5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見★12

1 :考える名無しさん:2007/07/26(木) 23:00:10 0

人生最大の発見は「原則」である。

part1:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044789777/
part2:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1065376498/
part3:http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1069867718/
part4:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084109863/
part5:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094496279/
part6:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102440116/
part7:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1106407926/
part8:http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1113405217/
part9:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1125583570/
part10:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1143556084/
part11:http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1163861990/

webページ:http://www.gensoku.net/

格言集は>2-4

252 :考える名無しさん:2008/03/07(金) 00:57:50 0
>>251
だから何なんだよ

253 :考える名無しさん:2008/03/07(金) 20:19:31 0
>>252
そんな先まで考えるヤツが、251みたいなカキコしないだろw

254 :考える名無しさん:2008/03/07(金) 20:30:49 0
賢さとは、252,253のような低脳は相手にしないことである。

255 :考える名無しさん:2008/03/07(金) 21:21:09 0
【政治討論ML】―大砂漠会議―【求む!】
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1201692970/l50

なんか面白いことやってるぜ。

256 :241=242:2008/03/14(金) 22:37:57 0
原則の派生は、派生=原理であって、物として扱える所を原理というのだろうか?
とりあえず私は派生は原理と思って考えてみる。

派生の全部が人間にとって物と判断されていたら良いですが、絶対的な自信がある訳ではない
相当な矛盾が出てくると思われる。

257 :241:2008/03/14(金) 22:39:32 0
我々人間は原則を知りすぎる必要性はない、原点まで解明する必要はない
原則の派生の部分を知っていくだけでいい存在であると思う。もし原点を解明するなら
宇宙を作ろうとした存在の主観の世界の中にいると思えば良い、宇宙や生物の進化が必要だと感じた
必要だと思ったから作ったと。その世界は主観なだけあって偏った部分があるように思う
成功する人間、失敗する人間には法則性があると感じます

258 :考える名無しさん:2008/03/14(金) 23:20:51 0
>>257
もう寝ろw

259 :241:2008/03/20(木) 10:03:05 0
>>257
自分で書いといて何か間違ってる気がする、
正確には原則も原理も両方知っていく方が良いでしょう
むしろ256 を忘れて257 単体で考えてくれた方がもっと意味は通ると思う



257を見てたら原則と原理は表裏一体な気がしてきた・・・
だが原点も入れて三位一体なわけではない
こういう物もありますし↓
攻めと守りは表裏一体である、じゃあ原点とは何か。それは攻めと守りを繰り出す人間となるらしい
http://column.keikakuhiroba.net/ArticleTop.aspx?CID=98&ArticleID=245

当然ですが表裏一体なら
原理から原則が分かることもあると思います、
原理、原則、原点はそれぞれ独立してるかもしれませんが。

260 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/03/20(木) 10:07:49 0
誰もいない世界から世界を観察しているんですよ

261 :241:2008/03/21(金) 08:11:24 0
叩かれたとき用に書いた物です。

原点を解明するには対象が物でないと人間が困ると思う。だから原点を解明する必要はない
科学の世界はとかく物が重要で映像を見ないと証拠になり難く、バカな人は証拠が出ても騒ぐだろう。
人は過去に戻れない。だが本当に原点が知りたきゃビッグバン辺りまで考えるべきだ
しかし自然発生だと騒がないが、起こした奴がいるか想像論が出ると騒いでくる、
本当に知りたきゃ色んな方向から考えた方が良いと思うんだがな。
そりゃただの妄想に固まれば馬鹿馬鹿しいにも程がある、
だが発想は世間のニーズに答える必要が無い、独自の理論も通用しないなら単なる我がまま
そもそも情報を取捨選択する力が大事だ、知識に操られるほうが悪いといえる。
人は参考程度に留める心の置き方から学ぶべきだ

262 ::2008/03/21(金) 09:35:13 0

お前たち、2ちゃんねるはもう見るな

お前らが奴等の思い通りになってしまうだけだ


263 :考える名無しさん:2008/03/21(金) 09:47:16 0
三推社/講談社ベストカー2006年7月26日号「俺と疾れ!!2006」所載

理想的な死に方は

徳大寺先生、こんにちは。
先生はお若い頃、トヨタのワークスドライバーとしてご活躍なさっていたそうですが、レーサーとして、男として理想の終わり方は何だと思われますか?
確かにM.シューマッハーのように何度も栄冠を獲得するのもプロのレーサーの理想でしょうが、僕は決して勝利者だけが理想とは思えないのです。
これは僕のような無名の一般人にも言えることなのですが、実は「これ」といった、理想の人生というのはないんだと思います。確かに社会的地位や富を手にするのも「理想」に思えるのですが、
如何なサクセス人生を送ったとしても、往生際が悪いとブチ壊しだと思えて仕方ないのです。
例えば(遺族の方には不謹慎ながら)福澤幸雄や浮谷東次郎といった、往年のレーサーは事故死で亡くなっていますが、そういうのも「理想」の死に方だと僕は思うのです。
先生は、どのように思われますか?
                                                                          愛知県一宮市 夫馬康雄   

[徳大寺有恒からの回答]
浮谷も福沢も私は友人でしたが、彼らは死にたくて死んだのではありません。もっと生きたかったのだろうと思います。
特に浮谷は生きていったらどのような男になっていたかと考えてみても惜しいと思わざるを得ません。
しかし、人生というものはいつ、どこで終わるか本人は知らないから生きていられるのでしょう。
ドライバーは引退してからの人生が永いです。ここは難しいですね。
現在のF1ドライバーは巨額の契約金をもらって走りますけれど、1950〜1960年代の名ドライバーはそんなに金をもらわなかった。
しかし、スターリング・モスのように現在も人気者であちらこちら飛び回っている人もいますね。
人生何が幸せかわかりません。やはりその人の人生は棺をする時にわかるのだと思います。

264 :考える名無しさん:2008/03/21(金) 20:29:45 0
今、『バフェットの教訓』という本を読んでる。
原則的だと思う内容がアチラコチラに。
なかなか良い本だ。

