5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

厨房、工房のための現代語訳解説

1 :名無氏物語:2006/08/26(土) 13:49:56 ID:WNtruQFV
現代語訳を書いてみるスレッドです。
解らない古文・漢文があればここへ書いてみよう。
そしてその現代語訳がわかる方はレスをつけてくださるとありがたいです。

372 :名無氏物語:2008/05/30(金) 10:02:59 ID:ep7ZOAeZ
>わびぬにやあらむ

「に」は連体形接続だから直前の「ぬ」は打消の助動詞「ず」の連体形だ
完了と取り違えているんじゃないか

373 :みみ:2008/05/30(金) 23:06:16 ID:RNXGt4XH
あ、そっか。なるほどぉ。
迷惑がっていない→面白がっている
ってことになるんですね!
ありがとうございました。

374 :みみ:2008/05/31(土) 03:01:35 ID:HjigLVFF
『今鏡』の、「かの武能も、その道の上手なりけるに」
って始まる所ですが、武能さんが時光さんという笛の達人のところへ
習いに行った(らしい)ときに、

かれが家に至りて、「それがし参りたり」と言わせければ、「挑みて、
年ごろかやうにも見えぬもの」とて、驚きて呼び入れければ、

を訳すと、

かれ(時光)の家に着いて、「私が参りました」と言わせたところ、
「???、長年このように見えない者」と、驚いて呼び入れたので、

「挑む」は「争う・張り合う・挑戦する」と辞書にあるのですが、
ここでは、どんな意味なのでしょうか?その後の部分も意味不明です。


375 :みみ:2008/05/31(土) 03:03:46 ID:HjigLVFF
374の続きですが、

太郎子にはべりける公里が前なりけるを、「この童に教えはべりてのちに
こそ、こと人には授けたてまつらめ。これはたちまちにおぼし寄る
まじきこと」と言ひければ、「この君伝えられむこと、たちまちのことには
あらじ」とて、名簿取り返して、年経けるのち、心深くうかがひて、聞かむ
とするなりけり。昔のものの師は、かくなむ心深くて、たはやすくも授け
ざりける。

を訳すと、

???でございました公里の前であったので、「この童に教えまして後に
他の人には授けて差し上げましょう。これは、???お思いになるべき
ではないことです」と言ったので、「この君に受け継がれるようなことは、
???あるまい」と、名簿を取り返して、年が経った後、思慮深く伺って、
聞こうとするのであった。昔のものの師は、このように思慮深くて、軽々
しくは授けなかった。

「太郎子」とは「長男」の意味で良いのでしょうか?
「たちまち」は今の言葉と同じ感覚で良いのでしょうか?

要するに、武能さんは時光さんに結局教えてもらえなかったってこと
ですよね。

以上、どなたかよろしくお願いします。???以外の訳も確認して
くださるとうれしいです。

376 :名無氏物語:2008/06/08(日) 23:24:38 ID:l5O36zmz
<<365

建礼門院右京大夫集

悲報到来

その翌年の春こそ、あの世の人になったと聞いてしまった。
その時のことは、まして何と言っていいだろうか。
みな以前からそのように思っていたことであるけれど、ただもう茫然としていただけだったと思われる。
あまりにせき止められなかった涙も、一方では傍らで見ている人にもはばかられるので
どうしたのかと人も思っているだろうが、気分がすぐれないと言って、
ひきかぶって終日寝てばかりいて、思いっきり泣いて過ごす。
どうにかして忘れようと思うけれども、意地悪くも面影は我が身に寄り添い、一言一言を
今現に聞くような気持ちになって、身を責めさいなむ悲しさは言い尽くしようがない。
ただ「限りある寿命で亡くなった。」などと聞いた時でさえ、悲しいことと言ったり
思ったりするのに、この資盛様の死は何を例にしたらよいのだろうかと、
繰り返し思われて、

