5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

孔子のどのあたりが危険思想なの?

1 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 15:46
呉智英氏がこんな事いってたけど
どなたかわかりやすく教えて下さい

2 ::2001/06/05(火) 15:50
「だったら呉氏の本読むなりすれば?」という突っ込みは
あえてナシにします。
皆さんの意見はどうかなって?
教えて下さいというより聞かせてくださいって感じで

3 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 16:11
『禮記』の礼運はある種『危険思想』かもね。
あと湯武放伐論とか。
孔子の思想が危険かな?
儒学の体系の中に危険思想があるってことじゃないの?
孔子本人がきっと一番危険かしら。
不勉強ですいません。

4 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 21:44
酒見賢一氏の「陋巷に在り」って小説読めばなんとなく
わかるんじゃないの?

5 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 19:30
具体的にどんな部分ですか?
できたらやりとり付で
不勉強でホントすみません

6 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 21:06
5さん>誰に聞いてるの?

7 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 23:28
>>1
やっぱり呉智英の本ちゃんと読もうね。
そしたらすぐわかるから!どこが危険か。
=================終了==============

8 :実習生さん:2001/06/07(木) 01:08
浅野裕一をよめ。
「ルサンチマンの宗教」ってので出してるよ。どっかの新書で。
呉智英なんて小物じゃない、えれぇ大モノ(?)だから。

9 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 15:21
浅野裕一も孔子が危険だって言ってるの?

10 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 15:24
5です。
聞いてるのはお答えレスをしてくださった人全員です。
ムチャかもしれませんが

11 :どきどき名無しさん:2001/06/07(木) 15:47
>>9
麻原と同一視

12 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 19:01
そんなにヤバく扱われてたのか・・・

13 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:28
呉先生にとって儒教とはガラスの仮面によって、
あっけなく崩れさる程度のものだったのか…。
#BS漫画夜話より

14 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:31
いや、いま再放送やってるのよ。NHK総合で。そこで言ってた。
このまんがの前では、おれが今までまなんできたものが、
音をたてて、すべてくずれさったって。

15 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:35
おいおい月影先生おっぱいだしてるよ…。
つーか、まだ終わってなかったのか、このまんが。
パタリロが、まだ連載つづいてるのは知ってたけど…。

16 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 09:08
つーか何で孔子がそんなに偉大な人扱いされてるんだろ?
仏陀とかキリストとかは本人の著作は残ってなくてもある程度わかるけど。
思想家としては後世の儒家に孔子より上の連中がいくらでもいそう。

17 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 10:43
>13>>14 呉さんは『北斗の拳』でも同様の発言をなさっております。
漫画に対するオマージュだと思えばいいんです。
そうね、孔子・・・
学者では白川静の孔子、ハーバード・フィンガレットの孔子
漫画では『孔子暗黒伝』
>>11麻原と同一視は釈迦も基督も変わらんのです。孔子だけに限った事じゃない。

18 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 13:28
そもそも儒教の教義って簡潔に言えば「身内を敬う」とかだよね
普通に高校等で勉強するものに関してはそれほどヤバくは感じないけどなあ

19 :世界@名無史さん:2001/06/09(土) 03:41
>>8
孔子聖人説の肩を持つ気はないが、あの本は牽強付会でしょーもないものだぞ。
できるだけ孔子に都合悪くこじつけて読もうようという意気込みが、しょーもな。




20 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 16:35
孔子ってそもそも何者?経歴は?

21 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 22:47
儒者。

22 :+21:2001/06/09(土) 22:47
あ、政治家も。

23 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 12:14
世界で始めての思想家ってことかい。
にしてもホントにどの辺がおかしいんだろ。無知な自分にはわからんよ

24 :名無しさん@1周年:2001/06/13(水) 14:56
たしか羊を盗んだ親父を告発した息子を不義の者として批判してた
話があったよね。
さすがにアレはどうかと思った


25 :考える名無しさん:2001/06/14(木) 00:55
浅野裕一は俺もしょうもないと思うなり。読むに耐えない本。

>>24
なんで? 現代の刑法でも親族は特殊に取り扱われているケースはあるでしょう。
根本的な考え方として、公のルールと、家族内の思いやりが対立している場面において、後者をある程度配慮するのは当然だと思うのだが。

26 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 07:19
>25
だったら、例え犯罪者でも自分の身内だったら見逃すのが家族の当然の
道徳だってこと?
ごめん、こっちのほうがわからない

27 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 12:06
見逃すというか、匿うのが当然の「天理」「人情」なんだって。
「天理」だから、匿うことは正しいし、それが「直」なんだって。

朱子先生によると。

28 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 17:18
呉氏が何て言ってるのかは知らないけど・・
『陋巷に在り』って小説にこんな一節がありましたよ。
→孔子がただ“民”という言葉を用いる時は、被治者としての
 女子小人的な対象をさす場合が多かったと考えられる。
 それ故、孔子には抜きがたく民衆蔑視があったとさえ言う
 研究者もいる。
ってさ。でも実際孔子自身がけっこー卑賎の身だし、同じく
貧乏人で低い身分出身の顔回(字は子淵or顔淵)や冉雍(字は
仲弓・十哲の一人)を『好学の者』として高く評価してるし、
別に民衆蔑視なんて事はないと思うが。
>まあコンプレックスはあったかもね。

29 :無名子:2001/06/15(金) 00:39
現代でも、犯罪者である肉親に不利な証言をしないことは許されているはず

30 :25:2001/06/15(金) 00:48
>>26
当然というか、自然な感情なのでしょうね。
刑法も、たとえば刑法105条は犯人隠匿罪および証拠隠滅罪についての親族特例を設けている。犯罪者をかばった親族については、その刑を免除できる。
「できる」だから裁判官としてはしなくてもいいわけだが、親族である犯人を匿うというのがえてして人間の自然な感情であることは認めているわけでしょう、今でも。

>>28
う〜ん、しかし、ソクラテスなんかは奴隷の上にふんぞり返っていたとも言いうるわけで、そういった時代における孔子の方向性はむしろ民のための政治にあったのではないかな。
ま、少なくとも孟子に至ればその方向性は顕著な気がします。

31 :名無:2001/06/15(金) 10:13
人生何事も程度問題。

32 :名無しさん@1周年:2001/06/15(金) 18:42
あと自分以外の思想についてはそれ程寛容じゃないイメージがある。
確か誰かの〜説をボロクソに言ってたような

33 :名無しさん@1周年:2001/06/21(木) 17:32
>3
具体的にどこ?

