5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【殺人を呼ぶ】死刑制度

1 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 07:36:55 ID:LNmqrKsz
声高らかに死刑を求める、合法の殺人。
やられたから、やり返すでは戦争がなくならないのと同じ。
アメリカの一部地域のように懲役250年くらいにして
一生生き地獄を味合わせた方が、殺人者にとって苦しいと
思うのだが、、合法とは言え死刑を求めるのは殺人ではないのか?
本当にそれで求刑する方は満足できるのか?心理が知りたい。
また、当時18歳一ヶ月の殺人犯の死刑が確定し、
死刑に対しての基準が下がる一方、死にたいやつが
死刑になりたいがために殺人を起こす、、これでいいのか死刑制度!



2 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 07:45:32 ID:1l8NjgtJ
いまだに死刑制度のある国なんて未開の野蛮人の国だけ
ヨーロッパ諸国をはじめ世界の多くの国では死刑制度を廃止している
日本はアメリカと並んで、毎年国連その他の人権機関から死刑制度の見直しを求められているが完全に無視
最近は「被害者感情」ということが声高に叫ばれ、裁判官もこれに呼応するように判決を厳罰化している
被害者なるものが死刑だ、死刑だと喚き散らせば死刑になり、それで被害者の権利が満たされたなんてなんか勘違いしているといわざるを得ない
凶悪な事件が起こるとマスコミもこぞって死刑を煽り立てる
正に野蛮人の集まりだよ、日本なんて国は

3 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 07:55:33 ID:LNmqrKsz
9年間も死刑を求め続けた例の彼は野蛮人確定でおけ?
それとも「被害者感情」で同情に値する人?

4 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 08:55:53 ID:ogPFkpmP
なぜ死刑廃止?

5 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 09:12:05 ID:LNmqrKsz
これもれっきとした殺人だからです。
罪を犯したからといって人を殺すのでは何かしら理由をつけて
戦争をするのと同じではないのか。これだから戦争はなくならない。
人を殺すような大罪を犯したものは一生かけてそれを償うべき。
逆にそのほうが犯罪者もつらいはず。
今の無期懲役は仮出所しても平均25年という長い年月になっている。
18歳で罪を犯した少年は当時から9年経った今、27歳になっている。
ここで無期懲役を受けると最低でも50歳を過ぎなくては刑務所を
でることができなくなり、かなりの負担を強いられる。
俺が犯罪者で刑務所に何十年もいなくてはならないなら
死刑にしてもらったほうが楽だ。死刑は刑を軽くしているに過ぎない。

6 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 09:50:58 ID:CcZsahNr
>>1

「やられたから、やり返す」

↑是は民族紛争て認めてる訳だよねえ?











っつうか文句有るなら帰れって。

7 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 09:52:00 ID:CcZsahNr
>>4 違う民族だから。

8 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 09:56:30 ID:CcZsahNr
>>2 日本もアメリカも未開の野蛮人のチョウセンヒトモドキ(含むB民)が沢山住んでるから仕方ないぢゃん。

9 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 10:03:41 ID:LNmqrKsz
>>4〜8

ごめん、俺ばかだから何言ってるか分からない

10 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 10:04:32 ID:LNmqrKsz
ほんとに馬鹿だ。

>>6〜8でした

11 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 10:47:26 ID:HIfB1Wgl
>>10 「やられたから、やり返す」

是は、日本人に死刑にされたら又やり返すと言う意味ぢゃないのか?
しかも戦争が無くならないのと同じと君が書いた訳だが。

君自身が何を書いたかは理解して貰いたい物だな。

12 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 11:19:23 ID:LNmqrKsz
やられたら、やり返すってのは「人を殺したから死刑にするって言う理論は・・」っていうことなんだが
それが読み取れないのでしょうか?なぜ民族紛争を認めるってことになるんだ?
やられたからやり返す理論があるから民族紛争などの争いごとがなくならないのではないかと
指摘している訳で。つまりそういった紛争は反対なんですが。
「日本人に死刑にされたら又やり返す」ってのはまったくもって意味が分かりません。
どう解釈したらそうなるんだ?

13 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 12:00:12 ID:CcZsahNr
>>12 あ゛?君が死刑制度が【殺人を呼ぶ】、連鎖性が有ると書いたんぢゃないのかね?

全く日本人殺害推奨、B民死刑反対論者ってなあ如何して出鱈目ばっかり書きやがるんだ?(笑

14 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 12:19:51 ID:LNmqrKsz
>>13

もしかして、あなた日本語母語じゃありませんね。どこの国からいらしたのかわかりませんが、
すいません、日本語説明しているほど暇ではないので。
もう少し日本でニュース見たり、日本語勉強してから
書き込みお願いします。m(_ _)m

15 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 12:25:29 ID:xE/yC+ql
ふざけた青木さん(ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2)は朝鮮猿だから
人間の言語を理解できないのです。


16 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 12:39:34 ID:CcZsahNr
>>14 B民だからってスレタイに位責任持ったら如何なんだ?

日本語読めませんってか?

17 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 12:57:24 ID:tq02uzH+
ゴーナキは日本語ではないのです。


18 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 13:02:50 ID:CcZsahNr
>>17 あんな朝鮮鳴き自体が日本式と言えるか如何か。

19 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 13:10:23 ID:LNmqrKsz
しかた無いなぁ、【殺人を呼ぶ】の意味を説明しましょう。意味が分からない人のために。

死刑になりたい人(19歳自衛官)がタクシーの運転手を殺して自主をするという事件が
昨日起きました。それ以前にもこの世に生きる希望をなくし、死刑にしてもらいたいと
殺人を起こす事件が何軒も起きており、死刑の執行が簡単に行われるようになればなるほど
これからもこういった事件が増えていくであろう、という意味で立てたスレタイです。

1:を読めば分かりそうなもんだが、、やはり異国の人にもやさしくてはいけませんでしたね。
すいませんでした。


20 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 13:14:02 ID:LNmqrKsz
やさしくては→やさしくしなくては

21 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 13:18:03 ID:CcZsahNr
>>19 自首も自主と間違えてる。

ならば自殺を法制化すべき問題、言い逃れを聞く気無いな。

22 :法の下の名無し:2008/04/23(水) 13:20:57 ID:LNmqrKsz
いいですねぇ、自殺の法制化。
素晴らしい案じゃないですか!そうすれば死刑になりたい人の殺人はなくなりますね。
おっしゃるとおりです。

言い逃れの意味が分かりませんが、結構日本語上手ですよ。

23 :ふざけたやつ ◆lioxHkwaX2 :2008/04/23(水) 14:20:28 ID:CcZsahNr
>>22 かんじがにがてみたいですからひらがなでかいてあげましょうにか?

きみのそこくみたいでよみやすいでしょう?ではさつじんじけんをへらすために、げんばつかとじさつのほうせいかにどりょくされたらいかがですか?
まあ、これをよんだからってじさつしないでくださいね。(わら

24 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 00:57:40 ID:z+qqDN+j
なんかめっちゃかぶったスレがたったが、まぁ似たような意見なのでよしとするか。

25 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 01:01:24 ID:z+qqDN+j
やっぱ死刑になりたいから、人殺しをするのはまずいよね〜
勝手に自殺すればいいのに。殺された人はかわいそ過ぎるよね。

26 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 01:05:57 ID:z+qqDN+j
1970年代の大学法学部の教授たちは圧倒的に死刑廃止論者が多かったらしい。
そのために弁護士になった人たちの中に死刑廃止を求める者がかなり多いのも事実。
今回の光市事件の被告人弁護団のように。
しかし、国民の7割は死刑制度の存続に賛成のようだ。
やはり、日本は野蛮人だね。満州事変で日本人が野蛮だといわれるわけがわかるよ。


27 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 02:23:58 ID:w9SejDkI
上告棄却ってどれ位の期間を経てでるんでしか?

28 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 06:26:22 ID:YDNcG9TY
        ,.、-ー- 、 .,
   /  ̄γ       ヽ
  /   γ/ / / /  ヽ
  /   γ/ / / / / /    ヽ
 {   、、、''¨"""'“'''''''弋.ミ    !
 {   {           ミ   }
  ヽ !           ゝ  /    死刑!死刑!死刑!死刑!
  ヽ/ 《≡≡、    =≡≡》  ミイ   死刑以外ありえない!!!
  | |-ー<ェェ>rー( <ェェ>ー-|.!. }
   !l ゝ----イ  ヽ----イ l! l
.  ヽ!    λ  ヘ       !/
    !    '-、_、-:'     /     絶対死刑! 死刑にならなければ、私が×す!
    ヽ   ,.....___......,   /     死刑判決、めっちゃ嬉しい!ざまあみろw
     ヽ  ヽ......ノ  ./
    /| ヽ、    _,/ ハヽ
  /  .! \`''''''''''''  / ト \
../    !  \   /   /   ヽ
 \   !  /ーヽ    /     ヽ


29 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 07:33:17 ID:ONrxtdsG
死刑になりたいから人を殺す輩がいるなら、余計に死刑撤廃がいいんじゃないか

30 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 11:30:10 ID:z+qqDN+j
>>29

その通り、死刑になりたいからって人を殺すって、、、
死刑制度がいかに本末転倒な結果を示しているかが分かる

31 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/24(木) 13:02:20 ID:M8OxmrsK
ん?後進国民とかが本末転倒なのは制度に何の関係もねえぢゃん。

元々幾ら援助してやっても後進国っきゃ作れない様な後進国民が先進国に住むっつのが無理有るんだよ。

死刑が嫌なら帰れ。

32 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 19:02:56 ID:HrRfbgDB
ふざけた青木さんは朝鮮猿だから死刑制度とは無縁です。


33 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 20:14:06 ID:z+qqDN+j
死刑にすることと、一生刑務所暮らしとどっちが殺人犯人とって苦しいか、多数決してみたいね。
俺はぜったい出ることのできない刑務所暮らしするくらいなら、死刑にしてほしいと思うよ。
俺みたいに考える人が多ければ、犯人にとって苦しいほうが被害者にとってありがたいのではないか。
刑務所で自殺するやつも多いみたいだし、今の若者で生きる希望をなくして自殺する人数の多さを
考えたら、自分のしたいことがなにもできない状況はかなり苦しいはず。
凶悪犯なんて一生閉じ込めておこうよ。自分で自殺するまで。こっちのほうが俺は残酷だと思ってる。


34 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 21:02:22 ID:pP7kzAeS
死刑が何ら犯罪への抑止にならないことは明らかだが、さりとて現在の赤字国家
(先進国はどこも赤字)にとっては、罪人に衣食住を与えることは困難になって
きている。したがって、国家は凶悪犯をポアせざるをえないという考えも成り立つ。
この点どうよ。

35 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 21:13:59 ID:z+qqDN+j
そうなんですよ。罪人を刑務所に入れておくのにかなりの税金が
使われているみたいだし、犯罪者も増加の一途をたどり、原宿に刑務所を作ろうなんて案が出る始末。
それは俺もどうすればいいんだろうと考えてました。そこで、犯罪者に重労働を課すのは
どうかと考えた。たとえば炭鉱で石炭を掘るとか。今、石油が値上がりしてるから、
日本の石炭の需要が増えてきてるらしいじゃん。こういった、作業をやらせることで
自分たちの生活費は自分たちでまかなうようにしたらどう?

36 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 21:45:51 ID:NwlarXg3
>>34
>死刑が何ら犯罪への抑止にならないことは明らかだが

根拠は?

37 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 23:32:51 ID:b4jqwwj4
>>34
> 死刑が何ら犯罪への抑止にならないことは明らかだが、

論理が飛躍してるね。

今までの議論から、「死刑が犯罪への抑止になることもあれば
ならないこともある」ということしかいえない。


38 :法の下の名無し:2008/04/24(木) 23:54:14 ID:pP7kzAeS
>>36
>根拠は?

出典は忘れたけど、アメリカの犯罪学者の本の説。死刑制度のある州とない州との
凶悪犯罪の発生率を比較して、死刑があってもなくても、さして変わりがなかった、
という報告。「死刑が犯罪の抑止にならない」というのは無効では枕詞のように
使われているが…。反対の有名な仮説ってある?「死刑は抑止になってるじゃんか!」
ってやつ。

39 ::2008/04/24(木) 23:55:25 ID:pP7kzAeS
無効→向こう(アメリカやカナダ)

40 :法の下の名無し:2008/04/25(金) 00:37:02 ID:dKyWlaU1
まあふつう、人をぶッ殺してやろうという時に、「これって死刑になるのかなあ」
なんて思わない罠w 計画殺人にしたって、逮捕されないように計画ねるんだろうけど、
自分が死刑になるなんて微塵も思わないよな。てことは、抑止になっていねえんじゃ
ないか? 飛躍か? 死刑が抑止になるばあいってどいう時だろう???

41 :法の下の名無し:2008/04/25(金) 00:55:57 ID:snufP4Xv
死刑になりたいからといって人殺しをする馬鹿が出るから
死刑反対ですかそうですか。
爪を1枚ずつはぐところから始めて
苦しみもだえて死ぬ死刑を導入しよう。
あるいは死刑ですらなく、市役所で手続きをすると
所定の期日に意思を再確認した上で殺してくれる制度。

42 :法の下の名無し:2008/04/25(金) 02:15:14 ID:YeZ96UZw
なんですか、拷問に興味有???

43 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/25(金) 08:34:00 ID:Y3eyEVS9
お互いに自分に関係ない人種がどんな死に方しようが興味ねえし。

まあ、やられたらやり返す、是基本。

44 :法の下の名無し:2008/04/25(金) 13:04:05 ID:XbQcq7Zq
お前にできるのかよ、猿

45 :法の下の名無し:2008/04/25(金) 13:23:50 ID:gTJG9xKG
危険な朝鮮猿は猟友会の方によって射殺されるでしょう。


46 :法の下の名無し:2008/04/26(土) 00:32:05 ID:cvs4pM/6
「殺す人」だって苦しいだろうによー
それこそ物心つく頃から殺人はいかんという倫理が刷り込まれてて
心の奥底で人間を縛る
人を殺したがる奴は死ねばいいとしても役目としてそいつを殺す人こそ辛い

47 :法の下の名無し:2008/04/26(土) 00:58:59 ID:ORGKFOiA
今、死刑執行人の精神疾患が問題になってるね。多くの執行人がうつ病や精神異常で職場復帰が難しくなっているそうだ。
そりゃそうだよ、まともな人間が人を殺すんだから。
せっかく公務員になったのにこんなことさせられるとは思ってもみなかったろうよ。


48 :法の下の名無し:2008/04/26(土) 01:15:07 ID:khSwNvOW
大変だな

面倒なら俺が代わって
やってもいいぞ

49 :法の下の名無し:2008/04/26(土) 11:08:16 ID:ORGKFOiA
今、テレビ見てたらすごい結果が出た!
裁判員制度で、もし自分が裁判員になったら死刑判決を下せるかという質問で
89%がくだせるという結果になった!

野蛮国 日本万歳!

50 :法の下の名無し:2008/04/27(日) 22:20:47 ID:lclXKGy+
野蛮国日本万歳!
ところで、社会から排除することに決めた人間に
税金つぎ込んで生かしておくことの意味って何だ?

51 :法の下の名無し:2008/04/28(月) 08:04:23 ID:ZwEX7swW
〜アルバイト募集〜(法務省)

職種  刑場での雑務スタッフ
内容  ボタンを押す簡単な仕事です
時間  @8:00〜12:00 A13:00〜17:00
場所  東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、広島(全国に出張もあり)
給与  1押しにつき3万、@+Aは7万(精勤手当込み)
残業  対象者が暴れた場合は残業あり
その他 交通費支給、昼食・和菓子つき
     業務完了後は打ち上げ会あり(無料)
条件  口の軽いかた不可
     暴れる囚人を制圧できる体力ある人歓迎


52 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/28(月) 12:38:18 ID:AZl7CTVo
釦押してえ、真面目な顔で「ポチっとな」とか言ってみてえ。

つうか裁判員制度俺の所に来ねえかな?今から楽しみ。

53 :法の下の名無し:2008/04/28(月) 15:23:01 ID:CP/luE+I
猿は裁判員にはなれないよ。


54 :ふざけた奴 ◆lioxHkwaX2 :2008/04/28(月) 16:58:08 ID:Ffg5AXp2
>>53 え゛!何でよ?

55 :法の下の名無し:2008/04/29(火) 13:36:25 ID:aew4y82m
>>51
案外いいぞ、このバイト。

56 :法の下の名無し:2008/04/30(水) 02:23:48 ID:2+a6+07l
みんな、死刑は殺人だってことに気付け!!

