5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ユダヤ=秦氏は鬼・悪魔

1 :黒男 ◆GKCqilIBuQ :2006/09/28(木) 22:44:14
秦氏がユダヤの流れを引いているとはよく言われることだが、これは事実である。

そもそも秦氏を秦氏と書くのは、中国でペルシャを秦と書いていたからである。
ペルシャ帝国がバビロン捕囚からユダヤ人を解放し、そのままユダヤ人の一部はペルシャに居住した。
そこで多くのユダヤ人はペルシャ化され、そのまま世界中に散っていった。
これが「失われた十支族」である。
その中のダン族こそが秦氏である。
言うまでもなくペルシャはキリスト教の最大の敵であり、ペルシャ化されたユダヤ人は悪魔となる。
「獣」と書いて「jew」と読むのはそのためである。
ファリサイ派というのは「ファールス」という語からできた言葉であり、ペルシャ派ということである。

秦氏はその後朝鮮半島を経由して日本へと来る。
新羅を一時「波斯」と書いていたのは、秦氏が居住していたからであろう。
日本に来た秦氏は最初権力に座るが、後に賤民身分へと落とされる。そして鬼になる。
鬼に角が生えているのは、バールに角が生えているのと同じ理由である。

秦氏の神はスサノヲやヒルコだが、これが記紀神話でどういう扱いを受けているか考えてみるといい。
要するに、皇室と繋がりはあっても、厄介者なのだ。
ちなみに現在の同和・在日も≒秦氏である。弾左衛門の「ダン」とは、ダン族のことである。

イランと北朝鮮が繋がっているというのは、現代だけの問題ではない。古代に遡ることなのだ。
つまり、秦氏=悪魔崇拝者のネットワークである。
--------
これは京大教授も事実だと認めた、私の自論です。

2 :天之御名無主:2006/09/28(木) 23:46:17
キリスト教的な意味で悪魔だとしても大抵の日本人にはなんの関係もない気がする

3 :天之御名無主:2006/09/29(金) 00:47:46
仏教から見ても鬼なんだけどな
要するに邪悪な穢れた存在ってことだ

4 :天之御名無主:2006/09/29(金) 01:30:53
>>1
正直、あなたの説には驚きました。
かなり核心を突いていると思います。

特に↓この部分
>日本に来た秦氏は最初権力に座るが、後に賤民身分へと落とされる。
>そして鬼になる。

>要するに、皇室と繋がりはあっても、厄介者なのだ。



5 :天之御名無主:2006/09/29(金) 02:16:02
熊そ反乱の主犯は泰族。現在の地球と似た構図。
宇佐神宮本殿を建てた時くらい前後に民族整理があったみたいだね?
だから中国での戎族ってのは十戒の民の事やいかな?
景教がChrist処刑のKEI教なんだね?

6 :天之御名無主:2006/09/29(金) 02:30:22
>>5
キリストを殺したのが景教なんですか?
初耳です。詳しくお願いします。

7 :天之御名無主:2006/09/29(金) 03:27:31
↑脳の構造が真っ直ぐなのね?
Christが殺される現場や十字架や処刑背景が主体教議だから
背景と処刑を掛け合わせて景教と称して科るんでしょ

8 :名無し募集中。。。:2006/09/29(金) 10:17:33
他の秦氏のスレッドを見ますと、日本人は秦氏ばかりの国っぽく感じるのですが、どうなのですか?

9 :天之御名無主:2006/09/29(金) 10:31:08
果たして真相は…

10 :天之御名無主:2006/09/29(金) 20:49:39
あのなー、ユダヤ教徒ってのは離散して何千年たっても自分たちの教義をまったく
そこなわずに連綿と伝えてる民族なんやで?
ホンマに秦氏がユダヤ教徒やったら、ちゃんと「自分たちはユダヤ教徒です」
っていう証拠が1から10まで全部のこっとるわ。
文化の思いがけない類似は古今東西どこにでもあり、それが文化人類学や神話学の
面白いところだが、「似てる」というのを「同一」と断定するところまで目がくもって
くるともはや電波でしかなくなる
>>4みたいなマジメな厨房があっさり>>1みたいなデンパに騙されて
トンデモ理論がはばをきかせてくるわけやな
アホクサ

11 :天之御名無主:2006/09/29(金) 20:57:13
そうか?中国に移住したユダヤ人で教義なんか忘れて形骸化した儀式だけでを続いていたのが居なかったっけ?
>>1の説に同意はしないが。

12 :天之御名無主:2006/09/29(金) 21:58:36
だよ。焼き豚もフカヒレもアワビも食えないから戒律を捨てたのよ
四千年の歴史の炎の料理に屈服したのだよ。

13 :天之御名無主:2006/09/30(土) 01:16:59
まあシルクロードを通じて日本に来てもおかしくは無いだろう。
問題なのは神道が旧約聖書に書いてあることをもとに忠実に行われている点だ。



14 :天之御名無主:2006/09/30(土) 13:53:38
まぁ聖書の中の古代の預言者が、当時本当に霊能者なら
未来に神は東の彼方に!と透視できたんだろうな。
現にこんな狭い日本国土に何十万社という神社が建っているんだからね!
聖書聖書!と唱えながら預言者から「あんたらはこの地に住めなくなる」
と、しんたくされていてよぉ!尚、土地にしがみついて戦争してんだから
神様崇拝するわりには聖書をその場限りの都合にしている奴らはアホですか?

15 :天之御名無主:2006/09/30(土) 15:47:36
日本史のユダヤ系云々説は馬鹿っぽいのがほとんどだが、
秦氏=ユダヤ人(弓月国)説は調べていくと
笑い話には出来ないほど、納得させられる部分が多い。

月詠が月弓と書かれる事があるのも興味深い。
秦氏(弓月)の神格化か?

16 :天之御名無主:2006/09/30(土) 21:19:59
>>15
十分笑い話やっちゅうの
秦氏がユダヤ教徒ならユダヤ教義をこれだけ喪失するわけがないの

そして、あんたはアルテミスが月と狩猟の神であることも知らんのか
三日月とひきしぼった弓の形状の類似から、月神が狩猟や弓の神を兼ねることなど
比較神話学の上ではほとんど常識だ
わざわざ秦氏にかこつけなくていいから

17 :天之御名無主:2006/10/02(月) 05:02:25
http://www.kagayastudio.com/starry/artemis/artemis.html
なんでわざわざ三日月と弓が重ねて描いてあるのか考えてみよう

18 :天之御名無主:2006/10/02(月) 21:57:20
家康だって征夷大将軍&対外的国王の官位を得るのを確実にする為に
源氏系列を色濃く書き換えたらしい。
よって秦が始皇帝名乗るのもユダの福音書を書き換えるのも純血日本人には関係ないけど
世の中の真実は制覇者が仕切るみたいだから個人個人まで制覇されぬよう頑張ろいな。

19 :天之御名無主:2006/10/03(火) 00:45:05
>>1

中国に秦っていう国あったろ・・・・

20 :天之御名無主:2006/10/04(水) 01:57:08
>>19
元総理の羽田孜の家には家系図があって、それには「先祖は秦川勝。それを遡ると
秦の始皇帝になる」という記述があるそうだよ。
中国の秦がペルシャ的色彩の強い国家だったというのは有名な話。
ペルシャ→中国の秦→朝鮮というルートで移動してきたんだろうね。
壇君朝鮮というのもダン族だからでしょう。

21 :天之御名無主:2006/10/04(水) 02:04:25
ないない。ないない。ありえない。平原→源→南北朝→江戸初期
日本には書き換えの波が幾度もあります。
同じハタでも我が家系は違うのぉよぉ〜ん!的操作。

22 :黒男 ◆GKCqilIBuQ :2006/10/04(水) 23:35:22
まあ俺の考えは京都大学の教授も「事実だ」と認めていたわけだが。
お前らのようなバカに否定されてもなんとも思わない。

23 :天之御名無主:2006/10/04(水) 23:52:36
ちなみにスサノヲはバールに対応する神格である。
秦氏(をはじめとする渡来人・高麗&新羅系)は、スサノヲを崇拝している。
バールを崇拝するということは、秦氏がユダヤだということだ。

24 :天之御名無主:2006/10/05(木) 01:23:38
 出雲の秦(名字)ですけど、馬鹿馬鹿しくて
コメント書けません。

25 :天之御名無主:2006/10/05(木) 01:55:54
天皇家と秦氏が血縁関係があり、秦氏がユダヤ系であるところから、「天皇家=ユダヤ」説
というものも信憑性が高いと思われる。
神社の狛犬・稲荷の狐は、ユダ族のライオンとベニヤミン族のオオカミをモチーフに作られた
と思われる。
はたして天皇家が何族なのかはわからないが、南朝ユダヤの二部族のシンボルが日本で
見られることは興味深い。

26 :天之御名無主:2006/10/05(木) 01:58:03
ユダヤ人が総じて悪魔崇拝に乗っ取られているならば、天皇家こそ日本の悪魔崇拝の
トップだと言うことができるだろう

27 :天之御名無主:2006/10/05(木) 03:17:27
神仏混同時代に佛教僧侶が狛犬持ち込んだのですが何かあったのかい?

28 :天之御名無主:2006/10/05(木) 04:34:59
もうアホの相手すんな

29 :天之御名無主:2006/10/05(木) 13:58:39
ダン族というのはシンボルが蛇であり、聖書でも「・・・私はあなたの救いを待ち望む」と書かれている。
基本的にダン族は邪悪で忌み嫌われる存在。
日本がドイツと同盟したのは、「ドイツ=イラン=日本」というライン、つまり秦氏のラインである。
現在はイランと北朝鮮が繋がっているが、これもダン族=秦氏のラインである。
かつて広島には秦王国があり、太平洋戦争を起こしたのも広島=秦氏。
だから広島に原爆が落とされる。
現在の広島は北朝鮮に支配されているが、秦氏=ダン族のネットワークで支配されている。

30 :天之御名無主:2006/10/05(木) 14:15:42
伊勢皇大神宮の神主の苗字も「荒」という字がついているし、天皇家そのものが
荒神=スサノヲと関係がある可能性もある。
もしそうなら、天皇家こそ日本の悪魔崇拝とトップだ。

31 :天之御名無主:2006/10/06(金) 00:10:33
アマテラスが天皇家の祖先だろ

32 :天之御名無主:2006/10/06(金) 17:52:37
本来日本で太陽神だったのは、アラハバキ。
大地・海洋が女性(=母)であるから、太陽は男性(=父)になるのが普通。
クリシュナやアポロが太陽神なのと同じ。
それを正反対の概念であるアマテラスが無理矢理奪ったから、太陽神が女性などという
わけのわからないことになっている。

スサノヲは荒神だが、伊勢神宮の神主の苗字に「荒」がつくことを考えると、本来忌み嫌わ
れる存在だったはずのスサノヲ信仰が、皇室を乗っ取っているとも考えられる。
もしそうなら、天皇家が悪魔崇拝にうつつを抜かしているということになる。

33 :天之御名無主:2006/10/06(金) 18:01:48
 (壱岐氏=松室氏の京都の解説)
六条天皇の陵は、京都清水寺の後方の山、清閑寺陵(せいかんじのみささぎ)にあリます。
清水寺の三代目住職、恵心僧都源心(えしんそうずげんしん)の父,卜部正親、今昔物語集巻十二より。
一代住職、延鎮、二代は弘法大師空海,三代、恵心僧都源心(えしんそうずげんしん)と伝承をもつ寺が特に繁盛したのは、東山天皇の厚い信仰による。(梅原猛著・京都発見)

阿倍氏(阿部清明)、加茂氏、壱岐氏は、陰陽道三家と言われています。

*東山天皇の孫から仁孝天皇ー孝明天皇ー明治天皇−昭和天皇ー平成(今上)天皇と松室壱岐氏=卜部の血が皇室に入り現在の皇室と関わる。

清水寺の鎮守社「地主神社」の宮司、中川平様は、壱岐勝本の出身の竹田黙雷禅師,管長の
建仁寺とも縁が深い。
京都・清水寺の地主神社は日本で一番参拝が多い神社で「えんむすびの神様」としても有名。
中川 宮司さんは葵祭りや九月の石清水祭りなど多くの祭りなどに雅楽で奉仕されています。.
地主神社の宮司。(世界文化遺産)

皇室と壱岐氏:http://www5.ocn.ne.jp/~tukiyomi/kousitu.html

34 :天之御名無主:2006/10/07(土) 01:29:09
> スサノヲは荒神だが、伊勢神宮の神主の苗字に「荒」がつくことを考えると、本来忌み嫌わ
> れる存在だったはずのスサノヲ信仰が、皇室を乗っ取っているとも考えられる。
> もしそうなら、天皇家が悪魔崇拝にうつつを抜かしているということになる。

もう無茶苦茶w

スサノヲが何か知ってるのか、とw

35 :天之御名無主:2006/10/07(土) 01:31:01
アホの相手すんなっていうとるやろ

36 :天之御名無主:2006/10/07(土) 02:41:36
スサノヲというのは、皇室と繋がりがあることは事実。アマテラスの兄弟だからね。
けど記紀神話での扱いを見ればわかるけど、あくまでも嫌われ者の存在。
それは、スサノヲを信仰している連中が、支配者層の中で嫌われていたからに他ならない。
秦氏や高麗氏とかの渡来系の連中がスサノヲを崇拝してるけど、天皇家は百済系だから。

37 :天之御名無主:2006/10/07(土) 03:05:56
>>36人柄が痛くなる前にその痛い知識妄想の処方箋捜したほうがよいぜ

38 :天之御名無主:2006/10/07(土) 11:06:23
コンビニで売っているゼロの本に秦の話が出ているよ。


まあ1は気違いだと思うが。

39 :縄文人:2006/10/07(土) 13:59:48
38>>ゼロの本?俺はゼロを知っているがでたらめな本だらけで
読む気はしない、本に書いてあるはずが無い、最重要機密事項。
まあ今では裏で出回っているかもしれんがコンビニにはナラバンだろ。
危険すぎる、危険すぎるからえらい人や大金持ちしか真実に近づけない。
俺のように能力者だけだ、普通は知れば自分で死んでしまうからな。

40 :天之御名無主:2006/10/07(土) 17:32:37
牛頭天皇、バール、スサノオ、稲荷 荼枳尼天
この辺が秦氏なんかの経緯で習合してんのかな
豊穣神、豊穣シンボル牡牛、貶められてるところとか共通点があるね
古い神は支配勢力が変わるときに悪魔とかにされることがよくある。
豊穣神として祭ってるわけで、天皇家側としても
悪魔を崇拝してるような意識はないよ。





41 :天之御名無主:2006/10/07(土) 18:31:29
一般的にスサノヲに対応するのはシヴァだって言われてるけどね。
俺はグノーシス的邪神としてインドラと対応すると思うけれども。

スサノヲには豊穣神としての性格は無いだろう。
あくまでも皇室の平和を乱す(皇室との繋がりはあっても)邪神という扱いであって。
同和・在日は≒秦氏だけど、こいつらは結局厄介者ではあっても皇室と繋がりがあるから
切るに切れない存在だってことだろ。
「聖と賤」という問題もあるしね。
被差別部落が必ずしも卑しい身分ではなく、皇室と繋がりのあるものもあるということは、
いろんな人が論じている。

42 :縄文人:2006/10/07(土) 19:31:08
皇室は飾りだよ、ぜんぶうそだと思えば答えは見えてくる、能力者じゃない
普通の人。飾りでも置いとけばバカは信じやすい、いないと信じられないだろ
ディヅニーランドのネズミのカブリモノといっしょ、そういうことにしておく
昔の御約束。知ってる人はすっとぼける、ただ欲の亡者だらけに乗っ取られて
子供が生まれづらくなるという間抜けな事態だった、まあ生まれたようでw

43 :天之御名無主:2006/10/07(土) 22:06:11
皇室というのは、日本中を多い尽くすネットワークの総責任者だろう?
同和・在日をはじめとする、日本中を多い尽くす広大なネットワークの総責任者。
その皇室が、バール=悪魔崇拝に対応するスサノヲ信仰に乗っ取られているのではないか、
と言っているのだ。
古来から皇室は、源氏や平氏などの外の血を流し込まれてきた。
そのせいで悪魔崇拝者に乗っ取られているのではないか、と言っているのだ。

44 :天之御名無主:2006/10/07(土) 22:58:59
まあ乗っ取られているかは知らないけど、スサノヲ信仰と繋がっていることは確かだよね。
やっぱりスサノヲとアマテラスは兄弟なわけだし。
スサノヲ信仰=バール崇拝だとすると、北朝ユダヤがバール崇拝にうつつを抜かしていた
わけだから、そのうちの一つであるダン族が、スサノヲ信仰=バール崇拝を持っていても
不思議じゃない。
ダン族ってのは弾左衛門や壇君朝鮮のことで、秦氏だから。
天皇家がユダヤ系だとすると、ユダヤ繋がりで秦氏も皇室と繋がりがあるし、忌み嫌われる
存在だとしても、皇室に対するガードマンの役割を果たしているとは言えるよね。

45 :天之御名無主:2006/10/08(日) 11:43:43
孟宗竹が鬱蒼としているスレというのはココでつか(゚Д゚) ハア??

46 :天之御名無主:2006/10/08(日) 12:09:21
7〜8世紀に
あらゆる外敵に備え、ど〜とでも読める書物に仕上げた結果
現代においてこの悩内遊戯し易い書物は
ニートには最高の居場所なんでないか?

47 :天之御名無主:2006/10/08(日) 13:27:25
ええ加減アホの相手すんなってば

48 :天之御名無主:2006/10/08(日) 13:59:19
おれは
消えたエルサレム教団が日本に入っていた!
って説なら応援したい。

49 :天之御名無主:2006/10/08(日) 17:38:41
熊野修験道とかあ?

50 :天之御名無主:2006/10/08(日) 19:41:15
やっぱきみらの脳は犯されとるな……

51 :天之御名無主:2006/10/08(日) 21:23:03
気になるのは秦氏と景教との関係だよな
秦氏は中国朝鮮までは景況を奉じていた
んで日本に来ると太秦寺を建てたりして仏教になる
聖徳太子の流れにも繋がってくる
景教がどうやって仏教に繋がってくるのか、その辺が知りたい

52 :天之御名無主:2006/10/09(月) 01:11:18
秦の始皇帝は前200年くらいかな?ユダヤの聖書教典等の確立時期でなかったかな?
かたまって住んで説いて集会しなきゃ各々暴走していた時期、段階だから
秦始皇帝がユダヤ教だったのは、皇帝の宗教が明確に立証されないと判断不可でしょ。
始皇帝が礼節貞節的に暴漢だったどころか、孔子の教えその他すべて毛嫌いしていたらしい。
この毛嫌いがユダヤ色っぽい部分であるように思う。
景教ってのは基督教の派閥だから景教→秦始皇帝は年代合致不可!
数十年間の皇帝の座だから始皇帝の子孫=景教もナンセンス。
徐福=景教も年代不一致。
エルサレム教団は基督と共に密接に歩んだユダヤ宗一派で、ローマとの最終決戦前夜に消えたらしい。

アンティオキアに逃げたと思うが、海路で日本に来ていたら〜〜〜
それにはロマン感じるね〜

53 :天之御名無主:2006/10/10(火) 06:56:15
広島には秦王国があって、今でも広島ではクリスマスや節分を禁止してる
つまり広島は悪魔崇拝&鬼信仰ということ
広島=秦氏が景教を奉じていてこうなったのであれば、景教が反キリストだということ
広島は解放同盟や在日が一番力の強い地域だけど、こいつらがイコール秦氏だから
要するに悪魔崇拝なんだよ

54 :天之御名無主:2006/10/10(火) 18:24:40
修験道の修験者の頭についてる六角形の箱は、ユダヤの儀礼でつける
ヒラクィリティー(だっけ?)と同じらしいね
日本の祭りで使う神輿も、ユダヤの契約の箱をモチーフにしたという説がある
ユダヤの文化は日本のそこかしこに現れてるよ

55 :天之御名無主:2006/10/10(火) 23:12:09
イランとイスラエルは一見敵対してるように見えるけど、裏ではガッチリ結びついてるよな
パリサイ派はペルシャ派ってことだし
イスラエルの中でパリサイ派はすごい力を持ってるけど、それを裏で操ってるのがイラン
北朝鮮と日本が敵対してても裏でガッチリ繋がってるのと同じ
ナチスは反ユダヤという点でイランと被るけど、ナチスもユダヤと繋がりがあるっていう説が
あるからね
ユダヤを陰で操ってるのがイラン、っていうのは今も昔も変わらない

56 :天之御名無主:2006/10/11(水) 04:37:14
兵庫の大避神社ってのはダビデ神社ってことらしいね
漢字でダビデのことを「大避」と書くらしい
大避→大酒から、酒産業もユダヤがやってるらしい
スサノヲに対応するシヴァに対応するバッカスも酒の神だし

57 :天之御名無主:2006/10/12(木) 00:53:30
天皇家がユダヤ系だってのは昔からよく言われるけど、最初に言い出したのは誰なんだろうな。
伊勢神宮の外宮だか内宮だかに祀られている鏡の裏側にはヘブライ文字が書いてあるらしいし。
宮内庁の宝物の中にもヘブライ文字が書いてあるものがあるらしい。
天皇家が外から血を入れる際、被差別部落関係の血を入れてるらしいけど、同和≒秦氏≒ユダヤだと
すると、天皇家と古代に何らかの繋がりがあった血族の血を入れているのだろう。

58 :天之御名無主:2006/10/12(木) 06:39:43
皇宮警察のボスも「荒○」って苗字だったな。
「荒」がつく以上、スサノヲ=荒神に連なる一族の出身ということ。
スサノヲが皇室のガードマンを果たしていることがよくわかる。

59 :天之御名無主:2006/10/12(木) 08:04:42
そもそも
モーセの諸項の信憑性わあるのか?
存在自体が怪しくねぇか?

60 :天之御名無主:2006/10/12(木) 15:32:17
>>59
このスレの住人はロマンチストばっかしだから、そんなこといってもねえw
アダムやイブは本当にいたし、神様も本当に楽園をお散歩したと信じてるぜ、たぶん。


61 :天之御名無主:2006/10/12(木) 16:53:40
モーセが居たとされる
千年後に書籍成立

62 :天之御名無主:2006/10/12(木) 16:54:05
>>58すまん、爆笑した

このスレ、案外おもろくなってきたな
なまあたたかく見守るとするかw

63 :天之御名無主:2006/10/12(木) 23:00:17
国内初の保険金殺人が大分県で起きた、犯人は
荒○虎美という……。う〜ん……。深いなぁ……。海中偽装だからか……

64 :天之御名無主:2006/10/13(金) 01:06:42
まあこの板の連中は学問の基本も出来ていないバカと三流大学出のアマチュアばっかりだから
まともな議論をしようとしても出来ないのは明らか

65 :天之御名無主:2006/10/13(金) 01:16:59
ダン族は蛇をシンボルマークにしており、悪を象徴する存在
聖書でも「私はあなたの救いを待ち望む」と書かれている
ユダヤ人の中でも悪に属する邪悪な存在
それが壇君朝鮮を作り、北朝鮮へと繋がっていくわけだ
で日本に来れば秦氏になる

日本に来た秦氏が作った神社には、ユダ族とベニヤミン族のシンボルである
ライオンとオオカミが祀られている
それが狛犬と稲荷の狐になる

秦氏はやがて弾左衛門になる
被差別民のトップとして権力を握り、警察機構も司るようになる
現在の警察もその流れを汲んでおり、被差別民から成っている

警察がダン族=秦氏から成っているから、北朝鮮が日本で好き放題できるわけだ
警察が自分たちの味方だったら悪事の働き放題だからな

66 :天之御名無主:2006/10/13(金) 08:55:36
モーセはバール信仰に対抗してヤハウエ神を擁立
古い神バールは悪神扱いになっちゃうわけだが
ダン族のシンボルは蛇
これも対立する他派から悪を象徴する存在にされたんじゃないかな?
龍、蛇が東洋では善、西洋圏では悪(違うところもあるけど)みたいなのと
と関係あるのかな〜


67 :天之御名無主:2006/10/14(土) 04:51:55
蛇が悪の象徴なのは、聖書でイヴに禁断の木の実を食べさせたから。
だから普通に考えれば「蛇=悪」なんだけど、グノーシスの考えは違う。
蛇のおかげで人間は知恵を身につけることができた、だから人間は蛇に感謝すべきだ、
というのがグノーシスの考え方。
仏教もグノーシスの一派だから、蛇を神聖な生き物と見なしてる。
蛇・龍の善悪の違いはインドを境に変わるような気がするけどね。

68 :天之御名無主:2006/10/15(日) 19:30:44
古代のインドには十六大国時代というのがあって、日神王朝と月神王朝に分かれて対立してた。
月神王朝の代表が、クル。そう、クル族の国。
これはアーリア人の王朝だけど、月信仰で、牛をトーテムにしてた。
インドでは牛が崇拝されてるけど、そもそもそれは、アーリア人(支配者層)の牛崇拝に由来する。
アーリアンというのはイランと同義だから、この牛崇拝=角崇拝&月神信仰が、イランと繋がってくる。
バール崇拝というのも牛崇拝=角崇拝の一種だから、結局イラン=グノーシスと関わりがある。
ゾロアスター教や仏教は太陽崇拝をウリにしてるけど、実際にはアーリア人=月神王朝側から生まれた宗教。
太陽崇拝というのは、騙っているだけの可能性がある。

69 :天之御名無主:2006/10/15(日) 22:20:58
そう、仏教とゾロアスター教は月信仰側から出ている
これは重要な事実
なぜ太陽信仰の体裁をとるのか、これは謎
月信仰=悪、太陽信仰=正義だとすると、悪が正義の名を騙っていると考えることも出来るが

70 :天之御名無主:2006/10/15(日) 23:38:31
学習院の院長も「波多野」で秦氏か・・・
日本の支配層・最下層は共に秦氏だな
支配層と最下層が同じという点ではユダヤ人と一緒
秦氏=ユダヤだから見事な一致だ

71 :天之御名無主:2006/10/16(月) 01:33:33
プロメテウスが鳥に内臓をついばまれるってのは、ゾロアスター教の鳥葬のことだよな。
プロメテウスはルシファーだし、人間に火を与えた神。
人間に知恵を与えた蛇と同じ。
グノーシスの最大神ということ。
イランはグノーシスの拠点だから。
ゾロアスター教で鳥に死体の内臓をついばませるっていうのが、そのままプロメテウスの
「鳥に内臓をついばまれる」っていうイメージに重なってくる。

72 :名無し募集中。。。:2006/10/16(月) 02:14:17
日本の火葬はどうなりますか?

73 :天之御名無主:2006/10/16(月) 23:57:40
仏教の火葬も拝火教の影響を受けてるとはいえるんじゃないかな
ゾロアスター教も仏教も、元はバラモン教という一つの宗教が母体だし

74 :天之御名無主:2006/10/17(火) 00:48:44
サルタヒコは秦氏の神だよな。
サルタヒコは佐田大神だけど、SATAのSをHに変えればHATAになる。
SがHに転化するのはどこでもあること。

75 :天之御名無主:2006/10/17(火) 06:52:37
そうそう、猿田彦は秦氏の神。
天孫降臨の際(=天皇家が朝鮮半島から来日した際)に、道案内をしたのが猿田彦。
顔が赤く、鼻が高く、背か高いというのは、ユダヤ人の身体的特徴を表している。
ユダヤ系の秦氏が日本を支配していて、そこに同じくユダヤ系の天皇家が入ってくる。
それを表現したのが国譲り。

76 :天之御名無主:2006/10/17(火) 11:58:14
>>75
天皇家は、半島とは関係なく、
中国江南から船で九州にやってきたと思うけどね。
祭祀の形式や、水稲のDNAやら・・・
(半島は陸稲は早いけど水稲は遅い)。

秦氏の本拠地は瀬戸内海・・・

天皇家の畿内入りを手伝ったのかな。

77 :天之御名無主:2006/10/17(火) 14:16:19
「二重構造モデル」ってあるだろ。俺はあれは正しいと思う。
第一層が秦氏で、第二層が天皇家だと思う。
天皇自ら「皇室は朝鮮由来」と認めたんだから、やはり天皇家は百済から来たと思う。

78 :天之御名無主:2006/10/17(火) 14:27:22
応神天皇はどう考えても台湾か上海かからですから
応神がネック、応神=神武かもしれんし

79 :天之御名無主:2006/10/17(火) 14:33:49
>応神天皇はどう考えても台湾か上海かからですから

こう思うのはなぜ?

80 :天之御名無主:2006/10/17(火) 15:32:14
>>77

なに出鱈目言ってるの?
それは后に元をたどれば半島系の人がいるって話でしょ。

水稲の伝来や、祭祀の形式から考えれば
朝鮮半島を長期滞在経由してないという説のが有力だと思うよ。
通り道に使った可能性は全くないわけではないけどね。

81 :天之御名無主:2006/10/17(火) 18:12:45
>>80
天皇が5年位前に自分で言ってたじゃん「天皇家は百済と古代から血縁があると思う」って
出鱈目を言ってるのはあんたでしょ

82 :天之御名無主:2006/10/18(水) 09:40:47
源氏の白旗・平氏の赤旗ってのがあるけど、「共産主義の旗が赤いのと平氏の旗が赤い理由は同じ」という
事実をわかっている奴はいるか?
平氏=秦氏だし、秦氏=ユダヤ。
共産主義を作ったのは言うまでもなくユダヤ人のマルクス。そしてそれを広めたのもユダヤ人。
共産主義というのは、ユダヤの中で秦氏つまりダン族側に属する者のイデオロギー。
スターリンはグルジアの出身だけど、グルジアは元々クルジアと呼ばれていて、クルジアは弓月と書く。
秦氏の大元の弓月の君はグルジアの出身。
つまりスターリンは秦氏と繋がっている。
共産主義というのは、反グノーシスの自由主義を奉ずるユダヤ人に対抗して、ダン族=グノーシス側のユダヤ人が
作り上げ、世界を支配するために広めたイデオロギーなんだよ。
ダン族の直接の末裔である北朝鮮が社会主義を取っているのはそれが理由。

83 :天之御名無主:2006/10/18(水) 13:19:23
平家ゆかりの地はユネスコのものだしね

84 :天之御名無主:2006/10/19(木) 11:41:19
>>81

あほ。

その百済とのゆかりっていうのが、
>>80で言った后の出自のことなんだよ。

85 :天之御名無主:2006/10/19(木) 15:58:02
まあどっちにせよ、天皇家が百済から来たってことを否定するのはバカだと思うぞ
元々沿海州に扶余って国があって、そこから百済に王族がやってくる。
百済にも扶余って地名があって、日本で言えば奈良みたいな古都。
扶余からは高句麗も分かれてる。
扶余から百済に来た王族が、やがて日本に来る。
だから天皇家と高句麗と百済は血縁的に繋がってる。

86 :天之御名無主:2006/10/19(木) 16:14:58
>>85

天皇家は中国江南から船でやってきたというのが
今は有力なんです。

87 :天之御名無主:2006/10/19(木) 23:39:31
まぁまぁ>>86さん。>>85は、造った=天皇家

勘違いしているんですよ。確かに土木建築技術は最高級技術が伝播した。
百済系に技術者が多数いた事は確か。

88 :天之御名無主:2006/10/19(木) 23:51:31
中国から天皇家が来たっていう説は信じがたいな
その後の歴史の展開を見ても、天皇家は朝鮮半島から来たと考えるのが自然だと思われる
むしろ中国を経由してるのは秦氏じゃない?
秦氏は二重構造モデルの第一層だと思う、中国南部を経由してるだろうし
祭祀を秦氏が中国から持ち込んで、そこに百済から天皇家が被さってきたと思う

89 :天之御名無主:2006/10/20(金) 00:04:35
秦は中国から陸路日本を目指しましたが半島に足止めくらって虐げられ
みかねた応神天皇の援軍にりよりやっと思いで日本に渡航できた
という真実は蔑ろですか↑。半島は陸路です。

天皇初代は海路にて南方中国から。だから同胞を半島から救済したのです。

90 :天之御名無主:2006/10/20(金) 00:29:47
なんか朝鮮と天皇家の繋がりを是が非でも否定したい奴が沸いてるな
ネットウヨか?
中国から来たって主張してる奴なんて少数派だろ
どこの世界だって朝鮮から来たって言ってる奴が大勢を占めてるじゃん
中国から来たなんてあまりにも根拠が無さすぎる

91 :天之御名無主:2006/10/20(金) 00:34:03
俺は秦氏も天皇家もユダヤだと思う。
そう考えると、>>89の説は馬鹿げてる。
朝鮮半島と皇室の繋がりを考えないのは初心者以下だと思うし、
中国から来たなんて聞いたことも無い。誰が言ってるんだ?

92 :天之御名無主:2006/10/20(金) 00:38:33
>>89の説は初耳だな。
秦氏が朝鮮半島に一時いたなんて誰でも知ってるぞ。
弓月の君は朝鮮半島から来たんだし。
あまりにも常識が無さすぎる。

93 :天之御名無主:2006/10/20(金) 00:46:08
天皇家がユダヤだとすると、日本に来るルートとしては1.南方回り、2.シルクロードがある。
秦氏はイランを経由して中国に来た(南方回り)。
天皇家はシルクロードを経由して扶余まで来た。
そう考えたほうが自然。
天皇家が中国“起源”ってのは、朝鮮と皇室の繋がりを否定したい右翼系の学者が唱えた説。
冷静に考えて、天皇家が朝鮮と関わりが無いわけが無い。
その後の歴史を見れば明らか。

94 :天之御名無主:2006/10/20(金) 01:22:04
ここってやっぱりパチンコ屋の御曹子ニートの巣だな

95 :天之御名無主:2006/10/20(金) 01:30:17
日本に最初に来た仏像〜は百済からの贈物・その仏像を 引きずりだして燃やしてますがなにか??
なんか分かってない奴多いなぁココ

96 :天之御名無主:2006/10/20(金) 01:59:14
>>95
はいはい、バカが露呈するから黙ってたほうがいいよ(笑)

97 :天之御名無主:2006/10/20(金) 02:40:56
秦氏はともかく天皇家はユダヤには煮え湯を飲まされているがw

98 :天之御名無主:2006/10/20(金) 04:42:08
>>95
当時は廃仏が基本方針だろ。仏像を燃やしたから朝鮮と関係が無いと思ってるのか?
バカすぎる

99 :天之御名無主:2006/10/20(金) 05:49:44
理由なく朝鮮から贈られてきたもんは嫌いだったんですよー
ただそれだけ

100 :天之御名無主:2006/10/20(金) 17:52:08
>>96
東大寺を作ったのって百済人だっけ?

101 :天之御名無主:2006/10/20(金) 19:13:17
正確には民衆ですね。民衆の自発的なものになるよう促した。

102 :天之御名無主:2006/10/20(金) 23:16:11
古代ユダヤの民は日本に渡り、現在の日本の神道文化の発端を担いました。
天皇の家紋は古代ユダヤの紋章と同じであり、日本各地の神社にもダビデ
の星が刻印されていたり、日本語の音の中にヘブル語が多く残っていますよ。
祇園祭りの「エンラーヤラー」のように。私たち大和民族の遺伝子には
ユダヤの遺伝子が刻まれているのです。ちなみに「ヤマト」という音は
へブル語の「ヤ・ウマト」(神の民)からきています。
我ら日本民族の住むこの日本国は、神と古代ユダヤとの約束の地であり、
21世紀は日本を中心として神の国を創らなくてはなりません。
だからこそ我ら日本民族は世界一優秀なのです。
もしも失敗すれば、世界は滅びます。頑張りましょう。

103 :天之御名無主:2006/10/21(土) 08:03:23
>>93
それは、逆では?

秦氏は、中東→シルクロード→ウィグル→万里の長城の労役→朝鮮半島でのイジメ→日本。(北ルート)

本人達もそう言ってたし、ペルシャあたりのお面やら、
新羅形式の仏像やら持っているし・・・こっちはほぼ間違いない。

天皇家の方はまだハッキリとはしてないが、こっちが南方海洋ルート。
もたらしたとされる水稲のDNAとか諸々の証拠がある。
半島は陸稲はあったけど水稲が来たのは日本より大分遅い。

104 :天之御名無主:2006/10/21(土) 08:06:52
朝鮮半島なんて、北ルートだってただの通り道にすぎない。

なんでも起源にしたがるくせは止めた方がいいよ。>>93

105 :天之御名無主:2006/10/21(土) 08:14:12
漢書だったか、中国の歴史書に倭人に関する記述があるんだよね。

倭人という言葉は、元々は中国の江南に住む少数民族を表す言葉だった。
その倭人が日本列島や韓国南岸に移住して国を作ったとか。

だから、倭国も百済も中国江南から海洋ルートで行った人たちが作った国だと思うよ。

106 :天之御名無主:2006/10/21(土) 09:46:49
秦氏がイランと関係ないわけがない。
そもそも秦氏を秦氏という由来は、イランのことを中国で「秦」と書いていたため。
ユダヤ人は一旦アケメネス朝ペルシャに相当数いただろうから、そこから東進してきたはず。
天皇家=倭人の全てではない。
日本は混成民族国家だから、江南から来た連中もいただろうし、朝鮮から来た連中もいただろうし、
それこそユダヤ人もいただろう。
たとえ大多数の倭人=一般市民が江南から来たとしても、天皇家が江南から来たというのはおかしい。
なぜ満州国を作ったか、とか、なぜ豊臣秀吉が朝鮮出兵したか、とか、その後の歴史を考えれば、
天皇家が朝鮮や満州と古代に関係があったことがわかる。
まさか江南から直接日本に来たわけなどあるはずもない。

107 :天之御名無主:2006/10/21(土) 14:38:22
征夷大将軍の夷も
クマソも
エゾも
朝廷に加わらない人を指していて
征服した将軍ーって意味で太古から変わらない。
で、ワジンは
中国からみて直接的に関わらない 中国の属国の総称がワジンだから

108 :天之御名無主:2006/10/21(土) 21:25:06
>>106
中東っていう日本語は、イランを含むんです。

109 :天之御名無主:2006/10/21(土) 21:29:46
唐や随からみたら百済も倭もインドネシアもワジンワジン。
読み違えて半島人の自信になってるとこが痛い

110 :天之御名無主:2006/10/22(日) 01:39:36
>>89
天皇が中国から直接来たなんて考えはバカそのものだと思うが、
秦氏を応神天皇がつれて来たってのは初めて聞いた。
それは弓月の君を応神天皇がつれてきたってことかな?
弓月の君は秦氏の元祖だけど、八幡神社は秦氏の系統だから、
そのせいで応神天皇を祭神にしてるのかな?
だとしたら応神天皇はユダ族なんだろうか。

111 :天之御名無主:2006/10/22(日) 07:41:08
韓国人ってなんで既知外ばかりなのだろう。

中国から海ルートで来た可能性も十分ある。

むしろ証拠はそれを支持していると思うが。

112 :天之御名無主:2006/10/22(日) 21:57:02
宗教や稲の伝播のみを考えるなら、たしかに中国から来たと考えることもできるかもしれない。
しかし、文化やその後の歴史の展開を考えれば、朝鮮から来たと考えないとおかしいことが多すぎる。
ましてやここは日ユ同祖論スレ。
秦氏や天皇家がユダヤ人だってのを前提に考えないと。

秦氏は最初日本を支配していて、天皇家が入ってきてから鬼の地位に落とされる。
仮に天皇家がユダ族、秦氏がダン族だとすると、ダン族は元々ユダヤの中で蔑まれていたからだとも考えられる。
ユダ族のライオン=狛犬だとすると、狛犬=高麗犬だから、ユダ族は高麗と関係があるということになる。
つまり、皇室と北朝鮮の間に何らかの繋がりがあるということになる。
扶余から高麗と百済に王室が分かれ、百済から天皇家に繋がると考えれば、説明がつく。

113 :天之御名無主:2006/10/24(火) 00:57:07
少なくとも、現在まで繋がる皇室のルーツが百済にあることは間違いない。
大化の改新というのは、百済vs新羅の勢力抗争。
蘇我氏は新羅系で、中臣・中大兄が百済。
蘇我氏は聖徳太子と繋がりがあることからもわかるように、新羅系の秦氏の勢力を基盤として
力を振るった一族。
一方、中臣氏は後の藤原氏で、藤原氏の発祥の地は鹿島だから、百済系の一族。
百済系の中臣・中大兄が、新羅系の蘇我氏を排除しようとしたのが大化の改新。
だから「韓人」なんてセリフが出てくる。
もともと秦氏以来新羅系の勢力が強かった日本が、ここから百済系の天皇家に取って代わる。
それ以来の皇室の連続を考えれば、天皇家が百済と繋がりがあるってのは当たってる。

114 :天之御名無主:2006/10/24(火) 02:54:04
ふーん。で?!?
天皇が朝鮮人なのか?


そろそろキッチリ物申す時代にきてるぜ!?
朝鮮人ばっかりじゃないか!天皇家の由来を主張するのわ!
天皇は大和なんだろ!?摂権者の移り変わりに百済新羅達が頑張ったんだろ?

なんだか現代の日本人てナサケナイよな……ハッキリいーてみろ!
卑弥呼のような♀が現れるのを待って又♀に頼るのか!?!!

115 :名無し募集中。。。:2006/10/24(火) 18:56:16
秦=シン=sin

sin

1. sin
[名] 1 [U][C](道徳・宗教上の)罪, 罪悪, 罪業  sin against the Holy Ghost 聖霊に対する冒涜(ぼうとく)の罪〈《聖》マタイ書12:31-2〉 commit a si... [さらに]
2. sin
[名]スィン:ヘブライ語アルファベットの第21字.
3. sin
((略))《数》sine.
4. Sinai
[名] 1 シナイ半島:紅海北部の半島. 2 シナイ山:モーセが神から十戒を授かった所(Mount Sinai).
5. Sinanthropus
[名]シナントロプス:以前, 北京原人と呼んだ.


116 :天之御名無主:2006/10/24(火) 22:58:26
古代ユダヤの民は日本に渡り、現在の日本の神道文化の発端を担いました。
天皇の家紋は古代ユダヤの紋章と同じであり、日本各地の神社にもダビデ
の星が刻印されていたり、日本語の音の中にヘブル語が多く残っていますよ。
祇園祭りの「エンラーヤラー」のように。私たち大和民族の遺伝子には
ユダヤの遺伝子が刻まれているのです。ちなみに「ヤマト」という音は
へブル語の「ヤ・ウマト」(神の民)からきています。
我ら日本民族の住むこの日本国は、神と古代ユダヤとの約束の地であり、
21世紀は日本を中心として神の国を創らなくてはなりません。
だからこそ我ら日本民族は世界一優秀なのです。
もしも失敗すれば、世界は滅びます。頑張りましょう。


117 :名無し募集中。。。:2006/10/25(水) 00:46:08
>>116
約束の地はイスラエルなんだろ?

118 :天之御名無主:2006/10/25(水) 08:50:34
日本人が世界一優秀?ハァ?
ユダヤ人はバール崇拝に乗っ取られた悪魔崇拝者だぞ。
その子孫たる日本人も、ユダヤの血を引いている以上、悪魔の子孫だ。
ユダヤ人は神の選民でもなんでもない。
悪魔に魂を売り渡した穢れた民族。
そしてユダヤの末裔たる日本人もまた、悪魔の血を引いた劣等民族だよ。
そもそもなんで第二次大戦が起きたかというと、秦氏が起こしたから。
だから秦王国のあった広島に原爆が落ちる。
日本人には残念な話だけど、日本人はユダヤと同じく悪魔崇拝者のしそんなんだよ。
そして天皇家がその悪魔崇拝の頂点だ。


言っとくが俺は日本人だぞ。在日ではない。

119 :天之御名無主:2006/10/25(水) 19:57:00
        V
       ∧__∧   ________ 
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と) 
      |    /  /  /  
       |      ̄| ̄

120 :天之御名無主:2006/10/25(水) 22:39:53
秦氏は朝鮮半島から最初に宇佐に来る。新羅仏教を持って。
そこを拠点にして、やがて東進を始める。
途中で広島を拠点にし、秦王国を作る。
これは広島から北は出雲までの地域で、これが葦原中国。
さらに東進して、京都へ入り、畿内を支配する。
ここから秦氏の黄金時代が始まる。
同じく朝鮮から来た高麗氏などとともに、スサノヲ崇拝を持ち、祇園神社などを作る。
しかし後に百済から来た天皇家に支配権を委譲する。これが国譲り。
そして鬼の地位へ落とされる。

121 :天之御名無主:2006/10/26(木) 01:29:09
バァル信仰の何処が悪い。
エル信仰→エホバ信仰が正しいと決め付けるのはもはや自体ドグマだよ。


122 :天之御名無主:2006/10/26(木) 18:41:16
イランをかつて秦と書いていて、そこからダン族が中国の秦→朝鮮→日本と移動してくる。
イランはグノーシスの拠点であり、グノーシス化されたユダヤ人が世界に散らばっていく。
ダビデというのも架空の人物であり、グノーシス派の連中がクリシュナ神話を盗んで作り上げた
虚構の存在。
ダビデが最大の英雄とされているのは、とりもなおさず、クリシュナが偉大な英雄だったからに
他ならない。
「Christ」という単語も、「krishna」という単語からの転化だと言われている。
ダビデの生涯の神話はクリシュナの生涯の神話と同じであるが、インドの学者は「ダビデ→クリシュナ」
という流れだと言っている。だが、これは、最大の権威を持つ聖書に逆らえないからであって、実際には
クリシュナの神話をダビデ側が盗んだのである。
所詮ユダヤ最大の英雄は、虚構・架空の存在にすぎないのである。

123 :天之御名無主:2006/10/27(金) 00:39:48
四国の剣山にはユダヤの財宝が隠されてるらしい

124 :天之御名無主:2006/10/27(金) 01:49:43
>>122
グノーシス派ユダヤ人以外の人たちはダビデの存在を認知していないの?

125 :天之御名無主:2006/10/27(金) 03:48:33
トルコも淫ランも温泉郷、日本国内の古代帰化人由来の地も
なぜか温泉郷

126 :天之御名無主:2006/10/27(金) 04:03:35
イスラエル人は温泉につかるの?

