5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神話・伝説に見られる獣人について

1 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 14:51
神話や逸話・地方伝説に残る
獣頭人身の存在について
何か知ってたら情報きぼんぬ


2 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 14:59
とりあえずミノタウロス
ギリシャのクレタ島出身、ミノス王の妻が白い雄牛と交わって
産んだ牛頭人身の怪物とされる

ミノタウロスの妹アリアドネはアテネからやってきたテセウス王子
と恋に落ち 共謀してミノタウロスを倒したという

凶暴なミノタウロスは名匠ダイダロスの造った迷宮にて
普段から王宮より隔離されていたらしい
王族の精神障害者を隔離していたという噂に尾鰭がついて
ミノタウロス伝説になったと考えられなくもないが
何故牛頭でなくてはならなかったかは未だ不明
頭部に重度の奇形を持っていたとも考えられるが・・・?

3 :天之御名無主:2001/06/05(火) 15:21
日本だったら河童では

4 :toki@新宿:2001/06/05(火) 20:43
 タイガーマスク!

 袁珂の『中国の神話伝説』に登場する虎の頭を持った『土伯』かな。
冥界の鬼を支配する輩だから、虎の穴を打ちのめすタイガーマスクにはうってつけの
存在だね。

5 :天之御名無主:2001/06/05(火) 21:00
>>4
その心意気や良し!

6 :天之御名無主:2001/06/05(火) 22:34
ケンタウロス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

7 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 18:38
>>4
タイガーマスクって中国神話にオリジナルが存在したのね
はげしくビクーリした

8 :天之御名無主:2001/06/18(月) 22:38
エジプトのアヌビス神・・頭がジャッカル
インドのガーネーシャ神・・頭が象

9 :天之御名無主:2001/06/18(月) 22:57
>>2
牛頭の神を祭っていた神殿があったと思いねぇ。大抵は雷神ってぇ話だ。
中東におおかっとかだ。鳴き声と雷鳴の連想がどうとかってことだぁよ。
人身御供なんかもしてたかもしれねぇ。
そこによそから侵略してきたやつらがいたとしてだ、王族・神官皆殺しに
した後にどんな話を残すと思うかい?

10 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 19:28
>>9
侵略者に改ざんされた神話か・・・ほんとんとこはどうだったのかね。
実はミノタウロスは島の守り神だったとかだったら猛烈に鬱だ (ハァ

11 :天之御名無主:2001/06/25(月) 19:32
ミノタウロスって守り神だったの?

12 :天之御名無主:2001/06/25(月) 19:52
猿神ハヌマーン

13 :9:2001/06/25(月) 23:51
>>10
鬱か。そいつはすまなんだ。俺の勝手な想像だから、本当はどうかわからんよ。
根拠がないわけじゃない。クレタ文明では雄牛が宗教的な意味合いを持って
いたこと、ドーリア人の侵入とともにクレタ文明が崩壊したことは事実だし。
ま、それにしても「そういう想像もできる」程度に思ってちょ。

14 :天之御名無主:2001/06/28(木) 22:38
獅子神ナラシムハ

15 :WORLD:2001/06/28(木) 23:23
お初で御座います。
獣頭の神様限定って何か難しそうですねえ。
半身半獣となると結構居るのに。
因みにケンタウロスは半身半獣で獣頭ではないのではないかと。
密教だと思ったんですが牛頭鬼・馬頭鬼、というのが。
印度でキンナラ。
半身半獣の神様は全体的に中南米とかアフリカ方面に多いような気が。
エジプトにはバステトという猫(ジャガーという話も)の女神がいます。
北欧からフェンリル(一応神様の子)。狼が原形で人型を取るというのが正しいようですが。
西洋の悪魔には結構獣頭が多かったような気が。
バフォメットなんかが良い例ですね。
以上、うろ覚えなんですが。

16 :天之御名無主:2001/06/28(木) 23:27
バフォメットの絵ってさ、インダスのパシュパティにえらく似てるん
だけど、なんなんだろうね?
角の生えた頭とか、結跏趺坐して印を結んでるようにも見えるところとか。

17 :良亀&クララ:2001/06/28(木) 23:29
帝のちんちんは、クララで通します!
第11話挿入 破瓜(はか)桐壺の処女が破れます!
http://www3.ocn.ne.jp/~genji/

18 :天之御名無主:2001/06/28(木) 23:32
>>17
tableタグを閉じもしない薄馬鹿ページのリンク張るなボケ。

19 :BLESS:2001/06/28(木) 23:51
>>17
公衆道徳を考えて見てください。
誰が見ているか解らない所でそういう発言は
大いに問題があると思われます。

