5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おい。弁護士(法曹)の馬鹿共。

1 :十二使鳥:2008/07/26(土) 08:31:33 ID:RrzT07FS
いったいおまいらは何やってんだ!

堀江被告は完璧な無罪じゃないか。
この事件は単なる一事件ではなく、司法の終わりといってもいいものだ。
これはおかしいと思って思っている法関係者もいるはず。
さっさと決起せよ!

2 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 12:00:02 ID:dNWRSus4
有罪だろ。



3 :十二使鳥:2008/07/26(土) 22:48:46 ID:RrzT07FS
>>2
ノータリンは黙ってろ。
脳の足りない奴は、意見を述べず、目立たず
それがノータリンの生きる術だ。

4 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 23:51:58 ID:dNWRSus4
別に有罪派でも無罪派でも良いが、ずいぶんと下品な表現をする輩がいるね。
そもそも、事件記録を見ているわけでもないのに、安易に心証を述べるような法律家がいるとでも思っているのかね?




5 :十二使鳥:2008/07/27(日) 00:25:33 ID:R1dOOKz1
>>4
この事件。事件記録を見る必要があるのかね?

似たような事件で村上がインサイダー取引で捕まったが
この場合のインサイダーは日本放送の関係者がインサイダーに
当たるわけだが村上はアウトサイダーだろ。
これも事件記録など見る必要はない。論外だ。
>>3でノータリンは黙ってろいたはずだが、、、
上品なノータリンさん。

6 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 00:28:02 ID:F19yDvHN
>>5
なるほど、議論に値しない方だということがわかりました。

7 :十二使鳥:2008/07/27(日) 01:13:40 ID:R1dOOKz1
>>6
議論ばっかしてるようじゃいつまでたってもノータリンだな。
議論の余地がないことを言えるようにならないとな。
この忠告はサービスじゃ。

8 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 02:59:45 ID:9UB2UGCz
内部者取引の主体はかなり拡張されてるから
条文読んでみな

9 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 03:44:22 ID:F19yDvHN
>>8

問題は、>>5の発言内容からして、インサイダー規制の条文の要件すら理解していない可能性があることだ。

民主的手続で選任された国民の代表者が定めた法規制のインサイダーの定義内容すら把握していないで、
自分の語感だけで感想を述べているにすぎないことが明白。

ひょっとして、条文中に、「インサイダー」という用語があると思っているのではないか。>>5


10 :十二使鳥:2008/07/27(日) 14:02:15 ID:R1dOOKz1
>>8
>内部者取引の主体はかなり拡張されてるから条文読んでみな
読む気は無い。
>>9
>問題は、>>5の発言内容からして、インサイダー規制の条文の要件すら理解していない可能性があることだ。
ご名答。条文なんか読んだことないからその内容を理解してるわけが無い。

が、察しはつく。企業の内部関係者は、発明、決算の良し悪し等、株価を
左右する内部情報を一般株主よりいち早く知ることが出来る。よって内部
関係者はその情報元に株を買ったり、売ったりして、儲けたり、被害を最小限
にくいとめたりすることが可能となる。すると一般株主は「おまえ達ばっか
ズルイ〜!」僻みはじめる。「そんな僻んでばかりいないで・・・」と、この僻み
をなくすべく一斉に内部情報は公開しましょう。としたのがしたのがインサイダー
糞法。といったところだろうな。

11 :十二使鳥:2008/07/27(日) 14:06:10 ID:R1dOOKz1
>>8は「内部者取引の主体はかなり拡張されてるから」といっているが
内部情報は、その企業関係者ばかりでなく、証券会社、新聞記者なども
いち早く知ることが出来るので、それらまでに拡張している ということだと
思うが・・・・・いや、話の流れからすると、株買占めの外部情報も公開しよう
ということまで拡大しているということだろうな。村上もインサイダーに当たる
とでも言いたいようだからな。そう言えば当時TOBだとかわけのわからない
ことニュースで言っていたっけ。
つまり、どこまでもインサイダー糞法は拡大して今や「儲け話は公開しよう」と
いう法律になっている。ってことか。僻む奴らは多いからしょうがないかもな。

