5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【弁証法的】戸坂潤【唯物論】

1 :考える名無しさん:2008/02/16(土) 13:55:48 0
戦前の唯物論哲学の最高峰に位置する哲学者。
1930年代のファシズム期にあって、唯物論研究会を組織し、その活動を通じて
時代の趨勢と闘った戦闘的な唯物論者。
その課題範囲は、科学論、イデオロギー論、道徳論、風俗論から批評や時論まで
多岐にわたる。
哲学を「思想の科学」として捉えるとともに、『思想としての文学』や『思想と風俗』
など、諸領域を一貫する批評的立場を打ち立てた。
なかでも主著『日本イデオロギー論』(岩波文庫)は現在でも必読の名著といえる。

なお現在、戸坂潤の全著作は以下のネットで読める。
http://pfeil.hp.infoseek.co.jp/

2 :考える名無しさん:2008/02/16(土) 14:02:59 0
>>1(自己レス)
戸坂のスレが最近まであっけど、消滅したので新たに立てた。

戸坂が『日本イデオロギー論』の冒頭で述べている一節、
>現代の日本に於いては、凡んどありとあらゆる思想が行なわれている。日本・東洋・欧米の、
>而も過去から現在にかけてのあれこれの人物に基く思想を取り上げるならば際限がない。
>曰く二宮尊徳・山鹿素行、曰く孔子、曰くニーチェ・ドストエフスキー、曰くハイデッガー、
>曰くヤスペルス、曰く何々。こう並べて見ると、こういう所謂「思想」なるものが如何に無意味に
>並べられ得るかに驚かされるだろう。
は、1930年代の日本の思想状況について述べたものだが、現在日本の思想状況にもよくあてはまるだろう。

3 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/16(土) 15:36:09 O
こっちも宜しく。

【唯物論】戸坂潤 其の三【論理学】
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1202114291/l50

4 :考える名無しさん:2008/02/17(日) 13:20:10 0
戸坂潤といえば、最近東京大学出版会で「20世紀の思想家」
シリーズで復刊されたうちにたしかあったな。
夏目漱石・森鴎外・福沢諭吉とかと一緒。
以前に買おうと思たけど、古本でもなかったので諦めた。
読んだヤツいるか?

5 :考える名無しさん:2008/02/19(火) 10:37:22 0
こんなスレあったんだね。
昔OFWがよく戸坂潤を推奨してたのを思い出すよ。

>>4
それ去年買って読んだぞ。1960年代に書かれたものの復刊だった。
戸坂の伝記というよりは、主な著作の要点を編年で詳しく解説したものという印象だった。
最初は、空間論、次ぎに科学方法論、それからイデオロギーの論理学、現代の哲学・・・
であと文学論や風俗論、ジャーナリズム論などが展開されていた。
戸坂の唯物論研究会での活動や時代背景とも関わらせながら論じている。
戸坂の著作内容について知るには、格好の入門書だと思うけど、ただ入門書のわりには、
著者の批評なども加えられていて、結構難解な面もあると思ったな。

同じシリーズの三木清も読んだけど、こっちの方が分かりやすかった。

6 :考える名無しさん:2008/02/19(火) 13:20:56 0
>>5
で、そん時OFWが戸坂さんがR.ルクセンブルグをもじって
付けたペンエームを紹介してたろ?

7 :考える名無しさん:2008/02/19(火) 17:46:58 0
>>6
たしか薔薇亭華城だろ。
Rosa Luxemburgを
Rosa(薔薇)−Luxus(豪華)−Burg(城)ともじった。

8 ::2008/02/19(火) 18:14:47 0
>>7
そうでした。多謝であります。
なんか懐かしいな。


9 :考える名無しさん:2008/02/19(火) 18:27:29 0
こんなん見っけ。

178 名前:OFW :02/10/15 05:27
「酒ほどに唯物論は広まらず」(薔薇亭華城)と詠んだのは、「ローザルクセンブルク」をもじって
自らの俳号に使った日本最高(!)の唯物論哲学者戸坂潤でしたが、インターネットのおかげで、
全集が電子テキストで読めるようになった。
 ttp://isweb35.infoseek.co.jp/school/pfeil/
小林秀雄から「無味乾燥の文体、外科手術のような批判」と揶揄されつつ論争を繰り広げた
戸坂は、確かに幾分古臭い論文調の表現で評論を書いたが、その内容は未だ古びない本質的
な認識を示しています。
恐慌からファシズムへと突き進む時代において、時流に抗して唯物論の旗を掲げ、科学、文化
およびイデオロギーの客観的内実に迫ったその弁証的理性は、現代の主観主義一辺倒の哲学
および思想に欠けている客観的精神の一つの見本となっています。