20 :天之御名無主:2001/07/03(火) 19:07
荒らしと煽りは放置しませう

バフォメットは見つかったんだけど
ttp://www02.geocities.co.jp/Bookend/4572/bapho.html

パシュパティの画像がネットで見つかんない
誰かURLきぼんぬ

21 :WORLD:2001/07/03(火) 19:33
パシュパティって・・・画像あるんでしょうか?
あれですよね?
シヴァの化身(と言うか幾つかある名前と姿のうちの一つ)の事ですよね?
確か「獣の主」という意味だとか。

22 :16:2001/07/03(火) 20:49
ネタフリした手前、レスくれる人がいるんだから画像くらい出そう、
と思って探してみました>パシュパティ
見つからん・・・この場合、シバの画像じゃ駄目だし。
もうちょっと探してみます。手持ちの本にあれば・・・

そうそう、獣主であってます >>21
もっとも私の言ってるインダスの「パシュパティ」が
今のパシュパティに当たるのかどうかは、確証がない
はずです。

23 : :2001/07/03(火) 22:36
ベルセルク

24 :Be名無しさん:01/09/08 20:40
パン

25 :天之御名無主:01/09/09 01:05
インダスのあの獣主ってパシュパティっていうの?
初めて知った。画像ならあるよ

26 :天之御名無主:01/09/09 01:25
http://www.mars.sphere.ne.jp/toroia/horn.html

27 :天之御名無主:01/09/09 02:32
素直に西洋のワーウルフとか…
銀の鍵がなんたらかんたらだっけ

28 :天之御名無主:01/09/09 08:39
なぜ、誰もライガーに・・・、あ、あれは獣人じゃなくて獣神か・・・。

29 :天之御名無主:01/10/02 02:26
オルメカとかマヤとかで崇拝されてた
半人半ジャガーの存在って
どれくらいバリエーションがあるんだろう?
ケツァコアトルの化身って話は聞いたけど。

30 :天之御名無主:01/10/02 12:10
山海経あたりには大量に。

31 :天之御名無主:01/10/10 15:47
獣人というか、植物人。マンドレイク。

32 :天之御名無主:01/10/12 04:21
スレの趣旨とは少しずれるけれど
野生生物板にある「野人」スレです。
これに類する世界各地の伝承をご存知でしたら
情報提供ください。
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/wild/993657067/l50

33 :天之御名無主:01/10/12 07:16
伝承上の人類の祖が獣人である場合が多い。
龍と混ざった、第二代アッティカ王ケクロプスとか
犬狼と混じったリュカオンとか。中国では三皇。
エジプトでも神話と混じった古層の王は獣的。
ローマはあれだし、やはりトーテム説で異常な力量を
説明する手法が普遍的だと解釈するのが一般的なんで
しょうか。韓国の檀君も卵生じゃなかった?

34 :天之御名無主:01/12/16 23:24
エジプト神話の神々って、大概獣頭神だよね。
オシリスとかホルスとかセトとかセベクとかバステトとか(略)

35 :天之御名無主:01/12/17 01:05
元祖猫耳バステト萌え〜

36 :天之御名無主:01/12/17 02:44
つうかアニミズムから発展したものは、やっぱ獣人・獣神になりがちですな。
しかし、突然復活したなこのスレ。

37 :山野野衾:01/12/17 22:39
>9でガイシュツですが牛頭人身の神牛頭天王。
俗な話では西日本の妖怪牛鬼。仏教の地獄なら牛頭・馬頭の他に羊や鹿の頭を持つ
鬼も出て来る。神と鬼は紙一重。

38 :天之御名無主:01/12/18 02:34
『幻想世界の住人たち』に載っている獣人オンブレティグレについて
だれか知ってる人いますか

39 :天之御名無主:01/12/18 14:38
スペイン語でオンブル(人間)+ティグレ(ジャガー、ただしこの場合スペイン人が
それを表現する言葉を持っていなかったので虎という意味の単語で代用)で
ジャガー人間。オルメカ文明の遺跡からは石像やレリーフなどが出土します。

40 :38:01/12/18 14:55
>39さん
どうもありがとうございます。遺跡にあるんですね。

41 :天之御名無主:01/12/18 15:55
伏義や神農なんかの
人面獣身の神なんかも「獣人」にふくまれるかな?
神だからだめ?

42 :天之御名無主:01/12/18 23:50
オンブレティグレ=human tigerってことなのだろうか・・
人虎伝っていうのもあったよね!

43 :天之御名無主:01/12/19 18:00
インド神話のガネーシャ。
日本仏教の歓喜天。
いろいろな説があって一概にはいえないけどシヴァの息子だったり、
シヴァ神妃が浮気で作った子だったりする。

44 :天之御名無主:02/01/05 09:55
ガネーシャが象頭になった訳は結構藁える。

45 :天之御名無主:02/01/12 02:06
ああ、間違えて首ちょんぱした上に
その辺にいた象の首むしってつけたとかいう?