34 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 01:48
そもそも危険思想って何に対して危険だというの?

35 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 18:55
革命思想。

36 :>35:2001/06/26(火) 16:36
それは孟子

37 :名無氏物語:2001/06/26(火) 22:53
講師がよく言っている「自分の身の程を知れ」=「自分の階級を知れ」てことでしょ?
結局「奴隷は奴隷らしく」ていうようなことじゃん、ダメダメです。でもこっから、色々と面白い思想家が出たんで結局偉人でしょ。

38 :名無氏物語:2001/06/27(水) 00:03
>>37
孔子であろうとなかろうと、自己を知ることは大事だろう。
古代ギリシャだって同じでしょう。

それを「身の程を知れ」=出しゃばるな、という風に読むのは、あなたの単なるコンプレックスであって、孔子の論ではありません。

39 :名無氏物語:2001/06/27(水) 01:21
孟子と申します

40 :名無氏物語:2001/06/27(水) 16:29
>>39チョットダケワラタ

41 :名無氏物語:2001/06/27(水) 19:44
だからさ、呉の著書よんだらおわるじゃん!
=============終了===============

42 ::2001/06/28(木) 13:04
ソンナムチャナ。

43 :名無氏物語:2001/06/29(金) 01:14
>>41
だからさ、そんなドキュン相手にしてねぇっつの

44 :名無氏物語:2001/06/29(金) 01:33
>>41
駄スレで見解を述べるのがドキュソじゃ!

45 :名無氏物語:2001/07/05(木) 23:03
近代社会では民主主義・人権思想が人類の進歩の証として
至上の概念として信仰され、近代以前の封建社会を未開で
野蛮な社会であると考えられてきた。ごちえい氏はこの考え方に
異を唱え、封建社会が安定した社会システムを持っていたことを
強調し、同時に近代の民主主義・人権思想の限界を指摘して、
これを相対化することを目論んでいる。
>>34
よって封建主義は民主主義社会にとって「危険思想」だと言うわけです。

ごちえい氏の立場はこんな感じだと思う。

46 :名無氏物語:2001/07/06(金) 00:40
>>45
封建主義万歳!

47 :名無氏物語:2001/07/06(金) 17:59
>>45
なるほど。
ありがとうです そういやごちえいさんは封建主義思想者っぽかったね

48 :晃氏:2001/07/08(日) 00:45
その呉智英氏の論語講座が、2001年9月14日より始まります。
詳しくは http://ich.jp.vu/ まで

49 :名無氏物語:01/11/10 22:46
>>1よ。
そんなこと考えるやつの頭の中のあたりだ。

50 :名無氏物語:02/11/26 18:48
50  

51 :名無氏物語:02/12/22 23:17
顔回のどこがいいのかわからない
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1040564612/l50

52 :山崎渉:03/01/11 09:36
(^^)

53 :名無氏物語:03/01/25 07:16
ハングル板に逝けばわかります。
儒教が姦酷に与えた影響のすごさを知れば誰も嫌韓になります。
人身売買や強姦は儒教と密接な関係があります。


54 :名無氏物語:03/01/25 07:37
>>53
2chを鵜呑みにしとる君も危険だな

55 :名無氏物語:03/01/25 11:49
>>5
一応ソースのあるスレとかだけど。
後「親日派への弁明」のキムワンソプが書いた「女性論」でも
姦酷の娼婦への差別とか(それも梨花女子大のドキュンが差別している)
姦酷男性の強姦の多さとか強姦魔と被害女性が結婚するのが当たり前の社会とか。
梨花女子大と男子学生のコンパで女子大の方が全員処女だと言ったら
男子学生の方が「猫かぶってんだろう」と言い
それに切れて全員退席。
処女でなければ無価値だなんて女性は物体なんです。姦酷では。
しかもおばんやDQN梨花が差別する側。
>>2
李登輝もそういうことは言っていました。
「『文字に書かれた宗教』とは儒教だが、これは科挙制度とともに国家を支えるイデオロギーでしかなく
、空想の理想社会を語っただけで、人民に心の平安をもたらすものではない。
そんなものを信奉してきたからこそ、面子ばかりにこだわり、空虚なスローガンに
踊らされる国民性が培われたんだなあ。」(諸君12月号)


56 :山崎渉:03/03/13 13:08
(^^)

57 :名無氏物語:03/03/15 19:47
呉氏、酒井氏じゃなくて、研究者の意見はどうなんだろ。

58 :名無氏物語:03/04/16 23:02
研究者なら、アサノの裕ちゃんが本書いてるっての







59 :山崎渉:03/04/17 09:21
(^^)

60 :山崎渉:03/04/20 04:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

61 :山崎渉:03/05/21 22:34
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

62 :山崎渉:03/05/28 15:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

63 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/06/30 20:14
▲資本共産法▽
 職業安定所を国税庁に統合し、かつ公権力化する。企業面接を撤廃して雇用創出を図る。
備考:企業教育の必然性と人材派遣業の処分
▲琉球国際認定規格推進▽
 同一国内でありながら、国籍と民族の固有化を尊重し、続けて北方領土問題にも取り組む。
 【地域社会保護法案】
 住民投票を公権力化し、地域社会の破壊を阻止する。
▲教育改革法▽
 義務教育の数学・音楽・美術を廃止し、情報処理・脳神経学(精神学)・マインドコントロール手法(音楽・美術)を新たに加え、資本主義社会の虚弱性に抗する消費者層の暗黙的な社会主義化を目指す。
▲予約売買法▽
 卸売り業者すべてに予約販売制を導入・義務化し、物資の流通を共産主義化する。

64 :山崎 渉:03/07/15 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

65 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/07/20 07:42
日本の民主主義がサイレントマジョリティーによって支配されているのなら、大多数のサイレントマジョリティーは義務教育によって子供の頃から先入観を植え付けられた政治組織である。
大人になっても、真剣に新しい社会問題に取り組もうとする大人がいないのは当然である。
反面に、宗教問題に鈍感な日本人は、義務教育における平和憲法程度の社会倫理しか持ち合わせておらず、常に矛盾した倫理によって日本人独特のいやらしい未熟で異常な社会性を、世代間の教育的結果と感覚的相違さえも許容し、含有しているのだ。
一方のアメリカは、同じ理屈によって強力な右翼市民で埋め尽くされている。
今にも世界大戦が始まりそうなのである。
では一体、義務教育以外の方法で民主主義をコントロールする方法はあるだろうか?
現時点では、私は知らない。
不毛な妄信的・儒教的オカルト信仰宗教も、天皇制と数多く混在する。
http://darkelf.dip.jp/doubt/protest.html

