5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇について

1 ::2008/02/25(月) 13:47:50 ID:E10uJR2W
陛下が宗教家であり天皇が宗教的地位を示す語だとすると存在自体が憲法違反であると思われるし
日本国憲法は天皇陛下の人権を踏みにじっていることになります
天皇が天皇として宗教行為を行えるよう憲法を改正するべきではないでしょうか

2 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 16:33:54 ID:tUIVxb0T
感謝し畏怖すべきものを守り継ぐ存在
http://www.youtube.com/watch?v=VBkdJxs_6Ug&feature=related


3 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 17:13:03 ID:2K4RF2pS
国事行為や公的行為としてではなく、個人で私的に宗教行為をやるぶんには、現憲法でも大丈夫だと思うよ

4 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:04:54 ID:EaVoeRk0
簡単なことだ、天皇制を廃止すればよい
国家機関である地位がなくなり、一市民になれば、どうぞご自由に宗教活動をして下さいということ
天皇制廃止という憲法改正

5 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:11:00 ID:aunmyszu
>>4
左の人乙

6 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:14:10 ID:JeE0hLp6
法体系がおかしいからな
天皇制の廃止で全てが解決する

7 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:18:31 ID:k+ULymEt
結局低脳左翼ホイホイになりそうだな

8 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:31:03 ID:E10uJR2W
天皇とは神道の最高司祭者であり、天皇の名をもってしかその儀式を行うことは出来ない
その天皇なる存在の行動が憲法でがんじからめにされているのは宗教活動の自由に反しているとおもうのだ
また、当然、政治にたいする意見を述べる自由もあり、それが思想心情の自由であるはずだがこれも禁止されている


9 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:35:26 ID:E10uJR2W
私は左翼ではないが、右翼にとっても天皇制廃止は好都合ではないか?
天皇が私人となれば、一声かけるだけで大勢の右翼から寄付金が集まり大英帝国の皇室を凌ぐ資産を築き上げる事も可能であろうし、その財産の処遇も自由であり、ユダヤ財閥を超える一大資本権力が国内に登場することになり、その勢力は創価学会を凌ぐことにもなろう


10 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:42:21 ID:zvXpeBld
天皇は国民ではなく国家機関です
なので人権がないのは当然です

人権がないから可哀相だなんていうのはお門違いです
だって過去数千年間、人権イデオロギーのなかった時代には全ての人に人権なんてなかったのです
近代の常識に囚われないようにしましょう

11 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 18:52:49 ID:LUD1TI45
チョッパリ如きに天皇がいて
尊敬されるべきウリたちに天皇がいないのはおかしいニダ
かんしゃくおこる!

まで読んだ。

12 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 19:30:36 ID:E10uJR2W
人権とは可哀相だからとか可哀相でないからという問題ではなく、原則として全ての国民に無条件に付与される権利のはずですよ
やはり天皇制とは別に大統領制を採用し、国事行為などは大統領にやってもらい
天皇は宗教法人神道のトップの地位に就任してもらえば全ての矛盾は解決するのではないかと思う
この方が天皇と民衆の心理的結び付きを強め、生きた天皇制が回復するように思う


13 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 19:39:13 ID:87pgFsN3
だから天皇は国民ではなく国家機関なので人権がなくて当然なのです

14 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 19:52:25 ID:E10uJR2W
しかし天皇には宗教機関という性質もあるのではないですか?


15 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 19:55:14 ID:E10uJR2W
天皇宗教機関説があるとすれば、天皇制の国制化は違憲と言うことになる


16 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 20:05:02 ID:E10uJR2W
でもまぁ天皇が国家機関と言う説も一理あって
長らく仏教を信じていた天皇も居た位だからね
宗教としても脆弱窮まりない存在ではあるな


17 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 20:49:53 ID:2K4RF2pS
天皇に宗教の自由を認めた場合、
天皇が学会員とかムスリムとかになっちゃう可能性もでてきかねない

18 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/02/25(月) 22:34:29 ID:oboTEK4J
1stVirtue王国では私が国王であり、1stVirtue教教祖である。
これに不服であれば1stVirtue王国から出るがよい。

19 :法の下の名無し:2008/02/25(月) 22:38:34 ID:Bkada5nk
>>3>>10でFA

20 :法の下の名無し:2008/02/28(木) 19:12:11 ID:0w4ahUqk
>>16
天皇家がやってる儀式にも「創られた伝統」としての側面を持つものが多くあるからね。

21 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/02/28(木) 19:29:08 ID:XLGCK+tX
人権などという言葉が出たのは、民族の基本ができていない奴の力に対抗するためではなかろうか。

