると
また戦争でやられてしまって、原爆とか落とされて沢山の人達が死ぬことになるから。

今にせよ昔にせよ現実の政治はそんなに単純じゃないんだけど、大衆の感覚としてそういうのが出来上がってしまうことによって
文武両道、眉目秀麗、弱きを助け強気を挫く、なんでも万能によくできるリーダー各の人材が
育たない育たない状況に陥った訳。

で、漫画などサブカルチャーというのは、そうした人材が育つような世界観やキャラクターを
提供していくことで発展していったんだよね。

近年になって、学術の分野に限らず、ビジネス、スポーツなどの分野でも
日本人は西洋人と肩を並べるくらいの活躍ができるようになってきた訳で
そろそろ、万能タイプのリーダーが育つような土壌を回復させていくべきっていう判断がある訳で
でも急にそんなことすると、色々問題がでてくるので
ソフトランディングさせていきましょうっていうのがあったりもしたり。

サブカルが死滅しつつあった英雄像を保守して密かに育てていたというファクトがある訳で
そうしたファクトを尊重し、それを現実とを結びつけていくためには
踏まえるべきプロセスがあるということ。

たいがい物事は長い歴史を背負っているわけで
その歴史性を無視して、自分達が生きてきた時代だけの感覚だけで
物事を判断しても評価されないんだよね。

若い人の感性というのは、親世代から継いだものであり
それはまた過去の社会の脆弱性を突いているものなので
一時において高く持ち上げられることは往々にしてあるんだけど
それをもって自分の素の実力だと勘違いしていると
すぐに墜落していくことになる。

557 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 15:03:24 0
一つには少し前まで、日本には総中流層という幻想があったからな。
その前は普通に貧乏と金持ちの格差があった。

今回の犯人にしても、親の世代はまだ総中流時代で、
子供時代をそのように育ってきたんだろう。
だからずっと同じできたのになぜおれだけが
みんなと違うのかという思いがあったんだと思う。

世の中の格差があるということを受け入れられなかった。
総中流家庭の子供達は、社会で失敗すると
家にこもって、中流を継続するわけだけど、
家にも居場所がなかったのか、派遣にでて
世の現実を味わって、疎外感を発酵させたんだろう。

558 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 15:04:57 0
>>553
もうちょっと個々人で自由に動ける社会に舵取りした方が良いと思うんだよね。

先導している人間と、それについていっている人間。
今の時代そんなに差があると思わない。

個々人我侭に振舞って棲み分けしていけばいいよ。
バリアフリーは実力のある人達だけやってればいい。
学歴とか実力で棲み分けするんじゃなくて、個々人の好き嫌い、一緒にいてお互い良い影響があるとかないとか
そういう要素で繋がっていけばいい。

けど、親の子供に対する接し方が駄目だと
そこでも大きな問題が出てくる。
持って産まれた資質をそのまま認めてあげることが大事。
夢や願望は子供に託すんじゃなくて、自分自身で達成していけるよう頑張ればいい。
それだけのこと。

お父さんが職場でストレス貯めて働いて
お母さんは家でシッカリ子育てして子供の躾をする。。
なんて風な暗黙の決め付けごとがあるのが良くない。

お互い言いたいこと言い合って
人は人、自分は自分で構わない。
基本は棲み分け。
素で平和に居られる者同士で生きてればいい。

どうしても対立するときには
お互い勝負して決着をつければいい。

559 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 15:06:52 O
欧州の資本家や上層部?具体的にどの連中のこと?

560 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 15:10:20 0
>>558
才能の問題ではないから。
日本経済が低迷することで保守的になり、
正社員層が保身に走って、派遣社員を適当に使う。
そしてこの格差構造に競争を持ち込まないようにしている。

日本経済の低迷は中国などに関係する。
世界経済でみれば、中国の安い労働力、発展する経済から、
日本から金が逃げている。

561 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 15:14:09 0
中国などの安い製品と競争するには、
中国に工場を移転する。すると会社は良いが日本の正社員はいらなくなる。
それが困るので、正社員の数を抑えて、派遣を導入して、
うまいぐわいにつかう。必要なときは雇い、いらないときは切る。



562 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 15:23:21 O
仕事中だし携帯で打つのめんどいから落ちるよ >阿修羅

メタ君は、メタ視線で世の中を評論するだけでなく、自分から世の中に入って、自分の言葉で考えること。そうすれば、少しは言葉に重みが出るよ。

563 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 16:01:34 0
連投規制くらってやる気なくした。ガッカリ

そんなことより腹減った・・
仕事くれ〜

俺は病気なのじゃ〜!

頭がおかしいのじゃ〜!


564 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 16:29:07 0
当分阿修羅∞落としでめくらましのつもりですか?ニヤニヤ


565 :殊羅研 ◆zux.LiRqWQ :2008/06/10(火) 16:37:44 0
その人偽者ですから・・・本物の阿修羅は本当に堕落しています。
きっと僕の熱烈なファンが真似してるだけだと思う。

566 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 16:40:00 0
ショボーン(゚.゚)

567 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/10(火) 17:29:04 O
社会学から経済学、政治学のリフトオフ
プラクシスからポイエーシスのリフトオフ
修辞学から論理学のリフトオフ
これらは神学哲学から数学、自然科学のリフトオフに対応する
すなわち形式化である。

568 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/10(火) 17:31:06 O
>>566
ん?では阿修羅を名乗る貴様はなにものだ!正体をあらわせ!

569 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 17:31:38 0
ショボーン(゚.゚)

570 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 20:47:51 O
阿修羅とかいうやつがあまりにも青臭いこというから、ゲロゲロぴかぁがまともに見えてくる。

勘違い野郎であることには違いないが。

571 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 20:56:11 0
果たして本当にそうかな?

572 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 20:57:42 0
ぴかぁ〜『ヒトミちゅわ〜ん!
     わし…わし〜〜〜〜〜!』

ぴかぁ〜『(わしの中でその時、黒い衝動が沸き起こった
     ヒトミめがけてわしの身体は浮遊する!)』

ドサッ

ぴかぁ〜『ハッ!?
     ヒトミちゅわんは?』

ボーイ『ぴかぁ〜様、当店は閉店の時間で御座います
    それと、何卒、粗相の無いようにお願い申し上げます。』

573 :阿修羅∞落とし:2008/06/10(火) 20:57:44 0
日本の会社組織全般に言えることだけど、内部的な心情的結託というのを求めるんだよね。
仕事する能力とか、人間としてどうかという話以前に、自分らに対して忠誠心を誓える人間かどうかを
求めているところがある。

で、親兄弟や家族、恋人、友人などなどの繋がりを裏切っていって
会社内部的世界観に閉じた人格が集まっていった結果として
自分達が所属する組織集団の縄張り意識が強まり
一般消費者よりも、自分達の組織内部の利益を優先させていき
組織犯罪に手を染めるような人間を生産していくことになる。
新社会人として入社すると安定した生活と引き換えに何を求められているのか
薄っすらと薄暗い将来像が見えてきて、精神的に滅入ってしまうんだよね。

挫折して、結婚して、理想は子供に託して、自分達もまた新人に文句を付けている諸先輩方と同じく
組織内部の人間関係を最優先させる人格に染まっていくことになる。

心情的なものを求めなければ良いんだけど
上の人間ほど周囲に対して心情的なものを求めるので
連鎖してって末端の人間まで心情的なものを求めるようになっちゃうんだよね。

若い人の社会全体のために働こうという様な意思が
潰されていってしまうところがあるんだよね。
心情的なものを求める構造と イヤガラセや搾取をしておいて、
それを相手の成長のための修行だと正当化している構造を変えてかないと ダメなんだよね。

ただ、そういうのを変えていくために自分が何をできるのか
学校や大人に守られて、一体何が正しいのかも他人に教えてもらって生きてきた人達には
なかなか見出すことができないんだよね。
鬱屈とした気持ちを抱えて、日常生活をこなすようになっていって
集団的閉塞感というのが生じてくることになる。

574 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 20:58:08 0
何でもいいからはやく3Pしろよ!

575 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 20:58:52 0
カンッ

ぴかぁ〜『糞ったれが!
     あのボーイ、舐めた真似しやがって!
     あのボーイが邪魔しなけりゃ、ヒトミちゅわんはわしのものやったのに!』

ワンワン

ぴかぁ〜『ケッ、しみったれが犬っコロが!
     人間様のわしぴかぁ〜を舐めるなよ!』

ボカッ

ギャウッ

576 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 20:59:39 0
ガブッ

ぴかぁ〜『痛ててて…
     何や!?お前までわしを馬鹿にするんか?
     舐めんなや!』

ガブッ

ボカッ

ガブッ

ぴかぁ〜『ハアハア…お前、人類で無い癖になかなかやるやないか…
     チーズかまぼこ食うか?』

ワンワン

577 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 21:01:24 0
ぴかぁ〜『綺麗な夕陽やな…
     わしな…小学校の頃からお笑い得意やってん
     おそろしい不良もわしがお笑いすると
     何もしてこーへん、それがお笑いの力や!』

ワンワン

ぴかぁ〜『わしにとっては、松本人志は神や!
     犬っコロには分からへんやろうから、
     人類の宝やな!わしは松本人志になりたかったんや…』

ぴかぁ〜『でもな…
     世の中うまくいかへんもんや、
     お笑いは競争率が高いんや…
     だから、倍率の低いサブカルチャーの世界で
     一番とって金儲けしたろ、と思ってな!
     今、東浩紀の真似してんねん、カッカッカ!
     一儲けしたら、お前にももっとチーカマくれたるわい!
     どや?お前も来るか?』

578 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 21:02:25 0
570 名前:考える名無しさん :2008/06/10(火) 20:47:51 O
阿修羅とかいうやつがあまりにも青臭いこというから、ゲロゲロぴかぁがまともに見えてくる。

勘違い野郎であることには違いないが。

579 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 21:03:22 0
どうも、これはおかしいですね。
勘違い野郎って言葉は、確か私がポールとぴかぁ〜を批判する時に使った言葉ですからね。

また、ぴかぁ〜がパクったようですね。

580 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 21:48:21 O
既知害来た〜!

581 :哲撃レポーター:2008/06/10(火) 22:27:28 0
糞スレのみで人気の純一さん、
純一さんは今回の秋葉の事件にはめずらしくノータッチですが、その辺どうなんでしょうか?

582 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/10(火) 22:53:29 0
彼もここにきてれば、純一のように救ってあげられてかもしれないのにな・・・

583 :加藤@留置所:2008/06/10(火) 23:22:45 0
もっと早くいえ

584 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/10(火) 23:54:38 0
> 純一のように救ってあげられてかもしれないのにな・・・

「あげられてかも」ではなく、「あげられたかも」ではないですか?
決め台詞なのに、誤字するところがぴかぁ〜らしいですね。

585 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 00:23:27 O
ぴかぁ〜はまだしも、純一はマジやばい。秋葉の殺人鬼と心理状態がクリソツのはず。マジで純一かと思った。

586 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 00:30:47 O
断言する。





純一は近い将来、必ず大事件を起こす!



587 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 00:54:38 0
ぴかぁ〜&ポール    純一

 親に就職を迫られる  バイトなので見逃される
     ↓           ↓
  追い詰められる そのうち就職するだろうという見通し
     ↓           ↓
  大事件を起こす  精神的・経済的な余裕が生まれる

588 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 01:29:29 0
安 楽 死 を 認 め ろ !

589 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 04:02:57 0
それで?

590 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 04:16:42 0
>>589
それでいいのか、お前自身。

591 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 04:21:33 0
このスレの名無しはよくわからんな。
的確なツッコミをしているとでも思っているのだろうか。

もう少し自分の言葉で語ってくださいよ。
人を見下すなら相応に高い視座から物言ってくれよ。
説得力の欠片も感じない。

592 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 04:25:15 0
少しでも悔しいと思うならおまえらの本気を見せてミロ!


593 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 04:30:30 0
おまえが悔しいだけだろ、ばーか

594 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 04:32:02 0
>>593
ショボーン(゚.゚)

595 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 07:46:50 O
阿修羅は面白いし知性を感じさせるけど、純一の病的さに比べれば存在感が薄いなw

596 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/11(水) 08:16:33 O
しかしなにもこのスレに集合しなくても。なにもないぞ。

597 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 08:25:02 0
>>596

なにはなくともゼロアカ帝国

小説家モドキのぴかっと閃くエロぴか理論の皇后

爆乳アニマル排便クレポン集合タンポン本気アナルの女神

スカトロ好きなあずまん古腐人淫乱に潮噴くさねえ陛下です。



598 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 08:41:55 O
>596
たしかにおまえの中身は何もないわけだがWWW

599 :阿修羅∞落とし:2008/06/11(水) 09:31:37 0
猫猫猫猫

600 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 09:51:40 O
このスレに掲載されているスレ主談は、ほとんどがスレ主の妄想から生まれたものです。
現実から乖離しており読むに値しません。

601 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 11:15:31 O
ていうか、コイツのスレで建設的な議論を今まで見たことないんだがw
ここまで無視されてるスレは他にないだろ
本人が得意げなだけに余計哀愁が漂う

たまには誰か相手してやれよw

602 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 11:22:07 0
>>601

お相手して欲しい

スカトロ好きなエロぴか理論のあずまん古腐敗淫乱に潮噴くさなえ陛下モナ〜

603 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 11:28:11 0
>>602
>エロぴか理論のあずまん古腐敗・・・
=エロぴか理論のあずまん古腐敗パンツを開脚する淫乱なさなえ陛下モナ〜


604 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 11:40:37 O
内容以前に、文体がイラつくので最後まで読めない

605 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/11(水) 11:43:22 O
今日もオレのお膝元に集合ですか。呼んでもないのに

606 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 11:56:01 O
おまえも誰にも請われてないのに酔狂の極みだな

607 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 12:11:46 O
>604
つーか内容はない。

608 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 14:07:41 O
キチガイ早くこないかなぁ♪♪

609 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 14:44:58 0
やあ、

610 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/11(水) 14:52:38 O
しばらく旅に出ます。さがさないでください。

611 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:28:29 0
ぴかぁ〜『ほれ、チャッピー、行くで!』

ワンワン

ぴかぁ〜『おっ?
     あれは…ヒトミちゃんやないか?
     なんや?横にいる男は…あの糞ったれのボーイやないか!!』

ボーイ『おい、行くぞヒトミ…
    ん?お前はたしかあの時の客の…』

612 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:30:54 0
ぴかぁ〜『おう!わしはぴかぁ〜や!
     お前を倒しに来たんや!行くで、チャッピー!』

ワンワン

ぴかぁ〜『ハアハア…何とかやっつけたようやな…』

ワンワン

ヒトミ『ぴかぁ〜さん、あんたなんか最低よ!』

ぴかぁ〜『うるさいわい!わしはもうお前の事なんてどうでもええんや…
     わしは最初っからわかってんねん…
     …行くぞ、チャッピー』

613 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:34:06 0
ぴかぁ〜『わしにはもう東浩紀しか残ってへん…
     ヒトミちゃんも他の男のところへ行ってもうたわ
     ハッ、残ったのはお前だけか、チャッピー』

ワンワン

ぴかぁ〜『だが、わしは生きてやる!
     こんな世の中でも生きてやるんや!
     たとえドブの中でもな!
     行くでチャッピー!』

ワンワン

614 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:34:52 0
その後、ぴかぁ〜の姿を見たものはいない。

615 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:37:28 0
ポール『さて、今日も名無しでぴかぁ〜と純一の争いを煽るかw』

プルルル…

ピッ

ポール『あーハイハイ、幕張のイベントの件ね
    しっかり衣装作ってますから!バッチリっすよ!』

ピッ

ポール『おおっーはじまった
    純一とぴかぁ〜、お互い殺しあってくださいよ〜w』

コンコン

ポール『ん?』

616 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:39:42 0
ポール『何だよ、母さん…』

 母 『ポール、ちょっとお話があるの
    あなた、派遣を辞めてもう一年以上経つでしょう?
    歳も三十四だし、そろそろ真面目に職を探した方が』

バンッ

ポール『うるせぇんだよ!!ババア!』

617 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:42:48 0
ポール『形を変えた奴隷制に誰が従うってんだよ!
    あーうるせーな、また純一とぴかぁ〜の争いでも煽るかw』

ガタンッ

ポール『ん?やけに静かだな…』

ガチャ

ポール『おいっ母さん!しっかりしろよ!?』

ピーポー
ピーポー

618 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 15:45:51 O
しばらく旅に出ます。(プライドが傷つきました)さがさないでください(注目されたいんです)

619 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:49:35 0
医 者『過労による貧血ですな、心配いりませんよ』

ポール『すいませんでした…』

ガチャ

ポール『母さん、ごめんよ…』

 母 『いいのよ…ポール、貴方は哲学がやりたいんでしょう?
    母さんも応援するから、もう何も言わないから好きな様にやりなさい』

ポール『………』

ポール『母さん、俺、悪かったよ
    どっかに就職して正社員になるから』

ポール『風俗通いも辞めて、
    普通に恋愛して、結婚して孫の顔でも見せるよ…ごめん』

 母 『いいのよ…』

620 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:51:47 0
618 名前:ポール :2008/06/11(水) 15:45:51 O
しばらく旅に出ます。(プライドが傷つきました)さがさないでください(注目されたいんです)

621 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:54:27 0
618 名前:ポール :2008/06/11(水) 15:45:51 O
しばらく旅に出ます。(プライドが傷つきました)さがさないでください(注目されたいんです)

ポール『おおっーはじまった
    純一とぴかぁ〜、お互い殺しあってくださいよ〜w』

622 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 15:57:01 0
その後

623 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 16:02:51 0
プップー

ぴかぁ〜『おおっー!おったわ!
     東浩紀先生〜〜ボクの原稿読んで下さい〜〜!』

東浩紀『おっと、ファンレターは事務所を通じてじゃなきゃ困るよ
    じゃ、ボクは忙しいんで、これでね(ビシィ!)』

ぴかぁ〜『せ、先生〜〜!』

一時間後

ぴかぁ〜『よっしゃ!チャッピー、大阪に帰って、
     二人でたこやき屋でも始めるか?いっぱい食わしたるわ!』

ワンワン

ぴかぁ〜『これがわしの人生や!ニーチェの永劫回帰の意味、
     今、わかったで!』

624 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 16:03:43 0
その後

625 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/11(水) 16:07:21 0
カンカンッ

ポール『ふぅ…』

棟 梁『おい、ポール!ここ間違ってんじゃねぇか!』

ポール『何でですか?』

棟 梁『ったくお前は、博士号持ちだが知らんが、
    理屈っぽくていけねぇ、まあ、俺が保護してやるから良いけどな
    ほれ、ここやれっ(ガゴッ)』

ポール『痛ててて…暴力は犯罪ですよ?
    訴えますよ?』

棟 梁『まったく、世間ではそんなもの通用しねんだよ
    ほら、働け!』

626 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 17:22:34 0
純一の小噺、面白いじゃねぇか

627 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 21:36:16 0
それで?