57 :法の下の名無し:2008/04/30(水) 07:00:19 ID:dgtESqIV
大丈夫、みんな知ってる

58 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 01:38:54 ID:LNfiUEmE
なぜ、死刑を適用するのか。死刑があることによって犯罪が抑制されるということが1つ。
他には遺族者感情から報復の手段として行うもの。また罪人に懲罰を課すという目的で。
しかし、遺族者感情からの刑罰ははなはだしく法治国家の刑罰基準からははなはだ不当である。
つまり、死刑廃止が存続するかどうかは、犯罪が抑制されるかどうかで決めなくてはならない。
その視点からいうと、このスレタイにもあるように、犯罪抑止どころか、死刑があることで
新たな殺人を呼ぶ始末。本当に死刑が日本にとって必要なのかどうか、考える時期にある。
先進国で未だ死刑が存続しているのはアメリカや日本などでヨーロッパは死刑廃止の国が
増えてきている。表向きは犯罪者の人権ってことになっているかもしれないが、やはり
殺人は良くない、ということに集約される。ガンジーの非暴力の教えのようなものだ。
死刑に犯罪抑止力がなければ、死刑存続の意味がない。早急に死刑を廃止し、終身刑を
導入すべきだ。

59 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 01:46:53 ID:LNfiUEmE
刑務所に勤める死刑執行人はほぼ100%の人たちが、今まで死刑を肯定してても
死刑反対に回るそうだ。二度と死刑を執行したくはない、という証言を多くの
死刑執行人がしている。やはり、死刑を執行することがいかに人道的でないか現場の
人間が一番良く知っているのである。現場の人間から死刑廃止を法務省に訴えて
もらいたい。

60 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 02:21:15 ID:vW/ZkD0q
死刑が国家による殺人という批判は法的な評価としては適切でないと思う。
殺人である以上は被告人を故意に有罪にし、且つ量刑において死刑を恣意的に選択したと言えるだけの
客観的な理由が必要ではないか?
とすれば、誤判によって死刑を執行されるというのは
原則として国家の業務上過失致死ということになる。
ところで死刑判決が確定し、刑の執行が未だなされていない受刑者が
再審請求している例が現在も多数あるが
多くは却下されているようだ。
私自身は具体的に調べていないが再審請求の却下は十分よく検討されねばなるまい。
というのも再審により、特に極刑たる死刑判決を覆すことは
裁判官の個人的地位や立場によっては適正にこれがなされない可能性もある。
また、法的安定を重んずるあまりに再審が機能しないかもしれない。
特に極刑の場合には法的安定という点でもその躊躇が大きいのでないか。
しかし、極刑こそ再審制度の意義が最もあるといえなくもない。(批判があると思うが)
それゆえこの点は現在形骸化した感のある最高裁裁判官の国民審査の格好の材料でないかと思った次第である。

61 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 03:24:37 ID:93LvUE4W
死刑になりたくて殺人したヤツを死刑にしたら、自殺幇助だよね?

62 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 10:34:06 ID:cvXLmNsv
質問なんだけど死刑を廃止した国でその後
死刑に相当するような凶悪犯罪が増加したという統計的なデータはあるのかな?

63 :法の下の名無し:2008/05/01(木) 11:35:43 ID:i7G5FzSX
日本の犯罪率は低いんだからそれでいいじゃん
犯罪被害者よりも学問的な筋の通し方の方が大切だろうか

マンガを規制したいのか、子供の人権を守りたいのか
はっきりしない宗教団体的な臭いを感じる

64 :法の下の名無し:2008/05/03(土) 01:23:51 ID:VGZWEYIY
本村さん、死刑執行人に転職したらどうなのかな。

65 :法の下の名無し:2008/05/04(日) 00:42:49 ID:7yDfTcnG
>>61
自殺幇助が成立したら、死にたくない死刑囚を殺したら殺人罪も成立しちゃうよ

66 :法の下の名無し:2008/05/06(火) 19:19:04 ID:7MSh3Lbs
>>61
自殺幇助は無理だろ。
国家の刑罰権行使による自己の死を目的・動機として
殺人をしたとき、
犯人の行為は自殺か否か?
一般的に自殺と呼びうるような客観的な状況がなければ
動機が上記のものであっても
行為の実態は殺人なのだから、自殺幇助にはなるまいよ。

67 :法の下の名無し:2008/05/06(火) 23:28:45 ID:WRwB64j1
>>61は自殺幇助が成立しないのは当然知ってるものと思ったけど
別の意味で、死にたい人が@他人を殺すA死刑を自殺の手段とする(国家の自殺手助け)
という問題点を言ってるんじゃないのか?

68 :法の下の名無し:2008/05/08(木) 19:30:09 ID:tyYNj/cv
死刑は、憲法36条に反するから違憲だね

69 :法の下の名無し:2008/05/10(土) 22:48:53 ID:NnsDtUON
最高裁判例を見ろ

70 :法の下の名無し:2008/05/11(日) 01:43:12 ID:78EEKlsK
日本は民主主義、法治主義であり、その主権は国民にある

そして国民は、国民の投票により選ばれた国会で定められた法律に従う義務がある

三権分立の原則を無視して、司法判断を踏みにじる権利は
法務大臣であろうと存在しない

国民の審査を経た最高裁判所が、決定した判決は速やかに執行されなくてはならない
違憲立法審査権であろうが、死刑判決であろうが例外は無い

国民の意思なんてどうでもいいというなら話は別だが

71 :法の下の名無し:2008/05/11(日) 02:36:54 ID:rqIDocHB
患者7人への延命中止、元外科部長を殺人で送検 富山県射水市民病院 ttp://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1210393635 
富山県射水市射水市民病院の延命治療中止問題で富山県警は、人工呼吸器が外された患者7人について、元外科部長の
伊藤雅之医師(52)を殺人で富山地検に送検する方針を固めた。延命中止の是非が議論となり、伊藤医師を送検するか
検討していたが、地検に判断を委ねることにした。伊藤医師が勤務していた同病院で、00年9月〜05年10月、主治医を務めた
男性4人と女性3人について人工呼吸器を外すことにより死亡させた。伊藤医師が呼吸器を外さなかったケースもあるが、県警は7人について
責任ある立場だったことを重視した。呼吸器取り外しを巡っては、北海道立羽幌病院の女性医師が05年に、和歌山県立医科大付属病院紀北分院
の男性医師が07年に、殺人で送検された。しかし、検察は因果関係が立証できないとして不起訴とした。富山県警は、医師3人に
呼吸器を外したことと死亡との因果関係について鑑定依頼。伊藤医師については聴取は70回に達した。〈1〉殺意について、
医師であれば呼吸器を外せば死亡することをわかっていた〈2〉呼吸器取り外しと死因との因果関係はあると判断。伊藤医師は「殺人と思ってない」
と話してる。発覚した06年3月以降、ほかの病院でも呼吸器取り外しによる延命治療中止が行われた実態が明らかになり、
ルール化を求める声が上がった。日本救急医学会は昨年10月、延命治療中止の指針となる提言をまとめた。厚労省も昨年4月、
延命治療を中止する過程を明示した終末期医療指針を示したが、医師の免責は盛り込まれなかった。
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080510-OYT1T00095.htm

裁判員制度の対象事件だね
殺人鬼の医者は死刑にするべき
検察が不起訴とかおかしい

72 :法の下の名無し:2008/05/12(月) 13:23:14 ID:WAULFwEg
死刑なんか無くなれ

73 :義務教育:2008/05/12(月) 20:24:20 ID:pd+Mae6t
死刑制度に賛成の人が多いのね。かきこむアンちゃんたち。遺族に自分を重ねすぎだっツーの。死んだ人に人権は無く、抑止力にも成らないって立証済み。法的思考無いね。





74 :法の下の名無し:2008/05/13(火) 02:03:45 ID:IMgEn3Dq
ねぇ、人を殺したい人を刑務官にリクルートすれば丸く収まるじゃん。

75 :法の下の名無し:2008/05/13(火) 08:40:54 ID:laCMS1jI
基本的法制度に関する世論調査
ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-houseido/index.html
>(1) 死刑制度の存廃
> 死刑制度に関して,「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」,「場合によっては
>死刑もやむを得ない」という意見があるが,どちらの意見に賛成か聞いたところ,
>「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と答えた者の割合が6.0%,
>「場合によっては死刑もやむを得ない」と答えた者の割合が81.4%となっている。
>なお,「わからない・一概に言えない」と答えた者の割合が12.5%となっている。

日本は民主主義の国です
国民が死刑制度存続を望んでいる以上、死刑は続きます

民意なんてどうでもいいやと開き直る政治家を褒め称える人が多ければ話は別ですがw

76 :法の下の名無し:2008/05/13(火) 22:15:10 ID:X1zkIZ5B
刑務官だって最初は公僕としての義務を立派に果たすぞ
と思って仕事してるんだよ

ただ、例え松阪牛や薩摩の豚でも
飼ってるうちに愛着が湧いてくるもんだからな

77 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 10:15:58 ID:n2ZTWPUB
いや。単純なんだよ。死刑反対する奴は。単純思考。
そんな偽善者ぶって人権主張している馬鹿はいったい全体何を考えて
いるのかと問いたい。死刑はあって然るべきであり、不当に人命を奪った
奴が生きながらえることは、被害者の人権を無視している
ことになるだろ。
日本では死刑存続論が大部分を占めている。他国が強引に死刑廃止
を求めたり、周辺諸国の死刑廃止に流されて、はい、そうですか
と簡単に廃止するようであってはならないと思う。

以前、死刑が怖くて殺人できなかったと言っている人をテレビ
で見たが、死刑はよくし効果が期待できるには事実。

78 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 10:40:47 ID:05IeodK0
>>77
ヒント
冤罪の可能性
憲法の規定
国家が人を殺すことの意義


79 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 13:59:39 ID:Qq0FJqw9
基本的法制度に関する世論調査
ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-houseido/index.html
>(1) 死刑制度の存廃
> 死刑制度に関して,「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」,「場合によっては
>死刑もやむを得ない」という意見があるが,どちらの意見に賛成か聞いたところ,
>「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と答えた者の割合が6.0%,
>「場合によっては死刑もやむを得ない」と答えた者の割合が81.4%となっている。
>なお,「わからない・一概に言えない」と答えた者の割合が12.5%となっている。

「死刑廃止か・存置か」という意味では、おそらく存置指示の方が多数ではあるんだろうけれど、
統計の取り方については、批判のあるところではある。
・一般の人で、死刑の是非について明確に詰めて考えている人はいないと思われるが、
 その場合、「絶対廃止」「場合によってはやむを得ない」では、「場合によって」の文言の曖昧さ・幅の広さから
 「とりあえずの回答として」それが選ばれる可能性が高いと思われる。
 「やむを得ない」という書き方も、自分が積極的には死刑を指示するとういうのは嫌だが、「やむを得ない場合」なのだから仕方がない、という心理的な逃げ道にもなるのではないかと思う。
 たとえば、「原則的に死刑廃止・死刑は内乱罪など特別の犯罪に限る」という選択肢があれば、それなりの票を集めるのではないかと想像する。

・調査の時期も、恣意的に選択されていないかという批判はある(その当否は確認する必要があるが)。


80 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 14:15:51 ID:Qq0FJqw9
>>77
>死刑はあって然るべきであり、不当に人命を奪った
>奴が生きながらえることは、被害者の人権を無視している
>ことになるだろ。

「生命の侵害がなされた場合、侵害者の生命を奪うのでなければ、生命を奪われた被害者の生命の尊厳が保てない」
という観念に基づく立論ではないかと思う。

ただ、死刑は、法制度上、新たな生命侵害を生じるものである。
上記の観念やそれに基づく立論が、法律的になぜ正当といえるのかは、存置論の側から、もう少し解説が必要なところではないかと思う。
(少なくとも、功利主義的な正義観からは排斥される考え方だと思う)

81 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 14:56:29 ID:Qq0FJqw9
>日本は民主主義の国です
>国民が死刑制度存続を望んでいる以上、死刑は続きます

「民主主義」である以上、法律制度の改廃が、原則として民意に従うべきというのはその通りだと思う。
ただ、
「国民の多数が死刑制度存続を望むから、死刑制度は存続されるべき」というのは、死刑存置の現状を正当化するものではあっても、
将来にわたって、「国民の多数が死刑制度存続を望む」ことを保証するものでもなければ、
「死刑制度の存続が望まれるべきだ」とするものでもない。

また、死刑制度が、人権侵害・憲法違反の問題を孕むものであれば、国民の多数派の意見とは別に、
その是非が論じられる必要があるだろう。


82 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 15:06:44 ID:Qq0FJqw9
>他国が強引に死刑廃止を求めたり、周辺諸国の死刑廃止に流されて、はい、そうですか
>と簡単に廃止するようであってはならないと思う。

死刑廃止論者は、単に世界的潮流が死刑廃止にあると指摘するだけでなく、どうして先進諸国が死刑廃止に向かったのか、死刑廃止の状況はどのようなものか、具体的に説明する必要があると思う。
死刑存置論者も、国民の「多数」が死刑制度を望んでいることを存置すべき根拠とするのであれば、世界的な「多数派」が死刑廃止にあることについても何らかの回答をする必要があると思う。



83 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 15:16:28 ID:KOwwN6zn
差し当たって死刑廃止派の言い分に説得力があるかだな
今の所、廃止派の人間が満足するだけで
廃止することによるメリットが感じられないと思う

廃止派も別に相手を非難すると自分の主張が正当化されると
考えてるわけでもないでしょ
早くメリットを言って欲しい

84 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 16:26:32 ID:p3qz6hUZ
死刑廃止なんかしてもメリットなんかないっしょ。
ただ死刑になりたかったとかほざく犯罪者用に死刑とは
別の刑を作ってほしい。
死ぬよりつらいやつね

85 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 17:58:45 ID:FndX2UWw
犯罪者の 自分だけは殺されたくないという見苦しい命乞い だろ

86 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 08:57:37 ID:FAy0gnOK
死刑廃止のメリット

・死刑を求める犯罪を食い止めることができる
・死刑の代わりに終身刑を置くことで、犯罪者の反省を促せるかもしれない、また、死刑よりもつらい現実を与えることができる
・終身刑+強制重労働の設置により、犯罪の抑止が期待できる
・犯罪者の労働によって社会に貢献できる(強制労働させ、その対価は犯罪者自身の生活費にし、残りは社会に還元)
・死刑執行人の精神的苦痛による精神病の排除
・人道的知見による死刑廃止先進国との格差是正

まだまだ、死刑廃止にはメリットいっぱい!他のメリットもみんな書き込んでね。


87 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 13:27:41 ID:I6f0mVpu
>>86
死刑にすれば二度と犯罪起せないし、反省などもたら、ればの話。
強制重労働も現実味が無く生産効率も極めて悪い。それゆ社会貢献もありえない。
妄想の域を出ずレベル低すぎる。

88 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 13:42:05 ID:s1U+XWHm
やっぱり冤罪の問題はひっかかる。
ロス疑惑のなりゆきをみていても司法の最終的な決定に信頼性がないし。

89 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 14:14:07 ID:WW6Q0vVU
だったら冤罪であることを証明すれば?

何の証拠も出さずに言ってるだけじゃ、ただの妄言だぜ

90 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 14:16:27 ID:s1U+XWHm
ロス疑惑については無罪が確定しているんだよ。なにをいまさら

91 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 16:39:56 ID:FAy0gnOK
>>87

死刑にしたら反省をさせることはできなくなる。可能性を消去してしまうのはどうかと。
死刑は >>1 にもあるように、自殺者が急激に増加するなか、死刑を求めて
殺人を犯す者が増えてきている。殺人を犯したやつを死刑にするほど、厳しく
していこうとするならば、一人でもこういうやつが出ては困るのではないか。
犯罪に対して抑止力が働くことこそ一番。生産性が悪いとか、社会貢献も
ありえないとか、決め付ける方がレベルが低いのではないかと。
さまざまな問題に対して、どうしたら良いか考えていかなくてはなにも変わらない。
良い方法を考えていこうとする分、あなたよりまし。


92 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 19:37:12 ID:8gNvvQ17
>>91
死刑になるのがイヤで自首した者もいる
たら、ればや空想ならどんな事でも言える。
現実を直視できない妄想だ。


93 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 19:50:15 ID:IEGbpMyD
>>86
・解散する人権団体から社会にお金が回る
・死刑廃止に燃える労働力を、実社会へと還元できる
・最悪の場合、終身刑を勝ち取れば一生食いっぱぐれない
・運悪く出所しても、再犯を行うことで安心して塀の中に戻ることができる
・「つかまっても死刑はない」という覚悟で活動できる

こんなもんかな。他にもある?


94 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 20:59:07 ID:pA+Vli8O
戦争と死刑を同一視すんなタコ。
大多数の人間にとって一番したくないもの、そして嫌なものが死。
ならば罰という理念からすれば、一番相応しいものが死、すなわち死刑。
「やられたら、やりかえすダメ」「国家が殺人していいの?」etc.
こういうドラマや漫画、評論家、メディアの二番煎じばかり聞いて、
いや、だけしか知らない、知ろうとしない、考えようとしない腐った脳みそだけしか持ってないカスが世界の大多数だからそれが正当化されて正しく見える。
そして、さもヒーローになったかのように真顔で死刑廃止を訴える。笑っちゃうね
死刑になるような、人を極限まで傷付けて拷問と表現しても余りあるような、
そしてその人の人権をそういったファクターによって極限まで侵害するような人の殺し方をした奴に対して人権を使うなんて個人的な憤りすら感じる。
   基 準 ?  人権云々豪語するタコが殺された人の人権は考慮しないのか。
人権というのは人に対応するものだろう。死んだら無関係か?なら早く犯罪者など殺してしまえ。

95 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 21:34:32 ID:IEGbpMyD
>>94
なるほどな、死刑にして「死んでしまえば人権は消える」んだもんな。
廃止派様がよく仰るとおりに、ね。


96 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 23:11:06 ID:FAy0gnOK
>>92

はぁ?話になりませんな。まぁ、現実世界でがんばんな。
社会の犬が。

97 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 00:35:41 ID:Gwn+2PWx
死刑判決を出すのは裁判所
検察ではありません

98 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 04:17:32 ID:KgzIWnr7
>>96
俺は現実社会でがんばるよ
お前は妄想社会で頑張れや
妄想君

99 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 08:08:21 ID:Kux/pHxF
>>98

なんか、2chって妄想って言葉がはやってるよね。
高度経済成長時代、週休2日制なんてものはありえる話ではなかった。
そんなこと言おうものなら、はぁ?この人何言ってるの?こんなに忙しいのに、
週2日も休めるわけ無いだろ、ってのが社会の常識だった。でも、今はどうだろう。
週休2日制は定着し、週休3日制まで導入しようなんて企業も出る始末。人の話を妄想で
かたずけるのは簡単だが、そこをどう打破するのかってのはとても大切だと思う。
たぶん>>98みたいのは、上司から言われたことは、どんな理不尽なことでも何でも仕方が無いとやるような人物なんだよねw
俺は>>91の方が意見はどうであれ、前向きな考えだとおもうけどね。


100 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 08:24:54 ID:HJjZPr1t
民主主義にしたがって選挙で選ばれた議員による国会が決めた法律
それに基づいた裁判所の判断を踏みにじる権限は法務大臣であろうと持っていない

