5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【カネ】萱野稔人2【権力】

1 :考える名無しさん:2007/06/06(水) 12:58:26 0
萱野稔人スレッドPart2です

前スレッド
【ちから】萱野稔人『国家とはなにか』【スピノザ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124082779/

2 :first lover:2007/06/06(水) 13:09:41 0
初恋だったんだ

3 :中上 ◆9OFycWSSXQ :2007/06/06(水) 13:27:03 0
初恋だったのか

4 :考える名無しさん:2007/06/07(木) 00:18:57 0
age

5 :考える名無しさん:2007/06/07(木) 16:33:15 0
萱野君は、国家よりはるか以前に、文化そのものが人間に対する根源的な暴力だという視点を、
どうも持っておらんようだ。

生きておれば、記号論の基礎からやり直し給えと言ってあげるのだが。

もっとも君にソシュールが読めるとしての話だが。

                       天国の丸山圭三郎

6 :考える名無しさん:2007/06/08(金) 08:30:41 0
丸山さんって、ソシュール読めてましたっけ?読めてた?ああ、読めてたの、ああそうですか

7 :考える名無しさん:2007/06/08(金) 14:18:14 0
萱野、痛いところ突かれたからって、死んだじっちゃんに絡むなよ
みにくいよ

8 :考える名無しさん:2007/06/08(金) 20:18:46 0
萱野にとっては痛くもなんともないんじゃない?
>>5みたいに暴力をもちだすのを批判してるし

9 :考える名無しさん:2007/06/08(金) 21:54:30 0
酒井>>矢部>>萱野

だろう。
しょせん
権力関係


10 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 00:57:11 0
>>5みたいになんでもかんでも暴力です、とかいう話を批判するためにわざわざ素朴な暴力国家論を持ち出してるんでしょうに。

11 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 02:25:49 0
ところがその素朴な暴力国家論は、
暴力による国家の成立が根源的現象であるかのごとく僭称することによって、
文化と言語という、人間身体と精神に刻印されるより根源的な暴力を覆い隠すための、
格好のイデオロギーとなるのさ。

痛くもかゆくもないらしいから、ま、こんな話は萱ノンには通じないってことで。

12 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 04:40:36 0
>>11
なんで文化と言語が根源的な暴力になるの?

13 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 08:28:42 0
そんなことも分からんで暴力だの秩序だの国家だのと喋っておるのかここの住人は

少なくともラカン─レヴィ=ストロース系統の構造主義を理解した上で、
丸山のでなくてもいいからソシュールの理論の核心を把握し、
その2つを踏まえて論を展開しているD&Gをきちんと読んでから来いっての

萱野もそうなんだが、この世代は基礎ができてねーで、議論をおっ始める傾向がある

14 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 10:36:36 0
>>11
>文化と言語という、人間身体と精神に刻印されるより根源的な暴力

馬鹿だなあ。
理性やらロゴスやらがもたらす暴力とイラク空爆とどっちが厭かってちょっと考えたら分からない?

15 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 12:52:14 0
>>13の世代は、間違った古い前提から出発して議論をおっ始める傾向がある
D=Gがソシュールを受け継いでるなんてこと、
いまどき誰も恥ずかしくていえないよ
むかしの別冊宝島から進歩してねーな

16 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 17:26:27 0
萱野さんは安部政権に反対なんですね?やっぱ朝日ですか

17 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 17:37:00 0
朝日以下

18 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 17:39:45 0
朝日以下とすればサンスポくらい?

19 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 18:19:10 0
東スポ級左翼の時代だから

20 :考える名無しさん:2007/06/09(土) 19:11:50 0
左翼というだけで叩ける安易な時代が到来した
冷戦時代の保守思想もこういう目に遭ってたんだろう



21 :似非民主主義者ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2007/06/10(日) 12:45:57 0 ?2BP(201)
▼米国FBIの言論弾圧を弾劾せよ!                    
 米国民主主義に対して第二次世界大戦の戦後審判とはまったく関係なく、新たな主張を行うことにより危険思想保持者と見なし、記事の削除とアクセス禁止による明らかな言論弾圧を行っている。
 FBIは、沖縄米軍基地における軍事的弊害説、9.11フリーメイソン陰謀説に対する言論弾圧が認められた。
▽民主主義の国民が防衛理念を含む専門知識に基づいて投票することは有り得ない。
 したがって軍事兵器の使用は極めて不明瞭な理由により過ちを繰り返しやすく、軍事的弊害を含んでいると言える。
 イラクの軍事支配という中東の混乱により米軍の軍需産業は事実上沖縄にまでこの軍事的弊害を生じさせたのである。
 一方、1996年8月28日、最高裁は米軍用地の強制使用手続きをめぐる代理署名訴訟で、米軍基地への土地提供を定めた米軍用地特別措置法は憲法に違反しないという判決を下した。
 この米軍用地特別措置法は同盟上の米軍の軍需産業を容認するものであるが、前述した沖縄の軍事的弊害とは、似て異なるものであり、両者を民主主義において憲法上合法とすることは不当な判決であると言わざるを得ない。
▽米国同時多発テロ9.11は、事実上米軍のイラクでの軍事活動を正当化せしめたのであり、数十万の身体障害者を含む戦争犠牲者を齎した。
 そして、ブッシュ政権はイラクの民主化に必要な要件を満たしていないばかりか、フリーメイソンの教義に含まれる虐殺思想の終端と軍事経済破綻を防ぐべく水面下での隠蔽工作をしたかの如き示唆を繰り返しているのである。
 なぜならば、米国の権威は少数民族を虐殺したことにより維持されてきたからであり、この戦争利権を維持するために大規模なテロ事件を通じて米国民を洗脳する必要があったと言えるからである。
 つまり、戦争の可否は国民洗脳により誘導された似非民主主義的な判断に基づくものである。

22 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 16:58:35 0
いつも拝読しています。
>逮捕というかたちで強制的に人間の身体を拘束できるのは国家だけだし、・・・
どうでしょう。刑事訴訟法213条および214条に、「現行犯逮捕」と
「私人による現行犯逮捕と被逮捕者の引渡し」がありますし。電車の中での痴漢を、
乗客が取り押さえるとかいうアレですね。特に「市民逮捕権」という言葉も使われるようです。
もちろん、あくまで他ならぬ国家がそれを許しているという点がポイントだという
主張がなされるのであれば、議論の大筋とはむしろ整合的だと言えるかもしれませんが、
一方でこれは国家が許すとか許さないとかいう問題ではなく、もともとの市民の権利を
刑訴法上で確認しているだけだとも言えるかもしれませんし。
いずれにしろ、上の文章は不適切になるのではしょうか。
 ぼくも詳しくはないので、ご参考までに。



23 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 16:59:51 0
やはり萱ノンはこういうことには詰めが甘いのだなあ

24 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 18:34:56 O
くだらないツッコミだなぁ

25 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 19:19:05 0
>>14

ドゥルーズは昔、ガタリと『アンチ・オイディプス』で欲望の哲学を展開していた頃、

「そんな抽象的なことをなぜお前らはなぜ問題にするのか。今日の被抑圧者は、現に解放を叫んで悲鳴をあげているではない
か。欲望と言うならそんな人たちの欲望を問題にすべきだろう」と雑誌で散々批判された。でもって、それに答えて、

「誰だって、首を絞められたら『はなしてくれ!』って言うだろう。そんなのは当たり前だ。
 しかし、欲望の問題をそういう自明のレベルに還元していては、欲望の本態について、何の洞察も進まない」

って言った。

彼らは「哲学」をやっているんだから当然の発言だ。目に見える現象だけでなく、対象の最も深いレベルまで洞察しないで、
何が哲学かと。

ところで萱野は、例の本の6ページで、ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を引きつつ、
国家を暴力に関わる運動であるとする自分の試みを「哲学的」だと言ってるよな。

しかし、12ページになるととたんに腰砕けになって、自分は「物理的な暴力しか問題にしない」と言い放つ。

ドゥルーズとガタリは、その同じ本の中で、哲学者という人たちが何を言ったかではなく、どこで分析をやめたか、どこで立
ち止まったかを問題にすべきだ、なぜなら、その背後に、その哲学者たちが問題にしたくかったこと、問題にできなかったこ
とが横たわっているからだと言っている。つまり立ち止まって振り向いたその背後にこそ、問うべき問題があるのだと。

あんたの暴力論が排除した「外部」にこそ、問うべき問題があるんじゃねーの? とずっと前に言われているんだよ、あんた
が読んでいるらしい(本当に読んでる?)その本の中に。

嗚呼、哲学者にも政治学者にもなれない、中途半端な「理論(?)家」の萱ノンちゃんに同情するよ。

俺もそうだから(w

26 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 19:49:27 0
>>25
同情じゃなくて嫉妬だろ
あんたは萱野を批判するにはちょっと頭悪すぎかと

27 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 19:52:55 0
嫉妬だけでこんな論理的な文章書けないよ
本当に同情しているよ

28 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 20:01:55 0
「頭悪すぎ」=自分には理解できないか反論もできないが、言われるとむしょうに悔しい発言に対して使われる2ch用語の一種
ちなみにこの「頭悪すぎ」発言をした者が、発言された者より頭が良いことを発言で明白に立証することは、皆無か、極めてまれ

1999年版2ch用語集より

29 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 22:42:23 0
25=27=28
こいつイタすぎ


30 :考える名無しさん:2007/06/10(日) 22:59:30 0
もともと萱野ってのは、こないだの朝日で喋ってる程度の当たり前のことしか言えない人だから、
理論がどうとかあまりムキになるほどの相手でもないかと

31 :28:2007/06/10(日) 23:25:06 0
「イタすぎ」も以下同文

ちなみに俺は25でも27でもない

32 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 00:55:59 0
  

33 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 01:00:16 0
朝日でしゃべったって、何しゃべったの?

34 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 01:34:18 0
朝日カルチャーセンターで東浩紀と対談

35 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 01:54:59 0
>>25
言いたいことは分かるけど、だからって通俗的な意味での暴力を問う必要がないということにはならないと思うのね。
特にいわゆる現代思想業界は君が言うような意味での暴力の話に針が振れ過ぎて現実との接点をまったく失ってるから、
萱野みたいな話も(きわめて刺激的とは思わないが)あながち無意味ではないと思うけど。

36 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 02:48:08 0
>>34
いや、それはわかってるから、そこで何をしゃべったのか教えてよ
最近、イベント報告レポってはやらんなー

37 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 02:57:07 0
ところで萱ノンの理論に粘着する>>25は、ブログの中の人ですね?

38 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 06:29:02 0
イタリアやアメリカでは、国家が暴力を放置しているって聞きますよね
マフィア同士の闘いなんか、人が殺されてもやらせておけって感じで介入しない(できない?)とか
つーか、国家がやめろって脅しかけても向こうも言うこと聞かないってか
いまはどうか正確には分からないけど、そういう時期があった

国家が法的に正当な暴力の占有機関だという話と、ここらはどう結びつくんでしょうか
国家が法的手段とか強制執行とかという手段に訴えずもせず、国内の暴力を完全にコントロール
できない事態もあるってことでしょうか?


39 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 06:56:47 0
日本だって、過激派が内ゲバやってても、放っておくよ

40 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 12:45:25 0
>>36
http://d.hatena.ne.jp/payumu/20070602

41 :考える名無しさん:2007/06/11(月) 16:12:17 O
イタリアの経済は地下産業のおかげで成り立ってるんですよ。

42 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 00:28:45 0
コミュニティの名前 ☆津田塾1年14組 萱野ゼミ☆
開設日 2007年06月05日 

カテゴリ サークル、ゼミ
メンバー数 6人
参加条件と公開レベル 管理人の承認が必要(非公開)

コミュニティの説明

うちらの仲をますます深めるコミュニティ
このゼミに所属している人はだれでも
参加できますっ!
一緒に楽しみましょ♪
要望等があったら、私にメッセージください!
あと、勝手ににトピックとかたてていいよ〜。
*そのうち名前変えます〜、ふふふ。


43 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 00:45:03 0
>>25
なんだよ「外部」てw

44 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 00:54:15 0
津田塾って、一年からゼミやってんの?
すげえなw

45 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 01:55:41 0
>>43
バカはほっとけばいいだろ
スピノザくらい嫁て感じではあるけど

46 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 02:14:15 0
たしかに「外部」とか言えばいいと思ってるバカって多いね

47 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 02:21:46 0
>>33 ttp://blog.moura.jp/geetstate/2007/06/post_406f.html
東によると、
「つい先日(6月2日)、MouRaの別の場所で連載を展開中の、
政治哲学者の萱野稔人さんと朝日カルチャーセンター新宿教室で
対談を行ってきました。テーマは「国家と自由」。
 これがけっこう出色の出来だったんだけど、
どこか活字にしないもんでしょうか。
この対談と『東京から考える』をあわせてよむと、
東浩紀がリバタリアンで、萱野稔人がコミュニタリアンで、
北田暁大がポストモダン・リベラルであるという図式が、
かなりはっきりと見えてきます(このレッテルは萱野さんも
北田さんも嫌がるだろうと思うけど、とりあえずは)。
とりあえず萱野さんとは仲良くなりました。
午前7時の歌舞伎町での出来事は忘れられません」

意外と二人は仲良しなんですね。
午前7時の歌舞伎町での出来事っていうのも気になる。

48 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 03:39:18 0
歌舞伎町から考える
萱野稔人×東浩紀


49 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 07:11:50 0
25の「外部」ってのは、萱野が意図的に分析の対象にしないといっ
た、物理的暴力以外の部分に決まってるだろが。
目でも見えない、痛くもない、殺されもしないし、機動隊や警察に
殴られたり、ムショにもぶち込まれたりもしないけど、
働いている力。

フーコーだのドゥルーズだのは、そっちの力の<効果>として萱野
の分析したような目に見える暴力が現れるって現象を
分析してんのに。25は、分析を、途中から始めるなって言っている
んだろ。別に変だな主張だとは思わんが。

それから余談だが、上の方で、ドゥルーズがソシュールを継承して
いるとかいないとか議論されてるが、
ドゥルーズはソシュールをちゃんと読んでいるよ。『差異と反復』
でも『アンチオイディプス』でも。
『差異と反復』の最後の表も見てみ。
ただ批判しているほうが言うみたいに、「受け継いで」はいないよ、
「踏まえている」だけ。


50 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 07:52:15 0
>>49=25
見苦しいなぁ、他人の振りして自己弁護するのは

51 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 08:51:30 0
他人のふりなんかしてねーよ。自分の主張がそんなに変か? って言ってるだけだろ。
ソシュール云々は、知らねー奴にてこ入れちまったが。

それより、あんた、ちゃんと反論してよ。


52 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 09:13:23 0
http://d.hatena.ne.jp/innhatrang/20070608#p1
これ>>51だろ?一所懸命、萱野のあらさがししてご苦労なこってす。カッコワルwwwwww

53 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 09:35:16 0
51だが、52見たけど、こいつきっと俺より頭いいわ。俺にはここま
で明晰に分析できん。

このスレは、2になってから、まともな反論もできずに、萱野の理論にちっとでも異を唱える者をつるし上げるスレになったんかい。

萱野なんか理論で勝負してんだから、理論で闘えっての。
批判が「あらさがし」とかレッテル貼られるようになっちゃ、
もはや信者の親睦会と思われても仕方ねえ。

どんな集団であれそういうのは反吐が出る。
今夜からDスレに戻る、今日はこれから仕事だし。

54 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 11:52:26 0
>>49
>そっちの力の<効果>として萱野の分析したような目に見える暴力が現れるって現象を
>分析してんのに。25は、分析を、途中から始めるなって言っている
>んだろ。別に変だな主張だとは思わんが。

そもそも、そういう前提を取らねばならない必然性があるのかどうかってことだと思う。
つまり、目に見えない暴力のほうがカテゴリとして根源的であって、目に見える暴力はそれの「効果」としてそれに解消されてしまう、っていう前提ですが。
別にD/Gを引いてるからってそれに全面的に従わなきゃならないわけでもない。

ちなみに>>52>>49=>>51とは別人だろうが、
なんか微妙に的外れな気がする。ヒマだったらコメントする。

55 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 12:14:29 0
高度に技巧的で、現実の分析には使い物にならない政治論の流行に抵抗しているわけよ、萱野は。
だから、あえて直感的に解りやすい暴力論を前面に出して、現実の政権とか国際経済の分析を、
新聞とかテレビとかブログとかでいわゆる哲学プロパー以外の一般人にむかって語ってるわけ。
そこにむかって、やれ理論的に不十分だとかどうのこうのとつっこむのは、まあそうするのは勝手だけど、
萱野にとってはまた抵抗勢力がほざいているなという程度のもので、痛くもかゆくもないのだよ。
萱野にとって理論はにのつぎ。わかったかね、ナイーブくん。

56 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 12:25:56 0
>>55
ずれてるな。
高度に技巧的な理論家なんて今や存在しないでしょ。
理論不在の時代だからこそ、今こそ理論が必要だと
主張してうって出てきたのが、萱野なわけ。
完全に誤解してるよ。

57 :考える名無しさん:2007/06/12(火) 13:11:46 0
>理論不在の時代だからこそ、今こそ理論が必要だと
>主張してうって出てきたのが、萱野なわけ。
だーれがそんなこといったんだw

58 :考える名無しさん:2007/06/13(水) 12:31:34 0
>>56が正しい。
理論理論言ってるのは萱野。

59 :考える名無しさん:2007/06/13(水) 17:38:12 0
おまいら本当に哲オタだな。そんなに萱野の理論のあら捜しをして何か生産性があるのか?

60 :考える名無しさん:2007/06/13(水) 19:13:02 0
っつうか、ここにある萱野批判ってどれもぜんぜん批判になってねーよ
批判はいいけど、もう少しまともな批判しろや
こっちだってそういうの見たいし

61 :☆津田塾1年14組 萱野ゼミ☆:2007/06/13(水) 19:57:13 0
コミュニティの説明

うちらの仲をますます深めるコミュニティ
このゼミに所属している人はだれでも
参加できますっ!
一緒に楽しみましょ♪
要望等があったら、私にメッセージください!
あと、勝手ににトピックとかたてていいよ〜。
*そのうち名前変えます〜、ふふふ。


62 :考える名無しさん:2007/06/14(木) 07:39:25 0
>>25>>49は批判になってるよ

63 :考える名無しさん:2007/06/14(木) 11:23:48 0
いや、それは相当レベルの低い言いがかりだろ
萱野は物理的暴力の背後にある力をそれなりに論じてるじゃん
よく読めよ
物理的暴力っていうことにみんな引っ張られすぎ
そんなの議論の入り口にすぎないだろ

64 :考える名無しさん:2007/06/14(木) 13:02:45 0
だから物理的暴力とその背後にある力を「それなりに」論じるのが理論といえるのかっつーの

65 :考える名無しさん:2007/06/14(木) 14:46:52 0
低レベルな争いだなw

66 :考える名無しさん:2007/06/14(木) 22:53:01 0
>>63
いや逆。暴力のフィジカルな側面をそろそろちゃんと論じましょうよ、ってのがライトモチーフでしょ。
ってか「それなり」ってたとえばどこ? ページ指定してくれれば自分で読むから教えてくれ

67 :考える名無しさん:2007/06/15(金) 03:59:11 0
ドゥルーズ世代よりは、ネグリとかハートに近い問題意識だろう
浅田彰あたりから見たら後退していると感じられるのは間違いない

68 :考える名無しさん:2007/06/15(金) 11:18:46 0
批判はもうかなり前スレに出ているような。

【ちから】萱野稔人『国家とはなにか』【スピノザ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1124082779/


69 :考える名無しさん:2007/06/15(金) 13:39:09 0
よくそれはガイシュツとか過去ログよめとかいうやつがいるが、それでいいなら2chなどひつようないのだよ。
延々とおなじことを反復するのが2chであり、それによってスレが伸びる。まあドゥルーズ的なんだな。
ということで、>>68は前スレの内容を100字以内で簡潔に要約せよ。そしたらオレが同じことを言い換えて繰り返してやる。

70 :考える名無しさん:2007/06/15(金) 13:42:57 0
>>69は前スレの話をするのであれば、その前に、
>>25>>49>>52のリンク先の批判に答えるべき。

71 :考える名無しさん:2007/06/15(金) 13:50:33 0
あほか、なんでオレが萱野批判に応答せにゃならんのだ

72 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 01:16:40 0
物理的暴力の背後にある力とかいってる奴がいるけど、
物理的暴力についてこの人はどこまでわかってんのかね
物理的暴力を論じることが理論にならないとでも?

73 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 03:14:58 0
>>70

>>52は長いから読んでないけど、>>25>>49は批判じゃなくて単なる言いがかりでしょ。
言いがかりという言葉が悪ければ、ないものねだりというか、
前提の違いというか。
「Aについては問題にしない」って言ってる人に対して「Aについて問われてない」って言ったってねえ。
(Aはこの場合、フィジカルな暴力の外部なり背後なりにある暴力)

74 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 09:01:36 0
さすがにそれでは反論になっていないと思うよ

75 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 11:44:44 0
いや、そもそも>>25>>49が批判になってないという前提なので、
別に反論したつもりもありません。

76 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 11:55:29 0
批判になるだろ
元々D&Gの解説者として現れてきたんだし

77 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 12:49:05 0
DGを引用したりDGを解説したりしたら、
自著においてもDGに全面的に従わなくてはいけないと?

78 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:17:16 0
従わなくていいけど、
まるでなかったかのように議論が単純化しているのは問題だと思う


79 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:25:56 0
単純化してないと思うけどなあ
むしろエッセンスをうまく抽出してると思うけどね


80 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:30:18 0
だから萱さんを理論的にどうのこうのいっても仕方ないっていってるじゃん
萱さんはそのパフォーマンスにおいて評価するべき
萱さんはあずまんと仲良くなったんだろ?
ふたりとも根っこはいっしょ。あずまんがエロゲを論じるように萱さんは
国家を論じているわけ
どっちかといえば、浅田の系譜よりは、中沢新一の系譜に属するんだよ、ふたりとも

81 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:35:00 0
>>78
どこがどう単純化されてるのか具体的によろ
ってか単純化でもエッセンス抽出でもなくて、
このひとはDGとは別の問題に焦点化してるっていうべきだと思う。

82 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:37:23 0
中沢が密教について論じたのをマジにうけて、オウムがあんなことになっても
中沢自身は、公的には反省したようなそぶりをしてみせたけど、実際には何も
かわってないでしょ、アースダイバーとか、相変わらずむちゃくちゃなこと書いてる
でも、ああ中沢がまたいってるなーと適当に受け流すのが正しい読み方であって
中沢すげーよとマジに受けるのも、中沢間違ってるとマジに反論するのも
オウムと同じレベルだよ
同様に萱さんの国家論をマジにうけるのは、アホのすることです

83 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 15:37:47 0
>>73
>「Aについては問題にしない」って言ってる人に対して
>「Aについて問われてない」って言ったってねえ

>>25>>49みたが、あの本がD&Gを論じたり
暴力の理論書をうたっておきながら、
「Aについては問題にしない」という前提は、
おかしいんじゃないか、という主張だから、
批判にはなってるよ。

>(Aはこの場合、フィジカルな暴力の外部なり背後なりに
>ある暴力)

>>25の言うように、D&Gは確かにこの「A」を本質問題
として問うていてるのだから、それを無視してD&Gもって
くるのはおかしいという話。

84 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 16:11:35 0
ドルチェ&ガッバーナ

85 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 16:15:00 0
>>83>>25は同一人物

86 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 16:36:41 0
>>83
>>77

87 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 17:38:30 0
そうそう、>>25>>77は俺、ついでに>>85>>86も俺
ちなみにこのスレの80%は俺、前スレは98%が俺で残りが萱野本人

88 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 18:26:06 0
オレオレ哲学


89 :考える名無しさん:2007/06/16(土) 22:09:46 0
>>87
これは明らかなオレオレ詐欺だな

90 :考える名無しさん:2007/06/17(日) 00:44:37 0
まあバレバレとは思うが確認しておくなら、>>87->>89も俺のジエン

91 :考える名無しさん:2007/06/18(月) 13:16:42 0
あー
2ちゃんのある一面での限界を感じる流れ

92 :考える名無しさん:2007/06/18(月) 14:55:07 0
あなたの考える限界のない2ちゃんというものを語ってもらおうか

93 :考える名無しさん:2007/06/20(水) 04:38:08 0
>>83
暴力の理論書になってるじゃん

94 :考える名無しさん:2007/06/20(水) 10:29:44 0
>>25>>49への反論きぼん

95 :考える名無しさん:2007/06/20(水) 14:41:31 0
勘違いされているようだが、萱野は決して「物理的暴力」だけを論じているわけではない。
フーコー以降、目に見えない権力(>>49のいう「外部」がこれに相当する)ばかり問題視する論調がめにつくなかで、
ともすれば国家は実体のないものとして扱われる傾向にある。萱野の問題設定はこうした論調への抵抗としてある。
だから何も国家の成立に際して「物理的暴力」がすべてであるといっているわけではない。

96 :考える名無しさん:2007/06/20(水) 21:23:37 0
>>94

>>73>>77>>81のほかに言うことはありません

97 :考える名無しさん:2007/06/21(木) 01:57:39 0
>>95に同意

98 :考える名無しさん:2007/06/21(木) 03:34:04 0
君達よりも善良な「素質」を持っているよ、

 才 能 も 生 ま れ つ き だ ろ う ね
 
 君 達 全 員 が 束 に な っ て も 勝 て な い
 
 更 に 強 烈 な パ ワ ー も ね

そして君よりも精神的な努力をしているだろうね
このスレに歓迎するかこのスレを下と覩るのかは
その人の次元ですよ
ここにはまごころも良心も優しさも欠けているけど
その現実からは現実逃避でしょう

どちらかというと煽り調のほうが理知的でない人にも理解しやすいんだろう
初めて「思想」というものに触れられるきっかけになってよかったですよ。いいスレです。
内容は思想でもなんでもないんですけどね。
関係ないけど源氏物語を勧めたいです。理知的でなくても読めます。
貪瞋痴で滅んでない繊細な感性が必要ですが。
主語のない文章だけど、当時の人はそれが当たり前に読めていたという。
あの「もののあはれ」は今の人には解せないものかもしれませんね。
主語がなくても空気で読めた先人たち。論理的でないと来たしてしまう者たち。

by piero


99 :考える名無しさん:2007/06/21(木) 05:22:45 0
うんちくん

100 :考える名無しさん:2007/06/23(土) 03:22:03 0
>>95
だからそういう周囲の論調への配慮が立ち位置系だっていってるの。
目に見えない権力ばかりが語られるから物理的暴力を前面に出しているというのはそのとおりだと思うよ。
それなら何年か後に物理的暴力について語るのが主流になったら、今度は目に見えない権力論を
語り始めるってことでしょ。
要するに、周りと違うことを言って自分を際立たせようとしているだけ、萱野は。

101 :考える名無しさん:2007/06/23(土) 11:16:20 0
ルックスのおかげで立ち位置系に見られないというメリットは大きい

102 :考える名無しさん:2007/06/23(土) 18:56:45 0
>>100
>何年か後に物理的暴力について語るのが主流になったら、今度は目に見えない権力論を
語り始めるってことでしょ

そういう無根拠な予断は要らない。
そもそも他人の論調との関係付けをどう考えるかなんて論文なり批評なり書く人なら誰でもするでしょ。

103 :考える名無しさん:2007/06/23(土) 20:23:53 0
いやあそういう相対化はよくないよ
とにかく萱野さんを盛り立てていこう、という気概は受け取ったけどな

104 :考える名無しさん:2007/06/24(日) 01:26:01 0
相対化?