22 :法の下の名無し:2008/03/22(土) 22:14:15 ID:etgBaytB
天皇は日本の無駄だな。
憲法改正して廃止すべし。



23 :法の下の名無し:2008/03/22(土) 23:27:55 ID:d30oPxmE
>>22
少なくともお前の存在ほど無駄ではない。

24 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 02:10:56 ID:2iuKlk7t
>>23
俺は税金をもらってはいない。
したがって、俺の存在自体が目的であり、何ら無駄であってもかまわない。

一方、天皇は税金で養っている。
したがって、国民に無駄であってはいけない。


25 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/24(月) 02:21:51 ID:06avqD6b
つまり、薩長の作った
・教育勅語でマインド・コントロール
・天皇は神でマインド・コントロール
・死ねば靖国神社で神にしてやるでマインド・コントロール
の延長線上にあるんですよ。
このマインド・コントロールが今の憲法では断ち切れてないわけ。
 

26 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 11:02:22 ID:eDIy9HNp
>>24
君は道歩かないの?
犯罪者に襲われても警察は使わなくて急病になっても救急車で運んで
貰う必要も無くて医療費も全額負担?
通常生活して行く上で公的サービスと言う物受けているんだが、そして
年間一人55万円の負担なり
で君はこれ以上税金納めてから文句言うべきだがw

27 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 18:35:23 ID:2iuKlk7t
>>26
君の言うそのような費用を少しでも負担するためにも天皇制を廃止すべき。

また、私も日本国民である以上、その国の借金を負担する紛れもない主体であり、
よってかかる税金の無駄に「文句」をいう訴えの利益を有する。

また、君の発言は「お前の存在が無駄」などのような発言をし、刑法の侮辱罪に該当する。


28 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 19:21:42 ID:n+RFMQX3
他人(天皇)に無駄って言うのは良いのかwww

29 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 19:22:55 ID:NeAlgBA3
>>27
無駄に税金使っているところなんて他に山ほどあると思うけどな。
天皇関係で1年間に使われる税金は約200億ぐらい。
しかしそれを上回るくらいの経済効果、外交効果がある。


…と、言われているけど具体的なソースって見たことがないんだよなぁ。
でも天皇が外国に行った時、熱烈な歓迎を受けているところを見ると、あながち
嘘じゃないと思う。


30 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 20:44:23 ID:+poeTjfU
>>4
在日はカエレ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まで読んだ

31 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 20:45:10 ID:2iuKlk7t
>>29
熱烈な歓迎をしているところをとった映像だけを流しているんだよ。
それは首相がやっても同じ。

そもそも国家元首が世襲というのが問題。
国が世襲の身分制や貧富の格差を認めているようなもの。
貧富の格差や身分制はよくないが、世襲制を基にしたそれらはもっと悪い。


32 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 22:04:39 ID:syeSuYFW
いろいろと問題は内包しているけど今の制度が最良。

33 :法の下の名無し:2008/03/24(月) 22:50:31 ID:2iuKlk7t
>>32
あなたにとって最良でも、
無駄だと思う人もいる。


34 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/24(月) 23:29:08 ID:06avqD6b
そう、民主国家として恥ずかしい。
王さまのいる国なんて北朝鮮も含めて20こぐらいしかないんだろ?
 

35 :法の下の名無し:2008/03/25(火) 20:37:13 ID:pMD1oZ57
ヨーロッパの先進国の大半が王国ですが、何か?

36 :法の下の名無し:2008/03/26(水) 02:54:34 ID:883SfUQs
>>35
いえ、何も。


37 :法の下の名無し:2008/03/26(水) 07:29:59 ID:iKJwIhT/
>>33
無駄だと思う人もいるだろうが、
世論調査などでは現行の制度を支持ししている人のほうが多い。

38 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/26(水) 23:06:55 ID:z/a7b0TC
多ければいいという問題ではない。 民主主義国家としての理念の問題。

39 :法の下の名無し:2008/03/26(水) 23:19:18 ID:0scbv1V1
民主主義は、多くの者が王様を欲しいと思えばそれで可ですが、何か?

40 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 00:23:52 ID:r3unOXfX
王さまを否定するのが民主主義だろ。

41 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 01:16:06 ID:7MjIpdfN
>>40
しかし、第三世界で民主主義が脆弱なとき、
啓蒙的・開明的な王様が軍事クーデターから民主主義を擁護することがある。

スペインとかタイとか。
2.26の昭和天皇は不完全だったけど。

42 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 01:37:13 ID:VAW2fQKZ
>>40
王様を否定すんのは共和制だ

43 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 01:59:19 ID:r3unOXfX
>>41
つーか、天皇家は武力を放棄した時から武力者に対するメカケでしかないわけです。
だから、明治憲法で一応、明治天皇、大正天皇、昭和天皇と王さまをやってきたけど、
実質的な権力者は薩長でしょ。

だから、2.26の時、反乱軍の方が強ければ天皇は簡単に反乱軍に寝返ったと思うよ。
それが天皇家のメカケ業としての芸風なわけです。 民主主義とか関係ないw
でも、その芸風で1000年以上天皇家が続いて来たわけだからすごいといえばすごいw
 

44 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 02:05:45 ID:r3unOXfX
きょうわ‐せい【共和制】
国家の意思が複数の人々によって決定される政治形態。直接民主制、貴族制、寡頭制(かとうせい)などがあるが、一般には間接民主制をいい、最高機関は大統領制あるいは合議体制をとる。共和制度。

>>42
つーことは、今の日本の憲法から天皇云々をとっぱらえばピュアーな共和制になれるわけ?