国は速やかに死刑を執行する責任がある

101 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 10:53:15 ID:kvjHtr7r
>>99
別に流行ってないだろ。
高度成長期でも休んでる人はいたし、
今でも毎日働いてる人はいてる。
少なくとも週休制などは実現出来るように行動していたから出来たもの。
>>99みたいにネットや頭の中だけで終わらせてないよw
>>91が行動も起さずネットや頭の中だけなら空想や妄想の域を出ないけどね。

102 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 12:10:07 ID:uje4dsTC
>>100 こちらへどうぞ。
裁判所の決定が正義なのか?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1140003345/


103 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 13:32:52 ID:Kux/pHxF
>>101

終身刑ができたときに、>>101はどうするんですかね?
あなたの考えを妄想といってしまって申し訳ない、とでも謝罪するのでしょうか。
まぁ、それはいいとして、行動を起こさなくては何も始まりませんね。
>>91が行動を起こしているかどうかは分かりませんが、変えれるかもしれないと思っている人に
初めから無理と決め付けてしまう人はどうかと思います。初めて週休2日制を言った人は
初めは、かなり社会の風潮から閉ざされていたと思います。しかしがんばって行動を起こした結果、
労働者の権利として勝ち取ったわけです。何か変えたと思ってる人があなたみたいな負け犬根性がしみついた人から
妄想といわれることは、屈辱でしょうねw

負け犬で何も行動を起こせない人に、何か行動を起こせって、あんた、なにさま?っ手感じですw
でも、わからないでもないですよ。何もしないのが一番楽ですからw


104 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 13:35:27 ID:uje4dsTC
中国とか北朝鮮とかはやっぱり死刑存続国家なんだろうな。

105 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 13:44:06 ID:PDiljkEK
>>103
あらら、誰も終身刑が出来ないって言ってないんだけどねw
週休二日制の事も思いますって事、事実かも知れないし、
風潮から閉ざされてなかったかも知れないって事だよね。
それを想像って言うじゃないの?
そんなに屈辱でしたか?w
別に週休二日制を実現させた人に言ってる訳じゃないし。
死刑制度は今在るわけで行動するのは廃止を訴える側でしょ。
何様ってお互い様ですw
お互い何もしないのが一番楽ですもんねw。

106 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 13:55:43 ID:Kux/pHxF
>>104

日本も中国や北朝鮮と同じ考え方をもった民族なんですよね。

>>105

屈辱かどうかは言われる人によると思いますよ。
ニートのあなたに言われるのはつらいかと思いますw

まぁ、楽しましょうw



107 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 14:00:58 ID:PDiljkEK
>>104
アメリカにも州によってあるし、
終身刑、強制重労働は中国、北朝鮮にあるよ。

>>106
屈辱になるほど傷つけてしまって申し訳ないw
ニートって叉お得意の妄想ですかw

そうですね楽しみましょうw
でも、早くしないと今日も死刑判決でましたよ。
いいのですかね〜。

108 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 14:58:44 ID:Kux/pHxF
あれっ?ニートあたっちゃいました?
ごめんなさい、いけないこと言っちゃったみたいでw

死刑ですか。しょうがないですね。市長殺したんですもんね。

109 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 15:06:32 ID:PDiljkEK
>>108
妄想の意味ご存知なかったみたいですね。
これは失礼しましたw

死刑もしょうが無いと判って下さって嬉しいです。
此処で議論したかいがありました。

110 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 15:32:05 ID:Mrn4F4DD
次スレあればタイトルは 【口喧嘩を呼ぶ】死刑制度

111 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 15:34:40 ID:Kux/pHxF
ごめんなさい。日本語あまり上手じゃないので。
まぁ、でもニートなら時間たくさんありますもんね。たくさん妄想してください。
妄想の使い方あってますか?

私は死刑廃止論者じゃありませんよ。あなたと議論した覚えもありません。
それこそ、妄想ですよねw

あなたみたいな人が犯罪を犯したときには、何としても死刑にしてもらいたいので、
死刑は存続すべきですねw 真実味がありすぎましたね。ごめんなさい、ニートさんw




112 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 15:45:02 ID:PDiljkEK
>>111
妄想の使い方はよく判ってらっしゃるみたいですよ。
貴方の書き込みを妄想というのですから。

議論も出来ないとは失礼しましたw
理由はどうあれ死刑が大事だと判って下さって嬉しいです。妄想君w

113 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 16:20:35 ID:Kux/pHxF
理由はどうであれ、って認めるんだ。
まぁ、ニーとだからね。社会の何の役にも立たず、2chが唯一の人と接する機会。
そんなやつが、死刑に関心をもつとは。ちゃんと働いて社会に貢献しなさい。
死刑云々っていってる場合じゃないよね。そうじゃないと社会のごみだ。
殻に閉じこもって、犯罪犯すなよ。

しまった、ごみと話してる暇は無い。仕事しますよ。では、ニートさん。


114 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 16:37:36 ID:3rELhBW0
>>107
中国や北朝鮮は、死刑、終身刑、強制労働の三点セットなんだね。最強だなw
いずれにしろ厳罰主義か。

115 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 16:37:47 ID:PDiljkEK
>>113
流石、妄想は得意なようですねw
死刑制度が必要だと書き込みしていただいただけでも、
本当に嬉しいですよ。
貴方のように一人でも多くそう書いていただけるように頑張ります。

しまった、妄想君に書き込みしてる暇は無い。
私も仕事しますよ。では、妄想君。


116 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 16:41:05 ID:PDiljkEK
>>113
あ、そうそう
同じ時間帯に同じ様に書き込みしてるって
五十歩百歩ですよねw

117 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 23:03:41 ID:7Ks+ZUTm
ムキになって死刑スレで言い合いしてる人キモチワルイ

118 :法の下の名無し:2008/05/27(火) 23:10:29 ID:bVafmk2A
データなんか取りようが無いんだから
社会系の学問板で妄想だの詭弁だの言ったって
始まらないだろう

むしろ、自分の学歴や社会的な地位を書き込んだほうが
効果的じゃないのか

119 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 00:13:44 ID:mU2Qoldf
だーかーらー
死刑についてのスレで社会的な地位書き込んでどーすんの?
学問板て…勝手に広義的に解釈すんなっての。
ここは法学板で、そして死刑についてのスレなの。幼稚な言い合いに使うスレでなければ見当違いで阿呆な助言をするスレでも無いんだよ?
ちなみにこれ周知の事実ね

120 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 07:32:11 ID:fibIYv5A
スレみてて思ったんだけど、死刑肯定するやつってやっぱ攻撃的じゃね?
けんか好きっていうか。他人の意見を受け入れようとしないよね。
カウンセリングマインドがひとかけらも無い。そういう奴らと話合いにはならんよね。

ちなみに俺は死刑廃止論者じゃないよ。

121 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 10:16:45 ID:RPVOpe4u
確かに言ってる>>120はそんな感じだなw

122 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 14:43:43 ID:fibIYv5A
だーかーらー

123 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 14:44:33 ID:fibIYv5A
>>121

でた!こんな感じ。こうやってけんか吹っかけてくる、みたいな。

124 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 15:06:42 ID:y4sncVtZ
でた!って
どうみても先に話題にして喧嘩吹っかけてるのは>>120fibIYv5Aお前だろw。
自分の事を棚に上げてるとわ・・・
ある意味すばらしいw

125 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 15:12:11 ID:y4sncVtZ
fibIYv5A自分の書いてる事読み返してみろ。
自己分析は当たってるぞ。

126 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 16:52:36 ID:fibIYv5A
wこれ何?
人を馬鹿にするマークですか?

127 :法の下の名無し:2008/05/28(水) 23:19:12 ID:nyv7v0jz
そうだろw

128 :法の下の名無し:2008/05/29(木) 01:02:14 ID:2n4WJNgw
>>127
バカにしてるのでは無いだろ ただ笑ってるだけ 2チャンでは普通
>>126もこのスレ見てたなら何度も出てるし違うスレでも出てるから普通解ると思うが



129 :法の下の名無し:2008/05/29(木) 01:09:44 ID:2n4WJNgw
>>126
ここで書いてる>>111>>112>>114にwの意味聞いてみたら?

130 :法の下の名無し:2008/05/29(木) 18:48:27 ID:E1ElPPiU
ひどいマジレスをみた

131 :法の下の名無し:2008/05/29(木) 22:04:17 ID:BjuZQ8fi
ムキになりすぎワロタ
早く>>126は大人になれ

132 :法の下の名無し:2008/06/04(水) 21:00:48 ID:jUg+4FRF
通常犯罪に対して死刑を存置している国

アフガニスタン、アンティグアバーブーダ、バハマ、バーレーン、バングラデシュ、
バルバドス、ベラルーシ、ベリーズ、ボツワナ、ブルンジ、カメルーン、チャド、
中国、コモロ、コンゴ民主共和国、キューバ、ドミニカ、エジプト、赤道ギニア、
エチオピア、グアテマラ、ギニア、ガイアナ、インド、インドネシア、イラン、イラク、
ジャマイカ、日本、ヨルダン、カザフスタン、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国、
クウェート、レバノン、レソト、リビア、マレーシア、モンゴル、ナイジェリア、
オマーン、パキスタン、パレスチナ自治政府、カタール、セントクリストファーネビス、
セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、サウジアラビア、シエラレオネ、
シンガポール、ソマリア、スーダン、シリア、台湾、タジキスタン、タイ、
トリニダード・トバゴ、ウガンダ、アラブ首長国連邦、米国、ウズベキスタン、
ベトナム、イエメン、ジンバブエ

133 :カムイ・ミンタラ:2008/06/05(木) 22:41:10 ID:hhJoxWh/
「タカジンのそこまで言って委員会」の中で、ブスの田島陽子がこう言っていたと思う。
 「あんた方だって人を殺すことがあるかも知れないから、あんたたちも死刑制度に反対すべきだ」

 別な日、安田弁護士らグーループの一人、老弁護士が出てジンボウ氏の横で確実にこう言った。
 「我々は、いつ人を殺すかわからない。それを考えたら死刑制度は、無い方がいいんだ。」

 悪徳弁護士ばかりじやーない。
 変な人権派弁護士がいるもんだ。
 明日、その場面を掲載しようと思う。
 掲載したら死刑になるか。
 http://blog.zaq.ne.jp/abcdefghi/

134 :法の下の名無し:2008/06/07(土) 17:37:47 ID:VIFUVppe
同時テロ被告2人が死刑を希望 「殉教者になりたい」と

キューバ・グアンタナモ米海軍基地(CNN)
当地に設置された特別軍事法廷で、米同時多発テロの主犯格とされる国際テロ組織
アルカイダ幹部のハリド・シェイク・モハメド被告ら5人が殺人罪などに問われている
裁判は5日、被告全員が初出廷したものの、罪状認否を拒否した。同被告ら2人は
法廷で、死刑によって殉教者になることを望んでいるなどと述べた。

同法廷では今年2月、モハメド被告のほか、同時テロ実行犯らに訓練や資金を提供
したとされる4人が起訴され、全員に死刑が求刑されている。被告らは02−03年に
拘束され、06年からグアンタナモ基地に収容されていた。弁護団は「被告らと話し合う
時間が必要」として、同日に設定された罪状認否の延期を求めていたが、却下された。

法廷での被告らは互いに私語を交わし、モハメド被告がリーダーとして振る舞う様子を見せた。
同被告はひげが数十センチにも伸び、拘束時よりかなりやせた姿で現れた。判事を務める
米海兵隊のラルフ・コールマン大佐が声を掛けたのに対し、アラビア語と英語で祈りを唱え
始めるなど、反抗的な態度が目立った。同判事が「死刑が求刑されたことを理解しているか」
と繰り返し尋ねると、「それが私の望むところだ。殉教を希望する」と言い放った。

同時テロ立案の中心人物だったとされるラムジ・ビナルシブ被告もまた、「私が殺されたら、
それは神のため。何年も前から、殉教者になりたいと願ってきた」と述べた。

被告らはさらに、「われわれが認めるのはイスラム法のみ」として、弁護団を拒否。
自ら弁護役を果たすことを主張した。
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200806060001.html


135 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 15:24:16 ID:5dgFxQbE
秋葉原凶悪犯はアメリカのようにその場で射殺しろよ。日本の警察は甘すぎる。

136 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 15:27:52 ID:ibhUtpU1
>>135
超ウルトラスーパー禿同 ! ! !

137 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 19:20:59 ID:aMOp4z+x
背後関係の調査もあるから即時射殺はちと困る

捜査と裁判済んでからなら、火炙り鋸引き車折公開処刑でいいけど

138 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 22:10:54 ID:KneweNjy
>>1
 早     /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',   目 
 な.     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ 
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   い
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   つ
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ   :
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

139 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 22:28:43 ID:GY3qhR0h
同時テロ被告2人が死刑を希望 「殉教者になりたい」と
ttp://www.cnn.co.jp/usa/CNN200806060001.html

同時多発テロ:アルカイダ幹部、罪状認否で「死刑を望む」
ttp://mainichi.jp/select/world/news/20080607k0000m030082000c.html

アルカイダがオランダ人プロデューサーに死刑宣告
ttp://www.varietyjapan.com/news/movie/u3eqp30000038zy2.html



140 :BLAK&HARD:2008/06/08(日) 22:38:11 ID:kNMpYBPQ
今日、秋葉原で7人も殺した加藤容疑者も
いい子いい子で、ずッーと生かしておくのかコラッ!
平和ボケの偽善者ども!罪もないのに殺されたー
肉親者の気持ちが分かるか!
人を虫ケラのように殺しても死刑にならないなら
こういう無差別殺人者は、これからも増えていくぞ!


141 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 22:40:44 ID:5g3IRpH9
>>135
ν速ならまだしも法学板でその意見は・・・

厳正な裁判で審理を尽くし、しかるべき判決後、サクッと死刑で良いだろ。
再審請求?んなもん認めんな三審で充分だわ。

142 :法の下の名無し:2008/06/08(日) 23:53:15 ID:wDqBdkBt
無差別殺人したやつは自殺する勇気がなくて、死刑になりたいからこんなことしたんだろ。
もし本当にこういう理由だったら、死刑という制度が人を殺したことになる。
そうは思わないか?こんなに殺しといて本人は死刑はないなんて到底思ってないだろう。
殺された人のことを考えるなら、こんな事件があってはいけないと思うんだが。
まぁ真相は分からんが。

143 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 01:06:26 ID:mF5tnqJp
牢屋に入りたくて犯罪する奴もいる
そうしたらそいつが犯罪犯したのは懲役刑や禁固刑があるせいということになるだろう

144 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 02:05:55 ID:Zltal09+
犯罪といっても殺人はまずいだろ。犯罪のレベルが違う。
今回もし死刑になりたいからって理由だったらしゃれにならんよね。
殺された人の身内は。

145 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 02:31:54 ID:229IQtZe
でも死んだら関係ねぇ!
死んだら関係ねぇ!
  ○∧〃
  / >
  < \

はい!
あの世逝きー!!
  ○/
 /|
  />


【検察VS位牌】 位牌が黙秘権を行使して大論争
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212881360/

146 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 03:25:10 ID:mF5tnqJp
>>144
犯罪のレベルが違うとして、論理は同じだ

147 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 03:52:14 ID:Zltal09+
1円お金を落とすのと1万円お金を落とすのが同じといえるか?
極端な例かもしれないが、程度というのは法律において相当の考慮を要するものである。
理論が同じならすべてを同程度に考えるというのは法律を学ぶ上では意味をなさない。

148 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 04:14:11 ID:Y51KcVfd
「落とす」という行為については同じだろう
仮に死刑を理由に犯罪をする者がいるから死刑を廃止せよという主張があるなら、
牢獄に入りたくて犯罪を犯す者がいたら懲役刑や禁固刑を廃止しなくてはいけないのではないか
前者がその通りで後者が間違っているとなぜ言えるのか
それは論理が一貫していないのではないか
殺人かどうかが問題であれば、死刑ではなく服役を目的として人を殺した者がいたとすればどうなる

程度の話ではない、論理の問題だ
「刑罰を目的として犯罪が起きたのであれば、その刑罰を廃止しなければならない」という論理だ
死刑のみがこの論理に当てはまり、他の刑罰は当てはまらないというのならそれは何故だ

149 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 05:29:14 ID:V5HscIx+
刑務所に入りたいという犯罪者は刑務所に入れられなくなるな

150 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 06:38:31 ID:/V1knrH5
【秋葉原通り魔事件】加藤智大容疑者の弁護に早くも"死刑廃止論者"の弁護士が多数名乗りを挙げる★4
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1192541147/


151 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 07:10:11 ID:ZD/UZl05
>>142 心身喪失や耗弱狙いかもしれないぞ。その理屈が通ようするなら >>143>>149の言うように刑務所も無くさないとダメだという事になる。

152 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 07:54:26 ID:Zltal09+
スリと殺人が同じ罪ですか?同じ犯罪でも重さが違いませんか?
殺人は絶対あってはならない。スリなら取り返しがつくが、殺人は取り返しがつかない。
程度の違う犯罪を同じ尺度で話をするなど、議論にならない。牢獄に入りたくて犯罪を犯すなら
入れておけばいい。たいしたことではない。しかし殺人は被害が大きすぎるのだ。
もし、あなたの大切な人が犯罪者に「死刑になりたかったからあんたの身内を殺した」って
いったらどうする?希望通り死刑にしてあげますか?それならそれで、犯罪者の希望を聞いてあげる
やさしい人で済むでしょうね。しかし、殺された人は戻ってこない。牢屋に入りたいだけで人を殺す
というのはなかなかあり得ないだろう。なぜ、そんなことする必要がある?結果的に死んでしまった、
というのはあるかもしれない、放火などで。しかし、故意に殺すとは考えにくいし、もしあったとしても
私の知る限り聞いたことがない。その程度だ。しかし、死刑になりたから、という理由で人を殺す事件は
もう私の知る限りで今年で2件ある。もっとあるかもしれないが。程度を無視した論理など話にならない。


153 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:02:10 ID:V5HscIx+
死ぬのも権利だ殺してやれ
そんなバカ生きてる価値も無い

154 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:10:27 ID:ZD/UZl05
>>152 数多く犯罪あるなかでたった2件という見方もできる。受刑者数千人、その中で死刑を望み殺人を冒すものは極めて少数。死刑判決を受けた約8割が再審請求を出している事からも伺える。

155 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:18:30 ID:ZD/UZl05
死刑を望だ犯罪者に、死刑を望んだからといって、優しい人で済むでしょうね、というのは人としてかなりヒネクレタ考え方だな。刑務所にはいりたくて殺人を犯した事件はある。よく調べた方がよい。

156 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:33:21 ID:Zltal09+
そんなことは知っている。何度もいうが程度の問題なのだ。
殺人は一件でもあったらまずいだろ?多くの犯罪者の中のほんの少数では済まされないのだ。
その発言こそ人の命を軽く扱っている証拠なのではないのか。自分の身内がそんな理由で殺されたらどうする?
何度も言うが。ほんの少数だから仕方が無い、といえるのか。もっと命を真剣に考えた発言をしてもらいたい。
もし>>155が言うとおり、犯罪を同じ尺度で考えるのなら、犯罪はスリであろうと、殺人であろうと
みんな死刑にするのか。>>155の発言はそういうことになる。何度も言うが程度を考えない理論などこれ以上
議論しても無駄だ。>>155とは意見が違う。どうぞ、死刑存続を訴えてください。


157 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:42:00 ID:V5HscIx+
お前がバカだということは理解した

「刑罰を目的として犯罪が起きたのであれば、その刑罰を廃止しなければならない」
これは どのような犯罪にどのような刑罰を行うか
スリと殺人では重さが違う という程度問題とまったく関係ない

158 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:45:49 ID:ZD/UZl05
死刑制度が無くなって今以上に殺人や事件が起こればどうするのか? 殺人で逃げてる者など多数いてる以上少数の方を選ぶのは仕方の無い事。 言われ無くとも死刑存続を訴えますよ。

159 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:50:29 ID:Zltal09+
そんなことは知っている。←うそ、知らん。
いつそんな事件があったのか?まぁあったかもしれんけどね。
しかし、自分で数多く犯罪ある中でたった2件という見方ができる、などといっておいて、
そんな少数の事件を持ち出すのか。矛盾してないか?

