5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神は何故こんな酷い世界を創ったと思いますか?

1 ::2007/10/10(水) 22:58:55 0
霊能力者がよく言う魂の浄化の為だという論理は解かるのですが、
一つだけ理解できない点があります。それは身体的苦痛の
存在です。これは神が体罰を容認しているという事になりませんか?
神が魂の浄化には精神的な苦痛だけが必要だと感じていれば、
もっと別の世界を創ったと思うんです。
こんな身体的苦痛を伴う世界を最初から創らなかったと思うんです。
どう思いますか?


2 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:08:44 0
2

3 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:11:15 0
>>1
したがって、この世界は神が創ったものではない、
と考えるのが妥当では?


4 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:15:32 0
魔界塔士Sa・Gaちょうおすすめ。

5 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:23:22 0
>>1は、全知全能にしてペルソナを持つかのような神の存在を前提としている、と仮定しよう。
波打ち際か砂場で遊ぶ幼子をみよ。砂で何かを創り壊す。被造物の痛みなど知る由も無い。

6 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:26:06 0
神を善なる存在と考えるから問題なのであって
悪だって考えればいいじゃない。

7 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 23:54:35 0
倫理を求めてどうする

8 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:06:24 0
一面的だが、痛みが無ければ人間は今よりもっと非道な事も軽々と為し得るだろうよ。
イジメだの暴行だの、世に溢れる自らは痛みを伴わないが故に起こる事を>1はよく見るがよかろう。

9 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:11:09 0
痛みが無ければ非道な事など存在し得ないだろうよ。

10 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:34:20 0
「酷い世界」と思わないヤツは幾らでもいる。
酷い世界と感じるのは、中流から下流に転落しつつあるモノども
であろう。


11 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:40:05 O
魂の浄化のために世界を造ったんだ、へー
何のために魂を浄化するの?

12 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:48:22 0
>>1
エハラー教の信者ですかw?
いつまでたっても世界が人間の為に作られていると考えているというのは(ry
そもそも、何のためにタマシイを浄化するんです?
なぜ神に「〜しよう」という欲求があるんです?
欲求がある者はすべて不完全です。
神は完全じゃないんですか?


13 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 00:59:44 0
心ある人たちが、率先して、魂を浄化する必要があるのはね。
たとえ、神さまがいなくても、全世界の人たちが仲良く暮らせるようになるために、だよ。

14 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 02:16:07 0
神は完全ではない
故にその欠片である人間が存在する

15 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 05:14:58 0
神は完全である。
ただし(それのみでは)不完全な存在である人間にはその完全性は知りえない。
ゆえに神及び神の作った(全体としての)世界の完全性も人間には知りえず
それらが不完全なものとしか思えない。

16 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 05:53:28 0
見えない神をどう想像するかは自由ということで

17 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 06:21:08 0
世界中にはたくさんの神話があり神がいるのだから
神=全能と安直に考えるのはやめたほうがいいね。哲学なんだし。

18 :考える名無しさん:2007/10/13(土) 19:03:20 0
神様がドSだからじゃね?

19 :考える名無しさん:2007/10/14(日) 05:50:57 0
>>1は何故こんな酷いスレを創ったと思いますか?

20 :考える名無しさん:2007/10/14(日) 08:55:32 0
>>1が悪魔だから

21 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 07:08:37 0
>>1
身体的苦痛はダメで、精神的苦痛ならいいのか?
精神的苦痛は心身相関で胃痛などの身体症状を引き起こすが。

神←悪魔の偽名だからね。
地球の動物は太古の昔から互いに殺しあって捕食する。
この空腹殺害捕食システムが狂っている。こんな狂った残酷な動物生存システムを作ったのは悪魔。
下級神デミウルゴス、修羅神ヤルダバオトとも言われている。

22 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 08:39:59 0
人間が神から独立しようとして、神様が怒ったから。
大きな事務所から独立したタレントを社長が潰しにかかるのと同じでは。

23 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 10:01:18 0
神様の作った完全無欠なこの世界に文句つける奴こそが悪魔

24 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 04:28:25 0
わがままに育ったワンマン社長の傲慢経営。

25 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 06:48:34 0
肉体。特に脳による能力の制限、魂の孤立。
様々な重りをつけ鍛える。それが出来るのがこの世界。

26 :1:2007/10/16(火) 23:04:13 0
全て自分が納得済みで生まれて来る、という論理もありますけど、
それでも納得できないですね。
飢餓や焼死の苦痛は普通予測出来ませんよね。
こんな苦痛頼んでないのに、という人もいるかもしれませんね。


27 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 23:26:56 0
神とは人間的誤謬です。
動物が神の観念を持っていると思いますか。彼らが持つとしたら自然のそれでしょう。
あるのは自然だけです。すべては生成です。

28 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 12:00:30 0
偶然こそ必然だ
時間と存在なんてカオスなんだよ

29 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 17:38:09 0
カミなどない!
ウンは自分の手でつかみ取れ!

とシャレを言うための、前ふり

30 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 17:47:36 0
この世界は悪魔が作ったのです。
その邪悪な世界に理性という神からの光が差し込んでいるのです。

31 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 18:27:00 O
なら世界はどんどん良くなっているはず。実感出来ますか?説明出来ますか?

32 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:05:37 O
より優秀な人類を残し、繁栄する為の、本能による淘汰だと思うよ。

33 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:11:34 0
そもそも神の定義や人格がなどが分からない以上なんとも言い難いですね。
この世界を作った存在があるなら性格が悪いでFAです

34 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:15:30 0
世界を作ったやつ(いたとして)は、ひどい奴だった。
人間も駄目だ。
よって、世界はひどい。

もう、これでいいじゃん。

35 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:18:00 0
>>1
神とはこの世界そのものなのです。
そして神の愛とは万人、万物に等しく与えられるが故に
それが在る事になかなか気付かないのですよ。

神が世界を「酷いもの」にしているのではありません。
貴方の心が世界を「酷いもの」として捉えているだけなのです。

36 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:22:52 0
>>35
汎神論乙。その世界=神を作ったのは誰なのよ。

37 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:29:55 O
神は時間を超越し自己自身を創造できる存在と考えればいいだけ
俺は>>35

38 :37:2007/10/17(水) 20:31:04 O
「俺は>>35じゃないけど」と書こうとして途中で送信してしまった…

39 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:37:58 0
完全無欠の神々の中でもさらに真・善・美たるイデアみたいな神を
信じるっていうなら、時間を超越しようが何しようがいいんだが…。

古事記のイザナギ、イザナミなんざ子作りから失敗してんだし…
別に神をさらに神格化しなくても…。という感じがする。

神は絶対に善で無いといけないって言うのは
キリスト教っていうよりプラトンの影響が強いと思うんだよね。

40 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:41:42 O
別に善でないといけないなんて思ってないよ
というより神のような絶対的な創造者がいるなら、彼が善なんじゃなくて彼が善を決めるだけ
神話に語られるような神々と創造主としての神は別だろう

41 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 21:35:06 0
神様の事を考えると神様が逃げる・・・

42 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 00:51:27 O
世界には全知全能の神が存在する。
という設定を創りだした時点で最終的な答えは無い。

43 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 01:07:52 0
現実が酷ければ酷いほど神の国は美しいと言う事になる。
そのためだったらなんだってやるさ。

44 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 01:25:24 0
人間の世界がどう見えるかで
死後の世界が決まる
魂の修行と選別

45 ::2007/10/18(木) 03:18:00 0
>>35
私はどう客観的に考えてもこの世の摂理は酷いと思います。
貴方は神が世界を「酷いもの」にしているのではありません、
と仰いますが私はそうは思いません。
私は神がこの世の創造主であるということを前提にして非難しています。
貴方は飢餓や溺死や焼死がありうるこの摂理を酷いと思わないのですか?
私はすごく酷いと思います。そして同時にすごく憤りも感じています。










46 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 03:53:45 0
それは気のせい。

47 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 07:32:53 O
神が世界を作ったのではなく神を作るために世界が生まれた

48 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 08:20:00 0
結局死ぬまでわからないんよな
神がいるのか
なんで世界が出来たのか
自分はなぜこの個体なのか


49 :27:2007/10/18(木) 10:36:45 0
>>45
あなたの意見は珍しくない。
イヴァン・カラマーゾフと同じものだ。
『カラマーゾフの兄弟』を読んだの?

50 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 10:40:16 0
究極のサド且つマゾのホモ且つレズだから。

51 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 10:48:24 O
哲学と宗教はよく似てる

52 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 11:47:44 O
哲学者は持論をエゴイズムだと認識している
宗教者は持論をエゴイズムだと認識してない

53 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 12:11:00 O
なぜ蟹はこんなヒドイ世界を作ったのか。確かにな。
蟹様の定義からだな。

54 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 12:16:26 0
何で神様が人間ごときの都合を気にしなければならんのだ。
人間が理想の家庭を思い描くときに便所のゾウリムシのことなど気にするか。
人間なんて「この世界」どころか「地球」だけみたって表面を這いまわっている
ゾウリムシに過ぎんぞ。

55 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 12:57:36 0
>>47
考え方は面白い
小説にしたら面白そう

56 :ニーチェ:2007/10/18(木) 22:09:25 0
神は死んだ。

57 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 22:15:41 0
そしてニーチェは死んだ。

58 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 22:15:43 0
悪しき造物主

59 :コロンボ:2007/10/18(木) 22:17:39 0
うちのかみさんがね〜

60 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 09:14:00 0
   
         _    ....-ー、,-─     /    おまえはパーいや、おーれがポエだよ。
       __ `ソ. -= =- i、-= =- / ̄/    いーやいやいや、おーれがポエだよ。
         \/゚   / ー-' ヽ   \/ rへ,ノ  いーやいやいや嘘付くんじゃよーポエ。
    __>-へ| i    .. -=ニ=-    |ノ  :.\_ エップリろおれがポエだよおまんじゃよ。
         .:/从へ、. `ニニ´o.ノ从rーヘ_    そうだよそうだよおまえがポエだよ。
       _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \       フマじゃよポエじゃよピエーじゃよ。
── = ニ   /=、。。。。。。。。。。。。。。。。r=、ヽ
 ─ =ニ三 (◎ ヽ-─────(◎  )
    ノ◎、  |\  \       /  / |  /◎、 
   (_,rへ `ソ  /> ◎)      (◎く|  レ' ,rへ )
─ = ニ  \◎'/ /       \ ヽ、◎/
         ノ /          \ ヽ   
 ─ =ニ三 ( ◎(             ) ◎)
    ─ =  ー、_ら          ⊂、_,r´


61 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 14:12:57 0
神は「醜い世界」をつくったんじゃない。
神は「世界を醜いと感じる人間」をつくった。

つまり問題は、なぜ神は人間をそのようにつくったか、だ。

62 :承狂 ◆nR84EH8w52 :2007/10/19(金) 14:55:42 O
世界は醜くはない。
全能の神などと言う妄想をする人間が醜いだけだ。

63 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 15:42:18 0
>>62
「複数の人間」が書き込んでいるというのが、
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにしている
当人自身知的ルサンチマン(=ル・サンチマン)に重篤に冒された人間の主張なのだが、
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにしている
当人自身知的ルサンチマン(=ル・サンチマン)に重篤に冒された人間1人が、
書き込みをやめるとパッタリと、知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパ
みたいなルックスの初老リーマンへの必死の援護射撃が全く無くなってしまうところが何とも、
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにしている
当人自身知的ルサンチマン(=ル・サンチマン)に重篤に冒された人間クオリティであって、
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにしている
当人自身知的ルサンチマン(=ル・サンチマン)に重篤に冒された人間の虚妄に充ちた人生を、
的確に表象していなくないと言えなくもない。要は、
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにしている
当人自身知的ルサンチマン(=ル・サンチマン)に重篤に冒された人間の当然の成り行きなんだよね。


64 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 17:57:52 0
>>1
君はカミサマが世界を作ったと「思い込みたい」んだろ?
証拠なんて特に欲しいわけではないんだよな?
ただカミサマがいることを信じやすくなる為に、世界について都合のいい解釈
を求めているわけだ。
違うかい?

65 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:04:16 0
神は無限の慈悲をもって全てに等しく愛を注ぎ賜います。
それゆえに世界は「ただその様である」という相を保っているのです。

然しながら、それが時として大きく揺さぶられ、様々な事象を以って
私や貴方がたを翻弄する様に見えるのはなぜでしょうか?。

それは我々の「心」…哀しいかな全てを見知る事ができないが故に
事象に揺さぶられる人間の感情、精神活動に拠るものなのです。

お気づきでしょうか?。
好悪、善悪、美醜、正邪…等々この世界を大きく分けるこれらの概念は
人間の精神活動によってもたらされたものである事に?。
我々を翻弄しているのは、実は我々自身なのです。

神は全てを愛し賜う。
昨日がそうであったように
今日もそうであったように
明日もまた、世界がただその様でありますように。

66 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:32:03 0
こうして結局、全ては人間の心次第という
近代的個人主義であるところの人間>神が
信仰深い人自身から出るのでした。

67 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:45:30 O
神のせいでこの歳になるまで彼女できなかったよ。モテたのに

68 :刑事コロンボ:2007/10/19(金) 18:47:17 0
いぇね、
「神さまがいてもいなくても、
結局神さまは何もなさらないし、
ただ見ているだけょ。
だとすれば、神がいたとしてもいなかったとしても、
私たちに関係ないじゃない?」
とこの前うちのかみさんが言ってたんですょ。

69 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:47:54 O
空の空なる恍惚万歳だ。この愉快な人生にプロジットしよう

70 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:48:16 0
>>67
へたに神を賛美するくらいなら
神に愚痴を言ってる方が神の実在を信じてるといえるだろうね。
だって相手がいなきゃ悪口の言いようが無い。

71 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:49:42 0
>>65
何だか物質的な神という感じがするな。

72 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 18:52:30 0
>>67 もう少しくわsk!

73 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:01:17 0
>>65
お気づきでしょうか?。
そういう精神活動をするようなものとしての人間を作ったのは、
神なのですが。

74 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:10:32 0
>>73
神が人間を作った証拠は?
根拠ゼロ。説得力なし。

75 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:20:14 0
いやこの世界は俺のセカンドライフだから

76 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:25:18 0
>>73
>>65のような考え方は、神を人間とはこの世界においては
何のかかわりも無い、人畜無害の置物にしてしまう考えの
信仰者側の始まりだったんだよね。
とにかく誉めてればいいってもんでもないさ。

77 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:28:58 0
そうか?。
神を道具にしちまう輩よりは遥かに優れていると思えるがなぁ。

78 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:34:15 0
生きた神を信じるってのはそれなりに生々しいってことさ。
世の中に迷惑がかかるってんで
神を無味無臭にしてしまったら、誰も神の匂いなど忘れてしまった。
そして結果的に神を誰も意識しなくなってしまった、と。
神を弁護してるうちに神を否定してしまった論理学者みたいなもんだ。

79 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:38:33 0
なぜ神は「世界を醜いと感じる人間」をつくったのか。

幸福とは、不快から快へうつるプロセスに伴う感情。つまり
不幸があってこそ、幸福がある。
不幸がなければ、幸福はない。

「醜く」ない世界には、幸福がない。

つまり、「醜い世界」こそ、
正確には、「人間が世界を醜いと感じるようにつくられていること」こそが、
神の優しさなの現れなのだよ!

80 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:41:57 0
ぷっ神なんかいるわけねーだろこの馬鹿どもwww

81 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:48:26 0
>>80
無神論者ほど哀れなものはないねw


82 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:49:25 0
いつまでも神ちゃま神ちゃま言ってるから精神構造が幼稚なままなんだよwww

83 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:53:49 0
神を信じないとは…君の未来は闇に包まれたままになるだろう

84 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:55:54 0
いると思うもよし、いないと思うもよし。
それら全てを超えて神の愛は世界を包み込む。

いいんじゃね?。俺は好きだよこういうのw。

85 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:56:40 0
偽りの光くらいなら真実の闇のほうがまだマシですわwww

86 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 19:59:15 0
>>84
そう。
神がたとえいるとしても、俺が神を信じないからといって、それが何に影響しよう?
そして人間の精神的成長のためには神を信じないほうがいいのだ。

87 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 20:04:27 0
神学論争はつまらない。

88 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 20:39:30 0
おい、こんなの論争でもなんでもないぞ。

89 :1:2007/10/19(金) 21:25:46 0
私は最初から身体的苦痛の必要性について疑問があると言っているのですが、
どなたかそのような事を説明している本を知りませんか?
哲学書でも霊訓書でもどんな本でもいいです。知っていたら教えてください。
生命を守る為だとか種の保存の為という当たり前の事はいいです。
どうかお願いします。


90 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 21:28:42 0
っキェルケゴール「死に至る病」

91 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 21:29:58 0
っのつぎ鈴木大拙「禅」

92 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 21:43:35 0
>>89
>>64

93 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 21:47:39 0
>>89
なんで
>生命を守る為だとか種の保存の為という当たり前の事はいいです。
以上の理由が必要なの?
>知っていたら
ってどういうこと?ありもしないものを求めてるってわかってんだろ?
気持ちのいい思考停止できる言葉を求めるんなら宗教板へ

94 ::2007/10/19(金) 21:54:02 0
>>90>>91
良かったらどんな事を言っていたのか教えてくれませんか?
身体的苦痛がこの世に存在する理由だけの所だけで良いので。
お願いします。

95 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:01:00 0
>>94
自分で調べてみたらどうだね。
神に疑問は持つのに人が言うことには疑問は持たないのかね。

96 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:14:02 0
>>95
こいつ(1)馬鹿ですからw

97 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:15:29 0
>>1
糞スレ立てんなボケ

98 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:19:16 0
>>89
宗教板で聞けば?

99 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:25:56 0
>>1
神=ビックバンだから というのは駄目なの?

100 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 22:28:05 0
人類がこんな世界を作っているとしか思えないw

101 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 23:08:50 0
* 内藤VS亀田大戦(2007/10/11) テリー伊藤発言集

・試合前

「亀田のマナーが悪い?ボクシングという特殊な世界を一般の常識で計るな!
ピカソやアインシュタインを挨拶の仕方で否定できるのか!」
叩いている人はボクシングを知らない素人ですよ」

・試合翌日

「いいじゃないですか。彼も若いんだからこれから。ああいうのがいてもいい。
まあボクシングなんて”プロレスみたいなもん(やらせ)”ですからね!」

・亀田JBC処分決定後

「亀田はまるでフランス料理を手づかみで食べるようでボクシングを汚している。
持ち上げたTBSは反省しろ!若さが出た?そんな問題じゃない!!
何ですかあれは!昔の武士道の世なら死刑ですよ!もう永久追放しかないですね!!
特にオヤジさん!あれはヤクザじゃないですか!見ている視聴者は不愉快ですよ!!」


102 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 01:06:39 0
おまえ、テリー伊藤なんかを信用してるのか。アホになるぞ。

103 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 04:46:24 0
神=機械氏。
彼を信じているなら、まず、哲学板に居る自分を疑え。
自己矛盾すら忘れていることに。

104 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 04:51:55 0
>>89
人生が終わってから、神に聞きなさい

105 ::2007/10/20(土) 07:21:35 0
やはり2ちゃんねるですね。
笑ってしまうくらい下等な人間が多いですね。
まあ予想はしてましたけどね。
とりあえず私はもう来ないと思います。
高尚な人が来るのを待ってたんですけど
やはり来ませんでしたね。残念です。
まあ来ない理由は分かりますけどね。
では。




106 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 07:37:38 0
自分が間違っているかもしれない、という事には思い至らないのが凄いなw。
まぁガンバレと言っておこうw。

107 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 07:39:31 0
人生最大の発見★12
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1185458410/l50

高尚な人が時々来るらしいぜ。

108 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 11:20:59 0
>>89
痛みがないと怪我しても気づかない、ほっとく→すぐ死ぬ

109 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 11:45:45 O
必要性の度を遥かに超えた激烈な痛みがある → 死んだほうがまし → 自殺


110 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 11:51:23 O
過激な精神的苦痛がある → 肉体的苦痛で注意を逸らしたい → リストカット

過激な精神的苦痛がある→ 死にたい →自殺

過激な精神的苦痛がある → あいつのせい → 殺意

111 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:07:59 0
だから人間に対する愛情に満ちた神様が人間を作った、痛みも作った、と思うから矛盾が生じるわけ。
すべては生成だって書いたじゃん。

112 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:22:23 O
痛みは存在だよ。
世界は虚像。
痛みは生成するのではなくて、鎮痛剤としての世界に亀裂が入ったとき、
あたかも生成するかのようにいわば見えるようになるのだ。
世界は存在の包帯、医療といえる。


113 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:40:08 0
>>105
お前一度も反論してないじゃんw
議論をしなければ自分が間違ってることにも気が付かないぞ
自分の求めた答えしか答えと認めないのなら、楽でいいかもな


114 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:40:37 O
痛みが存在であるというのは耐え難い痛みが、ただ存在し続けてきたということであり、今後もそれは決して変わらない。
これは揺るぎない真実である。
だが世界という夢のあるお話のおかげでそんな真実を忘れていられるのである。
自殺する人間というのは依然として夢見ているのだ。
痛みはなくなりはしない。これは存在なのだ。
そしてこれが真理である。


115 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:40:43 0
>>112
すげー

116 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:41:53 0
>>114
でも独我論っぽくね?

117 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 12:59:08 O
夢のない話だな。

118 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 13:11:14 O
>>116
知らね。

ともかく終わったな。
無残な結論だった。

119 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 13:24:47 O
神なんか居やしないし、人間は地球の歴史の一部、ほとんどどうでもいい存在なんだよ。
仮に神が居たとして、神から見れば人間など、宇宙の中の小さな一生物に過ぎないし、
人間一人一人の価値などゼロに等しい。自殺しようが全人類滅びようがどうでもいい。
魂とかお話にならないし、何でも自分を中心に考えるからいけない。神の興味関心は別の所にある。
神にとっての人間は、地球に発生した自然物。酷い世界とか言われても知らんしw
多分この地球上に生きる全ての生物にとって、ここは酷い世界なんじゃないかな?
まあお前らはビーカーの中で動く微粒子、どうでも良い存在って事。いくら祈ろうが神の奇跡は訪れない。自重しろ。

ひょっとしたら神は遺伝子についての数学的な実験してるんじゃないかな?多分惑星単位の管理で、中身はあんま見てない。
だってお前、この地球上にどれだけの生物がいると思ってるんだ?神の身になって考えてみろ。これだから人間は…云々。
まあお前らは、聖歌歌いながら銀河ヒッチハイクガイドでも読んでろって事。

120 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 13:49:43 0
>>119
またお前か。お前の話は聞き飽きたょ。せいぜい悟りを開いた気分でいなょ。

121 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 14:49:33 O
うはwこの板に来るのは初めてだぜ。

122 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 14:57:28 0
ハロー!プロジェクト2007年まとめ

・吉澤弟が交通事故死
・ハロコンで3階席からおっさん転落→重態
・加護喫煙&おっさんと温泉旅行→解雇
・突然の不透明な中国人加入発表
・ハロモニが7年の歴史に終止符 
 時間短縮&ネット局大幅減の降格リニューアル
・辻急病で舞台降板
 一転いきなり妊娠デキちゃった婚を発表
・矢口のmixi日記が発見される
 プライベートの本音や交流関係が次々と明かされる
・藤本リーダー就任直後に熱愛発覚→脱退
 さまざまなバラエティ番組でネタにされまくる
・飯田が妊娠デキちゃった婚
・紺野のハロプロ復帰が発表されるも
 露骨な引退商法から1年も経たない復帰に疑問の声
・ついにMステから本格的なハロプロ締め出し始まる
・夏のハロコンSSAでかつてないほどの大空席祭り
・10年記念隊がお台場で一般人から嘲笑され晒し者になる
・10年記念隊の2ndがオリコンでAKB48『僕の太陽』に大惨敗 10年記念隊 1.3万枚15位 AKB48 2.6万枚8位
・音楽ガッタス発売延期→フライング誤発売
・後藤が病気でツアーをリタイヤ、またもや妊娠?
・音ガッタスオリコンでPerfumeに大惨敗 7位 *17,492 ポリリズム Perfume  10位*11,903 鳴り始めた恋のBELL 音楽ガッタス
・元「モーニング娘。」の安倍なつみさん(26)が運転中に人身事故。
・石黒彩離婚騒動
・後藤真希の弟ケーブル窃盗容疑で逮捕
・中澤姐さん、クリスマスイブに寿引退発表



123 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 10:37:10 0
>>113 哲学版によくいるクレクレ君だし、ほっとけ。

124 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 13:33:08 0
>>112
痛みは存在だ、っていうのは元ネタあるの?
レヴィナスとか?

125 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 14:39:10 O
>>124
まあキリスト教や仏教、それに流血骨折り損経験などだろう。
痛みというより苦痛か苦といった方がよかったが。


126 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 22:31:35 O
何故人間が精神的苦痛のみだけでなく 肉体的苦痛を感じる必要があるのかという問いに答えるには人間が現世で肉体を授かった理由を考えねばならない。
その理由を数理論学的に 厳密に考察すると その問いは、
何故神が人間を創ったのかとう問いに帰着する。
人間の存在は神の進化にとって絶対必要性があると私的には思うが、その答えは神のみが知るだろう。
少なくとも現世で肉体をまとってしまった我々には 解答できまい。





127 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 22:32:50 0
不可知論と一言で言えばいいのに

128 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 01:35:10 0
名古屋競馬の山本茜騎手(24)が、所属していた厩舎(きゅうしゃ)の男性調教師(48)から悪質なセクハラを受け、
所属厩舎の変更を余儀なくされたなどとして、調教師を相手取り、
550万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしたことが分かった。
女性騎手は全国にわずか10人余。現役の女性騎手が、競走馬の騎手を選べる調教師を訴えるのは極めて異例だ。

訴状などによると、山本騎手は03年6月、調教師に弟子入りし、調教師の厩舎で競走馬の世話などを始めたが、
調教師から度々抱き付かれるなどした。
さらに、調教師は今年1月、厩舎の調教師の住居に山本騎手を呼び、
強い馬に乗せる条件を語りながら「おれはお前に全部見せることができる」などと言って全裸になり、
「お前も包み隠さず見せてみろ」と服を脱ぐよう求めたという。

山本騎手は、厩舎に所属しないと競走馬に乗れなくなることなどから我慢し続けたが、
これらの要求を拒否して師弟関係が壊れ、「指示に従わない」などの理由で5月に同厩舎を辞めさせられたと主張。
甚大な精神的被害を訴えている。

山本騎手は、05年10月にプロ騎手デビューし、今年3月、歴代女性騎手として最速(当時)で通算100勝を果たした。
朝日新聞の取材に「調教師はセクハラを認めず、謝罪もしない。
提訴するかどうか本当に悩んだが、自分の信念と他の女性騎手のためにも、泣き寝入りしてはいけないと思った」と話した。

調教師は「全裸になったことは事実で行き過ぎがあったが、現代思想の議論の中のことで性的な意味はない。訴訟で争う」としている。


129 :ハギオ:2007/10/22(月) 02:16:48 O
肉体的な苦痛なんぞ
そもそも苦痛として知覚する必要なんぞ無い

意識を少しだけ変えれば
そんなもん苦痛でもなんでもねぇや

痛いと思うから痛いのだ
痛いと思うな

アホみたいだが
それは可能な事だよ

結局は意識、つまり精神だけの問題やぜ

130 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 23:57:32 O
>>129
試しに君を拷問にかけてみるというのは面白い見せ物になりそうだな。


131 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:22:25 0
レイプビデオを見た後にオナニーすると、
かいている途中はものすごく気持ちいいのだが、
かき終わったあとに必ずといっていいほど、
精神的な苦痛(両親の呵責?)に襲われる。
レイプされているのはビデオの女性なのに、
なぜ自分が精神的苦痛を味わらなければならないのだろうか?
俺はこの現象を精神的レイプと名付けたいと思う。
もしすでに医学的な名称がつけられているのだとすれば、
誰か教えてほしい。

132 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:28:13 0
俺の意見としては
>>18のレスが的をついているように思える。
まず「死」という概念はいらないと思う。
神は死なないで、人間だけ死ぬってのは、あきらかにセコイ。
神様はドSだから、人が苦しむところをニヤニヤしながらみているに違いない。


133 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:30:06 0
まあこの世は、
神様が創った箱庭みたいなもんだね。


134 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:32:11 0
神さまってのはセコいね。
自分の意思にそぐわない存在に対しては
いくらでも無慈悲になれるんだから。


135 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:34:34 0
まあ結局、
死んだあとに神さまか閻魔様に怒られて、
地獄にいくかもしれないと、
心のどこかでビクビクしてる人間が宗教にはまるんだと思うよ。


136 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:41:40 0
この世を創造したのは、
神、もしくは宇宙意識といった実像なのか、
それとも己の頭が生み出した虚像なのか。
我々にはその答えをしる由もないだろう。


137 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:51:29 0
自分は精神的に強いとは全く思っていない。
むしろ普通の人の5〜6倍慎重で、
あまり根性はないほうだと思う。
危ないものには一切手は出さないほうだ。

おそらく、この手の神について語るスレには、
俺みたいな精神的にあまり強くない人間(言い換えると慎重)が
多く集まっているんだと思う。


138 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 01:58:03 0
レイプビデオでオナニーしたあと、
まじで去勢したくなる。
神様は悪魔みたいな奴なのかもしれないが、
女も男にとっては充分に悪魔だね。

139 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/10/23(火) 23:12:24 0
こんなにも出来の悪いカスみたいな世界を創った奴は
悪魔(=神)か、もしくはそれに類する存在であったと、
ただそれだけの話だ。

140 :考える名無しさん:2007/10/25(木) 03:49:39 0
>>128
この親父、笑わせる事言うなぁwww

141 :考える名無しさん:2007/10/25(木) 04:52:09 0
暇だったからさ

142 :考える名無しさん:2007/10/25(木) 05:55:00 0



771 名前:(酔)短パン0.5 :2007/10/25(木) 03:36:45 0
出ないんだ。
ふん。OKだ・・・


772 名前:考える名無しさん :2007/10/25(木) 03:40:53 0
純一・・・・


773 名前:(酔)短パン :2007/10/25(木) 04:50:48 0
ピカには届かんくせしやがって、
無茶しやがるから・・・・

バカが・・・・・


143 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 03:13:04 0
自分が想像した神の姿は
自分自身の写像or目標である。


144 :龍宮:2007/10/26(金) 20:31:41 O
現代の人間とは限りなき階級闘争の産物だ。どこまでいっても上か下か、反抗か革命か。どうやって相手を欺くか下から上に乗る瞬間をみるといつもくだらないと思う。マルクスは確かに人間と哲学と科学と光とをよく知っている。

145 :龍宮:2007/10/26(金) 20:43:39 O
歴史とは限りなき階級闘争の産物だ。マキャビリズムが物語るように君主は人間に必要なのだ。マルクスは経済の原理をG-W-Gで表しそれは社会のなかにある摂理として表した。王は階級闘争に勝利したのではなく必要だから真ん中から押し上げられたのだ

146 :龍宮:2007/10/26(金) 20:56:03 O
人間の関係とは階級闘争の結果ではない。社会とは自然に出来たものだ。しかし人間は自然の後時間を経過して何かを創りだしたのだ。自然は社会を造り社会は階級闘争を生み階級闘争の後に我々はいるのだ。それでも我々は階級闘争の日常の中に生きているのだ

147 :龍宮:2007/10/26(金) 21:08:07 O
人間は近代を経て社会のなかに愛を生み出した。人類愛だ。この流れから愛を説く指導者が登場した。ガンジーやマーティー=ルーサ=ーキングやジョン・レノンは愛や融和、平和を体現した。しかしどうだこの裏にある悪や暴力が吹き出した現状は。社会とはすべてを含んでいるのだ。

148 :龍宮:2007/10/26(金) 21:43:44 O
光のなかに闇があるように善のなかに悪があり生のなかに死があるのだ。生があまりにも光輝いてある時、それのために死がそのなかに近づいてくるだろう。世界はすべてを含んでいる。絶対善は悪を疎外し光のみのところには必ず闇が忍び寄る。それでも

149 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 00:15:55 0
折角、選ばれた人間が平和な世界を作ろうとしても誰かがそれを邪魔をする。
それの繰り返し、平和が嫌いな何者かの仕業。


150 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 00:24:59 0
その苦痛があるからこそ、それを癒すために飲む酒が旨いんだがなぁ。
ありゃ、飲みすぎか。