ところで、おまいらは条文を読まなければ理解できないのか?
不憫だな。ノータリンは。

12 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 21:45:36 ID:F19yDvHN
条文すら読めないのか。

確かに、法律は法学部、医学部、工学部、理学部、経済学部卒業程度でないと、読むのは難しいかもしれんな。

文学部の哲学あたりなんて、同世代の最低偏差値集団だからな。
哲学君は、高校生あたりから勉強を真剣にやり直さないと、社会から排除されたままになってしまうぞ。


13 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 22:16:23 ID:F19yDvHN
条文は、選挙という民主的過程で選任された議員から構成される両議院で決められているんだが。
かかる民意が結実している条文を見ることは、民主主義国家では当然のことだ。

これを否定する輩は、非民主的な人間であり、そのような危険分子の言説など一顧だにする必要はない。



14 :十二使鳥:2008/07/28(月) 00:04:24 ID:qdl1SQJo
あれ?インサイダーの議論は終わりかな?

ま、いいか。
>>12学問板ではどちらかというと勉強をやり過ぎて社会に入れない
というようなレスが目立つのだが、、、
>>13民主主義絶対とでも言いたいのかな?視野の狭いことですな。
歴史の上ではチリなんか軍事政権になってうまくいった国もある。
ほのぼのとした王制の国もある。。。。
たぶん馬鹿な民衆のつくる民主主義国家って馬鹿国家となるんじゃ
やないかな。それでもおまいは民主主義は絶対と言いたいなわけだ。

久々の2ちゃんねるだが過疎る一方だな。。。レベルも落ちているみたいだし。。。
おまいらヤメテおけ。俺、十二使鳥は自称、最強コテ。
おまいらの敵う奴じゃない。

15 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 01:35:23 ID:FOOsZXkY
企業は、社会の信頼を裏切り、社会に悪影響をあたえてはならない
取締役は、自己や特定個人の利益のために、株主の財産を悪用してはならない

インサイダー取引が横行すれば、社会は企業を信頼できなくなるだろうし、
株主の期待も裏切ることになるだろうし、実質的にも横領罪や背任罪に近いとおもう
だから、インサイダー取引は取締まられているんじゃないのかな
収賄とか重婚とかと似て悪いことだっていう実感はわきにくそうだけど
一応、誰かにかなりの迷惑をかけるんじゃないの?
まあおれはインサイダーってなんなのかよくしらないんだけどね

16 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 19:45:14 ID:5j3WVrJP
条文も読まない(いや、読めないのか)ような奴が何いってもなぁ
リアル厨房でももっとマシな受け答えするぜ

17 :十二使鳥:2008/07/28(月) 23:42:33 ID:qdl1SQJo
>>15
俺はインサイダー取引は悪いとは思わんな。会社が傾き始めたら株を売るのは
当然だ。第三者が「あなたは、この会社の関係者なんだから会社が傾いたら
あなたも金をドブに捨てなさい」なんて言う方がおかしいのでは?
情報を知るのに差があるのはいた仕方がないことである。

もちろん、これを良し。とすれば一般投資家の株への熱も下がるかもしれない。
「どうせ損するのは俺たちばっか」と、
すると株式市場は冷え込むわけだ。それは大変だと思う輩もいるわけだが、
このことは決して悪いことではない。所詮、株なんてものはギャンブルなのである。
そんなもの無くなったほうがいいのだ。
しかし、ギャンブルの元締めである国は黙っていない。ギャンブルで勝った金は
税金として納めることになっているので、これではとんだ減収である。
よって国はインサイダー取引は悪いことだということにしたのである。

18 :十二使鳥:2008/07/28(月) 23:45:36 ID:qdl1SQJo
>>15
善と悪というのはあってないようなもので、見方を変えれば、時代が変われば
国が変われば、コロコロ変わるものである。15が悪いとするのはこの国の法を
含め、もろもろの影響によるものだろう。

>誰かにかなりの迷惑をかけるんじゃないの?
としているが、俺も旅に出るとき親に
「人の迷惑にならないようにしなさいよ」
と言われたことがある。俺は
「そんなこと知るか!世の中、迷惑をかけるつもりが無くても迷惑がる奴
がいる。同じことをして迷惑がる人と迷惑がわらない人がいる。人間生き
ていれば多かれ少なかれ人に迷惑を掛けるものだ」と、答えたものだ。