66 :名無氏物語:03/07/20 15:31
画像集!
http://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html

67 :名無氏物語:03/07/23 00:00
>>53
んじゃキリスト教もイスラム教も危険じゃん。
つーか孔子だろうが釈迦だろうが麻原だろうが
絶対的な教祖様ってのが出来上がっちゃうと本人の思想に
関わらず危険だわな。

68 :_:03/07/23 00:16
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku05.html

69 :  :03/07/23 00:44
ユダヤ・キリスト・イスラムは元々同じ神様でした。
@神さんはユダヤの言葉で岩に十戒(レイプするな,etc)を刻んだ。
Aいや、私キリストが神から聞いた。
Bうんにゃ、私モハメッドはムツゴロウ的能力で、神の使いのハト
 さんから聞いた。

お互いの戦いが激しいので、キリストは生まれ変わった云々で神格化
した。だから、彼らは今後も永遠に争う。

その点、仏教は「自分の行き方を悟りなさい」としかいってないので、
他宗教を攻撃する性格のものではない。

ま、亜流は論外ですがね。

70 :名無氏物語:03/09/08 15:06
古希

71 :名無氏物語:03/09/08 15:06
200位のスレッドにカキコ!

72 :名無氏物語:04/04/11 21:39
よく「目上の者の言うことを聞け」ということが出てくるが、
ここで言う「目上の者」とは「年上の者、身分が上の者」だから。

身分制を肯定し、それに絶対服従を要求する反民主主義的な思想。

おまけに女性蔑視思想。女性は男性の「付属物」に過ぎないという思想。

単なる机上の、儒者自身に都合のいい理想論。
現実を見ていないから孔子自身も政治家としては見事に失敗している。

余談だが「韓非子」なんかのほうがよほど現代でも役に立つと思う。

73 :名無氏物語:04/05/01 14:51
NASA

74 :名無氏物語:04/05/01 16:56
反民主主義とか女性蔑視思想、って一口に言うけど、
聖書だろうが、お経だろうが、古代〜近世の書籍は
そういう前提で書いてあるもんでしょ。

たとえば、聖書は地動説を信じきってる人が書いたせいで、
ローマはガリレオを認めるのに200年掛かった。
でも、地動説を認める、ってことは、
聖人達は間違ってなくても、聖書の作成、翻訳に携わった人のなかには、
「うっかり」天動説を信じ込んでた不届き者がいる、ってことだから、
聖書には、部分的ながら不正確な箇所がある可能性を認めているわけだ。

カトリックが天動説を捨てたのは、聖書の正確さに疑問を持ったとしても、
信仰の本質には関係がないと判断したからじゃないかな?

儒教を全肯定するような人は現代にはまずいないだろうけど、
そんなことは、古代の思想、書物全般に言えることだから、
現代的な倫理に鑑みて都合の悪いところを抜きにすると、
それでも、孔子はオリジナリティがあると思うよ。

75 :名無氏物語:04/05/01 18:13
>>74
ローマ教会が地動説を認めたのは現教皇のヨハネパウロ2世の時代だぞw


76 : ◆cvpiffeLeY :04/05/01 18:17
何を熱くなっているですか。

孔子は「俺こそが次の天子」という妄想を実現しようとした危険人物。
孔子の同時代人にとって、孔子の思想は体制を転覆しようとする危険思想じゃん。

77 :名無氏物語:04/05/01 18:30
講師なんてどうでもいいから、教授か助教授を呼んでコイよ!

78 :洩れ車:04/05/02 05:01
孔子の革命思想に具体的な形を与えたのが例えば孟子だぞ。
孫文も魯迅も孔子や孟子から大きな影響を受けていると思ったが。

79 :名無氏物語:04/05/03 12:37
なんか、全世界中、孔子とか儒教について誤解してるなぁ

革命思想だの、封建思想だのは結果であって、
孔子の本当に言いたいことじゃないぞ

孔子が弟子に教えたのはただ2つのみ。
中庸(偏らない中立的な価値観)と仁(人間のあるべき精神)

今一般にいわれている孔子の革命思想とかは
先の2つに時節状況が加わって孔子が下した正しい(と本人が思う)判断であって、
時節も状況も違う現代に革命思想だのは適合しないし、本人が今生きていればそう思うはず。
とどのつまりは現代の孔子に対する考え方は
いまだ意味の無い神格化から抜け出ていないということだ。

80 :名無氏物語:04/05/03 16:20
80

81 :名無氏物語:04/05/03 22:59
漢文はサヨク!

82 :名無氏物語:04/05/04 11:37
395 名前: 元CIA長官 ◆ffZL3JG2 投稿日: 04/05/02 09:50 ID:PPlfksAs
語る者は知らず、知る者は語らず

By 孔子

396 名前: 国連な成しさん [sage] 投稿日: 04/05/02 10:12 ID:???
>>395
それ老子

397 名前: 元CIA長官 ◆ffZL3JG2 投稿日: 04/05/02 10:14 ID:PPlfksAs
語る者は知らず、知る者は語らず

By 老子

83 :洩れ車:04/05/04 14:41
>>82 「君子豹変」というか「過即勿憚改」の実践を前面に押し出してますね(笑)。

84 :名無氏物語:04/05/08 19:39
100位のスレッドにカキコ!