151 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 00:42:10 O
争いは男女関係から派生している気もする。

152 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 01:50:56 0
1は完全にイカレてたな。神の存在を無条件に信じて世界の現象に
意味を見出そうとするのが崇高な行為だと疑わなかったもんな。
「偽りの光の中で生きるくらいなら真実の闇のほうがいい」っていってた奴
がいたけど、1は理解しないんだろうな。

153 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 02:12:46 0
1には、どう思いますか?なんて書いてあったが、スレタイの同意を
得たかっただけなんだろう。霊能力者とか霊訓書なんて言葉もあったから
宗教や哲学を求めるというよりも、単にスピリチュアル(笑)よりの
人間だったんだろう。

154 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 02:40:20 0
>>153
同意。昔の俺も一時期そんなんだったから見ていて痛いんだよ。


155 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 03:06:04 O
人間を創ったのが神なら
神を創ったのは誰だよ

156 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 03:18:46 0
>>155
人間でいいじゃない。

157 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 03:27:30 0
人間は神でもあるね

158 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 00:54:28 0
ストレスがたまっていたから。

159 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 01:21:35 0



     ●●
    ( 'A` )   なんで働かないといけないの?  
 / ̄       ̄ヽ
/   ,ィ -っ、    ヽ
|  / 、__う人  ・,.y i
|    /     ̄ | |
ヽ、__ノ       |  |
  |   哲 学   | 
  |  ヽ、_  _,ノ  丿
  |    (U)   |
  |    / ヽ   |


160 :龍宮:2007/10/28(日) 06:43:50 O
空想から科学へ。我々は哲学から即ち自分自身から出発してその精神の構造に注目するようになってきた。即ち言語だ。そこで我々は国語に興味をもち倫理観に目を向ける。我々の国家の親たちが培ってきた道徳や教訓を学ぶだろう。国語は我々の全てを含んでいる

161 :龍宮:2007/10/28(日) 06:52:16 O
国語には時代背景がある。現在・過去・未来を結ぶ時代精神のなかに昔も今も変わらない本質と真実がある。文学と漢字にはそこに至る過程がある。そこで我々は時間を意識するようになる。歴史から現代社会を知りたくなる。社会だ。我々はどこから来てどこに向かっているのか

162 :龍宮:2007/10/28(日) 06:56:56 O
社会は過去あらゆるものが蓄積され色々なものが交じりあって網の目のように重なりあって出来ている。そのなかにはひと纏まりの有機態がある。しかし物事には即物的な視点がある。即ち根本的な原理を考えることだ。空間と時間から我々は数学と理科に興味をもつ

163 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 07:03:37 0
>>1
何故かを問うことは無意味だ。

何故なら自然はあるがままに存在するからだ。

自然や神に理由などありはしまい。
自然は未来永劫の自然ままだ。
神は未来永劫神のままだ。
それらの理由を議論したところで無意味だ。

全ては受け入れられるためだけに存在しているのだ。

164 :龍宮:2007/10/28(日) 07:04:30 O
数学から抽象と具体を学ぶ。抽象的な視点は我々に生きる上での理性を植え付ける。空間と時間には彩りがある。この彩りにも原理があり我々は元素科学・物理学・地学を知る。しかし即物理科には飽きがくる。何故なら核がないからだ。そこで我々は核のある学問にもう一度至る

165 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 08:03:20 0
>>163
全てを受け入れたら「哲学」板の結論ではないでしょ。

166 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 11:12:24 O
神様とか信じてる奴って自己中だな

167 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 11:20:40 0
>>165
だからキミ等は未熟なんだよ。


168 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 11:40:12 0
未熟扱いして受け入れてくれなかったね

169 :考える名無しさん:2007/10/28(日) 11:48:14 0
受け入れるも入れないも、俺はなんとも言ってないわけだが。
キミ等が自分で拒絶してるだけだろ。

それはキミの投影だよ。幻影に騙されるな、それは哲学じゃな
いぞ。

仮にもし苦痛があるのならばそれはもう少し明瞭な言葉に
置き換えるべきではなかろうか?。

罪悪感とか、恐怖感、悲しみ、緊張感、他もろもろ、
これら全てを精神的苦痛と言っているうちは、
やはりまだそれは苦痛なのだろう。

170 :あめのみやつこ:2007/10/28(日) 12:57:33 O
女はわからん

171 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:23:00 0
以下はただの俺の一人ごとだ。
悩み多き年頃なので、読みたければよめばいいし、飛ばしてもいい。


イエスかノーで答えろ。
お前はいまこの時代に発狂したいのか、それとも発狂したくないのか?
答えはノーだろ?発狂したくないだろ?
答えは一つのはずだ。何も悩む必要はない。
なら、どんなに残虐な映像、虐殺動画、レイプ動画、
人類がこれまでに行ってきた悪事の動画を見ても、狂ってはならないはずだろ?
たとえ10人中3〜4人が一度みたら人格に異変をきたすほどひどい動画を見ても、
自分は残りの6〜7人の側にいなければダメなはずだろ?
UU白書の御手洗を思い出した。

172 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:24:11 0
そもそも、大人の強姦の動画なんかかわいいもんだ。
まだまだ和姦の分類に属するぐらいだ。

アメリカみたいに、30cm近いイチモツの黒人が赤ん坊の子宮にぶちこむ動画や、
少女を拉致して集団で大人がたらいまわしにしておかす動画にくらべれば、
大人の強姦の動画なんかかわいいもんだ。

そもそもレイプってなんだろうか?
そいつが死ななければ、そいつが泡はいて子宮がぶっこわれるまでレイプしても、
それは殺人罪にはならないわけだ。

死ななければ、体の一部を切断されようと、子宮がぶっこわれようと、
殺人罪には決して問われないわけなのか?
それらは、あくまで傷害罪、強姦罪であって、
決して殺人罪にはなりえないということか?
悪人は牢屋に何年かいれば元に戻れるが、被害者のキズは一生消えないというのはいかがか。

173 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:29:45 0
残虐なものがこの世に存在するということは、
神がその存在を認めているからなのか?
やっぱり、神は残虐なマゾヒストであるとしか思えない。



174 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:34:48 0
マゾじゃないくて、サドだった。

175 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:41:35 0
精神的な苦痛に耐えられずに、つい文章を書いてしまった。
文を書けば、少しは気が楽になれると思った。
そして、実際少しは楽になった。

176 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/02(金) 23:50:58 0
そんなにイヤなら、なぜそんなひどい動画ばかりみるのかとか言われそうだが、
今はインターネットの時代だし、
ネットが身近にあると、フッとなにかの衝撃でレイプ動画が見たくなってしまう。
これが人間(男)のサガだと思う。
しかし、どんなにひどい動画を見ても、それに耐えて人間的な尊厳を持ち続けるのが、
俺の務めだと思う。

177 :たつのこ ◆XIcrNcZB8E :2007/11/03(土) 00:18:35 0
いや、むしろ狂って精神病院にでもいたら、
一日中やることがなくなってつまらなくなってしまうだろう。
だから、狂うか、狂わないかという、見かけ上の選択肢があった場合は、
俺は狂わないという選択肢をとるだろう。
だから今日も俺は狂わないでいるのだ。

178 :考える名無しさん:2007/11/06(火) 00:34:47 0
天照大神は何故こんな酷い国を創ったんだろうか。


179 :考える名無しさん:2007/11/07(水) 18:11:26 0
もうとうの昔に見捨てられてるよ

180 :考える名無しさん:2007/11/07(水) 18:40:42 0
神は、この世界を「あなた」のために創りました。
そうです、あなたの「親」や「友達」、
または何の関係も無い「他人」と呼ばれる人々、もちろん有名な政治家や、
芸能人の方々も、所詮あなたの人生に、
数多く存在する登場人物の中のひとりに過ぎません。
あなたがこの醜い世界の主役なのです。
但し、神はあなたが主役のこの世界で、
醜い世界を、今はあくまで演出として構成しているだけなのです。
今後のあなたの生き方次第で、神の演出は変わってきます。
周りの登場人物も変化してくることでしょう。
この世界のすべてがあなたの人生を演出するための要素という事です。
つまり、あなたが人生を送るために、
神があなたのために用意した世界ということです。


181 :考える名無しさん:2007/11/07(水) 19:10:56 0
なんか、もし神が世界を醜く創ったというのなら
その通りなのだろう。
人間を中心に考えると理不尽なことが多いが
神はそう創ったのだろう…。
この世の不正、悪、苦痛…そこから神を求めて欲しい
と思ったのかもしれない。
神は神であって、人間の思い浮かべるどんなものでもない。
他人のことなど分からず、まして神のことなど分からない。


182 :考える名無しさん:2007/11/09(金) 01:24:12 0
まぁ世界が醜い何て言ってるのは幼い証拠。
ホットケー

183 :考える名無しさん:2007/11/09(金) 15:07:12 0
まぁ世界が醜い何て言ってるのは幼い証拠。
ホットケー




184 :考える名無しさん:2007/11/09(金) 15:38:02 0
人間が頼んで神に身体的苦痛を与えてもらったんだよ。
それがなければ危険を感知できない。それに同種における共通の感覚・感性としても必要だった。
動物的な生存の条件として必要だったんだと思う。
その単純な身体的苦痛を勝手に増幅させているのが、死や不幸に対する意識的な恐怖心。
人間として長ずるにつれ、痛みへの感受性が大きくなってゆく。
本当は身体的痛みなど対したものではない。死への恐怖がそうさせている。
心から神を信じていない証拠である。
死への恐怖がなければ痛みはただの感覚のひとつに等しい筈。

ちなみに僕も神を信じる事ができていないので、痛みは恐ろしいです。

185 :低能は語彙が乏しいw:2007/11/10(土) 06:19:34 0

369 名前:考える名無しさん :2007/11/10(土) 00:19:03 0
>>366-367
おまえは素人だな?スレタイを13回読んで唇を噛み締めてろよwww


370 名前:考える名無しさん :2007/11/10(土) 00:47:36 0
>>369 カスの相手なんかするなよ。所詮カスはカスw

376 名前:考える名無しさん :2007/11/10(土) 02:20:55 0
>>371
かすw




186 :考える名無しさん:2007/11/20(火) 20:08:32 0
全て神が望んだことだろ

187 :ネオマトリクス:2007/11/20(火) 22:31:09 0
仮に人間に僅かでも自由意志があれば
この酷い世界から自由になれると思ってますが、こういうのは無理でしょうか?

仮に、人間に僅かでも自由意志があったら
(あるとすればおそらく脳細胞の一部か筋肉を動かす程度ですが)
自由意志で自由意志自体を増やせば、その増えた自由意志で
更にもっと多く自由意志を増やし、更に増えた自由意志でもっと多く自由意志を増やし
と繰り返せば無限に自由意志が増えると思ってます。

例えで言うと、仮に人工知能が出来たとしたら
人工知能が知能で知能自体を増やす、というのを繰り返せば
人工知能の知能は人間を超えられるのと同様に
人間に僅かでも自由意志があれば自由意志で自由意志自体を増やせば
何かあるのではないか、と考えてますが
ここの諸氏はどうお考えになられますか?

188 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 14:02:36 0
『もっと』 Mr.Children

悲しみの場所に灯された裸電球に似た光
それはほら吹きに毛の生えたにわか詩人の蒼い願い

華やぐ季節がそこまで来てるのに
相変わらず心をどこかに置いたまま

暗い目をしてたって
この星のリズムは
君に笑顔を降らすから
きっと きっと きっと



189 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 14:03:52 0
ヘッドフォンで塞いだはずの理由のない孤独な叫び
やわな手足をもぎ取られたバッタみたいにもがく思い

世界は誰にでも門を開いて待っている
平等の名の下に請求書と一緒に

そんな理不尽もコメディーに見えてくるまで
大きいハート持てるといいな
もっと もっと もっと
もっと もっと もっと

夜ごとの花火はもう上がらなくていい
心に消えない光が咲いてるから

暗い目をしてたって
この星のリズムは
君に笑顔を降らすから
きっと きっと きっと

どんな理不尽もコメディーに見えてくるまで
大きいハート持てるといいな
もっと もっと もっと
もっと もっと もっと


・・・9・11の曲らしいのですが、みなさんはこの死をどう思いますか?

190 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 17:54:58 0
素敵な詩ですね。
窪塚洋介さんですか。

191 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 18:26:56 O
>>1わりぃ、いまバグ直してるところ





みたいな感じだったらおもしろいよな


192 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 18:53:03 0
バグ直したら人類が消えたりして

193 :考える名無しさん:2007/11/24(土) 09:42:22 0
理不尽を大きなハートで受け入れるマイノリティーは
小さなハートのマジョリティーに
食い尽くされてハートすら無くすのみ。
痛い詩だなぁ、とても悲観的な詩だよ。



194 :考える名無しさん:2007/11/24(土) 13:30:05 0
まあそんな感想待ってた。
9・11をコメディーに見えたらそいつは相当な屑ですな。


195 :考える名無しさん:2007/11/24(土) 14:04:21 0
神が創ったということはあなたの意志も全て神の意志。

196 :考える名無しさん:2007/11/24(土) 14:42:59 O

哲学板の皆様へ

男性論女性論板に以下のようなスレッドがあります。
哲学的な見地から回答やご意見をいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。


女に文句を言う男は、なぜ叩かれるのか?
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1195867045/

1:名無しさん 〜君の性差〜 :2007/11/24(土) 10:17:25 ID:zFgJstmJ
男に文句を言う男は叩かれない。
男に文句を言う女も叩かれない。
女に文句を言う女は誉められる。
女に文句を言う男だけがなぜ叩かれるのか?

197 :考える名無しさん:2007/11/24(土) 16:04:16 0
>>193-194
偽善的ですね。

貴方達が小さなハートを持った聖人の仮面をつけて正義の味方ポーズを
とっても、世界は何も変らないのに。

貴方達のような偽善者にも絶望した深い絶望感を歌った素敵な歌だと思います。

198 :考える名無しさん:2007/11/28(水) 01:24:56 0
人が生まれてくるのは修行をするためで
その修行が終わって神様が許してくれるまで
何度も生まれ変わって似たような人生を歩む・・・みたいな話を聞いたけど
なんで神に許しを請わないといけないんだろう。
こんな最悪な世界を作った者なのに。



199 :考える名無しさん:2007/11/28(水) 09:52:33 0
このスレはグノーシス主義者の集いみたいだな
早くまともな信仰に帰ったほうがいいよ

200 :考える名無し:2007/11/28(水) 15:17:16 0
神、又はそう呼べる存在は、人間に自由を与えました。良い事をする自由も
あれば、悪い事をする自由、良い悪いをしない自由もあります。皆さんは、
どんな自由を選択するでしょう。

201 :考える名無しさん:2007/11/28(水) 18:25:04 0
>>1が「世界を創造した何か」を「神」と言っているのは分かるけど、
「神」を擬人化してそこに疑いをもっていない気がする。
それの説明もせずに他人の意見に文句を言うのは個人的には嫌いだ。

>>1の言う神様がいるとしても、この世界を「酷い」と思っているとは
断言できない気がするが。

202 :考える名無しさん:2007/11/28(水) 18:26:03 0
lostage[ロストエイジ]

清水雅也(Gt.)
五味拓人(Gt.)
五味岳久(Vo/B)
岩城智和(Dr.)

2001年地元奈良にてVo/B五味岳久(兄)とG五味拓人(弟)の兄弟を中心に結成された4ピース
トイズファクトリーから最新作「DRAMA」をリリース
ダークで激しく繊細で美しいサウンドを聴かせる最強のロックバンド

http://jp.youtube.com/watch?v=PF8tIwzFfVo ←「TELEVISION CITY」
http://jp.youtube.com/watch?v=NedCyra9Q_Q ←「RED」
http://jp.youtube.com/watch?v=h5WqZGQiHFE ←「手紙」
http://www.sound-tv.net/artists/lostage/ ←特集サイト

203 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 09:26:33 0
もし神様がこの世にいるならばそいつは正義や希望と平等に
悪や絶望も愛している、ほら世界はこんなにも神の愛に満ちているのさ

204 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 12:09:31 O
ほんとに世界は醜いのか?おまいがそう思っとるだけやないか?

205 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 12:38:40 O
寂しかったから

206 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 12:40:33 O
ひどいということの理由になってなかったな

207 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 12:49:02 0
そもそも酷いとか醜いとか人間の目線だろ
想像も出来ない複雑系で調和されてるのかも試練

208 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 14:02:21 0
>>1 身体的苦痛は、なんらかの不具合や限界を知らせる為に
  そもそもあるのだと思えば、何ら不思議は無い――――

209 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 20:58:29 0
完璧な世界を創造したと思ったのに
食物連鎖ってなんぞこれー
こんな世界ぶっ壊してやる!!

210 :考える名無しさん:2007/11/29(木) 22:34:43 0
苦痛から逃れようとするからいいんじゃまいか

211 :考える名無しさん:2007/11/30(金) 21:48:10 0
神様は世界を完璧に作ったのに人間が自分勝手な無いものねだりをするから、
脳内妄想が天国で現実世界は地獄のように勘違いしてしまう。

212 :考える名無しさん:2007/12/03(月) 22:28:59 O
>>1 無明庵EOでぐぐれ

213 :考える名無しさん:2007/12/07(金) 09:13:34 0
人間が自分勝手な無いものねだりする時点で神のミスだろ

214 :たい:2007/12/07(金) 13:54:31 O
身体的苦痛も魂の浄化のために必要だとしたら?

215 :たい:2007/12/07(金) 13:55:55 O
身体的苦痛も魂の浄化のために必要だとしたら?

216 :考える名無しさん:2007/12/07(金) 19:27:57 0
S趣味の悪魔が世界を作ったと考えればすべて解決。

217 :考える名無しさん:2007/12/08(土) 00:02:50 0
「物」が世界を変化させようとして「物」と対立しながら生きるのが生物。
神に反抗したから苦しんでいるだけ。神からの罰。

218 :考える名無しさん:2007/12/08(土) 10:02:12 0
神は、貧しいものや泣く者は幸いって言ってなかったか?
Sだよ、神は。

219 :考える名無しさん:2007/12/10(月) 19:45:19 0
神=悪魔。これで全て説明可能。

220 :考える名無しさん:2007/12/11(火) 19:24:08 0
身体的苦痛を伴う行為は、
あらゆる動物において恒常的に行われるものなので、
また人間もそういう暴力を犯すわけだけれど、
それをとめる手段として現れたのが、理性であり、つまり考えるということ。

とすると、理性とは、つまりそういう身体的苦痛を
なくす、軽減させるための第一歩なのだ。

221 :考える名無しさん:2007/12/11(火) 20:23:23 0
例えば神=完全・完璧であると仮定するならば、不完全と言うものに対しての興味・感心が湧いたとか
だからあえてこのような不完全な世界を創り、観察をしているとか

まぁ、所詮は人間の考えている「完全」なんて我等人間にはそもそも理解すること自体が不可能と言われればそれまでなんだが……

222 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 14:13:11 0
死ぬのが1番幸せだと結論でてるのに、
なぜ自殺しないのか?

223 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 17:59:51 0
なぜ死ぬのが一番幸せだといえるのか?

死んだら戻ってこれないのに、死んだらどうなるのか体験してきました、
なんていう人はこの世にひとりも存在しないのだから、
そういうことはまずありえない。

224 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 18:03:27 0
死ぬのはいつだってできるから後回しでいい

225 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 21:04:20 0
あなたは何故神が世界を創ったと思うのですか?
てか、神って何?

226 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 22:40:24 0
神などいない

227 :考える名無しさん:2007/12/13(木) 00:04:24 0
225は、世界を創ったのが神であることを何故知ってるの?ってことね

228 :考える名無しさん:2007/12/14(金) 19:58:08 0
ドSだからwwww

229 :考える名無しさん:2007/12/14(金) 20:12:04 0
神って何人もいるんでしょ。中には意地悪でダメな神もいるんだな。

230 :考える名無しさん:2007/12/15(土) 08:25:22 0
神は何故こんな酷い世界を創ったかを人間に考えさせるため

231 :考える名無しさん:2007/12/15(土) 16:02:48 0
迷い子は紅蓮に焼かれるも泳ぐ 偽りの瑞光を信じながら
小坊主「世に一切の衆生が無くなるまで人は 憎しみの海泳いでゆくのであろう」

232 :考える名無しさん:2007/12/20(木) 17:24:28 0
私が一番不幸だった。

この迷路に出口がないことを知っていたから。

次に彼が不幸だった。

この迷路に出口がないことを知らなかったから。

その他大勢は不幸ではなかった。

自分たちが迷路の中にいることすら知らなかったから。



233 :考える名無しさん:2007/12/23(日) 13:40:16 O
世界の平和を祈り世界の不幸を独りで背負うとはなんと荒行

234 :考える名無しさん:2007/12/25(火) 22:12:03 0
神自身が不完全性を内包している
だから俺自身も葛藤し、答えを探してる
上にあるがごとく、下にもかくありき

235 :考える名無しさん:2008/01/01(火) 22:27:02 0
魂を浄化するために創った?
なら最初から高貴な魂を創れば良いんじゃないか?

236 :考える名無しさん:2008/01/01(火) 23:55:16 0
う〜ん、何で身体的苦痛を作ったうえに、
麻酔だの麻薬だのを人間の手の届くところに作ったんだろうね。
まさに神のみぞ知る。

237 :考える名無しさん:2008/01/02(水) 00:16:33 0
>>29はもっと評価されていいと思う。

238 :考える名無しさん:2008/01/02(水) 01:08:54 0
でも、既にウンは自分の大腸に内蔵されてるわけだし、肛門に付着
している場合も

239 :考える名無しさん:2008/01/02(水) 14:35:23 0
>>235
神などいないからじゃないのか
>>236
痛みを作ったのは動物自身で麻薬は植物が自衛のために作ったわけよ

240 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 09:26:53 0
神がわかってりゃこんな社会まともに相手にしないだろ。
この世の出来事はサラッと流していくだけ。
神がわからない奴はこのクソ社会にしがみつくしかないわなwww

241 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 12:18:57 0
>>239
動物自身が痛みを作り、植物が自衛の為に麻薬を作るということが
起こる世界を、神が計画して作ったわけだから、>>236への反論には
なってないね。

242 ::2008/01/07(月) 17:36:51 O
>>1
マジレスしちゃうと、これでも前の世界よりマシになったんだよね。
前なんて大魔王がいたりサイヤ人が攻めてきたりしてひどかったよ。
しかも国王が犬。

243 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 00:33:01 0
おk。
じゃあ邪魔なものを取り除いてあげようじゃないか。
ます身体的苦痛といえばメインは触覚だろう。ポイしちゃおう。
聴覚も邪魔だな。不協和音とか聴くのは苦痛だろうしね。
嗅覚も臭い匂いを嗅ぐ羽目になるからこれも排除。
不味いモノ食べる事になったら大変だ、味覚も無しと。
視覚もねぇ、見たくないもの見るなんて苦痛だろう?。これもポイ…と。

とりあえずこんな所でどうかな?。幸せになれたかな?。

244 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 04:39:11 0
>>1
そういう偽りの考え方であなたは幸せになれるんですか?
神が意図的に酷い世界を作ったなんて、よくそんなことを信じて生きますね
お気楽な人生でうらやましい。

245 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 04:54:09 0
l

246 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 13:44:19 O
苦しむ奴は最高のものはこの世にあると思っているからだろ。
金、地位、スムーズな人間関係、セックスなど。
でも、それらが手に入らなくて苦しい。
手に入っても、飽きた、たいしたことなくて幻滅した、
それを維持するのに苦しい、など。
最高のものは神と考えていれば苦しみはないな。
簡単に手に入るから。

247 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 14:48:44 0
>>1
こんな言葉を遺して逝った人もいますが……

「アーナンダよ、この世はこよなく美しい。」


248 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 15:00:42 0
>>1
世界は神が創ったのではない。物理現象が創った。これが真実!
この世が美しく思うのも醜く見思うのも、人間の主観でしょう。
「でも、そんなの関係ねぇ〜♪ オッパッピー」

249 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 20:21:56 O
>>247
他人の創作だろ

250 :考える名無しさん:2008/01/09(水) 21:26:19 0
そもそも神がいようがいまいが俺らには関係ないだろ。
戦争が起こる時点で神は人に無関心なのがわかる。
仮にいたとしても人にとって利益のある存在ではないことは確かだ。

この世界で一番ひどい戦争って何か知ってるか?
宗教戦争だよ。


251 :考える名無しさん:2008/01/09(水) 21:43:07 0
霊能力? 魂の浄化?  神が何だって?

 冗談はオカルト板でやれよ


252 :考える名無しさん:2008/01/11(金) 14:44:04 0
>>250 たしかに!  各々が絶対と信じてる神が後ろ盾してるから、
           どんなに残酷な事も平気でやる! 殆んどの戦争は
           宗教(神)の違いが原因。
           
           

253 :神の声:2008/01/11(金) 15:10:00 0
やべっ地球つくんの失敗した・・・でもこれはこれでアリだな・・・
良し!鬼畜星として裏神様サイトで売ろう!

エロゲのプログラマーだって見様によっては創造主地球は運悪く基地外紙さまにあたったのです

254 :考える名無しさん:2008/01/11(金) 15:22:15 0
神は人間!
脳の海馬に記憶バックアップ機能をインプラントして肉体がしんでも精神は
巨大なメモリーバンクの中で永遠に生き続ける事ができる、これが人工天国!
ワームホール利用で他銀河へも自由自在これが!原始的な異星生命に知的存在
への進化を助ける、既に宗教は失われ人は神のごとき存在へ・・・科学は神の
御技に他ならない!人間は今まさに神になろうとしているのだ・・・

255 :考える名無しさん:2008/01/11(金) 15:40:34 0
巨大なメモリーバンクか。
いいたとえですね

256 :考える名無しさん:2008/01/13(日) 10:25:27 0
神は存在しない。生存競争は自然の摂理。

257 :考える名無しさん:2008/01/13(日) 10:51:15 0
自爆テロの疑問!何故、生存より死を選ぶ!?


258 :考える名無しさん:2008/01/13(日) 15:35:38 0
もうちょっと上の学校に進んだときに宗教学や歴史や政治を学べば
わかるでしょう

259 :考える名無しさん:2008/01/14(月) 12:34:02 0


>>1神は何故こんな酷い世界を創ったと思いますか?
コムです。
答、、
醜い心を持った人が神を創ったからで〜す。
世界には80万団体の宗教が有り、80万の神がいます。
その80万の神が口々に我こそ本当の神だと、一歩も譲らないのですから人類社会に争いが絶えないのは当たり前ですね。
神を信じる日本人は15%ぐらいですので、その御陰で日本が比較的に平和な国に成っているのです。




260 :考える名無しさん:2008/01/16(水) 13:41:43 0
神がいたらこんな世界はないち!

261 :考える名無しさん:2008/01/17(木) 12:39:49 0
だよな〜

262 :◆060N.9dPPw :2008/01/17(木) 21:11:37 O
なんつかーさ、おまいらウザイよ^^;

263 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 12:38:28 0
天界から人のもがき苦しむのを見て楽しむため!

264 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 13:23:50 0
「しかもハンス、それは人間の発育状況だけじゃないのだ。人類と社会の
あらゆることが、未来には、そのように両極端に分かれてしまうのだ。
たとえばカネだ。一方には腐るほど大量のカネを持ち、広く高価な土地を持ち、
労せずして限りなく肥っていく階級が現われる。貴族とか新しい中産階級とか
言ったのはその意味だ。だが少数の彼らが現われる一方、他方の極には、
何をどうやっても絶対に浮かび上がれない連中も現われるのだ。」

「人間だけではない。国もそうだ。恐ろしく豊かな、労せずして肥っていく
国が現われる。他方、何百年かかっても絶対に払いきれないほどの借金をかかえ、
水一杯すら容易に飲めない国も現われる。気候もそうだ。とほうもない旱魃や
熱波におそわれる国と、寒波や洪水におそわれる国が出る。災害におそわれ
つづける地域と、楽園のような地域、人っ子一人いなくなる荒地と、無数の
人間が鼻をくっつけ合って生きる都会とが分かれる。

愛もそうだ。特定の男女にだけ、愛と肉体の快楽が集中する。一方、一生に
一度の真の愛も快楽も得られない男女も増える。要するに、土地や金や
支配力を得る者は、ますますそれを得、支配される者はますます支配される
だけになる。そうだハンス、それが未来なのだ。私の見た未来だ。未来は
そうなるのだ……」

ヒトラーの予言(完全オリジナル・バージョン)
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

265 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 15:54:35 0
神が完全と考えるのは人間の望みであって
本当は物質的に大きく違うだけかもしれん。

だから創ってみたはいいけど、どーもしっくりこないから
ぶっ壊したり作り変えたりしてるのかも。

見た目がイイ人間がそこそこ良い人生を歩むのはそのせいじゃね?
クソ貧乏なものすごい美人が伯爵かなんかに目を留められて…という話は意外と多い。


266 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 18:46:56 0
>>264はノーストラダムスの予言かと思った。


267 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 18:59:59 0
日常に本当の意味の調和は存在しない。
調和とはすべての存在の理想が歪曲されることなく共存している状態のことである。
日常に理想はない。
日常は精神の高みを拒む。
日常はそこに住むものがそれぞれの理想を消し去ることによって成立する。
理想は文学語によってのみ語りうる。
この世には二つの言語がある。
日常語と文学語との。
文学語は人との間で直接やり取りすることは出来ない。
人の口から発せられるのは日常語であるからだ。
多くの人は文学語の存在を知らない。
あるいは遠い昔に知りかけて日常の中で忘れてしまっている。
真理や本当の感情は文学語でしか表現しえない。
日常語で擬似的に表現されたそれらしいものは真の感情から人を遠ざける。


268 :考える名無しさん:2008/01/25(金) 01:58:39 0
>>264
ヒトラーって凄いな!  ナチス\(^o^)/

269 :考える名無しさん:2008/01/25(金) 14:04:46 O
彼らはまず人を牢獄に監禁しておいて それから無力を嘲笑する

270 :考える名無しさん:2008/01/25(金) 14:39:16 0
ホント、ヒトラーってすごい。今の世の中を見事予言してたのか!
でも、ナチスの行動は絶対に許せない!

271 :考える名無しさん:2008/01/25(金) 18:44:27 O
世話するなどとは言ってない

272 :考える名無しさん:2008/01/26(土) 19:54:59 O
>>262
神キタww

273 :考える名無しさん:2008/01/26(土) 23:32:02 0
人間でしかそこまでめんどうみることは出来ないはずなのだが限界がある
そこで宇宙から警告!


274 :考える名無しさん:2008/01/26(土) 23:44:46 0
ヒットラーは人間として間違いをしたので宇宙から警告があったのだ。

275 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 00:58:18 0
>>1美が存在するから醜いが存在するんだよ
光があれば影があるみたいな?

276 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 02:11:14 O
身体的苦痛なんて本来は存在しない。
人間がラベリングして苦痛が存在していると錯覚しているがな。

277 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 02:21:28 O
神は評価をしない。
人間は評価をする。
例えば、苦痛は悪というように。

278 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 04:14:51 O
>>1
何故?という問いをするということは神に感情や意識があると思っているのかい?
恐らく神には人間の思っているような感情はない。
そもそもこの世界を創るということに理由を見い出せない。
故に神は存在しない、という論理がある。

279 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 05:14:04 0
神と言えど、自分と同等かそれ以上の存在を作る力を有していなかった。
なので神は自分に近い生き物を作って観察した。
神と言えど、退屈という恐ろしい怪物に打ち勝つことは出来ず、また、打ち勝つ必要も無かった。
そして神が人間に対する興味を失ってからかなりの時間を経て、現在に到った。

280 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 05:43:13 0
神はヒューマニズム的な感情を持っていないと思うんだよね。
動物的というか野蛮な意志を持っている。
悪魔の方が人間らしくて甘く優しいと思う。

281 :心の仕組みドットコム:2008/01/27(日) 10:25:50 0


>>270
>ホント、ヒトラーってすごい。今の世の中を見事予言してたのか!
>でも、ナチスの行動は絶対に許せない!