しかし首から上をすげ替えてしまって
記憶や意識はどうなっているのかちょっと知りたい

46 :天之御名無主:02/01/12 02:16
>>45
アンパンマン

47 :天之御名無主:02/01/13 00:45
馬頭観音とか?わたしが住んでいる場所は東海道でマイナーな宿場町だったところ
だんたんですが、道祖神と同様、現在でもそこら中に石像があります。

48 :天之御名無主:02/01/31 18:54
ttp://www.groupsne.co.jp/htm/htm/tcg/mctcg/mc2column/mcmagicimage/mc2_09.jpg

49 :天之御名無主:02/02/08 13:00
狼男は 狂犬病になった人をみてイメージされたものでしょう。違うか?

50 :天之御名無主:02/02/08 13:16
>49
惜しい。ギリシアだけに限ると、どうやらとても古い時代の人肉食儀礼
と関係があるらしい。

51 :天之御名無主:02/02/08 19:01
>>50
>>49の話も有力な説とされている.
間違いではない

52 :天之御名無主:02/02/08 23:24
獣の皮をかぶって祖霊(トーテム?)と一体化する習俗とか…

53 :天之御名無主:02/02/13 23:22
北欧神話で、ラグナロックの日に現れるという
狼頭の人物は一体何者ですか?

54 :クマムシ:02/02/14 07:55
H.シュリーマンが800万年前に絶滅したと思われる哺乳類の化石
をトロイヤ発掘中に発見しトロヤ人は化石を集めていたと考えました。
ある学者はギリシャ神話の中に登場する巨大なモンスターや巨人は
ギリシャ人が大きな化石の骨を見つけそこから生み出されたものだ、と
主張します。実際、考古学的裏づけとして神話で怪物たちが登場する地域から
は巨大生物――例えば、サイ、マンモスや象等――の化石が発見されます。
ギリシャの人々は出てきた骨を巨人の骨とかと勘違いし、神話として残した
のでしょうか。

http://www.archaeology.org/cgi-bin/site.pl?page=0003/abstracts/monsters


55 :天之御名無主:02/02/14 10:30
>>54
それは違うな。プリニウスとかの博物誌、地理書に残る怪物怪人種については一応の
説明になるかもしれないが、神話に登場する巨人たちの起源についての説明にはならないね。

56 :クマムシ:02/02/14 15:48
>>55
断言される根拠は何でしょうか?
とりあえず自分は1つのおもしろいアプローチだと思い、紹介させてい
ただきました。
著者は最近それについての本を出されたようです。
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0691058636/qid=1013667967/sr=1-1/ref=sr_1_1/103-7900881-1861411

グリフォンの起源についてもちょっと触れられてます。
http://members.aol.com/afmayor/myhomepage/index.html

57 :天之御名無主:02/02/14 20:03
>>56
それだけの説明だと、たとえばキュプロクスがヘパイストスの従者になってゼウスに雷を与えるとか
ヘカトンケイルがタルタロスの門番になる、といった神話が理解できない。
つまり、化石からの想像にしては、あまりに付随する神話が多すぎる。
グリフォンも、グリフォン単体で捉えるだけでなく、同時代の翼の生えた怪物や合成獣を考慮にいれるべきだと思う。
化石は、こういった存在への確証を強めることにはなったかもしれないけど、巨人や怪物などへの信仰の
起源だ!と言われたらどうなのかなーと思うのです。
ところで、このようなアプローチは日本でも、著者は忘れたが「私の古生物誌」という本で行われてますよ。

58 :天之御名無主:02/02/14 20:19
神話学知らないドキュンの言いそうなことですな<化石云々

59 :クマムシ:02/02/15 09:11
>>57
なんか極端に考えられてますね。
とりあえず著者は化石で神話の構造まで解けるとは言っていません。
あくまでモチーフとして古代人の想像力を刺激したという感じに思って欲しいです。
勿論、グリフォンについても動物を合成して生み出されたというのも十分にありうると思いますし、
或いは化石もそれに1役買ったかもしれません。
>ところで、このようなアプローチは日本でも、著者は忘れたが
「私の古生物誌」という本で行われてますよ。
ネットで検索したのですが、なんかUMA系の本のように説明されていました。
どのように考証されていたのか興味があります。






60 :天之御名無主:02/02/15 19:17
>>59
http://photo-m.tp.chiba-u.ac.jp/~adeno/sci/animal.htm
ここに載ってますから参考までに。
もちろん私はそのFossilなんとかという本を読んだことがないので紹介から推測しただけです。
特に「神話伝説は単なるフィクションなのか?」とあったんで、ああ>>58の言うとおりだな、と思ったのですが。

