5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高校漢文で印象深いのは?

1 :漢文研究法:01/09/01 07:55 ID:d1gNSpkw
私は「季札剣を掛ける」です.
この漢文で「予」を「与(あたえる)」と読ませるところが
ミソでした.たしか東大の入試問題.

2 :名無氏物語:01/09/01 14:03 ID:zIjN6Xjk
蒙求。

3 :名無氏物語:01/09/01 15:41 ID:gOPhYP2k
こふくげきじょー。
なるほどと思った。

4 :歴史の勉強:01/09/01 18:16 ID:CucxUmsY
「漁夫の辞」

5 :名無氏物語:01/09/01 19:40 ID:JJ4CBTCc
白居易の「海漫漫」

6 :名無氏物語:01/09/02 02:42 ID:j.UY61h2
鉄槌伝

7 :杉原秀敏:01/10/15 04:58
「見義不為無勇也」という一文が印象的

8 :杉原秀敏:01/10/16 01:19
>>7の書き込みした後に気になったのだが、
「義を見てせざるは勇無きなり」って7にあるとおりでいいんだよね?

9 :名無氏物語:01/10/16 20:13
日本の歴史を漢文で書いてあって 章ごとにそのまとめとして 漢詩がかいてあったのは
『日本樂府』でしたっけ???
たとえば 鎌倉幕府の部分などは 獅子身中の虫という題で
かかれていたように思うのですが・・・。
↑うまく説明できないのですが・・・。思いだせなくて、
ここで 聞いてみました。
どなたか ご存知の方 いましたら 教えて下さい。
m(__)m

10 :名無氏物語:01/10/16 20:47
「不為」は「せざる」ではない。漢文訓読の習慣では「なさざる」

11 :杉原秀敏:01/10/17 00:49
>>10
ご指摘ありがとう。
ずっと「せざる」だと思ってた。
というか、高校では「せざる」って習った・・・・・・・。
間違いだったのか・・・。(鬱

12 :名無氏物語:01/10/17 01:36
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact8/

13 :名無氏物語:01/10/17 20:58
>11
正確には「なさざる」だろうなとは思うのですが、リズムがいいので
私は「せざる」が好きです。
最初に読んだ時に「せざる」になっていたので
(なんと小学生向きショートストーリーに使われていたのですよ)
インプリンティングのようにどうしても「せざる」と読んでしまいます。

14 :名無氏物語:01/10/17 21:33
>>10 「義を見てせざる・・・」は、すでに成句として日本語化していると
見るべきである。「なさざる」にこだわるのは個人の自由だが、わざわざ他
人の書き込みを訂正するほどのことはないと思う。参考までに『広辞苑』で
は「せざる」となっている。漢文訓読はあくまで便法なのであって、「訓読
の習慣」にそこまで拘泥する必要は無い。

15 :名無氏物語:01/10/17 22:04
「りょうさいしい」(漢字わすれすまそ)の「絵の中の少女」
とある青年が絵の中に入り込んで、そこの少女と交際する話
語句註に「愛しいとおしむ」とか書いてあるんですけど
教科書にそれはないかなと

16 :名無氏物語:01/10/17 23:06
おれは高校以来「義を見てなさざる」と記憶してるぞ

17 :名無氏物語:01/10/18 01:36
日本がふって漢詩だけかと思ってたけど。

18 :杉原秀敏:01/10/24 23:21
「なさざる」と「せざる」とどちらの読み方をするかは、
好みの問題っていう事でいいんですね?

19 :名無氏物語:01/10/25 22:37
「為」は「す」とは読まないのが訓読の一応の習慣

20 :名無氏物語:01/10/26 00:54
ひょっとして太平記の児島たかのりのセリフは「義を見てせざる」って
書いてあるのか?

