5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世間で使われている略字

1 :名無氏物語:03/05/10 13:43
正式に教えられることはないけど、世間では使われている略字を集めつつ、
やいのやいの言うスレ。

例:職→耳云

2 : :03/05/10 14:39
バス停でこんなのがあった。

「経由」とかくところを、


土  由


3 :名無氏物語:03/05/10 20:00
「様」を「木尓」と書いてる人がいたけど、
こんな書き方する人って割といるんだろか?

4 :名無氏物語:03/05/10 23:31

土   は日本では「経」の略字だが、中国ではたしか「聖」の新字体だったと思う。

5 :名無氏物語:03/05/11 10:29
法律関係ではよく権利の「権」の字を

            木又     としてます。

よく使うからね。

      

6 :名無氏物語:03/05/11 12:54
とん女のことを豚むすめ

7 :名無氏物語:03/05/11 13:16
それって略字じゃないだろうが。

8 :名無氏物語:03/05/11 13:17
>>6
(广+k)(广+o)ってのもそう?

9 :名無氏物語:03/05/11 18:07
9                                

10 :名無氏物語:03/05/11 18:07
10

11 :京男:03/05/11 20:48
>8
なんじゃこれって思ったら大学のことか。
頓知漢字みたいだね。


問題

男男
男男 先生

12 : ◆errorJTjJ. :03/05/14 13:36
出を「山/々」

13 :名無氏物語:03/05/17 12:53
国 → 口&中に点

大学ん時に人のノート写してる時に知った

14 :名無氏物語:03/05/17 17:20
http://accessplus.jp/staff/in.cgi?id=11379

15 :名無氏物語:03/05/17 20:28
第の略字

、|


第二神明道路、第一パンなど頻繁に利用されているにも関わらずJISコードには存在しない

16 :名無氏物語:03/05/18 02:47
斗争

17 :名無氏物語:03/05/18 10:34
大学の立て看板なんかに
「惡魔で斗うぞ」とか書いてあって
その「魔」の字が「广+マ」になってることがあった。

一般に左の人たちは略字を多用する傾向にあるね。
一方、右の人たちは旧字を使いたがる傾向がある。

18 :yuis:03/05/18 10:47
アダルトDVDが安い!!
http://www.dvd-yuis.com/
税込み900円〜!(送料も税込み!)
http://www.dvd-yuis.com/
最速発送!すぐ届く!!
http://www.dvd-yuis.com/
女性も安心!秘密厳守!!
http://www.dvd-yuis.com/
おっ!安い!買っちゃお!
http://www.dvd-yuis.com/
えっ!?もう届いたの?
http://www.dvd-yuis.com/

19 :山崎渉:03/05/22 00:10
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

20 :山崎渉:03/05/28 14:57
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

21 : ◆errorJTjJ. :03/05/30 20:58
祖母は「前」の下部を「のヽ」と書く。

22 :名無氏物語:03/05/30 21:16
>21
若い人でもそれ使っている人がいた。
別に普通の人だけど、なんか育ちがよさげな感じがするから不思議だ。

23 :名無氏物語:03/05/31 23:46
>>3 >>21
それ草書…

字が大して上手くない香具師にそれを書かれるとむかつく。

24 :名無氏物語:03/05/31 23:48
>>3
木偏の右側って、





じやなかった?

25 :名無氏物語:03/06/01 00:14
「図」を口(国構え)の内側にト
「闘」を門構えの内側に斗

っていうのはよく使います。

あと、略字ではないのですが、お坊さんは「菩薩」を「ササ」と書きます。菩薩の草冠だけ取り出したのね。
こゆのを抄体書きっていうんでしたっけ? <詳しい人

26 : ◆errorJTjJ. :03/06/01 01:27
「機」⇒「木キ」とか使います。

>>25
抄物書き、とどこかで読みました。
ttp://www.tekipaki.jp/~archive/saigyo/html/syoumotu.gif

27 :25:03/06/06 00:06
>>26
おおお、ありがとうございます。
抄物書き、と言いますか。自分は「抄体書き」と間違って覚えていました。
道理で検索かけてもヒットしないわけで。

