5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あらゆる文化人をぶったたき、粘着、乾かす、スレ

1 :実際にはあり得ない無比の荒らし:2006/08/27(日) 08:15:05
死人は叩くに持ってこい。生者は法律に注意した上でな。

494 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 09:17:33 0
いまだに、議会制民主主義と産業革命の意味について解かっている人って少ないですよね、、。

詰め込み式教育はなされても、本当の意味での教養は、秘密にされてしまっているというか、、。

一部の権力者に都合の良いように、専門化が現代も進んでいます、、、。

私の言っている意味、お解かりですかね、、、。

つまり、大方が、現実の真相を正しく把握し洞察することが出来なければ、一部の正確で高度な

教養を身につけた権力者にとって操作が有利になって気づかれずに好きなことが可能になる訳です。

アルコールに対するラッシュの見解の主張から解かることは、いち早く、万人に対等な教養を身につけることを

迫っている姿勢であるとも読み取れない訳ではないと言えるでしょう。

(それが、悪質な権力を志すものにとっては、ラッシュの博愛は、知られざる目の敵にせざるを得なくなる

事になる訳です。アメリカ精神医学会の紋章にはラッシュの肖像が入っている件に関しては、

後ほど説明しましょう。ここまで説明したら解かっている人もいると思いますが、、、。)

485−493までは、まずはラッシュにかんする一般論について触れています。

ですから、ラッシュのウラの意味については、上記のようにカッコにしました、、、。


495 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 10:02:00 0
ラッシュは園芸による精神療法、特に精神病院に付属する形での療法の父と考えられるこ
とがある。ラッシュの著書「心の病に関する医学的問診と観察」には次のように書かれている。

病院にはいっている男性の狂人は木を切ったり、火を熾したり、庭園を掘ったりすること、
女性の患者の場合は洗濯、アイロンかけ、床を擦ることでしばしば快復する。
階級が高くてそのような作業を免じられている者は病院の壁の中でいつまでも人生を送る、
というのは注目に値する。
                                      >>

習慣と常識の重大さと宗教性に通じる事が人間の健全な人生の基本であることを示している。

精神の治療法が健全な常識的な日常的労働そのものが重要な位置を占める事を示している。

これは、昔から続いてきた健全な精神の育成の為の伝統的認識である。

現代でも、単純労働に関しての取り組み方の重大性に気づくものは少ない。

(本当のことを言うと、現代では、単純労働である種の健全さを育成し身につけようとしても、

環境や取り巻く人の性質によって、すぐに健全さそのものを覆されてしまうような

大規模な社会体制が根本的に築きあげられてしまったからなのである。)


496 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 10:45:48 0
 ラッシュが、人間の健康全般の基本の土台の体制をアメリカ国家に刻み付けた事をしたと言えるだろう。

これは、更に、人類の健康の土台を新しい形で普遍的に歴史に刻みつけたことをも意味する。

更に、これそのものが、地球上の人間の進化の方向付けの意味をも含む事に気づくものは、

ほとんど今のところ居ないようだが、、、。



血抜きに関しては、刑罰やSMや軍事などの律っして整える働き、

落ちつきの精神安定とそのための支配のための強制的意図、つまり、共同と支配と依存

が前提となる性質のものと言えるでしょう、、、治療行為ですから、当然の事ですが、、、。

そのまま、霊感やシャーマンン的領域に通じたものということも自然に解かる。

 
精神安定椅子などの一見、拷問に見えるような器具は、ラッシュが、宗教の技術や禅やヨガに通じる精神的訓練

の強制的な装置であることが解かって来るのだが、、、。

しかし、ヒポクラテスも悩んだようなヒステリーや癲癇の問題からわかるような人間の

暗い衝動の渦巻く領域による誤解が付きまとうことに関して問題とする余裕は

無かったに違いない。黒人の人種差別の問題についての取り組みだけで精一杯だったに

違いない。


497 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 10:53:26 0

精神医学に対する貢献のほかに、1793年のフィラデルフィアを襲った黄熱病について臨床
記録を書いた。このときラッシュは1日に120人の患者を診療した。またデング熱と考え
られる病気の最初の臨床記録も残した(1780年の症例を1789年に出版)。

ラッシュは「ヒロイック・メディシン」(英雄的医療) (1780-1850)の時代を生き、その」
強い提唱者と考えられている。

ラッシュの経歴の中でも3,000名以上の医学生を教育し、そのうちの何人かがラッシュの
死後にラッシュ医大をシカゴに造ったことは特筆に値する。ラッシュの弟子の一人、サミ
ュエル・A・カートライトはアメリカ連合国の軍医となり、ミシシッピー州ビックスバーグ
やルイジアナ州ポートハドソンのキャンプの衛生状態を改善した。           >>

ラッシュそのものが、軍事をもしたがわさせる程の思想のトータルの源流の位置を占める理由はここまできたらお解かりの事でしょう。
軍事より高い領域にラッシュが属しているからなんです、、、。ただし、基本的にはそうですが、ラッシュそのものは、
途中段階で、未完成であることは、注意が必要です。

シカゴのラッシュ大学医療センターは元ラッシュ=プレスビテリアン=セントルークス・
医療センターであり、ラッシュの名前に因んで名づけられた。


498 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 15:17:56 0

ラッシュは公的刑務所の苦痛を軽減するフィラデルフィア協会(今日のフィラデルフィア刑務所協会)
の設立者の一人でもあり、フィラデルフィアの東部州立刑務所の建設に大きな影響を与えた。 

                             >>

ラッシュが築き上げた体系自体が矯正のマニュアルになっていると言うか、おそらく、

犯罪に対する正確な根本的抑止作用に伴う犯罪の理解力のあるセンスの

人であるに違いないと思われます。ラッシュぐらいの人ならこの領域の話は扱えるからであると

申し上げられます。  それは、病気に関しての洞察が、

刑罰の問題の認識にも通じた重要なヒントとなっているところから察しはつく。

http://c.2ch.net/test/-/tmp6.2ch.net+youth/1190811058/l50  はんざい スレッド
http://tmp7.2ch.net/youth/ (バカだな2ちゃんは、、、過去ログに移動してどうする?)



