5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?

1 : :2005/08/30(火) 17:42:45
違いますか?

2 :天之御名無主:2005/08/30(火) 18:08:32
「セブリ物語」でしたっけ?
あれを見たら、意外とサンカの皆さんは
懐が深いっていうか、はぐれモノみたいな人も
仲間に入れてくれたみたいですから、全くの別個では
無いんじゃないかな…(極論では韓民族でもOK?)
自分はエミシ地方在住ですが、サンカじゃありません(当然ですね)
妄想ですが、ウチの社長がサンカじゃないかって疑ってます(なんとなく)
「堀江」っていう苗字です。長文妄想失礼

3 :天之御名無主:2005/08/30(火) 19:25:47
堀江は普通に倭人に多い名前

4 :天之御名無主:2005/08/30(火) 19:49:58
サンカって民族なのか?

5 :天之御名無主:2005/08/30(火) 20:43:00
もののけ姫のアシタカはエミシ?サンカ?

6 :天之御名無主:2005/08/30(火) 21:34:49
>>5
あれは蝦夷じゃないか?

映画の中で「大和との戦いに敗れて500年。今では大和の国力も
衰えたという。」
と言うセリフやアシタカが出身地を聞かれたときに
「東と北の間、それ以上は言えぬ」と言っていたから
アシタカは東北地方の蝦夷だろう。

7 :天之御名無主:2005/08/31(水) 00:05:06
山窩について分かっている事

・独自の言葉(サンカ語)を使用
・サンカ文字の使用
・狩猟生活を主としていた
・大和朝廷に追われて山に逃げた住人説
・もともと日本列島にいた原住民説
・サンカ自体が存在しなかった説

8 :天之御名無主:2005/09/02(金) 21:58:19
なんかサンカってミステリーでロマンを感じる。
大変な生活だっただろうけど、仕事であくせくしている漏れは、山を見ると思ってしまう。

9 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:05:56
サンカって何なんだろうな、ただ者ではないな、
今でもいるのか?

10 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:20:10
いるよ
今は定住して部落民やってる

11 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:25:38
部落民やってるのかーw

12 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:32:16
それまであんまり接点無さそうな今の総理と記念真紀子さん
一時は仲良かったのにね…
派閥みたいのがあるんかな?
ウチの近くのスーパーマーケットに東京スター銀行のATMがあって
手数料無料の便利そうなモノなんですが
なぜかちょっと躊躇しちゃう…差別じゃないんですけど

13 :天之御名無主:2005/09/02(金) 22:51:31
サンカって呼び方は近代に警察組織が言い出した呼称だから、
同じに並べて比較するのが論外なのと違う?

14 :天之御名無主:2005/09/04(日) 08:47:19
そう、サンカつうのは「山家」からつくった警察語。
ポンとか川人とか、地方によってさまざま。
故首相の父親は馬の仲買人と言うことになっているが、
実はいわゆる山の民、「世間師」だったらしい。
わしゃこのオッサン、アメリカの謀略でポシャッたと信じとる。

小泉の父は薩摩郷士、母方祖父はイレズミ大臣。
やっぱ「異端」の人しか、改革できない。

15 :天之御名無主:2005/09/04(日) 09:44:49
↑の故首相の父親って故首相は誰なんでしょう?
ウワサに上ってるヒトは新潟のオヤジと今の総理くらい
しか知らないですが…

確かに「山窩」だと馬鹿にしてる気配があるけど「山家」だと
チトかっこいいかも。「客家」みたい感じ。

16 :天之御名無主:2005/09/04(日) 10:01:32
隼人は蝦夷とは言葉の体系もDNAも共通性も見られない。
人種的には江南当りの中国系だと思われ。

魏誌倭人伝のせいで日本の歴史記述は魏だけのように思われているが、
当時は、魏呉蜀の3国が分かれていた時代だった。
三国志の魏誌以外に呉誌、蜀誌には蛮夷伝を持っていないので、実は
呉と沖縄・南九州との関係があっても掲載されなかった可能性が高い。
呉の地名や呉服という表現は国内にもあるのだ。

当時、九州は、魏(北九州の倭)と呉(南九州の奴)の代理戦争の場であ
った可能性もある。

17 :天之御名無主:2005/09/04(日) 18:46:33
>>16
隼人は日本人であることは間違いないが
南方インドネシア系の特徴を有すると言われています。
蝦夷については人種的な区分からきたものでは
ありません。

18 :天之御名無主:2005/09/04(日) 18:48:55
16はなかなかおもしろい見識であるが
スレ違い気味(そもそもスレッドタイトルが変)
できれば南九州人スレッドでお願いしたい

19 :天之御名無主:2005/09/04(日) 19:47:54
>>17 
適当なことを言うな
隼人は古代ゆだやだ

20 :天之御名無主:2005/09/05(月) 15:17:18
>>9
サンカは確かに歴史のロマンを感じるね。
俺は東北地方に住んでるから蝦夷にも興味がある。
大和に歯向かったアテルイとかロマンを感じる。
もののけ姫のアシタカも蝦夷族だから、
もののけ姫の始めのアシタカの村のシーンを見て
東北はこういう感じだったのかな〜って、
日本の陰の歴史に想いをはせる。

俺の先祖も大和民族ではなく蝦夷民族なんだろうな。

歴史が解明されてないからこそ、ロマンを感じるわけだな。やっぱ歴史はいいなぁ

21 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:38:48
>>16
DNA鑑定は普通に無理。
そもそも民族固有のDNAなどない。
>>17
蝦夷も隼人も人種的な区分ではないが
蝦夷との会話には通訳がいり独自の風習を持ってた言うから
和人とは民族的には違ったものだったのだろう。
隼人にかんしては早いうちに大和に取り入れられ今の鹿児島県大隅半島近辺と
勢力も小さかったので、蝦夷ほど史料が残されていない。 

22 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:50:48
資料がない思ってるのはおまえだけ、
隼人、隈背、土蜘蛛は大量にいた、
言語だってまるで違っている。
原住民そのものだよ。


23 :天之御名無主:2005/09/05(月) 16:53:46
蝦夷は防人にきて歌残してる
万葉的な言葉を話していたのであろうか

24 :天之御名無主:2005/09/05(月) 17:00:14
大和を渡来系にすると話がややこしくなる。

25 :天之御名無主:2005/09/05(月) 17:05:50
朝廷の人は当時、肥前風土記の中で五島列島に隼人に似た言語と
風貌を持つ人が住んでいると述べ
大分沿岸地域にも隼人がいたと伝えられる、
九州沿岸地域の古代人は隼人で内陸部は熊蘇だったと思われる。
また、常磐風土記ではこの土地の土蜘蛛を征伐しその時に使った武器から茨城と
と名付けたと書いてあるな。これが蝦夷の事なのか、それとも
九州の古代人がこちらに移住したものなのかわからない。

26 :天之御名無主:2005/09/05(月) 18:46:07
北海道にいたモヨロ人はエミシや隼人と関係ありますか?

27 :天之御名無主:2005/09/05(月) 19:56:39
>>25
たしかに隼人は海洋系の民であったという
説もあるようです。
隼人の祖とは兄弟関係にあったとする
原始天皇家の古代神話には瀬戸内海を中心とした
活動領域が見られます。

28 :國學院一OB:2005/09/05(月) 20:18:45
履中即位前記、清寧元年、敏達14年
など古代の記録にも隼人が天皇、皇子の親衛隊として
仕えていた記事が見られる。
また後の延喜隼人式によれば
天皇の遠い行幸には騎馬や歩行でつきしたがい
国の境界や道の曲がり角では
異様な発声のおたけびを
あげて邪を払ったとある。

29 :天之御名無主:2005/09/05(月) 20:27:37
イザナミ/ギも基本的に隼人だったんじゃないかな?
そして、魏志倭人伝で魏の人がみた伊都国、伊邪国の
倭人も隼人の後裔だったのでは。
ニギハヤヒも隼人では。


30 :國學院OB:2005/09/05(月) 20:44:01
隼人が海洋民であるならば
その可能性は否定できません。
隼人の末裔の人々は現在でも
血液型指数、指紋指数においてやや特徴的な数値を示し
身長が低い等の人類学的特徴が見られるそうです。
そこを舞台とする紀記神話のモチーフは
インドネシアなどの東南アジアのそれと共通するものがあるので
隼人をインドネシア系種族とみる説もあります。

31 :天之御名無主:2005/09/05(月) 20:53:01
さて、後に神話さながらに天皇を担いで
東京まで東征を果たした隼人と違い
エミシ、サンカなどは左翼反体制の人達が
幻想を重ねやすい存在である。

しかし、サンカ研究の第一人者と言われる
三角氏によればサンカの人達は非常に皇室を尊重しており
その点では単純にマルクス的な反体制の人々であったのではなく
そのような政治的思惑から担ぎ出すべき人達ではないのである。

32 :天之御名無主:2005/09/05(月) 21:16:02
>>30
指紋指数、血液型指数って何?
蝦夷は?

33 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:00:55
エミシについては昔からアイヌ説があるが
現在では否定的であり
辺境に住む日本人だったというのが有力ですが
明確な決着はついていない。
地域については東北以北であることは
大和朝廷が築いた冊や城によりあきらか

34 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:22:48
サンカの人たちがスサノオを敬ってるっていうのは
聞いた事があります、もともとは天津神である神を。
(ウワサで聞くだけですけど)
強い上昇志向もアマテラス憎しっていうより
見劣りしないくらいの勢力になりたい現われかも?

35 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:44:34
血液型
日本人の平均
A型39%・O型29%・B型22%

青森
A型32%・O型34%・B型25%
鹿児島
A型42%・O型28%・B型20%
http://www.fukushima-bc.jp/new_page_70.htm

ちなみに韓国
A型33% O型27% B型27%
中国 華北
A型30% O型33% B型29%
中国 華南
A型27% O型44% B型23%

青森ではB型とO型が多い。
鹿児島ではA型が多く沖縄に下がるとO型が多くなります。
フィリピンやインドネシアではO型が多くいずれも40%を超えています。
日本人のA型比率はアジアでは最も多く特徴的です。

36 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:45:06
指紋は都道府県別のデーターはないけど
弓状紋は東北に最も多いそうです。
指紋三叉数では朝鮮15.00、北海道アイヌ12.97で中間に全国各地方、
沖縄はアイヌに一番近い数値を示し13.45。

37 :天之御名無主:2005/09/05(月) 22:58:47
>>33
>エミシについては昔からアイヌ説があるが
>現在では否定的であり
特に戦中は天皇を中心とした神の国、八紘一宇の言葉に示されているように
日本人単一民族説が優勢だったようです。
というか、そう信じたかったようで、日本に異民族がいたことを否定するむきがあります。
本当に日本は単一民族だったのでしょうか?

38 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:00:54
違います、戦中はアイヌが混じる日本人=アーリア人思想を
喧伝してました。

39 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:05:40
>>38
皇国史観ではアイヌの存在はタブーでした。
アーリア人至上主義のヒトラーが日本との同盟を正当化するためにアイヌを白人にでっち上げたのです。

40 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:14:15
日本は多民族国家だったんだな!!!!すげーーーー

41 :天之御名無主:2005/09/05(月) 23:37:03
>>33
アイヌ語に近い言語を話していたと思われるが
アイヌ=蝦夷ではないと思う。

42 :天之御名無主:2005/09/06(火) 00:47:23
ポリネシア人はB型がないという特徴をもつらしいです。

43 : :2005/09/06(火) 14:32:48
蝦夷や隼人は何語話してたの?

サンカは?

44 :天之御名無主:2005/09/06(火) 20:58:35
ヘブライ語

45 :天之御名無主:2005/09/06(火) 22:37:10
>>20
もののけ姫の製作前に宮崎監督は奈良にいらした。
葛城の道と呼ばれる古代大和朝廷の葛城氏の根拠地、御所市だ。
この当りは高天原という高原で、金剛・葛城山系の森深い土地で一言主神社
等の古社も多い。氏の古代日本の森のイメージのネタになった場所の一つと
思われる。

ネタばらしすると当地は足高一族の土地で、農家のどこもかしこもアシタ
カなのだ。氏のインスピレーションの素材としてこれは大きく影響したも
のであろう。

46 :天之御名無主:2005/09/08(木) 04:51:30
宮崎監督って毛深い縄文的な顔立ちだな。

47 :天之御名無主:2005/09/12(月) 03:53:43
YATTA YATTA SANKAGA KATTA
YATTA YATTA ROCKEFELLERGA KATTA


48 :天之御名無主:2005/09/12(月) 14:19:49
>>47
田中真紀子が圧勝できなかったのは、いいの?

