5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お気に入りの和歌はありますか? 巻第三十三

1 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:41:38 ID:mLnvh9G6
お気に入りの和歌を書き込んでください。

過去スレ
お気に入りの和歌はありますか?
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/kobun/970675547/
お気に入りの和歌はありますか?巻第二
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1046656983/
お気に入りの和歌はありますか 巻三
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1079005160/
お気に入りの和歌はありますか 巻四
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1122098364/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第五
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1132815919/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第六
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1136434064/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第七
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1138209180/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第八
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1139613598/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第九
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1141031783/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1142228859/

2 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:47:52 ID:eTjPShZa
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十一
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1164410448/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十二
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1167741005/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十三
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1170260552/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十四
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1172645006/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十五
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1174939246/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十六
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1178347722/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十七
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1182443004/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十八
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1186985820/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十九
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1192345810/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第三十 
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1195582728/

3 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:48:54 ID:eTjPShZa
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十一
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1143534760/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十二
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1145549890/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十三
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1146693159/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十四
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1148155794/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十五
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1149667111/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十六
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1151634386/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十七
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1154034645/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十八
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1156067741/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第十九
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1159106560/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第二十
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1161852981/

4 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:50:19 ID:eTjPShZa
お気に入りの和歌はありますか? 巻第三十一 
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1200388278/
お気に入りの和歌はありますか? 巻第三十二 (前スレ)
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1205222073/

5 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:50:57 ID:eTjPShZa
>>2>>3が逆になったすまん・・・orz

6 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:51:34 ID:eTjPShZa
かすみつつくもりもはてずながき日に朧月夜を待ちくらしぬる(飛鳥井雅親)

7 :名無氏物語:2008/05/02(金) 13:53:01 ID:eTjPShZa
てりもせぬ春の月夜の山桜花のおぼろぞしく物もなき(本居宣長)

8 :名無氏物語:2008/05/02(金) 16:22:23 ID:kW5SfKR7
夕立の菊のしをれ葉はらふとて花まちどほに人やあざける(藤原定家)

9 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:14:21 ID:4yRINxHD
今朝みれば垣ねの菊もうつろひぬ花まちどほにいつ思ひけん(土御門院小宰相)

10 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:31:54 ID:4yRINxHD
詠むればいとど物こそかなしけれ月は浮世のほかと聞きしに(俊恵)

11 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:32:52 ID:4yRINxHD
夕霧も心のそこにむせびつつわが身ひとつの秋ぞ更けゆく(式子内親王)

12 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:34:45 ID:4yRINxHD
いく秋を千々にくだけて過ぎぬらん我が身ひとつを月にうれへて(藤原定家)

13 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:35:10 ID:4yRINxHD
秋をへて昔は遠き大空に我が身ひとつのもとの月影(藤原定家)

14 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:35:39 ID:4yRINxHD
千々におもふ心は月にふけにけり我が身ひとつの秋とながめて(藤原忠良)

15 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:36:16 ID:4yRINxHD
ちぢにのみ思ふ思ひも心からわが身ひとつの秋の夜の月(飛鳥井雅経)

16 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:36:57 ID:4yRINxHD
月かげをわが身ひとつとながむれば千々にくだくる萩のうへの露(後鳥羽院)

17 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:37:17 ID:4yRINxHD
月みても千々にくだくる心かな我が身ひとつの昔ならねど(俊成卿女)

18 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:37:50 ID:4yRINxHD
年を経て我が身ひとつと歎きても見れば忘るる秋の夜の月(藤原為家)

19 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:41:49 ID:4yRINxHD
我ひとり月に向かふと思ひけりこよひの月を誰か見ざらむ(香川景樹)

20 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:57:03 ID:BefDxvVr
をぐら山西こそ秋とたづぬれば夕日にまがふ峰のもみぢば(藤原家隆)

21 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:57:50 ID:BefDxvVr
すずしさを月に吹きこせ住の江や西こそ秋のおきつ塩風(肖柏)

22 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:58:45 ID:BefDxvVr
尋ねみんさぞな涼しき大井川西こそ秋の水のみなかみ(木下長嘯子)

23 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:59:09 ID:BefDxvVr
夕まぐれほのみるからに悲しきは西こそ秋の初月の影(下河辺長流)

24 :名無氏物語:2008/05/03(土) 14:59:42 ID:BefDxvVr
のどけしな西こそ秋のおなじえをわかずも春ににほふむめがか(中院通茂)

