5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

岩波文庫と金谷治

1 :ななーし@ラウンジ住民 :2000/10/20(金) 20:26
ってどういう関係なのですか?
岩波文庫の漢文の思想系
(論語、大学・中庸、孟子、孫子、荘子)は
何故、金谷治訳注のものが多いのですか?

お抱え学者ってことかな。

2 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 23:56
あぁ!!本棚見たら講談社学術文庫の「孔子」もその人だ。

3 :tr :2000/10/22(日) 03:46
韓非子 (岩波文庫)、老子 (講談社学術文庫) も金谷治氏ですね。

4 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 18:39
>>2-3

そうなんですよ!

どうしてでしょう?

5 :ななーし@ラウンジ住民 :2000/10/22(日) 18:41
4=1 でした

6 :tr:2000/10/25(水) 01:41
春秋戦国時代の思想書、その訳注全制覇をもくろんでいるとか?(笑)
かざりっけない直訳をする金谷氏がなにげに好き。

7 :>1:2000/10/25(水) 02:05
全然関係ないが、かつて(戦前)岩波文庫では詩経、書経を出す計画が
あったとか。

8 :ななーし@ラウンジ住民:2000/10/26(木) 06:02
>>7
ありがとうございます
>>6
そうですね。
解説も少ないから、本が薄い、つまり安い。

しかし
講談社学術文庫の高さときたら…
売れないってことでしょうね

9 :名無しさん@1周年:2000/11/22(水) 20:57
管子/淮南子が出るかもしれない、と聞いてすこしく期待したけれど、
どうやら話のみだったようですね。さすがに採算取れないか。

10 :日本@名無史さん:2000/11/25(土) 07:42
>7
是非、書経(尚書)は文庫にして欲しかった。
んで、今の政治家に読んでもらう。

11 :>10:2000/11/25(土) 14:50
詩経なら一応、出ていますけどね。

『毛詩抄』という清原何とかって人の中世の注釈書が青帯で。

12 :世界@名無史さん:2000/12/03(日) 11:38
荀子って、絶版?

13 :>12:2000/12/03(日) 14:45
絶版じゃないよ。品切れ。
今でもへぼい店なら売れ残ってる可能性あり。
しかし、荀子は原文が付いていない(書き下し)から、
ちょっち使いにくいかな。

ちなみに、老子はもう絶版かな。

14 :清原宣賢:2000/12/12(火) 21:02
『毛詩抄』は四巻30000円くらいで売ってますが。
ちなみに、吉田兼好の遠縁だったりする。

15 :名無しさん@1周年:2000/12/19(火) 00:15
『淮南子』の本もだしてますよ。

16 :岩波:2001/01/22(月) 10:17
金谷氏の師匠である武内義雄より以来の腐れ縁、じゃないかな。

17 :名無氏物語:2001/07/17(火) 19:13
「お抱え」にできたらすごいな。

18 :名無氏物語:2001/07/18(水) 03:15

6カ月ぶりにレスがつくってスゲーな。

19 :少佐:2001/07/18(水) 03:40
>>18
古典とはそげなモノ。

20 :日本@名無史さん:2001/07/18(水) 03:44
35分後にもつくのもすごい。

21 :国語学:01/09/23 02:08
岩波と大野晋の関係も目障り。

22 :名無氏物語:01/12/25 17:53
>>21
日本書紀
日本語練習帖の事?

23 :名無氏物語:01/12/26 22:58
管子ぜひ訳して欲しいな。あと商君書とかも。

24 :名無氏物語:01/12/26 23:00
金谷の訳は、中庸でない。岩波文庫のような公共性の高い物に
自説を盛り込むべきでない。と有る、高名な先生がおっしゃっ
ていました。

25 ::01/12/27 09:50
金谷じゃなくて自分に書かせろ、ってコト?

