5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カバラ〜生命の木〜

1 :天之御名無主:2006/02/20(月) 16:59:34
カバラの謎にせまる

2 :天之御名無主:2006/02/20(月) 17:18:22
カバラは別に謎でもない。単なる神秘主義。

3 :天之御名無主:2006/02/20(月) 23:56:28
謎のない神秘主義なんて無い。
カバラーを「単なる」で済ませる>>2は、相当の思想家か?

4 :天之御名無主:2006/02/21(火) 00:02:34
カバラって何?

5 :天之御名無主:2006/02/21(火) 13:40:30
逆カバラもあるとか

6 :天之御名無主:2006/02/21(火) 14:48:04
ユダヤ教の神秘主義の筈なのにキリスト教的カバラとかある。
オカルト的カバラは正統派からは馬鹿にされている。

7 :天之御名無主:2006/02/21(火) 15:41:36
いったい何なのさカバラって
詳しく教えて

8 :名無し募集中。。。:2006/02/22(水) 08:38:31
菅原道真の”カンバラ”ってこの「カバラ」から来てるの?

9 :天之御名無主:2006/02/22(水) 14:55:48
>>6
>オカルト的カバラは正統派からは馬鹿にされている。

中世の錬金術はそのようなオカルトから発展してるし、
化学をそのような錬金術が発展させたんだよ。オカルト視してるのは
あなたのような偏見を持ってる人が、オカルト=バカと判断してるだけ。
正統派の知識も世間一般からオカルト=隠された知であるには違いないから。

10 :天之御名無主:2006/02/22(水) 14:59:41
つまりカバラは寓意、アナグラム、暗号が多様されてるということ。
キリスト教的カバラとは神秘結社などを含めた流れ。
日本の菅原≒カンバラ=漢波羅もユダヤ系(秦氏)結社、氏族名らしい。

11 :天之御名無主:2006/02/22(水) 16:08:42
>>5
クリフォトのことやね。ベルセルクでも名前が使われてた。
>>10
怨霊記という小説に「河童」の名はカバラから来てる
という記述があった。

12 :天之御名無主:2006/02/22(水) 17:56:29
河童って外国にもいるの?

13 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:39:29
西遊記の沙悟浄は河童ではなく ヨウスコウカワイルカ の妖怪

14 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:54:54
イルカなの?

15 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:59:36
>>8

菅原道真は"スガワラノミチザネ"と読みマス!!
ドゥーユーアンダースタン?
リピート!!

"スガワラノミチザネ"("スガワラノミチザネ")

"スガワラノミチザネ"("スガワラノミチザネ")

オゥー グッ!!
          NHK俗基礎国語単元3

16 :天之御名無主:2006/02/22(水) 23:33:39
オウム真理教はカバラを上ろうとしてたとか

17 :天之御名無主:2006/02/22(水) 23:35:14
>>15
外国人の方にはわかりにくい思考でしょうが、
日本人は大国主(おおくにぬし)の大国をダイコクと読んで
外来の大黒天と習合させてしまうような民族ですから。

察してあげてください。

18 :天之御名無主:2006/02/23(木) 21:44:57
「くわばら、くわばら」ってのは、カバラからきてんじゃないかって、
漏れは思ってるんだが・・。

19 :天之御名無主:2006/02/23(木) 21:56:46
チュパカブラって、カバラ由来なんだろ?

20 :ぴる来る ◆cRinn.D6KE :2006/02/24(金) 13:03:33
その流れで行くと、やはり金原次郎も南原コネクションもカバラ由来ということになってしまうが・・・( ̄▽ ̄;

21 :天之御名無主:2006/02/24(金) 14:02:42
>>18
くわばら=桑原=道真公の生誕地が桑原で桑原には落雷などの祟りがなかったから
そう唱えると災厄がないオマジナイとなったらしい。


22 :天之御名無主:2006/02/24(金) 22:24:35
そろそろセフィロートとかの話をしようよ。

23 :天之御名無主:2006/02/25(土) 12:58:51
京都に
「カバラ町」ってあるえ?

>そろそろセフィロートとかの

日産セフィロート?
みなさんお元気ですか〜!

24 :天之御名無主:2006/02/26(日) 20:21:03
カバラーはヘブライ語が出来ないと、語るのは難しいよ。

25 :天之御名無主:2006/02/26(日) 22:01:14
アラム語も

26 :天之御名無主:2006/02/27(月) 12:24:59
ネタスレあげ

27 :天之御名無主:2006/02/27(月) 17:26:09
ヘブライ語ってどこの国の人がしゃべってんの

28 :天之御名無主:2006/02/27(月) 18:28:46
場所:嘆きの壁と死海があるところ
国旗:△と▽を組み合せてみましょう

29 :天之御名無主:2006/02/27(月) 18:50:51
六ぼう星(なぜか変換できない)ってどういう意味がこめられてたっけ。

30 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:46:17
1ケテル
2コクマー
3ビナー
4ケセド
5ゲブラー
6ティファレト
7ネツアク
8ホド
9イエソド
10マルクト

これがセフィロト

31 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:49:05
カバラと「秀真政伝」にある八軍八陣って似てるんだけど。


32 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:54:41
六芒星は、すごく古くからあるようだよ。
ケルトにもこれを使った教えがある。


33 :天之御名無主:2006/02/27(月) 21:23:56
二つの三角形を組み合わせる。
誰もが思いつきそうな図案ではある。
その意味づけが共通していたら面白い。

34 :天之御名無主:2006/02/27(月) 21:37:21
実はユダヤ教のシンボルになったのは近代になってからというオチがある

35 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:12:03
セフィロトでは至高の三角形といわれるから
三角形の組み合せはイスラエル(ユダヤ教徒)にとって重要
なものなのでは?

36 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:25:50
>>30
それはセフィーラー

37 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:04:22
セフィロート、セフィロト、セフィーラー、
日本語表記にするといろんな書き方があるんだろうな。

38 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:07:39
10の玉(セフィロト)を定位置に配して、
それをつなぐ22の径がカバラ。
この22はタロットの大アルカナのカードで表される。

39 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:08:10
セフィロトのAAを誰か貼ってくだされよ。

なんとなく。

40 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:13:13
「径」は「パス」だったような。

41 :天之御名無主:2006/02/28(火) 20:30:13
セフィーラは単数、セフィロトは複数形だ。

42 :天之御名無主:2006/02/28(火) 20:37:14
ウインドウズのフォルダ階層ってこのカバラの影響受けてるって気がしないでもない。
最高層の階層があって下位構造のフォルダがあってそれぞれプログラム(神の意思)が書き込まれてる。
そしてそれぞれフォルダが影響しあってる。

模擬世界なのかもしれない。OSの構造やWINの構造って。

43 :天之御名無主:2006/02/28(火) 21:48:43
>>42
前に薬で吹っ飛んだ時に似たようなこと考えた、というか幻覚で見た。

44 :天之御名無主:2006/02/28(火) 23:11:46
>>35
実はキリスト教の三位一体を図示したものであることは定説

45 :天之御名無主:2006/03/01(水) 10:04:34
>>44
誰にとっての定説ですか?
その説を唱えた人物の名を教えてください。

46 :天之御名無主:2006/03/01(水) 18:42:12
>>43
ごめん、気持悪いから42の文章は取り消すね。

47 :天之御名無主:2006/03/01(水) 22:06:14
なかなかカバラ〜生命の木〜の話題にならないなぁ

48 :天之御名無主:2006/03/01(水) 22:28:52
>>45
きみ以外のみんな

49 :天之御名無主:2006/03/02(木) 03:01:19
>>44
三位一体とはキリスト教での解釈だからね。セフィロトと
カバラを考えるならユダヤ教(旧誓約書)の概念が重要

50 :天之御名無主:2006/03/02(木) 10:50:16
カバラって古いの?

51 :天之御名無主:2006/03/02(木) 11:07:20
カバラの歴史
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/kabbara2.htm
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd600.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9
http://hiki.kataribe.jp/reference/?Kabbalah

52 :天之御名無主:2006/03/02(木) 12:21:27
太陽と月の位置がなんでこうなるのかわからない。
下から上に順番に上っていくんなら逆の方がよくない??
それに月は女性的だから右側より左側の方が向いてる気がする。

53 :天之御名無主:2006/03/02(木) 15:19:35
>>46
気持ち悪くないよ。「フーコーの振り子」でも同じような事書いてあった。

54 :天之御名無主:2006/03/02(木) 16:54:10
>>49
「旧誓約書」っつー言い方もキモイけど、カバラは、中世西欧の
(特にイベリア半島)のユダヤ人学者たちのなかで大成した思想
であって、キリスト教の影響のみならず、イスラム教の影響も受けて
いる。アラビア文学専攻の友人なんか、カバラってスーフィズム
をパクりまくってる、って言ってるし。「流出」なんつーのも、新プラ
トン主義とかグノーシスから採られてる。だから、旧約なんかを読み
返したところで、カバラなんか全然知ることは出来ないのだよ。
セフィロトの思想の多神教的傾向は、恐らくキリスト教の三位一体
に由来する。

55 :天之御名無主:2006/03/02(木) 18:07:59
旧約はカバラの骨格ですから、その他の思想もそこから流出したもので
しかないのだ。

56 :天乃御名無主:2006/03/02(木) 18:42:21
グノーシス主義では神性の流出の過程と捉えられるが。

57 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:07:49
ユダヤ教徒はキリスト教を認めていないよな
やはりセフィロト(生命の樹)はユダヤ教徒の理念だよ


58 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:19:17
セフィロトに「木」というイメージが採用されたのはなぜだろう?

59 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:29:32
ほかにもいくつかあるけど、樹が一番スリムなモデルだったから

60 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:53:05
生命の木は一対のうちの一本で、
もう一本は例のアダムとイブが食べた知恵の木だ、
という話をどこかで読んだことがあるが、
どうなのだろう?

知恵の木は生命再生産である生殖の知識を与え、
生命の木は不老不死を実現する、
とかだったかな? うろ覚え。

61 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:55:18
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%A8%B9

何れがどのセフィラだかワカラナス
誰か教えて…
(´・ω・`)


62 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:13:29
>ユダヤ教徒はキリスト教を認めていないよな

これが難しいところ。キリスト教徒のユダヤ人は当時からいたし、イエス
はユダヤ教の改革者だからといって一概に言えないと思う。確かにユダヤ教
徒はキリスト教徒ではないが。だからといってユダヤ人もイエスのことは意識
するしそこから(新約)の解釈もいろいろおこなってるはず。

63 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:35:33
エデンの園の生命の木とセフィロトは違うでしょ?
セフィロトは、あくまで概念的なもののはず。

64 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:36:15
ダビデの盾って亀の形をしているとは思いませんか?

65 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:49:10
数秘術などがおおきいから学者=魔術師がこっていたのでなかろうか?
密教に該当するのではないだろうか?

66 :天之御名無主:2006/03/02(木) 23:00:06
それぞれの数に特定の意味がついていることや
配置が決まっていることなどが、
中国の五行に似ていると思う。
(木火土金水を五芒星(セーマン)に配置し、
それに基づいて自然界の原理を知る)

セフィロトをつなぐ道であるカバラが
どのセフィロト同士をつないでいるか、
というところが読み解くカギだと思うのだが。

67 :天之御名無主:2006/03/03(金) 12:17:32
>>59
それに動物をモチーフにすると「偶像崇拝」みたいになってしまう
という理由もありそう。動物を抽象化して神性の顕現とすると
それ自体が動物の姿をした神っぽくなってしまう。

旧約聖書でも神が動物の姿で現れることはなかったと記憶してる。

68 :天之御名無主:2006/03/03(金) 19:15:27
>67
生命の「木」を崇拝していたわけじゃないだろ?
数秘術と関連してるんだから、
偶像的なものではなく
何らかの法則を表す基礎なんじゃないのか?

69 :天之御名無主:2006/03/03(金) 20:07:19
>>63
>エデンの園の生命の木とセフィロトは違うでしょ?

ノンノン。セフィロトは神の計画の概念だけど、エデンの帰還を
意味してる、つまり流失から帰還という流れなんだよね。

70 :天之御名無主:2006/03/03(金) 20:39:56
説明になってないよ。

71 :天之御名無主:2006/03/03(金) 21:20:29
エデンの園のやつはケルビムが守っている訳だから、
帰還なんてしようとしたら門前払いされちゃうよ。

72 :天之御名無主:2006/03/03(金) 21:48:40
                  ケテル
             ビナー        コクマ
                     ,γ⌒ヽ-、
                 ∠_(‘ω‘*)_>
                   )  (
              ,-'ニニ二ティフィレト二ニニ`-、
              し゚      )   )      ゜J
          ゲブラー  //ー\\    ケセド
                 l l    l l
           ホド    l イェソド l    ネツァフ
                 \\ //
                   \X/
                   マルクト

73 :天之御名無主:2006/03/03(金) 23:43:56
>59
つまりエデンの園の生命の木と
セフィロトはどういう関係なんだ?
もっと詳しい解説キボン

74 :天之御名無主:2006/03/04(土) 15:39:28
>>71
だからその帰還の仕方をセフィロトが示してるんだよ。つまり、マルクトから
ケテルへどのように向かうか。エデンの園で生命の実を食べ流失が起こり(ユダヤ
人=つまり人間の分布か?)とりあえずセフィロトは解釈がかなりあるからどのアプローチ
をするかだな。ケルビムにしても至高、中、下とそれぞれの世界の支配者(人、鷲、ライオン、牛)
を表してるのか?解釈によるしょ。つまり、エデンの園が始まりでセフィロトは神からのヒント
エデンの園への戻り方の。

75 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:34:02
>>74
戻った人っているの?

76 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:52:49
ゾハールとか日本語訳されてねぇぜ。
まいったな・・・

77 :天乃御名無主:2006/03/04(土) 17:15:44
光輝の書か、ほしいな〜

78 :天之御名無主:2006/03/04(土) 19:55:51
>>74
で、その解釈はどのソースに基づくもの?

79 :天之御名無主:2006/03/04(土) 20:55:45
おまえら本当に何も知らないんだな。
ゾハールはとっくに翻訳されてるぜ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336042500/qid=1141473235/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-3017189-3101914

80 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:14:20
>★☆☆☆☆これは正当な翻訳でしょうか?, 2002/12/13
>レビュアー: エヴァンジル - 自分が書き込んだレビューをすべて見る

>メイザースの英訳本を独自の解釈でさらに日本語に置き換えたものですね。
>カバラに関しての理解がないとこうなってしまうのかという翻訳が散見されます。
>しばらく改訳はされないでしょうから、カバラを研究し、実践的に捕らえようと思う人は、
>これを足がかりにして原点にあたるしかないですね。功罪相半ばするという感じでしょうか。
>買ってしまった人にはごめんなさい。

81 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:19:07
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791758390/qid=1141474547/sr=1-37/ref=sr_1_2_37/249-4774010-2761959
この本には『創造の書』の全訳が含まれているっぽい。

・・・絶版だけど。

82 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:28:06
最新の校訂版(Pritzker Edition)英訳、全3巻がある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0804747474/ (第1巻)

83 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:38:49
ゾハールじゃなくて、ゾーハルだお。それにしても、カバラを学ぼうとしてる
人間が、邦訳が出てないから「まいった」って・・ 最低限、英語・独語・仏語
のどれかが読めないようじゃ、話になりませんぜ。

84 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:51:03
全3巻じゃないや。まだ続く。

ちなみにここに、翻訳された分のアラム語テキストあり。
http://www.sup.org/zohar/

85 :天之御名無主:2006/03/05(日) 01:27:11
そういえばホリエモンがカバラ紐をつけてたね。

86 :名無し募集中。。。:2006/03/05(日) 14:27:14
エニアグラムの紋様が描かれた服を着ている経済人もいますよね

87 :天之御名無主:2006/03/05(日) 21:58:53
カバラ学ぶならヘブル語だろ

88 :天之御名無主:2006/03/05(日) 22:06:09
ゾハールだよ。ユダヤ人から直接聞いた。
そいつカバリストじゃないから責任持たんけど。

89 :天之御名無主:2006/03/05(日) 22:54:18
歴史的にはzoharのoが長母音。ただ現代ヘブライ語では区別しないし
ヨーロッパ語に入って長母音の位置がかわることはあるでしょ。

90 :天之御名無主:2006/03/06(月) 00:44:21
いや、それだとhに続かない。
zohaでゾハ、ゾーハとは言わない。普通

91 :天之御名無主:2006/03/06(月) 01:24:40
ヨーガにおけるチャクラの経路、タオの経脈を表している
性命双修の秘術を記したもの
という説は既出ですか?


92 :天之御名無主:2006/03/06(月) 02:03:36
生命の木が体内にあるとはおどろきだ

93 :天之御名無主:2006/03/06(月) 04:47:02
>>90
辞書引けばわかることじゃん。ゾーハルが正解。
http://www.sacrednamebible.com/kjvstrongs/STRHEB20.htm
89が言ってるように、「アーメーン」が、「アメーン」とか「アーメン」とか変わるのと
同じ理屈で、その土地によって発音のし易さがあるわけで、88のユダヤ人はそういう
西洋のどっかの地の出身というだけのことに過ぎない。

94 :ニャー:2006/03/07(火) 23:09:01
カバラって何教?

95 :天之御名無主:2006/03/08(水) 14:25:51
>91
アレスター・クロウリーの「生命の木」概念図は蛇が絡みついて
ヨガでいうクンダリーニそのままだよね。

96 :天之御名無主:2006/03/08(水) 16:47:29
ミクロコスモス∽マクロコスモスの相似でもある。

97 :ニャー:2006/03/08(水) 23:22:22
聞いた話によると門松も命の木をあらわしているんだとか

98 :天之御名無主:2006/03/09(木) 06:46:28
クローリーのはカドケスだろう

99 :天之御名無主:2006/03/09(木) 13:54:34
門松なら家にもあるよ

100 :天之御名無主:2006/03/09(木) 15:45:32
100か・・・やっとティファレトか・・

101 :天之御名無主:2006/03/10(金) 08:10:50
生命の樹には蛇がからむのがお約束。
つーか蛇が絡んでくれないとどれが生命の樹かわかりませんって。

102 :天之御名無主:2006/03/10(金) 11:52:24
はぁ?

103 :天之御名無主:2006/03/10(金) 15:11:48

旧約の青銅の蛇か・・イエスも蛇なんだよね。
イエスの磔は同時に他の2人の囚人と同時に行われ生命の木と同じ
3柱の形になっている。ゴルゴ蛇の丘

104 :天之御名無主:2006/03/10(金) 15:34:22
カバラにのぼるとどうなるの

105 :天之御名無主:2006/03/10(金) 17:19:48
バカラになる

106 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:30:53
^^w

107 :天之御名無主:2006/03/11(土) 13:58:09
>101
蛇が絡むのは「善悪の知恵の木」=禁断の果実を食べるようにエヴァに
そそのかしたことによる。

108 :天之御名無主:2006/03/11(土) 20:50:38
知恵の実っていつの間にリンゴになったの??

109 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:10:38
エヴァに実を食べるようそそのかした蛇は神の怒りにふれて
罰をうけた。だから、蛇は地面を這いつくばっているんだ

110 :天之御名無主:2006/03/12(日) 00:52:29
>>103
そりゃ、モーセの蛇。知恵の木の蛇とは全く関係なし。

111 :天之御名無主:2006/03/13(月) 13:44:26
>>108
多分、フランシスコ・ザビエルあたりが勝手にりんごだと日本に伝えたのでは

112 :天之御名無主:2006/03/13(月) 14:16:41
>>110
君は絶対に生命の木を登れないよ。

113 :天之御名無主:2006/03/13(月) 15:54:19
>>111
いくら何でも無知すぎ。Adam's apple って中学ぐらいで習わなかった?
すでに14世紀末の西欧の絵画でも、リンゴが描かれているから、もっと早い
時点からそういうことになっていた。

114 :天之御名無主:2006/03/13(月) 15:58:48
黄金のリンゴだったけ?これって北欧神話?

115 :天之御名無主:2006/03/13(月) 23:31:02
ギリシャ神話にもあったな。

116 :天之御名無主:2006/03/13(月) 23:51:13
ギリシャ神話で黄金の林檎を守護する竜の名前は「ラドン」です(本当)。

117 :天之御名無主:2006/03/14(火) 13:52:26
何で黄金なんだろう

118 :天之御名無主:2006/03/14(火) 19:37:47
ヨサゲだからじゃね?

119 :天之御名無主:2006/03/15(水) 04:09:11
オレンジのことをそう呼んだって話を聞いたことがあるが。

120 :天之御名無主:2006/03/15(水) 14:55:35
レモンも

121 :天之御名無主:2006/03/15(水) 16:51:07
オレンジとみかんってどう違うの?

122 :天之御名無主:2006/03/15(水) 23:18:41
ぜんぜん別物

123 :天之御名無主:2006/03/16(木) 23:41:17
カバラは瞑想によってのぼる

124 :天之御名無主:2006/03/17(金) 14:11:29
>119

歴史家ヘロドトスは「ギリシャの最古の住人はオレンジの実る床に住み、オレンジやデーツ
を主食にしてた人々は平均200歳生きた」

生命の木=長寿ももたらす果物のことかな。ざくろとか日本では桃かな

125 :天之御名無主:2006/03/17(金) 15:28:42
長寿をもたらす果実って・・ 
生命の樹は、オリエントの宗教の重要な概念であって、そんな卑近ものぢゃないよ・・
てか、それはそれで、カバラの生命の樹とは別もん。
カバラの生命の樹は、その宇宙論を図式化したものを比喩的に呼んだものであって、
創世記の生命の樹と相関が無いわけではないけど、まあ、全く別の概念と考えたほうがいい。

126 :天之御名無主:2006/03/17(金) 15:58:30
へー甘い・・・

127 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:07:18
最近の説では生命の木=二重螺旋DNAの構造のことといわれているし
生命の木の概念図は神の計画を現すものでつまり人間が神になる=不老長寿
を手にいれるという意味でもあるんだけど。

128 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:22:20
>>127
それはむしろカドゥケウスでわ?

129 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:27:01
カドゥケウスにしてもウロボロスにしても象徴や寓意なんだが。

130 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:37:44
木=蛇、これは木気の東洋思想だけでなく聖書にも書かれている。

131 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:40:14
>創世記の生命の樹と相関が無いわけではないけど、まあ、全く別の概念と考えたほうがいい。

でもオカルト学(神秘学)は聖書から解釈を導き出す基本が理解できない人がいると
話が進まない><


132 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:53:48
>>127-128
テレビであったなぁ。司会は食いタンの人だったっけ。

133 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:23:38
食いタン?

DNAの末にある分裂するたびに短くなるというテロメアのことだよね。
これをウロボロスの蛇のように一つの円環にすという説。

134 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:27:55
>>131
とりあえず、ソースを。

135 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:32:06
>>134
常識だからちょっと本でも読んでからにしてくり。スコラ学派なんかは
甲乙矛型といい旧約におこることは新約にもおこるとしてオカルト学の基本。


136 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:16:20
א ב ג ד ה ו ז ח ט

137 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:49:35
>>135
そういう意味じゃなくてさ。セフィロト=創世記の生命の木としているカバラ文献を教えてくれってこと。

138 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:55:56
あのさカバラ自体が「神の啓示の書旧約」を解釈するための学問だから・・


139 :天之御名無主:2006/03/17(金) 19:14:15
知らないんだね。ありがとう。

140 :天之御名無主:2006/03/18(土) 21:45:59
「神の啓示の書旧約」を解釈するための学問の本に
セフィロトと創世記の生命の木とを同一視している文献はありまつか?

141 :天之御名無主:2006/03/19(日) 01:44:01
セフィロトは生命の樹の中になる丸(次元)だお。

142 :天之御名無主:2006/03/19(日) 16:12:48
文献とか頼りにしてる使途は、いつまでも分らないよ。

143 :天之御名無主:2006/03/19(日) 17:15:40
ところで彼岸入りしたけど意味わかる?カバラ的に

144 :天之御名無主:2006/03/22(水) 21:40:45
カバラって占いじゃないの?

145 :天之御名無主:2006/03/22(水) 22:06:26
>>144
占いはレビ記で禁じられているのでありえない。
カバラ占いは本当のカバラとは関係ない。

146 :ぜーいるあんぴーん:2006/03/22(水) 23:22:42
カバラ=生命の樹じゃあ、ありませんよね。
カバラはトーラー(旧約聖書)を神秘的に解釈する方法であって、生命の樹は
カバラの一つの象徴に過ぎません。

147 :天之御名無主:2006/03/23(木) 00:06:13
トーラー(律法)は、モーセ五書のことでっせ。

148 :ぜーいるあんぴーん:2006/03/23(木) 00:11:04
うん、だから、五書って旧約聖書の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記でしょ?

149 :天之御名無主:2006/03/23(木) 02:16:22
ヨシュア記も入れてモーセ六書と呼ぶこともある、と岩波版の創世記だかに
書いてあった。

150 :天之御名無主:2006/03/23(木) 15:54:53
やばいのは外伝らしい。

151 :天之御名無主:2006/03/24(金) 19:10:13
旧約と新約って何が違うの?

152 :天之御名無主:2006/03/24(金) 19:31:13
保湿度

153 :天之御名無主:2006/03/24(金) 21:48:52
旧約はモーゼを仲介者とする神とイスラエル民族との契約
新約はイエス・キリストを神と人との仲ほ者とする新しい契約

154 :天之御名無主:2006/03/25(土) 08:47:12
モーセと神の契約は、出エジプト〜申命記までじゃん。

155 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:48:38
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳基╋盤┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

156 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:49:38
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

157 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:50:50
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗美┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


158 :天之御名無主:2006/03/26(日) 21:02:22
業界最安値、激安特価のオトナのおもちゃ♪
ラブラブカップルに熟年夫婦、SM道具から勿論一人で楽しむアイテムまで大満足!
さらに女の子をオトせる必殺アイテムも多数あり☆(←これが超強力。悪用厳禁!!)

http://www.acport.com/index.cgi?id=1107601834


159 :天之御名無主:2006/03/26(日) 21:02:55
業界最安値、激安特価のオトナのおもちゃ♪
ラブラブカップルに熟年夫婦、SM道具から勿論一人で楽しむアイテムまで大満足!
さらに女の子をオトせる必殺アイテムも多数あり☆(←これが超強力。悪用厳禁!!)

http://www.acport.com/index.cgi?id=1107601834


160 :天之御名無主:2006/03/26(日) 23:23:31
>>156
エン・ソフは?
人間の意識を超えた領域?
つまり神?

161 :天之御名無主:2006/03/27(月) 22:12:05
カバラはキリスト教?

162 :天之御名無主:2006/03/31(金) 21:26:07
イエスは救世主だろう。

163 :天之御名無主:2006/03/32(土) 16:23:31
イエス!

164 :天之御名無主:2006/03/32(土) 19:24:36
>161
フリーメーソン

165 :天之御名無主:2006/04/02(日) 00:15:04
カバラはユダヤ教だろ?

166 :ぴる来る ◆cRinn.D6KE :2006/04/02(日) 11:57:44
カバラ朋美( ̄▽ ̄;

167 :天之御名無主:2006/04/03(月) 16:06:09
>>155 ツリー・オブ・ライフ?

168 :天之御名無主:2006/04/04(火) 17:29:08
カバラを利用して、ロト6とか予想する講座があったが
全然駄目だった…通信教育費約3万円、どぶに捨てたものでした。
板ちがいでスマソ。

169 ::2006/04/04(火) 20:41:05
ブッブッブーーww  (ムーに乗ってる奴でしょ?

170 :天之御名無主:2006/04/11(火) 15:10:57
>>168 ドンマイ

171 :天之御名無主:2006/04/14(金) 00:26:13
カバラって簡単に言うとなんなの?

172 :天之御名無主:2006/04/14(金) 07:00:13
ユダヤ教神秘主義

173 :天之御名無主:2006/04/17(月) 18:35:58
えヴぁ

174 :天之御名無主:2006/04/17(月) 18:36:55
エヴァンゲリオン見ろ

175 :天之御名無主:2006/04/18(火) 01:08:54
> カバラって簡単に言う
辞書的な言い方をすると、
「現在のユダヤ教神秘主義思想の主流で、ユダヤ教の伝統に基づいた
 創造論、終末論、メシア論を伴う思潮」といった感じかね。

「12世紀後半にフランスのプロヴァンス地方ないしスペイン北部から出現し、
 やがて同じ時期にラインラント地方で出現したハシディズム運動と融合・吸収して
 14世紀には西欧、コンスタンティノープル、エジプト・シリア方面まで伝播。
 16世紀初頭にはユダヤ教文化の普遍的特徴にまで発展した」云々。

カッバーラー関係の根本典籍・代表的著作というと、
紀元後3〜5世紀に成立したとされる、『イェツィーラー(形成)の書』があるけど、
むしろ12世紀後半にラビ・メフニヤ・ベン・ハ=カーナーの著とされる『バーヒール(光明)の書』や、
1280年代前半にスペインのラビ・モーシェ・デ・レオンが著した『ゾーハル(光輝)の書』の方が
後世のカッバーラー思想の根本を形成したという点で重要だろう。

176 :天之御名無主:2006/04/18(火) 02:59:22
この時期にカッバーラー思想が出現した背景は、恐らく11世紀にファーティマ朝治下のエジプト・
シリア地域でのイスマーイール派護教運動のために興隆したアリストテレス哲学や新プラトン主義思想の
研究などが、12世紀後半になって十字軍やアイユーブ朝のサラーフッディーンによるイスマーイール派
文献の大量売却などでマグリブ地域にもギリシア哲学や東方におけるイスラム諸思想が大量に流入し、
アンダルスなどでもギリシア哲学やイスラム諸学が興隆していたことが大きく関係していたと思われる。

とくに12世紀後半は、スンナ派におけるタサウウフ(スーフィズム)理論の体系化を行った
シハーブッディーン・ウマル・スフラワルディーと、「照明学派の祖師(シャイフルイシュラーク)」
こと同じくシハーブッディーン・ヤフヤー・スフラワルディーの両スフラワルディーが現れたことで、
「神の光」と神学的な流出論たたが新たな展開を見せている。

さらに同じ時期にそのアンダルスでイブン・ルシュドが出現し、アリストテレスの著作のアラビア語版を
ほとんど全てに校訂・注解を施し、また東方のイブン・スィーナーやガザーリーの著作の評論を行っている。
ユダヤ教側でもサラーフッディーンの時代にエジプトへ移住したコルドバのマイモニデスことモーシェ・
ベン・マイモーン(ムーサー・ブン・マイムーン)がアリストテレス哲学を用いてユダヤ神学の研究を
行っている。

ユダヤ教徒たちは政権側の宗教に関わらず欧州やアンダルス、エジプト、シリア、ビザンツ帝国領内に
商業地区やコミュニティーを多く展開していたため、地中海周辺のイスラム教徒の思想動向に、これらの
地域のユダヤ教徒の思潮は大きく影響していたとみて間違いないだろう。

先述の『バーヒールの書』も『ゾーハルの書』も流出論の展開が重要な部位を占めているが、名前と言い
流出論の展開と言い、スフラワルディーの東方イスラム世界的な照明学派の流れを彷佛とさせる。

177 :天之御名無主:2006/04/20(木) 21:58:10
メルカーバ神秘主義の重要性には触れないのかね?

178 :天之御名無主:2006/04/24(月) 02:04:08
>>175-176はおそらく自分自身でも何を言ってるのか、判っていないだろう。

179 :天之御名無主:2006/04/24(月) 23:55:05
世界最古の宗教はユダヤ教?

180 :天之御名無主:2006/04/25(火) 23:15:38
宗教といえる最初のものはゾロアスター教

181 :天之御名無主:2006/04/28(金) 01:15:38
ゾロアスターは何を崇高?

182 :天之御名無主:2006/04/29(土) 23:20:24
カバラ本来の語義は「伝承」「口伝」。
書き記されたものが聖書なら、カバラはそこに隠された創造の秘密を
解き明かす鍵だと言える。
その具体的方法がピタゴラス以来の数秘術ゲマトリアと言語倒置法ノタリコンだ。
昨今のダビンチコードもこのバリエーション。

183 :天之御名無主:2006/04/30(日) 10:34:07
ゾロアスター教はスレッドがある。

184 :名無し募集中。。。:2006/05/04(木) 08:46:55
カバラがイスラムのスーフィズム丸々パクッてるって本当ですか?
日本の企業経営者の中にもエニアグラムを信奉している人たちっているし

185 :天之御名無主:2006/05/04(木) 09:58:41
エニアグラムはスーフィーやカバラやその他の神秘主義とは無関係かつ
別に古くもない。

186 :天之御名無主:2006/05/04(木) 23:34:04
>>184
メルカーバー神秘主義みたいな5、6世紀頃に誕生した上昇志向型の天路遍歴プロセスのモデルとか、
ヘブライ文字の「文字」自体と「音価」と「数値」に神秘主義的な語義解釈を行うゲマトリア
(数値等価法)などは一応当時のユダヤ教神秘主義独自のもの。(似た物は同時代のシリア語や
 ギリシア語などにもあるようだけど、ユダヤ教のような明確な体系化までは行かなかったとか)

12世紀頃にはじまる『光輝の書』や『光明の書』のような流出論やそれに附随する精神修練法
みたいなものは、当時最先端のイスラム神学や哲学、アリストテレスや新プラトン主義研究、
さらにスーフィズムのような神秘主義など中東・イスラム世界の思想状況の影響がかなり
濃いものなんだとか。

ただ、メルカーバー神秘主義とかと流出論などを一体化させて、これらをセフィロート図のような
視覚的にモデル化などして学問レベルまで発展させたのは、これもやはり当時のユダヤ教思想界
独自のものなんだそうな。

エニアグラムってどちらかというと心理学の分野だったような・・・

187 :天之御名無主:2006/05/05(金) 01:45:52
メルカバは神秘主義だけどゲマトリアは神秘主義じゃねえべ。
ついでに、メルカバ風の神秘主義はインドにも似たようなのがある。影響関係は知らないけど。

188 :天之御名無主:2006/05/13(土) 23:44:05
ゲマトリアはノタリコン、テムラーと並ぶカバラの手法の一つだよ。
それ自体が「主義」ってもんじゃない。

189 :天之御名無主:2006/05/17(水) 23:33:07
ほんとうにアニメを見た程度の知識で書き込む輩がいるとは。

190 :天之御名無主:2006/08/03(木) 20:43:26
カバラ思想って、
明らかにグノーシス神学の宇宙観を受け継いでいるな。

つーか、グノーシス神学のユダヤ版だろう。




191 :天之御名無主:2006/08/04(金) 00:13:05
順序が逆だろ

192 :天之御名無主:2006/08/04(金) 00:36:44
>>81
これ近所の図書館にあったなあ
創造の書の部分だけパソコンに打ち込んだよ

193 :天之御名無主:2006/08/04(金) 16:38:10
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-モナ-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗美┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
番外ニダ


194 :天之御名無主:2006/08/06(日) 21:14:42
>>81
>>192
この訳、英訳からの重訳。
著者がヘブライ語読めないし、ユダヤ教はどころか、
宗教学の専門家でもないので(精神科医)、果たして写す価値はあるのか・・

195 :天之御名無主:2006/08/10(木) 01:23:04
サタンとミカエルどっちがつよいの?

196 :天之御名無主:2006/08/10(木) 02:45:27
英訳ってG・ショーレムのやつ?

197 :天之御名無主:2006/08/12(土) 17:30:30
クリフォトっていかにも後付で作られた図っぽいな
ミカエリスが作った悪魔の階級っぽい感じだ
出てくる悪魔の名前からしても

198 :天之御名無主:2006/08/12(土) 17:36:18
ところでカバラの教義として、神は信仰の対象ではなく「認知」の対象としてて
幻視に重きを置いてるようだけど、神が認知の対象ってどういう意味?
認識し理解できるものって思ってるってこと?


199 :天之御名無主:2006/09/17(日) 12:14:08
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴キモス∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴オタ┳━╋━┳ピザ∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴鬱━╋╋╋━知障∴
∴∴┃─┗醜┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴芋引━┻╋┻━悪臭∴
∴∴┗┳-毒男-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-喪男-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

200 :天之御名無主:2006/09/26(火) 01:07:08
(^ω^)

201 :天之御名無主:2006/09/29(金) 14:05:00
絡み合って上昇する2匹の蛇

202 :天之御名無主:2006/11/01(水) 22:42:10
逆カバラはベルゼブブいたよな?何だっけ…傲慢みたいな感じだったような。混沌がサタン?
そういや少年ガンガンという漫画の雑誌に連載されているサタンという漫画は話の中によくカバラや逆カバラの図と話が出てきたが、子供が読むには難し過ぎると思った。
つかカバラと逆カバラの玉の位置、名前、それに携わる神の名前を全部言える奴いたら凄すぎ…

203 :天之御名無主:2007/01/17(水) 04:45:09
保守

204 :天之御名無主:2007/05/10(木) 18:03:24
フーコーの振り子って面白い?

205 :天之御名無主:2007/05/14(月) 19:33:28
ダビンチコードよりは

206 :天之御名無主:2007/05/16(水) 23:12:53
全く知らずに興味本位で覗いてしまった。
カバラは思想概念の様なものなんですかね?

それともユダヤ教徒にとっての神秘や真理を
図式化したもの?

いずれにしろ、とても興味深いですね。

207 :天之御名無主:2007/05/20(日) 12:40:04
最初にカバラを授かったのはモーゼ。
従ってカバラの基本はモーゼ五書の最初の四巻に記されているという。

また、一説にはアダムとイヴの楽園追放の際、神が天使に、天使ラファエルが
アダムにカバラを伝授したという。

208 :ブラックニッカ:2007/05/27(日) 22:42:45
くっくっく ここにもあったか。。。

209 :天之御名無主:2007/06/02(土) 17:06:19
>>204
フーコーの振り子はオカルトに傾倒する人を茶化してるように見えるし、
意図的なのかもしれんが人物劇が陳腐。エーコだったら、薔薇の名前か
前日島のほうが面白いよ。

210 :白い魔術師:2007/07/01(日) 05:40:46
カバラって、興味深いけど難しいわ。
フランス語で、『カバラー的』というのは、「何を言ってるのかさっぱりわからない」という意味。

http://magic.cosmic-egg.com/

211 :天之御名無主:2007/07/14(土) 00:34:33
禅問答みたいなもんか

212 :天之御名無主:2007/08/25(土) 23:35:37
おお我にカバラの英知を授けたまえ。おおカバラよ。

213 :天之御名無主:2007/08/26(日) 01:04:17
バカラ〜

214 :天之御名無主:2007/08/26(日) 08:49:32
>>210
タディが そのうち学が無いバカにもわかり易い本出してくれるさ☆

215 :天之御名無主:2007/09/03(月) 08:36:27
ユダヤの数学で合計数が1けた になるまで足していく
その1けた の数に意味がある 例えば
1914>15>6 世界大戦1
1941>15>6 世界大戦2
1923>15>6 関東大震災
1995>24>6 阪神大震災
2004>6 新潟中越地震 スマトラ津波地震
1998>27>9 金融危機
2007>9 金融危機それとも恐慌へ!

216 :天之御名無主:2007/09/03(月) 12:45:37
天狗の団扇

217 :天之御名無主:2007/09/08(土) 19:10:09
チンプンカンプン 珍文漢文と同じだな

218 :天之御名無主:2007/11/12(月) 16:08:33
エバンゲリオンは神話ですか。

219 :天之御名無主:2007/11/25(日) 18:15:36
アニメでしょう

220 :天之御名無主:2007/12/13(木) 02:54:30
セフィロトの樹

221 :天之御名無主:2007/12/16(日) 12:33:45
               spo_px
        HORIZON ,i'゙´ `i、ETERNITATIS
            sephira ヾ!||||lツ prima
             Summa`´ Corona
        SYSTEMA ,ィゞ⌒゙ゝ、 SEPHIROTICVM
        XDIVINO ;i=-ゞ、Kム゙i、 RVMNOMINVM
               ゙i、シゝ、ュィミノ
    Sephira III   _,、-'"ヘミ⊥ゞヘ`゙'-、_  Sephira II
Tntelhgena snt spi/mundw|_|chetypl\ Summa sapuntic
    ,ィゞ⌒'ゝ、/ミ(∵八∵)シ」t!ミ(∵八∵)シ\ ,ィゞ⌒゙ゝ、
  i=-ゞ、Kム゙k'  ミ(∵)シ   | |   ミ(∵)シ ゞ;i=-ゝ'ヾム゙i、
  ゙l、シゝ、ュィミノニニニニニニ ニニニニニニ゙l、シゞ、ュィミノ
   ヾミ⊥ゞ'゙   ¬     ! !    Dalrth    ゞミ⊥ゞ'゙
     |f| i、゙i、   TabulnZi |_| MoiaicaSs   / / | |
     |(| i、゙i、   ,ィr=-、  |)| ,ィr=-、    /f/ |t|
     |t|  i、゙i、  iミニ=   |(| iミニ= i   ,/t/   | |
  sephi! !raV i、゙i、 !ミニ= i  ! ! !ミニ= i  ,/ /seph!_!IV
     |_|    i、゙i、└=-= |f| └=-= ,/_/     |)|
  Time| |Swng ゙i、゙i、LrxMoyi| | Vmbra / /mrsba,| |Megaihi
┐ち,ィゞ⌒'ゝ、  ゙i、゙i、 Lrgu ! ! atem / /   ,ィゞ⌒゙ゝ、 ┌

222 :天之御名無主:2007/12/30(日) 09:46:22
22

223 :天之御名無主:2008/04/09(水) 16:59:17
何で占いに使われてるんですか?