105 :考える名無しさん:2007/06/24(日) 08:45:28 0
誰でもやってるからという理由で正当化できるなら、無根拠な予断も正当化されるなw

106 :考える名無しさん:2007/06/24(日) 08:59:42 0
意味不明

107 :考える名無しさん:2007/06/24(日) 13:52:17 0
センスないな
萱野が他人の論調に配慮しながら自分の見解を決めているという批判にたいして、
それは誰でもやっていることだ、という理屈で正当化できるというのであれば、
無根拠な予断だって「それは誰でもやっていることだ」として正当化できるだろうということだ

108 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 00:22:59 0
萱野は他人の論調に配慮しながらやってるようには見えないけどな。
批判すべき論調を批判してるだけだろ

109 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 00:24:11 0
>>107
じゃあセンスのない僕がもう少し説明しよう。
「誰でもやること」ってのはおおむね二つの意味に取れる。
つまり、誰でもやるべきだからやっていることと、
誰でもやりがちだけどほんとはやるべきでないことの二つだ。

自分の意見を主張するに当たって既存の見解との関係を考慮に入れる、ってのは前者。
根拠のない予断は後者。

110 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 04:32:45 0
これは>>107より>>109のほうが一つ上手かな

111 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 13:49:14 0
>>102>>100を「無根拠な予断」と批判しつつ、
萱野が他人の論調に配慮していることを「誰でもするでしょ」のひとことで
擁護しているから、そんな擁護なら>>100だって擁護できるといったまで。
はじめから>>109のように、「やるべきことをやっているのだ」という説明をしていれば、
>>107みたいな突っ込みも必要なかったわけだ。

112 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 13:53:08 0
そんなことはどうでもいいことで、萱野が物理的暴力しか問題にしていないという話だろ、もとはといえば。
オレは萱野は立ち位置系だから、いまはそうでも、そのうち世論が変われば逆のことを言うに違いない、
という立ち位置だがね。

113 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 15:51:22 0
>>111
「誰でもする」ってのは「誰でも〔やって然るべきだから〕する」っていう意味で使ったんだが、
まあ言葉が足りなかったかな。いずれにせよ、>>112が言うようにどうでもいい話ではある。

ともかく確認しておくと、
既存の見解との関係を考慮して自分の見解を提示するのはきわめて真っ当なことなので、
それをもって「立ち位置系で無節操で業界ウケばっか狙って云々」とか言うのはまるで意味がないのです。
もちろんこれからあと、論調の変化に従ってくるくる立場を変えたりとかしたら話は別だけど、
ここまでのところは立場はまるっきり一貫してるしね。

114 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 15:54:45 0
>>108
TBSに出たのも至極まっとうなことできっちりとした学術活動といえる
こういう一貫した姿勢が評価されているということがわからないかな・・

115 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 20:09:44 0
114の頑ななまでの無謬論がよくない
新人応援にありがちな行為だけど

116 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 21:09:28 0
萱野が物理的暴力しか問題にしてないっていうのは間違いだろ
萱野を批判するのはいいけど、みんな読む力なさ杉
わかりやすく書いてあるからってなめてるんだろうな


117 :考える名無しさん:2007/06/25(月) 22:05:58 0
萱野は「国家とは何か」と問うて物理的暴力と言ってるんであって、
「暴力とは何か」という問いなら必ずしも物理的暴力にプライオリティーを
置かないだろ。飽く迄も国家を厳密に定義することが前提としてあるわけで。

118 :考える名無しさん:2007/06/26(火) 00:11:20 0
最終的には、萱野本人にしかわからんのだよ
彼の心の中の問題なのさ

119 :考える名無しさん:2007/06/26(火) 00:12:58 0
所詮日本人だからな
あいまいさこそが身上
国家は絶対矛盾的自己同一なのだよ

120 :考える名無しさん:2007/06/26(火) 00:40:46 0
>>116
具体的にどう間違いなのか説明をplz

121 :考える名無しさん:2007/06/27(水) 00:01:07 0
>>117は、いいこと言うと思った



122 :考える名無しさん:2007/06/27(水) 09:08:38 0
>>117
そうか、やっぱり萱野は国家とは物理的暴力だといっているんだな。
つまりフーコー的権力と国家は違うと。

123 :考える名無しさん:2007/06/27(水) 23:48:05 0
>>122
それはちょっと単純化しすぎだよ
「国家とは何か」のなかでフーコー的権力と国家の暴力の関係を論じてるだろ

124 :考える名無しさん:2007/06/28(木) 01:06:42 0
http://d.hatena.ne.jp/massunnk/20070627

125 :考える名無しさん:2007/06/28(木) 02:00:02 0

この方には自分がご奉仕している左翼系出版社の
共産党のお爺様たちと国家の恩恵について対談してほしいな。


126 :考える名無しさん:2007/06/28(木) 06:13:59 0
>>125
頼めばやってくれると思うけどな
おまえ頼め

127 :考える名無しさん:2007/06/28(木) 08:26:28 0
>>124はお前の見解はいいから、東萱野対談のレポしてくれ

128 :massunnk:2007/06/28(木) 14:03:42 0
東スレからリンクが貼られてるのかと思ったらこちらからだったようで驚きました。
どなたが貼ってくださったのか分かりませんが、リンク感謝しています。
>127さんの仰るように客観的なレポになってないことお詫びいたします。
いわゆるレポらしい純粋なレポを書く能力と気力が欠けているためあのような形でしか表現できませんでした。
萱野さんは朝カルのシリーズ形式で対談されているので、それらが本にまとめられる可能性もあります。
そこらへんに期待するか、あるいは友人づてに録音データを頂き、実際に聞いてみるのが会場の熱気を知る分にはいいかと思います。
長文失礼しました。いち萱野ファンとして書き込ませていただきます。

129 :考える名無しさん:2007/06/29(金) 09:18:59 0
こちらこそ勝手なことを書いて失礼いたしました。おなじくいち萱野ファンとして
いっしょに頑張りましょうね。なんてブログのコメント欄的なカキコかしら。

130 :考える名無しさん:2007/06/29(金) 09:31:13 0
どうでもいいけど、赤木とかいうやつに反応している時点でそいつはアホ

131 :考える名無しさん:2007/06/29(金) 19:35:20 0
萱野の経済学の知識って、マルクス経済学じゃん。視野狭いな。
萱野にとって「法」イコール「制定法」らしい。法学の基礎も知らない。

ちょっとはマジメに勉強してからモノを語って欲しい。

132 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 08:02:13 0
萱野って、暴力という訳語を用いている時点で終わっている。
日本語で暴力は、不当な実力行使というニュアンスを持つ。既に価値中立ではない。
規範と実証を混同させようとする意図がミエミエ。浅はか。


133 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 08:04:17 0
しかたないよ、法学はすでに図書館情報学に吸収されているからな

134 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 10:09:49 0
↑誤爆?

135 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 11:27:19 0
「おフランスでテツガクやってきました」以上に何のアピールもない、か

136 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 15:33:46 0
そんなことはない
おおやよりはまし

137 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 17:00:26 0
また大屋かw

138 :考える名無しさん:2007/06/30(土) 22:05:21 0
萱野の、国家を当然のごとく擬人化する態度も何だかなぁ?と思う。


139 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 00:12:23 0
>少なくともこの年齢で研究科長補佐を務めている人間を「ただの学者」と
>呼んだら、まあ、笑われるのはそう呼んだ方でしょうな。

大屋ってブログで煽られてこんなこと自分で書いてる
自意識過剰だよ。
詳しくは法学板のおおやすれ参照。

140 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 03:39:12 0
かやのはおおやよりまし、というか、おおやはかやの以下というべきか

141 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 05:37:32 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070701k0000m010052000c.html
現役防衛相みずから自国に落とされた原爆はしょうがなかったという国が、アジア諸国に謝罪するわけがない。
日本にとって、戦争は、単にしょうがなかったのだよ。

142 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 06:39:16 0
あるいみ正しい保守のありかたですな
うちも原爆オッケーにするから従軍慰安婦もオッケーにしてよと

143 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 10:48:03 0
>>138
こういうバカがいると萱野も迷惑だな
国家がどう脱人格化したのかは『国家とは何か』のテーマのはず

144 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 10:51:21 0
いまどき>>132みたいな反応があるのが笑える
暴力っていわれて道徳的に動揺するような脆弱な態度っていかにもヘタレだよな

145 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 18:21:04 0
いや、だからおおやさんにバカとかヘタレという言葉をなげかけても
カラスは黒いというのと同様、単に属性を述べているに過ぎません

146 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 18:28:26 0
http://www.jimbo.tv/
五金スペシャルの更新が遅れているようなので、罪滅ぼしに概要だけ先にお知らせします。

マル激 第326回 5金スペシャル(無料放送)
「右翼も左翼も束になってかかってこい」
ゲスト 小林よしのり氏(漫画家)
萱野稔人氏(津田塾大学准教授)
http://www.videonews.com/

 今年2回目の5金は、ジャーナリズム宣言を残して失踪中(?)の神保哲生抜きで、
マル激司会の宮台真司がふたりのゲストと徹底的に語り合う特別企画をお送りする。
ゲストは、『ゴーマニズム宣言』でおなじみの漫画家小林よしのり、
国家やナショナリズムについて鋭い評論を発表している新進気鋭の哲学者、萱野稔人津田塾大学准教授)の両氏。
 「ワシの本をどう読んだら、『嫌韓流』に向かうのか。ワシは誤解されとるのよ」と勘違い右傾化を嘆く小林氏。
小林氏と同席しただけで「友人の何人かは口を聞いてくれなくなる」と悲壮な決意で参加した萱野氏。
2人のくせ者論客をどのように仕切るか、宮台真司の司会ぶりも要注目。
 「今日は、右も左も切り刻むことになる」と宮台真司が不敵に笑ってスタートした鼎談は、
小林氏の沖縄へのこだわりからはじまり、右派左派の欺瞞から、ナショナリズムと格差社会へと、縦横無尽に広がっていった。

147 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 22:55:06 0
>>143
しつもんれーす。
質問1 きみのいう脱人格化ってなんですか?
質問2 『国家とは何か』のどこをみれば脱人格化が読み取れるのか、具体的な頁を教えてくださいな。

国家は、社会学ではもともと人格化されてないし、法学では今でも人格として扱われている。
なので、きみのいう脱人格化ってのがイメージできない。
まさか、きみが単なるムードとして脱人格とかいってるんじゃないかと思うので、
きみのいう脱人格の定義と、それがどこで書かれているか教えてちょうだいな。

148 :考える名無しさん:2007/07/01(日) 23:24:01 0
>>143 続き
と、皮肉が通じないと困るので念のため書いておくが。
「国家とは何か」の第5章6における「国境と領土による国家の非人格化」などという言説は、
近代の主権国家が擬人化されているという事実に全く気づいていないことを露呈しているのであって、
きみはそれに追随するんじゃあるまいな、という意味を込めているのよ。

むろん国家の擬人化というのは、個人としての人格ではなくて、法人格を有するとみなされていることをいうのよ。
なお、法学上の人格とは、権利義務の主体のことをいうのであって、それ以上の意味があるわけではない。

149 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 00:33:24 0
>近代の主権国家が擬人化されているという事実

しつもんですが、擬人化されている、というのは誰が擬人化し、誰に対して擬人化しているんですか?

150 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 01:04:00 0
>>149
禅問答ではなく文字通りの質問ならばこうお答えする。

殆どの人々の意識の中で国家は擬人化されている。
誰に対してという点では、互いに、というしかない。

まず第一に萱野自身が読者に対して国家を擬人化している。
『国家とはなにか』で冒頭p3からいきなり「国家はただちにその法律違反者を捕まえ、罰しようとするだろう」と書いている。
国家自身が行為をなす意志を有していると、読者に語りかけている。すなわち国家を擬人化している。

法的には、国家は法人格が認められている。
国を訴える原告、その裁判に関与する法曹、それを伝えるマスメディア、ニュースを聞いてへぇと思う人々は皆、国家に法人格を認め、擬人化していることになる。

国際法学上、国家の定義として引き合いに出される「国家の権利義務に関する条約」では、第一条で「人格としての国家は」と始まっている。
この条約に調印した外交官、それを批准した各国政府の諸君、およびそれを是認した各国人民各人は、みんな国家を擬人化したことになる。
これを引き合いに出す教科書の執筆者も、それを読んでナルホドねと思う法学生もみな同じ。

念のためいっとくが、国家を擬人化することがアホなわけじゃないよ。ごく平凡なことだ。
ただ、萱野のように、自分が国家を擬人化していることに気がついていないのは痛すぎる。

151 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 01:11:50 0
>>131
萱野さんが不勉強なのは法学経済学だけじゃないお。
「資本主義公理系」みないな擬似論理学な用語を真に受けて使っているところから分かるように、
論理学の素養にも欠けているお。
哲学博士を称しているのに、論理学の基礎もないとは恥ずかしいねぇ。

152 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 01:30:44 0
法学的なコンテクストを超えても一般的に擬人化されているということですか?

>国を訴える原告、その裁判に関与する法曹、それを伝えるマスメディア、
>ニュースを聞いてへぇと思う人々は皆、国家に法人格を認め、擬人化していることになる

本人が意識していなくても、いわば無意識に国家を擬人化しているということですかね。
まあ、それが妥当かどうかはおくとして、萱野が国家の擬人化を自覚していないということが、
どうして「痛すぎる」のかわかりません。

153 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 01:58:56 0
>>152
萱野は法学的コンテキストとは別に国家を擬人化してますね。
ちょっと珍しいというか、ちょっと恥ずかしい。

国家擬人化の無自覚が「痛すぎる」のは、
まず、国家論においては国家の擬人化され具合が一大イッシューだったから。
古くからの国家有機体説、イェリネックの国家法人説、ケルゼンの擬人化法秩序説。
論者自身が国家を擬人化しても構わんが、そうであればそれを宣言するのがマナー。

それと、自己の国家理解を自覚していない人に国家を論じてもらっても、あまりありがたくない。
統合失調症患者が自己の幻覚について語っているのを聞くのに等しい。

154 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 03:07:22 0
なるほど。
国家を擬人化して論ずる系譜をふまえずに、無自覚に擬人化しているのが問題だということですね。
しかし萱野はともかく、国家は本当に人格なんですか?

155 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 04:40:44 0
>>150
萱野を擁護するわけじゃないが、はっきりいって批判の論点がズレ杉
人々の意識のなかで擬人化されている、なんて問題設定をしりぞけるために、
萱野は脱人格化を国家の存在のレベルで論じてるわけでしょ。



156 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 04:50:21 0
>>154だが、>>155のいってることがよくわからない。

157 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 05:39:56 0
国家に法人格が与えられてることと、萱野の言う国家の脱人格化っていう議論はべつに矛盾しないよ

158 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 06:11:19 0
>>155だが
人々の意識の中で国家が擬人化されているかどうかに関係なく、
国家の存在は脱人格化されてきた、ってことだよ。
それに「国家が擬人化される」ってこと自体、
国家が人格的な存在から脱していなかったらなりたたないことだよね

159 :154:2007/07/02(月) 11:03:29 0
>>158
いわんとすることはわかった。でもそれは>>153の批判への応答としては、ずれているのでは?

160 :155:2007/07/02(月) 15:05:07 0
そうかな。
人々の意識の中で国家が擬人化されているってことを指摘しても、
萱野の理論への批判にはならないってことを俺は言いたかったんだから、
ずれてないと思うけど。

161 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 15:10:48 0
>>146
いま聞き終わった。長かった。宮台しゃべりすぎ。
小林は前半、宮台に意気投合されて調子よかったが、
後半、宮台の病的しゃべりで生返事。
あとひとりホストみたいなかっこうした人が時々はじっこに写っていたけど
あれはタイムキーパーだったのかな。

162 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 15:19:34 0
確かにときどき「あー、ははは、ふんふん」という声を出していたから、
お笑い番組でスタッフの笑い声を入れる演出みたいなやつかな。

163 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 18:41:04 0
そのホストっぽいスタッフさんが
友達をなくすかもしれないと呟いてたが、
オトモダチって誰のことなんだろうね。

164 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 19:55:20 0
>>160
まず第一に萱野が自ら国家を擬人化していることを自覚していない。その時点で「中高校生かお前は」となる。

国家が暴力を「集積し」「所有し」「独占する」という萱野の言説は、みな国家を擬人化するからこそ可能なの。
擬人化されてなかったら意志も行為もないからね。
国家が暴力を独占する、としたら、それには、国家を擬人化するみんなの意識・無意識が大前提になるのよ。
分かりやすく言えばマインドコントロールの一種だね。

物理作用(暴力、強制力)と心理作用(マインドコントロール力、権威)は国家を成り立たせる二大要素。
権力は両者の中間的な概念として整理される。
物理作用だけでは効率性が悪いし、心理作用だけでは実効性が続かないからね。
論者によってはどちらか一方に重点を置くことがあっても、一方を無視することはまずない。

「国家の本質は暴力デス」だなんていう萱野の主張は、政治学の初歩の初歩すら知らない幼稚な議論にみえてしまう。
政治学の基礎をひっくりかえす凄いブレークなのかもしれないが、
もしそうであれば、それが分かるように説得する必要がある。
しかし全然それらしい記述はない。したがって、幼稚すぎる議論だねぇと感じざるを得ない。

165 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 20:16:07 0
>>154
>国家は本当に人格なんですか?

うーん・・・・。。
人格というものは、もとより観念。
みんなが国家に人格を認めるなら人格だろうし、認めなければ人格でないと思います。
国家を直接擬人化するだけが方法じゃないしね。
古くは神意だとか、君主個人の意志だとか、いろんな意志(人格)が使われていますた。最近のトレンドは民意ですかね。国家でなくて国民全体(nation)なるものに人格を認め、その意志を民意(国民の総意)と呼んでるわけ。
まぁ、気持ちの持ちようですな。事実とかいう問題では全然ないと思いますよ。

166 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 21:30:37 0
ドゥルーズ・ガタリって・・・。
この二人の不幸中の幸いは「知の欺瞞」出版前に死んだことですな。
よりによってソーカルに名指しされたドゥルーズ・ガタリを持ち出す萱野先生の蛮勇に脱帽します。

それと。
萱野先生がパリに留学してた期間は存じませんが、パリ界隈でのソーカル事件の影響を教えていただきたい。
過去スレでみましたが、バリバールの弟子なんでしたってね。ソーカルの対象外?

167 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 21:33:33 0
国家の本質が暴力と言ったのはマックス・ウェーバーだっけ?
国家が大好きな左翼系論壇だから相対的に目立つのでは?
そんな論壇をこれからも続けるのはかなり有害だろうけど。

168 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 21:48:17 0
>>167
全面的に意味不明

169 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 22:13:02 0
「国家とはなにか』でヴェーバーに言及するときには「社会学の根本概念」から引用しているが、
肝心の国家の定義だけ不自然に『職業としての政治』から引用している。
なぜか?
岩波文庫版『社会学の根本概念』における国家の定義では、
「強制力」の訳語が用いられており、「暴力」ではないから。
他の訳書や「拙訳」では不自然なので、岩波文庫版『職業としての政治』を使うことにした。ただの講演録なのに。
萱野は暴力って言葉に拘っている、浅はかな印象操作といわれてもしかたがない。

170 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 23:43:39 0
萱野氏は、小林よしのり氏などと同じく、自身をネタとして笑いを取りにいっているのよ。
ドゥルーズ・ガタリを引用するのもネタ。一読してトンデモと分かる代物だもの。

171 :考える名無しさん:2007/07/02(月) 23:44:36 0
萱野氏は、小林よしのり氏などと同じく、自身をネタとして笑いを取りにいっているのよ。
ドゥルーズ・ガタリを引用するのもネタ。一読してトンデモと分かる代物だもの。

172 :sage:2007/07/03(火) 07:25:46 0
>>164
こういうの見ると、読解力ない人たちに
でたらめな批判される萱野にも同情したくなるわな

173 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 07:40:15 0
>>172
解説してくれ

174 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 09:28:38 0
>>172
今の社会科学全般が、
アメリカ特有のヨーロッパ嫌いを反映しているから仕方がない

175 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 12:29:43 0
ちょっとよくわからない。
>>150では、国内法的にも、国際法的にも国家は擬人化されているし、それを是認するということは、
各国人民じしんが国家を擬人化しているということだといってるでしょう?
それが>>165でいわれるように単なる「気持ちの持ちよう」だとすれば、
法の根拠も「気持ちのもちよう」ということにならないですか?
その通りですといわれればそれまでですが。

176 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 15:32:26 0
擬人化がいいか悪いかはともかく、国境がなくなるか否かというエントリに
ついたトラックバックにあるように、国家の概念が曖昧だとは思う。

177 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 15:56:14 0
萱さん大ピンチだな
そろそろ降臨して反論しろ

178 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 15:59:41 0
萱さんの問題は、理論派だと思われていることだな
これが東とかならいい加減なこといっても、また適当なこといってら、とスルーしてもらえるのだが

179 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 20:00:23 0
>>175
法の存立基盤は「気持ちのもちよう」とサンクション、って、基礎法学とか法哲学の教科書の最初の方に書いてありますぜ。
本によっては、「法は規範の一種にして、当為に関する社会意識を基礎として云々」ってゆうような感じで、分かりにくく書いてあるやつもあるけどね。

180 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 20:04:50 0
>>173
ご批判は歓迎しますが、批判のポイントを具体的に書いていただけないと反論できません。

>>174
そのレス、ソーカルに寄せられた批判のパロディですね。

181 :考える名無しさん:2007/07/03(火) 23:55:27 0
>>180
分析哲学者の「フランス」に対する反感って、
最終的にはその程度のものだろ
ドイツ系哲学とは和解可能だし
(ていうかフレーゲとヴィトゲンシュタインがいなかったら、
 "Analytical tradition"なんて糞でしかない)

182 :180:2007/07/04(水) 00:28:43 0
えっと・・・ アンカーミスしました。
>>180の前半は>>173さんへのレスではありません。
正しくは>>172さんへのレスです。
すなわち、

>>172
ご批判は歓迎しますが、批判のポイントを具体的に書いていただけないと反論できません。

183 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 00:38:47 0
>>181
すみません。レスのご趣旨が分かりません。
ソーカルは物理学者ですし・・・。

184 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 00:53:14 0
萱野さんは、頭は切れるし、文章も読みやすい、顔もいいので、
非常に期待しているのですが、目指しているところがよく分からんのです。
(1)社会・経済・国家について真面目に考えようとする
(2)ポストモダンの末裔として国家で言葉遊びする
どっちなのでしょうか?

185 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 03:37:59 0
>>184
(1)だよ

186 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 15:12:20 0
全スレ読んで
おまえらの萱野に対する嫉妬心だけはよくわかったよ。


187 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 15:16:09 0
萱野の本買お

188 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 19:34:07 0
>>185
ならば、言葉遊び系ポストモダン(っていうの?)とは、さっさと決別して、新たに勉強を始めてはいかがでしょうか?
経済学や法学の基礎(ごく普通のアカデミズムの基礎)は必要でしょうね。
まだ若いんだし、今までの枠組みに閉じ篭る必要は全然ないと思われます。
これまで培ってきた知識も、新分野で得られた知識と結合すれば、無駄にはなりますまい。

189 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 19:35:03 0
>>186
嫉妬もしてるし、期待もしてるよ〜

190 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 21:25:12 0
うざいな大屋

191 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 21:49:55 0
大屋って、過去レスにあった人でしょ?
その人と何かあったの?