49 :天之御名無主:2005/09/12(月) 21:32:24
日本を統べるっていう究極の目的があるから、
コントロール効かない真紀子氏、切るのもしょうがないかも
所詮、総理も権力の中枢に入ったサンカ系官僚たちも
裏の権力からすれば、駒なのかな。

関係ないけど、「踊る」シリーズの秋田出身の俳優の役、見てると
あの一族の姿に重なりますね。
「オドル」ってナンカ意味ある言葉だったような…
安いB級雑誌に書いてた

50 :天之御名無主:2005/09/22(木) 03:14:47
どうせまた思い込みを繰り返すだけのオナニースレなんだろ?

51 :天之御名無主:2005/09/23(金) 03:41:42
jijitsuです

52 :天之御名無主:2005/09/25(日) 05:57:30
告白するとオレもいっときサンカに憧れた。
でも今じゃ、江戸末期の流民の末裔+近代の社会脱落組、
と考えてる。
またおなじ縄文系の原住民でも
エミシ(エンチュ、エゾ)はアイヌ人、東日本人の先祖だが
隼人とは微妙に系統が違うと思う。
むしろ近畿の山岳部、境界領域に住む「中頭人集団」が
蝦夷の末裔かもしんない。
ちょっと菊池説はいってるけど。

53 :天之御名無主:2005/10/03(月) 20:16:57
蝦夷ってのは見た目カープの栗原みたいな感じかな?

54 :天之御名無主:2005/10/07(金) 12:24:45

蝦夷や隼人は、大昔から日本に住んでいた民族(部族)の名称です。

それに対してサンカとは職業をさす言葉でして、次元の違う問題です。

サンカと言うより、箕つくり、川漁師と言った方が分かりやすいでしょう。

55 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:25:50
ハヤトは倭人伝の入れ墨したイジャ国とかの倭人だよ。
後に畿内の人が風土記で五島列島人がハヤトに近いと言っているが
実はちょっと前は博多のほうもハヤトだった。
宇佐のハヤトも渡来系か畿内系に征伐された。
つまり倭人と畿内の人は言葉や文化がまた違うって事。

56 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:27:45
なぜ日本は欧米と何もかもが違うか、、
日本人は欧米のマネをしているのにどうみても欧米の真逆
日本は欧米の正反対なんだ!
なぜそうみえるのか?俺は分かった。
欧米は動的かつ変化が激しい。
東洋、異に日本は静的かつ定型的。
ロック、ポップ、ベリーダンスと
能面、盆踊り文化の違いではないか?
日本はその顔の違いもさることながら雰囲気が
コーカソイドと全くまるで違う
能面のような塗り壁顔が丸暗記して同じ動作をするのが日本の真骨頂。
まさにこれこそが欧米の正反対極東日本の正体だと思う。
だから欧米のマネしても全然違う。
西アジアやポリネシア人は欧米人に極めて近い

57 :天之御名無主:2005/10/07(金) 16:42:16
愛知、三重、静岡、千葉、長野、福岡、大阪
各県人の祖先はアラブ拝火教徒である

58 :天之御名無主:2005/10/08(土) 00:58:24
なんだかキチガイばっかりだな

59 :天之御名無主:2005/10/09(日) 16:19:13
>>41
>アイヌ=蝦夷ではないと思う...
とりわけ東北地方に濃く残るペチ、ナイなどのアイヌ語由来の自然地形語から、
普通に考えれば、少なくとも現在の東北地域の先住民はアイヌと同族だよ。

60 :天之御名無主:2005/10/13(木) 02:05:52
>>5
亀でスマンが、もののけ姫の舞台って島根のタタラ場なんだろ。石見銀山とかの。
アシタカという名前は、下北に実在したアイヌの酋長の名前からとったのかもな。
蝦夷は出雲族だったという説もあり、宮崎はそれを意識したのかもしれない。


61 :天之御名無主:2005/10/15(土) 01:18:23
山窩が被差別民といわれてもピンとこないな、三重には定住した山窩の部落が
あるそうだけど。


62 :天之御名無主:2005/10/15(土) 01:41:40
アイヌと山窩は違うと思う、山窩は文字を持ってたらしいから。

63 :天之御名無主:2005/10/15(土) 05:18:08
>>60
意識というより、映画のパンフには
蝦夷と倭人の戦いの話と明記してありました。
かれこれ10年ぐらい前の話ですが、興味あったので
はっきり憶えてます。

64 :天之御名無主:2005/10/15(土) 16:44:54
エミシもハヤトも、縄文時代から日本仁に住んでいたという意味では同じだな。

65 :天之御名無主:2005/10/15(土) 17:04:17
ハヤトは呉越系という説だってあるぞ、倭人伝みると
博多の倭人が南から来ました的なことを言ってるし
関東東北のエミシだってそうさ、弥生時代中期には
朝鮮の埋葬文化を受け継いだ人出雲族が移り住んでいるわけだし。

66 :天之御名無主:2005/10/16(日) 03:33:35
まぁ博多の倭人が北から来るとは思えんがな

67 :天之御名無主:2005/11/14(月) 17:59:03
蜂蜜を輸入しているんだけれど、
めちゃくちゃ関税が高いんだよね<あと革製品。

革製品はおそらく部落対策なのかな?と思うんだけれど
蜂蜜は山窩対策だと思ったんだが、違うのかね?

68 :天之御名無主:2005/11/14(月) 22:22:38
「民族」ってのは「人種」の区別ではなく、「文化」の区別。
こういうスレって、そこがごっちゃに語られがちだよね。

69 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2005/12/14(水) 23:18:24 ?##
     //
   _//
/ ||_ノ          __________________
\/// ̄\      /
 |> <_> \     | 我々の要求は、沖縄県における最大規模の大図書館の建設だ。
 く\___|    <
 |∇     \   | 明日宮内庁を爆破する。
  \__/       \
    |≧||≦ ̄|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

天皇制と文明論 〜恐るべき国民統制のカラクリ〜
天皇制の実質的な地位は、明治政府の意図した絶対的権力に基づく国家思想そのもので
あり、社会整備や、教育現場における最高権力であった。しかしながら、その時代背景
には、権力者が独占的に政治と資本を支配し、その結果、国民の無権利や、不平等格差
が非難され、政治家への暴行、及び暗殺事件が多発していたことからも示されるように、
天皇制絶対主義という位置づけがなされたのである。
さらに、日本が軍事国家として巨大化していくうちに、天皇制絶対主義はこれとは違うもう
ひとつの様相を有してきた。それが世界でも有名な、植民地支配の象徴である。日本国民
はそれまでの不平等格差を政治家や天皇に向けるのではなく、侵略することによって解消
し、それこそ子供だけでなく大人までもが、天皇制の意義を見出すようになったのである。
世紀の大混乱の中で支持された天皇制絶対主義とその思想文学は、現代においても侵略的
意義(琉球民族とアイヌ民族の国家的侵略)の組み込まれた大和民族のアイデンティティー
そのものであり、他民族圧殺という民主主義プロパガンダを脈々と流しつづけているのである。

70 :天之御名無主:2006/01/28(土) 16:48:05
家の近くにサンカの末裔と
思われる人がいます
ネタじゃないです。


71 :天之御名無主:2006/01/28(土) 17:43:47
>>70
すこしは、それらしい証拠をしめせ

72 :天之御名無主:2006/02/25(土) 07:49:05
恣意

73 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:24:42
ほしゅ

74 :天之御名無主:2006/03/25(土) 00:46:38
山窩について分かっている事

・独自の言葉(サンカ語)を使用 →全国共通らしいwというよりも山言葉?
・サンカ文字の使用 →こちらも全国共通らしいw
・狩猟生活を主としていた →これははっきりしない。色々やっていたらしいから。
・大和朝廷に追われて山に逃げた住人説 →これはない。小野宮からの山に入る許可状(代々受け継ぐ秘伝)がないと入れない事になってるからまずない。
・もともと日本列島にいた原住民説 →大いに有り得る。
・サンカ自体が存在しなかった説 →サンカと呼ばれてる人々はサンカと呼ばれてると認識してない。


75 :天之御名無主:2006/03/28(火) 07:07:58
サンカはやっぱ、江戸末期以降のアウトロー、社会のドロップアウト組でしょう。
蝦夷も隼人も縄文人の子孫。

エミシはアイヌかなんて本末転倒議論が今でものこってる。
東日本の縄文人が「エミシ」と称され、その南半分がじょじょにヤマト文化を受け入れて関東・東北人に
なった。いっぽうヤマト文化受け入れを極力拒否、独自文化を生み出したのが
アイヌの人たちでしょうが。


76 :天之御名無主:2006/03/28(火) 18:10:26
かなり濃厚な、サンカ論争してるページです。一度、覗いて下さい。

私はサンカ?二つ目の疑問
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1143336808/l50



77 :天之御名無主:2006/03/28(火) 19:25:57
つか

全て離れない?

78 :天之御名無主:2006/03/32(土) 17:41:53
東日本系縄文人→エミシ→独自文化→アイヌ民族
          L→和人化→東日本人

近畿・西日本弥生人→和人→近畿地方人

西南日本人→隼人・熊襲→和人化→西南日本人
     L→→独自文化→琉球人

サンカは近世の流民。
ただ近世以前の狩人、山の民、まつろわぬ者には、
縄文系原住民の血が色濃く流れていよう。


79 :天之御名無主:2006/04/02(日) 01:08:12
つまり今でも謎なんだね

80 :天之御名無主:2006/04/12(水) 17:52:17
謎だ謎だと騒いでるのは一部の物書きライター。
それでメシ食ってるからな。


81 :天之御名無主:2006/06/08(木) 17:21:06
上げ

82 :天之御名無主:2006/06/09(金) 09:46:42
現代に続く山窩を考えよう!!
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/out/1077625078/

83 :天之御名無主:2006/07/23(日) 22:59:03
山窩はツチグモとも同じ意味だろう。



84 :天之御名無主:2006/07/31(月) 22:45:35
さて

85 :天之御名無主:2006/08/01(火) 00:21:15
   >>83                 r "
   このバカ消えろ!?         \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                 .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
                ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛  =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: :


86 :天之御名無主:2006/08/01(火) 00:26:12
近畿人?

また新な雑言がでたぞ!

87 :天之御名無主:2006/08/02(水) 23:33:17
山窩は一言主神の系列とじいちゃんに聞いた。奈良在住より

88 :天之御名無主:2006/08/31(木) 09:02:22
エミシはアイヌ語の刀で後の武士です

武士の系図が全て天皇家に繋げてあるのは出自を隠す為です

89 :天之御名無主:2006/10/22(日) 23:17:26
>>88
確かに全ての武家は源氏と平氏がルーツだよなw


90 :天之御名無主:2006/10/24(火) 01:58:09
そしてそのルーツを今現在継承しているのが政治家だよね
もちろん今は参政権のある人が政治家になるチャンスは有るわけだが
系図を持っている政治家はやはり大物になっている
そこでその系図をもしすべて検証出来るなら
逆に出自を隠している者をピックアップ出来るはず
さらに余り意味のない偽造された系図など排除し
さらに絞りこんだ結果を出せればきっと何かが分かるはず
もちろんそんなことなど無理であるが。
が、それが可能な人物もいるはずである
とどのつまりはタブーが存在すること自体が

91 :天之御名無主:2006/11/04(土) 00:22:12
報道ワイド日本 −11月1日号 (3) / 4
★平成18年11月1日 初回放送★
キャスター:高森明勅・児玉千洋
◆ゲストコーナー
ゲスト:筒井功(民俗研究家)
箕作り、竹細工、川魚漁、遊芸を生業とし、定住せずに山野を
渡り歩いていたと言われる幻の漂泊民「サンカ」。その実態は
謎につつまれ、独自の文字や言葉を使う“日本人と異なる
系譜を持つ人々”としても語られてきた。しかし、それらの多くが
虚像であることが、次第に明らかになってきている。
まことしやかに伝えられる「サンカ」像を創り上げた三角寛の虚説を
綿密なフィールドワークによって覆した筒井功氏をお迎えし、
著書『サンカの真実 三角寛の虚構』をご紹介しながら、
「サンカ」の歴史や実像についてお話を伺います。
http://bb.ch-sakura.jp/search.php?s%5Bgenre%5D=34

92 :天之御名無主:2006/11/11(土) 13:45:42
デブ 習慣あさ 出版お断り イチャモン専門 熊LF出入禁止 トンでも本 ピカ禿げ 盗作男 きらわれモン インチキ派下 

93 :天之御名無主:2006/11/11(土) 14:47:50
筒井(似非民俗研究家)の本、デタラメ本。偽サンカの取材、人のパクリしかしてない、似非サンカだった。嘘八百のひどいサンカ内容、滅書本だ金返せ〜〜〜