61 :天之御名無主:02/03/06 01:11
獣人とはちょっと違うと思うんですが、
よく絵に描かれる悪魔って山羊や羊の角が生えてますよね?
あれってパフォメット(=パン?)以降の傾向なんでしょうか。

62 :天之御名無主:02/03/09 14:24
神話学以外知らない人間もDQNだと思うがどうか>58

63 :天之御名無主:02/03/30 02:39
悪魔ってだいたいキメラ的に描かれるけど、
豹頭のオセとかけっこう格好いいよね。

64 :天之御名無主:02/03/30 02:48
聖書の創世記6章を読むとすべてが分かる!

65 :天之御名無主:02/04/14 00:56
なにがわかるの?

66 :天之御名無主:02/04/14 01:47
獣頭人身と言えば
キリスト教の聖人でクリストフォロスという人物が、犬の頭を持った人だった。
…という話を聞いた事があるんですが、誰か詳細を知っている方いませんか?

67 :>>66:02/07/24 12:25
http://www.kousakusha.co.jp/BOOK/ISBN4-87502-346-4.html

68 :天之御名無主:02/07/24 16:29
>>66
旅人の守護聖人な。
映画なんかで時々「聖クリストファーのメダル」なんてのを首から提げてるやつがでてくる。

犬顔だったって説あるね、つまり北アフリカ系?

69 :天之御名無主:02/07/25 00:33
>68
>北アフリカ系

アヌビス神みたいなものってこと?

70 :茨城陸 ◆WgohBatObk :02/10/23 23:25
68氏が言ってるのは北アフリカ出身で
鼻や顔全体が平べったかった事に起因するのかもという意味では?>犬顔

日本の民話に登場する狒狒など、妖怪の類として描かれる獣人については、
多毛症や顔面異常などの奇形児が妖怪扱いされたのだろうと言われてますね。
狐憑きは精神異常とか狂犬病でしょうか?


71 :天之御名無主:02/10/24 03:52
>>70
狐憑きは別スレがあるのでそちらで。犬顔については>>67でも読んでみて。

72 :天之御名無主:03/01/05 00:09
age

73 :山崎渉:03/01/11 03:04
(^^)

74 :天之御名無主:03/01/18 12:52


75 :山崎渉:03/03/13 13:19
(^^)

76 :天之御名無主:03/04/08 14:19
まだ落ちてないとは…。

77 :山崎渉:03/04/17 09:19
(^^)

78 :山崎渉:03/04/20 04:56
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

79 :天之御名無主:03/05/12 00:30
そういえば
精神疾患の「ライカンスロピー」って日本風に言うところの狐憑きと
だいたい同じようなものなのかな?

80 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :03/05/12 01:59
麦角菌が原因とも言われている。

そうじゃない「ライカンスロピー」は悪魔付きと同じモノのようだから、そうだと思われ。

81 :動画直リン:03/05/12 02:20
http://homepage.mac.com/hitomi18/

82 :天之御名無主:03/05/12 14:15
日本で言うところの天狗や、仏教の迦楼羅なんかはどうなんだろ。

83 :動画直リン:03/05/12 14:20
http://homepage.mac.com/hitomi18/

84 :天之御名無主:03/05/12 15:15
なんかテーマ広すぎて語りにくいね。

85 :天之御名無主:03/05/12 23:22
>82
天狗の場合、「あまつきつね」なのか烏天狗なのかでまた解釈も変わってくるような。

86 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/05/12 23:24
天狗を流星とみなしたのは『日本書紀』くらいで以降のものとはまた
別では。『沙石集』や『比良山古人霊託』には日本にしかいないと書
かれている。

87 :天之御名無主:03/05/13 00:48
いや、だからこのスレ的には
天狗は半人半鳥の存在として考えていいのか? って話なんじゃないの?

アマツキツネだったらもしかすると聖獣スレ行きかも知れないけど。

88 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/05/13 01:19
>87
「糞鳶」扱いで『古今著聞集』などでは「鳶烏」と称されているから
いいかもしれませんが、獣人以前に「天狗」としての扱いが大きすぎ
るような気が。86はそういう意味です。

89 :遊び人の玲さん ◆LMgStlqsaI :03/05/13 04:30
神話の伝承に見られるモンスターのイメージの由来の一部を、
遺伝子記憶に求める考え方もあるようです。

たとえば、鬼というものは、
人型をしているが、人間よりもやや大柄の、獣みたいなところがあり、
人の言葉が話せない場合が多いが、普通の動物よりもコミュニケーションが可能。
場合によっては、毛むくじゃらの姿をしていることもあるようです。