499 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 15:29:01 0




   ここまで、現実に具体的形をとった完成された業績の者は


  当時はラッシュしか居ないことを考えると希代の大物の天才である事が解る。



  、、、、、しかし、、、、



500 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 15:50:27 0
編集] 異論のある理論
ラッシュは強制精神科的療法の提唱者であった。精神医学史のトマス・サースによれば
ラッシュが好んだ療法の一つは患者を板の上に縛って急速に回転させ、血液がすべて頭に
回るまでやる方法であった[4]。ラッシュは自分の息子を自分の病院に27年間も入れていた。
ラッシュはまた瀉血医療の提唱者でもあった。            
                                  >>

治療行為としての血抜きなのか、呪い代行の究極としての抹殺行為なのか見た目区別がつかない。
詳しい説明と条件なしに、無責任に放ったらかして、結果と現状に無頓着としか言いようが無い。

ラッシュは黒人の黒い色は遺伝子的な病気だと信じ、これを「ネグロイディズム」と呼ん
だ。アメリカ哲学協会での演説でラッシュは肌の色が白に変わった時が唯一治療が成功し
た証拠だと言った。ラッシュは「白人は黒人の上に立つべきではない。なぜなら黒人の病
気は人間性を二倍持たせているからだ。しかし、同じ理由で白人は黒人と結婚すべきでは
ない。なぜならそのことが子孫に「疾患」を及ぼすからだ。試みは病気を治すためになさ
れるべきである」と締め括った。                          >>

更に、ラッシュの屈折した性格によるあいまいで、荒っぽく、いやらしく格調の高い処世術による誤解。   

よく考えてみるとラッシュのトータルは、現実には、単にありのままに真に受けてしまうと、

どうにでも受け取れる詭弁家と大差が無いのが現実なのである。

これは、時を越えて繰り返し発生する迷信の都市伝説と同様の領域の原理に由来する

ラッシュの屈折したキャラクターに付きまとったフェイクの働きによる処世術から生じたものである。


501 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 15:57:30 0

ここで、サズのラッシュに対する異論の突込みを更に取り組んでいくべきである。

サズはラッシュが誤っていると主張するのは、以下の記述である。

サズのラッシュに関する指摘 http://human7.2ch.net/test/read.cgi/uwasa/1178845673/131-328


人種差別のルーツは精神医学にあります。

精神医学の歴史は、1830年代に確立された科学的推論とともに始まり、それは、アフリカ
系アフリカ人たちの知的劣等を証明しようとする努力でした。

近代精神医学の父と呼ばれるベンジャミン・ラッシュは、黒人症という用語を使った人物です。彼
は、全ての黒人はある特定の疾患を遺伝的に受け継いでおり、それゆえに劣った存在なの
だと述べました。それは、同時に白人にその疾患が遺伝しないように黒人を隔離しておく
べきと言う理由付けになりました。
                                     
   黒人の肌の色や姿は、ハンセン病として、知られる疾患が原因である。 


502 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 15:59:32 0


ラッシュは、黒人性はハンセン病の一形態であると主張し、医学的必要性から人種差別を正当
化しました、それは、奴隷制を継続させる根拠となりました。

一つの人種全体を虐待してきたと言う事実が問題なのではなく、全て、遺伝的要因であり、
彼等は、病に侵されているだけだと言うのです。反抗的奴隷を始末したい主人は、こういうことが出来ます。
「あぁ、やつらは遺伝病にかかっているんだ。」

奴隷逃亡症という精神病を考え出したのは、サミュエル・カードライトです。黒人が奴隷状態から逃
げようとするのは、精神病だと言うのです。

奴隷の逃亡は、精神科医たちが病気と呼ぶほど、一般的な問題になって居ました。しかし、
治療法があると言うのです。その治療法が何かと聞けば「ひんぱんに鞭で打つことですよ。」
奴隷を許す代わりに鞭で打てば治るんです。驚きますよ。」

「この人種、、、このよそ者の祖先は、野蛮人や人食い人種だ。」



503 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 18:06:17 0
ラッシュが適当に黒人を病人に定義した結果、意地悪で屈折した大多数に意表をついて鵜呑みに支持されて

   根強い人種差別を生じ現実がデッチ上がって行ってしまった。

博愛主義者ラッシュが結果的にした事は、ラッシュの屈折した紛らわしい振る舞いによって、

異なる人種の間に誤解によるイデオロギー的隔たりをもたらし、

健全な現実感覚を歪める風習を引き起こすことになった事である。

それが、博愛主義者のラッシュを覆し、人種差別の悪意の追求が更に進められて、

あのヒトラーが評価した優生学に繋がる。ヒトラーのナチズムは絶えたが優生学は残り、

MKウルトラが継承されて、情報操作と人体実験の虐殺が進行していった。
(MKウルトラ http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html#01 )

  そして、現在の情報操作や誘導や暗殺体制に至る。

http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/150最悪の邪道外道の軍事を徹底的に追求するスレッド
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1162859097/l50x
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/701-800
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1192360067/l50x sage進行厳守スレッド [主義・主張]