628 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 22:18:19 O
ポールってどこの住人よ
聞いたことないぞ 妄想か?

629 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 22:56:14 0
ポールもぴかぁも、もっといえば時々でてくる飲み屋メンバーも
この板の昔のコテですがもう居ません。今は彼の妄想と妄想が作り出す自演ですw。

630 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:27:04 O
ぴかぁはこのスレ主だろ

631 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 01:12:37 0
ぴかぁ〜は原田知世の大ファン

632 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 03:48:32 O
キチガイはこないのかな?

633 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 04:30:27 0
自演w

634 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 08:28:00 O
ニートと基地害

犯罪者予備軍のスレ

635 :阿修羅∞落とし:2008/06/12(木) 10:00:30 0
美しさは罪。
俺は罪な男だぜ・・

636 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 10:06:24 0
阿修羅=メタボ

637 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 10:47:21 O
ぴかぁ=ちびでメタボ

638 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 10:49:48 0
エロぴか理論も大人気!

639 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 10:56:12 O
ぴかぁ=ちびでメタボで顔デカ

640 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 11:33:52 0
殺される

641 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 12:33:21 O
ここにくればみんないるよ。さびしくなんかないよ

642 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 12:57:32 0
ワイドショーみたいが、まあ真面目すぎるタイプだが、
良くいるタイプで、ここ数日に疎外感が発酵した感じだな。

ワイドショーみたいが、まあ真面目すぎるタイプだが、
良くいるタイプで、ここ数日に疎外感が発酵した感じだな。

643 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 13:01:05 0
>>641

行為としてダーリンの浩紀が美貌の喜屋武ちゅうと浮気しても

さびしくなんかない私はゼロアカ帝国

小説家モドキのぴかっと閃くエロぴか理論の皇后

爆乳生熟女アニマル排便クレポンみんなタンポン嫉妬アナルの女神

スカトロ好きなあずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。



644 :宮台:2008/06/12(木) 13:05:02 0
はじめまして!ここには初めてカキコさせてもらいます!
突然ですが、ぴかぁ〜サンの好きなお酒の銘柄を教えてください!

645 :ぴかぁ〜:2008/06/12(木) 13:24:37 O
秋葉につっこんでなにがしたいねん。わしがやりたいのは革命や。秋葉に独立国家つくるで

646 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 17:17:33 O
チンカスがおらん方が盛り上がっとるがなw

647 :絵里万:2008/06/13(金) 03:25:49 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はんはまだですのん?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)

648 :ぴかぁ〜純一阿修羅ポール名無し猫ワンワン:2008/06/13(金) 03:44:26 0
おひおひ、人に期待する前にもっと自分の能力を磨きなさいよ(正論)

649 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 07:15:15 O
純一さん、最近元気ないですね

650 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 07:41:41 0
殺されろ

651 :ママ:2008/06/13(金) 09:01:30 0
ママですよ〜
赤ちゃんかわいいよ〜

652 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 10:06:31 0
赤ちゃんの頭って重そうだよね。首とかひねっちゃうと、すぐもげちゃう

653 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 10:59:05 O
みんながんばれ

654 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 12:53:45 O
秋葉の犯人とぴかぁ純一が似ている件


655 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 17:11:28 0
赤ちゃんのウンチって慣れてくるといい匂いしませんか?

656 :ママ:2008/06/13(金) 17:16:18 0
赤ちゃんかわいいよ〜

657 :ぴかぁファンクラブ会長:2008/06/14(土) 03:06:19 0
ぴかぁ〜様のエレガント且つスマートな語り口が大好きです!
ぴかぁ〜様の哲学は常に洗練されていてビューティフルであり、とっても最高です!
結婚してください!赤ちゃんをつくりましょう!

658 :考える名無しさん:2008/06/14(土) 03:07:29 0
ママー><

659 :考える名無しさん:2008/06/14(土) 03:14:08 O
おらおら純一、でてこいや!!


隠れてんじゃねーぞ、この腐れ犯罪者が!!!!!!!!








660 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/14(土) 08:58:05 0
■「秋葉原無差別殺傷事件」雑感

切ったりはったりされる「労働する身体」

ワイドショーみたが、まあ真面目すぎるタイプだが、良くいるタイプで、ここ数日に疎外感
が発酵した感じだな。やはりポイントは孤独、と言うことになるんだろう。疎外感が発酵し
た。派遣社員の孤独感は大きいんだろうな。切ったりはったりされる「労働する身体」として
のみ扱われて。精神は徒労する。

彼女がほしい、というのもそれに対するものだろう。どこかに支えがほしかった、ということ。
それでも派遣社員のような不安定には彼女はできにくい。

地元という場から切り放されると、残る根は家庭。家庭をつくるまでなくても、「彼女」をより
どころにするというのはある。しかし日本では女性の社会進出は少ないし、地元を離れるに
しても東京とか、都会の事務処理とかね。地元に根付くか、都会に住むか、どちらにしろ女
性は或る程度の「場」が確保されやすいし、その中で男を選ぶから、ハードルが堅くなる。

それに比べて、男は日雇い、派遣など、単発の労働力化されて、場から切り放されている。
彼女もできない。

日雇い、派遣というのも、正社員の年功序列的雇用を守るためだし、女性の社会進出を妨
げるのも、同じ。日本型の会社システムの限界なんだろうけど、でもそれを崩したからどう
なるものでもないんだよな。グローバルで考えれば、日本の競争力が劇低下しているわけ
で、追いつめられるから。

661 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/14(土) 08:58:40 0
自らが「彼」になるのではないかという恐怖

「秋葉原無差別殺傷事件」の衝撃が続いている。あの事件の衝撃の大きさはなんといって
も犯人があまりに「普通」であることだろう。このような衝撃的な事件は社会的な不安を引き
起こし、人々はその原因を求めようとする。それは自ら、そして日常とは異なり、非日常的
で異常であるほど安心しようとする。それは自らとは関係がない世界の出来事となるからだ。

今回、親の過剰な期待であり、派遣での厳しい待遇、あるいはイジメ、そしてオタクであるこ
となどが上がっているが、どれも今ひとつ決定力に欠ける。そのようなことはどこにでもあ
ることだ。

精神的な異常を来しているわけではなく、意識朦朧としているわけでもなく、そして事件を
起こした原因が家族とうまくいかない、彼女が出来ない、派遣社員で首を切られそうになっ
たなど、どこにでもありそうなものだ。

だから隣にいる人が「彼」になりえる可能性がある。そして「彼」のような気持ちは自らにも
あるということ。自らがほんの少しのことで、「彼」になるのではないか、ということに恐怖す
るのだ。誰もが彼が言った愚痴のような疎外を味わったことはあるだろう。その意味でのあ
まりに身近に感じてしまう。だからこそ怖いのだ。

662 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/14(土) 08:59:21 0
東浩紀がオタクのヤオイになるとき

稲川淳二って、怖い話をするのうまいというだけだったのに、いつのまにか霊感があるとか
いいだした。矢追純一って、UFO番組のディレクターというだけだったのに、いつもなにか
UFOを呼べるとか言い出した。

彼らは単なる勘違い野郎だろうか。彼らは成功したとき、その裏には多くのマニアが存在し
ただろう。幽霊マニアにとって稲川淳二は普通の人々との間を繋ぐ媒介である。UFOマニ
アにとって矢追純一も媒介である。媒介にカリスマ性は宿る。

マルクスが共同体と共同体の間に貨幣が生まれると言った。媒介とはいつも神的な領域な
のだ。ある共同体は向こうの共同体は外部であり、神秘的な領域であり、そこに神体が生
まれるのだろう。

そして媒介はなろうと思って出来るものではない。ただの紙切れでも貨幣に慣れるのは、
貨幣が媒介の位置をしめたという偶然性、それだけにかかっている。細木にしても江原にし
ても、神として人々のまえに降臨した。最初は些細な成功によっただろう。そして偶然に媒
介の位置をしめたことで、力を手に入れていった。

東浩紀って、オタクを評論していただけだったのに、いつもまにかオタクの教祖になってい
る。彼は媒介者になり得たのである。そしてただのDQNに目的(テロス)を与える。滑稽で
あるが、媒介者は神聖なのである。

663 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/14(土) 09:13:55 0
総中流時代の残りもの

格差社会というのはいま格差がある社会ではなく、がんばっても乗り越えられない格差=
階級がある社会ということ。人間の全能力を偏差値で表現しても意味がない。階級で決定
される分けだから。派遣は派遣、日雇いは日雇い、正社員とは「人間」が違う、ということ
が、いまの労働にはあるわけだ。

一つには少し前まで、日本には総中流層という幻想があったからな。その前は普通に貧乏
と金持ちの格差があった。今回の犯人にしても、親の世代はまだ総中流時代で、子供時代
をそのように育ってきたんだろう。だからずっと同じできたのになぜおれだけがみんなと違う
のかという思いがあったんだと思う。

世の中の格差があるということを受け入れられなかった。総中流家庭の子供達は、社会で
失敗すると家にこもって、中流を継続するわけだけど、家にも居場所がなかったのか、派遣
にでて世の現実を味わって、疎外感を発酵させたんだろう。

日本経済が低迷することで保守的になり、正社員層が保身に走って、派遣社員を適当に
使う。そしてこの格差構造に競争を持ち込まないようにしている。日本経済の低迷は中国
などに関係する。世界経済でみれば、中国の安い労働力、発展する経済から、日本から金
が逃げている。

中国などの安い製品と競争するには、中国に工場を移転する。すると会社は良いが日本
の正社員はいらなくなる。それが困るので、正社員の数を抑えて、派遣を導入して、うまい
ぐわいにつかう。必要なときは雇い、いらないときは切る。

664 :阿修羅∞ワロシ:2008/06/14(土) 09:42:40 0
>>662
ワロタwwwwww

665 :阿修羅∞ワロシ:2008/06/14(土) 09:49:17 0
つーか財務省が完全な階級制だしだめだー!
ワロタwwwwwwwwwwwww

666 :阿修羅∞ワロシ:2008/06/14(土) 09:53:28 0
金 銭 価 値 を 設 定 し な お せ ! !

667 :考える名無しさん:2008/06/14(土) 10:42:19 0
ラカン VS エロぴか理論

668 :考える名無しさん:2008/06/14(土) 12:41:21 0
    N O  T H A N K  Y O U !

       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
          |;:;:_:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:_:;:_;:_;|
       |______|_____|
       | 三|            |三 !
       | 三|   /     \  |三 |
       | 三′  .._     _,,..  i三 |
       ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|
       ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ
        i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ
        ヾ!    i ,、 ,..、ヽ   lノ
         |      _ _    イ l
           l    ,ィチ‐-‐ヽ  i /
            ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/
               \  ー一 / /
            .n:n    nn
           nf|||    | | |^!n
           f|.| | ∩  ∩|..| |.|
           |: ::  ! }  {! ::: :|
           ヽ  ,イ   ヽ  :イ

669 :スピリチュアル哲学:2008/06/14(土) 23:29:49 0
http://reisei.way-nifty.com/
菅原浩ブログ

670 :阿修羅∞落とし:2008/06/14(土) 23:34:06 0
菅原先生は先走り過ぎだよ。
そのくらいの心意気があった方が哲学者としてはいいかもしれないけどね。

671 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 00:33:27 0
>>670
ラルクはなんで阿修羅を知ってるんだ?

672 :阿修羅∞落とし:2008/06/15(日) 00:35:24 0
ラルクなんて僕は知りません><

673 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 04:03:44 0
ぴかぁ〜先生による「ラルク」の説明
↓  ↓  ↓

674 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 04:23:27 0
認知されたいので

おはようするゼロアカ帝国

私小説家モドキの無責任な皇帝

量子化された屈辱感をあたえるラブゾンビの浩紀陛下です。


675 :阿修羅∞落とし:2008/06/15(日) 05:51:49 0
行為としてのラブゾンビの浩紀陛下はナントカ皇后に媚び売って
セックスしまくってるから俺にもその満足感をあたえてください。

676 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 06:06:54 0
それで?

677 :阿修羅∞落とし:2008/06/15(日) 06:08:10 0
>>676
もう何でもいい!
キミとセックスしたい!!!
セックス!!!セックス!!!!!!!!!!!!!!!11111111111


678 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 06:11:48 0
うるせーばか

679 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 07:10:16 0
エロぴか理論のあずまん古腐人淫乱に潮吹くさなえ不倫に悶える皇后モナ


680 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 07:56:12 0
エロぴか理論で不倫に悶えるスカトロ好きなあずまん古腐人淫乱に潮吹くさなえ陛下です。

681 :絵里万:2008/06/15(日) 10:10:51 0
              ________
         __;- ‐''"::::::::::::::::::::::::::::::`ー .、
        /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      .,/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    〃::::::/ ::::::::.:.:.:|:.:.:.:|:::::|:::::|:::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::::ヘ
    l:::::::::::ハ:i:::|:.:.:.:.|:.:.:.:|:::::|::::ハ::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::',
    .l:::::::::::小l:::ト:.:.:.ハメ_j从l:::l_L;;ハ::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::|
    {:::::::::::|ハLZメ'"ル V レl/ハヘル:Y:jY:::::::::::::::::::::::l
    |:::::::::::|   '            ヽV  |:::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::::l|                 |.:::::::l :::::::::::::|
    |:::::::::::l イ                |.:.::::::! ::::::::::::| 
    `、:::::::::ハ    ...-ー、,-─      |.:.::::: l::::::::::::::|
    `、::::::::{   .-=・=- i、-=・=-  l:.:.::::::|:::l::::::::::|      
     ハ::::人 ..   / ー-' ヽ  . . j:.:.::::::::|:::|:::::::/
     ハ::::::::::ゝ,.   .. -=ニ=-    ,;':.:.:::V :l::::|::::/        純一はんはまだですのん?
      ヘルヘVト:丶、_       _,イ:::::::イ:::j:::Nル:/
         ハルヘリナ:ト-.-‐ '''  トリlルヘ/V
            |  ヽ、__炎_,ノ  |
           |    (U)   |
            |    / ヽ   |
           _ノ _/ ∧ l ヽ` 、
          (  (/ /l .l ∧  iヽ、`、
           ) l l 〉' 人ヽ l   ) ヽ
           し'l  V 入 V  l  / /
            L_/ / )l  / (__/
              し'  L|  l
                 ヽ、_)

682 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 11:37:01 0
>>681

絵里万ちゃんと開脚パンチラの練習をアキバでしているしーちゃんはゼロアカ帝国

アダルトモドキの美少女アニマル放尿クレポン純一タンポンえろピカ理論ワギナの妖精

失禁のあずまん子潮吹きパイパンのしおね内親王です。


683 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 12:36:25 0
>>682
素晴らしい!!

684 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 14:00:43 0
純一最近見ないな
また鬱なのか?

685 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 22:26:43 0
逮捕されたようです

686 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 02:01:13 0
エロとぴかぁ〜の違いを教えてくらさい。

687 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/16(月) 09:53:43 O
秋葉事件は理解しようとすることに意味があるんだろうか

688 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 10:21:20 0
いじめとか恨みとかのことかな。この父親も全くアホなことをしていると気がつけば、
たぶん秋葉原事件の犯人の存在意味も分かってくるんじゃないか?
キモイ奴が調子に乗るとなにしでかすか分からないってことだと思うけど。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080616-00000014-mai-soci

<女子高生自殺>ネット書き込みの生徒を父が告訴へ 北九州

6月16日9時46分配信 毎日新聞


689 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 10:30:07 0
あれも侮辱・これも侮辱とか言うのかもね。実は親とかの家庭環境が秋葉原の犯人のようにおかしかったとかだったら、
自殺の原因も特定できないわけだし、何を告訴したり、民事にもってこうとしているのか分からないな。
黙っていじめられてればよかったと思うんだけど、いじめられる事に何が不満なんだろう?
たぶん秋葉原の犯人は人を7人殺すような、そういう生き方しか出来なかったんだろうな。

690 :阿修羅∞落とし:2008/06/16(月) 11:23:53 0
ここ数日に疎外感が発酵してきた。
助けて、ぴかぁ〜先輩!

691 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 11:55:05 0
この程度だと弁護士にそそのかされたんだろうなw
今、掲示板の誹謗中傷とかはやってるしその流行に乗って金儲けしたい弁護士とかウヨウヨしてるしw

弁護士も人間であって、生活の生活があるわけでして、
やっぱ1Kの犬小屋よりは4LDKの高層マンションに巣んで下界を眺めたいもんでしょ

692 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 11:58:20 0
>>688
俺はその父親を支持するよ。
ネットに書き込んだ奴らは未成年だろうから、
民事訴訟で親を破産させた方が効果的だろうけど。
徹底的に痛めつけてやれ。


693 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:12:41 0
この父親を逮捕した方がいいんじゃないの?
娘と一緒で学校の規律とか社会を乱そうとしてるみたいだし、ウザイだけっしょww
娘は学校を自主退学しても良かったし、父親はたかが自殺ごときにいちいち公権力使ってみたりして、流行というか調子乗ってるだけじゃないのかな。弁護士にそそのかされてるっては確かだろうな。
たぶんあたまが弱いんだろw

694 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:17:13 0
ネット上であっても、対象を特定して社会通念上許される範囲を超えた
侮辱が行われた場合には、どんどん裁判を起こすべきだよ。
裁判所の命令があれば、匿名であっても発信者を特定できるだろうし。
法律を利用して、「やったら、やりかされる」と思い知らせた方がいい。


695 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:23:46 O
やりかされる


ぴかぁみっけ〜〜♪

696 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:28:18 0
ただの脱字だろ。この時間帯は、馬鹿しかいないのか?

697 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:36:25 0
>>694
あなたは他人事の視線で眺めていて、ネット評論家を気取ってるんでしょうか?