28 : ◆errorJTjJ. :03/06/06 00:13
数学の教授が「為」をこんな風に略してた。簡化字の字体なのね。
http://www.mojikyo.gr.jp/gif96/051/051016.gif

29 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/06/06 15:52
>>28
私はこれ常用しています。私の場合は、もっと「ゐ」に近い形です。

30 :名無氏物語:03/06/09 07:33
うちの大学の物理の先生は「働」を「イカ」と書く。

31 :もろもろ :03/06/09 07:58
               ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ( ´∀`)/< 先生もろDVDはどこですか?
           _ / /   /   \___________
          \⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
           ||\        \
           ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                
           ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||         ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
              .||          ||         (´Д` )  <  http://www.dvd01.hamstar.jp だ!
                              /   \   \___________
                              ||  ||  
                              ||  ||
                         __ //_ //___
                        /  //  //      /
                       /    ̄     ̄      //
                       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ||
                       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ||
                       ||    教卓         ||  ||
                       ||                ||



32 :名無氏物語:03/06/10 17:44
>>30

33 :  :03/06/10 19:44
マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その8
http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html

583 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/03/05 15:33 ID:A9o87Nml
フジテレビの10時からの番組は、この一つ前の
『どうなってるの』の時からして最悪。私の個人情報を使って、
丸一本「恐怖のサイテー女」とかいった特集を組みやがった。

素人投稿を騙っては、そのもの自体は必ずしも私とは
言いかねるようなものに、同じ名前、同じイニシャルを当てはめたり、
盗聴・盗撮をしているから分かるのであろう様子のほのめかしを
所どころに散りばめては、出演者総出で「サイテー、サイテー」を
連呼していた。

あざとさ極まったことをしながらも、司会者のY・Tと掛け合って、
私の個人情報をボロクソにこけ落としながら大笑いしていた
局アナのN・K(かな?)のけたたましい声が今でも耳から離れない。
仕事だから仕方がないのかも知れないけれど、
ここに出ている者はサイテー最悪の盗聴者。

でもここでの書き込みが筒抜けだからか、
最近は一頃の悪意に満ちたほのめかしが少なくなっている。
しかも明日の項目は「心の〜」だって。

この枠での私への盗聴ほのめかしは、とりあえずのところ
「許せない、とんだ賠償請求」みたいな感じの特集が最後となっている。      
賠償を意識せざるを得ないほどに、本当はヤバい盗聴・盗撮と、
そこから得られる個人情報の悪用ですものね。


34 : ◆errorJTjJ. :03/06/15 02:16
手書きだったけど、
http://www.mojikyo.gr.jp/gif96/086/086384.gif藤さんを見かけた。

35 :  :03/06/15 16:30
比叡山を車で走っている時に
道路に「叡」という字が簡体字の「衛(『エ』みたいな字)」
と書かれているのを見かけた。

36 :とも:03/06/15 17:07
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page005.html

37 :名無氏物語:03/06/20 09:01
>>26
それを使っている人が、どういうつもりか知らんが、
片仮名の「キ」は、「幾」の草体から作られた。
だから「機」を草書風に書くと、「木キ」になる。

38 :名無氏物語:03/06/20 15:49
米国系Web
http://pleasant.free-city.net/


39 :名無氏物語:03/06/20 15:50
☆A級美女が貴方の為に・・・☆
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

40 :名無氏物語:03/06/24 20:20
「品」で下の口がつながってるの


 ┌┐
 └┘
┌┬┐
└┴┘

41 : ◆errorJTjJ. :03/06/25 09:46
>>37
片仮名逆輸入? なんだか不思議ですね。
>>40
「器」でもありますね。
どこかで上は離れてるのに下は繋がってる「器」を見た記憶があります。

42 :名無氏物語:03/06/25 20:24
「轟く」を「軣く」って書いてる人見掛けたことあるなぁ。

あと、「多摩」の「多」が「夛」とか。

「職」を耳偏に「云」って書いたりするけど、識や織には適用されないんだね。

43 : ◆errorJTjJ. :03/06/25 20:38
「漢字の写真字典」という自分が好きなサイトがあるのですが、
そこに「耳云(耺)」「耳ム」が紹介されてました。
ttp://homepage2.nifty.com/Gat_Tin/kanji/kouryak2.htm

