5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

法務学は学問でないので、

1 :法の下の名無し:2008/07/11(金) 04:07:57 ID:hvIbokHH
板自体の削除を希望しまつw

文系学問の最底辺の経済以下w

2 :法の下の名無し:2008/07/11(金) 04:09:44 ID:hvIbokHH
法務博士(爆笑)ーー法務の務は事務の務ーーま、事務員のいっしゅですわなw
文学博士(←かこいい)

3 :法の下の名無し:2008/07/11(金) 06:20:00 ID:j3cpP41k
以下、削除要請中なので書き込みはしないでください。

4 :法の下の名無し:2008/07/12(土) 00:51:42 ID:whE5s/VU
そもそもこのすれが削除される前に
この板がさくじょされるべきだっていうすれですひょw

法学ー>実際は法務学が
何か新しい真理を見出したことはこれまでもありませんし、
これからもありえませんw

以上

よって、この板のお花畑板への移動を申請しますw


5 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 01:58:13 ID:4ucsH7WG
板ごとお花畑いたにいどーまだーw

6 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 06:45:02 ID:4ucsH7WG
文系史上最底辺学問もどき=法学w

7 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 06:46:13 ID:4ucsH7WG
法学が学問ではないことの証拠、
そして法学とかいってるばかの痛い勘違いを挙げていきましょうw


8 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 06:51:06 ID:4ucsH7WG
ドイツの法学者(ま、学者じゃないんだけどね)キルヒマンは
法学なんて学問じゃないといっています。
そしてこれが事実です。

9 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 09:06:17 ID:wF8JGR0d
俺も前から思ってた
法学は学問でないと

10 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 13:49:48 ID:SqtCmn36
俺も中卒だけど以前から法学は学問じゃないと思ってた。


11 :法の下の名無し:2008/07/13(日) 14:24:45 ID:YiscWhhE
                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /   またまたご冗談を
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ  
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、   


12 :法の下の名無し:2008/07/14(月) 08:55:43 ID:j39jUndh
おれも法学部そつだけど学問じゃないと悟った

13 :法の下の名無し:2008/07/14(月) 16:37:48 ID:VgQT/KIx
法学徒は言葉だけカッコつけておれ頭いいだろと思わせたがるやつ大杉
この板見ても分かるわな

14 :法の下の名無し:2008/07/15(火) 23:54:46 ID:GCjkM59F
オレもマジでそう思う。
瑕疵(読めないからコピペした)とかなめてんのかって思うよな、
オレたち中卒に読めないかん字使ってカッコつけんなよwwwwwww


15 :法の下の名無し:2008/07/16(水) 06:23:43 ID:q+URRXZz
法学は言葉だけ、屁理屈だけの学問だな。

16 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 13:45:58 ID:ca3oEB5S
法学は理論体系ではないといいたいのかい

17 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 15:58:00 ID:ZP0V0Gip
理論体系があっても最後は御都合主義屁理屈の判例に屈するw

18 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 18:22:36 ID:ca3oEB5S
科学的な論理性を備えない理論を屁理屈だと言うのなら、法学は屁理屈だらけの学問になるね
そもそも法学は、科学的な論理性で語りえない、真偽不明のところを多く問題にしているのだから
科学的な論理性など備えられるわけがない。
上の理屈でいうなら、人を殺してはならないという規範も屁理屈になるんだろうな

19 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 22:19:45 ID:FRBAv9yJ
世の中がご都合主義なら
どういった理屈で権力のあるヤツに法が優先されるのかも含めて
理論を構築するべきだし

逆にパーフェクトな法理論が頭の中にだけあるってスタンスなら、
現実の社会に口出しすべきでないと思う

20 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 00:53:47 ID:IS3mdctq
>>19
同意。メタ法学の構築が急務だ。
法解釈学ばかりやってる連中は抜本的法学改革を至急断行せよ。

21 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 03:12:08 ID:ja8o8e3H
けど基礎法学もおそろしく不毛な分野だし

22 :法の下の名無し:2008/07/19(土) 22:24:17 ID:HUFw+6oT
法律は、学問ではないが、習得するには大変な知能を要する技術体系。
自称学問やってる連中より、数段、知能指数や偏差値の高い人間しか習得できない。

馬鹿は、おとなしく非法律書籍でも読んでなさい。
法律が学問でないからといって、馬鹿が就職戦線で法学部卒よりも評価されるということには、ならないから。




23 :法の下の名無し:2008/07/19(土) 22:43:48 ID:c9wQdh+M
将棋みたいな感じだな

24 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 06:50:34 ID:G753QpG6
>>22
学問というものは、習得するものではなく、自ら考え開拓していくものだ。
そこからして法学徒は間違っているのだから、根本的に馬鹿である。
創造力のない、暗記しか能のないやつがやるものw

25 :(--):2008/07/20(日) 08:22:24 ID:aN6wNKFh
そう卑屈になることはないでしょう。
他を選択出来たのに敢えて法律を専攻されていること自体たいしたものでしょう。
ちょうど、”星の王子さま”の主人公のようにやりたいものを抑えて法律を専攻
してきたのなら、もともとの資質を強い意志で変えているのだから、それは能力
が高いと言うほかないでしょう。
ただ、そうだからといってそのために他人をおとしめたりするのはみっともない
でしょう。心のわだかまりは、結局のところ自分で解決するしかないでしょう。
いくら待っていても誰も、他人だから、解決してあげることは出来ないでしょう。
法務学を捨てて本来の自分の能力を発揮するか、そうでなければ、法務学に味が
出るように工夫するか、月並みなことしか言えない。

なんとも、痛々しい。


26 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 12:54:07 ID:2gVJttTS
学問の意味って、体系的に整えられた知識の総称なんだが。
法律が体系づけられてないとでも言う人はどうかしてるな。
新しい発見うんぬんなんて、学問であるか否かと全く関係ないよ。

27 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 15:06:40 ID:8Eh2HW3r
法律は、膨大な技術体系だよ。
Science というよりは、Technology としての比重が高い。

(法制定の場面)
 ・理解力、想像力、論理的思考能力…条文起案
 ・調整能力、調査能力…立法事実の調査、議会通過の際の調整

(法適用の場面)
 ・論理的思考能力、理解力、体系化力、暗記力…★条文検討、書面作成時★
 ・理解力…証拠収集、あてはめ
 ・調整能力、社会常識、人脈力…顧客面談時、和解調整時



28 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 15:21:46 ID:8Eh2HW3r
で、★部分しか見なければ、暗記力も重要な構成要素にはなるが、
全体から見れば、法律の習得・維持・使用におけるごく一部分の能力にすぎない。

スレ主を含めた一般人から見ると、法律が暗記重視に見えるのは、その膨大さ故。
実際には、その膨大な知識・体系を背景にして、更にその知識・体系を同時に励起して、
証拠や当事者の動向と相互作用させるんだから、並の人間の脳組織では、その負担に耐えられないとは思う。

僻むのではなくて、事実を認めるべきだな。

なぜ、自分が法学部に合格できなかったのか。
なぜ、頭の良い人間のみが、法学・医学といった、実用系技術体系の性質を有する学問分野に集められているのかを。

29 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 16:27:43 ID:G753QpG6
法律なんか下らなく学問の名に値しないと思っていたから、法学部を選ばなかっただけでWWWWW
俺は高校時代から哲学書読み漁ってたんでWWW
法学は学問じゃなくて、暗記科目でしょw

30 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 16:29:24 ID:G753QpG6
>並の人間の脳組織では、その負担に耐えられないとは思う。
哲学やっている人間からすれば失笑WWWWWWWWWWWWWWWWWW
法学で使う脳組織なんぞ哲学の数千分の一だろwWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

31 :法の下の名無し:2008/07/21(月) 23:56:54 ID:F9XoapWO
劣等感こそが人を育てる
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/10/post_451c.html

頑張れ!! >>29-30


32 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 00:50:48 ID:hAmzmuSG
>>29-30
滑稽だな

33 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 01:02:57 ID:QFwjsOaK
自称哲Gacktがスレ立てしたのか。


34 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 01:21:46 ID:c+HZC7Qe
頑張れハマー >>29-30
http://jp.youtube.com/watch?v=oJXdegmS3wg




35 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 04:45:09 ID:fDEKCWQz
法学徒ってレベル低いでしょ実際。
http://digi-log.blogspot.com/2006/10/150.html
このうちいくつ読んでる?