698 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:42:07 0
>>697
何を言ってるのか分からん。匿名掲示板の書き込みで「評論家」?
俺は自分の意見を述べているだけだ。

699 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:42:42 0
>対象を特定して社会通念上許される範囲を超えた 侮辱が行われた

誤字脱字ってのは、ここじゃないのか?

といっても、2CHというかネット評論家というかネット・ジャーナリストとかは、
この程度でいいのかなと思う。

700 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:46:00 0
>>699
その引用のどこに誤字脱字があるんだ?

701 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:48:04 0
>>697
エロぴか理論のあなたは他人事の視線で巨乳を眺めて、助平なネット評論家を気取ってるんでしょうか?


702 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:50:50 0
>>700
どこにもないので、お気になさらないでIT革命続けてください

703 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 12:56:13 0
>>702
何か気になるなあ。・・・本当にないんならいいんだが。

704 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 13:01:09 0
IT革命じゃないよ。情報革命のことだと思うけど、今はWeb 2.0って言うんだよ
蝶ネクタイの人が得意げに言ってた

705 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/16(月) 16:56:20 O
たしかに一番ドキドキする季節だな。女性が夏服になる。夏服が当たり前だとだめなんだよな。まさにこの時期。これを旬というんだろう。
しかしプールとかいくとなんかげんなりするよね。女性のスタイルの悪さに。服きているとわからないが。
普段水着なんかグラビアでしかみないから、あれに目がなれてるのかね。

706 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 17:39:43 0
すぐ仕事見つけた方がいいよ。
もうすぐ日本沈没しちゃうから。

707 :阿修羅∞落とし:2008/06/16(月) 19:31:04 0
女といえば欧米白人だろ。
ベラルーシでも行って炉。

708 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 20:52:36 0
水着姿のエロぴか理論に萌える浩紀です。


709 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 12:09:23 0
純一さんは集団ストーカースレ(思考盗聴だったかな?)で暴れてますよ
頭の中を読まれちゃったんでしょうね

710 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 12:47:54 O
純一とぴかぁの対決がみたいのは俺だけじゃないはず

711 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 15:46:50 0
純一さんって、秋葉原で暴れて捕まった人でしょ。あたま大丈夫かしら・・・

712 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 15:50:51 O
ぴかぁ乙

713 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 23:25:18 0
純一さんって頭おかしい人なんですかw

714 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 23:31:26 0
東スレでは波平のまま通ってるけどいいの?

715 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 23:36:16 0
気が弱いだけの人だったんですよ(ここだけの話しw)

716 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 04:52:27 0
エロぴかぁ〜理論=神の領域


717 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 04:54:34 0
836 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい:2008/06/17(火) 21:56:39 ID:???
   /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))
  (   从    ノ.ノ
   ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\
   |::::::  ヽ  ...  ...丶.
   |::::._____ __)     ) /   ageニダ
  (∂: ̄ ̄| ̄・` |=|・ ̄ |   ( (
   (  (   ̄ )・・( ̄ i n.n  )ノ  ______
   ヘ\   .._. )C( ._丿.=|_|=・.  │  | \__\___
 /  \ヽ _二__.ノ  <つ(.(rヽ    |  |   |= |iiiiiiiiiii|
/⌒ヽ.   \__/\i/\ ヽ .( .ノ     |  |   | =. |iiiiiiiiiii|
|   ヽ ____\o\./  |.      |  |   |三 |_「r.、
|   //     // ̄.\ \二|    |_..|_/(  ) ̄ ))
ヽ ______//r_/| |.||⌒ヽ〜〔 ̄ ̄! ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄\((

相変わらず、ここは糞スレにだ!まともなこと書ける奴はいないニダ!!

718 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 07:59:40 O
純一は某スレに引き籠もってます。


ネットの中でも引き籠もる奴も珍しいと思うが…

719 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 10:34:25 0
やっぱり小心者だったんですね。ある人達を怒らせるからこうなってしまったのでしょう。

720 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 11:56:38 O
小心者というか単なるアフォでしょ。
純一が引き籠もることによって誰か一番得をするか。少し考えれば、誰がそうし向けているか中学生でもわかりそうなもんだかw
ね、ぴ〇ぁ〜さんw

721 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 18:15:37 O
昔から悪知恵だけは働く男
奴にすればお手のもの


722 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 20:04:56 0
ここいらで、ほら、あのAAですよ

723 :阿修羅∞落とし:2008/06/18(水) 20:10:02 0
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |   
     |        |        |   |   
     |        | ∧_∧ |   |   
     |        |( ´∀`)つ ミ |   
     |        |/ ⊃  ノ |   |
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   ∧_∧
                       ( 哲学 )
                       ⊂ ⊂ )
                     ⊂ ⊂ ,ノo

724 :考える名無しさん:2008/06/18(水) 21:01:17 O
また引き籠もっとるがなw

725 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/18(水) 23:21:54 0
楽観主義な情報革命

ボクもいままで、宮台よりも東に近い考えを支持していたように思うが、どうも最近、風向き
が変わってきたように感じ始めている。環境管理にしろ、草の根のナショナリズムにしろ政
治的な創発性への期待は、経済的な創発性(グローバル化、ネオリベラリズム)への対抗
策とはならずに、むしろ共犯してしまうのではないか。すなわち格差社会を強化してしまう
のではないか、という感じがしている。

東がいう「討議なき公共性。友も敵も作らない環境管理。政治を動物的なものに変えるこ
と。」は突き詰めると、梅田望夫が「ウェブ進化論」で語った「群衆の知」や「Web2.0」のよ
うなみんなの創発性への期待という楽観主義に行き着くのではないだろうか。

確かにインターネットが発展してきたここ20年あまりは、このような創発性への強い期待が
あった。2ちゃんねるでの「名無し」の発言が、社会へ影響を与えることができることへの高
揚感があった。またオタク文化も、マニアックな世界がグローバルに認められ、日本文化の
象徴の一つとして語れるまでになり、活性化されつづけている。その神話が「電車男」であ
る。オタクとネットの融合が新たな創発的なコミュニティ=「おまえいら」を生み出し人々幸
福へ導く。

格差社会と言われたはじめたとき、「最近の若者はなぜ悪い労働条件に対して怒らないの
か」という指摘があったが、その一つの解答として「かつてのようにお金のために働くので
はなく、フリーターで貧しくても、好きなことをしたい」というものであった。

あるいはネグリのいう「帝国」に対する「マルチチュード」とは誰だというときには、ネット住
人やオタクが上げられた。サヨ的な直接の運動ではなくとも、彼らの創発的な非経済的な
助けあいの活動が資本主義(帝国)への対抗になりえるのではないか、という意見があった。

726 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/18(水) 23:22:43 0
ネット上の共同体幻想の解体

今考えると、結局これら一連の高揚感は、「従来の社会」との差異として生まれていたよう
に思う。たとえば従来の建前による「世論」に対しての本音としての2ちゃんねらー。従来の
世論の代表がマスメディアであり、マスメディアが「ネットは便所の落書き」、低俗な集団な
どを批判するごとに、ネット住人はその影響力を感じ、高揚する。その影響力は増してい
き、ネット上で騒いで炎上させ、企業をも震え上がらせる。

たとえばWeb2.0の成功した例の一つの「Wikipedia」も、従来の知識人が監修しマスメディア
による発行される辞典よりも、ただで詳しい、ということに優位性が求められた。あるいは
「電車男」の神話も、「従来の社会」において疎外された非モテオタクが、ネット、オタクとい
う新たなコミュニティの力によって、エルメスという従来の社会の姫を奪取することで、一泡
吹かせる。このように一連の高揚感は「従来の社会」とのカウンターとして生まれていた。

しかしいまや「従来の社会」とネットやオタクとの差異は解体されている。もはやマスメディ
アとネット住人は共犯関係にあり、次々と弱者をバッシングする。あるいは秋葉原は「オタク
の聖地」という名のエンターテイメント化してしまった。ネット住人であるとか、オタクであると
かでは、もはや高揚感も団結も生まれない。

727 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/18(水) 23:23:18 0
ネット規制、ロリ規制が検討される中、以前の「のまネコ」問題ほどに盛り上がらないのは、
ネット住人にもはやかつての高揚感よりも閉塞感があるためではないだろうか。だれもが
ネット上の秩序のなさとそれが生み出す弊害、それは低年齢化し小中学生まで蔓延し、不
気味さと閉塞感を感じ始めている。

>>
このようなマスメディア主導の閉塞へのカウンターとして、ネットは期待された。上からの押
しつけではなく、それを解体し、発散させ、横への広がりによって多様性を確保する。マスメ
ディアが2ちゃんねるを叩くとき、そこには誹謗中傷などの様々な問題がありながらも、いま
まで独占してきたメディアの位置を脅かされる恐怖が確実にあった。

しかしマスメディアと2ちゃんねるの確信的な同期という共犯関係が成立してしまうと、そこ
に生まれるのは、終わりのない動物化の円環が加速化されるという絶望的な閉塞でしかな
い。「さて、次の獲物は誰かな。」とマスメディアと2ちゃんねるは「炎上」先を求め、這い回っ
ている。

なぜ亀田家バッシングは薄気味悪いのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20071018#p1
<<

728 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/18(水) 23:24:09 0
なぜ加藤は「おまいら」を殺戮したのか

そして「秋葉原無差別殺傷事件」はおこった。「彼」がネットで実況しながら、オタクの聖地ア
キバに突入したことは象徴的である。ネットとオタクはまさに現代の新たなコミュニティの象
徴ではなかったか。これらの新たなコミュニティ幻想の中で、彼は自己承認されないことの
孤独を発酵させていった。

「秋葉原無差別殺傷事件」において、派遣労働の問題は議論されるべき大きな課題だろう
が、「加藤」の行為そのものは「テロ」というようなものではなく、家庭から、そして社会から
見はなされ、そして最後に「まさか「おまいら」まで見はなすのか」というDQNな愛憎による
ストーカー的凶行に近いのではないだろうか。もしかするともう数年早ければ、彼は「電車
男」になれていたかもしれない。

それは、宮台が指摘したことが気持ち悪いように当たっているように感じてしまう。

>>
「過剰流動的で万物が入れ替え可能な社会。したがって、そこにいるだけで自分の輪郭も
位置もわからない社会。そういう社会に人は耐えられないのではないか。動物化しきれない
人は「<世界>との接触」を渇望するのではないか。「動物化」が生じた社会では、突発的に
全体性への危険な志向が生じる可能性がある−ウルトラマンのジャミラみたいに人間が
怪物化して降臨する」(宮台)

ヘタレ化するポストモダン http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20051029#p1
<<


729 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/18(水) 23:24:58 0
グローバリズムを生き抜くための実践へ

ネット上の高揚感の中で、ネオリベラリズムのグローバル化は確実に進み、いまや貧困も
グローバル化されつつある。途上国の貧困と日本の貧困は質が違うと言われていたが、い
まや日本のフリーターにやらせるか、中国の低賃金にやられるかという、比較され、同じよ
うに切ったりはったりされる「労働する身体」としてのみ扱われ始めている。

グローバリズムは決してフラットではなく、国家間の競争である。国連に実行力はなく国家
の上位の組織はない以上、本質的に国家間とはいつも「例外状態」なのだ。どこかが富む
ときには、どこかの搾取の上に成り立っていることは否定できない。さらにいまや世界的な
投資の対象はITから「資源」に向かっている。その背景には国家間の資源争奪が激化して
いる。資源は限りがある以上、経済効果によってともに発展するというネオリベラル的な理
想論は通用しない。国家間の競争はパイをめぐって激化するしかない。すでに生活用品の
価格高騰として下流へ直撃しつつあり、この流れはしばらくやみそうもない。

だから東がいう「環境管理システム」を考える場合には、日本に閉じることはできない。アフ
リカの難民まで面倒をみる必要がある。なぜなら世界に格差がある限り国家間の競争、そ
れは経済的な自由競争ではなく戦略的で暴力的な国家間競争がつづく。だからマルクス
は革命は世界同時でなければ成立しない、といった。

必ずしも宮台のエリート主義を全面的に指示はしないが、ひとつの実践として進められ、楽
観主義に停滞するよりも有用ではないだろうか。国家間競争において戦略と優秀なリー
ダーは必ず必要になる。それだけで良いということはなく、派遣に関して労働組合も活動を
はじめたらしく、いまは楽観主義から実働的な政治議論へ移行期にあるのではないだろうか。

730 :ラプラスの夢≪精≫:2008/06/19(木) 00:36:13 0
>>728
>これらの新たなコミュニティ幻想の中で、彼は自己承認されないことの
>孤独を発酵させていった。

ああ。ところで、加藤の虚栄心は満たされたのか?。

てかよ、現実感の欠落した視野狭窄って怖いよなぁ。 

この板も殆ど生活観の感じられないヘンタイ板だぜ。

てか、その前に、お前はどうだよwww。結局、現実感の

ないレスをして喜んでるだけか・・・どいつもこいつもw。


731 :ラプラスの夢≪精≫:2008/06/19(木) 00:37:06 0
っていうか、打場打破は、無駄に長い。

三行以内に要約せよ。


732 :阿修羅∞落とし:2008/06/19(木) 00:47:28 0
ぴかぁ〜腕を上げたなぁ。

733 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 09:49:23 0
エロぴか理論モナ〜

734 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/19(木) 23:00:09 0
「政治ゲーム」という実践

ゲーム理論に「囚人のジレンマ」という疑似問題がある。「ゲーム理論や経済学において、
個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況の例としてよく挙げられる問
題。」とされる。(参照 Wikipedia「囚人のジレンマ」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%
9A%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9E )しかしなぜ「囚
人」なんだろう。「囚人」ということで示しているのは、他とは隔離された閉じた系のメタ
ファーである。

仮に「囚人」ではなく、社会で生活している人だったらどうか。友達に相談するし、状況をし
るために情報収集するし、何らかの策を弄するだろう。それによって警官の含めて開放系
のなにが起こるかわからないゲームとなり、決して解は収束しない。

開放系という意味では、ウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」に近い。そこでは規則(ルー
ル)に閉じない「劇」が繰り広げられる。「劇」とはプレイヤーがなに者であり、どのような社
会状況にいるかなどの開かれた背景をもつ。このための「言語ゲーム」は、解が決められ
ておらず、訓練と実践によって身につけていくしかない。

「思想」は閉鎖系の場を想定することで学問の対象とする。そして体系化することがめざさ
れる。しかし「政治ゲーム」は体系化することがむずかしく、学ぶとすれば、帝王学のような
実践をもとに伝授されるしかない。このためにイデオロギー論争の中ではこぼれ落ちていく。

735 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 11:00:27 O
↑バカぶりを曝しているだけなのに今だ気がつかないニートメタボ
とどまるところを知らない低脳の呟きは続く↓

736 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/20(金) 11:26:04 O
日本の豊かさが世界のまずしい国々からの搾取の上になりたっていることを忘れている。
忘れてことの問題はまずしい人々に同情しようということではなく、それが砂の城であることだ。すなわち簡単に転倒することを忘れることだ。


737 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/20(金) 11:32:28 O
いかに相手をだまくらかしうまくやるか、という単純なゲームではない。
このゲームにおいては信頼を勝ちえることは重要である。そのために倫理、道徳もまた重要な武器となる。
まさに実践的な帝王学が求められる。

738 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 11:56:51 O
働け、馬鹿

739 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 12:34:37 O
そうはいうけど、こんな能書きたれにできる仕事ってあるんだろうか?

740 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 15:11:32 0
クレームの処理

741 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 15:45:50 0
>>738>>739
いやね、このメタpていうひとの中では
全部おわってるんだよ。
でそれを検証しつづけてる。
、それはおわらせたくないから。?


で、>>738>>739の、2人は働かないと維持出来ない身分。
それだけの違い。


>>736
のいってる内容は正しい。
が、
>>738
のいってることも、正しい(維持出来ないから)。

それだけの違い...