19 :十二使鳥:2008/07/29(火) 23:21:13 ID:kIdWZqv8
実際には>>17のようなことではなく、アメリカがやってるからうちもやりましょ。
ってところだろう。>>17のように考える頭は今の法律家達には持ち合わせていない
からな。。。早い話が馬鹿だから。
インサイダー。音の響きもいいし、。映画でもインサイダー取引を扱ったものも
あったりして、最先端のこれを知っていればかっちょいい。
この法律を作るに当たって、当時法律家達は熱弁でも揮っていただろう。
・・・馬鹿だから。

20 :法の下の名無し:2008/07/30(水) 01:19:59 ID:3FIOFwi2
条文すら読めない奴が、何を言っても説得力なし。


21 :法の下の名無し:2008/07/30(水) 16:08:34 ID:Q57FH9zG
>>17
せめて株式の意義くらいはちゃんと知っておいた方がいいと思う
神田の会社法でいいからみてみなよ

22 :十二使鳥:2008/07/31(木) 00:48:13 ID:bTYeJr+L
>>21
もともとは株式というのは企業が事業を拡大するさい、一般人から資金を
集めその見返りに、業績の伸びに従い配当をわたすというものだろうが、
特に日本の企業はこの配当が少ないと聞く。ライブドアにいたっては配当
ゼロだったみたいだし、、、
株式設立当初としては配当ゼロなんていうのは考えられないことだっただろう。
そんな株買うわけがない。しかしライブドア株は知ってのとおり買われたので
ある。株の意義は設立当初から変化したのだ。

その神田の会社法には株式の変化について詳しく書かれているのかね?
仮に書かれていたとしても俺は読まないな。もともと本はめったに読ま
ないからな俺は。

23 :十二使鳥:2008/07/31(木) 00:55:49 ID:bTYeJr+L
>>22
ちょっと文章へんだったな。
「俺は読書家じゃないぞー!(威張る)」って証拠だな。

24 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 01:01:09 ID:ljuRv4Ll
馬脚を現しているな。

25 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 04:19:01 ID:J8qixOPl
知識が足りないとかはどうでもいいが、対話の意思や可能性がカケラもないという点にはただ驚く。
どこをどうやったら>>1はそこまで自分を信用できるのか、それだけが気になる。

こんなこと聞くのはあれだけど、もしかしたら年齢は中学生くらい?



26 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 09:48:45 ID:0FHnhFZU
親切な俺が本を読ませてやろう。

「画期的な新製品を開発した会社の株価は暴落する。
この情報が市場に伝わる前に、取締役などが株式をこっそり安値で買付け大儲けする。
倒産などで値下りする前に取締役などがこっそり株式を売逃げて損失を回避する。
知らずに売ったり買ったりした投資家こそ好い面の皮だ。
証券の価格に重要な影響を及ぼす情報が公表される前に、
それを知りうる地位にある者がそれを利用して行うのがインサイダー取引である。
市場参加者が対等であることを真っ向から否定する行為であり、インチキ賭博に等しい。
市場に対する信頼を損なうこと甚だしい。
一部のインサイダー取引には刑罰が科される。」
龍田節『会社法大要』351頁(有斐閣、2007)

法律家の主張を盲目的に信じろというわけではないが、せめて言い訳くらいは聞くべき

27 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 11:33:18 ID:ljuRv4Ll
龍田さんは、相変わらずフランクな書き方で突っ走っていますな。


28 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 13:26:30 ID:0FHnhFZU
>>27
だがそこがいい

29 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 15:45:33 ID:2DIFrVzw
>>26
先生、画期的な新製品を作るとその会社の株が暴落するっておかしいと思います。

30 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 16:15:37 ID:0FHnhFZU
>>29
ちょwwwwwwwwwwwwww
「暴騰」ですwwwwwwwwwすまんwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