94 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:05:38
嘘八百でないサンカ本があるとでも言いたそうだなw

95 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:16:53
>>94 は「サンカを学問的にまなぶ(アラシ厳禁)」
  スレから、余りに低脳wwww アラシでしたのでwwww

俺が追い出したwwww きらわれバカモンwww アラシだwwwwス

>>94 に 絶対www相手しないで下さwwww コヤツは脳無のアラシwwwwス

96 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:27:04
なんかかわいそうな人がいますね。

97 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:38:13
↑96のこと?
 「デブ 習慣あさ 出版お断り イチャモン専門 熊LF出入禁止 
    トンでも本 ピカ禿げ 盗作男 きらわれモン インチキ派下」って 

98 :天之御名無主:2006/11/11(土) 16:43:23
>>94=>>96

99 :天之御名無主:2006/11/11(土) 18:03:30
蝦夷→俘囚=朝廷に属さない東北原住民の蔑称→朝廷に服属した後は俘囚と呼ばれた。
熊襲→隼人=朝廷に属さない南九州原住民の蔑称→朝廷に服属した後は隼人と呼ばれた。

100 :天之御名無主:2006/11/11(土) 18:39:57
            ∩_ 
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ < 面白い ! 100ゲット!
 彡、   |∪|  /  
/ __  ヽノ /
(___)   /


101 :天之御名無主:2006/11/12(日) 15:47:15
サンカのカキコはサア オカルト板へ行こwwwww
  こっちですwwwww
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157719949/l50



102 :河童の三平:2006/11/15(水) 23:48:57
>>99
8世紀当時は鈴鹿山脈以東は未開で古事記にも東日本のことは
あまり出てこないんだよね。
どういうことかというと、西日本は大陸人(いわゆる弥生人系)の開発が
早くから進んだので、「熊襲」はほぼ7世紀頃までに駆逐され、そのころの
弥生人の武勇伝が古事記なんかにさかんに記録されたわけだ。
しかし、東日本は上記のごとく8世紀はおろか10世紀ころになっても
まだまだ未開地ばかりだったので縄文人の駆逐が遅れ、弥生人の進出が出来
なかったので、古事記などの記録には東日本はあまり登場しない。
古事記に東日本があまり出てこないからといって、東日本に人が住んで無かった
わけではなく、多数の縄文人の天国だったからです。
従って、「蝦夷」というのは当時(14世紀以前)は東北に限定されていたの
ではなく、中部山岳を挟んで東日本全域が蝦夷だったという事実を隠しては
いけません。

103 :天之御名無主:2006/11/16(木) 00:51:25
>>102
>8世紀当時は鈴鹿山脈以東は未開

それは言いすぎw
埼玉県の稲荷山古墳から発見された「金錯銘鉄剣」が、
471年に雄略天皇が被葬者に与えた物であったことから
5世紀には既に関東も大和朝廷の支配下にあったことが考古学的に証明されている。

>古事記にも東日本のことはあまり出てこない

確かに『古事記』に東日本の記述は少ないが、『日本書紀』の方はそうでもない。
658年には「「齶田(秋田)」「渡島(北海道)」の記述が、659年には「都加留(津軽)」の記述がある。
これらの記述から7世紀には、大和朝廷が、現在の東北、北海道についての正確な地理を理解していたのは確かなことだ。

104 :河童の三平:2006/11/16(木) 01:57:52
>>103
>471年に雄略天皇が被葬者に与えた物であったことから
>5世紀には既に関東も大和朝廷の支配下にあったことが考古学的に証明されている。

もちろん、東日本にもBC.3世紀頃から平野部の一部において弥生人が居住していた
場所があったのは事実。
特に日本海側平野部には古くから大陸から漂着民が辿り着いたことは創造に難くない。
しかし、遺跡を見ると貧弱なんだよね。西日本の比じゃない。
5世紀、関東の平野部が大和朝廷の政治支配下にあったことは間違いないだろう。
しかしそれは、平野部の一部で稲作農耕生活をする人達を対象にしていたはずで、東日本に広域に居住
してた山民(縄文系)は10世紀頃になっても多数派だったはず。

>658年には「「齶田(秋田)」「渡島(北海道)」の記述が、659年には「都加留(津軽)」の記述がある。
>これらの記述から7世紀には、大和朝廷が、現在の東北、北海道についての正確な地理を理解していたのは確かなことだ。

政治支配層(大陸系)が東日本の地理で理解していたのは、一部の稲作地に開拓された場所であり、東日本全体に広がる山塊
密林地帯や海岸地帯などの蝦夷の縄文系が圧倒的多数派であったことは間違いない。


105 :天之御名無主:2006/11/16(木) 11:52:38
住民全部が把握されていたわけではない、という話から
「圧倒的多数派」という結論にまで飛躍できるおめでたい
思考回路に乾杯。

106 :天之御名無主:2006/11/21(火) 01:05:31
>>105

君、君ルール違反だよ。


107 :天之御名無主:2006/11/21(火) 01:14:08
蝦夷が暴れまくっていたのって東北地方一帯だべ

108 :天之御名無主:2006/11/21(火) 04:07:29
>山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?

違うと思われる。
例えば蝦夷についてだが…
蝦夷は時代により書き方が「毛人」→「蝦夷」、読み方が“エミシ”→“エゾ”と変化している。
“エミシ”とは大和朝廷にとって服属しない東方の異民族の総称であり、また書き方、読み方の変化は、その指している民族の変化だと考えられるからである。

古墳時代は「毛人」(エミシ)=関東の民、朝廷服属後には「東夷」(アズマエビス)と蔑称された。毛野国(群馬・栃木県)の名はコレに由来する?(あるいは逆の可能性もある)
飛鳥〜平安は「蝦夷」(エミシ)=東北の民、朝廷服属後には「俘囚」(フシュウ)と蔑称された。奥州藤原氏は俘囚上頭を名乗っている。
鎌倉時代以降、関東、東北の民は完全に同化し、蔑称を使うことは少なくなった。(近畿の人が関東の人を“アズマエビス”と蔑むことあったが…)そして「蝦夷」(エゾ)はアイヌ民族を指すようになった。

109 :天之御名無主:2006/11/26(日) 21:56:55
へぇ

110 :天之御名無主:2006/12/03(日) 22:57:35
ほぉ

111 :天之御名無主:2006/12/03(日) 23:54:22
違います。

蝦夷・隼人は平安以前の文献に遡れるが、山窩はせいぜい明治初期。
比較の対象にもならない。

112 :天之御名無主:2006/12/04(月) 02:47:02
蝦夷 東北が主体たからな

113 :天之御名無主:2006/12/04(月) 07:55:22
東北は日本のウェールズですね

114 :天之御名無主:2006/12/04(月) 12:20:45
>>111 「山窩はせいぜい明治初期」???? その根拠ってあるwww??????

115 :天之御名無主:2006/12/04(月) 21:37:31
いや、江戸末期まで遡れるよ。

116 :天之御名無主:2006/12/11(月) 19:29:33
ちとスレタイから外れるが『土蜘蛛』は、当時まだ縄文生活を営んでいた蛮族の事なのかな?

117 :天之御名無主:2006/12/11(月) 20:58:24
縄文生活かどうかはわからんが、朝廷側から見れば異なる文化風習信仰を持つ人々のこと
じゃないかな。で、朝廷に従わないので蔑んだ名前で呼ばれていたと。

118 :天之御名無主:2006/12/11(月) 22:36:20
時代背景は違うけど、東宝映画「日本誕生」面白いよ。いろんな風俗の部族が古代にはあったんだなと

119 :天之御名無主:2006/12/12(火) 03:31:49
>>117 レスありがとです。

ある本で土蜘蛛について、「朝廷にまつろわず、手足が異常に長く、洞穴に住んでいたという」と書かれていたので。


洞穴に住んでいて『手足が長い』=大串貝塚などで知られる『手長神』=縄文系またはそれに近い蛮族?とも考えられるかなぁと思ったので。

120 :天之御名無主:2006/12/12(火) 10:49:04
「以上に長い」つったって、現代人と変わらんかもよ。昔の人は小柄だからな

121 :天之御名無主:2006/12/12(火) 11:14:42
鳥居龍造の日本人の起源に関する書籍を読むと、記紀に書かれた
蛮族などと言われた諸民族の事が少し分かると思う。

現代人といえども、沖縄、九州、東北、北海道、その他の地域出身者とはでは
明らかに体格や顔つきが違う。


122 :天之御名無主:2007/02/04(日) 21:43:33
>>116
洞窟に住んでいた、というよりは、
むしろ土葺きの竪穴式住居に住んでいたのではないかと思われる。
土で覆ったトーチカみたいなイメージで、
一見すると土中の穴の中から沸いて出るように見えるぞ。

123 :天之御名無主:2007/03/13(火) 15:33:37
落ちるよー

124 :天之御名無主:2007/03/14(水) 08:20:33
>>123
揚げて保守しろおとしたくなかったらw

125 :天之御名無主:2007/03/16(金) 05:43:49
縄文人の駆逐ってどうかな。
同化吸収が基本だと思う。

でもサンカはそうだな、平地人と交わらない山民に、江戸末期以降、
落剥した人々が流入したのでは?

126 :天之御名無主:2007/03/16(金) 07:33:32
新モンゴロイドは一滴で増殖するからよw
縄文人弥生人は政治的なゴマカシw

127 :天之御名無主:2007/06/02(土) 02:21:21
>>116
古事記によると色々教わったらしい。だが敵視もする。謎ですね。


128 :天之御名無主:2007/06/02(土) 02:51:26
現役の中学生ですか?

129 :天之御名無主:2007/06/02(土) 19:27:08
>現代人といえども、沖縄、九州、東北、北海道、その他の地域出身者とはでは

むしろ近畿をはさんで東西では?

東日本・近畿瀬戸内・西南日本ってわけられそう。

130 :天之御名無主:2007/06/04(月) 09:20:59
土蜘蛛は東北から九州までの各地の「風土記」に触れられている。
これら全ての土蜘蛛が同一種族とは考えにくいので様々な土蜘蛛がいたのだろう。
そして中世には妖怪の名前になってしまった…

131 :天之御名無主:2007/06/04(月) 16:08:24
山窩は知らんが、蝦夷ったら中世以降はともかく
それ以前(隼人とか言ってんなら、このスレはその辺の時代をネタにしてるんだよな?)だと東方で朝廷の支配下に付かない集団全体だろ?
なんで単一同族集団みたいに扱ってんだよ。

遺伝子も変わらない集団同士でも、「朝廷に帰属してない集団=蝦夷」
隼人とかも似たようなもんだろ超初期の段階で帰属したみたいだけどな。「隼人は朝廷の犬になります。」ってな〜

132 :天之御名無主:2007/06/12(火) 22:29:40
でも安倍首相見てると、やっぱし旧東北蝦夷も、今の北海道の蝦夷の人たちも、
血的に近い気がする。

133 :天之御名無主:2007/06/13(水) 06:54:04
多分

東日本縄文人が、アイヌ民族と東日本良民、山民などに分化し、
南九州縄文人が、隼人や熊襲、薩摩大隈日向良民、九州山民に分化したのでは??


サンカは江戸末期かな。

134 :天之御名無主:2007/07/06(金) 03:18:52
南朝鮮、九州北部、本州西部、この辺りが大和系。
九州中南部が隼人。
駿河、木曽、富山あたり以北が蝦夷。
強いて言うなら縄文系は、大和系を除く人々。
大和系は弥生系と重なる。

サンカ(および川辺、船家の民)はてきとーなことを言うと、
隼人も蝦夷も大和系にも存在すると思う。

135 :天之御名無主:2007/07/07(土) 01:18:07
アホかいや

136 :天之御名無主:2007/07/08(日) 02:59:30
民俗学やれねぇやつは、DNAでもながめてろw

137 :天之御名無主:2007/07/26(木) 19:07:15
神武天皇は日向地方の出自なわけだろ?
薩摩隼人との関係が非常に気になる。
もしかして神武天皇は隼人?

138 :天之御名無主:2007/07/27(金) 03:20:24
薩摩隼人なんて小さく捉えるなよw
南にも広がる勢力だ、ヤマトにでかい態度で逆らったのは
九州南部に居た連中だがな。

まあ、ヤマトとは不思議な関係ではあるなw

139 :137:2007/07/28(土) 16:26:51
>>138
薩摩隼人って言ったのはあくまで言葉として今に残っている呼び名だからだって。
南九州一帯を支配していた勢力だぜ。
俺が気になるのは北九州じゃないって事。
半島から渡ってきた勢力なら普通は北九州に本拠地を構えるだろ?
宮崎県には河童が中国大陸から渡来して来たって言う伝承があるがそれとの関係
とか、神武=桓武=天武だとして天武天皇は当時中国から伝わった忍術を
使ったとかの伝承もある。

隼人は大陸から渡来して来た製鉄技術を持つ集団で神武天皇はその王って事になる。

140 :天之御名無主:2007/07/28(土) 17:52:59
   親分京都宣言

全国に散在する吾がサンカの民よ団結せよ。
とにかく、明日は、非サンカ系保守員と創価を崩せ!!  