ヒトラーの予言は、それ以前の予言を寄せ集め装飾を施し、人々を扇動する為に創った今流の著作権侵害物ですよ。
未来を予測する本物の予言者は必ず、現状が進んだ地獄と別ものが現れ世界を平和に納める、二通りの道を示します。
ヒトラーの母親がロスチャイルド家の血筋で、ヒトラーはイスラエルの建国を世界に認めさせる為にユダヤ人を犠牲にして芝居を打った、と言う説も有ります。
この争いにかかる多額の費用はロスチャイルド家が出費し、ヒトラーは死体の消えた自殺にして南米で余生を送ったと言うことです。
今でも世界一のユダヤ財閥、ロスチャイルド家の陰謀説が筋道として正しいと思われますね。
過去、歴史の変わり目には必ずロスチャイルド家の率いるフリーメイソンが関わり米国の建国にも証として一ドル札にフリーメイソンのシンボルで有るピラミッドに全てを監視する眼を刷り込んで有るのです。
そして、米国では人口の一割がフリーメイソンの会員で世界金融の中心ニーヨークにはユダヤ系アメリカ人が300万人集結し市政を動かしています。




282 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2008/01/27(日) 11:05:48 0
この世界を創っているのはお前自身だ。
責めるならそんな世界を創れるようにお前を創った神を責めろ。

283 :唯識的独我論者:2008/01/27(日) 23:30:49 0
仮に神がいるならゲーム感覚じゃないか?

神と同様に感情を持ち思考する生物を作る。
んで、人間に神がいるようないないような情報を与えて
様々な文明の進歩や戦争を見てうひひと笑う。

別に幸福だけの天国を作る事もできたけど
それだと刺激が少なく見ててもつまんないんで
欲望と戦争のうずまく面白い世界を作って見て楽しむ。

だって仮に自分達が全知全能だった場合、天使のような恋人や
友人や部下を作っても、それだけでは満足しないでしょう?
ある所には天国のような世界を作り神様〜と崇められるのを楽しむ反面
別のところに欲望と戦争だらけの世界を作って
そっちでも楽しむのが全能なる者の行いじゃないかな・・・

で、そんな快楽主義者の神のご機嫌をとる方法を考えませんか?

284 :唯識的独我論者:2008/01/27(日) 23:43:27 0
ちなみに俺は宇宙の発生に関して三通りだと思うんだよ。

1.第一原因があり、意思を持つ何か(俗に言う神)
2.第一原因はあるが意思など無く無機質な何か
3.第一原因は単一のものではなく、無数にある意志が
 それぞれの動きによりこうなった(神は無数?で全能ではない?自分も神の一つ?)

私的に、素粒子の数だけ意思があって
それで意思のそれぞれの動きが物理現象や法則になってる、
というような独裁的ではなく民主的な宇宙だと思ってます。
何故こんな酷い宇宙か?というのは
自分や君を含めた無数の意思が
宇宙発生から今までに行った事の結果です。

285 :考える名無しさん:2008/01/28(月) 20:59:50 0
栄光はすべて神のもの。
人間が栄光を味わおうとすると、
その間違いを正すために試練が与えられる。

286 :考える名無しさん:2008/01/29(火) 03:49:18 0
神様は何故干からびた大地に雨を降らさないのか・・・
そうだ雨乞いの踊りを踊ろう(・∀・)

どーゆー発想だよ(´Д`)

(`・ω・´)科学は、気まぐれで何を考えているのか読めない
外部である神を見捨てました。
しかし神は乱数であるとも思えません。

287 :考える名無しさん:2008/01/29(火) 04:44:39 0
神はこの世界を美しいものと思っています
しかし人間はこの世界を酷いと思っています

288 :考える名無しさん:2008/01/29(火) 11:38:14 O
そりゃ、神は完璧だからだよ

完璧だから、人間が苦しんでいても心が痛まないのさ

289 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 00:23:45 0
>>1 人のせいにするのは格好悪いとだけ言っておこうか
しかも架空の生物に

290 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 07:15:55 O
つまんなくて、やめた。orはなから、きづいてない。

291 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 08:21:40 0
>>1は人生が自分の思い通りに進まなかったのだろうが、
神の思い通りには進んでいるのだよ。
神は万能だから、何でもできる。
すべて神にとっては想定内。

292 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 08:26:46 0
私は、人生相談のためにこの板に始めて来たのですが、あなた方は本当に凄い。
一つ一つの文を読むごとに目から鱗でした。
如何に自分が無知蒙昧な人間であったかがわかりました。

本当にありがとう。この一時間足らずで、これからの生き方が変わったといっても
過言ではありません。

哲学はお堅いイメージがあり、敬遠していた自分を恥じる。
哲学は素晴らしい。

293 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 12:33:22 0
神がいるなら何故弱いもの順に殺していくのか疑問
神がいるなら悪魔もいると言う事になり悪魔は神より優れている事を認めさせたい為
自分より弱いものが手っ取りばやいので色んな仕業をする。
神はそれを防ぐ事は出来なかった。と言う事で神はいる様には思えない。
イエスの神は汝、人を殺すべからずと言っている。
そのわりには地球は戦争など争いが絶えないのは何故か疑問!
文章へたなのは許してたもれ。

294 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 16:29:27 0
>>292
住人代表、そんな〜 照れるな〜 (^^ゞ

295 :モル:2008/01/30(水) 17:35:08 0
1はもう消えたんだよな。
2ちゃんなんかに用は無いとか言ってw

296 :考える名無しさん:2008/01/30(水) 21:16:21 0
神は醜い世界など創っていない。
醜い世界が神を創った。

297 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 13:30:05 0
神なんているわけねーだろ頭おかしいのか

298 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 15:05:10 0
俺は神は信じない。
だれもみたことないだろ?(美輪さんはみたらしいけど・・
だって理論的に宇宙のなかでどこに神様はいるんだ?
宇宙の外か?
地球のまわりをぐるぐるとだれも見えない形で見下ろしているのか?
俺は神なんて架空の人物に過ぎないと思うけどな・・・

299 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 15:21:38 0
>298

>>美輪さんはみたらしいけど・・

側頭葉癲癇の患者の中には発作になる
寸前に神が見える人がいるらしい。
又、サーヴァンス症候群でインドの
有名数学者ラマヌジャンも夢の中で
神様が現れて勉強を教えてもらっ
てたらしい。
しかし、これらの現象は全て幻覚
にすぎない。だから、美輪さんも
幻覚を見ただけなのではないのか。

300 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 16:20:31 0
↑の通り、神、幽霊、UFO、等を見たと言う椰子は、全部側頭葉患者!
これがまた悪い事に、通常は一般人と同じで、発作が起こると見た!見た!と……
また、この患者が結構多いのも困る(有名人にも多い)。

301 ::2008/02/02(土) 17:05:24 0
>>1
正直スマンかった。

302 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 17:37:35 0
「こんなひどい世界に誰が囲まれると思いますか」

303 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 18:56:48 0
電話帳などをぱらぱらとめくっただけで全部暗記できる人間だっているんよ
見える人にはみえるのではと思う。みた人は見たに違いない。
そういう世界はうそをつけない世界。別にいいんじぁない、見た事の無い人がぎぁぎぁ
言う事もない。




304 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 22:38:52 O
この宇宙自体が神の肉体

305 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 15:02:29 0
>>1
つまりは仏教やショーペンハウウェルのような厭世主義だな。

306 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 15:07:16 0
>>1
あと「神はなぜこの世に苦しみをつくったのか」ていう部分は
problem of evil と呼ばれている問題だね。
一応参考リンク貼っときます。

ウィキペディア英語版
http://en.wikipedia.org/wiki/Problem_of_evil

スタンフォード哲学事典
http://plato.stanford.edu/entries/evil/



307 :考える名無しさん:2008/02/05(火) 14:33:59 0
翻訳汁!  ('A`)  

308 :考える名無しさん:2008/02/05(火) 23:12:10 0
神の幅広さをいいかげんに認めろよ。
イチローのようなスーパースターから、東大生、
ニート、DQN,障害者とあらゆるものを創れる。
神は自分の幅広さを認めさせたいんだよ。
だから、自分の想定外のことが起こっても受け入れるしかない。
すべてを受け入れるしかない。
すべてを神が創ったのだから。
神とケンカして勝てるわけがない。

309 :考える名無しさん:2008/02/07(木) 12:46:24 O
>>299
神様という概念がない人がそれを見た場合は、どう説明するんだろうね?

というか神様という概念がない人には現れないかもね。

心霊写真や科学では証明出来ない摩訶不思議な現象で、心霊写真のように物的証拠があるものはどうなるんだか・・・幽霊は見えなくても、心霊写真に映ってる幽霊らしきものは皆認識出来るしね。

ちなみに私は幽霊を見たことがありますが、それは幽霊だったと証明出来ません。しかし、科学では証明出来ない現象が存在していることは事実だと思います。

310 :考える名無しさん:2008/02/07(木) 12:49:05 O
>>308
文Tでも東大生なんだぞw文Tならどんなバカでも勉強すれば入れるから

311 :◆jPxCc.awyI :2008/02/07(木) 21:02:54 O
おまいらバカ過ぎwwwwwww

312 :一般人:2008/02/07(木) 21:44:42 O
神様とかの話もファンタジックでいいが。。

「人間は何故こんな酷い世界を創ったか?」

313 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 07:40:30 0
この問題は神学的転回が必要だよ。
神は完全だと考えた人間がバカだったんだ。
神には謙虚さが欠如している。また説明責任も果たさない。
黙っているから言語能力も欠如している。
神は完全ではないという公理を設定すれば、論理整合性は保たれるのだ。
神は完全ではないから、デカルト的な人間の理性も信用ならないという
経験論も生まれ得る。
完全で全知全能な存在は神をも超えている。

314 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 08:13:44 0
人間みたいなクズにに神の偉大さが理解できてたまるかよwwwwww

315 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 08:21:23 O
世界がひどいのはバカ団塊が調子に乗ってバカスカとガキを生みまくったから。
神とは関係ない。

316 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 08:25:58 0
神なんて、人間が死の恐怖や不条理なんかから逃れる為に作った崇拝の象徴にすぎないんじゃね?
なんて、ちりとてちんを見ながら考えてみたりする。

317 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 09:43:58 0
全部相対 悲しいけどどうにも出来ないんだよ


318 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 10:09:51 0
人間というのは中心を求めるものです。
自己に中心を求めるならば、自己の外部にも中心を求めます。
それが人間にとって一神教の神なのでしょう。
それに対して多神教はマーキング、地図のようなものですね。
絶対的な中心である神と、自分の里に帰るためのマークとしての神。
天の父なる神と、大地の母なる神。
多神教の人間はコギトというのがなかなか理解できません。
ちょっとうんこしてきます。

319 :316:2008/02/08(金) 10:10:26 0
補足
神の存在を信じることで救われる人がいるんなら、それはそれでいいとも思うけど、
一方で神の名の下で殺人が行われることが周知の事実となってしまった今となっては
神を積極的に否定するのもアリなんじゃないかとも思う。

で、本筋の戻すと

"仮に"神がいるとして、その神が世界を創るとあまりにも美しすぎてつまんねーから、
「神が予想出来ない事を実行するソフトウェア」を"神"が創り、そのソフトが
てきとーに振舞いを創っているのがこんな酷い世界(ハードは神製だけど
そのハードがどのように振舞うか(ソフトがどう動くか)は「神のみぞ知る」
じゃなくて「神も予測不能」ってのはどう?
「ハードもひっくるめて全部そのソフトが創った」でもいいんだけど、
"ソフトそのもの"を創ったのは"神"ってことになるかな?

でもこのソフトを創った時点で"神"は"全知全能"でなくなる罠。

320 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 10:35:13 0
人間には何もわからないよ

321 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 11:56:48 0
神は人間のことを何もわかっちゃいないよ

322 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 22:30:50 0
>神は何故こんな酷い世界を創ったと思いますか?








    人は自分を通して世界をみる
    ほかの観方はありえない

    つまり見えた世界は自己の投影だってことなのよ
    結論:世界が酷くみえたら己の酷さゆえと知れ











323 :考える名無しさん:2008/02/08(金) 22:50:49 0
そいつは違うな。
世界が酷くみえるなら、それは自分の心が美しいから。
世界の悪と不正を許さない、美しい自己の存在があるから。
醜い世界が美しく見えるなら、その人は魂が腐っているゴキブリだ。

324 :考える名無しさん:2008/02/09(土) 00:10:17 0
>>323
ゴキブリらしい意見だなw

325 :考える名無しさん:2008/02/11(月) 18:49:01 0
魂が醜いと醜い事するよなぁ!
セイタイゴウとかいい例。マリーアントアネットの場合、国のおさで無かったので許される。
国が飢えている時に、ろうそくを一日、一万本使っていたらしい。
一本一週間分の賃金でもローソクを作っている人々のところは儲かっているはず、でも処刑された。
セイタイゴウは残酷な事をしてたらしいが処刑はされない。
こんな醜い世界だれがつくったのだろう。




326 :考える名無しさん:2008/02/11(月) 19:07:57 0
>>325
>こんな醜い世界だれがつくったのだろう

世界とは今現在のことだが
お前も今現在の世界(の一部)を担ってる以上
おまえのつくった世界でもある

   相応の責任をとれ!



327 :考える名無しさん:2008/02/12(火) 08:19:43 0
宇宙を作ったのが神ならば
この議論に意味も持てよう。


328 :考える名無しさん:2008/02/12(火) 08:59:00 O
もっと上の次元に連れていきたいからだろ。
こんな腐った次元で満足されては困るからなw

329 :考える名無しさん:2008/02/12(火) 09:02:15 O
家畜に神はいない

330 :考える名無しさん:2008/02/13(水) 02:54:31 0
もっと落した会話望む>>325の様にw


331 :考える名無しさん:2008/02/15(金) 12:18:28 0
>>323が鏡に映った自分を見るとき彼はゴキブリである
普通の美意識を持っていればとっくに自殺しているはずだから。

332 :考える名無しさん:2008/02/20(水) 12:19:45 0
宇宙に神がいると仮定すると本当は美しい世界であるにも関らず、人類がかってに醜い世界を作っている。
またその美しい世界で共存する人間もいると言う事も忘れてはいけない。

333 :考える名無しさん:2008/02/20(水) 16:41:03 0
ジョン・レノンもかってに殺された見たいだけれど
何故人類は平然としていられるのか理解しがたいw

334 :唯識的独我論者:2008/02/27(水) 00:54:18 0
突飛ですが神の愛とか永遠天国に矛盾しないような
苦痛の存在する理由を思いつきました。

つまりこの世は『罰ゲーム』です。物凄く苦しく度が過ぎた罰ゲーム。
例えば天国があって自分達が美男子美女で飲み食い遊びを繰り返したとする。
で、そのうち面白いゲームをやって、よりやる気を出す為に
罰ゲームを作ったのではないか?
で、その具合がエスカレートしていって
こんなにも苦しい世界で何十年も生きる、と。

どうでしょうか?苦痛は快楽・幸福を引き立てるために存在するが
天国のような場所で自分達はエスカレートした罰ゲームをしたために
こんなにも苦しんだ、と。
幸福・快楽はそれだけ存在するよりも、少しの痛みとかスリルがあった方が
楽しい場合もあると思う。それで天界で罰ゲームの度が過ぎてこうなった。

例えると最近の体感ゲームで、ドラクエで斬られたら痛みが少し走って
バイオハザードとかで実際にマトリクスのように五感も再現し、
いつか激痛といった苦痛も再現し・・・それの延長が天国で行われ
自分等は罰ゲームをしている

335 :唯識的独我論者:2008/02/27(水) 01:04:46 0
追記ですが、334の考えなら苦痛の不条理さは解決できると思うんですよ。
罰とか、魂を鍛える為とかよりも
『もともと、罪も鍛える必要も無く
 遊びほうけてたけど、刺激や快楽を求めて罰ゲームも創って
 どんどんエスカレートしたら、めっちゃ苦しい
 まるで天国にいたのも忘れるような罰ゲームができた』
といった具合に。

なんていうかな・・・全能の神が快楽と幸福を与え
誰にも罪は無く魂を鍛える必要が無くても、
サバイバルゲームとかSMとか絶叫マシンとかお化け屋敷や
我慢大会やスポーツなんかは
『苦痛』もあった方が楽しいと思うんですよ。

で、自分達がより快楽と幸福を求めてエスカレートしまくった結果
苦しみをかなり実感できる人生ゲームのような罰ゲームができた。

336 :考える名無しさん:2008/02/27(水) 23:07:37 O
もし神がいるのなら理由は一つ。
暇潰し。

337 :考える名無しさん:2008/02/27(水) 23:17:59 O
これが人のサガか・・・

338 :考える名無しさん:2008/02/28(木) 20:23:37 0
ヒント:松雪泰子

339 :考える名無しさん:2008/03/01(土) 18:43:28 0
神がいるとしたら家畜を作らないw

340 :考える名無しさん:2008/03/04(火) 18:24:40 0
神がいて残酷な事等をする人種はいないはず・と思って生まれてきたのだがまだ早かった。
どうせ生まれてくるならもっと平和な世界がいいw

341 :考える名無しさん:2008/03/08(土) 03:22:25 0
>>1
物質が存在したとしても、魂が純粋でいられるかがポイントな気がする。

目指すは物質との共存だよ。
例えば、お金とか娯楽とかエッチとかそれらは存在悪ではない。
それらと共存した時に、魂が堕落しないかどうかというのがポイントだよ。
堕落せずに共存出来る。
それが目的だ。

342 :唯識的独我論者:2008/03/14(金) 00:38:36 0
自分達が神のような能力があっても苦痛が発生してしまう
という仮説を考えたので挙げます。

苦痛が発生しこの世が地獄になったのは
自分達がお互いへ復讐しようとしたりいじめようとして
それで苦痛が膨大に増加したのではないでしょうか?
仮に、自分達が神と同じような知能・力があっても
一つの宇宙に無数の神がいたら
いがみあって、お互いに苦痛を感じさせようとしたのでは?
例えば地獄の創造なんかそうですが
仏教の地獄は途方も無い時間ですが、あれは悪人(地獄を考えた人の憎悪する人)
への復讐心からなったと思うんですが、仮に自分達に不老不死のような
技術があったらお互いに復讐心で何百億年とかの苦痛を味合わせあうと
思うんです。なので、神が創ったというか
自分達の復讐心による苦痛の連鎖が宇宙の最初から続いた結果
今のような宇宙になってるのでは?
(誰でも、神と同等の力があったら憎い存在に地獄のような時間・苦痛を
感じさせると思う)

343 :考える名無しさん:2008/03/14(金) 00:43:49 O
アブラクサス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9

344 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 01:02:50 0
神は存在しない、とすると最も無理無くそう思える。
所詮は人間は分子がゆれて時間の経過で形作られた生命と言う物質に過ぎない。
本質的に存在としては星などの無機物と同一だ。そこに存在すると言うだけ。

345 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 08:14:46 0
>>344
つまりおまいは、いい女が目の前で裸になったら抱いちゃうてことだろw?

346 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 10:18:23 O
バカは反応すんなwww

347 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 12:48:29 0
なあ、こんなことを言ってるやつがいるんだが…

 673 :心の仕組みドットコム:2008/03/15(土) 12:25:33 0
 >>667
 >2500年後にはドット師も聖人として崇められるに違いない。
 もしもし、亀吉さん、、
 何を呑気なことを言っているのですか?
 大方の予測では、四年後の2012年迄には人類全体が精神のアセンションを始めるのですよ。
 人類が思い込みの殻を脱ぎ捨て、精神の進化が始まるのです。
 つまり過去、誰も経験しなかった新しい世界の始まりと言う漆黒のカーテンが開かれる現場を特等席で見るのか
 舞台の上に立つのか貴方達が何れも選べる、と言う人類史で最高のショーが始まるのです。

348 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 12:49:26 0
神様におっぱいを創ってくれてありがとうと言いたい

349 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 13:50:33 0
ご遺体は腐敗していなかった 日本を愛した宣教師 チマッティ神父様
http://www.v-cimatti.com/pub/beatification/reppuku_chosa.htm
http://www.v-cimatti.com/pub/cimatti/intro/intro.htm

キリスト
「最も大きな罪を犯した人であっても、わたしの憐れみを願うならば、
わたしは、彼に罰を与えることが出来ない。その代わりに、
わたしの限りない、はかり知れないいつくしみによって彼を義とする」
http://www.nowaksvd.opoka.net.pl/jiai/jiai02.htm

キリストと会話できる女性 ヴァッスーラ・ライデン
http://www.tlig.org/jp.html

キリストの人生を見せられた女性 マリア・ワルトルタ
http://swedenborgian.hp.infoseek.co.jp/valt.htm

病を持ちながらも信仰心が篤かった女性 マルタ・ロバン
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/marthe01.html

アレッサンドリーナ・ダ・コスタ
http://www.salesio.jp/web/sdb_saints/biography/alessandrina.htm
http://salveregina.dyndns.org/avemaria/data/book2.html

カトリック書店一覧
http://www.cbcj.catholic.jp/publish/shoten.htm
カトリック教会マップ
http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/diocese/index.htm

350 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 14:29:45 0
>キリストと会話できる女性

おれと話できなきゃダメじゃん

351 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 19:07:49 O
神様自身が傍観者として
人間の愚かな行いを楽しんで見るため

352 :考える名無しさん:2008/03/22(土) 01:10:20 0
腐るほど言われてると思うけど、
あっちの世界での学術的な研究か何かで
俺らがいる宇宙、世界が作られたんじゃないか?
神様達がどういった経緯で生まれたのかとかを調べるために。

で、最初の頃は文明とか発展させて面白かったし、それなりの成果も出た。
単純にちょこっと奇跡を見せたりしてたりすれば良かったが
人間が増えすぎたりして、チートするとその波及が神様自身にも
制御し難くなって最近は放置プレイで稀に様子を見る程度。

天上界のコンピュータの電源が落ちないことを望むよ。

353 :考える名無しさん:2008/03/29(土) 09:42:56 0
                    / <
                  __>    ̄
                  /   /\ |\
               ハ  // ̄
                / |
          ( ◎) / .|
         _ノ(ノヽノ  .ヽ-ヾ _
       /           \
      /  ノ人         ヽ
        | イ・ヽ\)        )
      | .|   |   ヾ)        )  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ヾ人__ノ(。。` ヽ       /  | 父さん!
       | ⌒     |   ノ  ノ <
       人   |     レノ   /   |  強い電波です!
        ヽ、 ⌒   ノノノノ    \__________
       /~/`ーーーー´/___/ヽ
       / | ̄~|ヽ/\/|   | |
      /  |__|   o  .|__| |


354 :考える名無しさん:2008/03/29(土) 18:23:11 0
いやいや神が人間を創った時点では完璧だったんだよ。

ところがまぁ…アレだ。
世代を重ねる毎に劣化していってるんだな。
強いて言うなら、熱力学の第二法則みたいなモン。

355 :考える名無しさん:2008/03/29(土) 18:33:25 O
確かツァラトゥストラの中に、人間が希望絶望などから作品をつくるように、神も人間を表象したんだぜ!みたいな記述があったな

356 :考える名無しさん:2008/03/29(土) 18:58:02 O
だから存在するものは素面の沙汰じゃない!

357 ::2008/03/29(土) 21:38:01 0
わたしがこの世を創った者である。
酷いというのは、>>1の世界である。
しかし、わたしが創った世界は、1の世界ではない。
言っておく、1はわたしの世界に生きよ。

342はネガティブだ。おまえたち人間が不老不死を得たならば、楽しみを互いに享受するようになっただろう。
わたしの世界に生きる者は、永遠の命を得る者である。

358 :考える名無しさん:2008/04/23(水) 23:44:40 O
携帯なのでレスを読むのがだるいです。
誰か、このスレで最も優秀なレスをアンカ―で表してください。

359 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 21:16:28 0
神は公平平等に世界を作った
間違った掟を被せたのが人間
それ故に人は苦しんでいる
ようするに自業自得というものだろう

360 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 21:31:19 0
神は作られました。

361 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 21:33:35 0
何を?

362 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 22:56:22 0
この世に蚊やゴキブリのような無意味な生物が存在する事から考えて
創造主たる『慈悲深い神』などいる筈もないと思うが・・・

363 :考える名無しさん:2008/04/30(水) 00:21:29 0
人間が無慈悲だと罵る、自然の掟こそが神の慈悲であり公平なのだぞ
与えられなかった者は、与えられた者から奪う権利があり
醜いモノは、美しいモノを汚す権利がある
この自然の掟以上の慈悲がどこにあるのか

本来神は善も悪も分け隔てなく愛してるし、
それら全てを超越してる
だが人間は神を理解しなかった


364 :考える名無しさん:2008/04/30(水) 01:46:25 O
悪は愛しちゃいないだろ
悔い改めれば許す・・神は寛大である

365 :考える名無しさん:2008/04/30(水) 03:11:10 0
だから、それは人間の生み出した神だろ?
万物の神は全てに寛容的であり、肯定的であり、命その物に対しては否定的だ
もともと善も悪も神の創り出した自然の摂理の中には存在しない

366 :考える名無しさん:2008/04/30(水) 03:15:50 0
人間は自分の生み出した秤によってはかられ、
自分の生み出した法によって裁かれてるんだよ
ようするに自業自得
創造主を責めるのはお門違い

367 :考える名無しさん:2008/04/30(水) 21:34:43 O
人間以外の生物は本能のままに自然の摂理にしたがって生きてる。
一方、人間は自らが作った善悪のルールと自然の摂理の両方で生きているが、人間の活動における環境破壊によりこれまで数多くの種が絶滅に追いやられた。
人類がこれにより自滅したとして神は果たして我々の罪をお許しになるであろうか?
自滅が罰であるならば、動物達にとっては不条理な裁きである。
不条理などという考えも人間的な考えであるに過ぎないのであろうか?


368 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 01:34:44 0

【ル・サンチマン™発祥スレッド】

言うまでもなく、ル・サンチマン™ と言う言葉に、
過剰反応しているのが、ル・サンチマン™ です。

ル・サンチマン™ と綴れないのが彼の特徴です。

哲学板のコピペ寄生虫である彼はここで産声をあげました。





369 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 03:51:16 0
神が善なるものか悪なるものか?
なんて、そもそも善も悪も、人間の勝手な文化的な価値観であって、
この世には絶対的に存在しないものじゃん。

悪とか善とか、人間が勝手にやってるままごとみたいなもん。

370 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 03:59:34 0
弱いものは滅び、強きものは繁栄した。
それだけの話で、そこに罪なんてものがそもそも無い。
蚊やゴキブリを無意味と位置づけるなら、人間もまた無意味。
地球規模で見れば、体の表皮に巣食ったバクテリアみたいな存在が、
必死で善悪や道徳観なんてルールを作って互いが互いを食いつぶしてるだけ。

哲学ってのはそのルールが正しいか、自分に聞こえがいいかや、
もしくはお笑いで言うあるあるネタのような共感ネタを
一生懸命模索するだけの自己満足に過ぎん。

371 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 07:41:21 0
常に神様を1番に感じていなければならん。
神より人間関係のほうを重要視するから人生失敗する。
人間関係はなるべく薄く、神をより強く感じるようにすべきである。

372 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 10:17:59 0
神は自分を感じてくれなどとは言ってない

いもしない神を背に抱え、神のようにふるまう人の傲慢こそが、
善悪という諸悪の権化を生みだしたのだ
神の名を自分の力のように使う者を信じてはならない

我々が神を語ろうと語るまいと愛そうと憎もうとも神は気にしない
どれだけ善行というワイロを贈ろうとも神の前ではムダなのである
ただ優しさを振り撒いておけば、自分の周りが少し優しくなるというだけ

373 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 10:48:01 O
神を感じたほうが優しくなれるだろ。
神を忘れて人間のことばかり考えるとストレスがたまり
イライラしてきて人相が悪くなる。

374 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 17:37:31 O
精神安定には神も『有り』ってことかな。
存在すると自分に思い込ませて説法や戒律に従って生きるのも結果的に良い場合もあるかもね。
無神論者の多くに物事を否定的に捉える傾向も見られるし、心の拠り所があまりにも無さすぎる。

375 :考える名無しさん:2008/05/02(金) 13:47:48 0
神を感じるだけなら人の自由だが、押しつければ戦争になる
人は絶対的な物を背に抱えると、それが自分の力であるかのように傲慢になるからな
悲劇の歴史はすべて神の名の下に行われていたという事実は、神からすればいい迷惑だろうよ
おまえが否定するその相手さえ神の所有物であることを忘れてはならない

376 :考える名無しさん:2008/05/02(金) 13:59:08 0
神ってのは、人間が感情安定のために、勝手に作り出してる観念に過ぎないからな
民族主義も、愛国主義も、同じ

それが侵害されると、感情をかき乱され、怒り、相手を潰そうとする

つまり、「感情の置き場所」として、「神」「民族」「国」などは、もはや不適切だということ

377 :考える名無しさん:2008/05/02(金) 22:12:34 O
感情が乱れる奴がバカなだけだろwwwww
神に対する批判になってないよwwwwww

378 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 09:07:33 0
この世で幸福になろうとする奴うぜぇよ
幸福は神の世界じゃなきゃ実現できない
この世で不幸は当たり前
嫌な目にあったからってうだうだ泣き言言うんじゃねぇよ

379 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 15:03:41 0
神は死んだ

380 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 15:05:23 0
存在もしないのに死ぬわけないじゃん


381 :考える名無しさん:2008/05/04(日) 00:11:05 O
自分の中の神と決別したわけね

382 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/05(月) 14:22:35 0
小さい頃から神頼み
何にも出来なくて神頼みしか出来ないくせに
偉そうな顔だけはしてるのな
自分の肉を食らいなさい
他に依らないウロボロスとなる事が自立の道です


383 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 17:12:40 0
別に酷い世界じゃないと思う。
まぁ一部の貧しい人達にとっては
厳しい現実もあるのかもしれないが、
一生遊んで暮らせる金持ってて
芸能界とのコネ持ってる俺から見ると
この世は極楽だよ。
まぁ、いつか死んじゃうと考えると寂しいけど
それまでの間は、エロスを貪って満喫したい。
神様ありがとう。

384 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 17:18:54 0
> 一生遊んで暮らせる金持ってて
> 芸能界とのコネ持ってる俺から見ると

発想が貧困だな。生活が貧しいと空想まで貧しくなるのかな。


385 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 17:23:34 0
>>47
つヘーゲル

386 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/05(月) 17:36:16 0
ルカによる福音書12.16
それから、イエスはたとえを話された。
「ある金持ちの畑が豊作だった。金持ちは、
『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしていたが、
やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、
そこに作物や財産を皆しまい、こう自分に言ってやるのだ。
「さあ、これから先何年も生きていくだけの蓄えができたぞ。
ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』
しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったい誰のものになるのか』
と言われた。自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこの通りだ。」

387 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 18:26:10 O
>>386
少なくとも今夜までは幸せに過ごせるのではなかろうか?

388 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 18:30:57 0
それ、ニートの勧め?

389 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 18:38:20 0
キリスト教の神は嫉妬深くてキモイ

390 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 21:49:41 0
みんなはドリームジャンボ買う?

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/loto/1199626758/l50
☆☆☆☆☆ジャンボ宝くじ☆☆☆☆☆ その23
1 :名無しさん@夢いっぱい:2008/01/06(日) 22:39:18 ID:VVL/VcfV
ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボは三大ジャンボです。

前スレ
☆☆☆☆☆ジャンボ宝くじ☆☆☆☆☆ その22
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/loto/1198844924/

☆ジャンボ宝くじスレ過去ログ
http://lottery2ch.hp.infoseek.co.jp/

☆みずほ銀行
http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/

     ∧∧    
     0゚д゚ )   スレのみんなが当選しますように
     、 ∪    
     ( (=)〜'  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


391 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 22:02:08 0
自分は万物の流れ、言ってしまえば神様というものが信じられません。
ありきたりの事を言えば、神様がなぜ彼女を病気にする必要があったのか分かりません。
偶然としか言えないと思います。
彼女にもっと良くしてあげたかったとの、後悔の念と自責にかられます。
そんな心から自尊心を無くし、何も信じる事が出来なくなってきました。
信じるのは現実のみ。真実と事実の違いを身につけるべきで、
事実は真実より優れた物の見方だと思っていました。
しかし、そんな考えで生活してきたら、「キミは何も信じないね」と
一回りも年齢の若い子に言われました。
「人や世の中の事疑ってばかりいるね」とも。
ハっとしました。
自分はいつのまにか、ギスギスした事実しか見ない
利己的な人間になっているのではないのかと思いました。
神様は事実として居ようが居なかろうが、神様を信じる強さが無ければ、
自分自身がもっともっと不幸になるような気がしました。
でもこんなに書いた癖に、まだまだ答えが定まりません。
信じる心って何でしょう?
何を信じて生き抜くのでしょう?