このイメージが、人類の遺伝子記憶だと仮定して、その由来を考えてみると、
ネアンデルタール人の特徴と、一致する部分が多いように思います。
鬼=ネアンデルタール人説のほかに、
イエティ(雪男)=ネアンデルタール人説も、捨て難いものがあると感じます。

90 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/05/13 11:17
>89
遺伝子云々自体がトンデモ臭い仮定の話でしょう。仮定の話を前提に
語らないほうがいい。

91 :天之御名無主:03/05/13 11:50
(´ー`).。oO(なんで鬼仮説はトンデモが多いんだろう・・)

92 :山崎渉:03/05/28 15:22
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

93 :天之御名無主:03/05/29 12:55
スフィンクスなどは遺伝子技術でヒトを作る時に出来た失敗作です。
生まれてきた異形の動物はナム(宿命)を与えられたものとされ
非常に神聖視されていたそうな

94 ::03/05/29 13:35
鬼は平安時代の鬼門の丑寅の方角からその姿が描かれた。牛の角とトラ柄のパンツ。

95 ::03/05/29 13:38
平安時代に風水がきたからね。

96 :中身:03/05/29 15:03
そうなんですか?風水は室町ぐらいに来たと思ってました。



97 :天之御名無主:03/05/29 16:52
風水じたいは飛鳥時代くらいには来てたっしょ。
四神相応で都を築こうなんてプランが通るくらいだし。

98 ::03/05/29 22:52
でも複雑で、定着はしなかったらしい。荒俣宏の怪物の友を見てみるといいです

99 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/05/29 22:58
>94
鬼がそういった姿で描かれる事が定着したのは江戸時代になってから
でしょう。中世に記されたもの、描かれたものでは角に褌としか書かれ
ておらず寧ろ祖霊のイメージが強い。
なお「四神相応の地」が現代言われているようなかたちで定着したのは
鎌倉時代ですが「鬼門」という概念は『神異経』から来たもの。
東北を忌むという感覚は、言葉こそ出て来ませんが『日本書紀』にも四
回ほど出て来ます。

100 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/05/29 23:00
それと西北(戌亥・乾)が神門とされ、辰巳と並んで禁忌の方角とさ
れていました。八卦(はっか)では乾は天を指した。

101 :天之御名無主:03/07/05 01:12
>>53
確か「不死の怪物」という、英国の古典怪奇小説のネタになってました。


102 :_:03/07/05 02:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

103 :山崎 渉:03/07/15 12:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

104 :天之御名無主:03/08/15 21:23
狼とか虎とかジャガーとか鰐とか、信じられている地方で
捕食者として生態系の頂点に立ってる生き物を模している事が多いのは
やっぱりトーテム信仰起源の要素が大きいのかな。

105 :天之御名無主:03/08/15 21:34
エキゾチックな感じのする少女です。
時折見せる大人びた表情とは裏腹にオッパイはまだまだ蕾という感じで幼児体形ですね。
ちょっと背伸びした黒い下着の下にはとてつもなく綺麗なオマンコが待ち構えています。
若いっていいねー。
援交女がすべて見せます。
無料ムービーはここから
http://www.geisyagirl.com/

106 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

107 :ギルガメシュ:04/03/31 12:17
現在の日本に「犬神」ていう性が無いのは何故ですか?

108 :天之御名無主:04/04/03 04:49
持筋っていう姓が無いのと似た理由では

109 :ギルガメシュ:04/04/03 08:11
>>108
レスサンクスです。
そうですね、普通に考えて、敬遠されたという事でしょうね。
でも犬神氏の元となった、犬上氏(記紀にもでてくる)の方は現在でも90人
位この性を持つ人がいらっしゃるようですけど。

ていうかスレ違いかも・・・まあ「ウルフガイ」という事でw

110 :天之御名無主:04/06/12 21:49
失礼します。

獣頭人身ってアニミズムが強いところで発生する場合が多いかと
考えていましたが世界中どこにでもあるんですね。
勉強になります。

ところで獣頭人身と獣首人身ってどちらが正式な呼び方なのでしょうか・・?

キトラ古墳の記事なんかではもっぱら獣頭人身と書いてありますが・・



111 :天之御名無主:04/10/01 12:29:14
どっちでもいいのでは?