127 :天之御名無主:2006/10/27(金) 04:08:42
>>124
現在のユダヤ人はグノーシス=バール崇拝に完全に乗っ取られてるし、
聖書というのは絶対的な存在として君臨してるから、今やダビデの存在を
疑う者はいない。
疑いを抱くことすら許されない。
ダビデという存在がユダヤ人の根幹的アイデンティティにまでなっている今、
ダビデはいなかったと言っても、誰も相手にしないだろう。
そもそもなぜchristとkrishnaが似ているかというと、クリシュナの生涯の神話が
ダビデの生涯の神話と同じで、メシア思想というのがダビデの再来を願うところ
から来ているため。
ここまで巨大な存在になっているダビデは、当然古代から全てのユダヤ人に
実在の人物として認知されている。
しかし実際にはダビデは存在しなかった。
それだけ旧約聖書やユダヤ人の伝承には、虚構と作為が溢れている。

128 :天之御名無主:2006/10/27(金) 18:21:20
>>127
グノーシスってのは悪の神デミウルゴスがこの世界を支配している、っていう話なんでしょ?
そんなことをすべてのジューイッシュが信じているわけないじゃん

129 :天之御名無主:2006/10/27(金) 19:59:13
グノーシスの真髄は「人間が神になる」「人間は神と等しい」ということ
ユダヤ人はまさしくこの思想にとりつかれている
無意識のうちにグノーシスを信奉させられてるんだよ

130 :天之御名無主:2006/10/27(金) 20:18:18
貝こそ
神が恵んでくれた食べ物と思うがな〜

モーセの信憑性わ?どうなの?

131 :天之御名無主:2006/10/27(金) 21:17:42
有名な話だけど、ミケランジェロの作ったモーセ像には角が生えてるよね。
角ってのは牛崇拝・バール崇拝の象徴。
つまりグノーシスの象徴でもある。
モーセに角が生えてるってことは、十戒を授かった段階でユダヤ人の選民思想が
固まったってことかな?
ちなみに、「モーセ」という言葉は「水から拾い上げる」という語源から来ている。
秦川勝の「川勝」というのも、「水から拾い上げる」という語源から来ている。
つまりモーセと秦氏の間には関係がある。
モーセが葦の船に入れられて捨てられるってのは、ヒルコが海に流される話と
対応してるし。
ヒルコは秦氏の神だからね。

132 :天之御名無主:2006/10/27(金) 22:22:45
レビ族の都合神話

133 :天之御名無主:2006/10/28(土) 20:05:56
グノーシスで人が神と等価であるというのは派生的解釈で、
骨子は神が善悪を兼ね備えていると言う前提じゃまいか?

134 :天之御名無主:2006/10/28(土) 20:58:53
いや、グノーシスの基本は「神と人間が等しくなる」ってことだよ。
例えば仏教もグノーシスの一つだけど、「梵我一如」っていうのは、とりもなおさず神と人間が合一すること。
グノーシスの起源はインドであって、その流れはバラモン教からイランに繋がっていく。
イランでグノーシスは完成されるわけだけど、そこで神に善悪があるという考え方とくっつくんじゃないかな。

ちなみに仏教の最大神はインドラだけど、これは帝釈天桓因という。
壇君朝鮮を作った壇君桓因と同じ。
だからダン族はインドラを崇拝していたということ。
北朝鮮が壇君朝鮮をとりわけ重視しているのは、ダン族だからであるのと、インドラ崇拝=仏教の大元であるため。
浄土真宗本願寺派が基幹運動で北朝鮮と繋がってるのは、北朝鮮が仏教の大元だから。

135 :天之御名無主:2006/10/29(日) 20:42:18
アーリア人がインドに侵入した段階では、インドラが最も多くの賛歌を捧げられている。
しかし時代が進むにつれ、インドラの地位は下がり、罵倒されたり唾を吐きかけられたりするようになる。

つまり、アーリア人というのが牛崇拝・角崇拝を持っていて、それがインドラを崇拝していたわけだ。
そしてインドラ崇拝というのがグノーシスの基本であり、「自分たちだけが人間だ」「他人を意のままに操ろう」
という思想。
それがあまりにも酷い考え方だったから、インドに来たインドラ崇拝は、侮蔑されて馬鹿にされるようになる。
しかしインドを支配することになる仏教は、インドラを帝釈天すなわち「皇帝たる釈迦の天」として祀っている。
ここから、仏教がグノーシスであり、ひいては邪教だということがわかる。

136 :天之御名無主:2006/10/31(火) 04:00:17
アーリア人がインドに来る際、まずイランを通る。
そこで一旦留まり、「新しい考え方=バラモン教」が生まれる。
そしてバラモン教に迎合できない古い考え方(インドラ崇拝)を持った者たちが、そのままインドへと移動する。
つまり、バラモン教はそのままイランの考え方となり、仏教がインドの考え方となる。
インドはDEVAだが、ASURAがイランである。

137 :天之御名無主:2006/10/31(火) 23:02:21
クル族とユダヤ人の関係が気になる
よく超古代史の本には「クル族が古代に世界に広がっていった」と書いているのがあるけど、
クル族ってのはインド16大国時代のクルのこと。
オリエント神話でクルという名前の龍が出てきたりするので、龍信仰となんらかの関係が
ありそうなんだけど。
マハーバーラタはクル族の物語だから、古代にクル族が大きな力を持っていた時代が
あったのは確かなんだけど。

138 :天之御名無主:2006/11/01(水) 20:30:28
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuo/cgi-bin/sn/src/dokuo1591.mp3

この人が言ってることは合ってるの?

139 :天之御名無主:2006/11/01(水) 20:40:26
>>138
同一人物

140 :天之御名無主:2006/11/01(水) 22:34:34
クル族は月神王朝で、三日月を意味するcresentに「cr」がつくのは、「クル」という意味。
英単語で「cr」がつくものは、大抵クル族と関係がある。
例えばcrashもそう。シヴァの職能は破壊-crashだけど、シヴァは月神王朝側の神だから、
破壊を意味する英単語にcrがつく。
カスピ海沿岸にあるグルジアも元々はクルジアと言っていて、クル族と関係がある。
その証拠に、グルジアはキリスト教国であるにもかかわらず、国旗に三日月が描かれている。
この国の出身者にスターリンがいるけど、こいつは共産主義の権化ともいえる人物。
月神王朝=グノーシス側のイデオロギーが共産主義だから、スターリンのような人物が出てくる。

141 :天之御名無主:2006/11/03(金) 01:42:05
インド16大国時代のクルっていう国はカシミールにあったわけだけど、
カシミールの地名を調べると、イスラエルの地名と共通してるのが多いらしい。
それで失われた十氏族の調査隊が行ってみたこともあるんだって。
聖地になってるのはその辺に理由がありそう。

142 :天之御名無主:2006/11/03(金) 21:21:11
日本へユダヤ人が来たって話だけど、中国や南方から海路で来たっていうのもあったと思う。
四国の高知県の沿岸にはユダヤ渡来伝承がいろいろあるし、ユダヤの秘宝が埋まっている
という剣山もある。
そこにある高校の校歌には、「フェニキア」とか「レバノン杉」という言葉が出てくるのもある。
ソロモン王の船団が東南アジアまで行っていたというのは有名な話だけど、ユダヤ人が
東南アジアまで行っていたのなら、そこから海流(黒潮)に乗って高知の辺りに流れ着いたと
しても不思議ではない。

143 :天之御名無主:2006/11/04(土) 09:40:54
ヘブライ人漂着は鹿児島でしょ〜
そして隼人の民を率いて東制し 治めたところで次は隼人を封じ込む。
今の世界でも似た事している人達でしょ
後々の半島経路の秦族達もまた同じく隼人と手を結び宇佐神宮の覇権争いみたいなもんの朝廷との争いに敗れる。

それから隼人の地に定住した生粋の秦族は
世界中と交易したのです→現代。

覇雇う

144 :京都の街は魔方陣:2006/11/04(土) 14:39:13
>>134
ちなみに仏教の最大神はインドラだけど、これは帝釈天桓因という。
壇君朝鮮を作った壇君桓因と同じ。


 檀君が朝鮮に来たのは5000年前だっけ?
本家本元のインドに、まだインドラ信仰が無かった時代に?
おまけに檀君朝鮮の神話には、インドラどころか当時半島に無かったはずのニンニクまで登場している。
それとも、
「インドラの神話は9200年前にパミール高原で生活していた古代朝鮮民族が起源で、
そこから南下してインドに伝わった」
とでも言うのか?
まるっきり、「朝鮮民族が世界の四大文明を創った」パターンの話じゃないか。
あんまり大嘘ばかり並べてると正体がバレるぞ。

 檀君=牛頭天王の神話がインドから朝鮮半島に伝わったのは7世紀の事。
そして日本に伝わったのは西暦645年だ。
ちなみに、檀君神話では「牛頭天王は帝釈天の息子」になっているが、日本では「帝釈天の一の家来」とされている。
その牛頭天王が帝釈天の勧めで嫁さんを貰いに南海まで旅をしたが、途中で巨旦将来と蘇民将来とに出会い、恩返し
と復讐をしたのが八坂神社の「蘇民将来子孫也」の御札の始まり。
だから、京都の八坂神社に有る御神体は元々インドの病気除けの神様だった。それが神道に取り入れられた際に同じ
(この点に関して牛がシンボルで病気の神でもあったバァル神と似ているので、シルクロードを通ってインドに伝わ
り「インドラの家来」として習合したのではないか、とする説もある。)

「放浪する神」だったことから日本神話のスサノオ命と習合したのであって、スサノオ命と牛頭天王とは本来は別々
の神様だった。
ところが朝鮮ではお嫁さん探し云々の話を切り捨て、7世紀に伝わった神話を5000年前の創造神話として、13
世紀にデッチ上げた。その目的は、移住してきた中国人建設した朝鮮半島初期の国家である衛氏朝鮮以前に、朝鮮民
族による国家があったと主張するためだ。

 朝鮮人が歴史を捏造するのは、1000年前も現代も変わらない。

145 :天之御名無主:2006/11/04(土) 21:44:35
蘇民将来っていうと、ユダヤの過ぎ越し祭に対応してるやつだよね。
牛頭天皇=スサノヲ=バールだとすると、まさにユダヤが日本に来たから伝来したっていう。

牛頭天皇がスサノヲと習合したっていうけど、それはちょっと違うと思うぞ。
帝釈天=牛頭天皇=バール=スサノヲのラインがあって、全部同じ連中が崇拝していたから
重なってるんだろ。
牛崇拝=角崇拝は、グノーシス側ユダヤのイデオロギーであって、クル族をはじめとする
アーリア人の信仰と重なっている。
アーリア人がイランになって、そこからユダヤに流れていく、と考えられる。

146 :天之御名無主:2006/11/05(日) 07:13:42
読んでたら1が悪魔崇拝者のような気がしたのは俺だけですか?w


147 :天之御名無主:2006/11/05(日) 07:14:51
ナチプロパガンダとかこんな感じだったんだろうな。

148 :天之御名無主:2006/11/06(月) 10:54:22
>>143
何がハヤトだよw
亀甲墓といい、ミョウチクリンなネタが多いな。
なんかたくらんでんのか、メリケン。

149 :京都魔方陣:2006/11/06(月) 13:35:56
 スサノヲは暴風神。カナンの農業神バァルよりもヒッタイトの主神テリピヌシュの方が近い。

150 :天之御名無主:2006/11/06(月) 23:22:35
たしかマイクロソフト日本法人の社長の名前が「阿多」さんだったよね?
阿多ってのは阿多隼人の阿多だから、ユダヤと隼人が関係あるってのは当たってるかも。
薩摩の島津家の家紋が「丸に十字紋」で、ここから薩摩隼人とユダヤの関係を論じる者も
いる。

151 :天之御名無主:2006/11/08(水) 00:58:09
ツノをつけているあたりは やはり馬鹿でわないな。

152 :天之御名無主:2006/11/09(木) 04:33:05
月信仰と太陽信仰というのがあるけど、これは「月信仰=悪」「太陽信仰=正義」というのが基本。
インドでは月信仰はアーリア人側で、インドをカースト化した側。
太陽信仰はそれに対抗した側。
クリシュナは太陽神だから、太陽信仰=正義の側の神であり、シヴァやインドラは月信仰=悪の側の神。
だから月信仰の末裔であるグノーシスの連中が、正義に憧れてクリシュナ神話を盗み、ダビデという架空の
存在を生むことになる。
悪は結局正義に憧れる、というわかりやすい見本。

153 :天之御名無主:2006/11/09(木) 23:38:02
SはHに転化する、という法則があるから、SYUDRA=シュードラが、HYUDRA=ヒュドラになる。
ヒュドラはヒドラだから、インドのシュードラ=ヒドラだということ。
なぜインドにおいてシュードラの連中が奴隷と呼ばれ差別されるかというと、ヨーロッパにおける
ヒドラだから。

154 :天之御名無主:2006/11/10(金) 21:37:54
小説「悪魔の詩」の翻訳者が刺殺されて迷宮入りになってるけど、あれ犯人は日本人やで。
作者に死刑宣告を出したのはイランのホメイニだし、イランと広島は繋がってるし、日本の警察と
広島も繋がってるから。
イランの命令で日本人が翻訳者を殺して、警察が捜査するふりして実際には犯人を逃がしてる。
今でも犯人の日本人は、日本でのうのうと生きてるよ。

155 :天之御名無主:2006/11/11(土) 23:10:31
天皇家の「菊のご紋」ってのは、シュメールに由来するらしいね。
シュメールやユダヤ人が菊のご紋と同じものを使っていて、太陽信仰を表すんだって。
そのせいで、明治時代には「天皇家シュメール起源説」なんてのが唱えられた。
八切止夫によれば、シュメール語で「スメラミコト」というのは、逃亡奴隷のことを意味するらしい。
またエジプトのヒクソスの「ヒク」というのも、日本語での「ヒコ」と同じで、「聖なる」という意味らしい。
天皇家オリエント起源説を主張してきた人も、また多い。

156 :天之御名無主:2006/11/12(日) 19:32:39
だけど、義経が平泉から落ち延び、北海道、樺太を経て蒙古へ逃げ、
ジンギスカン(ゲンギッケイの訛り)になったという義経伝説があったり、
こういう話はとても面白いが、根拠には断片的な言葉あわせが多い。

157 :天之御名無主:2006/11/12(日) 19:44:52
そうそう、ジンギスカンのもとの名前、テムジンは義経の天神様とか、
池の禅尼(イケ . . . ) の発音が対応するテムジンの母か叔母が出て来たり。
こういうのは拾い出せば、隠れた、際限ない種類の組み合わせ数は莫大だから、
偶然の確率が非常に低くても、うまいこと具合いのいいものをいくつか引っ張り出せる。
そんなことが多いため、やはり説得性が欠けてしまう。もっと系統的な続き組み合わせがあり、
いかようにも偶然ではできえないものがないと、「おもしろ」、で楽しませてくれて、
それで終わるな、やはり。


158 :天之御名無主:2006/11/12(日) 23:06:48
確か義経=ジンギスカン伝説の一番の根拠っていうのが、モンゴルに飾られてる
ジンギスカンの像に彫ってある紋章が、義経が使ってたものと同じ、ってことだったと思う。
冷静に考えれば、源氏っていうのは朝鮮(新羅)の花郎・源花がルーツだから、そこから
南北に分かれた連中が、北はモンゴルに行ってジンギスカンの祖先になり、南は日本で
源氏になった、というふうに考えることはできると思う。

159 :天之御名無主:2006/11/13(月) 00:45:49
>>158
源氏っていうのは朝鮮(新羅)の花郎・源花がルーツ

 ???ハァ???
時代が500年ズレてるぞ。

「ワッソ」と同様(こっちは1000年)捏造が好きだな、朝鮮人。

160 :天之御名無主:2006/11/13(月) 00:51:01
>>159

>時代が500年ズレてるぞ

バカかおまえは。
ネットウヨ乙。
花郎・源花の末裔が源氏武士団だという説は古くからある。

161 :天之御名無主:2006/11/13(月) 01:03:21
新羅と源氏、高麗と平氏のラインというものがわかってないと、現代の政治もわからない。

かつて新羅があった場所には現在韓国があり、高麗があった場所には現在北朝鮮がある。
そして韓国軍・北朝鮮軍は元々一緒で、両者の上層部は新羅出身者で占められている。
つまり、韓国対北朝鮮というのは、新羅対高麗という構図と重なってくる。

日本の自民党の森派は「清和会」だけど、これは清和源氏からきた言葉。
つまり現在自民党で主流になっているのは源氏。
それに対し、抵抗勢力といわれているのは平氏。亀井静香なんか広島の同和だからね。
抵抗勢力が北朝鮮・同和=平氏と繋がっているから、主流派は韓国=源氏と繋がっている。

162 :天之御名無主:2006/11/13(月) 01:04:26
説=捏造な

163 :天之御名無主:2006/11/13(月) 01:05:38
日本人の学者で花郎・源花が源氏のルーツだという説を唱えている人は昔からいるよ。
もっと勉強しようね。

164 :天之御名無主:2006/11/13(月) 01:29:46
大和に朝廷のあった4世紀末頃に朝鮮半島からの大きな渡来のうねりのなかでやって来た新羅の才伎集団の一部で
継体天皇が即位するころから近江湖東を中心に活躍した秦氏系近江部族で中大兄皇子(後の天智天皇)の側近だった
のが依智秦造の一族

依智秦氏は平安時代には郡司を輩出する名門となり朝廷を外から支える存在となった

165 :天之御名無主:2006/11/15(水) 05:02:06
日本の国旗・日の丸を見てみるといい。
白地に赤丸が描かれているだろう。
これは「源氏の白旗」と「平氏の赤旗」を組み合わせたものだ。
都市伝説に「日本の政治は源氏と平氏の末裔が交互に支配している」というのがあるが、
これは真実。
日本は源氏と平氏の末裔による権力闘争の場なのだ。
森派は清和会だから源氏、抵抗勢力は平氏だ。

166 :天之御名無主:2006/11/15(水) 10:03:44
二本⇒日本
大正解??(゜Q ゚)??

167 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

168 :天之御名無主:2006/11/16(木) 01:42:51
「ダヴィンチ・コード」によると、五亡星のルーツというのは、金星の軌道が五亡星を
描くところから来たらしい。
金星はルシファーを象徴するから、ここから「五亡星=悪魔のシンボル」という理論が
成り立つ。ルシファーは悪魔長だし。
日本の大文字焼きというのは「大」という文字の形に焼くけど、これは元々は五亡星を
模したものだとの説がある。
大文字焼きは密教の風習だけど、そもそも中国ではミトラ教のことを「密教」と書く。
日本の密教が実際にはミトラ教で、西洋における悪魔崇拝を行っている可能性もある。


169 :天之御名無主:2006/11/17(金) 02:39:04
京都の丹波にある籠神社。
これは元伊勢神宮と呼ばれている。
海人族に縁のある神社だが、製鉄とのかかわりがあることがわかっている。
サンカ系の神社だという人もいる。
この神社の由来の解明こそが、天皇家にとっての時限爆弾になる、という人もいる。

170 :天之御名無主:2006/11/17(金) 23:10:20
スレ違いかもしれませんが、ユダヤ人と華僑。
どちらが優れているとかでは無く、どの様な(プラス面マイナス面・考え方)違いが有るのでしょうか?
又は、中立な立場の意見を聞ける様なスレがドコに有るか、
ご存知の方教えて下さい。

171 :天之御名無主:2006/11/18(土) 00:31:27
ユダヤ人は世界中に広がったが、「自分たちがユダヤ人だ」という自覚を持つと、
他のユダヤ人の末裔と仲間意識を持つ。
そうやって秘密結社のようなネットワークを構築し、影で連絡を取り合いながら、
世界を支配している。
その中心となっているのはイスラエルというよりイランだろう。
ユダヤ人の腐った部分を司っているのはイランだからだ。

172 :天之御名無主:2006/11/18(土) 09:07:23
167はナニだったのよ!

173 :天之御名無主:2006/11/18(土) 23:25:29
よく超古代史の本に「古代クル族は世界中に航海していた!!」ってのがあるけど、
要するにこれは、古代のインドで太陽信仰と月信仰の戦争があって、月信仰側が
勝利し、その後月信仰のクル族が世界中に広がったってことを言いたいんだよね。
マダガスカル島にシヴァ崇拝の痕跡があったり、南米にクルにちなんだ地名があったり、
そういうのを考えると、クル族が世界中に航海したっていうのもあながち間違いではないと思う。
クル族はフェニキア人に繋がっていくからね。

174 :天之御名無主:2006/11/19(日) 00:29:41
これも広島県人で安芸の厳島原人か?

175 :桃太郎:2006/11/23(木) 01:31:46
>>1
>>ちなみに現在同和・在日も≒秦氏である。弾左衛門の「ダン」とは、ダン族のことである。

なんだこれ?そんな説ははじめて聞いた。
日本書記とか読め。聖徳太子の顧問だった弓月王係留秦河勝の自称子孫だけで、どれくらいの
名家があると思ってるのか? 欽明天皇の初代大蔵卿の秦大津父が、はじめて天皇家に租税モデルを
示して、天皇の直轄領を律にしてから、日本の独立は始まっている。

17条憲法、12階位、有名な煬帝への手紙「日出のところの天子」は誰が
書いたと思ってるんだ。資料研究くらいしろ。日本の初期納税の大半が秦氏だ。
ほかの氏からの納税記録を示す木管はでてこない。当然だよ、天皇はほかの豪族と
土地住民所有、税収改革で軍事対立し、補佐したのが秦氏なのだから。

あと京都進出以前の古代の秦氏拠点は、宇佐、吉備が重要。
応神天皇以降の巨大墳墓構築のノウハウ、鉄や須恵器の一般化も彼らの流通力だ。

176 :天之御名無主:2006/11/23(木) 03:12:25
裸足と秦氏がはだしと読まれるのは、秦を忌み嫌った人が
裸足という単語をhadashiと読むように作ったから

177 :天之御名無主:2006/11/23(木) 03:20:14
>>131
知られて無い話だけど、神社の狛犬は2匹とも獅子ではない
由緒正しい神社の狛犬は片方が一角獣なのだ。
これはユダヤのユニコーン崇拝そのものだ。
アジア中に2対の獅子を守護神として置く風習があるが
片方が一角獣なのは東アジアでは日本くらいなものだ。
ほかの地域では真実が闇に消え去ってしまったが
日本には2000年前の全てが記録されている。
これは日本人が何でもかんでも神様として祀る風習を持つためだ
このような風習を根付かせた人々もまた秦氏だ

178 :1/2:2006/11/23(木) 11:28:31
古代AD701年の大宝律令の制定によって日本の律令制が加速し
中央集権国家として官僚制による地方政治の統治が確立した
そして朝廷で官僚として政治を司っていたのは半島からの渡来人で
超ばっくり分けると百済系と新羅系の二大勢力
その二派がその時々の天皇を味方に引き込み、他方を排斥するということを繰り返してきた
わかりやすいのが平氏・藤氏=百済、源氏・橘氏=新羅

AD794年の平安遷都にて時の桓武天皇に取り入った百済系氏族が
それまで官僚として表舞台で政治を取り仕切ってきた新羅系氏族の多くを排斥し
政治の表舞台から追放しただけでなく尊卑の位の卑の地位に一部の新羅系氏族を落とした
そのときの卑の位が現在の被差別部落に繋がっているというのが有力な説
新羅系氏族は当時の科学芸術神事医学分野において世界トップレベルであったので
そのまま建設土木治水製鉄演芸生物解体などが被差別部落民の主な生業となった
卑の位に落とされなかった例でわかりやすいのは神事仏事を司る役職
卑の位とせずにそのまま新羅系氏族に引き継がせた

新羅系氏族で超一大勢力を誇っていたのが秦氏一族で
日本の神社の9割以上の神官宮司は今でも秦氏による世襲である
八幡神社、稲荷神社、白山神社などすべて秦氏のものであり
現在の皇室に関わる神宮の神官宮司なども秦氏系
学習院などの皇族系教育機関や皇宮警察などの長も秦氏系氏族の世襲が現代まで続いている
ちなみに仏教を日本に伝来させたのも秦氏で古代は神仏分け隔てがなかった

179 :2/2:2006/11/23(木) 11:30:26
関西において被差別民の多くが寺社の管理下に置かれていたのはそういう背景があったから

関東では穢多頭の弾左衛門の支配下で各地域ごとに非人頭をおいて被差別民を管理していた
弾左衛門は秦氏族であり白山神社を信仰していたのもそのせい

関東では非人頭を長吏と呼ぶが、関西では寺社の首長僧を長吏と呼ぶ
天台宗や真言宗の総本山の延暦寺、三井寺(園城寺)、高野山金剛峰寺などの首長僧も長吏
長吏の大元は中国の漢代における官吏の呼称で、官位の高い者のことを長吏と呼んだ

ちなみに秦氏は中国の秦の始皇帝氏族の末裔で
朝鮮半島を経由して倭(日本)に移動してきたという節が有力で
その大元はペルシャ系ユダヤ民族であると言われている
現在の秦氏は国家という枠から離れ
一族による秘密結社的なネットワークを形成しており
日本の政治経済と被差別部落という尊卑の世界を裏で支配しており
その利権を手中に収めることにより日本社会をコントロールしているという節が有る
世界経済を裏で操るロスチャイルド家の日本版ということ

間違っている点があったら指摘修正よろしくエロい人

180 :天之御名無主:2006/11/23(木) 14:58:40
おまえが↑エロい。

古着屋のボスやな
またそのネットワーク

現代の古物商取引許可証。
発行するのは公安委員会やな。

181 :天之御名無主:2006/11/24(金) 00:45:37
「源花」=「源氏」

あぁ、そうか。
 同じ「韓」だから、古代中国にあった戦国七雄の一つ、韓は朝鮮民族
が建てた国なのか。
それなら思想家の韓非子も孔子も朝鮮民族だと言う事になる。

だから「源花」と「源氏」が500年離れていてもケンチャナヨなんだな。

「ワッソ」が16世紀以降じゃないと存在しないはずなのに、何故か7世紀
の日本にあったとしてもおかしく無いし。


・・・・朝鮮の歴史って、「パラレルワールド」だったんだ!!
道理で日本人とは話が通じないはずだ。

182 :天之御名無主:2006/11/24(金) 02:18:32
>>178-179
皇宮警察だけでなく、普通の警察も秦氏が支配してるよ。
179で出てきた「秘密結社」を利用して治安を維持してるのが警察。
秦野章なんて警視総監もいたしね。あいつは秦氏。
東京オリンピックの時に治安を強化する必要があり、秦氏のボスの秦野章を警視総監にした。

183 :天之御名無主:2006/11/24(金) 22:05:01
韓国人は現代の言葉をそのまま日本の古語に当てはめて、韓国語と似ている、日本語の根は韓国だと言ったりする
しかし現代の韓国語=新羅語と5〜7世紀の新羅語ではまったく発音が変わっていることを考えない。

184 :天之御名無主:2006/11/24(金) 23:28:48
>>183
古代日本語→近代日本語→併合時に韓国語に取り込まれる
という流れもあるからな

185 :天之御名無主:2006/11/30(木) 07:04:18
リチャードコシミズ氏のYOUTUBEの動画や書籍購入のサイトがリジェクトされて掲示板に
書き込めなくなっている。在日工作員が焦っている証拠だw
そこでより分かりやすいビデオを作成した。
日本の事を思う日本人は見ろ!これが日本の現状だ!
http://video.google.com/videoplay?docid=4377032998245988095&q=Loose+Change+2nd+Edition
日本の事を思う方は色んな板にコピペで宣伝ヨロw
その内、このビデオも宣伝できなくなると思うがwww
在日、創価、統一、ユダヤ、安倍、池田犬作必死www
在日氏ねw日本の癌www

186 :天之御名無主:2006/12/02(土) 01:32:39
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【トルコ】第二次大戦中、数百万のユダヤ人にパスポート発行して救出…トルコ人外交官ベヒッチ・エルキン氏の功績、ドキュメンタリー化
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164951195/150
150 :名無しさん@七周年 :2006/12/02(土) 01:17:57 ID:14bCFoNK0
   >>1

   一方、日本は「ナチスドイツよりも私達日本人は冷酷でした」っと自らドイツに宣伝しようと心に誓った。


   【日韓独】「日本軍が慰安婦20万人を強制連行」とする本がドイツで出版される。西野瑠美子さんらも執筆 ★2 [11/30]
   http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164944055/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


↑ 日本テラアホス。

 


187 :天之御名無主:2006/12/03(日) 17:39:28

ヤーレン、ソーラン…と始まる“ソーラン節”。
このヤーレンソーランとは何という意味かご存知だろうか?
そんな疑問に答えてくれたとんでもない人物が…!?

それは、現駐日イスラエル大使。彼はこの「ヤーレンソーラン」がヘブライ語だというのだ!
しかも、ヘブライ語は私たちが慣れ親しんできた“カタカナ”とそっくりだという。

私たち日本人と古代イスラエルに一体どんな関係があるというのか!?

このミステリーの解明に挑む!


■テレビ東京 : 新説!?みのもんたの日本ミステリー!〜失われた真実に迫る〜
2006年12月6日夜9時00分〜10時48分
http://www.tv-tokyo.co.jp/nihonmystery/

188 :天之御名無主:2006/12/11(月) 13:23:30
アメノヒボコ=ツヌガアラシト=角のある人。海を渡ってきた。新羅人
鬼=黄色い角
モーセ=キリスト教では黄金の角がある姿で描かれる。海を渡った


189 :天之御名無主:2006/12/12(火) 00:38:26
モーセが葦の船で海に流されるっていう話は、ヒルコが海に流される話と対応している。
ヒルコ神社は厳島神社で、広島には秦王国=ユダヤ国家があった。
ユダヤ人=ダン族=秦氏は日本では鬼であり、忌み嫌われる存在。だからヒルコを崇拝する。
こいつらがモーセ崇拝を持っている。
モーセの頭に角が生えてるのは、ダン族=秦氏が鬼であり、鬼の頭に角が生えているのと同じ。

190 :天之御名無主:2006/12/12(火) 13:13:55
モーセの角は「光」の誤訳

191 :天之御名無主:2006/12/12(火) 21:53:15
古代朝鮮の冠の形状を見ると角に見える。
それだけの話。


192 :天之御名無主:2006/12/13(水) 12:27:01
古代朝鮮の冠をどうして聖書に書いてあるのかと小一時間。

193 :天之御名無主:2006/12/13(水) 20:49:53
彼はユダヤ人だった。しかも、世界でもっとも有名なユダヤ人。その名も、エドモンド・
ロスチャイルドという。いうまでもなく、世界最大の大富豪である。当然ながら、ロスチ
ャイルドはユダヤ教徒である。彼は日本の神輿に、失われたユダヤの祭りを見たのである。
ロスチャイルドの来日をセッティングした人の話によれば、ロスチャイルドは何よりも神
輿に大変興味をもったという。神輿は、あまりにも契約の聖櫃アークに似ていたのである。
契約の聖櫃アークとは、ユダヤ教にとって大切な3つの神器、モーセの十戒石板、アロン
の杖、マナの壺を納めた箱で、下部には担ぐための棒がついていた。外も内も金で覆われ
ており、上部には黄金製の翼を広げた天使ケルビムが2体、向かい合って据えられている。
ユダヤ人は戦いに勝利したとき、契約の聖櫃アークを担ぎ、鐘を鳴らし笛を吹きながら
「ワッショイ、ワッショイ」と行進して歩いたという。かの大王、ダビデは裸踊りまでし
たことが『旧約聖書』に記されている。「ワッショイ」は古代ユダヤ語で「お前の敵をやっ
つけろ」である。考えてみればあの号令は勇ましい。「我と一緒」よりもむしろ相手を威嚇
している。まして『韓国語』ではない。


194 :天之御名無主:2006/12/13(水) 21:38:59
神器を渡したシュメールの末裔も こんな事態になるとわ思わなかったろう¨……

195 :天之御名無主:2006/12/16(土) 01:35:54
移民の定義教えぃ

196 :天之御名無主:2006/12/16(土) 09:38:08
日ユ同祖論=歴史考古学会の厄介者
記紀の謎の言葉はヘブライ語であっさり解読→また馬鹿がなんか言ってる扱い

197 :天之御名無主:2006/12/16(土) 13:45:10
同祖とするからおかしいのであって
普通に文化とか習慣が日本に入ってきたと
したらいいんじゃないの?

当時の外国の優れた物を取り入れるのって
ユダヤに限った事じゃないでしょ?
歴史考古学会(?)は
それさえも否定しているってどうなんだ??


198 :天之御名無主:2006/12/17(日) 04:13:39
日本の真の姿を知るためには、秦氏の構成する秘密結社ネットワークの存在を知らなくてはならない。
これを知らずして、日本のことは何もわからない。

199 :天之御名無主:2006/12/17(日) 09:18:35
というか日本の神社の9割は秦氏が創建したわけで
21世紀になってもに天皇家の儀式やるのは下賀茂神社の宮司で賀茂氏も結局は秦氏だしな

200 :天之御名無主:2006/12/17(日) 10:19:12
でもな。稲や原始新道も南方ルートなんだよな。。不思議。。

器用なんだな、伊万里焼やろも朝鮮からの職人からだしな

201 :天之御名無主:2006/12/17(日) 14:43:01
恐らくユダヤは、農業とかの文化とは別系統なんだろう。

稲作の基本知識はあったけど、
秦氏の優れた土木技術がなければ
開花しなかったとか。

東遷していた秦氏たちもその土地土地の
物を食っていたんじゃないの。
日本に来て、たまたまその主食が南方渡来の稲な訳で
ならそれを効率的に作りましょうと、秦氏が腕を振るったと。



202 :天之御名無主:2006/12/18(月) 09:46:38
最近パレスチナでハマスvsファタハが取りざたされてるけど

ファタハって、秦だなーとかオモタ

203 :天之御名無主:2006/12/20(水) 07:58:56
スーサの人は
今なにしてんの?

204 :天之御名無主:2006/12/20(水) 08:06:53
これは知らない人もいるだろうが・・・・・


アケメネス朝ペルシャのスサという都市は、ヤサカ河という川の上流にあった。
そしてスサではGIONという名前の神が祀られていた。
そしてスサの総督をしていたのはユダヤ人だった。

ここから、八坂神社の祇園祭(牛頭天皇=スサノヲを祀る)が生まれる。
スサノヲというのは「スサの王」という意味。




これは京大の教授も知ってたことだから、事実らしい。

205 :天之御名無主:2006/12/20(水) 09:16:34
スーサは
五千年前まで各王家の出生地でしょ?
まだユダヤも糞もねーやろ。

206 :天之御名無主:2006/12/20(水) 09:48:17
バビロン捕囚から解放されたユダヤ人が一時ペルシャにたくさんいて、重用されてたんだよ

207 :天之御名無主:2006/12/20(水) 10:03:24
その頃の事?
それならわかる。

旧約の神ってアッシュリアの王の事か?
スーサの末裔か?シュメールの末裔か?

208 :天之御名無主:2006/12/20(水) 15:30:20
1世紀前後のユダヤ10支族の一部=天皇家
3世紀以降のキリスト教徒=秦氏
でおk?

209 :天之御名無主:2006/12/20(水) 18:53:11
まったくバツ!

210 :天之御名無主:2006/12/20(水) 20:28:33
みんな朝鮮半島を経由して日本に来たと信じちゃってるけど、
本当に朝鮮半島は関係ないんだけどな・・・

江南から海流+南西諸島づたいで船で来たっていう説のが現在は有力なんだよ。

水稲のDNAとか分析してみたりして分かったことなんだけど。

半島に水稲が来るのは日本よりずっと後なんだ。(陸稲は華北→半島が先。)


ぶっちゃけ、卑弥呼は「自分達の先祖は呉の人間だ」と言ってるんだよ。
魏に仕えようというのにね。
(呉とはいっても、三国の呉とは国は別。同じ地域にあった昔の国だけど。)

で、魏の使いも「ああこの刺青、呉の奴だよね」って反応。

211 :天之御名無主:2006/12/20(水) 20:32:09
>>200

何回かに渡って渡来する人がいたからね。

秦氏は、半島経由で来たでOKでしょ。
中東のお面から、新羅の仏像まで持ってたし。
持ってるものからルートは明らか。


>>210は、半島経由の話が多いから脊髄反射で書いちゃったけど、
ここは秦氏のスレだったな。
半島経由の話ばかりで良かったんだ。ごめんよ。

212 :天之御名無主:2006/12/20(水) 22:09:46
ジークGION!!

213 :天之御名無主:2006/12/20(水) 23:26:42
卑弥呼にあんまりにも重点置くと見えなくなる
卑弥呼の邪馬台には高度文明より信仰(閻魔(ヤマと訓む))力と統率力
統率力は先住民を次々に統治し強大になり
稲作の民と一つになった。
ユダヤ色の残る神道は その後の南方渡来系学者達と出雲と邪馬台と半島ルート秦との合作

214 :天之御名無主:2006/12/20(水) 23:45:30
うん。国譲り¨があったくらいだから
和やかに最善な新道の開発があったのかもね〜

あっっもしかして、和やか、から大和の和¨かい?

215 :天之御名無主:2006/12/21(木) 10:12:14
ひとつの場所から二つのルートをたどり日本にたどり着いた

1 南方ルート
2 半島ルート

最初は南方ルート、あとから半島ルート





216 :天之御名無主:2006/12/21(木) 11:35:07
♪奥さぁんお宅の米ぇ腐ってるよヾ
byローリー

217 :天之御名無主:2006/12/21(木) 12:45:24
「そのユダヤ色の残る・・」だけどね。
それはそういう比較的新しい物なんでしょうかね。

当時の日本はそれらと比べて遅れていたとは言え
ある程度それなりの物であったわけでしょう?
もちろん宗教とか風習とか、ある程度のかたちとなっていた。
洗練はされず粗野で素朴であっても、日本独自の萌芽があったとする。

そこにユダヤとか合作を持ってきて今度からコレにしましょうとなったとして、
それに、みんなが従ったとして、今までのものがキレイに無くなるんでしょうか。

秦氏の時には、もうかなりの物になってたはず。それを秦氏の名のもとに(?
突然ユダヤ系に変わる訳は無いとおもう。

これは弥生の極初期、用語では早期とか前期とか言うらしいが、
民衆か初めて接するか、それに準じるほんの始めにのときに、
既にユダヤ系に触れていたと考えられませんかね。


218 :天之御名無主:2006/12/21(木) 13:39:10
>>217
基本的には同じ考えだけど、
証拠的なものがないのがつらいところ。

秦氏は、1万何千人という大人数でやってきたんだよね。

そんな香具師らを受け入れる素地が日本にはあった。

「香具師らは仲間だ」と先行して日本に来ている
豪族たちが思っているからこそ受け入れられたんだと思うよ。

でも、「秦氏の織物技術や仏像が役に立つので、受け入れたのでは?」
と言われれば、その可能性も否定できんなー・・・としか言えない。

先行して日本に来ている豪族たちも、
ユダヤ教と同じく神の道という意味の名前の宗教の
宗教的な地位のリーダーを頂いているとか状況証拠的には有利だと思うんだけど、
なにかもっと物的な証拠があるといいんだけどね。

219 :天之御名無主:2006/12/21(木) 14:29:04
奄美大島では
祈祷師や霊媒師を「ユタ」って言うね。

なにかにつけ神が〜神を〜と説く巫女や預言者が居たとして
そいつが餅を供えろー
偶像は作ってわならぬ!

と預言したからコーナッタだけかもしれんしな

220 :天之御名無主:2006/12/21(木) 14:34:51
古事記の神武東征でにぎはやひは神武にあめのははやをみせた。
神武はそれを見て、あめのものだと納得したとある。



221 :天之御名無主:2006/12/21(木) 15:19:12
>>218
今の風潮はユダヤ系は全部秦氏みたいな感じて言うのが流行っているみたいだけど。
地域の土着な伝承とか見ると、どうしても聖書の匂いが漂っていて、
それは後から秦氏などに「教えられた物」ではないとおもえるんですよね。
それが出来るほど、当時の日本はもう「素」ではない状態でしょう。

213の言う「合作」に少なくとも秦氏は関与していない。
秦氏は最後の総仕上げに来ただけ・・と思えるんです
220の言うような事が、神話ではなく
実際として秦氏とそれ以前にあったとも思っているんですよ。


しかし220のいう天の羽々矢の件も考えると不思議だよね。
神武が天孫だとわかる奴が既に大和にいたという事実(?)w
神武軍を苦しめるほどの統率力を持つ国家の存在。そして饒速日も天孫だとすると、
神武との関係は何かとかね。連絡は取れてないが、塩土の翁は知っていた関係・・。

天孫降臨の時に先行組がいたような気配はないのに、
なぜか別派かいる不思議。これが傍証になる気もするんですがね。

222 :天之御名無主:2006/12/21(木) 16:53:57
古事記でににぎの前に天下りしている神がいるんだよね
爪を抜かれて

223 :天之御名無主:2006/12/21(木) 16:56:26
海原=南方=すさのう

224 :天之御名無主:2006/12/21(木) 17:35:47
天孫降臨の前に天下りしたやついたよね。


225 :天之御名無主:2006/12/21(木) 18:18:02
古事記や日本書紀の中にあまりにも聖書やギリシャ神話の影響を受けている部分あるじゃん
あれは学会では少なくとも影響を受けたということは認めてるわけ?

226 :天之御名無主:2006/12/21(木) 19:01:41
天孫降臨の前に、天下り(Wしたのは、斥候みたいな
何人かだけじゃなかったっけ?
国津神に懐柔されて寝返った奴ら。

まさか、そいつらが饒速日とか言うんじゃないだろうな。


>225
認めるとか言う以前に、長い間タブー視されていて、手をつけていないというのが正解。
でも、チラホラそういう人も出てきているが、皇国史観と不敬罪の板ばさみで
立場は苦しい。海外の学者のほうがよくやっている。


227 :天之御名無主:2006/12/21(木) 20:09:46
>>218
>なにかもっと物的な証拠があるといいんだけどね。

あの大化の改新の時、以前の書物を燃やしたのがおかしい。

いもことか、いるかとか変な名前から、そのあとは今でも通じそうな
名前に変っている事は、そのとき本当に大変革が有ったんだと思う。


228 :天之御名無主:2006/12/21(木) 22:13:46
>>226
爪を抜かれて、って書いたじゃない
わからないかな?223だよ




229 :天之御名無主:2006/12/22(金) 03:02:15
埼玉の高麗神社の元の朝鮮の民・秦。
応神の頃の渡来の民。
不明な点が多い隼人と混じった鹿児島の秦。
秀吉の頃の磁器の秦。

ちゃんと訳てます?

230 :天之御名無主:2006/12/22(金) 12:44:31
>>228
いやごめん。わかっていたんだけど
スサノオは、出雲じゃないの。?


今の山陰も一大王国で、伝承とか地名とか見ると
多分にユダヤ臭いから、大外れではないでしょうけど
大物主とか大国主とか・・これらは多次元同時存在の法則で
全部スサノオに集約されると・・・。ホントに大和にいたの?

ナガスネヒコとの関係も、他に無いし、羽々矢の出し方といい
どうも別人臭いんだけど。第一性格が違うようにも思える。

まあ子孫と言うことも考えられるが、羽々矢を大和にやったら
出雲の方は、どうなるのよ。

まあ、確かに大神神社が??・・というか、引っかかるといえば、
引っかかるんだけどね。




231 :天之御名無主:2006/12/22(金) 17:51:37
西郷隆盛は神道者で仏教を邪教と言ったそうだが、
上に書いてあるように仏教はグノーシスという見方からそう言ったんだろうか?


232 :天之御名無主:2006/12/22(金) 20:42:29
グノーシスは真言密教じゃなかったっけ?

233 :天之御名無主:2006/12/23(土) 09:19:38
忍者=服部=機織=秦
虎の巻=トーラーの巻物

234 :天之御名無主:2006/12/23(土) 14:19:02
服部は伊賀で伊勢神宮系じゃん
出雲系の甲賀の方がユダヤと縁が深そうな気がする

235 :天之御名無主:2006/12/25(月) 17:17:44
>>230
出雲族はヤマタノオロチ
出雲族&大国主&ながすねひこは蛇族
スサノウは牛族。出雲→吉備に移動。その後、同じ牛族のヒボコが合流

先住の出雲族とスサノウ族がいったんは戦ったが、両族は併存する。
出雲といっても現在の出雲よりはずっと大きな範囲、少なくとも出雲、古志、大和、伊勢、紀伊は古代出雲族の領地。
諏訪も(by たけみなかた)

天照国照ニギハヤヒは天津神と国津神の架け橋役のスサノウを暗示している。
あめのははやはたぶん鉄製

大神神社のご祭神はことしろぬし(蛇族)

秦氏はヒボコ系。

こんな風に考えています。

236 :天ノ川 創:2006/12/25(月) 17:26:49
アマテラス降臨!

237 :天之御名無主:2006/12/25(月) 19:37:11
>>235
かなり記紀とは違いますが、それも一説ですね。

記紀に必ず従えと言う事でなく、そこまで離れると
それを証明するために事実や伝承、遺物で
齟齬なく組み立てていかなくてはなりませんね。

頑張ってください。

238 :235:2006/12/26(火) 12:27:25
ながすねひこのなが(Naga)はサンスクリットで蛇のこと

>ナーガとはサンスクリット語で蛇(とくにコブラ)という意味ですが、仏典
とともに中国にはいると「竜」と漢訳されました。
http://www.linkclub.or.jp/~argrath/mona.html

239 :天之御名無主:2006/12/27(水) 00:22:46
ヤマタノオロチ伝説とモーセのアロンの杖の逸話が極めて似通ってるんだが
誰か突っ込んでくれ

ヤマタノオロチ 9頭の大蛇、生贄を貪る怪物
アロンの杖 9つの罪を持つ蛇の化身(9つの頭として表現される)


240 :天之御名無主:2006/12/27(水) 05:06:37
あとイザナギとイザナミがアダムとリリスに対応していると思う。

241 :天之御名無主:2006/12/27(水) 09:21:47
天皇家は、代々秦氏の血をひく女性を妃に選んできた。
霊元天皇は、秦氏の末裔である松室家から3人もの後宮を迎えて
いる。
松室敦子が生んだ子が、有栖川宮。

それに、香淳皇后の生家である島津家は秦河勝の末裔である
ことは有名。

242 :天之御名無主:2006/12/27(水) 13:25:25
>>240
それをいうならアダムとイヴじゃないの?
日本神話ではイザナミだけが黄泉の国に行くけど、
二人がリンゴを食べて楽園を追い出されるところは
スサノオが暴れて高天原を追放されるのとそっくりだね。


243 :天之御名無主:2006/12/27(水) 14:42:04
以前、部落解放同盟の研究者と話したことがあるけど、「部落民と天皇家は血筋的には一緒」って言ってたよ。
秦氏が鬼であり、同和・在日であることを考えると、秦氏が天皇家と繋がってることは間違いない。
「聖と賤」という問題になるけど。

244 :天之御名無主:2006/12/27(水) 14:45:03
そもそも在日政策っていうのは、古代に朝鮮半島から大量の移民が日本に来て(秦氏を含む)、
その時朝鮮半島に残った残党を日本に呼び寄せる、っていうものだからね。
天皇家と血筋的に繋がってる在日もいるし、そういうのは街宣右翼になる。
「同和」っていうのは「同胞融和」の略だけど、融和っていうのは部落民と在日が融和することだから。

245 :天之御名無主:2006/12/27(水) 14:52:50
>>232
>>231です。
グノーシスって言葉は仏教の中の真言密教に対してだけ使うものなのですか?