742 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 16:09:07 O
生活保護受けて維持も何もないかと…

743 :阿修羅∞落とし:2008/06/20(金) 20:29:45 0
おまえらもメンヘラか。

744 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/20(金) 20:33:45 0
貧困のグローバルスタンダード化という黒船

高度成長期からバブル前後において、日本は世界1の経済大国になった。それは必ずしも
日本の努力だけではなく、アメリカ経済の低迷を背景にした世界的な経済の流れで生まれ
た一時的な「幸運」である。極端にいえば、世界史でみても世界1は次々に移り変わってお
り、日本にも回ってきたということだろう。

それによって、日本人はポストモダン的な浮かれて状況におかれた。物質的な豊かさの中
で精神的な喪失感を満たすことを求めた。ここでは、日本の豊かさが世界の多くの貧しい
国々からの搾取の上になりたっていることが忘れられている。そして忘れられていることの
問題は貧しい人々を搾取していることに気づいていないことではなく、簡単に転倒する「砂
の城」であることだ。気を抜けばすぐに立場は逆転する。

自国の大臣が「もはや日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と言われるよ
うな状況の中で、国民が総中流社会幻想を見続けることができないのは、当然だろう。格
差問題はグローバル化という「政治ゲーム」の中の1つの現象であるととらえる必要があ
る。だから日本全体の経済力を向上させ、他国との「政治ゲーム」に勝ちつづけるしかない。

745 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/20(金) 20:34:18 0
戦いはさらに厳しいものになりそうだ。資源という限られたパイをめぐる争奪戦だからだ。資
源の乏しい日本は苦戦を強いられるだろう。特に資源争奪はグローバルな大企業といえど
も苦戦する例外状態=「政治ゲーム」であり、国力がものをいう。日本は懸命に省エネ技術
を売りにするが、環境問題こそ、まさに「政治ゲーム」であり、グローバルな戦略において欧
州に差を開けられている。

そのために重要なことは日本人が労働への意欲を再び取り戻すことではないだろうか。
「労働」はサヨがいうような疎外された行為ではないし、ネオリベラルな物質的な豊かさにし
か繋がらない作業でもない。「労働」は社会へコミットすることであり、社会資源を有用に活
用することで、一人ではできないような社会を変革させることである。たとえばネジを作る仕
事でも、有用なネジは世界を変革させることができる。このような「労働」による社会へのコ
ミットこそが人に生きる意欲を与える。

日本に貧困のグローバルスタンダード化という黒船が押し寄せている。残念ながらそれは
世界標準の「格差のある健全な社会」ということになるのだろう。そしてまどろみからめざ
め、「労働」の意味が回帰する。

746 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 20:37:12 O
>>741
そんな洒落たもんじゃねーよW

747 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 20:40:07 0
消えてくれたら諦められる
死んでくれたら断ち切れる
口じゃ強がる本音じゃ辛い
憎い憎いわ未練なしるし
純一の見る夢は、純一の見る夢は
壊れたシャボン玉

748 :阿修羅∞落とし:2008/06/20(金) 20:45:02 0
年配世代が若者の為に頑張れないのって結局は、苦労を重ね過ぎたから、或いは
苦労を重ね過ぎたから自分はこんなんなっちゃってるんだって自意識があるからなんだよね。

オマエはご立派かも知れないが、俺と比べたら全然苦労してないだろ?認めないぞ。みたいなね。
だからまぁ、恣意的なイヤガラセみたいな行為が横行していいたりする側面があるんだけど
今の若い世代は、その辺まで理解が及んでいるから幾らイヤガラセ受けても平気なんだよね。
相手に対する理解があれば別に何をされてもそんなに腹が立つというコトは無い。

ただ、イヤガラセを受けても平気で居ると
イヤガラセをしている相手からするとイライラが積もってくる訳で
イヤガラセ→平気な対応→もっとイヤガラセ→平気な対応…
みたいな感じの悪循環が生じてくることになる。

近年ならば、千葉県、大阪府、三重県、などといった地域においては
このような人間関係の構図が、会社組織内部…熟年と若年の大人関係において
頻繁に成立しており、それはつまりは従来は情実の結託で成立していた秩序が
モダニズムやポストモダニズムといった概念によって秩序成立するように
パラダイムシフトが生じたことに起因している。
重要なのは、こうした地域で育つ子供の中で優秀な人材ほど
『将来大人の身勝手な都合を許容できるように今、楽しみを享楽しておく』
というルーチンから、退廃的に遊び呆けてしまっている振る舞いが目立つことだ。
真面目に将来のことを考えて前向きに頑張って生きていこうという仔ほどに
今をふしだらに退廃的に生き、また、周囲がそれをサッパリ理解できていないが為に
精神的に病んでしまっている仔が現状において沢山存在している。
つまり、『自分は若い頃ずっと遊んでいましたから』
というファクトを成立させておくことによって
将来に就職して大人達からイヤガラセを受け、平素な対応を果たしたとしても
『コイツは若い頃遊んでいたから平気なんだよな』と
イヤガラセをする側に対して自己嫌悪感覚を芽生えさせない為の
布石を打っているということ、若い仔達が。
千葉とか大阪とか三重においてのゴシックロリータ志向やV系信仰、
またそうした属性を持つ自分自身に対する強い自己否定感情は、上述してきたような背景から成立している。

749 :阿修羅∞落とし:2008/06/20(金) 20:48:13 0
現役阪大生がホストをしていて
恐喝容疑で検挙されていたニュースを観た覚えがあるが
これなど過渡期におけるコンセンサス不全によって
生じた事件と判断して差支えがない。

十年くらい前からだったが『透明性』とか『インフォームドコンセント』とか
政経官民問わず、どの分野においてもブラックボックスをつくらないで
何でも皆わかるような仕組みをつくりましょうという運動が盛んであったが
こうした運動が生じていた背景としても、上述してきたような内容が絡んできている。

まだまだ日本国には、情実の結託から秩序が形成されている地域が沢山残っていて
今後モダン化、ポストモダン化していく過程において
同じような問題を発生させないように、先んじて手を打っておく必要性がある。

重要なのは世界観の共有。その為のコストを惜しまないこと。
コモンセンスの隔たりを廃していく前準備が必要。

750 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/20(金) 22:37:50 0
マルクスは労働を人間のありようの根源に据えたのに対して、アレントは労働/仕事/活動の
区分を提示した。アーレントが示したのは人間の活動的生活の多様性である。

751 :考える名無しさん:2008/06/20(金) 22:58:17 0
 \ ̄\                 / ̄/
/l \  \              /  / lヽ 
| ヽ ヽ   |             |  /  / |
\ ` ‐ヽ  ヽ  ё    ё  /  / ‐  /
  \ __ l  |  ||\__| |\  l __ /
     \  \ /   \   \\      
      /\|   人_\人  |/\    かに光線発射!!
    //\|    |∪| \  |/\\   
    //\|    ヽノ   \|/\\\    
    /   /\_____/\   \ \
        / __     /´>  )\     \
        (___)   / (_/  \     \
         |       /         \     \
         |  /\ \          \     \
         | /    )  )           \     \
         ∪    (  \            \     \、;
               \_)             ,\;’ ,;'~ ~  "、,・
                            ・-;       

752 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 09:03:10 0
エロぴか光線も理論で発表!!

753 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 09:10:55 0
>>750

人間の多様性を示す私はゼロアカ帝国

小説家モドキのエロぴか理論の皇后爆乳生熟女アニマル排便クレポン生活タンポン活動的アナルの女神

スカトロ好きなあずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。


754 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 09:57:05 0
>>753
東とぴかぁ〜の間になにか関係があると?

755 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 10:45:09 0
関係ありありで
頑張れピカ理論を応援しる浩紀です。

756 :ヒロカズ:2008/06/21(土) 12:46:24 0
はじめまして
2ちゃんねるには初めてカキコさせてもらいます

僕はビーズやラルクなどが好きなのですが
Jポップやロックを聴くのに適したオススメのヘッドフォンを教えてください
おねがいします!

757 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 13:37:41 0
>>756
ダイソーの100円のやつ
音量MAXで聴くと音割れしてほどよい刺激が味わえる

758 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 14:15:32 0
ピカ理論は症候として優れてるゼロアカ帝国

私小説家モドキのオタク達の良き理解者である浩紀陛下です。


759 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 15:18:58 0




               ...-ー、,-─      
.             .-=◎=- i、-=◎=-   
.             ..   / ー-' ヽ   . .  
.                .. -=ニ=-      
.                 .`ニニ´ 
               | 、  ー- " ノヽ     / ̄\
              /   ゙ー―   ヽ._/ .,入  \
               l  i   ' Y  /  /l \/  `ヽ \
              l   ̄ヽ・. ・/  / l _ )___ . `ー' ゝ
      ── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
       ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
          ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、 
         (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
      ─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
               ノ /          \ ヽ   
       ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
          ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r´


760 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 16:15:51 0
  杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
  杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
 杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
  ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
   ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
   ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
  杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
  杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
 杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

761 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 21:02:33 O
近代には科学化という流れがある。
たとえばかつて論理学と修辞(レトリック)学は並列した言語学としてあったか、科学化の流れの中で修辞学は言語学から排除され、芸術表現とされた。
制作することにおいてはかつては今でいう日用品なものと、芸術品には差異かなかった。
近代の科学化は制作における日用品を商品として大量生産した。これによって芸術作品は自己表現する創造性が重視された。
近代において、社会を扱う学問が、社会学、経済学、政治学に分割されたことも科学化による取り組み方の違いによるだろう。

762 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 21:07:31 O
科学的とはなにか。論理実証主義など検証可能性、反証可能性など厳密な定義がめざされたか、その境界はあいまいである。
重要なことは厳密な定義ではなく、歴史的な運動としてとらえることである。
その意味で示唆的であるのはアーレントの政治的なもの、経済的なものの区分である。

763 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 21:09:34 0
 \ ̄\                 / ̄/
/l \  \              /  / lヽ 
| ヽ ヽ   |             |  /  / |
\ ` ‐ヽ  ヽ  ё    ё  /  / ‐  /
  \ __ l  |  ||\__| |\  l __ /
     \  \ /   \   \\      
      /\|   人_\人  |/\    かに光線発射!!
    //\|    |∪| \  |/\\   
    //\|    ヽノ   \|/\\\    
    /   /\_____/\   \ \
        / __     /´>  )\     \
        (___)   / (_/  \     \
         |       /         \     \
         |  /\ \          \     \
         | /    )  )           \     \
         ∪    (  \            \     \、;
               \_)             ,\;’ ,;'~ ~  "、,・
                            ・-;       

764 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 21:39:22 O
アーレントのこのような区分はマルクスに対するアンチテーゼとしてある。
マルクスはすべてを労働に還元した。経済を下部構造にする唯物史観とはまさに科学化された思想である。
それに対してアーレントはギリシャ人の生活を例に活動、仕事、労働の区分を明らかにする。
そして近代化において政治的なものとしての活動から、経済的なものとしての労働を中心化されてきたか、浮き彫りにする。
マルクスの労働を中心とする史観は、近代化特有のものであることを明らかにする。


765 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 21:44:37 O
現代の義務教育においても数学、物理学、社会科に比べて芸術などの価値は低い。
ここにも科学的なものとそうでないものの差異がある。科学的であるものは採点がしやすいということではなく、採点がしやすい特徴をもつ論理性が重視されるのだ。
いわば近代化においてそれが学問であり、知であるといってよい。

766 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 21:55:57 O
フーコーはこのような教育を規律訓練権力といったが、重要なことは学校というシステムだけでなく、教える内容も科学化されているということだ。
社会が科学化されるということはアーレントでいえば経済的なものが重視されるということである。
科学とはなにかということにはあまり意味がない。経済的なものへの有効性において科学的なものが重視されてるということである。


767 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/21(土) 22:04:44 O
なぜ科学的なものは経済的な効果をあげるのか
マルクスはそれを分業により説明した。環境は科学により還元され、伝達され、反復され、増幅される。すなわち広義の分業を可能にする。
科学とは反証可能性であるというときには、分業が隠されている。

768 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/21(土) 22:37:40 0
近代における「科学化」の潮流

近代には「科学化」という流れがある。たとえばかつて論理学と修辞(レトリック)学は並列し
た言語学としてあったか、「科学化」の流れの中で修辞学は言語学から排除され、芸術表
現とされた。制作することにおいてはかつては今でいう日用品なものと、芸術品には差異
かなかった。近代の「科学化」は制作における日用品を商品として大量生産した。これに
よって芸術作品は自己表現する創造性が重視された。近代において、社会を扱う学問が、
社会学、経済学、政治学に分割されたことも「科学化」による取り組み方の違いによるだろう。

「科学化」とはなにか。論理実証主義など検証可能性、反証可能性など厳密な定義がめざ
されたか、その境界はあいまいである。重要なことは厳密な定義ではなく、歴史的な運動と
してとらえることである。その意味で示唆的であるのはアーレントの「政治的なもの」、「経
済的なもの」の区分である。

アーレントのこのような区分はマルクスに対するアンチテーゼとしてある。マルクスはすべ
てを労働に還元した。経済を下部構造にする唯物史観とはまさに「科学化」された思想であ
る。それに対してアーレントはギリシャ人の生活を例に活動、仕事、労働の区分を明らかに
する。そして近代化において「政治的なもの」としての活動から、「経済的なもの」としての労
働を中心化されてきたか、浮き彫りにする。マルクスの労働を中心とする史観は、近代化
特有のものであることを明らかにする。

769 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/21(土) 22:38:23 0
科学化と分業

現代の義務教育においても数学、物理学、社会科に比べて芸術などの価値は低い。ここ
にも科学的なものとそうでないものの差異がある。科学的であるものは採点がしやすいと
いうことではなく、採点がしやすい特徴をもつ論理性が重視されるのだ。いわば近代化にお
いてそれが学問であり、知であるといってよい。

フーコーはこのような教育を規律訓練権力といったが、重要なことは学校というシステムだ
けでなく、教える内容も「科学化」されているということだ。社会が「科学化」されるということ
はアーレントでいえば「経済的なもの」が重視されるということである。科学とはなにかとい
うことにはあまり意味がない。「経済的なもの」への有効性において科学的なものが重視さ
れてるということである。

なぜ「科学的なもの」は経済的な効果をあげるのか。マルクスはそれを分業により説明し
た。環境は科学により還元され、伝達され、反復され、増幅される。すなわち広義の分業を
可能にする。科学とは反証可能性であるというときには、分業が隠されている。

770 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 01:17:05 0
純一のウィットに富んだトークを希望。

771 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 03:26:27 0
それで?

772 :阿修羅∞落とし:2008/06/22(日) 03:29:50 0
おまえらが哲学やってる動機が浅過ぎるからぴかぁ〜のような勘違いヤロウが量産されるのだよ。

773 :阿修羅∞落とし:2008/06/22(日) 03:31:41 0
命を掛けて貫く何かを持っていなければだめだ!
俺は、命を掛けられなくて挫折し、メンヘラになった手前あまり偉そうには言えないが。

774 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 03:37:50 0
それで?

775 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 03:39:03 0
死ね

776 :阿修羅∞落とし:2008/06/22(日) 03:40:14 0
ママーー!

777 :阿修羅∞落とし:2008/06/22(日) 03:42:57 0
777

778 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 03:45:52 0
死ね

779 :阿修羅∞落とし:2008/06/22(日) 03:49:47 0
浅香ミツ代でオナニーして寝るぉ^^

780 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 03:52:17 0
ザーメン
ザーメン
ザーメン

子孫はんえい

781 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 04:09:31 0
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこのスレ・・・・

もうね、物理学を学んでる自分からすると馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・
高卒とか文系の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・

っつーことで落ちるわw あとは高卒&文系の諸君で楽しんでくれやノシ

782 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 04:28:23 0
間男の太田ちゃんのザーメンで子孫の繁栄をはかる私はゼロアカ帝国

小説家モドキのエロぴか理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン規律タンポン訓練アナルの女神

おっぱいマッサージするあずまん古腐人花びら満開の淫乱なさなえ陛下です。




783 :宣教師 ◆2Cd8ewWb5k :2008/06/22(日) 04:49:31 0
厚かましく、わがままで、栄光ある者たちを誹ってはばかりません。

784 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 07:23:34 0
jmkomoipmiomoiimoimoi

785 :江川達也:2008/06/22(日) 07:25:20 0
                ____
              /    \
            |\/  ノ' ヾ  \/|
           ヽ_`⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒_/ 
              ヽ: il´トェェェイli/     
              ヽ:!l |,r-r-|!/   ポッポー!
          _   \:`ニニ´/ 
        r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、  俺の本を読め!
        Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
         ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
         / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
           |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
         `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
            ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
         , -''" ̄⌒ヽ, , `又´``ー;;7''~´`丶、          
         (  ,--一''" ~`〜〜''"~ ー--、   )           
          |  〈                〉  |         
         |  }                {  |         
        |   |                |   |          
         | |                  | |
        _/   {                    }   \_
      (__,-、__}                  {__,-、__)

786 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 08:04:41 0
純一が消えて調子乗って増すなぁ

787 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 10:48:23 0
>>786
ぴかぁ〜の方が一枚上手だっただけ
とはいっても、ぴかぁ〜自身、相変わらず誰からも相手されてないけど。























荒らし以外はw

788 :考える名無しさん:2008/06/22(日) 21:09:08 0
純一は誰に殺されちゃたんですか?

789 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 04:45:52 0














         ...-ー、,-─ 
        .-=・=- i、-=・=-   
       ..   / ー-' ヽ   . .   
          .. -=ニ=-    











790 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 05:28:52 0
ぴかぁ〜の知能はゾウリムシレベルだが、基地外を某スレに隔離したことだけは評価できる

791 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/23(月) 13:15:43 0
■「政治ゲーム」としての「経済的ナショナリズム」

「政治ゲーム」という実践

サヨはマルクスしかり(資本主義)システムから生まれる搾取の構造を考える。資本主義では
合法であることが搾取を生み出している。それはネグリもかわらない。だからシステムを変える
こと、「革命」がめざされる。しかしボクがいっている搾取はもっと卑近なことだ。人はだまくらか
す、嘘をつく、そんななんでもありが「政治ゲーム」である。

ネオリベだろうが世界はいまも政治的な駆け引きの場である。いかに仲間を増やし、敵をだま
くらかし、優位に進めるか。ここにはルールはない。自由競争は「思想」上の一つの理念であ
るが、いまも力あるものが断然優位な「政治ゲーム」である。

「政治ゲーム」を闘争的に語ったが、いかに相手をだまくらかしうまくやるか、という単純なゲー
ムではない。このゲームにおいては、むしろ闘争よりも、共生が重要だろう。そして共生とは
利害の一致という単純なものではなく、もっと利害を超えた信頼関係を作ることが重要とな
る。なんでもありとはほんとうになんでもありであり、なにが正解かマニュアル化できない。あえ
ていえば実践的な帝王学が必要とされる。このような意味で、宮台のいうようなエリートプラグ
ラムは有用であるかもしれない。

格差は、自由競争によって経済学的に生み出されるのではなく、このような「政治ゲーム」の中
で生まれている。金持ちはなんとしても金持ちであり続けたいと考え、様々な策を弄するだろ
う。それは必ずしも法律に違反する非合法なものということではない。金持ちは金持ち同士で
協力しあうなど、策はいくらでもある。さらにいえば、自らに優位な法律を作ることは勝ち組が
勝ち続けるためのもっとも有用な方法だろう。このように「帝国」という自由と平等の裏で、「搾
取」は進められている。

「帝国」化すれば国家はいらないのではないか、というのは幻想である。しかしいまもかわらず
国家が重要であるのは、国家が「政治ゲーム」のプレイヤーであるからだ。それが、グローバ
ル化とは「帝国」ではなく、国家間の「政治ゲーム」という闘争の場であることを示している。

792 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/23(月) 13:16:26 0
「経済的ナショナリズム」というグローバリズム

高度成長期からバブル前後において、日本は世界1の経済大国になった。それは必ずしも日
本の努力だけではなく、アメリカ経済の低迷を背景にした世界的な経済の流れで生まれた一
時的な「幸運」である。極端にいえば、世界史でみても世界1は次々に移り変わっており、日本
にも回ってきたということだろう。

それによって、日本人はポストモダン的な浮かれて状況におかれた。物質的な豊かさの中で
精神的な喪失感を満たすことを求めた。ここでは、日本の豊かさが世界の多くの貧しい国々か
らの搾取の上になりたっていることが忘れられている。そして忘れられていることの問題は貧し
い人々を搾取していることに気づいていないことではなく、簡単に転倒する「砂の城」であること
だ。気を抜けばすぐに立場は逆転する。

自国の大臣が「もはや日本は『経済は一流』と呼ばれる状況ではなくなった」と言われるような
状況の中で、国民が総中流社会幻想を見続けることができないのは、当然だろう。格差問題
はグローバル化という「政治ゲーム」の中の1つの現象であるととらえる必要がある。だから日
本全体の経済力を向上させ、他国との「政治ゲーム」に勝ちつづけるしかない。このような考え
は、「経済的ナショナリズム」に近いのかも知れないが、グローバリズムとナショナリズムは同
時に生まれた裏表である。