224 :天之御名無主:2008/04/09(水) 23:58:54
http://same.u.la/test/r.so/hobby10.2ch.net/uranai/1181706255/

225 :天之御名無主:2008/04/19(土) 05:37:27
カバラについて詳しい方がいたら教えてください。バージニア工科大学の乱射事件で
32人が亡くなりました。犯人を含めて33人ですよね。その犯人は23歳です。
カバラ的な解釈でいくと。32という数字は生命の樹では完成を意味します。
そして33という数字で達成という暗号だと思うのです。犯人は23歳で、
逆にすると32という、カバラでいう重要な数字になります。なんらかの因果関係
があると思うのですが、詳しい方いましたら、解説お願いします

【米乱射事件】バージニア州が追悼の日 学校広場に「33個」の石[04/21]

1 :力士 ◆RiKiCQzWKY @力士庶Oφ ★:2007/04/21(土) 19:52:59 ID:???
★バージニア州が追悼の日 学校広場に「33個」の石

米バージニア州は20日、バージニア工科大事件で死亡した32人の追悼の日を過ごした。
同日正午、追悼の鐘が鳴らされ、黙祷(もくとう)がささげられた。AP通信によると、学校の
広場に死者をしのんで33個の石が半円状に置かれ、星条旗などが供えられた。置かれた
石は前日までは32個だったが、チョ・スンヒ容疑者(23)の分が加えられたようだ。

立ち会った学生の多くはスクールカラーの栗色、オレンジのTシャツやトレーナーを着て、
広場の木にも二つの色のリボンが巻かれた。追悼の会は全国各地でも開かれた。

20日はコロラド州リトルトンのコロンバイン高校で99年、生徒2人が生徒12人と教師1人を
殺した後、自殺した事件から満8年にあたり、同校はこの日を休校にして死者を悼んだ。
リッター州知事はデンバーでの追悼式で、バージニア工科大の犠牲者に黙祷をささげるよう
呼びかけた。

(asahi.com 2007年04月21日10時22分)
http://www.asahi.com/international/update/0421/TKY200704210045.html

226 :天之御名無主:2008/04/19(土) 07:31:45
マルチ乙

227 : ◆crqok4YQFI :2008/05/30(金) 15:06:17
人間は頭が叡智で尾てい骨が王国の生命の樹だから
座禅を組んで尾てい骨を地球に突っつける事により地球に生命の樹を
生やす事ができる。その結果地球と自分にエネルギーを注ぎ込む事が可能。
だから精神の成長において正しい修行法は座禅とヨガ
でも別に厳格にやらなくてもとにかく尾てい骨をつっくけたポーズなら何でもいいと思う。
体育すわりとかでも。

228 :題「影の政府が駆使する魔法」:2008/06/04(水) 13:05:51
以前予告しておりました「影の政府(シークレット・ガバメント)の日本人関係者・エー
ジェント」についての、独自情報HPは、7月8月頃になりそうですので、もうしばらくお
待ちください。先に、内容の一部が、飛鳥昭雄氏情報(NSA・NASA・JPL情報)に対しての「非科
学的中傷本」のスレッドに載っています。なお批判意見・批判サイトにより混乱
したり惑わされてしまっている方は、絶版ですが、「ロマン・サイエンスの世界」
(雷韻出版)が真相を知ることが出来必読です。5月現在、ログ倉庫内でなく普通にすぐ
読める飛鳥昭雄氏2chスレッドはいくつか存在しますが(NSA・NASA・JPL情報の信用を
落とす情報操作を目的としたスレッド・記述もありますので十分ご注意ください)、
当方が掲示しましたタイトル「日本人の影の政府関係者(警察・自衛隊)」
「影の政府日本人関係者の人相」「影の政府の日本での今後の陰謀」
「「影の政府」による 長期の陰謀実例」「影の政府の日本人へのシナリオ」の
全てが載っているのは、その内の一つだけです。一部のタイトルしか載っていない
スレッドもありますのでご留意ください。


229 :ONE:2008/06/05(木) 13:46:27
今年は2008年→1の年なので1の特徴が出る年になる。

新しい世界の開拓など

例えばガソリン高騰で車の世界から違う交通手段の世界に切り替えることになるなど。
あたりまえにあった大本の世界が変わる。

1→父 オジサンよりの世界観になる。
オジサンや男の妄想が現実になる年になる。
四川大地震もいままで父的な男がよく抱くイメージが形になってるように見える。
また言い換えると男の監督が創る映画っぽい年になる。
1なので単純でわかりやすく大きくおおざっぱなことがマクロからミクロまで起こる。

父的な一方的で逆らえず従うしかない特徴→政治や裁判など公的なもの

ドラマCHANGEもその1の年の影響を受けているようです。


230 ::2008/06/05(木) 14:01:22
ケテル(王冠)の象意

【惑星】太陽
【星座】獅子座
【象意】○ 達成 開始 創造 統率 顕現 正義 × 挫折 困難 不毛 摩擦 束縛 不正
【人物】年上の男性 目上 大物 権威や地位のある人 学者 美人 有名人
【容貌】髪は薄い方で顔は赤く精悍な顔つき たくましい筋肉質の体格
【性格】強い意志 理想家 明朗 外向的 情熱的 正義感 公明正大 寛容
    頑固 わがまま 独善的 尊大 短気 攻撃的 自制心の欠如 虚栄心 

231 ::2008/06/05(木) 14:10:43
【方位】東南
【色彩】橙 黄金
【季節】初夏 7月頃 
【時間】日の出
【天気】快晴
【病気】脳溢血 頭痛 精神障害 眼病 心臓病 高血圧 熱を伴う病気 火傷 怪我
【場所】高い所(山頂 屋上 展望台) 
    高級な所(高級住宅街 山の手 高級店)
    公的な所(官庁 裁判所 役所) 
    学問に関係した所(大学 大学院 図書館 博物館 研究所)
    活気のある所(首都 都会 繁華街 デパート ギャンブル場 祭り場)
    見られる所(舞台上 競技場 披露会場 テレビ局 灯台 観光地)

232 ::2008/06/05(木) 14:17:56
【職業】地位や名声のある仕事( 政治家 実業家 高級官吏 )
    学問や技術に関係した職業( 大学教授 技術者 建築家 工芸家 医師 教師 研究者)
    注目を浴びる仕事( タレント モデル 俳優 スポーツ選手 マスコミ関係 広告関係)
    管理する仕事( レジャー施設やホテルなどの経営者 現場監督 マネージャー)
【雑象】最高 上流階級 顕示 名誉 技術 教育 裁判 権威 勝負 切断 鑑定    

233 ::2008/06/05(木) 14:31:20
1の+要素

【開始】新しく始める 新しい仕事 新規事業 大企業や官庁への入社 
    開業 開店 新企画の開始 一流校への入学 大きな旅行や冒険に旅立つ
    初体験 理想実現のために活動を開始する
【創造】価値ある物(無形を含む)を創造する 
    会社や政党、宗教団体、楽団、スポーツチームなどの設立
    提案や発明 法律や規則の作成
【克服】困難を克服 病気の克服 競争に勝つ 訴訟に勝つ 
    高い地位を得る 出世 成功
【独立】脱サラ 一人暮らし 故郷を離れる 束縛を離れ自由になる
【統率】リーダーになる 団体を率いる 多くの人から頼られる 指導する 世話をする
【顕示】周囲の注目を浴びる 目立つ 有名になる 評価される 賞を受ける

234 ::2008/06/05(木) 14:40:26
1の−要素

【障害】方針や手段を誤る 時期を誤る 困難な状況下での開始
    うまく始められない 現状を打破できない 無謀な行動
    無計画で始める 準備不足 負け戦 決断に迷う 意欲の欠如
【崩壊】無駄なことにエネルギーを使う 時間の浪費 不毛な行為
    役に立たない提案 分裂する団体 破壊する 無価値になる
【挫折】屈する 敗北 報われない努力 収穫の薄さ 裏目に出る
    やりすぎて失敗する 迫害を受ける 衰退する 降格 不名誉
【束縛】自分の個性や才能を活かせない 親のスネをかじる 人に依存せずに生きられない
【抑圧】服従する 不当に扱われる 圧迫される 脅迫される 裏切られる 独裁的にふるまう
【不当】不当な評価を受ける 罰を受ける  

235 :天之御名無主:2008/06/05(木) 14:49:18
民俗学・神話学スレで230〜234のレスは、まさに1の−要素まんまでした。。失敗

236 :天之御名無主:2008/06/05(木) 14:54:00
0になるか確固たる揺ぎ無い1になるか

まず神が初めになにか創るとするなら、なにより世界を創るだろう。

初め→1=世界 になる

237 :天之御名無主:2008/06/05(木) 15:00:16
禁じられた木(禁は2本の木を示す)には知恵の木と生命の木があった。

人間は知恵の木の実を食べて知恵(科学)を身に付けた。
生命の木の実(カバラの秘法)は知らなかった??

238 :天之御名無主:2008/06/05(木) 15:12:46
きっと生命の木の実を食べて地上に生まれた存在もいただろう。


239 :天之御名無主:2008/06/05(木) 15:44:11
世界が初めに生まれて次に創造するものといえば。。
やはり世界(1)の舞台で活躍するべき生物だろう
2は母で生命の母で母は女
古来2で象徴されるもので男性的なものはない。
2=母 女
母も女も生命を維持させるもの
第2段階では生命が生まれたんだろう。
エヴァに対応させるとと碇ユイと綾波レイになるのだろう。

240 :天之御名無主:2008/06/05(木) 15:57:13
1 創造主 
2 創られた者 

見える形として最初に生まれたのは母っぽい女だろう。
男はまだ物質化してなかった。
第三段階でついに男も物質化して誕生する。
それまでの男性的な霊は天から地上の様子を観察してるだけだった。
まるでカメラマンのようであった。
3つ目の流れで勇気を出して女性のいる地上に顔を出すことになる。
その流れが3の特徴に出てきている。
自分が創った世界を自由に開放的に満喫する攻めの男として生まれる。

241 :天之御名無主:2008/06/05(木) 16:04:18
1 世界 世界の舞台やシナリオを創る見えない絶対者
2 生命 平和を維持する者 自然に生きる者
3 消費者 破壊と創造で文化を残す者 主人公

242 :天之御名無主:2008/06/05(木) 16:26:39
1.2.3で一応の完成はした。
これだけでも十分だった。
3のままだったら無限の幸福があった。
しかし神は限界のある物語を創りたかった。
マイナスから立ち戻る物語の可能性をやってみたかった。
4 法を創り破らせて罪を創り罰を与える地上の物質世界を創造した。
ある意味、地上の人は罪人なため楽園を取り戻すため仕事をしている。
失われた楽園に近づくために知恵を使い物を創り楽な生活を取り戻してる。
時間と空間と重力が罰として与えられ仕事で償っている。
地上に生まれるとき地上のルールにより小さい肉体で未熟な技術で生まれてくる。
それを時間をかけて繰り返しをして苦しみを交えて元に戻してゆく。
きっと3の状態では苦労せずなんでもできたのだろう。
暗い生老病死は4からでてきた。
4の土台の元に5以下10まで創られる。

243 :天之御名無主:2008/06/05(木) 17:10:37
4は1の地上版リメイクみたいなものかな

244 :天之御名無主:2008/06/05(木) 18:05:54
蛇足と言う言葉もあるし悪魔は余計な事を生み出すのだと思う。

245 :天之御名無主:2008/06/05(木) 18:19:08
カバラの謎を解くには、まず数字の特徴を捉えてることが第一だと思う。

246 :天之御名無主:2008/06/05(木) 18:27:18
奇数は男性原理 偶数は女性原理

従って男は1・3・5・7・9の特徴を持ってる
   女は2・4・6・8・10の特徴を持ってる

247 :天之御名無主:2008/06/05(木) 18:30:14
男が新聞が好きな面は5から来てると思う。
女が結婚と言う契約を求めたがる面は4から来てると思う。

248 :天之御名無主:2008/06/06(金) 03:39:57
6月6日 天地創造6日目(金) 秘数6 の日

249 :天之御名無主:2008/06/07(土) 13:35:01
ちょっとスレチだったらすまん。生命の樹のスレッドがここにしかなかった
無知な俺に是非教えてくれ

セフィロトのマルクト(10)の神名ってアドナイ・メレクだったよな
で、クリフォトのケムダー(8i)に対応してる悪魔ってアドラメレクじゃないか

名前が凄く似ている気がするんだが、この両者には何か関係があるのか?
ベルゼバブとバアル・ゼブルみたいに

250 :天之御名無主:2008/06/21(土) 04:32:36
序文

1. ラビのヒズキヤ、聖書で論を始む、「棘のなかに咲くユリよ」(雅歌2:2)。問うてい
わく、ユリとは何か。そして答えていわく、それはイスラエルのともがら、すなわち王国
。ユリがあるゆえ、またユリあり。棘のなかに咲くユリの赤くまた白く染まるがごとく、
イスラエルのともがらも貴き正義と慈悲に動かさる。ユリの13の花弁をもつがごとく、イ
スラエルのともがらは13の慈悲のしるしに包まる。ゆえに、「はじめに、エロヒムは創り
き」(創世記1:1)の節にあるエロヒムの初言よりエロヒムの次言にいたるまで、聖書に
13の言あり。すなわち、「天地を。地上は形なし。虚と闇は深淵のおもてにあり。聖霊は」
(同2)。その言、イスラエルを包み、守りき。

2. こののち、エロヒムの名、「エロヒム〔の聖霊は〕動いていた」(創世記1:2)の節に
またあり。なぜまたあるや。ユリを囲む硬き葉5枚を引き出すためなり。その葉5枚、救済
の5門を表わす。この秘、聖書にあり、「救済の杯を持ち上げん」(詩篇116:13)。これ、
食後に持ち上げらる「聖別の杯」なり。聖別の杯、5指に載るべく、ただそうあるべし、
5指を表わす硬き葉5枚に載るユリのごとく。このユリ、聖別の杯なり。エロヒムの名第2
に触れられしより第3に触れられしまで、言5つあり。すなわち、「水のおもてを動きし。
〔エロヒムは〕おおせらる」。この言、葉5つに応ず。ここより聖書続けていわく、「エ
ロヒムはおおせらる、光あれ」(創世記1:3)。光、創られしのち、ユリをしこみて実を
ならす契約に隠され封じらる。これに応ずるは、「種を持つ実をつける果樹」(同11)
なりて、この種、契約なり。

3. 同じ種より42の交配により契約の撒かれるがごとく、銘記さる聖なる名は、創造のお
こないを記す42の文字により撒かれる。

orz 訳挫折。雰囲気出そうとない知恵絞って汲々としたのがさらにまずかった。

ゾハルの邦訳ってあるの?

251 :天之御名無主:2008/06/21(土) 04:45:23
>>249
マルクト「王国」。
メレク「王」。

アドラメレクのメレクも同じ単語で、「王」の意味。
アドラメレクのアドラの意味はよくわからないが、
レジナルド・スコットは「外套」「権力」の意味だと考えているらしい。
アドナイ「主」とは別のようだ。

なお、モレクという神の名も同じ単語で、「王」の意味。

> 名前が凄く似ている気がするんだが、この両者には何か関係があるのか?

なので、たまたまじゃないのか。

252 :天之御名無主:2008/06/21(土) 10:44:48
>>250
Gershom Scholemの本、棚で眠ってる

253 :天之御名無主:2008/06/22(日) 05:44:39
>>250

和訳はそういや聴かないね。
スタンフォードが始めた新しいシリーズですか?もしかして。
アラム語本文はPDFで落とせるんで読み始めたけど、サンプルで公開されてる英訳と注釈を読むとこらさすがに一筋縄じゃいかんなと(w

254 :天之御名無主:2008/06/26(木) 01:25:52
>>251

ありがとう。
流石博識な人間がいてくれて助かった

255 :天之御名無主:2008/07/21(月) 18:10:09
3(知恵)の状態がエデンの園 
そこから罪を犯し
4(法と力) 罰として仕事で償いをしないといけない地上に追い出された。
ここでは時間・空間・重力に支配される。
永遠の幸福・無限の創造から限りある世界・苦労が加わり努力しないと幸福は手に入れられなくなる。
以前は無かった悲しみ苦しみ痛み不幸が加わった。
4の安定のため真面目な頑張りが地上の人の第一の美徳とされる。
そして安定した平凡な幸福が約束された。
さらに物理的に苦しいため22の物質世界の改造の力を使い歴史を更新していき楽に便利になっていった。



256 :天之御名無主:2008/07/21(月) 18:28:32
4の予定どうりになる平凡な生活から
1を加え5(慈悲)を創造した。
このセフィラでは思ったことをしようとしても
変化や意外なハプニングが起こってしまう。
常に知的好奇心を満たすような話題にありふれている。
身近な人に対応させると駅や移動と変化の激しい世界に生きる会社員だろうか。
それに対して4の地味な繰り返しなどの特徴から農業や工場で働く人は4のセフィラの人々にあたるだろう。
5は無くても別に生きられる仕事だが4は最低限必要な仕事だ。
4の安定した生活あってマスコミ的な5が楽しめるといえる。



257 :天之御名無主:2008/07/21(月) 18:41:59
4も5も偏りがあるため次に創造したのは均衡の柱にあたる
6(美)だった。
均衡の柱にあるだけあってバランス感覚に優れている。
だから誰からも愛される。
4が遅い 5が早い だとすると6は優雅にゆっくりマイペースだ。
交友関係では4が限定された少数の信頼ある人 5が八方美人的に出来た友人
だとすると6はそれがうまく調和した形になっている。
馴染み深い家族のような関係を持つ。
どうしようもない人でも親のように長所を見たり過ぎると甘やかしたりして
とにかく愛情を持って迎えようとする。
思い出を美化する。
美化の特徴なため必然と芸術的なことに関わるでしょう。


258 :天之御名無主:2008/07/21(月) 18:58:42
とりあえずざっとゲームはクリアし家族を持ちハッピーエンドになったので
やり残したことを探求しようといった感じでできたのが峻厳の柱にあたる7(尊厳)
見過ごしてきた価値のあることやマニアックなことを探求したり改良する。
現実世界では常に人々が予想しない隙を突いた独創的な事件や問題が起きている。
7は神の雛型のような人だろう。


259 :天之御名無主:2008/07/21(月) 19:20:24
神を理解しようとして学問ができ
次に必要になったのは評価されることだった。
8(名誉 勝利 永遠)で名誉を与えられ偉い人や有名人になる。
目に見える形になる。例えば偶像になる。
物質世界の勝利者になるか敗北者になるか極端に別れはっきりする。
名誉があった人もやり過ぎたり犯罪で正反対の人生を歩んだりする。
物質的な可能性は表現しきったので次の9(基礎)では
恵まれない庶民の現実逃避した幻想の世界の可能性を表現した。
心と体にギャップがありアンバランスが魅力である。


260 :天之御名無主:2008/08/07(木) 18:08:57
なんとなく天の国には生命の木と知恵の木があり
どちらかの木の実を食べて地上に生まれてくるのかもしれない。

生命の木の実→夢や運に恵まれる バカ
知恵の木の実→現実的な能力に恵まれる 賢い 

261 :天之御名無主:2008/08/07(木) 18:24:57
禁断の知恵の木の実を食べて生まれてきたということは
恥を隠して生きるほとんどの人々は潜在的に罪人の感覚があり
地上で知恵を使い仕事をして楽園を取り戻そうとして償いをしているようだ。
だからむやみに遊び続けることは罪深いと感じてしまうのだろう。
罪もなく楽園だけだった頃は遊び続けるのは日常で働く概念はなかったと思う。

262 :天之御名無主:2008/08/07(木) 18:45:37
地上に生き続ける限り物質的には汚れ続ける。
最低限、生きるために飲んだり食べないといけない。
ここでは少しの快楽も罰として尿やうん○といった罰として処理しないといけない。
日常で活動したあとには疲れ傷つくため、お風呂や睡眠で処理をする。
地上には後始末が加わった。
地上では生きている限り永久に続く現実があるため習慣が必然になった。
全ては幸福や快楽のためにあったあらゆる存在も
地上ではまず第一にマイナスをゼロにするものになった。
例えば長寿のために醜い姿でも栄養のある食物を食べるなど。
永遠の命のある天国では美味としての食物しかなかっただろう。

263 :天之御名無主:2008/08/07(木) 19:07:35
主は限界のある物語を始めることを決断し6日にわたる天地創造を行う。
そして7日目(土曜日)には仕事を終えて休んだ。
天地創造する前には土曜日の前身である永遠の時代しかなかった。
土曜日の漢字は地上(罪)に十字架が刺さった形だ。
6日働いたあとにくる安息日の土曜日はまるで永遠の幸福の時代の名残のようだ。
人も主と同じように原則として6日働き特別な7日目には休む繰り返しをすることになる。

264 :天之御名無主:2008/08/07(木) 19:23:51
神の一日は千年と言われる。
だとすると罪人であり人祖であるアダムが生まれたのが紀元前4千年頃なため
現在は6000年ちょいで神の7日目である安息の土曜時代に入っていることになる。
そのためか一日中休んで遊んでいるニートの存在もこの安息時代らしい。
この説でいくなら残りの地球のシナリオも1000年程度で終わることになる。


265 :天之御名無主:2008/08/10(日) 23:17:07
ヤハウェは地面の土(アダマ)を使ってアダムの形を作り、
鼻の穴からルーアハを吹き込んだ。
ヤハウェはアダムをエデンの園(中央に知恵の樹と生命の樹を生やした)に置き、
ここにある全ての樹の実を食べても良いが、
エデンの園の知恵の樹(善悪の知識の木とも呼ばれる。現代ではクリスマスツリーとして飾られる。)の実
だけは食べると死ぬので決して食べてはならないと命令を下した。

ヤハウェはアダムとイヴが生命の樹の実を食べ自分達と同じになることを恐れ、
エデンの園を追放され、呪いがかけられた。

「禁止命令を無視して」知恵の樹の実を食べた人間が、
生命の樹の実も食べるのではないか、
と日本では主なる神と訳されているヤハウェ・エロヒム(エールの複数形)が恐れて
アダムとイヴを追放することに決めたとされる。





266 :天之御名無主:2008/08/10(日) 23:54:03
知恵の木の実 ・・・りんご!?
生命の木の実 ・・・さくらんぼ!?

267 :天之御名無主:2008/08/11(月) 06:28:44
一般的に当時のバビロニアやらアッシリアだのの界隈では生命の樹はナツメヤシ

268 :天之御名無主:2008/08/11(月) 08:22:19
『ヤハウェはアダムとイヴが生命の樹の実を食べ自分達と同じになることを恐れ・・』

この記述から二つの木の実もしくは生命の木の実だけ食べると神になることがわかる。

アダム系列の人間は科学的な感覚と善と悪の感覚が発生してると思われる。
ほとんどの人々がそうだろう。

また生命の木の実を食べて生まれてきた人種も可能性がある。


269 :天之御名無主:2008/08/11(月) 08:44:25
『創世記では生命の木の実を食べると永久に生きられるとも伝えられる。』

名前からしてもそう思える。

しかし知恵の木の実さえ食べなかったら死なないのだから
生命の木の実の意味があるのかな?

一つの説としては二つの木で二は対立を表すものだし
現実的な科学力に対する非現実的な魔力 運の良さなどの不思議な力を得られるんじゃないか?
生命の木はセフィロトの木でカバラが顔を出すし
またセフィロトの木の知恵のセフィラの反対にあるのは理解のセフィラなので
生命の木は理解の木とも考えられる。
その『理解』の象徴が意味してるものは秘数2の特徴と重なると思われる。
だとすると知恵の木は秘数3の特徴である知恵のセフィラと対応とすることになる。

270 :天之御名無主:2008/08/11(月) 09:22:38
『神は人をエデンの園から追放し様々な不自由を与えた』
知恵と引き換えに楽園を追放された。
自由から不自由へ 
この流れからしても3知恵→4法 と対応できる。

秘数3(知恵)の特徴は
長所・・・・・・快活、楽観的、開放的、優雅、友好的、社交的、聡明、礼儀正しさ、率直
短所・・・・・・無思慮、極端、虚栄、皮相的、意志不定、耽溺、無貞節、贅沢

秘数4(法)の特徴は
長所・・・・・・勤勉、持久力、合理的、論理的、現実的、知識欲、思慮深い、独立心
短所・・・・・・独断的、孤独、冷淡、強情、疑い深い、傲慢、形式主義、陰気、打算

地上に生きている人々は全般的に秘数4の特徴が出ている。
性格的に4っぽくはなくても4の科学的な法則の支配の元に生きている。
4は時間 空間 重力 罪と罰にも関わる。
地上の人の完成像である大人 成人の特徴と重なる。
エデンの園の時代の人々の基準の性格は秘数3と対応できる。
不幸や責任感とは無縁だったろう。




271 :天之御名無主:2008/08/11(月) 09:33:05
知恵の木の実は善悪の知識の木だった。

善と悪 知識 の概念は秘数4の特徴である。
知恵と知識は同一とは思えない。違和感がある。
秘数3の知恵としては世界を自由に生きる創造的な発想の特徴しか見当たらない。
知恵の木に手を出したとき3から4へパスが出たということか。
それまでは既に本来の秘数3としての知恵はあったと思われる。



272 :天之御名無主:2008/08/11(月) 09:55:40
地上で単純な繰り返しを続け働いて同じペースの安定した生活を維持していくこともできるが
科学の力で物理的に一気に楽になることもできた。

これが4のセフィラのもう一つの象意である神々しい力(秘数22)だといえる。
天才と呼ばれる発明家など歴史に残る偉人はここに対応すると思われる。
また科学的法則の気づき自体が22ともいえる。

原始的な生活をしてきた人も科学の力でできた道具を使うことにより
物理的に楽になり苦しみは減ってきた。
例えば団扇〜扇風機〜クーラー 

ということはやはり知恵の木の実の力は4の能力だった。

273 :天之御名無主:2008/08/11(月) 10:45:17
ちなみに人の作りし法の罪と罰は4の2倍の8(勝利)に対応する。
実際に裁判として勝利か敗北か黒か白かはっきり示される。

4の法とは時間 空間 重力 科学 に支配された根本的な地上のシステムだ。


274 :天之御名無主:2008/08/11(月) 11:42:06
『ルシファーは元々全天使の長であったが、
土から作られたアダムとイブに仕えろという命令に
不満を感じて反発したルシファーは神と対立し、
天を追放されて神の敵対者となった』

この記述からアダムより先に生まれていたのか?

1(王冠)の性格と似ている。

長所・・・・・・意志力、情熱、外向的、自尊心、独立心、正義感、公明正大、寛大、包容力
短所・・・・・・誇大妄想、高慢、狂信、短気、頑固、お人好し、無鉄砲、浪費、派手好み、虚栄




275 :天之御名無主:2008/08/11(月) 11:51:37
様々な理由からこうなった。

1 大天使ルシファー
2 夜の女神リリス
3 土から創られたアダム
4 アダムの肋骨から作られたエヴァ

ルシファーは神に逆らい堕天使になる。
セフィラ1(王冠)からセフィラ10(王国)に堕ちたと思われる。
10は十 獣につながる。

276 :天之御名無主:2008/08/11(月) 12:01:27
理由

3にはリーダーの特徴はないためここに長であるルシファーは対応できない。
1は男性の数なので男性キャラが対応するはず。
2は女性の数なので女性キャラが対応するはず。
罪の源はエヴァなため法を司る4に対応する。
また若い女というより家を守る安定した妻の印象が強いため。
2は秘密の特徴がありリリスの特徴と一致するため。

277 :天之御名無主:2008/08/11(月) 12:46:31
さて4以降のパスはどうなったのか?

シンプルな理由からだいたい以下のようになった。

5(慈悲) ノアの大洪水 ノアの名前が『慰め』なため
6(美)  ダビデ王国 六芒星のマークはダビデの星
7(栄光) イエス 7は神の数 神の求道者なため
8(勝利) 失われた十支族の渡来 日本で神道に形を変える 
     大戦争では敗北だが平和として勝利者になる日本
9(基礎) 価値観や人生が多様化複雑化し心の悩みが主体の現代 

278 :天之御名無主:2008/08/11(月) 13:24:22
同じパターンで現代の人の性格や運命の基準は秘数9の特徴と相似する。

長所・・・・・・包容力、奉仕、同情、自己犠牲的、情緒的、正義感、博識、敏感、芸術的
短所・・・・・・複雑、分裂的、利己主義、虚栄心、強情、感傷的、不安定

複雑な性格であり焦点が定めにくい。男性は女性的だし、女性は男性的だ。
その気になれば実にうまく芝居を演じて本心を隠せる。
自分がなろうと思う性格に表面的にしろなれるのだ。
だから言葉と本心の間にギャップがある。それは不誠実というよりは、
ありのままの自分を知られることへの羞恥心や警戒心からきている。
根は恥ずかしがりやでデリケートである。ところが意外に我が強い。
自分の意見ははっきり主張するし、ときには強情ですらある。
それでいて他人の顔色を窺っている一面もあり、他人の評価を気にかける傾向がある。
外向的に見える場合もあるが実際は結構内向的である。
いつも心の中で自分を見つめ、自分の生き方はこれでいいのかと悩んでいる。
その点は内省的で精神的な人柄といえる。ロマンチストで情緒豊か、理想を夢見るのが好きである。
にもかかわらず一方では、打算的で損得感情に敏感という現実的な面もある。
理想を夢見つつも行動は現実的なのである。
このあたりが複雑な性格をよく現わしているといえる。
深い思いやりを持っている。助けられるよりは助けることに喜びを感じ、
ときには自分を犠牲にしてまで人を救い、奉仕しようとする。
苦しむ人に深い同情を寄せ、失意の人には希望を与えようとする。
人当たりが良く、誰をも受け入れるような包容力の持ち主。頭もいい。
博識で理解力もある。人によって単に百科事典的知識を詰め込んだだけの人もいる。
程度の低い人はそういった知識を虚栄心を満たすために使うだろう。
一般的に、受けた教育や環境に左右されやすい。
様々な要素を包含しているので、なろうと思えば神の如くにもなれるし、
悪魔の如き肉欲の権化にもなれる。実に多様な可能性を秘めている人だといえる。
そうした複雑な自分の性格をよく理解し、なるべく長所を伸ばすことが大切である。


279 :天之御名無主:2008/08/11(月) 14:54:04
王冠の時期にあったと思われる出来事

大天使のリーダーには大天使ルシファーと大天使ミカエルがいた。
(ルシファーはミカエルと双子の兄とも伝えられる)
1の特徴を踏まえて考えていると王が二人であってはいけない。
そして大天使ミカエルと大天使ルシファーがたった一つの王冠をめぐり戦いが起こった。
ルシファーは神に逆らい傲慢になり地獄に堕天しミカエルに王冠が与えられ世界の王になった。
ルシファーは10(王国)のセフィラで魔王になる。

単純に考えると、この出来事の名残で1の長所の面がミカエル 短所の面がルシファー といえる。

長所・・・・・・意志力、情熱、外向的、自尊心、独立心、正義感、公明正大、寛大、包容力
短所・・・・・・誇大妄想、高慢、狂信、短気、頑固、お人好し、無鉄砲、浪費、派手好み、虚栄




280 :天之御名無主:2008/08/11(月) 15:02:49
そしてルシファーやアダムの女になったといわれるリリスは
2(理解)の特徴からこんな子だったろう。

長所・・・・・・感受性、親切、母性的愛情、想像力、平和的、繊細、気配り、神秘的
短所・・・・・・わがまま、気分屋、依存心、小心、怠惰、夢想、支離滅裂、偏屈、ヒステリー

平和的で深い思いやりの持ち主。
自分に寄り添ってくる者は母のような愛情で抱擁し、平和を乱すような場合にだけ闘争的になる。
それ以外では争いは好まず、戦ってまで奪い取ろうとするよりは
むしろ妥協して人との和を優先しようとする。
欲がないというより、むしろ人一倍所有欲は強いのだが、
デリケートな心情のため荒々しいことが嫌いなのだ。
一般に地味であり目立つ存在ではない。
意見も尋ねられたら答える程度で、その意見も概してオーソドックスで
過激でユニークであることはまずない。
このような慎ましい性格を形成しているのは繊細な感受性である。
細かい変化にも鋭く気付き、周囲の雰囲気に敏感なのだ。
想像力も豊かで、空想の世界で物思いに耽る傾向がある。
鋭い感受性と想像力はすべての創造活動の雛形であり、
これが芸術や神秘的な事柄を具体化していく。
しかし、それをコントロールできないとネガティブな面が現れる。
人の些細な言葉で深く傷つき、しかも空想で実際より膨らませてしまう。
そのために必要以上の悲観、取越し苦労、自己憐憫、激しい嫉妬などの思い込みで
悶々として心を乱すことになる。また、人の影響を受けやすい。
自立心に欠けると周囲に左右されて善にも悪にもなる。移り気で感情にムラがある。
優しかったと思うと急にヒステリックになったり怒ったり偏屈になる。
わがままになり気難しくなるが、またすぐに戻るといった具合だ。
物事を表裏から考察する二面性を持ち、それが優柔不断や分裂的な性格の原因となっている。
しかしそれをうまく統制するならば、かなり大胆な能力を発揮することができる。

2の時期には物質界の限界が無いためリリスの魂は様々な形(肉体)として分裂・変身した可能性もある。


281 :天之御名無主:2008/08/11(月) 15:08:56
初めの人間で男性であるアダムの性格と運命は3(知恵)だったと思われる。
エデンの園を満喫していただろう。

長所・・・・・・快活、楽観的、開放的、優雅、友好的、社交的、聡明、礼儀正しさ、率直
短所・・・・・・無思慮、極端、虚栄、皮相的、意志不定、耽溺、無貞節、贅沢

概して幸運である。性格的にも陽気で楽観的だからである。
楽観的な考え方は潜在能力を発揮し、困難を打開する最大の鍵となる。
束縛を嫌い自由を愛する。落ち込んでも陰気にくよくよと悩まない。
すぐにまた新しい希望を見つけて軽快に翔んでいく。
人との交際を好み、話し上手で聞き上手だ。親切で友情に厚いため人気があり、誰からも愛される。
多くのことに興味を持ち、いちおうなんでもこなしてしまう多芸多才の持ち主。
好奇心が強く、俗なゴシップから崇高な哲学にいたるまでどんな話題にも応じられる。
ただし、その興味が醒めるのも早い。型にはまるのを嫌い、
社会のモラルよりは自分なりのモラルを持って生きる。
だが、それさえも気分によってあっさりと捨ててしまうのだ。
これが過ぎると意志不定となり中途半端な生活を送ることになってしまう。
行動も極端で大胆になり、目先だけの興奮と快楽を追い求めることになりかねない。
また、上品で礼儀正しい。
なかには高級品だけを身につけて虚栄を張る皮相的な人もいるが、大抵は精神的にも優雅である。
ずる賢い悪事や偽善を憎み憤りを感じるが、乱暴や醜い言葉に訴えることは稀である。
下品なことは好まず、ハイセンスで爽やかな気品を保っているところが良さなのだ。
ただ、根が正直なために思ったことをそのまま口に出してしまう。
その結果、つい人を傷つけてしまうが悪意はない。
開放的で自由奔放、あまり物事にこだわらずそれでいて個性的な3は、
人当たりも良く親しみやすい魅力的な人物である。


282 :天之御名無主:2008/08/11(月) 15:17:26
そして蛇に騙されエヴァが禁断の知恵の木の実に手を出して罪を犯しアダムと共に責任を負い
エデンを追い出されて時間と空間と重力と限界に支配された地上である4(法)の性格と運命になってしまった。

長所・・・・・・勤勉、持久力、合理的、論理的、現実的、知識欲、思慮深い、独立心
短所・・・・・・独断的、孤独、冷淡、強情、疑い深い、傲慢、形式主義、陰気、打算

勤勉で真面目、信頼できる努力家である。
控えめで物静か、地味であるが内に秘めた情熱を持つ。
目標に向かって粘り強くかつ慎重に進んでいく。
歩みは遅いかもしれないが、人に依存せず独立独歩で前進するので
最終的にはかなりのところに到達する。
現実的で夢想に溺れることはない。冷徹なまでの論理と分析の眼で物事を見、人を見る。
従って表面的な華美さで4の人を騙すことはできない。
常に本質と実利性を求めているからである。どちらかといえば社交性に乏しい。
軽々しい振舞いはせず、孤独を感じさせる。無口だが口下手ではない。
むしろ話せば筋の通ったしっかりした展開をする。お世辞や愛想は苦手。
正直なので、よきも悪しきも口にして敬遠されることがある。
内面的には結構疑い深い。それは人生において確実性を求めるからで、 大胆な行動に出ることは稀である。
計画を立ててもその欠陥をまず考え、うまくいかなかったらどうしよう、となかなか決断が下せない。
やや悲観的。または小心なのかもしれない。
情熱が内に向かうため精神的悩みが深くなる。
しかも物事を分析して、こうだああだと多角的な視野から考え込むために
内部の葛藤はますます大きくなる。
精神を抑圧させたままなので時々激しく怒ったり片意地になったりする。
しかし、内奥に博愛精神ともいうべき熱い理念が宿っている。
単に口先で救ったつもりになるのではなく、 無私の献身をして実質的な利益をもたらそうと願っている。
目標もなくぶらぶらと遊んでいることはかえって苦痛で、
苦しくても目標に向かって努力している方が幸せなのである。



283 :天之御名無主:2008/08/11(月) 15:30:51
蛇はアダムに嫉妬しているリリスだろうか?
エヴァをおとしいれる動機はなんだったのか?
ルシファーが地獄に行ってしまって寂しくなってしまったのと
元旦那のアダムと新妻エヴァが仲良くなったのが引き金だったのか?
嫌なことが二つ重なると陰険な蛇になってしまうのもわかる。

現代にもリリスの魂を持って生まれてきてそうな女がいると思われる。

284 :天之御名無主:2008/08/11(月) 15:47:10
書き直すと

リリスはルシファーが好き。

仕事でルシファーは地獄に転勤

リリスはルシファーを失う。

リリスはアダムを誘惑し遊ばれる。

リリスはアダムに見切りをつける。

ひとりになったアダムにエヴァができる。

アダムとエヴァはしあわせそう。

リリスはジェラシー

エヴァへの呪いで蛇になってしまう。

蛇になってもエヴァを騙して楽園から追放できて満足。

アダムまでいなくなってしまってショック!