36 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 16:12:06 ID:c+HZC7Qe
頑張れ >>29-30

7つの鬱病への誤解 [心の健康]
http://digi-log.blogspot.com/2007/07/4.html
鬱病への誤解が多く、鬱病の人は更に苦しむことになる。鬱病は心の病気じゃないし、甘えているわけじゃない。
誰でもなる可能性のある病気であり、治る病気だ。典型的な誤解を7つリストアップしてみた。
1. 鬱病って、心の病気なんでしょ?
 違う。鬱病とは身体的な病気であって、その症状の一部として精神的、心理的に現われたものと考えて欲しい。
2. 鬱病って、要は甘えてんでしょ?
 違う。身体的な原因により、本人の意志ではどうにもならない状況が鬱病である。
 鬱病の人が愚痴や文句を言うのは、インフルエンザの人が熱を出したり鼻水を出したりするのと同じだと考えて欲しい。
3. 鬱病って、普通に話したり働いたりできないんでしょ?
 違う。持てる能力をフルに発揮できていないにしても、中程度の症状なら、どうにか話したり仕事したりできる。だから、普通に話しせるんだから病気じゃないというのは違う。
4. 鬱病って、前向きに生きようとすれば治るんじゃないの?
 違う。そもそも、そうしたポジティブな思考をしたり、過去を忘れたりする機能に問題が生じているのだと考えて欲しい。繰り返すが意志でコントロールできるなら病気ではない。
 鬱病の人が頑張って前向きに生きようとしたり、過去を忘れようと努力しても、うまくいく可能性は低い。逆に自分が弱いのだと誤解したり、罪の意識や恥の意識に苦しんでしまい、治りにくくなるかもしれない。
5. 鬱病って、要は落ち込んでるわけで、そんなに真剣に考えなくてもいいんでしょ?
 違う。鬱病はその人の感情を蝕むだけでなく、健康も、人間関係も、仕事も、思考力も奪ってゆく深刻な病気である。ときには命さえも奪う恐しい病気だ。自殺率は10%を超えるとも言われる。
 また沈み込む症状ではない鬱病もあり、中でも攻撃的になる激越性の場合には自殺は50%を超えるともいわれる。
6. 鬱病って治らないんでしょ?
 違う。適切に処置すれば多くの場合は治る。少なくとも改善に向かう。治療方針は基本的には一般の病気と同じで、自分と周囲が病気であることを正確に認知し、薬を飲み、養生して、回復を待つことである。
 身体の病気であるので身体の治癒力に頼るのである。
7. 鬱病って、特別な、弱い人がなるんでしょ?
 違う。鬱病の原因に定説はないが、基本的には社会的・生物的ストレスと遺伝的、生理的なものが原因であると考えられており、個人の性格や能力などに関係があるのは証明されていない。
 その意味で、誰でもかかる可能性がある病気である。癌になる人が特別な人とは言えないのと同じである。
 生涯の間に鬱病になる人は男性で12%、女性で20-25%にのぼる。この数値は上昇すると考えられており、WHOの予測では、2020年には世界全体で仕事ができなくなる原因の第1位となるとされている。
 社会的費用を軽減するためにも、幅広い理解が必要な病気であると言えるだろう。

37 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 16:55:38 ID:6Hyp/8Ry
あ法学WWWWWW

38 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 17:46:40 ID:AD2O+bMZ
俺、合格したっす!!!!!
見てください!!!!!

http://up2.viploader.net/pic/src/viploader713303.jpg_g4inNPhPNXS4Iw1hw4gJ/viploader713303.jpg




39 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 19:39:21 ID:QFwjsOaK
哲学徒の悩み

40 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 20:39:16 ID:c+HZC7Qe
>>39
哲学やるのは大変だと思うよ。
学問の本業以外に、気にしなきゃいけない悩みが以下のように山盛り。
常に、自分・親・世間に対して、説明責任を負担している。

・偏差値低い。
・就職できない。
・元気なくて、鬱病気味。
・劣等感と妬みで一杯の自分が嫌。
・格差社会の底辺とか、負け組とか言われる。
・語学も理系知識も、法学・経済学出の人間の方が習得が速い。
・現代数学が理解できないため、理系の議論が理解できていない。
・宇宙物理や脳科学の理系連中からは、哲学徒は素人扱いされ、馬鹿にされ悔しい。
・法学部に挑んだら反撃受ける。やはり論争で法学部には勝てないと知り、劣等感倍増。
・法学部は、大人の連中で社会の勝ち組だから、反撃してこないと思っていた自分の浅はかさに後悔。

でも、こんな悩みを持っている哲学徒こそ、我々のような社会をリードする法学徒が法律で救済をしてあげるべき対象ではないかと思う。
なぜなら、法律は、万人に平等に適用されるものであり、その反射的効果として、弱者救済効果も一部にはあるから。

というわけで、頑張れ >>29-30


41 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 21:50:36 ID:6Hyp/8Ry
>>40
マルクス嫁よ
法学なんぞが哲学にかなうはずがない
おまえが指摘したのはほとんど逆だよ
阿呆学部なんだよおまえらはWWWWWWWW
で、上のリストのどれくらい読んでるよ?
法学書なんぞ教養のうちのごくわずかしか占めないぞハゲワロス!W

42 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 23:04:54 ID:hAmzmuSG
>>41
有意義な哲学書は、教養レベルのものに限ります。
そしてそれらは、大抵、高校生の段階で読破するべきものです。
逆にいえば、哲学書は、大学で研究するべきものではありません。
法学部はあっても、哲学部というものはない(日本には一つも無いそうです)。
それが何を意味するかわかりますか?