265 :考える名無しさん:2008/03/22(土) 00:58:27 0
>>264
一つふたつ内容を紹介してちょ

266 :241:2008/03/22(土) 06:30:09 0
原則的に如何なる物にも始まりがあり、終わりに向かうようになっている、
だったら終わりにならない選択肢を選び続ければ、長く続けることが出来ると思われる。
原理、原則、原点の3つを揃えていれば永久に何らかの事を続けることが出来るはずです
まず人は原則を鍛え、何か趣味の物を作る時に原則を生かした原点を作る
原則と原点が上手く混ざり合うと人気のある原理が生み出されてくる
ここで失敗する人というのは、
原則である知識の鍛え方が不十分な人と初心である原点の思いを忘れた人である

上から4行目の「原則を生かした原点」は「知識を生かした物」で、
人気の原点という意味にして、同時に原点を物として考えて書いた物です。
5行目の「原則と原点」は「知識と思い」という意味で「原理」は物として扱っています

原理という名の結果は物と人気(心)の2つに分けてます

267 :241:2008/03/24(月) 08:23:33 0
人間は過去に色んな失敗を犯すことがあるが、もし神様が人を高次にした存在であって
人間と同じように何らかの失敗をした時、宇宙は消えてなくなるのかもしれない
地球が生まれて何千年と経っているようだが、宇宙はいまだ消えず神は一度も失敗を犯してはいない
それに比べて人間はそつがあり過ぎて御粗末な存在と言える。

268 :考える名無しさん:2008/03/24(月) 13:05:54 0
>>267 だからなに?それ書かないと糞呼ばわりされ松代w

269 :241:2008/03/26(水) 13:14:45 0
人は原理、原則、原点の3つを持って生まれてくる。赤ちゃんは原理、原則、原点のように行動する
赤ちゃんは基本可愛いから親は育てたくなる、これが一先ず原点だろう
原理だと赤ちゃんは腹へって泣く、原則だと満足させれば泣きやむだろう
「いや、腹減りと泣く時点で原則だから、肉体がある時点で原理である」と付け加えます。
原理、原則、原点はフレミングの法則のような物である、
始まりを扱う者には3つが備わっている、始まりの中心点には俗に言う神様がいる
但し原理を生み出すなら原則と原点さえ備わっていれば良い、要は2つ持ってれば充分ということ
そして神様がいるならそれを生み出す、神様より高次の存在がいるはずだ、あとは繰言になる。
原点もそうだ、原点は原則から生み出される。原則がしっかりしてなければ物事は途中で失敗する
世界には最初原則しか無かったのかもしれない、だが学者さんによると
大昔全ての星は一点に集中して密集してたらしい、じゃあ原理が先なのかもしれん
原理を扱える原則がしっかりした高次な者がいなければ、原点は生まれず我々も生まれなかったろう。
・・・どうも原点は物としても心としても考えられるみたいだ。
ここで赤ちゃんに戻る、
赤ちゃんは3つを持って生まれてくる。赤ちゃんには肉体という原理があり、行動する原則があり、
そこに存在しているだけで周囲に影響を与える原点がある
必ず3つを持って生まれてくるのだ。だとすると宇宙はどうだろう?
我々を生かす宇宙自体が神様なのかもしれない。

一応注釈。「原理を生み出す場合に限って」と、
「原点を生み出す場合に限って」を念頭に置いた所があります。

270 :241:2008/03/26(水) 13:30:05 0
269
原則がしっかりした物がいなければ、原理はただの物として影響力を持つには至らなかった
と後から考えたところがあります

271 :241:2008/03/27(木) 07:55:57 0
派生=原理のお話は途中から掻き消えましたね・・・もしかすると
原則は世界の進むべき方向性であって、原理は究極的に物体として存在するだけですか?
原点は影響力のあるもの?
原点と原理は=に感じましたが、当然原則も含まれるとすると
原理=原則=原点で表裏一体よりかは三位一体の方が適切でしょうか、
・・・また違和感が残るので、表裏一体は三位一体から1引いた物と勝手に考えることにする
これも違う気がしますが。

一個人の情報量では色々なことが断言不可能です

272 :考える名無しさん:2008/03/27(木) 22:15:00 0
なんとか理解したいのですが、だめだ、
まだどうにも「原則」という捉え方がわからない。
でもなんだかフィーリングが伝わってくるような・・・

引き続きトライしたいから、
ここまでのような懇切丁寧な説明の続行をお願いします。

273 :考える名無しさん:2008/03/27(木) 22:50:07 0
>>272
>「原則」という捉え方がわからない

じゃヒントな→ 「大原則」
としたほうがよりニュアンスが本来に近づく

274 :考える名無しさん:2008/03/27(木) 23:50:19 0
「大原則」ですか・・・
ふうむ・・・

275 :考える名無しさん:2008/03/28(金) 00:05:59 O
オナニー

276 :考える名無しさん:2008/03/28(金) 00:36:03 0
ふう・・・む・・・
にくたいだけなら・・・ぶったい・・・
げんそくあって・・・げんてんに・・・えいきょう・・・りょくでる・・・・


277 :241:2008/03/28(金) 06:36:41 0
原則が世界の大きな流れの始まりと考えれば、=色々な物が原則から始まったのだとすれば
>>257 の派生を知るだけで良いことは正しくなります
(単に原則至上主義のこと)

何万年も前のことなんて分からないしね


>>268
人間は原則を知らないからよく失敗しますね、と言いたいのです
そして宇宙、というか神様の知り尽くした感、原則の完璧さ具合を説明したかったのです
つまり自分の愚かさとそつがありすぎる所を治せ(もしあるならばですが)と。

ただ自覚は当人も傍から見てても憐れなほど難しい・・・
何故かって当人にとっては知識の外ですから、傍から見てる識者に導いてもらう必要があります
つまり親の躾が肝心でしょうか?