85 :名無氏物語:04/07/01 08:05
漢文は東西冷戦・左右対立よりもずっと前からある。
危険かどうかはそれらの両極とは別の次元にある。
冷戦思考の枠組みを脱しなさい。それが先。
冷戦はとっくに終わった。


86 :名無氏物語:04/09/15 13:57:06 ID:dMooQB2H

バカ


87 :名無氏物語:04/10/14 16:33:29 ID:hD/yJFKO


88 :名無氏物語:04/12/23 02:33:10 ID:c5lA8sWc
「正名」の思想も見逃せない。言葉と意味、役職の名称とその機能、
儀式の形式とその役割、そういったものが乱れに乱れていた時代に、
その混乱を混乱と正しく見定めたのが孔子。

他の奴らは気付かなかったわけだから、混乱の発見と秩序の正しい設定
というのは孔子の最大の功績ではないだろうか。倫理を説くには欠かせない
出発点だった。

しかし混乱が当たり前の時代に「本来のあるべき姿」を理想として唱えるのは、
今の言葉で言うなら「原理主義」。充分危険な響きだなw これを日本に適用すれば
どういう思想が生まれるか、書いてみよう。

「大臣」の「臣」とか「首相」の「相」とかいう字は、帝王に天皇に任命される
からこそ許される用字法だ。日本のマスコミが米中韓といった「共和制」の国家の
各部門の長官を「首相」だの「外務大臣」だの呼ぶのは無教養のきわみで、全く正しくない。

それどころか君主制であるならば立憲の字が付くことがすでに許すべからざる妥協だ。
そして共和制なる政体の存在も君主制の立場からはたとえ外国であっても
そもそも容認できるものではない。フランス革命やロシア革命に諸外国からの
干渉があったのはそういう意味がある。

君主が国家の主人である以上、憲法だの皇室典範だのに縛られるのは
すでに矛盾だ。あったとしても君主が存在する以上はそんなものはいつでも無視できる。

ところが「戦後民主主義」なるものは、原則に反する矛盾・妥協をいくつも抱えながら
平気な顔をして、この矛盾だらけの政体とさえも相容れない過激派のこれまた矛盾だらけ
の破壊思想をも容認している。…呉智英の封建主義とは、こうした戦後民主主義と
それが生んだ「珍左翼」に対するアイロニー、あてつけなのだよ。長レススマソ。

89 :88: 訂正:04/12/23 12:17:01 ID:fTH7CDKg
第3段
誤: これを日本に適用すれば
正: これを今の日本に適用すれば

第4段
誤: 帝王に天皇に任命される
正: 帝王(日本では天皇)に任命される

90 :名無氏物語:04/12/23 19:52:19 ID:65OBP1aY
90

91 :リバティ ◆dXgNZ2yJ32 :04/12/24 18:09:20 ID:7HW3D4dT
age

92 :名無氏物語:04/12/27 16:40:38 ID:sVDyN4Zr
>>23
ゾロアスターが最古だと思うが(紀元前十数世紀)

93 :名無氏物語:05/02/14 17:39:05 ID:/UhOY8q8
草 

94 :しろ ◆SUJET38J1U :05/03/01 23:08:40 ID:XjmY40c9
>>76は浅野の受け売り

>>88
>そして共和制なる政体の存在も君主制の立場からはたとえ外国であっても...
諸外国がフランスやロシアの革命に干渉したのは、
革命が国外に輸出されるのを怖れたためだよ

95 :名無氏物語:05/03/01 23:35:34 ID:PraQYFNi
>>94
「たとえ外国であっても」許せないのは、
いずれは自国にも輸出される脅威となるからだよ。
言ってることは同じ。

啓蒙思想が絶対王政下のサロンで許されたのは、諸国が革命の輸出入(流通)に
寛容だったからではなく、現実に革命を起していなかったからだ。
そこに大義があったとすれば、革命思想そのものを悪とする思想がそれだ。

孔子の時代、隣国の君主が家臣に弑されたり近親相姦していたり
周王に無礼を働いたりしたら攻め込む口実になったのは、そこに秩序を求める
大義の思想が建て前としてあったからだ。春秋に義戦なし、とは言うけれどね。

96 :しろ ◆SUJET38J1U :05/03/02 13:31:01 ID:8Ut6eEZd
>>95
>「たとえ外国であっても」許せないのは、
>いずれは自国にも輸出される脅威となるからだよ。
じゃあ「正名」と関係ないじゃん

97 :名無氏物語:05/03/04 11:53:55 ID:emXQ30pL
>>96
歴史的因果関係ではなくて、根底にある思想の共通性を見出すことはできるだろ?
まあ暗記教育を無批判に受容してるだけだとこういうゲームの面白さはわからんよな。


98 :しろ ◆SUJET38J1U :05/03/11 11:59:25 ID:5QalkoMg
>>97
だからさあ、フランス周辺の君主制国家は「正名」思想で
革命を弾圧したわけじゃないんでしょ
それのどこが「思想の共通性」なのよ?

99 :名無氏物語:05/03/15 15:51:33 ID:Q9RxlmFU
99

100 :名無氏物語:05/03/15 15:54:02 ID:6qzQ9AWg
100げっと

101 :名無氏物語:2005/06/10(金) 22:15:52 ID:/ezK1ItY
640 :悠:2005/06/10(金) 19:48:10
もう一つ日記を投稿して記録を残しておこう。

今日は職業訓練校への落選結果と次回の進学としてTACから日商簿記検定の開講日が記載されているパンフレットが
郵送されていた。
それに加えて、銘柄コード4680 東証1部上場のラウンドワンから株主の議決権行使書も届いていた。
内容を投稿しておくと株主総会の場所は大阪府堺市戒島町4丁目45番地の1リーガロイヤルホテル堺4階のロイヤルホールだ。
この会社はボウリングとカラオケを主流としているアミューズメント施設で30歳以下の若年者が多く就業している。
株主優待もあるが、俺は5株の株主なので以下の様になる。

1以上
5以上(1)株主優待カード
・ボウリング 1ゲーム150円割引、投げ放題料金200円割引
・カラオケ 常時180円/30分
・ビリヤード・ダーツ420円(基本1時間)延長70円/10分
・レジャスタ・スポッチャ3時間パック通常料金より200円割引
(2)ボウリング招待券
・本券1枚でボウリング1ゲーム無料サービス
・または本券3枚でスポッチャ3時間無料サービス
(1)1枚 (2)3枚
(1)1枚 (2)6枚

要は(1)が1枚で(2)が6枚貰えるのだ。


102 :ミユ ◆MIYU/7A.SM :2005/06/11(土) 23:52:37 ID:qZ/HXC3x
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/23619179.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38

103 :名無氏物語:2005/06/13(月) 15:40:33 ID:gtZa32WL
倒産

104 :名無氏物語:2005/06/13(月) 15:40:54 ID:gtZa32WL
凍死 

105 :名無氏物語:2005/12/01(木) 16:56:42 ID:WznFHb3U
マジ?