392 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 22:02:36 0
神が酷い世界を創造した?
人間が勝手に世界をひどくしたのに、責任逃れに神の所為ってか?
笑わせんな。
神は何も創造してないし、出来るわけない。
神なんてのは、人間が創造したのだから。

393 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 22:07:02 O
そう思いたいだけかもしれんがな

394 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 00:16:31 O
人間がひどい。私は人間の欲深さに目を背けたい。自分も含めて。神が存在し光りを与えてくれる限りまだ希望はある。だが神が存在しないなら私の人生は虚しい。

395 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 00:27:59 0
生は一度しか体験できない。死もまた同様。死んだ段階で本人は終わるが、死を完成させるのは
その人が生前、生きていた証、例えば写真、よく読んでいた本、着ていた服、そして死んだ人のことをすべての人が
忘れた段階で「死」は完成される。

俺はそう思っている。

あと、輪廻とか彼の世、黄泉のみまさかは信じないが、こうして生まれたきた事実は揺るがない。
と、すればだ。死んでも本人の意思に関係なく時間、空間、宇宙すら越えて、また新たな生命として生まれることがあるの
ではないだろうか?

俺は可能性なら大アリだと思う。「生」と「死」は天秤に置かれた器。等価交換で過不足がない。

宇宙は広い…しかも並列世界があると主張する科学者もいる。

神なんか信じないが、すべてを司る、なにか根源の渦のような「理」が存在してたりしてな。
もし、そんな存在があればそれはもう「神」と言えるかもしれない。

神と言っても、爺さんが杖を持っていて雲に乗っていたり、大仏様を神として崇めたりしないけど。(文化財としては価値はある)
そして信仰の自由を妨げたり宗教を否定したりしないけど。

「理」=「神」は存在するような気がする。検証は…まあ、今の哲学や科学では証明できないけど。

396 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 00:35:16 O
野生動物達はいつも死に脅え生きてる それに比べたら大したことではない

397 :391:2008/05/06(火) 02:21:27 0
>>395

とても参考になります。
胸のつかえがとれていうくような気がしました。
俺が忘れない限り彼女の死は完成しない。

彼女の死は、なにかの理によってそうなってしまったのかもしれない。
そんな気がします。それなら納得できそうです。

そしてきっと理には善意とか悪意とかは無いのでしょう。

398 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 03:39:38 0

神が存在すると思いたいだけ。
何か父なる存在がいると安心するように人間はできているんだ。

基本的に世界は人間が創っていった。
確率的にあり得る内容の事象であれば起こり得るし、歴史的にも常にそうである。



399 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 04:02:16 0
>>398

>歴史的にも常にそうである。
ここはどういう意味でしょう?

400 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 04:06:28 0
あ、
基本的に世界は人間が創っていった。
に対しての文章か。
納得。

神や理を信じないと安心できないのは、なんででしょうね。
「存在」の意味が無くなるからかもね。

401 :ネオマトリクス:2008/05/06(火) 08:35:19 0
では仮説を。
つまり疑問は『物事(宇宙や意識)はなぜ存在しなぜ変化するか』に行き着きますが
神という擬人的な第一原因を用いず説明します。
答えは、
「物事は有る状態も、無い状態もどちらも存在し、
 当然ながら宇宙や意識が無い状態も有るが、その時は無いという
 思考も感覚も存在しないので、あたかも宇宙や意識が有る時だけが続き
 宇宙や意識の存在が特別で神秘的で疑問に感じる」
です。つまり、原因結果で物事が存在するのではなく
有る状態も無い状態も両方が存在するから今の有る状態が有る、です。

で、変化については自由意志と快苦を用います。
単に、あらゆる意識(生命)は快を感じるように自由意志で変化しますが
その為には他の意識に苦痛を与えてしまう事もあるので
快楽だけ感じるようにはなってないんですね。

快苦と変化に関して、一個人だけが存在するなら
永遠に天国のような宇宙にするかもしれませんが、無数に生命があり意識が有るので
お互いが邪魔になってそうはいかず
それぞれ苦痛を与えたりする結果になってますね。

402 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 08:42:42 0
>>401
そうらしいね。過去スレにちょこっと出てただけなので、詳しくは知らんが。
まぁ詰まる所、極度の、達成感、充実感、安心感、幸福感、etc.
で物理的刺激無しに、と言うよりある意味別種のオーガズムへ到達できる事を表す事例、という事だな。

少し話しはずれるが、
下半身、まぁつまり性器を事故等の事情で失った人間は、
言わずもがな、性器に物理的刺激を与えるのは不可能で、オーガズムは無理、と考えられてたが、
最近の研究では、下半身を失った人間でもオーガズムに達する事が出来る事が判って来たらしい。
これもまた、性器周辺への刺激によるオーガズムとは別軸のオーガズムがあることを示す事例だな。


綿棒アナニーが目指すのはまさにココであって、
綿棒イキを目指しつつも、物理的刺激でイッてしまう、
と或いは刺激に頼りがちでイケない人は、今一度押さえたほうが点だと思う。

403 :ネオマトリクス:2008/05/06(火) 08:44:32 0
>>402
乳首を弄る際に意識的に尻に集中力を高めるとか、乳首を弄る時間を短くしたら良いんでない?
尻への集中力を高めつつ乳首をちょっとだけ弄る → 乳首は弄らずそれなりに尻に集中 → (繰り返し) てな感じで。
集中のメリハリもつくし、乳首は弄り初めが一番感じるんで、そういう点でも良いかも。

というか、他にも違った対処法があったら俺も知りたい…。

404 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 12:34:07 O
インドとか行けばみつかるんじゃないかな

405 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 12:39:13 0
乳首が?

406 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 13:13:57 O
いや、オーガズムの書みたいなのが

407 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 17:15:58 0
一度時間が止まって神のみが作り直す事があればいいと思う。
気が付いた時には別の世界になってたりしてw

408 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 18:03:25 0
神を本気で信じれば幸福になれるから、
酷い世界からの逃げ道はあるだろ。
結婚、仕事、ギャンブルなど神以外のことで
幸福になろうとしても徒労に終わるだけだろう。

409 :考える名無しさん:2008/05/12(月) 05:03:44 0

神は お前の頭の中にしか いない

410 :考える名無しさん:2008/05/13(火) 20:17:28 0
>>409
そうか、、神ってゴミ屑のことだったのかぁ・・

411 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 13:13:04 0
ttp://x51.org/x/04/03/0224.php
ギャビーと言う身体的苦痛を一切感じない少女の話。
身体的苦痛は神の罰とかそういうLvじゃなくて、
生命を維持するために必要だっただけ。

もし身体的苦痛を感じる機能がなければ、人間どころか
バクテリア以上の生き物は生まれてこなかったんじゃない?

412 :考える名無しさん:2008/05/18(日) 16:36:51 0
より良き世界を作るのも人間、暗黒の世界を作るのも人間。
すべて人間の自由意志に任されている。
神は場を提供しているだけ。

413 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 00:14:39 0
神が全知全能だと仮定したら
慈愛に満ちた心も知っているかわりに、冷酷で残虐を楽しむ心も知っているだろう
この世界が神の思考の表現であるのなら
平和な日常や心温まる話もあるかわりに、悲惨で絶望的な事象があっても
何もおかしいことはない




414 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 00:21:56 O
地道に生けるは根のごとし恵みを受けるは葉のごとし一瞬にきらめくは花のごとし

415 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 09:30:26 O
全知全能なら必然性があるとは思えないことばかりしてる。 
必然性が無いと思うことが人間が未熟な故であるとも考え難い。
神は意思を持たない宇宙の法則としか人間には説明出来ない。

416 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 19:24:28 0
全てを知っているからこそ、必然性があるとは思えない余計な事も知ってしまっている
神の知っている事全てがこの世界に投影されている
全知ということは必然と偶然、善と悪、全ての事柄において表裏を持ってしまい矛盾しているということ
神の頭の中は矛盾でいっぱいのカオス状態
神は気が狂った宇宙意識


417 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 00:23:21 0
自分の価値観以外の価値観を持った者を、自分の中から創り出したい。
そして、その者たちに自分の思いつく限りのありとあらゆる経験をさせて
どう感じるのか、データを取りたい。
新たな自分を発見してみたい。
この世は壮大な神の自分探しの場。

418 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 00:24:36 0
>>1
なぜ神がいると思っているのですか?

419 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 01:39:04 O
>>417
神ナメすぎ

420 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 01:43:01 O
神様も天国で2ちゃんねる見てるのかなあ。

421 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 02:04:54 0
すべて、アカシックレコードに記録されてるよ。

422 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 02:21:04 0
神様は自分が何なのかを分かってるので、自分探しはしないよ。
ただ素直に楽しむだけ。

423 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 02:28:01 O
楽しむなんて感情があるほど低能なのか?

424 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 10:45:32 O
楽しむことは低脳なの?
神様がある種の目的を持って作った、
神様が意図せず作った
神様は存在せず、人が世界を作った

神様が世界を作った前提
ならば
神様は何故こうした世界を作ったか
神様は意図せずこうした世界を作ってしまったか
神様が意図して世界を作ったならばその意図はなにか
そもそも神様が作った世界は何処から何処までか
神様は全知全能か否か
神様は全知全能であり、完全ならば、その全てが神の意志で世界は完全である。
そうでないならば世界は不完全である。
完全な存在は意図や意志を持つか、否か

425 :考える名無しさん:2008/05/24(土) 21:24:30 0
遠い未来、人間が宇宙の中に宇宙が創れるようになり
その人間の創った宇宙の中の人間も、宇宙の中に宇宙を創り。
そうやって繰り替えしていった先が
現在の自分たちが住んでいる宇宙にリンクしていて…そう考えると「存在する事が罪」という言葉に納得がいく。
今以上にいい世界を創ろうとしても、所詮はこの三次元の世界しか知らない人間たち。
人間たちの知っている世界だけをもとに創った宇宙など、所詮どれもこれも似たりよったりで楽園を創り出すことなど不可能だろう。
それに、宇宙の中に箱庭宇宙を創った時、そこに住む者たちの痛みを考える人間が何人いるだろうか。
痛みがわかるものたちがいても、一部の人間が、好奇心にかられて宇宙を創り出すことは目に見えている。
人間こそができそこないの神、ヤルダバオトなのではないだろうか。

426 :考える名無しさん:2008/05/25(日) 21:44:54 0
寿司というものが存在する。
これは人が食べるために作った。
そして大抵の場合、人はうまく寿司を口に運んで食べることができる。
だがたまに捕らえ損ねて落としてしまう。
寿司は地面に落ちてもはや食えるものではない汚いものとなる。
寿司という可能性。そこまでは完璧だ。
だがそれが現実に成立すると生ごみの可能性も成立する。
だが、だからといってその成立を阻止するとしたら、
それこそ不完全ではないだろうか?
ピアノとは簡単に弾けるものではない。
慣れている人でさえ一箇所でミスする可能性だってある。
だからといってそれは奇跡のようなもので取り除かれるべきもの
だろうか?そのミスの可能性があった上で乗り越えること、
それがその人の偉大さではないか。


427 :考える名無しさん:2008/05/25(日) 22:05:10 0
人間は人間の体を作り出そうとやっきになっているよ♪ 
バイオ。

428 :Holii ◆1pa6FdTE8I :2008/05/25(日) 22:06:23 0
神なんていません。

あるのは、そういう妄想を生み出す人間の脳みそです。

429 :考える名無しさん:2008/05/25(日) 22:11:50 0
>>1
危険察知能力だ。

>神は撫ぜこんな酷い世界を創ったと思いますか?
神様の気まぐれだろ。ヤハウェって殆どが気まぐれだし。

430 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/29(木) 16:14:04 0
ちょっと被造物に嫌がらせをしたくてこの世界を作ったんです
が蟻を飼う神

431 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 16:23:08 0
サンタクロースと同じですよ。
そろそろ神なんていないと気づくべきですね。
サンタクロースは死んだ、とニーチェにも言って欲しかったです。

432 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/29(木) 16:33:49 0
>>431
神はいますよ
先祖の先祖を調べてみればいいんですよ
生命とは継続であり伝承ではありません
不死ですよ
受精卵は一度も死なずに胎児になって生まれますよ
世々限りなく生きているのが神です

433 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 16:43:21 0
>>430
それはグノーシス派の考えだな。
ヤハウェは人間を苦しめるために世界を作った。
この世界は牢獄だ。
だから精神の世界に解脱しないといけないんだな。

434 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/29(木) 16:50:03 0
>>433
>ヤハウェは人間を苦しめるために世界を作った。
真女神転生3ノクターンでは
マネカタからマガツヒを収穫しているんですよ
似たようなものですね

435 :考える名無しさん:2008/05/29(木) 17:01:31 0
新プラトン主義では最高神は一なる者と呼ばれ、造物主(デミウルゴス)は下級神とされるね。
ヤハウェ=デミウルゴスは物質界の主にすぎない。
人間が肉体から解脱すれば、暴君ヤハウェの圧制から逃れることができる。

436 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/29(木) 17:22:27 0
まぁ、悪魔信仰と言う事ですよ
自分を信じなければ他人を信じられない
自分が第一で他人を信じるから
悪魔を信じるようなものです
どうせ弱肉強食なんでしょ
結果が全てならそれで良いでしょ
お前の人生神頼みって全てお見通しされているんですから


437 :宣教師 ◆GPvYUtcow. :2008/06/03(火) 13:53:30 0
>>1
禁断の果実です。

438 :下僕:2008/06/03(火) 14:18:03 0
身体的苦痛を避けるようにプログラムされた人間は、
身体的に快に向かう特性を神によって定めたられているという事ですね。

その上で、身体的苦痛とはなにか?ですが、
快のもっともたるものはなにか?を考えるならば、性感、感動、安堵感など様々ですが、
いずれにしても他(外界)との一体感です。

つまり分離した個の存在の極に苦があり、一体化の極に快がある。
一体化すれば、苦は存在しえない。

もし苦があるとするならば、それは神との分離である。
この時代に克服すべき人類の課題は、身体的、感覚的な外界との分離感そのものにある。

ここは空間というよりもむしろ、水中であるという感覚をもつようにする所から
はいれば、ここが何処か解るというものです。羊水につかる感覚。
露天風呂に入る感覚で日常を送る事からスタートすれば、ここが何処か解る入り口に
立つというものです。

ま、シンプルに言えば、苦痛は、故障個所を知らせるサインに過ぎません。
それは人間は感情的に痛い等と思いますが、作業を中断し、治癒する必要があることを
知らせるサインっていうだけでしょう。


439 :考える名無しさん:2008/06/03(火) 14:43:00 0
禁断の果実を食べる事によって>>1のような認識を得るまでに至ったのかもしれないな。
蛇を真の神の使いとする信仰(オフィス派)は割と合理的だと思うね。

440 :下僕:2008/06/03(火) 16:28:46 0
そうなんです。禁断の果実を食べて>>1の認識を得るに至ったのだから、
禁断の果実を吐き出せば元にもどると思うのです。

問題は、>>1氏にとっての「禁断の果実」とはなにか?です。

441 :考える名無しさん:2008/06/04(水) 03:11:07 O
江戸に発達した和算や漫画、武士道は維新で軽々しくニップ自身が進んで溝川に投げ捨てた。
漫画は包装紙になりゴッホみたいなサイコパスが目をつけたものの、
武士道はスポーツに成り下がり、和算は完全に忘れ去られた。
現在白人の親日家はアニメオタク以外まずいない。試しにストリートで聞け。
アメカジはメキシコに渡りメキカジに進化したが、日本では未だにアメカジのままである(猿真似)。
バブル期は金好きに親日が多かったものの、今考えると褒め殺しに近い。
ニップは騙されやすい。煽てに乗りやすい。何とも情けない。
こんな日本人が未だに生きていけてるのは、日本にこそ神がいるからだ。
弱くて頭悪くて猿真似しかできないくせに水準以上の生活ができるのは神がいるからだろ。感謝しなければならない。

442 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/10(火) 18:46:03 0
>弱くて頭悪くて猿真似しかできないくせに水準以上の生活ができるのは
>神がいるからだろ。感謝しなければならない。

神とは示して申す者、預言者です

443 :考える名無しさん:2008/06/10(火) 21:18:20 0
宗教を盲従する人間ほど神から遠ざかってるだろ。
独学の哲学こそ真の宗教。
既存の宗教は政治の道具にしか過ぎない。
自分で答えを探さなければ、悟りなんて得られないだろ。
そういった意味では、人の心の中に神が存在する。と言った仏教が一番まともな宗教。
それゆえ政治的な拘束力が弱く、それ単体ではまとまりがなくなる。
だからチベットには宗教指導者がいて、日本には天皇がいる。
両方とも外部からの力を受けて、機能しづらくなっているが。
神に感謝なんかしなくていい。
生物として進化しようとして生きていく事が、人間の心に植え付けられている。
唯一これだけが最も崇高な意志であるから、これを神から与えられた使命と考えるのが妥当だろ。
死後の事とか考える必要も無いと思うんだが。
死後が確実に存在する。と言う事を教えたら、この世で生きていく必要もなくなる。

444 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/10(火) 22:21:24 0
>死後が確実に存在する。と言う事を教えたら、この世で生きていく必要もなくなる。

死んだら
暫くの休息期間を経て生まれたときからやり直し
と言う実にシビアな問題があるんですよ
生まれ変われませんよ


445 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 02:46:39 0
>>444
最後の生まれ変われません。が意味不明。

446 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 06:42:40 0
輪廻転生でなく永劫回帰ってことなんじゃない?

447 :行者:2008/06/11(水) 18:22:02 0
仏教徒じゃ無いけど。
2500年も前に、御釈迦様が完璧に存在の真理を解かれている。
理解力が人類に育って居ないだけ。
真理は面白い事でも、くちあたりの良い事でもなく。
五感に振り回されない認識を確立する、長い道が有るだけ
以上が苦の意味と、結果。

448 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/06/11(水) 18:52:34 O
酷い世界を作ってるのは人間だ。神じゃない。

449 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:25:25 O
僕は神は孤独か考える。どうだろう?神は孤独かな?

450 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/06/11(水) 23:29:35 0
統合失調って怖いんだ。

451 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:34:25 0
>>449

毎日、お祭りだそうです。
それが普通ですよ。
神なんですから。

452 :(酔)短 ◆TANPanX3xc :2008/06/11(水) 23:37:14 0
>>450
それは、自分が怖いって事?

・・・解ります。

453 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/06/11(水) 23:37:29 0
あれ、大拙がドイツの小さな樵の姿をした神様の話してたな。

454 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:40:00 O
神は自らあらゆるものを創造したけど、神は誰から創造されたか、不安にならないのかな。知りたくならないのかな?



455 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/06/11(水) 23:40:49 0
ユングの例の曖昧模糊とした文章での自分への紹介文みたいな並びにあったよな記憶。

456 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:44:04 0
>>454

俺、今幸せなんだけど。
そう言えば、その理由を考えたこと無かったなぁ。

457 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:50:08 O
あの哲学板初めて来て、神は孤独か?ってスレを立てようと思ったら、立てられなかったんで、ここに書きました。

哲学はまったくの無知に近いです。

ただ、神は孤独か?みなさんの意見を聞きたい。

458 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2008/06/11(水) 23:50:15 0
サトリって小さな生き物も



使ってたな。

459 :考える名無しさん:2008/06/11(水) 23:53:38 0
>>457

なぜ聞きたいか聞きたい。

哲板も踏まえて。

460 :(酔)短 ◆TANPanX3xc :2008/06/11(水) 23:55:35 0
>>455
俺が書くと乱丁きたすんだったら、むしろ絡むなっつぅのwww
・・・悪いが、俺は。処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2
こいつのなにをもを知らない。

ふ。

461 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 00:08:13 0
>>459
僕個人はなんの根拠もないですが、神様はいないと思うんですね。
自分がいないからという理由で、神を無視できないんです。

神は「神」でしかないわけですよね。僕ら人間も「個」ですが
なにかしら「共有」しますよね。

神だけはオリジナル。ならば神は孤独なんじゃないかと
考えたんです。僕らは共有してなにか安心やら
幸福やらを得てると僕は思うんです。

宗教板は神に染まった感じが僕の偏見の中にあるので
聞けないし、哲学板というか「哲学」はどこか
柔軟さが僕にはあると思うんです。はい。

462 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 00:26:49 0
>>461

神様はいないと思っているが、

>神だけはオリジナル。ならば神は孤独なんじゃないかと
>考えたんです。僕らは共有してなにか安心やら
>幸福やらを得てると僕は思うんです。

ということですが、
ちとわかりませんな。

463 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 00:30:49 0
>>462
抽象的でしたね・・・。
ごめんなさい。

464 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 08:36:35 O
この世は本来、外から鑑賞するものなんだよ。
ところが、鑑賞用に過ぎない特定の個人に
同一化してしまったから地獄が始まった。
特定の個人との同一化を解いてこの世の外に行く以外、
地獄から逃れる方法はないだろう。
鑑賞用に過ぎないこの世の内部に入ってしまったのが根本的に間違い。

465 ::2008/06/12(木) 13:23:28 O
>>1
この世界を作ったのは神様じゃなくて人間自身だよ。

地球に人間が誕生した時点で大きな誤算だったのさ。
おかげで地球は人類を滅亡させようとしてる。
それにも気付かずエコだのなんだのってバカバカしいよ。

今まで散々やってきたのに自分たちが危なくなったら行動するんだ。

人類が滅亡したら地球は人間がいなかった頃の自然な姿に戻るらしい。

人間は今すぐ全員自殺すべき。

466 :考える名無しさん:2008/06/12(木) 15:04:33 0
進化は、自分がどんな生物を創造したいかを厳密には知らない
ある慎み深い神が適切にも採用した生物創造の手続、なのである。

こっちの方がしっくりくるな

467 :考える名無しさん:2008/06/13(金) 22:42:43 0
シオラン『悪しき造物主』を読むべし

468 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 16:22:55 0
基本的に神は幼稚で暇

469 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 18:00:38 0
酷い世界と言うけれど、酷くない世界を創ろうとすれば
物理法則を無視した世界を創らなければならない
この世に悲惨なことがひとつもなくなったら変な感じがしないか?


470 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 18:16:43 O
シムシティーみたいなものだろうな。

471 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 19:55:30 O
自作自演か?

472 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 17:47:16 0
神なんていないよw!

すべてのものは、物理的、化学的に発生消滅しているだけ!

473 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 17:58:04 0
今はそういう時代だ
神学は自然科学に脅かされすぎた
神は信仰だし
信じるか信じないかの差

474 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 18:48:22 O
神の領域もいずれ人間の領域になるだろう。
そのとき人間は、神になれたと思うのか?それとも神は居なかったと思うのか?…無知な我々の想像を遥かに超えたものである。
いずれにせよ、我々が扱えるテーマではないのだ。

475 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 18:50:43 0
>>1
たしかに、お前は〔苦痛〕と感じるかもしれない

でも、
見方を変えたらただの感覚だよ。

物質的に物事を見ろよ
そうしたら普遍的な真理が見えてくるよ



476 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 18:51:47 0
そんなことはない
我々にしか扱えないテーマなんだ
我々が扱わなければならないんだ
解けなくても

477 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 18:52:39 0
信仰でも無神論でもなく
不可知論こそが最善の(あるいは、次善の)道だと思う
究極的実在なんて縁なき衆生にゃわからんよ

478 :考える名無しさん:2008/06/19(木) 18:53:57 0
じゃあ苦痛って何だよ

一人一人定義が違うだろ?


本気で何かを求めるために他人と論議するなら、
くだらない感情を消して、求めることの定義をはっきりさせないと無理だよ


政治家もそう

479 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 17:08:31 0
苦痛の定義を神とからめて決めると
何かを得るためにリスクを冒した結果
得られる筈のもの以外を受け取る事。
これでいいね?

480 :考える名無しさん:2008/06/21(土) 17:16:54 0
禁断の果実の件で楽園を追い出されたんだろ。
畜生を食らう世界になっちまったわけだ。

481 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 21:43:49 0
神が生きていると世界は存在しなくてはならない
神=宇宙
この地球は神を人間の体でたとえたところの脳にあたる
もしこの世界から悲劇をなくそうとするならば
神の思考から残酷な面を消さねばならない
しかし、それは不可能に近い
何故なら神の脳細胞である人間たちが残酷なことを考えて楽しんでいるからだ


482 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 22:51:22 0
神などいない
また神がいなければ創り出さなければならないというのも嘘だ
そして、生きるということが人間の意義であるならば酷かろうが北なかろうが美しかろうが、それはどちらでもいいことだ

483 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 23:00:59 0
生きるということが人間の意義であるというのも虚構でしょ
そんなもの無理に創出する必要はありません

484 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 23:02:59 0
>>483
どこが虚構なのだ???
生きないことを目的として行動しているのに生きているのか???
君の理論は完全に破たんしている

485 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 23:06:26 0
生きないことを目的になどしてませんよ
それはどちらでもいいことだと思っているのです

486 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 23:11:19 0
>>485
だから前提だといっているのだが・・・>>482を読んだ?

487 :考える名無しさん:2008/06/24(火) 23:16:55 0
人間の意義ではなく自分の意義とした方がいいのでは?

488 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 01:40:59 0
生きる意義を見失って自殺する人とかいても
別にいいじゃねーか。

489 ::2008/06/25(水) 11:51:21 0
自殺を悲観してるやつ多すぎ、人が死んだらどうなるか何てわからないんだから
自殺が悪いなんて言うのは勘違いで馬鹿げてる。所詮常識に流されて自分で考えられない人の発想だろう

それに自殺者全員が人生に悲観したとは限らない。

生と死って言うけど、そんなもん幻想だと思うよ。

490 :考える名無しさん:2008/06/25(水) 21:44:30 0
>>489
人が死んだら無になる、。それ以上でもそれ以下でもない
そして自殺が悪いとは言っていない
ただいんげんは生きていることを前提としてしか物事を考えられないというだけのこと

死に、無以上の何かがあると思う君こそ幻想である(観念論)

491 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 00:43:12 0
いんげんはそうかもなwww

492 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 08:12:43 0
>>490
そのとおり。
生きるなんて思考の前提条件にすぎないわけで
意義や価値なんてものは別にないんだよね。
もちろん死にも意義や価値なんて存在しないけど。

493 :中学生:2008/06/26(木) 16:27:10 O
神様はきっと世界をつくる途中で疲れて死んじゃったんだよ。
だから中途半端なうつくしい世界が残っちゃって、それを狙った悪魔たちが歪曲させて残酷な世界が出来上がったんじゃないかな。



494 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 20:43:39 0
いつ自分の意識に気がついた?
そんとき「アレ」って思わなかった?

それが答え

495 :考える名無しさん:2008/06/26(木) 21:34:21 0
神がいてもいいが
神が世界を作り、人を作り、動物や自然を作り・・・・神は全知全能である
まで飛躍できるのは何故なんだ?

どこまで純粋で、どこまで謙虚で、どこまで虚無的思考であればそこまで思えるようになれるのか・・・

496 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/26(木) 21:44:38 0
>>495
君達のグローブだからですよ

497 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 00:57:07 0
>>495
楽天家なんだろ

世界を作り、人を作り、動物や自然を作り・・・・全知全能
なのが神だと定義したわけだ

そいでもってそのお偉い神様が人間の味方をしてくださると思ってるんだよ
楽天家としか思えないね

498 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 14:31:40 0
>>494
お前の頭が「アレ」な気がする

499 :考える名無しさん:2008/06/27(金) 14:43:08 0
>>495
虚無的思考であれば神も存在しねーと思うんじゃねーの?

500 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 17:19:00 0
ぶっちゃけ神はいないの。
誰も世界を作ったりはしてないの。
正確に言うと、俺らが「神」って呼ぶ存在が世界を作ったのかも知れないけど、
作られた側の俺らには到底理解できないだけ。

501 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 20:56:42 0
>>500
神が世界を作ったのでないとするなら
誰が世界を作ったのかということを考えることは無益ではない筈だ
また、到底理解できないとまで言うのならばそれは考える気がないからだろう

考える気のない人には到底理解できないどころか、考えに到達することはない
なので君はこのスレには不要な人なんだ
また、世界という範疇は非常に広いものなので形而上学的に括らなければならない

502 :考える名無しさん:2008/06/28(土) 23:03:05 0
>>501
それを>>497に対して言えるのなら面白いんだけどな

503 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 04:39:19 0
>>497
>世界を作り、人を作り、動物や自然を作り・・・・全知全能
>なのが神だと定義したわけだ

分業でも構わないし、より高位の世界があると仮定するならば
この世界に関するもの全てを作ったからといって全知全能であるとは限らない。

>そいでもってそのお偉い神様が人間の味方をしてくださると思ってるんだよ
>楽天家としか思えないね

人間の味方をしてくださるなんて思わなければいいだけ。

>>500
>正確に言うと、俺らが「神」って呼ぶ存在が世界を作ったのかも知れないけど、
>作られた側の俺らには到底理解できないだけ。

ごもっとも。想像は出来ても理解は出来ない。

504 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 11:35:41 0
安易に書き込み失礼!
神ー宇宙人ー人間でいうと人間の存在は証明されている。
宇宙人はまだ証明されてない。神の存在も証明されてない。
証明されなければ理解できない事だと思うのよ!
そういう事で宇宙人の存在はUFOの存在で証明出来るとして
神の存在の証明は出来るかという事になる。

505 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 12:08:35 0
世界の誕生を歴史という形で記したものは今のところ創世記以外にはない
しかしよしんば神が作ったとして、どうやって作ったのかという記述が詳細ではないのが問題だ
また、よく勘違いされることだがイエスとゼウスは違う神だ

イエスは論外としてゼウスも怪しい
彼は人間を作ったらしいが世界を作ったことはない筈だ
どうやって、とうのも問題だが、誰がというのも特定には至っていないんだな

ダーウィンは昔、進化論を唱えたが、宗教から猛反発を受けた
しかし、猿や魚が未だ地球上におり、進化の過程の産物が生まれていないところを見ると、進化論は怪しい
こだだけで結論付けられれば、ゼウスなる神が人を作ったという点は、進化論よりは信じられる

さて、ビッグバンとやらで生物が生まれた星が世の中にあったのか?

506 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 12:53:51 0
>>504
>そういう事で宇宙人の存在はUFOの存在で証明出来るとして
UFOの証明は何がしてくれるの?
あれは未確認飛行物体って名前のとおり、未確認だよ

507 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 13:09:08 0
>>505
>世界の誕生を歴史という形で記したものは今のところ創世記以外にはない
どこの創世記?
一般的では無い土着信仰には結構あるよ

>また、よく勘違いされることだがイエスとゼウスは違う神だ
そりゃ違うよ
方やキリスト教においてのYHWHと人との間の仲介者だし
もう一方はギリシャ神話における雷の神だ
キリスト教ってのは宗派によって解釈も違うし、いろんな宗教を吸収した面もあるから色々言われるけどね

>しかし、猿や魚が未だ地球上におり、進化の過程の産物が生まれていないところを見ると、進化論は怪しい
どうもチンパンジーとゴリラの違いも怪しいと感じているようで・・・
進化の仮定の生物?進化の早いウイルスとかならすでにいるよHIVウイルスとか

>さて、ビッグバンとやらで生物が生まれた星が世の中にあったのか?
ビッグバンで生物は生まれないね、宇宙が生物というのならその限りじゃないけど

508 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 15:32:01 0
>>507
当然ギリハの創世記だが・・、君にとっては沢山創世記があるらしいな・・・
有名な創世期すら読んだかどうかも怪しいが・・・

イエスとゼウスはどこの国でも違う神だ
イエスをティターン族といっているのは君だけ・・・

チンパンジーがゴリラになったと逝っている人もその過程の動物を見つけていない
浅学が過ぎるぞ・・・

なんというか、あんまり浅はかな知識で入り込むのはやめてほしい
相手にならないというか、ちゃんと書物を読めぐらいしか助言してあげられない
それは他人の助力では如何ともしがたい溝だ・・・

509 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 16:33:23 0
>世界の誕生を歴史という形で記したものは今のところ創世記以外にはない
ゾロアスター教の創世神話は?

510 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 16:44:44 0
>>509
ゾロアスター教には何日目に地球が誕生したと書いてあったんだ?