21 :論語マン:01/10/26 01:23
金谷治訳注『論語』(岩波文庫)では「義をみてせざるは」と訓じて
いるよ。宮崎市定著『現代語訳論語』(岩波現代文庫)では「義を見て
為さざるは」と訓じている。宇野哲人著『論語新釈』(講談社学術文庫)
では「義を見て為さざるは」と訓じている。

22 :名無氏物語:02/05/04 21:15
例えばだけど、僕らは毎日毎日同じような生活をただ繰り返して生きている。
学校へ行く、とか会社に行く、とか。毎日毎日、変わんなくてつまんないな、
何かパーっとしたこと起きないかなー、って思うこともある。
だけど、つまんないつまんないって思ってても、絶対、面白くなるわけ
ないんだよね。実は僕らの日常ってのはそんなに捨てたもんじゃないって
ことを、本当は誰でも知ってるんだけど、あまりに当たり前と思えることに、
いちいち感動出来なくなったり、心がときめかなくなってるだけなんだと思う。
散歩してて怪訝そうな顔してこっち見てる犬にあったらかわいいと思うし。
木漏れ日が優しく揺れているのを見れば心が和むし。
日が暮れて空が紫色に染まったら、それはそれでキレイだなって思うし。
そんなの、毎日見ようと思えば見られるかもしれないけど、
いつも一緒じゃんて思ったら大間違いで、木漏れ日だって夕陽だって、
その時、その瞬間にしか、ないものじゃない?
まったく同じものなんて、世界のどこに行ってもないし、どんなにお金積んだって
手に入らないんだから。
「素敵な日常」っていうのは、実は、どこにもないものなんじゃなくて、
僕らの心の中にちゃんとあるものなんじゃないかって、思うんだけど。


23 :山崎渉:03/01/11 09:54
(^^)

24 :山崎渉:03/03/13 13:35
(^^)

25 :名無氏物語:03/03/15 08:45
史記を習ったとき、宦官や宮刑のことを知った。
中公新書の「宦官」を購入して、読んだ。
37年前の話。その本、今でも持ってます。

26 :名無氏物語:03/03/15 08:55
活用暗記

27 :名無氏物語:03/03/15 17:27
「死せる孔明生ける仲達を走らす」ですが何か?

28 :名無氏物語:03/03/15 21:05
http://asamade.net/cgi-bin/kado_e/pc_i_j_ez-index.cgi
一人登録されると1000円もらえる☆
簡単で儲かるYO

29 :名無氏物語:03/03/16 15:48
四面楚歌

30 :名無氏物語:03/04/06 21:47
四面楚歌で、「虞や虞や、汝を如何せん」という件がありました。
この意味を説明されるとき、先生は、「姦れるからネ」という注
釈をつけられました。
この先生、数年後、大阪市立大学に行かれ、文学部長までされました。



31 :名無氏物語:03/04/07 21:06
>30
片山智行教授?


32 :30:03/04/08 20:59
>>31
同窓生か?

http://www.asahi-net.or.jp/~SF4F-ANBK/class/katayama/katayama1.html

33 :名無氏物語:03/04/09 10:12
大阪市大って、あの辻元を講師かなんかに呼んだとこか?
類は友を呼ぶって奴か?WW

34 :名無氏物語:03/04/09 16:25
蘇軾の留行論。
当時はよくこんな文章構成の下手なやつが唐宋八大家と呼ばれているのだと疑問に思った。

35 :山崎渉:03/04/17 09:15
(^^)

36 :山崎渉:03/04/20 04:53
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

37 :名無氏物語:03/04/21 11:11
鴻門の会

38 :山崎渉:03/05/28 15:21
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

39 :山崎 渉:03/07/15 12:39

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

40 :名無氏物語:04/01/02 00:39
人生は短いから、松明を点しても夜遊びに励め云々というのは
誰の何ていう作だったかなあ。

41 :名無氏物語:04/01/02 01:54
古詩十九首の
生年不満百 常懐千歳憂…
これを引用したのは李白の春夜宴桃李園序

42 :名無氏物語:04/01/02 04:12
白髪三千丈  大げさ過ぎて、禿げの父もショックを
隠せませんでした。
昔の中国人って、平均寿命短かったから、禿なかったのか?
単なる修辞?