278 :241:2008/03/28(金) 07:27:59 0
それらしい言葉を並べただけなので(1+1というか、
積み重ねていってこう考えた方が最もらしい)、単に直感?の文章です。

>>269 を考えたとき私はwiki で高等数学っぽい所を読んでました、ヒルベルトの23の問題とか
(雲の上のお話は読んでてイミフで面白い)それで読み終えてから時間が経つと、
ポツポツとそれっぽい事が浮かんできたので
269 は個人的に〜予想という感じです。

原則は数学っぽく考えられるようで、、、
ってか否定したくせに自分で原点考えてやがんの・・・・w


悩んでるみたいなので一応、
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/
知らない言葉は理解してから使いました、それで齟齬が出たら反省

279 :考える名無しさん:2008/03/28(金) 18:08:19 0
理性に理性の無力を教わったこと

280 :考える名無しさん:2008/03/28(金) 23:05:02 0
だいぶ混乱してるみたいなので、もすこしヒントやるなw

1.いちばん知りたい原則ってなによ? 何の原則だ?
2.次に、原則は机上の空論か?それとも行動か?

もう解かったろ

281 :(*^ー^)ノ ◆42.195kmAM :2008/03/30(日) 23:54:28 0
美人は常に正しい

282 :241:2008/04/01(火) 08:42:43 0
原則だけで考えてたから上記のようなレスになったけど
スレ的には大原則で考えてましたか・・・、だったら相当分かり難いことを書いたようです
大原則の形を原理、原則、原点にばらしただけなので分からなくて当然のはず。
272 には悪い事をしました、だから今度は形になった物を書いてみる

思い込みと自分の世界観は=の前提で考えます。
思い込みは自分自身という殻である。原則を知るには自分の世界観で知ろうとするより
相手というか自然の世界観に呑み込まれた方が良い。郷に入っては郷に従え、つまり自然に溶け込めってこと
要は物を扱うように知るのではなく、自然そのものとなることです。
例文で言うと
心臓を一突きされた人間がいるとする、当然この人間は死ぬ。
この時、私たちは自分を守るか死を受け入れるか選択することが出来る
守る時、自分の世界観を持ってる人間はやりたいように行動するのだから死ぬ確率が高い
自然の世界観に従っている人間は、前者と違いでたらめな反撃はしないので生存する確率が高くなる。
これでも分からない場合は更に砕いて。
原則の通りに動かないと身体に不調を来たすと知ること、酒を飲みすぎたり、
布団から出たくなくてトイレも億劫になったり、我の命じるままに行動すると失敗してしまいます
つまり原則は丁度良さとは何かを教えてくれるのです。
自分の世界観=自己中心的=我がままを押し付けると分かる物も分からない、
自分の心地良い空間作りなどすると見えなくなります

また原則を知らない人間は読みにくい唐突な文章を作るでしょう

283 :考える名無しさん:2008/04/01(火) 19:09:08 0
>>282
「何の為」の原則だと思うよ?
それが分からなきゃ
死ぬまで原則が何か分からないよ

284 :考える名無しさん:2008/04/03(木) 18:12:44 0
>>282
思い込みにチンこ生やした見たいな顔してよく言う

285 :考える名無しさん:2008/04/04(金) 01:37:45 0
原則とは

重力でボールを投げれば地面に落っこちる みたいな物理法則と

悪い行いをすると報いが自分に帰ってくる みたいな精神世界の法則

の合体版

286 :考える名無しさん:2008/04/04(金) 16:35:44 0
>285
それらの法則のさらに元になるものね<原則

287 :考える名無しさん:2008/04/04(金) 19:56:36 0
凸凹

288 :241:2008/04/05(土) 08:07:21 0
>>282
世界観=原則を付け足します
ある意味、神様の我がままの世界で生きてるような物ですね
それは法律にも似たようなことが言えます。違反する人間には罰金ですからww
原則に従わないと頭が重くなったりストレスが溜まったりする場合、
私たちは人の頭の中で生きてるような物かもしれません。宇宙は誰かの脳であると考えたらですが

原則に反した時、何か痛いしっぺ返しが来たら
それは宇宙のストレス?に表現できます。いくらなんでも突飛ですね。
こう行動するべきだって世界に放り込まれて、それに反すると壮大な仕返しをされる・・・
相手が大きすぎて寧ろ気づけない、人ってか宇宙のせいに出来ない自業自得がやってくる感じです
宇宙は良い事と悪い事を教えてくれる親代わりみたいなもんですね

>>283
成長させる為にあるんじゃないでしょうか。肉体の進化には条件がありますから
地球みたく気候など丁度良い物が揃ってないと。ここで言葉を覚えたらまた別の進化ですけど
もう言葉を覚えた事自体が1の言う脳内革命だと思います、
今まで野性の力に頼ってきた動物が、おサル辺りから漸く理性を持ち始めましたし。
肉体の進化はもう終わっていて、これからは精神的な進化が必要なんです
死んだ後のことを考えたら魂の成長って答えにも繋がりますね

289 :韋駄天はふと考えた:2008/04/05(土) 13:59:30 0
>>251
凄いヒント(思考のキーワードとなるヒント)を、書き込んでくれてありがとう。
おかげで、今年に入って「超天才」から「超超天才」へと、ワンランク昇格した自分が誕生しました。


そのヒントに↓の、【集まれ】 超天才養成塾 【埋もれた天才達】スレに書き込まれたヒント(思考キーワード)で、
世界一の天才的な策略家、策士家は、自らの命を取らせた計略で、永遠の名を残した、イエス・キリストであるという思考が自分の中で生まれたひらめき。
(剣豪同士の戦いだと、ワザと隙を見せて相手の先制攻撃を出させて自分の肉を切らせ、反撃の一撃だけで相手の骨を切るか砕く必勝必殺戦法)

319 名前:名無しさん 投稿日: 2008/02/14(木) 14:39:40
天才的な策略家、策士家になりたいです



そして、さらに別の思考キーワードとなるいくつかのヒント
・人権擁護法案議論
・公明党主導による児童買春・児童ポルノ禁止法の改正議論
・マゾとサドの関係
・シナ人によるチベット侵略と虐殺と中国共産党のウソの政府公式発表
・あらかじめ答えがすでに決まっている大学受験のテストは、数万個〜数十万個のパズルを組み合わせるだけの、記憶パズルゲームに過ぎないとの掲示板での、誰かの書き込み
・今年の正月すぎにPSP(プレイステーションポータブル)のゲームソフト1本(信長の野望・烈風伝)を購入して、仕事もせずに毎日15時間以上ゲームにはまって
集中力が極限まで高まった時(私の思考体質上、何か別の手作業をやっている時ほど、思考の集中力が高まる)に、いろいろと浮かんできたアイデアや思考