すまんが、あんたとのやりとりに疲れた。同じこと何度も言わなくてはいけないのはつらい。
死刑は廃止の余地がある(終身刑などで)。だから私は主張するわけだが。あんたの意見は
他の軽犯罪と比べて主張してくる。そんなんで死刑肯定論を持ち出されても話にならないんだよ。
もうこれ以上言わないので後はどうぞ、お好きにしてください。


160 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 08:54:04 ID:Zltal09+
ばかはお前だ。残念ながら。お前法学やってきてないだろ?
お前の意見には知性がまったく感じられん。法律を学んでないやつがこんなとこで
えらそうに意見してんじゃねーよ。さよなら。

161 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 09:02:43 ID:ZD/UZl05
元受刑者が刑務所に戻りたくて電気屋主人を殺した事件など多数ある。パソ持ってるんだから少しは調べれば? 死刑制度が無くなれば殺人などの犯罪が、今以上増える可能性がある以上死刑制度もやむおえない。 さようならですね。

162 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 14:33:20 ID:qM9bwaAm
終身刑が最高刑で、その終身刑を目的で大量殺人が起きれば
終身刑も廃止しなければいけないよね

163 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 16:40:30 ID:Zltal09+
あっ!!いてる野郎がいてるw
おまえ、死刑ねた好きだな。
そんなに死刑訴えたいんだ。相変わらず同じようなこといってんな。
俺が立てたスレにこないでくれる?wじゃまだから。

164 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 17:45:18 ID:T3H1tYTW
たしかに殺人と傷害、殺人と窃盗の違法性の程度は質的に違う

だけど、その程度問題と刑罰廃止の主張との間に、関連性が感じられない
強度の違法行為(殺人)を犯す目的となりうる刑罰(死刑)は廃止すべきであって
軽度の違法行為(傷害)を犯す目的となりうる刑罰(懲役刑)は廃止しなくてよい
という論理はすこし考えればわかるが不当だよ

>>161のいうように
強度の違法行為(殺人)は懲役刑を犯す目的となりうるが、
懲役刑廃止が不当だということは、誰も(おそらくID:Zltal09+自身でさえも)反対しないだろう
結局、ID:Zltal09+のいう理論は不当な帰結をもたらすばかりか、
ID:Zltal09+の中でも自己矛盾を起こすものなのではないだろうか。
これはID:Zltal09+が「程度」の問題を適切に扱えていないことを示しているようにおもう

165 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 18:41:26 ID:Zltal09+
強度の違法行為(殺人)を犯す目的となりうる刑罰(死刑)は廃止すべきであって
軽度の違法行為(傷害)を犯す目的となりうる刑罰(懲役刑)は廃止しなくてよい
という論理はすこし考えればわかるが不当だよ

はい??
では、死刑を廃止したら、懲役刑も廃止しなくてはいけないんですか。
なぜ、これが不当なんでしょう?ヨーロッパなどの死刑廃止国は不当なことをやってきたんですね。
あんたも、いてる野郎と一緒だな。

もしかして、お前いてる野郎だろ?他人装って書き込みしてんじゃねーよ。


166 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 18:50:42 ID:tUZVClKD
ヨーロッパの死刑廃止は死刑目的の犯罪者なんて物とまったく関係ない
その程度もしらんバカは消えろ

167 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 18:57:21 ID:4eRKVuHh
>>165
「刑罰を目的とした犯罪があったことを理由にする廃止」について言ってるんだろ。
バカか?

168 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:15:10 ID:Zltal09+
不当かどうかだろ?刑罰を目的だろうが、なんだろうが、死刑を廃止しようとすることと
懲役を廃止することがなぜ同じ程度で考えるんだよ。それこそ不当だろうが。
殴ったやつと殺人者を同じレベルで考えること自体が間違ってるといってるんだよ。

普通に考えれば分かるだろ?なんで死刑を廃止したら、軽犯罪の刑罰までなくさなきゃいけないんだよ。
死刑を廃止しても終身刑とか導入してその代わりをさせろっていってんだよ。罪を許せっていってる
訳じゃねーんだよ。そういったことはできませんかって提案してんだよ。何で刑罰をなくすこととの
比較になってんだよ。根本から話がかみ合わん。ばかばっかで説明すんのがかったりーんだよ。
なんか、いてる野郎しかいないから削除以来だすわ。

169 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:27:31 ID:T3H1tYTW
>>168
そうだな・・・

「殺人は懲役刑になりたいがために行われることがある」

これをしっかりと理解して、自分の理論の正当性を確認してみてくれ

170 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:29:23 ID:yyiYQvLi
「刑罰を目的として犯罪が起きたのであれば、その刑罰を廃止しなくてはならない」
死刑のみがこの論理に当てはまり他の刑罰が当てはまらない理由は何か、と問うているのだろ
殺人かどうかが問題であれば、懲役を目的として殺人がなされた場合はどうなる
また、最高刑が終身刑の場合に終身刑を目的として犯罪がなされれば終身刑を廃止しなくてはいけないのか

上記の論理に死刑のみがあてはまりその他の刑が当てはまらないのであれば、
その理由を明確に説明しなければ死刑廃止の理由とはならない

171 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:36:47 ID:7Xu3AvtC
説明するだけの知能も論拠も無いから相手を馬鹿にして逃げてるだけのクズだな

172 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:37:08 ID:yyiYQvLi
18歳少年「人を殺せば刑務所に」 岡山駅で男性を突き落とし
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/132806/

刑務所に入りたくて人を殺す
http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/51572608.html

173 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:43:04 ID:T3H1tYTW
>>165
164の者だが・・・そうか

>強度の違法行為(殺人)を犯す目的となりうる刑罰(死刑)は廃止すべきであって
>軽度の違法行為(傷害)を犯す目的となりうる刑罰(懲役刑)は廃止しなくてよい
>という論理はすこし考えればわかるが不当だよ

この部分は確かに間違っているな。失礼した。

強度の違法行為(殺人)を犯す目的となりうる刑罰は廃止すべきである
という論理はすこし考えればわかるが不当だよ

と読み替えてくれ

174 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 19:59:17 ID:Zltal09+
殺人かどうかが問題であれば、懲役を目的として殺人がなされた場合はどうなる

だからさぁ、いったい今まででそんな事件が何件起きてんだよ。

死刑が目的の殺人は頻繁に起きてんだよ。この経緯からしてこれからも頻繁に起こりうるってことをいってんだけど。
いったいどっちが重い?死刑を目的とした犯罪の増加、数年に一度あるかどうかの刑務所入所希望の殺人。
俺はまず、死刑のためにこんなに殺人が頻繁に起きるなら、別の方法を考えませんかと問うているわけで、決っして刑を軽く
するとかそういう目的ではないんだよ。別に死刑の代わりに拷問だっていいんだよ。何でそんなに死刑肯定?
俺には理解できん。まぁいいや。あんたらの身内が死刑目的で殺されりゃわかるよ。何のための刑罰だって。


175 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 20:12:15 ID:yyiYQvLi
>>174
増加云々、頻繁云々いうのであれば、ここ数年の日本の殺人事件で
死刑を受けることを目的としたものが何%か示してみなよ。

176 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 20:19:43 ID:yyiYQvLi
また、例え死刑が廃止され終身刑が最高刑になっても、
その終身刑を目的とした殺人が起きないとなぜいえる?
そうした事件が相次げばまた終身刑を廃止しなければいけないのか?

177 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 20:25:24 ID:Zltal09+
それなら終身刑をどのような形にすべきか考えるべきだ。
刑務所なんて絶対入りたくないって環境にすることも考慮しなくてはいけないかもしれない。
まずは、殺人を減らすことを考えなくてはならない。死刑存続によって殺人が
現象傾向にあれば、全く問題ない。

178 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 20:28:28 ID:yyiYQvLi
> それなら終身刑をどのような形にすべきか考えるべきだ。
> 刑務所なんて絶対入りたくないって環境にすることも考慮しなくてはいけないかもしれない。
それは「死刑をもっと残虐な方法にすればいい」っていうのと同じだよね

179 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 20:38:30 ID:T3H1tYTW
>>174
なるほど、いいたいことはわかった
@死刑は、一部のおかしなやつの満足のために利用されることがある
Aまた、殺人を誘発する制度と、傷害や窃盗を誘発する制度では、前者の方がより危惧すべき
B殺人を誘発する制度は、死刑である場合が多く、懲役刑である場合は圧倒的に少ない
Cまたそれによって執行された死刑は、もはや刑罰として機能しているとはいえない
→死刑は殺人を誘発するだけでなく、その場合、殺人抑圧手段として無意味である

だから、死刑などではなく、
「どんな悪人でもきちんと懲らしめられる制度」でぶちのめしてやろう、ってことかな?
報復感情を満たすという点では、アリかもな。
また、Bはともかく、@やA・Cは方向性としては間違っていない。

注意すべき点があるとしたら、
死刑は「安楽」死であるから辛うじて許されているという点や、
無理やり生殖器を除去する、非常に狭い空間に押し込める、つめをはがす
などといった非人道的な刑罰は基本的には許されないという点、だな

また、死刑が、重大犯罪の一般予防を体現する制度として機能しているという点も見逃してはならない
どれだけ多くの者が死刑を恐れて自首したことか、想像してみるといい
犯罪後の心理を、犯罪前の心理とパラレルに論ずるのは不当だという批判も考えられるが、
この程度の推論はあながち悪いものでもないと思う。たぶん

180 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 21:04:20 ID:Zltal09+
>>178

その通り。俺は死刑が犯罪者にとって刑の軽減だと考えている。
一生牢屋で過ごす方が俺は刑が重いと思ってるわけで、わざわざ刑を軽くする必要はないというのが
俺の考え方だ。俺が犯罪を犯したら、真っ先に死刑にしてほしいと思うと思う。
こういうこと言うとすぐに、税金で犯罪者を養うなとかいうくそコメントがでるからあまり言いたくないんだが。

もっと厳罰化を!というコンセプトをもとに話している。

181 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 21:05:51 ID:Zltal09+
間違えた、死刑をもっと残酷な方法にってことではない。
死刑よりもっと重い罰をってことで言っている。

何も拷問等だけが、重い罰ではない。

182 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 21:17:15 ID:y4OR2ZY2
死刑方法をもっと残虐化すればいいってことで結論が出ました(笑)

183 :法の下の名無し:2008/06/09(月) 21:30:20 ID:IoS5KB73
所謂これですか?
               __
             /;;;;;;;;;;;;;\
            /;;:::::::::::::::::::::::\
       ∈=━/,,;;:::::::::::::::::::::::::.;ヽ━=∋
            L::;;,__     ..:::ゝ
          //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;ヽ
          / ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;; ヽ
         /j/三三三三三三三三三三ヾ
         l::||::::              |l  
        / ̄\ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′||  
      r┤    ト::::: \___/     ||      
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ    
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__
      |   _)_ノヽ\  ハ // /    ヽ   
     ヽ____)ノ      ̄ ̄ ̄   /     ヽ

凌遅三千刀滅九族!

184 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 00:47:03 ID:kUQeBDGY
>>163まともな議論もできず、逆ギレするスレ立てヌシかwww 自分でいてるって言ってるバカw 刑務所の現実知らない妄想オタクだろ 書きコミされるのがイヤならホムペでも作れ

185 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 00:54:59 ID:XcpHNmsI
削除依頼したんだが、どれくらいで削除されるのか、誰かしってたら教えて。

186 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 00:56:58 ID:XcpHNmsI
それと、必ず>>183は応えてくれるよね。暇だね。まぁ、オタク同士仲良くしようよ。


187 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 00:56:57 ID:kUQeBDGY
>>163 いてる野郎がいてる って自分で言ってるバカ始めて見たwwwww

188 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 00:59:42 ID:XcpHNmsI
間違えた>>184だった。
すげえ、>>187まで、、負けず嫌い?ここでそんなん張り合ってどうすんの?
そんなにいてる野郎って言われたのが嫌でしたか。すいませんね。傷つけたみたいで。
まぁ仲良くしようよ。まぁ、もう会うことは無いが。っていうか、こんなスレ見なきゃいいのにねぇ。


189 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:02:58 ID:W2W4ixMR
削除人は数ヶ月に一度ぐらいしか来ない

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1148470318/336
おまけにこんな削除方法で削除してもらえるはずがない
ちゃんと削除ガイドラインに基づけ、スレのURLを貼れ
というか放置しておけばそのうちdat落ちするからほうっておけ

190 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:10:04 ID:yE6e1BQq
336 名前:【殺人を呼ぶ】死刑制度[] 投稿日:08/06/09 19:26 HOST:FL1-122-133-181-248.kng.mesh.ad.jp<8080><3128><8000><1080>
削除対象アドレス:
http://academy6.2ch.net/jurisp/index.html
削除理由・詳細・その他:
誹謗中傷が多い


腹イテーwwww神奈川県人ってバカなの?wwww

191 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:10:43 ID:kUQeBDGY
>>188 落ち着けw 反論や否定がイヤならスレ立てするなって事。 2チャンは誰でも書きこめる掲示板だろ? 逆ギレするなって事 分かる?

192 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:15:09 ID:XcpHNmsI
了解しました。>>189どうもありがとう。

いてる野郎ばっかで、中身のある議論ができないので削除したいと思ったんだが。
他人の意見を尊重しつつ、自分の意見を主張するってのが本当に少ないんだね。2chって。
現実を思い知ったよ。もうここにはこないようにするしかないね。

193 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:16:32 ID:XcpHNmsI
どうやったん?あんたすげーな。

194 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 01:19:12 ID:kUQeBDGY
>>164とか、>>166などは俺じゃないから。張り合ってるのはお互い様だと思うが・・・。

195 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 14:26:35 ID:05U0OYWf
「自殺できないので殺した」 8人殺傷の金川容疑者を再逮捕 茨城県警
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080413/crm0804131819009-n1.htm
>「死にたいが自殺はできない。複数殺せば死刑になると思った。誰でもよかった」などと供述している


最近この種の動機をもった事件がやけに増えていないか? ちょっと気になる。

196 :法の下の名無し:2008/06/10(火) 21:51:23 ID:RnQpZuMm
『ついカッとして』『ムシャクシャして』も使い古されてきたので
警察なりに調書に時代性を出そうとしている

犯人もわけわからん理由を言ってくるが、理解するのが面倒だしセンスが無いので却下

197 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 00:49:53 ID:Zu03+Yx3
>>196
なるほどな
どうせ俺なんて・・・→ムシャクシャ→人を殺せば気が晴れるかな
っていうのと
どうせ俺なんて・・・→ムシャクシャ→死のう→人を殺せば楽に死ねるかな
っていうのとじゃ、意味合いは全然違うようにも思えるけど、
実際さほど変わらん気もするな

198 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 09:13:53 ID:Scl8MjGz
マスコミで報道される内容が全て正しいわけじゃないからね。
鵜呑みにしてしまうのは危険だね

199 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 21:31:05 ID:TSuO6RYP
拳銃つきつけられると普通に武器捨てて逮捕されてる

死刑になりたいけど、射殺されたくは無いわけだ

200 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 22:01:01 ID:nHLbnbS0
死刑志望も何も、39条のキチガイ無罪を仄めかしている訳で。

201 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 22:29:28 ID:R+1pZBrc
それでも安田弁護士なら、きっと何とかしてくれる

202 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 22:57:18 ID:JrXPei2S
キチガイで無罪になるのは結構ハードル高いよ
重い精神病やそれに準ずる病気に基づくキチガイじゃなきゃ
「心神喪失」や「心身耗弱」にはあてはまらない
うつ病とか人格障害程度じゃ、非難可能性は減免しない
パラノイアや統合失調症(=精神分裂病)レベルまでいかないと

たとえば、パラノイアを示すのは体系的かつ確信的な妄想、であり
(「全人類が敵で、自分は暗殺者に狙われている」)
統合失調症を示すのは支離滅裂な思考回路、言語表現など
(「自分があの幼女を食べたら祖父が蘇る」)

死刑になりたいから人を殺した、なんてのは
軟弱で傲慢で著しく利己的な考えではあるにしても
ある意味まともで、了解可能なレベル。人格異常の範疇

何かの精神病と推定する要素がないようにおもう

203 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 23:10:34 ID:5b3bR3Zj
>>86

死刑反対です!