現在、名簿記載連絡網のあるサンカ出身者
 日本在住の38万4000人、全会員団結せよ !

箕作製作者組合員は解体はしたが、連絡名簿記載の2万8764人
 全ての箕関係員と引退組員 も すべて団結せよ !

141 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:02:38
>>139
徐福

142 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:32:14
徐福関係ねぇだろ。そいつら新モンゴロイド系の臭いがする。



143 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 01:51:40
>>142
いや俺は、>>139が言ってるのはそういうことじゃないのか?と言ったまで。
それを隼人と結びつけるのは早計じゃないのか?と。

144 :139:2007/07/29(日) 14:29:18
>>143
僕に釣られてみるぅ

早計も早計だがな。ただ、日向地方(高千穂王朝)が神武の出身地なのは確定要素だろ?
隼人は南九州の一大勢力って事でやはりなんらかの関係はあると思うがな。

>>141
夢枕獏の小説に出て来た「除福=卑弥呼」ってのは結構面白いと思うけど。

145 :139:2007/07/30(月) 18:26:36
補足

>>143
おいおい、俺は>>139でどこにも「徐福」とは書いてないぞ
もっとも「神武=徐福」ってのも面白いけどな。神武には確か兄貴がいただろ?そいつにに天孫の直系の俺達がここにいるのはおかしい。
これから東に行ってこの国を治めようと思うって言って東征したんじゃなかったか?つまり南九州にはすでに近畿とは違う国が在ったって事だろ。
じゃあ、その国はどんな民族の国なのか?
 
景行天皇の時、息子のオウスノ命が熊襲武尊を討っただろ?神武天皇から数えて十二代後の時代に南九州に熊襲(隼人)の国が在ったってことは
それより前の時代から熊襲(隼人)の国が在ったって不思議でも何でも無い事だ。そして神武は南九州(日向地方)の出身だぜ?

その熊襲の国のルーツはどこから来た?神武自身が大陸から来たのじゃないにしても、大陸から渡来してきた集団の族長の血統なのはまちがいないはず。


146 :天之御名無主:2007/07/30(月) 22:56:00
日本書紀にある6世紀頃まで奈良の山奥にいたクズ族はどうか

147 :天之御名無主:2007/07/31(火) 17:45:43
湾内宮迫ノ命と山口平畠何処逝主命が族長だったんじゃ無かったか?

148 :天之御名無主:2007/08/01(水) 07:56:19
>>147
夏休みですか

149 :天之御名無主:2007/08/01(水) 17:58:38
>>145
神武=天武だとすれば天武天皇は十代天皇、景行天皇は十二代天皇だから辻褄は合ってる。
それほど離れた年代では無い。

150 :天之御名無主:2007/08/01(水) 18:14:45
>>146
国津神の国津を「くず」って呼んだ。
奈良県奈良市に在る「国津神社」別名「くず神社」と読むそうだ。

ここにはなんと長脛彦の墓が在る。


151 :天之御名無主:2007/08/01(水) 22:58:56
くずとは国主とか書くんだが、そうなると大国主命も国主で
クズとは出雲族の末裔だったのかのか

152 :天之御名無主:2007/08/02(木) 17:01:09
出雲系と言う事は佐伯?

153 :天之御名無主:2007/08/12(日) 11:18:50

福岡県の南部に位置する、筑後地方。その筑後地方に、久留米市と山門郡瀬高町がある。(山門は「やまと」と読む)
福岡県久留米市には、『蝮』という名前の暴走族があった。(現在も存在するのかは知らない)
福岡県山門郡瀬高町(現在は市町村合併の為、名称変更の可能性あり)には、『蜘蛛』という名前の暴走族があった。
意味のないことだろうが、以前から民俗学的に興味深い名称を用いているなと思ってた。
もちろん、福岡の田舎の不良少年が、民俗学的な観点から暴走族の名前を決定するはずはないのは分かっている。
がしかし、無意識のうちに、その土地の風土や歴史が醸成する空気や気風などが何らかの影響を与えている、ということも否定できないのではないか、と思う。

土蜘蛛、熊襲、隼人、山窩、蝮(以前、何かで、土蜘蛛と同列なものとして『蝮』という名を挙げてあった)と、何か一脈通じるものがあるような気がして、仕方がなかった。

ちなみに、山門郡瀬高町は、邪馬台国があった場所の有力候補地の一つと聞く。(筑後地方には他にも邪馬台国の候補地がある)
また、近隣の福岡県八女市には、大和朝廷に対して、古代最大の反乱を起こした磐井の古墳が存在する。{磐井の反乱:6世紀前半(531年)}
久留米市にある高良大社は筑後国の一の宮で、その歴史も古い。{仁徳天皇55年(367年)または78年(390年)鎮座、履中天皇元年(400年)創建と伝えられる。延喜式神名帳には「高良玉垂命神社」と記載され、名神大社に列している}

もし、九州、福岡、筑後というものに古代からの風土固有の風俗があるとして、その気風が、昭和に作られた暴走族の名前にまで潜在的にせよ影響を与えていたと仮定することができるなら、陳腐な表現だが、歴史のロマンを感じてしまう。



154 :天之御名無主:2007/08/13(月) 04:11:26
べつにw民俗学的に今もその血統の祭りをやり続ける地域もあるでよw
何処とは言わんがな、みんなが都市化しボケた土地だけじゃないよ、2007年に
なろうがなw

155 :天之御名無主:2007/09/08(土) 00:03:05
>>153
沖縄では日本本土を「やまと」と呼びそこの住民を「やまとんちゅ」と言う。
「ちゅ」は民衆の衆で人です。「やまとの衆」の意味。古代から琉球と九州との繋がりの深さを考えると
「やまと」は奈良の「大和」ではなく九州の「山門」を指していたのでしょう。
俺のこの説、案外あたってる?

156 :天之御名無主:2007/09/14(金) 17:38:48
>>155
ヤマトンチュはウチナンチュとの区別するために使うもの。ほとんど差別用語に近いニュアンスがあるぞ

157 :天之御名無主:2007/09/14(金) 19:41:24
そりゃぁ近代以降だろ。w
民族分け後。元々そんな深い意味は無いが歴史の皮肉つうもんだろ。

158 :天之御名無主:2007/09/17(月) 09:19:11
スレチだったら須磨祖。
朝鮮半島から落ち延びてきた王族が流れ着いたのが、
宮崎県の海岸で、海沿いの洞穴に身を隠したのが鵜戸神宮の由来と何かのトンデモで読んだが、
韓国岳といい、宮崎が半島と何らかのつながりがあった可能性は?
ちなみに最近の北朝鮮による拉致事件も、近い福岡ではなしに宮崎の海岸で起きている。
当時、太宰府あたりの防衛が充実していたせいだろうか。

159 :天之御名無主:2007/09/18(火) 05:54:40
サンカ→江戸末期の流民子孫+近世の脱落者
隼人→西南部縄文人の子孫→南九州人化
蝦夷→東日本縄文人の子孫→徐々に良民に同化


こんなとこでねえべ?

160 :天之御名無主:2007/09/21(金) 15:15:00
半島が抜けねぇなw

日本史風ハヤトは半島渡りとは関係ないよw

161 :天之御名無主:2007/09/23(日) 21:02:56
サンカは脱落者がルーツじゃない。

サンカは大和民族で、大和民族中の大和民族と言ってもいいくらい。
ヤマト=山人=山の人
ヤマト(大和)民族は、もともと山の民だった。

その中から、かなり古い時代に定住するものがでて、その中に天皇家もある。

だから、サンカの神話と、天皇家の宗教であるところの神道の
古事記、日本書紀とは似ている。

定住するものがいるなかで、山の生活をかたくなに守った人々がいた、
それが今日サンカと呼ばれる人々。

定住するものはさまざまな他の民族と混血しながら、いつのまにか、主流になり、
生粋の大和民族(大和)民族は、異民族のように理解されずらい存在になってしまった。

これが真相。

162 :天之御名無主:2007/09/23(日) 21:05:31
○生粋の大和民族(サンカ)は、
×生粋の大和民族(大和)民族は、

163 :天之御名無主:2007/09/25(火) 13:09:32
関東ももともとは「蝦夷の国」だったはずだが
東北とは違い大きな摩擦なく大和政権に順じた
それでも現在にわたり関西とは微妙な敵対心がある
関西では未だに関東を「蝦夷の巣窟」と呼ぶ向きもある
関東は関東で、同じ「蝦夷の国」東北を蔑む伝統あり
英国に例えるなら、東京はウェールズの首都カーディフに
ロンドンから遷都したようなもんだと思う。


164 :天之御名無主:2007/09/29(土) 11:03:13
山窩←この字、間違ってマス。
↑犯罪検挙率の低さを誤魔化そうとした警察官の嘘からでた当て字を三角小説が広めたものです。

165 :天之御名無主:2007/11/07(水) 12:37:37
火消し役の存在がサンカ実在の証拠

166 :天之御名無主:2007/11/08(木) 12:42:16
>東北とは違い大きな摩擦なく大和政権に順じた

酒で油断させて皆殺しですね、わかります。

167 :天之御名無主:2007/11/13(火) 11:34:28
関東の毛人(エミシ)が比較的、平和裏に大和朝廷に服属したことは、
埼玉県の稲荷山古墳から発掘された鉄剣や
現在も残る上毛という言葉の語源である毛の国の存在からも窺われる。

東北と比較して関東が協力的だったのは、稲作が可能だったことと関係があったと思われる。

168 :天之御名無主:2007/11/28(水) 18:47:51


現在、名簿記載連絡網のあるサンカ出身者
 日本在住の38万4000人、全会員団結せよ !


169 :天之御名無主:2007/12/07(金) 00:18:53
ミトコンドリアDNAの話しようぜ

170 :天之御名無主:2007/12/07(金) 01:19:09
サンカは中世以降とか言ってるヤツいるけど、
じゃああの古代文字みたいなのはどう説明するの?

171 :天之御名無主:2007/12/07(金) 18:31:44
中世以降どころか近代の捏造なんですけどwww


172 :天之御名無主:2007/12/11(火) 18:40:53
サンカの古代文字は絶対古いんだwwwwwアアwwwwって!

  171のバカーwwww

ぉち 彡 ,.-,ニユ、
ぉ く .三  { ,.= r、
|し 三 (6' r',ニ7
|ょ 三. | !| { {
|お 三. | ミ‐ニ)
! ! ぉ ミ !   {


173 :天之御名無主:2007/12/12(水) 15:19:44
サンカの古代文字は絶対古いんだwwwwwアアwwww

174 :天之御名無主:2007/12/12(水) 17:41:23
サンカ文字は「大友文書」の神代文字のパクり

175 :天之御名無主:2007/12/13(木) 13:15:12
174様
「大友文書」って? 知りたいです。
 教えてくださいませ。

176 :天之御名無主:2007/12/14(金) 02:45:13
>>175
「上記(ウエツフミ)」をWikiで調べな!

177 :天之御名無主:2007/12/14(金) 22:31:47
TBSはこうして在日朝鮮人に乗っ取られた。 窓際社員の独り言です。

(1)1960年代
テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を"北朝鮮"と呼んでしまった、など)に対して、
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に"在日枠"が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られ身動きがとれなくなっていく。
(2)1970年代
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、
しかし昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。



178 :天之御名無主:2007/12/14(金) 22:33:03
(3)1980年代---90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、
学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を援護。あからさまな社会党支持。

(4)1990年代---2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
朝日新聞、系列のテレビ朝日が、どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多い。
バブル崩壊以降の景気低迷でただでさえ厳しい広告収入が、「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存。まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が運営しているのがウチの放送局。
在日の局長が在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が為され、その証拠に「筑紫哲也の番組名」が未だに存在する。

179 :天之御名無主:2007/12/17(月) 13:01:12
                三●
   人           三●                        
  (__)     三●●●●●●● 三●●●      三●●●●●●
 (__)     三●       三●         三●       三●
∩ ・∀・)∩  三●       三●         三●       三●三●●●●
〉    _ノ 彡         三●        三●        三●
ノ ノ  ノ          三●         三●         三●
し´(_)        三●      三●●●    三●●●●●       ☆゚+.