戦いはさらに厳しいものになりそうだ。資源という限られたパイをめぐる争奪戦だからだ。資源
の乏しい日本は苦戦を強いられるだろう。特に資源争奪はグローバルな大企業といえども苦
戦する例外状態=「政治ゲーム」であり、国力がものをいう。日本は懸命に省エネ技術を売り
にするが、環境問題こそ、まさに「政治ゲーム」であり、グローバルな戦略において欧州に差を
開けられている。

793 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 13:19:28 0
790
かまってちゃん登場(笑)

794 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/23(月) 14:04:04 0
■グローバルな「政治ゲーム」としての「経済的ナショナリズム」

Q;「政治ゲーム」は政治的な陰謀神話ではないか。

A;そもそも思想と政治とは違う。政治は実践であり、マニュアルがあるようなものではなく、
その場その場の駆け引きである。思想や経済学などの論理的な言説では語り得ないもの
である。

Q;仮に「政治ゲーム」であるとしても、全体として流動性が向上し「帝国」化が進んでいると
いえないか。

A;「帝国」化が進んでいるならば、なぜ国家はなくならないのか。それが重要な論点になる。

Q;「経済的ナショナリズム」は自国の利益のみを追求する帝国主義にでは。他国を搾取す
ることが前提にされているのはないか。もはや開発し尽くされた世界において、帝国主義的
な「経済的ナショナリズム」はなりたたないのではないか。特の有限の資源戦争において、
実際の武力による解決しかないのでは。

A;マルクス主義あるいはリバタリアン的な世界共和国の問題は、先に目標が設定されるこ
とである。だからそこに向けての強い強制力が発動してしまう。ボクたちの生活は言説(思
想)では語ることができないような自生的なものである。だから性急にならずに目の前の問
題を一つづつ考えることにしかない。

そのためには日常にある闘争と共生の「政治ゲーム」を生きるしかない。性急に解を求め
たり、解がえられないからと逃げたりしていはいけない。日常を生きる覚悟が必要がであ
る。そして国際社会においは、帝国主義が成り立たないからこそ、闘争と共生の「政治ゲー
ム」が必要となる。現状において、日常の延長に国家、そしてナショナリズムがある。安易
な世界共和国幻想にとらわれては、実践がみえない。途上国の問題も安易に解をえること
はできない。ネオリベラルがいうような、自由経済システムを導入することで、すぐに経済
的に豊かになるというような簡単なことではない。

795 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/23(月) 14:04:46 0
Q;「政治ゲーム」だけでは全体を決定されず、思想を元にした設計事項が必要になる。

A;ナショナリズムはグローバリズムと同時に生まれたのであり、「経済的ナショナリズム」は
国際的な自由経済を当然として前提としている。いまのネオリベラルな流れも否定できな
いだろう。だから「経済的ナショナリズム」は思想ではなく、「政治ゲーム」という実践を重視
することにある。

Q;結局、現状肯定ということでしょうか。

A;なんらかの理想を求めるというよりも、現状の気の長い努力しかない。日本の再生にお
いて、経済的なナショナリズム=国力という視点を重視して、グローバリズムに対処すると
いうこと。

796 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 15:09:45 0
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこのスレ・・・・ 

もうね、物理学を学んでる自分からすると馬鹿馬鹿しくて観てられないのね・・・ 
高卒とか文系の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・ 

っつーことで落ちるわw あとは高卒&文系の諸君で楽しんでくれやノシ 

797 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/23(月) 15:39:47 O
なんだと!やんのか!このコピペ野郎!

798 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 15:42:29 O
帝国をもっとも的確に説明するのはマクドナルド化だろう。マクドナルドに国境はない。
マクドナルド化が徹底された世界、それが帝国である。

799 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 15:45:42 0
ダメだ・・・もう我慢の限界・・・なにこのスレ・・・・

もうね、ポストモダン初心者の自分からすると神々し過ぎて観てられないのね・・・
博士号レベルとか哲学者の人は楽しめるかも知れないけど、自分は無理っすわ・・・

っつーことで落ちるわw あとはインテリの諸君で楽しんでくれやノシ

800 :阿修羅∞落とし:2008/06/23(月) 15:47:41 0
3分前、とある妄想から誕生した己(オレ)。実体はまだない。
溢れる瘴気の海を爆進しながら、己と似た性質の瘴気を掠め取っていく。

シンジュクニチョーメのオーバードーズしたホモカップルや
オチャノミズの妖精と戯れる学者、チュウオウセンのスーツ姿のダイバー、キチジョウジの天然パーマの作家。
掠め取った瘴気と融合し、拡張し、幾多のマテリアルを手に入れた己(オレ)。
内部世界の革命が起き、素は過去のものとして色あせ、己は己の存在理由を知った。

そして、マテリアル発動。光が街中を切り裂く。
己は周囲の無機物を肉へとコンバートさせ、己という瘴気と肉の蠢きをシンクロさせていく。
剥き出しの肉は外気と厳しくせめぎ合い、時に協力するように己の受肉化を手助けしてくれた。数刻後。
拡散していた光が己の身体へと収束していき、時空と物理の摂理を捻じ曲げ、己は生命へと堕ちた。

口が大きく開き。
「おぎゃあああああああああああああっっwwwwwwwwwwww」
産声をあげる。
逃げ去った誰ぞが飲み残したコーラを拾い上げ
ミルク代わりに一気飲みする。
……甘いっ! 甘美だっ! シュワっと美味いのっ!!
大好きだぜコッカ・コーラ。爽やかになる一時。
己は爽やかにアスファルトを抉って、大空へと飛び立つ。翼は無い。
周囲を取り囲んでいた機動隊の連中が呆然としながら、その様子を見上げていた。

ふと、ある方向を観ると、救急車に乗せられている小学生がみえた。
それは自殺者であり、既に数時間前に死亡している。
厭世感覚から自殺したのだ。
だから、だから己は、そのシャドーとして生きることになる。
世界は己を祝福してくれるだろうか?

801 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 15:56:20 0
               ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
            ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
───‐─┬┐  {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
  ___,,,...-‐''"| |  〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l   ひいぃっ
 ̄7     | |   l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<    エロぴか理論来る!!
  i      | |.   ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
 .|   .|   | |    l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
 |   |   | |   l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
 |   |   | |   ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
     :   | |    丶、__, -―''"/,/
     :   | |     ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
::::::::     | |    ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
::::::::::     | |  .ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
:::::::::::::::|______|__|∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_

802 :ホワイトヘッド将軍:2008/06/23(月) 15:57:45 0
オニヤンマ

803 :考える名無しさん:2008/06/23(月) 23:09:35 0
エロぴか理論を擁護する私はゼロアカ帝国

小説家モドキの皇后爆乳生熟女アニマル浣腸クレポンマクドナルド化タンポン徹底アナルの女神

スカトロ好きなあずまん古腐人花びら満開の淫乱なさなえ陛下です。


804 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/23(月) 23:24:12 0
数学はなんのためにあるのだろうか。それは様々な科学技術に活用されることで
成果を与えているが、数学そのものはその完全性をめざそうとするゲームでしかない。

逆にいては、ここに論理の本質がある。論理は必ずしも実践をめざさない。
その完全な体系化をめざすのである。それが実践(成果)に結びつくのは
事後的な結果でしかない。
たとえばカントの純粋理性批判から実践理性批判という流れが、
論理的なであることの本質である。

たとえば経済学は必ずしも、世界の経済そのものを忠実にめざすわけではない。


805 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 04:48:15 0
エロぴか皇后さなえ陛下って何ですか?
分かりやすく5文字で説明してください

806 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 04:58:58 0
東の娘と宮台の娘がレズカップル成立して人工授精でナメクジの子供を産んだイレイザーヘッドな世界

807 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 05:00:21 0
そのナメクジがおまんこに戻るんですね。わかります。

808 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 06:41:03 0
>>804

数学をエロぴか理論で解くしーちゃんはゼロアカ帝国

アダルトモドキの美少女

爆乳生娘アニマル放尿クレポン完全タンポンゲーム御萬股の妖精

失禁のあずまん子潮吹きパイパンのしおね開脚パンチラ内親王です。


809 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 06:55:47 O
>>808
素晴らしい!!






















810 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/24(火) 12:24:54 O
経済ナショナリズムの利点は資本とネーションの密接な関係を現実的に受け入れる点にある。
資本と切り離されて語られるナショナリズムはうさんかさい。ネーションという近代的な虚像は国が富むことで存在しえる。
資本を優位をすすめるためにうまれたのた。
カラ谷は資本−国家−ネーションの密接な関係をしめした。だから経済ナショナリズムの問題は、国家主義と切り離すことがむずかしいことにある。
実質、見分けることがほぼ不可能だろう。

811 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 12:37:39 O
うるせーよ、馬鹿

812 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 13:36:22 0
誤字の多いエロぴか理論

813 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/24(火) 14:00:06 0
■なぜいま「経済ナショナリズム」なのか 「国力論」中野剛志

『国力論――経済ナショナリズムの系譜』 中野剛志(ISBN:4753102610)がおもしろい。「経
済ナショナリズム」の利点は資本とネーションの密接な関係を現実的に受け入れる点にあ
る。ネーションと切り放された語られる資本(ネオリベラリズムなど)も、また資本と切り離さ
れて語られるナショナリズム(民族主義など)は思弁的すぎる。

柄谷が言ったように、近代において「資本−国家−ネーション」は協約的な関係にあり、国
家中心の帝国主義も、資本中心のグローバリズムも、ネーション中心の民族主義も、3つ
の関係としてあることには変わりがない。資本−国家−ネーションはそれぞれが補完し合
う関係として、近代の資本主義世界を支えている。

ネーションは国が富むことで存在しえる。資本を優位にすすめるためにうまれたのだ。だか
ら資本とネーションの密接な関係を語る「経済ナショナリズム」の問題は、国家主義と切り
離すことがむずかしいことにある。実質、見分けることがほぼ不可能だろう。

814 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/24(火) 14:00:46 0
>>
中野 いま主流と言われている「新自由主義(ネオリベ)」についてですが、これは「経済ナ
ショナリズム」と対立するように一般的に語られています。・・・アメリカは「グローバライゼー
ション」を推進しました。でもそれは《アメリカにとっての「経済ナショナリズム」》なのです。

ですから「経済ナショナリズム」が悪いということではなくて、「国民のためにやったら、国民
のためにならなかったこと」が過去にあったというのが問題なのです。「良い経済ナショナリ
ズム」と「悪い経済ナショナリズム」があると言えるでしょう。

萱野 う〜ん。「良いナショナリズム」と「悪いナショナリズム」と言うけど、「ナショナリズ
ム」って両義的じゃないですか。・・・だから「ナショナリズム」は両義的というか、弁証法的な
んじゃないかな。

中野 はい、そのとおりですね。民主主義について考えましょう。フランス革命でもそうです
が、民主主義とナショナリズムとはセットで生まれます。フランス革命が生んだのは「ナポレ
オン」ですから。ここで注目すべきは《パワー》です。今回の本のタイトルを『国力論』としま
したが、「国民が自発的に動くと、外に対して物凄いパワーを持つ」のです。過去の例を見
ても民主主義というのは絶対的に強い。ただ問題なのは民主主義は全体主義を生みやす
いということです

中野剛志×萱野稔人トークセッション - 阪根Jr.タイガース 
http://d.hatena.ne.jp/masayukisakane/20080615/p1
<<

815 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/24(火) 14:01:38 0
中野が現役の経済産業省の官僚であることからも、イデオロギーというよりも現状のネオリ
ベラリズムに対する「政治ゲーム」における実践的な反論として考える方がよいと思う。IT
から資源へ、あるいは日本の格差社会の問題、あるいは資源のマネーゲーム化など、自
由主義から保守主義へ風向きが変わっている。

もはや資本主義の一人勝ちで、グローバリズムが進む中で、政治に思想は重要だろうか。
自民党か民主党、どの政党を支持するかに意味があるだろうか。だからといってボクたち
が政治に関心がないのではなく、その場その場の政治的実践に関心があるのだ。

816 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 14:04:37 0
純一まだ?

817 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/24(火) 14:13:46 O
ネオリベは強者の論理なのだろう。日本は開くより閉じてディフェンスする態勢を整える時期にきているようだ。

818 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 14:44:57 O
おっさんいい加減働けよ…

819 :阿修羅∞落とし:2008/06/24(火) 16:00:54 0
みんなで飲み会やりたいぉ^^

820 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 16:09:40 0
酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 
酒 酒 酒 酒 酒 酒 酉 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 
酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 
酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 
酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 酒 

821 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 16:49:48 O
>阿修羅

ぴかぁさんに「オフ会来ない?」なんて聞いたら絶対だめだからな!
いいか、絶対だぞ。




絶対聞いたらだめだからな!!



822 :阿修羅∞落とし:2008/06/24(火) 16:51:52 0
ぴかぁ〜オフ会来ない?
ぴかぁ〜といっしょに楽しくお酒が飲みたいです

823 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/24(火) 17:10:39 0
>阿修羅∞落とし

偽物のくせにオフ会?
名乗ってからいえよ。w

824 :阿修羅∞落とし:2008/06/24(火) 17:14:30 0
ショボーン(゚.゚)

825 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 17:16:34 O
あ〜あ、言っちゃったよ…


あと、「ぴかぁ〜って職業何やってんの?」とも絶対聞いたらだめだからな!









絶対だぞ!!!!



826 :阿修羅∞落とし:2008/06/24(火) 17:21:34 0
うん、わかった。

827 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 17:23:49 O
ぴかぁさん一安心h

828 :阿修羅∞落とし:2008/06/24(火) 17:23:53 0
民主党代表のナントカ議員が確証が100%無い段階で
証拠があるものとして、自民党批判を展開して
失脚したけれども、日本人の平均的感覚として
確証が100%以上無い段階で
体制を批判したり、証拠を掴もうとするのは不誠実だというのがある。

確証が100%を超えた時点から
証拠を掴むために動き出して
証拠が掴めたら、勝負をしていく…と。
こういうプロセスじゃないと負かされてしまうのが
日本という国の土壌。

もし仮に、国家レベルでの違法行為が行われていたとしても
近代国家は、司法・立法・行政の三権が独立しており
もし仮に、司法権と他の二権が結託するようなことを行えば
諸外国に対して『日本の国家基盤は未成熟』という攻撃の口実足る
カードを与えてしまうことになる。

でも、あんまそういう世界に関わる気もないんだよね。
困ったょ……
勝手に勝負を仕掛けられたから
応じているだけで、ヤなんだよね。
というか、過大評価され過ぎているという想定外。
そんな大した人間じゃないってゅ〜のに……

一種、過渡期における人材評価のミスリードというか…
歴史を振り返ると、そういうのに巻き込まれて死んだ人も結構居るけど
その一列に加わるのは真っ平ゴメンというか…

だいたい尺が古い。人治国家であった中国における人材評価と似たような
基準で計るからミスリードを犯すことになる。

829 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 00:41:15 0
それで?


830 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 01:12:29 0
               ,l;ィ'----┴――--、、;:丶、!
            ,ノ7 '"^   ^`'   ,ィ'三ミ、_〉
───‐─┬┐  {:/, ニ丶  ,r,=-、 ヾ:::::::ミヾ
  ___,,,...-‐''"| |  〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::ミ:l   ひいぃっ
 ̄7     | |   l:! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::三<    エロぴか理論来る!!
  i      | |.   ll   (、 っ)     : ,l::::シ久'l
 .|   .|   | |    l   ,.,__、     ,:' f::/ン ノ/
 |   |   | |   l 、 f{二ミァ ,)    {,ツ>-‐'′
 |   |   | |   ヽヽ`ー ' : ヽ   ,_ソ/
     :   | |    丶、__, -―''"/,/
     :   | |     ,} ヽニニ  =彡シ,ンヽ,
::::::::     | |    ,/(`=- r‐ ''" / ,/丶、
::::::::::     | |  .ノヽヽ、_;__,∠..ィ"-――ュ、
:::::::::::::::|______|__|∠三二二,,___,,.  -― ''"~⌒`丶、、_

831 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 11:37:11 O
他者回避はなぜ起こるか
なぜマクドナルドへ行くのか
みず知らずの人と出会うことの大変さ
みず知らずの人の範囲の増加、社会的な信頼性の低下
しかし貧しい時代の方が信頼は低かったのではないか。日本ほど安全で信頼性が高い国はない。
豊かさの中で人が自閉している。寛容とは他者回避したいこと。
豊かさの中で甘やかされて自我が肥大し、他者を抑圧と感じる。消極的な自由


832 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 11:41:12 O
ネオリベの消極的自由を望むが、競争の中で弱者となる。
自由(他者回避)と貧困のトレードオフ

労働への動機づけは可能か。モチベーションをあげる政策


833 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 11:56:40 O
ネーションは幻想か。侵略、経済発展が生み出す高揚感による虚像。
グローバリズムはナショナリズムである以上、ネーションによる動機づけは可能なはず


834 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 12:02:10 O
国が弱っているとき強い指導者が望まれる。ナショナリズム、大衆に期待するのは難しい。
経済ナショナリズムは国家主義に陥りやすい。それもまた資本主義の特性か

835 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 12:02:37 O
馬鹿丸出し

836 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 12:18:20 O
資本主義とはグローバルな自由競争の中で資本(貨幣)を増やし運動である。
しかし貨幣秩序を維持することはむずかしい。
貨幣交換という他者と取引するより、力により略奪する方が有利だからだ。
実際、資本主義の多くは非対称な力のうえになりたつ。そのような例外状態を調整するのが国家である。
非定常状態に国力はものをいう。だから資本にとって国家は重要である。
国家といってもただのシステムであり力の源泉はネーションである。資本が回帰し国が豊かになればネーションは高揚する。

837 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 12:21:21 O
ネオリベがアメリカのナショナリズムである。国が強くなれば国は資本の動きを静観していればいい。ナショナリズムも高揚する。

838 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/25(水) 12:42:23 0
>>836の訳 :  

ぴかぁ〜『金は競争で増えていく、だが、その法律を維持する事は難しい。
     盗む方が簡単だからだ、そこで警察が必要になる。
     警察は国民から構成され、国民が給料を貰えば国民は喜ぶ』

839 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/25(水) 12:55:40 O
国が安定すればナショナリズムへの渇望は減退する。ポストモダンな自我の肥大とともに他者回避が進み、国力が低下する。←日本はいまここ