それらの思考キーワードを、あれこれ組み合わせる事で、新しい発見と新しいアイデアが浮かびました。
(それらの新しい発見と新しいアイデアは、いずれ、このスレか、自分専用にしている掲示板か、自分のブログに書き込む予定。 ( 韋駄天はふと考えた で検索すれば探せる)

290 :考える名無しさん:2008/04/06(日) 03:19:30 0
耳が遠い奴は大抵声が大きい

291 :考える名無しさん:2008/04/06(日) 17:15:50 0
>>288
すごいあほで耳の遠い君に言っても仕方ないけど
とりあえず以下の部分を考え直せ

・原則って何?

これだけ

お前、もう、この時点で完全に見誤ってるから
それ以降の何を話しても全部無駄だし
馬鹿丸出し


犯人の判明していない日本の殺人事件で
「犯人は被害者の義父だ」
と信じて話を進めても違和感は無いけど
「犯人はペルー在住のユラカレ族の青年だ」
と信じて話を進める奴の話なんぞ誰も聞かない

そういうこと

292 :241:2008/04/07(月) 07:15:49 0
原理原則とは、
他の人が,納得できる明快さと論理性を持っている。(引用)
だから思うとか曖昧な言葉を使うと、正否はともかく言いようのない違和感を感じるのでしょう
自分のレスをみて思いました、
「頼りないな〜、本当に読んでいいのか?」などの不安感を。
結局相手の文章がグダグダかどうかは自分の原則に反しているか否かで決まります
自分の身勝手な世界観でその存在を許せるかどうかで。

ストレスについて書いてみる、
ストレスは身体と心で思ってることが違うと発生するもんです
例えば、「2ch の原則スレを見に行こう、でも241 がいると面倒くさい」と考える人の場合、
(身体は原則について知ろうと行動してても、心は見たくないと思う状態にある時)
この差がストレスを生むのです。
つまり、自分の世界観を押し付けて、
返ってきた結果が思わしくない時にストレスを感じます
これを試行錯誤すれば、全くストレスを感じない人間になれるはず。
但し慣らしていかないと全く違った結果になってくる、
お茶のようにじっくり待てば待つほど、深い味わいが出てくるのと同じようなものです
今すぐ結果を出さないようにしましょう。

見つけたので一応(引用先)
「向山実践の原理原則を究める」
http://www.meijitosho.co.jp/shoseki/tachiyomi.html?bango=4-18-611714-4

293 :241:2008/04/07(月) 13:14:03 0
>>261 について、
独自の理論とは「こう考えてみてはどうでしょうか?」という提案のこと、
そう考えた方が分かりやすいと思われる考え方を指します。
私の書き込みには提案も多いです(提案だけだろと言う人もいるかもしれませんが)、
中には検証すれば認められる物もあるでしょう

294 :考える名無しさん:2008/04/07(月) 20:38:24 0
俺氏、k、シャルゼの文(表現力)はよみやすい。
もういないのだろうか?

295 :考える名無しさん:2008/04/07(月) 21:14:08 0
俺氏とkのやりとりは天才どうしのやりとりだった


296 :考える名無しさん:2008/04/07(月) 21:25:12 0
>>294-295
kて「糞」のイニシャル?

>天才どうし
糞どうしのマチガイだろw

297 :241:2008/04/08(火) 07:21:59 0
原則について文章の書き方を書いてみます

原理、原則、原点は心技体でもあって
心が原点、技が原則、体を原理として表すことが出来ます
心技体が揃えば物事を長く続けることが可能です。これの鍛え方ですが
占いで言うところの六星占術を使ってやっていきます
この占いは12年周期の12ヶ月周期の12日周期で良い日と悪い日が巡ってくるそうで
行動してはいけない日と、行動してもいい日が交互にやってきます、
中でも健弱、乱気、陰影、停止、減退の重なる日は行動してはいけません
ですが裏を返せば「その日に深く考え事をすれば良い知識が得られる可能性が高い」そんな日なのです
例えば>>269 >>282 のような文章を、私が普段からそらんじるように書けるわけがありません
殺界はそういう力の波動が体に掛かる時期を表しているのです。
次に仕組みですが
健弱は体を成し、乱気は心を成し、陰影停止減退は技を成します
よって行動するときは殺界を抜けてからの方がいいですが、何か物事を煮詰める時は
健弱を始め、殺界を外さないように行動すれば内容の深い文章が幾分書きやすくなるはず。
今年が殺界の人はチャンスです、ただ原則スレ内での風当たりは冷たいといえばそうかもしれませんが
現実で行動するよりダメージは比較的少なくなります。
その他基本的なことは、
勉強していて、心がキレイで、熟考するのが得意な人は原則について良い文章が書けます
書き忘れ補足:健弱は土台、乱気は中身、陰影停止減退は主な作用と技術的な物が分かるでしょう
真剣に取り組めばですが。
因みに、私は今年乱気の人です。原則については中身が担当になります。
あと当然ですがこの理論は検証中です、対象が大きいと1人程度では断言できません
だから参考程度にしてください。補足:この理論上殺界を抜けると無能になるので来年は姿を消します

検証を人知れずやってみる方が出るのを願うばかりです


波動という言葉は引用しました。
http://gunsuikanbo-8.jugem.jp/?month=200612

298 :241:2008/04/08(火) 07:23:04 0
人にはそれぞれ役割があって、
この分野の話しか膨らませることが出来ない人間が居ると思います
それで膨らませきったら、これ以上アイデアは出なくなる。
よって引き際を見極める事が大切です(私自身)