世間一般に、寿命が尽きて人が亡くなることを悲しいというのは、このような夢としか
思えないつらい目にあったことがない人が言ったのであろうか。



377 :名無氏物語:2008/06/08(日) 23:36:33 ID:ZoTxlB0d
リンクの付け方くらいwww

378 :名無氏物語:2008/06/22(日) 18:48:58 ID:ELqnd5uJ
説苑の訳載ってるサイト教えてください

379 :名無氏物語:2008/06/29(日) 18:02:44 ID:enjXwQ5s
あげ

380 :名無氏物語:2008/07/07(月) 16:26:44 ID:OEKbtXPc
誰かいます?

381 :名無氏物語:2008/07/25(金) 09:06:37 ID:gmnDArdV
夏休みage

382 :名無氏物語:2008/07/30(水) 13:26:39 ID:EwvMbJHc
・・・・・

383 :名無氏物語:2008/07/30(水) 13:37:33 ID:3HG8NRep
           イ三三三三 \
         /イニニニニ\ヽ\ゝ_
       /イニニニニニ\\V/彡\、
       |三ニ>───、\V//彡\ヽヽ
       |三ニ|         ̄ \\ヽ|
       ハ三シ∠ミヽ,        \ミ l
      {!レ/  ミゝ.,_     ∠三ゝ |ミ l
       | レ  彡ヽ`'ゝ   f=・xミ;  |ミ/
       '┤      ノ  i `''     /}
       l  ーイ⌒(、  ':i      / /  サァン!
       |   《三ヲ`7≦     〃
       ト、   斤  ̄`''キ≧   /´
      <| 丶  ヽニ--ソ'"   /
     ノ| \ \    ̄   /\
    / l / ヽ、ヽミ _彡'´.〉  /\
__/   .ト、ヽ  i    |  /  |.  \_              

384 :名無氏物語:2008/08/10(日) 15:12:44 ID:buU67Xtn
夏休みなのでこの手のスレッドはageておきましょう!

385 :名無氏物語:2008/08/31(日) 18:26:01 ID:repN4LFk
夏休み最終日だから、このスレッドはageておいた方がいいな・・・

386 :名無氏物語:2008/09/11(木) 19:49:09 ID:b8U0+EC7
「執何久」の訓読と意味を教えてください。お願いします。

387 :名無氏物語:2008/10/13(月) 12:28:26 ID:yJjx8dPg
静の舞の現代語訳教えろ!!

388 :名無氏物語:2008/10/13(月) 15:14:58 ID:FEOgIr4S
>>387
それが人にものを教えてもらう時の態度ですか?

389 :名無氏物語:2008/10/15(水) 15:09:45 ID:Kas13ybN
源氏物語のあらしの夜と病める紫の上の口語訳が探してるんですけど見つかりません
載ってるサイト知りませんか?

390 :名無氏物語:2008/10/15(水) 19:03:58 ID:xZvDyeJE
>>389
そんな名前の「巻」は存在しません!
教科書会社が勝手につけたタイトル(小題)ではなくて、該当部分の本文を書き込んでください!
その教科書を持ってる人にしか分かりませんよ!

あと、源氏物語は本によって微妙に本文が異なっているから違う本で訳すと訳が微妙に異なりますよ!

391 :名無氏物語:2008/10/16(木) 01:21:33 ID:RSNh9vcr
本文書いても誰も答えない

392 :名無氏物語:2008/10/16(木) 14:10:36 ID:2r7shq6n
じゃあ、仕方が無いね・・・
放置だね・・・

393 :名無氏物語:2008/11/24(月) 14:20:42 ID:C7EftVMH
うん

394 :名無氏物語:2008/11/24(月) 14:21:13 ID:C7EftVMH


395 :ROY:2008/12/09(火) 22:36:49 ID:dL2zffds
放置らしいけどAge

うーん
結構いいスレだと思うんだが...
もったいない!