25 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:31:46 ID:it9HWFv7
おほぞらの月のひかりしあかければ槙の板戸も秋はさされず(源為善[後拾遺])

26 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:32:15 ID:it9HWFv7
白妙に雪もわが身もふりはてぬあはれ名残の有明の月(西園寺公経[続古今])

27 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:35:18 ID:it9HWFv7
都には聞ふりぬらん郭公関のこなたの身こそつらけれ(藤原実方[続後撰])

28 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:35:39 ID:it9HWFv7
音羽河雪げの波も岩こえて関のこなたに春はきにけり(藤原定家[続古今])

29 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:36:04 ID:it9HWFv7
今朝かはる秋とは風の音羽山おとに聞くより身にぞしみける(亀山院[続拾遺])

30 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:36:42 ID:it9HWFv7
逢ふことのなぎさなればや都鳥かよひし跡も絶えて問ひこず(藤原道長[続後撰])

31 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:37:28 ID:it9HWFv7
逢ふことのなぎさにひろふ石なれや見れば涙のまづかかるらん(藤原輔相[新拾遺])

32 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:39:21 ID:it9HWFv7
わび人や神な月とはなりにけむ涙のごとくふる時雨かな(在原元方[新勅撰])

33 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:48:04 ID:it9HWFv7
武蔵野や人の心のあさ露につらぬきとめぬ袖の白玉(九条道家[新勅撰])

34 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:48:41 ID:it9HWFv7
紅葉せぬときはの山に住む鹿はおのれ鳴きてや秋を知るらん(大中臣能宣[拾遺])

35 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:49:14 ID:it9HWFv7
花咲かぬときはの山のうぐひすは霞を見てや春をしらなん(大中臣能宣[新千載])

36 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:49:36 ID:it9HWFv7
秋来れば常磐の山の松風もうつるばかりに身にぞしみける(和泉式部[新古今])

37 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:50:00 ID:it9HWFv7
浅みどり霞める空のけしきにやときはの山も春をしらなん(少将公教母[金葉])

38 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:50:53 ID:it9HWFv7
橘にあやめの枕にほふ夜ぞ昔をしのぶかぎりなりける(藤原俊成[新後撰])

39 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:51:13 ID:it9HWFv7
山ざとの暁がたの鹿のねは夜はのあはれのかぎりなりけり(慈円[千載])

40 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:51:35 ID:it9HWFv7
ひとめさへ霜がれにける宿なればいとど有明の月ぞさびしき(具平親王[玉葉])

41 :名無氏物語:2008/05/03(土) 18:56:54 ID:csm5+sBM
秋くれば虫とともにぞなかれぬる人も草葉もかれぬと思へば(藤原興風[是貞親王歌合])

42 :名無氏物語:2008/05/04(日) 02:47:32 ID:LWevxk88
都へとさそふしるべもしら波のあとなきかたに月ぞやどれる(藤原秀能)

43 :名無氏物語:2008/05/04(日) 02:48:24 ID:LWevxk88
春くれば霞をおのがたよりとてあとなきかたにかへる雁金(藤原為家)

44 :名無氏物語:2008/05/04(日) 02:48:51 ID:LWevxk88
うき雲の跡なき方にしぐるるは風をたよりの木の葉なりけり(宗尊親王)

45 :名無氏物語:2008/05/04(日) 02:49:31 ID:LWevxk88
荻の葉に風ぞたよりの音たててものおもふ秋のしるべなりける(宗尊親王)

46 :名無氏物語:2008/05/04(日) 02:50:17 ID:LWevxk88
和田の原かぎりもいとど白波の跡なきかたにたつ霞かな(頓阿)

47 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:07:55 ID:LWevxk88
山里は風ぞたよりのしるべとも梅が香にほふ比やしるらん(宗良親王)

48 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:08:27 ID:LWevxk88
おのれかつちるを雪とや思ふらんみのしろごろも花もきてけり(源俊頼)

49 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:09:02 ID:LWevxk88
雪のうちに春をきたりとしらするはみのしろ衣梅の花がさ(藤原定家)

50 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:09:33 ID:LWevxk88
旅人のみのしろ衣うちはらひふぶきをわたる雲のかけはし(藤原良経)

51 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:09:57 ID:LWevxk88
秋きぬと荻の葉風にしられても春の別れやおどろかるらん(藤原俊成)