511 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 17:20:13 0
>>508
>イエスとゼウスはどこの国でも違う神だ
はいはい、イエスは神じゃないよな
君の頭の中では、バアルは古代カナン人の神ではなく、ただの悪魔なんだろうね
キリスト教の中でしか物事を考えられないなら、こんなところに顔出さないでずっと教会に行ってなさい

>チンパンジーがゴリラになったと逝っている人もその過程の動物を見つけていない
なるほど、チンパンジーはチンパンジーとして創造されたもので、これ以後もチンパンジーであり続けると
キリスト教らしい考え方だ
ならHIVウイルスはミドリザルの中でのみ感染し続け、ヒトに移る事はなかっただろうし
インフルエンザは型を変える事なくそのままなんだろうな
自然の中で進化の過程の産物ってのが目に見えて分かるには数万年から数十万年かかるぞ
ああそうだ、犬見てもダメか?あれが一番人の目に見えて分かる進化をしてるぞ

>>510
ユダヤ教には神はいつ産まれたと書いてあるんだ?

512 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 17:43:13 0
>>510
アフラ・マズダーがまず不可視の世界を作った。
最初の三千年が不可視の世界でこの時万物は霊的な状態。
(天地や動植物の霊?はその時既に出来ていた)
次の三千年に可視(物質的)の世界に移行した。
真に受けるなら現在のような世界になったのはその時だろう。
勿論、真に受けてはいませんがw

513 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 17:55:37 0
え?
夫婦喧嘩の神が新婚時代に、天浮橋に立って天沼矛で渾沌とした大地をかき混ぜたときに混沌から現在の世界が生まれたんじゃないの?

514 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:04:30 0
創造神話でググればいくらでも出てくるだろJK

515 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:21:13 O
神は存在しない。また、人間は特別な存在でもない。我々が存在する世界は混沌のなかから生じた無数の宇宙のうちのありふれたひとつ。以上が個人的な実感。


宗教的な体験を通じて、特定の神を信じていることは貴重なことであり、否定したくないが。

516 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:27:23 0
>>511
イエスとゼウスの違いが分からにのか・・・
どこの馬鹿だ・・・
少しでいいからググれ・・・

517 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:31:40 0
>>516
ゼウスとデウスの区別のつかない奴よりはましw

518 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:32:26 0
>>517
よりはって・・・
ググれよ・・・・

519 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 18:39:54 0
>>518
一般的に言えば、ゼウスはオリュンポスの神様のほうだよw

520 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 19:06:59 0
>>519
浅学だな
ティターン族で生まれ
オリュンポスの長になったんだ

この¥くらいのことは誰でも知っているだろ

521 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 19:19:55 0
>>520
いやいや、そういうことでなく、キリスト教とのつながりの方

522 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 19:23:36 0
ゼウス
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%82%A6%E3%82%B9

デウス
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9

523 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 19:37:35 0
ゼウスだのジュピターだのは世界の創造者ではないから、
その点でキリスト教の神とは基本的に違うだろ。

524 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 19:49:33 0
>>523
そのはずだけど、>>505は一緒に語っちゃ行けないはずの二つを「勘違いされる」って言ってるよ
だから>>507で「うん、全く違う」って言ったのに>>508を見るとどうも煮え切らないみたい

525 :考える名無しさん:2008/06/29(日) 20:08:48 0
浅学(笑)

526 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/29(日) 20:49:17 0
世界の創造者なんて被造物から恐れられているに決まってるでしょ
悪魔みたいに見えるんじゃないかな?

527 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 04:22:01 0
>>505
>世界の誕生を歴史という形で記したものは今のところ創世記以外にはない
(ノ∀`)アチャー

528 :宣教師 ◆XMP6DJq74g :2008/06/30(月) 09:38:31 0
一応いっておきますが、
もともと神がひどい世界にしようと思って世界を創ったのではありません。
人間たちが神の怒りを招いていると考えることもできましょう。

529 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 10:35:17 0
>>22

>人間が神から独立しようとした

ってどういう意味ですか?

仏教は日本にきてからは救済的な色が濃くなっちゃったし
神道も、こういう形はとってないでしょ??

530 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 13:04:31 0
>>528
一応いっておきますが、
おまえのとこの神が世界を創ったとは限りません。

531 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 18:55:27 0
>>529
神が人間に与えた理性や意志を、神の理性や意志とは別の仕方で使おうとしたという
ことじゃないでしょうか。つまり本来作り主である神に従わせるべき自らの理性や意志を
神に反する形で使おうとしたということだと思います。
これは哲学的な説明というより、一神教の信仰に従った説明ですが。

532 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 20:26:48 0
>>531
陶器がが思ったように焼きあがらなくて叩き壊す陶芸家と同じか
ということは、酷いのは世界でなく神だね

533 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 20:28:34 0
>>531>>532
その場合、神の定義から全知全能は外れるね。

534 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 22:28:40 0
>>531
まだ最終的に神は世界を滅ぼしてはいないからそうはいえないのではないの?

>>533
神がこの世界を可能な限りよく創った後で悪くなり、それからまた神の働きによって良く
なるのだとしたら全知全能とは矛盾しないのでは?

535 :534:2008/06/30(月) 22:29:56 0
リンク間違いだった
>>531じゃなくて>>532です

536 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/30(月) 22:34:51 0
>>532
王の肉千人隊長の肉権力者の肉を食え
強者と言う悪魔信仰だからです

537 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 22:46:32 0
>>534
アダムが知恵の実を食べて失敗作になったから、いつでも叩き壊せるように寿命を与えたと考えられる
全知全能であるのなら、失敗作を作る事は無い

538 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 22:49:47 0
>>536
かみさまはあくま?

539 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 22:51:03 0
>>533>>534>>537
そもそも全知全能って可能なのか?
全知全能なら自分と同等の存在を作れなければおかしい
仮にもう一つの全知全能たる存在を作った場合
全知全能たる二者は相手を消滅させる事が出来るのか?

540 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 22:52:34 0
>>537
神は失敗作を作ってはいないとも考えられる。人間は神により人間という存在に可能な範囲で
完全に作られたが、自分の意志で失敗(堕罪)したとも考えられる。
それによりアダムの寿命が有限になったのは、アダムが犯した罪のためとも。

541 :考える名無しさん:2008/06/30(月) 23:03:14 0
成功作だからこそ知恵の実を食べたとした方がしっくりくるな

542 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/30(月) 23:03:36 0
>>538
悪魔よりも強い悪魔だから神なんですよ

543 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/06/30(月) 23:08:46 0
人間はホモサピエンス、知ったかぶりの同類なんです

544 :考える名無しさん:2008/07/01(火) 00:16:58 0
>>540
それって、人間っていう存在自体が失敗作って事になるよ
堕落したり罪を犯したりするような存在を作っちゃうならやっぱり神様は全知全能じゃないよね

545 :考える名無しさん:2008/07/01(火) 00:18:01 0
>>542
政権争いに負けた神様が悪魔になるんだもんね

546 :考える名無しさん:2008/07/02(水) 18:49:31 0
神が作ったんじゃなくて、神が生み出したのが正解

正しい日本語でおk



547 :考える名無しさん:2008/07/02(水) 20:41:15 0
よく「宗教は悪魔が作った最大のいたずらである」みたいなのがあるが、
最近の人間社会を見ると「この人間社会そのものが悪魔が作った最大最高の傑作である」と思うようになってしまった。


548 :考える名無しさん:2008/07/02(水) 20:42:35 0
>>547
その反対の部分は些かも無いのか?
どうしてもそう思うというならば仕様がないが、
事実そうではない面が多々あるし、視野が狭いだけだと思うが

549 :考える名無しさん:2008/07/02(水) 20:43:31 0
最近である理由がないと思うが

550 :考える名無しさん:2008/07/02(水) 20:47:35 0
テメェーラ!
下記スレに記念パピコしろよな
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/traf/1207467558/
サンクス!


551 :考える名無しさん:2008/07/03(木) 17:31:09 0
>>547
神を人格化、そして偶像化した時点で対極となる悪魔の存在が必要になっただけ。
象徴であった神の言葉を伝える「天使」が、神ではないの天の言葉を訳す
使い(伝道師)なのに現在では天使に当たる存在を神へ昇格している。
神は唯一であり、その名前すら呼んではいけない抽象的な存在だったのに
人は己の愚かさ故に近くの上位の神の力を貰う人を神と差別化し、信仰しはじめた
それゆえに人が神となれば悪魔も生まれよう。
もともと悪魔とは神に仕えていた天使の反逆であったことを知ったほうがいい。
神の力とは正魔の力であって、人智を越えた摩訶不思議なもの神秘的な物を言う

552 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/03(木) 22:22:17 0
1=0.999999...
と言うように
全知全能の神は
自らに匹敵するが僅かに劣る悪魔を
生み出したんですよ
全て神頼みです

553 :考える名無しさん:2008/07/04(金) 21:57:22 0
>>552
実無限=悪魔ということですね、わかります。

554 :考える名無しさん:2008/07/07(月) 15:12:58 0
魔(マ)とは天(上、始限)と地(下、終限)を陰陽を経由して輪することである。
現象界の意味で考えれば理解できるような存在ではない。

流(ル)とは陰界での輪と陽界での輪が相互に力が均衡する状態をいう。

輪(ワ)とは特定に依存する状態がなく全てを繋ぐ関係である。


555 :考える名無しさん:2008/07/07(月) 15:29:03 0
>>552
人が言う(生み出した概念)の神や悪魔とは天使(天の使いである)、
>生み出したんですよ
ちがう、作り出した(人為的創作)。生み出した(生じた)のではない。

>全て神頼みです
神との絆は失われており、絆のない神に頼んでも何も縁のないものに
力は作用しえない。
カミとは、全ての界と結ぶ存在の未源であり、それ自体が何かをするものではない。
つまりカミとの絆が失われている状態でカミの力が結ばれることはありえない。

君が支配されているのは闇が支配する死へ至る病、それは理(リ)である。
理は輪として存在する界を陰陽に分離する。
つまり区別するということだ。区別できないことを区別している君には
神も世界も区別する対象でしかすぎない。


556 :考える名無しさん:2008/07/07(月) 15:36:12 0
闇は差別を生み、繋がりし縁を閉ざし、

相互に繋がる絆を断ち自分を個として存在させ、環境世界から区別し分離する。
それは個としての定めだが、輪ではなく個にしか真を見出せない者は孤立し、
世界や自分を全て理として意味に執着する才である。
陽で生まれた個はやがて陽から陰へ進む、個の内部の固体としての絆さえ
区別され分離してゆく。全てが明解なる単純の源の個へ至る為に。

557 :考える名無しさん:2008/07/07(月) 15:44:54 0
何故闇を生むか?
それは理解しやすい、予測しやすいからだ、死へ至る道は予測しやすい。
死ほど単純な方向はない。
これが合理的な意味が示す道だろう、人が生まれるとは神秘的な非論理的なもの
合理的なものを選ぶということが、どれだけ闇の力を使うことか感じ取れないんだろう。

558 :考える名無しさん:2008/07/07(月) 18:21:04 0
>>554-557
妄想乙

559 :考える名無しさん:2008/07/09(水) 13:13:28 0
>>554-557
激しく同意
>>553
ばか?

560 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 00:08:06 0
もし神が全知全能だったとしたら間違いなく悪だ
この世の悲惨なことは
人間の罪に対する罰だとか試練だとかいうが
全知全能ならば罪を重ねない、試練も必要ない完璧な人間を作れるはず
それなのにわざとそれをしないのは
いじめて遊んでいるとしか思えない



561 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 00:58:16 O
神は出来損ないしか産めない出来損ないの女神様なんだよ!


562 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 06:39:46 O
そもそも全知全能を論理的に定義出来ない時点でお前らが何言っても無駄無駄。
「神は〜のはずだそれなのに〜してくれない云々」
アホか。

563 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 09:27:08 0

  宇宙の摂理ーー神などいない

564 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 09:35:15 0
全知全能を論理的に定義する事は不可能(パラドックス生じるし)

565 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 11:01:02 O
神は神の計画のために宇宙を創造し、
時間と空間と物質を作り、世界は
物理の法則に従って変化を続けている。
人間は自分の意志に従って生き、神の計画に
参加する使命を果たすために生まれてくる。
己の良心に従い、自らの意志に従って生き
その使命を果たさねばならない。

566 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 23:49:37 0
被造物は所詮、創造した者の奴隷ですか
神の計画に参加する使命なんて押し付けられてこっちも大迷惑なんですけど
神に言いたい
やりたいことがあるのなら、人に頼らずご自分のお力でやって下さいまし


567 :ネオマトリクス:2008/07/10(木) 23:57:29 0
やはり快苦の為でしょう。

酷い地獄の世界の方が、神はいるのか?とか神様助けてーとか
宗教戦争とか、そういうのが盛んになる。
それを好きな所で好きなように眺めたりして楽しむ。
超リアルな地球規模のシミュレーションゲームみたいな?
で。快楽だけだと戦争とかつまんないから
かなりの苦痛も作った。

神の快楽の為です。神は自分らが心の底から
泣いたり笑ったりするのを見て楽しめるのですよ

568 :考える名無しさん:2008/07/10(木) 23:59:13 O
神の暇つぶし

569 :ネオマトリクス:2008/07/11(金) 00:03:35 0
で。私はそこで気付いた事があるんですよ。
仮に、自分が神のような知能と力があって
地球を創り眺めたりいじって楽しんでたら、
そこにいるどのような人間に注目し
どのような人間の手助けをするのに快楽を感じるか?

それは単純に、神にとてつもない快楽を与える存在でしょう。
なので、神がこの酷い世界を創り快を感じる以上の快を
神に与えられれば、神は願いを聞いてくれるでしょうね。

で。神にとって人間はCPUでしょう。すると、やはりCPUの
ランダム性に興味をひくのでは?

570 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 13:20:08 0
この世を魂の修行の場と考えると、上級者向けに造った。

571 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 14:46:49 0
最初から完全な魂を作った方が手っ取り早いと思うけどw
ああ、要するに神様は全知全能じゃないんですね。

572 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 14:47:55 0
作った×
創った○で

573 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 15:00:38 0
シムシティやってる感覚

574 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 15:02:00 0
全知全能ってのは可能的な能力のことだとすると、
最良の選択肢を知りつつ、全く逆の選択をする能力もあるっつうことだと思う。
って考えると、全知全能ってのは、完全にランダムに能力を発揮するのかもと今ちょっと思った。
だったら、神っていてもいなくても一緒なのかも。

575 :考える名無しさん:2008/07/11(金) 16:06:59 0
人が捉える神は、人の考える創造的なことしか因果しえない。

古代の人が本来の神といったものは、捉えられないものを神としていた、
知識と知恵が理屈が、これらの神を認知し捉えること、その行為が真の神を
封印し偶像の神を祭る神事と繋がる。

神の力は世界の存在そのものであった過去を復活させよう、
大地との絆はそこから生まれる、見えないもの触れないもの嗅げないもの
聞こえないもの味わえないもの。計れざるもの。
神秘的なものとは何か、それは認知できたと思う君には理解できないもの

576 :ネオマトリクス:2008/07/12(土) 03:47:58 0
もしくは別の仮説。
痛みも快楽です。要は
『極限にサディスティック・マゾヒスト』になるんです。

すると自身の苦痛も他の生物(意識)の苦痛も快楽ですし
快楽は快楽ですべてが快楽という素晴らしき世界。
だから苦痛がある。苦痛はSMの快楽です。
今は機能がうまくいってないから苦のままだけど
苦痛は快楽の元です。

なので麻酔無で猛獣に食われるとかの激痛を伴う死というのが
生物には存在する。いや実に幸福です。そういうのが
何十億年も続くとは。

577 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/12(土) 07:06:14 0
日本とは合理的な国なんです
アルコーランで神は侵略を好まないという項があり
日本の軍隊は自衛隊なのでまさに理が通っているんです


578 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 13:44:42 O
すべて神の計画通りに進んでいる。
地球上で行われた全部の会話の内容、セックスの内容などは
神によって決定されたものである。

579 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 13:49:30 0
>>574
てことは、世界が「生じる/生じない」についてもランダムだろうな。

580 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 13:57:37 O
神はすべての人間の思考、感情を決定しているからな。
究極の働き者だよ。

581 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 14:37:42 0
神は神、それ以上でもそれ以下でもない。

しかし、全知全能、万能の神はいても人間の脳では知覚できないハズ。

神が創ったすべてを穿つ矛と万能の楯をぶつければどうなるのか?

582 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 23:09:33 0
>>581
全知全能、万能なら矛盾すら超越してくれないと困る

583 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 23:28:14 0
ヒント:万能ネギ

584 :考える名無しさん:2008/07/12(土) 23:47:21 0
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/esp/1215839585/l50
仏像の力を信じる者はここで祈れ
1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/12(土) 14:13:05 ID:xl45iBs5
仏像の神々しさ、超越的パワーは一切の衆生を救い給う。
その慈悲の厚さ、全能さを信じて止まないもの、何となく心ひかれるものは
毎日このスレで仏像の御方へお祈りささげましょう
日々の出来事、悩みを仏像に聞いて頂きましょう
            /ヽ v1
          |Y ゝくY :!
          | |Yゝク  |
         f三 へ三ニト
         {ゝ二 二kミ!
         | ー 一 Y
         U、 ー ,U
        >'1ミ二彡^ヽ、
       /  个 ー イ 彡ヽ
      /  i  ト/ミy@┬ ヘ
      /| ̄|ヘ / ,h  /| ̄ |
      7|> '  /n `タ._k  |
      ゝ _ /彡イ `〜 、...,,_}
    __ >彡 '_ゞ_ゝニゝ、_
   < ミ三三彡彡へ r‐ァニ三彡ハ
   〉ーニ二三彡彡1 l キニ三二−ヲ
   f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒ハ
 f⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒Y⌒⌒ 〉
  ゝ⌒X⌒ヽ〜‐-<⌒⌒ メ⌒Y  / ヘ
 ( \ \     〉-‐rく   ,.-く   ノ
  `丶 _ へ  ハ    ) /  //    【大日如来様】

どの仏像に願掛けしてもお前らの自由だ。
参考:http://syorin.fc2web.com/butuzou.htm

585 :考える名無しさん:2008/07/14(月) 11:05:23 0
エドガー・ケイシーのリーディングによると
宇宙を創造した神は発展途上の地球の生物に魂たち(自らを投射したもの?分身っぽい?)
を憑依させて、生を楽しんでいたらしい
中には肉体を意志で変化させてペガサスや竜になったやつもいたらしい
それがある日、魂が肉体に捉われてしまい抜け出せなくなってしまう現象がおきて
魂たちは自分が魂であることもすっかり忘れてしまった
慌てた神は生物の中でも見込みがあった猿の一部を急いで進化させて
人間に仕立て上げ、魂たちの器にしたのだとか
そして人間たちに惑星感を転生して修行を重ねさせることで、自分のもとへ戻らせようとしているみたい
この話が本当なら神が遊んでいて事故に遭った
そのツケを人間が払っているということだよね?
というより人間が神なのだから自業自得と言われりゃそうか
禁じられた遊びの代償だから残酷なんだよ、この世界は


586 :考える名無しさん:2008/07/14(月) 11:24:32 0
付け加えると、神が自らを投射して魂たちを作った時
その魂には自由意志があったようだ
ということは地球の動物に憑依するというのも
神の命令ではなく魂の自由意志によるものだから
人間の苦しみはまさしく自分の責任なんだろうな

587 :考える名無しさん:2008/07/14(月) 14:16:01 O
>>585
論理的整合性が極めて高いね

588 :ネオマトリクス:2008/07/15(火) 23:37:18 0
>>585
私の説と快苦の点では似てますな。

宇宙規模のシミュレーション何でもありゲームを創った。
惑星で生物の進化やら戦争や個体レベルの人生ゲームなど様々。
で。
盛り上げる為に、基本的には自らと同じ実力を持つCPUを創った。
それが俗に言う無数の意識とかの私たちです。
更に盛り上げる為に、快楽ではなく苦痛というのも創った。
で、その苦痛というシステムが暴走した、もしくは
神の予想外の出来事で苦痛が膨大に増えた。

本来なら、快楽を増加させるための苦痛なんです。
例えば困難を乗り越えた時の快楽、苦から解放された時の快楽、
SMやスポーツで感じる苦痛、ジェットコースターやお化け屋敷の苦痛など。
苦痛も役に立つから神は創ったんですよ。

言わば『ペインハザード(苦痛災害)』が宇宙規模で起きてる!!
です

589 :考える名無しさん:2008/07/16(水) 00:14:01 0
そういえば昔ポピュラスというゲームがあったな
シムアースってのもあったな

590 :考える名無しさん:2008/07/20(日) 22:39:50 0
「人類は神様が水槽の水を慣らす為
とりあえず地球に入れた安物の熱帯魚だった」
ってフレーズが最近気にいった


591 :考える名無しさん:2008/07/22(火) 00:40:41 0
The 世界区分表

@教育 | A社会 | B自然 | C神

B自然偏

 自然に社会的な役割を与えると道具ができる。石斧や弓や槍が道具と言って、自然物が社会性をもったから
機械にはならない。
 自律的に一定の動作をするようになると機械という。道具となるべく考え方によって仕組みが作られている。
道具に教育が加わると機械という。
 機械に神を加えると天職という。神に与えられた仕組みでもって働くものになる。

 機械だ、物だ、構造だ、物質だ、と言う方は最後には天職を目指すのでありまして、神がこのような仕事を
与えてくれていたのだ、という結論に落ち着きます。
 それまで、物だとか、単なる道具だとか、機械とか、プログラムで議論をします。

 こういったものが世界であります。

592 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/22(火) 20:21:20 0
拳→石斧→弓→槍→刀→銃→戦車→戦闘機→毒ガス→核兵器
どんどん効率良く大量殺人出来るようになるおもちゃたち
拳が最強です
他は子供が欲しがるおもちゃです




593 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/22(火) 20:28:53 0
全て神頼みの産物なのでマジックキャンセルすれば無効なんですよ

594 :考える名無しさん:2008/07/22(火) 22:25:53 0
神はいると思います。ただし悪魔もいます
神は悪魔よりもはるかに弱いから全く頼りにならないだけですよ



595 :考える名無しさん:2008/07/22(火) 23:49:35 0
>>594
そんなあなたは創価学会へどうぞ

596 :ネオマトリクス:2008/07/28(月) 00:24:43 0
思うのですが、推測ですが
執着すると苦しみますよね?HNにしろペットにしろ車にしろ会社の成績にしろ
何か「自分のモノだ、大切だ」と思うと
それが傷つく(変化する)と苦しむ。親の死や失恋とかそうでしょう?

なので、肉体的苦痛は、意識が
「肉体を所有したい、肉体を所有して大切にしたい」と思った結果
こういう風になったのでは?

つまり、信仰ですが、輪廻みたいのがあって
昔から生きる事に執着し、体を大切にして、更には
食欲といった肉体的快楽を求めるから、肉体的苦痛があるのでは?

なので推測ですが肉体から脱出を死ぬまで願ってれば
死んでもそう苦しい生物にはならなそう・・・

597 :考える名無しさん:2008/07/28(月) 00:31:43 0
>>596
それが簡単にできねえから「天に富を積め」だとかなんだとかあるんだろ
死にたいと考えているだけじゃただの自殺志願者だし、その状態が維持されるのも苦だろうが
一切の苦を解消できたら、そりゃ解脱って言うんだよ

598 :ネオマトリクス:2008/07/28(月) 00:56:01 0
>>597
簡単にはできませんが、仮に輪廻があるなら
自殺志願者というのは、単に
苦しい状態から別の状態に代わる、というだけの事ではないでしょうか。

>その状態が維持されるのも苦
は同意しますね。だから、この世が地獄なのは同意しますが
その原因は神ではなく、輪廻の方が理屈としてはありそうな気がします。
なので、身体・自分への執着を止めれば
「自分が傷つく肉体的苦痛」「自分が傷つく精神的苦痛」
というのは消えた生物になるのではないでしょうか?
まあ、輪廻があって死んだ後の話ですが。

俺の仮説では、第一原因は思考と感覚の「快を感じたい」という欲求で
それで宇宙や自他や自分の体と一緒に苦痛までできた、と思う。
人間に自由意思があるなら、欲求が原因で自由意思で宇宙を創った
という感じ?

599 :考える名無しさん:2008/07/28(月) 01:24:13 0
>>596
肉体的苦痛は単に生命の個体の生存に必要なので、必須のオプションとして
装備されてるだけなんじゃないんですかね?
痛覚がなければ色々注意しないので怪我をしやすくなるだろうし、他の生物に
食べられても痛くないんじゃ、生存自体に無関心になるしそれだと困る理由が
あるのかも。
人間はなにかこのデフォルトでは苦痛の多い世界を、快適な環境に作り変え
るために存在してるような気がするけど。

600 :考える名無しさん:2008/07/28(月) 20:06:52 0
>>598
>簡単にはできませんが、仮に輪廻があるなら
>自殺志願者というのは、単に
>苦しい状態から別の状態に代わる、というだけの事ではないでしょうか。
そうだよ
だが肉体からの脱出を願うってことは、それ自体が死を望むのと同等の欲求である事が分かって無いね
ちょっと禅というものを調べてみる事を薦める

>なので、身体・自分への執着を止めれば
だからそう簡単にはいかねえっての

なんで解脱って言葉を使ったか分かってるのか?
執着を捨てて楽になるってのは2500年ほど前にゴータマ・シッダールタって坊主が唱えてるんだよ

601 :ネオマトリクス:2008/07/28(月) 22:34:58 0
>肉体からの脱出を願うってことは、それ自体が死を望むのと同等の欲求
何か問題でも?死後に地獄とか苦しむとかの類の話ですか?
俺はそういう世間の道徳的な価値観が
快苦に直結するとは思わないので
問題ないと思いますがね。
欲求になってるから問題、というならば
苦を生む欲求と苦を生まない欲求があると思いますねえ。
例えば痛みを消したいと思うのは
苦を生まない欲求でしょう?

>なんで解脱って言葉を使ったか分かってるのか?
記憶すら疑ってる人もいるのすよ。決定論や神やマトリクスや
世界五分前創造仮説など可能性は無限通りなのですよ

602 :考える名無しさん:2008/07/28(月) 23:05:56 0
>>601
禅を調べろといったはずだ
欲求や執着が苦を生む
悟りを開こうと禅を行う事は、悟りに執着しているという事になる

痛みを解消したいという欲求は、痛みがあることを避けたいという考えであり、痛みが余計だという事である
痛みの存在自体が苦であり、それを避けるための苦が発生する
痛みの存在を受け入れ、それを当然のごとくあることを許す事が苦よりの開放というものだ

簡単じゃない上に矛盾をはらんでいる
だからこその悟りってもんだろ

603 :考える名無しさん:2008/07/29(火) 16:22:56 0
「快を感じたい」という表現はそもそも間違っています。
感じたいから快や不快があるのではなく、まず快や不快があるからそれを感じるのです。

604 :考える名無しさん:2008/07/29(火) 16:25:23 0
>>602

西洋哲学のドグマから抜け出す方法はそれしかないでしょうね。

605 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 02:12:52 0
>>599
普通に理知的に考えたら、当然そういうことになると思う。

606 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 08:48:46 0
個体の生存がおびやかされる事のないよう
予定調和された世界を創ればいいだけじゃない。
結局、なんでこんな世界にしたのかは謎のまま。

607 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 09:08:37 0
次元上昇が本当に起きるのなら、もう少しマトモな世界になりそうなんだけどなー。
今よりも次元が高くなって半霊半物質の世界になるんだってさ
次元が高くなるほど霊の部分が多くなって物質の部分が少なくなるってことなのかな?
神は高い次元にいるらしいけれど
神=実体が全くない霊
なのだろうか…。
もし次元上昇があるのなら神は人間を自分と同じ霊にしたいんだろうか?
それは人間を肉体という物質の呪縛から救いたいということで
神は善ということになるが
何故今まで手をこまねいて見ていたんだろう?
人間よりはいろいろなことができるものの全知全能ではないのだろうか?
ていうか何故物質界を創った?
創った後で後悔したのだろうか?
わからないことだらけだ
それより次元上昇なんてあるのか
うさんくさいけれど
でも、自分的にはあってほしい
宇宙の真理に少しでも近づけそうだから


608 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 17:15:30 0
もし神が創ったとしたら神は何故こんな酷い世界を創ったと思いますか?
が正しい質問である。う〜ん。神は独占欲が強くサドなんだろうな。人間苦しみを
みて喜ぶ。そういうことはブルーノやそのほか大勢の人が言っている。

609 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 17:49:42 0
もし俺が仮想世界を創れる立場だったら
定期的に世界を混ぜっ返して楽しむだろうな

庭にいる蟻を潰してる子供を見ても
何故そんなことをしているのか問えない

自分にとってゴミに過ぎない者の為に世界を調整するほど
神は暇じゃないだろう

610 :考える名無しさん:2008/07/30(水) 17:52:12 0
創造主としての神が一人だけなら、
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が代表的だ。

どの宗教も神は一人だと言う。
ヤハウェ、ゴッド(三位一体)、アッラー。
どの宗教も我々の神が唯一だと言う。

神が一人だけなら、それぞれの宗教にいろいろな異なる教えをして混乱させる唯一神。
神が複数なら神同士が争っているということだろう。

>>608が正しければ、人間はマゾになれば幸福だろうね。
ただ、他の神を信じる人と争わなければならないけど。

神なんかいないけどね。


611 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 01:29:39 0
神と人間の価値観ってもしかしたら全く同じなのかも
人間だってたとえば酷い目に遭った人たちのドキュメンタリー見て泣けるとか感動したとか言うでしょ
実際に殺人をやるのは悪だと思っていても、残酷な動画や漫画見たり戦争映画でワクワクしてるでしょ
子供が好んで読む物語にすら怪談のようなダークな話はある
もしこの世がネガティブな事象が微塵も起きない楽園だったら?
違和感とやりがいのなさで発狂する人間たちが続出するだろう
つまりこの世の苦痛全ては人間たち自身が望んでいるという一面もある
そして神もこの世に苦痛があることを望んでいる
結局は快楽しかない世界もまた人間にとっては苦痛
スキルアップが嬉しいし給料も高く出世もあるが、毎日が戦場のような会社と
全てにおいて楽だが単純作業の繰り返しで何の成長もなく給料も安いまま固定の会社のどちらに入社するかの違いみたいなもんなんだろう
そしてこの世に存在する全ての人間は前者を望み
神はそれに同意した

612 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 08:32:05 0
神は人格的存在でなければ意味はない。汎人論というのは神を合理的に考えようと
いうもので実はその当時の西洋人が本当は無神論が現実だったのだが世界=神ということで
それを切り抜けようとした。真の有人論であるとこの神はユダヤ教くらいなものだ。
神は自分の姿に似せて人間を創った、というのは案外気の利いた設定だ。
そもそも普通にいうならば神という概念はぎゃくに人間が創ったものである。
そういうこtもう万人が知っていることである。

613 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 17:18:26 0
餓死や焼死や溺死が特に酷い。


614 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 17:55:56 0
↑の様な処刑やら餓死等があるのは神が創って無いので醜い
神秘というものがあっても醜い数々があれば消えて行くものだろうか
575の通り、認知しても理解は出来ないだろうか
出来る出来ないはあなた次第^^


615 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 18:06:36 0
因みに、うちには理解出来てません。
が神秘は少なからず見える事も有り得るかもしれません。

616 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 18:37:15 0
やろうと思えば男の金玉を万力でじわじわとつぶす事が出来るのが
この世の摂理。
旅行バックの中に人間を閉じ込めて放っておく事が出来るのが
この世の摂理。
恐ろしい世界だ。


617 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 18:47:38 0
神秘って不思議じゃないんだよ。神は自分がうそ臭くて秘密がお好きっていう意味なんだ。
秘密ごとにしておかなければならない無能力のインチキな力っていう意味さ。

618 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 19:02:12 0
>>1
見て楽しむためだろ
自分が住むわけでもないのに素晴らしい世界にしろとでも

619 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 19:09:23 0
身体的苦痛は君の脳髄が感知していることだ。神経を麻痺すれば、麻酔してもらえば
痛みは感じなくなるよ。痛みは生きてる証拠だから必死に我慢するけど、
感じなくなる、意識しなくなる、存在しなくなる、というのが実は人間が怖がっている
ことなのだ。でも痛みは人間がもっとも積極的に感じることが出来る不快な感覚だよ。
つまり痛みが真実なのさ。そういうわけで神も痛みを付加して人間を創った、と解釈すれば
べつに何の不思議もないじゃないか。