ルシファーを思い出してリリスは地獄に会いにい・・行きたかったが行けなかった。
ので自分磨きをしながらルシファーが大天使に戻ることを望んで待ち続けている。

285 :天之御名無主:2008/08/11(月) 16:02:11
リリスは非公式で秘密の女なんで創世記には載せられなかった。
もちろんリリスにゆかりのあるルシファーとミカエルの事件も隠蔽する。
婚因届のように記録としてはアダムの最初の妻はエヴァということになった。
でもアダムは若い頃にリリスとの情事があったことを忘れていない。
しかし新妻であるエヴァには秘密にしていた。
付き合っていくうちにエヴァに聞かれたがリリスは過去の女で今はエヴァ一筋だと心に誓うと発言。
しかし縛られるのが嫌いなアダムはときどき旅に出るといいながら
生まれ変わったリリスと密会していたのであった。

286 :天之御名無主:2008/08/11(月) 16:46:27
生命の木の実は永遠の命が得られるらしいが
これは物質的な生命ではなく霊としての命だと思われる。
2(理解)のセフィラには峻厳の柱で聖霊ルーハが担当しているからだ。
アダムに命を与えるときもルーハを入れている。

『ヤハウェは地面の土(アダマ)を使ってアダムの形を作り、鼻の穴からルーアハを吹き込んだ。』

ルーアハ

聖書の中には火の柱、燃える藪、霊的な息吹といって神秘的な秘蹟の記述があり、
そのうちの霊的な息吹、「風はいずこより来たりて、いずこへ行くかを知らず。
されど、風の吹くところいのちが生まれる」というふうにそっけなく訳されたりしているが、
この「風」が元のヘブライ語では、ルーアハである。
また、『創世記』の中、天地創造においてエロヒム(エールの複数形)が天と地を分けた際、
地の水面をおおっていたのもルーアハ、ヤーヴェ・エロヒムがアダムの体に鼻からいれたのもルーアハである。



287 :天之御名無主:2008/08/11(月) 17:36:00
3つの神は物語に参加した。もしくは化身になった。

父エロヒムはミカエルとルシファーに(まるで神様とピッコロ大魔王)
聖霊ルーハはリリスに(リリスも初めは夜の女神なだけで邪悪ではなかった)
創造主ヤハウエはアダムに(自分にあるものしか描けないもの)
ヤハウエは序盤は天から声をかけていた。
しかし自分が創造した人々の力ではどうにもならなくなったので
のちにイエスとして本人が受肉 原罪を贖罪し永遠のカリスマになる。
結局自分が問題起こして自分が解決する 自作自演。
自然界を操ってるのは自分なので奇跡も都合よく起こる。
おいしいとこは全部持っていってしまう。
創造主本人だけあって影響力はでかかった。
今も古びない表現でできた聖なる福音は常にハイセンスな者たちのとっておきになった。

288 :天之御名無主:2008/08/11(月) 18:07:26
王様の妃に無理やりさせられるような流れが
神話の時代にもあったはずだ。
世界の王様になったミカエルおじさんは娘リリスが好みだった。
しかしリリスの気持ちは失われたルシファーに傾いていた。
ミカエルおじさんはリリス姫を拉致して好き放題する。
リリスは強い力に抵抗できずミカエルおじさんのいいなりになるのだった。
リリスはルシファーが助けてくれることを待ち望んでいた。
その頃 魔王になったルシファーは地獄で一からやり直し
セフィラの階段をのぼり成長していった。
10(王国)を旅立ちし9(基礎)を身に付けし8(勝利)をクリアし7(尊厳)を学び
6(美)を卒業し5(慈悲)まで達し4(法)立派な大人になり大天使の資格を取り戻し
3(知恵)で勇気を出し剣(男性器)を持ち
ついに2(理解)の城の地下の秘密の部屋で囚われていたリリス姫と再会する。

ルシファー『やっと会えたね』

リリス『会いたかったよ〜』

ルシファーはリリスに小鳥キスをして別れ城の最上階にいた
昔の自分のように傲慢になっていたミカエルおじさんを地獄に送り届け
リリス姫を救出しハッピーエンドを迎えるのであった。。



289 :天之御名無主:2008/08/11(月) 18:46:58
しかしルシファーがリリスの夢想した男に育ってない(戻っていない)限り
追い返されてしまうか恋心もすぐ冷めてしまいます。
それでもリリスはルシファーを待ち続けるでしょう。
はじめて愛された甘い記憶が残っているからです。

290 :天之御名無主:2008/08/11(月) 21:51:28
理解の木である生命の木の実を食べれば
イメージしたあらゆるものに一瞬にしてなれるだろう。
地上のように物理的な限界が無いためできることだ。

2の特徴からそう感じる。

演じていることも自覚しているはず。

291 :天之御名無主:2008/08/12(火) 23:49:17
輝 →光の軍 なんとなく大天使ミカエル軍と大天使ルシファー軍を想像させる。
ルシファーの意味は『光を帯びたもの』
光り輝いていたんだろう。
そして、光を失ったもの 堕天使になった。

292 :天之御名無主:2008/08/12(火) 23:59:11
1 ミカエルかルシファーか
2 リリス

の流れから考えると王冠が与えられたミカエルには秘書or嫁リリスが与えられたともいえる。

293 :天之御名無主:2008/08/13(水) 11:49:10
ルシファーは地獄に堕天したらしいが
地獄とは地の国で地上だったのでは?
だとすると4(法と力)の支配者になったのか。
善と悪 時間と空間と重力は4が司っている。
悪が生まれたため対立概念としての善ができた。
悪ができたため法ができた。
悪魔になったルシファーとリリスは蛇になりミカエルへの復讐のため
エヴァを騙してアダムとエヴァを地獄(地上)に道連れにしたのかもしれない。

4の悪が基盤になって5以下も創られている。
地上に生きる人々はニュースで起こる悲しい事故や殺人事件など不幸や悪とは一生付き合って生きている。

10(王国)ってなんだろう?
1(王冠)が天だとすると10(王国)は地でうまく対称的になるのだが・・


294 :天之御名無主:2008/08/13(水) 12:17:18
秘数の1と22はどちらも王様的で似ているといわれる。

1(王冠)大天使ミカエル が天空の王になったので
4と22(法と力)で魔王ルシファーとして地上(冥府)の王になったのかもしれない。
この世が地獄だなんて・・と思う人もいるかもしれないが
法がなくなったら憎しみ合い殺し合いで地上の安定はなくなってしまう。
地上に生まれてくる時点で悪魔の要素を多かれ少なかれ持ってるのだ。
それを法の基準のもとに育った大人(天使)は子供(悪魔)に身に付けさせる。
限界が生まれてしまったため他人に迷惑をかけていけないなど必要最低限のルールを教えられる。
この重いシステムが発生したのはエヴァの罪にあるのでそのため
エヴァの子孫である我々は仕事をして苦しい地上を軽くして失われた楽園を取り戻していく。
4が地上の目的であり5〜10は寄り道の可能性でもある。
その悪を抱えながらの可能性も充実したものになった。
悪や死があることでできた地上の楽園のありがたみや悲劇の物語や複雑な人生など。


295 :天之御名無主:2008/08/13(水) 12:31:15
限界があることでお金のシステムも必然的に発生した。
働いて罪を償いお金を稼ぐことでまず食えなくて死ぬことはなくなる。
4の地上の安定は手に入れた。
さらに稼ぎこのお金で個人的に幸福になるために楽園へ行き恋をすることも
他人や将来のために地上に楽園を創ることもできるようになる。
前者は3・2・1の天国へ
後者は5・6・7・8・9の地上天国作りへ
後者を選んだ多くの人のゴールが10(王国)なのかもしれない。

296 :天之御名無主:2008/08/13(水) 12:35:59
10(王国)は寝ているときに見る夢じゃないか?
現実でごちゃごちゃした夢が不思議なまとまりをして夢物語になる。
夢の中では全能である。
現実では1(王冠)として現実を踏まえた上での夢を追いかける。

297 :天之御名無主:2008/08/13(水) 12:59:11
人の成長 レベルアップ 10スタート→1ゴール

10(王国) 夢から覚める 胎児 夢〜現実
 9(基礎) 羞恥心を身に付ける 子供〜大人 悪魔〜天使
 8(勝利) 技を身に付けて自信を持ち競争し勝利して名誉を得る
 7(尊厳) プライドを持ち群れから離れ道を探求する
 6(美)  家庭的な愛情を持つ 調和を心得る 芸術に親しむ
 5(慈悲) 変化のある経験をする 楽しませる 思いやり 友情
 4(法 力)仕事をして地上を維持する 法を守る
 3(知恵) 世界を楽しみ最新の思想 価値観 流行を生み出す
 2(理解) あらゆるものの気持ちを理解する 物語と音楽
 1(王冠) 新世界を創造する

中途半端で未完成だが、だいたいの流れさえ掴めれば充分だ。

298 :天之御名無主:2008/08/13(水) 13:23:23
セフィロトの木(生命の木)

          霊 父 主
          左 中 右       
流出世界アツィルト 2・1・3
創造世界ベリアー  4・6・5
形成世界イエツィラ 7・9・8
活動世界アッシャー   10


個性で人を喜ばせる人気芸能人は3のセフィラに対応できると思う。
その人気芸能人のキャラを理解して物語にしてしまう作家などは2だろうか。
形の無い心地好い音楽を生み出す人も2のセフィラに達していると思われる。

299 :天之御名無主:2008/08/13(水) 13:52:30
天国だけだった頃は父(1)の支配の元に男(3)と女()だけで充分世界も物語りも成り立っていた。
限りある地球ができてしまったため無邪気に行動する子供(5)を育てる母(6)の世界ができた。
流出世界だけでは父の支配だったが創造世界ができて母の役割が主体になった。
形成世界までできると子供〜大人への成長がメインテーマの子の支配になった。
ここは反射世界でやられたらやり返すような感情で動かされる動物的な世界だ。
それを超えて母のように長所も短所も包含すれば思考で動く創造世界に到ったと思われる。
未熟な動物(悪魔)から立派な人間(天使)になり地上では合格。
さらに上を目指し大天使になれる。
やはり10(王国)にいるのは魔王だろうか。
4から10が魔王が関わる範囲なのかも。
1から4を足すと(1+2+3+4)10になるし。
魔王 赤い悪魔 赤ん坊 として自己中に生まれ
以前から地上にいた親に育てられる。
天使のレベルの親なら天使に育て上げるし
悪魔のレベルの親なら悪魔に育ってしまう。
地上に生きる人々の人生は魔王ルシファーから大天使ルシファーに戻る物語なのかな。



300 :天之御名無主:2008/08/13(水) 14:02:22
将来は悪とともにした4〜10をカットして123だけになる閉じた世界ではなく
456789もいままでどうり受け入れて
魔王が改心した10の地上天国で完成する世界になることを望んでいると思われる。


301 :天之御名無主:2008/08/14(木) 22:38:28
テトラグラマトンיהוה(YHVH)は縦書きにすると人の形になる。
י
ה
ו
ה

302 :天之御名無主:2008/08/15(金) 01:02:14
セフィロトシステムは実在するのか?

まだはっきりしない。

ただ強固な伝統になっている。

303 :天之御名無主:2008/08/15(金) 01:04:57
大幅に修正 もしくは2つの説を追っていくか・・迷い

304 :天之御名無主:2008/08/15(金) 18:58:29
生命の木と知恵の木 二つの禁断の木

ニといえば二元論

二元論で導き出してみようか

知恵の木からは仕事と出産など現実が出てくる。

生命の木=夢
知恵の木=現実

305 :天之御名無主:2008/08/15(金) 19:05:19
現実を生きるために知恵を与えられる。
科学から生まれた道具によって夢を叶えた。

反対に生命の木は現実もないため夢が願った瞬間叶う魔法のようなものであった可能性がある。

306 :天之御名無主:2008/08/16(土) 01:30:13
サトゥルヌス(サートゥルヌス Sāturnus)は、ローマ神話に登場する農耕神。
英語ではサターン。
ギリシア神話のクロノスと同一視され、土星の守護神ともされる。

土曜日のサタデイはここから来てるのでサタンから蛇につながり
土曜は悪魔になったルシファーとリリスの日
そして太陽サンデーの現実を生きるのがアダムとエヴァとなった。
人は神と同じように6日働き7日目に休む
人にとっての創造の極みが金曜日にあることになる。
シンプルにうまくまとまった。


307 :天之御名無主:2008/08/16(土) 01:43:48
人が土曜に休んでる間に魔が活動する。

自然は人を生かす恵みの神であるとともに人を殺す悪魔でもある
自然に気まぐれに生きている
その自然の中で知恵を使い生き延びてる人
科学の力で自然と戦い続けている
まるでミカエルとルシファーの戦いのように
自然は神でも悪魔でもある

生命の木=自然=ルシファー リリス
知恵の木=人 =アダム エヴァ

308 :天之御名無主:2008/08/16(土) 01:57:15
まとめ

月  生命の木(魔力) = 神〜魔王=ルシファー      姫リリス
太陽 知恵の木(科学力)=天使〜悪魔=アダム(ミカエル)   妻エヴァ

姫は秘め→夜の魔女リリス


309 :天之御名無主:2008/08/16(土) 02:42:21
自然から虫・・獣・・あらゆる人から外れた形を経てやっと人の形にたどりつく。
魔王と魔女は人の形をした生き物 人形になった。

310 :天之御名無主:2008/08/16(土) 02:53:22
人形ルシファーとリリスは人の形をした自然なので
人に育てられても人には育たず自然な振る舞いが顔を出し秩序ある人から外れる。
やがて人形は人の振りなどをして、うまく生きるコツを覚えて人と共生した。
人には人形が人の形をしているので同類だと思い込んでいた。
あなたの身近な人も実は人形で人の世界にどさくさにまぎれているのかもしれない。

311 :天之御名無主:2008/08/16(土) 02:59:11
アダムとエヴァは失われた力を6日かけて取り戻す。
その過程で6つの人種が生まれたはずだ。
ルシファーとリリスは7つ目の古き種だった。

312 :天之御名無主:2008/08/16(土) 03:57:35
生と死の現実がなければ骨も必要ない。
夢の園では肉体だけで成り立つ。
現実が発生したために肉体の殻に骨と血などの中身を創る必要があった。

アダムの骨からエヴァが創られた。
ここからエヴァは骨を休めるマッサージの安息を好み
女の原点であるリリスは肉体の皮の快感を好むと思われる。
どっちの方が好きかでエヴァ系の女かリリス系の女かわかるかもしれない。

313 :天之御名無主:2008/08/16(土) 04:11:45
夢の園では人形のように見た目だけでできていた。
その中に喜びの魂が入ってるか入っていないかの違いだった。
電源のON OFF の違いのようでもある。
動けば見た目どうりに動く。
人のように複雑な環境の影響で無限に細分化する中身ではなかった。
また人は罪の意識からか働いていないと潜在的に罪悪感を持ってしまう。
誰か他人とともに動いていないと心は汚れ犯罪に走ってしまう。
人は土曜日の休日で回復を繰り替えしながら動けなくなるか死ぬまで動き続ける運命になった。

314 :天之御名無主:2008/08/16(土) 04:19:01
失われた夢の園を取り戻すため6日働き
土曜には不完全ながら取り戻した夢の園で安息する。
本物の夢の園の代償行為である。
原則として完全な夢の園になるまで働き続ける。
子孫を残し死と再生を永久に繰り返し本物の夢の園に近づく。
そして最後には科学が魔法に追いつき一つになりハッピーエンドになるでしょう。

315 :天之御名無主:2008/08/16(土) 10:41:33
罪が完全になくなり真の夢の園が完成したとき
時間 空間 重力 もなくなり
一週間の永久サイクルもなくなり
罪と神の墓である十字架を示す土曜の土は十=全て 永遠になる。
別れていた天国と地獄は地上天国として一つになる。

316 :天之御名無主:2008/08/19(火) 23:29:55
十種神宝でも一二三四五六七八九十(ひふみよいむなやここのたり、など)
と唱えるのはテケルからマルクトまでの流出を意味しているのかも知れない。
死者をも黄泉帰らせる祝詞というのもキリストとの関係を疑わせる。
「ふるべゆらゆらとふるべ」のほうもヘブライ語で解読可能か?

317 :天之御名無主:2008/08/20(水) 17:30:10
ほう 日月神示懐かしい。その説読んだことある。

ケテルだよ。

2について悟ったので発表
2で霊と肉体の二つの概念が出来た。
この場合の肉体はもう成人としてできあがってる形
3で成長過程の可能性を表現したと思われる。

318 :天之御名無主:2008/08/20(水) 23:37:30
2 聖母 聖霊

319 :天之御名無主:2008/08/22(金) 17:51:38
× →十 
原罪→贖罪

320 :天之御名無主:2008/08/31(日) 16:46:07
絶対善に対する絶対悪の悪魔の概念ってユダヤ教にはなかったんじゃ?
ルシファー>悪の概念も世界的に見たら微妙。
一神教の拡大時に他の神々を悪者にしたんじゃない?

どうもカバラ理論は嘘が多い気がする。
パスとタロットとの対応も星座まで持ち出してこじつけっぽい。
タロットもカモワンで理論変更があったし、
色々調べたらカバラも理論変更があるのかも。

321 :天之御名無主:2008/09/02(火) 18:27:19
カバラにおけるルシファーが悪魔と言うは完全に虚偽デマ偽り嘘八百。
少なくとも正統派カバラにはなく、キリスト教の影響後である
クリスチャンカバラからだ。

322 :天之御名無主:2008/09/02(火) 18:58:00
カバラだとサマエルだよね。

323 :天之御名無主:2008/09/13(土) 23:51:09

田島!松本! お前ら奥さんや娘達が借りてきた文章とメロディー
またお前達の名前で発表するの????
だったら何故こっちに脅迫と苦痛をもってくるの??

松本隆に言われるがままにBIRDが引き起こした相撲部屋でのリンチ事件(時太郎)
彼に生存の選択肢はなかった。

BIRD-------オリジナルラブの田島貴男の性魔術のパートナーの1人

    父親にその家庭の奥さんと別れる気配がないことを知り、暴徒化した女の子
    子供の養育費を無関係な私から魔術による盗みで捻出しようとした点は、
    松本隆の次女の美緒と同じ。
    彼女のその他のパートナーはRYO the SKYWALKER 
    逗子のライブハウス音魂で、待っていたのはこの2人
    
彼等は大きな傘に入ったつもりかもしれない、けれど彼等が面白半分にタッチする人間は何人かは本当に死んだ。遊びで集団でカバラ等の魔術を使わないでほしい。

松本とその家族が俺に会いに来た後、田島貴男が白いカローラバンでワイフを連れてきた。工事現場でガードマンとして突っ立っているときに俺に声をかけ写真を撮っていったのはそのワイフ(FRIDAYのバックナンバー)彼女はその数日後、俺のアパートの前で立っていた。

渋谷系教祖のオリジナルラブ田島貴男の奥さん。
彼女は女流オカルティスト兼 漫画家
田島君が誰を犠牲にして教祖として振る舞っていたのかは彼女に聞いてみると良い。
魔術に依った田島君の悪い手癖は、同じ癖を持つ作家・松本隆と深く結びついた。
http://www.kazemachi.com/cafe05/colum/colum_p_015.htm


田島貴男とそのワイフはその性魔術で、魔術に無知な私の女性友達を晒しにものにした。無邪気な田島君(風町茶房でスターウォーズの話をうけて) http://www.1101.com/original_love/index.html

324 :天之御名無主:2008/09/14(日) 22:32:49
ゴーレムもカバラ的民間伝承だよね。

325 :天之御名無主:2008/09/15(月) 21:26:03
          .∧∧
    アヒャヒャ   (*゚∀゚)   アヒャヒャ
       /   |  \    
  .∧∧/      |    \.∧∧
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)   アヒャヒャ
   |\       .| .       /|      
   | \  .(・∀・)    / |      
   |  \  ..|   /  |      
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)
   | ~ ‐- .,\|/. -‐ ~.  |   
   |      (*゚∀゚)   .   |   アヒャヒャ
   | _.,.. -‐ ~ | ~ ‐- .,.. _ |
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)  
    \~ ‐- .,_.. | _.,.. -‐ ~/   
アヒャヒャ  \  (*゚∀゚)  /
        \ | /
         (*゚∀゚)    アヒャヒャ

326 :天之御名無主:2008/09/16(火) 01:52:41
ルシファーは悪魔というより、悪魔と天使の両方の存在を兼ね備えた存在なんじゃないかな

327 :天之御名無主:2008/09/16(火) 03:48:00
話しが続かんな・・・

328 :天之御名無主:2008/09/17(水) 17:00:28
セフィロトの木(生命の木)

これにたいして逆さになっている

クリフォトの木とは、情報の伝達経路と抽象度から絶対的になる過程から

クリフトの木=知恵の木=科学という関連がつけられると思うが

知恵は物事を明らかにしたが、それは思考を止め考えることを拒否する力に
繋がる。科学の発見では生命の木が示す分析の流れが存在するが、科学を利用する
立場では正しいと定義されてしまった学問を受け入れるだけ、コピーして
それを自分の価値観に従って受け入れるだけ。

理屈であり、理論であり、もっとも合理的で妥当な選択が科学である。
科学は万能ではないので、万能から外れる部分は科学では非力であるのは明らか、
その非力な部分とは科学の計りでは測れない存在を意味する。
魔術のような認知できない概念や象徴やカバラや数秘術であつかえる無意味そのもの
から意味を抽出する技術は科学では扱うことができない。

クリフトの木(知恵の木)を食べた結果、宗教の主観的な世界から科学という客観的
な世界へ誘導され人類は科学の力で全てを判断するようになった。
これは学問や知識そのものが科学という客観性の技術に依存しているということ
じゃないのか。

329 :天之御名無主:2008/09/18(木) 00:41:31
このスレって真面目にカバラを考察するスレ?
それとも単なる電波スレ?

330 :天之御名無主:2008/09/18(木) 17:45:30
>>329
基本は前者。
だが後者がかなり混じる。

331 :天之御名無主:2008/09/19(金) 13:09:16
クリフォトの木は知恵の木ではないし
そもそも知恵の木なんて伝承には出てこない
あれは善と悪の知識の木を誤訳した結果生じた勘違い

332 :天之御名無主:2008/09/20(土) 08:41:14
>>67
ベヘモス=バハムートは神とは違うの?

333 :天之御名無主:2008/09/20(土) 08:56:19
ベヘモス=バハムートは
カバかマンモスらしいから神じゃないのかな(食べ物らしいし)
こっちの方だったならロマンあるけど
http://www.hokkaido-jin.jp/issue/sp/200403/images/sp09_img04.jpg
その地域じゃ束柱目の化石は出ないんだっけか?


334 :天之御名無主:2008/09/23(火) 03:21:28
パクリに失敗した部分は中層世界に属する曜日神格など
十干=十惑星のうち通常出現する範囲:八卦〜七福神+人類
および、上層世界=起源に属する全て。
下層世界=人類環境で個などとして通常出現可能な範囲である
十二支=十二宮の単独運用のうち使い物になりそうなものは
この範囲では事実上の唯一の正当・適切な相互配置になる
タイプ#順(=十二支順=対応色相順)だけであり、また世界樹の
混同・混用によってそちらの最上位法則が全域指定枠の場所にある
(ようするにギリシャで言うアルファの位置にある風星=自在天)。
生命スペクトルは上層世界からの五属性法則に由来するものであり
創世記にもある曜日神格は本質的に中層世界の機能が主体である。

さて上層世界からの五属性法則のうちイスラム等啓示宗教後期での
光属性=仏教ないし初期啓示宗教の火=言葉としての神について。
五属性=聖性のうち神聖属性に分類される三つの機能型と、それらの
主属性=共有起源における「地の脂」言語・正義・特色の機能型は、
言語などにおいて共有される有限の形式=関係を相互配置実現時に
「同形の間の差異としての側面として実現される特色=相互依存定義」
つまり言語実現などにおいて相互配置としての特色による語義多様性が
(それぞれ新規創出だから)無始・(表現体系成長限界がないから)無終・
(数量的評価尺度に還元されない=互いに等価交換できないから)無量・
(対人等の相互情報交換において各人の内部に限定されないから)無限
の、(後の)光がサハスララ相当のケテル〜ムーラダーラ相当のイェソド。

下層世界の十二の型のうち同形間特色=(語義正当性等の)正義=「地の脂」、
「天の露」=クリエイターオブワールド=起源=辛(言語)と同じタイプ2分類、は、
非大乗仏教(上座部大乗では個人内では同型=単一でも人により違う)などの
下層世界の諸法則では扱えない内容であり、個体の固有型としては登場しない
「十の基幹期間契約」や「全七つの真の起源」ともどもカバラの分を超える。
これがダートに相当し、は本質=創出契約式の第一項とする「四大の火」
=今で言う光を起源とする四機能のうち十干型のものを除く三分岐(宮)と共に
下層世界=通常出現範囲での唯一の配置法則:色相環で十字を描く。

335 :天之御名無主:2008/09/23(火) 03:48:39
起源そのもの=【辛】の第一項となる宝瓶宮を最上部に、
またエブラの第一項=頭文字である白羊宮は最下部に。
続く天秤宮=単一性は啓示宗教の起源=聖性の第一項、
また世界樹の十二支による身体正中環の頭頂『王冠』で
これを起源の直下に置き、十二支=本質(創出契約式)を
元にした9剰余で示された順で、十二支と同じ昇順で続く
人馬宮『理解』を左下に、逆順で宝瓶宮とともにタイプ3で
直前に並ぶ双魚宮『焦点』を右下に並べ、その左下にして
『単一性』の直下に下層世界を超える同型(形式)の違い、
特色である磨羯宮(上記)、その左下で『理解』の直下に
タイプ1=十二支第一の巨蟹宮『完了(完全)』を置く。

十二支第十二の獅子宮『勝利』を置くには右側に戻るが、
十二支第六で慈愛・理知系のうち量的知性=知能であり
倫理哲学であり、緑色で分かるように午=天秤タイプ4を
 第一項=主要な構成成分とする差分の聖性=理知系で
生命スペクトル昇順で最初の位置のユダヤ教の金牛宮が
左端の人馬宮『理解』から右端のこちらに繋がってきている。
続くのは同じタイプ6だが、金星タイプ7の側(wing)にある
双魚宮タイプ6w7(6 winged 7)のティファレトである。
これは婚姻で意識される血縁共同体などの集合操作での
基礎=創出契約式第一項=機能実現の主役に相当し、
よって同形式間相互対等関係=光属性だから中央にある。

金星と同じタイプ7で十二支色相環で赤い色を担う処女宮、
美のイデアとは呼ばれる達成だが到達・近接・焦点・近似
(感覚機能を実現する経験への近似=組み込み)でなく
この成功尺度ベクトル空間が本体(美の字源などを参照)
空=イデア=等価性のうち数=MANY=多少・デジタル、
全部に対するAND集合操作による分離に関係するほうで、
外向的行動性や快適さの因子として見られる機能である。
語義空間が容器内(形が不定)の色ならこちらはカタチ。

336 :天之御名無主:2008/09/23(火) 04:23:18
容器フレームであるエブラの契約式第一字=主要機能は
白羊宮タイプ8=赤紫によるナワバリ=サイズの確保だ。
金行=白虎=空白・空虚系を、仏教や啓示宗教初期では
(生命スペクトル20領域の一番下の四領域として)地で表す、
だから英語EARTHや日本語の図に対する地の意味は、
実は漢字の地には無かったりする。容器フレーム=除算系は
オブジェクト指向のカプセル化に当たる=メインの機能であり、
仏教では直訳して意識とも呼ぶが、世界樹の五行象徴体系で
嗅覚に対応するように「主に前頭葉で実現される」諸機能で、
それと対を成す後頭葉が視覚=木行=減算系の四大の水、
今で言う火、エネルギー等の価値を測る:ネゲントロピー系だ。

もし数量的に測定できるような価値なら水行=風=「木星」、つまり
日蓮などのいう風星=自在天=等価交換順序性=八卦の坤為地
(天円地方の地方)=垂直相互関係で、こちらは創出契約第一項が
十二支の最下部の子「次代」である天蠍宮タイプ9w8=イエソド=
ムーラダーラに相当する(あちら=世界樹は乗算属性がベースだ)。
質量・エネルギーなどの(総量の)保存則から使っても量は同じはず、
「全体の数量としては直接測れない差としての価値尺度」が必要だ。
これは(混濁の反対語である)混沌=渾沌=カオス=ネゲントロピー、
原初には今より豊富にあったはず=後は消耗されるばかりの価値、
つまり啓示宗教で生命およびそれ以外の世界のありように見られる
(精密さ等の)起源としての差分=理《ことわり》として扱うしかない。

差分=減算系は非数量価値を扱うので、第三項では特色の磨羯宮を使う。
第一項は上記の、他には無い=単一性《ユニーク》である天秤宮を使う。
第二項=前提にして相互の差異は部分・担当比率のタイプ0であり、これは
ローマ字Rの起源だが、正しくは虚空会=天の玉座=古星座体系で言えば
天の北極に対応するものであり十惑星象徴では食=エクリプスに相当する。
(タイプ分類そのものは剰余だからこの型。位取り記数法の各桁と同様。)
これが第一項の(金星と同じ)タイプ7がライトブリンガーと誤訳されたのは
古代エジプト以来だがフェンリル等の戌タイプ7は方向性だから食が正しい。

337 :天之御名無主:2008/09/27(土) 22:36:35
>>288 

1 ヤマタノオロチ
2 クシナダ姫
3 スサノオ

338 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:10:44
ルシファー(Lucifer)とは、キリスト教の伝統で、サタンの別名とされる。
(イスラム教ではイブリースに相当)「ルシファー」は英語からの音訳で、
その他日本では、ルキフェル(羅)、ルシフェル(西 Lucifer, 葡 Lúcifer)、
ルチーフェロ(伊 Lucifero)などとも表記される。

Lucifer はもともと、ラテン語で「光を帯びたもの」
(lux 光 + -fer 帯びている、生ずる)を意味し、
キリスト教以前から「明けの明星」を指すものとして用いられ、
オウィディウスやウェルギリウスなどの詩歌にも見られる語である。
無論、ヘブライ語の旧約聖書にも、ギリシャ語の新約聖書にも使われてはおらず、
元来は、サタンや堕天使といった伝説と一切無縁のものだった。

起源はバビロニア神話の雷鳥アンズーともカナン神話のシャヘルであるとも言われている。
アンズーは至高神エンリルの元から魔力を司る「天命の書板」を奪おうしている。
また、明けの明星シャヘルは父である至高神エルの地位を奪うため、
母アシュラを娶ろうとした。母なる女神との婚姻は、
至高神としての地位獲得の証であった。

キリスト教において、この語を、サタンと結びつけたのは、
オリゲネスが最初であると考えられている
(ただし彼の著作はギリシャ語なので、
おそらくオリゲネスのラテン語訳がサタンとしてのルシファーの初出)。
彼は、「エゼキエル書」、「イザヤ書」、「ヨブ記」(1章-)、
「ルカによる福音書」(10章18節)に、隠された堕天使の存在を見出した。
その後、テルトゥリアヌスを始めとする初期の教父たちも、これについて論じた。
さらに4世紀、ヒエロニムスは、聖書のラテン語訳(ヴルガータ)において、
ヘブライ語の「明けの明星」を意味する言葉 הֵילֵל(イザヤ書 14章12節)を、
(古ラテン語訳を踏襲して?)Lucifer の語を当てて訳した
(なお、この箇所の「明けの明星」は、本来、バビロンの王を指すものである)。

339 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:11:17
その後のキリスト教の伝統的解釈によれば、
ルシファーは元々全天使の長であったが、
土から作られたアダムとイブに仕えろという命令に不満を感じて反発したルシファーは神と対立し、
天を追放されて神の敵対者となった。
「ヨハネの黙示録」の12章7節をその追放劇と同定する場合もある。
また、アダムの最初の妻・リリスが夫の元から離れた後ルシファーと結婚したという説もある。  
ミカエルとは双子の兄弟であったという説もあり[要出典]、ルシファーの方が兄にあたる。
この場合、ルシファーは褐色の肌、ミカエルは青い肌で描かれることが多い。  
他に、元々1つだったものが別れ、ミカエル、ルシファーになったと、とらえる事もある。

西欧文学において、ルシファーが登場する名高い文学作品としては、
ダンテの『神曲』とジョン・ミルトンの『失楽園』が挙げられる。
特に後者は、神に叛逆するルシファーを中心に据えて歌い上げたため、
その後のルシファーにまつわる逸話に多く寄与することになる。

ルシフェルが堕天した際、『エル』の称号を失って名前が「ルシファー」になったとされる。
ウェブサイトや学問的ではない神話・伝説の書籍で説の大元の典拠が示されることなく記述されている。
通常はラテン語としてのルキフェルが英語読みされてルシファーになったに過ぎないと考えられる。


340 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:19:47
カバラの文献である13世紀の『左方の流出について』によると、
リリスはサマエルの妻である。

その他、おそらく『ベン・シラのアルファベット』に影響されて、
彼女はアダムの妻ということになっている
(『ヤルクト・レウベニ』(Yalqut Reubeni)、『ゾハル』1: 34b, 3: 19[2])。

アダムの最初の妻としてのリリス

『創世記』1章27節のくだり「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。
男と女にかたどって創造された」
(アダムの肋骨からエヴァが誕生する前の節である)は、
アダムにはエヴァ以前に妻がいたということだ、と信じられることがある。

リリスがアダムの最初の妻であるとした中世の文献は
『ベン・シラのアルファベット』(en:The Alphabet of Ben-Sira)で、
8世紀から11世紀ごろにかけて執筆された(著者不詳)。
それによれば、リリスは性行為の性交体位におけるアダムの支配的地位を拒否し、
そして彼を捨てて去っていった(「彼女は『私は下に横たわりたくない』と言い、
彼は『私はきみの下になりたくない、上位にしかいたくない。きみは下位にしかいてはならないが、
私はきみより上位にいるべきだ』と言った」)。
リリスはただちに神の名を口にして、空を飛び、エデンの園を去り、紅海沿岸に住みついた。

リリスは紅海沿岸でアスモダイやほかの多くの悪魔たちと関係を持ち、無数のリリンたちを生んだ。
アダムは神に、リリスを取り戻すように願った。そこで3人の天使たちが彼女のもとへ遣わされた。
セノイ(en:Senoy)、サンセノイ(en:Sansenoy)、セマンゲロフ(en:Semangelof)という3人の天使たちである。
彼らはリリスに、逃げたままだと毎日子供たちのうち100人を殺すと脅迫したが、
彼女のほうは永遠にアダムとエヴァの子供たちを餌食にするが、
その子供たちはただ3人の天使たちを召喚することによってのみ守られるだろう、と言い返した。
彼女はアダムのもとへは戻らなかった。

341 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:34:10
サマエル(Samael)はイスラエルに伝わる死を司る天使。
その名は「神の毒」、「神の悪意」の意味をもつ。赤い蛇と呼ばれることもある。

サマエルは謎が多く、元々はローマの火星の天使や、
エデンの園に棲んでいた蛇など、様々な説がある。
そのため、カマエルやサタンと同一視されることもある。

ユダヤ教では、モーセの魂を天国に運ぶのに失敗して堕天使になり、
この時モーセの杖で打ち据えられ、サマエルの目は潰れ盲目になったといわれている。

由来は様々だが、どの説も最終的にサマエルは悪魔になっている。

また、極稀に、「破壊天使」のルビとして使用される事もある。

一説では、サタン(ルシファーと同一視される場合もある)に
匹敵するほどの強大な力を持った魔王であるとされている。

バルクの黙示録では、サマエルはエデンの園に葡萄の木を植えたという。
これに神は怒り、サマエルと彼の植えた葡萄の木を呪い、
アダムが触れることを禁じたが、当然これに怒ったサマエルは、
葡萄を使いアダムを欺いた。

旧約聖書の創世記において、蛇が人間を誘惑し知恵の木の実を食べさせたので、これ以降、人間は死を免れることができなくなったと書かれており、この人間を誘惑した蛇が、カバラにおいては、サマエルとされている。



342 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:38:50
サタン(Satan)とは、ユダヤ教とキリスト教、イスラム教における神の敵対者、
悪魔を指す。地獄(魔界)の支配者であり、すべての悪魔を統べる王である。

その名前は「敵」、「反対する事」を意味する普通名詞
(ヘブライ語satanまたはアラム語satana)に由来するが、
一説にはエジプト神話の悪神セトより、「セトの犬(セト=アン)」
が変化したとも言われる(バーバラ・ウォーカーの説だが、根拠に乏しい)。
また、アラビア語では、シャイターン(شيطان)と綴られる。
ヘブライ語でサタンの語源は試練を与える天使とも訳される。

本来サタンは、「妨げる者」との意味の名を持つ天使だったが、
「敵対者」としての意味が重視されだしてから悪魔に変化したと考えられている。

日本で特にサタン(Satan)と呼ぶ場合、悪魔の中でも上位の存在を指す言葉として、
半ば固有名詞的に用いられる。
その際、しばしば著名な悪魔(ベルゼブブ、メフィストフェレスなど)を含むことがある。
これらの用法には、ルネサンス以降の小説や戯曲で取り上げられたことによる影響もある。

サタンの正体については様々な説があるが、代表的なものとして次のものがある。

サタンは、元々「ルシファー」「ルシフェル」という名の神にもっとも近い存在の者であり、
十二枚の翼を持った美しい天使であった。

大天使ミカエルと双子の兄弟(ミカエルが弟、ルシファーが兄[要出典])であったルシファーは、
天界でミカエルより高い地位にあり、多くの天使を率いていた。
しかしある時から、自分が神より上なのではないかと考えるようになり、
神の座を奪うため、自分に賛同する天使達を集めて、ミカエルの率いる神の軍団との戦いを開始する。
戦いは長く続くが最終的に敗北し、ルシファーと天使の三分の一は天から投げ落とされてしまう。
その後、ルシファーは地獄(魔界)の王サタンとなる。

ルシファーが神に戦いを挑んだ理由としては、
神が天使より人間を上の位置に置いたことに嫉妬したためとの説もある。

343 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:40:03
サタンの正体についてのその他の説

ベルゼブブ説

多くの悪魔、魔物を支配するベルゼブブがサタンの正体であるとする説。
ただし、ベルゼブブはサタンの次に高位の悪魔であるとの説もある。

サマエル説

サマエルがサタンの正体であるとする説。ユダヤ教ではサタンと同一視しており、
キリスト教では堕天使のリーダー格とみなしている。

階級名説

サタンは固有名詞ではなく悪魔の統率者の階級名とする説。


344 :天之御名無主:2008/09/28(日) 15:49:08
本来サタンは、「妨げる者」との意味の名を持つ天使だったが、
「敵対者」としての意味が重視されだしてから悪魔に変化したと考えられている。

ここは最重要だろう。
源は天使しかいなかった。
初めから天使と悪魔として創られたわけではなかったこと。
ただの「妨げる者」に悪い印象が肉付けされて悪魔になり神話は多様になった。
堕天使はあくまでも堕ちた天使であって初めから悪魔として創造されたわけではなかったこと。
堕天使も天使に戻る、戻れる可能性があること。
桃太郎が鬼を改心させるような優しい思想はユダヤと同祖なためか共通している。

345 :天之御名無主:2008/09/28(日) 20:05:19
せめて出典Wikipediaぐらいは書いとこうぜ

346 :天之御名無主:2008/09/28(日) 22:58:18
>>344
>堕天使も天使に戻る、戻れる可能性があること。
ユダヤ教じゃどうか知らんが
キリスト教では否定されてなかったか?これ

347 :天之御名無主:2008/09/28(日) 23:04:13
所詮は人間が考えたファンタジーの設定に過ぎないだろ

348 :天之御名無主:2008/09/29(月) 01:09:44
だいたいそうだろうけどセフィロトシステムのセフィラの流出を
神話という形にしたことも考えられる。それを探っている。
完全に古代のオカルト好きな個人の作り話の神話
になっているようなベルゼブブだとか天使の階級とかには興味が無い。

全てを知る神がいて動かされる天使がいて、
その天使の長が二つあり一方は王になり一方は堕天した。
この流れには普遍的なものを感じる。
それを具体的に神話にしたものがミカエルとルシファーの戦いだ。
神話は最古のものしか実在性が無いと思われる。
ユダヤは最古の神話で信頼がある。
時代とともに余計な脚色がついてしまう。

天津神であるスサノオが国津神になっていく流れもルシファーと一緒。
表現を大幅に変えても日本神話まで神が地に堕ちるパターンが伝えられている。

天 天照=ミカエル
地 スサノオ=ルシファー



349 :天之御名無主:2008/09/29(月) 12:22:29
左は山羊 右は羊 とキリストが言っていた。

ここから導き出される真実 

左はルシファーとリリス
右はミカエルと女

に対応できるのではないか?

サマエルの妻がリリスという記述も「左方の流出について」というタイトルだ。

ミカエルは1の王冠の座で世界の王になり
ミカエルの魂が3の知恵の座のアダムになったと推測する。
そういえばよく生命の木で見る流出の過程も王冠から知恵だった。
そしてリリスは強い男アダムに浮気する。

1王冠 ミカエル
2理解 ルシファーとリリス
3知恵 アダムとリリス

しかしアダムはエヴァを妻にして3の楽園を追い出され
4の老ける地上でエヴァ主体として生きることになる。

エヴァはオヴァさんになっていった・・・

350 :天之御名無主:2008/09/29(月) 14:03:41
>>337
ヤマタノオロチは何とかの青大将と言う人物がモデルだよ〜ヤマタは河川、チは蛇のこと

351 :天之御名無主:2008/09/29(月) 16:06:41
また、島根・鳥取県境にある船通(鳥髪、鳥上)山系を出発点とする
日野川、斐伊川、飯梨川、江の川、伯太川等の川およびそのその支流
を頭が八つある大蛇に見立てたとする説もあり、
これらの河川をオロチ河川群と呼ぶ。

出典 WIKI

説の一つだろ
保守派の小さい解釈が好きなんだな


352 :天之御名無主:2008/09/29(月) 16:15:46
特に古代日本においては、8 は聖数とされ、
また、漠然と数が大きいことを示すのにも使われた
(例:八島、八雲、八咫鏡、八重桜)。
同様に、八を用いた八十(やそ)、百八十(ももやそ)、
八百万(やおよろず)なども「数が大きい」という意味で用いられる。

出典 wiki

このように古代の日本人は八が好きだからいろんなものに八を付けたんだよ。
新説としてユダヤ教が六芒星で6
ユダヤ教を改めた原始キリスト教が7
それに続くイスラエル十支族の流れだから8なんだろう。

真実はいつもシンプル


353 :天之御名無主:2008/09/29(月) 16:25:27
セフィラに対応させると

4法  アダムとエヴァの原罪と罰の時代〜
5慈悲 ノア(慰め)の大洪水時代〜

ここでひらめいたのだが5の大洗礼によって4の罪は洗い流されたのでは?
キリストの贖罪の解釈は勘違いかもしれない。

ノアの子孫〜モーセ〜ダビデ〜キリスト までが6の流れかな
はっきりしたパスの切り替わりは不明だがおおまかな流れは合っていると思う。

354 :天之御名無主:2008/09/29(月) 20:12:37
>>352
それでは中国は9なので、最終到達地は中国ですね

355 :天之御名無主:2008/09/29(月) 22:50:22
既にセフィラは心の座である9(基礎)に来てる。
十支族の末裔である神武天皇からの新地日本大陸での侵略戦争から始まり
大戦争でのどん底を経て急速な経済復興と物質まみれの時代までが8(勝利)
ネットで全てが知れる今の時代 もう10王国(地=知)にいるのかもしれない。
ここは胎内でニートブームと共通する。
人々は個人的なそれぞれの王国を持つ。という一説。


356 :天之御名無主:2008/09/30(火) 21:20:17
時間的にまだ9かな。修正

357 :天之御名無主:2008/10/01(水) 01:16:16
174 :名無しさん@九周年:2008/09/30(火) 14:03:04 ID:NDOzU/s50
>>173
ちなみにノアの箱舟らしき者は、とっくの昔に発見されていて
トルコ政府が厳重に隔離しているそうです。

一般人はお目にかかれないそうで・・・残念です。
まあ話が広がったら大洪水が実際に起きたことが全世界に
知れ渡っちゃうからね。


358 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:05:42
872 :天之御名無主:2007/11/21(水) 00:13:52
質問。wikiのルシファーの項で、
『ちなみにイブと浮気をしていた。それに激怒したアダムと
イブがいがみ合った結果、イヴを食べてしまう』
って表記があって、たまげたんだけど
イヴはアダムかルシファーに食べられたって説があるの?


359 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:08:08
827 :天之御名無主:2007/10/25(木) 10:44:15
質問なんだけど、創世記のイシュのあばら骨からイシャーを造るくだりの後に、
「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」
って文章があるんだけど、この“父母”って誰のこと?ヤハウェ?
あと、イシュとイシャーってのはそれぞれアダムとエバのこと?