246 :天之御名無主:2006/12/27(水) 15:04:19
いや、仏教そのものがグノーシスだよ。
グノーシスっていうのは基本理念が「人間が神と同一になる」っていうことであり、
これは仏教の「凡我一如」というのと同じこと。
グノーシスの元祖はバラモン教だから。

247 :天之御名無主:2006/12/27(水) 16:25:19
しかし、天皇家が中国南部からやってきたとか寝言を言ってる奴は、本当に歴史を学んだのかね?
その後の歴史的展開などを見れば、天皇家は朝鮮から来たと考えるのが至極当然。
一部の右翼的な学者は中国南部から来たとか言ってるかもしれないけど、そんな奴はごく一部。
天皇自身が朝鮮から来たということを認めているにもかかわらず、本気で中国南部から来たとか
思ってる奴は、中学校からやり直した方がいい。

248 :天之御名無主:2006/12/27(水) 17:12:17
↑応神天皇の行動をみると、足止めを食らっている同胞救済だよな。
同じ出目の陸路の民の救済だよ。だから先駆者は海路

249 :天之御名無主:2006/12/27(水) 17:28:39
海路だとしたら、一体中国のどの王朝の末裔だって言うんだ?
あまりにも根拠が無さ過ぎる。

250 :天之御名無主:2006/12/27(水) 17:31:49
まあ海路で中国から来たってしつこく言ってる奴は、おそらく朝鮮と天皇家の関係を是が非でも認めたくない
ネットウヨだろ。
もし海路で江南から来たなら、どこの国から来たか、いつごろ来たか、誰がそんな説を唱えてるのか教えて欲しい。


251 :天之御名無主:2006/12/27(水) 18:08:05
ここが日ユ同祖論スレであることを忘れてないかい?
あくまでもユダヤと日本の関連を考えた上でレスしないと。


俺の考えとしては、南北イスラエルが消滅した後、シルクロードを通ってユーラシア東端に来た
ユダヤ人が扶余を作り、そこから南下して朝鮮半島を通り、日本に来たのが天皇家だと思う。
それとは別に、一旦イランに滞在したダン族が中国の秦を作り、その遺民が朝鮮半島に入り、
日本に来たものが秦氏だと思う。

252 :天之御名無主:2006/12/28(木) 06:30:43
中東の神話(旧約)の知識のある人物が来たのだろうよ!あのな!
出港場所の違いな訳で 同胞なんだろ。
半島で足止めをくらい虐げられている同胞救済。

253 :天之御名無主:2006/12/28(木) 15:18:39
呉じゃねぇの?
呉人は刺青が特徴だろ。
舟の操作も上手いだろうし。


254 :天之御名無主:2006/12/30(土) 10:09:20
大阪天満宮で十日戎復活だと。
牛と夷は関係あるの?


255 :天之御名無主:2006/12/30(土) 11:50:33
うっしっし

256 :Oクニヌシ:2006/12/30(土) 14:28:31
牛=鬼=つぬがあらしと=ヒボコ=新羅

ヒボコは牛を神聖視

おきながたらし姫は新羅ヒボコ系
仲哀天皇をおそらく殺し、ヒボコ族が実権を握る(北条政子のようなもの)

ほむだわけ(応神天皇)はヒボコ族の祖神(いざさわけ神=ヒボコ)に挨拶に行き、名前を交換した。ヒボコ族の全面的協力を得る。

卑弥呼は神功皇后しかあり得ない
1 鬼道
2 神を降ろして神の言葉をしゃべる=よく衆を惑わす
3 女王

神功皇后の子である応神天皇はヒボコ族が擁立した天皇
そして、秦氏が来日





257 :天之御名無主:2006/12/30(土) 16:33:22
結局ユダヤ教徒がおでこに付けてるものが、つのってことなのでは
山伏がおでこに付けてるのも同じで
赤ワインを飲む文化がない倭国では、それが生き血をすする角がある鬼となった

258 :天之御名無主:2007/01/06(土) 23:33:52
日本の鬼=牛族だから
鬼の話が多い日本では牛族のほうが優勢なのか?

西洋は吸血鬼=蛇族だから蛇族が優勢。
蛇族は和洋問わず人間を食べるわけで
吸血=生贄・食人の象徴
邪眼=蛇が持つ催眠的眼力の象徴

>>256
もっと蛇族牛族について書いて!(笑

259 :天之御名無主:2007/01/07(日) 14:22:22
そもそも牛族とか蛇族とかの定義とか
そう設定する理由とかを説明し無いと、
それが解っているやつだけでしか話が通じんぞ。

べつに他の奴は寄ってくるなという
つもりならそれでいいが。

260 :天之御名無主:2007/01/17(水) 03:49:14
仏教はバール崇拝と繋がってるから、牛神信仰だ。
神道も牛神信仰なのか?まあもとは秦氏だからインドで繋がってるけど。

261 :天之御名無主:2007/01/17(水) 05:05:53
朝鮮から来て
わざわざ宮崎県で名乗り上げるかよ……
隼人・熊そから殺されるぞ!

262 :天之御名無主:2007/01/19(金) 16:26:23
ツヌガアラシト=ヒボコ=オニ
http://www.culturalitaly.com/photos%20folder/arte/mose.jpg
モーセ

263 :Oクニヌシ:2007/01/20(土) 22:29:26
仏教は牛であり、月

264 :天之御名無主:2007/01/20(土) 23:17:49
s

265 :天之御名無主:2007/01/21(日) 00:22:48
>>262
縄文顔にそっくり
http://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/jomon/img/02.jpg
↑この絵には角すらついてるし

縄文顔と弥生顔
http://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/jomon/jomon-f.html


266 :天之御名無主:2007/01/28(日) 11:26:15
気候風土によって体型は変わってくる

南方系(縄文)の特徴は
眼が大きい、手足が長い(熱放出が大きい)、芸術的

北方系(弥生)の特徴は
眼が細い、手足が短い、実務的

267 :天之御名無主:2007/02/12(月) 19:58:27
渡来人
東漢氏(やまとのあやうじ−倭漢氏)は応神天皇の時代に百済(出身地は加羅諸国の安羅か)から17県の民とともに渡来して帰化した阿知使主
(あちのおみ−阿智王)を祖とする氏族(東漢氏という個人名ではない)。東漢氏は飛鳥の檜前(桧隈:ひのくま− ...
www.asuka-tobira.com/toraijin/toraijin.htm - 31k - キャッシュ - 関連ページ

黒木氏 上妻郡 猫尾城
出自には諸説あるが、調氏族とされる。
「黒木氏は本国薩摩、調氏より出づ。大蔵大輔助能、文治年中、上妻郡黒木庄木屋村に猫尾城を築き、黒木、河崎の両庄を領す」。「黒木河内木
屋村の猫尾城は其の起源詳らかならず。薩州根智目の城主某、大軍を率して来り攻むる事、二年余にして、遂に猫尾城を抜きて是に居る。黒木
大蔵大輔助能と云ふ。室は島津忠宗の女なり。黒木六町、及び山門郡瀬高庄にて千町を領す。文治二年春、助能大番として上京、助能、笛に巧
なるを以て、帝、其の曲調の微妙なるに叡感有りて、調姓、及び官女侍宵小侍従を賜ふ」(黒木由来記)

筑後国氏族譜:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1235/shizokufu.html

http://www2.harimaya.com/sengoku/kz/t_kuroki.jpg
武家家伝_黒木氏:
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/t_kuroki.html

268 :天之御名無主:2007/02/14(水) 11:21:14
現在のウズベキスタン辺り出身者は古代「安」を名乗り、ソグド人安禄山
も同地出身といわれる、「安羅」はソグド人達の集住地と思われる。
埴輪のとんがり帽子人物像が安羅人?秦氏?魔法使いアラジン?

269 :天之御名無主:2007/02/14(水) 16:31:10
アラジン、座布団一枚!!

270 :天之御名無主:2007/02/14(水) 18:01:17
そういえば、安めぐみもソグド人っぽい顔してるよな
埴輪のとんがり帽子かぶって散歩しているし


271 :天之御名無主:2007/02/15(木) 15:50:01
アルピニスト野口健さんは父日本人、母エジプト人だからね
中近東の人達とモンゴリアンが混血すると、以外と日本人顔になるかも

272 :天之御名無主:2007/02/15(木) 21:11:44
■韓国人の誤った歴史認識■ 下條正男 <2002/2月25日>
『歪められた歴史』
http://www.find.takushoku-u.ac.jp/jousei/chousen/shimojyou1.html

 「天皇陛下の「ゆかり」発言に示された韓国側の歴史認識」
平成13年12月23日、天皇陛下は「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに、
韓国とのゆかりを感じます」と発言された。
 この発言に、韓国のマスコミは様々に反応した。「桓武天皇の生母は百済武寧王の子孫」と報じた12月24日付
朝鮮日報の同一紙面上で、コラム欄の「八面鋒」は、
「日王、日本王室の根、百済王室から起こると是認」とし、天皇は「皇室の根は百済王室にあると認めた」と拡大解釈していた。


 日本皇室および日本民族は、古代カラ半島南部に住んでいた韓人(からびと=倭人)とは『ゆかり』がある。
しかし、まったくの異民族=ワイ族の子孫である韓国人(朝鮮人)との間には『ゆかり』は無いのである。


273 :天之御名無主:2007/02/16(金) 10:08:17
エジプト人といっても、真っ黒な奴から、茶褐色から、白人やら
いろいろだぞ。エジプトですら、いろんな人種がごっちゃまぜなんだから、
パレスチナはもっとぐちゃぐちゃだ。逝ってみれば、わかる。

274 :天之御名無主:2007/02/16(金) 15:10:31
日本人の顔の違いについては世界では知られるようになってきている
井口や宮里のような濃い顔
松阪のような薄い顔
その中間的な顔

275 :天之御名無主:2007/02/16(金) 21:10:36
秦河勝はなんで赤穂まで行って死んだの?

276 :天之御名無主:2007/02/16(金) 23:16:40
神は言いました。
血筋と魂には何の関係もない。

277 :天之御名無主:2007/02/17(土) 13:36:34
>>275
秦氏は京都に移住する前、
河内に住んでいたのはしっているか?
河内に住む前は、どこにいたか知ってるか。

278 :天之御名無主:2007/02/19(月) 00:47:21
ここに棲息してるのは、
ユダヤを憎むキリスト系カルトの朝鮮人、
もとい在日韓国人?

279 :天之御名無主:2007/02/19(月) 10:10:43
鼻毛も髭も繋がるよーな人は何人かな?

280 :Oクニヌシ :2007/03/11(日) 23:07:46
牛族の特徴は体が大きいということだよ
キリスト、釈迦、スサノウはみんな巨人

281 :天之御名無主:2007/03/14(水) 17:06:30
>>280
キリストが巨人だったというのは聞いたことが無いなあ

282 :天之御名無主:2007/03/16(金) 20:09:49
三井財閥の三井は秦氏だということを知らないだろう。

283 :天之御名無主:2007/03/17(土) 10:10:39
どうぶつ王国を作ったのは、畑氏だということは知らないだろう。

284 :天之御名無主:2007/03/17(土) 10:24:21
畑という漢字は秦氏が作ったということを知らないだろう

285 :天之御名無主:2007/03/17(土) 11:49:55
西胡

「胡」は戦国時代、内モンゴルの塞外民族を指していたが(→北狄)
、秦漢朝では特に匈奴を指すことが多くなった。唐代にいたり、シル
クロードの往来が活発になると、「胡」は特に「西胡」ともいわれ、
西方のペルシャ系民族(ソグド人)を指すようになった。彼らがトル
キスタンから唐土に運んだ文物、風俗は「胡風趣味」として愛好され
、胡服、胡笛、胡舞などが中国で一文化として根付いていった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1

↑この人たちもペルシャ系と言われていますが、ユダヤ系であったりするのですか?

286 :天之御名無主:2007/03/23(金) 17:16:06
>>247
はあ!?

287 :天之御名無主:2007/04/12(木) 19:45:55
ユダヤの代理人=在日朝鮮人(帰化)

288 :天之御名無主:2007/04/14(土) 14:40:20
ちがうな。わたしは、サタンと敵対する者だ。

日本は戦争にまきこまれようとしておる。

ユダヤ教徒には十分きをつけろ!!

ニセ救世主サタンが、あらわれる前兆じゃ。

イスラエルで戦争。
ヨーロッパが巨大な軍事大国になる!!
人間たちに「獣の数字」がつけられる。  予言。



289 :天之御名無主:2007/04/14(土) 17:14:56

●サタン

全悪魔の王とされる堕天使。「サタン」とはヘブライ語で「妨げる者」の意味であり、元来は神の命によって人間の行動を妨げる天使を意味した。
旧約聖書では、最後まで神に従属する天使のひとり。サタンを「神と対立する悪の根本原理」とする解釈はキリスト教によって創られたもので、
その結果、エデンの園においてイヴを誘惑した蛇や、『ヨハネ黙示録』に登場する龍などもサタンと同一視されるに至った。

290 :天之御名無主:2007/04/14(土) 17:16:01
ユダヤ人にとっての悪魔は、神に逆らったみ使いであった。聖書には
旧約、新約を含めて、悪魔は「敵」として出てくる。エゼキエル28章
やマタイ4章9節によると、悪魔はエデンの園にいる油そそがれたケル
ブであったが、美しさのゆえに傲慢になり、自らが崇拝されたいと
思い、神に反逆した。彼はミカエルとモーセの体について論じ合った
。(ゼカリヤ3:2;ユダ9)彼はこの世の神として人類を配下に置いて
いる。(2コリ4:4;1ヨハ5:19)

291 :天之御名無主:2007/04/14(土) 17:16:29
レビ記 [布忠.COM]
ちなみに「油をそそがれた者」をヘブライ語で"メシア"、ギリシャ
語で"キリスト"と言います。 油そそぎに続いて、穀物のささげもの
として上等の小麦粉を約2.2リットルささげます。朝に半分、夕方に
残り半分を、調理(*1)してから祭壇にささげ、燃やすのです ...
www.nunochu.com/bible/03_leviticus/lev05.html - 6k - キャッシュ - 関連ページ

292 :天之御名無主:2007/04/19(木) 04:34:52
>>1あほ

293 :Oクニヌシ :2007/05/12(土) 21:51:13
サタンを悪と見ているようでは本当のことはわからない

294 :天之御名無主:2007/05/17(木) 17:26:53
今でも秦という姓は瀬戸内あたりに結構ある。

295 :天之御名無主:2007/05/18(金) 18:39:18
土佐の国主、長宗我部元親も秦氏だよ。

296 :天之御名無主:2007/05/18(金) 19:46:20
薩長土肥なのか・・・
島津が秦川勝とも聞くし。

297 :天之御名無主:2007/05/18(金) 20:22:57
薩長土肥と言う場合土とは幕末の土佐山内家の事で長宗我部ではありません。


298 :天之御名無主:2007/05/20(日) 22:23:32
秦氏がなんだっていうんだ?
俺の先祖は長宗我部家の先祖が信濃から土佐に流れる途中の伊勢桑名で仕えたんだとよ。
大阪の夏の陣で藤堂高虎の家臣として出陣し、旧主である宮内少輔盛親公の軍勢に討たれた桑名弥次兵衛の子孫だよ。


299 :天之御名無主:2007/07/05(木) 17:14:58
秦みずほっていうグラビアアイドル知ってる
なんだかミス婚に出てくミスエジプトやミスレバノンみたいでいいぞ
明らかに他の日本人とは違う感じ

300 :天之御名無主:2007/07/05(木) 21:02:14
なるほど、そう見えなくもないかなあ、、

301 :天之御名無主:2007/07/13(金) 18:16:59
>298
ええっ!!ぜひ話を聞きたい。
うちも藤堂家臣です

302 :天之御名無主:2007/07/18(水) 15:35:07
276の言ってるのがただしい。イエは血統ではなく霊的文化。
朝鮮や中国の様な血族社会の人はどうしてもそれが理解できないらしい。
あとインド人やアラブ人もかな?
それと百済の王族は倭人ですよね?三国史記によれば。

303 :月光仮面:2007/07/18(水) 21:26:35
Y-DNA HG Eであるユダヤ/イラン系がパミールで突然変異を起こしY-DNA HG Dが
発生した。つまり、高地適応性の強い極めてモンゴロイドに似た人種が発生した。
しかし、その後も何千年となく、サカ族となったそのユダヤ/イラン系と行動を共にして
アルタイ、新疆ウイグル、甘粛、遼東、楽浪、そして地に秦氏となって大和に入った。
こんなことだろう。サカ・タムーラ・麿のようなサカ族は滅び、秦氏は残った。

304 :天之御名無主:2007/07/19(木) 03:27:55
古い時代、モーセが角がある人として表現されていた
古代日本に来たユダヤ人=モーセ=角がある人達
比較的新しい時代3世紀頃にやってきたキリスト教派がそう表現した

桃太郎の鬼退治とは
キリスト教派=桃太郎が、古いしきたりの鬼=いにしえのユダヤ人を
駆逐する物語である。
旧約聖書のなかにやがて墓が暴かれるという記述があるが
「墓」と言う漢字の墓を暴く=くさかんむりを取ると



となり、桃太郎が背中に掲げていた日本一の旗の意味が、旧約聖書と
繋がることになる

305 :月光仮面:2007/07/19(木) 08:00:22
中国神話でも神農、共工、蚩尤等思いつくだけでも、特に、西部羌、姜系の神様に
角がある。農耕牧畜、冶金、医療等で西の影響があったのだろう。

306 :天之御名無主:2007/07/19(木) 10:00:08
>>303
田村氏
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
田村氏(たむらし)は陸奥国の田村郡を支配していた戦国大名。豊臣秀吉により改易・断絶となるが、
後に仙台藩伊達家の内分分家大名として再興される。明治以降は子爵となり華族に列せられた。

平安時代、桓武天皇より征夷大将軍に任命されて蝦夷討伐で活躍した坂上田村麻呂を祖とし、以下連綿と田村郡を領してきたとされる。
____
↑には平氏、藤原などと書かれているが、日本では4回ほど家計図を書き直す機会があった。(京都の狛氏などは江戸時代に家計図を作成した)。
要するに、田村麻呂の子孫はいる。

日本の苗字7000傑 姓氏類別大観  坂上氏【2】
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/03/03004a.htm
上記URLには相賀氏も坂上氏とある。集英社、小学館の創立一族相賀氏もこの坂上氏だろう。

307 :天之御名無主:2007/08/14(火) 09:05:17
日本の根幹にユダヤがあることは間違いないだろう。
ユダヤは商売上手なのでシールクロード貿易を一手に牛耳り日本まで
大挙移住してきて日本の中枢一族になったとしてもなんら不思議じゃない。

しかし、わからなのは、この緑一杯の日本を捨てて砂漠の地に戻るなんて
ことがあるだろうか??


308 :天之御名無主:2007/08/14(火) 13:00:17
ないだろ。>307

日本が約束の地なんだから。

だからこそ、厳しい環境を耐え抜くための
戒律が要をなくして消滅したんだ。



309 :天之御名無主:2007/08/15(水) 19:08:34
>>125
誰かが鉱脈探しまくったんだな

シュメール→呉越→日本は製鉄と牛頭天王で繋がっている

310 :天之御名無主:2007/08/16(木) 02:37:31
中華料理が4000年の歴史じゃ戒律もクソもねーたろ…
豚やアワビを食うな!っって預言者は
中華料理で腑抜けになって放浪の民となる事が見えたのか!?

311 :天之御名無主:2007/08/16(木) 12:23:55
>>310
豚?あわび??

現イスラムと古代ユダヤ教をいっしょにしてないか?
宗教って1000年もたてば、だいぶ変質するぞ。

古代ユダヤ教は今よりも、もっとシュメールの神々を
信奉していた匂いが強いぞ。

また4000の歴史を伝えた中国人が
ユダヤ教運んだわけじゃないよ。そのあたり一緒になってない?


312 :天之御名無主:2007/08/18(土) 01:21:53
米・イスラエル、300億ドル(約3兆4000億円)の軍事援助に調印
http://www.afpbb.com/article/politics/2268403/2026360
2007年08月17日 05:27 発信地:エルサレム/イスラエル

【8月17日 AFP】米政府は16日、今後10年間で300億ドル(約3兆4000億円)相当の軍事援助をイスラエルに対して実施する協定に署名した。
軍事力援助により、イランとその同盟国をけん制する狙いがあるとみられる。

署名に臨んだニコラス・バーンズ(Nicholas Burns)米国務次官は、「米政府は、イスラエルが置かれている中東地域の危険な状況を理解している。
核開発を進めるイランのほか、シリアやレバノンのイスラム教シーア(Shiite)派武装組織ヒズボラ(Hezbollah)などの連携により、
同地域では対立が起きている」と語り、その中にはイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)も含まれていると付け加えた。

イスラエルへの軍事援助は、7月30日にコンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)米国務長官が発表した、
中東における米国の同盟国との軍事協定の一部。国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)やヒズボラ、敵対するイランとシリアに対抗する狙いがあるとみられる。

また、これらの援助には、サウジアラビアに対する200億ドル(約2兆3000億円)の武器援助や、エジプトへの130億ドル(約1兆5000億円)、
その他湾岸諸国に対する200億ドル(約2兆3000億円)相当の資金が含まれている。(c)AFP/Ron Bousso

313 :天之御名無主:2007/08/18(土) 09:00:46
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna1.htm
縄文人も弥生人も、みんなユダヤ人。

314 :天之御名無主:2007/08/19(日) 19:37:25
インドに入ったアーリア人のうち、バラモン教を奉ずる連中はイランへ移動する。
バラモン教は「アーリア人至上主義」の宗教。
一方ユダヤ人の開祖はアブラハムで、アブラハムとは「a-brahma」つまり「反バラモン」のこと。
イランの根底にはバラモン教があり、反ユダヤなのはバラモン教のせい。
ナチズムもアーリア人至上主義だから、イランと同じく反ユダヤになる。
ナチスとイランがどう繋がってたのかはわからないけど、ある種の秘密結社的なネットワークで
繋がってたっぽい。
ナチス初期のメンバーには仏教徒が多かったらしいし、バラモン教にも通じていたろう。
そのイラン=ペルシャに、バラモン捕囚から解放されたユダヤ人が住み着き、影響を受けたわけだ。
そしてそのユダヤ人が日本に来る。
だから、第二次大戦中、ユダヤ人を迫害するナチスと同盟を組み、一方でユダヤ人を救済する
という矛盾した行動を日本は取ったわけだ。

315 :天之御名無主:2007/08/24(金) 11:56:26
>>314
>一方ユダヤ人の開祖はアブラハムで、アブラハムとは「a-brahma」つまり「反バラモン」のこと。
面白い。学説としてはともかく、トンデモ歴史小説のガジェットとしては十分通用しそう

316 :天之御名無主:2007/08/25(土) 00:41:32
>>315
随分昔に神智学協会が提唱した説だけどね


317 :天之御名無主:2007/08/25(土) 16:25:11

最も優秀とされるドイツ系ユダヤ人の血液型比率

O型:42.1%
A型:41.1%
B型:11.9%
AB型:4.9%

http://www10.ocn.ne.jp/~kanam/distribution_of_a_blood_type.html

318 :天之御名無主:2007/08/26(日) 00:18:38
「獣=ジュウ=JEW」
穢れた獣の子であるユダヤ人には滅びあるのみ

319 :天之御名無主:2007/08/26(日) 00:21:09
京都の広隆寺のマダラ祭が十月十日に行われるのも、「十=ジュウ=jew」と関係があると思う

320 :天之御名無主:2007/08/26(日) 00:23:40
秦がユダヤなら
貝塚が日本各所にあるわけねーだろ

321 :天之御名無主:2007/08/26(日) 13:00:20
>>319
マダラだはなく、またら。

あとここ5年くらい祭りはやってない。
後継者不足でな。

322 :天之御名無主:2007/08/26(日) 13:01:04
貝塚と秦がなんで特定なんだよ>>320


323 :天之御名無主:2007/09/17(月) 04:58:18
(´・ω・`) < 「ユダヤ人マナセ族→羌岷(チャンミン)族→羌人→越人or呉人→縄文人」にならないかなぁ?
      \そうすれば鬼門とも繋がるし、秦氏は日本に来る前から、在日ユダヤ人と連携していたかもしれない…エロイ人おしえて

民族学伝承ひろいあげ辞典 2006/7/1(土)午後6:06 縄文時代人バイカル湖起源は整合か否か1
 …日本列島の先住民だった縄文時代人のDNAには中国東部のカザフ地方の古代人のものが34parの割合で入っていた。…
 日本の弥生時代にあたる中国の史書「魏志」に出てくる「黥面文身」の風習が、
ちょうど中国江南地方の呉越の人々の風習に合致する…。…
彼らは越人とも呉人とも言われるところから、おそらく同族であったと思われる。…
 …呉国王孫権は額に黥面文身していた。…その呉太伯は…中国北東部の犬戎種族である羌人であった。
すなわち日本の縄文時代人の中に流れる血液、DNAには中国北東人のものが基礎となっていたことになるのではなかろうか。…
 この隼人が祭る神の国である大隅阿多地方にある正八幡・大隅国鹿児島神宮は
なんと呉太伯を祭る唯一の神社であり、彼らは自ら呉太伯の子孫であると名乗っていた。…
 全く同じことを名乗っているのが中国の呉越人なのである。…
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/10257507.html

神のホームページ>DnA分析とエフライム>4.弥生時代以降の変化と秦氏について
(2) 秦氏の謎について:
 秦氏…、朝鮮半島東北部の新羅(4C中-935)に在住していた…。…
 …新羅が377年にはじめて前秦(チベット系・(てい))に朝貢したという記録が宋時代の文献にあり、
この時代からチベット系の人々と新羅との関わりが出来上がる。…
 そのうちの、チベット系の羌(キョウ=タングート、蔵人)が384年後秦を建国し、わずか33年後に後秦が滅亡(417年)したが、
その新羅へ逃亡した民の末裔が秦氏一族であるという説がある。…(BY.田辺尚雄氏(1883-1984))
 そして、この羌は、アミシャブが発見した現在の中国四川省の少数民族の羌岷(チャンミン)族と同じである。
羌岷族は、後秦滅亡の時、山地へ逃げた民の末裔で…、秦氏は、マナセ族の末裔であることが考えられ、…
すでに、BC231年に現在の中国の開封(カイファン、河南省、シルクロードの終点の一つ)にユダヤ人の居留区があった…。…
http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna4.htm

324 :天之御名無主:2007/09/17(月) 12:37:44
縄文人はありえない。 
数多い弥生人のうちの種類のひとつならありえる。>イスラエル人 


325 :月光仮面:2007/09/17(月) 13:40:03
秦氏であるとか、YAP+率の高いチベット系諸族は交易、殖産、山岳開発等の
プロファイルが強い。勿論、縄文時代にも黒曜石、翡翠などの国際交易はあったこと
であろうから、遼河文明との間で交流は行われたとは思うが、しかし、秦氏が日本に
入るのは記紀に言われる通り応神以降の古墳時代、あるいは、高地性集落のような
石積み技術急増時代であったのではなかろうか。他方、マナセ族については、BC2100
年頃からタイで開始されるバンチャン青銅器につながる文化と地理的に近い所に
ミャンマーのチン諸族が存在し、現在ではユダヤ教も奉じている。このミャンマー、タイ
方面から三星堆、二里岡方面(呉越の(銅緑山等)に青銅器文明を伝えたのが
遼東で支石墓文化を残した羌族、山戎であり、マナセ等の中東系商人と共にアルタイ、
チベット、雲南にかけて活躍したものであろう。

326 :月光仮面:2007/09/17(月) 13:46:27
アマゾンの地底から出現した巨大な養魚場、巨石、列石文化を伴うモホス文明の
指導者の2メーターに近い巨躯と遼東方面の遺伝子、青銅器はダイダラボッチ伝承
を思わせ、縄文時代にも遼河方面との交流もあったことはあながち捨てきれない
面もあるんだが。

327 :月光仮面:2007/09/17(月) 13:54:21
呉越から楽浪方面へは孔子が証言するようにボートピープルの流れもあったことでは
あろうが、歴史的には三苗が甘粛方面を経由して遼東に回ってくるという、農業とは
別の山岳、冶金などの技術を持つ羌、秦系の流れがあったと思う。

328 :月光仮面:2007/09/17(月) 14:36:59
秦氏、羌族、山戎はバイカル湖方面から西進し、
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0c/Andronovo_culture.png
この図のアファナシエフ文化と接触した。一方、犬戎文化はこの図の下方コペト・ダグ
方面にあったハラフ文化から始まったものであり、北方のアファナシエフ文化人は多分
プロト・トゥーラン系で、これがアルタイ語、犬戎文化を秦系、山戎に伝えたのがオーク
ニェフ文化であろう。又、、
クルド、アルメニア、イラン、ユダヤ他は、フルリ・ヒッタイト古地中海基層を先祖とする
もので、BC1200年頃侵入したとされるアーリア族とは血縁関係がない。又、「コーヘ
ーン祭司ハプロタイプ」はユダヤに限定されるのではなく、中東北部の多民族に広が
っている。又、ユダヤ系クルド人、アシュケナジム、セファルディムは太古からイスラム
系クルド人と近い血縁関係にあった。

329 :月光仮面:2007/09/17(月) 15:04:00
東北のオシラサマ、オセンダクにはスキタイ系オシリス神話があり、出雲神話には
ギリシャ神話にも似たオルフェウス、ヤマタノオロチ等があり、秦氏にはユダヤ教、
キリスト教、ヤズダン、エズィード教と共通する要素が多い。これは秦氏等が
どこかでこれらと共通の土俵にあったことを想定しないと考えにくい。ここにどうしても
イラン・クルド系との接触の場が求められる。それがオークニェフ-カラスク文化であり、
モンゴリア東部、バイカル湖方面にあった秦氏等がメソポタミア文明を黄河文明に
つなげたことにあるのだと思う。まさに「商」であったのだろう。

330 :月光仮面:2007/09/17(月) 15:22:19
秦(はた)一族とは?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1033886907/menu325
犬戎文化はローマには狼僧、エジプトにはインプ、日本にはインベなどとして入って
いるが、アーリアのカーストでは非常に敬遠されたようである。日本に入る犬神人
も全く同様の趣旨。しかし、遺伝子的にエジプト、ローマに入るものを日本に入るもの
とは無関係であろうことは容易にわかる。つまり、これは制度、思想、宗教の流れなの
だ。犬を食べたとされるのは犬を尊敬するあまりそのパワーをもらうためであったよう
である。


331 :月光仮面:2007/09/17(月) 15:38:36
NHKで西アフリカ、マリ共和国のドゴン族の番組があったが石積み、五穀、チベット
の梯子等羌、秦との共通性にうたれたが、中央アフリカの仮面の中には秦氏の
広隆寺牛祭りのマダラ神仮面にそっくりなのがある。これを見るに付けナイル上流に
まで達するエジプトピラミッド(石積み)文化とオークニェフの高地性集落、ギリシャ
のパルテノン神殿、日本各地の神籠石、山城、グスク、高地性集落、そして万里の
長城を結ぶものと、アンデスのインカ文明などの関連を感じる。

332 :月光仮面:2007/09/17(月) 15:52:09
女子バレーアジア大会の日本-カザフスタン戦のようなのが異なる人種間の接触であり、
ニジェール河流域の住民とナイル河流域の住民の間にユダヤ人、秦、近江商人のような
アフリカ黒人が介在していても、そこにチベットの梯子製作技術が伝わることもあるのだ
ろう。遺伝子の流れがなくても。

333 :月光仮面:2007/09/17(月) 16:55:46
天孫が降臨する里山風景の元はアルタイオークニェフ文化の風景↓
http://www.hyperborea.ru/RU/MAP.HTM
これをバイカル湖に求めたのが東胡、鮮卑の石板墓文化↓
http://www.baikalfoto.ru/library/articles/fold_01/fold_01/006.htm
韓国にはこうした地形の風土がないためYAP+は韓国を通り越して日本に入り、
山陰、大和、熊野にそうした風土を求めたものであろう。

334 :天之御名無主:2007/09/19(水) 00:47:04
月光仮面久しぶりw

335 :月光仮面:2007/09/21(金) 15:08:20
>>333
日本のYAP+、Y-DNA D2の分岐は複雑↓
http://img438.imageshack.us/my.php?image=japan9zr.gif
一万年以上孤立あるいはまとまって一地方にあったという前提がなくてはならないのに
喜界カルデラ大爆発後の西日本縄文時代には巨石文化などの大きなイベントは現れ
ない。つまり、複雑なD2の分岐はどこか別の場所で進行した筈である。そうするとマリタ
旧石器遺跡から遼河文明、そして高句麗遺跡へと続くバイカル湖から内モンゴル白頭
山にかけての一帯を視野に入れる必要がある。他方D1グループについてはオリャン
ハイ(アルタイ)から新疆ウイグル方面を経由して華南、雲南、チベットへと南下したので
あろうか。韓国におけるオランケ(女真)に対する敵意をみるにつけ、これがウェーノム
への敵意と同様なD1への歴史的敵意かもしれない。


336 :月光仮面:2007/09/22(土) 08:29:25
モンゴルの仮面踊りツァムでは牛頭天皇、翁、その両脇の三つ目神はオークニェフ
石柱に描かれている。
http://www.face-music.ch/Bilder/tsamgru.gif
これについては2CH スサノヲ=バール
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1151989855/menu30 において、
>帝釈天(インドラ神)の眷属としてインド北部で信仰されていた牛頭天王の伝説が
>日本に伝わり京都の八坂神社に祀られたが、この時にスサノヲ命と習合して
>「スサノヲ=牛頭天王」となった。
とされるが
Karl Jettmar
Cultures and Ethnic Groups West of China in the Second and First Millennia B.C.
http://www.silk-road.com/artl/westchina.shtml
においては、
>オークネフ文化の重要性
>ステップベルト北縁でにつき、私はオークネフ文化のきわめて大きな重要性を強調し
>たものであるが、この文化は一方で極東との関係がありながら、他方では中央アジア
>南部と明確なつながりを持っているのである。
>さて、私はインダス峡谷Chilas近辺の一連のペトログリフにメインモチーフ及び
>様式的特異性においてオークネフ文化線刻画と関連するものがあることを
>発見した。・・・BC3000年紀からBC2000年紀初頭初期牛飼いノマドが数千キロメータ
>も離れて関係を持っていたことは可能性のないことではない。同一方向に結びつく
>その他の関連もStacul (1977:251-252)及びAllchins (1982:111-116)によって述べら
>れている。
としている。

337 :月光仮面:2007/09/22(土) 10:37:29
「一方、パレスティナのカナン地方で牛をシンボルとする豊穣神だったバァルがシルク
ロードを通ってインドに伝わり、ヒンズー教(+仏教)のパンテオンに組み込まれたとする
説が提示され、このことから「バァル=牛頭天王=スサノヲ」の図式ができたが、本来の
スサノヲは農耕神よりも嵐の神、製鉄関係(製鉄用の火力を増すには風が必要)の神の
性格が強い。 それ故、バァル神信仰がシルクロードを横断して日本に到達したように、
スサノヲはヒッタイト(現在のトルコ)帝国の主神で暴風神・製鉄神だったテリピヌシュの
神話が日本に伝わったと主張する学者もいる。
 余談ながら、ヒッタイト帝国の都だったハットゥシャの遺跡には、 太陽女神と嵐の神が
出会い、そのとき新しい神が生まれた」場面を描いた壁画が残っている。
これは天照大神(太陽女神)と素盞鳴尊(暴風神)とが対決する誓約(うけひ)
そのままだ。 」
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1151989855/menu30
素盞嗚命、武塔神は北海(春季西シベリア・ウラルは黒海経由ナイルと一衣帯水)から
ミケーネ文明を滅ぼした海の民、甘犬(天の犬)であり、レバントのカナンではバール神
として、ヒッタイトにも天照・素盞嗚命誓約を残したのであろう。すなわちヒクソスは馬族、
スサノオ族であった可能性があり、カナンでのマナセ族との接触がミャンマー経由
タイ・バンチェン文化とつながり、三危の蘇民、インダスからの帰路はホータンのイラン系
とつながり、そして、それらが蘇民将来伝承となったのではないかと考える。ディオニソス
神話にも伝染病らしきものがあり、アポロン神話を考えるとアルタイ極北人と関係する。
アルタイからチベット雲南については↓参照。この仮面はモンゴルと関係している。
ぺマ族の http://www.haruo-suwa.jp/photo/chousa1/kamen1.jpg
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1117725834/menu768-777

338 :月光仮面:2007/09/22(土) 10:57:05
北方遊牧民が最強の海人族であることは渤海、北朝鮮清津方面から日本海を、多分、
鬱陵島、竹島経由能登半島方面に渡来する女真の末裔に見ることが出来る。彼らは
北辰の神を信じ、キトラ古墳星宿を任意の乗組員が描ける能力を身につけ、目無し
堅間の舟で航行したものと考えられる。

339 :月光仮面:2007/09/22(土) 11:14:20
ニジェール・ドゴン族の集会所はドルメンのようであるが、屋根は桧皮葺のようで
細い注連縄で飾られる。ドゴン族の伝える天文学には
http://www.fitweb.or.jp/~entity/kodaibunmei/dogonzoku.html
を参照。その集会所は出雲大社と似た機能を果たす。ドゴンの神話のメインテーマ、
天狼星http://www.asahi-net.or.jp/~vd7m-kndu/snap31.htm
シリウス崇拝はウラルバシコルトがエジプトに伝えた文化とされる。

340 :天之御名無主:2007/09/22(土) 12:00:46
旗勉

341 :月光仮面:2007/09/22(土) 12:15:26
これがその注連縄だが、
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2006/specialtour/images/doso01_ph02.jpg
出雲大社との関連はさりながら、ドルメンのもつ多面的機能を物語るものとしても
貴重な事例である。ついでながら、モンゴル仮面祭りの牛頭天王、オークネフの
アルゼンチンのボトル載せとか、竿灯を想起する頭上高い飾り(これはオークネフ
神像にある)、この踊りは東北の鹿踊りとか、歌舞伎同様大地に飾の先を頭を
ふるって着ける。
仮面のオンパレードは、例えば新羅の王冠のデザインのような「出」型とかを
示している。http://ikokunotabi.web.infoseek.co.jp/w-africa/PICT05570.JPG

342 :天之御名無主:2007/09/22(土) 14:50:59
>>341
鹿踊 (宇和島市)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鹿踊(しかおどり、ししおどり)は愛媛県宇和島市周辺で神社の祭礼におこなわれる民俗芸能。

宮城県仙台市周辺の鹿踊・獅子踊と歌詞などの面で類似する部分があるとされており、
伊達政宗の長男で初代伊予宇和島藩主伊達秀宗によって仙台からもたらされたと伝わる。
その背景には1620年(元和6年)の大坂城改修御手伝い普請をめぐる抗争の歴史があるともいわれている。

343 :天之御名無主:2007/09/22(土) 18:44:23
>>330
>秦(はた)一族とは?
>犬戎文化

よく言われてることだが、修験道の祖エンノオズノは秦氏の分派の忌部氏で頭に角があったといわれ
ているんだが、その山伏は読んで字の如く犬だし、ファッションなんかもよくユダヤのラビの装束と
似てるなんて言われるが(額のヒラクティーや山伏のボンボンは十界)この犬信仰はそのまま・・
ユダヤのカバラ思想を山と見立てて・・シリウス(天狼星)への帰還なんだよね〜
日本以外にもハリーポッターとかでも見られる人類への重層的普遍的なテーマだから世界中に
そのテーマが見られるのもうなづけられる・・ウン

344 :月光仮面:2007/09/23(日) 10:08:43
>>342
伊達が宇和島に転封後、地元に古来からあった風習が仙台の風習と同じなのに
感銘し、これを奨励したのかもしれませんね。阿波踊りも蜂須賀が同様に奨励したの
でしょう。むしろ宇和島は古代土佐文化、大月方面、からの影響を受けていると思い
ますね。

345 :月光仮面:2007/09/23(日) 10:13:22
犬戎文化は農業、牧畜の定着と表裏をなすユビキタスな現象であり、特定の遺伝子が
活躍したとするよりはユダヤ(遊牧セム系)、羌族等が媒介、商業、工業はこうしたことに
よる社会の階層化の過程で生まれるのでしょう。

346 :月光仮面:2007/09/25(火) 16:07:54
>>337
神話の流れと、神話を伝えた民族の流れは別であり、エジプト・ギリシャ方面に
進出するヒクソス・海の民・キンメリアの中に含まれる犬戎はトゥラン系であり、
アルタイ唐怒烏梁海にあったアファナシエフ文化を征服する北方からのモンゴ
ロイドのオークネフ及びその後継のカラスクにおいて山戎文化と共に中国西北
の犬戎文化が生まれ、これがエジプト・ギリシャ・中近東の神話を日本にまで
伝えることになるものと思われる。オークネフ時代の古墳から出土した獣骨板
に刻まれた画像と考古天文学的テキストについては2千年後のズールバン教
とか天照大神、津軽の黒神・赤神につながるストーリーが解読されている。
数値テキストに蝕を入れ、天体が蝕に呑み込まれる表現があるが、天火明、
天村雲の対立である。香具山の伝承と似ている。

347 :月光仮面:2007/09/25(火) 16:23:57
その後唐怒烏梁海には白人とモンゴロイドのハーフのようなパジリク文化が押し寄せ
カラスクは東方に移動する。パジリクはおそらくスキタイ、匈奴の走りであり、後に
ウイグル、トルコ、タングート等になるものであろう。そして東方に移動したものは
山戎、發、高句麗、穢、倭となり、YAP+遺伝子を伴って渡来、古墳時代を造り上げ
日本に妙見、白山、狛犬、狼信仰をもたらす。オークネフ、モンゴルの三つ目神像は
日本の星神紋に相当するものと考えられる。墓制度が方形周溝墓から前方後円墳
最終的にはドルメンの生き残りのような横穴式と変化するのは円墳であるパジリク
文化に押されて東進する民族の流れが反映されているのかも知れない。

348 :月光仮面:2007/09/25(火) 17:03:25
新羅のローマ文化は甘粛に抑留、帰化したローマクラッスス軍団であろうことは
日本の飛鳥時代のエンタシスであるとか、橋などの技術に現れるが、トカラ人である
とかインド人であるとかと称するものが推古・斎明朝渡来するが、これは百済の中に
トカラ人(月氏)の文化が含有されていたことを意味し、山戎が接触していたアファナ
シエフ文化がトカラ人のもので、小河墓遺跡のモンサンミシェルのような立地の
ゴシック様式を髣髴する天を目指し林立する墓標にその原郷が刻まれているの
ではないかと思われる。

349 :月光仮面:2007/09/25(火) 17:24:10
ローマ軍団の増幅効果がないとおかしいのは、ミトラス教による殺牛、牛相撲、花郎、
投げ込み寺(断崖の寺院)等があるが、殺牛は何らかの理由で土用の丑の日のウナギ
に変えられたようである。広隆寺の牛祭りだけが残るのも変な話である。弥勒信仰等は
同様のウナギと同じで発想で、ミトラス教のダミーだろう。

350 :天之御名無主:2007/09/25(火) 18:57:22
沖縄のキジムナー(童子?)のルーツは何だろう?
老人達は戦前にはよく見かけたと言う。
赤毛で赤い子供らしい。

351 :天之御名無主:2007/09/26(水) 07:50:24
赤毛で赤い子供→さるぼぼ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2463/saru.htm#ichiban

352 :月光仮面:2007/09/26(水) 15:16:41
>>348
パジリク進出に伴い新疆ウイグルにはスキタイの鉄器文化が入り、それはやがて
バイカル・アムール方向にも向かう。後漢書六夷伝邑婁は漁労海人族早期鉄器
ポリツェ文化が沿海州で日本海に進出している姿、韓伝州胡国は邑婁が済州島で
商活動を行う姿、倭伝東是諸国は九州西部、夷洲亶洲は九州東南部を表す見ると
後漢時代以前に朝鮮半島東岸を南下する倭人の流れがわかる。朝鮮半島西岸には
州胡のようなものがおり、アムール河には鮮卑檀石塊の捕虜になるような漁労に
長けたものがおり、妻木晩田/琵琶湖から駿河、大和等にも海人族が拡大したので
あろう。

353 :月光仮面:2007/09/26(水) 15:30:44
しかし、この邑婁は百済のように遼寧、オルドス等の古代青銅器文化を全く経験せずに
いきなりスキタイの鉄器文化を受容したもので、既に日本ではBC3世紀頃から東海地方に
青銅器文化が入っていた。これと比較すると全くの新参者である。彼らは次第に穀倉地帯
をはずれ、東国に、あるいは、九州南部に追いやられるのであろう。

354 :月光仮面:2007/09/27(木) 07:56:01
YAP+は西戎、山戎等、戎と関係するようだが、
http://img438.imageshack.us/my.php?image=japan9zr.gifで見ると中央アジアで3種、
日本では4種ある。他のデータでもD1、D2の区分があり
大体長江後背地がD1、黄河後背地がD2といった布陣であったと見ると、説明がつく。
基本的に朝鮮半島、日本列島には無紋土器、弥生土器時代に箕子朝鮮、衛氏朝鮮のよ
うな移動があり、殷商文明方面から稲作文化が流入し、特に日本には山戎関係とか、
海人族関係が余分に入り込んだのではなかろうか。秦氏の関係が多彩なのはこういうこ
とがあるのではなかろうか。

355 :天之御名無主:2007/09/28(金) 00:39:53
ユダヤ人到来説考察
2007年9月21日にテレビ東京で放送された「新説!?みのもんたの歴史ミステリーSP」
に「ユダヤ人が日本に渡来していた」という説があり、最初は半信半疑だったが、ある可能性
に気が付いてググってみた。
可能性とは中近東とインドの間の貿易ラインに乗って、まずインドまで移動、その後、チャンパ
等、古代の東南アジア貿易で活躍した民族の商船をチャーターして中国沿岸部へ移動、さらに
日本へ移動したという図式で、「海のシルクロード」がヒントになった。
まず古代の中近東とインドの貿易だが、旧約聖書に登場する「シバの女王」の国、イエメンが
インドのコーチンという港町までルートを持っていて紀元前の時代からユダヤ人が住み着いて
いたという(実際にユダヤ人街がある。)。
後はチャンパ(インドの影響が色濃い王国で中国とも盛んに貿易していた。)を媒介に南中国へ
移り、そこから日本へ渡航するという方法なら陸路を1万1千キロ移動するよりは安全だし
船なら大量に移動出来た筈だ。(それでも何世代か、かかったろうけど。)
問題なのは何故わざわざ当時の東アジア最大の帝国だった中国ではなく、辺境の島国だった
日本へ移動したのかだが、日本の九州沿岸部で産出する貝紫(ロイヤルパープル)が目当て
だったのではと推論してみた。
貝紫というのは古代地中海世界で珍重され、同じ目方の金と交換されたと言われるほど希少な
染料の事である。これを採取しインド経由で地中海方面へ輸出すれば多大な富を得られると
考えれば、日本に移住する事も考えられるだろう。(経済的理由が総てでは無いにしても
大きな原動力になった筈だ。)
諸君による推敲を求む。

356 :天之御名無主:2007/10/04(木) 03:47:20
ユダヤ人到来説考察(2)
前回は中近東から海路でインド、中国を経れば日本へ来る事自体は可能という考察を行ったが、
今回は何故、124県とも言われる大勢の秦氏が日本へ移住したのかを掘り下げて考えたい。
公式には中国にユダヤ人が住み着いたのは12世紀以降の開封という街だけという事になっているが
記録に残っていないだけで他にも存在していた可能性はある。
秦氏が来朝したのが応神天皇の14年(西暦284年らしい)とされている。
これより前に、秦氏が居住していた場所で何か大きな出来事が起こったのだろうか?
実は西暦280年に晋の武帝(司馬炎)が三国(魏、呉、蜀)を統一している。
2世紀は三国志の動乱の時代でもあり、この時期に貿易の為に訪れた外国人が街を作っても
歴史に残りにくい(もっと大きな事件が山ほどあるわけだから。)だろう。
たぶん、中国南部(呉)に居住していた秦氏達は呉の滅亡に際して他国への移動を余儀なく
されたのではないか?
中国南部から朝鮮半島伝いに4年近くかかって日本へ移動したとすれば、時間的にも説明が付く。
彼らが呉に住んでいた記録は戦乱で散逸し、闇に消えたと考えれば歴史に残らなかったのも
不思議では無いだろう。

357 :天之御名無主:2007/10/08(月) 00:01:28
秦氏=ユダヤ人っていうけどこれ本当なの?