396 :名無氏物語:2008/12/15(月) 22:43:12 ID:8CP+U2FJ
すべてゐなかには、いにしへの言のゝこれること多し。殊にとほき國人のいふ言の中には、おもしろきことゞもぞまじれる。おのれとしごろ心をつけて、遠き國人の、とぶらひきたるには、必ず その國の詞をとひきゝもし、
その人のいふ言をも、心とゞめてきゝもするを、なほ國々の詞共を、あまねく聞あつめなば、いかにおもしろきことおほからん。
ちかきころ、肥後(の)國人のきたるが、いふことをきけば、世に[見える][聞える]などいふたぐひを、[見ゆる][聞ゆる]などぞいふなる。こは今の世にはたえて聞えぬ、雅《ミヤ》びたることばづかひなるを、
其國にては、なべてかくいふにやとゝひければ、ひたぶるの賤《シヅ》山がつは皆、[見ゆる][きこゆる][さゆる][たゆる]、などやうにいふを、
すこしことばをもつくろふほどの者は、多くは[見える][聞える]とやうにいふ也、とぞ語りける。
そは中々今のよの俗《イヤシ》きいひざまなるを、なべて國々の人のいふから、そをよきことゝ心得たるなンめり。
いづれの國にても、しづ山がつのいふ言は、よこなまりながらも、おほくむかしの言をいひつたへたるを、人しげくにぎはゝしき里などは、他《コト》國人も入まじり、都の人なども、
ことにふれてきかよひなどするほどに、おのづからこゝかしこの詞をきゝならひては、おのれもことえりして、なまさかしき今やうにうつりやすくて、昔ざまにとほく、中々にいやしくなんなりもてゆくめる。

まことや同じひごの國の、又の人のいへる、かの國にて、[ひきがへる]といふ物を、[たんがく]といふなるは、古(ヘ)の[たにぐゝ]の訛《ヨコナマ》りなるべくおぼゆ、とかたりしは、まことに然なるべし。

『玉勝間』巻七「ゐなかにいにしへの雅言《ミヤビゴト》のゝこれる事」です。
よろしくお願いします。



397 :名無氏物語:2008/12/24(水) 14:39:02 ID:eWUrq4OM
丸投げ小僧ばかりだなwww

398 :名無氏物語:2008/12/27(土) 21:59:58 ID:Pfcc3PlY
現代語訳を教えてください。

・よき手もあり、あしき手もあり。
・常にあなづらるるにこうじ果てて、
・ゆかしくたまふものを奉らむ。
・帝のやむごとなくおぼす御子なり。
・月も隠れすさまじうおぼえて、
よろしくお願いします。

399 :名無氏物語:2009/01/01(木) 14:18:11 ID:lgMw/P5m
丸投げ厨は死ね!                                    

400 :名無氏物語:2009/01/01(木) 14:26:02 ID:95n/iXp3
400ゲット・・・ 

401 :名無氏物語:2009/01/03(土) 15:27:18 ID:Idx0VaTK
冬休み、厨房・工房単発スレ防止対策age

402 :名無氏物語:2009/01/07(水) 23:34:50 ID:kCMMMIIv
二松馬鹿のせいで厨房対策スレッドが下がり過ぎてるじゃないか!

403 :名無氏物語:2009/01/26(月) 18:43:17 ID:aZeGI2Zk
質問スレをageておきます!

404 :名無氏物語:2009/02/11(水) 11:37:20 ID:DQWT4a1+
>>345
考え方が大きくない
というのはどういう意味ですか?