192 :考える名無しさん:2007/07/04(水) 21:50:39 0
>>185
本人?

193 :考える名無しさん:2007/07/05(木) 04:39:28 0
おおやはわりとかやのに似ている、考えかたとか文体とか
顔は似ても似つかないが

194 :考える名無しさん:2007/07/05(木) 10:14:57 0
>>193
お前大丈夫か?
考えかたも文体も正反対だろ?
おおやは発想が官僚的で文体も法学部的な
韜晦が露骨だが、萱野にはそういうところは
全然ない。


195 :考える名無しさん:2007/07/05(木) 10:55:37 0
ねえママ、「韜晦」ってどうよむの?

196 :考える名無しさん:2007/07/05(木) 14:06:42 0
ふ ま って読むのよ

197 :考える名無しさん:2007/07/05(木) 22:10:09 0
韜晦地方、JR韜晦。日本海を指す朝鮮語。

198 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 08:41:27 0
>>192
俺だよ

199 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 09:02:21 0
なんか萱野には、しりすぼみ感が漂いつつあるな。
書く本、言う事、全部一本調子で、ブレがないといえば聞こえがいいが、
同じ内容の繰り返しで、正直、食傷気味。
理論は単調、状況分析も一面的(ブログで細かい事実認識の誤りをつついている
ヤツがいるが、そういうツッコミを許してしまうのも脇が甘い証拠)、
ついでに話題の赤木に若手サヨクっぽく「「気分は戦争」は社会承認の問題」といって
いかにも理解を示したつもりなのに、赤木自身に「いや、金の問題」
ときりかえされてしまう。
柄谷の後釜っぽく華々しく登場した割には、すでに論壇のオミソの気配ですな。

200 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 10:49:53 0
>>188がいったい誰と会話してるのかが不明な件について

201 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 12:10:42 0
鈍いやつだな。名古屋大学法学法学部研究科殉教授の大屋雄裕さんが、
津田塾大学国際関係学科殉教授の萱野稔人さんにむけてインターネット上の
某巨大匿名掲示板を介して発信した電波だから気にするな。

202 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 12:15:54 0
>>201
わぉっっ
そんな実名まで醸しちゃってwww
その某巨大匿名掲示板はどこですか?見てみたいっすww

203 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 12:27:09 0
>>そんな実名まで醸しちゃってwww

かわいそうなおおや・・・

204 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 12:36:57 0
・・・でしょうな
・・・ですな
・・・ですけど、はい。
・・・ますまい。
という言葉を小耳に挟んだら、そこには奴がいる。

205 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 20:08:11 0
大屋って人? 有名人でわ全然ないでしょう。
萱野批判すると即大屋って決め付けるのも、特定個人の経験に根ざしているようで、
なんだかなぁ、という感じですな。


206 :考える名無しさん:2007/07/06(金) 23:19:06 0
「権力と正義」 萱野稔人 × 北田暁大
2007年7月27日(金)18:00〜
会場:ジュンク堂書店 新宿店8F喫茶にて
ttp://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk-shinjyuku.html#20070727shinjyuku

207 :考える名無しさん:2007/07/07(土) 05:31:40 0
あずまんに続いてきたdか。
論壇としては、東、北田、萱野の同世代3人組としてプロデュースしたいわけですな。
だれかこの3人にいい名前をつけてやってくれ。
東大3羽ガラス、ニューアカ2、ネオポモトリオ、略してネオポ

208 :考える名無しさん:2007/07/07(土) 08:38:46 0
萱野って東大なの? てっきり早稲田だったかと。
著者略歴には日本での出身大学書いてないよね。
お受験失敗コンプレックスの表れかと思ってたYO

209 :考える名無しさん:2007/07/07(土) 14:33:01 0
萱野は早稲田でしょ。ちょっと前まで東大の研究員やってたから勘違いしてるんじゃないの。

210 :考える名無しさん:2007/07/08(日) 16:01:29 0
しかしなんで早稲田卒って書かないんだろうね。
新著『権力の読みかた――状況と理論』では書いてるのかな。

211 :考える名無しさん:2007/07/08(日) 16:12:05 0
>>206
工夫すれば時間があう。覗いてみようかな。

権力と正義か。。。
ここ数十年の傾向からいえば、
・権力論ではゲーム論、
・正義論はやっぱりロールズ、
と相場が決まってるわけだが。
こうした傾向を肯定するにせよ否定するにせよ、なにがしか言及するのが普通の知的態度だわね。
それともやはりポモに終始しちゃうのかな。ポモなんてマス向けの消費財であって、賞味期限はとっくに切れているのにな。

212 :考える名無しさん:2007/07/09(月) 12:33:16 0
権力の読みかた
状況と理論

萱野 稔人 著  
200707刊/4-6判/216頁
定価1995 円(本体1800 円)
ISBN978-4-7917-6343-6

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%B8%A2%CE%CF%A4%CE%C6%C9%A4%DF%A4%AB%A4%BF

目次も出てるね。なかなか面白そうだ。

213 :考える名無しさん:2007/07/09(月) 19:27:58 0
やっぱポモ専?

214 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 07:04:54 0
>>207
北田はポストモダンじゃないし
いい名称ねえかな

215 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 08:02:14 0
×北田はポストモダンじゃないし
○北田は俺嫌いじゃないし
好きに呼びたまえ

216 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 12:16:03 0
>>207
やっぱ何トカ王子とかじゃね?

217 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 12:19:24 0
>>207
考えた

「P21スペシャル」

東(ヒロミ)、萱野(デビット伊東)、ミスターちん(北田)
PはポモのPな



218 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 16:51:34 0
古っ

219 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 17:05:07 0
三人の共通点は言葉遊びだな。
言葉→言霊→タマ
遊び→弄び(モテアソビ)→弄り(イジリ)
と変化させて

 タマイジリ

ってのはどうだ?
肝心のサオでなくてタマをイジルところがミソだ。

220 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 18:14:25 0
>>218
古いのか。じゃあ

「Pちゃん(ピーちゃん)」

PはポモのPな、ポンキッキーズじゃないよ

それか「ポスト赤信号」だな
コント赤信号じゃないよ
「赤」を「アカ」にかけてるところミソだ

略して「ポスアカ」

221 :考える名無しさん:2007/07/10(火) 18:22:13 0
>>207
それなんて天下3分の計?

孔明の罠(ry

222 :考える名無しさん:2007/07/11(水) 06:35:15 0
>>220
おまえのセンスには俺と同世代感がにおう

223 :考える名無しさん:2007/07/11(水) 18:49:11 0
>>222
70年代生まれ?だせぇwww

3人組と言えばキャッツアイだ











224 :考える名無しさん:2007/07/11(水) 21:25:29 0
70年代生まれで3人組といえば、
タイムボカンシリーズの三悪だろ。
一人は女装な。

225 :考える名無しさん:2007/07/11(水) 21:51:18 0
サンバルカンのことも思い出してあげてください

226 :考える名無しさん:2007/07/11(水) 22:53:15 0
>>224
かやのんの女装(おえぇ

>>225
思い出した。ナツカシス

ところで萱野vs東の対談どこかで読める?

227 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 08:11:48 0
昔、萱野はサングラスかけていたけど、あれはなんだったの

228 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 08:58:39 0
プライベート用

229 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 09:21:17 0
>>217以降
笑った
おまえらみんな古いんだなぁ
どんな世代のやつが萱野にからみたいのかよくわかったよ

230 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 11:30:06 0
>>227いまでもかけてるよ

231 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 16:44:47 0
>>227
ナルシズム以外の何物でもないよな

232 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 18:49:10 0
サングラスをかけている人は本当は気が弱い

233 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 19:19:15 0
サングラスかけてる画像ってどこかで見られる?

234 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 19:22:47 0
tp://www.zenya.org/magazine/tachiyomi/7goutachiyomi.html

235 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 19:26:24 0
>>234
ありがとう!

うさんくせぇーw

236 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 19:43:34 0
それが売りだからw

237 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 22:54:50 0
どうみてもVシネです。ほんt

238 :考える名無しさん:2007/07/12(木) 23:17:04 0
Vシネ!w確かに
生で見てみみたい

239 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 08:27:32 0
あれはサングラスじゃなくて眼鏡らしい

240 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 09:10:39 0
色眼鏡か

241 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 09:20:39 0
東もデブじゃなくてふっくら。

242 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 13:43:08 0
>>238
>>206見れ

>>241
東スレにカエレ

243 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 14:28:52 0
で、新著はどうなの?

244 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 14:35:58 0
地方に住んでるから行けない

新著は現代思想の過去の論文を並べただけらしいよ
書き下ろしは最初だけだって

245 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 18:32:21 0
>>242
238じゃないが、今見たらもう満席><

萱野の真ん前にサングラスかけて座ってみたかった

246 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 18:42:01 0
もう予約満席か。人気あるんだな。

247 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 20:33:22 0
2週間前ですでに予約満席はすげえな

248 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 20:36:59 0
イケメンはやっぱ違うよな

249 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 21:55:46 0
>>244現代思想以外の論文も入ってるぞ
まとめて読めるのはうれしい

250 :考える名無しさん:2007/07/13(金) 22:01:22 0
そっか、じゃー買おうかな

251 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 04:31:33 0
仕方がないけど、こういったイベントがあるたび地方の文化的な格差wを感じる。
東京に居たころは恵まれてたんだな・・・
ネットがあるからまだマシかもしれないけど。

252 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 06:10:07 0
おたくどこ住んでんの?

253 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 14:06:45 0
>>251
ネット、と、ジャスコ、を入れ替えて読んだ。頷いた。

254 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 17:02:02 0
ジャスコって本屋あったっけ?

255 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 17:05:26 0
>>254
ジャスコをなめんなよ。

たいていのジャスコにはあるよ!!

256 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 17:07:28 0
あ、古いジャスコにはないかも。
行くまえにネットで確認してくらさい。m(_ _)m

257 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 19:28:54 0
ジャスコの本屋に哲学書おいてるのか?

258 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 19:59:35 0
労働の現在 
講師: 東大准教授 本田 由紀 (ほんだ・ゆき)
  津田塾大准教授 萱野 稔人 (かやの・としひと)

講座の内容:
「フリーターやニートが増加したのは若者の働く意欲が低下したからだ」、と
しばしば言われます。しかし現実には、規制緩和をつうじて、働く者の意欲に
関係なく労働市場の自由化・流動化がおしすすめられてきました。これによっ
て非正規雇用は増大し、そのしわ寄せはとりわけ若者に押し付けられています。
また他方で、労働市場の自由化は、企業に、より安い労働力を調達することを
可能にしたり、派遣業や請負業といった、新しいビジネスチャンスをもたらし
ました。労働をめぐって現在なにが起こり、それをつうじて社会のあり方はど
のように変容しているのか。『若者と仕事』や『「ニート」って言うな!』
(共著)で知られる本田由紀氏と、『カネと暴力の系譜学』の著者・萱野稔人氏
が議論を交わします。

場    所  新宿住友ビル7階 朝日カルチャーセンター
(申し込みは4階受付)
期間・曜日・時間: 7/21土 15:30〜17:30


259 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 20:11:07 O
北田→本田ときてることだし、萱野たんは近々東大情報学環に
呼ばれるに違いないね

260 :考える名無しさん:2007/07/14(土) 20:31:49 0
>>259そんなものなのかな

261 :考える名無しさん:2007/07/15(日) 04:20:46 0
 (●u● .:;)ノシ

なにその出世コース、ふざけてるの?

262 :考える名無しさん:2007/07/15(日) 06:05:14 0
北田・宮台・東のつぎは本田由紀か
どんだけ〜

263 :考える名無しさん:2007/07/15(日) 07:39:05 0
アカポスモダニスト

264 :考える名無しさん:2007/07/15(日) 15:00:17 0
>>263
>アカポスモダニスト

ミニスカポリスに見えた俺は70's

265 :考える名無しさん:2007/07/16(月) 23:47:37 0
さっき萱野がJ-Waveの番組に出てたな
哲学と国家について話してた

266 :考える名無しさん:2007/07/17(火) 03:03:04 0
事前に知りたかった・・

267 :考える名無しさん:2007/07/17(火) 07:32:54 0
まったく>>265は使えない子だな・・

268 :考える名無しさん:2007/07/18(水) 00:54:44 0
RSSのキーワードに登録しておけば、事前に知る確率も上がるかな?
トラカレも見ておくか・・・

269 :考える名無しさん:2007/07/20(金) 15:24:52 0
ttp://kazuyaserizawa.com/blog/

270 :考える名無しさん:2007/07/20(金) 15:34:05 0
> 641 名前:考える名無しさん[] 投稿日:2006/06/18(日) 17:03:04
> 才能のかけらもないのに、アカじじいの提灯もって売名するカス。
>
>  こいつは爺ばかり相手にしていないで、早く学生を教えたほうがいいと思う。
>
>  こいつのアナクロで、それ以上に凡庸きわまりないお話を聞かされたら現代の学生は
>
>  ―――躊躇なく寝るよw。

馬鹿な嫉妬にかかわらず、若い人に人気あるみたいね。
2chのニュー速に小林や宮台との座談会があったときも、思いのほか人気だった。

271 :考える名無しさん:2007/07/20(金) 17:49:12 0
人気というより、バカにされまくってた印象があるがw

272 :考える名無しさん:2007/07/21(土) 14:44:10 0
hhhhhhhhhh

273 :考える名無しさん:2007/07/21(土) 21:48:12 0
>>258行った方、よかったらレポきぼん

274 :考える名無しさん:2007/07/21(土) 21:58:00 0
古いジャスコしかない地方在住の俺からも頼みたい。
できたら北田との対談もおながいします。
金払ってでもいいから、音声をネット配信してくれるといいんだが。

275 :考える名無しさん:2007/07/22(日) 16:42:26 0
昨日の本田萱野イベ行って来た。
10月以降には、
萱野・宮台
萱野・北田
北田・東
もある模様。

276 :考える名無しさん:2007/07/22(日) 17:35:41 0
>>275
おお、GJ!


>萱野・宮台
>萱野・北田
>北田・東

どれもガイシュツな組み合わせだな。
新しい展開はあるのかね。

277 :275:2007/07/22(日) 18:45:08 0
追記っす。

10/27
萱野稔人×宮台真司
11/2
萱野稔人×雨宮処凛
11/12
萱野稔人×白井聡
11/26
東浩紀×北田暁大

@朝カル
8/21から受付開始だそうな。

昨日も相変わらず、胸元全開のポロシャツに、
D&Gのでっかいロゴのチョーカーという出で立ちw

278 :考える名無しさん:2007/07/22(日) 23:06:49 0
>273
>274

稚拙だが、レポ。
http://d.hatena.ne.jp/bokosu/20070722/p1
北田対談は自分は行かないのだが、知り合いが行くので、
話を聞いて、可能なら簡単に報告しまつ。

279 :考える名無しさん:2007/07/23(月) 00:14:42 0
>>278
おおお、ありがとう&乙かれさま!
しっかりメモしてあって嬉しい。
特に本田は早口だから大変だったんジャマイカ。
別の回も、>>278さんの無理のない範囲で、楽しみにさせてもらうね。

280 :考える名無しさん:2007/07/23(月) 12:19:31 0
>>278
ありがとうございます!

281 :考える名無しさん:2007/07/23(月) 20:47:59 0
>>278
いやっほーーう!!

282 :考える名無しさん:2007/07/25(水) 00:45:01 0
>>278
なかなかよくまとめてあるよね。助かる!

283 :考える名無しさん:2007/07/25(水) 04:59:33 0
>>278
d!他のエントリも気になる(*´Д`)

284 :考える名無しさん:2007/07/26(木) 01:20:47 0
そーいえば、昨日のニュース23に萱野がまたでてたな

285 :考える名無しさん:2007/07/26(木) 01:32:15 0
そーゆー大事なことは先に言ってくれよ〜〜!

286 :考える名無しさん:2007/07/26(木) 01:48:38 0
>>284>>285

>>265>>266

287 :考える名無しさん:2007/07/26(木) 08:56:17 0
w


288 :考える名無しさん:2007/07/27(金) 21:57:18 0
ジュンク堂での北田・萱野イベントにあずまんが

289 :考える名無しさん:2007/07/27(金) 22:51:11 0
来たの?トークも?

290 :考える名無しさん:2007/07/27(金) 23:41:39 0
カヤノン、大人気だなあ。
どの本屋行っても、目に付く場所に平積みされてる。

291 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/07/27(金) 23:58:17 0
萱野本っておもしろい?

292 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 00:05:28 0
正直それほど

293 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/07/28(土) 00:08:11 0
そうなんだ・・・

294 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 00:40:54 0
そんなことないよ

295 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 01:32:02 0
そうでもないか

296 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 09:37:57 0
マンネリだわな

297 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 14:15:20 0
だれか燃料を…

298 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 14:59:27 0
今後落ちる一方なら、よく見る若手論壇人

299 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 15:43:13 0
http://d.hatena.ne.jp/syakekan/20070727

萱野稔人x北田暁大レポ

300 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 17:50:10 0
>>136

>東浩紀さんの議論とつながるな〜と思ったら、ウ後ろに本人が・・・

http://d.hatena.ne.jp/syakekan/20070727

301 :300:2007/07/28(土) 17:51:09 0
誤爆した

すまん

302 :考える名無しさん:2007/07/28(土) 18:35:59 0
「権力の読みかた」おもしろいよ
フーコー論、迫力あるな

303 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/07/28(土) 21:22:55 0
萱野の立ち位置ってどこにあるの?
東、北田、柄谷、宮台当たりと比べて

304 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 11:38:17 0
宮台は最近、萱野のことを本当は右翼だといってるよな

305 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:03:44 0
そうなんだ
それどこで読めるの

306 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 13:16:11 0
いろんなとこで
たとえば宮台のブログを見てよ

307 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 15:41:25 0
>>304
東は萱野のことをコミュニタリアンだといってるね

308 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 16:10:16 0
仁義とか普通に言い出しそう


309 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:24:31 0
実際に言ってるらしい
要するに、萱野はただのチンピラ

310 :考える名無しさん:2007/07/29(日) 21:06:43 0
60年代のアングラの人と比べると、
しょせんはお坊ちゃんじゃないですか?

311 :考える名無しさん:2007/07/29(日) 21:40:22 0
柄谷も佐藤を通してコミュニタに接近してるから。

312 :考える名無しさん:2007/07/30(月) 00:51:17 0
ttp://d.hatena.ne.jp/massunnk/20070728
>>278の記事とも関係する萱野エントリ

313 :考える名無しさん:2007/07/30(月) 02:05:01 0
柄谷とは手を切ったほうがいいと思うが

314 :考える名無しさん:2007/07/30(月) 19:38:47 0
選挙についてのコメントしてる?

315 :考える名無しさん:2007/07/31(火) 01:29:51 0
この手の左翼は民主党嫌いだから何も言わんだろ

316 :考える名無しさん:2007/07/31(火) 14:36:35 0
どこに投票したんだろう

317 :考える名無しさん:2007/07/31(火) 19:23:47 0
東は白票らしいな
萱野はもちろん共産党

318 :考える名無しさん:2007/08/02(木) 18:35:07 0
>>317
それニュースソースどこ?

319 :考える名無しさん:2007/08/02(木) 21:28:41 0
萱野は右翼になったんじゃなかったっけ?

320 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 01:17:54 0
共産はああ見えて愛国政党だから

321 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 01:23:20 0
サヨと呼ばれている連中のほとんども愛国者だろ


322 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 02:24:51 0
ナショナリズムを否定しているポストモダン左翼は?

323 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 03:28:39 0
ポスコロの連中こそ民族主義者ですよ?
ネーションは否定するが

324 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 12:10:02 0
ポスコロの連中ってバカばっかりだよね
カルスタも
ほとんどの場合、能力のない院生が自分でもできる隙間産業
を見つけてやっているだけ

325 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 12:14:51 0
>>324
例えば誰?

326 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 12:43:43 0
324より優秀なポスコロはけっこう多そう

327 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 12:58:42 0
まあビリより上って何の自慢にもならんがな

328 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 13:33:58 0
隙間を見つけるのも能力のうちなんじゃね?


329 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 14:21:18 0
萱野みたいに隙間を狙うパクリのセンスも重要。
肌の色も隙間にいる虫と似てるからね。

330 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 15:25:28 0
萱野稔人氏×北田暁大氏トークセッション「権力と正義」 参加
http://d.hatena.ne.jp/kwkt/20070727

331 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 15:45:21 0
>>329みたいに萱野にひがむ奴って
このスレに多いよな
よっぽどうらやましいんだね

332 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 16:31:48 0
そうそう
哲学スレのなかでも特にここは嫉妬が強烈

333 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 19:19:59 0
むしろ初期に顕著だった嫉妬される(アカデミズムに近い)立場でやってほしいな。
東や北田や宮台みたいな、人文系ブロガーのアイドルみたいな方向性にはいって欲しくない。

334 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 19:22:03 0
もう手遅れ。

335 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 20:12:45 0
人文系ブロガーにもっとも注目されてるんじゃないか?

336 :考える名無しさん:2007/08/03(金) 23:25:58 0
もっともではないだろ

337 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 01:21:48 0
ログを見る限り嫉妬というよりただの事実が書いてあるように見えるが。
しかし「暴力」なんておかしなキャッチコピーで論壇デビューした胡散臭いやつを
何でそんなに有難がるわけ? まじで不思議。
君らが空想してるような思想ドラマなんて起きちゃいないんだよ。
大学の片隅で文献研究して就職もろくにできない地味〜な世界。
社会経験なんて限りなくゼロに近い。
西新宿あたりでチェ・ゲバラのTシャツでも売ってたんじゃないかな。
ちなみにウェーバーの国家論・官僚論については普通に古典的な文献が何十個かあるんだけど。


338 :純一:2007/08/04(土) 02:33:57 0
この萱野という人も東浩紀と同様に簡単な認識を哲学用語で粉飾し、
さも画期的な認識であるかのように見せかけるのが得意な論者です。

例えば、奴隷のことを考えてみましょう。奴隷ははじめから奴隷で
あったわけではありません。戦争に負けた、つまり、暴力で制圧されて
しまった人達が奴隷になります。対して勝利した側は奴隷主になります。

奴隷主は奴隷を自分の畑で働かせます。むろん、収穫は奴隷主のもの
になります。奴隷主は働かずして大いに食べ、奴隷は働いているのに
少しの収穫に与るだけです。このように、奴隷と奴隷主という経済的関係
が成立するためには、奴隷主による征服戦争という暴力的過程が先行し
ています。

このような簡単な認識は歴史を少しでも知っている人にとっては自明なこと
です。例えば、現代においても、アメリカに戦争で敗北した日本は、
国内に米軍基地を作ることを許し、なおかつ、その維持費には日本国民が
支払った税金(思いやり予算)が当てられています。

暴力で勝った者がおいしい思いをする。こんな認識なら子供でも知っています。
ガキ大将がパシリにパンを買わせにいく光景を思い浮かべれば十分でしょう。
ところが、萱野は子供でも知っている認識を哲学用語を交えつつ、画期的認識
であるかのように語っているわけです。

339 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 03:28:24 0
最初期の東スレとかと雰囲気凄い似てるよ。
ポスドクの嫉妬に満ち満ちてる感じ。

340 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 03:52:16 0
どこにポスドクがいる?むしろ人文系ブロガーには多いだろ。
ポスドクで苦しんでたのは萱野。
それでああいうキャラで売り出したんだろうし。




341 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 04:17:11 0
339自己紹介乙ってところ
そもそも人文でポスドクの地位あるなら十分恵まれている

342 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 04:19:56 0
ニコニコにも動画あがってるな

343 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 09:40:57 0
初期の東スレもこれほどじゃなかった。
それよりも小森謙一郎のスレに近い(あれほどじゃないけど)。


344 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 10:41:24 0
福嶋亮大が『国家とはなにか』について論じてる。

http://blog.goo.ne.jp/f-ryota/d/20070803

345 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 11:03:30 0
まあでも、「一応読んどいていい」ってぐらいでいいんじゃない?
この本だけ読めば大丈夫ってものはつねにないでしょ。
俺は、それなりにいい本だったと思うけどね。シュミットやウェーバーの研究書を読み続けてみよう、って思った。
過大評価なのかどうかについていうと、出版メディアに載っちゃうと大体のものは、
無駄に膨張するものですよ。そして、その選別が非常に不平等な経路になってるというのはある。

正直なところ、主題は重いのに、議論が薄いなぁ、という印象はあったけどね。

346 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 11:37:17 0
宮台や東みたいな私生活を切り売りする芸風でもなく、北田みたいな
一過性ブームでもない、大澤的芸風を目指してほしい。


347 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 16:58:49 0
>>340
萱野はポスドクで苦しんでないでしょ
東大COEのなんちゃらやってたし

348 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 17:11:57 0
出版メディアとかアカデミック・ジャーナリズムで
生き残るのは大変そうだ
普通の研究者とは違う能力が必要だろう

349 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 17:27:13 0
宮台→テレクラセックスマシーン
東→オタク
萱野→マッチョ

メディア受けしそうなキャラ立ちをしてはいる。

350 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 17:46:26 O
真面目に研究しているだけでは
アカポスゲットは無理ってことだろうなー


351 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 19:20:23 0
「国家とはなにか」
p175で、バリバールの「脱団体化」を援用しながら、
それは近代日本において主権が確立されるプロセスのなかにも観察されるだろう。
(中略)その結びつきを制度的に体現したのが戸籍制度にほかならない。
とありますが、
どういうことか具体的に教えてください。

352 :考える名無しさん:2007/08/04(土) 21:28:44 0
>>348
【出版社の】芸能としての哲学・思想【下部構造】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1182092902/l50

353 :考える名無しさん:2007/08/05(日) 07:02:37 0
>>347
>東大COEのなんちゃらやってた

いや、だからそれをポスドクというのだ。
学振だけがポスドクと思ってはいかん。

354 :考える名無しさん:2007/08/05(日) 13:03:25 0
萱野さん、これからどうなっていくのか。
在野の雰囲気を醸し出しつつ40代で東大行って、
BRIOにちょいワル政治学者として出ちゃうのか。

355 :考える名無しさん:2007/08/05(日) 17:50:45 0
>>338
萱野の出発地点はそこらへんなんだろうけど
でもそんな単純な話では終わってないと思うよ

356 :考える名無しさん:2007/08/05(日) 19:32:59 O
age

357 :考える名無しさん:2007/08/06(月) 21:58:17 0
5日の読売新聞に『権力の読みかた』の書評がでてたな
「表面的な解説をこえ、フーコーの可能性を新たな視点から
読み起こすとりくみにいたく感心した」だって。

358 :考える名無しさん:2007/08/06(月) 22:38:56 0
>>353
学振やらCOEの研究員なったポスドクなら
そんなに苦しかないって意味だろ
こういう位置につけた人はポスドクのなかでは「勝ち組」だからな

359 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 00:26:01 0
で萱野がフーコーを新たな視点から読んだら国とか権力に何か影響がでるのかね
萱野が権力の本書いて印税稼いで貯金したらみんな年金の心配しなくていいのかね

360 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 02:42:03 0
>>359
つまらねぇこと言ってんじゃねぇ!