180 :天之御名無主:2007/12/21(金) 22:24:42

蝦夷www



181 :天之御名無主:2007/12/22(土) 07:10:20
なんでさんかが民族なんですか?堕スレたてなさんな。ただの漂泊の民だって。三角が飯の種のファンタジーだよ。批判はしないが。一流のエンターテイナー。すばらしい。

182 :天之御名無主:2007/12/25(火) 08:38:26

今日はバゴシするニダ 仕事やりやすい村アルね!ホッホッホ。。
        ∧∧―-、      , ―-、
       /中 \::::::;ヽ    ∧,,_∧::::;ヽ ちょろいもんニダ。。
       (`ハ´ ):::::::::;〉  <`∀´ >::::::;〉ホクホク。。
        づメと`、;:ノ    づメと`、;:ノ
       (~~)、  ノ '     〈~~)、  ノ '
''"~""ー- 、. ,__ , `J          `J
           ゙` "''' ' ''' ''' ''' '" "゙`"''' ' ''' '''


183 :天之御名無主:2007/12/31(月) 01:11:36
自殺、売春、虐待、大量殺戮、女性差別、ホームレスは農耕社会になってから始まりました

天皇はA型で朝鮮の出身です。A型は2000年前に日本に来たから帰ればいいのに。
A型は100%農耕民族とはいえないがO型かB型にぜんぜん好かれないA型は
農耕民度が高すぎるから2000年前に日本の先住民族を大量に殺してきた
遺伝子、多そうだね。

遊牧民族は厳しい自然の中を小さい家族で移動しながら生活してきたので家族と他人の線引きをはっきりさせたと思う。
これをクールと感じる。だから、そのぶん身内にはあつくなるのか。

B型は遊牧民族、O型は狩猟採取民族。
A型は農耕民族。農耕民族は2千年前(つい最近)に、中国から日本に来た。A型は2万5千年ごろ誕生して農耕社会を
作ってきた。農耕民族社会になってから狩猟採取民族が大量に殺され滅び吸収され、ホームレス、虐待、売春、
女性差別 が始まり、強制的に横並び結婚し横並び子作りしないと女が生きていけない社会になる。
横並びの群れ社会(農耕民族社会)は無理やり敵を作り差別しないと作れない。これが、いじめ。
ブサイクで、もてない農耕民族はとくに性欲として横並びの群れ社会を作りたがる。

農耕民族社会はA型女も不幸になります。


184 :天之御名無主:2008/01/01(火) 01:24:06

┏┓┏┓┏┓┏┓
┏┛┃┃┃┃┣┫
┗┛┗┛┗┛┗┛
謹┃賀┃新┃年┃
━┛━┛━┛━┛

  (^)._(^)
   |・ ・|
   =o=ノ⌒丶〜
    uu ̄uu


   あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す 。

     (~ヽ      (~ヽ        .(~ヽ
     |ヽJ       |ヽJ        |ヽJ
     |  (~ヽ     |  (~ヽ      |  (~ヽ
   (~ヽー|ヽJ   (~ヽー|ヽJ    (~ヽー|ヽJ
   |ヽJ  |  |   .|ヽJ  |  |  .  |ヽJ  |  |
   |  |  |―|    | /⌒ヽ |     |  |  |―|
  ミ( *‘ω‘ )彡  リ( ^ω^)彡  ミ(  ゚д゚) 彡
  ミUミソ彡ミつ ⊂ニミソミソ彡ミつ ミ丿ミソ彡ミヽ
   》======《  . 》======《     》======《
   |_|_|_|_|_|_|_|   |_|_|_|_|_|_|_|    |_|_|_|_|_|_|_|
     v~v      `u-u´       >>

   謹 ん で 新 年 の お 祝 辞 を 申 し 上 げ ま す 。
   旧 年 中 は ひ と か た な ら ぬ ご 厚 情 を 賜 り 、
     誠 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。
 皆 様 の ご 健 康 と ご 多 幸 を お 祈 り 申 し 上 げ ま す 。


185 :天之御名無主:2008/01/09(水) 10:16:16
実際にサンカの子孫の方が未だおられるのは驚きです。サンカは被差別の民ではないでしょう。
  日本にあって、日本の歴史や社会に組み込まれなかった集団であると思います。
 書籍によれば、近世の人が山奥の樹上に飛び交う不思議な人を見たといいます。それがサンカだといいます。 
 自身がサンカの子孫であることは誇りに思ってよいことだと思います。
 自身の祖先の手記でも書かれることを、お勧めします。

186 :天之御名無主:2008/01/09(水) 22:56:00
すべての謎は、トカラの仮面神ボゼを研究すればあきらかになるのでは
ないか。

187 :天之御名無主:2008/01/10(木) 10:42:49
http://deaikei2love.ikidane.com/

188 :天之御名無主:2008/02/06(水) 19:08:53
今日はどこか遠くへ バゴシするニダwww ウッ!オッパッピー

 , -―-、、      , -―-、、      , -―-、、
/:::::::::::::∧_∧  /::::::::::γ ⌒ミヽ   /:::::::::::::∧_∧
l:::::::::::::<丶`∀´>l:::::::::::::<丶`∀´>  l:::::::::::::<丶`∀´>
ヽ、:::::::::フづとノ ヽ、:::::::::フづとノ'   ヽ、:::::::::フづとノ'
  `〜人  Y    `〜人  Y       `〜人 Y
    し'〈_フ      し'〈_フ        し'〈_フ


189 :天之御名無主:2008/02/27(水) 12:23:13
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194532746/621

190 :天之御名無主:2008/02/27(水) 13:12:00
魏志に出て来る倭人は隼人や蝦夷ぽいよね。

191 :天之御名無主:2008/03/08(土) 08:51:16
     | |      \      ∧_∧        ∧_∧       /
    ノ__丶 ∧_∧\ ハァ...( ><) ≡3    (>< )うう…  /__|
     ||鬼||( ><)  \  |  ⊃ヽC      C/⊂  |     /|||||
  _ ||殺||./   [¢、)  \  、_( ))     ( ( )_ノ     / | ̄|_∧ ウウ・・・
  \ ||し ||∪ ̄ ̄. ̄ ̄\ \        ∧∧∧∧∧     ./  |  |<;)
  ||.\`~~´ ((二゚。◎彡) .\ \   < の   わ >   /   .|  |⊂ | わかんないんです…
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ̄   \  <      か >  /   .|  | ∪
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.      \< 予   ん > /
 わかんないんです…           <      な >./
――――――――――――――― < 感   い >――――――――――――――
      ∧              ∧  <       ん >
     / ヽわかんないんです/ ヽ <  !!!   で >
    /   ヽ          ./   ヽ<     す >      ∧_∧∩ ./ ̄ ̄
   /    ヽ______/     / ∨∨∨∨∨ヽ       (;>< ノ<先生、わかんないです!
  /                      /          \  __/ノ   /   \__
 /  ┯━┯         ┯━┯ / わかりません   \ \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |  )   ) _____  )   )./ たすけてください!  \||\          \
 |  (   ( ヽ      / (   (/     (><; )      \|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                   ./       ∩∩ .)         \
                   /       (_(_つ          \


192 :天之御名無主:2008/03/13(木) 20:47:19
>>186

出典を忘れてしまったが、仮面神ボゼまんまの姿をしたインドネシアの民族写真を見たことがある。隼人やヤク・タネ人のルーツがインドネシア方面なのかとそれ見て思った。

193 :天之御名無主:2008/06/13(金) 19:23:28
たしか台湾にも山中で漂泊している「生藩」と言われる先住民がいたな。
サンカもその流れじゃないの。

194 :天之御名無主:2008/06/13(金) 19:42:08
ありえない話しだが


隼人も蝦夷(エミシ)も真逆だが、どちらも豪族としての地位が高いのは確実。

195 :天之御名無主:2008/06/16(月) 18:36:00
隼人を取り上げるなら熊襲スルーしてやるなよ

196 :天之御名無主:2008/06/16(月) 20:33:20
熊襲なんて民俗学的な実態があんのかよ?
なあ、

197 :天之御名無主:2008/06/16(月) 23:28:53
>>192
仮面神ボゼってドラゴンボールに出てくるセルに似てる

198 :天之御名無主:2008/06/24(火) 13:04:43
>>196
それやったら隼人も蝦夷もないではないか。

九州山海(サンカ)=熊襲・隼人
東北山海=蝦夷(エミシ)

199 :天之御名無主:2008/06/24(火) 13:56:52
次のスレタイは
「山海(サンカ)・熊襲・蝦夷(エミシ)は共に日本原住民である」
に決まりだ。

200 :天之御名無主:2008/06/24(火) 15:07:26
>>199
南北朝時代・室町時代・大量な平家落ち武者多い地域である九州・東北地方。

201 :天之御名無主:2008/06/24(火) 16:57:57
問1、「サンカ」の正しい漢字は次のうちどれか。好きな物を選べ。
A,山窩
B,山海
C,山家
D,散家
E,三家

なお、個人的にB

202 :天之御名無主:2008/06/25(水) 21:33:03
八切止夫のサンカ本に書かれてるサンカの風俗は信用できるか?

203 :天之御名無主:2008/06/26(木) 01:14:40
サンカってホイトとかカンジンと同じような意味の言葉ですよ?
今の言葉だと乞食。
民俗ではあっても民族では決して有りませんから。

204 :天之御名無主:2008/06/26(木) 02:09:18
Dだな。あたいの直感が言っとる。
散家って散所にある家なんだろうから。
散所、産所とかそんな名前で呼ばれてたとおもう。
なにかの罪を得て
荘園から追い出された人のすんだところ、

205 :天之御名無主:2008/06/27(金) 12:48:46
>>201
サンカの基本。サンカは明治時代以降の呼び名


13 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2005/09/02(金) 22:51:31
サンカって呼び方は近代に警察組織が言い出した呼称だから、
同じに並べて比較するのが論外なのと違う?

14 名前:天之御名無主[sage] 投稿日:2005/09/04(日) 08:47:19
そう、サンカつうのは「山家」からつくった警察語。
ポンとか川人とか、地方によってさまざま。
故首相の父親は馬の仲買人と言うことになっているが、
実はいわゆる山の民、「世間師」だったらしい。
わしゃこのオッサン、アメリカの謀略でポシャッたと信じとる。

小泉の父は薩摩郷士、母方祖父はイレズミ大臣。
やっぱ「異端」の人しか、改革できない。

206 :天之御名無主:2008/06/30(月) 12:19:24
何かの罪を得て荘園から追い出された………

自分の性格を考えると自ら志願して共同体を出た人も沢山いると思う。
共同体に入れば貯蔵された穀物があり食べる事に不安は少なくなるが、大変不自由。人が多いのに余った時間が多いとウザい問題も発生しそう。
会社で考えてますけど…

一歩共同体を出ると自由だが食糧がね〜。共同体にいてツライと感じた事ない人は羨ましス。

207 :天之御名無主:2008/06/30(月) 21:43:02
荘園とか、あほかと。

208 :天之御名無主:2008/07/03(木) 14:04:28
組織を離れる、というか最初から実は組織に魅力を感じないDNAとかあるのかな? 戦に負けて、或いは自ら志願して団体に属してもそんなDNAがあると帰属は長くは続かない気がする。

この前JKが電車で話してるの聞いてたら、春に高校合否発表を見に行く際泣いて門を出てる人達とすれ違いながら「悪いけど泣いてる人が多いほど自分の合格する率が高まるのでシメシメと思いながら校門をくぐった」言うてるの聞いてえらいビックリしました。

209 :天之御名無主:2008/07/03(木) 14:17:11
自分も受験の体験はある訳だけどそんな考え方した事が一度もなくて。自分がゆるいのか?

何故ならたまたま泣いてる人がたまたま揃って出て来ただけかも知れないし、なにしろ入学できたところで自分より頭のいい人はわんさかいる。更にその高校より上は五万とあり、更に日本の高校大学より上もわんさかあったりと、
近場の共同体の中だけで勝ちなら良いのだ!!の考え方の価値が解らない。これは視野の広さや経験値は関係なく、その帰属し依存する組織がどれほど自分の中で重要な位置、地位を占めているかによるような気がする。

はっきり言って自分にはなかなか理解しにくい考え方?かな?