52 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:10:25 ID:LWevxk88
秋きぬと風やつぐらん朝まだきまがきの荻のそよとこたふる(平忠盛)

53 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:11:01 ID:LWevxk88
秋きぬとおどろかれけり窓ちかくいささ群竹かぜそよぐ夜は(藤原実定)

54 :名無氏物語:2008/05/04(日) 03:11:25 ID:LWevxk88
秋きぬと荻の葉風のつげしより思ひしことのただならぬ暮(式子内親王)

55 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:05:58 ID:xK29AVJw
よそながら思ひしよりも夏の夜のみはてぬ夢ぞはかなかりける(源宗于[新勅撰]) 

56 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:07:19 ID:xK29AVJw
み吉野は山もかすみて白雪のふりにし里に春はきにけり(藤原良経[新古今])

57 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:07:52 ID:xK29AVJw
うちきらし猶ふる雪も春たつといふばかりにや花とみゆらん(藤原家経[玉葉])

58 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:08:30 ID:xK29AVJw
桜花今やさくらんみ吉野の山もかすみて春雨ぞふる(後円融院[新後拾遺])

59 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:11:56 ID:PblCmbFw
時代を下って
ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく(石川啄木)
俺はこれを聞いたとき泣いた

60 :名無氏物語:2008/05/04(日) 18:15:16 ID:xK29AVJw
ひとりぬる我にてしりぬ池水につがはぬ鴛鴦のおもふ心を(藤原公実[千載])

61 :伊藤伊織:2008/05/05(月) 14:57:19 ID:SlkpvhFy
6 6 1 3 1 5 0 8 1 6
2 2 7 6 7 5 5 0 2 2
4 3 0 1 3 7 4 8 2 3
6 2 1 5 6 8 2 1 6 6
7 4 3 5 6 4 0 3 6 4

62 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:04:34 ID:9G7J+A/D
夕まぐれ木の葉みだれて荻の上にきかぬ嵐もただならぬかな(貞常親王)

63 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:05:26 ID:9G7J+A/D
君がため命をさへも惜しまずはさらにつらさを歎かざらまし(藤原定家)

64 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:06:07 ID:9G7J+A/D
あへば先づをしからざりし命よりながくもがなとおもふ夜半かな(松永貞徳)

65 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:08:20 ID:9G7J+A/D
秋きぬとおどろく風をたづぬれば目にさやかなる萩のうは葉を(慈円)

66 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:12:00 ID:JR3At/xV
風の音はいまとほ山の木の間より目にはさやかに月ぞもりくる(藤原家隆)

67 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:22:32 ID:JR3At/xV
秋きぬと荻の葉風はなのるなり人こそとはねたそかれの空(藤原定家)

68 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:23:24 ID:JR3At/xV
おしなべて霞むやいづこ天つ空めにはさやかに見えぬ春かな(後二条院)

69 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:23:46 ID:JR3At/xV
なほざりの秋風よりも木枯のめに見ぬ冬ぞおどろかれぬる(飛鳥井雅世)

70 :名無氏物語:2008/05/05(月) 15:24:20 ID:JR3At/xV
荻の葉のうちそよぐにも秋きぬとおどろかれぬる人のわかれぢ(木下長嘯子)

71 :名無氏物語:2008/05/05(月) 17:59:13 ID:s8jbyAv6
夢よりもはかなきものはかげろふのほのかに見えしかげにぞありける(読人不知[拾遺])

72 :名無氏物語:2008/05/05(月) 17:59:43 ID:s8jbyAv6
夏の夜の月の桂の下紅葉かつがつ秋の光をぞまつ(二条院讃岐[新続古今])

73 :名無氏物語:2008/05/05(月) 18:14:00 ID:s8jbyAv6
ことわりの秋にはあへぬ涙かな月の桂もかはる光に(俊成卿女[新古今])

74 :名無氏物語:2008/05/05(月) 18:14:26 ID:s8jbyAv6
秋の色を払ひはててや久かたの月の桂に木枯しの風(藤原雅経[新古今])

75 :名無氏物語:2008/05/06(火) 00:48:56 ID:ImAvP4zl
目にも見えずわたらふ秋は栗の木のなりたる毬のつばらつばらに(長塚節)

76 :名無氏物語:2008/05/06(火) 00:49:34 ID:ImAvP4zl
木のもとにやどりはすべし桜花ちらまくをしみ旅ならなくに(源実朝)