44 :ますたーべーしょん:03/06/25 20:43
エロりんく
http://www.k-514.com/html/erolink.html

45 :名無氏物語:03/06/25 23:16
>>42
夛は略字ではなく異体字。

46 :名無氏物語:03/06/25 23:49
 質 → 貭  学 → 斈  鼠 → 鼡  船 → 舩
 事 → 亊  留 → 畄  卒 → 卆 走 → 赱

…とかも結構年配の人は使ってるよね。

47 : ◆errorJTjJ. :03/06/26 01:03
>>46
年配の先生で結構いらっしゃるのだが、生徒は「?」なのではないだろうか…

48 :名無氏物語:03/06/26 02:26
傘の略字で、中の「人」4つを書かない略字あるよね。
个に一を足した字。分かる?

49 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/06/26 12:25
>>46
質 → 貭はよく使います。これも年配の先生から感化されたものです。
生徒達も何となく判るのではないでしょうか?

>>48
傘の正字を書くケースのほうが少ないような・・。
田舎の商店街で見かける手書きのポップはまず「仐」。

50 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/06/26 12:26
ああ、やっぱり<ゆにこーど>は便利だ!

51 :名無氏物語:03/06/26 12:50
人気サイト
http://pocket.muvc.net/


52 :黒田 亘:03/06/26 17:50
>>46 「鼡」を「鼠」の略字として用いるには無理があるだろう。「臘」のつくりの略字として用いるべきだろう。また「卆」の方を常用漢字字体にしてほしい。

53 :名無氏物語:03/06/26 17:59
粹や醉が当用漢字に指定された時に粋・酔となったんだから卒も卆に
統一すべきだったよね。

佛や拂は仏・払となったのに何故に沸は「さんずい+厶」にならなかったのだろう。

「轟→軣」関連で、高校の時、定年間近の英語の先生が「協」を下の力2つを
軣や渋(澁)みたいにチョンチョンで書いてた。

54 : ◆errorJTjJ. :03/06/26 20:24
>>52
無理がある、とは?

55 :名無氏物語:03/06/26 23:56
「歴」を厂に止って書く略字ってあります?一般的ではない?

56 :名無氏物語:03/06/27 01:23
>>52

> また「卆」の方を常用漢字字体にしてほしい。

吉野家が「卆の日」とかって使いたがっているのか?

57 :ますたーべーしょん:03/06/27 06:11
“ヘ( ̄- ̄ )また〜りカモォーン♪
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

58 : ◆errorJTjJ. :03/06/27 07:59
>>55
自分は知りませんでしたが文字鏡にありました。
ttp://www.mojikyo.gr.jp/gif96/050/050691.gif
>>56
ワロタ

59 :名無氏物語:03/06/27 08:17
>>56
>「卆の日」
クソの日?

60 :黒田 亘:03/06/27 10:48
>>53 「さんずい+厶」は使われていなかったからだろう。だから、「佛」「拂」の方を常用漢字字体にしてほしい。そんなに難しくないし。

61 :名無氏物語:03/06/27 11:43
「月曜日」とかの「曜」を日偏に玉って書いたりするよね。
近くのクリーニング屋のシャッターにそう書いてある。

62 :名無氏物語:03/06/27 15:58
>>60
同じようなのに獨→独に対する濁→×があるね。
他にも龍→竜、襲→×

63 :名無氏物語:03/06/27 16:37
>常用漢字字体にしてほしい

そういうスレか、ここは?