360 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:33:24
ユダヤ教におけるミカエル

旧約聖書の中でミカエルの名前が出るのは『ダニエル書』のみである。
その中で断食後のダニエルの見た幻の中で
ミカエルがイスラエルの守り手として現れる。
旧約聖書にミカエルの名前があらわれるのはこの箇所だけである。
聖書学者たちの中には『ヨシュア記』の中にすでに
ミカエルの姿の原型があらわれていると考えるものもある。

旧約聖書そのものにはミカエルへの言及がほとんどないにもかかわらず、
ラビ伝承によってミカエルはさらに多くの役割を与えられることになった。
『ダニエル書』に描かれるイスラエルの守護者というイメージから、
ミカエルと堕天使サマエルとの争いという伝承が生まれた。
サマエルは時としてサタンと同一視されることもあり、
もともと天使であったが天国から追放されて堕天使となったとされる。
サマエルが天国から突き落とされたとき、
ミカエルの羽を押さえ込んで道づれにしようとしたが、
ミカエルは神自身によって救い上げられたという。
また、ロトを壊滅するソドムから逃げ出させたのも、
イサクがいけにえにされるのをとめたのも、
モーセを教え諭して導びいたのも、
イスラエルに侵攻するセンナケリブの軍勢を打ち破ったのも
ミカエルであるとされている。
旧約聖書外典『モーセの昇天』に描かれたミカエルとサマエルの死闘は、
のちに竜(悪魔の象徴)と争うミカエルというイメージを生み出した。

361 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:35:21
ラビたちによって天使へのゆきすぎた信心が規制されるようになっても、
ミカエルのみは「イスラエルの守り手」として特別な地位を保たれた。
ユダヤ教ではミカエルへの祈りが盛んにつくられている。
ほかにも天上のエルサレムへユダヤ教徒の魂を迎え入れるのも、
終わりのときにラッパを吹き鳴らすのもミカエルであるとされている。
中世以降、カバラ思想が発達していくと、イスラエルの守りミカエルは、
そのまま「ユダヤ人の守り手」となった。

キリスト教とミカエル

パリにあるミカエル像ミカエルは
旧約聖書外典である『エノク書』にもあらわれる。
『エノク書』は初期キリスト教徒たちの間で広く読まれていたようで、
新約聖書の『ユダの手紙』や
『ヨハネの黙示録』にもミカエルへの言及がみられる。
黙示録ではミカエルが天使を率いて赤い竜(サタン)と
戦う場面が描写されている。
新約聖書外典である『モーセの黙示録』では
モーセがシナイ山で十戒を受けたとき、
十戒を記した石板をモーセに渡したのはミカエルであるとされている。

362 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:44:05
ヤーウィスト資料による伝承(『創世記』2:6-2:25)

主なる神ヤハウェが天と地を作ったとき、地に木も草もまだはえていなかった。
神は雨を降らせていなかったが地は「泉」(地下からの水)でうるおっていた。
神は土の塵(アダマ)から人(アダム)を形作り、その鼻から命の息吹を吹き込んだ。
のち、草木を創りエデンの園を管理させた。
アダムが動物の中で自分に合うふさわしい助け手をみつけられなかったので、
神はアダムを眠らせ、あばら骨の一部をとって女をつくった。
アダムは女を見て喜び、男(イシュ)からなったものという意味で女(イシャー)と名づけた。



363 :天之御名無主:2008/10/01(水) 02:53:36
アダムは土の塵といった拾い物の汚い材料で創られた。
金曜日の神に似せて創られた美しい人とは別物である。
土曜日の土が示すようにアダムは土曜日に創られた。

アダム〜イスラエル十支族〜日本人

安息日である土曜日は試練と娯楽の日

日本は試練を越えて娯楽に溢れた国になった。

364 :天之御名無主:2008/10/01(水) 11:45:39
メール・ネット時代の「釣り」
エヴァを騙した蛇とカブる。

神の一日は千年

現在はアダムが生まれて、だいたい6000千年
神の土曜日の1000年の期間だ。
この時代 あの伝説のアダムとエヴァ ルシファーとリリスの物語が
人々の間で再現されてるのかもしれない。

365 :天之御名無主:2008/10/01(水) 18:20:16
3 成長
4 老化

366 :天之御名無主:2008/10/01(水) 21:16:54
『失楽園』(Paradise Lost, 1667年)は、イギリスの17世紀の詩人、
ジョン・ミルトンによる旧約聖書の『創世記』をテーマにした壮大な叙事詩。
神に叛逆して一敗地にまみれた堕天使ルシファーの再起と、
ルシファーの人間に対する嫉妬、およびルシファーの謀略により楽園追放に至るも、
その罪を自覚して甘受し楽園を去る人間の姿を描いている。

ミルトンは悪魔学の専門家ではなかったが、
その当時に見られた悪魔に対する様々な説を
総合した独自の解釈を作中に盛り込んだ。
ミルトンによる解釈はその後のキリスト教に影響し、
殊にルシファーに関する逸話に大きな影響を与えた。
ミルトンの詩の中では、ルシファーは神の偉大さを知りつつ、
服従よりも自由に戦って敗北することを選ぶ、一種の英雄として描かれる。

一方、人間アダムは、イヴの誘惑によって禁断の果実を食べてしまう
弱い存在ではあるが、いったんは神の命令に背くものの、
自ら罪を犯したことを認め、悲哀を胸に抱いて己の罪の報いを
自らの意思によって引き受ける、偉大な魂の持ち主として描かれる。



367 :天之御名無主:2008/10/01(水) 21:22:13
ヤハウェ・エロヒム(=エールの複数形 主なる神と訳される)は
アダムとイブが禁じられていた知恵の木の実を食べたことから
「人はわれわれのひとりのようになり」、その後、
生命の樹の実をも食べ永遠に生きることをおそれ、
エデンの園を追放する(失楽園)。
生命の樹を守るため、ヤハウェ・エロヒムはエデンの東に
ケルビムときらめく炎の剣をおいた。

エデンとはヘブライ語で快楽、アッカド語で園という意味である


368 :天之御名無主:2008/10/01(水) 21:41:20
「我々」とあることから神は複数実在することが確認できる。
それはセフィロトシステムの3本柱を司る 父 聖霊 子 だと思われる。
「我々の一人のようになり」の一人とは
知恵のセフィラのある慈悲の柱を司る3神の一人である子のこと。
子のようにアダムとエヴァは知恵を身につけた。

生命の木の実には「永遠に生きる」効果があることが確認できる。

369 :天之御名無主:2008/10/01(水) 21:56:30
知恵の木は善悪の知識の木 と呼ばれるが善悪の特徴は3にはなく4しかない。

本来なら

2 生命の木
3 知恵の木
4 知識の木

であるべきなのに。
これは間のパスに配置すべきなのかもしれない

2理解〜3知恵のパス 生命の木
3知恵〜4法のパス  知恵の木

これなら知恵の木を食べたあと即追放と進展があるので対応できる。

370 :天之御名無主:2008/10/04(土) 23:58:16
聖書無謬主義から一見矛盾している旧約聖書の記述を神秘主義的解釈
を用いて影響を受け読み解く。
一例として創世記冒頭の天地創造には人間創造の場面が二回出てくる。
文献学的にはこれは別系統の神話を一つの書物に統合した為に生じた矛盾
と考えられているが、
カバラーでは実際に
人間創造が二回(またはそれ以上)行われたと解釈する。

出典 wiki

金曜 人間
土曜 人形



371 :天之御名無主:2008/10/05(日) 01:47:44
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳基╋盤┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


372 :天之御名無主:2008/10/05(日) 02:09:16
神はアダムとイヴを追放した後、命の木への道を守らせるために
エデンの園の東に回転する炎の剣とともにケルビムを置いたという。
また、契約の箱の上にはこの天使を模した金細工が乗せられている。
神の姿を見ることができる(=智:ソフィア)ことから
「智天使」という訳語をあてられた。

出典 wiki

エデンやケルビムは
「東」「剣」「見る」のキーワードから3(知恵→智慧)
に対応すると思われる。




373 :天之御名無主:2008/10/08(水) 19:56:08
ゴーレム(ヘブライ語: גולם, golem)は、
ユダヤ教の伝承に登場する自分で動く泥人形。
「ゴーレム」とはヘブライ語で「胎児」の意味。

作った主人の命令だけを忠実に実行する召し使いかロボットのような存在。
運用上の厳格な制約が数多くあり、それを守らないと狂暴化する。

ラビ(律法学者)が断食や祈祷などの神聖な儀式を行った後、
土をこねて人形を作る。呪文を唱え、「אמת」(emeth、真理)
という文字を書いた羊皮紙を人形の額に貼り付けることで完成する。
ゴーレムを壊す時には、「אמת」(emeth)の「א」( e )の一文字を消し、
「מת」(meth、死)にすれば良いとされる。

また、ゴーレムの体にはシェム・ハ・メフォラシュ(Shem-ha-mephorash)
が刻まれる。シェム・ハ・メフォラシュとは、
出エジプト記14章の第19節を縦書きで下から上に書き、
その左に第20節を上から下に、
その左に第21節を下から上に綴ったものであるとされる
(ヘブライ文字で書くと、19、20、21節とも各々72文字になる)。

出典 wiki



374 :天之御名無主:2008/10/08(水) 19:57:30
旧約聖書『創世記』の天地創造において、
アダムもヤハウェによって土(ヘブライ語:アダマー)に
鼻からルーアハを吹き込まれた事から、
アダムもまたゴーレムであったのではないかと言われている。
これが正しい説だとすれば、
アダムこそが世界で最初に生まれたゴーレム(それも自我を持った)
という事になる。

出典 wiki



375 :天之御名無主:2008/10/08(水) 22:56:31
wikiのコピペばっか
馬鹿か?

376 :天之御名無主:2008/10/08(水) 23:25:13
>wikiのコピペばっか
しかも電波な内容のやつばかりw

377 :天之御名無主:2008/10/08(水) 23:35:47
そもそも
アダマー(土)とアダムの語源的結びつきは怪しいといわれていた。
F.I.ベーアはアダムとは神が取り出した塵に含まれる諸元素、
あるいは素材が集められてきた四方点の名称の略号であるという論文を
1956年に発表し、語源学の通説となった。
1957年のエラノス年鑑、H・コービンの論文も参考にされたし。

378 :天之御名無主:2008/10/08(水) 23:47:43
ゴーレムという言葉は聖書では1箇所だけ登場するが、
意味としては「形がない、形が定まっていない」状態を表す言として
記されている。

タルムードにも「無形の塊であるゴーレム」と記されている。

また中世ではマテーリエにあたるヘブライの術語として使用されていた。
胎児という意味であると確証付けるものはない。

379 :天之御名無主:2008/10/09(木) 14:22:43
ルシフェラーゼ(luciferase)は発光バクテリアやホタルなどの生物発光において、
発光物質が光を放つ化学反応を触媒する作用を持つ酵素の総称である。
発光酵素とも呼ばれる。触媒する現象を基に名づけられたもので、
系統の離れた発光生物のルシフェラーゼ相互の起源はおおむね異なっている。
このとき、ルシフェラーゼによって酸化されて、
発光する様々な物質の総称をルシフェリンと呼ぶ。

Lucifer はもともと、ラテン語で
「光を帯びたもの」(lux 光 + -fer 帯びている、生ずる)を意味

出典 wiki

ルシファーも自ら光り輝く発光体だったのかもしれない。


380 :天之御名無主:2008/10/09(木) 14:32:47
>>376

何事もテキストとしての基礎知識が大事なので
謎を解くための必要な資料として貼っているということもある。
また、この分野は神秘学を知らないと解明できないので多少枠を外れます。

381 :天之御名無主:2008/10/09(木) 22:05:20
>379
fero(fer)にはいろいろな意味がある。
示す、運び去る、得る、もたらす、捧げる、与える・・・
はたしてどういった意味でつけられた名なんでしょうね?
同時にルシファーは明けの明星を意味しますが、確かこちらが先だと思います。
イザヤ書に出てくるヘブライ語で「明けの明星」をラテン語に訳したのが
ルシファーです。
元々は特定の者を指す固有名詞ではなく象徴的なものだったと思われます。
バビロンの王を「明けの明星」と呼ぶこともありました。
一般的に語られる堕天使のルシファーについてのエピソードは、
カナン神話のシャハルからだと言われています。
明けの明星シャハルは最高位の神になろうと企てますが、
双子の宵の明星シャレムにより防がれ天より落とされます。

>>376
基礎知識は結構ですが、間違った基礎知識を貼られても困りますね。
これらについてまず検証・修正する事から始めたいですね。

>>374
という事で、
 >アダムこそが世界で最初に生まれたゴーレム(それも自我を持った)
という事になる。

自我を持ったらゴーレムではありません。
>>378のようにゴーレムとは質料、塊とか不定形の物体を指す言葉ですから、
最初の塊(ゴーレム)ではあったかもしれませんが、
まだ生まれてはいませんし、自我を持った頃には既にゴーレムとは言えません。

382 :天之御名無主:2008/10/09(木) 22:24:38
>>377
>1957年のエラノス年鑑、H・コービンの論文

コービンってアンリ・コルバンのことか?

383 :天之御名無主:2008/10/09(木) 22:35:54
>>382
377ではありませんが、
ヘンリー・コービン=アンリ・コルバンだと思われます。

384 :377:2008/10/09(木) 22:56:11
えっ、あー、やっちゃった。
出典間違えた(;´Д`)
マックス・フェルスターの「アダムの創造、命名」(1908年)と、
ルイス・ギンズベルグの「ユダヤの伝説」(1925年)でした。

ベーアは聖書、コルバンはイスラムでしたね。

資料を整理したら、ちょっと吊ってきますね。

385 :天之御名無主:2008/10/09(木) 23:40:53
あと、Eranos Jahrbuchって普通「エラノス年報」って訳すよな。細かいことだけど。

386 :天之御名無主:2008/10/10(金) 18:30:26
F=JTN __3(例外)

【ACE/PRINCESS/QUEEN/
  PRINCE/KING OF COINS】
B=ZSX __7  G=ZRY __1
D=ZSL __4  H=ZVS 8__
W=ZC* 6winged5(6w5:6の5側)

【PRINCESS/KING/QUEEN/
  ACE/PRINCE OF SWORDS】
Z=QHJ 6w7 C=FMN 1__
J=TN* 9w1
Y=RPX 7__ K=NWL

【KING/PRINCE/QUEEN/
  PRINCESS/ACE OF CUPS】
L=PYT 4__ (“UNIQUE”)
M=JLS __6 N=CZL 9w8
X=PVC 5__ V=MDS 2__

【PRINCE/ACE/QUEEN/
  KING/PRINCESS OF WANDS】
P=JC* __8 *=CPN 3w4
Q=JZN 3w2 (日本型:近接・集約)
R=MLR __0 S=CWM __9

T=*LN __2(例外)

387 :天之御名無主:2008/10/10(金) 19:11:12
_/_ 除算型 /=HBR(人類では最も優勢)
#__ 乗算型 #=KWZ(世界樹=中国・インド)
_−_ 減算型 −=LRV(仏教・啓示宗教)
__+ 加算型 +=VNW(人類には最も希少)
ここまでは十二宮型↑
ここからは十惑星型↓
=__ 等価型 『=』=MFG(創造の七つ組の中心)
_ _ 例外型 「黄金の太陰」 B:エラーはこの属性
__  実現型 「白銀の太陽」 T:起源はこの属性

主属性と副属性 =+−#/ = 空火水風地
(世界樹では:土火木水金 今だと:土光火風水)
下層から、順に、主属性・副属性:型
/#:R /−:Q /+:* /=:D(←人類型)
#−:S #+:H #=:C #/:G
−+:M −=:W −/:J −#:X (上記:歴史順)
+=:L +/:N +#:Z +−:P 「出番まだー?」
=/:F =#:V =−:Y =+:K(←順序性)
甲〜癸の十干はタイプ#降順でSPBMKDFTGR
寅〜丑の十二支は昇順でCVQ*LXWZYHNJ

_*_ …T(起源の七つ組)…TQR

_L_ …LRV
X_Q
_V_ …VNW:同型内特色差異はまだ早い
C_W
_Z_
Y_J
_N_ …坤為地K=NWL…KWZ

_H_ …HBR

388 :天之御名無主:2008/10/10(金) 21:23:21
このスレ、なんで話しが続かないんだろう・・・

>>1の「謎にせまる」ってどのあたりのことを指してるんだろうか。
と、2年以上前の書込みに突っ込んでも無駄か。

389 :天之御名無主:2008/10/10(金) 21:27:25
コピペしかしない馬鹿がいるからでしょ
資料をまとめたいなら、どっかのwikiでも借りればいいのに

390 :天之御名無主:2008/10/10(金) 21:43:45
まぁ、そうなんだよね。
謎って言ってもな、何が謎なんだ。

あとタロットはここじゃないよな。
タロットの方をいじくり回してカバラに無理矢理関係付けたんだから。

そもそも板違いとも思ったが、失われた神話の再構築とするならここでもいいんだろうか。

391 :天之御名無主:2008/10/10(金) 22:17:21
>>385
「エラノス年鑑」と訳してるものもあるみたい。
英訳がYEARBOOKだからそれを訳すと年鑑になるね。

と、門外漢が言ってみる。

392 :天之御名無主:2008/10/10(金) 22:48:33
>>390
頼むからコピペは止めて、@wikiでも借りて
そこでまとめてくれよ

自分ではまとめてるつもりなんだろうけど
今のままじゃ読みづらすぎるし、誰も見ないよ

393 :天之御名無主:2008/10/10(金) 22:59:06
高慢によるもの、嫉妬によるもの、
の二つはよくキリスト教を題材とした作品に使われることが多い。

自由な意思によるもの

神はもともと天使を自分自身を尊重させるために創造したとされるが、
彼らの中にその指針に反する自由な意志を持つものがいたという。
実はそれも神自身が考案したもので、
反する天使たちには自発的に自分を崇めさせるという試みがあった。
なぜなら、神は無の心中から自分自身への愛情を芽生えさせることに
真価を見出したからである。
だが、自由な意思を持つ天使たちに自分から従おうとする服従心など無かった。
結果として、彼らは天界から追放され地上まで堕ちた天使は人間に、
またさらに深く堕ちた天使は悪魔になった。

ちなみに、この説によれば人間は天使になれるとされ、
悪魔は天使に戻れるとされている。

堕天使 出典wiki

394 :天之御名無主:2008/10/10(金) 23:09:01
@wiki ってなに?

初心者のためにも必要な資料を探して貼ってるつもりもあるよ。
目障りだが、知らないことを知るための大事な1レスだよ。
あまり気にするな。

>>390
タロットと結びつけるのは間違いだと思われる。

395 :天之御名無主:2008/10/10(金) 23:41:10
>>394
ならばネット上のコピペではなく、まともな原典類から引用してみろよ。
コピペするぐらいならURLはるだけのほうがマシ。

396 :天之御名無主:2008/10/11(土) 00:16:37
天地創造の6日目と7日目に造られた二つの人間

6日目(金) 神々に似せて造られた種 人間
7日目(土) 土の塵の材料で人の形に創られたアダム  

確実に二種の人間が確認できる。

それは置いといて伝承を考慮してあの真相を、またまたまとめてみる。

天使ミカエルと天使ルシファーが天界にいた。
ルシファーはなんらかの原因で堕天使になった。
その形が地球や自然や害虫
ルシファーは人として生まれることができなかった。
人の形を与えられたのはミカエルだった。
それが地上のアダム
アダムとエヴァもルシファーの罠にかかり罪を犯し楽園追放
知恵を使い自然界そのものになったルシファーと戦い続ける。
6000年かけて仕事をして罪を償い失った楽園も地上で再現できてきた。
神の7日目(紀元2000年頃)になったことと快適な地上になったこともあり
ルシファーの魂も人の形に宿る。
ルシファーは生命の樹の実を食べてきて科学を感じない。
同じ人の形になりミカエルとルシファーの天界の戦いが地上で再現されるのだった!

アダムもルシファーも7日目の人形である


397 :天之御名無主:2008/10/11(土) 00:29:20
>>395
ネット上のコピペが安っぽくて信用できないとかいうのか?
まともな原典に触れなくても答えは出せることもあるよ。
原典といったところで過去の個人の意見に偏った本だ。
根本的な謎の解決に結びつかないこともある。
高い分厚い本と細かい知識だけ身につけててもカンが悪ければ答えは見つからない。
逆に知識を保持してることに自惚れてるものが多い。
ある意味そういう実体のない知識だけの知識人との戦いでもあった。


398 :天之御名無主:2008/10/11(土) 01:38:55
>>397
アホかお前……

399 :天之御名無主:2008/10/11(土) 01:46:39
あったかもしれない一説造り

安息の土曜日に神は休んだらしいが休みも取れたので目覚めて
アダムなどを粘土遊びのようにリラックスしながら創った。
記録には載っていない、できの悪い失敗作も創っては壊した。
キレイにカッコ良くできたアダムは大切にして息を吹きかけて動けるようにした。

雛型として人は創られているので実際に粘土作りなどをしてみると
この日の神の気持ちが体験できるかもしれない。
模型やフィギアが好きな男はこの遺伝だった。

400 :天之御名無主:2008/10/11(土) 02:10:21
>>398
違う。バカだ。

401 :天之御名無主:2008/10/11(土) 05:02:39
>>397
>高い分厚い本と細かい知識だけ身につけててもカンが悪ければ答えは見つからない。
そういうことは、本と知識を身につけてからでないと言えないことだ。

他者に紹介するという意図もある以上、ここで必要なのは客観性であって「答え」などではない。
正確な「事実」だよ。

402 :天之御名無主:2008/10/11(土) 11:02:24
ここが一番重要な所だね
まさに聖書の再現だ
ビナー(理解)とホクマー(知恵)の対立。
本を読むだけではダメ、カンだけでもダメ
かくして401と397は楽園を追放された。


403 :天之御名無主:2008/10/11(土) 12:44:03
発想に偏っていたけど最近wiki提示の新手法でバランス取ってきたつもりだった。

>>401
wikiはバランスのとれた信頼ある基礎なので原典の引用とともに重要です。
マニアから見て基礎が間違っていれば批判すればいい。
そのためには批判されるべき基礎は提示しないといけない。

ゴーレムが胎児だということがマニアから見て間違っていたらしく
批判のカキコをした。
いい例だ。掲示板の意味がある。

404 :天之御名無主:2008/10/11(土) 12:59:55
ゴーレムは
自分で判断できないもの、操り人形、ロボット
といった所でしょうね、胎児でも意味として大差ないと思うよ
むしろ多くの翻訳例は似通った共通概念を見つけるのに役立つので
どれが本物とか考えなくてもいいと思う。
家畜、非ユダヤ人を表す、ゴイムも同様の語源。
ユダヤとはそれらを操る、祭祀階級の意味。

405 :天之御名無主:2008/10/11(土) 13:22:06
ひらめいた。いや、わかった。

アダムは土曜休みの神の代理だったのかもしれない。
人間の見た目そっくりなロボット・人造人間だったのだろう。
多くの漫画家がこの種の発想にたどり着くのもこれが源点だからだろう。
手塚治虫の鉄腕アトムや鳥山明のアラレちゃん
ともに最初の創作の発想だ。
ベタな結論だがアダムは人造人間だった。
綾波レイや18号など見た目は人と区別はつかなかったに違いない。
しかし人造人間もなんらかの原因で(おそらく聖霊ルーハの息吹を入れられたため)
自由意志を持ち金曜に創られた人間のように生きたくなった。
だが土の塵といった拾い物の材料で創られていて人生も汚く厳しいものとなった。
川から流れてきて拾われたり
エジプトで奴隷にされては逃げたり
馬小屋でイエスが生まれたり
汚い人生だったが東の島までたどりついて
外国に攻められ火と飢餓に苦しみ決定的な原爆で大試練は終り
それをバネにやがてどこよりもおもしろい娯楽に溢れた恵まれた人種になった。

完。

406 :天之御名無主:2008/10/11(土) 13:44:15
>>403
つまりマニアがいなければ批判も間違い指摘もない、無駄なコピペに終わるというわけね。
自分がマニアになろうという意思はなさそうだが・・・

407 :天之御名無主:2008/10/11(土) 13:57:16
エヴァンゲリオンは創作にすぎないが
その全般的に受け入れられるのはそこにリアルな真実があるからかもしれない。

作品は天使であるアダムの卵から生まれし使徒と
リリス産の堕天使である人間の戦いの構図に分かれる。
シト側は最初は怪獣の格好をしていて、しまいには人と同じ姿になる。
ここが以前発想した自然が最終的に人になる説と似ている。
現実でも人は自然と戦うため知恵を使い文明を作り生き延びようとしている。
ただエヴァンゲリオンと違うのは一般の人が堕天使側ということだ。
ここを反対にすれば自分の説と変らなくなる。
すなわち人に脅威を与え破壊しようとする自然が堕天使であるルシファー軍
生き延びようとするのが天使である人間のミカエル軍
しかし自然は嵐や地震などの破壊とともに
雨の恵みや美しい景観、夢のある雪を与える。
二元論的な悪だと簡単にかたづけられない。
怒ったり優しかったり気まぐれで愛すべき存在でもある。
神道では国津神やスサノオをはじめとしたあらゆる神々に対応できる。
人は神々を敬いながらも神々と戦っていたのだ。



408 :天之御名無主:2008/10/11(土) 14:05:42
>>406
根源的な問題(全体のおおまかな流れ)にしか興味がないので
細かい問題はマニアに任せればいい。
自分の得意な分野を追求すればいい。

学者タイプは細部にこだわって全体が見えなくなり
狭量の世界で結論づけようとするパターンがある。

409 :天之御名無主:2008/10/11(土) 14:21:05
人造人間エヴァンゲリオンに見られるゴーレムの描写

ゴーレムの特徴は動いたり動かなくなったり
電源のオンオフのような扱いをされる。
作品中でも「おもちゃ」と言われ
つまり 人形 である。
ここからもアダムは人形だとわかる。

410 :天之御名無主:2008/10/11(土) 14:59:41
知恵の木の実を食べる前のアダムとエヴァは裸でも恥ずかしがらないバカだった。
子供は裸でも恥ずかしさを知らない。
大人になって恥ずかしさを感じるようになる。
アダムとエヴァは体は成人として創られたが中身は子供だったのではないか。
人形としての役割なので基本的に見た目のカラ優先で作られている。
綿だけでできたぬいぐるみや同じ素材だけでできたフィギュアのように
材料は少なくてもでも外面は多彩になる。
それと同じように中身がスッカラカンな単純な人形として創られたのだろう。
同じ拾い物の材料でもキレイな材料で創られたらキレイな肌になったはずだ。
形はどうあれ怪獣でもただの丸でも聖霊ルーハさえ吹き込めば動くはず。
もしも超巨大な龍を創り動かしてしまったら地球は壊れてしまう。
これから介入する物語と調和するためベストだったのは同じ人間の形だった。
でも当時は神様のテンションも高かったと思われ
巨人ネフィリムなど危ない創造物が多数創られた。
創造と破壊が激しいのでノアの大洪水で凶暴な種を全滅させて
その後、自然の力で寿命も人間と平等にし本格的に人と人形の調和をはかった。
アダムやノアの寿命を考えると金曜の人間よりは巨人だったと思われる。
巨人の足跡もあるらしいし。

411 :天之御名無主:2008/10/11(土) 15:11:14
エヴァンゲリオンの真のゴーレムはシンジ君だな

知恵の木の配置同様、理解や反響を擁する左の柱は
アダム的、ゴーレム的といえよう
神の命令にひたすら忠実なのだ。


412 :天之御名無主:2008/10/11(土) 15:32:15
聖書の主人公たちは土曜の人形の種である。

大事なことだが金曜生まれの神の姿に似た本来の人間もいた。
こちらは「埋めよ増えよ」と命令されてるくらいだから
数としては人形とは比べ物にならないほど膨大に増えた。
それが今でいう何人種だったのか専門外なので具体的にわからない。

神が創るぐらいの人形は能力は格差があるが人間の機能はあっただろう。
そのため人と人形の交配・混血もあり多様化してよくわからなくなった。

ただいえることは土曜の前の日に生まれているので
アダムより前に人々は存在していたということ。
知恵の樹と生命の樹とは全く関係のない
知能がある人間として、はじめから創られたということだ。

413 :天之御名無主:2008/10/11(土) 15:53:15
知恵の木の実を食べるまで死ななかった。
だとすると当時の世界は現在の物理の法則で成り立ってなかったことになる。
つまり限界のない地上天国と呼べるような世界だったのだろう。
それが失われた快楽園エデン
金曜の人々、木曜の動物、水曜の太陽や月や星、火曜の花や木、月曜の陸海空
日曜の光と闇
全ては永久で滅びのないものだった。
だがルシファーの化身と思われる蛇の罠によりエヴァは釣られて
アダムとともに罪を一緒に背負うことになる。
とともに日曜から金曜まで生まれた全ての創造物も
限界のある現在まで続いている世界に巻き込むことになった。
だからこそアダムとエヴァの責任はや苦しみは異常に重く厳しい試練がついた。
楽園を失った原因も人形
楽園を取り戻すのも人形の意志しだいということになる。

生命の樹の流れでは 知恵〜法 に対応すると思われる。


414 :天之御名無主:2008/10/11(土) 16:10:11
真の黒幕であり犯人はルシファーなので
最後にはサタンに堕ちたルシファーが改心して
楽園回帰の仕事をしないと根本的な罪の償いにはならない。
遅れて生まれてきたルシファーの魂を持つ人形の使命である。
もしかすると神の土曜(2000年頃〜)に生きる今の人形たちは
アダムとルシファーの二つの可能性を持つかもれない。
メールやネットでは創世記の蛇(ルシファーとリリス)
のような存在が確認される。
騙されるアダムとエヴァの男女の形もある。
この最後の時代の人形たちは
どちらかの道を選ぶことになる。
たとえ蛇の側でも改心でき希望がある。
元々はどちらも天使だったのだから…

END


415 :天之御名無主:2008/10/11(土) 17:04:36
アダム=ゴーレム=神に従うもの、
神に従うもの=ミカエル

416 :天之御名無主:2008/10/11(土) 17:49:44
人形たちの神話の究極の4元素の結論

男女の良い形 悪い形

それが

アダム・エヴァ・リリス・ルシファー

と名つけられ物語になった。

あとは金曜生まれの文化創作の好きな人間たちが
「産めよ増えよ」と多神化・多様化したにすぎない。

謎は解けた。

THE ENDO


417 :天之御名無主:2008/10/11(土) 18:54:45
そんで神に逆らうもの
エバ=ルシファーな
デザイン的に、使徒が天子でエヴァが悪魔だもんな

418 :天之御名無主:2008/10/11(土) 18:59:45
理論修正 知恵の木の実と命の木の実の正体とは?

以前、知恵の木の実は科学の力が宿ると書いたが訂正する。
科学で文明を築いたのは金曜生まれの人間に。
知恵の木の実と生命の木の実の正体はズバリ
生きる知恵と聖霊が宿った永遠の命に。
DQ風に例えると、賢さの種とラックの種だ。
賢さと運の良さ、さえあれば、
単純作業と力仕事しかできないバカ真面目な人形でも
生き延びられると神は考えたのだろう。
そして人形は目覚めてゴーレムのように果てしなく巨大化=レベルアップする
RPGで選ばれし主人公たちだけレベルアップするように。

生きる知恵だけではなく知恵の木の実には3にある特徴がつまっているだろう。

419 :天之御名無主:2008/10/11(土) 19:24:22
聖書の知恵の木の場面の反映、解読するものが
カバラの生命の木でいいんじゃないの

420 :天之御名無主:2008/10/11(土) 19:37:32
生命の樹(せいめいのき、Tree of Life)は、
旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。
命の木とも訳される。
カバラではセフィロトの木 (Sephirothic tree) という。

「禁止命令を無視して」知恵の樹の実を食べた人間が、
生命の樹の実も食べるのではないか、と
日本では主なる神と訳されているヤハウェ・エロヒム(エールの複数形)
が恐れてアダムとイヴを追放することに決めたとされる。

出典 wiki

このように実際にある。
理論的な象徴だけのものではない。
木としてもシステムとしても実在する。



421 :天之御名無主:2008/10/11(土) 20:18:49
ただ現在や過去の地上に、この二つの禁じられた樹が殖えていたとは思っていない。
世界中どこを探してもない。
過去も未来も時間も重力も限りある空間もなかった永遠の時代での話し。
セフィラが1、2、3の流出世界アツィルトの流れで止まっていた頃の樹。
いわゆる天界にあるはず。
現実に馴染んでる人には、いまいちついていけないかもしれないが
理論としてはありえる。


422 :天之御名無主:2008/10/11(土) 20:47:10
セフィロトシステムの理解と知恵の実在を示すための二つ木だろう。
さらに 父 聖霊 子 の三神を二つの木で示した。
二つで左と右の柱と示せる。
中央の柱は左右のバランスとして補完させ、いちいち出さない。


423 :天之御名無主:2008/10/11(土) 20:53:09
成文トーラーが生命の樹、口伝トーラーが認識(知恵)の樹。
根は一緒。

424 :天之御名無主:2008/10/11(土) 21:00:02
(再)

禁→木木示す

漢字を創った者も人形アダムの末裔

425 :天之御名無主:2008/10/11(土) 21:20:00
ユダヤ神秘主義とはラビ的ユダヤ教(第二神殿期以降)の真義を
神秘主義的な見方と概念の枠組みのなかで解釈する試みの総体である。

現在のようなカバラはグノーシスの伝統とユダヤ教的新プラトン主義との出会いによって成立した。

「カバラーとは決して一定の教義体系の名ではなく、一つの宗教運動全体をそれ自身に含んでいる」(G・ショーレム)

426 :天之御名無主:2008/10/11(土) 21:26:21
>>ショーレムも解釈者の一人に過ぎない。
カバラの有名人だからといって正解に到っているとは限らない。

427 :天之御名無主:2008/10/11(土) 21:56:08
伝えたいことをわかりやすく復習(今後、修正の可能性あり)

大天使ミカエルと大天使ルシファーどっちの種の物語が、はじまるか

ルシファーは堕天しミカエルに決定

セフィラは以下のようになった。

1王冠 ミカエル
2理解 ミカエルの女リリス
3知恵 ミカエルの息子アダム
4法  ミカエルの息子のアダムの妻エヴァ
5慈悲 ミカエルの息子のアダムの妻エヴァの子
6美  ミカエルの息子のアダムの妻エヴァの子孫
7尊厳 ミカエル系
8勝利 ミカエル系
9基礎 ミカエル系
10王国 サタン(元大天使兼堕天使ルシファー)

生まれるときミカエルの天使系は1〜9のレベルの中で生まれる
ルシファーは堕天したので例外なく10からスタート

女バージョンとして男女の配置が逆になることもあるかも。

428 :天之御名無主:2008/10/11(土) 22:02:44
>>427
どっちの種が選ばれたか

に修正

429 :天之御名無主:2008/10/11(土) 23:19:29
18禁の真実 ADULT ONLY

土曜日に生まれし♂♀の余計なモノ

性を楽しむための性器であったが
生を続けるための性器にもなった。

楽園では、食べなくても生きられ
おしっこやうんこもなかった。

地上のルールで生きるために
食べて飲んで排泄物として出す余計な作業がついた。

♂には剣を模したモノが
女には竜としてやられる急所として
それが源で汚物処理と子の入り口として機能は楽園追放後追加される

男は1女は2であることを示すためでもあるのか
男には尻の穴一つだが女の穴は二つある。

男女の自覚は根本的な要素で現実の諸問題に翻弄されている
うちに忘れてしまっていたり眠ってしまうものである。
しかし男女を感じる機会があると突如目覚めてくる。
そのとき個人的な楽園の扉が開かれる。
愛は長い付き合いで育まれるが恋は男女の見た目からはじまる。
馴染みの愛の人間と、熱しては冷める恋の人形の違いだ。

430 :天之御名無主:2008/10/11(土) 23:42:23
またシモで申し訳ないが真実なので一言

ゴーレムの暴走と男性器の暴走のシンクロ

あるとおもいます。

431 :天之御名無主:2008/10/12(日) 00:56:16
神に従った方のグループが善、逆らった方が悪
というより
2つの柱に分離した事自体が人類の暴走なんだと思う
結局神に従ってないからねゴーレム、アダムは
エバ、トモドモ追放される
ルシファーは堕落だが、ミカエルにしても正解ではない
最初と終わりでは統一されてるんだし


432 :天之御名無主:2008/10/12(日) 01:20:45
>>431
従う者だったが意志を持ったから暴走したんだよ
ルシファーは堕落ではない
神話にすると自惚れゆえの堕天だ。

ミカエルの魂もアダムとして罪を犯し地上まで落ちている。

分離は暴走ではない。
元々絶対3紳がいて、それぞれ柱を担当している。


433 :天之御名無主:2008/10/12(日) 01:31:35
>>431
堕落は怠惰の意味で堕天とは全く意味が違う
人間的な解釈だ。
ルシファーは神を越えようと、やる気満々だ。
神を超えようとする態度が決定的な怒りを買ったんだ。
ルシファー・ミカエルともに神に創られた大天使にすぎない。

柱は三つですので理論ミスです。

434 :天之御名無主:2008/10/12(日) 03:25:20
失楽園と6000年間の仕事の義務

楽園追放後、時間が発生し
神の6日を追体験することになる。

日曜 紀元前4000〜3000頃 
月曜 紀元前3000〜2000頃 ノアの大洪水
火曜 紀元前2000〜1000頃 
水曜 紀元前1000〜0頃
木曜 西暦0〜999頃
金曜 西暦1000〜1999頃
土曜 西暦2000〜3000頃

現在土曜時代で楽園の時代にいる
キリスト教では千年王国だろうか
アダムとエヴァの子孫が6000年もかけて頑張って楽園を取り戻したのだ。
先祖に感謝して文明を満喫しよう。
真の楽園である地上天国も今後ありえるかもしれない。

地球46億年物語などは地底の炭素14年代測定法ミスで否定していたが
金曜日の人間説を導入することにより全否定しなくてもよくなった。
しかし大洪水での激変で地底の構造は混沌として
年代測定が異常になる可能性も否定できない。

435 :天之御名無主:2008/10/12(日) 09:25:28
>>432
>>433
神は結局一体であり、柱も一本である。
頭と根っこは一つ、腹が三分割されてるだけ
絶対三神などいない、ミカエルもルシファーも神には及ばない
左右の2柱は中心の柱に及ばない
左右のセフィロトを統合した形が中心のセフィロトなのだ
神や柱が独立三本という考えこそ理論ミスだ
三体に見えても結局は一体





436 :天之御名無主:2008/10/12(日) 12:18:12
旧約聖書のリアルな日付の描写

2月17日 ノアの大洪水
7月17日 箱舟が山に着いた
2月27日 洪水が終わった

本当にあったんだ…と思うと同時に
カレンダーもきちんとあったんだ…とびっくりする。

紙とペンに代る物さえあれば、必然的にカレンダーの発想は思いつく
どこかの文明が1年360日だとか記録していたこともあるし
当時はきっちり30日の12ヶ月だったと思われる。
なにか惑星規模の大イベントが起きて365日分作ることになった。

消去法で、それは大洪水前後ではなく、暫く経ってからだ。
スルーしがちだが大事なことだ。

ちなみに如月みたいに2月はノアの月と名付けられてる。
2月にノアのイベントが始まって終わったことを記念して名づけたのだろう。
別に洪水の月でもいいだろう。

437 :天之御名無主:2008/10/12(日) 12:33:49
>>435
父 聖霊 子 の三神います。

それがカバラの基本
中央に及ばないと格差をつける自体間違い
左中右とそれぞれ別の仕事で独立している
左右中央の前の唯一神・絶対神なら認める。
左右中央の発生時は三神三柱だ
その真実は古事記まで流れている。

天之御中主神(あめのみなかぬし)独神、天原の中心の神
高御産巣日神(たかむすび)独神、生成力の神格化
神産巣日神(かみむすび)独神、生成力の神格化

基本なのになんで、曲げるのか

中 均衡の柱 担当は父  王冠・美・基礎
左 峻厳の柱 担当は聖霊 理解・法・尊厳
右 慈悲の柱 担当は子  知恵・慈悲・勝利

438 :天之御名無主:2008/10/12(日) 12:40:15
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳基╋盤┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

名無しの名が「天之御名無主」だということに気づいた。
ミカエルってことか。

証明はできないので三神独立派か三位一体派か唯一神派に分かれる
どれを信じるかは、あなた次第だ。

439 :天之御名無主:2008/10/12(日) 12:50:34
435の理論は左右を中央に統合したわけか。
そしたら各セフィラがアンバランスになるしおかしいだろ。
セフィロトの木にならない時点での大神がいて
大神が自分の姿が見たい知りたいなどの神話上の理由で
10個のセフィラと、そのため生まれた3柱の神が縦にまとめるのが平等だ。
さらにセフィラ一個一個に天使が配置されるが
現在の一般的な天使配置とは別の話し
ただセフィラには神ではなく天使が配置される。
神は縦にまとめ天使は9つに配置され
1の対・一体になる10に堕天使を配置する。
これでキレイにまとまる。

440 :天之御名無主:2008/10/12(日) 13:10:04
初心者にわかりやすく 3神

均衡の柱 バランスをとる神様
峻厳の柱 厳しい神様
慈悲の柱 優しい神様

罪を犯しても殴られたらなぎる返すような
理屈っぽいことを捨て許すのがイエス
だからイエスは慈悲の柱の神だ。

厳しく裁くのが恐い左の神・聖霊

左右に偏ったバランスを取るのが父である中央の神

峻厳の柱と慈悲の柱は火の柱 水の柱ともいえる。
水は感触を感じる曖昧なものだが
火は容赦なく熱く痛いし燃やし物質界から消えてなくなり霊に繋がる。
緊張感持って扱わなければいけない恐れ多い存在だ。
どっちも極端に偏る恐れがあるので調整するのが中の神

441 :天之御名無主:2008/10/12(日) 13:12:18
>>440
ご存知ですが、殴られたら殴り返す のミスです。

442 :天之御名無主:2008/10/12(日) 13:26:43
わかりやすく階層レベルを示すと

松の間 流出世界 大天使 直感 感じる
竹の間 創造世界 中天使 思考 考える
梅の間 形成世界 小天使 感情 反射 鏡になる 
魔の間 活動世界 堕天使 本能 

こういうまとめは釣られやすいですが他の話題にも興味をもってください。

以後修正あり

前の文に追加

左は収縮  
右は膨張


443 :天之御名無主:2008/10/12(日) 13:55:30
この4階層は人の心のレベル 

例えば、やられたらやりかえす気持ちを核に持ってる人
勝ち組み負け組みにこだわってる人
群集心理に流されてしまう人
などは反射・影響しているので小天使ですので
この変れる地上にいるうちに、もっと上を目指して、がんばってください。
進化のため地上に生まれるのでこの層の人は数多いです。
どんな素晴らしい人にも地上に生まれれば活動世界が地にありますが
その人は上の天使まで幅があるといっていいでしょう。

宗教っぽいのでこの程度でやめます。

444 :天之御名無主:2008/10/12(日) 14:05:47
 MENU WQUEST

・生命の木と知恵の木の謎
・セフィロトシステムの謎 
・失われた時代の謎
・アダム・エヴァ・リリス・ルシファーの謎

445 :435:2008/10/12(日) 14:29:28
父 聖霊 子
これが左右のバランスを取るっていうなら説明してもらいたい

この三神は左右のバランスをとるものではなく
父→聖霊→子の上意下達的なものだ
父はケテル、聖霊はティファレト、子はマルクトの直線に配されるべきもの。
イエスは一番下、肉体だ

ビナー理解とホクマー知恵の間に、隠されたダート知識があり
全てのセフィロトはバランスをとる
というのが俺の考えなわけ


446 :天之御名無主:2008/10/12(日) 17:15:06
>>445
それも考えたことある。
王冠が父 美が母(聖霊) 基礎が子 にも対応する
特徴もシンクロしていたしありえる。
つまり縦と横に3神は関わっていることに修正する。

ダートについては、なんだかまだわからない。

イエスに王冠と聖霊の要素はないので
中央の縦としてマルクトに配置するのはおかしい。

イエスは羊なので右
山羊は左 羊は右

「ヨハネ福音書」では、イエスが「私は善き羊飼いである」と語るが、
イエス自身も「世の罪を取り除く神の小羊」と呼ばれる(1章29節)。




447 :天之御名無主:2008/10/12(日) 17:35:57
213
465
798

母父子
母父子 ←縦
母父子

父父父
母母母 ←横
子子子

この3紳の二つの組み合わせで各座の特徴が作られる理論を提唱

マルクト(王国)は堕天使枠としてここでは外す。
10なので全体になっていて一部の色になっていない。
絵の具で例えると全部混ぜたグロい色


448 :天之御名無主:2008/10/12(日) 17:45:36
形成世界は、やられたらやりかえすような反射の世界だが
子供のケンカはそういう特徴がある。
ここから下段が子という横理論が通用する。

3である楽園を追い出されたあとの世界は生命維持のための産みの母が主役である。
そのため楽園追放後の限界のある世界4を基盤とする創造世界は母に対応。

上段の指摘は、とりあえず王冠スタートというのもあり父が対応

以後、ひらめき次第追加予定

449 :天之御名無主:2008/10/12(日) 18:02:40
>>369の修正

ダートが知識ということで
知恵の木が善悪の知識の木と呼ばれることと関係ありそう。

3知恵〜4法の流れの途中に隠れたダートがある。

実は木は3つあって一つは隠されたのでは?

2理解 生命の木
3知恵 知恵の木
?知識 善悪の知識の木

知恵と知識は別物だし区別されるべきだ。
編集者が、ごっちゃになったのか?