106 :松門の狂生 ◆bknIp0a9D. :2005/12/02(金) 16:44:12 ID:MspIiLop
ドウモ〜〜〜ッ!!お〜o(⌒0⌒)oは〜♪ハジメマシテ〜〜〜ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
私は27歳のOLしてるのぉ〜〜〜っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私メル友がすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/
探してたら(◎_◎)なんとっ!☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡
素敵な掲示板♪を発見!!!!(^o^)//""" パチパチパチ
あやしい所とか…{{ (>_<;) }} ブルブルすごい数の掲示板がありますけど、
これ全部1人の方が管理しているんですか?(@@;)すごすぎ …
てなわけで、ついつい書いちゃったのらー(o^v^o) エヘヘφ(`∇´)φカキコカキコ♪
メル友に、なってくれるよねっ。(*^-^*) お・ね・が・い♪(* ̄・ ̄)ちゅ♪ッ
え?くれないのぉ〜?(;¬_¬)そんなのいやいや〜〜、ガ━━━(゚ロ゚)━━━ン
なってくれなかったら、( `_)乂(_´ ) 勝負! \(^o^)/
☆○(゜ο゜)o ぱ〜んち、☆(゜o(○=(゜ο゜)o バコ〜ン!!( ゚▽゚)=◯)`ν゚)・;'パーンチ
(>_<) いてっ!ダメ!! ゛o(≧◇≦*)oo(*≧◇≦)o″ダメ!!
(☆o☆)きゃ〜〜(@_@;)やられた〜〜(o_ _)o ドテッ ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
(+_+) 気絶中。。。。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん <(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!! ??゚□゚;ハウッ!
なあんて(#⌒▽⌒#)こんな私っ!σ(^_^)だけど、(///▽///)
お友達になってm(_ _)mくださいませませ♪('-'*)フフ ドガ━━━Σ(ll◎д◎ll)━━━━━ン
ということで。(^-^)vじゃあね〜〜〜♪(⌒0⌒)/~~ ほんじゃo(゜▽゜ヽ)(/゜▽゜)o レッツゴー♪
それでは、今から他の掲示板も色々見てきまーすC= C= C= C=┌(^ .^)┘
(*^-^*)ノ~~マタネー☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★

107 :名無氏物語:2005/12/14(水) 22:26:13 ID:wCy4uC+z
四年半もたってだれも>>1にちゃんと答えてない! ひでえな。

呉氏によると、論語の陽貨第十七の5節と7節(岩波文庫による)で、
費という街で起きたクーデターの首謀者が、孔子を参謀に迎え入れようとし、
孔子が、今こそ自分の理想とする「東周」を現実のものとするチャンスだと
してそれに応じようとした、というエピソードが危険思想だそうです。

孔子というと、古臭い、保守的な、体制維持の思想のように思われがちですが、
現体制をひっくりかえして理想郷を作るという革命思想としての側面も持ち合わせており、
それはたとえば孟子の易姓革命論などに引き継がれています。
これは清朝末期の革命思想にもつながりますし、日本では幕末の、たとえば
吉田松陰の革命思想の根拠ともなっています。
あまり知られていないことですが、漢籍はラテン語などに翻訳されてヨーロッパでも
読まれ、孟子はフランスの百科全書派に影響を与えています。

呉先生の弟子筋の浅羽通明氏が、呉先生のいう封建革命が起きても、
社会体制はほとんど変らないだろうといっています。
私も同感です。
呉先生が批判しているのは人権思想によって肥大した自我であって、
制度やシステムではないと思います。一人一人が分をわきまえ分に応じた
行き方をするならば、システムはそのままであったとしても、
確かに世の中は劇的に変るでしょう。
いわゆる左翼の革命思想に対していう「危険思想」とは
かなり意味が違っていると思います。



108 :名無氏物語:2005/12/15(木) 17:19:06 ID:m02LlC7W
煩悩だねw

109 :名無氏物語:2006/03/23(木) 00:16:33 ID:PD7QZwVU
age

110 :名無氏物語:2006/03/23(木) 00:49:10 ID:5nU7+DHG
>>107同意

孔子、と言ってわからなければ孟子朱子王陽明といった人々の「正しいことは正しい」
という思想は一面体制擁護思想だが、反面革命思想とも成り得るのです。
明の成祖はそれがわかっていて儒の体制に対する毒を封じようとしたが果たせなかった。

111 :名無氏物語:2006/03/23(木) 02:21:54 ID:q4tayTth
111ゲット 

112 :名無氏物語:2006/03/23(木) 10:03:12 ID:PD7QZwVU
↑死ね

113 :名無氏物語:2006/03/23(木) 11:46:27 ID:Hao5FSS6
必死だなwww

114 :名無氏物語:2006/03/29(水) 12:10:44 ID:VK2uoWpZ
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp


115 :名無氏物語:2006/03/29(水) 17:41:48 ID:VK2uoWpZ
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp
 99.219.ap.yournet.ne.jp   99.219.ap.yournet.ne.jp


116 :名無氏物語:2006/03/30(木) 18:33:32 ID:2azZWznS
思想はともかく人肉を喰らうところが危険

117 :名無氏物語:2006/05/08(月) 13:08:40 ID:rxCFP7AG
【学生部】(最終板)
(岡部体制)
学生部長:岡部→世田谷総区長
書記長:西直人→総東京男子部長
(弓谷体制)
原田星一郎→男子部教学部長、副男子部長
東京学生部長:松岡光男→副書記長、総区青年部長、G書記長
(橋元体制)
学生部長:橋元太郎→副書記長、総区男子部長、G大学校事務局長
書記長:棚野信久→副書記長、総区男子部長、S大学校事務局長
(西口体制)
学生部長:西口尊雄→副書記長、分区男子部長
副学生部長:高野→高等部書記長
書記長:竹岡→本部長

118 :名無氏物語:2006/08/17(木) 04:10:26 ID:t1eJ23zN
今の中国共産党が一党独裁体制に再び利用しようとしているくらい、
孔子は危険。

119 :冬のオイラ(裴勇俊):2006/08/17(木) 12:18:18 ID:TODNu+ag

頭でっかちになって就職できなくなるぐらい危険な思想。

120 :名無氏物語:2006/08/17(木) 13:43:35 ID:I+gRp5sx
二度目の還暦キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
二松のage馬鹿キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!