45 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 02:12:28 ID:r3unOXfX
・徳川と薩長を比べて、薩長の方が強そうだから薩長につく
・薩長とマッカーサーと比べてマッカーサーの方が強そうだからマッカーサーにつく
こういうメカケ家業が天皇家の本質だから1000年以上天皇家が続いてるわけです。
だから、2.26の時、反乱軍の方が強ければ当然、天皇は反乱軍に寝返えるわけです。
これはもう天皇家の本能w

46 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 02:41:30 ID:7MjIpdfN
>>45
> これはもう天皇家の本能w

そう。だから、天皇は統治のための機関なわけよ。
「警察」とか「裁判所」とか「税務署」と同じ。

政治体制に関わらず、時の政府に奉仕する組織/役職。

47 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 04:34:57 ID:r3unOXfX
>>46
> そう。だから、天皇は統治のための機関なわけよ。
統治のための機関ではなく、
軍事クーデターを起こした者が自らの正当性をちょびっとだけ権威付ける為の道具なんだよね。
徳川も薩長もマッカーサーもその為に天皇を利用したわけ。
だから、天皇は軍事政権の象徴なわけです。 国民統合の象徴なんてのはとんでもない話。

48 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 07:49:09 ID:mt0cMe/e
天皇制は税金の無駄だな。
そもそもなんであんなどこの馬の骨だかわからないような人が
日本の国家元首なんだよ


49 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 18:15:54 ID:e6COpjWF
天皇はサラブレット。で、お前は馬糞。

50 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 18:23:18 ID:aFQxwwB6
>>47
>軍事クーデターを起こした者が自らの正当性をちょびっとだけ権威付ける為の道具
その通り。そんなことは最近からではなく、ずっと昔からそうだった。
天皇家が実質的に統治したのは大和朝廷成立後のほんのわずかな期間。
あとは認証機関として存在した。

>だから、天皇は軍事政権の象徴なわけです。 国民統合の象徴なんてのはとんでもない話。
国民は統合されているわけで、天皇がその象徴であることは何の誤りもないと思うが。

>>48
>

51 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 20:46:49 ID:mt0cMe/e
>>49
お前は侮辱罪を構成する。


52 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 21:20:42 ID:e6COpjWF
>>51
お前もな

53 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 21:26:59 ID:r3unOXfX
>>50
> あとは認証機関として存在した。
認証機関というより武力権力者に花をそえる存在。

> 国民は統合されているわけで、天皇がその象徴であることは何の誤りもないと思うが。
歴史的にみて武力権力者、クーデター者に花をそえる存在なのであり、
民主主義国家の国民統合の象徴としてふさわしくないし、そもそも国民統合の象徴なんて不要。

54 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 21:30:18 ID:e6COpjWF
既存秩序の崩壊時に居ると比較的平和的に解決できて便利。

もちろん敵対勢力の頭を全てかち割って独裁権力を握りたいD作先生には不要でしょう。

55 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 21:47:55 ID:r3unOXfX
>>54
> 既存秩序の崩壊時に居ると比較的平和的に解決できて便利。
いや、かわらんね。 天皇がいなくても薩長は徳川を倒しただろーし、マッカーサーは穏便に日本を統治しただろーよ。
むしろ、2.26や、他国への侵略、三島由紀夫や野村なんとかのキチガイ行為の正当化の為に利用されるから危険な存在。

56 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/27(木) 21:50:06 ID:r3unOXfX
つーか、D作先生は誰かの頭をかち割ったことがあるの?

57 :法の下の名無し:2008/03/27(木) 22:14:43 ID:e6COpjWF
クーデターや侵略戦争は共和制でも起きませんもんね!
D作先生ならチベットも人民解放軍の進駐だとおっしゃってくださるにちがいない。

58 :法の下の名無し:2008/03/28(金) 03:07:44 ID:WsiuRxAM
>>53
>花をそえる存在
>国民統合の象徴としてふさわしくない

天皇が認証しなければ、統治権を主張する主体を
天皇に代わる統治主体として国民が認めないという
伝統があるんだよ。
また、天皇が認証したものを統治主体と認めるという
習慣が国民の間で確立しているんだよ。