・懲役は金がかかるのは?
⇒罪を犯した人は、自分を捕まえるのにかかった費用、損害を与えた費用を刑務所で稼ぐまで出られなくする(刑期が過ぎても)。
⇒犯人は捕まる費用を抑えるために早く自首する

・どうやってお金を稼ぐか
⇒たとえば夢の島のゴミの分別でも稼げる(環境にやさしいw)
⇒内臓も販売可。
⇒眼球も販売可。
⇒血液も販売可。

・再販防止策は?
出所時に
⇒片方の眼球摘出。(失明した人を救える)
⇒ナイフで罪を犯した人は、ナイフが持てないように、すべての指を切断。
⇒レイプした人はあそこを切断

出所したときに辛くて惨めでしょうがない人生を送ってもらう。


204 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 23:17:05 ID:two11hul
ワープアを大手を振って動員できるようになってから
採算が合う仕事があるなら、非人道的でもなんでも民間が既にやってるからな
アスベストの処理とか

受刑者用に仕事が残ってるかどうか

205 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 23:21:29 ID:5b3bR3Zj
>>205
海外での地雷撤去とかもいいかも。


206 :203:2008/06/11(水) 23:56:22 ID:5b3bR3Zj
補足

刑務所で稼いだお金から刑務所で暮らすための経費は差し引く。
※細かいw

指を切断したあと、障害者の補助金をもらうのはシャクに触るので、
そのレベルの人は100歳まで働かなくても暮らせる分、
刑務所で稼がないと出られないようにする。



207 :法の下の名無し:2008/06/11(水) 23:57:35 ID:JrXPei2S
>>203
いい案だと思うが、

“刑務所で”金を稼がなければならない理由に乏しい
逆に他のとこで稼いで良いのだとすると
財力の有無で刑期を差別することになりかねない

民事と刑事を一緒くたにしている

被拘禁者にだけ臓器売買を認めてよい理由に乏しい

人体切除は警察比例の原則と矛盾
そもそも人権思想と矛盾

こういった批判をクリアできるかが要だな

208 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 00:29:17 ID:QE+v5kms
>>207

どうも。
財力がある人は、通常の刑期で出られていいと思う。

民事は、、確かにね。貧しくて損害賠償を払わない悪人は
むかつくので、思わず書いてしまったが、やはり難しいですかね。

臓器売買のこととかは人権団体とかもうるさいだろうけど、
死刑が許されてるなら、簡単にできそうだけど。
法律をかえるとか。
これで体の不自由な人がたくさん救われればねぇ。

いい方法はないですかね。

209 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 00:30:46 ID:QE+v5kms
> 死刑が許されてるなら、簡単にできそうだけど。
すみません、口が滑りました。。


210 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 01:28:03 ID:63U1ff80
>>208
刑期を終えたにも関わらず、金銭の不払いを理由に働かせ続けるのなら
それは、金を払わせるため「だけ」のものだろう
金を払わせるためだけに強制的に働かせることは、労働基準法や憲法に違反する
懲役は「非難のため」の特別な労働だから、強制のものであっても許されている

それに現在の制度でも、被拘禁者が全く金を払っていないわけじゃないようにも思う
刑務所内の労働は、非難のための労働だということもあって、時給20円程度だと聞く
本来、人間の労働力っていうのは、少なくとも時給数百円程度はあるものだろう
だとすれば、被拘禁者は、一時間につき数百円−20円の差額分を国家に寄付しているともいえるわけだ

臓器提供については弊害が無ければ許してもいいと思うが・・・
一般的に、臓器売買をよしとすると
「借金の返済ができないのなら臓器を売って作れ」といった風潮が蔓延する。
また、臓器を提供すれば、刑期が極端に短くなるとすると、
今度は「臓器を提供する代わりに奴を殺す」というように、犯罪の助長に繋がるかもしれない。
逆に、刑期が極端に短くならないというのなら臓器を提供する意味が薄くなる。
仮釈放認定の際の「改悛の情」の一資料として無償の臓器提供事実を斟酌するというのが限度な希ガス

211 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 01:41:34 ID:cS2X4zSb
>>210
どう法律違反なんだ?
法的には刑務所での自給自足は違法にならないぞ

http://www.asahi.com/komimi/TKY200712180176.html
主食30円
本来もっとするはずのもの

国からは年間550億かかってるし医療費もタダ
3食昼寝付 年金支払全額免除
労働に残業は一切無く、作業も普通の仕事より随分楽なんだと
刑罰として成り立ってない


212 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 01:54:55 ID:63U1ff80
>>211
自由を剥奪しながらの強制的労働は、特別な根拠がなければ違法
懲役は、犯罪責任に基づく「非難可能性」を前提として始めて成り立つ
本来の刑期を終え、犯罪責任を果たしたにもかかわらず、
金を払い終えていないとの理由で、拘禁し、労働させ続けることは
責任なくして科せられる強制拘禁であり強制労働。ゆえに違法

213 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 03:14:25 ID:cS2X4zSb
>>212
よく読んでなかったわ
刑期が終わった後にも刑務所でってのはさすがに無理があるな

つか、医療費は出所後返済でいい
食費はまあ矯正収容費から払われて安くなってるのがわかる

アメリカやイギリスフランス等に比べて、日本の被害者・遺族に支払われる支援金が1/30〜1/40ととてつもなく少ない

囚人に年550億(医療費や人件費は別)かけて被害者に年12億前後しかかけない日本ってなんなんだろうな
他の国じゃ対等なのに日本じゃ50倍近く差があるんだからな

214 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 09:01:06 ID:QE+v5kms
強盗は、それで得たお金を遊んで使っても、お金を返さなくてもいい。
強盗にあって、運転資金がなくなって、会社が倒産しそうな人は、
必死にお金を集める。
強盗にあった人は、その人に罰を与えるより、金が欲しい。

民法はごっちゃになっているとは思いますが、
強盗が捕まったときに、国がお金を建て替えて、
強盗はお金を刑務所で稼がないと出られない、
というのは、ダメなんでしょうか。

強盗はたまたま見つかって殺した場合に、長い刑になるけど、
そうでなければ、短いリスクの少ない犯罪。
だから減らない。

そのために金持ちは、警備に多大なコストを払う。
※余分なお金ですよね。

215 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 09:02:06 ID:QE+v5kms
×民法はごっちゃになっているとは思いますが、
○民法とごっちゃになっているとは思いますが、

216 :法の下の名無し:2008/06/12(木) 21:30:24 ID:vbsrYrUW
強制的な労働ではなく
受刑者本人のサービス精神による残業です
で誤魔化せるハズ

217 :ゆとりを徹底的に排して勤勉な国民性を取り戻す教育改革を!:2008/06/13(金) 12:46:24 ID:05daeKxA
186 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中: 2008/06/13(金) 10:43:39

漢字などという中華渡来文化を廃止して、漢字の習得に浪費している貴重な時間を
数学などの理工系リテラシーの育成に費やすべきではないだろうか!

189 名前:ゆとりを徹底的に排して勤勉な国民性を取り戻す教育改革を!: 2008/06/13(金) 12:15:01

学校の授業時間を大幅に延長し、一日2時間以上の量の宿題を義務付け、
部活への全員参加、そして土日における部活動への半日以上の参加を義務化すべし!

218 :法の下の名無し:2008/06/15(日) 23:04:20 ID:Ch1AoMHX
>>212
いまの法律ではダメなのかもしれないけど、
刑務所での罰が時間というパラメーターひとつなのに問題があると思う。

怠け者のように楽に暮らしても、刑期をおえれば、出てこられる。
これでは犯罪の抑止力にならないのでは。

時間意外に「密度」というパラメーターを追加する。
具体的には、「お金」。

刑期と刑務所で働かなければならないお金を決め、両方を達成しないと出られなくする。

金額を刑期で割って、一日当たり稼ぐ金額が高い人は、たくさん稼げる刑務所に行く。
地雷撤去とか。

逆に、辛い金稼ぎがいやな人は、安く稼ぐ変わりに刑期を延長してもらえるようにする。


219 :法の下の名無し:2008/06/15(日) 23:49:59 ID:Ch1AoMHX
ここは学問のスレだから、法律以外のことを言ってもしょうがないですね。

失礼しました。

220 :法の下の名無し:2008/06/17(火) 23:51:54 ID:xs40M8Zf
政府の判断と、司法の判断の優越性について

司法>政府
 最高裁の死刑判決に法務大臣は従え
政府>司法
 イラク派兵の違憲判断なんて無視できます

221 :法の下の名無し:2008/06/17(火) 23:58:46 ID:Tf6flo51
http://blog.zaq.ne.jp/abcdefghi/

二千万円の使い道・・・

真犯人が目の前でのうのうとしています              
真犯人を懲らしめるには、どうしたら良いですか。方法ありますか・・・

| お礼、謝礼、懸賞金・・・ / 手付金、着手金、内金、成功報酬・・・
/ 祈祷料、呪料、・・・ |   二千万円ほど準備しました・・・・・

222 :法の下の名無し:2008/06/23(月) 09:02:50 ID:BTrlzTOy
死刑関係の本で何かいいのないか
2,3冊紹介してくれ

できれば被害者の感情だけじゃなく、制度的な問題点を含めて
考察されているのがいいだけど

223 :法の下の名無し:2008/06/23(月) 10:48:10 ID:4pXlWZ/q
制度的には自由刑のほうが欠陥だらけ。

224 :法の下の名無し:2008/06/25(水) 15:10:37 ID:k/NWhq13
朝日新聞が羽生名人と永世称号を言葉遊びに利用
1 名前:名無し名人 2008/06/20(金) 12:31:43 ID:15jMVQM5
素粒子 6/18(水)

 永世名人 羽生新名人。勝利
目前、極限までの緊張と集中力
からか、駒を持つ手が震え出す
凄み。またの名、将棋の神様。
  × ×
 永世死刑執行人 鳩山法相。
「自信と責任」に胸を張り、2
カ月間隔でゴーサイン出して新
記録達成。またの名、死に神。
  × ×
 永世官製談合人 品川局長。
官僚の、税金による、天下りの
ためのを繰り返して出世栄達。
またの名、国民軽侮の疫病神。

48 名前:名無し名人 :2008/06/20(金) 23:46:42 ID:15jMVQM5
http://tetorayade.iza.ne.jp/blog/entry/616129/
抗議にコメントしないとしつつ四コマ漫画で揶揄

225 :法の下の名無し:2008/06/26(木) 01:06:29 ID:DR1wE1pI
楊被告が中国で死刑執行される
ttp://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/fos/0507/fo_507_05072601.htm
中国に登場した「死刑執行車」
ttp://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-1565.html
死刑執行、中国がトップ
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1604/1604125top.html
中国の死刑執行 3ヶ月で1,781人
ttp://www.tibethouse.jp/news_release/2001/China_execute_1781_Jul09_2001.html
中国の死刑 〜 どんどんやってね 〜
ttp://wwwc.pikara.ne.jp/boris/Hitorigoto/Hitorigoto457.htm
「死刑大国」中国で公開処刑廃止の動き
ttp://www.chosunonline.com/article/20070313000005

【警告:子供は見るな!】
令人震撼的 决 片(2)
ttp://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml
决女犯3 片
ttp://www.boxun.com/hero/picshock/12_1.shtml
美女被 决
ttp://www.boxun.com/hero/picshock/2_1.shtml

226 :法の下の名無し:2008/06/26(木) 12:23:22 ID:KRFH62qF
以下は私の意見なので、良ければ誰かの意見を聞かせて欲しいです。


私は死刑には賛成です。
なぜなら被害者遺族等は反対が死刑にならない限り精神的苦痛が残るだろうし、殺人などの凶悪な罪を犯した場合は死刑が最も妥当だと思うから。
しかし、現在の死刑制度には問題点があるとも思う。それは、
・死刑執行をした人(直接手を下さずとも、絞首台の落下ボタン等間接的な場合も含む)の気持ち
・死刑執行の方法
の二点。
現在の死刑執行は刑務官が担っていると思うけど、ほぼ必ず死刑を執行した後に精神的におかしくなるらしい。
そして死刑の方法は絞首刑や電気椅子等比較的楽に死ぬ方法が主流らしいが、
被害者がかなりの苦痛を伴う方法で殺された場合釣り合っていない

よって私は、
・死刑の執行は被害者遺族等の激しい忌みを持つ人達が行う。
・死刑の方法は被害者が受けた方法と同じ、もしくは限りなく近い方法で行う。
ただしレイプなどの性的な苦痛が関与していて、死刑囚の性別が逆の場合は性器の切断等の性的苦痛を伴う方法をとる。

こうすべきだと思うのですがどうでしょうか。

227 :法の下の名無し:2008/06/26(木) 12:25:47 ID:KRFH62qF
>>226
×反対
○犯人でした

228 :法の下の名無し:2008/06/26(木) 22:03:29 ID:nWe2NbY4
PSE騒動の時といい、無く子も黙る公務員さまが
死刑囚ごときの死に動揺するとは思えないな

リフレッシュのための休暇を取ります、手当も出して下さい
と言う内容を、下々にもわかりやすいように言い換えた
雅な表現方法の一つじゃないか

229 :法の下の名無し:2008/06/28(土) 14:21:37 ID:vI/fJXXT
ところでちょっとマジレスしちゃうけど、死刑判決をする裁判官にとっては、「人が死ぬ」っていう事は、
単なる記号にすぎないんだろうな。
俺は一昨年、子供の頃からずっと一緒に暮らしてきた婆ちゃんが八十二歳で亡くなったからよく分かるけど、
人間が一人死ぬっていうのは、本当はものすごく大変な事なんだぜ。
葬式の準備やら、知り合いへの連絡やら、火葬場やお寺への手配やらで、てんやわんやの大騒ぎだったよ。
ついでに言えば、俺自身にとっても精神的には大事件だったな。
通夜のときには、遺影を見ながら思わずボロ泣きしちまったよ。
それにしても、俺の婆ちゃんの場合は年齢から言ってもまあ仕方なかったかもしれないけど、
一人の人間が自然に死ぬだけでもあれほどの大ごとになるってのに、ましてや死刑で殺されたとなると、
どれほどの大事件なのか分かってるのかね、死刑判決をする裁判官は。
昔の「処刑」なんか本とかで見てると、ひどいもんだぜ。
こんなクソしょうもない制度が継続されて、それを判決してる奴が大御所ヅラしてのさばってるんだから、
日本の法律なんてのも大したことはないんだな。
なんかこれ書いてるうちにだんだん腹立ってきたから、来週からもう法学部やめるわ。
じゃあな。

230 :法の下の名無し:2008/06/28(土) 14:28:49 ID:KxAuHl51
死刑大賛成 以上

231 :法の下の名無し:2008/06/28(土) 20:20:25 ID:e33cx6PN
>>229
子供には難しいかもな
君は法学などやるべきじゃない。止めて正解だ

232 :法の下の名無し:2008/06/29(日) 00:43:32 ID:pttohwLi
死刑を言い渡された人を殺す、という事は刑法199条の殺人罪に適用されるのでしょうか?
教えて下さい。

233 :法の下の名無し:2008/06/29(日) 08:51:23 ID:CmSA5Ti0
例えば>>232氏のような素朴な疑問を持つ人は、法律の意義を理解していない。
法の精神性があって法があるという単純な事実を理解できない。だから法の文脈が独立した系であると誤解して
互いに矛盾することを必要以上に問題だと認識する。事象の背後に「精神性」なんていう
抽象的なものがあるとは想像もしない。実際には抽象的なものなしで人間存在は成り立たないのに。
現代の様々な議論の混乱の原因にそういった科学的に無責任な唯物論ないしニヒリズムがある。
そのあたり法学板ではどう?

234 :法の下の名無し:2008/06/30(月) 17:48:18 ID:em5IOveT
>>225
銃殺刑のほうが絞殺刑より人道的じゃね?

235 :法の下の名無し:2008/07/01(火) 11:04:09 ID:YvvtwTCc
犯罪者にも人権はある。
全ての人は人権は保障されなくてはならない。
死刑をするという事はその人権を奪うという事ではないのか?