26 :名無氏物語:01/12/27 16:12
ハハ、そう言うことではないようでした。
社会的役割を意識して欲しいという意味合いだったようです。

研究論文などと、文庫・新書などといった物は分けて執筆
するべきだと言うご意見でした。

27 :名無氏物語:01/12/27 22:47
金谷先生がどうこうじゃないけど、
経書の訳本とかは、使う註釈を一つに絞ったやつ
が欲しい。鄭玄注オンリー、とか←自分で読めって?
独自の見解を盛り込んだのは
もういっぱいある訳だし。

28 :名無氏物語:01/12/27 23:00
昔の中央公論社『世界の名著』の「諸子百家」も金谷先生でした。
専門外なのでそれでお名前を知ったぐらいですが……。

29 :ちゃむーり:01/12/27 23:10
鄭玄注オンリーくらいは欲しいよな。
27か金谷,頼むよ。

30 :27:01/12/28 05:24
私が書いても誰も買ってくんないだろうな(ワラ

29さん、1000冊くらい買ってくれます?

31 :こんなん売れそう。オヤヂどもに。:01/12/28 07:26
守屋洋著 「ビジネス論語 管理職の心得」(ダイヤモンド社)

32 :名無氏物語:01/12/28 09:39
>>30

版下までワープロで作って、同人誌を印刷してくれる店に持っていく。
100部とか500部とかで。ページ数にもよるが、まあ数万円から数十万円。

あとは、朋友とか山本あたりで委託販売。
1冊だけ人文研に寄贈すれば、電話帳にも載って、業績になる。

33 :名無氏物語:01/12/28 23:57
>電話帳にも載って
詳細きぼう

34 :名無氏物語:01/12/31 05:44
東洋学文献類目のことだとおもわれ

35 :名無氏物語:01/12/31 13:45
電話帳って一般的な略称(?)だったんだ。
みんなそう言ってんの?

36 :名無氏物語:01/12/31 22:53
金谷治、論語はよかったけど最近読んだ学庸はひどいね。
>>24の内容に禿同

37 :名無氏物語:02/01/04 09:52

ウチでは「電話帳」って言ったら、『史記東周年表』を指すよ。

あ、お呼びでない?
失礼しました。

38 ::02/01/05 17:37
自分の所属バラして、どーすんの。(w

39 :名無氏物語:02/01/26 18:33
金谷治って、岩波新書けっこう書いてなかったっけ?

40 :名無しさん:03/01/03 01:29
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


41 :山崎渉:03/01/11 09:28
(^^)

42 :山崎渉:03/04/17 09:34
(^^)

43 :山崎渉:03/04/20 04:41
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

44 :名無氏物語:03/04/20 16:23
岩波でなくてなんなんだけどさ、朝日出版の新訂中国古典選「孟子」。
これ最近95年くらいからまた出てるソフトカバー版のやつに収録しない
のかな。調べ方分かる人いたら教えて。


45 :名無氏物語:03/04/25 03:59
>>44
それは朝日新聞社。あなたの言うソフトカバーの朝日選書に『孟子』は
入らなかったよね。
文庫版をさがすのがいちばん現実的かな。

46 :44:03/04/25 22:21
>>45
レスサンクス。
朝日新聞社のそのソフトカバーの中国古典選ってもう完結
ないし、これから出版される全リスト出てる?
中国古典←論語や易が入ってるんだからこれから孟子でないかなあ・・
自分で結構調べたんだけど全然わからんくてさ。
また5日後前後にでもレスくりくり。

47 :名無氏物語:03/04/27 21:03
>>46
はい、こんにちは。僕も、朝日新聞社出版局のサイトや、bk1で調べた程度で、
特別な情報など持ってないんだけどね。
朝日選書の中国古典選は半年ほどの間に続けて10冊出て、
それっきり。最後の易が97年2月の発行。こりゃもう、続刊はないと
考えるのが、常識的でしょう。
どうしても気になるのなら、もう朝日新聞社に直接訊くしかないよね。
孟子は都合3回、刊行されているのかな。出しなおすたびにどのくらい
改訂されているのか、わからないけど、いちばん新しい文庫版を古本で
さがすのが、いちばんいいんじゃないかな。


48 :44:03/04/28 01:54
>>47
そっか、そうだよなぁ。有難う。
俺分冊されてるの嫌なんで、改定2度目の箱付きのほうを
日本の古本屋http://www.kosho.jp/で買ったよ、今。
というか文庫版なかったんだけど。
質問変わるけど、岩波小林孟子って評判いいの?
なんか孟子あれから入って通読できる人多いとは思えない読みにくさ。