43 :名無氏物語:04/01/11 12:00
>>41
>李白の春夜宴桃李園序
浮生若夢、為歓幾何、古人秉燭夜遊、良有以也、...だったか。

44 :名無氏物語:04/01/11 12:06
コウモンノカイ?劉邦と項羽があって部下が剣舞をするやつ

現代文だが中島敦の山月記

45 :Ray.na:04/01/11 23:47
荀子だっけかな。
性と偽との区別は目からうろこ、衝撃的でした。

46 :名無氏物語:04/01/12 01:36
>>45
なにそれ?詳細希望

47 :名無氏物語:04/01/12 01:51
>>19
ほんと?日本漢文だと「す」って読みまくるよね???

48 :Ray.na:04/01/14 01:46
>>46
孟子は人の性は善なりといったけど、それは、生まれながらに与えられている人間
の本性と、学んだり努力したりして身に付けていくべき徳(偽)との区別がついて
いない言葉だ、という話です。

徳(偽)というものは君子が身に付けたもののことで、性というのは、神に与えら
れていて、変えようのない、学んで身に付けようのない生まれつきのもののことだ
という話。


49 :名無氏物語:04/10/21 19:27:04 ID:6frT78ci
テスト

50 :名無氏物語:04/10/21 19:28:02 ID:6frT78ci
50

51 :名無氏物語:04/10/26 18:01:29 ID:9JxSc2ma
下から二番目のスレッドage

52 :名無氏物語:04/10/27 23:28:47 ID:4QY1lFHa
未覚池糖春草夢

53 :名無氏物語:04/12/11 14:22:46 ID:p9QVeNyj
「石に口漱ぎ、流れに枕す」

愛も教訓もない話にへぽーんとなった。

54 :名無氏物語:04/12/11 17:49:06 ID:dGJoq0OL
刎頚の交はりはなかなか。

55 :冬のオイラ:04/12/11 21:10:29 ID:XOxB3oAH
   o   。         ______o  O   。    。 °
 。 ○  o    ○   /  ィ     ○  o    ○
        o      /ニニニ)⌒ヽ        o
    o         ( ´∀`)___)
  ○   。  ○  /○  ○) /|,. o       O  o
。  o    o   ∠∠______∠_/ /     ○
      o    .|/     |_/  ○   。  o  O 。
 o  O     / ̄ ̄ ̄/ ̄   o    。
      。  ノ      /    o         O
 o   o  ∧ ∧___ノ)∧ ∧___ノ)    。   o      ○
   o   (*゚ー゚)   (゚Д゚*)  つ  o   °      o   。
 。   o ∪-∪'"~ ∪-∪'"~  。  。 o   °o 。
     __  _ 。    __   _  o  o__       _ °
  __ .|ロロ|/  \ ____..|ロロ|/  \ __ |ロロ| __. /  \
_|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|._| ロロ|_

56 :名無氏物語:05/03/05 19:53:52 ID:UzeZufPB
糞尿の交わり

57 :名無氏物語:2005/06/01(水) 18:25:13 ID:B696QyIU
史記宦官列伝

58 :名無氏物語:2005/10/18(火) 00:21:41 ID:fHnjyoE2
春夜宴桃李園序
たしか李白の詩だった気がする

59 :名無氏物語:2006/01/05(木) 02:51:21 ID:79i1s+Vv
帰去来の辞

60 :名無氏物語:2006/01/05(木) 12:08:17 ID:BAk22pxF
還暦おめでとう!

61 :& ◆IgFJU9v8p2 :2006/01/06(金) 18:42:56 ID:eZmlbySR
很多人都認為 荀子是主張{人性本惡} 其實這是錯誤的 荀子從來沒有説過{人性本惡}
在荀子的{性惡}篇中起始有説到{人之性善 其善者偽[人為]也}其中{偽}的翻譯意思是{人為}
也就是要重{禮} 接下來的文句就可以知道{今人之性 生而有好利焉 順是 故爭奪生而辭讓亡焉 順是 故殘賊生而忠信亡焉
順是 故淫亂生而禮義亡焉}以下是他的文章重點{然則從人之性 順人之情 必出於爭奪 合於犯分亂理 而歸於 故必將有師法之化
禮義之道 然後出於辭讓 合於文理[禮]而歸於治 用此觀之 人之性惡明矣 其善者偽也}

62 :名無氏物語:2006/08/13(日) 18:28:42 ID:AySlb+AR
中濃ソースは名古屋の名物!               