236 :法の下の名無し:2008/07/01(火) 19:24:47 ID:K6cBmPDq
容疑者や被告には人権はあるけど、犯罪者には人権はないよ。
刑期をちゃんと全うして終えればべつだけどね。

237 :法の下の名無し:2008/07/02(水) 02:05:10 ID:/j/6dHBS
人権は法律で定義される

死刑囚の人権も法律で決められ
死刑は法により執行される

238 :法の下の名無し:2008/07/16(水) 00:46:42 ID:Gl6rbNS6
>>266
・死刑の執行は被害者遺族等の激しい忌みを持つ人達が行う。
非常にユニークな発想だけど、一般人が死刑を行ってよいのか?という議論が出る。

・死刑の方法は被害者が受けた方法と同じ、もしくは限りなく近い方法で行う。
手間暇かかりすぎる。非現実的という疑問が出るね。

二つとも応報の理念そのもの。悪くない発想だと思うよ。実現可能かどうかは別としてね。

239 :法の下の名無し:2008/07/16(水) 02:44:51 ID:6SUOFvxJ
>>229
人による、というしかないけど、裁判官も人の子。割り切りは考えるだろうけど、心に重いものを感じながら判決を書いていると思うよ。

>>232
死刑執行も,殺人罪(刑法199条)の構成要件に該当する。ただ,正当行為(刑法35条)として違法性が阻却される。

>>233
発言趣旨がよく分からないので、平たく説明して下さい。
たとえば,232氏のような「素朴な疑問」(意訳すれば,「殺人の禁止」と「死刑という殺人行為の容認」に矛盾があるのではないかという疑問)を持つことが,
「法律の意義」ないし「法の背後にある精神性」を理解しないこととどういう関係にあると主張するのか分かりません。
「科学的に無責任な唯物論ないしニヒリズム」というのも意味が分かりません。上記「素朴な疑問」が,唯物論的ないしニヒリズムな態度なのでしょうか。

>>235
同意。
死刑制度を考える上で,存置派も廃止派もともに立脚すべき前提だと思う。
ただ、人権も一定の合理的制約を受けるが,「死刑」が「合理的」制約か否かが問題。
(なお,「制約」は具体的には法律の定めによって決まるが,その法律自体が「合理的」(正しい)かどうかが問題になる)

240 :法の下の名無し:2008/07/16(水) 19:10:16 ID:qErwudvl
自殺は他者が介入して止めることは難しいわけだが犯罪に分類される
死刑は意志の力で簡単に止めることができるのに犯罪にはならない
ふしぎデス

241 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 00:12:34 ID:+ohj8Hjs
>>235
憲法第31条にはっきり、法律の手続きを経たら、生命奪っても
良いと規定している。
また人権についても、公共の福祉に反しない範囲で保障されると言う
のが最高裁の憲法判断。

242 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 10:04:28 ID:xHs4Um4L
日本で死刑賛同者が多いのは、犯罪者になるよりも被害者になる場合が多いと考えてるからかな。
自分は死刑になる訳が無いから犯罪者は皆死刑って考えてる奴が多いだろう。

243 :法の下の名無し:2008/07/17(木) 22:21:12 ID:FRBAv9yJ
切腹文化じゃないの?

244 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 00:16:19 ID:CNgSZazH
>>241
それは語弊を生む言い方だ。
死刑をする時は法定手続きが必要って事が書いてあるのが31条。
生命奪っても良いなんて事は書いて無い。
似ているようだけど、意味は全然違う。

245 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 17:24:02 ID:9p08iMye
安楽死してぇ。

246 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 20:30:50 ID:zeOmKwLm
>>244
ものは言いようだよ。
死刑を合憲とした最高裁判例も31条を反対解釈すると憲法は
死刑を認めていると解釈できると言う主旨だし、死刑=人の生命を
奪う行為なんだから、死刑制度を認めている=生命を奪っても良い
と解釈してもおかしくないと思うけど。

247 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 23:11:14 ID:Kc3/3D6U
>>246

憲法を人権制限の根拠法とみるのは慎重に。
憲法は,ひとまず死刑制度を絶対禁止にはしていないが,通常の違憲審査基準にみるように,
たとえば目的手段審査に耐える立法事実がなければ,やはりそれは違憲になるとみるべきでしょう。
(死刑は生命侵害を内容とするから,厳格審査基準が適用され,それを越えて合憲性を明らかにできるかどうかが問題になる,とか)。



248 :法の下の名無し:2008/07/18(金) 23:43:53 ID:GTzccf+M
>>247
>>やはりそれは違憲になるとみるべきでしょう。

過去の判例、昨今の裁判所の死刑についての判断から見て、
少なくとも、最高裁には「違憲」の文字はないと見える。
あくまでも、憲法は死刑を容認している。死刑制度の存廃は
立法の裁量と言うのが最高裁の考えでしょう。
つまり死刑制度には、憲法問題はないと見るべきと思うが。

個人的には、「公共の福祉に反しない限り」と言う曖昧な定義では
なく、死刑を科すには、殺人などに限定すべきと憲法に明記
すべきだと思う。
現在でも人を殺さなくても、放火した時点で最高刑は死刑だし、
憲法上では立法次第で、軽量な罪でも最高刑を死刑に出来てしまう。



249 :法の下の名無し:2008/07/19(土) 21:44:45 ID:yOnjuNST
>死刑を科すには、殺人などに限定すべきと憲法に明記
>すべきだと思う。

この上なく同感。

250 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 03:51:00 ID:6usob1XC
>>242
多い少ないでいったら、当然、そうでしょ。

> 自分は死刑になる   訳が無いから     犯罪者は皆死刑って考えてる奴が多いだろう。
        ようなことをする   死刑がふさわしいような凶悪な

・・・この辺が健全な常識じゃない。

251 :法の下の名無し:2008/07/20(日) 09:40:59 ID:GlphEbaZ
死刑のメリットは何か?
被害者に対する応報、死刑をしなかったら刑務所に人が多くなるとかが考えられると思うけど、他にある?
俺はただ死刑にするんじゃなくて、ドナー提供者にするとかにした方がいいと思うんだ。


252 :247:2008/07/21(月) 14:58:54 ID:Bf1PNAn+
>>248
賛成できない。
(悪いけど、248はかなりアブノーマルな議論をしていると思う)

@前半
「最高裁には「違憲」の文字はないと見える。・・・」→「つまり死刑制度には、憲法問題はないと見るべきと思うが。」
 最高裁の態度から、死刑の合憲性の有無を直結させるのは、はっきりいって論理に飛躍がある。
 また、そもそも最高裁の態度を、立法裁量至上主義に理解できるとも思えない。

A後半
「憲法上では立法次第で、軽量な罪でも最高刑を死刑に出来てしまう。 」

 前半とつなげて読むと、「軽微な罪で死刑」という立法も(立法裁量を広範に許容するが故に)合憲である、という趣旨だろうか。
 普通の理解ではないと思う。  



253 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 15:07:31 ID:cMlb+r7i
社会が違えば法律も変わる
犯罪に対する軽重の判断も違う

他の国では軽犯罪でしかない麻薬所持でも
シンガポールでは死刑に相当する重犯罪となる

254 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 18:54:15 ID:uJ/OBKdp
>>252
まだ、こんな人がいるんだね。
死刑廃止論者の団藤先生や安田弁護士でさえ、憲法は死刑制度を認めている
と言う立場なのに。

255 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 22:17:09 ID:YuafS4QX
>>254
死刑は,いかなる立法事実のもとでも,現行憲法上「絶対的に」合憲となるという趣旨?
団藤博士も安田弁護士もそのようなことは言っていないだろう。

256 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 22:46:54 ID:/Ahh8SVj
>>255
反対に聞くけど、最高裁が死刑について、罪によって適用は
制限されると言う主旨のような判例を出したことあるの?

前にあるように殺人を犯さなくても放火や出水しただけで死刑に
科せられる可能性もある。何故なら国会が制定した刑法に規定
されているからである。
過去に自民党がスパイ防止法を制定しようとして、最高刑を
死刑に設定していたが、事前に内閣法制局に相談したら、
憲法上、問題ないと言うことだったらしい。

また憲法の条文を読む限り、「死刑」だけ適用を特別扱いに
していない。
31条に、「生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を
科せられない。」とあるように死刑と他の刑は同列にされて
「法律の手続きにより」とはっきり立法にその適用を委ねている。
刑の種類を決定できるのは立法なので、普通に死刑適用の罪を
設定できるのは立法機関だろう。

罪よって死刑適用が制限されないと、違憲と言うならその根拠と
なる憲法条文や判例を示してほしい。



257 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 22:58:01 ID:JWcb7HK/
最高裁の死刑を合憲にした判例の補足意見に死刑に違憲性が
あるのなら、31条に「生命」と入っているはずはないし、
入っていてはダメだと言うようなことを言っていた最高裁判事が
いたよなあ。

258 :法の下の名無し:2008/07/22(火) 23:47:37 ID:Ab6Qc9j5
>>255
>>254は、死刑廃止論の方々も、死刑は合憲と認めている
と言っているだけでしょ?
実際、団藤先生、安田弁護士共に死刑制度の違憲性は
否定している。
なに勝手に「絶対性」とか言っているの?捏造物だよ。


259 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 23:32:13 ID:j2i7+HUg
>>199
そういう類の話って「我に帰った」っていう考え方は無いのか?実際に血を見て。
そんなの有り得ないと言うのなら例え自殺しようとしてる所を止めようと必死になっても
無駄って事なのか?「一度自殺を決断した者はいつか必ず決行する」ってことで。
「自殺したい」「死刑になりたい」って気持ちは死ぬまで持続するものなのか?
例え人の血を見たとしても「すぐに我に帰るのは嘘」なのか?

260 :法の下の名無し:2008/07/23(水) 23:55:53 ID:qurnEbGq

加藤智大も菅野昭一も死刑になりたくて
犯罪を犯した訳じゃないが、ほとぼりが冷めた頃に
廃止論者があの二人は死刑になりたくて
やったんだと言いそうだな?宅間の時みたいに……

261 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 06:08:32 ID:Jvzs2e7p
自殺する理由が経済面のコンプレックスなら
強制的に止めるよりは、お金をあげたりして支援した方が有効

もうこんな事は止めるんだぞ、じゃあな、と言って止めても
10分後にはまた自殺したり殺人したりすると思う

262 :法の下の名無し:2008/07/24(木) 07:10:08 ID:i/b3S7Gb
つ 死ぬ権利

263 :法の下の名無し:2008/09/01(月) 18:42:25 ID:HQnv2bGz
今年3月、茨城でおきた通り魔事件の犯人は、自殺は苦しそうだから死刑になりたい」という理由で
殺人を犯したとか。
>>1 の言う通りだな。時代の変化に法律が対応しないと。生き地獄みたいな刑を作らないといけない。


264 :法の下の名無し:2008/09/02(火) 01:44:13 ID:EYX8Eoot
>>1
言っている事はわからんでもないが、残念ながら、
「母国では死刑だが日本では死刑にならないから」という理由でやってくる近隣国の犯罪者や犯罪組織がいたり、
「刑務所に入りたかったから」という理由で強盗や放火してしまったが、死刑にならない程度に加減して被害を抑えたという例、
果ては、犯人が「死刑になりたくなかったから」という理由で自首して仲間の逮捕にも協力し、新たな犠牲を防いだ例など
残念ながら死にたくない奴が死刑を回避するために欲望を制限した例の方が圧倒的に多いので、
何か別の理由がない限り、死刑になりたいがための犠牲者増加より、死刑になりたくないがための犠牲者減少のほうが大きい事は動かない。

つまり、現状に問題があるとしても、それは死刑制度の問題ではない。

それと、死刑を殺人とするなら、懲役や罰金などもれっきとした拉致監禁強盗だが、なぜそれは許すの?

265 :法の下の名無し:2008/09/09(火) 13:20:03 ID:Dy+yq/43
哲学板で議論が再燃中

死刑について 第二議論
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1153119463/


266 :法の下の名無し:2008/09/10(水) 19:38:19 ID:Sj8d0SHK
>>264
>>1に何を言っても無駄。
論破されると中傷や逆ギレする子供だから。
このスレは落とすのが一番

267 :法の下の名無し:2008/09/11(木) 12:19:59 ID:m1RIhHLO
【社会】 法務省、3人の死刑執行を発表
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1221098895/

268 :法の下の名無し:2008/09/24(水) 09:49:13 ID:8/CA8rla
「死刑になりたくて誰でもいいから殺しました」殺人犯が次に現れるのはいつかな

269 :法の下の名無し:2008/10/18(土) 09:29:17 ID:MOOFrjff
>1
>死刑になりたいがために殺人を起こす
確かにそういう奴がいる事も事実だと思うよ。だけど逆に「死刑にならない
から殺人を犯す」という奴が出てくる事も考慮しなきゃいかんだろう。本来
刑罰というのは罪を犯す事により得られる利益と、受ける刑罰により自身が
蒙る不快・損失を比較衡量した上で、犯罪を思い止まるように仕向けさせる
もの。世の常でイレギュラーが存在するのはやむを得ないけど、どう考えて
も死刑にならないなら、という事で強姦殺人やら強盗殺人やらを犯す人間が
増えると考えた方が自然じゃないかい?性欲が生への執着に勝る奴がそうそ
う多いとも思えないけどね。実際殆どの事件でみんな命乞いしてる訳だし。

270 :法の下の名無し:2008/10/18(土) 09:40:12 ID:N+roNTly
>>269
なんかね、彼らにはそういうこと言っても無駄みたいなんだ。
最初から目先の利益以外は認識できない認めない、じゃないと成立しない話なんで、
確信犯だろう。

271 :法の下の名無し:2008/10/18(土) 17:55:23 ID:lHhO97ni
絶対的応報刑を支持する訳じゃないけど、日本では教育刑という考え方がそもそもの間違いだと思う。
刑務所が犯罪者を更正させるための教育機関だったら、再犯率6割という現状をもっと憂いるべきだろ。
これは28万円の月謝を要求する予備校で受験生の6割が落ちて居るようなもの。
民間だったらとっくにつぶれているね。
日本に教育刑の思想を押しつけた米国でさえ死刑復活や三振法制定などで、凶悪犯罪者は隔離すべきという考えが広まってる。
日本人は宗教性も薄いから恩赦なんて考えずに、裁判所に対して自らの報復を代行させることを、間違いなく第一に考えるだろ。
畢竟、国民感情を踏まえた上で刑罰を変えないと今のイラクみたいになる。

272 :法の下の名無し:2008/10/18(土) 21:32:48 ID:N+roNTly
>>271
まあでも、犯罪者がカタギに戻れないと言うのはそれはそれで一般予防効果につながってると思うよ。
だいたい、刑務所に入れば必ず悪癖が治療できて世間が受け入れてくれると言うことになれば、
それ目当てに犯罪を起こす奴がいてもおかしくない。

273 :法の下の名無し:2008/10/19(日) 07:55:53 ID:SyCcRaAs
>>272
まぁ、一理あると思うけどさ。
だけどあまりに教育刑の色合いが強すぎるし、相対効果も割に合ってないでしょ。
犯罪者は出るのは仕方がないけどさ、政府は国民の安全を保障する義務があるんだから根本的に考え直すべきだと思う。

それに教育刑という考えで加害者の人権があまりに強調されて来しなぁ。
平成6年の女性の火だるま事件なんか良い例だと思う。
彼女は人生を棒に振らされたにも関わらず、報復を恐れ民事訴訟も出来ず結局一銭たりとも受け取れなかった。
こういう場合、犯罪が起こるのは政府の責任だからって英国では1億2千万円までドイツでは全額、国が保障するんだよね。
あまりに加害者の人権を重視しすぎて本来の正義が希薄になっている気がする。

274 :法の下の名無し:2008/11/09(日) 09:54:45 ID:7BrkKXdE
「病気なので病院に移送してほしい」 袴田死刑囚の死刑執行停止を要請-弁護団★2
ttp://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1226163562
4 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:00:38 ID:87mXFYIY0
こいつはまた強盗殺人したら・・・・怖いの〜
10 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 02:02:21 ID:bmLKro0T0
医療費がもったいないので、早く執行しましょう
13 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 02:03:45 ID:v2wOY5NiO
じゃあ明日にでも死刑執行ってことで
27 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:10:45 ID:3GKBvsl8O
病気?じゃあ即執行しろ。すぐに楽になるから良かったな
31 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 02:13:30 ID:EnraFSJT0
死刑確定したのに今まで死刑執行しなかったのはなぜ?
33 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:14:04 ID:buZS4rlj0
72なら呆けただけだろ、さっさと執行しろよ
34 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:15:07 ID:rftpwX2P0
何で早く執行しないんだ
60 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:24:41 ID:cpxVNdKbO
死刑囚なので早く執行して欲しい
100 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 02:39:11 ID:ELdQU6Cr0
執行しちゃえばいいんじゃね
102 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 02:40:34 ID:0mht2jQhO
死刑囚でも仮病で苦しんでるのに処置しないなんて可哀想だろ。
お前らにもさっさと刑を執行して地獄に送ってやるくらいの優しい気持ちを持ってほしいよね。
122 名前: か 投稿日: 2008/11/09(日) 02:52:45 ID:zngq4BZOO
死刑が、確定しているんだから、さっさと処刑しろ。冤罪とかいつまでも言うな。



275 :法の下の名無し:2008/11/09(日) 09:55:42 ID:7BrkKXdE
137 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 03:01:28 ID:tcq5+6w90
アメリカではサッコとバァンゼッティみたいに国民だれもが冤罪と知っていても
粛々と死刑が執行された。 裁判や再審の結果を覆すことのデメリットと比較しないといけない。
138 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 03:01:35 ID:KtDlKQ1N0
再審請求さえし続けてればいつまでも刑が執行されないって変じゃないか
140 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 03:06:31 ID:NqiJMiUR0
>>137 うーん。冤罪の可能性があっても、国は死刑執行する責任があると言うわけだな。
143 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 03:11:40 ID:a0hNAlie0
処刑したくなけりゃ俺がしてやるよ 冤罪だろうがなんだろうがどうでもいい 糞人権弁護士ども処刑させろ
145 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 03:26:38 ID:ePJXUhCO0
>>81見てきたけど、あれだけで冤罪ってのは俺には判断できないねぇ。
元裁判官とかが無罪だと思ったって言ってるのも、そいつの主観なだけだし。
それと取調べ方法が拷問染みたことをやってたとしても それと冤罪だっていう決定的な証拠とは関係ないし。
むしろそんな取調べ方法をしてたってのがどうやって分かったのかな?
地裁判決はまぁ置いておくとしても、そのあとの高裁、最高裁とも死刑を指示してて
さらに再審請求まで完全に棄却してるってのは、死刑にするだけの 相応の判断材料があるってことじゃないの?
162 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 03:47:40 ID:Lu/FMBNR0
早く執行しろよ 税金で死刑囚養ってるなんてアホらしいわ
163 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 03:49:03 ID:/yrAc+lk0
冤罪だとするとかわいそうではあるんだが、普通は司法で決まった刑罰はすぐ科すべきだろう。