64 :おすすめ:03/06/27 16:48
☆可愛い娘満載のHサイト☆(閲覧無料)
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

65 :テツ&まさ:03/06/27 18:36
あい〜ん

66 : ◆errorJTjJ. :03/07/05 01:11
興味深いサイトハケーン
異体字・俗字・譌字・略字が見れます。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~qm4h-iim/ktb_s01.htm

67 :_:03/07/05 02:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

68 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/07/05 02:54
>>66
こりゃ面白いですね。

69 :名無氏物語:03/07/05 03:04
赤瀬川原平みたいだ。ナイス

70 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/07/06 04:03
>>66エラーさん
ttp://www.asahi-net.or.jp/~qm4h-iim/x_okiba.jpg
これ見てたら魯迅の『孔乙己』で孔乙己から「茴香の茴って書けるかい?」
と聞かれた主人公が「知ってるよ!草冠に回来の回だろ!」と答えると
「んじゃ回という字は四通りの書き方があるのだが、おまえ書けるかい?」
ってーのを思い出しました。これにあるのはその一つですねー。

71 : ◆errorJTjJ. :03/07/06 11:35
>>70
「面」の下部のような「回」、兵庫県に
兵庫県三原郡三原町八木天野馬{面-(百-日)}(やぎあまのまわり)
という地名があるようです(確認:人文社平成13年版日本分県地図地名総覧)

# 4通りあるのか…3通りしか思い浮かばんかった(回・囘・{面-(百-日)}(見れる人は囬))

72 :山崎 渉:03/07/15 12:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

73 : ◆errorJTjJ. :03/07/23 19:47
ナンバープレートの「愛媛」って独特の略体だったんですねー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030723-01399670-jijp-dom.view-001

74 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/07/25 13:10
>>73
ほう。こりゃまた古風な書体で・・。いい造字感覚してる・・。

75 :名無氏物語:03/07/28 15:22
>>73
確か、「愛知」「愛媛」との視認性の問題で紛らわしさを解消するために
「愛媛」を独特な字体にしたらしいよ。

見本のナンバーが永久欠番の「42-49」を使ってるところがニクイね。
42(死に)49(轢く→しく)ってことで此の番号は欠番でつ。

76 ::03/07/28 15:37
エロサイトのサンプル
http://www.k-514.com/sample/sample.html

77 :名無氏物語:03/07/28 18:48
77ゲット!

78 :世直し一揆:03/09/03 11:01
<三井環氏独占激白>(11分27秒の動画ファイルです)
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_07_02/content.html

「検察は自分達のウラ金作りという犯罪を隠すために、ウソの答弁をしたり指定暴

力団や政治家の力を借りたりしているのです。いずれ、それが限界に達するときが

来るでしょう。検察当局が過去のウラ金作りを認め、国民にきちんと謝罪すれば、

最終的には評価が高まったと思います。それを首脳陣は判断ミスで徹底的に隠した。

真実を追及しなければならない検察としては一番やってはいけないことをしてしま

ったのです」元大阪高等検察庁公安部長の三井環氏はため息混じりで話し出した。

検事歴30年という検察幹部が現職のまま逮捕され、325日間も勾留されていたのだ。

それも検察の組織ぐるみの「ウラ金作り」を実名で告発する動きを見せたゆえの

“口封じ”だった。ようやく保釈されて3ヵ月、「思いもよらない“まさかの逮捕”

」に疲れは隠せないが、「検察の非道」とは闘い抜く覚悟も十分だった。

三井氏の口から飛び出す驚くべき証言の数々はぜひ動画でご確認いただきたい。



79 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/12 09:16
ttp://homepage2.nifty.com/Gat_Tin/kanji/kaindex.htm
「漢字の写真字典」面白いです。

80 : ◆errorJTjJ. :03/09/12 15:11
>>79
そこ面白いですよね。「神字」の項目が好きです。

81 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/12 20:32
>>80
ああ、エラーさんはやはり御存知であったか・・。
しっかし、あらためて文字鏡明朝(?)は不細工ですねぇ。

面白サイト他にあればご紹介ください!

82 : ◆errorJTjJ. :03/09/12 20:58
気になったので調べてみると

http://academy.2ch.net/kobun/kako/1017/10170/1017071575.html
ここの>>85-86。同じ感想を述べている自分。成長してない…

83 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/12 21:10
>>82
ああ、そこで紹介されていましたか・・。

>同じ感想を述べている自分。成長してない…

いえいえ、言は意を尽くさず。本当に好きなものに対するコメントは
「好きです」としか言いようのないものですよ!漢字は面白いですよね!
理屈抜きに!