210 :天之御名無主:2008/07/03(木) 14:27:13
また、花見時の体験だが隣で飲んでいた男性がこちらに来て立ちションした話。そのション場所はその男性のグループからは絶対見えない場所なのだがこちらからは丸見えで飲食しているのに音までご丁寧に聞こえてくる距離。

この男性にとって帰属するグループは大切で礼儀を弁えて処したいグループなのだろうが、こちらは
ち○ぽ見せても大丈夫なもしや人間として扱われてなかったかもしれない。


この立ちションオサーンと上のJKの精神構造の根底に差はそれほどない。近い所が一番大事、そりゃまぁそうかもだが………。

211 :天之御名無主:2008/07/09(水) 16:10:23

    ∩___∩
   /     ヽ
   /       │
  ミ        ) ・・・・ココのぞいて見たら・・・・ムwww
 /    ̄ ̄\/⌒ゝ
彡          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ミ       ヘ_/:::
ミ        ミ::::::::
ミ       ヽミ:::::
ミ 〇      \:::
\ \___  ヽ:
  \ノ   \_ノ
_______________



212 :天之御名無主:2008/07/09(水) 16:11:42

   ∩____∩
   | ノ ノ   ヽ\
   /  ●   ● |  バカしかいないよ。 
   ミ   ( _●_) ミ  
 /    ̄ ̄\/⌒ゝ
彡          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ミ       ヘ_/:::
ミ        ミ::::::::
ミ       ヽミ:::::
ミ 〇      \:::
\ \___  ヽ:
  \ノ   \_ノ
_______________


213 :天之御名無主:2008/07/10(木) 04:07:46
サンカって要するに、出雲族の末裔とかそういうのだろ?
出雲王朝で使われてた神代文字がサンカ文字なんだろな。

214 :天之御名無主:2008/07/10(木) 16:46:14
>>213
あ、それ、三角寛の創作なんだよね…

215 :天之御名無主:2008/07/10(木) 18:09:17
出雲王朝で使われてた神代文字がサンカ文字で正解だwww

サンカは中世以降とか言ってるバカのヤツいるけど、
じゃああの古代文字みたいなのはどう説明するの?

サンカの古代文字は絶対古いんだwwwwwアアwwwwって!

  ここのみんなはバカーwwww バッカ

ぉち 彡 ,.-,ニユ、
ぉ く .三  { ,.= r、
|し 三 (6' r',ニ7
|ょ 三. | !| { {
|お 三. | ミ‐ニ)
! ! ぉ ミ !   {


216 :天之御名無主:2008/07/10(木) 21:20:34
>>214
本人が著作権を主張したからな

217 :天之御名無主:2008/07/10(木) 21:42:40
>>215
>じゃああの古代文字みたいなのはどう説明するの?
三角寛が創作の才能に恵まれていたという何よりの証拠じゃああああああwwwwwwwwwwww

まあ、>>215はちゃんと分かってると思うけど。

218 :天之御名無主:2008/07/26(土) 14:20:48
 ______
 |  |.| ∧∧
=====(,,゚Д゚)∩=
 |_|.⊂  ノ
    /  0
    し´

 \ えっ…と、糞スレはここかな…、と /
    ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧∧ ∧∧ __._
    ∩゚Д゚,≡,゚Д゚)   |.|
     `ヽ    |)====
       | _ |〜 .|__|.|
       U U


        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛

219 :天之御名無主:2008/07/26(土) 14:29:41
浪漫ポルノです。

220 :天之御名無主:2008/07/27(日) 13:10:56
東北人は大和に対して複雑な感情を抱いている。
沖縄が本土に対して抱いている
複雑な感情と比べたらはるかに軽いが、やはり坂上田村磨呂という初代征夷太将軍に蝦夷の総長であるアテルイが討伐されているので
複雑ではあろう。
だが蝦夷はアイヌであるという説が強いので、文化を持っていた
南東北の縄文人と区別される事もある。
だいたいは東北は縄文の
文明国だが、税を徴収していたのが蝦夷のアテルイ軍団だったのだろう。
また東北には
弥生人の遺跡もあるので
一概には言えない。
青森の加藤容疑者も弥生系であったように。



221 :天之御名無主:2008/07/27(日) 13:57:24
K容疑者も見ようによっては理知的で精悍な顔なのにね。自分思うに、弥生的だなオレ、と感じたらまず仲間との輪を重要視する生活に変えた方がいいかも。

固まって生きるDNAを組み込まれた者は、疎外を極端に恐れる傾向が高いのではないか?
とりあえず何でもいいから複数のサークルに参加しておこう!?

222 :天之御名無主:2008/07/27(日) 15:15:56
うわぁ〜アホクサくて自演クサイ

223 :天之御名無主:2008/07/27(日) 15:46:21
特にアホらしくないぞ? 疎外から犯行に及ぶ人を(いるとして)食い止める策の一例。
実を結ばなそうだが。

224 :ファルコン:2008/08/17(日) 06:19:15
おそらく日系の神からのメッセージで自覚がどうのと言われましたが、
ガイア神に従属したせいか、どのせいか、「他民族の教えだ、気にするな」
と私に・・・されました。

225 :天之御名無主:2008/10/05(日) 16:37:55
>>220
秋葉原殺傷事件の加藤智大容疑者(25)が青森出身なのに弥生人後裔と
いうのは、ソースは何?単に顔立ちからだけの推量なの?

226 :天之御名無主:2008/10/10(金) 18:09:26
三角寛に「山窩」と呼ばれた存在と
中世の「三家」は別だろうよ。

227 :天之御名無主:2008/10/26(日) 20:22:55
いま、薮田絃一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興
されたとの説になっています。
 そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海沿岸には
四隅突出墳丘墓が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。
当時は、西谷と安来-妻木晩田の2大勢力が形成され、そのどちらかが
ヤマト王権となったと考えられるのですがどちらなんだろうと思ったり
もします。


228 :アラフェス(ファルコン):2008/12/22(月) 16:38:13
いいかげんつかれてきた

229 :アラフェス(ファルコン):2008/12/22(月) 17:10:30
ちょうど今日、常用PCがクラッシュしたので出現頻度は下がる一方。

230 :アラフェス:2008/12/23(火) 21:08:26
PC買った

231 :天之御名無主:2008/12/23(火) 21:10:38
山窩か〜懐かしいな

232 :天之御名無主:2008/12/25(木) 00:53:14
>>226
中世の仏教用語が何故幕末に復活したか。
明確な因果関係が有るんだけど、こんな簡単な事も自称サンカ研究者は指摘出来ない。

233 :天之御名無主:2009/03/28(土) 12:41:36
できる

234 :天之御名無主:2009/03/28(土) 12:50:50
できるのか?できちゃうのかな?
あはーん!うふーん!

235 :天之御名無主:2009/03/28(土) 12:56:46
うんこ

236 :天之御名無主:2009/03/28(土) 12:58:29
ウンコがしたい。

237 :天之御名無主:2009/03/28(土) 13:00:18
下剤飲みなさい。

238 :天之御名無主:2009/03/28(土) 20:13:25
サンカは実在する!

239 :天之御名無主:2009/03/29(日) 09:25:42
腹壊しました。

240 :天之御名無主:2009/03/29(日) 09:50:58
うんこがしたい。

241 :天之御名無主:2009/03/29(日) 18:00:24
ラーメン食べたい。

242 :天之御名無主:2009/03/30(月) 22:27:53
少なくとも昭和30年代まではいたんだよ。

243 :天之御名無主:2009/03/31(火) 08:58:32
またおまえか?

244 :天之御名無主:2009/03/31(火) 09:02:58


245 :天之御名無主:2009/03/31(火) 09:17:12
うあ

246 :天之御名無主:2009/03/31(火) 10:09:26
問題なのはサンカが民俗学的な研究対象となり得るかって事。
通説にある住所不定の犯罪者の蔑称なら研究対象にはならない。

247 :天之御名無主:2009/04/01(水) 17:14:29
おら

248 :天之御名無主:2009/04/03(金) 17:17:19
悟空

249 :天之御名無主:2009/04/04(土) 15:08:27
わくわくしてきたぜ

250 :天之御名無主:2009/04/06(月) 10:06:16
ごはんですよ。

251 :天之御名無主:2009/04/07(火) 20:13:32
>>246
> 通説にある住所不定の犯罪者の蔑称なら

そうでない事ぐらいもう常識だろうが。
いつまで昭和の発想・三角の影響から抜け出せずにいるんだ?
本を読まずともネットで検索するだけで判る事だろう。

お前がどう問題にしようが、
すでに民俗学的な研究対象に何度もなっている。

252 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:16:39
定説です

253 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:47:54
>>251
またおまえか。
自殺したんじゃないのか?

254 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:50:13
うんこがしたい。

255 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:51:40
住所不定の人間をサンカと呼んだのは警察が先なんで、一般人の呼び名として最初からあったわけではない。
一般人は警察の真似しただけ。
サンカは、長州のお国言葉で、当時の明治政府には、長州藩の出身が多かったため、警察用語として使われるようになった。
このため、サンカなる概念が存在しない他地方では、警察の言葉を地元民が真似して使うようになった。
元々住所不定の人間に対する蔑視があるところでは古くから使われる呼称で呼び、差別した。一部地域ではポンなる呼称を使った。


256 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:52:41
サンカは実在するが、ただの住所不定の人間に対する蔑称(警察用語)だってことだ。
自分は元乞食ですなんて語る人間がいると思う。いないだろ。それと同じ事。
だからサンカなんて自ら語る人間はいない。
つまり普通の人間と変わらない。ただ、それに対して、あれやこれやあること
ないこと付け加えたのが三角の考えるサンカだ。
三角の考えたサンカなんか実在しないから、調べても存在しない事になる。
しかし、前者の住所不定の人間でのサンカは実在するし、警察の文献にもその言葉
があるから、話がややこしい事となっている。



257 :天之御名無主:2009/04/07(火) 21:53:44
柳田は、山の民の研究を続けたもの、まともな成果がなかったので、
柳田は研究を止めてしまい。自説を撤回した。

仮説を考えるのはいいが、証拠もないのに事実と考えるのは良くない。
また証拠が一切ないのに、仮説を可能性だけで論じて、あるかもしれないと考えるのも良くない。
証拠がないのは陰謀だと考えるのもまた愚かな事である。

それと江戸時代の身分制度についての誤解が多い。
江戸時代はキリシタン対策のため、幕府が宗門人別帳を作り、
全ての人間が寺に所属するようにした。(要は国民全員を仏教徒としたってことだ。)
このため、宗門人別帳に無い人間を狩り、佐渡金山送りなどした。

つまり江戸時代に山で身分制度から逃れて暮らした人間はいないという事
逆に言えば、いてもそこで安全に生活していたなどという記録は無いって事。
ばれれば佐渡金山送りなんだから、わざわざ他人に記録されるほど目立った活動なんかできないよね。
つまり江戸時代に山に隠れ住んでいた人はいたかも知れないが、その証拠なんか
全然出てこないんだよ。
まして、江戸時代から明治大正にかけて延々と山他で伝統的な流浪生活
していただなんて記録なんてありはしない。

サンカは明治時代にそういう流浪生活を送る犯罪者に対し、政府がつけた蔑称。
昔から身分制度の範囲外にいた人間は、その時その時の政府で常に狩られる立場に
あったわけ。
ある特定の勢力を持ち、時の政府に反抗するほどの力を持った集団があれば、
必ず潰される。

だから伝統的に浮浪生活を送る集団が、時の政府から黙認されるなんて事はあり得ないんだよ。


258 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:26:00
>1サンカ関係のスレ立てありがとう。
戸籍をもって個人の身分保障とすれば、今でもサンカ的な生き方はあり得る。
借金苦、渡世の不義理、蒸発する理由はいくらでもある。
親族が捜索願い出して七年経過、みなし死亡できる、戸籍抹消だ。
現在くらい暗黒な時代はなかったと思う、お隣さんがどんな職業か知ってますか?日頃の挨拶交わしますか?