121 :冬のオイラ(裴勇俊):2006/08/17(木) 17:27:50 ID:TODNu+ag
↓↑バカが書き込むよ。

122 :名無氏物語:2006/08/18(金) 20:50:38 ID:kpwfw4/9
>>1
考え方が古いところかな

123 :名無氏物語:2006/10/11(水) 11:34:13 ID:jS60jgBu
中国の歴史に関する娯楽・文学は三戦板のご利用を

http://hobby8.2ch.net/warhis/

124 :名無氏物語:2006/11/02(木) 15:24:17 ID:tt9fIbCX
?(´・ω・`)   

125 :名無氏物語:2006/11/22(水) 23:27:32 ID:yIs9g500
この2つは特に危険だろうねー。
日本人にとっては。

1.湯武放伐論
2.「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」と言った、死をいとわずに
  真理を追究してくるところ


  

126 :名無氏物語:2006/12/12(火) 15:02:51 ID:Fmcq9R2H
?(´・ω・`)    

127 :名無氏物語:2006/12/31(日) 12:57:14 ID:0lqVWPo0
全く異なる時代背景の思想を全部鵜呑みにしたら危険なのは当たり前だと思うのです

128 :名無氏物語:2007/03/13(火) 00:56:54 ID:aTl2KmJ0
(^ω^)

129 :名無氏物語:2007/03/19(月) 19:29:32 ID:BOngjO5X
孔子は奴隷制時代の思想家でしょ。
封建主義で。

130 :名無氏物語:2007/04/18(水) 18:14:43 ID:k7YlKkAG
(´Q`)ヘ〜                              

131 :名無氏物語:2007/05/22(火) 05:13:37 ID:kN2S0DaC
>>129
封建時代ではなく封建性が崩れて行った時代に、
崩れ行く封建制をなんとか立て直そうと必死であがいた人物でしょ。

132 :名無氏物語:2007/07/25(水) 17:12:37 ID:9YXsl2SW
二松のage馬鹿でも理解できるらしいから、相当危険なんだろうな・・・

133 :名無氏物語:2007/07/25(水) 21:01:13 ID:uoSpSEuj
>>132
それしかいえないの?

↓「必死だなw」でごまかす

134 :名無氏物語:2007/07/26(木) 00:29:21 ID:zIW8P3r9
↑age馬鹿って、どうしてこんな阿呆なレスしかできないのかね?

135 :名無氏物語:2007/07/26(木) 00:36:26 ID:p9zOawsm
自分にいえ犬。

136 :名無氏物語:2007/07/26(木) 00:49:06 ID:GRaUTSC0
二松キモ男、今度はココに出現かwww

137 :名無氏物語:2007/07/26(木) 09:44:07 ID:p9zOawsm
>>136
さっさとくたばれ。

138 :名無氏物語:2007/07/26(木) 13:32:43 ID:y1JdOZ66
age馬鹿得意の責任転嫁www
もしかしたら、ユアネットって・・・age馬鹿の携帯かもなwww 

139 :名無氏物語:2007/10/08(月) 15:36:44 ID:joDorv86
 ソフトサラミのようなソーセージですかね。オランダへ行った
 ときに購入したのですが、とても美味しかったです。
 今はヨーロッパからは肉製品は持ち帰り禁止になってしまい、
 とても残念です。  

140 :名無氏物語:2007/10/09(火) 16:32:19 ID:yHBiEvHl
孔子=アナゴ

孔子がこうしました
孟子が申しました
尊師が損しました

会心のネタを披露しますた(^ω^)

141 :名無氏物語:2008/01/22(火) 10:23:19 ID:G1CUJV8g
哲学 思想
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/923.html


142 :名無氏物語:2008/01/25(金) 13:11:13 ID:eK59F+xV
話はもどるが、浅野裕一の「ルサンチマン〜」は面白かった。
中島敦『弟子』の解釈と似ている気がする。

一概に牽強付会とは言えないような気がするのですわ。

143 :名無氏物語:2008/03/10(月) 08:58:03 ID:LuC9/8Tg


144 :名無氏物語:2008/03/10(月) 08:58:35 ID:LuC9/8Tg
ろ 

145 :名無氏物語:2008/03/10(月) 08:59:06 ID:LuC9/8Tg
は  

146 :名無氏物語:2008/03/10(月) 08:59:53 ID:LuC9/8Tg
に   

147 :名無氏物語:2008/03/10(月) 09:00:35 ID:LuC9/8Tg
ほ                               

148 :名無氏物語:2008/03/10(月) 09:01:42 ID:LuC9/8Tg


149 :名無氏物語:2008/03/10(月) 09:02:35 ID:LuC9/8Tg


150 :名無氏物語:2008/05/15(木) 13:00:07 ID:AtPvR8zC


中国が日本に積極的に及ぼした敵対行動

 ◆教科書問題を発端に反日デモが暴徒化。
   四川省成都で日系スーパーに対する暴動が発生し、大きな被害を受ける。
   もちろん謝罪は無し。愛国無罪でおなじみ。

 ◆尖閣諸島領有権問題。同諸島で天然資源が発見されるや、中国が突如領有権を主張してきた。

 ◆東シナ海ガス田問題。日中中間線の日本側海域に掛かっているガス田を、中国が独占して採掘している。
   日本側の抗議は事実上無視された。

 ◆サッカーAFCアジアカップ2004での、目に余る反日行動。
   ブーイングはおろか、日本サポーターへの罵声やごみの投げつけといった問題が頻発した。

 ◆北京オリンピックの聖火リレーが長野を通過する際、
  日本に入り込んだ中国人が暴力を持ってチベット抗議を封じ込めた。

 ◆ギョーザに毒を混入。

長野聖火リレー■「中国旗で殴られた」
ttp://www.youtube.com/watch?v=sja6VEQDLKk

中国軍がチベットの巡礼者を無差別に撃ち殺す映像
ttp://jp.youtube.com/watch?v=o1-y6-Rxyvc






151 :名無氏物語:2008/05/26(月) 02:19:49 ID:QTnCE9Sd
                     __,. -,‐ ─ ‐- 、
                    //. : /. : : : : : : . :ヽ_,、
                   __/ .:, '. : : : : : : : . : : :/ Y!
                  </ !:./. . . : : . . : : : : :`ーヘ
                  /_,」;':. : .: :. :/ヽ:, ._ : .:.:.:.:.:.:.: .!
                  「: .:!::..: ..: ハ.| 、_j_`ヽ:.:/ヽ:.: |
  もうやだこのおじさん   |:. |::..:..;ムィ'リ   __. V,.イ.:.:. !
                  |.: :.|:: ,イ,.-‐  '´    ィ'.ノイ:.:.:!
                    j: : :ヽ,.-'、ヽj,)` _,.、 , '´¨`丶、j
                     /ヘ:,ハ/ ,.-‐'¨ー .二-′    ヽ
                        / /  j/ く不ゝ    ,' ,   |
                   ,'  j´ヽ !  ノ ! 「   / / _ _」
                     {   , ィ,.イ  `¨`′ くフ¨´T,ノ
                   `ー'´ゝ' /      , |  |
                    __/¨´丶.    / .!   |
                ,.-‐'´   - 、 ̄>─ '一' :!  |
    _.. -‐ァ、, -ァ…-、,. ‐ ¨  ``ー、,. -<´二 ‐-、   ハ   |
  /´   く「  /         / ,. -─- ニュ__ - 、 {. | _j
  ゝ._.. -‐'¨`ーゝ、_   __,.. -┤         }  ̄¨ ‐'ヾヘ`丶、
             ̄      ヽ.._____,j.. -─- 、(_(   \
                                 `ヽ._ ノノ 