405 :名無氏物語:2009/02/11(水) 12:40:38 ID:ph7SWyRl
>>404

>>345 の最後の二行に書いていることが答だと思いますが・・・

406 :名無氏物語:2009/02/12(木) 00:19:57 ID:rZF82n7E
・良い方法もあり悪い方法もあり
・常に馬鹿にされて疲れ果てて
・(前後が無いと訳せないけど推測)食べたいとお思いになるものを召し上がる
・帝が大変可愛くお思いになっているお子様である
・月も隠れ気味悪くお思いになって

407 :名無氏物語:2009/02/19(木) 01:21:31 ID:Ew5LjPSm
太平広記「離魂記」の書き下し文を教えて下さい。
口語訳しか見つかりませんでした…
http://www.e-t.ed.jp/edotori3901/kk-ri0index.htm

408 :名無氏物語:2009/02/19(木) 06:34:15 ID:0BJ7dek3
>>407
どこ?
これ大学1年ときやったわ

有名だから図書館行けば書き下しなんていくらでもあるでしょ

409 :名無氏物語:2009/02/19(木) 08:51:30 ID:scFKG6hY
>>407
これだけの量を、たった二行のお願いでやってもらおうなんてむしがよすぎるぞ。
やってほしい所を絞り込んだら、だれか教えてくれるかもよ。

410 :名無氏物語:2009/02/23(月) 06:08:21 ID:V259FX0b
>398
・よい方法もあり、悪い方法もある。
・いつも軽んじられるのに困り果てて、
・ほしいと思っていらっしゃるというもの<=物語>を差し上げよう。
(「ゆかしく“し”たまふ“なる”もの」ではないですか?
更級日記の一部で、少女時代の作者におばが贈り物をくれるときの
「まめまめしきものは、まさなかりなむ。<=実用的なものは、よくないだろう〉」に続く文だと思います)
・帝が、格別に(大切に)お思いになるお子である。
・月も隠れ、興ざめに思われて、

411 :410:2009/02/23(月) 06:09:51 ID:V259FX0b
すでに回答済みでしたね
しかも日付は去年でした
無駄レス大変失礼しました

412 :名無氏物語:2009/02/26(木) 23:47:29 ID:mz31sEtR
晒しあげ

413 :4346:2009/03/01(日) 09:36:57 ID:6QukBIzV
万葉集の、4346番 丈部稲麻呂の歌の訳お願いします!

414 :名無氏物語:2009/03/01(日) 21:02:57 ID:6om/IOXI
キモッ

415 :名無氏物語:2009/03/17(火) 15:38:48 ID:W9R2DUhW
あげ

416 :ゆめ:2009/03/22(日) 16:17:43 ID:wNK2AyQu
宇津保物語 俊蔭 の、

かくて、この子十二になりぬ。
かたちのうるはしく、うつくしげなる事、
さらにこの世のものに似ず。
綾・錦を着て、玉のうてなにかしづかるる国王の女御・后・天女・天人よりも、
かかる草木の根を食物にして、岩木の皮を着物にし、
けだものを友として、木のうつほを住みかとして、
生ひ出でたけれど、目もあやなる光添ひてなむありける。

母も、父君添ひて、いつきかしづきし時よりも、
顔かたちはまさりて、めでたきこと限りなし。
この年ごろ、ただこの猿どもに養はれて、
こよなくたよりをえたる心地するもあはれなり。
水は、蓮の葉のおほきなるに包みて持てく。
いも・ところ・くだもの、
さまざまなるものの葉に包みて、持てき集まる。