361 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 04:53:54 0
>>358
あーなるほど、その辺の認識が違うのか。
COE研究員とか学振ポスドクまでならけっこう誰でも行けるけど、
その先(つまりは専任ゲット)が辛いってのが俺の認識だった。

362 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 05:47:08 0
学振にもCOE研究員にもなれないポスドクって
ゴマンといるからなぁ
これって自己責任なのかな?
あるいは実力の差?
たんなる運?

363 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 10:53:18 0
>>357
ネット上にも出た。

『権力の読みかた』
萱野稔人
出版社:青土社
発行:2007年7月
ISBN:9784791763436
価格:¥1890 (本体¥1800+税)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20070806bk0a.htm

364 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 11:27:07 0
>>362
要するにコネだろ
ある大学がCOE研究員公募してたんで出してみたら
土曜締切で翌週の水曜に不採用通知もらったことがある
「選考」なんてしてなんだよ

365 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 11:37:19 0
>>364
書類審査ではねられるのは一瞬だよ
別におかしくはない

366 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 12:24:11 0
自らの実力不足を責任転嫁する典型だな

367 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/08/07(火) 12:33:15 0
お盆休みに読むのは、萱野か、大澤のナショナリズム大著か、
どっちがよい?

368 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 13:10:09 0
ここを誰のスレだと思ってるんだ?
言うまでもなく大澤の著作だろう。

369 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 13:20:17 0
正直な話、大澤のは冗長で論点に反復が多く読めたものではないね。

370 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 13:46:03 0
波平みたいに基礎教養に欠けてる奴が萱野本を読むのは諸刃の剣の側面がある。
まぁ腰をすえてこの分野の他の本を読むつもりが全く無いのならば、無論萱野本でも
読まないよりは読んどいた方がいいに決まってるが。

371 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 14:44:40 0
お前に教養があるとは証明されていないけどな

372 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 16:38:25 0
>>363

この程度の書評だったら、そこらのブロガーあたりに書かせた方が
よっぽどまともな文章書くよな

373 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 17:16:58 0
大手の新聞社がどこの馬の骨ともつかぬブロガーに
文章を書かせるわけがなかろう

374 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/08/07(火) 17:20:45 0
>>370
萱野本ってそんなに凄いの?どの本がおすすめ?


375 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 17:30:03 0
中沢新一みたいに、読み物として読むべきものってことでしょ。
基礎的な教養がないと本気にしてしまうから。

376 :第三の波平 ◆v97jOX.oqY :2007/08/07(火) 17:49:58 0
中沢新一は確かに面白いけど・・・
萱野本ってそんな感じなのか?ん〜微妙だな・・・

377 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 20:22:27 0
あずまん
たまきん
かやのん

378 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 22:06:09 0
まんなかのたまきんって誰?

379 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 22:14:45 O
空はまるーでー 君のように青く澄んでどこまてもやがて僕ら描き出した明日へと走り出す

380 :考える名無しさん:2007/08/07(火) 22:16:56 O
五蘊皆空なりと照見して一切の苦厄を度したまふ

381 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 02:32:24 0
>>362
>学振にもCOE研究員にもなれないポスドクって
>ゴマンといるからなぁ
>これって自己責任なのかな?
>あるいは実力の差?
>たんなる運?

原因はともかくとして、
いまって専任を減らしてる分こういう任期制のポスドクはむちゃくちゃ増えてるわけだ。
そうであるにもかかわらず学振にもCOEにも引っかからない人は、もう進路変更考えた方がいいと思う。
ってまあポスドクの年齢までいって進路変更もきついけどね・・

382 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 02:41:53 0
>いまって専任を減らしてる分こういう任期制のポスドクはむちゃくちゃ増えてるわけだ
院生の数はもっと増えてるから相対的には任期制であれポストはけっして増えてない

383 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 08:12:49 0
>>337
萱野はゲバラになんて興味ないだろ

384 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 15:59:49 0
たしかに>>337はピントが外れてるな

385 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 18:22:39 O
萱野は早稲田だったのか 駒場の連中は嫉妬の嵐だろう

386 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 19:16:35 O
萱野さんはパリ大で博士号をとって
バリバールにも認めらた才能なんだから
就職が遅れたのがおかしいぐらいだよ


387 :考える名無しさん:2007/08/08(水) 21:35:50 0
バリバールなんてただのアホ
日本じゃ今村仁司レベルだな

388 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 01:36:50 0
>>387
いまだにこういう80年代的な言い方で
安心したい奴がいるとは驚きだな。

389 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 01:48:14 0
いやむしろ2ちゃんねる的でしょ。
「ところで誰?」
と同レベル。

390 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 08:11:47 0
>>382
>院生の数はもっと増えてるから相対的には任期制であれポストはけっして増えてない

いやそういうことを言いたいんじゃなくて、
任期制ポストが専任に比べて圧倒的に大量に転がってるにもかかわらずそれにも与れないひとは、
さっさと諦めなよ、って話
ポスドクなりCOE研究員なりから専任になるのが一番大変なハードルなんだから、その前のハードルでつまづいてるひとは・・

391 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 11:41:22 0
突き放せばそれっぽいレスに見えるんだよな
構造的な問題を個々人の能力に還元するのは良くない


392 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 16:24:32 0
とにかく、人文の分野では
増大する院生の数と専任ポストの数が
釣り合ってないわけだよな。
必然的に余る人間がでてくる。
その人間はどうしたらいい?

393 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 16:45:38 0
390は無能死ねって結論のようです

394 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 17:29:41 O
>392
企業に就職しなさいということ
大学院に進む前から現在のポスト不足と院生のマンモス化は自覚しているはず
修士の時点で自己の能力を判断できなかったのは自分のせいでしょ

395 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 18:08:42 0
修士が終わる時点で、企業に就職するかどうかを
ちゃんと考えろ、甘い期待をして博士にいっても
後戻りできないよ、ということなのかな

396 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 19:08:39 0
そういう安手の自己責任論はうんざりだぜ

397 :390:2007/08/09(木) 19:42:09 0
>>393, >>396
俺の話がなんで自己責任論とか「無能死ね」って話になるのか分からん。
アカデミックキャリアでの希望がなくなったのにその道にこだわり続ける方がよっぽど樹海一直線ですよ。
そもそも俺は社会問題としてOD問題をどうすべきか語ってたわけじゃなくて、
今ODしてる人が短期的にどう生きるべきかを話してたわけで。

もしOD対策を社会的に考えるなら、
・非常勤と専任との間の極端な格差(いろいろな意味で)を是正;まあワークシェアリング的な方向だな
・院生(とりわけ博士課程)減らす
・大学院からアカデミー外の社会へ還る道をどうにか作る
ぐらいかなあ。まあ3番目は国がどうこう言ってできるもんでもないけど。

スレ違いにつきsage

398 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 20:11:58 0
>>378 精神科医

399 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 21:52:35 0
>>390
>任期制ポストが専任に比べて圧倒的に大量に転がってるにもかかわらず
どこの国の話?

400 :考える名無しさん:2007/08/09(木) 23:57:18 0
>>399
??
専任ポストに対して任期つきポストが圧倒的に多いのは明白でしょ?
それが院生総体に対して十分な数かどうかは別問題だけどね。

401 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 03:47:24 0
バリバールぐらいおまえら読んどけ

402 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 06:42:44 0
>>390-399
とりあえず、「諸君」の先月号に載ってた佐藤良明の「高学歴ニート」を読むのがいいよ。
重点化政策がいかに杜撰か、東大の内部にいた人間の視点から書かれているから。

にしても、こういう記事が「諸君」に載るってのはある意味象徴的だな。
佐藤氏は別に右でも何でもないから、他にも掲載の打診をしたはずだけど、
多分「諸君」しか載せてくれなかったんだろう。
重点化政策に伴う高学歴ニートの大量発生は明らかな格差問題であり
労働問題なのに、この問題が左翼媒体でまずとりあげられないのは、
この制度で既得権にありついている左翼教授がそれだけ多いってことだし。

同じくスレ違いにつきsage

403 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 06:54:55 0
>>402
佐藤良明の「高学歴ニート」は面白そうだな
ありがとう
ただ、今の重点化政策の問題や
高学歴フリーター(非常勤など)の問題なんかは
少し前に『論座』でもやっていたぞ


404 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 10:12:39 0
>>403

その特集は確か萱野氏も書いていたような。
でも「論座」は、世間的には左翼媒体なのかもしれないが
所詮新聞ジャーナリズムで、左翼アカデミズムとの結びつきは希薄だからな。
その周辺とのつながりがもっと強い「現代思想」や「情況」あたりが
なぜこの問題を全く取り上げないのかは考えてみる必要があると思う。

405 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 10:23:05 0
ぬるい話になりそうだからじゃない?

406 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 10:28:53 0
まあぬるい話にしかならないだろうね。
主な著者も読者も既得権の受益者なんだから
本質的な批判なんかできるわけないし。

407 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 13:17:18 0
佐藤良明は率先して辞めているしな

408 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 13:49:38 0
>>400
そりゃ専任ポストの公募なんて1とか2なんだから
それと比べれば任期制が5つ6つできただけで「多い」とはいえる
でも雇用の問題を考えるときに、こうした対比のさせかたは間違っている

409 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 14:13:17 0
>でも雇用の問題を考えるときに、
雇用の問題として考えたとしても、本質まで突っ込んだ意見を載せられる媒体が右翼のオピニオン誌しかないという現実。
この問題にまともに応対できないようでは、日本の左翼はマジ存在意義ないと思うよ。

410 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 16:26:17 0
>>404
きちがい?

411 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 17:16:37 0
国家は君たちのママじゃないんだから、自分のことは自分で考えろ
能力ある若手はみんな就職しているよ 少し就職年齢はあがっているけれどな
大学院重点化で甘い夢みた者たちはたしかに気の毒ではあるが、そろそろ目を覚ますべきとき



412 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 20:55:48 0
アカポス持ちがマジで忠告しているのなら世も末だな

413 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 21:28:40 0
>>412
院生を食い物にして利権守ってるアカポス持ちに親身な忠告なんかできるわけない。
だからこそ、率先して東大を辞めた佐藤の忠告には説得力がある。
繰り返すけど、そういう忠告が「諸君」みたいな媒体にしか載らないのはなぜか、
その意味を考えたほうがいい。

414 :考える名無しさん:2007/08/10(金) 23:57:39 0
結局ポスドクの嫉妬スレか

415 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 01:14:02 0
>>408
だから>>390を読めっての。
専任ポストに比して圧倒的に多い任期付ポストにもつけない奴は、
まして専任なんて絶対に無理だから早々に諦めなよ、って言ってるわけ俺は。

416 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 01:52:42 0
うじうじ言っていないで、ちゃんと就職しなさい
就職しろというのはアカポスを拾って来いということじゃないですよ
ちゃんと社会に貢献することで給料をもらう仕事をしろということです

417 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 01:56:28 0
>>415
専任ポストつくのが任期付より難しいなんて一概にいえない
学振落ちまっくてたやつが専任ゲットなんてよくある話だ
任期付の研究員だって、けっこう業績のあるやつが落とされ
業績ゼロのやつが採用されてたなんてケースはザラにある
この業界の選抜が公正でないことは常識なんだけど
なんでそんなナイーヴなこと書き続けられるのかが不思議

418 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 03:55:14 0
「専ら公正な採用のみがデフォ」って考えてるあたりが現実の日本社会を知らないというか、何と言うか。

419 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 07:53:42 0
>>417-418
ポストの選考に関する一般論を語っているようでいて、実は
「オレだけは大丈夫。そのうちアカポスにつけるはず」って
根拠のない期待と自信を語っているだけのレスだな。
こういう奴が高確率で高学歴ニートになるんだろうな。

420 :415:2007/08/11(土) 10:50:57 0
>>417
>この業界の選抜が公正でないことは常識なんだけど

なんか猛烈にピントのズレた反論してるね。
誰が公正な選抜ばっかりなされてるなんて言った? その話が>>390にどう関係あるの?

まあでも、人事選考って案外フェアだけどね。
ここまで人文社会業界全体が沈滞してるとなると、コネ採用なんてしてたら自滅するだけだからねえ。
いずれにせよアカデミックキャリアって基本的にすごろく式だから、キャリア形成って学振DCあたりから雪だるま式に差が広がってくんだよ。
DCそれ自体がキャリアになるし、他方でDC取れない奴はバイトしなきゃなんないから業績も増えないし……

>学振落ちまっくてたやつが専任ゲットなんてよくある話

例外が規則を証明するって話知らない?

421 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 11:45:22 0
>>420
延々書き込んでいるあんたの立場って何?
もしDCかPD取ってる学振研究員なら、
別の意味でおめでたいと思う

422 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 11:50:11 0
そろそろ誘導

オーバー・ドクター問題を語ろう〈3〉
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1178850370/


423 :考える名無しさん:2007/08/11(土) 12:55:20 0
>>420
>ポスドクなりCOE研究員なりから専任になるのが一番大変なハードルなんだから

>専任ポストに比して圧倒的に多い任期付ポストにもつけない奴は、
>まして専任なんて絶対に無理だから早々に諦めなよ

これらは、業績のある優秀な人間を順に選抜していくことが行われていてはじめていえる
ポストの数の多さとハードルの高さは別問題

424 :考える名無しさん:2007/08/12(日) 01:34:49 0
>>422 もうこのレスで消えます申し訳ない

>>421
俺がいいたいのは逆。PDまでははっきりいって結構簡単に行けるけど、その先のハードルが一番高いって話をしてるの俺は。

>>423
ポストが圧倒的に少ないのにハードルは低い、ってどういう状態かよくわかんないけど。
でもまあ能力主義とかコネ云々についてはすでに>>420で答えてるので再度確認を。

もう少し分かりやすく言うと、アカポスの選抜ってのはけっこう前の段階から少しずついろんなかたちで始まってるわけ。
学振とか政府奨学金とか、もっと言っちゃえばどの大学院に入れたか、とか。
で、歳というか学年が進めば進むほど、敗者復活のチャンスは減っていく。

425 :考える名無しさん:2007/08/12(日) 21:54:41 0
本出して売れればいいんでしょ?
みんな書けばいいじゃん

426 :考える名無しさん:2007/08/12(日) 22:19:37 0
>>425
ごく一部の例外を除けば、そんなことできるやつほとんどいないから、
このスレではその例外の一人である萱野氏への嫉妬が充満している。

427 :考える名無しさん:2007/08/12(日) 22:59:44 O
あずまんみたく学部のころから柄谷浅田に認められた天才とか
北田みたいに東大人文系に媚媚で東大助教授ゲットだぜっていうのは
嫉妬の対象にならないけど、萱野みたいなぽっと出の
早稲田上がりが本出してアカポスゲットしてるのはむかつくって話?

428 :考える名無しさん:2007/08/12(日) 23:25:25 0
嫉妬は小森なんちゃらの時だけじゃないかな

429 :考える名無しさん:2007/08/13(月) 00:13:09 0
じゃぁみんなでフランスの大学院に行こうよ。
あと、嫉妬されるのは顔も体もイイからだよね?
非の打ち所がどもにもないですもの。

430 :考える名無しさん:2007/08/13(月) 01:11:25 0
>>428
>小森なんちゃら

誰のこと?

431 :考える名無しさん:2007/08/13(月) 02:31:18 0
>>425
率直な話、ここで萱野を妬んで批判している奴ら
批判のレベルが低すぎるよ
これじゃ萱野には勝てないよ

432 :考える名無しさん:2007/08/13(月) 03:37:11 0
自分の実力が分からない人間ほど
ひとをむやみに妬みやすい

433 :考える名無しさん:2007/08/13(月) 18:37:17 O
津田塾に就職ということは今の哲学のODでは最高レベル、トップていうことだよね。それが萱野クラスなのだからいまのODたちの平均能力は推して知るべし。つまり定員増とポスト不足に加えていっちゃん問題なのは若い奴らの能力低下なのよ

434 :考える名無しさん:2007/08/14(火) 01:07:26 0
ぶっちゃけフランス語で博論書くって凄くね?
語学力に差がありすぎるから
日本でやってただけの人間より優遇されて当然と思うけど


435 :考える名無しさん:2007/08/14(火) 02:28:46 0
初期の東スレみたいだw>妬みがどうのこうの

436 :考える名無しさん:2007/08/14(火) 09:21:29 O
パリで哲学の博士号をとった日本人はどれくらい。下手したら500人くらい?

437 :考える名無しさん:2007/08/14(火) 10:05:50 0
>>434
DEA取得してる留学生なら一杯いる。
こいつらの多くは、あと何年か滞在できれば博士も取得できるだろう。
でもポストのない若手時代に哲学の単著出版できる奴はほとんどいない。
萱野が優遇されたのは、博士より本じゃないの?

438 :考える名無しさん:2007/08/14(火) 14:51:58 0
ダブルスタンダードっていうか、留学生に対しては要求水準が明らかに低くなるから
ある意味東大とかで博論出すより簡単な面もあるわけだ
(まあ東大もごく最近は博論のレベルを下げつつあるけど)。
だから分野によっては、フランスで取ってきた方が東大で取るより凄いって話には必ずしもならない。

それはともかく、
地味に学術論文書いて業績積み上げるタイプと、
なんかのきっかけで出版業界の寵児になってアカポスゲット、みたいなタイプと二通りいると思うのだが、
萱野は明らかに後者でしょ。
まあ俺はどっちのタイプもいていいと思うけど。

439 :考える名無しさん:2007/08/15(水) 21:57:04 0
ボクの名前はアズ(東浩紀)。昔デリダに脳を破壊された中年男。キモオタデブで性的に敏感体質の萌え萌えボーイ♪
ボクがつるんでる友達は援交少女研究したシンジ(宮台真司)、事務所にナイショでキャバクラで働いてるミユキ(沢城みゆき)。
訳あってポスモダの一員になってるアキヒロ(北田暁大)。

友達がいてもやっぱり思想界はタイクツ。今日もアキラ(浅田彰)とちょっとしたことで口喧嘩になった。
ポスモダ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時ボクは一人ではてなダイアリー見ることにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの確認とも言うかな!

「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながら「デブ」だの「脂肪」だの悪口を軽くあしらう。
「東はもう終わってるよね?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
ボクの本を買ってくれてるのは嬉しいけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと思慮深いとこのアズを見て欲しい。

「セカイ系は終わった」・・・またか、と都内にマンション買ったばかりのボクは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっとマッチョな男の顔を見た。

「・・!!」

・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がボクの下半身を駆け巡った・・。
「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はトシヒト(萱野稔人)だった。新宿連れていかれて朝まで飲んだ。「キャーやめて!」トラックに轢かれた。
「ガッシ!ボカッ!」セカイは死んだ。リバタリアン(笑)

440 :考える名無しさん:2007/08/18(土) 09:45:32 0
フランスにいながら博論以外はひたすら日本語で書いて来たのかな?
やっぱりフランスの学会や出版界でやっていくのは難しい?

441 :考える名無しさん:2007/08/18(土) 10:40:48 0
>>440
フランス人にも難しいことを
日本人がやるのは至難の業でしょうね。

442 :考える名無しさん:2007/08/18(土) 14:33:04 0
萱野の博士論文は審査で
最高評価をとったという話だが


443 :考える名無しさん:2007/08/18(土) 14:52:14 O
最高評価じゃない博士号審査は特殊。儀礼だよw

444 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 07:56:26 0
とりあえず事実だけ指摘しておくと
フランスの博士号審査では最低評価での合格もたくさんでるぞ

445 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 11:55:37 O
最高評価とはユナニムでトレビアンということだよね。悪いが俺のまわりはみんなそうだ。ひとりだけ気の毒にビアンだった奴がいた。
そもそも萱野評価としてはどうでもよい話題だな。

446 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 12:24:42 0
ちがうぞ。ユナニムでトレビアンは相当低い評価(たぶん下から2番目)
最高評価はtres honorable avec felicitations du juryってやつだ
ま、どうでもいい話題であることには変わりないが

447 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 12:45:27 0
軽く自爆った445さんカワユス

448 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 12:53:58 0
ま、なんにしても外国語で博士論文を仕上げ、
学位までとったのは偉いよ。それは事実。

449 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 13:05:42 0
要するにビアンというのは
>>444のいう最低評価っていうことなんだな


450 :考える名無しさん:2007/08/19(日) 23:18:26 0
萱野さんの著作へのリスペクトは依然として大きくあるのですが、
萱野さん御本人のライブでのお話にははっきり言ってあるレベルには達していないように思われますが、
このままレギュラーになっていくのでしょうか?
マル劇が、この程度の話術でいいんですか?正直辛過ぎませんか?



451 :考える名無しさん:2007/08/20(月) 00:54:22 0
マル劇のは
よしりんと不必要に絡んで今後に支障きたすのを警戒してるっぽい

452 :考える名無しさん:2007/08/20(月) 20:09:42 0
>>450
マル劇見た。
確かに少し話術を勉強した方がいいね。
「どんどん、どんどん〜」
「要するに〜」を多用しすぎ。

453 :考える名無しさん:2007/08/20(月) 22:15:04 O
萱野博論の審査員はババールの他誰?

454 :考える名無しさん:2007/08/20(月) 22:27:54 O
445が言ってるのは恐らく博士課程修了の成績の話。
論文審査のマンションでは上から、
シュペールマンション(伝説でしか聞いたことナイ)
トレ・ゾノラブル(99%がこれ)
オノラブル(へそ曲がりの審査員がいるとたまに出される天災)

これだけ。パサブルもあると聞いたが嘘だと思う。

455 :454:2007/08/20(月) 22:47:23 O
シュペールマンションの内容を思い出したので、たしか
ラ・プリュ・グランド・ディスタンクション。

どのみち、いまではたしかに儀礼的で、口頭で言われるだけたので、あまり本質的な話ではない。

456 :考える名無しさん:2007/08/21(火) 11:13:14 0
>>454
博士課程修了には成績ないよ
フランスではそもそも博士課程「修了」って
考えはないし。

457 :考える名無しさん:2007/08/21(火) 14:17:59 O
萱野さんがこんな細かく学位にこだわる人間とは意外でした

458 :考える名無しさん:2007/08/21(火) 17:51:53 0
ホントだね、国家暴力に抵抗する左翼なのに、学位の格にはこだわるんだー
あれかな、国を変えるには暴力革命じゃなく、自分が学者や官僚になって出世して
内側から変えろってやつ?

459 :考える名無しさん:2007/08/21(火) 17:56:23 0
>国を変えるには暴力革命じゃなく、自分が学者や官僚になって出世して
>内側から変えろってやつ?

そういえばこれって小林よしりんがエイズ訴訟本の最後に言ってたことだよね、たしか。
やっぱりかやのんはよしりんをリスペクト

460 :考える名無しさん:2007/08/21(火) 22:13:26 O
『権力の読みかた』が日曜社会学でPRされていたが、この本からフーコーの読み方を勉強したといっていた。いままでフーコーを読んだことがなかったとしか思えない書きっぷりだった。萱野さんの前の2著はいい本だし、今回のもまあまあだが、あのPRには驚いた。

461 :考える名無しさん:2007/08/22(水) 18:22:30 0
なぜかやのんが?

http://www.videonews.com/asx/marugeki_backnumber_pre/marugeki_333_pre.asx

462 :考える名無しさん:2007/08/22(水) 21:04:40 0
気に入られたからでしょ?