そういう意味で、天皇は国民統合の象徴として
昔から今に至るまで機能しているんだよ。
言ってみれば、カトリックの教皇みたいな
絶対的な権威授与的存在というわけなんだよ。

59 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/28(金) 05:50:07 ID:ssk0wLfO
>>58
> 天皇が認証しなければ、統治権を主張する主体を
> 天皇に代わる統治主体として国民が認めないという伝統があるんだよ。
そんな伝統はないよ。

60 :法の下の名無し:2008/03/28(金) 07:14:10 ID:WsiuRxAM
>>59
あるよw

61 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/28(金) 07:41:06 ID:ssk0wLfO
それはかつて日本に散らばる武力者間に曖昧な認識としてあったのであり、
国民にはそんな伝統はない。 残念でした。

62 :法の下の名無し:2008/03/28(金) 16:45:33 ID:ut8njv07
日本には民主主義の伝統も国民主権の伝統もない

63 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/03/28(金) 17:25:36 ID:bQyi0tCU
そこで、国賊を排除できるまでは私が国王になるのだ。
国賊が排除されたころには私も国王ではなくなっているかもしれない。

64 :法の下の名無し:2008/03/28(金) 20:46:09 ID:Js9I1+Tr
そんな伝統が今もあるのかどうかはわからんが、
動いてるものは触らないの方向でいいんじゃない?

王様殺しは、政治的混乱とか流血が長引くことが多いでしょ。
理論的に潔癖さを求めるのは、趣味の世界だけでいいよ。

天皇制があっても困ることがあるわけじゃなし、
国内外で、天皇の権威を尊重する人は少なくないんだから、
まだしばらく利用させてもらうことにして、
無くなるかどうかは自然の流れに任せればいいんでないの?

>>62
多数決の伝統はある。

65 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 00:15:02 ID:m03yutk/
>>64
> 国内外で、天皇の権威を尊重する人は少なくないんだから、

じゃあ、君は天皇の権威を尊重する人、しない人どっちなの?
君が天皇の権威を尊重する人なら今の平成天皇にどんな権威を感じるの?

66 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 00:31:27 ID:EhmcDa51
>>65
> :
> じゃあ、君は天皇の権威を尊重する人、しない人どっちなの?
> 君が天皇の権威を尊重する人なら今の平成天皇にどんな権威を感じるの?

今上天皇ですな。
ええと、まあ、伝統には敬意を払うよ。

野球で言えば、巨人vs阪神、六大学、甲子園大会みたいな。
内容それ自体ではなく、
継続してきたドラマの積み重ねに重みがあるというような。

67 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 00:59:35 ID:m03yutk/
>>66
> ええと、まあ、伝統には敬意を払うよ。
なるほど。 敬意は払うが国がサポートするようなものではない、と。

> 内容それ自体ではなく、
> 継続してきたドラマの積み重ねに重みがあるというような。
なるほど。 重みはあるけど、天皇が宗教法人化された場合、お賽銭は1000円ぐらいかな、と。
そんな感じ?

68 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 02:07:23 ID:Itw3Hj8/
>今の平成天皇にどんな権威を感じるの?
天皇に対する敬意というのは一種の宗教のようなものだから、
信じる人間はどんなということを考えたりはしない。
ただ、信じ敬意を払うのみ。
池田大作さんあなたならわかるでしょ?w

69 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 09:18:56 ID:m03yutk/
>>68
> >今の平成天皇にどんな権威を感じるの?
> 天皇に対する敬意というのは一種の宗教のようなものだから、

つーか、君は天皇に敬意なんて持ってないだろ? ウソ付くなよ。
だって、彼は普通のおじいさんじゃないか。

70 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 09:21:36 ID:m03yutk/
仮に、話したこともない人に敬意が持てるなら、誰にでも敬意が持てるわな。
君なら塀の上のネコにも敬意が持てるんじゃないか?w

71 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 10:50:03 ID:a3qvcbo4
生まれたときには死んでた曾祖父さんを話で聞いて尊敬してますが。
自分の貧相な感性を他人にも適用するのは気持ち悪いでヤメテね。

72 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 11:08:15 ID:EhmcDa51
>>67
> >>66
> > ええと、まあ、伝統には敬意を払うよ。
> なるほど。 敬意は払うが国がサポートするようなものではない、と。

やや転倒してるな。
天皇の権威は、現行日本政府に支えられてるわけじゃない。
天皇それ自体の伝統に支えられてる。

天皇が政府にサポートされているのではなく、
政府が、天皇の権威を利用するため、
人権も保障せずに御神輿・見世物にしてるだけ。
(天皇の同意もあるだろうが)

少なくとも、明治維新直後とか、敗戦直後とか、
政府の威信が大きく動揺した時点ではそうだった。

現在の政府は安定した民主制に支えられてるので、
天皇の権威を利用すべき要請はかなり失われて居るだろうが・・・
現在でも、政党政治の党派性を排除された、
純粋・中立・無色透明な権威としての役割はあるだろうよ。
(それでも、キリスト教やイスラム教徒には、色づいて見えるだろうが)