259 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:40:06
>>258
馬鹿かおまえは。

260 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:41:17
そもそも乞食とかの同義語なのに、それを独特の文化を有すと思い込むのが
おかしい。
サンカの与太は芸能や神農道からの引用が多い。
そっちをほんのちょっとでも知ってたら、サンカという言葉にまつわる馬鹿らしい作り話に引っかかる事は無い。
なんか勘違いしている人がいるが、山に逃れてそこに定住している人は
サンカとは言わない。
八切さんも三角さんと同じく小説家です。全て創作されたお話とご理解下さい。
いわゆる「サンカ」については、既に研究も終わっており、学会でも扱いません。
サンカは確かに存在しましたが、昭和40年代初頭に全て消滅しました。
学問板で間違った妄想を書き連ね、
それを否定されても、間違いを認めないのはどうなのよって事だな。

アンチって言い方自体、学問に対する考えがおかしい。
考古学なら、解釈の仕方で色々意見もでそうだが、
サンカに関して、そのような事はない。
出鱈目が真実かってことだな。



261 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:42:34


262 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:43:43


263 :天之御名無主:2009/04/07(火) 23:57:52
討て

264 :258:2009/04/08(水) 04:27:12
?このスレ、随分前からあったんですね。
学問的に、研究素材やら証拠がなくなったら終わった扱いなんですか。
三角さんが書いた犯罪者のような人でなく、時代背景から発生理由や暮らし振りを学ぶ可能性はないですか?
民俗学の範疇であるかと思いますが。
江戸末期から昭和初期として一家の三世代に渡り、サンカと呼ばれる生き方があった事は否定しませんよね。
実際、周りにそんな人物いないし、ではなく記憶のかけらでも拾えたらと。

265 :天之御名無主:2009/04/08(水) 06:06:57
>>264
またおまえか。



266 :天之御名無主:2009/04/08(水) 06:08:18
このスレは山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか
どうか語るスレ。
違うぞ。




267 :天之御名無主:2009/04/08(水) 06:09:32
宇土

268 :天之御名無主:2009/04/08(水) 06:15:25
うんこがしたい。

269 :天之御名無主:2009/04/08(水) 06:17:16
鵜菜

270 :天之御名無主:2009/04/08(水) 07:00:49
海丹

271 :天之御名無主:2009/04/08(水) 07:49:38


272 :天之御名無主:2009/04/08(水) 08:59:41


273 :天之御名無主:2009/04/08(水) 17:52:32
宇野

274 :天之御名無主:2009/04/09(木) 02:32:13
右派

275 :天之御名無主:2009/04/09(木) 09:29:41
うひ

276 :天之御名無主:2009/04/09(木) 10:06:41
兎否

277 :天之御名無主:2009/04/10(金) 09:05:16
右辺

278 :天之御名無主:2009/04/10(金) 10:09:47
要はすぐバレる嘘つくなって事だ。

279 :天之御名無主:2009/04/10(金) 17:37:37
宇保

280 :天之御名無主:2009/04/13(月) 17:11:00


281 :天之御名無主:2009/04/14(火) 00:19:00
サンカは落武者・落人の末裔だよ。
四国・中国地方には、かなり多く存在して現在は部落と同扱いを受けてる。
特に香川県高松市ではサンガイと呼ばれている。
仏生山町南部・三木町・長尾町山間部には平家の落武者の末裔がいる。
また新居浜市には明智光秀の末裔である明星姓が存在している。
これはマジレスです。


282 :天之御名無主:2009/04/14(火) 06:06:37
サンカの存在について信じている人は、最近のナイフマガジンの記事を
読むべき。疑問は全て解消される。

283 :天之御名無主:2009/04/14(火) 06:08:37


284 :天之御名無主:2009/04/14(火) 06:56:51
有無

285 :天之御名無主:2009/04/14(火) 09:35:41


286 :天之御名無主:2009/04/14(火) 21:03:04
鵜喪

287 :天之御名無主:2009/04/14(火) 22:19:02
鵜矢

288 :天之御名無主:2009/04/16(木) 04:16:34
兎油

289 :天之御名無主:2009/04/16(木) 22:32:56
>281
サンカて言葉が昭和の警察用語である件。
平家落人、光秀子孫はいはい。=サンカな理屈は?

>282バックナンバー記入の事。
復刻ウメガイは佐官のコテにしか見えんかった。ポン刀の欠片にしては幅がある。
形には意味がある、却下。
>1昭和の警察用語のサンカと神代の民族との繋がりが見えん。バイ(/_・、)ノシ

290 :天之御名無主:2009/04/19(日) 23:29:48
山窩の子孫です。
最近、山窩の見分け方が解るようになりました。
芸能人等見てもすぐに判ります。確かに同じ系譜を持つものがいます。
性質、人生、容姿、声、名字の漢字、、ヒントはあります。
エミシ、隼人系の友人が居ましたが、明らかに違います。
彼等は代々「部落」に根付いていますが山窩はまさに「根無し草」です。
「血」で気付くしかありません。
根や繋がりが無くなってしまったので子どもを持たない(持てない)人も多いです。
本当に数が減っています。

291 :天之御名無主:2009/04/19(日) 23:32:28
平家の落武者とされている部落は、むしろエミシ系に近いように見受けられました。

292 :天之御名無主:2009/04/20(月) 07:48:28
ダニ必死だな。

293 :天之御名無主:2009/04/20(月) 12:25:16
>>290
嘘つけ。

294 :天之御名無主:2009/04/21(火) 01:19:41
うんこ

295 :天之御名無主:2009/04/21(火) 06:19:58
こいずみじゅんいちろう

296 :天之御名無主:2009/04/21(火) 06:59:55


297 :天之御名無主:2009/04/21(火) 14:57:52


298 :天之御名無主:2009/04/28(火) 09:23:41
売流

299 :天之御名無主:2009/04/28(火) 17:18:01


300 :天之御名無主:2009/04/28(火) 17:27:06


301 :天之御名無主:2009/05/08(金) 18:49:44
古代史とか漂泊民とかはさ、所詮オッサン世代向けのロマンだってこった
学問の世界に足を踏み入れた感でいっぱいの素人集団
もう勘弁

302 :天之御名無主:2009/05/11(月) 22:22:56
戦前まで日本の山地や高地に住んでいた人間の子孫は、ほぼ全員
南朝系か、百済侵略王朝に追われた
前皇統の子孫でしょうね

303 :天之御名無主:2009/05/12(火) 08:42:41
漂泊民が許されたのは江戸初期までな

304 :天之御名無主:2009/05/12(火) 13:07:27
畿内から見れば、隼人もエミシもいっしょくたに見えただろう。
実際には、それぞれの地域の独自性があり、各近隣の交流のある地域(今の国境を問わず)の影響化に成立した、
別々の勢力圏だと思うよ。

305 :天之御名無主:2009/05/12(火) 13:42:12
少なくとも、扱い方は一緒くたじゃない筈だよw

306 :天之御名無主:2009/05/12(火) 17:21:57
>>302
江戸時代は入山許可がないと山に入れません。
山に隠れて田圃作ったりして、年貢逃れとかされると困るから。
なので、山に人が住んでいたと考えるのは間違いです。

307 :天之御名無主:2009/05/16(土) 22:02:59
「古谷洋一」とかいう名前の変態チョンが北九州小倉あたりの呉服屋(小売り屋)の家に居たらしい
田舎者の常として東京に憧れて青学(青山学院)なる最底辺の学校へ通わせて貰っていたけど
当時から変質者として悪名高かったそうだ(なにしろバドミントン部で皆から嫌われていたとか)。
その後、京都の呉服問屋にお情けで入社させてもらったくせに、恩を仇で返すような真似を繰り返し、
今でもあちこちに迷惑をかけて回っているという風評が聞かれるとか。
この性格異常者に関係している人、一度でも関わりをもった人は要注意だろう 
なにしろ無知無教養を絵に描いたようなド低能かつ愚鈍な阿呆で、無論恋愛とも文学とも無縁な山出しだ
ホモフォビアのオカマだという話もあるが、こんな気持ち悪い変態を相手にする人間は絶対に存在しないと断言できる
カネを払ってSMプレイをしようとしても風俗店から断られたという話もある。
こいつを見かけたら、すぐに叩き殺してしまうべきだ!
日本を没落させた元兇たる在日代表とも言えるクズだからね
(九州にはこの種の流入半島チョンが多いらしい)

308 :天之御名無主:2009/05/17(日) 01:10:20
「古谷洋一」とかいう名前の変態チョンが北九州小倉あたりの呉服屋(小売り屋)の家に居たらしい
田舎者の常として東京に憧れて青学(青山学院)なる最底辺の学校へ通わせて貰っていたけど
当時から変質者として悪名高かったそうだ(なにしろバドミントン部で皆から嫌われていたとか)。
その後、京都の呉服問屋にお情けで入社させてもらったくせに、恩を仇で返すような真似を繰り返し、
今でもあちこちに迷惑をかけて回っているという風評が聞かれるとか。
この性格異常者に関係している人、一度でも関わりをもった人は要注意だろう 
なにしろ無知無教養を絵に描いたようなド低能かつ愚鈍な阿呆で、無論恋愛とも文学とも無縁な山出しだ
ホモフォビアのオカマだという話もあるが、こんな気持ち悪い変態を相手にする人間は絶対に存在しないと断言できる
カネを払ってSMプレイをしようとしても風俗店から断られたという話もある。
こいつを見かけたら、すぐに叩き殺してしまうべきだ!
日本を没落させた元兇たる在日代表とも言えるクズだからね
(九州にはこの種の流入半島チョンが多いらしい)

309 :天之御名無主:2009/05/17(日) 11:47:21
>306
隠れ里、漂流民とかはウソ?

310 :天之御名無主:2009/05/18(月) 11:58:38
>>306
入らず山は禁足地だけど山村はあったし、日本中の山見張り続ける訳には行かないでしょ?
どの時代にもルールの外側にいる人は居るんじゃないかなぁ

311 :天之御名無主:2009/05/18(月) 14:32:31
ルールの外側にいる人がいても、それが共同体を成しているとは限らない。
泥棒どうしが全員つるんでるわけじゃないのと同じ。

312 :天之御名無主:2009/05/18(月) 15:13:30
山里も山村もいっぱい見たからね〜
あんまり>>311>>306には同意できない

よく分かるところでは白川郷とかね

山に人が住めない、では白川郷は江戸時代に消えてしまうもんね

313 :天之御名無主:2009/05/18(月) 15:27:35
↑日本語読めないアホ登場

314 :天之御名無主:2009/05/18(月) 15:36:16
村のまわりが山なら全員「山の民」か・・・もはや何でもありだなw

収入源が多少かわっていただけで、庄屋だって村役人だっていた、
普通に「ルール」の内側の人たちなんだが>白川郷

315 :天之御名無主:2009/05/18(月) 18:26:48
山に人が住んでいたのは間違いないでしょ?

山に人は住めないって書いてあったからさぁ

と、隠れ里出身が言ってみる

316 :天之御名無主:2009/05/18(月) 18:47:16
しょーもない言い訳か、それともまさか揚げ足とったつもりなのか。

317 :天之御名無主:2009/05/19(火) 03:38:41
自演しかない

318 :天之御名無主:2009/05/25(月) 02:46:17
のちに文部大臣(※ウィキには二代目宮内大臣とある。一代目は伊藤博文)の土方久元
が明治天皇に、「(秘密を知っている)エ×(差別語)たちを全員島流しにしたい」と・・・中略・・・、
豊臣秀吉は同じ状況で鳥取の北山城にいた山窩数千人を皆殺しにしたと云う。あるいは
天皇の母方に北畠の党の一派があったかもしれない。この問題については地元の市会議員
である松重正氏が詳しく知っているようである。
http://www.snsi-j.jp/boards/sirogane/158.html


大正5年ごろに朝鮮に集団で追放されているらしいサンカ集団が、現在も南朝鮮山中に
生き残り、厚生労働省は、何と把握しているも国民には内緒にしているらしい。



319 :天之御名無主:2009/05/25(月) 02:48:45
一部抜粋
10 名前: 金太 投稿日: 2001/04/28(土) 22:57

おばあさんが生まれたのは、大正2年だそうです。(<いま思ったんだが、何で日本の元号を
知っているんだ?)
こちらに来たのは、おばあさんが5歳の時だそうです。(この辺は彼女も、記憶が曖昧で、
大正6年とか言ってましたが、
「5歳なら大正7年でしょ」と聞くと、違うと言って聞かないのです。なので、大正6年か7年。)
誰の指示できたのか?と言われたら、当時の日本の警察?とその当時の(サンカの)村の村長
さんみたいな人が話をして、
「土地が与えられるので、そこで畑を作って暮らそう」と言うことになって、船に乗って来たそうです。
その当時は、ソウルのちょっと北側?あたりの土地だったそうですが、朝鮮戦争のときに追われて、
今のところに来たそうです。
おばあさんは、特に「だまされた」とか考えて無くて、「いろいろあったよ」みたいな、ほのぼのした
感じで話していました。
また、現在の生活に満足しているようで(もちろん村の人も)、気ままに暮らしているみたいです。

生活なんですが、農作物を収穫して食べている他、炭を作っていて、韓国政府が定期的に買い取りにくるそうです。
そうすると、上記の韓国人が町に買い物に行くそうです。先日言った畑の他に、もうちょっと山の上の方に水田が
あるそうです。そこで、お米も収穫できるそうです。
つづく...