620 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 19:17:59 0
>>614
そうか?サバンナで生きている動物だって餓死はするし
自然にできた沼に偶然にも落ちて溺死した人だっていたのでは
火だって人間がわざとおこそうとしなくとも自然発火して大火事になることだってあるだろうし
神が創った醜いものってたくさんあるよ
そして人間はそれをアレンジしてエゴのために醜いものをたくさん作った


621 :考える名無しさん:2008/07/31(木) 20:04:02 0
諦めるにはまだ早い^^

622 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/31(木) 20:19:40 0
誰もいませんでした

この真理の前にはどんな大男も赤子に等しい

623 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/07/31(木) 20:39:36 0
人は石垣人は城

人を盾にして生き延びるんです
キリストは羊飼いです
犠牲の羊をたくさん飼っています

624 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 01:55:00 0
神はいない。
または、神は人間のようなものではないので、この状態が素晴らしいと感じている。

625 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 01:55:45 0
だから神に近づいた人間は同じように素晴らしいと感じる。w

626 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 08:01:53 0
神は神経がある、人間は人経はあるが神経はないので神の気持ちはわからない、神も人間の気持ちは
わからない。月は月経がある、女も月経があるので月桂冠がわかる、だから
もうすぐオリンピック。

627 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 08:16:59 0
氷河期は何故あったかというと恐竜を全滅させる為ではないか
温暖化は何故あるかと考えると恐いものが有る。
地球上で人間が弱肉強食であってはならないのでは^^

628 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/01(金) 09:46:34 0
弱肉強食の世界になると最強最悪の強者悪魔とか鬼とか呼ばれるものが出るんですよ

629 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 10:09:17 O
確かに人間は他の生物に対して「快楽殺人鬼」だな。


630 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 10:50:12 0
だとしたら神様は全ての生物に対して「快楽殺人鬼」だな。
こんな世界になるのも至極納得だ。

631 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 11:00:04 O
そんな結論にはならない。
神様が快楽を追求してるかどうかはわかりっこない。


632 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 11:11:03 0
温暖化と言ってるが元々地球は今の数ある恒星のように太陽のようなものだった。それが冷えて今の形になった
のだから、そしてこれから方向としては冷却へ向っているはずだ。すべて熱をもつものはそれを奪われる運命にある。
それは人間もしかり。人類中心に考えようとするから温暖化なのだ。神も自然も宇宙もそれ自身にはなにも関係ない、しらんぷり。
人間はもうそんなことはとっくの昔にわかっていながらなんの対策もしなかったのだから
自業自得。

633 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 12:08:40 0
これは釣りなのかネタなのかゆとり乙と言って欲しいのか抽象的表現なのか
非常に判断に困る

634 :考える名無しさん:2008/08/01(金) 20:13:18 0
神に何かしてくれとは言わない
ただ神意を知りたい
でもそれすらも神は教えてくれない
ひたすら沈黙しているだけ
神意を明かすと反逆する者がいるからなのか
それとも神はいないのか


635 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 05:11:06 0
キリン、伊藤園は創価
サントリーは在日変態新聞(毎日新聞)のスポンサー
スポーツニッポンは在日変態新聞の子会社

公明党、創価、池田大作(在日朝鮮人)個人を徹底的に追求した朝木明代元市議は殺害された。
現職の警察官が犯人を3人と特定した。
創価の検察官が捜査をストップさせた。

【桜井誠編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm413●1036
http://jp.youtube.com/watch?v=Cu●GBIk3arLs

【せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm41●30867
http://jp.youtube.com/watch?v=CA●jjED3xJfY

**************************
http://blog.live●door.jp/the_radical_right/archives/51991616.html


↑一日最低一コピペすること

  /  \ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウ
 /ノ  (@)\ ジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテル
.| (@)   ⌒)\ ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッ
.|   (__ノ ̄|  |   ///;ト,  ジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテルジサツニキマッテル
 \   |_/  / ////゙l゙l;  ナンミョウホウレンゲッキョウナンミョウホウレンゲッキョウナンミョ


636 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 13:59:43 O
神がすべての人間を動かしている。
心を超越すれば神と合流できる。
ということは、俺がすべての人間を動かしているということになる。

637 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 14:29:37 0
>>636
とうとう気づいたか。
生命体にとって自分が宇宙の中心であるんだよ。


638 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 14:44:42 0
おれも気づいた
今日から宇宙を作り変えるたけに瞑想するわ

639 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 15:41:37 O
心レベルで生きると1人の人間しか動かせない。
神レベルで生きるとすべての人間を動かすことができる。

640 :考える名無しさん:2008/08/02(土) 21:06:26 0
全知全能になりたいよ
そしたら今よりもっと平和で素敵な世界を創るのに

641 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/02(土) 23:52:46 0
現代とローマ時代の相似

仕事と娯楽が盛ん
野球場とコロシアム
コンクリート
民主主義と共和制
上下水道の設置

まさに現代はローマ時代ですね
結局、人間は誰一人としてキリストの足元にも
及ばずおんぶに抱っこされているんですね


642 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 00:02:46 0
パンとサーカスを喝破したのはレーニンだったとは云わせまい。
                             愚民

643 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 00:05:43 0
キリストは仏陀の足下にも及んでないと思うがな

644 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/03(日) 00:10:24 0
キリストが居るから仏陀の生活もあるわけで。。。
アルファでありオメガであるは伊達じゃないですよ

645 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 07:58:18 0
>神が・・ウンタラかんたら

人間を語れない低脳は神を語りたがる

646 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 07:59:54 0




神様 「就職するぞ!」





647 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 09:29:20 0
この世の苦しみで肉体の疼痛ほど辛いものはありません。1さん
の言うとうりです。医学的にはペインクリニックの問題ですが、全て
が解決されてはいません。
精神的な苦しみは、耐えることができます。勿論精神医学的苦しみ
は医学が頼りです。
神がこの世を創ったとしたら、これは人間にとって酷い。
神は頼りになりません。

648 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 09:58:47 O
>>647

醜いのに生きようとするからだ。嫌なら死ねばいい。


649 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 10:38:28 0

嫌だけど死にたくは無い。
肉体的疼痛では、不思議と自殺念慮はなく、生きていたい。
兎に角この痛みから、逃げたい。

650 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 11:41:04 0
生きたくも無ければ、死にたくもない。

ニーチェの言う終末の人間。予言通りです。
ニヒリズム。

651 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 11:42:01 0
しかしまあ、価値観の相違とはいえ、よくこんな世界なのに子供を生もうとか思うよね。
両親とは不仲でないけども、この点に関しては理解不能。

652 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 11:43:45 O
快楽の追求が緩慢な自殺であるということは、
重体の患者の扱われ方を見ればわかる。
弱り果てた彼に対しては、もはやその苦痛を取り除くということだけでも、
治療にならずに逆に命を奪うことになってしまうのだ。
快楽は体力を低下させる。
生は苦なのだ。

653 :ネオマトリクス:2008/08/03(日) 13:22:15 0
そもそもの問いが回答を限定してしまってるのでは?
要は
『この世はなぜ存在し、なぜこのようになってるのか』
という、存在と変化の根源的理由を知りたく
その仮説の一つが神である。

第一原因は無いとか、無機質な何かが第一原因とかいろいろあるが
神は擬人的な第一原因という『仮説の一つ』にすぎない。

もっと根源的な事を考えよう。
存在とは何か?変化とは何か?現実とは何か?時間とは何か?
意思とは何か?正解とは何か?記憶とは何か?
知るとは何か?何かとは何か?理解とは何か?

これらが鍵だと俺は思うんだがね

654 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 13:44:27 0
>>653
>存在とは何か?変化とは何か?現実とは何か?時間とは何か?
>意思とは何か?正解とは何か?記憶とは何か?
>知るとは何か?何かとは何か?理解とは何か?

この中だと「存在とは何か?」
が圧倒的切実性をもってクローズアップされる。
後は2次的、3次的な思考実験や言葉遊びに感じられるなぁ。
まあ遊びに問題があるわけじゃないけど。

655 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 17:53:14 0
存在とは何か?を問いかけている人は、自分でも何を問うているのかはっきりしているのか?
自分の身体を問うているのか、生命を問うているのか、自分の親をとうているのか、自分のサイフの中を
問うているのか?とにかくもっと具体的に具体的に、現実的に現実的に!
自分の性器を問うているのか、自分の住んでいるところは何県の何町か?
今日の夜のおかずは何か?金はいくら残っているか?今日は糞は垂れたか?
今日はオナニーはしたか?

656 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 19:28:26 0
でさ、神って何?

657 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 21:55:07 0
みんな殺しあわずに楽しく精神的にも辛くなく生きていける世界があれば神を信じる。


658 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 22:32:00 0
>>656
神? 現実逃避に決まってんじゃん

659 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 22:32:37 0
神は邪悪な存在とは言い切れないが
すくなくとも神は全知全能の完全なる善ではないことはこの世界のありようから判明している

660 :考える名無しさん:2008/08/03(日) 23:43:06 0
「この世界のありようから」、まったく素晴らしい表現。
とても現実的だ。なんだかんだ言わずともこの現実の世界が証明している。
飢える人が一人でもいれば。殺人が一件でもあれば、もうそれだけで充分。
神がいないということも、みんなが言ってる真理や真実というものや、正義と言うものも
無いのだ、ということを現象は示しているではないか。

661 :考える名無しさん:2008/08/04(月) 02:32:02 0
正義ってなんですか、について。
随分前に銀行へお金を預けに行って300万円猫糞した銀行員がいて
調停したが話し合いに応じられないという書類を銀行側から提出しているので無理ですと云われ
それなら報道などに云うと言ったら、反対に告訴されますと言われずーと泣き寝入り
テレビの宣伝を見るたびに落ち込む。
子供の夢を果たす為、如何しても11月までに必要
女一人で生きて行くには馬鹿にされる。
まあ、自分がしっかりしてなかった訳だが、その時は子供が下りそうで大学病院から結構強い薬を飲んでいた
通帳も最後で今度来た時に新しいのを作って下さいね(定期の方は入っていたが普通預金の方が)と云われそのまま帰った。
悪い条件が3つ重なって現象は起きた。
考えている事はしんでもいいですか、と言う事になる。
駄文で自分の事でごめんちょ!

662 :考える名無しさん:2008/08/04(月) 05:23:04 O
自分のことがダメなら、純一なんかもうダメダメなわけだが。


663 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 08:00:33 0
もしも神がいて神がこの酷い世界を創ったとしたとしても
別に神様はそんなことを気にしてなんかいないだろうし
この世界は清く、素晴らしい世界だと思っているに違いない
だって自分を崇めたててくれる人という存在がいて
素晴らしい、素晴らしいと言って自分のことを言ってくれるやつらがたくさんいるわけなんだぜ
自分を崇めてくれる存在がいるのにその世界が酷い世界に思えるか?

第一人間の価値観なんか酷く不安定だぜ
一人一人の価値観がまったく同一でもないし
確かにこの世界は>>1にとって酷い世界かもしれない
けれどもそんな酷い世界を変えるのも>>1自身じゃないか?

個人的な思想だけど
神=人の一部
だと思う
神だって人から生まれたと
でスレタイが
神はなぜこんな酷い世界を創ったと思いますか?
だけど
神は人の一部だと考えてる俺にとっては
人はなぜこんな酷い世界を創ったと思いますか?
とも置き換えられる
だから>>1自身が素晴らしい世界を創れよといいたい

長駄文失礼。

664 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 09:09:31 0
まったく理屈になっていない。「だって」という跡の文章がさっぱりつながっていないのだ。
バカな中学生以下の文章しか作れない人だと思う。

665 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 09:16:02 0
663参考になった

666 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 09:25:20 0
>>665
自演乙

667 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 09:37:12 0
>>665
自演乙

668 :665:2008/08/05(火) 10:01:07 0
自演じゃないけど、俺人気あるな。

669 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 19:00:46 0
>>663
人はなぜこんな酷い神を創ったと思いますか?

670 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 21:15:57 0
>>1
>神は何故こんな酷い世界を創ったと思いますか?

人はね、自分の周囲・・目に見える範囲を世界と呼ぶが
そんなに酷いのか、おまえ中心の世界は、、?

671 :考える名無しさん:2008/08/05(火) 22:57:46 0
遠くで起きた出来事を自分のことのようにとらえてしまう人もいるってことだよ
とくにメディアが発展している現代なら、どんどん悲惨なニュースが入ってくるから
そういう人にとっては苦痛が増すばかり


672 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 02:27:58 O
幸福になるには無思考を続けることだな。
怒られて考えるからへこむ。
笑われて考えるから屈辱を感じる。
怒られようが笑われようが思考しなければ何でもない。
思考は包丁などと同じく生活のための道具に過ぎないと割り切ったほうがよい。

673 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 03:45:41 0
>>1
人間が「世界を創る神」を創造(想像)した
だから神は人間の描く理想のようなものであって、
理想とは常に現実にそぐわないものだから世界はこんなに酷い

と無神論的に考えてみる

674 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 15:03:28 0
「だから」という使い方をこの人物はもっと経験を積んで獲得する必要がある。
どう見えるかといえば、今学校を卒業したばかりの言葉の使用方法がわからなくて
適当に使ってしまっている幼稚な人間。

675 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 15:09:09 0
東と西の主であられ、かれの外に神はないのである。
それでかれを御槌すべき方として仰ぎなさい。
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。
http://jp.youtube.com/watch?v=2tbY1wvby6Q


676 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 15:13:27 0
慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において
だが我の道のために奮闘努力する者は,必ず我が道に導くであろう。
本当にアッラーは善い行いの者と共におられる。

677 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 16:29:07 0
アラーの使者。

678 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 18:12:19 0
万有の主、アッラーにこそすべての称賛あれ。
慈悲あまねく慈愛深き御方。
最後の裁きの日の主宰者に。

679 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 18:48:18 0
主宰者?

680 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 20:15:02 0
エイリアン3ってよく出来てるよね
放射性廃棄物処理の監獄惑星で寄生生物に体を乗っ取られるなんて
なんてよく出来ているんでしょうね
核兵器作ったアメリカは核兵器拡散に困ってるし
次は寄生生物ですね

681 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 21:44:01 0
だから世界は神が作ったんじゃない。ヒトが神を作ったんだろ。
だがヒトは神じゃない偶然細胞分裂の過程で異常が生じ出来た単なる知能の高い生物だ
そもそもこの世に神がいる時点でそれは神じゃない。たとえ神でも何かを主張し
何か行動を起こせば矛盾が生じる。この世が現実だから。

682 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 22:06:27 0
矛盾があって何か悪い?
矛盾を無くそうとする思考回路がバグってるんですよ
理不尽です
意味もありません
神が人間を作りました
つまりアダムが人類の祖です
OK?

683 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/06(水) 22:10:10 0
>>1
どこがどう酷いのか、そこら辺を詳しく表現してもらえないと
ボクは君に共感できないです。



684 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/06(水) 22:12:23 0
>>682
解けない問いはこの世には沢山あるが、
君のレスはあまりに抽象的すぎだと思う?。


685 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 22:26:36 0
矛盾
最強の矛と最強の盾をぶつけたら
融合(防御)して消える(破壊)です
これなら無矛盾ですよ
ただし、意味を無理やり、つけようとするから狂ってくるんです
もともと意味の無いものなんだから意味なんてありません
ありのままと言えば無意味に鑑賞するだけですよ

686 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 22:30:24 0
>>682
アダムじゃなくてアフリカ人の突然変異ホモサピエンスのイヴが
人類の祖じゃないの?

687 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 22:34:44 0
>>686
アフリカ人のイブ説は嘘です
アダムのあばら骨からイブが生まれました
アダムはイブの前にリリスと結婚してました
リリスはアダムと別れてルシファーとくっつきました

688 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 22:40:19 0
>>687
イブ説も信じきっている訳じゃないが、嘘という根拠があるんですか?
というより肋骨説が真実という根拠が聞きたい。

689 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 22:55:29 0
>>688
進化論は中間種が見られないという時点で虚説です
XY遺伝子を持つのはオスです
YY遺伝子のメスだけではXが作れません
ということでアダムの肋骨説になります

690 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 22:59:59 0
>>689
ID論は?
イブ説も突然変異説だから中間が無いのも最もだと思うけど。



691 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:04:28 0
ブラフマーナが娘を作ってその娘と交わって娘を作りその娘とも交わって雌牛をつくり
その雌牛と交わって牛族をつくりあと毛虫に至るまでそうやって交わって生き物などを
創っていった。

692 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/06(水) 23:05:14 0
>>690
突然変異して中間くらいなら子孫残せるだろうケド
あまりにも異質だと子孫残すのは難しくない?
例えばリトルグレイみたいな突然変異の人が生まれて
子孫残すのはどういった神頼みでするんですか?

693 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:23:26 0
>>683
ラプラスの悪魔がいても、そいつが未来を教えてくれない辺りが酷い

694 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:25:26 0
>>689
ミジンコは環境が悪化するとメスがオスになるぞ
人間は、女が腐ると男になるぞ

695 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:28:28 0
動物なんて急激な環境変化の前では突然変異もするんじゃないの?
アブラムシだって身の危険が迫ると分身産んじゃうから。

696 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:30:47 0
>>695
突然変異と種保存のための通常プロセスをごっちゃにしちゃダメ

697 :考える名無しさん:2008/08/06(水) 23:38:55 0
>>696
でも環境が劇的変化したら突然変異が一部発生するから種保存に繋がるんじゃ?
それが出来ない種が淘汰されてくんじゃない?
ウィルス耐性なんて正にそれでしょ?

698 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 00:26:06 0
>>697
遺伝的な耐性が新たに発生したわけではなく
もともと持っていてそれまで何の役にも立たなかった遺伝的耐性が発現するだけ
環境変化でもともと存在した劣性遺伝子が優位に働く事もある

699 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 00:42:52 0
>>689
なるほど。確かに
って事は、南米の一部の民族がHIV感染してても発症しないのも遺伝子のオンオフが原因って事?

700 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 00:47:56 0
>>699
その話は知らんので答えられない
発症しないってのは、何年くらいでの検証?

701 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 00:54:27 0
>>700
それを聞いたのは確か十年くらいだったから、はっきり覚えてないけど
医療チームが検証したら、そこの民族の感染者は通常潜伏期間を超えてる感染者が全く症状示さないらしいけどね。

702 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 15:42:32 0
>>689
わざと言ってるの?
Y染色体を持つのは男だけ
女がXXだろ

703 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 20:12:33 0
>>701
ちょっと調べたら出てきた
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080302_blocks_hiv/
仕組みはまだ分からないらしいけどね

704 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/07(木) 22:01:07 0
無から有は生まれないってクソワロス
芸術の出来ない人の意見ですよね

705 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 22:04:33 0
もっと具体的に

706 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/07(木) 22:39:01 0
まっさらなキャンパスに思い通りの創造をするんですよ

707 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 22:54:47 0
キャンパスって無ですか?
創造は誰がするんですか?

708 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/07(木) 23:00:24 0
>>707
完全無からの創造の事ですか?
ビッグバンの前は見通せないから完全無じゃないんすか?

709 :考える名無しさん:2008/08/07(木) 23:33:17 0
>>708
見通せないなら無かどうかも分からない
混沌も無も見通せないのは一緒

710 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/07(木) 23:50:37 0
有から無の移行は不可逆ということですか?
それならそのものはどこへ行ったんでしょうね?
それとも無は有り得ないということですか?
真空状態でプラズマが発生すると聞いたことがありますが・・・

711 :考える名無しさん:2008/08/08(金) 00:09:18 0
無というもの自体があるかどうかも分からない概念上のもの
物質が何もなくとも空間があり、空間があればエネルギーが存在する

712 :考える名無しさん:2008/08/08(金) 02:13:16 Q
空間も無いよ。
我々の四次元時空に限って言えば異次元時空からの干渉がビッグバンのエネルギーとなったのではないか? 
異次元時空もビッグバンが始まりなら遡ればそもそも時空の誕生にはエネルギーが必至なのか?は疑問だがね。

713 :考える名無しさん:2008/08/08(金) 02:31:07 0
ビッグバンの方は現在の宇宙の混沌よりの分離
空間のエネルギーは真空状態の方


714 :考える名無しさん:2008/08/08(金) 10:16:49 0
このことは大昔から議論されてきたが、人間の認識能力の限界を越えた認識
であるから、まず、認識そのものの、どこまでが認識可能かを研究しなければならない。
カントによるとここに言われている意見はすべて人間の認識の越権行為である。

715 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 01:04:56 0
無の中にたったひとつの意識だけがあった
それが神だった
なら神が酷くても不完全でもこの世界を創るのは必然
考えてみればわかる
人間が周囲になにもない世界に永遠にひとりぼっちって発狂するでしょ
神もひとつの人格のようなものを持っていたら当然発狂
神は発狂しながら世界を創造した

716 :ネオマトリクス:2008/08/09(土) 01:13:14 0
でも真剣に考えるとすごくね?神って。
人生のあらゆる快楽・苦痛の創造者で
何十億年も何兆以上の大勢の生物を
激痛で苦しめたり性や食の快楽を与えたりする。
現代人の悩みも全て自由にできる力を持った存在で
アメリカやアラブの指導者や世界の権力者すら
もしいたらひれ伏す存在>神

馬鹿にしてるけど、いたら凄いよね…

>>715
俺は振動宇宙論(ビックバン・ビッククランチの永遠)と唯識論だと思う。
はじめは無、快楽を感じたいので何か創る、快楽といっしょに苦痛までできた
苦痛を感じたくないので消える、無になる、快楽を感じたいので(以下永遠

717 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 03:57:04 Q
神はいない!

宇宙も地球も人類誕生も全て自然現象である。

あえて言うならば自然が神と言うことになり地球の場合は自然は資源、食料、気温、大地震、台風、大洪水、旱魃、等
人間が進化して人間の禅や真心などがあることやとりあえず、自然との調和をしていることで神的な存在を崇めることになっていった!

神とは大自然と人間の良き魂が生んだ架空な存在と言える。



718 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 05:40:36 0
>>716
それが宇宙の輪廻というやつなのでしょうか
そもそも神は多少は不幸な犠牲者がでてもいいから
快楽(孤独をまぎらわす存在)が欲しいのでしょうか
快楽を得たもののこの残酷な世界を見て後悔し
再び無に戻す
無に戻すとまた耐えがたい孤独がおそってきて病み、発狂し宇宙を創生する
その繰り返し…神は基本的に善だけれど全知全能ではないのだと思う
自らを消す方法がわからない、自分とは何者なのかがわからない、全ての生命が幸せになれる快楽だけの世界は創れない
ならば苦痛をなくす方法はただひとつ
神が永遠の孤独に耐えうる精神を持てばいい
しかし人間のような一人格を持つ神にそれができるかといえばほぼ不可能だろう

719 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 13:42:04 0
|               |
|         J( 'ー`)し.|
|            ( )  .|          (; 'A`)
|       幸    | |   |       辛  ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|        J( 'ー`)し .|
|         o一o    |          (; 'A`)
|       辛  〈 〈    |       辛   ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|               | 'ー,`)し
|               |o一o       (; 'A`)
|       辛       | U     辛   ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|         J(; 'ー`)し |
|           ( )  | ミ       Σ ('A` )
|       辛   | レ  |       幸  ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|       ガンバルノヨ   |         ヽ(゚∀゚)ノ
|         J(; 'ー`) し|            ( )
|       辛 ノ( ヘヘ   |       幸    | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・・観念にカーチャンの思い、届きますように・・・

720 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 16:43:48 0
あ、今わかった。今、夏休みなのだった。だから馬鹿ばかりが寄ってくるんだ。

721 :考える名無しさん:2008/08/09(土) 16:48:57 0
気付くの、遅っw

722 :考える名無しさん:2008/08/10(日) 00:25:39 0
お前がその代表だな。はやく子供は寝れ。

723 :ネオマトリクス:2008/08/10(日) 03:09:08 0
>>718
神という前提を作ってる時点で
限られた仮説しか生まれない。
神も仮説の一つだ。もっと根源的な事で演繹を行わないと。

俺は、思考・感覚・快苦・存在・変化
という五つこそが全てだと思った。
神も思考と感覚の一種。世界も物質も時間も感情も思考と感覚。
で、>>1の問いは
『なぜ思考と感覚が存在し、このようになってるのか?』
という存在と変化を知りたいんだよ。
そこで、原因を求め『神という演繹』を行った時点で
人間の先入観が入った仮説になる。唯物論とかもそうだけど。

神はいないだろうね、言うならこの思考と感覚こそが
全てで思考と感覚こそが神。重要なのは、変化の不自由という問題。
思考と感覚の変化が自由になれば快楽のみも可能。

724 :考える名無しさん:2008/08/11(月) 00:01:03 0
俺は神と呼ばれる奴は志村しか知らない。

725 :考える名無しさん:2008/08/13(水) 04:31:16 O
全知全能は、時間軸を無視すればそこにあるだろう。
しかし人間は時間の中に生きるので、
全知全能を捉えられない。
時間軸を含めた世界面を上から見ることが出来れば
全知全能はもがき苦しみながら試行している。
答えが見つかるまで無限に行なうだろう。
しかし無限に伸びる時間軸を無視すれば全知全能はそこにある。

726 :考える名無しさん:2008/08/13(水) 06:22:04 Q
全知全能とは有限的な成り立ちでは恐らく無いはず。 
宇宙の歴史ですら有限である。
時空における時間とは空間と共にあるため、宇宙が寿命を迎えれば同時に時間も無くなる。
宇宙が寿命を迎えたら「無」の状態となるが、この「無」に全知全能なる者とはいえ存在出来るものではない。
必ずその者が存在すると仮定するならば、少なくとも我々が認識出来うる同じ次元の存在ではあり得ない。 
人間が進化しいずれタイムトラベルを可能にしたとしても宇宙の寿命以上には時間軸も存在しない。
宇宙が再び誕生を迎えても新たな時間軸と我々の存在する時間軸には繋がりは無い。
つまり、我々のいう時間軸とは永遠では無く、はかない夢の様なものでしかないね。

727 :考える名無しさん:2008/08/13(水) 06:48:40 0
質問です。
ライオンと人間の子供の名前は、何ですか?

728 :考える名無しさん:2008/08/13(水) 12:36:30 0
>>727

獅子頭之助 百太郎

729 :考える名無しさん:2008/08/13(水) 23:37:25 O
森本レオ

730 :考える名無しさん:2008/08/16(土) 18:34:53 0
>>1
祭りの夜、酔った勢いで作っちまった子それが世界だ。

731 :考える名無しさん:2008/08/16(土) 19:55:03 0
瞬×踊子で世界が出来るよ!

732 :考える名無しさん:2008/08/18(月) 16:48:19 0
もう神の茶番に付き合いたくない
六道輪廻なんてしたくない
もし宇宙から自分の魂が除去できるのならこれを望む

733 :考える名無しさん:2008/08/18(月) 16:55:43 0
【観念流、無敵の弁論術】
1.自分の言説は客観的真理、他人の言説はただの妄想と心得よ!
2.自演は基本スキルである!
3.自分への非難に対しては「人は鏡」を乱発せよ!
4.不都合な質問には、さらに質問で返すなど、gdgdな展開に持っていき、逃げ続けるべし!
5.不都合なレスは何気なくスルーだ!
6.追い詰められたら、論点ずらし → 一方的な勝利宣言のコンボを使え!


734 :考える名無しさん:2008/08/18(月) 19:49:04 0
>>732
だからそれ解脱w

735 :考える名無しさん:2008/08/20(水) 08:00:33 0
煩悩があると解脱できない
仏教では神も輪廻の中にいるという
ということは神にも煩悩がある?
神にも煩悩があるんだ
人間が解脱するなんて不可能に近い

736 :考える名無しさん:2008/08/20(水) 20:37:34 0
できる事やりゃいいじゃん
できる事やんのに神も人間もあるかよドアホw

737 :ネオマトリクス:2008/08/22(金) 01:02:30 0
苦痛の原因は煩悩じゃなく不自由じゃまいか?

要は、全知全能なら
快楽だけ感じるのも可能っしょ?
全能なら飽きるとか苦痛は感じないで済むし。
強制的に存在させられ強制的に苦痛を感じる、その
『強制』から逃れるには、やっぱ自由っしょ。
つまり自由意思。(根源的な自由な力)

つーわけで、俺は全知全能への道、つまり
『自由意思と知識で自由意思と知識自体を増やし
 それを繰り返し増大に増大させる』を行います。
これで、苦痛は極限に減る。

ちなみに、神は中途半端なんだよ。自由意思と知識でそれ自身を増大させれば
苦痛も退屈も記憶も飽きる事も消せて快楽だけなのに。
『力と知識を増やす』って思考がないのがダメ過ぎ。人間もだけどね。

738 :考える名無しさん:2008/08/22(金) 17:13:25 0
人類全部がどうして幸せになれないのかなぁ

独り言なので気にしないで下さい。

739 :考える名無しさん:2008/08/22(金) 20:30:44 0
>>738
>人類全部がどうして幸せになれないのかなぁ

女ひとりに男が二人、、二人のうち必ず一人は不幸になるよな?
たった二、三人の世界ですらこの有様、、人類全部なら尚更だろ


740 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 00:12:26 0
>>737
不自由であってもそれを苦と感じなければ良いだけ
それが悟りであり、煩悩を排するということ

苦痛を感じられないのは全能ではない
全能であれば苦痛も感じられなければならない
全能とは苦痛も不自由も矛盾も整合も包括して存在するものである
要するに混沌以外の何物でもない

741 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 00:15:37 0
>>739
バイセクシャルであればみな幸福
愛は全てを解決する

742 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 05:29:16 0
おまいら、
幸福なんて求めることが間違いだ。
仮に社会主義の世の中になり、フリーセックスになれば
結婚制度も危ぶまれる。
そのとき実際どうするかだ。
適度に働いて女にありつけるとすれば女も自由を得られる。

ところが結局行き着くところは恋人をめぐって殺し合いの連続だ。
これが人間の正体。いずれは滅びるんだから、
幸福なんてチャンチャラ可笑しい。

743 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 06:11:24 0
>>1
貴方は何故こんなひどい世界を神が創ったと思いますか?

744 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 10:26:42 0
世界自体に存在することの目的はないと思ったほうが正しいと思われるよ。

745 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 12:31:55 0
>目的はないと思ったほうが正しい

目的て「誰」の?

746 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 12:42:14 0
>>745
横からすまん。
世界自体に←にかかってんじゃん。読解力無さすぎ。


747 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 18:49:02 0
>>746
「世界」て目的を認識できるのか?
認識できる訳ないじゃんw

748 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 19:32:29 0
>>747
744に言えよ。しかも言い回しがシュールだが、747と同じ解釈述べてますよ。

749 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 21:41:32 O
苦を労と感じるしかないな

750 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/23(土) 23:23:43 0
>>747
君が代だから世界に目的認識能力はありますよ
一人芝居あるいはマルチスレッドです

751 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 23:32:13 0
>>750
わたしは脳で認識しますが
世界は「何」で認識するんですか?

752 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/23(土) 23:33:21 0
世界が天皇様ですから
天皇様の一人芝居の脇役というのが日本国民です

753 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 23:38:03 0
>>751
あなたと世界って切り離せますか?

754 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 23:38:24 0
>>752
は右の人?