10 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 18:28:56 O
昔話はするが学習能力は欠けた連中。

11 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 18:35:12 O
テクストを正しく解釈することは、テクストの書かれた精神を
把握することだ。ポストモダニズムの態度は「正しい解釈」など
存在しないとする点で皮肉にも戦前の主観的観念論に似ている。

12 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 18:54:53 O
ポストモダニズムは言う、「ヴィトゲンシュタインはホモだから
言語ゲーム以外に価値はない」。

13 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 19:29:26 O
解釈を自分に都合よくしちまおうって態度はジェームスの
プラグマティズムにもあるかな?

14 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 19:33:00 O
キリストの態度はプラグマティックだな? 問題なのは動機ってわけさ。

15 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/02/19(火) 19:42:25 O
政治的プラグマティズムをマキャベリズムと言ったりもするがな。

ヘイ、ヤンキー諸君聞いてるかい?

16 :考える名無しさん:2008/02/19(火) 22:13:04 0
>>9
>「酒ほどに唯物論は広まらず」
それ昔見たときに訂正しようと思ったんだけど・・・・

正しくは
「おけさほど唯物論は広まらず」
なんだよなあ。
おけさ=佐渡おけさのこと。
1930年代に一時的なブームだったとかいうことだけど。

17 :考える名無しさん:2008/02/22(金) 02:01:59 0
戸坂の議論の特色は、哲学をただの講壇的な哲学としてでなく、文学、風俗、常識
などと交錯させて批評的に論じた点だろう。
しかもその議論が、それほど古びて見えないのは、あの1930年代という時期から
現代まで継続している諸問題の本質を論じているからだと思う。

この時代は世界的にも日本的にも近代社会の問題性がハッキリと示された時期で、
それへの対応としていろんな哲学的批評がなされた時期と重なる。
ドイツのフランクフルト学派とその周辺(アドルノ、ホルクハイマー、ベンヤミンなど)
とか、ハイデガーやヤスパースの実存主義もそうした動向のひとつだろう。

むろん戸坂とでは視角も方法も異なるけど、近代(Modern)=現代の現代性を俎上に載せて
批判したという点では、(戸坂流に言えば)「共軛性」があるように思われる。

18 :考える名無しさん:2008/02/23(土) 15:36:24 0
>>17
戸坂は最初、三木清の後任として法政大学にいたけど、
学内騒動で辞職してからは、ずっと在野だったね。

1920年代以降は、日本も含めて世界的に現代社会になったと思う。
だから日本の戦前=前近代というのは、一面で当たってるけど、やはり半面で誤ってる。
で、そうした現代の病理の一形態がファシズム体制だろうと思う。
だから、戸坂のファシズム批判は、期せずして現代社会批判ともなった。

19 :考える名無しさん:2008/02/24(日) 08:48:54 0
戸坂潤の『科学方法論』は現在でも名著だと
誰かが最近言ったのを聞いたな。
1990年頃に岩波で復刻版が出されたらしい。
手に入れたいと思ったけどもうない。

20 :考える名無しさん:2008/02/24(日) 09:01:37 0
>>19
戸坂の全集ってまだ入手できるんでしたっけ?

21 :考える名無しさん:2008/02/24(日) 20:36:16 0
>>21

一部はアマゾンでも手に入るみたい。全巻だと古本だろうな。
最初から全巻古本屋で買った方がトクだと思うけどな。

22 :考える名無しさん:2008/02/24(日) 20:42:30 0
>>19
復刻版ならAmazonの古本で1600円ぐらいで買えるぞ。

>>20
全集は上下二段組みだから結構読みづらい面もある。
それに>>1のHPからならいつでも全集読めるよ。

23 :考える名無しさん:2008/02/26(火) 20:45:44 0
>>22
全集は確かに読みにくい点もあるけど、ただ戸坂の文章は平易で論理明快だけど、
語られてる内容も決して平易というわけではない。
だからHPだけ読み流しても、なかなか本格的な理解は難しいと思う。
やはり手元の本を繰り返し読むことが必要だと思うけどな。

