5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天竺第四天魔王

1 :天之御名無主:2007/07/07(土) 05:53:41
立烏帽子別名鈴鹿御前の父親。
国譲りをしたとか、第六天魔王と同じとか言われますが、その実像は何なのでしょうか。
個別でスレッドを立てるので、1000まで日本とこの魔王のかかわりを論じ続けてください。

2 :天之御名無主:2007/07/07(土) 07:33:05
 人皇五十四代仁明天皇の時、鈴鹿の山に天竺の魔王の娘・立烏帽子が篭り、日本国をくつがえそうとしていたという。日本にも立烏帽子に比肩する悪鬼がいて、両者が手を組んだら大変である。帝は刈田丸利光の子・田村丸利仁に立烏帽子征伐を命じた。


 田村丸は仏神に祈りようやくにして立烏帽子に巡り合う。立烏帽子はなかなかの美人の上、剣達者で田村丸は殺されそうになる。
その時、立烏帽子がいう。自分は日本をくつがえすために天下ったものだが、女の身の悲しさ、相応の夫を持たなければならない。
奥州の大嶽丸にたびたび文を送っているのだが今だ返事がない。これからは改心して日本の悪鬼を鎮めることとするから、貴方の妻になりたい。
嫌なら殺すと、せまられた田村丸は折を見て立烏帽子を討てばいいと、妹背となることを承諾する。

2−6.田村三代記
http://www001.upp.so-net.ne.jp/densetutanbo/tamuramaro/sandaiki.htm



3 :天之御名無主:2007/07/12(木) 18:46:04
手元の本に書いてある田村三代記の概略では「天竺は大四天の魔王」という記述もありました。
どうしても第六天魔王を連想してしまうけど…
帝釈天とか四天王とかは関係ないんですかね。

4 :天之御名無主:2007/07/22(日) 18:33:44
立烏帽子


 悪路王の女房とされる鈴鹿山の鬼女。天竺第四天魔王の娘で別名「鈴鹿御前」。その姿は「田村三代記」によると「年の頃は十六・七。
天女のごとき美しさ。揚柳の細身に十二単、濃い紅の袴姿。左手には琴を携え、腰には黄金で飾られた長剣『妖剣大通連』が下げられている」とある。
なんだか白拍子の格好だ。白拍子とは祭事に舞を奉納する踊り子のこと。かなり美人が多かったといい、ちっと歪んだトコでは売春もOKだったそうだが、
情報収集能力はピカイチであろう。してみれば、山に住む彼女ももしかして忍者?
 彼女は奥州達谷窟に棲む悪路王と組み、日本転覆を企てていたが、悪路王からの便りの無さに、淋しさが憎しみに変わり征討者である
坂上田村麻呂と逆に恋仲になってしまうあたりなんか現代の長距離恋愛の悲劇と重なってしまふ・・・
 結局、立烏帽子の協力で悪路王は滅ぼされるのだが、奥浄瑠璃(東北の伝説)では鈴鹿御前が東北の悪路王に恋をしているのだが、
京で書かれた物語では悪路王が鈴鹿御前に恋をしている。やっぱ自分の土地を優先するんですねー。

http://www31.ocn.ne.jp/~denkidensetu/other/e/tatiebosi.gif

伝奇伝説研究所
http://www31.ocn.ne.jp/~denkidensetu/

5 :天之御名無主:2007/07/22(日) 18:46:36
仏教世界の第四天はトソツ天(例の弥勒の所)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)