木は柱と同じようなものだし
神が3神なら木も3神になるべきだ。
文献を間に受けて解釈すべきか
セフィロトシステムに合わせて解釈すべきか

結論

3木と3柱の相似ということで
3木の新説を発表する。




450 :天之御名無主:2008/10/12(日) 18:16:38
3木にすると逆三角形の配置になり落ちる意味で楽園追放と重なる。

隠れているからこそ禁じられた木だったのでは?

王国に堕ちたルシファーが上昇してきて蛇に姿を変え(もしくは既に蛇)
ダートで誘惑の知識の木を教えた。

堕天使ルシファーと同じ下位世界への切符であった。

なにより下位世界への導きは蛇であったことは間違いない。

神話の内容と違うけど、この流れもおもしろい。
どこかは当たってるかもしれない。

真の禁じられた木は知識の木だった!(ムーっぽく)

451 :435:2008/10/12(日) 18:23:36
横の並びだと
2柱は反発しあうもの、対になるものでないといけない
聖霊と子がそういう関係になるのだろうか?
その場合、父と母が対になり中心は子になるべきじゃないか?
聖霊はそもそもは母なのか?
聖霊を母にするものがあったらそこが知りたいな


452 :天之御名無主:2008/10/12(日) 18:42:44
知識は本に象徴できるかもしれない。

裸は恥ずかしいことなどの常識・情報を
無垢なアダムとエヴァに教えてしまった。
知らなければ幸せだったのに知ってしまい
不幸を感じるなどの体験は読者もあるだろう。
世間を知らない田舎者が多数の都会人の常識を知り赤っ恥をかく。
そのようなことが起こったのではないか?

知識って一体何?

堕天使なので正規のセフィラを通過せず
幻想のダートを一時的に用意して楽園に介入したのかもしれない。

蛇「おいエヴァ、おまえ裸で恥ずかしくないのか?」
「このノートを見ろよ。ルシファー様からのおまえへの感想が書かれている」
エヴァは堕天使ルシファーの誹謗中傷に満ちたコメントを読んだ。
エヴァはそれまで幸せいっぱいだったが暗くなった。
落ち込んでるエヴァをアダムが発見する。
そのとき既に2人の世界は楽園ではなく厳しい現実になっていた。。

これでは書物ではなく手紙だな…

後半は創作文芸としてお楽しみください。


453 :天之御名無主:2008/10/12(日) 18:57:08
>>451
子の母マリアに聖霊が宿ったことで聖霊=母
理解にあたる秘数2が女要素 母性的などの特徴から理解=母
ちなみに美は家庭的の特徴がありこれも母・女要素

確かに対として考えると両端にしたいものだが
そういう仕組みとして作られてるんだからしょうがないだろ。
まだ深く説明できないが
対の理論は左脳的な理論
奇数から概念を生み出す神の理論はわかりずらいもの。

父を神として母を女 子を男 として表現を変えたらどうだ。
男としてイエスが生まれるべきだったとはっきりわかる。


454 :435:2008/10/12(日) 19:02:19
知識は本には象徴できないと思う。

理解とは他から摂取するのに使うもの
知恵とは自ら考えるのに使うもの
ビナーとホクマーはともに文献トーラー(聖書)、口伝トーラー
と訳されることもある
本ならば文献トーラーにあたるだろう
現代人は本ばっか読んで、実験、実践、体に関する
ことはあまりしない伝統的な文化に深く関わってるわけではない
理解はあっても知恵は無いってところだろう。

ダートを、現代的に言えば知識ではなく、真理ってとこじゃないだろうか。


455 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:10:51
まずカバラ体系には神の閃光というのがあった。
この流れが最優先で数も決まる
王冠から知恵の流れは、よくわからないので無視
真ん中の1王冠からはじまり
2理解に左に流れる
そこから右に流れ3知恵ができる。

イエス誕生の流れも
1父ヨハネ→2母マリア→3子イエス


456 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:15:49
>>454
おいおい理解と知恵を意味のまんまとらえてるのかよ。

違うだろ。これは象徴の言葉だぞ

1や2や3に詰まった多数の要素をひっくるめて
王冠・理解・知恵 としただけだぞ。

秘数の要素を知らないと理解できないよ。

数が万物の根源だよ。


457 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:26:28
実際に伝わってる数の特徴が簡単に

1王冠 父的 王的
2理解 母的 女的
3知恵 子的 男的

だからこそ3神の理論に信頼がある

458 :435:2008/10/12(日) 19:32:42
意味のまんまの方が通用するよ
普通に考えてみてよ
万物の根源が数だったら個数としての意味以上に発展するわけないでしょ、
先に意味がある
多数の要素を当てはめても通用する体系。それの各ポジションにあたる
数にその意味が移った。
カバラのような象徴体系を使ってるうちに
そこに割り振った数字に意味が込められるようになったの
この過程を忘却した後に、
数字から意味が出てくる
と考えられるようになったわけ

例として別の体系、(こんなのはいくらでもあるがね。天使とか)

    神性
文献 (知識) 口伝
規律  師   愛
理論  修行者 実践
    日常生活




459 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:33:47
なによりイエスが慈悲深いってことだけで
右の慈悲の柱に対応するってわかるだろ。
5も慈悲だし。

460 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:44:55
>>458
・・・
それが君のマイカバラだ。
好きにしろ。

461 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:52:12
理から作られた言葉を当てはめて補完して安心してるようだけに見える。
言葉の飾りに満足してるだけで実感してるとは思えない。

それも象徴の中の意味として通用してるよ。

愛と師は間違い

師と弟子は7の要素
愛はいろいろあり意味としての言葉には限界がある
神性とかただ飾りたいだけだろ。
実際なんなのかわからずに・・

これは言葉にできない流れであって一言で示されるものではない。

かまいすぎて疲れるー

462 :435:2008/10/12(日) 19:58:06
七という神聖数字があった
偉大な賢者が6人か8人いたが偉大な数字7に
ちなんで七人ってことにした。

偉大な七人の賢者がいた
それにちなんで数字7は神聖なものとみなされるようになった
どっちだと思うよ?

463 :天之御名無主:2008/10/12(日) 19:58:38
そこに書いてるように理論だけではダメなんだよ。
実践して体験で学んでゆくもの。
その体験にセフィラ10個の流れがあって
言葉ではないもので感じとるんだ。

言葉なんてものは、ある流れを示すための限界のある手段だ。
はじめにあるわけないだろ。
その流れが数字1から9までにあり
それを直感で感じとり不器用ながら言葉の手段で伝えてるに過ぎない。

はじめに音があった。
ピカッとまず擬音でとらえられるもの
それから区別のため光という言葉を与えられた。

言葉を主にすること自体、カバラの偶像崇拝で虚しいものだ。

464 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:02:51
>>462
君はただ秘数に対して無知なだけだ。
オカルトに関わりながらも数を量でしか認めてないなんて基礎もできていない。
まず神秘学の伝統である数の意味を知ることだよ。

民俗・神話学民らしいけど

それは真実ではないよ

465 :435:2008/10/12(日) 20:06:25
言葉どうよう数字なんてものは
ある流れを示すための限界のある手段だと
思わないのか?
別に言葉を中心にしてるわけじゃない
中心は言葉でも数字でもなく意味だよ。
不完全ながらも意味をより性格に伝えるのは数字より言葉ではないか?
まず言葉があった、言葉は神であった


466 :435:2008/10/12(日) 20:24:22
>>464

量でしかなかった数が
なぜ秘数的になったと論じてるだけで
数を量でしかみとめてないとは言ってないだろ
むしろ秘数的に認めてないと出てこない言葉でしょ

467 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:28:59
>>465
あれは本に書いた時点で表現になってるわけだよ。
その表現を構成している元素が数なんだよ。
見えないものを見ていないんだよ。
君は骨を感じていない。
皮が主だと思ってる。

言葉という最低限の物質依存者だ。

君の本質は2でできている。

468 :435:2008/10/12(日) 20:30:14
>>463
そのとおり
理論だけではだめ
数秘術の理論とかね
マイカバラが作れないようじゃ体験者、実践者とはいえないね
(あれは俺のじゃないけど)


469 :435:2008/10/12(日) 20:32:49
>>467
2ちゃんで言葉を交わす以上しょうがないだろ
実際に合って見ないとわからない
俺が真実を知ってようといまいと
掲示板の特性上
言葉、理論、2のようになってしまうんだ。

470 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:35:35
>>465
秘数はただの伝統の産物といいたいのだろ。
さらに実体がないものだと。
神を信じていないと同じことだ。
まさに正反対
数→万物なのに
万物→数
といった反科学

実際、秘数を感じているので、信じれない人はもう諦めるよ。
様々な空虚な理論の海で溺れていることだ。

ほんとつえええええな

471 :435:2008/10/12(日) 20:36:27
万物の根源は数である
が左
まず言葉があった、言葉は神であった
が右
の柱に対応しているんではないだろうか
それとも根源をどっちかに選ぶべきなんだろうか


472 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:42:56
>>468
ただのくやしい攻撃じゃないか
中身ないな
マイカバラはコツコツ紹介しているだろ。
そこに実体があるからこそ探求している。

君は正論にとりかれてる。
冷徹で情熱を感じない。

不快な皮肉に走るならもう相手にしない。

言葉と言葉で争ったところでなにか感じるものがなければ意味ない。


473 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:48:19
>>471
それをセフィロトの木に当てはめようとするな
もう空虚な探求に突入している。
実体がない。

はじめが間違っているからどんどん理論地獄におちるよー

474 :435:2008/10/12(日) 20:51:03
>>472

どれがマイカバラなの?
指定してください
マイカバラがつくれるというなら
それは対応する関係、ダートについても
真実を全部しってるってこと?


>>473
まず地獄に落ちないとワカラナインダゼ
カバラにそんな話なかったっけ

475 :天之御名無主:2008/10/12(日) 20:57:08
言葉を当てはめて解決しようとするから理論地獄だか概念地獄におちる。

カバラは科学ではない神秘学である。
神秘学を知らずに謎は解けない。
意味としてでしか理解できない者には輝きのない殻になる
はじめは数の要素を身に付けること。
それは理屈や意味の通る言葉では理解できない。
直感で理解するものだ。
例えば1は開拓 これを意味ではなく象徴で感じとる。
それでこそ真の喜びがあるし実在する理論が生き生きしてる。
それができないと小難しい実体のないやりとりになるばかりだ。

476 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:02:38
さっきダートについて説だしただろ。

少しずつ解明していってるじゃないか。

文章を見て根は不真面目だとはっきりしたよ。
くだらない言葉狩りに成り下がった。
根が腐ってる。

見切り

477 :435:2008/10/12(日) 21:03:01
それだって一つの決め付けだよ
絶対のモンじゃない、いつかは移り変わるもんだ
1に絶対性、神や孤独を当てはめるものもいるでしょう。
俺なら開拓は11だね。
偶数と奇数の男女割り当てが逆の地域もある
13が不吉なところもあれば大吉のところもあるよ。


478 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:06:51
>それだって一つの決め付けだよ
絶対のモンじゃない、いつかは移り変わるもんだ

とかどこにでもいる正論だけは掲げたい偽善者まんまじゃないか
それ+実体のない浅いオカルト妄想で救いようがない

豚に真珠だったわ

479 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:11:01
君は知識で知ったつもりになってるにすぎない。

実感のない者にはどんな立派な理論を作っても無為

知識を正確にコピーするならいい
それを浅い妄想で虚飾してはいけない
さらに広めたら害悪だ。

オカルトは幻想に陥りやすい
目に見えない証明できないものだからだ

480 :435:2008/10/12(日) 21:15:50
カバラが神秘学であると同時に科学的
整合性をもたないなら
このような図にあらわしたりしないでしょう
峻厳の柱の中に愛や知恵が含まれてたってかまわない
でも実際は理論的にもキッチリしており
体験的にも納得がいくそれがカバラでしょう。
理論的なことは否定されるべき事ではないし
内的なモノを絶対視することもない
それは半分づつなんだ。
誰でも現代人なら理論から入ってしまうだろう
だからといって内的なものも必要なんだとしっている
カバリストがそこを否定の根拠に内的なものを絶対視することは
理論地獄に落ちる行為と等しいはずだ。

481 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:22:44
それぞれのオカルト好きはあらゆるジャンルに一通りの妄想があるのだろう。
でも実体のない幻想でできたものだから現実に応用はできない。

天使の名前と意味だけ記憶して満足したり
入り口で満足して深く探求するものは少ない。
その浅い知識で解明しようとしたり。
だじゃれの殻にとらわれて壊れてしまったり
オカルトに手を出すには覚悟がいる。
真面目さがいる。
知らないわからないのに現状の理論で無理に解答しないように。
不明な部分はあとまわしにして、わかるところから解決して
パズルを完成させていくもの。

482 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:25:44
>>480
的的地獄に突入

とにかく理屈っぽいな。

左脳だけでできてるぞ。

ビジュアルから入っている私とは全然違うし一生わかりあえないよ。

483 :435:2008/10/12(日) 21:30:54
と神は言ったが反逆者は傲慢にも…

では話を先に進めようではないか
理解、知恵、知識ダートについて。
俺は数秘術からこの三つの関係はわからないよ
言葉からしか。あんたは数字からわかったのか?
ヒントはまさにただの文章なのに
本人の人格はわからないはずなのに感じ取ってしまう
所だろう、これが外人の言葉なら人格まではらわからないはずだ
文字を理解するだけではなく、そこから人間の内面まで
覗き込める、これが知恵じゃないだろうか?


484 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:31:08
内的なものとかもう実体のない世界とはこのことだ
自分では言葉として実在を感じてるようだが
内的が自分の書き込みのどれをいってるのかもわからん
本人の理解からできた言葉になってる
ちゃんと理解されてない

くだらない理論議論はいいからカバラ関連の書き込みに対して意見してくれ

それがちゃんと伝わってないかもしれない

485 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:35:24
>>483
関係じゃなくてバラでとらえろよ
独立してんだよ
それぞれ一個一個の特徴を勉強しろっつーの


知恵の意味がどんどん変っているから辞書を見て確認してみろ
クールに壊れている様が見えるよ

486 :435:2008/10/12(日) 21:38:23
ここでいう知恵は
内的、知恵、体験的なこと、口伝トーラー、実践
などの総称
左の柱の頭のことだよ


487 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:38:56
なんか根本的なことがズレてしまっていて批判もちぐはぐになる

私は秘数の特徴を捉えてるよ。感じてるよ。

それは言葉で強いてゆうなら1的 2的 だとか還元されてしまう。

言葉にはできないものなの!

488 :435:2008/10/12(日) 21:39:38
ごめん
右だよね

489 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:40:30
>>486
そのまとめ方自体が崩壊してるんだよ。
もうなにいってるのかわからんわ〜

490 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:42:46
>>488
なにが楽しいの?
幻想から作られた生命の木に言葉の殻を並べたてて

進まないよ

491 :435:2008/10/12(日) 21:42:54
右の柱的なことは本能、感情、愛
左の柱的なこと理論、冷徹
とかそんな共通見解ない?


492 :435:2008/10/12(日) 21:47:54
本人にとっては意味のある言葉
誰かにとっては言葉の殻
それを判別するものはなんだろう
同じ言葉なのに

なれしたしんだ共通文化圏の日本語ならわかっても
英語でかかれた文章から本人の人格までわかるかな?
たぶんわからないでしょう
意味は英語の辞書から一つづつ約して理解
それをくっつける、機械的な意味だけが伝わり
ニュアンスは通じないそう思いませんか?


493 :天之御名無主:2008/10/12(日) 21:55:16
珍しくレスが伸びてると思ったら・・・

>>491
生命の樹は神の性質を表してるとも言えるから間違ってはいないと思うよ。
それも一つの解釈だよね。

スレタイが「生命の木」だから仕方ないんだろうけど、
あの図を眺めてあれこれ考えたって、象徴なんだから何もわからないんじゃない?
トーラー、ゾーハール、バーヒルに立ち返って考えてみない?

494 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:05:47
またでた

カバラのファッションだけもちたがり

そうゆうのやめて〜

495 :435:2008/10/12(日) 22:08:00
英語の辞書を引く
知ること
理解する事、
これがビナー

繋げられた文章から行間、使い方言葉の端々から
本人の人格まで探りだせる。これができるのは同じ日本人だからね
これがホクマー、知恵。
文化的なこと、伝統的なこと、数秘術のように同じ見解
をもっていないと伝わらないもの。

知(ビナー)+識(ホクマー)=知識(ダアト)

テストでいい点とるための丸暗記にはビナーしか使われてない
それは5+5=□に10という数字を書きさえすれば正解なんだ
と覚えて3+5のできないようなもの。
科学実験などで知ったことを実際に試してみるこれがホクマー
誰かの理論をよんで知っただけではビナー
実際に試してみて(ホクマーして)はじめてダアトとなる。
法則の発見者は本から学んだわけではないからホクマーから
ダアトを生み出したことになる。

これが俺の見解
数秘術的な見解はわからない
教えてもらおうにも、それにはまず数字の意味あわせ
共通見解を持っていないと言葉では説明できないんだろ?
このダートはまさに開拓の11なような気がするんだが
どうだろうか。


496 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:08:50
ケテルコクマービナーゲブラーケセドティファレトネツァクイエソドマルクト

そうゆう、どーでもいいファションが目的なアホはいらん!

もっと真面目な人はいないのだろうか・・・

497 :435:2008/10/12(日) 22:10:51
つまり
それは5+5=□に10という数字を書きさえすれば正解なんだ
と思ってることが気に食わないってことと
同じことなんではないだろうか?

498 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:11:55
あと435みたいな実体のない理論あそびにとりつかれてるやつとか

両極端だ…

7か8に偏ってる
9がない

499 :435:2008/10/12(日) 22:15:11
数秘術だけで解けるのか?
全てわかっちゃったのか
例えばケテルからホクマーへ流れる雷の閃光
があるが数字だと1→3→2
となってしまうが
どういう見解を持ってるんだろうか

500 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:16:25
1→2→3 に修正で

501 :435:2008/10/12(日) 22:16:43
7か8に偏ってる
9がない
こういった言葉もわからないやつからすれば
実体の無い理論遊びに見えちゃうわけだが
知らない奴に言葉で教えられる自信はある?


502 :435:2008/10/12(日) 22:17:40
いや455で無視された流れもあるんだよ

503 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:19:12
来ると思ったぜ!

本質を表す最小の諺みたいなものだ

秘数を学習してれば理解できるようになる。

504 :435:2008/10/12(日) 22:20:41
1→2→3 に修正されたら
逆の流れケテルからビナーの時はどうする?
いちいち修正するのか?
それでまともな数秘体系なの?


505 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:22:31
カバリストのひねくれ解釈じゃないか?1→3→2は

アダムカドモンが背中向けてるから逆に解釈とかなのでは?

506 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:26:24
なんで123の自然な流れを認めないのか?
あと一つのことで数秘体系とか持ち出すな

私はバカバリストの深く考えすぎた末の余計な新説だと思うよ

実感ないもの

ほんとにくだらないことでつまずいてる

507 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:27:58
また言いますが勉強しろ

秘数の

508 :435:2008/10/12(日) 22:30:50
セフィロトは10個しかない
ダートをいれて11
でも本当はネツアーとホドのしたに
一個づつあって13になるんじゃないかと思ってる。
俺がどっかで見たものにはケテルに三つ分の数字が割り当てられてたけど。

話は変わるが
1が開拓なのはよくわかるよ
初めて切り開くというか挑戦するというか
でも俺は開拓という言葉には新天地を切り開くイメージがあるが
それは同時に旧地を持っているからこそいえる言葉で
より開拓に近いのは一周回って11こそふさわしいと思う。
実際なにが11に当てられるのかしらないけど



509 :435:2008/10/12(日) 22:33:04
おれは考えすぎではなくて
反転したんだと思ってるがね
鏡のように

510 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:37:40
よくわからん理論にたどりついたな。

数は9までしか作られてないし
なんで13とか中途半端なものを根源としたがるのか?

さっぱりだ。

11はただのペアの数だよ
カバラの伝統で。
みりゃわかるだろ
むずかしくしすぎなんだよ

511 :435:2008/10/12(日) 22:39:47
秘数をなんかで読んだら
それのイメージに徹頭徹尾従うのか?
例えば図が入れ替わってたら
間違ったイメージが刷り込まれないか?
それで先に進めないという事は無いだろうか?
例えばイエスが女だったり

12が完成、完璧、十二分に、10もだ十分に
11や13は秩序の崩壊みたいなイメージだったかな?

512 :天之御名無主:2008/10/12(日) 22:39:59
おりあえず今はダートは臨時のセフィラという結論

あっき書いたように堕天使産の非合法なもの

地獄に導くための座

513 :435:2008/10/12(日) 22:42:13
10個の図しかなければ
それでいいと思うけど
この10個体系を縦に何個も並べた
体系があるじゃん
10まででも一通りの秩序が作れるのは認めるけど

514 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:15:47
過剰な理論創造

10個で解決できる問題をいちいち増やしてるだけ

どうしても権威ある学者の理論崇拝したがるな

メジャーになってるからといってなんでもかんでも実在するわけじゃないぞ

515 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:16:58
>>513
ねぇ、「形成(イェツィラー)の書」って聞いたこと無いかな?

516 :435:2008/10/12(日) 23:26:22
規制されちまったよ

517 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:31:21
@ 神の一撃で1から10まで流れてシステムが作られる

A 天使の物語は1から10に流れる

B 全ての天使が物質として10に生まれ階段を昇り1にゴールする

生まれるのは10だがレベルは様々にわかれる

その程度でだいたいの流れをカバーしたんじゃないか?
あとは肉付け

518 :435:2008/10/12(日) 23:31:39
>>515
ないよ
上部と下部を統合する階層でしょ?

ちなみに別に学者の理論を崇拝してるわけじゃない
そいつは13のうち3つをケテルにおいてる
おれは13まであるのは認めるが
セフィロト自体が13個あると思ってる。
それはこの数字がいろいろまつわってるからだが
サタンに12枚のはねがあるとか
あとは形のバランスだな

519 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:34:19
神話の人物の数を根本にするきっかけにすんなよ

形成世界は789があるとこ めざせ6

520 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:36:12
十=獣 10=サタン

521 :435:2008/10/12(日) 23:38:04
13=サーティーン=サタン


522 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:46:36
ゲルショム・ショーレムの分厚い本予約注文して2冊読んだことあるけど
内容全く覚えてない
高校の頃だった。

『ユダヤ神秘主義』 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局, 1985年 別訳
『カバラとその象徴的表現』 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 1985年


523 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:46:54
>>518
ないよ って・・・
セフィール・イェツィラー、創造の書とか成形の書と訳される、
これ、一応カバラの基本教典というか・・・
10の数字もここに記されてるからさ、機会があったら読んでみなよ。
てか、内容は絶対に知っておくべきだとおもうけど。

まぁ、いいかw

524 :天之御名無主:2008/10/12(日) 23:53:49
学研のエソテリカシリーズの本で充分だ

教科書依存の想像力のないやつは分厚い本をとりあえず読破して
コレクションしたいだけ。

ただの一個人の本にすぎないのに

教典読まなくても基本身についてればいいじゃない

525 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:03:22
実はものすごいシンプルなものなのに
名誉ある学者の教典に手を出して混乱し見捨てるパターン

知識だけ持って帰れる

もういろいろ謎解明したんだけど
なぜか人はそういう名誉ある本に弱い

答えは目の前にあるのに、気づかなかったり。

雑学レベルの細かい知識が大好きなんだろな

526 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:05:58
名誉ある学者の教典て・・・
カバラの基礎になった本じゃないですか、創造の書。

って、ショーレムの本の話し?
え?創造の書も?w

527 :435:2008/10/13(月) 00:09:10
ケテルから降りるのに
なんで基礎が最後なんだろうな
ダート11は一周回ってもう一回って時に
でてくるってのはどうだろう。

そっから父、聖霊、子の縦配列になる
子、イエスはイエソドのルシファーであり肉体、ケテルは意思、心、神
これはカバラの世界構造からも確かだろう
堕天とはつまり神のいる天上の世界から地獄、地上に使わされた
メシアを表す。ゆえに人間たちは皆、地獄の罪人だ。
ミカエルが1、ルシファーを10とするのもわかるが
俺は1は神、6はミカエル、9にルシファー、(イエス)イエソド(言葉もあってる)
を配置し地上10マルクトに降りてくる。6と9は反転像だからだ。



528 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:09:56
そもそも"謎"って具体的にどの辺りが謎なの?(謎だったの?)

529 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:27:51
ダートは隠れたる神?
生命の樹はイスラエルの神?

530 :435:2008/10/13(月) 00:41:27
そもそもダート11を2倍
した数がアルカナの22なのに
パスとしてだけ考えるということでいいのだろうか。
カードの10以上の数字にセフィロトとしての対応関係は
秘められた数的意味は無いのだろうか
11、12などはしょせん1や2の親戚でそれ以上の意味を持たないのだろうか
少なくともタロットでは違う。セフィロトに措いては10までしかないが。
考えずに10でぐるぐるしてるだけでいいのだろうか
二週目があり
それが1→3→2の逆流れと関係あったりしないだろうか



531 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:47:55
理論地獄でぐるぐるしててくれえええ

532 :435:2008/10/13(月) 00:53:31
他にも木は四本説を押す
性格には2本の絡みあった中心の一本に左右にアダムとイブの柱だ。
そして木に絡みあった木(知恵の蛇)は
右の柱である。これは頭が知恵だから。
つまり中心の柱とはアダムに絡みつくイブを表しており
2柱が一体となり統合され、中心の柱となることを表してる。
これが知ビナー+識ホクマー=知識ダート
と考えた根拠。

シメナワとかジョカとフクギとかズルワーンとか、ミトラスとか
よくある。この手の図像は。
生命の木と知恵の木は同時に絡みあって存在する。
そしてカバラ生命の木は名前と反して
理性、2、でないと解けない。なぜなら
この柱は左の知恵、3の木の方が本能的なものとされるからだ。

かつてはダートだけでなく
ティファレトやマルクト、イエソドも
隠されていてメノラーのように、数字、セフィラは10ではなく7で終了
8はゼロのように無限ループ性を与えられたものだったのではないだろうか?



533 :天之御名無主:2008/10/13(月) 00:56:02
>>527
最低限、理由つけて配置しろよ


534 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:01:12
難しく創りすぎ

もう3神で答えでてるし

8、9は実在してるし

幻想理論で混乱させるな

535 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:03:26
肝心の数の要素も知らずに適当な理屈でおかしな理論作るな

偶数VS奇数だな

536 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:04:31
意味がわからないし初心者にも通用するように説明して

537 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:06:55
いちいちヘブライ読みにしてカッコつけなくていいよ

数で示せ →A

538 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:09:07
なんで知恵 理解 っつう基本を壊して
知識を分解して体系にいれちゃうとかとんでもないことするの?

基礎を壊すな

言葉あそびにマジになってる

539 :435:2008/10/13(月) 01:10:49
3神こそ欺瞞だよ、もともと一神教なんだから
聖霊は父と子の媒介者
縦ならともかく
横ではこじ付けでしかない。縦でこそ聖霊の役割は真に聖霊らしい。
ケテルに父、ティファレトに聖霊、イエソドに引いてはマルクトに、子イエス
が配されるべきだ。

カバラはイエス以前からのユダヤ教のモンよ
右の柱の優しいイエスなど過去の伝統にいたのだろうか
それはキリスト教布教後のイメージではないか。
ユダヤが望んだのは厳しさも優しさも併せ持った
絶対的な王ですよ。

540 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:13:18
A@B
CED
FHG

最低限この基礎は守ってください

541 :435:2008/10/13(月) 01:14:13
Iと隠されたJがあるのも事実です

542 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:32:58
君の正体がわかった。

543 :435:2008/10/13(月) 01:36:31
誰ですか?

544 :435:2008/10/13(月) 01:42:11
ヘブライ読みはカッコつけてるわけではない
言葉の方を重視してるの
数字からじゃダートはわからない、少なくとも俺は。
2、3から11は出てこない
と思ったけど均整たる美6をはさめば11はでてくるね
でも11に独立した意味は認めないんだよな1〜9で考えると。
結局数字に意味を求めるならその意味を言葉で語っても同じ
だと思うんだけどね。言葉に出来ないなんて
意味がわからないか、文章がかけないかどっちかでしょう。


545 :天之御名無主:2008/10/13(月) 01:43:47
カバラ〜生命の木〜のスレに古くから絡みつく
カバラの知識を身につけ幻想を振り撒く古き蛇

ダートにこだわっているのは435自身がダートだからだ。

だからこそJが事実だといいきれる。

435も黄泉の子 地獄の子と読める

王国から、さらに堕落し幻想のセフィラを生み出したんだ。

エヴァを騙したのも君だったんだな・・・

運命の再会か。





つづく

546 :天之御名無主:2008/10/13(月) 05:45:37
恐ろしく伸びていると思ったら(嗤)
ここはオカルト板じゃなくて民俗・神話板だぞー

しかし学研ときたか…次は徳間か?

547 :435:2008/10/13(月) 08:28:18
学研や徳間に似たような説があるのか?
俺がカバラを知ったのは最近だし、資料も平凡社のイメージの博物誌1冊だけだ
俺の説がこの本に載ってるわけではないがね。
数秘術もあんまりわかんない。

蛇をエバとそっくりに書いたエデン、知恵の木の図を見たことは無いだろうか?
上でも書いたように
蛇は J知識、真実、ダートでは無い
蛇はB、知恵、左脳的知性、能動的知性、直感、理論、感覚
ホクマーである。
これは蛇が知恵の蛇といわれることからもわかる。
左の柱、エバ自身が知恵の蛇である。
アダムであるA、理解、右脳的知性、受動的知性、論理、推理、思考
と合わさる事によってJが明らかになる。

理論と論理の対称性がわかればJを会得したようなものだ。
引いてはその後の生命の木を読み解く助けになる。









548 :天之御名無主:2008/10/13(月) 10:41:50
誰にとっても普遍的なカバラなんかがあったら追求する意味がないような気がする

549 :天之御名無主:2008/10/13(月) 11:36:09
男が2なわけねーだろ 曲げるにも程がある

550 :天之御名無主:2008/10/13(月) 11:42:51
たった1冊の本+浅いオカルト妄想 ・・・スーパー机上の空論


超基本

男は奇数
女は偶数

551 :天之御名無主:2008/10/13(月) 11:48:16
蛇=堕天使のいる座がIでJも同じ中央の柱にあることから
上昇する蛇として解釈した。

物質界のIの中でできた知識はJとする
その知識には真実も幻想もあり、それがオカルト知識となると
幻想の蛇の入る隙間になるってことだ。

552 :天之御名無主:2008/10/13(月) 11:52:50
この世にしかない知識ってこと。
物質界が無くなれば実体だけになり実体の無い幻想の知識は滅びることになる

神が用意していないありもしない知識を創るなってこと

それを創造(実は幻想)してしまうのが堕天使=蛇 なんだよ

553 :天之御名無主:2008/10/13(月) 11:57:06
オカルト知識は証明できないもので無限に広がってしまう恐れがある。

実体のない幻想からの知識を量産し、その理論に溺れ神の用意した真実に背く者

ありもしない理論に自惚れ傲慢になる神の反逆者

まさに435は地獄に住む堕天使である!

554 :天之御名無主:2008/10/13(月) 12:03:09
私も昔々ありもしない幻想理論に溺れ地獄に堕ちていた。

君は過去の自分を見ているようだ。

幻想は暗さを感じる。

真実の光には歓びがある。

そこを基準に真実を追究することだ。

できないなら最低限、伝統を基礎を厳格に守り余計な理論を創らないこと。

地獄に堕ちるよりはマシである。

555 :天之御名無主:2008/10/13(月) 12:03:51
RIGHT NOW !

556 :天之御名無主:2008/10/13(月) 13:47:11
435はまだやってんのかよ。

なんか>>530でタロットを持ち出すあたり…
タロットはセフィロトに無理矢理こじつけた物なんだよ。

 >学研や徳間に似たような説があるのか?
あるわけねぇだろw

生命の樹の図だけ見てあれこれ考えたってダメだろ、
何世紀にもわたるトーラーやその解釈によって生み出された成果
の結果があの図なんだから。
それを無視しておかしな自論を展開させるなよ。
生命の樹の図上であれこれ好き勝手弄くった結果が
カバラの伝統、根幹を成すトーラーとずれてしまっては意味が無い。

物語のあらすじだけ読み知っているものが、その物語を読まずに
新たな自分なりのあらすじを書くことなんてできない。
あんたの書いたあらすじは物語りそのものを改変・捏造してしまっている。

君のおかげで見せかけだが活性化し盛り上がったよ、
ありがとう。
だけど、とりあえずオカルト板へ逝ってくれ。

557 :435:2008/10/13(月) 14:45:15
>>548

だれでもたどり着くところは同じ
普遍的な答えがなければカバラなんて存在しなかったろう

スタイルはそれぞれでいいと思うけどね数字10
ではなく3や2や1だけで洞察して答えにたどり着く人もいるでしょう。

でもスレの基本になってる生命の木は10で完結するために作られた
スタイルではないよ、いろいろ無視してるでしょ。これが10で終わるように
出来てるなら文句はいわない、3神論のあてはめが間違ってると思うから反論
してる。


558 :435:2008/10/13(月) 14:54:59
>>556

タロットは過去に生命の木を解いた奴が新しいヒントを追加したもの
後付けと言えばそのとおりだけど、役に立つもの。

A@B
CED
FHG

基本といえば、この形もすでに原型を変容させられてる
後付けされたものだ。タロットとかわらない。
超基本である男女の原理は奇数偶数である。男が2のわけがない。
左右の柱はアダムとイブに対応して偶数奇数にわかれるべきだとなる。
しかしFが左、Gが右に入ってるのはどう説明するんだ?
アダムが左、イブが右に描かれる事に付いては?

これらと、無視してる逆流れ、ダート、タロットは残されたヒントだよ。
もちろん普通の雷流れ、数秘が基礎というのは当然だ。
これはどちらかが否定されるようなもんじゃない
最終的にどちらも整合性を持つ。
カバラは伝統的に解いた奴がヒントを追加、改造してきた。
それがヒントになるのか、複雑になってわからなくなるのかは知らんけどw


559 :天之御名無主:2008/10/13(月) 15:55:24
上位のシェキナーが男性だと?

560 :天之御名無主:2008/10/13(月) 16:48:07
本屋さんに行って400ページの日本ユダヤ本を2時間で読んで
「知識」を持って帰って来たどー

いままでは座という表現だったが
これからは光球セフィラと呼ぶことにしよう。
流出世界は原型世界でもあった。
創造世界の名の由来は創造される者が未完成だから。
4は判断の象徴 これは新鮮な象徴だった。
7は反響 もあるらしい

高校以来のひふみ神示に再会した。
忘れていた真実だった。
ゾハ−ルの知識も紹介されていた。

国常立の大神(スサノオ)は堕天使ルシファーだった。
ファッションは古神道だが内容はカバラに通じるものだ
ひふみ神示の中にも10の理論がでてくるし
ズバリ「生命の木」の名前まで出てくる。

徳間書店からの外人と中丸薫との対談本だ。
是非読んでみてくれ。
1600円得した。

561 :天之御名無主:2008/10/13(月) 16:53:06
なぜ22なのかは
おを加えた単数の裏表だかららしい

ダート=11なわけではない
数を与えない物質界限定のセフィラでいい。
知識はI物質界でのみあるものだ。
心のレベルは低くても思想レベルの高い賢人の知識は物質界を通して読める。
読めるが、届かないだけだ。
いいことは言ってるだろうが読んだだけでは変われない。机上の空論
やはり体験をしないと進化できない。
口だけ知識の殻だけの正論偽善者に陥る。

ダートを悟った小さな旅だった。

562 :天之御名無主:2008/10/13(月) 16:59:49
>>561
おではなく0です。
0の見えない根本なしに1はありえないってこと。
0123456789I
これが仕組みの数。
これが表と裏 11+11で神聖な22になる。
またいうが11=ダート(知識)ではないよ!
数は与えられていない。
光球は10しかない あとは始まる前の 0 が加わる。

7は成る って7尊厳につながる。
自分の中の成るってプライドということ。
わかるかな〜
8は開く 8永遠・勝利 だが顕現という意味だ。
7に成ったものが表に出てくる・目に見える形になることだ。
8の特徴と重なり真実を感じた。

563 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:07:29
光球ではないからこそ隠れていて見えないのだ。
知識が収められた本は火で燃えてなくなってしまう。
知識というのは賢人の言葉の記録
それだけハイレベルだからこそ
原型世界のちょっと下に位置する。
B知恵で語られた言葉がダート(知識)で収められるのだ。
その知識は物質界=I王国を通じて読み意味としては吸収できる。
しかし感じるのは、それぞれの人の心のレベルによる。
10つまっていてもレベルが低ければ1しか得られないこともある。
それを死んだ知識として持つか生きた知識として持つかどうかである。
知識は生かすことも殺すこともできる。
お金みたいなものだ。
どう使うかが問題であり、それ自体善でも悪でもない。

564 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:11:03
さらに言うと本来の「本」といえるのは
賢人の思想=知恵を収めた存在であることだ。


565 :435:2008/10/13(月) 17:21:33
ではこう考えたらどうだろう
そもそも座と数字は完全対応したものではなく
座を数字の順で追えという命令であり
座の本質と数字は極力似通っているが、そのものではない
それは雷閃光が示した順序のとおり数字を割り振ったということ。
その座の内容が後に数字と一体化した
もともと数字なら
雷閃光自体が必要無い、数字にかいてある以上、わざわざ指し示す必要はない
数字が先にあれば雷閃光は生まれない。

566 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:23:39
@ セフィロトシステム・・・世界の仕組み 「父」
A それを理解する「聖霊」
B その世界を自由に満喫する「子」

この3つの要素で一つの完成はしていた。
だから原型世界@AB
時間も苦しみも死もない永遠の楽しい楽園だ

Cからは不完全な可能性だ。
限りある世界ではBのような破壊と創造は敬遠される。
それもありだけど地であるCとの相性は悪い。
死ができてしまい死にたくないためCは安定の特徴ももつ
□は不安定さがなく信頼がある。
どんな人も地上にいる限りCの死や老いや時間・空間・重力の障害は避けられない。


567 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:28:02
>>565
なんで難しく理屈っぽく考えちゃうの?

なにいってるのか、よくわからない。

雷の閃光とかただの表現にこだわってるし。
前後とかいつも悪い癖である二元論的思考するし。

とにかくジグザグに12345678910と創られたんだろ。

シンプルにとらえろよ。

568 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:29:50
何回も言うけど余計な理論を作り出すな。

実在する理論の理解に努めよ。

569 :天之御名無主:2008/10/13(月) 17:41:50
カバラの装飾品にとらわれている。

実があって皮があるのに。

神を理解できないものの理論のパターンは
右左の2にとらわれている。
大概頭でっかちの机上の空論人間だ。
左右の偏りを調整する天秤あっての左右だ。
左右のみ2でのみ生きようとしても偶数で0になる。
男なら男だけでも偏り女を理解して初めて真実に触れる。
女もその逆。
1のみでも2のみでも偏り3にしてお互いは真実に触れる。

こういう反逆者はできれば生命の木を

@A
BC
DE
FG
HI

としたいのだろう。
そこには量的なものしかないのに。

均衡・バランス・真ん中 の実在を素直に受け入れよ。

570 :435:2008/10/13(月) 17:59:58
たしかに
カバラ数秘は感覚を必要とするけど
論理、二元論的思考も必要なんだとは考えないの?
数秘自体が奇数偶数とか男女、左右と二元論の産みの親のような体系をしてるのに。

これ以上理解するものの無くなった段階においてなお
理解に勤めるものは下である、そこからは能動的知性、自身による
想像、創造が必要とされる。カバラが改変されつづけるのもそのため。
答えが全部本に載ってたら自分で考えないから。
誰かがそれを解く過程を与えるために、つねに不完全で謎掛け状態で
ある必要があるから。
既にわかっている1〜10の意味を愚直に何べん繰り返しても
ダートにはたどり行けない。
それこそ整合性のとれないこじ付けをするしかない。
愚直に受け取るなら数字を使ってる意味も無い。
ダートは現在的な意味の知識ではない。
理解にとりつかれたものは左の柱のアダム、ゴーレム、操り人形である
本以上の答えは出てこない。本から出た知識は真の知識ではない。
アダムは蛇に勝てない。
アダム、理解は性質上、何も生み出さない。イブ、知恵が生み出すものを
受け入れ続けることしかできない。永遠に従の関係
7ホド8ネツアーの関係と同じように。
真にとらわれてるのはあなただ。
本来、無駄な情報をいれずに生命の木とにらめっこするだけで
答えは出てくるように作られてる。
数字だけの木では位置の異常に気がつくだけかもしれないが。


571 :435:2008/10/13(月) 18:12:44
まず1で考える
次に2で考える
ようやく3がわかる
この順序を飛ばしはじめから3で考えることはできない
真に3で考えるものは1でも2でも考えられるはずだ。


572 :435:2008/10/13(月) 19:55:56
カバラは
実があって皮があると考えるものは
皮があって実があると考えることと、本質的にいっしょだといっている。
結局どちらかにの柱に偏ってるんだからな
それはバランスをとっていないことの証明だ。
俺は片方の見解を示しているに過ぎない。
それをもう片方の否定と取る必要はない。
数も言葉も意味を表すためのものでそれ自体は主ではない。



573 :天之御名無主:2008/10/13(月) 23:21:12
西遊記を見てアダムの様子がよくわかった。

孫悟空=アダム

574 :天之御名無主:2008/10/13(月) 23:26:05
バカには言葉がたくさんいる。
その言葉でさらにバカになる。
哀れだ。

575 :天之御名無主:2008/10/13(月) 23:33:20
435はFのセフィラのレベルにいると思われる。
もしくはIのパスからF
悪い面が出ている。
形成世界の住人であるがHもGも失っている。

Fの特徴

精神的色彩が強く神秘的な雰囲気を感じさせる。
非常に鋭い洞察力と批判力を持ち、分析と直観の両方を兼ね備えている。
そのため豊かな独創性を発揮してあらゆる分野で活躍する。
ただし、それが極端な場合、人から「変わり者」の烙印を押されたりする。
実際、なにを考えているのか良く分からない。
その言動に矛盾した面が現れ、しばしば周囲を当惑させる。
それでいて自分は理解されないなどと言って寂しがる。
寂しがり屋のくせに孤独でいることが多いのだ。
内的分裂で悩み、多くの対立した概念の海で溺れそうになる。
そのとき7は心身ともに虚しく放浪する、単なる気難しやでしかない。



576 :天之御名無主:2008/10/14(火) 00:07:34
@ 数
A 言葉
B 表現

システムが創られ
意味としての言葉が創られ
立体世界のリアルな現実が創られた

577 :天之御名無主:2008/10/14(火) 00:23:07
D慈悲 ここはマスコミ・芸能界のセフィラ

好奇心が旺盛で、それを満足させるために行動的で敏捷、
ときには大胆な冒険にまで及ぶこともある。
退屈で決まりきった仕事は苦手で、「思い立ったが吉日」
とばかり衝動的になにかに挑戦してしまう。
この性質は頭の回転の速さから生じている。鋭い知性を持ち、
多方面への関心に溢れている。
知的欲求を満たすためにいつも活動し、探究している。
ところがある程度まで掘り下げると先が見えてしまって興味を失い、
また別の対象へと移ってしまう。
それは鋭い理論的分析力と先を読む推理能力を持っている証拠でもある。
雄弁で話題が豊富、機転を利かせてその場を楽しくさせる。
誰とでもうまくやっていける適応力を持つ。
やや八方美人的な感じだが、子供のように罪はない。
ただし内面的には意外に醒めていて、決して我を忘れて溺れ込むことはない。
口先の愛想の良さとは裏腹に、心は批判的で分析的な思考が働いている。
心の中に様々な価値観が共存していて、それがときに混乱と分裂の原因になる。
孤独であれば賑やかな場所を求め、賑やかだと孤独を求めるといった具合だ。


578 :天之御名無主:2008/10/14(火) 00:25:39
>>570
>本来、無駄な情報をいれずに生命の木とにらめっこするだけで答えは出てくるように作られてる。

 何の答えですか?
 あなたは何を求めているんですか?