840 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/25(水) 12:59:21 0
訳 :  

ぴかぁ〜『日本が高度経済成長期を過ぎると、
     わしぴかぁ〜の様なオタクが登場する。
     そして、わしらオタク世代によって国は滅亡する←いまここ』


841 :殊羅研 ◆zux.LiRqWQ :2008/06/25(水) 13:32:18 0
批評というのは一体何なんだろうと思うことがよくある。
衆目を集めているレベルの作品に対して
事実を見抜いた批評というのは、一般の現実認識・常識とは相当に乖離したところに
あったりする。だからあんまり書いてもしょうがないだろう、と。
世間で流通しているのは、創作サイドになる力のない人達が
創作者を無理して見下そうとしてあら捜ししているものや現代思想のタームと
提灯と結びつけてウンチャラやってるくらいのものであってちょっと
悲惨すぎるのではないかな、トカ。

842 :殊羅研 ◆zux.LiRqWQ :2008/06/25(水) 13:33:03 0
夏目漱石の孫な人とかが漫画関係の学府つくろうとかなんとか奔走してるみたいで
なんか痛痛しいんだけど、そんなんつくって生徒入学させて
得られる評価は『新しい世兄系ガッコウができたぜイヤッホゥ! 就職率がギャラクシーエクスプレス999ダョ☆』トカ
陥るのは目に見えてる訳で、要素還元論的分析批評しかできずまったく現代思想になどついて
いけなくなった老害ががんばってくれても歴史のネジが戻りまくるという結果が待っているだけになる。
誰が一番損するかと言えば、そこに入学して頑張ろうという子供達な訳で
一体何やってんだっ! って誰かが言った方が良いんじゃないかしらトカ思う。
文芸批評が権威を持っていた背景と今の時代背景は全く違うわけで
昔の思い出にひきずられた人間が今の時代に何か投機をしようとか
ちょっとそりゃ駄目だろってストップかけてかないと非常にマズイ。

官僚が本来それをすべきなんだけど八十年代の国政の
舵きり間違えてたにも関わらず世論ムードに迎合、とゆうより引きずられて
ノーパンしゃぶしゃぶ接待とか受けてる情報を抜かれて
それで昔から息のかかってない分野に関してはなかなか口出ししずらいというのもわかる事情だったりする。

てゆうか、田中角栄の日本列島改造計画など打ち出した時点で
将来の破綻は目に見えていた訳なんだけど世論がそれを強烈に支持しちゃったんだよね…
結局戦争に突入したときと同じ構造とゅ〜…一番の問題は、民主主義国家であるにも関わらず
今の自分達さえよけりゃイイゃってゆ〜国民一人一人の人間性の水準にあったりする。
言った後で、調べるとゆ〜のが大人のやり口であるケド
もっといま優先させなきゃいけないことが沢山あるので回避回避で(←当に大人ww
こういうのって結局全部子供に見透かされちゃうんだよね。隠し通せっこないのだから、また隠して良い展開があるのは
隠している短い期間だけなんだから、一旦全部オープンにしてそっからなんとかしないと、どうにもならない。
まぁホントに全部オープンにしたら大人は殆ど皆しぬしかないがww子供ならなんとかやり直しがきくょ。

843 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 15:34:10 0
>>841

>>842

ノーパン開脚シャブシャブでダーリンの浩紀を逆ナンパした私はゼロアカ帝国

小説家モドキのエロぴか理論の皇后爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン改造タンポン献金アナルの女神

創作者を見下すのが好きなあずまん古腐人花びら満開の淫乱なさなえ陛下です。


844 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 16:20:25 0
■自由(他者回避)と貧困のトレードオフ

「資本−国家−ネイション」

貨幣交換とは等価交換である。貨幣の前ではみな平等である。だからいまは格差があろう
とも資本主義は自由で平等な競争によって、下流から上流への入れ替えのチャンスがあ
る。しかし実際に等価交換としての貨幣秩序を維持することはむずかしい。ある商品をいく
らで買うかという交換の場面には「命がけの跳躍(マルクス)」という緊張がある。貨幣交換
の原初的な場面ではは力関係が働かざる終えない「政治的なゲーム」の場である。力があ
れば、略奪する、あるいは方が早いからだ。強者/弱者の間ではいまも普通に非対称なこ
とが行われている。

実際、資本主義の多くは非対称な力のうえになりたつ。そのような「例外状態」を調整する
ために国家がある。特にほぼ例外状態なグローバルな経済では国家間の力のバランスが
ものをいう。このように近代において資本と国家は密接な関係にある。

さらに国家といってもただのシステムであり、その力の源泉はネイションである。そしてネイ
ションそのものがグローバルな競争の場を勝つための国家の力として集約された。国が豊
かになることでネーションは高揚する。すなわち「資本−国家−ネイション」は近代化という
グローバル資本主義化の中で生まれた。グローバリズムとナショナリズムは同時に生まれ
たのだ。

ネオリベは強国アメリカのナショナリズムである。国が強ければ、国は資本の動きを静観し
ていればいい。あたかも国家は小さく、ナショナリズムは弱まっているように見える。逆に弱
国はこのような強国による経済侵略に対して、国内資本を守らなければならない。

845 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 16:21:01 0
「消極的な自由(他者回避)」と貧困のトレードオフ

「動物化」、すなわち他者回避はなぜ起こるか。なぜ人はマクドナルドへ行くのか、と言って
も良いだろう。流動性の高い社会では、なじみのお店がない。毎回毎回が新規であり、毎
回「みず知らずの人(他者)」と出会うことの大変さがある。すなわち「みず知らずの人(他
者)」の範囲が増加している。

しかしかつては村社会でみなの助け合いがあった、というのは本当だろうか。貧しい時代
の方が競争が激しく信頼は低かったのではないか。いまの日本ほど安全で信頼性が高い
国はないのではないか。多くの人は最低限のマナーを守り、社会は高度に秩序を保っている。

むしろこのような豊かさの中で人々は甘やかされて自我が肥大し、わがままになる。そして
他者との関係をわずらわしく思う。現代は寛容の社会である。そして寛容とは最低限の公
共性を守るので、お互いに必要以上に干渉しないようにしようという「消極的な自由」であ
る。「空気を読む」ともいう。

このような「消極的な自由」は自由競争を求める。ネオリベと消極的自由は関係する。ネオ
リベラルな自由競争は勝つものはより勝ちやすく、負けるものはより負けやすいという格差
を生む。ここにネオリベラルにおける「消極的な自由(他者回避)」と負け組のトレードオフが
生まれる。

846 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 16:21:35 0
国家主義による経済の復興

日本は、ポストモダンな自我の肥大とともに他者回避が進み、「消極的な自由(他者回
避)」と負け組のトレードオフにある。労働への意欲は低下し、国力も低下している。

小泉政権時の構造改革などネオリベラルを求めたのは、豊かなものではない。ネット上な
ど必ずしも豊かでないものが多かった。彼らの多くはネオリベラルの流れに不干渉な社会
という「消極的な自由(他者回避)」を見た。しかし実際に規制緩和が進む中で格差社会は
進み、自由と引き替えに貧困が待ちうけていた。たとえばフリーターは干渉されず自由であ
るが、いつまでも豊かにはなれない、ということ。

このような現状において、「経済ナショナリズム」による労働への動機づけ(モチベーション)
をあげることは可能だろうか。「資本−国家−ネイション」という密接な関係のなかで、ネイ
ションだけを向上させる、大衆のモチベーションションを上げることは難しい。むしろ国が
弱っているとき強い指導者が望まれる。経済ナショナリズムよりも、国家主義が先行しやす
い。それもまた資本主義システムの国力を回復しようとする特性だろう。

847 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 16:31:24 0
それで?


848 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 16:31:50 0
ん?

849 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/25(水) 17:14:18 0
訳 :

ぴかぁ〜『最近、ネット右翼が流行りですね。
     ボクも思ったのですが、ネット右翼は国家を復興させるのではないか☆(ポール)』

850 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/25(水) 17:17:05 0
あるいは、

訳 :

ぴかぁ〜『中国のナショナリズムは凄いですね
     日本も我々オタクにより国力が低下しているのですから、
     中国の様にナショナリズムを高めれば、国力も上がるでしょう』

851 :純一 ◆QzuB1xeuck :2008/06/25(水) 17:17:35 0
単純な思考ですよ。

852 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 18:39:54 O
ぴかぁ死ね

853 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 18:44:46 0
>>852
通報しますた。


854 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 18:52:22 O
つまんね

855 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 23:28:16 0

















         ...-ー、,-─ 
        .-=・=- i、-=・=-   
       ..   / ー-' ヽ   . .   
          .. -=ニ=-    











856 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 23:33:34 0
>>
若者の酒離れ→女性“登板” 開発・販促の主役に

若者や女性のお酒離れが進み、販売が低迷しているため、ビールメーカー各社は女性顧
客の拡大に活路を見いだそうとしている。女性の気持ちをつかまえようと、女性社員を開発
や販売促進の主役にする動きもある。

http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200806240046a.nwc
<<

857 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/25(水) 23:36:19 0
これも娯楽の多様化か。
酒のむとなにも出来なくなるからな・・・

858 :ジャッキー:2008/06/26(木) 00:13:29 0
酔拳のスゴさを知らぬようだな。

859 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/26(木) 01:43:51 0
お気に入りの20冊

ラカンの思想
「精神分析の四基本概念」 ラカン
イデオロギーの崇高な対象 ジジェク
エロス論集 フロイト
貨幣と精神
文脈病
戦闘美少女の精神分析
ドイツ・イデオロギー マルクス
マルクスの可能性の中心
探究T、探究U
世界共和国へ
存在論的、郵便的
デリダ論
存在と時間 ハイデガー
ウィトゲンシュタインはこう考えた
「哲学探究」概論 ウィトゲンシュタイン
限界の思考
意味と他者
知識の樹 マトゥラーヤ
オートポイエーシスの拡張

860 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 01:52:33 0
>知識の樹 マトゥラーヤ
これぐぐってもひっかからんな

861 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/26(木) 01:56:31 0
知恵の樹 マトゥラーナ

862 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 02:38:12 0
さんくす

863 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 03:12:45 0
スピリタス
96度

残り4度は優しさでできている

864 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 03:14:13 0
>>859
魂のロゴス 菅原浩も追加

これからはスピリチュアル・哲学の時代

865 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 03:15:15 0
言語ゲームを楽しむためにあえて誤字脱字してるエロぴか理論

866 :阿修羅∞落とし:2008/06/26(木) 03:27:55 0
言語ゲームによって処女的な無垢さを看破しようとする流れ。

867 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 09:01:42 0
ぴかぁ〜さんのブログを見て東さんや宮台さんの思想に興味を持ちました
ぴかぁ〜様の哲学は常に洗練されていてビューティフルであり、とっても最高です
結婚してください赤ちゃんをつくりましょう


868 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 09:15:22 0
ラルクって何ですか?
ラルクアンシエルのことなんですか?
どうして哲学板でラルクアンシエルの話題が出ているのですか?
よろしければ教えてください

869 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 09:30:48 0
ラルクって何ですか?
ラルクアンシエルのことなんですか?
どうして哲学板でラルクアンシエルの話題が出ているのですか?
よろしければ教えてください

870 ::2008/06/26(木) 09:43:56 0
自分で死ねよ

871 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 10:02:14 0
東スレ追われたラルクが逃げ込んだか。
阿修羅もラルク?

872 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 10:38:38 0
>>866

>>867

無垢な処女時代は遠い過去物語りである私はゼロアカ帝国

小説家モドキのエロぴか理論の皇后

爆乳生熟女アニマル浣腸クレポン赤ちゃんタンポン結婚アナルの女神

花びら満開のあずまん古腐人淫乱に潮噴くさなえ陛下です。



873 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/26(木) 13:23:54 0
★五つ!
http://www.amazon.co.jp/gp/richpub/listmania/fullview/R2X4WJ000LK6C1/ref=cm_lm_pthnk_view?ie=UTF8&lm%5Fbb=

874 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 13:24:48 O
>>872

ブラボー!!

875 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/26(木) 17:01:18 O
基本的にボクは保守なんだな。ぶっちゃけ世の中に文句なんかないものなあ。
いかるのは約束の時間に人が来ないときぐらいだし

876 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 18:07:48 O
誰もてめーのことなんか聞いてねーよ
ニートは黙ってろ!


877 :おまえらは使い捨ての雑巾:2008/06/26(木) 18:13:36 0
ヤリ逃げされる前に、殺ッチマエ!

878 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 18:24:55 0
★通報済み

879 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/26(木) 18:37:26 0
たばこの価格1000円ってどうなのかね。
ボクはもうたばこはやめたのでどうでもいいというか、
歩きタバコとかされるとむかつくんだけど、
一様、趣向品だからね。
一部の人に過剰に税の負担をさせるというのは
納得がいかないな。
歩きタバコを禁止するのとは意味が違うと思うんだけど。

増税してまた無駄づかいするわけだから、
タバコの次はお酒、とかどんどん広がっていくんじゃないの。
やっぱり税金使用の効率化を考えてほしいね。

でも税金の分配って難しいようね。
余っているところは余ってるんだろうな。
天下りで隠れ蓑になっているところとかね。
今日、どっかの村が障害者と偽られて2億円?
支払ったとか。支給を断ち切られて、
死にそうな思いをしている人もいるのに、
管理なく、だだ漏れ支給するところもあるし、
むずかしいね。

こういうのを効率で考えると、ぜったい無駄はゼロ
ではなくて、どれだけ有用かということになる。
でも有用というのもまた曖昧な指標でね・・・


880 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 19:09:48 0
限定解除!ヤリーーーーーーーイ!
>>878
ん?ご苦労さん。
まー★さん勘違いでコンコン来たらその場で首掻っ切る覚悟はあるががな。
K藤なんかの欠点は自殺しなかったところにあるがな。
事情徴収で動機話してもあちらさんの都合のいいように書かれるだけがな。
かてて加えて自身の意見なんて四六時中変転してるがな。
そんなの公表されても何のメッセージ性もないがな。行為こそ最大のメッセージがな。

さてとNARUTOでもみるか。

881 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 19:25:45 0
酒が増税になるとマジ困る

882 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 19:31:03 0
a

883 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 19:36:38 0
http://f61.aaa.livedoor.jp/~sslogbbs/2ch.philo.1044.1044483095.htm
ぴかぁ〜が発狂してるひどいスレ

884 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 19:58:25 O
一様、趣向品だからね。

一応ね
それから 嗜好品ね

いちよういっとくわ W
いや ふいんきふいんき
ケラケラ〜〜〜

885 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 20:19:57 0
>>883
ほほうw

886 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 20:41:15 0
>>883

しろうとの視野が狭くて哲学できない大衆を

発狂から救うエロぴか理論の女神

あずまん古腐人花びら満開でおっぱいマッサージしてるさなえ陛下です。




887 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 21:08:40 0
>>883
よくそんなのみつけたな!w
ほかにはないの?

888 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 21:33:20 O
私のお客で顔面騎乗でオナラをしてくれという人がいるの。
それで先日それをしてあげようと思って、そのヒトの顔の上うにお尻を出して、
プーッとやろうとしたら気張りすぎて中味がビシャーって出ちゃったの。
そのお客わざとやったなって凄く怒ってマネジャーを呼んだの。
マネジャーも呆れて、入浴料を返金して「二度と来るな!アンタは出禁!」って。
本当にバカな客がいるわよね〜・・・・


889 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 21:52:23 0
顔騎の人はドライな変態だけど
こっちの人は情念系でウェットな変態なんだね

890 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 21:56:13 0
>認知と行為

やったら認知するが普通と思うがどうかしたか?

891 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 00:10:27 0
創造とはなんだろうか。
現在は国民総創造の時代である。
創造こそが最高の快楽である。
このようにレスすることも、ブログを書くことを
おしゃれをすることも、ショッピングすることも
自分だけのものを作りだすこと、それが創造である。

しかしこのように人々に創造が開放されたのは、
それほど古いことではないだろう。
なぜならば、創造は人々の自由と平等と深く関係する。
民主主義と、資本主義による経済的な発展が
人々を豊かに、そして自由、平等にしたのだ。

マルクスには創造が欠けていた。
疎外される労働が、平行した多くにおいて消費に関係する
創造を普及させた。これは簡単なことである。
大量生産された商品は誰かに買われなければ、
存在しないからだ。

892 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 00:15:13 0
逆に言えば、創造が普及しなければ、資本主義経済は
成立しない。仮に生産が人の生存にのみかかわるのであれば、
それほど多量に消費されることはない。
創造する喜び(欲望すること)を人々が学ぶことで終わりのない消費、
すなわち資本主義社会が可能になったのだ。


893 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 00:17:44 0
創造と資本主義

創造とはなんだろうか。現在は国民総創造の時代である。創造こそが最高の快楽である。
このようにレスすることも、ブログを書くことをおしゃれをすることも、ショッピングすることも
自分だけのものを作りだすこと、それが創造である。

しかしこのように人々に創造が開放されたのは、それほど古いことではないだろう。なぜな
らば、創造は人々の自由と平等と深く関係する。民主主義と、資本主義による経済的な発
展が人々を豊かに、そして自由、平等にしたのだ。

マルクスには創造が欠けていた。疎外される労働が、平行した多くにおいて消費に関係す
る創造を普及させた。これは簡単なことである。大量生産された商品は誰かに買われなけ
れば、存在しないからだ。

逆に言えば、創造が普及しなければ、資本主義経済は成立しない。仮に生産が人の生存
にのみかかわるのであれば、それほど多量に消費されることはない。創造する喜び(欲望
すること)を人々が学ぶことで終わりのない消費、すなわち資本主義社会が可能になったのだ。

894 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 00:18:56 0
疎外感が発酵します!
疎外感が発酵します!

危険水域です!


895 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 00:30:09 0
それで?