たしかに哲学は非常に面白い。
万物の常識を正面から問い糺す、攻撃的で魅力的なもの。
哲学は、われわれの知的好奇心を大いに揺さぶります。
しかし、かといって、あまりのめりこんではなりません。
喩えるなら、テレビゲームのようなものですかね。
趣味の範囲内で、一日1時間まで。ほどほどに^^

43 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 23:16:14 ID:BdBxSvfD
論理的に考えて
反論の代わりに相手を叩いても自分側は浮上しないな

社会科学だと違うのかも知れんが

44 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 23:58:30 ID:91csHqK3
哲学は派手で魅力的だが、何の役にも立たない。
法学は地味で退屈だが、社会の役に立つ。
性質が全く違うのに勝ち負けを争ったって仕方がないだろ。
哲学徒は言葉遊びに酔ってないで生産的な意見を出す。
法学徒は視野が狭まらないように哲学にも目を向ける。
そんな感じでいいんじゃないの。

45 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 00:37:21 ID:LHxdd/27
昔は法学部の学生や実務家も、視野を広げるために、哲学書を開いていた。

しかし、今では、数学・生物学・物理学の最先端の議論の方がはるかに魅力的で、思考の柔軟性を与えてくれる。
自然科学の立論は概ね論理的で、その適用限界も明示されているし、支援証拠も吟味検討の対象となりうるものが多い。

翻って、この頃の哲学は、自然科学の最先端の議論について、数学手背景や英語文献の意味が分かりもしないくせに、
ただ、言葉遊びをして、自分に酔っているだけの自慰行為をしている。
言葉の定義を不自然に拡張して、結論の奇をてらうものも多すぎる。

いまや哲学は、似非科学の代名詞と化している。
法学をはじめとする、その世代の優秀な社会人が、哲学を見捨てたのは以上のような理由だ。


46 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 07:27:48 ID:sA3WCu3d
そう言わずにたっちゃんの本でも読もうぜ

47 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 07:53:55 ID:UDsmopV1
常識的で明晰な英米系の哲学ならまだしも、国内で流行している過剰に文学的で
不毛なのに尊大な大陸系の現代思想を深く学ぶ気は起こらないな。
それこそ学問的な実績のない人達に必読書なんて選ばれても。

48 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 15:47:50 ID:dHzvYLr+
やはり屁理屈言葉遊びの阿呆学徒だな
質問にまともに答えることもしない
もう一度聞くか?WWW

49 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 15:49:27 ID:dHzvYLr+
>>47
蛸壺専門家より知識人の方が格上

50 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 15:51:23 ID:dHzvYLr+
>>44
実質的に考えて、言葉遊びは法学の方だろ

51 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 15:56:31 ID:IXYNR/eV
>>42
むしろ逆かと。
学問の名に値しない法学なんぞを大学で4年もかけて学ぶのはばかげている。
そんなことをするくらいなら伊藤塾にでも通ったほうがましなのではないかw

52 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 15:58:22 ID:IXYNR/eV
だいたい板の質を見れば、法学がいかにつまらなく、単に法律の文言を解釈するだけの下らない学問かわかるだろ。
哲学板の方がよっぽど思考しているわWww

53 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 16:01:41 ID:IXYNR/eV
マルクスは大学で法学と哲学を学んだそうだ。
マルクスの関心は法学領域であっても、単なる法解釈学ではなく、法哲学・政治哲学・社会哲学に向かっていた。
法学は片手間程度にしかやらず、哲学を中心に勉強したんだと。
お前らも法曹になるつもりがないのなら、たとえ法学部に在籍していても、法学は片手間で別のをやれよ。

54 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 16:02:05 ID:IXYNR/eV
訂正:法学→法解釈学

55 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 16:58:51 ID:bUAdubcV
>>48
法学部生は、>>35のいう必読書は、ほとんど読んでないだろうな
まあ社会学部生や理系のほとんどの学生さんも、それらは読んでないだろうが

>>49
そうだな。専門家は一般的な知識がなさすぎる。
かくいう俺も知識がなさすぎるわけだが。

>>50
実質的・・・?

>>51
たしかに。
無目的に法学を学び、えらくなった気になっている法学部生よりも、
伊藤塾生の方がはるかに法的な知識があるし、目的意識もある。


法学は、実際に存在しない架空の権利・人権を基盤として成立し、
また架空の原理、公共の福祉というものを基盤とするものであって、
多分に哲学的な意味合いを含むから、言葉や概念の操作にすぎないともいえる。
その点を捉えて「言葉遊びだ」と揶揄することも一応可能だろう。
もちろん、法が、社会で重要な地位を占めていることはいうまでもなく、
だからこそ、法学が社会で重要視されるわけなのだが、
ある程度、法学が概念操作にすぎないということを感じておかないと、
一般人との法意識の差に苦しむことになるだろうな。
社会契約論は万人にとって説得的かどうかを考えてみるといい。

哲学は、法学にとっても、非常に重要なもの。
概念の本質を疑い、考え、仮説を立て、様々な物事との理論的整合性を図る。
それは法学の発展の基礎となっている。いうなれば、法学は、哲学各論。

法学徒は哲学徒をもっと敬えよ★

56 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 20:17:12 ID:cDdTRF28
数学と同様に有効範囲を明確にしとけば
言い訳データベース的な価値ができる

例え不都合であっても
これは現実の社会には適用できない論理です
現実には存在しない仮定を使用しています
といった事もしっかり書くこと

57 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 23:07:17 ID:yt5opKaw
>>35の文献を読破することに何の意義があるのかさっぱりわからん。
それだけの教養を身に付けた結果がこのスレでの下衆な煽りなのか?
現代思想に被れているやつに限って自分こそがルサンチマン丸出しで
自分だけを特権化している様は何か悪い冗談としか思えない。

58 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 00:07:33 ID:j4mIkYCh
読んでないのに否定するとか説得力ゼロヘ

59 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 00:12:51 ID:hDN0XCUW
別に否定はしていない。
意義がわからないと言ってるだけだ。
文献だけあげて偉そうにしている姿勢には説得力があるのか?

60 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 00:17:19 ID:H+/Jseid
>>58
法学を学んでないのに否定するとか説得力ゼロヘ

61 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 01:24:25 ID:Jb8bGop8
>>60
学んでるよw

62 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 02:16:09 ID:gtjv1KLm
下品な書き込みをする人間……哲学者

ということだな。

63 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 02:53:09 ID:lHAzAMkl
法学は確かに学問としてはうさん臭いかもしれんが
だからってニューアカだのポストモダンだの小説だのを持ってきて
学問気取りって何だそりゃ 言葉だけかっこつけてんのはどっちなんだよ
マルクス主義だってとっくに破綻してるし これぞ自己満足の暗記科目じゃん
大学で4年もかけて何の応用もきかない雑学を学ぶって
学者にでもならんかぎり自殺行為だろ

64 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 03:40:53 ID:j4mIkYCh
>>35のリストがニューアカだとかポストモダンだとかもうね
マルクス主義が破綻とか言ってる時点で無教養バレバレ

65 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 07:41:19 ID:mb/Qi3OO
教養人は日本語が読めないらしい。

66 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 07:51:38 ID:mb/Qi3OO
ヤバい。ネタスレだと気付かなかった。


67 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 12:12:15 ID:lHAzAMkl
>>64
選んでるのが柄谷や浅田や島田なんかで
挙がってるのがデリダだのラカンだのフーコーだのドゥルーズだのなんですが
これがニューアカ ポストモダンでなくて一体なんなんでしょうか
で いまさらマルクス主義にどんな現実的な説得力があんの
広松だのアルチュセールだの持ってきて今こそ読み直すとかいうんなら
もう付ける薬が見当たらない
その場凌ぎのいい加減な言い訳してないでさ
その溢れる教養でしっかり反論してくださいよ

68 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 14:58:20 ID:gtjv1KLm
読むだけしか能力のない哲学クンは、放置してよし。
理解しているかどうかも怪しいし、自ら創作しないんだから唯の消費者。

法律家は読んで、理解して、自分で書くのが仕事。
その書いたもので、社会を維持し、違法行為に制裁を与える。

書き込み一つを見ても、法学徒の冷静な筆致と、哲学クンの下品罵倒書き込みとでは、品格に差があること明白。
精神的な成熟度、社会における地位、頭脳の優劣、収入の多寡の差異が如実に表れているというほかなし。