63 :名無氏物語:2006/08/14(月) 19:12:22 ID:kuvWuSz/
陶淵明の桃花源記。
仙人思想を反映した話だそうだが、単純に御伽噺として面白かった。
鬱々としてたときだから、余計印象的だったんだろうね。


64 :名無氏物語:2006/08/14(月) 19:29:38 ID:kuvWuSz/
もうひとつ、柳宗元の江雪。
  千山鳥飛絶 萬徑人蹤滅 孤舟簑笠翁 獨釣寒江雪
これで唐の詩の美しさに気がついた。
数十年経った今でもその教科書を身近に置いてる。


65 :名無氏物語:2006/08/16(水) 11:53:22 ID:3tSDspqe
「孟子」が面白かった。

66 :名無氏物語:2006/10/24(火) 16:55:46 ID:QDvG71fX
(●`.ー´●)やっちありがとう 

67 :名無氏物語:2006/10/24(火) 22:46:16 ID:v3B4LqhE
さんしょう
ってどうゆう意味ですか??


68 :名無氏物語:2006/12/18(月) 17:36:15 ID:qcSRcEJT
(*^_^*)   

69 :名無氏物語:2007/02/13(火) 17:07:17 ID:6nNlxEYs
!(´▽`)ゞ  

70 :名無氏物語:2007/03/14(水) 16:52:32 ID:N+xvFDO4
http://hametana.ath.cx/kuinfo/p/20070314001.jpg    

71 :名無氏物語:2007/03/17(土) 05:46:31 ID:cSXYg1ZE
http://hametana.ath.cx/kuinfo/p/03161201.jpg

72 :打ち上げ男 ◆TaBMcIMHFY :2007/03/17(土) 06:01:44 ID:SOgz5hqo
テスト

73 :打ち上げ男 ◆TaBMcIMHFY :2007/03/17(土) 06:02:42 ID:SOgz5hqo
NASA

74 :名無氏物語:2007/03/18(日) 02:24:41 ID:XUIKOASA
肛門の会。
話自体は緊張感漂っていて面白かったが、指名されて滅茶苦茶な訓読をしたら、
先生にえらく怒られて「お前はもう大学なんか行くな!」とまで言われた。
何であんなに怒っていたのかは不明。今だにトラウマで怖くて史記は開けない。
あの事件がなければ、今も漢文と仲良く付き合っていたかも知れない。


75 :名無氏物語:2007/04/18(水) 17:09:04 ID:7zScDBHG
(*^∇^*)                             

76 :名無氏物語:2007/09/15(土) 01:33:55 ID:nDoHjeQB
test

77 :「勇俊(冬のオイラ):2007/09/16(日) 11:36:14 ID:rOGCxrLD

            ___
          /ノ^,  ^ヽ\
         / (・))  (・)) ヽ
        / ⌒(__人__)⌒::: l
   ⊂ ̄ヽ_|   |r┬-|    |
    <_ノ_ \   `ー'´    /
        ヽ  ̄V ̄ ̄ ⌒,
        /____,、ノ /
        /    (__/
       (  (   (
        ヽ__,\_,ヽ
        (_/(_/


78 :沖縄:2007/11/23(金) 16:46:56 ID:8T1Hf8qU
那覇                                                   

79 :名無氏物語:2007/11/28(水) 08:31:24 ID:JZQjV6cE
鴻門の会な。四年ほど前か…懐かしい

80 :名無氏物語:2007/11/28(水) 20:57:53 ID:MUY7ne1O
白水素女

81 :名無氏物語:2008/01/29(火) 17:27:54 ID:qpQhJAC2
高校の教科書の漢詩で古代のもので、
徴兵されて故郷をはなれて出征する息子にたいして父、母、兄が次々と語りかける、
という構成になっていたものがあったのですが、
どなたかごぞんじありませんか?