463 :考える名無しさん:2007/08/22(水) 21:21:14 0
アーッ!

464 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 01:03:56 0
アー

465 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 05:06:50 0
またあんなに胸元ぱっくりあけて・・・みてほしいのか?みてほしいんだな?

466 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 05:37:02 0
エロかしこいかやのんの胸の谷間

467 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 05:41:43 0
・・・まずい、まじで気になって頭から離れないよ

468 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 10:36:05 0
もっと見たい

469 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 15:06:44 0
俺はあのかやのんのちょっとゆるめの口元が好きだな。
頭は刈り込み、眼は鋭く、襟は立てて、胸元全開。もう一部のすきもなし、って感じなのに、
唇の周りだけにはちょっと弛緩した感じが漂うよね。
それが髭剃り後の頬のうぶな感じとあいまって、思わずそこに引き寄せられちゃう。

470 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 19:20:42 0
萱野って早稲田の頃、酒飲んでワケわかんない踊りして、
それから女の子に抱きついてたよ。

ぜんぜん頭いいっていうイメージなかったな。
卒論は教授から絶賛されたらしいが。

フランスから帰ってきてからもセクハラは相変わらずらしいなw


471 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 19:38:28 0
私たち日本人の脳はグローバリストによって、麻薬付け(ナルコティック)に
されたのである。あるいはこのことを、アメリカの政治映画のタイトルを
借りて言えば、「マンチュリアン・キャンディデット」である。
この「満州人共産主義者に思想改造された者たち」という意味の「マンチュリアン・
キャンディデット」という言葉は、普通の欧米人でも知っている重要な政治用語だ。

副島隆彦「属国日本論を超えて」P228〜229

472 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 19:39:13 0
>>468

>萱野さんの民営化に対する分析が入ったので議論が深まったと思います。聞き応えのある回でした。

473 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 20:09:22 0
早稲田の何学部何学科出てるの?略歴には書いてないよね?
あとブログ更新

474 :考える名無しさん:2007/08/23(木) 20:56:57 0
>>470
男の子の間違いだろ

475 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 00:47:17 0
心理学科卒だ

476 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 01:52:57 0
へー

477 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 11:03:00 0
卒論のテーマは?

478 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 14:36:27 0
>>470
本当は賢いのに、ひけらかさない萱野さんに萌え

479 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 14:43:51 0
賢いとセクハラまでそんなふうに好意的に免罪されるのかよ
いいなあちくしょう

480 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 18:31:52 0
ところでかやのんの元ネタって
フーコーでもD&Gでもウェーバーでもなくて
実はノルベルトエリアスってことはない?


481 :考える名無しさん:2007/08/24(金) 19:27:20 0
カストリアディスとかな


482 :考える名無しさん:2007/08/25(土) 17:17:06 0
>>479
がんばれ!

483 :考える名無しさん:2007/08/25(土) 19:11:36 0
近年のグローバリゼーションについては、
フーコーの生−権力の概念では説明がつかないって本当ですか。

また、近年の報道と権力の関係について、
メディア論もしくは萱野氏のような政治思想に依拠したよい文献などあったら
ぜひ教えてください。


484 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 13:30:52 0
誰かかやのんの新刊よんだ?

485 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 18:18:30 0
いつのまにやら「かやのん」という呼称が定着しているなw

486 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 18:42:31 0
数人が言ってるだけだろ

487 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 18:43:30 0
ぐぐったら、はてなダイアリーのキーワードになってた>かやのん

488 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 19:47:14 0
下らん奴が一人でそう呼んでるだけ

「かやのん」を含む日記
 * 2007-08-21
  massunnk ニートホープ
 * 2007-08-16
  massunnk ニートホープ
 * 2007-07-28
  massunnk ニートホープ
 * 2007-07-23
  massunnk ニートホープ
 * 2007-07-18
  massunnk ニートホープ

489 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 21:23:47 0
寂しい人なんだろう。そっとしておいてやれよ。

490 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 21:32:16 0
じゃあ別人だけど俺もかやのんって呼ぶよ

491 :考える名無しさん:2007/08/27(月) 23:48:27 0
じゃあ、おれも

492 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 00:41:03 0
みんな優しいね

493 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 00:43:18 0
つまらん、誰か萱野ネタを投下しろ

494 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 10:27:24 0
493の命令口調がね。

495 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 10:47:56 0
このようなことを申し上げますのは心苦しいのですが、
皆様のご見解は、私のようなものには高尚すぎて理解の範囲を超えております。
つきましては大変申し訳ございませんが、どなたか萱野氏に関して
私にも理解できるほどの話題を投下してはいただけないでしょうか。


496 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 12:23:05 0
ほれ
http://d.hatena.ne.jp/poppokobato/20070819

497 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 13:03:45 0
もひとつ
http://d.hatena.ne.jp/innhatrang/20070826

498 :考える名無しさん:2007/08/28(火) 20:04:03 0
>>307 >>311 カヤノンのコミュニタ接近はカラヤンやラスプーチンより宮崎学の影響

499 :考える名無しさん:2007/08/30(木) 13:11:29 0
だからネタを投下しろっていってるのがわからんのかヴぉ

500 :考える名無しさん:2007/08/31(金) 14:51:48 0
>>493>>499
しつこいなぁー。自分で探せ!

501 :考える名無しさん:2007/09/05(水) 05:14:34 0
>>480
この指摘は鋭いと思う


502 :考える名無しさん:2007/09/07(金) 04:56:44 0
いや、あの風貌の元ネタはサウザーだろ、違うか?

503 :考える名無しさん:2007/09/07(金) 05:01:06 0
北斗の拳世代ではあるな
でもキン肉マンも捨てがたい
ビッグ・ザ・武道の中の人を推す

504 :考える名無しさん:2007/09/12(水) 01:32:17 0
ネタはねえのかよ!

505 :考える名無しさん:2007/09/24(月) 23:37:39 0
『権力の読みかた』に入っている
「フーコーの方法」を読んだ奴いる?

506 :考える名無しさん:2007/09/29(土) 02:48:34 0
すっかり過疎化していますが、最終的に、かやのんは一発屋だったという結論でいいでしょうか。
賛成の方は無言で頷いてください。

507 :考える名無しさん:2007/09/29(土) 04:15:01 0
この年齢で一発屋もクソも

508 :考える名無しさん:2007/10/01(月) 18:47:28 0
萱野、酒井、渋谷を「早稲田の3バカ」と東大系では呼んでるらしい・・・。この3人はいかにもありそうなことを
言ってるだけって気がするんだが・・・・・・。

509 :考える名無しさん:2007/10/01(月) 20:45:05 0
そりゃ役立たずの連中の嫉妬じゃないのw
あの世代はいい年して世にでれない連中をたくさん抱えて
いちばんルサンチマンがたまってるからな

510 :考える名無しさん:2007/10/01(月) 20:55:20 0
なにかと言うと3バカと言いたがる馬鹿が増えたな

511 :考える名無しさん:2007/10/03(水) 08:33:18 0
酒井、渋谷スレッドというのを見かけないが、かやのんほど人気ないのか??
かやのんはけっこうキャラが強烈だから??

512 :考える名無しさん:2007/10/03(水) 13:55:19 0
立命館大学学内提案公募型プロジェクト
「暴力論研究会」第12回講演会

2007年10月13日(土)14時〜18時
立命館大学・創思館・303/304号室

「民衆の対抗暴力の可能性と不可能性
 ――フランツ・ファノンを手がかりに」

提題者:鵜飼 哲(一橋大学教授)
     酒井隆史(大阪府立大学教授)
     萱野稔人(津田塾大学准教授)
司 会:松葉祥一(神戸市看護大学教授)

513 :考える名無しさん:2007/10/03(水) 13:56:22 0
「3バカ」の二人が登場するよ。東大君も行ってみたら?京都だから遠いか・・・

立命館大学学内提案公募型プロジェクト
「暴力論研究会」第12回講演会

2007年10月13日(土)14時〜18時
立命館大学・創思館・303/304号室

「民衆の対抗暴力の可能性と不可能性
――フランツ・ファノンを手がかりに」

提題者:鵜飼 哲(一橋大学教授)
酒井隆史(大阪府立大学准教授)
萱野稔人(津田塾大学准教授)
司 会:松葉祥一(神戸市看護大学教授)


514 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

515 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 00:20:54 0
一発屋っていってもなあ
いままで出た3冊とも売れてるみたいだし

516 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 00:24:01 0
そんなに売れたの?

517 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 01:56:50 0
逆にこの世代つまり30代前半から40前後の東大系の優秀なのって誰がいるの?
北田あずまんとかちょっとひ弱路線しか思いつかない

518 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 10:03:32 0
>>517
いくらでもいるよ。
最近新書を出した大屋とか、『統治と功利』の安藤馨とか。

■ 【法哲学】大屋雄裕スレッド【おおやにき】 ■
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1132019419/


519 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 11:52:22 0
民衆の暴力なんて不可能だ。鵜飼や酒井、萱野が研究室で暇すぎて妄想してるだけのテーマに思える。

520 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 12:02:50 0
某国立の俺からすると、早稲田の3バカは絶対認めたくない!
というか萱野の文章は引用など、論文の体をなしてない!!
とにかく認めない!!
というか萱野本買ってるのってどういう学歴の人??

521 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 12:36:19 0
ズバリ 馬鹿左翼

522 :考える名無しさん:2007/10/04(木) 12:37:55 0
>520

あなた個人が認めないと言ったって、今や認められてしまっているからね・・・

でもまあ、「論文の体をなしていない」という見解には一理ある。

この人、「論文を書く訓練」をしていないね。読む人が読めばわかる。
「国家とはなにか」での議論はとりわけ、読みの甘さが散見される。

「認めない」というよりもまえに、この人の「甘さ」「雑さ」を大上段に批判することだね。
それも、公の文章で。こんなところで「認めない」といっても誰も聞いてくれないし
有効な批判にはならない。

がんばってくれ。

523 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 07:19:16 0
自分が「読む人」だという自負が素敵だ
522さんの論文読んでみたいですよ

524 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 08:23:52 0
>>517,518

萱野とか大屋とか安藤とかが優秀なのか・・・
その基準がよくわからん

525 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 08:48:32 0
かつての院生嫉妬スレである、小森のスレでは國分功一郎がもっとも優秀ということになっていた。

526 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 12:29:57 0
>>524
大屋と安藤を萱野と同列には置けないだろ。
第一作を並べてみれば彼らの優秀さは一目瞭然。

法解釈の言語哲学
クリプキから根源的規約主義へ
大屋雄裕著
http://www.populus.est.co.jp/asp/booksearch/detail.asp?isbn=ISBN978-4-326-40239-7

統治と功利
功利主義リベラリズムの擁護
安藤馨著
http://www.populus.est.co.jp/asp/booksearch/detail.asp?isbn=ISBN978-4-326-10169-6

527 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 12:38:58 0
>522

まあそうなんだよね。
いずれやってみるよ。


528 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 15:31:05 0
>>522
あなたはまず「大上段」の意味とカギ括弧の用法から勉強し直しなさい

529 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 16:09:38 0
>>526
そうなの?どのへんに優秀さの違いがあるのか凡人の俺にはわからん。

530 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 17:51:12 0
萱野のは元から一般書として書いてるだろ
その二人のは多分D論の出版だろ
ジャンルが違うと思うぞ

531 :考える名無しさん:2007/10/05(金) 23:36:58 0
たしかに、かぎ括弧はともかく、大上段ってどんな意味だ?
萱野氏の頭上から鉄槌でもくだすということ?

それはそれで笑える・・・でも反撃が恐ろしいぜ。

532 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 00:45:57 0
大上段に批判する、でぐぐったら極東ブログがトップでわらた

533 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 12:02:40 0
いちいちぐぐる心性に爆笑

534 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 12:48:57 0
> 萱野の文章は引用など、論文の体をなしてない

ぐぐりついでにこれもとあるブログに出てきたことを確認w

535 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 14:03:47 0
そのブロガーがここに書いているんだろう

536 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 19:32:37 0
モウラのコラムの更新まだー?

537 :考える名無しさん:2007/10/06(土) 19:37:13 0
>534
これは、思いつきでそう書いただけ。まったくの偶然!ってことはけっこう多くの人がそう思ってる??

538 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 00:03:04 0
どこのスレもキチガイは句読点の打ち方が変

539 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 01:00:49 0
>>533
ラップですか

540 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 03:26:17 0
いちいちぐぐるしんせーにばくしょう

かやのはどうせたんなるおわらい



541 ::2007/10/07(日) 03:57:28 0
あんまりおもしろくない

542 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 04:52:27 0
> 萱野の文章は引用など、論文の体をなしてない

520と522に同意。

要するに物書きか?でもお笑いはさすがに失礼だろ。

543 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 07:27:20 0
まあ、でも院に行ってなくても、在野からアカポス得る人も多いし、「論文の
書き方」だけでもないのでは??

というか、この私含めて、アカポスを結局得られなかった人間は、どうしても
「嫉妬」が混じってしまうよね。
私含めて、「浪人」は、かやのんにまともに向かい合えないね。

544 :考える名無しさん:2007/10/07(日) 15:23:54 0
浪人でも討ち入りはできるだろ?

545 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 10:29:33 0
萱野に嫉妬している人間ってそんなに多いのか…
萱野のなにが一番嫉妬に向かわせてるの?
著作を出してるところ?
アカポスをゲットしたところ?
(それも女子大?)
キャラ?

546 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 10:38:27 0
>>520
東大生だよ
東大の生協では一番目だつところに平積みだし

547 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 11:58:58 O
お金は黒人に例える事ができる、黒人も最初に生まれてくるときは黒くはない新札のように手垢がついていないのと同じ

548 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 12:03:49 0
お金は、それが砂礫をさらって取ったものであっても、金脈をみつけたものであっても、
通用しさえすれば問題がない

549 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 13:25:54 0
>>512
今夏沖縄でのスピヴァク盗作事件=本橋哲也・鵜飼哲破廉恥発言事件に
萱野も酒井隆史もコメントすべきである。

550 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 13:34:24 0
スピヴァック盗作事件ってなによ?

551 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 13:38:13 0
>>550
これか
http://d.hatena.ne.jp/oda-makoto/20070806

552 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 21:31:51 0
嫉妬か。たしかに嫉妬している人は多いでしょう。でもああいう具合にうそっぱちを
ひろめられて迷惑している人もいるのでは?

東大で国家論や法哲を専攻している人からすれば、萱野氏が言っていることはあまりに
レベルが低いだろうし、それに思想の新しさからいってもあんがい古かったりする。

あれが最先端だと思われたらそいつは困るってこと。でも数年でメッキがはがれるよ。

553 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 23:01:48 0
>>552
そういうことなら公共的な場でばんばん理論的に闘ってほしいな

554 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 01:16:51 0
東大で国家論とか法哲学とか専攻している人たちは
もっと世界観レベルのスケールの大きいところで
理論をだして議論してくれればいいのに


555 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 01:16:54 0
迷惑するとか、困るとかいっているが、何が困るのかね。
噺家が、最近の若手芸人は芸もないのにキャーキャー言われているが、
ああいうのが笑いだと勘違いされては困るんだよ、とかいうような意味でかね。

556 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 01:53:44 0
確かに狭い専門領域で細かい議論をしてレベルが高いとか言われても
専門外の人間にとってはどうでもいいことだわな
そういう研究者って萱野と勝負する土俵にすら上がれないってことかもな

557 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 02:00:00 0
でも萱野が広いかと言われればそれほどでもなかろう。
五十歩百歩だな。

558 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 09:28:15 0
>>551 カヤノンよりマサキが食いつきそうなテーマ

559 :考える名無しさん:2007/10/09(火) 11:45:36 0
マサキか、昔かやのんと対談してたらしいな・・・
仲いいのか???


560 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 01:20:48 0
>>554
そういう連中こそが「思想檀」に出張すべき。
もし本当に潰せるなら潰せばいいのに。
でもたぶん無理だろう。
言説がそもそも違うから

561 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 12:27:54 0
553 :考える名無しさん:2007/10/08(月) 23:01:48 0
>>552
そういうことなら公共的な場でばんばん理論的に闘ってほしいな

そうだね。そろそろこういう闘いをみてみたい。えらそうなことを書いていても
じつは穴だらけだった、ということが露呈するのを期待したいよ。

「三バカ」と言ったからには東大系のみなさま、ぜひとも頑張ってください。

562 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 14:04:33 0
アカポスをめぐって、萱野勝ち組み、私含めて負け組み、萱野に格差社会の批判の資格
なんてないじゃないか。

そうだな、現代思想とかも、本格派の東大系の国家論論者とか登場させるべきだよ。
あの雑誌は編集長の仲良し雑誌ってかんじだからな。

563 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 15:14:44 0
本格派の東大系国家論論者って例えば誰?参考までにききたい。

564 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 17:07:23 O
東大って現職でいうと井上達夫とか川出良枝とか宇野重規とかのことかな。
その辺りはちょこちょこ『現代思想』に寄稿してる気が。
でもいわゆる「東大系」はリベラリズムやら公共哲学やら一般受けの悪い研究ばかりしてて業界の空気もマンネリ化してて、そこを突いたのがカヤノン。


565 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 20:01:46 0
公共哲学と応用倫理は、
アカポスのためには楽そうだが読む気が全然おこらん分野だ

566 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 21:13:26 0
リベラリズムとか公共哲学とか、いまの社会の処方箋みたいなことばかり
研究されてもおもしろくないんだよなー
どうせそんな話は最後は説教くさくなるだけだし
やっぱり「国家とは何か」とかみたいに社会の構造をストレートに
論じるような問題をやってほしい
それができないなら萱野には勝てないと思うぜ

567 :考える名無しさん:2007/10/10(水) 21:50:38 0
確かに東大の国家論の人たちって「主義」の研究ばっかりだからな

568 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 11:15:18 0
「頭はいいけど馬鹿」の典型なんじゃね

569 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 11:28:16 0
大屋は新書出してるし、安藤の本も一般向きの射程がある。
大屋や安藤の読者が萱野の本を嘲笑してるのだとすれば
萱野の読者は、彼らの読めばいいだけの話。
読んでないから、嘲笑される。

570 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 11:30:06 0
「論文の書き方」うんぬんってケチつけてる人ほど
ただの分かりにくい悪文を書く人だったりしない?

571 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 14:09:17 0
>>569
読者の話なんかどうでも良いだろう
あなたも含めて論者が発言すべき話題

572 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 17:01:45 0
大屋は東のネタをぱくってるからな
パクリの大屋さんがなにをいっても嘲笑される

573 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 17:27:41 0
実に生産性のないケチのつけあいがつづいているが、結局、大屋とか安藤、あるいは
その読者は、萱野の議論の何がいかんといっているわけ?
論文の書き方が、とか、引用の仕方が、とか、早稲田が、とかそういう皮相なことじゃなくて、
本質的には何が問題なんだ。

574 :考える名無しさん:2007/10/11(木) 18:30:47 0
前スレにあった、国家を擬人化したりしなかったりで、定義があいまいという話は面白かった。
前スレから数えて1500近いレスのうち、まともな批判と思えるのはあれだけだった。

575 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 01:22:09 0
東大の政治思想系の人間が萱野に対抗心をもってることがよくわかった
これはある意味収穫じゃね

576 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 01:57:40 0
萱野って駒場で研究員やってたじゃん
よそから見たら十分東大に絡んでるよ

577 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 02:05:45 0
フフフ、東大というのは東大に入学してなんぼのものなのだよ。
後からはいってくるのは寄生虫にすぎない。

578 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 02:11:28 0
俺もロンダ組だからそう説明してるけど、
やっぱり世間では十分東大の人だよ

579 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 03:00:27 0
東大中退>>>越えられない壁>>>>ロンダ東大院生

580 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 04:02:52 0
いや、そんな煽りは死ぬほど聞いたけど、
だからなんなの?
アカデミアがまっとうに機能してない国ってことだよな

581 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 09:31:50 0
ロンダってなんですか

582 :考える名無しさん:2007/10/12(金) 09:56:51 0
東大中退w

583 :558:2007/10/12(金) 19:29:53 0
>>559 ‘談’ていう雑誌、大きい本屋にはバックナンバーが置いてる。
普通に対話してる、マサキの場合普通に対話するか、無茶苦茶罵倒するかのどっちか(笑)。

584 :考える名無しさん:2007/10/13(土) 09:34:07 0
レスサンクスです。
マサキって、対談相手を罵倒するんですか??
でもマサキも遅咲きだよね??
嫉妬の対象??

585 :考える名無しさん:2007/10/13(土) 10:05:49 0
昌樹は語り口(罵倒芸)が面白いから
そんな本ばっかり注文されるようになってるな

586 :398=498=558=583:2007/10/13(土) 21:53:34 0
>>47アズマンの立ち位置把握がだいたい当たってる
>>480出たよーん、その思想家
>>485自分は1年前のカラヤン・カヤノン対談から使ってた
>>512このレスで今日のイベントを知ったのだ
>>549ウカインは先進国のDVや自殺にも言及してた
>>574女の人が“あなたは国家を擬人化してる”と問い詰めてた
>>585マサキは罵倒芸が際立つけど意外とルサンチマンに左右されずに物を言ってる


587 :574:2007/10/13(土) 21:58:19 0
良く見たら、前スレじゃなく現行スレか。

588 :考える名無しさん:2007/10/13(土) 21:58:35 0
>>1
あなたは胴欲な人ですね

589 :398=498=558=583=586:2007/10/13(土) 22:00:29 0
アズマン・カラヤン・マサキネタは今日のイベントと関係ない、スマソ

590 :398=498=558=583=586=589:2007/10/13(土) 22:07:47 0
>>587カヤノン自身が女の人に引いてたしもうちょっと準備してから反論した方がいいと思たよ

591 :考える名無しさん:2007/10/14(日) 02:36:52 0
女の人が問い詰めてた?女の人に引いていた?
それはなんのことでしょうか。

592 :398=498=558=583=586=589=590:2007/10/14(日) 07:22:21 0
>>591 スマソ、なんかチクリみたいでだんだん罪悪感感じてきた


593 :考える名無しさん:2007/10/14(日) 17:18:01 0
別にイベントでの出来事をレポするだけならチクリじゃないでしょう。
何があったのか教えてよ。

594 :398=498=558=583=586=589=590=592:2007/10/14(日) 18:30:45 0
>>593 その知的な女性は他の質疑応答では的確な質問をしてた
“国家擬人化説”だけとってつけたっぽかった

595 :考える名無しさん:2007/10/14(日) 18:40:21 0
どうでもいいことだけど
=XXXをどんどん追記してかなくとも"398"とだけ名欄に入れとけば通じる

596 :398:2007/10/14(日) 18:50:28 0
>>595 スマソ、どうも我ながら人として軸がぶれている(byオーケン)な

597 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 01:08:58 0
小出しにするのはやめてくださいよ。
イベントでかやのんがどんな話をして、他の演者とどういうやりとりがあって、
どういう質問があって、それにかやのんがどう答えていたかとか、
簡単でいいから流れを教えてほしいですね。

598 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 11:55:23 0
国家擬人化説で質問していた女性に萱野は、それは全くの誤読だって反論してたよ
司会の松葉祥一も、ひどい質問だ、みないなことをコメントしてた


599 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 12:22:46 0
サンクスです。
もうちっと詳しく知りたいが、とりあえずこのスレの前にあった擬人化説への
かやのんの反論が「それは誤読だ」ということがわかっただけでも大きい。


600 :398:2007/10/15(月) 12:41:36 0
>>598 スマソ×100、レポ能力0なのだポックン・・・

601 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 15:01:57 0
>>599
どういう意味で誤読と言われてるのかが分からんと何の意味もないけどな。

602 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 16:17:31 0
そう、だからもっと詳しく知りたいんだよね。
とりあえず、かやのんが「それは誤読だ」といったということは、
「擬人化しようとしているわけではない」と考えているということだと
理解したんだけど。でも、じゃあ、どうしたいのか、その辺に答えはあったのかな。
だれかレポートしてよ。

603 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 17:27:18 0
無生物主語を駆使するけど、
それは擬人化とは異なるってだけだろ

604 :考える名無しさん:2007/10/15(月) 18:17:52 0
情況で萱野と白井対談してておもろい
マサキも出てて
いつもなら無視雑誌だけど
今回はじめて買ってしまった

605 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 10:04:26 0
ろんだ?

606 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 10:40:07 0
ロンダのいみがわからんのか?
学歴ロンダリングでぐぐれ。Wikipediaでも読めばわかる。

607 :考える名無しさん:2007/10/16(火) 11:07:09 0
ちなみに学歴ロンダという言葉自体はたいへんくだらないとはおもうが、
しかし略歴に学士をとった大学は示さず、修士や博士をとった大学名だけを
書くのは、たとえ本人にその気がないとしても、何か学歴をよくみせようという
魂胆があるのではないかとかんぐりたくはなるね。。

608 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 10:02:56 0
かやのんは、ただのアカデミズムの権威主義を目指した学者でしょ。所詮権威主義者
に過ぎない。

609 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 10:20:38 0
>>607
学士を書く習慣って滅びつつあるよ
それどころか出身高校も書けって話になりかねないし
田舎だと高校閥が重要だ

610 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 18:45:26 0
亀田をプロデュースしてたテレビと広告界のオジサンのセンスのダメぶりが
露呈してるわけだが、
萱野を似たようなキャラでプロデュースしてきたサヨク系出版界の
オジサンたちは何か思うところないのか?