896 :ラプラスの夢≪精≫:2008/06/27(金) 01:07:39 0
>>893
資本主義とは、抑制された創造だろw。

ま、資本主義に創造性を求めるほうがどうかしてる。
マイクロソフト社のロードマップとか、インテル社のロードマップとか、
松下にソニーに東芝に日立に(日立は陰ってるかw)、あれは創造の
ロードマップではなくて、予定儲け額のロードマップだと言うことに気付けよw。

結局、競合他社がなかったり、業界内で仲良く市場を分け合ったりしてる
独占企業だってことに気付け。

それらは、限りなく殆ど独禁法違反であり、WEBブラウザをWindows内に
組み込んだMSは明らかに独禁法違反だろ。ほかにもMSは色々な仕組みを
OS内にダンピング違反的に組み込んでるが、それは明らかにダンピング法違反であり、
つまり独禁法違反だ。

では、どんな罪状で訴えれば、と、言われても俺は答えに苦慮するが、
あらゆる企業を儲けた金でM&Aするのは、果たして正当法だろうか?。
企業の規模ってのは、これからは寧ろ制限すべきだろうね。
さもなきゃ、ガソリンの値段が200〜300円にも400円にもなっちまう。
そんな横暴が許されようか?。

897 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 02:09:49 0
資本主義の創造者と、それに付随する者達の落差を埋める過程を歩んでいる。
そのことを実感レベルにまで落とし込むのが創作者の役割。

898 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 02:12:25 0
メタレベル7、ベタレベル3。

899 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 02:16:35 0
                 _,, 、--――-- 、,,,
               /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`',
      ,r''j´ ̄ `ヽ、  /::::_;;、--――-- 、;;;:::::::l
     / /        ヽ /゙´,,. --―――-- 、,,`゙ヽ!
    l /        |l;:´---;=t;;ァ┬┬t;;ォ、、,_`ヽ|   資本主義をなめるな!
    l,        ,'::ハ,゙´    ノ,、 l,     ヽ,゙l::〉‐、
    人         ノ '  ヽ、... 'r'゙ ヽヽ、.... -'  Y 〈資本主義とは資本主義を終わらせようとする
   /   `''┬―‐'´ヽ-、 l''ー;=、;_―゙ニ゙-----__,ニ'' | ヽ 勢力と維持しようとする勢力の切磋琢磨によって
  /      `''ー、,、  `ト-!、__| ̄Τ ̄「 ̄|__,/  j  ノ はじめて成り立つ概念である!
 ./   ,     / ,、   ハ;ト 、,.二,^,二,二´,./  /-ヘ
 |    `''ー---|. 〈 ヽイ \、L.,,__|__,,.」.../   ,イ:::::::::゙i,
 |         ,ハ、,Уヽヽ、.`''ー---‐''゙´ _,,//|:::::::::::: l,
  \  ''ー――' )/::l   V:::``ヽ、_,,. -'´l / .|:::: _,、-┘
    ト、,__ ,∠/::::|   .l、:::::::::::::::::::::::::::/´   !::::::`''ー-、
   l:::::::::::::::::::::| :::::::::::|  /:::::ヽ、::::::::;、‐'´l,    l:::::::::::::::: /
  ,':::::::::::::::::::::::l ::::::::::l  /::::::::::::::::: ̄::::::::::::::`i  ,':::::::::::::: /
  !:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   j:::::::::::: /
  |::::::::::::::::::::::::::l ::::::::::!./:::::::::::::::::::::::::::::::::::/    !:::::::::: /

900 :900:2008/06/27(金) 02:19:18 0
それで?

901 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 02:19:40 0
なに。「ど〜ん」しってんの?
おまえ、何年生まれだよw

902 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 02:21:22 0
もうすぐ31歳です。
生まれてきてどうもすみませんでした。

903 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 02:38:05 0
確かおまえは・・・さんちゃ周辺じゃなかったか・
まあどこでもいいけど・・・

904 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 02:47:38 0
埼玉市内在住だよ。


905 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 02:53:34 0
哲版が異常にレベルが低いのは、おまえらのせいだと思うけど、どおよ?

906 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 03:03:02 0
おまえらってことは、発言者自身も含んでいるのですね。
ベタです。

907 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 03:29:17 0
阿修羅∞落としさん、かっこいい!

908 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 03:41:53 0
ウンコ

909 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 05:16:28 0
   _ , ― 、
      ,−'  `      ̄ヽ_
     ,'            ヽ
    (              )    こんにちはホリイです
    (     ノ`ー'ー'ヽ     )    あなる掘っていいよ
    (    ノ●  ●(     )     早いものがちでOK
     (   〉 -――-(      )_  _
      `ー'l  ●    (    ノ    ヽ )
       、‘ー'ー’ _ノ`ー'      |
         ̄| ̄           |
         /  /7  / ̄ ̄/   /
         `ー´ `ー ´   `―´


910 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 10:44:52 0
偽物阿修羅はそろそろ素性を証したまえ。
だいたい検討はついているんだぞ。

911 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 11:07:44 O
創造する快楽と労働の快楽のもっとも大きな違いは、労働は自己完結的であるのに対して、創造は他者に開かれていることにある。
創造とは他者との差異により見いだされる自己、だれとも異なるオリジナリティを見いだすことにある。
創造が破壊的であるのは従来の他者の価値を破ることから生まれるからだ。だから創造は一つの運動である。

912 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 11:19:07 O
労働は社会的な貢献という大儀をもつが、行為そのものは末端である。それがすぐに社会の変容につながるけでなく、日常の反復の中にある。
このような末端の反復行為の中で見いだされる快楽は対象との関係の変化にある。
反復の中で訓練され、技能が身についていく。そのような反復の中で沸き上がる高揚感である。だから単純なパイト作業の中にも労働の快感は生まれる。

913 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 11:24:19 0

.               ...-ー、,-─      
.             .-=◎=- i、-=◎=-   
.             ..   / ー-' ヽ   . .  ほーっほほほっほほー 
.                .. -=ニ=-      
.                 .`ニニ´ 
               | 、  ー- " ノヽ     / ̄\
              /   ゙ー―   ヽ._/ .,入  \
               l  i   ' Y  /  /l \/  `ヽ \
              l   ̄ヽ・. ・/  / l _ )___ . `ー' ゝ
      ── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
       ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
          ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、 
         (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
      ─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
               ノ /          \ ヽ   
       ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
          ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r´



914 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 11:24:58 0
偽者阿修羅=びたみん
純一=宮台
名無し=東

くやしいのうwwwくやしいのうwww

915 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 11:27:08 0
僕はメンヘラで誤JALダニ!!!

916 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 11:29:53 0
偽者阿修羅=びたみん
純一=宮台
名無し=東

くやしいのうwwwくやしいのうwww

917 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 11:33:09 O
このような創造と労働の差異は、人間/動物の形而上学的な対立をもつ。ありいは心身二元論といってもよい。
そしてデカルト以降に特徴なように、近代化における論理性のリフトアップに関係する。
すなわち科学技術の発展は論理的ものとそうでないものを分別し、論理性を向上させる。
論理性は容易に還元される低級品、身体、動物であり、残るものは容易に還元されない精神、人間という二元論である。
このような形而上学はマルクス、ニーチェにより転倒される。しかしこの対立そのものは残る。


918 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 11:55:59 O
マルクスのブルジョア/プロレタも心身二元の構図にあり、それを転倒することが革命である。
このような分離が根源的であるのは、分業可能かにかかっているからだ。論理的なものは分業可能で大量生産され、剰余価値(資本)を生み出す。
その意味でマルクスの洞察はすばらしいが、この二項対立は静的な構造ではなく動的なシステムとして作動していることが重要である。
すなわち大量に生産された商品はどこへ向かうのかである。この終わりなき運動の動力は決して資本家のいやしい欲望にのみあるのではない。もっと巨大な欲望を生み出さなければならない。
それが創造への快楽である。

919 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 12:04:23 O
たとえば大量生産の象徴であるフォード社のオートメーションシステムにより安価に大衆に車を提供した。
しかしその後、後続メーカーが車種を多様化させたのに対して、当初フォードがより効率的な生産をめざし一車種をしぼり、大きくシェアを落としてしまう。
いまではフォーディズムとは単なる大量生産ではなく、それによりアメリカに人類初の大量消費社会をもたらしたものといわれるが、

920 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 12:16:47 O
資本主義システムにおいて心身二元論が重要であるのは、機械論として自然を解体し労働的身体を取り出すためだけではなく、
分離することで精神を高揚させる。還元されない自らの存在を追求する創造行為を尊ぶ。なにものでない自らを追求しろ、ということだ。


921 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 12:34:39 O
ヘーゲルの欲求と欲望も二元論にある。あるいはフーコーの規律訓練と生権力、
ネグリの帝国とマルチチュード

922 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 13:09:06 O
すなわち動物化と人間化はどちらかがどちらかを疎外するのではなく、まさに対立させることに意味がある、生産と消費という資本主義の相補的な関係にある。

923 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 14:12:05 O
さらに創造性が重視されるのが、労働の機械化である。大量生産が無人で、すなわち安価ですすめられることで、商品の創造的な付加価値が価値をもつようになる。
創造的な消費は創造的な生産をうながす。現代の創造性は労働においてめざされる。総創造社会である。

924 :メタP ◆p1AdJ397o. :2008/06/27(金) 14:31:54 O
ネット上においてもかわらない。ブログサービスを無償に受けているからといって提供する側は非営利ではない。
サービスの生産に対して主に広告によって利益をえている。その広告費は人々の消費の中に混入されている。
ただ創造性の生産と供給の対立は解体されている。ネットやオタクは創造の生産と消費をみずからに取り込み活性化させている。
このような創造の自己生産という非資本形態においても資本主義か衰えないどころかむしろ活性化しているのはその運動は資本主義システムの内部での活性化だからだ。
それは創造性そのものが資本主義システムに根源的であることを示す。

925 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 14:44:41 O



働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート
働け、ニート








926 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 14:53:36 0
別に働かなくてもいいんちゃう?お金持ちなんだろ。

ま、でもネットにかじりついてばかりじゃ、消費も大してしてなかろうに
ましてや生産や創造なんて無縁そうだけど、このスレ、
実感とか検証なくして
頭の中で自己完結しちゃってるのかね、。

927 :阿修羅∞落とし:2008/06/27(金) 15:13:43 0
僕とぴかぁ〜との共著で本を出しましょう。
世の中のみなさんに、ニートの底力を見せ付けてやりましょう。

928 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 15:14:16 0
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

929 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 15:20:43 0
ぬるま湯でしてる哲学なんて
自分で旅行したことない奴が書く旅行記みたいなつまんない本になりそうな悪寒。
日記レベルで自慰してたほうがいいとおもうよ^^

930 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 15:22:40 0
■なぜ資本主義社会は強迫的に創造性を求めるのか

創造と労働の違い

創造と労働のもっとも大きな違いは、労働は自己完結的であるのに対して、創造は他者に
開かれていることにある。創造とは他者との差異により見いだされる自己、だれとも異なる
オリジナリティを見いだすことにある。創造が破壊的であるのは従来の他者の価値を破る
ことから生まれるからだ。だから創造は一つの運動である。

労働は社会的な貢献という大儀をもつが、行為そのものは末端である。それがすぐに社会
の変容につながるけでなく、日常の反復の中にある。このような末端の反復行為の中で見
いだされる快楽は対象との関係の変化にある。反復の中で訓練され、技能が身について
いく。そのような反復の中で沸き上がる高揚感である。だから単純なパイト作業の中にも労
働の快感は生まれる。

931 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 15:23:14 0
資本主義における労働と創造の相補性

このような創造と労働の差異は、人間/動物の形而上学的な対立をもつ。ありいは心身二
元論といってもよい。そしてデカルト以降に特徴なように、近代化における論理性のリフト
アップに関係する。すなわち科学技術の発展は論理的ものとそうでないものを分別し、論
理性を向上させる。論理性は容易に還元される低級品、身体、動物であり、残るものは容
易に還元されない精神、人間という二元論である。

このような形而上学は心身二元論は、ヘーゲルの欲求と欲望の二元論に繋がる。マルク
ス、ニーチェにより転倒される。マルクスのブルジョア/プロレタも心身二元の構図にあり、
それを転倒することが革命である。しかしこの対立そのものは残る。最近ではフーコーの規
律訓練権力と生権力、さらにネグリの帝国とマルチチュードなどへと繋がっている。

このような分離が根源的であるのは、分業可能かにかかっているからだ。「論理的なもの」
は分業可能で大量生産され、剰余価値(資本)を生み出す。その意味でマルクスの洞察は
すばらしいが、この二項対立は静的な構造ではなく動的なシステムとして作動していること
が重要である。すなわち大量に生産された商品はどこへ向かうのかである。この終わりな
き運動の動力は決して資本家のいやしい欲望にのみあるのではない。もっと巨大な欲望を
生み出さなければならない。それが創造への快楽である。

932 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 15:24:01 0
たとえば大量生産の象徴であるフォード社のオートメーションシステムにより安価に大衆に
車を提供した。しかしその後、後続メーカーが車種を多様化させたのに対して、当初フォー
ドがより効率的な生産をめざし一車種をしぼり、大きくシェアを落としてしまう。いまでは
フォーディズムとは単なる大量生産ではなく、それによりアメリカに人類初の大量消費社会
をもたらしたものといわれる。

資本主義システムにおいてこのような二元論が重要であるのは、機械論として自然を解体
し労働的身体を取り出すためだけではなく、分離することで精神を高揚させる。還元されな
い自らの存在を追求する創造行為を尊ぶ。「なにものでない自らを追求しろ」、「夢をもて」
ということがむしろ強迫的でさえある。

933 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/27(金) 15:24:37 0
総創造社会は資本主義を活性化する

動物化と人間化はどちらかがどちらかを疎外するのではなく、まさに対立させることに意味
がある。そこに生産と消費という資本主義の相補的なシステムが作動する。現代において
さらに創造性が重視されるのは、労働の機械化である。大量生産が無人で、すなわち安価
ですすめられることで、商品の創造的な付加価値が価値をもつようになる。創造的な消費
は創造的な生産をうながす。現代の創造性は労働においてめざされる。総創造社会である。

たとえばネット上では無償で労働が行われる非金銭経済であると言われる。総創造社会で
は生産者と消費者の境界は解体する。ネットやオタクは創造の生産と消費をみずからに取
り込み活性化させている。このような創造の自己生産という非金銭経済においても資本主
義社会は衰えないどころか、むしろ活性化している。

たとえばネット上の多くのサービスが無償だからといって提供する側は非営利ではない。
サービスの生産に対して主に広告によって利益をえている。その広告費は人々の消費の
中に混入されている。非金銭経済は金銭経済の外部であるのではなく、労働と創造の相
補性の内部にある。このような自生的な運動は資本主義システムを活性化している。

934 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 18:44:37 O
おっさん働け

935 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 19:15:52 0
背伸びもいいが、
哲学は日本人には無理ということは
しっかりと抑えておけよ。

936 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 23:44:28 0
>>935
哲学てなに?
どうする事をいうの?

937 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 07:58:22 0
ふ〜。今日はなんだか気分がいいのでメタ男の相手でもしてやるか。

938 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 09:29:08 0
>>937は相手してあげる魅力的な女性ですか、どうよ?


939 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 10:41:52 0
なわけあんめw

940 :加藤:2008/06/28(土) 10:47:10 0
ぴかぁ〜さんを苛めるな! ぴかぁ〜さんを苛めるな! ぴかぁ〜さんを苛めるな!

941 :加藤:2008/06/28(土) 10:47:54 0
疎外感が発酵してきた。
助けて、ぴかぁ〜先輩・・

942 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 10:57:52 0
↑あほ

943 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 12:09:39 0
すっぽかす女は嫌いですか?

944 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 13:16:37 0
エロぴか理論ですっぽかすあずまん古腐人淫乱に不倫するさなえおっぱいマサージの陛下です。


945 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 14:07:35 0
>>930-933





.     /⌒.\.          ./⌒\
    /  ノつ\.        /⊂  \
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : : : *   : : : |    (_ノ
         人___ノ、___ノ















946 :ラプラスの夢≪精≫ ◆daemontaDA :2008/06/28(土) 18:12:00 0
>>945
反哲学ですね。

哲学の呪縛から逃げることが出来てませんよw。


947 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 18:54:18 0

       ○  ○  ○
       ‖__‖__‖
      /       \     
     │-=・=-∴-=・=-│
     ∧ ヽ.  ヽニニソ   l  アラ石株で大損かね〜?
   /∵\ヽ        / 
 /∵∴∵\ `ー--一'ノ/ヽ    ノ7_,,, 、  
/∴ (⌒、"⌒ソ⌒ヽ_( 〒 )ノ- 、`、 ( ィ⌒ -'"",う
∵∴ ~''(_)(_)(_)(_)ソ  __   ヽノー-,イ^
∴∵ ヽ/`、_, ィ/ ┌|| 壱 ._|__ヽ∴/
∵∴/ ∴∵∴/  || || 万// 壱 / )/
∴∵∴∵∴∵/  || || // 万 /  i
\∴∵∴∵ ノ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  /
  \__ /   \___ ノ  /



948 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 19:12:00 0
メタPさん、すっぽかす女は嫌いですか?

949 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 19:18:50 0




               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..



950 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 20:11:30 0
だから?