579 :天之御名無主:2008/10/14(火) 00:48:10
表に出せる創造世界で
朝と昼と夜
NEWSの放送がある。
ニュースには、常に芸能ニュースも入ってくる。
性格の面で表層的にセフィラに当てはめると
C真面目ニュース D芸能ニュース に当てはめられる。
ここでも真面目ニュースのみ 芸能ニュースのみ 
どちらか一方に偏ってはいけない
均衡・バランスを取ることで人間らしくなる。
そう、ここは実は人間の柱とも言えるのです。
バランスを取ることは中央の柱を司る神様(天の父)を信仰することになる。 
真ん中を失うことは人間らしくなくなることになる。

580 :天之御名無主:2008/10/14(火) 01:43:34
>>576について

Aシステムを理解する聖霊でもあるが
それを言葉で伝えるか物語で伝える。

沈黙するオヤジを黙って理解する母に例えられる。

Fは学問の真相を追究する者
究極には神の創造したマニアックな世界の真実を知りたい
神の探求者で真の大学生でもある。

G勝利・名誉を求めるだけの大学生もいる。
学問探求ではなく成績を競い勝利者になりたがる。
現在の大学の姿はGよりである。
大学生のお手本は最近ノーベル賞を取った学者だろう。
F真実で的外れではないからこそ
G賞賛と顕現が得られた。
FとGは対立軸として反響しあっている。
CとD AとB にも同じ法則が当てはまる。
でも本人たちのレベルは表の世界である創造世界にある。

581 :天之御名無主:2008/10/14(火) 02:43:19
生命の木がアダム・カドモンでできているということで
これは土曜の人形アダムの個人の道であることだ。
目覚めて動き出すときに生命の木は起動する。
各セフィラとセフィラに電流が流れる。

以前アダムからエヴァが生まれたり罪の原因がエヴァにあることで
理論を進めてきたが少し修正する。
これはキリスト教の影響で変えられた可能性があるためだ。
男女を数として表すなら1と2だが
この楽園の物語で上下を創ることもない。
上下ではなく1、2の順序である。
アダムからエヴァが創られたわけではなく
アダムを創ってからエヴァを創った。
もしくはアダムを表にエヴァを裏として同時に作ったかだ。
だから決してエヴァのみに罪があるわけではない。
アダムとエヴァともに責任を背負う→C

582 :天之御名無主:2008/10/14(火) 03:09:21
アダム・カドモンでは生命の木自体が男優位になる表現である。
上下ではなく1・2 表裏 ということで
裏のエヴァ・カドモンとも呼べるようなものがあってもいい。
人形の全体像で男性要素ではないんだしカドモンだけでいいんじゃないか?
ただの表現の問題なので、そんなに気にしなくてよい。
これもアダムからエヴァが造られた神話の影響だろう。

583 :天之御名無主:2008/10/14(火) 03:52:19
人形は、まず見た目の問題なので男の形に造るか、女の形に造るかの違い
見た目から生じる振る舞いと役割の違いがあるだけ

+タイプか−タイプか
ミッキーかミニーかの違い
ミッキーにまつげを三本足して口紅を塗ってミニーにする程度の違い
創造の雛型である絵で女を表現するには男より手間がかかるように

人形は楽園追放後、罰としての仕事に追われて
人形の性なる男女としての意識を押し込めてしまう。隠そうとする。
具体的に性器と性を感じる肌を隠す。
罪があるので楽園の満喫には罪悪感を感じてしまう。
だから失楽園の地上に生きる男女は性にうしろめたいのである。
地上で働いたお金で自分の個人の世界(楽園)を作り密かに男女に戻る。
個人の道とは、+と−が本能的に引き合うように、まず男女を求める道なのだ。
仕事(日月火水木金)の隙間(土)に男女で癒されるのである。
エロや恋は仕事から離れた隙間にやってくる夢のあるものだ。
エロと恋は使い捨てのものである。熱しては冷める。
性別ではなく性としての男女の形が意識・維持できていれば夢の恋は続く。
ここに
本物の人形としての恋のあるアダム・エヴァ
偽物の人形としての誘惑の蛇ルシファー・リリス
として楽園の物語が再現される。

584 :天之御名無主:2008/10/14(火) 04:26:58
エロや恋によって生じるのは禁断のものである。
エロや恋をすると夢のような状態になり、つまり心に楽園ができてしまう。

この禁断や楽園の要素からエロとラブは休みの土曜の人形枠に入れられる。

♂はエロから♀はラブから楽園回帰をはじめる。
そしてふさわしい♂♀が凸凹のように心も体もぴったりくっついて物語はおわる。

生命の木の中で男女の要素はABとして原型世界にしか見つからない。
下位世界では本来の男女の要素ではないC〜Iにこだわりを持つのだろう。
Gだったら名誉のブランド・ステータスとしての彼氏彼女として
そこにAの少女漫画のような内容はあるが、究極にこだわってるのはGだったり

もっともピュアなエロ&ラブはIからCの問題が片付いてこそ
スッキリできるということか。

585 :435:2008/10/14(火) 08:28:04
極端に言えば
あんたらのやってることは生命の木と関係無いんだよ
数字だけあればいい、それで人格形成でもやればいい。
学んだ数字の意味で直列つなぎだ。既に数字の意味を知っているがゆえの過ちだ。
その数字の意味は、数字だけ与えられて生命の木を使い、自分で考えたものか?
違うだろう、どっかから持ってきた情報を元にしてるだろう。
既に一通りの数字の意味を知っているだろう。
たとえそれが自分の中でしっかり解釈できていても
ヒントを貰いすぎているゆえに、すぐに次の数字の意味、全体の構成
を考えてしまう。それはもうテストで答えだけ丸写ししているようなものなんだよ。
カバラは直列繋ぎではない。神の雷が示すように、隣の柱に移るたびに
理解と想像を絶えず切り替えることが要求される。頭の使い方を180度
切り替え続けなくてはいけない。
実がわかれば皮を作る。、皮がわかれば実を想像する。随時理解と納得を繰り返す
それが生命の木の正しい使い方。
あんたらのやってる事はただの当てはめだ。

586 :天之御名無主:2008/10/14(火) 10:28:46
ちょっとした指摘だが
80年代のガンダム
90年代のエヴァンゲリオン
名前がアダム→エヴァの流れだ。

587 :天之御名無主:2008/10/14(火) 10:38:06
>>585
どっかから持ってきた情報はあたりまえだろ
さらに自分の数に流れる要素の実感と調和させている。

内容は新しいが伝統を無視したい、ひねくれた根性は抜けてないようだな。
後半の文にはもう実体がないよ。空虚な理屈と無理解。
上記に書いたことが理解できないので浅はかな言葉狩りをしていること。
具体的な事象を当てはめるってことはできるし、そういう応用はやるべきだろ。
なにがいいたいのか?
ただ反逆したいだけだろ。
理論崩壊したので、くやしいから批判に尽くすのみだ。

588 :435:2008/10/14(火) 10:51:28
>>585

ではそれは生命の木と調和しているか?
そこが絶えず批判してるポイントだ。
数秘と自分の実感が調和している
それは確かだろうし認めよう。
でも生命の木と調和させていないだろう。
数秘に生命の木を合わせているだけだ
違うか?
自分の心と数秘のどこかからもってきた情報を調和させたように
生命の木とも調和させてみろ。あんたはダートで詰まってる
数秘と心を調和させた要領でできるはずだ。
問題点は上がってるだろ無視するなよ。ダートの位置の謎、逆流れの存在の謎、
FとGの奇数偶数位置の入れ替わりの謎、タロット。
これらは後から追加されたものだ。
あんたの数秘は生命の木が別の形をしていた時のものだ
本質は変わらないが、今の形の生命の木は謎を解くまで合致しない。




589 :435:2008/10/14(火) 10:52:30
588は
>>587あてね。


590 :天之御名無主:2008/10/14(火) 10:53:04
>>数字の意味を知っているがゆえの過ちだ

数字の意味を知らなければ解釈することもできず
ただの飾りになる。
さらに知らない者が批判する資格もない。
システムの実より象徴図形の皮を愛するのか?
違うだろ。

>>テストで答えだけ丸写ししてるようなものだ

オリジナルに富んだ新鮮な指摘をしているのに
コピーにしか感じれなかったのか?
鈍感すぎるだろ。

591 :天之御名無主:2008/10/14(火) 11:03:49
>>588
そこを突いて来たか
カバラを求める者には大事な問題だな。
これさえクリアすればいいのか。

それはジグザグの流れと3×3の調和ではないか?
3階層に3っつずつの構成とジグザグ流れが組み合わさり仕組みができた。
そしてそれは3神の原理を認めてこそ解決する。
各階層のつなぎには中央の柱の光球が関わる。
それと人体とも相応する。

形・腕




592 :天之御名無主:2008/10/14(火) 11:06:03
↑形・腕→肩・腕

593 :435:2008/10/14(火) 11:07:29
>>588

象徴図形の皮に対し実はいくらでもあるの
数を使うもの、天使を使うもの、人体を使うもの
ギリシャやローマの神を使うもの、密教、古事記日本書紀を使うもの。
俺は数の変わりに
書かれた言葉を使ったまで。多くを知れば確実性を増すだろう
このスレにいて数はなんとなくだがわかってきたよ

594 :435:2008/10/14(火) 11:08:35
また間違った。うえのは
>>590あてね

595 :435:2008/10/14(火) 11:13:54
おそらくこれが1〜10数秘を生み出した
生命の木、メノラーってやつだな。

 @
A十B
C十D
E十F
 


596 :天之御名無主:2008/10/14(火) 11:21:21
コクマー(Cochma、知恵と訳される)
第2のセフィラ。数字は2、色は灰色、宝石はトルコ石を象徴する。
惑星は天王星を象徴し、至高の父と呼ばれ、男性原理を象徴する。
神名はヨッド。守護天使はラツィエルである。

出典 wiki

流れが反対になったのは深く考えすぎだから
余計な理論に余計な理論を付け加えていったもの
間違ったものが公式になってるようだ。
ひどすぎるよ。父と男のごっちゃに2を男にするなんて。
対応色とか対応惑星と対応天使とかくだらないことにとりつかれてる。
実体がない。

秘数2は秘密・気持ち・プライベート・女の子・控えめ 受動的などの要素だぞ。
全然違うではないか。
オカルト好きな白人にカバラ与えるから間違えるんだ。
哲学でもやってろ。

A理解
B知恵

これが正しい。

597 :435:2008/10/14(火) 11:28:05
男女からはなれて
受動的知性、能動的知性と考えたらどうだろう
受動的な両性、能動的な両性もいるだろう
2が女なのはその時の常識で象徴的にあてはめられたんじゃないだろうか。

それと逆流れの数字割り当てなら数字の意味とも合致する。
逆流れの存在はA女、→A男もしくはA男、→A女の不可解な入れ違い
と関連するだろう。

598 :435:2008/10/14(火) 11:47:45
秘数2はある別の生命の木、もしくは別の体系によって
数字「2」と
秘密・気持ち・プライベート・女の子・控えめ 受動的などの「要素」
が結合された。要素こそが「実」であり実態であり、数字は1つの「殻」である。
これを、分解、切り離し
数字から生命の木の「言葉」という別の「殻」に合わせ考えることで
謎を解いた。(まだ答えを全部は提示してないけど、答えを教えたら意味内からな)
これは体系としてまとまってるなら「言葉」でなくても何でもいいんだろうけど。
おそらく数字でダートが解けないのは(解けるのかもしれんが)
一段階前の生命の木が「数」で解かれたからだろうな。
新しい要素が付け加えられた(形が変化した)

だが最終的には以前A=女の要素は崩壊することはない
一時的に頭を悩ますが整合性がとられる。

599 :435:2008/10/14(火) 11:53:22
上の方のレスで、誰かが、
言葉があった、言葉は神であった
という発言は表明されたいじょう実体を無くす。といったように
要素こそが「実」であり実態である
といったようなことも要素を表記したゆえにイズレ「要素」から「殻」に変わる
今回は数秘が「実」から「殻」にかわってしまった。
と考えればいいんじゃないかな。(オレがわからんだけで数秘でも解けるかもしれんから
断言はできないけど)

600 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:01:35
カバラ体系の理論から入ると間違えやすい。

まず123456789の数の神秘学的意味を学ぶこと。

それはバラで一個ずつ学ぶもの。
4+1 安定から一歩踏み出すか からできている。
4は□に表れる様に止まっている地上の法である。
地上の管理者だ。
地上のマイナス要因だらけのシステムを管理する。
5は4の安定が既にあり、そこから+1 で動きっぱなしの変化の数
CもDも偏りがありそのためにできた創造世界での中央の原理であるE美
この地上での人間としての完成像
6を分けると3+3で父・聖霊・子の3神の働きの人間版とも言える。
7は神の数で7は神の独創 神の雛型 神自身の性格を体験することになる。
神の創造の源の数 7を基礎にして神は創造をしている。
秘数7には電波の雑象もあり7の形も雷の閃光のようだ。
GはC×2倍で地上のシステムの上にさらにシステムや物質化させる。
具体的に示すとビルや会社・学校システムの中での成績など
FとGの神と人の能力の極みの偏りを支えるのが、また中央の柱の原理
H基礎 基礎とは常識。人の繊細な心理
人であれば誰もが持つ悩みの心理
人体の性器に対応するように恥を司る 
数字が最も多いことで複雑な人の可能性を示す。
具体的には様々な人の生き方を知りながらも
周囲の環境の中でどんな人にでもなる多くの人々。
宗教・信仰・悪徳商法・肉欲・自殺
など人なら誰でも持つ潜在的な心の繊細な事象を司る。
人の成功者Gになれなかった者たちへの救世主の座
現実逃避の理想郷の可能性でもある。
ここで神の持っている可能性の表現は極まる。


601 :435:2008/10/14(火) 12:18:42
このバラで一個ずつ学んだ数の意味と、木の体系が完璧な合致を見せた
生命の木があった。
今のは違ってるてもしくは正しい解き方が残されてるってのがオレの主張ね。

逆流れと関連するが数字の意味がひっくり返った
数秘体系の考え方はないのだろうか。(ないかな?)
万物の根源は数、はじめに言葉があった
のように、「実」と「殻」の入れ違い
0と@の意味の混同からおこり、偶数奇数の意味がずれていく。
B△が安定を示し、Cが崩壊、Dが安定のように。
七つの大罪が7つの美点にかわる。
数秘の意味からはなれて(もしくは関連して?)
0と8の単純な形の類似性、6と9の反転性、8と4とタロットのアレが
ヒントになる。

602 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:18:50
受動的知性、能動的知性
・・・また左脳からでた言葉だな。
それでもいいよ。
本質はとらえてないけど理論的言葉としては合っている。
@ABはどうであれ頭に対応するから。

図形の俯瞰ではなく世の中の流れを悟って対応させるべきだ。

603 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:26:01
>>601
余計な理論を期待しなくていい
まともな賢人たちの伝統ある基礎を吸収するべき。
君はHの基礎がかけているんだよ。

数の形の類似性とか皮レベルの問題なんだが
7の雷形に悪影響されたな。

604 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:32:35
君の本質は相変わらず浅いオカルト妄想と神への反逆の気持ちだ。

七つの大罪とか七つ美点とかなんで7つって絶対なんだよ。
六つでもええやん。
どこに根拠があるのか?
根拠もないベタっと皮にくっついてるだけの知識だろ。

605 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:37:56
自分の独善が正当な理論として認められることを願っている。
探ることではなく限定のある理論を創造しようとしている。
私たちは神の創造物で神が用意した法則を越えたものは生み出せない。
私は具体的な例を出してたくさんの言葉で説明してるにすぎない。
決して神も知らない新たな理論を生み出してはいけない。

元々あるものを突き止めるだけだ。


606 :435:2008/10/14(火) 12:38:41
伝統を吸収したのちにそれを崩壊させるのが
カバラの伝統なんだ。守・破・離だね
本質は隠されつづけ、「殻」が変化し続ける。

例えば>>601で書いたように
897の関係を教えて欲しい
生命の木では879は三角形を作る。関連がある。
87が対になりその関係を探る事で9があらわれ、バランスをとる。
それとも数秘に、この三つの数字を関連付ける解釈は無い?
ダートのように、この三角形も無視する?これがわかればダートもわかる。
数秘にとって正しいだけでは、生命の木の方を解く事にはならんよ。

607 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:48:35
関係・関連ってなに?
いままでなんとなく書いてきたけど
なにを求めているの?

理論と実践 収縮と膨張
だとかいう関係要素が欲しいの?
それだけでしか理解できないんだろ。
FGに見合う中の柱の要素がHなんだろ。

608 :435:2008/10/14(火) 12:50:25
元々あるものを突き止めるた結果なんだがね。
伝統で今まで出てきた謎を解いてないだろ。
謎掛けも伝統なのに。

FGに見合う中の柱の要素がHなんだろ
ではわからないといってるようなもんだろ。
数秘ではなく生命の木に従うなら三角形の意味を説く必要がある


609 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:52:59
具体的にどういう指摘をすればいいの?

610 :天之御名無主:2008/10/14(火) 12:55:37
少し弱いがひとつひらめいたよ。

根源的言語でクリアする

F精神とG物質の調和としてのHだ。
心理は精神と物質をミックスさせたような要素だ。

611 :435:2008/10/14(火) 12:58:04
F精神とG物質の調和としてのHだ。
心理は精神と物質をミックスさせたような要素だ

これでは後一歩足りない
F精神とG物質の調和としてのH??だ。
??に精神と物質のように言葉を入れる事が出来るかどうかが重要で
それが真の生成。真の謎解き。


612 :435:2008/10/14(火) 13:02:41
それともこれは
??は心理ってことか?


613 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:02:54
創造世界の三角形は

C遅いD早いEゆっくり だ。
秘数にその特徴がありこれら3つ関連づけられる

原型世界では
@王A姫B王子
王の統治する世界の舞台で姫に会いにいく王子
姫を助けて完成する
3つの要素で世界の原型は成り立つ。
@見ているA待つわBやってやるプレイヤー世界の主人公・英雄

614 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:07:01
真ん中は理論的理解は無理なのでは?
対立軸としての概念を越えている。
とにかくその次元に均衡の要素が加わることで真ん中の要素の象徴言葉になる
ということ。

615 :435:2008/10/14(火) 13:11:36
そこを突破する
あるものは理論的に
あるものは感覚的に
理論は感覚に変換可能で
感覚は言葉になり理論になる。
「殻」から「実」を感じ
「実」から「殻」を作る。
ここに産みの苦しみはあるがね。でもこの苦しみが生命の木の醍醐味といえる。

616 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:12:44
根源であらわせられる言葉が

F尊厳・栄光
G勝利・永遠
H基礎

これは光球の中につまった言語理解不能な要素を不器用に言葉にしただけ
だから同じCでも力だったり法だったり一見意味が違うものが
一緒の光球に入ったりする。

例えると青色にも水色と青色があるが
その真ん中の色を言葉にできないみたいに

617 :435:2008/10/14(火) 13:13:22
生命の木が変化する理由はここにある。
すでに答えがのってると苦しまないし
苦しまないと成長に繋がらない、成長しないと謎は解けない。

618 :435:2008/10/14(火) 13:17:01
ゆえにこの生命の木では中心は謎とされていた。
これを解いた奴が8、9、10を文献に乗っけた、
答えが最初からあるようになった。

 @
A十B
C十D
E十F


619 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:20:12
火と水で単純にわけるのではなく
@火と水の根本概念 一次元
A火と水の意味 二次元
B火と水の実体 三次元
で分ける。
だから@システムの象徴の火と水として分けると
峻厳(左)と慈悲(右)という象徴になる。
厳しさの火
優しさの水
として火水が根源
これこそ真の神(火水)の秘密(火水)
(左右→ひだりみぎ→火水)

620 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:26:33
なんでまた8910をなくすとかとんでもないことするのよー
このひねくれは一生直らないな。

Fは0の下層リメイク
Gは@の下層リメイク
HはAの下層リメイク

として実在するんだよ。
創造の数は7だが
生命の木の全体を機能するシステムとしては10必要なんだよ。

もうひふみ神示でもカバラ理解した神が10のシステムがあるっていってるし
無理に7にするように創るなよ。

621 :435:2008/10/14(火) 13:29:53

厳しさ ? 優しさ

厳しさ 愛 優しさ

こんな感じに
これが感覚、感情から生まれるか、理論的類推からうまれるか
は人次第、どっちでもできる、どっちもやらないとわからないともいえる。
なぜなら左右は対のものとして想定されてるから
片方を基盤に、悪く言えば否定し、踏み台にし、対極へ飛んだものがもう一方でがあるから。
だから中心の産みは自己の理解、感情を破壊する。苦しいもの。

622 :435:2008/10/14(火) 13:31:11
 @
A十B
C十D
E十F


これは過去の形といってるだけで
今の形を否定してるわけじゃないよ
でもコレを解くのもおもしろい。


623 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:34:48
0123456
78910

こうとらえると
3の楽園から下って10の真の王国(地上天国)と重なる。
7は0を実在を示すため神の雛型になり
8は1の世界の見えない王を示すため、地上の世界の王としてシンクロする。

624 :天之御名無主:2008/10/14(火) 13:44:55
ひふみ神示によると、
どうやらミカエル軍とルシファー軍の調和らしい。
天使は@から下ってくる。
救いに来る。
堕天使はIから上がって来る。
未熟なので修行をする。
元々一つだったミカエルとルシファーの調和により
E美で真の平和=地上天国が誕生する。

これは進化の生命の木とする。

さっき書いたのは創造過程の生命の木

625 :435:2008/10/14(火) 14:15:05
七頭メノラーにおいて8、9、10の存在を主張することは
今の生命の木でJは実在しねえ!
といってた事とリンクするわけだ


626 :天之御名無主:2008/10/14(火) 14:19:24
えらく伸びてるとおもったら
電波が罵りあってたのかw

627 :天之御名無主:2008/10/14(火) 14:31:27
専門外のアホから見たら電波にしかとらえられない。

探求と戦いである。

628 :435:2008/10/14(火) 14:46:13
神は男か女か、無性別とするか
父→聖霊(女?)→子(男?)
理解と知恵の柱へ絶えず飛び移るから
トップが替われば全部ずれてしまう
これがおそらく逆流れを生み出す。
過去に神は女だとする時代があった、そういうグループを経由して
現代に伝えられた可能性がある。聖書では蛇(神)→イブ→アダムの流れ
数字を主とするか意味を主とするか、神の性別はどうかで
スタートからして違う。
ただ逆流れはどんな体系でも必然的に起きる。その秘密は生命の木に隠されてる。


629 :天之御名無主:2008/10/14(火) 15:11:36
神の性別は男女どっちでもないしどっちもです。

0神
@王
A姫
B王子

姫は「秘め」だから 秘密の要素が2にあるので
王に仕える姫として創られた。
次の3の流れでは王から解放されたい姫の願いから王子が用意される。

10の生命の木の中にはもう神は参加してないのだよ。
1は神ではなくて神の用意した世界を開拓するものなの!
ずっと前に9つ全てに天使を配置して示しただろ。
神と天使を表現として区別するなら神は10の中にいないの。
ただFとして神の雛型として0の神を存在を探求する者がいる。


630 :天之御名無主:2008/10/14(火) 15:19:42
A理解 姫=聖霊=魔法使い=生命の木

隠れている 

要素紹介

A 秘密 維持
B 露出 破壊と創造

631 :435:2008/10/14(火) 15:48:01
なるほど1は王ね
0、神、フールは図である生命の木を見る
現実世界の人そのものだ。
そいつの性別もしくは性格によりパスの方向が変わる。
ティファレト、イエソドが明らかにされてる居間の形だと
下の方でずれるが2つ開示なので変わらない。ダートをいれると変わる。
望む態度も変わる。ダート以降はそこまでの
過程は違っても、結果は誰でも同じだと発見したけど。

0 秘密 維持    女、理解、偶数
@ 創造        男、知恵、奇数
A 秘密 維持     女、理解、偶数
B 露出 破壊と創造  男、知恵、奇数

0 破壊と創造  男、知恵、奇数
@ 秘密 維持  女、理解、偶数
A 破壊と創造  男、知恵、奇数
B 秘密 維持  女、理解、偶数




632 :天之御名無主:2008/10/14(火) 16:39:16
左だの右だの言うから理解できてないんだよ
自分の体に当てはめた時、左側が2で男
樹と向かい合った時、右側が2で男

633 :天之御名無主:2008/10/14(火) 18:53:46
>>631
またおかしな理論つくった。

新しい理論紹介するとまた勝手なものつくられる。

ひどいものだ。。

もう時間とってられない。

疲れてしまう。

>>632

左右は理解してます。


男を2にするなバカヤロー!

伝統を曲げるな!

いままで何回言っても直らなかった。

もう縁を切る。

自分の能力を引き出すきっかけになったよ。ありがとう。

THE END

634 :435:2008/10/14(火) 19:32:14
直る直らないって
別に認めてないわけでも、否定してるわけでもないんだって

既に開示されてる各数字やその他の体系を学んでこれはこういう意味なんだ
と理解し、さらに感覚的にも実感をもつここまではいい。
でも開示された理解実感に木を全部当てはめても
あまり意味がない。結局誰かの受け売りだ、受け実感だ。
最終的には各座は自らの力で創造しないといけないわけ。
だから座はヒントを残して隠されてたほうがいい。
正反合、的な三角形の中心の生み出しはまだ楽。
ティファレト魔方陣のようにあらゆる角度から完璧でないといけない。
でももう答え書いてあるんだよねー
だから初めて、ここを創造したやつの創造の実感の域に達するには
新しく生命の木をつくらないといけない。
そういう実感の足がかりには完璧なものの分解が必要なの
体系化されたものは既に統合、完璧、完成されちゃってるんだな。
まだ不十分だという人はそれを追求すればいいけど
一通りわかった者はもっと上にいくべきだ。

初めて(語弊があるのだが)考えたやつは男は2だ
ではなくなんらかの理由と実感をくっつけて2=男を創出したわけだ。
そいつならたぶん要素と数を分離して扱う事も出来るわけ。

欧米だと合理性が重視されて偶数、男、感情、女なのかね
東洋では奇数が陽数で、偶数が陰なのにね。人体では男が余ってるし
「実」「殻」の関係なら主は右の柱なのは当然なんだがね。

なんらかの体系上の紅一点、よくある歴史的女王と関係あるかな?
世界的な重要ポスト、大統領、皇室女性擁立はこれからも目が離せない
卑弥呼、クレオパトラ、則天武后、エリザベスを担いだ伝統が頑張ってるのかも?


635 :天之御名無主:2008/10/14(火) 20:58:09
          .∧∧
    アヒャヒャ   (*゚∀゚)   アヒャヒャ
       /   |  \    
  .∧∧/      |    \.∧∧
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)   アヒャヒャ
   |\       .| .       /|      
   | \  .(・∀・)    / |      
   |  \  ..|   /  |      
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)
   | ~ ‐- .,\|/. -‐ ~.  |   
   |      (*゚∀゚)   .   |   アヒャヒャ
   | _.,.. -‐ ~ | ~ ‐- .,.. _ |
  (*゚∀゚).───┼───(*゚∀゚)  
    \~ ‐- .,_.. | _.,.. -‐ ~/   
アヒャヒャ  \  (*゚∀゚)  /
        \ | /
         (*゚∀゚)    アヒャヒャ

636 :天之御名無主:2008/10/14(火) 22:25:32
神とそのシェキナーの合一ゆえなり

637 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:09:07
〜予告〜実践カバラ

これから流出するバラバラ言葉は
テキストを学びテキストを卒業し
日常を体験し実感し
得た生きた要素・特徴を慎重に言葉にしたものである。
自分の現時点での実力である。
カバラの謎の解明に役立てて欲しい。

時間があれば追加・まとめ もあり。

638 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:09:57
(日) 闇・光

脳力
最先端
○・×
正・不正
有 無
秩序を創る 
正確な事実 
最も現実的 
スケール大
政治的な感覚 
全体の統率
実力の発揮
新しい現象
将来規模の野望を抱く
数多くの中のひとつ 
大きな一つの目標を決める 
長い仕事の合間の一時の休憩
世界規模のニュースに関心が湧く
いままでにない未知の現象が起こる
光源になったとき不正さえなければ永続する
闇の時期の努力が光の時期に正確に報われる
闇の頃の陰の努力が光が射したときに正確に報われる  

639 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:10:52
(月) 陸海空

準備 
土台 
練習 
実験 
可能性 
もしも 
理由 
なぜなら〜だから
順序 
ゆるぎない方針
地から積み上げていく

640 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:11:32
(火) 花・木 

生産と消費 
活力 
エネルギー 
我慢 
事故 
自己アピール
グループ対立 
族 
感情 
水 
生命 
皮 
衣食住 
性急 
剥き出しの感情
そのとき華やかに咲いて散る 
使い捨て 
消耗品 
本番 
盛り上がり
衣食住 
飾る 
食べる 
着る 
カラフル 
ギャル 
ヤンキー 
DQN 
恋 
惚れやすい 

641 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:12:06
(水) 太陽・月・星

情報 
伝達 
管理 
店 
損得 
アイテム 
コンパクト 
小ネタ
宣伝

642 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:12:41
(木) 鳥魚獣

動物 
本能 
行動 
夢のある世界観
言葉より行動 
アクション
専門の世界 
特殊な世界の生きモノ
動物の直観により道の選択をする 
当たり外れを繰り返しあっちこっちめぐる
理屈より行動
野生を生きるタフさを持つ
問題を自分の責任で一個一個片して自分の夢を叶えていく
巣作り
本当にやりたいことの先には反対と障害がある
キャラもの 
見た目でキャラが決まる 
見た目のバリエーションが多様だが内容は動物

643 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:13:14
(金) 人間

初めから恵まれている 
運と能力
キラキラした華のあるアイデア
自分より他人の世話をする
確かな判断力 
考える人
恵まれているゆえに調子に乗る
後世まで残るアイデア・作品
異文化交流
ドラマティック

644 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:14:27
(土) 人形

嘘と真実 
本物と偽物 
当たり外れ 
いるモノいらないモノ 
選ばれしモノ 
人形 
おもちゃ 
お菓子 
アイス 
デザート
安息 
休み 
娯楽 
試練
バラバラ〜まとめ    
死と新生 
復活 
おわり
ゴミと宝
余りもの 
残りもの 
拾いもの
墓 
神社 
教会 
寺 
原始 
自然 
笑 
ボケとツッコミ

645 :435:2008/10/14(火) 23:42:33
>>638

はい!先生!!
 日 の段は
22行ありますがパス、タロットと関係ありますか?

七曜、七星?は生命の木にあてはめるとしたらどんな感じですか?



646 :天之御名無主:2008/10/14(火) 23:43:42
            ヽ( ・∀・∀・∀・)  ヌッヘッホー       生命の木!
        ヽヽ(`Д´)`Д´)´)`Д´)´)ノ           アヒャヒャヒャヒャヒャ
        ヽ(`Д´)Д´) .∧_∧              わらわと一緒に
         ヽ(`Д´)Д´)/__*゚∀゚ヽ アネサマ、      ぱらいそさいくだ!!
         ヽ(`Д´)Д´)jル,,゚ー゚ノ∩ ホントニパライソ?  
        ヽ(・ω・)Д´)`Д´)`Д´)´)ノ  .     .    ∧∧
         ヽ(`Д´)Д´)`Д´)´)ノ            .ヽ(゚∀゚*)ノ
          ヽ(`Д´)`Д´)*゚∀゚)/ アヒャヒャ        (  O )〜
            ヽ(ヽ(`Д´)´)ノ                ∪
          . ヽヽ(`Д´)`Д´)ノノ    
            ヽ(`Д´)ノ ・∀・)ノ  イイ!!
 アヒャサマ、オラモ   ヽヽ(`Д´)´ノノ    
ツレテッテクダセー     ヽ(`Д´)ノ   ゴルァ!
 (´Д`)ノ    ._ヽ(`Д´)(`Д´)_
(    )     \   (`Д´)    \
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  


647 :天之御名無主:2008/10/15(水) 00:23:04
(土)

汚い〜キレイ
聖 
性 
トイレ 
うんこ
あそび 
祭 
花火 
装飾 
キラキラ
バカ 
アホ 
マヌケ
落書き 
騙し 
振り 

失われたものを探す 
宝探し
♂♀
秘密兵器
答え

648 :天之御名無主:2008/10/15(水) 00:25:08
(日) 天地創造1日目 闇・光 天・地

「はじめに神は天と地を創造された」
「光あれと言われた」
「その光と闇とをわけられた」
「光を昼と名づけ闇を夜と名づけられた」

(月) 天地創造2日目 陸海空

「天と海と陸を作って分けた」
「大空を造って大空の下の水と大空の上の水とを分け大空を天と名づけた」
「天の下の水は一つ所に乾いた地が現れよ」
「乾いた地を陸と名づけ水の集まった所を海と名づけた」

(火) 天地創造3日目 花木

「種や実を持つ全ての種類の植物を生やさせた」
「地は青々と種類に従って種を持つ草と
 種類に従って種のある実を結ぶ木とを生えさせた」

(水) 天地創造4日目 太陽・月・星

「二つの大きな光をつくり大きい光に昼を司らせ小さい光に夜を司らせた」
「また星をつくらせた」

649 :天之御名無主:2008/10/15(水) 00:25:44
(木) 天地創造5日目 鳥・魚・獣

「水は生き物で満ち鳥は大空を飛べ。大地は生き物と家畜の種類に従って出せ」
「海の大いなる獣と水に群がる全ての動く生き物とを種類に従って創造し
 翼のある全ての鳥を種類に従って創造された」
「地の獣を種類に従い地に這う全てのものを種類に従って造られた」

(金) 天地創造6日目 人間

「自分の形に人を創造した」
「生めよ、増えよ、地に満ちよ」「地に従わせよ」
「海の魚と空の鳥と地に動く全ての生き物と家畜を治めよ」
「全地上にある草と実を結ぶ木とを全ておまえたち人間に食糧として与える」
「それらを見られたところ大変よかった」

(土) 天地創造7日目 人形 

「こうして万象が完成したので作業を終え休まれた。」
「祝福し聖別された。」

650 :天之御名無主:2008/10/15(水) 00:29:12
〜予告〜実践カバラ〜ネクスト

これから流出するカバラバラバラ言葉は
テキストを学びテキストを卒業し
その日その日に流れている要素・特徴を
体験し実感し得た生きたを慎重に言葉にしたものである。
自分の現時点での実力である。
カバラの謎の解明に役立てて欲しい。

暇があれば追加・まとめ もアリ。

651 :天之御名無主:2008/10/15(水) 00:46:30
CM〜実践カバラ〜

○光球セフィラ編

これから流出する混沌とした言葉の羅列は
教科書を学び教科書を卒業し
その日その日に流れている要素・特徴を体験し実感し
慎重に的確に言葉にしたものである。
自分の現時点での実力である。
カバラの謎の解明に役立てて欲しい。

余裕があれば更新・まとめ もアリエル。

652 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:35:09
@ 王冠

開拓
王・下僕
成功・失敗
オヤジ


653 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:35:55
A 理解

秘密 
控えめ
気持ちの理解 
繊細な気持ち 
趣味 
音楽 
映画 
秘密の記憶 
懐古 
絵 
二次元
馴染みあるモノとの再会
仕事よりプライベート 
目に見えないことに敏感 
小さな出来事に敏感
思ったより実行していない
空想のなかでもう実行したつもりになる

654 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:37:19
B 知恵

破壊と創造 
露出 
武器 
写真 
立体 
3D 
リアル 
開放 
ぶっちゃけ発言
攻め 
乗り物 
快楽 
感触 
ハイセンス 
流行の流出
成長 
ゴーレム 

655 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:37:57
生々しいもの 
表現
映像 
真実 
見た目
創造の泉からの流出が激しい 
湧く 
新しい流れ
故意に鍛えて創る体ではなく自然な成長で創られる体
勇気 
性器 
生命
巨大化 
暴走
成長

656 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:38:37
C 法 力

時間 
空間 
重力 
罪・罰 
仕事 
基本システム 
機械 
繰り返し 
マイナス〜ゼロ 
法の維持 
固定パターン 
慎重 
確実性 
臆病〜大胆 
正直 
ベタ 
普通 
固い 
重い 
地味 
現実 
石橋を叩いて渡る

657 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:39:22
史 
古 
老 
数 

過去 
過去の再来 
遅い 
狭い 
細かい
間違い 
ミス 
義務 
主婦 
節約 
肉体労働 
中古 
真面目 
歴史 
名作
止まる 
待つ 
忍耐 
限界
物 
家 
自立 
お金 
安定  
約束 
予定どうり
記録

658 :天之御名無主:2008/10/15(水) 02:39:59
D 慈悲

予想外 
ハプニング 
変化 
好奇心 
安定からの一歩
意外 
期待したらそうでもなかった
期待しなかったら意外におもしろかった
新鮮さ
だいたい掴んだら次の興味へ移る
動きっぱなし
推理力 会話力
話題性

659 :天之御名無主:2008/10/15(水) 04:33:37
E 美
 
家族 
親しみ 
作品鑑賞 
優雅 
セレブ 
ゆっくり 
バランス 
調和 
親子 
子育て
量産 

660 :天之御名無主:2008/10/15(水) 06:37:07
F 尊厳 栄光

隙を突く 
核心を突く 
急所を突く
見過ごされたもの
マニアック 
探求 
プライド 
師と弟子 
埋もれた文化 
価値 
レア
完全 
完璧 
補完
反逆 
電波
シンクロ
収縮


661 :天之御名無主:2008/10/15(水) 06:37:59
G 勝利 永遠 名誉 

顕在 
競争 
戦争
攻撃
都会
やり過ぎ
活動し続ける
物質界の限界に挑戦
ハードル越え
ビル
バベルの塔

膨張
勝利者・敗北者
極端〜極端
目に見える形になる
スピード
ギャンブル

662 :天之御名無主:2008/10/15(水) 06:38:45
H 基礎
 
幻想・幻滅 
庶民 
理想 
理想郷
現実逃避の世界 
神話伝説童話 
宗教
心理
欲張り 
アンバランス 
恥 
常識 
偽装
詐欺
あやしい世界 
悩み 
コピー 
パロディ 
吸収
アイドル・ファン 
教祖・信者
天使・悪魔
信じる
救い

663 :天之御名無主:2008/10/15(水) 07:02:17
2ちゃんねる どちらか・もしくは同時に入るはず。

土曜枠説・最後の審判の選ばれし箱として 2000年生まれ人形モナーのシンクロ

I王国説・全ての本音が永久記録される天界の現界バージョンとして

2ちゃんねるの要素と照らし合わせてこれから考えてみる。

664 :天之御名無主:2008/10/15(水) 07:08:39
使用方法

上記の混沌としたキーワードは
初心者には ○○に関わる などとして利用できることもある。
意味そのものとしてしても通じることもあるが
基本的には象徴的言葉として捉えるべき。

665 :435:2008/10/15(水) 09:09:49
〜左右の柱から中心の柱を創造する過程と
なぜ中心の言葉、記号を生み出すことが出来るのか、の考察 〜
あんど、そこから推察される創造方法の1つの提言。

左右の象徴は「実」と「殻」の関係である。
しかし「実と殻」で象徴されるこの関係は、互いがバラバラに表記されれば
目的とする意味をなさない。これらは対になるものに自身の存在を負っている。
1つの言葉が混沌の世界から選び出される時、意識的にか、無意識的にか
反対の言葉を生み出している。有限は無限を秘め、無限は有限を秘めている。

バラバラで伝えられれば意味は変わる。「実」は中に「種」をつくり「殻」の立場に
かわるかもしれない。「殻」はさらなる外装を纏い「実」になるかもしれない。
全く別のものになるかもしれない。
単体で存在するものの意味は混沌の中に消えさってしまう。

666 :435:2008/10/15(水) 09:47:35
生命の木を下る仮定で神の閃光、命令、雷は「実」と「殻」
の関係をしっかりと結ぶことを求めている。

「実」と「殻」が、完璧に精査され、対の存在として
真に正しいのなら、その固定された意味、混沌から上がってきた
存在は、裏に混沌のを封じていることになる。
「実」と「殻」を内なる混沌の世界に放り込み、関係を壊し、もしくは
対消滅させる形で混沌を生み出すことにより
固定された意味の認識は崩壊する。その混沌から新しく(もしくは再度)
意味を創造する。これが中心の柱を作ることである。

誰しも成長の過程で無意識的に意味を固定してきた(ゆえに創造は2度めである)
もしくは実感の無いあやふやな「殻」としてその言葉をわかった気になっていた。
(これについては実感をともなう初創造である。カバリストはなんらかの体系で
この過程はクリアしているものとみなす。また、神の閃光、命令、雷
生命の木を下ることはこれに該当する。)

混沌から再び、もしくは初めて創造された意味、創造体験はすぐに実感、「実」
にかわってしまう。体験自体を伝える事は難しい。「実」は「殻」をまとい
記号や文字となり隠された中心の柱を埋める。これにより生命の木は
隠された意味があばかれ、次の段階へ成長していく。

667 :435:2008/10/15(水) 10:16:26
最下層への下降の過程で
確実に各座の意味、関係を自己のものとしたものは1つの完成を向かえ
体系を身に付ける。
だが、カバラ生命の木にはまだ奥がある。
そこから次の段階へ進むためのヒントは表示されない座、不安定な木の形、
獲得した体系自体、その他付随する聖書やタロット、神話伝承など様々なものに隠されている。

(ヒントはなくとも下降で身についたものと木の形からだけでもたどり着けるように
できてはいるが情報が開示された現在、本来の下降をすることは案外難しい。
正しい下降では次の座に移るだけでも「実」から「殻」
「殻」から「実」を生み出さなくてはいけない。今は実も殻もすでに開示されており
自ら生み出さなくとも論理的、もしくは体感的に把握できてしまう。創造の苦しみ
体験は伴わない事が多い。)

これより先に進むものは下降した順序、体系に疑いを持ち
完成された自己を破壊しなくてはいけない。いわば守、破、離の破である。

ここでひとつ隠された座や生命の木を変化させるひらめき
を生み出す「創造」の簡単?な方法を1つ提言してみる。


668 :天之御名無主:2008/10/15(水) 12:34:37
>>667
象徴としての「実」と「殻」だけではないと思うぞ、
2つが分かれば、3つ目が必然として現れてくるはず。

3つ目の象徴があってこそ、存在を示すと思われる。

当然気がついているよな?