31 :十二使鳥:2008/08/01(金) 00:07:50 ID:Fg9YR1yg
>>25
>対話の意思や可能性がカケラもないという点にはただ驚く。
結構つきあってやってると思うけどなあ。
おまいらがもう少しマシな反論をしないから対話にならないだけじゃ
ないのか?
>>1はそこまで自分を信用できるのか、それだけが気になる。
それは人よりちょっとばかり真実が見えるからさ。真実は崩れない。
解りやすく言えば 
村上はインサイダーである。→崩れる。
村上はインサイダーではない。→崩れない。
ただし、裁判官は何ていうかは、知らないけどな。
・・・馬鹿だから。
>>26
わざわざご苦労さん。
でも、俺の話>>17の方が面白いと思う。対等だとか信頼だとか一般うけの
良い言葉を使ってるが、、、

32 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 00:15:26 ID:dqaim2Rk
また、条文の読めない奴かよ。


33 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 00:27:05 ID:eBPy0FzS
>>31
確かに馬鹿馬鹿しいという意味ではおまえの話のが面白いな!

34 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 00:40:52 ID:dqaim2Rk
馬鹿だしな。

35 :十二使鳥:2008/08/02(土) 00:15:15 ID:3RnGZLPo
ということで議論の結果、村上は無罪なわけだが、村上は裏切り行為をした
ようである。あまり詳しくは知らないが、ようするにライブドアと一緒に「日本放送
株を買い占めようぜ」と言っておきながら一人高値になったところで株を売りぬけた
ようだ。これは単純に裏切り行為であり、争いの種をまいたことになる。
まだこっちの方がインサイダーよりも裁判にはふさわしい。
記者会見で村上は自分の記者会見でもあるにも関わらず、必要以上に
堀江をもちあげ、弁護のようなことを言っていたのも、裏切ったことの後ろめたさ、
罪悪感。といったようなものがあったからだったのかもしれない。
ま、ともかく。しいていえばライブドアが被害者なくらいで、株価の上下動により、
損をこうむった人もいるだろうが、被害者らしい被害者もいなくて犯罪者なんて
インサイダーの件を抜きにしてもおかしな裁判だ。

36 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 00:28:57 ID:WgR55Bkb
日本語くらい普通に書けよ。


37 :十二使鳥:2008/08/03(日) 00:35:05 ID:TC35PDug
さて、村上はこの辺にして堀江である。
条文ではどうなっているか知らないが、【粉飾決算】を検索すると

粉飾決算とは、企業の経営成績や財政状態を事実と変えて表示する
ことを目的として、会計処理(決算処理)を意図的に操作すること。
粉飾決算は、主として金融機関や投資家向けに事実よりも良好な状態と
誤認させるものが多いところですが、節税を目的として事実よりも悪い状
態と誤認させるものもある。このような粉飾決算を区別して、逆粉飾と
特に呼ぶこともある。
となっている。よって堀江は粉飾決算をしていないので無罪である。

38 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 21:10:48 ID:2cfxY/QZ
半端ねえな

39 :十二使鳥:2008/08/04(月) 01:45:43 ID:Tx09kYUl
>>39
半端だよ。>>37の説明ではライブドア事件の説明は不十分である。
よってもう少し説明を加えることにする。
粉飾決算の大きな特徴は実際の数字と異なることである。
つまり35億の株売買利益を、50億、10億としたら粉飾なのだ。
おかあちゃんにパチンコで3万円負けたのに「今日は3万円勝ったよ」
と言えば粉飾なのである。実際の数字を出すと都合が悪くなることもある。
これは企業とて同様である。
尚、実際はパチンコで3万円勝ったのに「今日は3万円負けちゃったから
こずかいちょうだい」と、こずかいをせしめる事を逆粉飾という。
それから>>37に[会計処理(決算処理)を意図的に操作すること]
となっているが企業の出す数字は膨大なもので、中には計算ミス、勘違い
により、数字が実際の数字と異なることがあるが、これは粉飾ではない。
あくまでも意図的な操作であることが粉飾となるのである。意図というのは
曖昧なもので、このあたりは本来裁判の争点となってもおかしくない点であ
るが、検察の言いなりの今の裁判ではあまり問われることはないかもしれない。