下のスレに詳細あり。
★山窩だそうです
http://mentai.2ch.net/min/kako/988/988420242.html


320 :天之御名無主:2009/05/25(月) 02:52:51
★サンカは純粋日本人
http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/sanka.htm



現代の差別被差別制度が一般化したのは足利後期からである。だから当時としては「御先祖
足利尊氏様の創業に反対し邪魔した悪党共の子孫を区別地に入れてしまえ」となったから、
明治までの未解放地帯には、菊水とか楠木、湯浅、新田、足助の地名が何処にも残っている。
ドイツ人アドルフ・リースによって指導された明治史学は、楠木正成ら だけをスター扱いにし、
銅像にもしたが、俄か歴史屋共の悲しさで、その子孫や郎党の末裔の解明は全くなされていない。
さて、十五代続いた足利時代にあっては、旧南朝の方の子孫だけでなく、反仏教派の神信心派が居た。
中略
五世紀から七世紀にかけて大陸から進攻してきた連中が、白人がキリスト教をもって有色人地帯
を押さえたように、西方極楽浄土の教えを持ち込んだのに対し、日本列島の原住民どもはこぞって
次々と反抗した。 山中や離島へ逃げ込んだ彼らの子孫が、足利期にできた被区別地の末裔と
一つになった。アメリカで南北戦争の後、解放奴隷のアフリカ人が追われてインデアン居留地へ
逃げ込み合体したのと同じ事である。そして、「山がつ」と呼ばれる山者はウメガイとよぶ彼らの
山刀を「ささら」といわれる竹細工の箕の直しも、青竹割の刃物を商売道具として、秀吉の命令を
聞かず手放さなかった。 さらに、京の周辺の桂や白川の者らも堺の者と共闘体勢までとりだした。
http://www.k-pole.co.jp/zatugaku_25.html



321 :天之御名無主:2009/05/25(月) 04:11:33
>>319
間違っています。
以上。
はい次の方。

322 :天之御名無主:2009/05/27(水) 06:00:46
出雲山窩・婚礼歌謡

イザナギテ イザナミ チギル
ヒナタカゲ ヨツギノコリヲ
アメツチニ ノル

ヤクモタツ イヅモヤエガキ
ツマゴミニ ヤエガキツクル 
ソノヤエガキヲ




323 :天之御名無主:2009/07/19(日) 19:18:34
>>50>>100>>150>>200>>250>>300

324 :天之御名無主:2009/07/21(火) 21:19:15
>>45
葛城氏は、出雲族であろうがな。

325 :天之御名無主:2009/07/22(水) 23:32:37
土蜘蛛族が気になる気になって、眠れん。どういう容姿をしていたのか。
また、戦闘スタイルも気になる。化け物扱いされてるけど。

326 :天之御名無主:2009/07/23(木) 15:53:53
>膣蜘蛛が気になる気になって、眠れん。

膣の中にいるのは蜘蛛ではなくトリコモナス原虫と思われ。
早く病院に行くがよろし。

327 :天之御名無主:2009/07/29(水) 16:56:24
>>322
YouTubeでお願い

328 :天之御名無主:2009/08/01(土) 10:39:37
日本史におけるサンカの重要性
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1218782854/
山窩 俘囚 蝦夷 隼人 熊襲
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1240233082/
山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?

http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1125391365/
漂泊の民・山窩<サンカ>に会ったことある?
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/out/1077625078/
○●○●○ サンカ 山窩 山家 山稼 ○●○●○
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1242549286/
山窩 俘囚 蝦夷 隼人 熊襲
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/min/1240233082/
山窩、蝦夷(エミシ)、隼人は同一民族ではないか?
日本史におけるサンカの重要性
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1218782854/

329 :天之御名無主:2009/09/14(月) 17:14:42
さて。札幌開業した場合の航空業界との折り合いのつけ方のひとつのパターン。

新幹線の編成のうち、JALとANAに各2両程度をリースする。
(そのころまでJALがあるのかは??)
標準座席数×0.7程度のリース料でJRは十分元が取れる。

外装に日の丸が入ったり、ブルーストライプが入ったり、
たまにポケモンが書かれたりするかもしれないが、そこは我慢。

「航空会社の札幌便」として運用されるので、往復航空券で
片道飛行機便、片道新幹線便でもOKだし、当然マイルも溜まる。

飛行機並みに詰め込み座席にして立席も容認するか、逆にスーパークラス並み
もしくはそれ以上の座席を入れるかも、航空会社の自由。

閑散期に格安チケット売り出して、盆暮れにはボッタクリ価格にしようと
それも航空会社の自由。

逆に交換条件としてJRが「望むのであれば」航空便の一部スペースを
JRにも提供する。

で、ゆくゆくは航空会社が第3種鉄道免許を取得して…。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/rail/1252725315/

330 :天之御名無主:2009/10/07(水) 09:11:51
大和は出雲と四国だな。
九州ではない。

331 :天之御名無主:2009/10/07(水) 23:54:03
>>330
九州にも出雲の痕跡があるから。神社の祭神調べてみればよい。
同族がいるのは確実。
そこへ侵略者どもが来たということ。
尚、オキナワンも、出雲の末裔であり、同族。

332 :天之御名無主:2009/10/08(木) 22:59:21
>>331
いや、むしろ半島にも出雲の痕跡がある。
侵略者どもはまず楽浪郡などを経由して朝鮮南部を落として
から九州や出雲や大和へと入ってきた。

333 :天之御名無主:2009/10/09(金) 05:56:23
同一民族じゃないと思うな。
初期のヤマト王権は地方国家の連合体。
その地方国家の連合体に参加出来なかった連中が
蝦夷や隼人と呼ばれるようになっただけだって。
何故、国家連合に参加できなかったかと言ったら
蝦夷や隼人は地方国家を作れなかったからだろうね。

334 :天之御名無主:2009/10/09(金) 15:38:21
造ってるよw

335 :天之御名無主:2009/10/09(金) 18:25:13
>>334
作ってないよ
アイヌを見れば分かるだろ?
狩猟や漁を中心とした生活じゃ
1万年かけても国を作れないってのは
縄文時代で証明済み。
日高見国とかは大和が東方を日高見国と呼んだだけで
国としての実体はないだろうね。

336 :天之御名無主:2009/10/13(火) 06:03:24
アイヌは蝦夷の破棄民みたいなもんだから。
昔の関東には大和に匹敵するでかい連合国があったと見てる。
そこにいた人は異民族なのか、同じ民族かは定かではないが。

いずれにせよ彼らは関東人の祖先で今は大和に取り込まれて
大和の総体に変化を与えて日本人となり、同化しきってる。
日本の歴史はここがなぜかあいまいでな〜


337 :天之御名無主:2009/10/21(水) 23:31:21
関東は地理的に言えば、蝦夷と同じ人種の人間が多く暮らしてたはず。
でも、関東の勢力はヤマト王権が誕生したと考えられる
4世紀には既にヤマト王権に参加してるんだよね。
その時点でヤマト王権に参加してないのは南九州と東北。
寒冷な東北と、シラス台地の南九州は稲作に向いてない地域なんだよね。
やっぱり、蝦夷、隼人って概念は、人種以上に稲作が関わってる気がする。

338 :天之御名無主:2009/11/06(金) 23:03:49
もうみんなDNA鑑定しよ。 その方が早い。

339 :天之御名無主:2009/11/18(水) 23:35:00
tesu

340 :天之御名無主:2009/11/20(金) 06:43:46
>4世紀には既にヤマト王権に参加してるんだよね

参加と言うか、懐柔されてとりこまれたと思う。

四世紀は早すぎるかな。
五世紀には関東の縄文系豪族が
比較的平和裏に大和朝廷と同盟関係結んでたかな。

物部氏の北関東における「扱い」が微妙だけど、
派遣技術指導者的なかたちで、
すんなりと受け入れられたかも知れない。

341 :天之御名無主:2009/11/22(日) 22:10:07
ファンタジーが好きだね、みんな。ま、エンターテイメントとして楽しんでよ。


342 :天之御名無主:2009/11/23(月) 02:23:18
国家か。現在だって豪など果たして国家といえるのかどうだか
アメリカもだけれど
ただ富の蓄積、ひいては食物の蓄積となるとやはり種類が限定されるのかね
巨大な富がないと階層や国家は無理なのかもしれないね

あと土ぐも人種って、なんとなくアンガールズみたいなかんじをイメージする
顔は縄文系だが手足がwwwひょろ長いwwイメージで語ってスマソw

343 :天之御名無主:2009/11/23(月) 07:15:48
>>340
5世紀に同盟じゃ遅くないか?
倭王武の上表文や熊本の銀象嵌鉄刀、埼玉の金錯銘鉄剣の内容から考えると
5世紀後半には九州から関東までの地方豪族が
雄略天皇に臣従してたようだし。

344 :天之御名無主:2009/12/06(日) 05:37:20
はじめまして。
山窩って何でしょうか?
昨日、母から『山窩だったから』と言われ、単語の意味を聞いたのですが、父が帰宅してしまい父の前では言っちゃ駄目と言われて、何なのか気になります。
(漢字は聞けていないので)サンカ違いかも知れませんが、話しの前後からして自虐的というか自嘲気味な感じだったので、インターネットで調べて蔑称の?山窩な気がしてます。
山窩の詳しいことと、山窩だと何か恥ずかしいのかを教えてください。


345 :天之御名無主:2009/12/06(日) 05:43:30
上に書き込みした者です。
追加なのですが、専門用語はよくわかりません。
日本史に出て来た身分制度の事でしょうか?
だとしたら母の実家は元被差別民なのでしょうか?(母方は西日本です)
よくわからなくて聞いていますが、場違いでしたらすみません。
でも、わかる方、答えてくださる方がいたら嬉しいです。

346 :天之御名無主:2009/12/06(日) 23:22:58
弥生系 or アイヌ、蝦夷、熊襲、隼人=縄文系
こういう構図で説明されるが、実際はそんな単純なもんではないでしょうな。
特に縄文人。
東北〜九州間だけでも、スウェーデン〜イタリア、スペイン〜バルト3国と同じ距離がある。
かくも離れた地域にまで、同質化された単一民族が住んでたという話は考えにくい。
外部から、九州北部や間宮・津軽海峡などを通じて人の流入は盛んであったであろうが、
大平原が広がる欧州と違い、全島山だらけで集落が細かく区切られた日本では、
大規模な侵略や人口移動も困難。
弥生以前は馬もなく、大型の船や大規模な船団も持たない。
かような状況で縄文人が単一の民族でありえたとは思えない。

347 :天之御名無主:2009/12/09(水) 22:43:00
土蜘蛛なんて居るわけないよ

348 :天之御名無主:2009/12/13(日) 20:49:26
隼人はね
ちょい強すぎたから煙たがられただけ。

神武の兵隊
朝廷警護

物部や蘇我の辺りになると
鹿児島へ引き揚げたみたいだな。
だんだんと煙たがられた。

そんな折り宇佐で神仏集合に反対した辛島が
排除される中、辛島が反対派部族に取り入れて
反乱起こしたのが隼人の乱。

349 :天之御名無主:2009/12/17(木) 22:32:49
朝廷というのは支那語。
ヤマト(倭)人が使っていた言葉ではない。
朝廷の呼称を持ってきた物共らの正体を自ら暴露w

350 :天之御名無主:2010/05/01(土) 02:11:59
>>344-345
サンカは諸説あるが、仏教の密教衆であろうと考える。
秘密結社のようなものだ。

サンガは仏教用語で「僧侶」



351 :天之御名無主:2010/05/01(土) 04:34:37
僧侶じゃなくて、僧伽だろ。
サンガの音訳が僧伽。
一人ひとりの僧侶のことではなくて、集団のことだ。

352 :天之御名無主:2010/05/01(土) 05:09:07
>>350
中国の秘密結社の一部で「喝过血酒」「喝过鸡血」「喝鸡血酒」「鸡血结盟」とか
よくキーワードにでてきて、かなり古い歴史があるみたいようだが・・・
太古に女系社会だったとか書いている人もいて、それが、ちょっと不気味なんだ。
剽牛、盟誓、结拜兄弟、结拜姉妹etc

ぐぐると、水滸伝ばかりか、中国共産党関係でもヒットしてしまう。
内陸の南のほうがヒット頻度が高い傾向がある。沿海部ではほとんどヒットしない。
K社会でも湖南とか貴州だと、ヒットしてくる。台湾とか福建の系統ではなさそう。
広東だと、西にほうにいくとでてくるね。
中国の人は、そんなに違和感感じてなくて、Blogにもすんなり書いていて
現代でも生きている風習なのかな・・・

梁山泊も山岳関係だったよな^^;

353 :352:2010/05/01(土) 05:36:18
むむ、本当に家畜の血を酒杯に注いで飲む画像があるやんか。。。
何かの比喩だと思っていたら、字面通りのなんだね

人間の血を使ってはいけない禁忌があるようだ。

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)