69 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 16:05:19 ID:Jb8bGop8
哲学>>>>>>>>>>>>>>>>法学
は教養人なら常識ですよ。

70 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 16:06:01 ID:Jb8bGop8
>>67
いまさらってマルクス主義が否定されるような現実はないと思うがw

71 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 17:00:08 ID:Jb8bGop8
なぜ人を殺してはいけないのか その2
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1214068154/
しょせん法学徒はこのレベルでしょ。
哲学やっている人間にかなうわけがないw

72 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 18:48:17 ID:lHAzAMkl
>>70

おまえの頭の中ではソ連が存続して
学生運動が盛り上がり共産党が活躍でもしてるのか?
いまさらマルクスなんていって喜んでるのは他に言えることがない旧世代と

おまえみたいなインテリぶりたい俗物くらいかと

73 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 18:50:11 ID:Jb8bGop8
>>72
ソ連なんぞマルクスの理想ではないだろwあんなものはマルクスの理論を悪用して出来上がったもの。
そんなことも知らないのが教養がないといっているわけw

74 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 18:56:52 ID:lHAzAMkl
>>73
そういう言説があることは知ってるが、
だからって翻ってマルクス主義自体には
まだ現実的な可能性があると言える根拠はどこにあんの?
ましてや読んでれば偉いみたいな態度は愚の骨頂だろ

75 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 18:57:42 ID:Jb8bGop8
>>74
あるに決まってんだろw
まさか資本制経済を前面肯定している池沼でもあるまいしw
このさき大不況が起きないとでも思っているのか。

76 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 19:59:03 ID:DPCuBkbo
>>75
>あるに決まってんだろw
こういう回答拒否面白くない。

77 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 20:52:33 ID:mb/Qi3OO
俺もマルクス主義は、

マ、マ、マルクス主義法学はまだ死んじゃいないと思うんだぜ!

生ハムメロンをロイヤルミルクティーで味わいながらぱしゅ☆かーしす読むかしら〜

78 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 21:00:59 ID:mb/Qi3OO
で、なんでミンカが法学否定すんの?

79 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 22:04:43 ID:xwrgsFqn
やっぱわかりやすい成果が出てこないから
けなし合いになるな

『基本的人権』とか『唯物論』とかで戦えないのかな

80 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 22:52:25 ID:lHAzAMkl
>>75
まあマルクスに学ぶものがあると考えるのはいいけど
弱者救済への情熱は法律家が持てば大層有意義だと思うし
で 翻っておまえさんは哲学科行ってマルクス勉強して
本当に読んでるかどうかもあやしい読書自慢の他に
一体これからどんな実際的なご活動をなされるんでしょうか
マルクスが言うには、世界を解釈するんじゃなくて
変えることが重要なんだそうですが

81 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 01:53:16 ID:wyWhDgX/
>>80
おいおい法学者が弱者を救うったって体制の中でだけだろw
マルクス的には法学者こそ無用ですよw

82 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:03:52 ID:0uZUl4Uq
>>81
おれはマルクスのことをよく知らんのだが、
キミは、「体制の中では法学者が弱者を救うけど、体制の外では違う。」
ということを言いたいんだな?

それを前提としてひとつ聞きたいんだが、体制の外ってなんだ?
無政府状態を意味するのか?
それとも秩序体系の枠外というようなことを意味するのか?

83 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:11:22 ID:wyWhDgX/
逆に聞くけど、救うって言ったって、弱者に生活保障を認めたり、自立支援したりするくらいだろ。
そんなことをやったって、弱者はあとからあとからどんどん生まれてくる。
そういう弱者を生む構造そのものに変革を起こせっていうのがマルクスの思想。

84 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:11:47 ID:un9njig5
マルクス的とかどうでもいいっての
せいぜい体制の外で昆虫でも救ってろ

85 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:28:08 ID:Wgtk74Fv
>>83

怪しげな左翼活動への勧誘なら、他でやってくださいな。
ここは法律について語るところですよ。

ルールを守ってください。
守らなければ制裁を受けますよ。

86 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:32:24 ID:wyWhDgX/
俺は質問に答えてただけジャンWWW

87 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 02:37:15 ID:0uZUl4Uq
>>83
法学ができることは、弱者に生活保障を認めたり、
それが適正かつ迅速に行われるような仕組みを整備したりすることに限る。
たしかに、法学では弱者の根絶を達成することはできない。

だけど、勘違いしないでほしいのは、
法学は、弱者が生まれてくるような体制でしか通用しないものじゃない、ってこと。

弱者を生む構造を改革するとしても、それだけで全てが解決できるわけじゃない。
それを維持するための仕組みや理論、体制がどうしても必要になる。
そのような仕組みや理論、体制を考え、実際の問題に応じて修正していくのは、法学の領域。

そう考えると弱者を生む構造そのものに変革を起こしても、
やっぱり法は必要になるし、それを研究対象とする法学も必要になるでしょ

88 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 03:09:52 ID:Wgtk74Fv
>>86
これは失礼。


89 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 04:00:45 ID:wyWhDgX/
>>87
でも法学は、現状ほとんど法解釈学じゃん。
与えられた法律の文面を解釈しているんでしょ。
法律によって社会制度が組み立てられているのなら、その法律そのものを批判することなしに、法律の文面だけを解釈するのみなら、
結局体制の内部で動くことしかできないということでしょ。

90 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 04:26:53 ID:Wgtk74Fv
>>89
それは立法府の仕事ですよ。
憲法読みなさい。



91 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 04:30:45 ID:Wgtk74Fv
社会の治安を維持し、市民や企業の行動に法的予測性・安定性を与えるのが法律の仕事。
別に、体制外に出ることが法律の仕事ではありません。

貴殿が体制を嫌いなら、法学以外の分野で、勝手にどうぞ。
違法行為に至らない限り、貴殿の自己責任・自由意思で。



92 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 07:46:57 ID:0+rMdK8z
哲学マニアは法学じゃなくて「立法学」を学んだ方がいいだろ。


93 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 12:26:55 ID:Wgtk74Fv
大脳皮質が未発達の思春期の高校生ならともかく、大学生にもなって、まだ、

「大人や社会は、何もわかってくれない。体制なんて駄目だよ。
 既存の概念を覆すような革命的発想が、最高!」

的な幼児性思考に囚われている哲学君は、その手の破壊衝動・幼児性衝動を
抑制することができるようになるために、自分で性格改変プログラムでも
探してくるか、毎日1時間ランニングしてストレス発散した方がよいだろ。

既存の法体制(憲法、立法関連法規もその一部)に不満なんだから、
法制の微調整によって利害の最適化を図る法政策学がなじむとは思えない。


94 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 17:57:34 ID:ruSQqvb/
>>89
君は、おそらく社会の原理や体制そのものに不満を抱いている。
資本主義や弱者がうまれてくる体制そのものに、ね。それはとても大切なことだ。
社会をよりよくしたいという思いがなければ、社会は発展しないだろう。
そして、君の言うとおり、体制自体を相手にするなんてことは、法学一般じゃできない。
民法や刑法は、既存の体制に反発して解釈され組み立てられてはならないからね。
いくら民法を研究しても、体制自体を変えるなんてことはできない