358 :天之御名無主:2007/10/08(月) 13:43:46
疑いは濃い>357


359 :天之御名無主:2007/10/08(月) 22:52:04
現在の土建屋と河内の古墳作ったのと関係ある?

360 :天之御名無主:2007/10/09(火) 03:19:16
ではそのユダヤ人という表現には誰が含まれる?
悪魔教とユダヤ教を混同してはいけないと思うな。

361 :天之御名無主:2007/10/09(火) 03:22:59
キリスト教にも異端がたくさんあるようにユダヤ教にも
それがある。そういうのを小マメに調べていかないと、
ユダヤ教を即断で悪の宗教で一括りにしてしまうことになる。
ユタヤ教の神はヤハウェだが、悪魔教たるピラミッドの頂点に
君臨する悪神はルシファーだぞ。

362 :天之御名無主:2007/10/09(火) 13:07:39
>>360
>ではそのユダヤ人という表現には誰が含まれる?

聖書に書かれているヘブライの民の直系であって
イエスキリストの12使徒の直接的血脈をうけた
原始キリスト教「エルサレム教団」の教えを受け継いだ集団。

ちなみに秦氏以前の「ユダヤ人」は失われた十支族の一派。

363 :天之御名無主:2007/10/25(木) 23:47:29
秦氏を日本に連れてきた「弓月の君」だけど、「弓月」っていうのは三日月のことだよ。
形を見れば一目瞭然だけど。
インドの月神王朝、ひいてはバラモン教・ゾロアスター教のイランに繋がる系譜を持つ。
イランを中国で「秦」と書くのはそのため。

364 :天之御名無主:2007/10/26(金) 01:08:15
そうなるとますます竹取物語は秦氏の出生の秘密なんだろうな
月氏国か弓月国かそちらのほうから旅立って、ヤマト王朝に拾われて
秦氏は故郷へ帰りたいと願う気持ちが竹取物語なんだろう

365 :天之御名無主:2007/10/26(金) 13:33:53
竹取物語は籠神社だわ。てか、その前身の神社だけどな。

この神社は豊受大神が祭神で水と月をあがめていて、 
月といっても月読みではなく、月そのものを神聖視していたのよね。 

で、理由はいろいろあるんだけど朝廷に服従する意味で 
ここの巫女を朝廷に仕えさせていた。 

竹野の月姫が朝廷に・・で、また月の神社に帰っていく・・という 
くだりが、かぐや姫の大元であるということらしいんだわ。 

籠神社その物も、真名の壷とか持ってたし、ユダヤ系と
関係ないとはいえんけど、秦氏以前のユダヤ人だろうねぇ
時系列でみても。


366 :天之御名無主:2007/10/28(日) 14:14:33
フリーメーソンは悪魔教でもなんでもないのだががそう宣伝してる者が悪魔ルシファーの影響下
にあるのではと最近考えている。
反ユダヤ反メーソンをネット上で工作している者はナチなどと同じルシファーの影響下にあることを
疑うべきであろう。
彼らこそ実質ルシファー教徒なのだ。

367 :天之御名無主:2007/10/29(月) 00:27:37
          .,Å、
        .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
       o| o! .o  i o !o
      .|\__|`‐´`‐/|__/|
       |_, ─''''''''''''─ ,、 / _
     /              \
    /    /            i  ネット右翼なんかと比べられたルシファーたん
    |      ● (__人_) ●   | キングカワイソス
    !                   ノ
    丶_              ノ

368 :天之御名無主:2007/11/11(日) 17:50:26

秦氏はキルギスからきたんだろ?

キルギスでは肉の好きなものがキルギスに魚の好きなものが日本に行ったって

伝承があるんだってさ。

顔も似てるらしいし。

国旗も真中に太陽ってのも同じだしな(まあこれは後づけだろうけど)





369 :天之御名無主:2007/11/11(日) 18:17:57
>>366
悪魔=ルシファーなんですが・・
ルシファーってのはエデンで知恵の実を人類に与えた蛇なわけだから
フリーメーソンが信望するのはカバラ体系だからそのままいいんじゃね?
それを悪魔とするのは人間の認識一つなんでない?

370 :天之御名無主:2007/11/12(月) 10:20:34
キリギリスの話が、古事記の山幸彦と海幸彦の話を彷彿させる。

天山山脈の麓に「ヤマトゥ」と呼ばれる国があり、その版図に「弓月王国」という王国があった。
弓月君とは『日本書紀』に記述された秦氏の先祖とされる。
ここから「弓月君」に率いら秦氏は朝鮮半島→日本に移動した。
新撰姓氏録では融通王ともいう。
http://www-2ch.net:8080/up/download/1194829992150717.Au1n81
キリギリス辺りの古地図。イリ川の流域に弓月城という地名がある。

371 :天之御名無主:2007/11/12(月) 18:01:51


日本人とキルギス人のルーツはお互いユダヤの10支族

結構有名な話だお
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/Kyrgyz.htm


372 :天之御名無主:2007/11/12(月) 22:14:40
旧約聖書の神はレプティリアン、爬虫類、龍、蛇、シリウス系とかなんですか?
新約聖書の神はノルディック、牡牛、オリオン系なんですか?

373 :天之御名無主:2007/11/18(日) 13:24:44
秦にはイエスキリストの呪いが掛かっている。

374 :天之御名無主:2007/11/19(月) 13:17:58
秦氏は、イエスキリスト、12使徒直系の
原始キリスト教教団の流れを伝える者

375 :天之御名無主:2007/11/19(月) 20:03:35
秦氏は、イエスキリスト、12使徒直系の  
原始キリスト教教団の流れを伝える者  

376 :天之御名無主:2007/11/21(水) 21:52:40
天皇家の紋章を見ました。 
一角獣と獅子が盾?を支えている。
盾の中に菊紋と12頭の獅子。
http://www-2ch.net:8080/up/download/1195649440687610.W9v2y1
イスラエルそのものじゃないですか。

377 :天之御名無主:2007/11/22(木) 02:07:33
>>376
イギリスの国章とまるっきり同じ件。
イギリス王朝と根底で繋がってるということか

378 :天之御名無主:2007/11/22(木) 11:20:04
英ユ同祖論というものが実際にありました。
しかし、違ったようです。

379 :天之御名無主:2007/11/22(木) 11:57:56
ユダヤ人と日本人は同一民族(消えた10支族)天皇家はイスラエル族長。
ユダヤ人にイスラエルを引き払って日本に移住してもらえ!
中東紛争が解決する。
ついでに在日を追い払え!




380 :天之御名無主:2007/11/22(木) 14:56:14
イスラエルの王族がイギリス王朝まで繋がる経路を誰か教えてくれ。

381 :天之御名無主:2007/11/25(日) 19:05:56

アークの箱が日本で見つかればイスラエルの方々に来てもらえるかな?

チョンは追い出すに賛成です。100害あって1利無し

382 :天之御名無主:2007/11/26(月) 12:34:01
イスラエル─トラキア(トルコ)─レオ朝─神聖ローマ帝国ハプスブルク家(スイス)─ザクセン家(独)─ヴェッティン家(独)─ゴータ家(独)─ウィンザー朝(英)─エリザベス2世

イスラエル─スキタイ─ゲルマンケルスキ部族─フランク族サリ部族─メロヴィング朝フランク王国─ ─ ─エリザベス2世

383 :天之御名無主:2007/11/26(月) 12:59:55
>>481 カゴメの歌で唄われているように、地震か何かで剣山の鶴岩と亀岩がひっくり返るまで
はでてこないよ。

384 :天之御名無主:2007/11/26(月) 14:00:20
てか、酒井かつときとか、GHQとか
何度も調べてるし>剣山

今ごろ何言ってんだか。

昔からトンデモ系読んでるモノには、
「もう終わったネタ」なんだよ、剣山は。



385 :天之御名無主:2007/11/26(月) 20:07:29
剣山の一番大事なところは
大きな岩が塞がってて入れないんだよ。

386 :天之御名無主:2007/11/27(火) 01:32:45

宮崎の高千穂も探してみれば良いのに

天孫降臨の地って意味は何かあると思うけどな

あとはキリストの墓があると言われる青森とか



387 :天之御名無主:2007/11/27(火) 03:03:50
剣→tsurugi→tunguth→ツングース(タングート)

388 :天之御名無主:2007/11/27(火) 06:37:58
>>387

強引過ぎだなwww

389 :天之御名無主:2007/11/27(火) 09:38:22
剣山には一時的に安置しただけというオチ

390 :カルト:2007/11/29(木) 10:58:12
>>1

でも日本は天皇の一部がその血を引いてるおかげでユダヤから恩恵を受ける事ができるんだぜ?


391 :天之御名無主:2007/11/29(木) 11:46:52
ノアの箱舟は七月十七日にアララテの山にとどまった。(創世記8:3,4)
http://jp.youtube.com/watch?v=1soSm9uL5NA(船鉾の先端にハトらしき像)
一ヶ月に及ぶ祇園祭の行事の中で7月17日の山鉾巡行が終わると、
夕刻三基の神輿が八 坂神社から発輿します。
http://jp.youtube.com/watch?v=CIMJf1e0zYY

これの意味するところは旧約聖書しかないね。


392 :天之御名無主:2007/12/10(月) 10:24:59
8世紀になり、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール民族は、
王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗し、ハザールはユダヤ国家になった。
そして彼らは自らをユダヤ人と名乗るようになったのである。現在、世界のユダヤ人の大半を占める
アシュケナジー・ユダヤ人は、このハザール人の子孫である。

スターリン、ドストエフスキー、レーニンの話もでてくる

おまいら、これ読んだら話がぜんぜん違ってくるぞ

──元ソ連外交官が語る「ロシア−ユダヤ闘争史」の全貌──

http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html

これ読むとプーチンがなぜオリガルヒを国外追放したのか理解できる。
要するにロシア内部のロシア人がハザール系ユダヤ人の支配から自国を取り戻す闘争だったわけだ。

【ロシアの石油利権をめぐる戦い】
http://tanakanews.com/e0316russia.htm


393 :天之御名無主:2007/12/13(木) 23:23:04

自分の顔を 鏡でみてみなよ

これが『ユダヤ』かあ????

同ユ論は アシュケナジー共が日本を次の経済侵略のターゲットにし

親ユ論をもちあげるためのデマさ

みんなロス茶にはきをつけようぜ


394 :天之御名無主:2007/12/15(土) 10:03:00
日本はガド族
帝とは御ガドのことだったんだよ!!

395 :天之御名無主:2007/12/15(土) 21:08:05
ガド族……………防衛的。勇敢さ。正義感。最良の地を見つける。
まさに日本人だな

396 :天之御名無主:2007/12/16(日) 00:32:22
確か、それまで見かけなかったユダヤ本が書店に沢山並ぶようになったのは
バブル景気が始まろうとしていた頃かな。当時は、興味津々でその中の数冊を
読んだ記憶が…
初めて「失われた十支族」の事を知ったのもその頃ですわ。
けど、今思えば、何だこの本?て、立ち読みしていたコーン、まさに今がそうで
あるように、全く >>393 には同感ですわ。
ユダヤが、その国をターゲットとする時、まずはメディアを使っての啓蒙から始める
そうで、まずは「失われた十支族」から…
仮に、我々がユダヤの子孫だとして、血統を重んじる欧米ユダヤから見れば、どれ程の者なんだ?

397 :天之御名無主:2007/12/21(金) 00:24:09
自殺、売春、虐待、大量殺戮、女性差別、は農耕社会になってから始まりました

天皇はA型で朝鮮の出身です。A型は2000年前に日本に来たから帰ればいいのに。
A型は100%農耕民族とはいえないがO型かB型にぜんぜん好かれないA型は
農耕民度が高すぎるから2000年前に日本の先住民族を大量に殺してきた
遺伝子、多そうだね。

遊牧民族は厳しい自然の中を小さい家族で移動しながら生活してきたので家族と他人の線引きをはっきりさせたと思う。
これをクールと感じる。だから、そのぶん身内にはあつくなるのか。

B型は遊牧民族、O型は狩猟採取民族。
A型は農耕民族。農耕民族は2千年前(つい最近)に、中国から日本に来た。A型は2万5千年ごろ誕生して農耕社会を
作ってきた。農耕民族社会になってから狩猟採取民族が大量に殺され滅び吸収され、ホームレス、虐待、売春、
女性差別 が始まり、強制的に横並び結婚し横並び子作りしないと女が生きていけない社会になる。
横並びの群れ社会(農耕民族社会)は無理やり敵を作り差別しないと作れない。これが、いじめ。
ブサイクで、もてない農耕民族はとくに性欲として横並びの群れ社会を作りたがる。

農耕民族社会はA型女も不幸になります。


398 :天之御名無主:2007/12/30(日) 12:43:14
欧米のアシュケナジーは血統ではなく肌の色を重んじてるねえ
本来のユダヤはセムの子孫、黄色人種でしょ?
彼らはただの改宗者、逆に本来のユダヤ人を滅殺したくてしょうがないだろうね
ただユダヤの血統は俺らの中では殆ど残ってないほど薄まってると思うよ
でも日本には2つだけ毛嫌いされてるのと、至高の血統があるよね
血脈は残されてると思う

399 :天之御名無主:2008/01/07(月) 09:18:41
フェニキア人はどこに消えた!?
ジェノグラフィックプロジェクト
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0410/index2.shtml
これアズミの民じゃ??

400 :天之御名無主:2008/01/07(月) 09:22:58
フェニキア フェニックス
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/shop/dvd/phoenicia.shtml

401 :天之御名無主:2008/01/07(月) 11:01:17
同祖論なんてユダヤ人は世界中で展開中なんだけど?

中国や韓国のほうがもっとすごい。

韓国人なんて、自分たちを不当に差別されてきた才能あるユダヤ系

だと信じ切ってる。

こっちによってくんなよ・・・。


402 :天之御名無主:2008/01/07(月) 12:46:15
>>401
韓国の国教はキリスト教みたいなものなんだが。

403 :天之御名無主:2008/01/07(月) 13:30:23
韓国人は禊ぎもしないし穢れを知らないからどうしようもない

404 :天之御名無主:2008/01/10(木) 09:17:55
2000年前に姿を消したこの謎の民族の子孫を最新のDNA分析で調査しています。
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/topics/n20050413_1.shtml

405 :天之御名無主:2008/01/17(木) 12:09:41
>>404
これは参加したい。古代豪族の子孫のDNAを提供しますよ。

406 :天之御名無主:2008/01/18(金) 05:48:34
>>106

満州は朝鮮と地続きだったからだろ?
それにロシアの租借権などの利権を奪い取ったところだし。

おれは中国南方あたりからの説も捨てきれない


407 :天之御名無主:2008/01/19(土) 09:32:05
ユダヤに約束された土地は、日本です、よって移住してもいいですよ。無理か

408 :機械・工学@2ch掲示板:2008/02/09(土) 12:47:03

〜 軍 需 産 業 〜 
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1000343809/628-

409 :カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト:2008/02/17(日) 17:25:45

ユダヤ人ってどんな人?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/995990208/l50
日本は現存する最古のユダヤ王国
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1156510663/l50
【先祖は】日本とユダヤの共通点ユダヤ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1154159177/l50
ユダヤ=秦氏は鬼・悪魔
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1159451054/l50
【先祖は】日本とユダヤの共通点【ユダヤ】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1154159177/l50
日本人はユダヤの失われた12支族であることは明白
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1141736822/
ユダヤ教Judaism
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1189079899/l50
さまよえるユダヤ人
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/973245056/l50

日本民族は先祖は、失われた古代ヘブライ人だった!
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1159268523/l50
ヘブライ語スレッド 2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1147743812/l50
古事記のヘブライ語読み
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/989350082/l50
【カタカナ】は漢字の変形ではなくヘブライ語が起源
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1147259902/l50
日ユ同祖論はおかしい
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202581801/l50
〜 軍 需 産 業 〜
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1000343809/l50

410 :天之御名無主:2008/02/17(日) 18:40:12
日本人の顔のタイプって細かく分けると12に分別されるの?

411 :カム・ヤマト・イワレ・ビコ・スメラ・ミコト:2008/02/17(日) 19:52:10
民族的には、「数十種類」の混血と考えられているそうですから、
果たして、分類は可能なのかなぁ。。

412 :天之御名無主:2008/02/18(月) 06:04:42
韓国人はどうしても日本の根は9割韓国だと言い張る
ほかのDNA調査結果がどうであれ
なんでだろ。あいつらのDNA調べるとほとんど中国人なのに

413 :剣山:2008/02/18(月) 07:44:35
>>385
> 大きな岩が塞がってて入れないんだよ。

もう少し時間が経って、ユダヤとの関係がもっとハッキリすれば、
国がお金を掛けてでも、調査する必要に迫られるのでは。

414 :天皇家の紋章:2008/02/18(月) 08:24:22
>>376
> 天皇家の紋章を見ました。一角獣と獅子が盾?を支えている。盾の中に菊紋と12頭の獅子。

そこのアドレス、現在はもう見られなかったので、改めて探してみました。

Renaissancejapan 2006/6/16 5:26 天皇家 もう一つの紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
http://diary.jp.aol.com/a4pcpx/244.html

   ちなみに、北イスラエル10支族の王家は、ヨセフ族から出たエフライム族であるので、
   北イスラエル王国を代表する紋は、このユニコーン(一角獣)であります。
(略)
   現在の日本の皇室の公式な紋章は十六菊花紋でありますが、日本の皇室に古くから伝わる
   紋章の一つに、獅子と一角獣の組み合わせの図柄があるようです。 

   この写真は、明治時代に来日したスコットランド人、ノーマン・マクレオド氏の本から抜き取った
   写真を以下に示していますが、旧皇居である京都御所の清涼殿にある天皇の座の前には、
   獅子と一角獣の像があったようです。(平凡社 世界百科事典)

(紋章の写真)

   同じく、獅子と一角獣が盾を支えているデザインです。 盾の内側に12匹の獅子がいますが、
   これはイスラエル12支族のことを表しているのでしょうか。 

   そしてこの紋章の頂上にある、ダビデの星(カゴメ紋)を散りばめた、大きな六角形の星を
   意味する物は何なのでしょうか。

※ 小さい写真で少し見難いですが、中央上に、小さな「ダビデの星」が3個、確かに見えますね。
※ この紋章がいつごろ作られたのか、そしてこれを描いた経緯などの情報が、知りたいところです。

415 :天之御名無主:2008/02/18(月) 08:52:30
それイギリスやスコットランドの王家の紋章が全く同じもの。
イギリスが先で中世に日本が取り入れたのか、その逆か、
それとも1500年ほど前からイスラエルから日英それぞれに伝わっていたのか

416 :天之御名無主:2008/02/18(月) 09:28:35
どうせ明治維新からの新しい紋章だろwユニコーンの神話なんて日本にはないw

417 :天之御名無主:2008/02/18(月) 15:50:32
韓国人はイスラエル方面から渡ってくるとき
病気とか老人とか子供とかで体力的に来れなかった人達じゃないの?

韓国人曰く
ずっと迎えに来てくれるの待ってたんだからぁぁ(ツンデレ風)ってことかな

418 :天之御名無主:2008/02/18(月) 16:03:16
>>417
檀君神話って知ってる?

419 :天之御名無主:2008/02/18(月) 16:45:28
>>416
神社の狛犬の片方は一角獣

420 :天之御名無主:2008/02/18(月) 16:51:22
神社の狛犬はライオンとユニコーン
http://www.geocities.jp/shimizuke1955/2190komainu.jpg

421 :天之御名無主:2008/02/18(月) 17:15:46
檀君神話

正式名称でお願いします
wikiで調べて見る

422 :天之御名無主:2008/02/18(月) 17:56:18
>>419
確かにググって見ても狐型狛犬には角はありませんが、角らしきものがある狛犬はありますね。
しかし、日本神話には重要な洪水神話がない。

423 :天之御名無主:2008/02/18(月) 17:57:54
ttp://homepage2.nifty.com/liondog/genba/todouhuken/tokyo.htm
↑狐型狛犬には角がない。

424 :天之御名無主:2008/02/18(月) 22:35:55
狐信仰は秦氏が持ち込んだ中国の思想なのでユダヤとは別系統でしょ

425 :天之御名無主:2008/02/19(火) 04:21:26
>>424
ヒント:スレッドタイトル

426 :天之御名無主:2008/02/21(木) 08:22:37
ところで京大の教授が認めたってことは論文あるんだよな?
うp!

427 :天之御名無主:2008/02/22(金) 03:35:35
【不買運動】アウトドアファッションの「パタゴニア」が「捕鯨は残酷的かつ暴力的であり、不必要なものです」と宣言!!!【テロ支援】
アウトドアファッションメーカーの「パタゴニア」が
先日、日本の捕鯨船に対して攻撃を仕掛けた狂信的反捕鯨テロ集団シーシェパードを支援していることが明らかになりました。
「パタゴニア」はこの事実を指摘されて
今後もシーシェパードを支援していくと明言、
捕鯨は残酷的かつ暴力的であり、不必要なものであるとして、
反捕鯨の立場を明確にしました。
日本の捕鯨は長い歴史と伝統の中で
海の恵みに感謝しながら鯨のすべてを利用して
採り尽くさないように環境にも配慮しながら
行われてきたものです。
白人のように鯨の油を取る為だけに
鯨を殺戮した捕鯨とは違います。
パタゴニアはそのような日本の伝統を無視して
「捕鯨は悪」決め付けて白人の一方的な価値観を
日本に押し付けようとしています。
パタゴニアはアウトドア用品などを売って
人間が自然に入り込んで環境を破壊することに加担しておきながら
反捕鯨と言うことで何か環境に良いことをした気分になっている
自己満足の偽善者たちです。

日本文化の破壊を目論む反日テロ支援企業に対する
不買運動と抗議メールの送信にご協力下さい!!!

428 :天之御名無主:2008/04/05(土) 11:11:36
YAHOOのジェリー・ヤンは中国から台湾に逃れた景教徒、
つまりユダヤ人の血を引くもの。
ユダヤ人同士ならそれとわかる神の名をサイト名に埋め込み、
ひそかに連絡を取り合っているものと思われます。
それに同調したのがやはり渡来系の秦氏の流れをくむ孫氏。



429 :天之御名無主:2008/04/14(月) 15:34:16
そもそも朝鮮人は主にモンゴル人に強姦されまくって生まれた人種だから
過去の高麗人とは別物、あいつらの顔はそのまんまモンゴル人じゃん

430 :天之御名無主:2008/04/18(金) 01:43:28


日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part1
http://www.youtube.com/watch?v=mhADVY-XVVk
日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part2
http://www.youtube.com/watch?v=Qlt5qzV6FLI&feature=related
動画


この動画を見てみて
日本人の祖先はユダヤ人だよ


431 :天之御名無主:2008/04/18(金) 15:54:22
>>414
その一角獣は特徴から麒麟だとおもわれます。
一番下には桐紋も描かれていますね。

ちなみに鳳凰は梧桐の木にしか止まらないといわれており、
聖天子の出現を待ってこの世に現れるといわれる瑞獣の
ひとつで、その中でも、格式の高い四霊は、麒麟・鳳凰・霊亀・応龍。
紋章を見てみると麒麟・桐が見受けられ、一番上の六芒星?
らしきものは籠目紋の通り龍が収められいます。
となると最後の亀ですが、菊の紋が亀の甲羅に見えなくもありません。苦しいかな^^;

432 :天之御名無主:2008/04/18(金) 16:03:45
他にも、神輿の上に司るのは鳳凰ですが、イスラエルの契約の箱の上にも
天使の姿をかたどったケルビム(智天使)がおかれており、旧約聖書では
命の木を守るために、炎の剣とともにケルビムをおいたとされており、
これも火の鳥といわれる鳳凰やフェニックス(不死鳥)との関連をにおわせます。

また桐のことをパウロ(ヘブライ語でサウロ)と直訳でき、聖パウロなど
ユダヤ人に多い名前である。

433 :天之御名無主:2008/04/20(日) 09:52:29
>>430
全く逆です。ユダヤのルーツは縄文人。
縄文人が大陸に渡って文化を伝えたのです。

434 :天之御名無主:2008/04/28(月) 18:56:34
秦氏ね

435 :天之御名無主:2008/04/28(月) 22:50:15
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

436 :天之御名無主:2008/04/30(水) 23:08:18
>>429
高麗人てどんな顔?


437 :天之御名無主:2008/04/30(水) 23:17:25
342 名無的発言者 sage 2008/04/30(水) 17:33:45
ユダヤ人は五輪不参加を 米ユダヤ指導者ら声明発表へ
2008.4.30 12:19
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080430/amr0804301221009-n1.htm

 米国のユダヤ人指導者らが30日に、中国によるチベットでの人権弾圧などを理由に、北京五輪をボイコットするよう、
世界のユダヤ人選手らに呼び掛ける声明の発表を計画していることが29日、明らかになった。
 計175人が既に署名したという。中国による人権抑圧のほか、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスと中国との
友好関係などもボイコット理由として挙げた。
 中心人物の1人によると、署名した人たちは、後にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を行ったナチス・ドイツによる
1936年のベルリン五輪と同様に、中国が五輪を(人権弾圧などの)事実から国際社会の目をそらす手段として使おうと
しているとみている。(共同)

438 :天之御名無主:2008/05/01(木) 14:53:45
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

439 :天之御名無主:2008/05/01(木) 21:25:11
角倉了以の一族って秦氏っぽいよな。
一族の信仰についてがどうもわからない。

440 :天之御名無主:2008/05/01(木) 22:58:58
>>438
あたり

441 :天之御名無主:2008/05/02(金) 00:26:40
波多はどうなんでんですか? 悪魔?


442 :天之御名無主:2008/06/01(日) 19:40:00
畑中、波多、服部、畠山、畑、畑山、畠中といった苗字も秦一族かな?


443 :天之御名無主:2008/06/01(日) 20:26:22
朝鮮民族こそ正式な古代ユダヤの末裔である

444 :天之御名無主:2008/06/02(月) 13:32:01
>>442

**秦氏の末裔・一族 氏姓一覧

・秦 端 畑 畠 幡 波太 波多 羽田 ・・・等、文字に拠らず「ハタ」音全て。

・上や下に「川」「中」「野」や「田」「山」等々他 添え字が付く物。
 幡野 畑山 広幡 古畑・・等、文字に拠らず全て。

・八田(はった からの転訛 やだ やた はつだ・・)
 矢田 初田・・・等文字に拠らず全て。

・半田(はんだ)羽田(はねだ)八幡(はちまん・やはた)
 服部(はっとり)等の「ハタ」音のもの、字に拠らず変形・別読み全て。

・長谷(川) 馳 土師 等「ハセ」音、等字に拠らず全て一連。

・波陀(はだ)川端(かわばた) 等 濁り音、字に拠らず全て。

・他 H音+T音 D音 B音 等でハタに近い物。



445 :天之御名無主:2008/06/02(月) 13:32:27
つづき

他に、音、文字などによらない物

神保 宗 惟宗(これむね)島津 辛島 越智 常 粟田 井手 赤染
岡谷 阿部 芦屋 曽我部 石川 道守 森 原 林 三林 三木
三角(みすみ)三宅 三井 三園 見上 小宅 小松 小野 太田
小田 大野 大川 田村 多田 多賀 万田 茨田(まむた)藤原
富士 中澤 長沢 長田 長蔵 大蔵 高尾 高橋 桂木 桂 勝
川勝 二条 加茂 八坂 宇治 出雲 月城 月形 月影 佐伯

以上の物の他、異字同音・同字異読等一連全て。
例 長蔵=永倉=名賀倉など 字は違っても、みな同じ秦氏
  桂木=葛城。見上=三上など字が違うが読みが同じなのも同様。
  八田(はった、はちだ、やだ・・・)など読みがちがっても漢字が同じなら全て秦氏。

・・が秦氏の末裔の可能性あり。

446 :天之御名無主:2008/06/03(火) 16:20:18
母方の曾ばあさんが京都太秦生まれの羽田なんだよな。
俺は悪魔の子孫か。

447 :天之御名無主:2008/06/18(水) 13:52:04
京都太秦の某神社の周り
444や445の名前の家、
めちゃ高密度。

これは確かに何かあるぞ。

448 :天之御名無主:2008/06/18(水) 15:22:23
>>446
悪魔じたい架空の物であり人間が造りだした想像上の物体。
悪魔が勉強し学校行き会社にいくかWWW?ユダヤ人よりナチスに迫害されたほうがナチスの奴らがよっぽど悪魔にみえる。
>>1位クライの違いに嫉妬してんだろ。
秦氏末裔はその後は位は高いからな。

449 :やどかりくん:2008/06/20(金) 15:08:38
秦氏の氏寺である広隆寺に弥勒菩薩像があるのはユダ族の子孫である秦氏の末裔から世界統一の王弥勒が出るからですよね?

450 :天之御名無主:2008/06/20(金) 18:36:34
ミロクはミトラ教であるのでしょう
むしろ救世観音のほうが正真正銘救世主イエスだと思う

451 :天之御名無主:2008/06/22(日) 01:26:01
あげ

452 :天之御名無主:2008/06/24(火) 00:47:05
ナショナル ジオグラフィック協会って、今やハザールの支配下じゃなかったか?
優秀な民族だな。

453 :天之御名無主:2008/08/07(木) 06:44:15
大久保長安が猿楽衆出身というのも秦系っぽい。

454 :天之御名無主:2008/08/13(水) 00:43:21
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1147743812/

>>1 おまえいい加減にしろよ。

何をふざけたこと言ってんだ。おまえが「なんちゃってヘブライスト」じゃないのなら、
然るべきヘブライ語−英語辞書を持っているだろう。以下の単語は日本語由来の外来語なのか。
文句があるなら下記のサイトを見ればいい。どこに日本語由来の外来語があるんだ。

http://www.pus.co.il/main.php
http://movies.domina.co.il/israel_sexindex.asp

そもそも、おまえはイスラエルの日本文化愛好者に対して失礼だと思わなかったのか。
ヘブライ語が神と語るに相応しい言語か否かはネイティヴ・スピーカーが判断することであって、
おまえのように単語の意味を解説するしかできない外国語話者が口出しするものではない。
おまえの発言は現代イスラエル人が築いた国家、並びに文化を屈辱しているに他ならない。
しかもおまえ、明らかに半島クオリティだな。反日思想を叫びたいんだったらよそでやれよ。

455 :天之御名無主:2008/08/14(木) 22:37:09
2ちゃんねるでは一番老舗のユダヤ&フリーメーソンスレだけど
運営サイドによる「処理」で、検索にかからないように
【石工組合】湯駄屋の陰謀【啓蒙協会】のスレタイでしか
立たないという世にも稀なスレ

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1218656970/

でもこういう際どいスレのご多分に漏れず
ずっと運営がスレ埋めして人を散らそうとしてる。
たしかに2ちゃん運営のバックに関するスレなんだけど露骨すぎだろ。
今朝四時にだしぬけに立った今スレなんか、さっそくまた同じ文体、
同じ改行作法でわざと毒にも薬にもならない自演会話を続けてる・・・(一応別ID)



456 :天之御名無主:2008/08/16(土) 05:57:27
摩咤羅神はどこから来たのか

http://hwbb.gyao.ne.jp/akione-pg/index.html

サイト移転してますね

457 :天之御名無主:2008/08/17(日) 20:08:03
フェニキア人は猫を神聖視してたんだろ?
バール神の顔がカエル・猫・ヘビだったはず。

458 :天之御名無主:2008/08/19(火) 00:04:51
国会議員でユダヤの手先=外資族

459 :天之御名無主:2008/09/04(木) 07:49:28
>>445
原の前に一字つくのはどう?
一族に同じ名字の神社の神主がいるんだが。
平安時代から続いてるらしいが。

460 :天之御名無主:2008/09/04(木) 07:53:14
>>444-445
何やら日本の名字全て網羅しそうな勢いではあるね。

461 :天之御名無主:2008/09/04(木) 10:48:53
イスラエルがあなたに見てほしくない映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=tW1-_JmXQt0&feature=related

462 :天之御名無主:2008/09/04(木) 14:42:27
>>459
可能性はあります>原に一字

その家は平安時代から・・ということで関係ありませんが
たとえば養子とか、明治の氏姓法の改正時にかなり適当につけた
秦氏っぽい苗字が色々あります。そういうのは当然関係ありません。
家系をたどれるのが一番なのですが。


>460
そのくせどこにでもある、田中とか中村とか鈴木とか・・
ああいうのは違うんですよ。ああやって列記すると「全部じゃね?」と
言う感じですが、全体から見ると僅かです。


463 :天之御名無主:2008/09/04(木) 18:07:05
>>462
こんなところでは話しづらいんですが、真面目に質問させて下さい。
周りにも「秦」氏そのものの名前もあるし、隣には神代から続いているらしい
波多の郷もあります。その地域では、昔、といっても戦前を含めて
養蚕も盛んだったようです。

うちの場合は明治までは庄屋をしておりその地域のとりまとめ役的だった
フシはあるんですが、神社の神主をしているメンバーがおり、現在の名字に
原がつくと言っても、かなり稀な姓です。ちなみに、
スサノオノミコトの子供の一人が生活したと思われる神社伝承のある、
中国山地の山村です。(僻地の部類かも?)また神代(古代)から人々の
移動はどれ位あったんでしょうか?



464 :天之御名無主:2008/09/04(木) 18:26:53
>>462
前のレスで、
///また神代(古代)から人々の移動はどれ位あったんでしょうか?///
すみません。最後の質問の意味は、

古代以降、一般的な話として、明治期までは、そのような山間部では
人間の移動は頻繁だったのか、外部からの血は入ることは少なく、

従って古代からの血は、ある程度は保たれているのか・・・ ということなんですが。
少しスレ違いですが。渡来の出雲族(スサノオ系)は新羅経由の秦氏系と
繋がりはあるとお考えでしょうか?


465 :天之御名無主:2008/09/04(木) 18:30:11
訂正します
渡来の出雲族(スサノオ系)は新羅経由の秦氏系と
繋がりはあるとお考えでしょうか?


渡来の出雲族(新羅経由のスサノオ系)は秦氏系と
繋がりはあるとお考えでしょうか?


466 :天之御名無主:2008/09/04(木) 19:43:39
秦氏と中国地方の出雲族はこのスレ的には関連あり、と思います。
しかし血縁とか一族とか・・はないでしょう。

出雲系の渡来人は、かなり古い段階の渡来ユダヤ人。
(大きく見て3派、出雲(国津神)は第一波。二派は天津神、最後が秦氏)

秦氏は渡来ユダヤ人としては一番新参者であり
自分たちの匂いのする出雲族たちを気にいり
同化して住み込んだ者達も居たのじゃないでしょうか。

ですが、出雲族と秦氏には同じユダヤ人という繋がり以外には
ないと思います。


467 :天之御名無主:2008/09/04(木) 21:24:15
>>466


ユダヤ人の波・・・
第一波、第二波、第三派ということで納得しました。嬉しいことに
そう検討はつけていたんですが、自信がなくて。
で、何回にも分かれて渡来したということは、そのルートが
出来ていたということなのですか?よもや連絡を取り合いながら、呼び寄せた
とか?これは妄想過ぎますね。笑

出雲弥生族はスメール、トルコなどを経て、
秦氏の場合はしかし、中央アジア→中国(秦)→朝鮮→ルート
でよろしいでしょうか?

あるサイトでは、スサノオ系出雲族はヤマトにてかなり後の代まで、
モンゴル系の名前を名乗っていたと、ありました(名前を挙げています)が、
当時の遊牧民族・モンゴル族には、スキタイやユダヤが混じっていたということ
なのでしょうか?

スキタイ人なら、2年位前にモンゴルの西の果ての山中で、ドイツ人研究者を
中心としたチームによる大規模な発掘調査があり、彼らが遺物を持ち帰り、
アチラでは、大ニュースになっているようですね。

スサノオ系弥生出雲族(天津神ですね)がユダヤ系であるという確証は
どこから得られたのでしょうか?私も今その方向で(たぶん確証に近く)
考えていますが、学問的な発言をするには力が足りませんので、
ご教示いただければ、ありがたいです・・・ 

2ちゃんねるの場ではないかもしれないので、ご迷惑でしたら放って
おいて下さってかまいません。


468 :天之御名無主:2008/09/04(木) 21:28:55
>>466
追加です

自分たちの匂いのする出雲族たちを気にいり
同化して

そうですね。これに近いことはたぶん行われたのではないかと、
私の感じですが、思いました。
何しろ穏やかな土地柄ですし。

しかし、秦氏の日本における本拠地は近畿になるのですか?
発祥というか、上陸の地が出雲ということなのですか?
で、一部が東に移動し、一部が残ったと?

469 :天之御名無主:2008/09/04(木) 21:36:00
>>467
二段落目の小さな訂正です

出雲弥生族はスメール、トルコなどを経て、
秦氏の場合はしかし、「中央アジア→中国(秦)→朝鮮」ルート
でよろしいでしょうか?

470 :天之御名無主:2008/09/05(金) 05:03:02
三国志で出てくる、司馬一族って、ユダヤ系ですか?
確か、孫一族や華陀(名医)はペルシャの血が流れてるって聞きました。

獣=JEW=馬・・・司馬?

471 :天之御名無主:2008/09/05(金) 14:00:14
出雲は大国主系の国津神の領地です。スサノオは、天津系で客神旅神でしょう。
もちろんその末裔も同地に住んでいるでしょうが。
天照の兄弟と言う限りは、スサノオは天津であると私は思っています。
スサノオはたぶんに異質であり天津と別物と匂いはしますが、
出自まで別な物を、同族親族・・とは記紀は書かないと思います。


「連絡」ですが、逆に何故ユダヤ人は移動しなくてはならなかったかを
詰めていかれると、見えてくる物はあるでしょう。
また第一派は、偶然の辿り着きであったとしても以降は
先人の道を歩んだとして問題ないでしよう。

また、第2.3派は同じ道を通ったと考えるべきだと思います。
つまり九州に上陸し神武東漸のルートで近畿まできたのでしょう。
そしてユーラシア大陸の部分は弓月の国経由で仰るとおりの
ルートだと思っています。
第一派のルートをシュメールに考えられる根拠は私が知りたい。ww


秦氏の本拠地は赤穂−河内−太秦と変遷したと考えています。
しかし移動ではなくある程度の機能勢力を維持しつつの物であったと。



472 :天之御名無主:2008/09/12(金) 23:18:27
>>471
お返事が遅くなりすみません。
テーマがあり過ぎで、どれから話題にしていいものやら。笑

シュメールとの関係ですが、今のところ、色々なサイトや本を
読んでの感想です。で、最近のものですが、
このサイト(ページ)はいかがでしょうか?わたし自身まだ完全に消化
していなくて申し訳ないですが。


http://www.geocities.jp/zuisoukai/kouzuiden5.htm (後半部分)
http://www.geocities.jp/zuisoukai/





473 :天之御名無主:2008/09/13(土) 14:30:20
卑弥呼の邪馬台国(ヤマト国)を巧妙に簒奪したのが流浪のユダヤ商人=天皇を
中心とするいわゆる天孫族(自称)に違いない。
彼らは秦で似たようなことをやっている。卑弥呼は結局死後に天照大神として祭
りあげられ、地上ではユダヤが王権を乗っ取った。
ユダヤの痕跡が少なくとも歴史の表面に現れないのは、ヤマトの伝統をけがすこ
とで本家ヤマトの残党と事情を知る諸侯の反乱をおそれたから。

神道とユダヤ教に共通点が確かにあるが、なぜ、「ユダヤ教」でなく「シントウ」と
名乗るのか。なぜ、神道にユダヤ教の教義が含まれていないのか。それは、ごく一部
の支配層が日本土着のアニミズムに、隠れキリシタンのごとくシンボルを紛れ込ませ
ることで密かに信仰したからだ。

日本におけるユダヤは、当時からあくまで少数派の、少数派のための(しかし新
興支配階級)おおっぴらに出来ないタブーだったのだ。
この世俗的なやり方を嫌った原理主義者が山にこもって天狗とよばれるようにな
ったのだろう。原理主義者は山にこもりたがる。

いずれも現代にユダヤの明瞭な痕跡を残していないのであって、世界の中のへた
れユダヤ教徒には違いない。

こんなユダヤ文化を喜んで受け入れられますか?
(決して皇室に反感をもつものではありません。むしろ敬愛しています)


474 :天之御名無主:2008/09/13(土) 14:56:30
>472
面白そうなぺーじですね。じっくり読ませてもらいます。

>473
卑弥呼とユダヤ人と天照の関連は全くのグレーゾーンと思います。
記紀はそれなりに匂わせていますが、あまりにも薄すぎると思います。
少なくとも自分たちの歴史に大いに関わる”ツイ最近”(1−1.5世紀前)の
大国の事を自分たちの神話に殆ど表していないというか無視に等しいというのは
どう考えても変。あるいは卑弥呼、邪馬台国と呼ばれていない、名指しされていないと
考えられないことも無いが、それに相当する部分も見当たらないように見える。

古史古伝には逆にそれに異様に詳しい物もあるがそれも話半分に
見ないといけない・・とおもうし。






475 :天之御名無主:2008/09/13(土) 14:57:48
>>473

つづき


神道というのは仏教が入ってきたときに作られた新語で、それまでは
指す言葉無かった。それは言う必要が無かったから(他の物と区別する必要が無かった)
自分たちの神はただ神だけだった。**の神++の神と機能や由来に応じて
呼び分けることはあっても、神道そのものを区別する必要は無かったから。
初期ユダヤ教も同じ。


また当時のユダヤ教に「教義」はない。現在ある旧約聖書やタルムードなどは
全て後世に作られた物で、それは対外的民族のアイデンティティーに必要となったため。
当時は簡単な戒律や祭儀があったに過ぎない。
やがて散り散りになった民族のアイデンティティーを確立するために
発達して複雑化する必要があったから。

日本は約束の土地であり、それら戒律が殆ど必要とされなくなった。
(戒律は全て約束の土地のため神との契約を表す物)
よってヘタレになった、・・といわれれば、それはそうなのかもしれないがww

476 :天之御名無主:2008/09/14(日) 04:24:24
天狗が持っている虎の巻というのは、トーラーのことらしいですね。

477 :天之御名無主:2008/09/14(日) 06:33:47
うむ

478 :天之御名無主:2008/09/16(火) 06:58:29
出雲の島根半島にも確か天狗山というのがあります。

479 :天之御名無主:2008/09/16(火) 07:08:37
弓月国には、ヤマトゥという地や、テングリ山という山があった
(「テングリ」はキルギス等の中央アジアの言葉で「神」という
グーグル検索より
http://love55555.at.webry.info/



480 :天之御名無主:2008/09/16(火) 11:20:44
>>475
トーラーも伝えられていないし、彼らにはアイデンティティーを維持す
る意思すら無かったと思わざるをえない。
こんな宗教のにおいのしない渡来人をユダヤ人と呼べるだろうか。

あるいは、ユダヤ人は明治期におけるお雇い外国人的な存在で、秦氏は
ユダヤ人を仲介をする存在だったのかもしれない。
ハタ氏を含めたヤマトの指導者たちが民衆を統治する手段として、宗教
色を抜いたユダヤ文化を導入したのかもしれない。

現代のハタさんをみて、ユダヤ的な風貌をしている人を見たことがない。


481 :天之御名無主:2008/09/16(火) 12:56:12
虎の巻の中身を見たいんだが、どこかにうpされてない?