   ここから、ラッシュに関係して、以下の判断の解釈がなされる、、、。


504 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 18:13:14 0

人種差別のルーツは精神医学にあります。  >>

人種差別と言う事は、エゴイスティックな権力であるのは明白であり、又、当然、権力に
つきものの階級がそこから生じる。確実な形で権力とヒエラルキーを精神医療に組み込んでいた
事が明らかになる。これは、確実に特定の者の利己的権力とヒエラルキー設定の意図ということになる。

精神医学の歴史は、1830年代に確立された科学的推論とともに始まり、それは、アフリカ系
アフリカ人たちの知的劣等を証明しようとする努力でした。    
 >>

つまり、進化の民族的優越の意図を組み込もうとした。当然、病的で悪質な集合的権力の追求の手始めに由来する企画。



505 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 18:47:30 0
   近代精神医学の父と呼ばれるベンジャミン・ラッシュは、黒人症という用語を使った人物です。

     彼は、全ての黒人はある特定の疾患を遺伝的に受け継いでおり、

 それゆえに劣った存在なのだと述べました。それは、同時に白人にその疾患が

  遺伝しないように黒人を隔離しておくべきと言う理由付けになりました。
                                     >>


  ラッシュの屈折した性格の現実には紛らわしい振る舞いから来るフェイクの都市伝説的働きの影響。

 ラッシュの思惑道理の進行の実現の為、つまり、ラッシュの屈折と自己矛盾によって、

 例えば、慈悲深い治療行為と残酷な呪い代行の暗殺行為を重ね合わせるような

  性質上両立し得ない支離滅裂な処世術で混乱させ、翻弄してきた結果の影響の反映には違いない。

(これが、私がラッシュも化け狐に属すると言う根拠であるが、、、。化け狐といえば愛嬌があり

 ある意味可愛らしく思われるかもしれないが、現実と過去からの動かざる歴史の経過をご覧になれば

 お分かりいただけると思うが、本当に思いもよらない恐ろしい結果を引き起こす傾向があるようです。)
                                     



506 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 19:18:47 0


 黒人の肌の色や姿は、ハンセン病として、知られる疾患が原因である。 >>

 これも、詭弁である、暴力的権力を盾に陰湿で屈折した紛らわしい意図の屈辱的なトリックの働きを

実際は、果たしているが、私、個人的には進化をかなり遂げたはるか遠い未来から見れば、

黒人の姿や肌の色は、ハンセン病と同様の比喩で例えられる事はあるかもしれないが、

白人の自己満足の優越的発想を普遍的な領域のものとして押し通されてしまっては、、、。



507 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 19:31:22 0

   ラッシュは、黒人性はハンセン病の一形態であると主張し、

  医学的必要性から人種差別を正当化しました、それは、

       奴隷制を継続させる根拠となりました。        >>

歪んだ科学による正当な客観性を犠牲にしてより本質的な精神的営みを棒に振り

根本的に誤った人間の進化の方向付けが決定してしまったのであるが、

つまり、例の一言に悪質な集合的情熱の追求のための権力のヒエラルキー体制と

優生学の進化論の全てを集約した事を意味することが解る。

しかも、人権や、平等、博愛主義、等を掲げ、人道主義者をペテンにかけてあんしんさせる

段構えの巧妙なトリックの罠をはった内に、、、。


508 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 19:59:58 0
「一つの人種全体を虐待してきたと言う事実が問題なのではなく、全て、遺伝的要因であ
り、彼等は、病に侵されているだけだと言うのです。反抗的奴隷を始末したい主人は、こ
ういうことが出来ます。「あぁ、やつらは遺伝病にかかっているんだ。」
                                     >>

ラッシュに基づくと博愛と人道主義を覆した人種差別の段構えの巧妙なトリックの元でも、

あるていどの適当な分別と現実感覚を持ちながら、人間性を維持できて、

朦朧とし焦点がぼやけるもののあるていどの精神的水準の高さを失わずに済む訳だが、

全体的には巨大で恐ろしい集合的危機の結果を招く歪んだ性質の進行を意味するものであった。


悪意の追求のために健康を維持し破綻をきたし断念する事の無いようにするための人間性

をも確保することすらしでかすものなのである。

そのような背景の下にゆだねることで、上記の発想に任意に納得し疑うことが無い訳だ。



509 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 20:15:41 0

奴隷逃亡症という精神病を考え出したのは、サミュエル・カードライトです。黒人が奴隷状態から逃
げようとするのは、精神病だと言うのです。      

                                    >>
ある種の苦行に従うことを強要される無抵抗な信者と言うものはよくいるが、


二つの革命時に、少数の悪質な権力者に有利なように、事の真相に気づくことの無いよう

根本的に誤った科学を一般の日常に浸透させて行き、表ざた良心的で反面、実際は、

健全な精神を損なう、大規模で更にキツイ差別的な危険なイデオロギー適性質のものへと変化を遂げ

進行していき現実の形を取っていった現れなのである。これが、日常的私的な常識に入り込むと言う、

身の毛のよだつ事態が無防備に進行していって、大方が、まんまと巨大で集合的で悪質な情熱の追求の権力体制

つくりの実現に貢献していったのである、、、。



510 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 20:59:47 0
奴隷の逃亡は、精神科医たちが病気と呼ぶほど、一般的な問題になって居ました。しかし、
治療法があると言うのです。その治療法が何かと聞けば「ひんぱんに鞭で打つことですよ。」
奴隷を許す代わりに鞭で打てば治るんです。驚きますよ。」
                                      >>

悪質な情熱追求の権力体制の追及のために底意地の悪い迷信を日常に浸透させたのであるが、、、
ラッシュは、人種間の現実に悪質な権力衝動により断ち切られた人間性の亀裂に由来する集合的イデオロギー的隔たりをもたらした。

