5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

行政書士に民事不介入原則は存在するのか?

1 :法の下の名無し:2009/12/20(日) 07:08:11 ID:bHhT5WW4
警察でおなじみの民事不介入原則、
しかし、行政書士にも同様に民事不介入原則があるのかどうかは、様々な議論がある
有名な学説では、弁護士法72条の事件性必要説。
都立大名誉教授の兼子先生によれば、弁護士72条の法律事務とは法律事件のこと、
つまり法的紛争事件のことである。 弁護士の独占業務は、この法律事件だけであり、
それ以外の法律事務は誰でも出来るのである。

一方で平成9年に追加された、行政書士法第一条 目的条文
「この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、
行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、あわせて、国民の利便に資することを目的とする。」

行政書士制度の主目的を「行政」と定めている。「併せて」の文言は平成13年に
追加されたものだ。

この「併せて」という語の解釈によって、行政書士は民事に介入できるとする説も一方にあるのだが、
果たしてそうなのだろうか?

行政書士会や行政書士は「何が使命」なのか、1条の目的条文を厳格解釈して
1条の2の「権利義務又は事実証明に関する書類」は、濫用するのではなく、
1条の目的に沿って運用するべきとすれば、行政書士の民事不介入原則は行政書士法1条に
導き出せるのでは、ないだろうか?という意見も根強くあるわけだが、、、

行政書士擁護派も行書アンチも、行政書士の民事不介入について語ってくれ!

72 :レオナルド:2010/04/22(木) 13:28:18 ID:QowdiL4k
非弁は告発するべきだ、早く弁護士会とさしで話ができる日が来れば良いと思っている。
今の行政書士会はひどすぎる。
問題なのは弁護士の仕事をやっていることではない、肝心の行政法の知識が全くないことだ。
      ロン

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)