84 : ◆errorJTjJ. :04/05/03 14:56
「麦」の縦画と「夂」の一画目を繋げた字を蕎麦屋で見かけた。文字鏡になし。

85 :名無氏物語:04/07/20 00:35
器の上部を央にしたりする

86 :冬のオイラ:05/02/24 01:55:12 ID:BTAKEdWK
中学のとき友達が「ねえ、新しい英単語作った」
と言って「ダッフンデァ(早口)」と英語チックに気取って発音した。
でもそう言われると早口で言うと英語っぽいかも
と思い二人で気取って「ダフンダ?」「OH.ダッフンダ」等と言い合っていたら
彼が「He dafunda me」と黒板に書き
「(彼は私のすぐそばにいます)」とその下に和訳を書いた。
なんでそんな意味なんだよ゙

87 :名無氏物語:05/02/28 15:38:01 ID:5/k4Wn8J


88 :名無氏物語:2005/06/09(木) 16:53:45 ID:7eWm725J
   

89 :名無氏物語:2005/06/09(木) 18:27:52 ID:ldQDWc2E
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageって何?
邪魔しているの?
まともなこと書き込めないの?
貴方にとって人の生き死には単なる玩具なの?
人の相談事を見て良いアドバイスしてやらないの?
たかが数字で遊ぶんじゃねーよ!良い年こきやがって…。


90 :名無氏物語:2005/06/09(木) 18:28:06 ID:ldQDWc2E
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageうざい
sageって何?
邪魔しているの?
まともなこと書き込めないの?
貴方にとって人の生き死には単なる玩具なの?
人の相談事を見て良いアドバイスしてやらないの?
たかが数字で遊ぶんじゃねーよ!良い年こきやがって…。


91 :ntsmne016097.smne.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp:2005/12/11(日) 17:09:59 ID:mSLaWWna
節穴さん

92 :名無氏物語:2005/12/11(日) 17:13:25 ID:hdOD81S2
         __ , -------- 、__
      , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
    /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
   / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ
   i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/
  .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/
     {      ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
     ヽ,    ^~^         (
     /  `丶 、     , -   /^l
     |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、
    {  / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,- '¨ }
    {/ /  ゙ー────'~   \|
    /               ヽ  \

93 :名無氏物語:2005/12/12(月) 16:45:35 ID:4tTMMrf8


94 :冬のオイラ、「勇俊:2005/12/12(月) 23:16:00 ID:SbI3srYw
自分の書き込みを自分で読んで、いまさら大爆笑

95 :名無氏物語:2006/01/02(月) 23:51:52 ID:wpQiZ75e
第は常用。点、前は準常用。門系は急いでる時。職とか権はすごく急いでる時。

96 :名無氏物語:2006/01/10(火) 23:04:54 ID:qeMBo0d5
>>3
「様」を速く書くと羊の上のソがuの傾けたような形になり、气の上部に似た形になる。
そして下は豕を速く書いた形。もっといくと「れ」や「九」をつなげたような形になる。
..ヶ
,了、  このような形。

97 :名無氏物語:2006/03/11(土) 06:04:35 ID:yIeINDG4
様の略字は称のつくりで書くことも

98 :名無氏物語:2006/06/15(木) 15:54:35 ID:6LJY+pdw
test

99 :名無氏物語:2006/06/16(金) 02:19:34 ID:SW+Ki5wD
99    

100 :名無氏物語:2006/06/16(金) 02:23:30 ID:sD3j0dvc
100 

101 :辻暢之:2006/07/22(土) 21:42:22 ID:9Vk/e/iZ
東邦

102 :名無氏物語:2006/10/13(金) 15:59:29 ID:rRaZvAb9
?(´・ω・`)    

103 :名無氏物語:2006/11/08(水) 14:08:50 ID:nPXZoRAq
(●`.ー´●)やっちありがとう                

104 :名無氏物語:2006/12/20(水) 18:50:26 ID:7NbU9TWb
?(´・ω・`)

105 :名無氏物語:2007/02/13(火) 17:48:29 ID:29azrQ/N
エーッ!(ё_ё)ノノ 

106 :名無氏物語:2007/02/14(水) 21:22:40 ID:4rHHpTPx
化学では濾過の濾を「さんずい+戸」と書く。
左翼が戦争を占戈争と書いているのを見たことがある。
(占戈は支那では簡体字として使われている)