内容を思い出して感慨深くなり、今更ながら全文をきちんと読みたいのですが、
題名などが分からず検索しようがなくて困っています

82 :名無氏物語:2008/03/10(月) 05:11:19 ID:TcYg1Urh
「長恨歌」より
「在天願作比翼鳥 在地願為連理枝」

83 :名無氏物語:2008/03/24(月) 01:53:29 ID:vh0GS5+Y
漢文はとくに担任の先生がおしえていたこともあり、なんとなくおもしろかった。
(先生は、東京教育大卒であの諸橋の孫弟子にあたるといわれた。)
「麦秀でてぜんぜんたり」
という一節が残っているのですが、なんだったのでしょうか?
漢文では、ないのですが、思い出した。
ろうせいのりちょうははくがくさいえい、てんぽうのまつねんとしわかくして
こぼうになをつらね、ついでこうなんいにほっせられたが、しょうけんかい
みずからたのむところすこぶるあつく、せんりにまんずるをいさぎよしとしなかった。
たしか、こんな感じではじまりましたね、山月記は。

84 :名無氏物語:2008/03/26(水) 23:15:36 ID:tERtza6q
ずっと気になってるんだけど。
話は、何かをした家臣に宝剣を与えて家臣はそれで自刎する。
最後の文は「べきほうをかぶりてすなわちしす」だったと思うんだけど……
これなんて話かわかる人いる?

85 :名無氏物語:2008/08/22(金) 21:41:40 ID:azWa//Lv
鴻門の会にて。

(沛公)^3=樊噲

86 :名無氏物語:2008/08/23(土) 03:56:10 ID:GPZLK2V6
>>83  史記の宋微子世家
箕子朝周、過故殷墟、感宮室毀壊、生禾黍。
箕子傷之、欲哭則不可、欲泣、為其近婦人、乃作麦秀之詩以歌詠之。
其詩曰、「麦秀漸漸兮、禾黍油油。彼狡僮兮、不與我好兮」
所謂狡童者、紂也。殷民聞之、皆為流涕。

>>84古代では剣を賜って自殺させられるのは普通なので誰か分からない。
一番有名なのは伍子胥。史記の伍子胥列伝は
使使賜伍子胥属鏤之剣、曰、「子以此死。」伍子胥仰天嘆曰、「嗟乎、讒臣ひ為乱矣、王乃反誅我。」
・・・・乃告其舎人曰、「必樹吾墓上以梓、令可以為器、
而抉吾眼県呉東門之上、以観越寇之入滅呉也。」乃自剄死。

>>81兵車行かなあ。車りんりん馬蕭蕭 行人弓箭各在腰
耶娘妻子走相送  塵埃不見咸陽橋 牽衣頓足らん道哭 哭声直上干雲霄
道旁過者問行人 行人但云点行頻 或従十五北防河 便至四十西営田
去時里正与裹頭 帰来頭白還戍辺・・・・
信知生男悪 反是生女好 生女猶得嫁比鄰 生男埋没随百草
君不見青海頭 古来白骨無人収 新鬼煩冤旧鬼哭 天陰雨湿声啾啾

87 :名無氏物語:2008/08/25(月) 20:45:22 ID:9UxsSMEA
客人が「帰りの馬が無いから
貴方の庭にいる鶏に乗って帰ろう」
というようなことを言っていたのが凄い面白かった

88 :名無氏物語:2008/08/29(金) 12:36:39 ID:DCKUgeGc
土の人形と木の人形が会話する漢文を高校時代に習ったのだが…
どういうものだったか思い出せん


89 :名無氏物語:2008/08/30(土) 05:53:25 ID:XmhGTkS1
ここの人達はすごいですな。受験板でスルーされたんでここにかきます、俺高校生で、早覚え速答法というのを勉強してるんですが、そこに
寡人の心を用ふるに如く者は無し
訳)私の注意深さに及ぶものはいない。

と、書いてあったんですが
心を用ふる=注意深くする
意味分かりません。
用う にそんな意味あるんですか?
このように漢字の意味が理解出来ない事が多々あります
どうすれば良いでしょうか

90 :名無氏物語:2008/08/31(日) 04:28:02 ID:D/CEtqyX
>>89
じゃあ用心という言葉も理解できないわけだ。
どうやって日本で生活してるわけ