112 :天之御名無主:2005/05/22(日) 00:36:07
>>110
獣頭人身のほうが(学術的にはともかく、一般的には)通りがよいからなあ。

113 :天之御名無主:2005/05/22(日) 09:00:23
孫悟空とか猪八戒とか沙悟浄は、捕食者として生態系の頂点に立ってる生き物
なのか・・・

114 :天之御名無主:2005/05/24(火) 00:13:13
猿はともかく豚は食われる側だし沙悟浄に至っては夜叉で実在の生物ですらねえな

115 :天之御名無主:2005/05/27(金) 22:02:04
沙悟浄って水妖じゃないの?河童みたいなものだって聞いたけど。
夜叉なの!角ないじゃん。

116 :天之御名無主:2005/05/27(金) 22:11:52
まあ絵本とかのダイジェスト版やモチーフパロディ漫画じゃなくて岩波文庫のやつとか読みなさいよ
話はそれからだ

117 :天之御名無主:2005/05/28(土) 00:10:46
たまたまここを見たら、だいぶ前に、化石を見たギリシア人が
巨人伝説を生んだという説に対し、厳しい反論が浴びせられていたので、ちょっと一言。

確かに、巨人伝説はそんなに単純なものではないだろうと思う。
ただ、おもしろいのは、古代ギリシアの話で、「巨人の骨を掘り当てた」と
いう話があったり、「〜の神殿には、怪物・巨人の巨大な骨が奉納されている」という記録が残されていること。
可能性としては、今で言うところの化石であったかもしれない(まがい物かもしれないが)。
でもだからといって、そこから神話が生まれたわけではないだろう。
まず巨人伝説があって、偶然見つけた化石をその巨人伝説で説明し理解したのだろう。

ちなみに、スレ違いだが、インドでは、ヒマラヤ山脈から見つかるアンモナイトの化石を、ご神体としておがんでいた。

118 :天之御名無主:2005/06/29(水) 18:31:18
男はみんなけだもの

119 :天之御名無主:2005/06/29(水) 20:44:47
女はみんな夜叉

120 :天之御名無主:2006/01/13(金) 03:09:14
日本に獣人伝説ってありますか?

121 :天之御名無主:2006/01/13(金) 11:03:25
獣人じゃなきゃダメなん?ヌエは?源三位頼政のヌエ退治のヌエよ。漢字が変換出来ないよ〜!

122 :天之御名無主:2006/01/13(金) 21:40:38
日本のって完全な動物が完全な人間に変化する事はあっても
半獣半人とかパーツだけ獣みたいな形状のは少ない気がする。

人間じゃないけど牛頭馬頭鬼が一番それっぽいかなあ。

123 :たくし:2006/07/07(金) 18:13:56
寺坂雅則

124 :天之御名無主:2006/07/07(金) 22:25:13
記紀の渡来人、ツノガアラヒトは明らかに鬼。中国・北近畿には鬼の
伝承が多いのは、鬼族が渡来していた可能性が高い。

125 :天之御名無主:2006/08/25(金) 16:32:35


126 :天之御名無主:2006/08/27(日) 15:53:05
>>124
ツヌガは皇族だろう。
稲飯命の子孫じゃん。




127 :天之御名無主:2006/08/27(日) 19:42:41
エンキDo!

128 :天之御名無主:2006/09/12(火) 13:59:54
マダガスカルの原猿のインドリとかシファカもモデルになってるんでしょうか。

129 :天之御名無主:2006/11/27(月) 18:06:08
>>120

牛頭、馬頭の鬼
人魚
猫屋敷の半猫

猿田猿彦

日本はたいてい動物を擬人化するものが多い


130 :ヘルメス◇@草中の豎子:2007/08/05(日) 12:42:07
ギリシア神話系は怪物がやたら多くてさらにその怪物が神々の息子という設定に
なっててちょっと引く^^
中国系なら怪物もそれほど出て来ないし歴史書にも記されてるから何か楽しめる

131 :天之御名無主:2007/12/18(火) 23:09:25
リザードマンって歴史浅いのかな。初出を探しても見つからん。
鰐蛇竜ならいないこともないが。

132 :天之御名無主:2007/12/20(木) 02:29:30
すまん、ageる

133 :天之御名無主:2007/12/20(木) 19:49:52
神話伝説でもトカゲってマイナーだからな

134 :天之御名無主:2007/12/26(水) 03:37:59
>>133
やっぱり?
トカゲって有毒種も少ないし、蛇ほど怖くないんだよね。

135 :天之御名無主:2007/12/26(水) 20:57:42
蛇なら見かけるんだけどな。
ウアジェトとか

136 :天之御名無主:2007/12/27(木) 12:15:44
コノスレにもひさしぶりのかきこみが

137 :天之御名無主:2007/12/27(木) 18:55:42
いっそ神話獣人萌えスレにしちゃおうぜ

138 :天之御名無主:2007/12/28(金) 22:46:24
ドラゴン萌も可能でしょうか?

139 :天之御名無主:2008/01/03(木) 22:56:40
ドラゴンは聖獣スレの受け持ちじゃないかな

140 :天之御名無主:2008/01/13(日) 00:50:04
じゃあもうバステト様萌え(信仰)スレで

141 :天之御名無主:2008/01/13(日) 18:24:42
牛頭×馬頭カップリングスレでも

142 :天之御名無主:2008/01/13(日) 18:36:28
>>141
アッー!