ここから、人種差別、格付け(階級)、利己的権力。自然淘汰 → 暗殺体制、という一連の流れが証明される事になる。

494のレスでも述べましたが、これは、人知れず大規模なペテンの操作をやってのける悪質な権力者には
人種差別の存在ほど大規模につけ込みやすく有難いものは無いと言うことは、明らかでしょう。

一部の正確で高度な教養を身につけた権力者にとって操作が有利になるように
するために、革命時に、真相の判断のつきにくい精神医療を二つの革命時に利用することをした
訳でして、二つの革命時に精神医療が発展したのは、そのような根拠に裏打ちされていると言えるでしょう。

このような悪質な情熱の追求の大規模なペテンの博愛と人道主義のもとで、利己的で悪質なエゴイズムの
追求のヒエラルキーを犠牲者に負いながらも作り上げ、さらに、その社会体までも実現してしまったようであるが、
人道主義と博愛の傍らで悪質な情熱追求の利己的権力のヒエラルキー体制が巧妙に築かれた表れを
今日の一見平和に思われる暗殺可能な社会体制から見て取れることになると言えるだろう。
これこそが、化け狐のなした罪であると言わねばならないだろう。

そして、そのような恐ろしい人体実験を進めるような情熱の下に生きる人が、
一見平和な日常に身近にまぎれている訳です、、。


511 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 21:23:26 0



 人体実験による暗殺の社会体制のヒエラルキーと人道主義や人権や博愛を両立させるトリック、、、、。


 、、、本人が、誰かを淘汰しながら進化を遂げると言う前提の性質のオカルト的魔術的教養

   の実力を身につけた権力者達による、、、、、



512 :白からす黒ひつじ:2008/03/18(火) 21:39:02 0


 507までは、よかった、、、。ところが、508のところで近所が騒ぎ出して、

  そこからやけに、意識が朦朧とし始めた、、、。

  かなりヤバイ何かが憑いたのは、確実、、、。

 文書作成には、かなり、時間がかかったし、、。

  、、、、何かあるねぇ、、、。

  
 後でおかしなところに気づいたら修正していくと言うことで、

  このへんに今日はしておくことにするか、、、。



513 :、白からす黒ひつじ:2008/03/24(月) 10:03:42 0
508-511>>

ラッシュは、人間の霊能力と進化の発達の問題は、人権や平等の問題とは、別の問題であると考えていた。

社会上学問的に論じられぬ人間精神の領域では、支配や操作や権力によって
人権や平等の権利が侵されても無頓着であるようだ、、。

社会的問題とは別の精神的営みの領域の関係(特に、シュタイナー的意味で)に関しては、いたらなかった。

海外に対しては軍事上もちろん、国内の同胞に対しても手段を選ばない進化の競争の設定された前提が存在し、
この見逃された領域から優生学が生じてきたのである。(議会制の操作のヤミの部分)

ラッシュの兵隊にもたせた薬や黒人に対する屈折した発言に関する荒さは、
この流れに乗っていることの指摘によって説明がつくものと思われる。

社会的には尊厳や平等の問題は、重大であるものの、人間の進化の領域での尊厳や平等の
問題に関しては、触れることは無かった。(人智学徒の中にはシュタイナーはそうではないと
言う者がいるかもしれないが、実際は、シュタイナーはそういう奴ではない。詳しく言うと、シュタイナーは
表ざた人間の進化の領域での尊厳や平等の問題には取り組んだが、トータルでは、無関心で冷酷な人であり
そのペテンの結果が、人体実験と現在に至るまでの人智学関係者のギャップの歴史的事実から明らかになる。)



514 :、白からす黒ひつじ:2008/03/24(月) 10:19:20 0

ラッシュは、進化の領域での尊厳や平等の問題に取り組む以前に、
実際は、この時代はそれ以前にまず社会秩序を整える必要があったという事なのか?

シュタイナーは、よく見てみるとトータルでは進化論そのものから無慈悲で残酷な発想によって
成り立つ性質の『道徳的』権力主義のものであることが歴史的事実上証明されることになる、
と言うのは、社会問題に取り組む前に、先ず、進化の領域での尊厳や平等に取り組む必要が
あったからであると言うことなのか?

果たしてそれは定かではないが、結果は悲惨である。



515 :、白からす黒ひつじ:2008/03/24(月) 10:26:49 0

進化の領域での尊厳や平等については考える前に、まず、本当の意味での利己主義の究極
が尊重されたのである。そして、追求され実行された。

暗黙の了解のつながりによって、慎重に確実にそしてそのような社会体制の
条件の設定や境遇作りが巧妙になされた、、、。

社会的平等の主張は根絶せずとも進化の次元での差別や利己主義は問題にされることなく
進行し影響を及ぼし左右し決定してきたのだ。


516 :、白からす黒ひつじ:2008/03/24(月) 10:41:09 0


「この人種、、、このよそ者の祖先は、野蛮人や人食い人種だ。」 >>

黒人も白人もお互い様、余計なお世話だと言う前に、よく考えてみたら、

インディアンは生贄、中国人は食人、白人は、人体実験と言う事実を念頭に置くべきである。

根拠の無い迷信の納得の正当化による悪質な確信による進行と言う話。


517 :、白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 09:48:49 0
基本的にラッシュの出発点は、正規の医療の原理に則った率直なものだった。

つまり、正規の医療の原理とは、先ず、現実的に自由を制限し落ち着きによって

運命の意識を整理して本当の意味での育成により回復を図る現実と分別と配慮の共同の営みだからである。
(つまり、正規の運命から逸れた悪を意味するが、融通によって必要とされる範囲での悪。)