>>291
あなたの考えは技術的、現実的な分野が要求される場所で妄想話をされても困る。
という意見に思います。ですがこの板は利益優先の会社ではないと思うので柔軟な発想は大いに結構
そういう結論に入ると私は思いたい。
正しさを自分の目線で考えてはいけません
それに私が見て思って感じた事を伝えるのですから理解できなくて当然です
だから出来るだけ分かりやすく書くよう努めました
それでも誤解は生まれる物です。

一般人は正面からしか対象を見れないが、秀才は多方面から対象を見ていたらしい
だが天才は対象の視点や気持ちになって見ていたそうです。
私は「宇宙を人に見立てて宇宙視点で考えてみた」
ということ、(IQテストさせた方が早いよw 大したことねーから)
証拠の物などないから一方的に否定することも肯定することも出来ません
原則の穿った見方を試みてるんだから叩かれて当然です、
問題ありません

299 :考える名無しさん:2008/04/08(火) 08:36:34 O
のぎへんはノとキだからのぎへん

300 :考える名無しさん:2008/04/08(火) 22:43:20 0
また韋駄天タイプかよ

うんざり
うん子ザリガニだよ

301 :考える名無しさん:2008/04/18(金) 07:41:52 0
test

302 :韋駄天はふと考えた:2008/04/20(日) 12:03:08 0
第二次世界大戦以降の主な侵略戦争を引き起こした戦争犯罪国家

中国(チベット侵略・ウイグル侵略・ベトナム侵攻・南沙諸島侵略)

アメリカ(朝鮮戦争・ベトナム侵攻・パナマ侵略・グレナダ侵略・アフガニスタン侵攻・イラク侵略)

イギリス(中東へのイスラエル国家建国を容認・アフガニスタン侵攻・イラク侵略)

ロシア(朝鮮戦争・ルーマニア侵略・ブルガリア侵略・チェコスロバキア侵略・チェチェン侵略・アフガニスタン侵略)

イスラエル(パレスチナ侵略・エジプト侵攻・シリア侵攻・ヨルダン侵攻)

303 :韋駄天はふと考えた:2008/04/20(日) 12:03:53 0
中国といい、アメリカといい、イギリスといい、ロシアといい、第二次世界大戦以降は、拒否権を持つ国連の常任理事国(第二次世界大戦を連合国として戦った戦勝国)の、他民族への侵略戦争による植民地化と領土拡大の戦争が目立つ。

またイスラエルによる周辺国家への侵略戦争非難決議にも、戦勝国特権の拒否権を発動して、横暴を振るう第二次世界大戦の戦勝国家ら。


こういう戦勝国による侵略行為を、拒否権発動によって黙認する国連機関なんぞに日本は所属して、毎年大金を寄付している場合ではない。

日本は侵略戦争を放棄した平和国家の模範的国家の代表として、今すぐにでも国連を脱退すべき。


チベットを侵略してチベット人を虐殺する、野蛮民族の支配者中国共産党と人民解放軍の縄張りの中心地(北京)で、平和の祭典であるオリンピックなんぞ開催するな。

北京オリンピックを中止させるためにも、オリンピック協賛企業の商品をボイコット運動しよう。

304 :韋駄天はふと考えた:2008/04/20(日) 12:05:04 0
原則学(偏りの法則の発生事象を研究する学問)に続いて、これからの時代の最先端を切り開ける、新しい学問が生まれつつある。
この新しい学問の産みの親は私の頭の中にある。
いずれ世界中の学問と研究は、原則学とこれから生まれる新しい学問のふたつを主軸として発展していくことになるだろう。

すでに、私の頭の中ではイメージとして、ある程度完成していて、後はどういう形にして体系化していくかを、信長の野望シリーズのゲームをしながら考えている所。

だが、新しい学問の名前はまだ決まっていない。

産みの親も大切だが、名づけの親も大切なので、新しい学問のネーミング(名前つけ)には慎重になっている。
ネーミングセンスを最大限に生かした後に、新しい学問にふさわしい名前を考えることにする。

この新しい学問は従来の学問分野のどこにもあてはまらない斬新な学問なので、日本全国はおろか世界中のどこの学校や大学で学べない学問でもある。
何しろこの新しい学問は、まだ私の脳内の中にある段階なので、誰にも学べるはずもなく誰も新しい学問について研究できるはずがない。

近いうちに、新しい学問を公表する新スレを立てて、そこで詳しく書き込んでいこうと思っている。

最先端の学問情報を誰よりも早く知りたい、気の早い人にだけにそっと教えよう。

305 :韋駄天はふと考えた:2008/04/20(日) 12:06:18 0
新しい学問の分野は人間研究学の分野に含まれるが、学問の裾野を広げればすべての生物研究にも応用できるので、正しくは生物学か生態学の分野に含まれる。

新しい学問のスタイルは、人間ひとりひとりの個人能力差と取得能力差を数値化して、比較対照の分析をする研究であり、この分析に数学や物理も加えて、配合予測論として完成させる学問である。

つまり、ある人の個人能力と取得能力に応じて、特性を抽象言語に置き換えて分類し、それらの特性の強弱に合わせても最もふさわしい数値を決定して、個人個人の才能を数値化する。
それぞれ数値化した各種能力を配合計算によって、個人の性格と体質がどのように決定されたり変化していくのかを、事前に配合予測する。
またそれらの配合予測によって、周囲の人に与える影響力の差や、配合差の違う人同士の、組織内での接触組み合わせで、どのような事象が発生するかも研究する。

わかりにくい論をグダグダと述べるよりも、まずは、新しい学問を形にして公表するのが先決だろう。

しばし待たれよ。

新しい学問にふさわしい名前が決まり次第、数ヵ月以内には、新しい学問が私の脳内から飛び出して多くの人の目にふれることになる。

この学問は、最先端を切り開くにふさわしい学問なので、競争相手がいないうちに、早く学んだ方が勝ちということにもなる。

学歴権威ほしさに、古臭い学問体質の大学や高校なんぞで、暗記とパズルゲーム試験に励んでいる場合ではないぞ。

306 :考える名無しさん:2008/04/20(日) 13:34:02 0
ダレカ ヨンデル ヤツ イル?