107 :名無氏物語:2007/02/14(水) 23:33:29 ID:O64+s2vL
>>106
芦花公園みたいなもんか

108 :名無氏物語:2007/02/15(木) 04:31:16 ID:FKyNRITS
二松のage馬鹿用の餌

つ「煩悩」


109 :名無氏物語:2007/03/11(日) 00:32:44 ID:LwUWLKRL
日本史の時間に講師が傅役の傅をイ專と書いてたな

110 :名無氏物語:2007/04/09(月) 18:40:59 ID:00L9ySlW
\(^▽^)/ 

111 :名無氏物語:2007/04/09(月) 18:58:54 ID:g2pxMLkW
111 

112 :名無氏物語:2007/04/26(木) 00:25:48 ID:2pI5IEvS
http://c.pic.to/chvdo
これは何の略字?

113 :名無氏物語:2007/04/26(木) 03:48:58 ID:ZzMGtb6l


114 :名無氏物語:2007/06/05(火) 18:53:13 ID:hWqrx985
新潟の潟の字

シ写 

115 :名無氏物語:2007/07/16(月) 00:22:00 ID:nZAmHVvN

・西 →
─┬┬─
┌┼┼┐
└┴┴┘

・四 →
┌┬┬┐
└┴┴┘

・加藤 → 加ト

・州 → ┼┼┼


116 :名無氏物語:2007/07/16(月) 09:21:03 ID:yjmG39h7
ちょっと略字かどうか疑問なのもあるけど、やいのやいの、
州は┼┼┤と突き抜けないんじゃないかな、やいのやいの。
不思議と佐トとか近ドとか言わないね、やいのやいの。
カトちゃんとか加ト吉のせいかな、やいのやいの。

117 :名無氏物語:2007/07/17(火) 05:28:19 ID:PFocuQaY

┼┼│

もしかしたら、こうかもしれません!?


118 :名無氏物語:2007/07/17(火) 05:31:10 ID:PFocuQaY

加├

の方が、統一感があって良かったかも!?


119 :名無氏物語:2007/07/17(火) 09:59:05 ID:wIhd7THe
学生運動が華やかだったころ、大学構内の立て看板は略字だらけだった。
共産主義中国にあこがれて粋がっていたのだろう。

120 :名無氏物語:2007/07/17(火) 22:14:51 ID:jsXxnqSK
シ写≠潟

121 :名無氏物語:2007/08/08(水) 12:04:27 ID:xTYi/Tsf
斗っていう字が嫌

122 :名無氏物語:2007/10/09(火) 16:45:25 ID:Saq7qfiv
 おめでとうございます!〜ヾ(〃^∇^)ノ

││○━━━━━┓│││││┏━━━━━┓│││││┏━━━━━○││
││┃------■--┣━━━━━┫------●●┣━━━━━┫----■----┃││
││┃--■■■■┃-------■-┃-■■■■-┃---■-----┃■■■■■┃││
││┃----■■--┃--■-■---┃■■■■■┃---■-----┃■------■┃││
││┃---■-■--┃----■----┃----■----┃---■■■-┃-------■-┃││
││┃-■---■--┃■■--■--┃--■------┃---■-----┃---■■---┃││
│★○━━━━━┫----------┣━━━━━┫---■-----┣━━━━━○★│
★│││││││┗━━━━━┛│││││┗━━━━━┛│││││││★ 