611 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 18:52:10 0
別に関係ないじゃん

612 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 20:24:33 0
かやさんはいつもフェアな人ですからね。
反則親子とは正反対ですよ。

613 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 22:10:13 0
萱野を亀田と同じように見てる人間って単純なんだろうな

614 :考える名無しさん:2007/10/17(水) 23:24:37 0
TBS=サヨマスゴミ氏ね
みたいなネット言論だろ

615 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 01:04:56 0
ただあのサングラスではいたしかたない

616 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 05:47:03 0
亀田の亜流にしか見えんけどね:
http://ameblo.jp/gitan1968/entry-10050741014.html


617 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 08:05:26 0
>>616
カンケーねえ奴のブログなんか載せるな、ボケ

618 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 11:44:39 0
この界隈の台所事情を知らない亀田ファンて結構多いんだね。

619 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 15:38:33 0
亀ちゃんは内藤に謝ればいいのら
世間様になんて唾吐いとけぉ

620 :考える名無しさん:2007/10/18(木) 16:00:17 0
ギタンの言うことは正しい。
カヤノもなんかいえ、というかモウラはもう更新しないのか?

621 :考える名無しさん:2007/10/19(金) 09:16:07 0
サングラスはすげーな。実物みたいぜ。

622 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 02:12:47 0
人を外見から判断しちゃダメよ
とてもいい人なんだから

623 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 05:38:50 0
津田塾の学生さんですか

624 :考える名無しさん:2007/10/20(土) 16:27:16 0
>>610
津田塾とツダジムを引っかけていたのか

625 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 15:23:31 O
たしかに小森謙一郎スレの荒れ方はひどかった。あれから数年、あの年代の駒場院生たちはどうしてるだろう。残ったといえるのは、國分、郷原、高桑、宮崎、西山あたりまで?西山さんの活躍が目立つな、萱野さんには及ばないが。ときに小森さんはどうした?

626 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 15:28:29 0
君も駒場院生のくせに

627 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 16:39:54 0
>625
萱野以外ぜんぜんしらないんだけど・・・だれ?

628 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 18:12:28 0
小森スレに比べればだいぶマシだよ。
あのスレは東大院生つっても馬鹿がいっぱいいるんだなあと
分かったことだけが収穫だった。

629 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 18:27:00 0
思想雑誌界隈以外の人は存在しないも同然なのか

630 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 20:15:40 0
萱野は東みたいなものなので、嫉妬はあるにはあるが小森に対するものと種類が違う。

631 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 20:31:18 0
格が違うってことだね

632 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 20:54:04 0
なんというか、小森スレの場合は顔見知りかつ、できると思ってなかったやつに
先を越されて嫉妬するさまが醜い感じ。
あれに比べればだいぶマシだよ。

633 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 21:21:45 0
小森ってまさきの紹介だろ?
先を越されるとかそういう話ではないだろう

634 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 21:26:01 0
あーつまり、それなりに妥当なんじゃね?ってこと
628=632氏も、ようは院生に類した関心の持ち主なわけだ。


635 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 22:22:00 0
小森って誰だよ
そんな奴はどうでもいいよ
それより萱野のフーコー論について議論してよ
評判なんでしょ?

636 :考える名無しさん:2007/10/21(日) 22:44:50 O
>635
お前がまず語れ

637 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 00:33:57 0
>>626
西山って雄二?達也?

638 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 01:38:20 0
雄二はべつに東大院生ではないだろ
しかし達也の方も別に活躍しているわけではないけどな
ま、どちらも似たようなものか…


639 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 10:18:07 0
西山って人がよさそうだな、どうでもいいか

640 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 11:07:00 0
だからどっちの西山だよ!

641 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 12:26:13 0
おれも西山さんがいいな、なんかカッコよさそうだし、やさしくしてくれそうだから

642 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 12:58:22 0
たぶん2倍活躍しているように思われている

643 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 13:45:27 0
なつかしいな西山先生

644 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 14:20:38 0
西山先生にはずいぶんお世話になった。よくお酒のみにつれてってもらったよ。

645 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 14:27:09 0
結局郷原たんは何やってるの?

646 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 15:31:37 0
郷原さんともよく遊びにいったなあ

647 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 17:19:16 O
雄二は院生どころかもう講師でしょう。

648 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 18:25:21 0
なんだかしらない人たちだけど、ぐぐったら、みんなそろって、ぶらんしょぶらんしょ
いってたよ。

649 :考える名無しさん:2007/10/22(月) 23:21:40 0
西山と萱野って仲がいいんでしょ

650 :考える名無しさん:2007/10/24(水) 17:50:45 0
ちなみに俺は萱野と仲が悪い

651 :考える名無しさん:2007/10/24(水) 21:11:47 0
↑萱野と知り合いですらないくせに
つまらない自己主張をする奴だな

652 :398:2007/10/25(木) 23:21:13 0
>>602 13日のイベントでウカインが“死刑反対派はその理想的な主張の背後
に人間中心主義がある”とコメントしたんだけど、それを聞いて仏現代思想
は反人間主義に近い事を思い出したよ、例えば人間を所詮単なる機械だと考
えれば敢えて遊戯的に国を人の様に扱うのもアリなのかなと考えたよ、それ
は通常の意味での擬人化と全く違うし、フーコーの自己の身体に注目するや
り方や、D&Gの遊戯的な文体、デリダみたいな文章をズタズタに分解するやり
方は反人間主義的に見たら実は政治的な表現を目指してるのかなと思うよ、
後、カヤノンはたまたま最初に入植して実権を握った奴(神武天皇とか)が
国家として実体化してしまうのを注意深く相対化しようとするけど、そうし
た事が>>566みたくニュートラルな国家論では出てこない、13日のイベント
はサヨ的価値観に留まるウカイン&サカインとそこから離脱しようとする
カヤノンの間に亀裂がある様に見てる者に感じられたけど、少なくともカヤ
ノンは仏現代思想の反人間主義や政治的にアグレッシブな要素は受け継いで
いると思う。

653 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 01:27:57 0
誰もかれも名前の語尾にンをつけるのをやめてくれ
気持ち悪いから
それに、どうせするならデリダンとかフーコンとか徹底してやれ
中途半端だ

654 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 10:09:31 0
ネグリン

655 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 10:44:21 0
ドゥルズン&ガタリン

656 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 11:28:14 0
結局上手くできてるのってカラヤンだけだよな。

657 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 13:11:14 0
上手いと言っても、柄谷=カラヤンって、「指揮者の雰囲気が似てる」とか、いかにも2ch臭いシニカルなイメージ符号だけだ。
指揮者としてのカラヤンのあり方と、批評家としての柄谷のあり方はどこが似ているのかさっぱりわからん。
こういう、2ch選民気取りみたいなジャルゴン、何とかならないの?

658 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 16:48:19 0
本日の読売新聞の地方欄(神戸版)のキャプ画像
http://f.upup.be/?Ve9jm3xmSL

(本文)
「高3自殺「いじめ防止委 全員関係者 
  私立校 選任予定者14人、職員やOB」

 神戸市須磨区の私立高校で、7月に自殺した同校3年の男子生徒
(当時18歳)が同級生らから金品を要求されていた事件で、
同校が設置する「いじめ防止対策特別委員会」の委員に選任予定の
14人が、いずれも同校関係者であることが25日、わかった。教頭は
「今後、委員の増員を含め、見直しを検討する」とするが、<身内>
でつくる委員に批判が集まりそうだ。
 同校によると内訳は、同校職員7人、大学教授や弁護士ら7人、しか
し大学教授は同校OB、弁護士は同校顧問弁護士だった。校長は「再発
防止に向け、一刻も早く一刻も早く委員会を発足させるため、すぐに
集まってもらえる人たちに声をかけた」と説明している。
 この日は同委員会発足に向けた懇談会が開かれ、14人を含む22人の
関係者が参加。同校の生徒指導部長が、男子生徒の自殺から同級生3人
の事件経過を説明。大学教授からは「保護者に情報が伝わるのが遅かっ
たのでは」など批判が出た。
 同委員会は今年度中にも、再発防止に向けた報告書などの作成を目指す。
(読売新聞 神戸欄 2007.10.26)
 _, ,_
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
揉み消しに必死な関係者達wwwww身内で火消し会議wwwwwwwww弁護士wwww大学教授?
滝川同窓会会長wwwwww神戸大学wwww滝川一族ワロタwwwwwww氏ね、切腹しろwwwww

659 :考える名無しさん:2007/10/26(金) 17:46:46 0
カラヤンは、関西人であることと帝王であることが理由だろう。
作風は似ても似つかないが。

660 :考える名無しさん:2007/10/27(土) 13:30:11 0
そういや柄谷って萱野の国家論の影響をもろに受けたよね

661 :考える名無しさん:2007/10/29(月) 09:35:47 0
『世界共和国』なんてモロだもんな

662 :考える名無しさん:2007/10/30(火) 01:20:29 0
10月27日にあった萱野×宮台対談に行った人、どうだった?
レポ頼む

663 :第三の波平 ◆q5y3ccmqnw :2007/11/01(木) 00:51:43 0
■国家とはなにか

超越論的な想像的回復

秩序の断絶を想像的に回復することで、回復した対象は神性化され、(人々へ)負
債感(贈与性)を与える、という「転倒」である。これを「超越論的な想像的回復」と呼
ぼう。モースが見いだした贈与関係もまた、「超越論的な想像的回復」である。ここ
での断絶は純粋贈与(略奪)=自然の脅威である。純粋贈与(略奪)という「断絶」を
調停するために(自然)神は想像され、共同体の秩序は回復し、人々は(自然)神へ
の負債をおうことで、贈与の連鎖がおこなわれる。

たとえば貢納制国家においても、ただ暴力において成員を統治するわけでも、また
物質的に成員の生存を保証するわけでもない。国家においても「断絶」は、原始社
会と変わらず、純粋贈与(略奪)=自然の脅威、外部からの敵の到来とである。そし
て純粋贈与(略奪)という「断絶」を調停するために王=神は想像され、国家の秩序
は回復し、人々は王=神への負債をおうことで、贈与の連鎖がおこなわれる。貢納
制国家を統治する「王」は、共同体の互酬性の自然(神)の位置を継承することで、
成員への負債感によって国家を統治する。成員は縦への当然の贈与関係=再配
分(略取と再配分)として「王」を敬うのである。

すなわち「超越論的な想像的回復」における贈与性の力学は、縦の交換関係として
再配分(略取と再配分)と横の交換関係として互酬性(贈与と返礼)を生むと言うこと
ができるだろう。そして「王」は「超越論的な想像的回復」による縦−横の贈与交換
関係を継承している。

664 :第三の波平 ◆q5y3ccmqnw :2007/11/01(木) 00:52:15 0
現代の神としての統一された「国家」

従来の権力論が縦の交換を指摘するのに、フーコーは横の交換を指摘する。従来
の権力論が、縦/横に君主/臣下の構造を重ねるのに対して、フーコーはその対
抗として、横の中に働く権力を指摘する。しかしそれは従来の権力論の対抗である
ために、逆にもはや国家権力は重要ではないというような、縦の交換を軽視するこ
とが起こっている。秩序は想像的な回復として構造化され、そのはじめから、縦−横
の秩序として考えなければならない。

絶対主義国家までと、民主主義国家との差はなにか。すなわち君主が不在なのに
なにもなかったように国家が存続する不思議。国家はただの残余であり、そのうち
消えるだろうという思い。そこに「超越論的な想像的回復」の構造をみれば、不思議
ではないだろう。神は未開社会のはじめから、継続されているのであり、そこに具体
的な王がいる必要もない。

想像的な王と、実際に権力を行使する王とは異なる。想像的な王は、実際の王の
権力に正当性を与える。これは、王が消失したあとの民主国家においても、同じ事
が言えるだろう。想像的な国家は、実際に権力を行使する国家権力に正当性を与
える。想像的な国家とはなにか。国民(ネーション)である。 柄谷は、国家とは他
の国家との関係ではじめて国家であると、言った。想像的な国民(たとえば日本人、
韓国人など)という差異の関係によって維持される。

665 :考える名無しさん:2007/11/01(木) 02:10:53 0
>>663 >>664
おまえらバカだな

666 :考える名無しさん:2007/11/02(金) 10:28:29 0
朝日カルチャーセンター対談講座

生きづらさ、権力、アイデンティティ
 
講師:
作家 雨宮 処凛 
1975年生まれ。99年、ドキュメンタリー映画『新しい神様』(監督・土屋豊)に出演。
著書に『生き地獄天国』『自殺のコスト』『暴力恋愛』『戦場へ行こう!』
『悪の枢軸を訪ねて』『すごい生き方』『バンギャルアゴーゴー』『行きさせろ』など。

津田塾大准教授 萱野 稔人 
1970年生まれ。パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。
現在、津田塾大学国際関係学科准教授。
著書に『国家とはなにか』『カネと暴力の系譜学』『権力の読みかた』。

講座の内容: いまこの社会は、ますます生きづらい世の中になっています。正社員になれなかった人は
不安定な雇用のもとで最低限の賃金でコキ使われ、また正社員になれた人も成果主義のかけ声のもと
長時間労働や過重なノルマにあえがなくてはなりません。他方で、「人間力」や「コミュニケーション能力」
といったものが人びとに過大に要求されるようになり、その要求に対応できなかった人はさまざまな自己疎外を
味わわなくてはなりません。いまの社会では経済的にも精神的にも安定的な居場所を見つけることが
きわめて困難になっています。こうした状況はどのように権力の問題やアイデンティティの問題とかかわっているのでしょうか。
近著『生きさせろ!難民化する若者たち』で、現代の若者の生きづらい状況を描いた作家・雨宮処凛氏と、
『権力の読みかた』で現代社会における権力やアイデンティティの問題に切り込んだ哲学者の萱野稔人氏が、議論します。

11/2(金) 19:00〜20:30


667 :考える名無しさん:2007/11/02(金) 10:53:07 0
萱野乙

668 :398:2007/11/03(土) 20:04:33 0
>>662 主(あるじ)と奴(やっこ)で冷や奴!!・・・・一週間経っても
10/27ルポないので、またもやポックンしゃしゃり出るよ、忘れる前に。
嵐の中あんなに集まったのに!両者共あんなにハイテンションだったのに!
ミヤダイ氏の発言は10/20付ブログ発言とカブるので結構じっくり眺めたよ
赤chanの写真の次に。何か米国型ピュアリリズムは市民宗教の一種だとか
シャンタル・ムフがどうとか言ってた。後バトラー流フェミはdqn構築主義
広松型物象化論が真正構築主義だとも。社会システムは人間が造り出して
いるが、人間の意志では変えられないのだと。やっぱ落ち目の批評空間系
より、マサキやミヤダイみたく独逸仕込みのサブライムな論者の方が迫力
あるな、カヤノンも最近エリアス引用するし。(おんや〜ポックン>>652
コメントから大豹変!)カヤノン、ミヤダイにオルグされてるっぽいけど
どうなるんだろう、ヒートアップするミヤダイをサラッと右から左に受け
流す、という意味ではアズマン&ギョウダイの方がミヤダイ慣れしてるな
ミヤダイスレって90スレもあって殆んどが罵倒スレだからミヤダイ氏流石
にピリピリしてんのかな、後カヤノンはホッブス側からヘーゲル承認闘争
を見直すべきだとも。でも元々>>663>>664みたいな言説も浅田アックンの
“構力”のクラインの壷辺りにあったような・・・・>>666 11/2朝カルは
行ってないけど10/21に円山野音で処凛タンを見たよ、今後カヤノンは何か
歌舞伎町かどっかのイケメンホストとも対談するみたい。すごい!

669 :考える名無しさん:2007/11/06(火) 23:52:45 0
ホストと対談
萱野はどこへいく?

670 :考える名無しさん:2007/11/07(水) 01:30:31 0
>>669
媒体情報plz

671 :考える名無しさん:2007/11/08(木) 22:42:03 0
萱野・白井対談

http://www.acc-web.co.jp/sinjyuku/0710koza/A0202.html#

672 :考える名無しさん:2007/11/09(金) 16:26:33 0
雨宮・萱野対談のレポお願い

673 :考える名無しさん:2007/11/10(土) 23:58:29 0
東大OPの現代文で萱野さんの文章がでました

674 :考える名無しさん:2007/11/11(日) 21:08:26 0
東大OPって何?

675 :考える名無しさん:2007/11/11(日) 21:13:40 O
模擬試験だろ
東の動ポモとかも昔出たりしたよな

676 :考える名無しさん:2007/11/11(日) 21:44:47 0
サンクス

677 :考える名無しさん:2007/11/13(火) 13:35:07 O
11/20東大UTCP、萱野さんが高桑和巳「フーコーの後で」のコメンテーターで出るよ。

678 :考える名無しさん:2007/11/13(火) 17:15:29 O
二股かよ!セーヌ川で逝ってしまおう。

679 :考える名無しさん:2007/11/15(木) 00:36:57 0
二股って、大学?それとも?

680 :考える名無しさん:2007/11/16(金) 19:08:50 0
>>672
ttp://www.magazine9.jp/karin/071107/071107.php

681 :考える名無しさん:2007/11/17(土) 21:22:59 0
駿台の文理共通東大実戦も萱野でした
代ゼミでも出たらどうしよう

682 :考える名無しさん:2007/11/17(土) 22:22:28 0
河合塾もだったんでしょ?

683 :考える名無しさん:2007/11/17(土) 23:02:42 0
河合も駿台も萱野さんでした
なんということでしょう!

駿台は「権力の読みかた」という作品からでした

684 :考える名無しさん:2007/11/17(土) 23:12:12 0
受験生がこんなところに来てていいのか。

685 :考える名無しさん:2007/11/18(日) 00:22:08 0
これくらい余裕が無いと東大には受からないからいいんだよ

686 :考える名無しさん:2007/11/18(日) 01:23:11 0
高校の頃からPCで2chとかみながら人文書に手を出したりしてる層がいるのか。
たしかに、言われてみれば想像できるけど、
20代後半の私の中高時代にはなかった光景だから、正直驚く。
私の頃は巨大な本屋でたまたま著書を見つけて読む、とかそんな感じで、
ネットでの評判やらを最初に知っちゃうってのはなかったからな。

気長に古典や大著も読んで、軽いものばかり読まないようにね。
あと、本を読むのはその頃の手持ち金にしては割に金がかかるんで、いい公立図書館をうまく利用してね。
雑誌論文とかは、所蔵されているのをコピーして読むとか。

スレ汚しスマソ

687 :考える名無しさん:2007/11/18(日) 01:48:19 0
宮廷の文学部ならそういう人は腐るほどいる
院志望ならなおさら

688 :考える名無しさん:2007/11/18(日) 02:45:37 0
>>686はやさしい人だね

689 :考える名無しさん:2007/11/22(木) 00:31:39 0
あぶねー。
>>686読んだら妊娠しかけたよ。

690 :考える名無しさん:2007/11/23(金) 20:27:35 0
意味不明だな
べつにいいけど

691 :考える名無しさん:2007/11/30(金) 22:53:17 0
萱野×仲俣暁生@吉祥寺
http://100hyakunen.com/?mode=f3

692 :考える名無しさん:2007/12/01(土) 16:45:46 0
早稲田の3バカはしょうがねえよ。

693 :考える名無しさん:2007/12/01(土) 23:12:54 0
3バカって、すが秀美、渡部直己、坪内祐三のことだろ?

694 :考える名無しさん:2007/12/02(日) 08:06:40 0
すがの方が、萱野、酒井、渋谷の3バカトリオより面白い。

695 :考える名無しさん:2007/12/03(月) 00:37:13 0
早稲田3バカっていうほど萱野は酒井や渋谷と近くないと思うけどな
年も若いし、やってることも全然違うし

696 :考える名無しさん:2007/12/03(月) 10:46:35 0
12月5日 阿佐ヶ谷ロフト
雨宮処凛のわくわくお楽しみ会
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/lofta.cgi?year=2007&month=12

697 :考える名無しさん:2007/12/03(月) 17:24:53 0
雨宮じゃわくわくしないなあ
萱野の胸元にはわくわくするけど

698 :考える名無しさん:2007/12/04(火) 10:37:55 0
正直「金と暴力の哲学」は、するどさないと思う。
何というか、世俗雑談というか・・・。

699 :考える名無しさん:2007/12/05(水) 14:41:02 0
大学の半期授業用のネタとみた
偏差値50以下だとあんなものですよ

700 :考える名無しさん:2007/12/06(木) 00:34:36 0
萱野さんは偏差値もうすこし高いよ!馬鹿にするな!

701 :考える名無しさん:2007/12/07(金) 10:31:30 0
「金と暴力の哲学」じゃなくて「カネと暴力の系譜学」だろ
これはもっと評価されていい本なんじゃねえか
資本主義論として

702 :考える名無しさん:2007/12/10(月) 03:52:05 0
本名萱野三平なんでしょ?
ウィキに書いたほうがいいかな?

703 :考える名無しさん:2007/12/10(月) 18:46:22 0
えっ、そうだったの?!
俺はてっきり三平の方がペンネームだと思ってた

704 :考える名無しさん:2007/12/10(月) 20:15:51 0
三平がペンネームのはず。「国家とはなにか」のあとがきに書いてあったと思う。

705 :考える名無しさん:2007/12/12(水) 03:08:44 0
萱野って思ったより礼儀正しいな

706 :考える名無しさん:2007/12/17(月) 03:26:35 0
萱野さんのモウラの連載はもう更新されないのですか

707 :考える名無しさん:2007/12/19(水) 14:18:37 0
1/22シンポジウム「国家・暴力・ナショナリズム」
http://www.cswc.jp/lecture/lecture.php?id=36

国家とはなにか。国家は幻想にすぎないとよく言われるが、他方で国家が
それに止まらない機能や存在感をもっているのも確かである。ナショナリ
ズムの失効が訴えられて久しいが、1990年代以降、若い世代では国家への
期待が逆に強まっているようにも見える。
そのような現状認識のもとで、哲学、政治学、社会学からの5人の若手論客
が、この10年間の思潮を振り返り、新たな国家論を模索する。

司会 東浩紀(一児の父)、北田暁大(東大准教授)
登壇者 萱野稔人(哲学)、白井聡(政治学)、中島岳志(政治学)

708 :考える名無しさん:2007/12/19(水) 16:17:23 0
司会 東浩紀(一児の父)、北田暁大(バイセクシャル)
登壇者 萱野稔人(三児の父)、白井聡(童貞)、中島岳志(インド人)


709 :考える名無しさん:2007/12/20(木) 23:56:28 0
白井は童貞じゃないだろ?

710 :考える名無しさん:2007/12/21(金) 17:58:34 0
べつに童貞で悪いわけではないから隠す必要はない

711 :考える名無しさん:2007/12/22(土) 20:22:48 0
悪いわけじゃないけど恥ずかしいんだよね

712 :考える名無しさん:2007/12/23(日) 00:28:16 0
でも白井は童貞でも総長の息子だから相殺される

713 :考える名無しさん:2007/12/23(日) 03:23:49 0
総長の息子だとそんな特権があるのか

714 :考える名無しさん:2007/12/28(金) 01:19:56 0
こないだ初めて萱野さんの写真みたらやたら若い人ですな
東さんより1歳年上なのに

715 :考える名無しさん:2007/12/28(金) 01:35:00 0
馬鹿だな、あれはメイクと照明のなせるわざだ
テレビで加賀まりこだけ妙に明るいとかそういうやつだ
萱野も実物はあごの下のしわが目立つし
髪の毛立ててるがてっぺんは禿げてる

716 :考える名無しさん:2007/12/28(金) 01:41:52 0
そうなのか
1月に生で確認してくる

717 :考える名無しさん:2007/12/28(金) 01:46:59 0
ああ、よくみとけ
舞台の下から妙なスポットライトが当たっているから気をつけろ
それからあまり本人に近づくと関係者に取り囲まれるからそれも注意

718 :考える名無しさん:2007/12/29(土) 18:38:10 0
>>707 >気鋭の若手五人が、国家を語るトークイベント

中島さんて気鋭なの人がキタと思てなんだが、もうすでに終わてたんだってな。
ハードコアよしりんふぁんの工房の弟に聞いたところによると。

まあ、業界的にはまだ新進気鋭っていうフリで使うだろうから、
早く大川周明本だけは出しちゃってもらいたいわ。
早せんと消えちゃいそうだわ このひと。

719 :考える名無しさん:2008/01/02(水) 11:51:06 0
ホストの頼朝さんとやる対談はどうなった?

720 :考える名無しさん:2008/01/06(日) 19:27:12 0
萱野テッペン禿げてるの?異例の出世でも、それは厳しいな。

721 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 03:01:53 0
頼朝さんの失脚にともない対談は中止

722 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 10:24:23 0
アカポスゲットでハゲの萱野と、アカポス無しで毛のある俺は
どっちが幸せだろうか?

723 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 10:58:51 0

アカポス>>>壁>>>>ロンダ>>童貞>>禿>>非常勤

724 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 15:35:18 0
非常勤って童貞より格下なのか

725 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 16:54:14 0
ろ、ロンダすれば童貞の僕でも上位にいけるのか!