でも、だからといって民法が必要でないということにはならない。論理的にも実際的にも。
民法はある体制の枠内での市民社会の利益をいかにより良く調整するかを問題にする。
民法はどんな体制でも必要でしょ。そこに市民社会があって、市民が秩序を求める限り。

体制そのものを相手にするのは法哲学かな(憲法学でもやれんことはないが)。
ってことで、君の意見をぶつけるべき相手は民法学や憲法学ではなくて、法哲学かと。
ロールズ、ハイエク、ノージックあたりを批判することを目標に法哲学を学んでみるのもいいかもね

95 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 18:26:31 ID:fVm6R8Ly
哲学板住民の意見。




210 :考える名無しさん:2008/03/11(火) 17:24:19 0
やっぱ哲学って他の学問に比べて明らかに異質なんだよね〜
声高に批判をするけど、実際何の役にも立たないんだよな。
でもって、自分の矛盾は認めない。
他のどんな学問よりもウザくて、どうでもいいし、評価もされなければ、相手にもされない。



マルクスはなにを間違えたのか
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1184755763/

哲学って学問?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1145082407/

 哲  学  は  中  二  病
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1195719935/

96 :法の下の名無し:2008/07/25(金) 19:58:15 ID:Wgtk74Fv
実際は、哲学が悪いのではなくて、哲学を現在やっている学生等に知性・性格等の面で問題があるだけなんだが。

仮に哲学関連の仕事が、その時代で最も尊敬を集め、社会的経済的にも優遇される職業だとしたら、
私のような優秀な人間は、法学ではなくて哲学関連の仕事に就いていると思う。

その反作用で、現在哲学をしている連中は、哲学関連の仕事にありつけず、他の業種にながれることになる。
そのような哲学優位社会での掲示板では、非哲学徒が哲学徒を妬むような展開が見られるだろうね。



97 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 17:34:55 ID:Ip6XvgA3
>>93
馬鹿だよお前は。
もう少し近代の成り立ちについて体系的に思考しろw

>>94
そんなん言われなくともわかっとるわw

>>95
それはお前のような哲学コンプが書いたレス・スレだろw

>>96
あのな、学問の格付けの話をしているんだよ。
法解釈学なんぞはな、たとえマスターしても人間の知的領域の1%も征服したことにならない、そういう微小な領域なのよ。
分かってんの?
そういうものに携わっている人間・法学の質を見抜けずに、単なる実務学を社会で必要だからといってすごい学問を学んでいると勘違いした人間が、優秀なわけないだろ。
ちなみに俺は中学から哲学書・文学書を大量に読んでて、法学なんか馬鹿にしきってましたからWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
要するに、お前ら凡人と育ちからして違うわけよWWWWWWWWWWWW

98 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 18:11:32 ID:WLd1x0St
彼の乗った釣り船は帰って来ませんでした。


99 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 18:46:43 ID:qtMeM5VC
ワロスワロス

100 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 19:03:42 ID:pwtlcGwb
>>97
あなたは哲学を学ぶことによって何を得られると思っているのですか?

101 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 19:13:49 ID:Ip6XvgA3
哲学とは原理的・根本的・体系的・徹底的に考えることを言う。
つまり何か出来上がった知識を得るためではなく、真理をつかむための姿勢なんだよ。

102 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 19:27:29 ID:pwtlcGwb
>>101
それは確かにすばらしい姿勢だと思います
法学でもそういった姿勢が重要視されますし
もちろん法学の土俵は非常に狭いものですが

少し踏み込んでお聞きしたいのですが、
「社会はどうあるべきか」について考えることは哲学でしょうか?


103 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 20:12:33 ID:Ip6XvgA3
もちろんそうだ。
「社会はどうあるべきか」は哲学の重要な課題だ。

104 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 23:17:33 ID:pwtlcGwb
では、物理的な制限を考慮に入れた上で、
あるべき社会の実現可能性について考えることは哲学でしょうか

105 :法の下の名無し:2008/07/26(土) 23:46:57 ID:dNWRSus4
>>100

少なくとも哲学君の書き込みを見る限り、青筋立てて、「wwwwww」を文末に長くつける技術を獲得した程度のように思われる。


106 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 02:35:44 ID:mKgpCBUU
265 :殊羅研 ◆1EowoMn0b2 :04/06/12 01:18
ここで偉そうな書き込みをしている人間は
中世におけるキリスト教会に所属していた人間達と殆ど変わらない。
即ちは、人々の幸せに繋じる情報を握っているという特権意識を持って
人々に対して差別的態度をとり、結果、人々を不幸にしているだけだ。

恣意的に解釈され続けた聖書が
学術書に切り替わったに過ぎない。
より複雑化してわかりづらくなったというだけで
本質は何も切り替わっていない。

そもそも過剰に勉強することに時間を割く人格を形成してしまったのは何故なのか?
その原因は何処にあるのかを突き詰めて考えていけば、自分達の振る舞いのあり方の幼さに気付く筈だ。

107 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 05:14:48 ID:rb4S4fj3
>>101
他人を見下す姿勢しか書き込まれていないが。
哲学が崇高な学問だとしても、君はただの下劣な信者でしかないよ。

108 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 21:50:25 ID:F19yDvHN
>>106
中世におけるキリスト教会に所属していた人間達は、まぎれもなくその時代の優秀分子だよ。
日本の中世の五山の僧や、中国の科挙試験合格層や、共産国家のテクノクラートも同様だ。

要求される具体的学問内容は、神学だったり、農業学だったり、漢文詩だったり、共産思想だったりするが、
それは当時の社会が支配のために必要としていたから。

その時代の優秀分子を選抜して、統治に活かすのは古今東西かわらぬ原理だよ。
そんなことも分からずに、大学受験時に学部選択している高校生は、知能の発育が他人よりも遅いからであり、自業自得だな。


109 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 21:59:57 ID:0q1HKW1d
だから日本のお偉方は揃って先が読めないんだな
東大生が行く企業は斜陽みたいな話

110 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 22:16:38 ID:dpLVL+fA
東大生が行く企業が斜陽と言われちゃそれ以外の学生はいったい

111 :法の下の名無し:2008/07/27(日) 22:21:38 ID:F19yDvHN
東大生が行く企業は成熟産業が多いから、法律的な管理体制を必要としてること。
社内統制が不備だと、他学部卒の連中が何しでかすかわからんだろ。

文学部哲学にいたっては、その企業に入ることすら拒否されているのが現状だろ。
これは社内管理体制を構築している人間の目からみて、矯正不能と判断されている証拠だよ。



112 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 06:16:03 ID:+l2/QD5H
>>111
単なる教養コンプだろwww
その証拠に文系院生も採用されない件wwwwwwwww
あいつらは自分より頭がいい人間が嫌いなだけw
お前みたいになW

113 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 06:17:14 ID:+l2/QD5H
>>108
法学が学問だと思っているのかアホWWW
哲学こそすべての学問ヒエラルキーの中で頂点に立つ真の学問なんだよ。
法学? 下位下位WWWWWWWWWWWWWWWWWW

114 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 06:59:26 ID:FOOsZXkY
>>113
狭義の哲学習得者=負け組
広義の哲学習得者=勝ち組
こういう感じかな?