307 :考える名無しさん:2008/04/20(日) 16:15:20 0
ためしに一回読んでみた

原則も哲学さえ関係ないただの自己主張
ここをチラシの裏だと思ってるらしい

308 :考える名無しさん:2008/04/22(火) 23:21:43 0
韋駄天の主張は一貫してるよね

309 :韋駄天はふと考えた:2008/04/27(日) 13:53:00 0
売国左翼とシナ畜の好む、血の色の旗一色に染まった長野の聖火リレー。

赤一食の旗に染まった長野死骸(長野市街)の映像をネットで見た時には、反吐が出そうになるくらいに気持ち悪かった。
さすが三千年以上もの間、人間屠殺と他民族虐殺を繰り返してきたシナ畜人が好む血の色の旗だわ。

シナ畜の奴らが太古の昔から、人間狩りと人間食いを主にやってきた食人狩猟民族の子孫だというのが、五星紅旗(シナ畜と中国共産党のシンボル旗)の旗を見ただけで納得する。

白装束の武士が切腹した時に、腹の部分だけが真っ赤な血で染まるイメージを、日の丸の旗に再現した日本人。
人間を屠殺しまくって、あたり一面が血の色一色に染まる中、殺した人間の数をカウントするかのように星マークをちりばめたイメージを再現した五星紅旗(シナ畜と中国共産党のシンボル旗)とシナ人。

星マークを国旗にちりばめる国といえば、同じく人間狩りと人間食いを主にやってきた食人狩猟民族の子孫、アングロサクソン人系の国家(イギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなど)と、ユダヤ系国家(イスラエル)の旗でも、星マークが使われている。
これらの民族に共通するのは、いずれも人間屠殺と他民族虐殺を長年繰り返してきた、元食人狩猟民族の子孫(太古の昔は猿も含めた人類や、今は絶滅させられた類人猿の狩猟を主にしていた)であるということ。

310 :韋駄天はふと考えた:2008/04/27(日) 13:54:29 0
そして日本人の中にも、こうした人間屠殺と他民族虐殺を繰り返してきた元食人狩猟民族の血が色濃く流れている人が多くいる。
そうした元食人狩猟民族の血が色濃く出た日本人とか、在日朝鮮人とかは、シナ畜によるチベット人虐殺に共感を覚えて、中国共産党と人民解放軍による領土拡大の侵略戦争を支援するタイプだと分析できる。

まぁ、一言でいえば、シナ人も在日朝鮮人も、左翼日本人や右翼日本人や、公務員や政治家や司法関係者に、教師や教育関係者に警察官に暴力団組員らは、いずれも他人いじめが大好きな、食人狩猟民族の血が色濃く出た人間であるという事。

世の中にサド体質とマゾ体質が存在するように、他人いじめが大好きな人間もいれば、自分いじめが大好きな人間もいる。
この他人いじめが大好きな人間と自分いじめが大好きな人間は、いずれも奴隷体質グループに含まれるわけで。
(この奴隷体質グループの分類についての、詳しい分析説明はいずれ書き込む事にする)

おっとっと、いけない。もうこんな時間になってしまった。
今日は自分に課した兵糧攻め作戦について書くはずだったのが、シナ畜生人の話題になってしまった。
兵糧攻め作戦については、次回に書き込む機会に回そう。

311 :韋駄天はふと考えた:2008/04/27(日) 13:56:57 0
真っ赤な血の色の一色を旗にしたシナ畜国家の五星紅旗(シナ畜と中国共産党のシンボル旗)にロシア国旗。

殺した人間の数をカウントするかのように星マークを、旗に刻むアングロサクソン人系の国家
(イギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなど)と、ユダヤ系国家(イスラエル)。

実際に、第二次世界大戦中の、ユダヤ系やアングロサクソン系のアメリカ人戦闘機パイロットは、撃墜した敵機の数を星マークにして、
自分の操縦する戦闘機の尾翼に、ひとつまたひとつと刻んでいった。

日本の日の丸は、白装束で切腹して腹のあたりだけ赤く染まった武士をイメージしたものだし、どの大国も血なまぐさいイメージの悪い国旗を採用している。

それに引き換え、チベット国旗というのは、赤色、青色、黄色の、人間の目に一番目立つ3原色(信号機も同じ理由で採用)を、
バランスよく配置したデザインセンスある国旗である。

だいたいチベット国旗が存在しているということは、世界各国が国旗を採用するようになった20世紀の近年まで、チベットという独立国が存在していたという
確かな歴史証拠なのに、中国共産党の独裁者に洗脳教育されたシナ畜人(漢民族)らは、「チベットは昔から中国の領土である」と捏造の歴史を主張し続ける。

マゾもサドも含めて、自分いじめが極度に好きなタイプに、他人いじめが極度に好きなタイプの、奴隷体質の人間には真実の正論は通じない。

これらの人間には、服を脱いで肉体に刻んだ自分を極度にいじめ続けた痕跡(イレズミ・鍛えた筋肉)や、名詞や肩書きや勲章を示して、
立場や地位が上だという権威を見せ付けるだけで、すぐにひれ伏すタイプである。

書くのが面倒になってきた。この続きはまた次の書き込む機会に。

312 :韋駄天はふと考えた:2008/04/27(日) 14:59:06 0
追加
日本の国旗である日の丸誕生由来について、言葉足らず(説明不足)だったので付け加える。

支配者の地位にある殿様や上役へ、大きな不始末(ミス・チョンボ・命令に逆らう事)をしでかした武士(サムライ・家来・部下)が、
支配者への忠義の証としての責任を取るため、切腹を命じられる。


切腹を命じられた武士(サムライ・家来・部下)は、支配者への絶対服従の証明のために、白装束(体の身にまとう衣装のすべてが白色)を着て、腹に刀を突き刺して自殺する。

支配者への忠義を見事に果たした武士のみが、褒美(ほうび)としてお家の存続(家族や一族の所有する地位、身分、土地、権利を保証される)を許される。

そして切腹して自害した武士の死体には、すぐさま大きな白の布地をかけられて、後に家族や一族の元に送られて火葬か埋葬される。
大きな白の布地をかけられて、家族や一族の元に送られきた亡骸(なきがら・武士の死体)から、お腹の部分だけ血の色で真っ赤に染まった白の布地をめくって、家族と一族と涙の対面をする。