482 :天之御名無主:2008/09/16(火) 13:04:10
>>480
現在はかなり薄められてしまっているけど
日本の古来風習、習慣が、ほとんど
そのまま古代ユダヤのそれだったんだよ。

アイデンティティーな戒律は、
別物に統合されそうになったりするのを防いだり
神への契約の忠誠を心に常に励起させるもの。
他の人とは違う事をしたり意識して自分に縛りを掛けるのは
その理由に「神との契約」を思いたすため。

約束の地(日本)に辿り着き、
自分の宗教(神道)だけを存在させた後には
今までの戒律は殆ど用なしになる。意思がある無しでは無い
あとは神への信仰や祈りの儀式だけが生き残る。

正月儀式、鏡餅、七草粥、神殿様式・・いろいろな。


483 :天之御名無主:2008/09/16(火) 13:25:43
>>481
http://kanbun.info/shibu02/rikutou00.html
『六韜(りくとう)』について
中国古代の兵法の書。『武経七書』の一つ。六巻。
「文韜」「武韜」「竜韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」の六章より成る。
太公望呂尚の撰といわれてきたが、『三略』とともに後人の偽託。
成立年代は魏晋時代とみられてきたが、1973年、山東省の銀雀山漢墓
出土竹簡の中から残簡が発見され、戦国時代末期の成立であることが
ほぼ確定された。『三略』と併称される。
なお、「虎の巻」という言葉はこの書の「虎韜」の巻からきている。

484 :天之御名無主:2008/09/16(火) 18:17:47
>>482
神道には「神との契約」に類する教義、習慣など、一切無いと思われる。
信仰のきもともいえる、死後の観念についても、まったく異質だ。
類似性があるのは、神輿、神社、風習のうち、きわめて形式的な部分だ
けに見える。
このことは、近現代の日本がキリスト教及びキリスト教徒を受け入れず
に、西洋文明だけを取り入れたのと相似形だ。つまり、ユダヤの文化、
風習の外形だけを取り込んだということだ。

ユダヤ教は神道や仏教に比べて野蛮に見える。したがってユダヤ人の
経済社会におけるあり方が野蛮であってもしょうがない。

ユダヤ人は大きな力を持っているが、ユダヤ人は現代の「知的恐竜」
かもしれないのだ。
日本人は、同祖論を政治的に利用するのはよいが、距離をおいたほう
が利口だと思う。先方もそう思っているかもしれないし。










485 :天之御名無主:2008/09/16(火) 20:47:20
>>484
まず現代のユダヤ教と源神道の古代ユダヤ教を
同一視してはいけない。
古代ユダヤ教はシュメールの神々を受け継いだ
多神教だ。現在に残る聖書も北ユダヤは
単一神を崇めなくなったから滅んだと明記している。
失われた十支族の北ユダヤは「多神教のユダヤ教」だった。

そこには、現代のキリスト教やユダヤ教にみえる
「神との契約」の姿は全く違う物となっている。


現在のユダヤ教が恐竜なのか、野蛮なのかはしらないが、
源神道たる古代ユダヤ教とは区別して論じてもらいたい。



486 :天之御名無主:2008/09/17(水) 02:16:47
古代ユダヤ教がどういうものなのか説明してくれないとわからない。
その中でどこが似てるのか似てないのか。

487 :天之御名無主:2008/09/17(水) 05:23:00
>>486

488 :天之御名無主:2008/09/17(水) 12:07:00
現代では身近なところでも、クリスマス、教会での結婚式、バレンタイ
ンデー、その他、自動車、飛行機、コンクリート製建築物、など、あり
とあらゆることろに西洋発のものがあふれているが、西洋人はほとんど
住んでいない。
これと同じことが、古代の日本とユダヤ文化の間で起こったと思われる。

よって、日本の中にユダヤ文化はあっても、ユダヤの末裔が日本に住ん
でいるのか否かは疑問だ。否定する根拠もないが、否定されるのが自然
だろう。





489 :天之御名無主:2008/09/17(水) 13:41:31
>>486
マジな話、レス投稿制限一杯まで書いたのが
10個くらい必要。そのくらい書かないと(しっかり読まないと)誤解してしまう。
イエスの説いた源キリスト教も厳密には古代ユダヤ教。
カトリック等はもちろんあのネストリウスとかとも違う物。

俺も完全把握しているかといわれると疑問。


>>488
>これと同じことが、古代の日本とユダヤ文化の間で起こったと思われる。 

その通り。
だが当時の伝播メディアは主に「人」。

そして少なくとも現在に繋がるほど密着浸透させられるだけの
力と頻度と普及力をもつほどの、量と質の「人」。



490 :天之御名無主:2008/09/18(木) 04:32:15
日本の神道は堕落したユダヤ教だろ。もとのユダヤ教ではない。

491 :天之御名無主:2008/09/18(木) 05:31:47
日本神話には重要な「洪水神話」がない。
これだけで神道はユダヤ教ではないと言い切れる。

天皇は「人間宣言」するまで現人神であったが、ユダヤには人間として神が存在していたわけではない。
モーセだって、「預言者」であって神ではない。

492 :天之御名無主:2008/09/18(木) 06:11:59
山田が世界を制す。藤原1000年、山田2000年の歴史がある。
日本の大和魂の大和とはあて字であって、本来は山田魂である。
ヤマダの音がなまって、のちにヤマトと呼ばれるようになった。
中国の魏志倭人伝にはヤマダイ国が記されている。言うまでもなく、
ヤマダの国家である。

493 :天之御名無主:2008/09/18(木) 07:05:42
山田スゲーw

494 :天之御名無主:2008/09/18(木) 07:47:03
今夜が山田

495 :天之御名無主:2008/09/18(木) 11:37:52
山田の時代が来たな

496 :天之御名無主:2008/09/18(木) 12:26:14
日本最古の寺は飛鳥の山田寺だっけ

497 :天之御名無主:2008/09/18(木) 13:55:37
やー真鯛国

498 :天之御名無主:2008/09/18(木) 14:51:19
>>490
それは唯一絶対神の信奉者から見た評価。

さらにそのとおりだとしても、いまの論題とは何の関係も無い。

>>491
いいきれない。
それ以外の成分が殆どある。

天皇は救世主のレプリカ。
大嘗祭の時、死装束で天皇は何をしている?


499 :天之御名無主:2008/09/18(木) 15:08:52
>>498
ユダヤ教では女は男性であるアダムの骨から作られたことになっているが?
日本神道でも同じく女は男性から作られた、と記されているのか?

500 :天之御名無主:2008/09/18(木) 19:51:51
>>499
記されているとする説もある。

アメノミナカヌシが世に現われたときから
イザナギ、イザナミが数々の神産みをするときまでが
7段階に分けられることと、その内容のシンクロから

絶対神が7日かけてこの世を作ったとする聖書の話を
符合させている説があってその中で述べられている。
もちろん肋骨とか、りんごとかヘビとかは、でてこないがな。ww




501 :天之御名無主:2008/09/20(土) 00:19:51
籠神社の先代か先々代の宮司さんが
神道の究極の神はYAWHだったが、
仏教が覆った為云々と。

百済王族の藤原氏クーデターと王朝交替は、
ユダヤ=出雲系統による
それまでの神道祭祀のあり方、民族の神話を駆逐したということだろう。
漢字によるそれ迄の文字抹殺と共に。


502 :天之御名無主:2008/09/20(土) 00:38:48
>>501
訂正:
YHWH

503 :天之御名無主:2008/09/20(土) 07:40:17
藤原氏の起源は唐の王朝貴族らしいですね。
まず百済を乗っ取ってそれから新羅との連合軍で
出雲王朝を滅ぼして日本を支配したのでしょう。

504 :丹波三郎:2008/09/20(土) 12:07:15
 藤原氏は中臣氏−忌部氏に繋がる祭祀系氏族ですよ。
天智天皇が藤原鎌足に下賜した女性がすでに妊娠していて、生まれたのが不比
等だった。つまり不比等は天智天皇の隠し子だった、と言う説もありますが。
一方、籠神社は海部氏−物部(連合)系になる。

 天武天皇の死後、藤原不比等が実権を握るとそれまで伊勢神宮の禰宜だった
海部氏系の渡会氏から藤原系の荒木田氏に交代させられてしまう。伊勢神宮の
歴史は海部系神道対忌部系神道との主導権争いだった。
そして同時に、ニギハヤヒ(「天神系」=北部九州−出雲−越の日本海部族連
合)とイワレヒコ(「天孫系」=南部九州−四国−近畿南部の太平洋部族連合)
との対立でもあった。

 

505 :丹波三郎:2008/09/20(土) 12:10:14
>>504続き

 でも、どちらも中国や朝鮮の古代祭祀とは関係が無い。ユダヤ人ラビのトケ
イヤー氏が指摘しているように、むしろ古代ユダヤ教の祭祀手順に近い、と言
うか、縄文時代から続く倭人文化である精霊信仰をユダヤ文化の根本としての
聖書を設計図に使って再編成したかたちになっている。
その点から、皇室と古代ユダヤ文化との関係が議論されている訳です。
 中国の秦漢〜三国時代に旧約聖書の文化を持った人達が朝鮮半島や中国南
部から日本にやって来たのは間違い無いでしょう。私は、ニギハヤヒ(天神)系
はアレクサンダー大王の東方遠征当時にペルシャ帝国に居て帝国崩壊と共に東
へ逃げた人達、イワレヒコ(天孫)系は大王のパレスチナ占領後に東方遠征に
参加して、アレクサンダー帝国崩壊後に前者を追って日本へやって来た人達だ
と考えています(あくまで、個人的な見解です)。

 さて、>>1の秦氏が渡来したのはもっと後の時代ですから天神系や天孫系とも
違う「第三勢力」になります。おそらく佐伯好郎博士が主張していた原始キリ
スト教徒、別名「ユダヤ教イエス派」だったと思います。
6世紀以降に仏教文化が導入された事で、朝廷は日本古来の宗教である神道の
再編成が必要になりました。長い年月を経て本来の意味を見失ってしまった古
神道について、藤原氏政権はそのころ各地で神社建築を引き受け当時最新の教
義を保持し財力もあった秦氏に、知識と技術・財源を提供させました。その結
果、秦氏は没落した物部氏に代わり藤原氏の後ろ盾として、中央政権内部に食
い込む事に成功します。

 ただ、「伊勢内宮の天照大神はキリスト」と言う説も有りますが、私は関係
無いと思います。秦氏本来の氏神は稲荷神(=「ウカノミタマ」)で、古来か
らアジア全域に存在する穀霊信仰とキリスト(=「日々の糧を与える神」)が
習合したものだと考えています。一方、伊勢外宮の豊受大神は「トヨノウケノ
カミ」=「穀霊信仰」とヤハウエ=「マナを降らせ、ユダヤの民に食料を与え
る神」が習合したものでしょう。

506 :丹波三郎:2008/09/20(土) 13:17:58
 従って、秦氏も「聖書の民」ではありますがキリスト教系になります。
「メシアニック・ジュー」と言うべきでしょうか。それ故、ユダヤ教ファンダ
メンタリスト(原理主義者)にとっては忌むべき存在かも知れません。

 盂蘭盆会が古代ペルシャのゾロアスター教の影響だと言う指摘もありますし
仏教と共にヒンズー教の神々(帝釈天や弁財天)も日本に渡来しています。
更に中国からは哲学としての儒教や、道教の神々も来ています。
聖武天皇が仏教を国の中央に定めるようになった後、仏教以外の外来の宗教は
解体され、神道と仏教に吸収され現在に至っています。
私達が今ここでやっているのは、例えばカレーを食べて、その味から材料を調
べているようなものでしょう。
「この味は・・・キャベツだな」
「ターメリックもたっぷり」
「醤油も入ってる」
「隠し味はチョコレートだな♪」

しかし材料が何であれ、カレーはカレーとして、美味しく食べるのが一番良い
んじゃないでしょうかネ。それを言ってはミもフタも無い話ですが・・・。


507 :天之御名無主:2008/09/20(土) 19:50:29
カレーの例え話。

でも明らかにこのカレーにはコリアンダや
サフランが入っていると解るのに
そんな物入れてないと、言い張るコックが
世の偉い人達・・というわけで。



508 :天之御名無主:2008/09/20(土) 22:57:10
藤原氏は謎が多い。
鎌足の名は関東の鹿島にいたとき狐が夢にでてきて
鎌で政権を取れと言われたらしい。
また伊勢は当時の東方面への軍事拠点(軍港)であり
現茨城県の鹿島と深い関係があって、それは中央政権に於ける
武器の調達(鉄)に関与していてかなりの発言力をもってみたいだ。

509 :天之御名無主:2008/09/21(日) 06:54:24
>>505
誰にレスしようかと迷ったのですが、とりあえず
ヘブライ語と日本語を扱ったサイトがあったので、紹介します。
検討ください。

* 日本民謡とヘブライ語
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/minyo/minyo.html
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/word/word.html


それから、伊勢神宮の天照大神は、スサノオの子である
天照国照彦火明櫛甕玉饒速日命だと考えています。イザワの宮、
籠神社の祭神にも注目しています。

スサノオノミコトの父君であった、フツの御魂が祀られている
島根県平田市(平成の大合併で現在は出雲市に改)にある
宇美神社の神紋は桐紋で、これは七枝樹のシンボル化ではないかと
思えるのですが・・・

510 :丹波三郎:2008/09/21(日) 11:57:48
 上記のサイトについては知りませんでした。ROMっておきます。

基本的に日本は皇室も含めて多民族による部族連合国家であり、シルクロード
の北方(草原・ステップ)、中央(オアシス)、南方(インド洋)、及び南太
平洋の4つのルートからやって来た様々な人々と文化の集合体だと考えていま
す。
天照大神にしても、各地の各部族がそれぞれに信仰していた太陽神、又は「グ
レートスピリッツ」を統合したものでしょう。
(同時に、皇室が独占的に祭祀を行う事によって、国民に対する支配権を正当
化する役割もあったと思います。)

ですから、卑弥呼の様な巫女王の要素も有り、此花咲耶姫もあり、火山神も有
り、そして持統天皇やニギハヤヒの存在も投影されている。ただし祟神天皇が
天照大神を大和に祀ろうとしたところが住民から大反対された為(当時は大物
主の信仰が盛んでした)、豊鍬入姫命を御杖代(後の斎宮)として伊勢に移転
させていますから、何らかの影響はあるにしても、
「天照大神」=「饒速日命」は無理があると思います。

ただ祟神天皇が神武系では無く饒速日命の直系だとしたら、その可能性は高い
でしょう。


511 :丹波三郎:2008/09/21(日) 13:58:41
 伊雑宮はマンガ「ヤマタイカ」や飛鳥昭雄説で有名になりましね。
伊勢(志摩)地方は神宮が移転してくる以前から独自の太陽信仰が盛ん
だったところですから(天照では無く海照。両方共「アマ」と発音)、
持統天皇の時代に組み込まれたとしても天照との直接の関係は無いと思
います。
対して、私が注目しているのは京都の太秦にある木嶋坐天照御魂神社
(蚕の社)です。天孫系では無く天神系太陽神としてのニギハヤヒを祀
っているとしたら、此処でしょう。
 さて。スサノオ命の父親がフツの御魂、とするのは原田常治著「古代
日本正史」からの情報ですね。
歴史書としての古事記・日本書紀にはおかしな部分が多いのも事実です。
しかし同時代に書かれ記紀と異なる為に偽書扱いされた他の古文書にし
ても信憑性の点では記紀と同程度であって、それを基に執筆された「古
代日本正史」が記紀と内容が異なるから真実と言う訳には行きません。

512 :丹波三郎:2008/09/21(日) 14:08:41
 私がこのスレで記入して来た説もあくまで仮説であって、「古代日本
正史」と変わりません。つまり”言った者勝ち”の話なのです。

513 :天之御名無主:2008/09/21(日) 16:45:31
秦氏は全国的に広がってて各地で商業・工業を支配し、
その経済力は大きなものになってたが、
以外にも中央政府にその痕跡がみえず、
大きな勢力のわりにあまり政治には関与しなかったのが不思議な感じです。
「秦氏とその民」より〜高価な割りにイマイチだから図書館で。

514 :天之御名無主:2008/09/21(日) 18:12:17
今の経団連みたいな物でしょう。>秦氏

政治には参加しなくて影響力・・というか
そのほうが結局安泰だからでしょう。
クーデターに怯えるより時の政権に・・・


515 :天之御名無主:2008/09/21(日) 19:46:15
それが実態ならハザール系なら肯定できるが、
本ユではないと思えるけど?
元々のユダヤは経済中心主義の民族ではなく宗教が主で、
神官とか祭儀をつかさどる集団なら納得できるから
秦氏≠ユダヤと思う。

516 :天之御名無主:2008/09/21(日) 21:06:15
>>515
だから、紀元前の北ユダヤが
なんで「経済中心主義の民族ではなく宗教が主で、 
神官とか祭儀をつかさどる集団」なのよ。

神職はレビ族の専売特許。
他の部族はフツーの人。
流浪の間に様様な専門職や技術を
吸収したとしてもおかしくない。


517 :天之御名無主:2008/09/21(日) 21:10:52
しかし、ユダヤ教徒か原始キリスト教徒だから
レビに司祭を執り行ってもらって、祭儀もするわな??

何の不思議も無い。


518 :天之御名無主:2008/09/21(日) 22:54:08
>紀元前の北ユダヤ
アッシリアに亡ぼされた後にヒッタイトに奴隷として売り渡され、
一部がペルシャに行き混血後に中国に渡って秦と呼ばれ5世紀頃に日本に渡来した。
この時点でかなり純血度は薄れ信仰もなくなって世俗的になってただろうから、
もはやユダヤ人とは程遠い民族になってただろう。
しかし問題は南ユダヤ民族が渡来したかが重大であって本筋であろうと思うけどね。

519 :天之御名無主:2008/09/21(日) 23:24:20
>>510
最初のお説も全体的お考えにも説得力がありますね。感心させられました。
というよりご研鑽の発表をこんなところで。感謝します。

ところで、静岡の子之神社をご存知ですか?
ネットに公開されているご祭神、由緒のコーナーが、
何かのヒントにならないでしょうか?
この神社のご祭神について:
「・・・天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日尊(アマテラスヒコアメノホアカリクシミカタマ
ニギハヤヒノミコト) 本来の天照大御神(太陽神・男神)にして、・・・」



いざわの宮 イェサヤ イザヤ?妄想かもしれないですが。妄想の
可能性も?この音、何か臭いませんか?漢字は只の当て字のようですし。


日向系の祭祀と出雲系の祭祀は違いますね。また神紋も、
現皇室のものは、菊紋ではなく、菊紋は後ほど取り入れられたので、
日月紋が正式ですね。(鏡、太陽神と関係あるか?)
出雲大社に菊紋がある・・・ どなたかの旅行記で見た覚えがあります。




520 :天之御名無主:2008/09/21(日) 23:30:28
>>510

現在のところでは私は、大王?ニギハヤヒ・ヤマト王朝の男系「皇統」は
日向(神武)王朝との交代により断絶。その後、大化の改新以降、
百済系藤原氏の朝廷への侵入と共に「別民族系」に交代したと考えています。
この段階で親新羅の出雲の男系皇統は完全に滅亡している?

「三種神器」はいわゆる「神代」ではなく、後の世に制定されたものということです。
そうすると、より古いのは、または、神武側が出雲に要求、強奪したのは
(古事記、イズモフルネの話、出雲の滅亡・・・と続く)、より古い「十種神宝」のことでしょうか、
それとも、神宝は別にあったのか。

こんがらがってきました。笑

勉強がまだまだ不足で申し訳ないです。


521 :天之御名無主:2008/09/21(日) 23:57:15
>>510

さて。スサノオ命の父親がフツの御魂、とするのは原田常治著「古代
日本正史」からの情報ですね。

ということですが、

私の場合は原田氏のお説は孫引きになるのか、どなたかがお話になっている
ということで初めて知った次第で申し訳ないです。でも、氏のおっしゃる通り、
「神社伝承学」や、実地に足ばなくては分からないこともあり、
そのようなご研究はとても重要な意義があると思います。
今ではたくさんの人が、その説を素通り出来なくていらっしゃるようですね。

神奈備にも情報があります。

●宇美神社[ウミ]
宇美神社「布都御魂神」もと沼田郷(元平田市、現在出雲市)の奥に鎮座。
http://kamnavi.jp/en/izumo.htm

●宇美神社
http://websakigake.sakura.ne.jp/05-231.html

●宇美神社(神紋)
(島根県平田市平田) 布都御魂 =素佐之男の父 布都御魂は
素佐之男の父として祀る。
http://homepage3.nifty.com/kiya/sehachi/kiya330a.htm


522 :天之御名無主:2008/09/22(月) 00:12:34
>>510
こちらが神紋でした。

●宇美神社
http://websakigake.sakura.ne.jp/05-231.html



ところで、出雲大社創建よりさらに古い時代の、
現在雲南市三刀屋に鎮座する
「三屋神社」がとても気にかかります。
以下ページの最下部の方にあります。

「延喜式神名帳」 以下サイト引用:http://kamnavi.jp/en/izumo.htm

出雲国内に於て大神の神地と神戸が風土記撰上当時に置かれた場所は
此の地のみで他に一ヶ所も無いのみならず神の御門と神戸とを社号とした神社が
全国に他に一社もないことは特筆に値することである。
即ち風土記には「三屋郷 郡家の北東二十四里 所造天下大神の御門即ち
此処に在り 故三刀矢と言ふ神亀三年字を三屋と改む 即ち正倉有り」と記されており
大神の御門と謂ふのが神社の所在を示したことであってこの神社が存在して居るので
御門郷と号くべきであるけれども此地には神社のみでなく神の御料に充てる為の
田畑や山林などが定められそれに付属した民戸があったのでその・・・ 風土記には
「三屋郷 郡家の北東二十四里 所造天下大神の御門即ち此処に在り 故三刀矢
と言ふ神亀三年字を三屋と改む 即ち正倉有り」と記されており大神の御門と謂ふ
のが神社の所在を示したことであって・・・ 三屋神社とこの古墳とは相互に裏付けられ
三刀屋の地が出雲文化の発祥の地である事をいよいよ明らかにされることになった。


523 :丹波三郎:2008/09/22(月) 00:42:20
>>519

 子之神社の存在は初めて知りました。まだまだ無名の神社が存在するもので
すね。由緒等が紹介された書籍・HPをご存知でしたら、また教えて下さい。

・・・ハテ? 皇室の正式な紋章は日月紋だったでしょうか・・・?
確かに錦の御旗の飾りなどに使われていますが、正式な紋章(エンブレム)と
まではいかなかったように思います。
↓神紋の分類については下記のサイトで検索すると便利ですよ。
http://www.genbu.net/sinmon/
京都にある皇室ゆかりのお寺には、菊の御紋章を幕や幡に使っている処が沢山
あり、明治以降や第二次大戦後に神社庁の関係で神社仏閣の行事に菊紋を付け
た備品が使われました。その神社の主祭神と菊紋とは関係の無い場合が多いの
で、あまり拘らない方が良いですよ。


524 :天之御名無主:2008/09/22(月) 01:11:52
玄武さんのページのご紹介、ありがとうございます。既に
お世話になっておりました。まだまだ消化していないですが。笑


正式に返事する前に、
しばらく前に気にかかったことがあります。
1ヶ月位前に、鳥取県青谷上寺地遺跡に
宮内庁の調査官の人がお見えになっていたんですが。
素人には少し奇異に感じられました。宮内庁は
古代遺跡発掘現場にはいつもお見えになる?



弥生後期の盾に緑色顔料 東アジア最古の使用例 鳥取・青谷上寺地遺跡
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080903/acd0809032109004-n1.htm



525 :天之御名無主:2008/09/22(月) 01:18:44
正式にお返事する前に、
と訂正させていただきます。

産経記事の説明より

 【青谷上寺地遺跡】鳥取市青谷町にある弥生時代中期−後期の集落跡。
脳組織が残った頭蓋(ずがい)骨や、殺傷痕のある大量の人骨が見つかった。
祭祀(さいし)に使ったとみられるクジラの骨で作った剣や木製琴、農具、
食器など多種多様な遺物が出土、「地下の弥生博物館」とも呼ばれる。
建築関係では、ほぼ完全な形の大小2枚の格子窓などが残っていた。




丁度、時代的には魏志倭人伝が記す「内乱」の時期と符合しますね。
畿内と出雲の衝突の後でしょうか?


526 :天之御名無主:2008/09/22(月) 01:20:12
訂正:

衝突の跡

527 :天之御名無主:2008/09/22(月) 01:24:37
>>523
遅くなりました。
子之神社そのものでよろしいでしょうか?それでしたら
http://www.neno.net/

528 :丹波三郎:2008/09/22(月) 01:37:34
>>522
「フツの御魂=スサノヲ命の父親」、面白い説です。
実は奈良県天理市の近くに祟神天皇の頃に創建されたとする石上神宮と言う神
社が有り、主祭神は「布都(フツ)御魂」、御神体は古代の霊剣です。
 そして「布都御魂」とは神武東征の際に苦戦するイワレヒコを助ける為、天
から地上へ投げ落とされた霊剣です。
 何故そんな霊剣がスサノヲの父になるのでしょうか。
結論から言いますと、スサノヲと「フツの御魂」とは最初から関係が無いので
はありませんか?
http://websakigake.sakura.ne.jp/05-231.htmlの最尾部に書かれている社伝
が正しいなら、九百年前から祀られている「石神」が「石上」に変わり、発音
が似ていることからその神の名前も奈良の石上神宮の主祭神である「フツの御
魂」とされた。つまり「フツの御魂」が出雲に定着するするのは平安時代以降
で、スサノヲの父では無いでしょう。

529 :天之御名無主:2008/09/22(月) 01:57:49
>>523

現天皇家の系統の日月紋について
ウィキペディアなども参考にしましたが、
専門に扱っているサイトはまだ知りません。
私が注意を引かれたのは、主にこのサイトによります。後半部分以下の方に
その記述があります。
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou40/kaihou40.html


「・・・天皇家の本紋が日月紋で、菊紋は仮紋であるということにもよる。」

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou40/kaihou40.html

530 :天之御名無主:2008/09/22(月) 02:04:24
>>528
石上神宮はニギハヤヒノミコトの一族4代をお祀りする社との
認識があります。フツというのは、スサノオの父の霊魂である神剣の
ご神威を神としたものと考えるのですが。うーん
眠くて混乱してきたようなので、日を改めてまた・・・
今日はありがとうございました。

531 :丹波三郎:2008/09/22(月) 02:12:31
>>528続き
さてちょっと面白いデータを。
 イザナギ神社(兵庫県淡路島) 北緯34度27分36秒(1秒=30,8m)
 葛城山(奈良県御所市)      34度27分22秒
 高松塚古墳(奈良県高市郡明日香村)34度27分44秒
 伊勢内宮             34度27分17秒

 玉造稲荷神社(大阪市)      34度40分29.11秒
 生駒山(大阪府)         34度40分42秒
 西大寺(奈良市)         34度41分36.99秒

 籠神社(京都府)      東経135度11分51秒(1秒=25m)
 生田神社(兵庫県神戸市)    135度11分26秒

 下鴨神社(京都市)       135度46分21秒
 八坂神社( 同 )       135度46分43秒
 伏見稲荷大社(京都市伏見区)  135度46分23秒
 西大寺(奈良市)        135度46分46秒
 那智本宮(和歌山県)      135度46分(秒以下は不明)

 偶然でしょうか?
それとも原始的な道具しかなかった1300〜500年前に、このよう
な正確な測量技術を持っていたのでしょうか?
役の小角の本拠地にしていた葛城山や生駒山は、古代のランドマークだ
ったのでしょうか。

古代の興味は尽きませんね。では、オヤスミナサイ。

532 :丹波三郎:2008/09/22(月) 08:44:10
>>520 >>530
 おはようございます。これまでの自己レスの総括をしておきます。文字通り
「言った者勝ち」の話ですから、参考程度に御読み下さい。
天神系(北九州−日本海側部族連合)と天孫系(南九州−太平洋側部族連合)
の対立は桓武天皇の時代まで続きました。先に大和盆地に進出したニギハヤヒ
(ヤマトと命名=天神系、物部氏)からイワレヒコ(天孫系。大伴氏、日向族)
が覇権を奪いますが、4世紀後半に近江・丹後系部族(神宮皇后の実家)の
支援を受けた物部氏が応神天皇を擁立したクーデターに成功。以後、継体天皇
の中継ぎを経て天武朝まで続きます。
 飛鳥時代に天神系政権内部の主導権争いでトップだった蘇我氏に対し、天孫
系の中兄皇子が蘇我入鹿を暗殺し天智天皇として即位します。しかし壬申の乱
で物部・蘇我系の大海皇子(天智天皇とは兄弟では無い)が再び奪取。天智の
娘である後の持統天皇を皇后に立てて天神系・天孫系の統合を画り、持統天皇
がその事業を引継ぎます。


533 :丹波三郎:2008/09/22(月) 09:13:46
 形式上は天武系(=天神系)政権でしたが、実権は忌部−中臣氏(天
孫系)の藤原氏が握っていました。藤原鎌足が百済の王子豊璋とする関
谷説もありますが、中国で死んだとする記録も有りますので「藤原鎌足
=豊璋」は確定出来ません。
その藤原氏を財政面でバックアップしていたのが秦氏でした。奈良時代
末期に藤原氏宗家を伝染病で失うと、姻戚関係を結んでいた秦氏系の北
家が藤原氏の中核になります。つまり秦氏に乗っ取られたのです。以後、
秦氏は中央では藤原氏、地方には名を変えて移住し歴史の中に消えてゆ
きます。
 こんなところでしょうか。では、仕事に戻ります。
またいずれ、何処かで。


534 :天之御名無主:2008/09/22(月) 13:04:28
>>531
正確な測量技術

持っていたようです。
いぜんのNHKの番組で
そう言うものの内容に触れていて
当時の手に入る簡単な道具
竹の棒とか何かだけで
ものすごく正確な「一直線」が
作れるそうです。

山越えとかの見通しの利かないところは
星の観測で出来るとか言ってました。


535 :天之御名無主:2008/09/22(月) 21:13:28
ま〜古代には航海してくるぐらいだから
かなり正確な測量技術があったのでしょう。

ユダヤ人もそうだが藤原氏のルーツも謎で、
中臣氏系列である鎌足の先祖の系図がまったくない。
たとい中臣氏が地味な存在であったとしても
3〜4代前ぐらいまではわかってたはずだと思うけど。
急にパッと現れた感じがなんとも不可解である。
また成り上がりで学がない感じもしないのがまた不思議です。

536 :天之御名無主:2008/09/23(火) 00:13:10
>>535
藤原氏についての考察は色々ありますが、
これはどうでしょう?
私はかなり参考になると見ています。


※藤原氏は今は藤原を名乗っていない。戦前の
近衛首相とか、一条、三条 等々 いわゆるお貴族のお公家さんの家系ですね。
(藤原氏に連なる姓氏を挙げてあるサイトで調べられます。)

日本は大化の改新以降は、近現代に至るまで
完全に裏で実権を握る藤原氏の天下になっているんでしょうね。

http://www2.plala.or.jp/cygnus/s5.html




537 :天之御名無主:2008/09/23(火) 00:53:37
藤原氏の起源は唐の王朝貴族らしいです。
だから藤原というのです。唐を源とする。
桃太郎の桃も唐ですね。鬼退治と称して
出雲系の人間を殺したのでしょう。

538 :天之御名無主:2008/09/23(火) 01:22:52
日本の戦争体制を敷いたのは、藤原氏です。=近衛文麿
だから百済系の日本のメディアは、近衛の戦争責任を
論じられないのでしょう。これは穿ち過ぎかな。

539 :天之御名無主:2008/09/23(火) 09:15:42
藤原=フジワラ=フシハラ=節のある腹(蛇腹)=蛇をシンボルとした一族

と言う説もある。藤原氏の氏神である春日大社のシンボルは鹿なのに、その辺はどーなのよとツッコミたくなるが、
(「元々物部氏のものだった春日大社を藤原氏が奪ったんだ!」と言い返して来たので、
「物部氏って大物主とか、三輪神社だろ?シンボルはやっぱり蛇じゃん」ともう一度ツッコんでみた。)
先祖がどこから来たかより本人が何をやったかが大事なんだよな。

540 :天之御名無主:2008/09/23(火) 11:10:06
>>536
やはり百済の王族の可能性は高そうだ。

別の独自の仮説で髄の煬帝の氏族ってのはどうだろうか?
煬帝には息子がいたらしいが隋が滅亡してから後はよくわからない。
遣隋使の件で日本ルートもあっただろうし、
またあの有名な「日出る〜」で煬帝はかなり根にもってて
息子が日本に来て藤原氏として入り込み
当時の曽我氏や太子の氏族の暗殺につながったと考えれば
なんとなくありえそうな話と思うけど。

541 :丹波三郎:2008/09/23(火) 23:04:04
>>530

 補足。
スサノヲ、と言うと私にとっては出雲神話よりも九神文書の方が印象が強いで
すね。大国主だと実在の人物をモデルにしているとも思うのですが、スサノヲ
の場合は文字通りの「神」。
故郷を離れ世界を放浪し、最後に辿り着いた安住の地が日本だった。ただ、そ
の神話を伝えた人々がやって来たのは、出雲族の国土開拓や邪馬台国の成立よ
りも前。国東半島で鉄鉱山の開発が行われたとされる、紀元前10世紀頃では
ないかと思います。
(「高天原を追われたスサノヲが新羅のソシモリに降臨したと」するのは、蘇
民将来で有名な牛頭天王の伝説が混入していると考えています。)
本来は中東地域での、牛の角を持つ暴風神・金属(鍛冶)神だった。鉱山開発
・金属精錬の技術が広まるに従い、中東からインド洋経由の海上ルートで縄文
時代の日本へ伝わった。
 暴風雨(=自然の驚異)を象徴する存在だった為に大物主信仰と習合し、牛
頭神から蛇神へと変化する。出雲の神楽で、ヤマタノオロチと戦ったスサノヲ
が天叢雲剣を持ってオロチの体内から出て来るのはこの為。また「大物主+ス
サノヲ」=「蛇身の金属神、漂白の神」のイメージはヤマト政権に追われた蝦
夷と共に東国へ伝わり、「アラハバキ神」に発展して行く。

 出雲族や天神・天孫族にとっては縄文時代からの先住の神だった。彼等はス
サノヲを熊野大神として祭り上げる一方、「高天原から追われた漂白神、彷徨
う神」とする事で、スサノヲが先住民の神である痕跡を消そうとした。
記紀の神話ではスーパースターでありながら、同時に中央から遠ざけられ辺境
に祀られたのはそんな事情があるのだ、と思います。

542 :天之御名無主:2008/09/25(木) 22:35:11
藤原氏について言及したものですが、
ところでこの前奈良に行きまして、香具山付近の国道を車で走ってました。
標識で談山神社の表示をみかけ「あ〜ここの右手の向こうにあるのか〜」
っと思った時に右腕上腕に急に刺す様な痛みが走りました(今まではなかったです)
ちょっと不安に感じましたが、その後たまに又同じような痛みが上腕にあります。
あまり探らない方がいいかもしれません。
なにか霊的にもよくわからないことがあると思われます。

543 :天之御名無主:2008/09/26(金) 19:43:17
 あぁ、その関係なら面白い本があるよ。
心霊コミックで有名な現役霊能者の寺尾玲子氏が、古代の人物を霊視するルポ
ルタージュがある。

1.霊能者・寺尾玲子も新都市伝説_闇の検証(1〜7集)

2.ほんとにあった怖い話コミックス
  魔百合の恐怖報告(ショックレポート)_第18集
   闇に笑う女帝
                         1、2共に朝日ソノラマ刊

興味があったら読んでみたら?

544 :天之御名無主:2008/09/26(金) 21:15:50
アドルフ・ヒトラー閣下を降霊し、呪われしユダヤ人及びその信奉者どもを殲滅せよ!!

545 :天之御名無主:2008/09/28(日) 13:24:29
>>543
サンクス。
一度読んでみます。


546 :P波:2008/10/01(水) 23:38:14
古代は日月紋だったようですが、菊紋に変わっています。日月紋は葛野氏に関係するのでしょうか?

547 :御神名はやめよう:2008/10/27(月) 00:10:34
一家団欒、夕食時に見知らぬ連中がなだれ込んできた
「今からここはオレたちのもの!」
これユダヤ式といいます
また流浪の民に戻るさ

548 :天之御名無主:2008/11/03(月) 11:58:53
大文字焼きの「大」=六ボウ星の変形
京都市のシンボルも六角形
共産党が強い

549 :天之御名無主:2008/11/03(月) 12:01:14
>>544
そのちょび髭が崇拝した民族がイラン人だから
論外です

550 :天之御名無主:2008/11/03(月) 13:15:12
>>548

大文字は五芒星の変形。

本とうは「大」に読めないくらいな形(車のスポークのように
交点から平均な長さに線が出いた形)だったのを
足利何とか言う人が「こんな変な「大」の字ないだろ」と
無理やり現在の形に変えた。

無知ゆえの勘違いが本道になってしまった例。



551 :天之御名無主:2008/11/11(火) 01:12:03
質問です
大阪の服部駅に服部天神宮と言う神社があるのですが
http://www.apsara.ne.jp/hattori-tenjingu/yui.html

この解説を読むと…
ここ生まれの服部さんって秦氏ですか??

552 :天之御名無主:2008/11/11(火) 01:14:29
神社はかつて
武士(武家)の守護神になっていた。

553 :天之御名無主:2008/11/11(火) 02:42:47
まともな事書くと顰蹙買いそうだけど平安時代も北部九州は秦氏が押さえてるし

554 :天之御名無主:2008/11/11(火) 04:38:55
>>553
何が問題かというと、それは秦氏が仮冒して源氏を名乗ったりしているところ。
江戸時代から疑問視されていたし、エタ頭の弾左衛門だって秦氏なんだろ?
世の中には正当な平氏の公家、源氏武士の子孫だっているんだぞ?

555 :天之御名無主:2008/11/11(火) 14:09:12
>>551

>当地「服部」の地名も、このあたりに秦氏の人々が住んでいたことから成りたったものと思われます。

関西のあのあたりは、秦氏の縄張りだよ。
赤穂、河内、京都の太秦と、移動しながら
複合的に発展して言ったからね。

十分に可能性ある。


556 :天之御名無主:2008/11/11(火) 22:10:39
>>555

レスありがとうございます!
同級生でこの名前の人がいたのですが性格変わっていたので納得です
同じ日本人と言っても顔つきから手の形までバラバラだし

近畿にはこの氏に関係している名字の方が
とりわけて密集している地が多々ありますからね

557 :天之御名無主:2008/11/11(火) 22:41:16
131位 服部氏 約147,000名 古代の服部伴造の後裔が主流。ほかに源、平、藤、橘などの諸流多し。

服部ハンゾウは秦氏なの?

558 :天之御名無主:2008/11/12(水) 08:09:36
服部姓は機織(ハタオリ)に由来し、絹織物業の本貫はまさに秦氏

559 :天之御名無主:2008/11/12(水) 14:02:57
>>556
ぜんぜん秦氏じゃない・・とおもっても、
>>444-445
に当てはめると、ほとんど秦氏ばっかり・・と
言うこところがたくさんあります。

それをとある神社の周りで
「発見」したときは、おもわず・・・でした。ww


560 :天之御名無主:2008/11/17(月) 01:41:47
八田って苗字は、ユダヤ?(部●?)つまり秦氏の子孫?

561 :天之御名無主:2008/11/17(月) 02:16:52
秦氏自体 名族 名家による構成


>>560 それはない。

562 :天之御名無主:2008/11/17(月) 02:24:41
>>559
秦氏流れ
惟宗氏→島津氏 武家の名門名家ばかり
島津は朝廷による守護神に命じられ九州宮崎に行き
島津と名のった。福井か石川にも島津家の流れがある。

563 :天之御名無主:2008/11/17(月) 02:28:40
>>559
桓武天皇時代かな天皇護衛していた武家ながれ

564 :天之御名無主:2008/11/17(月) 11:49:02
弾左衛門と同祖なんだろ?

565 :天之御名無主:2008/11/17(月) 13:13:41
>>564
それは別人
上は宮家から公卿に社家至るまで下は武家までいる。

566 :天之御名無主:2008/11/24(月) 12:42:28

ここはとんでも秦氏論しかないのか?
古代の倭は半島も無論だが楽浪郡、帯方郡、中国本土とも接触し知識がある。
秦氏が始皇帝の後であるかは疑問だが、中国系と自ら述べているし、
当時の倭人も駄法螺を真に受けるほど無知ではなかった思われる。
中国語が読み書きでき話せ、もちろん中国の諸事情に通じていたのだろう。
この秦氏を新羅系朝鮮人とみなす説が多い。

では質問する。白村江の戦いで倭は唐・新羅連合軍と戦ったが、
秦氏が新羅系朝鮮人であれば唐・新羅連合軍に内通して利敵行為をする可能性もある。
それを防ぐには秦氏を弾圧するか、隔離するなどのなんらかの対応が必要となるが、
それらしい形跡はどこにもなく、白村江の戦いの後も秦氏は大切に扱われている。
唐・新羅連合軍の国内の前線に近い九州には豊前という秦氏王国もあるにもかかわらずにである。
なぜなのか反論して欲しい。

もちろん私は秦氏中国人説を支持するし、吉士(祝)も同じく中国人であると思う。










567 :天之御名無主:2008/11/24(月) 14:39:37
>>566

秦氏は当時一般には百済だといわれてたんだろ。
だから一般には新羅と言うことは知られてないから大事にされる。

あとは、真実を知る一部為政者が、なぜそうまでして
秦氏を必要としたかと言う事だけだ。



568 :天之御名無主:2008/11/24(月) 14:58:04


「秦氏は当時一般には百済だといわれてたんだろ」?
「一般には新羅と言うことは知られてないから」?


569 :丹波三郎:2008/11/25(火) 21:36:21
>>566

 秦氏は「朝鮮半島を通って日本に来た」のであって朝鮮民族では無い。
もちろん漢民族でもない。
「秦」の名が付く通り、中国の西方である中近東〜シルクロード地域をルーツ
とする一族だ。
つまり、中国にも朝鮮に対しても何の義理も無い第三者勢力だったから。
むしろ朝鮮・漢族系が権力争いで弱体化してくれた方が彼等の利益だっただろう。

「日本人=朝鮮人」
「日本の文化は朝鮮民族が創った」
と言う程度の狭い視野では何も理解出来ないよ。


570 :天之御名無主:2008/11/25(火) 22:01:24
>>569

>>566を読んで書いてるか?
どこに「日本人=朝鮮人」
「日本の文化は朝鮮民族が創った」
と書いている?

秦氏は始皇帝の後と自称している、それはともかく素直に解釈すれば漢民族だろう。
なにしろ漢字が読み書きでき、話すこともでき、伏見稲荷のように、
社稷を祀っている。シルクロードとやらでは社稷を祀るのかい?




571 :天之御名無主:2008/11/25(火) 22:02:57
>>569

馬鹿な野郎だww

572 :天之御名無主:2008/11/25(火) 22:26:37

後漢末期(190年頃)の風俗通義では、秦氏なる氏族が現実に存在している。
国名から姓をとっている。また後漢は楽浪郡を復活させている。
それで少なくとも後漢末期に、秦を出自とする氏族がいたことはわかる。
この秦氏が倭に渡来してきた秦氏かどうかわからぬが、
帯方郡・楽浪郡にいれば倭とも接触がある。
楽浪郡と山陰(出雲)と交流していることを示す遺物もある。
帯方郡・楽浪郡滅亡後に、大挙して倭を頼ってきた可能性もある。



573 :天之御名無主:2008/11/25(火) 22:29:10

漢民族というより中原にいた民族だな、秦は漢より古いからな、
単純に秦人と思っていたのかもしれない。

574 :丹波三郎:2008/11/25(火) 22:43:49
あの〜、>>1 は読んだ?