73 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/03/29(土) 12:41:36 ID:xSUU+eqK
多数決の伝統があるのは日本に来ている外人の方ではないのか。

思考盗聴で個人の生活に介入する奴は早く地球から去ったほうがよい。

74 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 14:26:30 ID:+K1z+aHb
D作の著書やら説教やらだけを見て尊敬するだのなんだのとおっしゃられる連中ならウンザリするほど見てきたけどな。

75 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 17:16:05 ID:m03yutk/
>>74
・D作ファンはD作の立派な著書や説教でD作を尊敬する
実にまっとうな行為じゃないか。
・天皇は薄ら笑いを浮かべて手を振ってるだけなのに、天皇ファンは尊敬していると言い張る
これは異常なことだよ。

76 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 17:23:02 ID:+K1z+aHb
仮に、話したこともない人に敬意が持てるなら、誰にでも敬意が持てるわな。
君なら塀の上のネコにも敬意が持てるんじゃないか?w

77 :法の下の名無し:2008/03/29(土) 19:04:58 ID:x5Nfq/VW
名だけの王が国民主権に反する訳は無い。
嫌なら多数決で天皇を無くせる立派な民主主義でしょうが。
硬性憲法故に簡単ではないがね。

78 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/29(土) 19:43:48 ID:m03yutk/
>>76
> 仮に、話したこともない人に敬意が持てるなら、誰にでも敬意が持てるわな。
だから、
・D作ファンはD作の立派な著書や説教でD作を尊敬する
んだよ。
ネコや天皇が立派な著書を書いたり説教をするのかね?
 

79 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/03/29(土) 20:09:43 ID:xSUU+eqK
Reply:>>78 猫は小便するからあなたは付き合いにくいだろうな。

80 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 00:23:20 ID:x5gyUfrL
ドライに割り切れば天皇なぞ要らんだろうて。
しかし、利益なくとも存在する事に意義があると思われ。

81 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 00:35:10 ID:NyintJhM
保険

82 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/30(日) 04:55:29 ID:af/e5b3q
>>80
> しかし、利益なくとも存在する事に意義があると思われ。
なるほど。
君にとって、天皇は存在する事に意義があるのであって、別に尊敬なぞしてない。 ただのおじいさんや。
ってことだな?

>>81
> 保険
なるほど。
君にとって、天皇は保険であって、別に尊敬なぞしてない。 ただのおじいさんや。
ってことだな?

83 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 12:10:23 ID:x5gyUfrL
>>82
>>80だが尊敬してないぞ。
個人的には単に貴重な伝統文化だと思っている。

84 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 13:19:07 ID:NyintJhM
>>78
D作関連の新聞記事だけ読んで「尊敬する!」とか言っちゃってる焦点の合わないおばさま方はどうすんのよ。

85 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/30(日) 17:57:58 ID:af/e5b3q
>>83
> >>80だが尊敬してないぞ。
> 個人的には単に貴重な伝統文化だと思っている。

この発言は矛盾してるだろ。
天皇にたいし尊敬してない、敬意を持ってないのに、貴重とはふざけた話。

>>84
> D作関連の新聞記事だけ読んで「尊敬する!」とか言っちゃってる焦点の合わないおばさま方はどうすんのよ。

D作のキャラ、能力を伝え聞き「尊敬する!」のは自然なこと。

86 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 18:29:01 ID:NyintJhM
というわけで、各種媒体で伝え聞いただけの相手でも敬意を抱くのは自然なことであるそうです。

これで天皇陛下に対する一般国民の敬意も自然なことであると認められましたね♪

87 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/30(日) 18:58:55 ID:af/e5b3q
>>86
> というわけで、各種媒体で伝え聞いただけの相手でも敬意を抱くのは自然なことであるそうです。
そうだよ。

> これで天皇陛下に対する一般国民の敬意も自然なことであると認められましたね♪
で、君は天皇に敬意を持てる、持ってない、どっちよ?

88 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 19:47:54 ID:x5gyUfrL
>>85
俺は文化そのものを貴重と言ってるのに、人を尊敬する必要があるんですか?

89 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/30(日) 19:56:13 ID:af/e5b3q
>>88
なるほど、あなたには文化そのものが貴重なのであり、
天皇という、ただのじいさんを統合の象徴にしてしまう憲法1条には激しい憤りを感じるわけですね?