日本イデオロギー論も文庫版で、線引きしたりラインマーカーを引いたりで
随分と繰り返し読んだよ。最近になって漸く自分なりに理解出来るようになった。
もっとも、自分は本来哲学には素人だから苦労したのかもしれないけど・・・・。

24 :考える名無しさん:2008/03/04(火) 14:20:37 0
戸坂の『イデオロギーの論理学』の内容を誰か適当に要約して下さい。
読んだけど意味がよくわかりません。

25 :考える名無しさん:2008/03/14(金) 12:23:30 0
>>24
そのくらい自分で要約しろや。

26 :考える名無しさん:2008/04/25(金) 17:02:27 O
明日の聖火リレーの出発地点の空き地は戸坂が獄中死した刑務所の跡地だそうですね。

27 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 03:44:14 0
物質は互いに交通しており、相互に共可能的であり、共有している
だから唯物論者が共産主義者である必要がある

28 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 16:00:44 0
最近、書肆心水で二冊戸坂のアンソロジーが出たね。

29 :考える名無しさん:2008/09/04(木) 15:03:07 0
age

30 :考える名無しさん:2008/10/27(月) 10:35:00 0
sage

31 :考える名無しさん:2008/11/23(日) 09:12:23 0
>>25



 ル・サンチマン™、またまた言い負けたの(笑)?




32 :考える名無しさん:2009/01/03(土) 20:38:29 0
NPOもやいの責任者で今「派遣村」の村長をしている湯浅誠さんは
東大で戸坂潤の研究をしていたみたいだね

33 :考える名無しさん:2009/01/24(土) 15:07:29 0
>>32
へぇ、そうなの。
専門が日本政治思想史というのは、新聞だかに書いてあったの読んだけど。
近代だったのか・・・・・・。
戸坂は理論、湯浅氏は実践と違うけど、何か通底するものがあるのかな。

34 :考える名無しさん:2009/01/27(火) 16:37:58 0
戸坂スレにしつこくレスしていたコテの処刑ライダーの姿が
最近見えないな。ヤツも処刑されたのかなw

35 :考える名無しさん:2009/01/27(火) 17:36:23 0
>>34
なんだ、処刑ライダーの本当の名前識らなかったんだね。

36 :考える名無しさん:2009/01/28(水) 17:54:16 0
>>35
つーことは、あれか、処刑ライダーって有名人ってことだよな?
年末・年始で鬼籍に入った有名人の一人か?

37 :考える名無しさん:2009/02/27(金) 03:13:48 O
うるさい。

38 :考える名無しさん:2009/02/27(金) 13:45:33 0
政治板の住人になってるで〜
もう哲学には愛想がつきたみたい

39 :考える名無しさん:2009/02/27(金) 14:12:58 O
>>33
共産党員が官警と銃撃戦やったりした時代だからな。

40 :考える名無しさん:2009/05/24(日) 12:13:32 0
sage

41 :考える名無しさん:2009/08/12(水) 01:15:53 0
sage

42 : ◆7xuwBG6R9k :2009/09/13(日) 21:33:44 O
てす

43 :(^○^) ◆KYAHAwwgbg :2009/09/22(火) 23:46:07 0
゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* **゚。+。*。゚・゚。**゚
 *゚。+;**゚。+。*。゚・゚。*゚  *゚。+;**゚。+。*。゚・゚。**゚ *゚。+;**・゜゚・*:.。..**゚ *。*


    ID:xRiCwCiX = ID:BEtKQ6gG = 筋肉馬鹿 の低脳さらし劇場

 >http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1250321994/23
 >http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1250321994/21
 >ガリもデブも自己管理が出来ていない事には変わりない
 >アスリートと栄養失調ガリ
-----------------------------------------------------------
↑ (^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪
スレ住人から、自己管理が出来ているガリの例を出され、
慌ててアスリートは別だと言い訳するド低脳。
最初から、アスリートを除いて、と書いておけば、
まだかろうじて説得力もあったのだが、
しょせん今となっては手遅れ、頭の悪い卑怯者の後出しジャンケン。
見事に低脳ぶりを晒してしまった典型的な筋肉馬鹿であった。
しまいには細身の人間をみな栄養失調であるかのように語る知能の低さ。
ようするにこいつは「おつむの自己管理」が出来ていないのであろうな(爆笑)


     ゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* **゚。+。*。゚・゚。**゚

44 :考える名無しさん:2009/10/25(日) 04:54:57 0
tes
腋窩

45 :考える名無しさん:2009/11/04(水) 21:07:58 O
ふあく!