の現代語訳を教えてくださいッ
お願いします。


417 :名無氏物語:2009/04/15(水) 23:11:52 ID:TW1tMVj/
時効www

418 :名無氏物語:2009/04/18(土) 07:38:11 ID:J2M4xa8y
丸投げって、悲しいなw

419 :名無氏物語:2009/04/18(土) 17:24:06 ID:1LNFg0hT
沙石集の『歌ゆゑに命を失ふ事』の現代語訳を教えてください。

さて、すでに御前にて講じて、判是られるけるに、
兼盛がうたに「つつめども 色に出でにけり 我が恋は ものや思うふと 人の問ふまで」
判者ども、名歌なりければ、判じわづらひて、天気をうかがひけるに、
帝、忠見が歌をば、両三度御詠ありけり。
兼盛が歌をば多反御詠ありけるとき、天気左にありとて、兼盛勝ちにけり。
忠見心憂くおぼえて、胸ふさがりて、不食の病つきてけり。
頼みなきよし聞きて、兼盛とぶらひければ「別の病にあらず。
御歌合のとき、名歌よみ出だして、おぼえ侍りしに、殿の『ものや思ふまで』に、
あはと思ひて、あさましくおぼえしより、
胸ふさがりてかく重り侍りぬ」と、つひにみまかりにけり。
執心こそよしなけれども、道を執するならひ、あはれにこそ。
ともに名歌にて、拾遺に入りて侍るにや。

420 :名無氏物語:2009/04/19(日) 00:23:33 ID:9qApPWr3
七度目の還暦だね・・・

421 :名無氏物語:2009/04/19(日) 02:44:58 ID:/3pg1VS4
>>419
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1125210258/546

422 :名無氏物語:2009/04/19(日) 02:53:22 ID:9qApPWr3
マルチポストかぁ・・・

423 :名無氏物語:2009/04/20(月) 07:58:50 ID:etoj3qMw
隋書東夷伝 琉球の現代語訳を教えて下さい

三年 煬帝 令羽騎尉朱寛 入海求訪異俗 何蠻言之 遂與蠻倶往 因到流求國
言不相通 掠一人而返
明年復令寛慰撫之 琉球不從寛 取其布甲而還 
時倭國使來朝 見之日 此夷邪 久國人所有也

424 :名無氏物語:2009/05/02(土) 00:26:11 ID:0ylg0UYg
あげとく

425 :名無氏物語:2009/05/10(日) 14:44:03 ID:oHa2BoW5
あげておく

426 :名無氏物語:2009/05/18(月) 10:14:32 ID:U1aU/7DO
書き下し文と現代語訳を教えてください.

太平廣記 禽鳥ノ四 張氏

京兆有张氏独处一室,有鸠自外入,止于床。
张氏祝曰“鸠为祸也,飞上承尘。为福也,即入我怀。”
以手探之,而得一金鉤。是后子孙渐盛,资财万倍。
蜀贾客至长安,闻之,乃厚赂婢,婢窃鉤以与客。
张氏既失鉤,渐渐衰耗,而蜀客亦罹穷厄,于是赍鉤以反张氏,张氏复昌。

427 :名無氏物語:2009/05/19(火) 19:58:29 ID:Fs6qsknQ
>>426
京兆に張氏有り。独り一室に居るに、鳩有り、外より入り床に止まる。
張氏祝(しゅく)して曰く「鳩 禍を為すや飛びて承塵に上がれ。
福を為すや即ち我が懐に入れ」と。
手を以て之を探り、而して一金鉤を得たり。是の後子孫漸く盛んにして資財万倍す。
蜀の賈客 長安に至り、之を聞き、乃ち厚く婢に賂す。
婢 鉤を窃みて以て客に与う。張氏既に鉤を失い、漸漸衰耗す。而して蜀の客亦た窮厄に罹る。
是において鉤をもたらして以て張氏に反す。張氏復た昌(さか)ゆ。


428 :名無氏物語:2009/05/19(火) 20:00:16 ID:j6aHkh8H
>>427
ありがとうございます!
これを基に現代語訳頑張ってみます

429 :名無氏物語:2009/05/19(火) 20:09:25 ID:Fs6qsknQ
京兆尹(けいちょういん)に張氏という人がいた。
あるとき一人で部屋にいると、外から鳩が入ってきて床に止まった。
そこで張氏は「鳩が禍もなすなら承塵(しょうじん)まで飛び上れ。福をなすなら私の懐に入れ」と言った。
(すると、鳩は懐に入ってきた)張氏が手で探ると金鉤(きんこう)が一つ出てきた。
それから子孫がだんだん繁栄して財産は何倍にもなった。
蜀の商人が長安に来てこれを聞いた。そこで張家の婢に沢山の金を握らせた。
婢は金鉤を盗み出し蜀の商人に与えた。張氏は金鉤を失って、だんだん家の勢いが衰えてきた。
蜀の商人の方も災厄にあって困窮し、それで金鉤を張氏にかえした。それから張氏はまた栄えた。