それと、「社稷」って天地の神を祀る神殿だよね。
シュメール文明の神殿も、アテネ市の守り神パラス・アテネを祀ったパルテノ
ン神殿もエルサレム神殿も、現地の人達にとっては古代中国人が呼ぶ「社稷」
なんだ。

日本では岩や大樹、山そのものを「神が降りてくる場所」として崇拝し、祭り
の度に祭壇を築く事はあっても常設の神殿は作らなかった。

しかし仏教が日本に伝来した時期と前後して神道式の神社も建設されるように
なったが、中でも主導的な役割を果たしたのが秦氏だった。

 その建物の構造や配置がユダヤ教の幕屋と似ている事や、秦氏の伝説が聖書
の内容と似ていることから、

「秦氏はユダヤ教徒または原始キリスト教徒だったのではないか?」

とする仮説が戦前から出されていた。

結論から言うと、秦氏は神でも悪魔でも無い、ただ中近東発祥の科学技術と聖
書の知識を持っており、聖武天皇の時代に仏教が国教化された後はその信仰や
大陸での記憶が失われて日本社会の中に埋没して行った人達だったと考えてい
る。



575 :天之御名無主:2008/11/25(火) 22:56:37

「社稷」って天地の神を祀る神殿ではないんだよww
土地神と穀物神のことをいう。
殷の時代は汎神論の世界で神は随所にいるんだよ、
たとえばいそうなところに1本の小柴の木を立てれば神は降りる。
これが周になると廟を設けてそこにいけば神に会えるようになる。



576 :天之御名無主:2008/11/25(火) 23:02:18

秦氏がユダヤ人ならヘブライ語を話しただろうが、どうやら中国語に強かったようだよww
日本人が漢字を読み書きできるようになったのは奈良時代ぐらいじゃないのかな。
それまでは中国系渡来人が専門家として担っていた。もちろん秦氏も含まれる。
祭祀と記録の専門家。



577 :天之御名無主:2008/11/25(火) 23:12:12
>>574

>>1 はムー信者なんじゃないの? ほらあの空想雑誌ww



578 :天之御名無主:2008/11/26(水) 03:18:37
盆踊りの舞台、アレはまさにソロモン神殿かジッグラトかという

579 :天之御名無主:2008/11/26(水) 07:23:52
>>578

じゃあソロモン神殿で盆踊りが行なわれたとでもwww
病院へいったほうがいいよ、まじでw

580 :天之御名無主:2008/11/26(水) 09:24:21

とんでもじゃない話をしようw
殷の時代に西方にいた羌族は殷を倒した周に加勢した功績で、
太公望が山東省に封土され斉を建国した。太公望の姓は姜。
これはもともと殷人が山東省を出自とするので残党の制圧の意味もある。
この当時の斉人は大柄なことで有名であり、斉人の特徴でもあった。
wikipediaによると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E3%82%B7
「2000年に東京大学の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、
中国科学院遺伝研究所の王瀝らは、約2500年前、2000年前の臨淄遺跡から出土した人骨、
及び現代の臨淄住民から得た遺伝子(ミトコンドリアDNA)の比較研究の結果を発表した。
それによると、約2500年前の春秋戦国時代の臨淄住民の遺伝子は現代ヨーロッパ人の遺伝子と、
約2000年前の前漢末の臨淄住民の遺伝子は現代の中央アジアの人々の遺伝子と非常に近く、
現代の臨淄住民の遺伝子は、現代東アジア人の遺伝子と変わらないものであった。」とある。
臨淄(りんし)は斉の首都だった。

どうだとんでも君には興味深いだろうw
ところで、弁辰人が大柄だったと中国古代の歴史書は記録している。
これが斉人であれば列島に渡来している可能性もあるw


581 :天之御名無主:2008/11/26(水) 14:40:55
>>579
ダビデ王が契約の箱の周囲で舞い踊った記述がある
その踊りがどうやら
盆踊りの舞台を契約の箱を置いた台座に見立て
周囲で踊る
そのような文化はユーラシアでも日本だけである

582 :天之御名無主:2008/11/26(水) 15:00:49
>>581

病院へいったほうがいいよ、まじでw




583 :天之御名無主:2008/11/27(木) 14:35:02
>ダビデ王が契約の箱の周囲で舞い踊った記述がある

>そのような文化はユーラシアでも日本だけである

この2つは正しいんだから
まん中部分をなんとか
もうちょっと信しられる話にしてくれ。

584 :581:2008/11/27(木) 23:26:53
京都の五山送り火、大文字焼きの大の字は、
元はペンタグラム、正五芒星である。
これは即ちイスラエルの象徴として使われてきたものが大文字焼きに残る。
京都北部に現存する盆踊りとしては最古の記録を持つ、さし踊りがある。
さし踊りのある場所は五山送り火の妙と法の文字のある場所である。
794坊さん平安京の、エルサレム、エル:都・シャローム:平和。

盆踊りの形態は中央のジッグラト舞台を中心に周囲を回りながら踊る。
この舞台はヘブライ文化のターベルナクル内の祭壇の形。で
やはりジッグラトはソロモン神殿と同じターベルナクルの祭壇である。
ユダヤ教のシナゴーグ内部に祭壇を持つ形式があり。
旧約聖書でダビデが神の箱の周囲を舞い踊ったことを後世に伝えるのが
盆踊りである。
いつしかペルシアの盂蘭盆会が伝わり、盆の時期の盆踊りとなる。
本来の契約の箱とダビデの記憶は薄れ、村の楽しいお祭りの踊り
でしかなくなった。
さし踊りのサシは幸しで、さいわいであると解釈すれば、
それはヘブライ語でshalvaシャワ=しあわせ、である。

585 :天之御名無主:2008/11/28(金) 01:43:02
なのだ

586 :天之御名無主:2008/11/28(金) 13:31:50
>>585

バカボンのパパなのだ

587 :天之御名無主:2008/11/28(金) 13:38:09
ナルホド、さし踊りは、そっくりだ。ww
ただし時代的に合わない点。

ダビデと日本に来たかもとされる
失われた十支族との関係。
十支族が放浪したときにダビデは?

あと・・・

shalvaシャワ=しあわせ

だとしたら、「シャワ」の訛化になるはず。
ワ音がシには訛化しない。



588 :天之御名無主:2008/11/28(金) 14:06:31
シュメールから時差4000年あるんだから、シルクロードを経て日本に
さまざまな文化が到来した。
その中のひとつがさし踊り。それだけだと思う。中国的文化も数多い日本だから。

589 :天之御名無主:2008/11/28(金) 14:12:30
時代は前後しないだろう。

590 :天之御名無主:2008/11/28(金) 17:11:36
秦氏はユーラシア全域を移動した交易・遊牧民族であり、時代的に中近東に進出するのは前二千年紀
全般、この頃秦氏と最も緊密な関係のあったのはミタンニ・メディア、ヒッタイト、カッシート、ヒクソスであ
るが、ユダヤ教、キリスト教が本格的に盛んになるのはローマ時代であり、秦氏はどちらかといえば、
ミトラス教、その原型のオークネフ文化地母神信仰との繋がりが深い。満州方面から南下する三韓諸族
の神話に卵生神話が付加されるのは、イワレビコ、鳳、鳥居、七福神等も同様に秦氏がミタンニ・メディアと
共生していたからであろう。秦氏は多くの宗教と関係するが、ミトラス、イェズィード(ヤズダン)等にも、
オークネフ神像にも教理があまりにも天文学的で悪魔的な形の神像や儀式が多い。また、秦悪来などは
殷末期の革命的時代には反動のレッテルも貼られやすかった。いずれにせよ、Judeo-Christianity一本
に結びつけると全くおかしなことになる。

591 :天之御名無主:2008/11/28(金) 17:14:17
全般というのはミスタイプで前半、トゥルクメニスタンに絹が入荷を始めるころであろう。

592 :天之御名無主:2008/11/28(金) 17:25:51
ユダヤ・キリスト教は教典以外の考古学的物証とか、遺伝子的には、レバント、パレスチナとはっきり
結びつけられるものはない。遺伝子的、考古学的に非常に得意なセム系の集中はコーカサス西部・
北麓方面であり、ハザールであるとか、東欧のアシュケナジムの分布中心、青銅の牛等はこの辺に
集中している。アブラハム宗教のネタはこの辺にあるのであろう。

593 :天之御名無主:2008/11/28(金) 17:29:53
旧約聖書は新約聖書の後で作られたという説があるが、記紀においては旧約の雄略等の前に
応神・神功の三位一体が出現しており、案外、秦氏のほうが古いのかも。

594 :天之御名無主:2008/11/28(金) 17:42:41
コーカサス北部の唯一のセム系遺跡はドルメンが特徴的。これは遼東のテーブル、楽浪の碁盤
(こういうのは欧州に多い)と違って穴あきボックス型である。遼東は共工が流刑乃至は処刑された
幽州(燕)にあり、碁盤は山東省の蚩尤(三苗)が処刑されたあたりに多い。蚩尤は纒向で箸墓
古墳の守り神的位置に祭られている。青銅器文化と関係するものであろう。

595 :天之御名無主:2008/11/29(土) 04:15:14
http://www.youtube.com/watch?v=xdYO426NfJA
洛北松ヶ崎涌泉寺さし踊り

596 :天之御名無主:2008/11/29(土) 04:42:24
箱の周囲を踊る。まさに聖書通り

597 :天之御名無主:2008/11/30(日) 11:29:25
「慶長18年9月15日(1613年10月28日)にガレオン船サン・フアン・バウティスタ号で牡鹿半島の月ノ浦
(現在の宮城県石巻市)を出帆し、ヌエバ・エスパーニャ(現在のメキシコ)太平洋岸のアカプルコへ向か
った。アカプルコから陸路大西洋岸のベラクルスに、ベラクルスから大西洋を渡りエスパーニャ経由で
ローマに至った。」
「支倉常長がスペイン、ローマから帰国したとき、日本は幕府の方針によって、キリスト教禁止の時代
になっていた。そのため、伊達政宗は支倉常長の身を案じ、幕府への建前上、支倉常長を死んだこと
にしたのである。実際には、支倉常長は政宗の意向によって、宮城県大郷町に隠れ住み、天寿を全うし
て84歳で死んだ。また、のちの時代に、支倉常長の息子の家来がキリシタンであることが発覚し、それ
が原因となって支倉家は一時「お家断絶」の憂き目を見ている。この事実から、ローマで洗礼をうけキリ
シタンになった支倉常長は、生涯キリスト教の教えを守り通した、と言われている。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B6%E9%95%B7%E9%81%A3%E6%AC%A7%E4%BD%BF%E7%AF%80



598 :天之御名無主:2008/11/30(日) 14:17:26
空き巣:8都県で 42歳男を追送検−−県警 /埼玉
毎日新聞 - 2008年11月27日
出所後間もなく、埼玉など8都県で空き巣を繰り返したとして、県警捜査3課と川越、所沢署の合同捜査班は27日、
東京都武蔵村山市大南1、無職、国吉順作被告(42)=窃盗罪などで公判中=を逮捕し計80件、被害総額約460万円分の空き巣被害を確認し、さいたま地検 ...
「下着の下には金がある」 空き巣80件男を追送検 MSN産経ニュース


1563 国吉 約10,400 土佐国国吉邑発祥、秦氏。ほか桓武平氏時忠裔など。また沖縄にも多し。

↑これは秦氏ですか

599 :天之御名無主:2008/11/30(日) 14:38:18
ダビデは南ユダ国のヒーローだろう
それが十支族の秦氏がなんでありがたがって
延々と伝えるのよ?

他にも良く六芒星だユダヤだとかいろいろ出るが
もし秦氏が伝播役なら敵対・・とまでは行かないが
袂をわかった相手国のヒーローの刻印を
大事に伝えるかな?

ドーマン、セーマンなら、シュメールの流れで
わからんことも無いが。

600 :天之御名無主:2008/11/30(日) 19:23:08
日本の、死ねば全て神格化する文化は
そのものが秦氏のものであろう。
よって2000年以上前の先祖が敵だったかなどと
考えるまでも無い。
天皇家でも南北朝の争いがあった中でも全ての先祖を
称え敬っているしな。

601 :天之御名無主:2008/12/01(月) 15:05:14
平家の落人伝説のあるところにはペルシャ人かトルコ系かという感じの
見たこともないような色白の美人さんがいますね。
妙見信仰してた砂漠地方の出なんでしょう。

602 :天之御名無主:2008/12/01(月) 17:39:15
で、結局現代日本人って何人が混ざって出来たの?
代表的なのは?

603 :天之御名無主:2008/12/02(火) 14:33:32
http://img438.imageshack.us/img438/5519/japan9zr.gif

604 :長州人:2008/12/02(火) 15:43:03
>>602東南アジア系と朝鮮系が主だと思う
朝鮮系は弥生時代に技術者として渡来してきてるけど
技術者なんてそんなに入らないので
そこまで入って来てないけど
そのあと日本vs百済(残党)VS新羅&唐で負けた時に
かなりの数の百済人(朝鮮系)が入って来たと思われる

旅行好きな人は分かるだろうが
山口西部から福岡、佐賀あたりまで顔が朝鮮っぽい
鹿児島まで行くと今度は東南アジアっぽいです
また山口東部から岡山の沿岸沿いも東南あじっぽいです
近畿滋賀はなぜか朝鮮っぽいです

ユダヤ、秦の血は大和民族全体からみておそらく小数派思いますよ


605 :天之御名無主:2008/12/02(火) 16:46:11
皆が皆、神主、住職では百姓がいなくなるので、ほどほどの数だろう。

606 :天之御名無主:2008/12/02(火) 17:42:49
>>603
これはアジアだけの比較
肝心の中東地域が含まれていないから参考にならない

607 :天之御名無主:2008/12/02(火) 21:37:14
Y-DNA haplogroup(s) mtDNA haplogroup(s).......................................................... ..Geographical area and/or peoples
O, N, C3.................................. CZ/C/Z, D, G (M types); A (N type); B, F (R types).. East Asia, Siberia
R, I, E3b, J............................ HV/H/V, JT/J/T, U/K (R types).................................. Europe, West Asia
http://en.wikipedia.org/wiki/Haplogroup


608 :天之御名無主:2008/12/03(水) 09:01:22
>>603 >>607 YDNA haplogroup I(P19)は現在の欧州にはいない古い欧州人、これが日本には0.4%
もあり、この手の欧州人のミイラはシルクロード敦煌近辺の小河墓遺跡で発見されている。
その木棺の覆いはアファナシエヴォ文化と同じ。ちなみに秦氏の原郷である、甘粛省礼県はここに
近い。

609 :天之御名無主:2008/12/05(金) 20:46:36
>>604

そりゃ「日本人=朝鮮人」と言う先入観で見てればドイツもコイツも朝鮮人に
しか見えないさ。

「朝鮮人に見える」じゃなく、
「朝鮮人であるべきだ!それを認めないのは差別だ!」だろ。

ここは日本だ。
同胞に会いたいなら祖国に帰りな。日本人以上に歓迎してくれるなら、な。

そうじゃないから日本にしがみつき、日本人に成り済まし、
「朝鮮民族こそが本当の日本人だ。ウリ以外は全部ケセッキ(犬の子。人間
じゃない)」

と思い込もうとしている。

言っとくが、日本が朝鮮民族の国になったらあんたらは日本から逃げ出すだろ
う。
あんたらが半島から逃げてきたようにな。

日本人は朝鮮人では無い。
朝鮮人は日本から文化や幸福を奪う事は出来ても、日本人の様な文化を生み出
す事は出来ないからだ。


あんた等は、日本を食い潰すことは出来ても日本を作る事は出来ない。

610 :天之御名無主:2008/12/05(金) 23:19:56


朝鮮人はすね毛がないんだよww すぐわかる

611 :天之御名無主:2008/12/06(土) 11:10:32
朝鮮半島・日本列島に突帯文・無文・弥生土器の始まる頃に奥地から農耕民が入る。朝鮮半島では
畑作を主に、日本列島では稲作を主に農業が盛んになると共に、この移住農耕民の子孫は増加する。
日本にはモンゴリア・ヒマラヤ山岳に多いYAP+遺伝子を持った民族も入る。これは朝鮮半島では少数。
しかし、いずれにせよ、日本と朝鮮は多くの遺伝子を共有している。高句麗、高麗、夫与といった言葉には
「鹿」の意味が含まれる。日本のカスガというのも太陽の鹿といった意味だ。これらの起源は内モンゴル
遼河地域の縄文時代早期と同時期の興隆窪文化の流れを引く趙宝溝文化が鹿をトーテムとする文化で
あり、文化的にはその辺が起源のようだ;。高句麗、夫与の神話には河伯の娘、水界の女王と言う意味で
乙姫にも通じる話があり、民族が河川から河川に移動する神話となっているが、これは河川漁労と関係が
深いものを意味しているのであろう。

612 :天之御名無主:2008/12/06(土) 12:53:16
>1
「中央アジアの芸術」
この時代の特徴的なのは鍔広帽。若干の研究者は、こうした帽子を5 - 6世紀に中央アジア農耕民を
征圧した遊牧民エフタルに関係するものとしている。  
M. Dyyakonov
「エフタル(Ephthal) 
http://karamatsu.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/hakkutsuten_edohaku_010.jpg
は、古代中央アジアで活動した遊牧民の国家。民族系統はイラン系とする説が有力
であるが、テュルク系とする説もある。インドやヨーロッパでは「白いフン」と呼ばれ、中国名は厭達
(えん
たつ、えんは口偏に厭、たつは口偏に達)であるが、「白いフン」に対応する白匈奴の名でも記録され
た。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%AB
http://www.gunmaibun.org/osoretoinori/kohun/img/228jpg
器台・足を別個体とする大形の全身像である。「鷹匠(たかしょう)埴輪」と呼ばれているが、すでにこの
時代、「鷹匠」として専業職化していたかどうかは明らかではない。手首に手甲(てっこう)をはめ、腰に
大刀と鞆(とも)をつり下げ、頭に鍔広帽(つばひろぼう)を被っている姿は、狩猟装備をした貴人を思わ
せる。「鷹を使う盛装の男子」とする方が妥当かもしれない。涼しげな目、小さく締まった口元、鼻筋が
通り、端正で気品に満ちた顔立ちをもつ。
 髪は左・右に分けて「下げ美豆良(みずら)」に結い、三重に巻いた飾りひもでとめ胸元にたらす。装飾
品は、美豆良の下に耳環がのぞき、胸元には大玉の首飾りが見られる。腕は両方とも前方にのばし、左
上腕には内側を向いた鷹を止めている。尾羽の付け根には儀礼を目的とした鈴を付けており、これも一
つの権威の象徴と考えられる。鞆の後ろに下げられた半楕(だ)円球の袋は、鷹の餌袋かと思われる。


613 :天之御名無主:2008/12/06(土) 12:53:54
鷹を使う男子の埴輪は数例知られるに過ぎず、しかも群馬県に多い。中でもこれは最も全高が高い。
http://www12.wind.ne.jp/tomohm/img_2/a.jpg
鷹匠埴輪 (太田市指定重要文化財/太田市教育委員会/太田市・個人蔵)
このエフタルは現在の日本人にの中には全く残らないソグド系イラン人と思われる。確かに秦氏とは
関係があったかもしれない。しかし、エフタルを差別するような風習は世界中にどこにもない。
名前に品の悪い漢字をあてがうのは卑弥呼も同様であり、中華思想によるのだと思うんだが。

614 :天之御名無主:2008/12/06(土) 12:57:40
群馬といえば羊太夫
羊のいない群馬が君羊馬
まさにユーラシア遊牧民族の開拓地

615 :天之御名無主:2008/12/06(土) 13:07:05
卑弥呼政権が帯方郡・魏王朝に狗奴国との内戦の軍事援助を要請し、当時楽浪の統治下に入った
シ歳人をPKOとして派遣、これを狗奴国を抑える要の地の毛野、上総に布陣したと考えられる。その中に
エフタル人がいたのであろう。PKOの性格上大和朝廷の政情安定後は帰国した可能性もあろうが、
近江毛野、とか、筑紫の磐井は後に鉢合わすことになる。「同じ飯を食った仲間」とは殷、周の時代の
傭兵集団の隠語であろう。

616 :天之御名無主:2008/12/06(土) 18:23:18
エ(フ)タ(ル)芸。

617 :天之御名無主:2008/12/06(土) 22:17:19
>>611

>日本にはモンゴリア・ヒマラヤ山岳に多いYAP+遺伝子を持った民族も入る。
>これは朝鮮半島では少数。
>しかし、いずれにせよ、日本と朝鮮は多くの遺伝子を共有している。

 日本人男性のYAP+遺伝子保有率は40%以上。論理破綻してるじゃん。

なんでそんなに嘘ばっかりつくの?
なんですぐバレる嘘しかつけないの?

どうしてそんなに、朝鮮人なの?

「朝鮮人」と呼ぶのは差別なの?
「朝鮮人」と呼ばないのは差別なの?

何をしたいの?
なんで何も出来ないの?
どうして自分では何もしないで「他人にしてもらう」事ばかり一生懸命なの?
それが一番日本人に嫌われる理由だと分かっていて、なんでやるの?!


 答えなくても良いよ。
「全部日本が悪いんだ!!」
それしか言えないのは分かってるから。

618 :天之御名無主:2008/12/07(日) 02:15:53
体毛、髭、眉毛が薄い人々は朝鮮系の血ですので

619 :天之御名無主:2008/12/07(日) 09:23:59
(チベットでシャンシュンと称するのは)北西蛮族、山岳戎を古代中国語でシャンシュン(山戎)国というこ
とからも、チベット人が古代に「北から南に」移住した経路をさす。チベットの別称は"Tibod"であるが、こ
れは事実上"Toba", "Tuva", "Tuba"に等しく、おそらくはスキタイ竈・地母Tabitiに由来し、"Khor-Tumat"
として頻繁に出現する、古代チュルクモンゴル民族名"Tumat"もこれに由来する。神名Tabitiと民族名"Tumat"は匈奴頭曼単于、地母神の門の川、図門江となっているとみられる。
トゥーヴァ国立大学アバーエフ教授
高野新笠 桓武天皇の母 天応元年四月十五日)。延暦九年には遡って「皇太后」の尊号を追称され
た。百済の遠祖の「都慕(つも)王(百済王の始祖で、夫余を開国したと伝える伝説上の人物)」は河伯
(かわのかみ)の娘が太陽の精に感応して生まれた。皇太后はその末裔である。それで「天高知日之子
姫尊(あめたかしるひのひめのみこと)」の諡を奉ったのである。
http://homepage3.nifty.com/araebisu/a/kodai/syoku-gi/syokug-na.htm


620 :天之御名無主:2008/12/07(日) 09:30:00
日本では椿神社(土公氏・猿田彦)がこれに相当する。各地に椿神社の猿田彦神社を祀るのは
満蒙において鹿石を建立することと同一の行為と見られる。

621 :天之御名無主:2008/12/07(日) 10:50:21
トゥーヴァ国立大学アバーエフ教授とは裏腹に「中国YDNAより推理する中国諸民族成長移住の歴史」
http://library.ibp.ac.cn/html/slwj/000222645600001.pdf
によればYAP+については、「特定遺伝子遠距離移動」が[中国西部、中国南部、漢族、北東アジア、
南アジアD*→中国北部、チベットD3*]で見られ、「近隣拡大」は[チベットD3*→中国北部D3a]で見られる
ということ。しかし、これは三苗の甘粛への追放といった神話歴史時代の政治的、人為的な政策の結果
であり、それより以前にアバーエフ教授の言う北南方向の移動があったことはモンゴル高原の「オボー」
を初めとする石積文化がチベット、雲南に移動することから見てもいえるのではなかろうか。又、日本の
YAP+の原郷は、鹿トーテム、朝鮮半島琵琶型銅剣、オルドス→遼東への青銅器文化の伝播からしても
モンゴリア高原周辺を起源と考えるべきではないかと思う。

622 :天之御名無主:2008/12/07(日) 12:43:32
 はいはい、石積文化は朝鮮民族が世界に広めてイギリスにも存在するから、
イギリス王室の先祖も朝鮮民族なんだよね。

日本では縄文時代から鹿も蛇も神聖視されていたし琵琶型銅剣が朝鮮半島に
出現する前から人が住んでるぜ。
それにサルタヒコは鹿トーテムとは全く関係無い。いつもながら捏造が好きだ
ね。

「縄文人は”チョッパリ”で”犬の子”だから人間じゃない」

つーんなら話は別だけど。

それに三苗は揚子江以南の中国南部が本拠地で、モンゴル高原から朝鮮半島を
経由しなくても揚子江河口から直接日本に来ている。人間も米作文化もな。

もっとも、現在の朝鮮民族にはD型遺伝子を持っている男性はいない。
先住民を皆殺しにして半島を乗っ取ったのが現在の朝鮮人なのさ。それと同じ
事を今の朝鮮人が日本でやっている。何千年経とうと、朝鮮人の犯罪性は変わ
らない。


 どうして、「日本人は朝鮮半島から渡来しなければならなかった」としか
考えられないのかな。

それとも、朝鮮半島から渡ってきたのが日本人であって、朝鮮系でなければ日
本人では無いと言いたいの?
いつものコトだけど。

朝鮮人はどんなに自分を誤魔化しても朝鮮人だよ。
生きている間も、死んだ後も、永遠にな。

623 :天之御名無主:2008/12/08(月) 03:16:20
`・д・;)なに

624 :天之御名無主:2008/12/08(月) 09:11:50
このスレの趣旨は現代社会問題を論じることではなく、民俗・神話といった歴史的な事柄であり、
朝鮮半島、日本列島の現代の社会問題は論外。民俗・神話の発生する時代に国境はあいまい。
人種もあいまい。その辺は朝鮮族、日本民族などと言う概念とか、愛国主義とかとは全く次元が違う。
各自この趣旨で自由闊達に意見を述べて欲しい。

625 :天之御名無主:2008/12/08(月) 11:34:28
ユーラシア中央のトゥーラン遊牧文明を作ったサヤン・アルタイ地方及び中央アジアのチュルク・モン
ル民族の民族宗教において"khor"(参考→布留社http://www.city.tenri.nara.jp/kanko/bunkazai/bunkazai03.html)
と言う言葉の持つ概念は重要であり、
その言葉は民族最高神の形容語(トゥーヴァ語神名. Kurbustu, 参考→トゥーヴァ語.

"khulbus" - "鹿'", 参考 まで、 "kur" - "帯", "khooray" - "城市", "khuree"- "寺院"; アルタイ語

神名Korbustan; ブリャートモンゴル語神名 Khormusta; イラン語神名Khormazd),であることのみな

らず、諸民族の多くの民族名 "uygur" (khoy - khor), "khooray", "khongoray" (V.Ya.

Butanayevによれば古代ハカス地方の国名), ブリャート部族名 "khongodor", "ekhirit", "khori-

buryat", "khoro-yakuty", "kurrykan", "guran", "uryankhay",チベット氏族名Gar, トゥーヴァ氏

族名Oorzhak ( "oykhor" + "chik"の合成),Kol, Kyrgyz王族("uker" + "oguz"合成) 他に入っ

ている。古代朝鮮国家Koguryo(高句麗)及びKoryo(高霊)と言う名称にも早く言えば匈奴経由で

中央ユーラシアの"khor"という一般的概念が借用されたと考える。"khor" もkhunnuも直訳すると"太

陽"の意味であり、"Uryankhay" (烏梁海)というのは"Khoray" - "Khongoray" - "Kurrykan"の短

縮されたものに過ぎない。これらは全て"太陽鹿"という古い概念と関係している。サヤン・アルタイ語で
鹿を意味する語根は"chaa"であり、"神の鹿より生じた太陽の民族"を意味する言葉である"chaa-zon"
という2つの語根からなるサヤン・アルタイ語起源の言葉が古代朝鮮を意味する"Choson"と言う言葉に
なった。・・・ 前述トゥーヴァ国立大学アバーエフ教授による >>621

626 :天之御名無主:2008/12/08(月) 11:45:34
他にも、同教授は鹿を意味するヤクート語TOPA、土方、兜跋、拓跋が同根であることを論じている。
日本語の筑波、椿神社もこれに関連するのではなかろうか。

627 :天之御名無主:2008/12/08(月) 14:03:48
>>625
やっぱ発音・語感が似てるから祖語は外国語だとか
大学教授でもそういう研究してんだな
なんでヘブライ語に似てる古代日本語となるとトンデモになるのか?
影響はあったと考えるのが当然。
世界はシルクロードで繋がっていたのだから。

628 :天之御名無主:2008/12/08(月) 15:48:24
ヘブライなんてものはなく、事実はハザールの先祖であり、モンゴロイドの羌(秦)と共生していた可能
性はあると思うね。話は変わるが東北学院大の発掘した興隆窪だが、ロシアの学者は南洋系と見ている。


629 :天之御名無主:2008/12/08(月) 22:59:24
日本の童謡が好きなユダヤの女の子
http://jp.youtube.com/watch?v=S0KqXB1wOCg

「失われたアーク」の謎を追え!@
http://jp.youtube.com/watch?v=tC-YUa3m30g&NR=1

不思議の国イスラエル(1)~Israel is Wonder Land(1)
http://jp.youtube.com/watch?v=SO9U3vPUiyU&feature=related

不思議の国イスラエル(2)~Israel is Wonder Land(2)
http://jp.youtube.com/watch?v=bRKQX_M1BQE&NR=1

イスラエルに来てます
http://jp.youtube.com/watch?v=uOz5IR1JNXM&feature=related

組曲『ニコニコ動画』 イスラエル人 Maya対Ikis
http://jp.youtube.com/watch?v=gumTuYHq-gc&feature=related

ヘブライ語版組曲「ニコニコ動画」
http://jp.youtube.com/watch?v=ZxcMQ5szmNs&feature=related

630 :天之御名無主:2008/12/10(水) 09:47:16
>>628
参照 原シナイ文字から派生した文字体系
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%82%A4%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B4%BE%E7%94%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E6%96%87%E5%AD%97%E4%BD%93%E7%B3%BB
アブラハム宗教の伝播とは別に原シナイ文字が広がる過程において随伴的に情報が伝播したと考えた
方がすっきりする。日本ではアヒル文字というのがこの系統と9去れるが阿比留氏に含まれる語根は
ハビル、ヘブライと同じであるのが注目に値する。

631 :天之御名無主:2008/12/10(水) 09:58:25
シルクロード経由↓で
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/42/Language_travel_from_India.png
流れた多くの情報の一部としてヘブライ関連のものがあったと考えられる。

632 :天之御名無主:2008/12/10(水) 12:28:50
イランで見つかった仏教遺跡は、仏教がアララト山のふもとまで到達
したことを証明した。アララト山といえばもうほとんど古代ヘブライ人、
ユダヤ人の活動範囲だ。バビロニアに大量に捕囚抑留されたユダヤ人が
いたのはアララトのはるか東、仏教発祥地に近接するアフガニスタンだった
仏教はユーラシアを横断したことは認めるが、何故ユダヤ教がユーラシアを
横断したことは認められないか?これを認めないことが日本の歴史学、
考古学の伸展を阻害している

633 :天之御名無主:2008/12/10(水) 13:01:55
「6・7世紀における皇族および諸氏族の伝承に、新約・旧約聖書の思想が影響を与えてきたことが明ら
かになってきました。具体的には、景行・成務・雄略やヤマトタケル伝承などは、旧約聖書の伝承が影響
を与えていました。一方で、仲哀・神功・応神・聖徳太子伝承などには新約聖書の影響が強く見られま
した。そして、そこには皇族の他、主に尾張氏・物部氏・秦氏等の関わりも明らかになってきました。それ
ら諸氏族がもたらした諸伝承では、ただ単に聖書等の外来伝承が挿入されたわけではなく、諸集団独自
の習俗・観念や全国展開の歴史を反映していることがあります。そこには、5,6世紀代の屯倉進出や、
東西南北ラインや道で支配領域を区切る観念、そのために必要な測量技術や地図作成の知識などを記
紀に見出すことができました。これらの聖書思想や高度な軍事・測量技術の背景には、それぞれの時期
に流入した渡来人の影響なしには考えられないことがあります。特に新羅系の天日矛にまつわる信仰を
もたらした集団や秦氏集団の流れについて、彼らが新羅で強く影響を受けていたと思われるローマ文化
との兼ね合いを考慮しながら、前掲の記紀伝承について考えていく必要があるでしょう。そして、7世紀後
半にいたっては、積極的な遣隋使や遣唐使派遣によって中国からもたらされた外来伝承や高度な石造
技術の影響を見てきました。そこにも、景教やゾロアスター教など、東アジア以外の文化の流れを見出す
ことができ、東洋だけの視点でもはや日本古代史研究を進めていくことはできないでしょう」
http://www.asahi-net.or.jp/%7Erg1h-smed/toraijinkenkyuu/kaihou0603.htm

634 :天之御名無主:2008/12/11(木) 14:28:19
既出だろうけど>>1の言い方はおかしい。
バビロン捕囚されたのは南ユダヤのユダ族とベンジャミン族。
彼らは新バビロニアを滅ぼしたアケメネス朝ペルシアに解放され、
一部はエルサレムなど旧ユダ王国に帰還し、一部はバビロニアに残留したが、
「失われた12支族」はアッシリアによって下層民以外は根こそぎ強制退去させられ、各地に分散、流配されて行方不明になった。
北イスラエルに残留した12支族下層民も一部がエルサレムなどユダ王国領に移住した他は、
アッシリアが入植させたセム系多民族と混血・融合し、後にサマリア人になったわけ。
仮に失われた12支族のうちマナセ族やダン族がペルシアに渡ったとしても、
バビロニアだのバビロン捕囚だのとは何の関係もない。
ネタももうちょい歴史を勉強して出さないと。

635 :天之御名無主:2008/12/13(土) 15:18:00
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%83%A6%E5%90%8C%E7%A5%96%E8%AB%96
参考 留意点(秦氏) 秦悪来の殷王室への入り込みなどは、時代的に言ってレバントが青銅器末期の
動乱時代に入る頃、すなわち、エジプトからアジア系が完全に出てしまう頃に当たる。ヒクソス時代馬、
二輪車、精巧な青銅器鋳物部品、武器で中近東に名をとどろかせたアジア系は、混乱で終止が付かない
中近東を見限り、東方のビルマ、タイ、黄河下流方面に向かったのであろう。殷王室への青銅二輪車、
周への軍事戦略技術提供は羌系秦氏によるものであろう。殷の頃はカラスク文化人がアンドローノヴォ
文化圏にあって交易路を抑えていたようであるが、西周になると次第に月氏/パジリク、タガール等がこれに
取って代わる。秦氏も春秋戦国時代は決して安閑としたものではなく、いろいろ苦労をしている。しかし、
甘粛の四川・黄河両方向への分岐点と言う重要な位置にいたために最終的にはソグド人などとの接触が
出来、これが後々までに続いたようである。


636 :天之御名無主:2008/12/13(土) 15:24:56
ユダヤ人の聖典の内容はシュメール、中央アジア、エジプト等の原典の寄せ集めであり、日本の記紀
と非常によく似た編集方法、また、時代背景もよく似ていたのであろう。ヒクソス初期からアジア系の
中近東撤退を最初に持ってきているようであり、基本的にはエジプトの一神教を目指したのであろう。

637 :天之御名無主:2008/12/13(土) 15:42:53
しかし、秦氏はエリートである。腐っても鯛であり、日本に来ても神主や僧侶、商人、医師、商人、の
ようなことをしているのが多い。が、殷周、戦国時代の大きな社会変化は、青銅器→鉄器の武器、
農具が拡散し、縄文時代の日本にまで及んでいることであり、中央政権の統治を離れた武装集団
戎が成立したことである。その残影は日本における物部氏に見ることが出来る。満州・朝鮮の牧畜民
の動物陪葬が、青銅武具埋葬に変わり、それが青銅埋葬具、やがては銅鐸などに変化してゆく。
このうちの武具埋葬時代が戎の時代の思想を最もよく留めている。

638 :天之御名無主:2008/12/14(日) 04:04:44
ユダヤというよりハッティー、ヒッタイトの流かなあやっぱ?

639 :天之御名無主:2008/12/14(日) 07:36:25
最近凄いですね。。

640 :天之御名無主:2008/12/14(日) 09:47:34
ウェブ契丹 - Wikipedia
契丹人の一部は女真に取り込まれ、また一部は中央アジアに逃れて西遼(カラ=キタイ)を建てた。 『魏書』によると契丹、高句麗、室韋、庫莫奚、豆莫婁(扶余の後継国家)の言語が同じとされる。 種族としては諸説がある。 定説ではモンゴル系とされる。 ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%91%E4%B8%B9
[編集] 各言語での「契丹」
なお、英語で中国の旧名であるCathay、ロシア語で中国を意味するКитай(Kitay)[1]、モンゴル語で中国あるいは漢民族を示すХятад(Hyatad)などは契丹に由来する。[2]
アラビア語・ペルシア語文献では13世紀以前には、契丹や広く北中国全域を指す場合「ハター(ウ)」ないし「ヒター(ウ)」 ?????? al-Kha??'/al-Khi??' と呼ばれていた。
「ハター(ウ)」ないし「ヒター(ウ)」

契丹の元の言葉キタン(Qitan)とは鋼鉄の事である。契丹は民族の神話によると、白馬に乗ってきた神人と青い牛の牛車に乗ってきた天女が結婚して8人の子供をもうけた。これが後の契丹八部の祖先になったといわれる。この伝説は中国の歴史教科書にも紹介されている。


641 :天之御名無主:2008/12/14(日) 11:44:12
ヒッタイトと秦氏以前にヒッタイトがモンゴロイドであったかどうかと言う問題がある。ユダヤ・基督教
聖典情報だとヒッタイト・アッカド・カッシート等が同族でモンゴロイドとしている。しかし、現在のこの地方
にはモンゴロイドの色影は濃くない。聖典は宗教用のプロパガンダで事実ではないと考えることもできる。
しかし、ある異常な事態、つまり、タタールモンゴルのユーラシア大帝国に匹敵するようなモンゴロイド族
の世界的拡大が起こった頃にユダヤ人という集団が結成されたという歴史的真実を述べているとも取れる。
現在明らかになっているシベリアのセイマトゥルビノ青銅器文化集団の急速な西進、モンゴロイドである
オークネフ文化の南シベリアからカスピ海東南部、インドへの移動の考古学的発見は聖典がプロパガン
ダではなく史書であることを裏付けるようである。

642 :SEO:2008/12/18(木) 13:06:01
歴史ミステリーで沖縄の海底ピラミッドがエジプトの階段ピラミッドと構造、規模がそっくりだと結論ずけた。
海底にあったということは、氷河期に作られて、温暖化で海底に沈だと考えられる。
フェニキア人が太古に船でやってきたと言う事だろう。
扶桑国という名が中国の史書に書かれている。
フェニキア人とユダヤ人につて、他のHPに在ったが、関連があるらしい。


643 :天之御名無主:2008/12/18(木) 14:47:17
おそらくそれはこんなもので↓
http://www.bioon.com/popular/UploadFiles/200407/20040710024130595.jpg
伝説的説法是,高句麗民族出自我国東北的ワイ貊族,ワイ貊人很早就生活在松花江流域。
《詩経・大雅・韓奕》有“王錫韓侯,其追其貊,奄受北国,因以其伯”。Zhe是周宣王将韓侯封到来
北松花江流域的最好証明。
  有人認為,西周初年,周成王営建洛邑之后召開諸侯大会,参加会議的東北高夷是高句麗族之源。
也有学者根据高句麗族出自北扶余,而将夫余説成是高句麗的族源。Hai有学者根据先商出自幽燕
之地,当大部分商人入主中原之后,余部留在東北,成為東北少数民族的祖先,也就是成了高句麗人
之源。無論高句麗出自ワイ貊、高夷、扶余,Hai是商人,都是古代東北民族,因此,認為高句麗是東北
的古代民族是没有什マ問題的。
http://www.bioon.com/popular/Nature/loseculture/200407/54716.html
高夷とされるが、実はヒッタイトのものであろう。

644 :天之御名無主:2008/12/18(木) 15:57:43
隋書琉求(琉球)國伝
「人は深目長鼻で胡(中国北方種族)によく似ている。」
「凡そ宴会があると酒を摂るものが、名を呼ぶのを待ってから飲む。
 王に酒を奉る者も亦王の名を杯で一緒に飲むこと。突厥(西方の種族)
と全く同様である。」
http://w1.nirai.ne.jp/mic/zuizuiz.htm
「煬帝は兵を義安郡(広東省潮安県)から派遣し、これを攻撃させた。高華嶼に至り、また東行二日で
クヘキ嶼に至り、更に一日で流求に至る。南方諸国の人を従軍させていたが、その中で崑崙人が流求
の言葉を非常に良く理解した。」
http://boat.zero.ad.jp/~zaw10107/4/2_4.htm
隋が流求国から持参した戦利品を見た倭国人は此夷邪久(琉球)
國人所用也る物だと言ったのを記録しているのである。
このあと倭国は隋国との国交が絶えてしまう。
http://w1.nirai.ne.jp/mic/zuizuiz.htm

645 :天之御名無主:2008/12/18(木) 16:29:21
無論高句麗出自ワイ貊、高夷、扶余,Hai是商人,都是古代東北民族,因此,認為高句麗是東北
的古代民族是没有什マ問題的。
高句麗の出自がワイ貊であるかどうかはともかく、高夷、扶余はやはり殷人だ。lこれらは皆古代東北
民族である。だから、高句麗を古代東北民族として何らおかしくはないのである。
・・・つまり、東夷とはおしなべて殷の末裔なのだ。しかし、その中にあって沖縄にいた東夷というのは
白人であり、おそらく、タガールの末裔であろう。しかし、九州の地下横穴墳とか、岩戸山の装飾古墳
等には新たな突厥系白人文化も考えられる。九州・沖縄・台湾の東シナ海沿岸部には亀甲墓、派風墓
があるが、ヒッタイト帝国周辺のトラキアなどの葬制を髣髴さす。

646 :SEO:2008/12/19(金) 00:16:37
縄文式土器は、土器の中では、日本が一番古く、彩色土器は、西に行くほど年代が新しい。
すべて、オリエントから広がったとも言えない。
縄文人が、船を使ってアメリカ大陸に広がったともいわれている。
沖縄の階段ピラミッドといっしょに、アルファベットの原型も出ている。
Nは、蛇をあらわしているらしい。
アルファベットを発明したのは、フェニキア人と言うのは、広く知られている。
そのアルファベットが沖縄の、海岸の岩に刻まれていたし、遺跡の遺物で出ている。
日本の、海人と言われている人の事であろうか?
あるトンデモ本で、中国の歴史書は、かなりオリエントの借用であり、孔子をはじめ、偉人も
バクトリア朝の借用とも書いてあった。
仏教の元祖もミトラ教(密教)が大本らしい。僧侶の儀式とかが、キリスト教に似ているのは、
キリスト教もミトラ教を引き継いでいる為らしい。




647 :天之御名無主:2008/12/19(金) 16:47:33
安陽、殷文明は竜山文化の基盤を基に北方遼河文明、西方アンドローノボ文化の影響を受けていた。
この頃西洋文明は馬、車輪の実用化、鉄の発見の時代にありながらも、晩期青銅器文明の崩壊、青銅
器の添加合金である錫の不足、失蝋法精密青銅器鋳造技術に欠けていた。そこで安陽と黒海沿岸を
結ぶカラスク・ホライゾンがアンドローノボ文化圏を横断して成立し、馬、車輪を実用化したインドイラン、
アナトリア印欧語コーカソイドはモンゴリア高原の諸民族を中心とし、巴蜀方面の部族と共に安陽周辺
に集結した。カザフスタン出自のカラスク人は遼河方面の高句麗の先祖と連携し黄河から淮河方面に
進出した。これは高句麗の先祖である興隆窪・趙宝溝文化人の出自が中国南部であり、里帰りのような
もの。やがて殷は崩壊、東北出身の部族は朝鮮半島、日本列島に流入し、無文・弥生時代が始まる。
隋の煬帝は高句麗、林邑、琉球といった言葉と共に「島夷」という言葉も使用している。沖縄の海底に
眠るピラミッドはユーラシア文化の大きな謎を秘めているのだ。

648 :天之御名無主:2008/12/19(金) 17:24:27
大塚初重先生により発見されている長野県大室、合掌式石室墳はヒッタイトがアナトリアに侵入する前に
北コーカサスでドルメンと共に採用していたクルガン下の切妻屋根石室であり、遼東・山東へのドルメン
信仰、つまり、石棺墓の到来はヒッタイト文化がアルタイ・バイカル石積墳文化圏を経て高句麗の墓制
となったものと考えられる。時期的にはアルタイ・カラスク=殷文化期に並行する。

649 :SEO:2008/12/21(日) 20:13:40
>しかし、九州の地下横穴墳とか、岩戸山の装飾古墳
等には新たな突厥系白人文化も考えられる。
九州のトンカラリンと言う遺跡を、エジプト考古学の権威の吉村先生が、エジプトの
ピラミッドと石の組み方、入り口の寸法、通路の長さが同じであるとTV番組で述べていた。
どうも、通路の構造は、歴史を現していると言う話を、どこかのHPで見た。


650 :天之御名無主:2008/12/22(月) 11:16:42
スキタイ、これがアッシリア他中東と接触し、後にはトラキアの技術を含む黒海沿岸ギリシャ文化と
接触する。これが突厥に入る。高句麗が隋と戦うために突厥と組む。琉球への隋の侵攻を巡って
高句麗・突厥連合軍が動く。こうした背景がったのかもしれない。つまりこの際にタタール馬踊りが
ジュリ馬となり、従軍したブリャート人の遺伝子が沖縄に残り、豚食嗜好も残った。墓制、城郭には
トラキアの様式が残されこれがグスクとして残る。が、エジプトの太陽神ラーの信仰は既に、ヒクソス
以前にバイカル・グラスコフ文化に到達している。これが突厥にまで引き継がれたと言うことも考えら
れる。


651 :天之御名無主:2008/12/31(水) 02:26:30
秦氏の苗字ってどれくらいあるの?