40 :十二使鳥:2008/08/04(月) 01:49:15 ID:Tx09kYUl
ライブドアは35億(過程。正確な数字は知らない)株売買利益を35億として
いて、数字には食い違いがなく粉飾ではないのだが、話はもっとややっこしく
なっている。
検察の言い分はどうも「経営利益が赤字なのに、株売買利益を経営利益に
計上し、黒字にするのは粉飾だ」というもののようである。
確かに検察の言うように数字は違うのだがこの場合は粉飾ではない。
何も金なんて仕事で得るばっかじゃない。パチンコで大勝。10万円ゲット。
さてこの金どうするか?家族でうまいものでも食いにいくか、それともこの
金を注ぎ込んで今度は競馬で当てるか、いや、やはり手堅く貯金でも・・・・
検察の主張は「経営利益以外の株売買利益は資本として計上しなさい」と
いうもののようだが、大きなお世話である。「パチンコ勝った金は貯金しなさい」
と言っているようなものである。
90歩譲って検察の言うようにやってみよう。経営利益が赤字なんだから
赤字のまま資本を増やす。。。。。。およそ赤字の会社がすることではない。
真に赤字の会社は資本なんてそうそう増やせないだろ?

41 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 01:49:40 ID:gLfxgyLP
>> こずかいちょうだい」と、こずかいをせしめる

→小遣い(こづかい)

哲学科くんは、現代国語の点数が残念な結果に終わっていそうだな。
だから、憧れの法学部の方々と交流したくて、ここに来ているのだね。

わかります。



42 ::2008/08/04(月) 03:54:44 ID:dPjjGmi+
そうとう哲学にコンプレックスがあるようですね♪

43 :十二使鳥:2008/08/05(火) 01:12:59 ID:O2QsHGWy
>>40のつづき
当たり前のことだが経営利益のみで企業の赤字、黒字が決まる訳では
ない。ある意味ライブドアは経営利益が赤字でも全体では黒字の優良企業
だったのである。
さて、繰り返すが>>39では[粉飾決算の大きな特徴は実際の数字と異なる
ことである。]としたが検察の主張する数字の異なりは粉飾決済にはならない。
なぜか?もう解った奴もいることだろうが、、、
検察の主張するのは株売買で儲けた金をどこに割り振るかというもので、
一企業の内部の金の流れの話なのである。しかし、粉飾決済は外部との
金の流れについてしか適用できないのである。
なぜならば内部ではその企業の利益はプラスマイナス、ゼロ。となるからだ。
よってライブドアは粉飾をしていない。
・・・のだが、額も額だし、透明性を持たせる意味でもそれなりの記述をしなけ
れば法に触れずとも、信頼を失うことは言うまでもないことである。
決算報告は外部も見るものだからな。

44 :法の下の名無し:2008/08/05(火) 13:20:28 ID:lTeYdMYM
>> 粉飾決済にはならない。
>> 粉飾決済は外部との

→ 粉飾決算

哲学科くんは、現代国語の点数が残念な結果に終わっていそうだな。
だから、憧れの法学部の方々と交流したくて、ここに来ているのだね。

わかります。


45 :法の下の名無し:2008/08/05(火) 19:41:51 ID:pHtBh+kU
>>1のやってるのを語学に置き換えるなら、テキストも読まなきゃ辞書も引かない、
リスニングだってろくにしたこともない状況で、外国語の翻訳をやろうとしてるようなもんだな。

これはすごいことだ。

46 :法の下の名無し:2008/08/05(火) 22:23:13 ID:YoBQQflj
>>1なりのファンタジーということですね
「もしインサイダー規制がこういうものだったら」というのがテーマ
それにしてもおもしろくないなぁ

47 :十二使鳥:2008/08/06(水) 00:18:41 ID:DiStmXZW
▲▲▲ 整数と分数 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 速度というのは時間や長さ重さといったものと比べると人的要素の強い
量といえます。計算をしなければ値がでなかったり、ものさしとスピードガン
とを比べても分かると思います。
 さて、光速(熱速)ですが。【実は光速には速度はありません】
   光速=無
   音波=振動
   水波=上下動
 上記を見れば分かると思いますが波(光も波とされている)には速度の
値に相当する空間位置の移動というものが無いのです。例えば音速が
秒速350mとすると、何が秒速350mもの速さで移動するのか考えてみれ
ばわかると思います。音を伝えるのは空気ですが、空気が秒速350mで
移動してるのではないのです。ましてや光となると、媒体するものすら無
いのですから速度の概念がまったく当てはまらないのです。