49 :山崎渉:03/05/21 22:01
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

50 :山崎渉:03/05/28 15:14
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

51 :名無氏物語:03/06/04 03:14
久しぶりだね。小林勝人訳注の『孟子』上下か。
ぼくは注まで読んで、上巻の途中で挫折。
あの膨大な注まで全部読んで、上下読破した人がいたら、会いたいよ。
絶対、注は飛ばして読むことをお勧めするな。



52 :51:03/06/16 06:03
さびしいので、朝から、あげ

53 :名無氏物語:03/07/03 15:36
岩波文庫の論語って、江戸時代の訓読を使っているけど、
あれが、どうも、僕は好きじゃないんだなあ。くどくってね。
現代の(つまり、漢文教科書や入試問題で使われているような)
訓読の仕方の方が、好きだな。

54 :山崎 渉:03/07/15 12:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

55 :名無氏物語:03/12/02 21:14
po

56 :高句麗:04/01/14 23:14
しかし随分、古いスレだすな。



57 :名無氏物語:04/01/15 00:17
>絶版じゃないよ。品切れ。

絶版と品切れって同じでしょ。

>>32>>37は、京大と東大の人ですか。
ご自分の寄贈のをここで紹介して下さいな。

58 :垂瑞:04/01/15 14:31
文庫をちゃ15年の勘でいうと、
岩波文庫はなんだかんだで重版する可能性残してるから「品切れ」。
現代教養文庫や旺文社文庫などは文庫自体シンデルので「絶版」。
むかし角川や講談社で岩波風のラインナップしてたのも重版可能性がないので「絶版」。


59 :名無氏物語:04/02/14 09:44
金谷本の最大の弱点は日本語訳の日本語がヘタなこと。

60 :名無氏物語:04/02/15 15:39
還暦

61 :ドゥーチェ:04/06/26 21:02
>>39-40
ながいね。
ここではふつうなのかな?

62 :名無氏物語:04/06/27 02:23
>>51
岩波文庫の『孟子』、注も含めて、全部読んだぞ!!
今回で、通読二回目だぞ!!

63 :名無氏物語:04/07/24 03:15
岩波孟子の注ってどんなかんじなの?中国古典選の金谷先生のは簡潔すぎてあってないような物だけど。

64 :名無氏物語:04/08/06 10:44
無視

65 :名無氏物語:04/08/13 22:06
まだこのスレ、生きてましたか。
私が>>51ですが、>>62さん、えらい。

66 :名無氏物語:04/08/16 16:35
66

67 :名無氏物語:05/02/15 21:11:01 ID:XNGRQwpq

伊賀にいます。


68 :名無氏物語:05/02/16 06:11:44 ID:P3J0RBmK
金谷先生ってまだ健在らしいね。
なんだかんだいっても大家だし、未だ金谷先生を超える
中国哲学研究者はほとんどいないとおもふ。
だから岩波文庫はいつまでも金谷ベストセラー状態。

69 :名無氏物語:05/02/17 03:23:52 ID:dTaWhFLr
東北学閥だな

70 :名無氏物語:05/02/17 15:33:54 ID:itxgRVxp
古希

71 :名無氏物語:2005/06/09(木) 07:57:59 ID:tZScKzMo
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageって何?
邪魔しているの?
まともなこと書き込めないの?
貴方にとって人の生き死には単なる玩具なの?
人の相談事を見て良いアドバイスしてやらないの?
たかが数字で遊ぶんじゃねーよ!良い年こきやがって…。


72 :名無氏物語:2005/06/12(日) 04:02:38 ID:iZNqxyJ2
ちょっとまて!