115 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 07:30:21 ID:+l2/QD5H
>>114
狭義・広義とか何を言いたいのやら意味不明。

116 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 07:37:31 ID:FmTCnWqk
ここまで盲目的だと人生楽しいだろうな。
哲学を勉強して思考停止というのも不思議な話。

117 :法の下の名無し:2008/07/28(月) 08:52:13 ID:FOOsZXkY
>>115
【狭義の哲学】
もっぱら「非常に抽象度の高い概念」の体系化を中心に研究を進める。
これだけが哲学のすべてだという考えが、一般に根ざしている。
主に哲学科で学ぶ。抽象的な原理を把握しようとするもの。

【広義の哲学】
「すべての原理的思考枠組」を対象に研究をすすめる。
抽象的な議論だけではなく、具体的な議論にも対応できる。
すなわち、現実社会はカオスの上に成立しているわけではなく、
多様な原理の非常に複雑な重なりの上に成り立っているから、
多様な原理を適切な方法で組み合わせていくことによって、
現実世界の現象も説明することができる
そういったものすべてを対象とする学問領域が、広義の哲学である。狭義の哲学も含まれる。
多様な原理のすべてを哲学科だけで学ぶことはむずかしいから、
もっぱら、それらの原理を必要とする学問領域において個別的に学ぶことになるが、
それらはそれぞれの学問領域において必要な分だけの哲学を学んでいるにすぎない。
真理の全体像を把握しようとするもの。あらゆる学問に精通した天才にしかなしえない。

こんな感じ

118 :法の下の名無し:2008/07/29(火) 05:43:19 ID:f2ylEcKZ
>>117
すべてを哲学というのはどうかな。
特に法学部でやっているようなほう解釈学は哲学といえないかと。
哲学というのは諸学の批判だから。
「おまえらはこれこれの前提を自明のものとして無根拠に置いていませんか?」ということ。
つまり哲学というのは、君らがやっているような生ぬるい暗記科目じゃないってこと。

119 :法の下の名無し:2008/07/29(火) 05:48:28 ID:f2ylEcKZ
>>114
自分を広義の哲学者に入れて、法学やっているごときが哲学やっている気にもなっているんだろうけど、
それは明らかに間違い。
文学部哲学科>>>>>>>>>>>>>>>>法学部法律学科
どう考えてもこうでしょw

120 :法の下の名無し:2008/07/30(水) 22:31:46 ID:Q57FH9zG
無根拠wワロスw

121 :法の下の名無し:2008/07/30(水) 22:53:02 ID:Q57FH9zG
まぁでもたしかに法学は暗記科目だよな。
人権思想のもたらしたひとつの帰結を延々と覚えていってるだけ。
正直、哲学みたいにすさまじい知的刺激は味わえない。
世界没落的というか解体的でグロテスクな楽しみはほぼ皆無。
堅実だが非常に地味で無個性な暗記・理解が中心。
たま〜に哲学的な箇所もあるけどね。基本は面倒臭い

122 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 00:02:30 ID:ljuRv4Ll
暗記能力が人より劣っている人間にとっては、暗記に費やす部分が多いから、
法律は暗記科目に見えるだろうね。



123 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 07:05:44 ID:AMuo3V6M
いや、どう見ても暗記科目だろw

124 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 11:28:44 ID:ljuRv4Ll
論理的思考能力が人より劣っている人間にとっては、論理展開と理解に費やす部分が多いから、法律は論理重視科目に見えるだろうね。



125 :法の下の名無し:2008/07/31(木) 22:08:32 ID:XVPc6IFX
そもそも法律と法学は別だから
法律について学ぶのに法学を通して、というのは
あまり賢くないのでは
自動車免許を取るのが目的なのにドリフトとか習ってるような

126 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 00:44:46 ID:dqaim2Rk
レベル感からいうと、

 自動車免許を取るのが目的なのに、三輪車を分解しているようなもんだけどな。



127 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 02:31:59 ID:x0zATrbF
運転免許も設計技術も持たずタイヤにクレームを付けているのが哲学。

128 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 18:55:25 ID:6MS7NTWJ
車がなぜ動くかも知らずに運転できるくらいで調子こいてんのが法学だなWWW

129 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:00:13 ID:eBPy0FzS
ろくに知りもしない車の仕組みを批判して調子こきつつ、車の運転もできないのが哲学か

130 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:02:54 ID:6MS7NTWJ
哲学→万能
法学→車の運転しかできないw

131 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:04:03 ID:eBPy0FzS
車の運転すらできない⇒万能じゃない

132 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:04:19 ID:6MS7NTWJ
法学ごとき下位言葉遊び実務テクニックが万学の祖哲学を馬鹿にしてんじゃねえよカスどもw

133 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:05:38 ID:6MS7NTWJ
>>131
あほかこいつw
法学がやってんのは車の運転じゃないだろ。
運転免許くらい誰でも持っている時代だからな。
法学がやっているのは、いかにうまく運転するか、運転テクニックだけw
だからそんな技術をまともに大学で学ぶのはばかげているといっているんだよw

134 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:07:32 ID:eBPy0FzS
哲学のごとき下位言葉遊び自慰テクニックが万学の祖とかほざいてんじゃねえよw

135 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:11:44 ID:6MS7NTWJ
哲学知らないお前が言えることかよw
理解できないんだろw

136 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:12:09 ID:eBPy0FzS
法学知らないお前が言えることかよw
理解できないんだろw

137 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:14:57 ID:6MS7NTWJ
はあ? 法学くらい楽勝だろw
あんなん他人の説を暗記するだけだろw

138 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:16:12 ID:eBPy0FzS
はあ? 哲学くらい楽勝だろw
あんなん他人の説を暗記するだけだろw

139 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:19:17 ID:6MS7NTWJ
子供っぽい奴が多いな法学徒には。

140 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:34:14 ID:eBPy0FzS
哲学徒にもお茶目なやつがいるんだな
大学で哲学学んでるやつはもっとインテリっぽいと思ってたよ

141 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 19:44:36 ID:6MS7NTWJ
まあな

142 :法の下の名無し:2008/08/01(金) 22:31:24 ID:dqaim2Rk
>>138
残念ながら、哲学の場合、暗記すらしていません。
理解もしていません。

ただ、1ページから途中まで読んで、他人に、「お前、あの本読んだ?」と威張るだけ。



143 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 00:07:59 ID:/RHMtoK7
俺は哲学者志望の友人とばかりつるんでるような哲学被れの法学徒だが、
やっぱり最終的には哲学プロパーの人間とはどこか折り合わないな。
格好は良いけど結局は全く実効性のない哲学より、
退屈で煩雑でも現実に効力のある法学に魅かれる。
これは批判というよりは単なる好みの問題だが。

哲学に限って言ってもフランス現代思想やマルクス主義は
読み物としての面白さは異常だと思うが、説得力を感じるのは
ロールズやハーバーマスやポパーなんかの地味で堅実な人達。

ポストモダンの文脈でしっくりきたのはリチャード・ローティくらい。
ちなみにこの人は哲学に諸学の基礎付けなんてことは無理だから、
哲学者は科学者というよりは弁護士に近い存在として
魅力的な物語を作れなんて言っている。
ロールズやドゥオーキンの議論とも関わってくるし、
そもそも法学徒に向いている哲学者なのかも。
日本ではあんま人気ないけど。

哲学的にも英米と独仏の哲学の中間にいるような貴重な人。
難解な哲学用語を使うのは私的な領域に留めるべきで、
公的な領域では誰にでも通じる日常的な言葉を使うべき、という節度もいい。

暇で物好きな人がいたらおすすめしとく。
小さな入門書がまだ出てないのが不便だけどな。



リチャード・ローティ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3

144 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 00:35:11 ID:WgR55Bkb
くだらん哲学の本なんか読んでる暇あったら、科学者の書いた哲学的随想でも読んでた方がいいぞ。

The Road to Reality
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Road_to_Reality:_A_Complete_Guide_to_the_Laws_of_the_Universe


145 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 07:37:33 ID:/RHMtoK7
ポパーは科学哲学者で、日本の法哲学との縁も深いよ。



カール・ポパー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%91%E3%83%BC

146 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 23:56:47 ID:Wv5zKyxp
文系学問序列:哲学>>>文学>>>経済学>>|学問の壁|>>>>>法務
理系学問序列:理学>工学>>>>医学>>>薬学>>農学

以上

147 :法の下の名無し:2008/08/02(土) 23:59:51 ID:NzGj0cQ9
でっていう

148 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:01:17 ID:FcKP+o2q
文系学問って何でこんなクソの役にも立たないの?
堂々巡りで何の結論も出ないじゃん
みんな真面目にやってるの?