48 :十二使鳥:2008/08/06(水) 00:20:51 ID:DiStmXZW
次に【光速というものには相対性がありません】光速=約30万q/sという
値ですが、これは分数のプロセスを持った部分的な値なのです。値という
ものは一点(個体)基準の整数と、全体(気)基準の分数があるのですが、
光速の場合は全体基準の値より成り立っているのです。
 光(熱)は水面にできる波紋と似たようなものです。波紋というものは全
体に広がります。一昔前、地球の裏側のチリで起きた津波が日本にきた
こともあります。TVで糸電話はどこまできこえるのか?という疑問に答え
るべく実験をやったのを見ましたが、それに対し専門家は「せいぜい2、30
m位だろう」と答えましたが確か7/800までいって糸が切れこれが記録と
なりました。気の遠くなるような何万光年という所からでも光は届くのです
が、もともと伝達というものは全体に広がるものなのです。光の速さを測
る実験ではよくもこんな方法を考えたものだと関心しましたが、この実験
ではレーザーが使われています。一見、レーザーは集中的なもので全体
とは無縁に感じますが、垂直方向からも線状に見えます。しかしその見え
ること自体が垂直方向への広がりをも示しているのです。

49 :十二使鳥:2008/08/06(水) 00:23:14 ID:DiStmXZW
変化(光)ははるか遠くの物にも変化(光)をもたらします。さて光速=約30万
q/sという値ですが、これは全体に広がる伝達時間(分母の数値は不確
定)を1秒で区切ったというもので、簡単にいってしまえば先程も述べまし
たが全体基準の分数です。速度も分数の数式で表せますが、その値は一
点(0)基準の整数になります。時間は時間で等分できても、距離は時間で
は等分できないのです。一個のリンゴは5秒という単位で区切ることはでき
ません。
 速度(整数)でしたら確かに相対性はありますが分数には相対性はありま
せん。しいていえば分数の性質は一定(等分)です。ものさしの目盛りが一
定でなかったら困ります。
 相対性理論というのは光速を速度だとし、一定の値を示す光速に対し、
速度は相対的であるはずだとして理論を展開していったものなのです。
つまり観測結果(一定)を捻じ曲げ、空間を捻じ曲げ、帳尻を合わせたもの
といえます。
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

50 :十二使鳥:2008/08/06(水) 00:26:18 ID:DiStmXZW
>>45
俺はろくすっぽ相対性理論を知らないのに相対性理論を破壊した。
俗にいう哲学も知らない。ソクラテスだとかプラトンだとかデカルトだとかは
名前を知ってる程度。
>>14で、[俺、十二使鳥は自称、最強コテ。]としたがこれは謙遜である。
こと、理論物理に関しては紛れもなく人類史上最強だ。

51 :法の下の名無し:2008/08/06(水) 01:42:16 ID:svYv/dMg
”光速というものには相対性がありません” に一致する日本語のページ 約 349 件中 1 - 10 件目 (0.33 秒)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=
Z14&q=%E2%80%9D%E5%85%89%E9%80%9F%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AB%E
3%81%AF%E7%9B%B8%E5%AF%BE%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%
E2%80%9D&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja



52 :法の下の名無し:2008/08/06(水) 23:35:49 ID:+hwTbpHG
さすがに45以降の1は偽者だろう。
そうでないといたたまれない

53 :十二使鳥:2008/08/07(木) 02:20:34 ID:Zv5wlqvq
    老子  第47章
 戸口から一歩も出なくても世の中のことはわかり
 窓から外をのぞかなくても天体の運行はわかる。
★遠くへ出かければ出かけるほど真の知識は増々少なくなる。
 だから[道の体得者たる]聖人は
 出歩かなくても真実を知り、何も見なくても名前がつけられ
 ことさらなしわざをしなくても万事を成し遂げるのだ。
      ★末梢的な現象を追求し、知識を拡大すればするほど、本質的
        なもの[道]の理解から遠ざかる結果を招くとの意
     第48章
 学問を修めると日に日に知識が増し、
 無為の道を修めると日に日に知識が減ってくる。
 知識を減らしに減らしてゆくと、その結果無為の境地に到達する。
 〔そうなれば〕無為でありながらすべてのことを為しとげてゆけるのだ。
 ーーー略ーーー