ゆきず待ったときは、人間誰しも立ち止まって先ず落ち着くところからはじめるし、純粋に一から

出発するのがもっとも純粋に進歩の成果を意識しやすいと言える。

ところが、宗教的に心理学的な意味で、ラッシュの現実的営みのものを運命的なものとして誤解して受け取り、

ラッシュの知性そのものを意思の模範としての権威にしてしまったのである。
(ラッシュの知性は、一貫しているが、ラッシュの意思そのものは、屈折しており矛盾に満ちていて、
治療を必要とする性質のものであるが、しかし、それを運命的な模範としてしまったのである。)


(これでは、人種差別は進行し人体実験にいたるのは無理からぬ事としか言いようがない。)


518 :、ミジンコ:2008/03/29(土) 09:53:24 0

 ある種の正規のオカルトや宗教的見地からすると、誤った崇拝や供養の仕方と言わねばならないし、

さらに、あの世でラッシュは、暴君として君臨し、人体実験にいたる成り行きの進行を促進する、

超常現象や偶然を引き起こす誘導の働きをするようになると言わねばならない。)

これは、事実によって解かる事である。


519 :白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 10:00:19 0

ラッシュは、ラッシュに達成不可能だった自由と人間の尊厳の意思の実現を願ったが、

ラッシュの知性による実現に注ぎ込む事で犠牲にした屈折し歪んだ意思を

期待を裏切って、後継者によって模範とされてしまったと言う事なのである。


520 :白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 10:05:25 0

ひょっとすると、期待していたのではなく、自由と人間の尊厳の意思の実現の振る舞いは、

本音ではなかったのかもしれないが、、。しかし、そのときはラッシュを告発したうえで、

実現に向ける試みもあったろうに、、、。

明らかになるのは、ラッシュの存在そのものを最悪な仕方で利用して実行し実現した

のは間違えないと言うことである。


521 :永遠に粘着する怪物:2008/03/29(土) 10:30:42 0

ここで、もう一度、ラッシュについて、WIKIで突っ込んでおさらいすることにする。


牧師の下での少年時代。牧師の下での少年時代。 文学 → 医学 科学


ラッシュは火薬の製造者で王党派のオズウェル・イブ・シニアの娘、サラ・イブと1774年
に婚約したが、結婚式が予定されていたクリスマスの2週間前にサラが死んだ。サラはラ
ッシュの依頼によりレッドマン医師の診療を受けていた[1]。

                                 >>

不運か暗殺かジンクスか、、、。これは、依然、解からない、、、。更に深まる謎である。

たしかに、ラッシュの処世術やその後の結果から察すると暗殺の恐れはあり得る。

不運かジンクスの可能性もある。新しい国つくりには、予測不可能な災いがふりかかったのか、

何代にもわたってのヤミの先祖の呪いの流れに乗っかったのか、、、明らかではない。


522 :永遠に粘着する怪物:2008/03/29(土) 10:59:40 0
ラッシュは後にジュリア・ストックトンと結婚した。1781年7月25日、ラッシュと妻の
ジュリアはオックスフォード・タウンシップにプランテーションを購入した。ここは夏の
住処となり、1792年12月31日に売却するまで所有した[2]。夏の住処に関する事実は、最
近夏の住処の所有と生活を確認する下記の広告が発見されるまで長い間論争されていた[3]。

                                            >>

何やら、ラッシュの存在は、空白と謎を秘めた部分を持っていた事が解る事になるのが明らかになると言えそうだが

興味深いと言えるだろう。


「医療の自由が憲法に入れられなければ、医療が独裁者の下で組織化される日が来る。医
療の術を特定の人間に制限し、その他の者に対して平等な特権を否定することは医学のバ
スチーユを形成することだ。そのような法律はアメリカ的ではなく、独裁であり、共和国
には馴染まない。この共和国の憲法は信教の自由と同様に医療の自由に対しても特別の特
権を作るべきである」と言ったと伝えられている。    
                                     >>
問題は、ここである、、、。ラッシュが、分裂していてラッシュそのものが、現実感覚と節度と客観性
がチグハグな病人である事は証明されている。そう、仮に、そうでなくともラッシュが、未完成の途中
段階であるのは確実である。


523 :,:2008/03/29(土) 17:17:52 0
ジェファーソン記念館大広間の銘には、「私は人の心にかかるあらゆる形態の専制に対する
敵意を神の永遠の祭壇で誓う」と記されているが、これは1800年9月23日にラッシュ博
士が書いた手紙から取られた。

                                    <<

既に、ある種の崇高な道徳の領域で顔となり始めている。
しかし、ラッシュに希望と継承の意図があったとしたら、少なくともラッシュの意図は無視され高
度なパラノイアでイデオロギーの持ち主である現実面だけが本質的には取り上げられる事になった
事が現在にいたるまでの経過によって明らかになる。
ラッシュの処世術から本人そのものを疑る内省の意思表示がない(亡くなられた黒人が夢に
出てきたと言う告知は先ず理解される事はまれだったと言う事になるが。)、この人は、
本人はどうかと言う疑いが無かったことを腹の内で念頭に置かれていた可能性がある、、、
アメリカは、多くの重なる根拠上の理由によって、病式の欠如した凶暴な病人を医療と国家
の父の象徴に仕立て上げた事が明らかになると判断されても反論は困難である。
その後、冷戦でアメリカの平和主義者には余裕は無く、その隙を突いて悪質な権力主義者が
密かに慎重に蔓延った。ここで、人体実験と暗殺の社会体制つくりと操作の条件設定の環
境作りが起きて居たと言うことだ、、、。
ラッシュは、少なくともそれらの実行のために利用するための絶好な存在とされたのは 事実  である、、、。