簡体字は日本の通用字に改めました。語句の意味は辞書を調べてください。

430 :名無氏物語:2009/05/19(火) 20:10:09 ID:Fs6qsknQ
ありゃ、入れ違いになったね。

431 :名無氏物語:2009/05/31(日) 23:12:30 ID:3Wh/KCVw
「短(ひき)なり」←形容動詞
の、活用を教えてください。
○行○段活用とか変格活用とか、自分馬鹿だし辞書にも載ってません。
ついでに未然形や連用形なども教えてほしいです.

432 :名無氏物語:2009/06/01(月) 05:25:11 ID:Cjg4CuJx
煩悩の四倍ですね・・・

433 :名無氏物語:2009/06/11(木) 19:29:57 ID:pHRaBFmO
老子age馬鹿のせいで大切な質問スレッドが下の方に落ちてしまった。。。。。

434 :名無氏物語:2009/06/19(金) 06:19:54 ID:DJmY2QSX
鸛 □
鸛□,一名墮○,形似鵲。人射之,則銜矢反射人。(出《酉陽雜俎》)

○の文字は羽という字の下に「弁」のムを取ったものを置いた字でした。
□の文字は 専鳥 という字でした。


吐綬鳥
魚復縣南山有鳥大如 句隹 谷鳥。羽色多K。雜以黄白。頭頗似雉。有時吐物長數寸。丹采彪炳。形色類綬。因名為吐綬鳥。又食必蓄 口素。臆前大如斗。慮触其 口素。行毎遠草木。故一名避株鳥。(出《酉陽雜俎》)

句隹,谷鳥,口素はそれぞれ一つの漢字でした。


書き下し文と現代語訳を教えてください。よろしくお願いします。

435 :名無氏物語:2009/06/19(金) 21:05:13 ID:ntji0gdQ
>>434
鸛□,一名墮○,形 鵲に似たり。人 之を射れば,則ち矢を銜え反って人を射る。

436 :名無氏物語:2009/07/03(金) 20:27:06 ID:PKTJBNV/
あげ

437 :名無氏物語:2009/07/05(日) 19:23:17 ID:aozMqorg
「調度」の読みを現代仮名遣いで教えてください

438 :名無氏物語:2009/07/05(日) 19:27:31 ID:aozMqorg
↑できれば
「仮の宿り」「心にくし」「簀子」「透垣」「古りて」「家居」の読みも現代名遣いで教えてください
お願いします。


439 :名無氏物語:2009/07/05(日) 21:08:39 ID:Ut1MBHJZ
楚共王遺弓の書き下しの現代語訳を教えてください。

「仲尼之を聞いて曰く、「惜しいかなその大ならざること。
ただ人弓を遺ひ、人之を得んと曰ふのみ。何ぞ必ずしも楚といはんや。」と。」

の部分です。よろしくお願いします。

440 :名無氏物語:2009/07/05(日) 21:12:46 ID:/6xp4QEp
>>439
定期的に同じ質問がくるね。
>>343,345

441 :名無氏物語:2009/07/05(日) 21:18:12 ID:Ut1MBHJZ
>440

少し前にあったんですね;;
すみません&ありがとうございました!