46 :考える名無しさん:2009/11/10(火) 12:14:48 0
tes
ℳℴℯ❤ℳℴℯ❤

47 :考える名無しさん:2009/11/12(木) 13:29:18 0
onyo


48 :考える名無しさん:2010/02/10(水) 21:34:19 0
2chの人たちの中で、南郷継正はどんな評価?

http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou
を読んで、ちょっと影響受けちゃたから、著作を読んでみようかなと思っている。

49 :考える名無しさん:2010/04/02(金) 04:44:33 0
カントの時間論ではなく空間論に着目したのは、ドイツ現代科学経由とはいえさすがだと思う。

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person281.html
戸坂潤

カントと現代の科学
http://www.aozora.gr.jp/cards/000281/files/43267_26537.html
要するにカントと近代の物理学との多くの矛盾は実在認識の持つ二重の性質から説明出来るであろう。即ち直接の知覚
と知的な思惟上の理解の仕方との二つである。カントは後者を眼中に置かなかったのであるが恰も之が近代の物理学
の発達に相当するものでなければならぬ。併し又物理学が「直接に認識し得る」という誤謬に陥り易い時之を警戒す
るものはカントの時間及び空間の表象の思想でなければならぬ。

50 :考える名無しさん:2010/04/26(月) 19:56:58 0
>>49
当時流行してた新カント派ではなく、カント自体を研究対象にしたのは
さすがだと思う。
たしかこの人、一高の時は理系なんだよな。
空間論から科学論へという展開は理系出身者ならではだと思う。
文系出身者だとカントの規範主義や合理主義から入る気がする。

51 :超人デジモン ◆j.Ypl7DW.o :2010/04/30(金) 09:35:54 0
唯物論には反対。

52 :地方労働者:2010/05/22(土) 20:12:18 0
>>4
物理から哲学入ったんだから、漱石門下の寺田寅彦に
似た印象がある。

53 :考える名無しさん:2010/05/22(土) 23:00:45 0
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=blog-imgs-41.fc2.com/k/a/b/kabu2kaiba/tosaka.jpg
http://hatanaka.txt-nifty.com/ronda/images/05_tosaka.jpg
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/imgdata/large/4003314212.jpg
http://persons.bayashi.net/image/%E6%88%B8%E5%9D%82%E6%BD%A4/ecx.images-amazon.com/images/I/31GU4evCM4L._SL160_.jpg
http://hatanaka.txt-nifty.com/ronda/images/05_tosaka_thumb.jpg


54 :地方労働者:2010/05/25(火) 20:46:21 0
自民党も終わり頃は結構、小泉路線から舵を切ったようだけども、
あの連中はデタラメな制度ばかり作って、社会システムを壊して
しまうから、やっぱりあのままやらせとくのは危険だった。

民主党はどうなんだか知らんけどね。

55 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 00:13:47 0
戸坂潤の三木清批判、和辻哲郎批判、西田幾多郎批判にはそれに賛成するにしろ、反対するにしろ突く
べきところを的確に突いているいると思う。むしろあまりに正当すぎるところが面白くないところであ
るが、(後に書かれた)これを踏まえていない批判は読むに値しないといってもよい。その意味で(9で
言及されているように)戸坂潤を軽視しすぎた小林秀雄には、お前は戦争中なにをしていたんだよとい
わざるをえない。小林秀雄のような悪い意味での分析=記述を軽視した文体では戦時期の現実を把握す
ることもできなないし権力に対抗することもできない。

56 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 16:36:11 0
軽視してたわけじゃなかろ。不良スタイルでは、
権力と真っ向勝負とはいかなかったろうが。

戸坂に座談でやっつけられたりしたらしいね。

57 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 20:10:44 0
何度も引き合いに出すが、三木との科学についての対談で(「実験的精神」
1941年)、弁証法にかぶれた仏教をこき下ろしながら、道元のガマのそこに
いるような存在感を賞賛している。そういう胴の太さのようなものが戸坂には
ある。主体の感じられる人物なわけだな。