143 :天之御名無主:2008/01/14(月) 21:07:38
ミノタウロスたんは牛カワイイスレ

144 :天之御名無主:2008/01/14(月) 22:23:10
ハルピュア

145 :天之御名無主:2008/01/14(月) 22:24:13
ヤマタノオロチ

146 :天之御名無主:2008/01/15(火) 21:42:27
人魚の下半身は赤身か白身か知りたいスレ

147 :天之御名無主:2008/01/16(水) 21:07:55
>>131

亀レスだけど、リザードマンて近代ファンタジーの創作じゃ無かったかな?

指輪かなんかで初登場だった気がする

148 :天之御名無主:2008/01/17(木) 09:21:51
蜥蜴男は「黄金郷の蛇母神」じゃなかったか。
これも近代ファンタジーだが。

149 :天之御名無主:2008/01/17(木) 18:39:59
くりん

150 :天之御名無主:2008/01/21(月) 00:31:56
ds

151 :天之御名無主:2008/01/24(木) 09:23:32
「世界の〜がわかる本」で神話関係あったけど、あれって買って損ないかな

152 :天之御名無主:2008/01/25(金) 00:10:53
本格的に知りたいなら別なの買った方がいいけど
暇潰しとか、ちょっと知識を得る程度なら買ってもいいと思う

153 :天之御名無主:2008/01/25(金) 00:19:46
おおそうか。ありがとです

154 :天之御名無主:2008/01/26(土) 16:33:11
http://isweb20.infoseek.co.jp/play/atjinks/onweb_b/toratora.html
http://www.yuri.sakura.ne.jp/~mekimeki/kemo-3.html
http://isweb20.infoseek.co.jp/play/atjinks/onweb_b/seaside.jpg
http://id5.hn.org/members/braford/works/azaghal2.jpg
http://id5.hn.org/members/braford/works/minnot.jpg
http://www.furnation.com/Kuma-Chan/


155 :天之御名無主:2008/01/27(日) 04:55:15
マルチ乙
回線切って制裁受けろ

156 :天之御名無主:2008/02/05(火) 18:49:49
あはははははは

157 :天之御名無主:2008/06/12(木) 18:04:20
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Yヽ、
       /;;;;;;┌--‐""""ヾ,ヽ お前らなんで警備員を雇わないの?お前らなんで車で移動しないの?
  r、r.r 、:::::;;;ソ  /'  '\ヾ;〉 お前らなんで街中歩いてんの?お前らなんで事件に巻き込まれてんの?
  r |_,|_,|_,|;;;;;;;l  ___ __i| お前らなんで怪我してんの?
 |_,|_,|_,|/⌒リ─| (・ ) H (・ ) |! お前らなんで死んでるの?
 |_,|_,|_人そ(^i  `ー─' |ー─'| 車で移動してボディーガードを雇えば事件に巻き込まれないでしょ? 
 | )   ヽノ |  . ,、__)   ノ
 |  `".`´  ノ   ノ   ヽ  |  
人  入_ノ    ノ ̄i  ./  
     /ヽ   ヽニニノ  /  
    /  ヽ\ ヽ____,ノヽ )

158 :天之御名無主:2008/06/13(金) 13:16:39
日本神話の『わに』って結局なんだったの? 天皇の先祖の
描写からいうと爬虫類系ではありえないというのは知ってる。
(爬虫類系は付け根から真下に足が伸び、背骨湾曲不可)

…トレトレピチピチ?

159 :実物でなく物語・文化象徴の獣「だから」頭だけ。:2008/06/13(金) 13:44:09
いや、スレチなんだけど、なぜか魚人が笑いしか取れないんでw
獣が泣いたら同情を買えるのに。 動物虐待反対団体が、
築地に取材に来ないのはなぜかな? 何が違う?
牛頭馬頭は天体が元だけど、そんな感じの顔の人がいるから。
なぜなら同じ獣、ケモノ(漢字だと毛物)、つまり哺乳類だから。
ジャバウォック(思い切り変に描写した鏡の国の住人)のような
蝙蝠、コウモリ、人類など哺乳類の共通の先祖に近い外見の
(哺乳類を基準に哺乳類以外と比べた時の)近縁種族でさえ、
わざわざ本当は人類の話ですよってヒントが並んでるのに、
宗教上の天使だか何だかに対する普通の人間を指すのに
使われる時でさえ、わざわざ言わないと別世界住人扱い。