152 :名無氏物語:2008/06/05(木) 22:17:45 ID:rQj2SQ1R

1.湯武放伐論
2.「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり」と言った、死をいとわずに
  真理を追究してくるところ
は確かに危険だけど
本来の 仁の思想は敬老みたいなことだ。
「おとしよりをたいせつにしましょう」
「しっかりあやまれるひとになりましょう」
ってことwwwwww



153 :名無氏物語:2008/06/06(金) 14:36:50 ID:HazigfIP
人間のしょうもなさと偉大なところを全部ひっくるめて捉える 浅羽通明説

 人間の普遍性、恒常性 呉夫子説

 墨攻の浅羽評を読み、パヤオの企画したアニメ版墨攻に浅羽氏の説く仁の概念を
見た漏れは、血の涙を流した。


 それにしても病気で倒れた師匠が、弟子のスピリチュアルな看病を、
「丘は祈ること久し@わしは年中無休、二十四時間体制で祈っとるんぢゃあ」
つうて止める 止めれるのはなんか、 うー。

154 :名無氏物語:2008/06/07(土) 11:10:11 ID:MAbi+sZP
×人間のしょうもなさと偉大なところを全部ひっくるめて捉える 浅羽通明説

○人間の喜怒哀楽の偉大さとしょうもなさをまず認めるところから始める。

 >>152ていう、おぢいさんおばあさんを大切にしよう から、どんどこ行くと、

 郷愿は徳の賊 という すげーものにいく

155 :名無氏物語:2008/06/07(土) 15:08:18 ID:Ca7/kokV
>>152
敬老は大切だけど、行き過ぎると老人支配になるだろ。
身内を大切にするのもいいけど、行き過ぎると父親の犯罪を庇うとか危険。

それに儒教の華夷秩序思想も危険。


156 :名無氏物語:2008/06/11(水) 12:52:31 ID:j21KEsUe
だからあのおっさんは、ウリナラマンセーでなくて、

 君子(サピオで呉氏がインテリのルビ振ってた)がいれば、中華(こっちには文明)
だから、九夷に出たいなあ とか、

 蛮地にさえ君子がおるのに、夏(シナ)にはそういうのがおらん
とかこいてるのよ。で、そういううざい物言いをスルーして、華夷秩序がしっかりしてたころ、
君子の居そうな国の人が絹買いに来たんで、シナ人はその国を、

 太秦国(なんかシナっぽい国)
としたのよー

157 :名無氏物語:2008/06/11(水) 18:53:31 ID:lwdrtY9b
>>1の存在も危険だな・・・

158 :名無氏物語:2008/06/19(木) 01:35:33 ID:Kc9EAHO+
            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃       ありがとう
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
/     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',    

159 :名無氏物語:2008/10/14(火) 06:34:03 ID:GMsJ+S3U
孔子って漢民族?

160 :名無氏物語:2008/10/23(木) 22:59:07 ID:fhpIW7wp
少なくともその問いにおける漢民族の定義を示さねばその問い自体は無意味だ。


関係ないけど孔子の指導スタンスって基本ツンデレだよな。

161 :名無氏物語:2008/11/04(火) 13:12:01 ID:CLFR1S56
我を知る者は少なし

 昔の野人のがいい て言うの忘れた 

162 :名無氏物語:2009/02/21(土) 02:48:09 ID:kFTjSvBh
弟子「先生、処女を貴重だと思う男は多いです」
孔子「その通りだ」
弟子「しかし逆に童貞は女に気持ち悪がられます」
孔子「確かに」
弟子「おかしいじゃないですか、何故このような意識の違いが生まれるのですか」
孔子「それは一度も侵入を許していない砦は頼もしく、一度も侵入に成功しない兵士は頼りないからだ」
孫子「果たしてそうと言い切れますかな」
孔子「何!?」
孫子「確かに、一度も侵入を許していない砦は貴重だが、それは一度も攻める価値の無い砦にもいえること。そんな砦をとったところでどんな価値が得られるでしょうか…」
孔子「し、しかし一度も侵入した事が無い兵士など、それにも値しないのではないか?」
孫子「そんな兵士にでも、何度攻められても侵入を許していないような価値ある砦を陥とせるようにする。それが兵法なのです!」
孔子「ハッ!」

163 :名無氏物語:2009/02/21(土) 13:38:51 ID:zNIZUO0i
>>162
童貞の発想だなwww

164 :名無氏物語:2009/02/22(日) 15:07:52 ID:57RQLG0W
文学部は童貞が多いからなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

165 :名無氏物語:2009/03/03(火) 06:38:18 ID:sidjrWir
>>162
このコピペってのは都合のいい矛盾した視点で成り立ってんだよ。
先ずこれ、砦と兵士両方の視点がごっちゃ、第三者というかいわゆる神視点になってるから。
そもそも砦に侵入というのは男と女の相対性の比喩で成り立ってる。
この男と女というのは現実に則した話であり比喩だ。現実に神視点があるか?
両性具有者でもない限り現実には男、或いは女の視点しかない。
兵士と砦が共存する事はない。兵士と砦の極点がそれぞれあるだけ。
そういった事で女の視点の場合。
味方として侵入を許してない砦は頼もしいが、敵側で侵入出来ない兵士がいたってこちら側に都合がいいだけ。
男の視点の場合。
砦に侵入出来ない兵士は頼りないが、敵側の侵入を許さない砦は忌々しいだけだ。
例えばお前が男なら、砦(処女)は相対する存在だ。
頼もしいとも思ったとしよう、じゃどうやって侵入するんだ?
出来ないだろ、侵入を許さない砦なんだから。そもそも侵入する側から砦を見て頼もしいってのはおかしいんだよ。
わかったらそんな恥ずかしい間違った論理のコピペは二度と貼るんじゃないぞ。