90 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 20:10:30 ID:NyintJhM
>>87
マクロの話にしか興味ないんで。

91 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 20:11:48 ID:x5gyUfrL
>>89
何故?世襲の王様を立てる「文化」だと思ってるから問題ない。

92 :池田大作 ◆NmGvY4xptU :2008/03/30(日) 20:17:00 ID:af/e5b3q
>>90
つまり、君は
・俺は天皇なんてただのじじいとしか思っとらん、しかし一般国民は天皇に敬意を持て!!
という主張なんだ。

93 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 20:19:56 ID:NyintJhM
>>92
違います。読解力がないにもほどがありますねw

94 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 20:22:13 ID:2Wm4G98d
池田大作
 ↑
名前からしてDQN丸出しだろ
こんな馬鹿三国人相手にするだけ時間の無駄w

95 :法の下の名無し:2008/03/30(日) 20:22:20 ID:x5gyUfrL
>天皇がただのじじい
全く問題ない。ただ者であろうが無かろうが世襲には「血」が必要なのだから。

96 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/03/30(日) 22:04:00 ID:vnEtzFmz
それでは天皇が国賊に洗脳されないよう気をつけろ。

97 :法の下の名無し:2008/03/31(月) 00:31:50 ID:Wzm/TivE
>>96
権利無き王が何の思想を持とうが、恐れる理由が解らない。
仮に国家を害するようならば改憲や皇室典範変更という対策もあろうに。
万が一の問題は特定の政権政党と国賊の利害が一致する場合であろ。

98 :法の下の名無し:2008/03/31(月) 07:55:43 ID:vHofcpto
天皇って何で必要なの?
http://notorious2.blog121.fc2.com/blog-entry-354.html

99 :法の下の名無し:2008/03/31(月) 12:29:23 ID:DYJnDkXR
皇族関係の予算は200億超で 効果は話しのネタぐらい
ソースはカゴメ、負の効果は無責任の象徴、格差の象徴
消極的活動の象徴、非生産性の象徴 これが現実であり、
今後は元気の出る、国民のモチベーションの上がる様なお金の
掛からない活動を考えるか潔く廃業しましょう。

100 :法の下の名無し:2008/03/31(月) 13:00:44 ID:bTxGNzui
嫁入りじゃなくて正式に天皇の子供として生まれた娘、息子って信頼できる友達とかいるのかな…?


101 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/03/31(月) 13:12:11 ID:1PNozhI8
Reply:>>97 外人に國を横領させない程度のことはしないと困る。現代の法令では内閣の方を注意しないといけない。
Reply:>>100 内閣を信頼せざるをえない。

102 :法の下の名無し:2008/03/31(月) 19:28:34 ID:Wzm/TivE
>>101
間接民主制を批判しているのか議院内閣制を批判しているのか。
イギリスのように内閣全員議員を望むかい?

103 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/04/01(火) 12:56:31 ID:FjMrsRZc
Reply:>>102 天皇は内閣の一部のようなものだと書いた。

104 :法の下の名無し:2008/04/01(火) 16:47:42 ID:CzGJ5jlB
>>103
行政権のトップなのだから権力が内閣にあって当然に思うが。
君の思う「あるべき状態」が見えて来ないので出来ればお聞かせ願いたい。

天皇の権力が内閣にある、という認識ではなく
権力行為の外形に天皇が随伴するだけに過ぎないという見解だがどうか。
だから内閣の権能自体の議論になると思いました。

105 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/04/01(火) 18:00:28 ID:FjMrsRZc
Reply:>>104 私にもよくわからない。第一に、三権分立の制度に天皇は不要であろう。天皇が必要かどうかはまた別の話だ。

106 :法の下の名無し:2008/04/01(火) 19:14:30 ID:CzGJ5jlB
>>105
権力である「三権」の話で天皇を持ち出すこと自体ナンセンスでは?
最初から権力を持たない天皇と三権の話は別です。
公費の使い道という観点での議論なら話は解るんですが。

107 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/04/01(火) 21:32:00 ID:FjMrsRZc
天皇のあるべき姿を簡単に説明できるはずもない。

108 :法の下の名無し:2008/04/01(火) 21:59:26 ID:CzGJ5jlB
>>107
結局あなたが何を問題としてるか明確に見えて来ません。

109 :法の下の名無し:2008/04/01(火) 22:24:35 ID:CzGJ5jlB
@内閣の権能
A天皇の国事行為
どっちが問題なんですか?
そして具体的に何が問題なんですか?

天皇のあるべき姿など問うておりません。
権力の「あるべき仕組み」とでも言いましょうか。
「三権分立の制度に天皇が不要」という意味も解りません。
司法、立法、行政、いずれも天皇に権限は無いはず。
旧帝国憲法の話じゃあないんですから。

110 :法の下の名無し:2008/04/02(水) 00:54:33 ID:IkeDBxhi
ここは共和主義者がクダを巻くスレです。そんなまともな会話はヤメテください。
どうしてもしたいなら本スレでやってください。

天皇の権能について考察スレ4
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1136446716/

111 :法の下の名無し:2008/04/02(水) 05:04:32 ID:ELLn3YAH
ていうかこのスレ上記のスレと重複してるんじゃないか?