>>43
がっ(AAry

73 :名無氏物語:2005/06/13(月) 17:52:13 ID:GmIkslN9
NASA

74 :名無氏物語:2005/09/05(月) 18:02:53 ID:sq6J4ZDD
>>51
小林勝人訳注の孟子を注だけ読破したぞ。
原文も読み下しも読めるわけないだろ。

75 :名無氏物語:2006/03/03(金) 23:33:03 ID:BALfX2BA
6年前のスレ発見wwwww

76 :名無氏物語:2006/05/05(金) 16:03:06 ID:Jld1QL1c
ヘロー

77 :名無氏物語:2006/05/06(土) 13:00:14 ID:gjC2HdBM
金谷氏の「大学中庸」はどう?
彼の「荘子」の訳に疑問を覚えたのだけど。
明治書院の「荘子」のほうがいいな。
岩波(金谷)より明治書院の「大学中庸」にしたほうがいいと思うが、どうか。

78 :名無氏物語:2006/05/08(月) 22:10:26 ID:Pbc+GF4+
ご逝去…

ttp://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060508000357

79 :名無氏物語:2006/05/09(火) 09:45:34 ID:e81W3zqV
金谷治氏(かなや・おさむ=東北大名誉教授、日本学士院会員、中国哲学)5日午後8時32分、腎不全のため三重県伊賀市の病院で死去、86歳。三重県出身。(以下略)

80 :名無氏物語:2006/06/13(火) 15:12:02 ID:vOoQZ00H
ナナ何ーーーーーーーーーーーーーーー

81 :名無氏物語:2006/06/13(火) 15:12:32 ID:vOoQZ00H


82 :名無氏物語:2006/06/15(木) 17:10:43 ID:HKiT0r3V
>>78-79
ご冥福をお祈りいたします!

83 :名無氏物語:2006/06/15(木) 19:56:43 ID:9mD4xAgw
まだ生きてたのか

84 :名無氏物語:2006/06/27(火) 17:20:05 ID:RwGyL3oH
このスレは伸びない。

85 :名無氏物語:2006/10/13(金) 15:58:18 ID:rRaZvAb9
?(´・ω・`)  

86 :名無氏物語:2006/11/08(水) 14:06:10 ID:nPXZoRAq
(●`.ー´●)やっちありがとう    

87 :名無氏物語:2006/12/29(金) 23:12:35 ID:s7JVOh2d
?(´・ω・`) 

88 :名無氏物語:2007/02/24(土) 15:26:22 ID:y3RG4Aqd
hogo

89 :名無氏物語:2007/02/24(土) 18:22:21 ID:0C0VG7FA
あれ?
ここが一番下?
スレッドが33個しか無いよ!

90 :名無氏物語:2007/04/10(火) 17:45:57 ID:TWPl8YCo
\(*^▽^*)/                                

91 :名無氏物語:2007/04/30(月) 03:29:29 ID:+hMYCRo3


92 :「勇俊(冬のオイラ):2007/05/13(日) 13:43:08 ID:PPJ1XltH
   ∧_∧      ∧_∧       ∧_∧      ∧_∧
__<ヽ`∀´>____<ヽ`∀´>_____<ヽ`∀´>____<ヽ`∀´>_
|___,皿___.,|___,皿___.,|___,皿___.,|___,皿___.,|
| ./:::+:+::::\ . | ./:::+:+::::\ . | ./:::+:+::::\ . | ./:::+:+::::\ . |
|√:*::::###::::* :: |√:*::::###::::* :: |√:*::::###::::* :: |√:*::::###::::* :: |
| | ::U::775::U::: | | | ::U::567::U::: | | | ::U::777::U::: | | | ::U::478::U::: | |
||| .::*::::u::::*::: ..| ||| .::*::::u::::*::: ..| ||| .::*::::u::::*::: ..| ||| .::*::::u::::*::: ..| |
||\_∧_∧_/ ||\_∧_∧_/ ||\_∧_∧_/ ||\_∧_∧_/ |
||_(,  ´∀)___ ||_(∀´  ,)___ ||_<     >___ ||_(,#    )___ |
| ==(    )◎〓=(    )◎〓 =(    )◎〓 =(    )◎〓
|  (○    ) 〓 (○    ) .〓 (○    )  〓 (○    ) 〓
|.. ━┳━) )  〓 ━┳━) ) 〓 ━┳━) )  〓 ━┳━) ) 〓
 ̄ ̄ ┻  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄┻  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┻  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻  ̄ ̄ ̄


93 :名無氏物語:2007/08/08(水) 21:01:05 ID:knaUgpfZ
解説や注を読んでる限りだと、漢字の語義や仮字の関係なんかに関しては
伝統的な漢文読み、中国文学者としての理解の範囲にとどまってる印象はある。

それとも歴史学者と戦争でもしてて意図的に戦後の発掘や解読の成果を黙殺したのかな?