166 :名無氏物語:2009/03/03(火) 06:53:49 ID:sidjrWir
補足してやる。
万が一、お前が処女砦の侵入に成功したとしよう。
その時点で砦は一度も侵入を許していない砦ではなくなるから、
最初に提示した頼もしい砦ではないんだよ。このコピペの論理も矛盾しまくって成立しない。

167 :名無氏物語:2009/03/03(火) 07:10:39 ID:N2BkW/wi
キモッ

168 :名無氏物語:2009/04/19(日) 02:03:26 ID:/3pg1VS4
存在していた事、それ自体が危険だったw

169 :名無氏物語:2009/04/19(日) 12:13:04 ID:2egIi1rv
いわゆる「矛盾」ですね。

170 :名無氏物語:2009/04/19(日) 18:19:30 ID:QTYI1Bfe
松門の狂生

171 :名無氏物語:2009/04/19(日) 18:26:49 ID:WNOPwabq
信者に精神異常者が多いそうだwww

172 :名無氏物語:2009/09/08(火) 01:20:38 ID:/F99FM2r
えっ

173 :名無氏物語:2009/09/08(火) 01:24:27 ID:EgFnt5O9
確かに、精神異常者が多いみたいですね・・・

174 :名無氏物語:2009/09/08(火) 16:20:48 ID:/F99FM2r
論語は好きだ
とくに怪力乱神を語らずって言葉が。
儒教は純粋な教学でもある

175 :名無氏物語:2009/09/08(火) 16:24:16 ID:UFZi6aRt
四則計算できない馬鹿が数学を語るなよw

176 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:16:30 ID:/F99FM2r
もしかして教学を数学って読み間違えてる?


177 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:27:20 ID:UFZi6aRt
3以上はみんな同じだと思っている二松馬鹿じゃないのか?
お前?

178 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:28:13 ID:UFZi6aRt
170書き込んだ奴じゃないのか?
お前?

179 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:29:02 ID:/F99FM2r
だからなんでいきなり数学が出て来るんだよwww

180 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:32:35 ID:EgFnt5O9
三度目の還暦ですね・・・

181 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:33:21 ID:UFZi6aRt
他のスレからの流れだよ。
偏差値25の奴は算数で十分だろwww

182 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:41:55 ID:/F99FM2r
儒学は正統的な教学である
他宗教と違って超越的なものが出て来ないのも特徴
魂や神や天国や霊界等等
論語にも「怪力乱神を語らず」と書かれている

183 :名無氏物語:2009/09/08(火) 17:47:33 ID:UFZi6aRt
906 名前:名無氏物語 投稿日:2009/09/08(火) 17:29:45 ID:/F99FM2r
906


184 :名無氏物語:2009/09/08(火) 18:03:03 ID:VgUcv9KH
孔子というより朱子が危険思想

185 :名無氏物語:2009/09/08(火) 18:09:49 ID:/F99FM2r
確かに論語は現代人にも良く読まれているんだが
孟子は余り読まれていない
矢張り論語を読んだら孟子も読んで貰いたい所で
実は孟子は儒家教学上の重要概念のオンパレードで、人間道徳の基本中の基本ばかりを述べている「論語」と
比べても、学術的な程度が遥に高く、職人技とでも呼ぶ可き精緻さに満溢れている。
貝原益軒も「和俗童子訓」の中で孟子を特に読ませしめよと言っている


186 :名無氏物語:2009/09/08(火) 22:41:27 ID:EgFnt5O9
孔子の思想を馬鹿に教えることが最も危険なことでは・・・?

187 :名無氏物語:2009/09/08(火) 23:33:34 ID:ZzSwuQh3
浅野裕一先生の本読んで、
論語は本当にアブナい(片仮名で書いた方が雰囲気がでる)本だとわかった。

188 : ◆wm55AYeOe74a :2009/10/04(日) 01:19:05 ID:Lxo2WyFi
test

189 : ◆.TCstgKG16 :2009/10/04(日) 01:19:57 ID:Lxo2WyFi
test

190 : ◆0zx9BLSGqU :2009/10/04(日) 01:24:11 ID:Lxo2WyFi
test

191 : ◆1X6pAp7o5g :2010/01/13(水) 22:51:07 ID:LLBSqjeD
test

192 :名無氏物語:2010/03/05(金) 23:23:57 ID:5ab4azoT
何故、危険人物である二松のage馬鹿は死刑にならないのか?
将来、重大な犯罪を犯すことは確実なんだがなぁ。

193 :名無氏物語:2010/04/10(土) 21:16:40 ID:VC5H559Z
二松age馬鹿レベルの馬鹿でも分かったと錯覚してしまう所が問題だな。

194 :名無氏物語:2010/04/11(日) 02:15:32 ID:GN4Oi9eX
大学生なのに教室でウンコを漏らした永吉裕太www

195 : ◆gYiCqzrvpk :2010/04/22(木) 20:10:27 ID:ZBLd7pdD
test

196 : ◆FY2H4vVdCU :2010/04/24(土) 23:11:52 ID:Jt3CwpET
test

197 : ◆NRO2EmT0a. :2010/04/25(日) 00:08:22 ID:A8qJRJ7Y
test

198 : ◆L4ZY.Vv3GY :2010/04/27(火) 22:54:52 ID:DcbVH4Op
test

199 : ◆Ewlgv8G9xQ :2010/04/28(水) 20:50:38 ID:KqndEQxX
test

200 :名無氏物語:2010/04/28(水) 21:50:45 ID:c2zkbGVu
200ゲット・・・

201 :名無氏物語:2010/05/26(水) 01:55:32 ID:NvMVsbxR
?

202 :名無氏物語:2010/06/07(月) 23:16:26 ID:TBdf3dpP
ふ〜んw

203 : ◆aDaaaUC2xs :2010/06/22(火) 00:00:32 ID:AYANl9E2
test

204 : ◆2w2WxOyjEo :2010/06/30(水) 09:20:32 ID:Bxk0BsKY
test

205 : ◆BTOdaMm10. :2010/07/23(金) 21:23:33 ID:E0n/rJBd
test

206 : ◆eNRuNVdNh6 :2010/07/24(土) 08:04:31 ID:Yve+NSnX
test

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)