54 :十二使鳥:2008/08/07(木) 02:25:03 ID:Zv5wlqvq
>>52
いたたまれないを検索すると
(連語)
精神的な圧力を受けてその場にそれ以上とどまっていられない。
「恥ずかしくて―ない気持ちだ」

俺はめったに現れない>>53の部類だ。
だから>>14で[おまいらヤメテおけ。俺、十二使鳥は自称、最強コテ。
おまいらの敵う奴じゃない。]と忠告してあげたのだ。


55 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 02:39:11 ID:D+mlkzrD
法学と関係ないこと書き込むなよ。
アクセス禁止措置とるよ。

法的措置を自力で取る奴も出てくるかもしれん。
お前、もう危険水域にいるぞ。


56 :十二使鳥:2008/08/07(木) 02:56:42 ID:Zv5wlqvq
>>55
アクセス禁止措置とるよ。
法的措置を自力で取る奴も出てくるかもしれん。

どちらも歓迎する。( ̄ー ̄)ニヤリッ

57 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 16:20:43 ID:HVp4IBGr
あーあ、つまらない方向に壊れちゃったね。

58 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 17:34:31 ID:gTXOOMgS
最初から大して面白くなかったけどな。

59 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 22:30:45 ID:/DCZwSgt
この本読んだ人いますか。中々重厚な語り口で、司法関係者全員に強制的に買わせる価値が
ある、名著だとにらんでいます。当方、職業高校機械科卒のサラリーマンです。ご感想を?>識者の方

 二年位前に裁判員制度の「制度設計」に参加したという最高裁の刑事裁判官が書いた一
般国民向けの啓蒙書(日本評論社?)を読んでみたが、実務一辺倒の内容で、なぜ制度の
見直しが必要になってきたのかという「そもそも論」が出てこないのだ。「二度と冤罪は
生まない」「精密司法とは決別する」とは書いてあるけど。
 この本の中では戦前の自由民権運動が唱えたスローガンである「普通選挙の実施・陪審
裁判の制定」の紹介は一行も出てこない。原敬内閣が積極的に進めた陪審裁判が、その後
の国際情勢の下で、国家統治の邪魔になり「軍国日本」へと崩れて行った紹介も出てこな
い。
 自分としてはこの裁判官に、もっと情熱的な語り口を期待していたのだが、期待はずれ
に終わった。とはいえ、偶然だが今日は書店で貴重な本を見つけてきた。(司法制度審議
会第43回配布資料でもあるらしい)
 ◆「政治制度としての陪審制--近代日本の司法権と政治」
http://www.utp.or.jp/bd/978-4-13-030125-1.html (東大出版会)
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/index.html (司法制度改革審議会)
#まだ、一頁も読んでないけど、裁判員制度とは優れた戦略思想そのもの。民主主義国家
を作っていく上で、普通選挙権と並ぶ優れた思想だと感じる。国民が統治客体意識に佇ん
でいたら、民主主義国家は前には進まない。国民に本気で、自分たちの社会を考えて貰う
ための触媒の役割を果たすと思う。仏作って魂入れず、じゃ、日本はダメになる。

60 :法の下の名無し:2008/08/10(日) 00:30:47 ID:YDc5A1ed
人権派元弁護士、8月初公判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080725-00000072-san-int

 北京五輪に伴う強制立ち退きに反対するなど人権派の女性元弁護士として欧米でも知られる倪玉蘭さん(48)の
初公判が8月4日に開かれることが関係者の話でわかった。代理人を務める胡嘯弁護士は、倪さんの逮捕が違法行為
だとして公安省などに告発状を提出している。松葉づえなしでは歩けない倪さんは4月に自宅の強制立ち退きに来た
作業員を殴打したとして公務執行妨害の罪で逮捕された。一時拘束された夫の董継勤氏(56)は「殴られたのは
われわれだ」と反論している。倪さんは2002年春、五輪開発に伴う強制立ち退き現場で撮影中に拘束され、
「派出所で警官に長時間暴行され、足が不自由となった」(同氏)。弁護士資格も奪われた。(北京 野口東秀)