524 :,:2008/03/29(土) 17:20:07 0


ぶっちゃけ、ラッシュにも問題はあるが、ラッシュを悪意によって利用した者の問題は、

ラッシュの比ではないです、、、、。




525 :,:2008/03/29(土) 17:23:10 0
522>> 補足  

ラッシュが、分裂していてラッシュそのものが、現実感覚と節度と客観性
がチグハグな病人である事は証明されている。そう、仮に、そうでなくともラッシュが、未完成の途中
段階であるのは確実である。


現実感覚と節度と客観性と  意思   がチグハグな病人で、、、、




526 :,:2008/03/29(土) 17:44:14 0
ラッシュは1791年にペンシルバニア大学で医学理論と臨床診療の教授になった。ただし、
ラッシュの医療の質は当時としても極めて初期的なものであった。ラッシュはほとんどあ
らゆる病気に対して瀉血治療を提唱し、それが廃れた後も長く続けた。ラッシュは社会活
動家になり、奴隷制度廃止運動家になり、その死の時はアメリカでも最もよく知られた医
者となった。私立の教養大学であるカーライルのディッキンソン大学を創設した。

                                  >>
これには、多くの種類の者達による同意があったに違いない。


悪質な権力主義者の根本的な本音では依存や強制力の支配力の下に血を抜いて弱らせて死
に至らしめる策略の他目の拠点であると言うのが基本的な現実的解釈とされたとしても反
論が出来ないのは確かである。これには、精神医療の病気のでっち上げのマニュアルやそこまで
に至る操作のスジ書きがあると言えそうである。つまり、イデオロギー的ペテンの操作(例えば
ユング)や呪い(ラッセル)に通じ、そして、操作と暗殺体制を巧妙に支持する事である。しか
し、何であらゆる病気にそれを提唱したか?それは、優生学主義で間引き主義であったら
一貫的説明がつく。根本的非創造行為の追求の純粋な現れである。恐怖と洗脳行為方面関
係。呪いと消耗の実行方面関係。

普通の医療的見解としては、制限させ安定させる意図。又、人同士の繫がりの力と作用と
その現実の哲学的意味。没我、神聖さ。意味が際どくなるが、生贄。

ある種のラッシュの底意と計算、、、、。強迫、情報操作、ペテンとヒエラルキーと残酷の追求と洗練の支
持、、、、とも、医療の客観性現実に根付いた宗教に通じる、人間の普遍性の領域の確立に尽
した事を明らかにしている、、、ともとれる。


527 :,無動機単独テロ:2008/03/29(土) 18:17:49 0
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/487 >>

少なくともこの人は、死後の認識があることの証明であるが巧妙に歪曲されているようで
ある。社会的平等の向こうに死後に続く権力の問題と進化の問題を巧妙に伏せて気づかれ
ぬうちに営みを進めるためにである。

権力と死後に続くオカルトの教養と権力と進化の追求。これが優生学の権力思想の社会体
制の企画の由来である。そして、それが、遠い未来に拡大されたのがヒトラーのナチズムの営みの
追求の主題だった。

大方は少なからず、建前の表面的社会的平等の人権と本音の人権やアンチ絶対制権力と優生学の営みが両立す
ると思っていたことが明らかになったわけだ。これは、両立しないのは、歴史と人類滅亡
の危機の発覚が証明している。

この人は、極めて荒くまとまりと内省の苦手な一貫性に欠けた人であるだけでない恐れが
生じていることが解って来る。少なくとも、矛盾に満ちた人であるのは確かである。


528 :,:2008/03/29(土) 18:26:22 0
ラッシュは黒人が素から知的にあるいは道徳的に劣っているのではないと科学的に主張し
た。それに反する明白な証拠は奴隷制を曲解する表現だけであり、それは「人の心を知ら
ないので、道徳的能力と共に理解力が落ち、それによって無気力になている」とした。


                                  >>

そう、ここまで来ると、ラッシュの人の定義の曖昧さの問題はかなりはっきりしてくるのであ
る。屈折の理由は、ずるがしこい化け狐の重ねあわせと長い期間を想定した処世術、と一
般的には化け狐の連想がなされるが、、、、。
仮にそうでないとするとき、問題はラッシュの欠点をカバーして友好に生かせる人もいれば、
欠点を助長して最大限に悪用し長所を覆すか破滅に至らしめる事をする者がいる意味で、
長い目で見ると、誰がどのような事で結果的にどう言う働きをする事になるか解らない事
を明らかにした事例の一つと言える。(アインシュタインの方程式、HGウェルズの小説のアイデア)


529 :,白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 18:32:12 0
ラッシュは1813年に死んだが、それはラッシュの生徒であったチャールズ・コールドウェ
ルが、アフリカ人とその子孫が生まれつき民族的違いがあり劣っているという理論で国民
の認識を得ている時であった。ラッシュは若いアメリカに向けてそのような考えが誤りで
あると証明するためにその人生の多くを割き、「全ての人類は平等である」という普遍的真
実が人類の偏見に打ち勝つようにする道を作ってきた。
                                     >>

この一般論ほど現実に危険な影響は無いという事が、これまでの歴史的事実の経過を直視する

ことによって明らかとなった、、。

この種の普遍的価値観は、鵜呑みにすると大変なことんになると言う経験が得られたと言う事。



530 :,白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 18:50:33 0

ベンジャミン・ラッシュ博士。1783年の肖像ラッシュは当時の精神疾患治療に関する先駆
者であった。実際に「アメリカ精神科療法の父」と見なされ、アメリカでは最初のこの分
野の教科書「心の病に関する医学的問診と観察」を出版した(1812年)。ラッシュはまた適
正な治療が心の病を癒せると考え、精神病院の提唱者でもあった。自分の生誕の地に精神
病院を建設した。アメリカ精神医学会の紋章にはラッシュの肖像が入っている。
                                     >>
ラッシュの取り巻きにどのような繫がりが潜んでいるか未知数だが、ラッシュを一般の習慣の伝統
主義の権力体制にのっとって、紋章として利用しオカルト的操作の用途をこめて大規模な操作
の社会体制に利用して組み込んだ奴がいる。