726 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 17:23:10 0
でもロンダは一般就職でもしない限り非常勤に転落するリスクが高いのでおすすめできない

727 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 17:50:30 0
もちろん史上最強は「総長の息子」だがな

728 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 17:52:05 0
プーチン>=総長の息子>>>アカポス>>>壁>>>ロンダ>>童貞>>禿>>非常勤

729 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 17:54:59 0
                                 ↑
                              いまこのへん

730 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 18:49:04 0
樹が陣営33号(08年2月刊行予定) 予価 1000円
*以下のラインナップは変更がある場合もあります。予めご了承ください。

【特集 精神科医・中井久夫の仕事】
 (参加予定者)滝川一廣/熊木哲夫/伊藤研一/内海新祐/栗田篤志/佐藤幹夫
【特別掲載】
 ・西尾幹二・・・三島由紀夫の死と私(第2回)
【シリーズ・人間学アカデミー】
 ・池田清彦・・・人間という生物の自由と不自由(1)
 ・佐伯啓思・・・人間と貨幣(1)− 貨幣・ユダヤ人・神経症
 ・菅野覚明・・・日本人にとって宗教心とは何か(1)
【本を読む】
 ・水島英己(神山睦美著『夏目漱石は思想家である』・思潮社・)
 ・山内修(佐藤通雅著『賢治短歌へ』・洋々社・)
 ・宗近真一郎(河津聖恵著『ルリアンス 他者と共にある詩』・思潮社・)
 ・佐藤幹夫(小澤勲著『自閉症とは何か』・洋泉社・)
 ・由紀草一(佐藤幹夫・山本譲司共編著『少年犯罪厳罰化 私はこう考える』洋泉社新書y)
 ・添田馨(北川透詩集『溶ける、目覚まし時計』・思潮社・)
 ・栗田篤志(村瀬学『初期心的現象の世界』・洋泉社MC・)
【連載】
 ・勢古浩爾・・・石原吉郎(10)
 ・浦上真二・・・古書会読(15)
 ・添田馨・・・クロニクル吉本隆明(最終回)
 ・近藤洋太・ ・ ・戦後思想私記(4)
 ・倉田良成・ ・ ・日本近世の絵師たち(新連載)
・中村武光(文)/くろいわひさお(写真)・・・ふらふら東京散歩(2)
【匿名コラム】
LinkURL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~k-kiga/33sippitusha.htm

731 :考える名無しさん:2008/01/07(月) 23:31:18 0
萱野ホモ説のあとはハゲ説がキタ

732 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 07:26:07 0
本当はどうなの?

733 :考える名無しさん:2008/01/08(火) 10:09:18 0
個人的には
両刀ってイメージがある

734 :考える名無しさん:2008/01/09(水) 00:27:24 0
両刀の可能性は十分あるな


735 :考える名無しさん:2008/01/09(水) 09:24:32 0
萱野って大学の頃はけっこう、勉強より
遊びのほうがすごかったって話だ。
両刀っていうよりも、チンポとかは、けっこう平気らしい。
ただ、人から聞いた話。

736 :考える名無しさん:2008/01/09(水) 10:21:03 0
それはテキサスのチンポをフェラさせられたとか、そういう話だろ

737 :考える名無しさん:2008/01/10(木) 01:53:46 0
竹 中 平 蔵 ・ 議 員 辞 職 の 謎 と 植 草 氏 逮 捕 の カ ラ ク リ 

植草氏だが彼は竹中平蔵の「経済政策」と「りそな銀行救済」はインサイダー取引の疑いが濃い、
と指弾していた。もし竹中氏が裏で糸を引いていたとすれば有罪となる可能性もある。
竹中にとって目の上のタンコブ的存在の植草氏の息の根を止めたつもりがまたぞろ復活し、
再度、竹中批判を始めたことに激怒し危機感を抱いたのかも知れない。そこで大臣を辞める前に
「植草逮捕」を目論んだ、という推論が考えられないわけではない。まさか、そんなアコギなことは
しないだろう、というかも知れない。そんな人には植草氏の竹中批判レポートを読んで欲しい。
とくに注目すべきは「りそな救済劇」の米国の関与について触れていることだ。
これはもしかすると虎の尾(タブー)を踏んでしまったかも知れない。

http://ameblo.jp/parody/entry-10017607204.html

738 :考える名無しさん:2008/01/10(木) 09:13:55 0
>736

「テキサスのチンポをフェラさせららた」って何??
すごい興味深い。どういういきさつでそういうことになるの?
萱野のやくざ風キャラってそうやって形成されたのか。

739 :考える名無しさん:2008/01/10(木) 19:42:09 O
女子大勤務でゼミの女子大生喰いまくりウラヤマシス

740 :考える名無しさん:2008/01/11(金) 02:25:00 0
>>735
萱野の本領は哲学より遊びのほうだろ
だから頼朝と対談とかするんだろ


741 :考える名無しさん:2008/01/13(日) 14:01:19 0
萱野はこのまま哲学から離れていってしまうのか?

742 :考える名無しさん:2008/01/13(日) 14:25:20 0
離れていく、というか、いまどこにいるんだよw
最近さっぱり動向を聞かないがw

743 :考える名無しさん:2008/01/14(月) 03:33:30 0
最近だと現代思想の1月号で森達也と対談してたぞ

744 :考える名無しさん:2008/01/20(日) 23:57:44 0
ハゲ説はいったいどうなった?
ガセだったのかよ

745 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 01:50:08 0
マル激トーク・オン・ディマンド 第355回(2008年01月19日)
格差社会を生き抜くために知っておくべきこと
ゲスト:本田由紀氏(東京大学大学院教育学研究科准教授)
http://www.videonews.com/on-demand/351360/001225.php#profile_link

 07年は、流行語大賞に「ネットカフェ難民」が選ばれ、働いても貧困から抜け出せない「ワーキングプア」にも注目が集まるなど、
日本の格差社会化がさらに進んだことを実感させられる1年だった。
 確かに格差や貧困の問題がメディアで取り上げられることが多くなっている。しかし、その取り上げ方は得てして表層的で、
そうした社会の中で日々格差や不公正さを実感し、将来に不安を抱きながら生きる若者にとって、どのような防衛策をとることが
可能であるかについての情報は少ない。
 そこで今回は、若者と労働、教育の現状に詳しい本田由紀氏をゲストに迎え、格差が固定されつつある社会で、若者が陥っている
困難な状況の根底にある、「社会や学校の評価基準の変化」を明らかにした上で、そのような社会で生き抜くための戦略について考えた。

ストリーミング動画(試聴)はこちら
http://www.videonews.com/asx/marugeki_backnumber_pre/marugeki_355_pre.asx

出演者紹介

・本田 由紀 ほんだ ゆき
(東京大学大学院教育学研究科准教授)1964年徳島県生まれ。94年東京大学大学院教育学博士課程単位取得退学。
94年より日本労働研究所研究員、01年東京大学社会科学研究所助教授を経て、07年より現職。
03〜06年、東京大学大学院情報学環助教授を併任。著書に「若者と仕事――『学校経由の就職』を超えて」、
「多元化する『能力』と日本社会――ハイパー・メリトクラシー化のなかで」など。

・堤 未果 つつみ みか
(ジャーナリスト)1971年東京都生まれ。 98年ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士課程修了。
国連、アムネスティーインターナショナル支局員を経て、米国野村證券に勤務中、9・11に遭遇し、ジャーナリストに転身。
著書に『ルポ 貧困大国アメリカ』、『アメリカ弱者革命』など。

746 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 02:04:59 0
>>722
そもそも萱野って女子大で何教えてるわけよ?

747 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 02:15:03 0
て つ が く

748 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 02:26:42 0
>>747
あなたも萱野の学生ですか

749 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 13:13:25 0
いえ、萱野です

750 :考える名無しさん:2008/01/21(月) 17:42:08 0
914 :もうがまんできない :2007/03/09(金) 02:27:46
                             /l       lヽ
                            {. {  ___  } .}
   |\__/|    |\__/|   |\__/|  \ヽ'" | | "'//  l|\__ /|l   |\__/|   |`;,,......,,;´|
  / .▼▼▼ \ /     \ /   川   \ / ,..======= 、\ ,ril|||l'" "'l||lli;, /,ノ    \/::::::::::::::::::\
  | (●  (● || (●   (● || (●  (● |.|_| (●) (●) |_l.| ●)   ●) ||'"●)   ●) ||:::●)   ●):::|
  | 三 (_又_) 三.||゙三 (_又_) 三.||゙三 (_又_) 三゙||_.|三 (_又_)三l_.||゙三. (_又_) 三||゙三 (_又_) 三.||゙三:(_又_):三:|
  .\ _ ^ _/ \ _ ^ _./ \ _ ^ _/ |_|、 _ ^ _ノl_|.\ _ ^ _/ \ _ ^ _./ \_ ^ _/
  /ー(Ω)-\ /ー(Ω)-\  /ー(Ω)-\   /ー(Ω)-\   /ー(Ω)-\ /ー(Ω)-\ /ー(Ω)-\
    和氣     福西    佑人     行人    浅輪        後藤     関本


751 :考える名無しさん:2008/01/22(火) 13:51:50 0
『思想地図』創刊シンポジウムのレポお願い
萱野は本当に禿なのかも含めて

752 :考える名無しさん:2008/01/22(火) 21:11:18 0
>>53
>こいつきっと俺より頭いいわ

キモイんだよ。死ね

753 :考える名無しさん:2008/01/22(火) 22:25:20 0
半年前のレスに反応してるおまいも相当だが

754 :考える名無しさん:2008/01/22(火) 23:11:05 0
かやのんは禿じゃなかったよ
シンポの後半、東の発言中に突然席を立って後ろのドアから出ていこうとしたけど
しまってて出れなくて客席のドアから出ていった
すぐ戻ってきたから多分トイレに行ってたんだと思うけど突然だったからびびったわ

755 :考える名無しさん:2008/01/23(水) 22:37:01 0
>>751
>『思想地図』創刊シンポジウムのレポお願い

東浩紀スレにおいで^^

【恋空で】東浩紀スレッド95【泣きました】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1200406432/

756 :考える名無しさん:2008/01/24(木) 01:23:57 0
昨日のシンポは面白かったよ
萱野が話したことに会場は一番反応してたな

757 :考える名無しさん:2008/01/25(金) 02:25:24 0
>>754
確かにな
萱野が急に立ち上がったときはびびったかも

758 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 01:15:38 0
今週のマル激トークオンデマンドで宮台のピンチヒッターに

759 :考える名無しさん:2008/01/27(日) 04:11:13 0
かやのんあんまりというかほとんどしゃべってなかったような

760 :考える名無しさん:2008/01/28(月) 02:01:28 0
なんにせよ才能ゼロ。なんだあれ。

761 :考える名無しさん:2008/01/28(月) 13:33:06 0
はっきりしゃべるからトーク慣れしてるのかと思いきや
実はそうでもないのかもね

762 :考える名無しさん:2008/01/28(月) 20:36:30 0
萱野のしゃべりは明らかに下手だよ
聞かれたことへの答えは舌足らずだし、自分から切り込んでいけない
まあ学者としては普通だとは思うけど、がんがん人前に出て行くレベルではない
その点、好き嫌いは別にして、浅田、東、宮台は明快にしゃべる
連中は若い頃からああだったから、場数を踏めばどうにかなるというものでもないだろう


763 :考える名無しさん:2008/01/28(月) 23:00:32 0
東工大のシンポジウムではがんがん前に出てたのにね

764 :考える名無しさん:2008/01/29(火) 20:38:24 0
シンポのタイトルからして萱野さんのテーマそのものだったからね。


765 :考える名無しさん:2008/02/01(金) 09:07:35 0
ふだんは2列目でごにょごにょいってるだけなのに
大喜利ふうのお題にネタで答えるコーナーになると
やおら前に出てくるふかわりょうと同じだな

766 :考える名無しさん:2008/02/01(金) 21:58:17 0
木曜日の朝日カルチャーセンターでは大変なことが起こったぞ

767 :考える名無しさん:2008/02/01(金) 22:35:13 0
え、なになに?kwsk

768 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 01:12:35 0
>>766
kwsk

769 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 02:26:48 0
>>766期待あげ

770 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 12:10:58 0
遅れてきた萱野が受講者に難癖つけられて殴られたんだろ

771 :考える名無しさん:2008/02/02(土) 14:37:45 0
すっぽかしたのは宮台先生。
萱野さん、ひとりで1時間半がんばる。
いい人でほれた。

772 :考える名無しさん:2008/02/03(日) 05:58:22 O
>>770
SRNKWSK

773 ::2008/02/03(日) 06:40:03 O
シンパ

774 :考える名無しさん:2008/02/03(日) 06:48:57 O
上杉達也、白球、春、スメル、姫、悲しみ、傷み、出会いと別れ、後北条、小田原城、難攻不落、ひとり

775 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 12:05:08 0
萱野っていい人なのか
見かけからは想像つかない

776 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 12:10:36 0
喋り方はいいひとそうだよね
悪いことできないかんじ
でも悪ぶってみせているところが可愛いね
松方弘樹路線なのかな

777 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 13:34:38 0
本当は気が弱いんだよ

778 :考える名無しさん:2008/02/04(月) 14:25:12 0
本当は、というか、あきらかにフツーっぽい
なんとかキャラを立てようとしているのはわかるけど
ちょっと無理があるよね
これが20代ならとんがってるイキのいいやつということになるだろうが
さすがに40前じゃちょっとイタイ感じがする

779 :考える名無しさん:2008/02/05(火) 01:47:01 0
松方弘樹路線というのは笑えるな

780 :考える名無しさん:2008/02/14(木) 12:24:34 0
ホストとの対談もう終わったのか

781 :考える名無しさん:2008/02/14(木) 12:52:36 0
http://jp.youtube.com/results?search_query=%E8%90%B1%E9%87%8E+01&search_type=

おいときますね。

782 :考える名無しさん:2008/02/14(木) 18:39:43 0
ニコニコにもあるよ

783 :考える名無しさん:2008/02/15(金) 05:14:40 0
つうか、マル激のサイトに行けば普通に見れる
この回は無料

784 :中上:2008/02/16(土) 04:02:41 0
枯木灘!枯木灘!枯木灘!枯木灘!

785 :中上:2008/02/16(土) 04:03:34 0
枯木灘!枯木灘!枯木灘!枯木灘!

786 :中上:2008/02/16(土) 04:04:21 0
枯木灘!枯木灘!枯木灘!枯木灘!

787 :考える名無しさん:2008/02/16(土) 11:23:40 0
萱野さんいいひとでよかった

788 :考える名無しさん:2008/02/16(土) 16:56:17 0
哲学者はいい人。宮台を除いて。

789 :考える名無しさん:2008/02/16(土) 20:37:46 0
宮台も萱野も哲学者じゃねーよw

790 :考える名無しさん:2008/02/17(日) 10:52:55 0
萱野は学位が哲学者じゃなかったっけ?

791 :考える名無しさん:2008/02/17(日) 14:28:21 0
学位が哲学者っていうのは変な言い方だぞ
正しくは、学位が哲学、だろ

792 :考える名無しさん:2008/02/18(月) 08:50:44 0
萱野さんは学位に妙にこだわっているからそれ大事

793 :考える名無しさん:2008/02/26(火) 10:30:43 0
萱野さんがこだわってるのは実は体重です

794 :考える名無しさん:2008/02/28(木) 05:26:48 0
http://www.host2.jp/topics/7813/index.html

ホストクラブの情報サイトで
朝日カルチャーでの萱野とホストの対談がルポ

795 :考える名無しさん:2008/02/28(木) 11:17:56 0
萱野さん自己宣伝乙

796 :考える名無しさん:2008/03/03(月) 15:26:37 0
萱野さん、ごめんなさい

797 :考える名無しさん:2008/03/03(月) 17:24:55 0
>>794
どっちの人がホストですか?分かりません!><

798 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 03:54:56 0
そろそろ萱野の次の本でないのかな

799 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 08:22:48 0
落ちかけるとあげるきもい奴がいるな
誰もこんな自演糞スレに興味ねえんだよ

800 :考える名無しさん:2008/03/15(土) 08:43:10 0
萱野にむきになるお前も相当きもいが

801 :考える名無しさん:2008/03/21(金) 16:19:17 0
ageruto okorareruyoo


802 :考える名無しさん:2008/04/18(金) 12:51:51 0
本日、東工大にて
橋爪大三郎先生とトークショーです。

803 :考える名無しさん:2008/04/19(土) 12:43:04 0
いってきたよー

804 :考える名無しさん:2008/04/19(土) 12:50:57 0
れぽきぼん

805 :考える名無しさん:2008/04/19(土) 20:00:23 0
>>804
とりあえずおおまかに近代国家と戦争、戦後日本と戦争、現代・ポスト現代と戦争
について語っていこうという感じではじまった。
戦争の主体とか正当性や目的といったことについて
それぞれの時代や国、戦争に触れたり比較したりって感じだったかな。
もうすこし詳しく書いたほうがいいかな?

806 :考える名無しさん:2008/04/19(土) 20:32:14 0
>805

できたら詳しくお願いします。


807 :考える名無しさん:2008/04/22(火) 20:40:33 0
津田塾、後期の比較文化序説っていう授業を萱野さんが担当しますよ。
戦争と表現の関係について。

808 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 00:53:13 0
萱野さん、講談社のサイトの連載、再開しましたね



809 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 00:54:30 0
あ、すみません
URLつけるの忘れました

http://kayano.yomone.jp/

810 :考える名無しさん:2008/05/06(火) 15:40:53 0
あのさ、もうこの半年くらいのこのスレのカキコを見直してみなよ。
痛々しいと思わないかい?
むしろDat落ちさせたほうがあなたのためになると思うけど。

811 :考える名無しさん:2008/05/10(土) 07:57:23 0
萱野さんは見や代の著作で思想形成してない。宮台先生ヘンですよ

812 :考える名無しさん:2008/05/21(水) 08:27:33 0
【チャーリー・柄谷】東浩紀スレッド116【浅田と和解】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1210685472/

【追放と】柄谷行人を解体する23【王国】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1208949163/

【立ち位置か】北田暁大4【宿題か】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1099116218/

【カネ】萱野稔人2【権力】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1181102306/

【幼児的】稲葉振一郎のスネオ人生2【全能感】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1165139599/

【ふま】山形浩生について語るスレ【No.9】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1203825163/

【W前】前島賢・前田久【M2】
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1211325256/

テヅカ・イズ・デッド伊藤剛5キャラ/キャラクター
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/iga/1186362228/

宇野常寛と第二次惑星開発委員会
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1211301669/

萩上チキ(本名:乙川知紀) 二成目
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1200253674/

鈴木○介は、宮台の金魚の糞か?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1138537401/

813 :考える名無しさん:2008/05/25(日) 05:14:16 0
ネイションの「力」とはなにか 『国力論』刊行記念トーク・イベント
中野剛志 × 萱野稔人
■2008年6月13日(金) 18:30〜
場所:ジュンク堂新宿店8階喫茶
入場料:1000円(ドリンク付き・定員40名)

ご予約は7階レジカウンターで承ります。
お電話でのご予約も承ります(03−5363−1300)

 70年代後半からはじまった新自由主義の流れ、そして冷戦崩壊後に加速したグローバリゼーション全盛の時代において、左派・右派問わず、〈共〉を切り崩す社会に強い危機感を表明している。しかし、われわれは一体この状況にどう介入できるのか?
 こうした状況に一石を投じるべく、久しぶりに登場した本格的な知性――若手経産官僚で、イギリス民族学会(ASEN)賞を受賞した中野剛志氏。一方、『国家とはなにか』の出版以降、知の流派を飛び越え、国家やナショナリズムへの原理的な探求を促してきた萱野稔人氏。
 長らく左派・右派の間で評価が真っ二つに割れていたネイションの「力」をめぐって、その「保守的」かつ「対抗的な」可能性を見定める、異色にして正統な、熱き対話がついにここに開かれる。

http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk-shinjyuku.html#20080613shinjuku

814 :考える名無しさん:2008/07/19(土) 01:03:49 0
★ 2008年6月以降刊行予定の本
『国家・暴力・カネ』  萱野稔人  白井聡  予価:1800円(税別)
http://www.tssplaza.co.jp/sakuhinsha/book/kinkan-info.htm

815 :考える名無しさん:2008/07/23(水) 18:08:12 0
おまいら新刊買った?

「生きづらさ」について
貧困、アイデンティティ、ナショナリズム
雨宮処凛/著 萱野稔人/著

2008年7月17日発売
定価:798円(税込み)
ISBN 978-4-334-03461-0
光文社新書
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334034610

816 :考える名無しさん:2008/07/23(水) 20:09:05 0
読んでる人たちの雰囲気を見ると、
東スレはオタク、浅田スレはもやしっ子、萱野スレはおっさん。
三人の著作、まだ読んでなくて気になってるんだけど
どれから読めばいいかな?浅田?

817 :考える名無しさん:2008/07/23(水) 20:14:15 0
わかった。浅田だ。
自己完結スマソ

818 :考える名無しさん:2008/07/24(木) 02:43:20 0
>>816
浅田でフランス現代思想を理解
→東でデリダをさらに理解
→萱野でドゥルーズ、フーコーをさらに理解
→原書
→(゚Д゚)ウマー

819 :考える名無しさん:2008/07/24(木) 20:55:39 0
>>818
わぁ〜親切にありがとう!

820 :考える名無しさん:2008/07/24(木) 21:00:31 0
>>76
実際被害受けてる人何人もいるし気おつけたほうがいいよ〜
ネットの文章をそのままパソコンに落とせなくする機能ってあったような。

821 :考える名無しさん:2008/07/24(木) 21:05:24 0
誤爆otz

822 :考える名無しさん:2008/08/24(日) 18:36:14 0
この方は
名前や顔立ちから察するに
アイヌの方ですか?

823 :考える名無しさん:2008/08/25(月) 04:27:58 0
だろうね

824 :考える名無しさん:2008/09/23(火) 09:42:01 0
萱野稔人『国家とはなにか』を読んだ。
あまりの幼稚さに吹いた。
せめてダントレーヴ『国家とは何か』でも読んでから書けばよかったのに。

萱野氏はこの本書いた後、少しは勉強しているの?

825 :考える名無しさん:2008/09/28(日) 11:40:59 0
ダントレーヴwwwwwwww

826 :考える名無しさん:2008/10/10(金) 06:07:16 0
>>824
ポモなんだから不勉強なのが当然。
先行研究を無視した思いつきこそがポモ。
無知の知のないのがポモ。
国家論の系譜を地道に追うのはポモじゃない。

827 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:24:12 0
もう終わった人だよね。

828 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:27:21 0
アカポスが上がりというよく見るパターン

829 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:32:20 0
ん?准教授になってからますます活躍してるよこの人。

830 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:32:52 0
そうか?

831 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:33:45 0
今年に入ってからも新聞とか雑誌とか出まくりだし新書も売れまくりだし

832 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:48:01 0
ああそういう判断ね
でもそれこそ「終わった」ってことじゃん

833 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:50:58 0
>>832
なにがいいたい?
もしかしてやっかみ?

834 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 02:54:36 0
いや、やっかみはないよ

835 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 03:01:29 0
>>834
なぜ「終わった人」と思ったの? あなたの判断基準がしりたい。

836 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 03:04:06 0
だって面白くないじゃん

837 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 03:09:10 0
左翼オヤジたちが売り出したゴミキャラ。
オケツの穴を掘られすぎてトイレでは大変だろう。

838 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 04:07:09 0
国家を暴力に還元しすぎじゃん
権威の問題ガン無視かよって思う

839 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 10:06:52 0
いや、権威は暴力で打ち立てられるって話でしょ。

840 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 11:16:23 0
にしてもヤクザのシノギの話を濫用しすぎだろ

841 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 12:28:58 0
日本で売れっ子メディア知識人になって何年まともな仕事が続けられるか

842 :考える名無しさん:2008/11/13(木) 19:43:31 0
 売れまくりの新書って何?

 そもそも哲学的な基礎がしっかりあるのかな?デカルトとかカントとかを
やりたいと言ってくる学生をこの人は「指導」できるの?