442 :名無氏物語:2009/07/09(木) 20:31:43 ID:vnf5kNr6
更科紀行です。

あるひはしらら・吹上ときくに、うちさそはれて、
ことし姥捨の月みむことしきりなりければ、
八月十一日みのの国をたち、道とほく日数すくなければ、
夜に出でて暮に草枕す。
思ふにたがはず、その夜さらしなの里にいたる。
山は八幡(やはた)という里より一里ばかり南に、
西南に横をりふして、すさまじく高くもあらず、
かどかどしき岩なども見えず、
只あはれ深き山のすがたなり。
「なぐさめかねし」といひけんもことわりしられて、
そゞろに悲しきに、何故にか老たる人を捨たらんと思ふに、
いとゞ涙も落そひければ、

 俤(おもかげ)や姨(うば)ひとり泣月の友
 いざよひもまだ更科の郡哉

以上です。どうかよろしくおねがいします。

443 :名無氏物語:2009/07/20(月) 16:45:07 ID:BwsV7Iye
age

444 :名無氏物語:2009/07/20(月) 16:46:42 ID:keubSwOj
444ゲット・・・

445 :名無氏物語:2009/08/03(月) 00:04:42 ID:YxQ9fl5W
あげ

446 :名無氏物語:2009/08/22(土) 17:45:33 ID:05MBpXZy

『西鶴諸国ばなし』

物は仕入れによって何事も。近年関東のかたに、友呼び雁といふ物をこし
らへ、広野に放ちがひして置きしに、空行く鳥をよびおろし、さまざまな
つけて、後は殺生人の宿につれて来て、骨をも折らず、とらへさすことあ
り。諸鳥までも、かく奥筋はすすどし。ここに常陸の国、鹿島の片里に、
目玉の林内といふ者、世をわたる業もおほきに、冬の夜のあらしをもいと
はず、あたりの若者をかたらひ、明け暮れ鳥の命をとること、かぎりもな
し。つれそふ女房は、やさしくも、「この事とまれ。」と異見することたび
たびなれどもやめず。これをかなしく、独り寝られぬままに、世の無常を
観ずる時、寝させおきたる二人の子供、現に声をあげて、びくびく身の動
くこと、三十七度なり。次第おそろしくなって、男を待ちかねるに、夜更
けて門をたたき、「やれ今宵は、仕合はせ。」といふ。女泪を流し、「幾程う
き世にあるべきぞ。むくいの程を知りたまへ。今夜の鳥の数、三十七羽あ
るべし。中鳥八羽、大鳥三羽。」と申す。籠をあけて見るに、締鳥数違はね
ば、林内横手をうつ。宵より子供がおどろくありさまを語れば、身震ひし
て、これより万の道具を塚につき、いろいろ供養なし、今に鳥塚とて残れ
り。


の口語訳を教えてください!!
お願いします!!



447 :名無氏物語:2009/08/29(土) 01:23:02 ID:aL7gKOJc
発心集 by鴨長明

昔、橘逸勢といふ人、事ありて東の方に流されけるとき、そのゆかりの人、嘆き悲しむ類多かりける中に、いとけなき女子の、ことにとりわき去りがたく思ふありけり。

待ちつけて見けん親の心、いかばかりおぼえけん。

お願いします

448 :名無氏物語:2009/08/29(土) 16:02:11 ID:FlZy0zbU
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1240678482/165

449 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 14:23:41 ID:nGRdcltZ
マルチ小僧かよ。

450 :名無氏物語:2009/09/04(金) 18:31:25 ID:la6DPHRW
あげ

451 :名無氏物語:2009/09/12(土) 00:57:45 ID:TP3gAnBJ
あげ

452 :名無氏物語:2009/09/19(土) 19:48:23 ID:FvGIjaTC
あげておく

453 :名無氏物語:2009/09/24(木) 02:21:27 ID:sfJTIdGU
スレチでしたらすみません。
源氏物語玉の小櫛を読みたいのですが、岩波等で出ていないのですか?(原文or現代訳)
大学に入ったら読めますか?