123 :名無氏物語:2007/11/22(木) 21:52:36 ID:HejJSs3y
DON'T

124 :名無氏物語:2007/11/22(木) 21:54:16 ID:HejJSs3y



125 :名無氏物語:2007/11/22(木) 23:42:04 ID:HejJSs3y
MUSTN'T

126 :名無氏物語:2007/11/22(木) 23:58:30 ID:HejJSs3y
オメ

127 :名無氏物語:2007/11/23(金) 00:04:05 ID:HejJSs3y
田俊

128 :名無氏物語:2007/11/23(金) 00:05:58 ID:nvPL7kti
SHOULDN'T

129 :名無氏物語:2007/11/23(金) 00:07:03 ID:nvPL7kti
CAN'T

130 :名無氏物語:2007/11/23(金) 00:20:14 ID:nvPL7kti
couldn't

131 :名無氏物語:2007/11/23(金) 01:30:22 ID:nvPL7kti
ain't

132 :名無氏物語:2007/11/23(金) 01:32:19 ID:nvPL7kti
haven't

133 :名無氏物語:2007/11/23(金) 11:45:55 ID:nvPL7kti
aren't

134 :名無氏物語:2007/11/23(金) 15:23:26 ID:nvPL7kti
isn't

135 :名無氏物語:2007/11/23(金) 15:24:07 ID:nvPL7kti
hasn't

136 :名無氏物語:2007/11/23(金) 21:11:20 ID:nvPL7kti
hadn't

137 :名無氏物語:2007/11/24(土) 02:51:19 ID:VKhFmk7X
I've

138 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:51:54 ID:VKhFmk7X
you've

139 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:52:31 ID:VKhFmk7X
they've

140 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:53:19 ID:VKhFmk7X
he's

141 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:54:38 ID:VKhFmk7X
she's

142 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:55:18 ID:VKhFmk7X
it's

143 :恋=Do!:2007/11/24(土) 02:55:56 ID:VKhFmk7X
I'm

144 :名無氏物語:2007/11/24(土) 15:55:44 ID:AIhtdZix
どうしたの? 変態さん?

145 :名無氏物語:2007/11/25(日) 00:24:25 ID:4652YDG2
I'll

146 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:07:36 ID:rkFW6C4T
滑稽

147 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:09:05 ID:rkFW6C4T
掲示

148 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:10:24 ID:rkFW6C4T
意趣

149 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:11:38 ID:rkFW6C4T
雄飛

150 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:18:27 ID:rkFW6C4T
秘湯

151 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:19:28 ID:rkFW6C4T
有為

152 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:20:16 ID:rkFW6C4T
意図

153 :名無氏物語:2007/12/10(月) 01:31:33 ID:rkFW6C4T
特報

154 :名無氏物語:2007/12/11(火) 00:41:04 ID:E0KkSzvh
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

155 :名無氏物語:2007/12/11(火) 00:41:49 ID:E0KkSzvh
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

156 :名無氏物語:2007/12/12(水) 00:20:18 ID:KNFvCj5z
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

157 :名無氏物語:2007/12/13(木) 00:56:48 ID:IOuF4rD6
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

158 :名無氏物語:2007/12/14(金) 06:11:31 ID:t+85hEW/
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

159 :名無氏物語:2007/12/14(金) 06:12:44 ID:t+85hEW/
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

160 :名無氏物語:2007/12/14(金) 06:14:07 ID:t+85hEW/
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

161 :名無氏物語:2007/12/14(金) 06:15:53 ID:t+85hEW/
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

162 :名無氏物語:2007/12/21(金) 13:13:32 ID:R0Onf3eB
↑仏教系大学の推薦入試に落ちた馬鹿かい?

163 :名無氏物語:2007/12/22(土) 15:42:33 ID:RQz0fO8j


164 :名無氏物語:2008/01/21(月) 01:20:52 ID:FCg9KyT6
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

165 :名無氏物語:2008/01/22(火) 00:56:09 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

166 :名無氏物語:2008/01/22(火) 00:57:59 ID:UsIFTU+5


167 :名無氏物語:2008/01/22(火) 00:58:32 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

168 :名無氏物語:2008/01/22(火) 01:07:34 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

169 :名無氏物語:2008/01/22(火) 01:10:56 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

170 :名無氏物語:2008/01/22(火) 01:14:51 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: あ

171 :名無氏物語:2008/01/22(火) 01:15:39 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

172 :名無氏物語:2008/01/22(火) 01:20:48 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

173 :名無氏物語:2008/01/22(火) 11:49:55 ID:UsIFTU+5
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

174 :名無氏物語:2008/01/22(火) 14:26:32 ID:IHWlmRIk
二松馬鹿が発狂したのか?