276 :法の下の名無し:2008/11/09(日) 09:56:35 ID:7BrkKXdE
187 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 04:11:46 ID:/yrAc+lk0
冤罪の可能性なんてゼロに出来ないよ。それを執行引き伸ばしの理由にするなんて基本的にはナンセンス。
あくまで刑の執行は冤罪の可能性などとは無関係に行うべき。冤罪の問題は、あくまで捜査や裁判に対する検証・批判として取り扱う話。
執行後に冤罪の可能性が浮上した場合でも、それは裁判内容に対する批判をすべきであって、執行したことへの批判になってはならない。
冤罪は冤罪でとても重要な問題だが、それを執行を引き伸ばすべきかどうかという話と絡めてはならない。
200 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 04:22:37 ID:D8qKqTRP0
>>193 冤罪の可能性が執行前に浮上しても、法務大臣は官僚が執行命令書を出してきたら粛々と判子押せってこと
206 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 04:26:26 ID:iIFd23I90
冤罪かどうかは知らん一般人は、犯罪者なんぞ「死ねばいい」と思うだけだし、犯罪者じゃない人間ならば「どうでもいい」のだ
弁護士はこれが無実であるという証明をできたのか? 無実であるという証拠を手に入れられたのか? ただこれだけの話だろう…
できなかったから死刑になったのだ 弁護士は己の無能を悔やめ。本当に冤罪なのならば。
232 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 05:09:06 ID:CNsAuDcc0
ホームレスの連中は別に悪いことをしたわけではないが、お金が無いのでぐあいが
悪くても医者にいけない。青テントでじっと横になって、大半はそのまま死んでいく。
でも人を殺して刑務所に入れば3食ついて、死刑判決を受けても人権弁護士のおかげで
執行されずに一生税金でめんどうをみてもらえる。これで殺人犯が増えなかったら 奇跡でしょうナ。
247 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 05:32:29 ID:7hLeyW/z0
執行を早める方が簡単で安上がり。 血税は大事に使おうね。
261 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 05:49:54 ID:iYwBN5Oi0
確定後すぐに執行しないからこうなる。


277 :法の下の名無し:2008/11/09(日) 10:00:19 ID:7BrkKXdE
285 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 07:06:47 ID:I+6hEvQu0
袴田が犯人だって。冤罪とか言ってるバカはテレビとかで印象操作されてるだけ。取り調べで拷問があった=無罪とかアホな事を言うのが弁護側
288 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 07:12:26 ID:I+6hEvQu0
袴田の死刑が執行されないのは死刑廃止派の弁護士が意味もなく再審請求してるから。 再審請求は権利だけど袴田の場合権利の乱用なだけ
まぁ冤罪っぽいって印象操作がかなり成功した稀有な例だから弁護側もできるだけ引き延ばしたいんだろうね
294 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 07:20:16 ID:I+6hEvQu0
>>288 ちなみに再審請求が通らないのは弁護側の言う新しい証拠ってのが全然証拠になってないから。簡単に言うと 袴田の証言は証拠採用されていないのに
「袴田の言うような逃走経路だと逃げる事は不可能だ」とか証明し始めて裁判所がポカーンってなって「袴田の証言は証拠さいようされてないのにそんな事言っても
しかたないよ」とか言われる始末。そんな無茶な事で再審請求が通れば簡単に再審請求ができるようになるから裁判所は認められる訳がない
死刑の執行が事実上不可能になるし。再審請求してるんだから再審すればいいなんてアホの考える事
305 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 07:41:05 ID:R8ISKGI60
法務大臣は病院転送を許さず、即刻、死刑執行命令書にサインすべし
313 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 07:55:57 ID:jSbqKV6M0
さっさと死刑執行しろよ 事件から40年以上生き延ばすな 税金の無駄なんだよ
321 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 08:07:51 ID:ttO8CdVcO
さっさとやれ。冤罪だったらやった後に困れ。そんくらいの度量が無くてどうするよ。いつまでも生かしてんなら死刑の意味がない
337 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 08:50:45 ID:WpCzbb0/0
弁護団が自腹で医療費出すならいいけど税金だろ? 丁度いいから死刑執行しちゃえ
340 名前: 名無しさん@九周年 [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 09:08:40 ID:Xeq2eQR30
病気で死ぬ前に刑を執行しなくちゃ
342 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/11/09(日) 09:25:18 ID:g4hLr2D1O
とっとと執行

278 :法の下の名無し:2008/11/16(日) 22:37:59 ID:xPMcnhXl
http:/www.geocities.jp/y_20_06/index.html
↑無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ

http://www.geocities.jp/y_20_06/wagakunino.html
↑わが国の無期懲役

http://www.geocities.jp/y_20_06/parole2.html
↑無期懲役仮釈放者の在所期間(1990年〜)

http://www.geocities.jp/y_20_06/seishitsu.html
↑無期刑そのものの性格
これらは必ず見ておいて下さい。

279 :法の下の名無し:2008/11/17(月) 04:10:49 ID:9t+Uwb0y
>>278
言ってる事は正しいんだが・・・なんか言葉の端々に人間の器の小ささがにじみ出てる気がするページだな。
どうしても自慢とか侮蔑を一言挟んでしまうような。
そのせいで正しい部分も何か裏がありそうで、素直にみられない。

280 :法の下の名無し:2008/11/20(木) 12:08:52 ID:rxI6p2PH
 二階から突き落として殺したことあるって言った人がいるんですけど、
死亡記録って調査できるんですかね。。

281 :法の下の名無し:2008/12/02(火) 13:28:19 ID:113vvTUx


http:/www.geocities.jp/y_20_06/index.html
↑無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのホームページ

http://www.geocities.jp/y_20_06/wagakunino.html
↑わが国の無期懲役

http://www.geocities.jp/y_20_06/parole2.html
↑無期懲役仮釈放者の在所期間(1990年〜)

http://www.geocities.jp/y_20_06/q_a.html
↑よくわかるQ&A

これらは必ず見ておいて下さい。


282 :法の下の名無し:2008/12/20(土) 21:23:14 ID:DfePEHs1
ttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1229772520
米国:ニューハンプシャーで49年ぶり死刑判決 警官銃殺
 【ニューヨーク小倉孝保】米東部ニューハンプシャー州のヒルズ区高裁は18日、巡回中の警官を銃で撃ち殺したとして
殺人罪に問われた男(28)に死刑を言い渡した。同州の死刑判決は49年ぶりで、76年の米最高裁の死刑合憲判断以来
初めて。死刑を維持している全米36州中、76年以降、死刑判決がなかったのは同州だけだった。
 同州法では、嘱託殺人と警官を殺害した場合のみ死刑を科すことが許されている。弁護側は上訴する方針。同州では1939年以来、
死刑は執行されていない。 ttp://mainichi.jp/select/jiken/news/20081221k0000m040039000c.html


283 :法の下の名無し:2008/12/20(土) 22:26:57 ID:ltgTk5Ca
すれ違いですが聞いてください
麻生内閣が駄目だから民主党に一度やらせてみるというのは危険です

「民主党の正体」と検索してみてください

とんでもない政策をしようとしています


http://jp.youtube.com/watch?v=LyQNZyhgmZM&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY&feature=related

284 :法の下の名無し:2009/01/06(火) 22:20:26 ID:yk1hjzeG
死刑囚に終身拷問か死刑かを選ばせる。みんな死刑を望むよ。

285 :法の下の名無し:2009/04/11(土) 01:37:58 ID:77cCtHWm
緊急性がないなら死刑は殺人だってば

286 :法の下の名無し:2009/04/19(日) 12:57:32 ID:kij1kMU9
他人の命を奪っても自分の命は奪われないのは公平じゃないよね

287 :韓日友好:2009/04/20(月) 06:40:31 ID:dBSP3Nlu
国家による殺人を認めることによって、殺人が横行している観点も見逃すべきではない

288 :法の下の名無し:2009/04/23(木) 21:51:59 ID:ApgbaNqz
死刑制度等について激論を交わすスレin自己板2
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/intro/1240489283/

289 :法の下の名無し:2009/04/23(木) 22:35:53 ID:2ZMyQ1iR
>>288
自己紹介板から死刑制度について議論したい面子が来ますので、よろしくお願いします。

290 :高校二年生:2009/04/24(金) 20:09:20 ID:e4hEfQd1
死刑に相当する罪を遂行した者に終身刑新設は実現するか。

死刑の一個下は現状の無期刑で充分。
・更正の余地が認められれば仮出所
・更正の余地が認めらなければ獄死するまで拘禁継続
「更正が期待出来ない者でもいつかは娑婆に出さなければならない」
という運用ではない。
ダメな奴は獄死するまで出さないのだから、これは終身刑と同じだよ。
たとえ仮出所できても刑期の満了は無い(=満了するのは当人が死亡した時)。
無期懲役食らった者は、刑務所から出られるか否か自分で決められるわけだ。
わざわざ国が予め終身拘禁を決定する必要はなかろう。
矯正可能な者は無期懲役、矯正不可能な者は死刑。
終身刑は死刑代替にふさわしい刑罰ではないと私は考える。

291 :法の下の名無し:2009/05/20(水) 00:56:03 ID:6rm5FGdo
絞首刑以上の死刑を用意すればいいのではないか。
凶悪犯罪なんて起こってほしくないから徹底的に規制すればいいんじゃないの?
犯罪を防止できない現行の法律はぬるすぎるってことではないか。

292 :法の下の名無し:2009/05/20(水) 01:11:44 ID:6rm5FGdo
殺人犯に対して、やったことと同等の罰を与えられないなんておかしいと思いますが。


293 :法の下の名無し:2009/05/23(土) 22:31:31 ID:+CVMQxt2
「死刑を求めても死んだ人は生き返らないよ」とよく言われるが…





やられっぱなしが嫌だし、国がやってくれるから「頼んみますわ」と本当はフルボッコにしたいのを我慢している状況の遺族が存在することも忘れて欲しくないよね(・ω・`)

294 :法の下の名無し:2009/05/24(日) 10:17:16 ID:VOeNZA3N
やっぱし自分の親とか兄弟とかが赤の他人に殺されたりしたらソイツも殺してやりたいとか思うけどな〜
やられたらやり返すってなんかなぁ…。
なんかソイツが死んでも虚しいだけな気もする

295 :法の下の名無し:2009/06/27(土) 12:03:31 ID:ER06XIxx
重い。

296 :法の下の名無し:2009/07/01(水) 04:06:59 ID:rjwrselM
>>286
>>292
そもそもこういう仕返し主義みたいなのってなんなの
いつもここのところで話がかみ合わなくなってる気がする

297 :法の下の名無し:2009/08/04(火) 08:24:26 ID:/DKc7XXC
>>293、294
奪われた命が戻らない以上、罪を償う事は絶対にできない。
もちろん生き続けてどんなに反省しても償う事はできない。
それなら加害者の命をもって償いの一部とするのがいいと思う。
死刑になって処刑されても罪は償えないかもしれないが、
生きる事よりもはるかに罪の償いにはなると思う。

>>296
人の命が尊く、重く、二度と戻らないかけがえのないもので、
また命は等しく扱われるべきだと考えるなら、
命を奪ったものが、自らの命によって償うのは論理的と思われる。
犯罪によって命を奪ったものが生き続けるとするなら、
それは命に(加害者>被害者)と軽重がつけられているわけで、
命は等しく扱うべきだという人権思想に明らかに矛盾する。

298 :法の下の名無し:2009/08/04(火) 09:01:14 ID:5OTk4Ac9
31 :名無しさん@3周年:2009/08/04(火) 05:06:17 ID:jYKkYBwl
俺は必ずしも法律の専門家ではないが、近代法は刑法・民法とも、基本的には和解・更生を目指したものなんだろ?

日本人はこんなことすらわかってないんだよ。何か、公の場に引きずり出して、お上にボコボコにしてもらうものと勘違いしてる。

死刑というのは、どう考えても復讐を目的としたものでしかない。しかも、よりによって国家という暴力装置による。暴力団かよw

こんなのは、“遠●の金さん”の時代の成敗と変わらん、中世のシロモノであって、近代国家のものではない。恥を知れよ?

でも、死刑が国民の多数に支持されるってことは、日本人の民度は実は中世のままだということの証左でしかないんだけどさ(涙

それでも死刑を続けたいのなら、法治国家も法学部もやめちまえ。日本には近代法がまだ早かったという事だから。

299 :法の下の名無し:2009/08/04(火) 09:05:14 ID:5OTk4Ac9
35 :名無しさん@3周年:2009/08/04(火) 05:58:28 ID:jYKkYBwl
>>32
ん?俺が言いたかった「恥を知れ」は、死刑を望む被害者意識のことではなくて、
前近代的な復讐刑の名残を、あたかも高尚な国際論や文化論にすり替えようとする態度に対してだぞ?
言っとくが、死刑なんてのはそれこそ世界中全ての国にあったんだよ。簡単な刑罰だからねぇ。キリスト教も何も関係ない。
第一、キリストこそ死刑になったんじゃないのか?君は、欧米文化をあまりにも単純に見すぎている。
近代化の過程で、拷問などと並んで、あまりにもみっともない刑罰だから、苦悩の末見直されてきた訳で。それが民度なんだよ。
君も、欧米人は個人レベルでも自分の身内を頃した犯人に復讐したいと思ってない奇特な生き物だと思う程愚かではあるまい。

同様に日本でも、死刑問題を語ると「自分の身内が頃されたらどうすんだ?」と勝ち誇ったように言う知恵遅れが必ず湧いてくるが、
俺は逆に聞きたい。君の身内がさんざん拷問された挙げ句、氏んだのなら、どうしたいのと?とにかく復讐したいんでしょ?
被害者遺族としては、ただ頃すだけじゃ気が済みません。出来る限り苦痛を与えてからがいいです。できれば手足ももぎたい所です。
でも、日本は拷問は禁止だよ?だったら、この際だから拷問刑も復活させるか?教えてくれ。

>>34
あーいう会に入ってる人は、中に入ればわかるだろうけど、基地外になっちゃった人だから。
復讐心だけ。もはや論理的な話など通用しない。同情はしても、同調しようとは思わんよね、普通。

300 :法の下の名無し:2009/08/04(火) 09:07:39 ID:5OTk4Ac9
42 :名無しさん@3周年:2009/08/04(火) 08:44:34 ID:jYKkYBwl
ID:nIIONGvPよ、よくも二次元の掲示板でそこまで敵愾心をむき出しに出来るよなww
だが、木を見て森を見ずとはあんたの事だ。粘着して一字一句テクスト分析をしてくれるのは光栄極まりないが、
いかんせん論点が。。俺は、別にあんたと喧嘩したい訳ではないし、あんたのレスを読んでも、全然頭に来ないよ。
あんたが一方的に激高してるだけの状況はわかるよね?俺と言えば、言葉尻ばかり取られて要旨を全く理解されずにがっかりだ。

完全に思考停止になってるみたいだけど、死刑賛成派なら、体系的に賛成する理由を述べてみ?体系的に述べられる事が重要だ。
俺はあれだけ反対する理由を書いたけど、あんたは死刑を積極的に肯定する理由を体系的に言えるのか?言えないだろ。
単に、復讐心メラメラ燃やしてるだけならば「ハンムラビ法典大好き」と高らかに宣言しとけば良い。文明反対と唱えれば良い。

それと、あれだな。あんたは少々、被害妄想の気が強過ぎるな。統合失調症の疑いがあろう。
そういうのに関しては自然治癒が期待出来ないそうだから、早めに診てもらった方がよかろう。

301 :法の下の名無し:2009/08/05(水) 06:07:21 ID:4HKzzvhg
中世の頃の非文明的な制度の方が
犯罪発生率が低い国家が作れるなら
そっちの方がいいな

302 :法の下の名無し:2009/08/05(水) 16:38:12 ID:M3qyqU1F
愛する人が殺されたら;復讐の相手;;平和の絵本
http://www.j15.org/Picturebook-Revenge/index.html

303 :法の下の名無し:2009/08/06(木) 00:55:55 ID:kI3CsyqQ
>>301
>非文明的な制度

死刑制度がある=非文明的・前近代的という考え方は
根本から間違っているのかもしれないよ。
被害者の遺族が命による償いとして死刑を求めた場合、
これは人間が抱く感情としては非常に自然なものだから、
それを「理性的ではない」「非人間的だから」と
まるで念仏を唱えるように我慢しろ我慢しろと耳元で囁き、
終身刑で納得するよう無理矢理感情を押し殺させ、
その一方で加害者が終身刑になり命を落とさなかった事を
満面の笑みで「よかった、正義は貫かれた」と讃える。
こうして別の角度から捉えると物凄くおぞましいでしょう。
でも死刑制が廃止された社会の実像はこういうもの。
被害者の遺族にばかり一方的な忍従を迫り、
理性主義的な廃止論者の心情のみが徹底して反映される。
実際に死刑制廃止派が遺族に暴言を吐く事が多々あるけど、
あの暴言を聞いた時に普通の人が感じる強烈な嫌悪感と、
上に書いた話の持つ不気味さは通底している。
そこにはかつて存在した社会主義国の様な気持ち悪さがある。

304 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 14:15:09 ID:sOB7VNje
あのぅ、一つ質問させてくださいまし。
第二の足利事件とも言われる、飯塚事件というのがありますよね?有名なのでおそらく皆さんご存知かとは思いますが
この事件の容疑者・死刑囚はすでに死刑が執行され、この世を去っております。
ですが、この容疑者、容疑を否認したまま死刑を執行されてしまいました。ここで疑問なんです。

【疑わしきは罰せず】。これが刑法の大原則ですよね?冤罪を防ぐためには絶対に曲げてはいけない大原則ですよね?
なのに彼はおそまつなDNA鑑定で犯人として【断定】されてしまい、おそらくは【疑いの余地なし】とされてしまい
死刑囚となったのでしょう?
なぜこの事件、疑わしきは罰せず、の大原則が機能しなかったのですか?法学部の1年次に学ぶ、初歩的なものだと思うのですが…
「実務と学問は違う」という漠然としたお答えを頂いたこともありますが、漠然としすぎていてわかりません。
もしそうだとしても、冤罪を産むような【実務】が許されて良いわけはありませんし。プロがそこを見逃すはずはないとも思うのです。
なぜ、プロは【あえてこの大原則に背くのですか?】


