5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の国語教育14

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 04:33:07 ID:eVXyoHRl
>>42

読み聞かせには「読書への興味づけ」と「コミュニケーション」としての二つの効果が期待できます。

 低学年ではその二つそのものが必要だからこそ、読み聞かせを薦めるわけです。

中学年、高学年では必要ないのか?

 一慨には言えません。

 読書そのものに興味がないような(文字が読める、読めないではなく)状況では、読み聞かせをし
その後、クイズのような活動(アニマシオン)をすることは大変効果があります。

 生徒指導面で落ち着きのない状況であれば、保護者が学校へ来て子どもに関わる状況を生み出す
という意味で子どもたちに妙な不信感を抱かせずに子どもに関われるよい機会になります。

 純粋に本来の効果を求めるのなら、子どものことも本のこともよく知っている指導者が必要になります。
中学年に「うらしまたろう」を読んでも仕方ありませんし、長いお話(15分くらいかかる)は飽きてしまいます。
おもしろくなる前でやめて、この続きは図書室でというブックトークに切り替えるなどの方法もあるでしょう。
どちらにしても、その地域の子どもたちの興味や問題について共感的に理解してないと、「道徳指導」をして
しまったり、「本の押しつけ」になってしまいます。

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)