【関連記事】
・著名人権活動家、国家政権転覆扇動罪確定
・人権派元女性弁護士を拘束 五輪を前に封じ込め?
・新・旧直訴村に威嚇「家を壊す」 全人代前に激しい摘発
・天津の市民活動家を労働教育処分 胡佳氏の釈放要求で
・特集「北京五輪」

61 :法の下の名無し:2008/08/11(月) 22:09:54 ID:1L3dFxKW
【赤旗】米兵犯罪 裁判権の放棄指示 日米密約裏付け 法務省が53年に通達
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-05/2008080501_01_0.html
米兵が「公務外」で起こした犯罪について法務省が一九五三年、日本側にある
一次裁判権の大部分を放棄するよう指示した通達を出していたことが一九七二
年に作成された同省のマル秘資料から分かりました。当時、日本側の一次裁判
権放棄に関する日米間の密約が結ばれていたことは米政府の解禁文書ですでに
明らかになっていましたが、これを具体的に裏付ける日本側文書が見つかった
のは初めてです。


【赤旗】米兵裁判での法務省通達 主権放棄の重大な内容 現在も有効か 実態明かせ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-06/2008080602_04_0.html
 米兵が「公務外」で起こした犯罪の処理について、法務省刑事局が一九
五三年、“実質的に重要であると認める事件にのみ一次裁判権を行使する”
との通達を、全国の検事長、検事正あてに出していたことが判明しました。
(五日付既報)
 米兵の「公務外」での犯罪すべてに対し日本側が優先的に裁判を行う権利
(一次裁判権)を持っているにもかかわらず、“実質的に重要であると認める
事件”以外はそれを手放すという、主権放棄の重大な内容です。


【赤旗】国会図書館の法務省資料 政府圧力で閲覧禁止 米兵犯罪への特権収録
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-11/2008081101_01_0.html
日本に駐留する米兵の犯罪に関する日米間の密約を裏付ける法務省資料が、
これまで国立国会図書館で閲覧可能でしたが、政府の圧力で六月下旬から
閲覧禁止になったことが十日までに明らかになりました。

 利用禁止になったのは、一九七二年三月に法務省刑事局が作成した「合衆国
軍隊構成員等に対する刑事裁判権関係実務資料」です。

62 :法の下の名無し:2008/08/11(月) 23:17:34 ID:Q9DKoLYn

『行政書士』は弁護士と並ぶ法律専門家の国家資格であり、個人・企業を問わず、あなたの身近な法律家としてサポートできる経営と法律のプロフェッショナルです。
http://www.H-cosmos.net/gyouseishosi/hukuchi.html

法律書類作成のスペシャリスト
権利義務・事実証明に関する書類(遺産分割協議書・各種契約書等)の作成は行政書士の業務です。
行政書士には法律により「契約書の作成代理権」が付与されており、あなたに代わって契約締結を代理することもできます。

許認可申請のプロフェッショナル
建設業を開業したい、会社を設立したい、農地に住宅を建てたい等、それぞれ法律により各種の規制を受けています。
書類をどう揃え、どこの役所・窓口へ提出したらよいのか、お困りになったことはありませんか?
行政書士はあなたに代わって、許認可申請書類の作成・相談から提出代理まで、すべてお引き受けいたします。

行政書士は国家資格の法律家です
行政書士の仕事をするには「国家資格」が必要です。
行政書士資格の無い者が行政書士の業務を行うことは法律で禁じられています。

函●民事行政研究所
ttp://www.H-cosmos.net/hakodateminji.html

人間が抱える諸問題に一番関われる資格が,行政書士であるとも思っています。
行政書士の業務に関して,将来的には司法改革制度に伴い法改正が望まれるため、業務も拡大しつつあるし、また、世に埋もれている仕事はかなりの数があります。
たとえば、弁護士に相談するには敷居が高すぎるし,どこに相談していいか分からない人がたくさんいるのです。
行政書士はその人たちの相談窓口なのです。なぜなら、横の繋がり,つまり,他士業の中心に行政書士の業務があるからです。
ttp://www.H-cosmos.net/gyouseishosi/funaki.html




32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)