支配者への忠義(命令を聞く事)を、見事に果たして切腹で自害して果てた武士のおかげで、家族や一族の地位や身分は安泰できる感謝の気持ちと一族の誇りを、後世の子孫に伝えるために、
真ん中の部分だけ丸く赤く染まった、血判の白の布地は、一族や家族の家宝として床の間に飾られた。

時代が経つにつれて、支配者への忠義の証として、白地の真ん中を丸く血判で赤く染め布を大切にする風習ができた。
後に、白地の真ん中が赤色の布は、名誉ある武士(支配者への忠義を果たす家来)である証として、日本全国に広まり、やがて国そのものを象徴する国旗の日の丸として採用されることとなった。

したがって日の丸の旗というのは、支配者や権力者からの絶対的命令と従属と服従を果たした証拠として生まれたので、もはや時代遅れの古臭い国旗といえる。
支配者(天皇一族)の永久的な繁栄を歌った君が代も含めて、日の丸国旗というのは、これからの新しい日本を作るのに、最もふさわしくない国旗や国歌といえる。

313 :考える名無しさん:2008/04/27(日) 15:04:50 0
脳みそを抜く奴らがいるみたい

314 :考える名無しさん:2008/04/27(日) 23:25:35 0
そりゃすげぇや

315 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 11:09:27 0
原則発見できた人(気づけた人)はいる?

316 :考える名無しさん:2008/04/29(火) 20:56:47 0
>>315
アホかw

全部わかってるよ

317 :考える名無しさん:2008/05/01(木) 18:29:19 0
発見し過ぎ♪

318 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 21:02:04 0
頭の中どーなってるの?ココにいるひと達

319 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 21:47:19 0
人は罪を重ねて賢くなっていくのか?

320 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 21:48:38 0
誰か哲学的に説明してください

321 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 21:49:35 0
>318
原則が分からず冷や水を浴びせる輩かな?

スーパーサイヤ人を妬ましく思うナッパのようにw


322 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 21:49:42 0
疑問は発見まで理解しました

323 :考える名無しさん:2008/05/03(土) 22:36:01 0
ココにいてみんなよく負けずにいれるよね
俺ギリギリだけど負けそうにならない?

324 :韋駄天はふと考えた:2008/05/04(日) 12:32:44 0
国民イジメで消費税を導入しても、天下り公務員(官僚・警察・教育・各省庁)と政治屋が浪費するための金が足らず。
国民イジメで年金に手をつけても、天下り公務員(官僚・警察・教育・各省庁)と政治屋が浪費するための金が足らず。
国民イジメで郵便貯金に手をつけても、天下り公務員(官僚・警察・教育・各省庁)と政治屋が浪費するための金が足らず。

浪費する金が足りないから、あげくの果てに、悪法法律を次々に導入しては、国民を犯罪者に仕立てあげて、警察権力を強化して強制的に、罰金で金を搾り取ろうとする有様。


日本最大級のネズミ講の詐欺犯罪といえば、何十兆円もの税金を、湯水のように国民の金を浪費するだけの天下り制度。
ネズミ講の天下り制度と、税金投入率100%の特殊財団法人に寄生しては、甘い汁を吸おうという、悪徳犯罪公務員の数は、後輩に身内に、子や孫の世代に継がせるために毎年、どんどん増え続ける。
税金湯水のように浪費するだけの、たかりヤクザ公務員の数が増え続ければ、借金まみれの国家財政の規模がふくらみ続けるだけ。

そして将来必ず破綻していく。
天下り制度による特殊財団法人乱造は日本最大規模のネズミ講である。

ネズミ講式天下り組織を作った。諸悪の根源、東京大学を廃校しろ!
ウソつき教育屋。情報操作大好きマスコミ。悪徳犯罪大学と犯罪教授。犯罪政治屋。犯罪悪徳官僚。役立たず無能司法屋。法解釈を捻じ曲げて横暴を極めるヤクザ警察屋。
らを取り締まる民間組織の設立が必要となる。

325 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 07:40:17 0
人は群れると初心を見失いがちになる

326 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 07:51:22 0
>>325
初心が間違ってた場合、見失うのが正解だろ

327 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 07:56:06 0
そうだね
でも正解がない問題に対して、突き詰めるのが正解なのか
方向転換するのが正解なのか、と迷いながら人生過ぎてくのは腹立たしい

328 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2008/05/05(月) 14:53:57 0
嘘偽りの国に生まれました
最低の人生をプレゼントしてくださってありがとうございます

329 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 16:11:25 0
群れの中でも自分を見失わないためには、ある種「確信」
のようなものが必要。
それは「突き詰める」か「方向転換する」かの正解とは関係ない
どちらにしろ「大丈夫」というような感情。
それは人生の経験によってしか得られないと思う。
大いに迷い、行動しましょう

330 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 21:55:17 0
なるほど

331 :考える名無しさん:2008/05/05(月) 23:14:43 0
私が疑問に思っていたことは、全て解明されていないことが判った。

332 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 02:14:12 O
科学を知るほどに科学の未熟さを知った

333 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 14:27:25 0
>>332
「科学」の部分を「自分」に入れ替えると100点でつ (^^;

334 :考える名無しさん:2008/05/07(水) 19:53:12 0
>>329もうすこし詳しくヨロ

335 :考える名無しさん:2008/05/22(木) 05:35:03 0
「人生最大の発見」で1位になってる!!
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E4%BA%BA%E7%94%9F%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E7%99%BA%E8%A6%8B&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

336 :考える名無しさん:2008/05/23(金) 23:00:09 0
1位になるのも原則の効果ですと1が言いそうだな

337 :考える名無しさん:2008/05/25(日) 08:23:52 0
原則に従う者に轍迹なし

338 :考える名無しさん:2008/06/08(日) 18:54:10 0
コードソイル

339 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 01:32:56 0
ここよさげ
http://www14.plala.or.jp/kesakando/haken.html

340 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 10:41:32 0
ていうか、こっちがメインかっ
http://www14.plala.or.jp/kesakando/index.html

341 :考える名無しさん:2008/06/15(日) 23:48:56 O
そういうのを妄言と言うんだ

HPの作りにも
そいつの視野の狭さが滲み出てる

342 :考える名無しさん:2008/06/16(月) 23:21:19 0
果してそうかな?