755 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/23(土) 23:45:35 0
>>754
どちらかといえば左です
しかし、王権神授説とは全て神頼みという布石です
ですので天皇様頼みなんですよ

756 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/23(土) 23:47:11 0
官僚制はえこひいきということですよ

757 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/23(土) 23:52:15 0
ホログラムホログラム
あなたは神の影です

758 :考える名無しさん:2008/08/23(土) 23:57:52 0
>>752
わたしはアメリカ人ですが、、

759 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/24(日) 00:04:26 0
アメリカは日本の属国ですよ
太平洋戦争に日本が降伏したときに昭和天皇が
てめぇ、神頼みだろっと調服されました
エデンの園の東にケルビムと回る炎の剣とを置いて命の木の道を守っているんです
つまり極東日本です

760 :考える名無しさん:2008/08/24(日) 00:08:08 0
>>755
俺が信じる神は八百万の神、九十九神、道祖神です。
人として日本人としてささやかな道理を教えていただけます。

761 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/24(日) 00:15:41 0
イザナギの一人芝居ということですね

つまり、強すぎて
悪魔みたいな人だったんですか・・・ですよ

762 :考える名無しさん:2008/08/24(日) 00:18:23 0
>>761
それも無数の真理の一つだね。
ウロボロスの解釈と一緒。


763 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/24(日) 00:23:51 0
>>762
完全者とは食料も自分の肉で生活するウロボロスです
よって
コレはキリストの血であり肉であるという
キリストにいつまで経っても頭が上がらないというわけですよ

764 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:29:46 0
>>693
うふふふふふふふ、どぅははははははははは。

ぎゃはは、ハハハハハハハハハハハハハハハ。

ジャハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ。


それをラプラスの悪魔というんだよね。

唯物主義と決定論を葬り去れw。

更に進化論的結果論はクソの役にもたちゃせんwww。


765 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:31:45 0
>>762
そうだそうだ、ウロボロス。

己の尻尾を食らう蛇をやっと思い出したぜ。



766 :考える名無しさん:2008/08/24(日) 00:32:58 0
>>763
ウロボロスは哲学そのものだな。



767 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:34:37 0
やろうよ、やろうよ、象徴学ぅっ。

無限の象徴か。

768 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:48:19 0
>>766
君は
何ゆえにウロボロスが哲学そのものと思うの?。

その辺りを詳しく解説お願いします。

>>763
>キリストの血であり肉である
何ゆえにそうなっているのですか?。

その辺りを詳しく解説お願いします。

769 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:49:45 0
明日の夕食はフランスパンと安っいワインに決定しました。

旨いフランスパンが食いたいです。

770 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/24(日) 00:50:20 0
猿にラッキョウをあげると
皮を剥きだして
終いには何も無くなって
怒り出す件

腹には苦いが口には蜜のように甘いから受け取って食べてしまえ
人生をあらわしてますね


771 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/08/24(日) 00:54:49 0
>>769
利害関係無いけどフランスパンはポンパドールがうまいらしい
>>768
キリストは何よりも先に生まれたから食べるものは自分の体しかなかったということですよ


772 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 00:58:35 0
実は僕の好物がラッキョウなんです。

ラッキョウ食いてぇw。

>>771
>キリストは何よりも先に生まれたから食べるものは自分の体しかなかったということですよ

馬小屋(納屋)の片隅でマリアの腹から生まれたのだから、
藁があったろうに。藁でも食えちゅうにw。

てか、ラッキョウが食べたいです。

773 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/08/24(日) 01:02:51 0
ラプ魔は落ちました。

また明日かまってください。



774 :考える名無しさん:2008/08/24(日) 01:28:12 0
>>771
ポンパドウルは、チーズバタールがお勧め
ただし店舗が限られているから>>769の近所にあるかどうかは知らない
ttp://www.pompadour.co.jp/shop/index.html
私の食べ方はとてもお勧めできないので、食べ方はご自由に

775 :考える名無しさん:2008/09/05(金) 00:32:57 O
人間が大怪我で肉体に障害を負う→人間の本質は魂でこの体はいつか宇宙に返すもの
だから多少壊れても短い間だし(神にとって人間の一生は数秒ぐらい)我慢して使っとけww
幼い子供が死ぬ→人間を肉体ではなく魂の年齢で見ている
人間からは幼く見えても神にとっては老齢
前世の悪業→生まれ変わって記憶をなくして善良な人格になっていたとしても必ず返す!目には目を。歯には歯を。
何でも魂が基準なので肉体の死や苦痛に鈍感
時間等のスケールが巨大すぎる
クソ真面目なので更正した人間にまで前世の業を返そうとする
これが神様の価値観です

776 :考える名無しさん:2008/09/06(土) 10:27:38 0
神・・物事がうまくいかない時の言い訳として人の考え出したもの

つくづく人間てのは偉いとオモ♪

777 :考える名無しさん:2008/09/07(日) 12:06:33 0
便利。

778 :考える名無しさん:2008/09/08(月) 21:12:11 0
>>775
スピリチュアルな奴らの言ってる事ってホント救いがないな。
江原の番組みて幸せな気分になれる奴の気が知れん。

779 :考える名無しさん:2008/09/08(月) 23:09:34 0
そんなんおらんて

780 :考える名無しさん:2008/09/15(月) 18:06:17 O
アカシックレコードが読めたという釈迦の台詞
神様は魔羅(マーラ)に騙されている
これがヒントになりそう

781 :考える名無しさん:2008/09/21(日) 19:58:05 0
昔聞いたフイリッピンの話でトラウマになった。
この間実話の映画をやっていたけど聞いた話はもっと酷かった。
まだ女子供をさらって金儲けしてるやつらっているのだろうか?
醜い世界は早く無くなればいい!

782 :ネオマトリクス:2008/10/05(日) 23:50:40 0
神が創った、のではなく
意識が快楽を味わい続けた結果ではないだろうか?

快苦に関して、何か快を感じる対象があると
その対象が消える事に関して苦を感じる。
なので、生物の肉体的苦痛は、原子的な細胞一個の時代からの
肉体的快楽の追及から始まり、快が増大し複雑になるにつれ
快の消滅に繋がること(要は肉体の傷)も増大し複雑になり
今のような様々な苦ができたのでは?

ちなみに、なぜ
「快を感じる対象があると、その対象が消える事に関して苦を感じる」
かについては、その方が快を感じやすいからだと思う。
快を感じる対象の消滅に何も感じないより、強烈な苦を感じた方が
消滅を回避しやすく、快を感じやすい。

要は、神が創ったのではなく、自分らの快の追及の結果が今の苦。
よって、輪廻とか苦からの脱出法は、快を追求しない事。

しかし、快を感じたいと思うのが意識なので、
決して消滅しない快の追及をすればいいと思う。
つまりは他を原因としない、不自由に変化しない、自分の自由意思による快。

783 :考える名無しさん:2008/10/05(日) 23:53:18 0
その意見は、希望という快イメージについての考察が足りないのではないかな

784 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/06(月) 16:29:16 0
>>782

そそ、幸福と不幸の等価交換だから
得苦抜楽で衆生を救うんです
抜苦得楽では四苦八苦します
キリストは奉仕委員長です


785 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 02:06:09 O
心頭滅却か良薬口に苦しの講義はもういいよ。

786 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 18:41:33 0
まだあったのかこのスレ・・・

787 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 19:55:44 0
神経系といっても神とは何の関係もない。
神経系は差異を情報として処理する器官だね。
変化がなければ情報にはならない。

788 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 20:26:31 0
>>782
はいはい、じゃあなんで神様はそういう風に人間を作ったの?ってなるだけ

789 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/07(火) 20:29:11 0
世があなた方を憎むよりも前に
あなた方が世を憎んでいたことを思い出しなさい

790 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 20:35:21 O
世界はなぞなぞだよ。
神は様々な暗号を垣間見せる。
暗号の意味を解読し、おっかけっこしてあげれば、
神は喜ぶし、人間も至高体験をいただける。
世の中の常識やルールに縛られちゃいけないよ。
真実は、隠されたとこにある。
汚いものやタブーなところにたくさんヒントがある。
さぁ、一緒に 神と追っかけっこしにいこう。


と緑の五本指を、清楚な眼鏡女子に差し出して、
モノにしたことがあるよ

791 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/07(火) 20:40:59 0
マジックアカデミーですか???

792 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 20:54:46 O
いいえ、AnswerAnswerプロですが
緑の五本指、解らない?

793 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/07(火) 21:01:09 0
緑の五本指のところは水ですね
と分かった振りをします


794 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 21:09:41 0
あなたねえ、善いだか悪いだか言ってるけど、決まってるんでしょ。
何か話を自分の思うように進めたがるし、君が好きなものなんだろ。
物事はそれなりの動きしかしないの。そういうのを選べって言うもんなあ。

795 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/07(火) 21:13:46 0
>物事はそれなりの動きしかしないの。
過去からの継続ですね
5秒前創造論ならば自由になりますよ

796 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 22:23:41 0
カルトな皆さん今晩は?何で原始人じゃあるまいに神なんて信じないと
生きられないのか自問しないの?人間の根源的な不安;飢え、死、孤独
なんかをごまかす手段でしょ?安心立命や恍惚感をてっとり早く得よう
とするとアルコールや麻薬があるがいつか冷める。継続的安心感、依存
の対象を作って現実の不条理から目をそらせてるだけなんだ。オーム真
理教に若者が多数走ったのも絶対帰依=不安からの永続的逃避の期待だ
ったんでは?リグヴェーダも宇宙=神と自分の一体化が根本教義であった
と思う。不安のない忘我の境地を求める心が自分にとっての宗教であり、
不安と煩悩だらけの自己の否定だと思うようになった。だから神も宗教も
求めない。

797 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 23:23:38 0
それにしてもおまいら、臨死体験とかいう本くらいは読んだ方が良いぜ?
あれ主張の部分だけでも結構おもしろい。

脳の感じることのできる世界の上限は所詮脳内に収まるから、
意外と脳単体でも相当なレベルで無限に広がる世界を作れる。(仮に無限の世界があったとしても、脳の感じられる上限は脳内のニューロンに依存するしな)

端的にいえば、
あなたの脳内のコンディションが悲鳴を上げているにすぎん。

798 :考える名無しさん:2008/10/07(火) 23:52:11 0
臨死体験=天国のイメージ=神の実感=麻薬の恍惚郷=側頭葉癲癇=神の啓示=脳内幻覚ってとこ?

799 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 00:19:54 0
>>797
臨死体験=瀕死の状況で脳細胞が酸欠で(無酸素5分で脳死だ)見る恍惚郷
は、何で動物として死ぬ間際の本当なら断末魔の苦しみのはずが脳は神の国
のイメージを作り出す能力を獲得したのか?他の哺乳類だって死の間際に陶然
として..じたばたしないで死ねるように臨死体験的な脳の反応があるとかない
とかどこかで読んだ。何のため?死ぬ間際もう苦痛に抗うエネルギーも無い時期
恍惚郷の出現は遺伝子の存続になんのメリットがあるんだ??脳が作り出す神の国
のイメージは生き物として苦痛回避の脳内反応として生存のチャンスが増える獲得
した能力。だから宗教的な心は脳が生存に必要なイメージとして本能的なものだろう。
本能に従えば焦げた油の匂いは本能をくすぐり肉食に走らせメタボになってしまう
のと同じで不要な本能だ。

800 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 05:25:22 O
この世は、数学的にはどうかは分からないが、少なくとも倫理的には、何でもありに出来ている。
それは神が偉大な慈悲深さを持つことからも自明である。
数学は神が作った本当の言語かも知らないが、倫理学・宗教の教義・法律は、
人間による数学の解釈だから、人間が作った偽の言語だ。

まあ、神がどうして酷い世界を作ったのかと言っても、そもそも
数学がどうなってんのかよく分かんないんだから、意味をなさない。
ただ、数学は美学でもあるかも知らない。もしそうだとすれば、そんなに酷い世界とも言えないかも知れない。
少なくとも倫理的には何でもありだが、
数学的・美学的には何でもありじゃないかも知れない。
まあ、何にしても、無限に比べますと有限など
1も100グーグルも同じであり、
そんな一瞬しか生きてない我々・我々の歴史・有限操作から得られた科学式からは
何も分からない。数学だけが真実・神である。

801 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 06:14:15 0
生物の世界は食って食われてという残酷な場面と
愛し愛されるという共存共生の場面がある。
どちらも神が作った。
神の性格は創造神と破壊神の両面がある。

>>796
「君の考える神」がカルト的な神だから、今の君の能力内で精一杯考えられるレベルでの神を否定したくなるだけ。
君は自分の身の丈に合った妄想と闘っているに過ぎない。
俺は神について君のレベルでは考えていないので土俵が違うし的外れ。

802 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 07:19:47 O
確かに現実は極めて不条理に出来てると言われている。
それは極めて大きなエゴが支配してるからだとも言われる。
それを真とする。もし慈悲深い神が支配者なら、こんなに不条理なわけがない。
そう考えると、エゴイストな神と慈悲深い神の二種類があり現代は前者が支配する時代であるという
二元論二神教的な世界観が出来上がる。現実は不条理であると思う人間がそのような世界観を築いたのかも知れない。
しかし現実が不条理であるという自分の認識が正しいかどうかは、分からない。

803 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 17:51:11 0
なんか語る人毎に世界の範囲や解釈が微妙にずれているんだよね
自然だったり社会だったり認識だったりと色々ブレて困る
いいかげん統一するか、語る前にどのような解釈での正解かを明らかにしてから語るかしないか?

804 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 21:05:46 0
>>801

神がいるという前提に何の疑問も感じないから、君の脳の中での思考に限界があるって
言ってるのにobuakaさんpgr。側頭葉の異常興奮で神を見れるんだよ。そういう風に人間の
進化の過程でなぜか本能の一部としてpresetされた神を欲する心がある事を否定しないが
それに振り回されるのは性欲や食欲に付け込まれ騙されてるレベルだと自覚をアホーに
促してるんだよ。

805 :考える名無しさん:2008/10/08(水) 21:17:20 0
お宅らの頭ン中でこねくり回した理屈で神がいたり世界が創造されたりしない。
神に依存し宗教をもちたいという衝動がなぜホモサピエンスに生じたかを論じ
る方がはるかに検証可能だから、>>796,>>798,>>799,>>804で神の存在に固執する
カルト野郎に問いかけてるんだよ。神=頭ン中の妄想=非現実=実証も論証も
不可能。




806 :1:2008/10/09(木) 19:57:08 0
このスレッドがまだあったのでとても驚いています。久しぶりにレスしようと思います。
このスレッドを去った後、自分なりに身体的苦痛の存在について考えました。
自分は飢餓や火刑などの身体的苦痛が存在する事について不満があったのですが、
ある考えに到って勝手に自己満足して考えるのをやめました。
その考えとは、ある精神的苦痛は火刑などの身体的苦痛に匹敵するということです。
この考えが正しいのなら、カルマを解消する為に身体的苦痛を利用するのは
残酷だけどいい方法だと思います。これが私の考えた事です。
ではまた。



807 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 20:04:38 O
神にとっては人間なんて自分が作ったロボットに過ぎん。
神の計画のために動くロボット。

808 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 21:44:18 0
>>806
なぜカルマを解消しなきゃいけないの?

809 :1:2008/10/09(木) 22:10:19 0
>>808
霊格を鍛える為だと思います。

810 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:01:03 O
いや、神は存在する。
実際ゲーデルはそれを証明してる。
ただ惜しむらくは、俺は理解出来ない。
しかし、アリストテレスに次ぐ史上二番目の天才がそう言ってるんだから、
多分そうなんだろう。
少なくとも、無神論者より賢いことは間違いないんだから、
有神論が正しいとしてほぼ間違いないさ。

811 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:17:09 O
神が居て、天国と地獄があるとして、神が居たならば地獄に目をやっても何も感じないのか?悲痛な叫びや血の赤を見て、神様はそれが当然だと思うのか?もしそうなら神様こそロボットだ。若しくはプログラム。
それらを神が許すならば罪人への拷問、死刑は当たり前→人も同じ世界に生きる。つまり残酷は在るべきものとして捉えられる。
神様を肯定すると自動的に残酷な世界も肯定されてしまう。神様が『残酷』を許すのだから…と。人間は憤りや恨み、死を美化する。だから神を作る。
全て神様のせいにしたい。
それ自体が残酷な世の中。だから残酷な世の中。

812 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:25:30 O
いや、神が存在することはほとんど間違いない。
何故ってゲーデルが証明してるわけだから。
従って神が存在しないなら必ずゲーデルの証明を粉砕しなければならない。
ところが出来ない。
神が見過ごすということは確かにありそうにない。
従って神は寝てると考えた方が論理的整合性が保てる。

813 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:34:56 0
>>809
霊ってなに?

814 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:37:51 0
神から見たら一人の人間は、細胞一個みたいなもの。
どんどん新陳代謝で死滅して新しい細胞が生まれるのと同じ。
これからも神が活き続ける事が大事。
人間は神という組織体を構成するために、生まれて一瞬で死ぬだけ。

815 :考える名無しさん:2008/10/09(木) 23:58:53 O
それなら人間や宇宙は神の一部になってしまう。
そうではなくて人間が作ったものと人間が別物であると同様
神が作った宇宙と神は別物。

816 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 00:03:58 0
いや、宇宙には物質面と精神面がある。
宇宙の物質面は神と別物だけど、宇宙の精神面は神の一部だ。
神は内在している。
そうでなければ、神の意志は宇宙に反映されないではないか。

817 :ネオマトリクス:2008/10/10(金) 00:40:06 0
そもそも、根源的な問いは
『物事の存在には、第一原因があるのか?
 無限に原因が続くのか?原因や理由は無いのか?』
ではないでしょうか?
神というのは、第一原因であり心を持つ擬人的な何か。
もしかしたら、第一原因には意識がなく無機質な何かかもしれない。
いや、何が言いたいかというと
『物事の第一原因は、何なのか』です。
神なのか?無機質な何かか?永遠に原因が続くのか?
そもそも原因とは何か?原因がないと
物事は存在しないのか?

818 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 00:51:24 0
苦痛の先にのみある快楽、つまりサブライムを確保する為である。

819 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 01:28:15 O
>>816
いや、それなら皆神に通じてることになる。
ある人間が作ったものを内的に理解出来る者と出来ない者があるように、
神が作ったものを内的に理解出来る者と出来ない者がある。
所謂直観って奴。
実際数学でさえ理解出来る者と出来ない者がある。

820 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 01:44:39 O
>神なのか?無機質な何かか?永遠に原因が続くのか?

この世が有限であるとしますと、必ず神が存在します。
無限であるとしますと、神は存在しません。

>そもそも原因とは何か?
>原因がないと物事は存在しないのか?

そもそも無限に原因が続くということは、原因が無いということです。
例えば、食ったらウンチが出ますので、ウンチが出る原因は食いです。
腹減ると食いますので、食いの原因は腹減り。
従って、ウンチの原因は腹減りとなります。
ところが、腹減りの原因が無限にあるとしますと、ウンチの原因も無限にあることになります。
ウンチの原因が無限にありますので、日常至る所でウンチが出ることになります。
そうなりますと日常生活が成り立ちませんし、実際そうじゃないわけですから、
ウンチの原因は有限となります。

821 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 03:45:14 O
>>817
科学の世界においてはこの世界のすべての存在には原因がある。
この世界の始まりがビッグバンだとするとビッグバンにも原因は必ず存在する。 
突如、原因もなく発生するものなど無い。
科学が矛盾無くそれを解明するだろう。


822 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 04:02:16 0
宇宙が存在する前の存在。
宇宙が消滅した後の存在。
宇宙の外の存在。
この時間にそんな事を考えてたら、
頭がくらくらしてきますた(・∀・)

823 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 12:52:56 0
>>822
理論物理においで

824 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 21:59:19 0
オマイラ!!神は脳が日常の大脳皮質の活動でない非常に原始的な極限状態に
陥った時にイメージとして出現するもんなんだって上のレスで言ったんだのに
論駁さえしない。動物としてホモサピエンスとして生きてきた必要な宗教観は
本能に近いもんだ。氷河期なんかに種の存続は集団の団結=集団の幻影が宗教観
として必要だったんだろう。神なんて概念そんだけのもんだ。悪いって解ってても
油たっぷりのステーキは本能として食べたいと同じレベルなんだって。誰か反論
しろよ。宗教オタク、依存性の高い野郎ども!!!

825 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 22:20:45 0
もう一回言うよ。臨死体験は身内で一人いる。よく言われる暗いトンネル、その向こう
の圧倒的な光のあふれる美しい花園その向こうに強く惹かれる幸福のイメージ=すべて
を受け入れ根源的な力を感じるもの=神を感じてるんだ。ただし帰らなきゃって強く
思って意識がもどった。このような体験は側頭葉癲癇の患者にも見られ、LSDなんか使った
実験でも得られる。極限的な修行僧の解脱体験もこのようなものであろうし、民族が違っても
天国、神のイメージは普遍的なのは臨死体験が普遍的イメージで語られるのと同じだろう。
瀕死のものが生還したとき語られる神、天国、救済のイメージは氷河期飢えと寒さに打ち震える
集団に生き延びる活力源になったんだろうって想像する。

826 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 22:26:36 0
脳がまともに機能しないほどの低酸素状態で見られる神って、何の意味があると思うね?

827 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 22:45:58 O
アヤワスカ、シロシビン、ペヨーテ、ハッシシ等、
幻覚性植物が人類を導いてくれるのかな

828 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 00:39:48 0
古い宗教なんてシャーマンがそんなん吸ってトランスになって始まってるんだし。

829 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 00:53:24 0
なぜ人間は神を必要とするに至ったかを考えてから、自己の精神のバランスを保つために
宗教的に生きるのを否定するものではない。おなかが減るから食べ、脳が欲するから神を
欲すだけなんだって諦観しての宗教であって、キリストがどう言ったなんて教義を押しつ
けることこそ世俗臭い。動物の進化の過程での脳が獲得した神の概念の必然は?誰か答え
てほしい。人間なんてわがままなDNAに振り回されてる乗物に過ぎないんだとしてもなぜ??

830 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 12:52:37 O
おそらく太古の人は神を崇める前に自然を崇めていたんだと思うよ。
それがいつしか擬人化していったものかと。
自然の驚異が人間の想像によりひとりあるきをしているだけなのかもしれない。


831 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 22:01:10 0
神などいない。
神は人間の脳内で作り出された創造物
神を信仰する宗教のせいで今まで大量の人間の血が流れてきた。
それを考えるとむなしくなる。

832 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 22:20:10 O
神がいることを証明できないことと同様に神がいないことも証明できない

833 :考える名無しさん:2008/10/11(土) 22:41:35 0
疑わしきは採用せず

834 :考える名無しさん:2008/10/12(日) 00:21:13 O
たしかに神の存在が証明されないのに人間同士の争いが神のせいってのもおかしな話。
争いの発端が神というのもおかしい。

835 :考える名無しさん:2008/10/12(日) 01:01:29 0
ミシェル・マリー・フランソワ奥田力は、「寺沢」(秋田県湯沢市)で
聖母マリア様を見ました。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html#mmfj


836 :考える名無しさん:2008/10/12(日) 03:05:35 O
神を見たといえども人間の目や脳は思ってるほど確かではない。

837 :ネオマトリクス:2008/10/12(日) 12:27:27 0
>>820-821
原因・結果や物理法則も、人間が
感じてるだけの感覚(クオリア)かもしれない。
可能性は四通り

・原因と結果があるから物事が存在し、第一原因があるが、それは
 無機質なモノである。
・原因と結果があるから物事が存在し、第一原因があり、なお且つそれは
 擬人的な心を有するモノである(俗に言う神)
・原因と結果があるから物事が存在するが、第一原因はなく
 無限に原因が続く
・物事の存在には原因がなく、人間が現象を見て
 原因・結果と感じているだけ
 (要は、錯覚というか人間の感覚の一種である)

ちなみに、俺は『意識・快苦』が万物を発生させた原因だと思う。
自分らで分かるように、意識は快を求める。
なので、何も存在しないと快がゼロなので、何かを発生させる。
↑が宇宙の誕生であり、意識の欲求は無限大なので(これも自分らの意識で
分かると思う)様々な物理的・精神的なモノが存在する。

つまり、神は快を感じたい。で、無限大の欲があるから
天国も地獄も、意識も無機質なモノも、何でも創った感じ

838 :考える名無しさん:2008/10/12(日) 18:32:23 O
>>1
神がいない事の何よりの証拠だよ

839 :考える名無しさん:2008/10/12(日) 20:44:26 0
>>837
その意識は何によって成ってるの?

840 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 01:39:18 O
>>837
根拠に乏しいな

841 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 02:00:27 0
神とは人間の精神の産物である。
では、その人間の精神は何故存在し、
人間の精神は誰が作ったのだろうか?
唯物論と観念論は循環する。

842 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 02:05:06 O
ゲーデルは神が存在することを一応証明してるが、
神が存在しないことは、一介の教師から、厳密な証明なしの単なる主張として聞いたことに過ぎない。
断言は出来ないにしても可能性としては有神論の立場でいたい。

843 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 02:28:03 O
>>829
確かに、教義を押し付けることはあまり良いことではないでしょうが、
二千年間も変わらず厚い信仰心の対象となってきたことを考えますと、
それなりの信頼性があるように思われます。
片や、科学は百年後・酷い時には十年後に定説が覆るのです。
今我々が知っている科学知識など、百年後には何の価値もないんだし、
絶対的真理に近付いている保証はどこにもない。

844 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 02:43:44 O
科学自体が常に動く・成長する、宇宙であるとしますと、
科学を支える数学は、無限概念を携えて乱入したカントール‐ヒルベルトの野望を除けば、
五千年間不動でありましたので、
科学を宇宙としますなら、数学を神と言えるかも知りません。

845 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 02:46:15 0
決定的な神の存在証明が難しいとすると、
次に考えるのは、神がいる事にした方がいいのか、
いない事にした方がいいのかである。
隣の国に核ミサイルがあると仮定するのと、
隣の国に核ミサイルはないと仮定するのと、
どちらが良いのかと似たようなものなのかは分からないが、
とりあえず神はいる事にした方が何かと生きやすいのではないだろうか。

846 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 03:03:16 O
一神教や数学は清貧だし神聖だが、
仏教や科学は必然的に金銭至上的に堕落するように思われてならない。

847 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 05:32:35 O
魔女狩りも結局の所、キリスト教自体が悪いんじゃなくて、
当時の教会内部の金銭至上主義者たちによる工作という見方が有力だよな。
無神論者・金銭至上主義者はいつの世も悪事ばかりする。

848 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 06:45:05 0
広島原爆投下だって科学が悪いよりも戦争の効率性の論理だしね。
宗教も科学も、拝金主義者のカジノ・ゲームに巻き込まれているのさ。

849 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 09:15:10 0
>>843
その信頼性とはどういう意味での信頼性?
年代で言えば仏教の方が500年ほど古いけど、そっちの方が信頼性ありってこと?
先祖崇拝は恐らくもっと前から行われている原始的な信仰だよ

850 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 09:41:27 0
適当な判断しかできないよね。

オウム事件だって1万年の歴史スケールで見たら、
ちっぽけな事だし。
現代は科学技術が発達してたから大事件になったけど、
竹槍や桑しかない時代ならばオウムなんて、
本当に些細ないざこざに過ぎなかった。

851 :考える名無しさん:2008/10/13(月) 12:59:13 O
大量殺戮でいうならヒトラーが人類史上最多だろうな。

852 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 00:39:26 O
一神教・数学は変わらない真実。
仏教・科学は変化しまくる信頼性皆無の偽の学問。

853 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 00:45:35 O
神の話なのに、誰もゲーデルについて語ろうとしないのは何故です。
少なくとも無神論者はゲーデルの神存在証明を撃破する必要があると思いますよ。

854 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:10:04 0
えーと、まずですね、無神論者ではなくて0神論者なんですよ。
0神論者は、神は人間によって数えられない存在だ、という思想です。
一神教のうさんくさい所は、神を人間が一つと数えるところなんですね。
人間によって一つと数えられる物など、
そんなの神でも何でもありません。
ですから、0神論者は0神論者であり続けるという倫理を突き通すのです。
0神論者こそが最も誠実に神を信仰している者なのです。

855 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:12:39 O
先祖を崇拝は比較的最近でしょ。
んなもん原始人に分かる訳ないし、
三代前でさえパッパラピーでしょうに。

856 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:16:54 O
自然数以外は人間が造ったものだが、自然数は神が造ったんだから、
神を数えることは出来ると思いますね。
片や無や0は、人間が造ったものなんだから、仏教や0神論の方がうさん臭いと思います。

857 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:23:38 0
>>853
その神の存在証明について噛み砕いて教えて

858 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:26:13 0
>>852
そうかな?
一神教や数学ってのはてけとうに基準を設けて、その基準が崩れないようにそこから無理に実状に合わせようとしているように見えるけど?

859 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:26:54 O
つまり無神論者はゲーデル神存在証明を理解していないということですか?

860 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:29:10 0
>>855
シャーマニズムに含まれるほど古いものだと思うけど?

861 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:29:54 0
>>859
いいから答えて

862 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:30:58 O
>>858
一神教は二千年間、数学は五千年間も意見を変えなかったが、
仏教や科学は百年単位で意見が変わってる。
頑固一徹な職人と商売人みたいなもんで、
人間としては前者を信頼したい。

863 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:38:34 0
>>862
おかしなことを言われる
変われば根本が崩れるものと
変わっても根本が崩れないものを同列に並べるとは

根本が崩れないように補強しながら、現状に合わせようとどんどん肥大化しているのはどうかと思うけどね

ところで、これにレスする前に>>857にちゃんと答えてね

864 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:50:59 O
>853へのレスが>857だっただけで十分。

数学の根本が変わりかけたのはカントールからヒルベルトまでの数十年間だけでしょ。

865 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 01:56:05 O
因みに自分はゲーデル神存在証明を理解していないが、
ニュートン神存在証明的見解は理解しているしそれで十分だと思う。
しかし無神論者はゲーデル神存在証明を撃破せずに説得力を持つ訳ないんだから
必要はあるんです。

866 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 02:44:44 0
一神教はイスラエル、イエス、マホメットの3派に分れ、対立を続けている
意見を変えなかったのはどの派だ?エジプトのアトンはどうなった?

イスラエル派とマホメット派の抗争は神聖に見えるかい?
教会が新大陸でやらかした事は、とても清貧とは言い難いな

867 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 03:02:05 O
結局背筋主義っていう悪魔主義は何から生まれたんだ。
1のような、神への不信心から生まれたんじゃないかな。
神に頼っても助けてくれないから金に頼った。
しかしその考えは自分中心だよね。
そもそも自分救済のために神を創出した訳じゃないのに、
そういう考えが恰も科学的であるかのように思い込んでるからだろう。
実際は全然違うから。

868 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 03:22:39 O
俺は有神論者だが、仮に神がいないとして話をする。
ではどうして人間が神を創りだしたのかと考えますと、
やはり自分を殺すためという結論に達します。
決して、自分を救済するためではないんです。
自分を救済したければ自分しか頼るものはないんだから。
しかし自分の中には生存本能があるんでそれは難しい。
だから神を創出したのではないかと思います。
人間の生命というものは、誠に不思議なもので、
自分・自分を含めた集団のためだけに生きていけるほど、強くない。

869 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/14(火) 07:34:07 0
>>854
0神はアラーの神ですねwww
神は見えないってアルコーランに書いてありますよ

まことに我は地上に代理人を置くです


870 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 12:39:42 O
ここは地獄
私達は死んだからここにいる 力尽きるまで苦しまなければならない

871 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 14:16:39 O
イスラム教はインド思想の無を受け入れたからな。
従ってキリスト教と仏教の中間と見ていい。

872 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 15:43:42 0
私は無神論者であるが、神があると仮定して神がどんな世界を創ったか
を推測すると、食欲、性欲、睡眠の3つの世界と思われる。つまり、食って
寝って、子育ての世界。この中で、最も厳しいのが食べ物の調達である。
食べるために争い働く。これは総ての生き物に与えられた試練である。
人間だけ優位にある訳でなく、総ての生き物に共通である。そして、あるもの
は飢えて死に、あるものは生き残る。それでバランスをとり、平等となる。
神はいちいち指図することなく、欲を抑える。神は手抜きしズボラをするため
そして見ていて退屈しない様に、この面白い世界を創った。神は干渉することなく
世界を見ている。

873 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 16:36:49 O
幻覚性植物食べてから
考えよう

874 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 17:02:29 0
神は人間の心の中にいると思っておけばいいと思う。
実際に神がいるかなんて関係ない。
しかし人間は絶対的なものに頼りたがる傾向があると思う。
それが神なのではないだろうか

875 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 20:22:56 0
神様はトイレにいくんですかね?


876 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 20:28:50 0
神は死にそうだ。
死にかけの神は、人間に寄生して生き残ろうとするウィルスだ。
もはや現代の神はウィルスだ。
宿主の脳のプログラムを破壊するウィルスプログラムだ。
宿主の我々人間は、神に思考を邪魔され、狂わされて不幸になる。
神よ!