531 :,白からす黒ひつじ:2008/03/29(土) 22:28:37 0
ラッシュを一般の習慣の伝統 主義の権力体制にのっとって、紋章として利用しオカルト的操作の用途をこめて大規模な操作
の社会体制に利用して組み込んだ奴がいる。   >>

少なくとも、精神医療本来の営みを覆している。

ラッシュは園芸による精神療法、特に精神病院に付属する形での療法の父と考えられるこ
とがある。ラッシュの著書「心の病に関する医学的問診と観察」には次のように書かれている。
病院にはいっている男性の狂人は木を切ったり、火を熾したり、庭園を掘ったりすること、
女性の患者の場合は洗濯、アイロンかけ、床を擦ることでしばしば快復する。階級が高く
てそのような作業を免じられている者は病院の壁の中でいつまでも人生を送る、というの
は注目に値する。
                                    >>

現在でもリハビリは行われているが、作業療法士の中には手助けを見かけ上はしているように見せて
呪い代行行為の一環として働きかける事は不可能ではない。例えば、薬の副作用で喉が渇いているのを知っていて
執拗に話しかけ、意図的に呼吸停止に誘導し至らしめるような、、、。
(その場合、その根底には優生学がある。質問に答えなければ病気が重そうだと告げられたり、、。)
このリハビリの実行は、しているようである種の方向付けによって巧妙に阻止されている。
そう、現代の社会体制を直視した限りでは、ラッシュのリアリティーを完全に捻じ曲げ覆したか、優生学の方向付けや意図を
絡めた上でリハビリの継承はされていると判定される。


532 :,白からす黒ひつじ:2008/03/30(日) 07:47:37 0
ラッシュは公的刑務所の苦痛を軽減するフィラデルフィア協会(今日のフィラデルフィア
刑務所協会)の設立者の一人でもあり、フィラデルフィアの東部州立刑務所の建設に大き
な影響を与えた。 
                             >>

矯正のマニュアルになっている。

 (この件の問題は、ラッシュが属する大物がラッシュを覆しているかラッシュを配置した可能性の問
題である。このラッシュを配置した全体を指揮った支配力のある者がもしいたなら、それがヤミ
の大物であると判断されそうだが、、、。道徳そのものを優生学の操作の目的で配置したとい
う意味で、、、。このレベルは、フリーメーソンのかなりのクラスの階級としか思われないとかんじられるが、、、、。)

しかし、あの当時の時点でここまで、現実に具体的形をとって完成された業績の者は居な
いことを考えると希代の大物の天才である事だけは確かである事が解る。


533 :,白からす黒ひつじ:2008/03/30(日) 08:26:01 0
矯正のマニュアルになっている。 >>

または、極悪な犯罪者を評価して社会に解き放つ腐敗的意味も含まれる、、、。


[編集] 異論のある理論
ラッシュは強制精神科的療法の提唱者であった。精神医学史のトマス・サースによれば、
ラッシュが好んだ療法の一つは患者を板の上に縛って急速に回転させ、血液がすべて頭に
回るまでやる方法であった[4]。ラッシュは自分の息子を自分の病院に27年間も入れていた。
ラッシュはまた瀉血医療の提唱者でもあった。

ラッシュは黒人の黒い色は遺伝子的な病気だと信じ、これを「ネグロイディズム」と呼ん
だ。アメリカ哲学協会での演説でラッシュは肌の色が白に変わった時が唯一治療が成功し
た証拠だと言った。ラッシュは「白人は黒人の上に立つべきではない。なぜなら黒人の病
気は人間性を二倍持たせているからだ。しかし、同じ理由で白人は黒人と結婚すべきでは
ない。なぜならそのことが子孫に「疾患」を及ぼすからだ。試みは病気を治すためになさ
れるべきである」と締め括った。

                                   >>
   、、、、私が記述してきたレスを見てのとおり、、、、。


534 :,白からす黒ひつじ:2008/03/30(日) 08:34:43 0

     ∧_∧         |
     ( ´_ゝ`)   、、、、黒人病、、ですか、、、。  ||
   /⌒    ⌒ヽ     |||
  / _イ    /⌒\    ||||
  (___つ/     \   |||||
    / /   イ\   \  /\
    |     /|   \  \∧ │ ☆
    \_/  |     \<  >/<<グリグリグリ、、、、
       │  |    ☆ \∨⌒ヽ    
       /  ノ     ヾ/ ´_ゝ`)ノ
      /  /        |    / <<ベンジャミン・ラッシュ
    (  (__        // | |
     ヽ_ノ        U  .U



535 :,白からす黒ひつじ:2008/03/30(日) 08:50:14 0
白人は黒人の上に立つべきではない。なぜなら黒人の病
気は人間性を二倍持たせているからだ。しかし、同じ理由で白人は黒人と結婚すべきでは
ない。なぜならそのことが子孫に「疾患」を及ぼすからだ。試みは病気を治すためになさ
れるべきである                                 >>