91 :名無氏物語:2008/09/14(日) 22:21:01 ID:gfTd4XV2
桃源郷

92 :名無氏物語:2008/09/15(月) 00:52:41 ID:GW+K2pCM


93 :名無氏物語:2008/09/15(月) 01:27:23 ID:ow/TtQBu
           イ三三三三 \
         /イニニニニ\ヽ\ゝ_
       /イニニニニニ\\V/彡\、
       |三ニ>───、\V//彡\ヽヽ
       |三ニ|         ̄ \\ヽ|
       ハ三シ∠ミヽ,        \ミ l
      {!レ/  ミゝ.,_     ∠三ゝ |ミ l
       | レ  彡ヽ`'ゝ   f=・xミ;  |ミ/
       '┤      ノ  i `''     /}
       l  ーイ⌒(、  ':i      / /  サァン!
       |   《三ヲ`7≦     〃
       ト、   斤  ̄`''キ≧   /´
      <| 丶  ヽニ--ソ'"   /
     ノ| \ \    ̄   /\
    / l / ヽ、ヽミ _彡'´.〉  /\
__/   .ト、ヽ  i    |  /  |.  \_    

94 :名無氏物語:2008/09/18(木) 10:58:49 ID:J4mBcviI
>>91
たぶん、古詩賞析の桃花源記のこと。陶淵明の詩の解説みたいなものらしい。
1年の教科書に載ってた。俺もこれ好きだ。

95 :名無氏物語:2008/09/29(月) 17:48:47 ID:c6z+EB2F
印象深いのは先生がまじで可愛かった

96 :名無氏物語:2008/10/08(水) 16:31:59 ID:uJ9vNwO2
慣れた頃が一番危険だっていう話が確か漢文にあったと思うんですが…
どなたかご存知の方いませんか?

97 :名無氏物語:2009/01/08(木) 01:52:27 ID:cC4GM+7I
>>96
漢文じゃなくて古文じゃないの?
徒然草の「高名の木登りといひし
をのこのこと」より。

98 :名無氏物語:2009/03/24(火) 23:06:51 ID:1pqnIeZA
桑取

99 :名無氏物語:2009/04/04(土) 19:52:26 ID:YEj80UDP
99

100 :名無氏物語:2009/04/04(土) 19:52:59 ID:k2IhHoDZ
100ゲット・・・

101 :名無氏物語:2009/04/05(日) 00:08:58 ID:i2PfLFo3
もう20年近く前、高校の漢文で習ったのですが…
教科書とは別の、B5版の薄い問題集に載っていたように記憶しています。

夕暮れの中、部屋の中に一人で座っている。
外には人の行き交うにぎやかな声がしている。
こんなにたくさん人はいるのに私は一人だ、
自分の孤独さがよりひしひしと感じられる。

…という内容の詩をどなたかご存じありませんか?
先生の注釈も混じっているかもしれません。
ずっと探し続けているのですがわかりません。
思い当たる方よろしくお願いします。

102 :名無氏物語:2009/04/06(月) 10:37:09 ID:yrPA+aRw
陶淵明の飲酒?

103 :102:2009/04/06(月) 10:39:54 ID:yrPA+aRw
しまった、飲酒は20首あるんだな。
5番目のこれ
http://blog.hix05.com/blog/2007/10/post_415.html

104 :101:2009/04/06(月) 23:46:12 ID:PsBdtD/K
>>102
回答ありがとうございます。でも違うようです。
そういえばもっと短かった気がします。
後出しになってすみませんが絶句だったかもしれません。


105 :名無氏物語:2009/06/10(水) 21:13:50 ID:yN2jmr92
高校で漢文なんか習ってません

106 :名無氏物語:2009/06/11(木) 05:41:50 ID:pHRaBFmO
馬鹿には教えても無駄だからな。

107 :名無氏物語:2009/06/11(木) 12:58:56 ID:L20nhpHa
>>106
賢いもん。声優のラジオで葉書たくさん読まれたから文章力ハイレベルだし

108 :名無氏物語:2009/06/11(木) 13:44:05 ID:7jPzp/so
煩悩・・・

109 :名無氏物語:2009/06/11(木) 13:52:07 ID:pHRaBFmO
ヘタレしか手紙を送らない番組で目立っても(ry

110 :名無氏物語:2009/06/11(木) 17:23:42 ID:QrWLXM53
韓非子が面白かったな 矛盾てやつ
老子は読ましてもらえなかったが

111 :名無氏物語:2009/06/11(木) 17:28:19 ID:7jPzp/so
111ゲット・・・

112 :名無氏物語:2009/06/11(木) 17:29:13 ID:pHRaBFmO
糞スレageるな!肥溜めに落ちて死ね!

