5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(・A・)むずかしい刑法(・A・)

1 :むずかしい刑法:2009/01/03(土) 19:18:07 ID:G3DRZISG
刑法でいちばん最初に出てくるむずかしい専門用語の「犯罪構成要件」。
これは、いちおう、3つの考え方があって、(条文では第二編以降で
第一編の定義は関係ない)

1つめはベーリングが定義した、
犯罪構成要件とは、犯罪を思い浮かばせる文言集のこと。
2つめはメツガーとかが定義した、
犯罪構成要件とは、犯罪の根拠(条文)のこと。
3つめは小野が定義した、
犯罪構成要件とは、犯罪があったと非難する根拠のこと。

というもの。

1つめは法律の解釈よりも社会学的な考察が多い。
2つめは法律の解釈の次に社会学的な考察で調整をする。
3つめは法律の解釈だけにして、事件は判例から考察する。

1つめは社会学。
2つめは法解釈学と社会学。
3つめは法解釈学。

例えば、故意や教唆について具体的なものを照合する場合には、
社会学的な考察がないと未知の場合は対処が困難。また、法解釈
な考察がないと前例との対比が困難。

むずかしい刑法


2 :法の下の名無し:2009/01/03(土) 21:54:05 ID:hTW3s5ZK
このスレッドは天才チンパンジー「アイちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

アイと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                         霊長類研究所

3 :むずかしい刑法:2009/01/04(日) 08:56:14 ID:60lWVQmz
むずかしい専門用語2「罪刑法定主義」

1つめは、違法・責任と段階を経て最後に至まで断定をしないことで罪刑法定主義を守ろうとする。その
ために、行為の社会的意義を慎重に検討する。
3つめは、裸の行為論に象徴されるように、条文を越えた検討を排除することで罪刑法定主義を守ろうと
する。
2つめは、1つめと2つめの検討で罪刑法定主義を守ろうとする。この立場は、法益侵害の範囲のとらえ
方にもいくつかの立場がある。その中で中庸的なのは、社会性の侵害を肯定するもので、物質的でない法
益が情動へ赴かないように歯止めをかける。

なお、1〜3いずれの刑法の教科書にも法益の民事刑事という二面性について注意を促していないものが
あるので注意すること。ここからも罪刑法定主義の側面をみることが出来る。

★このスレは良識的であれば、どなたがどのように書き込みしても構いません。★


4 :むずかしい刑法:2009/01/04(日) 16:23:51 ID:7hSgAyqC
ところで、論理的なものの見方考え方を培うには「論理学」がよいと聞くことがあるが、法学だ
けでもよいのではないだろうか。一見して分からない論理整合性を検証していくことよりも「論
理回路」のように視覚的に分かりやすいもののほうがともすると参考になるだろう。文学板へ行
くので後は誰かよろしく。


5 :かんたんな刑法:2009/01/04(日) 18:40:11 ID:51t+i7J9
法学者のかっこいい名前率とメガネ率はマジぱねぇぜ☆!!
 
ヒャッハー☆!!

6 :法の下の名無し:2009/01/05(月) 13:55:01 ID:fXys9O1s
>>5
kwsk

7 :法の下の名無し:2009/01/12(月) 08:58:21 ID:/fOdHab6
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   細けぇ事はいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


8 :法の下の名無し:2009/01/12(月) 14:14:23 ID:QNG6QsV6
ベーリング海峡

9 :元むずかしい刑法:2009/01/13(火) 19:17:54 ID:diaraDs+
一般予防と特別予防
これらは単純な対概念として見てしまいがちだが、例えば、やや極端になるが、モデルガンについてみると
昭和40年代半ばくらいまでは金属製ブラックモデルでリアルなものが売られていたが、銃刀法改正で、ブ
ラックモデルは製造・販売・所持が不可となりリアルとは程遠い金属性でもゴールドモデルで銃口が塞がれ
たものに変わった。法改正を境にして一般人の行動範囲が変わってしまった。つまり、特別予防については
量的範囲は変わらないが、一般予防については詳則で量的範囲は狭くなっていく。行動範囲の自由や販売な
ど他の法領域の検討にも係ることで、今後の専門家の研究を待つしかない。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)