小林と三木が二人して、「これ一つやれば弾圧されても構わないというような
ものをやりたいね」「そうだ、やろうやろう」と励まし合って終わるんだが。

58 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 20:18:28 0
小林は「科学の凄いところは本を読むことが学問だという
既成概念を打ち破ったところにある」と、一見、当たり前の
ことだが見落とされがちな問題を鋭く強調している。

これは、どうしても戸坂の解釈学批判を連想させる。

59 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 20:55:48 0
戸坂からすると、昭和ファシズムで威張り腐ってる連中なんて、
小泉たちみたいなチンピラの集まりに過ぎなくて、我慢がなら
なかったんだろうよ。

60 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 21:14:52 0
むしろ戸坂を援用して現在についてなにか解釈する人々を嫌っていたかもしれんぞ
ここに居る人らのように

61 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 22:24:39 0
どうしてチミらはそんなに死体いじりばかりを好むのかね?

62 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 23:18:26 0
時々、考えるもんだろう。あの時代、自分が生きてたら何してたかとか。

63 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 23:39:02 0
小沢vs小泉の党首討論がようつべにないのだよな。
小沢がクドクドネチネチと小泉に小言を繰り述べながら、
だんだんと腹が立って来て、うなり始める。

あれはおかしかった。

64 :考える名無しさん:2010/06/19(土) 23:51:11 0
あれは、自民党幹事長小沢のチンピラ小泉目線。

65 :考える名無しさん:2010/06/20(日) 00:27:06 0
>>60
                        ∩___∩
     __ _,, -ー ,,             / ⌒  ⌒ 丶|     今、どんな気持ち?
      (/   "つ`..,:         (●)  (●)  丶        ねぇ、どんな気持ち?
   :/       :::::i:.        ミ  (_●_ )    |
   :i        ─::!,,     ハッ  ミ 、  |∪|    、彡____
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●    ハッ    / ヽノ      ___/
    r "     .r ミノ~.      ハッ   〉 /\    丶
  :|::|    ::::| :::i ゚。            ̄   \    丶
  :|::|    ::::| :::|:                  \   丶
  :`.|    ::::| :::|_:                    /⌒_)
   :.,'    ::(  :::}:                    } ヘ /
   :i      `.-‐"                    J´ ((


66 :考える名無しさん:2010/06/20(日) 00:56:28 0
体力の使い余しがあると、どうも寝付けなくて、、、

緊張感を持続させるのも大変でさ。

67 :考える名無しさん:2010/06/22(火) 00:36:36 0
ちょっと乱暴だがあえて図式的に書く。
三木清
西田哲学(前期)→リッケルト→フッサール→ハイデッガー→マルクス→西田哲学(後期)→親鸞
和辻哲郎
ニーチェ(古代ギリシャ)→キルケゴール→原始キリスト教→原始仏教→儒教→古代大和→日本精神史

この二人は京都学派として扱われることが多いがある意味で対称的である。三木清はいつも最新流行の
思想を追いかけているが、和辻哲郎は最新流行は嫌いらしく、あえて古いものを身につける。戸坂潤に
とって二人はどちらも批判しなくてはならない対象である。この二つの類型は現代にもあてはまる。
例えば三木清のようなたえず最新流行の思想で現代社会を分析するタイプは(三木清ほどの能力はない
が)よくいるので説明はいらないだろう。反対に和辻哲郎のようなタイプ、絶対に流行にはのらないぞ
タイプも周りにいるだろう。このタイプには精神主義者が多いが、国粋主義のようなものは大嫌いで
あるがそこそこ保守的な立場にたつ。絶対認めないと思うが結果的にこのタイプは戦争支持者をささえ
ることになったと思う。

小林秀雄→ベルクソン→本居宣長
このタイプは精神主義者であることが多いので唯物論が大嫌いである。つまり戸坂潤とは正反対の立場
に立つ。文章にすごいこだわりを持ち、分析ばかりの文章をばかにしている。ある意味戸坂にとってこ
のタイプと闘うためにも唯物論は必要であった。




 
 


68 :考える名無しさん:2010/06/22(火) 01:18:30 0
べルクソン→唯心論→カトリック
ハイデッガー→古代ギリシャ→ナチス
本居宣長→古事記(古代日本)→日本帝国主義に悪用される
西田幾多郎
本人はともかく、「無の論理」は悪い意味において利用しやすいものなので戸坂にとって絶対に叩いておかなくては
ならないものであった。




21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)