5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本政府は在日コリアンに早く参政権を付与せよ!

1 :リベラル院生 ◆MEENxj0i1Q :2008/01/29(火) 12:07:23 ID:HPSeZCh/
論点の過度な分散を抑えるため、このスレッドでは地方参政権(local suffrage)に論点をしぼります。
在日コリアンへの地方参政権付与は、以下のような理由により、正当性を持つものであり、
日本政府は、国会の諸勢力と協力して、一刻も早く在日コリアンに参政権を与えるべきです。

1)憲法上の許容・要請
日本国憲法における主権在民(popular sovereignty)とは、
治者と被治者(the ruler and the ruled)の自同性(oneness, coidentity)を意味するものである。
在日コリアンも被治者(the ruled)である以上、その参政権付与は憲法上許容・要請される。
特に許容説は芦部教授の学説であり、我が国の司法における通説である。
つまり、政府・国会が法整備に努力すれば、在日コリアンへの参政権付与は可能である。

2)地方自治における住民自治(resident autonomy)の理念
日本国における地方自治の理念は住民自治と団体自治である。
このうち、住民自治とは「地方自治はその地方の住民の意思により運営されるべき」という理念であり、
在日コリアンもその住民(residents)である以上、その意思を政治プロセスに反映させる必要がある。
住民自治理念を無視した地方自治など、現代民主主義においては考えられない。
また、地方自治体の管理職ポストに関しても、在日コリアンを不当に排除することは許されない。

3)在日コリアンの歴史的背景
在日コリアンの多くは、元々、日帝が朝鮮半島を植民地化したという歴史的背景の下、
強制労働・強制連行・強制移住・詐欺的労働斡旋・戦時徴用・半強制連行などの要因により、
日本で定住せざるを得なかった人々とその子孫であり、
日本政府はそうした在日コリアンの特殊性を鑑みて、その権利保護を最大限に図るべきである。
日本が過去の植民地政策を本当に反省しているのなら、それを具体的政策で示すのは当然である。

ということで、皆さん、在日コリアンへの参政権付与に関して、冷静な立場から意見を提示してください。
知的レベルが下がるので、上記の深淵な政治理念が理解できないネットウヨの参加はお断りします。
差別主義的発言、民族主義的発言、国粋主義的発言その他の品性下劣なhate speechは、すべて禁止します。
法学板は、右翼勢力が乗っ取っている疑惑があるので、その辺りは特に厳命します。

65 :法の下の名無し:2008/02/15(金) 17:52:27 ID:621VhFLf
>>64
単に芦部の受け売りだべ? 本の内容をカキコしているだけの事なのに、一体ナニ過大評価
しているのやらw

基本的に参政権(地方参政権を含む)は憲法上の問題だけに止まらず、その国家の主権概念をも
揺るがす問題。

だから実際の話として、現在の国際情勢等を踏まえた上での現実論として話をしないと、単なる理想主義的な
お花畑論議で終わってしまう。 これでは机上の空論、精神的オナニーとなんら変わらん。

人権マンセーならば、外国人・自国人問わず権利の拡大を目指すべきだし、国家の枠組みを未だ重視する
というのであれば、その観点でストップが掛かるだけの事。

基本法学論議なんぞ、解釈論なんだから、その時の時勢によって容易に学説は変更していくものなのさ。
EUが域内で地方参政権OK、域外からの移民には地方参政権アウト、なんてのは正にそれそのもの。
これこそダブスタもいい所ではあるが、現実問題として現に域外のみならず、新たに加盟した域内の新興東ヨーロッパ
諸国の人的流動により、EU域内は混乱しつつあるのが現状だしな。

日本も特定アジアが日本並みに民度が高まり、且つ所得もそれだけのレベルに達し、許容力のある文明圏になれば
民主党の唱えるアジア諸国との主権享有に踏み込めるだろうよ。 てか、今はそれだけ時代が進んでいない、これに
尽きるのさ。

66 :法の下の名無し:2008/02/15(金) 18:21:20 ID:RCKDm8LF
>>64
ん?釣りか?w
1の言ってる事なんぞ、初めの数行で既に出鱈目の極みだよ。

>日本国憲法における主権在民(popular sovereignty)とは、
 治者と被治者(the ruler and the ruled)の自同性(oneness, coidentity)を意味するものである。
 在日コリアンも被治者(the ruled)である以上、その参政権付与は憲法上許容・要請される。

治者と被治者の自同性という概念は、人類や空間的な居住民という抽象的な
個人概念ではなく、政治的実存の同質性を前提にした議論なのよ。
分かりやすくいえば、 共通の民族的神話や歴史、同族的感情、まあ日本風に言えば、
「国体」がまさにこれに当たる。
こんなの下ネタのシュミットの一連の本がまともに読めてれば、分かりそうなことだが、
要は民主制や自同性という概念は、彼の友敵理論と切り離して考えることは出来ない。
もっとも、パクッた芦部自身がまったくシュミットを読めてないんだからしょうがない。
こんな野朗が学会の重鎮としてまかり通ってるところに戦後「憲法」学者のレベルの低さが
現れてるよ。

おまけに1は歴史的背景とかほざいて相変わらずのウリナラ妄想史観を披露しちゃってるしよw
まあ、こんな劣等民族に参政権など1億年早いわ。


165 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)