652 :天之御名無主:2008/12/31(水) 14:11:00
少量多品種>651

人数は多くないけど
種類はそこそこあるね。

653 :天之御名無主:2008/12/31(水) 14:38:48
「欽明天皇がまだご幼少の頃のある日のこと「秦(はた)の大津父(おおつち)という者を登用すれば、大
人になられた時にかならずや、天下をうまく治めることができるでしょう」という夢をみました。天皇は目覚
めてから早速方々へ使者を遣わされて探し求められたところ、山背国紀伊郡深草里に秦の大津父がい
たのです。
天皇はこれを大いに喜ばれて早速彼を宮廷に呼び寄せられ、「今までに何事かなかったか」と問われ
たところ、彼は「別段何もありませんでしたが、伊勢のほうへ商いに行っての帰り道、山(稲荷山南麓の
大亀谷)にさしかかったところ、二匹の“おおかみ”が血を出しながら争うのを見つけましたので、馬より
降り、口をすすぎ、手を洗って『汝は貴い神であるため荒い事などを好まれるが、もし狩人が来たならば
たやすくとらわれてしまうから争うのはおやめなさい』と血をぬぐって山へはなしてやったので、その“おお
かみ”は二匹とも命を全うできました」と答えました。そこで天皇は、「夢で見たとおりの人に会えたのは、
おそらく神のおかげであろう」と仰せられて、彼を厚く遇せられ、やがてにぎわいを呈するようになり、即位
されると共に、彼を今でいう大蔵省の重席に任じたとあります。」
http://inari.jp/b_shinko/index.html
犬戎を操る秦、犬戎はエジプトのジャッカルの神、シリウスの神、アヌビス、忌部、これはギリシャ、ローマ
でも信仰の対象となるが、日本では稲荷となり、ジャッカルの御真影を正しく留めるのは東京は赤坂、
豊川稲荷の狛犬、これこそ、ユダヤの秘密の神黒い犬、死んでも負けない神である。中央アジアの犬神
がナイルの農耕に律動を与え始めたのは非常に古い時代であった。エジプトに馬、二輪車を持ち込み、
ヒッタイト、ミタンニ、アッカド、エラムを支配した秦はカラスク・ホライゾンを通り、新疆に入り、ヒッタイト
文化圏を帰還したものはドルメンを山東省、遼東に持ち帰った。稲荷とはナイルの豊穣を淀川、木曽川
水系にもたらす神であった。


654 :天之御名無主:2008/12/31(水) 14:56:17
「「大并(高良大菩薩)、クタラヲ、メシクスルカウ人トウ クタラ氏ニ、犬ノ面ヲキセ、犬ノ スカタヲツク
ツテ、三ノカラクニノ皇ハ、日本ノ犬トナツテ、本朝ノ御門ヲ マフリタテマツルヨシ、毎年正月十五日ニ是ヲ
ツトム、犬ノマイ 今ニタエス、年中行事六十余ケトノ其一ナリ」<()内は古賀注>
 ここで記されていることは、百済からの降人の頭、百済氏が犬の面をつけて正月十五日に犬の舞を
日本国の朝廷の守りとなって舞う行事が今も高良大社で続いているということだが、初代高良玉 垂命が
この地に都をおいた時期、四世紀末から五世紀初頭にかけて百済王族が捕虜となっていることを示して
いる。これに対応する記事が朝鮮半島側の史書『三国史記』百済本紀に見える。」
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/kaihou26/koga26.html


655 :天之御名無主:2008/12/31(水) 17:12:49
http://en.wikipedia.org/wiki/Hairless_dog
http://americaninlima.com/2008/11/29/peruvian-hairless-dog-nap/
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1f/Tutanhkamun_jackal.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A5%9E
http://www.ten-f.com/oinarisan.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%83%93%E3%82%B9
http://en.wikipedia.org/wiki/Anubis
これは南米で無毛犬と呼ばれるらしいが、ちょうど殷周革命、弥生初期にエジプト→中国→日本→
メキシコ→ペルーに入る。これはその後にもアマゾン・モホスにおいて隼人紋入りの棺に埋葬される
弥生時代の日本東北・中国山東・遼東出身モンゴロイド巨人王の文化の足跡、日本のダイダラボッチ
伝承と符合している。

656 :天之御名無主:2008/12/31(水) 17:17:33
ちなみにこの殷・周革命の頃、バクトリア(後の大夏)地方では山の神、田の神の元となる季節的
山里回遊遊牧経済が始まり、中国と中近東を結んでいたハイブリッド集団、カラスク文化人はそうした
経済の遺跡を残している。これも稲荷・犬神信仰と結びつく。

657 :天之御名無主:2008/12/31(水) 17:35:38
犬を共食する信仰は既に殷よりも早い頃にボルガで始まっており、これはエジプトと関係する
ものであろう。
Seima-Turbino horizon, dated 2000-1700 calBC
http://users.hartwick.edu/anthonyd/opening.html
http://users.hartwick.edu/anthonyd/seasonality.html
http://users.hartwick.edu/anthonyd/ritual.html
これがギリシャ、ローマ、伏見、豊川に伝わったのであろう。

658 :天之御名無主:2008/12/31(水) 17:45:54
ピラミッド内部構造が出雲神殿に類似していること、スフィンクスと狛犬が類似すること、アヌビスと
忌部が類似すること、装飾古墳にエジプトのモチーフが入ること、飛鳥石舞台は欧州に多いこと、
これらは日本、エジプト、そして、中南米にまで古代において繋がりがあったことを物語る。同時に、
日本の神社仏閣の世界史的重要性を物語る。

659 :天之御名無主:2008/12/31(水) 17:57:23
Plato has Socrates utter, "by the dog" (kai me ton kuna), "by the dog of Egypt","by the dog, the god of the Egyptians" (Gorgias, 428b), for emphasis.
プラトンに論破されたソクラテスは「kai me ton kuna、エジプト人の神犬(クナ)にかけても」と口走った。
http://en.wikipedia.org/wiki/Anubis
卑弥呼も狗奴(クナ)国(山城・尾張)の神々については同じ言葉を口走っていたに相違あるまい。

660 :天之御名無主:2008/12/31(水) 22:18:45
なんだかみんな勝手なこと言ってる感じでどれがホントのこと
なのか何れも説得力に欠けるなあ!
もっとも俺は自説を展開できるほどの知識はないが。(数学専門)

661 :天之御名無主:2009/01/02(金) 11:11:35
謹賀新年
ツタンカーメンの被り物が、ジンギスカンとか、九州の田の神石像の被り物と似ていることも、アヌビスと
豊川稲荷の狐狛犬が似ていることは装飾古墳にエジプトの太陽の舟が描かれることと関連すると言うと、
勝手放題なことを言うようではあるが、西シベリア、南シベリア、バイカルにかけてエジプトモチーフが
広がり、ボルガにはバシコルドのエジプトでファラオに出世する話しが残る。西シベリア、南シベリア、バ
イカルにはケト人と言うのがいるが、新大陸のナデネ・インディアンと共通する遺伝子を持ち、同様のも
のは日本にも残っている。日本ではスサノオが気多の大神を勧進している。聖書研究ではヒッタイトと言
うのは月代を剃って、髪を束ねるモンゴロイドであり、満州の辮髪に近いとしている。ヒッタイトの他に
フルリ人と言うのがあるが、百済の王族もフルヒトと呼ぶことがあり、これは扶余等の鹿飼い族と見られる。
言語的にシナ・ナデネ・コーカサスと言うグループを想定してはいるが、事実は甘粛の羌、新疆の羯族が
印欧、セム系遊牧民の先頭に立ってヒッタイト、ミタンニ、アッカド、ヒクソスの政権を支配したと考えなく
ては稲荷信仰の起源は説明が付かない。

662 :天之御名無主:2009/01/02(金) 11:26:50
安陽に立地した殷は、まだ、中国の主要銅鉱山、銅緑山*を支配することが出来ず、銅資源の原料供給、
一部技術、デザインは、世界で始めて失蝋法を発明したアッカド(これは既に周に入ってだが)、カラスク
人が持ち込むカザフスタン方面の羊柄頭短剣などに頼っていた。殷の封建的体制の萌芽である「田猟地」、
参考→「松丸氏は、これら王宮近くの狩猟地名は、「殷王がその支配秩序下の諸族・諸方の名をもって
自己の邑の周辺の田猟地に命名し、その地で田猟をおこなうことを通じて、それら諸族・諸方の支配の
維持存続を計ろうとしたような観念の存在が想定しうるかもしれない」とも述べておられる。」
http://www.rku.ac.jp/~hara/tokushumay20.htm
これはモンゴリアを中心に中近東・コーカサスにまで展開する鹿石の思想であり、アッカドのクドゥル
もこの一貫であろう。要するに殷というのはこの文化の最東端に位置していた。
*銅緑山は三星堆文化の領域内にあった。

663 :天之御名無主:2009/01/02(金) 12:52:26
今日TBSでエジプトとメキシコのピラミッド特集5時間やるね

664 :天之御名無主:2009/01/02(金) 13:25:27
ありがとうございます。ピラミッドっつうのは支石墓の変形であり、労働力、石灰岩、花崗岩、黒曜石、青
銅器が極度に集中していたナイル下流とか、中南米の特殊な環境で異常に大きくなったもので、日本
なんかでは葦嶽山、クロマタ山等既に自然界に出来ていたものを利用した方がはるかに合理的だった
といえるのでは。

665 :天之御名無主:2009/01/09(金) 04:14:07
いきなりですが、グルジアって弓月国なんですか??

666 :天之御名無主:2009/01/09(金) 13:28:33
>>665

そうですが。??

別名 三日月国とも表記されることもあるらしいが。


667 :天之御名無主:2009/01/09(金) 17:15:28
ユダヤ=ジュー→ju=yu=ユー =月氏=ユーズ →弓月=クンユエ=グルシア


668 :天之御名無主:2009/01/09(金) 17:17:30
ジュー→ju=yu→月氏=yuzu → 倭国の別称=猶=ユ →倭=ワ or ウェイ

669 :天之御名無主:2009/01/09(金) 17:20:03
つまり倭が猶と呼ばれていた時代、起源2世紀頃までの弥生時代
結わない美頭良とシルクハット、肩に鳥を乗せた埴輪の部族が、彼ら

670 :天之御名無主:2009/01/11(日) 04:02:18
グルジア・アゼルバイジャン・アルメニアのコーカサス三国とウクライナ
あたりがハザール帝国だったな。

671 :天之御名無主:2009/01/11(日) 05:35:16
出典はウィキペディア

秦氏は3世紀(応神天皇18年)日本に来たと言われている

ハザールは7世紀に建国、9世紀にユダヤ教への改宗

672 :天之御名無主:2009/01/11(日) 05:41:06
>>671の訂正
出典はウィキペディア

秦氏は3世紀(応神天皇14年)日本に来たと言われている

ハザールは7世紀に建国、9世紀にユダヤ教への改宗

673 :天之御名無主:2009/01/11(日) 06:03:27
>>672訂正
出典はウィキペディア

秦氏は3世紀(応神天皇14年)日本に帰化した

ハザールは7世紀に建国、9世紀にユダヤ教への改宗

674 :天之御名無主:2009/01/19(月) 08:34:36
【日月神示】瀬織津姫の筆先【天の弥勒】
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1231243759/
この世の根本のことから、末代残る新しい世の政策までの全てを日本の母なる女神が天子に書かせた筆先

96 名前:ZADIK[sage] 投稿日:2009/01/17(土) 17:05:38 ID:8ImqRGyT
>>94
悪いなんてもんじゃない
外道の人非人
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1231897510/
奴らの本当の敵は日本
間違えてはいけない
エルサレムなどどうでもいいのだ

第二次大戦当時、日本が降伏する前にぎりぎりで間に合わせたにもかかわらず、投下された二つの原爆はウラニウム製とプルトニウム製の二種類だった
アメリカが作ったのはプルトニウム製だけだ
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc107.html

ウラニウム原爆はナチス製であり、ロスチャイルド男爵の孫であるヒトラーの指示で最初から日本に投下する目的で開発された
一方アメリカの原爆を開発したオッペンハイマーもただのユダヤ人ではなく、ロスチャイルド男爵に極めて近い血縁の人物
二種類の原爆の開発責任者は共にユダヤの本流の血筋の者であり、発案者(アインシュタイン)、開発者(ヒトラー、オッペンハイマー)、投下命令者(トルーマン)と巧みに責任を分散していても関わっているのは全てユダヤ人

アインシュタインの反省の演技を見て奴が善人だなどと思うのは甘ちゃんもいいところ
目を覚ませ

675 :天之御名無主:2009/01/20(火) 04:43:36


837 :名無しさん@九周年:2009/01/19(月) 23:24:46 ID:VQ6o54w/0
毎日新聞の日本人変態記事はユダヤ人記者の仕業でした
★ジャパン・タイムズの変態コラム「 TOKYO CONFIDENTIAL 」と
 毎日新聞英語版(MDN)の「waiwai」変態コラムは同じメンバーが書いていた★

・マーク・シュライバー (ユダヤ系米国人)←現Japan Times  元WaiWai

・マイケル・ホフマン(ユダヤ系カナダ人)←現Japan Times  元WaiWai

・ジェフ・ボンディング(ユダヤ系カナダ人?)←現Japan Times  元WaiWai

・ライアン・コネル(アイルランド系豪州人)←毎日WaiWai(毎日英語版編集長代理)

・有道出人 英語教師、人権活動家(NY出身のユダヤ系米国人で現在は日本に帰化) 
         ↓ 
MDN 「waiwai」とJT「TOKYO CONFIDENTIAL」の記事を自分のblogで頻繁に引用、絶賛し
ジャパン・タイムズの「THE ZEIT GIST」に反日記事を定期的に寄稿している。
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/JTsearch5.cgi?term1=DEBITO%20ARUDOU
ブログで広島、長崎への原爆投下を正当化している。

・デーブ・スペクター(ユダヤ系米国人)
有道出人に反日新聞記事の切り抜きを郵送しネタを提供してバックアップ。
南京大虐殺や慰安婦問題で日本を糾弾。いっぽう広島、長崎への原爆投下は正当化している。

・トニー・ラズロ(ユダヤ系米国人)ジャーナリスト・ 人権NGO「一緒企画」主宰
イタリア系の母とユダヤ系ハンガリー人の血をひく在日20年以上のユダヤ人。
小栗左多里の漫画「ダーリンは外国人」のダーリンとは、トニー・ラズロのことである。
有道出人の親友で小樽温泉訴訟の首謀者だったが、後に有道出人とケンカ別れ。いまは犬猿の仲である。
北朝鮮人権団体反差別国際運動(IMADR)の参加者・ピースボートにも参加
靖国神社への参拝を「異教徒の宗教だから」と貶しています

676 :天之御名無主:2009/01/20(火) 20:11:06
新説日本ミステリーでイスラエルの相撲をやってる

677 :天之御名無主:2009/01/20(火) 20:19:22
hakke投げよ
yoiやっつけよ

678 :天之御名無主:2009/01/23(金) 07:00:24
スサノオ=ペルセウス、ですか?
スサノオは「スーサ(ペルシャの大都市)の男」
ペルセウスは「ペルシャの人」とも解釈できます。
あらすじも「大蛇から姫を救出」と類似点がありますが、いかに?

679 :天之御名無主:2009/01/23(金) 13:54:10
日本書紀や古事記に聖書やペルシャ神話が取り入れられた
否定できない事実
過去の日本を立派に見せようと、西洋の伝説まで書き足してしまった
それが7世紀
大国主、スサノオ卑弥呼がいた時代のことは実際に分かることは少ない
のではないか
昨日明石市で1〜2世紀の大製鉄所跡が発掘された
頼みの綱は古墳や遺跡からの発掘遺物だ

680 :天之御名無主:2009/01/26(月) 10:12:24
>>679
>昨日明石市
嘘書くな。

681 :天之御名無主:2009/01/27(火) 02:55:18
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20090126ddlk28040241000c.html
垣内遺跡:説明会に県内外から900人 最大級の鍛冶工房跡に驚き
−−淡路 /兵庫
 弥生時代としては国内最大級の鍛冶(かじ)工房跡が確認された淡路市
黒谷の垣内(かいと)遺跡で25日、発掘調査に伴う現地説明会があり、
県内外から考古学ファンら約900人が見学に訪れた。

 竪穴建物跡の工房から出土した鉄のやじりの「鉄鏃(てつぞく)」など鉄製品
なども展示され、発掘を担当した伊藤宏幸・市教委社会教育課長補佐と
足立敬介・同課主査が説明にあたった。直径10・5メートルの最大規模の
竪穴建物跡には床面に赤く焼けた炉跡が10カ所残っており、見学者はカメラ
に収めたり質問したりしていた。

 家族で訪れた芦屋市立精道中学校2年、橋詰大和君(14)は「炉跡が
きれいに残り、工房だったことがよく分かった。こんな奥まった場所で、当時の
最先端の鉄器を作る集団がいたのに驚かされた」と話していた。


淡路市だな


682 :天之御名無主:2009/01/27(火) 09:25:32


日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part1
http://www.youtube.com/watch?v=mhADVY-XVVk
日本のルーツはユダヤ人の古代イスラエル?失われたアークは四国の剣山に隠されている?Part2
http://www.youtube.com/watch?v=Qlt5qzV6FLI&feature=related
動画


この動画を見てみて
日本人の祖先はユダヤ人だよ


683 :天之御名無主:2009/02/15(日) 02:57:09
>682
京大教授も事実だと認めたのか?

684 :SEO:2009/02/26(木) 11:55:35
鹿島先生のトンデモ本に、さらに凄い内容がパワーアップされた本が出た。

倭は、タルシン船で3500年前にやってきた、鉄を伝えたフェニキア人とエブス人によって

弥生時代が始まった。

秦もユダヤの一族だが、物部氏とかかなりの氏族がユダヤの一族らしい。






685 :天之御名無主:2009/02/26(木) 12:33:24
実際に純度100%のフェニキア人やユダヤ人が渡来したわけないと思う
中東から極東まで数十年から百年はかけて、アジア人の血を取り込みながら来た
純度100%なら文化も完全に伝わっているはずだが、曖昧だったり断片的にしかない
珍敷塚古墳など明らかにエジプト文明の痕跡だと思えるが、断片でしかない
中東地域から日本にたどり着いたのは、100%が10%まで磨り減った程度だと思われる

686 :天之御名無主:2009/02/26(木) 15:04:52
>>684
なんて本のタイトルでつか

687 :SEO:2009/02/27(金) 23:14:14
「倭人のルーツの謎を追う」 松重楊江 著 です。

古墳時代の陵墓が、秦王国の豪族の墓であると書いていたが、以前埴輪に、西洋人の

ような風貌の埴輪があったが、ユダヤ系の人間だと思う。



688 :天之御名無主:2009/02/28(土) 04:54:30
久慈力
「シルクロード渡来人が建国した日本

689 :天之御名無主:2009/02/28(土) 05:16:16
ユダヤスレ多すぎでウザイ
ユダヤ好きなDQNや電波なカスがはばきかすジャンルだし目障り

690 :天之御名無主:2009/03/21(土) 01:38:06
多すぎ

691 :天之御名無主:2009/03/23(月) 00:06:54
2ちゃんねるにユダヤ関連スレなんて一度もたてたことなんかないのにそう思われてるのか

692 :天之御名無主:2009/03/23(月) 00:43:54
スレ多すぎ

693 :天之御名無主:2009/03/23(月) 10:56:36
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1231694766/104

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1229277695/952

694 :天之御名無主:2009/05/09(土) 00:45:05
>>678

出雲族、日向族は純粋なモンゴロイドです。
中国人や朝鮮人でもありませんが
ユダヤでは断じてありえません。

695 :天之御名無主:2009/05/09(土) 03:24:23
混血もすすんでウヤムヤだろ
それより新参者のチョンがうざいゞ(`□´")

696 :天之御名無主:2009/05/12(火) 00:01:35
原爆投下の当日に
わざわざ、学童が爆心地に周辺地区から動員されていた。
また、本土決戦派の陸軍軍人も爆心地に急遽動員されていた。

なぜかといえば、畑俊六 も天皇もヨハンセン・グループも
廣島原爆の日時、時刻まで正確に知っていて、
女子どもと、最期まで徹底抗戦を願っていた愛国者を同時に葬り、
人体実験を計画していたからである。

http://satehate.exblog.jp/9381417/

697 :天之御名無主:2009/05/14(木) 07:02:02
菅谷梨沙子

698 :天之御名無主:2009/05/19(火) 18:10:16
日本の仏教も原始仏教がそのまま来たわけじゃないし、それこそ人もアフリカから
そのまま来たわけじゃない
ユダヤ人が血統的にも文化的にもそのまま来るわけないだろ。飛行機もなけりゃネットもない
時代に・・・

ただ混血を繰り返し、あらゆる宗教や風習に影響を与え与えられ日本に渡来してきたっていうのは
ありえる。まったくの嘘、ユダヤそのものではないにしても何かしら影響受けてるのは考えられるだろう

ユダヤ的なもの、が日本に来るはずないとか断言してる奴のほうがよっぽど電波だろ

699 :天之御名無主:2009/05/24(日) 05:00:04
>>504
祭祀氏族の忌部氏なら、
鎌足が賜姓して後
祭祀にかかわった人間の名前が見られないのは何故でしょうか?
持統時代に豪族の系図を脅迫して取り上げて
自分の名前を系図に押し込んだんでしょうね
祭祀一族から、降って沸いたように、以後は
犯罪者的所業ばかりが出現するのが
おかしいんですよ

天皇家に蔓のように絡みついて乗っ取った藤原家は
仏教一族であり、京都の泉涌寺にあるのは
天武ではない、天智以降の位牌だけですよね 

これが異族の証明そのものでなく
何だというのですか?


700 :天之御名無主:2009/06/21(日) 10:15:02
>>48
>>52

>エルサレム教団は基督と共に密接に歩んだユダヤ宗一派で、ローマとの最終決戦前夜に消えたらしい。
>海路で日本に来ていたら〜〜〜
>それにはロマン感じるね〜

パリサイ派や秦氏でなく、エルサレム教団が日本に海路で来ている、
というような説(サイト)があれば、是非教えてください。
ロマン感じます。


701 :天之御名無主:2009/06/26(金) 21:55:40
母方の先祖が波多野氏なんだけど、これって秦氏?

702 :天之御名無主:2009/06/26(金) 23:24:44
人名→地名→人名

703 :天之御名無主:2009/07/02(木) 16:36:06
畠山氏も秦氏か?


704 :天之御名無主:2009/07/02(木) 20:08:27
「秦氏はエルサレム教団の末裔だ」と言う飛鳥昭雄は、秦氏の一味なのでしょうかね。
キリスト教徒のフリをして、反キリストエージェントですからね。

705 :天之御名無主:2009/07/03(金) 02:13:00
在日犯罪多すぎだろ・・・日本しっかりしろよ


706 :天之御名無主:2009/07/03(金) 03:00:14
集団ストーカーなど、悪魔的なものは、秦氏(パリサイ人)だと思う。
人間を病ませて神から引き離し地獄へ送る。
私の友達もすっかり病んでしまった。新大阪のそういう地域。

707 :天之御名無主:2009/07/10(金) 18:14:40
そもそも白人のユダヤ人なんかいないし。
少数の混血でいるのかな?

708 :天之御名無主:2009/07/10(金) 20:03:27
ヒットラー最後の一文

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/1a/d8af79e105bfa609c607821eca601c6e.jpg


(元看守)ジョン・デミャニューク容疑者(89)

http://blog.goo.ne.jp/indec/e/4aa9dbc85dfc1e5a90485749b7b9c5d7


ナチス収容所・元看守が2009年5月にアメリカ拘束されドイツ逮捕され逮捕された。
元看守の罪は永久である。


アンネ生誕80周年
米国歳をとったアンネ合成画像
http://m.jiji.com/imenu/article/id/256534?uid=NULLGWDOCOMO


http://m.jiji.com/headline/article/id/256447/?uid=NULLGWDOCOMO


アインシュタインとアンネはユダヤ人
デーブスペクターもユダヤ人
ヒットラーは母親がユダヤ系
『エジソンのライバル』ユダヤ人

709 :天之御名無主:2009/07/25(土) 02:45:06
パリサイ人って、ペルシャ人だけど・・・実はカナンの血が混ざってるでしょ?


710 :天之御名無主:2009/08/05(水) 02:31:05
ムツゴロウもユダヤ系

711 :天之御名無主:2009/08/05(水) 04:06:50
>>708
「ロンギヌスの槍」(学研M文庫)読んだことある?
あの本にはヒトラーの先祖にユダヤ人はいない、ユダヤ人がヒトラーの先祖の土地にそれまでかつていたことはなかった、
と書いてあったぞ?

712 :天之御名無主:2009/08/13(木) 19:27:06
ユダヤ人は、宗教か?民族か?

713 :天之御名無主:2009/08/14(金) 00:00:16
民族。

714 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 20:09:36
どんな人間でも生れ落ちた時その瞬間から、
二人の神様がその人の両肩に乗かっているそうだ。
神様だから重みを感じない。
この神様の名前は「倶生神」(くしょうじん)で、
左の肩には、男の神様が、右の肩には女の神様が乗る。

この倶生神が、閻魔大王の命により、その人の善行・悪行の全てを記録している。
男の神様は善行を、
女の神様は悪行を記録し、
三十五日目の閻魔大王の裁判の時、肩から降りて、閻魔大王に最大漏らさず奏上する。
大変の数の神様が必要だが、あの世も神様があまっているらしい。

 だからね、

嘘つくと 閻魔様に 舌抜かれるよ

715 :天之御名無主:2009/08/31(月) 17:10:58
日本を建国したのは秦氏です。秦氏を否定することは日本を否定することです。

716 :天之御名無主:2009/08/31(月) 21:34:20
5世紀の日本に行って時の権力者に聞いてみたいわ
大陸の何処から来たの?って

717 :天之御名無主:2009/09/01(火) 02:12:49
>>715
嘘をつかないでください。

西暦540年
できごと

* 12月30日(欽明天皇元年12月5日) - 第29代天皇・欽明天皇が即位
* 大伴金村、任那問題を巡り失脚
* 渡来人(秦氏・漢氏)の戸籍を作成


↑だれが戸籍を作成したんですか?日本人でしょ?

718 :天之御名無主:2009/09/01(火) 11:32:54
>>717
日本人はいたが「建国」したのは
秦氏だと言いたいんじゃないのか?

まあ戸籍を作るくらいの文化はあったが、今の日本の礎を
つくったのは秦氏だ・・とかなんとか。
ww



719 :天之御名無主:2009/09/17(木) 08:18:58
秦氏が秦韓を拠点に弥生人を侵略して奴隷にして日本を建国して古墳時代が始まったんですよ。

720 :gennsinn.uzumasa:2009/09/26(土) 13:05:52
お前達は何人のつもりか? 古代日本列島は他民族国であり、初めからの日本人は数える程の一部にしか過ぎない。
日本の歴史はせいぜい2600年。それ以前は天皇家が隠している。天皇家も例外ではない証拠。
日本人が名前(名の前)を持つ様になったのは400年前ぐらいからであり、江戸時代の律令によって
苗字を付ける事となった。つまり、太郎や花子等の苗字の無い時代を流れて来た今の日本人の殆どは、
古代の日本列島に渡来して来た帰化人が先祖である事は間違いない事実。
ユダヤだけではなく、インドも中国も朝鮮も古代日本に渡来して帰化しているのだ。
鈴木も田中も川山もその他も、日本人としての名前としては後から出来たものであって、
元々はどの国の何人の系統かは判らない状態なのだ。


721 :天之御名無主:2009/09/26(土) 13:28:59
アジア人が日本に来たとか当たり前すぎてロマンが無いだろ。
ユダヤ教のユダヤ人が来たってなると神秘性を感じるだろ

722 :天之御名無主:2009/09/26(土) 14:44:19
おいおい、ロマンだけで歴史事実書き換えようとすんなよw

723 :天之御名無主:2009/09/26(土) 15:14:22
現日本人のルーツは漢民族だと思ってたんだけど・・・・
上流階級だけなのかな?

724 :天之御名無主:2009/09/26(土) 15:37:28
ごちゃまぜだよ日本は。YAP遺伝子が日本人の証

725 :天之御名無主:2009/09/26(土) 17:05:45
日本人のルーツがチンクな訳無えだろ、常識的に考えて

726 :天之御名無主:2009/09/30(水) 05:54:11
1万2千年前の氷河期時代に陸地だったところは、その後の温暖化で海中に沈む。
この頃を氷期と呼ばれるが、氷期の時代は、今とは地形が全く違っている。

1万2千年から現代に至る温暖化で、海面が上昇し現在の地形となるが、この時、
いくつか広い地域が、海に沈んでいる

広く沈んだ地域は、
・日本や中国や台湾が陸続きになっていた、東アジア
・フィリピン・インドネシア・ボルネオなどが陸続きになった、スンダランド
などが特に、広く海没している

1万2千年頃の人骨は、スンダランドでたくさん見つかっていて、当時の人類の
文明の一つの拠点となっていたのは、間違いない
一方、東アジアの海没地域は、暖流の関係で温暖であったので、ここも文明の拠点に
なっていた可能性は高いが、こちらは、完全に海の中に沈んだので、それほど多くの
人骨は見つかってないので、何とも言えない

文明の発生は、人口が多いかどうかで決まるようだが、スンダランドは極めて多い。
だが、その文明の証拠は、海の中にあって直接示すことは困難だ。

727 :天之御名無主:2009/09/30(水) 05:54:58
つまり、古代の文明は、スンダランドを拠点に、放射状に、日本や中近東地域に均等に
伝播したという見方もできるわけだ。
これは、ユダヤ文明が日本まで届いたと考える見方とは違ってくる。

スンダランドに誕生していた文明が、各地に散っていった。
その文明を元に、各地で発展したために、類似性が高くなっている。
けして、西から東に流れたのではない、という考え方になるからだ。

青森の丸山遺跡は、3000年間、大きな変化も無く、一つの文化が続いた証拠がある。
これは、古来の文明は、進歩の速度が遅いことを示している。
つまり、1万2千年前の文明が、各地でゆっくりと育っていったと考えられるのだ。
スンダランドを基点にした古代文明が、各地でゆっくりと育ったため、それぞれが酷似
してると考えるものだ。

紀元0年前後だけに注目しては、見落とすことが多いのは、間違いない。

728 :天之御名無主:2009/09/30(水) 06:22:53
日本の米は、弥生時代より随分と前から耕作されていた事実がある。
また、芋が水田耕作されているのは、今の台湾でも見られる。
水田は、稲に限ったことではないことになる。
弥生文化は、中国・朝鮮からの流れを強く受けているが、「それだけ」と
いうわけでは無さそうだ。

黒潮文化圏と呼ばれるものがある。
日本の神社に色濃く残る文化で、弥生以前からのものを残しているとも、
考えられる。

これは、ユダヤから流れたと考えるより、「共に同じ文明が起源」だから
似ているわけだ。

ここに、弥生時代の鉄器文化が流れ込んだと見ると、ここで語られていることも、
多少、違って見えてくる。

日本の独自性が強くなる捉え方だが、それも一興ということで (^^)

729 :天之御名無主:2009/10/05(月) 17:29:08
>>178-179は現代に即したなかなかいい着眼点だね。
>新羅系氏族は当時の科学芸術神事医学分野において世界トップレベルであったので
>そのまま建設土木治水製鉄演芸生物解体などが・・

そういう技術をもった人達が親から子へと引き継いできたということだろうね。
能力というより、長兄を中心とした血筋による伝統だよ。
その伝統が、財を分散させず、蓄財と権力を強固にし、巨大構造にしていったんだと思う。
これは数学的にシュミレーションすれば、自ずと答えは出てくると思うけどね。

こういうのを総括すれば、結局現在のゼネコン、製鉄業、芸能、医者、乳製品などは、
そういう時代の蓄積が元となって会社の起業をしているわけだし。
最近の某神社が特集された際も、スポンサ-が大抵この分野だったのは笑えたけどね。

まあ当然、政治家、官僚、実業家、警察、教育、など国を代表する分野も当然そういう人達の
一族が仕切るわけで、これもある種必然のような気がするね。結局ここで問題となっている一族
というのは遺伝的にどうこうではなくて、伝統によるシステムが機能した結果だと思う。

出雲部は、つい最近まで長兄絶対主義だったし、家を出ることが許されない社会だったからね。
家の暖簾分けに関しても、次男以降は申し訳程度で極端に身分が低かったし。
だから、時代が下れば下るほど、どんどん格差として生まれたわけでね…

結局、土地を相続できなかったり、資産のない次男以降の人達は土地や富みを求めて、
出雲の権力者と各地の土地を求めて移動していった。これが真相だろうな。

んで、その行き先が、中国地方の山奥、奈良、京都、だったということだよ。
だから現在でも西日本出身の政治家や実業家や官僚が日本で幅を利かせているのも当然の事なんだよ。

ただ最後に言いたいことは、そういう社会システムがある以上、財を持たない一般人は
結局一生、社会的権力を握ることなく、奴隷として死んでいくということだし、
その反対に、大きな絶対権力の傘に守られ、安定的な地位と安全を手に入れられるわけだし、
どちらがいいかと問われれば、だれも難しい判断を迫られるのは明らかだけどね。

730 :天之御名無主:2009/10/05(月) 18:00:48
出雲は弥生〜古墳にかけて連続性が薄い。
だれも指摘してないことだが、特に土木技術に関しては共通性を感じさせない。
特に石を扱う技術に関しては全く違う。
この時代に出雲で何かがあった。
そう思うな…

731 :天之御名無主:2009/10/05(月) 21:41:39

新羅系氏族?
笑わせてくれるね、新撰姓氏録では帰化人の1%もいないぜ^^

732 :天之御名無主:2009/10/05(月) 21:42:38

新羅系氏族?
笑わせてくれるね、新撰姓氏録では帰化人の1%もいないぜ^^

733 :天之御名無主:2009/10/08(木) 23:35:06
>>719
秦韓の秦と、その時代の秦が同一家系であるか疑問。
名前は同じと言うのはよくある。

古代中国でも韓という国があるが、半島の韓とは無縁無関係であるのは明白

734 :天之御名無主:2009/10/11(日) 00:30:50
新羅のことを本当にハルシャ=ペルシャと読んでいたのか?
秦の始皇帝は本当にペルシャ人なのか?

735 :天之御名無主:2009/10/11(日) 18:33:15
古事記だったか日本書紀だったか、イザナギが黄泉から逃げる場面で、平良坂という地名が出てくる
たぶんこれはぺラサカと読むんだろうけど、イザナギ神話はペルシアに当てはまると思うよ
イザナギ神話あたりが紀元前後のペルシア。筑紫というのもチグリスのことだろうと思われる
先祖が過去にいた地名をそのまま日本列島に名付けていったのはありうること。

736 :天之御名無主:2009/10/11(日) 21:54:42
ギリシャ神話のハルシオンはハルシャとシオンの折衷ってことかな。
いずれにしろこのスレにはハルシオン常用者がたくさんいそうだな。

737 :天之御名無主:2009/10/15(木) 15:25:51
昔、子供の時、ハルシオンの瓶があって
基地ごっこをやっていた時、
相手の基地(小屋のような閉鎖空間)に
ひと瓶全部ぶちまけて
出入り口を封鎖。

なかに蒸気が充満し・・・

738 :天之御名無主:2009/10/17(土) 11:02:53
日本の支配階級はユダヤ人秦氏です。天皇家もユダヤ人です。

739 :天之御名無主:2009/10/17(土) 11:54:15
792 天之御名無主 sage 2009/10/17(土) 09:50:01
倭イスラエル国正統王朝って、電波だよね?
どこかの学会で、きちんと認められてるの?
存在を証明できる、倭イスラエル国正統王朝って書かれた、歴史資料はある?

しかも、
熊沢天皇の一族って、真っ先に祖先を探る遺伝子の調査が終わってるはず。
ユダヤの血が入ってないことは確定だったと思う。
となると、この説は、完全に電波系でボツだよね?

あと、
秦氏の末裔を調べても、ユダヤやペルシャの遺伝子が入った痕跡がないらしいから、
大秦寺のキリスト教徒が来日して秦氏を名乗ったなんて珍説も成り立たない。

日本人の遺伝子にユダヤ人の遺伝子が混ざってるって証拠は、
どう頑張っても出てこないと思う。

740 :天之御名無主:2009/10/18(日) 02:52:04
>>738 「連想」と「似てる」は、間違いの始まり

741 :天之御名無主:2009/10/18(日) 10:01:04
まあでも記紀の解釈でさえ連想と想像だからね
学者の数だけ説話がある

742 :天之御名無主:2009/10/19(月) 23:07:02
鳩山幸さんは外国人ですか???イラン大統領はユダヤ人でした(笑)

暴言で蒸し返された「イラン大統領の出自」 週刊新潮2009/10/22号
6月に再選を果たしたイランのマフムード・アフマディネジャド大統領(52)は9月18日に再び、
テヘラン大学で大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺を作り話と発言し、物議を醸している。
このお騒がせ¢蜩摎フに命取りともなりかねない疑惑が浮上しているのだ。
「アフマディネジャド大統領はユダヤ教徒の両親のもとに生まれ、彼が4歳の時に改名、
改宗したというのですよ」(現地記者)
ユダヤ人を迫害したナチスのヒトラーや旧ソ連のスターリンにも、ユダヤ人説がある。
が、アフマディネジャド大統領の場合は、単なる謀略史観では済まされそうにない。
「選挙期間中、アフマディネジャド大統領が身分証明書を振りかざして演説していた。
そこに大統領の以前のファミリーネーム(苗字)が、サブルジアン≠ニ小さく書かれていたことが、
最近になって判明したのです」(同)
大統領ユダヤ人説は、以前から囁かれていた。だが、その証拠≠ェ見つかったことで疑惑は確信へ。
「サブルジアンはサブールの布織工を指す。イラン内務省のユダヤ人リストには、この苗字の登録が多い。
また、語尾のジアン≠ヘユダヤ教の戒律を厳守する家を意味している」(同)
6月に大統領支持者の息子が大統領ユダヤ人説≠ブログに書き込み、逮捕され、7月には、
バーレーンの新聞社が同様の内容を掲載し、イランの圧力で政府から発禁処分に。
「今回の発言で再び、ユダヤ人説≠ェ蒸し返された格好。
大統領も、スポークスマンも否定せず、ノーコメント。
政府の御用学者は、イスラム教徒にもある姓だというが、事実なら国民の信頼を失い、
政権維持どころではなくなる」(同)
関連http://bl★ogs.yahoo.co.jp/praise_logos/56721671.html

ファーストレディー】鳩山幸をウォッチするスレ 7
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1255494891/

743 :天之御名無主:2009/10/22(木) 10:18:38
同族嫌悪で、イラン大統領が湯田屋を批判しても別におかしくはない。
湯田屋の定義があいまいだし。

744 :天之御名無主:2009/10/24(土) 12:25:46
【ユダヤ系ロシア資本、日本の領土を侵す】
ロシアのユダヤ・ハザール人商人ベルホフスキーが創業し、
北方領土の水産資源を盗んで肥え太った新興財閥「ギドロ社」は
ロシアによる領土占有の既成事実化を目指している。
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091024/erp0910240132000-n1.htm

745 :天之御名無主:2009/11/08(日) 11:51:14
倭人の倭    人を委ねる   ユダねる

746 :天之御名無主:2009/11/24(火) 05:26:35
鳩山の息子って、ロシアの大学にいるけど、
あれって実質、人質なんじゃないの?
実際の権力者のプーチンは、なにやるか判らんからな。

そんな姿勢の鳩山では、対ロシア外交なんて出来ないと思う。


747 :天之御名無主:2009/11/24(火) 14:44:00
>>742
大統領になる前、イランの諜報機関にいたらしいからありうる話だ

748 :天之御名無主:2009/11/26(木) 12:18:36
日ユ同祖論の本ならたくさん出版されてますよ。

749 :天之御名無主:2009/11/27(金) 11:33:31
日本のほとんどの神社は秦氏が創建しました。日本の伝統文化を作ったのも秦氏です。

750 :天之御名無主:2009/11/27(金) 13:24:14
秦氏創建っていうと稲荷神社なんじゃないの?

751 :天之御名無主:2009/11/30(月) 11:25:25
皇居に使われている人柱は何体あるんだ?

一つの建物で12体
門に4?2?体

日本のタブーの一つだろう

752 :天之御名無主:2010/01/11(月) 17:31:13
>>1
何年も経って書くのもなんだけど
>ちなみに現在の同和・在日も≒秦氏である。弾左衛門の「ダン」とは、ダン族のことである。
ないない。俺は在日で同和の末裔か?

>イランと北朝鮮が繋がっているというのは、現代だけの問題ではない。古代に遡ることなのだ。
そりゃそうだ。ちなみにイラン&北朝鮮とイスラエル(ユダヤ人)の中は非常に悪いことが知られている。
北朝鮮が名指しで「イスラエル・アメリカ・日本は悪の枢軸」とか言ってるのもそうだ。
イスラエル首相も「イラン・北朝鮮は悪の枢軸」と大手世界メディアの前で発言しているが。

>つまり、秦氏=悪魔崇拝者のネットワークである。
論理が飛びすぎだ。秦氏の遠い末裔の俺が書くのだから間違いない。

753 :天之御名無主:2010/01/17(日) 16:28:26
12とはイスラエルの12支族の12であり、けして縁起の悪い数字ではありません。むしろユダヤ的には縁起の良い数字です。

754 :天之御名無主:2010/03/07(日) 06:55:25
さすが戦後、
日本から歴史と修身と地理という科目を奪って
社会科という糞科目を強制して
日本おとしめ洗脳工作を60年続けてきただけある。

順調に売国勢力が育っている。

755 :天之御名無主:2010/03/07(日) 12:20:48
>752
否定の根拠が薄いなあ
数学じゃないんだから小さな反例を持ってきてもしょうがないだろ

756 :天之御名無主:2010/03/07(日) 22:09:08
組織の団結力でも圧倒的に優秀な朝鮮人。 
分裂してぶざまな個々の日本人は負けを認めろ


757 :天之御名無主:2010/03/08(月) 01:08:23
チョンとユダは似てる。頭の良いチョン

758 :天之御名無主:2010/03/08(月) 12:45:05
今までは日ユ同祖論とか朝鮮との古墳の繋がりとかそっち繋がりの説が多かった
けどDNAが解析されたらなんとチベットと一番にてるんだよな笑。

チベットは氐(てい)族って中国から言われてたらしいけど、DNA解析なんて
なかった時代から中国の先住民族は氐(てい)族という説はあったらしい。
考えさせられますね。


759 :758:2010/03/08(月) 12:54:36
あとそのチベットと共通してて他のアジア人にはないYAP遺伝子と言うのは
父親から男子に受け継がれるらしい。
こうして考えると天皇家が男系にこだわるのもただの蔑視とかじゃないっていう。
科学で判明される以前から本能的にそうしたってのが神秘的ですな。

760 :天之御名無主:2010/03/08(月) 22:32:33
明治維新のころ
江戸城明け渡しの日に自害した川路聖謨


「天つ神に背(そむく)もよかり蕨つみ 飢し昔の人をおもえば」という辞世の句を読み、聖謨はピストルにて自殺した。


761 :天之御名無主:2010/03/08(月) 23:31:08
中国の漢族が往古、住居支配していた中原地方は現在の中国からすればほんの限られた洛陽付近を中心とした矮小な地域のみ。
中原地方以外は未開の地、蛮族と蔑み人間扱いもしていなかったようです(狩りや蹂躙の対象)

762 :天之御名無主:2010/03/10(水) 13:21:24
徐福系の秦さんと八幡系の秦さんって違うの?
秦さん教えて!

763 :天之御名無主:2010/03/17(水) 11:41:35
韓国人は秦氏を朝鮮発祥にしたいらしいけど
秦氏は身の回りを清潔に保つ習慣があったんだよね
あれ?嘗糞…??路上脱糞禁止令…???

764 :天之御名無主:2010/03/24(水) 10:27:04
嘗糞 - Wikipedia

中国の南北朝時代や唐代の説話集『二十四孝』や『日記説話』によれば、
南斉時代に?黔婁(ゆけんろう、ゆきんろう)と言う役人が不安に襲われて急遽帰郷すると父親が病気になっいて、
医者に糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、実際に糞を嘗めてみた結果、
その味が甘かったので憂いたとされ、これが儒教における孝行の一種「嘗糞憂心」の説話となった。

また、嘗糞は「お世辞の言葉」としても使われ、お世辞の度が過ぎる輩の事を「嘗糞之徒」と言う。
これは、中国の春秋時代に勾践が呉王の糞を嘗めて病気がじきに治ると言ったという『呉越春秋』「勾践入臣外伝」の故事に基づく。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%97%E7%B3%9E

765 :トイレを綺麗に使う:2010/04/10(土) 00:12:16
そもそもそもそも、キリスト教は真理かどうかを証明しないと、お前さんの推論が成り立たない。

766 :天之御名無主:2010/04/23(金) 00:56:48
戦前の国際連盟はユダヤ勢力の巣窟とされ、
国際社会からの日本追い出し、日中衝突、日米戦争への道を準備した。
それは当時の日本の政治責任者はだれしもよく知っていたことである。
ところが戦後の国連が巧妙なマントをかぶり、すべてを韜晦していていも、
その本性は戦前の国際連盟に輪をかけた大陰謀府であることには、
日本人のだれもいまだに気づいていない。
国連は明らかに、米ソの世界支配のための機関であった。
そしてそれは、ロックフェラーの方寸から出たと著者は主張する。
国際連盟ができたときも、日本人は理想を託して協力したし、
国連に入れてもらうのに腐心した。
これは悲痛なる滑稽である。
日本人の正直と純情が痛ましい。


767 :天之御名無主:2010/05/23(日) 19:04:13
全く、白人って奴は何考えてるんだかよ?(笑)
カルト教団の巣窟総本山ローマといい、
糞マフィアといい
アホメーソンロッジといい
ハッタリのウンコイスラエルといい
次から次へと
全くよ・・・

768 :天之御名無主:2010/05/23(日) 19:09:43
全く、ヨーロピアンって奴は何考えてんだかよ(笑)
小国の集まりだし
協調性はねぇし
アホだし
肉ばっか食って糞がクサイし
もう、アンポンタンのパープリンの巣窟だな
シナ人も似ているな?
ユダヤとやらが、不法入国してきたせいだろうか?

769 :天之御名無主:2010/05/23(日) 19:15:21
中国や朝鮮半島でウンコが路上のあちこちで、散見されるのはユダヤのせいだろうか?
中国でチンポ丸出しのガキが増えたのは、ユダヤのせいだな?
日本で、パパママストアーばっかり増えて、兎小屋に何の疑問も抱かない
愚民ばかりが増えてしまったのは、これもユダヤのせいだろうか?

770 :天之御名無主:2010/05/23(日) 19:35:57
中東アラブ諸国で「食人族」が増えたのもユダヤのせいだ!