レス300までしか読めてないのです。すみません。

454 :名無氏物語:2009/09/24(木) 02:36:32 ID:8lJjO/oh
高校の図書館に古典のシリーズ本はないか?緑色のとか赤色のとか。

455 :名無氏物語:2009/09/24(木) 14:32:44 ID:A7j4xFi2
普通の高校の図書館には小学館の全集(全訳付き・旧版は赤・新版は白)があると思うけど。

456 :名無氏物語:2009/09/25(金) 00:03:58 ID:TrPzOLXu
訳とはちょっと違うんですが

信濃の国に流されていた按察大納言が、京への帰還をゆるされ今様を歌ってくれと法王に頼まれた場面何ですが、
原文 大納言拍子とつて、「信濃にあんなる木曽路川」といふ今様を、これは見給ひたりしあひだ、「信濃にありし木曽路川」とうたはれけるぞ、時にとつての高名なる。
とあるのですが、按察大納言は信濃で実際に木曽路川を見てきたという事を言ってると思うのですが、なんでこの今様が評価されたんですか?
どなたかお願いします。

457 :名無氏物語:2009/09/25(金) 00:08:43 ID:2JXtatFO
「法王」っていうのは、道鏡のことか???

458 :名無氏物語:2009/09/25(金) 06:56:55 ID:6SBFBd3I
>>457
なんともいえませんが、違うと思います。すいません

459 :名無氏物語:2009/09/26(土) 02:51:02 ID:JOdYVhzK
小戴記雖引仲梁氏説僅此一條、然可知其為傳曽子之学者。
詞定之方中毛傳引仲梁子語、則仲梁子亦傳詩、毛詩源自子夏、
然則仲梁子乃兼有曽子、子夏二家之学派。

書き下し教えてください!!

460 :453:2009/09/27(日) 00:40:02 ID:oyrWH68E
>>454
>>455
浪人中…
ありがとうございます。
ちゃんとそういう本があるんですね。
探してみます。

461 :名無氏物語:2009/10/11(日) 20:05:24 ID:9wAIcrnW
落ちすぎ

462 :名無氏物語:2009/11/03(火) 01:59:44 ID:2PyFGQAM
あげとく

463 :名無氏物語:2009/11/25(水) 02:32:30 ID:4QkFsYhb
age

464 :名無氏物語:2009/12/09(水) 01:58:36 ID:BVROcaaQ
撰集抄の過ぎぬる〜いとありがたきことには侍らずや。の訳をお願いします。

465 :名無氏物語:2009/12/09(水) 21:18:01 ID:CbkzBFce
過疎板で sageて質問 気付かれず

466 :名無氏物語:2009/12/18(金) 18:12:40 ID:0yCHX6xe
この話の和歌の訳をお願いします。今物語の九話です。

ある蔵人の五位の、月くまなかりける夜、革堂へ参りけるに、いとうつくしげなる女房の
ひとり参りあひたりける。見すてがたく思へけるままにいひよりてかたらひければ、
おほかたさやうのみちにはかなひがたき身にてなんど、やうやうにいひしろひけるを、
なほたへがたくおぼえて帰りけるに、つきて行ければ、一條河原になりにけり。女房見かへりて、

玉みくりうきにしもなどねをとめてひきあげ所なき身なるらん

とひとりごちて、きよめが家のありけるに入にけり。男うれしもいとあはれにふしぎとおぼえけり。

467 :名無氏物語:2010/01/07(木) 20:21:37 ID:7JHkkCVZ
いかで物取らせむ
なほこの男、たづねて率て来
の現代訳お願いします。

468 :名無氏物語:2010/01/07(木) 20:43:45 ID:7JHkkCVZ
あげ

469 :名無氏物語:2010/01/07(木) 23:14:13 ID:ooUP490M
宿題の文を検索したら、俺の宿題と全く同じ文を書き込んでいる奴が・・・
学校独自の文だと思うし、順番まで揃ってやがる・・・

470 :名無氏物語:2010/01/24(日) 00:58:32 ID:eJrULSSV
age

471 :名無氏物語:2010/02/07(日) 17:36:29 ID:TIL45Q7l
あげ

472 :名無氏物語:2010/02/22(月) 16:25:14 ID:yYqOCyiS
あげ

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★