112 :1stVirtue ◆.NHnubyYck :2008/04/02(水) 11:36:04 ID:6vc/K2PN
Reply:>>108 国賊。

113 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 18:10:38 ID:xfB3btgi
日本国憲法は国民主権を原理としながら、
天皇制を規定しているという内部矛盾を抱えている。

憲法自身が憲法違反になっているという状態になっているわけだ。


114 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 19:13:03 ID:9AH+w5KT
いえ別に。主権者が総意でそう規定したので。

115 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 20:32:15 ID:yK3IzCZJ
憲法ロクに読んでなさそうなのが訳のわからん事を言ってるな。
「主権」は天皇に無く、国民主権に抵触せんのにグダグダ言う阿呆の多いこと‥。
天皇無くす理由として普通に「税金の無駄遣い」と言う人の方が普通の思考してるよ。

116 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 21:31:39 ID:hhaYdrTv
国民主権とは日本国民に主権があると言うだけで共和制を
宣言しているわけではないのにな。

117 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 23:01:44 ID:YxxtA7/t
>>113
憲法は様々な原理原則・施政方針のカタマリだから、
相互の矛盾衝突はたくさんある。

公共の福祉と個人の自由の対立矛盾が一番大きな話だが、
他にも、侵略が切迫してれば平和主義と人権保障は対立しうるし、
予算が足りなければ、予算法律主義と生存権だって矛盾する。

それを解釈で整合させてるわけで。



118 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 23:10:42 ID:UYN1g8TJ
>>109
明治憲法下でも、天皇はたんなる立憲君主であり、主権なんて
なかったんだよ。「輔弼(ほひつ)」をググれば、それがよくわかると思う。
明治憲法第3条の「天皇は神聖にして侵すべからず」を曲解して、戦前の
天皇は絶対的な権力を持っていたなんて言う人がいるけど、それも間違い。
わかりやすく説明すると、天皇が責任を取らされないようにするために
天皇に政治に関わる意思決定を一切やらせない、というのがその条文の
趣旨なんだよ。
そして、明治憲法第3条と同じような条文は、あの当時のヨーロッパの
立憲君主国の憲法にも存在してたんだよ。



119 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 23:54:15 ID:yK3IzCZJ
>>118
議院より強い立法権、行政への関与があると認識してたが違ったか?
帝国憲法は趣味レベルだし口語体じゃないから六法でもスルーしてたな。

120 :法の下の名無し:2008/04/03(木) 23:58:21 ID:9AH+w5KT
きんきゅうちょくれいはちょくごのぎかいでしょうにんされないとしっこうするんじゃなかったかしら。

121 :法の下の名無し:2008/04/04(金) 00:05:32 ID:jnxa6DlK
旧憲法なのにみんな目を通してるんだな。
少し反省。

122 :法の下の名無し:2008/04/04(金) 07:26:59 ID:BaW5tHDB
明治憲法も現行憲法も、天皇には実質的な主権なんてなかったんだよ。
でも、共通点はそれだけじゃない。
明治憲法も現行憲法と同じく、一度も改憲されることはなかった。
なぜか?
当時の「護憲派」が
「天皇から賜った大事な憲法を改憲するとは言語道断」
と主張したからww



123 :法の下の名無し:2008/04/04(金) 13:42:36 ID:2gNkrJ4n
>>119
憲法義解読んでみ。面白いよ。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/kenpou_gikai.htm

とりあえず8条、9条、37条か。
第2章の人権規定、第5章の司法の規定も必読。

中国はまだこのレベルにさえ達して無い。

124 :法の下の名無し:2008/05/04(日) 20:16:03 ID:pQVZNmLZ
【拉致】「9条は何もできない」「護憲派は『平和』という言葉を使ってわが国の平和を踏みにじっている」調査会・荒木代表★4[05/04]
1 :出世ウホφ ★:2008/05/04(日) 19:16:20 ID:???
北朝鮮による拉致問題の膠着(こうちゃく)状態が続く中、憲法記念日の3日、
特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(拓殖大教授)が愛媛県松山市二番町の
松山ワシントンホテルプラザで「『戦う日本』と憲法問題」とのテーマで講演。
「国民の権利を保障した憲法のもとで、国家が拉致被害者を助け出さないことが憲法違反だ」と訴えた。

荒木代表は、北の工作船に自爆装置が付けられている例を挙げ、
「死を覚悟しながら日本人を拉致しようとする人に対して、9条は何もできない」と指摘。
護憲派による「9条のおかげで日本は平和だ」との主張に対し、
「『平和』という言葉を使ってわが国の平和を踏みにじっている」と批判した。

さらに、「憲法の上に真理や道理がある」とし、「拉致された国民を救うのは、
憲法ではなく国家が存在するからだ」と強調。「憲法があるために拉致被害者を救出できないなら、
憲法の規定や解釈を変えるしかない」との持論を展開した。

そのうえで、会場に集まった約200人の市民らに「日本は私たちだけではなく、
先人や未来の世代のものでもある」と述べ、「彼らの語られぬ声に耳を傾け、
恥ずかしくない国づくりをしないといけない」と結んだ。

産経新聞


125 :法の下の名無し:2008/05/12(月) 18:38:13 ID:2cPhKJLH
なぜ四民平等のこのご時勢に天皇様さま???