305 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 15:08:39 ID:ElcYniPy
>>304
普通、冤罪の可能性がある事件では、刑は執行されないわけだが、
どういうわけかこの事件だけは執行されてしまっている。
冤罪による誤った刑死は最後の執行の部分でストッパーが掛かるんだが、
それが機能しなかったごく稀なケースが当該事件だ。

>死刑執行とその後
> 死刑囚となったKは冤罪を主張し、弁護団は再審のための準備をしていた。
> しかし死刑判決確定から2年2ヶ月弱の2008年10月28日に福岡拘置所でKの死刑が執行された。70歳だった。
> なお、死刑執行命令を出したのは麻生太郎内閣の森英介法務大臣であるが、
> 執行時のKの死刑判決順位は100人中61番目で、
> 先に死刑が確定している死刑囚で再審請求をしていない者も数多くいたにも関わらず、異例に速い死刑執行であった。
> 執行が早くなった理由については、法務当局によって行刑密行主義が取られているため明らかになることはない。
>
> 死刑囚とされた被告は生前、死刑廃止推進団体のアンケートの中で、
> 「真実は無実であり、これはなんら揺らぐことはない。私は無実の罪で捕らわれてから拘置所に14年収監されている。
> 今年の1月9日で70歳になった」と答えていた。
> 再審請求を準備していた弁護団が被告と面会した際には、再審請求の話に被告はとても喜んでいたとされるが、
> 再審を待たずして死刑が執行された。
>
> 2009年6月に1990年に発生した足利事件の無期懲役囚が最新のDNA鑑定によって、
> 再審で無罪が確定していないが検察が事実上の無罪を認めたことにより釈放された。
> そのため、元死刑囚の弁護団が同じ方法で誤判を招いたことを「証拠」に再審を請求するという。

引用で長くなったので二回に分ける。

306 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 15:10:26 ID:MdshTfX7
>>304
テレビ見過ぎ

307 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 15:20:07 ID:sOB7VNje
>>305
とてもわかりやすかったです。どうもありがとうございました。

>>306
見すぎ、ですか…
休日とはいえテレビしか趣味がないものでして^^;

308 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 15:24:01 ID:ElcYniPy
この事件の最大の謎は、

> なお、死刑執行命令を出したのは麻生太郎内閣の森英介法務大臣であるが、
> 執行時のKの死刑判決順位は100人中61番目で、
> 先に死刑が確定している死刑囚で再審請求をしていない者も数多くいたにも関わらず、異例に速い死刑執行であった。

という部分だ。
なぜ再審請求を出していない死刑囚でなく、彼に対する執行が優先されたのか。
再審請求を準備していた事は法務省も把握しているはずで、それを知らない筈がない。
死刑制度を継続する以上、冤罪による刑死を防ぐ為には、再審請求を行っている者の刑を停止するしかない。
何故この原則が、この事件でのみ破られたのか、だな。

>冤罪を産むような【実務】が許されて良いわけはありませんし

当時は、DNA鑑定に対する過信があった、という事だろう。
これを「冤罪を産むような【実務】」と言ってしまうと少々酷かと思う。
ただ、仮に、本当に無実であったなら、人命が冤罪で奪われたわけであるから、
酷であったとしても、その批判は受け入れないといけないだろうね。

>>307
という事です。

309 :法の下の名無し:2009/08/09(日) 19:24:17 ID:Yq9v+KE4
下記のスレを読むと死刑制廃止派がどういう人かよくわかる。

【日本の悪霊】 本村洋 【犯罪被害者貴族】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1209648566/

それにしても廃止派ってどうしてこういう人ばかりなんだろ?
瀬戸内寂聴さんとかまともな人もいるにはいるんだけど、
廃止派で有名な人権派弁護士や遺族に問題発言した政治家とか、
おかしな事を平気で言う感覚のずれた人が多いよね。

310 :法の下の名無し:2009/09/16(水) 02:14:39 ID:LkK98Om9
http://blogs.yahoo.co.jp/dwhsg178/folder/555990.html

キチガイ廃止論者の意見。
馬鹿だから穴だらけ。
思考実験wは必見。

311 :法の下の名無し:2009/09/17(木) 03:47:26 ID:CuJZy8Lr
死刑廃止論者は光市母子殺害みたいに嫁が強姦殺人されて赤子が殺されても法廷で死刑反対ですと言えるのか?
死刑囚を引き取って養う施設を自前で作って寄付で運営するくらいの覚悟あるのかね?かっこつけたいとしか思えない

312 :法の下の名無し:2009/09/17(木) 15:58:02 ID:/KxWTz2b
最初の十年は独房とかなら死刑廃止でもいいと思います。

313 :法の下の名無し:2009/09/17(木) 16:00:39 ID:/KxWTz2b
死刑廃止国で無期懲役になった人、たとえばフランスでは受刑者はど
ういう生活を送っているのですか?最初から独房の外に出れるんですか?

314 :見習い弁護士:2009/09/18(金) 09:33:00 ID:U7AD3RRB
>>311
ああ、死刑廃止にすべきだと思うね。光市母子殺害みたいな奴を更生させるほうが、今の世の中にはインパクトがある。

>死刑囚を引き取って養う施設を自前で作って寄付で運営するくらいの覚悟あるのかね?
自前で箱モノを作らなくても、大昔から更生施設はある。今の弁護士連中は全然利用しないだけ。

315 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 06:43:27 ID:/v8vUKP0
>>314
お前が更生させられる訳でもないくせに簡単に言うじゃないか

316 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 11:41:38 ID:w68FyCXa
反論できないならレスしなければいいのにと思う。
社会的には確かに死刑も終身刑も生産的ではないね。
問題は構成させる受け皿が社会にあるかどうか。


317 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 17:42:45 ID:a+lsVLbG
>>311
俺は死刑存続を望んでいる立場だが身近な人物を既存の事件に当てはめた例は
法学としては面白くないし意味がないと思うんだが。

318 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 17:59:08 ID:vYlYajUR
>>314
人権屋弁護士見習いですか(爆)

319 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 18:00:45 ID:vYlYajUR
>>316
生産性という観点から悪党を社会復帰させ、
富と税金を弾き出す駒として扱うって無機的な発想は
十分おぞましく血の通わない発想と思うがね。
不気味なんだよね、廃止論者は。

320 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 18:04:26 ID:vYlYajUR
もしも、人間を、人間として、みているなら、
極悪犯罪人を教育刑で改造し、再び社会復帰させ、
富を増やし税を納める駒として扱う、などという話が出てくるはずがない。
非常に機械的に社会構造を俯瞰し創造する設計主義に過ぎず、
共産主義のようなものに繋がっていく馬鹿げたイデオロギーでしかない。
当然、ナチズムとも根底の部分では繋がっている事になるがね。
不気味な人工物=死刑制廃止論。

321 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 18:20:51 ID:w68FyCXa
>富と税金を弾き出す駒として扱うって無機的な発想
それはかなり偏った発想。
当人が社会復帰し社会的な不安感が払拭できるならば生産的であるといえる。
何も金銭だけに還元して発想しているわけではないから。


322 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 18:29:08 ID:vYlYajUR
>>321
偏ってると言われてるのはあなたが今書いた発想そのものなんだが。

>社会的な不安感が払拭できるならば

そもそも犯罪者に対する嫌悪感からそんなものを社会が一切求めてない
現実を無視してる時点でアウトだとわからない?

323 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 21:27:54 ID:w68FyCXa
>犯罪者に対する嫌悪感からそんなものを社会が一切求めてない
現実の一方からだけ帰納させてものを考えるのは望ましい態度じゃないね。
それでは社会は閉塞し現状から一歩も進歩しないよ。


324 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 21:32:46 ID:rEVYVGIv
死刑を廃止していいことあるの?

325 :法の下の名無し:2009/09/21(月) 21:41:00 ID:w68FyCXa
いいことは生産性があること。
良くないのは人を殺しても相応の罪が課せられないことで
人心荒廃の可能性が危惧されること。


326 :法の下の名無し:2009/09/22(火) 04:40:51 ID:BE+TIOst
>>325
微々たる生産性しかないという事も考慮したいな


327 :法の下の名無し:2009/09/22(火) 08:56:51 ID:ZTIiMbvV
結局均衡の問題なんだけどね。定量化して判断するのは難しいから
その生産性が本当に微々たるものであるかどうかは論者によって違う。


328 :法の下の名無し:2009/09/24(木) 03:37:33 ID:PCdtMHf6
>>310にある思考実験って変とは思うがどう指摘すればいいのかちょっと
わからん。
馬鹿にも納得出来るように説明するにはどう言えば良いのだろう?


329 :法の下の名無し:2009/09/25(金) 08:17:51 ID:5kZpBw4Z
冤罪の可能性があるのに死刑とはいかがなものか

330 :法の下の名無し:2009/09/25(金) 22:07:13 ID:VEM6W650
医者相手には「逃げるな。でも責任は取れ」と言っておいて
自分の仕事は冤罪の可能性がどうとか言い訳するのは格好悪いな


331 :法の下の名無し:2009/09/25(金) 22:54:37 ID:3FGRKghc
2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙

最高裁裁判官全員が信任されました
森英介法務大臣も当選しています

332 :法の下の名無し:2009/09/26(土) 07:33:22 ID:yWmb6zxl
死刑じゃなくて友愛と言い換えてみたらどうか

333 :法の下の名無し:2009/10/13(火) 12:17:33 ID:BRvoFghb
死刑廃止でも終身刑を導入しなくてもいいよ。

犯罪結果責任での起訴、刑罰の細分化、犯罪の完全加算、刑罰の上限撤廃、三九条・四一条撤廃、起訴猶予の禁止、検察求刑制の廃止。

こんな感じに変えてくれれば、罪を憎んで人を憎まず精神で納得出来そう。

334 :法の下の名無し:2009/10/14(水) 18:44:00 ID:lBhSnXc5
合法的な殺人である死刑が何故悪いのか理解出来ない。
社会防衛上やむを得ないのでは?

死刑を廃止すると凶悪犯罪が減るというような
社会学的なデータでもあれば検討の余地もあるけど。

335 :法の下の名無し:2009/10/14(水) 18:59:45 ID:lBhSnXc5
普通の人は人を殺すのは嫌なものです。

自分の欲望を我慢してでも自分の存在を無にしてでもを
そんな事をしないで一生を送りたい。

でも自分の一時の欲望をかなえるためには人を、男を、女を、子供を、幼児を、乳児を殺しても平気な人もいる。
そんな人には社会から退場してもらうしか道はないのではないでしょうか。
そんな人を死ぬまで税金で養うのも腹立たしい事です。
他に困っている人が沢山いるのに。


336 :法の下の名無し:2009/10/15(木) 04:07:42 ID:1+PX77rX
>>324
廃止派が歓喜します。

337 :法の下の名無し:2009/10/26(月) 08:06:33 ID:6Wx98udG
人権派弁護士はがっくりします

338 :法の下の名無し:2009/10/26(月) 11:50:11 ID:tVQckY+f
【社会】「私たちに何が必要かを考えてほしい」 毎月24万の生活保護受ける佐藤さん一家(携帯代2万5千円、食費5万円)★7
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1256486384/

339 :法の下の名無し:2009/11/11(水) 07:56:49 ID:A+luBcka
一人殺したら基本的に死刑、で個別事情により広く例外を認める、でよいと思う。マスコミ用語なのか何人殺さないと死刑にならないというような言い方は最悪。

340 :法の下の名無し:2009/11/22(日) 22:12:57 ID:4OqlSyik
>335
ねえ、どうしてそんなにバカなの?
冤罪で自分が死刑になっても満足するの?
完全な証拠は存在しないんだよ

君のようなバカにこそ社会から退場願いたいのだが
なんとかならないか?

341 :法の下の名無し:2009/11/24(火) 16:53:56 ID:Nj7oARHw
珍しくまともなレス来たね

342 :法の下の名無し:2009/11/24(火) 19:36:02 ID:/Pwu8CBQ
他人を馬鹿にするレスをまともだと判断するなんて

どこまで人間が腐っているんだろうね

343 :法の下の名無し:2009/11/26(木) 00:35:46 ID:egwBj2z6
きみがいつもやってることじゃないの

344 :法の下の名無し:2009/12/02(水) 15:00:55 ID:6lMXf4Nu
死刑クルー 個室ビデオ店放火 判決、主文後回し
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1259733453/l50


345 :法の下の名無し:2009/12/03(木) 09:17:44 ID:EBEEsr7m
そんなのいちいち報告しなくていいよ 死刑しかありえないのみんな知ってる

346 :法の下の名無し:2010/01/13(水) 01:04:14 ID:yRNwM/oZ
学生「先生、なぜ人を殺してはいけないのですか」
理系教師「下らない質問だな」
学生「なぜですか!」
理系教師「君、その質問の前提となる事実認識が間違っていることに気付け」
学生「え?」
理系教師「この国では少なくとも物理的事実としての人殺しそれ自体は禁じられていない」
学生「はぁ?」
理系教師「そんな素朴な事実認識もできないで理系を選んだのかね、君は」
学生(なに言ってんの、このセンコーは)
理系教師「人殺しが禁じられているなんてのはイデオロギーに惑わされやすいゆとり脳文系脳の発想だ。
物理的に観察できる事実を見るんだ、事実を。それが分かったら出直してこい。話はそれからだ」

347 :法の下の名無し:2010/01/13(水) 16:35:54 ID:00G2l0nP
そりゃ考え方と証明方法の違いだから仕方ない

348 :法の下の名無し:2010/01/15(金) 02:37:58 ID:vC7Syn17
もっと説明して!!

349 :法の下の名無し:2010/04/12(月) 13:06:02 ID:p2tdYlsh
中国で麻薬犯罪者が一人消えた
いいことだ

350 :法の下の名無し:2010/05/21(金) 20:34:37 ID:c4b2ZALp
>>340
仮に自分が冤罪で死刑になるような事が起こったとしても
死刑制度は廃止するべきじゃないと思う
死をもって償うような大罪というのがあるからね、償えるものではないけどせめて犯人は死ぬと。


351 :法の下の名無し:2010/05/21(金) 21:46:32 ID:eqc40Srz
自分の家族を傷付けるような輩は地の果てまで追いかけて報復するが、
制度としての人殺しには懐疑的


352 :法の下の名無し:2010/06/03(木) 06:39:16 ID:X8Qoozrf
>>351のような者の手に私刑を許さないためにも、死刑は必要。

353 :法の下の名無し:2010/06/22(火) 01:27:12 ID:TtgD7O0n
死んで欲しくない死刑囚が2人いるので、反対します

354 :法の下の名無し:2010/06/22(火) 11:01:59 ID:jB4PIi7j
制度を無くす理由になってない

355 :法の下の名無し:2010/06/23(水) 18:53:28 ID:art4nyCQ
現状より殺人を呼ぶのは、死刑制度廃止でした。

356 :法の下の名無し:2010/07/28(水) 19:53:58 ID:bXuUItNG
篠沢死刑囚ら2人の刑執行=法相自ら立ち会う−1年ぶり、民主党政権で初・法務省
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010072800319&j1

法務省は28日、宇都宮市の宝石店に放火し、女性店員ら6人を殺害した強盗殺人事件
で死刑が確定した篠沢一男死刑囚(59)と、埼玉県熊谷市で女性3人の殺傷事件で
死刑が確定した尾形英紀死刑囚(33)について、刑を執行したと発表した。
死刑の執行は昨年7月以来1年ぶりで、民主党政権下では初めて。

千葉景子法相は同日の記者会見で、死刑執行に自ら立ち会ったことを明らかにした。
東京拘置所の刑場を今後公開し、法務省に死刑執行を考える勉強会を立ち上げる意向を
示し、また被害者遺族、マスコミ関係者なども死刑執行に立ち会えるように、はとバス
執行ツアーの企画を早急に実施するよう意向も示した。

357 :法の下の名無し:2010/07/28(水) 20:35:11 ID:EcStZiUM
>はとバス執行ツアーの企画

ギャグに聞こえた





358 :法の下の名無し:2010/07/28(水) 21:31:47 ID:wBg+adYx
死刑に立ち会うとか悪趣味なキガス
被害者の身内が望むのなら何も言う事は無いが、マスコミ関係者って・・

359 :法の下の名無し:2010/07/28(水) 22:02:21 ID:5GTjqg3O
左系の人だから
総括とか好きなんだろう

360 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

361 :方の下の名無し:2010/07/29(木) 11:57:03 ID:nwuWpLAj
1>>
死刑制度を廃止している国が、戦争に加担しているのはどう解釈する?
日本ではほぼ起こらない、外国の警察による犯人の射殺は、国家による合法な殺人ではないか?
生き地獄になるかならないかは、当人次第。

賭けていい。
終身刑(が出来たとして)でも、死刑になるよりいいと考える人間の方が絶対に多い。

死刑反対を唱える人は、
温和に育ち、しっかりと守られ、世の中の残酷さを知らないのではないか。
死刑より残酷な事は世の中には五万とある。
それが、家族を殺され残された人たちじゃないのか?
死刑が残酷って、じゃ殺された被害者への「残酷さ」はどうすんだ

被害者にありとあらゆる保障が未だされない社会なのに、加害者ばかりの視点に立つってどうなのさ

362 :法の下の名無し:2010/08/01(日) 10:16:41 ID:tdZhENGC
>>350
> 仮に自分が冤罪で死刑になるような事が起こったとしても
> 死刑制度は廃止するべきじゃないと思う

だったら進んで身代りになってあげなさい。罪を犯していなくても処刑されて構わないんでしょ?
本人がそこまで同意するならやむなし。

363 :法の下の名無し:2010/08/01(日) 10:49:37 ID:HKOfnAPD
法定刑に死刑が定められている犯罪を誰もしなくなれば実質的に死刑廃止
死刑を生み出すのは殺人犯等の重犯罪者だ
重犯罪者は地上から消えてしまえ

138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)