赤頭巾(森の住人)も狼(おなかのほう:女性名詞)だけど、
男性名詞の狼でないと獣頭にならない(口は頭にある)。
だから吸血鬼(食人鬼の一種)に関わる狼なら男性であり、
獣頭である「ことができる」。 シンシア(狼の女神)は×。
「戦士」であればそれが獣の毛皮(ベルセルク)でもいいが、
歌を歌う必要があるハープの精としてのハーピィは無理だ。
(男性楽器としての笛と女性楽器としてのハープで一組。)

「元から」獣性の表現として使われている場合はむしろ少ない。
ミノスの牛のように簡単に否定されるケースばかりではないが、
はっきり否定される(=獣性の表現である)ケースは希少だ。
それは、獣頭が「仮面」であると共に、それが「人に属する」
(自然に属さない)本質を持つことを示す「組み合わせ」で
あるということなのだろう。 変身途中の狼男じゃなくてw
狼男が水を恐れるのは恐水病だからだが、しかし「同時に」
吸血鬼と同じ「死者」、本来境界を越えることを禁じられた者
だからでもある。 ある「原因」は、別の「原因」を否定しない。
しばしば狼の頭と毛皮を持つ人として描写される近代狼男は
人を超え人から開放された者、狼と似ぬ贋狼「らしい」性格だ。

160 :158=159 爬虫類は確かにそう動くが…。:2008/06/13(金) 14:15:19
現実の狼はそれを前提として一匹狼がネタになる
ような生物で、しいていえば日本人に似ている。

胴長で、短足(前と比べ)=後の脚が短い、
親離れ=兄弟離れせずに留まってて、
いつもイチャイチャしてるのが狼だ。
好奇心旺盛で人懐っこくて社会的で協力的だから、
何より上位者の命令に従うから、ペット=犬にした。
群れを離れる時は知り合いの家=狼の距離感なら
お隣さんに行くだけで、そこでやっぱりイチャイチャ。
それより遠出する時には複数のことも多いのだが、
目的はほばナンパらしい…でないと他は近親(ry

嫁しゅうと問題とか、日本で人気のアレやコレも…。

日本は実物に似てるので、狼頭には似ていない。
描写される時は、おそらく『リザードマン』だろう。
日本の体術や剣術は動きの要素のない構え
(停止状態)から予備動作(時間)抜きで
早く鋭い一撃を繰り出すのが特徴だ。
片刃直刀で盾無しならそうだろう…
中国人と混同してる事も多いが、
あちらは映画の影響で今では
「抜け」、今のリザードマンは
=サムライだ。

161 :160 もう目新しい文化はないから。:2008/06/13(金) 14:37:21
獣頭人身の神が生まれるには、新規の文化との出会いが必要だ。
古代ギリシャ人がアポロやアルテミス、オシリスやイシスなどの、
天体信仰民の神々を取り入れた時のような異質との出会いが。

例えば「衣服を着た擬人化動物」などは獣頭人身でないにせよ、
新規な文化との出会いによる大きな衝撃がすでに有り得ない
今の時代には、「獣の特徴を頭部に持つ者」で「獣の仮面」
=異質な価値観で見て・食べ…考える者であるならば、
「獣頭人身」と認めても良いのではないだろうか…?
厳密に詰めれば遥か古代だけで話が終わる。

(ヌコミミモード♪

162 :158-161 おまけ 生鮮魚介類食文化:2008/06/13(金) 14:46:17
最新の「獣頭」は人種偏見感覚の産物である
クトゥルフ神話の「魚頭人種」だったりするが、
ジョーズの関連作品のオクトパス放映時の
日本人のリアクションは伝説になっている
…朝鮮半島〜日本列島の生で広範囲の
魚介類を食う文化を甘くみたようだw

魚介類モンスターはダメだってw

163 :天之御名無主:2008/06/13(金) 17:50:32
どこを縦読みすればいいのか

164 :天之御名無主:2008/06/26(木) 16:37:09
海外の作品だと日本人を獣(?)にする場合、
”蛇”が多い印象があるけど”蜥蜴”はあまり見ない気がする。


165 :天之御名無主:2008/06/26(木) 16:51:54
88888888888888888888

166 :天之御名無主:2008/10/13(月) 18:53:58
5う7

167 :天之御名無主:2009/02/17(火) 22:07:35
>162
意味不明

168 :天之御名無主:2009/05/11(月) 20:31:23
【狼男】狼人間が出てくる映画【狼女】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1186021278/

こんなスレがあったのか


169 :天之御名無主:2009/05/23(土) 00:20:14
>>158-162
怖ええええええええええ

170 :天之御名無主:2009/05/24(日) 19:22:28
ああ、確かに電波な人の書き込みは怖いな

171 :天之御名無主:2009/10/01(木) 00:57:14
何かない?

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)