771 :天之御名無主:2010/05/24(月) 04:34:49
ユダヤ=秦氏は鬼・悪魔
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1159451054/178

AD794年の平安遷都にて時の桓武天皇に取り入った百済系氏族が
それまで官僚として表舞台で政治を取り仕切ってきた新羅系氏族の多くを排斥し
政治の表舞台から追放しただけでなく尊卑の位の卑の地位に一部の新羅系氏族を落とした
そのときの卑の位が現在の被差別部落に繋がっているというのが有力な説
新羅系氏族は当時の科学芸術神事医学分野において世界トップレベルであったので
そのまま建設土木治水製鉄演芸生物解体などが被差別部落民の主な生業となった
卑の位に落とされなかった例でわかりやすいのは神事仏事を司る役職
卑の位とせずにそのまま新羅系氏族に引き継がせた

新羅系氏族で超一大勢力を誇っていたのが秦氏一族で
日本の神社の9割以上の神官宮司は今でも秦氏による世襲である
八幡神社、稲荷神社、白山神社などすべて秦氏のものであり
現在の皇室に関わる神宮の神官宮司なども秦氏系
学習院などの皇族系教育機関や皇宮警察などの長も秦氏系氏族の世襲が現代まで続いている
ちなみに仏教を日本に伝来させたのも秦氏で古代は神仏分け隔てがなかった

772 :天之御名無主:2010/05/24(月) 05:55:55
日本語とヘブライ語と類似した単語がに3000語を超えて存在しているらしい

サムライ(サムライ)− シャムライ(守る者)
ニクム (憎む)    − ニクム  (憎む)
コマル (困る)    − コマル  (困る)
スワル (座る)    − スワル  (座る) 
イム  (忌む)    − イム   (ひどい)
ホロブ (滅ぶ)    − ホレブ  (滅ぶ)
スム  (住む)    − スム   (住む)
ツモル (積もる)   − ツモル  (積もる)
アリガトウ(有難う)   − アリ・ガド(私にとって幸福です) 
ヤケド (火傷)    − ヤケド  (火傷) 
ニオイ (匂い)    − ニホヒ  (匂い)  
ナマル (訛る)    − ナマル  (訛る) などなど
   
「トリイ」はヘブライ語アラム方言で「門」という意味

「平安京」はヘブライ語になおすと「エル・シャローム」、ヘブライの聖地「エル・サレム」。
名称の酷似だけでなく、聖地エルサレムの「城塞」は12の門を持つなど、
構造が平安京とよく似ているらしい。

773 :天之御名無主:2010/05/24(月) 13:34:56
>>772

「忌む」は外せと何回言ったらわかるんだ。
ヘブライの言葉が日本に伝わった事を容認しているものとして
許せんのだよそれは。

ああ言うものを、ヘブライ経由だと思っているんだと
そんなことすら知らんのかと、思われるだろうが。

何度言えばわかるんだ。この馬鹿。



774 :天之御名無主:2010/05/24(月) 17:55:40
イルミナティの13血族の中で最も謎が多いダビデ家って実は天皇家の事なんじゃないかと思う今日この頃
でも菊紋はシュメール文化と関係してて、イラクのフセイン大統領も菊紋の指輪してたんだって。
日本って謎すぎ
国連がそんなに日本をたたくって、どんな秘密があるんだろうね

>>742
ユダヤのイラン(ペルシャ)制覇は100年がかりだよ
ペルシャ帝国を転覆させようとMI6とCIAがレザ・ハーンをリクルートしてクーデターを起す(もち目当ては石油)→
パフラヴィ朝時代(実質はアメの傀儡政権)→圧制に切れた民衆が革命を起す→フランスに亡命してたホメイニが帰国
(この時点でヨーロッパの息がかかってると思われ)→ガス抜きの為に昔の制度をデリート&ニューシステムをインストール→現代に至る
元締めかわってねぇwwwwバロスwという構造だと思う
因みにパフラヴィ朝時代の部隊Savakに拷問のやり方やらをごにょごにょしてたのはCIAね。
で、今の革命部隊は名前変わっただけ

ところで、アメの傀儡政権の時に国王はアーリア・メヘル(アーリヤ人の栄光)とか言ってる
この辺がなんか匂わない?ナチと関係ないか?
因みにヒットラーを助けたのはユダヤのシオニストでトゥーレ協会がサポートしてる
このトゥーレ協会はパパブッシュとも関係があって、ナチの生き残りはアルゼンチンに亡命
今のNasaで働いてる幹部は元ナチの息がかかってるのが多い

>>746
親父の一郎の方はフリーメイソンらしいね。探せば朝日の記事あるよ。
でも息子がロシアにいるのは黒龍会と関係あるんじゃないかとも思わんでもない
2008年に復活した黒龍会はロシアが拠点らしい

さすがロシア帝国をユダヤに滅ぼされただけあって、ロシアのユダヤ対策は万全で、
KGBは身内にユダヤがいると入れないらしい
プーチンはユダヤ撃退したしね。凄いわ。

775 :広東人:2010/05/25(火) 22:29:21
イェェ〜イ!!

マムシ酒は旨いぜ!!!
しかし、山形県ってのは、摩訶不思議だな!!
言葉もオカシイしさ!
ありゃぁ、どう考えてもアイヌじゃぁ無いよな!

776 :長崎県民:2010/05/25(火) 22:36:32
そういや、広東の華僑の末裔ってのは
日本に移住してきたんだが、知ってたか?

広東のあのコンクリートの豪邸は空っぽだよ。
アヘンをばらまいたのも、イギリスではなく華僑の仕業だ。

777 :天之御名無主:2010/05/25(火) 22:44:11
ちんちん、しこしこ、ピュッ!ピュッ!

778 :古代ポリネシア人末裔:2010/05/25(火) 22:50:22
ユダヤ人・・・・ウゥウウウン?

・・・・さっぱり、わかりましぇ〜ん・・・・

779 :天之御名無主:2010/05/25(火) 22:52:10
ユダヤ=秦氏は鬼・悪魔
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1159451054/178

AD794年の平安遷都にて時の桓武天皇に取り入った百済系氏族が
それまで官僚として表舞台で政治を取り仕切ってきた新羅系氏族の多くを排斥し
政治の表舞台から追放しただけでなく尊卑の位の卑の地位に一部の新羅系氏族を落とした
そのときの卑の位が現在の被差別部落に繋がっているというのが有力な説
新羅系氏族は当時の科学芸術神事医学分野において世界トップレベルであったので
そのまま建設土木治水製鉄演芸生物解体などが被差別部落民の主な生業となった
卑の位に落とされなかった例でわかりやすいのは神事仏事を司る役職
卑の位とせずにそのまま新羅系氏族に引き継がせた

新羅系氏族で超一大勢力を誇っていたのが秦氏一族で
日本の神社の9割以上の神官宮司は今でも秦氏による世襲である
八幡神社、稲荷神社、白山神社などすべて秦氏のものであり
現在の皇室に関わる神宮の神官宮司なども秦氏系
学習院などの皇族系教育機関や皇宮警察などの長も秦氏系氏族の世襲が現代まで続いている
ちなみに仏教を日本に伝来させたのも秦氏で古代は神仏分け隔てがなかった

780 :アイヌ人:2010/05/27(木) 15:41:26
>>772

本当にユダ豚は、アイデンティティのパクリ屋だからな・・・

「パクリ偽ユダヤ」といい「チョンコロ」「シナ大陸のチャンコロ」といい
「でっち上げ暗黒大陸ヨーロッパ文明」といい・・・
今度は、鯨が駄目だのイルカを殺すなだの・・・非文明な猿供が・・

まぁ、話は変わるがヨーロッパの白人は、その「ユダヤとやら」に
感謝した方がいいよな。
「ヒューマンズビーイング」の一員になれたんだからよ。


781 :天之御名無主:2010/05/28(金) 14:05:40
失礼なやつやの、秦に文句あんのか

782 :天之御名無主:2010/05/29(土) 11:07:43
東条家がやらしとんのやろ

783 :天之御名無主:2010/06/03(木) 10:39:37
秦なんぞ無意味だ
奴らの、無能な子孫供・ボウフラ(笑)が
増えすぎて
自分が奴隷だとは思いたくは無いが故に
系統を誇っているのだ

784 :天之御名無主:2010/06/03(木) 10:43:38
真実を語る 〜創世記〜

秦氏は、単なる「セックスマシーン」だったのだ!!
パコパコパコパコ!「オメコ」しまくっていただけなのだ!!!

785 :天之御名無主:2010/06/03(木) 10:51:03
パコパコっ!うっふん!あっはんっ!
全く、畑鼠(はたねずみ)の様に増殖しまったな(笑)
土地を荒らしやがって・・・

786 :天之御名無主:2010/06/03(木) 10:58:30
神聖な神社の境内(笑)で、ファック!!

そういやぁ、昔の神社の宮司ってさ
「子供」が多くね?7人兄弟とか8人兄弟なんてザラだよ!!
どうやって、養ってるんだって?
ツッコミ処、満載だね!
パコパコパコ!!(笑)

787 :天之御名無主:2010/06/03(木) 11:02:36
いやぁ〜、汚れてるなぁ(笑)
全く、いやらしい一族だこと(笑)
秦氏の子孫のメス達は、オ○○コガバガバか〜〜い?(笑)
えっ、それでも神道の家系だって?

788 :天之御名無主:2010/06/03(木) 11:03:01
Y-DNA N, NO, O3, Dの4系統が秦氏だろうな。
西のほうでウロウロして秦帝国を作った面子。
どうせ、mtDNAと違って分子時計なんてあてにならない。

アイヌやイヌイットやインディアンの抱合語を保持した部族は、Y-DNAがCかQ。
N, NO, O3, Dでかつ抱合語なんて世界的に見たら皆無。

789 :天之御名無主:2010/06/03(木) 11:10:35
わからないから、いいのだよ。
古人骨から、Y-DNAは採取できない・・・

790 :天之御名無主:2010/06/03(木) 11:13:55
今はアイヌの「濃い」人が
皆無に近いし、アイヌ言葉を喋れる人もわずかだし
これからの時代の日本は、彼らの顔に
似ている人が「イケメン」になるかも・・・

791 :天之御名無主:2010/06/03(木) 17:15:13
別系統の渡来人である東漢駒だと
宮中に出入りして天皇を暗殺しているよ
蘇我馬子に適当な言いがかりつけられて口封じで殺害されちったけどね

792 :天之御名無主:2010/06/03(木) 17:26:45
ヤヴァイ ヤヴァイ 応神天皇と建内宿禰ちょーヤヴァイ
海外のいろんな渡来人勢力を呼び寄せて
イヤッッホォォォオオォオウ!

793 :天之御名無主:2010/06/04(金) 08:31:41
イエス万歳

ユダは糞だ!!

794 :天之御名無主:2010/06/04(金) 08:34:07
>>792

理性の無い、おマンコ野郎だ
糞天皇!!!

795 :キリストの呪い:2010/06/04(金) 08:47:32
セックスマシンガンズ秦一族と天皇は、呪われている

796 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:03:12
建内宿禰の子孫が蘇我一族

797 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:15:55
蘇我もおマンコだ!!
ハスプブルグもおマンコだ!!
どいつもこいつもおマンコだ!!

798 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:21:04
物部氏は扶余人=貊(ハク)族・穢(ワイ)族
裸族の蘇我氏vs貊穢の物部氏
どっちも下野なう。しる!!

799 :基地外・軍オタ・ニート:2010/06/04(金) 09:21:27
自衛隊は、間違っても「日本軍」に呼称を変えてはならんよ
日本軍なんて呼び名は「格下げ」でしかない
自衛隊の方が、よほど「神聖」だよ

800 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:27:29
近衛も九条も物部氏のラベル張替え版でしかない!
大化の改新は何だったのかのうー

801 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:35:17

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 造反有狸!
  (  ⊂彡  狐憑無罪!
   |   |
   し ⌒J

802 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:36:33
朝鮮も、おマンコ野郎に乗っ取られてしまったニダ・・
日本に亡命するニダ・・・
関東に来たは良いが
また、おマンコ野郎に乗っ取られてしまったニダ

803 :天之御名無主:2010/06/04(金) 09:50:21

.        \|\| |/|/
        「\   | |  /7!
        ヾ >‐┴┴<.//'
          Y ●  ●\  鹿は勢力絶倫の象徴だ!せんとく〜ん
        |         l   
          \ \   /イつ 鹿が路上セックルするのを見て愉しむ
        (((つ >●'     エンターテイナメント都市=うり奈良
⌒ヽ     //   ⌒)    
  人     /_/⌒し: ノ⌒
Y⌒ヽ)⌒ヽ  し   Y⌒ヽ⌒

804 :埼玉県民:2010/06/04(金) 09:52:36
>>801
お稲荷さんの事かい?
細かい事は知りません・・・

805 :埼玉県民:2010/06/04(金) 09:54:50
>>803
今の韓国は、本当に哀れだな・・・

806 :天之御名無主:2010/06/04(金) 11:37:51
うぜぇよ「鹿」!!
鹿だの羊だの!!
馬鹿野郎!!! 
おマンコ野郎の子孫は死んじまえ!!

807 :天之御名無主:2010/06/04(金) 11:48:03
         _,,r〜、 ,,,,,,r´⌒,,、
    ,,,,,,,,r⌒            ⌒ヽ,
,,、ノ⌒         _,,,,、,,,,___,,,,r' ̄⌒'-,,,,,_
           /,,/゙゛ `゙゙゙'''ヽ     ゙ヘ
         , ",/       )  ,__  ´"ー--、ー、
            l゙ ,i´   ヽ、 l  ,リ  ,广) ケ      `;;;;;ヽ
           l゙ l゙  ,,,,,,__, `./'''i"    ゙‐'~        `~リ
        l゙ |   __,゙,l´ ┴_、             ,,r'
        | .|   _,,,,゙l,,,,,/i、  ̄`r     _,,,,,,,r-"
        ゙l ゙l、  ̄  _,‐ ゙l `、Z´   / 「"
         ゚i、゙l,   ‐"  /  ,,,rl、   ゙'-,ヽ、
         `''r,,ー-、,,,,,,,,_,,,/ `゙レィ'ーt、 ` 、_t_
           `゙"''''''''"゛        ヽ`!,,_ _,〕
                           r‐'" ̄
                         )'
                       ノ

808 :天之御名無主:2010/06/04(金) 11:52:32
神聖な神社の境内(笑)で、「鹿」がファック!!

809 :天之御名無主:2010/06/04(金) 11:53:34
ぎゃぁぁぁぁ!!悪魔だ〜〜!!! ↑

810 :蒙娘。:2010/06/04(金) 12:47:54
>806
こら、羊を余分じやねえー
もんごる黄帝疫がやってくる♪

>807
もう来ちゃったかー

811 :天之御名無主:2010/06/04(金) 12:59:03
ぎゃぁぁぁぁぁ!!!悪魔だ〜〜〜!!!モー娘!!!

そういやぁ、今 はやりの秋葉 AKBなんとかってさ
何か、意味があるんだろうか?
色々、考えたけどさ 「頭が疲れてしまってよ」
もう、考える事を 俺は放棄してしまったよ・・・

812 :天之御名無主:2010/06/04(金) 13:08:07
>>811
秋元康の事だから、どうせ何かを「企んでいる」に違いないが
無視するに限るよ

813 :埼玉県民:2010/06/04(金) 14:17:08
>>802
靖国をやめて
これからは高麗神社に行くかな・・・

>>807
ドイツとかブラジルに旅行するのはやめるべ・・・
ヨーロッパっぽい雰囲気(風土・気候)を味わいたきゃ
北海道で十分だ・・・

814 :元朝鮮半島の人:2010/06/04(金) 14:25:52
日本列島は最高だが悪魔崇拝なんてご免だよ

815 :天之御名無主:2010/06/04(金) 18:14:09
さあ、神社へ行って、ツングースやモンゴリアンや西域人の神を崇拝しよう。
コリアンを通ってやってきたありがたい神様だよ。

さあ、寺院へいって、西戎や鮮卑が訳したお経を上げようぜ。
長安の都からやってきたありがたい仏教経典だよ。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

816 :天之御名無主:2010/06/04(金) 20:17:34
日本には「池田大作様」という立派なお方が居るじゃないか?!!!

817 :天之御名無主:2010/06/04(金) 20:27:18
あほ?山岳信仰があるだろ?
でも、神社ユダヤキリストの「おマンコ野郎」にゃぁ
理解出来ないだろうけどさぁ?

818 :天之御名無主:2010/06/04(金) 20:33:02
>>817
今の時代「ピラミッド」は無意味だ
何故なら、逆三角形になっちまってるからだ
一番、削らなけりゃならないのが「人類」なのは明確だ
けど、この先 「大規模な戦争は起こらない」し

醜い「食いもん」の奪い合いが数百年続くのは、間違い無い・・・


819 :天之御名無主:2010/06/04(金) 20:38:29
おマンコ野郎の子孫供は
「本当に罪な存在」だな!!(笑)ガッハッッハ!!(笑)
        「96億人の惑星…」
あぁ〜鯨が可哀想だな…

820 :天之御名無主:2010/06/04(金) 21:27:03
やべっ!さんざん荒らしてしまった
すいませんでした スレ主さんよ!!
じゃっ、話を元に戻そうか・・・

821 :天之御名無主:2010/06/04(金) 21:28:12
ユダヤ=秦氏は鬼・悪魔
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1159451054/178

AD794年の平安遷都にて時の桓武天皇に取り入った百済系氏族が
それまで官僚として表舞台で政治を取り仕切ってきた新羅系氏族の多くを排斥し
政治の表舞台から追放しただけでなく尊卑の位の卑の地位に一部の新羅系氏族を落とした
そのときの卑の位が現在の被差別部落に繋がっているというのが有力な説
新羅系氏族は当時の科学芸術神事医学分野において世界トップレベルであったので
そのまま建設土木治水製鉄演芸生物解体などが被差別部落民の主な生業となった
卑の位に落とされなかった例でわかりやすいのは神事仏事を司る役職
卑の位とせずにそのまま新羅系氏族に引き継がせた

新羅系氏族で超一大勢力を誇っていたのが秦氏一族で
日本の神社の9割以上の神官宮司は今でも秦氏による世襲である
八幡神社、稲荷神社、白山神社などすべて秦氏のものであり
現在の皇室に関わる神宮の神官宮司なども秦氏系
学習院などの皇族系教育機関や皇宮警察などの長も秦氏系氏族の世襲が現代まで続いている
ちなみに仏教を日本に伝来させたのも秦氏で古代は神仏分け隔てがなかった


822 :天之御名無主:2010/06/04(金) 21:30:13
そもそも秦氏を秦氏と書くのは、中国でペルシャを秦と書いていたからである。
ペルシャ帝国がバビロン捕囚からユダヤ人を解放し、そのままユダヤ人の一部はペルシャに居住した。
そこで多くのユダヤ人はペルシャ化され、そのまま世界中に散っていった。
これが「失われた十支族」である。
その中のダン族こそが秦氏である。
言うまでもなくペルシャはキリスト教の最大の敵であり、ペルシャ化されたユダヤ人は悪魔となる。
「獣」と書いて「jew」と読むのはそのためである。
ファリサイ派というのは「ファールス」という語からできた言葉であり、ペルシャ派ということである。

秦氏はその後朝鮮半島を経由して日本へと来る。
新羅を一時「波斯」と書いていたのは、秦氏が居住していたからであろう。
日本に来た秦氏は最初権力に座るが、後に賤民身分へと落とされる。そして鬼になる。
鬼に角が生えているのは、バールに角が生えているのと同じ理由である。

秦氏の神はスサノヲやヒルコだが、これが記紀神話でどういう扱いを受けているか考えてみるといい。
要するに、皇室と繋がりはあっても、厄介者なのだ。
ちなみに現在の同和・在日も≒秦氏である。弾左衛門の「ダン」とは、ダン族のことである。

イランと北朝鮮が繋がっているというのは、現代だけの問題ではない。古代に遡ることなのだ。
つまり、秦氏=悪魔崇拝者のネットワークである。


823 :天之御名無主:2010/06/04(金) 21:40:34
これからは、伊勢神宮だな

北は恐山・八甲田山・青森秋田県が人気観光スポットになるよ・・・たぶん

824 :天之御名無主:2010/06/04(金) 22:45:49
ぎゃーーー!!!
伊勢神宮に、応神天皇と建内宿禰が関係してるなんてーーー!
悪魔神殿だったとはーーーー!!!!

825 :天之御名無主:2010/06/04(金) 22:56:16
10代崇神天皇の王朝はもうないよ。初代神武天皇は実在しないよ。
26代継体天皇も、15代応神天皇の子孫ということを拠り所としているよ。

826 :天之御名無主:2010/06/04(金) 23:00:29
ん?ジーザスじゃねぇの?
伊勢神宮はさぁ?
てっきり、ジーザスかと思ってたぜ!!

827 :天之御名無主:2010/06/04(金) 23:04:40
じゃぁよ
もう日本にさ「神社」は、いらねぇよ!!
ブッダの偶像も、日本海にぶん投げようぜ!!
北朝鮮にくれてやるぜ!!


828 :天之御名無主:2010/06/04(金) 23:21:20
>>826 これ?
アマテラス大神はイエスキリストだった
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/994817740/

829 :天之御名無主:2010/06/05(土) 00:11:15
違う・・・(笑)

830 :アイヌ人:2010/06/05(土) 00:13:43
ジーザスは恐山で死んだに違いない!!!たぶん

831 :ナマハゲ:2010/06/05(土) 00:15:31
ジーザスは、八甲田山で死んだに違いない!!

832 :天之御名無主:2010/06/05(土) 00:25:34
http://img530.imageshack.us/img530/3512/221202illuminaticardsen0.jpg
http://i3.iofferphoto.com/img/item/734/071/71/o_wiR7mUFNPWxAeLO.jpg
http://cdn1.ioffer.com/img/item/732/451/41/MMEWpsPM3KyljS4.jpg
http://cdn1.ioffer.com/img/item/732/470/76/G4vrKn5UdBMLdWx.jpg
http://img257.imageshack.us/img257/7671/p055fr4.jpg

833 :青森県民:2010/06/05(土) 00:31:50
ジーザスの墓は、たぶん六カ所村だな(笑)

834 :軍オタ:2010/06/05(土) 00:44:50
>>832
また、イルミナーティの陰謀話かい?(笑)
まっ、キリストだのユダヤだのメーソンだのどうでもいいけどさ!♪
ニューワールドオーダーは2013年以降の話だと
思っていたがな・・・
俺が、個人的に恐れているのは「不死山の噴火」だけだね♪

835 :陰謀論は嫌いだ:2010/06/05(土) 00:54:42
ん?こんな事言っちゃぁ悪いけどさぁ
「WW3」は、起きねぇよ!!
     無知を無知にしておこうが、どうでもいいな
ここまで、馬鹿みたいに「増殖」させた
「おマンコ野郎達」はさ!  今更、何を言ってるんだって感じだね!!
     
     まっ、テメェの撒いた「種」を刈り取るのは

         大いに結構だけどよ!!!

836 :悪魔は嫌いだ:2010/06/05(土) 01:01:24
       因みに、本当に「ヤバイ秘密結社」は
           ごろごろ、あるよ
        誰  も 知 り ま せ 〜 ん♪

837 :悪魔と悪魔の子孫を殺せ!!!:2010/06/05(土) 01:14:35
あぁ、あともう一つ言い忘れたが
仮に、武力攻撃による戦争があるとすれば
それは「悪魔都市」が破壊されるんだろうな?たぶんな(笑)
まっ、自業自得だな・・・
別にどうでも、いいや(笑)

838 :天之御名無主:2010/06/05(土) 01:57:43
武力行使するのは、日本かもしれんな
ん〜ん?でも、当分、先の話じゃね? >>837
まだまだ、先の話だと思うね
関東大震災の方が先に来るかもしれんな?
いゃ〜、3776bの山が先に噴火するかもしれんな?

839 :天之御名無主:2010/06/05(土) 02:00:49
天皇家は、もう近衛家と同格でいいよね(笑)
あそこも悪魔の一族だからよね?
もう断絶しようが養子をとろうがかまわないよね(笑)

840 :天之御名無主:2010/06/05(土) 02:25:03
世界のエンペラー(キング)なんぞ「根絶やし」にしてしまえ!!!!

841 :王は死ね!!!:2010/06/05(土) 02:26:44

   種 の 保 存 な ん ぞ 糞 喰 ら え だ − ! !

842 :百済ん王w:2010/06/05(土) 02:31:04
          -──‐-
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 丶
    /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:、.:.:.:.:\
    ,'.:./.:.:/./.:.:.:.:.:.:/⌒'く}.:.:.:.ヽ
.    /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:、.:.:.:.:\
    |:.|.:.:.:ノ/⌒    ‐- 、{.:.:.:.:リ
    |:.|.:.:.イ.x= -、     __   YT7ノ
    |:.|.:.:.:| ::::.     ⌒゙ヾ /♪:l  ほら、鹿せんぺいだ
    |:.lハ:.:|、    '   .:::: /「:.|: |   ありがたく食え
    l :.:.ヽ|::ヽ、 ` ー   イ :|:.:l: |
    |:.:.:.:.::lxヘ:|>‐ 'l´:::::!:.:∨:.:|
    |:.:.:/  `く    y⌒\:.:.:. | 
    /イ´\   \_/  /\: |
   〃 l    ーfト、_ ,ィlー'   ヽ 
  /       ||    ||   /  ヽ
  /    ∨    ||    ||        '、
 〈     i|    6    9  i|      〉
 /\.   j|            |!     ,イ

843 :世界の王家一族は皆殺しにしろ!!!:2010/06/05(土) 02:42:57
うぜぇよ!!元朝鮮人!!!

844 :人類を根絶やしにしてしまえ!!!:2010/06/05(土) 02:45:12
age

845 :早く、火星人の襲来が来ねぇかな〜?2013年:2010/06/05(土) 02:50:14
あげ

846 :鯨(海豚)類は、今後20年以内には絶滅危惧種だ!!人類のせいだ!!:2010/06/05(土) 03:06:38
くだらねぇ〜  >>842

847 :即身仏の偉大さがわからんか?:2010/06/05(土) 03:32:16
因みに、私は無神論者だ!!

848 :天之御名無主:2010/06/05(土) 03:43:32
分裂気質の俺にはここは良スレ化しているように思える

849 :天之御名無主:2010/06/08(火) 15:33:09
で、ここには六本木ヒルズ住みのユダヤ人がどれだけいるんだ?



850 :天之御名無主:2010/06/08(火) 21:51:10
氏族構成人数では古代豪族中最大なのが秦氏
定着後も人口を増やし続けたので秦氏の子孫は滅茶苦茶多い
系図を辿ればヒルズ族からホームレスまで秦氏末裔だらけ

851 :天之御名無主:2010/06/09(水) 12:19:29
そこで>444,445ですよ。

852 :天之御名無主:2010/06/09(水) 12:46:53
日本書紀の6世紀で近江の秦氏7053戸。
天然痘が流行って、在来日本人減少。

6世紀半 天然痘 瘡発でてみまかる者・・・
8世紀前半 再び天然痘 藤原氏絶滅寸前

ペストは16世紀に、文禄・慶長の役ごろに流行かな?と
疑いがあるけど、武士階級だけかな?

853 :天之御名無主:2010/06/12(土) 12:41:48
統一教会の教祖である文鮮明は、次のような言葉を口にしている。

「2012年までには神の摂理のすべてを完成させなければなりません。
イエス様が2000年前に受け入れられずに失敗したすべてを蕩減(とうげん)
しなければならない。キリスト教徒はユダヤ人と共にそれを成し遂げなければならない。
私は私の100%の力を投入し、イスラエルを救うために歩む覚悟でいます。
すべてのアメリカ人が目覚め、そのことのために働かなくてはなりません。
皆さんもそのようにお願いします。皆さん、キリスト教の指導者はキリスト教
の統一のために働いて、それを成し遂げてください。」
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=139149

854 :天之御名無主:2010/06/13(日) 00:31:59
>>850
>>852
他のスレ見てて思ったんですけど、
秦氏って客家の人と共通の祖先なのでは・・。
客家には、始皇帝の子孫の氏族があるらしいです。
日本人の祖先と、伝承上もかなりかぶってると思う。

855 :秦氏なんて胡族だろw:2010/06/13(日) 02:22:57
それ、東漢氏のほうだろ(笑)
秦氏は土建とか鋳造などの組織力の集団で、後漢から来たかどうかあやしい。
漢文を書くなどの文人は、東漢氏から出ている。

856 :天之御名無主:2010/06/13(日) 11:26:05
漢字が書けたかどうかぁゃιぃ初期秦氏w
だから百済ではなく新羅から来たといわれるんだ

857 :天之御名無主:2010/06/16(水) 23:27:29
真剣死ぬ一族やの

858 :月光仮面 ◆18sbAxgWNA :2010/06/18(金) 10:43:22
旧約聖書には、神の言葉として、世界の東の果てに行き、神の栄光を称えよ、という
命令みたいな文句があるのです。その文句に忠実なユダヤ人ならば、東の果てに行ったでしょう。
日本に来た連中は、聖書に忠実なやつらなのです。神に祝福されたやつらなのです。
精神的にも血統的にも、韓国人より、選民の名に相応しいのが、日本民族です。
ただ2割ほど、縄文人の血が混ざりました。日本列島にもともといた縄文人の地が混ざりました。
聖書の暗号を解読する意味日本人が背負っています。
ルシファー=ロスチャイルドを中心とする国際金融資本、配下にフリーメーソンを従える連中))と
最終的な戦いをして、世界を悪魔から開放する使命も日本が背負っているのです。
聖書に忠実なんですから。われわれは、無意識に神の名をあがめ、無意識に神の側に立つ。
われわれは無意識に神の軍隊に入る選民です。

859 :月光仮面 ◆18sbAxgWNA :2010/06/18(金) 10:53:10
イスラエル国家の建設では、ロスチャイルド家の息のかかった連中が、
すべて取り仕切っているのです。いわば、もともとイスラエルは、第三次世界大戦を
起こすための準備です。

イギリスとフランスが中東を分ける秘密協定「サイクス・ピコ条約」のサイクスとピコは
国籍を超えるロスチャイルド家のメンバーです。
アラブ一族の首長フセインにアラブ民族の独立を約束したイギリスの高等弁務官マクマホンは
ロスチャイルド家のメンバーです。
同じ土地をユダヤ人に与えると約束したイギリスの外相バルフォアはロスチャイルド家の代理人です。
ロスチャイルド家の陰謀に加担しないためには、イスラエルを見捨てることです。
悪魔が仕組んだ罠になんか注意を向けてはいけません。

860 :月光仮面 ◆18sbAxgWNA :2010/06/18(金) 11:10:34
イスラエルに住んでいる人々は、アシュケナージ・ユダヤであって、
血統的にユダヤ人ではありません。神は、ノアの3人の息子のうち、
セムの子孫を最も祝福なさったのです。それは黄色人種の血統です。
この血統の中に、イエス・キリストも出ている、モーゼでている、釈迦も出ている。
霊能力優れた血統です。
イエスは黄色人種です!
気をつけてください。われわれこそ、ユダヤ人なのです。セムの子孫です。



  ヘブライ語で次の言葉を解釈する。
「 クムガヨワ、チヨニヤチヨニ、サッサリード、イシィノ、イワオト、ナリタ、コカノ、
 ムーシュマッテ 」

和訳:::「立ち上がって神を褒め称えよ、シオンの民よ、
       選ばれし民よ、人類が救われ、神の予言が成就した、全ての地に」
 
これは言うまでもなく、我々の歌っている国歌である。

861 :月光仮面 ◆18sbAxgWNA :2010/06/18(金) 11:17:04

何がエルサレムだ。
日本はとっくの昔に平安京(エルサレム)を作っている。


862 :天之御名無主:2010/06/18(金) 12:57:29
メソポタミア文明のアモリ人=Amoriteは、セムの子孫だが黄色人種であった。
もう4000年も前の話で古すぎるけど。

3500年前のエジプトが「新」王国。凄すぎる。
ツタンカーメンやアブシンベル神殿が、「新」だぞ。
周の武王なんかまだ生まれていない。

863 :天之御名無主:2010/06/19(土) 15:37:11
馬鹿で無知なスレ主は
カザフ系アシュケナジーは殆どどイスラエル民族の血を引いていない事を知らない。
自分が言っているユダヤに騙されている事に気付いていない。

864 :天之御名無主:2010/06/19(土) 17:26:07
由緒ある神社の創建には秦氏が関係している場合が多い。

865 :天之御名無主:2010/06/19(土) 23:27:05
秦氏?徐福?

866 :天之御名無主:2010/06/20(日) 22:13:41
大文字焼きの大が五芒星なら、木が六芒星になると思う。
>>1がユダヤだというbが苗字や名前に「木」という文字を組み込んでいると2ちゃんでみたけれども、もしや。。六芒星をかくしているとは。
そいつの書き込みだと木という文字に人という字がかくされているから我々は人間だという意味で。。

867 :天之御名無主:2010/06/20(日) 22:17:49
やっぱ木は六芒星に見えないか。。
いい、なんでもない

868 :天之御名無主:2010/06/21(月) 14:42:34
ヒトラーはユダヤは宗派ではなく民族だと断言してるがこれは間違い。
これは当時活発だったシオニズムに有利な判断。
ナチズム自体もシオニズムに有利。
ヒトラーが原爆に積極的でなかったのも意味わからん。
両者間に、利用されたか、利用したか、裏取引があったのですか?
ところで、ドイツは降伏して原爆投下を免れたが
日本は降伏準備中に何の警告も無く、しかも2発。
また、広島、長崎それぞれウラン、プルトニウムという別の種類の原爆。
まさか両方試したかったから2発も落としたんだろうか?

869 :天之御名無主:2010/06/21(月) 14:43:28
日本への原爆投下は陰謀ってのはないでしょうか
(白人のドイツ、アメリカに原爆投下させないで日本に投下する)

ヒトラーはユダヤ人でオッペンハイマー(ユダヤ人)とグルで陰謀を計画

ヒトラーはドイツで核技術者を含むユダヤをわざと迫害

ユダヤ人(核技術者、アインシュタイン)をアメリカにわざと逃がす

ドイツでヒトラーは原爆開発をほどほどに行う

アメリカでアインシュタイン、オッペンハイマーはユダヤの敵ヒトラーのいる
ドイツが核開発に成功すると危険と指摘、これを口実にアメリカの金で原爆を作らせる
アインシュタインは原爆やばいと言っておきながら
ユダヤ迫害だからやむおえないという論法

ドイツに使用する気はなく実は日本ねらい

ドイツは早々と降伏

日本も降伏しようとした矢先に
実験もかねて二発も日本に原爆を落とす

870 :天之御名無主:2010/06/21(月) 14:48:05

>>193
アインシュタインは利用されただけ。しかし、原爆開発はユダヤ系が多い。
原子核物理学(Β崩壊とか核分裂とか)はアインシュタインとは独立で研究されていた。
E=MC^2が含まれている特殊相対論ができた時点で物理学者達は
原爆の可能性を考えたはず。素人のH.G.ウェルズすら、特殊相対論
直後に「開放された世界」で原爆を空想している。
量子力学の進歩の課程でE=MC^2は利用された。
ヒトラーから逃げてきたユダヤ系のレオシラードはH.G.ウェルズのファンで
「開放された世界」に憧れていて、連鎖反応による原爆というアイデア
(まだアイデアだけでそれを実現する現象は発見されてなかったが)
を考え「特許をとった」。ここで原爆の現実味がでてきた。
その後、シラードの特許を実現化する可能性のある、ウランの核分裂が発見され、
オーストリアユダヤ系のリーゼ・マイトナー、オーストリアユダヤ系
のオットー・フリッシュが核分裂の概念を確立、原爆の実現性が高まる。
イギリス(チューブ・アロイズ)、ドイツ(ハイゼンベルク)
がそれぞれ開発を進め、ドイツがあまり進まない中、
イギリスにおいて、オーストリアユダヤ系のオットー・フリッシュと
ドイツユダヤ系ルドルフ・パイエルスが原爆実現への突破口を見出す。
レオシラードは「アメリカに原爆開発を促す手紙を用意しアインシュタインに
署名させて」彼を政治利用、アメリカに核開発するよう進言した。
(シラードの着想のきっかけはE=MC^2。アインシュタインが有名だったのを利用)
チューブ・アロイズはアメリカのマンハッタン計画に引き継がれ
ドイツ系アメリカユダヤ人オッペンハイマーは、
ドイツが原爆製造不能と知ってもマンハッタン計画
(ユダヤ系オットー・フリッシュ、ジョン・フォン・ノイマン、R.ファインマンも参加)
をやめず、一方シラードは、科学者のイメージダウン防止のアリバイとして、
原爆日本投下反対の署名を用意した。
(アインシュタインは計画を知らされていなかった)

871 :天之御名無主:2010/06/21(月) 14:50:47
マンハッタン計画のアメリカユダヤ人リチャード・P・ファインマンの核実験後のことば
「あれが爆発したあと、ロスアラモスは大変なさわぎになった。誰もがパーティーさわぎで、みんな走りまわった。
私はといえば、ジープの尻に坐ってドラムをたたいたりなんかしたものだ。ところが、今でも思い出すが、一人だけ、
ボブ・ウィルソンだけが、しかめっ面で坐りこんでいた。
私は言った。『何でしかめっ面してんの?』。彼は言った。『ひでえものをつくってしまったもんだ』。
私は言った。『でも、あんたが始めたんだよ。あんたがおれたちを引っぱりこんだんだよ』。
私がどうなってしまったか、ほかの連中もどうなってしまったか、おわかりだろう。
なるほど、ご立派な理由で、私たちは事をおっぱじめたのだが、さし当たっての問題をうまくやりとげようとけんめいに働いていると、
それが楽しくもなり、面白くて仕方がないことにもなる。そうなると、考えるのをやめてしまう、
そう、プッツリやめてしまうのだ。あの時、私たちが何をしたかを考えつづけていた男はただ一人、ボブ・ウイルソンだけだった。」

ファインマンはマンハッタン計画の行われたロスアラモス研究所で、母親譲りのユーモアで様々なイタズラをした。

872 :天之御名無主:2010/06/21(月) 22:30:34
4000年前のアモリ人=現代のアオモリ人

873 :天之御名無主:2010/06/22(火) 07:09:18
雇用情勢の悪化だけでなく、高齢化が加速している現状からすれば、生活保護の受給者が増えることは
やむを得ない。しかし、受給者が増えるに従って、制度の問題点も浮上している。例えば大阪市では、
外国人の受給者がはじめて1万人を突破し、そのほとんどが高齢化した在日韓国・朝鮮人の無年金世代
であることがわかり、問題となっている。この結果、外国人の無年金者が、日本人の国民年金加入者よりも、
多額の受給を受ける状況になっているという。

「外国人が日本の国民年金受給者より多額」 生活保護13万>>>40年国民年金収めて6万7000円
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1277081435/

874 :天之御名無主:2010/06/23(水) 02:50:04
倭人は中国では太伯の子孫と言われている
「太伯」は「太白」で宵の明星のことを指す
宵の明星は ウガリット神話の主神エルの息子エル・シャレムにつながる
宵の明星エル・シャレムは言わずと知れた聖都エルサレムにつながる
エルサレムはヘブライ語で平和の都つまり平安京につながる
エルは十支族の神でヤハウエは2支族の神
ここからどういう勢力図になってるのかわからん

875 :天之御名無主:2010/06/23(水) 03:15:20
大闢(だいびゃく)は漢訳聖書ではダビデと訳されている
大闢(だいびゃくはやはり「太伯」は「太白」で宵の明星エル・シャレムにつながる
太白は「柏」の文字にも似ている
柏は日御碕神社に縁が深く日御碕神社を作るときに『吾が神魂はその柏葉の止まる所に住まん』と
おっしゃたスサノオ様に通じる 
日御碕神社には出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」が鎮座していると言われている
「大闢」=「ダビデ」=太伯」=「太白」=「柏」であり
「柏の葉」の意味は「太白の葉」であり「大闢の葉(ダビデの葉)」つまり聖書に書かれた
ダビデの若枝(ネツェル)のことを指すと思われる。
つまりスサノヲ様が日御碕神社を作るとき言った『吾が神魂はその柏葉の止まる所に住まん』は
大闢の葉(ダビデの葉)=ダビデの若枝(ネツェル)にスサノヲ様の魂が宿ることを意味していると
思われる


876 :天之御名無主:2010/06/23(水) 09:26:08
マツダ工場事件で死亡した正社員の浜田さん、妻と娘の三人暮らし…隣人「子煩悩な人、奥さんもいい人」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1277215404/618

618 名前: プラティ(神奈川県)[sage] 投稿日:2010/06/23(水) 07:51:09.93 ID:slwl5Gb0
もう、終わりでいい・・・ってことなんだろうな。
ぶっちゃけ、負け確定の苦しい人生を生きていくくらいなら、死刑囚になっても別にいいやって思うよね。
人生が楽しくなかったんだろうな。

これからもどんどんやばいよ。
若くて体力ある子が新卒逃して負け組み確定してるし
税金は増えるし。

エロやらの娯楽の規制でストレスはどんどん貯まるだろう。

治安は悪化するぜ。楽しみだ。

877 :天之御名無主:2010/06/23(水) 13:48:56
>>839>>840>>841
この様な馬鹿(在日?)は間違い無く死ぬ

878 :天之御名無主:2010/06/23(水) 17:20:16
八重桜はヤーエ・サクラで「神聖なるヤーエ」の意味
八重桜は小さいながら実が成る
だが染井吉野は実が鳴らない
神社や寺では開花の長い八重桜と開花の短い染井吉野を
混合して植える つまり実が成るものと実がつかないものが
見分けがつきにくい
グノーシスではサクラ(ス)=ヤーエは敵対者
古代シリア語でサクラ(ス)は馬鹿、愚か者を意味するがラテン語では
神聖なものを意味する。
そして桜は木花咲耶姫の象徴でもあり、大和民族の有限の寿命を象徴する存在
ヤーエは「妬みの神」であり妬みは女に石を足した漢字で構成しており
妬の一字は石女(産まず女=うまずめ)を意味する。つまり石の女神である石長姫に
通じる。

879 :天之御名無主:2010/06/24(木) 07:05:33
すごい。妬みの神→うまずめ→石長姫のくだりは特に。


880 :天之御名無主:2010/06/24(木) 07:16:47
なんかさ。
言葉遊びしてるけど、一番最古の聖書は、
ヘブライ語でも、ギリシャ語でもないんだよ?

今は使われていない言語。

日本語の言葉遊びならいいけど、そうじゃないみたいだね。
なんで嘘ばかり広めるの?

もしかして、『あ!あなた旨い事いう!』なんてほめられたいの?

881 :天之御名無主:2010/06/24(木) 08:51:43
嫉妬 down please >>880

882 :天之御名無主:2010/06/24(木) 09:05:31
橋姫を石女ってする人がいるけど、古今和歌集で、
妊娠してたって書いてあったじゃん。
ツワリがひどくて、夫がわかめを探しにでてったんでしょ?

それにね、橋姫って縁切りの神でもあるんだよね。
イルミナティの人達は。縁が切れて良かったんじゃないの?

イルミナティの人達は、橋姫や瀬織津姫を、異教の神として
滅ぼそうと企んでたし。

七夕は、7月7日。
一部地域では、橋姫と織姫を同一としてる。
イルミナティの人達は、77という数字の意味を理解してると思うし。
奇跡はなかった、ということで。

883 :天之御名無主:2010/06/24(木) 09:15:41
ある宗教の人達は、瀬織津姫を祭る子孫を狙って、
嫌がらせをしているけど、

もし、旧約・新約聖書の神と同一だとしたら、
『縁を切る』ということは、即ち『祭祀』から外されるってことだと思うけどね。

884 :天之御名無主:2010/06/24(木) 12:25:39
騙されそうになった日本人女性も、
日本人版ヒットラー、または革命家に仕立て上げられる前に、縁が切れてよかった。

古今和歌集にでてくる『宇治の橋姫』も、新しい旦那さんが見つかるといいね。
他の女性と一緒になるために、妻の殺害を企てるような夫と一緒になるよりも、
ずっと独身でいたほうが、幸せなのかもしれないね。

885 :天之御名無主:2010/06/24(木) 13:26:12
宇治といえば、匂宮と浮舟の碑だな
ttp://462photoblog.com/j/2008/08/post_1383.html

886 :天之御名無主:2010/06/24(木) 15:58:40
>>880
あ?発見されてる世界最古の聖書はギリシャ語のシナイ写本なんだが?
何で嘘ばかり広めるの?

そもそも旧約聖書がいつ頃成立したか理解してるのか?


887 :天之御名無主:2010/06/24(木) 17:25:32
>>886
最古の聖書という言葉は不適切だったね。

教会が認めていないものは、聖書とはいわないからね。
現在、聖書と認められているもののほかにいろんな書物が存在した。
その中には、現在使われていない言語を使ったものがあったはず。

とりあえず、言葉遊びの妄想はやめたら?

888 :天之御名無主:2010/06/24(木) 17:31:20
>何で嘘ばかり広めるの?

「ばかり」の用法間違っているよ。

889 :天之御名無主:2010/06/24(木) 21:54:11
>その中には、現在使われていない言語を使ったものがあったはず
そんなものは存在しないよ。
一番古い聖句はケテフ・ヒンノム出土の民数記の一部を記した断片だけど
それでさえも紀元前600年のもので、間違いなくヘブライ語だよ。
っていうか、もしかして旧約聖書がものすごく古い時代にできたと勘違いしてない?

890 :天之御名無主:2010/06/24(木) 22:12:10
>889
旧約聖書の成立は大体わかってる。
私の記憶が間違っているかもしれないね。

でも、旧約聖書成立以前に、聖書のような書物はあったと思うよ。
ヘブライゴでもギリシャ語でもない言語の書物があったって聞いたことあるけど。
私の記憶違いかもしれないね。間違えの指摘ありがとうございます。



891 :天之御名無主:2010/06/26(土) 02:51:32
>>860
http://www.youtube.com/watch.php?v=q1hNnPoX_Jg

892 :天之御名無主:2010/07/09(金) 12:15:26
神社には獅子と狛犬(一角獣)があるが、獅子は太陽を、一角獣は月を象徴しているんだそうだ
おそらくこの一角獣というのが出雲系氏族である秦氏=物部系の人たちの象徴であろう
出雲の象徴であるスサノオ=月読は月弓とも書けるしね
となると太陽はアマテラス系ということになるが、これもやはりユダヤ人と見るべきなのだろうか
失われた十氏族は全て北イスラエル王国の人たちだから、南ユダ王国=太陽の子孫が日本に来ている、
というのは少し考えにくい気がする
稲作を伝えたとされる江南のミャオ族が南ユダ王国の子孫であるならば、だいぶ筋が通るように思うが

893 :天之御名無主:2010/07/14(水) 11:23:51
ここ何ヶ月か麒麟とは何を象徴しているのかずっと調べていたんだけど、よく
分からなかったんだ。まさかここで答えに出会えるとは…どうもありがとう。
獅子を太陽の象徴とするのはミトラス教なんかにも例があるね。
ギリシャ神話ではクロノスの迫害から逃れてゼウスを育てる山羊のニンフが
アマルテイアというが、このアマルテイアの角が一本折れていて、ゼウスは
折れた角を何でも望むものの手に入る豊穣の角コルヌコピアとし、アマルテイアを
星座に上げてユニコーンとしたとか。これも一角獣…

325 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)