5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京都大学大学院法学研究科教授・毛利透

17 :法の下の名無し:2010/03/07(日) 19:15:25 ID:cGL0WC+Z
>>16

コミュニタリアンの一人であるマイケル・サンデルは、共和主義コミュニタリアニズムを採っていて、
彼においては共和主義(リパブリカニズム)はコミュニタリアニズムに包摂されるけど、
他のコミュニタリアンやリパブリカンは、あまりそのようには考えない。
だから、リパブリカニズムとコミュニタリアニズムは、一般には別次元の規範理論と捉えられている。

ハーバーマスやアーレントの議論は、政治参加が道徳的に優れている、とする共和主義に近いといえるだろう。
だけど、ハーバーマス・アーレントは、コミュニティが個人の道徳的・価値的母体として機能すべきである、
とは考えていないはずだ。
特にアーレントは、全体主義の悲惨な現実を目の当たりにしているから。
またアーレントは、「個人が」自己の卓越性を示すために政治参加するのが望ましいといっているのであって、
コミュニティの価値を重視しているわけではない。
ハーバーマスもアーレントも、根本的には個人主義だから、コミュニティを重視するコミュニタリアニズムとは
一線を画している。

そういうふうに考えると、リパブリカニズムをコミュニタリアニズムに、一般的に包摂させることは、
無理があるんじゃないかな。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)