343 :考える名無しさん:2008/06/17(火) 09:19:56 0
中2病みたいなサイトだな

344 :241:2008/07/06(日) 06:48:35 0
随分と私が恥ずかしい形になってますね・・・。
結局何が言いたかったかというと
人間は互いの原則=世界観=ルールを押し付けあって生きている
他にも人間は大原則も押し付けられている

今回のことで原則は世界を作り維持する働きであることが分かりました、だから
連続してレスするもんじゃないですね、間は大切です
本当失礼いたしました、すいません

345 :考える名無しさん:2008/07/06(日) 06:55:36 0
アインシュタインの相対性理論は完璧に間違っていた。
ガリレイの相対性原理も完璧に間違っていた。
http://hwbb.gyao.ne.jp/cym10262-pg/fenomina.html

346 :韋駄天はふと考えた:2008/08/15(金) 03:15:10 0
あなたがたはこれらの事を疑問に思った事はありませんか?

私はこれらの疑問に思った事を10代のころから46歳の今日に至るまで、人間の習性と人が取る行動を細かく観察し続けては、思考と歴史探求による研究で、疑問や矛盾を理にかなうように理論づけして、今年の7月までにほとんどの疑問を解決しました。
ただし、ロリコンを犯罪者扱いして敵視するような今の時代背景に、私の観察研究と思考学問探求に理解と協力を示してくれないバカ母親達のせいで、少女研究の方面はさっぱりと、疑問解明の成果は進展していませんが。

少女研究の分野は置いといて、その他の件杞憂分野において、これから時間をかけて書き込んでいっては、研究成果をひとつづつ書き込んでいこうと思います。

・サルの赤ちゃんは生まれたてでも全身に体毛がびっしりと生えているのに、なぜヒトの赤ちゃんの体毛は少ないのか?(ヒトの歴史研究分野)
・世界各国の民族に共通する、天国と地獄の観念はどうして生まれたのか?(ヒトの歴史研究分野)
・世界各国の民族に共通して、なぜ政治は腐敗していき民衆の不満は高まっていくのか?(ヒトの群れ社会研究分野)
・ヒトはなぜ他の生物よりも、一番攻撃的で一番残虐性が強いのか?
・ヒトの子供時代と大人時代と老人時代には、体の大きな変化と生活習慣の変動がなぜ発生するのか?(ヒトの群れ社会研究分野)
・他の動物には見られない、老化現象がなぜヒトにだけ極端な変化として現れるのか??(ヒトの老化研究分野)
・ヒトの体の成長の起点部分と終点部分は、どの時点(生まれる前か?生まれてすぐか?子供時代の成長過程か?)で決定されるのか?(成長研究分野)
・群れ社会で暮らすヒトのオスとメスの産み分け数バランスは、なぜ一定の割合で収束していくのか?(群れ社会での産み分け研究分野)
・ヒトのメスの胸と骨盤が大きくなるタイミングと、生理の始まるタイミングと生理の終わるタイミングは、体のどこの部分で判別したり連動したりして、成長の始点を決定するのか?(少女研究分野)
・他にも盛りたくさんの研究分野があるが、今日はここまで

347 :考える名無しさん:2008/08/15(金) 11:56:57 0
韋駄天まってました!

348 :考える名無しさん:2008/08/17(日) 00:58:21 O
久しぶりに暇潰しでもするかな
全てがくだらない取るに足りない疑問と呼ぶのもおこがましい設問だがな
1.人の赤ん坊は生まれてすぐに外敵におそわれるという心配が想定する必要がない程度に少ない
脳が発達しているため成長仕切ってからでは頭をヒリ出すのはつらい
だから成長度合いの低い段階で出産される
必然的に体毛も薄い
2.天国は死に逝く者から不安を取り除くため
地獄は社会にとって都合の悪い行為への抑止力として
有効なだけでなく
どこでもいつでも誰でも思いつく程度に単純で否定的証明のしようがないお気軽お手軽な観念
だからどこでも自然に生まれた
3.人の集団も自然の一部
その多様性はガウス関数的な分布を持ち
大多数は突出した意見を持たない多数決要因となるのが必定
そして彼らの大多数は普通自分が楽で得な側を選択する
なぜなら彼らは他人の意見に乗っただけ
特別な責任を架せられていない立場だから
自分の得だけ考えても打撃を受けない立ち位置だから
それは政府も同じ
一票の重さと軽さを理解しているような賢しげな奴らも自然の流れの一部にすぎない
全体のことを考える場で大多数が自分の為に票を入れるのだからいずれ結果は知れている
無責任に言わせてもらえば
仕組みをうまく作り替えるか
個人と全体の利害を一致させる
それで解決可能だ

349 :考える名無しさん:2008/08/17(日) 01:30:25 O
4.記憶を蓄積できる分、感情の振り幅もより大きくなりうる。
攻撃性、残虐性において一番になりうるとするならそれ故だと言える。
余談だが、攻撃力=殺傷能力の高さをこの議論の中で同列に取り上げるのは愚か者のすること。
と言っておく。

5.生まれが未熟で、育児後もすぐには寿命が尽きないから。
以上

6.5.に同じ

7.設問が抽象的すぎ。
あほ。

8.単純な確率論。
XX型とXY型が生まれる確率は、基本的に1/2。
だから、男女比率もだいたい1:1。

9.7.に同じ。
成長の始点って何だよ、バカ。


くだらない。
とてもくだらない。暇つぶしとしても2時間持たない。
そんなくだらない疑問に満ちた46年間だったと見受けられる。
しかし、まぁ、楽しそうで何よりだよ。

350 :考える名無しさん:2008/08/17(日) 07:55:09 0
>あなたがたはこれらの事を疑問に思った事はありませんか?

ない

351 :考える名無しさん:2008/08/17(日) 09:41:04 0
韋駄天が現れるとスレが活気づく

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)