175 :名無氏物語:2008/01/23(水) 01:07:21 ID:X2Nen1N/
I think that you're lying.
I think you're lying.
は異なる

176 :名無氏物語:2008/01/31(木) 02:52:18 ID:5kZ1Ajod
GOTTA

177 :名無氏物語:2008/01/31(木) 02:53:32 ID:5kZ1Ajod
KINDA

178 :名無氏物語:2008/03/27(木) 21:37:10 ID:J01xN5SF
>>1
a

179 :名無氏物語:2008/05/28(水) 19:05:21 ID:3KmIriw7
関連スレ。

新しい略字を作るスレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1211968532/

180 :名無氏物語:2008/05/29(木) 14:21:02 ID:utjL4rrf
三度目の還暦ですね・・・

181 :名無氏物語:2008/06/04(水) 20:21:11 ID:rXzChXKY
権→木又
漢→シ又
風→中を点のみ
国→中を点のみ



182 :名無氏物語:2008/07/25(金) 00:30:00 ID:7xYXdC8L
? 

183 :名無氏物語:2008/07/25(金) 01:00:35 ID:HEXNsKuh
           イ三三三三 \
         /イニニニニ\ヽ\ゝ_
       /イニニニニニ\\V/彡\、
       |三ニ>───、\V//彡\ヽヽ
       |三ニ|         ̄ \\ヽ|
       ハ三シ∠ミヽ,        \ミ l
      {!レ/  ミゝ.,_     ∠三ゝ |ミ l
       | レ  彡ヽ`'ゝ   f=・xミ;  |ミ/
       '┤      ノ  i `''     /}
       l  ーイ⌒(、  ':i      / /  サァン!
       |   《三ヲ`7≦     〃
       ト、   斤  ̄`''キ≧   /´
      <| 丶  ヽニ--ソ'"   /
     ノ| \ \    ̄   /\
    / l / ヽ、ヽミ _彡'´.〉  /\
__/   .ト、ヽ  i    |  /  |.  \_             

184 :名無氏物語:2009/04/17(金) 21:12:03 ID:CcZA++dH


185 :名無氏物語:2009/04/18(土) 18:17:06 ID:3OcpEPWU
贔屓の贔を略して貝の下に点四つで書くことがあるが
どうやら「難字大鑑」に用例があるらしい。

186 :名無氏物語:2009/10/15(木) 17:41:45 ID:J6jEyuHh
◀ ◁ ◂ ◃ ◄ ◅ ◆ ◇ ◈ ◉ ◊ ○ ◌ ◍ ◎ ●
◐ ◑ ◒ ◓ ◔ ◕ ◖ ◗ ◘ ◙ ◚ ◛ ◜ ◝ ◞ ◟
◠ ◡ ◢ ◣ ◤ ◥ ◦ ◧ ◨ ◩ ◪ ◫ ◬ ◭ ◮ ◯
☀ ☁ ☂ ☃ ☄ ★ ☆ ☇ ☈ ☉ ☊ ☋ ☌ ☍ ☎ ☏
☐ ☑ ☒ ☓ ☖ ☗ ☚ ☛ ☜ ☝ ❖ ❗ ❘ ❙ ☞ ☟
☠ ☡ ☢ ☣ ☤ ☥ ☦ ☧ ☨ ☩ ☪ ☫ ☬ ☭ ☮ ☯
☰ ☱ ☲ ☳ ☴ ☵ ☶ ☷ ☸ ☹ ☺ ☻ ☼ ☽ ☾ ☿
♀ ♁ ♂ ♃ ♄ ♅ ♆ ♇ ♈ ♉ ♊ ♋ ♌ ♍ ♎ ♏
♐ ♑ ♒ ♓ ♔ ♕ ♖ ♗ ♘ ♙ ♚ ♛ ♜ ♝ ♞ ♟
♠ ♡ ♢ ♣ ♤ ♥ ♦ ♧ ♨ ♩ ♪ ♫ ♬ ♭ ♮ ♯

187 :名無氏物語:2009/10/18(日) 17:45:07 ID:QMfoOrBs
発狂した二松馬鹿さん???

188 : ◆HG8NKHp4B2 :2010/05/19(水) 22:02:12 ID:MtBlvq7Q
test

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)