669 :天之御名無主:2008/10/15(水) 12:39:49
哲学でいう、形而上の概念を形而下の意味へ訳す流れが「生命の木」。
これを否定する論者を求む。

670 :天之御名無主:2008/10/15(水) 13:02:39
>>627
wwwww

671 :天之御名無主:2008/10/15(水) 14:18:13
>>670
逆毛カエレ!

672 :435:2008/10/15(水) 14:20:38
哲学でいう、形而上の概念を形而下の意味へ訳す流れが「生命の木」
これは断じて否定する!それは木に必要なものだが3分の1である。

形而下へ送られる、形而上の概念はどこから生まれたのか?
これの答えが生命の木が最終的に導く所だ。
667の続きは夕方以降にかく。

673 :435:2008/10/15(水) 14:52:56
生命の木は4階層ある

下から
1番下が肉体、現世的、2番目が1に対応する現実的な概念、1、2はともに形而下
3番目、心的、霊的、真理的、本質的、3は形而上
しかし4番目、神の域は3とも違う、これは唯一の事であり
〜的、に属する事とは呼べない。上で混沌と書いた場所?事?である

もし形而上を唯一の事として捉えていればそれは正解かもしれない。
神域のこととして出されたはずの形而上が多くの人の頭を通り
現在の3層的な哲学上の形而上になったのでないならば。


674 :669:2008/10/15(水) 17:15:59
>>435
thx
>もし形而上を唯一の事として捉えていればそれは正解かもしれない。
例えば?

675 :435:2008/10/15(水) 17:58:17
形而下のものはこの世にある多くのものが含まれる
形而上のものに属するものも複数ある
or
(オレにとって)形而上のものとは、たった一つのことしか指さない。

676 :435:2008/10/15(水) 18:11:31
唯一の事、混沌、神などと表現されるものは
形而下に対する形而上のように、形而下形而上
を含むあらゆる物事概念理念感情のさらに「上?間?中心?」に「居る?現われる?
体験される?もの?こと?感情?理念?」である。

まさに完全である。哲学界の魔方陣(どの方向から足しても15)である。
これは数秘カバラやテファレト作成と関連する。
4 9 2
3 5 7
8 1 6


677 :435:2008/10/15(水) 18:14:04
哲学界などという言葉でくくっては
認識を妨げるかもしれないのである。
どこでもそうであるように言葉にしてはいけないのである。

678 :669:2008/10/15(水) 18:36:03
>>675
dクス、よければ続きを
>形而下のものはこの世にある多くのものが含まれる
>形而上のものに属するものも複数ある
>or
>(オレにとって)形而上のものとは、たった一つのことしか指さない。
たった一つなんだが、それはなんとでも解釈できるあらゆるもの
ならとっちに解釈すればいいの?または解釈は妥当じゃない?
例えば魂のような概念とか。捉えることができない対象。または捉える
ことができてもいろいろな解釈ができる。
決して見えないが、混沌の中の潜む秩序のようなもの、
そしてまだ生まれる前のどのようにでも未来を解釈できる対象、
それは後から、また関係する何かによってどのようにでもなる唯一の対象。
そういう雰囲気のものについてです。

679 :435:2008/10/15(水) 20:11:42
解釈は妥当じゃない!
アイン、アインソフ、アインソフオールのアインソフオールのようなもの

経験する?創造する?こと自体に意味がある?
薬物を使わずにラリル?ようなこと
たどり着くのに、(創造するのに)使ったものによって
どのようにでもなる。本質は変わらない?
正常な人にとっては狂気、狂人にとっては秩序?
形而上(厳密には上下両方?)で生まれ形而下に降りてくるもの
物質の特性も持つ!←ココ重要!!

680 :435:2008/10/15(水) 20:14:51
おっと訂正
解釈は妥当でもあるな、不明瞭のようでいて明瞭でもある。
煙に撒かれるようなもんでもない。
なんせ万物の根源で、あらゆる角度から完全だからな


681 :435:2008/10/15(水) 20:35:40
そんで
煙に撒かれるようなもんでもある。
以下ループ(ループもしないかも…ry)

682 :天之御名無主:2008/10/15(水) 20:41:20
人形創造3週間の流れ 王冠〜理解〜知恵

土 アダム人形創られる 飾られる
1週目
日 アダム電源オンされ動く 神の与えた仕事をする 就職
月 アダム頑丈に動く  +男らしい力
火 アダム感情的に動く +皮膚 血液
水 アダム管理者になる +機械的機能
木 アダム本能的に動く +毛
金 アダム人間的に動く +知能   
土 アダムを眠らせる  +魂 
土 アダム自由意志を持ち楽園であそぶ
2週目
日 エヴァ人形創られる
・・・
エヴァも1週間かけて女の鏡になる。
3週目
アダムは男性器を加えられ
エヴァの女性器に入れ一つになり完結

人形は自然界にある材料で創られた。
アダムは汚い材料
エヴァはキレイな材料
で創られたからこそ
男の肌はだいたい浅黒く
女の肌はだいたい白いのだろう。

683 :435:2008/10/15(水) 20:43:58
〜「創造」の簡単?な方法〜

創造つまり対になってしまった「殻」と「実」を合わせるのは難しいが
「実」から「殻」をつくる
「殻」から「実」をつくる は、まだ簡単。
実、実感、体験を本を書く、言葉にする、記号化する
(完璧に表記するのはこれだって難しいんだが)

殻から実をつくる。本を読んで心の中で解釈する
理解する、読むだけじゃダメ、心で読む。でも
完全に殻の本を探すのは難しい。本は心と心を結ぶために同一文化圏
でかかれるから。
完全に「殻」のもの→現在解読不能状態の古代文字版など
これからもがんばれば実はつくれる。むしろこれこそが
真に殻から実を作ったことになる。

創造の簡単な?他の?別の?結局同じ?方法
両端をどっちも「殻」もしくは「実」にかえる。
(コレ自体が難しい?情報開示状態ならむしろ楽勝?自分にとっては
すでに全部実だぜ?もしくは全部殻のようなもんだぜ?個人次第。)
上記の要領で隠された座を創造する。殻、実どっちもやる
できた「殻」と「実」が合ってれば成功。かも
「殻」どうし、「実」より、殻+殻、実+実のほうが思考を切り替えずに
出来るから簡単。もしくは外道?体験か論理どちらかにとって意味ない?
両方やるから結局同じことだ?




684 :435:2008/10/15(水) 20:46:49
@
「殻」十「殻」

「殻」実「殻」

A
「実」十「実」

「実」「殻」「実」

@とAでできた殻と実をあわせる。
こんな感じ。

685 :435:2008/10/15(水) 21:07:51
新参だからよくみてなかったけど
奇数男、偶数女説は上のほうでもでてるね
右から流れるように書かれる本も多い。wikiもそう

で左流れの

A@B
CED
FHG

これもある。正面と向き合いの違い説もあるけど、
オレは両方使うと思ってる。片方の流れしか知らなくても解いていくうちに
逆流れを行うように命令される。



686 :435:2008/10/15(水) 21:52:36
生命の木が目的とする神?とかなんとかというものと
形而上のものの違いは
形而下の有無だな。だって形而上のものは形而下には無いんだか。
混沌という言葉は形而上を思い起こさせるから
使わない方がいいかもしれない。混沌。ではなく混沌?もしくは神カオスさんか?


687 :435:2008/10/15(水) 21:58:15
しかし
形而上下の交流は重要で
あることは間違いない。
上から下、下から上、合成、の内の三分の一を占める。
また、勉強から実践に移るポイントといえる。

688 :435:2008/10/15(水) 22:04:42
>>668

実、殻、ふたつともまとめて論じたが
基本的に象徴=「殻」というのが前提だね。
殻と実が正確なら形而上、混沌から3つめが生まれる。
3つめもいずれ実や殻にかわっちゃうが。ゆえに隠されている状態がベスト。
解いた後に、封印、改変されてきた。

689 :435:2008/10/15(水) 22:19:22
レオナルドダビンチ、カバラ使い説とかあるよね
芸術家は形而上大好きやからね作品に現われてるかどうかは別だけど。
老子やソクラテスも形而上使いだと思う。論理と理論を引っくり返す感じが。
形而上が678さんのいうものを指すなら、生命の木の話は楽に進む。
だけど他人からみて形而上の定義について混乱する恐れあり。
重要ポイントが言葉になると定義のズレが混乱を起こす。
生命の木的には取り合えず3階層、もしくは2層と3層、3層と4層の
間に居る。といったらいいかもしれない。

今気が付いたが、聖霊ってのがイコールだと思う。形而上のモヤモヤ=聖霊。



690 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:27:58
知恵の木は
生命の木と全く逆に機能するんですよね?



691 :435:2008/10/15(水) 22:30:37
知恵の木、生命の木。

これは定義の問題が山積みだから話が合わないと
なんともいえない
聖書の木ととらえるものも、もう一個は別のところ
にあるというひとも、カバラの木は生命の方だけだ
両の柱に割り振れととらえる
人もいる。

692 :435:2008/10/15(水) 22:38:56
左右の柱と考えると
左      右
受動的知性、能動的知性 ←論理的、左の柱的理解

うけとる、 おくりだす ←実感体験的、右の柱的表現

なので正確には

左      右

受動的知性、 おくりだす


という具合になる。
こういった考え方自体が左の柱的、数秘A的だという
指摘もある。それも右の柱からしたらそのとおり。





693 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:40:41
435ってグダグダだね。
なに言いたいのか分からないよ。
日本語を勉強してから出直してきてくださいっ。


694 :435:2008/10/15(水) 22:43:42
左に論理、右に直感を割り振る例もあるが
それは現代人や学術書、指南書というものがたぶんに理的なゆえ
の当てはめで
個人的には

  左    中心  右
論理、理解  直感  体験、経験

という具合がいいと思う。

695 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:45:05
>>693
カバラの前に日本語勉強して欲しいよねw

696 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:45:30
>>693
象徴的な物事の捉え方は日本語とは違う、
よって君は何も感じ取れていない。理解するんじゃないんだよ。魔抜け?

697 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:47:08
>>435
は。糞住人を無視することをお勧め。
こんなに発言するなら、別スレ作るのが道理なんだが。作れない?

698 :天之御名無主:2008/10/15(水) 22:54:42
435が理屈で論述していると思うのはキチガイだろ。
空気読め。別に435が言っていることが分かるわけでもないが
彼は彼で意見をまとめ、その中間概念のイメージすら
公開してくれている。

たんに イメージしてそれを、どう解釈するのかとか思うとか
どう考えをつなげたらいいかとか、オカルト的に全然間違いではない。

主観的なものを分かれというのは無理ありすぎだが、
イメージ的な物はそういうもの。

象徴記号とかマークや観念、世界観とか抽象的で盲目でぼけぼけで
曖昧で一切問題はない。それが本質というもの。

699 :435:2008/10/15(水) 22:56:30
あくまでも
形而上のモヤモヤ=聖霊は
おれの、

 父
 聖霊
 子

の縦配置説であることを付け加えておく

横配置の考えでも、学術書にあるように
理解できない方もしくは、聖霊を左右のどっちかに
あてる人もいる。横でも縦でも能動受動にあてはめれば
中身としては成立すると思う。
個人的には縦配列を推す。

700 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:01:32
中国でいう、魍魎の概念とはかなりかけ離れているのかな?
>形而上のモヤモヤ=聖霊は

日向と影の間にできる狭間にある薄い影の部分=魍魎
という意味と比較しての話。

701 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:07:57
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88
生命の木と知恵の木というと

単純にその知恵の木が何か?という思いになる。
そうすると↑のURLのようなクリフォトという繋がりもある。
>・1i サタンのバチカル(無神論)
>・2i ベルゼバブのエーイーリー(愚鈍)
>・3i ルキフグスのシェリダー(拒絶)
>・4i アスタロトのアディシェス(無感動)
>・5i アスモデウスのアクゼリュス(残酷/akzeriyuwth)
>・6i ベルフェゴールのカイツール(醜悪)
>・7i バールのツァーカム(色欲)
>・8i アドラメレクのケムダー(貪欲)
>・9i リリスのアィーアツブス(不安定)
>・10i ナヘマーのキムラヌート(物質主義)
生命の木を逆さにしたものという解説があるが、ここの解説から感じることは
科学的な知恵を捉える論理や仕組みだけの世界に当てはまりそうなイメージに
感じたりする。

702 :435:2008/10/15(水) 23:08:29
日向と影の間にできる狭間にある薄い影というのは
アイン、アインソフ、アインソフオール
のに近いもんだと。

形而上のモヤモヤやはり聖霊も霊だから
魍魎だって、妖怪だって近い存在だと思う。
現代人のあまり意識しなくなった、形而上のモヤモヤは
あらゆる妖怪、霊を昔の人が生み出した場所だと思う。
シャーマン的な人が触れるところ。


703 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:12:47
生命の木を形而上から形而下へ流れるようなイメージだとすれば
もやもやした対象から、メタ的、意味的な計りえる対象へ情報が変化する特徴が
感じられる。人が理解できる言葉にするときに(天→精霊→子)と
いう流れのイメージでは天の言葉を精霊を通して受け取り子へ移す流れが
生命の木の流れにあるように思えるが、そんな解釈はしてはいけないんだろうか。
その解釈からすると生命の木の逆の要素をもつ、逆さまにした構造では
子→精霊→天という流れの対象が象徴されていると感じることはできないだろうか

704 :435:2008/10/15(水) 23:13:54
知恵の木=クリフォトの木でいいと思う。
通常、理解知恵が左右に振られているので混乱するが。

科学的     体感的
受動      能動
知恵の木    生命の木

という感じでいいと思う。
クリフォトの木に書かれた否定的な言葉は意味が、生命の木と
対になっているかを検証するために有用だと思う。

705 :435:2008/10/15(水) 23:15:32
そして何度も匂わしているが
サカサマにしろ!
という命令は既に
色んなものに隠されている。

706 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:17:22
>魍魎だって、妖怪だって近い存在だと思う。
解釈の問題なんだが、魍魎はあくまで特定できない概念の魔の状態、魔の概念
魔のイメージのような説明をするサイトがある。しかし妖怪については妖怪と
名前を付けられた総称としてのジャンルを示す分類という方向性があるように
おもえる。
何がいいたいかというと、魍魎とは言ったが、意味としては何も捉えられない
妖怪かすら分からないイメージをさすものと、妖怪という存在で解釈される
イメージの違いがあるのではないかという話はあるのではないかという疑問を
感じたりする。

707 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:19:06
>>698
本当に空気読める奴は黙ってるだろ

708 :435:2008/10/15(水) 23:20:48
魍魎=形而上のモヤモヤ
妖怪=そこから考え出されたお話、絵の中のもの、なんらかの物理的概念
を寓話的に説明したもの、心理効果などなど
って感じだろうか?

709 :435:2008/10/15(水) 23:24:39
形而上のモヤモヤ 聖霊 魍魎
は物理法則が個人の脳内にとどまらず世界的に通用するように
これらも人や自然の内部で繋がっていて
同じ法則があてはまったりメッセージを読み交せるものだと思う。
この手の世界では、ミクロコスモス、マクロコスモス
という言葉があてはまるかな?

710 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:27:45
>クリフォトの木に書かれた否定的な言葉は意味が、生命の木と
>対になっているかを検証するために有用だと思う。
ついになっている意味は象徴の類いだと思うんですが、検証できるようなものなのでしょうか?

クリフォトが知恵の木と関連付けることが間違っているという考えかたが
一部にあるようです。これはイメージですから間違いとかそういう問題では
無いと思うんですが。

否定的な言葉は意味は意味ではなく、その象徴、潜在する秘めた何かの要素という
捉え方をしています。これを解説したものは余り知らないんですが、
調べても図にした例もないようです。その図で象徴される観念を具体化すると
説明では「悪徳及び悪魔」の類いですから、否定されるのは必然なようにも
思える。
生命の木に関連する象徴的な流れは六角形をイメージし、確定するような雰囲気
もあります。そうすると不安定な形としては五角形がクリフォトの木に
イメージ的に象徴されると過程すると、その図は生命の木の構図とは違う
単に逆さにしただけの図ではないようなイメージも受け取れる。

711 :435:2008/10/15(水) 23:37:03
五角形が新天地を切り開き
六角形が纏めて安定させる。
生命の木図自体もパスの操作で逆5ぼう星をつくるよ。
これは生命の木、知恵の木ではなく
2つが絡まってうまれた、どちらの要素
ももってる図、木、システムだというのが俺の考え。
今の状態でも最下部がみっともなくでっぱてるわけだが
これも5つのセフィラで四角推逆ピラミッドを構成して下につき出てる。5の要素
ダートの位置を犠牲にしたかのようにね。
偶数と奇数がたがいを高めあう木の成長過程の一部だと考えてる。


712 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:46:15
とりあへず、生命の木の感想ですが。
私が感じるモヤモヤとは、日本語の「藻」、モと発音する何かをイメージします。
ここに日本語の奥(ひらがな文化)に深い天地陰陽を含めた精霊との関係を
結んでいた言葉が深く潜んでいるように感じ取るんですね。

藻的なもの、それは捉えることができないままの象徴を感じ取る総称として
霊的な類いに深く関連し、そこには意味が存在しえないというイメージ。
霊的な何かは単に一様で平らなものではなく、何かを生む前の前段階である
前兆を必ず秘めていると考え、それを見出すのが生命の木に隠れている要素と
関連しているような気がします。
それは前段階なのですから、秩序も意味もありません。
故にそこから何かを引き出すには名前をつけて天使のよう、悪魔のような
精霊な魍魎なものに名づけて天の意味を幻として形作らなければ
そこに何も意味を創造できないのかもしれません。
名前には意味を潜ませ、秘めた前段階の混沌や闇や天や見えない何かから
現実への道を結ぶ必要も感じています。
そこに名づけるという行為が妄想的なものから幻想的な特徴の偶像物へ
昇華させ意味を固定させる手がかりになる流れが生命の木に感じえるわけです。

故に数を割り当て、記号を割り当て、名前を割り当て形を割り当て、
それが形や枠、そこに入るものが実となるもの、魔の要素な気がします。

713 :435:2008/10/15(水) 23:53:32
モ、藻、MO MA 魔 なんて具合かね。
もう一個見つけた→「間」、こいつはまさにって漢字でしょう。 

人類の歴史は形而上のモヤモヤ、魍魎、聖霊、超自然的本能
との戦い、
もしくはそれに対する合理主義、理性主義、人間中心主義
が行き過ぎた場合、モヤモヤが表に出てきてそれらと戦う。
この流れの繰り返しだと思うわ

人間が自由に使えると思っていた合理主義もいつかは
モヤモヤ化し、モヤモヤこそ新合理主義なんだという動きが出てくる。
立場が入れ替わる。

このモヤモヤの代表的な図は蛇、7頭ドラゴン、龍だと思う。

714 :天之御名無主:2008/10/15(水) 23:59:09
膨大な知識の殻に振り回され、さらに愚かになって底なし沼に堕ちているよう。

恐い

715 :天之御名無主:2008/10/16(木) 00:05:02
エロヒムは全ての対照物を創った。それらは互いに対立している。
善に対する悪、悪に対する善。善からは善。悪からは悪。
善は悪を叙述し、悪は善の輪郭を描く。
善は善のために保たれ、悪は悪のために保たれる。

716 :天之御名無主:2008/10/16(木) 00:45:17
神と悪魔の違いは 孤高と孤独 光と闇に似ている。

孤独な者は永久に独り言を語り伝えようとしない。

子供にでもわかるように伝えようとするものこそ光がある。

717 :天之御名無主:2008/10/16(木) 00:48:12
そこに電流は流れていますか?

718 :天之御名無主:2008/10/16(木) 00:56:11
>>717
ライトニングボルトはLv4まで。詠唱時間が長くなるから高いLvは取らない。


719 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:00:29
漢字の罠だね。

一回全て訓読みで物事を語ってみることだ。

自分がどれだけスッカラカンの空缶かわかるだろう。

720 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:02:18
そこには無形の十のセフィロトがあり、それらは稲妻のような外見をしており、
無窮なるものである。
さらに彼らは行きつ戻りつしながら語り合い、彼の言葉は旋風のように走り、
そして神の御座の前にひれ伏す。

721 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:03:42
だからなに?

スッカラカンだよ

722 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:09:37
漢字を使用しないで語ってみろ

漢字のファッション・文字の肉体に魅了された偶像崇拝だ。

その悪いお手本の極み

723 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:17:37
彼は虚空から、虚無から物質を形作る。そして彼は触れることのできない空気から作られた偉大な柱を切断する。
そしてそこに記された印とは次のごとくである、彼は対立を被い、そして設置し、
全てのものを形作り、全ての形作られたものは唯一の御名とともに語られる。
更にそれは一つの体のように、二十二の印がつけられている。

724 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:20:46
Do not let your mouth lead you into sin.

725 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:26:34
もうカバラを突きとめるでもなく、
表現を変えてなぞっているだけで
文芸になっている。

なぞっているだけはコピーと変わらないの。
あのwikiコピペのほうが公正でずっとマシだよ。

726 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:39:39
ダートのことを語りたがる心理は隠れているからで
パンチラと変わらない。
隙間に自分の妄想を詰め込みたい心理
わからないこそ悪い意味で自由だからなんでもり。

あとカッコいいからダートとか言いたいだけ。
カッコいいからヘブライ装飾をしたがる。
それを自覚して使ってれば、まともで救われるけど。

ここは飾るファッションショーの舞台ではなく
謎を突き止める研究所としてのスレだ。

727 :天之御名無主:2008/10/16(木) 01:46:50
不明の闇は危険

さらにもう明らかにされているものを空虚な理屈で
勝手に捻じ曲げて広めてしまうのは有害。

1+1は3にもなりえるよ。
その可能性も否定できない。
そんな妄言を撒き散らしているのと変わらない。

728 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:02:53
逆を言えば。
生命の樹は「Sefer Yezirah」という文芸を表現を変えてなぞっている。

生命の樹は「Sefer Yezirah」をなぞって図にしただけのコピー。
あのwikiコピペのほうが「Sefer Yezirah」より公正でずっとまし。

729 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:04:40
カバラの謎終了。

730 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:18:23
すぐ終了したくなる心理を教えよう。

現実逃避だ。

難しいめんどくさい、つらい現実から「わかんねっ」と投げ出してしまうのだ。

つらい現実にぶつかったら、すぐ自殺を選択するのと変わらない。

731 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:29:31
原点に還ろう

木は柱の象徴だと思う
柱の漢字に木があるし

従って生命の木・知恵の木の柱は生命の木の体系の2本の柱に対応する

光球の象徴もちょうど「知恵」と重なる。

ここで知恵の木は体系のB知恵に対応する。

そして生命の木は「秘密の体系を理解する」ことでA理解に対応できる。

生命の木は隠された謎のカバラ自体のこと。

これでスレタイの謎は終了かな・・

732 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:37:34
ちょっと追加

生命の木には3つの柱がある。

それぞれ峻厳の柱 均衡の柱 慈悲の柱と呼ばれる。

順番に生命の木の体系の 左 中 右 にある。

慈悲の柱の上三角形の右にはB知恵がある。

ここで知恵の木は慈悲の柱と重なる。

3本柱にはそれぞれ司る神がいる。

左から 聖霊 父 子 である。

言い換えると
知恵の木は 子の木
生命の木は 聖霊の木
とも呼べる。 

733 :天之御名無主:2008/10/16(木) 02:50:12
さて柱は3本なのに木は2本とはどうゆうことか?

ここで知恵の木は善悪の知識の木とも呼ばれることに注目する。

奇しくも隠れた光球として均衡の柱の@王冠の下に
「知識」の象徴の存在が確認される。
ここで知恵の木の別名としてではなく
善悪の知識の木として別に存在するのではないか?
知識と知恵をごっちゃにしたかなんかで
一緒にしてしまったのではないか?
という推論が生まれる。

さて考えてみると人間とは生きている限り善悪に揺れ動いてる存在である。
決して善のみ悪のみだけで生きている人間などいない。
その偏りのバランスをとるのが名前どうりの均衡の柱にあたる
ダート(知識)なのだろう。

734 :天之御名無主:2008/10/16(木) 03:02:18
中央の柱は根。
2つの樹は1つの根より分かれて生えている。

根は隠されたる神の思惟の権限であり虚無である。


735 :天之御名無主:2008/10/16(木) 03:03:41
×根は隠されたる神の思惟の権限であり虚無である。
○ダートは隠されたる神の思惟の顕現であり虚無である。

736 :天之御名無主:2008/10/16(木) 03:03:51
ダアト(Daath、知識と訳される)
隠れたセフィラ。ダートと表記されることもある。
通常、知識と訳される。他のセフィラとは次元が異なる。
ダアトは生命の樹の深淵の上に存在する。

出典 wiki

次元が異なるとか深淵の上にあるだとか
全く内容がなく、つまりなにもわかっていないのだ。

ダートの英語のつづりがDEATH(死)に似てないだろうか?

禁断の木の実を食べて死ぬ存在になったのと重なっています。

すなわち
食べていけないのは
知恵の木の実ではなく
中央の危険な木の実
蛇が薦める知識の木の実だった!!!


私の新学説






737 :天之御名無主:2008/10/16(木) 03:07:15
思惟ってなんだよ わけわかんねーよ

である。である。なのだ。なのだ。

オレって悟ってる

てめーが虚無そのものだ!

738 :天之御名無主:2008/10/16(木) 03:11:53
>>735
訳すと、0は0である。

なにかすごいこと言ってそうでなにも言っていない。

それをわからず崇高な真実を語ってるかのように振舞う。

ボケ老人か!

739 :天之御名無主:2008/10/16(木) 10:23:54
中間的概念だか中間的イメージだか知らないが
もうちょい分かりやすく書いてくれや

微妙な表現は、単語だけ羅列するんじゃなくて文章にしてほしい




740 :天之御名無主:2008/10/16(木) 15:59:47
>>739
象徴的な概念は理解するものではない、
故にそれを感じ取れ関係を想像できない君に悟ることは不可能ともいえる。

君は生命の木を科学的に理解&説明できるように知りたいのか?
概念は概念のまま、πというマークでは分からないから
すべて数字で表してくれといわれても部分的な数値列は表現できても
無理がある。それは3(整数)とか3.14などと表現は可能だが
それもそれで問題があるだろう。

世界との関係性、因果と意味の象徴や概念を結び付け抽象的なものは抽象的
に、中間的なものは中間的にイメージしてこそこれらの存在がある。
タロットカードの1枚1枚に絶対的な意味を求める態度と同じで
それ「単体には明解に特定できる意味はない」のです。

741 :天之御名無主:2008/10/16(木) 17:29:47
も〜、、、だ・か・ら
πだったら、円周率っていう日本語で書けるでしょ
頭大丈夫ですか?


742 :天之御名無主:2008/10/16(木) 17:37:08
>>739
象徴は意味の通った言葉で理解されるものではない。

法則として確かに実在する概念を感じ不器用に言葉にすることしかできない。

感じとれなければ知識の殻として無駄に保持するばかり。

743 :天之御名無主:2008/10/16(木) 17:45:32
とりあえず中央の柱には、「バランスを取る」要素があるってことを知ってください。

ちなみに
Hの的確な特徴を新たに捉えました。

微妙

です。

バランスでしょ

744 :天之御名無主:2008/10/16(木) 17:48:25
中央の柱ではなく「均衡の柱」でした。

Eは天秤に例えられます。

天秤とはいかなるものかイメージすればわかるでしょう。

745 :435:2008/10/16(木) 17:49:51
それは
論理的な文章化までいってないってことだろ、「殻」から「実」はできても
「実」から「殻」までいってないわけだよ


微妙な気持ち概念
形而上のモヤモヤ(中心の柱)→単語だけで体験的表現(右の柱 )→文章化(左の柱)
この過程が
まさに生命の木の基本になるところ。隣の柱に移る様子。

問題になってるダート、空位、中心の柱は、この文章化状態からさらに
モヤモヤを生み出すこと。それを記号化なり文章化なりして
隠れた柱を埋めていく。この繰り返しで生命の木は読み解かれていく。
すでに各位、座、数字などの意味が本などで知られているため
この過程はないがしろにさる傾向にある。モヤモヤからの生み出し
創造の実践には本来次の数の意味を知らない状態が望ましい。

形而上のモヤモヤとは、言葉に出来ない気持ち、表現不可能状態の混沌
とした何かを表す。
モヤモヤは一定の秩序の反動として、心の内にあらわれ
現実世界に対してかつては無かったであろうもの、(もう一周前にはあった?)
文字、本、文化、宗教などカウンターカルチャーとして生み出す。
今だったら、現実世界に対するインターネットの世界、
2チャンねるが具現化されたモヤモヤ混沌であり、
そこから成文化されつつあるものに当るかな?

746 :天之御名無主:2008/10/16(木) 17:54:58
@についても新たに悟りました。

@とIは重なりますが、それにともなう要素もあります。

世界の王と王になれなかった者です。

一方は舞台の上で光り輝く

一方は闇からただ見ているだけ。
それに伴う闇っぽい想いなど。

神話では御馴染みの
ミカエルとルシファーの関係に表せます。

一方は@へ 一方はI を

同じ座にいる。
まさに表と裏の関係

747 :435:2008/10/16(木) 17:58:59
その原因は692
で書いたことに関連するけど
左      右
受動的知性、 うけとる

という両方キャッチ状態になってることにあると思う。
学ぶという状態ではもってこいなわけだけど。

これを自分から発信する状態にしないといけない
理論的表現、発露  実践、能動的状態などに切り替える。

  



748 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:01:50
生命の木が起動して世界が動いていることで

3神は3柱で仕事をしているわけだよ。今も密かに。

動いているから偏らないように常にバランスをとる必要がある。

永久に止まっている死んだ体系ではないのだよ。

生命の木の存在はもう世界が走り出していること。

運転してるとき常に真っ直ぐに走るように「力」を入れるだろ。

もう各セフィラは電気を自ら放射し電流で各パスをつないで維持している。

例えわかるか?

749 :435:2008/10/16(木) 18:03:34
階段を下りるときにこうする。

理   心

理解 ←おくりだす
理論→ うけとる

750 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:05:15
対立概念はあっても動き続けてるからこそ中央の存在があるんだよ。

これでわかったよねー!

3つの神々は各セフィラを輝かせ続けるため、それぞれ働いているんだぞ。

751 :435:2008/10/16(木) 18:07:04
現在の生命の木は既に安定期を抜け、不安定状態、発展状態
それはあるとすれば4の位置にあるはずのダートが無いことからもわかる。
安定の、□、四角角形は崩壊し、5つのセフィラによる四角推下部に突状態。
3神は不在。


752 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:09:38
なにも体験がないで語るバカは頭でっかちに
なんでもかんでも二元的に捉えるようになる。

二元地獄だ。

そこに言葉としてできた善悪も当てはめだし
元々ない善悪の幻想の概念を作り出す。
それこそ悪魔の理屈。

またまた机上の空論!

753 :435:2008/10/16(木) 18:10:18
3神論など無い
あるのは三位「一体」。
生命の木も根と頭は一個。

754 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:11:49
435よ
おまえの言ってることは意味不明な屁理屈だと自覚しろ。

755 :435:2008/10/16(木) 18:13:26
能動的知性、知恵を使う
理解、うけとる
では創造、成長はできない。
理論、おくりだす
が必要。

セフィら名で混乱する話だが
知恵ではなく
理解←知識(体得的なことも含むよ)
だけではだめ。

756 :435:2008/10/16(木) 18:15:33
理解と、うけとる、をしたものを
論理化、おくりだす、ができないと
それは3つめのパスで止まってることになる。

757 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:16:16
位は一つではない

役割として3つに分かれている

唯一神教ですか

メジャーですが事実ではないんだよな

屁理屈で唯一神にしたがるよな

なにも感じていないで虚像の理論を頑固に持ち続けてる

根と頭は一個・・・意味不明です!

758 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:18:48
435の言ってることは意味わからないんだよ

論理的な言葉作りだが意味がないから

通じない

759 :435:2008/10/16(木) 18:21:09
生命の木を見れば明白→根と頭は一個。

理論と論理の違いがわからないとダメだよ。(上でてきとうにつかっちゃたが)
本の文字を理解する、心でかみくだく、うけとる
ここから、おくりだす、論理化する思いにする、言葉にする自分で本を書いてみる。
実から殻をつくる
これができないとと半分のセフィラ間移動では移ったことにならない。

760 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:21:15
言葉がスッカリ本来の意味を失っている。

もう、ぶっ壊れてる。

虚無は虚無しか生み出せない。

761 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:22:52
半分のセフィラ間移動 ってなに?

762 :435:2008/10/16(木) 18:24:59
右の柱から左の柱に移る時のこと。
実から殻を作る

左の柱から右の柱にうつること
殻から実をつくる

理論タイプか論理タイプの違いで、殻と実はひとによって逆。

763 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:25:09
「実から殻」好きだね〜
これをマイ二元論の大看板にしてるのか

764 :天之御名無主:2008/10/16(木) 18:26:17
もう意味がわかりません!

765 :435:2008/10/16(木) 18:27:15
そもそも
一回虚無に落ちる事が必要なんだがね
そんな話あるだろう

766 :435:2008/10/16(木) 18:29:08
右から左と
左から右では
やることが逆にならないとおかしい
じゃんか。

767 :435:2008/10/16(木) 18:30:24
論理化できないのに左の柱から右の柱へ移ってはダメだよ

768 :天之御名無主:2008/10/16(木) 19:17:41
>>767
彼らの論理とは価値観や観念が違うので、叩かれるだけだよ。
そういう言い方は彼らを刺激するだけと思えるんだが、

769 :435:2008/10/16(木) 19:28:40
ミカエルとルシファーのように
10にいるものと上にいるものは戦う運命にある
順序よく進んでるとも言える。左右もしくは上下の戦いが木を成長させる。

0、もしくは1の神とか形而上のものといわれるものは
通常論理化できない。中身は抜けるが変わりに、10に落ちればできる。

一番上と10は対立関係にある。

770 :435:2008/10/16(木) 19:43:00
ゲマトリアとかなんとかゆう数を使った体系がある。
足した数を一桁にする。で、でてきた数字の意味を考える。
1+6+8=15→1+5=6
のように。

A@B
CED
FHG

これは縦、横、斜め、の列を足して出てくる数字はある2つの数
がほとんどだが、一箇所だけ違う。ひょっとしたらこれは何かのヒントかも?

771 :天之御名無主:2008/10/16(木) 19:59:50
アレフ 1
ベート 2
ギメル 3
ダレット 4
ヘー 5
ヴァヴ 6
ザイン 7
ヘット 8
テット 9
ヨッド 10
カフ 11
ラメッド 12
メム 13
ヌン 14
サメフ 15
アイン 16
ペー 17
ツァディー 18
クォフ 19
レーシュ 20
シン 21
タヴ 22
カフ・ソフィート 23
メム・ソフィート 24
ヌン・ソフィート 25
ペー・ソフィート 26
ツァディ・ソフィート 27

幻想のエサをあげよう。
さあハマってくれ

772 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:01:38
わからないことはわからないといおう。

わかることには手を上げて挑戦しよう。

見栄のためにわかったフリはやめよう。

773 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:04:34
生命の木は、理屈の悪魔が大ハマりする要素があるってことだ。

774 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:16:47
>>766
単純な意味の対立ではない
象徴の対立として成り立っている

775 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:23:33
435よ
例えば Dの特徴について、なにか知っていますか?

そんな基礎をわかっていない知りもしないのに
独自の理論を展開するのは無謀だと思わない?

776 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:25:43
特徴という実を知らないで
殻の並び替えとか空しいだけでしょ

777 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:29:25
>>772
象徴的な概念に、わらないとか、わかるとかんなものはない

わかるようでわからないもの。そういう曖昧なものを扱っている
ことに気がついてください。

白黒つけるのは科学的思考であって、そんな考えかたをするなら
理系の学問板でどうぞ。

778 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:33:50
>>>777
んじゃ感じるもの

おまえ、あら捜しして追い出したいだけだろ

でも学問系だから荒々しくないだけタチ悪い

管理にうるさいだけ。

779 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:39:01
>>>777
あなたはカバラのなにを知ってるの?
知識だけだろ
曖昧だとはわかってるよ

化けの皮剥がれると揚げ足を取ってイヤミを言い続けるからな こいつら

780 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:42:47
理が入った文章は理屈の悪魔を介入させる

でも感性だけで捉えた文章だけだと肌に合わないから相手にしなくなるし

偏ってて合わせるの大変だ

781 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:43:38
>>775
435ではないが
>そんな基礎をわかっていない知りもしないのに
存在の「形状」と「性質」とは等価なのである(象徴的な意味で)
基礎をわかったという必要性は、仕組みと記録をもとに客観性を求める
君達の論理であって、435などの方向とは違う捉え方なのである。

>独自の理論を展開するのは無謀だと思わない?
独自なのではない、主観的な関係を結び計上と性質について
抽象的な流れを読み取っているだけにすぎない。
これは君などにできることではないので、傍観していて腹立つんだろうけど
世界が違うんですよ、ものの見え方が根本的に違うのに無謀もなにも
意味をなしません。

真実とは客観性ではなく主観性の中にあるんです、これが君には理解できない
君の言葉でいえば、435は妄想している、非現実の夢をみている。
それでいいじゃないですか。
主観で捉える象徴物は夢であっても妄想であっても真実、真理なのです。
捉える人が感じ取る事の有り様が真そのものなんです。
貴方が行っている理論や理屈は、別の考えをもつものには、情動や感情の
仕組み有り様をいいます。捉え方が違うことを理解してください。

782 :天之御名無主:2008/10/16(木) 20:48:48
>>779
> あなたはカバラのなにを知ってるの?
> 知識だけだろ
違います。知識など不要です。感じ取ることが重要で知識はそのときの夢の
ようなものです。貴方が捉えるカバラとはまったく異なるものです。
> 曖昧だとはわかってるよ
無から授かるもの、そして繋ぐもの、形や特徴を捉え性質を感じる。
それらと他を結び、世界を感じ取る。
それは未来に進む為の理(主観的な理)です。

783 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:07:09
>>782
君個人の哲学

こういうときだけ言葉数多くなる人よくいるいる

肝心のカバラの内容には突っ込みいれないなんて

784 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:12:51
知識を不要とか言ったら今のように書き込めないだろ

知識の基礎あっての応用だ

おまえは教科書なめてんのか?

あといろいろズレた理解されててやだけどめんどいな

うざい

785 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:13:22
>>783
貴方が思うのならそう考えればよろしいです。
何も問題もありませんし。
意味不明だと干渉されたことに、意味不明なものだと説明しても
理解してもらえなかったようです。

786 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:18:18
>>784
貴方の分かるように、貴方の次元で、
特別に表現してあげているのですよ。本来はもっと意味不明で理解しえないものです。
教科書など不要です、さらに文字も不要な世界なのです。
それは概念をイメージで表す世界です。イメージを感じ取る世界です。
理解できない世界にたいして、「うざい」と反感を持つのは当然でしょう。
しかし理解できない世界だってあるのです。そんな世界は無いと
言うのならそれはそれでいいでしょう。

>ズレた理解されてて
理解などしていません、何かの勘違いでしょう。
そう思い込みたければ、それでもいいですが、提示が不要ならば
この辺で。


787 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:22:19
435など、それぞれの主観による真実か

それもしょうがないか

たとえ私が真実を感じていて説明しても
他人だし他人の体系が造られて少なからず邪魔をするし
完璧に伝わったり受け入られられる保証はない

個人の意見として流出を認めるのか・・・

788 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:23:09
>>787
粘着すると荒れるぞ

789 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:24:23
私はずっと435さんのファンでした
がんばってください

悟り、開いたんですよね?


790 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:24:57
>>786
また理屈っぽい奴でてきたー!

教科書いらないとか狂ったこといってるよ。

こいつはバカだ。

じゃあ学校はいらないのか?

先生はいらないのか?

独善で全て悟ろうとするのか?

傲慢だ

791 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:26:35
435て何者?