149 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:04:32 ID:RjE7nUyI
そもそも法学が偏差値高いとかいってるのは低脳ばっかw
東大でも本郷いくと、圧倒的な文学部>>>法学部

法学部は、結局奴隷構造の中で奴隷として出世して生きていくしかないからねw
出世しても、上司や、現場にへこへこしなきゃならない立場wwww
自分じゃ何もできないからねw
うそだとおもうなら、キャリア文系官僚の退官後の手記みてみなよ、
どいつのを見ても強烈なキャリア構造批判、技官批判だからねw
相当虐げられてるんだなっておもうよw

それに比べて、哲学は学問の大様、はっきりいって法学部なんか理系の連中には
学問とすら認められてないよwwwwwwいやまじでさw
法学がすごいとかいってる馬鹿は低学歴の文系のみwww
わらえるなw

150 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:11:06 ID:E4sl7dTc
教授の話し聞いてても何もおもろない
クネクネクネクネどうでもいい例え話しとか聞きに来てんじゃねーんだよ
いいからとっとと結論からしゃべれ!て思う

151 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:16:47 ID:srf/szFD
理系に援助を求められても困ります。
哲学くんは、自力で頑張ってください。

文系の最底辺にある哲学の手助けなぞ、一切致しかねます。

なお、哲学くんは、理解もしてない数学や物理学の概念を勝手に使わないでください。
素人さんが混乱しますし、理系から見ても恥ずかしい限りです。








152 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:25:22 ID:RjE7nUyI
哲学やってるやつは法務やってる事務員より、数学的、あるいは、物理的概念に
なれしたしんでいますよww

153 :bluesky.tokaigroup.co.jp:2008/08/03(日) 00:27:08 ID:sxvY0cUL


154 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 00:31:21 ID:2cfxY/QZ
哲学やってる人らは大自然の中でぶつぶつ言って過ごしてんの?
なにしてんの?

155 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 01:55:00 ID:srf/szFD
数学分かってないのに、あちこちで書き散らかされるの本当に迷惑。

数式一つ満足に書けないのは唯の無知蒙昧で済むけれど、理系理論を言葉の上辺だけ使って、誤解満載の妄想文書を書き散らす哲学家は、一般人の似非科学流布信奉に拍車をかける点で、悪質だよ。

哲学くんは、反省してほしい。




156 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 13:52:00 ID:RjE7nUyI
ポスもだと普通の哲学を一緒にしてもらっては困るよw

理系を装ってしか哲学批判をできないのかなw
法務くんはw

157 :法の下の名無し:2008/08/03(日) 16:46:42 ID:9VvIDq5r
では、哲学くんの言う普通の哲学について詳しく具体的にどうぞ。

158 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 00:41:57 ID:gLfxgyLP
哲学板でやってくれ。


159 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 03:24:21 ID:dPjjGmi+
とりあえず法学は法務であり、いわゆる事務仕事なので、この板のお花畑への移転をしんせいしますw

160 :この板のローカルルールって:2008/08/04(月) 03:29:56 ID:dPjjGmi+
わらえるねw

これだよ
 ↓
「ここは法学,その他大学法学部で研究されている学問分野の話題について
 学術的に議論する板です。
 よって、法律や政治が絡めば許容されるわけではありません。」

・ここは法学←実際は法務、いわゆる事務仕事w
・その他大学大学院で研究されている学問分野
     ←てきとー解釈と事務の効率化でしょwやってることってw
・学術的に議論する板です
     ←かつて法務が学術的に議論されたことはありませんし、これからもありませんw
・よって、法律や政治が絡めば許容されるわけではありません。
     ←なんでも「学」という漢字をpostfixにつければ学問になるというものではありません!!
     ←とくに法務とかいう事務仕事が、後ろに「学」をつければ学問になるという考えが許容
      されるわけではありません!!  



161 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 03:32:02 ID:dPjjGmi+
「ここは哲学、文学、言語学,その他大学文系学部で研究されている学問分野の話題について
 学術的に議論する板です。
 よって、「学」がつけばなんでも許容されるわけではありません。E.g. 法律学、政治学←どちらも学問以前w」


162 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 03:41:16 ID:6hmqCqXk
君が病気だってことはもうよくわかったから。

163 :法の下の名無し:2008/08/04(月) 19:38:03 ID:NfgQFDeL
つ、つられないくま‥

164 :法の下の名無し:2008/08/05(火) 13:31:32 ID:lTeYdMYM
哲学君が、この短期間に、「法務学」という語句が誤用であることを認識し、正しい表現「法律学」に行き着いたことは、
その低い偏差値水準に照らして考えると、格段の進歩というべきであり、これに一定の評価を与えても良いのではないかと思う。

引き続き精進したまえ。 >>161

165 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 01:59:03 ID:kur7A+gG
まちがいますたw

じゃなくて、、、

だから、法律とか政治ってのはカテゴリ的に事務なんだよ、
事務学=法律学=政治学←なんちゃって学問=学問としてはごみ

でもさーー、よく考えてみなよ、別に学問以外にだって価値あるものはたくさんあるんだよ
法律とかいうもんがさー、どうあがいても学問になりきれないごみみたいなものだとしても、
べつにそれでもって価値がないということにはならないんだよ。

現に俺は法律葉ものすごく役に立っていて価値があるものだと思うよ、学問以下だけどw

それでいいじゃん、おれがいってるのは、だから、学問じゃないんだから板ごと消えてね♪
ってことなんだけど、


あ、いいわすれたけど、わざとながながしくかいてるからwwwww
法務くんは、学問なんかやってないくせに文章見てあーだこーだいうのがすきみたいだからwwww

じゃなねw

166 :法の下の名無し:2008/08/07(木) 21:34:40 ID:/DCZwSgt
法学は学問であり続けます。以下、赤旗


◆米兵犯罪 裁判権の放棄指示 日米密約裏付け 法務省が53年に通達
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-05/2008080501_01_0.html
米兵が「公務外」で起こした犯罪について法務省が一九五三年、日本側にある
一次裁判権の大部分を放棄するよう指示した通達を出していたことが一九七二
年に作成された同省のマル秘資料から分かりました。当時、日本側の一次裁判
権放棄に関する日米間の密約が結ばれていたことは米政府の解禁文書ですでに
明らかになっていましたが、これを具体的に裏付ける日本側文書が見つかった
のは初めてです。