94 :パクリになるから:2007/08/08(水) 21:59:41 ID:F4D+Pb2t
>>93
誰かがある文に対してベストの訳をしても、
他の訳者は敢えてそれを避けてるようだ。

95 :名無氏物語:2007/10/06(土) 00:30:38 ID:b0Z1Khl5
                 ____
          ____ ..::/     \  
        /     \  ─    ─\      ___
.      /  ─    ─\ ー  ー  ヽ     /      \
     /    ー  ー  ヽノ(、_, )ヽ    |  / ―   ―  \  
    |       ,ノ(、_, )ヽ    |-=ニ=-   / /   ー  ー   ヽ
     \     -=ニ=-   /:.      <  |     ,ノ(、_, )ヽ     |
    ノ            \⌒ ̄ ⌒⌒〜 \    -=ニ=-    /
   〜⌒ ⌒ ̄⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒〜         >        <
                   \    /⌒ ⌒ ̄⌒ ⌒ ̄ ⌒⌒〜

 ┌┴─┐ ┌─┴─┐ ┼┼ ノ─    / ‐┼┼‐ ┌──┐ ‐┼― ‐┼― _l_ヾ
 ├──┤   ─┬─   句  乂    /| ┌──  二二二   | ⌒  rー、    | |
 ├──┤   ─┼─    三三       | │lニlニl  |三三三|  / ー  _ノ  / J
 └──┘     └─     匚]       | .ノノ | |   ノ ヽ_

             __   ,  、
          ┌┐|__| |   | / ーー- __   |   、  ‐┼―
          ├┤|_|_ レ  | |         `ヽ ヽ   ヽ   | ⌒
          ├┤|  ヽ    / レ ー-     _丿  \|     / ー   

96 :名無氏物語:2008/03/20(木) 17:32:44 ID:zoW7PNAs
                                   

97 :20世紀にできた2chのスレッド探訪人 ◆LJZQ.1AURA :2008/04/24(木) 09:53:46 ID:Mc9h6LoR

どー も おはよう ございます。

98 :名無氏物語:2008/05/12(月) 04:14:56 ID:/GEcZycT
大学・中庸 論語 韓非子 孫子 老子 荘子 を持ってる。

荀子と孟子はなんか、訳が時代背景の影響を受けすぎてたり原文無かったりするみたいだね。

99 :名無氏物語:2008/05/12(月) 04:20:35 ID:/GEcZycT
てかもう一回書き込み。

このスレは8年前のスレなんだね〜。自分が11歳の時だからパソコンがそれほど目立って普及してた時代ではなかったよね、

今大学生だけどこのスレって年配の人が多いんだよね/
いいことですよ」

100 :名無氏物語:2008/05/12(月) 18:20:16 ID:4yrn3BdU
100

101 :名無氏物語:2008/07/16(水) 06:07:04 ID:7rfOPWWX
136 :名無しさんの主張:2008/05/03(土) 14:40:40 ID:skyKfPCK
とうとう経歴詐称。
赤木智弘> 一九九六年にコンピューター専門学校を卒業したが、バブル崩壊後の就職氷河期で職に就けなかった。

??? どこが経歴詐称なの?


> 俺が分かってる事は赤木 智弘は朝日に飼われているだけの存在。

赤木智弘 は、特に『論座』の「飼い犬」とは思わんな。 ああいう新しい意見を出していければ『論座』は潰れなくて済んだ。

『論座』が潰れた理由は、上野千鶴子 とか カンサンジュン とか そういう白痴系のフェミ・サヨを使い過ぎたから。

『世界』(岩波書店の月刊誌)は大丈夫なの?

http://www.geocities.jp/WeLoveKoyano/ より:

上野千鶴子:(性的弱者=コミュニケーション・スキルが乏しい男は)  「自然史的・人類史的にいえば、マスターベーションしながら死んでいただければいいと思います。」 (宮台信司・上野千鶴子 対談 (朝日新聞社『論座』1998年8月号)にて)

(上野千鶴子は、主婦団体とかからは世間知らずのフリーライダー扱いされている、障害者などに対する差別主義者です。)

上野千鶴子 FAQ(よくある質問)

Q1.上野は『家父長制と資本制』で博士号を取ったの? A.[…]

Q2.なぜ外様(とざま)で学問的業績がない上野千鶴子が東大教授になれたの? (東大教授の誰かと愛人関係だったんじゃないか?)