113 :名無氏物語:2009/06/11(木) 17:46:57 ID:QrWLXM53
学校の漢文て詩が多いよな

114 :名無氏物語:2009/06/11(木) 17:52:57 ID:pHRaBFmO
糞スレageるな!肥溜めに落ちて死ね!

115 :名無氏物語:2009/06/11(木) 18:15:42 ID:L20nhpHa
>>109
ヘタレって言葉好きだねwひとの功績を認めなさい

116 :名無氏物語:2009/06/11(木) 18:22:39 ID:pHRaBFmO
糞スレageるな!肥溜めに落ちて死ね!

117 :名無氏物語:2009/06/27(土) 04:43:35 ID:sY66baeC
習った経験ないからわからない

118 :名無氏物語:2009/06/27(土) 06:54:37 ID:HZ7l9n6P
ID:sY66baeC とかいう低能高校出身の馬鹿は死刑か北朝鮮への流刑にしろ!
糞スレageるな!肥溜めに落ちて死ね!

119 :名無氏物語:2009/06/28(日) 08:34:40 ID:UCKl67Sh
人生万事塞翁が馬 難事が幸をもたらす事もある。

120 :名無氏物語:2009/06/28(日) 12:52:07 ID:pjVrNinQ
知音

121 :名無氏物語:2009/07/02(木) 08:50:25 ID:y/ocgarE
高校の漢文はどんな感じですか?

122 :名無氏物語:2009/07/03(金) 03:17:32 ID:fDktIuao
ID:y/ocgarE  とかいう低能高校出身の馬鹿は死刑か北朝鮮への流刑にしろ!
糞スレageるな!肥溜めに落ちて死ね!

123 :名無氏物語:2009/07/11(土) 17:53:05 ID:J4mtbSvS
漢王朝の韓信曰く、すばしこい兎が死ぬと、立派な猟犬は煮殺され、高く飛ぶ
鳥が尽き果てると、良弓はしまいこまれ、敵国が敗れ去ると、謀略の相談相手を
つとめた臣が亡ぼされる。

124 :名無氏物語:2009/07/12(日) 04:15:47 ID:qhsvZs/R
漢文習ってないから印象も何もないよ

125 :名無氏物語:2009/07/12(日) 13:45:04 ID:/MgrrRTm
クソスレをageまくる ID:qhsvZs/R とかいう低能高校出身の馬鹿は死刑か北朝鮮への流刑にしろ!

126 :名無氏物語:2009/07/15(水) 16:57:33 ID:+zBXP0Ms
>88
http://homepage2.nifty.com/scope-history/singiryo/seigo/keimei2.htm
多分これ

127 :名無しさん@お腹てっぱい。:2009/07/20(月) 00:00:15 ID:UcDsfXB0
小国寡民





128 :名無氏物語:2009/09/24(木) 04:44:59 ID:Wc54Eqkn
社会人に句形を教える塾はないのかな

129 :名無氏物語:2009/09/24(木) 05:01:24 ID:ZX4eZLRB
湯島聖堂の講座に漢文入門ってのがあるけど、受験勉強のように句法を教えてくれたりするのかどうかはわからない。

ttp://www.seido.or.jp/lecture/


130 :名無氏物語:2009/09/24(木) 14:28:54 ID:A7j4xFi2
>>128
中学時代遊び呆けていたお前が悪い。
自己責任だよ。
貧民は北朝鮮へ行け。

131 :名無氏物語:2009/12/01(火) 15:57:39 ID:N+AhQr1e
ぽい

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)