792 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:27:57
>>790
@悟る→何かを受け取る。
A悟る→何かを放棄する。
君の場合。@を意味しているんですね。



793 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:33:38
>>791
435は最近カバラの本を1冊読んだだけの素人です



794 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:38:07
自分の出した単語などを盗んで独りよがりに身につけて
さらなる幻想理論の創造(妄言)に励んでいる。

混沌とか出したら早速使いやがった。

795 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:38:23
おれそれでも435を応援する。


796 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:40:56
まるで、キリスト教の教えに反するものは全て迫害するという考えのようだ。

797 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:40:59
似ているモノを応援したくなるものだ。

798 :435:2008/10/16(木) 21:41:20
Dは慈悲、愛、偉大
稲妻、Z、己、巳、
発展、拡大、四角推ピラミッド、角、突、星、蛇、悪魔、強固
こんな感じかな


数字はそれまでの数字の意味を全て含んでいる
例えば、6には1〜5までの全ての意味が入っている。
3言論は2言論と1元論を含んでいる。 ←ココ重要!!
0、1言論は2元論を否定するが、
3言論の世界において
2元論は否定されるべきものではない。完璧な2言論を含むがそれ以上。
そこが1言論との決定的な違い。3が神聖たる所以。

オレが二元論にみえるのは当然。



799 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:41:26
>>796
それはオカルトといいます。主なるものに差別される対象がオカルト

800 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:42:01
435きたー9

801 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:42:50
>>796
いや別だろ
例えるならキリスト教徒でもキリスト教の教義を曲げようとする者だ

そんな有害な者は怒ってやらないといけない。

802 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:43:50
>>801
スレ違いな煽りだけを続けているのってオマエだろ。

803 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:44:33
>>798
見事に全て的外れです

お疲れ様です。

それが自分の真実だと思い込むなら勝手にしろ

804 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:46:43
>>802
アホに支配されては困るので攻撃している

だが全然応えていない。

805 :435:2008/10/16(木) 21:47:32
後は5は父も含むね!
ただのやさしさとかはそれまでの数字の特徴だと思う。
5は偉大さ、強さがあってこそ、親切や優しさを含む。
オレ個人のイメージはコレなの。

806 :435:2008/10/16(木) 21:48:54
強さがあってこそ、愛を実現しうる
現実的な数それがオレの5のイメージ。超父性。

807 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:49:22
435は、本当に危険で有害な者だよ。

幻想(嘘)を広めようとしてるのだから。

恐ろしい。

カバラの伝統見てみろよ。

全然違うから。おそろしああああ

808 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:51:23
あー素人がカバラに手を出すとこうなるのか

やっぱり

これから10の箱に自分のあらゆる思想をつめこむ妄想に移行するだろう

809 :天之御名無主:2008/10/16(木) 21:54:03
父は均衡の柱の神だよ・・・基礎を素直に吸収しましょう。

地蔵なのか君は

435は黄泉の子なのかーーー

810 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:00:17
>>806
> 強さがあってこそ、愛を実現しうる
支配する愛だよね。
父じゃなく母的な愛は?

811 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:11:03
435
@〜I それぞれに自分の感じた特徴を入れて見て

812 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:12:28
435はやっぱりIの住人かな
誰でも持ってるH基礎を受け入れようとしないんだもの
それを@だと勘違いしてるのだろう。
まだ胎児で始まっていない。
もしくは人生の途中で胎内回帰してしまったのだろう。
世界の土台のように頑固として変わらない。

813 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:17:50
ああ神よ
彼は罪を犯していることを理解できないのです。
お慈悲でお許しを。

814 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:18:52
当然、813を不快と思った奴が、罪を犯しているDQN

815 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:20:30
>>814
潜在的に煽ったらまた粘着するぞ。

816 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:21:32
どうだイライラしてきただろwwwwっうぇええうぇっうぇうぇ

817 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:23:15
必死で我慢しているの?

ぷ。



818 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:24:13
まあ、キチガイの権化のくるくる ぱぁ君を相手にしてもワロス


819 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:25:32
おまえだよ、イライラいらいら、。うはうは

イライラしているオマエ。

ぱぁの脳みそで必死でリドローしているんだろ?わかるんだよw

820 :435:2008/10/16(木) 22:46:07
父は均衡の柱の頭だが、神のようなもんで男女性は両方もしくは無い
と言われたぞ?おれも中心の柱は両性的だと思う。
奇数は男、偶数は女ともさんざん言われたが

3元論は論理的検証性(二元論的といわれる)すら持つ。
そこが1元論との違い。
○×、善悪2元論が×や悪に否定的見解をもつならそれはただ
の1元論とかわらない。「殻」ら「実」で殻を否定し実の方を重視するなら一元論。

自分の見解の@〜Iはこれから書くよ

まず0と1は引っ付いてる。
0は形而上のモヤモヤ神のように扱われるもの。
漢字の一、二、三、には零が無い、0を1と一緒に使う
零の簡単な記号は使われてない。
2、3、は漢字 二、三を柔らかい筆記用具で書きつづけて生まれた
草書体のようなもの。それまでは個数的だが、
四から概念化されてる。1は横ではなく縦
これは縦に1を作ったときの黒塗りの部分を虚、周り実として
見たとき 0 がうまれる。
1で世界から取り出したもの以外の全てだ。それが0。
リンゴ1個などを意識した時、ここで形而上のモヤモヤから
1が生まれた。形而上のモヤモヤ−1の、0も一緒に生まれた。
天と地をわけた創造である。

魔術師、独善、絶対、孤独、開拓
とかそういうのを望んでるんだと思うが
まず論理的に書かせてもらう。
いわば、上の方で誰かが望んでた、単語の羅列状態から文章化したものだよ。


821 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:48:58
なるほど

822 :435:2008/10/16(木) 22:50:07
もちろん、 一、二、三
は漢字起源じゃなくて、そこらじゅうにあっただろうね
木に獲物の数や日にちを数えたり、もっと原始的なもんだろうね。

823 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:52:43
ひふみよいむなやこと
123456789I

日本語の起源はこっちだね

824 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:55:47
元の数は、数えるだけが数だったのがちょっと疑問。

825 :天之御名無主:2008/10/16(木) 22:57:32
ちょっとひらめいた!

善悪はIの蛇が持ってきた幻想の概念だ

だから「善悪の知識の木」は元々は「知識の木」

元々は正当な光球として輝いていたのかも。

そして蛇により汚染され隠れることになった!


新説カバラ


826 :435:2008/10/16(木) 22:59:23
数奇概念のずれはここで起こるかもしれない。
一はつまり、モヤモヤ、神のようなも
もしくはその文化圏では、それを記号化しない無であらわす。
無という字は形而上のモヤモヤに近い。色んなものが詰まってる図だ。
と思う。

827 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:01:14
上から来るひらめきと闇からモヤモヤと形作られる妄想は別物だ

435はピカっとしたひらめきで文章ができているだろうか?

妄想を、大人びた言語で誤魔化してるように思える。

828 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:04:15
「ひとつ」の1とは
「ひ」は1つ
ひつぜんで、ひみつ、ひかり、日、秘、

そういう始まるきっかけのようなイメージがあると思う


829 :435:2008/10/16(木) 23:05:17
>>826数奇じゃなくて奇数偶数ね。

モヤモヤに物理的特性をもたせるか否か
0はすでに全能のモヤモヤじゃないとも言える。

上から来るひらめきと闇からモヤモヤと形作られる妄想は別物?
形而上のモヤモヤについての見解を聞かせてもらいたいな
これの定義次第で話は全然違うんだから。
これを見るために生命の木を使うともいえるから、
それが合ってれば話はほとんど済んだようなものなんだが。


830 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:06:21
蛇=竜 なので、これから竜と呼ぼうかな

435は古き竜だろう。

その口から放射能に例えられるようなものを出してるのではないか?

竜退治も大変だ。

全然応えてない。

大ボスすぎる。

831 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:08:10
>>828

必然は訓読みだろ 妄想乙

832 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:08:32
マにある、ムから転じて、ミになり、
ミから転じてヒとなり
1つというモヤモヤが生じた、そんなイメージもある。

833 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:08:54
↑ミス 音読みだろ。

834 :435:2008/10/16(木) 23:11:09
訓読みのさらに起源をさぐればわからんかもよ
形而上のモヤモヤで繋がってるから
宗教は似てくる。
1、oneと王(中国語ワン)にもつながりがあるかもシレン。

835 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:11:24
竜がモヤモヤ放射能を撒き散らしております。

危険なので近づかないように!

836 :435:2008/10/16(木) 23:11:40
じゃオレもミスかw

837 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:12:44
竜がミスを認めました。

ちょっと成長しました。

838 :435:2008/10/16(木) 23:13:42
形而上のもの
モヤモヤ
聖霊
集合的無意識
ミクロコスモス
混沌、神、仏
その他いろいろ
多くの言葉でかたられるがその定義が合致するかは難しい。

839 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:13:59
竜にはモヤモヤフレンドがいます。

840 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:15:55
黄泉の国から出てきた435=蛇=竜→龍→ドラゴン→モヤモヤドラゴン

841 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:16:15
ダアト(Daath、知識と訳される)
隠れたセフィラ。ダートと表記されることもある。
通常、知識と訳される。他のセフィラとは次元が異なる。
ダアトは生命の樹の深淵の上に存在する。
出典 wiki

「深淵」「知識」という言葉で思い当たるもの。
まぁ、連想したものね。
深淵はピュトス。グノーシスの神々の流出を思い起こさせる。
ピュトスは、プロアルケー(原初)、プロパトール(原父)とも呼ばれ、
把握不可能で不可視、生まれざるもの、始まりも終わりも無いもの
等と言い表される。
自身が最高の知性でなければいけないのだが、
自分自身のほかには何もないので、自分自身を思惟の対象にする他なく、
この自己思惟こそがアイオーン(神的存在)として現れ
プレローマー(領域)を形成する。このあたりはアリストテレスっぽい。
さてこの能動的理性を自己に向けて働かせるピュトスは大いなる静寂、
静穏のうちにあり、ピュトスと共にエンノイア(思考)がある。
エンノイアはあるいはカリス(恩寵)、シゲー(沈黙)ともよばれるもので、
ピュトスはエンノイアに流出の種を置き、妊娠させヌース(叡知)を産む。
しかしながらピュトスとエンノイアは両性具有的神の2つの側面である。
ヌースが流出した際にともにアレーテア(真理)が流出したが、
やはり両性具有の2側面である。


842 :435:2008/10/16(木) 23:16:24
ていうか竜や龍も形而上のモヤモヤを
図像化したものだと思われる。

843 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:16:40
>上から来るひらめきと闇からモヤモヤと形作られる妄想は別物?
ジョークだけど↓

ヒラメキ、「平たいところから芽がでて、木と成る。」
続いて、「闇からモヤモヤ、」「夜の実から藻夜藻夜が カを太刀」
「藻生素有」。

別物だけど、同じもの。それが貴方の過去の説明でしょう。
自身をもって。
ヒラメキはインスピレーション。
妄想は因数分解できていないn次方程式。
解くには?
XとかYを固定し、Zと求める。そういう流れが見えます。

844 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:17:09
モヤモヤドラゴンはボケなので常識あるツッコミをいれてあげましょう。

845 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:17:57
>>841の続き〜

後に、日本神話みたいに男女の2対のアイオーンも何組か出てくる。
このヌースは「ピュトスと類似しており、且つ等しい」そして
「ヌースだけがピュトスを把握することができる」
似てるのか等しいのかどっちかにしろと言いたいが、
ヌースはパテール(父)、アルケー(初め)、モノゲネース(独り子)
とも呼ばれており、なんとなく「類似しており、且つ等しい」に丸め込まれそうだ。
ヌースからロゴス(言葉)やゾーエー(生命)などが流出し・・・
あとはちょっと込み入っていて整理すんのが面倒。とにかく、
ダート(知識)は上記のヌース(叡知)を連想させる。
・・・知識と叡知ってぜんぜん別物?
あれ?ヌースじゃなくてピュトス(深淵)を連想してるのか。
面倒だ、ピュトスでありヌースでいいや。
もしくはダートの更に真後ろにピュトスが重なっているとか。
ピュトスはヌースにしか捉えられないという事は、我々はヌースを介してでしか
ピュトスを捉えられないんじゃないかと思う。
え?ダートの位置とか他との関連?ダートの実際の起源?シラネ。

846 :435:2008/10/16(木) 23:19:45
両性神、太極
なんかもモヤモヤだろうね

847 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:19:57
モヤモヤドラゴンの、うまい言葉に騙されないように注意しましょう。

神の仕組みから外れたがっております。

848 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:20:05
誰かモヤっとボール沢山持って来い。

849 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:20:54
陰陽、虎龍、天地、そういう多種の数え切れない太極の秩序が物事の裏と表の
関係を象徴し見えない何かを表から裏を想像させる導きになりえる。
そんな感想です。殻と実が対であるように。またそれ以外も然り。

850 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:22:14
あたし、なんだかモヤモヤしてきちゃった。

851 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:22:20
モヤモヤドラゴンは大量の知識を持っている強敵です。

倒すためには同量の知識が必要です。

勉強して、がんばって倒してください。

852 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:27:11
ちょっとモヤモヤドラゴンバスター探してくる。

853 :435:2008/10/16(木) 23:28:11
直感、閃き、恋、愛、感情、意思、
この辺はモヤモヤが直接姿をあらわしたもの。
本能といってもいい。
でも左右の柱に本能的なものをわりふると
直接、神が神をみる。を実行できない。
そこで論理的検証を含む3元論が必要になる。


854 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:28:41
>>834
> 訓読みのさらに起源をさぐればわからんかもよ
これはモヤモヤではない受け取りかたではないの?

> 形而上のモヤモヤで繋がってるから
> 宗教は似てくる。
> 1、oneと王(中国語ワン)にもつながりがあるかもシレン。
自然に必然に現れる発音という最も原始的な流れからは、
口の開け方と情動により 無から有、唸り方、続け方
そういうものが世界共通な部分があっても変とは思えませんね。
原始的な発音を保存しているほど、これらに一致が見られても
偶然に生き残る必然は心が生むものが発声ならば、同じ類いを
呼び込むかも。

855 :435:2008/10/16(木) 23:33:42
起源をさぐることも
真のモヤモヤにおいてはいっしょ
1を引いた、0たるモヤモヤでは別。
論理を交す、喋る情報伝達、という事を完璧に行うには
皆が同じモヤモヤを共有してないとできない。
モヤモヤ神の「殻」 からそれに合致する「実」を生み出す。見つける。
それが生命の木の目的のほとんどといえる。
それができないと衒学的。


856 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:38:56
>>853
神はカミ。
カはちからの象徴、ミは実と未つまり生まれる前の前兆。
そういう解釈をみたことがあります。
つまり、「前兆の力」という考えかたのイメージです。

>でも左右の柱に本能的なものをわりふると
わりふり確定しては、神ではなく力や他や意になってしまうような気がします。
神はモヤモヤのままであり、未なものが実になり、転じて芽がでることで生じる
もののように感じられます。



857 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:58:30
私もなんだかモヤモヤしてきちゃった

普遍的無意識だなモヤモヤは

天地創造の前のモヤモヤ

858 :天之御名無主:2008/10/16(木) 23:59:57
ドラえもんにでてきそうだなモヤモヤって

859 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:00:05
>>857
ムラムラの間違いでは?

860 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:00:38
>>859
モエモエというのもあるぞ


861 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:02:16
>>860
ムチムチでもいいよな?

862 :真性ラヴィ:2008/10/17(金) 00:05:51
えっと435さんへ

各数字の概念を聞かせてもらえないかしら
モヤモヤっとしたのでいいので



863 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:06:14
ムンムンでおk

864 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:12:09
ムキムキにたどり着く。

865 :真性ラヴィ:2008/10/17(金) 00:14:14
じゃかしいわっゴイ供が

866 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:15:27
もこもこふわふわなヌコがほしい。

867 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:38:33
>なんだかモヤモヤしてきちゃった

なるほど、それで神の流出が起こるわけですね。

868 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:49:09
モエモエも良いよね

869 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:57:34
きゅるきゅる  ととととと

870 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:58:48
モフモフ

871 :天之御名無主:2008/10/17(金) 00:59:48
カ○バラ

872 :天之御名無主:2008/10/17(金) 02:18:04
1000まで頑張る。

873 :天之御名無主:2008/10/17(金) 09:02:09
そろそろ妄想電波の独り語りは宗教板かオカルト板あたりでやってくれんかね?
この板はそういう板じゃねぇんだけどなぁ

874 :天之御名無主:2008/10/17(金) 10:00:07
>>873
妄想電波・宗教・オカルトにしか見えないド素人に何も言う資格はない。

カバラは神秘学であり、そう言った要素が混じることがある。

両立していかないと謎は解けないし、もうだいたい解いてきた。

おまえは、なにを求めてるんだ?

管理だろ!くっだらねえええ

管理より真実の探求だ。

生命の木の体系の謎の解明である!


875 :天之御名無主:2008/10/17(金) 10:09:13
生命の木とは、神話学などにおいて、世界の諸神話に広く見られる、
生命を象徴する木という神話モチーフを類別する概念である。
代表的なものに北欧神話の世界樹、聖書の「生命の樹」、
仏教の菩提樹・娑羅双樹、メソポタミアの生命の木、
アッティスとキュベレーの神話などのモチーフがある。
ある象徴が、同時に矛盾する複数の概念を象徴すること(融即律)
は特殊なケースではないため、「生命の木」の諸象徴が同時に
「世界の中心」モチーフや「境界」、「死」の象徴となることも非常に多い。

出典wiki

この程度の話題だったら同一視の指摘で1レスで終わるだろう。
知識レベルの浅すぎる議論・情報交換に終わる。

ユグドラシル=生命の木


876 :天之御名無主:2008/10/17(金) 10:26:53
クリフォト(Qliphoth)はユダヤの神秘主義カバラの象徴
でもある生命の樹(セフィロト)を逆さまにした構造を持った邪悪の樹。
「クリフォト」とは「抜け殻」を意味する「クリファ」の複数形。
クリフォトを形作る10個の球を「クリファ」と呼び、
各クリファには様々な悪徳と悪魔が対応する。
また、球体の番号にはそれぞれ虚数単位を意味する「i」が付けられている。

各悪徳及び悪魔は以下の様になっている。

・1i サタンのバチカル(無神論)
・2i ベルゼバブのエーイーリー(愚鈍)
・3i ルキフグスのシェリダー(拒絶)
・4i アスタロトのアディシェス(無感動)
・5i アスモデウスのアクゼリュス(残酷/akzeriyuwth)
・6i ベルフェゴールのカイツール(醜悪)
・7i バールのツァーカム(色欲)
・8i アドラメレクのケムダー(貪欲)
・9i リリスのアィーアツブス(不安定)
・10i ナヘマーのキムラヌート(物質主義)

出典wiki

877 :天之御名無主:2008/10/17(金) 10:35:09
>>876
これも理論地獄に哀れにもハマってしまった蛇による幻想体系だ。

正当な光球の象徴とは対立もしない。

蛇は相手にしないのが一番いい。
相手にすると竜になり、
さらに知識の殻を材料に無限の幻想理論を吐き散らして来る。

878 :天之御名無主:2008/10/17(金) 11:08:33
ちょっとお知らせ

876をレスしたあと、少し故障し表示していたものと
入らなかったのでコピペしといた後半用意していた後半の文が消えてしまった。

奇妙だ。

リアルな魔(間)を感じた。

存在しない幻想には、こういう妙な間が起こることがある。

ただの偶然だろうか?

879 :天之御名無主:2008/10/17(金) 12:32:58
「存在する幻想」なんてものが存在するのか?

880 :天之御名無主:2008/10/17(金) 12:45:11
>873
シネ

881 :天之御名無主:2008/10/17(金) 12:46:56
>>879
存在は実在ではない、記録された幻想物
たとえば絵に幻想を描く。それは存在している。
それを存在と言わなければ、ゲームやアプリなどのPCソフトも
存在していないということになる。

まだわからない?


882 :天之御名無主:2008/10/17(金) 12:52:17
>>877
>正当な光球の象徴とは対立もしない。
その正当とは何?単なる思い込みの多数決でしょう。
誰かがこれが正義だと主張し、それが広まれば正当となる原理ならば。
その逆も成立する可能性がある。
つまり貴方の根拠にはなんの説得力が無い。
まあ説得力がないと自覚しているのならば別だけどね。

883 :天之御名無主:2008/10/17(金) 14:14:12
思い込みね・・

霊を見て、見たと人に言っても信じてもらえないみたいなもの

私はちゃんと感じて応用してるのに…

屁理屈が大好きな奴ばっかだな

884 :天之御名無主:2008/10/17(金) 14:52:17
神は理論上の生き物ではない。

実際に今も働いておられる(上の者として敬語)

まず神を信じないのに神格がああだこうだと理論あそびやっても虚しいものだ。

厳しい神
優しい神
偏らないようにバランスを取っている神

それぞれ独立して実在する。

合体してるわけではない。

ちなみに私はキリスト教でもユダヤ教でもない。

法則として確かにあると感じるから信じてる。

885 :天之御名無主:2008/10/17(金) 15:50:53
三種の神器は、父 聖霊 子 の3神に対応できると想います。

あなたなら、どの神に、どの神器を対応させますか?

その理由を添えて試してください。

886 :天之御名無主:2008/10/17(金) 15:58:25
>霊を見て、見たと人に言っても信じてもらえないみたいなもの
>私はちゃんと感じて応用してるのに…
>屁理屈が大好きな奴ばっかだな
これこそ屁理屈、理屈が通るのは主観的ではなく客観的な事実が必要なのです。
どんなに自分だけが神とあったとか未来からきたとか、超能力があると説明しても
それは屁理屈。
論理的な要素が検証でき反証できてこそ理が通る。
あなたの主張がは理論建てになりえないのは間違いのない事実。
そもそも神を理論として構築できると説明するようなものだろ。反省汁。
感じて応用したものは理論的に応用したものではない。
それを比喩するなら魔術的に応用したと説明すべきこと。

887 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:07:27
>>886
魔術なんか応用してねーぞ アホか!

自然に流れてるものを感じてるだけだぞ
神社みたいな静けさだ

超能力でも霊感でもない

やっぱりそうきたかと想定内だ

888 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:25:31
森有礼は、伊勢神宮に安置されている三種の神器の1つ、
八咫鏡の裏に、エヘイェ・アシェル・エヘイェという
ヘブライ文字(シナイ山で神が自らの名を述べたもの)
が書かれているのを見たと主張したとされているが

出典 wiki

うん。これは十戒石板だな!
十の戒律とともに生命の木の体系も内蔵されてる。
だから聖霊。

剣と杖はB知恵に武器の要素があるので、子。

残った勾玉は、なんやかんやで、父。

マナの壷を形どった前方公円墳が王の墓なので@王冠にあたる父の柱だ!


新説

889 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:31:16
ついでに3貴神も答えを出してしまおう!

武器もって戦うのはスサノオなので右

世界を照らしているので天照は真ん中

隠れているので月読は左 

890 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:32:19
イオリア・シュヘンベルグぅ!!(肉


891 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:33:48
なんでマナの壷だか今わかった!!!!!

太陽のように天から与え続けるからだ!

逆さにして動き出すのか!

ちなみにマナ板の由来も天から食べれるマナが降ってきたことに由来する。

892 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:36:53
ここ読んだ人はラッキーだね

どの書店で本漁ってもでもこの画期的な説はないよー!

ちなみに女神天照は元々ダンシンだよ。踊ってるわけではないよ!

893 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:38:38
いやダンシング〜♪してるウズメいたわ。

894 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:40:29
素人でも1太陽 2月 ってことでだいたいわかるわな。

895 :天之御名無主:2008/10/17(金) 16:44:04
こうゆう真実は、ふさわしいスレには知らせたくないものだ。

知らせても、「は?バカかこいつ 電波だ。相手にするな」 だろうし

密かに埋まって、またぐるぐる議論してるのを「あはは」と見てよう。

896 :天之御名無主:2008/10/17(金) 17:27:42
>>895
スルーできるスキルがないなら、君が発言することが荒れる原因となる。
つまり君自身が要因となる。学習能力はありますか?

897 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:03:07
895の傲慢な発言 真に申し訳ありません。

諸悪の根源は私です。

お許しください。

これからは真面目なレスに精進して参りますので宜しくお願いします。

敬具

898 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:08:23
モヤモヤまだ?
期待しているのだけど。

899 :435:2008/10/17(金) 18:14:01
前と同じ話になるけど聖霊は「最終的」には左右には割り振れナイ
命の木の3つの軸は左右だけじゃなく上下にもかかわる。

日本神話も横並びだけでなく、縦軸もある。天地も兼ね備えている。クロスする。
生命の木でいえば10以降を暗示してる黄泉、大海原、根の国、が出てくる。
カバラ、聖書に模して解けるであろう、雷、鏡、オロチ退治、十柄剣もでてくる。
三貴神はイザナギ、(とイザナミ)から
三女神はスサノオとアマテラスから
最初の三神もどこからでたかちゃんと解ける。
マナはなま、生命、生になる。まな板は生ものを乗っける。
というのはどうだろう。

900 :345:2008/10/17(金) 18:15:41
モヤモヤ〜

901 :435:2008/10/17(金) 18:18:14
体感派が密教なら
論理は顕教である。
真言、天台は対になる。
論理が悪魔、オカルトへ体感が天使、学術になってる
密教、カバラは他とは善悪がひっくり返ってるといえる。
他はたいてい理性が天使、悪魔が体。

902 :435:2008/10/17(金) 18:18:59
論理的スタイルは身体的な体験実感を重視する伝統派のスタイルと対をなす。
それゆえ当然、嫌われる、対立する。
体感派はそのスタイルゆえに隠されたダートの位置がすっぽり抜ける。わからない。
それは体で考えてるから。
>>812
でいわれるように論理、理論的スタイル、は
体感派からダートの位置が欠如するように、9の基礎、肉体的、なものが欠如する。
それは頭で考えてるから。
ダートの位置と9の位置は頭と体、対の関係。

「実」は「殻」があって真の実といえる、「殻」は「実」があって真の殻といえる
真の実、真の殻は全く同じものを指す。論理だけでは真の殻はつくれない
体感だけでは真の実はつくれない。ともに9とダートがそれぞれ欠落する。

「実」や「殻」と同等に「過程」は大事。
左右の柱を移動するときの論理化、実感化、の繰り返し。
そうぞうの苦しみ、成長を味わい、階段を一歩づつ下りたものは@〜Iで完結する。
その先はやらなくても変わらない。同じことの繰り返し。9もありダートの謎も解けている。

左右の柱の移動もしくは全体を捉えることを全てを論理化、実感化のどちらかで行った場合は、9かダート
どちらかが欠落する。(稲妻の順を追うこと自体が論理的スタイルともいえる)
形而上のモヤモヤは完璧には、論理化、実感化できないもの。理性とも本能ともいえないもの。
対になる2つ以上の体系を照合することによって
初めてそれぞれの特異点(ここではダートと9)を兼ねるそれは明らかになる
I以上を論じようとするオレの論理スタイルは上記の「過程」をキッチリと
踏んでおらず完結していないといえる。最終的な統合段階では何かを
重視するという事はなくなるが、まだそこまで進んでない。論理はそれまでの仮のスタイル。
自我の無いアダム、9がない。ロボット、ゴーレム状態。

903 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:19:51
モヤモヤドラゴンがあらわれた!

>>899
マナはヘブライ?なんで生になるわけねーよw

オヤジギャグの延長になってきたな

904 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:21:34
みからみからぐるぐる・・・

905 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:25:24
もうわけわかりません!!

906 :435:2008/10/17(金) 18:27:53
名前の変化はオヤジギャグみたいなもんだからね
オモイカネ、思兼、思金、シンキング,thinkingとか
形而上の繋がりか、普通に本や人で伝わったのか。
デタラメ、偶然、強引といえば、その通りだけどw

907 :435:2008/10/17(金) 18:29:26
実と殻、モヤモヤはこのスレ
で定義?された造語だから
前提として上の方読まないとわからない

908 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:30:12
まあ、たまには当たるかもな

909 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:39:33
>「実」や「殻」と同等に「過程」は大事。
>左右の柱を移動するときの論理化、実感化、の繰り返し。
実と殻が対をなすときに、過程が生まれる。
また過程と殻が対をなすときに実がうまれる。
過程と実がなすときに殻がうまれる。

そういうものではないのですか?

910 :天之御名無主:2008/10/17(金) 18:41:38
意味がわからないので簡単に訳してください

911 :435:2008/10/17(金) 18:41:58
前提として数字も意味付けされてるし
常識的によむと意味不明もいいとこ。

実と殻が対をなすときに、過程が生まれる
これはそのとおり。モヤモヤが生まれる。

でも実とモヤモヤから殻
殻とモヤモヤから実を作ることだって出来る。

その方を巡りで対立してる。



912 :435:2008/10/17(金) 18:46:33
頭で考えても完全にはわからんもの
体で感じても完全にはわからんもの
それは同じモノかもしれない。
それを
頭で考えうる限りを全てを考え、体で感じうる全てを体感したとき
どちらにも、その方法でわからない部分が残る。
残った部分を、
方程式のように解く。
といった所かな?


913 :435:2008/10/17(金) 18:53:09
てか909のいってることは全部あたり

上のは訂正
実と殻が対をなすとモヤモヤが隠れてしまう
見えなくなってしまう。わからなくなってしまう。
という表現の方が適切。

914 :435:2008/10/17(金) 18:59:07
殻とモヤモヤ=実
実とモヤモヤ=殻
実と殻が対をなす=モヤモヤ隠れ、定式化。
子供から大人になる間に社会の影響、自分の考えで
いろんなものが、モヤモヤ隠れ、定式化
されている。そこを崩してモヤモヤを見るのが生命の木の大半の目的。
だと思ってる。


915 :435:2008/10/17(金) 19:04:20
モヤモヤをみるのは危険だから
生命の木は、まず倫理観の修養をさせるようにもできてる。
モヤモヤを見た後にも再び倫理、常識を取り戻し
モヤモヤを封印するよう警告してるようにも思う。


916 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:08:37
>>909
薬屋が同じようなこといっているよ。
化け猫退治のね。言い回しは違うが概念は似たようなもの。


917 :435:2008/10/17(金) 19:08:41
殻とモヤモヤ=実
実とモヤモヤ=殻

これらででてくるモヤモヤは真のモヤモヤじゃない。モヤモヤの断片。

実と殻が対をなす=モヤモヤ隠れ、定式化
この状態で隠れているのが真のモヤモヤ。

日本神話てきにいえば
アマテラスの岩戸隠れ、身を隠した独神たちに当るのかな?



918 :訂正:2008/10/17(金) 19:11:43
薬屋 ×
薬売り 〇


919 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:18:26
>>881
色即是空
空即是色

920 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:20:11
アメリカネイティブインディアンの間では夢は現実と等価だと説明されますね。

921 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:31:58
聖域ユニマトリックス・ゼロに訪れたセブンオブナインは。どこ?


922 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:37:39
もやもや

923 :天之御名無主:2008/10/17(金) 19:38:39
わたしは、すべて、すべては私、



924 :天之御名無主:2008/10/17(金) 20:07:03
モヤモヤ

925 :天之御名無主:2008/10/17(金) 20:26:47
ザワ、ザワ。

926 :435:2008/10/17(金) 20:33:15
夢は形而上のモヤモヤが現われたもんだね。
これも夢と現実という言葉を当てはめなければ
どちらも現実といえば現実。夢といえば夢。
カバラなどの体系伝承グループは唯心論的世界より秩序を好む?



927 :天之御名無主:2008/10/17(金) 20:38:20
>>926
とりあえず生命の木の体系に自分の思う概念を入れてください。

じゃないとこのスレの意味がない。

928 :天之御名無主:2008/10/17(金) 20:56:42
夢は現実の心の理(ことわり)が具現化したもの。
それを読み解くことが重要。

それは現実の実在とは違うが、心が受け取る現実とは夢のようなもの。

人が成す現れる象は形、形は人が成すものとの結びつき仕組みが生む関係
で必要なもの、心が夢の形を表し仕組みが成せば、即ち現実の真。

929 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:02:39
無秩序に見える中に、秩序を生む流れを見つけ、
選び出すのではなく、無秩序を活かしその流れを芽吹き、
育てる経路に、意味があるのだろう。

930 :435:2008/10/17(金) 21:04:12
逆に根源では夢を生み出すもの、夢の出来事そのものが現実の心を
生んでるとも言える。この考えは危ないが
でもそれを見て対策を講じるのが生命の木ともいえる。

931 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:08:24
夢は、無秩序の中の実、それは種子、卵である。
生み育ててこそ、現実の生命のように具現化する方向ね進む。

それは魂が生命の形を生む流れのようなもの。神秘なことである。


932 :435:2008/10/17(金) 21:13:18
じゃあ
Aをやるかな。論理的に
理解、客観、対、天地、体感的なのは後で、結局論理とも合致すると思うけど。
>>820
の続き。論理的数秘連想は数珠繋ぎ。前の数字についての考えが次をすぐに産む。
それまでの数の概念を含んでる。最初の亜イン、アインソフ、アインソフオール
の考え方を踏襲しつづける。
@の魔術師的、ペテン的、意識しなければ、結局全ては同じともいえる。←危険思想?

>>820で生まれた天地、0と1これが個数的には、Aになる
(0、1)=2
論理スタイルは最初の真のモヤモヤを否定し忘却し続けることで前進する。
しかし、それは真のモヤモヤを意識してるわけだから、奥底で
肯定しつづけてるとも言える。

(0、1)=2この対で「実」と「殻」ができた。0、1の前の
真のモヤモヤを封じ込めた。
本能(意識できる、)と理解が生まれた。事が分かれた、事割、ことわり、理。
01とおなじようなことしてるけど、01行為自体を意識することで
意識的に具体化した。01行為を安定させた。







933 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:13:47
生むとは創造のの流れであり、形なきものが形をなし、
心なきものが観念てきな心を得、存在にたどり着く。
天から授かり、宿で育ち、命は働く。
その命とは存在が意を成すということであり生命を特定している
とは感じ得ない。


934 :435:2008/10/17(金) 21:15:46
夢や実といった考え方、捉え方さえ崩壊させる
だから真のモヤモヤは怖い。

935 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:18:53
理。王と里を別ける。

陰陽を巡廻する流れを仕切るのと同時に陰と陽それぞれが独立した
立場でも輪廻する形。

936 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:21:29
もや、もや、もや。(ザワ、ザワ、ザワ)

937 :435:2008/10/17(金) 21:21:58
Aは人間が意識的に扱える世界を作ったといえる。
成文化したといえる。

938 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:23:11
もはよう。(もや挨拶のこと)

939 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:25:47
空波斬
大地斬
海波斬

さてメラの次は何がいいか?ギラ?


940 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:37:33
>934
> 夢や実といった考え方、捉え方さえ崩壊させる
> だから真のモヤモヤは怖い。
それは、モヤモヤから具現化してしまったからでは?
真のモヤモヤは具現化しない感じるが、

941 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:45:58
魂はどこから生まれますか?

942 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:50:35
おおっ!いいかんじにモヤってますね。がんばってください。

943 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:54:26
アイ−ン

944 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:56:39
夢は時間を裏切らない♪ 時間は夢を裏切らない♪

945 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:58:23
>>932
モヤモヤってなんですか?

946 :天之御名無主:2008/10/17(金) 21:58:32
オーガンダム 0無
ダブルオーガンダム00無限
トリプルオーガンダム000無限光


947 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:07:27
>>945
たぶんですが

意味世界に置いては、白と黒の狭間のグレーの部分のようで
それは灰色ではなく、白または黒のどちらでもない部分。
海と陸の間にある砂浜の波うち際の部分。
宇宙と空の間にある、熱圏のような部分。
海と大地の隙間にある、バイストンウェル
昼と夜の間にある夕方の一瞬でどちらでもない部分。
未完成であり、秘めたものであり、潜在的なもの。
光と闇の狭間の世界。
そんな雰囲気のもの。

948 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:10:11
>>947
ではムラムラはなんですか?
あとムチムチと、シコシコを押しててください。

949 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:16:21
>>948
ムラムラとは無裸無裸。つまり肌が無いことを示します。

ムチムチとは、鞭鞭、つまりSMな人がいたい状態を表現します。

四股四股とは、おすもうさんが4つんばいで、這う状態をしまします。

実に分かりやすい説明でたのしめてもらいましたか?

950 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:21:52
私はモエモエが好みです

951 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:22:29
3角が安定を示し(3点で安定させる)
6角が静的に定着を示し、(上下左右前後6面を止める)
9角が究極に固定するものを示す(完全に固定する)

これは正しいのかな?


952 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:26:07
四画が刺客、ちゃんの仕事
互角が、同じ剣士同士の相打ち
7はラッキー

953 :435:2008/10/17(金) 22:26:09
>940
そのとおり
ペテンといえばそう
味気ない言葉でいえば無、何も無い、表記しないこと
形而上のモヤモヤを人の根源とした時、真のモヤモヤなどありはしない。
だから怖い。理性的恐怖。妄想。強すぎる意志。新しい過去の創造。
しかし形而上のモヤモヤを倒せるかもしれない唯一のもの。

そして
やっぱり形而上のモヤモヤから生まれたもの。(といってしまうと
こいつ自体が形而上のモヤモヤ化して無限後退なんだが)
ここは後でもう一回かくかも。このコンがらがりを考えるのがBになる。
基礎知識があれば知ってると思うけど、生命の木において、
0、00、000、1、2、3までは何でも許される脳内の事。そこには
形而上のモヤモヤすらいない。トリック。でも人は脳を使っちゃうんだがね
アホらしいといえばそのとおり

3角はこの脳内の安定(オレはまだBについては書いてない)
精神的安定とは又違う。
C以降が肉体的(精神もふくむ)、現実的。

この文章はやばいです。

954 :435:2008/10/17(金) 22:30:28
この脳内の理性的トリックはよくある
運命の3女神なんかで
象徴される。

955 :天之御名無主:2008/10/17(金) 22:46:16
>>953
形而上のモヤモヤとはなんですか???

956 :435:2008/10/17(金) 22:55:22
論理的スタイルの
基礎には実態はないといえる。
それは形而上のモヤモヤを封じ込めてあるから。
真のモヤモヤという本来居ないはずのデミゴッドを使って話は進む。

>>953
形而上のモヤモヤとは
本能と理性の間にあるもの。これから本能や理性にかわるもの。
本能とも理性ともいえない、人の心にある混沌としたもの。
芸術家にインスピレーションをあたえるもの。
普段は>>932、のAの方法で隠されてる。隠されてない人もいる。
それは天才かもしれない、変人かもしれない。

言葉で完全な説明は難しい
このスレのタイトル、主題である。生命の木をじっくり解いていく事で
みつけられる。



957 :435:2008/10/17(金) 22:56:49
>>956中段は
>>955あてね。


958 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:04:02
>>955
形而上学の類いで何かあるようでないもの、それが鬩ぎ合い何かを成さんと
そして生じようという情況の比喩だと感じます。
それは真の不明確な形の無い永遠につづく暗黒の海のようなものではない、
そんなイメージのもの?
さあ435の意見じゃないけど


959 :958:2008/10/17(金) 23:06:53
435本人に先を越されて意味不明にw

960 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:08:43
もやっとしてきましたね。

961 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:11:35
>>956
>>958
話しの方向をカバラに修正しろ

しないなら出て行け

962 :業務連絡>>435:2008/10/17(金) 23:17:54
スレ作りました、引越します
>http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1224252947/
>【435】〜生命の木〜【もやもや】第1章


963 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:41:40
ここ使い切れよ

964 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:45:39
良かったのか悪かったのか

蛇に幻想の、はけ口ができて蛇は満足のようだ




965 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:45:51
962 :業務連絡>>435:2008/10/17(金) 23:17:54
スレ作りました、引越します
>http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1224252947/
>【435】〜生命の木〜【もやもや】第1章

もやもや

966 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:49:13
蛇の本格的なクリフォトの木か・・・

なんでもいいから幻想を形にする、きっかけが欲しかったのだろう。

967 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:49:23
>>964
蛇は龍になる。


968 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:50:35
教科書君には分かるまい。何故って?丸暗記だから

969 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:50:46
もやもや〜とは実体のない幻想である

見つけたら、もやもや鑑賞を楽しむように

970 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:51:33
スレ作りました、引越します
>http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1224252947/
>【435】〜生命の木〜【もやもや】第1章

971 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:52:54
ん?教科書の基礎と応用が基本だ

独学の勉強と直感の組み合わせ

それで真実を得てきた。

972 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:53:00
>>969
幻想と妄想は違うのよ

幻想は見えちゃう もやもや。
妄想は見えない もやもや。

973 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:54:06
>>971
真実とは、表現できないものを言う。

974 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:55:16
モヤモヤ詐欺に騙されないように

975 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:55:33
>>971

君の脳内での真実があり、それは現実の真実ではない。



976 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:56:58
真実とは、あるものである。

幻想とは、ないものである。

本来の意味を曲げてはいけない。

977 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:57:06
もやもやは、形を表さない。形に見えるのは偶像を進行するものが

形に拘るからにすぎない。

神は名前も形もない、神の名は扱う為のもやもやにすぎない。

978 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:58:03
>>975

はいはい

979 :天之御名無主:2008/10/17(金) 23:58:17
心は真実である。それは無いわけではないが、

あるものとして表現できないだけである。



980 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:00:13
ほんとは、〜生命の木!?〜モヤモヤドラゴンの巣窟 が良かった。

981 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:00:31
心に映るもの、それは心が移した幻である、それは心の中の存在であり
心の中の幻は実体ではない。

だがその幻は真実である。

物と音として聞けば、音の幻想が作られ、色としてみれば色の幻想となる。
すべて心の中に描かれた幻にすぎない。
それが真実である。

982 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:01:21
心は真実である。・・・

もう意味崩壊してるのに気づいてねえええええええええ

983 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:01:33
>モヤモヤドラゴンの巣窟
もやもや龍の巣窟。カッコイイではないですかwwwwwwwww

984 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:02:31
なんかカッコいいこといいたいんだなーこいつは・・・

985 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:03:09
君の心は虚実に満ちている。

心は全てを移す鏡でもある。そして全てを繋ぐものでもある。
全ての中心でもある。こころを知ることは自分を知ることで
自分を知らないものは心を否定する


986 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:03:48
なんかカッコいいシンクロきたー!

987 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:04:05
>>984
カッコイイ。かっこよすぎます。

前に進む力はカッコイイ。卑屈に否定するものはカッコワルイ。

988 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:05:25
負の感情はダークサイドに支配されている。平常心を失せた君には
感情に支配されつづける。

こころを平常にもたせたまえ。

989 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:07:46
最低限、否定するのは妄想に惑わされる人々が続出するからだぞ

ほんと恐いよ

それを見抜けないで仲間になってるアホもこええよ

990 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:08:40
妄想は、瞑想へいたる前段階です。

瞑想をするには妄想の状態を経由せずにたどり着けません。


991 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:09:31
>>988
人に向けた言葉は本人自身の心を移してるんだぜ

心理学的に


992 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:10:28
心理学を学んだことが無い人が心理学を語っていまます↑

993 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:11:26
もうお風呂の時間だー

早起きしたのでいつもより疲れてる

994 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:11:42
>>991
感情に支配されている人は情動によって心を表現しますが、
理性と魂の要因で生まれた言葉には心でなく、常に冷静の理で表現されるわけです。
賢くなるように。

995 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:12:18
>>993
お疲れ様です、もうこなくていいです、二度とこないでください

996 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:12:19
なんで決めつけるんだべ

997 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:13:01
埋め

998 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:13:25
貴方は理と感情でしか表現することができないから分からないだけです。

それ以外の要因での行動は人でも行うことが可能なのです。


999 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:13:32
いくわけねーだろ 闇の木に

1000 :天之御名無主:2008/10/18(土) 00:14:14


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)