843 :考える名無しさん:2008/11/14(金) 08:43:27 0
今の所属ならそういう問題はそもそも起こらない

844 :考える名無しさん:2008/11/15(土) 01:24:14 0
じゃ、せいぜいがとここの人は社会学じゃん。

845 :考える名無しさん:2008/11/15(土) 02:48:14 0
日本語でOK

846 :考える名無しさん:2008/11/15(土) 13:43:47 0
 ネットで自分で反論してくる萱野に笑えるw

847 :考える名無しさん:2008/11/15(土) 13:52:25 0
 名古屋出身の萱野ならわかるだろ。

848 :考える名無しさん:2008/11/15(土) 14:40:05 0
妄想が酷くなっているようなのでネットを捨てるか病院に行った方が良いですよ

849 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 02:25:47 0
 三十台の間はメディアに持ち上げられて消費されてはいけない、という教訓。

850 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 03:45:31 0
左翼論壇の沖雅也w

851 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 11:33:44 0
専攻、左翼社会学。にするべきだよな。

852 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 21:34:51 0
エンジン

853 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 22:51:02 0
>>829
それこそ素朴な実力説じゃん

854 :考える名無しさん:2008/11/16(日) 23:45:03 0
雨宮と並んで新書のカバーにおさまった時点で、もう方向は宮台の縮小
再生産、かつ団塊オヤジにしか受けないバージョンになるって決まった
ようなもんだよな。

855 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 00:08:25 0
萱野氏の議論は、社会学のような
矮小な問題設定からは到底出てこないだろう。
これは新しい形の哲学であり、社会学なんて言っているのは
全くの誤解に過ぎない。


856 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 00:20:47 0
彼の軽快な論理、最小限の論理性だけで傍若無人に様々な事象を切り捨てるスタイルは
本人はそういった言及をしないが、むしろラノベ的な感性だと言っても良い。
タイトルをあげれば「とある魔術の禁書目録」に通じるものがある。

857 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 00:22:56 0
>>853
実力のないものは去るべし。

858 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 00:42:24 0
マスコミ経由でアカポスゲットは人文社会系の王道。
実力より集客力、中身よりキャラ、理論よりイデオロギーが重視される。




859 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 00:49:47 0
萱野はパリ大でバリバールの指導下でスピノザ論書いて
博士号を取得したんだろ?
だったらマスコミどうこう関係なく、パリ大博士号持ちなら
それだけでアカポスゲットは十分ありうる。

>>858みたいなやっかみはほんと醜いね。


860 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 01:12:48 0
>>859 
ODたちにはかなりやっかまれてるだろうね、この人。外野から見てても胡散臭いわけで。
>>859みたいな「ファン」がつくのもマスゴミのおかげと。
既出みたいだが「パリ大」で「博士号」は簡単。
フランスの「博士」は2年か3年で取れるから日本で言うと修士程度。
アルジェリア人とかイラン人、アフリカの発展途上国のふつうな人たちが沢山いる。
フランス人エリートはグランゼコールに行くから別世界。

861 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 01:14:51 0
>>860
>フランスの「博士」は2年か3年で取れるから
              ~~~~~~
実情を知らずに適当なことを書くから恥をかく

862 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 01:45:07 0
>>861 自分のアイドルの実像を知りたくない気持ちはわかる。
フランスでフランス人の賢い女子から聞いたんで。
「パリ大」なんて言うのにあたるところはいくつもあって東大とは違うから
外国人が学歴ロンダするには便利なんだよね。
学部は早稲田か。大学院重点化の産物かな。

やっぱ中卒か高卒のファンか?
こいつにすがるのは間違いなんで。
こいつは君らからたんまり「搾取」(サヨク用語)してる側のやつ。


863 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 02:28:42 0
>>862
萱野アンチはこれだけ馬鹿ですよ、って印象を植え付けるために
誰かが自演でもしているかのような酷さですね。
自分でDepotの条件を書いてあるページでも見たらいいですよ。
なんで君が馬鹿にされてるか分かるから。

864 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 21:21:55 0
萱野、『権力と抵抗』の佐藤とか、『夜戦と永遠』のやつとか、
『ベンヤミンの迷宮都市』かいた高森とか、そういう本当に才能
ある人と比べると、あまりにも低レベルだよ。

 気の毒になって来るぐらい。それに処女作からレベルがどんどん低下
してきている。

865 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 21:25:22 0
名前覚えてもらって叩いてもらえるだけ有難いと思え。


866 :考える名無しさん:2008/11/17(月) 21:39:21 0
このスレって売れない学者が売れっ子学者に嫉妬してるって認識でいいですか

867 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 01:01:33 0
剽窃で世に出たってあとは続かないのにw

868 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 01:07:24 0
>>863 
事実として何を否定してるわからん。具体的に指摘よろしく。
エ○ール・ノルマルの女子学生に聞いた話で裏は取れてるが。

869 :863ではないが、:2008/11/18(火) 02:53:00 0
>>860
>既出みたいだが「パリ大」で「博士号」は簡単。
>フランスの「博士」は2年か3年で取れるから日本で言うと修士程度。

経験者なので分かるが、哲学・文学・歴史などの人文系の博士号なら、
そんなことは絶対ありえない。
分量に関して言うと、A4ダブルスぺースで300頁以上にもなる
ぶ厚い論文を出さなくてはパリ大で博士号はみとめられない。
通常は完成に5年以上はかかる。
社会科学系や新設系の分野なら事情も違うようだが、いずれにせよ
日本で言うと修論程度、というのは大嘘。


870 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 04:24:35 0
聞いた話で裏が取れてるって、もしかして笑うところですか?

ついでに言うと博士論文提出の条件が博士課程修学「最低2年」になってる大学は今や少ない
(そして人文社会系で2年での提出は、まず認められない)。
いずれにせよ、今は、ほとんどで日本と同じ「最低」3年が条件。

それとENSが最高峰って15年ぐらい前までの話。
今はENS乱立とEU内での制度統一化圧力で、ユルムのENSでも、教育自体にかつての権威はないよ。

871 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 06:00:52 0
エ○ール・ノルマルの女子学生。受験準備校に行ったりして入るのが超大変だったそうだ。
エ○ール・ポリテクニクの卒業生←米国の某有名大で学位取得。フランスで学位取る気は最初からなし。
彼らにとっては「パリ大」と言うのは、あとの付け足しみたいな話ぶりだったんで、
もしかして>>870さんみたいな人は発展途上国から無理して
留学したからかなり苦労されたということでは?

872 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 06:52:36 0
何年前の話してるのかね、この人。

873 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 06:54:55 0
20年以上前の話か、その女の子がバカだったんでしょうね

874 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 17:11:29 0
今年だよ。それも夏w
フランス人にとってのパリ大≒日本人にとっての日東駒専、
都会にあるただのマンモス大学w

875 :考える名無しさん:2008/11/18(火) 23:18:45 0
この人の左翼的思想を発言した場面を
見たことがない。右翼に近いんじゃないか?

876 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 00:22:00 0
何も考えずに萱野ゼミとろうと思ってたら・・・
スレたつほど知れてる人だったのね。。
萱野カッコイイからとりたいって言う子、ちょくちょく見るw

877 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 00:42:16 0
萱野ゼミに出られるなんてうらやましー


878 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 00:43:28 0
 普通海外でそんなに立派な博論書いてたら、日本語版も出すよね。

 ・・・・あ、ひょっとしてあれ?

879 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 00:45:35 0
>>878
まだ出てないだけじゃん。

アンチの低能無知ぶりには全く恐れ入るよ。

880 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:02:54 0
 だったら出せよ 雨宮なんとかと遊んでないでw

 こんなとこで自作自演してないでさw

881 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:18:06 0
廉価な新書で実効性のある提言を行う方が、
博論の日本語版を出すより、
社会的な意義があるし優先度が高いに決まってるだろ。
何が重要とされているのか全く見えてないなアンチは。


882 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:21:37 0
 雨宮なんとかって、ヴィジュアル系バンドの追っかけセックス部隊をやったり、
街宣車乗って右翼やったり、中学でいじめやったりしてた目立ちたいだけのクズ女
だろ?

 で、それと有効な提言を?頭大丈夫w?

883 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:25:40 0
>>882
売れてるし支持は得られているだろう。
批判したきゃ読んでからにしろ。

一読者より。

884 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:27:06 0
 本人より、だろw

885 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:28:00 0
見苦しすぎるぜ

886 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:29:59 0
アンチはなんでも自演にみえる2ちゃん脳


887 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:30:04 0
どっちにしろ俗受けするくだらない本を出して喜ぶのを百歩譲って認めてやるに
しても、ちゃんと理論的なものも出せよ。博論の邦訳なんて一番簡単だろうに。
 でないと東みたいな色物になっちまうぞw

888 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:32:12 0
フーコーやスピノザが雨宮なんとかとアホな新書出すか?あぁ?

お前の存在そのものが哲学に対する侮辱なんだよ。

889 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:32:48 0
去年「権力のよみかた」という権力論出したばかりだし、
国家論以後もそれなりに理論的な仕事はやってる。
とにかく読まないで批判するのはよせ。

890 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:34:49 0
「権力のよみかた」???あれ処女作の二番煎じ以下のものじゃん。

 あれで博論とれると思うw?てめえはな、爺いに媚びる政治だけなんだよ。

891 :考える名無しさん:2008/11/19(水) 01:38:10 0
>>890
まだ本人扱いかよw
批判したきゃ、どこが二番煎じなのか具体的に指摘してみろ。
話はそれからだ。



892 :考える名無しさん:2008/11/21(金) 18:30:52 0
カネカネキンコ

893 :考える名無しさん:2008/11/27(木) 17:20:12 0
書類仕事とか文書が下手で嫌いなのに、肉体労働者が背広組みになりたがるのはどういうことなんですか。
反対に、辛いでそ。

894 :考える名無しさん:2008/11/29(土) 16:55:20 0
 萱野が完成に五年以上かけたのは、「国家とは何か?」
 という薄い商業用の本w

895 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 04:40:56 0
相変わらずここは酷いスレだな
ご愁傷様

896 :考える名無しさん:2008/12/26(金) 19:27:59 O
新刊発売あげ

897 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 21:13:28 0
驚くほど空っぽな議論ばっか

898 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 21:17:33 0
いまどきフーコーだのドゥルーズだのいわれても失笑するしかない

899 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 22:14:02 0
じゃあ誰なら今時なの?

900 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 22:20:57 0
>>888
この怒り方ちょっと笑える
雨宮と新書出したからってマジギレするな


901 :考える名無しさん:2008/12/29(月) 23:55:23 0
誰も何も、偶像を欽仰したり批判したりするという姿勢自体がお話にならない。
いまどき権力を論じるにあたってゲーム論の知見をスルーするなんて考えられない。

902 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 00:20:56 0
>国家論以後もそれなりに理論的な仕事はやってる。

思いつきを書きつけた物を、理論的な仕事とは呼ばない。

903 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 02:37:14 0
新刊

本山美彦・萱野稔人『金融危機の資本論』(青土社)

904 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 11:38:14 0
今度はマルクス経済学者の残党との共著か。
まさにマルクス爺さんたちのアイドルだね。

もちろん買う気にはならないので、立ち読みしてみるよ。

905 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 12:00:16 0
新著紹介
http://blog.goo.ne.jp/motoyama_2006/e/3566118d32044c6418cc177f189006c0

目次をみる限り、中身スカスカの悪寒

906 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 12:09:11 0
稲葉が萱野の金融論をどうみるか気になるな。

907 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 12:55:13 0
どっちも素人だからな。

908 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 20:37:13 0
『金融危機の資本論』
床屋談義だった。知らないことを語ろうとするなよ。

909 :考える名無しさん:2008/12/30(火) 21:26:18 0
床屋で談義できる理容師に会いたいよ。

910 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 00:48:05 0
萱野の金融論は理容師以下かもな

911 :考える名無しさん:2008/12/31(水) 14:29:04 0
それは理容師に失礼

912 :考える名無しさん:2009/01/03(土) 23:24:22 0
>>905
素人でひとくくりにしない。
稲葉は素人を自称しているが、経済学部生レベルの知識は持っている。
萱野の素人レベルはそれ以下、横丁の親父レベルの素人。

913 :考える名無しさん:2009/01/04(日) 15:44:24 0
公務員試験の経済学の知識なんて三ヶ月で身につく。
経済学者でも資本論を全然読んでないヤツはドキュンが多いし。

マル経だと金融はゴミって考え方だから、読むまでもないんだよなあ。

914 :考える名無しさん:2009/01/04(日) 22:32:38 0
公務員試験といっても職種によって様々だが、萱野は公務員試験の経済学しら知らない。
マトモな経済学者は経済学史専攻でもない限り資本論を読んでない。特に世界では。
マル経で金融がゴミのわけがない。

915 :考える名無しさん:2009/01/04(日) 22:44:08 0
×萱野は公務員試験の経済学しら知らない。
○萱野は公務員試験の経済学すら知らない。

orz

916 :考える名無しさん:2009/01/05(月) 05:41:14 0
■『メタ国家論とサブカル(チャー)』鈴木謙介×萱野稔人×東浩紀
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5715615
■チュートリアル2009年『炊飯器』
http://jp.youtube.com/watch?v=geCyqdrdyiU
■ノンスタイル、サンド、チュート、M-1優勝者の共通点とは?
http://d.hatena.ne.jp/tetsuya_murakami/20081206/1228535974
■東浩紀とチュートリアルの類似性
http://d.hatena.ne.jp/tetsuya_murakami/20090104

【解説】
東浩紀の動画作品『メタ国家論とサブカル(チャー)』と、
チュートリアルの『炊飯器』は非常に似ている。

まずは、その圧倒的なエネルギーである。
東浩紀の喋りの力と、チュートリアル徳井の狂気を孕んだリアルな演技は、
激しく重なり合い、共鳴している。

チュートリアル徳井が『炊飯器』の最後に、炊飯器音頭を歌いだし、
炊飯器音頭に没頭し、熱狂するように、
東浩紀も、過去の思想家の本の題名とブログとの類似性を発見し、
それに没頭する。

チュートリアルが比喩を多用するように、
東浩紀も比喩・類似性の発見を多用する。

東浩紀の動画作品は私の考える芸術に一番近い。
三島由紀夫「美とは形式の中にたわめられた力だ」

東浩紀の表現活動には強烈に撓んでいるバネのような力がある。
私も強烈に撓まれたバネのような存在になりたいものだ。
[2009年1月5日]【評論家・ラルク】

917 :考える名無しさん:2009/01/05(月) 10:24:51 0
オッサンたちの萱野叩きってすごい!

918 :第三の波平 ◆JXLBbnYqTY :2009/01/05(月) 14:29:29 0
>>905
「金融危機の資本論」売れているみたいですね。
対談で、ボリュームのないので、読みやすい。
立ち読みしましたが、経済ナショナリズムですね。

ネオリベ崩壊後、保護主義傾向、国家台頭として、
国家論者の萱野はよいポジションにつけているのではないでしょうか。
経済ナショナリズム。あると思います。

919 :考える名無しさん:2009/01/07(水) 21:53:34 0
経済ナショナリズムでも何でも思いつきで言うなよ。
中身スカスカじゃねぇか。

せめて中野剛志のレベルで語れよ。
まぁ中野の議論はトンチンカンだけどね。中身がないわけじゃない。

920 :考える名無しさん:2009/01/07(水) 23:49:05 0
そういえば昔、
萱野は中野剛志と経済ナショナリズムについて対談していたな
確か、盛り上がっていたという話だが

921 :考える名無しさん:2009/01/09(金) 17:29:49 0
今日の比較文化楽しかったぜよ萱野センセ

922 :考える名無しさん:2009/01/09(金) 17:41:42 0
津田女?

923 :考える名無しさん:2009/01/10(土) 01:17:02 0
津田女がこんなところに出現するのか?

924 :考える名無しさん:2009/01/10(土) 13:01:19 0
津田女は、ださいブスのイメージ
2ちゃんに出没して何の不思議もない

925 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 19:49:36 0
2ちゃんに出没する男もださいブ男のイメージなんですが…

926 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 20:09:46 0
2chでアホなあおり書き込みを続けて、それがエスカレートしすぎて逮捕に至るような奴ってたいてい無職ニート男だよな
この前捕まったパンツってやつもそうだったし
たまには自称通りのリア充男が出てこないのか

927 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 20:45:41 0
リアル津田女キタ?

928 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 21:04:31 0
キタだけじゃなくてキレてる

929 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 22:10:08 0
塾生ですが、萱野先生の講義おもしろいですよ。個人的に好き。
そこまで人気はないようだけど・・・

930 :考える名無しさん:2009/01/11(日) 23:55:58 0
リアル梅子?
萱野の講義おもしろいのか。ってどんな講義やってんの?


931 :sage:2009/01/12(月) 16:57:51 0
もぐってみれば

932 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 19:13:16 0
生徒可愛いよ。むしろ派手だよね。いま。

933 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 19:27:38 0
心は女子だけど体は男子ですけど、もぐれますか?

934 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 19:35:44 0
ケバイのもいるかもしれないけど
才長けて見目麗しく情けある娘が多いように思う。

935 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 19:37:48 O
きつい、かたい、けっこんできない。

936 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 19:43:43 0
↑シモネタかと思った

937 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 20:57:10 0
ドゥルーズの頭文字をもじってドルガバのチョーカーw
ださw

938 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 21:59:14 0
萱野先生の講義は、これといって決まったコンセプトがないように感じられますが・・・
(あんまり人気がない理由のひとつかも?)
基本的には西洋と日本の比較文化みたいな内容をされてます。
ここで出ているような専門的な問題は特にとりあげてないです。
哲学の授業も持ってるから、そっちは専門的なのかもしれない。。

939 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 22:26:11 0
この場合、萱野の講義にもぐるのが目的なのか、
津田塾大学にもぐるのが目的なのか、
ビミョーなところだな

940 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 22:38:25 0
>>938
これのことね。比較文化序説は草津先生じゃないのか。

807 :考える名無しさん:2008/04/22(火) 20:40:33 0
津田塾、後期の比較文化序説っていう授業を萱野さんが担当しますよ。
戦争と表現の関係について。


941 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 22:47:28 0
コピペるよ

萱野 稔人 KAYANO, TOSHIHITO
国際関係学科 准教授
主要担当科目(学部) 哲学、1年セミナー、2年セミナー、3年セミナー
所属学会 日仏哲学会
専門分野 哲学・社会思想
研究テーマ 西洋哲学(とくに17世紀の人間学およびフランス現代思想)、国家論、権力論、現代社会論
主要な研究業績
著書(単著)『カネと暴力の系譜学』 河出書房新社 2006年
著書(共著)『いま、哲学とはなにか』 小林康夫編 未来社 2006年
著書(単著)『国家とはなにか』 以文社 2005年
論文(単著)《 La production de l’obe'issance : La formation de la socie'te' chez Spinoza et Foucault 》 博士論文 パリ第十大学大学院哲学科 2003年

942 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 23:36:43 0
『服従の成果: スピノザとフーコーの社会の形成』

943 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 23:44:24 0
一般書を研究業績に数えるとは!

944 :考える名無しさん:2009/01/12(月) 23:55:11 0
著作は挙げた方がいいからここに突っ込むのは無意味だよ

945 :考える名無しさん:2009/01/13(火) 00:10:06 0
DQN学者のメルクマールだからな。

946 :考える名無しさん:2009/01/13(火) 20:05:10 0
>>938
萱野は専門外の比較文化の講義を持たされてテキトーな話をしてる、
で、それを面白いと感じる娘もいるけど、国際関係学科の学生一般には人気がないってことか。
女子大の先生もたいへんだな。

947 :考える名無しさん:2009/01/13(火) 22:50:19 0
専門外の授業はほぼ必ずやらされると言って良いよ

948 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 00:57:43 0
女子大に限らず小規模大学はどこも仕事をたくさん押し付けられるんだよな
同情

949 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:06:42 0
学問をなめとるな

950 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:25:27 0
研究者再生産大学以外は全部そんなだよ


951 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:36:46 0
たしかにそうかもしれん
だが万年非常勤講師の人間にとってはそれでも羨ましいんだよ

952 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:44:30 0
なら学問をなめとるななんて気軽なこと言うなよw
俺もあんたと同じ境遇さ

953 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:45:23 0
津田塾なら年収は800いってるだろ

954 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 01:52:00 0
俺の人生を返してくれ!
萱野に言っても仕方ないが

955 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 02:07:53 0
おまいも一般書で一発当ててアカポスgetしる

956 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 02:17:48 0
『年収10倍の国家論』でいくか

957 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 02:34:02 0
身も蓋もねえな

958 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 03:01:45 0
非常勤三コマなら萱野の十分の一だなw

959 :考える名無しさん:2009/01/14(水) 23:17:27 0
非常勤プロレタリアートの皆さんがおるのね。

教育を受けたけどポストのない連中がポストを求めて暴れるのが革命らしいぞ。
・・・みたいなことが、「自爆する若者たち」って本に書いてあったのを最近よんだ。

全国の非常勤講師、団結せよ!


960 :考える名無しさん:2009/01/15(木) 05:23:39 0
>>952
お前、いい奴だな
でもあんまり夜更かしするなよ

961 :考える名無しさん:2009/01/16(金) 05:25:53 0
 こいつの新刊って、もう書店にも並んでないよ。

962 :考える名無しさん:2009/01/16(金) 08:29:47 0
売り切れで、重版が追いついてないんだよ

963 :考える名無しさん:2009/01/16(金) 16:36:22 0
平積みされてないだけで、よく探すと棚に並んでるよ。

964 :考える名無しさん:2009/01/19(月) 08:59:35 0
フジテレビ「とくダネ!」出演中 age

965 :考える名無しさん:2009/01/19(月) 21:36:08 0
何言ってたのかkwsk

966 :考える名無しさん:2009/01/20(火) 14:54:40 0
>>913

本山はマルクス主義者じゃないよ

967 :考える名無しさん:2009/01/20(火) 22:32:38 0
>>966
想像で物を言うな。本山は典型的なマルクス爺さんだよ。
わっかりやすい例としては、本山は若い頃
 世界経済論 / 本山美彦. -- 同文館出版, 1976. -- (マルクス経済学全書 ; 6)
という著書を出している。

968 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 05:54:05 0
>>957

その本も他の本も全然マルクス主義じゃないよ
その本はウオーラーステインに先駆けて世界システム論を展開した名著
もちろんマルクスに言及はしてるけどね

969 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 22:49:45 0
マルクス経済学全書の一冊を書いといて、「マルクス主義者じゃない」と。
その「マルクス主義者」なる用語は、おまえの脳内用語。
言葉遊びは止めとけ。



970 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 22:55:53 0
ようするに「俺の嫌いな奴=マル経」なんだろ

971 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 22:56:25 0
>その本はウオーラーステインに先駆けて世界システム論を展開

その本よりウォーラーステインの近代世界システム論が先だよ。
ちょっと調べれば分かることを知らないなんて、大阪産業大学のゼミ生か何かか?


972 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 23:05:14 0
>>970
のんのん。「マルクス経済学全書はマル経」

973 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 23:21:24 0
>>970
なにその思考回路。
マル経が嫌われるべきものとでもでも思ってるのか?
マル経の皆さんに謝れ!

974 :考える名無しさん:2009/01/21(水) 23:26:14 0
信じるか信じないかはあなた次第です。

http://www.kyoto-u.com/lounge/tokeidai/html/200207/02070012.html
からコピペ。

本山美彦
かつては名高い共産主義者同盟(ブンド)の同盟員として戦った左翼の過去を持つ。
正統的なマルクス主義者ではあるが、90年以後反米に向かう。
この辺りは金子勝あたりと似ているような。
2年前岩本武和くんが逮捕されたときは教授会で頑張ったが・・・。

975 :考える名無しさん:2009/01/22(木) 04:48:19 0
浅沼万里も青木昌彦もブンドだよ
優秀なやつは全員ブンドだった時代
内容読んでないな誰も

976 :考える名無しさん:2009/01/22(木) 16:06:20 0
ブントだったことを言い訳すんな。誰も責めてないよ。誇りもてや。
ただ「優秀なやつは全員ブント」は無茶な妄想。実際「ブントにも優秀なやつもいた」ぐらいなものだろ。

超マイナーな浅沼万里を出すなんて、おまえさん京大か? 元本山ゼミ生か御本人か。
本山はマル経バリバリの頃はマシだった。マル経臭を隠してからは陰謀論ばっか。もはや学者でない。

977 :考える名無しさん:2009/01/22(木) 16:37:03 0
マルクス爺さんたちに稚児奉公で尻の穴を提供して売名。
そのため左翼を自称してきたが、いずれ右翼に転向する予定。
あると思います。

978 :考える名無しさん:2009/01/22(木) 17:16:33 0
>マル経臭を隠してからは

別に隠してないよ。
グローバリズム批判はマルクス崩れの王道だろ。

979 :考える名無しさん:2009/01/23(金) 06:56:12 0
>>976

青木昌彦の自伝に浅沼の話がでていて知った
陰謀論じゃねーよ

学問的な反論をやってみろよ
読まないで語るんじゃねーよ

980 :考える名無しさん:2009/01/23(金) 17:00:40 0
>学問的な反論をやってみろよ

学問的な業績を残してないのに、学問的な反論を求められても困る。
(経済学では、国際的な査読付き学術誌に載るような論文を学問的業績という。)

いずれにせよ、本山への学問的反論などというのはスレ違いだ。
あくまで萱野の共著者としての本山について語るべき。

981 :考える名無しさん:2009/01/23(金) 22:41:18 0
>>961
書店に並んでないと思ったら2刷がでてた

982 :考える名無しさん:2009/01/24(土) 08:27:54 0
左翼の名を借りた反日しかいない左翼界で萱野はよくやってるよ

983 :考える名無しさん:2009/01/24(土) 13:30:46 0
1、経済学は物質と精神面を分離してしまった点
歐米経済学は金銭的な利潤ばかりを追求し、倫理・道徳を欠如している。
これを日本的道徳よって是正、發展する。
労働の報酬は心の滿足であり、人間は本能的に善を追求する。

2、アダムスミスに代表されるような、個の競争心が公の利益という個人主義的な考え
日本は個と全は対立せず、協調しあう(個即全)。個の利益は一旦緩急あれば全に奉仕すると筆者は主張する。
(ファシズムは個は全のためにあり、公の利益が個の利益に優先すると定義)

3、資本家達の富裕と民衆の貧困の問題と、世界恐慌という時代背景
これは個人主義的な自由経済によって招かれたとし、一定の統制經濟が必要だとする。
利潤追求の是正や所得再分配政策?

984 :考える名無しさん:2009/01/24(土) 23:48:20 0
>>981
「品切続出! 重版出来!」なノリのチープな宣伝ですね。関係者?

209 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)