877 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 20:33:20 0
|, ,_ 
|∀゚) 呼んだ?
|⊂ノ


 __[警]
  (  ) ('A`)←神
  (  )Vノ )
   | |  | |


878 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 20:56:06 0
>>865
世の中には目的を持って作られたものと
出来合いのものを理解するものの2通りがある
ニュートンの神の存在証明は、後者を前者としてとらえたものというだけ
後者が前者である証明にはなっていない

また、自分が理解していない物を使って他人を説得しようというのは愚劣のきわみだろう
なぜなら反論されても理解できないからね
ちょっと調べてみて、一番分かりやすく討論されてたところを貼っとくよ
ttp://d.hatena.ne.jp/sasada/20070421/1177117833#c
私は、神という定義自体から疑問視するんだけどね

879 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 21:16:03 0
>>864
は?
数学の根本は変わって無いでしょ
間違った派生を修正しただけでは根本が変わりかけたとは言わないよ
数学の根本は事象の簡略化であり、一神教の根本は神そのものだ
リンゴという非常に不確定のものに数という簡略化をしたり
地面に落ちるという状態に距離や速さという細分化と仮の状況をふかして理解しやすくする
数やその計算方法という根本は一度も変えずに、説明のためにさまざまに新たな表記を付け加えているだけ

神の存在証明を数学的にする場合は、その前に神の定義を深く追求しておかなければ証明にはならない
しかし神を理解する事を教会は禁じており、神の定義は仮定にしか過ぎないため証明されたとは言いがたい
生前の公表を避けたのはその辺りもあったのでは無いだろうか?

880 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 21:28:24 0
>>862
ちなみに少し解説しておくと
極論から言えば、仏教は「仏という全ての苦より開放された道があるよ」と示しているだけで、その存在の詳細もそれに至る方法も明確には示していない
行ってみれば「ゴールはこんな感じ」と示しているだけで道筋どころか正確なゴール地点すら示していない
宗教というよりも方向性を限定した哲学に近いものだった
後任の者がどんどん宗教臭くして行っただけのこと

881 :考える名無しさん:2008/10/14(火) 21:29:40 0
>>873
睡眠不足の脳みそにコーヒーぶち込むんですね
わかります

882 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 01:31:46 O
>>878
>世の中には目的を持って作られたものと
>出来合いのものを理解するものの2通りがある
>ニュートンの神の存在証明は、後者を前者としてとらえたものというだけ
>後者が前者である証明にはなっていない


ニュートンの神存在証明は要するに背理法でしょ。

>また、自分が理解していない物を使って他人を説得しようというのは愚劣のきわみだろう
>なぜなら反論されても理解できないからね

説得力を持つべきは無神論者の方でしょう。
何故かと言いますと無神論には何の数学的・厳密な証明もないんだから。

>ちょっと調べてみて、一番分かりやすく討論されてたところを貼っとくよ
>ttp://d.hatena.ne.jp/sasada/20070421/1177117833#c
>私は、神という定義自体から疑問視するんだけどね

どういうこと?

>>879
何を言ってんのかよく分かんないが、
まあゲーデルは数学の破壊者ではなく、数学・一神教の救済者ではある。
何故ってカントール‐ヒルベルトの一連の動きは要するに数学の仏教化だった訳だから。
それ以前の数学においての無限は便宜的なものであって数学の本質にはなかった。
カントールは無限を数学の本質に組み込み、無から全てが生成されることを示した。
ヒルベルトがその遺志を受け継いだ。ところがゲーデルが粉砕した。
それだけのこと。

883 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 01:43:21 O
>>880
仏教の本質は無限である。
無限だから始まりも終わりもなく、従って全てはただ無意味に過ぎ去っていくのみ。
それでは何の味もないから、涅槃を考案。
それだけのこと。
仏教圏に、算数は別にして数学がほとんど全く発展しなかったのは何となく分かる気がする。

884 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 02:05:45 O
>神の定義は仮定にしか過ぎないため証明されたとは言いがたい

無神論風に言えば、仮定に矛盾が出ない限りはその仮定は真と見ていいでしょ。
またニュートンのように、神がいないと仮定し、
そこから演繹された事柄に矛盾が生じれば、仮定は偽となり従って神は存在する、と出来る。

885 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 02:08:36 O
0の概念はインドで生まれた

886 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 02:18:56 O
インドは算数がすごい。
数学的には一神教圏に比べますと天と地の差が有る。

887 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 02:32:09 O
カントールは数学的天才以外の何者でもないだろうが、
写真をみるとちょっとアジア風の顔をしていますね。
アジア人的・仏教的・インド的な発想を、白人的・数学的才能によって証明したのかも知れません。
残念ながらゲーデルによって終止符を打ちましたが、
無限概念のやばさが証明されたという意味で、逆説的に評価されるでしょう。

888 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 11:36:11 0
>>884
ダメ。
例えば、コンピュータの中のAI達が、コンピュータの中の世界が成立するのに
人間が存在しないとして矛盾しないから「真」だとしてもそれは間違いである。

「神」というものはもちろん定義によるが、我々の宇宙や物理法則、論理が成立する理由など、
それらの存在の根源に関わってくるもので、否定するのは無理。


889 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 12:56:29 0
古い話をしてもいいかな?昔のドラマでさ、世界征服をたくらむ悪の秘密結社って奴が出て来るんだけど
そこの大首領ってのが、最後まで姿を現さないんだ
アクの強そうな幹部達を遠くから操り統率する様子に、底知れぬ実力を想像したよ
いるかどうかも判らない、もしかしたら同僚の誰かが演じてるだけかも知れない大首領
でも、自分達の中から選ぶ事で選ばれなかった幹部との間に対立を産むよりは
目に見えるトップに媚びる者が現れて結社の組織が腐敗するよりは
姿なき大首領ってのは素晴しい制度じゃないか?
この制度を維持する為にも、大首領に責任を押し付けたり安易に頼ってはいけないと思う
つまり、一神教を支持する者が大声で神について語ってはいけないはずなんだ

890 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 15:44:46 0
>>889
ユダヤ教では神の名を呼ばない。そのため読み方が失われたぐらい。

891 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 16:21:33 O
>>888
コンピュータ内のAIの思考形態が人間の思考形態と同じ場合、最終的に有人間の結論に達するはずだ。
もしAIの思考形態が人間の思考形態と違うなら分からないけど。
>>889
いや、神存在証明が出来たとしても、
結局見えないんだから心配しなくていいでしょ。
全知全能が存在するとしても、それ自体は結局人間にははっきり分かんないだから。

892 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 16:29:33 0
>>891
>コンピュータ内のAIの思考形態が人間の思考形態と同じ場合、最終的に有人間の結論に達するはずだ。
>もしAIの思考形態が人間の思考形態と違うなら分からないけど。

なぜ?外界と遮断された世界で人間の存在なんて知りようがないと思いますが。
>>888はもちろん、孤立系での話ですよ。

内部からはその世界がビットで作られるているところまでは突き止めれても、
メモリーやCPUが存在するなんてところまでは知りえません。





893 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 16:33:25 O
結局神の思考形態と人間の思考形態は同じようなものなのかそれとも全然違うものなのか。
もし神と人間が思考形態を同じくするなら、人間は有神的結論に達する。
人間が無神的結論に達すれば、つまり無神論に数学的厳密な証明が施されたら、神と人間の思考形態は違うということになる。
有神論・無神論、どちらが証明されても神自体を否定出来ない。

894 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 16:46:11 0

全知全能の神であれば、存在の証明は不要である。

895 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 17:03:25 O
例えば無限が存在するかどうかと、無限自体を知れるかどうかは別です。
人間には限界がありますから、無限自体なんて想像すら出来る訳ないんです。
しかし想像すら出来ないものが存在するかどうか・無限が存在するかどうか・この世は有限か無限か、ということは知り得ると思います。
この世が有限と分かれば即ち意志を持った唯一神が存在することになるし、
この世が無限と分かれば即ち無から全てが始まったことになる。
実際カントールからヒルベルトまでの一連の動きは、後者を数学の中で立証しようという試みでした。
ところがゲーデルによって、致命傷を負いました。

896 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:01:25 O
白痴化した現代日本人が有神論を白痴理論のように馬鹿にしている様は
ウンチがダイヤをせせら笑ってるようなもんで、
お笑いにしかならない。
同時にそんな日本人の一部であることを恥ずかしく思う。

897 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:31:30 0
>889
ならば一神教を極めた者は無神論者の如く振る舞い
神の有無を論ずる者は両者共に神を穢していると考えてよいな

898 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:38:56 O
結局の所ゲーデル神存在証明を理解出来ている人間は無神論者の中にはいないんだな。

899 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:40:17 O
ゲーデルが神存在証明を公に提出することをやめたのは、
無神論者の陰湿な嫌がらせを回避するためであったと考えるのが妥当。

900 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:49:56 O
無神論者の唯一の砦は集合論のはずですので、集合論を極める必要があるんです。
ところが無神論者は集合論さえ理解していないようですので、
ゲーデル神存在証明など到底理解出来るはずもないんです。
結局人間の理性の厳密性の極致は数学的証明にあるんだから、
そこに信頼性を置くしかないんです。

901 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 18:53:01 0
存在証明以前に、神の定義はどうなってるの?

902 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 19:00:32 0
ガラスの水槽に土をつめ、そこで蟻の巣を作ったとして。
蟻たちから見た人類が一体何者なのか、という事だろうな。

903 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 19:03:22 O
因みにゲーデルの神存在証明の格子は、
上には上がいるから最終的に絶対的不動の存在・全知全能に辿り着くだろう
みたいなことだと思う。
よく分からないけど多分そうだと思う。

904 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 19:05:55 0
>>903
俺もゲーデルの神存在証明は良くわかってないが、
ある意味、その「上には上がいる」というのは正しいと思うよ。
この世界を神が作ったのだとすれば
神を作った現象なり存在なりがいるとするのが当然だ。
地面から生えてきたにしろ、天から降ってきたにしろね。

905 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 19:27:21 O
確かに蟻は人間をどう見てるのか。
常に地面のことしか考えてないだろうから、
上から人間のウンチが降って来ても、
上の概念がないから、突然出現したとしか認識出来ないだろうな。

906 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 19:47:17 O
要するに「突然出現した」「無から全ては始まり無限の中に消えて行く」「色即是空・空即是色」などの仏教的観念は、
蟻的な思考形態であり、そのような思考形態からは必然的に、数学・科学・文明・宗教は発展せず、してもいずれは崩壊するか、
いい加減な考えやお笑いに終始一貫する。

907 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:05:44 O
要するにこの世は神のウンチみたいなもんです。
ウンチでさえこれだけ数学的美を備えているわけですから、
神は想像を絶する美を備えていることでしょう。

908 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:08:47 0
>>882
はいはい、じゃあニュートンの方でいいから説明してみなさい

あと、神とは何かの説明も添えてね
有神論者は説明できるんだろ?

909 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:13:32 0
>>883
和算の発展していた江戸時代は、日本は仏教圏ではなかったようだね
それにかんけいなくね?

910 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:15:23 O
ニュートン神存在証明は背理法って書いて有るでしょ。
まさか背理法も理解出来ないのかな。
神が存在しないと仮定しますと、
この世は何の原因もなく突然出現したことになる。
この世は数学的に設計されていることは疑いようがないので、
設計者も存在せずに設計されたことになり、仮定に矛盾。
ゆえに神は存在する。

911 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:17:03 0
>>884
だから、神を構成する欠片があればどこかに神はいるって証明されても、神を定義して無ければ欠片も定義できないでしょ?

912 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:26:04 0
>>910
設計されたという証明が無いでしょ?
だから
>世の中には目的を持って作られたものと
>出来合いのものを理解するものの2通りがある
>ニュートンの神の存在証明は、後者を前者としてとらえたものというだけ
>後者が前者である証明にはなっていない
こう言っただけなんだけど?
目的でなく因果によって発生したのであれば、それは必ずしも設計ではないよね
発生しているものを理解する事と、理解して発生させるものは似ているようで違うよ

ところで、神の定義が添えてないけどどこ行っちゃったの?

913 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:29:56 O
いや、それはつまり肉片が定義できれば人間を定義出来るということでしょ。
それは間違いです。
肉片が定義出来なくても人間を定義出来るわけだから。

914 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:33:26 0
>>907
有神論者の気に食わないところは、神を始終変質させてるところ
愛って言ってみたり、存在といってみたり、崇めたり、恐れたり
神に対して取るべきスタンスもさまざまで、いい加減にしろといいたい
で、神ってなによって聞くとバラバラに答えるか明言を避けるかどちらか

で、神って何?

915 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:34:55 O
>>913ミス訂正。
→肉片を定義出来ても人間を定義出来ないこともあるわけだから。
例えば単なる牛の肉片を定義出来ても人間は定義出来ないわけだから。

916 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:38:09 O
>神って何?

全知全能
絶対に動かざる者

917 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:40:00 0
>>913
ちがうちがう
肉片すら定義していないのに、人間を定義しているのはどう考えてもへんじゃねって言ってるの
肉片以外の欠片、例えば人間特有の行動とか、精神とか、歴史とかでも一緒
神の何も定義せずに始まってるでしょ?

欠片があれば全体があるというのであれば、その欠片が本当に神の欠片かどうかをまず証明するべきでしょ?

牛肩ロースを持ってきて、「人の欠片があるので人は存在する」って言ってるかもしれないわけだし

918 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:41:47 0
>>916
要するに在るだけか

919 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 20:56:23 O
三次元空間に全知全能は存在しないと思います。
つまり我々の宇宙の神は全知全能ではなく、我々よりも若干賢いだけと見ていい。
最初は分かったように自分では思ってたが、全然そうじゃなかったから
爆発したんでしょう。つまり不動を気取ってた輩が己の無能に気付き動き出した。
それが三次元宇宙の始まりでしょう。
ずーっと高次には必ず、不動の存在があるはずです。

920 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/15(水) 20:58:46 0
馬鹿だな
0次で全てを統べるんですよ

921 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 21:02:03 O
とりあえず、神はいるかどうかわからないし、酷い世の中かどうかもわからない。

922 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 21:02:58 O
いや、0や∞で全部片付けちゃ駄目なんです。
結局それらはリング的悪夢ですから、まやかしに過ぎない。
この世は有限でしょうから、必ず絶対的不動の存在があるんです。

923 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/15(水) 21:25:07 0
ヒント
1=3*1/3=0.999...


924 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 21:26:48 0
この世は個々の想像から生まれた不安定な物質である

925 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 21:58:07 0
>>919
多次元を持ち出すなら一つ聞きたい
他の次元に干渉できるのか?
高次元も低次元も所詮概念でしかなく、他の次元には干渉はできないのではないか?

926 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 22:53:51 0
中学生なら、この様に考える。

神は自然の力の現れである。


高校生なら、このように考える。

人間の不完全な能力では神を理解することは不可能だ。
神は存在しているが、具体的に神がどのような存在かは分からない。


大学生なら、こう考える。

神は存在しない。神は精神の産物だ。


社会人なら、こう考える。

私は私だけの神を捏造する。

927 :考える名無しさん:2008/10/15(水) 22:55:51 0
肯定派は、たった1つのyesを用意できない
否定派も、万能のnoを用意できない
現時点での発言は、実例を伴う事のない妄想だろう
ここでの議論が実例を必要としないなら、俺が神を名乗ってやるよ

928 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 00:53:18 O
結局無神論には何の数学的証明もない。
数学的証明もないのに無神論を信じるのは
要するに数学的頭を持ってないということだろう。

929 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 01:02:41 O
小学生のとき、教職員や親から無神論的な話を聞かされたので無神論者でした。
中学生・高校生のとき、熱心な数学教職員により、数学的証明の尊さを知りましたが、依然として無神論者でした。
大学生のとき、コーシーやカントール、ヒルベルト、ゲーデル辺りまでを詳しく習い、
同時に数学史や宗教を勉強してゆくうちに無神論に疑問を持った。
社会人になり、無神論者に天才が存在しないことを知り、キリスト教に帰依した。

930 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 01:33:45 O
>私は私だけの神を捏造する。

いや、捏造でいいんだよ。
そもそも全知全能がどんなものなのかは分からないし、無限などは想像することすら出来ない。
しかし、数学的証明によりその存在の有無は示せる。
要するに数学的証明があれば少なくとも数学的には確実に分かるわけだから。
ところが無神論には数学的証明が全く無いわけだから、数学的にも信頼性が無い。
単に無神論者の主張に過ぎないわけだから、んなもんは信用するに値しない。

931 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 02:20:14 O
小学生:神は存在しない。先生がそう言ってた。
中学生:神は存在しない。神は妄想の産物。そう本に書いてあったから。従って悪さできる。
高校生:神は存在しない。有神論は科学的じゃない。従って悪さできる。
大学生:数学的には神は存在する。
大学院生:宇宙は結局数学だから、数学的に神が存在するなら、神は存在する。
社会人:神が存在するのだから、曲がったことはせずに真面目に生きる。

932 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 03:32:51 0
神について今まで何百億人何千億人の人間が考えてきたのだろうか。
何千年も。
これだけ多くの人間に、色々とある事ない事を想像されているなんて。
しかも、どの考えも微妙にズレているか、全てが間違いだなんて。
神はミリオネアのみのもんたの気分かよ・・・

933 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 03:38:44 0
神は超難関クイズを作ったみのもんたのような存在か・・・
いや、この考えも微妙にズレているね。
みのは司会であって、クイズを作ったのは作家だ。とにかく悔しい。

934 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 11:01:31 0
>>927
だからさ、そんなの神の定義によるだろ。
宇宙全体を神と定義すれば、神が存在するのは明らか。

ちなみに一神教の神は「全存在」のことだから、存在するのは証明するまでもなく自明。


935 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 14:05:54 0
>>1
神という本質存在が疑われてから、200年くらい経っていると思われ。
実存主義を経由して、あえて神を再設定するのは結構。

世界を「作る」という設計型の世界観は、ユダヤ教やイデア論など、
国家統治のため国民を律する必要から生じたと考えられる。
酷い世界なら、どうしたら良い世界になるか思案すればよろし。

936 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 18:38:38 0
ロゴスだのイデアだのを神だとするのであれば、教会はもっとも愚かな組織となる
その場合の神は祈るための対象でなく、設計者でもない
一つでありながら八百万であり、まったく何も出来ない存在でありながら存在ですらない
そんな「偉大なただのモノ」だからだ
太陽信仰と大して変わらない

937 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 18:59:12 O
まあ有神論には数学的証明が腐るほどあるが
無神論には数学的証明が皆無なわけだから、
どちらを信頼するかは自明だわな。
結局人間理性の極致は数学的証明にあるわけだから、
それに信頼性を置くしかないわけだから。

938 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 19:02:18 0
定義自体の証明をしたものはいるの?

939 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 19:14:04 O
それは人知を超えてるわけだから。
例えば無限の定義は、他の言語との関連性により(数学的に)捉えるしかないわけだから、
無限そのものは想像すら出来ない。

940 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 19:24:59 O
想像すら出来ない、存在するかしないか全く分からないものでさえ
数学は極めて明瞭に捉えますので、
やはり数学は論理学や単なる言語を超越していると言えます。

941 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:00:06 0
>>939
だから、無限を定義したように神の定義をしてみてよ
明瞭にされて無いから聞いてるんだけど?

942 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:04:07 0
>>940
だから、数学ってのは無限の事象を有限に切り取ってその中で語ってるから明瞭なのよ
小学校1年で習うだろ、リンゴが1個ありますってね
もしかしてその時に「どんなリンゴで大きさや重さはどうよ」って思わなかったバカ?

943 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:26:05 O
結局神性といいますものは、人知を超えますので、
X>人知
を満たす全てのX∈知性と定義出来ます。

944 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:30:39 O
人知の限界は示されたとしましてそれをI0としますと
知性体列{In}に於きまして、任意の知力εに対しまして有限知性体たるn0が定まったとし、
I>n0
を満たす全てのIに対して
|In‐I|<εとなるようなIを絶対的不動の存在=神と定義されます。

945 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:44:16 0
要するにゼウスだろうとスサノオだろうとオーディンだろうとケツアルコアトルだろうと何でもいいわけだ

946 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 20:45:52 0
そういえば、神の一定義で「全ての場所、全ての時間、全ての次元に同時に存在するもの」って定義があったな

947 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 21:02:08 O
古代人は混じり気なしの物自体を見ていた訳だから、
現代人的・俗的なものに覆い隠された神自体を見ていた。
そして彼らは神を数え並べていた。最終的に一つの究極的なものに辿り着くのか、それとも不可思議那由多無量大数へと消えてゆくのか
それが分かる前に人的言語が開発され、全てが俗に覆い隠された。

948 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 21:25:32 0
>>947
で、その混ざりものが混ざった一つがYHWHってわけだ

949 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 21:27:24 0
>>947
最終的に一つの究極的なものに?
ヨグ=ソトースですね?

950 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/10/16(木) 21:56:16 0
マルチスレッドです


951 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 22:03:46 0
神性ってのは人知を超えたものと定義できるの?
神性って言葉があるように、人間はそれを定義できるわけでしょう?

952 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 22:04:38 0
>>946
まさにカトリックですな。

953 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 22:19:59 O
ゝ951
いや、それはよく言われてることだが
数学は人的言語・論理を超越した神の言語と捉えると
論理的整合性が保てる。

954 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 22:22:58 0
>>952
いえいえ、ヨグ=ソトースですって

955 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 22:32:27 O
問題となりますのは、神の言語たる数学を何故人間が有る程度理解出来るのか?ということですが、それは、
人間の中に天上界と繋がってる者が存在するからである、というのが私の見解です。
つまり、人間の中にはすでに五千年前から、人間を超越した者が出現している、ということです。
それは人間が二種類に分岐していることを意味する。かつてのネアンデルタールも言語を話しましたが、
人間ほどではなく、わずかな差で生き残り闘争に敗れたのと同様のことが
今起こっていないとも限らない訳です。実際白人以外の数学的偉業は極めて希薄なわけだから。

956 :考える名無しさん:2008/10/16(木) 23:02:27 0
>>955
それ、どんな寝言?

957 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:01:02 O
寝言ならいいが寝言じゃないわけだから。
実際数学では白人に敵わないわけだから。
だから経済戦争で対抗してるわけだから。

958 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:01:35 0
>数学は人的言語・論理を超越した神の言語と捉えると
>論理的整合性が保てる。
この回答が>>955なら論理破綻。
数学者の信仰など素朴なものだ。いや、信仰自身が素朴で、
それが我慢できない数学者が無理やり理屈を作っているだけ。
心理的に中世の神学者と変わらない。

数学に触れると自分にとって偉大な神が感じられる。安心する。
それだけでいい。妙に誇張すると、他人が引いて孤独になるよ。
それは宗教の本分じゃない。

959 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:14:00 0
>>957
まあ、白人至上主義者の寝言以外の何物でもない
だってその発言や>>955には論理的な説得力が皆無だもん
>人間の中に天上界と繋がってる者が存在するからである、というのが私の見解です。
何の証明も無いままこんな発言するところが特にね

960 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:21:36 0
ところで、サイコロを振らない神と、悪魔殺しの猫はどっちが正しいんですか?

961 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:22:41 O
>>925
他次元との接触は当然あると思いますが、
私見によりますと、恐らく、直接的にはないと思います。
つまりビニールシーツに包まれたウンチを触るみたいな、間接的な接触はあるだろうということです。

962 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 00:27:17 O
キリスト教やエジプト宗的には、猫は神の娘的な存在ですが、
イスラム教は神を無や無限としておりますゆえ、
地上のものに神性を置かない。
仏教は何物にも神性を置かない。

963 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 11:07:53 O
>>909
江戸時代、和算を発達させた素地となる宗教的観念とは、一体何だったのでしょうか。
儒教かな。恐らく、和算を学べばその時代の宗教観も分かるでしょうから、
和算に詳しい方がおられましたら、ご教授願いたい。

964 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 11:18:06 0
和算は芸能だろ。宗教とは関係ない。算額を神社に奉納したのも
当時インターネットがなかったからにすぎない。

965 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 11:21:53 O
いや和算は明らかに神道でしょ。

966 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 11:48:42 0
僕も和算に興味あります。

967 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 12:10:25 0
僕は和姦に興味があります。

968 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 12:55:34 O
ニチャンねらーに和纂を習得したヒマ人がいるとは思えない。

969 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 18:20:35 0
和算を趣味で10年くらい研究すれば少しは自慢できそうなので。

970 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 19:16:20 0
>>961
出された例はかなり直接的な接触に思えるが?
双方認識が多少欠けるのみで直接干渉するのだから
それでもそう認識してるわけだな

971 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 19:19:53 0
>>962
なに言ってるの?
ラプラスの悪魔とシュレーディンガーの猫は相反するように見えるが、どうすれば二律背反せずに共存できるの?それとも食い合いをはじめるの?
こう聞いてるんだよ

972 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 19:23:07 0
>>963
宗教的観念ではなく、遊び心だろね
なんでも宗教に結びつけるのは日本人らしくないよ

973 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 19:26:22 0
>>965
どこがどう明らかなの?
奉納したから?
寺で突く除夜の鐘を風流に聞いた数時間後に神社におまいりするような国民性が特定の宗教によって変わるかよw

974 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 22:13:05 O
いや、和纂は神道でしょ。
少なくとも和纂を発達させた観念的素地は神道だ。
だってそれしかないわけだから。

975 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 22:28:28 0
>>974
興味あります。
もう少し具体的な例証を加えてご説明していただけないでしょうか。

976 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/10/17(金) 23:08:56 0
>>971
現実のこの今の瞬間は確定するが、数学確率論的で
シュレ猫的な未来(時間)は、物理数学の限界に阻まれ
確定できないって事。

これはつまり、経験的な過去の延長線しか語れない
物理数学の限界を示している、と俺は思っている。

つまりだね、現実では確定することを、シュレ猫タンは
物理数学では未来を確定出来ないこととして証明して
見せたのだよ。

ところで、ラプ魔は何でしたっけ、自分の名にしたのに
何だったか忘れちまったw。

977 :考える名無しさん:2008/10/17(金) 23:31:13 O
帰納に限界があることはゲーデルが完全に示してるわけで、
はっきり言ってそれを知れば他のことは知らなくていい。

978 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:13:50 0
>>976
ラプラスの仮定する知性体のように原子の運動を全て知り計算する事ができれば、現在の運動より未来の運動が分かり未来が予測できるはずだ
これがラプラスの悪魔
でも、シュレ猫に殺されちゃったんだよね
だから、神はサイコロを振るってことが証明されたわけなんだけど・・・
これで神は全知全能じゃないって数学的に証明されたって認めてくれるのかな?

979 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/10/18(土) 00:26:17 0
>>978
>でも、シュレ猫に殺されちゃったんだよね

いいえ。
シュレーディンガーの猫は「半死半生」の状態に対する異議としての問題であって、
何かを証明したり、示しているものではありません。

>だから、神はサイコロを振るってことが証明されたわけなんだけど・・・

証明されていません。
哲学は物理の仮説によって振り回されるようなものではないのに、
どうして、物理の軍門に下るような愚かな考えをするのでしょう。

>これで神は全知全能じゃないって数学的に証明されたって認めてくれるのかな?

証明されていませんね。
この世界がシミュレーション宇宙で、シミュレートしている側が自由に観測できる
可能性は否定出来ていません。

980 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:30:11 0
>>979
シュレ猫がもともと何のために出てきたかは知ってる?

981 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:34:26 0
>>979
なんか、神は全知全能で数学を神の言葉って言い切っちゃってる人がいるから
「神の言葉によって、確率論的にしか語れないって証明されたよ?」って言ってるわけ

982 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:37:50 0
>>979
まあ、この世界が「ザ・シムズ」じゃないって証明はできないわな
でも逆に、この世界が「ザ・シムズ」って証明もできなくない?
要するにその議論は無意味だよ
だって観測者ですら更なる観測者の「ザ・シムズ」かも知れないじゃない

983 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/10/18(土) 00:42:00 0
>>982
>要するにその議論は無意味だよ

議論に意味があるなんていっていません。
証明されていないのに、証明されたという馬鹿がいるから間違いだとわからせただけです。

>でも逆に、この世界が「ザ・シムズ」って証明もできなくない?

創造主がこっちの世界に介入してこないかぎり証明できないでしょうが、
介入してきたら証明できるのではないでしょうか。

>だって観測者ですら更なる観測者の「ザ・シムズ」かも知れないじゃない

ええ、だから「わからない」というのであれば問題ありません。

984 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:49:02 0
>>983
>ええ、だから「わからない」というのであれば問題ありません。
やっぱ神はサイコロを振ってるやんw
さいころの目は自分の存在の有無?

主な目的は>>981に書いたとおりだから
数学的に神の存在は証明されたって言ってる人間にアンチぶつけられればおk

985 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:52:32 O
帰納に限界があることはゲーデルが証明してる。
数学の本質は証明であり証明の本質は演繹だから、
帰納に限界が示されたことは要するに科学の限界が示されたことに過ぎないわけで、
神の言語たる数学の不完全性が示されたわけではない。

986 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 00:58:12 O
とりあえず無神論者は物理やる前に集合論から勉強しなおすべきです。
全然話にならないわけだから。

987 :ネオマトリクス:2008/10/18(土) 01:07:28 0
>>983(唯識)
>証明されていないのに、証明されたという馬鹿がいるから間違いだとわからせただけ
これは、貴殿も誰しもが主張してる
『意識・心』にも言えますな。
意識や心なんざ、物理的に観測も検証もできてないだろ?
神や悪魔や天使と同じようにさ。
なのに、なぜか万人が「存在する」って断言してるだろ?
馬鹿じゃねええええ?あ?
意識・心なんざ万人にねえんだよ、おい。
『意識は、神や堕天使や霊と同じく、検証も証明もされてない。
 なので、意識は存在しない。もしくは、検証も証明もされなくても
 (主観で感じれば)存在してもいい事になる。』
これ。これが真に理論的・客観的。
なので、万人に意識は存在しない。ラビ(唯識)、貴殿もそうだ。
もしくは、神はいる。堕天使もいれば悪魔も霊もいる。
根拠は、『意識の存在と同じく、自分で感じてるから』

CAN YOU UNDERSTAND?

988 :ラビ ◆TpMvFQlvVk :2008/10/18(土) 01:39:07 0
>>984
>やっぱ神はサイコロを振ってるやんw

とはならないと思います。
貴方にとって「サイコロを振っているように見える」なら同意ですが。

989 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 01:51:31 O
サイコロ振るとしても、結局は決定論に辿り着くよね。
仏教的な決定論といいますか。
振らないにしても一神教的有限なある意味決定論になるんじゃないんですかね。

990 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 08:43:36 0
>>989
で、その確率的決定論は証明されたの?それとも仮説?

991 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/10/18(土) 20:05:46 0
今日は会社のモチベーション研修とか言う総務部課長と部長の
顔を立てる研修のお陰で、いささかハイテンション気味だw。
にしても、無給だったこともあって結構ムカついてるが、昼食は
会社持ちだった訳で、そんなわけで、俺様は、研修のお陰で
何時にも無くハイテンションでかつ、結構疲労してるだwwwww。
餅ベーコンなら美味しいが餅ベーコンなんて、俺見たいな
心理学好きな哲学好きにとって殆ど意味ないね。w
感想言うのに苦労したぜw。


>988
理論、理屈、感情の限界でしょうに。

サイコロ以外にこの世にはないんだよ。
サイコロの出目に根拠・理屈をつける
解釈学が人間心理なのだよ。


992 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 20:12:21 0
あなたが酷いと思っている世界だから、あなたにとってはこんな酷い世界である。


993 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 21:11:34 O
サイコロは要するに確率論でしょ。
コルモゴロフにより数学的定義がなされましたが
サイコロが数学自体では決してないんですよ。
それぐらい知っとけや。

994 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 21:17:41 O
数学が出来ない奴は心理やっても経済やっても駄目なんだ。
信仰心がない奴は何やっても駄目だから。

995 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/10/18(土) 21:19:09 0
サイコロ的確率論は未来を占う確定しない確率論だろう。

定義論なら俺でも出来るw。


996 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/10/18(土) 21:22:14 0
>>994
この世の中は、人間の認識(論・学)で形作られるが、

心理学も知らない君が何を言った所でw。

突っ込み方が青すぎるよw。


997 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 21:23:19 O
数学は結論ありきなわけだから、
信仰心がないとやってられないわけだから。

998 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 21:25:41 O
要するに酷い世界になったのは神が死んでからだ。
神がいないような洗脳がなされてから。

999 :ラプラスの悪魔  ◆daemontaDA :2008/10/18(土) 21:26:17 0
さぁ、そこで1+1=2は否定できない教義となってる

数学教の誕生ですよねw。

この式に根拠を見出すことは数学教にとって、
御法度ですよねwwwwwww。



1000 :考える名無しさん:2008/10/18(土) 21:27:57 O
創造論・・・数学
進化論・・・科学

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

275 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)