相対的問題ですね、、、、。ラッシュには、相対の概念が抜け落ちている、、、、

と言うか、アインシュタインが出現するまで、この概念については、厳密に問題にされたことはまれである。

その件については、詳しく言うと白人黒人病という事なんですよ、、、。

つまり、屈折した不適切な表現の仕方になりますが、白人黒人病であって、黒人病と言う事ではないんです。

まして、客観性を追及する科学の学問の領域にこれを持ち込んだら、、、。


優生学は、耐えないし、ナチズムなんて当然の事です、、、。

白人黒人の血統の問題は、オカルトの問題で先祖の支配力に関係した問題で継承の問題です。

、、、しかし、ラッシュの後に、それらが行ってきた事実は、優生学やナチズムや情報操作を見てのとおり、

大方、悪質なヤミの権力の権謀術中の営みであるかそれに貢献してきただけだったと判断される事になります。

異なる先祖同士がいかにうまくやっていくかと言う種類の問題は、本当の意味では取り上げられた事は、

きわめてまれであると言わねばならない。

本当の結論を言うと、、、生きた奇形児や、自縛霊や浮遊霊も含め、地上では生きた人間が、

人のために人がすることとして、社会的にそれらに対し対策をとるという問題なんです。


536 :,無動機単独テロ:2008/03/30(日) 08:59:56 0
 仲良くすると言っても、一般化して人種病ということにするとどういう事態になるかの問題は残っています。
恐らく、、、ラッシュは、あの世で治療を必要とする、病識が欠如している恐れがある、、。

    ブォァァァァァァッァァッァァァ从从"、; 从
               _ー ̄_ ̄从从’, 从"((; 从从")) 从))
          ∧ --_- ― = ̄  ̄从从.∴((;".从从.%; )))人
         , -'' ̄  = __――=',((;".从从;.%;"))>从从))
        /  _-―  ̄=_从,,)`ノ 从ク'''从从)) ;;  )  ))
       /   ノ  ̄ ̄=_  ` (:: ::人:::人从::::((:: ::人人)) )
      /  , イ )        ̄=(("((; 从从")) ー'  /´ヾ_ノ>> 精神医学界の操作に属するラッシュの支持者の流れの類。
      /   _, \             (:: ::人:::/, ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/
お前たちは、ラッシュ以上に狂人であることをわきまえたまえ、、、、。


537 ::2008/03/30(日) 09:18:29 0
特に、ラッシュを配置した奴は、最悪ですね、、、、。



  ○ 
 く|)へ 
  〉  ヾ○シ <<ヤミの操作の主犯格
 ̄ ̄7 ヘ/
  /  ノ
  |   
 /
 |
 |





538 :、宣伝:2008/03/30(日) 09:50:01 0

現状は、現在のメンヘラ。そして、MKウルトラ。3S政策。情報操作、医療問題。


http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/150最悪の邪道外道の軍事を徹底的に追求するスレッド
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/l50 医療関係裏話ぶちゃけスレ
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1162859097/l50x
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1176831538/701-800
http://set.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/671-677
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1192360067/l50x sage進行厳守スレッド [主義・主張]

http://c.2ch.net/test/-/rights/1201705096/n



暇があれば、容赦なくハリウッドも叩きますよ、、、。、、、、大統領も、、国連従事者も、、何だって、、。

  、、、、暇があればの話だけど、、、。


539 ::2008/03/30(日) 10:11:58 0
 ラッシュが軍人とうまくいく訳ないし、根本的に食い違いの連続である事がわかるが、

何か、都市伝説の問題やら色々片付いていない問題があるんだが、、、。

http://c.2ch.net/test/-/occult/1178843043/l50 

ラッシュは、父に相当すると言うよりは、母に近いタイプで、ガリヤセの木っ端の屈折した女と言う男に近い

意味で父として配置されたような、、、。無理すぎたことがたたったような感じが、、。

ただ、現在の現状は、歴史的事実から解る。この根本的アメリカの解釈の食い違いの誤解から進行してきた、


ラッシュは、自らを犠牲にした奉仕者かと思われますが、、、、。良い意図の部分と悪い糸の部分
について慎重に理解する必要がある。私なりには、ラッシュの問題は、霊感の権力志向にあっ
て、運命の支配欲というものが以下に危険な性質のものかを示す教訓になっていると言え
るでしょう、、、。先祖の継承に関する問題は神すらも欺いて人体実験にまでいたる性質のも
のである事も明らかとなった。ラッシュの大義は認めるが未完成でずれている。化けキツネの根本
的よこしまなフェイクの操作の権力の企画もあった恐れも無いとは言えない、、、。 少なくとも、
現代は、それでなりたっている、、、。ラッシュは、少なくとも、かなりの位の竜であるには違い
ない。(ファンタジー関係は、ヤミ系が多い。エルフは大方闇系、特に鬼畜に多い、よくあった。
ガンダルフを大統領に、、、とか。カリスマが土台となっている現実感覚の欠如の障害の現れで
す。)


540 :、無動機単独テロ:2008/03/30(日) 10:18:19 0


     ∧_∧         |
     ( ´_ゝ`)  、、まだまだ、これからやで、、、。  ||
   /⌒    ⌒ヽ     |||
  / _イ    /⌒\    ||||
  (___つ/     \   |||||
    / /   イ\   \  /\
    |     /|   \  \∧ │ ☆
    \_/  |     \<  >/<<グリグリグリ、、、、
       │  |    ☆ \∨⌒ヽ    
       /  ノ     ヾ/ ´_ゝ`)ノ
      /  /        |    / <<J・Rリーズ、Gブロック・チショルム、アドルフ・ヒトラー
    (  (__        // | |
     ヽ_ノ        U  .U



541 :、めいちゃん:2008/03/30(日) 21:48:02 0
535>>

優生学は、耐えないし  →  ×


優生学は、絶えない  →   ○



542 :,:2008/06/14(土) 11:20:45 0
,

543 :,:2008/08/07(木) 07:45:47 0
,

244 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)