951 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 21:53:11 0
■なぜ資本主義は「創造」を求めるのか

創造と労働の分裂

創造と労働の違いとはなんだろうか。創造とは他者との差異により見いだされる自己、だ
れとも異なるオリジナリティを見いだすことにある。創造が破壊的であるのは従来の他者の
価値を破ることから生まれるからだ。労働は社会的な貢献という大儀をもつが、行為そのも
のは末端である。それがすぐに社会の変容につながるわけではなく、日常の反復の中にあ
る。そして反復の中で訓練され、技能が身についていく。そのような反復の中で充実感が
沸き上がる。

このような創造と労働の分裂が社会的に全面化したのはそれほど古いことではない。近代
化の中で「科学的なもの」の発展が進められたことに関係する。「科学的なもの」とそうでな
いものが分割された。さらに言えば、このような分割は、「分業」と関係する。「科学的なも
の」は分業可能であり、大量生産され、剰余価値(資本)を生み出す。

製品とは、「再現可能」によって「技術的生産」される。すなわち労働によって大量生産され
る。それに対して芸術作品は再現されない「唯一性」として創造される。

952 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 21:54:03 0
>>
十八世紀後半における最初の産業革命にはじまる近代的技術の発展と、ますます広範で
疎外的なものとなる労働の区分にしたがって、人間が生産した事物の存在のステータスや
様態は、実際に二重になる。一方では、美学のステータスにしたがって・・・芸術作品があ
り、他方では、技術のステータスによって・・・・狭義の製品がある。芸術作品という特殊な
ステータスが打ち立てられたのは、独創性(もしくは真正性)における美学の発生以来のこ
となのである。

労働の区分から出発して考えると、人間の生産活動の二重のステータスは、・・・美の領域
における芸術の特権的ステータスは、手の労働と知的労働がいまだ分化しておらず、それ
ゆえに生産活動が完全性と唯一性を維持している状態の残存であるということになるだろ
う。その一方で、労働の極端な区分という状態から生ずる技術的生産は、本質的に代替可
能で再現可能なままである。

人間のポイエーシス的活動の二重のステータスの存在は、いまやあまりにも自明のものに
みえるので、われわれは芸術作品が美的次元に入るのが比較的最近の出来事であるこ
と、そして・・・人類の文化的生産が、本質的なかたちでその様相を一変させたということを
忘れてしまう。この分裂の最初の帰結として、修辞学や教則集といった学、工房や美術学
校といった社会的機関、文体−様式の反復、図像学の継承、文学的後世に求められる文
彩といった芸術的要素の組合せが、それぞれ急速に衰亡したことが挙げられる。P89-91

「中身のなか人間」 ジョルジョ・アガンベン (ISBN:4409030698)
<<

953 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 21:54:40 0
資本主義における生産と消費の相補性

このような近代における「分裂」は、人間/動物という伝統的な形而上学の二項対立によっ
て思想化された。「科学的なもの」は容易に還元される低級品、身体、動物であり、されな
いものは容易に還元されない精神、人間という二元論である。その典型例がデカルトの心
身二元論とである。そしてさらにはヘーゲルの欲求と欲望の二元論へと継承される。

すなわち「労働」は分業のために還元された労働力であり、製品そして資本を生み出す。労
働では誰でもよい身体であり、動物化である。それに対して、「創造」は分業されない労働
力であり、自らが誰であるかという精神、人間の活動である。

マルクスのブルジョア/プロレタも心身二元の構図にある。ただマルクスは労働を人間存
在の根源とおくことで、精神−身体の構造を転倒させた。しかし重要なことは対立そのもの
は継承されていくことである。

たとえばマルクスは労働による生産に注目したが、大量に生産された商品はどこへ向かう
のか。資本主義の動力は決して資本家のいやしい欲望にのみあるのではなく、大量の商
品を飲み込む巨大な欲望が必要なのである。それは動物化した労働者が生きるために
「欲求」として消費するだけでは十分ではない。人間化として自らの存在意義を「欲望」する
終わりない消費欲が必要なのである。

954 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 21:55:14 0
たとえば大量生産の象徴であるフォード社のオートメーションシステムは大衆に安価に車を
提供し、成功した。そしてその後もフォードがより高い効率をめざし一車種にしぼり生産した
のに対して、後続メーカーが車種を多様化させることで、フォードは苦戦を強いられること
になった。いまではフォーディズムとは単なる大量生産ではなく、それによりアメリカに人類
初の大量消費社会をもたらしたものとして知られている。

マルクスがいうように労働者は労働的身体として疎外される存在としてだけでなく、消費す
ることで自らの存在を追求する創造行為を欲望する存在でもあることが求められる。そのと
きにはじめて資本主義システムは発展し続けることができるのだ。「動物化」と「人間化」は
どちらかがどちらかを疎外するのではなく、まさに対立させることに意味がある。そこに生
産と消費という資本主義の相補的なシステムが作動する。

955 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 21:56:01 0
二元論を産出し続ける資本主義システム

現代においてさらに創造性が重視されるのは、労働の機械化である。大量生産が無人で、
安価で行われるようになることで、商品の創造的な付加価値が高価になる。創造的な消費
は創造的な生産を促し、労働者は創造的であることが求められる。

さらにネット上では無償で労働が行われる非金銭経済であると言われる。「総創造社会」で
は生産者と消費者の境界は解体する。ネットやオタクは創造の生産と消費をみずからに取
り込み活性化させている。

しかしこのような非金銭経済が指摘される中で、資本主義経済は衰えるどころか、むしろ
活性化している。それは、非金銭経済が金銭経済の外部であるのではなく、それらを含め
て、労働と創造の相補的な運動の内部にある。このような自生的な運動は資本主義システ
ムを活性化している。そして「なにものでない自らを追求しろ」、「夢をもて」という創造は、
「働け」という労働よりも強迫的でさえある。

消費と労働の二元論が解体され、あるいは転倒されようと、現代の思想におても、形而上
学的な二元論は、フーコーの規律訓練権力と生権力、さらにネグリの帝国とマルチチュー
ドのように語られ続けている。これら二元論が倫理的にいかに語れれようと、資本主義シ
ステムが駆動する限り、「科学的なもの」とそうでないものの分割は産出され続ける。

956 :ラプラスの夢≪精≫ ◆daemontaDA :2008/06/28(土) 22:00:58 0
>>951
貴方のは文章は好きだが、俺が貴方を好きかどうかは別問題だ。
全てはジョルジョ・アガンベンの言葉なのかな。

まるで水のように旨い酒だな。

もう一杯、御代わり。


957 :ラプラスの夢≪精≫ ◆daemontaDA :2008/06/28(土) 22:14:42 0
創造性は寧ろ資本主義社会の前に抑圧される。

芸術活動は抑圧されることはないだろうが、
もっと実益的な分野においては抑圧され経済至上主義的
資本論の前に統制されるだろう。

Windows3.1、Windows95、Windows98、Windows2000、
WindowsXP、WindowsVista。

儲け主義のロードマップwww。


てか、認知と行為?・・・・ここは何を語る≪べき≫スレなの?w。




958 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 22:22:05 0
>>957
ネット社会のいまさらWindowsか。
マイクロソフトの創造性はネット以前の95までだろう。


959 :ラプラスの夢≪精≫ ◆daemontaDA :2008/06/28(土) 22:46:38 0
今更Windows、されどWindows。w

Windowsだけじゃなくて、電機業界の一般論。


960 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/28(土) 22:55:29 0
>>959
電機業界なんかモデルチェンジ(創造)を繰り返すことで
生き延びてるわけだろう。

961 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:40:06 0
               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ



        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..




962 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:41:12 0



               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..




963 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:41:33 0




               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..





964 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:41:53 0




               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..





965 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:42:14 0




               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..




966 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:42:38 0




               , '" ´        `  、
            /          , ,/ l  ∧ ヽ
          /    /  / .::/ノ ノ ノ ヽ  \
         /     / .:::/ ::// /.ノ __  ヽ ヽ
        /    /::/ ::::/::/__" /     ` ` i:::.. ヽ
        /     |:/| :://´        ;r=ニ、`i  |    
       |     ::| |;:/  ,r = -、     !i,   ・ i |  ヽ  
       |       |  //     \    !i:    | ,、::.. ``r、__,
        |       |  "| ・    ::i!    , `ー_,,,,::.,-‐‐、:::::`ヽ、  
        |       ヽ  \    .ノ .,,,,._,,,...‐''"´ _,., ノ :::::ヾ`ゝ
         |        l    =-=":/,,____,,...-''i"  l_,-! l /:::;` 、:::)ノ´
       ノ::::.. ;  ::.. ;::.ヽ     //`i  l  ゙!,..-'゙ ゙i lノ  ν
     /; '/:::::..::::::..;:::::::..::::::::i     | i、_ノー‐'^`''"    l i
     /;´ /::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l l           | i    
     `  i;:::/ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、| i        ,..ィ' l`'l
       |/  `、;:::/|:::::::∧:::;:::/´   ヽi゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/
          ノノ |;:::/ ノ:://     `ヽヽ〜-^ー'^ ._,,,x"
             |/  l/ |        `゙''ー-‐'ー~..




967 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 00:05:54 0
昨日の続き(こっちにも書いとくわ)

>さらに言えば、動機、理論は事後的なものなんだよね。
>行為したあとに、意味づけされる。

つまり、「なるようにしかならない」ので
「こうすべき」といったところでなににも
ならないってことになるね。

じゃぁなぜ分析(>>47-50 )やってるの?
結果「なるようにしかならない」のなら。

>対応するしかない
対応もできないじゃん。だって
「こうすべき」がないんでしょ←この箇所は訂正した

968 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 00:40:33 0
>>967
行為というものをわかっていない。
例えばキミが野球をうまくなりたいとする。
ではどうするか。
イチローのプレイをみて、イメージトレーニングするのは
重要ではあるが、日々訓練するしかない。
その積み重ねはイチローになるのか、
独自のスタイルになるのはわからない。
それが実践というものだ。

そこに「なるようにしかならない」も、
イチローのように「すべき」もない。

969 :阿修羅∞落とし:2008/06/29(日) 00:47:52 0
救われなかった言語ゲーム論のロマン…が新現実を形成していくということは
超・言語ゲームが使える世界が到来していく未来像が描かれ得る。

進化論が『人間という存在が根源であって堪るか』という救われなかったロマンから
生じ、そのロマンに多くの人が乗っかっていくことによって
進化論に準じた現実が形成されていったように
魔法と現実を繋げ合わせていったときに、超・言語ゲーム世界という
亜な未が現実を形成していくことになる。


まぁ繋げ方は既に大分前から思いついているけど
それは研究したことを介意する僕の仕事とはちょっと違うのカナァと思ったり。思わなかったり。

つまり、超・言語ゲーム世界から観た僕らの現実というのは
語族による因果関係という一つの完全な大言語系によって
完全なる淘汰がされていた世界…ということになる。

人為を縛る因果関係が崩壊したとき
その代わりとして、超・言語ゲーム世界が到来することになる。

ただ、これは一つの可能性に過ぎないんだよね。

970 :阿修羅∞落とし:2008/06/29(日) 00:51:01 0
呑まれる奴が悪いとか
騙される奴が悪いとか
そりゃ一面正しいかも知れないが
だったら、そういう価値観に立った上で
相手の思惑を見抜いていくような教育を子供にすべきであって
子供に対して良い人でいなさいと強要する一方で
実社会が全く別のルーチンで成り立っていたならば
やっぱ駄目なんだと思う。
別に国家の趨勢を担う高級官僚であっても
年収数千万稼げる企業家であっても
時給800円の労働者として生きていて別に差支えがない…

みたいな状況が理想なんだよね。


ジョージとコリンがアリスンをいじめていたのは
ちょっと違うんだよね。
アリスンの方が人間的に力が上だと感じたから
甘えてた訳で、ライカは自己正当化してるだけだよね、みたいな。

魔力というものを精神的毀損と等価のものとして解釈しているけど
別に魔力に限らず、あらゆる才能の種として機能している訳で。

971 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 00:52:24 0
阿修羅が壊れてるw

972 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 00:55:45 0
>>967
「なるようにしかならない」=「なるようにはなる」
「こうすべき」
ようするにこういうのは目的論的すぎる。
動機、理論重視もまたそう。

実践は日々の積み重ねで、終わりがない継続性。
その日その日が完成であり、また決して完成しない。
イチローだってそうでしょ。

973 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 00:59:35 0
まず前提として俺は実践を否定してないよ。
>独自のスタイルになるのはわからない。
この箇所を「なるようにしかならない」って意味でいった。
それはわかってるとおもうんだけどな。
>日々訓練するしかない。
ここに「こうすべき」てのが考案できる可能性
みたいなの、ないと考えてるの?


974 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 01:15:41 0
イチローってかっこいいよな。
今年は打率悪いしチーム状態は最悪と言ってもいいようだが。

975 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 01:16:54 0
>>973
否定しないというか、実践を理解していないだろう。
でも、「後出しジャンケン」のようにレスしながら、
まさにいま実践的に学習している。

976 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 01:28:49 0
まとめると実践とはオートポイエースティックであるということ。
でも実践がなにかとか知らなくてもよいよ。
実践とは日々生きることそのものだから。

977 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 01:53:14 0
また「後出しジャンケン」っていわれるかもしれないけど
やっぱり水かけ論にみたいになっちゃうねw
>まさにいま実践的に学習している。
それはお互いさまなんじゃないの
むしろそれでいいとおもうんだけど。
別に嫌味いうわけじゃないが
2こ前くらいの東レスだったかな、
エリート主義シンポにかんして俺が書いたスレに
ダバダ賛同してくれてた。
ダバダが人の書いたレス引用することめったにないから
少し嬉かったのをおぼえてる。
まぁほかにも色々思うところあるがこのへんにしておくよ。
>>967←これ結構俺なりに考えて書いたから気に留めてくれたらと思う。
そろそろ俺寝るわ。じゃぁ

978 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 02:01:19 0
>>977
訂正
「レス」と「スレ」が滅茶苦茶だなw
マジで寝るわw

979 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 02:21:42 0
>>977
まあ、あんまムキにならずに。
実践とはオートポイエースティックであり、
目的論批判としてあるということ、
それを、知っているか、知っていないだけのことだよ。

どうもゼロアカ房は扱いに気をつかうな。
プロフィールとか公開されてるから、
たかが2ちゃんねるとはいかないんだろけど・・・

980 :阿修羅∞落とし:2008/06/29(日) 02:36:38 0
目的は宗教性をブチ壊すことだ!
サイファに覚醒したとて、しょせんそれは科学を超克したことにはならぬ!
科学を超克する視点を個々人が身につけられぬなら、いっそ菅原浩の本でも薦めておけ!

981 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 02:38:50 0
最近の東まわりでは思想のセカイ系が起こってるように思うな。
急に世界を背負って、イデオロギーをあーても、こーでもない語り出して、
加藤はよいネタになった。
それが悪いとは思わないし、ボクも同じように楽しんでいるんだけど、
それはただの思弁であって、実践ではないというアイロニーは
もっていないとやばい。
その意味で、東もどうも最近、宗教化(カリスマ化)している。
これも世代論なのかな。少し前まではファンと世代が近くて、
ファンも東を丸飲みにしていなかったけど、最近のファンとは世代差があって、
東の言説を丸飲みにする。そして東もそれに酔っているような・・・
組織から外された不安からくるのかなとも思う。
かつてのかたくなに動物化をかたり、政治的なものと
距離を置いてきたスタンスはどこへやらだな・・・


982 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 02:40:07 0
まあ、スター批評家だからそのような消費のされ方を
するのは仕方がないんだろうけど。

983 :阿修羅∞落とし:2008/06/29(日) 03:20:58 0
保守らしく自分の行為を実践してる感じか。

984 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 03:23:03 0
それで?


985 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 03:23:40 0
行為としての修羅ぴか理論を認知する演出に苦心している東は
小説家モドキのぴかっと閃くピカ理論の皇后
爆乳生熟女アニマル排便クレポン人工知能タンポン誘導デイープスロートの女神あずまん古腐人淫乱なさなえ陛下です。

986 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 06:22:37 0
エロぴか理論モナ!!



987 :8時半からプリキュア5!:2008/06/29(日) 08:06:00 0
>>981
>>それはただの思弁であって、実践ではないというアイロニーは
>>もっていないとやばい。
オマエガナ〜。 自覚シロヨ〜。

>>これも世代論なのかな。少し前まではファンと世代が近くて、
>>ファンも東を丸飲みにしていなかったけど、最近のファンとは世代差があって、
>>東の言説を丸飲みにする。そして東もそれに酔っているような・・・
世代ねえ〜。単に共同体意識や仲間意識が芽生えただけだろ。
社会では自治体、会社、学校等、普通に起こっている状態だ。
それに反感を持ちすぎて付いていけなくなった異分子はそこからはじき出される。
ダバダや純一みたいにね。

988 :8時半からプリキュア5!:2008/06/29(日) 08:22:52 0
もうすこしアドバイスすると、
『はじき出された状態で部外者がただ批評しても内部の人たちには馬に念仏。』
 
多くのマスコミの批判報道と同じだ。 
(例えば北が核兵器には触れずに指定国家解除した件も、日本のマスコミや
政府の声は馬に念仏で、その程度では状況打開できるわけない。)
 
愚痴、ネタ、捨て台詞。つまり、波平は批評を行っているのであり、哲学は出来ていない。

989 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 09:39:12 0
>>987-988
>それに反感を持ちすぎて付いていけなくなった異分子はそこからはじき出される。
>ダバダや純一みたいにね。

そこってどこ?
オタク第三世代って、なにもやってもセカイ系なんだな

990 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 09:44:05 0
世代論でいえば、東ファン=オタク第三世代=セカイ系世代は
どこにくのか、ってことなのかな。第四世代に押し出されて、
もう子供ではないし。
社会に反感を持ちすぎて付いていけなくなった異分子は社会からはじき出される。
そして東をカリスマに寄り添う合う。みないな感じか?


991 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 09:48:06 O
つまらん うめ うめ

992 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 09:49:40 O
sage sage

993 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 09:50:50 0
あ!うめんな!

994 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 09:52:24 O
じゃ!やめ やめ

995 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 09:55:00 O
>>993
まあな。男だからな。

996 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 09:56:36 0
埋め禁止

997 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 10:03:56 O
ぴかぁ〜何か用か?わしに何か言いたそうやな〜エエで、お前が口効けるじゃなくてタイピング出来る間は、何なりと言いゃ〜そうせんとお前には、指10本飛ばすさかいな、今のうちやで!解っとるんか〜ボケナス〜


998 :ダバダ ◆CRCg9lmPYI :2008/06/29(日) 10:06:19 0
>>997
例えばキミが野球をうまくなりたいとする。ではどうするか。イチローのプレイをみて、イメー
ジトレーニングするのは重要ではあるが、日々訓練するしかない。その積み重ねはイチ
ローになるのか、独自のスタイルになるのはわからない。それが実践というものだ。

そこに「なるようにしかならない」も、イチローのように「すべき」もない。「なるようにしかなら
ない」=「なるようにはなる」、「こうすべき」ようするにこういうのは目的論的すぎる。動機、
理論重視もまたそう。実践は日々の積み重ねで、終わりがない継続性。その日その日が完
成であり、また決して完成しない。イチローだってそうでしょ。

まとめると実践とはオートポイエースティックであるということ。でも実践がなにかとか知ら
なくてもよいよ。実践とは日々生きることそのものだから。

最近、思想のセカイ系が起こってるように思うな。急に世界を背負って、イデオロギーを
あーでも、こーでもない語り出して、加藤はよいネタになった。 それが悪いとは思わない
し、ボクも同じように楽しんでいるんだけど、それはただの思弁であって、実践ではないとい
うアイロニーはもっていないとやばい。

オタク第三世代=セカイ系世代は、どこにいくのか、ってことなのかな。第四世代に押し出
されて、もう子供ではないし。社会に反感を持ちすぎて付いていけなくなった異分子は社会
からはじき出される。


999 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 10:07:18 O
いらんて

1000 :8時半からプリキュア5!:2008/06/29(日) 10:07:27 0
にげたか

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

399 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)