--------------------------------------------------------------

◆米兵裁判での法務省通達 主権放棄の重大な内容 現在も有効か 実態明かせ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-08-06/2008080602_04_0.html
 米兵が「公務外」で起こした犯罪の処理について、法務省刑事局が一九
五三年、“実質的に重要であると認める事件にのみ一次裁判権を行使する”
との通達を、全国の検事長、検事正あてに出していたことが判明しました。
(五日付既報)

 米兵の「公務外」での犯罪すべてに対し日本側が優先的に裁判を行う権利
(一次裁判権)を持っているにもかかわらず、“実質的に重要であると認める
事件”以外はそれを手放すという、主権放棄の重大な内容です。

167 :法の下の名無し:2008/08/08(金) 00:09:00 ID:13HxOkJv
法律が学問とか、法学者とか言ってるのは定期券売り場のおばちゃんが学者といってるのとおなじこと、
いい加減現実を見つめましょうw

168 :法の下の名無し:2008/08/10(日) 06:29:10 ID:ebZjSLE/
まあ、正論ではあるな

169 :法の下の名無し:2008/08/13(水) 03:24:29 ID:ZFat70Rb
文系最底辺学部=法学部 本当は誰もわかっているはずなんだけどね

いざ自分が法学部に言っちゃったら、そうわいえんわねw

170 :法の下の名無し:2008/08/13(水) 11:15:12 ID:QWFMOCVt
法務と法学を明確に線引きできる基準きぼんぬ

171 :法の下の名無し:2008/08/13(水) 11:26:05 ID:asNTenFl
何かヘマやった場合に、形式だけでも責任を取る人がいるかいないか

172 :法の下の名無し:2008/08/14(木) 22:37:55 ID:M1xfSi+i
法学=法務を学問としてみようとする試み->身内以外には完全にしかとされ失敗におわってるいる

173 :法の下の名無し:2008/08/15(金) 01:36:49 ID:yrGshmvP
今日も底辺法務に粘着してたら遅くなっちまったwwwww
明日も俺様の貴重な時間を底辺法務を監視するために使ってやるよwwww

哲学も理解できない底辺法務wwww

174 :法の下の名無し:2008/08/15(金) 01:50:51 ID:7+V8ETaa
法務は勘違いが激しすぎなんだよ、だから嫌われてるんだよ。
そこのところに早くきずいたほうがいいよ

たとえばさー法務博士ってなんだよ、これ博士号じゃないからな、わかってるだろうけど、
でも博士という言葉を最後まで譲らなかったのが法務の特徴をあらわしているなww

しかしながら、博士号とは認められないと一蹴されたんだからみじめすぎwww


175 :法の下の名無し:2008/08/15(金) 02:21:19 ID:yrGshmvP
わかるわ〜アホ丸出しの法務博士www
文学士以下のゴミ屑だな。

176 :法の下の名無し:2008/08/16(土) 02:14:18 ID:6oP8ZcU7
法務は確かに事務仕事だからね。
ただ事務仕事の手順を覚えるようなものだね。
正直小学生でも必ずできるよ。

177 :法の下の名無し:2008/08/20(水) 06:38:00 ID:TQUcv1hr
判例の言い回しを間違えずに唱えられれば偉い,みたいのが気に食わない

178 :法の下の名無し:2008/08/21(木) 22:56:19 ID:+a037Ts8
法務は本当に小学校生でもできます。

179 :法の下の名無し:2008/08/22(金) 00:25:02 ID:2zb4alvr
法律の存在を無くすために法について理解を深めるというのは間違った思想だろうか

法学は法務のためだけにあるのではなく
法の存在自体を疑うための学問だと思ってきたが

180 :法の下の名無し:2008/08/22(金) 23:05:18 ID:tDYtn1ei
法務はクソだよ
そんなことわかりきってるのにね
なんでこんなくそ板があるのかね

181 :法の下の名無し:2008/09/08(月) 18:51:56 ID:hPhZ5lm4
学問に優劣をつけている時点で、学問として矛盾してると思うんだが?

ああ、釣りか

182 :法の下の名無し:2009/05/03(日) 08:50:37 ID:+zM0xmEh
学問に優劣をつけてるんじゃない
学問と学問じゃないもの(法務をふくむ)をくべつしてるんだよw

183 :法の下の名無し:2009/05/03(日) 12:29:22 ID:0lCkhg4l
「法務学」って何だと思ったら、
国立大学法人九州大学大学院の用語だったんですね。

九大にコンプレックスを持って粘着する人が多いことは経験的にわからんでもない。
九州では「九大=東大>その他」だからね。




184 :法の下の名無し:2009/05/03(日) 13:01:06 ID:5E4rhUIi
L A W:Love Academic Works


185 :法の下の名無し:2009/05/03(日) 14:12:15 ID:NqMn+N5n
大学院まで行って3回試験落ちたやつ?が暴れてるだけだろ

186 :法の下の名無し:2009/05/08(金) 19:00:30 ID:YVYgDMF8
欧州の大学の歴史では最初にできた学部が法学部なんだそうだね。
日本の場合は明治時代、最初にできたのは工学部だったそうな。

187 :法の下の名無し:2009/08/26(水) 21:34:57 ID:qGLJm38q
朝鮮半島真実の歴史
Cool, KOREA!! ?? Dokdo ? ??? ??? Fuck'n Japan

http://www.youtube.com/watch?v=6-zgLG6Bhd

188 :法の下の名無し:2009/09/11(金) 11:36:54 ID:3DfJS5od
どうでもいいよ

189 :法の下の名無し:2009/10/01(木) 11:17:47 ID:kh41oHWA
>>186
神学部、法学部、医学部から昔の大学は構成されていたらしいな。
まあそんなことはどうでもいいけど。

190 :法の下の名無し:2009/10/15(木) 04:44:41 ID:VjP1hsYh
>>183
えっ?

191 :法の下の名無し:2009/10/16(金) 11:10:40 ID:3LSrLWQX
法務学って何?

192 :法の下の名無し:2009/11/08(日) 09:47:37 ID:12r7ezSs
法律は学問だっていったらアメリカ人に笑われた
そんなこというのはPh.d持ってない低学歴だけだってさ
正論すぎて言い返せなかった

193 :法の下の名無し:2009/11/16(月) 16:13:03 ID:9bXuBl9T
>>192
詳しく

194 :法の下の名無し:2010/01/01(金) 08:20:22 ID:1tQIFETN
基本的に研究系、学問系の大学院を終了し博士号を与えられたものには博士(PH.D)の称号が
あたえられます。哲学、数学、医学、工学…など

法務にはPH.Dは与えられません。

これは日本も同じですw

195 :法の下の名無し:2010/01/01(金) 14:08:48 ID:TbM4UTGh
哲学が認定されるかどうかでPH(フィロソフィ−)がつくのでは?

196 :法の下の名無し:2010/01/01(金) 14:12:50 ID:TbM4UTGh
>>100
言葉。

197 :法の下の名無し:2010/01/02(土) 01:53:49 ID:Kv/wqPjr
法務学は学問序列の中では最低位、というか学問ですらない。
法学部がもっとも位の低い学部です

198 :法の下の名無し:2010/01/13(水) 01:12:46 ID:y1LxsPZC
そんなの当たり前。

199 :法の下の名無し:2010/01/13(水) 23:19:39 ID:RtqE4vRl
その前に、数学が1番じゃないの?

200 :法の下の名無し:2010/01/31(日) 06:14:07 ID:sPAwz1BS
知るか

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)