102 :名無氏物語:2008/07/18(金) 10:15:29 ID:ffpQpStT
???

103 :名無氏物語:2008/07/20(日) 15:09:00 ID:N3D49us7
           イ三三三三 \
         /イニニニニ\ヽ\ゝ_
       /イニニニニニ\\V/彡\、
       |三ニ>───、\V//彡\ヽヽ
       |三ニ|         ̄ \\ヽ|
       ハ三シ∠ミヽ,        \ミ l
      {!レ/  ミゝ.,_     ∠三ゝ |ミ l
       | レ  彡ヽ`'ゝ   f=・xミ;  |ミ/
       '┤      ノ  i `''     /}
       l  ーイ⌒(、  ':i      / /  サァン!
       |   《三ヲ`7≦     〃
       ト、   斤  ̄`''キ≧   /´
      <| 丶  ヽニ--ソ'"   /
     ノ| \ \    ̄   /\
    / l / ヽ、ヽミ _彡'´.〉  /\
__/   .ト、ヽ  i    |  /  |.  \_                

104 :名無氏物語:2008/10/07(火) 10:01:43 ID:2uKVqQCg
>>98
荀子読んだけどそんな感じは受けなかった。
孟子はまだ読んでないけど。

105 :名無氏物語:2008/11/08(土) 12:58:45 ID:o4CwAPjZ
小林のほかで孟子読みたい
全訳少ないね
小林のほかで孟子読みたい
全訳少ないね
やっぱり古本で金谷がいいのかね

抄訳では誰がいいのかな

106 :学ぶ者:2009/03/08(日) 12:16:55 ID:NPWulC72
いえ、別に小林勝人訳注の孟子を上下では無く、全一冊に欲しかったです。原文は無理だけど、読み下し文は普通に読むのを、苦痛ではありませんから不満は有りません。

107 :名無氏物語:2009/03/09(月) 18:52:05 ID:i+eXYCgh
小林訳注の孟子って上下ともに原文の分量だけなら同じぐらいなんだよね。
どうも下巻を執筆したときにノリノリで注釈をつけまくったせいでアンバランスになったみたい。

108 :名無氏物語:2009/03/09(月) 19:37:08 ID:TO3XaYsG
煩悩だね・・・

109 :学ぶ者:2009/03/14(土) 22:50:56 ID:IMxjAdA2
成程、だから孟子の下巻は分厚いのですね。然し孟子は勇気が出る言葉が多いですね。「困窮しても義を失わず」「仁に立ち、義に拠り、天下の大道を行く。」など。

110 :名無氏物語:2009/03/21(土) 16:35:36 ID:Tm8zTdCy
論語、訳注金谷治、ワイド版岩波文庫6、1992年12月15日第4刷発行
の読み下し文について教えてください。
「子の曰(のたま)わく」のように何故現代仮名遣いで読み下すのでしょうか。
「しののたまはく」のように歴史的仮名遣いの方が古語辞典で調べるのに便利だと思うのですが。

111 :名無氏物語:2009/03/21(土) 20:35:17 ID:l2M7Duga
111ゲット・・・

112 :名無氏物語:2009/08/01(土) 21:16:17 ID:zCGikjE7
112ゲット・・・

113 :名無氏物語:2009/11/23(月) 18:58:56 ID:VxVEq1Eh
hoshu

114 :名無氏物語:2009/11/25(水) 02:03:56 ID:4QkFsYhb
一年間書き込みがなくても落ちないよ。

115 :名無氏物語:2010/05/04(火) 01:49:29 ID:eObHpMZ0
セックス

116 : ◆F9zON1ZSSs :2010/06/21(月) 01:04:34 ID:V8d58Uy8
test

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)