77 :名無氏物語:2008/05/06(火) 00:50:28 ID:ImAvP4zl
よそに見てをらでは過ぎじ女郎花名をむつましみ露にぬるとも(源実朝)

78 :名無氏物語:2008/05/06(火) 00:50:57 ID:ImAvP4zl
ぬぎかけし主はたれともしらねども一野にたてる藤ばかまかな(大江匡房)

79 :名無氏物語:2008/05/06(火) 00:51:21 ID:ImAvP4zl
藤ばかまきてぬぎかけし主やたれとへどこたへず野べの秋風(源実朝)

80 :名無氏物語:2008/05/06(火) 04:02:15 ID:eT3jKVP1
天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠るみる(万葉集第七巻)

81 :◆yWJXzJcGQI :2008/05/06(火) 18:41:39 ID:jhxQU20U
テラスwwwwwwラティスwwっうはwwwwwwジンジンビッチがファイティングポーズwwwwww

82 :肉棒 ◆yWJXzJcGQI :2008/05/06(火) 18:43:14 ID:jhxQU20U
誰もきてねぇwwwwww自由自在にヘチマ売りwwwwwwwへwwwwテレッテヘーwwww↓↓

83 :肉棒 ◆yWJXzJcGQI :2008/05/06(火) 18:45:44 ID:jhxQU20U
ぴころも甲子園に行ってきましゅ(^▽^)ε=ε=ε=ε=┏( `0´)┛

84 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:23:09 ID:xxFKMrhr
見るままに色かはりゆく久方の月の桂の秋のもみぢ葉(藤原資季[新勅撰])

85 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:24:32 ID:xxFKMrhr
なく鹿の声にめざめて偲ぶかな見はてぬ夢の秋の思ひを(慈円[新古今])

86 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:24:57 ID:xxFKMrhr
山里は秋の寝覚ぞあはれなるそことも知らぬ鹿の鳴くねに(後白河院[続古今])

87 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:25:32 ID:xxFKMrhr
侘び人の秋の寝覚はかなしきに鹿の音遠き山里も哉(今出河院近衛[続千載])

88 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:26:00 ID:xxFKMrhr
琴の音に峰の松風かよふらしいづれのをよりしらべそめけむ(斎宮女御[拾遺])

89 :名無氏物語:2008/05/06(火) 22:31:00 ID:xxFKMrhr
袖におく露をば露と忍べどもなれゆく月や色を知るらむ(源通具[新古今])

90 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:22:00 ID:xxFKMrhr
今よりの露をばつゆと荻の葉に涙かつ散る秋風ぞ吹く(津守国助[続拾遺])

91 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:22:35 ID:xxFKMrhr
袖の上の露をばつゆと払ひても涙数そふ秋の夕暮(道応[新後拾遺])

92 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:23:09 ID:xxFKMrhr
芳野山今朝ふる雪やつもるらん入りにし人の跡だにもなし(土御門院[新続古今])

93 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:25:16 ID:xxFKMrhr
かた岡の雪まにねざす若草のほのかに見てし人ぞ恋しき(曽禰好忠[新古今])

94 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:25:49 ID:xxFKMrhr
跡をだに草のはつかに見てしがな結ぶばかりの程ならずとも(和泉式部[新古今])

95 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:26:20 ID:xxFKMrhr
春の夜の夢の浮橋とだえして峰にわかるる横雲の空(藤原定家[新古今])

96 :名無氏物語:2008/05/06(火) 23:27:01 ID:xxFKMrhr
桜花夢かうつつか白雲の絶えてつれなき峯の春風(藤原家隆[新古今])

97 :名無氏物語:2008/05/07(水) 01:56:37 ID:H7KrXbIY
横雲の風にわかるるしののめに山飛びこゆる初雁の声(西行[新古今])

98 :名無氏物語:2008/05/07(水) 01:57:13 ID:H7KrXbIY
風ふかば峯に別れむ雲をだにありし名残の形見とも見よ(藤原家隆[新古今])

99 :名無氏物語:2008/05/07(水) 01:58:07 ID:H7KrXbIY
あひ見ても峯にわかるる白雲のかかる此の世のいとはしきかな(源季広[新古今])

100 :名無氏物語:2008/05/07(水) 02:13:15 ID:H7KrXbIY
うつりゆく人の心は白雲のたえてつれなき契りなりけり(藤原良経[新続古今]) 

125 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)