126 :法の下の名無し:2008/05/24(土) 08:21:51 ID:5d1yfLNA
>>115
お前は侮辱罪だな。

わけのわからんことを言って他人を批判する前に、
犯罪者にならない発言をすべき。


127 :法の下の名無し:2008/05/25(日) 10:39:08 ID:05IeodK0
>>125
それで楽して高給とっているやつがいるからだよ。

128 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 11:59:58 ID:FAy0gnOK
>>127
ありがとう!長年の疑問がやっと解けました。
なぜ、天皇が必要なのか。こんなの税金の無駄だし、いまどき、自分の上司でもなければ
親でもない人に、強制的に”様”をつけて話さなくてはいけない理不尽な社会情勢。
これは、宮内省の役人が良い給料もらうためだったんですね。

129 :法の下の名無し:2008/05/26(月) 13:11:24 ID:s3Oc5Of9
>>128
> >>127
> ありがとう!長年の疑問がやっと解けました。

解けてない解けてない。www

> なぜ、天皇が必要なのか。こんなの税金の無駄だし、いまどき、自分の上司でもなければ
> 親でもない人に、強制的に”様”をつけて話さなくてはいけない理不尽な社会情勢。

客ならともかく、自分の上司には「様」つけないのが普通だろ。
まあ社風もいろいろだが。

130 :法の下の名無し:2008/11/29(土) 14:30:18 ID:7XNCqRxL
>>128
アジア?
中国(含朝鮮半島)が?
もう一回小学校行って来い。

131 :法の下の名無し:2009/02/19(木) 17:57:00 ID:bND6V4CR
>128
それでギモンが解けちゃうなんて、救いようもないバカ。

132 :法の下の名無し:2009/02/20(金) 10:39:00 ID:s07eTVOg
いいじゃないの。

133 :法の下の名無し:2009/10/19(月) 01:11:14 ID:pciJNeCc
【皇室】 愛子さま、ガッツポーズ 運動会のリレーでチームが一位に(画像あり)★5
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1255877017/


134 :法の下の名無し:2010/06/03(木) 18:39:50 ID:vGHD4xoa
【鳩山辞任】「国民が聞く耳持たなくなった」「10年先言っているから分かってもらえない」 言葉の軽さ、最後まで“宇宙人” ★2
1 :春デブリφ ★:2010/06/03(木) 09:31:29 ID:???0
★【首相辞任】「国民が聞く耳持たなくなった」 軽さ 最後まで“宇宙人”

 「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった」。退陣表明した2日午前の民主
党両院議員総会で鳩山由紀夫首相は悔しそうに語り、同日夕も同じ言葉を繰り返した。
しかし、退陣の原因と自ら認めた「普天間問題」と「政治とカネ」は自身の発言のぶれ
や軽さが引き起こした。“宇宙人”という評も「10年、20年先のことを言っている
から分かってもらえない」と独自に解釈。「言葉の軽さ」は最後まで変わらなかった。

 ■反発招く

 「自分が身を引くことが国益だ。10日から1週間くらい前から自問自答してい
た」。2日夕の取材インタビューにそう答えた鳩山氏。理由は「政治とカネや普天間問
題で、国民が聞く耳を持たなくなった。新政権は立ちゆかない」と、あたかも国民の無
理解が退陣理由のように語った。
 両院議員総会でも、子ども手当や高校無償化など実績を強調する一方、「しっかりと
した仕事が必ずしも国民の心に映っていない」と述べ、「私の不徳の致すところ」と残
念がった。
 退陣表明時にも表れた鳩山氏の発言のぶれや軽さは任期中、指摘され続けた。最も顕
著だったのが、退陣理由の一つに挙げた普天間問題をめぐる混乱だ。
(続く)
■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100603/plc1006030039001-n1.htm
■元ニューススレ
【鳩山辞任】 鳩山首相、涙で「我々のしっかりした仕事、国民が聞く耳持たなくなった」「クリーン民主党の代表、事件に巻き込まれ」★7
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275487015/
【政治】 鳩山首相 「議員辞職しない」「政権投げ出しはよくないが、国民が聞く耳持たない。国民に信問わずとも、聞く耳持つと信じてた」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275498080/
■前スレ(1の立った日時 06/03(木) 02:17:13)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1275499033/


39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)